青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「若者~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

若~ ~若い 若い~ 若き~ ~若く 若く~ 若し~ 若干~ 若旦那~ ~若者
若者~
若葉~ ~苦 苦~ ~苦し 苦し~ ~苦しい 苦しい~ 苦しく~ ~苦しみ 苦しみ~

「若者~」 3387, 37ppm, 3174位

▼ 若者~ (755, 22.3%)

4 それを, 急に, 自分の, 頭を 3 いいました, それに, びっくりし, 両手を, 娘を

2 [31件] いつに, お前の, さう, そこまで, その声, それと, ちょうどこの, パンアテナイア祭の, 三和土の, 三日間ほど, 二人とも, 何か, 何を, 剣を, 彼と, 彼に, 彼の, 気が, 狂気の, 申き, 白い川, 目を, 真赤に, 笑いながら, 答えて, 答えました, 途中で, 逡巡した, 銃を, 顔を, 黙って

1 [662件 抜粋] あっけに, あっさり折れ, あまりの, あわてて, いいお, いかにも粗, いかに若気, いった, いつの, いつもの, いない, いらいらし, いろんなこと, うす睡たい, うとうとし, うらやましいふう, うるさそう, えびすさまが, おいおいと, おじいさんの, おじいさんも, おれも, お内儀, お姫さまの, かれの, がっかりした, がまんが, きっちり坐っ, きっと憑かれた, くるりと, こう答えた, ここで, この, このごろに, このよう, この乱暴, この姓, この娘, この新しい, この男, この辺り, この頃, これを, こんなこと, ごろりと横, さも, さらにひとしお世, さらに勝敗, しかし勾玉, しずかに, しばらく無言, しまいに門前, じっと考えた, じっと聞き入っ, じりじりと, すぐに, すぐ抱き起こし, すっかり煙, すはと, ずかずかと, せっかくここ, そうつぶやく, そう云った, そう思わずに, そこへ, そのま, そのまま連れ, その姿, その家, その容子, その当世風, その日, その殺気立った燃える, その牧師, その琅, その蒼白, その顔, その馬, そばに, それから熱病, それぞれ一癖も, それだけ, それなり鳧, それには, それ以來益, そんなつまらない, そんなら, そんな冗談, そんな言, ぞんざいな, た, たがい, たずねました, たずねますと, ただいまと, ただ火花, ただ軽はずみ, だれかと, だんだん言, ちっとも私, ちょうど餌, ちょっと下, ちょっと眉, ていねいに, とうとう大岩, とうとう本当, ともすると瞼, とんだ拾い物, どういうもの, どういふ, どうしてどうして他, どうしてよい, どうも邪魔, どこか, どこへ, どんなうわ, にやにやと, にわかに動き出した, ぬがした軍服, はじめて橘, はじめて気がついた, はやくも, ぱっと眼, ひとみを, ひょいとけつまずい, ふと思ひ, ふと思ひつい, ふと池, ふと考えました, ぼんやり手を, ぼんやり気, またし, またひどく, また一声, また口, また議論, また馬, まださっき, まだ下絵, まだ帰っ, まだ必死, まったく子供たち, まっ赤, みちの, みな先生の, みな千石二千石の, むずかる子供, もういい, もう少しで, もう水, やっと彼, やっぱり渋面, やつぱり外を, やはり間, やはり黙, やはり黙っ, ゆうべの, ようやく立上, よくわかった, よっぽどから, よろめきながら, エマルを, ケリルが, ジヨツキの, ゼーロンを, ソフト帽の, ニヤニヤ笑っ, パチンコとか, パーヴェル・パーヴロヴィチを, ブッキラボウに, ヤケに, ライターで, 一先其儘次の間へと, 一生その, 一生懸命に, 丁寧に, 丁度いま, 三味線と, 下男の, 不図胸, 不審に, 両腕, 主人から, 主人の, 