青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「若い~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

芸者~ ~芸術 芸術~ ~芸術家 ~芽 芽~ 苔~ ~若 若~ ~若い
若い~
若き~ ~若く 若く~ 若し~ 若干~ 若旦那~ ~若者 若者~ 若葉~ ~苦

「若い~」 23595, 255ppm, 376位

▼ 若い~ (2425, 10.3%)

81 のひと 75 の声 58 の人 26 のひとたち, の姿 23 の方 22 が二人, の心 20 が一人, の顔 19 であった 1613 のこと, のよう 12 の死体 109 が立っ, は 8 が出, の人たち, の死骸, の聲, を見 7 がいた, の影

6 [11件] が手, だった, だと, である, であること, です, というもの, の口, の悲鳴, の身, を連れ

5 [13件] があの, が来, が茶, が顔, といふもの, と一緒, なの, のやう, の先生, の屍体, の白い, の肌, を一人

4 [20件] がある, がこの, がその, が一生懸命, が倒れ, が坐っ, が歩い, が男, が白い, が自分, だという, に教, の, の体臭, の前, の後姿, の心持, の手, の胸, の首

3 [45件] がい, がこれ, がそんな, がひとり, が三人, が不意, が住ん, が何, が何やら, が何処, が來, が全く, が居た, が山, が死ん, が泣き, が眼, が袖, であつ, であるらしかった, と男, と若い, のくせ, のさかり, のす, の中, の体, の写真, の客, の心理, の患者, の様, の横顔, の癖, の肩, の身体, の頭, の顏, はこの, はそう, はその, はまた, もありました, を殺した, を顧み

2 [151件] があった, がお, がこんな, がそれ, がただ, がどう, がどうして, がはいっ, がふと, がま, が一つ, が一人牛乳屋, が乗っ, が二, が人前, が何處, が俯伏, が僕, が入る, が四人, が多かっ, が夜中, が夜分一人, が姉, が室, が店, が彼, が往来, が愛想, が控え, が現われた, が窓, が立つ, が笑った, が袂, が裸, が言った, が訪ね, が讀み, が跣足, が遠く, が雷鳴, が駈け込ん, だから, だもの, である伸子, で背, とがどちら, として自分, とその, と口, と婢, と恋, と老眼鏡, なん, に, にあり, にとつ, になっ, になる, には似合わない, にも時々, に共通, に冷たい, に化け, に手, に撞着, に甘い, に甘えの, に眼, に聞く, に聞け, に話しかけた, のあと, のいる, のお, のお客さん, のゐる, の一人, の一人歩き, の人達, の匂い, の友達, の名, の家庭教師, の屍骸, の帯, の年頃, の形, の息, の手紙, の書いた, の村, の死體, の渦巻, の無, の熱い, の生活, の着る, の着物, の立つ, の立姿, の笑, の笑い声, の紫, の美しい, の群, の群れ, の肉体, の腕, の華やいだ, の血, の言葉, の身近, の連, の部屋, の間, の髪, の髪の毛, はそれ程, はひどく, は何, は年, は彼, は急, は皆, は笑い声一つたて, は若い, は顔, は黒い, ばかりで, ばかりです, もあった, もいた, や子供, や男, よ, を二人, を女房, を家, を引き入れ, を攫っ, を改造, を殺し, を眉一筋, を置く, を見かけた, を見た, を見ません, を見る, を認めた

1 [1249件 抜粋] あの下着, か, から取り扱われる, から自分, があい, があらはれ, があります, がいい, がいった, がいない, がいる, がうろうろ, がかこち, がきりりと, がさながら, がしとやか, がすぐ, がそれほど, がたづ, がぢ, がつづい, がどこ, がなん, がひとりひっそり, がふっと, がぺたりと, がまさかに, がまだ, がも一人, がやって来, がより, がわざと, がゐる, がオレンジ色, がクスッ, がダブつい, がミサ子, がランプ, が一人収容, が一人顏, が上半身, が両手, が乘込, が二人目, が五, が五六人, が人目, が仰向き, が低い, が何人, が俯き, が倒れた, が児, が入りこん, が其処, が凝つた, が列車, が勤労者, が卓子, が博士, が可愛い, が向う, が喉, が喞筒, が土手道, が墓前, が多い, が多勢, が夜半, が夜歩き, が大, が大道, が女友達, が子供, が寝巻, が小さな, が小走り, が少し, が居る, が岸, が幾人, が康子, が後ろ, が必死, が恋しい, が情夫, が成熟, が手桶, が持っ, が振舞う, が支え, が救, が新しく, が時々, が朝日新聞社, が染絣, が横たわっ, が毎日, が泊まりあわせ, が泣い, が流行型, が無事, が物, が狙, が画燈, が癪, が目引き袖引き垣根, が眞蒼, が真昼, が矢張りお辞儀, が神妙, が窓口, が立ち入っ, が笛, が紫好み, が絞殺, が締める, が美しい, が腕, が腰部, が自害, が船, が蒼白い, が蚊帳, が街, が裸体, が見舞, が言, が訪れた, が読み, が走る, が路, が迎え, が追っ, が部屋, が酔っぱらい, が門, が雁来紅, が雇われ, が雨, が青ざめ, が静, が頼り, が飛び出し, が駈け降り, が高座いっぱい, が麻川氏, が黒い, さえも前回, しかも津, そうした女, たった一人, だが, だそう, だつたの, だとかいう, だの, で, であったと, であらう, であり勤労, であるから, であるらしいの, である自分, でかの, でご, でしかも, でしたが, でその, でもやる, でも探し当て, で中, で仰向い, で出羽守, で寝惚け, で左右, で紅葉さん漣さん, で軽快, という単純そう, といふの, とが立つ, とが飲食店, としてお嬢さん, としての口, として彼女, として此, とすれ, とだった, とで縺れる, となり, との戀愛, とはきちんと, とは彼女, とひそひそ, とも言ふし, とを黙っ, と一疋, と交わる, と共にする, と古い, と同棲生活, と奥家老, と怪獣, と決定, と申, と看護婦, と細面, と膝組み, と見たら, と親し, と話し, と近所, と酒, ながらも自宅, なぞはいけない, などが通っ, などにはあまり, などは全治, などは立ち止まっ, などもあった, などを連れ, ならたいてい, なんぞに騒がれ, にあっ, にこすり付い, にさいなまれ, にちげ, につかまっ, になりかかっ, にはながい, には不, には妙, には此上, には無愛想, にまだ, にも出来る, にも用いられる, にチヤホヤ, に二つ, に今ごろ, に係り合いまし, に冗談, に加え, に口, に呼びとめられた, に喜ばれ, に嫉妬, に対してはその, に対してよく, に対して飛ん, に帰った, に応用, に恋, に憧れる, に手相, に教え, に有り, に熱烈, に獅, に目, に祟る, に背, に自分, に見られ, に言う, に質問, に追いついた, に逢う, に逢った, のあ, のあはれ, のうかれ, のかげ, のきりょうのことを, のけはい, のすこし, のする, のた, のたどたどしい, のともすれば, のはにかみ, のほんのり, のもっ, のやわらか, のアッ, のチョット, のポンコツ, の一人住い, の一声, の一身, の不幸, の丸裸体, の乳母, の二人連れ, の人々, の人数人, の人盛, の休ん, の健康, の像, の入門者, の冷淡, の切り, の叫び, の告白, の和讃, の哀声, の場合孤立的, の墓, の多, の多く, の夜道, の夫, の妖しい, の姿態, の存在, の容色, の屍, の左, の幻, の座談会, の後ろ, の後見, の思い切り高, の悼まし, の感情, の懐中, の所持品, の扮装, の持つ, の掌, の方たち, の時, の期待, の柔軟性, の歌う, の死, の気質, の汗, の涙, の溺れた, の犬使, の生き, の生気, の生首, の畫家, の病間, の眞白, の眼, の神經, の秘密, の笑い顔, の笑聲, の紫色, の細く白い, の結髪, の繪姿, の考え方, の背後, の腰, の腹, の膽力, の自殺, の華やか, の虚栄, の裳, の裸体, の見る, の許, の誘拐, の誠に, の賢, の足, の身体つき, の身空, の途中, の進歩性, の針, の陰, の電話, の面, の首すじ, の骨折り, の魅力, はあたり, はいいました, はいつたい, はきまじめ, はくちびる, はこの世, はさっぱり, はすぐ, はそれ, はたまらな, はどんな, はほっと, はまだ, はみんな, はもう, はアトリエ, はニンシン, は一種, は二, は何時も, は借りない, は千歯, は周章て, は囚人たち, は城太郎, は変っ, は大, は大概都会, は子供, は平次, は必ずああ, は探し当てる, は数, は枯草, は死ん, は気, は沈鬱, は狙, は現代社会, は病家, は皆十分笑つて, は相, は着る, は積極的, は立ち停まった, は素子, は編物細工, は良家, は蟲齒, は親, は赤襷手甲がけ, は近い, は障子, は高等淫売, は麦, ばかりでした, ばかりと言っ, へよこした, めいた身振り, もそれ, もクスクス, も今日, も喜々, も此処, も酸漿, やとき子, や何だかごちゃごちゃ, や年取った, や朱鷺色, を, をあざやか, をおさえつけ, をかこん, をそのまま, をつれ, をどんな, をのせ, をぼく, をよろこん, を一人引据ゑて, を不思議, を乗せた, を仲, を偶然村, を先代, を出し, を助け, を可愛がる, を啖, を多勢, を家庭, を小間使い, を庇いました, を張りあっ, を愛してる, を択んだ, を抱く, を案内, を渠, を現実, を監禁, を研究, を紹介, を罪, を聯想, を裸體, を見おろし, を見つめ, を見出した, を見返った, を誘ひ込む, を迷わした, を通じてきまりきった, を金五郎, を飽く, 殊に自堕落

▼ 若い~ (1591, 6.7%)

56 と女 19 の声 18 や女 16 が, が二人, の顔 15 と若い, の方 14 だった 13 の人 12 が一人, が立っ 9 であった, である, の心, は 8 があった, でした, のひと, の姿, の死骸 7 があつ, がその 6 だが, と一緒, の一人 5 がお, が出, が訪ね, だ, の写真, の肩, はその, を一人

4 [13件] がある, がい, がいる, がこの, がはいっ, が入っ, が手, が立つ, ですが, と娘, の中, は自分, や若い

3 [22件] があっ, がはひつ, が姿, が腰, だったが, です, と交際, なの, のこと, の人たち, の口, の客, の眼, の胸, の話, の頭, の顏, はもう, は女, は彼, もあった, を見た

2 [86件] がいた, がそこ, がそれ, がはいった, がはいり込ん, がひとり, がふとした, がやって来, が三月許, が何, が何やら, が倒れ, が入, が小さな, が小腰, が彼, が後, が恋人, が来, が来た, が来る, が現れた, が私, が裏口, が顔, が飛び出し, だったらやはり, だつたので, だと, であつ, でお, でこんな, で胸, で色, で頬骨, というの, という男, とそれ, と二人, と人目, と何だか, と頭, になっ, に出会った, に言, のある, の二人連れ, の先生, の前, の右小鬢, の唄声, の年, の弟子, の指, の横顔, の死体, の気配, の用, の笑い声, の聲, の血, の間, はお, はこれ, はさも, はそれ, はクレーン, は初め, は小切手, は少し, は忍ん, は皆んな, は背, は若い, は草鞋, は血だらけ, ばかりだった, ばかりに利いた, をつかまえ, をつれ込みました, をフラフラ, を可愛がる, を家, を束, を皆んな手, 若い女

1 [931件 抜粋] あり中年, かという, かなに, から平次, から突然, から騷, があぐら, があたし, があまり, がありました, があんな, がいきなり, がいじらしく, がいつも, がおなじく, がかくれ, がきく, がくだらない, がこっち, がこれ, がこんな, がしん底, がずいぶん, がたたずん, がちぢこまっ, がつい, がついてた, がときどき, がどうして, がなにか, がはいつ, がひつ, がひどく, がほんとう, がぼく, がぽ, がみな, がやって来た, がやにはに引つ込めた, がわたし, がゐ, がウメ子, がカアキイ色, がゴーリキイ, がバケツ, がボロ, が一人血, が一心に, が一旦, が丁寧, が三人, が二三人, が二人機械, が二階, が今日, が仏前, が休ん, が何処, が傘, が先ず, が先着, が入り込ん, が入口, が公園, が内, が前, が割っ, が即死, が又, が取合っ, が右手, が名刺, が哀れ, が四, が四辺, が坊さん, が坐つ, が壁, が夜中, が天井, が女中, が安心立命, が家, が尋ねました, が小鳥, が就職後, が居, が居ます, が帰っ, が平次, が幾度, が店, が影, が思ひ, が懐手, が扇子, が拍手, が指導者, が挨拶, が振り返った, が改札口, が旅, が時々, が暇, が朝, が本, が横, が横合い, が次ぎ, が歸つて來, が殺され, が水茶屋, が汽車, が泡, が派遣, が海岸, が源吉, が濡れた, が無限, が父親, が片, が犬, が現れる, が皆んな下手人, が看守, が破, が突, が突然, が立ち上っ, が笑, が素頭, が縁側, が美くし, が肩, が自分, が自然, が若い, が苦労, が華車, が薄刃, が虎, が虚空, が虫, が行く, が袒, が詩人, が走っ, が足音, が近づく, が迷, が追っかけた, が通りすがり, が遊び, が金, が雷鳴, が青い, が非常, が鞘當, が顔色, が風呂敷づつみを, が飛び込ん, が飛込ん, が駆け, が騷ぐ, さ, じゃございません, それから侍童, だがの, だったから, だつた, だという, だもの, っていうの, であと, でありました, である丈, でこれ, でざん切り風, ですね, でその, でなきや, でまだ, でもと, でも引摺り, でレミヤ嬢, で一, で他, で大きな, で女, で年, で御座いました, で散髪屋, で栄介, で武家, で眼, で自身, で芸術, で青白く, という者, といふもの, とうまく, とが一緒, とが橋, とが連れ立っ, としきりに, とでたがい, となんか, との交渉, とはしたなく, とも女, とをごらん, とボート, と三人, と二人さ, と云, と例, と共にホボーケン, と共に此六畳, と出, と出奔, と別れ, と同棲, と同等, と女太夫, と密会, と帰っ, と幾晩, と心安く, と懇意, と擦れ違った, と枕, と浮かれ, と特に, と男の子, と畜生, と結婚, と美しい, と肩, と見れ, と親しく, と話, と轡, と連れ立っ, と閑談, なぞ大概, などには乱暴, などに目, などを有っ, ならいい, なんかじゃない, なんかより経済的安定, なんてやつ, にかわっ, にしゃぶらせ, にその, につかませました, につぎ込む, にとって少し, にとつ, にどこ, には済生学舎, には隨分騷, にむかっ, にも逢つて, にわし, にアレエ, に乳母, に任せる, に入れ揚げ, に切符, に取つ, に呼び留められました, に囲まれ, に対していつも, に対しどんなに, に平次, に念, に来, に硯, に聞いた, に腕, に見せ, に訊きました, に説明, に貸し, に近づけた, に違, に違い, に頼ん, のあつし, のお, のお客さん, のきれつ, のした, のす, のたしなみ見たいな, のやさしい, のゆったり, のズボン, の事, の人相, の人達, の体臭, の侍, の僕, の兄, の六部, の力, の勤め, の友達, の口元, の商用, の場合, の太陽, の実感, の容貌, の寄宿舎, の年頃, の影, の心持, の息, の懐中, の所, の手, の支那人, の活気, の清純, の獨, の番, の白い, の笑, の笑顔, の素姓, の羞恥みと, の背中, の脊, の腕首, の苦悶, の萎れた, の薄い, の西洋人, の訪問, の語る, の謡, の足許, の踊る, の返事, の運動, の鍔, の難渋, の革, の額, の顎, はああ, はあまり, はあわて, はいかなる, はおうむ返し, はかれ, はこの, はすかさず, はそう, はそっち側, はそんな, はただ, はない, はなか, はひどく, はぶつぶつ, はまもなく, はむき, はもちろん, はゆっくり, はウーン, はギクン, はズボン, はツイ, はハッ, はフェリクス, はポツリポツリ, は一旦, は三好透, は人, は今度, は仕方, は何と, は俺, は僕, は先, は入口, は刈立, は口笛, は叱る, は和尚, は地伯, は坐つ, は堕胎道具, は大半背広, は妙, は存外, は平, は幾つ, は床, は待ちかね, は思案, は怪訝, は手, は教わっ, は日, は木戸, は杜, は欄干, は武装, は毎日毎日, は気の毒そう, は江戸川べり, は油, は注射器, は溜息, は無作法, は町屋, は疊, は盲人, は科野国, は竜, は老人, は肩, は荷馬車, は血気, は診察室, は話, は車, は軒, は門並逆上, は間, は隠退, は類稀, は駒井甚三郎, は黙っ, は鼬小僧一件, ばかりちやほや, へ万遍, へ譲っ, まだ半人前, もあります, もあれ, もそれ, もはじめ, もやって来たがります, も堪り兼ね, も立ちどまっ, や中年, や女たち, や女房, や男, よりも良き, をお父さん, をからかつて, をすつかり, をそそのかしたら, をつきとばす, をねめつけた, をふたり, をジリジリ, をフラ, を伸子たち, を供, を傍, を呼ばわった, を好く, を平次, を引, を引入れ, を引張り込ん, を必要, を忌, を憎い, を持った, を指さした, を振り返りました, を撲った, を横抱き, を殺し, を焦立たせた, を生け捕つ, を瞶め, を知っ, を素裸, を絞め殺せる, を薬, を袋叩き, を見そめ, を見つめた, を見事撃退, を観察, を貸し, を追っ立て, を送っ, を頼ん, 同じよう

▼ 若い~ (1264, 5.4%)

1412 の中 8 のよう, を集め 6 では, と一緒, のうち, のこと, のする, を一人 5 でも, のやう, の心, の心持, の癖, は若い

4 [13件] がいる, が一人, が二三人, が大勢, である, です, に負けない, のくせ, の事, の仲間, は誰, を二人, を連れ

3 [15件] が何, が来, であるから, でした, ですが, と二人, ならば, の一人, の仕事, の長太郎, の頭分, は, はすぐ, や小僧, をつれ

2 [69件] がある, がお, がこの, がすべて, がその, が三人, が二, が二人, が女, が好き, が宵, が年寄, が後で, が思い詰める, が来る, が訪ね, が酒, が集まつ, だ, だから, だが, だった, だな, であった, であるので, といえ, と年, と駈け, どもと一緒, など何, なので, なんかの手, にあり, につれられ, には若い, に交っ, に担がせた, に花, に袋叩き, に負けん, のひとり, の仲間入り, の先, の取落した, の喧嘩, の声, の天下, の庄公, の感情, の数, の特権, の邪魔, の銀八, の長助, の間, はその, はまた, はギンネコ号, は何年, は春秋, は生きのこる, は皆, や出方, や女, や子供, を使っ, を少し, を戒める, 見たところ

1 [921件 抜粋] いわゆる後進者, からどうやら, からやつ, から始まった, から年寄, から批評, から聞き出しました, から長屋侍, か大部屋, があたたかい, があります, があんな, がいつ, がおかしく, がかぶれ, がけんか, がこれら, がこんな, がじりじり, がせり, がそれ, がたびたび, がつぶやき合う, がど, がなぐさめられる, がほお, がみんな, がやきやき騒ぐ, がやらない, がよく, がガッチャン, がステッキ, がポカポカ, が一番さき, が三, が三人五人, が二三人男, が二十人, が五六人, が今, が仕事, が借り, が元服, が入札, が兵隊, が勝手, が十二三人, が十五六人, が十人, が半分, が叫んだ, が呆れる, が四五人, が堅め, が多い, が夜, が大勢大師様, が妻戀坂, が姿, が学校, が寄り集まる, が寒い, が居ます, が帰っ, が強, が従い, が徴発, が心得, が思ふ, が悩まされる, が惚れた, が慈悲, が戯, が手, が手弄み, が支店長, が教授, が朝, が朱塗, が杖, が束修, が止めよう, が気紛れ, が火消装束, が煽て, が物好き, が申し, が百人, が百姓一揆みたい, が相当いろいろ, が知つて, が空, が突如, が米, が絶望, が聞く, が色氣, が蔭, が袋叩き, が裾, が西瓜, が見つくろった, が計算, が調戲つて, が走っ, が走り出した, が軒なみ, が転がっ, が遊山, が釣瓶, が門番小屋, が附, が電報, が面白, が餘計, きおい仲間人これ, さ, しか居りませぬ, じゃどう, じゃ相談相手, だけで散歩, だけの思想, だったのになあ, だってこの, だのそれから, だよ, ってそう, であるらしかった, であろう, でこんな, でございます, でしょう, ですからな, でもかないません, で今夜, で客, で悪遊び, で旅川様, で自分, で鐵, という, というもの, といたずら, といっしょ, とおっしゃっ, とが隊伍, としてはまず, として認められ, との喧嘩, との違ひと, とはどうも, とは時計, ともわからぬ, と一しょ, と來, と出来合っ, と勇吉, と小僧, と思われます, と楊枝, と美しい, と衝突, と見うける, と違っ, ども, なぞに負け, などがたまたま, などが寄る, などが時々, などの集つて, などは休場中, などを語らっ, なら三十分, なら斬れよう, なら若い, なり浪人, なんかがいろんな, なんて何, にあまり, にいたる, にかつがせ, にからかっ, にきっと, にすぐ, にその, にだけ教, にとってはそれ, にとってはどうも多少, にとっては無意識的, にとつ, にのませろ, にはあんな, にはかえって, にはすっかり, にはそれ相当, にはとても, にはよく, には何, には元気, には到底, には刹那的, には勝てません, には困る, には張合, には武士, には笛, には美人, には觀破, には負けん, には通じない, にばかり任せ, にぶん殴らせる, にもよく, にも負けない, にも飲ませる, によく, に一任, に下知, に代, に代らせる, に伯爵家, に似合わず, に全部, に分別, に化け, に受け出される, に叩き起された, に嗤, に声, に媚び, に容易, に小声, に尻, に忠告, に恥, に意見, に手伝わせ, に敵, に普通, に極り, に武ばった, に渡し, に物申さん, に疎略, に相手, に礼, に節穴, に聞い, に聯合組, に自身, に見せる, に見付, に言っ, に譲り渡し, に負, に負けず, に負ける, に逢つて, に遠慮, に長崎, に限る, に鞄, に鼻緒, ね, のいう, のいちゃつく, のお手本, のごろごろ, のそういう, のため, のでたらめ, のにわか, のやっ, のネウチ, の与, の世話, の主人, の伊之助, の伸びよう, の出かける, の到底, の力, の励まし, の及ばぬ, の吉, の向う見ず, の哀れ, の喜助, の喜次郎, の夢, の天地, の好み, の嫁, の孫太郎, の寄合, の居た, の年, の廓通い, の怪我, の恋愛, の情, の情事, の意気地, の慰み, の我儘ぢ, の手伝い, の持っ, の挙動, の教訓, の方, の智慧, の楽, の歌う, の気持, の気紛れ位, の注意, の無分別, の無心, の無邪気, の犠牲的奉仕, の甘い, の生命, の生血, の目, の目障り, の真似, の知らない, の笑声, の精神, の義, の考, の胸, の腕, の腹構え, の良い, の苦しむ, の衒い, の言う, の話, の象棋, の足手, の道楽仕事, の阿呆, の顔, の食べる, の鳥, はあだ名どおり, はいったん, はおなじ, はこんな, はせいぜい, はそこ, はそれ, はそれ以上, はたいてい, はとんだ, はどうも, はどやどや, はなおさら, はなんでも, はふり, はまったく, はみな大騒ぎ, はみんなお父さん, はみんなパチンコ, はよう研究, はよくよく, はわたくし, はガラガラ, はショーミエール, はバリカン, は一人, は三十八五十人, は仕様, は何かと, は何屈託, は俺達, は元気, は勉強, は勿論, は右, は各々, は大いに, は大丈夫, は天保, は婚, は将来, は尚, は巻煙草, は弱い, は彼方, は思わず, は手間, は才智, は抑え, は提灯, は放つ, は最初, は椅子, は止め, は気, は気違い, は法師, は浩然, は熱心, は田畑, は皆其処, は看護婦, は矢張り床, は稼いだ, は笑, は結構, は老人, は自由, は西洋辺り, は覚え, は話題, は起ち上がっ, は通り, は道楽, は長太郎, は開化, は頼まれ, は飛んだ, は駒, ばかりが飛ん, ばかりだった, ばかりでした, ばかりです, ばかりなん, ばかりを出し, ばっかり家, へ自分, まかせでは, までが株屋, までつれ, まで駆り集め, もある, もまた, も一応, も何となく, も信徒, も及ばない, も娘, も少なく, も彼ら, も挨拶, も次, も気の毒そう, も目上, も老人, やねんねこ半纏, や一空和尚, や何, や劇場, や小さい, や小児, や老舗, や角, や香具師, よりはもつ, よりももっと, らしい一図, らしくもっと, らしく身軽, をあわせ, をお迎え, をこう, をそそのかし, をつかまへ, をみんな, をよこさず, をよびよせ, を主, を前, を呼びたて, を呼ん, を夢中, を室中追, を引き, を慈しん, を打擲, を指図, を放っ, を極めつける, を欣ん, を氣違, を浅草, を相手, を置, を色仕掛け, を表, を見返り, を請待, を賢く, を起し, を鞭, を鞭撻, 女子供, 特に子供たち

▼ 若い~ (838, 3.6%)

11 の声 10 のよう 8 のこと, の心 7 の姿, の言 6 が一人 5 のお, の身, の頃, を一人 4 が, がこの, だから, だった, であつ, とその, の口, の癖

3 [17件] がよく, が夜中, が白い, だ, である, というもの, と後家, と若い, の上, の屍体, の手, の方, の魂, は, を見, を見る, を連れ

2 [47件] がいた, がいる, がする, がそういう, がひとり, がむやみ, が一人歩き, が三人, が何時, が拝ん, が江戸一番, が男, が自分, ごが, ですが, ではなく, と恋, などに好かれる, ならば, にあるまじき, にし, にはあり, に取, に手荒, に限った, の, のお客さん, の噂, の心持, の感情, の書いた, の死骸, の美しい, の胸, の話, の部屋, はいかなる, はすぐ, はそんな, はなるべく, は何, は聲, や子供, を, をこんな, をさらっ, を寝床

1 [584件 抜粋] からよこした, から少し, か後家, があられ, がありました, がある, がい, がいい, がいく, がいまし, がお, がかわいい, がきちんと, がこういう, がこれ, がそう, がその, がそれ, がそれだけ, がそんな, がそんなに, がたたずん, がたった, がつい, がで, がどう, がどうして, がなん, がはしゃぎ, がひそか, がふたり, がふるえ, がぼんやり, がむくつけき, がもし, がやられた, がわし, がゐ, がスイスイ, がフランネル, がヨロヨロ, がレヴュウ, が一, が一人煙, が一寸, が一陣, が下女, が世にも, が並ん, が久我, が乗っ, が仏体, が仏様, が何, が何とも, が何人, が例, が内々自分, が出, が加わっ, が包み, が半, が卓, が取次, が坐っ, が声, が壺, が夕食, が多く, が大, が大きな, が大勢, が女らしく, が客, が家, が小さな, が岩角, が巡礼姿, が幾人, が庖丁, が忍び込んだら, が息せききっ, が手, が手持, が手紙, が手込め, が押し並ぶ, が旧式, が月, が月見, が村夫子, が来ました, が梅干気取り, が楽, が此方, が死ぬ, が殺され, が殺される, が毛糸, が灰色, が無邪気, が熱心, が燈心, が現実, が畑, が白昼, が相手, が真昼間, が着物, が秋, が窓, が立っ, が笑い, が繩, が續, が考えつく, が腰掛け, が自尊心, が船, が若い, が落ついた取りすました, が落葉, が藏, が蛇, が袖, が見えない, が見知らぬ, が言った, が賣, が近頃, が迫っ, が途, が通らなかつた, が逢引, が野々宮, が電柱, が額, が顔色, が飛び出し, が馭者, が髮, ことになかなかの, ごの, じゃな, その娘, たちのけはい, だけに, だけに手荒, だちも, だった頃, だで, だのに, だらうから, つ子, であります, であるから, であること, であるという, ですもん, でたしかに, でなくとも, ではあった, ではない, ではなかっ, でも文吾, でも見れ, でやせ, でフリーダ, で別に, で勉強, で或は, で美しい, で迷, という, というよう, といふ, とが, としていろいろ, としてはかなり, として今, として何, となっ, とのあいだ, との隔たり, とは彼方此方, とは言っ, とは言つて, とは進ん, とも妖怪, とを見かけた, とユダヤ, と一緒, と三日, と二人きり, と六, と六十, と同じ, と同じく, と呼ばれ, と四疊半, と差し, と年, と摺れ, と男, と立ち上った, と自分, と道連れ, と雑談, なぞ引ッ, などが美しく, などが落葉籠, などの持ちたがる, などひとり, などもおります, なりにそれ, なんか二三丁先, なんか二人連, なんぞがスウィッツル, なんてえ, なんで, にいじめられる, にうつる, にからかう, にからかつ, にたいしていだいてる, にたわむれた, にとってどんなに, にとって母, になっ, になり, にはない, には出, には思ひ, にぴたと, にふさわしい, にも, に余り, に出逢い, に劫, に夢中, に安心, に対してこの, に対する殺人事件, に對, に忍ん, に恋, に扮する, に拜, に氣, に笑っ, に絵, に縋られ, に考え, に見る, に話しかけた, に誘惑, に近づき, に遠い, に附, のあいきょう, のある, のからだつき, のきまり, のぎごち, のくせ, のこころ, のこの, のする, のそれ, のたしなみだ, のひと, のよむ, のりりしい, のキモノ, の一人, の一生懸命, の一級, の中, の事, の人気, の仮, の位置, の住所, の体温, の何, の作品, の作家, の内心, の再, の前, の労働力, の勤口, の口争い, の可愛らし, の名, の場合, の墓, の売淫, の多く, の夢, の大, の好み, の好ん, の好奇心, の婚礼, の媚, の守護神, の寝巻姿, の寢入, の小皺, の居ない, の常態, の幸福, の形そのもの, の後, の御難, の快活, の想像力, の扮, の教育, の日, の服装, の檢屍, の死, の殺害事件, の潤った, の火, の父親, の獨, の生き, の白い, の知力, の精神, の美容法, の羞恥, の肩, の臀部, の虚栄心, の血, の行方不明, の裸, の複雑, の襟髮, の言い, の訪問客, の身だしなみ, の軽い, の運命, の頭, の顔, の驚くべき, の黄八丈, はあつかひつけ, はうす気味悪く, はお, はすっかり, はすべて, はたくさん, はたった, はちょっと, はちら, はよく, はコゼット, はマリユス, はモミクチャ, はルブラン氏, は事件, は人買, は前, は単, は唯, は大きな, は大嵐, は家, は少し, は少ない, は幽霊, は弁解, は怯え, は恋, は息, は桃割姿, は深い, は片隅, は眞, は笑いだした, は箸, は緞子, は胸, は自分, は若い, は葡萄酒, は蝶, は血, は行屆, は誰, は通っ, は酒, は陽子, は青年, ばかり十五人, への婚資, までがそれ, みりや, もあちこち, もある, もそういう, もその, もリュクサンブール, も不思議そう, も居た, も年増, も彼, も犠牲, も皆, も笑い, や女中達, や息子, や案内者, や男, らしいさまざま, らしいん, らしいキリッ, らしい働き, らしい喜び, らしい女, らしい嬌態, らしい幸福, らしい晴れ晴れ, らしい率直さ, らしい袖口, らしい謹みを, らしくいろ, らしくせめて, らしくそれ, らしくカツ, らしく逆上, をいじめ, をかつて, をこの, をし, をじっと, をすぐ, をその, をつれ, をなるたけ, をはげしい, をひとり留守居, をもつ, をモット, を乗せた, を乳母, を二人連れ, を伴う, を冒涜, を印刷工場, を囲ん, を壁, を失った, を奪っ, を巧み, を帰し, を御存じ, を恥, を手先, を抱き上げる, を招き, を持った, を指さしました, を振返ります, を捉え, を推薦, を描き, を擁し, を泣かせた, を海, を煽動, を狙う, を用心深く, を相手, を終に, を縛り上げる, を縛る, を美妙, を胸, を脅し, を藏, を襦袢一枚, を見かける, を見ました, を誘惑, を誘拐, を追っ掛けなかった, を追ひ廻す, を集め, を音, を飼つて, を餌食, 御こんな, 若い妻

▼ 若い~ (586, 2.5%)

11 の事 9 のこと 4 から苦労, に旅, の話 3 から自慢, ですから, に着た, のよう, の写真, の自分, の苦労, の道楽

2 [38件] からあなた, からこの, からずいぶん, から一度, から無口, から私, から酒, があつ, というもの, と同じ, にある, につまらぬ, には, にはこの, にはよく, には随分, にひどい, に何, に出来た, に教育, に木, に江戸, に養わね, の僕, の悪事, の記憶, の過ち, は, はあんな, はいくら, はその, は二度, は全く, は年, は気, は相当, は雲水, は青雲

1 [454件] ああいう, かなり敬虔, かなり激しい, から, からいそがしい, からいっしょ, からいつも, からいろいろ, からお, からおお, からおこなっ, からし, からしっかり, からすっぽん, からずっと, からせめて, からそう, からその, からたいへん, からただ足軽, からなんか, からのく, からのこと, からのご, からの嗜好, からの執念, からの妻, からの岡惚れ, からの知り合い, からの社交夫人, からの考え, からの華美好, からの道楽, からやくざ, からよく, からよんどころない, からドチラ, からハゲ頭, から一酷, から万巻, から不義非道, から世, から世界的, から世界的作家, から並大抵, から中年, から中年期, から乞食, から互いに, から人, から人一倍, から今, から仲よし, から兄夫婦, から兄貴, から北辺防備, から半分以上, から同輩, から名物男視, から名誉, から困た, から外交官生活, から外部, から大, から女道楽, から婦人, から家出, から家族, から居た, から山野, から巴里, から引越し, から後家, から御藏方, から心掛けました, から忙しい, から意地, から愛し合った, から愛読, から慈悲心牛馬, から折々, から敏捷, から散々勝手, から文學, から旅行, から既に, から日本髮さ, から日記, から明神, から暴れ, から槍, から洋書, から物静か, から特別, から独身, から猟, から甚だ, から生活, から白髪, から相当, から矢場女, から知っ, から社会的活動, から美しい, から義太夫, から考へ続け, から聰明, から脂粉, から腑分, から腕利き, から自分, から船頭, から艱難, から色々, から苦労ずくめ, から草鞋, から落語家, から落魄, から見, から見飽き, から評判, から読書, から誰, から諸所, から身だしなみ, から身持ち, から造らせた, から遊び, から道楽者, から金, から鍛えた, から附け, から随分, から非常, から飲兵衛, があった, がありました, がなかっ, が一番, が千万年, この家, この詩, すらも友情以上, そのままの, だ, だから, だけの相談相手, ちと飲み過ぎた, っていつ頃, でお前, でさえそれ, でさえもあと, でさえ彼女, でも余り山登り, で癩病, というは実に, といふの, とは違う, と余り, と同じく, と晩年, と違っ, なぞは今, なにかの, ならここ, ならなれるだろうと, なん, なんぞは心得, に, にあつめた, にいちばん, にがんばった, にこそある, にこの, にしみこんだ, にせっせと, にそっくり, につきあった, になぜ, になまじっか, になら, にはいろいろ, にはことに, にはそう, にはそれ, にはだいぶ, にはちょうど, にはちょっと, にはとかく, にはとび出し, にはどちら, にはなかなか, にはみんな, にはやった, にはわたしたち, にはキット, にはハゲ, には中, には久田姫, には何處, には元気, には前後, には剣道, には勉強, には可, には大, には大きな, には容色, には弁天, には思い切り, には感激, には斯, には日本髷, には晩酌, には極度, には江戸以来, には物, には直接, には相当, には相応, には種々, には笛, には老父, には聖堂, には能, には葉, には蜂, には車夫, には遊ぶ, には銭屋五兵衛, には間違い, には阿, には隨分, には骨, には髷, には魔, には麗しい, にひどく, にもう少し, にゃあ, にやった, によく, にカメオ, に一度, に亭主, に人, に人殺し, に似てる, に何故, に入内, に八郎太, に其の, に勉強, に大変世話, に失恋, に女, に実業, に家, に小説家, に己, に廃人同様, に恋人, に想像, に或, に所謂志士, に手ずから, に打った, に描いた, に日本, に暖炉, に書いた, に本, に植える, に欧洲大陸, に父親, に特に, に直接, に秀才, に私, に粗相, に結婚, に老後, に腸, に英吉利, に蒔かれた, に血気, に見た, に見まし, に見聞, に覚え, に覺, に貰つた奴, に長崎, に頭, に高泉, のいたずらごと誰, のおかあさん, のすべて, のせめて, のね, のほう, のもの, のもの許, の中村鴈治郎, の作, の作八十五首, の作品, の俤, の健三, の力, の勢, の友達, の取返し, の名物, の回想, の大, の太刀傷, の女, の女道樂, の好奇心, の子, の客気, の寫眞, の山登り, の己惚, の希望, の彼, の御, の応報, の思ひ, の情熱, の惡事, の應報, の扱, の日記, の最初, の沢山, の焦躁, の父, の生活, の生計, の疲労, の白内障, の神尾, の空想, の経験談, の經驗談, の美人, の考え, の肖像, の自重心, の覚え, の記念, の詩集, の遊蕩癖, の道樂, の金吾老人, の頭, の顔, はあれ, はいくらか, はおたがいに, はお袋, はさぞ, はさんざん, はそう, はそんな, はそんなに, はたしかに, はちょっとした, はどこ, はほんとによく, はまるで, はよく, はナー, は一手, は上り下り, は亭主, は人生, は人間, は仕様, は何事, は何小町, は例, は信濃川分水工事, は十人並, は同じ, は名だたる, は名代, は名題, は坑夫, は夢, は大名, は天下乱麻, は好い, は如何, は学問武芸, は學問武藝, は家倉, は市村水香先生, は撃劍, は文学青年, は最早, は淨瑠璃, は深く, は渡り仲間, は無論, は當時, は百姓, は盛ん, は眼中, は突飛, は美男, は羽織, は自ら手, は若い, は評判, は評判女, は読みました, は閨秀詩人, は随分, は隨分放埒, は隨分綺麗, は頭, は類, は飛んだ, またモリエエル, もあッ, もう少し手練, もさうで, もやはり, も有, よっぽどタチ, よりは或, よりも今頃, よりも旺盛, よりも衰えた, を偲ばせる, を知っ, を知つて, を過した, 乱れ髪, 働いたこと, 同じく若い, 同藩中, 多少やった, 悪い事, 持つた家, 最も真直, 着た嫁, 知らぬ人, 考へたやう, 色々心, 読んだもの

▼ 若い~ (511, 2.2%)

7 の心 4 が来, だと, のよう 3 がよく, が多い, だ, です, の声, の方, は, は何

2 [35件] が, がこの, がその, がそんな, が出, が多く, が自分, だから, だが, だとは, であった, であったが, でした, ですから, ですが, でなければ, ではない, といっ, と一緒, と同じ, と違っ, には若い, のため, のシャツ, の仕事, の存在, の言葉, の間, はなかっ, は分別, は別, は又, は困る, ほど正直, を一緒

1 [398件] かい, かい年寄, かそれとも, かね, からちょっとした, から子供, から絞る, から頼まれた, か或, か老人, があまり, がある, がい, がいい出し, がいる, がうんと, がお金, がかい, がかけましょう, がこういう, がこの間, がこれから, がさ, がすぐ, がすれちがい, がずかずか, がどこ, がなんとなく, がやって来, がやる, がよい, がカメラ, がハテナ, がヴァイオリン, が一月, が三四人, が住まう, が何, が何人, が偉い, が先ず, が動員, が十何人, が四年修業者, が声, が多かっ, が妙, が宿, が居りませう, が常に, が年寄り, が廻復, が引き上げられ, が当の, が彼, が怒っ, が思い浮ぶ, が恋しゅう, が恋人, が感じる, が書いてる, が来ました, が気の毒, が灯, が真向, が私, が稽古, が精神, が胡亂, が言, が言った, が訪ね, が読ん, が鼻紙, こそ困るだろう, じゃまるで, すら働く, それとも年寄り, だけがかけた, だけでなく, だけにあなた, だそう, だった, だつたが, だね, だ活きるわ, ってもの, であったり, であつ, でありしかも, でありながら, であります, である, であるから, であるし, であるの, である筈, でおそろしく, でこの, でしたが, でしょう, ですか, ですがね, です男, でその, でそれ, でどんな, でないと, ではあり, では井上友一郎, でも, でもう, でもたつた, でも大学生, でも私, で俺, で御座います, で戯曲, で正月いっぱい, で炬燵, で粗末, で自分, で非常, で髪, というもの, といっしょ, といふもの, としてすぐれた, としてのよ, とだまっ, とつき, とは違っ, ともすげない, とアベック, と三人, と仲よく, と共に活動見物, と大分, と妻, と居士, と年寄, と新しく, と見, と見える, と話す, と違った, などが何, などが初めて, などに二藍, などの心持, なんか擬古文, にあり, におなり, にさびし, にし, にちょっと, についてなら, にはその, にはそれ位, にはたえられない, にはとにかく, にはどうしても, にはめずらしい, にはよかれ, にはよく, にはわかり, にはチバ, には似合うでしょう, には全く, には其, には却って, には地味, には堪えられ, には大分種々, には平常, には幾らか, には往々, には想像, には感興, には教, には文学者, には未来, には珍, には現在, には知られぬ, には落語, には解らない, にふさわしい, にまじっ, にまで原稿, にむかっ, にやっ, にやらせる, によって描き出す, にわかる, にイヤガラセ, に一粒, に任せ, に似ぬ, に似合わず落ち, に似合わない, に共通, に出, に切開, に同情心, に対して誤解, に就く, に持っ, に捉, に教, に教えられる, に期待, に極, に死なれる, に気持, に注い, に煙草, に珍, に知らせる, に縁, に聞かせたい, に良く, に荷物, に話したら, に逢いました, に頼ん, のいう, のお, のきれい, のした, のする, のそうした, のなか, のぴったり, のもっ, のもつ, のやう, のよい, のズンズン成人, の一部, の中, の乗っ, の云う, の人生, の代, の低い, の作品, の側, の創作, の句, の名前, の向う, の善, の場合, の好む, の姓名, の層, の当り前, の後姿, の心もち, の心持, の心理, の情緒, の慎み, の数, の歌, の歓楽境, の気持ち, の熟, の生命, の生活, の癖, の白い, の目, の着る, の窶れ, の美くし, の考え, の肉, の肉体, の自然現象, の自覚, の血気, の血汐, の袖, の話, の貴重, の足, の通用性, の陽気, の集まる, の頬, の頭, の顔, はあと, はあの, はありません, はいせい, はいや, はきれい, はこう, はこんな, はしようが, はその, はそれ, はそんな, はたしかに, はつぶさに, はです, はどうも, はなおも, はひとり, はひとりごと, はまだ, はみんな, はもう少し, はもちろん, はもっと, はよくああ, はよほど, はシェークスピア, は一人, は今, は今後, は創作, は動揺, は取り返せる, は多, は大した, は存外, は実に, は将来, は意気地, は戦争, は新陳代謝, は本田君, は桃湯, は案外, は死ん, は殆ど, は活気, は理窟, は白い, は皆大騒ぎ, は石油, は私たち, は筑前, は結局千八百円, は若い, は薬, は見まわした, は言った, は論外, は遠慮, は隣, は雑多, は静か, は黙っ, ばかりこれ, ばかりで, ばかりの注意, まだ小児, まで禿頭, もあれ, もお, もね急, も無常, も相当, も私, やの行く, や女性, よ, よりか却って, よりもずっと, よりオヂサンたち, より寒がり, よ歌, をお, をさしまねきました, をさんざ, をだれ, をね, を呼ばれる, を喰, を大, を夫人, を奨励, を好く, を如何, を指導, を教師, を毒する, を真中, を紹介, を良人, を警める, 居てよ, 殊に全然素人

