青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「芸妓~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

芝居~ 芝生~ 芥川~ 芭蕉~ ~花 花~ 花嫁~ 芳~ ~芸 芸~
芸妓~
~芸者 芸者~ ~芸術 芸術~ ~芸術家 ~芽 芽~ 苔~ ~若 若~

「芸妓~」 1176, 13ppm, 8656位

▼ 芸妓~ (178, 15.1%)

5 福松は 3 ような, 一人が 2 一群が, 口が, 名を, 奴は, 手踊を, 数が, 方が, 福松が, 身請は

1 [149件] いずれを, いろいろな, おしゃく, おのろけ, お浪, お重さん, お雪, ことが, ことで, ことなどを, ことを, すがた, ちりめん浴衣に, ところへ, とりまき, ひそめく声, ひとりが, ひどさ, ように, エロサービスは, オドオドした, サービスあり, ハンカチーフを, ヒドイ近眼の, ボロ三味線, 一人と, 一群だった, 三人連れが, 三味線で, 三味線の, 上へ, 不礼さ, 事は, 事を, 云ふ, 仕込みを, 代りに, 估券は, 住居でない, 住居らしい, 何もの, 兄さん後家の, 内証歩行と, 内証歩行という, 写真を, 出る宴会, 勤どういう, 化けものが, 十の, 厭世自殺を, 取締に, 受持と, 口から, 口でも, 名は, 名妓だった, 名寄せを, 品行を, 唄う歌, 塩梅と, 声で, 奴, 奴に, 奴を, 妹分で, 姿で, 姿や, 娘分が, 媚という, 子として, 子役者の, 容姿を, 小せん, 小照と, 屋台囃子とともに, 廃業を, 役よ, 後ろへ, 徒は, 感じ悪し, 或は母親, 手に, 手ほどきなどで, 手古舞い, 手踊越後獅子を, 手近へ, 抱え主の, 方からは, 方で, 方へ, 時の, 時太郎梅竜ぼ, 梅子と, 横っ腹を, 横腹を, 歌舞を以て, 浮気は, 温習に, 演芸会でも, 照代ことゲレンの, 生鈍い, 福松に, 福松を, 稼業です, 箱屋じゃ, 節操という, 罪障は, 職から, 胃袋の, 脇腹を, 腰巻にまで, 膝に, 自分として, 花代が, 花吉, 花吉を, 花見小袖目かつらの, 芸が, 袂にも, 裾に, 裾の, 裾を, 見習として, 言葉を, 話は, 話や, 話を, 調子はずれの, 足は, 跋扈した, 跋扈を, 踏む床, 身請という, 部さだ子事長谷川てい吉川町七番地, 部吉川町三の, 酌で, 配りもの, 長吉です, 開いて, 間夫じゃった, 雛妓を, 面を, 頭を, 頭数は, 顔を, 類を, 風俗も, 養母だ, 鼻息は

▼ 芸妓~ (106, 9.0%)

19 して 4 連れて 3 呼んで 2 あげて, つれて, 呼ぶこと, 家に, 生み出し人間

1 [70件] お島さん, そこに, たいそう卑し, のせた人力車, ひかして, よんでの, 一人ずつ, 上げて, 丸裸の, 主に, 二三人ひっぱっ, 二三人一座に, 二人よん, 伴れた, 侍らせた自動車, 入れて, 入れること, 円本芸者と, 取次に, 受出す, 召すが, 呼たい, 呼ばっても, 呼びに, 呼ぶ手続, 団扇で, 多勢抱え, 女房に, 廃業て, 引入れたとかいう, 彼の, 愛したこと, 愛するが, 招いで, 描くので, 揚げて, 撰んだ, 早くも, 殺したに, 殺したの, 殺したもの, 殺した覚え, 殺す気, 為て, 猫と, 相手に, 眼の, 睨廻い, 突飛ばして, 総あげ, 総揚げに, 羽織衆, 聘ぶ, 落籍して, 落籍せる, 見た, 見て, 見習って, 誘拐し, 貰い込んで, 買うか, 買うもの, 買うより, 連れた目立たない洋服, 連れ出した場合, 選んだ, 集めて, 集め大いに, 露払いに, 題にとって

