青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「苦しみ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

若者~ 若葉~ ~苦 苦~ ~苦し 苦し~ ~苦しい 苦しい~ 苦しく~ ~苦しみ
苦しみ~
~苦しん 苦しん~ ~苦労 苦労~ ~苦心 苦心~ 苦悩~ 苦悶~ ~苦痛 苦痛~

「苦しみ~」 2991, 32ppm, 3621位

▼ 苦しみ~ (860, 28.8%)

29 して 6 受けて, 味は, 察して 5 なめて, 嘗めて, 幾分でも, 感じた 4 救うため, 知って, 自分の, 訴へる

3 [16件] するの, もって, 助けて, 受ける, 味わって, 忍びながら, 忍んで, 忘れて, 忘れるため, 感じたうち, 感じて, 新たに, 知った, 経験した, 苦しみと, 身に

2 [53件] おぼえた, お互に, こらえながら, した, しても, しました, するぐらい, するという, なくしよう, なめなければ, のがれるため, やつた, よそに, 二重に, 体験する, 取り除こうと, 受くる, 受けなくては, 受けねば, 受けるの, 味わった, 味わったこと, 和らげて, 嘗めさせようと, 嘗めねば, 増すばかり, 外に, 少しでも, 忍んでも, 思うと, 感じないやう, 感ぜずには, 打ち明けるべき相手, 探すの, 救って, 救わせられたいとの, 救わせられたき叡旨, 最後まで, 現わし, 知る筈, 経て, 経験し, 經て, 続けて, 見せつけられるから, 見せること, 覚えて, 解脱する, 訴えて, 語って, 軽くする, 逆に, 重ねても

1 [623件 抜粋] ああいう, あえて表, あたえたあと, あたくし, あたへ, あらゆる皮肉, あんまり繰返したくない, いたしたか, いつし, いつに, いつまで, うく, うくとの, うくる, うけざりしさき, うけずに, うけみな, うけること, うちやぶるもの, おのれに, おぼえて, おれは, お前の, お察し, お綱, お雪, かきながら, かくしつとめて, かくしてうわべ, かけたこと, かけるという, かけるよりは, かろむる者等, かろめんため, くりかえすの, この身, この際幾分, こらえて, これから出来る, ごまかすなんて, ごまかすの, さがして, させたね, させねば, させようと, させるから, させるなんて, さらに募らせない, さらに増させる, さらに大きく, しこれから, したであろうに, したと, したという, したの, した同じ, した後コロリコロリ, しつつ, してまで, しないの, しながら, しなくちゃあ, しなけりゃならないん, しなければ, しょって, しんから, じっと押し, すこしでも, すべて感情に, する, するくらい, すること, するに, するもの, する月経時, する樽野, そこに, そっくりそのまま味わせ, そのあと, そのお方, ただ見, だん, だ力, ともにする, どこかへ, ながめて, なさしめたといふ, なさって, なしおのれ, なだめること, なめさせたの, なめさせた上, なめしかも, なめた, なめた顔, なめても, なめます, なめること, なめる日, なめ自分, のがれて, のがれようとして, のがれる道, ひしと身, ひとしく敵, ひどくした, ほんとうに, ほんとに誰, まざまざと, ますこと, ますもの, ますやう, みずから求める, みせて, みて, もがいて, もがくの, もて眞, よくこ, よほどまぬかれ, わが身に, わけ持ちたいと, わすれて, わりあいに, シドニーから, チクチクいじめ, テーマと, ポツリポツリと, マッチ箱に, 一人の, 一場の, 一度經驗, 一手に, 一時的に, 一週間に, 不当だ, 与う, 与えたくなかった, 与えたくは, 与えたこと, 与えたはず, 与えましたが, 与えられた, 与えられたこの, 与えられたとしても, 与えるだけ, 与えるところ, 与えるもの, 与えるよう, 与え給い永遠, 与へては, 乱されないの, 了解した, 人知れず感じた, 今から, 今こそ, 今も, 他に, 伝染させたくない, 伴なう, 伴なった, 体験した, 何と, 余り受けなかった, 余処に, 傍観し, 償うて, 兄と共に, 兄の, 免れ樣, 党の, 共にし, 共に分かたず, 冒して, 冷然と, 凌いで, 分からないの, 分ち新しい, 分って, 分つもの, 刻まねば, 割合浅い, 助けた, 助けてよ, 助け給うもの, 十分に, 半分わけ, 単なる苦しみ, 取戻さねば, 受く, 受けたこと, 受けたもの, 受けた事, 受けた致命者, 受けても, 受けなかったけれども, 受けながら, 受けなければ, 受けるから, 受けること, 受けると, 受けるよう, 受け一旦, 受け他, 受け災難, 受け給, 含む, 含んで, 味いたく, 味いました, 味って, 味つてゐた, 味つてゐる, 味ひたくない, 味わいました, 味わうため, 味わうのみ, 味わうよう, 味わせて, 味わったかは, 味わった原稿, 味わねば, 和げられながら, 和らげた, 和らげるため, 喜ぼうと, 嘗めさせられて, 嘗めずに, 嘗めた, 嘗めたやう, 嘗めた上, 嘗めなかったとは, 嘗めに, 嘗めましたが, 嘗め尽して, 嘗め沢, 嘗め知らざる者, 堪えて, 堪え忍んだ, 堪へしのんだ後, 堪へて, 増しそれ, 増すこと, 増すもの, 外へ, 多くに, 多少経験, 夫婦で, 奪われること, 女の, 始め若く, 嬉しと, 完全に, 家中の, 尊敬し, 少し和らげ, 少なくしよう, 平然と見過ごし, 幾度も, 底まで, 度外に, 延長し, 弔うため, 強くしなけれ, 彼には, 彼は, 彼らに, 彼女に, 彼女には, 忍びきれなかったでしょう, 忍びに, 忍ぶこと, 忍ぶ方, 忍んだ後, 忘れた, 忘れたしかもまた, 忘れたよう, 忘れた私, 忘れる, 忘れるなどと, 忘れるやう, 忘れ気もち, 念頭に, 思い出させるもの, 思い出しては, 思っては, 思ふと, 恐れる, 恒川警部に, 恥ずかしがっ, 恩に, 悦ぶの, 悲しみを, 想像し, 感じさせられて, 感じたが, 感じたの, 感じても, 感じないで, 感じはじめるこころ, 感じるかも, 感じるよう, 感じ出した, 感じ右, 感ずる, 感ずるだけで, 感ずるだけの, 感ずるまた然, 感ずるもの, 感ぜしむされど, 慰めようと, 我慢し, 戦つてゐた, 打ち明けた, 投げかけて, 抱いて, 抱くよう, 招いたよう, 招く爲, 持たないわれわれ, 持つた女, 持つよう, 捜しに, 捨て去るやう, 描いた, 描いて, 撫でさ, 撫でさすつて, 救いつつ, 救い得ん, 救い戦争, 救うこと, 救う資本, 救おうでは, 救おうと, 救つて下すつた, 救わんが, 救わんと, 救済したい, 数え立てて, 断つほか, 日々に, 日記に, 明日まで, 書きしるした, 最も切に感ずる, 最高の, 楽しみうる作家, 楽しむだけの, 楽しむという, 楽しむので, 楽しんだ, 止める場合, 母に, 永い間, 求める, 泣いて, 洩らす道, 消して, 深めて, 混乱させ, 減じたので, 減ずること, 為て, 牛が, 特に力, 犯しても, 現わす, 理解しない, 甞めさせられた, 甞めながら, 生み悲しみ, 痛切に, 癒さうと, 癒して, 看護ること, 眺めつつ, 知ったため, 知つたといふ, 知つた人, 知つてし, 知らんの, 知りました, 知るや, 知る人, 神に, 私の, 私は, 積ねた, 空想的にしか, 紛らす為, 紛らす爲, 紛らせて, 経た者, 経てへと, 経ても, 経なければ, 絞り出して, 続けながら, 続けなければ, 続けるため, 考えると, 考えるとき, 考えるの, 耐えきって, 耐えなければ, 耐えるとき, 耐え持続, 聞いた, 背負わされずにも, 背負わされて, 脱して, 自分が, 致します, 與へる, 舐めて, 良人の, 苦しまなければ, 苦しみうるという, 苦しみすべて, 苦しみそして, 苦しみ合い互い, 苦しみ悪, 苦しみ抜いて, 苦しみ抜くん, 苦しむこと, 苦しむの, 苦しんだ, 苦しんだという, 表は, 表わして, 表現する, 見かねて, 見せようとして, 見ぬいて, 見も, 見よ, 見るとき, 見るに, 見るよう, 見る人, 見る半蔵ら, 見る時, 見れば, 見守った, 見抜かれ救い, 覚えた, 覚えた刹那, 覚えるの, 親切に, 解決しよう, 計るか, 訴えず出来るかぎり, 訴えた, 訴えだした, 訴えなかった, 訴えました, 訴えるつていう, 訴える鹿, 訴え遁, 訴ふ, 訴へて, 詳細に, 誇張し, 語った, 語らなかったの, 語る事, 誤魔化すため, 読み取った, 誰も, 負つて, 負わされて, 貧乏を, 貫いて, 買って, 起せりしかも, 蹶散らさうと, 身の, 身体に, 身体の, 軽くし, 辛抱し, 述べたからとて, 述懐した, 追って, 逃れたか, 逃れる唯一, 通つて来た, 過ぎてこゝに來, 重々察した, 重ねて, 重ねも, 鐵砲で, 長くさせ, 除いて, 隠して, 隣の, 静かに, 顧みないエゴイズム, 飲んだ