▼ 若い~ (402, 1.7%)

1710 だから 8 が, ですから 7 だし 5 です 4 か年寄り, だと, に感心 3 が好, だよ, を連れ

2 [17件] がよく, が一人, が出, だもの, であった, であるから, でしょう, ですね, でも, にそう, にも似ず, に驚きました, もあり, も年, をつれ, を一人, を見る

1 [292件] あなた, あの箱, あの花, いいきっかけ, お前抱ッこし, か, かあるいは, かこれ, かそう, かと前髪, かと急, かね, かも知れない, かわからない, か二十二, か爺, か老人, か見当, があった, がありました, があれ, がいい, がいう, がいつも, がいない, がうらやましい, がうるさい, がおじけ, がこう, がこれ, がそこ, がそれ, がたった, がぽ, がもこも, がサト子, がツ, がヒョイ, が云, が云う, が伝六, が住ん, が何, が信吉, が入っ, が出なけりゃ, が出来たら, が参っ, が取柄, が口, が同じ, が唇, が唱う, が四五人, が四人, が声, が大いに, が大きい, が好い, が好き, が威勢, が威勢がい, が少し, が居ましたらう, が庭, が彼, が指さした, が早, が来た, が来る, が横あい, が洋服, が津村検事, が無, が片肌, が盃, が突然, が縞, が自分, が親, が親方, が言う, が遠い, が遣り放し, が酔った, が防寒帽, が青く, が顏, が飛び出し, が駕籠, が駕籠わき, きっと修行, こそ置きました, この土地, じゃから, じゃございません, じゃない, そいつは, だか, だかは, だからの, だが, だけフウイヌム一人, だったら, だつて, だな, だらうかと, だろうが, だろうに, だ決して, である, であるが, であると, であるに, であろうか, でございますから, でございますのよ, ですが, ですし, ですもの, ですよ, ですッ, では, とが出来た, とこの, とそれ, となれない, との喧嘩, とは年齢, とふたり, と一緒, と並ん, と二人, と取りかえた, と家柄, と小, と少し, と成年, と母親, と知合, と社會, と見なれない, と運, どうだった, なんぞを使っ, にあまり, にお, にこう, にご, にしたら, にはお, にはそんな, にはどうして, には彼, にまかせ, にもかかわらず, にわざわざ, に一クセ, に一番稼人, に三十五円月給, に乗じ, に似あわず, に似合わず, に偉かっ, に先頃, に劣らず愛し合っ, に可哀想, に向い, に妙, に少し, に御, に早起き, に森有礼, に気の毒, に熱心, に訊い, に長逝, に随分, に青い, に驚いた, に驚かされた, に驚かされました, の, の兄貴, の前, の口, の声, の考, の頭, は, はいかん, はいま南条, はおなじ, はこわごわそっと, はこんな, はすこし, はちつ, はどこ, はまだ, はやっと, はよい, はダメ, はブラ, は仔烏, は依然としてにやにや, は十七, は実に, は屹, は年, は廿六七, は当り前, は急, は想像, は次に, は知れ, は若い, は行くべき, は谷間, ばかりかなかには, ばかりそれ, ばかりだ, ばかりで, へ口, もいい, もいた, もいる, もいろいろ, もうなずい, もお, もたべた, も一所, も年寄り, も現在ここ, も老いた, も金持, やさかい, やら年寄り, や年取った, よく見えた, を, をおいら, をおだて, をおもらい, をただ, をたんと, をのせ, をへた, をみんな撫斬り, をもまたさうし, をよこす, を二人, を出した, を助け, を喰, を引っぱっ, を引っぱり込ん, を引入れてる, を猜ん, を生, を相手, を締めた, を虱潰し, を誘惑, を選むの, を集め, んが, 中年の, 今度部屋に, 何が, 先ずご覧, 分って, 剣山は, 同士が, 同士では, 向うへ, 大ぜ, 小次郎殿とやら, 屹と, 御好み次第, 怖いの, 恋は, 戸を, 手伝って, 此処へ, 聞かっしゃい, 聞かつし, 肥ったの, 見覚えが, 許りで, 闘鶏の, 頼む押えつけて, 飲むん

▼ 若いもの~ (386, 1.6%)

4 でも, のこと, は 3 では, のよう, の声, はまだ, はよく, は若い

2 [23件] が, が何, が欲しく, が芝居, が見, しか知らない, だから, でこれ, とは心得, になっ, によませる, に任せ, に船, の事, の手, の癖, は恋愛, は感心, は熱心, ばかりだ, も, や蔬菜, を連れ

1 [310件] かねて聞いた, からよく, から先, から笑, か何, がある, がいい, がいかにも, がうんと, がお, がこんな, がさし, がすき, がずん, がずんずん, がせめて, がその, がたかってる, がとった, がどうにか, がみな馬鹿, がよく, がテニス, がドン, がハッキリ, が三人, が中途半端, が二人, が仕事, が入っ, が其の, が其處, が坐食, が堪らん, が塊つて, が声, が多, が多く, が夜中, が大, が女, が孔子, が察し, が帰っ, が年寄り, が店, が彼様いふ話, が御, が徳次, が戦争, が揃っ, が日頃, が時々, が歸, が比較的, が澤山飮むのはいかぬが, が牛, が用心, が群れ, が荷物, が読む, が路端, が踊り, が遊ん, が陰気, が面白, その人, だ, だけであの, だけでどう, だけに教え, だけれども, だったん, だって病気, だつて身體, だと, だな, だもの, つらまえて, であった, であるか, であると, でございます, でしょう, ですから, でないと, で無いと, といえ, とか腰元, としてはそう, と一しょ, と一所, と一緒, と世話役, と年, と歩調, と申す, と自分たち, と誰, と賭, と違っ, ども六尺棒, などが帳場, などに後れ, などは皆目, におりおり, にくれ, にちやほや, にとってはうさ, にとっては大切, にとつて, になつ, になる, にはこの, にはさ, にはそれ, にはちょっと, にはとうてい, にはと主人, にはフランス, には何, には兎角, には分らん, には塩, には強い, には敵はん, には気持ち, には珍しい, には祭り, には苦労, にふさわしい, にみずから, にも老人, にも評判, に与え, に主権, に冷かされた, に別れる, に取っ, に取囲まれ, に向, に吩, に対してさ, に對, に悩まされた, に感染, に教える, に智慧, に有, に本当, に畠いじり, に笑, に聞かせる, に色目, に花, に若い, に華, に見せまい, に読まれる, に負けません, に追い越され, に限ります, に非常, に馬鹿, の, のなか, のやう, のやる, のロマン性, の一時, の不為, の世話, の中, の中心問題, の元気, の勇気, の友達附合ひと, の命, の善意, の場合, の夜学, の心, の恥, の悪口, の方, の時代, の柔らかい, の気, の活溌, の火悪戯, の真似, の肩, の言い分, の話, の身の上, の道楽, の邪魔, の部, の酔漢, の間, の集つて, の頭, はかえって, はから駄目, はことごとく, はこれ, はこれから, はこんな, はしかられ, はそこ, はその, はそれ, はとても, はない, はなおさら, はなん, はねい, はみんな, はみんなみじめ, はやっぱり, はマルクス, は三味線, は今ごろ, は仕事, は仕方, は健一人, は元気, は冒険, は出, は去つ, は娘, は嫁, は家中みな遊び, は役者, は心付いた, は思わず, は我々, は敷居際, は暇, は正直, は活, は活溌, は生活, は用心深い, は皆, は着たがらない, は礼儀, は祭礼狂言, は筆, は考へる, は自分, は見る, は話, は読みつづけられない, は軸, は遅く, は運動場, は金, は鉄, は骨, は黙っ, ばかりだけを出し, ばかりでしたら, ばかりな, ばかりの無邪気, ばかり三人, ばかり性質, もあっ, もある, もみんな気, も万事自分, も伺っ, も台所, も城主, も大勢, も時々, も晴着, も殆ど総出, も華やか, や後輩, よ, よりずっと, よりも老境, より古手, らしくつかえるん, らしくやって, をたじたじ, をひつ張り, をやっ, を一人, を世話, を主として, を二人, を可愛がる, を四人, を感じさせる, を扱い, を持ち上げなさる, を捉, を教え, を相手, を知らない, を老人, を見, を見つめ, を酒杯, 余程おびえ, 稚いもの, 笑って, 見ては

▼ 若い時分~ (283, 1.2%)

5 の事 4 のこと 3 には私, の写真, の友達, の話

2 [15件] からこの, から私, から身体, から道楽, したい放題身, にはそれ, にはそんな, に経験, の寫眞, の悪事, の母, の罪, はさぞ, は今, は随分

1 [232件] あまりにほしい, お弟子, から, からある, からお父さん, からここ, からすこぶる, からずっと, からそいつ, からそういう, からで, からの, からの女, からの罪, からの道樂者, からむら氣, からよう, からジジイみたい, から三遍, から仕事以外, から体, から信心家, から俳句, から俺, から勤王家, から博奕打, から取りもち, から口, から売春婦, から嫌い, から家, から山気, から左右, から弓, から心掛け, から悪かっ, から我輩, から支那, から旅, から東京, から櫛巻, から歌, から歌俳諧, から無二, から爭, から疝気, から知っ, から神坂村, から自ら, から自分, から親, から誰彼, から陸奥, から馬気違ひな, が突然, だのに, でしたが, で時々, とおんなじ, とちがっ, とはまた, とはまるで, とは犬, とは違った, と同じく, どんな大胆, などと云っ, なんて何, にいつも, にお, にお世話, にこちら, にこの, にした, にすらなかった, にそういう, にそこ, にその, にちょいちょい, にどこ, には, にはいつも, にはきっと, にはこ, にはさぞ, にはずん, にはその, にはそれで, にはそれ相当, にはどうも, にはほんとに, にはやっぱり, にはやはり, には一中節, には一年じゅう, には世間, には中, には二三万円, には先生, には可, には周囲, には四人, には外, には大, には年寄り, には思ふ, には時々, には曲った, には気, には盛ん, には相応, には立派, には羅浮, には読みだした, には誰, には長脇差, には随分, には隨分いたずら, には隨分やつ, にゃ宇都宮, にやった, にやつ, にや下川, によく, にギリシャ, にチット, にベルグソン, に一度, に一度かんしゃく, に人一倍, に今, に作った, に充分, に刺激, に創作, に大, に学ん, に弓, に持つ, に旅, に本, に来, に東京, に柳田先生, に無理, に病気, に白山権現, に相当, に真珠, に着た, に米国, に締めた, に自炊, に苦労, に見た, に覚えた, に買った, に越前, に道樂, に道樂強, に遺産, に關係, に限った, の, のお, のやう, のよう, の勇ましい, の思い出, の情熱, の懺悔, の放蕩, の時間, の気持, の気象, の汗顔もの, の父, の経験, の綽名, の罪滅し, の美しい, の自由, の色あせた, の行状, の記憶, の遠藤清子さん, の長襦袢, の頃, の頭, の顔, は, はお, はかなり, はさんざん, はどう, はどんな, はほか, はもう少し, はもっと, はよく, は上方, は乱暴, は元気, は国境, は孤児, は少し, は常に, は弁護士, は此様, は江戸, は無, は無分別, は相当, は能役者, は腕, は興, は芝居小屋, は草角力くら, は詩文, は近江屋, は遊ぶ, は隨分惡, は隨分美男, は鳴らした, は鼬, ひどく働いた, ほど働く, まだ彼, もあつ, をずぼら, を思い出した, を送った

▼ 若い女性~ (258, 1.1%)

7 の生活 5 の心, は型摺り 4 のため 3 であるという, の享楽気分, の方, の胸

2 [14件] が自分, だった, でしかも, の声, の姿, の学問, の心情, の心理, の憧れ, の気持, の著書二つ, はその, はそれ, もそういう

1 [197件] からそんな, から来る, から花束, が, があっ, がいる, がかく, がじっと, がその, がどうして, がどんなに, がない, がやって来, が中流, が人, が今日, が個人的, が再び, が剣, が割合, が多い, が多かっ, が女, が幸福, が当選, が彳, が心, が明日, が活躍, が男性, が結婚, が義兄, が自己告白, が資本主義社会, が身, が遅れ, が非常, だった素子, であり一人, である, であるの, である伸子たち, である時, であろうと, です, ですから, で理知的, というとき, という誇, といえ, とがこの, としてどう, としての力づよい裏づけ, としての自分, としてはあまり, として一番痛切, として独立, として窪川稲子, とその, と一緒, と並ん, と歩く, と肩, と言葉, などがテレス, にあるいは, にせめて, について科学, にとって先生, にとって実感, にとって様々, にとって自分たち, にはその, には気の毒, によって一つ, によって自覚, に伺っ, に出あっ, に堅実, に好意, に対し何, に対するはる子, に或, に接触, に敢, に望みたい, に誘惑, に遇うた, の, のある, のいじらしい, のうち, のたびたび, のなか, のほう, のもがき, のもだえ, のもの, のパジャマ, のロマンティック, の一人, の一体, の一葉, の世代, の人生, の今日, の住む, の例, の個性尊重, の全, の内部, の前, の口吻, の問題, の大群, の好奇心, の対人態度, の少女期, の崇拝者, の常識, の心奥, の心持, の性的知識, の感覚, の成長, の数, の文章, の日々, の書いた, の犯罪, の現実, の生活建設, の生活態度, の画家志願, の発展期, の神, の神経, の結婚, の結婚難, の美, の肌, の腰, の自然発生, の苦悩, の誇, の身, の躾, の近頃, の逞し, の顔, の黒髪, はあんな, はくね, はとことん, ははふり落つる, はやつぱりわるくないな, は中年紳士, は中老, は何と, は和服, は唇, は太い, は女学校, は容易, は性病撲滅, は既に, は甘い快い, は男, は私, は結婚, は自分自身, は顔, ばかりを覘, へとその, へなら, へのおくり, へ語る, もゐた, も徳川時代, も自分, らしい正義感, らしい素早い, らしくおもえた, らしくその, をこの, を主人公, を仮想, を多く, を屋敷, を形, を意味, を指導, を横目, を社会的, を連れ, を黒岩万五, 特に大勢

▼ 若い人たち~ (255, 1.1%)

5 の間 3 のする, のなか, のよう, の中, の心

2 [11件] があつまっ, が自分たち, というもの, と一緒, と同じ, のあいだ, のため, のほう, の為, は, もある

1 [213件] ある人, からは見られる, から何, から最も, から見たら, があんなに, がいっぺんに, がいつ, がくるで, がしっかり, がとくに, がむれ, がもっと, がよんだら, が二十数名, が互に, が人間, が住ん, が何卒, が先輩作家, が其, が写真器, が加わっ, が勉強, が各々, が器量一ぱい, が多く, が大勢, が好き, が怯えた, が昇り降りし, が煙, が熱心, が真に, が突如, が聞いたら, が詰めかけ, が読ん, が集っ, が集まっ, が雨, が養成所, じゃない, だから, だった, だつた, です, でもこうした, でも中, で女性, で暗く長い, としての自信, とは無縁, とまじめ, ともよく, と他, と夕食, と私, と話し, などがグロテスク, ならとにかく, にしっかり, にとつて, にとつて人氣, になに, にはそんな, にはちょっと, にはどう, には十分, には想像, には温泉地, には珍しかっ, には耳新しい, には飛騨山脈, にまじっ, にも見せ, にも適確, にジューヴェ, に何時も, に咎められない, に好ましかっ, に対する魅力, に意志, に愛誦, に東洋古典, に漢学, に父親, に興, に見せたかった, に試問, に読まれた, に讃美歌, に追いぬかれ, に集っ, に騒がれ, のうしろ, のうち, のうわさ, のおもしろ, のからだ, のこと, のその後, のなさる, のひと, のまじめ, のサロン, のタワイ, の仲間入り, の入, の口, の口真似, の大胆さ, の家, の寝る, の思, の恐怖, の悩み, の教育, の現実, の生, の生き, の生活, の疑惑, の目, の知りたがる, の精神, の罪, の老人, の胸, の血, の足音, の部屋, の野営旅行, の集団, の頭, の食慾, はあの, はいよいよ, はうかがいたく思った, はお, はお化け, はかう, はきっと, はそう, はそんな, はただ, はつれだっ, はなん, はまだ, はみんなこ, はみんな市ガ谷八幡, はみんな正義, は上着, は人間, は何, は何人, は前, は厳しい, は同じ, は嘘, は多勢, は好き, は家, は少し, は心, は戯れ, は承知, は時間, は有る, は汽車, は渚, は渡殿, は演劇, は熱心, は知つて, は知らないだらう, は知る, は確, は確か, は競っ, は笑, は終い, は自己弁解, は賞め, は軽蔑, は遠慮, は鉛筆, は鏡, ばかりだ, へ話し, もあの, もいた, も屡々, も来させ, も段々, も集まる, も駐在所, よ, をおお, をかえりみた, をここ, をどっさり, をも誘っ, を御覧, を押しつぶそう, を指導, を的, を私, を連れ, を遠く, を都会, を頤, 特に女学生

▼ 若い男女~ (255, 1.1%)

4 の二人, の間 3 が二人, が集まっ, の一組, の声, の恋, の顔

2 [14件] があった, がそれ, が交し, が海水着, のあいだ, のため, のひと, のよう, の一対, の劇薬心中, の学生, の心, の連中, は日本

1 [201件] からな, からなった, が, があふれる, がいく, がお寺, がかたまっ, がき, がそう, がそういう, がそんな, がつい, がどの, がどんなに, がはじめ, がはたして, がひとかたまり, がひょっとしたら, がふと, がまるで, がやっ, がよく, がゐ, がチョイチョイ出入り, がマルクシズム, が三尺, が下り, が世にも, が二人きり, が五人, が今日, が反動, が各, が同席, が寝, が山, が思いきり, が急ぎ足, が手, が料理, が旧, が普通, が歩き, が沢山, が狂っ, が現れた, が畑, が白い, が相, が睦まじ, が私共, が縋り合った, が美しい, が自分たち, が花吹雪, が街路樹, が見, が訪ね, が話し, が貸間, が赤外線写真, が銀座, が集っ, だ, であったらどうも, であつ, である, であるところ, と中年, と同じ, にとってはただ, にとって向う, にとつて凡そ, にも味, によって組織, に出遇った, に愛, に活動仕込み, に限られ, のある, のおかれ, のつき合い, のキザ, のコムソモール, のスキーヤー, の一家族, の一群, の不時, の世にも, の事務員達, の二人連, の二人連れ, の交際, の人間, の低, の個性, の共鳴, の冬期間, の勤労者, の参詣者, の同志, の噂, の団体, の増大, の夏衣裳, の大, の姿, の実際, の寄宿人, の寄添っ, の小さな, の幻影, の張切った, の心持ち, の恋愛, の悲しみ, の愛, の擁, の最後, の會話, の東, の東洋人, の民衆, の注視, の為め, の無頼漢, の無頼漢的, の熱意, の物語, の畫家, の社会的, の祈願, の笑い声, の笑声, の細かい, の組, の経済生活, の縁結, の習慣, の者, の背景, の舞踏, の華やか, の行動, の話し声, の音頭, はこの, はこんな, はさっき目白署, はしっかり, はたしなめられ, はどんな, はふと, はまだ, はみな, は乃公, は何, は別に, は参宮, は声, は妙, は家人, は岸, は年老いた, は床, は彼ら前代, は心中, は恟ん, は悉く, は悲鳴, は愕きの目, は日頃ひそか, は林, は潮水, は激しい, は結婚, は言う, は読み書き, は農業者, は階級, もある, もあれ, もずいぶん, も美しい, も老人, をあなた, をお, をむごたらしい, を危険, を取持つ, を川狩, を悩ましい, を教育, を殺し, を結婚, を置き放し, を見, を観察, を誘う, を載せた, 老いた男

▼ 若い~ (245, 1.0%)

3 のお 2 などは私, にはそう, に読んだ, のこと, の写真, の出来事, の夢, の様, の自分, よくそうする

1 [222件] いろいろの, お父ぎみ, お辰, お遊び, から, からあんな, からさ, からそんなに, からだ, からちゃんと, からどの, からのこの, からの全, からの剛勇, からの友達ゴリキイ旦那, からの孔子, からの文学的欲求, からの異常, からの老い, からもう, からインド, からチェスタフィールド, からリュウマチ, から体, から太閣さま, から宗教, から山川正吉, から幾度, から建築道楽, から弁護士, から暮し向, から権門富家, から欧洲航路, から気, から異常, から私, から芝居, から衰頽, から身, から釣り, から頑固, から馬車, がよろしかっ, この泉, この襄陽, しばしばアナトオル, その人, その同じ船, その愛人, その父, その経験, その美しい, だから, だし, ではあり, で青木, で高倉宮, というもの, という言葉, とて注意, とほし, どんな雰囲気, なら一旗, にある, にかつて, にかなり, にこの, にせっぱつまっ, にはかなり, にはさだめし, にはその, にはもう, にはよく, にはわし, にはジェームス, にはベルナール修道士たち, にはラプンツェル, には八幡船, には恋, には支那, には決して, には無茶, には玉屋山三郎, には盛ん, には直ぐ, には碁, には誰, には退屈, にも一度, にも密接, にゃあ, にゃあね, によく, に一度, に同じ, に嬌名, に家, に悪い, に愛読, に挿し, に株, に桃園, に犯した, に画家, に私, に聞きました, に自分, に茶の湯, に草深い, に謁, に通った, に醫書, のあやまち, のやう, のよう, のスイカ, のロマンス, の不品行, の作品, の八, の友人, の商売, の大名屋敷勤め, の天稟, の失敗, の奥村さん, の女, の姿, の将軍家, の彼, の後世, の恋愛, の悪事, の悪戯, の想い出話, の或, の木下, の歌, の武田晴信, の母, の比較的, の気むずかしかっ, の濃厚, の父親, の田屋三郎兵衞, の男, の画, の眉, の真剣, の破れ垣, の結婚生活, の自身, の良経, の芭蕉, の英機大将, の訪問着, の評判, の辛抱, の追憶, の野口米二郎, の長旅, の髷, の鴎外, は, はあちら, はこれ, はさぞ, はさほど, はしとやか, はずいぶん, はそういう, はたえず, はともかく, はどんな, はまだ, はよく, は一廉, は二人, は何, は先輩友人, は分別, は名, は墓地, は奥, は小夜菊師匠, は少し, は心持, は恐らく, は文壇的, は本, は村吏県官, は武藝自慢, は江戸, は芝居, は遊び, は道樂, は野良, は青春, は青春鬼, は骨身, は黒, もう三十年, よくぶらついた, よく惡友, よく自分, よく衆生, をも思わせる, を偲ばしめる, を偲ばせる, を思い出させる, を思い出し, 亡くしてから, 作ったという, 即ち修養時代, 同藩重役, 始めて, 少しばかりの, 書いた玉露, 犯した恋愛, 習った槍, 聴いた話, 詳しくいえ

▼ 若い婦人~ (243, 1.0%)

6 のため

2 [14件] がある, が一人, が今日, です, ですが, に出逢った, のよう, の中, の姿, の後姿, の読者, は自分, を一人, を見かけた

1 [209件] から物, があった, があらわれ, がありました, がいざ, がいつも必ず, がからだ, がそこ, がその, がほか, がより, がドン, が乗っ, が五階, が井戸, が人, が何, が傍, が働く, が入っ, が全身, が凭れ, が刺繍台, が勤労, が多い, が夜ふけ, が大, が妻, が小さな, が居た, が彼, が戦争, が持つ, が政治的, が時々, が死ん, が沢山, が現れた, が生活, が男, が真, が立ち上っ, が立っ, が笑い, が自分, が芸術, が観念, が解放運動, が訪ね, が訪れ, が進ん, が長く, が階段, が頸動脈, が鼻, さえ若い, じゃい, だちの香水撰択, だと, であったが, である, であること, であるという, であるならば, でその, でなくても, では喧嘩, でほっそり, で小学校, で思想論, で意地, で理解, で重工業, とあと, としてより, として代表的, として何, として蜂谷, とその, との問答, との国, と三十過ぎ, と云う, と信濃丸, と先刻銀行, と協力, と明, と許嫁, と話, などは之, などは日常, などは泣く, におくる, にかわっ, にし, にそれ, にとって何より, には名号, に加えた, に対してヒトラー, に対して抱い, に必要, に戯れる, に手綱, に扮装, に突然, に自分, に見せる, のいわれた, のうち, のそれ, のひとり歩き, のほか, のもの, の一人, の先客, の内部要求, の射殺, の就業年限, の屍体, の屍骸, の影, の心, の心持, の急性虫状突起炎, の悲鳴, の感情, の手, の手袋, の散歩靴, の方, の日常, の本, の死体, の演奏, の父マネット医師, の生活, の生活態度, の眼, の職業, の脛, の衝, の裸体, の訪問, の趣味の, の身, の身近く, の間, の関心, の集り, の面, の頭髪, の顔, の顔色, は, はあれ, はお姫様, はかなり, はこの, はこれ, はにわかに, はほほえんだ, はまるで, は二倍以上, は今, は先づ, は学校, は必ず, は書物, は様々, は次の間, は毎日, は気管支, は決して, は牧師, は現に, は紛れ, は落ち着いた, への注文, までが読書, もありました, もある, もまた, も別れ, も来る, も混, も舟, や少年達, らしい戸, を, をあの, をおれ, をそのまま, を介抱, を伴う, を働かせる, を同伴, を妻, を悩ます, を指揮, を新た, を晩餐, を求め, を裸体, を見た, を見出した, を読者, を預かる, 若い男

▼ 若い~ (221, 0.9%)

8 内儀さんの 6 侍が 5 内儀さんが 3 かみさんも, さむらい, さむらいさん, 内儀さんは, 武家が

2 [15件] かみさんと, かみさんの, 二人は, 侍だ, 侍は, 侍様が, 内儀さんも, 医者様から, 屋敷風の, 心の, 武家, 武家の, 武家様が, 美しいお, 靜は

1 [157件] あるじの, おかみたちの, かたでは, かたと, かたの, かみさんから, かみさんや, からだを, きみさんと, くさんがい, さむらい様, せいと, せいに対して, たつは, ぢいちやん, つれの, とうさま, とこ心は, にいさま, ぬいさんが, ほひさし, よめさん, 主婦さんや, 二人の, 互の, 京が, 人には, 人にも, 人は, 人へ, 仲という, 侍, 侍お, 侍さんだ, 侍さんと, 侍さんの, 侍さんや, 侍さん小, 侍に, 侍の, 侍を, 侍一夜の, 侍様, 侍様どうぞちょっと, 侍様を, 兄様には, 公卿様の, 公家さんの, 公家さんは, 内儀さん, 内儀さんから, 内儀さんとは, 内儀さんに, 内儀さんらしい, 内儀さんを, 内儀に, 内儀は, 内儀を, 冬さんの, 冬は, 勢には, 医者が, 医者さんが, 医者さんでした, 医者さんに, 医者さんの, 医者さんは, 医者さんを, 医者様らしい, 友だちが, 友達の, 召仕は, 吉さんの, 君さんが, 国一番若い, 坊さんと, 坊さんとに, 坊さんなどが, 坊さんの, 坊さんは, 女中が, 女中に, 妾が, 妾さんを, 妾の, 娘ご, 娘さんが, 娘さんで, 娘さんは, 娘だけの, 婿さんと, 媛さまに, 嫁さんが, 嫁さんの, 嫁さんは, 嫁さん達が, 嬢さまでございます, 孃さんで, 孃さんと, 孃さんに, 孃さんには, 孃さんを, 孃さん方には, 客人が, 小間遣いが, 市幼い, 師匠様の, 店ものと, 延には, 弟子さんや, 役人が, 後室さまが, 手つだいの, 月様の, 染と, 梅人形の, 武家さまが, 武家でござる, 武家と, 武家とかの, 武家方の, 武家様と, 母ん, 母アちゃんの, 母アはん坊ん, 浜の, 浪が, 百姓が, 神さんが, 神さんは, 神さんはう, 竹は, 粂が, 縫さんの, 美くしい, 美しい方, 美しい方々, 美しい神々しいお方, 美しい藤壺, 胸には, 舟いずれも, 花は, 芳に, 茶坊主が, 菊には, 菊は, 葉の, 蝶は, 辰だけ, 辰は, 道を, 郷さんが, 鈴が, 関の, 館の, 駒が, 駒に

▼ 若い人々~ (220, 0.9%)

11 の間 6 の心 5 の中 4 のため, の生活 2 によつて, のその, の上, の世界, は, はどう, は日本

1 [176件] からみれ, から絶縁, が, がある, がかたまっ, がこの, がたと, がともかく, がめぐり合っ, がよく, が世間, が云い合わせた, が他人, が何, が八畳, が出し, が壁, が大きい, が少年期, が悉く, が我知らず機械的唯物論, が戦争, が本当に, が来ます, が沢山, が現に, が男女, が経済事情, が翻訳小説, が自分, が自弁, が自身, こそが彼, こそ将来, で, でブルジョア美術, で困難, とくに若い, とし, と同じく, と櫛田さん, と話し, などには耳, にいう, にこの, にこれ, にそれ等, にたちまじっ, にとってどんなに, にとっては経験, にとってターキー, にとって最も, にとって特に, にとって科学知識, にはかねがね, にはさ, には不適當, には何, には歌舞妓芝居, には誰, によまれた, に一顧, に与えられる, に対してもいつも, に対して懐疑的, に對, に或, に果し, に無意味, に読まれる, に讓つて, に貞操, のそそり, のはたらき, のリアリズム, の今日, の仲間, の作品, の個々, の努力, の労働, の参考, の口, の多数, の宰領, の家庭, の山, の心情, の思い, の恋愛, の意気, の感情, の文学談, の此態度, の気配, の熱烈, の現実, の発表, の盃論, の目, の真摯, の眼, の精神, の群, の肺, の胸, の腹, の自主的, の自然発生, の製作, の話, の負う, の責任, の進歩性, の運命, の運用, の非難, の顔, の顔つき, の首領, はあれ, はお, はこれから, はそれ, はただ, はまじめ, はまず, はまだまだ, はみんな, はよく, は一冊, は今一度, は全く, は写真, は勤め先, は大抵, は女, は学ぶべき, は封建的, は戦争末期, は承った, は文学, は旅, は架空, は決して, は波打際, は男, は眼, は社会, は耳, は自分, は自分たち, は自己, は西郷, は話, は踊りました, は革命的, へ伝達, ほどそれ, もあった, もいた, もしばらく, も同窓, も神学校, やその他種々, や知識人以上, よ, よ幸, よ生涯, わけても教育, をおどらす, をその, を家, を赤面, を遠く, を魅

▼ 若い~ (217, 0.9%)

5 が口 4 の女, の男 3 が多い, でございます, のお, の人, の芸者

2 [21件] だ, では, でも, にし, にはその, のが, のよう, の側, の剛力, の女中, の妓, の尼, の武士, の虚無僧, はがんりき, はそれ, はどうも, はどなた, は何, も年寄, を見る

1 [147件] およばずながら, か, から御覧, が, があなた, があるらしい, がいい, がお母様, がこちら, がすぐ, がそんなに, がどうやら, がみえ, がみんな, がわざわざ, がわたくし, が人夫三名, が今朝, が元気, が先, が出, が幾人, が後藤助光, が御, が忍び音, が機, が笠, が見る, が言いました, が言う, が説明, が軽く, が追っかけ, さ, だったが, だって, だな, だなんて, でご, でございますか, でございますね, でした, でしたが, です, ですか, ですから, でせ, で二十二三, とそれから, とちがっ, とは違っ, とよぶ, と云う, と云っ, と云つて三十, と交わりたい, なのね, なん, なんで, にこれ, にしたら, にはあり, には切り盛り, には好感, には或は, には珍, にふさわしい, にも二度と, に十二三名参加, に立入っ, のお話, のが一人きり, のする, のはまだ, の前髪男, の十年, の声, の女性, の娘, の婦人, の守衛, の尼さん, の役, の心持, の旅人, の時, の死骸, の看護婦, の船頭, の記録係, の読む, の警官, の連れ, の金兵衛さん, の靴磨き, の靴磨き田代公吉, は, はあなた, はいくらでも, はうらやましい, はお, はおそらく, はじい, はすなわち, はずんずん, はその, はそんな, はたいてい, はむっと, はやはり, はキモノ, はダブル, は一方, は世話, は余り, は先刻山鳥五羽, は先年, は兎角, は別に, は声, は宮本武蔵, は平均, は御存じ, は日本, は横, は樺太, は洋服, は溜息, は父親, は狼, は短気, は素直, は腰抜, は腰拔, は頗る, ばかりで, ばかりのくせ, もある, も少し, も強, をそれとなく, をぢ, をとった, を指し, を知っ, を見, を見掛けました

▼ 若い人達~ (163, 0.7%)

5 の間 4 の心 3 の中, を相手 2 がよく, が眠, と同じ, の言葉, の話, の集団

1 [136件] からも手紙, から手紙, から早く, から私, が, がこういう, がその, がそれ, がゐる, が今夜, が入営, が内省的, が出, が出品画, が大勢, が奥秩父, が如何, が寂しく, が我々, が手伝った, が手軽, が押しあっ, が新しい, が早くから, が書物, が楽し, が沢山, が漢文, が現, が私, が紙本, が耳, が頭, だ, だと, であれ例えば, ではない, でもその, で婦人, とはその, と比較, と無駄話, にお願い, にくらべ, にはこの, にはそれ, には勿論, には既に, には福髷, には舞台, には隔世, にもやがて, にも同じ, によって賑, に会う, に助言, に取, に問わん, に對, に引率, に新た, に流行っ, に考古學, に自慢, に遠, のある, のお手本, のこと, のもの, の並ん, の仕事, の何処, の参加, の噂, の団体, の夏, の夜, の好み, の小品展覧会, の心持, の権幕, の気持, の為, の生命, の発達, の笑聲, の自由, の血, の詩, の話す, の読み物, の読物, の身, の逢引, はこの, はその, はそれ, はみんな, はもう, はやがて, はやっと, はよく, は人生, は余り恋愛, は前, は夏目先生, は多く, は大変, は如何にも, は娘, は平気, は斯, は早く, は時々, は殊に, は爺さん, は町, は皆, は皆ひと通り自然科学, は目前, は老人, は風味, は骨身, ばかりで, ばかりと思っ, ばかりの間, もその, ももう, もモシャクシャ, も大勢, も娘, も薄々, や村長, をありがたく, を代表, を悩ました

▼ 若い美しい~ (160, 0.7%)

8 女が 6 女の 4 女と, 女を 3 夫人の, 女に, 女性の, 女房に, 妻を, 娘が 2 一人の, 二人の, 夫人を, 女だ, 姫が, 娘であった, 娘の, 男が

1 [104件] お侍さま, お方も, お面, この源氏, はいからさん, 一知に, 中華民国婦人と, 乙女を, 人に, 人の, 人達が, 人間を, 人魚でも, 侍が, 侍とな, 侍の, 俳優の, 兇悪な, 其夫人が, 切前髪の, 咲子夫人の, 堺の, 声が, 声であった, 売れるさかり, 夫人と, 夫婦の, 奥さんと, 奥さんなり, 奥さんの, 奥方連の, 女, 女から, 女だつた, 女であった, 女との, 女なんか, 女ばかり, 女も, 女出来るなら, 女客, 女性で, 女性と, 女性を, 女性一方は, 女房それは, 女房と, 女房は, 女房振りや, 女達で, 女達の, 妻に, 妾に, 妾の, 娘さんなどを, 娘さんは, 娘たちの, 娘だった, 娘と, 娘な, 婦人が, 婦人である, 婦人と, 尼は, 師匠は, 後添を, 御後室, 忠興夫人は, 新夫人, 方たちが, 方の, 未亡人が, 未亡人としては, 未亡人を, 母などという, 水, 源氏の, 潔癖であり, 火の, 狂人の, 王女を, 王様の, 男の, 男子に, 異国の, 看護婦の, 紫の, 細君を, 腰元が, 芸妓が, 行者で, 行者は, 西洋婦人が, 評判の, 貴婦人で, 遊女であった, 音楽家が, 音楽家だ, 音楽家に, 音楽家は, 顔で, 顔に, 餌で, 騎士の

▼ 若いとき~ (143, 0.6%)

4 のよう 2 からその, から放蕩者, にこの, に箱根, の美し, は金

1 [127件] からいかもの, からかぶっ, からし, からしばしば, からじゃ, からすぐ, からつぎつぎ, からのもの, からの美貌, からの酒好き, から一度, から上野, から乱暴者, から二, から他, から信州, から俳句, から俳諧, から博奕場, から大きな, から奇編秘籍, から寄席, から常に, から弱い弱い, から彼女, から恋, から情, から手足, から日本, から某, から猫, から玄関番, から生活, から町家, から町屋, から自分, から読書, から諸国, から身持, から道教, から避暑旅行, から長い, から非常, から馴れ, から鮎釣り, があった, ですが, というもの, とは考え, とひとつ, なん, にあまり, にあまりによく, にたった, にはあまりに, にはまず, には世, には五年, には先ず, には同, には品川辺, には夏, には少し, には放蕩, には江戸以来, には神さま, には老人, には誰, には貴様, にも随分, によそ, に一人, に一代, に三十万ルーブル, に人, に今, に劇, に旅, に歩兵中隊, に死に別れ, に燈下, に甲州, に盛ん, に相川, に紙, に聞かされた, に蔡州, に覚え, に非常, のこと, のそれ, のだって, の一過失, の仕事, の妻, の姿, の子, の想い出, の方, の無分別, の経歴, の苦労, の袖, の記憶習慣, の話, の顔, は, はああ, はしました, はそう, はそれゃ苦労, はみんな天才, はわたし, は一時間, は大いに, は寒中, は放蕩無頼, は旅行, は暖, は誰, は軍人, は遊獵騎射, は面白い, やお, よりまた, をドンガラ, を知らない

▼ 若い二人~ (139, 0.6%)

4 の土工, の男, の間 2 の兄妹, の女性, の高官, は其の, は此日

1 [117件] がしめし合わし, がそう, がつつましく, がひどく, が仕事, が作った, が口, が夢, が床板, が恐縮, が氣, が結婚, が隣り, が静か, が高揚, だから, とも機嫌, とりわけ柳吉, にとってはこの, にとってはその, にとってはひと, にとっては恩人, には何, に与える, に取, に同情, に対する仕事, に気軽く, に確保, に言, に逢つたの, のあ, のこの, のやる, の亡骸, の交換, の仲, の前途, の労務者, の友, の取, の士官ボイコ, の姿, の婦人, の巫女, の心持, の急所, の恋, の恋愛情景, の手, の技手, の旅, の楽しい, の武士, の気の毒, の海女, の生活, の申し出, の男女, の相談相手, の眼, の睦じい様, の背, の袂, の試験官たち, の貴人, の逢引, の運命, の顔, の魂, はその, はちやう, はもう, はよく, は二人, は人目, は何, は何時の間に, は併, は勇躍, は大勢, は大変, は家, は引分, は影, は愉し, は昨夜十一時頃旅行, は相, は矢張り此疑い, は秘か, は継穂, は自分たち, は船, は話, は身体, は間もなく, は顏, へのぼんやり, もがんばりぬいた, もその後, も今夜, も部屋, も頻りに, をたのむ, を仲よく, を傍ら, を前, を喰っつける, を後, を無理, を苦しめる, を見くらべ, を見つけた, を見比べ, を誘っ, を近づける, を駅前通り

▼ 若い武士~ (137, 0.6%)

5 であった 3 であったが 2 がある, である, は, はちょっと, より外

1 [119件] が, がいた, がいました, がこう, がこの, がこれ, がさしかかるであろう, がすぐ, がギョッ, が下谷, が二人, が刀, が列, が刺客, が勘右衛門, が十二, が叫んだ, が堤, が変心, が女, が屋敷, が峠, が平服, が心から, が息, が打たれる, が振り返っ, が栗毛, が湯屋, が燗徳利, が肩, が腰, が葭簀, が襲った, が言った, が言葉, が追っ, が通っ, が麓, だ剣, でその, で旅装い, とが五人, とが執念, とが立っ, とへ向かった, とへ立ち向かう, と一人, と不幸, と夫婦, なども来る, になった, にも負けぬ, に後, のはなし, の一風, の叫び, の好奇, の寝, の山県紋也, の思惑, の性質, の想い, の旅姿, の本意, の片手, の生首, の眼, の立姿, の胸, の趣味, の身分, の首級, はあれ, はいささか, はいつのまに, はいよいよ, はこう, はそう, はそれ, はつぶやいた, はどうやら, はなんと, はにこやか, はまた, はもう, はもの憂, はゆるゆる, はズブリ, は上り端, は二三歩背後, は二人, は今度, は唖然, は将門, は小, は屋敷, は手, は春日新九郎, は智恵, は歩み, は物憂, は立ち去ろう, は笑っ, は胸, は興味, は訊き返した, は驚き, へこう, へぶつかっ, もそこ, や使僕, をひと, を一眼, を供, を味方, を相手, を羽, を見上げました

▼ 若いうち~ (135, 0.6%)

4 の事 3 のこと, は 2 はその, は二度と, は何, は元気, は少し, は御, は誰

1 [111件] いろんな渡世, からこの, からの懇意, から危機, から噛みしめる, から孝之進, から戒律, から放蕩, から最近, から決して, から独身, から皮屋, から相当, から老い, から苦労, から長く, だから, だけ見られ, だもの, だ何ん, にいろいろ, にうんと, にきい, にきめた, にし, にしみ込んだ, にせっせと, にそう, にそういう, にそんなに, になん, にも歌道, によく, にウン, に修道院, に勉強, に変, に大橋氏, に少く, に年, に度々, に御, に最善, に槍, に此処, に死んだ, に異国, に結婚, に自分, に苦労, に誰, に達する, のやう, のよう, の失敗, の深酒, の男女交際, の素袷, の自身, はいろ, はえて, はここ, はさ, はし, はずいぶん, はそう, はそれ, はたった今, はどうしても, はどうも, はどんな, はなん, はよう, はよく, はウン, はコマメ, はナカナカ男好き, はベクリン, は七分五厘, は不良, は中途半端, は功名心, は勇気, は友達同志, は夜, は常に, は心配, は慾, は戸惑う, は流浪, は無茶, は特に, は皮相, は相手, は自分, は若い, は血, は要するに, は覚える, は親切, は遊ぶ, は運び, は酒, は金, は随分, は食わず嫌い, は馬鹿, ほど淋しい, も年取りなっ, 惚れたから, 旨くやらない