二つの, 二三ど, 二三歩よろめい, 云つた, 云は, 亢奮し, 人間や, 人間らしく貪慾, 今までの, 仏頂面で, 仕事に, 仮面を, 仲間だ, 低くわり, 佐渡から, 何しろ名うて, 何の, 何のと, 何もかもよく出来た, 何処を, 余計な, 例の, 倔強な, 偉い人, 傍で, 傷ついた喉, 僅に, 僕の, 先達から, 全く知らない, 六つ甚しい, 其後に, 出し抜けに, 出て, 刀を, 刀持つ, 分疏, 別状なく, 利発じゃが, 前の, 勢いよく起ちあがった, 勢よく, 勿論彼, 北山を, 医者を, 即座に, 取られた袂, 口が, 口に, 古狸でも, 只今如何, 叫びて, 右の, 各々刀を, 同じ藝州, 同時に彼, 名を, 否と, 咽喉から, 喉が, 喜びに, 囃子の, 土間に, 地面へ, 壮年の, 声を, 声自慢でも, 外の, 多愛, 多計代, 夜に, 夜業の, 夢にも, 夢を, 夢中に, 大いにはしゃい, 大そう, 大毎記者の, 大空の, 太い聲, 奥村家の, 奮然と身, 女子の, 妄想の, 妄想を, 妙な, 妹や, 始めて必死, 娘から, 娘に, 嬉しくなっ, 子供の, 室内に, 家の, 家老の, 寝屋の, 小さい黒いもの, 小僧の, 小判と, 小屋の, 小間物を, 屡々見た, 巡査に, 左右の, 帯の, 平気で, 幼名を, 床几の, 当然みだら, 彼であった, 彼らの, 彼を, 彼等の, 後の, 後世の, 得体の, 得意らしい, 心から感じた, 心配そうな, 必らず, 快く引き受け, 怒った酔漢, 怒に, 思はず, 思わずこう云つた, 思わずよろめき, 思わず顔, 急いで, 急き込んで, 急ぎたて, 恋い慕うて, 恍惚として, 恐そう, 息せき切って, 悉く勘当, 悉く脱藩, 情けない表情, 愛想笑いを, 慌て, 慰め顔に, 懲りずに, 我を, 手に, 手ぬるし我, 手を, 把手の, 拙者と, 拳を, 挨拶の, 振り向き, 振向き, 数歩を, 斯んな, 日に, 旧知の, 早, 早くも, 明らかに, 最後の, 最敬礼の, 月の, 木札の, 杉戸を, 村の, 柔い草葉の, 桟橋の, 検校が, 欅の, 次兄の, 止め度も, 死刑を, 殺せぬ, 毎日つっ伏した, 毒口を, 民顕の, 気づいたが, 氷を, 江戸の, 注意深くロシヤ人, 洩らしたが, 浜松の, 浴衣の, 淡々と, 満足し, 源一の, 滅茶滅茶に, 漸く麻鞋, 激しく頭, 炉縁の, 烏丸家の, 無事に, 無視しよう, 焦れて, 焼太刀の, 焼火箸, 照れ隠しの, 熱心に, 熱病に, 爺さんの, 片手で, 片手を, 狂喜の, 狂氣の, 率直に, 環に, 生命そのものの, 町で, 異様な, 畳の, 病院に, 白けた顔, 白木の, 皆な, 皆東京行を, 目が, 直ぐに, 相手の, 相聚まれ, 相良金吾でありました, 眉目秀明であった, 真弓子の, 真菰の, 真面目な, 眼が, 私が, 突っ立ち上る, 立てた膝, 立停る, 立止った, 第一回, 第三, 答えないで, 答えパイプ, 答へ, 素知らぬ顔, 綾す, 縦にも, 群衆を, 職人体の, 職名は, 胸が, 腰刀を, 腹を, 膝で, 自分も, 自慢そうに, 興覚めた, 舟へ, 舷燈を, 船長が, 若者に, 苦々しそう, 苦い顔, 苦っぽく, 荒い北風, 荷物の, 行商人中年女は, 行成横合から, 街路の, 襟を, 見も, 見る見る長い, 言ってるです, 訊き返した, 訪れて, 許可を, 話に, 誰かが, 誰も, 諳誦した, 警戒し, 買って, 足を, 路上で, 踏み敷いた宿禰, 身の, 身を, 車に, 輜重輪卒に, 近所で, 近頃喫, 返す返す地, 返事に, 返答に, 逃げ出そうとは, 這うよう, 通路の, 遠く沖, 遠路を, 部屋の, 酒に, 酒を, 酒神を, 鉾尖, 長い革紐, 陽を, 雪之, 雪帽子を, 震へ, 露骨に, 面白ずくに, 鞭を, 頓には, 顔が, 顔に, 顔色を, 首を, 馬から, 馬を, 馬鹿を, 馳けて, 鬼藤次と, 麦湯を, 黄いろい顔, 黒馬に, 鼾を

