青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「番人~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

畑~ 留~ 留め~ ~留守 留守~ 畜生~ 畠~ 畢竟~ ~番 番~
番人~
番目~ ~番頭 番頭~ ~畫 畫~ ~異 異~ 異なる~ ~異に 異に~

「番人~」 1010, 9ppm, 11301位

▼ 番人~ (190, 18.8%)

4 おぢ 3 ように, 目を, 部屋へ

2 [17件] おじいさんが, おじいさんは, 七助と, 名を, 喜八が, 女房が, 妻は, 家が, 小屋が, 怠って, 爺さんが, 目に, 眼を, 翁を, 老人が, 老爺が, 鼻を

1 [143件] あけた硝子戸, いないの, いない踏切, いやがること, いる唯一, いる小舎, いる所, いる様子, うちで, おじいさんに, おっさん啣え, おやじに, お前の, お婆さんに, お小僧, お鶴, がて, ことを, ついてる一人, ない家, ひとりが, ひとりは, やうな, ようで, ような, ゐない水車小屋, ゐる踏切, をぢさん, カニ怪人が, レッドルース爺さんの, 一人が, 七助は, 七助を, 上に, 上着の, 下働, 中に, 久米の, 九助なり, 事ゆゑ白妙を, 人が, 代りに, 代るたび, 住む台所付き, 体を, 便所に, 倅で, 分を, 刑事は, 制服を, 前を, 助七, 助七夫婦, 務を, 厳重な看, 口もとには, 吉村という, 坐って, 士官に, 外に, 女から, 女が, 好さそう, 妻が, 妻に, 姿は, 姿も, 姿や, 姿を, 娘を, 婆さんから, 婆さんは, 子供や, 家の, 家まで, 小屋に, 居ない踏切, 岩蔵の, 引き止めて, 影も, 役が, 役目を, 後について, 心理の, 必死の, 志願者は, 急所へ, 所へ, 手から, 手で, 持って, 方が, 方で, 方は, 槍と, 槍先で, 気配の, 注意を, 爺さんだった, 爺さんに, 爺やだけ, 男の, 男は, 留めるひま, 番は, 番小屋の, 番所が, 瘠せ枯れたる若き, 目も, 私の, 細君の, 翁は, 老人夫婦が, 老婦や, 老爺であります, 耳へでも, 肺臓も, 胸にあたって, 腕を, 臓器まで, 若いぼうさん, 若い夫婦, 若い衆が, 見て, 見るからに, 親子が, 親爺も, 言葉を, 話が, 逃げ去つた跡, 過失に, 野津由氏は, 金槌の, 長として, 隙を, 雉を, 頭に, 顏に, 顏色の, 顔であっ, 顔に, 顔色の, 飼って

▼ 番人~ (154, 15.2%)

6 ついて 5 立って 3 いて, 出て, 置いて 2 かって, ウトウトする, 居て, 来て, 目を

1 [124件] あって, ある, いいあわ, いそう, いたところ, いたら御馳走, いたら茶飲み話, いちいち人数人相, いちどに, いても, いないこと, いなかった, いなくなるわけ, いやしない, いようと, いる, いるから, いること, いるし, いるに, いるの, いるばかり, いるよ, いるよう, いるん, いれば, おいて, おそるおそるつい, おまえは, かちかち鳴らし, こしかけて, これを, さらにその, そこに, その話, それぞれに, ちゃんと一人, とがめると, なまけて, ひょいと頭, ゐたら茶飲み話, ゐるの, エキモスを, カンテラを, ヒヤヒヤし, マースデン博士な, ライオンの, 一パイ居つ, 一人い, 一人ずつ, 一人その, 一人も, 一人腰かけ, 一生懸命で, 乗りこんで, 五人いた, 五日めごとに, 今日は, 代ったぜ, 代って, 仰天し, 入口に, 公園を, 出入り口を, 切って, 切符に, 切符を, 十人ほど, 取あえず私, 地上へ, 城内の, 外の, 夜に, 威厳と, 守って, 守っても, 寝入りますと, 寝泊りの, 尊敬せられる, 居眠って, 巻煙草を, 帰って, 庭に, 彼の, 扉を, 控へて, 数人いました, 時を, 来たとき, 枯れ草を, 案内し, 橋桁に, 死んだ場合, 殺されちまった, 毎日秋月さんを, 汽車は, 溺死し, 犬や, 現場へ, 番人小屋の, 異様な, 白い旗, 真夜中に, 睨めつけた曲馬, 福の, 立つて, 答へたから, 置かれること, 草を, 蕎麦粉を, 行燈に, 見まわり, 見廻りの, 言いました, 語った通り, 車の, 追い出しに, 野獣を, 銅羅声を, 鋲門の, 長くなっ, 頭巾の, 馬を, 驚き呆れながら