▼ 若い連中~ (128, 0.5%)

32 がある, はこれ, も皆

1 [119件] からはあるいは, からは非常, からも気受, から調戯, が, がいくら, がおどり出す, がかえって, がかれ, ががんばっ, がここ, がその, がへこたれたろう, が三, が二三人通り, が何, が何人, が厭, が又, が四五人三四日後, が大, が張合い, が得意, が押しかける, が持ち寄った, が昂奮, が書, が次第に, が気炎, が申し合せた, が随喜, が集っ, が集まり始めた, せせら笑いながら, だけいる, で, であったから, でありました, である, でなく年配, ではなく, で村政改革, で検定試験, で賑やか, と一緒, と事務的, と云, と云っ, なら三度三度パン, なん, なんかその, なんかに期待, なんか何だかまるで, なんか僕達, なんか夢, にとつて, にはどうしても, には無限, には美しい, にもよく, に一つづつ, に与へる, に好き, に対してほとんど, のこと, のする, のところ, のなか, のひそか, のほう, の仲間, の名, の寄り, の居ない, の性情, の組織的, の耳, の間, の集まり, の雑鬧, はおじぎ, はぐっと, はこの, はそれでも, はひそか, はもう, は仙吉, は仲, は何, は公園, は六条院, は初舞台, は勢, は四角い, は大いに, は新た, は旅, は日本刀, は男女, は若い, は見, ばかり, への思いやり, までが斯様, もある, も元気, も出, も大勢, も当時自分, も来, やこれ, をお, をそそのかした, をその, を僕, を抱腹絶倒, を教育, を満蒙, を頭

▼ 若いころ~ (114, 0.5%)

4 のこと 2 の写真, の恋愛, の母

1 [104件] いかに美しく, いささかばかり, いろいろあった, お嫁さん, からこの, からすでに, からの唯一, から仇敵, から大, から女だてら, から数理, から永らく, から涙香, から清盛, から真理, から義太夫, から聴きため, から自分, から身, から金魚, から騎射, が恥, この村, ちょっぴり詩, って随分, とはだいぶ, どういふ, にかの地方, にそっくり, にはおの, にはこう, にはさっぱり, にはどの, にはみなさういふ, には免れ, には堺町, には大した, には微賎, には患者, には想像, には日, には相応, には音楽学校, によく, にボクシング, に乳母, に似, に妻, に教授, に発明, に限った, に院, のおく, のふとした, のむかし語り, のやせ, のよう, の一粒種, の健康, の半蔵, の名, の名誉心, の奔放さ, の寿美蔵, の幸福, の彼女, の恋, の朋輩, の源之助, の眼, の花々し, の苦労, の苦心談, の蘇武, の見聞, の豊か, の軽, の面影, の驕慢, はかなり, はそう, はそんな, はたえず, は不満, は体力, は剣道, は吉原, は始め, は家業, は将軍家光, は心, は珍しく美しい, は知らず, は船乗り, は菩提樹下, は裁判所, は誰, まで, までは村, よく寄席, を思う, 住んで, 登った多良山, 鍛えて

▼ 若い時代~ (110, 0.5%)

3 の人々, の娘 2 にすぐれた, に比べる, の情熱, へのしか

1 [96件] から多年, から手当り次第, から知っ, から細く長く, があります, がいつぺん, がその, が傷つき, が忘れられない, が成長, が隊伍, であるとか, ではなかっ, でひとまず, というもの, としては新しい, としては阿部知二, に, にかう, にとって重荷, にはずいぶん, にはそういう, には触れ, には誰, にふさわしい, に人, に味, に大変苦心, に対し正反対, に岡崎, に彼, に恋愛, に新聞記者, に機智, に維新後, のあの, のこと, の事, の作家たち, の冒険, の写実的, の友情, の叔母, の圧力, の声, の夢, の嵐, の意気, の我々, の教育, の書風, の歌, の歴史性, の気風, の汲みとるべき, の溌剌, の澁澤榮一, の生活, の生活建設, の生活者, の男, の社会的, の秘め, の精神生活, の苦労, の苦悶, の苦闘談, の藤村, の詩歌, の近側, の連中, の過ち, の間違, の関心, の青年ら, は亭主関白, は何, は好い, は常に, は此, は江戸趣味, への健康, へ伝えよう, らしい感覚, をその, をとりみる, をソシアリスト, を可, を孝養, を思い出した, を理解, を相当, を知らない, を過ぎ, を過したい, 随分当

▼ 若い~ (106, 0.4%)

2 が, が一人, であった, などが大勢, の姿

1 [96件] から侮辱, があった, がいきなり, がいる, がたずね, がなれなれし, がわし, がゐる, が三人, が仆, が今や, が出, が又, が同じ, が宿, が帰っ, が忍びやか, が愚痴, が懐ろ, が来, が此方, が毒, が無, が立っ, が紛れ込ん, が素敵, が美しい, が蒼ざめた顔, が誘い, が飛び込ん, が麹町, さ, ちょっと用, で, である, でございます, で抜き放され, で背後姿, とそれから, と乙, と共に, と奴, と姐, と緑色, と訳, と話し, と間違, なの, にお, にすがり付いた, に食いつい, のくせ, の七人連れ, の冒険, の声, の室, の方, の耳, の艶, の面, の顔, は, はお, はけげんそう, はすぐ, はそば, はそれ, はだ, はついと, はまじまじ, はまだ, はもうこ, は一生懸命, は一礼, は仙波八郎太, は伊織, は勿論, は十八, は姉思い, は番町, は疲れた, は立っ, は草鞋, は葉, へ, へ眸, へ覆面武士達, もそれ, をお, をそそのかし, をなぶった, をふりむい, を不安, を内, を真, を連れ

▼ 若い~ (104, 0.4%)

5 や瑞々しい 2 に想像, の一時, はその, はなんとなく, を引き寄せられ

1 [89件] があっ, がのびのび, がほしく, が帰つて, が生活, が発散, が私, であるからこそ, で居た, で祈, と肉体, にごく, にそれら, にとってはあまりに, にはかう, にはこれ, にはどの, には悲しかっ, には正直, には気楽無事, には骨髄, には魅力, にも反映, にも隙, に名状, に対して云い知れぬ, に強く, に思っ, に慎重, に戦争, に消え, に深い, に無気味, に無理, に適する, のさまざま, のそんな, のサツフオオ, の中, の何, の動き, の卓一, の反逆, の同感, の底, の形見, の心, の惹かれ, の摺り, の物, の糧, の老い込み, の衰えない, の赤熱, の遣る, はいつも, はさけ, はただ, はほのか, はウットリ, はウツトリ, は似, は傷んだ, は強い, は自分たち, は謎, もそそられる, も知らず知らず, をあわれ, をいじめつけます, をかりたて, をすっかり, をそういう, をなだめ, をもった, を動かす, を嗾, を打たれ, を持っ, を捉えた, を掘返した, を掻乱, を明るい, を楽しませ, を焼き尽す, を老いしめる, を襲った, を躍らした, を躍らせ

▼ 若い~ (102, 0.4%)

2 と妹, のすべて, の心持, はその, を帝劇

1 [92件] かあるいは, がある, がいる, が初め, が坐, が夕飯, が息づまる, が教育, が暗い, が泣き, が盆踊り, が老人, が菊枝, が訳, が逆上, そしてその, であった, といつ, としての思い, とだった, となっ, とはどうして, と一人, と幼い, と母, と裏, などを連れ, にたとえた, についてもいつか, には嫁, に嫁, に宛てた, に客, に申訳, に譲る, のオリガ, のカテリーナ, の世の中, の声, の感じ, の或, の手, の手許, の機嫌, の死, の笑顔, の肩, の自覚, の話, の身, の須美子, の顔, はかの, はとびつく, はどう, はふい, はやさしく, は上向い, は夕方, は夫, は姑, は戰野, は日本, は案, は甲斐, は私, は背中, もあります, もいた, も新吉, や幼い, らしい人, らしい奇麗, を, をじ, をそういう, をたった, をつれ, をつれた, をほし, をめとった, を女, を居常, を得, を持つ, を携, を教育, を有, を残し, を気づか, を迎える, を連れた

▼ 若い女房~ (99, 0.4%)

6 のお 2 がある, が蚕棚, もあった, や童女

1 [85件] おくれ馳せの, から童女, があり, がい, がすぐ, がすこしく, がたった, がどんな, がひとり, が一人車, が三十人, が何人, が出, が手ぬぐい, が月下, が火鉢, が見かね, が起き出し, が遠く, が集められ, が顔, が鬢, だから, だけが従っ, だと, であったの, でありました, であるから, で子ども, で宮, で少し, とか童女, とは思われぬ, と令嬢, と対手, と情人関係, と童女, などから憧憬, などがおお, などが何, などで恨めしく, などに, などはのぞき見, などは外, などは客, などは情けなく, などは蘇生, などは見物, なども多く, なども皆, などをお, におかしい, にはこの, に逃げられた, のお初, のこと, の一人, の姿, の熱い, の犠牲, の玉江, の目, の膝, の身分, はささやい, はそちら, はその, はちょっと, はふだん唇, は二人, は光源氏, は御, は皆, は良円寺, ばかりであった, もいた, もいるらしい, も座, やら召使, や童女たち, をもらう, を可愛がり過ぎた, を独り, を羨望, を貰っ

▼ 若いから~ (97, 0.4%)

2 だ, 何か, 貧乏に

1 [91件] あなたが, あまりお, あるだらうが, いいさ, おのずから血潮, お止しなさい, こちらで, この先, こんな事, さう, しかたが, すの, そういうこと, そうであった, そう云う, その不快, それでも助, そんなに痩せ細った, そんな事, だが, だの, だよ, だろう, である, であろう私, でしょう, どこに, ほんとうの, ほんとに君, まだそんな, まアまアせんない, もう五年, もしね, もしや着物, もつと, よく気, よく私, アンマを, 一人で, 一本調子だ, 一概に好く, 一筋に, 丈夫だ, 世の中の, 些とぐらいの, 仕方なからう, 仕方も, 何いう, 何の, 其程世間といふ, 分らないの, 勉強し, 可いが, 君も, 嘸お, 困りますね, 大丈夫でしょう, 大人の, 奥方も, 実験な, 屈託が, 御想像, 恋愛とも, 憤慨し, 戦争には, 手ぬかりやら, 斯うなる, 格別だ, 機会を, 毆られた, 気を, 氣の, 灯をよけ, 無理は, 無理も, 無理もねえと, 理想主義者で, 癇癪玉を, 私も, 種々な, 紅気が, 紅氣が, 罪滅しは, 考えに, 腹が, 花嫁の, 読みちがい, 遠来の, 金田令嬢の, 針金で, 露骨でも

▼ 若い世代~ (93, 0.4%)

3 の人々 2 の, の男女, の誇り, は自分, は自身

1 [80件] がくりかえしたい, がその, がそれ, がまるで, がネオ, が個人, が到達, が夢みる, が新, が歴史そのもの, が自分たち, だ, でいい, としてこの世, としての情熱, と一口, にあて, にかかる, にとってかなわぬ, にとって恋人たち, にとって改めて, に一番共通, に対して手, に対する冷淡さ, に対する糺弾者, に対する責任感, に有能, のため, のもの, のより, のアヴェレッヂ, のヨーロッパ文学, のリアリスト, の人, の人たち, の人達, の今日, の代表, の劇団, の動き, の古典, の同性, の婦人たち, の宗教, の心, の心理, の感覚, の文学, の文学的資質, の歴史的道ゆき, の気持, の演劇趣味, の生活感情, の男の子女の子, の男性, の真面目, の結婚, の若い, は, はあらゆる, はこれら, はこん, はその, はよく, はアカデミック, は一般的, は形, は彼女たち, は次第に, は率直, は考える, もいる, も存在, や人民大衆, をゆたか, を中心, を外, を小, を片, を繋ぐ

▼ 若い~ (88, 0.4%)

2 大家の, 感心に

1 [84件] あなたより, あの男, あらわにも, あれなら, えらい, こいつは, この寒い, これなら, こんな場合, さすがに, しかも既に, すでに老成, その語る, その頃江戸中に, その顔かたちはか, それは, たいそう評判, ために, だいぶ仕事, でっぷり太っ, どうしてマア, なか, なかなかの, なかなか言い方, なるほどちょっと, ゆえにねばり, ゆゑの, よく気, よく身許, よほどの, りっぱな, 二たびある, 人品と, 人生を, 今やほとんど同様, 代議士の, 伝三郎という, 使つ, 侠氣も, 俊敏な, 先代に, 分別は, 名人と, 名題の, 君たちも, 君には, 嗜みの, 地味づくりの, 姜維に対する, 宜く, 容姿と, 容貌は, 役付きで, 彼は, 恐ろしくヤツトウ, 恐ろしく皺びた婆さん, 悧巧者な, 悪党仲間から, 惡黨仲間から, 才走った胆, 技術にも, 故に平一郎, 新蔵は, 極めて落ちついた, 横着で, 正直律義の, 死刑に, 江戸でも, 父信秀の, 生やさしい, 確りもの, 神田中に, 織田どのの, 職掌柄だけに, 胆量の, 腕は, 自己に対しての, 苦味走つた, 謙譲で, 達者な, 非常に, 革足袋の, 頭の, 黒いなり

▼ 若い女中~ (86, 0.4%)

3 が一人 2 のお

1 [81件] から聞いた, がい, がいた, がいる, がお, がおそく, がその, がふくれ, がべたべた, がやらず, が一人看護, が三日, が主, が二人つき, が二度目, が他, が付い, が伸子, が傭い入れられ, が働い, が出, が奥, が奥さん, が少く, が居眠り, が庭, が来, が現れた, が磁器, が答えた, が縁側, が背戸口, が言った, が起き, が足袋, が転がる, が馴染, だと, であつ, でその, で健康, で往々, とかえました, とがお, とが這入, とたつた, と冗談, と臺所, にせっつい, にひろ子, にニッコリ, に任せ, に斯, に話しかけ, に頼ん, のそうした, のたつ, の体, の手, はいかめしい, はいよいよ, はうとうと, はすすり泣い, はアタフ夕引下, はハッ, は一目, は不思議そう, は大きい, は屈みこん, は来年, は熟れた, は私, もかけ, をつれ, をよん, を一人, を一人使つて, を呼びよせ, を押しのける, を新, を買収

▼ 若い娘たち~ (79, 0.3%)

3 の中 2 と幾人, の笑い声

1 [72件] がいそいそ, がその, がその間, がどの, がまた, がやがて, が三味線, が人知れず, が何かと, が夜ふかし, が天香さん, が快活そう, が急, が樹かげ, が機会, が歩い, が生, が空論, が美しい, が道ばた, が養い得た, だった, といっしょ, と同じく, と意気投合, にその, には役者, にまじっ, によく, に口笛, のあいだ, のため, の仕事, の先途, の場合, の感情生活, の或, の文化水準, の派手, の痛ましい, の目立つ, の眼色, の笑い, の行進, の評判, の軽やか, の部屋, の面前, はあらまア, はおそらく, はどの, はなんとなく, はエドモン・ジェロー, は下駄, は何れ, は夜歩き, は張りきっ, は後, は数時間それ, は明るい, は菊池寛, もあった, もひとたび, ももう, や運動シャツ, よりもまし, をむやみ, をよろこばせました, を喜ばせた, を感嘆, を気味悪, を置いたら

▼ 若い~ (75, 0.3%)

7 しては 2 かかわらず容貌姿態, 似ずよく, 似合わぬ立派

1 [62件] きまつて, これからが, しちゃあ, しても, しろ三甚, しろ捨鉢, せよこう, そう世, どうしてそうまで, 一人旅という, 似あわぬ一徹者, 似あわん落着き, 似あわん面白い, 似げ, 似ずいつも, 似ずお, 似ずかなり, 似ずごく, 似ずたいした, 似ず了念, 似ず四十歳, 似ず如才, 似ず理詰め, 似ず風流, 似合ず, 似合は, 似合はずよく, 似合はず役に立つ, 似合わずごく, 似合わずしっかり, 似合わずその, 似合わずなかなか, 似合わずはなはだ, 似合わず万事, 似合わず剣術, 似合わず大胆, 似合わず技巧, 似合わず気持, 似合わず流行, 似合わず熱, 似合わず禅味, 似合わず金儲け, 似合わず非常, 似合わず頑固, 似合わない奇特, 似合わぬ壮健, 似合わぬ学者, 似合わぬ物, 似氣, 免じて, 御殊勝, 思慮が, 感心な, 珍しい品行, 男の, 相違ない, 能く, 自殺した, 豪いもの, 近ごろ殊勝でござる, 違いない, 頼もしいこと

▼ 若い~ (74, 0.3%)

2 おまけに, 世の, 腕も

1 [68件] あんな小娘, いい女, いまの, お兄上様, かなりに, これから大いに利用価値, これも, しかも恋, するから, そうした深窓, それに, それになんばなん, ちっと気, とにかくこうして, どうかと, ぼんやり者らしく, また頭, もっとがん, やなと, バルナバスよりも, ヘルンは, 一番美しい, 丈夫だ, 今が, 健康に, 兄の, 先代市川松蔦よりは, 出世の, 初陣でも, 医学校は, 嘗て自分, 大いに雄, 学問は, 客ずれも, 容貌は, 容貌も, 小柄で, 当然小説そのもの, 彼女を, 御婦人, 快活で, 拙者の, 擲弾兵です, 教育は, 明敏だ, 母が, 泣いても, 独身で, 田舎者には, 相当の, 神尾よりも, 第一, 経験も, 美しい御, 美人だ, 肉附きもい, 腹の, 芸は, 若樣, 虫も, 衰弱が, 負けて, 身体も, 連ば, 金も, 面白半分, 頭脳は, 騎馬で

▼ 若い~ (73, 0.3%)

14 だから 9 ですもの 6 だし 54 ですから 3 だね, だもの 2 だからね, だぜ, でしょう, です, ですねえ, ですよ

1 [17件] じゃなく, だか, だからな, だな, だらうよ, だわね, だ何, でございますのよ, ですからな, ですからねえ, ですが, ですし, ですぜ, ですの, でせう, で刈り, ならわれわれ

▼ 若い巡査~ (72, 0.3%)

2 がやって来, だった, と医者, は眼

1 [64件] が, がいた, がいま自分, がおどろき, がたった, がぽっつり, が一人立ち番, が不審, が二人, が云った, が井戸屋, が四五人寄り, が廻っ, が心, が珍し, が遮った, だったが, とは相, と離れ, に, にはひしと, には左枝, にカギ, に特殊, に言い含め, のところ, の書いた, の熱心, の軽蔑, の鼻先, はあさ子, はいそい, はうなずいた, はきょとん, はこれ, はすぐ, はまた, はやっと, は二人, は云う, は云った, は仲田, は佐平, は何, は呟いた, は困惑, は帽子, は或, は昂奮, は服, は歌, は気の毒そう, は狼狽, は白い, は答えた, は訝った, は警部, は軽く, は遠山, は雨沫, も, もあれ, をいじめ, をドシドシ採用

▼ 若い~ (71, 0.3%)

6 いっても 3 云ふ, 思って 2 云うの, 云う事, 云つても, 仮定すれ, 同様若や, 言っても

1 [47件] いいかねるよう, いうか, いうだけ, いうだけでも, いうだけの, いうので, いうばかり, いうよりも, いえば, いえんな, いわれて, いわれては, きゃあ, すぐ手, するならば, すれば, とんだフェミニスト, めは, 一笑される, 云いきれる, 云いながら, 云えば, 云って, 云っても, 云つてそんな, 仰せられたが, 信ずべき理由, 厭とは, 口説き度くなるだろう, 彼は, 思うわ, 思われる署長, 折紙を, 来てるもん, 申したところ, 申すの, 眺められた, 考へられ居るので, 聞いて, 虚栄心の, 行くがなと, 見ると, 言ふ, 言われたこと, 言われる駒三郎, 許された叔父, 馬鹿な

▼ 若い女たち~ (71, 0.3%)

4 がまじる, が却 2 が三人五人, が客, は薬局

1 [57件] が, がいる, がこう, がします, がすっかり, がちょっと, がヂヤンヂヤン宣傳, が二三人, が二人三人, が使用, が嬉々, が射的屋, が楽器, が白い, が着, が簾, が見てる, が読む, が風雨, だ, だったが, である, との同室生活, と一緒, に向っ, に對, のなか, のまえ, の危さ, の場面, の声, の姿, の縱いま, の身体, の野良姿, の髪, の黄色い, はお歯黒, はしばしば, はどんな, は不幸中, は云っ, は心, は思い思い, は戸外遊歩, は新春, は歎, は目白不動, は籠, も友だち同士, も実に, も平気, も親, らしく互, をおびやかす, をおもちゃ, を使いまわす

▼ 若い~ (70, 0.3%)

2 があった, である須美子, の俤, はその

1 [62件] がそれ, がどういう, がわが, が一ヵ月, が三人, が彼, が感興, が憤慨, が窓, が自分, が言った, が身, が集っ, が馬, だ, であったこと, でもあった, と, としての姿, となった, とのこされた, との間, と三つ, と可愛い, と子, と歩い, なるチビ, なる自然, にそんな, に指し, のおののく, のその, の年齢, の思い出, の方, の流産死産, の笑顔, の細, の腕, の色つや, の誰, はいつも, はま, はレストラン, はロンドン, は人力車, は夜店, は子供三人, は幾月, は必ず, は柔かく, は私, は美しい, は鍬, めいた, も祖父, らしい前垂れ, らしい特別, を, を一年前, を愛する, を見

▼ 若い細君~ (66, 0.3%)

3 は美人 2 が出, であつ, の手, は力, を伴, を貰, を貰う

1 [49件] がいる, がまだ, が人, が動きだした, が坐, が大学附属病院, が小学校, が料理法, が時々, が来, が水菓子, が疾く, が盛ん, が静か, それから出戻り, でも出, でも過ぎ, とともにここ, とふたりきり, と共に住まつ, と知り, に似合, に聴かせる, のこと, の噂, の存在, の心, の耳, の胸, の膝, はいかなる, はもちろん, は同, は棒縞, は森彦, は甲斐, は答えた, は軽快, ましてその, や職業婦人, らしいの, らしい人, らしい女, をどう, をどうして, を持て, を持てたな, を迎え, を迎えた

▼ 若い番頭~ (64, 0.3%)

2 なおくわしく, の源助, の胸, の香

1 [56件] からこう, がまた, がむか, が一人, が主張, が二人, が出, が十露盤, が去年, が申し述べる, が直ぐ, が見る, であること, で常吉, で精, にとってはせめて, に向っ, に問いかけた, に色気, に許し, のほか, のロイド, の二助, の佐吉, の力, の幸八, の幸吉, の彌, の忠三郎, の才六, の政どん, の敬太郎, の清次郎, の目, の見た, の顔色, は, はえっ, はそれだけ, はもじもじ, はようよう, はワッ, は一層, は店, は怒った, は思い切っ, は急, は物, ももはや全く, も京都弁, も全く, や手代, を一人, を主人, を相手, を連れ

▼ 若いのに~ (63, 0.3%)

2 人一倍大事, 後生願ひでおそろしく, 老人の

1 [57件] いつまで, おや然, かさかさに, からだを, この人, こんなもの, さきごろその, すでに巌流, そのま, その冬, そんなこと, そんな優しい, どうした, なかなかよう, なかなか立派, なんという, まるで大人ぶり, もうおしめ, もう浮む瀬, よく人, よく氣, 世なれた, 世の中の, 乞食を, 乳母の, 似合ず, 似合ぬ, 似合はず大変な, 何という, 名人だ, 夢中だ, 愕いた, 教師が, 未だ男, 杉の, 杯を, 歿なっ, 漆黒の, 無口で, 物わかりが, 白粉氣の, 白髪の, 目の, 眼を, 私の, 義雄さんも, 胡麻塩の, 苦労人だ, 詞を, 赤峰つていへ, 身代りに, 遊ぶこと, 道安は, 金を, 隨分深刻な, 頭を, 頻りに死

▼ 若いおかみさん~ (58, 0.2%)

32 が悪者, というの, はさっさと, は生き

1 [47件] がさ, がふだん, がよい, がわたしたち, が人, が好き, が尋ね, が居る, が帳場, が御, が来, が生埋め, が言った, が身, が頭巾, が風呂敷, だの紋付羽織, ですから, と一緒, などは前, なんぞはほんとう, に出会っ, に別れ, に惚れ, のお供, のこと, の事, の仇, の品, の嬌歯, の様子, の生まれ年, の自慢話, の行方, の言葉, の返答, の里, の鉄漿, はいよいよ, はお, はそこ, は主人不在, は何処, は清吉, は薄暗い, を捉, を笑わせ

▼ 若い夫婦~ (58, 0.2%)

2 が手, であるだけ, の遊山舟, の間

1 [50件] か恋人同士, がうち, がそのまま, がひそひそ, がパリ, が二人乗自転車, が二見ヶ浦, が住ん, が女中, が居た, が毒, が番, が純粋, が這入っ, であった, でした, で心持, などといふもの, にきまりました, に対するとき, に決定的, の一家族, の人生, の仲, の傍, の女, の幸福, の幽界, の生活, の生活感情, の親愛, の農衣姿, の部屋, はつぎつぎ, はどう, ははたと, はやさしい, は初めて, は大丈夫, は幼い, は新婚匆々, は無事, は老人, は腰元ども, は良人, もあれ, も交ってる, も言, らしい闊達, 働いて

▼ 若い娘さん~ (56, 0.2%)

2 が職業, のこと, の夜眼

1 [50件] が, がこんな, がゐ, がランプ, が來, が出, が厭, が大きい, が或, が来, が独り, が聞いた, が部屋, だ, だそう, だったもん, だろう無理, でしたが, で紫, としてはそう, とはちょっと, と共に裏座敷, なんか特に, にこんな, にたずねた, にとってこの, になっ, にゃ喧し屋, に腕, に若い, に進げ, のその, のため, の使, の声, の心理, の感情, の生活, の簑笠, の聲, の職業, はまじめ, はパーマネント, は日本じゅう, やらだけが相手, や小さい, よくわかる, をでも, を岡ツ引, 無邪氣

▼ 若い紳士~ (56, 0.2%)

2 がその, の方

1 [52件] があります, がす, がすすみ出た, がすっかり, がまるで, が一本, が二人, が卓子, が四, が坐り, が大きな, が横たわっ, が着席, が自分, が降りた, そうガミガミ云う, であった, である, です, ですが, で色白, とおしゃべり, と並ん, と若い, などを集め, にあの, にハース氏, に逢, のほう, の並ん, の使用, の姿, の言葉, の顔, はいかにも, はこう, は例, は快活, は思わず, は急, は手首, は斜, は杖, は気, は美禰子, は良家, は車, や涼しく, や美しい, を社長, を見, を見ない

▼ 若い身空~ (56, 0.2%)

2 でありながら, であるから, でこんな, で浄瑠璃, を働き

1 [46件] が性根, じゃ, じゃそう, だから, であったせい, でこう, でしかも, でしたが, ですからね, ですのに, ですべて, でそう, でそんな, でちん, ではあり, でも御, でイヤ, でナン, で下寺町, で不具, で乞食, で亡くなつた, で仏門, で可哀そう, で女, で子供, で常磐津, で最近, で朝夕仏, で溜息, で細君, で苦労, で要領, で親爺, で贅沢, というで, にし, にふりみふらずみ, のお雪ちゃん, の私, の肉情, の隠居, をこの, を後家入り, を水葬礼, を淋しい

▼ 若いひと~ (55, 0.2%)

1 [55件] が, がいい, がこの, がどうして, がほとんど, が両, が人生, が出来, が吹きこむ, が心, が教誨, が死ぬ, が示す, が私, が立ちあがった, が裃, が近頃よく, だってぇこと, で小説, で色々, とずっと, とともにある, と話し, なんか, にあやまり, によく, に鄭重, のよう, の一語, の悪口, の漠然と, の爪そのもの, の苦痛, の青, はああ, はあまり, はあわれである, はいない, はそれ, はなかなか, はほんの, はもう, はわざわざ, は勿論, は憤り, は極めて, は雨, ばかりで, びとが, びとの, びとは, びとを, も日本, も時に, を扱った

▼ 若いくせ~ (54, 0.2%)

2 に, に何, に大, に老人

1 [46件] にあんまり, にいつも, にいや, におちつき払っ, におばけばなし, にここ, にこんな, にそんなに, にどうして, になかなか, にねえ, にぶら下げ, にみな成年者, に一見, に中, に乳房, に二合, に仏いじり, に元気, に分別臭い, に喘息, に変, に女, に寒, に山, に年, に年寄りみたい, に悪い, に感情, に早, に本, に榎木, に水, に物忘れ, に狼藉, に病気, に眼ざといと言, に神出鬼没, に耄碌, に苦労人, に薄情, に虚脱, に通風病患者, に金, に頑固一徹, をしまし

▼ 若い~ (54, 0.2%)

2 の微笑

1 [52件] が, があった, がすかさず, がエッヘッヘ, がズラリ, が一人, が中年増, が値段, が腹, が興, が起っ, でも同じ, とくっつけ, と一所, などを連れ, にしなだれた, に出, に知り合う, に見かえない, の中, の仔細, の前, の名前, の姿, の島田, の揃った, の派手, の着物, の素足, の繋ぎ, の美しい, の背後, の袖, はお, はその, ははッ, はバッタリ, は一向, は俯向, は優しく, は可愛い, は柔, は気, は気の毒, は老女, は隠れた, は頭, ばかりだった, をかこっ, を一人, を擁し, を泣かせた

▼ 若い者たち~ (51, 0.2%)

4 に時々 2 はそこ

1 [45件] から見くびられた, ががや, がそれ, がシッ, が七, が切り廻し, が名, が囃, が思わずわっ, が歌っ, が自分, が舌打ち, が評議, が門, で歩道, といっしょ, にすらこんな, には多少, に岡焼, に手, に手当て, に語る, のその, のやかましい, の写真, の大, の耳, の血気, は, はあっち, はおそらく, はなにか, はひどく, はアクリーナ, は周囲, は心掛け, は放免, は結婚, は老人ら, は自分たち, は血の気, は鬼, もうあと半分, も泣く, を呼ん

▼ 若い~ (50, 0.2%)

2 のこと, の君, の父, の自分, の過ち

1 [40件] ことに少女, でありたい質, といえ, に有り, に生きる, のおも, のゲーテ, のゴーリキイ, の一空さま, の喜び, の変化, の夢, の姿, の学生時代, の彼女, の御子, の心, の恋人, の懊悩, の故郷, の泰軒先生, の癖, の空費, の船乗り生活, の花園, の記事, の輪郭, の面影, は去り, は終る, へお, も滅茶苦茶, をつぶし, をめちゃくちゃ, を幸福, を恋わん, を想, を持っ, を未来, を空しく

▼ 若い作家~ (49, 0.2%)

2 と蠅, に軽い

1 [45件] があつ, がその, がそんな, が二百円, が将来, が少なく, が生れかけた, が肩, が若い, が集まりました, でそれぞれ新劇団, で西洋, などの作品, などはそば, にあ, にこんな, にとってこれら, にとって最も, に今度, に切に, の, のある, のこれ, のため, の中, の共通的, の命とり, の大, の実際, の小説, の胸, の言, の詩, の読書力減退, の谷川龍太郎, の間, の顔, はあまり, はまた, は多く, は殆ど気狂い, ばかりとは限らなかった, をこれ, を育て, を訪れ

▼ 若い医者~ (49, 0.2%)

2 がやつ, は, は覚束

1 [43件] が, がいる, がひよつ, がふたたび, がドア, が代理, が初めて, が好き, が好意的, が富岡, が散歩, が時々, が来た, が現われ, が町, が登場, が聞きました, が首, だが, だった, であつ, でどんな, でね, でユダヤ人, で最近クリストフ, との会話, に前, の声, の姿, の見送り, はかう, はさすが, はそう, は三日, は二人, は即座, は完璧, は比嘉, は言つて, は近視眼鏡, も一人, らしいスマート, を差し向け

▼ 若い女性たち~ (49, 0.2%)

2 がその, の中, の心

1 [43件] がくりかえし, がもの, が一しょ, が感じ, が数百, が明日, が来年, が生活, が眺めたら, が自分たち, が観察, だけの問題, とも顔, にとって新しい, によって無事, に恋, のあいだ, の一団, の写真, の口許, の多く, の夢, の大, の実感, の生命, の重工業, の間, の関心, の顔, はこの, はその, はまだ, は昔, は現在立候補, は目, は考え, は職業, は自分, は自分たちめいめい, は質実, は身, ほどいわば, も社会的

▼ 若い生命~ (49, 0.2%)

2 の力, を息づい

1 [45件] がおどりだし, がこの, がそこ, がそれ, が惜, が溢れ, こそ戦国, だ, とはそう, と漂渺, と縹渺, にとっての大きな, には先, に火照っ, のため, のなか, の中, の伸び, の充実, の声, の息吹き, の流れ, の芽, の跳躍, の躍動, はどう, はどんなに, は高価, もようやく, をうばわれた, をこの, をもち, をも目, を一層, を喰, を奪われた, を必要, を恵まれた, を惜むといふ気, を愛, を捧げる, を楽, を欲情, を称え, を空

▼ 若い~ (49, 0.2%)

2 しおを, のなか

1 [45件] がお前, がこう, がさせる, がにわかに, がわき立っ, が勝っ, が彼等, が急, が春雄, が溌溂, が漲り輝く, が烈しく, が狂い, が突然, が育っ, が顏, が顔, と肉, と輝いた, にすぐ, のときめき, のみなぎっ, のみなぎる, の流れる, の燃, の疼き, の躁ぐ時代, はあまりに, はとたんに, は当然, は沸き立ち, は算盤, は若い, も流れ, も躍り始めた, をはげました, を呼ん, を嵐, を抱い, を沸かさした, を燃やし, を躁, を躍らせた, を躍らせる, 逞しい体

▼ 若い主人~ (48, 0.2%)

2

1 [46件] がまだ, が例, が女, が帰っ, が持っ, が新聞, であったこと, で去年, とが上, として兄, と三人, と若い, に訊い, のこと, のため, の前, の寝顔, の忠作, の文次郎, の眼, の素, の豪胆, の進藤孫三郎, の顔色, はみるみる, はアグラ, はアヤツリ, はメンクラッ, は一笑, は僕, は印, は又, は少しく, は床屋, は此, は江戸っ子, は私, は箸, は表, も大変, を乘, を叱る, を壓, を宥める, を牽制, を迎える

▼ 若い母親~ (48, 0.2%)

2 が小さい

1 [46件] お國, があらためて, がこれ一ツ, がにわかに, がゐる, が余りに, が其子供, が初めて, が多く, が夫, が待っ, が膝, が草原, だった, だったの, であらう, であるカーチャ, で玉, としての優し, として送った, とその, と歩い, と色白, にすすめ, のお, のつとめ, のよう, の不注意, の多, の悲しい, の方面, の月琴, の機嫌, の膝, の言葉, の顔, はああ, は云いつづけた, は健気, は周囲, は氣落ち, は無心, は絶えず, への多く, らしい声, らしい肉

▼ 若い~ (47, 0.2%)

1 [47件] かまた, が, がおりました, がお前, がきたら構わず, が一人, が働いた, が向う鉢巻, が帰っ, が従者, が憎々し, が桜木町, が横板, が死なね, が気, が竹槍, が鉢巻, が鞭, が高山, だな, でご, でしたが, といたずら, ととち狂い, と懇意, にはかなはん, に目, に締められちまう, に逢っ, の邪魔, の顔, はいい, はみんな子供, は好男子, は怪しから, は根気, は生意気, ばかり集っ, も同じ, らしいん, を使つて, を引張り出し, を手, を相手, を見せ, を贔屓, を連れ

▼ 若い画家~ (46, 0.2%)

2 が住ん, の蒲原順二, の顔

1 [40件] があつ, がありました, がかう, がすっかり, が一人神田, が写生, が出, が女史, が訪ね, こそ大いに, だけは好意的, だって云った, である磯崎恭介, ですと, で山塵会, というの, とその, と一緒, と秋蘭, などに自分, に世にも, に自分, のため老大家, の一人, の中, の天分, の帰朝展, の悦び, の眼, の磯崎恭介, の腕, の膝, の親戚, はかの, はにこ, は皆, は自分, は都会文化, も顔色, を画室

▼ 若い婦人たち~ (45, 0.2%)

2 の胸, の間

1 [41件] がいくら, がそういう, がその, が実際, が小さい, が幾人, が文学, が自分たち, で埋った, とよばるべき, にどの, にはその, にも心から, によって関東婦人同盟, のため, のほとんど, の教育見識そのもの, の数, の文学志望, の目, の社会生活, の絵, の誰, はあわれな, はいわばさっぱり, はそれぞれ, はただ, はどの, は医学, は学問, は忽ち, は自分たち, は衒気, も少なから, をおそれさす, をひき入れた, を一人一人, を包括, を生産面, を目標, を茶話会

▼ 若い芸者~ (44, 0.2%)

4 の姿 2 の行衛

1 [38件] がある, がいる, がはじめ, が一人, が名, が徳利, が私, が身投げ, が遊び, そのままの, その人, その儘, であった, とその, とを引きよせた, と話, などはよく, にすぎませんでした, にべた, にもなじんだ, に三味線, に薗八, に関係, の後ろ, の百合子, の着, の話, はいなかった, はお, はどう, は縞繻子, ばかりのせゐ, も昔, やたくさんオメカケ, をといい, を二人, を推賞, を流

▼ 若い詩人~ (44, 0.2%)

1 [44件] から原始時代, がゐ, が入, が妹, が已に, が巴里, が母, ださうである, で塾, とは母子以上, と特攻, と美くし, などがよく, にであいました, にも好い, に似合はず, に就い, に限る, のうち, のする, のパウル, の中, の人気, の佐藤惣, の卓, の名誉, の心, の悲劇, の方, の本質, の立原道造, の耳, の詩集, の間, の頬, はやがて, はロアイヤル広場, は其粗末, は劇場, は大抵, は慰問使, やまた, らしい人, を見

▼ 若い学生~ (43, 0.2%)

2 だった, のよう, の方

1 [37件] がお, がさすが, がしばしば, がほっそり, が寝ころがっ, が浅間山, が縊死, が長い, だちの集り, と勤勉, と同棲, と好い, と恋, と熱心, などからよく, に向っ, に女, のいふ通り, のおも, のしたがる, の中, の恋人, の手, の甥, の自分, の間, の顔, はやっと, はやつ, は千七百九十三年, は尋常一年生, は帽子, は弁疏, は求め, は自分, や僕達, らしかったという

▼ 若い一人~ (41, 0.2%)

4 の女 2 の日本人, の男, の芸者

1 [31件] がとび上った, が云, が白い, が繰りかえした, が親指, の侍, の助手, の友, の土人, の女の子, の女性, の女給, の婦人, の巡査, の役人, の放浪者, の政治家, の方, の日本, の株屋, の武士, の物売女, の特攻隊長, の看護婦, の紳士, の美僧, の行員, の警官, の雑役, の鬪士, は二十二三

▼ 若い綺麗~ (41, 0.2%)

11 な女 4 な人 3 なお, な娘 2 な女中, な細君

1 [16件] なお嬢様, なの, な下女, な別嬪, な女ども, な娘さん, な娘たち, な嫁はん宛, な小母さま, な後家さん, な御, な恋人, な映画俳優みたい, な紳士, な芸子さん, な金

▼ 若い青年~ (41, 0.2%)

3 の声 2 か何, がはいっ, であった, である

1 [30件] がコクリ, が出, が刺青, が囲ん, が心易立, が私, が自転車, だが, だった, だつた, でその, と処女, と同乗, と眼, と若い, にとってこの, には面白く, のよう, の大きな, の心, の肉体, の議論, の頭上, はこの, やその, や婦入, や少女, らしく小説, を一人, を面白

▼ 若い~ (41, 0.2%)

3 の上, をし 2 にも寸分

1 [33件] があつ, がみな, が女房, が現われました, が見える, さえ見いだされた, で広場, というの, にかかる, になった, にもてりかえした, に何, に白粉, に皮肉, のどれ, のほてり, の一つ一つ, の粗笨, の赤い, は罕, は艶, をいくらか, をうすく, をそのまま, をひたむき, をみ, を上げた, を母, を紅潮, を綺麗, を聴衆, を見, を見つめた

▼ 若い~ (40, 0.2%)

3 の心 2 の叔母, の女, の心臓

1 [31件] が一プロダクション, が職, が見出された, といっしょ, としては主人夫婦, と彼女, と異性, にとってこの世, には耐え難い, にむかっ, にもう, に虚無的, のたった, の亡父, の京都, の念頭, の恋人, の眼, の魂, はさすが, はじりじり, はその, はやはり, は一途, は努め, は喜ん, は空想, は酒, を家老, を苦しめ, を蝕ん

▼ 若い記者~ (40, 0.2%)

1 [40件] がこの, がしきりに, が二人, が座っ, が必要, が急, が来, が社, が私, が遠慮なく, が顔色, である, ではありません, とある, として時, などは子, にむかっ, に案内, に返し, のよく, の小, の思いやり, はいちいち, はこ, はそのまま, は今, は唯, は女給上り, は度胆, は怪訝, は涙, は知らう, は誰, は驚い, も帰った, よりは年, をこう, をし, をせき立てる, を紹介

▼ 若い将校~ (39, 0.2%)

2 が一人, のやう

1 [35件] から多量, が二, が今度結婚, が四, が数名, が長い, が顔, だつた, であった, であなた, など, なんかがどこ, のひろっ, の一人, の一団, の五本, の帰つた後, の方, の玉葱, の身辺, はそれっきりいちど, はどきどき, はキツチナア, は嬉し, は希望通り, は懇, は皆, は羞らいぎみ, は腹, は額, やたま, を一緒, を前, を捜し出し, を長

▼ 若い男たち~ (39, 0.2%)

2 である

1 [37件] かその, がいざ, がその, がどっさり, がほっと, がほつ, がアーッ, が二, が付き添い, が多数, が幸, が折柄, が突, であった, であったので, とともに噴泉, と一緒, にやさし, に伸子, に要求, の中, の注意力, の溜り場, の漫然と, の青春, はお, はまた, はドア, は一人, は仲間同士, は写真, は夜遊び, は帰っ, は怪訝, は退屈, もだんだん, も悵然

▼ 若い警官~ (39, 0.2%)

2 が私, は布製

1 [35件] から報告, から胡散, がある, がいきなり, がひとり, がニーナ, が五, が入っ, が手, が現れ, が立っ, が金てこ, だった, だったの, でこういう, と一緒, にまかせ, のす, の奮戦, の田口さん, はあおのけ, はおそろしく, はテキパキ, は伝説, は凜然, は手錠, は改まつ, は有名, は板土間, は横, は相, は親しみ, は鎌倉, は青年, も年

▼ 若い女達~ (38, 0.2%)

2 は翌

1 [36件] がよく, が其の, が坐っ, が広い, であるだけに, であるの, で修学旅行, で長い, と出歩く, にとっても又, にはたまらない, に大きな, のプロフィル, の体臭, の前, の明, の眼, の花簪, の間, の顔, の騷ぐの, は, はそう, はひそか, はもう, は二人, は彼, は相当, は花, は雛鳥, は青年, もこの, もやはり, や小さい, を呼んだ, を見

▼ 若い~ (38, 0.2%)

