青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「罪人~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

繩~ 繪~ ~繰り返し 繰り返し~ ~繰返し 繰返し~ ~續 續~ ~罪 罪~
罪人~
罪悪~ ~置い 置い~ ~置いた 置いた~ ~置かれ 置かれ~ ~置き 置き~ ~置く

「罪人~」 1338, 14ppm, 8038位

▼ 罪人~ (301, 22.5%)

25 ように 10 ような 9 やうに 6 首を 4 中に 3 名を, 息子, 様に, 親類の, 過半は, 間に

2 [15件] お父様, ごとくし, ために, やうな, 中から, 入墨から, 呵責に, 女房が, 心肝を, 未來を, 死体を, 罪を, 肉を, 首なり, 首は

1 [199件] あとに, あとについて, あの柔和, いない牢舎, うちから, うちにも, うめきの, けがれた金, ことを, ごとき未, ごとく悄々, ごとく沈黙, ごとく顔色, さままた, ためには, つもりなれ, なかに, のる馬車, ひけ目を, ひとりその, ほかに, むくいにや, ようです, ようね, わけだ, ドレよりも, 一人が, 一人へ, 一種に, 一群れが, 両手を, 中には, 中伏したる, 中姿を, 中汝の, 乗る車, 人相風体を, 人魂が, 仕置は, 側からのみ, 僕に, 入って, 冷ゆる, 処刑に, 出ぬうち, 分類を, 刑場だった, 前科者という, 助かる訳, 匡正に, 卑屈な, 取調べ市中の, 叫喚あつまり, 右の, 右乳の, 同じ右乳下, 名前まで, 唸りとを, 墓へ, 多く出る, 女房や, 如きは, 如くし, 如くオドオド, 妻が, 妻で, 姓名と, 姓名を, 姿を, 姿を以て, 娘が, 娘を, 子です, 子供で, 室に, 家に, 家主に, 寢た, 尻つ, 居ない処, 居宅を, 居間へ, 屍を, 屍骸とは, 屍骸を, 巣窟と, 左の, 左右の, 左肩から, 平等なる, 形が, 形に, 後家さんで, 後家を, 心あたりは, 心が, 心の, 心も, 心持が, 必らず, 悲しい運命, 意識の, 手を, 手伝を, 手足に, 拳もて, 持つもの, 捕まりし事, 揚屋を, 故郷から, 教化に, 数が, 数に, 數に, 断罪でも, 方が, 方で, 有る事, 望み通りに, 札を, 根くらべである, 根を, 様な, 樣に, 横っ面を, 死一等を, 死体の, 死屍は, 死骸を, 殆ど全部が, 汚名を, 涙に, 源内でござる, 源内などとともに, 炎の, 為に, 現われ何所, 生活牢獄の, 生血生, 疑いが, 監房の, 目には, 目の, 目を, 眼の, 知識は, 矯正を, 祈りの, 禁獄中だった, 私に, 種が, 種類を, 第八, 罪との, 群に, 肌を, 背後から, 胸を, 腰を, 若造が, 苦患を, 落書だ, 血管を, 行く先ご, 見境なし, 言うまま, 許され難き, 詐術を, 話し声が, 話などを, 財産を, 財産権剥奪に, 身の, 身體の, 辛さ, 追捕, 途中の, 遺骸こ, 野郎が, 野郎めその, 鎖を, 間の, 関係の, 陷いるなる, 集合所で, 面前二尺ばかりの, 頭なり, 頭の, 頭を, 頸を, 額の, 首いまわしき, 首であった, 首であるなら, 首に, 首の, 首枷を, 骸骨が, 體なるべし

▼ 罪人~ (227, 17.0%)

