青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「若旦那~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

苔~ ~若 若~ ~若い 若い~ 若き~ ~若く 若く~ 若し~ 若干~
若旦那~
~若者 若者~ 若葉~ ~苦 苦~ ~苦し 苦し~ ~苦しい 苦しい~ 苦しく~

「若旦那~」 1781, 19ppm, 5965位

▼ 若旦那~ (478, 26.8%)

9 彌三郎, 眞太郎は 8 金之助は 7 ことを, 民彌 6 金之助さんと 5 兵三郎は, 草之 4 安之助は, 方が, 榮三郎は

3 [11件] お供, お嫁, お帰り, 久太郎は, 彌三郎さん, 手紙を, 敬太郎は, 方から, 松次郎は, 柳吉が, 柳吉は

2 [35件] おいでを, お供を, お傍, お心持, ことに, ところへ, 三之助, 久太郎が, 久太郎さんこれが, 久太郎と, 代に, 又次郎さんで, 喜三郎と, 喜平さんが, 外冠る, 姿を, 安之助さんを, 安之助を, 家には, 彦太郎を, 手を, 方で, 方の, 枕もとへ, 染五郎を, 死んだの, 福松は, 艶聞などを, 許嫁と, 身の, 金三郎さんと, 金之助が, 金之助さんが, 金之助さんの, 雪之

1 [307件] いう工場, いらっしゃる処, おため, お世話を, お供と, お名前, お姿, お室, お屋敷, お情け, お払いと, お次の間, お気に, お気に入りの, お目当て, お相手, お耳, お蔭で, お言葉, お買物, お迎い, お達者, お部屋, お酌, お顔, お馴染, お髪, かたきは, かみさんと, ことだ, ことでございます, ことなんか, ことも, せりふにさえ, そばへ, ためには, つけ文じゃ, ですよ, なさる事, ものの, ような, モーキイ・キーフォヴィッチは, ロスコー様は, 一人ぐらい, 一人二人鳶の, 一組が, 一行は, 三之丞の, 不行跡に, 不身持を, 与吉が, 与吉と, 世に, 中で, 丹三郎が, 丹三郎たつた, 丹三郎は, 久太郎さんが, 久太郎です, 久太郎樣が, 事と, 事ばかり, 事や, 事を, 仕打が, 仰せに, 仲が, 伊之助が, 伊豆屋与吉は, 位牌を, 佐太郎が, 佐太郎様と, 側に, 傍に, 傳四郎ださうです, 傳四郎に, 傳四郎樣を, 初太郎が, 初太郎といふ, 初太郎に, 初太郎の, 初太郎は, 初戀, 別業へ, 利太郎それに, 前に, 勘平が, 勘平が刀を, 勘平は, 勘平を, 勘当を, 勘次郎が, 勘次郎は, 勘當を, 区別を, 半次郎, 半次郎さんも, 半次郎で, 半次郎の, 印籠が, 又四郎は, 口ききで, 