▼ 番人~ (125, 12.4%)

24 して 4 置いて, 連れて 2 いたして, させて, しながら, つとめて, 勤めて, 希む者は

1 [81件] あわせて, おいて, お待ちくだされた, かれは, させられても, さん, したり, してるから, してを, じろじろ見, するぐらいが, するだけ, するの, たのんだわけ, つけて, つけること, つけ隠密, つれて, なさって, ぽかぽか打つ, やって, やつて, よんで, 一人つけ, 一人雇つて大, 亀吉に, 二人までも, 付けて, 付て, 付置て, 仰せつかった新米, 仰せつかった程, 仰せ付, 仰向けに, 僞はり候へども, 僞り, 兄貴が, 切り殺し内側, 勤め中天より, 呼起す, 命じた, 嚴重に, 失っても, 常備しありたる, 打つわ, 持ち揚げて, 持つて, 斬って, 斬りたくて, 楽しませて, 殴りつけた, 殺したの, 殺した上, 相勤め店先, 眠らせまいと, 突き殺した, 縛りあげて, 置いてない明別荘, 置きましたが, 置き罠, 置くこと, 置くと, 置くに, 置く部屋, 置て, 罷められて, 脅迫し, 致して, 融かすところ, 見たこれ, 見たらまっさお, 見つけるの, 警察自動車へ, 起し馬車, 返りみると, 附けて, 附ける必要, 雇う方, 頼んだじゃ, 頼んだぢ, 驚かせたの

▼ 番人~ (124, 12.3%)

2 して, そう言っ, 声を, 暫く榾火, 死んで, 言うに, 途

1 [110件] あの米友さん, あわてて, いいました, いたが, いない, いないから, いなくて, おりません, おれひとりで, お礼を, かう言, かたく拒ん, こう言う, こっちに対して, この上ない適役, さう, さっそくその, じっとかれ, ずいぶん上等, そこに, そのあと, その中, その外, その首, それと, それを, たしかに武士, たまげて, できねえ, どこに, どんな風, なるほどそこ, なんだろう, なんとかし, なんにもあやしまない, にやりと笑, ふしぎな, またと, まだ年, まだ月明り, やめろと, わたしを, ギョッとして, トシエの, ニコニコし, ランプを, 一二月頃は, 両手を, 中学出の, 二人を, 今この, 何を, 僕達が, 元来は, 勤まらないよ, 印刷した, 唸るよう, 坐って, 夢かとばかりに, 太って, 小屋へ, 小首を, 尻込みを, 居らざるが, 居る筈, 屈せず刎, 屋外へ, 山を, 市の, 庄吉の, 庄吉への, 忌々しさ, 忌々しそう, 扉口で, 日に, 昼の, 更に訊いた, 木戸を, 案山子も, 樫の, 気短か, 気絶を, 浪人の, 湯気の, 牛の, 白葦で, 目上の, 真に送迎, 福の, 私に, 答えた, 答えました, 緑色の, 聲を, 虚空を, 見えなかった, 言いました, 訊いた, 貧しい独身者, 貴族の, 返辞さえ, 野上君の, 鐵棒を, 鑑札を, 閑職の, 陸軍の, 韮くさい, 顏見合せ先生と, 顔を, 麻上下の

▼ 番人~ (110, 10.9%)

