青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「苦心~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~苦しい 苦しい~ 苦しく~ ~苦しみ 苦しみ~ ~苦しん 苦しん~ ~苦労 苦労~ ~苦心
苦心~
苦悩~ 苦悶~ ~苦痛 苦痛~ ~苦笑 苦笑~ 英~ 英国~ ~英語 英語~

「苦心~」 2162, 23ppm, 4968位

▼ 苦心~ (458, 21.2%)

95 して 15 した 13 重ねて 8 払って 7 したの, する 6 かさねて, したもの, しなければ 5 話した 4 したか, しました, すること 3 察して, 要した, 要するの, 要するもの

2 [23件] いたします, されて, したかを, したよ, しても, しなくては, しやしないですよ, するもの, すれば, なさいました, はらって, もって, 思うと, 経て, 要する, 要すること, 要せずと, 諒と, 費したもの, 費す, 費やし之, 重ねた結果, 重ねてからに

1 [220件] あはせ, あまり言いたくない, あらわすもの, あわれんで, いたして, いたしました, いたしました女一人, いたし升, おほめ, おもはず, こらして, させたか, されたでしょうね, されたの, された結果, されました結果, され知り合い, しこの, したあと, したおぼえは, したかと, したかという, したが, したこと, したその, したため, しただけに, したつもり, したという, した上, した人物, した十人, した台詞, した時, した末, した甲斐, した結晶, した結果, してまで, しながらも, しなくてよ, しましたが, しましたなど, しみじみと, し続いて, するそう, するなど, するばかりが, する事, する如く思はれるだらうそしたら, する所, する様子, せず嚢中, せない, せにゃ, つづけて, つぶさに打ち明けた, とどめた絵襖, なさったか, なしある, なすったから, なすったそう, なすったのに, なすった痕迹, なすって, はらうほど, ぶち壊して, むだに, やって, よく知っ, ズラリと, ソックリそのまま, 一瞬に, 乱すよう, 人が, 仕ましたが, 他に, 余儀なくされた, 偲ぶかの, 傳へ, 全然無, 凝らして, 凝らそうと, 初めたらしい, 利用し, 刻んで, 十分に, 千載を, 友達として, 叩くと, 同じゅうする者, 回想する, 察しる小さき, 岩下先生幹事の, 弄んで, 彼女は, 待つて, 御慰藉申上度, 必要と, 忘れて, 忘れるな, 思いやりて, 思ひ起して, 思ふ時, 息子一人に, 悪人に, 想像し, 感じること, 払い何とか, 払い殊に, 払うよう, 払った, 払ったかという, 払ったもの, 払ったよう, 払った僕, 払ひ, 払ひました, 払ふ, 払われたかには, 承るの, 抜きに, 拂うた, 拂つてゐる, 拂ひ, 拂ふ, 持って, 探しあつめたところ, 教えて, 明に, 書いて, 朝子に, 梶は, 欠くから, 沒卻した, 滑稽化し, 無に, 無用に, 盗み取るという, 盛らうと, 看過し, 知って, 知らず救助艇, 知らないし, 知らないほど, 知らなかった一也, 知るだけの, 示したり, 私も, 積まれるもの, 積み山里, 積み根気, 積み重ねて, 積んだの, 積んで, 籠めつる多かり, 続けて, 続けるという, 繰返して, 聞いて, 聞かされた, 聞くと, 致しました, 致しましたもの, 致しましても, 舐めて, 行李を, 要したらしくやおら, 要します, 要すべき筈, 要すると, 要するとかいう, 要する割合, 要する所, 見て, 見もし, 見世物に, 見給, 言ひ, 話して, 話すこと, 認めて, 認める者, 語った, 語って, 語りはじめた, 語ると, 語るべき機会, 説明し, 謡ったもの, 費した, 費したに, 費した水源, 費して, 費やし努力, 重ねた, 重ねたかが, 重ねたが, 重ねたで, 重ねたの, 重ねたもの, 重ねたらう, 重ねたらしい, 重ねたる結果, 重ねた図面, 重ねた後, 重ねた末, 重ねた牝豚夫人, 重ねた蒼鉛, 重ねながら, 重ねられたで, 重ねられた作品, 重ねる必要, 重ねる間, 重ね努力, 重ね十数日, 重ね探りましたところ, 重ね渡世, 重ね術, 雜草の

