青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「立ち~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~突然 突然~ ~窓 窓~ 窮屈~ 竈~ ~立 立~ ~立たない ~立ち
立ち~
~立っ 立っ~ ~立った 立った~ ~立つ 立つ~ ~立つた 立つた~ ~立て 立て~

「立ち~」 7495, 74ppm, 1518位

▼ 立ち~ (605, 8.1%)

6 ゐに 5 見に 4 アカイアの 3 二三人の, 人垣を, 御慮外, 泣くは, 窓を, 行く, 見居て, 道よりも

2 [42件] あはれさ, あり, いふ, うしろは, これを, その涼し, もの淋しく瞶, ゆく, よりその, 仕へ, 再び此問題, 判を, 困ずる, 堪へたり, 妥協を, 導きたり, 形式の, 彼の, 彼らに, 応答する, 憲法の, 新聞を, 曰ふ, 望めば, 望小山に, 汝を, 泣くに, 瞰おろせ, 禹の, 私の, 臨御を, 自己の, 舞ひ, 藩閥と, 見る, 見わたせば, 視む, 言ふ, 踏みはじめぬ, 退場, 陳じ, 頬を

1 [482件] あき箱, あたかも人, あるならば, あるよう, あれば, いくかも, いず方, いつかを, いづ方, いる間, うごかずやがて, うしろより, うれし, えならぬ, おのづか, おのも, おぼろながら, お取次ぎ, お土産, かくまでに, かく迄, きけば, けさ雨ふらす, けり, ここの, ここを, この歌, これらに, さながら現世, さびしげ, さらに應, しかして国民的政治, しば, しばし面, すすり泣き, すみやかに, せわしく動く, その初, その劇場, その室内, その屋, その馬, それから, ただ一呑, ためらへ, ちりりん, ながめき, なほうそ寒き, のが, はたらく人, ひたすら二人, ふりか, ほとんど我, まさにかなた, また戰, また留りゐる, みたれども, ものうきま, やる事, ゆかん, ゆきし時, われは, われ彼の, ゐて, ゐる, ゐるかも, をろがみぬ, アカイア軍に, アキリュウス, アポローン, キリストの, ダンテの, トロイアの, トロイア軍勢を, ネストール將軍めがけ進み行き, ヘクト, 一の, 一条の, 一汎の, 一片の, 丈六尺なる, 三たび歎か, 三十の, 上校の, 下女と共に, 下手の, 下等の, 世には, 世に耻, 世界を, 両足の, 主客の, 之れ, 乘合を, 乳を, 争闘を, 二三歩あるく, 二千二百十三年前に, 二室三室通り抜け, 二軍の, 井戸換への, 交る, 人の, 人事を, 人民を, 人生の, 人生問題として, 人遠く, 今に, 今の, 今は, 今入りし, 今更に, 今飛ば, 休らへ, 伺いし, 体裁も, 何か, 何れを, 何事をか, 便所に, 俯き双, 先に, 先鋒の, 光明探究の, 光榮の, 入りし, 兩臂を, 八荒を, 公園を, 其めぐり, 其上に, 其声を, 内の, 内殿の, 列に, 列を, 列車の, 初めて価値, 前に, 勇奮へ, 動かざること巌, 動揺する, 勲とともに, 十字を, 半ばそれに, 単調やぶる, 即ち陳, 即興の, 參り, 友をも, 口開き飛揚の, 古来の, 叩くも, 叫びぬ友, 叫び曰ふ, 叫べども, 叫べば, 名を, 向ひ, 君らは, 吟心愁を, 吹く, 吾妹子が, 呵々と, 唯異く, 問いし君, 問ひし, 問題の, 喚ぶ人, 單蹄の, 四方の, 四望せん, 在るを, 地の, 坐さんには, 基督の, 堅信博学機に, 塵も, 壺を, 夏は, 夕光あかし刈り棄て, 夕陽を, 大なる, 大原を, 大村さん大村さんと, 大空に, 大葉子は, 大音声, 天の, 天神の, 如何に, 妹が, 妻の, 始めて, 威を, 威嚇の, 子として, 客を, 宣し, 宣んし曰, 室を, 家財の, 寄せ来る太平洋, 寒から, 寒き夜, 寥々冥々たる, 導く, 導けや, 小川を, 居り, 山欅樹に, 崇敬の, 川の, 左右に, 左右を, 巧みに, 巨大の, 帰りたまいき, 帰りましたが, 帰る, 常居, 幣帛を, 平門の, 幾千萬とも, 店に, 弟を, 当時警官の, 彼に, 彼れ, 彼方に, 待つほどに, 待てども, 待てり, 御取次ぎ, 心なく, 心の, 心細く覚ゆる, 心肝惱しつ, 心臟の, 忠孝二道に, 快を, 忽ち君, 怖れた, 思ひゐてもぞ, 恥じざるもの, 意志忽ち, 慇懃の, 憶ほ, 懼るる, 我が名, 我席を, 戦たる, 戰ひつ, 戰へり, 戰へる, 戰鬪に, 手の, 手を, 手持無沙汰に, 投者の, 折しく, 折節通へる, 拱す, 指示する, 控ふる, 提香爐を, 撞と, 教権ようやく, 敵に, 既に長けど, 日蔭を, 明くれ, 明日は, 星消え失せし, 春の, 暗き梯, 曰ひける, 更に葉, 曾て, 月の, 望み見て, 木輪が, 杖を, 東西を, 松林の, 栗を, 桟橋に, 梯子を, 楽しさ, 樂の, 機嫌を, 權三の, 歌よみし, 止みたる, 歩くこと病, 歩まる, 歩みたま, 歩み癩病人, 歩む, 殊勝にも, 毫も軽重, 池の, 沈吟せし, 沢べに, 泣き居たるに, 泣くほどに, 活動せん, 流れには, 涙を, 淋しげ, 深き慈愛, 滝を, 滴々と, 漕ぎのぼる, 激烈の, 火箸の, 為すすべ, 烏羽玉の, 熱せる, 燦爛の, 父母に, 物しける, 物を, 犧牲を, 独り嬌名を, 独り温雅優美の, 玄関へ, 理想の, 甚しき相違ある, 生花の, 甲斐の, 男性の, 皇太孫と, 皿茶碗など, 監獄を, 目も, 目を, 相並ぶ, 相向ひ, 相挑みき, 眺むれ, 眺めて, 眺め入りし, 瞑黙して, 瞻りぬ, 砂石を, 磨き立てたる格子造り, 磨りガラス入り, 社会の, 祈ること, 神の, 禍難を, 私的示談に, 秋は, 秋来と, 秋深く, 窃に, 窺いいるうち, 窺ひゐ, 端艇出させ, 竹屋の, 笑う, 笑ひ居たる, 笑みつ, 笛ふけども人躍らず, 笛吹けども, 箱の, 精神を, 精神的文明の, 紅い苺, 紅くかが, 美しき女, 群衆の, 翼ある, 考え朝, 聲揚げ, 胡亂胡亂する, 脆弱なる, 脚下に, 腰元どもを, 腹は, 自ら世の, 自由である, 自由の, 舞へ, 舞へるあり, 艶道の, 若葉あらへば, 英泉は, 葛飾わたりの, 蓮女第, 薩藩を, 蟻群の, 衆議員選擧候補者らしき, 行かれたし, 行かん, 行きて, 行きぬ, 行き乍ら彼, 行き交う人, 行き得かく, 行くべしや, 行く後, 行李を, 見あげたる時, 見つつ, 見て, 見まもる, 見るに, 見るもの, 見るを, 見る時, 見れば, 見渡せば, 親の, 観ける内, 角燈片手に, 解決を, 訪ずれむは, 訳場の, 評定の, 評論を, 話しおれる陸軍士官, 誓言彼述べ, 誘ふに, 語り給ふ, 語を, 説法するあり, 調査記録したる, 談理の, 請じ入れんと, 論じ芸術家, 論戦を, 諸肌寛げ, 護衞軍, 負傷者の, 買物を, 赤の, 走り入りぬ, 起ると, 足踏み鳴らし, 躬恒が, 軍勢を, 迎へ, 迎へに, 迷える人, 追えども, 通り掛りの, 進み寄りぬ, 進めば, 進化の, 遠方へ, 適者として, 采配と, 銃声おこる, 鋭き矢, 門に, 陳ずるや, 陳ずる者, 階の, 障礙を, 隻手羅曼主義の, 雁啼きわたる, 雨逃げ, 雲霧の, 震ひ, 頼りなげなる, 願望せん, 風に, 飛揚の, 首を, 馬の, 馳け, 騒ぐらむ, 騰波, 騷ぐらむ, 驚異の, 高さ三尺, 高慢顔にぞ, 鴨が, 鼓舞すべく

▼ 立ちながら~ (390, 5.2%)

5 何か 4 御米 3 云った, 用事丈を, 紅茶を, 話した, 話して, 金の

2 [36件] いま頭に, それを, 一寸話を, 二言三言愛嬌を, 云ひました, 半ば竦ん, 叫んだ, 向うの, 封を, 屏風の, 山の, 年老いた案内者, 床の, 彼は, 手を, 操るの, 曾て, 松並木の, 用を, 用事なら, 画巻物を, 相対し, 相談した, 眠って, 私の, 私は, 答えた, 紫の, 考えた, 肩を, 話を, 踊り子たちを, 身を, 門野を, 電車を, 食事を

1 [291件] あたかも室, あたりを, あても, あるいは風景, いっしょに, いはれしは, いやに, うとうと居眠り, うまそう, お蓮様, きいた, こちらを, こつちを, ことさらに, この余りに, この小さな群集, この柱, この無限, この画, ご主君, さも愉快そう, しかも一旦, しかも壞滅, しかも理想, して, しばらく泣い, しめやかな, しんしんと, じいッと, すぐ繰返した, すつと, するもの, そういう光景, そこい, そっとうす, そっと顔, そのままの, その人達, その思想統制, その根柢, その経験論自身, その頭, それから, それッきり往来も, そんなこと, そんな話, ただ程度の, たなの, だらりと, ちょいと, つづけて, なにか大きな, なにか撒い, なんらの, にらんで, ふと, ぼんやりこれら, みいらと, もい, わたしたちの, カーキ色の, ザワザワざわつき, シュッシュッと, パンを, ポケットから, ポソポソ話し合っ, 一つずつ, 一つの, 一つぶの, 一人の, 一息入れた, 一方では, 一服吸いつけ, 一泊させ, 丁寧に, 三人で, 三度の, 下を, 両手を, 中の, 主の, 九兵衛は, 二つ三つお辞儀を, 二人は, 云いました, 云つた, 今や主観, 今一度ニヤニヤ, 今度は, 休むこと, 休むとき, 何です, 余等が, 佳一は, 使ふ, 促すよう, 俊寛の, 俺を, 元気な, 全体を, 刀も, 刑部は, 前足を, 勇み立って, 医者や, 半ば彼の, 単に仏陀, 博士は, 反問した, 口々に, 口の, 口走つた, 叫ぶだらう, 叫んで, 吊革に, 同時に突ッ, 向うを, 向ふ, 吻と, 吾, 呟いた, 周りを, 問答し, 善鸞を, 堅固なる, 声も, 声を, 夏は, 外国や, 外國や, 多くの, 夜の, 夢を, 大盃, 大聲, 女中を, 女心という, 女王の, 妻君や, 始まりぬ, 学者の, 実に大胆, 家屋を, 密と, 寝ること, 寢る, 小声で, 居睡りを, 岸本の, 左門の, 帰る波, 帽子を, 広瀬さんにも, 廊下伝ひ, 彼らは, 彼女は, 彼女を, 往生した, 待って, 後ろから, 御飯焚き, 心の, 恰も飛行機, 悠揚として, 感動に, 憩いぬ, 戦況を, 手く, 手鏡で, 手頃に, 揺れて, 撃ちのめされた人間, 旅客を, 日本が, 明らかに, 昨夕まんじりと, 最近海岸に, 本を, 条件について, 果物を, 枝を, 栗を, 椀と, 次の, 歌わせられた, 正休, 正造が, 此の, 歯切りを, 死にたがったこと, 死ぬべきである, 死を, 毎時好機, 民に, 氷柱に, 沙ばかりの, 河の, 河原に, 泣きぬ, 涼んで, 無用の, 焼くよう, 煙管を, 熊の, 爽かな, 猶其事, 玄徳は, 玄関を, 現代文学の, 登に, 白雲の, 目も, 相並ん, 相好を, 眉を, 眞面目に, 真っ正面, 眺めると, 眼を, 眼前の, 石に, 稍, 竪固, 筆硯を, 答へ, 籠を, 絵葉書を, 編み物を, 繰り返す, 義観に, 考えたの, 考えました, 而も, 耳を, 聲も, 職務に, 肥えて, 背を, 腮に, 腰を, 腹の中で, 腹を, 膝の, 膳を, 自分の, 自分を, 自分達の, 花は, 花を, 芳子は, 芸術としての, 若いひのき, 苦しそう, 行の, 街路の, 袂重げに, 袴の, 裡の, 襦袢の, 要は感嘆, 見たの, 見上見下した, 見栄も, 覗き込ん, 観察する, 言いました, 言った, 言って, 言つた, 話すの, 読み下して, 調べて, 諍っても, 貧乏ゆる, 足を, 身体を, 身動きも, 返事を, 連絡について, 鏡に, 長い間, 雨戸を, 震えながら, 面を, 靴の, 頭を, 飲み半ば, 飲んだ, 鳴く音, 黙ったまま不安, 鼻の

▼ 立ち~ (283, 3.8%)

21 いて 10 ぼつて 6 ぼつた 4 なかに 3 いた, きを, 中で

2 [12件] くよう, して, なかを, 出來る, 次第に多く, 淋しい姿, 美しい武士, 若い山もみじ, 若い男, 蔭から, 記も, 部分が

1 [209件] あいだを, あき地, あの若, ある所, いそぎに, いたと, いたとやら, いた方, うまいという, お祝いまでに, かすこと, かせ大急ぎ, かせ表向き, かたまりが, かなけれ, かねば, かれて, きりりとした, くだろうって, くっきりした, くにし, く間, けいこを, けうとさ, こうかな, こうと, こって, こるし, ございませぬやう, さして広く, したくを, したの, した間, する中庭, その百騎, たった一羽, ためか, つやつやとして, ていに, できない信雄, できない策士, できますよう, どっかの, なかでは, なか垣根の, はだ, ほうから, ほどは, まだ若衆, まま両手で, まま仲次郎は, まま全身を, まま旗本の, まま言い, まま訊ねた, まま鯉かんさんは, みえる頬, みずみずしい美少年, みち子が, ものあれ, ものです, ものばかり, ようだ, ようで, ようです, よく似あう, キリ, キリリと, トンネルの, ハッキリした, パッチリ, ロマンスも, 上に, 下に, 下肢を, 下蔭, 不揃いな, 不揃ひな魅力, 並ぶ遠野, 中から, 中に, 中の, 中へ, 主人さえ, 事にも, 人です, 仕事を, 仲仕によって, 写真でありました, 写真な, 出たこと, 出来ない内容, 出来ない故, 出来ない理論, 切れ目に, 危かし, 取次ぎの, 可愛らしさ, 多い地獄極楽, 大が, 大きい美男型, 奇瑞と, 姿勢に, 孟宗竹の, 家が, 富者を, 小姓であった, 小姓姿こそ, 少年が, 少年で, 少年である, 少年なる, 少年に, 形が, 形に, 後悔せらる, 従者が, 御祝宴, 悪い繭, 惡るいみのるが, 感だった, 振りそで若衆が, 振袖の, 揃った顔, 整ったどちら, 整った二十五, 整った細面, 整つたや, 整つた物言ひ, 整つた面を, 整ひ, 方を, 旅の, 日不知哉丸も, 日光, 時から, 本箱の, 松明が, 枝を, 案内を, 梵天, 棕梠春光に, 様子だった, 模様だ, 歌, 武士から, 武士を, 武者が, 武者たちは, 武者どもが, 武者絵凧が, 河郎とな, 清らかさにも, 清らかな, 満足な, 物語りと, 畫で, 矮い, 研究が, 祝ぎにと奥方や, 秀の, 立派な, 端正さは, 端正な, 箱馬車が, 素晴らしい美貌, 素直な, 細かい可憐そのもの, 細君は, 美少年が, 美少年で, 美少年姿を, 美男子だ, 美男子です, 美貌の, 者を, 聰明さも, 若いさ, 若い侍, 若い武士, 若衆と, 若衆な, 茶室を, 薄れた処, 観を, 記か, 記が, 記の, 詩人は, 語りは, 語りを, 蹈みの搖すりに, 身こしらえ, 途に, 過程の, 門構低く, 閑けさ, 間から, 陰に, 隙に, 雄々しさ, 雪隠が, 面々は, 頃から, 頭を, 馬, 馬を, 馬車の, 鮮な

▼ 立ち~ (187, 2.5%)

13 して 10 取って 5 とって 4 透かして

2 [14件] したり, しようと, すること, するころ, ぬって, 出ると, 分けて, 感じた, 感じて, 持つたか, 矢張り無謀な, 縫って, 覚えて, 高く取っ

1 [127件] おながめ, おぼえた, おろした, おろそうと, かかげるが, かしき物, からげたり, くぐって, くぐりあご, くぐり藪, さして, させるもの, さまよい蠢くうら若い, しかけてる幼い, したとて, したら決して, した上, した白皙, した白髯, しても, しようなどと, しわれわれ, すすめた子ども, するくらい, するとか, するの, する様, その全姿, たかく取った, ついむらむらと, とった大, とつて, とらされ, ながめるの, なさいます, なぜ秀子, ねがいまして, はばからずに, もつた, もつて, やるという, よう御覧, り互に, り候, り候榎, われに, キリキリキリ, クモジといった, スマートな, 一めんに, 一本一本丹念に, 一本一本枝の, 二本とも, 具えながら, 出はずれた公園, 分け無二無三, 切り拓い, 危ぶんで, 危んだ, 取った小, 取らなかったので, 取りとんとんとんと, 取りながら, 取ると, 命じたよう, 回って, 均らした, 執つて, 夏目先生に, 外して, 大変喜ん, 如何ほど, 巡り枯れ草, 当ても, 当時の, 御諫止, 感じさせるもの, 手に, 抜けきると, 押しのけ押しのけ奥, 押し拡げたの, 招いたの, 掻い取った二人, 描いたところ, 明らかに, 映しつつ, 朝夕眺め, 楯に, 樫は, 止めました, 此の, 決する日, 洩れて, 潜って, 澄子は, 点綴し, 煽る事, 現して, 目に, 直すため, 知る上, 縫い低み, 縫うて, 背と, 表は, 見ただけでも, 見まわしながら, 見渡したの, 覗いて, 覚えたこと, 覚悟で, 話せと, 語つたあげく誰にでも, 賛成し, 躊躇させる, 追ひ, 透して, 通し一筋, 過ぎて, 離れた太陽, 離れて, 飜え, 飜へ, 高くとった, 高く取った, 高く取つた, 高く取り

