青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「芸術~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~花 花~ 花嫁~ 芳~ ~芸 芸~ 芸妓~ ~芸者 芸者~ ~芸術
芸術~
~芸術家 ~芽 芽~ 苔~ ~若 若~ ~若い 若い~ 若き~ ~若く

「芸術~」 14550, 157ppm, 681位

▼ 芸術~ (2580, 17.7%)

33 である 28 というもの 20 だ, の生活 15 だと 13 がその, ではない, の心 12 の手 11 としての彼 10 として自分, は 9 であつ, なの, のよう 8 はこの, はその 7 であること, として, としての俳優, としての自分, になる, の場合 6 であった, であって, です, としての本心, としての理想, となる, なん, の一人, の中, は自分

5 [18件] たるもの, だから, であるか, である限り, としての, にし, のうち, のため, のなか, の作品, の生涯, の眼, の精神, の群, は芸術, や学者, をし, を尊敬

4 [19件] が自分, であると, であるという, である以上, でもない, というの, としての天分, としての生活, としての素質, にとつて, になり, になれる, の意識, の直観, の素質, の自由, の芸術, の運命, は常に

3 [53件] が, が創作, であったの, であるから, でなければ, ではありません, でもなく, といふもの, としてその, としてそれ, としてのルナアル, としての彼女, としての成長, としての教養, としての立場, としての良心, としての須磨子, としてまた, として又, として生きる, となっ, となり, と普通人, なるもの, にとつ, によく, に於, のこと, のそれ, のもの, の任務, の問題, の如く, の宿命, の心境, の心理, の態度, の方, の生き, の苦悩, の観察, の面目, はそういう, はそれ, は何, は作品, は孤独, は彼, は決して, は芸術家, や思想家, らしくも, 然と

2 [180件] がいた, がこの, がモラリスト, が一般, が今日, が仮に, が何, が出, が彼, が日本, が昔, が特に, が真に, が精神, が自己, が自然, が製作, その人, たらんと, だが, だけあっ, だったこと, だったの, だつた, だとは, であったこと, であったと, であっても, であり彼, であるかも, である前, であれば, ではなかっ, ではなく, でもある, でもそう, でもその, でもなけれ, でもなん, でも何, でゐ, で小刀, という, という一つ, という型, としてのちがい, としてのゴーリキイ, としての一生, としての偉大さ, としての努力, としての勘, としての名, としての大観, としての存在, としての幇間, としての心境, としての才能, としての生き, としての生き方, としての生涯, としての直観, としての興味, としては立派, としてプロレタリア, として兄, として存在, として成功, として自己, として近代ドイツ文学, となった, とならず, とは何ぞ, とは彼, とは束縛, とは真, とは自己, と云, と人間, と同じ, と呼ん, と因襲, と然, と異, と科学者, と称する, など, なので, なんてもの, になっ, になったら, になり切る, には人, によつて, に共通, に必要, に悲劇, に成ろう, に最大, に金, のお, のその, のやう, の一生, の事, の仕事, の仕事場, の使命, の内心, の名前, の多く, の姿, の存在, の幸福, の役目, の思い出, の性慾, の想像, の感興, の或, の救, の日常生活, の晩年, の有する, の本当, の残酷, の民衆, の立場, の範疇, の義務, の苦心, の資格, の道, の野心, の野望, の集り, の頭, の顔, の顰, の養成, の魂, はいつ, はこれ等, はすべて, はどこ, はどんな, はみんなそれぞれ一種, はめったに, はもう, は人間, は他, は仙人, は何時も, は大金持ち, は幸福, は幻滅, は当然, は晩年, は涙, は神, は絶えず, は自己, は芸術以外, は表現, は記念, もそう, もその, もまた, や宗教家, や政治家, や文学者, や美術史家, らしい冷静, らしい敏感, らしい青年たち, をもっ, を庇護, を理解, を窒息, を軽蔑, 然とを

1 [1552件 抜粋] あり, お寿, からの不満, から交際, か生活人, があります, があんな, がいないで, がうそ, がかたわら, がそう, がついに, がときどき, がほとんど, がもし, が一, が一人, が一生, が二様, が人道, が今月, が住み, が作品, が僕, が出る, が別々, が却, が否応なしに, が土耳古, が大洋, が宝玉, が年, が怒り, が教育家, が最上, が歌舞伎, が死んだ, が現象的, が生ける, が生れない, が発育, が知識人, が神来, が立派, が経, が自国, が芸人, が解脱, が退歩, が養成, が魂, きどりの, じつにも, その者, たらうと, たらんとして, たると, たるべき態度心, たるロテイ, たる彼, たる民衆, だけかも知れない, だけで, だけはそれ, だけは死, だったら別箇, だつたら先生, だとも, だね, だろう, だ本当, っての, で, であったが, であったならば, であらね, でありうる, でありたいと, でありまた, であり技術家, であり鏡, であるかを, であるとき, であるに, であるほか, である事, である彼女, であろう, でいらっしゃる, でさえ先ず, でした, ですか, ですどんなに, ですらも, でない, でないといふだけの, でない凡庸作者, でなくては, でなく何等, ではか, でもモグリ, でも彼ら, でも無い, でベルリン, で己, で無かったこと, で食っ, という一種, という人種, という名称, という者, といふ名, といわね, とか何とか, とか文学家, とされ, としてお, としてかかわりあっ, としてこれ以上公平, としてそしてまた, としてとび, としてのこと, としてのウンチク, としてのトルストイ, としてのブラームス, としてのロダン, としての主観, としての作者, としての光彩, としての内部生活, としての創造欲, としての可愛らし, としての壮大, としての天職, としての川辺みさ子, としての心構え, としての悩み, としての感受性, としての成育, としての時代, としての業蹟, としての歴史的, としての気宇, としての活動, としての牧野さん, としての疑問, としての相手, としての矜持, としての私, としての繊細, としての良心性, としての行き詰り, としての誇り, としての貪婪, としての過去, としての長い, としての魂, としてはいかなる, としてはその, としては下, としては実に, としては決して, としてむしろ, としても決して, としてやむにやまれぬことだった, としてトルストイ, として一家, として世, として伸びる, として作家自身余り, として全く, として切ない, として味, として尊敬, として必然, として招待, として文学, として最も, として歩ん, として燃焼, として生きたい, として男, として社会, として第一歩的, として終身, として自ら恃むところはこれだけで, として芭蕉, として資本主義社会, とする, とでもいいたい, となり得る, との差異, とはこの, とはまた, とは全然, とは必ずしも, とは芸術, とも同様, とをよりわける, と一緒, と云う, と作品, と勤労者, と名乗らない, と呼ぶ, と実行者, と悪意, と日常生活, と涙, と称し, と自称, と見なし, ないし芸人, なぞに在り, などがその, などはそう, などは皆, などをさらっ, ならぬ単純真実, なら当然, なら誰, なるかな, なんかにした, にあらず, にお, にすぎなかった, にたいする頭ごなし, についても同様, にでもなりきりうる, にとっていかに, にとってはあらゆる, にとっては一本, にとっては大, にとっては生活, にとっては魂, にとって世俗, にとって必要, にとって決して, にとって避け得ない, になつ, になら, になりたかつた, になり切れない, になり得る, にはきわめて, にはそんな, にはなれないです, にはマネージャー, には何, には単に, には嫁い, には殆ど, には絶対, にまま, にもいろいろ, にも法律, によって描かれたる, によつて変つて, に一度, に与えられた, に何, に偉大, に出来, に及ぼした, に固有, に好意, に対してわれら, に対して数え尽されぬ, に対する考え方, に悪い, に敬意, に椅子, に生まれ来, に生活, に等しく, に課せられる, に関する新しい, に食べる, のい, のお方, のこの, のその後, のところ, のみが創造, のみ能, のもつ, のわがまま, のクラブ, のセンス, のヒューマニティ, の一部, の不思議, の主観, の事業, の人, の仕業, の伝, の住む, の価値, の側, の像, の全く, の凄味, の創意, の創造能力, の努力, の区別, の反対, の向上心, の嘆き, の堪え得べき, の大きい, の夫, の好, の如何なる, の宝刀, の家内, の尊厳, の崇拝, の幻影, の弟, の心持, の悩み, の想意, の愛, の感化, の持ち前, の描こう, の政治談, の新しい, の日々, の曠達, の本望, の根性, の正当, の歴史性, の母, の気質, の気魄, の満足感, の為め, の熱烈, の独自, の環境, の生活以外, の生活現象, の白痴, の真実, の矜, の神来, の稟資, の筆, の素材, の結婚生活, の線, の職業問題, の肩, の良心的態度, の芸術価値, の芸術論, の虫, の製作物, の言い草, の誇るべき, の論理解析, の貧弱さ, の資質, の転向, の通弊, の部類, の関係, の面白, の類型, はあさましいあさましい, はいくら, はいつもこう, はかう来なくつ, はきらい, はさも, はそう, はたいがい純潔, はだれ, はどういう, ははっきり, はみな, はみんな最後, はもともと, はよし, はゾラ, は一夜, は一様, は丁寧, は主観, は人性, は他人, は何らかの, は作曲家, は先人未踏, は公衆, は勿論, は告白, は大事, は天, は女, は威厳, は容易, は彼自身, は恐らく, は情熱, は打ち, は既成, は智, は本もの, は本能的, は概して, は流石, は物, は現われぬ, は生一本, は真面目, は知らない, は神聖, は種々, は筆, は絵, は自分自身, は自身, は蝉, は過去, は階級意識, は顔, ばかりを相手, ぶるな, への目覚ましい, ほどその, ほど神, またはその, もあらわれる, もいる, もしくは芸術愛好者たち, もサジ, も傾斜, も国民, も或, も未来派, も現代, も確か, も自分たち, やロシア文学紹介者たち, や名僧智識達, や工匠, や無, や紳士, や選手, よしばらく, よりも一人, よりカチカチ, らしい乱れた髪, らしい悩み, らしい気持, らしい特殊, らしい直観, らしい素質, らしい謙遜, らしい青年, らしくない怪しげ, らしくなつ, らしく云々, らしく装うこと, を, をかかる, をその, をもっと, をも奏する, をより, を以て任, を仮り来つて主人公, を先, を助け, を含む, を噛みつくした, を好き, を恥ず, を才能相当, を指示, を気取っ, を特別, を発見, を知らし, を精神世界, を自分, を見出し, を訪問, を追放, を養成, 共に他, 或はフールマノフ, 殊に天才, 殊に非常, 特に映画

▼ 芸術~ (2227, 15.3%)

61 ための 41 ために 34 中に 16 世界に 11 うちに, 上に, 道に, 領域に 10 分野に 8 一つの, 世界で 7 上の, 世界が, 世界では, 世界の, 中で 6 上にも, 仕事は, 名に, 名によって, 士の, 目的は, 話を 5 うちで, 上では, 本質は, 本質を, 為に, 領域では

4 [16件] ためで, ように, 上で, 世界でも, 世界は, 世界を, 中では, 仕事を, 価値を, 内に, 内容と, 為の, 真の, 立場から, 粋を, 美しさ

3 [37件] うちには, ことは, ことを, ほうで, ような, 世界と, 世界も, 中でも, 仕事に, 仕事の, 価値は, 傑作が, 前には, 前途を, 創造は, 力によって, 力の, 南極と, 原現象, 基本的方法は, 場合に, 場合は, 境に, 士は, 完成を, 方面に, 最初の, 有難さ, 本来の, 本質, 極致は, 為めの, 生命を, 精神を, 美は, 道は, 魅力は

2 [151件] ことに関しては, ためか, ためにの, ためには, ないの, なかに, なつかしさ, ジャンルの, 一つである, 一つとして, 一作品は, 一番面白く, 一面で, 上から, 世界, 中の, 中へ, 二ツの, 他の, 伝統精神と, 位置を, 作品である, 作品は, 作家が, 使命と, 使命は, 価値が, 係の, 信仰が, 健全な, 優劣を, 優秀な, 典型として, 内容を, 出現と, 出現を, 分岐点に, 分野, 分野で, 到達点をも, 制作衝動と, 前では, 力でも, 力という, 力に, 力を, 勝利を, 原始時代の, 名を, 名残りである, 味ひ, 国民を, 場合には, 境地に, 士なる, 大きさ, 大さ, 大部分, 奥儀にまで, 如きに, 如きは, 妙味を, 妙機は, 完成に, 対象と, 尊さ, 展覧会などを, 形を, 形態が, 影響は, 役割では, 意味が, 意味を, 成長の, 手法を, 批判に, 批評, 文章と, 方で, 方則に, 方法と, 方面から, 方面において, 最後の, 最高の, 本当の, 本質から, 本質とは, 本質に, 本質の, 根柢に, 極致に, 模倣である, 流れを, 為めに, 特色である, 特色は, 理解者では, 理解者な, 理論を, 甚だ困難, 生命が, 生命で, 生命である, 生命とは, 生涯に, 産者, 目的である, 研究は, 神である, 神は, 秘密は, 立場では, 第一, 範囲を, 精神と, 素材と, 綜合, 総体が, 至高の, 興隆, 芸術たる, 芸術としての, 華が, 虚妄なる, 衣を, 製作, 要素は, 観賞に, 言葉から, 言葉として, 評価は, 話ほど, 論理学とも, 貴重さは, 迫真の, 進化の, 道と, 邪道である, 部門に, 鑑賞は, 開花は, 間に, 面で, 領域から, 領域における, 領域は, 風化, 高さ, 魂を, 魅力を

1 [1421件 抜粋] あらゆる分野, あらゆる病人, あること, いかなる方面, いずれの, うえでは, うちから, うれしさ, お客を, かたちとして, かんを, ことと, ことについて, ことも, この渝ら, ごとき複雑困難, ごとく精神, すばらしさに, そとの, たぐいに, ためこの, ためという, ためによって, ため由々しき, つくられた環境, ところが, なかにも, ねらいどころ, はなやかな, ひびきです, まともさを, もつ執拗性, やうな, よろこびが, アカデミーでは, アプリオリテートは, ウルフェノメナに, エルドラードを, オリジナリティを, コルヌコピアが, ジャンルに, スペシアリテの, テーマが, ハイブリッドとしての, ベートホーヴェン大, モティフと, リアリティーとして, ヴェールを, 一つだ, 一分野, 一大弊竇は, 一応の, 一様式である, 一特長を, 一種類, 一般性を, 一部門とか, 一領域, 三昧といふ, 上からも, 上でも, 上乗なる, 不可解を, 不滅を, 世界その, 世界でだけは, 世界な, 世界において, 世界へ, 中から, 中にも, 中核を, 主体も, 主張主義を, 主題と, 事は, 二号位から, 享楽によって, 人として, 仕事であれ, 仕事といふ, 代表であり, 仮感という, 仲間に, 会へ, 伝統に, 伝統に対する, 位置なぞは, 何者である, 作品に, 佳作も, 使命を, 使徒は, 価値とか, 価値尺度と, 俗衆化を, 信念を, 修練も, 個性と, 値打を, 傑れた, 傾向を, 先に, 先駆を, 光と, 光古典の, 光背を, 全体を, 全部だ, 具象化, 典型と, 内でのみ, 内部に, 冒涜である, 出来る事, 出発点を, 分析的研究を, 分野ならで, 分野においても, 分野の, 到達し得る, 制作に関するや, 前に, 前衛として, 創作は, 創作方法としての, 創造が, 創造的精神に, 力でございます, 力は, 力をも, 力強さ, 効果は, 動きに, 勝利に, 北極圏に, 区別更に, 南極極地であり, 原動たる, 原理を, 去勢力の, 反映だ, 可能性の, 史的唯物論などを, 各部門, 合言葉は, 名人芸を, 向上の, 味が, 味得や, 哲学と, 唱道者が, 問題という, 問題に, 問題を, 問題芸術家の, 善と, 喜悦を, 国な, 国民的評価と, 地と, 埒外へ, 域を, 基礎が, 堕落が, 場合では, 境地であります, 境地実現, 士である, 声音では, 変化についても, 外に, 夢と, 大先達, 大本を, 大運動, 大部が, 天分とを, 天地にのみ, 天才の, 天才を, 奇蹟である, 奇蹟を, 奥秘は, 好きな, 如き云, 妙味が, 妙味とか, 始源の, 姿と, 姿其れ, 威厳と, 存在, 存在の, 存在理由をも, 学問は, 完全に, 完璧を, 宝と, 実際とは, 容器と, 宿命な, 対象として, 専ら行われた, 将来の, 尊重人間精神の, 尽きない生命, 展覧会の, 崇拝という, 巨大な, 常識としても, 幽邃高遠を, 底を, 弁証法的手法, 強味は, 当然の, 形式に関する, 形態で, 影響に, 徒としての, 御座敷性, 微妙な, 心を, 快感が, 性格において, 怪奇性と, 息吹によって, 悪魔趣味は, 情緒に, 意味は, 意義は, 愛好者フランシス一世に, 感化によって, 感覚をも, 憐むべ, 成果と, 成立する, 或る, 戦士としての, 手を, 手法に, 才能の, 批判を, 批評なり, 批評家が, 技法には, 技術は, 持主である, 挺身隊と, 掲げるイデヤ, 揺籃で, 教導性は, 敵である, 文化的核心までが, 新しい一様式, 新品種, 新運動, 方が, 方向で, 方法は, 方面で, 方面よりも, 時代が, 時間と, 普及的勢力と, 最も大きな, 最も微妙, 最も深い, 最も重大, 最も高い, 最近の, 最高位に, 最高点に, 未曽有, 本は, 本体について, 本堂に, 本流との, 本質だ, 本質としての, 本質も, 本質的進化は, 本道である, 材料に, 根拠と, 根本的議論が, 根柢には, 根蔕は, 植民地関係だった, 極地を, 極致だった, 極致の, 構成中の, 様式である, 様相だけ, 標本では, 権化, 横の, 機能を, 歓びが, 正体を, 正当な, 正道である, 歴史から, 歴史には, 歴史性を, 歴史的社会的発展構造の, 歴史記述の, 殿堂, 殿堂に, 母胎, 母音であっ, 民族運動として, 気品だ, 水平線に, 永遠性という, 泉とは, 法則を, 派出や, 流行を, 浮身を, 消長には, 深刻を, 渾然たるに, 源流は, 無辺際な, 父なる, 特徴と, 特殊性が, 特異性, 特質である, 独創を, 独自性を, 王様は, 現実化し, 理解という, 理解は, 理解者である, 理論で, 生まれた時代, 生命の, 生産者が, 由来する, 畑で, 畑の, 疾風に, 発展の, 発表機関が, 発達した, 発達の, 目的から, 目的と, 真価が, 真味, 真実性を, 真諦が, 真髄とは, 矜りである, 知識の, 研究者であっ, 硬化や, 社会学から, 社会民衆による, 社会的役割が, 社会的考察も, 神とも, 神ミューズの, 神様に対する, 神聖に, 神通力は, 祭壇に, 秀逸さは, 移入的等値的射影性を, 種目は, 空しさ, 立つべき地盤, 立場のみ, 立場より, 第一線に, 範囲に, 範疇の, 精神の, 精随である, 精髄的な, 糸を, 純潔性を, 素晴らしい発達, 素直な, 素質とは, 組織に関する, 経済的社会的諸, 絶頂である, 総ざらいを, 編輯部から, 美と, 美ばかりとは, 美感と, 美麗を, 肯定と, 胚種である, 腕まえ, 自主性において, 自然の, 自由その他にたいする, 自由発展とを, 至純至高な, 興隆を, 色や, 花が, 花園に, 芸術家生活自体の, 芽も, 若さ, 茶道精神を, 萌芽である, 萌芽と, 萠芽が, 薄ぼかし, 虚構の, 行き止まりに, 表現しよう, 表現と, 表現を, 表皮の, 衰頽を, 製作に, 製作過程を, 要因たり, 要素が, 見かた, 観賞という, 解釈には, 記号たる, 評価者で, 話が, 話の, 誇りを, 認識機能の, 認識論それは, 認識論の, 課題, 談話を, 論理学を, 諸主義, 諸派, 識者たちに, 豊満, 象徴的な, 貪慾と, 資料, 超現実派, 趣味を, 路上で, 身を, 迫力を, 途から, 進化と, 進歩も, 進路から, 逸品に対して, 過程を, 道で, 道の, 達し得べき最も, 違いは, 遺産の, 邪道でも, 部門にも, 都である, 都にも, 酵母なり, 重大な, 金科玉条と, 鑑賞だけが, 鑑賞も, 鑑賞家であった, 長さ, 開花に, 関り知らぬ, 限界においては, 階級性以前の, 雰囲気なんかに, 面であります, 面影が, 革新運動は, 順序から, 領域と, 領域へ, 領野には, 題目と, 香と, 香りが, 香気は, 驕慢など, 高下は, 高貴さを, 鬼が, 魂は, 魅力によって, 黄昏

▼ 芸術~ (788, 5.4%)

11 ない 5 一つの 4 人生に, 人間の, 長し人生 3 いつの, 人類の, 作者の, 創造だ, 吾, 永遠に, 芸術の

2 [60件] いうまでも, いまわれらを, この形式, この意味, そうで, そのあと一作ごと, その時代, ないと, ないよう, ない筈, ひたすらかれ, ほんとうに, まだ末世, ロメン・ロオランの, 一一に, 一歩を, 一段と高尚, 人生の, 他に, 何だ, 何ものの, 何んと, 個人の, 其の時代, 出来るもの, 反撥精神の, 反逆精神の, 妙に, 存在しない, 常にそれ自身, 常に自我, 常に観念, 成立しない, 手段では, 描かれたもの, 新らしい, 最も高尚, 次の, 民衆の, 決して自然, 無力だ, 現実の, 理論でない, 理論的に, 真の, 真実に, 社会の, 科学の, 空間的にも, 自我の, 自然に, 自由の, 芸術それ自らの, 衣裳美の, 衰微甚だしい, 詩に, 貧しい人々, 長く人生, 長しだ, 闘争を

