青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「若~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

芸妓~ ~芸者 芸者~ ~芸術 芸術~ ~芸術家 ~芽 芽~ 苔~ ~若
若~
~若い 若い~ 若き~ ~若く 若く~ 若し~ 若干~ 若旦那~ ~若者 若者~

「若~」 2838, 31ppm, 3814位

▼ 若~ (804, 28.3%)

11 と美し 8 であつ 7 で, というもの 6 がある, で死んだ, と健康 5 を持っ 4 から来る, があっ, ではない, をもっ, を失っ, 美しさ

3 [11件] うな, がない, だのに, である, と力, と家霊, と純情さ, と若, に同情, も美し, を保っ

2 [56件] から正体, が自覚, だし, だった, だつた, であった, であったが, でありながら, であること, であると, でこれ, でした, です, ですが, でそう, でそれ, で一人, で夭折, で女, で死ぬ, で母, で背負っ, とあの, といい, ということ, といっ, と共に相貌, と恥, と美貌, と覇気, なの, なのに, には若, にもかかわらず, に免じ, のうち, のもつ, のゆゑ, の匂い, の奪略, の形容, の持つ, の時, の果実, の美し, の誇り, は今, も青春, や青春, よ, をもった, をもつ, を失つて, を意味, を持った, を消耗

1 [579件 抜粋] うで, うで綺麗, からも承認, から全く, から批判, から生じた, から置い, から誤謬, から遠ざか, か気分, があつ, があの, があり, がありすぎる, がうかがわれる, がうらやまれた, がこれ, がさうさせるらしく, がしだいに, がすりへっ, がそこ, がそれ, がたた, がなくなる, がのこっ, がまだ, がもがく, が万事, が不朽, が今や, が作品, が動きはじめ, が匂, が匂う, が却って, が妙, が底潮, が悩む悶え, が惜しまれる, が拝見, が持つ, が揶揄, が残っ, が殘つて, が気, が消え, が溢れ, が溢れ出した, が漲っ, が物言う, が現, が目障り, が私たち, が続く, が計らず, が踏み止まった, が輝き, が退く, が馥郁, こそとなら, こそ人類, じゃ世間様, すなわち死亡, だ, だから, だが, だけで人, だけに研がれ, だけれど, だけを加, だったの, だったので, だって過ぎ, だのしなびた, であいつ, であったなら, であったので, であっても, であなた, であの, であるが, であるに, であるにも, であるのに, であれ, であれ丈俗, でいたら, でいのち, でお, でこんな, でさ男, でしたが, ですな, ですもの, ですよ, でそして, でそれ程, でそんな, でだ, でつやつや, でどんなに, でないこと, でなくなっ, でなければ, ではあった, ではそれ, ではち切れ, ではつらい, ではなかっ, では判断, では萬一, でひた迫り, でもう, でもっ, でもっと, でもやつぱりどこか違つて, でも想像, でよめ, で不眠症, で世, で主任教授, で主家, で云わなかっただろう, で他界, で信子, で倒れた, で働き, で国事, で城兵五百余人, で女の子, で子爵, で寡婦, で庭, で弘前, で後家, で戰爭, で押し切れる, で早く, で書いた, で本陣庄屋問屋三役, で東京, で東大工学部出身, で死, で死ん, で毛, で水ッ鼻, で無邪気, で病死, で痛々しく, で自分, で自由, で薨去, で親, で観客, で言, で追いつく, で遊ん, で高等学校, という魔法つかい, といっしょ, といふもの, といふもん, とか健康, とがどの, とが両方, とが互いに, とこの, としてはひどく, とちがっ, とでも云, とで出来る, とともにもっ, とに対して恥じ, とに恵まれた, との共鳴, との異, との表情, とを保証, とを多分, とを大事, と一生懸命さ, と人気, と人氣, と休息, と体力, と優し, と元気, と堅, と場なれ, と夢, と学生服, と尽きざる, と希望, と弁才, と快活, と思ひ, と情熱, と愛嬌, と戯れ, と智, と正直さ, と死, と水, と洒落氣, と活気, と溌剌, と熱心さ, と熱情, と眠, と矛盾, と稚気, と積極性, と美, と老い, と聞い, と聰明さ, と艶, と華やか, と藝達者, と語る, と貧し, と賢, と軽捷さ, と近代性, と遠大, と鋭さ, と頼もし, と鬱, ながらしこたま, なぞというもの, などの点, なり, におどろいた, にこんな, にし, にすこしも, にそう, にそして, にたいする羨望, につきもの, になりかける, にはその, にはたまらない, にはまだあまり, には若い, には負ける, にふさわしい, にまだ, にまで不合理, にみちた, にも心から, にも美し, によって快活さ, による生理的現象, に一膳半, に乗じ, に伴う, に値する, に共感, に別, に喜悦, に変り, に対して復讐, に對, に就, に引っぱられ, に従順, に心, に打たれ, に未練, に欝気, に気, に気づいた, に気の毒, に油断, に溢れ, に燃えた, に物, に痛々しい, に発展, に目, に立ち戻っ, に苛立っ, に見え, に見えました, に見せる, に誘われ, に誰, に躍り上がる, に輝いた, に返っ, に逸るたましひ, に遍路, に酔, に飽満, に驚く, のある, のいけ, のおのずから, のせい, のせゐで, のたしなみと, のない, のほ, のよ, の一つ, の世界, の享楽, の人, の価値, の内部, の力, の匂, の去, の向う, の咎, の夕, の失はれ, の女, の差別, の性質, の扉, の揺れ, の整い, の木地, の残つて, の殘つた男, の泉, の溢れた, の点, の為め, の特徴, の番, の相違, の禅尼, の秋, の秘密, の究極的, の粘り, の美味, の群れ, の義憤, の血, の表徴, の表現, の重み, の雫, は, はあなた, はあります, はいろいろ, はこの, はその, はたしかに, はどう, はない, はもう, は主として, は何と, は別, は前, は化粧, は単なる, は咲き乱れ, は夫婦, は失はれ, は少し, は年齢, は幸福, は当惑, は心外, は暗い, は未だ, は決められない, は無意識, は父親, は自分, は貰った, は近頃, は過, は還らない, は随分, は青春, ばかりでなく, へさらに, への愛惜, もあり, もない, もまた, ももう, も大急ぎ, も実に, も富, も幻, も忘れ, も才能, も生命, も知らず, も空しく, も続くまい, も綺麗さ, も若し, も著しかっ, も覇氣, も言いよう, も身, も通らなかった, やうぶ, やりっぱ, や健康, や情熱, や教育, や軽い, よりもっと, を, をこの, をしたう, をせめて, をそのまま, をとりもどし, をとり戻させる, をば之, をふたたび, をほこり, をほてる, をほとんど, をも持っ, をも発揮, をジャンボリー, を一層, を以て卒去, を以て権中納言, を以て関東, を何, を充分, を南原杉子, を又八, を取りかえした, を取れ, を口惜しく, を含ん, を問題, を喪失, を売り, を変, を失い, を失った, を失はぬ, を奥さま, を奪っ, を女ども, を妬い, を嫉妬, を少し, を彼, を忿怒, を思っ, を怪しん, を想, を愛する, を感じはじめる, を感じる, を持ち続け得たろう, を持ってる, を持つ, を持つた, を放, を数, を旅, を極り惡さうに白状, を欲, を気付かれ, を深く, を濫費, を甘く, を病魔, を知り, を紅, を自然, を衣服, を覆う, を見おとす, を見やっ, を覚えさせ, を証拠立て, を読みとる, を買う, を追憶, を送った, を逃がす, を金, を頼もしく, を頼母, を鮮やか, んて, んてっ, ん宜, 死ななかったなら何ん, 羨む後, 若くも