▼ 苦しみ~ (278, 9.3%)

6 ない 4 少しも 3 いうまでも, なかった, 一定の, 不幸にも, 目前の, 私の, 身に

2 [12件] しまい, その後も, ないと, 人を, 人生の, 彼の, 彼を, 忍ぶ事, 恐らくまだその, 私を, 続くの, 遊びでは

1 [223件] ああおかけ, あっても, あつて, ありますまい, ありません, ありませんでした, あり得ないの, いかばかりだった, いつの, いまアナタに, いよ, おしまいに, おれ一人だけで, この転向, これから起ります, こんな事, ございますまい, さすがに, しない, しないさ, しないと, しなかった, すぐに, すぐ治まった, すべて家臣が, すれ男, せざつたか, せずに, せぬかと, その一家, その脇腹, それが, それによって, それは, それほどまでに, たえ難い, ただ根, たとえよう, だんだんに, ちょっと除, つまり修業, とうてい想像, とても, とりのぞかれるわけ, どうであったろう, どうであろう, どうな, どうなる, どこにも, どこへ, ないけれども, なくとも, なくなります, なくなるぞ, なめなかったが, はたしてほんとう, ぼくも, またその, また一倍, また別, また急, まだ此, みんな資本主義の, もうすみました, やがてその, やがて又, やや軽く, やんで, わが心, わたくしの, キッと, ベニスから, 一つの, 一人の, 一天の, 一層つのる, 一息の, 一掃され, 三時間つづいた, 世に存, 並み大抵の, 主として食鹽注射, 二人を, 五円の, 人の, 人間生活に, 仕ないの, 仕方の, 何と, 何に, 何も, 何時にな, 作家には, 免るべし, 判るの, 別だ, 力である, 募つて, 去らなかった, 受けまいあゝ, 受けまいと, 同じこと, 同じであり, 同時に彼, 喜びに, 四人には, 困窮が, 地下の, 地獄の, 増すばかりと, 大いなる審判, 大きいの, 天界に, 失恋の, 婦人作家によって, 子供が, 子供を, 察しられます, 實際よりも, 小栗浄瑠璃には, 少い, 少しずつ, 少し鎮まっ, 少ないの, 年ごろの, 幼時から, 幾分でも, 幾歳からでも, 強いけれども, 当然だろう, 当然僕, 彼にとっては, 彼には, 彼女の, 徒歩に, 從つて前よりも, 心の, 必ず工場, 忍ばれに, 忍びようが, 忍ぶに, 忘られ, 忘れたろうと, 忘れて, 忘れられないが, 忠興の, 思っても, 惨憺たる, 想像に, 想像を, 愛する者, 愛の, 感じたくても, 憎しみない, 憤怒を, 或る, 戦争中に, 戻って, 払い落す蜘蛛, 拭つたやうにな, 描いて, 救から, 救ひ, 新しく発明, 日ましに, 明治時代の, 最早ここ, 栖方にとっては, 死守する, 殆どもたなかった, 毎夜呪わしい, 気でも, 気の毒に, 永久に, 汝を, 決して私ども, 洩さ, 浅いもの, 消えない, 消極的の, 深く自分, 深まるもの, 深刻であった, 無駄ぢや, 父を, 独り私達ばかり, 現実の, 現実的に, 甘んじて, 皆ぼくが, 皆我々が, 直ちに生, 直接に, 私たちの, 私にと, 私ん, 秘密が, 紛らしとつ, 経験の, 絶大な, 絶大の, 自ら求め, 自分の, 自分一人で, 致しとうご, 良民に, 芥川より, 蒼い眼, 見っとも, 見られませぬ, 見栄も, 解る, 言語に, 言語道断殆ど予想の, 訴えるところ, 話する, 話の, 認めては, 誰にだって, 身体が, 軽蔑する, 遁が, 非常な

