青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「芸~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~芝居 芝居~ 芝生~ 芥川~ 芭蕉~ ~花 花~ 花嫁~ 芳~ ~芸
芸~
芸妓~ ~芸者 芸者~ ~芸術 芸術~ ~芸術家 ~芽 芽~ 苔~ ~若

「芸~」 2317, 25ppm, 4656位

▼ 芸~ (399, 17.2%)

16 して 8 見て 7 見せて 6 やって 5 仕込んで, 売って 3 した, もって, 御覧に, 持って, 演る

2 [20件] さしたり, させたり, させて, しこんで, するの, みせたの, やつて, 仕込ます事, 御披露, 披露に, 持ってるが, 演じさせこの, 演じた, 演じたり, 知って, 磨くの, 見せると, 覚えるの, 賞翫する, 離れて

1 [297件] あまりばか, いかが, いくつか, いたすの, いちいち審査審判, いろいろ教え, お名, お慰みに, お授けしよう, かえること, かえる度毎, きわめれば, こういう風, ごらんに, さして, させた都合上, させようと, させるには, させるん, しくじったこと, しくじったので, しくじらせようと, しこみます, しこみ銭, したが, したもの, しても, してるよう, しないという, しなければ, しましたので, しますよ, すこしし, すべて取り入れなけれ, する, するが, するその, するもの, するやう, するやつ, するよ, する人気者, する以外, する当人, する者, せば, せんでも, ぜひ, それほどまでに, ただ荒い, たのしんで, だしきつ, だしなさい, ちゃんと身, つくした制動, つけて, つづけた竜次郎, とりいれて, なし和泉, なせば, なるべく目立, なるべく目立たす, はじめた, はじめるよう, ひいきに, ひけらかして, ふるうよう, また国外, みっちり仕込ん, やった, やったの, やったり, やってるの, やむなくここ, やらした, やらせたの, やらせ宿屋, やりながら, やる, やること, やるもの, やる時, やる獅子使い, よく見, よく覚え, カシタンカに, 一ツ覚えさせなかった, 一度観, 一番うまく, 一般大衆の, 三度繰り返し, 三番叟が, 並べたてて, 中心と, 中止し, 了り, 予は, 二三に, 二三年毎に, 云々する, 云い立て, 仕上げるのに, 仕損じた事, 仕込まうと, 仕込ませるの, 仕込まれたり, 仕込まれた牝山羊, 仕込まれて, 仕込まれるの, 仕込まれ得る素質, 仕込まれ縁日, 仕込むなんて, 仕込むに, 仕込むの, 仕込む気, 仕込んだのに, 仕込んだり, 何故かぶき, 使う中年増, 兼業として, 出して, 出し切って, 出す, 分化し, 切り売りしたく, 創作する, 励むので, 勉る, 勉強しなけれ, 勤めたもの, 十分に, 向上させ, 味う, 售って, 唯一人で, 商って, 国外へ, 培った, 堕落させ, 堺の, 売らせて, 売り物に, 売る御蔭, 売れば, 売物, 奏したの, 好み常に, 好むも, 始めた, 始めました, 始めるの, 嫉むもの, 学ぶに, 完全に, 完成させる, 完璧に, 客に, 封じたなどとは, 封じる約束, 小芝居, 工夫する, 強いられた, 強ひられ, 御所望, 心の, 必要と, 忘れた裸体, 思い浮べて, 惜しまずこの, 想わせる渋い, 愛して, 愛するもの, 成立させる, 我生命として, 手本と, 打ち破って, 承け継いで, 承知の, 投げた事, 持ちながら, 持ったもの, 持ったやつ, 持った人, 捨てて, 政治的に, 教えおる, 教えたの, 教えり, 教え始めた, 教は, 教へ, 有して, 有するが, 松次郎の, 根こそぎ棄てなけれ, 楽しむなど, 模倣し, 残す人, 永久に, 派手に, 渡世として, 演じたが, 演じながら, 演じました, 演じる様, 演じ損じ不浄, 演じ観客麕集, 演じ賞賜, 演ずること, 演ずるの, 演ずる傍一日分, 演ずれば, 演ぜしむ, 演らせたら, 為す事, 熱心に, 現わし, 生命に, 申立てなけれ, 発展させた, 発見すべき, 盗むどころか, 目的に, 眉唾ものだ, 知ってから, 知らないの, 知らなかった, 磨いて, 磨きながら, 磨く, 磨くこと, 磨くならば, 磨くよりも, 磨く気, 神様に, 私は, 称讃する, 移して, 種々な, 競演しだした, 細かに, 終えて, 継いだ者, 継いで, 継ぐこと, 続け出したの, 習いおおせるもの, 習いはじめて, 習いひたすら, 習う人, 習わせた, 考えて, 聞いて, 聴いても, 聴きその, 聴くん, 色彩に, 芸術としては, 蝕んで, 褒めるので, 見がち, 見せたが, 見せたもの, 見せた料金, 見せます, 見せられるの, 見せる, 見せるに, 見せるもの, 見たさ, 見ないで, 見ようと, 見るよう, 見る度毎, 見る目, 見物が, 見聞いて, 見落しては, 覚えます, 覚えるにも, 覚えるよりも, 評するの, 試みた, 認めて, 語るの, 語るよりも, 賞めた, 賞める, 追い抜いて, 追放し, 重ねて, 鑑賞する, 長い間練習, 阿部豊が, 飛躍させた, 養い第, 高く評価

