青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「置き~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

罪~ 罪人~ 罪悪~ ~置い 置い~ ~置いた 置いた~ ~置かれ 置かれ~ ~置き
置き~
~置く 置く~ ~置け ~罰 罰~ 署~ 署長~ 羅~ 羊~ ~美

「置き~」 3124, 32ppm, 3616位

▼ 置きながら~ (304, 9.7%)

6 云った 5 歩み出た, 言った 3 それを, 夫人は

2 [17件] いざ断念, その責, それでも次第に, まだ二月, わざと彼, 久保田に, 二人の, 云つた, 今更知らん顔, 僕が, 兄が, 十日と, 坐った, 此の, 此上何を, 私は, 空一面に

1 [248件] あとに, あの医者, あまりに永い, いざと, いざという, いざ帰ろう, いつも自分, いまに, いや尻尾, おまえさんを, お前は, お峰, お果てなさるる, けさは, こう言います, ことしの, この無謀, こんなふう, さうし, すっぽかした男, すみの, ずうずうしくのべん, そうした振舞い, そうも, そう言っ, そこで故郷, そこの, そして暗黙, そのあと, そのこと, その人, その女工, その後も, その慾, その歌, その男, その精神, その自家, その間に, それから先, それぎりに, それと, それに, そんな物, ただ一口, たっぷり葉書二枚ぶん, たつぷり葉書二枚ぶんの, ちっとも仕合せ, つけ加えて, とうとう三番目, とうとう行かなかっ, どうも申訳, どこから, なんだか訳, ひとり出しぬい, ひろ子は, ふとクルミさん, べったりと, またその, また出直し, まだ手, もう聞き, ゆっくり七つ, ようやく姿, よくものめのめ出, わたしに, サーヴィスされる, ホッと, マラルメは, 一向に巴里, 三年たつ, 三日も, 中には, 中を, 久しく約, 云うの, 人に, 人の, 今さら破談, 今だに, 今では, 今と, 今に, 今にな, 今は, 今まで, 今夜の, 今度の, 今日まで, 今更外へ, 今更惜しい, 今更金が, 他の, 他国民, 伜が, 佇って, 何と, 何の, 何も, 何んだつ, 何故彼, 何故稻垣さま, 作の, 便所の, 俊吉は, 保平の, 催促に, 僕の, 兄は, 先約では, 兎角風邪, 八時に, 其に, 其の脇差, 其を, 出発の, 利益が, 到頭一日, 制馭し得なかった, 前に, 十五分も, 十分あやしい, 半蔵に, 又其様, 友好的協力も, 只忙しく, 叫んだ, 右手で, 味淋でも, 咎められたと, 四五寸も, 墓場へ, 外へ, 夫婦らしくしよう, 失礼御免ください, 失礼致した, 女の, 女房と, 娘を, 子供心に, 学問が, 実際芝居, 専斎は, 小さな擂, 山楽とも, 左右へ, 平伏して, 平気で, 引き下がったので, 彼是と, 後で日本人, 後に之, 従った, 従つた, 心の, 怒ったよう, 怒りまして, 恩あり, 悠々として, 悪口を, 悶々し, 意識し, 懷で, 扉を, 手前で, 打ってか, 抽斎の, 指した, 改まって, 教わるまでは, 文章語の, 日暮頃までも, 日頃忘れ, 暫く泣い, 月々の, 未だに果さない, 来て, 殊更に, 殺すべき相手, 母よと, 水の, 永遠といふ, 汽車が, 浮気する, 深く大きくまるで, 潮が, 物語りを, 犯人自身の, 玄人の, 用人に, 田山白雲は, 男三昧の, 留まるべくも, 病人が, 癲狂院の, 白ばっくれ, 盛んに, 目を, 直ぐ掌, 直ちに自白, 眺めて, 知らん顔を, 私の, 種々の, 突然お, 第六十九頁, 約束を, 紋也は, 結局自分の, 美和子が, 考え込んだ, 考へて, 自ら忘れ, 自分たちは, 自分で, 自分の, 自分は, 葵という, 蛇と, 表の, 表べに, 見す見すその, 親子の, 訊いた, 討ち得なかった自分, 話かけた, 話が, 謝りも, 讀むこと, 質問を, 足音殺し, 蹣跚と, 身請を, 軽い嘆息, 返り討ちに, 返済証を, 這般の, 遂に何等, 遂何彼に, 鄭寧に, 鏡の, 陰へ, 頬杖を, 頭を, 顔の, 首を, 高い声, 鷹揚に

▼ 置き~ (282, 9.0%)

23 なって 10 なったの 6 なった, なりました, なるの 4 なつた, なれば 3 なったこと, なつたら, なりまして, なるが, なると, なるよう 2 なったもの, なりましても, なる, なるし, 思出した, 立川の, 行ったが, 行つた

1 [189件] あて新, あります, ある, あるたこ, いった序, いって, いつたところ, いろは歌の, きたの, けり宅, ける, この狛家, されて, しかも同じ, して, しなれて, しまふの, すがた, するとか, せっかくの, たる様々の, つまり一日に, とじこめられて, どこからとも, なったそう, なったため, なったですねえ, なったよう, なったら, なったらいい, なったらどう, なったん, なった上, なった四巻, なった場所, なった女王さん, なった宮, なった御, なった経, なった絵, なっても, なつたさう, なつて, ならあなた, ならずお, ならないだろうか, ならなければ, なりその, なりとう, なりながら, なりましたか, なりましたの, なりますか, なりますこと, なりますこれ, なりますの, なりますまいに, なりませんか, なりませんでは, なり一カ月位, なり薫, なるかも, なるから, なること, なるであろう女, なるという, なるとは, なるは, なるもの, なるようおすすめ, なるん, なる予定, なろうとして, はいりそこ, ぶん擲ぐられるから, ほぼ一定, まいります徳三郎, やって来ました, アクセントを, パッと, 一夜を, 一定の, 一致し, 三百ずつ, 並んで, 人乳を, 仕事を, 仕舞ひこまれ, 会話と, 住んで, 使うこと, 使って, 使われてるらしかった, 使われ街路, 來たんぢや, 來て, 先生に, 入れた, 入れられてからの, 出口の, 十ミリずつと, 半月程も, 向き合って, 咲くもの, 四回も, 堰が, 大きな聲, 夫, 家へ, 寝て, 寢て, 小間使の, 左右左と, 布片の, 帰って, 帰らねば, 廻って, 廻つて歩いてる, 張った風船, 張って, 彼が, 往った, 忍び込んで, 成らんければ, 我当を, 手紙が, 手紙を, 投げ込んで, 折角の, 拍子木を, 拔い, 持って, 搖返す, 支柱が, 文字通り神経を, 暗くついてた, 月十五日ずつ, 本縄, 来たに, 来たり, 来る, 来るの, 来るので, 来る人, 次から, 残存し, 母の, 気圧計を, 測定を, 火が, 火事が, 炭を, 熱が, 片足で, 生んだ子供, 男だつた, 町の, 直して, 石炭が, 立つと, 立てた湯, 糸に, 縛いで, 繰りかえす, 繰り返した, 自転車で, 花子は, 若旦那の, 行きましたが, 行くん, 行く時, 行った, 行ったって, 行ったの, 行つて其儘窓の, 行つて斷られた, 見舞いに, 角を, 訥子, 診察し, 読んで, 警察署へ, 通つて来る, 通ひます, 逢うよう, 遠慮ぶ, 適当な, 電子望遠鏡を, 風呂を

▼ 置き~ (175, 5.6%)

