青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「若し~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~芽 芽~ 苔~ ~若 若~ ~若い 若い~ 若き~ ~若く 若く~
若し~
若干~ 若旦那~ ~若者 若者~ 若葉~ ~苦 苦~ ~苦し 苦し~ ~苦しい

「若し~」 5679, 61ppm, 1871位

▼ 若し~ (240, 4.2%)

6 自分の 5 天下に 4 今千部に, 此の 3 お浦, そんなこと, 彼の, 気でも, 若しや

2 [17件] あなたが, あれを, どこかに, 仮面では, 余の, 俺より, 先生は, 彼は, 彼女が, 恁うし, 昨夜の, 此話から, 秀子は, 私の, 窮迫した, 解職願では, 詰らぬ疑ひを

1 [172件] あいつまだ, あなたに, あなたの, あなたも, あの暗い, あれでは, あれは, お世辭, お前が, お嬢様と, お小夜, お父様, お腹の, お諂辞, お間違ひで, お隣の, ここに, この娘, この床の間, この新聞, この男, この轍, これは, そこに, その仏像, その怪物, その開かず, その風船, それかと, それが, そんなお, という想像, という疑惑, といふ恃, どうかし, に覊, やはりたずさえ, アアそんな, アーサー王の, ハメでも, 上下の, 不幸な, 中村君が, 二千兩といふ, 交換条件を, 人さらいの, 人の, 人見さんから, 人見さんが, 今日は, 今算盤, 仮面かとも, 仮面でも, 仮面を, 例の, 便宜を, 倭文子の, 偶然に, 先き, 先生へ, 其が, 其の女, 其の才媛, 刑事でも, 医学士に, 却つて大, 又行方, 叔父様が, 取返しの, 古いお, 古泉堂とかいう, 君は, 哀れな, 噂に, 塔の, 変つた所が, 多助と, 大阪の, 夫の, 奥底の, 婆さんお前に, 尋ぬる, 少しおそく, 川から, 己を, 希ふところの, 幻で, 座敷の, 形の, 彼では, 彼女に, 彼等が, 後悔なさる, 悪い病気, 慌てて, 我が娚日出雄少年, 我が慕, 戦死を, 探偵では, 敏子が, 既に事切れ, 日本髪の, 早計と, 明智も, 春頃お送りし, 時間を, 曲者が, 本郷の, 此の前に, 死んだの, 死んだ筈, 死骸の, 氣取られた, 源太が, 煙草の, 照子は, 父上道庵樣が, 爾では, 犬が, 犬でも, 狂犬の, 独りで, 狼狽の, 玄吉といふ, 王様の, 珍石では, 瓦斯会社の, 生田では, 百面相役者という, 真白に, 睾丸炎にでも, 神様の, 神樣の, 神隱し, 秀子が, 秀子で有ろう, 秘密とか, 空席が, 笹舟に, 縄に, 背丈の, 自分との, 自分は, 茶番師が, 菰田源三郎とは, 藻西太郎が, 蜘蛛屋では, 袂に, 裏口から, 親父の, 誰かが, 警察では, 貴女と, 貴方に, 貴方は, 赤外線男に, 軽蔑した, 輕蔑した, 辻堂が, 迎えが, 鉄路の, 長与が, 長次は, 雪子が, 頭挿で, 風でも, 風邪でも, 飛んでも, 食ひつかれたら, 鬼が, 黒沢岩太郎様と, 鼾の

▼ 若しこの~ (151, 2.7%)

2 事が, 事実を, 場合に, 手に, 書が, 男が

1 [139件] うへの, おほ, まま女の, まま明日の, まま書きつづける, ような, ように, アイスクリーム屋の, イデオロギーに, レドクソンが, 一事を, 一戦に, 一文が, 一点を, 上憤, 世にも無, 世の中から, 世界にて, 両人を, 両者が, 中に, 丸い眺望, 事について, 事の, 事を, 事件が, 二人が, 二人の, 二件を以て, 人の, 人生の, 仕事への, 他の, 先何年も, 光景を, 六を, 刑事の, 制に, 前提が, 千文という, 同盟に, 呼び出しが, 問題に, 善良な, 国の, 国民が, 地球を, 堤の, 場合彼等すべてが, 大仏に, 大群がや, 女男子を, 婆さんの, 婦人の, 子が, 宝物を, 屋敷に, 布が, 席から, 常夜燈, 店が, 建築を, 形式を, 後誰も, 心もちが, 想像が, 想像に, 意を, 戯曲によ, 手記を, 指紋を, 數節の, 新聞の, 方法が, 旅で, 時トラホームによ, 時半, 時新しき, 時早く, 時涙の, 時謝源が, 書き物を, 書に, 服従と, 本に, 楊州に, 様子を, 横われる, 次何かが, 欲求の, 気力さへ, 気持を, 沈默が, 法律を, 消耗が, 滑っこい瓦, 漏斗の, 点が, 状態が, 王在世なら, 申出に, 男を, 町名に, 眼で, 瞬間に, 社会の, 祈りなく, 窓から, 紙切の, 細流かく, 結果露骨に, 美くし, 者が, 興味とは, 苦を, 莫大な, 蚊が, 表現を, 言葉が, 計画に, 計畫, 詞が, 詩人の, 詩的感激を, 説に, 調子の, 議会の, 路を, 辺で, 遊を, 遺書を, 部分のみに, 鉱毒問題を, 関係が, 關係が, 順序を, 頼みを, 願かなは, 馬の

▼ 若し~ (112, 2.0%)

3 があの, が何, が彼, が貧乏, のこの 2 が, がこの, がその, が自分, が貴方, の推察, の言

1 [83件] があした, があなた方, がうまく, がお, がここ, がそれ, がそんな, がへま, がまだ, がもつ, がやつ, がハイメッタス, が一般, が中, が二三, が亡, が傍, が十年, が単に, が呶, が外界, が大声, が大男, が帝, が彼女, が彼方, が愛する, が戸, が日本人, が望みどおり, が次に, が此, が此処, が深い, が猿, が産婦, が私, が筆, が筋, が編輯室, が聞き違えた, が自由, が色男, が車, が長生, が露子, が順調, でなくっても, にもう一度, に人, に全然, に向, に向い, に嫌疑, に将来戯曲作品, に後, に政治上, のこと, のこれから, のそういう, のわき, の内部, の境遇, の家, の建言, の愛, の感受性, の手紙, の手許, の推定, の点眼, の為, の生活, の考える, の親達, の話, の貧しい, の足, の述懐, の馬鹿正直, より一尺, を恐れ, を殴っ

▼ 若しそれ~ (99, 1.7%)

2 が事実, が出来なけれ

1 [95件] が, があら, がある程度, がお気, がきたならしい, がこの, がそのまま, がどう, がなかつたなら, がほん, がまがい, がりら子, がオランダ單語篇, がマルクス主義的, が一寸, が一社会, が万一, が世上, が他殺, が偶, が兄さん, が出, が出来ず, が出来なかつたら, が出来れ, が国防, が多少なりとも, が天才, が奇怪, が婦人, が家, が實行, が帝, が幸一月, が幸子以外, が彼女, が彼等, が必要, が恋, が成功, が故郷, が方法的知識, が本当, が本心, が正当, が渓流, が漢, が無い, が爲め, が現, が疾風, が病気, が相手, が眞實, が真, が真実, が真昼間, が知れたら, が知慧, が私, が純, が素寒貧書生, が脱ぎ棄て, が虫, が諸君, が講義, が進歩, が過失, が鋭く, が間違つて, で君, で故障, ならば, に成功, に肯ん, に興味, に身体, に酔っ, は実に, は少数者, も出来なかったら, も出来なけれ, をしない, をまだ, を今日, を口外, を吹く, を咎めれ, を強いて, を得る, を断然, を母, を氷峰, を知ろう, を花

▼ 若しその~ (97, 1.7%)

3 中に 2 場に, 男が

1 [90件] アヌンチヤタならぬ, 一言の, 上他人の, 中心を, 事を, 事実あり, 事象に, 人を, 人達が, 人達を, 人間が, 人間の, 任務たる, 作家が, 公憤を, 内在的な, 十誡に, 友人が, 反對, 名誉も, 周囲に, 奇術奇ならざる, 奧さんのだつたら, 女が, 女を, 実験が, 峠へ, 底に, 必要を, 怪死事件の, 患者自身が, 愛が, 愛によって, 慾が, 手が, 抑制を, 数が, 文学が, 方が, 方法も, 時あなたの, 時お, 時ちやんと, 時に, 時パンクすれ, 時父の, 時親父が, 朋友が, 梅の, 様な, 気が, 気分を, 気持が, 点既に, 熱き風胸, 理想を, 生活の, 生活力が, 由來を, 百樽の, 皮の, 目論見が, 相手が, 相談が, 知識の, 竜子の, 系統の, 紙片に, 結果が, 老人を, 者が, 自由な, 致死量を, 若旦那の, 苦力の, 薄黒く, 行為が, 言葉が, 詞だにも, 誰かが, 道へ, 道聴途説の, 遺書でも, 附け届け, 際私が, 電車が, 霞亭との, 頃二人が, 顔が, 魂が

▼ 若し~ (90, 1.6%)

5 にし 4 れに, をし 2 が, がこの, がその, が何, に万一, の, れが, れを

1 [61件] があなた, がいけない, がお, がこ, がその大きな, がスパイダー, が不具者, が不機嫌, が云う如く, が今日, が先, が学者, が或, が此, が火葬場, が理窟, が生れつき, が畜生, が真個, が立つ, が立腹, が芸術家, が藤次郎, が親父, が言葉, が誤, が飲酒家, ならこれ, に咫尺, に會, に詩人, に避雷装置, のま, のゐ, の云, の人, の人達, の友人, の娘, の家, の後, の推測, の時, の曲者, の来る, の死, の潜戸, の眼, の短所, の脚, の計画通り, の野郎, の電報, の風狂, の體系, れアレクサンドロス, れ邪心, をよろこばす, をゲラルド, を反対, を無器用

▼ 若しこれ~ (86, 1.5%)

3 あらば 2 が他人, が昔, で自分, を一

1 [75件] が, があり, がうまく, がなかつたら来なかつた, がもう少しどうか, がアベコベ, がワラタ号, が一年前, が事実, が人間, が何時, が偶然, が分り, が前, が勝負, が双方, が君, が夜, が妙子, が妙子さん, が巻紙, が後, が悪かっ, が成功, が撓められず, が新派劇, が本当, が病院, が盗賊, が真実, が私, が約束, が緑, が自分, が船唄, が都近く, が陶, で埋れるなら, で声, で結城ひろ子, に, に世, に反し, に従わず, に理論上, の談判, は園部, をし, をどこ, をもつ, をも猶, を人並, を口, を古今集以後, を和語, を喧嘩, を変易, を寝, を強, を怒るなら, を怠るなら, を恐れる, を愛する, を文学論とい, を枕上, を歌, を治, を犯せ, を略する, を翻訳, を與, を見たら, を詠まん, を読んだ, を飲用

▼ 若し~ (78, 1.4%)

4 れ大隈伯 3 れ彼 2 れ伊藤侯, れ政界, れ然, れ第, れ談論滔々, れ識見, れ閣下, れ陸軍省

1 [55件] が, が実現, が無けれ, が赤く, だけの事, として佃, と妻, の三年, の父母, は縁, ほど抜目, れ, れおの, れ世界, れ之, れ人間, れ其大略, れ其見小, れ写実, れ天, れ実際, れ實際, れ尚, れ形式礼法, れ形式禮法, れ徳, れ支那, れ文学者, れ明治, れ是等, れ期する所, れ東北, れ歌, れ氣, れ注意, れ涙, れ環, れ皮肉, れ社界的人生, れ老朽者, れ臨檢警官, れ英語, れ衆, れ西洋, れ試驗法, れ足尾, れ通人才子, れ鉱業, れ銅絃鉄撥, れ陰陽, れ陸奥宗光伯, れ陸奧宗光伯, れ風一たび蓬, を持ち, 唯機会

▼ 若し~ (71, 1.3%)

3 適当な 2 た伊藤侯, 万一, 僕に, 無理に, 理由らしい, 誰か, 適當な

1 [54件] お帰り, その事實, その本質, その社会, それが, それは, それ迄に, ゑんこう, ウイスキーや, 下等の, 之を, 人あり, 人生に, 俳句漢詩等にも, 僕の, 僻地寒村より, 其の松樹, 其方が, 凝つて, 劇外の, 単に日本政記, 古の, 單に, 固有名詞其ものの, 堤を, 多少でも, 富士山を, 實行とは, 彼を, 彼等が, 惣ての, 戀といふ, 我には, 我国の, 持って, 持つて, 新聞の, 暇を, 水と, 泣かずば, 焼かれ砕かれるの, 白い岩, 直接外來の, 精神の, 羅紗緬でも, 舟が, 豪雨で, 貴方曲なれ, 逍遙の, 途中より, 金に, 關東の, 高等の, 鴎外おのが

▼ 若し~ (69, 1.2%)

6 の事 4 の如き, の如く 2 の人, の機会, の言葉, の過渡, れに

1 [45件] が単に, が螢, っちを, に云, に反, に積極的言明, の, のとき, のほんの, のま, のチラ, の両, の事件, の二人, の二様, の仕事, の儘, の兩野心家, の処, の多聞山, の女, の恋, の捨鉢, の敵, の時, の時素直, の機會, の水蒸気, の汚名, の珍籍, の男, の疑い, の知識, の私, の翌日, の臭気, の芸術, の草履, の覚悟, の覺悟, の議會, の辺, の通り虎, の鍋, の頬笑み

▼ 若し~ (59, 1.0%)

8 うだと 6 うだつたら 5 うであるならば 4 ういふ, うと 3 うならば 2 うだつた, うでないと, うでなかつたならば, うでなくば, う云, もあら

1 [17件] ういふ事, うする, うすれ, うであ, うである場合, うであれば, うでしたら私, うでないならば, うでなく, うでなければ, うで無いと, うなら仮に, うなら訳者, うなるなら再び, うなれば, う思へなけれ, う言

▼ 若しそう~ (53, 0.9%)

10 だと 5 とすれ 4 ならば 2 ならその, なれば

1 [30件] お知らせし, しなければ, だったら, だったらどう, だったら何, だったら彼女, だったら私, であるならば, である場合, ででも, でないかと, でないと, でない時, でなかったならば, でなかったらその, でなかったら古来, でなかったら女, でなかったら蟻, でなくもう, で無いなら随分間, と知っ, なったらそれ, なったら二人, なって, ならそんな, なら私, 云うこと, 云う事, 思って, 言って

▼ 若し自分~ (51, 0.9%)

2 がそれ, の家, を見付けたら

1 [45件] がいつか周子, がこの, がその, がひよつ, がアメリカ, が云い出した, が大人, が女, が威尼西亜, が彼等, が新聞記者, が死ぬ, が殺す, が比較的, が父, が片思い, が画家, が真個, が行く, だったら若かっ, でもフト用足し, にかけて居る, にその, にスパニア語, に娘, に悪い, に梅毒氣味, のこんな, のため, のやう, の口, の國民, の土地, の場合, の手, の手元, の敵, の村, の生んだ, の素性, の經歴, の裡, の身の上, は許されるなら, より前