▼ 芸妓~ (96, 8.2%)

2 二人と, 来て, 湯に, 舟の

1 [88件] あいてるわけ, あがり一, あった, ありと, ある, あると, あるもん, ある男, いきなり兵馬, いた, おおしん, お早, この暗い, すらりと, そうっと下り, たくさんな, ついと現れ, どこに, なぜ両手, ほんのりと, ろくなの, ゐたもの, サイダーの, モ一人の, 一人銀簪を, 三人お, 三人三味線を, 三人年増の, 三味線を, 三絃を, 両手に, 乗り込んで, 二人いた, 二人それと, 云った, 今は, 介添に, 何か, 六人玉代は, 出て, 加茂川さんちょい, 参りますが, 同月同日の, 同町内, 呼ばれるよう, 唄った, 墨の, 変死した, 大勢来, 女中に, 客と, 客を, 宴席に, 対手が, 小歌らしい, 少くなり, 居る, 居るか, 市川流の, 憎くて, 拝むと, 拾ってね, 揃いの, 揃って, 料亭から, 有りますが, 木曾の, 来ても, 来ねえって, 果してゆうべ, 椰子の, 病気で, 築地の, 綱を, 自宅に, 襟裏の, 誰に, 踊って, 踊るの, 輿に, 追って酒宴, 通る, 部屋の, 酒間を, 附いて, 陽気な, 頼まれた, 黒文字ツて

▼ 芸妓~ (91, 7.7%)

3 なったの, 出て 2 なった, なって, なりたいと, 売られて, 売ろうと

1 [75件] したという, して, しては, するが, するの, そんな怖, つがせながら, なぞらえて, なったり, なった女, なった後, ならで, ならねば, なりたい, なり下つたト, なるが, なること, なるなら世話, なるの, なる可, なる心得, もてた小説, わけを, わたしの, 三百両を, 与えた, 似たる裸体美人, 何か, 兄さんと, 入り揚げちまって, 出されむといふ身, 出して, 出しぬかれたの, 出たとか, 出てた彼女, 出てるという, 出ねば, 出ました私同様, 出ようという, 出るという, 出るなんて, 出るよう, 出れや, 化けた, 囲まれて, 売られそこ, 売られた夜, 売ると, 子を, 御布施を, 心中され, 恋して, 惚れるなどは, 意気地が, 戯れ醜, 新しいお, 深くなっ, 献し, 生ませた女らしい, 目を, 眼を, 祝儀でも, 私が, 突き当る日, 総見を, 美妙の, 芳町の, 言いつけた, 通ひ, 逢うても, 逢ったこと, 違いない, 限るん, 陥り込んで, 預けっ放し

▼ 芸妓~ (71, 6.0%)

2 富田屋花魁は

1 [69件] あなたの, あまり有りふれ, いやで, お世辞, こっち向きに, この娘, この間の, しばらく街路樹, しまいに気, すげなく答えたが, そんなこと, ちょっと覗き込ん, どうして死んだ, どうして殺された, ないか, なんという, まったくあの, もう来とる, もとより紀, やっぱり貞之進の, 一人も, 一寸頭, 一度に, 一昨日宇津木兵馬という, 世間を, 人身売買である, 何の, 先頃廃業した, 冷かに, 力を, 呼ばずに, 呼ばん, 四〇五娼妓は, 如何に, 安心した, 小浜屋の, 島田を, 幕吏に, 廉かった, 御新造が, 心持髪の毛が, 急に, 手を, 手巾で, 手持無沙汰に, 振り向きつ, 振返りそこ, 操にかけても, 旦那と, 昨夜の, 有徳な, 来ない, 果して, 横を, 泣いて, 洩した, 物事の, 甘いと, 眉を, 矢張叔父さんに, 秘密とは, 笑は, 縮みあがって, 美しいもの, 葭簀張に, 貞之進の, 辞書と, 顔を, 風儀が