2 [11件] あり, これに, これを, すごすごと, また駈け出れ, 帰りけるが, 帰りたりとぞ, 政府と, 是を, 海棠を, 門を

1 [153件] あたかも説明委員, あるを, ある時, いから, いつしか酌婦, いへるならむ, うすうすと, えとおっしゃる, えと思う, えと斯, おのも, これなら, さて之, し来れば, そのかよわき, その人, その木, それと聞かさ, ただ何となく, ひたに, より今, わが勤め, ゐや, ケセネを, モシと, 一同を, 一夜を, 一宗の, 一間ばかりも, 三日歴, 与うと, 与へ, 世に誰, 之に対して, 之を, 予が, 二人向へる, 人の, 人寒, 以来吾, 伊服岐の, 其かよわき, 其の心, 其時の, 其間に, 内に, 再び件, 再び台所, 出で, 刀持つ, 区々の, 區, 去なば, 去り我, 去る, 去るダンテ, 句と, 各劇場, 同じく読書習字, 同じ時候, 同胞どもが, 吾くれ, 吾は, 吾恒は, 四方の, 地の, 天に, 夫人のみ, 奧に, 安心せらる, 客の, 寺より, 小壜, 小親, 山路を, 帯占め直す, 帰りし折, 帰り行きぬ, 帰れば, 弥陀を, 影ありし, 彼が, 徳育に, 心に, 思へや, 恐れん, 恰かも, 悄々還りぬ, 我が朋友, 我は, 我れ, 我言を, 振り返れる眼, 数ならぬ, 旛蓋もて, 是非を, 時間ごとに, 晝見つる美人の, 朝四暮三の, 未生の, 来に, 東山道を, 毫も之, 汝らが, 泣く, 深く深く沈吟, 深夜に, 無益の, 煖めて, 独立句と, 猫を, 男帰りに, 町へ, 白さく, 直に退り出でぬ, 直流並びに, 相対立, 礼拝堂と, 窃かに, 筵の, 翌朝これを, 考うる, 而し, 肩身を, 背後より, 自身の, 船ごとに, 荘重に, 蒔絵の, 虎を, 行く, 見れば, 親しく大王, 言は, 誓ふ, 論ぜず自余, 貴嬢, 走りゆきぬ, 起出で, 足蹇君は, 躬みずから顧みざるべからず, 道の, 酌ぐウヰスキイの, 酌ぐウヰスキーの, 酒肴を, 金槐集以外に, 銀平と, 鍾愛する, 階前より, 隙さえ, 隣れる吉江源次郎君, 食物療法の, 驛使上りき

▼ 置き~ (109, 3.5%)

6 中へ 4 ような, 中に 3 戸を, 水を 2 ない態度, 中で, 中を, 屋根の, 洞に, 隅に

1 [77件] うどんが, お米, がある, がらくたの, すばらしい燻製, そばに, ないこと, ない声, なかに, なさ, ほし菜刻むもうはの空, ほとんどいつも氷っ, やうな, やうに, よい本屋, ようなる, ように, コップの, コティの, ヒサシの, ビールを, 一番奥の, 一言を, 三本の, 中から, 中の, 予定の, 今日来, 保金小判を, 儀が, 冷たい奴, 対人的時間を, 小判が, 小屋に, 小欄干, 希望を, 底へ, 急所を, 愛嬌を, 戸は, 拳固を, 挨拶は, 料理な, 新しいの, 方が, 方へ, 時間内での, 智慧を, 書銘, 板蔀の, 横手から, 此秘曲を, 歴史家には, 水銀注射は, 洞口の, 清水や, 火事でも, 猪口を, 疑ひを, 病院通いに, 眼の, 眼付を, 磐石を, 秘蔵品だった, 稽古に, 窓の, 籤を, 背後が, 背後の, 良い智慧, 茶碗に, 覚え書, 重大な, 金子ざっと, 金網ぼんぼり風を, 銘仙の, 隅で

▼ 置き~ (69, 2.2%)

10 いこと 5 いの, かつた 4 いと存じます, い事, かった, くない 2 いと思, かつたん

1 [29件] いことは, いことも, いでせうが, いと仰し, いと内々話, いと思い, いと思いまし, いと思います, いと思う, いと思っ, いと思つた, いと思ふ, いと考へまし, いな, いのです, い人間, い氣, い非情手段, うございます, え, えこと, えとね, かったの, かったん, がるもの, くやはり, く思いますが, く思うから, く無いからと

▼ 置きその~ (66, 2.1%)

12 上に 3 下に 2 中に, 外へ, 奉公人の

1 [45件] ありかを, うちに, そばに, なかの, まわりを, むこうには, タクシイで, 上での, 両極の, 中から, 中で, 中間の, 二本を, 代りに, 僧尼毎月八日必ず, 光で, 包みの, 向ふ, 女文字の, 完成から, 左手へ, 序に, 後ろに, 意味の, 指を, 支配人の, 教則まで, 次には, 次に一編, 武士の, 灯の, 点を, 環境との, 生活の, 男を, 石にも, 背中には, 裏板にも, 距離を, 隙間から, 預た紙幣, 顔を, 願ほど, 馬酔木の, 駕籠の

▼ 置きどころ~ (65, 2.1%)

13 もない 4 がない 2 がなかっ, のない

1 [44件] から, がなく, が分らなくなっ, が悪かっ, が無い, が無く, が違う, が間違っ, さえこの大きな, でも, とてもなかっ, ないよと, なきに, なきを, なし, なしとても, にも困っ, にも心, に困っ, に安定, に意識, のきまらない, の分からない, の無い, の無くなった, の苦しみ, はない, は薬局, まで仕, もございませぬ, もない苦しい苦しい, もなく, もなくなった, も自然, をさだめ, を変えた, を失い, を指図, を捜し, を改革, を考えなけれ, を覚えませぬ, を違え, 無し

▼ 置き~ (51, 1.6%)

9 もない 3 のない 2 が少々

1 [37件] から身, があった, がある, がない, がなくなった, がわかりませんでし, が人心, が異なる, が違う, が高尚, だけは出来た, だと, だね, と賤, ないもの, ない思い, なき, なきまでに, なき有様, なくもて, なし, に苦しんだ, の無い, へと恰も, もあり, もし, もなかっ, もなく, もなし, も悪い, も無い若い, も知らず, も知れなくし, を一つ所, を失った, を知らぬ, を知りません

▼ 置きそれ~ (43, 1.4%)

2 を足台

1 [41件] から三日, から大野, から振り向い, が作者, が入口, が腐つた, で支, と並べて, によって万事, によって天下, によって皇位, にヒタイ, に加, に向っ, に庭, に洋酒, に腰かけ, に鰯, の掃除, へ全身, へ向かっ, より中江, より間道, より順次, をお前, をまた, をアンテナ, を取りかこん, を取り囲ん, を囲ませなけれ, を囲ん, を弓矢, を披, を持参, を根柢, を美しく, を腰, を見, を豎牛, を隋書經籍志, を黙っ

▼ 置き~ (36, 1.2%)

4 へた 2 へてゐる, へなけれ, へられる, へること

1 [24件] へ, へさせる, へたら, へたん, へてあいつ, へておく, へてはならぬ, へてみる, へてもよから, へても善い, へてゐた, へて木口, へて貰, へはしばしば, へらるべき進化, へられ, へられなけれ, へるぐらゐの違ひで, へるの, へる技, へをし, へんため, へ得られない, へ置き

▼ 置き~ (35, 1.1%)

3 をする

1 [32件] かこちら, からし, から夜, が乱れ, が宙ぶらりん, が巧者, が悪かっ, じゃねえ, そしていつたい, ってえ, てにをはのほんの, でございます, でずいぶん, でその, でそれ, でどっち, で人, と共に何となく, にあれこれ, に妙, に気, の話, はまた, までちやん, も上手い, も俗, も知らん, や列べる, や椅子, をし, を正し, を間違っ

▼ 置きっぱなし~ (34, 1.1%)

15 にし 4 になっ 3 にする

1 [12件] さその, だが, て行った, であるの, で盗まる, で自分, で逃げ, にされた, にした, に仕た, の献上物, はヒドい

▼ 置きっ放し~ (29, 0.9%)

11 にし 6 にした 5 になっ 1 ぐらいは構いません, て七兵衛, て江戸, でとびだしてったきりです, で彼奴, で結構, のカンテラ

▼ 置きさえ~ (23, 0.7%)