▼ 苦しみ~ (247, 8.3%)

12 中に 11 ために 8 中から 7 うちに 5 中で, 後に 4 中にも 3 方が, 最中に, 種を

2 [11件] あまり哀れな, なかにも, 原因が, 外なにも, 外に, 大なる, 御様子, 有しに, 為に, 裡から, 記憶が

1 [164件] あいだに, あとで, あまり己, あまり転げ, ある事, いずれからも, うえに, うちにこそ, うちにも, うちの, お値打, お心, ことだったでしょう, ことは, ことも, さ中に, しや, すえに, そこに, その後の, たねは, ためいたく, ためにも, つぎには, つづいて, ないの, ないやう, ないらくらく, ない修行, ない安らか, ない昔, ない静か, なかで, なかに, なくなったの, ほかにも, ほか何も, ようだ, ように, わけ前を, ドン底とを, 一つで, 一つであっ, 一つでも, 一つとして, 一つらなり, 一つ一つと, 一生では, 万分の一ほども, 上に, 世に, 世界に, 中では, 中にて, 中の, 中より, 中を, 予感だけしか, 今日以上かさまぬ, 何割かを, 余り衄や, 価値は, 元で, 内容には, 出処を, 出所は, 切実さと, 初まり, 前から, 前に, 動機として, 半分を, 半面は, 原因であっ, 原因と, 原因は, 原因も, 原因を, 去った妻, 反映が, 只中に, 叫びは, 場所と, 声を, 壺, 多いの, 多いのに, 夢を, 如き余りに, 姿とでも, 存するところ, 存在し, 対象から, 底からの, 底に, 底へ, 彼方に, 後にも, 後死ぬる, 御模様, 性質程度が, 意義が, 態だ, 戦いだった, 揚句見すて, 救ひ, 文学としか, 方へ, 方を, 日々で, 日に, 日を, 日記書き続ける, 時間は, 書である, 最大頂天である, 材料に, 来る原因, 来る隙, 果てに, 根は, 根源に, 汗を, 泉である, 泥沼に, 涙に, 涙は, 漠然たる志向, 漲った作品, 烈しければ, 物語化した, 理由は, 痕を, 盥廻しを, 真の, 真面目さに, 神聖な, 程度が, 種だつ, 種であった, 種である, 種と, 窓, 結果であり, 絶頂に, 肯定に, 胎の, 荷の, 表情が, 表情を, 表現には, 表示の, 褒美に, 記録の, 責を, 身代わりであった, 輕き, 返報として, 運命に, 間から, 間じゅう私とともに, 面をも, 骨に, 鼬ごっこだ

▼ 苦しみ~ (194, 6.5%)

3 なって, 堪えて

2 [19件] たえかねて, つけ悲しみ, なるの, よりて, 久しい以前, 同情し, 喘いで, 囚われて, 堪えねば, 堪へつづけた, 心を, 悶えて, 比ぶれ, 沈みがちな, 満ちて, 血を, 身を, 陥るの, 青年は

1 [150件] あえぎつつも, あえぐを, あえぐ海底超人たち, あがきもがきながら, あったか, あらずや, いたずらな, いても, おとしいれたもの, くらべては, さいなまれた, さいなまれて, さらされて, さんざん出遭った, すつかり變貌, せめぬかれた, たいすると, たたきのめされても, たへ, たまりかねて, なった, なったでしょう, なったでしょうね, なったとき, なりまして, なりますこと, なり十分, なること, ひざまずいて, ひどく陰, ぶっつかって, ぶつかるため, ほとんど気づかなかった, みちて, もがいて, もだえた自分, もだえ始めた, ゆがんだ顔, ゆがんで, 一部分同感し, 二とおりありまし, 互に弄り, 人民は, 代る外, 代わって, 何層倍した, 傷んだ心, 優るとも, 入る, 出合つた方であるなら, 出遇つて, 力強く堪え, 参つてゐた, 反照し, 叫んだとても, 同情する, 向かって, 呆けめっきり, 圧せら, 堕ちながら, 堪えかねた怯弱, 堪えたと, 堪えられないと, 堪えられなかつたと, 堪えられなくなったので, 堪えられるもの, 堪える, 堪え切れないで, 堪え切れなくなって, 堪へきれなくな, 堪へしロレンツォ, 堪へずし, 堪へずして, 堪へ兼ねて, 対応し, 對し, 對する, 導き有徳, 就て, 引き摺りこんだ責任, 引き較べて, 御座候, 忍ぶこと, 悩みに, 悩むもの, 悲しみも, 悶掻き返り, 感じながら, 感動し, 打ちのめされては, 打ち克たしめそして, 打ち克って, 打ち克つ信念, 打ち勝ち得る智力, 投げこもうと, 揉まれて, 枕もとの, 根を, 比べて, 比べりゃあ, 気が, 浸りきらずに, 満ちてるその, 甘んじるつて, 疲れて, 疲れはてて, 瘠せました, 直面させられた, 紛れて, 素子ほど, 終止符を, 締めつけられたよう, 置かれて, 耐えしみすがた, 耐えながら, 耐えること, 耐え独り百年, 耐え通して, 耐へて, 耐へる, 背中を, 臨み聖母, 色づけられたうつくしく, 苦しみ抜いた揚句, 苦しんだ罪, 苦しんで, 落した実行組合長, 行くの, 襲われて, 襲われはじめたの, 触れるよう, 話が, 負けて, 超えたもの, 身体も, 輪を, 迫られて, 追われて, 逢わせようとまで, 違いなかった, 遭おうと, 鍛錬され, 陥って, 陥りいざ, 陥れました, 陥れるもの, 陥入り, 際して, 面した場合, 食ひし