▼ 若~ (224, 7.9%)

2 それを, ちょいと, 屹と, 身を, 鞍馬に

1 [214件] あでやかに, あとに, あの通り, いって, いつ迄も, いばって, お小夜, お徳, お百合, お花, くやしがっ, こういっ, こうし, この人, この問い, さう, さすがに, しょんぼりし, すぐと, すぐに, すやすや睡った, ずんずん剣術, そのあと, そのまま土間口, その後醍醐寺に, その間に, それだけ細工, ただ一人, ため息を, だんだん物, ちょっと痛い, つい久しぶり, とう, とうに二三間後, どうした, どうなりました, なおも云った, はつきり言ふ, ひょいと橋, ふいに, ふと廻廊, ほろほろと, ぽつねんと坐った, また膠, まだお, まだ呼吸, まったく孤独, もう一遍, もう十四, もう自分, もう顔色, やっぱり師匠, わずかに, わなわなと, われに, ズンズン云い続ける, モウすっかり, 一人で, 一寸考へ, 一寸襟, 一度その, 一昨, 一本の, 七年間庇われる, 三徳材木店専属の, 三藏の, 不思議に, 不意に, 両手を, 主人から, 二十七八の, 云う, 云ったけれど, 五条の, 京都の, 今は, 今までと, 今までの, 仮定する, 伴れ, 何かしら体がぞ, 何処からか, 兄の, 先を, 其の普及, 其護法なる, 切凧の, 初め弟子たちに, 力なげ, 勤め先を, 十八でありました, 十四に, 千番トラックの, 半身を, 厳格な, 又一つ頭, 口数さえ, 古動詞, 叫ぶし, 叱られるかども, 吉次の, 名残り惜し, 喋舌る, 喜んで, 坂の, 多血質で, 夢みる唖みたい, 大膽, 女子を, 妙な, 妬ましそう, 嬌態を, 宮の森へ, 家を, 小さい手, 小北山, 山を, 山中の, 左の, 帝が, 平気である, 彼の, 御存知あるまい, 心の, 思って, 思ひきつ, 思わず, 恥る, 意味あり, 愛くるしい頬, 態と大きな, 我を, 打たれるの, 押しいただいて, 拝殿の, 拳で, 採掘の, 敏捷さながら, 数町の, 方, 日の, 日吉の, 早速刎, 昂奮し, 昨夜清太郎を, 昼寝の, 晴々し, 木太刀を, 東京方面を, 果は, 柱に, 歩きながら, 泣き脅えるし, 浮気を, 清太郎と, 清太郎を, 無造作に, 爪を, 物憂そう, 町には, 病気が, 白紙の, 盃をかへ, 真実そう, 真面目に, 眼の, 眼を, 知らぬ顔を, 社寺の, 稚子, 空吹く, 立上つて, 笛を, 笠や, 筵の, 簡単に, 絶えず微笑, 縁側へ, 美しい眉, 肩を, 背中の, 腰を, 腹巻を, 自分の, 苦しさ, 草履を, 莞爾し, 莞爾する, 蟹口を, 血縁の, 裏山の, 襟を, 言つてゐる, 言つて光花の, 豊吉と, 越しかた, 近頃どんな, 退がって, 逃げ損じて, 連れ立って, 遁げる, 部屋ばたらき, 部屋一パイに, 酌を, 金谷善蔵夫婦からは, 門口まで, 間が, 間もなく元服, 顱の, 馬の背へ, 鷹揚に, 黒くなっ, 黙って, 黙ッ