2 の顏

1 [36件] が, がどうして, がゐる, が出, が名, が男, が立つ, であった, でしかも, です, で良海, と四條, と窕子, になやまされ, のふたり, の態度, の手, の方, の耳, の言葉, の顔, はこちら, はこんな, はその, は傍, は後ろ手, は池, は決してそう, は無念無想, は甘い, は皆目, は説明, は頭, は顔, もた, を主人公

▼ 若い人間~ (37, 0.2%)

3 はそういう 2 は往来

1 [32件] がその, が三人, が又, が戯曲, が毎日, が集める, ですし, として享楽, として気, とでも話す, にあっ, にあの, にあり, にある, にとって希望, にはそういう, に加, の姿, の宝, の心, の死, の物, はズッ, はズット進歩, はソレ位, はモウ, は勿論, ふっと気, をアンナ, を育てる, を観る, を養成

▼ 若い夫人~ (37, 0.2%)

1 [37件] から絡みつかれ, があつ, がボーイ, が側, が傍, が回覧板, が夫, が翌朝, が診察室, が近づく, でもよく, といっしょ, とが差し, との間, との関係, に関係, のこと, の廂髪, の由紀子, の突然, はおもちゃ人形店, はかつて, はどの, は一寸, は手土産, は毀れた, は気, は答えた, は老いたる, は自分, やその, や娘たち, をもっ, を入れ, を持つ, を若い, を迎

▼ 若い奥さん~ (36, 0.2%)

2 が口

1 [34件] がこ, がこの, がだらし, が下, だった, だね, でやり, というの, と世話人, なの, なのよ, にしたて, に向, に真に, に関した, のお, の伝法肌, の姿, の時代, の通っ, はさつき, はサモ満足そう, は人形同様, は凹まなかった, は夫, は影, は教会, は毎日何, は若, は黒ちりめん, までが此処, をもて, を伴つて, を見ます

▼ 若い~ (35, 0.1%)

2 が供えた, の心持

1 [31件] がいた, がばら, が五郎兵衛, が今朝夜明がた, が仏前, が山上, が来, が汗みどろ, が立ち, が門内, であった, と白い, と筆屋, と麓, のねそべっ, の一人, の佛, の行き, の話, の顔, はしずか, はその, は国太郎, は朗らか, は笑つて, は答えた, は茶釜, は足場, も侍, を憎めない, を見た

▼ 若いほう~ (34, 0.1%)

3 の女 2 のアントン・クレエテルヤアン, の警官

1 [27件] があと, が今, が睨みつけた, が身, だろうか, では, で少し, で青年, のメード, の人夫, の人物, の体, の女中, の女房, の尼君, の屍骸, の手代, の旅支度, の瀬尾君, の職工, の芸者, は小間使い, は幸福, は肩, は蒼白, も明晰, を包囲

▼ 若い女子~ (33, 0.1%)

1 [33件] から預けられた, がこんな, がただ一人何, が世話, が占め, が度々, が提燈, でな, としては言い, とはこうした, とゆく, にこれ位, には稀, に冗談, に結婚以前, に馴染, のお客, のひと筋, の共同生活, の喜び, の悲鳴, の耳目, は口, は抱く, ばかり傍, も沢山, をいつ, を家庭, を悪者, を想う, を捕らえ, を見付け出し, を遠ざけ

▼ 若い店員~ (33, 0.1%)

2 に過ぎなかった

1 [31件] からも同意, がある, がいそいそ, がございます, がひとり, が一人, が初対面, が届け, が廊下, が心, だちには, との婚約, と話, にその, には今, にふらふら, に思切, に手紙, に訊ねたら, のつきとめられない, の幻, の方, の間, はそれ, はびっくり, は奥, は心持ち顔, は見くだした, ばかり, へ素直, を相手

▼ 若い元気~ (32, 0.1%)

4 のいい, の好い 2 なも, なもの, な二人, な助手, な連中

1 [14件] で無茶苦茶, で重, と一杯機嫌, な一知, な中尉, な学生諸君, な巡査, な役場, な牛, な表現慾, な運転手, に任せ, のある, の宜

▼ 若い~ (32, 0.1%)

2

1 [30件] が, がした, が渦, が突然, が象, が身近, しゃがれ声, だから, である, でいっ, でほとんど, で呼んだ, で床の間, で教師, で武者修行, で訊いた, と共に表, のい, のいい, のする, のなか, の抑揚, はひと, はも一人, は例, もわなわな, を出し, を出す, を聞いた, を鋭く

▼ 若い~ (32, 0.1%)

2 に, の心理, は風呂場, をもらっ

1 [24件] がありました, が姑, が言, が赤い, が赤ん坊, が難産, であった, であったり, であった自分, で何彼と, と生れ, と裏, に一人, に加, のお, のする, の代, の方, はぬれ, はまことに, は柔順, は病身, は顔, をめとった

▼ 若い学者~ (32, 0.1%)

2 との結婚

1 [30件] から学ぶ, がある, がいつか何, がおお, がそこで, がそれ, がちょうど, が二人以上, が氷, が研究論文, である, で白紙, で緑川博士, とそれら, との間, と一緒, にもまけない, に結婚, の家, の方, の測量器械, はいくらか, はどこ, は兄弟中, は内心, は深い, は科学, まで一門, らしい威厳, をいわば

▼ 若い盛り~ (32, 0.1%)

2 でした, でしたが, にあと, をこれ

1 [24件] が二たび, が過ぎ, じゃア, だから, であったから, でさすが, でさっき, です, で御座いますから, で私, にある, にお隠れ, に杉, に黒奴女, のくせ, のこと, のはなやか, のわたし, の主人, の美しい, を何, を嫌, を恐ろしい, を諸人

▼ 若いだけに~ (30, 0.1%)

2 少しは

1 [28件] いい膚色, いくらか心, いささか感じ, すぐ急, そういう方, それ程の, まだつかれ, まだ執念深く, 一層その, 一層濃, 人前を, 元気が, 別に心配, 功名を, 壁隣り, 妹の, 度胸が, 思わぬ邂逅, 我慢しなけれ, 早くも, 明日の, 殺された姉, 美貌であれ, 覇気が, 赤尾の, 足が, 身も, 途中興味が

▼ 若い~ (30, 0.1%)

3 夫婦が 2 婦人が, 婦人の

1 [23件] 主人が, 主人に従い, 主人を, 大身らしい, 夫婦って, 夫婦づれが, 夫婦で, 夫婦の, 夫婦を, 夫婦連れで, 女中が, 婦人だ, 婦人です, 婦人などの, 婦人などは, 嫁さんを, 嬢さんで, 後室お, 支配の, 武家風の, 浪人なら, 病身の, 隠居の

▼ 若い~ (29, 0.1%)

2 を縮める

1 [27件] がすぐ, が無, が高まる, と年老いた, の上, の力, の浪費者, は故郷, をあえなく, をうしなった, をちぢめられたらしい, を傾けつくし, を大砲, を女, を忽然, を打込んだ, を持った, を断たれ, を最も, を机, を水, を減し, を焼かれ, を短く, を縮め, を落し, を限り

▼ 若い女房たち~ (29, 0.1%)

1 [29件] から, が, があちらこちら, が何人, が左右, が興味, が蔭, と銚子, などは, のため, の中, の打ち解けた, の更衣, はあちらこちら, はお, はことさら, は使い, は例, は宮, は悲しん, は時々, は私, は笑っ, は聞き苦しい, は言い, は酔った, は飽き足らず思っ, らしい声, を忌垣

▼ 若い先生~ (28, 0.1%)

1 [28件] がその後ここ, がどんなに, が主として, が後れ, が指, が自分, が野川, でさえさ, でした, で数学, とそれから, に対する戦争, に會, の主観的, の姿, はこの, はたいてい, はとうとう, はなに, はわざと, は少し, は第, は酒, は顔, もやってき, も私, をわざわざ, を大概

▼ 若い~ (28, 0.1%)

3 の心, の胸

1 [22件] が, だった, であった, との違, にはなぜ, には寝とぼけた, には無体, には道, にふさわしい, の今, の夢, の未, の気力, の無, はすこし, はその, はややともすると, は全く, は可, は感嘆, は東京, は自然科学

▼ 若い芸妓~ (28, 0.1%)

2 が二人, であった

1 [24件] が一人, が乗り込ん, が病気, が陽気, である, であること, である雛妓, とは月, とマレー, と馴染, などを連れ, のいずれ, のちりめん浴衣, の姿, の役, の方, の雛妓, の頭, はしばらく, は島田, は眉, は顔, を, を彼

▼ 若い~ (28, 0.1%)

8 そらで 2 そらの, ぞら

1 [16件] そらをもって, そら好ん, だけれど, でこんな, でボーシン, で一たん青眉, で元, で死ん, なのに, にはございます, に鞍負け, の性, を実に, を宿無し, を法衣, を病気

▼ 若い士官~ (27, 0.1%)

2 がゐ

1 [25件] がうっかり, が一人, が上品, が更に, が爽やか, が立ちあがった, が訊ねました, であつ, と老, などが私, に合図, の会話, の前, の心, の横, はこんな, はしたたか, はその, はどっち, は大きい, は明らか, は蛙, は論判, は鉱山, を先頭

▼ 若い男達~ (27, 0.1%)

2 の眼, の部屋

1 [23件] から騷, がお, がヒュッ, が口説く, が荒い, と五十男, と交際, に会釈, に妨げられ, に追, の柵家, の渇仰, の道化仮面, はお, はその, はやっと, はやつ, は一度, は後, は灯, は相場, を脅かし, を避け

▼ 若い看護婦~ (27, 0.1%)

3 が二人 2 に施けた, の顔

1 [20件] から掌, が, がムニャムニャ, が一人, が入っ, が帳面, が急い, が患者相手, が愕, が昨日, が自分, が足音, が通りすぎる, に憐, のおなか, の全身, は少年, は稍高慢氣, は赤い, を五六人

▼ 若いので~ (26, 0.1%)

2 あつた

1 [24件] あつて, うろたえて, しまいには, せう, そちが, どうもお, まだ婚礼, まだ婚禮, 一途に, 三十年奉公し, 何を, 喫驚した, 多くは, 幾らか馬鹿, 彼の, 意外でござった, 日ごろは, 暫らくは, 未だ法力, 自分ひとりで, 行く気, 貞之進は, 隅ッ子に, 面白半分

▼ 若いよう~ (26, 0.1%)

5 だが 2 です

1 [19件] だ, だな, であったな, でがん, でご, でございました三十, ですが, ですね, でもあった, ないま, なの, なふう, な声, な老けたよう, にも思える, に若く, に見え, に見えました, に見えます

▼ 若い同士~ (26, 0.1%)

5 のこと

1 [21件] が連れ立っ, が集まる, だから, であったらすぐ, であるから, であるので, でどうも, では食い足りない, でまあゆっくり, で一時, とは云い, にはある, には男, に清興, のふわふわ, の元気, の埒, の方, の秘密, の見え, 誘い合って

▼ 若い日本~ (26, 0.1%)

4 の人々, の旅行家 2 の女性, の娘, の詩

1 [12件] のプロレタリア文学, の令嬢, の女, の娘たち, の婦人たち, の学者, の淑女, の男, の画家等, の精神, の青年, の青豌豆

▼ 若いお方~ (25, 0.1%)

3 ではあり 2 は大

1 [20件] で, でございます, でございますね, でつかつか, とへこの, と喜之介, と思われる, にはとても, に差上げ, に抜けかわり, に着, の讐討, はお前, はなんと, はまだ, はみんな宮仕え, は此方, より悪人, を残念, 違うかな

▼ 若い友達~ (25, 0.1%)

1 [25件] がす, がなかつたらし, が何, が皆, が稀, と一緒, と別れ, と来, と話し, などには自分, などの中, に云, に向, の, の多幸, の悲惨, の方, の良人たち殆ど, の話なぞ, の鶴巻, はあまり, は珍しかっ, は砲兵工廠, を伴, を誘つて

▼ 若い弟子~ (25, 0.1%)

1 [25件] いつも恐ろしく, が, がそれ, が一人仕事, が今日, が時代, が泣く, が腰衣, が言, なの, に就, に毛氈, に言, に訊いた, のよう, の僧, の手首, の烏帽子, の鐵童, の顔, はさ, はちっとも, はちょっと, はどう, を連れた

▼ 若い手代~ (25, 0.1%)

2 に抱き上げられた, の吉五郎, の幾松

1 [19件] がやつ, が気, が隅, さえ昼夜, とが附い, と頼ん, に取つ, の丈太郎, の伊太郎, の宗吉, の幸作, の新吉, の福三郎, の福次郎, の金之助, はどういう, はどこ, を傍, を掴まえ

▼ 若いもん~ (24, 0.1%)

2 だ, だから

1 [20件] がお互い, がこんな, が手内職みたい, が言伝, だもの, でさえ, ですから, といふもん, と同じ, にとつちや, に追っかけられ, のなか, の方, の量, はいい, はお, はこれ, はみんな出払, までがおそい, をわざわざ

▼ 若い未亡人~ (24, 0.1%)

2 や珠数

1 [22件] が, がさき, がその, がよい, が来, であった, であった頃, と子供ら, と幼児, に抱かせ, の乱行, の処置, の姿, の家, の特徴, の美貌, はお里, はその, はとかく, はカトリック, を思わせる, を訪問

▼ 若い武家~ (24, 0.1%)

1 [24件] が一人, が外, が店, が昨夜何處, が滅多, が白雲, が自分, で, です, ですね, とちがい, について半, に詫, の二人, の人相, の噂, の無条件, の顏, はどうか, は乙松, は水際立っ, をつれ, を一人, を巣鴨

▼ 若いこと~ (23, 0.1%)

2 だし, ですから

1 [19件] あれしまへんで, おへん, から見, がありましょう, があろう, がこの, がまた, である, ですなあ, に不快, に気づいたなら, は各, も若い, や, や人柄, や自由, を保証, を証拠立て, 若いこと

▼ 若い船頭~ (23, 0.1%)

3 の一人 2

1 [18件] が, が一杯, が仰山, が将棋, が犬, が軒さき, で背丈, と面, にはなまり, に命令, の倉, の印絆纏, の提案, の背, の身許, は今, も興, を突っつく

▼ 若い木霊~ (22, 0.1%)

2 の胸, はそっち, はその

1 [16件] はからだ, はしばらく, はずんずん, はそこ, はそれ, ははげしく, はまっしぐら, はギクッ, は大分西, は帰ろう, は思わず, は明るい, は胸, は見た, は顔, は風

▼ 若い男性~ (22, 0.1%)

2 しかも心, とた, と咄嗟, に囲まれ, の影, をその, を避け 1 であった, に向っ, に微笑, に文学, の前, は一種, を引っぱっ, を誘惑

▼ 若い者達~ (22, 0.1%)

2 の部屋

1 [20件] がいきり立つ, がシャク, が一, が出世, が無理, にもくれぐれ, に無祿, のにぶい, の予期, の先, の買いためる, の間, はなかなか, はやる, はよく, は爭つて漁船, も月夜, も自分達, より生活, を子ども扱い

▼ 若い農夫~ (22, 0.1%)

2 はぎょっと, はも一度

1 [18件] が三人土間, が手, が馭者, で閑, としての太郎, として立っ, のよう, のカアルソン, の姿, の見当, は一時, は樹, は激しく, は猟銃, は鉄砲, は驚異, や漁夫, よ

▼ 若い友人~ (21, 0.1%)

1 [21件] から送っ, がゐる, が富士見高原, が心配, が私, が胸, が非常, で某社, とその, なる学生, にはフランス語, に相談, の, は, は来る, は酔っぱらう, は酔ぱらふと彼, も二三, を尋ねた, を渋谷, を顧み

▼ 若い娘達~ (21, 0.1%)

1 [21件] が丸屋, が草, そういうもの, と懇意, にでも逢, には人気, によって御馳走, に取つ, に騷, の, の一つ, の意志, の生活, の生活感情, の近頃, はたいてい, は感心, は真個, も一緒, も滝湯, を集め

▼ 若い~ (20, 0.1%)

1 [20件] からお, から余り, でも娘, にさん, にはある, には十七八歳位, にも若い, にナマジッカ, に了簡違い, に妻, に睾丸, はとかく, は仕方, は兎角, は有り, は有難い, は色気, は迷, は迷う, は高い

▼ 若い~ (20, 0.1%)

7 のお

1 [13件] とつれ立っ, と別に, などを囲っ, にたいする老人, の, も持っ, を可愛がる, を囲っ, を手, を持っ, を持つ, を置い, を買つた上

▼ 若い師匠~ (20, 0.1%)

3 が死ん, とどうか 2 の一周忌

1 [12件] がいなくなっ, がはいっ, と, とその, と一緒, と向島, と若い, には何, のかたき, のしょんぼり, のところ, や容貌自慢

▼ 若い弁護人~ (20, 0.1%)

2 は自分

1 [18件] が彼, はかう, はすぐ, は之, は今更, は其担任, は彼等, は思はず, は斯, は早く, は殊更, は片腹痛い, は目前, は確, は竊, は第, は耳許, も彼女

▼ 若い彼女~ (20, 0.1%)

2 の夢想的

1 [18件] が踏み出した, だちは, としっくり, にはつらい, には心地よ, には見えなかった, に余り, に油, のよろこび, の心, の生活, の魂, はこの, はこんな, はそういう, はまだ, は一人, をねたましく

▼ 若い教授~ (20, 0.1%)

1 [20件] が何, でなん, と意見, になり切っ, に頭, に飛び付い, の上, の手, の細君, の言つた事, の身体, はどう, は坊主, は学者, は英子嬢, は顔, は鳥渡言葉, は鷹揚, または助教授, を囚

▼ 若い漁師~ (20, 0.1%)

1 [20件] がころがる, がさ, がどう, がどく, がひび置き場, が二人, が住ん, が櫓柄, が結婚後, にかつがせ, のたくましい, はすぐ, はそこそこ, はそれ, は伸び上る, は寒, は戦争, は所在, は眼, や通船

▼ 若い精神~ (20, 0.1%)

1 [20件] がその, がにわかに, が教育, である, とその, と肉体, にこの, に無, のおどろくべき, の本能的, の苦悩, の誠実さ, ははっきり, は断間, は癒えない, は社会, は絶間, もつきつめた, をとらえた, を揺り動かす

▼ 若い教師~ (19, 0.1%)

2 のこと

1 [17件] がインフルエンザ, が現われ, であったが, というもの, として藤村, に会, に彼, のうち, の客, の新, の言葉, は出来る, は告白, は教室, は校長, を眺めた, を見た

▼ 若い百姓~ (19, 0.1%)

2 が二人峠, が入口, であった

1 [13件] が何, が片足, が結婚, が集っ, が雹, だ, であつ, でした, です, などは, には少なく, の手, は負傷者

▼ 若い~ (19, 0.1%)

3 の中 2 の底

1 [14件] にあった, にはこう, には偉大, には微か, には浪, にふれ, に休ませ, に秘め, はとどろい, をうつ, をはつ, を射られ, を痛め, を膨らませた

▼ 若い亭主~ (18, 0.1%)

2 が自分, を持っ

1 [14件] がその, が妻, が訪ね, と母, に燒, の前, の自慢, の顔, はその, はどこ, はゲラゲラ, をもっ, を欲し, 持っても

▼ 若い仲間~ (18, 0.1%)

3 の一人

1 [15件] がたくさん, が入れ, が築地本願寺, でのレコード七十九時間, では一人, にもああ, に交ら, に取巻かれ, のうち, のなか, のひとり, の男, の集り, もまだ, より自分

▼ 若い労働者~ (18, 0.1%)

1 [18件] かテムズ, が, がいる, が七時間労働, が三四人, が大, が女, だった, でも不平, などはできる, にとってどの, に頼んだ, のよう, の作家, の文学志望者, の細君, の間, や農民たち

▼ 若い女優~ (18, 0.1%)

2 と手, の匂い

1 [14件] があった, がありゃ, があれ, が今度, が舞台, である妻, にくれ, の中, の総出, の美し, の育つ, や貴婦人, をひき入れる, を見つける

▼ 若い文士~ (18, 0.1%)

2 の姿

1 [16件] が父, には悲し, の一人, の其の, の従妹, の性急, の遺骸, の顔, はハンモツク, は不在, は何より, は原稿, は大, は東京, は永久, は電燈

▼ 若い~ (18, 0.1%)

3 か何

1 [15件] いや鴉, だか, だの, だの弟, であるし, というそんな, と呼んだ, と相, なんかもってる, になろう, に当る, の, の健康そう, をつく, を求むる

▼ 若い職人~ (18, 0.1%)

2 に似合わず

1 [16件] がお, がやって来た, が一人, が働い, が出入り場, であるから, と三人, に頼ん, の一人, の女房, は主婦, は好い, は若い, やお, をどこ, を誘い出す

▼ 若いという~ (17, 0.1%)

3 ことが 2 ことと

1 [12件] こと, ことに, ことは, のか, のだ, ので, のであった, のである, ものです, 反対の, 心配は, 気も

▼ 若いひとたち~ (17, 0.1%)

2 のこと

1 [15件] があつまっ, があるだろう, がこめられ, が批判, が見る, だけはどうしても, にしろ, にめざめ, の前, の心, の身, はある, は偶然, は単純, は逆

▼ 若い~ (17, 0.1%)

2 から春挙さん, には随分, はとかく

1 [11件] から僂麻質, には有り, に有, の事ゆえ女, の悲しかっ, の罪過, はどう, は何, は物, は變つた土地, は遣った

▼ 若い医師~ (17, 0.1%)

2 が二人

1 [15件] か, が手紙片手, が来, が見えた, であった, に案内, に無理, に頭, のいや, の気持, の言葉, はまもなく, は去年都会地, は政枝, は考

▼ 若い大工~ (17, 0.1%)

1 [17件] がかなづち, がまじっ, が例, が居た, でしょう, と物置, と笑, の仕業, の恋愛事件, の死体, の死骸, の独り者, の職人, の補祭ハロルド・ロスリッジ, はそれ, は答えた, は骨

▼ 若い平次~ (17, 0.1%)

2 にしてやられ, の評判, の足

1 [11件] が飮むの, と張合つて, に出来る, に助け舟, の肩, の顏, の顔, はこの, は日頃, は満足, は滿

▼ 若い役者~ (17, 0.1%)

2 がい, が持った

1 [13件] が, が三吉座, が楽屋, によって演じられた, のある, のなにがし, の大役, の役割, はなかなか, はなん, もしきりに, らしい見得, を幾たび

▼ 若い新聞記者~ (17, 0.1%)

1 [17件] からある, があつ, が浅草公園弁天山, であった私, として訪問, とは糠雨, と肩, にいつた, にはちょっと, に深い, の姿, の言った, の話した, の那須, は少し, は頭, より外

▼ 若い方々~ (17, 0.1%)

2 のみ残られました

1 [15件] からお, が新しい, が無理, が習った, にはか, にはどう, のこうした, のため, のなか, の意見, の荒だち, はじれったく, はとかく, はよく, は御存知

▼ 若い父親~ (17, 0.1%)

1 [17件] が抱い, が目, が肱, としての日常感情, と云っ, のすべき, の感情, の胸, の腕, はこの, はその小さな, は彼, は彼女, は泣きじ, は父親, は若い, らしい表情

▼ 若い俳優~ (16, 0.1%)

1 [16件] がじっくり, が現実, であるという, に会った, に向っ, のみが若い, の不, の養成, はこの, はさ, はもっと, は目ばり, は自分, を僕, 乃至俳優志望者, 及び若い

▼ 若い娘さんたち~ (16, 0.1%)

1 [16件] がみんな真珠, が優れた, が出, が女学校, が機, ですよ, で名取, にとっては感性的, の姿, の爽やか, の純情, はどっさり, はどんな, はどんなに, は働く, は元気

▼ 若い~ (16, 0.1%)

2 の神

1 [14件] がいる, が入っ, になる, にもしも, のよう, の冤刑, の夢, の本心, はみんな結婚, は眉, は稼ぎ, や腕達者, を後援, を贔屓

▼ 若いです~ (15, 0.1%)

731 からな, から餓死, が洛陽, もの, よ

▼ 若いゴーリキイ~ (15, 0.1%)

2 が計らず

1 [13件] がこき使われ, がこの, が深い, が現実生活, が自分, には一人, に云った, に影響, の奔放, の生活環境, は非常, を惹きつけた, を迎えた

▼ 若い令嬢~ (15, 0.1%)

1 [15件] からの上等, が俯, だ, としてお, として成長, に一言, のうち, の仕事, の典型, の膝, はまま, は放, は殆, は黙, を伴

▼ 若い作家たち~ (15, 0.1%)

1 [15件] が従来, が新, だつた, にしろ, にとって退陣, には十分レハイズ, に依つ, のある, の文学的関心, の生活感情, の生育, の間, は新た, は輩出, までがその

▼ 若い~ (15, 0.1%)

1 [15件] から溢れる, が感じられる, でその, では出来, で山, とをもつ, と夢, に任せ, のある, のはりきった, の乏しい, の全体, の表面, の裡, はあっ

▼ 若い同志~ (15, 0.1%)

1 [15件] が恋仲, が相, が相談, が集つて, でいづれ, で充分, で好き, で思ふ, に, の境涯, の思慮, の文学論, もいます, を教える, を訪ねた

▼ 若い~ (15, 0.1%)

1 [15件] が仇, が鍬, だらう, として恥, と共にこの, と妻, と数え, に訊いた, のほれぼれ, の上, の顔, はいい, は寝物語, を居させる, を連れ

▼ 若い女の子~ (15, 0.1%)

1 [15件] がありました, がワサワサ, であります, にそれ, に出, の仕舞姿, の噂, の心持, の毛, はお, はメロディ, は右, までが符牒, をおもちゃ, を連れ

▼ 若い姿~ (15, 0.1%)

2 も見えました

1 [13件] が偲, が泛, が腰, などが見かえられ, になつて荒仕事, の中, の写真, はいかにも, をジイッ, を尊い, を描いた, を現した, を見る

▼ 若い~ (15, 0.1%)

3 して

1 [12件] にそんな, に何故, に働き者, に地方政界, に大層, に学問, に年寄, に御用, に恐しく, に碁, に駕籠賃, に鬼

▼ 若い肉体~ (15, 0.1%)

3 と精神

1 [12件] が求める, との感触, に無聊, に重, の燃焼, の香り, は恢復, は獅子吼, は見事, までその, をくるくる, を持つ

▼ 若いところ~ (14, 0.1%)

2 がある

1 [12件] が多い, で, です, ですね, では大谷友右衛門, では森於菟, では筑波澄子劇団, で甲, に当り, のある, もある, を見る

▼ 若い坊さん~ (14, 0.1%)

1 [14件] が, がぽつねんと, が一人, が厚い, が蝋燭, が顔, だ, にした, にといふ風, に何事, は勿体ぶつ, は急, を呼びかけた, を呼ん

▼ 若い娘ら~ (14, 0.1%)

1 [14件] がいわゆる, がよく, でできた, と同じ, にとってはベルカン式, に笑われる, の寄宿舎, はそれでも, はやはり, は四方, は皆, まできっと, ももはや, も今

▼ 若い~ (14, 0.1%)

1 [14件] がいふ, が本来父, などが来る, に戻りました, のいつも, の方, はうなづい, は出発, は此時, は言下, へおす, をひき寄せる, を呼んだ, を特別

▼ 若い息子~ (14, 0.1%)

1 [14件] がお, が急, が自分達種族, だけが行った, と一緒, と睦まじ, と若い, のことば, はまだ昔ながら, は主人, もその, や娘等, を励まし追い立てる, を連れ

▼ 若い~ (14, 0.1%)

8 のさむ 2 の人 1 のお方, の禅坊主, の詩人, 慣れぬお

▼ 若い水夫~ (14, 0.1%)

1 [14件] が勤務, が酒場, が顫, であった, とが野獣, の一人, の報告, の声, の死体, の顔面, は低い, は怒った, は言った, は難破

▼ 若い浪人者~ (14, 0.1%)

2 でした

1 [12件] がさけんだ, が住ん, だ, です, とかの話, とハタ, と縁側, に対していわゆる, の上, の馴染み, の麻井幸之進, をしよつ引い

▼ 若いきれい~ (13, 0.1%)

3 な女 2 なお 1 なお姫さま, なの, な人たち, な女中, な女房たち, な守女, な御寮人たち, な感じ

▼ 若いその~ (13, 0.1%)

1 [13件] お菊さん, ひとの, 上に, 医師は, 医者に対する, 御方は, 方などが, 時代の, 町人の, 私服警官にも, 細君と, 職人の, 運動が

▼ 若いものたち~ (13, 0.1%)

1 [13件] が事, が二百何人, とこうして, とはどうも, にはそれぞれ見え, に不自然, の前, の間, は一家, は好奇心, も列, も妙, よりもおま

▼ 若いやう~ (13, 0.1%)

2 だから

1 [11件] だが, だな, で, で齢, な声, な年, な暮しかた, な男, な顏, になつ, に映画

▼ 若い一組~ (13, 0.1%)

2 が入, を集め 1 があった, がうまく, が働き, が到着地, が外出, が大声, が結びつく, はもう, は赤坊

▼ 若い叔母~ (13, 0.1%)

1 [13件] が愉快, という, のおえつさん, のこと, のす, の体つき, の何, の多可子, の手, はつけつけ, は笑い, もその, を無視

▼ 若い奴ら~ (13, 0.1%)

1 [13件] からそんな, が四, が承知, が教え, が真似る, だから, でもやっ, のやる, の元気, は五年, は戦地, は頑として, も欲得

▼ 若い愛人~ (13, 0.1%)

1 [13件] だと, になった, の上, の女優, の清川, の為め, の間, の顔, ももつ, をああ, を作つて一緒, を失った, を持っ

▼ 若い検事~ (13, 0.1%)

1 [13件] から万事指揮, がきびきび, が書記, であった, の前, はその, はとくに, はどうして, はみな, はもはや, は彼女, は署長, は鶴代

▼ 若い~ (13, 0.1%)

2 でいる

1 [11件] か知ら, が残っ, じゃ置かせない, だ, だてのう, ですもの, のなくなった, の利いた, の利かない, の好い, の弱い

▼ 若い~ (13, 0.1%)

4 は近代 1 が嘘, が気取っ, が読んだ, のまわり, の細君, の腕, の見えない, は感傷, も当時

▼ 若い者同士~ (13, 0.1%)

1 [13件] がいい, がいろいろ, がふっと互いに, だ, だけで, で何ん, で平常, の従姉妹等, の方, の楽しみ, の熱病みたい, らしくお, を交際

▼ 若い良人~ (13, 0.1%)

1 [13件] がいる, がダンス場, が國電, である和一郎, でもある, と妻, に仰向け, に賛成, の通有性, はむしろ, は土, らしく大人びた, をもっ

▼ 若い醫者~ (13, 0.1%)

2 を從

1 [11件] が來, が初めて, が町, と起き伏し, と顏, の顏, は, はその, はハンケチ, はランプ, は一寸口

▼ 若いけれど~ (12, 0.1%)

1 [12件] あの方, からだは, ものに, 世間を, 大変よく, 天才的な, 家の, 旅川周馬総髪で, 濶達だ, 第一号, 苦労人である, 近代的な

▼ 若いジェネレーション~ (12, 0.1%)

1 [12件] がもっともっと, が今日, が守るべき, に大きい, に於, に訴える, のインテリゲンチャ, の息吹き, の犠牲, の精神的支柱, の自然科学者, は何と

▼ 若い下女~ (12, 0.1%)

3 のお 1 がいる, が細君, などは三月, にかかった, に一年三両, の口善悪, の柔かい, の顔, は末

▼ 若い会社員~ (12, 0.1%)

1 [12件] と同棲, などを幾人, のてえぶる, のところ, の一団, は妻, は言, もした, らしいの, らしい客, らしい男, を前

▼ 若い~ (12, 0.1%)

1 [12件] があった, が火, とはそれ, の髪の毛, はかう, はさも, はよく, はバケツ, は吹いた, は眼, は鍋, も二つ三つ食

▼ 若い大学生~ (12, 0.1%)

1 [12件] から得たい, が, が住ん, では赤木, と同じ, と待ち合わせ, に惚れ, の恋人, の患者, は首肯い, や勤労婦人たち, を引張る

▼ 若い女学生~ (12, 0.1%)

1 [12件] が二人, が多う, が夢中, が本, が黒い, になった, のいる, のうち, の精神, の間, らしいペン字, をつかった

▼ 若い妻君~ (12, 0.1%)

1 [12件] が, がさあ, がその小さな, がそんな, が帰っ, でブヨ, なんぞは, の居る, は, は黙, や妹たち, を脊負つて階下

▼ 若い~ (12, 0.1%)

5 でわせ 1 だが, で女, で後, で死んだ, にこの, の時代, をし

▼ 若い後家~ (12, 0.1%)

21 お富, でも一度, というふう, といった恰好, にとってもそれ, の母, はすこし, は武蔵, は毎晩, へ向い

▼ 若い支那人~ (12, 0.1%)

1 [12件] が, が一人, が今夜, が憎々し, とあの, と関係, のやつ, の患者, の馭者, は親切, は訛り, を斬った

▼ 若い~ (12, 0.1%)

2 はみな, は胸 1 だけでも遠慮, で, ですこと, と熊笹, の枝, の苗, は隨分, ばかり芝

▼ 若い西洋人~ (12, 0.1%)

2 の女 1 がやおら, が医師, が汐ふき, が真弓, だったと, と日本人, のひとりもの, の顔, は発明狂, も羊

▼ 若い音楽家~ (12, 0.1%)

1 [12件] から信頼, が自分, が誇らし, でおもしろい, でご, でも飛び込ん, で精気, で騎士, のうち, の困る, の視線, を音楽会

▼ 若いさかり~ (11, 0.0%)

4 の年頃 2 の娘, の熱 1 のお, の子供ら, の彼

▼ 若い主婦~ (11, 0.0%)

1 [11件] がまた, が甘い, が避難, とすべて, の暮し, の苦悩, はいかに, は何, は私, やお, を始め

▼ 若い兵士~ (11, 0.0%)

1 [11件] がいた, がゆく, が下半身, が番, とのりあわせ, などによってなされ, に向かっ, の一人, の顔, の黒い黒い, は手術台

▼ 若い~ (11, 0.0%)

2 はその, は不 1 の悲惨, の群, の言, は云い, は言, をしみじみ, を顧み

▼ 若い奥様~ (11, 0.0%)

1 [11件] がおられまし, ができた, がな, が立つ, が附, でござんす, といつた, とはとても, に, に亡くなられ, をご存じ

▼ 若い女教師~ (11, 0.0%)

2 から見る, の膝 1 がつかうらしく, がゐた, の常識, の手記, の表情, の許嫁, も来る

▼ 若い少女~ (11, 0.0%)

1 [11件] が, が乗っ, が二十人, が男, が見, であったこと, の凌辱, の心, の感情, の群, は笑

▼ 若い漁夫~ (11, 0.0%)

1 [11件] が, がいきなり, がいた, がその, がコッソリ日本文字, です, には面白かっ, の肩, は, はやがて, を卒倒

▼ 若い~ (11, 0.0%)

1 [11件] が人, が死ん, が降下, になっ, には御子, はおかげ, はきっと, はす, は正直, は私, を困らせ

▼ 若い美人~ (11, 0.0%)

1 [11件] が出入, が診, でしかも, とが二人づつ, にも似ず, の方, の芸者, の顔, も婆さん, を, を相手

▼ 若い者共~ (11, 0.0%)

2 も二頭三頭 1 が評判, じゃ, には人気, に何, の泳場, はまず, への一, も黙っ, をあつめ

▼ 若い者同志~ (11, 0.0%)

1 [11件] が巣, だから, だと, だ何だか, でさ, で何処, とていつしか, のこと, の心づくし, はね, は若い

▼ 若い~ (11, 0.0%)

2 の上, の君 1 に何かしら, のある, のいい, のなか, の中, はまだ, を感傷的

▼ 若いといふ~ (10, 0.0%)

2 ことは 1 ことその, ことだけにでも, ことで, せゐも, のである, 字に, 意味を, 表現などは

▼ 若いとは~ (10, 0.0%)

2 云いながら 1 いえこの, いえぬ三十八, いえ不埒千万, きまって, 思はなかつたよ, 言ひ, 言へ, 言われない年齢

▼ 若い乞食~ (10, 0.0%)

1 が一人涙, が二人, が大きな, が申しました, が百兩, でした, に向っ, の死骸, は頭, を初め大勢

▼ 若い住職~ (10, 0.0%)

1 がまばゆい, が現れ, であつ, で生食, というの, に取, に変った, の素性, は印, を中心

▼ 若い作者~ (10, 0.0%)

1 がなぜ, が不安定, が小説, が精神, だけはぢ, のおどろき, の生産, はなかなか, は尊い, は考へた

▼ 若い兵隊~ (10, 0.0%)

21 が一人, が甲鉄艦, だつた, にしなだれかかりたく, の女房, もいた, をつかまえ, を自宅

▼ 若い医員~ (10, 0.0%)

1 がつや, が一パイ, が椅子, だちを, の二三, はスコポラミン, は先, は得意そう, は立ち去った, も少し

▼ 若い商人~ (10, 0.0%)

2 の方 1 が一人, が社会主義者面, で休暇, に逢った, のゲオルク・ベンデマン, らしい達者, らしい青年, をうしろ

▼ 若い女らしい~ (10, 0.0%)

1 しなやかなこまっ, な, ものが, ポーズを, 手つきは, 手で, 気の, 温みが, 皮肉を, 魅力が

▼ 若い女王~ (10, 0.0%)

1 が彼等, が生き, が蜜蝋, でありましたでしょう, に味方, のいる, のお, はその, は少し, を教育

▼ 若い小間使~ (10, 0.0%)

1 があつ, がはいっ, が彼, と二人きり, のやう, のエツバ・ハム, の二人, は困った, は男爵, も入口

▼ 若い~ (10, 0.0%)

1 らしい作家, らしい側, らしい水彩画家, らしい知識, 古今歌人の, 夫人の, 嫁の, 将軍の, 市民たちは, 趣味の

▼ 若い旅人~ (10, 0.0%)

1 があった, が一人, が白い, が青黒い, には焼き付く, の疲れ, の興味, は母, は若々しい, は茶店

▼ 若い洋装~ (10, 0.0%)

7 の女 1 の原田竜子, の娘さん, の母

▼ 若い浪人~ (10, 0.0%)

1 が宿, が蒲団, だ, である, に, の体, の背筋, は, は兵庫, は固く

▼ 若い淑女~ (10, 0.0%)

1 から彼, とに止った, との間, に, に何, の耳, は只, は膝, をすぐ, を手招き

▼ 若い社員~ (10, 0.0%)

2 の一人 1 がお歴々, で潮田春樹, と今, と王仁, に三人, は丁寧, は地圖, は投身

▼ 若い者ども~ (10, 0.0%)

1 から度々, が作った, が暴れ, が隣り, だけは煙草入れ, にかぎられ, に勤めさせろ, のため, のはげみ, を手分け

▼ 若い貴人~ (10, 0.0%)

5 が急 1 でお, と見えた, の同時に, の手本, の生れた

▼ 若い貴族~ (10, 0.0%)

1 かハイカラ, が車, になつ, の放埒, の男女, の面々, や放蕩者, をした, をひとり, を憎ん

▼ 若い駅員~ (10, 0.0%)

1 が, がちっとも, がひとり車室, が二人, が走り出た, の姿, の言葉, はかけ, は平然と, は最後

▼ 若いお母さん~ (9, 0.0%)

1 である, でしたが, はそっと, はだまっ, はまだ, は窓ぎは, は背中, は赤坊, もびっくり

▼ 若いお父さん~ (9, 0.0%)

3 とお母さん 1 に骨, のこと, はその, はちょっと, はトランク, は室

▼ 若いこの~ (9, 0.0%)

2 男は 1 人でも, 人は, 人達は, 刑事は, 婦人評論家は, 技師の, 武士階級の

▼ 若いさむ~ (9, 0.0%)

3 らいは 2 らいを 1 らいさん方の, らいでありました, らいである, らいとの

▼ 若い~ (9, 0.0%)

1 えらい元気, さう, せうが, せうと, な, なあといかにも, はありません, 少しぐらい, 物珍しさ

▼ 若いサラリーマン~ (9, 0.0%)

1 だの世間, である従弟, の日常, の細君, の給料, は憐れ, や労働者, や大学生達, や学窓

▼ 若い健康~ (9, 0.0%)

1 さうな女, な全身, な女性たち, な娘たち, な男女, な美人, な肉体, な胸, な自尊心

▼ 若い劇作家~ (9, 0.0%)

1 がまだ, が今後, が自由劇場, であり出版屋, との交遊, と結婚, にとつ, の文学, も若い

▼ 若い医学士~ (9, 0.0%)

1 で二階, といっしょ, と結婚, に彼, に跡, のお客, は泣き, は被告, を訪ね

▼ 若い奉公人~ (9, 0.0%)

1 が扱, だけ, では猫, というの, とのあいだ, などは辛抱, の中, の口, を連れ

▼ 若い奴等~ (9, 0.0%)

1 があいつ等, がする, が何, が団結, などと言っ, の, は兎かく, は言, を十人

▼ 若い~ (9, 0.0%)

2 が, だと, で 1 が新緑, が水際, であ

▼ 若い学士~ (9, 0.0%)

1 が巣立ち, が申出した, だとか, では, と許嫁, にもいろ, によって予測, の方, の顔

▼ 若い孫権~ (9, 0.0%)

1 が当主, そう励まされなく, と剣槍, に歯止め, の眸, の身, は, は動かされた, を中心

▼ 若い少尉~ (9, 0.0%)

2 を伴 1 が胴輪, のあらゆる, の一人, はころがっ, も居た, や中尉たち, を除い

▼ 若い役人~ (9, 0.0%)

2 の中 1 で文学, としての君, などは笑い, の多い, はなん, や山林学校, や弁護士見習

▼ 若い情熱~ (9, 0.0%)

1 がもはや, が湧い, でもっ, と純潔, にある, のある, の赴く, をそそり立て, を耳朶

▼ 若い批評家~ (9, 0.0%)

3 の間 2 の土地自慢 1 がうまく, の中, は立つ, や作家

▼ 若い技師~ (9, 0.0%)

1 で詩子, の松井菊三郎, の進言, の道楽半分, はいささか, はちよ, は障子, よ, らしい一人

▼ 若い日本人~ (9, 0.0%)

1 が一人, であつ, としてあたらしい, としての情趣, には科学知識, の感情, の熟達, らしい, を養成

▼ 若い源氏~ (9, 0.0%)

2 の君 1 としておもしろい, と恋, には恥ずかしく, の本拠, はそれ, は何とも, は昂奮

▼ 若い者二人~ (9, 0.0%)

1 が寝, が駈け付け, と利太郎, と小僧ひとり, と小僧二人, と親類, は彼, を具, を四谷

▼ 若い~ (9, 0.0%)

2 が一面 1 があります, がしなやか, が吹き出し, やふくらん, をお, を摘む, を魂

▼ 若い観衆~ (9, 0.0%)

7 の劇場 1 との間, はクラブ

▼ 若い詩人たち~ (9, 0.0%)

1 が来合せ, が計画出版, と知つたの, と近づき, にやつ, の名, の大いなる, はみんな, への深い

▼ 若い~ (9, 0.0%)

1 に, にひどい, に苦労, のほんの, の少時, はあんな, はそれでも, はほか, は芝犬

▼ 若いお嬢さん~ (8, 0.0%)