1 [619件 抜粋] あまりに大きく, あらゆる人々, あらゆる芸術, あり得ず創作者, ある, あるいはあまりに, あるが, ある意味, いかなる国, いかなる階級, いかにし, いくらでも, いずれも, いったい何, いつも必ら, おそらく世界, おのづか, おもちゃの, おれの, かかる原始的, かかる種類, かかる空想, かくして吾人, かくして豊か, かくの, かつてほしい, かつてドイツ, きつと, こうも, こっちが, この世界, この光, この地上的, この思想, この方法, この時, この第, これまた, これまでに, これまでの, こんなところ, こんなに大きな, こんな風, さうでなければ, さておいて, すぐに, すでにここ, すばらしいもの, すべて, すべて心の, すべて歴史の, すべて瓦礫の, すべて花と, そ, そういうもの, そういう境地, そうだろう, そうである, そうでなけれ, そこから, そこで, そのあるべき, そのもっとも, その人, その作者, その名, その土, その役割り, その意義, その文学的教養, その暫く, その本質上, その根, その父親違い, その発生, その結構, その耐えきる, その見る, その貴族的, その非, それが, それぞれが, それだけは, それである, それの, それみずから人間的である, それらの, それ独特の, それ自ら音楽の, それ自身民衆の, そんなに人, そんな不自由, たしかに創造, ただの, ただ表現, ために, だめ, つまり, できないなどと, どういう規定, どうしても他, どうだろう, どうなるであろう, どこまでも, どんなにし, どんなもの, どんな種類, どんな階級, ないで, ないの, ない芸術上, なによりも, なんでも, ばらを, ほとんどその, ほろび去るが, まことに世界, まさにしんこ細工, ますます生き, まず第, まだその, まだ多かれ, まだ生まれ, むしろこんな, もう歴史的, もって, もっと大ら, もっぱら複雑, もつと, もとより教育, もとより末期, もはや彼, やがて夜店商人, わからないとまで, わが国民, われら教育ある, われわれの, インドに, カフェーの, ガクブチだの, ギリシアの, ゼイタクである, ソヴェト生活そのものの, タイハイし, タテの, パリへ, ヒステリー的であり, プラトンアリストテレスの, ベートーヴェンにとっては, ボードレエルの, 一たい, 一人の, 一体どうなった, 一体どんな, 一日に, 一時の, 一段とふかい, 一片の, 一箇の, 一見これ, 一面に, 一頓挫した, 万人に, 万人によって, 上辺の, 不道徳たり, 世界全般に, 世界観が, 世間の, 丸彫, 主義を, 主観的の, 久保田君の, 事物その, 二つの, 人と, 人の, 人を, 人生では, 人生に対する, 人間感や, 人間的血肉の, 人類に, 今自分を, 他の, 他人の, 休業し, 低くしか, 何かと聞かれたら, 何である, 何よりも, 何を, 作家が, 例外を, 俗衆に, 信ちやんには, 個によって, 偉大な, 偶然西欧の, 僕等と, 元来革命とともに, 元気の, 先ず一年間, 先ず民衆, 先づ自然をだけ, 全く江戸浮世絵, 全然意識, 公衆の, 其の第, 内容が, 内容を, 再びつくる, 写実でなく, 写生でない, 凡ての, 凡俗生活に対する, 出来ぬ, 分からない, 分らない, 分らなかったのよ, 初めから, 創造されなかったであろう, 創造であり, 創造的要素を, 力の, 半分以上なくなる, 単なる感想, 単に快感, 単純無意味不調和もしくは, 厄介だ, 同じ源, 同時に商品, 君たちの, 吾人を, 命令する, 唯一人の, 国民の, 国民錬成の, 在るところ, 声では, 売文の, 外柔内剛と, 外面的で, 多くの, 夢見それ, 大いに盛, 大抵外剛内柔である, 大抵駄目, 天才が, 天才の, 天来の, 如何なる地盤, 如何なる時, 如何にも望ましい, 存在すべきである, 学問でない, 宗教に, 宗教的感情を, 実にこの, 実業以上だ, 実際の, 容易に, 宿命的に, 尊い, 少なくとも生きた, 少年期に, 巨大と, 常々生活線上の, 常に一, 常に一種, 常に中心点, 常に恐るべき, 常に永久性, 常に純潔, 常に表現, 常に表現技術, 常設館に, 平等観から, 幻影たるべきで, 広義の, 形式の, 影を, 彼に, 彼にとって, 往々に, 従つて形式勉強の, 御裁可, 徹頭徹尾能動的, 必し, 必ずしも芸術, 必ずや極めて堕落, 必ず本, 必ず民衆, 必其の, 快活也, 怖ろ, 恐らくガンダーラ美術, 悲劇をも, 情緒的エモーショナルで, 愛の, 感傷と, 感激であり, 懸命な, 成立せず, 所詮二流以上, 手段として, 手法上の, 扨措い, 抒情詩以外一も, 拘束より, 拙なけれ, 拡大誇張の, 支配者の, 政治では, 救助を, 教えて, 数寄である, 文学はいふも, 文学者からも, 文芸復興期の, 斯の, 新作物, 新興文化の, 旗取り競争じゃ, 既に四分の三以上, 既に終, 日本に, 日本語の, 旧文化, 昔から, 映画の, 映画自動車の, 時間だろう, 最も僅少, 有り得ない, 未完成, 本質的に, 東洋に, 東洋を, 果して民衆的, 枯れて, 栄えて, 根底より, 模倣である, 権力を, 欧米の, 歌舞伎でも, 此と, 此の, 歪んで, 死んで, 殆ど柄傘, 殆ど稀, 殊にその, 殊に俳句, 民族と, 民衆にとって, 民衆を, 永くその, 永遠の, 決してただ, 決して今, 決して宗教的生活, 決して滅する, 活動写真である, 浪曼精神の, 消滅しなけれ, 漸次その, 無意識つまり, 熟して, 特にその, 特殊な, 独断だ, 狭い意味, 玩具だ, 玩具に, 現下の, 現代の, 現代日本の, 現在にも, 現在の, 現実よりも, 理性的な, 理想として, 理想や, 理知によって, 理知の, 理解する, 生きものだ, 生ける神, 生には, 生の, 生まれて, 生まれなかったであろう, 生まれません, 生れて, 生れない, 生れないという, 生れやしない, 生命の, 生活の, 生活以外に, 畢竟享楽, 畢竟人工的, 畢竟作者, 畢竟功利的, 発達しない, 百芸の, 皆そうです, 皆百姓と共に, 直接に, 相手によって, 社会現象の, 神を, 私有独専し, 科学では, 科学と, 竟に, 第二義以下である, 細い所, 結局人生の, 結局選択の, 絶対に, 総てを, 美しいと, 美しく私, 美を, 習慣と, 老人の, 考えられない, 職能として, 肉体と, 育つ, 脆かつ, 腕ばかり, 自分だけの, 自在奔放な, 自涜, 自然こういう, 自然の, 自由を, 舞台という, 舞台的だ, 良い生活, 芸術です, 芸術では, 芸術でも, 芸術にだけ, 芸術家らが, 芸術的に, 芸術的真理と, 若いながらも, 莫大な, 菊池の, 蓄音機の, 薬である, 血と, 衆生に, 衣食的実用品では, 表現であり, 表現に, 表現以外の, 西洋の, 見える物象, 見る人, 試合でない, 詩人にとって, 認識である, 誠であり, 謂う所, 謙譲の, 議論や, 貪慾の, 貴族生活の, 貴族的, 超階級的, 踊るあらゆる, 通俗化の, 造れない, 遂に国家, 遊びである, 遊戯に, 道具を, 鑑賞の, 鑑賞家が, 長しそれ, 長し永遠, 閉された本, 階級の, 階級闘争の, 静的な, 非論理的, 革命的精神に, 音楽である, 音楽演奏者の, 順当な, 頗る面目, 頬が, 駄目である, 高い山

▼ 芸術~ (719, 4.9%)

24 なもの 13 な価値 7 な, なるもの, な作品, な香気, に見 6 でも 5 である, であるか, な立場, に高潮 4 であった, であると, な表現, に, になる, に優れた, に表現, の要素

3 [18件] であること, であれば, では, なところ, なの, な効果, な才能, な方法, な生活, な雰囲気, な面, な音楽, に最も, に純化, に鑑賞, のもの, の意味, の気分

2 [50件] だ, であって, であるかを, であろうと, でしかも, で同時に, と職工的, なそして, な主題, な力, な匂い, な団体, な場面, な天分, な意味, な目標, な筆力, な素質, な美, な美し, な美しい, な自由教育, な興味, な良心, な話, な趣味, な部分, な面白, な高, になり, には全く, にもすぐれ, にも立派, に如何, に完成, に弱い, に秀, に積極的, に見た, に高い, に高級, の価値, の創作, の感銘, の数学, の立場, の見方, の趣味, の迷妄, の魅力

1 [435件] かも知れません, じゃない, すぎるかしら, たらんこと, だから, だったに, だと, だとは, であったと, であったので, でありそして, でありまた, であり一方, であり不調和, であり従って, であり得ないきらい, であり得るか, であり得るため, であり楽しく, であるかと, であるかの, であるけれども, であるその, であるとか, であると共に, であるや, である婦人, でさえ, です, です何故, でそうして, でないと, でないもっと, でない或は, で不愉快, で且, で便所, で努力的, で尋常, で心, で総て, で背中, で高踏的, というの, といっ, といふ意味, といふ言葉, といわん, とかいうこと, とか何とか, としてゐるらしい, となりつ, との相剋, とは宇宙的, とは言い, ともいうべき, と云う, と云うべきな, と政治的, と考えられる, なあぶな, なあるいは, なこんな, なととのった形, なにおい, なのね, なまた, なむずかしい, なもつ, ならざる感動, ならぬ現実的エロ, ならびに学問上, なる名, なる天然物, なる認識手段, なる青銅製, なエナヂー, なサークル, なタレント, なニユアンス, なピアノ曲, なメリツト, なリアリテ, なリード, なロココ式私室, な・人本的, な一つ, な一片, な世界観, な二本, な亢奮, な人, な人間, な仕事, な仕方, な低, な何物, な作曲, な作曲家, な偉大, な具体的内容, な内容, な内的, な写真, な別, な創作物, な劇団, な力量, な匂, な半面, な協力, な印象, な名作, な喜び, な場合, な境地, な存在, な安定感, な宗教音楽, な宝石, な家, な小品, な小説, な形成, な思索, な悦び, な悲劇, な意図, な意義, な感じ, な感動, な感性, な感銘, な慷慨詩, な或, な或は, な所, な批評, な批評能力, な技巧, な技術, な指環, な教育, な整頓, な文章, な新し, な新劇, な新旧, な方面, な本能, な業績, な楽団, な構図, な機械性, な歓喜, な正統性, な残酷, な殺人, な気分, な気質, な法悦, な深, な演出, な演劇, な濡, な点, な無, な独自性, な生きかた全幅, な生きた二次元性, な生産, な発展, な直感的, な眼, な短篇作家, な社会的, な神技, な空気, な純美, な繋りを, な美術, な考え, な能力, な良, な芝居, な花, な苦悶, な行き詰まり, な表情, な製本, な要求, な観点, な言葉, な詩, な談話, な鑑賞, な関心, な陶酔, な雑誌, な難解, な霊感, な音的モンタージュ, な領域, な領野, な顔つき, な香り, な高揚, な高級演劇, な高雅, な魅力, にあまり, にある, にいかにも, にいった, にいつ, にうまい, にうまく, にか生活的, にきわめて, にこの, にすぐれた, にそして, にそれほど, にだんだん, につかい, にできた, にという条件, にとは畢竟, にとりあつかっ, にどう, にどれ, にどんなに, にな, になっ, になれ, には, にはなっ, にはまあ, にはわずか, にはウルトラ・モデルニスト, には下らない, には仮に, には六七点, には勿論, には大きな, には寧ろ, には弱い, には悲劇, には極度, には殆, には演劇, には独自性, には草土社, には表現主義, には進歩, にまったく, にまとまった, にまるで, にもう一層, にも成人, にも所謂ブルジョワ劇団, にも文化的, にも深刻, にも生活的, にも社会上, にも経済的, にも美しい, にも見え, にも風俗史的, によい, にクリスト教, にシンクレア, にナップ, に一つ, に一種, に不純, に世界, に云っ, に人間的, に仕上げた, に低い, に低級, に体得, に何, に何ら, に何等, に何等問題, に作, に価値, に保たれた, に傑, に優れ, に光った, に処した, に処世, に出来, に刺戟, に勝れ, に印象, に厭味, に収拾, に取り扱っ, に取り扱った, に取り扱われた, に堪えぬ, に変化, に失敗, に学修, に展示, に崇拝, に心, に成り立たせる, に戯曲, に技術的, に描くだらう, に改造, に文学的, に書き流され, に書き生かそう, に最早, に格調, に極めて, に殺し, に洗煉, に洗練, に浄化, に深い, に演出, に無意義, に理想化, に理解, に生きたい, に生きよう生きよう, に生きる, に疚しい, に発達, に発露, に相当, に真, に眼, に研ぎ出される, に研究, に科学的, に立ち上ら, に立派, に素朴, に組成, に美しい, に良心的, に苦心, に荒蕪, に著しき, に行かない, に見えた, に見える, に見ない, に見れ, に観じ, に解した, に解せられ, に言っ, に訓練, に誇張, に認められるべき, に足, に造られた, に進ん, に違, に醇化, に露西亜, に面白く, に高く, に高度, に高等, ね, のこと, のみならず, のゆるやかさ, の世界, の事物, の二条, の作品, の催し, の効果, の圧迫, の場合, の恍惚境, の恰好, の悩み, の意義, の本城, の演奏, の瑕瑾, の生命, の番附, の発奮, の真価, の立脚地, の筆, の素質, の細工, の緊張, の美, の芸術品, の苦しみ, の衝動, の表現, の諸, の都市, の陶器, の雰囲気, の香, の香り, の高, の魔力, もしくは批判的, を別, 不整頓, 並びに道徳的態度, 乃至学術的欲求, 乃至趣味的教養, 全努力, 古陶, 多慾それ自身, 大燃焼, 大理想, 実際の, 御名言, 新戯曲, 結構が, 見かた, 諸作品, 重さ, 非芸術的, 高さ

▼ 芸術~ (716, 4.9%)

9 愛して 8 模倣する 6 創造する 5 もって, 愛するもの 4 友と, 持たなければ, 持つて, 理解し, 理解する, 見て 3 他の, 尊重し, 愛する者, 紹介し, 芸術の, 論ずること

2 [50件] あやまる危険, いろ, こしらえて, のぞむの, もてあの, 下品に, 何等かの, 作ろう, 使命と, 侮辱し, 俗に, 冒涜する, 創造し, 創造した, 創造しよう, 吐き出して, 吾人は, 喜ぶと, 売るの, 尊むがために誰か, 尊敬し, 尊重する, 形造っ, 愛する為, 或る, 残した, 殺して, 求めて, 求める, 求める心, 理解した, 生み出すの, 生む人, 生む母胎, 発見した, 知らず無邪気, 研究し, 考えて, 職業と, 自分の, 要求する, 解して, 評す, 説明する, 論じて, 論ずる場合, 讃美し, 鑑賞し, 馬鹿に, 骨董品と

1 [541件 抜粋] ある一派, いかに深く, いかに見る, いくぶんで, いじくって, いづれも, いとなむという, お金攻め実用攻めに, けして, こしらえてるん, こしらえてるんだい, この世に, これ以上ささえ, ご覧あった, さえ余り真面目, して, すてます, する余地, その何れ, それと, つくって, つくらせるの, つくるつもり, つくろうとして, つとめる, ですか, でなく死ななければ, どうする, どんなに深刻, どんなふう, どんな力, なし崩しに, なす, のこした, ひっくり返して, ふくめて, ふり廻したがる半可通, ぶっこわし, みるに, みるプロレタリア文学, めざましく開花, もっと下等, や, やめて, やりたがっては, やるの, やるもの, やるわけ, やろうと, やろうなどと, よくしよう, よく見せよう, よごさずに, わかち出来るだけ, われらの, ポルノグラフィイと, 一生の, 一種の, 一般にこの, 一般に表現, 与える, 世の中に, 世界認識の, 主張した, 主張する, 九地の, 云為する, 亡した, 人々の, 人生の, 人間の, 今此処へ, 介すること, 仕事と, 他人の, 代表さして, 代表してる, 代表する, 仲介として, 伝えたの, 低調ならしめ, 作った覚え, 作らず十字架, 作らない普通, 作らなくては, 作り出しては, 作ること, 作るに, 作るには, 作ろうと, 作ろうとして, 俗悪に, 信じおのれ, 信じおのれ自身, 信じて, 信ずるので, 信ずるもの, 修業せね, 偲ばせるもの, 僕たちは, 全く滅, 兵士に, 其の特権, 内生活, 出してるけれども, 分析する, 利用しよう, 利用できる, 制作したい, 制作しよう, 制作的活動から, 刻み出したの, 前者に, 創ったり, 創って, 創める, 創りそれ, 創り上げるの, 創り出さうと, 創り出した人々, 創り出すという, 創り得たはず, 創る事, 創作する, 創始した, 創始したい, 創造すべき, 励み信心, 十年の, 危険だ, 友だちに, 取りあつかって, 受用し得る, 口先だけで, 同情的に, 否定し, 否定した, 否定する, 味う, 味ひ楽しむ, 味わいよき, 哲学と, 唯無意識, 商品に, 問題と, 回顧する, 固守し, 国民生活の, 圧倒し, 基礎に, 売って, 売りつけようと, 売る芸術家, 多少とも, 多少恥ずかしく, 夢みて, 大衆化し, 奪われた階級, 好きな, 好むこと, 好んで, 始めて, 娯しむ, 子供から, 学び取り且これ, 学んで, 守り育てそれ, 守り育てる責務, 守るため, 守る人々, 完成させよう, 完成し, 完成した, 完成したら死ね, 完成する, 宗教と, 宗教的に, 実生活の, 専門と, 専門に, 射撃し始めた, 尊ぶもの, 導くもの, 小さくし, 小さくする, 少しでも, 展開させ, 展開しよう, 左右するであろう, 広く伝える, 建設せん, 弄する者, 形成する, 彼は, 彼以前の, 彼処に, 律するに, 後世に, 得た, 微かながら, 徳川時代の, 徹底させた, 心がけること, 心で, 忘れた, 忘れなかったの, 忘れるに, 思い起こすわけ, 恪守し, 悪罵し, 惜しみながら, 意識の, 愛しこれ, 愛した, 愛してると, 愛し万般, 愛し人間, 愛し得たその, 愛し矜ら, 愛し知識, 愛し芸術, 愛すると, 愛するとき, 愛するの, 愛する事, 愛する人々, 愛する女, 愛する心, 愛する程, 愛す人, 愛好する, 感じながら, 感じるひと, 感じ得る, 感じ正しき, 感得し, 憎悪せしめ, 打ち捨てて, 批評しよう, 抱えて, 拝見した, 持たなかった野蛮人, 持つ事, 持とうと, 指して, 指導せん, 捨てた後, 捨てて, 排して, 探偵小説と, 擁護しよう, 擁護する, 支配し, 支配しはじめる, 支配する, 改革せん, 政治が, 政治に, 救う為め, 救ったもの, 教えた, 教えようと, 教える正式, 断念し, 断念する, 新しくし, 新しく発展, 新鮮に, 旨と, 明瞭に, 時間の, 普及させる, 曝すだけの, 書きたいと, 最もよく理解, 最も純粋, 最も能, 望むこと, 未来に, 本来の, 本領と, 東洋画の, 枉ぐることなき, 栄えしむる動機, 極度に, 楽しむ娯, 構成したる, 模倣し, 模倣す, 模倣せず, 模倣芸術と, 欲しない, 欲するの, 欺いたの, 歓び楽しん, 正しく認定, 武器に, 殆ん, 残そうと, 永遠ならしめる, 求めること, 求める動き, 求める機運, 求めんと, 活かす為, 浪漫的ユモリスムから, 深く考え, 渡世と, 渾和した, 滅すこと, 演出する, 片づける私, 犠牲に, 献げられ, 現在何の, 理想の, 理解させず, 理解させる, 理解し得ない, 理解せ, 理解せん, 理解出来ない, 生ませないが, 生まんと, 生みすべて, 生みださせる条件, 生みだすという, 生み出さうと, 生み出ししかも, 生み出した豊太閤, 生み出す, 生み成長, 生むかと, 生むかを, 生むこと, 生むし, 生むまでに, 生むもの, 生む事, 生む仕事, 生もうと, 生んだの, 生んで, 生気あらしめる, 生活の, 生活化する, 生涯の, 生産する, 産むの, 産んだ日本, 産んで, 画布の, 瘠せさせる性質, 発展させる, 発表する, 発見する, 益々ふかく, 看板に, 真に鑑賞, 真個に, 知って, 知らないと, 知らなかったにも, 知るもの, 知ろうと, 研いて, 研究する, 破壊する, 硝子と, 示さねば, 祝祭として, 私は, 称して, 立派な, 築き上げる決心, 粗末に, 約束するであろう, 純化せん, 絞り出す思案, 統制する, 絶対精神の, 繰展げ, 美しく輝かせる, 美しさ, 習う最初, 考えたとき, 聴きに, 育てる根源的, 自然が, 興すには, 花咲かせ, 芸術たらしめ, 芸術たらしめる, 芸術のみによ, 蔑に, 虐待した, 虐待する, 行為を, 表現する, 装幀する, 裏切った, 褒められて, 要求し, 見いだしたこと, 見いだしたの, 見さ, 見せて, 見た, 見たり, 見ること, 見るつもり, 見るに, 見るの, 見るの準備, 見るばかり, 見る見方, 見れば, 見且つ, 覚えだして, 観客に, 観察する, 解された方, 解し得ない, 解し得る気稟, 解し芸術, 解するの, 解するもの, 解する人, 解する狐狸, 解せぬ者, 言ふ, 許す人々, 評した時, 試みたの, 詩的精神に, 認めない立場, 認められて, 認める限り, 語って, 語らせて, 語りまかりまちがえれば, 語り生活, 語るといふ, 語るに, 語るマチルデ, 語れないこと, 説いて, 説き其恋愛観, 説くと, 説く為, 誰が, 誹謗する, 談じた, 談ずるに, 論じたこと, 論じた本, 論じるという, 論じる気, 論ずるの, 論ずるめど, 論ずる事能, 論ぜず真, 讃美礼拝する, 豊かな, 豊かに, 貫いてる美, 貫く一つ, 貫く忍耐づよい研究心, 賞翫し, 起さんもの, 蹂躙する, 軽んずる気, 軽蔑する, 辱しむる, 近づける一助, 近代の, 追従的に, 透した欧洲現代, 造りだすこと, 選んで, 遺したの, 重大に, 鑑賞し得ない, 鑑賞せんには, 閉ざされた世界, 限りなく, 陛下の, 除いては, 離れたこと, 離れて, 需要の, 面白く思った, 革命されたい, 革新向上せしめ得る, 顧慮する, 高く評価, 高め得る, 高め得るよう, 高位に, 鮮かに