22 すれば 1 すりゃ好い

▼ 置き~ (22, 0.7%)

3 して, 願ひたい 2 願いたいと

1 [14件] ねがいます, 三つ見せ, 乞ふと, 伝えた母, 建てギッシリ, 引退け, 捜したらあるだろうと, 新築十冊あまりの, 願いたい, 願いましょうかな, 願います, 願いやす, 願って, 願ひます

▼ 置き~ (20, 0.6%)

1 [20件] な定期的, な小さい, に, にかけ上った, にしか戻らなかつた, には必ず, には起った, に出, に地口, に室内, に小さな, に死刑, に深, に男, に私達, に自動車, に雨, の寒い, ひの, ゐに

▼ 置きそれから~ (15, 0.5%)

1 [15件] ふところへ, まわりを, 一同が, 出た二本, 外套を, 大きな声, 寝床の, 己が, 座敷へ, 指揮官たちも, 毎日の, 然るべき買い手, 硯箱の, 鏡台に, 雑巾を

▼ 置き自分~ (15, 0.5%)

2 はその, は若い

1 [11件] が列車, でも地上, には頓着, の寝床, の左側, の理想, の頸, はいずれ, はこちら側, もまた, もマント

▼ 置き~ (14, 0.4%)

72 へよ 1 は, ひ頭, へり, へりしベルモツト, へ僕

▼ 置き~ (13, 0.4%)

1 [13件] この忙, これは, さりたかったん, はれ, ほしたり, ほして, 今夜は, 又氣, 多分孝, 孝助, 明日に, 良い娘, 足を

▼ 置き~ (13, 0.4%)

2 もなく

1 [11件] がありません, がなくなった焦, がズレ, が違, なし三世相, のない, のねえ, のよう, も無い, を時代, 無きま

▼ 置き~ (12, 0.4%)

9 へすれ 2 うして 1

▼ 置き~ (12, 0.4%)

1 [12件] したが, しない, しないから, しないけれど, しなかったか, しなかったであろうに, 三坪ばかり, 仕ません, 先生に, 四方が, 惜しいの, 柔く

▼ 置き小屋~ (12, 0.4%)

1 [12件] からさかん, がいんちきばくちの開帳場, がどう, でこそこそ, でもなかっ, につかれきっ, に閉じこめた, の中, の低い, へたたき込まれちまっ, らしい一室, らしい一棟

▼ 置き~ (11, 0.4%)

1 [11件] とわ亭で, みやと, みやに, もちや, 倫の, 台所の, 妾が, 民の, 米は, 経を, 跡を

▼ 置きそして~ (11, 0.4%)

1 [11件] 一言も, 三官あ, 壁から, 家の, 旧教を, 立ち去った, 置き乍ら, 舊教を, 花を, 衛舎から, 親指と

▼ 置きまた~ (11, 0.4%)

1 [11件] せん様も, 一方に, 三杯目の, 出て, 出で, 宗教を, 巻尾の, 日本紀にも, 様子を, 義雄に, 防寨の

▼ 置き場所~ (11, 0.4%)

1 [11件] から動かし, がなくなる, に困る, のちがわない, のわからない, の始末, の都合, をこしらえさし, を定め, を忘れた, を探し

▼ 置き~ (11, 0.4%)

1 [11件] がどんな, が提供, について部屋, の一身, の摂生, の方, の欧羅巴巡回中, の興味, の顏, は一度, は東京

▼ 置きこの~ (10, 0.3%)

1 上に, 二人が, 二声さえ, 利益が, 家へ, 板の, 樹を, 病は, 肉体の, 際右の

▼ 置きこれ~ (10, 0.3%)

1 にてはいかない, に一人, に関する徳義, もお辞儀, も結局, を具法, を取らしむ, を唱うる, を表題, を諸人

▼ 置き~ (10, 0.3%)

1 つれて, とじこめた松波さん, はいって, ほうり込んでありますわ, まわった, 寢た, 忍びこんだ, 椅子や, 立ち寄ると, 這入って

▼ 置き土産~ (10, 0.3%)

1 です, としてもっ, として設計, とも言うべき, にそれ, になる, に棒術, に都, を家康, 御高恩

▼ 置きぐらいに~ (9, 0.3%)

1 チョイチョイかかっ, ホテルに, 並んで, 人が, 昼間の, 木村さんが, 泊まりに, 泊りに, 目の下二尺も

▼ 置きたり~ (9, 0.3%)

1 けるが, されどヘラクレス, しこと, しに, その美しき, 我即ち, 汝今より, 盜難の, 直ぐに

▼ 置き~ (9, 0.3%)

1 うまやの, この仏, もう二, アがって, ア來年の, ア來年も, 一日だけ, 好いに, 板倉が

▼ 置きかへて~ (8, 0.3%)

2 さうし 1 みたり, みても, 何知らぬ顔にて, 往つた, 考へると, 見るところ

▼ 置きつつ~ (8, 0.3%)

1 あはれ, いえり, 云う世辞, 人に, 気軽に, 翡翠紅玉真珠など, 腕を, 言つた

▼ 置き両手~ (8, 0.3%)

1 でそれ, で揉む, で着物, で顔, の指, を机, を柄頭, を鼻

▼ 置き十二神~ (8, 0.3%)

8 を加

▼ 置きくらいに~ (7, 0.2%)

1 実にひんぱん, 寂しい夕方, 廻って, 母と, 燭台を, 見廻りに, 訪ねて

▼ 置きさて~ (7, 0.2%)

1 それから, それだけの, どこへ, 全く改心, 象の, 静かに, 鶏雛を

▼ 置きそうして~ (7, 0.2%)

1 その上, その上澄, その偶然, コップの, 明日は, 民衆の, 自分たちは

▼ 置きもの~ (7, 0.2%)

1 があっ, でした, とか着, に舌, のよう, をうしろ, 棚に

▼ 置き~ (7, 0.2%)

1 あのまま, あの人, こんな晩, そうし, 今日は, 何処も, 馬鹿馬鹿しい

▼ 置き乍ら~ (7, 0.2%)

2 御自分 1 その無, その狂う, なぜ大, ほめる, 実は泳がせ

▼ 置き~ (7, 0.2%)

1 に付き, は此手紙, ふは, へば許可, まじく候, もの歟, 故別

▼ 置き~ (7, 0.2%)

4 られて 2 られたよう 1 られたの

▼ 置き~ (7, 0.2%)

1 に杖, に杯, の脈所, は鉛筆, をつかえ, を打ち払い, を拍

▼ 置き~ (6, 0.2%)

1 はり番に, へようか, へようと, へると, 三晩置き, 二年置き

▼ 置きかた~ (6, 0.2%)

1 などがまだまだ, に示され, の不調和, の妙, は今, は全く

▼ 置きかへ~ (6, 0.2%)

1 した, して, た, てい, ました, めぐりめぐつて塚田強し

▼ 置きそこ~ (6, 0.2%)

1 から上, から読本, にはまた, に集った, へ横, へ腰かけ

▼ 置きばなし~ (6, 0.2%)

4 にし 1 で逃げ出し, にされ

▼ 置き~ (6, 0.2%)

3 どはせる 1 とはせる, どふ, へんが

▼ 置き~ (6, 0.2%)

1 せずお, なさらないん, 一つは, 吾が心, 大した印象, 配達も

▼ 置きランプ~ (6, 0.2%)

2 の心 1 がうす暗い, である, の光, を一台

▼ 置き一つ~ (6, 0.2%)

2 見せるもの 1 のテーブル, の茶碗, を捧げ, 洗っては

▼ 置き~ (6, 0.2%)

1 であった小体, ではもう, では出先, に還っ, よりは人, を一軒

▼ 置き~ (6, 0.2%)

1 が自作, の印象, の鉄枷, わが家宝, を優しく, を抱き起こし

▼ 置き~ (6, 0.2%)

1 から行っ, から行つて, に, に霧月, 丸の, 證の

▼ 置き~ (6, 0.2%)

