青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「苦悶~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

苦しく~ ~苦しみ 苦しみ~ ~苦しん 苦しん~ ~苦労 苦労~ ~苦心 苦心~ 苦悩~
苦悶~
~苦痛 苦痛~ ~苦笑 苦笑~ 英~ 英国~ ~英語 英語~ 英雄~ 茂~

「苦悶~」 1180, 13ppm, 8628位

▼ 苦悶~ (353, 29.9%)

14 色が 11 表情を 10 表情が 9 うちに, ために 8 姿を 5 呻きを, 色を 4 中に, 声が, 声を, 痕などが, 跡も, 跡を 3 中から, 中で, 状を, 表情で

2 [22件] あとも, いた, さまを, なかに, ような, 一瞬足掻い, 吐息は, 声に, 姿態なやましく, 持続に, 最後の, 歴史が, 痕が, 相を, 真似を, 聲の, 色の, 色は, 裡に, 言葉を, 跡は, 顔を

1 [202件] あとが, あとの, あとは, あまりうつかり, あまりころがり, あまりに思はず, あまりに話, あまり何時滝が, あまり危険な, あまり手を, あまり法廷から, あること, あるの, いろかの, いろを, うちから, うちにも, うつつとの, うめき声と, おとを, おののきを, かげが, さけびも, さまが, さまは, さまも, それであろう, それに, たいへんな, なかから, なかで, なかでも, はての, ふりを, ほうへ, ままその, もっともひどい, よろこびを, アゲク, アゲクは, ヒダ飾りの, ポーズを, 一つの, 一夜の, 一端も, 一端を, 上の, 上また, 世界に, 世界は, 体に, 何倍かの, 余勢を, 像に, 出処を, 切なさ, 劇を, 力が, 力すらも, 力も, 危機を, 原因である, 原因と, 原因を, 叫び声らしく, 叫び声を, 合囲の, 吐息とも, 告白と, 呻きでは, 呻きと, 呻き声, 咽びが, 回顧, 境地に, 声, 声さえ, 声であり, 声では, 声と, 声などが, 声や, 天地の, 姿に, 姿は, 姿も, 定量を, 巣が, 度は, 形相だ, 形相を, 形跡なし, 影が, 影も, 影を, 後に, 徴候である, 恐ろしい顔, 恐怖は, 息づかひである以外, 息の, 恰好が, 悲鳴では, 悲鳴に, 情は, 感じが, 態で, 戦慄を, 手が, 指先に, 数時間, 方へ, 旅の, 昔も, 時, 時も, 時を, 時期を, 時間も, 最中である, 果息絶え, 極みとして, 極自ら放った, 極虎視眈々と, 様を, 様子を, 様相だけ, 様相の, 横顔に, 汗が, 油汗が, 油汗を, 浪が, 涙を, 深淵に, 潜んで, 烏が, 無い遊び, 無力さと, 熱い塊, 爆発である, 状態に, 状態は, 狂言を, 獨白である, 症状が, 痕なく, 痕跡を, 発作, 白いうなだれ, 百兵衛を, 皺を, 目付, 相が, 相の, 眼, 瞳, 短い尾, 種たるなり, 種です, 種と, 種とまで, 結果主人の, 結果死んだ, 絶えた日, 絶頂で, 經の, 翳によって, 聲に, 脂汗が, 膏汗を, 自己を, 著しさ, 行者の, 表情, 表情さえ, 表情といふ, 表情に, 表情は, 表情よろしく, 表現との, 表白である, 觀物, 記憶に, 象, 象徴だった, 起る時, 身もだえを, 迹が, 迹は, 針が, 間には, 闇に, 闇を, 限度を, 陶酔の, 露出が, 面のみを, 面を, 面影が, 音を, 顔色すさまじく

▼ 苦悶~ (207, 17.5%)