▼ 芸妓たち~ (58, 4.9%)

1 [58件] が現われ, が面白, が馴れ馴れしく, が驚い, が魂消る, だからと, だの一山, です, とを見, と一緒, なんぞは政どん, にもちゃんと, にムゴ, に勝越そう, の中, の後ろ姿, の船, の風俗, の饒舌, は, はお客, はき, はそれ, はちょっとした, はとうとう, はどやどや, はみんな, はよく, はキャッキャッ, は争っ, は何, は八方, は冗談, は右手, は女将, は姐さん, は娘, は寒, は寒々, は自ら私, は訊き返す, は這いだし, は馴れ, は黙り合った, まで, もお, ものぞき, ももう, も一緒, も何となく, も客たち, も惚れ惚れ, も気がつい, をば美醜, をも駆りあつめ, を総, を誘っ, を連れ

▼ 芸妓~ (46, 3.9%)

2 の前, もあった

1 [42件] おとっさん, から若い, がのこり, が二, が六七軒, が多かっ, じゃあない, つづきの, であった, と女郎屋, と親元, に丸抱え, に於, のコ, のコドモたち, の下地ッ子, の主, の乞食, の亭主気取り, の参謀, の名, の娘分, の息子, の情夫さん, の払うた, の抱え主, の方, の箱屋, の親方たち, の門, へゆき, へ半玉, へ這い込ん, へ金, へ預けた, やお, や劇場, をはじめ, を出し, を姉娘, を始めた, を開い

▼ 芸妓~ (43, 3.7%)

2 なって, 娼妓ばっかりを

1 [39件] いつのまにか深く, いひ娼妓, いふ者の, お客とか, その情人, その魚, なじんで, なったり, なつて, なると, ひとしいと, マレーの, 一緒に, 二人で, 云うの, 云うもの, 仲居が, 似た組織, 余りに公然と, 俳優は, 八丁堀の, 囁いて, 小粒金と, 床を, 心中した, 心中する, 懇親な, 武士との, 深い馴染み, 温泉の, 箱丁と, 見えて, 見れば, 違って, 関係って, 関係つて何時の間にか, 飲む時, 飲む酒, 馴染を

▼ 芸妓~ (28, 2.4%)

2 料理屋の, 舞妓に

1 [24件] 仲居が, 仲居やの, 何かに, 其の情夫, 女中などを, 女郎のと, 女郎衆の, 娘の, 娼妓でも, 娼妓やが, 幇間が, 幇間の, 役者の, 情夫の, 春駒を, 相撲なども, 舞妓が, 舞妓の, 舞妓達から, 色子を, 落語家に, 酌婦という, 雛妓を, 鼓笛の

▼ 芸妓~ (25, 2.1%)

1 [25件] ある, あるといった, あれば, きっと死に, この謎, たいていで, ない姉, ハンカチーフで, 乞食も, 入らぬ余, 十数名酒間を, 参つて居りました, 及ばないよう, 同日に, 呼んで, 商売の, 女学校の, 客の, 客数ほど, 居るか, 料理屋も, 月例会に, 有ったもん, 極くお, 裏面では

▼ 芸妓~ (21, 1.8%)

2 に引きずられ, も先刻踊り

1 [17件] がピン, が口, が帰っ, が帰つて, との雑魚寝, に所望, のよう, のよく, はこれ等, はこんな, はならび, は一勢, は各自色々, は月光, は笑, も一時, も皆上品

▼ 芸妓~ (17, 1.4%)

2 小浪は

1 [15件] あつた, あつたの, しくじるほどの, その頃大戦直後, ねそれ, 人気と, 初めは, 千代子が, 取って, 居ました時, 心易げに, 戦争に, 折々違つた男, 方々を, 深見高次の

▼ 芸妓~ (15, 1.3%)

2 の株

1 [13件] がふえたらしい, が二軒, では台所, となった, の売家, の女将, の福松, の躾, の門標, へとゆく, へ泊り込ん, へ電話, へ預け

▼ 芸妓~ (13, 1.1%)