▼ 苦心~ (409, 18.9%)

72 ている 26 ていた 11 てゐる 6 て集めた 5 て居る 4 てい, ています, てこしらえた 3 ていました, てここ, て得た, て描いた, て来た

2 [20件] たり, て, てある, ていない, ていられる, てお, てきた, てこの, てその, てつくった, てみた, てやっ, て内, て手, て採集, て漸く, て自分, て製作, て買っ, 且つ長い

1 [222件] あの悪, しかもその, それを, たりし, たりしかどかへつて純粋, たり他人, つつあつ, つつある, てあなた, ていく, ていらっしゃいます, ていらっしゃる, ているらしい, ていれ, ていろ, ていろいろ, てうかがいまし, てうつされた, てうまく, てえらび, ておさえ, ておられます, ておられる, ております, ておる, てお出で, てお金, てかせがなけれ, てからそれ, てくださつた, てこうして, てこのごろ, てさぐり出した, てさらっ, てしらべ, てそういう, てそれ, てたくわえ, てつくらせた, てつくり, てのろし, てはて, てはめ絵, てびくびく, てほとんど, てみました, てみる, てもその, てもっ, てもった, てもなかなか, ても人工, ても公, ても土, ても家, ても寝つかれなかった, ても水, ても聖者, てゐ, てゐました, てアリバイ, てオランダ語, てソロソロ, て一本づつ, て一通り, て七瓶金, て三つ, て両手, て両方, て並べた, て乳房, て仇敵, て伸子, て何ら, て作っ, て作った, て作り上げた, て作り出された, て入っ, て入手, て其身, て円筒, て写しとっ, て出たく, て出版, て創り上げた, て劇, て勝利, て協力, て危険, て取り返した, て台所, て唐寺, て四日, て塩, て大学教育, て失敗, て如何なる, て妾, て始めた, て子供, て学問, て学徳, て定めし, て定義, て寝かしつけよう, て寫された, て尻, て尾行, て居た, て居ります, て建てた, て引き取ろう, て彼女, て御, て悟った, て悠々, て手蔓, て手跡, て手頃, て折らん, て拵えた, て拵え上げた, て持っ, て捕えよう, て探し出した, て探し回っ, て探りました, て探偵, て掴ん, て撃ちとった, て撮した, て新しい, て日本, て書いた, て書き上げ, て書物, て木, て本, て来る, て柔, て標本箱, て欲し, て疑念, て発行, て目, て知る, て研究, て秘密撮影, て種々, て空中征服, て竹藪, て築き上げた, て米主, て組立てた, て編輯, て纏めた, て纒め, て罪, て老人夫婦, て考, て考へた, て育て, て育てた, て胴, て自由, て荷物, て落着, て蓄積, て蟹, て行く, て裾, て見, て見た, て見つけ, て見つけ出した, て解いた, て訳した, て詮索, て誘拐, て説明, て読み, て読み取った, て調べた, て調合, て調味, て調査, て講習会, て賞めよう, て近寄った, て送り届け, て造っ, て道, て選んだ, て選択, て遺族, て郡山, て開拓, て随分, て隠れ, て集めし, ながらそれ, ながらわたし, ながら屡々, ながら残念, ながら表札, ながら貴方, まだそれ, ようやく出来あがった, インド刑法にも, スマート氏について, 修養する, 失望した, 工夫し, 殊に紀州調べ, 猫は, 男の子の, 種々工夫, 色々の, 観照に, 話し合い調和点を, 馬の

▼ 苦心~ (253, 11.7%)

8 末に 4 名城で, 存する, 甲斐も, 跡が, 跡を 3 あげくに, 作を, 末やっと, 程を, 跡は 2 あとが, もとに, アリバイも, 採集に, 甲斐あっ, 甲斐が, 結晶が, 結果を, 結果素晴らしい