▼ 若しかする~ (46, 0.8%)

2 とこの, とこれ, ともう, と二人, と何, と昔, と東京, と菊池君

1 [30件] とあいつ秘か, とそれ, とと云う, と人違い, と今, と作者, と俺, と俺以上, と僕, と先生, と単なる, と少し, と己, と弟, と彼, と折々, と政子さん, と日英, と明方, と未だ, と楽しみ, と死ぬ, と母, と河馬, と私, と私共, と自分, と親類じゅう, と詐欺取材, と貪婪

▼ 若し~ (44, 0.8%)

2 暇が, 浦が

1 [40件] せいが, せいの, よろしいよう, 下屋敷へ, 久美さんが, 二人で, 侍が, 前方が, 勢が, 勢さえ, 勢の, 勢を, 厭なら, 叔父ちゃんの, 宅で, 差支なけれ, 師匠さまの, 役に立つよう, 手でも, 手打にでも, 智慧を, 望みなれ, 母は, 熊さんが, 父様が, 由の, 疑りなさるなら書付, 相互に, 紺の, 聞済が, 許なさるなら, 迎え下さいますもの, 酉なら, 釋迦樣の, 鈴が, 銀が, 隅様が, 雪の, 魚だつたら, 鳥で

▼ 若し~ (44, 0.8%)

3 でもなれる 2 が君, の想像

1 [37件] が, がこんな, がその, がトルストイ, がロマンチツク, が他, が代議士, が仮り, が八歳, が其処, が婆羅門教, が惡けり, が旅, が注意, が犯罪, が足, と同業, にし, にも生きられたら, にアリバイ, に創作, に口, に女房, に此処, に露西亜語, の名, の故郷, の文章, の発見, の神経, の神経さ, の考え, の脚本, の見, の言, の言った, の言行

▼ 若しかしたら~ (42, 0.7%)

2 私の

1 [40件] あたし神さまの, あれが, お前さんと, お前の, この相手, これは, こんな蜜蜂飼風情, そうでない, それは, それを, と思い返, ば沓掛, もう少し鎮静, もう死んでしまつ, わざと猫, パパが, ホテルへ, 世に云う, 他の, 佛法僧では, 冬眠の, 凡ての, 原因は, 古い塚, 妾病院へ, 山を, 彼女は, 彼奴だけは, 慶太郎は, 数ヵ月帰っ, 殿が, 母親は, 沼津の, 然し切符, 犯人は, 玩具屋の, 自分が, 芥川さんは, 菰田家の, 面白いプロレタリア詩

▼ 若し~ (40, 0.7%)

6 れを 4 れに 3 れありと 2 を以て

1 [25件] が亡びたら, が佐渡ヶ島, が宗教, が或は, が日本, が生き, が確め, が箋注, が藥物療法, によりてかの, に一升五合, に加, に反, に続い, に背け, をば主観, を全部渉猟, を取り去らん, を擴充, を服用, を概括, を為し得る, を知る, を避け, を食

▼ 若しあの~ (38, 0.7%)

2 人の, 儘に, 歌に

1 [32件] とき男が, 中に, 人が, 写真に, 四十婆, 堤防上に, 場合に, 場合彼女も, 女が, 女なら, 娘が, 嫌疑者が, 学校が, 撥を, 時お, 時に, 時の, 時偶然にも, 時結婚し, 時頸か, 最中に, 様子だけを, 死骸を, 汽車に, 法学士を, 男が, 画を, 絹の, 緑色の, 訳言を, 話を, 際彼處に

▼ 若しあなた~ (36, 0.6%)

6 が私 2 を嫌ひで

1 [28件] が, がいつも, がお, がこの, がた, が人見さん, が他日これ等, が俸給生活者, が出会, が学校, が御, が我国, が本当に, が犯人, が縁談, が自殺, が貴, が酒, と一緒, に, に人並み, に会わなかったら, のお, の弟, の御, の愛, の方, をそれほど

▼ 若し~ (33, 0.6%)

2 ありて

1 [31件] あつて, あり貪と, いかなる状, があたり, がお, がその, がややもすれば, が一人, が何, が尋ねましたなら, が此, が私, が蝶, が裏, と犬, ならば, にでも訊かれ, にもとられ, に刺された, に可, に害め, に後れ, に知られるなら, の一枝, の外観的記載, の廡下, の心, の方, の生命, の福, を誹り

▼ 若し~ (29, 0.5%)

7 りと 3 らず, らずして, らば 2 うならば, とする, 云ふ 1 うだと, うであると, うであるならば, うであるなら其, うなったら, なくば, 樣いふ

▼ 若し其の~ (27, 0.5%)

2 時に, 理想を

1 [23件] 事実に, 人が, 人に, 人の, 地が, 女が, 女子が, 婦人に, 小供, 徴を, 心を, 文字の, 時鉄が, 様な, 為めに, 畫家が, 笛を, 美術や, 花車が, 身に, 身の, 逢坂が, 魂胆と

▼ 若し~ (27, 0.5%)

2 が僕

1 [25件] がいつも, がこの, がフロイド, が二十代, が健全, が僕達, が幾日, が強いて, が往く, が来, が無, が真に, が真直, が私, ならば, にとつ, に不, に何, に確固たる, の云, の云う, の計算, の非難, は我等, をかしこ

▼ 若しまた~ (25, 0.4%)

1 [25件] お粂, お糸, それが, 三十歳前後で, 五十歳前後で, 今直ぐ, 何か, 余りに美しき, 几帳面な, 原始宗教説に, 大人が, 嫁せず, 定業止むなく, 尾栓が, 教師が, 新人號が, 春枝夫人が, 是上に, 此の, 無礼を, 琴の, 興味が, 若中, 虫に, 面相といふ

▼ 若しそんな~ (24, 0.4%)

5 ことが 2 ことで, 事が, 事を

1 [13件] ことで腐つ, ことに, ごとしたら, だったらもう, 事実が, 人が, 右馬頭でも, 後生気を, 支障が, 時分に, 行爲が, 話を, 風な

▼ 若しやと~ (24, 0.4%)

8 思って 2 云ふ

1 [14件] その屍, 云うほどの, 思う当り, 思つた, 思つて唯今伺つて見ました, 思つて死骸の, 思つて老, 思つて覗い, 思て, 思へば, 想ふこ, 望みを, 気遣って, 聞けば

▼ 若し~ (24, 0.4%)

2 うしても, かあったら, か書ける

1 [18件] かお前, かの事情, かの機會, かの調子, かの身體病, か世間, か在り, か御, か感じ, か政子さん, か言っ, だったら私, とし, と云っ, と思っ, の事情, の故, もない

▼ 若しあれ~ (21, 0.4%)

2 が若い

1 [19件] がもう, が出来れ, が幻燈, が弟, が御機嫌, が所謂, だけの事, でなければ, に延期料, ば, ばそいつ, ばその, ば似, ば又, ば夫, ば彼女, ば翻訳, を紅葉山人, を自分

▼ 若し彼等~ (21, 0.4%)

2 にし

1 [19件] がもう少し, が何, が出奔, が動かなかつたなら, が帯刀, が犯罪, が結合, が親, が重, が金, が雑器, に幸福, の, の中, の内, の前, をし, を恐れ, を迎

▼ 若し~ (19, 0.3%)

13 ひて 2 て形式的統一 1 て云うなら, て兩書, て善惡眞僞, て女性

▼ 若し彼女~ (19, 0.3%)

1 [19件] がうけいれ, がお, がこんな, が一寸, が今, が大東館, が彼, が日本, が母, が母権, が私, が自身, が起き, が長い, にさしつかえない, に何事, に手紙, の情熱, の最初

▼ 若しお前~ (18, 0.3%)

2 がおいで, の方

1 [14件] がお, がここ, がそれほど, が余計, が可, が彼, が私, なら決して, に厭, に心, のし, の白状, の腕, を處分

▼ 若し~ (18, 0.3%)

1 [18件] ならざりせば, にすべて, に不利, に先, に巨万, に求むる, に求め, に理想, の己, れ弓, れ理想派, れ自ら, を以て天地, を憎, を憚ら, を索むるものならば奈何, 作らば, 初むるは不可

▼ 若し人間~ (17, 0.3%)

2 が人間, としての働き

1 [13件] が乗っ, が何ん, が守るべき, が注意, が真に, が真個, と猩々, に其の, に前世, のこの, の有, の細小, の經驗

▼ 若しそこ~ (16, 0.3%)

2 に人

1 [14件] で第, に, にあらゆる, に人間, に兇器, に如何なる, に少し, に昨日, に柔, に気が付いたら, に特別, に越える, に野本氏, へ立

▼ 若し~ (16, 0.3%)

4 れが

1 [12件] がない, がならぬ, が単に, が真, に依っ, に先だつ, に好都合, れならば, れをだに, を趣味, 囲われて, 忘れっぽい私

▼ 若し日本~ (16, 0.3%)

2 の近代化

1 [14件] がその, だつた, とする, とせ, において鎖國, に居っ, の労働組合, の固有, の女, の女性, の如く, の新劇, の社会主義者, の芝居

▼ 若し万一~ (15, 0.3%)

3 の事

1 [12件] かの記事通り, されなかつたと, そういうこと, だめなら, に入用, の偶然, も例外, も早く, 兵隊に, 死ぬ事, 私の, 飯島の

▼ 若し我々~ (14, 0.2%)

1 [14件] がま, がプラグマチズム, が人生, が仕事, が何千名, が同, が数日間, が本当に, が此, が海, が真個, が自分, に仏教, のいる

▼ 若し~ (14, 0.2%)

3 れが

1 [11件] が他, が余, が插入, が自ら, で最う, に止らん, の如く解釋, は女, れ実ならば, を以て一種, を偽

▼ 若し~ (14, 0.2%)

2

1 [12件] かが見, かに何処, か他, か入, か川好き, か気骨, か陛下, でも地面, でも来たら, も知らない, れかの, れも

▼ 若し~ (13, 0.2%)

1 [13件] が充分, が承知, が自分, だったらネ, だったら絶叫, ならば, には守らさね, のひと, の人, の写真, の姿, の道, を殺し

▼ 若し諸君~ (13, 0.2%)

2 が私

1 [11件] がこれ, がわざと, が僕, が尚, が旅行, が本案, にし, の万葉集, の中, の人生指標, の内

▼ 若し貴方~ (13, 0.2%)

1 [13件] がこの, がこんな, がた, がなん, が主任者, が健, が其, が彼, が謂われる, だったらどんなにほんとに, に怪我, の御, を相棒

▼ 若し~ (12, 0.2%)

1 [12件] この要求, そう云う, にし, の儘, の場合, の聲, の軍隊, まで結婚生活, より以後, 世又は, 擁護すべき, 直ぐに

▼ 若し~ (12, 0.2%)

1 [12件] にお前たち, にまだ, に一人, に記録, のもの, の一方, の人, の仁人君子, の娯樂, の宿屋, の本, の肉類

▼ 若し~ (12, 0.2%)

6 にし 4 をし 2 より野心

▼ 若しわが~ (11, 0.2%)

1 [11件] 傲慢の, 心に, 手に, 持來れる, 献げられた, 笑の, 答の, 言の, 記憶に, 詩の, 願ひ

▼ 若し今日~ (11, 0.2%)

1 [11件] にも気づかれたら, に成っ, に於, の如く, の文壇, の社会制度, の結果, の議会, は若様, まで一寸, 居られたら矢張假名

▼ 若し少し~ (11, 0.2%)

2 でも変つて, も戒 1 でもあいつ, でもその, でも変っ, でも浮氣, でも申した, でも莽, でも間違つた事

▼ 若し真に~ (11, 0.2%)

1 [11件] 俳句を, 優れた天才的直感力, 古銅からの, 恋愛と, 掘出しを, 政党を, 敵意を, 文芸的に, 日本軍が, 用が, 顔を

▼ 若し果して~ (10, 0.2%)

1 ソツプの, 事実なりし, 信用し, 党紀を, 其れ, 国民固有の, 左樣であれ, 絶待的の, 課長が, 黨紀を

▼ 若し~ (10, 0.2%)

2 が彼等 1 が妻アヌンチヤタ, が恰も, にし, の口, の我と, の眼汝, の言, の顔

▼ 若しある~ (9, 0.2%)

5 とすれ 1 かも知れぬ, として, 何等かの, 日僕が

▼ 若しここ~ (9, 0.2%)

2 に一人 1 から斧, で私, に冷静, に出, に古風, に新た, を奪われるなら

▼ 若しまだ~ (9, 0.2%)

1 その書いた, その気, だつたらもう, でしたら価値, やって来て, 東京に, 滞在し, 番人が, 読んで

▼ 若し~ (9, 0.2%)

1 が信ずる, が抱き留めね, が穴川, が茲, が貴下, に深い, の想像, は未だ, も死なね

▼ 若し~ (9, 0.2%)

1 が, がこの, が使い切れぬ, が俺, が獨特, が貴様, の友人, の貧弱, を心

▼ 若し~ (9, 0.2%)

1 ゆるし下さいますならば, 下向遊ばされ, 參考に, 孃樣が, 存生で, 差支なく, 病気でも, 給仕に, 迷惑でなかったら

▼ 若し我が~ (9, 0.2%)

1 僧侶の, 右の, 国民に, 國の, 昔日の, 期するところ, 講壇を, 軍が, 門に

▼ 若し更に~ (9, 0.2%)

2 慧心院眞作の, 慧心院真作の 1 ジェームスの, 墓石に, 此地方の, 蘭軒の, 進んで

▼ 若しわたくし~ (8, 0.1%)

1 が年月, が精しく, なる一人物, のこと, の事, の体, の望む, の誤り

▼ 若し吾人~ (8, 0.1%)

2 にし 1 が後, の力, の生命, の言, の説, はその

▼ 若し左様~ (8, 0.1%)

3 なれば 1 であったと, では, ならば, に土地, に精神

▼ 若し~ (8, 0.1%)

2 たること 1 が何, が生き, が読ん, と寧児, に分っ, に知れたら

▼ 若し生き~ (8, 0.1%)

2 ている 1 ていたら, ているなら, てさえいたら, てゐる, てをられたら, ながらへ

▼ 若し相手~ (8, 0.1%)

1 がそんな, が手強い, が普通, が本手, が物, の立場, を殺さずし, を苦しませる

▼ 若し~ (8, 0.1%)

1 く国民, く國民, く欲無限, く此戀, く直言, く祕密, く草木, く記事

▼ 若しこんな~ (7, 0.1%)

1 ざまを, ぼくの, ゴタゴタさえも, 事が, 事で, 場面を, 立場から

▼ 若し仮に~ (7, 0.1%)

1 あの人形芝居, その時, も泊っ, 今後の, 指導者の, 私を, 芸術の

▼ 若し出来る~ (7, 0.1%)

3 ことなら 2 とすれ 1 ものなら, 者と

▼ 若し~ (7, 0.1%)

1 が事, が切死, れが, れを, を取捕まえたら殴, を容れ, を愛すれ

▼ 若し~ (7, 0.1%)

5 にし 2 ひに

▼ 若し~ (7, 0.1%)

1 が落ち着い, この印象, と境, に叶うた, の奧, の底, の感動

▼ 若し~ (7, 0.1%)

1 党の, 党より, 包に, 居先生などが, 當なら, 黨の, 黨より

▼ 若し此人~ (7, 0.1%)