1 [13件] が, が一頻り, が引札がわり, にま, に引かれ, の一行, の遊客, の顔, は地, は悲鳴, をはじめ, を引具し, を見かける

▼ 芸妓~ (11, 0.9%)

2 ということ, とか女優 1 からちっと, からつて可哀, か遊女, がね私, という話, と思った, と離れたろう

▼ 芸妓という~ (11, 0.9%)

1 [11件] かたちであり, ことだ, のだ, ものが, ものは, ものを, ような, 勤めは, 売笑婦の, 奴も, 芸妓を

▼ 芸妓~ (10, 0.9%)

1 であるか, でも招ん, とかで, と一しょ, のそれ, のなんか馴れ, は東京, もおそく, や娼妓, や水茶屋

▼ 芸妓さん~ (8, 0.7%)

2 になった 1 でしょう年増, とでも腕車, になり, のお, はあった, を乗せ

▼ 芸妓では~ (8, 0.7%)

2 ない, ないか 1 お稻, ないが, なく意地, 踊り手の

▼ 芸妓でも~ (7, 0.6%)

1 まア名主様, 可い加減, 女優でも, 抱え車, 揚げて, 時勢おくれ, 箱丁でも

▼ 芸妓など~ (6, 0.5%)

1 一寸さき, 出入し, 言う賤しき女輩, 誰も, 連れて, 霧に

▼ 芸妓はん~ (6, 0.5%)

1 いうて, がありま, がちらちら, が路, が通り, にでもしや

▼ 芸妓上り~ (6, 0.5%)

1 で, であって, であるという, と言う, の女, の市松

▼ 芸妓~ (6, 0.5%)

3 の秘訣 1 ですかと, はなさる, を行つて

▼ 芸妓だって~ (5, 0.4%)

1 あなた酔興で, お前さん酔興で, それだけの, 同等の, 酒飲で

▼ 芸妓などを~ (5, 0.4%)

2 弄んで 1 弄ぶが, 引きつれて, 連れて

▼ 芸妓連中~ (5, 0.4%)

2 として幾人 1 が一斉, が心, の声

▼ 芸妓~ (4, 0.3%)

1 なにかで, 京の, 又は町, 女郎か

▼ 芸妓であった~ (4, 0.3%)

1 が酒楼川口屋, ということ, という女, 主婦さん一人で

▼ 芸妓である~ (4, 0.3%)

1 ことが, ことは, とする, 雛妓の

▼ 芸妓として~ (4, 0.3%)

1 小歌の, 廓の, 知られ選挙違反, 自分の

▼ 芸妓としての~ (4, 0.3%)

1 守らねば, 教養で, 生活を, 盛時は

▼ 芸妓にも~ (4, 0.3%)

1 それを, ひとしい稼業, 少ないと, 引っ掛りが

▼ 芸妓らしい~ (4, 0.3%)

1 人たちが, 女が, 女の, 女見世物小屋の

▼ 芸妓屋町~ (4, 0.3%)

1 に住居, のあたり, の演芸館, へ渡る

▼ 芸妓島田~ (4, 0.3%)

1 がわざとらしい, の, は名誉, を俯向け

▼ 芸妓幇間~ (4, 0.3%)

1 に仕, をずらりと, を引つれ, を揚げ

▼ 芸妓から~ (3, 0.3%)

1 よこした手紙, 素破抜かれ, 足を

▼ 芸妓であり~ (3, 0.3%)

1 お代官, 女郎である, 女郎でない

▼ 芸妓とか~ (3, 0.3%)

1 何とかなる, 何とか云う, 所在な

▼ 芸妓との~ (3, 0.3%)

1 あいだに, 話は, 間の

▼ 芸妓とは~ (3, 0.3%)

1 月の, 深い馴染み, 見えたが

▼ 芸妓とを~ (3, 0.3%)

1 乗せた小舟, 取廻す者, 紹介しよう

▼ 芸妓にでも~ (3, 0.3%)