▼ 苦しみ~ (188, 6.3%)

5 あること, 助かるとい 4 私を 3 あつた 2 あった, ありまた, ある, あるであろう, あるでは, いつまでも, どんなもの, ない, 映って, 激しければ

1 [151件] あなたを, ありあるいはまた, あり安里, あり悩み, あり長い, あるけれども, あるだらう, あるの, あるもの, あるらしい, あれば, いっそう増した, いつも生じます, いつも諦らめ, おさまったので, おのれの, おわかり, お湯に, お高, かぎりなく書きつけ, からだの, ここで, こちらにも, この二つ, この憐れ, この旅行, この苦闘, この頃, こもって, その人, だいぶ退いた, つ, つづいて, できた, とれるという, どうの, ないで, ないと, なくなるの, なければ, にじみ出て, はじめて彼, ひどいので, ふうと, ふえるふう, ふと感じられた, まだ戸, みな忘れ, みんな自分を, やがては, やってくるか, よくわかっ, わかって, わからない, わかるの, わかるよう, わたしの, 一時に, 一番辛い, 三倍にも, 不断に, 与へられる歓び, 中途半端な, 人を, 人格の, 人民たちにか, 人間の, 今では, 今少し, 今日二倍三倍ものを, 伴はう, 伸子の, 余り大きく, 余程優しゅう, 分って, 分つて, 初めてこれ, 加えられて, 去ったらどんなに, 和らげられるの, 堪らなくなつ, 増します, 増し不平が, 増すばかり, 増大する, 夜更けの, 女の, 如何に, 如何ほど, 始まった, 子供達まで, 少ないの, 幾日幾夜続いた, 強い, 強くて, 強く来ました, 強ければ, 当然である, 当然ふたり, 彼には, 後から, 怖ろ, 思ひやられる, 悲しみが, 意識し, 愛を, 憶起された, 推察された, 時代の, 有って, 来ました, 来ると, 栄蔵には, 栄蔵の, 沈潜し, 浅かつ, 深いよう, 深くかれ, 減るかも, 減るよう, 渦巻いて, 滑稽にも, 滲んで, 激しいからね, 無ければ, 狂言では, 甞め足りぬ, 生じ出したの, 目前に, 積み重なり一丸, 笑い話に, 耐へ, 脱却される, 自分に, 自分にも, 芯の, 苦しみを, 薄らぐと, 襲って, 見えた, 起ったとき, 起りました, 軟弱の, 軽くなる, 迫って, 述べて, 退いたので, 過ぎ去ると, 過ぎ去るまでは, 除れ, 骨身に

▼ 苦しみ~ (138, 4.6%)

3 ない, 忘れて, 悲しみも 2 ありまた, あるまい, したし, せずに, なかった, なく歩い, なければ, 喜びも, 岡田の, 楽しみも

1 [109件] ありました, あるいはまた親, あるの, いろいろあった, がくように, がく姿を, がく擬いの, がく断末魔の, がく様子を, がく瞬間の, これで, した, したろうが, して, しないで, しなかったし, し何, し悶えも, せず平然, そして私自身, そのもだえ, そのスケール, それに, だへること, だんだん耐えがたい, ない代わり, なかつたもの, なかるべくと, なくしかも, なくなりました, なくなり同時に, なくなるだろう, なくなるの, なくのんき, なく大学, なく少し, なく眠るが, なく眼, ねむらない夜, ほんの一時, またこれ以上, またはなはだしい, また増し, もう光丸, プロシャに, 一緒に, 何も, 佗しみも, 力なく, 動きも, 厭いません, 厭い申さぬ覚悟, 厭ふまい, 去った今, 及ぼさずに, 受けないそう, 受けないという, 告げこの, 喜びと, 増すの, 多かった, 夜の, 大きい, 大きかった, 妻の, 察せられるの, 将軍に, 強くそして, 忘れ我と, 忘れ果てる, 恩も, 悩みも, 悶えも, 愛も, 慣れて, 慾が, 憂いも, 憤りも, 或ひ, 打ち忘れて, 明日一日だ, 時には味わう, 樂しみも, 此人の, 永劫に, 汝の, 消えるだろう, 深い, 無いよう, 無益希望も, 煙の, 現れて, 甘からめ, 生きて, 生ずる, 癒えて, 益々烈しく, 知らないよう, 祖国の, 神のみ, 私の, 空気も, 続くだらうさ, 起って, 起らなかった, 起らぬ, 長いこと, 限りない, 霧散し

▼ 苦しみ~ (100, 3.3%)

3 悲しみとを 2 いうよりも, するの, なって, 家内の, 悩みとを

1 [87件] いえば, いって, おしてなくなっ, お互, かなしみの, かも, ごく僅か, せず大いなる, そうしてその, それを, たくさんの, たたかう勇ましい, なり遂に, ひたむきに, モルヒネ中毒による, 一緒に, 丁度同じ, 不愉快とを, 二重の, 云うこと, 云ったらとうてい, 云ふ, 云ふも, 体の, 全く同じ, 八寒地獄の, 努力とに対する, 危機との, 同じなん, 同じもの, 君の, 喜び, 喜びを, 困難は, 失敗とを, 孤児の, 寒さ, 希望とが, 希望との, 心細さ, 悔恨を, 悩みが, 悩みとは, 悩みの, 悲しみから, 悲しみと, 悲しみとが, 悲しみとに, 悲しみとについて, 悲しみとは, 悲しみは, 愛とで, 感じ楽しみ, 憎しみとが, 憎悪を, 憧れとを, 戦つても, 新しい希望, 来たら, 楽しみを, 歓び, 歓びとを, 歓びの, 死とが, 残虐との, 涙の, 淋しさ, 申すもの, 男らしく戦っ, 男らしく戦つて, 町の, 病いと, 痛みとを, 痛みを, 矛盾に, 祈願が, 考えること, 苦しみを, 血の, 言いますか, 進んで, 邪魔を, 闘いそれ, 闘いの, 闘うのに, 願ひ, 驚きに

▼ 苦しみながら~ (74, 2.5%)

