青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「芸者~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

芥川~ 芭蕉~ ~花 花~ 花嫁~ 芳~ ~芸 芸~ 芸妓~ ~芸者
芸者~
~芸術 芸術~ ~芸術家 ~芽 芽~ 苔~ ~若 若~ ~若い 若い~

「芸者~」 2548, 28ppm, 4243位

▼ 芸者~ (400, 15.7%)

7 姿は 5 ような, 話を 4 ように, 写真が, 名が, 方で, 顔を 3 一人が, 姿が, 方が

2 [15件] うちで, お蔦, やうに, 一人, 中に, 写真を, 子だ, 子に, 広告が, 意地から, 持って, 福松の, 行衛を, 詞を, 話は

1 [324件] あだ, あとについて, いる家, いる席, いる深川門前仲町, うたなんぞと, うたを, うらぶれた裾さばき, おふくろと, およね, お尻, お松も, お直し, お蝶, かざかみにも, ことから, ことです, こととて, ことなら, ことは, ことも, ことを, こと安来節芝居に, さらいが, する事, その細君, ために, ちょいちょい着らしい, つとめじゃ, と, ところだ, ないの, なかに, なかには, はいりに, はなしが, はなしも, ひと群が, ほうが, まけである, まつ川の, まねみたいな, やうな, ようで, ようでなく, ような太り, カレライス, ストリップお, ハバが, モホー, 一人だった, 一人である, 一人と, 一人の, 一隊が, 三倍もの, 三味線で, 三味線などは, 下地ッ子, 下地ッ子であった, 下地ッ子に, 下地子に, 世界を, 中で, 中には, 中の, 中へ, 中を, 中其処からも, 事, 事だ, 事を, 二三人も, 二人も, 亡くなつた記事, 京子を, 人に, 人や, 人数が, 代りに, 仮声, 仲間や, 似顔の, 位牌と, 作法や, 侍る宴席, 供するもの, 候補者だ, 傘を, 兄近頃, 入らない所, 内幕を, 内証話にも, 写真と, 写真は, 写真へ, 写真をば, 出の, 出る席, 出入りが, 出入りは, 出稼ぎである, 前に, 勤めと共に, 勤め皆な, 化粧部屋にも, 千代若も, 半巾や, 卵たちに, 取持, 口上は, 名かと, 名だの, 名や, 名を, 名前が, 名前を, 品定にも, 品評を, 唄った声, 唄の, 噂でも, 噂の, 境地と, 声である, 多い小田原, 夢八, 好きな, 如く独り胸, 妻君を, 姿と, 姿に, 姿ばかりは, 姿も, 姿より, 姿を, 娘だった, 婀娜姿だけは, 婆さんの, 子か, 子と, 子として, 子の, 子らしく, 宅で, 家に, 家への, 寝込, 寿福, 小ふじさん, 小キンちゃん, 小兼ね, 居処の, 工面の, 師匠のと, 帯解く, 常連が, 幾人かの, 弾く三味線, 当然だ, 形を, 影箱を, 往来が, 往来も, 後ろから, 後ろ姿を, 後影を, 心中で, 心理を, 思想も, 悲鳴が, 悶着を, 情婦は, 情婦を, 我々が, 所へ, 手は, 手古舞幇間の, 手踊りくらい, 手踊りに, 抱え主として, 揃いの, 操貴方お笑いなさいまし, 支那名で, 数が, 数だけでも, 数の, 数も, 数を, 方からは, 方に, 方には, 方の, 方へ, 方より, 春次で, 春次を, 昼の, 時分お茶屋の, 服装だった, 本名な, 本拠地が, 本拠地を, 本拠産地な, 栄太郎と, 桂庵, 桂庵という, 檀那に, 歌う唄, 歌が, 歌三味線で, 歯を, 歯切れの, 気持であり, 水揚げの, 決心が, 流行いと, 流行を, 渾名か, 濫觴は, 為に, 烏森を, 無理心中ありし, 片足を, 玉の, 玉代と, 生き方だ, 生態に, 産地が, 産地として, 産地に, 男めかけにでも, 痩せ腕で, 百合子を, 着そう, 着て, 破れた蛇目傘, 祝儀を, 禁物であり, 福松ぐらいの, 福松には, 福松は, 福松を, 私生児であった, 立ちつ坐りつする塵煙, 立て引きが, 箱屋は, 粋と, 細君を, 結った, 絵が, 総上げ, 線香代と, 置屋であっ, 美しさ, 群れが, 職分である, 肩に, 肩を, 腑甲斐な, 腹から, 色気と, 花代よりは, 花子は, 芸という, 若いの, 若くて, 薄命な, 行方は, 行方を, 行来の, 衣物を, 衣裳の, 裸体などは, 見つかり次第, 見張りも, 言つた, 言葉が, 言葉など, 記念品な, 記念品にや, 証言に, 評判記が, 詮索ついでに, 話, 話に, 話も, 話公園の, 起りだ, 跋扈は, 踊りでも, 身に, 身の, 身の上が, 身の上やら, 身上相談鼻垂れ小僧と, 身受も, 身請を, 車の, 返事と共に, 途中を, 這入つたの, 通りすぎた後, 銅像でも, 鑑札返上致せし, 長襦袢の, 長襦袢を, 間に, 間にも, 霜枯じ, 面影が, 面影を, 面目が, 頭を, 顔に, 顔も, 顔知り, 顔色でも, 風が, 風俗を, 館や, 馬鹿は, 駈落ということ, 髪の毛だったろう