5 して 3 するの, もって, 心に, 重ねて 2 やりながら, 忍びて, 暫く忘れた, 此の, 眉に, 見ても, 見るに, 訴へて, 重ねたくは

1 [172件] あらわして, ありありと, いだいて, おし隠すこと, お増, かくして, かくすこと, かんじさせる, きわめたの, けっして他人, ご存じない, さえ彼女, した, したり, した事, しだした, しながら, しばだたいた, せねば, そちのけ, そのままに, そのまま訴, その状, それと気付かず, たのしむよう, つづけて, つづけながら, とるため, なだめた, なめつつ, にらんで, ぬめりとして, はじめて手当て, はっきりと, ましまた, みせはじめ, みなぎらした啜泣, やっと隠した, やり過して, 一人で, 一層明暸, 一層色, 万々むりのおねがいなれどもできるだけ, 享楽し, 人に, 伏せて, 伝えた, 何の, 何倍かの, 児玉希望氏は, 再せざる, 再現し, 刻々に, 刻んで, 加へたは, 否定してる, 味わうこと, 味わねば, 味わわせいま僕, 味わわなくて, 味わわねば, 呼起した, 和らげる唯一, 囃す様, 圧え, 基調に, 外面に, 始めました, 子に, 少しも, 少し打ち明ける, 引用し, 強ひられる, 忍んだので, 忘れた, 忘れんとての, 思い起こそうと, 恨み侘び, 想像しよう, 愈さん, 愈す, 感じおりしに, 感じただ, 感じた恐ろしい, 感じて, 感じては, 感じながら, 感じました, 感じ大, 感ずる, 慰めむと, 所有し, 打ちあける勇気, 打ち明け自分, 打ち開けて, 払おうとして, 抱いて, 拭つてやる, 持つが, 持つて, 指摘する, 探り知りたい, 描いた文芸, 救うに, 斯く解釈, 新に, 書いて, 本当に体験, 洩らしてない事, 浮べて, 消そうと, 深め行くにつれ, 渾身の, 湛えて, 演じた, 濃くする, 現して, 盛りはじめたの, 眺めながらも, 知らない, 知らないお, 知らなかった, 知るよし, 破壞, 示しこの世, 私に, 紛らさうと, 紛らす事, 紛らそうと, 細々と, 続けて, 続けるので, 續けて, 續けながら, 舐めさせられる機会, 苦悶し, 苦悶として, 表して, 表わすから, 表わす週期的, 見せつけられたの, 見せながら, 見つめて, 見て, 見ると, 見るの, 見出し幾世紀, 見物した, 覚えしめ淫酒, 覚えて, 覚える, 覚えるもの, 覚ゆると, 覺え, 解放し, 訴えて, 訴えんと, 話しよう, 説く自然主義者, 讀まねば, 豫想する, 貴人に, 起して, 起しませぬ, 辞せざるなり, 酒に, 閲しつつ, 限度として, 隠して, 隠してること, 顔に, 食ひしばり

▼ 苦悶~ (95, 8.1%)

6 ある 4 あった 3 生まれる 2 あつた, あるの, 地震の, 現われるの, 続いた, 顔に

1 [70件] あたらしくはつきり, あったと, あつたらしく思はれます, あらうとは, ありました, あり其の, あるだけ, あるやう, あるらしくうかぬ顔つき, お父様, ごく軽かっ, さぞあつ, その動機, とれるよう, どんなもの, にじみで, まだうずい, まだしみつい, わたしに, 一様の, 一滴の, 一瞬に, 伴いますし, 何で教会, 何よりな, 何らかの形, 來た, 全身を, 凝りついて, 刻明に, 募って, 即ち宗教心, 叫び出した時代, 堪へられないやう, 多かった, 始まったの, 始まりました, 始まると, 寄生し, 展開され, 彼に, 彼の, 彼を, 微細に, 悲痛が, 日に, 歓びに, 消えて, 渦巻いて, 激しければ, 火照って, 無いから, 熱情を, 特に私, 現はれ, 現われて, 真理の, 眠って, 素直に, 続けられて, 聞こえて, 萌し眼, 藤屋彌太郎の, 見える, 解り彼女, 訴えられて, 起こって, 起る, 透き徹らんがばかり, 鈍って

▼ 苦悶~ (86, 7.3%)

3 歪んで, 身を 2 みちて, 苦悶を

1 [76件] あきらめを, あらざりけり, あり, きり, さいなまれてるかの, さいなまれてる心, する, つかれた, とざされて, とらえられて, なるの, ぶるぶると, みちた嵐自体, みちた死顔, みちた物語りだ, やつれたという, ゆがむ, ゆがめて, 伴う, 似た叫び, 似た色, 充ちたる魂, 動かされたので, 取憑かれること, 向つて殺気, 喘いで, 圧せられながら, 堪えられなくなって, 堪へず蜒轉, 堪へぬので, 壓しつぶされ, 変るので, 如何なる不言, 富んだ二葉亭, 對する, 導く前提, 就いては, 属するもの, 引きつった顔, 引ん, 心を, 思いを, 悩みつつ, 悩んで, 惑乱され, 所有されず, 打ちひしがれて, 打ちひしがれ逃げること, 押し潰された聲, 捕はれた, 歪む, 歪められては, 歪んだ唇, 歪んだ指, 殉じた, 比して, 沈みたりき, 浮身を, 直面した, 破綻しよう, 肉を, 落ちいって, 裡に, 見えました, 触れるの, 變つた顏や, 転々する, 転げまわらねば, 轟めきます, 近い不安, 通じるもの, 過ぎなかったの, 遠ざかって, 鎖されて, 陥った事, 陥る人物