3 死んで 2 太田は, 生きて, 途切れ

1 [65件] あいまいに, あても, あの廃宅, この高原, しがみついて, そこからの, その苦しみ, それ自身の, たださかん, たとえよう, だこうして, でもまだ, ときには涙, どうしても在処, どんなに多く, なお鼠, なぜ一日一日, のた打ち廻っ, ひるの, オレに, 一代を, 一方では, 一言も, 世界平和と, 互いに苦しみ, 五日ほど, 亡くなりますれば, 人を, 何度も, 働いて, 動いて, 十四五丁も, 半里, 台所へ, 右手に, 唸り出させたという, 噛み締めました, 変化の, 寝入ったとばかり, 少しずつ, 尚のむ, 山に, 希望を, 干潮の, 悦に入るばかり, 手錠は, 押し分け登って, 書いて, 横たわれるさま, 無理にも, 画筆を, 眠るよう, 私が, 突然絶望, 筮竹を, 自分として, 自分以外の, 街を, 親たちを, 言つた, 諸国を, 辛うじて世, 遂に一生, 遂に息, 青年が

▼ 苦しみ~ (53, 1.8%)

4 悲しみを 2 喜びを, 怨みが, 悲しみが, 懊悩を, 楽しみを, 涙が

1 [37件] うだつた, かなしみが, しない, それを, たのしみは, もっと辛い, 不便に, 不安が, 不快さが, 努力は, 努力を, 喜びなど, 喜びに, 困難を, 寂しさ, 悩みを, 悲しさ, 悲しみなどは, 悲しみにも, 悲しみの, 悲しみは, 悲しみや, 悲しみ疲れを, 愁いくらいは, 愛と, 教育の, 楽しみの, 權勢といふ, 歎き, 歎きがどんな, 気使い, 涙に, 涙の, 涙や, 痛手は, 発明の, 途方に

▼ 苦しみから~ (43, 1.4%)

2 出発した

1 [41件] あなたを, きた曲線, にじみ出たもの, のがれまた, のがれようと, はじめてマナイタ, ツイ不良な, 人々を, 人間を, 免れられるかも, 免れられるよう, 和らいだ, 多少気, 夢中で, 彼を, 彼程, 抜けて, 救い出したい, 救うもの, 救う為, 救って, 救われず秩序, 救われること, 来る険しい, 気が, 生き抜いて, 眼を, 私は, 脱れる, 自分は, 花を, 逃れます, 逃れられないの, 逃れるため, 逃避したかった, 遁がれ出たい, 遁れ, 遁れられる, 遁れる, 開放せらるる, 離れて

▼ 苦しみ~ (29, 1.0%)

5 あつた 2 毒酒を

1 [22件] あつたの, あつたらしい, あつて, あんな風, いっぱいに, いつぱいだつた, この作品, ござりました, ヴィルプール国内の, 一杯でございます, 到頭死ん, 又うなされた, 夢中な, 家中の, 幸福を, 本当の, 歯止めの, 死んで, 済むとは, 無かつ, 片山首相が, 私は

▼ 苦しみつつ~ (26, 0.9%)

3 あるの

1 [23件] あった時, あつた, ありと, あると, ある三千代, ある人, ある内情, ある我が, ある氏, ある経済組織上, しかも混乱, なおはたらけ, はたらけ, ふと見れ, 一度持たせられし, 他の, 手を, 死にゆく人, 死ぬるの, 生きてを, 生を, 生活し, 追い求める最高

▼ 苦しみにも~ (18, 0.6%)

2 疲れて

1 [16件] さしての, たえず周章狼狽, なりませんでした, めげず高氏どの, 同情し得る, 堪ええないの, 堪え忍びつつ, 左程, 我々の, 打たれずまた, 耐えて, 耐えようと, 艱難にも, 蹉跌にも, 酬いられるとき, 陥らなかったであろうという

▼ 苦しみという~ (15, 0.5%)

5 ものは 2 ものが, ものを 1 ことを, のかな, のかも, のである, 事は, 奴じゃ

▼ 苦しみ~ (14, 0.5%)

2 をする

1 [12件] が足りない, だから, だつた, であり, など若い, に至っ, はしなかったろう, は到底, は生き, は相, や嘔吐, をし

▼ 苦しみ~ (12, 0.4%)

1 [12件] から解つて, がその, し頓服, そうです, とは孝子, と千世子, と思う, と言います, なんて, な何, のな, 私は

▼ 苦しみながらも~ (12, 0.4%)

1 [12件] じっとそれ, じりじりと, どうにか精神的, まだ生き, 全龍先生, 勉強の, 多鶴子を, 小暗い露路, 或一種, 死ぬの, 自分を, 頷いて

▼ 苦しみ~ (11, 0.4%)

2 のである, のです, んざ掌に 1 のじゃ, のだ, のであります, のでございます, のでしょう

▼ 苦しみもが~ (11, 0.4%)

10 いて 1 きながら

▼ 苦しみをも~ (11, 0.4%)

1 [11件] ひき起こして, また心細, よく除きうる, 友とともに, 取り除いて, 感じられないこと, 憚らざれ, 楽々遊びうる, 樂, 苦しまうと, 見て

▼ 苦しみ~ (10, 0.3%)

2 求めるもの, 爾の 1 かくいたく歎くに, その主, 口と, 君と, 教理に, 盗めりとて

▼ 苦しみとを~ (10, 0.3%)

1 どう取扱, なにかの, ふりしぼって, もって, 感ずること, 替わる替わるに, 混じた気持ち, 考えて, 訴えて, 頭の

▼ 苦しみ悲しみ~ (10, 0.3%)

1 あらゆるもの, が押寄せよう, さう, せつなさ, そういうもの, ながら進もう, も平和, を与えなく, を声, 切なさ

▼ 苦しみ悶え~ (10, 0.3%)

3 てゐる 2 ている 1 たりしない, て死んだ, ながら死ねない, はては, を考えます

▼ 苦しみでも~ (9, 0.3%)

1 あります, ありまた, いっしょに, します, なかった, なくそれ, なくまた, なければ, 俺あ

▼ 苦しみとは~ (8, 0.3%)

1 これだ, なんだ, まつたく別, よく蘇った, 何の, 何を, 未来の, 比べものに

▼ 苦しみには~ (8, 0.3%)

1 あまり注意, うつむいた面, やっと匹敵, 二種類ある, 何の, 堪えられなかった, 堪えられません, 自由な

▼ 苦しみよりも~ (8, 0.3%)

1 いっそう許容, むしろ虚偽, 不名誉よりも, 大なる, 娼妓に, 泣き泣き仕事, 着る物, 私には

▼ 苦しみ通し~ (8, 0.3%)