▼ 若者~ (566, 16.7%)

16 あった 7 ある 4 ありました, 云った, 出て, 彼女の 3 いて, 何か, 来て, 私の, 自分を

2 [33件] あらわれて, いいました, いた, この悲願, それに, ついて, また二人, 上って, 何彼と冷評, 入って, 刀を, 前へ, 吹く笛, 声を, 帰って, 彼の, 急に, 死んで, 源助さんと, 現れた, 現われた, 相手に, 眼を, 祇園の, 神の, 私を, 腰を, 見たという, 説明する, 酒を, 集まって, 顔を, 駈け出して

1 [446件] あったが, あって, あつた, あなたの, あの字づくし, あらはれた, あると, いきなりすっくと立ち上った, いきなりすつく, いずれも, いたが, いたづら, いった, いつどこから, いました, いるという, おつぎ, おどおどし, およそ二, おるとは, お定, かういふこと, かう云, かしこへ, かわるがわるに, きくと, くる筈, こういう信条, こうまで, こう云い, こう頓狂, こちらへ, こっちの, こともなげにいう, この手紙, この日, この百姓, この近所, この館, これから山向う, これに, これも, ごそごそと, さし上げた岩, させるから, さっきから, しきりに覗い, しやが, じっと私, すぐ思いついた, すばやく岩, するで, するであろうよう, そうし, そうした者, そこに, そちを, その娘, その寺, その期間, その片, それでは, そんなこと, たしかに最前, たたずんで, たった一人, つい内藤新宿, とびだして, とび出しました, とんきょう, どうしてノン, どうして室, どこへか, どやどやと, どんなにし, どんなにそれ, なにげなく繰りあけた, にわかにおどろきうろたえ, のそのそそこ, のそのそと, のそのそ通りかかります, ひいて, ひっ抱えて, ひらりと, まだ二人, まっ先に駈け出し, みんなが, みんな肌ぬぎ, もう外套, やってきた, やって来た, やって来て, やって来る, わけて多い, わなわなと, ゐた, ゐて, ゐました, ゐるだらうかといふ, ウメ子を, オ君の, カメラを, キヤベツや, サーカスの, ズボン釣を, ニコ, ノッソリは, ノド笛を, ハッと, ハーモニカの, バケツ二個を, パタ, パッと, ヒューヒューヒャラヒャラの, ブラ下っ, 一つの, 一人せっせと, 一人として, 一人やはり, 一人ゐる, 一人六人の, 一人山で, 一人採用される, 一人訪れ, 一人馬へ, 一匹の, 一座し, 一番似合った, 一疋の, 一荷の, 七人の, 七月の, 三人控え, 三四人と, 三年か, 不安な, 世話を, 両手を, 乗って, 争って, 二三人いる, 二人, 二人と, 二人の, 二人ばかり, 二人も, 二人威勢よく, 二人改った, 二人来, 二人畠の, 五人が, 五六人ばかり, 五六人役場の, 五六人立つた, 五六人鬼が, 人だかりの, 人外の, 人間の, 今では, 今子供二人, 今日も, 仕度を, 他の, 仮装した, 仰向けに, 伴われて, 佇んで, 体を, 何ら彼女, 何事か, 何人も, 何処からか, 何故に, 余の, 來て, 假裝した, 傍の, 先に, 先へ, 入つて, 全くまどろん, 八人ばかり, 六人で, 其処から, 再び同じ, 冒してる危険, 出かけるには, 出発し, 列から, 初恋を, 勇ましく両手, 勇気に, 勉強し, 勤めを, 勤番し, 勧める通り, 匕首などを, 医者を, 十名あまり集っ, 十数人鉢巻を, 半ば開いた, 半開きに, 南の, 取り乱した藁, 口先ばかり, 叫んで, 可哀そうです, 台所から, 台所を, 同室の, 同情し, 否やの, 呼び止めた, 呼吸を, 囁き声, 四五人バラバラ, 四五人八時間の, 四人も, 団扇太鼓の, 土器に, 坐って, 坐るやう, 壇上に, 夏の, 多い, 多いので, 多勢にて, 夢みる人生, 大きなぼん, 大勢その, 大勢集まっ, 太い白檀木, 女の, 女を, 姿を, 家族の, 家長の, 寝そべつて, 射撃を, 小刀を, 小走っ, 少ければ, 少女へ, 居た, 山を, 岩の, 市へ, 帳場の, 常に彼, 幾人と, 幾人も, 弓を, 引受けそう, 当時三ツの, 彼を, 往来の, 待ち受けて, 後年の, 徒党を, 従兄弟同士二人共に, 心に, 必ず継い, 忍び寄りざま, 忽ちお, 怒って, 思い思いの, 急死した, 急流の, 怪しいという, 怪しいもの, 怪しげな, 恐る恐る訊ね, 息を, 患者の, 悸えた, 愛嬌の, 慌しく這入, 戦地で, 戦線へ, 戸口を, 扉を, 手の, 手拭で, 手旗信号を, 手綱を, 抱くもの, 担いで, 持役の, 指図を, 教えて, 数人で, 数十名天城屋の, 文代さんの, 斑竹の, 新聞を, 時々道, 景気を, 月光の, 月光を, 有無を, 朝十時頃に, 朝夕一時間ずつ, 木の, 木履を, 村, 村長の, 案内者として, 桶を, 棒で, 椅子に, 櫓を, 此の, 此村からも, 武装した, 死刑に, 殆ど同時に, 毎日燃料に, 毛布を, 気が, 気づいたとき, 気の毒にも, 気組み思ひやるべし, 氣組み思ひやるべし, 水に, 氷の, 波の, 泣いて, 洞窟の, 流れ込んだ時, 涙ぐんだの, 減るの, 溲瓶を, 火を, 炭竈の, 無暗, 煙管を, 父の, 犬飼さん天女は, 狭い町, 猛然崖を, 猛虎の, 猿爺さんに, 猿股一つの, 王の, 王宮の, 王宮へ, 現われたが, 生薑を, 申し合わせて, 画舫の, 病室に, 病気に, 白い顔, 皆が, 皺くちゃに, 相撲をと, 真黒の, 眠った頃, 知らして, 知らん顔を, 神としての, 神に, 私ごとき, 移住し, 突っ立っ, 突つ立つ, 突然くらやみ, 突然大きな, 立ちはだかりました, 立ったまま, 立って, 立上つた, 競って, 竹刀を, 笑った, 笑つた, 答えた, 答へ, 素戔嗚だ, 経なけれ, 経験した, 結局自分と, 続いて, 繩船の, 群って, 羽織を, 老人の, 聞きつけ家, 聞きました, 胡坐を, 自分の, 舌を, 芝居の, 花びらの, 芸術と, 英語と, 荷厄介な, 血相変へて, 血相變へて, 裸體にな, 襟の, 見つからないよう, 見廻りの, 見舞いに, 親切に, 観音に, 言って, 話して, 話の, 謝礼心でした, 警官達に, 議論し, 谷の, 豚小舎みたいな, 走り出した, 走り出た, 足を, 足袋跣足鉢巻の, 跫音も, 身を, 身投げを, 転がり出して, 近くへ, 近づいて, 逃げ惑う人々, 通った私娼窟, 通りかかった友だち, 通りすがった, 連れだって, 遠方の, 重心を, 鉤鈎を, 鍛冶屋を, 鍬で, 長じ, 隠して, 隱された, 鞘を, 頬かぶりに, 頭を, 頻りに楽焼, 首を, 馬を, 駕籠を, 黒いもの, 黒い刀

▼ 若者~ (530, 15.6%)

15 顔を 13 ように 6 ような, 一人が 5 一人は, 声が, 方が, 顔が 4 ことを, やうに, 中から, 心を

3 [14件] いうこと, ほうを, 中に, 前へ, 口から, 声は, 姿が, 姿は, 心に, 方へ, 方を, 胸に, 頭に, 顔は

2 [35件] ことで, そばに, ために, ところへ, ひとりが, ほうには, ほうは, 一人に, 上に, 世界が, 中では, 中には, 前に, 名は, 心の, 心は, 手に, 手には, 手を, 挙動が, 方で, 死骸の, 目には, 目や, 眼は, 肩の, 肩を, 背に, 腕に, 腕を, 行為が, 面を, 頭の, 顔と, 顔には