2 が現在自分, に立派 1 に棄てられる, の心, をし

▼ 若し~ (7, 0.1%)

1 なりせ, に世道人心, に所謂運命, に支那人, に政黨, に用, 似を

▼ 若し真実~ (7, 0.1%)

2 の国際語 1 がある, が語られ, であつ, に喰, の人間

▼ 若し~ (7, 0.1%)

1 が愛, が無, なり偉人, なる物, の定めた, の御, の目

▼ 若し秀子~ (7, 0.1%)

1 が実は, が少し, が艱難, が逃亡, の方, の様, よりも先

▼ 若し結婚~ (7, 0.1%)

1 がその, がない, が法律上不正, して, するなら, するまでにも, すれば

▼ 若し自然~ (7, 0.1%)

2 の名 1 にあの, に対する理会, に還る, の如く, の年齢

▼ 若しあつ~ (6, 0.1%)

5 たと 1 たとしても

▼ 若し~ (6, 0.1%)

1 すると小, すると盥, ですね, 今まで, 廃業でも, 涅槃の

▼ 若しかし~ (6, 0.1%)

2 て記事 1 てあたし, て昨日, て豊吉, て豐吉

▼ 若しかの~ (6, 0.1%)

1 博文館が, 女が, 稚神, 老水夫, 言葉を, 非情の

▼ 若しくば~ (6, 0.1%)

1 それ以上の, 十一日, 模造の, 正直に, 畫家等が, 考えあてようと

▼ 若しそれら~ (6, 0.1%)

1 の作家, の制度, の努力, の材料, を彼, を掴む

▼ 若しそれ等~ (6, 0.1%)

1 に学ばなかった, に学ばなかつた, のもの, の人々, の肉慾, を俗悪

▼ 若しどうしても~ (6, 0.1%)

1 四段に, 外すと, 彼方と, 必要に, 知りたいとおつし, 許さぬと

▼ 若し一度~ (6, 0.1%)

2 も盛岡 1 それを, でも通った, でも通つた, でも都會

▼ 若し~ (6, 0.1%)

1 に住む, に悲む可, に細君, の人, の多く, を益

▼ 若し世間~ (6, 0.1%)

2 の人 1 が放蕩者, が正し, に其様, に罪過

▼ 若し二人~ (6, 0.1%)

1 が夢中, が此年, が決闘, で襲撃, ともそう, の内何れ

▼ 若し人壽百歳~ (6, 0.1%)

6 なるも

▼ 若し~ (6, 0.1%)

2 來る 1 て来ない, 來たら, 來なかつたら, 來得べくん

▼ 若し同じ~ (6, 0.1%)

1 おん方だろう, やうな, ような, 本能から, 波長の, 考えを

▼ 若し斯く~ (6, 0.1%)

3 の如き 1 の如く, 悟れば, 爲さば和ぎ

▼ 若し王者~ (6, 0.1%)

6 たりせ

▼ 若し貴女~ (6, 0.1%)

2 が結婚 1 が居なかったら, が真個, に死なれ, は私

▼ 若し途中~ (6, 0.1%)

2 で或は 1 でひょっと, で太一郎, で滝, の様子

▼ 若し~ (6, 0.1%)

2 があれ 1 がなかつたなら, が出る, に手, に酔つて

▼ 若しかう~ (5, 0.1%)

1 いふご, いふ点が, いふ生活に, 云ふ, 言ふ

▼ 若し~ (5, 0.1%)

1 いえども, するもの, 云ふこ, 云ふも, 雖も

▼ 若しわたし~ (5, 0.1%)

1 がさ, が助からない, が死んだら, の作品, の内

▼ 若し他人~ (5, 0.1%)

1 が女, だつたら或, に発見, の, の過失

▼ 若し何処~ (5, 0.1%)

1 かに欠点, かに自分, かへお, か戸, にもわたし

▼ 若し何等~ (5, 0.1%)

1 かの不満, かの手段, かの理由, か欲, の反響

▼ 若し先生~ (5, 0.1%)

1 が召し上がる, が小心, が西洋, のご, の論敵

▼ 若し其処~ (5, 0.1%)

1 にゐたら, に滝以外, に誤訳, へでも行つて, まで行き着け

▼ 若し再び~ (5, 0.1%)

1 それが, 生きて, 生きられるもの, 相逢, 瞽女に

▼ 若し~ (5, 0.1%)

3 のよう 1 に行か, の第

▼ 若し~ (5, 0.1%)

2 の恨 1 から錠, にない, に有力

▼ 若し多少~ (5, 0.1%)

1 でも先輩, でも新しい, の史的興味, の關係, 美しい女

▼ 若し~ (5, 0.1%)

1 が一しょ, が手紙, が舅姑, と別れ, を娶り

▼ 若し子供~ (5, 0.1%)

1 が出来, が出来たなら, でも有, の体, も無し

▼ 若し強い~ (5, 0.1%)

1 て予, て双方, て嚴格, て訳すれ, て道衍

▼ 若し必要~ (5, 0.1%)

1 あつて, があるなら, とあら, ならば, な時

▼ 若し~ (5, 0.1%)

1 が片, が相互的, と結合, を信じない, を感じた

▼ 若し我等~ (5, 0.1%)

1 が常に, に告ぐる者, の味方, を再び, を憐れむ

▼ 若し~ (5, 0.1%)

1 る一人, る劇作家, る者, 人が, 作家の

▼ 若し本当に~ (5, 0.1%)

1 その方針, 仙人が, 生活に, 私どもの, 自分の

▼ 若し東京~ (5, 0.1%)

1 が空襲, に於い, の人, の眞中, へでも行く

▼ 若し此方~ (5, 0.1%)

1 が無けれ, に寄らない, の註文通り, を向い, 強ければ

▼ 若し~ (5, 0.1%)

1 が尚, にほんとう, の前, や母, 又は母

▼ 若し自己~ (5, 0.1%)

1 の哲学, の意, の生活, を損耗, を表現

▼ 若し自殺~ (5, 0.1%)

2 と定まりし 1 したいと, でもする, の原因

▼ 若し遅く~ (5, 0.1%)

3 なれば 1 なった場合, 成りましたら何

▼ 若し都合~ (5, 0.1%)

1 がよかっ, が悪い, が惡い, では今夜向う, よくば買

▼ 若しかかる~ (4, 0.1%)

1 不祥事件が, 学問が, 方たちと, 約束に

▼ 若しそういう~ (4, 0.1%)

1 ことに, 人が, 言葉が, 言葉を

▼ 若しよかっ~ (4, 0.1%)

2 たらお 1 たらこう, たらその

▼ 若しわれわれ~ (4, 0.1%)

1 が, のうち, の不覚, の国民教育

▼ 若し一人~ (4, 0.1%)

1 でもの見物, でも持つ, にし, に諮る

▼ 若し~ (4, 0.1%)

1 に云つた, に述べた, のやう, の推測

▼ 若し中途~ (4, 0.1%)

2 で君 1 で進まない, にし

▼ 若し人生~ (4, 0.1%)

1 が数学的, の美味, をとつ, を以て夢

▼ 若し仮り~ (4, 0.1%)

1 にあいつ, に他, に房一, に貴族階級

▼ 若し佛教~ (4, 0.1%)

1 から來, が其の, といふ連鎖, と云

▼ 若し作者~ (4, 0.1%)

1 があくまで, が十分理解, にし, の好むらしい

▼ 若し偶然~ (4, 0.1%)

2 でないと 1 して, に毒

▼ 若し内閣~ (4, 0.1%)

2 にし, の一員

▼ 若し出来るなら~ (4, 0.1%)

1 ば七月分, 今日の, 彼等に, 真個に

▼ 若し~ (4, 0.1%)

1 に云つた, に掲げた, に擧げた, に述べた

▼ 若し労働者~ (4, 0.1%)

1 が其の, だったら此セメント, だったら私, の市場

▼ 若し~ (4, 0.1%)

1 でそれ, に出せ, の渇く, を制し

▼ 若し~ (4, 0.1%)

1 多数の, 將の, 彦命に, 海嘯が

▼ 若し大尉~ (4, 0.1%)

4 が其処

▼ 若し大隈伯~ (4, 0.1%)

2 をし, を以て思想界

▼ 若し~ (4, 0.1%)

2 に向 1 にし, を産む

▼ 若し実際~ (4, 0.1%)

1 の生活, やれば, 将門が, 脳膜炎だ

▼ 若し~ (4, 0.1%)

1 が潰れ, に金, の中, を出た

▼ 若し~ (4, 0.1%)

1 うであれば, に行か, の眼, もない

▼ 若し常に~ (4, 0.1%)

1 善く勤め, 新鮮なる, 生死を, 身を

▼ 若し当時~ (4, 0.1%)

1 の予, の民党, の遊記, の隠退

▼ 若し政治家~ (4, 0.1%)

2 をし, を俳優

▼ 若し日本人~ (4, 0.1%)

1 が持っ, だつた, に, らしき心

▼ 若し有れ~ (4, 0.1%)

1 ば其の, ば夫, ば昔, ば私

▼ 若し本当にそう~ (4, 0.1%)

2 なの 1 だったら私, だと

▼ 若し此時~ (4, 0.1%)

2 かの藻外 1 に當, に顯家

▼ 若し此等~ (4, 0.1%)

1 の山, の惡, の點, を斷

▼ 若し~ (4, 0.1%)

2 も旺ん 1 でも, になるなら

▼ 若し~ (4, 0.1%)

1 と混じる, に混ぜ, の色, を飲まん

▼ 若し犯人~ (4, 0.1%)

1 がその, がわたし, が裏口, だったら是非

▼ 若し現世~ (4, 0.1%)

3 に於 1 にあり

▼ 若し現在~ (4, 0.1%)

1 の持主, の文学座, の観衆, の運動者

▼ 若し男性~ (4, 0.1%)

2 を弄ぶ 1 がその, の手

▼ 若し~ (4, 0.1%)

1 が覺め, をこれ, をつぶれる, を閉じ

▼ 若し~ (4, 0.1%)

1 が星, でも眠った, の光, を失つた

▼ 若し~ (4, 0.1%)

1 一に, 一日に, 一瞥が, 四次元の

▼ 若し脇士~ (4, 0.1%)

2 を仮り, を假

▼ 若し~ (4, 0.1%)

1 が一つ間違つて, の通り, をする, を仕掛けたら

▼ 若し~ (4, 0.1%)

1 に為合せ, に覺, の楽, を餓虎

▼ 若し運命~ (4, 0.1%)

1 がその, といふもの, の女神, を牽き動かす

▼ 若し~ (4, 0.1%)

1 ある爲め, があ, にし, を積ん

▼ 若し間違~ (4, 0.1%)

1 があったなら, つたこと, つたらどう, やア

▼ 若し~ (4, 0.1%)

1 が七日間, だったら, だつたら, にでも降られれ

▼ 若し~ (4, 0.1%)

1 を非, 人間的と, 暴力が, 裝甲軍艦なら

▼ 若しあなた方~ (3, 0.1%)

1 が, が二三ヶ月間, が外國製衣類

▼ 若しあり~ (3, 0.1%)

3 とすれ

▼ 若しうまく~ (3, 0.1%)

1 行かぬとき, 行けば, 遠藤を

▼ 若しおれ~ (3, 0.1%)

1 がどうか, であつ, に以前

▼ 若しお前達~ (3, 0.1%)

1 が出来るならかうした, に少し, の親

▼ 若しかく~ (3, 0.1%)

1 の如き, の如く, 親しい集会

▼ 若しひろ子~ (3, 0.1%)

1 が敏子, が死ん, が死んだら

▼ 若しほんとう~ (3, 0.1%)

1 とすれ, に彼女, の人間

▼ 若しほんとに~ (3, 0.1%)

1 あたつたら, そんな気, 姉が

▼ 若しまことに~ (3, 0.1%)

1 これを, 天才を, 闘いそして

▼ 若しみづか~ (3, 0.1%)

1 ら恐れな, ら甘んじ, ら絶對の

▼ 若し~ (3, 0.1%)

1 一度, 真に人々, 眠を

▼ 若しやあ~ (3, 0.1%)

1 のお, の人, の修驗者

▼ 若し一方~ (3, 0.1%)

1 が他, が四個, の力勝ち類

▼ 若し一歩~ (3, 0.1%)

1 を誤ら, を誤れ, を讓

▼ 若し不幸~ (3, 0.1%)

3 にし

▼ 若し世に~ (3, 0.1%)

1 平凡な, 於て, 歸る

▼ 若し世界~ (3, 0.1%)

1 が現状, が真, の音樂クラブ

▼ 若し~ (3, 0.1%)

2 岸に 1 侯両立せざる

▼ 若し両親~ (3, 0.1%)

1 がどう, が今, にし

▼ 若し~ (3, 0.1%)

1 婚者が, 體が, 體の

▼ 若し主人~ (3, 0.1%)

1 がひま, が亡くなった, のいう

▼ 若し~ (3, 0.1%)

1 が煩悶, にし, を助けん

▼ 若し事實~ (3, 0.1%)

1 といふもの, として存在, と云

▼ 若し事物~ (3, 0.1%)

1 が, が君, の真価

▼ 若し何ん~ (3, 0.1%)

1 ならブツ, な種類, にもなかつたら

▼ 若し健全~ (3, 0.1%)

2 にし 1 な身体

▼ 若し~ (3, 0.1%)

2 で見 1 から

▼ 若し全く~ (3, 0.1%)

1 あつたなら, つんぼにでも, 見覚えが

▼ 若し其儘~ (3, 0.1%)

1 に歳月, 進んだら如何, 進んで

▼ 若し出来れ~ (3, 0.1%)

1 ばおふくろ, ば信じ, ば彼

▼ 若し刀杖~ (3, 0.1%)

2 を以て 1 もて無罪無害

▼ 若し単なる~ (3, 0.1%)

1 人騒がせが, 個人的な, 装飾に

▼ 若し博士~ (3, 0.1%)

1 がその, の言葉, をそのまま

▼ 若し~ (3, 0.1%)

1 をいはず, をつけられるなら, 實兼備の

▼ 若し名前~ (3, 0.1%)

1 でも彫るなら, で呼ばれる, をきかれたら

▼ 若し~ (3, 0.1%)

1 だなんと, と云え, と云わ

▼ 若し~ (3, 0.1%)

1 が襲ふたら, の中, を求める

▼ 若し失礼~ (3, 0.1%)

1 でないと, になったら, になりましたら

▼ 若し小生~ (3, 0.1%)

1 が妻, にし, に多少

▼ 若し~ (3, 0.1%)

1 く行かなかつたら, く行け, く行つた

▼ 若し差支~ (3, 0.1%)

1 なかったら, へがなかつたなら, へがなかつたら

▼ 若し~ (3, 0.1%)

3 を信じるなら

▼ 若し~ (3, 0.1%)

1 ならば, な用, に用事

▼ 若し恋愛~ (3, 0.1%)

1 でないと, の性, をする

▼ 若し我国~ (3, 0.1%)

1 の可愛らしい, の軍隊, をし

▼ 若し~ (3, 0.1%)

1 が空い, にし, を誤ら

▼ 若し支那~ (3, 0.1%)

1 において行つた, に二三年, の如き

▼ 若し~ (3, 0.1%)