▼ 芸者~ (277, 10.9%)

31 して 9 つれて 7 呼んで 5 連れて 4 よんで, 揚げて, 相手に 3 あげて, ダンサーに, 女房に, 知って, 見て

2 [12件] つかまえて, 上げて, 二三人よん, 二人呼ん, 二人連れ, 呼ぶ, 大勢呼ん, 妾に, 無理に, 細君に, 芸者と, 落籍して

1 [174件] あげても, あげました, あてがう腹, あてがわれること, ある程度の, うらやみも, おき夫, およこし, かくし筆つき, かけたり, かけて, かけわざと, きょう始て, くどいたり, これへ, させて, したもの, したん, してる以上, する気, そそのかして, たくさん付け, つれ込んで, とむる名月, ひいきした, ひっぱって, ひとつこれへ, ひとつ皆な, ひとりよんだ, ひとり呼ん, みただけ, やめさして, やめて, やめるそう, やめるん, よぶこと, よぼう, よぼうという, よんだ, 三人連れ, 三四人つれ, 乗せたモオタアボオト, 乗せたモオター・ボート, 乗せた車, 乗せようと, 二三人つれた, 二人呼んだ, 二人揚げ, 二人連れた, 二十人ばかり, 五人花見線香を, 何だ, 傍に, 先へ, 入れたの, 八人も, 共有した, 内へ, 刺し殺すわけ, 十人ほど, 受け出して, 受け出すため, 口説きかへ, 口説く, 口説くにも, 名ざし, 呼ばせお, 呼ばねば, 呼びとめて, 呼びました, 呼びましょう, 呼びましょうか, 呼び出す, 呼び別, 呼び置きましたと, 呼ぶこと, 呼ぶと, 呼ぶなぞ, 呼ぶの, 呼ぶよりは, 呼べと, 呼べよ家ン中, 呼んだじゃ, 呼んだという, 四五人呼ん, 女中の, 媽, 嫁に, 客の, 家に, 家へ, 帰すよう, 引かされるはず, 引かして, 引かせて, 引張るという, 引張込むよう, 引摺込ん, 張りに, 当てが, 怖れる, 想い出した, 択り取らせる, 抱いた, 抱える時, 抱かせて, 抱きに, 招んで, 拝領に, 振りかえって, 掛けろ, 探して, 探しまわった人たち, 推賞したら, 揚げようという, 揚げるん, 揚げ狂歌乱舞顛倒淋漓, 景物に, 構うて, 止すん, 止めて, 止めまっさ, 殺したの, 殺して, 殺すという, 泣かせたり, 泣かせたりなんか, 泣かせて, 流盻, 漏なく, 為て, 無人島の, 男に, 皆引っ張り出し, 相手の, 眺め出した, 知っとるか, 粋なり, 致して, 致すとの, 舷へ, 芸者衆と, 茶の, 落籍い, 落籍せて, 見たの, 見たり, 見た事, 見つめた, 見ん時, 調べて, 識って, 買いたがるもの, 買うこと, 買うたが, 買うたよう, 買えば, 買おうか, 買ったと, 買ったとか, 買って, 身うけする, 身受けし, 載せたる永代橋下, 迎えて, 連れし泊込み, 連れた地方, 遇する仕来り, 遊ばせて, 遠い山奥, 部屋に, 離れて, 顧み, 馬鹿に

▼ 芸者~ (272, 10.7%)

12 出て 8 なって 5 なったの 4 して, なったり, なっても, なつた, なつて, なると, 酌を 3 なれば

2 [21件] したてたいと, しては, するの, なった, なったこと, なったん, なった人, なってからも, なつたら, なつてる, なりたいと, なるという, なるの, なろうと, よく似, 三味線を, 口が, 山師運上, 恋した, 芸を, 身を

1 [174件] あったこと, あなどられたくない一心, あんた惚れとる, おちた悲哀, おぼれて, お出, かこまれて, さした, されて, されようと, したくないと, したつて, しちゃ, してやるからと, しないですむし, しようと, すぎませんでした, すること, するとか, するわけ, する筈, だすほど, ちがいなかった, つきだそうという, つづいて, でられたという, でるの, でる娘, どうしても会いたいつ, なぞらえられるの, なったか, なったとか, なったとて, なったとは, なったに, なったばかりの, なったら一緒, なったわけ, なった人妻, なった場合, なった女, なつたり, ならぬか, ならねば, なりその, なりたい, なりたいん, なりたかつたの, なりたくて, なりました, なり一年, なり些, なり得た, なるお, なるか, なるから, なるため, なるつもり, なるには, なるべき運命, なるん, なる事, なる女, なる方, なる気イ, なれた, なれるだらうが, なろうなどと, ひっかかった尻, ひろわれ美しく, ふられて, ふられるよう, べた惚れ, ほめら, もたれかかって, もてた, やらせて, やるの, よく類, ケチを, 一稼ぎなど, 会うこと, 似たもの, 似合ぬ, 似合わねえ感心, 入れあげたり, 入れたこと, 出して, 出すという, 出すなんざ, 出すなんて, 出すわけ, 出そう, 出たが, 出たら買つて, 出たりまで, 出とると, 出とるばってん, 出なければ, 出るいうても, 出る人, 出来あがって, 劣らざるもの, 助けられた花子, 化けたよう, 取りかこまれた豆八, 口を, 口癖の, 叩かれて, 命じました, 唄って, 喰われても, 売ったり, 売られた, 売られて, 売るかも, 売るん, 売る事, 奪われた女性, 子供を, 寝込まれたり, 帽子と, 役者は, 往って, 急を, 恋して, 惚けて, 惚れたん, 惚れて, 愛嬌を, 手を, 指図しました, 挨拶した, 挨拶を, 普通の, 暇を, 柿など, 案内され, 止めを, 残らず着て, 比べれば, 水を, 深川趣味を, 溺れて, 熱中し, 熱烈な, 爪弾きを, 生ました, 生ませた子, 用事を, 綺麗を, 義兄が, 聞いて, 薗八なんぞ, 見染められ深更, 訊きます, 記者だ, 許婚が, 識合が, 貰って, 買はれる, 賛同を, 踊りを, 逢うたとき, 逢った事, 遇ったという, 遥かに, 関係し, 関係した, 関係する, 関係者は, 限って, 馴染が, 馴染の