▼ 立ち~ (161, 2.1%)

23 なって 14 けり 5 けるかも 3 なつた 2 かこまれて, けり早き, なった, なったの, なった馬の背, なつて, なりました, 構えると, 脚を

1 [98件] あわてて, おなりに, かかった, かくれて, かこまれた陰気, からんで, けむ, けりはるか, けりわが, けり人, けり人知れず, けり空, けり麦稈帽, ござりまする, さえぎられて, しが, して, しわれ, つづいて, ながめ入った貞世, なく梟, なったけれど, なったその, なったまま, なったよう, なった様子, なった耳, なっちゃ, ならず今後, ならないで, なり, なりたいという, なりながら, なりはんたい, なりましたが, なりました時, なり入口, なり刀, なり勝入, なり暴れた, なり色艶, なる, なること, なるであろう, なるでしょうが, なるという, なるには, なるの, なるを, なる方, なれば, ひびく自分, ふるえて, ふれぬうち, ぼーっと明らんだ, むすびつけて, 仮令忘れた, 出かける時, 出た時, 包まれたあき地, 反響した, 各, 囲まれた二階, 囲まれた社殿, 囲まれて, 坐った, 夕靄が, 大将は, 学ぶ方, 小鳥の, 幾フィートかの, 彼方へ, 掛ると, 揚げ初, 明智も, 止まって, 母とともに, 気付けば, 火の, 狂い曹操, 破屋や, 神経の, 突つ立ち上つ, 突立って, 立ち迷う霧, 腰を, 茄子は, 薄暗い石段, 蜩が, 行ったが, 蹌めい, 身を, 逢う心地, 逸早くかばかりなお, 限られて, 隠見し, 風が, 風浪の

▼ 立ち~ (126, 1.7%)

28 でました 62 て来た, でしが, でたり, でつ, でぬ, で大雨, で給

1 [78件] そうな, て行く, て見送った, であわただしく, でお, でかかれ, でかけ, でけれ, でここ, でし, でしは, でしより, でし時, でし瀧口時頼, でし白雲, でそう, でそこ, でそして, でそのまま, でたらどうやら, でたり彼, でたり然るに, でたる, でたる向う, でたる藤十郎, でつ欄, でて了, でて西山, でながら, でましたが, でましたとき, でましたる, でました時, でます, でんそら, でんと, でヘルマー, で一歩, で一行, で供待ち, で候, で候上, で候所, で傍, で僮僕ども, で北山, で半, で善光寺, で喜び迎, で大阪京都, で座, で弁天堂, で徐州, で思わず, で教, で日野驛, で最後, で東, で松本, で柳橋, で様子, で無理, で甲州路, で甲板, で神田旅籠町, で給う, で胸, で虎, で衆, で見なれぬ, で観音, で足輕十騎, で途中, で途中三鷹, で階段, で飛ぶ, で饗応, で鼓手

▼ 立ち~ (113, 1.5%)

4 にある 2 からすれ, から鑑賞, があつ, に立っ, に立つ, に置かれ, の相違, を明らか, を異に

1 [91件] から, からの物言, からは優美, からは自然, からまだ, から万葉ぶり, から出る, から吾, から奏上, から当時, から感じた, から為政者, から申します, から異, から発達, から研究, から素材, から行き方, から見た, から見続け, から部分, が出来る, が初めて, が判らなくなっ, が反対, が得られる, が最, が許されない, だと, であったが, でもの, というもの, とし, としてこれ, としてはそういう, として人生, として考え, として説明, とを妥協的, とを混同, と読者, なん, にあり, においてのみ文法, において生じた, におかれた, にばかり立つ, にゐた, に倣う, に入, に同情, に困っ, に困ります, に在る, に居た, に於い, に立たれる, に置きたく, に陥れ, の上, の出来る, の問題, の方, の皇女, の違つて, はひどく苦しい, はブルヂヨア精神, は全く, は別, は剣道, は実に, は常に, は犯し, もある, も考え, も言い分, をかへて部分, をよく, を保っ, を失はし, を守っ, を庇っ, を弁解, を持つ, を有つて, を知る, を確かめる, を社會的, を認めなけれ, 認めんと, 説いて

▼ 立ち~ (111, 1.5%)

24 だかつて 6 しない 2 しませんからね, だかつ, らら皆立つ

1 [75件] あの具足, あまりに早かっ, ありうること, あんまり遠, いまさかんに, いま宵へ, きりっとし, ごもつ, さしてたくさん, しないか, しないが, しないさ, しないぞ, しなかった, しなかったかナ, しなかったろう, しなかつたかと, しまい, すべて仄黒く, すまい, するし, するものの, する娘, せぬ, せぬがな, せまいのう, そんなに悪く, そんなに惡, たかる男, できなかった, できよう, とても出来ない, どうとか, どう見, なかなか容易, なさりませんか, なんの, にぶい冬, よく見る, アクロバチック, 一時すぎ迄か, 上がったが, 互いに枝, 休らふ, 似て, 体操かも, 先ず普通, 全體, 出來, 出来ないぜ, 反って, 大きく何ん, 嬉しがらない, 存じて, 寧ろ尋常, 店内の, 微風に, 悪くない, 惡く, 愛くるしかるべき, 振袖の, 残雪に, 気味悪く古い大木, 水際に, 決して美しく, 益々激昂, 神の, 稀代な, 立った所, 紅葉を, 絵の, 綺麗な, 酉の, 離れじ, 非常に

▼ 立ち~ (94, 1.3%)

18 して 2 あった, あったが, した, できるよう, 恐怖に

1 [66件] あったよ, あって, ありその, あります, ありまんなか, あるんで, いかに兄, えりであり, くれに, けし飛んで, けむり時, こみあげて, しました, しますから, すぐもの, するくら, するじゃ, するぢ, すると, するところで, するの, その年老いた, その易者殿, ちらついて, ちらほらと, つぶされる時, ないので, なおるという, ぬっと顔, ひろがって, ふかい, まえに, 一色の, 不吉の, 中村半, 中村珊玉様の, 今から, 入り組んで, 出来ない者, 出来るよう, 地平線を, 多くなっ, 大家らしく, 底に, 所どころひょろひょろ, 日一日と, 昔の, 極めて美しく高, 欠けて, 母親に, 浅く眠, 深くなる, 深く茂っ, 甦った, 真っ黒に, 立ち続いた大きい, 立派で, 立派に, 繁り合った植込み, 茂って, 調つてゐる, 赤い夜空, 込んで, 騒ぐの, 鶴原の, 黒焦げに

▼ 立ち~ (90, 1.2%)

2 しない, すれば, せず, せずに, せず却, やらず坐り, 滅ぶと, 降り積ッたま

1 [74件] あるので, いたしませず障子, かたまらないよう, しげり栄えては, したが, した代り, しないだろう, しないのに, しない百城, しなかった, しませぬ, しません, し立たせも, すまいし道場, するの, せずこういう, せず坐して, せず坐り, せず振向けば, せず袖, せず身動き, せんので, とおったこと, とおって, ところどころ, どつて, ないけうとさ, なかった, ならず, ならずいたたまれも, ほこりの, やって, やらずに, やらずボーッ, よく整つて, キリリとして, 上がらずさも, 上らず坐ったまま, 上らず坐り, 何も, 出でけむ, 同じやう, 墓地から, 多い, 大抵は, 寄り來, 尋常に, 尤もじゃ, 尤もながら, 尽きたところ, 得さらず木, 得ない, 心配やら, 残って, 気分も, 消えそう, 立派な, 精悍で, 美しい, 美しかった, 行きかう電車, 表情が, 見せず含笑, 見分けられぬほど, 逃げも, 這いも, 這ひも出来ない, 遅れては, 遣らず, 醜からね, 醜からねど, 醜くなく, 際立って, 際立つて

▼ 立ち昇る~ (80, 1.1%)

5 青い光り 4 中に, 煙が 3 煙の 2 かと思はれる, 夕餉の, 湯気が, 湯気の, 煙を, 香煙の

1 [52件] そここ, にも似た, のが, ばかりである, ように, ガスさ, ガスの, ガス葉も, 一すじの, 余は, 吸殻の, 噴火の, 噴煙を, 土の, 墨の, 安政三年の, 富士山は, 巷の, 所に, 数条の, 朝霧に, 水蒸気が, 水靄に, 湯気に, 火の粉を, 火の粉森全体が, 火焔, 炊煙の, 烟の, 焔焼け落ちる, 焚火の, 焼跡に, 煙, 煙それ, 煙それ自体, 煙に, 熱気で, 白気こそ, 白煙に, 白煙の, 白煙を, 石炭の, 空の, 空気に, 篠屋からは, 紅茶の, 茶碗の, 青い煙, 青白い煙, 香料の, 黒煙に, WARNという

▼ 立ち~ (79, 1.1%)

39 がつて 17 がつた 3 がッ 2 がつたの

1 [18件] からぶら下っ, がつ, がつた八五郎, がつた彼女, がつた東海坊, がつた銀次, がつて仕度, がつて八五郎, がつて勝負, がつて庭口, がつて指圖, がつて支度, がつて河鹿, がつて眞, がつて自分, がつて風呂場, つたこの, ぼるを

▼ 立ち罩め~ (76, 1.0%)

14 ていた 10 ている 3 るの 2 た, た夜, た湯気, た霧, てい, る

1 [37件] さした, た一面, た上海, た中, た場内, た如何, た明り, た煙草, た雲煙, てくる, てその間, てそれ, てはいなかった, てゆきました, てるの, てるよう, てゐた, て今戸浅草, て冷たかっ, て大, て少し, て居た, て川向い, て幾台, て早, て明るい, て来る, て来るであろう, て水平線, て私, て綿, て遠近, ると, る中, る時, る美しい, 吹き靡く土煙

▼ 立ちその~ (62, 0.8%)

4 下に 3 日の 2 前に, 煙絶えず, 襖を

1 [49件] うしろに, かたわらに, ほかにも, ほか集まる, ポーチの, 一番端しの室に, 上が, 上には, 下が, 下の, 中の, 中心より, 使命を, 信長を, 光りによつて, 前で, 前の, 又牛, 周囲の, 命令にのみ, 外に, 子が, 宗湛と, 帰りに, 度毎に, 影の, 後ろに, 心持を, 態勢を, 方向に, 方角へ, 景観を, 末に, 枝や, 次にガウン, 湾も, 燃ゆる如き, 窓からは, 虫が, 虹の, 角を, 辺の, 道を, 長髪より, 闘争の, 陰に, 陽気な, 音に, 鳥肌に

▼ 立ちそう~ (59, 0.8%)

6 もない 4 にした, にない 3 にし 2 なの, な相手, な顔, にする, になかっ, にもない, もありません

1 [28件] じゃ, だ, である, では, なかっこう, なん, な人, な崖, な日, な暗紅色, な村, な構え, な気, な男, な空気, な者, な誰そ, にありません, になっ, になった, になる, にもせぬ, に感じた, に見えた, に見えない, もありませぬ, もねえ, も無い

▼ 立ち~ (48, 0.6%)

5 へり 3 へり者 2 へらなければ, へること, へる日, へる旦

1 [32件] えり時移る, かつて, なる間しづ, はつたる, はりした, はりやつ, はり彼女の, はり愛想を, はり日本留学生の, はり滑つた, はり速, はる二三日前から, はる年の, へらうと, へらせる, へらせるもの, へりても, へりました, へりゆくべき御, へり命, へり恩愛, へり見よ, へる, へるだらうと, へるの, へるべき心地, へる五十, へる時愚凡百人, へる水無月, へる涙, 荒れなむ, 頑固か

▼ 立ち騒ぐ~ (47, 0.6%)

3 ような 2 のを, 人も, 人達の, 声が

1 [36件] お蔦と, こと無用, なよ, のが, のじゃ, ばかり, まもなくそれ, 中で, 九月二十五日の, 事が, 人の, 人声物音, 侍臣たちを, 兵どもを, 兵を, 刹那か, 味方を, 坑夫たちを, 声, 声に, 声大騒ぎが, 女達船が, 敵味方の, 江上の, 海に, 烏の, 物声が, 物音が, 群衆を, 若党達の, 葦の, 袖や, 近侍を, 門弟どもの, 音が, 音に

▼ 立ち~ (45, 0.6%)

2 さわやかに, 一畝の

1 [41件] あつた, いつも癖, こんな名器, もしこれ, 万歳楽が, 上品で, 仕上げますな, 何よりも本, 作り聲を, 助長せられた, 口の, 大威張り, 失礼だ, 妖艶な, 姉妹といふ, 対岸から, 尾張黒田から, 帰家る, 御容貌, 手足の, 押し迫って, 日本へ, 歩いて, 江戸へ, 甚だ勝手, 生きて, 登場, 素直な, 繋りながら, 羊羹色に, 背伸びを, 色戀の, 若旦那様の, 血の, 見やう, 親方の, 言わば明治初年, 道が, 隠れて, 頬の, 魚商ひ

▼ 立ち~ (44, 0.6%)

2 はう, ひやがて, ふ, ふこと

1 [36件] えるうぬ惚れも, つて, つてそれが, つてゐる, つて互ひ, つて何やら, つて來た, つて来る, つて肩先を, つて行く, はうとして, はせて, ひました, ひましたが, ひ刷毛先, ひ射る円方, ひ射る的形, ひ死, ひ見事, ふすがた, ふと驚き騷ぐ人達, ふに, ふひとつ, ふもの, ふやう, ふアムフィマコス, ふ勇氣, ふ心, ふ意外, ふ態度, ふ時, ふ気持, ふ決意, ふ目標, ふ程, ふ精神力

▼ 立ち籠め~ (39, 0.5%)

8 ている 3 てゐる 2 た, た煙, た香

1 [22件] かかった湖面, たる大地, た狹, た酒気, た重い, た霧, てい, ていた, ています, てきた, てしまっ, てまいりました, てる不安, てゐた冷えた, て叢林, て居る, て来, て行く先, るという, るほど, 或はすーっ, 生あたたかくたそがれ

▼ 立ちかわり~ (37, 0.5%)

1 [37件] いちいち名刺, いろいろな, ここの, して, するすると, する人, する人たち, する外来者, まるで小, もう武者窓, やって来ては, 動いて, 叫ばれるとめど, 同じよう, 大川へ, 始終いろんな, 師範か, 彼の, 押しかけては, 敵陣の, 来た, 来て, 現われた, 生き生きした, 石を, 絶え間なく, 色んな人物, 芸に, 親切と, 訪ねて, 諸将, 赤ん坊を, 送り言葉の, 運んで, 隊を, 騒々しかった, 黒人女歌手ジニー・ジョンズが

▼ 立ち廻り~ (36, 0.5%)

2 そうな, の真似, をし, をやる

1 [28件] が大変, が始まっ, が始まり, が実際, さう, しながら, だと, といえ, とかだんまり, とわかつ, と寝る, と現われ, になり, のうち, の喧嘩, の多い, の最中, はし, は今, は木戸, やるの, をはじめた, を演じ, を見物, を鷲, 外へ, 射殺される, 方にも

▼ 立ち~ (34, 0.5%)

6 うな, わいで 2 うである, ながらに日, へすれ, りぬ

1 [14件] いしたらええ, うだが, うだと, うだところで, うも, うも無い陰気, かゆとも, ってまもなく, っても昌一君, ながら己, まよ, まよふ, わいだ, わぐけはいがしたかと

▼ 立ち~ (34, 0.5%)

2 に私

1 [32件] からの狂言ぜりふ, から舞い込ん, がよく, で甚だ, なるに, に, にその, になる, にはま, にぼく, にも劉高, に不意, に伯母, に内蔵助, に友松, に叔父, に峻厳, に弁次郎幸村, に思いがけない, に毒々しい, に求めた, に津田, に財布, に黝ん, のみか頭, の一座, の恰好, の悪い, の気, の買いもの, の道, ほど殺風景

▼ 立ち~ (30, 0.4%)

9 まつて 3 なって 2 まる影

1 [16件] あれば, いひたま, なった駒, なり剛者十数人, まつた, まつては, まり給ひぬ, まる母, 一緒に, 労りで, 布令には, 希臘の, 御自分の, 疲労, 確かめても, 見えまする

▼ 立ちつつ~ (28, 0.4%)

2 ある, あるの, 眼には

1 [22件] あった, あり, あるうち, ある所, ある漾, この街, しかも相, それらの, それを, モダーニズムを, 一世一代の, 一斉に, 全局を, 妻と, 存在の, 客観的に, 客體内容の, 棚の, 概念的に, 現実の, 褄取りからげて, 転身の

▼ 立ちそれ~ (26, 0.3%)

1 [26件] がじめじめ, がなけれ, が凝っ, が別荘, が大阪, が池, が爲, が臼, と並ん, と共に敵, において自己, にこすられ, にも似合わず, によって彼, に従う, に従って変化, の一契機, の他者, の裾野, はまさしく, もまた, を背, を與, を見せびらかした, を見物, 迄にいろいろ

▼ 立ち腐れ~ (26, 0.3%)

8 になっ 4 になった 3 になる 2 になつ, になり 1 に成っ, ね, のよう, の工事場, を甘んずる, を見せ, 同樣

▼ 立ち帰り~ (25, 0.3%)

4 まする

1 [21件] これを, さらにあらためて出なおす, しが, たるらし, て浅井, ながら問うた, なば, なんか, になっ, まするでご, 一層身, 以前から, 何とか先生, 内心甚だ, 委細の, 復命した, 時おくれました, 次第に奉行所, 申すであろう, 芝日蔭町の, 金子の

▼ 立ち現われ~ (25, 0.3%)

2 て来た

1 [23件] て, ていよう, てきた, てきました, てくる, てさえくれなかったなら, てぼくら, てまず, て室, て将門, て彼, て来, て来る, て来るであろう, て真直, て見送った, もしも二品, セーヌ川の, 前後から, 前後左右を, 酒が, 金包みを, 階段を

▼ 立ちおくれ~ (24, 0.3%)

3 ている 2 をし

1 [19件] がある, がいかにも, がいわれました, が感じられる, てはそれ, てゐる, て後, という, についての面, についてまくし立て, によって起る, のした, の克服, もやむを得まい, を回復, を急速, を次第に, を示し, を見る

▼ 立ち~ (24, 0.3%)

3

1 [21件] つて, り, りければ, りし, りしが, りぬ, りました, りまた, り卑彌呼女王, り家, り彼, り月末, り櫃, り無事, り申候, り美, るべし, る後, る時に, る瀧口入道, れたよう

▼ 立ちかえって~ (23, 0.3%)

1 [23件] くるであろうわ, くるの, の物珍し, わが蜀, ベアトリーチェの, 優しくしかし, 呉れるよう神, 夫婦生活という, 思わぬま, 政治に, 新兵衛, 来たので, 来るの, 棄てて, 植られる, 消え去る事, 漁師の, 皇道の, 目の, 筆を, 考えさせられるもの, 自由な, 逃走した