5 して 4 注意せよ 2 したの, なつて, 別れた, 残して, 聞いて, 雇って

1 [89件] あまんじて, あやまった, いい付け, おかれたわけ, おなり, おまえの, お時儀, かれは, この動物園, ささげて, されて, しかられないよう, したのに, しやう, する, たずねた, ちげえ, とりあえず死体, なったかと, なって, ならなければ, なり度, なるか, なること, なるよりは, なるわけ, なるん, なろうと, ひどいめ, まは, みつかると, よこして, 一ぴきの, 云った, 付け散々イヤ, 任せて, 六ペンスはらっ, 向かって, 咎められた, 問うた, 好い老人, 差図し, 廻って, 当った者, 成った積り, 成つた, 成り変つた叔父様, 打ち懲らさる, 投げ付け牀, 抱へ, 来て, 案内され, 歩かれた眞ん中, 歩かれた真ん中, 死体を, 毒酒を, 渡すらしいの, 珠子の, 瓜一つ乞ふと, 生まれて, 申し入れて, 砲兵軍曹の, 第一, 米蔵を, 聞かれ易い, 腕力で, 至るまで, 致すとて, 薄々噂, 見つかったの, 見つかって, 見つかれば, 見付けられぬため, 訊き伸子, 訊ねると, 話したかも, 誰何され, 近いオラン・ウータン, 追っかけられも, 逢つた, 逢つて先方から, 長の, 雇い入れたの, 雇うて, 雇はれ, 頼まれて, 頼んで, 飼われて, 麻酔薬を

▼ 番人~ (31, 3.1%)

2 見物人も

1 [29件] いた貧乏異人館, いない穴ぐら, いまい襲うの, いません, ここ一時間ばかり, する, その近所, つけられず鍵, つづいて, よく知っ, よく知っとります, 一向氣, 一般に, 仏蘭西人だ, 仕方が, 何も, 僕達の, 同然で, 寝て, 山僧どもも, 平馬の, 当然その, 惡徒に, 無い入口, 甚だしくロレツ, 置かず荒廃, 致す身ゆゑ落し物, 遠方から, 酷いぞ

▼ 番人~ (18, 1.8%)

1 [18件] きまった, その家族たち, それから役場, それから最近, なつて, ならなければ, なり閑日月, なんの, はかやうな, ばったり出会った, 名乗る五十がらみ, 夫婦に, 狼と, 若い男, 諸役人, 諸町村, 逢って, 馭者とで

▼ 番人夫婦~ (14, 1.4%)

2 などと一緒, に目, は明らさま 1 がゐる, が引受け, が甲斐甲斐しく, すらも曾, と留め置い, に向っ, は余り, を斬った

▼ 番人たち~ (12, 1.2%)

1 [12件] がたいして, が血まみれ, とは親しかっ, に贈呈, はその, はにげだし, はまた, は憲兵隊, までその, もあっ, もその, ももう

▼ 番人~ (12, 1.2%)

1 [12件] お給金, がす, これも, でも, 一日に, 佗しく住んだ, 癲癇持ちの, 終るの, 胡と, 鍵を, 門番だった, 香水と

▼ 番人として~ (11, 1.1%)

1 [11件] ここへ, この憲法, この老, 働き駅夫, 屋敷の, 暮らして, 残して, 神社を, 管理者として, 親から, 雇った男

▼ 番人には~ (9, 0.9%)

1 させたくない, チト行きすぎた, 切腹させ, 子供が, 心理学的に, 持つて, 詳しいこと, 近づきませんでした, 遠く及ばない

▼ 番人~ (9, 0.9%)

1 が眼, に見つかったら, はかれ, は一応, は確か, もまた, も共に, も実に, を当惑

▼ 番人~ (8, 0.8%)

1 から本当は, から盗まれ, がね, つたのだ, というよう, という説, とでもいう, と思っ

▼ 番人小屋~ (7, 0.7%)

2 もなかっ 1 が出来はじまっ, にある, の入口, の方, の飲用

▼ 番人ども~ (6, 0.6%)

1 がめいめい持場, が一向, に一艘, はちゃんと, もまだ, 何故かと

▼ 番人喜助~ (6, 0.6%)

2 の女房梅 1 に毒酒, に銘酒, の続き, を毒殺

▼ 番人~ (6, 0.6%)

1 のきびしい, の慰, は交代, は当然, は恐怖, は扉

▼ 番人から~ (5, 0.5%)

1 あれは, もう少しで, 下足札を, 見られは, 間もなく見える

▼ 番人じゃ~ (5, 0.5%)

1 あるまいし, ございません, ないこと, ないです, ないよ

▼ 番人である~ (5, 0.5%)

1 この工場, やうな, 以上泥酔者の, 小説の, 岩蔵も

▼ 番人などは~ (4, 0.4%)

1 あつしだ, いないの, いなかった, みんな引っ込め

▼ 番人まで~ (4, 0.4%)