1 だもの, ていた, てとうとう, てゐる, て二十一日, て死ん, でおしまい, の難産

▼ 苦しみそれ~ (7, 0.2%)

1 にはっきり, は何物, は動物的本能, は私, もよし, も或は, を通じて過去

▼ 苦しみとの~ (7, 0.2%)

2 表現で 1 ためだった, どろどろに, 最初の, 爲めに, 結果だ

▼ 苦しみ抜い~ (7, 0.2%)

1 てきっと, てやっと, てやつ, て死ぬ, て死ん, て死んだ, て自然天然

▼ 苦しみでは~ (6, 0.2%)

2 ないだろうか 1 ない, ないか, ない筈, なく魏

▼ 苦しみ悩み~ (6, 0.2%)

1 がある, さみしさ, ながらも幼児, はありませぬ, 奈落で, 考え祈り努めて

▼ 苦しみこそ~ (5, 0.2%)

1 人生の, 宗祖親鸞も, 彼に, 楽しみです, 願は

▼ 苦しみそして~ (5, 0.2%)

1 この命, 五年の, 今また, 死んで, 血を

▼ 苦しみその~ (5, 0.2%)

1 ために, ものです, ような, 涙が, 病床を

▼ 苦しみそのもの~ (5, 0.2%)

1 にも気に入るだろう, の中, の催眠作用, の救い, の溢

▼ 苦しみであり~ (5, 0.2%)

1 また喜び, 一人に, 悩みである, 悲しみである, 楽しみである

▼ 苦しみである~ (5, 0.2%)

1 ことを, とは言え, とは言えない, と思う, もし平素善根

▼ 苦しみといふ~ (5, 0.2%)

2 ものは 1 ので, ふるさとが, まことに慰

▼ 苦しみまた~ (5, 0.2%)

1 それを, 境遇に, 学問は, 得意と共に, 憤った

▼ 苦しみもだえ~ (5, 0.2%)

2 ている 1 ていた, てみせる, 血を

▼ 苦しみ出し~ (5, 0.2%)

1 あっという間にこれ, て夜半前, て翌朝百合子, やはっ, 続いて

▼ 苦しみであった~ (4, 0.1%)

1 か想像, が今, そうな, のである

▼ 苦しみとか~ (4, 0.1%)

1 いうもの, 恐れとかいう, 絶望懐疑といった, 臭さ

▼ 苦しみとに~ (4, 0.1%)

1 さいなまれて, 堪えかねて, 染まること, 満たされて

▼ 苦しみなすった~ (4, 0.1%)

1 ことは, こと私と, のだ, のでしょう

▼ 苦しみなどは~ (4, 0.1%)

2 父の 1 ひそかに, まるきり忘れ

▼ 苦しみほど~ (4, 0.1%)

1 人間にとって, 楽しいもの, 苦しいもの, 身に

▼ 苦しみもがき~ (4, 0.1%)

1 おのれを, 嘔吐し, 照れまた, 金魚鉢の

▼ 苦しみよう~ (4, 0.1%)

1 が一番, だ, だと, はしなかった

▼ 苦しみ多き~ (4, 0.1%)

1 人間として, 刑死を, 山, 生涯に

▼ 苦しみ~ (4, 0.1%)

1 ませて, み限られた者, み默, んでゐる

▼ 苦しみ~ (4, 0.1%)

1 いたが, いて, きます, き又

▼ 苦しみ自分~ (4, 0.1%)

1 の才能, の清らか, の自信, は母

▼ 苦しみあらゆる~ (3, 0.1%)

1 煩悩の, 虚僞不徳不明あらゆる, 裏切りは

▼ 苦しみ~ (3, 0.1%)

1 へすれ, へなかつたら, 迷い創造

▼ 苦しみさえ~ (3, 0.1%)

1 すれば, なかったら, 求めずには

▼ 苦しみだけ~ (3, 0.1%)

2 では 1 でございます

▼ 苦しみです~ (3, 0.1%)

1 げじ, ね一人, 萩原の

▼ 苦しみとして~ (3, 0.1%)

1 もし幾分, 感じる心, 苦しめないこと

▼ 苦しみなどとは~ (3, 0.1%)

2 没交渉に 1 大いに事情

▼ 苦しみやう~ (3, 0.1%)

1 が一番, はしない, をする

▼ 苦しみ~ (3, 0.1%)

2 は死す 1 からそう

▼ 苦しみ~ (3, 0.1%)

1 が主動的, と自分, に苦しみ

▼ 苦しみ悩む~ (3, 0.1%)

1 のである, 初心の, 外ない

▼ 苦しみ悩ん~ (3, 0.1%)

3 でいる

▼ 苦しみ悶えた~ (3, 0.1%)

1 ものである, 恐ろしい死相, 死骸では

▼ 苦しみ~ (3, 0.1%)

1 にをした, にを遂げた, に死ん

▼ 苦しみ生き~ (3, 0.1%)

2 てい 1 ている

▼ 苦しみあなた~ (2, 0.1%)

1 に悲しみ, をも苦しめた

▼ 苦しみうち~ (2, 0.1%)

1 へかえって, 開けた広々

▼ 苦しみ~ (2, 0.1%)

1 どちらかを, 労働の

▼ 苦しみかた~ (2, 0.1%)

1 をし, をする

▼ 苦しみかつ~ (2, 0.1%)

1 希求せる, 死ぬべくあこがれて

▼ 苦しみごと~ (2, 0.1%)

1 なども, を思ふ

▼ 苦しみじゃ~ (2, 0.1%)

1 ないぜ, ない何十

▼ 苦しみすべて~ (2, 0.1%)

1 の不快, 呑みこんで

▼ 苦しみそれ以上~ (2, 0.1%)

1 に残忍, の深い

▼ 苦しみだけは~ (2, 0.1%)

1 もう少し楽, 學生

▼ 苦しみだけを~ (2, 0.1%)

1 残す必要, 高唱し

▼ 苦しみつつも~ (2, 0.1%)

1 末めでたく, 毎食一品位は

▼ 苦しみつまり~ (2, 0.1%)

2 恋を

▼ 苦しみでした~ (2, 0.1%)

2 がお

▼ 苦しみでしょう~ (2, 0.1%)

1 かまた, ね

▼ 苦しみとかが~ (2, 0.1%)