▼ 若~ (215, 7.6%)

53 王次に

2 [14件] 剃刀を, 命次に, 姿を, 方で, 方は, 浦に, 王は, 生命湛ひぬ, 芝居を, 言葉を, 語が, 語は, 身に, 顔を

1 [179件] あの宝玉, いた鞍馬, うちの, おしゃべりが, お嫁さん, かほ, からだ, からだを, がまんづよいのに, ことで, ことは, しらせを, すがた, すること, その低い, ところで, ふたりが, ふたりへ, ふたりも, ふたりを, もとへ, ものなる, ようで, ように, わが世, 一字を, 一派に, 三ヶ町即ち, 三児を, 三座, 中村勘三郎代々の, 主人と, 九郎冠者は, 二人, 二児は, 二十四だ, 亡き母, 仮装ででも, 仲の, 体を, 何とか云った, 偶然に, 兄といふ, 兵士は, 冷たそう, 凜, 出奔, 勝誇つた調子, 十八歳くらいの, 半之丞を, 句も, 名の, 名を, 命, 命乞ひ, 噂昔から, 圓朝から, 声は, 声を, 大之進, 失踪は, 女という, 女舞である, 女舞太夫だ, 如きは, 妻は, 姿とを, 姿は, 姿も, 婦人客に, 子が, 子供は, 子守を, 字だけは, 字又, 家は, 家へ, 家を, 家内を, 小屋を, 師東光坊へ, 師阿闍梨蓮忍だけは, 座を, 形や, 影へ, 影響, 役勤め, 後ろに, 後見は, 得度剃髪の, 御身で, 意中を, 成人の日として, 成人まで, 戸主達が, 手を, 挿した松, 放浪期, 方が, 方に, 日常であった, 有に, 様な, 様に, 武士は, 母が, 流らしい, 流を, 浦, 父も, 物語とは, 状孔子に, 王同母弟伊理泥の, 甚五郎である, 生長した, 男女二人にて, 目が, 矜もて, 矢の, 神君と, 科では, 種々の, 練達さから, 縄を, 繃帯頭を, 美しい音楽家, 義にて, 義経が, 者の, 者を, 者無下に, 耳が, 聲で, 肩を, 舞に, 舞の, 舞は, 舞ひ, 舞太夫だ, 舞太夫の, 舞角力鷹狩茶の湯, 行く道, 行方不知に, 衣裳は, 襟が, 見ゆる處, 言葉は, 訪問に, 証言を, 話, 話には, 語であっ, 譚は, 足からは, 足の, 身の上が, 身の上話を, 身は, 身を, 身柄を, 身許と, 連れの, 遣り場が, 遺書が, 部屋それは, 部屋などが, 金五郎と, 長廣舌は, 関係は, 頭上に, 顏とを, 顏を, 顔から, 顔女房の, 養母おきせ, 養父から, 髪を, 鼻の, 鼻を

▼ 若~ (163, 5.7%)

11 の, 者が 3 のが, 時分に, 者も

2 [15件] のお, のに, はおとろへ, もんが, もんの, 奴らが, 方が, 時分には, 男だ, 癖に, 者あ, 者の, 者は, 者を, 衆

1 [102件] うちあ, うちに, からうっかり, からそんなふうに, からゆっくり, から未だ, から無理, がど, がな, がド, がペンキ, が恐れ, くせし, ころは, し, しそん, そういったもん, つつあらむ, な, にみ, に能, ねえ最早, のいや, のう, のう長く, のお前, のついぞ, のでひとり手性, のとは, のどうやら, のにまあ, のゆっくり, のよく, の其処, の取る, の安心, の秤, は忘, もの, ものだ, ものの, もんじゃ, もんで, もんどもが, もんなら, もんに, もんや, もん叱るでねえ, やつが, アンニャの, 人で, 人に, 伜なんぞを, 侍が, 同志で, 坊さんが, 女の, 女を, 奴らの, 奴等は, 奴等も, 方は, 方問わっし, 旦那が, 旦那祖父殿が, 時には何, 時にゃ, 時にや, 時に小日向服部坂上, 時は, 時分という, 時分にはな, 時分まだ, 時婿に, 時牛馬の, 殿様に, 男が, 男と, 男を, 紳士だ, 紳士として, 者だ, 者でも, 者とは, 者に, 者には, 者ば, 色の, 若え, 衆が, 衆さんの, 衆たちに, 衆だ, 衆に, 衆少し, 衆己は, 衆此方へ, 衆等だ, 衆等行く, 身空に, 身空アし, 頃娘っ子に