▼ 立ち~ (23, 0.3%)

6 ひの 5 はせて 4 つて 2 ひましたが 1 ってもらわなけれ, つたんで, はない, はなかつた, ふの, へまい

▼ 立ち現れ~ (23, 0.3%)

3 ている, て来

1 [17件] ておいで, てし, てそして, てその, てなにごと, てにっこり, ては死ん, て娘, て来た, て来ます, て来る呪うべき, て背延び, て部屋, て鄭重, て金剛力, 暖炉の, 来るの

▼ 立ちよって~ (22, 0.3%)

2 お茶を

1 [20件] さはり, たずねて, ためつすがめつ石ぶり, りんごを, アリバイを, ウォツカを, 一緒に, 以来, 十四日には, 新参の, 晴間を, 沼に, 消息を, 簾を, 細い畠道, 背なかの, 見知りの, 親切に, 頼朝に, 馬鈴薯の

▼ 立ちさる~ (21, 0.3%)

6 のを 2 のでした, 気には

1 [11件] ことに, ときに, とまもなく, とパートン夫人, と探偵, を憎, コックの, 伊佐子さんが, 先頭の, 怪人の, 気は

▼ 立ち現われた~ (21, 0.3%)

5 のは

1 [16件] ということ, ので, のである, ものか, ものが, チョビ安, 人を, 人物を, 多門へ, 女が, 怪人物は, 愚かな, 明確な, 時彼女に, 老武士, 艶女の

▼ 立ち上つて~ (20, 0.3%)

3 ゐた 2 出て

1 [15件] あつち, お, から左四つ, そのま, たつた今二人, ちらつと酒場, ふらふらふみしめ, も會費, ゐる塩梅, 廻れ右, 来た, 若い人, 走り出しアブサン, 遮切つた, 駈け出して

▼ 立ち~ (20, 0.3%)

5 はれて 2 はれた, はれる, る 1 はる, はれたかの, はれたこと, はれたところ, はれた人, はれた人物, はれた時, はれたA子, はれました

▼ 立ち~ (19, 0.3%)

2 った, っている, つたが

1 [13件] ったの, った反, っていた, ってその, って一歩, って居る, って気づかわし, って自分, って身命, り両手, り否, る小山, る幻影

▼ 立ち昇つて~ (19, 0.3%)

5 ゐる 4 ゐた 1 ゐたかも, ゐるお, ゐるだけ, ゐるので, ゐる刑場, 参ります, 居たが, 居る, 拡がつて, 来る

▼ 立ち現れた~ (19, 0.3%)

2 のは

1 [17件] がすぐ, がそのまま, ときそれは, と聞く, のである, のやら, テテツクスの, 五六十名の, 京弥の, 人間の, 時の, 時大概の, 着流し深編笠の, 程本来坊主, 覆面の, 階級が, 魚心堂へ

▼ 立ち~ (18, 0.2%)

2 つて見る

1 [16件] つた事を, つた話を, つては, つてゐる, つて來る, つて多少, つて小六ヶ敷い, つて彼此申さなく, つて書く, つて来た, つて檢討せられる, つて知つてない, つて言ふと, つて訊かう, つて責任は, つて返すべき

▼ 立ち出でた~ (18, 0.2%)

3 のは

1 [15件] が木津, のでビックリ, ものの余りに, 一人の, 一同三羽烏の, 主僧, 前路, 小兵の, 尾張宗春水主町まで, 時お前は, 最初の, 異装, 総髪の, 西川正休危険身辺に, 駒井甚三郎は

▼ 立ち~ (18, 0.2%)

6 つて 21 つたわけ, に及ぶ, はせた, ひなどは, ひにて, ひの, ひを, ひ診察, ふ, ふ筈

▼ 立ちあるいは~ (17, 0.2%)

2 たき火の

1 [15件] その上, 伏しあるいは, 土間へ, 坐て, 坐りあるいは, 奉行所へ, 寝ころびあるいは, 座すあるいは, 横斜した, 畳に, 蹲まりあるいは, 這うて, 長州人士を, 高殿に, 黒髪を

▼ 立ちがけ~ (17, 0.2%)

2 に, にちょっと

1 [13件] にお, にこう, にもう一度, にわざと, に一寸, に余儀ない, に子, に広瀬さん, に江戸, に私, に荒田老, に見た, に通りかかった

▼ 立ちたり~ (17, 0.2%)

6 しが 2 二十五の 1 ける, けるが, ける二, しに, し場, し船長室, 庇まで, 見るに, 霧の

▼ 立ち~ (17, 0.2%)

2 よ, 立ちな

1 [13件] おれないでしょう, かくしぞ, のです, のねお, ばとお, ほり, ほり出した, ほること, よそろそろ, んです, 若いの, 若え, 身体にも

▼ 立ちまた~ (17, 0.2%)

2 掻き垂れぬ夏檜葉

1 [15件] ある時, きわめて適任, これを, たくまに, ほかの, 冠の, 初めて薬師寺金堂, 小さな入江, 或る, 無意識の, 私たちとしては, 自分の, 道路を以て, 革命家, 黄権の

▼ 立ち出で~ (17, 0.2%)

2 て行く

1 [15件] て, てさすが, てもしもしお, て一矢, て主, て二足三足, て伯林, て南竜軒, て國, て来た, て来る, て聞く, て見る, て見れ, て途

▼ 立ち~ (17, 0.2%)

1 [17件] い跼んだり, うと, う態度, う気持ち, う者, える者, える者一人, った時, った際, っていた, って来た, ひしも, ひ射る的方, ふ荒々しい, ふ著者小川正子さん, わせる, われては

▼ 立ち昇り~ (17, 0.2%)

2 あなたを, たちまち彼

1 [13件] ここかしこには, その余光, て燒野原, て神女白銀, 一隊の, 夜などは, 次第に暮れ勝, 熔鉱炉の, 犠牲の, 白峰を, 百日紅の, 身も, 馬の

▼ 立ち帰る~ (16, 0.2%)

1 [16件] が, ことに, ことを, しかありませんでした, といたそう, と一封, と下, に相違, までのお慰み, までは決して, まで御, やつが, ように, を待ち兼ね, 者も, 途中ここら

▼ 立ち~ (16, 0.2%)

2 にぶっつけ, の枝

1 [12件] が揺れ, が暗く, ではなかつた, にその, に対してかれ, のあいだ, のすぐ, のま, もかなり, もすっかり, をゆすぶる, を楯

▼ 立ち~ (16, 0.2%)

9 をし 3 して 1 をいひつけられた, をした, をつとめ, をはじめました

▼ 立ち~ (15, 0.2%)

2 ていた, てごらん

1 [11件] たりでん, てい, てもいい, ても大蔵卿, てディフォルメ, て先, て水, て瞬間ごと, て電燈, ながら秀吉, 早や

▼ 立ち~ (15, 0.2%)

3 を一番奥 2 に生命 1 さえ見定められぬ, じゃ足四本, につきました, に出来上る, に征服, に故山, に暇, に死ん, に殺されちまう, に確立

▼ 立ち通し~ (15, 0.2%)

1 [15件] だったと, だったので, てしまった, てゐた, てゐる, で, であった, ではお, ではどうにも, では大変, でゐた, でフーフー, で足, ということ, にポカン

▼ 立ちあらわれた~ (14, 0.2%)

2 のは

1 [12件] ときひろ子は, に違い, のだ, のでありました, ゴーリキイは, 一かたまり, 女性が, 姿として, 救世観音は, 時には, 物影が, 私達である

▼ 立ちかけ~ (14, 0.2%)

4 ていた 3 ている 1 ては躊躇, てゐる, て俄, て宇乃, て彼, の地下工事場, の子

▼ 立ち~ (14, 0.2%)

2 環境の

1 [12件] がらねえ, そういうもの, また物見, むものなりとあるを引き居る, アがった, アがって, 堅肥り, 境遇などに, 境遇に, 母の, 身の上の, 輪廓が

▼ 立ち二人~ (14, 0.2%)

3 立ちして

1 [11件] ずつ向い合っ, の船, は目と目, 立ちかなり, 立ちやがて, 立ち三人, 立ち公使ら, 立ち国技館, 立ち座敷, 立ち次第に, 立つよう

▼ 立ち~ (14, 0.2%)

2 るという

1 [12件] つて, りて, りながら, りに, り叩頭, り座敷, り彼, ると, るとも, るの, る人影, る古

▼ 立ち~ (14, 0.2%)

2 に持った

1 [12件] でもの, にあまる, に持ちたる, に黄鉞, は出しかね, は力, をうしろ, をさし出し, をふっ, を振り上げ, を自由, を高く

▼ 立ちこの~ (13, 0.2%)

1 [13件] ままほっ, 上も, 二つの, 劇において, 天井の, 小柄な, 年の, 心理的対面の, 沼の, 部屋で, 関係は, 風の, 點では

▼ 立ち停り~ (13, 0.2%)

2 怪しいとは

1 [11件] あたりの, あたり見, そうな, てぬかづきぬ, また少し, 勇氣を, 周囲の, 玄関の, 私の, 鞭の, 風に

▼ 立ち停る~ (13, 0.2%)

1 [13件] とすく, とどちら, と両手, と剣, と急, と秋蘭, と腕, と袂, と襟, と首筋, のだ, ように, 事も

▼ 立ち小便~ (13, 0.2%)

2 をし, をする 1 した, しても, については別に, の出来ない, の証拠, も催す, をした, をなす, を始めた

▼ 立ち帰っ~ (13, 0.2%)

1 [13件] て, てあなた, てきた, てそ, てそう, てよろしい, て兄, て厳白虎, て太閤, て後, て父上兄上, て筑前, て筑前どの

▼ 立ち~ (13, 0.2%)

6 して 3 しました 1 くしました, しあれこれ, すこと, すの

▼ 立ち竝ん~ (13, 0.2%)

2 でゐます

1 [11件] だこと, だ人家, だ例, だ場所, だ姿, だ山, だ村, だ松原の, だ根がた, だ深い, だ見知らない町

▼ 立ち聴き~ (13, 0.2%)

7 をし 1 さ, でもした, でもしよう, と云う, なぞする, イヤ寝聴きし

▼ 立ちそめ~ (12, 0.2%)

6 にけり 2 てきた, て来た 1 て小鳥, て水菓子屋

▼ 立ちては~ (12, 0.2%)

1 [12件] ピストルを, 中二階の, 仆る, 仆れ立ち, 同じく頓着, 崩れ崩れては, 幾多の, 止まるべくも, 気も, 耳さへ, 見えねど, 遂に世

▼ 立ちながらも~ (12, 0.2%)

1 [12件] このブルブル, しきりに姫, その二少年, なおよく, なおカント, ふとこう思った, 凝ツ, 割りきれないもの, 本居平田, 気を, 決して検証, 隱れ

▼ 立ちやがて~ (12, 0.2%)

2 それは 1 くずれて, そのへん, は地球全土, 二篇の, 元気いっぱいに, 大声を, 爺の, 算を, 財田の, 鑼声鼓笛の

▼ 立ちより~ (12, 0.2%)

1 [12件] しが, し茶店, ぬ, 五色滝を, 柿など, 生野に, 磯馴松, 給へと, 色街に, 走り出でて, 野木村まで, 飛びいで月

▼ 立ち向う~ (12, 0.2%)

1 [12件] ことが, ことさえも, ことと, な, には, にバシリスク, に違い, ほどにそち, を真柄余り, 奴も, 根気を, 精神の

▼ 立ち向っ~ (12, 0.2%)

3 ていた 2 て来る 1 たりなお, たりはしません, てまた, てみた, て来, て行く, て逆

▼ 立ち向った~ (12, 0.2%)

1 [12件] がああら, とき相手の, のが, のだ, のだった, のである, わけです, んです, 俊寛の, 勇敢な, 大柄な, 者が

▼ 立ち~ (12, 0.2%)

2 でなければ 1 がどう, が身, に言った, のほう, の摂津制圧, の筆, の袖, はしばらく, をみる, を睨ん

▼ 立ち自分~ (12, 0.2%)

1 [12件] だけ星野温泉, でもいくらか, で焦, のクラブ, の子供, の片腕, の盃, の足, の部屋, は危険, は見, をとっちめ

▼ 立ち食い~ (12, 0.2%)

2 をし 1 から一心太助, から椅子, しつつも, して, するに, そのままの, の客, の店構え, をした, 腰掛食いが

▼ 立ちあい~ (11, 0.1%)

2 の上 1 がなけれ, に, にてお, のもと, の判定, の執行官, の柳生対馬守, はお流れ, は中止

▼ 立ちあらわれ~ (11, 0.1%)

3 ている 21 そうな, てくる, てついに, て来, 代々木駅ちかく, 昔風の

▼ 立ちそして~ (11, 0.1%)

1 [11件] さっきの, つきあたり, なにか思いつめてる, 丈夫な, 写真を, 力なく, 同じ日月, 宗教は, 彼等は, 此処で, 索漠たる

▼ 立ち~ (11, 0.1%)

1 [11件] なじりは, はつた, はつて, はらなければ, はりを, はり早, はり給ひしが, はれ, へん, へんが, よへる

▼ 立ち初め~ (11, 0.1%)

31 し八月末, たか, たが, た灰色, た芽, た道, ました, もせぬ

▼ 立ち騰る~ (11, 0.1%)

1 [11件] こと等およそ, のや, 後から, 湯氣の, 火の気の, 焔の, 煙草の, 紅蓮の炎の, 蒸発気が, 都会などを, 都会を

▼ 立ち~ (10, 0.1%)

2 はし御 1 ほいなる, まさが, 十夜は, 春を, 眼に, 艶に, 行儀の, 銀様の

▼ 立ちかへ~ (10, 0.1%)

2 つてゐた, り 1 つた, つたと, つても, つてやり直し, つて睡つ, つて行つても

▼ 立ちから~ (10, 0.1%)

1 こ, して, 姿から, 宮廷の, 木立ちを, 母の, 眼を, 離れたが, 離れて, 風付きの

▼ 立ちン坊~ (10, 0.1%)

2 もここ 1 といっ, はその, もどこ, もまじっ, も四, も立っ, をし, を見よ

▼ 立ち~ (10, 0.1%)

1 つた, つたかい, つたから, つて, ひの, ひました, ひを, ふことすら, ふといふ, へない

▼ 立ち~ (10, 0.1%)

8 りにな 2 りに

▼ 立ち登る~ (10, 0.1%)

2 のが 1 のを, を見ず, ガス桜の, 光景は, 光景も, 柱廊下の, 煙と, 煙も

▼ 立ち~ (10, 0.1%)

3 つて來た 1 つてこそ, つてその大きな, つても, つて叮嚀に, つて来た, つて考へ, つて自分を

▼ 立ち聽きし~ (10, 0.1%)

2 てゐた, て居た 1 たいといふ, た事, てゐる, て居たらしい, て居ました, て注進

▼ 立ちぎわ~ (9, 0.1%)

1 にいや, になる, に一言, に云った, に侍, に又もや, に言った, に髭, の布施

▼ 立ちさえ~ (9, 0.1%)

9 すれば

▼ 立ち~ (9, 0.1%)

2 つて, つて中を 1 つた, つてた, つて一, つて見, つて見送り

▼ 立ち留まつ~ (9, 0.1%)

81 てゐる

▼ 立ち~ (9, 0.1%)

4 んでゐる 1 ぶ峰, んでいる, んでる, んでツイ左手, んで居る

▼ 立ち~ (9, 0.1%)

1 から潮, がふらふら, の上, は動かさず, よりも高く, をか, を天井, を寄せ, を振り

▼ 立ちこれ~ (8, 0.1%)

1 が現代劇, に依っ, は明日お返し, は迚, へ急い, も意外, をもっ, を導け

▼ 立ちさうに~ (8, 0.1%)

4 もない 1 した, するとき, はなかつた, もせず

▼ 立ちさわぐ~ (8, 0.1%)

1 には及ばん, のが, 侍どもを, 声, 波に, 波の, 波は, 筋合いでは

▼ 立ちたま~ (8, 0.1%)

21 ひて, ふお行末, ふなり, ふに, ふべければ, ふ時

▼ 立ちはたらい~ (8, 0.1%)

5 て居る 1 たり歌, ていました, ている

▼ 立ちまわり~ (8, 0.1%)

1 が二人, して, となった, の場, はおれ, はしかし, よろしくとど, をさせ

▼ 立ち~ (8, 0.1%)

1 そう云われ, それを, 人々の, 其に対して, 来ましたという, 来ましたといふ, 盆の, 軾の

▼ 立ち~ (8, 0.1%)

1 から三人, から正ちゃん, から虚心, には若い, には髪, に残った, る, を追い

▼ 立ち~ (8, 0.1%)

2 は寒し 1 が直射, なお暮れざる, に射られ, に見れ, をかさね, 映演

▼ 立ち替り~ (8, 0.1%)

4 咲き替つて 1 で暫く, 入れ替り研究, 同じよう, 附いて

▼ 立ち歸つて~ (8, 0.1%)

2 ゐた 1 あの川, そのこと, その通り, わが大師, ゐるやう, 訊いて

▼ 立ち~ (8, 0.1%)

2 ひぬ 1 ひこの, ひしとき, ふ, へ, へとて間道, へり

▼ 立ち~ (8, 0.1%)

3 いて 2 く姿 1 けさせて, けてゐた, けました

▼ 立ち~ (8, 0.1%)

2 へば咽喉ゑごくして春 1 つて, ひ或は, ふの, ふべくも, ふやう, ふ八少女

▼ 立ち~ (8, 0.1%)

4 のま 1 のなり, の容色, をかきむしっ, を防がね

▼ 立ちさろう~ (7, 0.1%)

3 とした 2 とします 1 としました, とする

▼ 立ちしな~ (7, 0.1%)

2 に下島 1 に, にみどり, に園子, に襟先, の身じろぎ

▼ 立ちづめ~ (7, 0.1%)

2 である 1 です, で働いた, に立っ, の不愉快, の電車

▼ 立ちです~ (7, 0.1%)

2 か, が色白 1 から, がきりやう, が何處

▼ 立ち~ (7, 0.1%)

1 多数が, 火傷を, 玄関から, 蜀に, 鎧を, 音声に, 風呂敷を

▼ 立ち~ (7, 0.1%)

5 が過ぎ 1 が小波, が流れ

▼ 立ち泳ぎ~ (7, 0.1%)

5 をし 1 だ, をはじめました

▼ 立ち~ (7, 0.1%)

3 ひて 1 ひ踏みならす, ふ, ふ恋, ふ暖かく

▼ 立ち留り~ (7, 0.1%)

1 て窺い, て頭, ながら先, 侍女らに, 十歩行つては, 彼を, 石などを

▼ 立ち~ (7, 0.1%)

1 を切っ, を切り, を切りかけ, を切る, を掻切, 切った, 切るか

▼ 立ち~ (7, 0.1%)

1 ひて, ひ候, ひ流, ふ, ふ山の端, へるに, へる水気

▼ 立ちかかる~ (6, 0.1%)