2 どんなもの

▼ 苦しみとが~ (2, 0.1%)

1 あつた, 私自身に

▼ 苦しみとともに~ (2, 0.1%)

1 これまた, 自分も

▼ 苦しみとも~ (2, 0.1%)

1 にはげましあっ, に堪え

▼ 苦しみなき~ (2, 0.1%)

1 よう互いに, 町中の

▼ 苦しみなすっ~ (2, 0.1%)

1 ています, ては私

▼ 苦しみなどを~ (2, 0.1%)

1 書きましても, 考えながら

▼ 苦しみなんて~ (2, 0.1%)

1 大抵つまらない, 彼女から

▼ 苦しみによって~ (2, 0.1%)

1 掘られた深淵, 私の

▼ 苦しみに対して~ (2, 0.1%)

1 吾, 恐れ戦くの

▼ 苦しみばかり~ (2, 0.1%)

1 で面白く, 起って

▼ 苦しみ~ (2, 0.1%)

1 往け, 送らなければ

▼ 苦しみもがく~ (2, 0.1%)

1 ことに, のを

▼ 苦しみやら~ (2, 0.1%)

1 男に, 知れませんが

▼ 苦しみより~ (2, 0.1%)

1 肉身を, 苦しみへと

▼ 苦しみよりは~ (2, 0.1%)

1 一思いに, 死の

▼ 苦しみ乍ら明日~ (2, 0.1%)

2 の餓

▼ 苦しみ人気~ (2, 0.1%)

2 のない

▼ 苦しみ~ (2, 0.1%)

1 からは凋むだ, 日人を

▼ 苦しみ怒り~ (2, 0.1%)

1 もなやみ, 悶え憎み喜び泣き笑ったこと

▼ 苦しみ悩んだ~ (2, 0.1%)

1 かどうか, 基督の

▼ 苦しみ惱ん~ (2, 0.1%)

1 だ時代, でも

▼ 苦しみ或いは~ (2, 0.1%)

1 悲しみと, 死んで

▼ 苦しみ~ (2, 0.1%)

1 きする自分, き沈黙

▼ 苦しみ~ (2, 0.1%)

1 をおとし, を出し

▼ 苦しみ~ (2, 0.1%)

2 となり

▼ 苦しみ生活~ (2, 0.1%)

1 に疑問, の中

▼ 苦しみ甲斐~ (2, 0.1%)

2 のない

▼ 苦しみ等しく~ (2, 0.1%)

2 歔欷し

▼ 苦しみ苦しみ~ (2, 0.1%)

1 生きて, 苦しみぬいた人間

▼ 苦しみ通した~ (2, 0.1%)

1 葉子は, 街は

▼ 苦しみ~ (2, 0.1%)

1 を納め, を貯め

▼1* [306件]