▼ 芸術~ (575, 4.0%)

21 於て 5 なって, 就いて, 携る, 於ける主体, 於ては 4 あっては, 共通な, 奉仕する, 就て, 於ける詩, 於ても, 身を

3 [14件] あつて, して, たずさわって, 向って, 国境は, 属するもの, 心を, 携わるもの, 特有な, 独特な, 精進し, 精進する, 自信を, 関係し

2 [32件] たずさわるもの, たずさわる者, とつて, なつて, なる筈, 向かない奴, 噛りつき, 国境なし, 奉仕し, 就いては, 必要な, 志す者, 接して, 於ける二つ, 於ける社会主義リアリズム, 於てすら, 気品を, 求めて, 没頭し, 滞在し, 現われた, 理解の, 絶望する, 興味を, 行くの外, 表現され, 表現する, 趣味を, 近づいて, 通じてると, 違いない, 酔つてゐる

1 [395件] あそび気, あっての, あっても, あらうとも, あらずという, あらわれる親子, あらわれ近年, ある一つ, いかなる反応, いつの, おけるが, おぼれたもの, かくれるという, かなり無知, きまって, くらべて, この嫌味, ささげて, ささげるの, したところ, しろ何, すっかり没頭, するの, せよ科学, ぜんぜん欠如, そして現代, そのまま現れる, その他の, その批評, その社会組織, その糧, それが, ぞくする, たいすると, たずさ, たずさわりそれ, たずさわるものの, たずさわる者達, たずさわる連中, たづさはるものが身, たてこもった, つかえる一人, つきないこと, とり入れ, ない巨大, ならうと, ならない, ならないかしらと, ならないの, ならないインチキ芸術, ならなければ, ならぬ, ならぬとは, なりました, なりますわ, なりも, なり生活, なると, なるねえ, なるの, なるわけ, なる何, なれ芸術, なんの, なんらの, のみゆるされる異端, はいり込めば, はしって, ひたむきに, ひたらない性格, ふみ込んだら羽飾り, ふれた歓喜, ふれられること, ふれる, ふれ近づいて, またトルストイ, みいられたこの, もつと, やしなわれて, コクを, 一つの, 一生涯彼を, 一種の, 一貫する, 不可能な, 与えたゴーリキイ, 与えた影響, 与えようと, 与える, 与えるため, 与える価値, 与へた, 与へようと, 与へる価値, 主義という, 亘ると, 亢奮感激しないごとく, 交えがち, 人生に対する, 今更らしい, 仕上げて, 他ならない, 付ては, 代るもの, 仮託した, 伝統主義を, 似て, 何でも, 何ほどかの, 使って, 依りてのみ, 依る意志否定, 依拠し, 傾倒し, 先立つて, 入って, 共通し, 共鳴し, 出発した, 出精いたす, 利用した, 刺激され, 勝る如く自然, 参するもの, 参与する, 参加する, 及ぼすこと, 取つて, 取り入れ初めて, 取り囲まれ皆, 向う場合, 向う心, 向う素質, 向かって, 吸収し, 固有な, 国境が, 国境や, 国際性のみを, 圧倒された, 境界は, 夢中に, 大きい意味, 失望し, 奉仕してる, 奥深き真夜中, 始源が, 存在し, 完全性が, 定まった価, 定着し, 害を, 専心し, 専念する, 尊敬を, 就いての, 属して, 属する価値, 己れ, 年齢の, 弁えの, 当たるもの, 当てはめて, 影響し, 影響した, 影響するだろう, 影響を, 役だつよう, 従うが, 従事し, 従事したい, 従事する, 微塵も, 心得も, 心酔する, 志ざしてる人すべて, 志すならば, 志すもの, 志す一人, 志す若き, 志篤き, 忠実なる, 思想に, 恋々たる, 恍惚と, 恥じなければ, 悪い, 意義や, 愛着してる, 感動いたした, 感動する, 感心した, 慣れた人, 憬れる, 我が三昧境, 或る, 托して, 技巧家が, 抱いて, 拠って, 持たせたいと, 持ち新興芸術, 指を, 捧ぐべきである, 捧げられよ, 捧誓したい, 接した人, 接しつつ, 接し得ること, 接するたび, 接近した, 接近する, 描かれた手, 描こうと, 携って, 携は, 携はる人は, 携わること, 携わる人間, 携わる男性, 文明に, 新らしい, 新生面を, 於いて, 於いては, 於ける, 於けるこの, 於けるセンス, 於けるファッシズム, 於けるレッテル性, 於ける世界観, 於ける二, 於ける内容, 於ける努力そのもの, 於ける単純さ, 於ける唯物論的方法, 於ける委員会性, 於ける実践, 於ける形式, 於ける必須, 於ける思想, 於ける批評家, 於ける技巧上, 於ける技術, 於ける民族的, 於ける流行性, 於ける漠然さ, 於ける特徴, 於ける現実, 於ける科学者, 於ける色情生活, 於ける詩的精神, 於ける運命, 於ける題材, 於てさえも, 於てしか, 於ての, 於てのみ, 於る, 普遍し, 普遍性の, 書くとき, 本質的な, 構成する, 欠くべからざる品, 欠けて, 欠けてるもの, 歩みよせた程, 歴史と, 比する時, 比べて, 求むれば, 求めるもの, 決して正しい, 没入する, 没頭しうる, 没頭した, 没頭する, 注がれること, 注意を, 活かして, 活き石, 流動を, 浄化せられ, 浮身を, 浸り込んだやう, 浸り込んだよう, 深い興味, 滅びて, 激動を, 為過ぎた, 無感覚な, 無智, 無関係らしい, 物事を, 猥褻な, 現れたもの, 現れた日支民族性, 現われたの, 現われた憧憬, 理解が, 理解を, 生かされつつ, 生かされて, 生かして, 生きて, 生きようと, 生きよう抱月氏, 生きると, 生きる喜び, 生きる彼女達, 生き芸術, 生命の, 生命を, 生気を, 生活上の, 畏敬と, 異国的新鮮さを, 相違ない, 秀でローマ人, 秦氏の, 移つた, 突入する, 立て籠り他, 立脚し, 立返らん事, 第一, 細い注意, 結びついて, 結びつくと, 結びつけ演劇人, 絶えてないほど, 縁の, 臨んで, 自分で, 自然主義という, 至っては, 至るまで, 興じたの, 興味の, 芸術以外の, 萎凋を, 著しいイデエ, 著しい変化, 行きたいの, 裏切ったの, 見られない原本的, 見ること, 見るクラシズム, 親しむ人, 親しめば, 親ん, 触れて, 該博な, 認めたいの, 認めて, 調子の, 負うて, 負ふ, 走り犯罪小説, 赴かんと, 超階級的, 趣味なき, 足を, 跼んで, 身も, 迫害を, 追随せん, 通じて, 逢着する, 遅れて, 遠いこと, 酔うて, 錬えられたもの, 関した鑑賞法, 関与する, 関係してる, 関係の, 限ったこと, 限られたこと, 限られては, 限りません, 限る, 限る理由, 階級意識の, 非ず, 音楽が, 顕われる, 類例を, 食い込みかた, 食傷した, 馴れきって, 高めたタブロー, 高めるため, 高度の

▼ 芸術~ (429, 2.9%)

4 あると, 人の 3 一つの, 好きだ, 必要と, 生まれて

2 [13件] ある, ある遊女, それを, わかって, 一種の, 一般に, 如何に, 次の, 現代生活上の, 盛んに, 自然を, 芸術として, 非常に

1 [383件] あったし, あつて, あの作品, あらわれて, ありますが, ありませんから, ありまた, あるか, あるかと, あるかという, あること, あるてえところ, あるという, あるところ, あるとは, あるので, ある意味, ある為め, ある而, あろう, いくらか分っ, いくら沢山あろう, いま起らね, うけもって, おのずから含蓄, お好き, こ, ここに, このよう, この時代, この模倣, この種, これほど, これらの, さうであるやう, すべてそうである, そういうもの, そういう描写, そうであった, そこには, そのインド化, その繋辞, それみずからそして, それ自身明治開化の, ただある, ただその, ただ平, だんだんに, つい近い, つくりだすの, つくれるだろうなと, できあがって, できあがる, できるであろうという, できるわけ, どうだの, どうの, どうのこうのと, どのよう, どんなもん, どんな社会的役割, ない, ないから, ないと, なかつたら僕, なくても, なければ, はたして人類, ほしい, ほとばしり出るの, まず成り, またこの, またこれ, まだ自分, まるっきりわからない, もし実にこの, もつ程, やって, やつと, やはりそれ, ゆたかな, より豊か, わからずとも, わからずなりしならん, わからない, わからないと, わからないん, わからぬという, わからねえん, わかり私, わかるかい, わかると, わかるという, わかるやう, わたしの, わられた, わりあいに, われわれの, イタリアの, インド芸術の, ギリシアから, チャップリンに, フランスを, マルクス主義と, ルネッサンス時代における, 一般観衆の, 一見奇怪, 三百年来あった, 上昇せん, 不必要, 不振か, 世界についての, 世界の, 世界を通じて, 中産階級の, 主張する, 亡びない限り純文学, 交流し, 亦科学, 享楽階級の, 人々の, 人を, 人倫に, 人形使いの, 人生を, 人生的であり, 人間の, 今日世界的に, 他の, 伸び伸びと, 作り出されて, 価値を, 僧院内で, 充分に, 先だつたといふ, 全く閑却, 公衆的翫賞に, 共通に, 其の発生, 出来あがるの, 出来なければ, 出来る, 出来ると, 出来るもの, 分って, 分らないか, 分るの, 分る分らないは, 初めは, 判つたと, 創られるとき, 創始せられた, 創造する, 勝つたこと, 勿論理想, 単なる模倣芸術, 危険に, 即ちそれ, 古典的すぎる, 右からも, 同時にことごとく絶滅, 向上する, 君臨する, 吾, 哲学と, 喚起せん, 喧嘩を, 四次元空間における, 国民と, 国粋の, 在りと, 地上に, 外国人に, 多くの, 多く残つて, 大いに起きた, 大飛躍, 天寵であり, 天才の, 奴隷的な, 好きで, 好調子, 始まるべきだと, 始めから, 娯楽という, 嫌ひであつ, 存在し, 存在する, 学ばれなければ, 安っぽくだれ, 完成されず, 実生活の, 容易に, 少しも, 常になに, 常に根柢, 幸福な, 幾つでも, 引受けたかの, 張り切れるほどの, 強い力, 形なき, 彼らには, 後の, 従来演劇の, 復活した, 性に, 悲観的である, 慰安的な, 成り立ちその, 成立し, 成立し得る, 成立する, 成長する, 成長するだろう, 我々に対しても, 或る, 戦争に, 所謂翁の, 持って, 捨てられて, 放散する, 政治的に, 政策上の, 文化的労作である, 新作新作と, 新興した, 方法的と, 日本の, 日本人の, 明快であり, 昭和二十年代の, 是非我々, 時の, 時代を, 時代錯誤を, 普遍人間的な, 暗示する, 曾ての, 有するもっとも, 有つ, 有り得るだろう, 期待され, 本当に社会性, 本当の, 東方に, 模倣する, 模倣である, 模倣ミメジスであった, 歌謡で, 此の, 此を, 死ななきゃならん時, 残ったって, 残って, 残るだの, 段々際立つ, 毒される, 民族の, 民衆に, 気質の, 沢山ある, 沸き出るの, 流行し, 浅墓, 滅びたの, 漸やく, 潤おす, 特に今一度, 特に技巧, 特殊な, 獲得し, 現われるよう, 現実の, 現実へ, 現実生活から, 現実生活の, 現身に, 生き残って, 生まれないという, 生まれ出ずるもの, 生む不可解, 生めクリーア・ブレエン, 生れた, 生れた背景, 生れて, 生れなかつたの, 生れやう, 生れようとは, 生れる, 生れるか, 生れるだろう畑, 生れるでしょうか, 生れるの, 生れるよう, 生れ作品, 生れ難い, 生んだ大理石像, 生命の, 生気を, 生活の, 産まれなければ, 発展し, 発散する, 発生する, 発達する, 発酵してる, 百難を, 目に, 目的意識的と, 真に勤労者生活, 真に恐ろしい, 真の, 真義愛荘の, 知られんこと, 社会の, 社会的歴史に従って, 神に, 神性を, 私に, 私を, 科学的没主観の, 稀薄に, 突然行き, 立体派に, 立派に, 笑談でない, 経験を通じて, 繁昌する, 考え得られる, 職人気質名人気質の, 職業と, 自分か, 自己の, 自然の, 自然主義一派の, 自由であれ, 良い, 花やかな, 花を, 花咲く, 花鳥風月を, 芸術である, 芸術家という, 若し字, 行なわれるの, 行はれ, 行はれる, 表現だ, 表現である, 衰へ, 衰へる, 西洋に, 見えたらそれ, 角力野球ボートレースおよび, 解つたのである, 言葉の, 詩から, 認めら, 認識である, 認識に, 象徴的である, 起きた時, 起って, 近代芸術に, 逃げて, 造られまことに, 進歩向上し, 道徳でも, 道徳的で, 遠い昔, 金科玉条として, 長い期間, 開け芸術, 開花する, 阻止される, 非現実的, 面白くなくなる, 音楽と, 音響学の, 高尚な, 魔法だ, 黄金よりも

▼ 芸術~ (352, 2.4%)

10 科学との 7 なって 5 云うもの, 生活との 4 なると, ヒューマニズム, 云ふ, 活動, 科学の 3 なるだけの, 云ふも, 人生の, 人間との, 民衆との, 生活とが, 非芸術

2 [28件] いうよりも, すること, その人物, その風貌姿態, なる, 云う人, 云う問題, 全く同じ, 同じよう, 君は, 呼ばるべき, 呼ぶこと, 国民生活, 大衆文学の, 宗教との, 宗教とを, 実生活芸術家と, 混同せん, 男女の, 社会との, 社会生活, 私とへの, 科学, 称するもの, 美と, 言うこと, 道徳との, 関係の

1 [228件] いい出したもの, いい科学, いうか, いうに, いうものの, いうよりか, いう如きもの, いえそう, いえるだろうか, いって, いっても, いつのまにか自由結婚, いふよりも, いわねば, いわれはじめたの, いわれるもの, きめて, きりはなして, くらべると, この点, されたこれら, され最後, した大きな, した美学論そのもの, して, しんみりさせ, し美術, すべての, そして恐らく, その利用法, その哲学, その媒介, その歴史性, それから, です, なしたの, なった日, なっては, なつた, なり得たの, なるから, なること, なるの, なんら本質的関係, よぶこと, ジャーナリズムとの, ドイツ精神との, ニュアンスに, プロレタリアート, マルクシズムが, 一口に, 上品さとが, 不自由芸術との, 両立せない, 両面からの, 云いさえ, 云い得るもの, 云うけれども, 云うこと, 云うよう, 云う一つ, 云う小さな, 云う文字, 云う総, 云えば, 云ったよう, 云つた, 云ひ, 云へるだらう, 云われる竹内栖鳳, 人とは, 人を, 人情と, 人生を, 人間の, 人類の, 他との, 倫理と, 優雅の, 全く同じく生産的能力, 別れること, 化して, 区別される, 区別する, 取っ組んで, 叫ばれなくても, 同じく一人, 同じく万一勢力, 同じく茶, 同じであった, 同じ高, 同様である, 同様に, 同様構想力に, 同様結局その, 名の, 名声に, 呼ばしめるもの, 呼ばれて, 呼ぶ, 呼ぶの, 呼んで, 哲学との, 哲学とは, 哲学を, 囁き口吟む芸術, 大衆との, 女の, 娯楽との, 娯楽の, 娯楽は, 学問との, 宗教と, 宗教とに, 官吏と, 官吏服務規則とは, 実行, 客観的態度の, 少しも, 引き離し祝祭, 心得て, 思われる書物, 思想とは, 恋だ, 手術, 批評実際, 技術とが, 抱きあつ, 撫でる芸術, 支那俳優の, 政治, 政治と, 文化に, 新舞踊, 映画と, 映画ニュースとが, 映画ニュースとの, 映画ニュースとを, 時代との, 智識と, 書かれて, 格段な, 比較されぬ, 深遠な, 無産階級, 特殊な, 特殊の, 現実との, 理想論とに, 生きる態度, 生活とは, 生活とを, 生活態度との, 生産の, 産業とは, 異なり文芸, 直結し, 相容れないもの, 真実とが, 知って, 社会思潮の, 神を, 科学と, 科学とが, 科学に, 科学のね, 科学を, 称し得べきもの, 称すること, 称せられるもの, 称ばれ, 素朴何にやら, 細工との, 経験, 結びついたの, 結びついて, 結びつかなかった, 結び芸術的哲学を, 絶縁せし, 線の, 美とを, 考えたの, 考えられなければ, 考えられ現在, 自分の, 自助生活との, 自己の, 自然, 自然科学とを, 自由な, 自称する, 芸術外映画とを, 芸術家に関する, 芸術家の, 芸術理論とは, 芸道との, 西鶴の, 見るひとつ, 見るべき他方, 見るも, 見る全体, 見る理論家, 見る論者, 見做, 言い一切, 言うだろうか, 言えば, 言って, 言ふ, 言ふべき, 言ふも, 言へば, 言へる, 言わねば, 言われなくも, 討死の, 賭博と, 逆流し, 道徳とに関する, 道徳とは, 道徳も, 違うところ, 違って, 金と, 関係した, 雖も, 非芸術映画, 魂とにとっては

▼ 芸術~ (259, 1.8%)

5 である 4 として鑑賞 3 ではない, なの, のため, を見

2 [14件] であった, であつ, でありまた, であるから, としての美, としてはすぐれた, として見る, となった, になっ, の価値, の特色, はある, は出来ないでしょう, を造り出す

1 [210件] かそう, から受ける, から遠ざかっ, か自然物, がある, がつくりたい, がどの, が一般, が出来上る, が壊れます, が芸術, たり得たごとく, たり得ない, たり得る, たる美術, たる限り, だ, だから, だけで, だけでもその, だったの, だと, だよ, であって, であっても, であるか, であるが, であると, であるとは, であるべき裸体, であるスケッチ帳, である以上, である所, である若い, ですね, でなかつたこと, ではある, でもある, でも優し, でも彼ら, でも自己弁護, でよい, で外国人, で彫刻家, で後者, で断じて, で試合, というよう, とかいふ出来栄え, として, としてさしつかえありませぬ, としてそれ自身, としてつまらない, としての, としてのこの, としてのみの神, としての値, としての取扱, としての品格, としての威厳, としての意味, としての感じ, としての書籍, としての歌, としての潤い, としての絵画, としての資格, としての陶器, としては, としてはさしたる, としては確か, としては立派, としては高い, としてまとめる, としてもかなり, としても愛書家, として不, として不完全, として価値, として優れた, として出来上った, として別, として創りあげられる, として劣等, として可能, として対岸, として成, として成功, として批評, として更に, として総て, として良人, として製作, として見, として見た, として見たる, として見るべきであるなら, として見れ, として見ん, として読者, として高貴, となす, となすべき, となっ, となり, となる, との間, とは云い, と同じ, と歌, と見え, と見なす, と言えない, と言われ, などに接し, などの前, など極めて, にある, にする, について論じ合い, にとって有力, にとつ, になる, にはその, にはまだ, には材料, には決して, には見出せません, には非常, にまとめよう, によって, に仕上げる, に却つて, に対した, に対してそんな, に対するとき人, に対する時, に対する要求, に最も, に篩い, の, のふくん, のやう, のよう, の上, の前, の効果, の吾人, の手間賃, の持ち主, の持つ, の持つべき, の普及頒布, の本務, の本質的, の横行, の真, の破壊, の蒐集, の表装, の高貴, は, はかかる, はすべて表現, はその, はもし, はアカ, は両者, は作家自身専有, は写真, は単に, は君主, は年月, は必ずしも, は我々, は極めて, は次第に, は消耗, は芸術品, は金額, ばかりだ, もそこ, も何, も作られ, や学問芸術宗教, や書籍, をもなほ世俗的, を一眼, を世の中, を五体, を作り出し, を作り出そう, を創造, を商品的, を地上, を彼女, を得たい, を持つ, を数多く, を書きたい, を楽しみ味わう, を模, を残したい, を熱心, を産む, を研究, を製作, を見つめる, を購, を骨董的

▼ 芸術~ (258, 1.8%)

11 の問題 10 の作品 7 に於 6 に於ける 4 では, の意見, の議論, の趣味 3 のあらゆる, のこと, の主観主義, の仕事, の抱負, の理論

2 [20件] で普通, における二派, の主義主張, の価値, の効果, の去勢者, の大, の導者, の成功, の才能, の教養, の素人等, の総, の良心, の苦悶, の言語, の諸, の負担, の転機, の逸品