古いアラ, 可愛がり, 合圖なら, 吉之助が, 吉之助さんが, 吉之助と, 吉之助樣も, 命令か, 品で, 喜ぶこと, 喜ぶ顔, 喜三郎が, 喜三郎は, 喜三郎を, 圍つてゐる, 堀切に, 声は, 夏休みに, 外に, 外には, 外は, 大ふう, 大学服の, 好意を, 如く小, 如く細く, 姉の, 婚礼が, 嫁に, 嫁の, 安之助様は, 安之助樣は, 宗太郎とは, 宗太郎は, 宗次郎と, 宗次郎を, 家の, 履物を, 左の, 帰りばかり, 帰りばかりを, 帰期を, 幸吉が, 幸吉は, 幾太郎が, 幾太郎さんは, 幾太郎は, 幾太郎も, 幾太郎を, 弟の, 彌太郎樣は, 彦太郎は, 彦次郎が, 彦次郎と, 彼に, 後から, 御威勢, 御婚禮, 御所望通り, 御機嫌, 御病気, 御親切, 御足, 御辛苦, 徳太郎さんは, 徳太郎さんを, 徳太郎でない, 徳太郎と, 徳太郎に, 徳太郎は, 徳太郎も, 心は, 心持が, 心持にも, 忠之助さんは, 怖い顔, 慰みものに, 所いう, 所を, 手へ, 敬太郎や, 新六郎さんが, 新六郎さんは, 新六郎と, 新六郎も, 新六郎樣と, 新助, 方こそ, 方に, 方へ, 方を, 於福は, 暇そうな, 暴れ力という, 書いたもの, 本當, 松次郎が, 枕元へ, 柳吉さんは, 榮三郎が, 榮三郎と, 榮三郎の, 様子が, 様子ったら, 樣子には, 死にやう, 死を, 死んで, 死骸が, 死骸の, 死骸を, 殺されて, 殿松さんで, 殿松の, 清五郎を, 源次郎です, 源次郎を, 為だって, 熟寝, 生長した, 甲子太郎さんが, 甲子太郎に, 甲子太郎は, 甲子太郎を, 甲子太郎様と, 甲子太郎様に, 甲子太郎様は, 甲子太郎様を, 甲子太郎樣や, 留守中に, 病が, 目にも, 相手だ, 相手なら, 眞太郎さんが, 眞太郎さんだ, 眞太郎さんを, 眞太郎で, 眞太郎の, 眞太郎を, 眼には, 眼力が, 短刀を, 福松が, 素人藝としては, 經營する, 練太郎が, 練太郎と, 練太郎は, 縁談にも, 繩を, 習之進が, 耳へ, 聲色なんか, 胸に, 腕力には, 舟が, 色文を, 草履が, 菊次郎が, 菊次郎さんとは, 萬次郎も, 萬次郎を, 言うとおり, 言伝けでも, 計画が, 許婚だ, 許嫁お, 許嫁です, 許嫁の, 話でも, 話を, 起ちかかるを, 足には, 跡取りを, 身分に, 身柄を, 身體は, 通つた道を, 遊び友達は, 部屋, 部屋から, 部屋といふ, 部屋は, 部屋を, 配偶の, 重三郎さんが, 重三郎さんを, 重三郎と, 重三郎は, 重三郎を, 金之助さんで, 金之助さんでしょう, 金五郎に, 金五郎樣は, 金次郎さんで, 長閑な, 間に, 隱し, 頭の, 顏を, 顔を, 風は, 飯の, 髪を