▼ 若~ (128, 4.5%)

3 娘の 2 のを, 傷病兵が, 女と, 女の, 将軍は, 準教員, 留学生が, 自分が, 若殿様, 面長な

1 [105件] ああ姫小松, あなた様と, くせに, その口調, ので父, むす子, ものを, カションは, フランス人は, 一人の, 一少年の, 三郎は, 下婢に, 主将ラファエロは, 二人の, 五位などで, 人たちが, 人の, 人達に, 人達ばかり, 人達までが, 人達も, 代議士は, 伜の, 侍が, 侍たちが, 労働者にも, 半蔵なぞが, 半蔵の, 半蔵は, 博士の, 同僚の, 夫が, 夫の, 女が, 女で, 女は, 女も, 女友だち, 女子を, 女学生が, 妻に対する, 姪の, 娘が, 娘らは, 婦人が, 婦人で, 官員様であった, 客の, 宮様は, 寿平次が, 将軍に, 尼僧にでも, 岩倉の, 幸作その他手代小僧なども, 弟子に, 振舞に, 文學志望の, 方を, 日本の, 時分から, 時分と, 時分に, 時分には, 時分の, 時分奈良に, 書生が, 書生だ, 此頃準, 武士で, 殿上人で, 母親が, 気軽な, 求馬の, 清さん私は, 牧師夫人が, 独逸人が, 省作には, 童子に, 精神にとっては, 紅に, 美くしい, 考古学者は, 者の, 聖ヨハネが, 肴屋が, 色の, 芭蕉に, 見立ての, 親たちの, 訓導として, 記者は, 貴公子はしか, 貴女に, 農夫だ, 逗留客は, 青白い顔, 頃から, 頃とも, 頃崔之, 顔が, 顔を, 高官たちは, 髪の, 黄金虫が

▼ 若~ (87, 3.1%)

2 可いんだ, 手を

1 [83件] あの女子, あの家, いいました, いった, いつもの, お訪ねし, こたえて, さとと, すぐほの暗い, そうです, そこへ, その坊官円済, その怪しげ, その日, ついて, とっさに, へりませ, へる, へること, へるよりも, ややほか, ドッサリと, ベソを, 一人ふえた, 之を, 二階から, 二階へ, 京を, 人を, 何ごとが, 何んかから, 例の, 偶然泊り合わせ, 僧正ヶ谷で, 分化した, 初期の, 割り込んで, 助け出すかしら, 勤めたから, 可愛らしいお, 呼びかけた, 女寅, 孔子に, 学而篇において, 家まで, 寮なる, 帝へ, 帰って, 廊へ, 御焼香, 心の, 心優しく, 性空の, 息穴を, 悶絶する, 戴くべきもの, 明かに店を, 来て, 歌うべき, 正本成立以前に, 母へ, 毎晩おそく, 水屋から, 泣いて, 泣きやんだので, 派手姿と, 生まれたばかりの, 番太郎小屋に, 盗んで, 目前に, 笛を, 紅梅の, 縄に, 若が, 蒼い顔, 蜘蛛の, 裏から, 誰であろう, 質と, 這入つて, 金持の, 降りた後, 驚いて

▼ 若かつ~ (83, 2.9%)

98 た頃 6 た時 5 た日 4 たが, たので 3 たもの, た時分 2 たと, たの, た時代

1 [35件] たか, たからとは, たころ, たしめつた, たせゐも, たであらうこと必定, たといふ, たなら, たに, たねと, たひとり, たやう, たら, たらきつ, たらと, たら三枚目, たら寺小姓, たら心気一転, たら窗, たんです, たんや, た二十七歳, た信吉法師, た姉, た年頃, た才八, た春, た為め, た癖, た私自身, た私達, た米吉, た自分, た金田一京助先生, た願念寺

▼ 若~ (71, 2.5%)

6 の市村座 5 の芝居 3 にあった 2 の三座, の三芝居, の新道, の舞台, の芝居見物

1 [47件] から神田, から移転, がある, がハネ, で芸者, にとどまっ, に封じ, に居りまし, に最後, に櫓, に移っ, に移轉, に立並ん, に芝居小屋, に踏み留まっ, に顔, のおきぬ, の中村座, の低い, の住人, の医院, の守田座, の引手茶屋, の役者, の文楽座, の森田座, の番付, の空気, の芸者, の表通り, の裏通, は三丁目, は上方役者, は地の利, へお越し, へ一度, へ三座が, へ出かけ, へ行っ, へ転地, へ運ん, まで引返した, まで行かねえ, より京橋区新富町六丁目, を去っ, を見物, を通っ

▼ 若~ (60, 2.1%)

4 かに 3 かな姿 2 かな感じ, かな感じとは, かな春, かに坐す

1 [45件] お花, かさ, かさであった, かさを, かで美しい, かなそして, かなどんな, かなもの, かな匂い, かな声で, かな夏の, かな夫人, かな女房が, かな尚侍, かな気持ちの, かな涼しい, かな美と, かな親しみ, かにますます, かに光り, かに咲く, かに揺らる, かに生い, かに生ひ, かに美しい, かに見える, かに語っ, かに跳れる, さかい何, ー, 乙若の, 二つ年上の, 何等かの, 夢では, 夫等の, 山, 幸若舞を, 御髪に, 承諾する, 昨夜の, 柳屋の, 梅若に, 瓦斯の, 追手かと, 重太郎か