1 なって, 女給にでも, 見えたの

▼ 芸妓には~ (3, 0.3%)

1 しゃがしてもらいにきはしない, 二上りの, 珍しく一滴

▼ 芸妓ばかり~ (3, 0.3%)

1 では, 出るらしい困りもの, 酌に

▼ 芸妓よりも~ (3, 0.3%)

1 卑しいもの, 多く人を, 私の

▼ 芸妓姿~ (3, 0.3%)

1 の写真, はうけとれなかった, をいたわり撫でたい

▼ 芸妓歌吉~ (3, 0.3%)

1 と心中, の母親, は日本橋

▼ 芸妓殺し~ (3, 0.3%)

1 と手口, の下手人, 石原の

▼ 芸妓稼業~ (3, 0.3%)

1 というもの, の身, を芸

▼ 芸妓紳士通人~ (3, 0.3%)

1 から耶蘇孔子釈迦, と得失, を見れ

▼ 芸妓じゃ~ (2, 0.2%)

1 ありません, あるまいしさ

▼ 芸妓じんみち~ (2, 0.2%)

2 になる

▼ 芸妓だった~ (2, 0.2%)

1 おたけさん, こと今では

▼ 芸妓です~ (2, 0.2%)

1 か, よ

▼ 芸妓といふ~ (2, 0.2%)

2 ものは

▼ 芸妓としては~ (2, 0.2%)

1 当然な, 温柔し過ぎる

▼ 芸妓ども~ (2, 0.2%)

1 なんかに話す, 列べッ

▼ 芸妓~ (2, 0.2%)

1 のだ, のです

▼ 芸妓などが~ (2, 0.2%)

2 柳橋あたりの

▼ 芸妓などに~ (2, 0.2%)

1 ただこの, なり下

▼ 芸妓などの~ (2, 0.2%)

1 代名詞にも, 名は

▼ 芸妓なる~ (2, 0.2%)

1 ものの, 者は

▼ 芸妓なんぞ~ (2, 0.2%)

2 ドウでも

▼ 芸妓より~ (2, 0.2%)

1 はるかに, 出世し

▼ 芸妓三人~ (2, 0.2%)

1 があるまじき, の上

▼ 芸妓二名~ (2, 0.2%)

1 の死傷, の行方

▼ 芸妓~ (2, 0.2%)

1 が強気, が煽っ

▼ 芸妓~ (2, 0.2%)

1 と同じ, と町内

▼ 芸妓学校~ (2, 0.2%)

1 が受け, では

▼ 芸妓日本画浄るり新内~ (2, 0.2%)

2 といった風

▼ 芸妓時代~ (2, 0.2%)

1 から変りもの, の窮乏

▼ 芸妓置屋~ (2, 0.2%)

1 である, の女将

▼ 芸妓聯隊~ (2, 0.2%)

2 の敵前渡河

▼ 芸妓遊女~ (2, 0.2%)

1 のかえ, の類

▼ 芸妓風情~ (2, 0.2%)

1 に口説い, を内

▼1* [139件]