2 う云 1 る花

▼ 若し~ (3, 0.1%)

2 運動を 1 社会に

▼ 若し早く~ (3, 0.1%)

1 心を, 救ひ出されなかつたら, 此地を

▼ 若し~ (3, 0.1%)

1 ならとうに, のこの, のまま

▼ 若し是等~ (3, 0.1%)

1 の条件, の法, の革命運動

▼ 若し時計~ (3, 0.1%)

2 が誰 1 が十二時

▼ 若し晴天~ (3, 0.1%)

1 だったら決して, なら, に風

▼ 若し未だ~ (3, 0.1%)

1 ならば, 勤苦せざる, 生きて

▼ 若し~ (3, 0.1%)

1 つて我等は, ては成らぬ, て泊め

▼ 若し果し~ (3, 0.1%)

1 て彼等, て然, て神道

▼ 若し正直~ (3, 0.1%)

2 になる 1 な観察

▼ 若し此事~ (3, 0.1%)

1 が夫, なくば, にし

▼ 若し此処~ (3, 0.1%)

1 が不首尾, で千円, に本当

▼ 若し此處~ (3, 0.1%)

1 に何, に峰, に私

▼ 若し~ (3, 0.1%)

1 が散り, に向け, を過

▼ 若し法律~ (3, 0.1%)

2 がそんなに 1 に問

▼ 若し演劇~ (3, 0.1%)

1 から, の部類, を生かし得る

▼ 若し父親~ (3, 0.1%)

1 が仕事, が末造, の感傷

▼ 若し~ (3, 0.1%)

1 でも, になり, を疑ふ

▼ 若し犯罪~ (3, 0.1%)

1 が二十, に関係, の軽重

▼ 若し~ (3, 0.1%)

21 矢石を

▼ 若し理性~ (3, 0.1%)

2 に終始 1 を棄て

▼ 若し~ (3, 0.1%)

1 にし, の言, 捕って

▼ 若し留守~ (3, 0.1%)

1 だつたら, にお玉, を明け

▼ 若し発見~ (3, 0.1%)

1 されたとしても, されれば, 出来なかったならば

▼ 若し知ら~ (3, 0.1%)

2 ば我等 1 ば山

▼ 若し社会~ (3, 0.1%)

1 の秩序云々, の進化, は絶えず

▼ 若し神明~ (3, 0.1%)

1 にし, の加護, をし

▼ 若し私達~ (3, 0.1%)

1 がそれ, が餌, の生活

▼ 若し第三者~ (3, 0.1%)

1 が, がい, が見たなら

▼ 若し~ (3, 0.1%)

1 からの, から辯護, 覺せざれ

▼ 若し~ (3, 0.1%)

1 の居所, の都合, を享

▼ 若し~ (3, 0.1%)

1 で何, に一個, の盟

▼ 若し~ (3, 0.1%)

1 が學主, に勘当, 殺し犯罪者が

▼ 若し~ (3, 0.1%)

1 の例, の浄写, を作るなら

▼ 若し~ (3, 0.1%)

1 があつ, つて使つても, つて此奴を

▼ 若し誤っ~ (3, 0.1%)

1 ていないなら, てそれ, て貴方

▼ 若し貴様~ (3, 0.1%)

1 が僕, が煩う, に秘密

▼ 若し貸さない~ (3, 0.1%)

1 といったら, と云ったら, 時には

▼ 若し逍遙子~ (3, 0.1%)

1 が書, が獨造, の書

▼ 若し間違っ~ (3, 0.1%)

2 ていたら 1 ていなかった

▼ 若し~ (3, 0.1%)

2 を以て墓 1 焦がれ髓

▼ 若しあら~ (2, 0.0%)

1 ば, ば煙草

▼ 若しあらゆる~ (2, 0.0%)

1 人生の, 具体的表現が

▼ 若しあんな~ (2, 0.0%)

1 おとなしやかな, 処へ

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 次第では, 濛気の

▼ 若しいま自分~ (2, 0.0%)

1 の待っ, の待つ

▼ 若しいよいよ~ (2, 0.0%)

1 變心した, 路が

▼ 若しお前様私~ (2, 0.0%)

2 は真赤

▼ 若しお許し~ (2, 0.0%)

1 いただければ, があれ

▼ 若しかういふ~ (2, 0.0%)

1 ものが, ものなら

▼ 若しかつ~ (2, 0.0%)

2

▼ 若しかと~ (2, 0.0%)

1 思いましてね, 思つてお勝手の

▼ 若しかな~ (2, 0.0%)

2

▼ 若しこういう~ (2, 0.0%)

1 心持が, 笑顔を

▼ 若しこの世~ (2, 0.0%)

1 に大慈大悲, に天国

▼ 若しこれら~ (2, 0.0%)

1 の信者, の衣服

▼ 若しさもなければ~ (2, 0.0%)

2 小に

▼ 若しすべて~ (2, 0.0%)

1 がそんな, の人

▼ 若しする~ (2, 0.0%)

1 ので何事, 気が

▼ 若しそうした~ (2, 0.0%)

1 御僧, 態度に

▼ 若しその間~ (2, 0.0%)

2 に卓子

▼ 若しそれ市~ (2, 0.0%)

2 の中央

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 ね, よ

▼ 若しちょっと~ (2, 0.0%)

1 こっちが, でもそそのかす

▼ 若しとも~ (2, 0.0%)

2 なし

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 つちか, つちでも

▼ 若しどう~ (2, 0.0%)

1 すると, でもしなけれ

▼ 若しどちら~ (2, 0.0%)

1 か相手, をとる

▼ 若しひよつ~ (2, 0.0%)

1 としてさ, と意識

▼ 若しほん~ (2, 0.0%)

1 たうと, ものだつたら堪らない

▼ 若しもっと~ (2, 0.0%)

1 永くそこ, 豊な

▼ 若しやといふ~ (2, 0.0%)

2 朦乎した

▼ 若しやの~ (2, 0.0%)

1 ことで, 掛念少し

▼ 若しよく~ (2, 0.0%)

1 其意向を, 記憶を

▼ 若しアノ時アノ暗示~ (2, 0.0%)

1 を与, を與

▼ 若しテツさん~ (2, 0.0%)

1 の上京, の上京さ

▼ 若しトルストイ~ (2, 0.0%)

1 がワルワーラ, を学んだ

▼ 若しパン~ (2, 0.0%)

1 の大きな, を落し

▼ 若しヒョッ~ (2, 0.0%)

1 として器用, と先

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 の私見, の絵図

▼ 若し一匹~ (2, 0.0%)

1 でも魚, の極まった

▼ 若し一日~ (2, 0.0%)

1 でも二三日, に百度手紙

▼ 若し一緒~ (2, 0.0%)

1 になる, に悪く

▼ 若し一般~ (2, 0.0%)

1 に信ぜられたる如き, の朝鮮人

▼ 若し一週間~ (2, 0.0%)

1 でも姉, も音信

▼ 若し万一お嬢様~ (2, 0.0%)

2 を下さる

▼ 若し三人~ (2, 0.0%)

1 が歩けなくなれ, の内

▼ 若し上策~ (2, 0.0%)

2 を非

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 で風来, に大きな

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 気嫌で, 發に

▼ 若し不審~ (2, 0.0%)

1 があら, の人物

▼ 若し不才~ (2, 0.0%)

1 だったなら其の, だつた

▼ 若し事実~ (2, 0.0%)

1 にその, を書かない

▼ 若し二者~ (2, 0.0%)

2 其の一

▼ 若し云う~ (2, 0.0%)

1 ことを, 事を

▼ 若し人々~ (2, 0.0%)

1 が一生涯汽車, が強い

▼ 若し人工心臓~ (2, 0.0%)

1 が出来た, を装置

▼ 若し人智~ (2, 0.0%)

1 の発達, をもて

▼ 若し人類~ (2, 0.0%)

1 にし, の不治の病

▼ 若し以上~ (2, 0.0%)

1 挙げたる神婚説話, 見て

▼ 若し伊藤侯~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 若し伊藤公爵~ (2, 0.0%)

2 と大隈伯爵

▼ 若し何人~ (2, 0.0%)

1 でも之, にもあれ

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 の三人掛, の奴等

▼ 若し価値~ (2, 0.0%)

1 ありと, をもっ

▼ 若し~ (2, 0.0%)

2 の中心

▼ 若し個々~ (2, 0.0%)

2 の詩語

▼ 若し偃松~ (2, 0.0%)

1 が生え, の途切れた

▼ 若し假名~ (2, 0.0%)

2 遣を

▼ 若し傍観者~ (2, 0.0%)

1 があっ, があったなら

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 いさんは, が亡

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 に惡業, に放逸

▼ 若し全然~ (2, 0.0%)

1 かう云, 認めない論者

▼ 若し~ (2, 0.0%)

2 の働ら

▼ 若し六十以下~ (2, 0.0%)

2 に下る

▼ 若し共に~ (2, 0.0%)

1 暮すなら日に日に, 燒く

▼ 若し其人~ (2, 0.0%)

1 が価値, ならば

▼ 若し其初心~ (2, 0.0%)

1 を点検, を點檢

▼ 若し其所~ (2, 0.0%)

1 で見つ, に偶

▼ 若し其校歌採用~ (2, 0.0%)

2 の件

▼ 若し其樣~ (2, 0.0%)

1 な人, な判決

▼ 若し其等~ (2, 0.0%)

1 の作物, の家々村

▼ 若し其道具立~ (2, 0.0%)

2 の一つ

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 が来るなら, になつて如何

▼ 若し初等教育~ (2, 0.0%)

1 に於, の頃

▼ 若し医師~ (2, 0.0%)

1 からそう, が駄目

▼ 若し単に~ (2, 0.0%)

1 内容に, 物好きの

▼ 若し即時~ (2, 0.0%)

2 に郷

▼ 若し卿等~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 若し厳密~ (2, 0.0%)

1 に云, に言

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 ならば, の言

▼ 若し反駁~ (2, 0.0%)

2 をする

▼ 若し叔母~ (2, 0.0%)

1 が心, が慈母

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 拂は, 落し候事も

▼ 若し可能~ (2, 0.0%)

1 ありと, とすれ

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 人種は, 國政府に

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 がなけれ, の親

▼ 若し哲學者~ (2, 0.0%)

2 なり道徳論者

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 ふもの, べ物

▼ 若し国家~ (2, 0.0%)

1 が富ん, を以て個人

▼ 若し堤防~ (2, 0.0%)

1 にし, を築き

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 がよかっ, に腰

▼ 若し外国~ (2, 0.0%)

1 の勢力, より我国

▼ 若し外国人~ (2, 0.0%)

1 が二十五年, が小さな

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 が白昼, の幕

▼ 若し大師~ (2, 0.0%)

1 の入唐, の文鏡祕府論

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 に冥加, に非常

▼ 若し夫婦~ (2, 0.0%)

1 が喧嘩, に成れなけれ

▼ 若し失敗~ (2, 0.0%)

1 したらうち, しても

▼ 若し奉仕~ (2, 0.0%)

1 とはあらゆる, とは我等

▼ 若し女性~ (2, 0.0%)

1 が今, だつたら恐しい人

▼ 若し如何~ (2, 0.0%)

1 しても, にかし

▼ 若し如何なる~ (2, 0.0%)

2 小説家も

▼ 若し妙子~ (2, 0.0%)

1 があれ以来, が彼

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 に子, の言葉

▼ 若し~ (2, 0.0%)

2 が死ん

▼ 若し婦人~ (2, 0.0%)

1 が小児, ならば

▼ 若し子爵~ (2, 0.0%)

2 の来訪

▼ 若し學校~ (2, 0.0%)

1 に於ける, の人々

▼ 若し完全~ (2, 0.0%)

1 な日本語教育, に出来上っ

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 が出ね, を隠す

▼ 若し実現~ (2, 0.0%)

1 しさ, 出来るもの

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 が其人, でもあつ

▼ 若し宮中~ (2, 0.0%)

1 に何人, へさし上げる

▼ 若し家内~ (2, 0.0%)

1 が事実, の想像

▼ 若し實行~ (2, 0.0%)

1 とならぬ, とは主

▼ 若し将来~ (2, 0.0%)

1 に於い, 全く同じ

▼ 若し将校~ (2, 0.0%)

1 か或は, にでも見つかる

▼ 若し将門~ (2, 0.0%)

1 が攻め, が護

▼ 若し尋常外交家~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 若し小心翼々唯~ (2, 0.0%)

2 だ過失

▼ 若し小説家~ (2, 0.0%)

1 がいつ, が此書牘

▼ 若し小野山さ~ (2, 0.0%)

1 へ來, へ来なかつたら

▼ 若し居る~ (2, 0.0%)

1 事が, 所が

▼ 若し屋敷~ (2, 0.0%)

1 が賣, の者

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 があ, を登っ

▼ 若し山田~ (2, 0.0%)

1 の夫婦, の家

▼ 若し山頂~ (2, 0.0%)

2 に到らざれ

▼ 若し左樣~ (2, 0.0%)

1 で有, なる手續

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 読者だつたら, 馬が

▼ 若し平八郎~ (2, 0.0%)

1 が人, が国家

▼ 若し幸福~ (2, 0.0%)

1 とは吾等, の感情

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 見が, 見未了

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 が彼女, 先んぜば

▼ 若し形式的~ (2, 0.0%)

2 に妥協

▼ 若し役人~ (2, 0.0%)

2 に對

▼ 若し彼奴~ (2, 0.0%)

1 が不親切, が貴族

▼ 若し彼様~ (2, 0.0%)

1 な不幸, な所

▼ 若し彼自身~ (2, 0.0%)

1 の心臟, の態度

▼ 若し後者~ (2, 0.0%)

1 が果して, に一面

▼ 若し後藤肇~ (2, 0.0%)

2 の行動

▼ 若し心臓~ (2, 0.0%)

1 が停止, さえ変らぬ

▼ 若し~ (2, 0.0%)

2 しても

▼ 若し思ひ~ (2, 0.0%)

1 出が, 通りに

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 が潜んでる, でもし

▼ 若し患者~ (2, 0.0%)

1 が手術, が空想

▼ 若し悪かっ~ (2, 0.0%)

1 たらどうし様などと, たらなにとぞ

▼ 若し悪魔~ (2, 0.0%)

1 でなかつたら悪魔, の方

▼ 若し~ (2, 0.0%)

2 は深し

▼ 若し愛蘭尚書~ (2, 0.0%)

2 たらば

▼ 若し我國~ (2, 0.0%)

1 であるなら文化, で内

▼ 若し我草紙~ (2, 0.0%)

1 にてこれ, にて無意識哲學

▼ 若し我軍~ (2, 0.0%)

1 の損傷, 悉く城中

▼ 若し我輩~ (2, 0.0%)

2 に直言

▼ 若し戦争~ (2, 0.0%)

1 が勝たなけれ, についてそれ

▼ 若し手文庫~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 若し故意~ (2, 0.0%)

1 だと, であると

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 の手, の知れた

▼ 若し文学者~ (2, 0.0%)

2 の職業

▼ 若し斯ん~ (2, 0.0%)

1 なところ, な派手

▼ 若し既に~ (2, 0.0%)

1 病んで, 至善を

▼ 若し既成政党~ (2, 0.0%)