▼ 芸~ (333, 14.4%)

6 上の 4 上に 3 ない話, 中に, 力で, 力と, 力は, 場合には, 方は, 道は

2 [21件] うまさ, ないもの, ない正直, なかに, ほうは, ような, 一つで, 上での, 上でも, 力に, 力を, 徳に対する, 方も, 未熟な, 本質を, 柔かみ, 無い事, 神髄を, 競争を, 細かさ, 道に

1 [257件] あとに, あるもの, あるを, ある婦人, ある運動, いい先生, いは, うちだ, うち此の, うまい人, うまい子, おできに, かかった女軽業, ことが, ことそう, ことだけに, ことで, ことを, こまかいの, こまかい技巧派, こまかい投書, すぐれたの, ただ一人の, ためには, ための, できる者, ないお, ないウラミ, ない助平根性, ない同類ども, ない女, ない奴, ない模倣, ない殊に, ない為, ない獅子舞, ない相, ない真似, ない裸体, ない退屈千万, ない青公家ばら, なかった, なかで, なかには, なさそう, はなしに, ほかに, ほかの, ほか一切の, まずいの, もちぬ, もてはやされたこと, ものを, やうな, ように, よさ, よしあしに, わからないの, タシには, タネを, 一つに, 一つを, 一部は, 上からは, 上乗の, 上手, 上達が, 不器用な, 世界に, 世界においても, 並々なら, 中で, 中でも, 中可なり, 主でない, 事に, 事を, 人で, 人として, 人としての, 人には, 人生の, 伝わった初め, 伝統や, 何とか常務, 修業にも, 修業よりも, 修業を, 偉大さよ, 内という, 内部の, 冴えだ, 冴え方が, 出来た人, 出来る筈, 出発が, 刺戟に, 力, 力が, 力だ, 力でしか, 力によって, 力の, 力をも, 勉強だけを, 危さを, 取締り兼酌の, 名に, 名人は, 名折れどっちを, 味が, 命ずるところ, 問題さと, 問題では, 善悪などは, 固まる時分, 基礎であり, 基礎として, 基調を, 壊れどころ, 外に, 外武芸を, 大部分, 奥底に, 奥秘に, 奥行は, 好いもの, 好評は, 妙諦は, 威光さ, 威厳は, 嫉妬で, 字劃を, 完成に, 宣布に, 家門だ, 小説より, 工夫の, 工房である, 巧さが, 巧さと, 巧さという, 巧妙さは, 巧妙を, 巧拙が, 巧拙などは, 巧拙は, 幅が, 幅がや, 引き立たないこの, 影絵を, 後継者と, 怖しさ, 恩という, 情熱を, 愛妾を, 拙さ, 持主でした, 持主な, 数を, 方が, 方で, 方に, 方角を, 旅で, 明るく色, 最も底面, 未熟, 格も, 極地の, 極致は, 欠点を, 正統を, 歴史の, 水術だ, 沙汰ある, 洒脱さは, 洗練された, 済むの, 濃いもの, 濃艶, 為には, 無いこと, 無器用な, 熱意が, 特性を, 産物でなく, 癖に, 真髄を, 研究を, 祖先, 神の, 神髄, 空に, 範囲が, 系統は, 細いところ, 細かい人, 終りが, 終わるたび, 維持といふ, 緑地として, 練磨の, 背景に, 能書ばかり, 臭いの, 臭味は, 至極と, 至難について, 花々しさ, 花園へ, 苦心が, 苦心に, 苦心は, 苦心を, 落ちゆく最後, 虫, 虫が, 虫と, 虫全く, 行き戻りだ, 術が, 術という, 術の, 表われ, 裏側には, 見世物まで, 評判は, 評判を, 話で, 話ばかり, 話を, 身の, 身体が, 躾けという, 追想に, 進行する, 道だけは, 道ひと通りに, 道を, 道を以て, 都だ, 都だけ, 醍醐味と, 重々しい質, 重ね箭を, 野心と, 長いは, 長である, 間で, 間に, 雑人たちが, 風も, 鬼, 鬼といった, 鬼に, 魂は