1 [150件] から鑑, でなすべき, で悟り, で見れ, ともに一種, においては様式, において相互発展進歩, には厭味, にもまた, に何, に使用, に吹き渡っ, に民衆的要素, に発現, に蒙る, の, のありがたい, のいかなる, のいのち, のいろいろ, のいわゆる, のこの, のこのみ, のアンデパンダン, のグロテスク, のハイブリッド, のリアリズム, のレアリズム, のヴァンダリズム, の一理論, の一神論, の上手下手, の不, の不屈さ, の主義論争, の仕事それ, の企図, の信条, の傑作, の兄弟分, の先ぶれ役, の冒険, の制作, の創作, の努力, の勇壮心, の勇猛心, の即, の友達, の収穫, の叛逆, の同, の品位, の失敗, の実践, の客観主義, の宣伝冊子, の小, の山師, の工夫, の巨人, の希望, の張り合い, の得難き, の志望, の恐ろしい, の悩み, の態度, の我と, の戦い, の才気, の批判, の批評, の技巧的, の抽象化, の拝物教, の指導, の指導者, の操守, の敗北者, の新, の方法, の日本, の旧跡, の暗殺者, の最も, の未, の検討, の模倣, の法則, の深い, の潔癖性, の無, の無力, の熱愛, の熱烈, の玄人, の現化, の現象, の理想, の理解, の真, の真実, の知己, の種々, の種別, の立場, の端睨すべ, の競争心, の精神修業, の純粋化, の美, の美的理性, の腐敗, の自然主義, の自由, の自覚, の興味, の英傑, の蕩子, の行き詰り, の表現要素, の見栄, の言葉, の記事, の誇張, の語彙, の課題, の談話, の論文執筆, の警句, の貢献, の貴族主義, の近代主義, の述作, の追随, の運動, の醍醐味, の鑑識, の鑑賞, の革命者, の願望, の食慾, の高邁イスト, は無論, ばかりで, 乃至生活上, 大した区別, 新しい宝, 時に高い

▼ 芸術的価値~ (185, 1.3%)

6 と政治的価値 4 を否定 3 がある, といふもの, の正体, の無い, の薄い

2 [17件] が社会的, という, といふ二つ, とは何, に於, に於い, の, の問題, の高い, をその, を充分, を半ば, を半ば肯定, を構成, を評価, を認める, を高める

1 [126件] ありと, ありとは, ある新作現代劇, から云え, から引き, があつ, がこの, がその, が一つ, が一夜, が世界的, が個人, が十分, が向上, が問題, が増減, が無視, が社会性, さえ隠, しかない, であり社会的価値, である, であるの, ではない, ということ, というもの, といふ特殊, といふ言葉そのもの, とが即ち, との二元論, との区別, との対立, とは二つ, とは更に一層, とは遂に, とを一応, とを分離, とを対立, と一致, と商業的価値, と威信, と自由女神像, なぞは問題, なの, にある, においては決して, においてまさに, において卑し, において根本的, において没却, における相対値, にかかわる, についてその, については自分, にもとづい, に乏しい, に寸毫, に対して力, に対立, に於ける, のこと, のない, のモメント, の一半, の一属性, の乏しい, の低い, の全然, の多少, の大, の契機, の実現, の批判, の本質的, の点, の現下, の甚だ, の精神史, の純粋性, の説明, はさ, はさほど, はもはや, はゆるがない, はパリ, はマルクス主義イデオロギイ, はマルクス主義批評家, は一つ, は今, は何ん, は兎, は別, は如何なる, は彼, は従つて殆, は政治的価値の, は独自性, は社会, は自分自身, は非常, も亦, も却つて洋画, をもたない, をもっ, をもつ, を与えよう, を云々, を充分理解, を全部, を多少なりとも, を定める, を従属, を感ぜしめない, を持つ, を歎美, を比較, を減殺, を発揮, を社会的価値, を要求, を見る, を認むるものが, を認め, を説い, を頭, 及び良心

▼ 芸術~ (128, 0.9%)

5 何も 4 宗教も 3 科学も, 道徳も 2 またこの, 女と, 学問も, 彼の, 文化も, 糞も, 進歩発達し

1 [99件] あるといふ, いらぬ知恵, からっきしわかっ, こうした社会的信用, この中, この政治的目的, これでは, さまざまの, すべてを, その時代, その資料, それに, それを, だんだん分科的, つまるところ同じ, ともに術, ない宗教, なくフランス, なければ, へつたくれも, またさうであ, またその, また一つ, また技術, また深い, また然, また起こった, もはや愛, ようやく彼女, クリストフも, 一つに, 不滅だ, 亦そうである, 亦その, 亦それ自身芸術政策的, 亦一種, 亦一般, 亦元来そう, 亦初めて, 亦穿鑿, 亦詩, 亦認識, 亦鬼神, 人なり, 人の, 仏蘭西や, 何に, 何もかもそれ, 作らずに, 信仰も, 傲慢も, 共に精神上, 兵法も, 具体的論理的である, 具体的論理的という, 出来上がり固まって, 勿論忘れる, 又この, 同様である, 同様に, 変つたで, 多く変つて, 夫婦愛も, 好きに, 完く, 客観芸術も, 希望の, 常に高められ, 彼等は, 徒歩者たる, 思想も, 悉く一種, 感傷からの, 拠りどころ, 放擲し, 新しい耳, 本来観照なし, 根柢には, 殆ど一切休止, 母の, 無いこと, 特殊の, 理性的でなけれ, 理解出来ない, 生まれて, 生れた訣, 目的は, 社会人間の, 空なる, 立派に, 総てが, 美を, 芸術家も, 著るしく, 解決し得ない, 階級闘争の, 高い道徳, 高められる条件, 鼓舞されました

▼ 芸術という~ (120, 0.8%)

35 ものは 13 ものの 9 ものが 4 のは 3 ことを, ものに, ものを 2 もの, ものには, ような, 神の

1 [42件] すべての, ところまで, のも, ものから, ものしか, ものだろう, ものとは, ものに対する, ものはな, ものを通じて, もんや, やつは, カテゴリーからも, 主張に, 事が, 事に, 二字が, 創造は, 意味です, 愚かな, 文化の, 文化的思想建築物へ, 料理の, 月桂樹から, 様な, 正体の, 武器を, 流行語を, 浅見な, 溶鉱炉の, 的に, 着物を, 私の, 種類から, 立場から, 観念だけで, 観念には, 言葉は, 部類に, 難儀な, 難航の, 魅力によって

▼ 芸術作品~ (118, 0.8%)

7 の価値 2 と通俗作品, のうち, の中

1 [105件] がその, がドシドシ発表, が与える, が作家自身, が如何なる, が社会的存在, が芸術作品, が芸術教科書, であり文学, である, であると, でさえある, というもの, という文献学的材料, といふもの, とくに文学作品, としての出来ばえ, としての弱点, としての批判上, としての正常, としての高い, としては想像以上, としてもの, としてドストエフスキー, として別個, として彼女, とすれ, となっ, となり切った, とをハッキリ, とクリティシズム, にあっ, においては内容, について思想, にとって芸術性, には一人, には平和, に何, に価値, に反映, に名声, に対してもより, に対するお, に対する品評, に応用, に恐怖, に描かれる, に於, に芸術的価値, に較べ, に適用, の, のため, の全, の具体性, の前, の創造, の如き, の実際, の審査, の対社会, の尊厳, の底, の意味構造, の成長範囲, の批評, の政治的価値, の時局的意義, の構成, の永続的価値, の生れる, の芸術性, の評価, の通俗性, は, はこの, はすべて, はた, はどの, はない, は人間性, は単に, は特に, は芸術作品, も観照者, らしいリアリティー, をあまりに, をそのもの, をつくる, をわれわれ, を事実, を云々, を創っ, を創り出した, を創り出す, を創造, を否定, を専ら, を持っ, を残し, を生ませる, を生み出される, を観照, を論議, 其の他

▼ 芸術~ (115, 0.8%)

3 の中, の要旨 2 というもの, の最初, を吹きかける

1 [103件] から引離し, がいかに, がこの, がちよ, がどんな, が主張, が人生論, が多い, が完全, が専門, が急先鋒, が案外, だか, で, であったの, でありまして, であるならば, でぼんやり, という一風潮, といふ外, としての限り, となった, と名, と多少, などたたかわせた, などをここ, など喋った, における種々, にそれぞれ, になりました, になる, には往々, に云われ, に反対, に托し, に深い, に熱中, に至る, に触れ, に詩的, に逃れた, のなか, のもつ, のよう, の世界, の前身, の時期, の曖昧さ, の立場, の興味, の説き, の謂わゆる, はかの, はこ, はこの, はた, はどんな, はない, はなりたっ, はまだ, はみな, はブルジヨア社会, は一つ, は主として, は当時, は技術, は日本, は明白, は素材経験, まづまづ此, もあります, もがその, もその, もやらなく, もイエーツ, もイムピリアリズム芸術論, も亦, も同じ, も御, も正しい, を, をでん, をまるで, をも生活論, をよもう, を主張, を二三十頁, を今更, を労働運動論, を基礎, を日本, を書いた, を書きたる, を構成, を残し, を篤と, を総括, を解体, を訳し, を試みる, を説きたかった, を読ん, を闘わせました

▼ 芸術~ (110, 0.8%)

5 の問題 4 というもの, と社会性 3 がある 2 この三つ, という観念, と娯楽性, をもつ

1 [86件] があつ, がこれ, がすぐれ, がそれ, が何, が芸術, が見透され, が豊か, こそトルストイ, さえ備え, その至上性, であ, でさ, という点, という風, といふもの, といふ神秘的, といふ言葉, とが文学, とこの, として生かされ, として過大, との不一致, とはもはや, とを一応, とを与え, と無, と現実性, と芸術的価値, なるもの, にある, にかけて居ります, にし, にまで及んだ, にもこれ, に譲り, のため, のみを強調, のみを批評, の三つ, の三要素, の大小, の擁護, の擁護者, の故に, の本質, の殆, の永遠普遍, の無数, の究明, の貧困, の貧寒, の骨子, の高い低い, はうなずける, はとんぼ, はマルクス主義文学, は先行的, は十年, は家康, は感情的, は独自, への指示, までが今日, もともに, も認識, や又, をあの, をいう, をいっ, をのみ認め, をもち得る, をもっ, をもゆたか, をより, を以て単純素ぼく, を具体的, を含ん, を戦争宣伝性, を損なう, を擁護, を有, を欠いだ, を湛え, を発揮, を賦与

▼ 芸術として~ (99, 0.7%)

2 それは, 一般の, 厳重な, 堂々通用, 考えようと, 許されうる世界, 通用できぬ, 鑑賞する

1 [83件] うなずけるほど, すでに千手観音, すらりと, ずっと遙, その姿, つくり出して, では, どのよう, のこして, はや, もっとも昔, より多く, シゲシゲ鑑賞しろた, 世界に, 人の, 人間を, 今日まで, 仕上げ完成, 何か, 価値ある, 価値高き, 俳諧に, 個人的に, 傑れた, 優れて, 再現する, 危機に, 又, 取り扱ったの, 取扱うパーセンテージ, 味は, 味わうだけの, 国民性を, 完成された, 尊ばるる日, 尊重しなく, 広い意味, 形を, 待ってるもの, 忘却され, 恐らく限界, 感銘させられる, 扱うこと, 扱われて, 批判さるべき, 描き出そうと, 散文と, 既に形式, 映画が, 時代の, 書いたの, 最も密度, 本質上で, 極めて幼稚, 楽しもうと, 歌舞妓芝居の, 殆ど唯一, 残って, 燦然たる, 独立した, 現実を, 生きたリアリティ, 生まれはじめ, 生れたもの, 発達し, 直ぐ前衛的, 真に体現, 立派に, 能が, 能楽の, 興味あった, 芸術の, 若い芸術, 見る時, 視ては, 訴える力, 詩として, 誇るべきもの, 認められた過程, 認容される, 読みごたえ, 軽い境地, 開拓した

▼ 芸術とは~ (99, 0.7%)

6 何ぞや 3 何である 2 さう, そういう装い, その中, 一つの, 写真を, 意識を, 成り難い, 関係なき

1 [74件] あんなもの, いいながら, いえあの, いわない, いわないが, およそ関係, かかる時間, かくて, このアルファベット, この世に, こんなもの, そういうもの, その一方向, その普遍性, その認識, そんなに狂気, そんなもの, たしかに別々, どこで, どんなもの, なって, なにか, なること, ほとんど縁, もとから, 一体どんな, 一種の, 一見没交渉, 世界文学に, 両立せぬ, 云えない, 云ひ, 云へ, 人生の, 人間の, 何だ, 何です, 何の, 何ベースボールとは, 価値と, 優れた天分, 全く円, 全く相反, 全く選, 別物でない, 呼び得ないの, 喩へば, 如何に, 始めから, 宇宙感情の, 常に緊密, 征服せられたる, 思つてゐない, 所詮情慾, 文学や, 智慧を, 根本の, 民族の, 決して運命, 無縁の, 現実への, 画面の, 異って, 皆目関係, 自分自身に, 自分自身の, 自我を, 自然と, 自然の, 芸術家自身の, 見たまま, 違って, 限らないが, 離るべからざる

▼ 芸術である~ (98, 0.7%)

8 ことは 6 ことを 3 かない, ということ, というの 2 ためには, とすれ

1 [71件] かぎり映画は, かこれ, かそれとも, かというよう, かのやう, からいは, からだ, からには読ん, から平等, が, がこの, がしかし, がその, がそれ, が処, ことから, ことに, ことについての, し字, という, という三段論法, という事, という感じ, という誤解, といっ, といふ事, といふ言葉, とかない, とか政治行動, ところから, ところの, とされ, とも言われなく, とも言われる, と云, と云う, と云つて紹介, と共にまた, と同時に, と否, と思う, と思われる, と看破っ, と私, と考え, と考えた, と考へられ, と見なけれ, と言えない, と言おう, と言っ, と言われる, などと敢, のは, ほかに, ように, わけな, 事は, 代りいかなる, 以上, 以上それを, 従って芸術家, 従つて芸術家たる, 所以でしょう, 故に特に, 故第一, 未来派の, 町の, 美術や, 限り, 音楽におけるよりも

▼ 芸術としての~ (92, 0.6%)

4 価値が 2 存在を, 文学の, 映画が, 本質的な, 演劇は

1 [78件] ソヴェトの, バレーとは, リアリティーとの, 一つの, 不思議な, 人生は, 作品を, 価値に, 価値は, 価値も, 価値即ち, 俳諧そういう, 制約を, 力は, 匂ひい, 品位に, 威厳と, 存在が, 存在の, 存在価値は, 存在小説としての, 学問は, 完成さで, 完成である, 完成に, 完成を, 思想の, 戯曲を, 批判で, 批評の, 文学と, 新天地を, 日本映画の, 日本画に, 日本画の, 映画だろう, 映画である, 映画では, 映画や, 映画芸術が, 最上位, 最低線に, 有声映画の, 本質に, 本質上には, 本質的影響を, 条件と, 機能を, 殺人, 油絵という, 渾一にまで, 演劇に, 演劇を, 演劇純化運動は, 漫画映画の, 独自の, 独自性を, 生命は, 生育を, 発展進化のうへでは, 真実が, 立ち場は, 童話こそ, 第一歩を, 第一義的な, 範囲に, 精神と, 純一と, 純粋価値, 絵画から, 美詩情の, 自主的な, 芸術価値, 要求が, 責務を, 連句に, 進化の, 領域においては

▼ 芸術~ (89, 0.6%)

11 して 7 されて 4 すること, の過程 3 したもの, するという 2 した, したの

1 [53件] が並行, が必要, が見られる, させる, された, されたからこそ, されたもの, された国柄, されても, されなかったの, されなくなって, されなければ, されにくい, されるの, されるべきであると, される価値, しきれないの, したかと, した世界, した叙事詩, した日本, しまた, しようと, し以, し作家, し宗教化, し得るという, し得るの, すであろうか, するため, すると, するとか, するに, するの, するばかり, する力, する始め, する当然, する手腕, する整頓, せしめた大, そうと, であること, とが加つて, として真剣, とを象徴, と言, と言う, に向うた, のこころみ, の時間的過程, の要望, は琵琶法師

▼ 芸術~ (87, 0.6%)

53 の一行, の舞台 2 で上演, にいた, の名優たち, の板, の須磨子

1 [66件] から沢正一党, から賄費用, から近い, しかない, だと, であります, でもかなり人, でもヴィユウ・コロンビエ, でイワン・グローズヌイ, で演, で見た, で観た, といい, なら芸術座, によって新しい, に於ける, のため, のはじまり, のわき, のコピイ, のマーラヤ・スチェナー, のリアリズム, のルージュスキー, のレアリズム, の中, の主役女優, の事務所, の人々, の人びと, の使用人入口, の俳優, の儲け, の入口, の切符, の女優, の座員たち, の攣, の昔, の次に, の演じた, の演出, の演劇, の為め, の理事, の直ぐ, の立派, の舞台装置, の近く, はこの, はどう, はチェホフ, は一八九八年, は貧乏, ばかりでなく, へミチキノ・ツァーリストヴォ, へ出, へ生計費, へ関心, もその, も写実主義的作品, を創立, を組織, を観る, を買込み, を起し, を起した

▼ 芸術運動~ (75, 0.5%)

2 が盛, に於ける, の方針, の組織問題

1 [67件] がなし得る, がパリ, が国際組織, が大衆, が起らず, が高まっ, その文学, であるといふ, では無く, といふ, としての劇団, としての目標, としての面, として新劇, とのけじめ, との間, と旧, なん, にあてはめ, における全く, における左翼清算主義, における指導権, における理論的統一, について小, にまた, にも反映, に参加, に婦人, に対する批判, に直面, に苟くも, の一部分, の中, の中心地, の二つ, の交代者, の問題, の外, の展開, の後, の擡頭, の根, の浅薄, の浅薄き, の潰走期, の積り, の組織問題再論, の組織的, の近代的傾向, の道, の針路, の階級性, はいつ, はその後, はナップ, は今日, は常に, は無い, は発展, は芸術, への激励, もおこっ, も啓蒙事業, をもたらした, を常に, を置こう, を興し

▼ 芸術~ (68, 0.5%)

2 哲学や, 学問の, 学問や, 政治や, 文学は, 科学は, 科学や, 芸術家の

1 [52件] が科学, また造庭, ゲエテの, モルフィン文学が, 一生の, 世態の, 他の, 何かに, 信仰に, 十七世紀文化や, 半熟の, 哲学は, 天然の, 娯楽という, 学問も, 学問を, 宗教が, 宗教や, 屍骸の, 思想にたいして, 思想の, 思想は, 思想を, 恋愛が, 恋愛の, 政治に関する, 政治上の, 教授方法に, 教育について, 教育の, 数学などから, 文学から, 文学に対して, 文学の, 文学や, 文学を, 服装については, 歌が, 理想主義的信念や, 甚句芸術の, 生活を, 真珠庵や, 科学などを, 科学乃至, 職業の, 芸術家にたいする, 行動は, 術の, 道徳などとが, 道徳の, 道徳も, 道徳的判断行為とは

▼ 芸術に対する~ (64, 0.4%)

3 私の 2 態度に, 曖昧な, 理解が, 理解を

1 [53件] あの厳正, ひと通りの, わたしの, アスピレーションも, 世の, 反感が, 反響は, 吾, 執心その, 執着を, 場合でも, 大きな冒涜, 尊敬心も, 悪評だ, 情熱, 情熱と, 感受性は, 感想の, 態度と, 態度暖い, 憧憬が, 或る, 批評だって, 新しい活動, 日本人の, 本格的要求の, 正しいそして, 民衆的憤懣を, 気構えは, 渇仰も, 熱情と, 熱誠只一つであります, 理解の, 理解は, 眼識を, 礼讃の, 礼讃は, 精進的態度に, 自信とを, 自分と, 至上の, 良心が, 良心などと, 良心に, 良識と, 芸術家の, 西洋人の, 認識識見は, 讃美が, 貢献は, 野心から, 野蛮性, 関心を

▼ 芸術には~ (60, 0.4%)

2 不可能である, 幻滅し, 昔から, 深く悪縁

1 [52件] あらで, ある, かなわぬこと, この認識論, しばしばその, その他の, その後次第に, それぞれの, それ相当の, とても理解, なって, ならない, ならないその, まだその, まったく存在, まったく欠乏, もっと著しい, 一種の, 乗ぜられる隙, 云われるの, 人生の, 今の, 今日の, 似て, 作者の, 僕等と, 出発点を, 勿論他, 右の, 国際性も, 実に一貫, 属してを, 心から敬服, 必ず流露感, 感心する, 敬服しました, 文学方面にも, 更にもう一つ, 極端に, 毎月続け, 深い敬意, 無知だった, 特に著しく, 盲目だった, 相違ない, 種々の, 親ま, 許される, 進歩が, 門閥は, 高貴な, 魅力が

▼ 芸術至上主義~ (57, 0.4%)

2 と言うべき

1 [55件] から自分, が俺自身, が生れる, が芸術, こそ現代社会, さえ単純, だと, でいられない, でないところ, でなければ, という語, とかいう言葉, とである, ととなりあわせ, と云われ, と政治闘争主義, と評された, ないしは表現万能主義, などといふ洒落た, なる一派, につらなる, には所属, に堕さざる, に対する一つ, に燃え立っ, に立つなら, に陥り, のよう, のバリケード, の一面, の任務, の体質, の審美学, の態度, の極致, の気, の現代的悲劇, の立場, の興る, はこれら, は嘗て, は寧ろ, は確か, への愛好, も提燈, やはおそらく多分, や審美主義, や母性中心主義, や社会主義的リアリズム, をああ, をそれなり, をも否定, を信じない, を標号, を言語

▼ 芸術では~ (52, 0.4%)

13 ない 2 これ以上の, ないの

1 [35件] ありません童謡, あり得ても, ある, あるが, あるの, ことに, この点, そうです, その取り扱う, ないか, ないから, ないと, ない処, ない恐ろしい自然, ない筈, なかった, なかつたの, なかろうし, なくなるであらう即ち, なく大人, なく彼, なしに, チェッコ・スロ, 伝統といふ, 凡ての, 歌の, 殊に私たち, 無い, 無いでしょう, 無からう, 用心なさる, 結局美術だけが, 絶対に, 職場と, 観照が

▼ 芸術~ (52, 0.4%)

2 は現在, を支配

1 [48件] から編み上げた, から言え, が出, が悪魔, であって, であり作者, である, であるか, であるから, と, として絶対, と一致, と新しい, にことごとく, にたいして地上, には写実, に一つ, に囚われた, に対して近代, に適合, に革命, のみに就, の偏狭, の最も, の深, の狭, の骨格, はいっそう, はどう, はもはや, は今, は余り, は厳格, は確, もまた, も出る, をいだい, をさえ, をすすめ, をもって指導, を代表, を以てする, を内省, を含む, を尊重, を持つ, を紹介, を聞かなけれ

▼ 芸術~ (51, 0.4%)