1 がある, が六人, が真, だという, には気, に思い付かれる, のあの, の裸体姿

▼ 若いお客~ (8, 0.0%)

1 が呶, が多く, だった, といへ, と差し, は気, を安心, を待遇

▼ 若いかみさん~ (8, 0.0%)

1 が上つた, が氷, が私, が竹杖, が肥えた, の声, の姪, の飲まない

▼ 若いけれども~ (8, 0.0%)

1 いい, この困難, たいそう武芸, なかなか目, なかなか腕, 何不自由の, 日本一の, 武家の

▼ 若いせい~ (8, 0.0%)

2 もある 1 かそんな, かも知れない, か稼業柄, か荒地, だった, もあろう

▼ 若いだけ~ (8, 0.0%)

1 いけないですね, すつかり, すべてに, では, なん, 何んだ, 巡査臭ぷん, 母よりも

▼ 若いふたり~ (8, 0.0%)

1 がどぎまぎ, が役立っ, にもう, に任せたい, の恋, の生死不明, の警官, を無遠慮

▼ 若い僧侶~ (8, 0.0%)

1 が古い, が山門, が椅子, が立, が貴下, で私, の注意, は顔色

▼ 若い助手~ (8, 0.0%)

1 が一名, の久吉, の顔, は一度, は医者, は相つい, も入れ, を探す

▼ 若い女二人~ (8, 0.0%)

2 を護り通した 1 に気, に氣, の前, の白い, は傍ら, を連れ

▼ 若い女客~ (8, 0.0%)

2 が長い 1 が片隅, は又, は幾らか, は手提袋, をもてなし, を見た

▼ 若い婦人達~ (8, 0.0%)

1 が出会っ, が簑笠, に伝へ, のセンティメンタリズム, の人民解放運動, の動き, はあらまし, はどんな

▼ 若い学生たち~ (8, 0.0%)

1 が大勢, と膝, に, に接する, のだらけ, の乱酒, の心, はそう

▼ 若い学生達~ (8, 0.0%)

2 との問答録 1 がその, であったと, と献身的, の示した, は出会ひがしら, を老人

▼ 若い恋人~ (8, 0.0%)

1 がある, が三角帽, が聞いたら, と駈落した, にみせる, に会, に対するお, の物語

▼ 若い河童~ (8, 0.0%)

2 が一匹, の技師, の犠牲的精神 1 をつかま, をつかまえ

▼ 若い~ (8, 0.0%)

2 髯の 1 教養の, 智な, 智なお, 経験と, 経験な, 経験の

▼ 若い獅子~ (8, 0.0%)

2 の自由主義 1 があれ, の住居, の家, はこれ, は少し, を加

▼ 若い生き生き~ (8, 0.0%)

2 した世界, した人 1 しいいなせ男, したもの, した微笑, とした

▼ 若い~ (8, 0.0%)

1 と話し, のため, の一人, の評判, の金次, は帆村, は目, は老いぼれ

▼ 若い男子~ (8, 0.0%)

2 の姿 1 が集り, にはそれ, の共同生活, の読む, や女子, を手傳

▼ 若い美くし~ (8, 0.0%)

1 いお三輪, い上臈, い人, い和上さん, い女, い寡婦, い洋装, い芳しい

▼ 若い腰元~ (8, 0.0%)

1 がもたれかかった, が半分, が悲し, との恋, のお, の小さな, は庵室, は試験

▼ 若い藝者~ (8, 0.0%)

2 や舞妓 1 があらはれた, のお, の手, の着, の立騷ぐ中, を引連れ

▼ 若い読者~ (8, 0.0%)

1 から批判, がこの, にそういう, には何, に親しみ, のため, はすべて, は容赦

▼ 若い諸君~ (8, 0.0%)

1 がいる, が御, が殆ど, が真面目, には追, は学問, は學問, は理窟

▼ 若い野郎~ (8, 0.0%)

1 がひとり, が上さん, だな, です, とを嗅ぎ当てた, のねた洗い, は右ほお, を引き挙げ

▼ 若い~ (8, 0.0%)

1 が眼, にわれ, に勵, の中, の特権, の背景, をかきみだされ, を最も

▼ 若いあなた~ (7, 0.0%)

1 がこれからどう, がどうして, が特別, だ豊富, には老けすぎた, のよう, はそう

▼ 若いおり~ (7, 0.0%)

1 には或, には自分, に東京, の古い, の名, の情熱, は能楽

▼ 若いつもり~ (7, 0.0%)

1 かなんかで, だが, である, でいる, ですよ, では, でも

▼ 若いながらも~ (7, 0.0%)

1 こんなサグリ, 仕事に, 師の, 御如才, 神戸の, 立派な, 身分に

▼ 若いひとり~ (7, 0.0%)

2 の女給 1 の僧, の娘, の将校, の志願助手, の若武者

▼ 若いやつ~ (7, 0.0%)

1 がその, が出, だ, でいやさう, とあまり, の運動, は若い

▼ 若い~ (7, 0.0%)

2 めの 1 お前の, まだ, ハハハハハその, 君より, 羨ましい

▼ 若いゼネレーシヨン~ (7, 0.0%)

1 が生れた, が諸君, だと, とのみ, の中, の間, は本気

▼ 若い~ (7, 0.0%)

1 にきわめて, に好い, に孫翊, に御新造, に至つて, に釣り合い, に馬鹿

▼ 若い事務員~ (7, 0.0%)

1 がぞんざい, がただ, が三人, と愛し合っ, はその, はほう, をし

▼ 若い亞米利加人~ (7, 0.0%)

1 だつた, にその, には二人, に話しかけた, は恰, は澤山, を迷

▼ 若い伯爵~ (7, 0.0%)

1 が自分, だという, とはいつも, はにやにや, はバアリイ後見, は何気なく, は瘧

▼ 若い作家達~ (7, 0.0%)

1 とは全く, にかうした, に対する彼, のもの, の並々, の間, を勉強

▼ 若い侍たち~ (7, 0.0%)

1 がぷんぷん, でありました, というの, はもう, は三匹, は張り切った, を見

▼ 若い働く~ (7, 0.0%)

2 女性たちが, 婦人の 1 人たちが, 女性たちの, 婦人たちが

▼ 若い公家~ (7, 0.0%)

1 が左, が思い出した, が春風, と若い, の手前, の魂, は左

▼ 若い公達~ (7, 0.0%)

1 が多かっ, が歌舞, が演じた, が集まる, といいまし, などもある, に会っ

▼ 若い処女~ (7, 0.0%)

1 が死んだ, が若い, と寝た, のその, のまま, らしい一人, を担ぎ出し

▼ 若い博士~ (7, 0.0%)

2 が十五年ぶり, は愕ろ 1 がつい, だけだ, は初めて

▼ 若い夫婦者~ (7, 0.0%)

2 とむかひ 1 に出逢った, の境遇, は皆無, をなんと, を見た

▼ 若い女らしく~ (7, 0.0%)

1 ぷりっとして答えた, ぼんやりした, 二三段足速に, 夢みる, 浮かれ調子, 笑いあった, 説得の

▼ 若い女事務員~ (7, 0.0%)

1 が売店, が小さい, と話, に出された, のS子, はみょう, や女給達

▼ 若い娘さん達~ (7, 0.0%)

1 が代り, が出入, の気分, の組踊數番, の髷, もゐました, も隨分

▼ 若い学徒~ (7, 0.0%)

1 が世の中, が終始一貫, にこういう, に心から, に確か, はたちまち, を励まし

▼ 若い寡婦~ (7, 0.0%)

1 が恋, について鎧戸, になった, のよう, ははじめて, はまた, を嬉し

▼ 若い尼さん~ (7, 0.0%)

1 が上瞼, が極り, でその, の頭, はその, は眼鏡, よりも一層

▼ 若い後妻~ (7, 0.0%)

1 お蓮様, である, で入籍, に生ませた, の愛, を新, を貰った

▼ 若い書生~ (7, 0.0%)

2 が勤勉 1 がそれ, と喋り込ん, には負けず, の筆, の面倒

▼ 若い~ (7, 0.0%)

2 の林, の植込 1 と若い, の木の間, 若い桜

▼ 若い法学士~ (7, 0.0%)

2 が夜, は侮辱 1 とであった, の署長さん, はという

▼ 若い海軍士官~ (7, 0.0%)

1 が私, が軍籍, とのり合わせ, と一しょ, と一緒, と往来, の夫婦

▼ 若い王子~ (7, 0.0%)

1 がその, が一人, が偶然やつ, になりました, の旅, はこの, はサンドリヨン

▼ 若い異性~ (7, 0.0%)

1 であること, のあ, の間, の香, らしい魅力, を連れ, を部屋

▼ 若い~ (7, 0.0%)

1 でこれ, のさめる, のはし, はどんなに, も心, や唇, をかがやかし

▼ 若い経営主~ (7, 0.0%)

2 は云った 1 がこういう, はいった, は努めて, は紫色, もその

▼ 若い美貌~ (7, 0.0%)

1 の支那人, の槍騎兵士官, の武士たち, の男, の酋長, の青年, をもつ

▼ 若い~ (7, 0.0%)

1 が大, が陰, だった, の会, は考え, は耳, は若い

▼ 若い者等~ (7, 0.0%)

1 が彼, が東京, が酒席, と尚, に言う, はあわて, はヘイ其様人

▼ 若い~ (7, 0.0%)

7 の高い

▼ 若い船員~ (7, 0.0%)

1 があっ, がたのし, が来, が甲板, は纜, は虎船長, も沈ん

▼ 若い芸妓たち~ (7, 0.0%)

1 は, はちょっとした, はとうとう, はよく, は姐さん, は娘, は訊き返す

▼ 若い芸術家~ (7, 0.0%)

1 がこの, でベルリン, にまま, の仲間, の群, は自分, をし

▼ 若い若い~ (7, 0.0%)

1 から機会, というの, と思っ, 前髪の, 松井君で, 清らかな, 青侍では

▼ 若い~ (7, 0.0%)

1 が何, が欲しい, などは及び, はぴしりっぴしりっと尾, は問い返しました, や強, を見る

▼ 若いおれ~ (6, 0.0%)

3 などは思ひ 1 などはまう, などは思い出, には御

▼ 若いお上さん~ (6, 0.0%)

2 が眼 1 がドック, が寝床, の胸, 若い奥さん

▼ 若い~ (6, 0.0%)

2 年寄か 1 分りません, 判らなくなるが, 年を, 笠を

▼ 若いかも~ (6, 0.0%)

3 知れない 1 知れず顎, 知れないが, 知れません

▼ 若い~ (6, 0.0%)

2 後室さまの 1 上人さまが, 婦人は, 家人だった, 正室を

▼ 若いそして~ (6, 0.0%)

1 たのもしげ, りんりんたる, 一番美しい, 新聞記者という, 滅びる故, 若いが

▼ 若いアメリカ人~ (6, 0.0%)

1 がい, が入っ, のこと, の被害, はそれ, らしい青年

▼ 若いハイカラ~ (6, 0.0%)

1 な, なヤンキー, な会社員, な細君, な近代都市, のシナ人

▼ 若い人夫~ (6, 0.0%)

1 から聞き取った, が何, が食饌, はそう, は案内, は此処

▼ 若い~ (6, 0.0%)

1 が一人, が何者, に眼, のよう, の人気, の祐之助

▼ 若い~ (6, 0.0%)

1 が一吹風, が疲れ, に脈, の小さい, は贅沢, を励ます

▼ 若い作曲家~ (6, 0.0%)

2 の作品 1 が特別, でと申し, で強健, についても同様

▼ 若い兵卒~ (6, 0.0%)

1 に特別, はきつ, はひ, はエリザ, は今, は心もち顔

▼ 若い勤労婦人~ (6, 0.0%)

1 にとって現在, により実際, のひと, の三分身像, は最も, は自分たち

▼ 若い外交官~ (6, 0.0%)

1 が任地, が傍, であるだけに, の月給, の細君, を出す

▼ 若い夫妻~ (6, 0.0%)

1 である彼等, のその, の落ち着いた, はこれ, はやがて, は折々

▼ 若い女性達~ (6, 0.0%)

1 が全く, が真面目, の現実, はこの, はその, は自分

▼ 若い妓たち~ (6, 0.0%)

1 がこの, が脅えた, と一緒, は俥, もお上さん, を笑い

▼ 若い娘一人~ (6, 0.0%)

2 を殺し 1 では, の手, の手ぢ, 置くと

▼ 若い娘二人~ (6, 0.0%)

1 いろいろの, が奉公人, でよく, のところ, の生活, の眠っ

▼ 若い~ (6, 0.0%)

2 南の 1 價な, 南人という, 南人は, 麻呂は

▼ 若い官吏~ (6, 0.0%)

2 に夢中 1 がある, であった頃, で皆順当, などは向こう側

▼ 若い将軍~ (6, 0.0%)

2 の運命 1 が指揮, で孫韶字, の左, は鏘

▼ 若い~ (6, 0.0%)

1 せがれに, 供でした, 學校の, 意氣な, 狐が, 粋な

▼ 若い小さい~ (6, 0.0%)

2 娘でも 1 ものを, 処女の, 時代に, 芹の

▼ 若い~ (6, 0.0%)

2 に嫁 1 がある, が自由労働者, に見かえる, の彼

▼ 若い~ (6, 0.0%)

1 にも功名, の場合, の日, の経験, を知りはじめた, を語らせ

▼ 若い按摩~ (6, 0.0%)

1 が一人, でありました, で別に, に腰骨, はサッと, を一人

▼ 若い教官~ (6, 0.0%)

2 はピン 1 からなに, から別れぎわ, の考慮, は何れ

▼ 若い文人~ (6, 0.0%)

1 が好い加減, が椿岳, で木下杢太郎さん, に取つ, の集団, も椿岳

▼ 若い文学~ (6, 0.0%)

2 の世代 1 にこれら, の働き手, の新鮮, の領域

▼ 若い文学者~ (6, 0.0%)

1 など, の方々, の清川, の良人, はやっぱり, らしい心

▼ 若い料理教師~ (6, 0.0%)

1 と妹, に背, の鼈四郎, は再び, は煙草, を睨んだ

▼ 若い新しい~ (6, 0.0%)

1 中華民國の, 作家が, 作家の, 支配という, 時代に, 資質が

▼ 若い旦那~ (6, 0.0%)

1 が叫んだ, とあさ子, に訊く, の客, の色里通い, よ

▼ 若い~ (6, 0.0%)

2 のはにかみ 1 には人並, のこと, の藪柑子君, を偲ぶ

▼ 若い武者~ (6, 0.0%)

1 がゆったり, だった, の翳し, は彼, は振り向いた, は顔

▼ 若い殿上人~ (6, 0.0%)

1 などが皆, などにわざとらしく, にこんな, に兼家, の歩い, は笑つて

▼ 若い父母~ (6, 0.0%)

4 の育つた 1 だった, の育った

▼ 若い~ (6, 0.0%)

1 と交換, のこと, はずんずん, は元気, を手, を指さし

▼ 若い牧師~ (6, 0.0%)

1 が一人, が留守番, が立っ, が這入っ, に別れ, の華奢

▼ 若い独身~ (6, 0.0%)

2 の主人 1 の先生, の師範出, の機関手達, の音楽好き

▼ 若い理学士~ (6, 0.0%)

1 が立っ, だが, だったが, です, で分布学, を大分採用

▼ 若い生涯~ (6, 0.0%)

1 の晩年, の殆, は混, を終っ, を終った, を蝕んだ

▼ 若い町人~ (6, 0.0%)

1 が探し当て, でご, です, の姿, の息子, もそれ

▼ 若い~ (6, 0.0%)

1 が見られる, の繁み, の芽, の黒髪, は珍しい, を

▼ 若い職工~ (6, 0.0%)

1 がジリ, なの, の働い, は威勢, は帰る, や警防団

▼ 若い職工さん~ (6, 0.0%)

1 がくだらない, が入っ, が紀伊国屋書店, が誤っ, の話, はともかく

▼ 若い芸人~ (6, 0.0%)

1 がかの, が泊まっ, だけに垢抜け, には似合わない, のあいだ, の口述

▼ 若い貴婦人~ (6, 0.0%)

1 がこの, がただ, が軍人, で美しい, として社交界, に飼われ

▼ 若い車夫~ (6, 0.0%)

1 の夫婦, はさっさと, はずるく, は前掛け, は惶, を雇った

▼ 若い門人~ (6, 0.0%)

1 がいった, が叫んだ, に対するととかく, のうち, の一人, を呼ん

▼ 若い門弟~ (6, 0.0%)

1 が二人, と美しい, はまた, は一寸, は梅桃, は身体ぢ

▼ 若いおとなしい~ (5, 0.0%)

1 お方で, 人であった, 口元重いぽ, 女であった, 巡査だつた

▼ 若いかた~ (5, 0.0%)

1 が筒井さん, ですか, のよう, の胸, よ

▼ 若いこころ~ (5, 0.0%)

1 と体, につよく, にも思っ, の咽ぶ, は頗る

▼ 若い~ (5, 0.0%)

1 うでまだ, でももうすぐ, なぎの, むらいも, むらいもかなり

▼ 若いながら~ (5, 0.0%)

1 わしが, 何も, 叩きに, 特許権だけでも, 重々しく一種

▼ 若いにも~ (5, 0.0%)

1 かかはらず軍団, かかわらずわたし, まだ嫁入り前, 係わらず相当, 拘はらず某

▼ 若いはず~ (5, 0.0%)

1 だ, だあの, だから, であるし, はない

▼ 若い~ (5, 0.0%)

2 のらが 1 のらは, ンの, 若いし

▼ 若いもの同士~ (5, 0.0%)

1 がそれぞれ, であやまち, にあけ渡し, の手持無沙汰, は更に

▼ 若いやさしい~ (5, 0.0%)

1 そして火, 五月の, 声が, 男の, 魂は

▼ 若いやつら~ (5, 0.0%)

1 が五, はお, は儚い, は自分, もあと

▼ 若いらしい~ (5, 0.0%)

1 が長髪, けれど盲目, のにそれ, のに一体, のよ

▼ 若い~ (5, 0.0%)

1 ばさんが, ばさんの, りに, りの, 意味する

▼ 若い三人~ (5, 0.0%)

1 がいきなり, の助手, の支那人, の話題, は火

▼ 若い与力~ (5, 0.0%)

1 の前, の笹野新三郎, はすゝ, は烟, や同心ら

▼ 若い主君~ (5, 0.0%)

1 の弱点, はいわば, はそれ, をまじまじ, を喩

▼ 若い乙女~ (5, 0.0%)

1 との間, の柔さ, の病室, の純, の身

▼ 若い人妻~ (5, 0.0%)

2 は生活 1 となつ, はむせび泣く, らしいその

▼ 若い保姆~ (5, 0.0%)

1 がたがい, が乳母車, の一人, の白衣, は危うく

▼ 若い刑事~ (5, 0.0%)

1 が待ち構え, が課長室, にシッカリ, の横, はききかえした

▼ 若い~ (5, 0.0%)

1 にくすんだ, には自分, に大変, に由緒, に自分

▼ 若い叔父~ (5, 0.0%)

1 からであった, が寫眞, の細君, はただ, や叔母

▼ 若い~ (5, 0.0%)

1 が妻, に特に, に言う, の姿, は反感

▼ 若い哲学者~ (5, 0.0%)

1 がゐる, と卓一, などである, に就い, の一団

▼ 若い~ (5, 0.0%)

1 はあっ, やら大志, をかきたて, をそそらず, を結びつけ

▼ 若い女ども~ (5, 0.0%)

1 が塵芥, が朝, はつい, は無, を買い取る

▼ 若い女一人~ (5, 0.0%)

1 では, で行く, の手, を拾つて, を殺せ

▼ 若い女人~ (5, 0.0%)

1 が部屋, といづれ, のよう, の肉体, の運命

▼ 若い女給~ (5, 0.0%)

1 が伊達巻, が歌う, の信子, もきちんと, らしい女

▼ 若い好い~ (5, 0.0%)

1 後妻が, 息子ぢや, 男で, 男でございました, 男は

▼ 若い家庭教師~ (5, 0.0%)

1 たる彼女, ではありません, としての生活, のフランス女, のフランス婦人

▼ 若い尼僧~ (5, 0.0%)

1 がこれ, と盲, の清らか, はたしかに, を見

▼ 若い~ (5, 0.0%)

1 で短い, にも萎ん, のうごき, はこの, を牛耳っ

▼ 若い弟子たち~ (5, 0.0%)

1 のうち, までもと, も毎, やファン, を集め

▼ 若い思想~ (5, 0.0%)

1 にとっては健全, の縁故者, を強めたい, を彼, を纏めよう

▼ 若い支那~ (5, 0.0%)

1 の女, の学者, の教民, はどう, を指す

▼ 若い方たち~ (5, 0.0%)

1 でいらっしゃるし, でももすこし, には小, には立派, の問題

▼ 若い時東京~ (5, 0.0%)

2 に出た 1 で生, に奉公, に留学

▼ 若い~ (5, 0.0%)

2 の一つ一つ 1 のよう, の根元, は

▼ 若い植木屋~ (5, 0.0%)

1 なん, はかぶっ, への抉る, を一眼, を思い浮かべる

▼ 若い歴史家~ (5, 0.0%)

1 に向, は妙, は情な, は次, は説明

▼ 若い死体~ (5, 0.0%)

1 はわれ, は石窖, を伴, を何処, を外

▼ 若い水兵さん~ (5, 0.0%)

1 がナイス, が明日, が駆け, にいった, に眼鏡

▼ 若い無邪気~ (5, 0.0%)

2 な同窓生 1 な, な娘さん, な小娘

▼ 若い犯人~ (5, 0.0%)

1 が, の側, の心, は, はこ

▼ 若い~ (5, 0.0%)

1 がはいりこん, の愛らし, はどれ, はまた, ばかり多い

▼ 若い男の子~ (5, 0.0%)

1 が少い, に会った, の罪, や女の子, を遊んだ

▼ 若い知識人~ (5, 0.0%)

1 であるから, には既に, の生活感情, の軽侮, の間

▼ 若い~ (5, 0.0%)

2 尼が 1 宗室とは, 尼とは, 尼は

▼ 若い自分~ (5, 0.0%)

1 がそれ, が従妹, の姿さ, の肉体, よりも新しい

▼ 若い船員たち~ (5, 0.0%)

1 にとってはその, はびっくり, はほか, は或, は目

▼ 若い色好み~ (5, 0.0%)

5 の心

▼ 若い~ (5, 0.0%)

4 売りは 1 売りが

▼ 若い血気~ (5, 0.0%)

1 に任せ, の少年, の門弟衆, もやらぬ, も未だ

▼ 若い軍人~ (5, 0.0%)

1 が非常手段, だ, はロマンティック, は殆ど, は言った

▼ 若い~ (5, 0.0%)

3 ましい男 1 ましい武者たち, ましい顔

▼ 若い逞しい~ (5, 0.0%)

1 両腕, 人達ばかりが, 体格の, 男, 船夫であった

▼ 若い馬商人~ (5, 0.0%)

1 の幸内, は, は小腰, は心得, を幸内

▼ 若い鮮人~ (5, 0.0%)

1 だつた, で人蔘売, と二人きり, によびとめられた, は好き

▼ 若い鹿~ (5, 0.0%)

3 のよう 1 に追いやられる, より身軽さうに

▼ 若いしかし~ (4, 0.0%)

1 あまり美しく, 凛々しく身拵え, 日本人に, 落着いた

▼ 若いとも~ (4, 0.0%)

1 いえる, 思いまだ, 考えられなかなか, 言えない独身者

▼ 若い~ (4, 0.0%)

21 ま胡瓜, 御若い

▼ 若いまう~ (4, 0.0%)

4 半月も

▼ 若いまじめ~ (4, 0.0%)

1 な人, な医者, な坑夫, な女性

▼ 若いまだ~ (4, 0.0%)

1 世間を, 二十台の, 少女の, 若い

▼ 若いむす~ (4, 0.0%)

2 めが 1 めだった, めでした

▼ 若いアメリカ~ (4, 0.0%)

1 が持っ, の将校, の文化, の眼

▼ 若いインテリ~ (4, 0.0%)

1 の人たち, の倅伊予守, の眼, らしい婦人

▼ 若いコムソモール~ (4, 0.0%)

1 で共同経済, の全, の出身, の男女

▼ 若いジェネレエション~ (4, 0.0%)

2 の間 1 のトップ, の熱狂

▼ 若いピアニスト~ (4, 0.0%)

1 が何, が音楽会, だった, の方

▼ 若いボーイ~ (4, 0.0%)

1 が扉, に茶, はふるえあがっ, を連れ

▼ 若いユダヤ人~ (4, 0.0%)

1 がジャック, である, であると, のある

▼ 若いロシヤ~ (4, 0.0%)

2 の青年達 1 の労働者, の青年男女

▼ 若い一対~ (4, 0.0%)

2 の男女 1 が幾組, の立派

▼ 若い~ (4, 0.0%)

1 けにあなた, けに夜警団廃止, けに敏感, けに気

▼ 若い中尉~ (4, 0.0%)

1 がい, がつかつか, は壇, を第

▼ 若い主婦さん~ (4, 0.0%)

1 がわざわざ, にとって昔, に冬子, の手

▼ 若い二三人~ (4, 0.0%)

1 のプロレタリア作家, の女房, の娘, の婢

▼ 若い亜米利加人~ (4, 0.0%)

1 が自分, と踊, と踊っ, の服装

▼ 若い人生~ (4, 0.0%)

1 には経験, のどの, の声々, の路

▼ 若い俳優たち~ (4, 0.0%)

1 にとってはまたとないよい, のうち, の動きはじめ, はアメリカ人

▼ 若い党員~ (4, 0.0%)

2 が恋愛 1 である車掌, の生き

▼ 若い内儀~ (4, 0.0%)

1 か綺麗, が夕方近く, じゃ, や娘達

▼ 若い劇作家連~ (4, 0.0%)

1 が変, に向っ, は面白, も道庵

▼ 若い劇団~ (4, 0.0%)

1 としてのそれ以上, の将来, の手, は今度

▼ 若い勤労者~ (4, 0.0%)

1 としての主人公, とインテリゲンツィア, の生活, の間

▼ 若い医者達~ (4, 0.0%)

1 が幾人, の喚き, は懸命, は暗い

▼ 若い単純~ (4, 0.0%)

1 で素朴, な代, な性情, な頭

▼ 若い叔母さん~ (4, 0.0%)

1 けふ, だ, はそんな, も遊び

▼ 若い和尚~ (4, 0.0%)

1 から聞かされた, が中学生, に訊ね, の経

▼ 若い国民~ (4, 0.0%)

1 にゆだねられ, の中, の大, の教育

▼ 若い国語~ (4, 0.0%)

3 の先生 1 の大井先生

▼ 若い地鶏~ (4, 0.0%)

1 がいつも, が彼, が老, は勝

▼ 若い士官たち~ (4, 0.0%)

1 が如何, は容易, は彼ら, も安心

▼ 若い外人~ (4, 0.0%)

1 が一杯, でした, の妻君, は大抵

▼ 若い~ (4, 0.0%)

1 商人と, 地主と, 守が, 守として

▼ 若い女ひとり~ (4, 0.0%)

1 が加わっ, のところ, の姿, をどう

▼ 若い女共~ (4, 0.0%)

1 が日毎, の寢込, も二三人ジヤラジヤラ, を除け

▼ 若い女医~ (4, 0.0%)

1 が診, に任し, は看護婦, をめがけ

▼ 若い女学生たち~ (4, 0.0%)

1 がざわめい, が真直, はあまり, は下

▼ 若い女工~ (4, 0.0%)

1 が床, の, の姿, までこの

▼ 若い~ (4, 0.0%)

1 がいた, の方, はそう, や小さな

▼ 若い~ (4, 0.0%)

1 が私達, であった母, の懷姙, を相手

▼ 若い学者たち~ (4, 0.0%)

1 にきわめて, に一読, に彼, は鉱山学

▼ 若い學生~ (4, 0.0%)

1 がふい, などが大勢乘つて, はその後役人, はたま

▼ 若い家族~ (4, 0.0%)

1 の光景, の方, は三番息子, を同情

▼ 若い将軍家~ (4, 0.0%)

1 がお, にとつて, になびきした, の一途

▼ 若い小柄~ (4, 0.0%)

1 なおかみさん, な女, な男, な秘書

▼ 若い小説家~ (4, 0.0%)

2 としては珍 1 と同じ, や詩人

▼ 若い少年~ (4, 0.0%)

2 が初めて 1 の稚な, の頃

▼ 若い年頃~ (4, 0.0%)

1 の人, の男, の者, の芸者

▼ 若い御新造~ (4, 0.0%)

1 が楢山夫人, が羽織, はあんな, は時々

▼ 若い御方~ (4, 0.0%)

1 と幼い, の仰, の義, はどうか

▼ 若い心持~ (4, 0.0%)

1 は持っ, をこんな, をわたし, を語り合った

▼ 若い患者~ (4, 0.0%)

1 がいつも, が他, が競争, にあなた

▼ 若い~ (4, 0.0%)

1 がまとも, で互, の充ちた, の微笑

▼ 若い才能~ (4, 0.0%)

1 と自称, に遭う, の芽, は思い切り

▼ 若い教員~ (4, 0.0%)

2 の事 1 そして新鮮, に挨拶

▼ 若い旅絵師~ (4, 0.0%)

1 がまじっ, に取っ, は伝兵衛, をよろこん

▼ 若い有能~ (4, 0.0%)

1 な作家, な学者, な雑誌記者, な雜誌記者

▼ 若い~ (4, 0.0%)

2 の娘 1 の男等, の青年

▼ 若い東洋人~ (4, 0.0%)

1 が群集, だった, はなおも, はなんと

▼ 若い~ (4, 0.0%)

4 の木

▼ 若い~ (4, 0.0%)

2 の木 1 のいが, の梢

▼ 若い~ (4, 0.0%)

2 が高く, だ

▼ 若い武士たち~ (4, 0.0%)

1 であった, には不愉快, の気性, も黙っ

▼ 若い殿様~ (4, 0.0%)

1 が家来たち, が粋, に可愛がられる, をグイグイ

▼ 若い母さん~ (4, 0.0%)

1 が胸, に手, に觸, のうち

▼ 若い熱情~ (4, 0.0%)

21 が下駄, を失

▼ 若い牝鹿~ (4, 0.0%)

2 のよう 1 がさき, のやう

▼ 若い~ (4, 0.0%)

1 だつたら詩人, のよう, の方, を叱りつけ

▼ 若い生徒~ (4, 0.0%)

1 がそんな, ではない, と来たら, の体

▼ 若い生活~ (4, 0.0%)

1 のある, の印象, の裏面, を拡げよう

▼ 若い田舎者~ (4, 0.0%)

1 が立っ, に見せびらかした, の乱暴さ, はそれ

▼ 若い男女たち~ (4, 0.0%)

1 に心から, の生活感情, はその, は話しだした

▼ 若い真面目~ (4, 0.0%)

1 で清潔, な女, な女性, な技術者たち

▼ 若い~ (4, 0.0%)

1 がうち, の裡, は陽炎, を輝かし

▼ 若い神官~ (4, 0.0%)

1 にみちびかれ, は非常, もなんとなく, をともなっ

▼ 若い立派~ (4, 0.0%)

1 なお, な方, な浪人者, な男

▼ 若い~ (4, 0.0%)

2 二十三号は, 四子が

▼ 若い~ (4, 0.0%)

1 な商業学校出, な少女, な心, 想誠な

▼ 若い編輯者~ (4, 0.0%)

1 がやって来た, の須田正太郎, はその, は不思議

▼ 若い美し~ (4, 0.0%)

2 さにも 1 さが, さを

▼ 若い美僧~ (4, 0.0%)

1 が熊野詣で, で忘れられない, は帰途, は重々

▼ 若い美術家~ (4, 0.0%)

1 などがほめる, の中, はそこで, も多勢巴里

▼ 若い者ら~ (4, 0.0%)

1 が休息所, が用心, に押しすくめられ, は大きな

▼ 若い背広~ (4, 0.0%)

1 に紹介, の男, の関, の青年

▼ 若い自由~ (4, 0.0%)

1 な女達, な広い, な思想, を愉し

▼ 若い色男~ (4, 0.0%)

1 が出入, と遊ん, のお客, の兵隊

▼ 若い~ (4, 0.0%)

1 がそこ, の髯, をあらわさない, を手折る

▼ 若い~ (4, 0.0%)

1 になっ, は松葉, をたくさん, を伸ばさない

▼ 若い虚無僧~ (4, 0.0%)

1 が戻, の手, の方, の腕

▼ 若い血潮~ (4, 0.0%)

1 が燃えあがる, が盛られ, のいまだに, を湧き立たせた

▼ 若い血色~ (4, 0.0%)

2 のいい 1 でそうして, のい

▼ 若い読者たち~ (4, 0.0%)

1 からは此, が案外, によろこばれる, の熱心

▼ 若い貴女~ (4, 0.0%)

2 のため 1 などは置い, は縁組み

▼ 若い軍医~ (4, 0.0%)

1 は聴診器, は脈, もありました, や将校

▼ 若い運転手~ (4, 0.0%)

1 が窓, が聴き返した, が訊いた, の指

▼ 若い~ (4, 0.0%)

1 の白海豹ルカンノン, 鴨は, 鷄が, 鷄を

▼ 若い雇人~ (4, 0.0%)

1 だった, などは夜, の顔, は声

▼ 若い馬子~ (4, 0.0%)

1 が平気, にいっ, の深切, をよく

▼ 若い馭者~ (4, 0.0%)

1 が凍え, が大胆, が馬, は乾草

▼ 若い駕籠屋~ (4, 0.0%)

1 がちょうど, であった, であったの, は黙っ

▼ 若い~ (4, 0.0%)

1 でなくては, は翼, は若い, を引く

▼ 若い~ (4, 0.0%)

2 などが来 1 なのよ, は私

▼ 若い~ (3, 0.0%)

2 われな 1 ねごの

▼ 若いあなた方~ (3, 0.0%)

1 にはわかり, にもほぼ, の胸

▼ 若いいい~ (3, 0.0%)

1 牛は, 牛を, 男だ

▼ 若いいのち~ (3, 0.0%)

1 の遣, を自ら, を遠慮

▼ 若いおとなし~ (3, 0.0%)

3 そうな

▼ 若いがん~ (3, 0.0%)

1 がたずねました, が答え, はみんな

▼ 若いしっかり~ (3, 0.0%)

1 したお, した指物師, した良人

▼ 若いじゃ~ (3, 0.0%)

2 ありませんか 1 ありませんかと

▼ 若いそれ~ (3, 0.0%)

1 だのに, までには及ばぬ, も女

▼ 若いつや子~ (3, 0.0%)

1 が涙, にとって待つべき, は形

▼ 若いとか~ (3, 0.0%)

1 また親, 綺麗とか, 美しいとか

▼ 若いのね~ (3, 0.0%)

1 うれしい, え廿一, 第一

▼ 若い~ (3, 0.0%)

2 けもの 1

▼ 若いぴちぴち~ (3, 0.0%)

1 した兵隊, した艦長ザベリン中尉, した青年

▼ 若いほど~ (3, 0.0%)

1 大きな希望, 身に, 軽いならい

▼ 若いぼく~ (3, 0.0%)

1 にだって理解, にはたまらない, の影像

▼ 若いらしく~ (3, 0.0%)

1 でもサラ系, 何んと, 身扮も

▼ 若いわたし~ (3, 0.0%)

1 の心, はそれ, は一種

▼ 若いイギリス~ (3, 0.0%)

1 の女, の御, の紳士

▼ 若いインテリゲンツィア~ (3, 0.0%)

1 としての学生, によって創刊, の女

▼ 若いジャンナン~ (3, 0.0%)

1 にたいして多少, は同輩ら, は空中征服者ら

▼ 若いヂェネレエション~ (3, 0.0%)

1 のうち, のなか, を刺激

▼ 若いフランス~ (3, 0.0%)

3 の女

▼ 若いフランス人~ (3, 0.0%)

1 が居た, と云え, も同じ

▼ 若いルセアニア~ (3, 0.0%)

3 の商人

▼ 若いルセアニア人~ (3, 0.0%)

1 のこと, はそんな, をいきなり

▼ 若いロシア~ (3, 0.0%)

1 の男女, の要求, の青年

▼ 若いロシア人~ (3, 0.0%)

1 とだけで名前, のほか, の連中

▼ 若い一番~ (3, 0.0%)

1 のお, 無智無能, 美しくて

▼ 若い~ (3, 0.0%)

2 つ引 1 の娘

▼ 若い下男~ (3, 0.0%)

1 が荷物, であった, は目

▼ 若い中間~ (3, 0.0%)

1 が一人, が嘘, はほっと

▼ 若い丸髷~ (3, 0.0%)

1 のお上さん, の下町式マダム, の其の

▼ 若い~ (3, 0.0%)

1 が取り詰めた, というもの, と朝

▼ 若い主人公~ (3, 0.0%)

1 になり済まし, は熊本, をした

▼ 若い主人夫婦~ (3, 0.0%)

2 が出 1 がわたし

▼ 若い人みんな~ (3, 0.0%)

2 に選挙権 1 がっちりした

▼ 若い人ら~ (3, 0.0%)

1 は恋, は皆, は身

▼ 若い~ (3, 0.0%)

1 のうち, 松には, 道心は

▼ 若い仏蘭西人~ (3, 0.0%)

1 があった, が恐ろしい, のある

▼ 若い代用教員~ (3, 0.0%)

1 が住ん, が教鞭, は源氏物語

▼ 若い会員~ (3, 0.0%)

1 が出品, の学生, を加えた

▼ 若い伸子~ (3, 0.0%)

1 が求め, にとって食物, に日本

▼ 若い~ (3, 0.0%)

1 でも自分, にも知らない, も知らない

▼ 若い作男~ (3, 0.0%)

1 が住みこん, が其処, であった

▼ 若い侍女~ (3, 0.0%)

1 が出, が近づい, をつれ

▼ 若い修道僧~ (3, 0.0%)

1 は出家, を呼ん, を恋する

▼ 若い働き手~ (3, 0.0%)

1 をカリコ, を引ずり出し, を戦場

▼ 若い働き盛り~ (3, 0.0%)

1 の馬, の馬達, をおれ

▼ 若い~ (3, 0.0%)

1 が市内, だけがタッタ一人, はも少し

▼ 若い~ (3, 0.0%)

2 氣の 1 氣で

▼ 若い~ (3, 0.0%)

1 が残つて, が殘つて, と匂い

▼ 若い兩親~ (3, 0.0%)

1 の手, はそして, は一人兒

▼ 若い内儀さん~ (3, 0.0%)

1 が裾, であった, の名

▼ 若い写真師~ (3, 0.0%)

1 がいる, は廊下, を

▼ 若い別嬪~ (3, 0.0%)

1 と来りゃ, の後妻, を出し

▼ 若い刺青師~ (3, 0.0%)

1 の心, の腕, の霊

▼ 若い助教授~ (3, 0.0%)

1 に譲っ, のこと, はこんなに

▼ 若い労働者たち~ (3, 0.0%)

1 の歴史的使命, は警察, よ

▼ 若い参謀~ (3, 0.0%)

1 が指し示す, に早口, は満面

▼ 若い友だち~ (3, 0.0%)

1 がフランス, の, は笑った

▼ 若い友人諸君~ (3, 0.0%)

1 が期せずし, の手, の配慮

▼ 若い友人達~ (3, 0.0%)

1 が東西南北, が見送り, は私

▼ 若い可愛い~ (3, 0.0%)

1 僧が, 女で, 嫁の

▼ 若い可憐~ (3, 0.0%)

1 な奥さん, な姿, な娘

▼ 若い同僚たち~ (3, 0.0%)

1 に交っ, に揶揄われ, へ過敏

▼ 若い咄家~ (3, 0.0%)

1 が聞い, が高座, はほとんど

▼ 若い~ (3, 0.0%)

1 のいい, の佳い, よくない

▼ 若い団員~ (3, 0.0%)

1 が二人, にまもられ, はにっこり

▼ 若い圓朝~ (3, 0.0%)

2 の前 1 をいよいよ

▼ 若い坑夫~ (3, 0.0%)

1 が己, の死骸, は半

▼ 若い外国婦人~ (3, 0.0%)

2 でこれ 1 が乳母車

▼ 若い大将~ (3, 0.0%)

1 が白い, である, を討ち

▼ 若い大工さん~ (3, 0.0%)

1 でした, と一つ火鉢, の嫁

▼ 若い大胆~ (3, 0.0%)

1 なはなばなしく, な無法者, な熱情

▼ 若い太陽~ (3, 0.0%)

1 が眠っ, に, は輝き

▼ 若い奇麗~ (3, 0.0%)

1 なご, な人, な夫人

▼ 若い奧さん~ (3, 0.0%)

1 であつ, のゐる, の水淺葱

▼ 若い女ら~ (3, 0.0%)

1 でありました, の群れ, はほとんど

▼ 若い女主人~ (3, 0.0%)

1 のよう, の様子, は唇元

▼ 若い女先生~ (3, 0.0%)

1 がくる, の心情, は思いだす

▼ 若い女同士~ (3, 0.0%)

1 といふもの, の, の葛藤

▼ 若い女同志~ (3, 0.0%)

1 だと, で同じ, という縁故

▼ 若い女四人~ (3, 0.0%)

2 も殺し 1 までも狙

▼ 若い女房ら~ (3, 0.0%)

1 は情けない, は河, は笑っ

▼ 若い女房等~ (3, 0.0%)

1 はそれでも, は仲間, は竈

▼ 若い好奇心~ (3, 0.0%)

1 と敵愾心, に富んだ, のある

▼ 若い妖女~ (3, 0.0%)

1 がとばり, のひとり, はお姫さま

▼ 若い~ (3, 0.0%)

2 をやとった 1 のこと

▼ 若い~ (3, 0.0%)

1 の和歌, の慧, の父

▼ 若い姫君~ (3, 0.0%)

1 の心, はまして, を動かす

▼ 若い婦人作家~ (3, 0.0%)

1 がアナーキスト仲間, が少し, を育てあげ得る

▼ 若い婦人労働者~ (3, 0.0%)

1 がいてよんだ, に, の中

▼ 若い子ら~ (3, 0.0%)

1 にしばらく, にののしられかねまい, にほんの

▼ 若い子供~ (3, 0.0%)

1 の事, の様, らしさ

▼ 若い子分~ (3, 0.0%)

1 が出, と顔, を一人

▼ 若い子息~ (3, 0.0%)

1 に耳鼻咽喉, の一人, を放縦

▼ 若い孔明~ (3, 0.0%)

1 の眸, はそう, は梁父

▼ 若い官員~ (3, 0.0%)

1 が襖, はきちんと, は考え

▼ 若い客人~ (3, 0.0%)

2 のま 1 の勇気

▼ 若い将校たち~ (3, 0.0%)

1 とこの, のあいだ, はする

▼ 若い将校連~ (3, 0.0%)

1 の風評, はだんだん, もいつの間にか

▼ 若い屈強~ (3, 0.0%)

1 な下婢, な男, な男たち

▼ 若い~ (3, 0.0%)

1 っ引, つ引, と愛子

▼ 若い島民~ (3, 0.0%)

3 の女

▼ 若い年代~ (3, 0.0%)