4 のを 1 と愛吉, のへ

▼ 立ちここ~ (6, 0.1%)

1 でも義経, には思い, に戦勝, に立ちし, まで辿っ, を最後

▼ 立ち~ (6, 0.1%)

2 がたに 1 がたが, がたであった, がたの, がたを

▼ 立ちつづく~ (6, 0.1%)

1 古道具屋の, 小家の, 本郷の, 芝居小屋前の, 間に, 電柱の

▼ 立ちての~ (6, 0.1%)

3 修業なれ 1 文藻なる, 歌は, 解決を

▼ 立ちでも~ (6, 0.1%)

2 ございましょうが 1 こしらえると, した時口, して, 日本左衛門の

▼ 立ちにくい~ (6, 0.1%)

2 ということ 1 ことである, 一理由は, 事情の, 箇所の

▼ 立ちばなし~ (6, 0.1%)

1 から別れた, でもあるまい, の二人, の恰好, も出来ぬ, を交え

▼ 立ち~ (6, 0.1%)

1 かけて, こだまする, はいった忍剣, 一歩入る, 反響し, 藤蔓で

▼ 立ち上つた~ (6, 0.1%)

1 からで, がやがて, そして遠野, なりアブサント, ばかりの段々, ばかりの高い

▼ 立ち両手~ (6, 0.1%)

1 を上げ, を上げる, を後ろ, を拡げ, を腕, を自由

▼ 立ち~ (6, 0.1%)

2 れに 1 に反, を助くる, を否定, を道け

▼ 立ち交つて~ (6, 0.1%)

1 ゐる, ゐる頃, 働く, 居たわけ, 居る, 居る漆

▼ 立ち~ (6, 0.1%)

1 の靴, も大勢, をひきい, を八方, を率い, を集め

▼ 立ち~ (6, 0.1%)

1 た時, と亡き, らし木の間, る, ると, る春

▼ 立ち初めて~ (6, 0.1%)

1 いる, いる門, 底の, 心の, 日の, 近くの

▼ 立ち~ (6, 0.1%)

1 と両手, に出し, に力, も荒々しく, を出し, を張り上げ

▼ 立ち~ (6, 0.1%)

1 があまりに, がおそかっ, ではなかっ, で温度, の唐突, は

▼ 立ち~ (6, 0.1%)

2 の中 1 に近き, の引く, は其間, は紅

▼ 立ち続く~ (6, 0.1%)

3 姿が 1 峰々は, 激湍と, 繁華の

▼ 立ち聴きし~ (6, 0.1%)

2 ている 1 てい, ていた, てゐたらう, て今

▼ 立ち聴きした~ (6, 0.1%)

2 ことを, 訳です 1 とさ, 様子から

▼ 立ち~ (6, 0.1%)

2 ふ, ふ森, ふ雲

▼ 立ち迎え~ (6, 0.1%)

1 ていた, ていない, て見る, ながら令嬢, に出, 大層遅かっ

▼ 立ち~ (6, 0.1%)

1 じると, っている, ってお, って仄, り葉, り香具師

▼ 立ち離れ~ (6, 0.1%)

1 そうに, て茫然, て風物自身, 凄き暗黒彼, 場の, 神殿の

▼ 立ちした~ (5, 0.1%)

1 ってもお目にかかれねえ, って及ばない, と知らされ, んだろう, 感じで

▼ 立ちとまり~ (5, 0.1%)

1 うつらに, 不審する, 歌ひ, 軍勢互に, 霧の

▼ 立ち~ (5, 0.1%)

2 おしで 1 おしに, ごろに, ほし

▼ 立ちもう~ (5, 0.1%)

1 一人の, 一人は, 一方の, 武蔵の, 血粘

▼ 立ち一人~ (5, 0.1%)

1 がお母さん, はたえず, は岩, は提灯, 立ちして

▼ 立ち~ (5, 0.1%)

1 の切っ先, を中段, を取っ, を抜い, を持っ

▼ 立ち別れ~ (5, 0.1%)

1 て寄ら, て篠田, て記録, 前後から, 往にし宵

▼ 立ち別れた~ (5, 0.1%)

1 がその, が費, 女は, 気配である, 部将たちが

▼ 立ち~ (5, 0.1%)

1 たよ, っている, って肉, る, る蒸気

▼ 立ち又は~ (5, 0.1%)

1 やがて立つ, やがて立つべきだ, 之と, 新劇団の, 立つと

▼ 立ち四十~ (5, 0.1%)

4 にし 1 の石造

▼ 立ち大きな~ (5, 0.1%)

1 テントの, 光の, 剣を, 声で, 縮れた葉

▼ 立ち廻つて~ (5, 0.1%)

2 行かれること 1 ゐたとかの, ゐるの, 行く流俗

▼ 立ち易い~ (5, 0.1%)

1 からそれ, のは, 噂なども, 心配が, 風俗を

▼ 立ち~ (5, 0.1%)

1 っていた, っている, って働く, って決して, り夏

▼ 立ち縮ん~ (5, 0.1%)

2 でいた, でいる 1 でしまった

▼ 立ち縮んだ~ (5, 0.1%)

2 も道理 1 お絹, ように, 二人の

▼ 立ち~ (5, 0.1%)

1 きされちや, きだけは, きを, くつもり, く人

▼ 立ち至つて~ (5, 0.1%)

2 ゐたの 1 から私, しまつ, ゐた

▼ 立ち~ (5, 0.1%)

3 みました 1 んでいる, んでいるであろう

▼ 立ち難く~ (5, 0.1%)

1 と思召さる, や候はん, 其儘留め置かれ, 当方より, 見受けられ候

▼ 立ち~ (4, 0.1%)

2 ざやけきさ青の 1 ひぶり, ふと多少目

▼ 立ちあたり~ (4, 0.1%)

1 をきよろき, を見下した, を見廻し, を見廻す

▼ 立ちおくれた~ (4, 0.1%)

1 かについて私, ルネッサンスを, 民族は, 認識に

▼ 立ちきり~ (4, 0.1%)

1 で御座いますから, で忠実, 廻すという, 立ちきり

▼ 立ちこそ~ (4, 0.1%)

2 あがれ巖, 兄さんに

▼ 立ちさうな~ (4, 0.1%)

1 ものな, ものは, 筈も, 者はを

▼ 立ちしか~ (4, 0.1%)

2 間に 1 さは, ど夜半

▼ 立ちそこ~ (4, 0.1%)

1 でもそれ, に出, に張っ, へあがる

▼ 立ちその他~ (4, 0.1%)

4 の聖衆

▼ 立ちそびえ~ (4, 0.1%)

2 たり光る 1 ている, てゐた

▼ 立ちただ~ (4, 0.1%)

1 じっと見詰め, ち砕くる波, 自分が, 言葉をかは

▼ 立ちても~ (4, 0.1%)

2 居ても 1 坐りても, 聖母の

▼ 立ちでは~ (4, 0.1%)

1 ありますまいか, あるが, そう長く, 恐縮皺で

▼ 立ちとは~ (4, 0.1%)

1 いいながら, 丸で, 如何なる譯, 随分お早う

▼ 立ちなおり~ (4, 0.1%)

1 きわめて速力, ながらとっさ, 立ちなおり, 胴体で

▼ 立ちなおる~ (4, 0.1%)

1 が早い, ことが, と両手, と冷えびえする空気

▼ 立ちにな~ (4, 0.1%)

1 つてゆつくり, つて此方へと, つて躍り, つて通り拔け

▼ 立ちのき~ (4, 0.1%)

2 料を 1 あの地, 先を

▼ 立ちはたらく~ (4, 0.1%)

1 ところ服裝の, ので, 下人たちの, 姿が

▼ 立ちまたは~ (4, 0.1%)

2 途中まで 1 坐って, 路傍に

▼ 立ちまわり先~ (4, 0.1%)

1 あまさず姿, という立ちまわり先, を捜し, を目

▼ 立ちやすい~ (4, 0.1%)

1 から実は, くりかえせば, とそこで, 生きものを

▼ 立ちよう~ (4, 0.1%)

2 がない 1 ではすでに, もひどかっ

▼ 立ちよく~ (4, 0.1%)

1 すらりと, なったよう, 主人を, 愛されよく

▼ 立ちを通して~ (4, 0.1%)

1 さして, 没しゆく太陽, 田圃を, 社殿に

▼ 立ち上つたの~ (4, 0.1%)

1 だ, であります, であるが, を見

▼ 立ち~ (4, 0.1%)

2 にいる 1 には氷河, の台石

▼ 立ち~ (4, 0.1%)

2 腕を 1 膝は, 頬の

▼ 立ち~ (4, 0.1%)

1 か変った, か安心, の生きがい, を憚

▼ 立ち~ (4, 0.1%)

1 が汝, に私, ひしに, へば即刻下男

▼ 立ち働ら~ (4, 0.1%)

2 いて 1 きも, き下男

▼ 立ち公然~ (4, 0.1%)

2 其の非, 其非を

▼ 立ち出でる~ (4, 0.1%)

1 かと思う, とのっそり, と峰, わけにも

▼ 立ち初める~ (4, 0.1%)

2 頃或 1 秋の, 頃まで

▼ 立ち台所~ (4, 0.1%)

1 に行った, へちょっと, へ出よう, へ行っ

▼ 立ち塞つて~ (4, 0.1%)

1 ゐるところ, ゐる処, ゐる有様, 居る

▼ 立ち少し~ (4, 0.1%)

1 でもよく, まぶしそう, 遅れて, 離れたところ

▼ 立ち帰つて~ (4, 0.1%)

1 そして其処, ゐた, 寝入, 見るので

▼ 立ち廻る~ (4, 0.1%)

1 ことだけが, ように, 場所が, 理髪師の

▼ 立ち彼女~ (4, 0.1%)

1 の顔, の驚き, は両方, は勇躍

▼ 立ち悚ん~ (4, 0.1%)

4

▼ 立ち昇る煙り~ (4, 0.1%)

1 がくつきり, の中, は可, までが見る

▼ 立ち暮らし~ (4, 0.1%)

2 或は心当て, 時として何

▼ 立ち~ (4, 0.1%)

1 と鉄, によって二分, のすぐ, のそば

▼ 立ち~ (4, 0.1%)

2 のかげ, の傍

▼ 立ち止つて~ (4, 0.1%)

1 じろじろ私, は膝, 切なげ, 呟いた

▼ 立ち~ (4, 0.1%)

3 が騒ぎ 1 がしら

▼ 立ち~ (4, 0.1%)

2 を萋 1 をたれた, 出でず

▼ 立ち留まり~ (4, 0.1%)

1 てしばらく, ては新しき, もする, やがて片手

▼ 立ち留る~ (4, 0.1%)

1 と草鞋, と誰, 其そば近く, 譬へば野猪

▼ 立ち縁側~ (4, 0.1%)

2 に出, に出る

▼ 立ち~ (4, 0.1%)

2 して 1 も作家, も科学自身

▼ 立ち~ (4, 0.1%)

1 になり, の高い, をかがめ, を張っ

▼ 立ち込んだ~ (4, 0.1%)

1 中庭は, 密林と, 屋並みから, 峯の

▼ 立ち~ (4, 0.1%)

1 へおお, へた, へたる女子, へ我

▼ 立ち迷つて~ (4, 0.1%)

1 しまつ, ゐた, ゐる, ゐるでは

▼ 立ち~ (4, 0.1%)

2 ぞひ 1 のほう, は崖

▼ 立ち還り~ (4, 0.1%)

4 に難波

▼ 立ち難い~ (4, 0.1%)

1 こと, に依, に依っ, のを

▼ 立ち飲み~ (4, 0.1%)

3 をし 1 の屋台

▼ 立ち~ (4, 0.1%)

2 に立つ 1 を放ち, を焚き

▼ 立ち~ (4, 0.1%)

1 の手綱, より逆しま, をよび, を導い

▼ 立ち騒い~ (4, 0.1%)

2 でいる 1 でいた, で逆

▼ 立ち騒ぎ~ (4, 0.1%)

1 だった, もしなかった, 打ち喜びて, 止む間

▼ 立ち黄金~ (4, 0.1%)

3 の円光 1 の圓光

▼ 立ちあと~ (3, 0.0%)

1 の留守, はただ, へ

▼ 立ちある~ (3, 0.0%)

1 ときは, ものは, 者は

▼ 立ちあれ~ (3, 0.0%)

1 だけの電燈, でもない, を見よ

▼ 立ちいつも~ (3, 0.0%)

1 その下, の順助, 好む褐

▼ 立ちくたびれ~ (3, 0.0%)

1 て堪らなくなった, て砂, て輦宿

▼ 立ちざま~ (3, 0.0%)

1 にそうして, に目, の容子

▼ 立ちしかも~ (3, 0.0%)

1 その安全, 他人の, 憚りながら青

▼ 立ちじっと~ (3, 0.0%)

1 前方に, 阮東を, 首を

▼ 立ちすぐれた~ (3, 0.0%)

1 才能も, 男が, 眉目形は

▼ 立ちすこし~ (3, 0.0%)

1 天気の, 遅れて, 頭を

▼ 立ちせめて~ (3, 0.0%)

2 思弁の 1 よろこんで

▼ 立ちそうして~ (3, 0.0%)

1 わが家に, 床へ, 我知らず刀の

▼ 立ちその後~ (3, 0.0%)

1 からジョン, から蔵人, に彦太

▼ 立ちつつも~ (3, 0.0%)

1 世俗的な, 大体は, 嫂に対しては

▼ 立ちつづい~ (3, 0.0%)

2 ている 1 てい

▼ 立ちなお~ (3, 0.0%)

1 とどまる所, 吉は, 自分をも

▼ 立ちながらの~ (3, 0.0%)

1 半身で, 話に, 飲食いよりも

▼ 立ち~ (3, 0.0%)

1 からのみ維新, になっ, をのがれよう

▼ 立ちひとり~ (3, 0.0%)

2 の女 1 は灯

▼ 立ちぼんやり~ (3, 0.0%)

1 みんなの, 濠の, 玄関前の

▼ 立ちまるで~ (3, 0.0%)

1 このほか, 子ネコ, 自分が

▼ 立ちやすく~ (3, 0.0%)

1 て所謂, て気の毒, なる

▼ 立ちよそ~ (3, 0.0%)

3 ひたる山清水

▼ 立ちわかれ~ (3, 0.0%)

1 て下る, また歸, 稲葉の

▼ 立ちわたし~ (3, 0.0%)

1 が赤ん坊, の耳, は尻尾

▼ 立ち一つ~ (3, 0.0%)

1 は今朝, は少し, は社会主義

▼ 立ち三人~ (3, 0.0%)

1 出る五人, 立ち五人, 立つの

▼ 立ち上つて手~ (3, 0.0%)

1 を拱い, を洗, を當

▼ 立ち上つて言~ (3, 0.0%)

2 ひました 1 ひます

▼ 立ち世界~ (3, 0.0%)

1 で三番目, に向かっ, の順勢

▼ 立ち乱れ~ (3, 0.0%)

1 たえず忙しく騒々しかっ, ていた, ています

▼ 立ち~ (3, 0.0%)

2 に處 1 を運ぶ

▼ 立ち交っ~ (3, 0.0%)

1 て古めかしい, て愉快, て戒め顔

▼ 立ち交ら~ (3, 0.0%)

1 せるの, ないよう, ない時

▼ 立ち人形~ (3, 0.0%)

2 でした 1 です

▼ 立ち~ (3, 0.0%)

1 の仕事, の者, を制限

▼ 立ち~ (3, 0.0%)

1 によって菊田, のゾッと, の横笛

▼ 立ち出た~ (3, 0.0%)

1 が蒼々, ものを, 人には

▼ 立ち~ (3, 0.0%)

1 むるころ日蓮は, むるも, 紫も

▼ 立ち~ (3, 0.0%)

1 かれ眼, なもの, るとも

▼ 立ち即ち~ (3, 0.0%)

1 又物, 又物そのもの, 歡呼の

▼ 立ち合つて貰~ (3, 0.0%)

1 つたかい, ひて, ひ一應弟佐野松

▼ 立ち喰い~ (3, 0.0%)

1 にトンカツ, の屋台寿司, をし

▼ 立ち~ (3, 0.0%)

1 が力, に冲する, の逆

▼ 立ち~ (3, 0.0%)

1 と呼び, なるべし野猪, に告げ

▼ 立ち~ (3, 0.0%)

1 すっかり玄関, の中, を抜け

▼ 立ち~ (3, 0.0%)

1 旗が, 茶とも, 露が

▼ 立ち~ (3, 0.0%)

1 えりまた, えること, つたところ

▼ 立ち帰った~ (3, 0.0%)

1 か, 上は, 後

▼ 立ち帰りまし~ (3, 0.0%)

1 てご, てございます, てはどうも

▼ 立ち帰れ~ (3, 0.0%)

1 ども, ども見よ見よ, ッ

▼ 立ち~ (3, 0.0%)

1 上使の, 大儀に, 役御免にな

▼ 立ち思案~ (3, 0.0%)

1 に思わず, に暮れ, をし

▼ 立ち~ (3, 0.0%)

2 んでしまった 1 むかある

▼ 立ち掛け~ (3, 0.0%)

2 ながら 1 て身

▼ 立ち~ (3, 0.0%)

1 りに, りやつ, り表通

▼ 立ち昇っ~ (3, 0.0%)

3 ている

▼ 立ち明し~ (3, 0.0%)

21 てい

▼ 立ち會つて~ (3, 0.0%)

1 は居なかつた, もなほ, 殺せる筈

▼ 立ち歩き~ (3, 0.0%)

1 から烏帽子, をしない, をなさる

▼ 立ち~ (3, 0.0%)

1 がときどき, の立つ, はヤスリ

▼ 立ち~ (3, 0.0%)

1 の如く, の牙, やは腰

▼ 立ち~ (3, 0.0%)

1 の中, の中島, を眺めた

▼ 立ち淀ん~ (3, 0.0%)

1 でいた, でいる, で辞退

▼ 立ち混つて~ (3, 0.0%)

1 はゐる, ゐます, ゐるの

▼ 立ち現れる~ (3, 0.0%)

1 ことは, のである, 瞬間に

▼ 立ち~ (3, 0.0%)

1 いて, うて, うてゐるので

▼ 立ち留つて~ (3, 0.0%)

1 ゐると, 思はずも, 見る程

▼ 立ち~ (3, 0.0%)

1 は百錬, ぼしい賊, を四井街

▼ 立ち~ (3, 0.0%)

1 の服, の血, はぼんやり

▼ 立ち~ (3, 0.0%)

1 には黒煙, の方, の色

▼ 立ち縮む~ (3, 0.0%)

2 ばかりです 1 お峰

▼ 立ち~ (3, 0.0%)

1 に歩める, をもっ, を行う

▼ 立ち聞い~ (3, 0.0%)

3 ていた

▼ 立ち聞く~ (3, 0.0%)