▼ 芸者~ (264, 10.4%)

4 いる, 来た, 来て 3 三味線を, 冴えたる腕, 好きな

2 [11件] あるかい, それを, よばれた, 何か, 出て, 口には, 宿の, 私の, 自分の, 角屋へ, 遊びに

1 [221件] あった, あつたでせう, あぶなくなる, ありましたが, ある, あるという, あるの, ある財産家, あんたなんぞ, いた, いて, いても, いないかね, いましたけれど, いますぐ, いるから, いるわな, おった筈, おまいり, お好き, お酌, きっと惚れるだろう, きます, この娘, ころがり込んで, して, しゃなりと自動車, じつによく弾く, すきに, すれ違うとき, たいへんな, どうだ, どんな着物, なくなれば, なつかしくなる, なんと野暮, のみかけた紙巻, のり合わせた, はいって, はじめから, ひとりあるのっせ, ひよつとこ踊, また, また何, まだ娘, まるで人間, よく出入り, よく遊び, わざわざふり, わざわざ聞き, ゐなけれや, ゐますか, シナを, 一人, 一人あった, 一人じっと, 一人に, 一人の, 一人むやみに, 一人やはり, 一人僕の, 一人出, 一人女中が, 一人新開地で, 一人癇高い, 一所に, 一時二時まで, 一時間壱円で, 一番いい, 七人ほど, 七人橋光亭から, 七十人も, 三人いた, 三人は, 三人ほど, 三人唄や, 三人集まっ, 三味線の, 三四人は, 下の, 並んで, 乗って, 乗れさうに, 乙姫に, 二三人子供を, 二三人来, 二人ある, 二人いました, 二人まじっ, 二人乗っ, 云って, 五人, 五人やって来た, 井戸へ, 今は, 会話の, 体を, 何でエ, 何で金さん, 俺を, 側目も, 傘を, 先年まで, 入って, 入らずに, 入らなければ, 入るので, 入るよう, 八百屋お七に, 内に, 出た, 出入りし, 加わって, 加勢を, 十五六人料理は, 名ざし, 呼ばれた, 唄を, 四五人胡蝶屋豆八という, 四人来た, 土色した, 坐って, 売れませんから, 売淫この, 多いこと, 大いに言い, 奇怪な, 女給さんに, 奴姿で, 好きだ, 好きに, 嫌ひだつて言つ, 嫌味な, 客と, 客の, 宵に, 宿屋の, 小さな声, 小川の, 帰つた, 店口に, 座敷で, 座敷より, 廊下で, 弘めを, 彼女を, 往来し, 待たして, 待合の, 徳利の, 忍び音に, 惚れたという, 意外にも, 意気な, 挨拶した, 接待に, 撥を, 敷居際に, 料理屋へ, 新橋といふ, 日本で, 昨晩急に, 暖簾を, 最後まで, 有って, 村田君に, 来たら座敷中急, 来ないでねえか, 来る, 来ると, 杯が, 松の, 歌を, 歩いたとき, 残らず羽織, 母親と, 沢山いた, 沢山ゐた, 沢山歩い, 泳ぎに, 焼け出されるまでは, 現れます, 現われ女中, 男衆らしい, 直に答えた, 相撲を, 短時間に, 禍を, 立てつづけに, 競って, 箱屋を, 続々と, 背負いこみがち, 膝を, 臥所へ, 自転車つらね, 茶屋待合の, 落馬する, 行方不明だ, 裾を, 裾模様の, 話して, 貴下もしか, 買えるかい, 赧く, 身投げを, 送って, 這入つて, 通った, 連の, 間もなく落籍され, 関西へ, 附きまとうの, 離れに, 雪之, 風邪を, 飛び出して, 騒ぎ一通り時間, 髪などは, 鶴雄に, 黒い人力車

▼ 芸者~ (145, 5.7%)