3 出した親戚眷族, 載せて 2 かばうこと, 扱うよう, 捕えて, 牛裂き, 絞罪, 罰しない, 訊問する, 預かって

1 [205件] あぐ, あはれむは神の, いだしましたの, お止めなさる, かってに, きびしくせめる, こしらえるの, この儘, して, しらべる時, すべて指せる, そこに, そのままに, それぞれ宮廷に, つ, つかまえて, つかまえてからは, つかまえる為政者, つくらないこと, つくるだけで, つれて, ふん縛る商売, ほうりこむだけは, よび出して, わが許し, 一層悪, 上積みに, 不当に, 中に, 乗せる網, 仙台領から, 作るでも, 作る閑暇, 保管し, 保護する, 入れ置く処, 出さず無事帰国, 出したこと, 出しましょう, 出すに, 出せば, 出そうと, 切つた, 別として, 助けて, 助ける罪, 匡正し, 収容し, 収容した, 取って, 取り押えたもの, 取り逃がして, 取扱ふ, 取調べの, 取逃して, 叩き込むの, 召捕て, 召捕るの, 呑み幾多, 呼んで, 問うよう, 問わんと, 囚える, 坐らせて, 壁に, 威嚇する, 察斗詰に, 屈伏させる, 座せしめ首, 引きたて, 引き出して, 引き立てに, 引出して, 引廻す, 役僧といへる, 徳川へ, 悪む情, 憎みきれなかったの, 憐む心から, 手がけましたが, 扱い汚穢, 扱うて, 扱ふ, 扱ふ如く, 投じ水獄, 拉致する, 拷問し, 拷問する, 指して, 指せるか, 挙げて, 捕えた場合, 捕える様, 捕へて, 捕まえて, 捜しおり秋, 排斥し, 探し出して, 探し出し全く, 探し出し天, 探し出し自分, 探し出すが, 探り之, 撃ち悩まし, 改心せし, 放ち金穀, 放免した, 救い曲ったもの, 救うが, 救うため, 救ひ, 救ふために, 敬愛する, 普通の, 曳き出せ, 望み通り, 植民しよう, 検出する, 槌で, 死に至るまで, 死刑に, 殺しあるいは, 殺したの, 殺すの, 殺すまいと, 法外人, 洛中洛外に, 溢れさせて, 焼き殺す火, 焼き砕く怖, 片っ端から, 牢獄から, 物色する, 獄門へ, 異にす, 疑うよう, 発見しよう, 発見する, 盜み, 目がけて, 真二ツに, 知た, 知れるには, 知れるやも, 石を, 石山の, 磔刑柱に, 神の, 称える事それ自体, 突き留めるが, 突き落せ, 笞打つ, 糾弾し, 縄で, 罪なし, 罰するは, 義と, 自分の, 致死させ得る, 若し保護, 苦しむる動物, 苦しめるため, 英国人の, 葬れるなり, 處刑した, 處置する, 血眼に, 裸で, 裸に, 裸體に, 製造する, 見つけ出しても, 見ると, 見下す神様, 見事我手に, 見出そうと, 見逃し自分一人得意そう, 訊問し, 許しあべこべ, 試さしめ切味, 詮議し, 誅するに, 調べたもの, 調べた者, 調べなければ, 謀殺せる, 護送する, 責めるところ, 贔屓する, 赤裸に, 車裂, 追うフュリー, 追究する, 送るごと, 送るには, 送るので, 逃亡させる, 造る, 連想させる, 逸するとも, 運ぶと, 鐡鉤にか, 隠匿って, 預って, 齒にて

▼ 罪人~ (102, 7.6%)