▼ 若~ (53, 1.9%)

1 [53件] うけとりに, お召しなされ, しめて弥陀, そこへ, とり入れて, ながめた, にせ者, ば侮っ, よそながら護り, よんで, 中に, 伴れ, 似と, 剃髪させ, 前に, 呼びとめて, 呼び込むと, 坐らせた, 始め道化, 屋敷奉公させ, 希う歌, 希ふ, 得心させる, 思いすてて, 懐に, 手から, 抱いたまま, 抱いて, 振り返った, 揺り起して, 撲りつけた, 早く出家, 書いて, 殺したは, 生む, 疊の, 相手に, 眼に, 睨みすえて, 経て, 舞った, 色々と, 護法童子の, 貰いたい旨, 越中の, 踊りだした, 迎えに, 連れて, 連れまして, 連れ去ったという, 陥れる謀, 顧みて, 高手小手に

▼ 若~ (51, 1.8%)

4 乙若 2 お君, さを

1 [43件] あの人, あれば, いよ, お徳, お花, かくやと, きょうは, しょんぼりと, そこへ, その中, ふかい意味, まだ八歳, わきを, アキリュウス戰望み兵船の, ウカウカと, 主人も, 乙若が, 亦幸若, 亦舞, 人々から, 仏壇お, 何も, 側に, 前々から, 命中し, 喧嘩を, 山を, 彼奴が, 御上人様までが, 手代の, 旦那を, 明晩の, 暇なら, 死ぬ, 母の, 泣き出した, 父母にては, 生端, 育って, 茶を, 身を, 間もなく御用, 間違っては

▼ 若さん~ (50, 1.8%)

2 はあなた

1 [48件] お泊め申しましょう, からお茶, がおい, がさ, がすっとん, がそっと, が二階, が休ん, が可愛く, が四, が寝乱れ, が殺し, が私, が親切, が降りました, ですよ, というの, といえ, とどんなに, と世, と四人連れ, と恋愛, なの, なら堅く, なん, には別に, に夢中, の剃刀, の命令, の四人, の容色, の方, の盛り, の親, はいやがっ, はその, は一座, は何方, は其方, は大, は江戸, は罪, は花屋, もお, も殺されちまった, を返せ, 同一, 御挨拶

▼ 若しか~ (43, 1.5%)

4 すると, すれば 3 先生が 2 そんな折

1 [30件] お前の, お父さんや, この家, すると重, レザノフの, 一人若い, 二十円と, 五分間演説だつたら, 休んだら今度, 俊坊の, 君が, 國民の, 外の, 夫の, 子供を, 将軍家が, 岸野ば, 強く内, 待つてるうち, 御主人, 擲り倒したら, 犬養木堂の, 狙ひ, 空いて, 空井戸ぢや, 紛れ込んでは, 若しか, 近頃, 都合が, 鍵を

▼ 若~ (40, 1.4%)

2 お徳, 乙若の, 云ふ, 弁慶が, 徳次郎は

1 [30件] いい兄頼朝, いう, いおう乎髯奴と, いひしもの, わかつたが, 一緒に, 世之, 乙若, 云うの, 云った媚, 八歳に, 千寿王の, 名乗って, 呼ばれたらしい, 女中は, 子正の, 小天狗, 弁慶に, 弁慶は, 徳次郎の, 披露あれ, 新との, 旧と, 早くからやつ, 浄瑠璃姫の, 無位無官と, 申します, 男の子ばかり, 知つたのは, 綽名され

▼ 若~ (36, 1.3%)

2 しも

1 [34件] かぎらずぼく, こしらえた者, たずねられた, 三つの, 不思議な, 事情を, 似ず細かい, 似たところ, 何か, 出家の, 剣法を, 剣術を, 夕飯の, 御万歳, 思ひを, 恩返しを, 扮したるは, 扮せし, 早くから, 此の, 武将としての, 母乳を, 氣が, 氣の, 男色の, 笑む星, 粟飯を, 習合せられ, 聞いて, 装って, 贈る件, 逢わせろよ, 達したの, 関したもの

▼ 若すぎる~ (32, 1.1%)

2 ことが, のです

1 [28件] から, がさうかと, がとにかく, けれども舞台化粧, し戦場往来, し第, じゃねえ, ためかも, という果して, という理由, といっ, としだし, と云う, と思った, と思わず, と感じた, と言っ, な, の, のだ, のである, ほどな, ようじゃ, ようにさえ, んです, 横顔の, 母, 母は

▼ 若~ (29, 1.0%)

3 ひの 2 であつ

1 [24件] が与つ, でもあつ, で上方, なと田楽舞, などによつ, などの影響, などは武家, には武張つたもの, に系統, の上手, の事, の太夫, の女舞, の家元, の最, の詞, の高館, は千秋万歳, も曲舞, も有名, よりも低く, をはじめる, を織りまぜ, を舞う

▼ 若~ (21, 0.7%)