2 私の, 高いん

1 [141件] あきれた顔, あぶないです, あまり乱暴, あんな服装, あんな柄, いくつ位だ, いずれも, いっぱし批評家, いなかった, いなかろう, うまく勃凸, おきらい, およしなさい, お互い, お膳, お蝶, お酒, きらいで, さっぱりと, さも驚いた, そして白壁, その場, それぞれ一つずつ, それぞれ一人の, それについて, たしなめました, だまって, つまらないと, つんと済ました, どうした, どうしましたろう, どうやら小歌, どんなもの, どんな事, ねえさん株と, へんに, また娘, まだです, みな出払っ, もう林, もと東京浅草猿若町に, よくお, よくこんな, よべる, コタツに, シンガーと, テナモンヤナイカナイカ道頓堀よ, テーブルの, ハッと, ポッケット論語が, ラブ・レタさへ, 一二度よびたる, 一人の, 一円札で, 不服そうに, 二人づれだ, 京橋の, 仕方が, 以前は, 僕を, 全部出払い, 内に, 勝手に, 十一時より, 只今の, 吉池に, 外へ, 大抵東京, 大概鯉丈の, 夫婦者にと, 始は, 威勢の, 嫌ひだ, 孰が, 安全な, 客を, 少くとも, 少し体, 屹度あの, 帰したら宜, 幇間を, 平手で, 幾人と, 座敷へ, 座談に, 廃めさして, 弁当や, 怒って, 愛春より, 承知し, 掛りまけが, 新妓, 新柳二橋の, 既に五, 旦那と, 明日の, 時々坐った, 暫くたつ, 更に興, 本物の, 極頭, 気敏く, 水揚げし, 濃く荒く紺, 百二十円と, 直ぐに, 眼を, 着物を, 稲荷の, 窘めるよう, 笑って, 笑ひ, 簡単なる, 素直に, 総じて, 縞繻子の, 義理人情だの, 腹一杯食べる, 色仕掛の, 花廼屋の, 芸者で, 若い者, 表むき主人, 裾さばきも, 見なくッ, 見番大黒屋庄六方から, 話の, 誰も, 講武所の, 買う娘義太夫, 買えません, 赤シャツに, 辰千代が, 酔って, 門口の, 随分変, 静葉の, 頬紅を, 鸚哥の, 黙った, 黙って

▼ 芸者~ (117, 4.6%)

2 [12件] いうよりも, よばないで, 一しょに, 一緒に, 云うもの, 仲ようしとる, 仲居とが, 女郎を, 寝ながら, 求妻と, 踊子, 関係を

1 [93件] あまり大した, いうものの, いっしょに, いって, いふよりも, ええ仲, お料理, くらべても, ごたごたが, すれちがいに, その人, それに, つれこみで, なった伝法, なりその, なんぼか, はやされ婆様, チャラチャラ馬鹿話し, ピストル心中を, 一概に口, 二人づれじゃったど, 二人で, 云う鎧, 云つた風な, 云ふ, 他人の, 仲ようなっとる, 会見する, 俳優とは, 俳優とを, 兵隊の, 其れ, 円本芸者, 判断すれ, 十二三の, 半玉だけは, 口を, 同じやう, 同じ事, 同様ナカナカ一筋縄では, 名の, 呼ばれ奥さん, 呼ぶこと, 呼んで, 大阪市外に, 少い男, 居並び女形, 差向ひで話を, 幇間の, 張り合つ, 心中を, 恐ろしい病気, 打語れり, 折重なって, 料理屋締切までに, 次の, 歓を, 死んで, 泊つて行つた, 泊りたいと, 洋食屋の, 熱海へ, 相場が, 称して, 称する特殊, 笑はれ, 箱根へ, 紳士が, 繰り返した, 美酒とを, 見える女, 見なすこと, 言つて東京市中数ヶ所の, 話も, 話を, 貴婦人との, 貴婦人とは, 貴婦人を, 近づきながら, 遊びたいと, 遊ぶほどの, 遊んだ, 遊んだ末, 遊んで, 違いまして, 違うさ, 酔客との, 醜悪な, 関係する, 関係なんか, 雛妓とが, 離れた本, 駈落ちを

▼ 芸者~ (87, 3.4%)

2 にじき, のお, の主人, の娘, の娘分, の裏, へ電話, まで出掛け, をし, を出し

1 [67件] から時々, があった, があり, がある, が一軒, が立ち並ん, が軒, だつたが, ったら寺内, であった, でこれ, です, では抱え, では銀子, で芸者, で開かれた, とは思へなかつた, と編笠茶屋, と聯絡, などがありました, にし, に古く, に披露, に流れ込んだ, に生, に預け, のおかあさん, のおかみさん, のため, のもの, の仕込み, の出物, の前, の名前, の商売, の小路, の息子, の方, の株, の湊屋, の看板, の立派, の竹格子, の経済, の裏側, の裏庭, の隣りだ, の雰囲気, は同じ, へ入り込む, へ往きましょう, へ行っ, へ遊び, へ養女, もあります, も今, やお, よりも先, らしいと, らしくなくなつて, をいやがり, をといふ風, をはじめる, をやらせ, を出さす, を出させ, を指し

▼ 芸者~ (54, 2.1%)

5 お酌 2 雛妓や

1 [47件] お客さんに, たくさんオメカケが, 一般の, 仲居たちが, 仲居に, 仲居を, 何かは, 何かを, 半玉なども, 半玉に, 友吉は, 古着か, 太鼓持まで, 女事務員, 女将などが, 女給と, 女郎じゃ, 女郎にで, 女郎の, 女郎を, 妓たちが, 妓生やは, 娘に, 娼婦すら, 客の, 小さな女の子達, 役者に, 役者の, 料理屋の, 料理屋や, 旅稼ぎの, 舞妓の, 舞妓を, 若い芸者, 落語家を, 踊の, 車引に, 車引は, 車引も, 遊女では, 遊女としての, 遊客の, 酌婦が, 雛妓が, 雛妓たちが, 雛妓等が, 鴇婦などの