2 に入る

▼ 若し既成政黨~ (2, 0.0%)

2 に入る

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 かに大, 徹した意識

▼ 若し明日荘田~ (2, 0.0%)

2 の代理人

▼ 若し是力~ (2, 0.0%)

1 ならずんば, ならん

▼ 若し智者~ (2, 0.0%)

1 が判斷, に親近

▼ 若し最も~ (2, 0.0%)

1 嚴密に, 有望な

▼ 若し有り~ (2, 0.0%)

1 とすれ, の儘

▼ 若し来たら~ (2, 0.0%)

1 およみ, 階下から

▼ 若し来なけれ~ (2, 0.0%)

1 ば今度, ば彼女

▼ 若し来客~ (2, 0.0%)

1 あれば, でもあった

▼ 若し東洋~ (2, 0.0%)

1 の女性, の紳士

▼ 若し果してそう~ (2, 0.0%)

2 ならば

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 が正直者, が浅薄

▼ 若し機會~ (2, 0.0%)

1 があつ, があれ

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 から次に, の機会

▼ 若し此の世~ (2, 0.0%)

2 に於

▼ 若し此一文~ (2, 0.0%)

1 を読む, を讀む

▼ 若し此上~ (2, 0.0%)

1 生きれば, 遅れては

▼ 若し此小天地~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 若し此書~ (2, 0.0%)

1 により, を貫く

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 が人生, の瞬間

▼ 若し死に~ (2, 0.0%)

1 嫌忌し, 瀕し

▼ 若し死ん~ (2, 0.0%)

1 でしまふ, ででもゐ

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 が有っ, になるなら

▼ 若し民衆~ (2, 0.0%)

1 が第, の生活

▼ 若し求むる~ (2, 0.0%)

2 所あれ

▼ 若し泥棒~ (2, 0.0%)

1 がだ, や何

▼ 若し清廉潔白~ (2, 0.0%)

2 に於

▼ 若し源吉~ (2, 0.0%)

1 が役人, が無事

▼ 若し火事~ (2, 0.0%)

1 が起つ, でもある

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 に即し, 智で

▼ 若し照子~ (2, 0.0%)

1 が何, の云

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 すれば, ならば

▼ 若し牛乳~ (2, 0.0%)

2 の為

▼ 若し牧田~ (2, 0.0%)

1 がもう少し, の仕業

▼ 若し狂人~ (2, 0.0%)

1 ではあるまい, でもあ

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 の声, を退治

▼ 若し現代~ (2, 0.0%)

1 の社会, の語

▼ 若し現実~ (2, 0.0%)

1 に危険, の事情

▼ 若し~ (2, 0.0%)

2 を以て之

▼ 若し理窟~ (2, 0.0%)

1 で解釋, をも文學

▼ 若し理論~ (2, 0.0%)

1 によって説明, によつて説明

▼ 若し生活~ (2, 0.0%)

1 の一片毎, を一緒

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 があったら, の都合

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 の変り, は好し

▼ 若し當時~ (2, 0.0%)

1 の民黨, の隱退

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 なから, を得たら

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 が一緒, が彼女

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 對と, 對性で

▼ 若し相愛~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 若し眞面目~ (2, 0.0%)

1 に之, に話さう

▼ 若し矛盾~ (2, 0.0%)

1 しないならそれ, する点

▼ 若し知っ~ (2, 0.0%)

2 て居る

▼ 若し神様~ (2, 0.0%)

1 が私たち, だつたらあんな

▼ 若し福造~ (2, 0.0%)

1 が戻, が戻つ

▼ 若し私たち~ (2, 0.0%)

1 がその, が次

▼ 若し私共二人~ (2, 0.0%)

2 が互に

▼ 若し私自身~ (2, 0.0%)

1 がその, が完全

▼ 若し科擧~ (2, 0.0%)

1 あらざりせば, を以て支那

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 でもよく, 曇りて

▼ 若し粗末~ (2, 0.0%)

2 だつたら明日

▼ 若し精神的~ (2, 0.0%)

1 のもの, の苦悶

▼ 若し約束~ (2, 0.0%)

1 が違え, を破り

▼ 若し罪人~ (2, 0.0%)

2 ならば

▼ 若し罪過~ (2, 0.0%)

1 の定義, を犯さ

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 の義, は主

▼ 若し肺臓~ (2, 0.0%)

1 が瓦斯交換, の細胞

▼ 若し自ら難局~ (2, 0.0%)

1 を切り, を切り抜く

▼ 若し自然主義~ (2, 0.0%)

1 が後, にし

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 へられたる, へること

▼ 若し興味~ (2, 0.0%)

1 がある, がお

▼ 若し芸術~ (2, 0.0%)

1 が此, に志すなら

▼ 若し若し~ (2, 0.0%)

1 ですよ, 赤い眼鏡

▼ 若し萬一~ (2, 0.0%)

1 あのお, どうかした

▼ 若し藝術~ (2, 0.0%)

2 のため

▼ 若し衣嚢~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 若し見つかったら~ (2, 0.0%)

1 それこそ, 或は見つからなく

▼ 若し解散~ (2, 0.0%)

2 の代り

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 の有無, ふべきこと

▼ 若し言葉~ (2, 0.0%)

1 がその, と思想

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 畫ある, 畫的に

▼ 若し話す~ (2, 0.0%)

2 方が

▼ 若し誤ら~ (2, 0.0%)

1 ばこの, ば彼等

▼ 若し読者~ (2, 0.0%)

1 が私, が閑静

▼ 若し警察~ (2, 0.0%)

1 の捜索, へ訴え

▼ 若し豆腐~ (2, 0.0%)

1 だけで, 売りの

▼ 若し賢善~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 若し躊躇~ (2, 0.0%)

1 して, するに

▼ 若し辻堂~ (2, 0.0%)

2 が生き

▼ 若し返り~ (2, 0.0%)

2 討に

▼ 若し逃げ~ (2, 0.0%)

1 に掛ったら, 隠れする

▼ 若し~ (2, 0.0%)

2 ふこと

▼ 若し違つて~ (2, 0.0%)

1 ゐないと, ゐると

▼ 若し違反~ (2, 0.0%)

1 したならば, する者

▼ 若し違約~ (2, 0.0%)

1 すれば, をすれ

▼ 若し間違え~ (2, 0.0%)

1 ては否, て居りましたら

▼ 若し間違った~ (2, 0.0%)

1 対手に, 道に

▼ 若し閣下~ (2, 0.0%)

2 に利

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 が消えず, 之丞

▼ 若し青木さん~ (2, 0.0%)

2 が一緒

▼ 若し非常~ (2, 0.0%)

1 な決心, に感覚

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 が南, が西

▼ 若し~ (2, 0.0%)

1 がすべったら, の絵

▼1* [2048件]