1 [342件] あらい神経, いう事, いじらしさ, いない折, いる所, うち, うちで, えがき出す街頭風景, おっ母さん, かいがいしい武骨さ, かひ, かぼそい武者姿, きびきびした, ぎょッ, くせであった, くせに, ことが, この傲然, この傾向, ごとく, ごとく袴, さしづだ, そばにか, そばへ, それであつ, そろった舟, ための, つもりぢや, とりとめぬやるせな, のらしい, ひとりを, ふたりは, みずみずしい眼, ようすを, ようだ, ようだった, ようないら立たし, わめきに, ウィリアムが, タイキは, ディックが, ホッと, 一つの, 一人いつも, 一人の, 一人を, 一人何をか, 一人答え, 一人答えぬ, 一人語りいでし, 一番よい, 一群は, 上ばかりを, 不羈独立の, 世にもめでたき, 世界も, 両手を, 中でも, 中の, 中へ, 中一人は, 事を, 二三人が, 二人が, 二人のみ, 二人は, 二人や, 享ける, 人普外れ, 人生観は, 人相風体と, 仕事だつた, 仲間入りを, 会釈を, 体へ, 体を, 何と, 何者である, 作品は, 傍に, 傍まで, 傍らに, 傍を, 傷ついた魂, 傷もさ, 働きは, 元気に, 内には, 内面的吐露を, 冒険は, 写真が, 出帆を, 前でも, 前まで, 前方斜めに, 前途を, 前額を, 力戦奮闘し, 勇気と, 勢いは, 叫ぶ声, 叫喚が, 右の, 同じ迷, 名前な, 呼び声は, 命に, 唄って, 唇は, 喪失にも, 団扇の, 場合きわめて当然, 声で, 声なぞは, 声に, 声を, 多い時代, 多かった, 多くは, 大仰らし, 太刀下に, 好色を, 如き情熱亢奮, 如く潜ッ, 妻に, 姉は, 姿で, 姿でした, 姿に, 姿にも, 姿も, 姿を, 子を, 学校には, 宅では, 室へ, 家族の, 容子も, 尋問が, 左右から, 常なれ, 待ちかねて, 後に従って, 後ろには, 後姿を, 復讐は, 心が, 心には, 心をも, 心情は, 心持ちな, 心持を, 心胆が, 性生活を, 息子は, 恵まれる季節, 情緒を, 意見を, 感覚は, 憤りは, 懐中から, 所へは, 手, 手もとへ, 手や, 手工が, 手記では, 手首を, 扮装姿で, 投げた椿, 持って, 持つりりしい強, 持物らしい, 指を, 数に, 方に, 方は, 方はと, 旅は, 旅立ちの, 日常生活に, 早技に, 時代と, 普通な, 最期であった, 服裝を, 来訪を, 梶太郎には, 槍法たるや, 様子を, 権蔵, 横顔を, 機嫌は, 櫓が, 歌の, 歌ふ, 歌や, 歌を, 歩みを, 死体から, 死骸が, 死骸その, 死骸を, 気が, 油断を, 混色では, 火いたずらに, 炎でも, 炯眼で, 無心な, 熱い涙, 爲に, 爲には, 生気を, 留めや, 異様な, 癖である, 目を, 相手にも, 眉が, 看病を, 眼に, 眼の, 眼を, 眼前で, 眼前に, 着るべき物, 着物を, 知らなかった支那服, 知恵に, 神意によ, 私が, 科白を, 秘めて, 秘や, 秘密の, 稚気ある, 稽古の, 立ち上がる気勢, 立去ったあと, 立派さに, 答えは, 答える声, 答えを, 純情ぶりを, 組には, 総ての, 罪は, 群の, 群れの, 群を, 羸弱を, 耳に, 耳を, 聖職な, 肩に, 肩へ, 胃を, 背には, 背中には, 背後の, 胴の, 胸から, 胸ぐらを, 胸は, 胸へ, 胸もとへ, 胸を, 胸先き, 脳裡では, 腕であった, 腦天に, 膝の, 自殺の, 自由は, 船は, 若さ, 苦しみに, 苦微笑を, 荷は, 表情は, 袖を, 袴腰に, 裸体の, 襟を, 親たちは, 親なども, 言葉と, 言葉を, 言葉生粋の, 計画が, 記憶は, 詩である, 語るところ, 請を, 豊かな, 貌を, 足もとに, 身の, 身の上を, 身体が, 軽輩の, 近くへ, 返事を, 遊び場所と, 過ぎたる後, 部屋と, 酔つ, 重な, 野心の, 門出には, 間では, 間に, 間へは, 隙を, 難関と, 霊, 青春が, 静かな, 面だまし, 面上には, 頬骨だった, 頭から, 頭と, 頭には, 頭も, 頭髪に, 頭髪を, 顏は, 顔に, 顔の, 顔へ, 顔も, 首は, 首級である, 馬車は, 駈込むの, 髪の毛の, 黒き瞳子, 鼈四郎は, 鼻からは, 鼾を

▼ 若者たち~ (275, 8.1%)

5 の中 4 の間 3 の方, はまた, は老人 2 が, が承知, である, はその, はたずねました, は彼, は彼女, は誰, も

1 [239件] からほとんど, がいそいそ, がいる, がお, がかしこまっ, がぎっちり, がくぐりつづけ, がばらばら, がぽ, がまだ, がわざと, がわれ, がトラック, がヨーロッパ大戦後急激, が一人, が一體, が上気, が八方, が出征, が動い, が千鶴子, が去る, が召使ども, が多い, が好んで, が婦女子, が学生, が寄っ, が尊, が手, が棍棒, が歌った, が殺した, が河上, が男同士, が瞬間, が聞かされる, が自尽, が自然, が軒先, が輪, が金, が集まっ, が養育, が馬, が馳せつける, こそいたましい, さえ魔物, そして朗, だけが, だそう, だった, であって, であの, でありました, でしょう, ですが, でないと, ではある, ではなく, でもあった, で埋まった, と共にあくまで, と共にとうとう, と共に舟, と武技, と話す, なん, にし, にはうれしい, にはそれ, には一言, には聞えない, にむかつ, にめく, にもかなわない, にも劣らず, にやさしく, によって海岸, に優しい, に党, に加, に同情, に囲まれた, に対して, に対する大人, に接する, に来るべき, に殴られた, に漬物屋, に無理やり, に足蹴, に連れられ, の, のうしろ, のうしろ姿, のうち, のこと, のなか, のはしゃぎ, のよう, の一団, の三分の二以上, の先頭, の具体的, の分, の動き, の命, の唄, の囃す, の寝間, の幾ら, の得る, の心, の情慾, の様子, の此島国, の熱血, の物, の狂躁, の理不尽, の眼, の群れ, の群中, の胸, の興味, の血気, の被, の装飾, の試み, の話, の近く, の陽気さ, の騒擾, の髪の毛, は, はあの, はいずれ, はいっ, はさっそく, はさらに, はしたくなかった, はすぐ, はそれ, はそれ以来, はそんな, はたくさん, はどの, はなおも, はまさしく, はまったく, はみな, はみな具足, はめいめい心, はも早, はわれがち, はオドロキ, はガラス屋根, はタンク, はニヤリ, は余り, は依然として, は全く, は再び, は去年再開後, は口, は叫んだ, は四方八方, は夕焼け, は小説, は左右, は心から, は忽ち, は怒声, は怪しげ, は戦争, は承知, は拍子抜け, は暗い, は東, は水, は河原, は狂躁, は異口同音, は目, は直ちに, は眼, は空, は競つて彼女, は続々, は艀, は衣更え, は裸体, は言, は躍り掛かっ, は道徳的, は遠い, は隣室, は雑然と, は鞠, は駈け, は麗らか, へ烈しく, までが本物, もいず, もその, もとんと, もよく, も別人, も勿論, も大会, も始め, も彼, も折角, も火, も闘鶏, よ, よ無益, を, をかえりみ, をしかりつける, を制し, を励まし, を土, を嫌, を悩ました, を惹きつける, を手足, を根こそぎ, を次, を氣, を煽動, を目, を目覚まし, を統御, を自由自在, を見, を見おくり, を見廻した