▼ 芸者~ (52, 2.0%)

1 [52件] あった, あり酒, ある, あるの, いやしねえ, かうありたしと, かねて, ここから, これには, したに, その土地, その朋輩, たくさんゐる, できないじゃ, どこが, まじって, またその頃出現, みな紋の, みんな格好が, やがて屠蘇機嫌, 一人かかえ, 一流どころの, 五人ほど, 亦何, 元これ女, 先生に, 労働である, 及ばぬ艶, 取りなしよう, 同じよう, 同じ女, 呼ぶ, 太鼓持も, 女なり, 嫌だ, 彼の, 文士画工と, 旦那も, 昔遊んだ, 歌う神奈川新聞, 歩いて, 気の, 浅草で, 皆同じ, 腹を, 若い芸者, 見えて, 買い飽き二階, 辛いが, 釣りこまれたよう, 顔が, 風が

▼ 芸者~ (49, 1.9%)

1 [49件] がある, がたくさん私, が何, が先生, が四五人, が幾人, が現れ, だから, だったらお, だよ, でいらっしゃいます, でございました, ですね, ですよ, でも呼びましょう, で何ん, といい, とお, とかれ, と近づき, ならば, なんか二階, にきい, にきっと, になるだろう, にはかなわん, にも猫, にバクチ, に歌沢, の処, の方, の朝食, の端唄, の道中, はお, はようやく, は大騒ぎ, は朝寝, ばかりの踊, もヤレコレ, も四五人, やなんど, や何, よりいい, をすつかり集め, を五六人, を呼ぶ, 見たかい, 踊らんか

▼ 芸者たち~ (43, 1.7%)

3 の情交

1 [40件] から兄さん, があちこち席, がお, がおじさんおじさん, がみがき上げた, が交, が全然, が四五人, が日増しに, が藤間いせの指導, が躍りかかる, さえ, だけ四五人, という複数, とそして, と一緒, にニッポン語, に云った, に休め, に別れ, に鷹揚, の中, の出入り, の居ない, の目, の真似, の腕, はいや, はそれぞれ馬の背, はどこ, は半, は雪, は顔, まで選挙熱, もぽ, も幇間たち, も立ち, も雪, やいろいろ, を引率

▼ 芸者~ (31, 1.2%)

2 小瀧

1 [29件] いた前身, いるか, お呼び遊ばした, お座敷着の, これは, そんな稼業, ながれ渡って, などっち, ねあれ, ね林, また面白い, まだ年, ダンスを, 丸同然の, 何か, 出て, 去年夫が, 吉兵衛と, 名妓と, 君太郎という, 姉は, 居る時分二三度, 廃めてから, 石川とは, 箱や, 苦労し, 落籍されて, 通るほどの, 郡内の

▼ 芸者~ (26, 1.0%)

2 そうだ

1 [24件] からお, から三味線, から家根船, から永年客席, から面白い, か何, か何ん, か連れ, が最, けれど弟さん, これは, そうです, つて道子だ, という触れ込み, とか囲者, と云う, と思っ, と思っちまう, と言う, なんていわれ, の, ものを, 一人は, 世間並じゃ

▼ 芸者~ (25, 1.0%)

2 の許可

1 [23件] からも同じ, が許可, が軒, であった, であつ, ではいずれ, ではない, でも出させ, などの亭主, なんかは出船, に住, に出入, に接したる, に起臥, の古, の女房, の娘, の打壊された, の門口, の間, の阿, や待合, をも開い

▼ 芸者遊び~ (22, 0.9%)

7 をする 2 をした

1 [13件] するやとか, だなんて, などし, など大いに, なんかはよろしい, になり, に百円, に行く, の記憶, はなさらない, もした, もする, をし

▼ 芸者~ (19, 0.7%)

1 [19件] がおやま, がすぐ, がやる, が好い, が起きる, とお, とそして, に私, に追, に追い纏われ, のオノロケ, の賛同, はこそこそ, はまどから千世子, はプノンペン, は三味線, までが, も来た, を名指し

▼ 芸者~ (17, 0.7%)

1 [17件] なにかに, なんかかと, なんかに, アメリカ人かの, 丈助さん, 仲居風の, 何かかい, 何かに, 何かの, 何んだ, 先刻から, 女給か, 女郎か, 女郎とでも, 妾同様に, 娼妓か, 店の

▼ 芸者という~ (17, 0.7%)

3 ものを 2 ことに, のが, ものは 1 のは, ものが, んだろう, 感じも, 按配である, 職に, 言葉を, 賤の

▼ 芸者では~ (15, 0.6%)

2 ない, ないと

1 [11件] ありませんよと, ある, ないかしらとも, ないが, ないの, ないステッキ, なかったろうと, 死なない死なないと, 気に入るはず, 満たされない, 芽が

▼ 芸者でも~ (15, 0.6%)

2 して

1 [13件] あの柔かい, これ程燦然, ない画家, なし, なし娘さん, 上ると, 人に, 其処が, 女優でも, 操を, 生憎買おう, 細君に, 買う積り

▼ 芸者上り~ (15, 0.6%)

1 [15件] かなんか, が多い, だけに図太い, でも長く, のお, のヤトナ数人, の人妻, の奥さん, の女, の妾, の彼女, の恋女房, の桂子, の癖, の若い

▼ 芸者から~ (13, 0.5%)