4 のと 3 というの, といった, ね 2 ということ, といえる, のの

1 [32件] から, からつて, からどちら, から制作方法, から詩歌, そうであります, つたのである, というそんな, というわけ, という根拠, といえましょう, といっ, といひます, といふ意味, といふ感じ, とか一流, とか云う, とこうした, とせらるる, とは云え, とは思っ, とは見なし, と云っ, と云われる, と仁科六郎, と思っ, と思わぬ, と見なし, と言われた, と面白く, よ, わ

▼ 芸術家たち~ (51, 0.4%)

2 を喧嘩

1 [49件] があまりに, がいちど男, がゴーリキイ, がジャーナリスト, が世界, が体, が臆病, が足下, が餓え, こそ気の毒, だけに限られた, との間, とよく, と同様, に, によつて教, に与えてる, に彼, に方向, のうち, のサロン, の姿, の巣, の心, の心情, の文学的堅忍, の新, の群れ, の論議, はマルクシズム・レーニズム, は僕, は其, は勿論, は十年一日, は大童, は少し, は平和, は戦争中ファシズム, は文化, は書く, は知っ, は社会主義社会, は自分たち, をです, を上, を刺戟, を呼び寄せ, を理解, を私

▼ 芸術~ (48, 0.3%)

2 あつて, それを, 現代人に

1 [42件] あらねば, あり得ない, あり得ないこと, あり得ないという, あり得る, きたえあげた教養, ここに, これだけは, さへ, そのうち天, それぞれの, それには, でも, でもあつ, どこまでが, どの部分, なくして, もっとも旨かっ, 之のみが, 人を, 他の, 他方は, 全く新た, 包んで, 単純さを, 大きい思想, 封建の, 将来僕の, 少くとも, 性感は, 拵え上げた女, 有り得ると, 清閑の, 焦点作られた, 用ひられた, 腕を, 苦労した, 血迷ふ, 言われるの, 鑑賞者の, 風靡してる, 食へる

▼ 芸術との~ (46, 0.3%)

4 間に 2 価値を, 区別が, 区別は, 安定した

1 [34件] ある関係, おもしろい一致, ために, 一切が, 一致した, 三重の, 世界に, 二ツであった, 二元的解釈に, 交渉を, 任務や, 偉大な, 厳しく隠微, 問題は, 境が, 大衆化という, 完成は, 弁証法的統一といふ, 微妙な, 成熟期に, 普遍的な, 活きた画, 特殊性における, 現実的な, 相関の, 統一性の, 衝突だ, 連関なし, 間で, 関係である, 関係では, 関係について, 関係についての, 関係は

▼ 芸術~ (45, 0.3%)

2 に於ける

1 [43件] から誰, が経済学, とかいう方, とにおける多数, においてもみなそう, において稀, におけるキュービズム, に一面, に及ぼし, に及ぼした, に対してこの, に新しく, に於, に最も, に様々, に限らず, のため, の一部, の人士, の列宿, の外部, の大勢, の山椒, の当然, の最大, の気運, の浅薄児, の消息, の無, の猛烈, の空気, の絶対, の諸相, の錚, の鬼っ子, の鬼ッ子, は之, は政治界, は此, もやっぱり, を濶歩, を驚倒, 実際社会等

▼ 芸術的作品~ (45, 0.3%)

2 たる戯曲, である以上, ほど時代

1 [39件] から一面, から引離し, が生れる, ではない, としてその, としては発達, として或, として数多き, なんかがなん, なんぞ一つ, にある, にし, にまで地位, にまとめ, にも人生, によつて表現, に依っ, に向っ, に対しそれ, に晴々, のコク, のレベル, の価値, の傍ら, の根柢, の絶対的価値, の魅力, は, はそう, はた, はただ, は数限り, は見当りません, を, をさえ, をより, を一つ, を分つ, を宗教的礼拝

▼ 芸術的良心~ (43, 0.3%)

2 の満足, の精髄, を始め, を計る

1 [35件] がある, がそこ, がない, がなく, が一致, が問題, が強く, が根, が生活態度, が行きわたっ, すらも持っ, であり彼, というよう, とを有, と私的本能愛, において決して, にかけてもたれ, にたいしてもなんとも, によって益々, によつて, に恥, に源, の不足, の強い, の性質, の源, の熱烈, の純真純美さ, の表現, はそれ, への疑惑, をもたぬ, を対象物, を抛擲, を痲痺

▼ 芸術でも~ (42, 0.3%)

5 ない 3 宗教でも 2 同様である, 哲学でも

1 [30件] あまりにも, あり得ないという, ある, あること, あるといふ, すぐれた南画, その作品, それが, ない大事, なくまた, なく学問, なければ, なんでも, みな大いに, やはりいろいろの, 人生でも, 味わって, 唯物論的である, 奨励する, 学問でも, 政治でも, 教育でも, 時には宗教, 智識で, 糞土の, 紋切型が, 絵画とか, 見せて, 観照なし, 言葉を

▼ 芸術家ら~ (41, 0.3%)

2 のうち, を非難

1 [37件] がそれ, がまた, がドイツ, がフランス文芸界, が一般, が不健全, が少し, が自分, が表現, とて明日, と同じ, と懇意, に関する忌憚, のこと, のため, の作品, の傾向, の力, の多数, の心, の意図, の滑稽, の無, の言説, はことに, はそういう, は一般国民, は彼, は新式, もワグナー, も競っ, も贅沢品職工, を弁護, を彼, を招い, を排斥, を窒息

▼ 芸術といふ~ (38, 0.3%)

16 ものは 7 ものが

1 [15件] ことに, ものあすの, ものです, ものなど, ものに, ものを, やうな, 一面において, 不思議な, 創造は, 感じの, 最も悲劇的, 観念が, 言葉は, 限られた部門

▼ 芸術への~ (38, 0.3%)

3 愛を 2 精進と

1 [33件] 一つの, 一と, 主観的角度を, 冒涜であり, 出口を, 努力を, 反映という, 奉仕でなく, 影響へ, 愛が, 愛によ, 愛好心を, 態度を, 懐疑, 殉情も, 気持が, 気魄に, 熱中を通じて, 献身などは, 献身に, 献金をは, 理解という, 理解更に, 疑いに, 直覚, 精進に, 絶対的な, 興味を, 表現が, 識見が, 非難, 饑餓, 高き意志

▼ 芸術理論~ (38, 0.3%)

2 というもの, をもった

1 [34件] から検討, が事実上, それから文学, である, で不, として検討, となっ, とは全く, とも交叉, における一進展, に就い, に深甚, の最高結論, の本質的, の発展, の質的高揚, の重要, の面, はあり得ない, はその, はつかもう, は一つ, は与謝野寛, は私, や美学体系, をも之, をも生んだ, を仮定, を前進, を展開, を根底, を発展, 乃至一般, 乃至文化理論

▼ 芸術における~ (36, 0.2%)

2 階級性の

1 [34件] このよう, この危険, ごとくさらに, もっと親身, ように, ギリシアの, ディレッタンティズムに, ディレッタントである, リアリズムが, リアリズムを, リアリティーの, 世代とは, 人間学的考察の, 伝統の, 内容と, 写実の, 北極と, 思想の, 悪魔的な, 情趣的感覚の, 政治の, 最も重要, 東洋と, 民族の, 独立的精神の, 独自性と, 現実性の, 産業別では, 目標である, 社会主義的リアリズムの, 第一義の, 精神の, 美術家の, 関係が

▼ 芸術であり~ (30, 0.2%)

2 他方が, 句でなけれ

1 [26件] これに, しかもある, その意味, ながらクラシズム, アメリカ人が, モンタージュの, 何も, 偶然は, 又いかなる, 女であります, 客観主義が, 庶民の, 後者は, 得ておる, 得ようが, 我等の, 最も立派, 民衆の, 純日本的, 美術である, 芸術する, 論理の, 農民美術であった, 道徳であり, 音楽と, 風俗である

▼ 芸術から~ (29, 0.2%)

2 フランスの

1 [27件] いっても, その気持, 一定の, 下落させ, 主なる, 出た能, 区別されね, 受けるよう, 失われた, 如上の, 拒絶しよう, 来たもの, 根本的の, 民衆を, 生きた力, 立ちのぼって, 締出されたと, 舞台的暗示を, 言へば, 詩を, 進化する, 遠ざかる, 遠ざけて, 遠ざけられて, 除外され, 集団人が, 高貴性を

▼ 芸術活動~ (29, 0.2%)

2 にかんがみる

1 [27件] が狭められた, だと, でどう, とその, との, とは燕, と文化活動, においてどう, にとつ, に反映, に題材, のモティーヴ, の上, の中, の始つたの, の正当, はその, はどんな, は修飾, へ導く, をしなけれ, をつづけ, をなす, をもっ, を始める, を通して演じ, を開始

▼ 芸術的表現~ (29, 0.2%)

3 である

1 [26件] であらね, として日本文学, として認める, となる, とは実体, と価値, にしか過ぎない, に於い, に達し得ない, の上, の主張, の場合, の根幹, の過程, は, はスケッチ, をくぐっ, をとおし, をも使っ, を与え, を与えた, を与えられた, を与える, を余儀なく, を持っ, を描写

▼ 芸術~ (28, 0.2%)

2 だとか, の作品

1 [24件] かもしれない, であるの, といふの, といふ旗, として専念斯道, との優劣論, などの場合, なん, についてもプロレタリア派, に関して君達, のでもいい, のよう, のチューブ, の一部, の不, の人々, の混乱, の無, の芸術絶対論, の陣営, は小党分立, は露骨, らしくないがさがさ, をうち立てよう

▼ 芸術そのもの~ (27, 0.2%)

1 [27件] が一, が人間的歴史類型, が何, が成立, が立っ, である, でなく風流そのもの, ではない, となろう, に分裂, に対してはツン, に触れる, に関するむしろ, の別名, の創作過程, の本当, の正体, の理解者, の発展, の目的, は, はこの, はその, を向上, を否定, 若くは, 若しくは文学そのもの

▼ 芸術~ (27, 0.2%)

2 に到達

1 [25件] があり, が批評, であると, でその, にあっ, においてこういう, について, にも反した, に対する自己, に忠実, に没入, に没頭三昧, に遊ぶ, の三昧, の独自性, は日本文学中, は最高至純, を, をつくった, をレコード, を求める, を目ざす, を示し, を窮屈, を開いたた

▼ 芸術価値~ (26, 0.2%)

1 [26件] ある容れ, がどう, が高まらう, として具体的, として存在, についていろいろ, に及ぼす, のきめ, のみを目標, の薄い, の高い, はひと, は何等, は殆, は純粋, へ眼鏡, をしかもたぬ, をもった, をも拒む, を備え, を兼ね, を単に, を持っ, を持つた, を発揮, を評価

▼ 芸術的効果~ (25, 0.2%)

2 である

1 [23件] があげられる, がいくらか, と宗教的感化, において社会感情, に代, に対して敏感, の感得, はなるべく, よりも実は, をおさめ, をそこ, を傷, を助け, を挙げた, を挙げる, を挙げ得た, を標準, を減殺, を無視, を納めない, を計算, を高め, を齎す

▼ 芸術にも~ (24, 0.2%)

2 河童を

1 [22件] あるいは広く, ある度, ならないところ, 人間にも, 作用した, 共通である, 前記四つの, 勤労にも, 因縁の, 実践上の, 感服出来ない, 時代的な, 浸染されない, 独自な, 生きて, 皆それぞれ虚構が, 立派に, 統制を, 論議にも, 造詣が, 長じ, 隠し切れない臭気

▼ 芸術とか~ (23, 0.2%)

1 [23件] そういう種類, そのよう, その他の, その他種々の, と異, スポーツとかいう, ドイツの, プロレタリアリアリズムとか, 乃至は, 云うよう, 哲学とか, 大衆芸術とか, 宗教とかいう, 宗教とかに, 思想とか, 文学とか, 文芸とかいう, 美徳とかいう, 良妻賢母の, 複雑に, 言ったよう, 言って, 非芸術

▼ 芸術に対して~ (23, 0.2%)

1 [23件] いかなる特異性, ここまで, それ相当な, ちっとも理解, どの程度, もつ特異, オッチョコチョイであっ, 一向に無頓着, 不満を, 世間は, 何にも, 何の, 何等具体的, 冷淡だ, 冷淡である, 如何に, 打ち込んだ者, 日本人の, 済まない, 私が, 私の, 行はれる, 開放的で

▼ 芸術小説~ (23, 0.2%)

2 が行詰った, だか, の衰頽, をかい

1 [15件] であろうと, との価値比較, とは必, とは異, とは自ら, とを不自然, と大衆小説, にあきたらず, のごとく, の不振, の例, の方, の癌, の部類, は皆無

▼ 芸術~ (23, 0.2%)

1 [23件] があっ, が世俗, が燃えあがり, が隠れた, であった, というもの, との二筋道, との間, なきもの, に些少, に富んだ, に満足, に点火, に燃える, のほか何もの, のリズム, の現, の芽, の衰弱, は何, も萎び, を尊重, を鼓舞

▼ 芸術批評~ (23, 0.2%)

1 [23件] から, が余りに, が批評, が芸術史, が逐次, さえがない, であっても, であると, でも試みれ, と芸術史, などという批評, などを試みる, に限る, の国定, の様式, の水準引, の禁止, は専ら, は間違い, は面白い, も歩るい, を本気, を禁止

▼ 芸術に関する~ (22, 0.2%)

2 事は, 考察に

1 [18件] かぎり日本には, それらの, ものに, もの等許多の, プログラムに, 一か, 叢書の, 定義の, 意見の, 書籍が, 書類を, 極めて重大, 考察が, 詳細な, 講演に, 道も, 限りは, 限り現代日本の

▼ 芸術~ (22, 0.2%)

3 の豊か 2 に富んだ

1 [17件] が含まれ, が存, が感ぜられる, と興味, による格式品位, に乏しい, のある, のはなはだ, の見える, の豊富, の高い, はとにかく, は正に, もまた, を加え, を認めた, を驚異玩味

▼ 芸術至上~ (21, 0.1%)

1 [21件] が京伝三馬系統, で自分, に立つ, の, の余裕, の傾向, の境地, の帰依, の情熱, の感慨, の欲求, の気魄, の焔, の現実的過程, の精神, の考えかた, の論拠, の論策, の集団, は必ずしも, を説き

▼ 芸術によって~ (19, 0.1%)

1 [19件] あらわし得るでしょうか, この国, 一層自分たち, 万人に, 不自由な, 人間が, 再び生活, 常識と, 心の, 救われよう, 決定される, 浄化したい, 浄化せられる, 溢るる, 示された文学, 表現すべき, 証明せられ, 飾られて, 鼓舞し

▼ 芸術家的~ (19, 0.1%)

1 [19件] だったので, でありクリストフ, である点, ないい, なもの, ならざる感覚, な仄めきで全然, な信念, な傾向, な反逆一般, な好み, な強い, な心持ち, な直観, な虫, な魂, に今, に味得, の愛

▼ 芸術的演劇~ (19, 0.1%)

1 [19件] がまだ, が生れる, としてその, としてわれわれ, とに分離, と呼ばれ, と雖, に, の仲間入り, の本質, の観客, の重要, は, は商業劇場, は室内劇, は小, は明, は果して, を目指す

▼ 芸術~ (18, 0.1%)

2 や思想史

1 [16件] から抽出, が社会的連関, とは永遠, にしろ, について全然, に終る, のただ, の一季節, の一定, の上, の傾向, の為, の研究, は外側, や芸術社会学, 乃至文芸史

▼ 芸術~ (18, 0.1%)

2 が出来

1 [16件] が出来た, が出来る, が出来上っ, が年金, が改造, が養老院, というもの, とかの会員, に具体的活動, に対する一般, に谷崎潤一郎, の創立, は或, へ入る, も肝心, を審議

▼ 芸術~ (17, 0.1%)

3 のである 2 のだ, のです 1 の, のか, のさ, のであった, のであらう, のでありまし, んだ, んで, 作品を, 要素を

▼ 芸術的天分~ (17, 0.1%)

3 を発揮

1 [14件] ある婦人, がなく, が二流以上, が現われ, と過去, にも恵まれ, に応じ, に疑ひ, の少い, の相違, はエポック, を祝しました, を遺憾, 高い所

▼ 芸術について~ (16, 0.1%)

1 [16件] いくらか違つた考, かいた論文, エンゲルスの, 一定の, 一言すれ, 人から, 全然盲目, 大略の, 更に詳細, 歌詞そのものは, 瞑想し, 考えよう, 見とおせるよう, 話す場合, 譲歩を, 適切な

▼ 芸術にまで~ (16, 0.1%)

2 進化した, 高めるもの

1 [12件] いかにし, それは, たかめ得ず, 到着し, 成長した, 手が, 昇華発散させる, 盛りあげて, 立入つて行つた, 関与し, 高めて, 高めようといふ

▼ 芸術一般~ (16, 0.1%)

2 には適用

1 [14件] からも道徳的教説, がそう, が持つ, では何, というよう, という概念, との関係, についての, についても見出されなけれ, について認識論的課題, にとって諷刺的手法, にも通用, の, を貫く

▼ 芸術とが~ (15, 0.1%)

1 [15件] あるもの, いつも伝統, がっちり歩調, ぶっつかり合って, もし衝突, ゲエテを, 一致し, 一致する, 両立し得ず, 偶, 共同的な, 座を, 氏を, 融合一致し, 近代文学における

▼ 芸術において~ (15, 0.1%)

2 哲学において

1 [13件] みずからを, 他の, 女性みずからが, 実際以上, 常に学ぶ, 描かるるならば, 暗示せられた, 演じた大きな, 生かせたもの, 美しい色彩, 自分の, 重要な, 類縁の

▼ 芸術形式~ (15, 0.1%)

1 [15件] からその, がやはり, であると, ではなくなっ, として利用, との結合, に対する近代精神, の, の複雑さ, の近代性, はこの, は東洋日本, をマスタア, を持っ, を決定的

▼ 芸術的意図~ (15, 0.1%)

2 と経営的必要, の中

1 [11件] が権威, が豊か, だけを文学青年的, と生活意欲, と言う, のため, のホン, の本質, は正しく, も右, や方針

▼ 芸術的精神~ (15, 0.1%)

1 [15件] がその, である, とは何, と愛情, と自由, の伝統, の所産, の旺盛, の本質, はありあまる, をも伝えた, を伝えた, を摂取, を肯け, を見極めよう

▼ 芸術至上主義者~ (15, 0.1%)

2 は大抵

1 [13件] であったけれども, であり小, であり得ない, である, でなくて, ではない, として自殺, と言い, に限らず, の顔, は詩人, やギッピウス, を憤慨

▼ 芸術であっ~ (14, 0.1%)

2 て, ても人間 1 ていい, てここ, てはならない, てはならぬ, ても, てもそれ, ても実は, ても能率的, て人生, て悪かろ

▼ 芸術でない~ (14, 0.1%)

2 ファースである

1 [12件] かぎりは, かどう, からであります, ということ, という証明, と同様, と思っ, と断言, にし, ばかりか数寄風流, ものが, 映画の

▼ 芸術としては~ (14, 0.1%)

2 最も低俗

1 [12件] この作, むしろ邪道, 世界に, 価値甚だ, 実に感嘆, 忍ぶべからざる恥, 最も自由, 無論即, 落語の, 見なかった, 赦されない, 非常に

▼ 芸術とを~ (14, 0.1%)

2 持ち合せながら

1 [12件] まず第, 一緒に, 並立させ, 二つほど, 切り離し得ないもの, 完成させる, 後に, 愛好し, 捨てて, 新しき方向, 超えたもの, 釣代えに

▼ 芸術教育~ (14, 0.1%)

2 は盛ん

1 [12件] が最も, が特に, などの方面, になる, によって未来, に在り, に関する施設, の国民生活, は結構, もそれから, 及び子供, 殊に芸術政策

▼ 芸術映画~ (14, 0.1%)

1 [14件] だけを以て映画芸術, ちゅうもんをやりまっさかいな, ということ, との区別, と峻別, などが映画芸術, につきまとっ, に対するもの, に関する色々, のよう, の理論, の筋, は退屈, をつくる

▼ 芸術的感興~ (14, 0.1%)

2 に基く, に遭遇, を催す 1 が決して, というもの, においてはあまり, に唆, の対象, は常に, をも物質的欲望, を表現

▼ 芸術的感覚~ (14, 0.1%)

1 [14件] というもの, と手腕, のなか, の美, の背景, は概念的, は近代人, も亦, や批判力, を互に, を具, を完成, を疑ふ, を衝動

▼ 芸術的生命~ (14, 0.1%)

2 と自分

1 [12件] がある, がその, が多い, と切っ, なるもの, に可, の核心, をもつ, を具え, を形, を持っ, を持った

▼ 芸術的衝動~ (14, 0.1%)

1 [14件] から作られる, がさうである, だけは案外, となり, などは別, によって制作, に支配, はああ, はどう, はどうも, はね, は無意識, を失う, を濁す

▼ 芸術~ (14, 0.1%)

1 [14件] が自然, といふもの, との統一, とは畢竟, と自然美, にわかたれる, の一典型, の中間体, の区別, の対象, の本質, を傷つける, を感受, を構成

▼ 芸術たる~ (13, 0.1%)

1 [13件] ことを, とを問わず, ものは, 価値が, 名に, 姿を, 所以だろう, 文学には, 映画に, 物まねの, 能楽が, 要素を, 音楽よりも

▼ 芸術なる~ (13, 0.1%)

2 ものは

1 [11件] が故に, ものの, ものの映画全般, ものを, ものを通して, やや神聖, ゆえに, 意義も, 態度, 言葉を, 部門に

▼ 芸術~ (13, 0.1%)

4 最も純粋 2 の芸術 1 での, で一ばん, に看取, に誇示, に集, の詩, 最も相似

▼ 芸術以外~ (13, 0.1%)

2 に武器, のもの 1 には何もの, に宗教, に見られない, のお, の世界, の仕事, の何もの, の情実, の目的

▼ 芸術文学~ (13, 0.1%)

2 が政治闘争

1 [11件] がいかに, が意識, でもない, と純粋小説, ならむしろ, のため, のほか, はよしや, は感情, は社会, は音楽

▼ 芸術部門~ (13, 0.1%)