2 すること 1 つけて, 召しつれて

▼ 番人~ (3, 0.3%)

1 やと落胆, やない, やねえ

▼ 番人という~ (3, 0.3%)

1 ような, 役です, 態に

▼ 番人にて~ (3, 0.3%)

3 終るべき身

▼ 番人への~ (3, 0.3%)

2 土産でも 1 お追従

▼ 番人みたい~ (3, 0.3%)

1 なもの, になった, に後

▼ 番人やら~ (3, 0.3%)

2 女中やら 1 なにくれ

▼ 番人~ (2, 0.2%)

1 何かの, 何かを

▼ 番人たる~ (2, 0.2%)

1 それら美人連の, 風俗や

▼ 番人だけを~ (2, 0.2%)

1 すれば, のこして

▼ 番人だった~ (2, 0.2%)

1 が丘陵, のか

▼ 番人であり~ (2, 0.2%)

1 一般人の, 半分だけ

▼ 番人です~ (2, 0.2%)

1 ね, よ

▼ 番人では~ (2, 0.2%)

1 ないか, ない前身

▼ 番人でも~ (2, 0.2%)

1 させられたの, 賤民であった

▼ 番人といふ~ (2, 0.2%)

1 ことに, 責任を

▼ 番人とも~ (2, 0.2%)

1 つかず住んで, 見えぬ男

▼ 番人なし~ (2, 0.2%)

1 で大丈夫, の臨時

▼ 番人にも~ (2, 0.2%)

1 せよ自分, ならねえん

▼ 番人~ (2, 0.2%)

1 宛て, 宛てての

▼ 番人~ (2, 0.2%)

1 なんかに, 踊り娘などにとっては

▼ 番人一人~ (2, 0.2%)

1 といふ寺, 残して

▼ 番人~ (2, 0.2%)

2 の疎い

▼1* [85件]

番人かたがた妾宅の方, 番人かと思われる貧し, 番人ぐらいに考えて, 番人さえいないこと, 番人さんはそういった, 番人したことが, 番人じゃねえこう見え, 番人たって戻せ, 番人だけが残って, 番人だけしかおりませんから, 番人ってなんだろう, 番人であろうとの事, 番人でして皆さん, 番人でしたから深夜, 番人とか曝し首, 番人とかいふものも, 番人とが四ツに, 番人としての警戒心さえ, 番人としても碌な, 番人とでも心得て, 番人とは反対の, 番人と共に駈け出して, 番人どもっ開けろ開けなければぶちこわす, 番人なくして, 番人なぞはよっぽど尊敬, 番人など致して, 番人などがいるし, 番人などと云は, 番人などをして, 番人なら早かろう, 番人なりに質して, 番人なんかして, 番人なんて外聞が, 番人にさえも雇って, 番人についていて, 番人にでもなれば, 番人になつては, 番人によつて攀上を, 番人によって遮られしかも, 番人に対しての関白の, 番人はるすだ, 番人また人數を, 番人よい贈物, 番人よりその大, 番人らしい若い小者, 番人トシテ大過ナキノミナラズ誠実寡慾一徹ナレドモ矯激ノ風ナク, 番人下僕を兼ねた, 番人九助儀町役人共差添町奉行所へ罷出べき, 番人乞食が犬, 番人作兵衞といふ者來, 番人の耳, 番人兼下男の為木音也, 番人兼運送係りつて仕事で飯, 番人出入りのすくない, 番人助七お大, 番人同然寐酒にも成らず, 番人和田呂宋兵衛をはじめその他, 番人喜助方へ参っ, 番人の顧問, 番人売店の商人, 番人廻り四十七歳, 番人大音に御, 番人太郎吉卯右衛行兩人に唐太山丹オロッコ, 番人幾たびも見巡りし, 番人を勤め, 番人必ず歳に, 番人志望じゃない, 番人政十郎の娘, 番人数名控えいる細密, 番人木挽き兼船頭旅館の主人, 番人御小姓場, 番人梶さんの世話, 番人と構え, 番人にある, 番人盗賊の相手, 番人につき易い, 番人結構な, 番人五郎と, 番人釣瓶を下げ, 番人関さんだとか, 番人と称する, 番人に湿り, 番人が貴族たち, 番人馬鹿の与八, 番人黒奴のアラン