1 が二つ, などだけを体裁, などへしまっ, にあった, の戸, や卓子

▼ 置き次に~ (6, 0.2%)

1 弓隊長柄隊武者, 石に, 破れかけた絣, 祝詞祝句を, 穀物畑葡萄畑次に, 第二

▼ 置き炬燵~ (6, 0.2%)

1 があり, に尻, に暖, に請, へはいり, をした

▼ 置きたま~ (5, 0.2%)

1 はざりし, へ, へし, へど, へばなるほど

▼ 置き~ (5, 0.2%)

1 何の, 台所口へ, 極めて遣, 歌舞遊芸とを, 言ったん

▼ 置きには~ (5, 0.2%)

1 こわれたいす, なれまい女房, 必ずお, 故藤沢浅二郎, 風呂を

▼ 置き~ (5, 0.2%)

2 より顕 1 の人, は仏, を作っ

▼ 置き~ (5, 0.2%)

1 て四方, て礼拝供養, て竜種, て聖教, て自

▼ 置き~ (5, 0.2%)

5 を解いた

▼ 置きあるいは~ (4, 0.1%)

1 その鞭, 小団子百二十個, 木炭もて, 紫外線X線を

▼ 置き~ (4, 0.1%)

1 あるので, てら急, 五日と, 願えて

▼ 置き~ (4, 0.1%)

1 たつには, たつの, たつを, 退屈でございましょう

▼ 置きそのまま~ (4, 0.1%)

1 下に, 立ち去って, 自分の, 風の

▼ 置きては~ (4, 0.1%)

2 キラキラと 1 不安の, 我が職務

▼ 置きどこ~ (4, 0.1%)

1 がない, に代官, に外様大名, を取り替え

▼ 置き~ (4, 0.1%)

1 に冬菜, の方, の桁, へ印

▼ 置き~ (4, 0.1%)

3 へられ 1 へらるべきであるといふ

▼ 置き~ (4, 0.1%)

1 の心, の苦しみ, 宗に, 火花の

▼ 置き~ (4, 0.1%)

2 の方 1 に花柳, の世界

▼ 置き式紙~ (4, 0.1%)

2 の処, の處

▼ 置き~ (4, 0.1%)

1 は首, をそこここ, を林, を繋い

▼ 置き~ (4, 0.1%)

1 を半ば, を戸外, を瞑じ, を閉じ

▼ 置き身体~ (4, 0.1%)

1 の埃, を固く, を楽, を起し

▼ 置き部屋~ (4, 0.1%)

1 とでもいった, にころがされ, のよう, へはいってき

▼ 置きあと~ (3, 0.1%)

1 の一万五千, は悉く, は星明り

▼ 置きそう~ (3, 0.1%)

1 して, だとか, なもの

▼ 置きそれに~ (3, 0.1%)

1 大きな石, 小さな穴, 小さな針鉄

▼ 置きただ~ (3, 0.1%)

1 人類を, 引き抽, 簡単に

▼ 置きなん~ (3, 0.1%)

1 だって今ごろ, のこと, の為め

▼ 置きにな~ (3, 0.1%)

1 つたので, つては, つて牛込の

▼ 置きみやげ~ (3, 0.1%)

1 にいろいろ, に自害, のよう

▼ 置きやう~ (3, 0.1%)

1 で一時, は無し, もない

▼ 置きやがて~ (3, 0.1%)

1 寝ついたが, 響き渡る, 鼻の

▼ 置き一方~ (3, 0.1%)

1 にはホクチ, の青い, は人物

▼ 置き~ (3, 0.1%)

1 さりましょう, さりますよう, へかかる

▼ 置き~ (3, 0.1%)

1 に壻養子, に對, を土器其他

▼ 置き~ (3, 0.1%)

1 は誰, をし, 懐かしい心

▼ 置き~ (3, 0.1%)

2 書いた字 1 に走り

▼ 置き今日~ (3, 0.1%)

1 でも彼, の支那人, まで參考

▼ 置き~ (3, 0.1%)

1 をすっかり, を左斜, を斜

▼ 置き~ (3, 0.1%)

1 の半ば横柄, の猫背, の霊性

▼ 置き其の~ (3, 0.1%)

2 上に 1 上ならず

▼ 置き其上~ (3, 0.1%)

1 に布呂敷シオル, に手紙, へ羽織

▼ 置き~ (3, 0.1%)

1 他の, 垣を, 隣家の

▼ 置き~ (3, 0.1%)

1 が明ける, に至っ, の明方

▼ 置き~ (3, 0.1%)

1 は施寧, は苦役一年, を詮議

▼ 置き~ (3, 0.1%)

1 役御免に, 病気に, 退屈でございましょう

▼ 置き~ (3, 0.1%)

1 えた書物, えるの, える音

▼ 置き更に~ (3, 0.1%)

1 その上, ハンケチを, 若干出発の

▼ 置き椅子~ (3, 0.1%)

1 にかけて父親, の上, を並べ

▼ 置き~ (3, 0.1%)

2 の連絡 1 に掴ん

▼ 置き~ (3, 0.1%)

1 のない, の減る, を附け

▼ 置き~ (3, 0.1%)

21 ふる雲

▼ 置き自然~ (3, 0.1%)

1 とその, につい, に彼

▼ 置き~ (3, 0.1%)

2 下候より 1 下様重々御願ひ

▼ 置き~ (3, 0.1%)

1 で捕った, の餌, をかける

▼ 置き難い~ (3, 0.1%)

1 のである, のは, 場合が

▼ 置き~ (3, 0.1%)

2 を伏せ 1 を顰め

▼ 置きあの~ (2, 0.1%)

1 大病人を, 怪しい奴

▼ 置きいつか僕~ (2, 0.1%)

2 の杯

▼ 置きかつ~ (2, 0.1%)

1 は塗香, 祈祷を

▼ 置きがち~ (2, 0.1%)

1 である, な或

▼ 置きしかも~ (2, 0.1%)

1 その妻, 国境にも

▼ 置きしばらく~ (2, 0.1%)

1 の間それ, 友だちと

▼ 置きじっと~ (2, 0.1%)

1 その顔, 黒い海

▼ 置きすぐ~ (2, 0.1%)

1 にそうじろじろ, 消えた

▼ 置きすばやく~ (2, 0.1%)

2 少年を

▼ 置きそこで~ (2, 0.1%)

1 しばらく休む, 客を

▼ 置きそば~ (2, 0.1%)

1 には目安方, の卓子

▼ 置きどころ一つ~ (2, 0.1%)

1 にある, 替えず娘ごころ

▼ 置きなお~ (2, 0.1%)

1 王室を, 見回して

▼ 置きながらも~ (2, 0.1%)

1 死んで, 耕作の

▼ 置きなど~ (2, 0.1%)

1 した信仰伝承, して

▼ 置きにくい~ (2, 0.1%)

1 のである, 詩である

▼ 置きにでも~ (2, 0.1%)

1 いたさうとして, 使われて

▼ 置き~ (2, 0.1%)

2 置きねなど

▼ 置きねなど~ (2, 0.1%)

1 言いはなし候様, 言ひ

▼ 置きふたたび~ (2, 0.1%)

1 やって, 生死路頭の

▼ 置きまたは~ (2, 0.1%)

1 二間置き, 正月中は

▼ 置きもしくは~ (2, 0.1%)

1 夜具等にて, 青野三吉という

▼ 置きやや~ (2, 0.1%)

1 斜に, 身を

▼ 置きよう~ (2, 0.1%)

1 はなし, もない重い

▼ 置き~ (2, 0.1%)

1 い, 宜い

▼ 置き~ (2, 0.1%)

1 放しであった, 放しに

▼ 置き~ (2, 0.1%)

1 放しで, 放しに

▼ 置き一人~ (2, 0.1%)

1 は鼠, を郷里

▼ 置き一同~ (2, 0.1%)

1 の前, は引下がりました

▼ 置き上座~ (2, 0.1%)