▼ 若者~ (210, 6.2%)

3 必要と, 連れて 2 きちがいに, 呼んで, 引っ張って, 怒らせるだけが, 拉しながら, 相手に, 眺めた, 見た, 見据えて, 集めて

1 [184件] いくさに, いとしむ, いやしい足軽, おげん, お白州, かいほうし, かえりみて, かっきりと, こ, こう熱心, ここより, さがして, して, しのぐ好々爺, しばしば片, すぐって, その周圍, たしなめるが, たれかと, だまして, とらへて, どっさり出し, どなりつけて, ながめた, のせて, はじめて見た, ひっとらえ三人, ひとり徳川家, ようよう近所, よろこんで, ズルズルと, 一人わけ, 一寸ハムレット, 三人呼び寄せ, 三崎の, 並べて, 中心に, 主人公として, 乗せたまま, 乗せた畚, 乗せて, 事も, 二人は, 二人もつれ, 五人が, 仰いで, 伴に, 何千何百と, 何時しか湧き上った, 作る成年戒, 使って, 使者に, 促して, 傭って, 僕は, 元から, 先に, 先頭に, 兵隊に, 冷しながら, 凌ぐ婆さん, 助けおろすと, 助けて, 励し, 動員し, 包んだまま, 半蔵の, 取り調べようと, 叱りつけるよう, 叱るよう, 呼びとめた, 噛み殺した, 増して, 夫と, 奪いとられて, 娘の, 子路は, 宥めるよう, 家に, 容赦なく, 小わきに, 山籠り, 巨大な, 平次も, 幾分嘲笑, 引きずりだして, 引きずりながら, 引きずり降ろして, 引き合, 待ち望んで, 待つて, 従えた王女卑弥呼, 忘る, 応対に, 悦んだであろう, 悩まして, 想像し, 慕って, 憎む心, 憑座に, 手懐けて, 手懷けて, 手玉に, 打ち果した, 払い去って, 扱うには, 抑へた, 抱き起した, 押したおし, 招くと, 招待し, 拝むよう, 指差し, 捜索させる, 接近させよう, 揶揄いかけた, 救い上げたとき, 敵に, 末輩の, 案山子に, 桟橋に, 桟橋の, 歎称する, 殺されて, 殺したくない理由, 殺す, 求むる情, 煽りたてる作意, 狙い撃ちに, 生埋めに, 畑に, 発見した, 看護する, 眺めたが, 眺めてから, 眼の, 督促し, 睨みつけた, 睨みつけて, 知って, 知らないどうか, 碾いて, 突然城, 罵って, 羨ましがらせた, 自分の, 船から, 苦しめて, 苦しめ悩まし揚句, 葉子から, 見おろして, 見かけました, 見たなあ, 見つけると, 見て, 見ながら, 見ました, 見るを, 見る年かさ, 見出しましょう, 見初めたので, 見守った, 見詰めて, 認めるや, 誘ったが, 語らって, 説明した, 赤マタ黒マタと, 載せて, 迎えた, 迎えました, 追及し, 連行し, 選って, 選んで, 隣室へ, 集めては, 雇う, 雇って, 靉靆と, 食わして, 養子に, 高い司令官, 鼓舞し

▼ 若者~ (171, 5.0%)

7 なって

2 [11件] あった, いいました, かわって, たずねました, なる為, 何か, 出遇, 取り巻かれて, 向かって, 成年戒を, 手を

1 [142件] いいきかせた自分, いささかのし, おぶさりかかって, お礼として, かえって行った, かぎって, かつがれて, ことづけた, したという, したよう, しては, すゝめた, すゝめられる, そういわれ, そのままで, たかって, つきそって, であいました, ないと, なった, なったぞ, なったと, なったなあ, なったもの, なったろうと, なった或, なっちゃうの, なつた, なりおったなあ, なりすましたの, なりすました怪老人, なりに, なるだろう, なるまで, なる洗礼, なる程, ねじ伏せられて, はやがわりを, まず同情, むけられて, やり猟, よびかけました, ゴマノハイを, 一矢を, 一緒に, 与えた, 二人が, 二度助けられました, 云うた, 人望が, 仕立てたがって, 会いいそぐと, 会ふ, 伴いし乙女初め, 何とかならない, 依つて, 再びいった, 冷淡を, 出会ひし, 分与した, 別れこれから, 厚く礼, 参る頃, 反撥させた, 向けて, 向って, 向つて, 向つて声, 向はずし, 向ひ, 君は, 呆然たる, 囲繞せられる, 多少なりとも国家, 好感を, 官費を, 對する, 尾けて, 引き合わせた上, 引つ立てられた見るも, 愛されるの, 憑いた, 憫み, 我慢できなかった, 投げ付け掻き消すよう, 拳骨を, 持たせ同じ, 捕えられて, 擔が, 教えましたから, 教えられて, 暇を, 案内され, 正宗菊松を, 武者振り付いた, 歯が, 比べては, 気づいて, 注意した, 渡す内意, 渡そうと, 演説を, 熱中してる, 父親としての, 特別な, 狙撃された, 目を, 眼くばせ, 禮を, 突飛ばされて, 童子を, 縋って, 纏めさして, 聞きました, 背を, 自分の, 至るまで, 行を, 補助金が, 見せました, 視線を, 話しかけました, 話したん, 話して, 誘はれたが, 負けず働く事, 踏み荒させその, 身体を, 轡を, 遇った時, 過ぎないの, 過度の, 違いない, 違いなかった, 遭遇し, 還元し, 金を, 鋭く注がれた, 集まった, 面と, 面會した, 飛びかかると