▼ 苦悶~ (75, 6.4%)

2 出で, 日毎に, 続いて, 表面へ

1 [67件] いよいよ勝る, おろか水を, かなり大きな, さること, すべてを, すゝんで, その極, それで, それにつれて, それほど残酷, ついに昇天, とうとう人間, ないで, なく死に顔, なまぬるくそして, ひどくなっ, まさに始まろう, ますますはげしく, ますますひどく, またこんな, また人いちばい, まだまだおれ, まだ続い, もがきそして, もとより全幅, イプセンの, 一声の, 一方に, 一日一日と, 一言に, 人心を, 倍加され, 動き苦悶は, 卿等必ずや, 固より, 増すばかり, 大したもの, 如何ばかり, 姦婦の, 子供達の, 学校に, 弥, 彼を, 彼女に, 彼等の, 急に, 想像する, 意の, 愛とともに, 感じたらしい, 我を, 損か, 昔復讎の, 最も原始的, 最後まで, 次第に高まり不安, 歌子への, 永久で, 深まるばかり, 漸く急, 確実な, 精神上の, 紆余曲折する, 絶頂に, 肉体と, 自分の, 自然の

▼ 苦悶~ (69, 5.8%)

13 ている 8 ていた 3 てゐた, てゐる 2 たりし, て居る, て死ん

1 [36件] たり愚痴, つつしかも, つつ身, てあばれる, ています, ているらしい, ておる, ても彼, てゐます, て仆, て内界, て叫んだ, て土間, て居つた, て彼, て後ろ, て息, て熱海, ながらお, ながらも毒, ながら大声, ながら遣っ, 乍ら, 初めた, 初めてスバラシク吐瀉, 半死半生の, 大亀は, 希望によって, 幾度かの, 悲痛な, 慟哭する, 懊悩し, 煩乱し, 生命の, 自己嫌悪に, 雑草の

▼ 苦悶~ (54, 4.6%)

2 信仰とに, 恐怖とに, 焦燥の

1 [48件] この一日じゅう, すつかり, ならないかも, 人民の, 人生の, 切望とに, 創造との, 喜悦との, 寂静との, 少しも, 差し向かいに, 忿怒との, 思ひしは, 怨の, 恐怖の, 悔恨とを, 悦樂とを, 悲哀とを, 情熱とに, 憧憬とを, 懊悩とを, 戦った, 戦って, 拮抗できる, 放浪性を, 格闘し, 歓喜との, 死との, 死状は, 残忍との, 没自我の, 激しく闘っ, 理由が, 癒や, 絶叫の, 絶望の, 絶望のみしか, 絶望は, 罪悪とに, 苦悶から, 苦笑と, 落胆の, 葛藤とを, 見て, 迷いも, 運命の, 醜体, 闘って

▼ 苦悶~ (23, 1.9%)

1 [23件] こもって, した様子, しましょう, ないの, なかった, なく息, なく明朗さ, なさ, また一つ, みな筋書の, 不安も, 伴は, 何の, 凄惨を, 呵責に, 呵責も, 悔恨も, 憐憫も, 死をも, 私の, 苦悶と, 血潮も, 隠せなくな

▼ 苦悶する~ (21, 1.8%)

3 は遣る 2 のを

1 [16件] けど本当は, し, と同じ, のであつ, のであります, は何故, ばかりで, ものと, ように, 丈けで, 人の, 夜の, 有様を, 様に, 状態を, 米提督

▼ 苦悶から~ (15, 1.3%)

2 一時に

1 [13件] マルト一人によって, 抜け出るまでの, 救うため, 次では, 湧き上った処, 眼に, 苦悶へ, 解脱し, 解脱せし, 逃げようと, 逃れる方法, 這い上って, 這ひ

▼ 苦悶~ (12, 1.0%)

1 [12件] その他一切の, まごつきは, 崇高な, 恐怖や, 悲哀を, 悲歎を, 憂鬱や, 懸念などは, 死に, 滅史の, 滅失の, 絶望の

▼ 苦悶~ (9, 0.8%)

3 あつた 1 あらねば, いっぱいに, だんだん健康, ついに自殺, 漲つて, 頭が

▼ 苦悶した~ (6, 0.5%)

1 かを自分, けれどどう, ことは, ま, 経験を, 結果さて

▼ 苦悶であり~ (5, 0.4%)

1 あの世の, その結論, 奇妙な, 寂しい寂しい懺悔, 怖ろしき陶酔

▼ 苦悶とは~ (5, 0.4%)

2 又別 1 かえって自分, その病根, 鎮まらなかった

▼ 苦悶~ (5, 0.4%)