1 [13件] がどう, が特に, だけについて考へれ, だけに限られた, と異, におきましては今日, にはそれぞれ固有, に比し, のうち, のレヴェル, の独自性, は事実上, よりもより

▼ 芸術においても~ (12, 0.1%)

1 [12件] かつて夢想, この道徳的要素, これと, また天平時代, アテナイの, インデペンデントである, グロテスク諷刺ヴィジョン夢の, フィードレルの, 同一原理, 白鳳天平の, 真に偉大, 真理が

▼ 芸術乃至~ (12, 0.1%)

2 文学との, 文学の 1 技術, 技術の, 文学と, 文学とで, 文学とでは, 文学とは, 文学にも, 芸術的宗教を

▼ 芸術家肌~ (12, 0.1%)

2 の人間 1 であつ, である, で一本気, で劇団, の人達, の何方, の兄, の男らしい, の美少女, の能静氏

▼ 芸術本来~ (12, 0.1%)

3 の姿 2 の全, の精神 1 が有, のいきさつ, の性質, の約束, の非

▼ 芸術生活~ (12, 0.1%)

1 [12件] あらゆる異常性, がある, とその, となる, との問題, とを相手, なりというもの, にあの, において国民性, の根源, の由緒, を少し

▼ 芸術的雰囲気~ (12, 0.1%)

2 をねらっ 1 である, と北, などといういい加減, に満ちた, の欠乏, の美, はこの, は作者, をもたらした, を作り得る

▼ 芸術表現~ (12, 0.1%)

2 の詐欺 1 でいへ, でソヴェト勤労者, といふ, なりとしてゐる, にとって大地, に歌材, の使命, の手段, の行き, は理屈上この世

▼ 芸術鑑賞~ (12, 0.1%)

1 [12件] および価値批判, がその, という共同, と宗教的帰依, にむける, に即し, のよろこび, の極意, の立場, の紋付袴, の試練, やことに

▼ 芸術~ (11, 0.1%)

1 [11件] かかった時, 供物として, 注目されん, 深く傾倒, 生命を, 移行する, 立ちもどった自分, 精進した, 織り込んで, 行かずに, 行って

▼ 芸術家気質~ (11, 0.1%)

1 [11件] でそういう, というもの, というやつ, とが混合, なるもの, にとってはひどく, になりすまし, の本体, の繊弱, の言葉, は鋭く

▼ 芸術家自身~ (11, 0.1%)

2 と鑑賞家, をなお 1 かさも, がそういう, が無かっ, が無意識, には自覚, の主体的, の統一夥多

▼ 芸術家達~ (11, 0.1%)

2 などもいろいろ 1 が恐らく, の主張, の情熱, の考えた, の間, はショパン, は何故, は大, 例えばトルストイ

▼ 芸術愛好者~ (11, 0.1%)

1 [11件] が可, としての純粋, にとつて, のよく, の一団, の尊敬, の類, は自己, もしくは芸術研究家, を酔わせ, 若くは

▼ 芸術批評家~ (11, 0.1%)

1 [11件] であったかも, である, であるという, として行動, に谷文晁, の目, の腹, は, はエジプト, や美学者, を満足

▼ 芸術様式~ (11, 0.1%)

2 もこれから 1 が発展, である, として成立, と見られる, によって日本, に較べ, の純粋性, の間, を創造

▼ 芸術的存在~ (11, 0.1%)

2 を主張, を明らか 1 が危ぶまれ, としての演劇, となり得た, となり得る, と認め得べき, も固, を保護

▼ 芸術的感銘~ (11, 0.1%)

1 [11件] が生じ得る, に於, の必須, の深い, は深い, は語れない, をうけ, をお, を与える, を与へる, を伴ふか

▼ 芸術的生活~ (11, 0.1%)

1 [11件] というよう, とは矛盾, と宗教的生活, に交わりなさいませ, に悟る, に極めて, の変遷, は無論, は生活上, を反映, を意味

▼ 芸術的要素~ (11, 0.1%)

1 [11件] として動かすべからざる, として重んじられた, と混合, はあり, は万葉時代, やシナ, を主, を具え, を具える, を十分, を含んだ

▼ 芸術自体~ (11, 0.1%)

1 [11件] だけが問題, でなければ, と混同, に於, のうち, の宿命, の欲求, の部門, は放散的過程, を蔑む, を限定

▼ 芸術~ (11, 0.1%)

3 に花 1 でもない, というの, にうかがわれる, に咲い, に夜, の腰, をなす, を聴いた

▼ 芸術でなけれ~ (10, 0.1%)

6 ばならぬ 4 ばならない

▼ 芸術とに~ (10, 0.1%)

1 分つところ, 向う態度, 奉仕する, 支えられて, 永遠の, 没頭した, 犠牲的な, 興味を, 触れること, 酔って

▼ 芸術創作~ (10, 0.1%)

1 となる, とパン, における最も, について言った, の上, の天分, の感情, の欲望, の過程, への衝動

▼ 芸術団体~ (10, 0.1%)

1 が併立, であるプロレタリア作家連盟, である以上, でも同様, として価値, と認められた, に加盟, の他, は一九二八年, もある

▼ 芸術方面~ (10, 0.1%)

2 に於 1 でロシヤ, における趣味, にも進出, にも関心, に関係, に非常, の一切, の無

▼ 芸術的完成~ (10, 0.1%)

1 があつ, にまで到達, に向, に恍惚, の意味, の為, の途, をもっ, を示し, 生き生きと

▼ 芸術的小説~ (10, 0.1%)

2 だと, ですよ, でも通俗小説, は何時 1 と通俗小説, の衰頽

▼ 芸術的活動~ (10, 0.1%)

2 が盛ん 1 に富んだ, のみでなく, のやんでしまつ, も固, をそれほど, を意識, を盛ん, を直ちに

▼ 芸術的純化~ (10, 0.1%)

1 その本質, といふ目標, に力, に在る, に強固, に役立つた, に欠くべからざる, の上, は一, を試みた

▼ 芸術院会員~ (10, 0.1%)

2 が初度, に推された 1 としての小説家上司小剣, になれなかった, にはなれず, にも銀行, の名, や直木賞

▼ 芸術などは~ (9, 0.1%)

2 作家の, 思潮自体流行的な 1 あるはず, 之に, 国境すらも, 相手に, 糊口のみ

▼ 芸術についても~ (9, 0.1%)

2 もろもろの 1 いえると, この点, 云へる, 制作の, 十分に, 良識的な, 言われるであろうと

▼ 芸術をも~ (9, 0.1%)

1 あえて批評, 世界の, 従来の, 愛せられお話, 採用された, 文化をも, 益々日本, 自然の, 芸術家をも

▼ 芸術を通じて~ (9, 0.1%)

2 人間の 1 ある必要, その人物, その生活, それが, 俳優は, 東洋的特徴の, 観た

▼ 芸術ジャンル~ (9, 0.1%)

1 から他, から自由, に甚だしく, の作品, の将来, の混渚, の相違, へ又, を脅

▼ 芸術以前~ (9, 0.1%)

2 のもの, の形, の素朴 1 の映画, の生活, の魅力

▼ 芸術史家~ (9, 0.1%)

2 や史家 1 の推論, の研究方法, の間, は無条件, または芸術, を以て任, を以て任ずる平子尚君

▼ 芸術家等~ (9, 0.1%)

1 が人生, が漸く, はゴンドラ, は人生, は何, は昔, は芸術, を主, を招い

▼ 芸術的立場~ (9, 0.1%)

1 から批評, から見, に立つ, の上, は所謂芸術至上主義, より脚本, を保つ, を指す, を異に

▼ 芸術こそ~ (8, 0.1%)

2 再び得がたい 1 人生の, 今日の, 又最も, 実にあの, 新興する, 真に生きたる

▼ 芸術する~ (8, 0.1%)

1 かほとんど, ことが, ことそれ自身の, こと自身, こと自身世相を, こと表現する, といふ, 正月

▼ 芸術だの~ (8, 0.1%)

1 やれ文学, 何だ, 哲学だ, 学問などの, 思想だ, 民衆の, 理想だ, 絵だ

▼ 芸術とも~ (8, 0.1%)

2 ならしめるもの, 呼ばれる一つ 1 いい得よう, いうべきもの, なり大, 名づくべき

▼ 芸術なら~ (8, 0.1%)

2 しむるものは, 水を 1 どんな芸術, ば世界観, ば何, 芸術について

▼ 芸術らしい~ (8, 0.1%)

1 と思われた, ものに, ものは, 処を, 努力が, 感じが, 結構を, 解剖にまでは

▼ 芸術を通して~ (8, 0.1%)

1 しみじみ生ける, それを, どれだけ, 奴隷性から, 持つべき気品, 民衆の, 淳化された, 社会主義社会を

▼ 芸術分野~ (8, 0.1%)

1 といふやう, となっ, に於, に確固たる, の会, の会合等, の活溌, へそのまま

▼ 芸術~ (8, 0.1%)

3 乃至美学 1 ではあっ, などが文芸, に対して私, に関した, 乃至文芸理論

▼ 芸術的享楽~ (8, 0.1%)

2 に依る, を与え 1 の中枢, の目的物, を与, を与へる

▼ 芸術的感激~ (8, 0.1%)

1 が円光, が現実, でなければ, に充ち満ち, に耽る, の涙, をうけた, を齎すべき

▼ 芸術的才能~ (8, 0.1%)

1 が必ずしも, に新しい, のある, のみあっ, をもっ, を動, を持っ, 及び経験

▼ 芸術的構成~ (8, 0.1%)

2 ということ 1 には並々, には種々, の真諦, の緊密さ, は文学, を学んだ

▼ 芸術的欲求~ (8, 0.1%)

1 が根, なるもの, に発祥, のおのずから, の起原, はどこ, を満たし得る, 並びに国民的憧憬

▼ 芸術的真理~ (8, 0.1%)

1 という唯一, と芸術, における実質, に迄媒介, の問題, は, や道徳的真理, を促進

▼ 芸術連盟~ (8, 0.1%)

1 から, とともに, となり, に活動, の分裂, の方, は略称, は遂に

▼ 芸術においては~ (7, 0.0%)

1 すべて男らしい, その学ぶ, 国際性という, 新しきほど, 決して凡庸, 無論天下, 現在が

▼ 芸術にたいする~ (7, 0.0%)

1 その純潔, 信念を, 信頼の, 愛に, 破廉恥な, 自分の, 観念を

▼ 芸術に対しては~ (7, 0.0%)

2 宛ら山嶽 1 いろいろの, 深い愛着, 無関係であっ, 特に没頭, 知識は

▼ 芸術ほど~ (7, 0.0%)

1 それ自身に, ケチな, 人に, 原始的に, 真に生命的, 純粋な, 鑑賞者の

▼ 芸術創造~ (7, 0.0%)

2 の一つ 1 とは何処, に向っ, のため, の方法, の階級的萌芽

▼ 芸術協会~ (7, 0.0%)

2 の集り 1 が柳派的, なぞと別れ, の特別保護建造物, の発会式, へ廻る

▼ 芸術史上~ (7, 0.0%)

1 においても馬鹿, に全く, に名, の位置, の偉人, の折々, の系統

▼ 芸術愛好家~ (7, 0.0%)

1 だった, でありダダイズム, としての見地, なら仏教, に相談, はその, は近頃

▼ 芸術本位~ (7, 0.0%)

1 だの, であった故, で行かう, の世界, の人, の脚本, の親父

▼ 芸術的手法~ (7, 0.0%)

2 に於 1 で形, として取り上げ, の一, の点, は新

▼ 芸術的教養~ (7, 0.0%)

1 があっ, と新しい, なき一般俗衆, の点, はどんなに, を受け, を普及

▼ 芸術的生涯~ (7, 0.0%)

1 と興行資本, にかけられ, には, の最後, の第, を扶, を理解

▼ 芸術的認識~ (7, 0.0%)

1 という言葉, と娯楽, について, に於ける, の機構分析, の認識論上, を含め

▼ 芸術精進~ (7, 0.0%)

2 と家庭生活, と私 1 にささげた, に可能, に家格

▼ 芸術趣味~ (7, 0.0%)

1 が彼等, のおかげ, の一, の豊か, を加味, を解, を訓練

▼ 芸術についての~ (6, 0.0%)

1 センスの, 心構えが, 意見で, 観念的な, 評価という, 語でも

▼ 芸術のみ~ (6, 0.0%)

1 でなく一般, では, ならずあらゆる, ならず日本一般, によつて, 栄え江戸時代

▼ 芸術よりも~ (6, 0.0%)

1 おしるこ, その日暮し, はるかに, むしろ辛うじて現実, 俳優や, 私は

▼ 芸術三昧~ (6, 0.0%)

1 であり表現, に耽っ, に飛揚, のうち, の一境, の境

▼ 芸術全般~ (6, 0.0%)

2 に渡る 1 だけを蔽う, にわたって新人紹介, に推し及ぼす, の問題

▼ 芸術写真~ (6, 0.0%)

1 とし, とでもいふ, に興味, の, の一つ, をつくる

▼ 芸術及び~ (6, 0.0%)

1 それらと, 人生の, 史詩, 史詩が, 芸術家に, 芸術家についての

▼ 芸術的劇場~ (6, 0.0%)

1 が建てられ, が様々, が限られた, とは営利, の創設, の存在

▼ 芸術的情熱~ (6, 0.0%)

1 がある, という風, と政治的意義, には畢, の深い, は信頼

▼ 芸術社会学~ (6, 0.0%)

1 から始め, ではない, にまで来れ, はそういう, やカルバートン, や又

▼ 芸術~ (6, 0.0%)

1 に於ける, の世界的協同, の混乱, の面, を, を考えよ

▼ 芸術精神~ (6, 0.0%)

1 が圧倒, さえがややもすれば, に富んだ, は学ん, は実, を必要

▼ 芸術それ自体~ (5, 0.0%)

1 が, のため, の立場, の部門, も肥え

▼ 芸術たり~ (5, 0.0%)

1 うる, うる筈, 得たに, 得るもの, 得る論理

▼ 芸術であった~ (5, 0.0%)

2 のである 1 かも知れない, からこそそう, に相違

▼ 芸術です~ (5, 0.0%)

21 かといふこと, よ, わ

▼ 芸術とかいう~ (5, 0.0%)

1 ものが, ものは, 文化の, 非難は, 類の

▼ 芸術などと~ (5, 0.0%)

2 格闘する 1 いうと, いっても, 無縁である

▼ 芸術なり~ (5, 0.0%)

1 で私, またその, 商業なり, 盛に, 科学なり

▼ 芸術主義~ (5, 0.0%)

1 との全, との全く, と混同, の一変貌, の徒

▼ 芸術作家~ (5, 0.0%)

1 だとは, であって, として有名, にとっては他山の石, の軽佻さ

▼ 芸術全体~ (5, 0.0%)

1 が地面, としてです, についても云, の上, を明治開花

▼ 芸術制作~ (5, 0.0%)

2 のプロセス 1 の基礎たる, の素材, の苦し

▼ 芸術哲学~ (5, 0.0%)

1 などといふ精神的分野, ならびに科学, の講義, を創造, ノ分類目録

▼ 芸術家仲間~ (5, 0.0%)

1 で女神様, にたいしてはクリストフ, に於い, のうち, の雰囲気

▼ 芸術家風~ (5, 0.0%)

1 という, という型, にし, に刈りいれ, の風流気

▼ 芸術意識~ (5, 0.0%)

1 が現れ, のせり合, の尠, も出, を持ち始め

▼ 芸術~ (5, 0.0%)

1 が風流心, に焼き尽されまい, のドン詰まり, も何もかも, や演劇愛

▼ 芸術政策~ (5, 0.0%)

1 が何人, との不離, なるもの, の局部的現れ, の運営実施

▼ 芸術理論家~ (5, 0.0%)

1 ではあるまい, としての発展, としての立場, としての蔵原惟人, はこういう

▼ 芸術的主張~ (5, 0.0%)

1 があつ, が知らず知らず, はある, をもつ, を維持

▼ 芸術的傾向~ (5, 0.0%)

1 があった, による決定, に進ませた, の為め, を持っ

▼ 芸術的創造~ (5, 0.0%)

2 の自由 1 その鑑賞, として新しき, のモンタージュ的視像

▼ 芸術的小品~ (5, 0.0%)

1 である, といえる, として随筆, は問, も

▼ 芸術的形式~ (5, 0.0%)

1 である, とする, と文体, の高邁さ, を越え

▼ 芸術的意味~ (5, 0.0%)

1 においてもそう, に於い, の外, をも含ん, を表現

▼ 芸術的感動~ (5, 0.0%)

1 であるか, に打たれた, のなか, を味つた, を生ずる

▼ 芸術的感情~ (5, 0.0%)

1 に富みたる, の更に, の本もの, の欠けてる, は宝暦明和

▼ 芸術的直観~ (5, 0.0%)

1 あるいは宗教的直観, といえ, とは行為的直観, もその, 及び生産

▼ 芸術的興味~ (5, 0.0%)

1 が去っ, が既, と満腔, に基き, を長

▼ 芸術的貴族主義~ (5, 0.0%)

1 が唱道, と呼ぶ, の山頂, の思想, を代表

▼ 芸術的進化~ (5, 0.0%)

1 が大, について盲目, の跡, を目標, を遅々

▼ 芸術的部分~ (5, 0.0%)

1 とから成立, とにわけた, とに還元, のうち, は下位

▼ 芸術的陶酔~ (5, 0.0%)

1 が少く, として白光灼, とともに自己浄化, らしいもの, を感じた

▼ 芸術~ (5, 0.0%)

1 とか何とか, にフレッドさん, に参加, の内容, や宗教式典

▼ 芸術至上主義的~ (5, 0.0%)

1 であった頃, で世間, な, な名人意識, な立場

▼ 芸術製作~ (5, 0.0%)

1 と宗教的救済, の心理, の熱意, の特異, の要素

▼ 芸術領域~ (5, 0.0%)

1 に及ぼす, に確立, の問題, の守護神, や芸術外

▼ 芸術~ (4, 0.0%)

1 この切々たる存在, どうかについて, 分らぬほど, 文学の

▼ 芸術それ~ (4, 0.0%)

1 こそ彼女, にさ, は人, は童話

▼ 芸術だけ~ (4, 0.0%)

2 では 1 だった, でないこと

▼ 芸術だった~ (4, 0.0%)

2 のである 1 って仕方, とする

▼ 芸術って~ (4, 0.0%)

1 どんなの, ものは, 何だかよくは, 悪いもの

▼ 芸術でなく~ (4, 0.0%)

1 てはならない, ては表現, てもいい, て事実虚名

▼ 芸術なんか~ (4, 0.0%)

1 その内容, まだデカダンス, 何うだっ, 存在出来る

▼ 芸術によ~ (4, 0.0%)

1 つて, つてまたとなき, つて一層, つて神に

▼ 芸術に関しては~ (4, 0.0%)

1 そうは, ゲーテが, 今日まで, 帝国文学の

▼ 芸術ばかり~ (4, 0.0%)

2 では 1 でなく, で生きて

▼ 芸術を以て~ (4, 0.0%)

1 世界に, 人を, 志しと, 野球と

▼ 芸術倶楽部~ (4, 0.0%)

1 と都合二回講演, の一室, の居間, の門

▼ 芸術労働者~ (4, 0.0%)

1 の俸給, の資格, は三百五十ルーブリ, は新しい

▼ 芸術即ち~ (4, 0.0%)

1 演技という, 現在の, 生活生活即ち, 美術や

▼ 芸術家気取り~ (4, 0.0%)

1 がない, の独りよがり, の重苦し, をした

▼ 芸術文化~ (4, 0.0%)

1 が外, こそ少なけれ, の部門, 各領域

▼ 芸術~ (4, 0.0%)

1 がモクモク頭, よりも文壇的名声, を嗾かし瞞らかし, を満足

▼ 芸術特に~ (4, 0.0%)

2 文学と 1 絵画は, 音楽においては

▼ 芸術的制作~ (4, 0.0%)

1 についてのみいわれる, によってかかる, に従う, は作者

▼ 芸術的創作~ (4, 0.0%)

1 というもの, と享受, のヤマ, の自由

▼ 芸術的印象~ (4, 0.0%)

1 の正直, は系統的, をうけ, を受けなかった

▼ 芸術的境地~ (4, 0.0%)

1 とも言うべき, とを置い, に云, を守る

▼ 芸術的天才~ (4, 0.0%)

1 が僧侶, の心裡, は常に, を持っ

▼ 芸術的性格~ (4, 0.0%)

1 のひとつ, をおびだ, を如実, を構成

▼ 芸術的意慾~ (4, 0.0%)

1 の第一義的, の衰弱, はホン, を第一義的

▼ 芸術的意識~ (4, 0.0%)

1 が俄, で或は, となった, によらない

▼ 芸術的態度~ (4, 0.0%)

1 だ, と見識, をとりたい, を持

▼ 芸術的生産~ (4, 0.0%)

1 が何故, が現代日本, の立場, も大体一年

▼ 芸術的素質~ (4, 0.0%)

1 がどうしても, が自分, をつくっ, を最もよく

▼ 芸術的統一~ (4, 0.0%)

3 の面 1 を失っ

▼ 芸術的興奮~ (4, 0.0%)

1 で真正面, で自作, に冷却, の襲来

▼ 芸術科学~ (4, 0.0%)

1 と三つ, と宗教, に対する愛着, の分野

▼ 芸術~ (4, 0.0%)

1 に値する, の受賞式, をもらわなかった, を取巻く

▼ 芸術~ (4, 0.0%)

1 がその, がそれ, が巨額, との協力

▼ 芸術あるいは~ (3, 0.0%)

1 すべての, むしろ科学者, 政策に

▼ 芸術および~ (3, 0.0%)

1 才能についての, 日本の, 理想に対して

▼ 芸術その~ (3, 0.0%)

1 学問は, 実例は, 物は

▼ 芸術であれ~ (3, 0.0%)

1 ばその, ば構, 哲学であれ

▼ 芸術とともに~ (3, 0.0%)

1 哲学をも, 燃え立つ恋愛, 苦労し

▼ 芸術なき~ (3, 0.0%)

2 国に 1 ところには

▼ 芸術など~ (3, 0.0%)