3 のよう 2 はてんぐ

1 [16件] がいでまし, が京都, が秀衡, が鞍馬山, と弁慶, になりたい, の大, の鬼一法眼, はあれっきり屋台, はつい, はにこにこ, はまだちょっぴり, は早速, みたいな, をめぐる, を平泉

▼ 若ぎみ~ (18, 0.6%)

2 のお

1 [16件] がお迎え, が無残, と共に藤どの, にはいよいよ, にも大人, の御, の横死, の水干, の藤原治世, はここ, はその後, は当, は負けずぎらい, へは何, もおえ, を輿

▼ 若~ (18, 0.6%)

1 [18件] あらせて, いさせて, いて, いられる訳, おまけに, おわすの, とても吾, はない, ままならぬ, 京都御名代として, 今年二十四五という, 前髪立ちの, 平山武者所を, 戦記物が, 承知を, 支度ざかりの, 最も容貌, 言へば

▼ 若という~ (18, 0.6%)

1 [18件] この小, たの, のが, のを, 一寸色っぽい, 一粒の, 三人の, 人を, 前芸の, 少年は, 気の毒な, 童じゃ, 者へ, 芸者が, 若先生, 若衆が, 若造を, 落語家だった

▼ 若~ (15, 0.5%)

3 の方, も傍 1 がいう, がそう, がそれ, とちょうど, とは口, と私, と顔, の大人びた, は優しい

▼ 若松屋惣七~ (15, 0.5%)

3 の顔

1 [12件] がその, だ, という人, に会う, に対するお, に返っ, のこと, のことば, のまえ, は武士出, をとおし, を見上げ

▼ 若過ぎる~ (14, 0.5%)

3

1 [11件] ことで, し娘, ので, ので喫驚, のに, ほど若く, ようで, 婦人な, 時代に, 為に, 者の

▼ 若~ (13, 0.5%)

4 え女 2 え者, え野郎 1 えの, え三, え娘, え男, え者達

▼ 若そう~ (11, 0.4%)

2 だが 1 でひとり, で三十台, なべっぴんどうし, なやつ, な女, な小, な番頭, な紳士, にきこえる

▼ 若~ (10, 0.4%)

32 牛若だ 1 がお前さん, が呆れた, し奥さん, つて先刻泣い, ねえ

▼ 若といふ~ (10, 0.4%)

3 のが 2 のは 1 のを, ものに, 年頃の, 意が, 澁皮の

▼ 若少し~ (10, 0.4%)

1 きつぱりと要領, たつと, 僕の, 此儘面白い, 温い処, 続けづに, 続けようと, 落着い, 誇張し, 辛棒し

▼ 若御料~ (10, 0.4%)

1 だけの鎌倉, のお, のほう, の周囲, の旗, の礼讃, の紫, の輿, の邸, もおる

▼ 若どの~ (9, 0.3%)

1 から言伝, が来, が殺された, にもにせ, はもっと, は古, もか, もよい, 今若

▼ 若~ (9, 0.3%)

2 つ比 1 に居た, のもの其他村, の上, の権威, の策源地, を心, 或は兄若い衆

▼ 若~ (7, 0.2%)

1 お百合, するとケイ, どうだった, へるでの, へるでは, 日時を, 時分な

▼ 若とは~ (7, 0.2%)

1 いえあまりに, せっかくここ, 人間が, 命だけは, 察して, 若様の, 違いもう

▼ 若~ (7, 0.2%)

1 あなたが, お嬢様だって, 敵人死候はば, 此約束を, 清鮮なる, 過って, 醫學の

▼ 若~ (7, 0.2%)

1 といふ女性, といふ形, とも見, と狎れ, は恐らく, は藤原宇合, より年長

▼ 若~ (7, 0.2%)

1 世話被, 主人だけ, 主人と, 主人の, 夫婦の, 毛沼の, 毛沼命も

▼ 若~ (6, 0.2%)

3 師匠様おめでとう 1 師匠様あなたも, 師匠様どうぞ, 師匠様にね

▼ 若すぎ~ (6, 0.2%)

1 ていた, てなぜ, て子供, て私, 冬子の, 画家としても

▼ 若すぎた~ (6, 0.2%)

1 せいも, という, のであまり, よ, ように, 詩人たちが

▼ 若松屋~ (6, 0.2%)

1 がけさ, が二年前, が滅びん, というさかな, とねん, にまいっ

▼ 若~ (6, 0.2%)

2 賣, 賣に, 賣の

▼ 若葉木~ (6, 0.2%)

2 の暮合, の木群, や東

▼ 若造り~ (6, 0.2%)

1 でそっと, でちょい, で妹, で小柄, な女, に見えた

▼ 若しかして~ (5, 0.2%)

2 溝が 1 叔母に, 戰爭でも, 手術の

▼ 若~ (5, 0.2%)

1 にっこりした, 叱言, 教導の, 託された, 近づくにも

▼ 若日下部~ (5, 0.2%)

3 の王 1 をお, を定めた

▼ 若盛り~ (5, 0.2%)

1 がそう, であった, で人気, の時分, を過ぎた

▼ 若郎女~ (5, 0.2%)

1 がすっかり, だってご, という女官, におい, を宮廷

▼ 若えまし~ (4, 0.1%)

2 すゝぎふるをとみの水の 1 すゝぎふるをどみの水の, 濯ぎ振る

▼ 若かい~ (4, 0.1%)