3 高瀬舟に 2 どうしてももの, どうぢ, 勿論重い, 所定の, 罪を

1 [89件] あなたでございます, あわてて, いいです, いかにも忠助, いつもほとんど同じ, いつも殆, いつも殆ど, おとなしく椅子, ここに, ことごとく罰せね, このお, こやつ, こんなおめでたい, さも驚いた, すぐに, すみっこ, その下, そもそもどうなるであろう, それと, ちょうどそれ, ない, なかなかあがりません, なくいっさい, ひとり天狗と, ほかに, もう少しも, もちろん重い, もっともっとほか, チュウ助な, 一人あまさず, 一人も, 一刻も, 一回の, 一年以内には, 丁度それ, 今は, 何分にも, 何町何番地の, 何番牢じゃ, 作るな, 兄の, 先頃まで, 全く正面, 公儀の, 円寝, 出したくないからな, 出したくないと, 叫ぶ, 召捕られました, 国法によって, 土壇場へ, 声高く, 女といふ, 妻が, 平然として, 影も, 心の, 必ず年, 杖一百と, 栗屋君である, 樺太にでも, 次に手伝い, 此の, 此老人が, 此處で, 気を, 深く人間頭脳, 無邪気であった, 牢獄で, 狂気の, 白状する, 皆舟から, 罪人ながら, 自分の, 藁も, 蟲の, 見えなくなった, 見物人を, 許される, 誰だろう, 誰なる, 諦めたよう, 追放され, 那辺にか, 長左衛門である, 随分色々, 青ざめた懺悔體, 高輪田だった, 魂すでに

▼ 罪人~ (85, 6.4%)

5 殯する 4 なって 3 なるの 2 されて, されては, しようとして, なること, 赦し給

1 [63件] あたえるもの, おとしいれた, おなりなされ, おなりに, お逢い成る, したいもの, した不孝者, しても, しようと, すること, するそもそも, するだろう, とびかかって, とれるよ, なったの, なったよう, なったら八橋, なってまで, なっとるでしょう, なつて, ならなければ, ならねば, なりたくねえと, なります, なるかも, なること丈, なるという, なるところ, なるほか道, なるん, なる奇蹟, まさりて, むかひて, 同情を, 向かって, 埋められ路傍, 姿を, 宣告を, 對し, 對する, 属すという, 嵌める手錠, 愈々死刑, 成るの, 手の, 抛つ資格, 接して, 接するとき, 於ても, 殊ならず, 用いる上柄流, 用が, 直接する, 相当する, 着せ大, 石を, 落そうと, 落ちないまでも, 遇いしが, 過分とも, 非ず, 非る, 食いものを

▼ 罪人~ (84, 6.3%)

5 遠島を 3 高瀬舟に 2 その罪, 一刻も, 分ッ, 首を

1 [68件] あって, あつた, あつて, あらわれて, あるとき, あるとでも, いかなる目, いつもうたう, おりました, きょう法律の, これに, さうたやすく, つく微, どうして処罰, なお幾年, なくなって, のがれるくらい, ひとり切られ, また下から, やられて, ゐるぢ, 一人絞り殺される, 一列一体に, 一律に, 万一縄, 事実横行し, 何う, 倒るる, 出て, 出なければ, 出来たり, 出現する, 分ってから, 分ります, 刑に, 卓の, 取り調べを, 告訴された, 四谷の, 地獄に, 外に, 多い, 己れ, 幾人も, 引立てられて, 彼の, 挙っても, 改心する, 故障を, 既に穴, 曳かれて, 有りました彼, 有るのに, 此の, 泣いて, 無慈悲な, 牢獄の, 物を, 犯した罪, 私の, 縛りつけられて, 背を, 腕を, 自分の, 自己に, 解りたらば, 解放された, 道一筋越した

▼ 罪人~ (83, 6.2%)

4 なって 3 いうよりは, 一しょに, 名にも 2 その親類, なること, 云う事, 其親類とを, 其親類の, 聞いた時

1 [58件] いって, いはざるべからず世, いふべし, かわりは, きまったの, したこと, して, し偽る人, その犯した, なし愚者, なし神, なったけれど, なった場合, なった癖, なっては, なつて, ならうと, なられるか, ならんも, なり了, なり切る為め, なり名乗るの, なるからのう, なるの, なろうと, よばれること, 一騎打の, 云うの, 云った風, 云つた風が, 人に, 何の, 信じて, 信ず可, 叫ぶを, 同一ならぬ, 同席は, 同等の, 名づけて, 思い詰, 思い詰めたる所, 思い込んで, 思えなくなる, 思へ斯, 恒藤権右衛門を, 断定なさる, 月日を, 決まって, 相並ん, 睨んだ以上, 見做, 解せり, 言いて, 言い聞けるが, 言れた, 言わざるべ, 追いかけて, 違って