芸妓あがりだツて, 芸妓あがりで四十五六の, 芸妓あがりらしい女と, 芸妓あたりの調子, 芸妓あての附文, 芸妓酌仲居の, 芸妓かなんかをかいて, 芸妓がよけて通る, 芸妓ぎごちない新婚夫妻, 芸妓くずれの傾城, 芸妓ぐらい口説き憎い, 芸妓へ入る, 芸妓さん達が着物, 芸妓そのつもりで, 芸妓たいそうきれいな, 芸妓たち三人五人の手前, 芸妓だけじゃないか, 芸妓だけは脚本を, 芸妓だちも微酔, 芸妓だっても厭な, 芸妓だつたさうだが今, 芸妓だのツて, 芸妓だろうが何, 芸妓づれのいやな小父さんになりました, 芸妓のが, 芸妓であっても生娘, 芸妓でありたくないと一心に, 芸妓でありまするが余程, 芸妓であろうと想像, 芸妓でさえこれこれの, 芸妓とかいう者は, 芸妓とが相合傘で, 芸妓とだけ話す, 芸妓とともに円陣を, 芸妓とも白首とも, 芸妓と共に歌舞伎をも, 芸妓などと並ぶこと, 芸妓などにはなりたくないと, 芸妓などは奮発し, 芸妓なんかいるわけ, 芸妓なんかに可愛がられたこと, 芸妓なんかを連れて, 芸妓なんぞが何かの, 芸妓についてはこれも, 芸妓にゃ魚屋だの, 芸妓はと訊くと, 芸妓ひとつ描く場合, 芸妓ひどいウンスヰばかり, 芸妓な子, 芸妓ふうのつくりであろう, 芸妓注ぎこんだ村会議員, 芸妓ほど人の, 芸妓もちよいちよい遊び, 芸妓ものはとんと, 芸妓やによってこうして会, 芸妓やや料理店の, 芸妓やをはじめると, 芸妓ゆえのお, 芸妓もまじっ, 芸妓らしく素顔に, 芸妓らしくなりすましている, 芸妓らしく思われてならなかった, 芸妓らはいふに及ばず, 芸妓をも四人ほど, 芸妓を通じて若久一人しか, 芸妓ガールだと, 芸妓ニ於テハ先ヅ小梅才蔵松吉梅吉房吉増吉鈴八小勝小蝶, 芸妓一人の稼ぎ高, 芸妓一統互にほっとしたらしい, 芸妓上がりのお, 芸妓乙姫のイミタシオンたち, 芸妓二十二三のすらり, 芸妓二名ガ殺サレタ事件, 芸妓仲居までが攘夷, 芸妓仲間では往来, 芸妓僕ビールを飲み, 芸妓前髪を気, 芸妓募集年齢十五歳より三十歳, 芸妓募集花柳病院とは充実, 芸妓勤めをし, 芸妓十五六名が水, 芸妓叶家歌吉といへるもの中橋, 芸妓遊芸の, 芸妓をついだ, 芸妓和泉屋の福松, 芸妓喜代次を愛し, 芸妓喜代治とだらし, 芸妓女郎に惚れられた, 芸妓姉妹はその, 芸妓娼妓矢場女白首にだ, 芸妓家二軒の廂合, 芸妓家待合料理屋の亭主連, 芸妓小峯を呼び, 芸妓小川小三, 芸妓小松が笹子峠, 芸妓小染を配した, 芸妓小梅である, 芸妓屋さんへ出前, 芸妓屋和泉屋の福松, 芸妓屋稼業にとつて, 芸妓屋軒を列ね, 芸妓屋道にどんな, 芸妓幇間役者話家媚ヲ献ジ気ニ, 芸妓廃業世帯出産子供の死亡, 芸妓の顔, 芸妓だ, 芸妓旦那衆画家芸人噺家たいこもち金に糸目, 芸妓末社を総, 芸妓が本町辺, 芸妓梅乃家の小歌, 芸妓梅乃家小歌が黒, 芸妓歌舞伎落語三味線柳腰の世界, 芸妓気質の塵, 芸妓などへウロ, 芸妓矢場女の如き, 芸妓福松という奴, 芸妓の大, 芸妓米八には千歳米波, 芸妓紅葉女生徒漣女壮士正太夫, 芸妓素人の隔てなく, 芸妓組合なぞといふもの, 芸妓である, 芸妓舞妓は左右, 芸妓舞妓幇間まじりきらびやか, 芸妓舞子が寝る, 芸妓芸人を妻, 芸妓にて亀清楼柳光亭, 芸妓がもし, 芸妓評判記を募つ, 芸妓貞鑑はみな彼女, 芸妓買いをしてやろう, 芸妓通客はこの, 芸妓連中音曲のお, 芸妓遊びをする, 芸妓遊女茶屋女その他何である, 芸妓雛妓の類, 芸妓雛妓たちにとりまかれ, 芸妓をし, 芸妓に結った