若しつても, 若しああ云ふ, 若しあすこの土地, 若しあす金がでけ, 若しあそこを列車, 若しあたしが死んだら, 若しあたりの地, 若しあっても後世, 若しあったとしたら, 若しあったならばそうして, 若しあったら二合瓶を, 若しあっちへ向かっ, 若しあなた結婚すると, 若しあまつてゐるなら少し, 若しあまり疲れて, 若しあやまって落したら, 若しありましたら御存分, 若しあるならばピストル, 若しある程度以上の, 若しあれらが何者, 若しあんまり二人で, 若しいくぶんでも, 若しいくらか印象, 若しいくらか金にでも, 若しいささかでもこれ, 若しいたければ来ない, 若しいつまで, 若しいつか親爺が死んだら, 若しいひ出して誰彼, 若しいるとすれ, 若しえおまはん生憎, 若しおきぬが器量, 若しおくのさんが, 若しおそく来すぎたので, 若しおっこったら, 若しおのが所見, 若しおん身の憂, 若しお前さんが組合員, 若しお前たちの母上, 若しお前達二人のうち一人, 若しお婆さんは亡くなっ, 若しお父さんが帰つて, 若しお祖父さんが私, 若しお腹がすい, 若しお茶が上等, 若しお金をどむする, 若しお願いすると, 若しかお耳にでも入, 若しかくし置あらは, 若しかさうでない傍聴者が, 若しかしたら売れ残つたかも知れぬ, 若しきょうあのフォマ, 若しこいつに少し, 若しここ七八年のうち, 若しこちらが昔, 若しこっちの方, 若しこつちで時計を, 若しことさらなる理, 若しことわつたら妙な, 若しこれから旦那が, 若しこれ三等分すれば, 若しころがってゆく, 若し主人との, 若しさうなら離縁の, 若しさっき彼の人, 若しさやうに御, 若しさらば汝等の, 若しさるべからんには, 若しじたばたすれば, 若しツぽ, 若しすぐ片づかないよう, 若しすゞが中津, 若しそいで来なけりゃ, 若しそうしたら今日の, 若しそつときのこ, 若しその道を通つた, 若しそむかざれば内証, 若しそれこれが風, 若しそれでも好いなら, 若しそれイキゴトに至つて, 若しそれ世に權詐, 若しそれ以外の個所, 若しそれ僅かに樹根, 若しそれ十銭しか出, 若しそれ地上生活の経験, 若しそれ左方の嶢角, 若しそれ戦争かの大量生産式, 若しそれ日の丸だとか, 若しそれ比較して, 若しそれ等以外の動機, 若しそれ花下舟に棹, 若しそれ近くついて, 若しそれ金剛智三藏より以前, 若したつた一つでも, 若したまたま山を, 若したまに同等以上の, 若しだまされたものなら, 若しだめだったら単行本, 若しちょいと私, 若しつかまってしまったら, 若しつかまへたらあたしの, 若しつくそうと思っ, 若しふ名, 若しできたら伯爵に, 若しですよその, 若しといへる詩, 若しとて彼を, 若しどうかした拍子, 若しどこかに夢, 若しなさったら私に, 若しなつたらどう, 若しならなかつたら幸ひだが, 若しなんでしたら別, 若しねらひが外れ, 若しのりとの形式, 若しはじめより默, 若しはたらきかくべき何物, 若しはつきり讀者の顏, 若しはやくラ・ミーラの, 若しはらたけの, 若しはる子さんがこれっきり退社, 若しひとがこの, 若しひどくすれば, 若しひまならば, 若しひょっとそれを, 若しふっとお浜, 若しほかに證, 若しほんものがこの, 若しぼくに羽根, 若しまかり間違つたら, 若しむずかしい急ぎの, 若しもう苦しかつ, 若しもう少し和歌の, 若しもさうだとしたなら, 若しもって来たら, 若しやけふあいつ, 若しやったのなら, 若しやったら私は, 若しやつかま, 若しやという心持が, 若しやとおもてやつて來, 若しやとは思ひましたが, 若しやり損つたら, 若しやりそこなえば幾度, 若しやるとでも云ったら, 若しよき学生なら, 若しよこさなければ土墻, 若しよの常の, 若しよろしいといふこと, 若しわしが君, 若しわれをし, 若しわれこれに對, 若しわれと己れ, 若しわれ等にし, 若しアダムにし, 若しアヌンチヤタまことに汝, 若しアノ時に強い, 若しアノ服を秀子, 若しアノ美人が此, 若しアポローン光榮を我, 若しアリバイさえ成立, 若しアレースアポローン戰鬪中に身, 若しアヽー何うも此, 若しイエスがまだ, 若しインスピレエションなんといふ, 若しウメが父, 若しエキゾオチシズムが潜ん, 若しオダハラでなかつたらあんな, 若しカストレとポルルーチェ, 若しカノワにし, 若しガラツ八の手紙, 若しキュリー夫人が, 若しキリストが説かれし, 若しクビにされる, 若しクロノメートルが狂, 若しコントロールのため, 若しコンヴェイヤー装置にでもし, 若しゴルゴンあらはれ汝これ, 若しゴーリキイが自分, 若しシエクスピイヤの千魂萬魂, 若しシュリーフェンが当時, 若しジイドなりジューヴェ, 若しジユウルに逆, 若しジユリエツトが来, 若しスウイツルでも隣国, 若しスタニスラフスキイに及ばない, 若しステッキを持っ, 若しストライキが起る, 若しスバーが水, 若しゾーラをし, 若しダルジンを覚え, 若しダンテを読んだ, 若しチヤプリンさへ非難, 若しトスカーナの地, 若しトロイア及び城中, 若しドイツが会戦, 若しニユウの大, 若しニルの上流地方, 若しバラツクでも建ち並ぶ, 若しパパがいけない, 若しパラグアイ行きをやめろつ, 若しヒユーマニチーの中, 若しヒョット彼の前, 若しヒロが生れた, 若しフエデリゴの共, 若しフランスの最も, 若しプルウストがそれだけ, 若しベルグソンに於, 若しホツテントツトの紳士, 若しホテリングが無罪, 若しホテルといい得るなら, 若しボオドレヱルを好き, 若しポオの文才, 若しポオル叔父さんが此, 若しマオカ越年の計, 若しマシュースが来る, 若しマリアが結婚, 若しマヰリクラクモと訓む, 若しミツシヨンより金, 若しミュジックなるもの, 若しミルラン君が作者, 若しメレアグロの身, 若しモスクワならモスクワ, 若しロシアの民衆, 若しロシヤ本國政府, 若しワラタ号が遭難, 若しヴァル・ディ・マーグラとその, 若しヴィルジリオと代, 若し一あし違えに, 若し一たび改変せられて, 若し一つの言葉, 若し一つ二つの事, 若し一ヵ処でも掛け, 若し一九二三年でなくて, 若し一事実として報告的, 若し一個の藝術的洞察者, 若し一個列國權力の平衡, 若し一兵卒たるを得, 若し一国の首都, 若し一字でも, 若し一家のみの安泰幸福, 若し一家族の中, 若し一層遡つた時代, 若し一度戦争の危機, 若し一度知つたとすれ, 若し一心間に止まる, 若し一念心に信ずる, 若し一文にもならない, 若し一族の中, 若し一枚で足りなけれ, 若し一点だも, 若し一生不離叢林なれば, 若し一番鶏の鳴く, 若し一般青年間に流布, 若し一葉がそういう, 若し一貫したる性質, 若し丁寧に吟味, 若し七字句などを以て止めたら, 若し七月二日以前のやう, 若し万々一大隈をし, 若し万が一世の中に変乱, 若し万が一今度百や二百, 若し万が一新鮮と芳烈, 若し万一どうかして, 若し万一此の人, 若し万人が同じ, 若し不去, 若し三五年も續, 若し三円出れば, 若し三十一文字と云, 若し三千兩と纒つて, 若し三字の通称, 若し三年も四年, 若し三日や四日, 若し三日目までに帰らな, 若し三書の謂, 若し三毛がその, 若し三田が殺した, 若し三種の書, 若し三階へ昇った, 若し三韓をし, 若し上代の生活, 若し上役に昇進, 若し上手に追いやっ, 若し上野の山, 若し下女勝て多言, 若し不便であると, 若し不健全なもの, 若し不可能なる極限, 若し不時の天變, 若し不条理極まると, 若し不正不穏の行為其他, 若し不注意の為め, 若し与えられたものが, 若し与へられたる材料より, 若し世の中に事業, 若し世人の言半ば信, 若し世人今より此問題, 若し世話が出来ん出, 若し両個が相, 若し両手があい, 若し両隣に口, 若しの二人, 若し中れば必ず, 若し中和的に存在, 若し中書省の案文, 若し丸部春子と云う, 若し主任にさっき, 若し主観が真理, 若し乃公の子, 若し久保さんを引合, 若し久受ならん, 若し損って, 若し乗り遅れたつて歩い, 若し乗物に乗ったら, 若し乱暴でも仕掛けた, 若し予自身を救はん, 若し争議に関係, 若しを爲, 若し事変前ででもあったなら, 若し事業を以て云, 若し事露れなば, 若し二つ体があつ, 若し二つ體があつ, 若し二三の前提, 若し二度考えたとしても, 若し二条系統の無, 若し二法の彼岸, 若し二者中一を取ら, 若しひ得れば, 若しの意識, 若し五十キロの速度, 若し五感が円満, 若し亞細亞舊時の思想, 若し交代さして貰える, 若し何時人の, 若し京水のもの, 若し人如實に此, 若し人家もなく, 若し人己に發, 若し人心の穢, 若し人感官を制し, 若し人樣の手, 若し人此の六, 若し人民の師表, 若し人相が生れた, 若し人群生の弱き, 若し人蓄積する所, 若し人身を受けたなら, 若し人違であったら許して, 若し仁者になれ, 若し今お前に何, 若し今こいつに火, 若し今すべて衆こぞり和議, 若し今一年廃学して, 若し今事の伝, 若し今回の秘密, 若し今夜にも雨雪, 若し今夜百ヶ日の時みたい, 若し今川方から大高, 若し今年兵隊にとられる, 若し今度も同じ, 若し今度会つたら会, 若し今度駄目だと, 若し今後の芸術上, 若し今後何等かの事情, 若し今後美術協会風なる一画風, 若し今数年寿命を保つ, 若し今日じゅうに来ない, 若し今日日本に於, 若し今日本にも一つ, 若し今日電子の色, 若し今晩君がひま, 若し仏教徒ならば, 若し仏蘭西へ行った, 若し仏軍にし, 若し仔細に先秦, 若し仕事を課する, 若し仕合せにもこの, 若し仕返しに来たら, 若し他日これが法則的, 若し他日わが家の古, 若し他殺なら誰, 若し他者性が完全, 若し他郷の人, 若し以上考ふる如くなれば, 若し仮すに尚, 若し仮にさういふ, 若し仰ぎて中心, 若しの作, 若し伊曾が明子, 若しつたら今後, 若し会ってくれる, 若し伝播説に至り, 若し伴侶のため, 若し伴藏に喋, 若し伸ばしても鼻, 若して居, 若し佐吉や下女たち, 若し佐川二等兵の技術的, 若しの伸び, 若し何ぞ御用が, 若し何だアネ帰ッて, 若し何びともヒステリイ, 若し何らかの事情に, 若し何事もなけれ, 若し何故に彼, 若し何日迄に是非掲出, 若し何物も無, 若し余分が出れ, 若し余輩の言, 若し佛教儒教だけを國教, 若しくるなら學校, 若したと, 若し來らずば, 若し來世が無い, 若し侠客の本領, 若し侵略的種族であつ, 若し俗書は不, 若し保子さんがお許し, 若し保存されて, 若し保護するに, 若しなりとせ, 若し信ずるとせ, 若し信徒にし, 若し信長が中島, 若し俳優養成といふ責任, 若し個人主義と云, 若し個物の實, 若し倒立して, 若しに余命, 若し借りる意志が, 若し借りるなら百万麻克の, 若し借金取りであつ, 若し倫理の教師, 若し倭人傳に見えたる, 若しりに, 若し假すに尚, 若し停車場で秀子, 若し健康でいたならば, 若し偶京水に邂逅, 若し偽善といい得べくん, 若しはらば業挙らむ, 若し傳授書が返し, 若し傳道者としての自, 若し僕等に, 若し僕自身がその, 若し僞造に巧, 若し儒教を立てなけれ, 若し優しい聲でも, 若し優れた芸術に, 若し優恤せずんば, 若し優秀強大な艦隊, 若し兄弟等のゆ, 若し充分の力あらば速, 若し兇器に使用, 若し兇悪な犯罪者, 若し兇行の當日, 若し先妻の遺子, 若し光君がなおっ, 若し光子がその, 若し光子さんが死体, 若し児島のよう, 若し党派の利害, 若し入京が許されない, 若し入営まで労働者, 若し入学すれば, 若し入用の手紙, 若し入院するよう, 若し氣全念で, 若し全体がこの, 若し兩侯兩立せざるの, 若し兩方を比較, 若し兩者の間, 若し兩親が生き, 若し八州のお, 若し八郎の帰宅, 若し公平に考えたら, 若し公衆に採決, 若し六ちゃんともう, 若し六朗が重役, 若し共同主催でこれ, 若し共同門の方, 若し共産主義の旗, 若し共産主義者の目, 若し共産團があつ, 若し兵衛佐頼朝をし, 若し兵隊逃亡すること, 若し其上級に位する, 若し其主要なるもの, 若し其儘左岸を遡る, 若し其処のが負傷者, 若し其原形を知ら, 若し其反對に夫, 若し其名前を書, 若し其夫より佳人, 若し其差別ありとならば, 若し其心に憂慮, 若し其感覺する所, 若し其手續を履, 若し其文字を知る, 若し其時に父, 若し其時落第せず唯, 若し其智識思想に相, 若し其最も諦め, 若し其本に壽, 若し其権を国会, 若し其歌ふ所, 若し其科目中に輓近西洋, 若し其耕地が充分, 若し其處等の山, 若し其製法でも知, 若し其許可を得れ, 若し其説が真実, 若し其追記の部, 若し其道理が解らなけれ, 若し其適するもの, 若し其鉄扇が離れた, 若し其間に寸分, 若し其隆起せる山頂, 若し其頃の私, 若し其顔を知ったら, 若し具象とは經驗, 若し兼吉を無罪, 若しにいたら, 若し内容があつ, 若し内川が持っ, 若し會したら重ね, 若しっていた, 若し冬子が, 若し冷淡にな, 若し凌雲閣や愛宕塔, 若し凡てのもの, 若し凡人は捨て去れ, 若し出すところが, 若し出たがっても出し, 若し出なくなるとすれ, 若し出ん時は, 若し出世の見込み, 若し出合ったらひどい目, 若し出来ても興味, 若し出来たなら是も, 若し出来たら雑誌か, 若し出来るなら伝えて戴きたい, 若し出来兼ねたら鈍色の, 若し出版するもの, 若し出版元が中途, 若し出発が午前六時頃, 若し出資者がいつ, 若し出陣したとしても, 若し刃物をつかったなら, 若し册整理する, 若し分たらば死刑, 若し分らずばそれ, 若し分冊整理すると, 若し分子が球形, 若し分業が社会発展, 若し初めて江戸へ, 若し初期議会以後の時代, 若し初期議會以後の時代, 若しの探, 若し別に詳伝が, 若し別にそっと釣し, 若し別にどうと云う, 若し別年とする, 若し利平茶屋までバス, 若し制度の運用, 若し前人を感じ, 若し前夜のこと, 若し前橋方面の表口, 若し剣術でも習いてえなら, 若しといふもの, 若し劇界の外, 若しをさげ, 若しを執, 若しと境, 若し力丈夫に感じない, 若し加担したの, 若し劣るなら吾, 若し動いたとすれ, 若し動かぬなら此の, 若し動物を殺し, 若し勝頼をし, 若し勞働といふこと, 若し勢いは強い, 若し勢力の尤も大, 若し勧進の職, 若しを解い, 若し化物學といふ學問, 若し化石的自己を有し, 若し伐を, 若し北園が真犯人, 若し北園竜子が犯人, 若し北支に派遣, 若し匪賊が出, 若し医家の用語, 若し医者がよい, 若し十二分に觀察, 若し十二時になれ, 若し十四吋以上の裝甲軍艦, 若し十違ひであつたなら, 若し千古の佳什, 若し千山が馬賊, 若し午前二時に着く, 若し南向きでなければ, 若し南支那と北支那, 若し南軍に掴まったら, 若し印度が劒, 若し印度日耳曼動物説話の根元, 若し危きに及べ, 若しの一隅, 若し原因結果の理法, 若し原爆が砲彈, 若し原語の意義, 若しな女, 若し厳重に批評, 若し夜御, 若し去年のやう, 若し参りましたらば何卒, 若し参考になるなら, 若し又それでもお銭が, 若し友人等の堕落, 若し對と, 若し反対すれば, 若し反抗を試みるなら, 若し反省といふもの, 若し叔母さんが来たら, 若し叔父さんの御用, 若し取り逃がしてはならぬ, 若し取り除いてしまう, 若し口外すると, 若し古人の意, 若しがなかつたなら, 若し只今にも自分, 若し召抱える大名が, 若し史實に據, 若し右横町に彼等, 若しひたりとも, 若し合鍵がなかろう者, 若し吉服を着け, 若し同一の論理, 若し同名異人なるとき, 若し同君がゐなかつたら, 若し同姓の中, 若し同性間に異性関係, 若し同意を得ず, 若し同案を遂行, 若し同車の人, 若し名実兼備の首領, 若し名誉とか不朽, 若し向うでしら, 若し向後懈怠ある時, 若し向方で何, 若し君たちが一九一九年四月十三日, 