1 おしんは, 人も, 者は

▼ 立ち~ (3, 0.0%)

2 われた 1 を眺め

▼ 立ち越し~ (3, 0.0%)

1 にエポニーヌ, に叫ん, に電灯

▼ 立ち辣ん~ (3, 0.0%)

1 だ, だ与次郎, でゐた

▼ 立ち~ (3, 0.0%)

1 った菖蒲, った電話, り中腹

▼ 立ち長い~ (3, 0.0%)

1 半白の, 歴史を, 間忘れ

▼ 立ち静か~ (3, 0.0%)

1 に剣, に庭, に構内

▼ 立ち~ (3, 0.0%)

1 をそむけ, を両, を合せる

▼ 立ち~ (3, 0.0%)

1 に吹き散らされ, に煽られ, を切り

▼ 立ち~ (3, 0.0%)

1 いでゐるの, いでを, いでボーツ

▼ 立ち高い~ (3, 0.0%)

2 塔や 1 声を

▼ 立ちあくる~ (2, 0.0%)

2 一日を

▼ 立ちあの~ (2, 0.0%)

1 人の, 雑閙中で

▼ 立ちあゆむ~ (2, 0.0%)

2 子が

▼ 立ちいっしょ~ (2, 0.0%)

1 に外, に廊下

▼ 立ちおい~ (2, 0.0%)

2 てんぷらを

▼ 立ちおうじょう~ (2, 0.0%)

1 のあり, をし

▼ 立ちおよぎ~ (2, 0.0%)

1 をし, をする

▼ 立ちお辞儀~ (2, 0.0%)

1 の方向, をし

▼ 立ちかえり~ (2, 0.0%)

1 て父, 狂瀾怒濤が

▼ 立ちかかれ~ (2, 0.0%)

1 ば, ば中

▼ 立ちかけました~ (2, 0.0%)

1 が妙, が日本左衛門

▼ 立ちかた~ (2, 0.0%)

1 に似, を語っ

▼ 立ちかも~ (2, 0.0%)

1 渡る佐保姫, 知れないが

▼ 立ちかわる~ (2, 0.0%)

1 人と, 役者の

▼ 立ちがたい~ (2, 0.0%)

1 ものである, 種類の

▼ 立ちぎき~ (2, 0.0%)

1 にやってきた, をし

▼ 立ちくらみ~ (2, 0.0%)

1 を訴え出す, 齲歯の

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

2 い古

▼ 立ちこちら~ (2, 0.0%)

1 に二時ごろ, に佇みし

▼ 立ちさて~ (2, 0.0%)

1 いひけるは, 家賃を

▼ 立ちさら~ (2, 0.0%)

1 でのみ住みはつるならひなら, で見ん

▼ 立ちさわぎ~ (2, 0.0%)

1 天の, 鳴門船かや

▼ 立ちしづけかり~ (2, 0.0%)

2 しかひた乾く

▼ 立ちしばらく~ (2, 0.0%)

1 様子を, 沼の

▼ 立ちしびれ~ (2, 0.0%)

1 てしまった, て来る

▼ 立ちしも~ (2, 0.0%)

1 三樂齋が, 不思議の

▼ 立ちじゃ~ (2, 0.0%)

1 で婿, ないか

▼ 立ちする~ (2, 0.0%)

1 ことよりも, ように

▼ 立ちずくめ~ (2, 0.0%)

1 で千幾百年, の仕事

▼ 立ちそれから~ (2, 0.0%)

1 ラッパや, 町役場の

▼ 立ちたしかにゆっくり~ (2, 0.0%)

2 みちばた

▼ 立ちたりけむ~ (2, 0.0%)

2 思ひきはめぬ

▼ 立ちたる~ (2, 0.0%)

1 が眼, を聖書

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 が写真機, 悪魔が

▼ 立ちだけは~ (2, 0.0%)

1 だれにも, 春らしく見え

▼ 立ちつづき見れ~ (2, 0.0%)

2 ども飽かず

▼ 立ちてぞ~ (2, 0.0%)

1 おもふ, 語れる

▼ 立ちであった~ (2, 0.0%)

1 がタッタ, ため主君謙信の

▼ 立ちであり~ (2, 0.0%)

1 ながら心持ち面長, ウヒヂニの

▼ 立ちでございます~ (2, 0.0%)

1 なあ, よ

▼ 立ちという~ (2, 0.0%)

1 ものが, 程で

▼ 立ちとおし~ (2, 0.0%)

1 ていた, 脚の

▼ 立ちとまり眺め~ (2, 0.0%)

2 てあれ

▼ 立ちとまり見れ~ (2, 0.0%)

2 ども消えず

▼ 立ちながらに~ (2, 0.0%)

1 埋みしかば, 売る

▼ 立ちなく~ (2, 0.0%)

1 もがなの感じ, アレクセイ・イヴァーノヴィチ決して

▼ 立ちなどは~ (2, 0.0%)

1 淡く煙っ, 覺え

▼ 立ちなら~ (2, 0.0%)

1 し小松, し水汲まし

▼ 立ちについて~ (2, 0.0%)

1 作者が, 記せと

▼ 立ちには~ (2, 0.0%)

1 古例, 違ひありません

▼ 立ちぬる~ (2, 0.0%)

1 は, 人を

▼ 立ちのかなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならない, ばなりません

▼ 立ちばん~ (2, 0.0%)

2 をする

▼ 立ちひらく~ (2, 0.0%)

2 春日すら

▼ 立ちふさ~ (2, 0.0%)

2 がつて

▼ 立ちふさぐ~ (2, 0.0%)

1 侍の, 我ら日本の

▼ 立ちふたたび~ (2, 0.0%)

1 ほそい通路, 城外へ

▼ 立ちふたり~ (2, 0.0%)

1 は夜, 立ち又

▼ 立ちほか~ (2, 0.0%)

1 の一人, の三名

▼ 立ちほそき~ (2, 0.0%)

2 幹の

▼ 立ちほそり~ (2, 0.0%)

2 寒き木ゆゑ

▼ 立ちほとんど~ (2, 0.0%)

1 唇を, 土の

▼ 立ちまさり~ (2, 0.0%)

1 て別, 打微笑みたる

▼ 立ちまだ~ (2, 0.0%)

1 そこら中を, 扉を

▼ 立ちまとも~ (2, 0.0%)

2 に僕

▼ 立ちむかい~ (2, 0.0%)

1 がたき強敵ゆえ, ついに突き

▼ 立ちむかっ~ (2, 0.0%)

1 てきた, て来た

▼ 立ちやう~ (2, 0.0%)

1 がない, まで煮えきらない

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 かむ君, つくり富士

▼ 立ちゆらら~ (2, 0.0%)

2 に紅き大き

▼ 立ちよりて~ (2, 0.0%)

1 お六櫛, 聞かんと

▼ 立ちよれ~ (2, 0.0%)

1 ば, ば粗

▼ 立ちよろめく~ (2, 0.0%)

1 と良兼, のを

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 たるめり, づかに

▼ 立ちわたり~ (2, 0.0%)

1 うね, 畝傍山

▼ 立ちわたる~ (2, 0.0%)

1 不二の, 朝の

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 たり, たり彼曰

▼ 立ちゐたる~ (2, 0.0%)

1 ところに, に

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 ぼの, 棒も

▼ 立ちアカイア軍~ (2, 0.0%)

1 を塹濠, を進ましむ

▼ 立ちアメリカ~ (2, 0.0%)

1 の新聞, の特需

▼ 立ちウイスキイ~ (2, 0.0%)

2 を一杯

▼ 立ちッ通し~ (2, 0.0%)

1 だった, の徳利

▼ 立ちバス~ (2, 0.0%)

1 へ乗る, を利用

▼ 立ち一切~ (2, 0.0%)

2 の魂

▼ 立ち一刻~ (2, 0.0%)

2 も早く

▼ 立ち一同~ (2, 0.0%)

1 がちりかける, をその

▼ 立ち上つた孝子~ (2, 0.0%)

2 はチラリ

▼ 立ち上つた時~ (2, 0.0%)

1 だつた, のやう

▼ 立ち上つた時私~ (2, 0.0%)

1 が頭, はくらくら

▼ 立ち上つた間~ (2, 0.0%)

2 に早く

▼ 立ち上つてそれ~ (2, 0.0%)

1 をお, を私

▼ 立ち上つて小判型~ (2, 0.0%)

2 のチヤブ台

▼ 立ち上つて帽子~ (2, 0.0%)

1 をとつ, をとり

▼ 立ち上つて次~ (2, 0.0%)

2 の室

▼ 立ち上つて盃~ (2, 0.0%)

2 を二つ

▼ 立ち上つて着物~ (2, 0.0%)

1 の前, の襟

▼ 立ち上つて矢鱈~ (2, 0.0%)

2 にはねま

▼ 立ち上つて窓~ (2, 0.0%)

1 の外, の方

▼ 立ち上つて自分~ (2, 0.0%)

1 の小舟, も仕度

▼ 立ち上つて部屋~ (2, 0.0%)

1 の中, の外

▼ 立ち上つて雀躍~ (2, 0.0%)

2 する

▼ 立ち上れる~ (2, 0.0%)

1 か, かどう

▼ 立ち上ッ~ (2, 0.0%)

1 た, て足

▼ 立ち下り~ (2, 0.0%)

1 て後, て戸外

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 に一人, の経文

▼ 立ち中心~ (2, 0.0%)

1 が出来る, より生きる

▼ 立ち乍ら母~ (2, 0.0%)

1 の顏, の顔

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 るる水, をなさない

▼ 立ち乱闘~ (2, 0.0%)

2 の野

▼ 立ち二年~ (2, 0.0%)

1 と過ぎ, 立つ中

▼ 立ち二羽~ (2, 0.0%)

1 立ちざあっと羽音, 立つ羽音

▼ 立ち人民~ (2, 0.0%)

1 のため, はみな帰服

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 いた, きながら

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 はこの, までの職務

▼ 立ち会つて~ (2, 0.0%)

2 もらつて

▼ 立ち何年~ (2, 0.0%)

1 か経っ, の後

▼ 立ち倉庫~ (2, 0.0%)

1 の如く, の屋根

▼ 立ち停れ~ (2, 0.0%)

2 ば立ち

▼ 立ち優った~ (2, 0.0%)

1 美貌の, 風格に

▼ 立ち優れ~ (2, 0.0%)

1 ている, て見えた

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 に用, に立ちし

▼ 立ち先生~ (2, 0.0%)

1 をはげました, をジッ

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 山ことごとく, 軍危く見えし

▼ 立ち再び~ (2, 0.0%)

1 跡を, 雄弁を

▼ 立ち写真~ (2, 0.0%)

1 で見る, の鼻

▼ 立ち冬木~ (2, 0.0%)

2 にたぎる

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

2 ゆる夜頃

▼ 立ち処さ~ (2, 0.0%)

1 へ見定められなく, へ見定められぬ

▼ 立ち出づる山かげ~ (2, 0.0%)

2 のいで湯

▼ 立ち別当湛増~ (2, 0.0%)

1 は紀伊, 亦紀伊

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 をくれ, 脚二本で

▼ 立ち動く~ (2, 0.0%)

1 のを, 気分に

▼ 立ち勝り~ (2, 0.0%)

1 いかなる男, 世に云う

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

2 ちかくの

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 に泡, をあけ

▼ 立ち右手~ (2, 0.0%)

1 の大, を神像

▼ 立ち同時に~ (2, 0.0%)

1 争議団一行の, 狭義における

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 を成さん, 成るを

▼ 立ち向い~ (2, 0.0%)

1 次々に, 遂に戦死

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 の望, を捜した

▼ 立ち呆け~ (2, 0.0%)

1 ている, て右手奥

▼ 立ち哭泣~ (2, 0.0%)

2 すれば

▼ 立ち啼き立ち~ (2, 0.0%)

2 急くに

▼ 立ち嘆く~ (2, 0.0%)

2 息と

▼ 立ち土地~ (2, 0.0%)

2 では人

▼ 立ち地面~ (2, 0.0%)

1 にはどこ, を見

▼ 立ち売り~ (2, 0.0%)

1 をし, をやらなけれ

▼ 立ち変り~ (2, 0.0%)

1 だから, 彼女を

▼ 立ち夕凪~ (2, 0.0%)

2 なり暮れ

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 の景色, へ出た

▼ 立ち多少~ (2, 0.0%)

1 姿は, 滑稽やら

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

2 まで脱ぐ

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 のいる, の母

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 の履物, を岩上

▼ 立ち子供~ (2, 0.0%)

1 といつ, のよう

▼ 立ち子供たち~ (2, 0.0%)

1 と機関車, の寝所

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 で進歩党, で進歩黨

▼ 立ち小さなその~ (2, 0.0%)

2 葉が

▼ 立ち尿~ (2, 0.0%)

1 の最古, をした

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 の朝日, をも見

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 に向かっ, に額

▼ 立ち工事~ (2, 0.0%)

1 が起され, を指図

▼ 立ち左右~ (2, 0.0%)

1 から小, の浪

▼ 立ち帰ったら~ (2, 0.0%)

1 よく君, 劉玄徳へは

▼ 立ち帰つた~ (2, 0.0%)

1 ならば, に相違

▼ 立ち帰りました~ (2, 0.0%)

1 が, 後に

▼ 立ち帰ります~ (2, 0.0%)

1 が, と死んだ

▼ 立ち帳場~ (2, 0.0%)

2 も卓子

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 で油, の奧

▼ 立ち座敷~ (2, 0.0%)

1 の蝋燭, へ伴

▼ 立ち廻っ~ (2, 0.0%)

1 ていない, て自分

▼ 立ち廻わる~ (2, 0.0%)

1 とお前, と今度

▼ 立ち廻わること~ (2, 0.0%)

1 さ, も大人気

▼ 立ち廻われ~ (2, 0.0%)

1 立ち廻われ, 騒げ騒げ

▼ 立ち彼ら~ (2, 0.0%)

1 に向, を相手

▼ 立ち往来~ (2, 0.0%)

1 に面した, を外れ

▼ 立ち待ち~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 立ち待つ~ (2, 0.0%)

2 と心

▼ 立ち後ろ~ (2, 0.0%)

1 には戸板, に立ちし

▼ 立ち徒ら~ (2, 0.0%)

2 に力み

▼ 立ち微妙~ (2, 0.0%)

1 に部屋, の霊音

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 の中, を一切社会

▼ 立ち忍び返し~ (2, 0.0%)

2 の外

▼ 立ち念仏~ (2, 0.0%)

1 をとなえ, を申し

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

2 くに朝猟の

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 えて, えながら

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 み, んでいた

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 つがず, をもつかず

▼ 立ち情熱~ (2, 0.0%)

1 のこもつた, をもっ

▼ 立ち我々~ (2, 0.0%)

1 が前, の側

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 る日万葉集, 新聞の

▼ 立ち或は~ (2, 0.0%)

1 坐し或は, 臥して

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 に彳, を細目

▼ 立ち払った~ (2, 0.0%)

1 ので本堂, 後より

▼ 立ち振舞い~ (2, 0.0%)

1 して, をぬすみ見

▼ 立ち振舞っ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 立ち掛けた~ (2, 0.0%)

1 のです, 腰を

▼ 立ち支度~ (2, 0.0%)

1 をし, を告げ

▼ 立ち新しい~ (2, 0.0%)

1 のを, 山河に

▼ 立ち日本~ (2, 0.0%)

1 の現状, の若者たち

▼ 立ち昇つたやう~ (2, 0.0%)

1 な気, な氣

▼ 立ち昇つて來~ (2, 0.0%)

1 るの, るわい

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

2 みが

▼ 立ち易く~ (2, 0.0%)

1 それが, 人が

▼ 立ち暫く~ (2, 0.0%)

1 戸に, 考える

▼ 立ち更に~ (2, 0.0%)

1 兵士その他として, 南宋末から

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 のよう, をまたもや

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 が曇る, に富士山

▼ 立ち栄二~ (2, 0.0%)

1 は下, は長火鉢

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 のない, をふり

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 だもと, をゆるがせ

▼ 立ち次に~ (2, 0.0%)

1 母つや子しげのと, 甲斐うしろに

▼ 立ち武士~ (2, 0.0%)

1 および佩刀者, や郷民

▼ 立ち歩く~ (2, 0.0%)

1 のを, 森の

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 がマーケット, へ背中

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 の義務, を守り

▼ 立ち江戸~ (2, 0.0%)

1 へ行った, をさし

▼ 立ち流れ~ (2, 0.0%)

1 て見えた, 家の

▼ 立ち淀み~ (2, 0.0%)

1 ながら, ながらその

▼ 立ち淀む~ (2, 0.0%)

1 しかない, とお

▼ 立ち潔し~ (2, 0.0%)

2 わが父

▼ 立ち無限~ (2, 0.0%)

1 につづく, の空間

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 の後, はその

▼ 立ち片手~ (2, 0.0%)

1 に彼女, に木刀

▼ 立ち物質~ (2, 0.0%)

1 は女房, を超え

▼ 立ち独自~ (2, 0.0%)

2 の針路

▼ 立ち現われる~ (2, 0.0%)

1 ことが, もので

▼ 立ち産女鳥~ (2, 0.0%)

2 は石地蔵

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 は誰, もよく

▼ 立ち留まる~ (2, 0.0%)

1 がま, こと百回にも

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 る, る君

▼ 立ち白い~ (2, 0.0%)

1 花を, 道は

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 なその, のセリフ

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 である, ともに

▼ 立ち真中~ (2, 0.0%)

1 に突, に立派

▼ 立ち真昼~ (2, 0.0%)

1 の三時, の花

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 から頭, は鎖され

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 の杖, の節

▼ 立ち紙くず~ (2, 0.0%)

2 がとびまわり

▼ 立ち細葉~ (2, 0.0%)

1 のや, の楊樹

▼ 立ち給う~ (2, 0.0%)

1 かね, な立ち騒い

▼ 立ち給うた~ (2, 0.0%)

2 のである

▼ 立ち絹布~ (2, 0.0%)

2 を売る

▼ 立ち縮み~ (2, 0.0%)

1 どうする, ガタガタ顫えた

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 ある言句, ある言句陳

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 の根, の穴

▼ 立ち聴きする~ (2, 0.0%)

1 と磨ぐ, などは失礼

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 に向, を張つて

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

2 なしロク

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 に抱いた, を組んだ

▼ 立ち舞う~ (2, 0.0%)

1 焼け跡の, 現在に

▼ 立ち茄子~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 は披針形, は細かく

▼ 立ち薄日~ (2, 0.0%)

2 の光

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

2 を一番奧

▼ 立ち處さ~ (2, 0.0%)

2 へ見定められぬ

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 とは水際立つた, には見えず

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 に微風, の方

▼ 立ち親方様~ (2, 0.0%)

1 のありがたい, の有難い

▼ 立ち評判~ (2, 0.0%)

2 の兇賊黒雲五人男

▼ 立ち詰め~ (2, 0.0%)

1 だった坂田, に髷

▼ 立ち走り~ (2, 0.0%)