▼ 若旦那~ (196, 11.0%)

3 何うし, 死んで

2 [14件] いなくなれば, お帰り, そんなに邪慳, どうした, わたしに, 乙姫さまに, 何んと, 大怪我, 心がらとて, 憎くって, 手を, 新茅場町, 潮來から, 潮来から

1 [162件] ああなって, あった, あんなに言, いい声, いくら気, いよいよ息, いらっしゃいますか, いらつし, いろ, ええ誰, おつ, お亡くなり, お前さんへ, お前と, お千勢, お屋敷, お縫さん, ここへ, こっちへと, この二, この邊, こんなこと, こんなになっ, さっきうっちゃっとけ, しつかりして, するすると, ちょっと用事, ちよい, どうかしました, どうしてそんな, どうして死んだ, どんな用事, へんに, ほろ酔いで, また種々, まッことあたし, みんなを, めしあがる事, よく此處, フランスを, 一番の, 三千兩の, 下女の, 下手人で, 乗って, 二日も, 人などを, 人なんか, 人殺しの, 今日は, 佐七の, 何か, 何とかし, 何も, 何を, 何んにも, 來ました, 來るだらう, 倒れて, 側に, 僕は, 入って, 入つて, 兩親に, 六段目の, 出かける時, 出て, 切りました, 判って, 制服を, 口説くだらうと, 可哀, 向島に, 土左衞門に, 坐つて, 声を, 夢に, 大学校, 女遊びに, 婚礼と, 家へ, 少し費, 居なくなれば, 居らつし, 居るから, 川へ, 帰る, 幽霊の, 彼ア遣っ, 往きそれから, 御帰参, 御座らっしゃる, 怒りゃア, 怪我を, 息を, 惚れて, 懷ろから, 戀患ひ, 承知しなはろまい, 押えて, 持出したの, 指す方, 掘出物, 早く気, 昨夜, 暴れては, 東海道藤沢の, 案外あっさりし, 棟梁の, 歸る, 死ねば, 死んだと, 死んだ後, 殺されたが, 殺されたん, 気が, 泊りこんで, 滅多に, 煙草に, 片手に, 牧の, 猫の, 百日お, 眞矢を, 眼が, 短銃を, 私と, 突き落された井戸, 立上られた, 納得し, 聞かして, 聽い, 腕自慢で, 自分の, 自動車に, 自殺さっし, 舷に, 船から, 色里へ, 薄寒いのに, 藤棚の, 血だらけに, 見えないぢ, 見えん, 言った時, 誰を, 諍闘してた, 貰ふ, 賑やかな, 跪いて, 身請する, 返るという, 道樂を, 邪慳だ, 金時計を, 銭形の, 錢形の, 開けて, 顏へ, 食ひつけなかつた, 飴屋に, 鯱鉾立し

▼ 若旦那~ (177, 9.9%)

4 どうした 3 運が 2 あの二人, お園, お園さん, ほんとうに, 今の, 昨夜, 私が, 芝居の, 許嫁の, 誰と

1 [150件] あのお, あの時納戸, あべこべに, ありがたいか, ありませんよ, あんなこと, いつの間にか縁側, いふん, いよいよ青い, お口, お孃さん, お店, お弱い, お才さん, お目, きっぱりと, くわつと, このお, このよう, この四五日, この師匠, この比, これからもう一軒往, これを, そ, そこの, そのお, その時, それを, そんな事, たいへん身持ち, たくさん金を, たとえお, とうとうあんな, どんなりっぱ, どんな不都合, どんな遊び方, ないの, ひとが, ひどく父親, ふすま, まことに氣, まだ怒っ, まっすぐに, もうゾクゾク心臓, もう二, もう日本, もう立ちました, ゐるか, オモヨさんの, スックリと, チヨイチヨイ來た, ピンピンし, フイと, 一つ見付けた, 一体何を, 一番に, 下女の, 九州の, 二階で, 亥刻, 今まで, 今年三十九で, 今朝から, 何うも, 何にも, 俄に, 信乃や, 全く見掛け, 八畳に, 八百蔵に, 其のとき馴染, 別に嫁, 劍術の, 助からねえよ, 取引先の, 向島へ, 嘸御, 堀切へ, 堅いから, 外に, 夜中に, 夜道が, 大喜び, 大学校, 大旦那, 姪の, 婿である, 宵から, 少しばかり, 居るか, 師匠おまえさんの, 平生から, 役者よりも, 御新造が, 心持ち赤く, 思ったとおり親切, 思はず退つた, 思ひ切つた調子, 惚れた女の子, 戀患ひ, 手に, 日本へ, 昨夜何處に, 時々よそ, 月丸を, 朝食堂へ, 本當, 此處へ, 武家の, 歸つて行きました, 死んだ許婚, 殺されたの, 気が, 沢山ない, 深夜台所へ, 無いん, 無事かい, 瓜生さんと, 生涯埋れ木に, 男が, 町風呂の, 留守で, 疲れが, 直ぐお, 真蒼, 神武天皇以來初めて, 窓の, 箸を, 紀伊國屋の, 舟に, 色の, 苦笑いを, 華奢だ, 衣紋も, 表現派の, 裏梯子から, 誰かに, 貴様の, 費ひ, 費ふ, 近頃あの, 邪慳よ, 邸の, 間もなく日の出, 離家の, 顔を, 風呂へ, 餘つ, 默つて見

▼ 若旦那~ (116, 6.5%)