▼ 若者~ (84, 2.5%)

32 と一緒, の一団, は二人

1 [75件] いや俺, があんなに, がいない, が何かた, が半身, が台所口, が名状, が四人, が墓, が少し, が忙, が暴威, が禅僧, が習い, が船, が運動シヤツ, が道, こそ丹生川平, だと, でその, でも一見, で女, で血色, と争っ, と共に遊びたく, にからかつ, にとりかこませ, にヴォトカ, に何, の, の出陣, の去った, の囲み, の姿, の嬌態, の怒, の投げ棄てた, の救, の祈り, の誰一人禅僧, はおくられた, はそれでは, はとりとめ, はべんがら染, はやがて, はコンクリート, は二三歩, は入学, は其穴, は彼女達, は木陰, は激怒, は爺, は美しい, は自分, は花, は萎え切っ, は血相, は親, は酒, は顔色, は駐在所, は黙っ, へけしかける, へ云った, もその, もそれぞれお祭, も今, も元気, も居ず, も流石, を極悪, を相手, を見送った, を集め

▼ 若者~ (72, 2.1%)

6 ある 4 あつた 2 あった, ありました

1 [58件] ありなかには, あり念仏, あるといふ, あれば, いる, いるし, いるよう, こんなに可愛い, すくなくなかつた, すべて神の, それだけの, それっきり姿を, ちりぢり, とうとう東京, なくな, また, やがて話, よく調べ, 一緒にな, 之に, 云ひ合した, 其儘後に, 内心では, 別れを, 北京に, 及ばぬほど, 同じ寮生, 喜び勇んで, 多かったであろう, 多く活気, 夜露頭巾の, 大ぜ, 大急ぎに, 女も, 如何かする, 妾を, 娘も, 娘達も, 寝床について, 小柄である, 帰って, 年を, 後を, 思はず手, 既に女房もち, 朝鮮人であった, 此を, 牧の, 番頭も, 病気に, 相当に, 眉の, 眼鏡が, 続いて, 肝を, 見当らなかった, 通る, 連られ

▼ 若者~ (71, 2.1%)

2 なりました, 一緒に, 二人の, 娘が, 娘は, 新家の, 肌脱ぎした

1 [57件] いうべき方, いおうか, いっても, いつしよ, ちがい世馴れて, なったので, なった人, なって, なつた, なつて, なりも, なり殊に, エタと, 一しょに, 一しよ, 三人で, 互ひ, 交渉の, 冒険家たちの, 十七ばかりの, 口論の, 名前と, 噺を, 四名の, 変らんしな, 契るさえ, 女給らしい, 娘つ, 安もの, 小僧の, 思いきや, 悪相の, 情交が, 手に, 時計屋が, 暗闘する, 気づかなかった我々, 深い仲, 烏山の, 玉子が, 目ざめるばかり, 組にな, 結婚した, 結束し, 美貌の, 若い女, 若者との, 親子関係に, 言は, 許して, 話して, 運転手は, 違つてコセコセし, 那覇で, 酒汲みかわす, 骨牌を, 黄色と

▼ 若者~ (47, 1.4%)

8 あつた 2 叔父の

1 [37件] いらっしゃいましたか, お末, かえって旅人, こんな奴, せうが, たった一組, どうも誠にはやへい, どうやら旦那, のんきらしく, キンちゃんと, ズボンに, フィリップという, ラケツトなどを, 他の, 傷は, 全然下回り, 千歳山の, 彼女の, 成程, 木曾山の, 武勇は, 武芸にも, 武芸は, 江戸前の, 父親が, 白地の, 穉く, 粗末ながら, 美貌自慢で, 自分が, 花色裏の, 言い棄てると共に, 話の, 貧しさ, 重なる, 陳さんの, 飛騨風な

▼ 若者ども~ (28, 0.8%)

2 が通りすがり, である

1 [24件] が右往左往, が小唄, が小癪, が申, が酒氣, そのまま料理, だ, に思はず, のから, の早, の横ッ面, の間, の馬鹿話, は, はさらに, はわし, はダンス, は両, は案外, ばかりであった, も氣拔, を尻目, を御覧, を打ち込む

▼ 若者~ (26, 0.8%)

1 [26件] がこの, がよき, たまたま自, との話し合い, とふざけ, にも, の喜び, の素通り, はいずれ, はいまさら, はすべて, はそれ, はばか, は不忠不義, は他, は半蔵, は同時に, は強がり, は戦争, は海, は無理, は童子, は自分たち, もあきらめる, を見渡した, 寒しとて

▼ 若者には~ (23, 0.7%)

1 [23件] きこえないよう, きわめてあり, この方, それが, ちがいない, ないすつ, なれぬ, ひどく豪胆, 今日という, 何時もそれ, 価値が, 勇んで, 大概の, 好く解り, 始めて, 恰も動物, 文学病といふ, 海の, 珍しい奴, 生き生きと, 用が, 華族であろう, 魅力ある

▼ 若者~ (18, 0.5%)

2 ということ, と思った

1 [14件] かひとめ, からきっと, がこれこれ, が小さい, しものいえ, し相手, そうだ, つたな, つたのです, と評判, と誰, どんな憂き目, ツ, 胃ぶ

▼ 若者らしい~ (16, 0.5%)

2 のが, ものの断末魔

1 [12件] ことも, やさしさ, 二三人の, 体を, 何ごとも, 声で, 情感を, 横顔に, 正直さが, 正義感の, 陽気な, 音声で

▼ 若者~ (15, 0.4%)

1 [15件] が四組, が徴発, が斬, が神楽師, なり, の口, の好奇心, は云い合わした, は京一, は刀, は因縁, は爺, は空車, は領主, を案内

▼ 若者である~ (13, 0.4%)

2 ゴーリキイが

1 [11件] がその, が惜しい, が櫂, ことが, ことをも, といふ風, と云う, に相違, のみだつた, のを, 彼を

▼ 若者でも~ (12, 0.4%)