1 には何かしら, に良い, の人たち

▼ 若い幼虫~ (3, 0.0%)

1 が普通, が未来, に食物

▼ 若い弁護士~ (3, 0.0%)

1 である, に委せ, を見つめ

▼ 若い役人たち~ (3, 0.0%)

1 が取り次い, はほめた, は外国

▼ 若い彼ら~ (3, 0.0%)

1 がうちこまれた, の雑多, は怒っ

▼ 若い彼等~ (3, 0.0%)

1 のもっ, の生活, を十分興奮

▼ 若い従妹~ (3, 0.0%)

1 がこう, の傍, も小声

▼ 若い従業員~ (3, 0.0%)

1 が肱, に親切, は短く

▼ 若い御用聞~ (3, 0.0%)

1 がいきなり, の一人, の伊太郎

▼ 若い忠興~ (3, 0.0%)

1 には, はふと, は胸

▼ 若い快活~ (3, 0.0%)

1 な声, な詩人, な顔

▼ 若い恋人たち~ (3, 0.0%)

1 がこの, ではなく, の望み

▼ 若い手先~ (3, 0.0%)

1 が二三人, に預け, は親分

▼ 若い技士~ (3, 0.0%)

1 だった, によびかけた, は頭

▼ 若い技手~ (3, 0.0%)

1 が熱い熱い, に白い, はこの

▼ 若い指導員たち~ (3, 0.0%)

1 は話す, をもてなした, を殺した

▼ 若い支那婦人~ (3, 0.0%)

1 だが, などには迚, のみのやう

▼ 若い放浪者~ (3, 0.0%)

1 には無, の顔付, はドン

▼ 若い敏感~ (3, 0.0%)

1 なアンテナ, な女性たち, な読者たち

▼ 若い新鮮~ (3, 0.0%)

2 な女性 1 なクラブ員

▼ 若い~ (3, 0.0%)

1 の外気, の永い, は忽ち

▼ 若い書記~ (3, 0.0%)

1 の一人, はまた, は二人

▼ 若い~ (3, 0.0%)

1 がまばら, が生えた, の群

▼ 若い~ (3, 0.0%)

1 が少し, の葉, を植え

▼ 若い~ (3, 0.0%)

2 の木 1 の梢

▼ 若い~ (3, 0.0%)

1 がいっぱい, が鮮やか, はその

▼ 若い樹木~ (3, 0.0%)

2 の疎林 1 が枝

▼ 若い殿上役人~ (3, 0.0%)

1 が始終, が寄っ, などは見物席

▼ 若い母たち~ (3, 0.0%)

1 が子供, が自分たち, またはこれから

▼ 若い水兵~ (3, 0.0%)

1 がびっくり, がびつくり, が教え

▼ 若い洋画家~ (3, 0.0%)

1 によく, のやう, は日本画

▼ 若い浮気~ (3, 0.0%)

1 な女房, な心, な美しい

▼ 若い海女~ (3, 0.0%)

1 が一人, が二三人, の後ろ姿

▼ 若い海軍~ (3, 0.0%)

1 とをいい加減, のヘッポコ少尉, の武官

▼ 若い牝狐~ (3, 0.0%)

1 が一匹, だったの, の生き肝

▼ 若い物理学者~ (3, 0.0%)

1 ですが, としてこの, の

▼ 若い独逸人~ (3, 0.0%)

2 の客 1 は知らぬ

▼ 若い生命力~ (3, 0.0%)

1 の源泉, をもつ, を信ずる

▼ 若い生徒たち~ (3, 0.0%)

2 は一群れ 1 を魅

▼ 若い生活力~ (3, 0.0%)

1 が漲り溢れる, に溢れた, の旺

▼ 若い男ども~ (3, 0.0%)

1 であった, の噂, も間もなく

▼ 若い男らしい~ (3, 0.0%)

2 のだ 1 望みも

▼ 若い~ (3, 0.0%)

1 の作曲家, の弁護士, の辯護士

▼ 若い画家達~ (3, 0.0%)

1 の描いた, の間, はこれ

▼ 若い病人~ (3, 0.0%)

1 はこの, も死人同様, も笑っ

▼ 若い白人~ (3, 0.0%)

2 の女 1 の娘たち

▼ 若い監督~ (3, 0.0%)

1 の早田, は, も彼

▼ 若い~ (3, 0.0%)

1 にはありあり, には毛頭, は断絶

▼ 若い研究者~ (3, 0.0%)

1 がたくさん写真, がぼつぼつ, の人たち

▼ 若い祖先~ (3, 0.0%)

1 と一體, の迅速さ, は男爵ピロヴァノ中隊所屬

▼ 若い~ (3, 0.0%)

1 がチョコチョコ, とあっし二人, は一番熱心

▼ 若い禅坊主~ (3, 0.0%)

1 なの, にはふさぎ, は自分

▼ 若い禅師さま~ (3, 0.0%)

1 にお目にかかつた, に就い, の兢々

▼ 若い私たち~ (3, 0.0%)

1 ですもの, ですわ, にはこの

▼ 若い私達~ (3, 0.0%)

1 の心, はいつも, よいい

▼ 若い科学者~ (3, 0.0%)

1 たる彼, は夢, は帰途

▼ 若い空想~ (3, 0.0%)

1 にふけっ, に富んだ, を傾けつくし

▼ 若い~ (3, 0.0%)

1 だが, や七十五日づつ何遍, よ

▼ 若い継母~ (3, 0.0%)

1 が来, はかなり, は親しく

▼ 若い者知つて~ (3, 0.0%)

3 お出なさらう

▼ 若い~ (3, 0.0%)

1 でした, で四行詩, の媚

▼ 若い職員~ (3, 0.0%)

1 の一人, は擽る, は窓

▼ 若い肉體~ (3, 0.0%)

1 には別に少し, は避け, を

▼ 若い船頭さん~ (3, 0.0%)

1 が恐縮, が白雲, のため

▼ 若い色白~ (3, 0.0%)

1 の厭味, の女, の顔

▼ 若い~ (3, 0.0%)

1 のある, めかしい怪しげ, やかな処女

▼ 若い芸子~ (3, 0.0%)

1 がアタフタ, が一人, が二人

▼ 若い英吉利紳士~ (3, 0.0%)

1 である一事, に私, の頭

▼ 若い英国~ (3, 0.0%)

2 の騎兵 1 の動物学者

▼ 若い英語~ (3, 0.0%)

2 の先生 1 の先生たち

▼ 若い~ (3, 0.0%)

1 が石コロ, のよう, は伸びず

▼ 若い葉子~ (3, 0.0%)

1 とのこうした, の一挙一動, の軟らかい

▼ 若い薬剤師~ (3, 0.0%)

1 と時々, は丸木, は人なつこく

▼ 若い藝子~ (3, 0.0%)

1 がアタフタ, が一人, が二人

▼ 若い血汐~ (3, 0.0%)

1 が躍る, の漲っ, も魂

▼ 若い見習弟子~ (3, 0.0%)

2 がひとり 1 と一緒

▼ 若い~ (3, 0.0%)

1 が相談, だったこと, とも言いたい

▼ 若い記者諸君~ (3, 0.0%)

1 に対してはたしかに, に訊い, の意見

▼ 若い評論家~ (3, 0.0%)

1 がこぞって, の藤川徹至, は新しい

▼ 若い~ (3, 0.0%)

1 とも情趣, や歌, を夢見させ

▼ 若い軽部~ (3, 0.0%)

3 は顔

▼ 若い農婦~ (3, 0.0%)

1 がだしぬけ, がマンノー, に惚れた

▼ 若い農村~ (3, 0.0%)

1 の女性, の娘, の娘たち

▼ 若い遊女~ (3, 0.0%)

1 が紅, でしもぶくれ, にそういう

▼ 若い道連れ~ (3, 0.0%)

2 の方 1 に奢っ

▼ 若い部下~ (3, 0.0%)

1 ぐらいのもの, のはなやか, の出動命令

▼ 若い銀行員~ (3, 0.0%)

2 に化けた 1 を委員長

▼ 若い銀行家~ (3, 0.0%)

1 があつ, に落籍される, はその

▼ 若い門人たち~ (3, 0.0%)

1 と詩書礼楽, の口, は弱らされ

▼ 若い院長~ (3, 0.0%)

1 と懇意, の健策, は立ち上り

▼ 若い雄鶏~ (3, 0.0%)

1 が一羽, のお, の二百五十目位

▼ 若い雌鶏~ (3, 0.0%)

1 が飛びつい, などはころげ, は

▼ 若い雲水たち~ (3, 0.0%)

1 が集っ, の間, はまたも

▼ 若い青年たち~ (3, 0.0%)

1 に向っ, の顔, は又

▼ 若い青年男女~ (3, 0.0%)

1 に対する映画, の心持ち, は鮎

▼ 若い非常~ (3, 0.0%)

1 に学者, に美男, に美貌

▼ 若い~ (3, 0.0%)

1 っぺた, を伝つて絶間, を濡らします

▼ 若い騎士~ (3, 0.0%)

1 が揃つて旅, の蜂, を愛し

▼ 若い~ (3, 0.0%)

1 があずかっ, が立っ, もすそ

▼ 若い魚屋~ (3, 0.0%)

1 が置い, とがそれ, の横顔

▼ 若い鷹匠~ (3, 0.0%)

1 とのあいだ, に対してよほどの好意, を歓待

▼ 若い麗人~ (3, 0.0%)

1 が入口, であった, のこと

▼ 若い~ (3, 0.0%)

1 が或, のグリツプ, の名前

▼ 若いあの~ (2, 0.0%)

1 変貌した, 男を

▼ 若いあはれ~ (2, 0.0%)

1 な乞食, な姿

▼ 若いいなせ~ (2, 0.0%)

2 な植木屋

▼ 若いいや~ (2, 0.0%)

1 幼い巫女, 若い者

▼ 若いうぐいす~ (2, 0.0%)

1 は灰色, は目

▼ 若いおしゃべり~ (2, 0.0%)

1 のおっちょこちょい, の私

▼ 若いおばさん~ (2, 0.0%)

1 がねこ, が赤ちゃん

▼ 若いおまけ~ (2, 0.0%)

1 に先刻, に美しい

▼ 若いおまわりさん~ (2, 0.0%)

1 と三人, はハッ

▼ 若いお客さん~ (2, 0.0%)

1 から得た, の手首

▼ 若いお店者~ (2, 0.0%)

1 などを見る, のした

▼ 若いからだ~ (2, 0.0%)

1 だから, を動かし

▼ 若いからとて~ (2, 0.0%)

1 あんまりであった, それほど物好き

▼ 若いからよ~ (2, 0.0%)

1 ホホホホ, 思い直して

▼ 若いがんたち~ (2, 0.0%)

1 が狭い, はいくばく

▼ 若いくっ~ (2, 0.0%)

2 きょうな

▼ 若いこれから~ (2, 0.0%)

1 だ, の女性

▼ 若いしかも~ (2, 0.0%)

1 まだ独身, 恋に

▼ 若い~ (2, 0.0%)

2 ぶんには

▼ 若いすらり~ (2, 0.0%)

2 とした

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 大次郎, 若いぞ

▼ 若いたいこ~ (2, 0.0%)

2 持ち茶人

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 へッ, んべ

▼ 若いといった~ (2, 0.0%)

1 ジグスは, 分でしょう

▼ 若いといつて~ (2, 0.0%)

2 ももう

▼ 若いとき一時美術史~ (2, 0.0%)

2 に熱中

▼ 若いどうし~ (2, 0.0%)

1 であった, は放縦

▼ 若いなりに~ (2, 0.0%)

1 さっぱりと, 年配なら

▼ 若いには~ (2, 0.0%)

1 似ぬ感心, 更にヨリ以上

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 そうムキになられる, 御器量

▼ 若いのよ~ (2, 0.0%)

1 いくつ位に, そして黒い

▼ 若いみそら~ (2, 0.0%)

1 であるため, で副使

▼ 若いみどり~ (2, 0.0%)

1 の草, は萌え止まぬ

▼ 若いものの~ (2, 0.0%)

1 ひとしく心, 妙な

▼ 若いもの二人~ (2, 0.0%)

1 がパリ, は旅

▼ 若いもの同志~ (2, 0.0%)

1 の話, 親しい口

▼ 若いもみ~ (2, 0.0%)

2 の木

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 さ形, ねい

▼ 若いよい~ (2, 0.0%)

1 女房たちと, 女房を

▼ 若いわたくし~ (2, 0.0%)

1 には分りよう, をいつ

▼ 若いんで~ (2, 0.0%)

1 みんなやっ, 少し変

▼ 若いアンマ~ (2, 0.0%)

1 がいる, もやる

▼ 若いイタリー~ (2, 0.0%)

1 の偶像破壊者的熱情, を理解

▼ 若いインテリゲント~ (2, 0.0%)

1 が自分, にとって新聞

▼ 若いインテリ青年~ (2, 0.0%)

1 に於, のうち

▼ 若いエセックス~ (2, 0.0%)

1 が宮廷, ははじめて

▼ 若いエンマ~ (2, 0.0%)

1 の前, もまた

▼ 若いカール~ (2, 0.0%)

1 とイエニー夫妻, はそうして

▼ 若いクレオパトラ~ (2, 0.0%)

2 の口

▼ 若いグループ~ (2, 0.0%)

1 には見られない, の中

▼ 若いサラリイマン~ (2, 0.0%)

1 に妙, や大きい

▼ 若いシューマン~ (2, 0.0%)

1 にとっては不幸, をすっかり

▼ 若いシリア人~ (2, 0.0%)

1 に恋, は盤面

▼ 若いスマート~ (2, 0.0%)

1 なトルコ人, な男

▼ 若いタイピスト~ (2, 0.0%)

1 であつ, は眼鏡

▼ 若いダンサー~ (2, 0.0%)

1 がタツプダンス, のステップ

▼ 若いトン子~ (2, 0.0%)

1 と称, は部屋

▼ 若いドイツ~ (2, 0.0%)

1 がやはり, が傾けつくし

▼ 若いパーシウス~ (2, 0.0%)

1 は悲しい, を呼び

▼ 若いフランス婦人~ (2, 0.0%)

1 の生活, の行く

▼ 若いマダム~ (2, 0.0%)

1 は体, を見た

▼ 若いマン~ (2, 0.0%)

1 の世間知らず, の胸

▼ 若いマーニャ~ (2, 0.0%)

1 は家庭教師, も苦しい

▼ 若いモーニング~ (2, 0.0%)

2 を着た

▼ 若いラクシャン~ (2, 0.0%)

2 第四子

▼ 若いロセツチ~ (2, 0.0%)

2 が生命

▼ 若いロマンチック~ (2, 0.0%)

1 と呼ばれる, なもの

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 だか, でせう

▼ 若い一派~ (2, 0.0%)

1 どうです, に惚れ込まない

▼ 若い一知~ (2, 0.0%)

1 がマユミ, にとっては天来

▼ 若い丁稚~ (2, 0.0%)

1 が店使, が店使い

▼ 若い七之助~ (2, 0.0%)

2 の胸一杯

▼ 若い丈夫~ (2, 0.0%)

1 な男, な躯つき

▼ 若い三十二三~ (2, 0.0%)

1 ぐらいのこれ, になつ

▼ 若い三十代~ (2, 0.0%)

1 の寧ろ, の少く

▼ 若い上品~ (2, 0.0%)

1 な僧侶, な淑女

▼ 若い上野先生~ (2, 0.0%)

1 の言葉, はにっこり

▼ 若い下役~ (2, 0.0%)

1 は馬の脚, へ話しかけた

▼ 若い下町風~ (2, 0.0%)

1 の夫婦, の娘

▼ 若い世間~ (2, 0.0%)

1 は手, 知らずなお

▼ 若い並木~ (2, 0.0%)

1 の列, は何と

▼ 若い中国~ (2, 0.0%)

1 の人民, の方

▼ 若い丸顔~ (2, 0.0%)

1 の女性, の従卒

▼ 若い乗手~ (2, 0.0%)

1 のいさまし, を見上ぐれ

▼ 若い事務員たち~ (2, 0.0%)

1 がいまいまし, のダンス

▼ 若い事務員風~ (2, 0.0%)

1 の洋服男, の男

▼ 若い事業家~ (2, 0.0%)

1 だった, だつた

▼ 若い二人づれ~ (2, 0.0%)

1 がこの, を擁し

▼ 若い二個連れ~ (2, 0.0%)

2 の女

▼ 若い二十七八~ (2, 0.0%)

1 のいい, の上品

▼ 若い亜米利加~ (2, 0.0%)

1 の女優たち, の男

▼ 若い交通巡査~ (2, 0.0%)

1 は黒い, を先

▼ 若い人びと~ (2, 0.0%)

1 はビロード張り, は舞踏

▼ 若い人物~ (2, 0.0%)

1 が言つて, も大きく

▼ 若い人等~ (2, 0.0%)

1 が贅沢, の間

▼ 若い人道主義者たち~ (2, 0.0%)

1 の人間性, は同時に

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 の声, はかえって

▼ 若い~ (2, 0.0%)

2 の二人

▼ 若い伍長~ (2, 0.0%)

1 が直立, や軍曹

▼ 若い会社員風~ (2, 0.0%)

1 の二人連れ, の五人連れ

▼ 若い侍体~ (2, 0.0%)

1 の人, の人柄

▼ 若い侍従~ (2, 0.0%)

1 はほのか, は奇怪

▼ 若い侍風~ (2, 0.0%)

1 の人, の男ふたり

▼ 若い依頼者~ (2, 0.0%)

1 はちょっと, を困らせた

▼ 若い俳優志望~ (2, 0.0%)

1 の人たち, の諸君

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 が一人, の心

▼ 若い候補生~ (2, 0.0%)

1 に遠く, の身体

▼ 若い健康そう~ (2, 0.0%)

1 な女, な娘

▼ 若い傲慢~ (2, 0.0%)

1 な衛侯, な衞侯

▼ 若い僧たち~ (2, 0.0%)

1 がばらばら, に話し

▼ 若い優しい~ (2, 0.0%)

1 が何だか, 女が

▼ 若い兄妹~ (2, 0.0%)

1 が揃つて文筆, の姿

▼ 若い兄弟~ (2, 0.0%)

1 はどちら, を描いた

▼ 若い先生達~ (2, 0.0%)

1 から新しい, は綾子

▼ 若い共産主義者~ (2, 0.0%)

2 としての太田

▼ 若い兵士たち~ (2, 0.0%)

1 が戦死, は道ばた

▼ 若い兵隊さん~ (2, 0.0%)

1 が立っ, をへとへと

▼ 若い兵隊さんたち~ (2, 0.0%)

1 とくらべ, はその

▼ 若い准訓導~ (2, 0.0%)

1 の心, は高く

▼ 若い前座~ (2, 0.0%)

1 がいる, は顔全体

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 艦長の, 隊長の

▼ 若い劇壇~ (2, 0.0%)

1 で西洋劇, の中

▼ 若い力持ち~ (2, 0.0%)

1 の新しい, の男

▼ 若い功名心~ (2, 0.0%)

1 が脈々と, に燃え合い

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 任司祭が, 任司祭を

▼ 若い助手さん~ (2, 0.0%)

1 が窓, にはどうも

▼ 若い勇士~ (2, 0.0%)

1 が可愛い, でなけりゃ出来ねえこった

▼ 若い勞働者~ (2, 0.0%)

1 のこと, は

▼ 若い勤め人~ (2, 0.0%)

2 の夫

▼ 若い勤人~ (2, 0.0%)

1 が一緒, としてその

▼ 若い十七八~ (2, 0.0%)

1 のお, の男

▼ 若い十八九~ (2, 0.0%)

1 であろう, のお

▼ 若い十吉~ (2, 0.0%)

1 はいつも, はお

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 七は, 玄人を

▼ 若い卒業生~ (2, 0.0%)

1 もあった, や学生

▼ 若い召使~ (2, 0.0%)

1 がふたり, は武家

▼ 若い同志たち~ (2, 0.0%)

1 と語り, と語り合った

▼ 若い同性~ (2, 0.0%)

1 のため, の読者たち

▼ 若い呉服屋~ (2, 0.0%)

2 の主人

▼ 若い和一郎夫妻~ (2, 0.0%)

1 ののんびり, をパリ

▼ 若い和尚さん~ (2, 0.0%)

1 になっ, は話した

▼ 若い四人~ (2, 0.0%)

1 はつや子, は聖アンナ

▼ 若い四十~ (2, 0.0%)

1 ぐらいの色, ほどの男女

▼ 若い図画~ (2, 0.0%)

2 の先生

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 であったが, で新しい

▼ 若い土工夫~ (2, 0.0%)

1 は確, は逃げだした

▼ 若い地主~ (2, 0.0%)

2 からその

▼ 若い坊主~ (2, 0.0%)

1 がいる, を繁

▼ 若い坊様~ (2, 0.0%)

2 連れて

▼ 若い塾生~ (2, 0.0%)

1 の伊場健之助, もある

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 は新, は武士

▼ 若い売笑婦~ (2, 0.0%)

1 に呼びかけられた, も未来

▼ 若い多く~ (2, 0.0%)

1 の人々, の女

▼ 若い大きな~ (2, 0.0%)

1 男が, 瞳も

▼ 若い大人~ (2, 0.0%)

1 からはじまった, が百人

▼ 若い大夫~ (2, 0.0%)

1 であった, の妻

▼ 若い大学教授~ (2, 0.0%)

1 が交つて, です

▼ 若い大阪人~ (2, 0.0%)

1 は大阪弁, は心

▼ 若い天女~ (2, 0.0%)

1 に非望, の

▼ 若い天才~ (2, 0.0%)

1 は常に, を信用

▼ 若い夫人たち~ (2, 0.0%)

1 が幾百人, の顔

▼ 若い夫婦たち~ (2, 0.0%)

1 が未来, のため

▼ 若い夫婦づれ~ (2, 0.0%)

1 があった, の客

▼ 若い夫婦連れ~ (2, 0.0%)

2 があと

▼ 若い女あるじ~ (2, 0.0%)

1 に不慣れ, の死体

▼ 若い女主人公~ (2, 0.0%)

1 がだんだん, が草原

▼ 若い女將~ (2, 0.0%)

1 が飛ん, の細い

▼ 若い女店員~ (2, 0.0%)

1 がガラス, が雇われ

▼ 若い女店員たち~ (2, 0.0%)

1 はそれぞれ, は朝

▼ 若い女弟子~ (2, 0.0%)

1 に親切, のジヤンヌ・ルミイ

▼ 若い女給仕~ (2, 0.0%)

1 はその, へ彼

▼ 若い女車掌~ (2, 0.0%)

1 に訊いた, は露骨

▼ 若い女連~ (2, 0.0%)

1 と無駄口, は逃げ出した

▼ 若い姉さん~ (2, 0.0%)

2 なぜ泣く

▼ 若い姐さん~ (2, 0.0%)

1 と年寄, の品子

▼ 若い委員達~ (2, 0.0%)

1 が勢い, のウンチク

▼ 若い威勢~ (2, 0.0%)

1 の可, の好い

▼ 若い娘それ~ (2, 0.0%)

1 は佐渡屋, は恐ろしい

▼ 若い娘ふたり~ (2, 0.0%)

2 に若い

▼ 若い娘共~ (2, 0.0%)

1 がガヤガヤ, に只

▼ 若い娘姿~ (2, 0.0%)

1 に和服, もある

▼ 若い娘心~ (2, 0.0%)

1 に銘, はこんな

▼ 若い娘特有~ (2, 0.0%)

2 の透明

▼ 若い娘等~ (2, 0.0%)

1 に課する, の動作

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 が十人位来, の黄いろい

▼ 若い婦人ら~ (2, 0.0%)

1 が平気, のほほえみ

▼ 若い婦人労働者たち~ (2, 0.0%)

1 がおそろい, が示した

▼ 若い婦人客~ (2, 0.0%)

1 が訪ね, のところ

▼ 若い婦人方~ (2, 0.0%)

1 には受, は大抵

▼ 若い婦人記者~ (2, 0.0%)

1 でその, のひと

▼ 若い婦女~ (2, 0.0%)

1 が力, の死骸

▼ 若い~ (2, 0.0%)

2 めかしい声

▼ 若い嫁さん~ (2, 0.0%)

1 の死体, は二つ

▼ 若い嫁たち~ (2, 0.0%)

1 が集っ, のお

▼ 若い孤独~ (2, 0.0%)

1 なゴーリキイ, な妻たち

▼ 若い学僧たち~ (2, 0.0%)

1 も肩, を懐疑

▼ 若い学問~ (2, 0.0%)

1 だから, のある

▼ 若い学校~ (2, 0.0%)

2 の先生

▼ 若い学生時代~ (2, 0.0%)

1 から何, に教

▼ 若い學生達~ (2, 0.0%)

1 に引率, の催

▼ 若い実業家~ (2, 0.0%)

1 の別荘, の森川森

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 であるため, の女房

▼ 若い富山七之助~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ 若い寺男~ (2, 0.0%)

1 が一人, の眼

▼ 若い将校達~ (2, 0.0%)

1 はぞろぞろ, は猿

▼ 若い小僧~ (2, 0.0%)

1 が立っ, つ子

▼ 若い小唄~ (2, 0.0%)

2 の師匠

▼ 若い小姓~ (2, 0.0%)

1 に佐橋甚五郎, の誰

▼ 若い小学教員~ (2, 0.0%)

1 が一人, は不快さうに

▼ 若い小学教師~ (2, 0.0%)

1 があつ, が小学教育

▼ 若い小意気~ (2, 0.0%)

1 な旅人, な男

▼ 若い小男~ (2, 0.0%)

1 が入っ, は急

▼ 若い小綺麗~ (2, 0.0%)

2 な姐さん

▼ 若い小間使い~ (2, 0.0%)

1 であり一人, などの私室

▼ 若い小隊長~ (2, 0.0%)

1 の率, は白刃

▼ 若い少数~ (2, 0.0%)

1 のインテリゲンツィア婦人たち, の婦人画家たち

▼ 若い局長さん~ (2, 0.0%)

1 の命令, は山道

▼ 若い島吉~ (2, 0.0%)

1 に歸, を物色

▼ 若い崇拝者~ (2, 0.0%)

1 がありました, を増し

▼ 若い工夫~ (2, 0.0%)

1 が交代, 酔って

▼ 若い工女~ (2, 0.0%)

1 がその, の死骸

▼ 若い希臘~ (2, 0.0%)

1 の一婦人, の殉教者

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 が公, は羞恥

▼ 若い帰還兵~ (2, 0.0%)

1 の気分, はなんにも

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 公の, 社員たちは

▼ 若い平馬~ (2, 0.0%)

1 の胸, の腕

▼ 若い年ごろ~ (2, 0.0%)

1 の娘, の娘さん

▼ 若い幾多~ (2, 0.0%)

1 の人々, の才能

▼ 若い建築家~ (2, 0.0%)

1 として和一郎, の手

▼ 若い弟子達~ (2, 0.0%)

1 の好奇, の言

▼ 若い弱い~ (2, 0.0%)

1 つや子が, 女性から

▼ 若い張り~ (2, 0.0%)

2 のある

▼ 若い~ (2, 0.0%)

2 そうな

▼ 若い強い~ (2, 0.0%)

1 覇気満々だ, 騎士を

▼ 若い強壮~ (2, 0.0%)

1 な動物, な肉体

▼ 若い弾力~ (2, 0.0%)

1 をもつ, を保つ

▼ 若い彫塑家大国貞蔵氏~ (2, 0.0%)

2 の父

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 になった, ばかりの脚本

▼ 若い彼女たち~ (2, 0.0%)

1 がはっきり, は一重

▼ 若い律勲~ (2, 0.0%)

1 は困惑, は書斎

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 からの世代, 添えを

▼ 若い後家さん~ (2, 0.0%)

1 が夜ふけ, に託し

▼ 若い後進~ (2, 0.0%)

1 のため, の画家

▼ 若い従卒~ (2, 0.0%)

1 が通路, とが降りた

▼ 若い従者~ (2, 0.0%)

1 があっ, がうしろ

▼ 若い御子~ (2, 0.0%)

1 と其後見衆, の着物

▼ 若い心情~ (2, 0.0%)

1 に蒙った, をつよく

▼ 若い恋人達~ (2, 0.0%)

1 にとっては引っ, の未来

▼ 若い恭介~ (2, 0.0%)

2 と須美子

▼ 若い息子さん達~ (2, 0.0%)

1 がお, にはこんな

▼ 若い息子たち~ (2, 0.0%)

1 のこと, は何

▼ 若い悲哀~ (2, 0.0%)

2 は深く

▼ 若い情人~ (2, 0.0%)

1 の名前, はその

▼ 若い感じ~ (2, 0.0%)

1 で鹽原多助, を味

▼ 若い感激~ (2, 0.0%)

1 をもう, を全部否定

▼ 若い慧鶴~ (2, 0.0%)

1 は遂に, ばかりはそれ

▼ 若い憧憬~ (2, 0.0%)

2 に胸

▼ 若い戯曲家~ (2, 0.0%)

1 の思案, は主として

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 で振る, をとらえ

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 から旅行好き, は露西亜人

▼ 若い指物師~ (2, 0.0%)

1 でやはり, で鑿

▼ 若い探偵~ (2, 0.0%)

1 が訪ね, について一般

▼ 若い教育者~ (2, 0.0%)

1 である越智圭一, は真に

▼ 若い文壇~ (2, 0.0%)

1 の世代, はこれ

▼ 若い文学士~ (2, 0.0%)

1 がいた, や学生

▼ 若い文科大学生~ (2, 0.0%)

2 は何

▼ 若い新参者~ (2, 0.0%)

1 が個人的, で未だ

▼ 若い新妻~ (2, 0.0%)

1 が立派, を擁し

▼ 若い新米~ (2, 0.0%)

1 の主人, の家庭部記者

▼ 若い新進~ (2, 0.0%)

1 の詩人, や中堅

▼ 若い旅びと~ (2, 0.0%)

1 が殺生石, は千枝太郎

▼ 若い旦那たち~ (2, 0.0%)

1 の幾人, は毎朝ここ

▼ 若い時の~ (2, 0.0%)

1 は自分, を派手

▼ 若い時ア二度~ (2, 0.0%)

2 無い

▼ 若い時人~ (2, 0.0%)

1 に怨, に怨み

▼ 若い時分撃剣~ (2, 0.0%)

2 の同門

▼ 若い時分町道場~ (2, 0.0%)

1 に通っ, に通つて

▼ 若い時柔術~ (2, 0.0%)

1 で足, をやつ

▼ 若い書生さん~ (2, 0.0%)

1 が出, みたやう

▼ 若い書生たち~ (2, 0.0%)

1 の出入り, は縁側

▼ 若い書記生~ (2, 0.0%)

1 がすっかり, らしい青年

▼ 若い朝臣~ (2, 0.0%)

1 と見えた, のあいだ

▼ 若い木樵~ (2, 0.0%)

1 がいた, が住ん

▼ 若い未亡人達~ (2, 0.0%)

1 が博士, である

▼ 若い未熟~ (2, 0.0%)

1 な技工, な者

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 のよう, の樹立

▼ 若い杉杜~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 若い来客~ (2, 0.0%)

2 の議論

▼ 若い柔らかい~ (2, 0.0%)

1 葉を, 頭の

▼ 若い栄三郎~ (2, 0.0%)

1 のこころ, を打つ

▼ 若い校友達~ (2, 0.0%)

1 が祝賀運動會, の方

▼ 若い案内者~ (2, 0.0%)

1 ぐらいの無感覚, などもいた

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 が沢山, の植えつけられた荒れた

▼ 若い~ (2, 0.0%)

2 手が

▼ 若い植物~ (2, 0.0%)

1 をたべる, を元気づけ

▼ 若い楽手~ (2, 0.0%)

1 の戦死, ももう

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 であった, に若く

▼ 若い機関手~ (2, 0.0%)

1 が乗っ, であった

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 の時代, の者

▼ 若い次郎左衛門~ (2, 0.0%)

1 の耳, はさすが

▼ 若い歌手~ (2, 0.0%)

1 の女たち, を世に

▼ 若い正直~ (2, 0.0%)

1 なタミノ, な彼女

▼ 若い武人~ (2, 0.0%)

1 にし, の肖像画

▼ 若い武者輩~ (2, 0.0%)

1 にそれ, は口

▼ 若い歩哨~ (2, 0.0%)

1 の姿, は雪

▼ 若い歯科医~ (2, 0.0%)

1 がその, や弁護士

▼ 若い殿~ (2, 0.0%)

1 の後見, の英敏

▼ 若い殿上役人たち~ (2, 0.0%)

1 もはなやか, も皆

▼ 若い殿方~ (2, 0.0%)

1 の感情, を見る

▼ 若い母上~ (2, 0.0%)

2 と柳河

▼ 若い母様~ (2, 0.0%)

2 には得

▼ 若い気分~ (2, 0.0%)

1 がいつの間にか, をそ

▼ 若い気持~ (2, 0.0%)

1 かも知れない, で愛嬢

▼ 若い気軽~ (2, 0.0%)

1 な夫婦, な看護婦達

▼ 若い気高い~ (2, 0.0%)

1 人で, 侍には

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 が宿っ, が宿つて

▼ 若い沼南~ (2, 0.0%)

1 が島田家, が流連荒亡

▼ 若い法主~ (2, 0.0%)

1 が徳大寺公, のこと

▼ 若い法師~ (2, 0.0%)

1 が杖, だけに吉次

▼ 若い洋服~ (2, 0.0%)

1 の医師, の男

▼ 若い洋髪~ (2, 0.0%)

1 の女性, の日本婦人

▼ 若い浄土宗門~ (2, 0.0%)

2 の僧侶

▼ 若い海軍武官~ (2, 0.0%)

1 であったこと, であること

▼ 若い淋しい~ (2, 0.0%)

1 お坊さん, 娘が

▼ 若い清純~ (2, 0.0%)

1 な先生, な芸術家

▼ 若い溌溂~ (2, 0.0%)

2 とした

▼ 若い漁夫ども~ (2, 0.0%)

1 がそこ, は鼻

▼ 若い演出家~ (2, 0.0%)

1 の仕事, の間

▼ 若い無名~ (2, 0.0%)

1 の人々, の学者

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 が後, を殺し

▼ 若い熱海検事~ (2, 0.0%)

1 は子供, は無言

▼ 若い父性~ (2, 0.0%)

1 が必然, もおりおり

▼ 若い牢人~ (2, 0.0%)

1 が堂, を相手

▼ 若い牧師さん~ (2, 0.0%)

1 が小さな, も来

▼ 若い狐達~ (2, 0.0%)

2 はその

▼ 若い独身者~ (2, 0.0%)

1 です, でのんき

▼ 若い独逸~ (2, 0.0%)

1 の中尉, の画家

▼ 若い猟人~ (2, 0.0%)

1 が寝, のよう

▼ 若い猟師~ (2, 0.0%)

1 である, です

▼ 若い獣神~ (2, 0.0%)

1 はいう, はしきりに

▼ 若い玉鬘~ (2, 0.0%)

1 の心, はまして

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 ものの, マジメな

▼ 若い生真面目~ (2, 0.0%)

1 な, な洋画家

▼ 若い田舎娘~ (2, 0.0%)

1 でこの, を手懐けさせよう

▼ 若い男ふたりそれ~ (2, 0.0%)

2 が接近

▼ 若い男らしく~ (2, 0.0%)

1 思われる一人, 私が

▼ 若い男一人~ (2, 0.0%)

1 の若い, は東洋人

▼ 若い男二人~ (2, 0.0%)

1 がその, は立っ

▼ 若い男女男~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ 若い男女間~ (2, 0.0%)

1 に広く, の所謂交際

▼ 若い男爵~ (2, 0.0%)

1 の文学青年, は旧友

▼ 若い男神~ (2, 0.0%)

1 が気高い, に毎年

▼ 若い男鹿~ (2, 0.0%)

2 の四肢

▼ 若い町娘~ (2, 0.0%)

1 にはさまれた, に好かれ

▼ 若い画学生~ (2, 0.0%)

1 など本気, の生き

▼ 若い画家たち~ (2, 0.0%)

1 によって, ばかりである

▼ 若い留吉~ (2, 0.0%)

2 はよく

▼ 若い留学生~ (2, 0.0%)

1 が一人, とか学者

▼ 若い番頭さん~ (2, 0.0%)

2 は元気

▼ 若い病後~ (2, 0.0%)

2 の弟

▼ 若い白面~ (2, 0.0%)

2 の瀟洒

▼ 若い百姓真壁~ (2, 0.0%)

2 の仙太郎

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 はなくなっ, は男

▼ 若い相手~ (2, 0.0%)

1 ができた, は頑丈

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 と共に全, に時代

▼ 若い真打~ (2, 0.0%)

1 が両手, でもない

▼ 若い矢取り女~ (2, 0.0%)

2 になじみ

▼ 若い知性~ (2, 0.0%)

1 として小器用さ, に世

▼ 若い知識階級~ (2, 0.0%)

1 のうち, の者

▼ 若い研究生たち~ (2, 0.0%)

1 また草田, を自分

▼ 若い神たち~ (2, 0.0%)

2 には中心

▼ 若い神主~ (2, 0.0%)

1 が廊, は自分

▼ 若い神官たち~ (2, 0.0%)

1 はべつになにか, は皆

▼ 若い神職~ (2, 0.0%)

1 が何やら, の説明

▼ 若い禅僧~ (2, 0.0%)

1 が住ん, の勇気

▼ 若い秀才~ (2, 0.0%)

1 がゐる, の顔

▼ 若い科学~ (2, 0.0%)

1 の学生, の研究者たち

▼ 若い科学者たち~ (2, 0.0%)

1 だった, は研究調査費

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 の強烈, の水田

▼ 若い積り~ (2, 0.0%)

1 だ, の大久保夫人

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 のザザザッ, を力ずく

▼ 若い精神的~ (2, 0.0%)

2 な日本

▼ 若い精霊~ (2, 0.0%)

1 の髪, は涙

▼ 若い糸杉~ (2, 0.0%)

1 に縁, やユーカリ

▼ 若い納所~ (2, 0.0%)

1 が狂気, が説明

▼ 若い純情~ (2, 0.0%)

1 な愛し合う男女, な青年

▼ 若い細い~ (2, 0.0%)

1 のと, 蔓からは

▼ 若い紳士達~ (2, 0.0%)

2 は蟻

▼ 若い経師職~ (2, 0.0%)

1 とのあいだ, との間

▼ 若い給仕女~ (2, 0.0%)

1 が集っ, は急

▼ 若い絵師~ (2, 0.0%)

1 の一群, も昔

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 大将, 大将の

▼ 若い美女~ (2, 0.0%)

1 があられ, に逢った

▼ 若い美妓~ (2, 0.0%)

1 なんかに対して往々, もあり

▼ 若い美津江~ (2, 0.0%)

1 のこ, の胸

▼ 若い美男~ (2, 0.0%)

1 の武士, らしい侍

▼ 若い美男子~ (2, 0.0%)

1 の好き, の左大臣

▼ 若い美術学生~ (2, 0.0%)

1 があの, などの函

▼ 若い義母~ (2, 0.0%)

1 に向, に向っ

▼ 若い老人~ (2, 0.0%)

1 だ実際, のよ

▼ 若い者三人~ (2, 0.0%)

2 を叱し

▼ 若い者並~ (2, 0.0%)

1 に仕事, に四里

▼ 若い者庄八~ (2, 0.0%)

2 と長次郎

▼ 若い者後ろ~ (2, 0.0%)

2 は母親

▼ 若い者息杖~ (2, 0.0%)

2 を取っ

▼ 若い聴衆~ (2, 0.0%)

1 にはこんな, の誤解

▼ 若い聴講生~ (2, 0.0%)

2 が一人

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 のぬく, は水気

▼ 若い自然科学者~ (2, 0.0%)

2 や技術家

▼ 若い興奮~ (2, 0.0%)

1 の中, をそそる

▼ 若い船乗り~ (2, 0.0%)

1 ののぞい, らしい男

▼ 若い艦隊長~ (2, 0.0%)

1 もしゃんと, もしやん

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 が漲っ, めかしい心

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 のしげった, の茂み

▼ 若い花やか~ (2, 0.0%)

1 なインスピレエション, な世間

▼ 若い花嫁~ (2, 0.0%)

1 はひどく, を迎えた

▼ 若い花見~ (2, 0.0%)

2 の男女

▼ 若い芸者衆~ (2, 0.0%)

1 は大騒ぎ, やなんど

▼ 若い芽生え~ (2, 0.0%)

1 が出ますでしょう, のうち

▼ 若い英吉利人~ (2, 0.0%)

1 が毎朝, をはじめ独身

▼ 若い英文学者~ (2, 0.0%)

2

▼ 若い茂左衛門~ (2, 0.0%)

1 の血, は少しく

▼ 若い華やか~ (2, 0.0%)

1 な声, な時代

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 の下, の間

▼ 若い蒼白~ (2, 0.0%)

1 な天才たち, な美男

▼ 若い薬局生~ (2, 0.0%)

2 と玄関

▼ 若い藝妓~ (2, 0.0%)

1 が一人, の頭

▼ 若い藤吉郎~ (2, 0.0%)

1 はそこ, を守将

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 が其処, が生れる

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 がなり, はどう

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 の聲, の鳴

▼ 若い血気盛り~ (2, 0.0%)

1 の女性, の評論家李明植

▼ 若い行商人~ (2, 0.0%)

1 と子供連れ, は満点

▼ 若い衛侯~ (2, 0.0%)

1 が在る, や正

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 をつけた, を着けた

▼ 若い裁縫師~ (2, 0.0%)

1 と一緒, のこと

▼ 若い装飾工~ (2, 0.0%)

1 の一人, の墜死

▼ 若い西洋~ (2, 0.0%)

1 の女優, の婦人

▼ 若い西洋婦人~ (2, 0.0%)

1 が居つた, としては稀有

▼ 若い見物~ (2, 0.0%)

1 に見せる, のすべて

▼ 若い親分~ (2, 0.0%)

1 でした, を見捨て

▼ 若い親鸞~ (2, 0.0%)

1 のうち, の恋人玉日

▼ 若い評論家たち~ (2, 0.0%)

1 は多面的, は必ずしも

▼ 若い調子~ (2, 0.0%)

1 で, は結構

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 士の, 雑誌を

▼ 若い警官たち~ (2, 0.0%)

1 はめいめい, はグッ

▼ 若い警察官~ (2, 0.0%)

2 は私

▼ 若い象徴詩人~ (2, 0.0%)

2 のよい

▼ 若い豪い~ (2, 0.0%)

1 博士が, 博士として

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 が入れられた, のよう

▼ 若い貞時~ (2, 0.0%)

1 に永い, はとき

▼ 若い貧しい~ (2, 0.0%)

1 二人を, 男が

▼ 若い貧乏~ (2, 0.0%)

1 な自分, の職人

▼ 若い貴公子~ (2, 0.0%)

1 の首, や十法官

▼ 若い貴婦人たち~ (2, 0.0%)

1 のなか, の感情

▼ 若い踊り子たち~ (2, 0.0%)

1 が昼間, の顔

▼ 若い踊子~ (2, 0.0%)

1 や象, を落籍せ

▼ 若い身体~ (2, 0.0%)

1 だ, でそこ

▼ 若い身体丈~ (2, 0.0%)

2 は堂々

▼ 若い車掌~ (2, 0.0%)

1 が切符改め, のよう

▼ 若い軍人たち~ (2, 0.0%)