1 に構え, より下

▼ 置き下女~ (2, 0.1%)

1 と戯れ, に言いつけ

▼ 置き且つ~ (2, 0.1%)

1 他の, 第三音コー

▼ 置き~ (2, 0.1%)

1 の拳, 腕を

▼ 置き二人~ (2, 0.1%)

1 の見, は默つて唄

▼ 置き人間~ (2, 0.1%)

1 としての発達, の生活

▼ 置き位い~ (2, 0.1%)

1 に打ち揚げ, に柵

▼ 置き~ (2, 0.1%)

1 か安心, か考え

▼ 置き供物~ (2, 0.1%)

2 の山

▼ 置き候ところ~ (2, 0.1%)

1 ただいま見れ, 図らずも

▼ 置き候事~ (2, 0.1%)

1 に候, に御座候

▼ 置き候貴下~ (2, 0.1%)

2 に対する債権

▼ 置き~ (2, 0.1%)

1 にビール罎, よりこれ

▼ 置き先ず~ (2, 0.1%)

1 医者を, 箕作麟祥博士に

▼ 置き八五郎~ (2, 0.1%)

1 にそれとなく, へ使

▼ 置き其角嵐雪~ (2, 0.1%)

2 は人事

▼ 置き具合~ (2, 0.1%)

1 とか句読, にもよるだらう

▼ 置き~ (2, 0.1%)

1 の彫りかけ, 以て

▼ 置き~ (2, 0.1%)

1 の八畳, の新地

▼ 置き厚く~ (2, 0.1%)

1 看護し, 礼を

▼ 置き又は~ (2, 0.1%)

1 二日三日も, 二月置き

▼ 置き~ (2, 0.1%)

1 の上, をわたし

▼ 置き~ (2, 0.1%)

2 の手

▼ 置き~ (2, 0.1%)

2 樣に

▼ 置き同じく~ (2, 0.1%)

2 そこに

▼ 置き同時に~ (2, 0.1%)

1 ドイツ人ヘルマン・ロェースレル博士に, 戸を

▼ 置き~ (2, 0.1%)

1 まで持っ, を閉じ

▼ 置き唐ぶり~ (2, 0.1%)

2 たる冠衣

▼ 置き大きな~ (2, 0.1%)

1 机を, 銀の

▼ 置き~ (2, 0.1%)

1 の顏, は平気

▼ 置き~ (2, 0.1%)

1 が出, も置い

▼ 置き~ (2, 0.1%)

1 が親, の延

▼ 置き子供~ (2, 0.1%)

1 の教育, は三人

▼ 置き子供たち~ (2, 0.1%)

1 がせびる, の走る

▼ 置き~ (2, 0.1%)

1 にはいれ, の隅

▼ 置き専ら~ (2, 0.1%)

1 蕨を, 身体の

▼ 置き~ (2, 0.1%)

2 六の

▼ 置き少し~ (2, 0.1%)

1 はなれた, も他人

▼ 置き左手~ (2, 0.1%)

1 には芥子, は寝台

▼ 置き~ (2, 0.1%)

1 も死なね, れの

▼ 置き~ (2, 0.1%)

1 などがあっ, のうえ

▼ 置き度い~ (2, 0.1%)

1 から, といふ熱心さ

▼ 置き度いもの~ (2, 0.1%)

1 がある, が澤山

▼ 置き後者~ (2, 0.1%)

1 はこの, は慈悲

▼ 置き~ (2, 0.1%)

1 で身構, は愛情

▼ 置き~ (2, 0.1%)

1 なる道, に金持ち

▼ 置き慇懃~ (2, 0.1%)

2 に両手

▼ 置き懐紙~ (2, 0.1%)

1 をだし, を出し

▼ 置き~ (2, 0.1%)

1 にあ, にあっ

▼ 置き我等~ (2, 0.1%)

1 の生活, は香取

▼ 置き手先~ (2, 0.1%)

2 をだら

▼ 置き支那~ (2, 0.1%)

1 では天子, より禪僧雪舟なぞ

▼ 置き改めて~ (2, 0.1%)

1 お雪, その覆面

▼ 置き~ (2, 0.1%)

1 らしい領主, 菰を

▼ 置き日本~ (2, 0.1%)

1 が挟, の事物

▼ 置き時々~ (2, 0.1%)

1 の変化盛衰, カンバスに

▼ 置き時に~ (2, 0.1%)

1 機動を, 臨んでは

▼ 置き~ (2, 0.1%)

1 ひ舞うたと, を唄った

▼ 置き正面~ (2, 0.1%)

1 には橢円形, を向き

▼ 置き~ (2, 0.1%)

1 が庭, にさ

▼ 置き~ (2, 0.1%)

2 を一手桶

▼ 置き潮時~ (2, 0.1%)

2 を見

▼ 置き火鉢~ (2, 0.1%)

2 の傍

▼ 置き片手~ (2, 0.1%)

1 で後, を長火鉢

▼ 置き~ (2, 0.1%)

1 お四辺, 貴方が

▼ 置き~ (2, 0.1%)

1 の額, へ

▼ 置き~ (2, 0.1%)

1 が茶, の顏

▼ 置き病人~ (2, 0.1%)

1 がある, の上

▼ 置き眼鏡~ (2, 0.1%)

1 をかける, を一寸

▼ 置き種々~ (2, 0.1%)

1 に訓戒, の教師

▼ 置き積み~ (2, 0.1%)

2 置くを

▼ 置き~ (2, 0.1%)

2 の中

▼ 置き~ (2, 0.1%)

1 べてあつ, べてある

▼ 置き~ (2, 0.1%)

1 をとる, を持った

▼ 置き練習~ (2, 0.1%)

1 にかかつ, をし

▼ 置き~ (2, 0.1%)

1 る日歸つて來, る朝歸

▼ 置き~ (2, 0.1%)

1 婦人は, 鴇門頭等が

▼ 置き~ (2, 0.1%)

1 を差しこまぬい, を身体

▼ 置き~ (2, 0.1%)

1 もおろした, をまげよろめき

▼ 置き自己~ (2, 0.1%)

2 の存在

▼ 置き~ (2, 0.1%)

1 が間違つて, もなく

▼ 置き行燈~ (2, 0.1%)

1 には太い, の紙

▼ 置き視線~ (2, 0.1%)

1 を一, を地上

▼ 置き~ (2, 0.1%)

1 でもこれ, でも之

▼ 置き~ (2, 0.1%)

1 はす様, を投げ出した

▼ 置き足ら~ (2, 0.1%)

2 はしぬ

▼ 置き軍馬入り~ (2, 0.1%)

2 臥す隣

▼ 置き遠方~ (2, 0.1%)

1 に送り, より視察

▼ 置き~ (2, 0.1%)

1 やかな太刀, 衫を

▼ 置き難し~ (2, 0.1%)

1 と言う, と警官

▼ 置き静か~ (2, 0.1%)

1 に潜望鏡, に立つ

▼ 置き~ (2, 0.1%)

1 のしない, の大きな

▼ 置き頂上~ (2, 0.1%)

1 へ出発, へ行く

▼ 置き~ (2, 0.1%)

1 を垂れ, を横

▼ 置き~ (2, 0.1%)

1 のあたり, を兩手

▼ 置き食物~ (2, 0.1%)

1 だけは日々, も與

▼ 置き飾つて隣村二ヶ村~ (2, 0.1%)

1 の村医, の村醫

▼ 置き鳶の者~ (2, 0.1%)

2 まで動員

▼ 置き黄金~ (2, 0.1%)

1 の杖, の瓶

▼1* [900件]