若し君獨り引返すの, 若し君等が日本, 若しを勝たしめ, 若し吾が直行の, 若し吾儕の中, 若し吾妻として少女, 若し吾妻屋永左衞門に少し, 若し吾等が不幸, 若し周囲の者, 若し周子が実際, 若し呪う力が, 若し味方の者, 若し和辻氏の中, 若し和銅年間に郡家, 若し咎められた時にゃ, 若し咒語に在る, 若し基督教の, 若し利を, 若し喋ればこの, 若し喜びの世, 若しに外圍, 若し單純なもの, 若し嘔吐か何, 若し嘗て余の, 若しの如く, 若し噴火山の近所, 若し四十になる, 若し四字の中, 若し四月に父上, 若し困るならこれから半町, 若しつ神, 若し国土に講宣読誦, 若し国地なりとせ, 若し国家連合の理論, 若し国性に適合, 若し国用を憂うなら, 若し国男が万一, 若し国立劇場でもあつ, 若し国語の現状, 若し國家が門戸, 若し國性に適合, 若し國民に教, 若し國民議會にし, 若し國許から金, 若し土地が不毛, 若し土曜日より泊りがけ, 若し土民生活者の眼, 若し土足を踏み込め, 若し在世の間, 若し圭一郎が髮床屋, 若し地下室を覗い, 若し地主諸君にし, 若し地名だとしても, 若し地方出身の人, 若し地球が廿四時間毎, 若し地表に湧出, 若し地震が余程, 若し地面が平, 若しつて居たら, 若し坑儒事件の當時, 若し基底面が圏, 若し基督が出, 若し場所をかえ, 若し塞がつてゐたら, 若しに上せられ, 若しに氷, 若し士彦と子彦, 若しなこと, 若し変つて居たら先, 若し変化があった, 若し変装をする, 若し夏子でなければ, 若し夏秋の交, 若し夕方なら羊飼, 若し夕潮の, 若し外交上より解剖, 若し外出する場合, 若し外国劇をわれわれ, 若し外国旅行の経験, 若し外國の軍隊, 若し外國文直譯體, 若し外物の印象, 若し外衣を着, 若し多くの日本, 若し多岐多端の現代, 若し多情ならしめば, 若し夜間であつ, 若し大きい声を, 若し大事を真実, 若し大人が赤坊, 若し大体の意味, 若し大勢が其処, 若し大変ご迷惑, 若し大学で東洋研究, 若し大島伸一先生を得なかつたなら, 若し大橋さんの言う, 若し大正丁巳までながらへ, 若し大王能く首計, 若し大砲で撃, 若し大胆に振舞い, 若し大臣であるならば, 若し大蔵せんと, 若し大衆的行動が現場, 若し大道へ出たなら, 若し大部な書籍, 若し大阪へ行かれない, 若し大雨の後, 若し天一坊を公方様, 若し天上を降れる, 若し天候の加減, 若し天地を以て我, 若し天子にし, 若し天来の妙案, 若し天皇の御手元, 若し天花日子命を違えず, 若し太子が馬子, 若し太宰が佐藤春夫, 若し太祖に果し, 若し太閤殿下に万一, 若し太陽が円い, 若し夫れこの論文それ自身, 若し夫不義過あら, 若し夫野口君に至つて, 若し奇特者の忠告, 若し奈保子の遺骸, 若し奈良に残し, 若し奉公の口, 若し奧州後三年記の記事, 若し女の子か知らない, 若し女優になれる, 若し女子供がこの, 若し奴等二人が同類, 若し好いた惚れたと云, 若し好きな人, 若しなかりせば, 若し始まったら今度は, 若し始めっから, 若し姐さんので無けれ, 若しの氣, 若し委曲を告ぐれ, 若し姦通した女, 若しを獲たら, 若し孔子が匹夫, 若し孔子癰疽と侍人瘠環, 若し孔安國の注, 若しをスラスラ, 若し字餘りの, 若し存命して, 若し孝助に遺恨, 若し孤児であるなら直ぐ, 若し学制調査会の設置, 若し学生生活を何等, 若し学資に余裕, 若し學制調査會の設置, 若し學生にし, 若し學課の餘暇, 若し安貴王にし, 若し宗教でなければ, 若し宗門に降らざる, 若し官属主義にし, 若し官屬主義にし, 若し官能汝に物, 若し官軍の為, 若し定家の假名, 若し宜しいようでしたら, 若し実に人を, 若し実行すれば, 若し実験的方法によつて肉体生活, 若し客觀的事物に就き, 若し室内にて前記, 若し家族が其催告, 若し家柄も正しく, 若し容疑者が真犯人, 若し富める印度の, 若し富五郎さんが間, 若し富人ならば, 若し富士川氏の手抄, 若し富美子さんが自分, 若し寛大のアカイオイわ, 若し寛文元年に生れた, 若してゐる, 若しと法, 若し實際に非, 若し實際毒がひどい, 若し審査員であ, 若しへまいる, 若し対立する見解, 若し寿海の名残狂言, 若し専心に私, 若し将来富田博士が世界, 若し将来言文一致を土台, 若し小三郎が昨夜, 若し小便が出たくなったら, 若し小刀は能, 若し小池助手が入っ, 若し小説について論じる, 若し小説家自身の中, 若し小説界の明治廿一年以前, 若し小遣が無くなったら, 若し小間物屋の店, 若し法を, 若し少き美しき娘に, 若し少なき学問を以て, 若し少壮なる者, 若し少女がその, 若しければ, 若し居たつて関や, 若し居れば私, 若し屋根葺く萱草, 若し屏風があった, 若し展覧会の審査員, 若し山名の記載, 若し山國の産, 若し山本一家の爲め, 若し山水の景致, 若し山県内閣にし, 若し山縣内閣にし, 若し山霊をし, 若し岡本があの, 若しに觸, 若し岩壁の豪宕壮大, 若し岩波氏の承諾, 若しが下げられた, 若し島村抱月君が多少そう, 若し島田虎之助といふ人, 若し川下に心あたり, 若し川崎船が出, 若し川沿いの台地, 若し巡査が居なけれ, 若し分れの, 若し巣林子著作の細評, 若し巧みに剣, 若し已むを得ざる, 若し巴里に居たら, 若し市郎が其後, 若し帚葉翁が世に, 若しでなくて, 若しが空い, 若し帰って来たら, 若し帰るとする, 若し帰途に其, 若し常談たらずと, 若し幕府にし, 若し平山を留め置いたら, 若し平心を以て射, 若し平生身体の強壮, 若し平癒しなければ, 若し平等に戰鬪, 若しのわり, 若し年代順に此歌, 若し年齒に剛勇, 若し年齢が許すなら, 若し幸運ばかり続い, 若し幽霊塔へ行かず, 若し幾らかあるに, 若し幾分でも秀子, 若し幾千の山法師, 若し海屋に, 若し広く時勢を, 若し庄左衞門に男子, 若し床の間の置物, 若しの代り, 若しに達する, 若し底部に疵, 若しへ来た, 若し建文帝にし, 若し引續きこの, 若し引金を引い, 若し強く自分の, 若し強情を張れ, 若し委員会の, 若し当人が, 若し当代も批評時代, 若し当分此方にゐる, 若し当初に於, 若し当選して, 若し当面の政府委員, 若し役に立て居れば夫, 若し彼らに強大, 若し彼処の人達, 若し彼夕もろひとに辱められ, 若し彼女主人にし, 若し彼女等が此の世, 若し彼娘のいる, 若し彼教育を受け, 若し彼方に於, 若し彼等二人の間, 若し彼等子女の目, 若し彼蒼の大いなる, 若し征韓の非, 若し徂徠にし, 若し待ち取らずば必ず, 若し律法において一信仰, 若し後れ先だつ道の, 若し後世の學者風, 若し後鳥羽院が至尊風, 若し従之の何者, 若し従来われわれが使つて, 若し從來不健康の爲, 若し御存知なくて, 若し御新造さまがお, 若し復職が出来れ, 若し徳川の文学, 若し徳川時代あたりに昔, 若し徳操を歌, 若し心から愛して, 若し心境的といふこと, 若し心安きあまりにわが, 若し心持の上, 若し心當の人, 若し心術の上, 若し必ず何とか言は, 若し忘れていられる, 若し忠告なら何故, 若し忽然として, 若し怒り惡意に加, 若し怒るときは, 若し思い設けなかった愛嬌で, 若し思わない人が, 若し怠惰屋の第, 若し急用が起れ, 若しのよく, 若し怨恨を結ぶ, 若し怪しい奴が, 若し怪我でもなさつたら, 若し怪物といふ者, 若し怪美人が真に, 若し怯懦と暴行, 若し恁んな説, 若し恐ろしいとか何とか, 若し恐ろしく変ったなりを, 若し恒庵若くは, 若しなく暮し, 若しを返し, 若し恩惠のうち, 若し恭二がかれこれ, 若し息子の病気, 若し悔改めずしてその, 若し悟られはせぬ, 若し悠久の光栄, 若し悪人が其の, 若し悪心を以て射, 若し情なく拒んで, 若し情夫ありと, 若し情実が有れ, 若し情熱を欠ける, 若し情談をいいかけられたら, 若し惠果阿闍梨が半年, 若しを作す, 若し惡人となら, 若し惡棍などに逢, 若しての文学者, 若し惣次郎が一角, 若し愈々是れ, 若しを決して, 若し意向を甲, 若し意義があり, 若し意識的に此デイレンマ, 若し愛想を尽かし, 若し愛著なく, 若し感づいてここ, 若し感情を本, 若し感情的なもの, 若し慎作が, 若し慰問の意味, 若し慶喜が本当に, 若し慾情に迷, 若しを同, 若し憎みの故に, 若し憎む可くん, 若し憐れな年, 若しること, 若し憲政党に入ら, 若し憲政黨に入ら, 若し成し得可くん, 若し成らずんば死す, 若し成り立てば今年, 若し成るなくん, 若し成功して, 若し我これをその, 若し我國史に於, 若し我拳の一たび爾, 若し我此作を讀ま, 若し我相場師となら, 若し我筆を借り, 若し我等自身の中, 若し我言を非, 若し我身一つの秋, 若し我邦の假名, 若し我配處に赴かずん, 若し或は已に勢力, 若し戦わば, 若し戦場往来の時是, 若し戦後派と呼ばれる, 若し戦闘が始まつたら, 若し戯曲の中, 若しふべくんば, 若し戰爭に相成, 若し戸倉を出発点, 若し戸籍謄本の表, 若し戻つて来い, 若し戻りよってもきっと, 若し房一の気に入らう, 若し房一達の来る, 若し房枝があの, 若し所應作を忽, 若し所謂だね, 若し所謂人情の領域, 若し所謂感覚のそれ自身, 若し所謂輪廓上の釣合, 若し手紙をよんだら迎え, 若し手術がいる, 若し手遅れと云, 若し高きにより, 若し才智や学識, 若し才能がある, 若し開けて, 若し打たれては残卒, 若し払代銀並びに代り品等, 若しけ起し給はず, 若し批評風にいふ, 若しげられた, 若し押し寄せて来たら, 若しき出されたる趣味そのもの, 若し拒まれた場合には, 若し拒絶する樣, 若し拙作がいくら, 若し招きに応じなけれ, 若し招待を辞退, 若し持つてをれ, 若し持つてるならお願ひだ, 若しを触れたら, 若し指井が貴女, 若し指摘せよと, 若し捕かまったら三日か, 若し捕ってりゃ偽物だ, 若し捕まえたら彼の, 若し捕まった支那人の, 若し捨てられては仇, 若し探偵と分る, 若し探偵小説になさる, 若し探偵小説界に一人, 若し接近させると, 若し推して言, 若し推定の如く, 若し推理によつて, 若し描くんなら燃えしきる, 若し握手のあたたか, 若しはむに, 若し支那兵が一人きり, 若し改まりて幼, 若し放されても首曲り, 若し政党内閣に反対, 若し政宗に陰険, 若し政府当局の意向, 若し政権に近接, 若し政權に近接, 若し政治と相, 若し政黨内閣に反, 若しありて, 若し故に神聖帝國が, 若し故人がこの, 若し敏感な教養, 若しふに, 若し救いの手, 若し敗れたら海の, 若し敗壁斷礎の間, 若してそれ, 若し散る氣の, 若し散歩した時ソヴェト広場, 若しが言, 若し敬語語尾が古く, 若し数量的でないならば, 若し敵国と云う, 若し敵機を帝都, 若し敵軍跡を追わ, 若し數千の男女, 若し數年後にふたたび, 若し數秒間で廣場, 若し文三が物, 若し文壇がそれ, 若し文字の上, 若し文学を事業, 若し文学作品が何物, 若し文家の一特質, 若し文明なら僕, 若し文法學者がいふ如く, 若し文章に活殺, 若し文語と口語, 若し文部大臣に伴食, 若し文部省に於, 若し文鏡祕府論がなかつたなら, 若し料理人が頭, 若し断わられたらどうしよう, 若し斯様に致したら, 若し新しい好い自己を, 若し新劇協会がモスコオ芸術座以上, 若し新聞に出でたる, 若し方今のあり, 若し施療室というもの, 若し旅中に事, 若し旅行を早く, 若し既記の事実, 若しの既に, 若し日本国民が神話発生以前, 若し日本國民にし, 若し日本文化の内容, 若し日本本土の港灣開放, 若し日本説話の, 若し日本音楽を愛し, 若し日輪寺と云, 若し旦那え帰り車, 若し旦那様がここ, 若し旧劇のそれ, 若しに忤つて職, 若し旨く行ったら君, 若し稻田の, 若し早稲田の庭園, 若し明日にも日本, 若し明日彼を冷たい, 若し明治の維新, 若し明治元年より今日, 若し明治十八九年を以て学術, 若し明治時代の批評家, 若し昔風の婆さん, 若し星野さんにでも聞えたら, 若しの詩歌, 若し昨夜変った事, 若し昨日一日降らないと, 若し昨日今日のうち, 若し是等知識階級の人達, 若し是雪の中, 若し是非就職したいなら二, 若し昼間か夕刻, 若し時代と境遇, 若し時代的に恋する, 若し時間があつ, 若しあるかば, 若し普段なら一撃, 若し晴れたらんには, 若し智力の程度, 若し智無して是, 若し暴風雨が起ったら, 若し曙覧が積極式, 若し書く場合, 若し書けたとしてもイプセン, 若し書店や雑誌社, 若して手, 若し最も我と同文同種と, 若し最初から少し, 若し最初私の理想, 若し最後の仮定説, 若し月夜笛を聞い, 若しつたとしても, 若し有ったなら贋電報に関する, 若し有ったらば山口屋, 若し有ると為れ, 若し有るなら昨夜何の, 若し有信の実父, 若し有力な競争者出, 若し有名の親分, 若し有形的に見つもれ, 若し有料診療を受けなけりゃならない, 若し朋友か何, 若し朗読する個所, 若し望み得るならばやはり, 若し望むならば田沢, 若し朝子がその, 若し期せずして其人, 若し木像の四天王, 若し同書に, 若し未来の所天, 若し本員が検閲官, 若し本当の泥坊, 若し本心から怒っ, 若し本来の伝承, 若し本田さんがくれろ, 若し本能的生活が体験, 若し本間君が単に, 若し村長さんが来, 若し杖以上の罪, 若し来るべしと信ずる, 若し松の木の根, 若し松本等の主張, 若し松竹梅と三つ, 若し林檎の樹, 若し柏軒ならば, 若し柏軒先生が此, 若し某君にし, 若し柿右衛門が真, 若し栃木縣の中, 若しに相違, 若し案内無しで登られる, 若しなんぞが不満足, 若し梅子さん御気, 若し梅子さん間違つてたなら勘弁, 若し棄てたら僕が, 若しに関するの文献, 若し森林がなかっ, 若し植物や家畜, 若し極めて大切な, 若し極端に想像, 若し楽々と乗, 若し榛原は萩原, 若し榛軒の先妻勇, 若しが銅, 若し樂屋で皆, 若し標準が間違つて, 若し権力をもっ, 若し権田の様, 若し樺太に於ける, 若し橋本氏にし, 若し檢校などになる, 若し欠損するなければ, 若し欠点を挙げる, 若し欲すれば上海, 若しふべくんば, 若し歌舞伎或いは新派側, 若し止むなく河を, 若し正にして, 若し正史の上, 若し正弘が榛軒, 若し正等覺者所説の法, 若し正路を失し, 若し正造及び同志, 若し正面を切っ, 若し此ぶらんこなる名, 若し此一件を他人, 若し此一致がなかつたなら, 若し此世の渾, 若し此争闘両三年, 若し此事真実に候, 若し此人達がそんな, 若し此仕事を他, 若し此信仰を認めぬ, 若し此偉大なる神格, 若し此像の女, 若し此儘に盲進, 若し此兩面が美しい, 若し此刹那に己, 若し此半身が何處, 若し此問題を深く, 若し此地に過去, 若し此場合に於, 若し此山の噴出, 若し此幣にし, 若し此年立にし, 若し此形を以て羽衣説話, 若し此心悪き子, 若し此性に戻り, 若し此戰爭に就, 若し此推測が當つて, 若し此數百萬圓を費さずし, 若し此明文の如くん, 若し此時代に特有, 若し此時患者に豫め, 若し此樣な禍, 若し此欄干が外れる, 若し此歌にし, 若し此汚贖と罪惡, 若し此火事に姪, 若し此甚だ稀, 若し此病氣で自分, 若し此矛盾と苦痛, 若し此経路さへ考へる, 若し此考へがなり立つ, 若し此考察にし, 若し此荒廢のみなら, 若し此藥に何, 若し此蚊が毬, 若し此記者マルブランシユの著名, 若し此誓ひを, 若し此説を見聞, 若し此説話にし, 若し此運命から僕, 若し此道を下れ, 若し此鉱山が足尾, 若し此陶鋳力, 若し此陶鑄力を以て煽動家, 若し此頃適当の指導者, 若し此點を考へたなら, 若し武士が家禄, 若し武家の棟梁, 若し武者小路氏が頭, 若し武陵何処と問わ, 若し歯医者に行つて, 若し歴史上又は社會生活, 若しり給はず, 若し死なば富士諸共, 若し死なずば, 若し死ぬにしたら, 