1 がおお, の考え方

▼ 若い軽業師~ (2, 0.0%)

1 が彼, が持っ

▼ 若い辯護士達~ (2, 0.0%)

1 から成る, や新進

▼ 若い農林技師~ (2, 0.0%)

1 がとうとう, は自分

▼ 若い近侍~ (2, 0.0%)

1 が手渡す, にも聞かせなかった

▼ 若い近習~ (2, 0.0%)

1 が, に訓

▼ 若い進歩的~ (2, 0.0%)

1 な人々, な哲学者たち

▼ 若い運轉手~ (2, 0.0%)

1 と運送店, は

▼ 若い道路工夫~ (2, 0.0%)

2 などはやはり

▼ 若い郎党~ (2, 0.0%)

1 がある, だった

▼ 若い部員~ (2, 0.0%)

1 がき, がもう

▼ 若い都人士~ (2, 0.0%)

1 などには想像, の喜怒哀楽

▼ 若い酌婦風~ (2, 0.0%)

2 の女

▼ 若い釆女~ (2, 0.0%)

1 は平次, は手文庫

▼ 若い野心~ (2, 0.0%)

1 のある, は新しい

▼ 若い金持~ (2, 0.0%)

1 が資金, のお

▼ 若い鋭い~ (2, 0.0%)

1 学者の, 顔立の

▼ 若い長身~ (2, 0.0%)

1 の女, の男

▼ 若い陰陽師~ (2, 0.0%)

1 とは妬まし, の血

▼ 若い隊員~ (2, 0.0%)

1 が席, が感慨

▼ 若い~ (2, 0.0%)

2 の河童

▼ 若い雌鶏達~ (2, 0.0%)

1 でしたそして, はこころから

▼ 若い雑誌記者~ (2, 0.0%)

1 の来訪, の眉

▼ 若い雲水~ (2, 0.0%)

1 が垣根, はハッ

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 の焔, の裂け目

▼ 若い露西亜婦人~ (2, 0.0%)

1 は令嬢, は総べ

▼ 若い青年時代~ (2, 0.0%)

1 にある, をくだらなく

▼ 若い青年紳士~ (2, 0.0%)

1 がこちら, であり若い

▼ 若い青年達~ (2, 0.0%)

1 に画, は図書館

▼ 若い青江三空曹~ (2, 0.0%)

1 の考えだしたおどろくべき, はそれ

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 ざしの, はしばらく

▼ 若い音楽批評家~ (2, 0.0%)

2 はそこ

▼ 若い頃横浜~ (2, 0.0%)

1 でチーハー, で講釈

▼ 若い頃都~ (2, 0.0%)

1 で御殿奉公, の水

▼ 若い頑丈~ (2, 0.0%)

1 さうな柏, な男

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 の奥, を措い

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 を見, を見る

▼ 若い顔役~ (2, 0.0%)

1 が二, も想像

▼ 若い飛行将校~ (2, 0.0%)

1 は直立不動, よあの

▼ 若い養子~ (2, 0.0%)

1 の金三郎, も正太

▼ 若い馬士~ (2, 0.0%)

1 がしつ, をからかう

▼ 若い馬賊~ (2, 0.0%)

2 の手下

▼ 若い騎士姿~ (2, 0.0%)

2 の音楽家

▼ 若い騎士達~ (2, 0.0%)

1 はじつとして, は争つて王城

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 倉に, 慢氣な

▼ 若い高倉祐吉~ (2, 0.0%)

1 などの力, はこういう

▼ 若い高官~ (2, 0.0%)

1 が身軽, らしくぐあいがいいのだけれど

▼ 若い高氏~ (2, 0.0%)

1 のいた, の性格描写

▼ 若い~ (2, 0.0%)

1 でなければ, の肉

▼ 若い黒人~ (2, 0.0%)

1 が甲板, はなかなか

▼ 若いPW~ (2, 0.0%)

1 に, の方

▼1* [2851件]