6 助けて 4 殺したの

2 [12件] まるめ込んで, 一と, 呼び出しに, 怨んで, 惡いと, 日蔭者に, 殺した仇, 殺した奴, 殺すほど, 殺す氣, 窮命させる, 跡取りに

1 [82件] お帰, お怨み, お連れ, お願い下げに, ここまで, そんなところ, どう思ふ, のせて, のせる時, ひどい目, また自分, 一層痛々しい, 下つ, 世に出したい, 何故殺そう, 助けたかつたら錢形, 助けようと, 勘当した, 勘當した, 取押えて, 外へ, 奪り, 奪り合っ, 客情夫に, 庇つてやる, 引き起して, 強請に, 待って, 忘れ兼ねて, 怨むなんて, 怨んだよう, 恨んだわ, 悪いと, 手玉に, 押えつけて, 押込めたの, 指して, 救ふ, 歓迎の, 歡迎の, 此処へ, 此處へ, 殺した, 殺したと, 殺したに, 殺した下手人, 殺した後, 殺した晩, 殺して, 気どっては, 治兵衛坊主と, 潮來から, 潮来から, 狙って, 猿に, 疑つて, 痛罵せん, 眼がけて, 知ってべ, 知ってるだろう, 知ってるどころ, 知らねえ家, 突き落した奴, 縛つたのは, 縛つて下さらなき, 縛りましたよ, 罪に, 聯想しない, 脅かして, 船で, 見かけなんだか, 見て, 見る眼, 見落すやう, 追い出したいに, 追ひ出したら, 送って, 連れて, 遊びに, 達引い, 達引かう, 釣出そうと

▼ 若旦那~ (92, 5.2%)

5 一緒に 2 並んだ姿, 仲の, 呼ばれて, 嫁の, 幹さんの, 投げ節, 添わせて, 言つても

1 [71件] あなたの, いって, いっても, いふよりも, お冬, お冬どん, お勝, お嬢さま, お嬢さんが, お島, お登世, お萬, お葉, お銀さん, かいつた二十四五許, はまるつきり反, わたくしは, オモヨさんの, 一番懇意に, 一緒だった, 並んで, 二人の, 云う名, 何事か, 來た, 出來, 初めてわかりました, 別れ, 十六の, 同じ部屋, 呼ばれるの, 命を, 奉公人か, 奥さんが, 奥さんと, 娶合せて, 宗教界の, 弁護士との, 心易く, 怖は, 思はせて, 手が, 撚を, 時々逢つて, 書いたの, 来た日, 柳橋に, 校書さんと, 格別親しい, 水茶屋の, 無二の, 生れながら, 番頭さんと, 紀の, 結婚した, 聞いて, 肩を, 自分との, 色に, 花魁が, 襖の, 親しかつ, 親代りの, 言いたいが, 言えば, 言つた若い, 言ひ交した, 言わるるだけに, 逃げ出したよ, 遊んで, 隣の

▼ 若旦那~ (86, 4.8%)

2 せよ大黒屋, なったという, なって, もう一度お目にかかりたかつた, 戀文を, 買つても, 逢ひたいが

1 [72件] あやまんねえ, おいでを, お目, お訊きしたい, お返しなすっ, お頼み出来ないだらう, くっついて, くれぐれも御, このこと, この手首, せがんで, どんなお, ひとつお願い申してえ, ふさわしいようす, 一寸お, 一寸と, 仕立てて, 会うと, 何に, 借りて, 借りるッ, 傷を, 助太刀せん時にゃ, 合ったが, 娶合, 嫌はれ, 宜くお, 少し訊き, 岡惚れし, 御目, 御覧の, 忠義を, 怨みは, 成り重, 手を, 手紙を, 折られて, 振り棄てられた女, 捨てられてから, 殺されかけて, 殺されるに, 殺されるやう, 気取られぬよう, 添わして, 済みません事, 渡したの, 無実の, 生れついて, 申上げ, 疑ひの, 相談を, 真似の, 知らして, 突き落された, 立ちかえる, 聞えると, 背負われ泰然, 腹が, 覚えが, 言ひ含められ, 訊いて, 訊くが, 訴えるに, 話したら腹, 身受され, 逢い度いが, 逢は, 逢ひ, 逢へ, 逢わして, 頼まれた土地, 顔を