1 [192件] あげくであった, あげく兄を, あげく自分の, あとな, あとも, あとを, あまりに出でた, あまり頭が, あるもの, ある処, いった作, いるところ, うちに, お仕度, お志, かいあっ, かいも, かたまりです, ご馳走は, すえに, すえ作戦された, すゑに, ために, ところなら, ほども, ほど察する, カイも, カクテル功を, トンネルが, 一方に, 一通りでない, 万一に, 三本の, 上に, 上実は, 中でも, 中彼女が, 仕甲斐, 体サ, 余に, 余り精神の, 作で, 作は, 作品よりも, 作品を, 借金も, 傾向に, 光鋩を, 入れどころ, 処なら, 割りに, 創作を, 労作だけ, 効いも, 効きめを, 効果の, 勉強も, 句では, 名残は, 名著も, 地盤工作も, 報告書で, 外套をも, 多分は, 大きかった, 大作でも, 宝だ, 尋常なら, 年月の, 度を, 形も, 後には, 後日本に, 後漸く, 徑路は, 御馳走も, 思ひ出, 意味が, 愛子, 態であった, 態である, 態でした, 払われた木口, 払われること, 技を, 拙老, 揚句やっと, 数々が, 文句を, 文章である, 料理, 料理も, 方が, 曲を, 最高潮の, 末, 末おれが, 末ようやく, 末例えば, 末完成した, 末翌年の, 末見つける, 末身に, 末雪江一代の, 果だ, 果てに, 果ての, 植林による, 様子を, 標品が, 模様で, 段が, 水泡と, 演出ゼロに, 為に, 物語が, 状態が, 産物かも, 画を, 痕が, 痕の, 痕は, 痕を, 目的が, 研究で, 神経怪談こころを, 福引が, 程なかなか, 程も, 程度に, 程度は, 策, 策戦も, 細やかさも, 結晶で, 結晶であった, 結晶潜水艦, 結果から, 結果が, 結果この, 結果その, 結果で, 結果と, 結果なんとか, 結果の, 結果は, 結果むなしから, 結果一つの, 結果下女西桜島村武当時市内池之上町講道学舎付近居住新, 結果世の中に, 結果二度程, 結果作りあげた, 結果取除く, 結果型を, 結果場末の, 結果日曜では, 結果最近発見した, 結果水蜜桃も, 結果漸く, 結果誠にいかにも, 総ては, 縄取, 織物を, 考慮に, 胸の, 蒐集は, 蒐集品と, 虹蓋は, 表れで, 製作に対して, 要ったこと, 要るところ, 要る処, 観察は, 計も, 設計事情について, 設計図と, 話は, 話をも, 賜物であった, 赤光が, 赤外線テレヴィジョン装置が, 足りない所, 足りなかった処, 跡である, 跡では, 跡によって, 跡の, 長陣であり, 集積を, 饗宴も, 麦の

▼ 苦心した~ (119, 5.5%)

4 のは, ものだ 3 ことか, ことも, ことを, のである 2 か, がどうも, ことが, のか, のであります, のです, もので, 当時の

1 [83件] あげくが, あげく毎日キルク炭を, お雪ちゃん自身が, かいが, かそして, かと思われる, かについてもはや, かね, かわからなかった, かを察し, かを想像, かを暗に, か想像, か知れない, か知れぬ, がその, がとうとう, が今, が何分, が夫, が無事白山, こと, ことで, ことである, ことでしょう, ことよ, この爆藥, だけに突っ返される, って又, という, ということ, といつ, といふ事, ところで, とも考へられない, と語っ, なと云, などと手前味噌さ, に相違, のだ, ので, のであつ, のでなく, のと, のに, のも, のよ, のを, ものである, ものです, やかましくいふ人, よ, ようでした, んだ, 一例を, 人で, 作が, 作品など, 前述の, 帝王が, 徳川幕府の, 挙句昼間新聞を, 揚句私は, 日本統治対切支丹日本統治対海外貿易という, 末に, 様子です, 模様です, 機関長は, 点が, 甲斐が, 甲斐の, 結果あなたに, 結果に, 結果の, 結果エイギュイユ城が, 結果依怙贔屓でない, 結果楽壇人と, 肖像が, 計画を, 詩は, 跡は, 辛いおもいも, 點などを

▼ 苦心~ (108, 5.0%)