若いあこがれ心は果てし, 若いあたしは母, 若いあまたの女性たち, 若いあるじの僧, 若いあれは何, 若いあんま氏と同業, 若いいかにも事務に, 若いいろの白い, 若いうえに男, 若いうしろだてという, 若いうち一時困つたこと, 若いうち世間はあなた, 若いうち天才らしく見える者, 若いうち好男子ぶって, 若いうち宮仕えをし, 若いうち就寝前の一時間, 若いうち私に済まない, 若いうち蟻のよう, 若いうち誰かの着物, 若いうっとりするよう, 若いうつくしい人だけに, 若いええ妓呼ん, 若いおいらんを突出, 若いおさない心に, 若いおしゃれな, 若いおじいさんね, 若いおそらく新参らしい, 若いおだやかな敵意, 若いおとなしさうな方よ, 若いおどるような, 若いおなご衆がお, 若いおばあさんやおっかさん, 若いおふくろまでがなんぞの間違い, 若いおもかげや, 若いおもい出つづった, 若いおり聡明であった彼女, 若いおんなが入っ, 若いおん身で若松城, 若いお上さん達がドック, 若いお前に見せ, 若いお前さんと一緒, 若いお前様の勝手, 若いお天道様の美しい, 若いお姫様のよう, 若いお婆さんの養子, 若いお嬢さんがたが見える, 若いお嬢さんさその色, 若いお嬢さん達は皆, 若いお嬢様である, 若いお子さんたちは身仕度, 若いお客さんがたも家, 若いお客さんたちが六区, 若いお客様が何, 若いお巡りがしっかり, 若いお巡りさんの融通, 若いお年でお, 若いお手伝いの鉛華, 若いお手伝いさんが蒲団, 若いお方失敬だが, 若いお次さんに胸, 若いお母さんたちが託児所, 若いお洒落な年ごろ, 若いお父さんお母さんに可愛がられ, 若いお玉でした, 若いお節の手, 若いお里の丸顔, 若いお雪ちゃんのこと, 若いかいなでの与力, 若いかしらは味気ない, 若いかたあなたは少し, 若いかたがたの心もち, 若いかたたちはみんな, 若いかたはね, 若いかといふ意味です, 若いかの子さんでも, 若いかばんを持っ, 若いからかと思ふ, 若いからこそ思い切って, 若いからといつて, 若いからね入院でも, 若いからねえ時にお, 若いかれの方, 若いがもうい, 若いがら律儀だもな, 若いきかん気らしい, 若いきんも町内, 若いくらいだった, 若いくらいのお嬢さんも, 若いけれどもね多少末始終の, 若いは同情サボ, 若いことに多感な, 若いこと感服のいたりだ, 若いこましゃくれた旦那は, 若いころお嬢さんが人形, 若いころめいめい自分の夢想, 若いころスポーツで鍛えた, 若いころダイアモンド関係の仕事, 若いころノオス・カロリナで弁護士, 若いころパリー臨時政府に関係, 若いころ一七九三年の騒動最中, 若いころ争いで受けた, 若いころ井戸掘りやって, 若いころ先代とともにこの, 若いころ北山殿へ遊び, 若いころ君香の仕込んだ踊り, 若いころ夢のよう, 若いころ学生として自然哲学, 若いころ小説のよう, 若いころ島原の乱, 若いころ志を抱い, 若いころ戸ヶ崎十松の門, 若いころ所謂世にいふ, 若いころ新聞記者だったという, 若いころ旅にで, 若いころ春季の出品, 若いころ時の流行, 若いころ東京にい, 若いころ江戸へ出, 若いころ河童の宴会, 若いころ田植をどり, 若いころ田舎を飛びだし, 若いころ百間先生は法政大学, 若いころ結婚したが, 若いころ自分が, 若いころ自身の生まれた, 若いころ芝の青松寺, 若いころ薩南に遊ん, 若いころ見聞きしたといふ, 若いころ軍務に服し, 若いころ軍団の兵士, 若いころ軽蔑して, 若いころ道後の町, 若いころ門司で上海コレラ騒動, 若いころ香水の朝風呂, 若いごろつきどもの一団, 若いざん切り頭の先生, 若いしかッとして, 若いしかしながらその価値, 若いしから買うたの, 若いしとそつくりや, 若いしなやかな脚, 若いしなやかさを失っ, 若いじょうぶな牛, 若いすがすがしい世代が, 若いすぐれた資質に, 若いすこしはまし, 若いすこやかな理性, 若いすすきの葉, 若いすずめはいいました, 若いすっきりした顔, 若いずんぐりした支那人, 若いせがれが竈, 若いなたの, 若いそうしてしかも美くしい, 若いその頃の姿, 若いそもそも武州八王子という, 若いそれらの男女, 若いぞとひとり頭, 若いぞとか何とか言つて, 若いたくさんな人々, 若いたしかな目, 若いたってあのざま, 若いために古い, 若いため世間からの侮蔑, 若いだからそんな時, 若いだが禅坊主の, 若いだけの必然によって, 若いだらう年には, 若いちいさい綺麗な, 若いちゃきちゃきの巡査, 若いちょッとした, 若いって兄さんは, 若いっていうじゃないの, 若いつやつやと光った, 若いつるだけで, 若いつる草のよう, 若いづれはあれど皆嘗て能, 若いえの, 若いであろうの, 若いでしょうその頃, 若いときのだという, 若いときわしの祖父, 若いときイギリスへ行っ, 若いときゾラと親交, 若いときダイナマイトと鶴嘴, 若いとき一時一緒になっ, 若いとき井戸掘りで渡世, 若いとき京西に遊ん, 若いとき僧院のよう, 若いとき喧嘩をし, 若いとき大変学問にこつ, 若いとき女の綱渡り名人, 若いとき後家で赤坊, 若いとき曾我の家五郎十郎劇, 若いとき祖父からきいた, 若いとき綺麗な人, 若いとき自分を引廻, 若いとき船乗りだったから, 若いとき身を持ち崩した祟りで, 若いとき酒の上, 若いとてもたまらない女, 若いとねおよばねえまでも, 若いとの差は, 若いとんがった青緑の, 若いと共にまだ表面現象的, 若いどうかすると, 若いどんな情熱でも, 若いなら私だって, 若いなりの高い美しい夫人, 若いなるほど名乗って, 若いにわとりのよう, 若いねえ君も, 若いねずみが立ち上がっ, 若いのっぺりした男, 若いのねえ私鶴石さんは, 若いのねと後でよく宗助, 若いのらくら男女の, 若いの二人を年上の, 若いの二人切で行く, 若いつかねずみ, 若いはにかみやの可愛い, 若いばか兎が, 若いぱっちりとした, 若いひたむきな栄三郎, 若いひとくみの男女, 若いひとたち自身にわたしたち, 若いひとみをきっと, 若いひとり娘を住み込ませる, 若いひのきが云いました, 若いふとった髭を, 若いべっぴんからお, 若いほかの男, 若いぼうさんがいきせききっ, 若いまたもっと正直, 若いまだやっと二十二三に, 若いまだ大して卵巣が, 若いまっ蒼な, 若いままで死にたい, 若いみすぼらしい風態の, 若いみずみずしい女の, 若いみのるの顏, 若いをとで, 若いもう半月も, 若いものご馳走は老人, 若いものどもにかし, 若いものひとりではねえ, 若いもの一人が犬, 若いもの一婦を娶る, 若いもの三郎でっしゅ, 若いもの下塗の欣八, 若いもの共は所詮, 若いもの同志二人共同で床店, 若いもの夫婦は工場, 若いもの孫のよう, 若いもの年寄りの区別, 若いもの旺盛なるもの, 若いもの未婚の青年男女, 若いもの等が三人互, 若いもの達は貨車, 若いもの青年男女にひとつ, 若いもの風俗は一目, 若いもんたちは三日三晩, 若いやさしげな, 若いやさしいあたたかな, 若いやさ男の声, 若いやすっぽいかおっ, 若いやせたはすっぱ, 若いやっこが飛び出し, 若いやっと一年ぐらいの, 若いやつ等になんて負けやしない, 若いやとい女との三人, 若いやめようもうあんまり先, 若いよく肥えた顔, 若いよごれ手荒さ, 若いより未熟で, 若いりっぱなお, 若いりんごの木, 若いわかいとも, 若いわたしらの書いた, 若いをのこども若, 若いアクスーシャとピョートル, 若いアグネスは自分, 若いアシを掴む, 若いアナスタシヤ殿下の兄君, 若いアナーキストたちが来た, 若いアネサマがとほりませんでした, 若いアベックがしゃがみこん, 若いアメリカ兵が二人, 若いアメリカ水兵さんのピンカートンぶり, 若いアリスが一糸, 若いアルノー夫人が一人きり, 若いアンチャンであった, 若いアンテナは嘗つて, 若いイオニア人である, 若いイギリス人を三人, 若いイレーヌも母, 若いイワノウィッチには恐ろしい, 若いインターンや女医, 若いインテリゲンチア作家が積極性, 若いインテリゲンチャの心, 若いインテリ層は自分, 若いインテリ達がたとえ, 若いインド人夫妻が締め殺される, 若いイヴの髪, 若いエスペランチストが私, 若いエスペラントの人, 若いエネルギーの鬱積, 若いエンマ・ゴルドマンが知名, 若いオストロフスキーが同志, 若いオックスフォードの大, 若いオルガを紹介, 若いオーさんという, 若いオールバックの男, 若いカイゼルが新しい, 若いカトリック教徒らがい, 若いカフカがある, 若いガモフが立っ, 若いキチガイがそんなに, 若いキネマ製作者たちはカメラ, 若いキビキビした香具師, 若いキマジメな人達, 若いキリリとした, 若いキレイな戀人, 若いギャングが, 若いギーゼキングの方, 若いクリストフたちをお, 若いグットネルがメイエルホリド, 若いグラチアの軽い, 若いケーテがこの, 若いゲーテは夫, 若いコケットと腕, 若いコムソモルカらしい労働婦人, 若いコムソモール等が職業的, 若いコムソモーレツが金, 若いコンソモールの群, 若いコンダクターでこれ, 若いコールシュッター氏も交じっ, 若いゴルドマンと彼女, 若いゴーリキーのうち, 若いゴーヴァンによって, 若いサザンプトン伯に書いた, 若いサラリーマンたちが自分たち, 若いサラリーマン勤労青年たちがいささか, 若いサラリーマン達の間, 若いシュテフェンス嬢と話し, 若いシュールリアリストは線, 若いジェーンが生活, 若いジャーナリズムにとってはまだ, 若いジュネヴィエヴはこの, 若いスカダモーアはじれ, 若いスコットランド人との結婚生活, 若いスパルタ人が抜き, 若いスポーツマンなどとよろしく, 若いセエキスピアのため, 若いゼネレーションに非常, 若いソフィヤ・イワーノヴナという女, 若いソプラノ歌手の話, 若いソルボンヌ大学の女学生, 若いソルボンヌ女学生がかつて, 若いソロモンは大勢, 若いソヴェトのプロレタリア作家たち, 若いソヴェト・エジソンを主人公, 若いソヴェト演劇技術家指導に重大, 若いソヴェト画家たちの帰朝展, 若いタマーラは黙っ, 若いダルマよりアカ, 若いダンサアふうのひと, 若いダンス仲間と共に出歩く, 若いダーシェンカは手ミシン, 若いチエちゃんとかいうお嬢さん, 若いチャアルス・ブラウントすなわちマウントジョイ卿, 若いチャックの皿, 若いチヤツクの皿, 若いたツ, 若いテニソンをロンドン・リポジトリ紙上, 若いテロリストが牢, 若いディレッタントのよう, 若いトルコ人が私, 若いトルコ帽の男, 若いトルストイアンの小林, 若いトルストイヤンと茫漠, 若いドイツ人がドイツ語, 若いドイツ女性のケックハイト, 若いドイツ新帝国の町, 若いドクトルの知識, 若いドクトル連中は皆, 若いドミトリ・アンドレーウィッチ・フールマノフはボルシェビキ作家, 若いドルイドよあなた, 若いドヴオルシャークの骨身, 若いド・セーズなどは誰, 若いナポレオンの姿, 若いナースチャは過分, 若いニヤケた男, 若いニューラの見すぼらしい, 若いハイカラさんはゼルビノ侯, 若いハイカラ男やハイカラ女, 若いハイカラ紳士が気取つた, 若いハイゼンベルクによれ, 若いバナナを戸板, 若いバルザックの受けた, 若いパナマ風の帽子, 若いパリーっ子が, 若いパンパンはもつ, 若いパンパンたちは自由, 若いヒステリーの女, 若いビアトレスが顔, 若いビレラフォンと彼, 若いピエロが切符, 若いファウニと無駄話, 若いファンのあこがれ, 若いフェリクスはこの, 若いフェルナンドに死なれ, 若いフランクはその, 若いフランシスを見た, 若いフランス人ロランのため, 若いフランス音楽の新た, 若いブラウンドは, 若いブランデスは彼, 若いブルジョアジーの攘夷, 若いブルジョア日本の建設期, 若いブレイスブリッジと親戚, 若いブーニンの場合, 若いプリバート・ドチェントの空中電気, 若いプルウストのため, 若いプロを一人下宿, 若いプロレタリアの夫婦もの, 若いプロレタリアートは自分等, 若いプロレタリア作家こそ存在そのもの, 若いプロレタリア出の建築家, 若いプロレタリア文学の交代者, 若いプロレタリア文学運動が顕著, 若いヘドウィッグ・サミュエルスンと格闘, 若いヘルメスのよう, 若いボヘミアンは気楽, 若いボヘミアン風の画学生, 若いボリスという作家, 若いボルセヴィキの吹く, 若いボーイさんや水夫火夫, 若いボーイ達がサーヴィス, 若いポオランド人たちはまだ, 若いポルトガル人が群狼, 若いポーランド将校が華やか, 若いマドロスが二人, 若いマリアにとって日記, 若いマリイの立ち姿, 若いマルキストの清川, 若いマルクスによつて, 若いマルクス主義の活動家たち, 若いマルクス主義者たちの実践, 若いマルテはその, 若いメシチャンカの浮気女ターニャ, 若いメネルーの部屋, 若いメノコが漁場, 若いメロスはつらかっ, 若いメロデーで国歌, 若いモオリアック等を刺戟, 若いモダーンなお弟子, 若いヤマメは実に, 若いユダヤ女が裾飾り, 若いヨタモノにかなう, 若いヨーロッパ人の魂, 若いラファエルの手, 若いラファエロがもっ, 若いラールマンの葬式, 若いルンペンをいろ, 若いレエモン・ラジゲの書いた, 若いレンブラントにも注文, 若いレヴュガールを無理矢理, 若いロイド眼鏡をかけた, 若いロイド眼鏡縞ズボンの好男子, 若いロシア人ルオフ・メリコフはその, 若いロシア婦人に恋, 若いロシヤ人眼の動かし, 若いロスコー君も先代, 若いロスコー氏の変態恋愛, 若いロバートも夢中, 若いロマンティストたちの反撥, 若いヴァイオリニストレメニーと組ん, 若いヴィアルドオ夫人がペテルブルグ, 若いの例外的, 若い一人旅の男, 若い一処士にも似たる, 若い一助手の遺著, 若い一医師にお, 若い一商人とふたりきり, 若い一団に気, 若い一婦人の生命, 若い一将がばらばら, 若い一弁護士を生き返らせた, 若い一時の阿呆, 若い一本の樹木, 若い一本気な表情, 若い一武者は感涙, 若い一清國留學生としての, 若い一生を終った, 若い一番末のたつた, 若い一禅僧があり, 若い一群はもうすこし, 若い一義人の鮮血, 若い一部を流しやった, 若い一部将からそんな, 若い丁寧な男, 若い丁髷で何, 若い丈夫そうな馬商人, 若い丈有利になり, 若い三之丞です, 若い三十七八の他, 若い三十許少に, 若い三味線を弾く, 若い三左衛門輝政とまだ, 若い三本松と相対, 若い三条であったこと, 若い三河守とその, 若い三頭の馬, 若い上さんと二人, 若い上流子女はもはや, 若い下っ引が, 若い下僕は, 若い下司女が何十人, 若い下女一人を使っ, 若い下級の竜神達, 若い下級サラリーマンや職業婦人, 若い下級銀行員として同志小林, 若い下郎めと手, 若い不器用な私, 若い不平分子の火いたずら, 若い不能者の家主, 若い与力笹野新三郎の屋敷, 若い且那今度はまあ, 若いをのびのび, 若い世代のか, 若い世帯婦のみが経験, 若い世帯持ちと云う, 若い世界へ出, 若い世話女房といった形, 若い世間師に再会, 若い世間知らずのお方, 若い太守の, 若い中堅作家ですね, 若い中学教師がわざわざ, 若い中学校も終ってない, 若い中学生諸君にとっては本当, 若い中學生諸君, 若い中學出をたしなめた, 若い中學教師であつ, 若い中宮の女房たち, 若い中将の朝, 若い中樞に使, 若い中流の家, 若い中流人らのうち, 若い中脊の背広, 若い中間風の男, 若い丸々と肥え, 若い主人公たちの有閑者, 若い主任医はいきなり, 若い主婦イエニーがどんなにこまごま, 若い主婦達に余り, 若い主将ふたりの一命, 若い主従も同じ, 若い主義者の一人, 若い久兵衞は道樂者, 若い久慈は論敵, 若い乍ら日頃その智惠, 若い乍ら東京ポストの社会部, 若い乗馬将校の姿, 若い乙松を信用, 若い乞食どっちへ行った, 若い乳母たちの受ける, 若い乳母即子守りである人, 若い事務員みたいな人, 若い事務員達が好んで, 若い事務家が店, 若い二人づれが自分たちの興奮, 若い二人組だった, 若い二人身を投げる, 若い二人連がベカ, 若い二十をやっと, 若い二十一二の恋, 若い二十七八歳と十七八歳, 若い二十三歳の青年, 若い二十二三の女中, 若い二十代の俥屋, 若い二十四か五, 若い二十四歳であった, 若い二十年代であった, 若い二十歳ごろの娘, 若い二号とその, 若い二名の男女, 若い二宮巡査も, 若い二度目の奥さん, 若い二本差して, 若い二疋の栗鼠, 若い二組という面, 若い五体にみなぎらせ, 若い五六人の一団, 若い井上医師がやってき, 若い井上安五郎はちびちび, 若い井手氏の心, 若い亜米利加娘が二人, 若い亢奮した初々しい, 若い享楽の壊される, 若いの人, 若い京都風の男, 若い人々のと似, 若い人々コムソモールを中心, 若い人々レーニンが云っ, 若い人々図書館人が遠い, 若い人々明日の担い手, 若い人々男の子はけばけばしい, 若い人々知識婦人などを魅, 若い人々自身およびその, 若い人たち五六人は黒い, 若い人たち子供さえ五, 若い人たち自身が軽蔑, 若い人人のそれ, 若い人人らの胸, 若い人今日はおとなしく, 若い人以上にお河童, 若い人何といふえらい, 若い人同志がお, 若い人女の人, 若い人形だった, 若い人形使いのまえ, 若い人才がほんの, 若い人材のなか, 若い人民的世代のため, 若い人気を倖, 若い人気つて言ふもの, 若い人気作者の住居, 若い人物たちは動物的, 若い人短気はいけません, 若い人足を三人, 若い人足共の喧嘩, 若い人道家で商会, 若い人達ほか居ないだろうとさえ, 若い人達頑固の書生達, 若い人間種族が我々, 若い今井先生らしい声, 若い仏教学者がありました, 若い仏蘭西の将校, 若い仏蘭西劇壇に於, 若い仏蘭西文学の研究者, 若い仏達であった, 若い仏門の人, 若い仔豚の代り, 若い仕合わせになるたけ, 若い仙二は夏, 若い仙太は飼犬, 若い代表婦人がブダペスト, 若い代言人たちだった, 若い代診に出逢った, 若い代議士なんぞは自分, 若い令夫人は声, 若い令嬢二人は漱石氏, 若い令孃であ, 若い仲綱や兼綱, 若い仲間たちがそういう, 若い仲間同志の話, 若い伊井公侯なら恐らく, 若い伊太利士官の笑顔, 若い伊賀侍の一人, 若い伯楽だつたが, 若い伯母の優しい, 若い伯爵夫人のこと, 若い住僧が二人, 若い住持があった, 若い佐奈田余一南条小次郎仁田四郎忠常などは, 若い体じゅうの皮膚, 若い体力の持主, 若い体操の教師, 若い体格そればっかり頭, 若い体熱に思い, 若い何事によらず, 若い何人もの女, 若い何処か間延, 若い余五郎の姿, 若い作品をハイフェッツ, 若い作家たち自身のうち, 若い作家のより優れた, 若い作家シーモノフは日本, 若い作家ローレンスが発見, 若い作家三島由紀夫の才能, 若い作家婦人作家実にかい, 若い作家志望の女, 若い作家東野南次は文壇, 若い作家評論家たちは自身, 若い作家評論家詩人の多数, 若い作家詩人がいくつ, 若い作家連が寄っ, 若い作家達音楽家と舞踊家, 若い作曲家仲間が日頃, 若い作者のに多い, 若い作者花圃の人生態度, 若い作者達及び一般読者, 若い使僧ふたりはそんな, 若い使命のやう, 若い侍にきびだらけの大, 若い侍女達が地上, 若い侍姿でいい男らしかっ, 若い侍臣に対してもキマリ, 若い侍臣たちには何, 若いをつれ, 若い係りの店員, 若い俊子を自分, 若い俊才をすべて歓迎, 若いがもっ, 若い保姆さんでした, 若い保安隊士はびっくり, 若い保母が玄関, 若い信仰を持つ, 若い信吉の心, 若い信徒を両, 若い信者や慈善家, 若い信頼にみちた, 若い俥ひきが立っ, 若い修業中経を宮中, 若い修行僧が居り, 若い修行者の言, 若い修道司祭だ伝道者, 若い修道士の顏附, 若い俳優らが時, 若い俳優志望者も舞台, 若い俳優諸君はこの, 若い俳優達の, 若い俳詩人の将来, 若い俺たちを世, 若い倉川男爵が涙, 若い倉持にほ, 若い候補者が次ぎ, 若い候補者達のこの, 若い倫理学者の問い, 若い偉大なフランス, 若い偉材をこの, 若いな豊饒, 若い健やかな生命, 若い健三は欲しく, 若い健啖の連中, 若い健気な創造, 若い側室を失われた, 若い傀儡師は眼, 若い傍用人であった, 若いれた学徒, 若い傾城が一人, 若い働いている, 若い働きては召し出され, 若い働きものですがね, 若い僕たちの仲間入り, 若い僚友よ, 若い僧侶ロザリオは一行, 若い僧形といつた, 若い僧達の読経, 若い儀作はこれ, 若い儒者まで機嫌, 若い優秀な自然科学者, 若い元気いっぱいな信長, 若い元気そうな人, 若い元気者だ, 若いが放任主義, 若い兄さんから猪, 若い兄貴に立て, 若い先生方が狩り出される, 若い先輩は今更, 若い光った額を, 若い兎たちがなん, 若い党員作家を輩出, 若い入夫ができた, 若い入社志望者は頭脳, 若い全会の闘士, 若い八五郎の情熱, 若い八十幾名の学生, 若い八弥の心, 若い八百屋は拳固, 若い公卿で今, 若い公卿さんが斬られた, 若い公卿志士の悲調, 若い公卿衆とでも云いたげである, 若い公子たちは皆ここ, 若い公爵は感心, 若い公達等に人間性, 若い六三郎が最も, 若い六十恰好の老婆, 若い共和国の心臓部, 若い共産党員だった, 若い共産党青年の仲間, 若い共産党青年共産党女子青年そういうもの, 若い共産党青年女子だ, 若いが此方, 若い兵卒口を開き, 若い兵士らはフランス, 若い兵士二人が二人, 若い兵部の方, 若い兵隊たちが化粧鞄, 若い兵馬は病気, 若い其女は何, 若い其等の縫い, 若い内君が独り留守, 若い内海厚が却って, 若い内親王様がそこ, 若い円髷のと睦, 若い冒險家は始め, 若い冷泉為尹を推し, 若い凛々しい男が, 若いの芸者, 若い処女裕福な地主, 若いてちょっと, 若い出ばなを滅茶滅茶, 若い出前持が通っ, 若い出品者にとつ, 若い出家が一人, 若い出張員もにこにこ, 若い分別の二人, 若い分子はこの, 若い刑事達でした, 若い刑部は涙, 若い初日の額髪, 若い初茸はそう, 若い判事があの, 若い利口そうな顔つき, 若い利巧そうなお, 若い斎院とは, 若い前途をいたく, 若い前進部隊のこうむった, 若い前駆の笑い合っ, 若い前髪の侍, 若い副手達である, 若い割合にお, 若い創造的思想家の心理, 若い剽悍な人, 若い剽軽者が, 若い剽輕者たちは三本足, 若い劇作家たちは譬, 若い劇作家仲間とそれら, 若い劇作家日本の若い, 若い力士を軽侮, 若い助役は相手, 若い助手たちは隊長, 若い助手連に時々, 若い助手達だけで, 若い労働力が不足, 若い労働婦人たちより一層確り, 若い労働者作家として感慨, 若い労働者達が小麦俵, 若い労働通信員をし, 若い労農文学衝撃隊員たちは再, 若い労農通信員たちよ, 若い勇ましい愛国者と, 若い勇将を軍法, 若い勇者を私, 若い動物がぴくり, 若い動物学者のフォン・コーレン, 若い勘三郎が當主, 若い務め人で満員, 若い勝ち気な女, 若い勝次郎は清水山, 若い勝氣な娘, 若い勝豊はこういう, 若いで暴れた, 若い勢いで誰, 若い勤人中の所謂文学好き, 若い勤人労働者風のもの, 若い勤人夫婦その妻, 若い勤労生活をし, 若い匂やかな生き生き, 若い化粧もしない, 若い北の方を娘, 若い医学生がある, 若い医師コルヴィッツと結婚, 若い医師夫婦がどんな, 若い医師急拵えの紋, 若い医師達は妻, 若い医者特有の学究的, 若い十一人はかく, 若い十九やそこら, 若い十九二十歳くらいと思われる, 若い十二三の子どももの, 若い十五六歳の娘, 若い十八の年, 若い十六にみたない, 若い十四五から二十歳, 若い十四五六の者, 若い十郎左の温み, 若い千代子を選んだ, 若い千枝太郎は師匠, 若い半纏の男, 若い半纏着の手ッ首, 若い半蔵の胸, 若い卒業生達に担がれ, 若い南瓜の皮, 若い博多町人は, 若い博物の教師, 若い卜筮師は, 若い印象派の洋画家たち, 若い危険な猟師, 若い参謀たちは勇敢, 若い従弟と, 若い友ジャンナンが馬鹿げた, 若い友人たちが私, 若い友人ウージェヌ・ダビを猩紅熱, 若い友人内村直也君であるが, 若い友人戸板康二君の助力, 若い友達夫婦が一ト間, 若い友達連と酔, 若い叔孫家の後嗣, 若い叔父さま二人に水, 若い叔父さんの外套, 若い叔父さんたち一家が戦災, 若いのさき, 若い口調で言っ, 若い生層の, 若い古典画作り達は成るべく, 若い哀らしい, 若い史学家ばかり十余名, 若い司馬師はこう, 若い吉三の前髪, 若い吉田寅次郎が江戸, 若い同じような, 若い同人に説く, 若い同伴の客, 若い同伴者の興奮, 若い同僚作家を軽視, 若い同勢もツイ口, 若い同士ゆえ手がさわり, 若い同士二人でモヤモヤ, 若い同士本家の方, 若い同士耳打をする, 若い同士達と一緒, 若い同役の有, 若い同心を道づれ, 若い同志享楽したり, 若い同志達に笑われ, 若い同業の女, 若い同胞のよろこび, 若い同行者は目の玉, 若い吐け口に, 若い向上欲のある, 若い君枝にはこれ, 若い吟詠詩人はしばし, 若い吾妻コオトを着た, 若い主孫権, 若い呉郎さんとは軌道, 若い周囲には魔法, 若い周子が一生懸命, 若い周樹人を正しく, 若い命墓場の薔薇, 若い和一郎夫婦が, 若い和装の淑女, 若い哥薩克が即興, 若い哥薩克さん何か歌, 若いは紫いろ, 若い唐松の林, 若い啄木のうち, 若い商人ていの旅人, 若い商人ふうの男, 若い商人風の男, 若い喀血患者のよう, 若い喜々とし, 若い喜三郎が平次, 若い喜兵衛も無事, 若い器量好しで, 若い四肢をもとう, 若い回想のなか, 若い図書掛がその, 若い図書館人は会議, 若い国境監督官は応じない, 若い国手に麻酔剤, 若い国文学者のうち, 若い国語教師にうっすら, 若い園丁は少し, 若い土井の息子さん, 若い土工が一人, 若い土方風の草鞋穿, 若い土蕃が女, 若い地區委員會の書記, 若い地弾きが歌女代に同情, 若い坊さまのはなし, 若い坊主一名ドイツの学生一名, 若い坊主頭と古い, 若い坑夫さんと山, 若い城主の景恒, 若い城主織田三郎信長に近づき, 若い執筆家として評論, 若い埼子が可哀想, 若い堀君のその, 若い堂衆である, 若い堅気な夫婦, 若い塑像家の噂, 若い塩野はその, 若い塾員達はリキン, 若い士卒が湖, 若い士官達は大, 若い壮士はとんとん下, 若い壮年だ, 若い声振り仰ぐと, 若い売子たちとの対照的, 若い売子女の飲んだ, 若いな声, 若いの風物, 若い外交記者にも指図, 若い外交記者たちは何かと, 若い外人夫婦で五つ位, 若い外務省巡査がしけこんだ, 若い外国士官が飛行服, 若い外記が自分, 若い計代, 若い多分尾沢の, 若い多吉は勇み立っ, 若い夜鷹はふた, 若い夢想家のリザヴェッタ, 若い夢想家らに不快, 若い大きいのだ, 若い大した男です, 若い大事な身体, 若い大人達の丸髷姿, 若い大名に謹厳清潔, 若い大将参謀が書類, 若い大将髪の白い, 若い大尉が転任, 若い大山の胸, 若い大工さん夫婦の姿, 若い大柄の男, 若い大根時代すら鴈治郎, 若い大男と尻, 若い大納言の心遣い, 若い大胆そうな偉丈夫, 若い大衆からの批判, 若い大黒さんと同宿, 若い天使の悶え, 若い天子に仕へ, 若い天才ヴァイオリニストに及ぶ, 若い天才主義の画家, 若い天才肌な芸術家, 若い太夫のあの, 若い太田は聞いた, 若い夫万吉郎の仇, 若い夫人丈が淋しく, 若い夫人李氏に招かれ, 若い夫婦きりです伝八さん, 若い夫婦ふたりの時代, 若い夫婦二人でさかん, 若い夫婦外国の婦人, 若い夫婦間に起った, 若い奈良法師たちのうわさ, 若い奔流はつぼみ, 若い奥さまにいま, 若い奥さんみんなに売っ, 若い奥さん文代さんのこと, 若い奥方は自分, 若い奥方連がこの, 若い奧さん風な人, 若い女ことに美くしい, 若い女その他を書い, 若い女それを無上, 若い女だてらに一人, 若い女だてら夜遊びしくさって, 若い女ぢやありません, 若い女づれの一組などで日曜日, 若い女どうしは近, 若い女どれも先づ自身, 若い女ふたりが湯, 若い女ものは拡げ, 若い女らしかった, 若い女れんがぺちゃくちゃとしゃべり, 若い女ホテルに余分, 若い女ボーイが一人, 若い女一人ぐらゐならどうにでも, 若い女一人位ならどう, 若い女一人外へ出しやしない, 若い女一般にたいしてはずかしい, 若い女三人に獅, 若い女中さんが住みこむ, 若い女中一人で奥さん, 若い女中二人とお, 若い女中達も一緒, 若い女主と一緒, 若い女事務員たちが並ん, 若い女優さんの座談会, 若い女優髷にした, 若い女六人もの中, 若い女友だちから愛され, 若い女史にそう, 若い女声が聞こえ, 若い女売子の唇, 若い女多勢に怪我, 若い女大学生と話し, 若い女太夫一人で八人分, 若い女女学生とその, 若い女子一人で行く, 若い女子供老人である, 若い女子動員のよう, 若い女子武蔵も若い, 若い女子源氏閣へ斬りこんだ, 若い女子自身が各, 若い女子衆と登る, 若い女学校卒業生たちがともかく, 若い女學生の修學旅行, 若い女官の死体, 若い女官たちが阿, 若い女将のしんしん, 若い女形の心持, 若い女役者の死骸, 若い女性たち日本の社会, 若い女性たち自身心のどこ, 若い女性グループからもきつ, 若い女性一人看護婦である, 若い女性二人は一人, 若い女性名は覚え, 若い女性向きのもの, 若い女性従来若いと, 若い女性特有のみごと, 若い女性科学者はこれから, 若い女性経済不安定のため, 若い女患者が入院, 若い女房二三人がつい, 若い女房振りもまた, 若い女手は無, 若い女探偵の助力, 若い女教諭に命じ, 若い女数千人が皆, 若い女断髪の方, 若い女歌人の集り, 若い女殊にお, 若い女王たちがなお, 若い女王クリスチナがスペイン, 若い女王様がたも常に, 若い女王達をきれ, 若い女画家も一緒, 若い女盛りで尼僧生活, 若い女看守のひと, 若い女神の顔, 若い女等の手足, 若い女給さんなかなか負けません, 若い女羽織の色, 若い女芸人であるから, 若い女芸者が五人, 若い女親といへ, 若い女達失業者街にうろつく, 若い女郎衆だけでもおよそ, 若い女門下生の美しい, 若い女骨なしの, 若い奴蜩の化けた, 若い奴阿呆といわれる, 若い好男子を高座, 若い妓どもです, 若い妓芸者の二三人, 若い妖艶なフランス, 若い妹二人という家庭, 若い妹達にまだ, 若い妻たちが案外, 若い妻君等とともに寝そべっ, 若い妻女三の宮, 若い妻子が寂し, 若い妻自身はしかし, 若い姉さん達を並べ, 若い姉弟であった, 若い姉弟衆の力, 若い姜叙は母, 若いがあっ, 若い姫君がたのお, 若い姫達のお, 若い娘これも柱, 若い娘さん淑やかな方, 若い娘たち子供と遊んでる, 若い娘たち少女たちの内的生活, 若い娘たち生活の柱, 若い娘っ子をめあて, 若い娘づれの武士, 若い娘どもの声, 若い娘ドーラ・ディマントと知り合い, 若い娘ヴィクトリーヌ・ラフルカード嬢であった, 若い娘一人手輕に姿, 若い娘三人と八五郎親分, 若い娘中年の婦人, 若い娘二人喉笛を噛み切られ, 若い娘司教のきらびやか, 若い娘同士の同情, 若い娘夜はマロニエ, 若い娘夜目にはお, 若い娘太夫が薄紫熨斗目, 若い娘客に何, 若い娘左は運動家, 若い娘年少の女性許, 若い娘役はいつもやけに, 若い娘芸人や出方, 若い娘達それを其の, 若い娘達幸七の右隣, 若い婚約者たちが婚約指環, 若い婦人事務員は相当, 若い婦人二ツ木兼子という名前, 若い婦人作家たちはその, 若い婦人党員をさそっ, 若い婦人労働者アサに似た, 若い婦人同志はボックス, 若い婦人向きの靴, 若い婦人向きスポーツ好みの短靴, 若い婦人指導者として知られ, 若い婦人画学生としてケーテ, 若い婦人画家には珍, 若い婦人画家たちのため, 若い婦人評論家が現れた, 若い婦人身装は至って, 若い婦人車掌だけの寮雛菊寮, 若い婦人闘士はほんとう, 若い婦女たちに佩用, 若い婦達が下駄, 若い媚びた声で, 若い嫁女のツヤ子, 若い嫁娘の黒髪, 若い嫁御さんをひやかした, 若い嫁菜だの蕗, 若い嬢子を汝, 若い孃たちの, 若い子たちがもっぱら, 若い子みたいな者, 若い子供子供した女, 若い子供達が悲し, 若い子分二人があっぱれ, 若い子孫にゆずる, 若い子持の奥さん, 若い子貢も微笑, 若い子達に何ら, 若い孔子の門人たち, 若い孔雀を持っ, 若い孤君の将来, 若い学僧は宮方不服, 若い学堂の溌溂, 若い学士たちの馬鹿, 若い学士連が虫, 若い学士達が四五人, 若い学徒兵たちの記録, 若い学徒兵士がいくらか, 若い学校出の青年, 若い学生さんが一人, 若い学生十人ばかりとだった, 若い学生同志のよう, 若い学生彼ら両者をとらえ, 若い学界に正しい, 若い学究に取っ, 若い学究間の史眼, 若い学者仲間の頸, 若い学者達の活動, 若い孫嫁の繁子, 若い孫桓を後方, 若い學問をする, 若い學校の生徒, 若い學者も出, 若い學者達は一面それ, 若い守人の胸, 若い守女と眼, 若い守将のその, 若い宏子には何, 若い宏子たちと共通, 若い宗匠とも見える, 若い官吏どもはその, 若い官吏諸君はこの, 若い官女がお, 若い宮廷劇場附の女優, 若い宰相にも余程, 若い家士のうち, 若い家康は, 若い家持に愬, 若い家政婦の, 若い家来の本庄采女, 若い家老はその, 若い家鴨を探し, 若い容貌に誇った, 若い寄宿生は三歳, 若い富士がおどろくべく, 若い富子をなにか, 若い寡婦さんを後妻, 若い寫眞家は寫眞, 若い寵姫になられる, 若い寺内氏はそういった, 若い寿に終り, 若い専制者クリストフは考えた, 若い専務は突然, 若い専門学校の女, 若い専門家たちから批評, 若い専門家達の新しい, 若い将士を配し, 若い将校め何といふ不作法, 若い小さな好奇心を, 若い小作人を見かけ, 若い小僧さんが二人, 若い小娘おぼこ娘を, 若い小学校の教員, 若い小杉さんの当時, 若い小母さまには似合, 若い小母さんはきれい, 若い小池助手はいそいそ, 若い小生には冒険, 若い小者なの, 若い小野牧師がきた, 若い小雪はぎょっと, 若い少佐が所長, 若い少女たちがその, 若い少女労働者は殆, 若い少女心にお, 若い少女達までいつの間にか, 若い少尉二人と一緒, 若い少年巡査がきょとん, 若い少年時代にこの, 若い少年期の青春発動, 若い尚侍もこのごろ, 若い尼たち二三人が花, 若い尼前に盲, 若い尼御前がふつくり, 若い尼法師の美し, 若い尼良海だけは仏壇, 若い局長である, 若い屈辱と忿懣, 若い屑屋の家, 若いの人, 若い山ぐみの木なの, 若い山もみじがある, 若い山林技師と話し, 若い山登りの初心者, 若い山賊どもにそれ, 若い岡倉天心が外国人, 若い岩燕がその, 若い島崎藤村その他によって紹介, 若い川島の心, 若い巡査さんどっちも良い, 若い巡査曰く托鉢なら托鉢, 若い工兵士官を指さし, 若い工兵将校が絶叫, 若い工兵隊の士官, 若い工員がほそぼそ, 若い工場の労働者, 若い工場主として実生活, 若い工場労働者だ, 若い工夫二三人が, 若い巨人ともう, 若い巨村君来訪奥さんも仲間入, 若い巫女が白, 若い巴里の女, 若い市之助はその, 若い市吏どもが久しく, 若い市民がダンテ, 若い市長だそう, 若い希望は達せられる, 若い師冬が熱し, 若い師輔の同情, 若い帰休士官が英雄閑日月, 若い帰還軍医中尉の帰還直後一週間, 若い帽子もかぶらない, 若い幕府の力, 若い年先でありそれに, 若い年月をただ, 若い年齡をはつきり, 若い年齢で女, 若い多い詩人, 若い幸之助は飛んだ, 若い幸吉まです, 若い幹部であった, 若い幼い心に, 若い幽閉の女ら, 若い幾千・幾万のこころ, 若い床やさんは御存知, 若いのもの, 若い店員たちの寝泊り, 若い座員がコッピドク馬吉, 若い座長は最後, 若い座附作者を眺め, 若い庵主は身, 若い廃帝は明け暮れ, 若い建築家たちはこの, 若い建築家上野伊三郎がいた, 若い建築技師と結婚, 若い建築美術家と暮し, 若いは理由, 若い式部官が一人, 若い弓三は往来, 若い弟たちだけにでも知らせ, 若い弟妹たちに与える, 若い弟嫁と母, 若い弟子伏見屋の三郎, 若い強い美しいあなたが, 若い彈力性のある, 若い八を, 若い番兵が, 若い当主である, 若い当代の人々, 若い彦八はすぐ, 若い彫刻家の作風, 若いはさらに, 若い役人三人はそれぞれ由緒, 若い役員は, 若い役者たちがした, 若い彼女達にふさわしい, 若い彼等二人は仲睦, 若い征服者によく, 若い律氏は留学中, 若い後家さん綺麗だと, 若い後家尼だの, 若い後添へを迎, 若い後継者達の仕事ぶり, 若い後輩らしい詩人, 若い徐晃は血気, 若いもさて, 若い従兄妹同士のこの, 若い従妹たちが坐っ, 若い従軍記者がまだ, 若い徘徊者コゼットの冷淡, 若い從兄弟たちとうれし, 若い御家人がそれ, 若い御寮人は武蔵, 若い御新造さんのお, 若い復員兵が濡れた, 若い復讐者は再び, 若い心持ちで向上, 若い心理学徒の多く, 若い心靈たちへの世話, 若い志士の手, 若い志士たちの理想, 若い志望を擲とう, 若い志望者は唐辛, 若い志願者からの相談, 若い忠誠なケンメリヒ中尉, 若いさを, 若い怜悧な労働者, 若い思いをわかし, 若い思い上がった大将などには, 若い思ひを欺かう, 若い思想家はその, 若い急ぐに及ばない, 若い急進派の恋人, 若い急進的青年を, 若い恋しい女達よ, 若い恋人らが四月, 若い恋人同志のよう, 若い恋女房のお, 若い恐らく少尉か, 若いでも吹, 若い息吹きが鑿, 若い息子角太郎がうしろ向き, 若い悔恨の情, 若い患者達の姿, 若い悩みを感ずる, 若いざむらいは, 若い悪漢は時々, 若い悲しい生涯を, 若いのかった, 若い情夫と思わず, 若い情婦を手, 若い情熱的なオノレ・ド・バルザック, 若い情緒的なもの, 若い想像力はそう, 若い意力のまま前進, 若い意気な父親, 若い意氣な縹色, 若い愛人たちがある, 若い愛人同士とは思われない, 若い愛人清川を得, 若い愛妻の詩的精神, 若い愛蘭土人だった, 若い感傷を誘うた, 若い感性にとっては一つ, 若い感情の柔かに展げ, 若い感情家の母, 若い感情遊戯などですれ, 若い慣れない内儀さんに, 若い慾望のまとも, 若い憂愁が瞼, 若い憲兵は日本, 若い懇意な間柄, 若い成太郎中年者の熊吉, 若い成金の貴族, 若いる美しい, 若い戦士の姿, 若い戦後派を見る, 若い所化法衣の裾, 若い所員たちがゴソッ, 若い所員たち自分では何とも, 若い手代五左衞門の腕, 若い手代達にも話しかける, 若い手合いのいさ, 若い手脚をのばし, 若い手腕家が通太郎, 若い手足をのびのび, 若い才人の盟社, 若い才物者揃いの独身者, 若い打ち見たところ二十一二の, 若い技官は件, 若い技官二人は今頃, 若い技術員をさし, 若い技術者達もそれ, 若い折つてものは案外, 若い押し出しのいい, 若い持彦にはそんな, 若い振袖姿のお, 若い捕物作家達にこの, 若い掏摸が遣損なっ, 若い掛声でむくり, 若い探偵作家の仲間, 若い探検家は南米, 若い操縦士が老人, 若い支那行商人元気がよい, 若い支配の前途, 若い支配人は急, 若い支配人自身なら二階, 若い改良服の女, 若い政府であった, 若い政治家はとき, 若い政治郎から福助, 若い政治部員たちや村ソヴェト, 若い敏感性がベッシェール夫人, 若い救世主をなぶる, 若い教員それらはすべて自分, 若い教員たちは何, 若い教員風の男, 若い教師たちは軽部, 若い教師達からも妙, 若い教習所の警官, 若い教諭が出, 若い教養ある女性, 若い数百の男女, 若い文三郎の献身的, 若い文作はひれ伏した, 若い文化日本の近世的, 若い文化芸術の巨きい星, 若い文壇関係の人, 若い文士画家彫刻家建築師達は小さな, 若い文学好みの男女, 若い文学少女が, 若い文学少年たちから憤慨排斥, 若い文学志願の女, 若い文学界の誰彼, 若い文学的反抗心のよわ, 若い文学者たちに向っ, 若い文学者間には有名, 若い文學愛好者の間, 若い文月巡査の蒼白い, 若い文章博士の日野資朝, 若い斎宮はいつ, 若い料理人が一人, 若い料簡のきまらない, 若い断髪の女, 若い新体詩人の作, 若い新吉にし, 若い新樹が山野, 若い新発意が追っ, 若い新蔵にはおよそ, 若い新造を口説い, 若い方々ごらんなせえ, 若い方ことには女子, 若い方どうしがお話, 若い方ふたり古文書幾種類かを揃え, 若い方ピノチヨの鼻, 若い方五郎助は澁, 若い方相手ですから, 若い方私にお, 若い方賈といふの, 若い方達には立派, 若い旅びとが行燈のまえ, 若い旅支度の商人風, 若い旅行者たちの何, 若い旗本ばかりが選ばれ, 若い日傘が眩しい, 若い日本人教授達が公共教育, 若い日本洋画家とマリイ, 若い日本画家が新しい, 若い日本畫家の中, 若い日本言語学者の誰か, 若い日高さんが暫く, 若い旦那さんが奥さん, 若い藩主の, 若い旺んな時代, 若い明るさを, 若いの研究者, 若い易者だなかなか, 若い易者さんよ老, 若い畫女優などに, 若い春雄の心, 若い昭公の代, 若い時あちこちと逃惑つて山, 若い時ならず者の仲間, 若い時ゃ芝居がで, 若い時アメリカへいっ, 若い時イギリスに行きたく, 若い時ウェスト・ヴァージニアに拳銃, 若い時フトした間違ひで質, 若い時三井寺で件, 若い時三十年が程, 若い時世話になつ, 若い時代共通の望み, 若い時代的な画学生, 若い時伊勢参りの思い出, 若い時兄を二人, 若い時其モリエエルの傑作, 若い時其夫と共に自家, 若い時冬の最中, 若い時処々を歩いた, 若い時分お里の父上, 若い時分ちよいと禿げ, 若い時分アメリカではケチン仕事, 若い時分キリスト教会に出入り, 若い時分シベリア戦役にいった, 若い時分一度行ったこと, 若い時分下宿して, 若い時分世話になつ, 若い時分二十七歳の時, 若い時分人はハイベルク夫人, 若い時分医学が好き, 若い時分吉原の年明け, 若い時分名古屋へ行っ, 若い時分四郎太夫に奢らせ, 若い時分在所にあった, 若い時分奉公人の何ん, 若い時分好きだつたの, 若い時分山へ薪, 若い時分旋盤工だつた, 若い時分日光へ参りました, 若い時分明治三十年頃にはわれわれ, 若い時分柳里恭の, 若い時分武士の意気地, 若い時分盛んにいわゆる, 若い時分種々の苦労, 若い時分継母のはからひで勘当同様, 若い時分自分が屈指, 若い時分諸方の部屋, 若い時分變則な英語教育, 若い時分貴族の家, 若い時分身分のいい, 若い時分道楽で私, 若い時分部下の面前, 若い時分野良で過激, 若い時分駄犬のこと, 若い時勝成公の君側, 若い時医を志した, 若い時吉井勇君にその, 若い時同村に棲ん, 若い時大勢の奉公人, 若い時天竜寺の峨山和尚, 若い時夫に死なれ, 若い時奉公して, 若い時奥女中としてそこ, 若い時女学校で教師, 若い時寺に居た, 若い時小夜の中山, 若い時広島県に多い, 若い時張合つた母を横取り, 若い時彼のペルリ, 若い時撥ね火で怪我, 若い時放埒で隣町, 若い時旧派の役者, 若い時期は早く, 若い時村の池, 若い時桐野利秋に囲われた, 若い時此家の主人, 若い時江戸へ出, 若い時海賊にさら, 若い時父母を抱え, 若い時田舍の百姓家, 若い時田舎の百姓家, 若い時神像に供えた, 若い時私の親, 若い時綽名を付けられ, 若い時罪をお作り, 若い時美男であつ, 若い時聖堂で朱子学, 若い時自分で町, 若い時船へ乗りよん, 若い時艶名をうたわれた, 若い時英国へ留学, 若い時英気にまかせ, 若い時荒海の上, 若い時蕪村を学ばれ, 若い時親に死, 若い時言ひ交した女, 若い時郷里へ帰つて貰つた女房, 若い時酒の上, 若い時野口小蘋, 若い時間に彼, 若い時非常の貧苦, 若い時飛彈に行きやした, 若い時餘つ程, 若い時馬の糧葉切, 若い時高名の女嫌い, 若い普化宗のお方, 若い晶子はどう, 若い晶子さんのやう, 若い智識人に讀ませ, 若いと交代, 若い曙覧と相, 若い曲芸師のよう, 若い書生さん等が集ツ, 若い書生肌の男, 若い書生間に評判, 若い書記官があたし, 若い曹丕の世代, 若い曹操に倒されました, 若い曹洪は振り切っ, 若いっと綺麗, 若い最前線の花形, 若い最愛の妻, 若い最高音を本, 若い會員からの便り, 若い會員はいふ迄もなく, 若い會社員に誘惑, 若いが, 若い髮の, 若い有島武郎は信仰上, 若い有望な異性, 若い有様なので, 若い有産者らの頭, 若い有識人を戦争, 若い有閑未亡人の生活, 若い朋輩の援護隊, 若い服装をし, 若いのある, 若い望みは一廉, 若い望月辛吉君なども立会, 若い朝鮮人だよ, 若い木だまにはその, 若い木の芽や材木, 若い木戸の勝つ, 若い木挽にも訊いた, 若い木木のあ, 若い木村よりも四十男, 若い木村康男へおし, 若い木虱がその, 若い木魂は逃げ, 若い未亡人松葉杖をついた, 若い未成品だから, 若い未来へ幸福, 若い工だった, 若い本願寺派の布教師, 若い朱実は蘇生, 若い杉村は長く, 若い杉村順吉一人きりだつた, 若い李陵ごときの, 若い村人の俤, 若い杜先生が姿, 若い束髪の婦人, 若い東京から来た, 若い東方策士のグループ, 若い杵太郎は二人, 若い松ぼっくりは少年, 若い松ヶ谷学士は, 若い松井君では, 若い松吉は御用, 若い松木は椅子, 若い松茸を踏み潰し, 若い松陰の學問, 若い染奴は姉芸者, 若いかな体ごとそこ, 若い柔軟な四肢, 若い栄三郎どこでのんだ, 若い栄介はそう, 若い栖方の頭, 若い株屋を銀子, 若い案内二人と夜, 若い桜半分咲いた山吹, 若い桜日光に肌, 若いも野, 若い棋士があつ, 若い棕梠の葉, 若い棟梁うしろから声, 若い植木職の声, 若い植物学者は眼, 若い検査官はもう, 若い検査官二人だったが, 若い椿の柔らかい, 若いの梢, 若い取を, 若い極醜女で髪, 若い楽匠はドイツ, 若い様子をせん, 若い槙三の顔, 若いの下, 若いだが, 若い横柄な感じ, 若い横瀬からスウィッチ, 若い樵夫は, 若い樹液を持つ, 若い樹皮が豊香, 若い樺の木で, 若い橋庵先生というの, 若いおり姫, 若い機関士で, 若い機関部の士官, 若い機関長のレコード破り, 若い機關少尉が三人, 若いや楓, 若い檜林が葉, 若いの木, 若い次郎はともかく, 若い歌い手達を征服, 若い歌よみ達も大層, 若い歌人がゆくりなく, 若い歌人たちともまた, 若い歌何れも晶子調, 若い歌手たちの登場場面, 若い歌舞伎俳優と媾曳, 若い歓びをむさぼる, 若い正史編纂者の微笑, 若い正太に何, 若い正直者であると, 若い正義感が妻, 若いの義理, 若い此人の作物, 若い武井さんは聲, 若い武士達が雑然, 若い武官教官が隣, 若い武家それが自分, 若い武家息子たちのうち, 若い武将が立ち上がっ, 若い武生時代に通つて, 若い武者どもを三, 若い武者修行は弱い弱い, 若い武者羽織の方, 若い武蔵は顔, 若い武骨な男, 若い歴史学殊に文学史, 若い歴史科学の問題, 若い死人は死んだ, 若い死者を案内, 若いに艶, 若い殿上人たちの集められた, 若い殿子もいない, 若い殿様ぶりが今, 若い母君もその, 若い母御が残っ, 若い母衣武者がその, 若い母親たちの風習, 若い比丘尼のやう, 若い比丘尼みたいに青々, 若い比較的素朴な, 若い毛唐まがいの船長, 若い毛唐人が二人, 若い民主的評論家たちは彼ら, 若い民族の宗教的心情, 若い気性とその, 若い気持ちの中, 若い気絶をし, 若い気象だったから, 若い気魄をもつ, 若いでゐたいなら, 若い水夫たちがもたらした, 若い水夫らにとってはそれ, 若い水狐族の女, 若い水色の上着, 若い汚職役人が摘み食い, 若い江戸っ子でしたが, 若い江戸ッ児のよ, 若い決して偽りの, 若い汽車乗りのいう, 若い沢山の瞳, 若いは新川, 若い河神たちが八人, 若い河童達を悩殺, 若い沸きたった血, 若い泊り客がある, 若い法學士は何處, 若い法律家がわし, 若い法律顧問判事たちも二つ, 若い洋服男が, 若い洋琴家がその, 若い洋画家たちの集団, 若い洒落者だった, 若い洗濯の女, 若い活動家が闘っ, 若い活気のため, 若い派手ずきな, 若い派手やかな装い, 若い流行作家のある, 若い浅草のペラゴロ, 若い浅黒い顔だの, 若い浪人ふうの男, 若い浪人何か事, 若い浪人庵平太郎を始め, 若い浪人者これが林彦三郎, 若い浪人者兄妹に會, 若い浪人者富山七之助の暴挙, 若い浪人者庵平太郎といふ人, 若い浪人者江柄三七郎と物蔭, 若い浪人鈴懸紋弥, 若い浪士たちの噂, 若い浪漫主義はデュマ, 若い浪漫的な興味, 若い浮氣娘と一緒, 若い浮舟はこれ, 若い海兵隊は笑い, 若い海員などが甲板, 若い海員姿に変っ, 若い海老蔵が, 若い海軍中尉と五分間写真, 若い海軍軍医と中学生, 若い消防手の声, 若い淋しそうな, 若い淫売婦が夕方, 若い清らかな清らか, 若い清楚な貴婦人, 若い清水の意気, 若い清盛がボロ, 若い渋味のない, 若い渋沢には理財, 若いを妙, 若い渡り鳥がただ, 若い人の, 若い溌剌として愛撫, 若い源三郎が今, 若い源十は足, 若い溝鼠が通りました, 若い漁夫達の云う, 若い漁師たちがよく, 若い演劇愛好者の注意, 若い演劇的スノブを総動員, 若い演劇研究者の常識, 若い演劇研究者演劇愛好者に是非, 若い潔癖はその, 若い潔癖さから肉体, 若い激しい性格の, 若い激情家はなかなか, 若い激烈な一図, 若い激血は祖先, 若い濃い化粧を, 若い瀬川さんが俺, 若い灌木のしげみ, 若い火夫に向ける, 若い火山であること, 若い火鉄はこの, 若い為憲はそれ, 若い烈しい弓矢の, 若い烏帽子折りは, 若い無分別さからあの, 若い無名作家の原稿, 若い無心の日, 若い無抵抗な労働婦人, 若い無法の群れ, 若い無産派議員の意見, 若い無電技師の物語, 若い無頼漢と着物, 若い生は, 若い然しさすがに, 若い煙火師はすべて革, 若い熱いたまし, 若い熱ガスのため, 若い熱烈な心, 若い熱狂者らが戦っ, 若いゆる心, 若い燃えやすい情熱, 若い燃えるような, 若い燕型これは一番, 若い燕尾服の日本人, 若い爲めであると, 若い父親たちよりはいささか, 若い爺さんもある, 若い牛方が二, 若い牛飼があった, 若いだったが, 若い牝牛であるし, 若い牝犬の像, 若い牝猫との喧嘩, 若い牝豚の像, 若い牝鶏の肛門, 若い牡牛の話, 若い牡羊の感じ, 若い牡鹿は自分, 若い牧師夫人が二度, 若い牧師神戸玄次郎氏は庭, 若い物売女のわめき, 若い物理の研究者, 若い物理学者たちの中, 若い物語なの, 若い物貰ひが, 若い物貰ひと言つたらう, 若い犯人達はある, 若い狂人にたいしてぶつぶつ, 若いを檻, 若いの首, 若い狩猟家の名声, 若い独り者で煙草屋, 若い独乙人夫婦はめいめい, 若い独立した婦人, 若い独立党員で大東共報記者, 若い猫間犬丸名まえ, 若い献身的な人々, 若い猿之助の悲憤, 若い猿廻しめがしげしげ, 若い獅子手づから穴熊, 若いのごとき, 若い獨身社員たちの合宿所, 若い獨身者として取扱つて, 若い獨逸人夫婦はめいめい, 若い玄人じみた女, 若い率直さで敢, 若い玉藻に敬意, 若い王女はお, 若い王妃呉氏とのあいだ, 若い王子様ときまっ, 若い王様はその後, 若い現場係に訓話, 若い現役兵もゐれ, 若い理学士香椎六郎でした, 若い理論並に實驗物理學者, 若い理髪師達の異動, 若い琉球の詩人, 若い琵琶の女, 若い甘い息は, 若い生きる力は, 若い生姜の根, 若い生徒らがサン・バジル長老, 若い生徒監としてプチ・ショウズ, 若い生母の想像, 若い生活経験では理解, 若い生物学者や地質学者, 若い生産力の神, 若い生血を吸う, 若い産婆さん立石嬢を訪ね, 若い産婦の背中, 若い甥一人のため, 若い田中君の立場, 若い田丸先生であった, 若い田代と相, 若い田舎の百姓さん, 若い田舎書生の心, 若い田舎風のお, 若い田部の方, 若い甲冑武士で何, 若い甲軍の一将, 若い甲野博士は電波, 若い男これは土地, 若い男ざかりで気, 若い男それは遠縁, 若い男ぢやありません, 若い男つてどうして斯, 若い男のは生々, 若い男の子みたいなの, 若い男の子女の子母親が来, 若い男の子達はよく, 若い男はぶつきら棒にいひました, 若い男ひとりの三人連れ, 若い男らがつっ立っ, 若い男らしかつた, 若い男らしかった, 若い男三人天道樣のせゐに, 若い男二人こっち側あっち側に緑郎, 若い男二人労働者風の男女, 若い男二人舞踏の足取り, 若い男余りキチンと, 若い男借金で首, 若い男全部約五六十, 若い男八五郎に青瓢箪, 若い男友達をこしらえ, 若い男右隣の魚屋伝吉, 若い男囚がまぜっ返した, 若い男夕刻になる, 若い男女五六人とその, 若い男女会員達は互いに, 若い男女学生が記された, 若い男女少年たちを総動員, 若い男女見学団を見物, 若い男女青年の生活, 若い男子たちもある, 若い男居合の刀, 若い男平次はそれ, 若い男弥蔵をこしらえ, 若い男御子が処女神, 若い男性たちにはさ, 若い男性屍体が現れた, 若い男成程八五郎, 若い男月代の青々, 若い男灯に背いた, 若い男爵夫人を迎, 若い男爺天狗なぞで, 若い男狐は半開き, 若い男等が, 若い男篠町辺で見かけ, 若い男緊張した青い, 若い男衆たちも追, 若い男錢形平次が出かけよう, 若い男雲霧の仁三, 若い町人ふうの男, 若い町会議員は苦笑, 若い町医は彼, 若い町長初め一同がやんや, 若いをかく, 若い画家それにアルフレット・ロイトネル氏, 若い画家中批評家は一口, 若い画家五六人が饗, 若い留學生諸君, 若い番兵がしめて, 若い番頭和吉二十四五歳千崎弥五郎のこしらえ, 若い番頭政吉に相違, 若い番頭風の男, 若い番頭香之助, 若い畫家の, 若い畫工などは一圓, 若い異人の挙動, 若い異国人が之, 若い異性間の交際, 若い疼きは一切, 若い病みあがりらしい妻君, 若い痩せぎすな女, 若い痴呆な恋, 若い発明家があっ, 若い登山家として知られ, 若い登山家たちは, 若い白ヘルメットが金色, 若い白服の男, 若い白樺の林, 若い白熊の貴族, 若い白瓜の心, 若い白痴の女, 若い白髪を見る, 若い白鳥はもうまったく, 若い白鷺のやう, 若い百姓たちはみな, 若い百姓女の熱した, 若い百姓男を相手, 若い皆さんと仕事, 若い皇后定子の兄君伊周公, 若い皇太子としてフランス, 若い皇子皇女たちはたくさん, 若い皮膚はいちめん, 若い盗賊はしんみり, 若い盗賊権勢家三斎を前, 若いで御座いますが, 若い盛んな容貌, 若い盟友の約, 若い監視補たちが二重金, 若い目と目が人波, 若い目もとを青ぐろくしかけていた, 若い目金などかけた, 若い盲唖学校の生徒, 若い盲女を中, 若い盲目娘の名, 若い相州さまは苦笑, 若いの男, 若い眉目形もすぐれ, 若い看守は答え, 若い看護婦さんに頼ん, 若い看護婦たちはなんと, 若い看護婦鶉七娘に引渡され, 若い県技手の話, 若い真宗坊さんが来, 若い真打たちがせめて, 若い真率な心, 若い真額をにらみつけ, 若い着実な女性, 若い着飾った下女が, 若い取女, 若い矢代に不向き, 若い知的の娘さん, 若い知能は所謂インテリゲンチャ, 若い知識人等の間, 若い知識慾が始めて, 若い石子刑事はもう, 若い石工もメロス, 若い研究生は答, 若い研究者達の中, 若い砲兵は皆相当, 若い社主と結婚, 若い社会主義者だつた, 若い社会科学者特に経済学者, 若い社員潮田春樹とその, 若い社會記者の來訪, 若い社長で小田, 若い社長さんですこと, 若い祖母の為, 若いは少女, 若い神さんらしいの, 若い神学生ではいっ, 若い神尾主膳はやがて, 若い神経病みだった, 若い神職ひとりぼくらと知っ, 若い禅家のお, 若い禅尼だった, 若い福島屋の細君, 若い禪宗の坊さん, 若い秀吉の目, 若い私さへふしぎ, 若い私娼に夢中, 若い私服のひと, 若い私立大学生で大正十二年, 若い科学者フルハタの実験, 若い科學者と交際, 若い秘書が電人, 若い秘書役はラム・ダス, 若い稚いお方たちに, 若いに活動, 若い稲吉はじれ, 若い稼ぎ人が来, 若い稽古盛りの年ごろ, 若い空想家は駄目, 若い空想的な娘ら, 若い窓口の娘, 若い立ちん坊だよ, 若い竹内数馬の苦痛, 若い笑声が小山, 若い笑顔を苦々し, 若いの立つ, 若い筋骨とは黒皮, 若い筒井の眼, 若い節々がお, 若い節子を助け, 若い篤学なる嫡子, 若い篤学者のため, 若い簿記掛の女, 若い米國人の神經, 若い粗暴の振舞い, 若い精神世俗の灰汁, 若い精鋭が出場, 若い糖尿病患者の消耗性, 若い糸子との旅立ち, 若いはあこがれ, 若い純文学者の心的革命, 若い純熱をもっ, 若い純真な宮内官, 若い純真さは半ば, 若い純粋さの一切, 若い素人の劇団, 若い素人探偵だったが, 若い素朴な三人, 若い細君ぶりでした, 若い細君全治した子, 若い細君船員が岸, 若い細工人の手, 若い紳士たちは失礼, 若い紺絣の青年, 若いの浜田, 若い組下の同心, 若い組織のことゆゑ, 若い経営園主がゆうべ護謨園, 若い経験ですら, 若い結婚した婦人, 若い給仕がいた, 若い給仕たちが高く, 若い給仕娘をその, 若い絵かきと来とるで, 若い絵書きの前, 若い絹子にはそれ, 若い綺麗どころが畫伯, 若い綾子も私, 若い緊張した顔, 若い総務の本間利行, 若い緑葉の間, 若い編輯記者はなにか, 若い編集助手たちと同じく, 若い縮毛の男, 若い織姫の, 若い署長でした, 若い羅門塔十郎がそんな, 若い美しい凄いお化けで, 若い美人達は私達, 若い美人風派手な騒ぎ, 若い美女たちが互いに, 若い美婦人と幼, 若い美学者フーバーとも其処, 若い美技が輪, 若い美男美女がいかにも, 若い美術家たちと, 若い群れを見渡し, 若い義助は激昂, 若い義士の一人, 若い義弟は経済, 若い義憤らしいもの, 若い義昭しかも名ばかり, 若い義時さまを御前, 若い義詮がこれ, 若い老いた女や, 若い老爺のよう, 若いで数年, 若い考えを余り, 若い考古学者であって, 若い者ぢや娘, 若い者はじめから何, 若い者ひとりと共に帰っ, 若い者ふたりを連れ, 若い者みんなが寝起き, 若い者アメリカの学生, 若い者ッて年長, 若い者一人が小僧, 若い者三人喜次郎有松七之助は互に, 若い者三人女中三人の暮らし, 若い者三名と共に迅舟, 若い者三平はその, 若い者二三人中にも気軽, 若い者二人ぎりではどうあろうかと言った, 若い者二十二歳の若, 若い者仙二位の男達, 若い者以外の何者, 若い者児童を養成, 若い者八助と発し, 若い者共盛んに当て, 若い者勝ちなこの, 若い者千吉へ, 若い者午後ならば, 若い者半分は下手人, 若い者同志話をする, 若い者同志間の危険, 若い者呼びさましたれどこれは日頃, 若い者喜介出で來, 若い者四五人と小僧二人, 若い者四五十人に揃, 若い者多勢と今度, 若い者大ぜい集まっ, 若い者大勢集りて, 若い者大急ぎで高麗村, 若い者姪のお, 若い者娘たちを呼び集え, 若い者子供赤ン坊の亡くなった, 若い者小僧奥の女中たち, 若い者市助と発し, 若い者平次を目がけ, 若い者年老った者, 若い者捨どんなり, 若い者揃いで明治生れ, 若い者時助勘八の二人, 若い者相手の他流試合, 若い者銀八というの, 若い者頭分芸妓家待合料理屋の亭主連, 若い者黒助といふ名, 若い耽美者の一団, 若い聖アンナとが接吻, 若い聖ヨハネの面影, 若い聖者は寺, 若い聡明な先生達, 若い聰明な女性, 若い職人ひとりと小僧二人, 若い職人二人と小僧一人, 若い職人仲間には不, 若い職工たちは寄, 若い職工達が, 若い職業婦人が大衆, 若い職業婦人たちがそれぞれ, 若いのよう, 若い肉体美の発散, 若い肉塊はなにか, 若い肋骨さへ噛み穿つ, 若い肌色を保っ, 若い肢體には少し, 若い肥ったうつくしい女, 若いのもり上った, 若い肺病の男, 若い背ビロの男, 若い背丈も甲斐, 若い背広服の男, 若い背広車掌はいかにも, 若い胡瓜モミなど母, 若いの上, 若い能島武文氏とか関口次郎氏, 若い能役者は鬼, 若い能才の作家, 若い能芸人の背, 若い脂ぎった頭の, 若いがのびたい, 若い腕っぷしの強い, 若い腕利きの新聞記者, 若い腕力の弱い, 若い腰元共を集め, 若いの丸, 若いもその, 若い臣下たちやまだ, 若い臨月の女, 若い自分たちの生活, 若い自分たち仲間の就職, 若い自然の人間, 若い自然研究者になんらかの, 若い自然科学者達の大, 若い自由労働者だった, 若い自覚の一つ, 若い自負心と自負心, 若い自転車嬢さんに追跡, 若い與力の前, 若い與力笹野新三郎の屋敷, 若い舞妓と高官, 若い船医や京都府, 若い船員五六名と共に船, 若い船塲商人の戀, 若い船夫が, 若い船客達が一勝負, 若い船頭たちから親方, 若い船頭三人に捻じ伏せられ, 若い船頭衆のなか, 若い艇員との間, 若い三が, 若い良い男で, 若い良寛さんは生活, 若い良心が資本主義社会, 若い芭蕉の筆, 若い花々しい火花が, 若い花圃が洋服, 若い花形役者であった, 若い花房がどうしても, 若い芳子さんも今, 若い芸妓さんを乗せ, 若い芸妓連に引かれ, 若い芸妓達が口, 若い芸者たちさえ, 若い芸者金たけ長をかけ, 若い芸術であるという, 若い芸術家たちの群れ, 若い芸術家らを窒息, 若い芸術家映画俳優女学生中学生あらゆる何, 若い芸術家諸君がそれだけ, 若い芸風の故, 若い芽生についてゐる, 若い若党とそんな, 若い若者輩はそんな, 若い苦勞人の女, 若い苦味走つたい, 若い苦悶に通じる, 若い英吉利の男, 若い英吉利人ひとりなのに, 若い英国人がはひつ, 若い英国士官マクリイの軍服, 若い英才半兵衛に余命, 若い英文学の稀代, 若い英語教師が, 若い茂時はただ, 若い茶屋女に好かれる, 若い茶屋娘が時々, 若い茶褐色の髪毛, 若い草履取や馬丁, 若い荒々しい土は, 若い菅沼藤蔵ひとりが行った, 若い菊次郎はそれ, 若い菊龍と富江, 若いやぎとうつる青春, 若い華頂氏がもっと, 若い落語家の三遊亭圓朝, 若い落髪を集め, 若い葉どもはお, 若い著作家は別段, 若い葡萄牙人の四人, 若い葦毛の花房, 若い蒙昧人がその, 若い蓬莱屋の新, 若い蔓草のよう, 若い蕃人の巡査, 若い蕃王の息子, 若い蕎麥屋の出前, 若いを塩漬け, 若い髯を, 若い薫中将はかえって, 若い薬屋さんだな, 若い藝者どもをからかふ, 若い藩士が同僚, 若いの葉, 若い蘇峰の, 若い蘇我の娘, 若い蘭法醫の惠齋先生, 若いは老, 若い虎之助に向かっ, 若い女らしく初めて, 若い虚栄心との若い, 若い虚無家の不得要領, 若いだったと, 若い蚕豆の皮, 若いが泣き声, 若い蜜蜂の機鋒, 若い蟇仙人のやう, 若い蟷螂が頭, 若いで家族, 若い血管は友情, 若い衆多人數を以て組織, 若い行人は身支度, 若い行員どもが引っ, 若い行商人さん近所の若衆さん, 若い行者と若い, 若い行脚僧がそれ, 若いの女たち, 若い街巷に徘徊, 若い街路樹のかなた, 若い衛府の人, 若い衛星公卿の復古運動, 若い衛生学者で蛋白質, 若い衞侯が在る, 若い表情をし, 若い裁判官は彼, 若い補祭はすっかり, 若い裸女達の数, 若い西洋人たちが近づい, 若い西洋人達が近づい, 若い西洋料理屋のコック, 若い要人達は欧米, 若い見るところ三十ぐらいな, 若い見事な筋肉, 若い見学旅行の学生, 若い見物人たちがその, 若い見習医官大谷博士の言葉, 若い見習看護婦を殿, 若い親たちと赤ン坊, 若い親分平次の尻, 若い親切らしい看護婦, 若い親子たちの賑やか, 若い親方はプログラム, 若い親族を死なしめ, 若い親王がたなどもお, 若い親達を驚かした, 若い観客の目, 若い観測者が記録, 若い触れ易く受け, 若い記憶力に自信, 若い記者たちと銀座, 若い訥升時代に大阪, 若い訪問者に成仏, 若い許嫁があった, 若い証拠でもあろう, 若い評判のいい, 若い評論家群が自身, 若い詩人仲間の保護者, 若い詩人夫妻の伴, 若い詩人山田邦子として故郷, 若いだ, 若い誓願寺さん感情家らしかつた, 若いの腕, 若い読書子間にあるらしい, 若い読書家の心, 若い読者層が過去, 若い課長は年齢, 若い課長連が出る, 若い論説部員が羅馬, 若い諸侯がアルマン, 若い諸君あたりから, 若い謀反人のある, 若い謙一に働く, 若い謙信のごとき, 若い講師や助手等, 若い講談ファンをよろこばせ, 若い講釈師が朝鮮軍記, 若い謳いが, 若い警固武者がこっち, 若い警官氏はこの, 若い警官黒田巡査はあくまで, 若い警部の, 若い警部さんで温厚, 若い讀者には何, 若い讀者諸君よこの, 若いの葉, 若い豹一を見, 若い貞徳は公, 若い貧農の娘たち, 若い貴公子女性などの無垢, 若い貴女デスデモーナはお, 若い貴婦人非常に, 若い貴族たちの仲間, 若い貴族マルテ・ラウリッツ・ブリッゲがその, 若い貴族マルテ・ラウリッヅ・ブリッゲが巴里, 若い貴殿を蜘蛛, 若い貴重な命, 若い資本主義を見出そう, 若い資産家であるが, 若いかな雪江さん, 若い賜ものである, 若い赤毛の馬, 若い赤犬が, 若い赤穂浪士の一人, 若い赤衛兵が一人銃, 若い越智夫婦が田舎, 若いは立っ, 若い足下を眞二つ, 若い跳躍は当然, 若い踊り子に呼びかけ, 若い身の上だから, 若い身もちの看護婦, 若い身上で先立っ, 若い身延詣での町人, 若い身持の婦人, 若い身毒は何処, 若い身軽な女性, 若い身長の高い, 若い軍曹は一応, 若い軍楽隊の楽手, 若い軍艦だった, 若い騎兵は, 若い軽やかな妻, 若い軽薄な背, 若い軽輩の人々, 若い輝きをもつた, 若い輩五六人に稽古, 若い農夫村の女, 若い農家の女性, 若い農小婦の純粋, 若い農業労働者が二, 若い農民はもとより, 若い農民夫婦に子供, 若い近代的なの, 若い近所の子持, 若い近習たちは決して, 若い近衛兵がその, 若い追随者がその, 若い通信社の記者, 若い通訳は刺す, 若い造られた物を, 若い連中三時半におき, 若い連中享楽こそモラル, 若い連中大勢揃って, 若いが体, 若い進藤孫三郎はへり, 若い進駐軍の兵隊, 若い逸り気として叱る, 若い遊び仲間と一緒, 若い遊人などを近けた, 若い遊冶郎と若い, 若い遊猟家がやつ, 若い遊蕩児には意見, 若い運動員に必要, 若い運動狂たちといっしょ, 若い運転手さんが, 若い運転手君生活の花々しい, 若い道具方の一人, 若い道士に投げつけた, 若い達ちゃん達は後まわし, 若い選手達の胸, 若い邏卒は草, 若い郎従は主, 若い厚な, 若い部将の隊伍, 若い部隊長の声, 若い郭嘉に先立たれ, 若い郷党輩からもお, 若い郷武士たちに神仙, 若い郷武者らがよく, 若いの商人, 若い都会人たちは, 若い都会風の色, 若い酋長は小男, 若い酋長夫人が物語った, 若い酋長夫婦が住ん, 若い酌婦らしい女, 若い配偶者のもと, 若い配達夫でして, 若い酔どれの大きな, 若い醫學士に, 若い采女は逆襲, 若い里恵の泣い, 若い重太郎は遂に, 若い重役の相良さん, 若いの女神, 若い野あざみの發生状態, 若い野人の傲慢さ, 若い野心家の駱駝, 若い野心家達は出世, 若い野心的な先生, 若い野望の燃, 若い野梅です, 若い野梅薪のやう, 若い野沢富美子の感受性, 若い野猪が眼, 若い野獣のよう, 若い金之進は夜中, 若い金持ちの息子, 若い金色の髪, 若いの意志, 若い銀平ばかり苛める, 若い銀杏の木, 若い銀次の人相, 若い銀行員等とも勝つ, 若い髮の, 若い長さんなぞを連れ出し, 若い長三郎は苛, 若い長太郎はなかなか, 若い長手な顔, 若い長政は新婚早々, 若い長谷戸検事の捜査法, 若い門番に眼, 若い閑暇の多い, 若い関平はたちまち, 若い閨秀作家たちの作品, 若い閨秀畫家らしいこと, 若い閲ラン者はこの, 若い闘志に満ちた, 若い闘牛士ホウセリトである, 若い母が, 若い附添婦が私, 若い陪審員もやっぱり, 若い陪席判事は特別, 若い陸軍少尉が十四, 若い隊長の想, 若い階級的な妻, 若い隣人クリストフの魂中, 若い集団農場化のため, 若い雉六はそれ, 若い雌犬が居りました, 若い雌豹のよう, 若い雌鹿のやう, 若い雑兵のひとり, 若い雑役夫で源太, 若い雛っ子連がやった, 若い雛妓のそれ, 若い雛鳥を西洋人, 若い雜使婦が寢臺, 若いの竜神さん, 若い雪枝は子供, 若い雪江さんの罪, 若い雲水さんです, 若いが居, 若い電気学生があった, 若い電気技師に電報, 若い霊魂は愛され, 若いをたたえ, 若い露國人が來, 若い露西亜の男女, 若い露西亞婦人は令孃, 若い青い頭を, 若い青侍ではありません, 若い青少年を目当, 若い青年共産主義同盟員女子青年共産主義同盟員そういうもの, 若い青年少女達にのこされ, 若い青年画家と戯れた, 若い青春は皺, 若い青柳の細君, 若い青桐は細い, 若い青白い笑い顔とか, 若い青雲の夢, 若い静物画家だが, 若い革命家たちがみんな彼, 若い革命期のブルジヨア, 若い靴磨きが変, 若い靴職のミチキン, 若い韃靼人が川岸, 若い韃靼女とが居酒屋, 若い音楽に趣味, 若い頃あれほどの縹緻, 若い頃いろいろの稼業, 若い頃ここの東北学院, 若い頃さかんに道楽, 若い頃のは蜀山人以上, 若い頃ふたりにはほとんど, 若い頃わたくしは遊里, 若い頃イギリスへ長らく, 若い頃クリスチャンであった清二, 若い頃クリスチヤンであつ, 若い頃トヨを出品, 若い頃ナギナタの達人, 若い頃パリのムーリス, 若い頃フランスに渡り, 若い頃マドロスとして印度あたり, 若い頃マルキシズムにはしった, 若い頃一度那須へ来た, 若い頃一町葉室顕頼の養子, 若い頃一般に考え, 若い頃三河国の三奉行, 若い頃京都で掘り出した, 若い頃今は亡, 若い頃何べん, 若い頃僕にとって貴く親しい, 若い頃利根川の畔, 若い頃剣が自慢, 若い頃剣術や柔術, 若い頃南洋のこと, 若い頃司教の家, 若い頃君臣一致して, 若い頃吹込んだ電気, 若い頃大使館附の武官, 若い頃大阪陣に大任, 若い頃奥に媚びん, 若い頃女優のマグダレーナ・ウィルマン, 若い頃実生活の内, 若い頃宮中に勤める, 若い頃尾張で聴いた, 若い頃建築学をやつ, 若い頃彼は弟, 若い頃彼自身遊んだ好, 若い頃性病をわずらった, 若い頃支那へ行った, 若い頃旅行家だったそう, 若い頃未亡人になり, 若い頃本山から吉阿弥, 若い頃東京へ出, 若い頃水産技師としてボルドー, 若い頃江戸に出, 若い頃沿海航路の小さな, 若い頃熱心な天主教徒, 若い頃眞なるもの, 若い頃真なるもの, 若い頃真砂座の近松もの, 若い頃石清水臨時祭へ勅使, 若い頃私の愛誦, 若い頃美男で鳴らした, 若い頃耶輸陀羅姫という美しい, 若い頃船員だったこと, 若い頃豪語したこと, 若い頃賃仕事に追われ, 若い頃金吾の嫁, 若い頃長崎にゐ, 若い須曾麻呂がきわめて, 若い須美子が伸子, 若い頑丈そうな柏, 若い頑強の肉体, 若い領主は美しく, 若い頬かぶりをした, 若い頸筋にもずっしり, 若い頼もしい反逆児, 若い頼朝を中心, 若い顏ポーツと顏, 若い顏中膏藥を貼つた, 若い顕官たち殿上役人が競う, 若い風情のなか, 若い風流好きな細君, 若い風流男以外な者, 若い風邪の妻, 若い飛田はその, 若い飛行士のこと, 若い食客殿こそ十兵衛光秀様, 若い飴売鮮人と話し合うた, 若い養母さんの様子, 若い首府あり, 若い首級へ若い, 若い香ばしい女性を, 若い馬ぢやあるまい, 若い馬一匹をひきとめる, 若い馬琴はもう一度, 若い馬謖であった, 若い馬車屋は云う, 若い馬酔木がいふ, 若い馬鹿な狼, 若い駅長が一人, 若い駐在巡査がきい, 若い駒井能登守の幅, 若い駕籠かきが無言, 若い騎士たちのよう, 若い騎馬の将校, 若い騎馬武者はたしかに, 若い驃騎兵ででもあっ, 若い驕慢な純潔, 若いが腐る, 若いを留め, 若い高倉が混, 若い高官たちが正装, 若い高嶺夫人は魅力, 若い高慢臭つた看護婦は何, 若い高氏像は世に, 若い高等学校の学生, 若い高級の女房, 若いを長く, 若い髪切虫は感激, 若い髯むじゃの浪士風の男, 若いの無い, 若い魔女が真っ裸, 若い魔術の大家, 若い鳥打帽をかぶつ, 若いが出, 若いながらも真, 若い鶴吉に同情, 若いの仕事着, 若い麻雀闘士が鯨ヶ丘, 若い黒い牛は, 若い黒馬で脚, 若い黒髪をぷッ, 若いの持ち主, 若い鼻眼鏡の委員, 若い齒科醫がその, 若いである, 若い龍子はしみじみ, 若い龍造寺主計のうえ, 若いKOの上原, 若いNHKの人たち