1 [12件] お忘れなく, かり集めて, ない, なかった, なくまつたく, なく特別, 夜分に, 彼女に, 映画ぐらい, 見るやう, 親から, 酒を

▼ 若者~ (12, 0.4%)

2 話しかけた 1 いった, 一稽古を, 外出を, 抱き合ったまま, 燃えるよう, 笑いかけた, 精一杯の, 詑びるように, 頭を, 顎で

▼ 若者とは~ (11, 0.3%)

1 [11件] いまだ口, たれも, なって, キミらしい, 両親同士が, 常にそういう, 幸いなりき, 思いは, 汝たるべし, 見うけるが, 違ったすぐれた人格者

▼ 若者~ (11, 0.3%)

21 に, にたいしては相当, にも負けず, にケシ, はそんな, は元気, もいっせいに, をお, を呼ん

▼ 若者だった~ (10, 0.3%)

1 から人, がそれ, が備前, が白綾, と思った, のです, のでよく, のでわたし, のよ, 頃一度

▼ 若者~ (10, 0.3%)

3 娘たちが 1 なほ子を, みんなを, 娘たちの, 娘たちは, 娘の, 腰掛の, 親爺どもは

▼ 若者であった~ (9, 0.3%)

1 から大いに, がこう, が一人, が兵馬剛壮, が白河戸郷, が調所, ころ北山殿の, のです, のにとかく

▼ 若者では~ (9, 0.3%)

3 あるが 2 なかった 1 ある自分, ない, ないの, なくて

▼ 若者にも~ (9, 0.3%)

1 あまり異存, ちよつと, なお且, まけないりっぱ, 作用した, 富豪にも, 私かに, 罪は, 親切に

▼ 若者~ (8, 0.2%)

3 のだ 2 のであった 1 のじゃ, のです, のでもとより

▼ 若者らしく~ (8, 0.2%)

1 あみだに, おふくろなどと, じろりと私, ない窶れ, もなく, ペロリ舌を, 率直な, 筋骨なども

▼ 若者ばら~ (7, 0.2%)

2 のこと 1 の多い, はこれ, はすでに, も糾合, を誘う

▼ 若者として~ (6, 0.2%)

1 一日ぐらい, 扱われて, 知らない者, 知られて, 立ちはだかって, 誰ひとり

▼ 若者との~ (6, 0.2%)

2 間に 1 ごとく, 会話を, 間から, 関係です

▼ 若者から~ (5, 0.1%)

1 なる楽人, 彼を, 教えて, 石を, 選抜された

▼ 若者であっ~ (5, 0.1%)

1 てその, てどんな, てはならない, て一度, て哲学者

▼ 若者とが~ (5, 0.1%)

1 住居する, 其処の, 物も, 西と, 麻裃を

▼ 若者なども~ (5, 0.1%)

1 ゐました, 交って, 毎晩此家に, 波と, 逃げかえったん

▼ 若者なら~ (5, 0.1%)

1 きっとその, でちまちまッ, ば若者, 自殺室の, 草深い片山里

▼ 若者~ (5, 0.1%)

1 これは, 吾は, 夢を, 愛せ, 起て

▼ 若者二人~ (5, 0.1%)

1 だった, でのそのそ, のほか, の影, はだ

▼ 若者~ (4, 0.1%)

1 下級の, 何ぞの, 出て, 又或は肥った

▼ 若者こそ~ (4, 0.1%)

1 今日寄手の, 先刻お話しいたした, 甚だ怪しい, 迷惑な

▼ 若者でした~ (4, 0.1%)

1 からこれ, が家族, が遠目, が風体

▼ 若者に対して~ (4, 0.1%)

1 こんな問答, はかなき恋, 彼は, 自分の

▼ 若者への~ (4, 0.1%)

2 関心にかけては 1 これも, 疑ひが

▼ 若者~ (4, 0.1%)

1 に加えた, の叫び, は一斉, を庭先

▼ 若者~ (4, 0.1%)

1 が松の内, が焚火, の踊, は基経

▼ 若者あり~ (3, 0.1%)

1 て蒼ざめた顏, 右手剣を, 名を

▼ 若者でございました~ (3, 0.1%)

3 がこれ

▼ 若者です~ (3, 0.1%)

1 から随分, がいかにも, がお

▼ 若者という~ (3, 0.1%)

1 念の, 悲歌の, 若者が

▼ 若者とも~ (3, 0.1%)

2 つかぬ男 1 同じ程度

▼ 若者とを~ (3, 0.1%)

1 恋うる, 見較べるよう, 養子に

▼ 若者などが~ (3, 0.1%)

1 入り亂, 異様な, 集つて芸妓などを

▼ 若者などは~ (3, 0.1%)

1 かえっていさみたつ, その足もと, 塀を

▼ 若者にとっては~ (3, 0.1%)

1 別に大して驚く, 右門の, 流行は

▼ 若者にな~ (3, 0.1%)

1 つてから, つても, つて居られました

▼ 若者ばかり~ (3, 0.1%)

1 である, でした, 六人の

▼ 若者よりも~ (3, 0.1%)

1 もっといい, 旺盛で, 親の

▼ 若者揃い~ (3, 0.1%)

1 でした, ですから, のよう

▼ 若者部屋~ (3, 0.1%)

1 の者, へはいっ, へ声

▼ 若者その~ (2, 0.1%)

1 師より, 眼は

▼ 若者それ~ (2, 0.1%)

1 が化け, に甲比丹

▼ 若者ぞろい~ (2, 0.1%)

1 であるから, の逞しい

▼ 若者だけが~ (2, 0.1%)

1 自分の, 負わされた犠牲

▼ 若者だけは~ (2, 0.1%)

1 容易なら, 腰も

▼ 若者であり~ (2, 0.1%)

1 ながらこの, 四方田政孝の

▼ 若者であろう~ (2, 0.1%)

1 か, と察し

▼ 若者でしか~ (2, 0.1%)

1 ない, なかった

▼ 若者としか~ (2, 0.1%)

2 見えない

▼ 若者と共に~ (2, 0.1%)

1 三和土の, 変わらずに

▼ 若者なり~ (2, 0.1%)

1 と鰐淵, 二郎は

▼ 若者においての~ (2, 0.1%)