5 して 3 察する 2 どうしたら, 一通で, 容易な, 水の泡に

1 [92件] いかに辛かっ, いかばかりであったろう, いったの, いふべ, いふまでも, いらない, いろいろあるでしょう, おそらく他, おまえも, お君, かくして明治, ここに, この一点, これで, しかめっ面で, したつもり, したよう, すなわち恋する, するけれども, そこに, それこそ, たいへんな, たとへ, どれ位酬いられるであろう, ないわけ, なかったでしょう, なかなかかつては, なみなみならぬ, なんの, ひととおりで, ひととおりでなかった, ひととおりでなく, また格別, まだつづかね, まったく危, もとより察, わずかに, ナミ大, 一ト通りで, 一層増し, 一通りで, 三日三晩の, 並々でなかつた, 充分察してる, 全く無益, 十分母の, 去つたわけ, 古人の, 各社とも, 同じこと, 外国一流の, 大に, 大人には, 大根おろし, 大筒の, 女の, 如何許, 存じて, 実にいたましい, 実に惨憺, 容易で, 尊いもの, 尋常一樣でなかつた, 少しも, 平次には, 彼自身の, 御一生, 思い知るべし, 想像する, 愉快な, 数々で, 新聞に, 柔らげられなかつた, 栖方の, 此処に, 水の泡を, 海の, 測り知るべきであろう, 漸くこの, 無駄骨折な, 知るまい, 経験しない, 致して, 表現に, 要らなかったほど, 言葉に, 誰でも, 諒と, 買ひたいが, 資本を, 近頃病多く気力乏しき, 随分ひどかっ

▼ 苦心~ (102, 4.7%)

5 あつた 4 払われて 3 水の, 水の泡に 2 あるの, みなふい, 水の泡です, 潜んで, 要るの

1 [77件] あったであろう, あったの, あったらしく思われた, あったわけ, ありありと, ありいつも, ある, あるので, あるはず, あるん, あればこそ, いかにも一見反省, いるの, いるもの, この人々, この奇怪, これで, すっかり醇化, そのまま私, その弧形, それから, ただ夢, ついやされたの, とられて, なければ, なされて, ぬけきれないの, はじまるの, ふとそこ, ほの, やっと酬いられた, わかるしかし, 一つ残らず, 一通りでない, 九谷焼の, 仇に, 何だか無駄骨, 充分に, 再びひしひしと, 分らぬ蔭, 分ります, 前に, 古事記と, 含まれて, 報いられようと, 多少に, 如何なる種類, 始めて, 存する, 察せられないこと, 彼の, 思いやられます, 想像される, 成就の, 払はれ, 払われたとしても, 描かれて, 文明開化の, 水の泡, 水の泡だ, 水泡に, 潜みシューマン, 潜むところ, 現在むくわれ, 生々と, 積み重なって, 結局は, 織込まれて, 行われます, 認められた, 費やされて, 足りなかったの, 述べられて, 重ねられて, 面白い, 首尾好く, 首肯される

▼ 苦心~ (73, 3.4%)

5 水の, 水の泡だ 2 一通りで, 並々では, 水の泡だった, 水の泡に

1 [55件] あった, あったと, あるが, あるとの, いささか酬いられた, ここまで, ことごとく水泡, して, しまた, すこしは, ずい分長い, せずに, ない, なく一抹, なく一蹴, なしに, なにも, なみたいてい, ほんの無駄骨, またそこ, また実に, 一字残らず, 一通りの, 今は, 何の, 修養も, 商いや, 大スクープ, 妙味も, 始終に, 存し, 実を, 実際並, 察しの, 想像し, 戦闘以上であった, 払わず鑢, 此所まで, 水の泡あっしの, 水の泡さすが, 水の泡じゃ, 水の泡で, 水の泡と, 水の泡な, 水泡に, 無に, 空しいもの, 窺われるの, 結局大した, 考えて, 自信も, 見えるまで, 買われずに, 開國の, 鸚鵡の

▼ 苦心~ (64, 3.0%)

2 があり, など折々, は抜き, をし

1 [56件] がある, しきり, たまらねえや, だってさ苦心談, だの, である, でした, でもっ, でもよろしい, というもの, といったよう, といつた, とは恐れ, などと云, などを述懐, なるもの, にちよ, になり, の製造, はこの, はその, は先生, は要するに, もある, もっともらしく書き綴る, ものっ, も存外, や研究, をきい, をきかし, をなさる, をはじめたなら, をまず, をやる, をやれ, をよく, をよんだ, をれいれいしく, を一くさり辯, を一席, を夕方, を彼一流, を必要以上, を探しだせ, を聞い, を聞かされ, を聞き, を聴かせ, を聴かれた, を聴き, を聴きたい, を聴く, を語り, を語り出した, を語り合い, を読ん