1 がおこり, が三十分位, が数秒, でそれ, を十数分間

▼ 苦悶には~ (4, 0.3%)

1 堪えかねて, 我慢しかねた, 止らない, 追いつかない

▼ 苦悶懊悩~ (4, 0.3%)

1 そして彼, の余り, の裡, を以てす

▼ 苦悶あり~ (3, 0.3%)

1 一の, 情緒揺曳し, 要するに一個真面目

▼ 苦悶せざる~ (3, 0.3%)

2 を得なかった 1 を得ない

▼ 苦悶~ (3, 0.3%)

1 ふ歓楽, もいくばく, も幾何

▼ 苦悶とに~ (3, 0.3%)

1 彼は, 自分が, 鍛えられた生命

▼ 苦悶との~ (3, 0.3%)

1 声は, 百分の一をも, 闘ひ

▼ 苦悶なし~ (3, 0.3%)

1 にあの, には吐けなかった, には考えられない

▼ 苦悶~ (3, 0.3%)

1 なりしをもって, の女, を発見

▼ 苦悶これ~ (2, 0.2%)

2 を愈

▼ 苦悶である~ (2, 0.2%)

1 ことか, と云

▼ 苦悶では~ (2, 0.2%)

2 なかった

▼ 苦悶でも~ (2, 0.2%)

1 なかった, よく分る

▼ 苦悶とが~ (2, 0.2%)

1 ついに彼女, 烈しく襲っ

▼ 苦悶とを~ (2, 0.2%)

1 他に, 値した

▼ 苦悶などは~ (2, 0.2%)

1 知らぬ女房たち, 重要な

▼ 苦悶について~ (2, 0.2%)

1 富んでると, 語る者

▼ 苦悶によって~ (2, 0.2%)

1 それらの, 目に

▼ 苦悶を以て~ (2, 0.2%)

1 みたされた, 一生を

▼ 苦悶二昼夜~ (2, 0.2%)

1 にわたり医師, に亙り

▼1* [89件]

苦悶あの肉体と, 苦悶あらゆる悲惨の, 苦悶あるか, 苦悶て居る, 苦悶いたしたのであります, 苦悶こそ彼らが, 苦悶うした, 苦悶させそれに, 苦悶させようとして待つ, 苦悶されそのまま卒倒, 苦悶されたやうに, 苦悶しいしい絶息したらしく, 苦悶しいしい演じている, 苦悶したらしい痕は, 苦悶したる痕跡及び, 苦悶してる者で, 苦悶し居り男は, 苦悶せし間に, 苦悶そうしたものが, 苦悶その苦しい味, 苦悶そのもののアトモスフェア, 苦悶そんな妙な, 苦悶とか業苦, 苦悶だったので, 苦悶というものは, 苦悶といつてもよから, 苦悶といふものに対して, 苦悶とか内省ばかりが, 苦悶とかくて国, 苦悶とかを象徴的に, 苦悶として取扱つた作品, 苦悶とでも云うべきもの, 苦悶んだ, 苦悶なきに至る, 苦悶なく滑って, 苦悶などで一つの, 苦悶などにはなんの, 苦悶なり苦悶を, 苦悶にたいしてまた閉められた, 苦悶にまで至ること, 苦悶にも思われて, 苦悶によつてよ, 苦悶に対して自責の, 苦悶のみなぎつた海, 苦悶のみにすぎないこと, 苦悶はっと気を, 苦悶ばかりが残って, 苦悶懊悩から, 苦悶ほど人を, 苦悶までが喜びである, 苦悶やらでとうとう, 苦悶やらが雑多と, 苦悶より白鳥の, 苦悶をさえ呈して, 苦悶をのみ下してるとき, 苦悶をも考へずに, 苦悶を通して自ら尋ねた, 苦悶一切の歓喜, 苦悶三日三晩に及んだ, 苦悶滿に, 苦悶中発見され手当, 苦悶乃至作家としての, 苦悶争闘の跡, 苦悶によつて, 苦悶即死したから, 苦悶呻吟等の軽き, 苦悶喜悦希望不満それらのもの, 苦悶困惑の表情, 苦悶叫喚の, 苦悶女主人公ルイザの熱誠, 苦悶嫉妬などさまざま, 苦悶闘の, 苦悶愁執著が, 苦悶懊惱やるせなさ, 苦悶におきぬ, 苦悶未だ全く解けず行く行く, 苦悶来り妾や, 苦悶などの靈, 苦悶の眼, 苦悶煩悶には全く, 苦悶状態に對, 苦悶しく遂に, 苦悶となっ, 苦悶の形跡, 苦悶の上, 苦悶苦悶の昔, 苦悶苦痛ねむれずまことに, 苦悶苦闘のす, 苦悶に放置