▼ 若旦那~ (76, 4.3%)

3 がお 2 に一寸, のお, はその

1 [67件] おやすみでございます, お帰り, お薬, かなし, が, がいつも, がさぞ, が呻, が折り入っ, が福岡, が私, この様子, じゃまあ, ちょっと, で, でがんすか, ですと, でで, では, ではござりませぬ, で高岩, と, とオモヨさん, と東助, と老爺, と見える, どうなさりました, どうも有り難う, なのね, にございます, には種々, に傷, に是非今晩, に来, に申し上げよう, に至急, に面会, の事, の前, の勘当, の御, の眼付, はお, はと申します, はねえ, はまだ, はやがて, は人, は何時, は兄, は又, は巻物, は御, は温柔, ま, もお年, もどうか, も大尉, も御, も御存知, やお嬢様, や嬢様, をお, を許す, 御気, 御電話, 誠に御機嫌

▼ 若旦那さま~ (37, 2.1%)

2 はお, もお

1 [33件] からの御, がお, がお発ち, が匿, が御, が此処, さえ御, じゃあございません, どうぞお気, にはたびたび, に幾ら, に成り代っ, のお尋ね, の仰し, の入用, の前, の在, の方, の独白, は御, は必ず, は未だ, は言っ, へお, へじかに, もあなたさま, もおいで, も仰し, も程, やお, を, を担い, を騙し

▼ 若旦那~ (34, 1.9%)

2 千々岩君も

1 [32件] あなたさまが, あれで, お銀さん, からきしこうなっ, ご承知, しいて, しゃれたこと, よく聽, 乗て, 二度も, 今年は, 仰しゃってたけれどもが, 冥加に, 呆れて, 善い人, 孫太郎も, 帰りませんそう, 往って, 御承知, 時々助太刀, 来て, 梁庵先生の, 此の, 気が, 氣が, 永え, 無事なく, 罪な, 腹を, 鉄砲射ち, 離縁に, 骨が

▼ 若旦那~ (22, 1.2%)

2 虎松さんと, 通る男前

1 [18件] あつた, あんたが, この高島田, さア, せう, たまには, ね, 一番下手人の, 大きいの, 居るという, 撫で肩の, 敬太郎といふ, 父親の, 素直に, 自分は, 通つてゐる, 通るの, 金には

▼ 若旦那~ (21, 1.2%)

1 [21件] から, からさすが, からまず, から大方, から打たて, が済し, ちょうどよかっ, つたとも, て云, とかいう話, とさ, と思ひました, と正直, と知る, ね, よ, よハハハハハハ, わい, わね, 若旦那が, 若旦那だ

▼ 若旦那~ (19, 1.1%)

2 とお, と書いた

1 [15件] お孃樣, がこれ, が可愛く, が母屋, が番頭さん, が考, が血だらけ, が頭痛, ですよ, とそれから, に言, の勘當, の敵, も私, を許す

▼ 若旦那丹三郎~ (13, 0.7%)

3 の家 1 が立つ, と急, の手, の死骸, の聲, の許婚, の通る, は完全, は重い, は首筋

▼ 若旦那~ (12, 0.7%)

1 [12件] よしなさいへ, 久しゅう, 出初な, 嬢さま丈助が, 安くない, 帰りなさいませ, 手紙でございます, 早いお, 楽しみです, 樂しみです, 由羅さんの, 風呂に

▼ 若旦那~ (11, 0.6%)

1 [11件] お嬢さんは, お嬢様は, なんか, 八と, 取巻き芸者と共に, 坊ちゃん方が, 嬢さまに対しても, 御新造様と, 番頭さんと, 網干の, 花魁の

▼ 若旦那徳太郎~ (11, 0.6%)