▼ 苦心惨憺~ (62, 2.9%)

19 して 2 したの, たるもの, のところ, の体, を続け

1 [33件] させ昏迷疲労, された事, したのち, したもの, した人, した作品, した国防政策, した文章, した結果, しました, する, たる帝国芸娼院, たる様子, たる説得, であったが, です, ということ, というの, になる, の余, の奔走, の怪所業, の揚句, の末, の経営時代, の結果, の蹤跡, も思いやらるる, やっとの, ようやく手, をはじめました, を致さなけりゃ相成らん, を重ね

▼ 苦心~ (58, 2.7%)

22 苦心を 3 なつた 2 苦心し

1 [31件] かえりみて, かかる東西結び, つい聞き耳, どんなに深刻, ならい霊山久呂保山, なる作品, なる名訳, なる新劇雑誌, なる方策, なる絢爛, 似た執念深い, 倣い朕, 十二分に, 及びませんでした, 向かっては, 因る精練, 変わりの, 對し, 就いては, 御座候, 思い比べようと, 成った土蔵, 成つた洒竹文庫の, 於て, 疲れて, 考えを, 肝胆を, 見倣えと, 頓着なく, 類するもの, 驚かされた事

▼ 苦心~ (55, 2.5%)

2 努力を, 労力を, 時間とを

1 [49件] いえないもの, いったらなかっ, いったら大変, いひ得ると, これに対する, その存在, その質実, それに対しても, ついにそこ, はかは, 云ったらまた, 云わなければ, 全盛との, 創造力とが, 功績とを, 努力が, 努力とは, 努力の, 努力は, 労力に対して, 勇気とを, 勉強を, 又殆, 喜びとで, 堅忍とが, 平行し, 年月を, 思いつきと, 愛情によって, 成功と, 手引を, 操縦は, 注意とを, 注意を, 混乱克服との, 滑稽の, 焦慮と, 熟慮の, 用意と, 画策とを, 相應, 研究が, 細心な, 経験とが, 絶対の, 考慮の, 貞操とを, 超常識的, 量見

▼ 苦心する~ (54, 2.5%)

4 のは 2 のだ, のも

1 [46件] かと思う, かのやう, からである, かを思へ, かを教え, ことの, この苦心, さまを, ために, とき霊感や, ところから, ところである, ところです, とは思われません, とは皮肉, とも民衆, なんぞなんと, にかかわらず, のか, のが, のである, のです, のみにし, の悪, は主として, までのこと, もしそれ画題, ものである, ものです, ように, よりも背景, よりも趣向, 丈の, 作家が, 値打の, 処で, 所を, 所更に, 文筆家が, 様子です, 様子は, 研究に, 程の, 者で, 頃でなけれ, 香の

▼ 苦心惨澹~ (15, 0.7%)

5 して 2 たり 1 しなければ, するの, せらるると, の原稿, の文, をし, を極めた, 実に今日

▼ 苦心努力~ (13, 0.6%)

1 [13件] が深けれ, しても, にすつかり疲れき, にも拘らず, の報いられた, の報いられなかつた, の実情, の甲斐, の結果, の結果私, はもとより, は空し, を用

▼ 苦心~ (12, 0.6%)

1 [12件] あつて, さぞ名訳, それが, そんなに脆く, 作つた防風林を, 全身全霊を, 十分弁護の, 成就し, 早や, 植えたの, 背を, 食堂の

▼ 苦心経営~ (12, 0.6%)

1 [12件] したが, したの, した食, して, すること一日, のほど, の思い, の末, の甲斐, の結果, をすべて, を始め

▼ 苦心という~ (7, 0.3%)

2 ものは 1 のは, のを, ものが, ものを, 事が

▼ 苦心され~ (6, 0.3%)

1 ついに入手, ついに成功, てある, ている, て来た, て来る

▼ 苦心では~ (6, 0.3%)

3 なかった 1 ござらぬ, ない, なかろうと

▼ 苦心焦慮~ (6, 0.3%)