31 悲しみに

▼ 若さま~ (4, 0.1%)

1 とは呼びません, にお, にはお, を化粧

▼ 若では~ (4, 0.1%)

1 あり母, あるが, あるし, ござらぬワ

▼ 若~ (4, 0.1%)

1 なん, なんで, には聞かし, のお

▼ 若狹樣~ (4, 0.1%)

1 に縁付き, の塀, の跡, は一千五百石

▼ 若過ぎ~ (4, 0.1%)

1 てお, て妹, 内氣, 強過ぎた

▼ 若とも~ (3, 0.1%)

1 変な, 言うた, 言うて

▼ 若なお~ (3, 0.1%)

1 千代は, 坊さんが, 坊さんの

▼ 若なる~ (3, 0.1%)

1 が突き出され, には一驚, 事が

▼ 若には~ (3, 0.1%)

1 もう自分, 似ない克明, 昔から

▼ 若にも~ (3, 0.1%)

1 なりそしてまた, ダンマリで, 伝つてゐる

▼ 若ひる~ (3, 0.1%)

2 に五百篁 1 は朝十時前後

▼ 若入道~ (3, 0.1%)

1 にまいられ, は艶, を途

▼ 若~ (3, 0.1%)

1 に出す, の争奪戦, を頼みたく

▼ 若室葛根~ (3, 0.1%)

3 の神

▼ 若~ (3, 0.1%)

1 の身分, の類延年, 者数百人を

▼ 若~ (3, 0.1%)

3

▼ 若牛若~ (3, 0.1%)

1 という三人, の三児, 生立て

▼ 若~ (3, 0.1%)

1 が竹刀, であるまたも, で肉付き

▼ 若~ (3, 0.1%)

1 の參覲, の屋敷, の邸内

▼ 若あの~ (2, 0.1%)

1 お蓮様, 女の

▼ 若えも~ (2, 0.1%)

2 ンで

▼ 若から~ (2, 0.1%)

1 知らせたこと, 聽い

▼ 若かりし~ (2, 0.1%)

1 ころ猟を, 半生の

▼ 若がへ~ (2, 0.1%)

1 つてこんな, つて私達の

▼ 若けり~ (2, 0.1%)

1 や俺, や猶結構

▼ 若さぢ~ (2, 0.1%)

1 やない, や動揺

▼ 若さゆえ~ (2, 0.1%)

1 に一筋, の多少

▼ 若~ (2, 0.1%)

1 いかがな, ちょは

▼ 若~ (2, 0.1%)

1 が民弥, やもほとほと

▼ 若もう~ (2, 0.1%)

1 物を, 駄目だ

▼ 若もの~ (2, 0.1%)

1 である小, です

▼ 若~ (2, 0.1%)

1 はしゃげはしゃげ, ハヽヽヽヽ

▼ 若マチ~ (2, 0.1%)

2 は景気

▼ 若ーさん~ (2, 0.1%)

1 という人, の気持

▼ 若~ (2, 0.1%)

1 生者, 糾繩何以粛

▼ 若~ (2, 0.1%)

2 若牛若

▼ 若~ (2, 0.1%)

1 公道人情欠, 讒訴逢誅戮歟太以不便斬首持來于陣頭見

▼ 若~ (2, 0.1%)

1 生っ, 生っ若

▼ 若~ (2, 0.1%)

2 の郎女

▼ 若屋比~ (2, 0.1%)

1 賣, 賣四柱

▼ 若描き~ (2, 0.1%)

1 まだ世の中, も若

▼ 若日下王~ (2, 0.1%)

1 がまだ, のお

▼ 若~ (2, 0.1%)

2 のきらきら

▼ 若~ (2, 0.1%)

1 と弁慶流, の詞曲

▼ 若無人~ (2, 0.1%)

1 という語, なあばた面

▼ 若町市村座~ (2, 0.1%)

1 で河竹, の新築落成

▼ 若~ (2, 0.1%)

1 之女, 之宮乃

▼ 若~ (2, 0.1%)

2 も季

▼ 若舞系統~ (2, 0.1%)

1 から出た, なること

▼ 若説経~ (2, 0.1%)

1 といふ戯曲, は唱門師

▼ 若過ぎた~ (2, 0.1%)

1 かも知れない, からです

▼ 若過ぎます~ (2, 0.1%)

1 から多分, から血気

▼ 若雑たち~ (2, 0.1%)

1 の傍若無人ぶり, へ向っ

▼1* [228件]