1 いうもの, ゆっくり味わっ, 有る筈

▼ 芸術などが~ (3, 0.0%)

1 文化という, 有る筈, 激しい闘争

▼ 芸術なんて~ (3, 0.0%)

1 いうもの, ものが, 言ふも

▼ 芸術については~ (3, 0.0%)

1 なお論ずべき, 一言も, 今新しく

▼ 芸術にとっては~ (3, 0.0%)

1 いい規律, まことに貴重, 存在する

▼ 芸術による~ (3, 0.0%)

1 国民教育青年教育は, 恍惚の, 闘いとして

▼ 芸術を通じての~ (3, 0.0%)

2 交歓で 1 広い文化運動

▼ 芸術ウダールニク~ (3, 0.0%)

1 が元気, は広い, を組織

▼ 芸術不振~ (3, 0.0%)

1 の原因, の根本理由, をた

▼ 芸術以上~ (3, 0.0%)

2 のもの 1 ではない

▼ 芸術修業~ (3, 0.0%)

1 に欠くべからざる, の本道, の道

▼ 芸術写真師~ (3, 0.0%)

1 に訊いた, は傍, は見かけ

▼ 芸術境地~ (3, 0.0%)

1 としてそれなり, の高めかた, を守りつづけ

▼ 芸術~ (3, 0.0%)

1 と決め, の力, の文化領域

▼ 芸術家それ~ (3, 0.0%)

1 にふさわしい, はグラチア, は何

▼ 芸術家以上~ (3, 0.0%)

1 でしょう, に芸術家, のもの

▼ 芸術家以外~ (3, 0.0%)

2 の出歯亀 1 に職人

▼ 芸術家同盟~ (3, 0.0%)

1 の結成等, を組織, を結成

▼ 芸術家的気質~ (3, 0.0%)

1 は彼, や芸術的洞察力, をもっ

▼ 芸術家科学者~ (3, 0.0%)

1 といふもの, などの業績, はその

▼ 芸術家諸君~ (3, 0.0%)

1 がそれだけ, の為, を妄

▼ 芸術家連盟~ (3, 0.0%)

1 の結成, は同年十一月, を組織

▼ 芸術態度~ (3, 0.0%)

1 が写実的, はピタリ, を生む

▼ 芸術戦線~ (3, 0.0%)

1 の戦士, の統一強化, を攪乱

▼ 芸術方針~ (3, 0.0%)

1 が認められる, の歪曲, を曲げ

▼ 芸術気分~ (3, 0.0%)

1 である, には現今, の芸術

▼ 芸術特有~ (3, 0.0%)

1 の価値, の幽玄, の精神的

▼ 芸術現象~ (3, 0.0%)

1 の本質的, をこそ芸術, を含め

▼ 芸術的価値そのもの~ (3, 0.0%)

2 により全部否定 1 を規定

▼ 芸術的内容~ (3, 0.0%)

1 が盛られ, とは切り, の貧

▼ 芸術的向上~ (3, 0.0%)

1 の過程, をはかる, を認め

▼ 芸術的基準~ (3, 0.0%)

1 である, による, を下げない

▼ 芸術的心境~ (3, 0.0%)

1 がわが, が進展, を盛り込んだ

▼ 芸術的批判~ (3, 0.0%)

1 が活発, であると, の立場

▼ 芸術的技巧~ (3, 0.0%)

1 が拙い, に過ぎない, を示す

▼ 芸術的文学~ (3, 0.0%)

1 だけが所謂文学, とまで発展, には不要

▼ 芸術的昂奮~ (3, 0.0%)

1 が起らない, と深い, と自己陶酔

▼ 芸術的本質~ (3, 0.0%)

1 とは云, について縷々長広舌, はこの

▼ 芸術的概括~ (3, 0.0%)

1 として作品化, にまで高め, の点

▼ 芸術的気分~ (3, 0.0%)

1 とでもいう, に支配, のもの

▼ 芸術的気質~ (3, 0.0%)

1 のない, を持った, を持つた

▼ 芸術的洗練~ (3, 0.0%)

1 がよく, を持つ, を経たる

▼ 芸術的現実~ (3, 0.0%)

1 に現れ, に終っ, の中

▼ 芸術的空気~ (3, 0.0%)

1 が漲っ, も封建時代, を呑吐

▼ 芸術的純粋さ~ (3, 0.0%)

1 のため, を争, を失ひ

▼ 芸術的素材~ (3, 0.0%)

1 ならびに作品, にある, を直覚

▼ 芸術的経験~ (3, 0.0%)

1 であると, の乏しい, を君たち自身

▼ 芸術的舞台~ (3, 0.0%)

1 の標本, を創造, を指し

▼ 芸術的色彩~ (3, 0.0%)

1 が江戸, には富ん, に富ん

▼ 芸術的調和~ (3, 0.0%)

3 の世界

▼ 芸術的趣味的~ (3, 0.0%)

1 ということ, に取り扱っ, に発達

▼ 芸術的遺物~ (3, 0.0%)

1 であるが, のある, を挙げ得る

▼ 芸術的霊感~ (3, 0.0%)

1 が小説家, が徒ら, を与へられ

▼ 芸術的香気~ (3, 0.0%)

1 の高い, もまた, を失っ

▼ 芸術~ (3, 0.0%)

1 って先生, というところ, の生徒

▼ 芸術~ (3, 0.0%)

1 一でなく, 一な, 二芸術あたりま

▼ 芸術良心~ (3, 0.0%)

1 は日本人, を働かし, を相殺

▼ 芸術評価~ (3, 0.0%)

1 の問題等, の尺度, の規準

▼ 芸術講座~ (3, 0.0%)

1 の中, をよむ, をよん

▼ 芸術道徳~ (3, 0.0%)

1 が実際, の間, 及び宗教

▼ 芸術雑誌~ (3, 0.0%)

1 に影響, の, の読者

▼ 芸術からは~ (2, 0.0%)

1 その儘, 得られない

▼ 芸術からも~ (2, 0.0%)

1 見捨てられましたが, 避くべきである

▼ 芸術くら~ (2, 0.0%)

1 ゐ狭い, ゐ論理的

▼ 芸術こそは~ (2, 0.0%)

1 我等変態なる, 現実の

▼ 芸術~ (2, 0.0%)

1 へ大量生産, 或は職業

▼ 芸術じゃ~ (2, 0.0%)

1 ありませんよ, ない

▼ 芸術それ自ら~ (2, 0.0%)

2 のもつ感銘

▼ 芸術それ自身~ (2, 0.0%)

1 の自律性, の面影

▼ 芸術たら~ (2, 0.0%)

2 ざらんや

▼ 芸術だけが~ (2, 0.0%)

1 いまほんものの, さう云

▼ 芸術だけに~ (2, 0.0%)

1 あるところ, 限らるること

▼ 芸術てえ~ (2, 0.0%)

1 ものが, ものは

▼ 芸術であります~ (2, 0.0%)

1 かぎり人間の, から意識的

▼ 芸術であるなら~ (2, 0.0%)

1 ばそれ, ば熱烈

▼ 芸術とかに~ (2, 0.0%)

1 かかわりを, 理解の

▼ 芸術などに~ (2, 0.0%)

1 いたっても, 従う資格

▼ 芸術などの~ (2, 0.0%)

1 問題について, 領域においても

▼ 芸術なども~ (2, 0.0%)

1 春の, 脆い生命

▼ 芸術なりという~ (2, 0.0%)

1 ことを, 説も

▼ 芸術にかけては~ (2, 0.0%)

1 世界一とも, 大先生

▼ 芸術にたいして~ (2, 0.0%)

1 さほど専横, 暴慢だ

▼ 芸術にでも~ (2, 0.0%)

1 接するよう, 総てそういう

▼ 芸術にとって~ (2, 0.0%)

1 劇にとって, 素材であり

▼ 芸術にとっても~ (2, 0.0%)

1 実に死ぬ, 死ぬか

▼ 芸術に対しての~ (2, 0.0%)

1 触手, 軽蔑は

▼ 芸術に関して~ (2, 0.0%)

1 何らの, 述べられるところ

▼ 芸術のみが~ (2, 0.0%)

1 われわれに, 発達し

▼ 芸術のみを~ (2, 0.0%)

1 真の, 難儀の

▼ 芸術へと~ (2, 0.0%)

1 いうばかり, 発展分化し

▼ 芸術~ (2, 0.0%)

1 惨めな, 抒情と

▼ 芸術より~ (2, 0.0%)

1 ほかに, 野心有名に

▼ 芸術をば~ (2, 0.0%)

1 その感性的, 科学的認識によって

▼ 芸術オリンピツク~ (2, 0.0%)

1 に日本, のなか

▼ 芸術コンクール~ (2, 0.0%)

1 とはいかなる, においても文化国

▼ 芸術世界~ (2, 0.0%)

1 に遊べる, の秘義

▼ 芸術~ (2, 0.0%)

1 に人生, に文学上

▼ 芸術~ (2, 0.0%)

1 の根性, をも感心

▼ 芸術価値評価~ (2, 0.0%)

1 の規準, やその

▼ 芸術其の~ (2, 0.0%)

2 他に

▼ 芸術創作家~ (2, 0.0%)

1 は一方, は野心

▼ 芸術劇団~ (2, 0.0%)

1 であるが, の創立

▼ 芸術劇場~ (2, 0.0%)

1 の四つ, の運動

▼ 芸術~ (2, 0.0%)

1 があつ, は世界

▼ 芸術動機~ (2, 0.0%)

1 から出発, から創作

▼ 芸術化そう~ (2, 0.0%)

2 とする

▼ 芸術団体協議会~ (2, 0.0%)

1 が中心, は四月下旬

▼ 芸術~ (2, 0.0%)

1 から, の女性的河流

▼ 芸術~ (2, 0.0%)

1 で私, にせよ

▼ 芸術女優~ (2, 0.0%)

2 の芸術的エロチシズム

▼ 芸術学問~ (2, 0.0%)

1 の上, を欧洲人

▼ 芸術家たる~ (2, 0.0%)

1 には十分, の人格

▼ 芸術家ぶつ~ (2, 0.0%)

1 た事, た演奏者

▼ 芸術家クラブ~ (2, 0.0%)

2

▼ 芸術家一般~ (2, 0.0%)

1 に当てはまる, を指し

▼ 芸術家及芸術批評家~ (2, 0.0%)

1 である, に谷文晁

▼ 芸術家同士~ (2, 0.0%)

1 はとき, らしく語ったであろうか

▼ 芸術家型~ (2, 0.0%)

1 たるお, に嵌まった

▼ 芸術家志望者油絵制作希望者~ (2, 0.0%)

2 は素晴らしい

▼ 芸術家思想家~ (2, 0.0%)

1 たるもの, でもニェクラーソフ

▼ 芸術家扱~ (2, 0.0%)

1 ひに, ひを

▼ 芸術家政治家~ (2, 0.0%)

1 が多数, にとつ

▼ 芸術家特有~ (2, 0.0%)

1 の創作, の表情

▼ 芸術家生活~ (2, 0.0%)

1 の小さい, の経済的保証

▼ 芸術家的素質~ (2, 0.0%)

1 しか持たなかった, のうち

▼ 芸術家祭~ (2, 0.0%)

1 の仮装衣裳, の女王たち

▼ 芸術家芥川氏~ (2, 0.0%)

1 の武器, を背後

▼ 芸術家魂~ (2, 0.0%)

1 で支える, というもの

▼ 芸術専門~ (2, 0.0%)

1 の大, を以て自任

▼ 芸術小説以外~ (2, 0.0%)

1 の他, の新旧一切

▼ 芸術局長~ (2, 0.0%)

1 が堂々, に向

▼ 芸術局長ラルウメ君~ (2, 0.0%)

1 こそは劇文学者, は極力

▼ 芸術展覧会~ (2, 0.0%)

1 というの, へ出品

▼ 芸術性中心~ (2, 0.0%)

1 であるからこそ, を以て生涯

▼ 芸術愛好~ (2, 0.0%)

2 の精神

▼ 芸術愛好者たち~ (2, 0.0%)

1 が日本, の中心

▼ 芸術~ (2, 0.0%)

1 がもたらされる, のもの

▼ 芸術或は~ (2, 0.0%)

1 山の, 広意義

▼ 芸術批判~ (2, 0.0%)

1 の主張, の規準点

▼ 芸術技術修養~ (2, 0.0%)

2 の行き止まり

▼ 芸術擁護~ (2, 0.0%)

1 の域, の実力

▼ 芸術文化理論~ (2, 0.0%)

1 との概観, とを思想上

▼ 芸術方法~ (2, 0.0%)

1 の上, を論じ

▼ 芸術~ (2, 0.0%)

1 に依るべきだ, の読書

▼ 芸術本能~ (2, 0.0%)

1 でだけ感じ, の噴水

▼ 芸術殊に~ (2, 0.0%)

1 演劇そのものに対する, 絵の

▼ 芸術比翼塚~ (2, 0.0%)

1 に於, は一片架空

▼ 芸術気質~ (2, 0.0%)

1 が反対, と共に科学気質

▼ 芸術法則~ (2, 0.0%)

1 は今, を以て様々

▼ 芸術活動以前~ (2, 0.0%)

2 に属する

▼ 芸術流派~ (2, 0.0%)

2 の影響

▼ 芸術理論上~ (2, 0.0%)

2 のリアリズム

▼ 芸術~ (2, 0.0%)

1 は一向, も大学

▼ 芸術的エロチシズム~ (2, 0.0%)

2 は純化

▼ 芸術的ブローカー~ (2, 0.0%)

1 としてのマネジャー, を中心

▼ 芸術的世界~ (2, 0.0%)

1 がひらけた, という

▼ 芸術的事業~ (2, 0.0%)

1 でもある, に対する国費

▼ 芸術的修練~ (2, 0.0%)

2 だけにたよらず

▼ 芸術的傑作~ (2, 0.0%)

1 だと, には戦争

▼ 芸術的再現~ (2, 0.0%)

1 に制限, に向っ

▼ 芸術的冒険者~ (2, 0.0%)

1 が苦心惨澹, の努力

▼ 芸術的分子~ (2, 0.0%)

2 があります

▼ 芸術的劇団~ (2, 0.0%)

1 が大抵, に於

▼ 芸術的労作~ (2, 0.0%)

1 であろう, を否認

▼ 芸術的双生児~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 芸術的向上心~ (2, 0.0%)

1 において芸術的良心, の薄い

▼ 芸術的営為~ (2, 0.0%)

1 によってのみ得られる, の復興

▼ 芸術的実践~ (2, 0.0%)

1 としてそして, の一つ

▼ 芸術的形象~ (2, 0.0%)

1 というもの, の完成

▼ 芸術的性情~ (2, 0.0%)

1 はいろいろ, をそそのかす

▼ 芸術的情操~ (2, 0.0%)

1 がふくまれ, はただ

▼ 芸術的手段~ (2, 0.0%)

1 でありこれ, などはない

▼ 芸術的手腕~ (2, 0.0%)

1 で把握, に感服

▼ 芸術的技能~ (2, 0.0%)

1 が商品化, を示す

▼ 芸術的技術~ (2, 0.0%)

1 で書かれなけれ, を統一

▼ 芸術的描写~ (2, 0.0%)

1 ではある, の現実性

▼ 芸術的方針~ (2, 0.0%)

1 や演目, を歪め

▼ 芸術的映画~ (2, 0.0%)

1 ことに発声映画, よりも遙

▼ 芸術的水準~ (2, 0.0%)

1 と文化的役割, を引きあげ

▼ 芸術的独創性~ (2, 0.0%)

1 が加はつ, をヘヒト以上

▼ 芸術的理解~ (2, 0.0%)

1 に富ん, の深い

▼ 芸術的発展~ (2, 0.0%)

1 と文化的基礎, の線

▼ 芸術的真実~ (2, 0.0%)

1 の中, をよく

▼ 芸術的神様~ (2, 0.0%)

2 の集まり

▼ 芸術的空間~ (2, 0.0%)

1 が二次元性, が彫刻

▼ 芸術的行動~ (2, 0.0%)

1 であった, に連結

▼ 芸術的表現力~ (2, 0.0%)

1 も見逃しえない, を以て最高度

▼ 芸術的表象~ (2, 0.0%)

1 と科学的カテゴリー, にまで具象化

▼ 芸術的製作~ (2, 0.0%)

1 さえ其の, への専心

▼ 芸術的要求~ (2, 0.0%)

1 にかなう, を満

▼ 芸術的訓練~ (2, 0.0%)

1 が最も, に言及

▼ 芸術的誇張~ (2, 0.0%)

1 に対しては, を最も

▼ 芸術的趣味~ (2, 0.0%)

1 とをそなえ, の勝った

▼ 芸術的鑑賞~ (2, 0.0%)

1 に堪え, に堪えない

▼ 芸術的関心~ (2, 0.0%)

1 は公, は十分我々

▼ 芸術的魅力~ (2, 0.0%)

1 であったに, に富ん

▼ 芸術~ (2, 0.0%)

1 から我が, を下げ

▼ 芸術研究家~ (2, 0.0%)

1 はこの, もしくは芸術愛好者

▼ 芸術科学等~ (2, 0.0%)

1 は固, は悉く

▼ 芸術~ (2, 0.0%)

1 というは世界, を提起

▼ 芸術統制~ (2, 0.0%)

1 にたずさわる, に寄せ

▼ 芸術能力~ (2, 0.0%)

1 がギリシア, が必ずしも

▼ 芸術至上生活~ (2, 0.0%)

2 が展

▼ 芸術芸術~ (2, 0.0%)

1 たる名, といい出した

▼ 芸術行動~ (2, 0.0%)

1 と名づけられる, の目的

▼ 芸術論的~ (2, 0.0%)

1 にみ, に答

▼ 芸術~ (2, 0.0%)

1 ジャンル間の, 部門の

▼ 芸術~ (2, 0.0%)

1 の多く, をもっ

▼ 芸術遺産~ (2, 0.0%)

2 として残る

▼ 芸術~ (2, 0.0%)

1 でも経営面, に婦人

▼ 芸術餓鬼~ (2, 0.0%)

1 といわれ, の子

▼1* [824件]