1 [13件] 三味線を, 他の, 勧化帳でなく, 受ける印象, 受け容れるという, 喇叭節でも, 女給に, 抱きつかれて, 松の, 石童丸の, 聞いたはなし, 聞きましたゆえ, 貰った一銭

▼ 芸者らしい~ (13, 0.5%)

2 のも, 女が 1 ところ少し, 写真と, 女だ, 女とが, 女に, 女の, 婦人の, 暢気さも, 英雄崇拝と

▼ 芸者との~ (11, 0.4%)

2 間に 1 ことが, ことを, 会話に, 姿が, 最も普通, 立場な, 遊びへ, 金切声それかと, 間の

▼ 芸者あがり~ (9, 0.4%)

1 のその, のオメカケ, のオメカケぢ, のメカケ, の女, の彼女, の恋女房, の立居振舞, の莫連者

▼ 芸者であった~ (9, 0.4%)

1 お妾さん, からには不粋, が日本橋区, ことが, ことを, ということ, のを, ひとを, 竹寿々の

▼ 芸者として~ (9, 0.4%)

1 お京, お座敷に, 一ぱし働く, 先斗町で, 天下に, 平常の, 当然の, 許されて, 釧路でも

▼ 芸者じゃ~ (8, 0.3%)

2 ないか 1 ない, ないかしらとも, ないの, ないよ, アない, アなし

▼ 芸者だった~ (8, 0.3%)

1 かたしかに, から今, そうだ, という, ともいいます, と云う, のだ, のを

▼ 芸者とも~ (8, 0.3%)

1 あろう下, つかずに, どこか, 令嬢とも, 女優とも, 知りあいらしい, 見える娘, 関係した

▼ 芸者にでも~ (8, 0.3%)

1 なったら憂さ晴らし, なった方, なるより, 出して, 出たくは, 出れば, 泣きついて, 騒がせて

▼ 芸者にな~ (8, 0.3%)

1 つたに, つたのは, つてからは, つてし, つても, つてゐた, つて出た, つて浅草に

▼ 芸者にも~ (8, 0.3%)

1 いろいろあります, なじんだ, 一円の, 劣って, 大事に, 無論分りません, 見せずに, 金の

▼ 芸者~ (8, 0.3%)

2 をし過ぎ 1 という最も, の勘定, の半分, の招伴, は精神的娯楽, ひを

▼ 芸者といふ~ (7, 0.3%)

2 ものを 1 ことに, のも, もの来らざれ, 一階級である, 事一度も

▼ 芸者なんぞに~ (7, 0.3%)

4 なるん 1 なったとて, なっちゃ, なつちやいけない

▼ 芸者には~ (7, 0.3%)

1 いろいろ世話, しません, ならずに, 値段を, 限らない, 駄目だ, 黒紐赤紐青紐いろいろな

▼ 芸者姿~ (7, 0.3%)

2 をした 1 が近所, のお, の妹, の美しい, の美佐

▼ 芸者買い~ (7, 0.3%)

1 に出かけ, に行きやがる, のできぬ, も出来る, やら吉原通い, をさせ, メカケ狂い

▼ 芸者とは~ (6, 0.2%)

1 どうしてか, やり方が, 云つても, 別の, 小さな声, 西洋人に

▼ 芸者~ (6, 0.2%)

1 ので, ので丸抱え, ので金五郎, ので駒田, ものか, んです

▼ 芸者などが~ (6, 0.2%)

1 そこに, 客や, 柳橋あたりの, 現れると, 絶え間なく, 近づいて

▼ 芸者などは~ (6, 0.2%)

1 いらんと, その断髪, よく縁, 惚れつくよう, 自分の, 買ったが

▼ 芸者なら~ (6, 0.2%)

1 いつかなんとか, ことに, も少し, 数寄屋町に, 旦那が, 櫓下

▼ 芸者風情~ (6, 0.2%)

1 で死ん, と見くびっ, に, には歯, に大切, を家

▼ 芸者だの~ (5, 0.2%)

2 女中なんて 1 カフェーの, 商売女ばかりを, 娼妓しか

▼ 芸者などを~ (5, 0.2%)

1 そば近く, 呼んで, 呼んでも, 妾に, 眼下に

▼ 芸者末社~ (5, 0.2%)

1 のにぎわしい騒々し, の機嫌, はいつか, もそれ, ももうおいおい

▼ 芸者稼業~ (5, 0.2%)

2 がいや, をし 1 なんかより遊芸

▼ 芸者~ (5, 0.2%)

1 が唄う, が必死, が結束, は帰つて, も乗り気

▼ 芸者連れ~ (5, 0.2%)

2 とか避暑 1 で来る, の人達, の男

▼ 芸者~ (4, 0.2%)

1 秋磔柱の, 組が, 豊は, 雪には

▼ 芸者さん~ (4, 0.2%)

1 が肉体, これからは, のこと, 知っとんなさる

▼ 芸者です~ (4, 0.2%)

1 か, ねあれ, よ, 今じゃ

▼ 芸者とか~ (4, 0.2%)

1 パンパンという, 何とかで, 妾とかいう, 相撲取りとか

▼ 芸者とが~ (4, 0.2%)

1 加わって, 街を, 見えたの, 遊びに

▼ 芸者としての~ (4, 0.2%)

1 場合であり, 立場が, 第一歩を, 精神を

▼ 芸者なんか~ (4, 0.2%)

1 してるの, ほんとうに, 君, 描いて

▼ 芸者なんて~ (4, 0.2%)