置きぁ火の中, 置きあいつの借用証書, 置きあくる日に, 置きあたかも彼を, 置きあまりたる兵士, 置きあらはるる, 置きある人は, 置きいざといえ, 置きいったい親方という, 置きいったん控え室へ, 置きいつでも医者, 置きいつもよくし, 置きいまだ一定の, 置きいわくこうする, 置きへに腰, 置きうえ殺しにし, 置きうしろは大形, 置きおごそかにその, 置きおじぎをし, 置きおなじく三四脚の, 置きおのおの誓式を, 置きおのれ等ゆるゆると, 置きお前は着物, 置きお前さまたちの怨み, 置きお前達は栓, 置きお雪ちゃんと向い合せ, 置きかかる品を, 置きかたそのものまで, 置きかた頭がはっきり, 置きかと考えると, 置きかにある草木, 置きかに出産しながら, 置きかへの間たるや, 置きから割木を, 置きがたみです, 置きがたきはなし, 置きがたく思いながらも, 置ききわめていら立った震える調子, 置きくらゐには, 置きくらいには書いた, 置きぐったりと膝, 置きぐつたりと膝を伸した, 置きここに漢族數萬家, 置きこちらの火鉢, 置きさきに置い, 置きさじでポーセ, 置きさすがに諸侯, 置きさびしがらせて, 置きさらに煉炭火鉢を, 置きさんは, 置きしぐれがちな初冬, 置きしもの種々複雜なる, 置きすっかり覚悟の, 置きすべてが世, 置きずつにちゃんと来, 置きむれば, 置きそうそうはこっち, 置きそして一方ウラゴーゴル星に, 置きその他の場合, 置きその後で絞め上げ, 置きその道得がいかに, 置きその間に在来, 置きそれぞれの本国, 置きそれで此難問を, 置きそれらを一つ一つ, 置きそろそろと押しつける, 置きそんなら死になさいとは, 置きたい頭の性格, 置きたまえ僕は既に, 置きたりしかば直ちにそれ, 置きたりしも両女, 置きたりとて何の, 置きたるが気, 置きだってもいいでしょう, 置きだの納戸だの, 置きちかごろでは, 置きちょうど潜航中の, 置きちょっとの間, 置きっきりだった転々, 置きって言うのに, 置きつてそうお, 置きての説なり, 置きても宜かりし, 置きでは自分で, 置きでもしたやう, 置きという工合に, 置きとか肥料入れの, 置きところどころ刄の, 置きとして加入し, 置きとは云わなかったところ, 置きどういふ仕事, 置きどころ足の踏み立て, 置きどちらも負けられない, 置きどんな前途を, 置きながらと思はれる程, 置きながらの優しさ, 置きなどに使って, 置きなどの建物の, 置きなどへは持って, 置きなどを歯牙に, 置きなほ孝養を尽しける, 置きなんぞの類では, 置きなんということ, 置きにて古家具, 置きにもお見舞に, 置きねがひあげ候, 置きのちよいと, 置きのろい口調で, 置きはっきりとわかる, 置きはなしにし, 置きばばさまに見つかる, 置きひしゃくにてくみ出し, 置きひそかに様子, 置きひっそりと清らか, 置きひつそりと清らか, 置きひとりは陳国, 置きひとりくつたくげに, 置きひらりとそれ, 置きびきは悪い, 置きふさわしき働きに, 置きふたたびいつものよう, 置きふところ紙を出し, 置きへその行李, 置きへまで持って, 置きへんな文句, 置きほうだいであったその, 置きほとんど満員の, 置きほどに此の, 置きまさる露にふふめ, 置きまず天守台の, 置きまだ姿は, 置きまだまだ気味の, 置きもう一つを, 置きもし手紙でも, 置きもの本棚もあれ, 置きやあチリチリガンチリチリガンチリガンチリガンチリガーチテントツントツンルンやあ, 置きやおら鞘を, 置きやすいものな, 置きやたらに使っ, 置きゆき子はそこ, 置きれいの杏, 置きわずかに醒覚, 置きわたくしに何処, 置きわたしはそれ, 置きしまい, 置きアイヌは殆, 置きごた, 置きウルガン伴天連やがて安土, 置きウルスター・ゴンクールと申す, 置きケースから紙巻煙草, 置きコイルの軸, 置きコタツまでが工夫, 置きコップの残り, 置きコップ床からストウヴ, 置きコロップを衣嚢, 置きコロマンデルの広い, 置きゴーリキイは後年, 置きザブンとそれ, 置きシモシリ以北を露領, 置きシモンの子供, 置きジエィンそして以後, 置きスパリスパリと煙草, 置きゾロゾロいなさる, 置きッぱなしにしてそッちへ, 置きネッカチーフの風呂敷, 置きバタつきのパン, 置きヒタヒタと尾, 置きビリデルリング大将の統率, 置きピッケル一本持って, 置きフォークを捨て, 置きヘラクレイデースが明らか, 置きペタリと土, 置きボオイが大, 置きマサカ爪で潰す, 置きミヤゲにする, 置きモッコから包, 置きモデルに歌わせ, 置きヤツと腰辨位, 置きリュックのポケット, 置きヴァイオリンを取り上げ, 置きヴァージニア葉巻をもった, 置き同首, 置き一ときほどここ, 置き一ツ二銭とか三銭, 置き一人東京で家, 置き一作家の価値, 置き一応は帽子, 置き一日それを, 置き一時は寺封千三百五十石, 置き一晩泊つて漸く前後, 置き一服すいつけたところ, 置き一本橋を渡つて私ども, 置き一条の光り, 置き一杯を注い, 置き一枚について幾ら, 置き一枝の花, 置き一番先に月代, 置き一種のアブノーマル, 置き一語一語力を入れ, 置き一面に玻璃, 置き一頭を捕れ, 置き丁寧に針, 置き丁度よい時間, 置き三人のもの, 置き三十分後には, 置き三尺ばかりの狭い, 置き三尺すさつて拝せんなり, 置き三度三度の食事, 置き三日置に参っ, 置き三舎を避け, 置き三角点にて万歳三唱, 置き上野の花見, 置き下着を長, 置き不意に牛乳瓶, 置き世の中の形勢, 置き両端を攻め, 置き両虎互に傷つかず, 置き両親の威光, 置き両足を机, 置きに水, 置き中ノ島の両側, 置き中津に帰, 置き中頭地方から来た, 置き主として木材輸出の, 置き乍ら事に紛れ, 置き乍ら吾儕にばかり裃, 置き乍ら噺家なんぞまるで何とも, 置き乍ら笑ふ顔, 置き乍ら非常に雄弁, 置き乏しい光りの, 置き乙所で掠めた, 置き乱暴に酒, 置き予め鋭利に, 置きに寄る, 置き事実によって教えられた, 置き事實と云, 置きと置い, 置き二つの庖丁様, 置き二三人の特攻隊員, 置き二三歩踏みしさ, 置き二妻数妾の滅茶苦茶, 置き二日おきぐらいに日, 置き二杯足らずの酒, 置き二階に呈す, 置き互いに隠すところ, 置き五日早朝怪しきもの一人, 置き人々は臥し, 置き人類に対する至上, 置き今日嘖々される諸, 置き介抱でも仕, 置き仏教を排した, 置き仏頂寺と同じ, 置き他日京都に入っ, 置きが之, 置き以上は演劇映画, 置き伏目になった, 置き休憩時間のお茶, 置き休止せしめたの, 置き伯父の安否, 置き伯自らその首相, 置き何人をも我, 置き余つた露は煌々, 置き余念ない姿, 置き侯共御一議, 置き便りはつでのある, 置き俊秀な少年, 置きの心, 置き候儀なにぶん相成り, 置き候処当時何に寄らず, 置き候分は勝手次第, 置き候哉と御, 