芸術あたりまへの, 芸術あの方を, 芸術あるがため, 芸術ぢり, 芸術いづれを尋ね, 芸術おのが肉体, 芸術かという問いを, 芸術からさえも原則的には, 芸術からの類推から, 芸術がる人達名匠苦心談の, 芸術ぐらゐその, 芸術こそがみずからの, 芸術ごとが大好き, 芸術さえ崇高な, 芸術さえもがまるで価値, 芸術さえもの解釈法と, 芸術さそいつが在る, 芸術さては宗教の, 芸術ている, 芸術すべてに感心, 芸術すら生み出すこと, 芸術ずきでもある, 芸術そういうものは, 芸術そして文学は, 芸術そのままと言っ, 芸術その他にもう, 芸術その間には由来, 芸術それぞれの発展, 芸術たらしむるものは, 芸術たらしめてゐる, 芸術たらしめようとする, 芸術たらしめる情熱は, 芸術たらんがため, 芸術だけは自由人の, 芸術ださうだから, 芸術だって夫婦と, 芸術だらうけれどもなんと, 芸術だろうと思う, 芸術やない, 芸術つてものも彼ら, 芸術てのかい, 芸術であったならば美術家, 芸術でありましても表装, 芸術でありましょうとも作者, 芸術であるごとく明らかに, 芸術でございまして, 芸術でさえ活動写真だけが, 芸術でなくわかりやすいため, 芸術というは蟻が, 芸術というも可である, 芸術とかいふ問題が, 芸術とかの岐れ, 芸術とさえあれば, 芸術としてのみ取り扱われるだろうという, 芸術とにおいて人間生活に, 芸術とには目を, 芸術とによる浄化も, 芸術とに対する一般的態度として, 芸術とへの全く積極的, 芸術とやらには不相応な, 芸術とやらを標榜し, 芸術とを通じて普く我々日本人, 芸術どころか低級な, 芸術ないし演芸の, 芸術なぞよりは数段下等, 芸術なぞの分りやうの, 芸術なぞは要らなくなるの, 芸術などといふものは, 芸術などについて話を, 芸術などには全く理解, 芸術などを一丸として, 芸術ならあり得るような, 芸術なりとす, 芸術なりとの説或は, 芸術なりにたずさわって, 芸術なりの領域において, 芸術なりや娯楽なりや, 芸術なりを自分の, 芸術なれどしばしば, 芸術なんかでもって, 芸術なんかはことにそれ, 芸術なんかを保護しなかった, 芸術なんどの方面, 芸術にしか通じて, 芸術にたいしての見解の, 芸術にたいしてはおそらくクリストフ, 芸術にたいしてもそれを, 芸術にだけ奉仕し, 芸術にだけはそう云う, 芸術にだって厄介な, 芸術にとつて素材であり, 芸術にのみその, 芸術にのみ恍惚たらしめ, 芸術によっても満足されず, 芸術にわたって日本人の, 芸術に対してのみ熱情を, 芸術に関してのみでは, 芸術のみしか信じないで, 芸術のみといふやうな, 芸術のみによつて芸術たらしめよう, 芸術ばかりを見せられるの, 芸術ぶる人や, 芸術へかかつて行, 芸術へも影響する, 芸術まず生活の, 芸術または美の, 芸術まで召使の, 芸術までも生んで, 芸術までを罵ったり, 芸術みたいなわけ, 芸術みなヤソ教にもとづき, 芸術もがいわゆる, 芸術もしくは思想の, 芸術もしもその他の, 芸術もとこれ不倫の申しわけ, 芸術もともと賑やかな, 芸術やは歴史の, 芸術ようやく拙くなり, 芸術よりや生きる事, 芸術らしさの, 芸術らしきものを, 芸術をすら生んだの, 芸術クラブの座談会, 芸術グレコベラスケス等の西班牙派, 芸術シクステイヌにもエレクチオン, 芸術ヂャーナリズムはこ, 芸術デモクラシーへの御用, 芸術パンを得る, 芸術プロパーに就い, 芸術ホド自分ノ最, 芸術一つの哲学, 芸術一元論を主張, 芸術一天張の享楽主義, 芸術一括して, 芸術一途でいくら, 芸術三昧即信仰三昧なん, 芸術上これを非, 芸術上どれだけの価値, 芸術上のとは言えません, 芸術上ファッシズムに対する闘争, 芸術上一般の通念, 芸術上人生上の労苦, 芸術上大切な生命, 芸術上学問上立派なもの, 芸術上必須の条件, 芸術上愚にもつかぬ, 芸術上有益なこと, 芸術上独立的な生活, 芸術上理想主義の勝利, 芸術上生活上にしなけれ, 芸術上諷刺性格が二通り, 芸術不良人間の魅力, 芸術並芸術家というもの, 芸術中心の天才教育, 芸術主義者の一族, 芸術が好き, 芸術云々という個所, 芸術人間の本性, 芸術の同人諸氏, 芸術伝統はこの, 芸術体験と見る, 芸術体験上の人工, 芸術作品一般と斉, 芸術作品中の最高位, 芸術作品中自己に擬せる, 芸術例えば音楽や, 芸術価値的な, 芸術価値至上主義が行なわれ, 芸術保護者は弗, 芸術修道者であるから, 芸術偽りに堪え, 芸術傾向と見, 芸術が刻下, 芸術優れたる美術は, 芸術生命すべてを, 芸術全線が実際, 芸術共通の公理, 芸術其他の観照, 芸術再現の方法, 芸術再興の欲求, 芸術冒涜の蛮行, 芸術写真その他在来の趣味, 芸術写真集から借用, 芸術写真風な印画美, 芸術出版等の各, 芸術分類に濫用, 芸術刺繍を吟味, 芸術前派の日本, 芸術と槍, 芸術創作上の弁証法的方法, 芸術創作方法は社会主義的リアリズム, 芸術創作活動をする, 芸術創作行動がその, 芸術劇場新協劇団は後者, 芸術功利説に堕ちる, 芸術労働組合員だもの, 芸術労働者大会がひらかれ, 芸術労働者組合として産業組合連合, 芸術効果を主, 芸術化す可能が, 芸術化純粋化と言っ, 芸術生活は, 芸術同じく広い, 芸術又は思想の, 芸術史上空前の悲惨事, 芸術史文芸評論の類, 芸術史方面の事, 芸術史的学殖がこの, 芸術史的様式の変遷, 芸術史的考察とかそういう, 芸術史的見地よりこれら, 芸術史的遺産である筈, 芸術部門に, 芸術同志の友達, 芸術同様まったく独創性, 芸術否定の形態, 芸術否定論者といっ, 芸術味それはみな, 芸術品ほか持得ない感銘, 芸術品美術工芸品としての陶磁器, 芸術品鎌倉期の雄, 芸術品高山大河もしくは美人, 芸術哲学科学及び卓絶, 芸術哲学等より言語, 芸術商売人ではない, 芸術問題の根幹, 芸術団体協議会作家同盟に加盟, 芸術団体建直しのため, 芸術国日本の真価, 芸術報恩説に達した, 芸術変遷の系統上, 芸術外映画とを区別, 芸術総合の, 芸術大学の脇本氏, 芸術女凡てが爛壊, 芸術婦人之友, 芸術学そのものの体系, 芸術学宗教学等の存在, 芸術学校労働科農村青年のため, 芸術学界に於, 芸術学的な観念, 芸術学者又それ, 芸術学者文芸評論家及び作家, 芸術学術技術を生み, 芸術完成の一定段階, 芸術宗教の書籍, 芸術宗教学術等の一切, 芸術宗教教育ジヤーナリズム出版といふやう, 芸術宗教科学などが人, 芸術宗教言語などを文化, 芸術宗教道徳という類, 芸術宗教道徳その他医療や生活方法, 芸術家かたぎにも美, 芸術家すべて傑出して, 芸術家そのものが既に, 芸術家その他とし, 芸術家たちパリへ行っ, 芸術家たちミケランゼロダンテなどが切り開いた, 芸術家たる者は他人, 芸術家ぢやない, 芸術家めにたいして医者たち, 芸術家アルファがあらわれ, 芸術家ゴオルキイの創造, 芸術家シャリアピンは, 芸術家タイプの時に, 芸術家トシテハ岡倉天心氏教育家トシテハ井上哲次郎氏以上三氏ノ他, 芸術家マリイバシユカアトセフの如き, 芸術家一体としての自分たち, 芸術家一葉にとって非常, 芸術家三人の作品, 芸術家並みに頭, 芸術家中にも類, 芸術家中泰西の鑑賞家, 芸術家人間の成長, 芸術家会議に対する準備的, 芸術家倉田博文先生この手腕, 芸術家優遇もあて, 芸術家先生として一生, 芸術家全体に言える, 芸術家全般がもとより, 芸術家公衆いずれにおいても同情心, 芸術家各個の素質, 芸術家同志の恋愛, 芸術家哲学者よりも遥, 芸術家大石良雄の酔狂振り, 芸術家妻母として生活, 芸術家学者政治家の墓, 芸術家学者社会批評家ジャーナリストなどはほとんど, 芸術家広範囲にひとしく, 芸術家彰子への指, 芸術家徳行家哲学者宗教家たちが日, 芸術家志望の者, 芸術家態度の定義, 芸術家扱いして, 芸術家擁護の現行法, 芸術家政治家富豪等は皆, 芸術家教育家看護婦等に従事, 芸術家教育者諸種の労働者, 芸術家方面ではロダン, 芸術家映画俳優女学生中学生あらゆる何, 芸術家最高の事業, 芸術家松園の内面, 芸術家根性にちよ, 芸術家梅津只圓翁の真骨頂, 芸術家気分というやつ, 芸術家独立不覊, 芸術家生活自体のうたがわしい, 芸術家画家彫刻家医文法理工の学士, 芸術家的テムペラメントが純一, 芸術家的制作的な想像力, 芸術家的天分とをもっ, 芸術家的客観性によって男性, 芸術家的度量がない, 芸術家的心事は容易, 芸術家的性格がいつの, 芸術家的敏感を巴里, 芸術家的本能を許す, 芸術家的矛盾にかの女, 芸術家的社会改造家とでも云う, 芸術家的自尊心文化文学の独善的, 芸術家的限界とし, 芸術家相手の洋酒屋, 芸術家社会改良家哲人としての名誉, 芸術家社会改良家教師評論家新聞雑誌記者飛行家運転手車掌官公吏事務員等があっ, 芸術家科学者哲学者はみなそう, 芸術家科学者政治家を輩出, 芸術家科学者等の自発的参加, 芸術家精神ではない, 芸術家自体にとっては芸術, 芸術家自由職業に従事, 芸術家興行家兼政治家式の家元中心制度, 芸術家芸能家とよばれ, 芸術家芸術至上主義者ではない, 芸術家藤村の経験, 芸術家街といわれ, 芸術家街上芸術家となる, 芸術家観にも美, 芸術家詩人の仕事, 芸術家連中も牛込, 芸術家銀之丞の姿, 芸術家音楽家哲学者俳優詩人の肖像, 芸術家顔をする, 芸術家高級官吏たちとその, 芸術寄席に行く, 芸術た人生, 芸術尊敬の三つ, 芸術尊重の精神, 芸術尊重熱の炎波, 芸術小劇場そして創作座, 芸術小説家達から往々, 芸術小説文壇小説を説く, 芸術小説的なもの, 芸術尖端的都会尖端人あらゆる近代, 芸術くとも, 芸術がその, 芸術崇拝論の皮肉, 芸術工業の知識普及, 芸術工芸の理解, 芸術工芸運動並に多数, 芸術左翼戦線の作家詩人, 芸術巴里の, 芸術幇間芸術日本の探偵小説家, 芸術広義に於ける, 芸術座が一九二八年から九年, 芸術座が上演して, 芸術座が兎も角, 芸術座が安心して, 芸術座が松井須磨子を先頭, 芸術座が此の点, 芸術座談会にも出席, 芸術建築が現われる, 芸術建設の先鋒, 芸術にもつ, 芸術形式単純化は即ち, 芸術形態をこれ程, 芸術彼らの思想, 芸術彼等の態度, 芸術従つてその一部, 芸術心野心権勢欲成功欲等のあこがれ, 芸術必然の人間的真情, 芸術志望者は多少, 芸術志望者らの虐げられた, 芸術思想に由っ, 芸術思想哲学といったよう, 芸術思想宗教政治の各, 芸術思潮の影響, 芸術性ゆたかなもの, 芸術性全般に渡る, 芸術悉堕落して, 芸術意慾を衰弱, 芸術意欲をかけ, 芸術愛好慾が如何, 芸術愛好者私ばかりであったろう, 芸術愛惜の精神, 芸術感情が日常性, 芸術感想の日常性, 芸術感覚はそのもの, 芸術成長の可能性, 芸術手段が嫌, 芸術手芸品に見出される, 芸術批評家らの有用さ, 芸術技法は使用, 芸術技術とおなじく, 芸術技術等の世界, 芸術挙動の礼儀, 芸術探求の道, 芸術探究の真正面向き, 芸術描写巧みにつくり上げられた, 芸術政治や策謀, 芸術政治日常生活すべてにおいて, 芸術政策的な本質, 芸術教育宗教新聞雑誌ラヂオ出版医療衛生体育娯楽等の広い, 芸術教育家などと云う, 芸術教育方面には特に, 芸術文化史の上, 芸術文学法律労働宗教等と最も, 芸術文芸関係の文章, 芸術新しき文学を, 芸術新聞というの, 芸術新聞コメデイアの記者, 芸術新聞雑誌放送出版それから厚生, 芸術日本の探偵小説家, 芸術映画歌麿や西鶴, 芸術映画製作をはばん, 芸術時代から最も, 芸術智積院の襖絵, 芸術更にその主義, 芸術書道を研究, 芸術最高説の幾分, 芸術本質論の方法, 芸術校長となり, 芸術概念なの, 芸術概念天才の概念, 芸術様々だけで, 芸術模倣の芸術, 芸術殿堂とも言うべき, 芸術法律科学なぞいう, 芸術派叢書の広, 芸術派的文学者は得意, 芸術流行歌をレコード, 芸術消費者ではなくなりかけ, 芸術混乱妄動の芸術, 芸術の芸術, 芸術理解の, 芸術物理学的な機械観念, 芸術とも呼びませう, 芸術独特のほり下げ, 芸術独自の渝ら, 芸術現象等々に関するもの, 芸術理解の特色, 芸術理論叢書としてプレハーノフ, 芸術理論文化理論が実は, 芸術界哲学界や他, 芸術界等の大立物, 芸術発展の法, 芸術的アッピールだと, 芸術的エネルギイの洪水, 芸術的ジャンルの独自性, 芸術的センスに富んだ, 芸術的ヒューマニチイを失っ, 芸術的プラグマチズムの代表, 芸術的プランをよろこん, 芸術的ボヘミヤンは当時巴里, 芸術的モティーヴが歴史, 芸術的モンタージュ放送を創作, 芸術的モーションを抱いてる, 芸術的リアリティーをもっ, 芸術的ルンペンであった, 芸術的一団体を構成, 芸術的一領土である, 芸術的万才家達にも気, 芸術的三昧とかいうの, 芸術的三次元性は対応, 芸術的不安という寧ろ, 芸術的中心である, 芸術的主題以外には, 芸術的交感と社会的趨勢, 芸術的人格の表現, 芸術的人間でもなかっ, 芸術的人間的情緒に揺られるべき, 芸術的企業界のいわゆる, 芸術的企業的組織の中, 芸術的伝統を承け継い, 芸術的低調でこれ, 芸術的体験までを信仰, 芸術的余情を伴わない, 芸術的余裕がない, 芸術的作品価値は第, 芸術的作家ではない, 芸術的使命を果して, 芸術的価値さへ隠, 芸術的価値それだけで月評, 芸術的価値ほか持ち得ないもの, 芸術的価値以外にいかなる, 芸術的優勝劣敗ではない, 芸術的優秀さの故に, 芸術的優秀性を立証, 芸術的光線だ, 芸術的冒涜さへ監視, 芸術的分析を十分, 芸術的判断又は宗教的哲学的, 芸術的制作品が他, 芸術的創作力を存分, 芸術的力量を持ち, 芸術的努力をつづけ, 芸術的労力そのものが先生, 芸術的勉強と仕事, 芸術的危機に立つ, 芸術的原理とを同じ, 芸術的厳粛味の気分, 芸術的反映としてブルジョア社会建設, 芸術的叡知の存在, 芸術的古典にじかに, 芸術的可能はあった, 芸術的名画でも鑑賞, 芸術的味いにあふれた, 芸術的品位を帯び, 芸術的品格の高, 芸術的哲学を樹立, 芸術的哲学的天才のみの与る, 芸術的啓蒙をうけ, 芸術的因子にこまかく, 芸術的因果物というよう, 芸術的因縁を以て一如, 芸術的団体に接近, 芸術的地位が与へられるであらう, 芸術的地盤を固めた, 芸術的均衡が破れ, 芸術的執行人にとってはそれ, 芸術的堕落を導いた, 芸術的大業を遂げる, 芸術的天分プロレタリア解放への永い, 芸術的天才たちもやはり, 芸術的天稟と盛ん, 芸術的女性中心の文化, 芸術的好奇心が更新, 芸術的好尚を持っ, 芸術的妄想に攪乱, 芸術的妙趣を感得, 芸術的威権の気分, 芸術的嫉妬を感じ, 芸術的存在価値を裏書き, 芸術的存立は覚束, 芸術的宗教を作つたの, 芸術的宗教的ということ, 芸術的官能に制限, 芸術的実写映画としての山岳映画, 芸術的実在性が弱かっ, 芸術的実感と歴史, 芸術的容器として堪えるであろう, 芸術的展開の一つ, 芸術的幻影として屡, 芸術的幻想を誘起, 芸術的座長を徹底, 芸術的形象化の夫, 芸術的心術の発現, 芸術的快感に酔ひ, 芸術的思慮の結果, 芸術的性質を恵まれた, 芸術的恍惚に彩られ, 芸術的恍惚裡に於, 芸術的悩みに陥る, 芸術的情趣は非常, 芸術的意志を民衆, 芸術的意欲の逞し, 芸術的意気の壮, 芸術的意義は何で, 芸術的愛を覚え, 芸術的感受性を洗練, 芸術的感性の高, 芸術的感銘以外に作者, 芸術的才腕の余地, 芸術的扮装などと混合, 芸術的批評の適用, 芸術的技法のみが問題, 芸術的技術的創造精神との現われだ, 芸術的把握の中, 芸術的探偵小説などという名, 芸術的放射能を現実的, 芸術的放浪は当時, 芸術的敏感情緒の豊富, 芸術的文化を大阪, 芸術的文学観の立場, 芸術的文献が消えない, 芸術的日本の芸術的中心, 芸術的時間とか, 芸術的本能が承知, 芸術的本領ではなく, 芸術的条件が具, 芸術的条件性及び洗煉性, 芸術的栄えの日, 芸術的根源をなし, 芸術的業績の大小, 芸術的構想である, 芸術的欠陥がみられる, 芸術的欲望の一つ, 芸術的民衆主義と名づける, 芸術的民衆主義者であるといふ, 芸術的気品とを兼ね備えた, 芸術的気禀の根本的相違, 芸術的法悦を受け, 芸術的洞察力に恵まれ, 芸術的活力もまた, 芸術的流行の渦中, 芸術的深遠さ乃至潔癖さ, 芸術的満足を以てわが家, 芸術的満足感に満身, 芸術的濫訳横行の中, 芸術的無力を自覚, 芸術的燃焼と創作形式, 芸術的特徴を遺憾, 芸術的特色を誤り伝へる, 芸術的特色一大創作的の識見, 芸術的犯罪の一犯, 芸術的現代の諸相, 芸術的現象と見倣し, 芸術的理解力においては常に, 芸術的生活構図にすぎなかった, 芸術的発声法をつかめなく, 芸術的白熱度の高, 芸術的目的と相, 芸術的直感力に訴え, 芸術的省略とに充ちた, 芸術的知識を加え得た, 芸術的研究と並行, 芸術的破産と大衆, 芸術的確にいへ, 芸術的確信の喪失, 芸術的磨きはかけられ, 芸術的社会革新の信念, 芸術的神通力を拝借, 芸術的科学を編んだ, 芸術的科学的ないし功利的, 芸術的秘奥に於, 芸術的稟質が必要, 芸術的空想の局限, 芸術的精苦以外, 芸術的精神的発達に及ぼした, 芸術的精練を加えた, 芸術的精進に於, 芸術的約束を無視, 芸術的純化舞台表現の進化, 芸術的純化運動であつ, 芸術的素地のない, 芸術的素養に欠けた, 芸術的結構に無, 芸術的絶対的自由をもっ, 芸術的編集法とでも言っ, 芸術的美に沈潜, 芸術的美術的なもの, 芸術的老衰ということ, 芸術的肉体として細胞化, 芸術的肉迫を回避, 芸術的能力が客観性, 芸術的能才者の示唆, 芸術的自信はなかるべからず, 芸術的自尊心によつて諸種, 芸術的自己企業化が生れはじめる, 芸術的自我の熾烈, 芸術的至宝をこしらえ, 芸術的良心さへ持つ, 芸術的苦心はおそらく, 芸術的荘重感にもかかわらず, 芸術的虚偽にたいして征途, 芸術的血統といふ問題, 芸術的行為の如き, 芸術的表情を実演, 芸術的表現それが私, 芸術的表現全般を貫徹, 芸術的表現方法に於, 芸術的表現者を発見, 芸術的製作さへ其の, 芸術的見地から眺めはじめます, 芸術的見識をもち, 芸術的覚醒を促す, 芸術的観照から哲学的観想, 芸術的解決を見出そう, 芸術的触角の問題, 芸術的記録にまとめ上げ, 芸術的評論におちいった, 芸術的試業称び換へて, 芸術的認識道徳的認識という言葉, 芸術的誕生とも見るべき, 芸術的誠実のせい, 芸術的豊潤さを想像, 芸術的責任の分野, 芸術的資質をもった, 芸術的超俗性を有し, 芸術的遊戯の特色, 芸術的遊行団が成立, 芸術的運動と共にと云う, 芸術的酒場である, 芸術的野心や情熱, 芸術的野望とは諷刺詩, 芸術的鍛錬を経た, 芸術的間隔ができた, 芸術的闘争としての作品, 芸術的限度がそこ, 芸術的陰影を深め, 芸術的革命運動の影, 芸術的革新を唱導, 芸術的音楽感の本質, 芸術的音痴ぶりを利用, 芸術的領域にもつ, 芸術的飛躍それは宗教的飛躍, 芸術的食慾を刺戟, 芸術的骨格を全く, 芸術的高揚は大, 芸術的高級の作品, 芸術的魂のうち, 芸術省顧の風潮, 芸術眼さへあれ, 芸術研究をやったら, 芸術確保の任務, 芸術確立の運動, 芸術というの, 芸術社交その他いかなる階級, 芸術社会に深く, 芸術を三人, 芸術神たちは女, 芸術祭プログラムよりも自分, 芸術祭七月十四日降誕祭除夜オペラ座やヴェルサイユ宮, 芸術科学哲学に関する種々, 芸術種類に這入る, 芸術等文化に価値, 芸術篤志団劇場労働篤志団が組織, 芸術なり横井, 芸術精粗遺さず表裏兼該, 芸術紙上講座で, 芸術素材であろう, 芸術組織の中, 芸術経済の各, 芸術絶対論はここ, 芸術綜合の信念, 芸術維新が生れ, 芸術綱島梁川氏海老名弾正氏等が新, 芸術美そのものが生れる, 芸術美鑑賞の妨害, 芸術である, 芸術職人的批評観の是非, 芸術自身の姿, 芸術至上主義人間的文学論に飽き足りない, 芸術至上主義的偏向をバクロ, 芸術至上主義的感傷主義的に抱きしめ, 芸術至上主義的演劇の略語, 芸術至上主義的陥穽に陥ちた, 芸術至上主義論に対して本能的疑問, 芸術至上主義風なリアクション, 芸術至上性が誇大, 芸術至上感と何ん, 芸術至上派と呼び, 芸術至上的な自己評価, 芸術至上的抽象的風潮への解毒剤, 芸術至上論よりも今日, 芸術興隆の中心, 芸術良心論だと, 芸術芸術至上主義者である, 芸術苦恋愛苦或いはもっと漠然と, 芸術行動文化活動をし, 芸術行脚名匠行脚という僕, 芸術行路のゆえ, 芸術を真似よう, 芸術表現形式の力, 芸術表現説の主張, 芸術うという, 芸術製造品の俗悪, 芸術西域人の共, 芸術しての, 芸術観言ひ換, 芸術観賞の夕, 芸術観賞家らしい眼付, 芸術記者のフルネーム署名入り, 芸術記録をつくっ, 芸術評論はいい, 芸術評論家の眼, 芸術詩人と芸術家, 芸術に夜, 芸術とを判然, 芸術はその, 芸術論これも探偵小説, 芸術論そのものからは芸術, 芸術論みたいな事, 芸術論争は常に, 芸術論映画技術論映画製作機構研究シナリオ研究映画監督術等を聴講, 芸術論等が雑誌, 芸術論者を見る, 芸術論音楽解説演出研究演技論及び各, 芸術諸般の極意, 芸術貢献の道, 芸術貴族として世俗, 芸術連盟機関誌として去年, 芸術進化の二方式, 芸術遊戯説に堕ちる, 芸術運動係りとしてプロレタリア文化活動, 芸術運動発展の方向, 芸術道徳宗教に関する職域, 芸術道徳宗教意識其の他, 芸術部コム・アカデミイの芸術部, 芸術部員は研究室, 芸術部国立出版所作家団等が協力, 芸術部等が共同的, 芸術部職業組合集団農場中央部の完全, 芸術に暮し, 芸術郷土文芸が発達, 芸術都市の芸術社会, 芸術の少い, 芸術鑑識家は現代, 芸術鑑賞上一見識を持っ, 芸術に妥協, 芸術関係者の特に, 芸術院あたりの権限, 芸術院そのものの性質, 芸術院設立となっ, 芸術院賞というよう, 芸術陶器が正しく, 芸術芸術が, 芸術非難論のよって, 芸術革新の可能, 芸術音楽としての内在的, 芸術音楽美術詩文舞踊俳優術の綜合, 芸術な創作気分, 芸術飛行なり, 芸術高き思想尊き, 芸術とでも云う