1 [11件] がお, がおせん, が無, では, とおせん, と浮世絵師春信, の成人, の眼, の頭, は枕, もこの

▼ 若旦那金之助~ (10, 0.6%)

2 の風貌, はその, は如才, は重荷 1 でなければ, でも

▼ 若旦那です~ (9, 0.5%)

31 かい, から娘, が此四五日, が物言, よ今に, よ親分

▼ 若旦那には~ (9, 0.5%)

1 あんな力, これからも, さし当り内分にとの, まだあつし, 八五郎が, 判然と, 口を, 学問は, 氣の

▼ 若旦那から~ (8, 0.4%)

1 お金を, どのよう, 二十五両という, 承りました, 聞いて, 貰つたといふ, 貰ひました, 送られた戀文

▼ 若旦那~ (8, 0.4%)

2 で一人, の男 1 がこの, です, の華奢, の變

▼ 若旦那たち~ (7, 0.4%)

1 には悉く, にランデヴー, に至る, のする, の所作, はめい, はわたし

▼ 若旦那って~ (7, 0.4%)

2 大きな声, 頓狂な 1 いったいだれ, 呼ばなきゃならねえ人間, 才ちゃんが

▼ 若旦那~ (7, 0.4%)

1 ある事, お手渡し, 上げて, 上げるて, 差上げて, 従いて, 智慧エ附け

▼ 若旦那あなた~ (6, 0.3%)

1 には驚い, は, はもう, は何ん, は松葉屋, は美しい

▼ 若旦那~ (6, 0.3%)

2 やありません 1 やございません, やない, やねえ, やねえか

▼ 若旦那にも~ (6, 0.3%)

1 いわねえで, 大旦那, 好いお, 家へ, 申しあげましたが, 迷惑に

▼ 若旦那とは~ (5, 0.3%)

1 まるっきり反, 仲良しで, 夫婦約束の, 生木を, 話が

▼ 若旦那らしい~ (5, 0.3%)

1 のが, 一團が, 柄の, 男が, 線の

▼ 若旦那~ (5, 0.3%)

1 がこの間, がむしっ, にはなん, の云う, は貴方

▼ 若旦那~ (4, 0.2%)

1 え, お萬さん, 大旦那, 番頭か

▼ 若旦那はと~ (4, 0.2%)

2 これは, 見れば

▼ 若旦那重三郎~ (4, 0.2%)

3 の話 1 は和泉屋

▼ 若旦那~ (4, 0.2%)

2 の角帯 1 のその, の人

▼ 若旦那~ (3, 0.2%)

3 へ無

▼ 若旦那でございます~ (3, 0.2%)

3

▼ 若旦那でも~ (3, 0.2%)

1 ない訳, 引つかける算段, 私でも

▼ 若旦那という~ (3, 0.2%)

1 いでたち, こしらえで, のは

▼ 若旦那どうか~ (3, 0.2%)

1 それへ, なさったの, 御勘弁

▼ 若旦那どちら~ (3, 0.2%)

2 へいらっしゃる 1 へおいで

▼ 若旦那よりは~ (3, 0.2%)

1 上手であろう, 少し筋, 江戸の

▼ 若旦那~ (3, 0.2%)

1 っちで, をお, をなさる

▼ 若旦那~ (2, 0.1%)

1 これからじゃあ, 未だ京

▼ 若旦那こそ~ (2, 0.1%)

2 身勝手だ

▼ 若旦那これ~ (2, 0.1%)

1 が仙太郎親方, はその

▼ 若旦那さえ~ (2, 0.1%)

2 世に

▼ 若旦那そう~ (2, 0.1%)

1 でござんしょうか, でせう

▼ 若旦那それ~ (2, 0.1%)

1 がいけ, は斯

▼ 若旦那そんな~ (2, 0.1%)

1 わけぢや, 小供

▼ 若旦那だった~ (2, 0.1%)

1 から私, てえ

▼ 若旦那だって~ (2, 0.1%)