▼ 罪人~ (29, 2.2%)

3 と云 2 ということ

1 [24件] からお, からでした, からなあ, から苦しん, から額, が今夜, が医学, し罪状云々, ぜ, ぞ, というよう, という話, といえ, とか何とか, とて終身, と仰有る, と思, と思うだろう, と聞け, ね我々, 悪人だ, 気狂だ, 神様, 神樣

▼ 罪人として~ (24, 1.8%)

2 取扱うこと, 取扱われること

1 [20件] その処刑, であった, であったの, であつ, 安達新三郎清経の, 宣告を, 彼に, 捕えること, 排斥せん, 晒された宇治山田, 江戸において, 牢破りまで, 網輿に, 縛られると, 罪人ならぬ, 苦しんだり, 認めら, 警官の, 責め次に, 養父殺し未遂の

▼ 罪人でも~ (23, 1.7%)

2 あゝまで

1 [21件] あの土地, ありますまいに, あると, あるよう, あろうが, この黒門, その行, ないから, ないのに, 一向専修, 一応は, 入れて, 又は白痴, 呼びだすよう, 引っ立てるよう, 快い微笑, 救いとって, 救う道, 残らず一, 訊問し, 追うよう

▼ 罪人である~ (20, 1.5%)

2 かのやう, ということ

1 [16件] かのごとくいう, かのよう, からただ, から女, ことに, そういう奸臣, という噂, としか思われなかった, と告白, と官憲, と是認, と罵った, はずが, 事が, 事や, 場合にのみ

▼ 罪人~ (17, 1.3%)

2 殆ど一人として

1 [15件] あるが, あるの, いたはらない, いたわらない, その過去, 一変し, 出ませんでした, 出ようという, 同じ処置, 居た, 必ず多い, 是には, 病人たまり, 良心に, 養わざるは

▼ 罪人なる~ (12, 0.9%)

3 われらの 2 ことを 1 かなと嘆, のみならず, ものは, ものを, カ, 我らの, 父を

▼ 罪人~ (11, 0.8%)

3 でも 1 あつた, この話, ござります, ござりまする, 充満し, 有れかし, 無い事, 重に

▼ 罪人たち~ (10, 0.7%)

1 からは牢名主, が自分, と一, の苦しみ, の言ってる, は仕置き, は何百, は地獄, よりは一段と, を脅

▼ 罪人たる~ (10, 0.7%)

2 もの少なから 1 ことを, に在らね, に甘んじね, のみならず, を自覚, 勇気が, 境涯より, 汚名も

▼ 罪人では~ (9, 0.7%)

3 ないの 1 ありません, あるが, ない, ないかという, ないので, 無いん

▼ 罪人~ (8, 0.6%)

1 ありき中央, か, に, のこと, の同, の自棄, は皆精神, を卑

▼ 罪人です~ (6, 0.4%)

1 から, からその, とも, よ, 三号の, 実に大

▼ 罪人なら~ (6, 0.4%)

1 で潔く, ば六十年, ば唯, ば我, 俺は, 新聞紙上で

▼ 罪人には~ (6, 0.4%)

1 しないだろうという, 今はの, 印しを, 尸位素餐爵禄を, 適用されない, 随分思いの外

▼ 罪人にも~ (6, 0.4%)

3 許されて 1 なつた, 恐怖の, 末期の水てえ

▼ 罪人に対する~ (6, 0.4%)

2 我我の, 法官の 1 手ごころは, 理解の

▼ 罪人~ (6, 0.4%)

1 おへん, その苦難, 不良少年に対する, 堕落漢や, 堕落者の, 領内の

▼ 罪人扱い~ (6, 0.4%)