1 がたま, した行き方, して, するかは, の極み, は実に

▼ 苦心研究~ (6, 0.3%)

1 すれば, せる工芸上, と各, の結果, の結果案出, を積ませられた

▼ 苦心された~ (5, 0.2%)

1 ことは, ことを, であらう, 故も, 概略を

▼ 苦心しました~ (5, 0.2%)

1 がたしかに, が当時, けン, ところは, よ

▼ 苦心せる~ (5, 0.2%)

1 かを察すべき, 事柄を, 時偶冷水浴を, 現在の, 辭書出版せ

▼ 苦心~ (5, 0.2%)

1 好意だ, 後半の, 悩みを, 抱負などは, 覚悟に

▼ 苦心慘憺~ (5, 0.2%)

2 して 1 の作, の結果, も水の泡

▼ 苦心さんたん~ (4, 0.2%)

3 して 1 の改造

▼ 苦心とが~ (4, 0.2%)

1 今も, 窺はれる, 窺われる, 面白かった

▼ 苦心とは~ (4, 0.2%)

1 いえないでしょう, 云えない, 他の, 少々違う

▼ 苦心とを~ (4, 0.2%)

1 こんなに露骨, 併せて, 委しく話した, 考へた時

▼ 苦心にも~ (4, 0.2%)

1 かかはらずなほ二十年餘, かかわらず一物, して, 拘らず老婆

▼ 苦心サンタン~ (4, 0.2%)

1 いささか神経衰弱, しつ, の計略, 編みだしたの

▼ 苦心から~ (3, 0.1%)

2 始まる思案 1 出たこと

▼ 苦心さん~ (3, 0.1%)

2 たんで 1 たん

▼ 苦心しいしい~ (3, 0.1%)

1 お二人, 今度は, 調和よく

▼ 苦心すれ~ (3, 0.1%)

1 ど暮, ばする, ば英語

▼ 苦心です~ (3, 0.1%)

1 が綾麿, な, よ

▼ 苦心~ (3, 0.1%)

1 のだった, んだ, んです

▼ 苦心のほどを~ (3, 0.1%)

1 一倍強く, 聞く処, 追想した

▼ 苦心~ (3, 0.1%)

1 一斑ヲ, 工事ダアセガデル, 末コイルコンデンサー乾電池等ヲ

▼ 苦心~ (3, 0.1%)

2 想ふ 1 実に手

▼ 苦心研鑽~ (3, 0.1%)

1 の努力, をし, を重ねた

▼ 苦心~ (2, 0.1%)

1 こそと思はる, こそと思はるる

▼ 苦心したらしい~ (2, 0.1%)

1 ね, のだ

▼ 苦心してる~ (2, 0.1%)

1 かあなた, のサ

▼ 苦心しない~ (2, 0.1%)

1 わけには, 人は

▼ 苦心しなかった~ (2, 0.1%)

1 ように, 結果である

▼ 苦心しなけれ~ (2, 0.1%)

1 ばならない, ばならぬ

▼ 苦心し切っ~ (2, 0.1%)

1 ていた, ている

▼ 苦心せん~ (2, 0.1%)

1 ならん所, のであつ

▼ 苦心~ (2, 0.1%)

1 とすれ, と中村光夫氏

▼ 苦心でも~ (2, 0.1%)

1 あれば, 訊いたなら態と

▼ 苦心によ~ (2, 0.1%)

1 つて毎晩の, つて造り上げた

▼ 苦心によって~ (2, 0.1%)

1 その養子, 少なくも外国製

▼ 苦心もむ~ (2, 0.1%)

2 なしからず

▼ 苦心をも~ (2, 0.1%)

1 察して, 知らないで

▼ 苦心一層~ (2, 0.1%)

2 の懸念

▼ 苦心~ (2, 0.1%)

1 であるが, らしかったが

▼ 苦心~ (2, 0.1%)

2 に慘憺

▼ 苦心焦慮憤慨~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 苦心致し~ (2, 0.1%)

1 ておる, 佐久間修理方へ

▼ 苦心致しました~ (2, 0.1%)

1 が私共, 揚句山木さんの

▼1* [145件]