苦しみあえぐ声が, 苦しみあがいた日の, 苦しみあがきながら築きあげた, 苦しみあがきし日の, 苦しみあがく主人を, 苦しみあきらめ堕落し, 苦しみあたかも皮膚を, 苦しみあり生まるる時眠る, 苦しみあんなに欲求し, 苦しみいかばかりなるやを, 苦しみいや気が, 苦しみうけて相, 苦しみうめいている, 苦しみおのれの情熱, 苦しみかの所謂, 苦しみかも知れない, 苦しみからとはいいながら, 苦しみかれこれ思い廻らす内, 苦しみがというふうに, 苦しみがもうたえられなくなった, 苦しみくぐり抜けてわが, 苦しみぐらゐはいくらでも忍ぶぞ, 苦しみける程に, 苦しみこの涙が, 苦しみさしとかん, 苦しみさぞかしと思へ, 苦しみさまようことに, 苦しみしかしそれこそ, 苦しみしかして二人等しく, 苦しみしかもそのすえ, 苦しみしばしば訪れて, 苦しみすき間から洩れる, 苦しみするのを, 苦しみせめそれを, 苦しみそうな自分, 苦しみそういうような, 苦しみそうした先人の, 苦しみそうしてその人たち, 苦しみそのままでいる, 苦しみその他を味, 苦しみがいの, 苦しみただめしを, 苦しみたといこれを, 苦しみだけからいってもねえ, 苦しみだけが待って, 苦しみだけでも先生の, 苦しみだけの関係において, 苦しみだったからな, 苦しみだったろうよ, 苦しみだの不平だの, 苦しみって困ったの, 苦しみつて言ふこと, 苦しみであって馬場みたい, 苦しみであるべき行為をも, 苦しみでござんす, 苦しみでなくてはならぬ, 苦しみでなくなっていた, 苦しみといったものに, 苦しみとてはあらざれば, 苦しみとにかくいそいで, 苦しみとまで鋭いもの, 苦しみともに解決する, 苦しみと共にあなたは, 苦しみほしで, 苦しみどうにもならなかった, 苦しみどうして救い出されたかを, 苦しみどれほど不快, 苦しみどんなに惱んで, 苦しみなお雪崩の, 苦しみながらに眼を, 苦しみなくしては, 苦しみなぞと言うこと, 苦しみなぞというものは, 苦しみなどするもの, 苦しみなんかその年齢, 苦しみなんかは寸毫も, 苦しみなんかをチョンびりも, 苦しみなんぞはお口, 苦しみにおいて自分の, 苦しみにかへるや, 苦しみにさえ習慣が, 苦しみにたいする利己心は, 苦しみにだけは俺は, 苦しみにつきおとして, 苦しみにても一日と, 苦しみにでも堪えられる強い, 苦しみにばかり没頭し, 苦しみにまでなって, 苦しみによつて凡ての, 苦しみによる認識という, 苦しみに対する同情が, 苦しみぬきもまれぬいてから人生, 苦しみのみでは, 苦しみのりあがり紅, 苦しみはじめその夜, 苦しみはじめかかりつけの医師, 苦しみはじめ結局死んで, 苦しみはずつと軽くなつた, 苦しみ苦しんでるん, 苦しみばかりの多い身, 苦しみばかりをせねば, 苦しみへと過ぎるうち, 苦しみへの同情である, 苦しみまで枕元に, 苦しみまどいする姿, 苦しみもがいた様子は, 苦しみもしくは楽しんでる場合, 苦しみもだえた挙句知事に, 苦しみもっともっとこの苦しみ, 苦しみやう其翌日ヘロ, 苦しみやがて離婚し, 苦しみやつと此処, 苦しみ明るき藝術, 苦しみったらしいな, 苦しみようようあちこちから, 苦しみよりかいま少し, 苦しみわが心を, 苦しみわびしさみなよく, 苦しみゐるを見る, 苦しみをさえ征服出来ず, 苦しみを通して久松に, 苦しみを通してのみ眞正に, 苦しみを通じてほんとうに, 苦しみインフレーションで苦しん, 苦しみウーンワン, 苦しみトーキーとなっ, 苦しみパッと息, 苦しみムダな労力, 苦しみ一々その人, 苦しみ一方が楽しんでる, 苦しみはとても, 苦しみ乃ち自責とし, 苦しみ乃至絶望が, 苦しみ乍ら一寸何, 苦しみ乍らうろたへて, 苦しみ乍ら何うしても, 苦しみ乍ら肩から下, 苦しみ事業に苦しみ, 苦しみ人生を浪費, 苦しみ人間として自分, 苦しみもなお, 苦しみかを遁, 苦しみ働くの幸福を, 苦しみ入院中のお, 苦しみに喜ぶ, 苦しみ共に楽しむこと, 苦しみ其の儘息の, 苦しみ其二なり前者, 苦しみ内記の人々, 苦しみ凋落のボオドレエル, 苦しみ凶年には死亡, 苦しみ出しはじめたのはま, 苦しみ出し續いて, 苦しみ前途百年の計, 苦しみ労働者農民を絞め殺す, 苦しみ危険を犯し, 苦しみ薩州その他の, 苦しみ双方とも離れ離れ, 苦しみ反逆しながら, 苦しみふの, 苦しみ君自身で癒さなけれ, 苦しみ周囲にも迷惑, 苦しみ呻いている, 苦しみ唸るような, 苦しみがひきつり, 苦しみ喜びあるいは湿, 苦しみ喜んだ人々の, 苦しみをつき, 苦しみ嘲りながら作者, 苦しみ在留する人達, 苦しみ地上のさだめ, 苦しみ多くしかも内輪, 苦しみ多ければそれだけ, 苦しみ夜明け前に息, 苦しみ奇蹟によつて救, 苦しみ奮闘して, 苦しみ好きなこと, 苦しみのいとし, 苦しみ嬉笑にも相, 苦しみを徒, 苦しみ子供たちは元気, 苦しみ宗觀と音助, 苦しみ家人を苦しめ, 苦しみの美徳, 苦しみ小栗上野とその, 苦しみ少ない国だらう, 苦しみ尚早な経験, 苦しみ平凡無為徒らに静止, 苦しみ年老いてきた, 苦しみ幾重にも苦しい心持, 苦しみ庸三もさんざん, 苦しみ弱る兵らに, 苦しみ当惑して, 苦しみが私, 苦しみ彼らの日々, 苦しみ貴殿も, 苦しみはすでに, 苦しみ怒るもの狂おしい, 苦しみ思考に注意力, 苦しみ怪我を受ける, 苦しみ恐れ絶望する, 苦しみ恐ろしさを, 苦しみ恐ろしい吐き気生まれる, 苦しみ恨みなど過ぎ, 苦しみがつけなかった, 苦しみ悦びしつつ, 苦しみ悦び悲しむが如き, 苦しみと戦はね, 苦しみみの, 苦しみ悲劇が人間, 苦しみ悶えさせて殺そう, 苦しみ悶えるような, 苦しみ惱む我の我, 苦しみをとり戻そう, 苦しみ愛情に飢え, 苦しみ慈円が苦しみ, 苦しみ我儘なる故に, 苦しみ或は不平に, 苦しみ所在掠奪をほしい, 苦しみ所有の田畑, 苦しみひ美, 苦しみ数々の縁, 苦しみから引き裂かれ, 苦しみすべしと, 苦しみ明した, 苦しみ至れば, 苦しみ時代の悩み, 苦しみ最も大なりし, 苦しみ最初に息, 苦しみ案じ労わり, 苦しみ楽しみ創造するかの, 苦しみ楽しむことが, 苦しみ楽しんで次第に, 苦しみだらう, 苦しみ樹かげに身, 苦しみの袂, 苦しみ歓喜に接する, 苦しみ正直に有難がり, 苦しみのなげき, 苦しみを遣い, 苦しみ永劫に亙り, 苦しみ求めている, 苦しみかきつ, 苦しみ泣いている, 苦しみ泣き罵らなければならなかっただろう, 苦しみ流離したが, 苦しみどりが, 苦しみ無知で封建的, 苦しみ甚だ大なる, 苦しみ病院へ行き, 苦しみ病院費の為, 苦しみ盗みの道, 苦しみ助け合い最後, 苦しみ相互の悲劇, 苦しみ相果て候由を承り, 苦しみをうつ, 苦しみ社会の制裁, 苦しみ私たちが不, 苦しみ種々すること, 苦しみ空腹と疲れ, 苦しみ窮余の策, 苦しみ窮餘の策, 苦しみ笑顔や愁い, 苦しみ余程の, 苦しみ精いっぱいの努力, 苦しみ紅玉の皿, 苦しみ結婚式はさんざん, 苦しみひし事, 苦しみ給うた大釈尊, 苦しみ絶えざる困窮朝から, 苦しみけて來, 苦しみに古, 苦しみに汚れ, 苦しみ羽ばたきする其時代の, 苦しみは凝る, 苦しみ自分自身に苦しむ, 苦しみ自殺する, 苦しみ花婿は右眼, 苦しみ苦しい快さ, 苦しみ苦しみぬいた人間のみが, 苦しみ苦しみやつと此処, 苦しみ苦しんだ揚句私は, 苦しみ掻き欄干, 苦しみで血, 苦しみと共に, 苦しみ製作の上, 苦しみ親鸞が苦しん, 苦しみ解決しようと, 苦しみかそれ, 苦しみ貴君も苦しむ, 苦しみ越方を見下し, 苦しみは不仁, 苦しみ返書を出し, 苦しみ迷うだろうと思います, 苦しみ遊ばしたと申し上げました, 苦しみ遺憾に思っ, 苦しみ金釵地に委し, 苦しみ鍛え耐えそして真に, 苦しみ長くやまないところ, 苦しみ闘いついには, 苦しみの日, 苦しみや額, 苦しみ願望しつつ, 苦しみに乏しく, 苦しみ食物が足らず, 苦しみ飢餓に死する