2 にし 1 するの, である, なん, には出来ない

▼ 罪人でない~ (5, 0.4%)

1 からあるいは, ぞ, と信ずる, と聞け, 者に

▼ 罪人とは~ (5, 0.4%)

1 いえあの, なりません, 考えない, 認められざりき, 誰だ

▼ 罪人~ (4, 0.3%)

1 なぞの, 何ぞの, 前科者ばかり, 知らんアノ服

▼ 罪人という~ (4, 0.3%)

1 お眼識, ことで, ことわざの, 感銘を

▼ 罪人~ (4, 0.3%)

2 のだ 1 のでございます, んだ

▼ 罪人に対して~ (4, 0.3%)

1 いっさい平等に, 厳酷な, 奉行所では, 非常に

▼ 罪人~ (4, 0.3%)

1 徒かくの, 徒の, 徒を, 徒日に

▼ 罪人~ (3, 0.2%)

2 やない 1 やありません

▼ 罪人であった~ (3, 0.2%)

1 としても, としても僕, には相違

▼ 罪人であり~ (3, 0.2%)

1 世を, 悪魔的な, 救世主に

▼ 罪人なりと~ (3, 0.2%)

2 思ふ心 1 思つて居る

▼ 罪人に対しては~ (3, 0.2%)

1 係り役人らの, 右の, 理非を

▼ 罪人よりも~ (3, 0.2%)

1 はなはだしき罪人, 優待せられ, 卑しいと

▼ 罪人~ (3, 0.2%)

1 が王, を外, を威かす

▼ 罪人~ (3, 0.2%)

3 ひに

▼ 罪人あり~ (2, 0.1%)

1 この曲, 即ち宗教政治

▼ 罪人かも~ (2, 0.1%)

1 知れないわ, 知れぬぞ

▼ 罪人じゃ~ (2, 0.1%)

1 ない, ないか

▼ 罪人だった~ (2, 0.1%)

1 からといっ, から虫けらみたい

▼ 罪人といふ~ (2, 0.1%)

1 ことで, のに

▼ 罪人とか~ (2, 0.1%)

1 そういうもの, その他社会の

▼ 罪人としては~ (2, 0.1%)

1 とても口, 些細な

▼ 罪人とともに~ (2, 0.1%)

1 断頭台に, 馬車に

▼ 罪人との~ (2, 0.1%)

1 中間な, 弁護およそ

▼ 罪人とも~ (2, 0.1%)

1 云うべきもの, 何とも

▼ 罪人などの~ (2, 0.1%)

1 すべて下層地帯に, 指形を

▼ 罪人なり~ (2, 0.1%)

1 とおも, 云々とて

▼ 罪人にでも~ (2, 0.1%)

1 いうよう, なったよう

▼ 罪人にとっては~ (2, 0.1%)

1 それを, 仮面は

▼ 罪人に対しても~ (2, 0.1%)

1 弥陀は, 行うこと

▼ 罪人~ (2, 0.1%)

1 のぞむよう, 火鉢など

▼ 罪人みたい~ (2, 0.1%)

1 なもの, にきつ

▼ 罪人らしく~ (2, 0.1%)

1 自分の, 萎縮し

▼ 罪人をでも~ (2, 0.1%)

1 取り扱う様, 叩き出すよう

▼ 罪人を以て~ (2, 0.1%)

1 之を, 遇せず

▼ 罪人即ち~ (2, 0.1%)

1 高利貸, 高利貸の

▼ 罪人同様~ (2, 0.1%)

1 にかく, に辱めおる

▼ 罪人~ (2, 0.1%)

1 と見えた, の人間

▼ 罪人~ (2, 0.1%)

1 で使われ, は黒海

▼ 罪人~ (2, 0.1%)

1 するの, するよう

▼ 罪人~ (2, 0.1%)

1 のため, は彼等

▼1* [135件]