若し死ねるなら理想的だらう, 若し死んじゃったらその後の, 若し死骸と為らずし, 若し殉教者や革命家, 若し残った眼が, 若しつたら, 若し殘缺して, 若し殺された老人の, 若し殺害の罪悪, 若し毆傷の重き, 若し毆打して, 若し母さんに怨恨, 若し母上の撰択, 若し毎日地球を一周, 若し毒手にか, 若しにし, 若し民かくの如く, 若し民衆芸術に就い, 若し民謡として真に, 若し気候がよく, 若し気違ひに, 若し水天一碧の地平線上, 若し水路を行く, 若しで冷却, 若し汝等を愛せ, 若し江南の明, 若し江原さんに此, 若し江州だったらどう, 若し江戸の友人, 若し池田京水の族人, 若し決つたにし, 若し決める事の, 若し汽車の都合, 若し沈んだものと, 若し沒却作家とは作家, 若し沒理想を説く, 若し沙翁の, 若しの名, 若し河内介がこう, 若し河賊がやって来たら, 若し油断して, 若し治らなければ自分, 若しの水氣これ, 若し法印が救った, 若し法律上の不正, 若し法網を免, 若し泣かないものが, 若しが私, 若し注意の度, 若し洗淨嚴飾に怠れ, 若し看く事, 若し活眼を開らく時, 若し芳院を, 若し流罪で父, 若し流行の言葉, 若し浅間神社が勧請, 若し浮腫がくれ, 若し海嘯地震を以て人意, 若し海岸でも散歩, 若しの人, 若しが帯電状態, 若しき意, 若し淫靡といふこと, 若し深く洗い立てして, 若し清三に対し殺人罪, 若し渋皮のむけた, 若しが楠河州, 若し渡されなかつたら恥ぢを, 若し渡し口の方, 若し渡来しなかったら日本, 若し温かい情が, 若し温故知新の一助, 若し湯呑みを湯呑み, 若し満代さんがあの, 若し満州軍に不信, 若し満足に幸福, 若し源三郎の一本, 若し源流に遡らずし, 若し溝口屋三十八人の子分, 若し溪谷釣りで山中, 若し滅びぬ現在無くならぬ, 若し滞りなく出来あがつたら, 若し漁人煮せば, 若し漂民あらば, 若し漂着の日本人, 若し演出者に罪, 若し演習でなくほん, 若し漢文によつて浮世床や縁日, 若し漫々たる海洋, 若し漸く麻痺せ, 若し潮流最も劇, 若し瀬川君に疚しい, 若しを避, 若し点心並みに僕, 若し点火されたら恨み, 若し無事帰宅せば, 若し無心をいっ, 若し無意識になつてる間, 若し無慙なるアレース, 若し無理に帰りましたなら, 若し無礼をすれ, 若し無限の彷徨, 若し然しその人, 若し然様ならば, 若し煙草をお, 若し燈籠が詰らない, 若し燕王を立て給わ, 若しへば爭, 若し父母が存するなら, 若しを飼, 若しに入る, 若し物力の實, 若し物象が具象化, 若し物質的栄華を得る, 若し特別な支障, 若しになつ, 若し犯罪型の顔, 若しと犬, 若し独歩の作品中, 若し独身を続けるなら, 若し狭隘なる一政党, 若し狸肉がなにか, 若し狹隘なる一政黨, 若しではなかつた, 若し王侯の武力, 若し實に, 若し現われて来れ, 若し現今男性の社会生活, 若し現今社會の生んだ, 若し現場にこの, 若し現時の我が, 若し現象的に肥滿型, 若し理想を実現, 若し理想的な設備, 若しを以て身, 若しく身体, 若し生きますものなら, 若し生き還ると義理, 若し生ける者なり, 若し生まれざれば何, 若し生まれ替はるに, 若し生れた女の子を, 若し生れたならばそれ, 若し生れるならば人間以上, 若し生命あらば, 若し生命そのものが愛, 若し生意気なこと, 若し生物学及び医学, 若し生理的關係を云, 若しの色慾, 若し甲県に於, 若し男の子がない, 若し男子がこの, 若し男性用の貞操帯, 若し男振りも好し, 若し画派の綜合, 若し画面の美し, 若しに蔭, 若しって, 若し異郷に客死, 若し當人同志に結婚, 若し當局者だつたら彼等二十六名, 若し當時日本に行, 若し當選して, 若しはしとお, 若し疾病なく障害, 若し病院が面倒, 若し發狂したらといふ, 若し百万の軍, 若し百済人が其故郷, 若し皇女が結婚, 若し皿一杯の水, 若し盆栽の如く, 若し坊なら, 若し盗まれた金が, 若し盗棒であ, 若し盗賊にでも取られまし, 若し盜人が踏み込んだ, 若しに違, 若しにし, 若し直ちに比量の, 若し直にこれを, 若し直接外來の刺戟, 若し直接性においてのみ即ち, 若し相互の間, 若し相原氏が反, 若し相当の名士, 若し相談して, 若し相識らぬ人, 若し看守さへゐなけれ, 若し眞物なら一つ, 若し眞能立ならば, 若しなりせ, 若し真個に家, 若し真弓が刃, 若し真犯人であるならば, 若し真面目に構, 若しを催うさ, 若し眠つてしまつたら伯爵, 若し眠気が襲, 若し眩暈がなさいます, 若し眺める者が, 若し眼前の小, 若し眼窩の縁, 若し張りいるに, 若し知った人に, 若し知ったなら決して今, 若し知ってる人で, 若し知り給はば, 若し知れた時は, 若し知識階級の人物, 若し短刀を投げた, 若し研究したい人, 若し破毀だけを目的, 若し破産しなかつたら貧乏, 若し破約に於, 若し硫黄の一片, 若し碑文にてもあら, 若し磔刑に処せられなかったなら, 若し社会党が政権, 若し社会学が社会, 若し社会的条件がそれ, 若し社會主義が勝利, 若し祖父母父母から役所, 若し神佛を信, 若し神的なるもの, 若し神経質だったらどんなに, 若し神靈のとある, 若しを作, 若し福沢君の説教, 若しの精神, 若し秀抜な山, 若し私あなたに思いやり, 若し私一己の野心, 若し私共が持つ, 若しの紅葉, 若し秋川邸の中, 若し秋田さんの話, 若し秘密造船所の仕事, 若し秦末漢季の如き, 若し秩父山を旅行, 若し移動演劇に農民, 若しを徴する, 若し種池平の辺, 若し積雪全渓を埋め, 若し穢れたる意を以て, 若し空中の空気, 若し空想なり煩悶, 若し窓辺によって射る, 若し立入つて論理的認識論的分析を施せ, 若し竹田に従, 若しを執る, 若し管仲が, 若し篠田さんを逐, 若し米国の幾千万, 若しの本体, 若し粗忽なる男, 若しの一語, 若し精神といふもの形體, 若し精神上より言, 若し精霊が時間, 若し紅葉独得の写実筆法, 若し納屋へ帰つて, 若し紙巻を持つ, 若し紙背に徹する, 若し細君がどんな, 若し細田氏が邸, 若し細部に注意, 若し紺野老人が真犯人, 若し経験は少し, 若し結核性の病, 若しなくし, 若し絵具が塗り切れなく, 若しゆること, 若し絶對に全然, 若し続いてるのをや, 若し続けられるとして続い, 若しが切れ, 若しあるきぬ, 若し総ての日本人, 若し総掛りに軍, 若し繁りの前, 若しを見る, 若しくる處, 若しがない, 若し罪悪の文字, 若しを受けなく, 若し罵り噪ぎて内に, 若しに滞る有れ, 若し義元生きて, 若し義和團の亂, 若し義雄さんにでも引ツかかり, 若し老人が大平氏宅, 若し老婆に出, 若し考えてもそれ, 若し考えることを, 若し考古家に見せたら, 若し考証の煩, 若し聊かでもそれ, 若し聞く者あら, 若し聯合党の為, 若し聯合黨の爲, 若し聴かれずむば提携を, 若し聴かれん時には, 若し聴手の意, 若しを失ふ, 若しかれずむば提携, 若し肉親のこと, 若し肉食を嫌う, 若し肉體的のもの, 若し肋二三本打ち折りて, 若し肺病になつ, 若し肺臓細胞の全部, 若し背景といふこと, 若し胡語を使用, 若しに一点, 若し能わざらんか, 若し負えぬと, 若し腐ることある, 若しに落ちん, 若しも未熟, 若しを洗, 若し腹立怒時, 若し臆病でなかったならば, 若し臨終に寺, 若し自ら高ぶり或は, 若し自ら迷は, 若し自分一人して, 若し自分自身の言語, 若し自分達が林町, 若し自利の心, 若し自叙伝のよう, 若し自家での彼, 若し自己保存にのみあるなら, 若し自然的条件が文学, 若し自由な想像, 若し自由党員を閣員, 若し自由黨員を閣員, 若し自身も千部, 若し至らば仏性現前, 若し致死的の量, 若し舅姑によく, 若し與助の野郎, 若しなくば, 若し舊制度舊組織が衰朽, 若しに棹さし, 若し舟中の人, 若し舟遊の約, 若し般若三藏が後, 若し船舶その内, 若し良人が流刑, 若し良心あらば, 若しの香, 若し花瓶であったらこんな, 若し花色裏の着物, 若し芳年を團十郎, 若し芸妓の演芸会, 若し芸者なら数寄屋町, 若し芸術家が真に, 若し芸術的な繋りを, 若し芸術至上主義を信じない, 若し苟くも何等かの主義, 若しさを, 若し若々しい言ひ, 若し若い彼の, 若し若き天才の, 若し若しもだ, 若し若干の富, 若し若旦那がええ, 若し若者が全く, 若し苦悩や悔恨, 若し苦悶が堪へられない, 若し英国が真に, 若し英国正義の進路, 若し英米両国争端を開く, 若し英米戦争を開か, 若し英米霸を稱, 若し英雄ありて時, 若し英雄漢あらんか, 若し茂之助が此処, 若し草屋春斎の師弟, 若し草木のなほ, 若し送る事, 若し荷物相違致せば, 若し華語を使用, 若し萬一不幸にし, 若し萬一創作でなかつたに, 若し萬一斯る事, 若し萬世不易の形, 若し落ちたら死ぬだらうか, 若し落着かない, 若し落胤だと, 若し著書もなかつた, 若し古人の, 若し蓬的自己を有し, 若し蕉翁の什, 若し薩摩の方, 若し藝妓の演藝會, 若し藤原時代の享樂, 若し藤次郎が要之助, 若し藤陰ならば, 若し藻西が十一時前後頃, 若し蘭軒の新, 若し虎ぢやなし, 若し虚僞でなかつたら僕, 若し虚心平気で寝たなら, 若しのいどころ, 若しく我, 若しが真珠, 若し蜘蛛が居, 若し血液があった, 若しを楽, 若し衆我をし, 若し行き得るものと, 若し行くを肯, 若し行けるものだ, 若し行って誰, 若し行ったらきっと神仏, 若し行つたのなら何頃行つて何頃帰, 若し行倒になる, 若し街頭で子, 若し表現主義者が悉く, 若しに入れた, 若し被告人が此, 若し被害地人民の一揆的運動, 若しを逆, 若し裁判官に此事, 若し裁判所で内縁, 若し裁判所長があの, 若し裏切られずに仮に, 若しがそれなら, 若し西先生が何, 若し西沢の遡行, 若しあらば, 若し要するならば, 若し見えたら文章世界に, 若し見えぬようなら, 若し見かけたらどの方角, 若し見れば叱らなけれ, 若し見付かったらと御, 若し見出さば, 若し見失えば函館, 若し見廻さずに昇ろう者, 若し見当らなかつたら領事館へ, 若し見落していたなら, 若し見込がない, 若し見込み違いの, 若し覚え居て有, 若し親しむべくんば人種, 若し観客なるもの, 若し角力が加勢, 若し触濁の人, 若し言い伝えられて居る, 若し言つた通りの金, 若し訊問の当初, 若し記憶の誤り, 若し記述して, 若し許さるるなら私は, 若し許されたことで, 若し許して戴く, 若し証拠の不充分, 若し評論が好都合, 若し詩人文人小説家が記載, 若しに, 若し詳説すれば, 若し語ることが, 若し誠に咲う, 若し誤りがなけれ, 若し誤り誦する時は, 若し説明できる事, 若し読んだならば酷い, 若し読者諸君にし, 若し誰かが私, 若し調べた上で, 若し談理の弊, 若し論語の如其仁, 若しと法, 若し諫める機会, 若し天の, 若し諸人の救, 若し謀反人ならば, 若し謂うところの, 若し謝源がこれ, 若し警官の之, 若し議会に於ける, 若し議長が私, 若し譲治さんを誘惑, 若し谷崎君の言, 若し谷崎氏の語彙, 若し谷間田の疑い, 若し貞さんや光ちやん, 若し貞操を道徳, 若しくるもの, 若し負けだったらその, 若し財政がゆるせ, 若し貧乏に哲学, 若し貪婪な性質, 若し貫一はどう, 若しを投じ, 若し貴君の方, 若し貴宅を訪れましたら, 若し貴族趣味といふもの, 若し貴殿にし, 若し買物買が来たら, 若し貸さなければ殺し, 若し資産を均一, 若しが衣類, 若し賛成する者, 若し贋物と分ったら, 若し赤い眼鏡で, 若し赤穂義士を許し, 若し赦免になり, 若し起つてゐる, 若し起つたならばその, 若し起上つて捩らなければ, 若し超人と云, 若し足らざるところ正しから, 若し足利時代の自暴自棄, 若し足許に危険, 若し跛行性をジャーナリズム, 若しをつけ, 若し踏抜きでもし, 若し躓けばもう, 若し身体が縛りつけられ, 若し身體を弱く, 若し車内でその, 若し車夫學校を建てる, 若し車道をゆけ, 若し軍艦に乘, 若し軍隊の出來事, 若しまずば, 若し辯護せうと, 若し農商務省とか内務省, 若し辷りでもしよう, 若し濶に, 若し迎えに来, 若し近づきなば他, 若し近寄らば吾, 若し近着でもすれ, 若し近辺に雪, 若し返せる時が, 若し返討などに逢い, 若し追付かるように, 若し退いてくださらなかつたら, 若し逃げ出すとせ, 若し逃げ出せば頸, 若し逃亡せねば, 若しに回転, 若し逆説的であると, 若し逍遙の所謂理想, 若し途中何か事, 若し這般の和訳艶情小説, 若し這麼事を女主人, 若し通ずる樣に, 若し通ったところで, 若し通性の快楽, 若し通路に危険, 若し通途の説, 若し逝かずンば, 若し連中が遅れる, 若し進化の概念, 若し進歩の一語, 若し進退維れ谷まつたらわたくし, 若しふ能はずン, 若し遊びしならば, 若し遊んで暮す, 若し悪く途中, 若し運惡くお前, 若し過ちて此門, 若し過つて壞, 若し過てば海, 若し過去に於い, 若し過多に貪る, 若し過般の爭鬪, 若し道子が再び, 若し道徳のため, 若し道教の密義, 若し道義的にみ, 若し違うとならば, 若し遠くでもあられ, 若しくの, 若しくなれ, 若してて鉄砲, 若し避暑にでも出かけるなら, 若し避病院へでもやられ, 若しの際, 若し那樣事が有, 若し邪魔にな, 若しの中, 若し郵便局で配達, 若し釋迦が成道, 若し里子が斯く, 若し里見広津といつた, 若し重い本を, 若し野宿すれば, 若し金剛石の光, 若し金持の息子, 若し金貨引上げ後であったら何, 若し釣れれば運, 若し釣竿を持たず, 若し鉱毒問題を提出, 若し銀座を歩く, 若し銅像の話, 若し鑛毒問題を提出, 若し詩形の, 若し長い脚の, 若し長女にし, 若し開路開山にし, 若し間暇あらば, 若し間違つてその十粒, 若し間違ひだつたら俺, 若し間違ひであつた, 若し間食家だつた, 若し関口君に少し, 若し関聯せしめると, 若し閨室に美人, 若し闇太郎の言葉, 若し關係がある, 若し母さんの, 若し阿部正弘が榛軒, 若し附き纒って, 若し附け加へる, 若し降って来る, 若し降ったら賊の, 若し降りてこの, 若しの此方面, 若し除かれてあった, 若し陸軍当局にし, 若し隆造が仲裁, 若し随分乱暴な, 若し隠し立を, 若し隠れた通路が, 若し隠然たる勢力といふ, 若しの人達, 若し隣り二軒に, 若し雅さんが引取つて, 若し離れて生活, 若し離婚を受けた, 若し離縁を願, 若し雪子と結婚, 若しが上つて, 若し電信為替で金子, 若し需められて, 若し震災前に何等, 若しあらば, 若し霓博士を救, 若し露子に呑ませ, 若し青年時代の夢遊病的, 若し静かにし, 若し非難する時, 若し面付きこそ人並, 若し面倒なこと, 若し韓非子をし, 若し頂上に登った, 若しかつてゐる, 若しの中, 若し頭髪に, 若し頼むといふこと, 若し頼もしい人が, 若し頼朝にし, 若しを皺め, 若し願うの心, 若し類似を求めるなら, 若し風俗が道徳, 若し風景として感覚, 若し風流な旅, 若し飛びかかつてでも來, 若し食堂があるなら, 若し食物をくわえ, 若しを四度喰, 若し飯場の人たち, 若し飯山へ出掛ける, 若し飽くまで神を, 若し養母を殺した, 若し餘所に見る, 若し首尾よく水溜り, 若し馬醉木の花, 若し駄目だったら私立中学, 若し駆逐艦を呼んだら, 若し立てて, 若し騙したら乃公が, 若し驛前の俥, 若し高い教養なる, 若し高く岩頭に, 若し高下が感じられ, 若し高次的實在者が, 若し高野や吉野, 若し高麗を還す, 若し鴉片の煙, 若し鴨田に嫌疑, 若しででもあったら, 若しの音, 若し鹹酸の味, 若し黄禍論を戰爭, 若し黄銅の鋭, 若し黒平附近の見晴らし, 若し黒田氏が非常, 若し黒部別山の一角, 若し黨派の利害, 若し齎す物の, 若しを問, 若し龍田姫を以て秋風, 若しPL商会の切符