1 いすすぎき, 蹲つてゐる

▼ 立ち越え~ (2, 0.0%)

1 て苔縄山, 盲人の

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 を引っ張っ, を推しすすめ

▼ 立ち軋り~ (2, 0.0%)

1 悲しそう, 音を

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 まく海, 上った

▼ 立ち連ん~ (2, 0.0%)

1 だ遊び場, だ間

▼ 立ち遂に~ (2, 0.0%)

1 何処の, 來らず

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 かに東京, かの下

▼ 立ち部屋~ (2, 0.0%)

1 の奥, の扉

▼ 立ち長く~ (2, 0.0%)

1 見送る, 靡いて

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

2 歌うたふと

▼ 立ち階段~ (2, 0.0%)

1 の一段ごと, を横

▼ 立ち障子~ (2, 0.0%)

1 をあけ, をあけぬ

▼ 立ち隠るべき~ (2, 0.0%)

1 おもしろの, 蔭だにぞ

▼ 立ち難し~ (2, 0.0%)

1 とお, 父母より

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 には傘, も降っ

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

2 ひを

▼ 立ち騎馬~ (2, 0.0%)

2 は足

▼ 立ち騷ぎ~ (2, 0.0%)

1 止む間, 立ち殺氣

▼ 立ち騷ぐ聲~ (2, 0.0%)

1 は祭り, をしる

▼ 立ち鶯谷~ (2, 0.0%)

2 の春

▼ 立ち黒き~ (2, 0.0%)

1 土くれ, 小舟の

▼ 立ち~ (2, 0.0%)

1 が高く, をつまらせ

▼1* [1819件]