罪人あつかいにし, 罪人あらば与うる, 罪人あらんや, 罪人あり捉えて釜, 罪人あることを, 罪人いづれも生前, 罪人情を, 罪人かつは不, 罪人から酒手を, 罪人からも税吏からも, 罪人ぐらいのめしとりでそう, 罪人これを聞き, 罪人だから世の中, 罪人しかも関ヶ原の, 罪人じゃとむごい御, 罪人じやぞ, 罪人そうした名称が, 罪人それを取り押さえる, 罪人たらざるべからずここに, 罪人たらしむるに, 罪人たらしめ自分自身を, 罪人たらしめようとした, 罪人だけに通用する, 罪人だけのものと, 罪人だ成るほど考え, 罪人つまり自分の, 罪人であって不断, 罪人であろうとなかろ, 罪人でございと云え, 罪人でございましたのね, 罪人でございますから磔刑, 罪人でさえも官費で, 罪人でなければならぬ, 罪人でねえと云う, 罪人としての浅ましい自分, 罪人どうしの間, 罪人どころでは, 罪人どころかひそかに, 罪人どもの泣き, 罪人なおむまる, 罪人ながら名号を, 罪人などあると, 罪人などとは飛んでも, 罪人ならざるものを, 罪人ならぬ証拠が, 罪人なりしがこの, 罪人なれどもその, 罪人なんて奴は, 罪人にこそならないけれども, 罪人にたいするように, 罪人についての特定の, 罪人については大いに気の毒, 罪人にと遺された聖, 罪人にとってこれ以上の, 罪人にのみ限られて, 罪人によって見いだされ得るの, 罪人にをかひて, 罪人に対してさえ死刑を, 罪人に対してのみ拷問を, 罪人のみ各自の, 罪人のみにあらず社会中, 罪人のみを指せるか, 罪人はやッと, 罪人ばっかり落ちあつまる, 罪人ほどあてに, 罪人までをびしびし牢舎, 罪人をきびしく, 罪人らしい気持に, 罪人われらに償い, 罪人をば人間の, 罪人をも醜業婦をも, 罪人ををさめて, 罪人ステパン・カツサツキイです, 罪人非ズ從テ辯護人, 罪人訴エ出デ, 罪人の墓, 罪人乃ち自然を亂, 罪人二群に分, 罪人互に反對, 罪人以外の人間, 罪人伝蔵のゆくえ探索, 罪人し, 罪人八裂にし, 罪人処刑処刑者の張番, 罪人したり, 罪人及び母親の, 罪人をおそろしき, 罪人同志が話しあふ, 罪人呼ばわりするの, 罪人を行, 罪人善良な人々, 罪人喜助の場合, 罪人囚人に相違, 罪人夏子の物, 罪人悪人と, 罪人大童松倉の旧時, 罪人太郎兵衛の娘, 罪人太郎兵衞の娘, 罪人太郎冠者が鬼, 罪人とあった, 罪人家持の作物, 罪人小三郎は裸馬, 罪人生る況や, 罪人引き廻しの上, 罪人奉公も, 罪人御用だッ, 罪人意識のいたわり, 罪人曰ダンテ自身よく, 罪人或は罪人の, 罪人押送の日, 罪人既に得ば, 罪人や既に, 罪人早うお役人, 罪人曝場になり, 罪人本物の囚人, 罪人植民は後, 罪人永く追いやられアダム, 罪人王進の逮捕, 罪人男女は案外, 罪人盧植は貴公, 罪人社会へ手本, 罪人の召, 罪人禁札破りの大, 罪人等世にまれ, 罪人等四方にうかびゐたる, 罪人等胸にて重荷, 罪人絵描座の兆二郎, 罪人は夭死, 罪人に咬まるる, 罪人被告卑屈な笑い, 罪人解体に付, 罪人註釋者曰恩人を賣れる, 罪人追放のこと, 罪人配所の流人, 罪人願わくは貴公様の