1 せんでも, まごまごし, 嫌ひだが, 頭から

▼ 芸者まで~ (4, 0.2%)

1 一しょに, 交えて, 揚げる人, 負けず劣らず総勢

▼ 芸者屋さん~ (4, 0.2%)

1 だと, などではそういう, に預けられ, のこと

▼ 芸者屋町~ (4, 0.2%)

1 で小倉, の昼, の興りし, を許可

▼ 芸者時代~ (4, 0.2%)

1 のこと, の写真, の馴染客, の駈

▼ 芸者~ (4, 0.2%)

1 いわゆる玄人, と何, の末社, は全く

▼ 芸者~ (4, 0.2%)

1 だとか, なるも, の女, の粋

▼ 芸者その~ (3, 0.1%)

1 人は, 儘の, 朋輩の

▼ 芸者それ~ (3, 0.1%)

1 くらいの価値, じゃお前, を鮎川

▼ 芸者だろう~ (3, 0.1%)

1 というよう, という推察, と淫売

▼ 芸者である~ (3, 0.1%)

1 かどう, がこの, と言

▼ 芸者などに~ (3, 0.1%)

1 くらべると, 大旦那, 身を

▼ 芸者などには~ (3, 0.1%)

1 似合わぬ者, 全然関心, 到底聞く

▼ 芸者などの~ (3, 0.1%)

1 ことは, サービスとかいう, 比では

▼ 芸者なる~ (3, 0.1%)

1 ものが, ものを, 呼び名は

▼ 芸者~ (3, 0.1%)

1 おくる女学校, 二円の, 凝るという

▼ 芸者二人~ (3, 0.1%)

1 と万力, に稲福, 話しながら

▼ 芸者~ (3, 0.1%)

1 がシャチョウハーン, が真面, を早く

▼ 芸者家町~ (3, 0.1%)

1 であらう, であろう, の凹地

▼ 芸者小奴~ (3, 0.1%)

1 であつ, のこと, は今

▼ 芸者数名~ (3, 0.1%)

1 をあげ, を余興, を従え

▼ 芸者~ (3, 0.1%)

1 であった, なる本町通, の顔利

▼ 芸者あがりだ~ (2, 0.1%)

2 から世帯

▼ 芸者~ (2, 0.1%)

1 ている, てゐる

▼ 芸者づれ~ (2, 0.1%)

1 の客, の私風情

▼ 芸者としては~ (2, 0.1%)

1 今を, 年増の

▼ 芸者とともに~ (2, 0.1%)

1 並べて, 暫時を

▼ 芸者ども~ (2, 0.1%)

1 は少し, を呼寄せる

▼ 芸者など~ (2, 0.1%)

1 つれて, ゐたか

▼ 芸者なんぞ~ (2, 0.1%)

1 やめて, 今さら見たい

▼ 芸者に対して~ (2, 0.1%)

1 君と, 自分は

▼ 芸者に対する~ (2, 0.1%)

1 ような, 感じにも

▼ 芸者ふたり~ (2, 0.1%)

1 が私, は挨拶

▼ 芸者までが~ (2, 0.1%)

1 彼の, 腹をか

▼ 芸者より~ (2, 0.1%)

1 一歩退っ, 甚しい

▼ 芸者よりも~ (2, 0.1%)

1 清いの, 濃厚だって

▼ 芸者らしくない~ (2, 0.1%)

1 と云う, 芸者を

▼ 芸者オメカケ~ (2, 0.1%)

2 を敵性国家

▼ 芸者ガール~ (2, 0.1%)

1 の母さん, をし

▼ 芸者三人~ (2, 0.1%)

1 に取りまかれ, 連れて

▼ 芸者仲居~ (2, 0.1%)

1 が小さく, に対して自由自在

▼ 芸者太鼓持~ (2, 0.1%)

1 がかご, を連れ

▼ 芸者女中~ (2, 0.1%)

1 がそんな, が雪

▼ 芸者小さん~ (2, 0.1%)

1 は柳盛座, を身受

▼ 芸者小兼~ (2, 0.1%)

1 の情夫江戸屋, は早く

▼ 芸者幇間~ (2, 0.1%)

1 を侍らし, を連れ

▼ 芸者扱い~ (2, 0.1%)

1 にされた, にし

▼ 芸者狂い~ (2, 0.1%)

1 をする, をなし

▼ 芸者育ち~ (2, 0.1%)

2 のマダム

▼1* [210件]