1 まさか捨て, 商売人の

▼ 若旦那~ (2, 0.1%)

1 庄吉が, 手が

▼ 若旦那とか~ (2, 0.1%)

1 ないしは富豪, 何とか大勢

▼ 若旦那として~ (2, 0.1%)

1 実直に, 置けば

▼ 若旦那とて~ (2, 0.1%)

2 入らぬ世間

▼ 若旦那との~ (2, 0.1%)

1 夫婦仲は, 間に

▼ 若旦那~ (2, 0.1%)

1 ので力業, ので見

▼ 若旦那なに~ (2, 0.1%)

2 がよく

▼ 若旦那への~ (2, 0.1%)

1 愛想尽し, 言附け

▼ 若旦那一人~ (2, 0.1%)

1 で手, にだ

▼ 若旦那今日~ (2, 0.1%)

1 ね仲の町, はお

▼ 若旦那何処~ (2, 0.1%)

1 へいらっしゃる, へ往く

▼ 若旦那喜三郎~ (2, 0.1%)

1 はそれつ, は矢張り川

▼ 若旦那小三郎さま~ (2, 0.1%)

1 にお, のお

▼ 若旦那崩れ~ (2, 0.1%)

1 で佛門, で身體

▼ 若旦那幸吉~ (2, 0.1%)

1 からもいつか, である

▼ 若旦那~ (2, 0.1%)

1 一人じゃあ, 卒業なすったら

▼ 若旦那~ (2, 0.1%)

1 助の, 助は

▼ 若旦那新吉郎~ (2, 0.1%)

1 はムクムク, は驅

▼ 若旦那~ (2, 0.1%)

1 だから, であって

▼ 若旦那榮三郎~ (2, 0.1%)

1 に捨てられ, は縁側

▼ 若旦那殺し~ (2, 0.1%)

1 の下手人, よりは遙

▼ 若旦那源次郎~ (2, 0.1%)

1 でした, もさすが

▼ 若旦那贔屓~ (2, 0.1%)

2 でみんな

▼ 若旦那退散~ (2, 0.1%)

2 のよろこび

▼1* [176件]