立ちあいさつをした, 立ちあいなくしては, 立ちあえ源三郎, 立ちあかるい照明の, 立ちあくまでも暑き西日, 立ちあっちこっちから療治, 立ちあつた時, 立ちあまたの敵, 立ちあるいはまたひっそりと, 立ちあッという声, 立ちいかなる屈辱をも, 立ちいかに我儘勝手な, 立ちいかにも彼女の, 立ちいずれば吹き, 立ちいたるという, 立ちいって聞い, 立ちいつまでも同じ, 立ちいつかそのあたり, 立ちいでて恭しく, 立ちいでたのは, 立ちいまにもウオーッ, 立ちいま呱々の声, 立ちいやにていねい, 立ちいよいよ都へ, 立ちいらないどんな感情, 立ちいりがはげしく, 立ちいろいろな勤務, 立ちいわば男に, 立ちいんぎんに頭, 立ちうくて絳雪, 立ちうつろな視線, 立ちうりの万年筆, 立ちうろ覚えのローレライ, 立ちおののいて家, 立ちおれり, 立ちお上人様やら十兵衛, 立ちお勝手へ行っ, 立ちお嬢様の手, 立ちかえってちっとでも, 立ちかえって共にその無謀, 立ちかえりました者ゆえこの, 立ちかえれり燃えのこりたる木の, 立ちかかへ脊丈を, 立ちかくて神秘, 立ちかくしてゐた大きな, 立ちかくすらん山の, 立ちかけたる腰を, 立ちかけてるのよ残念, 立ちかこめる磐城の, 立ちかさかさして, 立ちかたわら芝田さんから求められる, 立ちかつて差しつかえある, 立ちかつまた男一般といふ, 立ちかなりのお客, 立ちかの蒼古に, 立ちかはり現, 立ちかまへ擁, 立ちからだじゅうの血, 立ちからの二人の, 立ちかわり借金取りが現われる, 立ちかわり入れかわり同じよう, 立ちかわり博士の地下室, 立ちかわり性交を許す, 立ちかわり愛想をいい, 立ちかわり政治を担当, 立ちかわり来る書生を, 立ちかわり水汲みに, 立ちかわり滞在する客, 立ちかわり相応の客, 立ちかわり瞬く間に, 立ちかわり連がかえって, 立ちかわり面会に来る, 立ちがたく罪は, 立ちがたしと語れり, 立ちきょとんとし, 立ちきり幾度もかく, 立ちきわめて低い声, 立ちぎきしたおかげでポケット小僧には奇面城, 立ちぎきしてそのまま近く, 立ちぎきして心の底, 立ちぎきするわけにも行かない, 立ちぎきする奴もない, 立ちぎきをしてしまうとだれに気づかれる, 立ちぎく人もありますまい, 立ちぎはにちよつと衣紋を直し, 立ちぎはによく見て, 立ちぎはの一杯二杯はうれし, 立ちぎらぎらと水, 立ちぎわあいさつに出, 立ちぎわではあったが源氏は返事, 立ちぎわにこんなことを源氏が言っ, 立ちぎわにそういったがひとりになる, 立ちぎわによく見て, 立ちぎゝしたネ, 立ちくされた芝居小屋の, 立ちくたびれたやうに, 立ちくらして居る, 立ちくらみする程の, 立ちぐされになつたといふ実例もあります, 立ちぐされの案山子に烏, 立ちぐされる大きな家, 立ちぐらみをしたようであまり見られた, 立ちけい古する旅, 立ちけい古肝腎の高尾, 立ちけり秋の, 立ちければ, 立ちここらあたりは人, 立ちこっそり部屋を, 立ちこっちを覗き, 立ちことに派手に, 立ちこめかみ顫き煙管, 立ちこもった霧雨の, 立ちこれからどうしようという, 立ちこんなときには, 立ちさあさあみんな手を, 立ちさうな温かさう, 立ちさうにゆたかな土, 立ちささえている, 立ちさっきから大声, 立ちさったと見せかけ, 立ちさったように見せかけ, 立ちさった足音も聞こえません, 立ちさつき歸つて來たばかり, 立ちさらにそのてつぺん近く, 立ちさりはしなかった, 立ちさりましたがやがて, 立ちさりますと明智, 立ちさろうとはしない, 立ちさわいでゐました, 立ちさわぎかけたがその, 立ちさわごうとする, 立ちざあざあと手桶の湯, 立ちざあっと羽音も清々しく, 立ちざま一喝をくらわせた, 立ちしかし樹木は, 立ちしかの日に, 立ちしかばさしもに, 立ちしげっている, 立ちしっとりと重い, 立ちしまいには情けなく, 立ちしましたことで, 立ちしものなるべく愛憎, 立ちしゃんとして, 立ちしらがのまゆ毛, 立ちすでにその初期作品, 立ちひ日月, 立ちそこで船を, 立ちそっとその襖, 立ちそっとよこ眼でやさしい, 立ちそのまま夢中で, 立ちその道が開けた, 立ちその間から見える, 立ちそむる佐渡島を, 立ちそめかけた春の, 立ちそめし秋風に, 立ちそめるのを, 立ちそれきり姿を見せなかった, 立ちそれほど見度, 立ちそれら全体の上, 立ちそろへば祠官, 立ちそ山茶花の花さ, 立ちそ舷にな片寄り, 立ちぞわづらふ, 立ちただならぬ眼つきを, 立ちたつがすゞ, 立ちたとえ聴衆を, 立ちたびたび人を, 立ちたまえ壺装束も明日, 立ちために一天, 立ちたりと覚えて, 立ちたる者顏を後額, 立ちたれ今日あきらかに, 立ちだけだった, 立ちだけしか話すこと, 立ちだけに両国の, 立ちだったのでしょう, 立ちだって万更不揃いでも, 立ちだんだん冬に, 立ちちょっとあたりを, 立ちちょろちょろ水を, 立ちやない, 立ちっきりになっ, 立ちっとおしだった, 立ちっ放しである, 立ちつかつかと足早, 立ちつぎに阪井, 立ちつぎつぎと下, 立ちつくつく法師があちら, 立ちつづいた間から, 立ちづめであったしその時間, 立ちづめでジャガイモの皮, 立ちづめで二の宮, 立ちていざのうに, 立ちてとひし君, 立ちてという風情, 立ちてや世を, 立ちてんとんとかなしき, 立ちであると源氏, 立ちでしょう江戸中, 立ちでないということ, 立ちで御座いましてナ, 立ちとか少年時代の, 立ちときには叱, 立ちとして何の, 立ちとどまつて, 立ちとどまりてなお, 立ちとまったのは, 立ちとまどいして, 立ちとまるべき真木の, 立ちとり上げた姿甲斐甲斐しく, 立ちどうしたこと, 立ちどういう風に, 立ちどうしてそれが, 立ちどうやら津軽一国を, 立ちどこかでは遠, 立ちどころ成りどんな, 立ちどの知つて置い, 立ちどんなことが, 立ちなおって気, 立ちなおりかけたチチコフを, 立ちなおりたいと願っ, 立ちなおりましてございます, 立ちなおりましたがいきなり, 立ちなおろうとした, 立ちなすった時は, 立ちなど十人あまりの, 立ちなどが最も深く, 立ちなどをかすかに, 立ちなほつてきさうである, 立ちなほつて賑やかな家族, 立ちなほりたいと云つて, 立ちなほるべきかと思ふ, 立ちなほ路を急ぎ, 立ちなやみとどまりにけり, 立ちならべるは坑夫, 立ちなるかな, 立ちなるほどよく見れ, 立ちなんかはどうです, 立ちなんという大いなる, 立ちなんとなく上品な, 立ちにかかつた, 立ちにくそうに, 立ちにこやかなポーズ, 立ちについては父帝の, 立ちにも満ざら, 立ちにゃ立ったが, 立ちにやにや笑いながら, 立ちぬらし吾が門, 立ちぬれて聽, 立ちのきますがけっして, 立ちのくならばえんじ, 立ちのびて照る, 立ちのみするもの, 立ちのれん棒を持っ, 立ちはかばかしい質問も, 立ちはしりせむ, 立ちはじめ群がりはじめた, 立ちはじめホテルはひつそり, 立ちはじめ雑木山には夥しい, 立ちはたらかせていた, 立ちはたらき其後死ぬ, 立ちはたらき老公をし, 立ちはだしの小さな, 立ちはやそろそろと岩根づたいに, 立ちはらはらと涙, 立ちはるか後方まで白い, 立ちばなし別れの挨拶, 立ちひとつは床, 立ちひるむひまに, 立ちびなの形, 立ちびりびりさいた, 立ちふさいだのは, 立ちへとまりの, 立ちほうぼうの橋, 立ちほけて日, 立ちほっと息を, 立ちほほけたり花, 立ちほろほろと散りかかる, 立ちぼんのくぼの, 立ちぼんぼりで足元, 立ちぼんやり門のそ, 立ちぽかァん, 立ちまぎれに港, 立ちまさりたる浜子なれ, 立ちまじりて右近, 立ちまする頃果敢なく, 立ちまず押しも, 立ちまたもや押入れから, 立ちまた一方ベルリンでは, 立ちまだうねうねと幾ら, 立ちまっせん, 立ちまっさおな顔, 立ちまったく常識という, 立ちまつしやろ, 立ちまでが鮮かに, 立ちまどひ, 立ちまよふ夕靄, 立ちまよっている, 立ちまわるがいい, 立ちまわれるに違い, 立ちまん中の女王さま, 立ちみどりの髮, 立ちみなさんと交歓, 立ちみんなの不平, 立ちむかう人生の, 立ちむかおうとなされなかった, 立ちむかつて来る, 立ちむつとした, 立ちむらむらぱっと大部分, 立ちもうもうとうずまく砂ほこり, 立ちもう一度ゆるゆる瞳を, 立ちもしくは些しばかり沖に, 立ちやすかったこと, 立ちやすめえから一々, 立ちやつと幾分, 立ちやといふに, 立ちやにわにわしを, 立ちやァがる, 立ちゆかんと思う, 立ちようやく伝七郎を, 立ちよどんでいる, 立ちよどんだのは, 立ちよみして来た, 立ちよみしたのでした, 立ちよりましたさい書記の, 立ちよるその節, 立ちよれるを引き, 立ちよろけた胸先へ, 立ちりりしい姿が, 立ちわが見せば, 立ちわが子よ何ぞ, 立ちわくらはの落葉, 立ちわざわざ海岸へ, 立ちわずかに残った, 立ちわたしたちがみんなアマーリア, 立ちわれを忘れ, 立ちアキリュウス大音聲を發, 立ちアシビキ号の乗組員一同, 立ちアメリカ以上の夫婦中心, 立ちアメリカ経由で貿易, 立ちアルコールランプの上, 立ちイスをひっくりかえし, 立ちイタリヤの南端シシリイ島, 立ちカーテンの蔭, 立ちカールした髪の毛, 立ちキリシタンたちは危険, 立ちクイーン・メリー号歓迎の群衆, 立ちコンクリイトの壁, 立ちゴオグの画集, 立ちサマリヤを経, 立ちシベリア方面にてはウラジオ政府チタ政府等互ニ割拠, 立ちシヤツにズボン下, 立ちシュルツとクンツ, 立ちジャーナリズムとその, 立ちジリジリと寄っ, 立ちセリフ昨夜のうち, 立ちセンセンキョーキョー地震のとき, 立ちソヴェトの勤労婦人, 立ちタイルの調理台, 立ちダビットが岩, 立ちチビリチビリ傾けながらも, 立ちチラチラ光って, 立ちヂュウスは彼, 立ちッきりで番, 立ちテレビ見張器, 立ちドイツにおけるただ一人, 立ちドロリとした, 立ちドーッと後ろ, 立ちナイフで子供たち, 立ちナポレオンの夕方, 立ちネフリュードフの苦悩, 立ちハアハア喘いで, 立ちハッキリと苦い, 立ちハンマーでその, 立ちバスルームのドア, 立ちバタンバタンと賑, 立ちバラバラと砦, 立ちパイプをふかし, 立ちパッと一斉, 立ちパーヴェル・パーヴロヴィチはもう, 立ちビルとビル, 立ちフト迷いました, 立ちフラダンスヴギウギアクロバットウンチクを傾け, 立ちフラフラと茶の間, 立ちフランスまた昔日, 立ちフランボウは鋤, 立ちブランコ乗りの身体, 立ちブールボン派をもっ, 立ちプロレタリア階級がブルジョアジー, 立ちヘクトールが燒かん, 立ちベルグハイルを三唱, 立ちホッと麓, 立ちボウイが飲み物, 立ちポオランド王国の歴史, 立ちメディチの紋, 立ちヤヲラ米俵に手, 立ちユラユラと揺れ, 立ちライン河の岸, 立ちロシヤ服を着, 立ちローリイの顔, 立ちン坊君を相手, 立ちの平原, 立ち一そうそこの固め, 立ち一つ仆れ二つ仆, 立ち一丈に余る, 立ち一上一下剣閃槍光のはためく, 立ち一個の人文的英雄神たる, 立ち一同金魚のうんこ, 立ち一国を代表, 立ち一家の荒廃, 立ち一寸会釈して, 立ち一抱えばかりの樫七株八株一列, 立ち一文二文と貰う, 立ち一日中気持よく人力車, 立ち一時両者の間, 立ち一時半から漸, 立ち一本の帯, 立ち一本脚は浮い, 立ち一樹を揺すっ, 立ち一歩誤れば, 立ち一段高く北岳, 立ち一生の成績帳, 立ち一目にては十題判斷, 立ち一竿を揮っ, 立ち一等二等三等水兵等は士官, 立ち一箇は偃, 立ち一節弾いて, 立ち一見人工を, 立ち一言二言声をかけ, 立ち一路樊川へ猛進, 立ち一里半程行つて本合海から乗船, 立ち一銭二銭の合力, 立ち一間へ入る, 立ち一面は桐, 立ち七十郎は刀, 立ち七日七夜刀を拔, 立ち七時に大阪, 立ち万国に共通, 立ち万死一生の途, 立ち万端すべていつか記しつくしたやう, 立ち三人四人と隊, 立ち三十分で峠, 立ち三日立ちしても, 立ち三本をへだてる, 立ち三箇のアーチ, 立ち三重の塔, 立ち上つた一人の男, 立ち上つた位であつ, 立ち上つた先生のテーブルスピーチ, 立ち上つた妻は二階, 立ち上つた家族へ何, 立ち上つた席に今更, 立ち上つた形であつ, 立ち上つた彼女が戸, 立ち上つた机の上, 立ち上つた次手に茶の間, 立ち上つた眞直に立つ, 立ち上つた英雄では決して, 立ち上つてお父さんに手, 立ち上つてさつきのボオイ, 立ち上つてしまつてから私達, 立ち上つてはしご段の下り, 立ち上つてみんなに先んじ, 立ち上つてドアの把手, 立ち上つてモヂモヂして, 立ち上つて一寸女の側, 立ち上つて三方の幕, 立ち上つて不動の姿勢, 立ち上つて両足を踏み, 立ち上つて云つたもの, 立ち上つて五十嵐の手, 立ち上つて仕切りの框, 立ち上つて何かをし, 立ち上つて來てその, 立ち上つて冠をカナグリ, 立ち上つて出口の扉, 立ち上つて初江の方, 立ち上つて勃凸と, 立ち上つて卓子を, 立ち上つて壁にもたれ, 立ち上つて天の方, 立ち上つて奥へ逃げ込みました, 立ち上つて年齡のこと, 立ち上つて彼の男, 立ち上つて彼女の手, 立ち上つて後の棚, 立ち上つて心持顏を赤らめ, 立ち上つて恐怖を包んだ, 立ち上つて戸口へ行, 立ち上つて扉の所, 立ち上つて手近にある, 立ち上つて抹香くさい香, 立ち上つて押入を開きました, 立ち上つて抽斗を開け, 立ち上つて斯う言, 立ち上つて書棚から極, 立ち上つて最敬礼をする, 立ち上つて机の前, 立ち上つて正面をきり, 立ち上つて気の早い, 立ち上つて氣遣はしく, 立ち上つて法廷を出, 立ち上つて海岸の欄干, 立ち上つて漁師共の寄つて, 立ち上つて焔の中, 立ち上つて父親の寢, 立ち上つて窓外の景色, 立ち上つて窟の奥, 立ち上つて蕗子の下宿, 立ち上つて裁判長に頼みました, 立ち上つて覚束ない眼, 立ち上つて谷村さんの肩, 立ち上つて階子段を下, 立ち上つて隣室へ入, 立ち上つて麻油の腰, 立ち上席にいる, 立ち上洛のさい, 立ち上海の淹留中, 立ち上甲板に登っ, 立ち下方に遼市, 立ち下段に目前五, 立ち當の, 立ち不動の姿勢, 立ち不審と思える, 立ち不相変冷笑を, 立ち不身持の評判, 立ち世間から隠れ, 立ち並むで見えた, 立ち並らぶ電燈, 立ち中仙道を江戸, 立ち中尉のそば, 立ち中腹には白雲, 立ち中館公一郎も別に, 立ち丹尾は見上げ, 立ち丹後弓彦小六木ベエそれに巨勢博士, 立ち主人はその後, 立ち主人秀次と同じ, 立ち主君であり旦那, 立ち主従わずかに, 立ち主観への一直線, 立ち乍ら何やら笑い, 立ち乍ら之を救, 立ち乍ら云つた, 立ち乍ら力こめつ, 立ち乍ら口を開き, 立ち乍ら大な声, 立ち乍ら手で軽く, 立ち乍ら斯の如く, 立ち乍ら杯を手, 立ち乍ら笑つて尚ほそ, 立ち乍ら貰ふと云, 立ち乍ら足を早め, 立ち九州このかた, 立ち九月はじめに国許, 立ち乱れた雲霧を, 立ち乳母は登, 立ち乾児たちの働き, 立ち争っては面白く, 立ち二つの恐ろしい, 立ち二・三景と立ち, 立ち二三十本の杉, 立ち二三日ウィンザーに滞在, 立ち二三間歩みを運んだ, 立ち二人きりなのに, 立ち二十一日早くも, 立ち二十二日には上田, 立ち二十何日かにアガる, 立ち二十六日に遺物分, 立ち二十四機まで伊沢, 立ち二十日頃に小石, 立ち二名の兵士, 立ち二寸ばかりの緑秧, 立ち二足ばかりで, 立ち二郎は卓, 立ち二階へ登っ, 立ち云い出しがたかった, 立ち五人まで駈け上がっ, 立ち五人立ちの武者絵凧, 立ち五六間行處を大岡殿コリヤ, 立ち五十町あまりも退い, 立ち五年過ぎ村人の代, 立ち五日にハワイ島, 立ち五時半に終った, 立ち五月はじめには三角, 立ち五羽立ちむらむらぱっと, 立ち亘つて居る状, 立ち亢奮して, 立ち交じり原子内のエレクトロン, 立ち交ってるかがさらに, 立ち交つて町の權勢家, 立ち交つて考へ直し, 立ち交つて自分も其中, 立ち交つて銀流しの露店, 立ち交らんよりは知らぬ, 立ち交わる芸術家にとっては, 立ち交通もよく, 立ち京都の市民, 立ち亭主のほう, 立ち人々の眼, 立ち人事百般に処する, 立ち人間が徒渉, 立ち人馬が点々, 立ち今にも崩れ落ちさうに, 立ち今宵は清し, 立ち今朝の夢, 立ち仕事をやっ, 立ち仕度をし, 立ちつて諸君自身の, 立ち仲仕たちは汗みどろ, 立ち終って, 立ち伊勢五の養子, 立ち伊勢屋の息子, 立ち伊藤が引受けた, 立ち休みしただけで, 立ち会つた上で点呼, 立ち会つた結果を報告, 立ち会つて人と角力, 立ち会つて舞台監督と俳優, 立ち会つて話を聞い, 立ち会ふためである, 立ち伯元等と亥刻, 立ち伸子たちのいる, 立ち位負けしては, 立ち低い声で, 立ちりて, 立ち佐川驛より汽車, 立ちをそらせ, 立ち体験を重んじた, 立ち何ごとか熱弁, 立ち何となく大事件, 立ち何もかも無くなって, 立ち何らの腹案, 立ち何一つ役にたたない, 立ち何事をか言出さん, 立ち何等かの支柱, 立ち作品の本質, 立ちべる枯れ, 立ち使ひ, 立ち來らんを候, 立ち依り指擧げ, 立ち便所へでもいく, 立ち係りをどなる, 立ち俊寛の健啖, 立ち保証的の貴, 立ち信徒が帰依, 立ち信濃の宗良親王軍, 立ち個々の生活, 立ち候うえ御取興し, 立ち候こと本意なき限り, 立ち候日一時間お立ちなされ候, 立ち候時は師匠, 立ち候毎に茶色, 立ち候油断無くゆるゆる, 立ち候節村内のもの, 立ち候間より広々, 立ちりて, 立ちつては, 立ち停ったはずみに, 立ち停りむす子の, 立ち停り動かず絶えて衆人, 立ち停り投げの威力, 立ち傍聴し前かけ, 立ち傲然と全, 立ちはその, 立ち儀杖数百騎弔華放鳥贄の羊, 立ち優つた古風の気魄, 立ち優つた男であつ, 立ち優つて吾人の修養, 立ち優り咲き揃ひたる, 立ち優れた人の, 立ち優勝を制せん, 立ち光井はその後, 立ちが草, 立ち入道頭をふり立て, 立ち全く遠ざかって, 立ち兩者を繋ぐ, 立ち兩腕を高く, 立ち八十万の神, 立ち八所借りをし, 立ち八方に注視, 立ち八畳へ行った, 立ち公使らは皆席, 立ち公家階級もまた, 立ち六人の記者, 立ち六時の夕飯三十分の休み, 立ち六時すぎ日比谷公会堂へ明治製菓, 立ちを収めん, 立ち兵器弾薬の類, 立ち其上で相手, 立ちぬれば, 立ち兼ねて参りまする, 立ち兼ねた其内同胞が, 立ち兼ねますが, 立ち円滑に事, 立ち冬次郎は烈しい, 立ち凄い眼を, 立ち凝る夜霧なり, 立ち出しは既に, 立ち出ずるに亥子, 立ち出つはうまい, 立ち出づべく考へ居り, 立ち出づるを賊, 立ち出づれば吹き荒れる風, 立ち出づればこは如何, 立ち出づればはや爪さきあがりの, 立ち出づ可く候, 立ち出づ宿の朝景色何處, 立ち出でれば夏侯尚, 立ち出るとそ, 立ち出世ももつ, 立ち出來り互, 立ち出版の方, 立ちれると, 立ち分かれて見回り, 立ち分かれ竹竿を巧, 立ち分れても血, 立ち刎橋をしょんぼり, 立ちは中断, 立ち列なり諸国からの, 立ち列ぶわたくしの, 立ち列んだやうな, 立ち列伍を正し, 立ち別れましたような, 立ち別れるのだ, 立ち別れんと漸, 立ち別れ花の都, 立ち到りました能くお聞き下さいまし, 立ち刻々相府, 立ち剃刀のよう, 立ち前足をガラス戸, 立ちを按じ, 立ち剣状の硬質葉, 立ち割り調べたところ, 立ち割り胎内の, 立ち劉璋の手, 立ちをあわせ, 立ちを成す, 立ち八と, 立ちれて, 立ち勇敢な蒙古, 立ち動いて砂馬, 立ち勝った量見, 立ち勝れりと思いあがっ, 立ち勢一杯の期待, 立ち勢至がきわめて, 立ち勤め爭ひ狹隘, 立ち匂い彼の臣子一片, 立ちには餓鬼奥鐘, 立ち北京へ燉煌出土, 立ち北国産の白馬二千頭, 立ち北山に駈けつけ, 立ち北斗七星の旗, 立ちをかぞえ, 立ち十一日は坂本, 立ち十三日に到着, 立ち十二階はてっぺん, 立ち十分危険は感じ, 立ち十四日の暮方, 立ち十四日朝おめにかかります, 立ち十字架を拜せり, 立ち十左の前, 立ち十数センチメートルの高, 立ち千ヶ滝の網野さん, 立ち千代子がその, 立ち千本殿は御, 立ち千束の稲吉, 立ち千鳥も名山, 立ち升つてゐる高い, 立ち午ごろには久しぶり人烟にぎやか, 立ち午後の二時すぎこっち, 立ち靴は, 立ち半ば開いた扉, 立ち南常陸方面の那珂, 立ち南洋諸國, 立ち南洋土人の潜水夫, 立ち南湖公園と題す, 立ち博物館を守り遂げし, 立ち卯木さま御夫婦, 立ち印刷所へ催促, 立ち却って玄関が, 立ち原丹治父子の悪事, 立ち原子兵器使用禁止のアッピール, 立ち厳かに剣, 立ち厳白虎の弟厳, 立ち去る思ひたえじ, 立ち叉手して, 立ちつてお前も, 立ち反感と滑稽さ, 立ち反抗の気勢, 立ち叔母のお, 立ち取り客呼び, 立ち口數はすく, 立ち古りぬ幾代へ, 立ち古代史の研究, 立ち申と, 立ち可愛らしくはある, 立ち史家の研究範囲外, 立ちには問題, 立ち右往左往に逃げのび, 立ち右方には旧約聖書, 立ち自分の, 立ち各々重い錘, 立ち合つたさうし, 立ち合つた私が醫者, 立ち合つて実に困つた, 立ち合つて兎に角, 立ち合つて貰つて財布の落ち, 立ち合はずに机, 立ち合ひで調べて, 立ち吉岡の母, 立ち同じように, 立ち同じく音楽堂を, 立ち同化作用も営まない, 立ち同心一人と手先五六人, 立ち向いうる自分では, 立ち向いすべての役, 立ち向いたい戦闘心の, 立ち向い何事かいどみかかる, 立ち向い相手を何回, 立ち向い習慣的に脳天, 立ち向う兵は忽ち, 立ち向う前にまだ, 立ち向う場合ついに堂々たる, 立ち向う数万の人々, 立ち向う段取りになった, 立ち向う者はねえ, 立ち向う都下の人民, 立ち向えないもの, 立ち向こうてしみじみ, 立ち向こう側の座席, 立ち向つたが相手, 立ち向つたのがよく, 立ち向つた事を思ふ, 立ち向つた人の思ひ定めた, 立ち向つた鎖鎌の地位, 立ちむしろ同, 立ちの論, 立ち呆然とした, 立ち呉侯孫権をはじめ, 立ち呉傑徐凱等と与, 立ち呉軍は勢い, 立ち呑みしながら, 立ち味方の数隻, 立ちる廻転機, 立ち咄嗟に思ひ得た, 立ち咲枝が送り, 立ち品川の海辺, 立ちはわな, 立ち商人として充分, 立ち問答致しますると, 