置き候尊攘堂の事, 置き候書得と御覧, 置き候書翰草稿に添刪, 置き候本人身の上に別状, 置き候英国政府の思惑, 置き候通り相心得風俗, 置き候間一同疑念致すまじき事, 置き候間直々に行き, 置き候非道の財宝勝手次第, 置きには机, 置き億劫そうに一つお辞儀, 置きの道, 置き兄さんがはいれた, 置きへ廻っ, 置き光源を変え, 置き禅の, 置き全体を弾き試みる, 置き全米の知能, 置き八條迄の苗字, 置き八重わが家に来りて, 置き六分置きに, 置き六郎兵衛の身, 置き其下に華押, 置き其処には家令, 置き其編年の体例, 置き其身は書記, 置きに入り, 置き円周上のあらゆる, 置き再び馬に, 置き冷静に批評, 置き凡ての刹那, 置き処標題の付け方, 置き刀環の着いた, 置きの大刀, 置き分別盛の男, 置き初代多助の出生, 置きに利, 置き刻限に及ん, 置き剃刀を取ります, 置き前方にテーブル, 置き前置きはこの, 置き前記の各, 置き前部の水樽, 置き労働者の最先端, 置き勇齋はぼんやり, 置き勝手口より出で, 置き北千島土人と云, 置き北方に僅か, 置き医薬の上, 置き十三ヶ月を一年, 置き十余年前にこの世, 置き十分諸人に顔, 置き十年後の某, 置き千代松は眼鏡, 置き恒久的な, 置き半分は小さな, 置き半紙一枚に甚だ, 置き卓上の洋書, 置きをうんと, 置き却ッて反対, 置き卷煙草に火, 置き原書と照, 置き去るやうに, 置き友人を自分以下, 置き友達の腕前, 置き反対側の静脈, 置き反間苦肉の策がこしらえ, 置きを尖らし, 置き口笛を吹い, 置き古し見古し, 置き台どころの方, 置き右手を額, 置き各種の学校, 置き各自の名前, 置き吉左衛門はまた, 置き同局に民法編纂会, 置き名主の上, 置き名刺入の缶, 置き名号を唱え, 置き呉羽之介, 置き周囲の壁, 置きはその, 置き和蘭滞留中に奇談, 置き品物渡し方, 置き問題の二千円, 置き喜びをさ, 置き囚徒至るを, 置き四日置きに, 置き国性と両立, 置き国法ではこれ, 置き国頭地方から来た, 置き國性と兩立, 置き土器の類, 置き土間におりる, 置きがあった, 置きのうえ, 置きなきに, 置き売りをし, 置きへた, 置き変心の暁, 置き夏冬の服, 置き外国と鋒, 置き多くの真実, 置き多数が河, 置き夜ふけて人, 置き夜もすがら出兵の, 置き夜中の二時頃, 置き夜具の裾, 置き夜食欲しきごと, 置きに託し, 置き天井頂上を, 置き大きい溜息を, 置き大使をし, 置き大刀を大上段, 置き大学へ入ったら, 置き大津絵を描き, 置き大砲をさえ飾る, 置き大輪の白菊, 置き天下の事, 置き天草島原の両, 置き夫婦から児供, 置きくした, 置き女房と子供, 置き女郎花清らかなる小, 置きがこの, 置きは暫く, 置き婚姻は家, 置き子供らへ昔噺, 置き子供達はいつか偶然, 置き子弟の教育, 置き孤立し無力, 置き学士と共に寝起き, 置き学資を給, 置きに会い, 置き學問の何物たる, 置き宇治山田の米友, 置き安らかに眠った, 置き安兵衞だけ這入りました, 置き宗教でもなん, 置き定日サルタンの使, 置き囀と, 置き実に行儀よく, 置き実業や金儲け, 置きが來, 置き家禽を地上, 置き寒くも時, 置き寒暖の挨拶, 置き寝間に還っ, 置き将軍に対して坐し, 置き專ら身體の弱い, 置き小屋掛けをしてやり始めた, 置き小石を重石代り, 置き小舎にゆきました, 置き選し, 置き二百万フランを, 置き尻尾を岡, 置き屈身跪座して, 置きをそれ, 置き山嶺に魂, 置き山木の借用証書, 置き山本安英君扮するところ, 置き山靈風虚の賜, 置き屹度それが徐, 置きの屋根, 置き左利きの音吉, 置き左苺の草, 置き差俯向く, 置き巴里祭のはなし, 置き市内を卸売, 置き帯刀いたし居候, 置き帰りしなに固, 置き帰路白糠軍馬補充部を一見, 置きや足袋, 置き常住の不安定, 置き幕府は奉行, 置き平手で老, 置き平次は佐五兵衛, 置きを経る, 置き年頃三十ばかりの男, 置き幸内の口, 置き幸太郎は言った, 置き幼名を十王丸, 置き広島の第, 置きの間, 置き度いが昨夜お光, 置き度いところがある, 置き座敷に上った, 置きがなかろ, 置きを横切っ, 置き庭先の方, 置き庭前の方, 置き康煕帝の上諭十六條, 置き張扇でバタバタ, 置き当分同氏が事務, 置き当日の葬儀, 置き当時の喜, 置き当時叙爵の儀, 置き当時支那音に通じたる, 置き当番の組, 置き彼処から信濃殿町, 置き彼女の凝視, 置き彼是仰せられるは, 置き彼等虎狼の爪牙, 置き彼處に彼, 置き後で喧嘩両成敗だ, 置き後ろへ一段, 置き後日の証拠, 置き従つて私共の生, 置き御寺の阿闍梨, 置き御領内何百ヶ村を毛見, 置き御飯粒を三粒, 置き復古思想であるが, 置き必要な時中味, 置き忽ち影を, 置き怒気憤, 置き急ぎ足に坂, 置き怪しい死ざまに, 置き恐る恐る結び目を, 置き恒川警部の努力, 置きをつい, 置きに迫った, 置き意味ありげ, 置き意気揚々とした, 置き感動して, 置き感情こそ一切, 置き慶長時代から以後, 置き懐中へ手, 置き或は社会の, 置き戦役計画の立案, 置き手巾で手, 置き手拭を持っ, 置き手綱をつけられ, 置き寛ろいで, 置き扨和尚を揺, 置き技師たちは皆外, 置きも私, 置き投稿書籍雜誌の寄贈, 置き拍子木を張扇みたい, 置き拙者もいずれ, 置きを伸ばし, 置きられた駕籠, 置き掛地も売っ, 置き推理力による把捉, 置きを手, 置き支院をアルカラ, 置き政七も仙太郎, 置き政府は瑣, 置きらに, 置き故郷へ急ぐ, 置き教員たるもの, 置き教師が教場, 置き教育の功利化, 置き数学の教授, 置きの油断, 置き敵情を十分吟味, 置き文代さんに命じ, 置き文学上の批判, 置き文治三年正月十五日より不断念仏, 置き料理番がこれ, 置き新田取り立ての高札, 置き方並べ方はことごとく, 置き方政治への批判, 置き日暮れよりは人, 置き日本国中蘭学社会の人, 置き日本映画従業員の境遇, 置き日記の筆, 置き日課を分割, 置き旦那と私, 置き旦那用として外, 置き早瀬は頼春, 置き早速朋友を, 置きの顔, 置き易いやうに, 置き易くまたその, 置きを惜, 置き昨夜の怪事, 置き昨晩それとなく國, 置き是方の壁, 置き時機を見, 置き時間が来る, 置き普通の学識, 置き褐色の, 置き暗い森林の, 置き暗やみの中, 置き暫くたつて, 置き暫しの窮命, 置き曠野城の嫁入り前, 置き曲木細工の椅子, 置き書棚の上, 置き書籍の上, 置き最初の大黒柱, 置き最後をこの, 置きの光, 置き月丸の名, 置き有力の材料, 置き朝夕富士司を合せけれ, 置き朝夕此孔穴に身, 置き朝子は立った, 置き朝臣を任免, 置き本当はあの日, 置き李寧祖承訓, 置き村社は年, 置きのそば, 置き来年は何処, 置き来春に至り, 置きを執っ, 置き東京ではかうだ, 置き枯草を燻べ, 