苦心あそばされるのであった, 苦心はゆる, 苦心いたしております, 苦心いたしおる我らにとっては, 苦心いたしたのでございましょう, 苦心いたしましたがこれ, 苦心察し申す, 苦心からの甘えた言辭, 苦心こそはやがてその, 苦心させてさき, 苦心させられるな, 苦心されるならこの音, 苦心さんたん身を塩魚, 苦心しただらうと想像, 苦心したならば長年, 苦心したらどうだろう, 苦心したらうと想察, 苦心したらしかつた, 苦心したるは右印刷, 苦心しなくとも金, 苦心しやしないわ, 苦心じゃあなかった, 苦心するだろうかと思う, 苦心するらしい砕けた言葉づかいに, 苦心するらしく遣り直し遣り直し遣っている, 苦心せし魏の, 苦心せしやは料理法, 苦心せられし新考案, 苦心せるごとき論争を, 苦心そこに立派, 苦心そしてそれが, 苦心それは私, 苦心たるや全く, 苦心だけで完成する, 苦心やつも, 苦心であって首, 苦心であるこの金, 苦心であるまいことも, 苦心でございましょうお体, 苦心といふのは, 苦心とか巧みさ, 苦心とに對し, 苦心とによってまたさらに, 苦心とのために, 苦心とを以て集め来った駒井, 苦心なく十二个月歌だの, 苦心なさいますなア, 苦心なぞを語った, 苦心なぞ理解し得ずとも, 苦心などという事は, 苦心などに至っては, 苦心においては長束に, 苦心には重きを, 苦心によりて漸く整いぬ, 苦心による木函の, 苦心に対して申しわけない, 苦心に対しては助手ほどの, 苦心のほど察し入る, 苦心のみあって, 苦心はなみたいていで, 苦心ぶりを見聞き, 苦心俵同心や, 苦心ほどまことに演劇, 苦心まかりあり候へども, 苦心または義盛さま十数度の, 苦心までした, 苦心もさこそと思はる, 苦心もって祖宗, 苦心もてあましは今, 苦心もと存じ怺, 苦心やら大阪風の, 苦心より成った大著, 苦心よりも紀介様は, 苦心よろしくあった後, 苦心をもって研究しました, 苦心を以て漸次これ, 苦心サンタンたいがい勘定はアト払い, 苦心サンタン妖怪を描きだし, 苦心サンタン松虫を三年, 苦心中彼女が誇っ, 苦心丹精の茶, 苦心二世策君の血みどろ, 苦心二十年やうやく切支丹, 苦心候事に, 苦心だとか, 苦心制作のよろこび, 苦心功業もすべて水の泡, 苦心努力ぶりを語っ, 苦心労力のほどをちっと, 苦心苦心, 苦心問題は満, 苦心報いられて成功, 苦心孤忠の胸ひとつ, 苦心孤高の芸術性, 苦心容易ならざるもの有, 苦心するに, 苦心尋常ならざりしにも, 苦心常に此如き, 苦心察申上候, 苦心復興を計っ, 苦心怜悧き浪子, 苦心闘し, 苦心惨憺アンナ・ニコロを祝福, 苦心惨憺心血をそそい, 苦心惨憺栓をぬい, 苦心惨憺疲労困憊約十七八時間近く, 苦心惨憺韜晦して, 苦心慘たんとした, 苦心慘澹した話, 苦心憂慮は全く, 苦心折々撓まんと, 苦心探究して, 苦心此事に御座候, 苦心汚れた境界や, 苦心治療を加, 苦心浮標をあて, 苦心煩悶せしめる後, 苦心熟慮の末, 苦心熟練の余僅, 苦心熱中して, 苦心画面の空白, 苦心発案皿に一山, 苦心である, 苦心研究中の人, 苦心空しく暗夜に, 苦心筋立ての苦心, 苦心結構するの必要, 苦心經營したもの, 苦心考慮の結果, 苦心考案するところ, 苦心と実に, 苦心肝胆を砕い, 苦心致しましてもと, 苦心致しまするが自分自身, 苦心の辛, 苦心証拠蒐集の不備, 苦心詭計算出の苦心, 苦心調査に当っ, 苦心調製の七宝製, 苦心談あれは面白かっ, 苦心談北劍の中野天門談, 苦心談立志談は往々, 苦心起承転結に一分の隙, 苦心通りに和議, 苦心骨折があり