芸者あがりでこの顔ぶれ, 芸者あがりですねきっと, 芸者いけねえよその, 芸者おさんに扮, 芸者かしこの娘, 芸者かせぎのこと, 芸者かって君に, 芸者かと思った, 芸者かも知れない, 芸者かネ花魁か, 芸者がはいつて, 芸者がることは, 芸者がわりにお, 芸者きわである, 芸者ぐらいに売られに, 芸者この奴という, 芸者さん達に気の毒, 芸者しか知らない, 芸者したものは, 芸者じゃがあの翌, 芸者じゃねえってのにしつこい奴, 芸者がたが, 芸者すなわちソレシャに, 芸者そうはさせじ, 芸者そっくりの島田, 芸者そのままの姿, 芸者その後不見転娼妓私娼妾仲居等転々とした, 芸者その頃冬の夜道, 芸者そんな若い芸者, 芸者たりし故に, 芸者だけでは, 芸者だけがそれを, 芸者だってお女郎, 芸者だってからひどい, 芸者だつたことを, 芸者ちゆうたってここら, 芸者やあるまい, 芸者つてつまらないのね, 芸者づらあしても二枚監札, 芸者いやな, 芸者でありもう一人, 芸者でありましたから兵馬, 芸者であるらしいことは, 芸者でしたがね, 芸者でしょうね, 芸者ででもあったの, 芸者でないと言っ, 芸者でなくとも女, 芸者といふはかうしたもの, 芸者とかいうような, 芸者とかに思を, 芸者とだけの関係なら, 芸者とて三囲土手下の, 芸者とでもいうよう, 芸者とに耳打し, 芸者とよりは師匠らしく見える, 芸者とを引きよせた, 芸者と共にわたしをも, 芸者どうしの饒舌, 芸者どころか女郎や, 芸者ども二三人外に出, 芸者なしに一, 芸者なぞだと, 芸者なぞが白昼往来を, 芸者なぞになりさがって, 芸者なぞには出したくないん, 芸者なぞは思い当りも, 芸者なぞをかかしても, 芸者なども上って, 芸者なみの量, 芸者ならざる衣子の, 芸者なり商売女に, 芸者なんかと比較る, 芸者なんかに恋した, 芸者なんぞが見て, 芸者にだって誰にだって, 芸者にて長襦袢は, 芸者にね君なら, 芸者にばかりでは, 芸者彼れ, 芸者ははちは, 芸者ばかりのせゐか, 芸者ばかりは素肌へ, 芸者ひとりを呼ん, 芸者ひとり招べない, 芸者ぶりで立派, 芸者への勘定は, 芸者めく気持にな, 芸者もしくは淫売だった, 芸者もな三十人から, 芸者やめてます, 芸者やも廃業高級料理店も, 芸者よりは安いよう, 芸者の供, 芸者らしき女などの, 芸者らしくはない, 芸者らしくない変った女を, 芸者らしくなく態度や, 芸者らしく見えないのだろう, 芸者をといい付け, 芸者ガール賓客も主人公側, 芸者ノオ京サンヲ友田サンガ, 芸者メリンスのきもの, 芸者一人に人情, 芸者三吉およつ相合傘, 芸者並みに客, 芸者之部といふ条, 芸者二三人ずつかたまっ, 芸者二十四刻の踊り, 芸者りに, 芸者代りに雇われ, 芸者が故に, 芸者何誰外へも出し, 芸者俳優中村又五郎を怨み, 芸者全部に昼間, 芸者八重吉と関係, 芸者半玉を引き連れた, 芸者半玉魔窟の女, 芸者及びそうした趣味, 芸者同士の礼儀, 芸者商売はして, 芸者壱円にて帯, 芸者夢八のお, 芸者大勢がいずれ, 芸者夫婦ものの貧しい, 芸者奉公たア, 芸者女給ダンサア型が主, 芸者妻吉がある, 芸者娼妓これがため, 芸者嫌いよ, 芸者にもなり, 芸者学生の団体, 芸者家新道の曲角, 芸者家組合をつくり, 芸者小万と男, 芸者小勝の親, 芸者小半の事, 芸者小役人の細君, 芸者小説か, 芸者少し薹は, 芸者尾張屋新吉と似, 芸者屋そこへ集まる, 芸者屋それから四条, 芸者屋二軒の間, 芸者屋仲間にはまだ, 芸者屋兼待合である, 芸者屋待合なんぞへ主, 芸者屋料理屋待合風の家, 芸者屋稼業とか一生, 芸者常磐津の師匠, 芸者引かせて女房, 芸者情人若い妻君等, 芸者抜きで酒, 芸者揚げてさわい, 芸者揚句の妙齢, 芸者数十人を侍らせ, 芸者数多揃い衣の片, 芸者文学やジゴマ, 芸者文学ダンサーなど頓狂, 芸者料理屋待合などからなぜ, 芸者料理屋置屋などからゴッソリ差入れ, 芸者時分にチャーン, 芸者の支那名, 芸者殺し君が専任, 芸者気随気儘勝手次第にその, 芸者を撮る, 芸者狂ひなさらうとも, 芸者玉子サンよ, 芸者現れてお座付, 芸者直方の芸者, 芸者相手にサンドウィッチ, 芸者知らぬ土地故, 芸者祝儀枕金共二円玉代一本二十五銭女中祝儀三拾銭を以て最低, 芸者稼ぎをし, 芸者立派な昼飯, 芸者等凡ゆる階級, 芸者節用などのはなし, 芸者紳士警官お酌, 芸者組合より苦情出, 芸者結束して, 芸者あげね, 芸者が代表, 芸者美代吉の扮装, 芸者自身がきまり, 芸者舞妓花蛙などにとじこもっ, 芸者にもなっ, 芸者芸人鳶者芝居の出方, 芸者芸者と呼ん, 芸者若い妓芸者の, 芸者荻江里八の弟子, 芸者衆三味線をひけ, 芸者衆肩を貸せ, 芸者がある, 芸者襟付の不断着, 芸者見た事が, 芸者見番というもの, 芸者諸君さう, 芸者買いさせとるんだ, 芸者買いしたって学校, 芸者買いするのはよ程, 芸者買いせいと言うた, 芸者買うなんて不, 芸者買って金, 芸者連中の悲鳴, 芸者連名帳にれいれいと, 芸者酔っぱらい客などがしきりに, 芸者金たけ長をかけ, 芸者附きの大, 芸者雛妓が八人, 芸者面しやがつて