若旦那あっしよりお前さん, 若旦那あっしゃあ奉行め, 若旦那あなたホラ私達を助け, 若旦那いかがです蝶子さん, 若旦那お前さんが町人, 若旦那お嬢さん夫婦ここのウチ, 若旦那お嬢様はその, 若旦那お礼を仰しゃいよう, 若旦那お茶でも淹, 若旦那お話を致します, 若旦那かは問うところ, 若旦那からのお使い, 若旦那からは何も, 若旦那こいつはお前さん, 若旦那この腰掛けへ, 若旦那こんなものだ, 若旦那こんなに言われても, 若旦那さながらの愚か, 若旦那さまこれは何, 若旦那さまどこかへお出まし, 若旦那さまヘルナー山にお, 若旦那さま何時までも苦痛, 若旦那じゃねえか, 若旦那すっかり旅の, 若旦那すまねえが, 若旦那そんなこと, 若旦那そいつァ御無理, 若旦那そう癇癪を起し, 若旦那そのままにきゃしゃ, 若旦那その大きな棗の, 若旦那それから主治医の, 若旦那それでは貴方まるで, 若旦那それ至當の役, 若旦那だけに万事鷹様に, 若旦那だけはどうやら赤, 若旦那ちよいとお, 若旦那ものに, 若旦那てえことを, 若旦那でありそれが, 若旦那であろうがどうも, 若旦那でしかなかつたの, 若旦那でしたがそれでも, 若旦那ではないと, 若旦那とかいうのが, 若旦那とかを擧げたさ, 若旦那とでも云ふ, 若旦那ともおかしい素振り, 若旦那と共に逃げ出すやう, 若旦那どうしました, 若旦那どこへいらっしゃる, 若旦那どのは, 若旦那などいふ役は, 若旦那などと仰しゃっては, 若旦那などという国語の, 若旦那なら今から, 若旦那なんですえ, 若旦那なんかぢや, 若旦那なんかに未練を, 若旦那なんぞが親や, 若旦那なんてそんな封建的, 若旦那ひとりが頼み, 若旦那ふうの男, 若旦那へっへ冗談, 若旦那いだ, 若旦那まあお静か, 若旦那まだそんなこと, 若旦那まで縛らせた, 若旦那みたいな人, 若旦那もうお客が, 若旦那もし油町の, 若旦那やつしが馴れぬ, 若旦那やの眼に, 若旦那ゆえ私が気, 若旦那よりもズット遅れまし, 若旦那しからず, 若旦那らしく生ッ, 若旦那らしくごまかしておい, 若旦那らしくなるやうに, 若旦那らしく見えると折紙, 若旦那わたくしはあなた, 若旦那わたしはもう, 若旦那持ちながら, 若旦那一馬さんですな, 若旦那与吉と来た, 若旦那乗込みましたよ, 若旦那今晩は, 若旦那仕方がありません, 若旦那伊之助の俤, 若旦那伊左衛門亀屋忠兵衛紙屋治兵衛に扮, 若旦那位果報な人, 若旦那何んだってお, 若旦那俊雄さまとあに, 若旦那先ずトロリとお, 若旦那兵三郎の口, 若旦那勃然として怒るまい, 若旦那十徳の老人, 若旦那半次郎に逢つて, 若旦那厭な, 若旦那吾妻屋丹三郎の隱宅, 若旦那味噌汁が冷めました, 若旦那呼んで来いっ, 若旦那た, 若旦那は拝ん, 若旦那變な, 若旦那大津から坂本, 若旦那大船に乗った, 若旦那夫婦と女中二人, 若旦那で皆様, 若旦那市村は身, 若旦那幾太郎の許嫁, 若旦那彦次郎の弟, 若旦那徳太郎さんが御新造, 若旦那思い出せないですか何時も, 若旦那思ふ壺, 若旦那打ちあけて言, 若旦那政吉第五回公演, 若旦那明日もまた, 若旦那時代に藝妓, 若旦那松次郎の相手, 若旦那榮三郎ぢやありません, 若旦那様お嬢様板垣様の叔母様, 若旦那様これが月, 若旦那様どうしたらようがしょう, 若旦那様今日でもう, 若旦那様何をおっしゃる, 若旦那様先方に洞穴, 若旦那様奥様からこれ, 若旦那様存命中の出来事, 若旦那様私は昨夜, 若旦那様親子を殺した, 若旦那模樣の千, 若旦那樣方のお, 若旦那橘屋の徳太郎, 若旦那止めちゃあいけ, 若旦那孝院という, 若旦那正直に言, 若旦那の位結構, 若旦那此の間此の親方, 若旦那此處で待つ, 若旦那殺生でげす, 若旦那彌は, 若旦那の弱い, 若旦那疲れ魂倦, 若旦那泥棒でさあ, 若旦那浪人の染井五郎樣, 若旦那清元に自慢, 若旦那済まねえがこれ, 若旦那甚だ不躾で, 若旦那田崎君の名義, 若旦那男前をあげた, 若旦那番附で三役, 若旦那盲人の悲し, 若旦那相手に説いた, 若旦那福松の死骸, 若旦那篦棒なのぼせやう, 若旦那紋次郎さんがお, 若旦那綱手様の敵, 若旦那縁起直しにこれから, 若旦那考えさしておくんなさい, 若旦那聞かなくってもいい, 若旦那育ちの細腕, 若旦那自身の新, 若旦那色男の顔, 若旦那若旦那のお, 若旦那荒町の亀惣様, 若旦那だけは半町, 若旦那菊次郎は眞, 若旦那の中, 若旦那行って来い, 若旦那調子で雅号, 若旦那越後屋の御, 若旦那の中, 若旦那遠慮すること, 若旦那醜男ではない, 若旦那長々のお, 若旦那風のがまず