1 やうに, ように

▼ 若者にて~ (2, 0.1%)

1 あるを, 下田見物の

▼ 若者に対する~ (2, 0.1%)

1 いたいたしいという, 自然な

▼ 若者までが~ (2, 0.1%)

1 恰も同年輩, 消え失せるとは

▼ 若者より~ (2, 0.1%)

1 千倍も, 敏感な

▼ 若者~ (2, 0.1%)

2 で一番幅

▼ 若者~ (2, 0.1%)

2 では田代屋

▼ 若者仲間~ (2, 0.1%)

1 に入, に入る

▼ 若者同士~ (2, 0.1%)

1 である, の会話

▼ 若者多く~ (2, 0.1%)

1 は心ひそか, は旗本

▼ 若者父親~ (2, 0.1%)

1 の厳しい, の嚴

▼ 若者連中~ (2, 0.1%)

1 がこっそり, は匹夫

▼ 若者鍛冶屋~ (2, 0.1%)

2 の重

▼1* [186件]

若者粂に, 若者および四妻を, 若者かと思われるよう, 若者かのあれは, 若者がかりそめの誘惑, 若者がたうとう八十吉, 若者がなと言つたのである, 若者こそは先刻宵の, 若者これが普通, 若者さえ危ぶんで, 若者て呼び戻さすれ, 若者しかし好人物だ, 若者じゃなくて, 若者じゃと思うて, 若者すなわちその謀, 若者すべて派手な大浪模様, 若者そこ退けといつた歩調, 若者それから遠くから, 若者たちわたくしは何, 若者たち三人は隣り, 若者だけ淡い満足, 若者だけの通性でなく, 若者だろうが, 若者であったならば自暴自棄, 若者であったら帽を, 若者でありましたよ, 若者でさえ今と, 若者でない限り稍とも, 若者でなくては到底, 若者といった格好な, 若者といふ若者などは, 若者としての御待遇, 若者としてはまたいま, 若者とに供給すべく, 若者ども多勢会合して, 若者ども頂上から大石, 若者なかなかに腕, 若者なぞは改まった顔つき, 若者など金が, 若者などから厭味な, 若者などとはどんなこと, 若者などには負けぬつもり, 若者なみだうち, 若者ならずとも健康, 若者なら知っています, 若者なりしがゆえ, 若者なるをわれ, 若者なんの気, 若者にたいして憐れみ深い, 若者についてもう襖, 若者にとっても魅力が, 若者にまで狼狽した, 若者によつて沢山の, 若者によって食物群中から, 若者に対しての憤怒と, 若者のみに非常な, 若者はかぶりを振った, 若者はぞん気にいっ, 若者はとくいに, 若者はとか青二才が, 若者はななある, 若者はをりを, 若者は種壺を抱え, 若者ばかりが手に, 若者ひそやかに, 若者ひとりでも沢山, 若者ぶりであった, 若者へは甘やかし過ぎるほど, 若者ほど哀れなる, 若者まずそれへ, 若者まっすぐに連なり, 若者まで総なめに, 若者までも長次郎等を, 若者が以後, 若者めいた感慨から, 若者もっと此方へ, 若者やの後姿が, 若者ゆえ苦もなく, 若者らしさや, 若者らしい憤りがのたうっ, 若者らしく愛すものの, 若者らしく笑っている, 若者をかどはかして, 若者をわははッわ, 若者アクテオンがその, 若者ウラスマル氏が極, 若者ガ来テ稽古ヲシテソノ後デ方々, 若者コーリャ赤衛兵がのっ, 若者ゴーリキイが疲労, 若者ベラスケの独逸版, 若者マハトマ・ガンジも同じ, 若者ランドリイに牛, 若者ロイコ・ゾバールの物語, 若者一人召し連れ, 若者一人兎となっ, 若者一個庭前にて何事, 若者一同しほた, 若者一齊に査公, 若者七人ばかりと一緒, 若者七人キリスト教を棄つる, 若者三角餅の茶店, 若者不憫と必ずや, 若者に娘達, 若者二三が歩い, 若者五六人をさし, 若者今一人は賊, 若者仔細あって, 若者以下有功の将三十六人, 若者某学校, 若者何かと心利い, 若者何某という者, 若者信吉とが黒パン, 若者入りの支度, 若者八五郎などの嫌ひな型, 若者の人々, 若者勇吉というの, 若者十人をつれ, 若者十四五名一杯機嫌のおもしろ, 若者十年もう働い, 若者十数人のため, 若者云ふ, 若者又は清麗玉の, 若者樣異性の, 若者四人七人の同勢, 若者四十余名を招待, 若者見治, 若者奇術を好み, 若者に過分, 若者好きとからで, 若者姉妹に向かっ, 若者娘たちの寄合, 若者娘子供もいれ, 若者子供などが口々, 若者官権実力共に有る, 若者の遺書, 若者小僧一同に大, 若者に似合, 若者年上の女, 若者のため, 若者恐る恐る抜き足し, 若者慌しく四周を, 若者程これ, 若者我手を握り, 若者に見る, 若者振りみだした髪, 若者いざ行く, 若者数名も駆け集まり, 若者方士が示した, 若者すがた, 若者旅姿して, 若者時代の手柄噺, 若者村相撲の関, 若者来る若者すべて派手な, 若者柏崎に用事, 若者のごとき, 若者武士町人公卿の子息, 若者残らずを兵隊, 若者気前のよい, 若者沢山なこの, 若者に生れ, 若者清吉をし, 若者漱石龍之介に心酔, 若者獅子鼻を動, 若者現世の醜悪, 若者男女だったの, 若者皆掛りでも引け, 若者を覚ませ, 若者速く病が癒ら, 若者三は, 若者総出で道側, 若者をかけたら, 若者自身が水馴れ棹, 若者舁ぎ行きて, 若者芋虫のよう, 若者若いに似, 若者蛇王の前, 若者血凝り毛竪つまで, 若者赤いネクタイを, 若者身共はいっそ, 若者悉く支那人, 若者達喧嘩口論して, 若者鎮守の相撲帰り, 若者に流行, 若者の音頭, 若者馬鹿なこと, 若者駈けきたりて乗りこめ