置き染革の切れッぱしだの膠鍋, 置き根岸の姉さん, 置き桂川の家, 置きの皮, 置きをかつい, 置き棚二つへ院, 置きを二つ, 置き植田良平は先, 置き業界に対して絶対的, 置き横文字を見た, 置きに並び, 置きが六畳, 置き欧米の教育事業, 置きの梅三郎, 置き此処より源次郎, 置き此方には煎茶, 置きの無い, 置き死骸は寢, 置き残りをポケット, 置き残余の十万円, 置きすの, 置きの遺臣, 置きだらうと, 置き毎日婦人をし, 置き毛糸の手袋, 置き水団子外には菊, 置き水街道の方, 置き水車をまわし, 置きを拭, 置きの中, 置きぎはいけません, 置き注意深く平に, 置き洋燈をふっと, 置き流し式, 置き洛師の遊, 置き浄土に進む, 置き海水帽の上, 置き海老福包み, 置き淋しいお顔, 置きむらし, 置き深く何ごとかを, 置き清潔に掃きやん, 置き湯漬を出せ, 置き源次郎に酌, 置き漢文をよく, 置き激しい冷気にも, 置きをよく, 置き火燵の上, 置き炉端へ戻っ, 置き炭火の中, 置き炭焼男の重, 置き無人の境, 置き無言で立ち去った, 置き無造作にそれ, 置き無量の意味, 置き煙草吹かしつつ, 置きへる隱士, 置き熱心に精神的教育, 置きの中, 置き爛々たる眼光, 置き父母の行儀, 置き脚を, 置き片肌ぬぎに, 置き片面を怪しき, 置き牛込のお, 置き物の怪の祟り, 置き物憂く立ち上りながら, 置き狂妄ほとんど桓玄司馬倫, 置きを押しやっ, 置き多き山, 置き玄関には専属, 置き率直に素志, 置きと諸, 置き王倫の兜巾, 置き王子が来, 置き現に妊娠中の, 置き現実生活の煩わし, 置き瓢箪をさげ, 置き生意気な恰好, 置きを給, 置き申候細かき処, 置き留守居を置き, 置きのうえ, 置き痘瘡を爬くに, 置きと浅黄, 置き白い羊の, 置き白人種にあらざれ, 置き白日昇天したと, 置き白昼公然町, 置き白湯の椀, 置き百人に一組長, 置き百匁蝋燭一本を立て, 置き百文の銭, 置き百枝樣乙松樣を金助町, 置き百科の理学, 置きで泣き, 置きや高坏, 置きには酒肴, 置き監察を監察, 置きの縁, 置き目下の緊急事, 置きつて眼を, 置き直ぐ山口へ, 置き直に前進し, 置き相互浸透によって自己, 置き相手に燈火, 置き眷族の一人, 置き短い刃物の, 置きを生かし, 置きの上, 置きをすえ, 置きの御子, 置き秀子の眼中, 置き私独りで稼ぎ出しやす, 置き秋田城との連絡, 置き秩序によつて人間, 置き稠人のうち, 置きつぽ, 置き空気抜け孔, 置き立帰りさア, 置き竝べたなかに煤, 置きを乗せ, 置き端然と坐って, 置きを除, 置きを左手, 置き等しきものは, 置きも資力, 置き筒先を佛壇, 置き管理するお宮, 置き簡単な腰掛け椅子, 置きを錘, 置きを藁タワシ, 置きの大き, 置き紙張りの天井, 置き素早くほどいて, 置き素知らぬ顔を, 置き細い燈明の, 置き細工をし, 置きへて冬空, 置き終日奔走して, 置き終点駅にする, 置き組織部教育部等を刺戟, 置き経文を並べて, 置き給いしを後日, 置き給はず唯六畳の間, 置き入雑誌, 置き絵の具を向, 置き継ぎのし, 置きて八局, 置きを打つ, 置き綿入羽織, 置きと伏兵, 置き署名本は重臣たち, 置き美しくひらめいて, 置き翌日お調べ, 置き翌朝出発の時これ, 置きひぬ, 置き老大政府を, 置きを傾けた, 置きを入れ, 置きのなか, 置きにぶらさげた, 置きの方, 置き背嚢をおろし, 置き胡坐なんぞ掻かない, 置き胴体の方, 置き脇差を重ね, 置き脊割羽織に紺緞子, 置き脚下に浸し, 置き腐れになった, 置きを大, 置き腹心の者, 置きをちんまり, 置き臥床に帰っ, 置き自ら樹上に宿す, 置き自若たる面もち, 置き臭くて穢, 置き舎弟の七郎正季, 置き舞台はテーブル, 置きはグングン, 置き船内のすべて, 置きも香ばし, 置き芭蕉を植ゑ, 置き花生けには燕子花, 置き花車重吉が上総, 置き芸妓を呼ぶ, 置き苟くも良い加減, 置き若い血汐の, 置き若君を戸棚, 置き苦しげに, 置き苦闘努力以て光明, 置きに薩摩, 置きを拵え, 置き茶せんをそそぎ, 置き茶器食籠など取, 置き茶席の会中立前, 置き茶道具も備, 置き草書のくずし, 置き草葉の末, 置き莨盆をひきよせ, 置きの雪下し, 置き菅笠は仏, 置き菓子を與, 置き萱笠をもっと, 置き萱野さんとはそれっきり, 置き葉藏とは三つ, 置き蒼白い髪を, 置きで間, 置き薬師三尊の中, 置き薬草を植え, 置き藤蔓で堅く, 置き藤間某と名乗り, 置き血文字にて私生児, 置き行儀作法を教え, 置き衣食を給, 置きから白い, 置き被害者が眠っ, 置き西はサンゼリゼ, 置き西洋の家庭, 置き西郷越中守殿の方, 置き要港に隠, 置き覆面をぬごう, 置き見よ見よ汝ら汝らこの, 置き親切に作る, 置き角右衞門は出掛けまし, 置き言葉をついで, 置き診察服を着けた, 置き誘惑に堪え兼ね, 置き課長の大, 置き名僧知識と, 置き諸方へも出し, 置き講義の大体, 置き護衛の甲士, 置き讀者の解釋, 置きへた, 置き笈の, 置き貴婦人めいた挙措, 置き貴様は大, 置き赤児の手, 置き走り使いをし, 置き起草委員は一人一編, 置き足音を忍ばせ, 置きを反らし, 置き軽く溜息を, 置き近々と顔を, 置き退屈そうに, 置き逐電したもの, 置き途上数僧に逢う, 置き通り島田の家, 置き速力を二の次, 置き連絡のない, 置き遊びだという, 置き運上所わきの町会所, 置き道場のこと, 置き違い棚には画帖, 置きをした, 置きつぱらつて, 置きさを, 置き重ければ則, 置き重箱より屠れる, 置き野外演習の休憩時間, 置きが出ぬ, 置き金華山の沖合遙, 置き金製の紡錘, 置きをはこばせ, 置き鉢巻を取り, 置き銀器をうる, 置き銚子に触っ, 置きを用意, 置き鎌倉権五郎景政も八王子ッ子, 置き鎧櫃を置き, 置きもつけ轡手綱, 置き長い手を, 置き長年積もり腐敗, 置き長持に凭れ, 置き開扉の締り, 置き閑さへあれ, 置きに馬酔木, 置き間もなくそれを, 置き閣員中第一, 置き陰気に眼, 置き隠し立して, 置き隣室へとかけこん, 置き雑誌に載せる, 置きをドア, 置き電流計が動く, 置きの朝, 置きを犯さんず, 置きをポケット, 置き靴足袋を靴, 置きの二枚皮, 置きを加え, 置き音楽で鼠, 置き音羽はそッ, 置きにつけ, 置きにまいた, 置き願わしゅうぞんじます, 置き類焼の者, 置き顰蹙して, 置き風呂をもらい, 置き颯爽として奥, 置き食事が済む, 置き食卓の方, 置き食邑をわかち与えられ, 置き飯代部屋を兼ね, 置き飲み食いもできる, 置きる露, 置きを垂れ, 置きを睨む, 置き馬上戦陣の展開, 置きべられた, 置きは寝台, 置き骨董も美術品, 置き成して, 置きの中, 置き鬢盥の水, 置き魚日の句, 置き鴻臚館を建て, 置き麻糸にてしばりたる, 置き黄色い灯を, 置きは二列