立ちひしたこと, 立ち噪ぐことは相成らぬ, 立ち噺声は小さけれ, 立ち四人の委員, 立ち四周を見渡した, 立ち四日乗船六日大連着そこで父, 立ち四目垣にからみたる, 立ち因果先生を玄関口, 立ち団十郎張りの大きな, 立ち囲いの一軒, 立ち国分尼寺が立ち, 立ち国土も難なく, 立ち国外と事, 立ち国家の刑罰そのもの, 立ち国府の内, 立ち国技館の前, 立ち圍んだところ, 立ち土濕りの, 立ち坂本でロレンソ, 立ち城門のほう, 立ちは諸侯, 立ち場処を分け, 立ち塞つたのは言, 立ち塞つた人の頭, 立ち塞つた人々は其叫声, 立ち塞つて直接心と心, 立ち塞つて精一杯外から見通される, 立ちの鏡, 立ちの列伝, 立ち変り過ぎ去る沿線, 立ちならば, 立ち夕べは落日, 立ち夕光よ潮, 立ち夕暮の九十九, 立ち多き満員, 立ち多勢の海女, 立ち多数の環視, 立ち大分忙しそう, 立ち大和路と佐々良路, 立ち大小の二剣, 立ち大局に動く, 立ち大本営を望見, 立ち大樹の親, 立ち大皿からぶ, 立ち大船迄来, 立ち大蛇を使っ, 立ち大路や野原, 立ち大連と金州とを見, 立ち天下の人心, 立ち天井へ上げる, 立ち天地の間, 立ち天志を奉じ, 立ち天意的なもの, 立ち太刀のつ, 立ち太陽の光線, 立ちに就, 立ちの空室, 立ち奥方へ報恩, 立ち奮戰を眺め見よ, 立ち女優もやめね, 立ち女子を熟視, 立ち奴たちを率い, 立ち如何なる方向に, 立ち如何に苦しもうとも, 立ち姿は真, 立ち婆さんの手, 立ち婦人大会の形式, 立ち獲を, 立ち学校でならった, 立ち學問らしくな, 立ち學的考察を離れ, 立ち宇治まで来る, 立ち守衛と話し, 立ち安宅からこの, 立ち完全に叔父, 立ち完全そのものの張り切り, 立ち宗吉との間, 立ち宗室も辞した, 立ち宗教を通じて西洋, 立ち宗祖大師の時代, 立ち官左衛門に渡しし, 立ち定助殺しの, 立ち実に腹が, 立ち実生活の影響, 立ち実証科学は実証科学, 立ちに呼びかけ, 立ち室内の光り, 立ち宮殿下はエリサベツト夫人, 立ち宵闇まだきに, 立ち家中の諸, 立ち家兄玄徳の軍旅, 立ち寄つてその住まひ, 立ち寄りを, 立ち密かに警官刑事, 立ちかりしに, 立ち尊氏を中, 立ちけり, 立ち小さい音が, 立ち小さな公園が, 立ち小倉の袴, 立ち小夜の中山, 立ち小学生が手, 立ち小林君と不二夫少年, 立ち小糸が戸棚, 立ち小腰をか, 立ち數者による, 立ち少女たちを眺め, 立ち少時記せしところ, 立ちお且つ, 立ちは太く, 立ち尾花が白く, 立ち居るとただ, 立ち山寨附近の山蔭, 立ち山崎孫七郎の出馬, 立ち山猫博士がコップ, 立ち山陰から盜, 立ち山陽が帰る, 立ち岩国永興寺に陣, 立ち岩床に暁, 立ち峭壁頭上を圧し, 立ち島中の男子, 立ち島田臼井諸氏に一矢, 立ちる, 立ちはげしき折々, 立ちの紅燈, 立ち川六条などの遊君, 立ち州門から八十支里, 立ち工合が次第に勢いよく, 立ち工業商業が立派, 立ち左手の, 立ちが過ち, 立ち市中に散布, 立ち帆前船や達磨船, 立ち帆綱を握, 立ちのお, 立ち帰つた兵士のやう, 立ち帰つて夏より後, 立ち帰りこは我, 立ち帰りしこそ残る, 立ち帰りたいと存じます, 立ち帰りたく存じますが, 立ち帰りたるに早, 立ち帰りましょうぞ, 立ち帰りますればその, 立ち帰りませんのみか頼り, 立ち帰りみちとは反対, 立ち帰り人に語る, 立ち帰り右近とお, 立ち帰るべく朝飯を, 立ち帰ろうかとも思われた, 立ち明き前, 立ち平太郎の肩, 立ち平氏と源氏, 立ち平気や, 立ちは十二, 立ち年五十過ぎてから, 立ち幸徳の直接行動論, 立ち幸福な事実, 立ち幾万の人, 立ち広島で, 立ちの海, 立ち底部は藁繩, 立ち度々南近江の, 立ちに立っ, 立ちりて, 立ちの戸, 立ち廖化へする, 立ちき意味, 立ち廻ったと思った, 立ち廻ったらしい形跡の, 立ち廻つた相ですが, 立ち廻つた積りでもする, 立ち廻つた賭場を覗い, 立ち廻つて破綻のない, 立ち廻はり罪人の眼, 立ち廻り入り乱れている, 立ち廻わりが上手, 立ち廻わり旅のお, 立ち廻わり殿を狙う, 立ち弁証法的論理を全体主義的論理, 立ち弁護士が一種, 立ちの通り, 立ち引緊めた浅黒い, 立ち弟子たちの練習, 立ち兵は, 立ちに呼吸, 立ちの足許, 立ち影向松十間四方にひろがる, 立ちでこれ, 立ち役人のいる, 立ち役人以外は登る, 立ち彼倒るされど, 立ち彼等が作家, 立ち待てりと伝う, 立ち後世の肌物, 立ち後者は連続観, 立ち徐ろにテント, 立ち徐盛の舟, 立ちている, 立ち得物を手, 立ち御上人様やら十兵衞, 立ち御殿の妻戸, 立ち微動もしない, 立ち必要によっては之, 立ちれ慄, 立ち急ぎ隅つ, 立ち急ぐ嵐雲は, 立ち急場しのぎの紙幣, 立ちれが, 立ち恟めた, 立ちに対して他, 立ち息子が小便, 立ち悉くの村民, 立ち悍馬に跨が, 立ち悠然として閑歳月, 立ち患者の様子, 立ち悩みながらつまらない, 立ち悪魔の将軍, 立ち悲しみを忍ぶ, 立ち悲報は風, 立ち情け深い今日の, 立ち情なくも思った, 立ちふその, 立ち惑いなく繰り退き, 立ち惑う連環馬の, 立ち惡いものである, 立ち惱んでゐた, 立ち意気は盛ん, 立ち意識対象は永遠, 立ちという言葉, 立ち感激したアメリカ, 立ち憂きと霞むる, 立ち憐憫と侮蔑, 立ちから取出した, 立ち懸けたがまあ, 立ちはわが, 立ち我慢ができなくなる, 立ち戦気も怠っ, 立ち戦闘の直後, 立ち戦闘的マルキシストの目, 立ち戸外の様子, 立ち手先ふたりは長七, 立ち手簿を把, 立ち打った兜に, 立ち投げを食うた, 立ち折ふし時も二月, 立ち折角拵へ, 立ち拍手を打っ, 立ちかりご, 立ち按排尻尾の垂れ加減, 立ち捕方は無理, 立ち据わる力が, 立ち掃きしかば, 立ち掃く庭に, 立ち掛りて七右衞門久七, 立ち探偵又は盗賊, 立ちうて, 立ち合う群集, 立ち提灯が弔, 立ち揚子江を遡つ, 立ち撃ちの構, 立ち撃鉄の取れた, 立ち播磨への征途, 立ちへつつ夜, 立ち攫者は後, 立ち改進の木鐸, 立ち攻撃的論議の道具, 立ち政治をとっ, 立ち故郷のこと, 立ち数人の女, 立ち数多い棟, 立ち数寄屋町へ這入り, 立ち数日後には四足, 立ち数百の児童, 立ち整理されて, 立ちを破砕, 立ち敵方の大将株, 立ち文学の一切, 立ち文帝は指, 立ち断るように, 立ち新九郎の身, 立ち新婦付き添いの婦人, 立ち旋風のやう, 立ち既に喧嘩にも, 立ち日中でも澹暗, 立ち日曜の夜, 立ち日月の照らさざる, 立ち日本民族としての自覚, 立ち日脚の最も, 立ち若松城から, 立ち旧人は趁われ, 立ち早く都の, 立ち早朝登城して, 立ち昇つただけである, 立ち昇つて天井に延びた, 立ち昇り候煙を捉, 立ち昇り出してからはお, 立ち昇り渦巻きながら円, 立ち昇り渦巻く気流に従って, 立ち昇り行き交う人々が, 立ち昇るうら弱き眉目好き處女子, 立ち昇るおもむきを感知, 立ち昇れば破邪顕正, 立ち昇ッていた, 立ち昌作と沢子, 立ちになつて, 立ち春霞がたつ, 立ちを知らず, 立ち時にはその, 立ち時にはふきだしたくなること, 立ち時代思想の上, 立ち時間を測っ, 立ち晝夜の分ち, 立ちは南宮山, 立ち智者山の険岨, 立ち暫し店の, 立ち暮して氷, 立ち暮れた眸で, 立ち暮れるほかなかっ, 立ち暴徒しゅう来等の流言, 立ちに屑, 立ち書院の火燈口, 立ち替り咲き替って, 立ち替り地面の上, 立ち替り雑然として吾心, 立ち替わりやって来る, 立ち替わり替わり合いまして若い, 立ち替わり間断なくやって来, 立ち替わり陸続としてひっきりなしに, 立ち會つた巡査が言つて, 立ち會つた笹野新三郎はもとより, 立ち會つた者の話, 立ち會つて貰ひたいこと, 立ち會つて貰つてその瓶, 立ち會つて跡始末が遲, 立ち會ひで貸借の手續, 立ち月昼のごとし, 立ち月晝のごとし, 立ち楽座四階楽屋で, 立ち有力な武士たち, 立ち有渡の山かげおぼろ, 立ち朝夕白地に, 立ち朝月が近く, 立ち木々の枝, 立ち木の葉をうごかし, 立ち木曾冠者は信濃, 立ち木曾街道経由の順路, 立ち木綿物の黄縞, 立ち曽有の, 立ち末拡がりにひろがった, 立ち本みやけへ, 立ち本郷の通, 立ち杉戸の左右, 立ち杉皮葺の仮, 立ち材木がくすぶり, 立ち村上時子君子皆それぞれに会釈, 立ちも, 立ち東京へ迎, 立ち東洋の平和, 立ち東西南北を調べ, 立ち松明をかざし, 立ち松風の音, 立ち板壁にあたる, 立ちを張っ, 立ち枝折戸あけて, 立ち枝越しに高い, 立ち枯れるもの他物に, 立ち柘榴の花, 立ち栄ゆとも草, 立ち格子窓を仰ぎ, 立ち桐畑の桐, 立ち桔梗のそば, 立ち桟橋は藁屑, 立ち梯子を上り, 立ち椋島が収容, 立ち植民地の解放, 立ち検事は男, 立ち検分の格, 立ち楢夫がまるで, 立ち極めて力強く飾らず, 立ち楽世の寒冷, 立ちゆる, 立ちを突き立て, 立ち様子をうかがっ, 立ち樂世の寒冷, 立ちへ倒れ, 立ち機械的に巻煙草, 立ちが高嶺, 立ち次々に繰渡る, 立ち次第次第に昇る, 立ち次第に床の, 立ち次第秀林院様へお, 立ち次郎の方, 立ち欧州列強同盟を二音, 立ちもまとめる, 立ち止つた所から下, 立ち止つてぢつと此方, 立ち止つてはればれとその, 立ち止つて二人でしきりに何やら, 立ち止つて他の蟻, 立ち止つて博士の不器用, 立ち止つて呼鈴を押す, 立ち止つて奥手の方, 立ち止つて穏やかな大きな, 立ち止つて終ふの, 立ち止つて顔をなほしはじめた, 立ち止つて魚等を見, 立ち止ッてまた, 立ち正しく曹操の, 立ち正義公道の命ずる, 立ち正面鼓の緒, 立ちが発達, 立ち此處には思ひ, 立ち武者ぶるい, 立ち武者どもの火, 立ち武蔵野の日, 立ち歩き坐り身を, 立ち歩み去る, 立ち歯齦のあたり, 立ち歸つて來るかと, 立ち歸つて惠果阿闍梨は順宗, 立ち歸らうと, 立ちるもの, 立ちを上った, 立ち段々畑の下, 立ち段階子の下, 立ち母上のところ, 立ち比律賓の青年, 立ちは低く, 立ち毛髪が剥落, 立ちの狂った, 立ち気の毒そうに伊那丸, 立ち気味にし, 立ち気当を返し, 立ち気疲れで乾いた, 立ち気絶した庄三郎, 立ち水夫の代表, 立ち水道の栓, 立ち氷雨ひびかふ時, 立ち永い間眺め, 立ち汚れている, 立ち沂嶺の近道, 立ち河東節の三味線, 立ちりかえりまさに, 立ちれぬ山, 立ち法堂へ急ぐ, 立ち法律にも通じ, 立ちの音, 立ち注意して, 立ち洋書を五六冊引抱, 立ち津村彌平次, 立ち派手ずきな, 立ち流しの下, 立ち浅ぐろい日本青年の, 立ち浅田はれい, 立ち浮藻に片手, 立ちはクラゲ, 立ち海岸に望楼, 立ち海水がその, 立ち淙々千万年の流れ, 立ち淫売だ, 立ち深く謝し, 立ち深堀平九郎津村彌平次, 立ち混乱の巷, 立ち清朝の手, 立ち清水久三郎等家康の馬前, 立ち渋っている, 立ち渡し舟を操っ, 立ち渡った沼の, 立ち渡つた沼の面, 立ち渡つてゐるの, 立ち渡りとの曇り, 立ち渡ります中を, 立ち渡る春は, 立ち渡れ見つつ偲ば, 立ち渦巻くあわただしさ, 立ち湖底が徐々に, 立ちの流, 立ち湯気が散っ, 立ち源兵衛佐は伊豆, 立ち源吉ももう, 立ちの水, 立ち滑稽な調子, 立ちの引く, 立ち潮風も暖い, 立ちを伴, 立ち澄江たちは先, 立ち澱みやがてお, 立ちるる人, 立ち濡縁へ出, 立ちの戸, 立ち炎燃ゆと緋, 立ちになっ, 立ちを自己, 立ち無知な民心, 立ち無言で慎ましやか, 立ち無間地獄の前, 立ちも憚りながら, 立ち煩っている, 立ちと視る, 立ち熱したように, 立ち熱心にこっち, 立ち熱海検事狭山課長等合計七名の一行, 立ち燃え上るような, 立ちが鋭く, 立ち爪先から骨, 立ち父兄の助命, 立ち爽やかにここ, 立ち片方の肱, 立ちは切られ, 立ちの腐爛, 立ち特に婦人に対してばかり, 立ち犬打峠から杣田, 立ちに来た, 立ち狂う波の, 立ち狂っている, 立ち狙いを定めた, 立ち狛家への申し訳, 立ち独語のよう, 立ち葉を, 立ち狭い露路が, 立ち狭間をひらい, 立ち猛りおどろく赤駒の, 立ち猟師の勘八, 立ちの肉, 立ち猿田彦と問答, 立ち獅子と云い, 立ち玄察が次, 立ちへり, 立ち玉琴附添いて, 立ち現に忠文以下の, 立ち現れたる一人は, 立ち現れ給うごとく感じたのであった, 立ち現われましてございます, 立ち現われますペンギン鳥は, 立ち現われ見えて来る, 立ちの妻子, 立ち甚だよき構図, 立ち生命なき岩, 立ちをさせられる, 立ち用水縁の小川屋, 立ちはふくれあがつ, 立ち甲斐の前, 立ち申し候, 立ち男の子は男の子, 立ち男共大勢立出見るに, 立ち男性的な鋭い美し, 立ち町内の有志, 立ち留っている, 立ち留つた彼に私, 立ち留つて四圍の翠巒, 立ち留つて息を突き, 立ち留つて耳を欹てた, 立ち留まっている, 立ち留まれば衆人, 立ち番入を命ぜられ, 立ち異日の好, 立ち異様な絶叫, 立ちは破れ天井, 立ち疎んでいる, 立ち疲れたとみえ, 立ち疲れ喚きつかれてぐったり, 立ち発言する以外, 立ちつてるの, 立ち登つて如何にも温泉場, 立ち登りつつある, 立ち登る煙りを正面, 立ち登れ御祭よすらに, 立ち白墨の字, 立ち白烟止まず立てば, 立ち白粉と香水, 立ち白雲が少し, 立ち百々子までが昂奮, 立ち百千の悪鬼羅刹, 立ち百圓の金, 立ち皆いわく果して相, 立ち皇帝に亡ぼされ, 立ちはあくまで, 立ち盡すは何事, 立ち直ぐ訴え出ましたので, 立ち直ちに大兵を, 立ち相手の出方, 立ちをひそめ, 立ち県尉玄徳の部下, 立ち眞夜中に坐り直し, 立ち真っ赤な熱風, 立ち真夜中に坐り直し, 立ち真実を明らか, 立ち眠くひる間能率, 立ち眩みを感じた, 立ちがその, 立ち眼頭が熱く, 立ち短いスカートが, 立ちが割れ, 立ち石油販売店の列, 立ち碁盤形の石畳, 立ち社会全体の規模, 立ちとて一族大勢, 立ちの子, 立ち神官の來たる, 立ち神戸から加納暁君, 立ち神秘的な東洋, 立ちはしきり, 立ちれた男君等, 立ち秀麿はその, 立ち私たちはそれ, 立ちとなれ, 立ち秋子が続い, 立ち稽古のため, 立ち稽古セリフが入っ, 立ちには数花, 立ちには數花, 立ち空家のやう, 立ち突伏して, 立ち窓際へでかけ, 立ちんで洗濯物, 立ちはれたといふ, 立ち立ち夕光よ, 立ち立つうまし國, 立ち立派に一国, 立ち之助, 立ち竝び手を膝, 立ちくませる, 立ち竹柵によぢ, 立ち竹生島神伝の魔独楽, 立ち竹藪の枯凋, 立ち笑いもしない, 立ち笑ひも真柴大領の腹, 立ち笑止にも乗り手, 立ち二段目が, 立ち筆端に愛情, 立ちそのどこ, 立ち筒先き役, 立ちを持っ, 立ち籠って政治, 立ち籠つてゐた, 立ち籠むる湖面の彼方, 立ち籠むる霞の彼方, 立ち籠む中にしとしとと, 立ち籠めし翌年四五月の頃, 立ちに立つ, 立ち粛々中門まで通っ, 立ち糸車のよう, 立ち納戸に行った, 立ち紙ばさみのなか, 立ち紙帳を背, 立ち紛れた途端な, 立ちにほふ, 立ち渓を, 立ち終始かれの, 立ち終日孜々汲々としてい, 立ちを誦し, 立ち給い必ずしも紫陽花, 立ち給えそして筋書通り, 立ち給ふたのである, 立ち絶えず戰つてなけれ, 立ち絶壁から深淵, 立ち続いている, 立ち網戸をもれ, 立ち青いろ, 立ち編み物を手, 立ち縦横に駆, 立ち縮みましたがやがて, 立ち縮んでしまつたのです, 立ちつた巨樹の, 立ち罩むる犀川を, 立ち罩むる薄靄で翠, 立ち罩めようと再び, 立ち罩め彼女はようやく, 立ち罩め燈火の光之, 立ち罩め私の視線, 立ち罩め纜った船, 立ち美しき目よりは, 立ち群れている, 立ち群れ立ち軋り音, 立ち群集が飛び退いた, 立ち之竟に, 立ち義雄のそば, 立ち羽搏ち巻き立つ波, 立ち三〇年には, 立ち翌朝は大, 立ち婦人続い, 立ち老いの身, 立ち老女を残し, 立ちがあ, 立ち耳差し毛顔がちょっと, 立ちでもし, 立ち聞いたことが, 立ち聞かれるのを, 立ち聞けばたま, 立ちを限り, 立ち聳えている, 立ちせられたの, 立ち聴いている, 立ち聴き致しておりましたらしく, 立ち聴き致しましたもの, 立ち聴くに恰好, 立ち聴衆がまた, 立ち職業を執り, 立ち肩衣を脱いだ, 立ち背丈恰好物腰声音まで死んだ, 立ち背中を火, 立ち背伸びをし, 立ち背広が肩, 立ち背後に浅葱, 立ちをばたばた, 立ち腐れた標柱だけを, 立ち腐れ同様の栄華座, 立ち腰元お菊, 立ち腹切って朽木, 立ち膝頭は思はず, 立ち自ら漸新, 立ち自ら土に親しん, 立ち自ら脚本を書き, 立ち自信に立っ, 立ち自分たちの日常, 立ち自分ともどもに武蔵, 立ち自分らの時代, 立ち自分自身が穢らわしく, 立ち自己の危険, 立ち自由戀愛主義者なり, 立ち至つて論辯したの, 立ち舞いましてね, 立ち舞っている, 立ちに立ちつ, 立ちは非常, 立ち良人のが正, 立ち疲れて, 立ち色さまざまの扮装, 立ちの間, 立ち芝居をやる, 立ちだけの知っ, 立ち花屋敷を脱, 立ち花見田楽の置店, 立ち芸術的部分は下位, 立ちの石, 立ち侍三人を, 立ち若い女を, 立ち若き事務員村上は, 立ち若くば政治家, 立ち茂つてゐる, 立ちの蒟蒻, 立ち茎頂に繖形, 立ち茶の間へ来, 立ち茶屋の周り, 立ち草笛の音, 立ち草臥れたかし, 立ち荊州軍は全面的, 立ち荒々しく奥へ, 立ち華雲殿の屋, 立ちの咲く, 立ち落葉が羽ばたき, 立ち葉牡丹の花のどか, 立ち董卓が殿上, 立ちや朝顔, 立ち薫っている, 立ち薬研のよう, 立ち藝術的部分は下位, 立ち藤作は四辺, 立ち藤吉と新吉, 立ち藤吉郎と治郎左衛門, 立ち藤牡丹のはつ夏, 立ち藩侯にもどの, 立ちの横道, 立ち藪石燈籠それらのもの, 立ち蚯蚓飛ぶ位, 立ち蜻蛉のよう, 立ち蝋燭を一本手, 立ち蝙蝠が不器用, 立ち蝦夷へ向った, 立ち蝶太夫がはね起きた, 立ちにぬれた, 立ち血まみれな手, 立ち衆目環視のなか, 立ち行きを案じ, 立ち行けない者が, 立ち行手を遮る, 立ち衛兵に刺, 立ちを搴げ, 立ち表玄関を目, 立ち表紙も内容, 立ち袁討伐の呪い, 立ちにすがっ, 立ち袖短な着物, 立ち裏手を見た, 立ちの白い, 立ち襲って来る呻き, 立ち見えぬまで尾の上, 立ち見え隠れに前, 立ち見れば, 立ち触れが出る, 立ち言い開きもつく, 立ち言葉をつくり, 立ち証人渡辺に対し, 立ちはり, 立ち評定か, 立ち詩想この観念, 立ち誕生の其日, 立ち説教をはじめた, 立ち読者諸君もご, 立ち調布へ人, 立ち文化融合の, 立ち諸侯の陣, 立ちを唄い, 立ち讀みしながらふと, 立ちをへだて, 立ち谷幹が荒れ, 立ち谷間攀じに, 立ち盛らしく振舞って, 立ち貨物船に妾, 立ち責め念仏といっ, 立ち賢夫人は腰, 立ち赤き曼珠沙華この, 立ち赤裸々の男女, 立ち走り騷いだ, 立ち越前守忠相は吉宗, 立ちの踏みど, 立ちる誰, 立ち跳出でて, 立ち踊り騒ぎ立つよう, 立ちを揃, 立ち躁ぐなそち達の身, 立ち身体にも足拵え, 立ち車夫と運転手, 立ち軋り合いにわかに山々谷, 立ち軍部は一つ, 立ちの柱, 立ち軽く礼し, 立ちを卑, 立ち又は生, 立ち迎えた柳生家の, 立ち近く脚下に湯, 立ち近江の坂本城, 立ち迫る夕闇に, 立ち迷ふらんと思はる, 立ち迷惑を夕陽, 立ち途中はお, 立ち途中京都に一泊, 立ち途中菅茶山の黄葉落陽村舎, 立ちち, 立ち通したかねえ, 立ち通り此処に一晩泊つて, 立ち通行の男子, 立ち通路の先, 立ち運命の巻き物, 立ち道中の路銀, 立ち道化役の偶人, 立ち道名正に復す, 立ち違いに置かれた, 立ち遠くから小野, 立ち遠近よりこれ, 立ちれた其の, 立ちはふと, 立ち還るにし, 立ち郊外のフォンテン, 立ちへ上り, 立ち都会のプロレタリアート, 立ち里見十左衛門も立った, 立ち重ね引きて帰りし, 立ちに分れ, 立ち野麦街道を島々, 立ちはあっ, 立ち金森兵部少輔さま, 立ち鈴木信太郎君を誘つて, 立ち鉄杖を丁と, 立ち鉛色の水, 立ちの竪琴, 立ち刄遠く, 立ちの下, 立ちを翳す, 立ち鎖骨は飛び出し, 立ち鏡立てをした, 立ち吏の, 立ち長屋の男二人, 立ち長期かつねばり強い, 立ち門楼やぐら, 立ちがりその, 立ち間斷なき或, 立ち間近には総理兼近衛大将高, 立ち関東平野の西北端, 立ち関羽が毒矢, 立ち闘牛士が外套, 立ち關心を今, 立ち阻め入れる入れないといったよう, 立ち阻んだ廉子の, 立ち阿賀野川の渓谷, 立ち附近で六七千, 立ち陣中に父, 立ち陸地はずんずん, 立ちの渦巻, 立ち陽光は煦, 立ち隅田川を発し, 立ち随喜結縁する群衆数, 立ち随意に仮, 立ち隠るがね, 立ち隣席の三人づれ, 立ち隼人は崖, 立ちふ山, 立ち集団生活の中, 立ちりたる, 立ちるれば, 立ち離れた処に, 立ち離れ行き高山の上, 立ちにする, 立ち難きことに, 立ちのなか, 立ち雲霧に彼, 立ち雷門の方, 立ち電光さえも加わった, 立ち電灯の周囲, 立ち電車の旗, 立ちれし, 立ちながれ, 立ち青い絹に, 立ち青年の頭, 立ち青旗赤旗を振つ, 立ち青春の脂, 立ち非常に失禮不遜, 立ち靡いてゐる, 立ち靡く里の, 立ちを忍ばせ, 立ち音吉は坂, 立ち音色に心, 立ちの方, 立ち頂上のガラス, 立ち顔馴染のもの, 立ちわれた, 立ちへてゐる, 立ち風雲を一掃, 立ち颯と青く伏つて, 立ち食いずしが美味しい, 立ち飲み屋人絹の支那, 立ちへこみ入りこみ入っ, 立ちを三十度, 立ち香炉持ハ左右に, 立ち馨る閨の, 立ち馬上金鎧長剣の雄姿, 立ち馬蹄の音, 立ちりて, 立ちりでも, 立ち騒がないということ, 立ち騒ぎ出したものだった, 立ち騒ぎ北を指す, 立ち騒ぎ旅人にも夫, 立ち騰る隣り村へと, 立ち騷いで居ります, 立ち騷ぐ中を三輪, 立ち騷ぐ人々を掻きわけ, 立ち騷ぐ人垣鳴物も踊り, 立ち騷ぐ黒雲に日, 立ち驕児信長を中央, 立ち體驗における生, 立ち高々と松葉杖, 立ち高くて近, 立ち高城はあと, 立ち高島易断売が来た, 立ち高萩へ行っ, 立ち高覧はそれ, 立ち長き一群, 立ちの生態, 立ち魚鱗の小波, 立ちかな緑, 立ち鳥はさへづる, 立ち鳥羽が立ち, 立ちが立て, 立ち鶏犬の声, 立ち近きところ, 立ち黒い大地を, 立ちをかみあはせ