いおぬしを不具者, 若いたましいを嬌殺, 若えおッかね, 若えしが三人, 若かければこそ美麗, 若かのプロフェッサアに, 若かも御主君, 若かりせば, 若かるを笑止とい, 若がって余程, 若がってるんです, 若がねお母, 若きみかどの, 若に, 若けれども花を, 若この時分に, 若これは天保位, 若さうなのが, 若さそのもののやう, 若さといぢらし, 若さんあれは大した, 若さんのを研ごう, 若さん喜びねえ, 若さん子供がある, 若さ健かさの美し, 若さ全体として経験, 若さ公の清ら, 若さ天性の娼婦性, 若さ女房のお松, 若さ姿のしなやかさ, 若さ彼の正直さ, 若さ教養の通俗性, 若さ未熟さから避け, 若さ未熟さ英雄主義を作品, 若さ病的気弱さ快活さすべてそれら個々のもの, 若さ私の従順さ, 若さ肉体の動き, 若さ誠実さの一つ, 若さ進歩性新らしさ, 若さ顏を擧げる, 若ざかりを北海道, 若ざかり婚約の人, 若しいけなかったら明日ミス・リイに, 若しかったわけである, 若にをされ, 若じゃによって助太刀, 若じゃが城代は, 若がた花やか, 若すぎますしお, 若すぎらあ, 若すぎるでしょうか, 若するよう電報でも, 若そしてまだ乳, 若その他種々の遊芸人, 若それが事実, 若たちの心任せ, 若たち三人の幼子, 若たるものが, 若だからな, 若だけでは, 若だけに精悍の, 若だって巳年じゃ, 若だつたら申分が, 若であったが父, 若であったろうしそして, 若でありますから忠平, 若であるところから, 若でしょうに, 若ですね, 若でもあり父君, 若とか新と, 若とかいふ女が, 若とへ飛びかかった, 若とをグルグルと, 若と共に大歌舞伎, 若どうしてそちに, 若どの乙若どの, 若ながら何事にも, 若ながらに半蔵よりも, 若なつみのない, 若などではしてが, 若などと同系統, 若などという御小人たち, 若などの子分が, 若などを招いて, 若にて官等も, 若によって一時仮死の, 若はでつかい牡丹餅判, 若えの, 若ばけものの, 若ぶしなどで語られ, 若ほどの器量が, 若ましにけり, 若まで二里も, 若までが泣くの, 若みどりといったよう, 若みひたちの, 若やと聞着けし車の, 若やりそこないとっ捕まりゃアしない, 若ゆえ御病気, 若ゆる常夏の, 若よかな靨の, 若より一日も, 若よりは恐怖を, 若に下したぶ, 若わたくしどももここ, 若イ時ノ姿ヲシテイタ, 若三郎という美少年, 若上人さまでご, 若久板君でなくこれ, 若れを, 若乙若のふたり, 若事実だと, 若五歳の乙, 若今清藏に聞きまし, 若以上の奴, 若以来二度目に見る, 若仮に過去の, 若伝次をつとめた, 若伝説の人物, 若を御覧, 若の間, 若僕三人の荷物, 若を連れ, 若入道めが阻むなら, 若八郎と云う, 若八郎九郎太夫が和田, 若八郎様とおっしゃり, 若公平に批評, 若凪がずば枕, 若勘三郎父子が京都, 若原春江と少女一人, 若君乎思将, 若同年閏七月の事變, 若同様に梅若, 若歌勝鬨, 若もおいで, 若呂光が細おも, 若塗吉利則雇以財物如病疾遭害以爲持衰不謹便共殺, 若將と, 若天智天皇歟彼帝近江宮にて崩玉, 若太夫が, 若太夫方へ入門, 若太郎という十七歳, 若夫人とを知っ, 若夫人菊池夫人菊池教授の小さい, 若夫婦は診察所, 若奥サンであった, 若奥サン方はドッ, 若虎若, 若小若の万灯, 若市川かほる高山吉雄嵐璃昇などと呼ぶ, 若布都は名剣, 若帯日子命と小碓命, 若弁慶五条の橋, 若弥六彦一岩藤九小駒, 若形式論をつきつめ, 若を若, 若彼等が単独, 若忠政こういう人達, 若や武勲赫々, 若獣囲繞利牙爪可怖, 若愛染というよう, 若再縁致し, 若既に一事件を, 若日下の王, 若時從京敦賀將行五位語第十七, 若期親尊長主婚者, 若本性の鉄火性, 若本郷のほう, 若来たら留めて置い, 若松城外の地, 若松屋惣七さまであろう, 若松屋惣七どのにお, 若松屋敬三郎の雇, 若柳吉蔵市川升蔵先代桜川善孝といったよう, 若を殺す, 若樹さんの所藏, 若樹君が, 若樹氏と新村氏, 若止むことを, 若殿を神, 若殿村丸のお気にいり, 若比叡の仏刹, 若のコレクシヨン, 若惜, 若無くば小天地想, 若独逸人は飲料水, 若狹樣一軒は御徒町, 若狹樣邸内の火の見櫓, 若有余貲, 若立てよ, 若男女もしくは貴, 若町一丁目の家, 若町三丁目の芝居茶屋三河屋, 若町三丁目守田座附の茶屋三河屋力蔵, 若町三座の中, 若町三座表飾の事, 若町聖天町を経, 若其實在, 若疾く還りたらん, 若皆んな良い人達, 若な女, 若時神識出入傍人見否無, 若福禄の六兵衛, 若秀平に舞, 若にも御, 若れなる美女, 若に残り火, 若立たぬか立たぬ, 若自身が平家, 若舞曲風の要素, 若草野邊を, 若藤九郎弥六小熊彦一などが大, 若の, 若の, 若弃度, 若親分の若い, 若観世太夫と順々, 若語るを聞き, 若過ぎやしないかって, 若再見, 若金鍔を食う, 若と幼, 若雀命が武烈天皇, 若雑どもの胆, 若にし, 若の如く