▼ 芸~ (212, 9.1%)

16 身を 5 ない 4 ないから, なさ 3 あるか

2 [16件] あった, あると, あるもの, あるん, すむと, ないと, ないの, 上達し, 上達しない, 下手な, 出来そう, 出来るよう, 好きなれ, 未熟である, 未熟な, 行き詰まって

1 [148件] あつた, あまり今, あらば, ありながら, ある, あるかと, あるなら売るが, ある人, あれば, いい, うまくなった, うまくなる, おわると, こまかいぞ, こまかいだろう, こまかいや, こまかい大奥, こんなにも認められる, ございませんでしたら私, して, すんだらうち, その芸独り, そりゃすばらしい, それだけ引き立つ, それ自らまた, たぎったとかいうのでござりませぬとなあ, たしかであった, できて, できませんからって, できると, できるもの, どこから, どんなこと, どんなもの, ないが, ないこと, ないで, ないので, ない雅びた文句, なかったなれ, なく生活, ぴったり合っ, まずいか, まったく可, みせられる, ものを, やれそこ, やれないの, やれる, よくって, よく出来, わかるって, パーッと, 一番本格的な, 上って, 上ると, 上手くなった, 下るもの, 下手くそな, 下手じゃ, 下手で, 下手でも, 不出来でありましょう, 主人よりも, 云々された, 今よりも, 何故一向に進歩, 全部だ, 内輪に, 冴えて, 出る, 出来ないほど, 出来ますか, 出来やしないよ, 出来るか, 出来るんだい, 出来る者, 十六も, 単に精神的, 呪師で, 善くって, 堕落し, 堕落しはじめる, 大きく美しく花, 女に, 好きだった, 好きで, 如何に, 孤立し, 実は盆, 専門の, 少々は, 少しも, 巧みであったれ, 座興を, 役者の, 後戻りし, 必要である, 恋しくて, 惜くっ, 拙いよう, 持ちこまれて, 未熟で, 本筋を, 本芸, 板に, 気に入っての, 水ぎわ立ちすぎ, 江戸前を, 浅薄に, 済みさえ, 済みましたらば, 済むと, 無いと, 無かった, 無くつちや, 無さ, 物を, 田楽師の, 発達する, 私の, 空っ下手じゃ, 精力的で, 細かいと, 細け, 終るその, 終ると, 縮む, 美しくなれ, 能楽の, 腐らあ, 自分で, 至芸である, 舞台の, 落ちて, 街に, 見たいから, 観て, 誰に, 身に, 進歩すれ, 達すれば, 達者だ, 達者だった, 達者でない, 面白くなりました, 音曲舞踊の, 頂点に

▼ 芸~ (167, 7.2%)

3 身を 2 かつて芸術座, ないの, 下手でも, 巴里の, 永く命, 長く命

1 [152件] あれで, あれより, いけないケレン, いつかう出て, いつも復興, うまいが, うまいそう, およそ御, お互に, お仕込み, こせついて, これで, さほど巧, したの, すべて非常な, そういう複雑, そうで, そう知りぬい, その, そのよう, その場, それぞれ皆はじめて, それほどでなく, それほどと, ただ几帳面, だいぶ荒ん, ちと首賭け仕事, てんでお話し, できない, できないの, できない相談, できぬ, どこか, どこから, ない, ないから, ないが, なく若い, なし実は, なったかと, なにで, のんだ方, はあ何, ますます堂, もとより衣類, よく出来た, わからないが, チト大きい, 一つも, 一生の, 上手いし, 下手である, 下町の, 仕込むまいと, 伝えられないもの, 何も, 余り宜く, 修業だ, 全く世界, 全く謎, 出来さ, 出来ないが, 出来ないので, 出来るの, 出来んから, 判りませんよ, 前衛芸術の, 勿論柄, 勿論神楽, 同時に二つ, 型には, 売っても, 大したこと, 大事です, 如何だ, 如何に, 嬉しい, 完全だ, 完璧と, 実にまあ名人, 客に, 巧妙で, 市川小団次の, 廉子でなく, 役者に, 後々までも, 後代の, 御座いませんが, 御身づか, 心もち綺麗過ぎる, 忘れぬもの, 怖い, 思ったより, 愈々冴え, 愚劣なれ, 教えるもの, 新吉が, 最一度, 未熟である, 未熟でも, 未熟ながら, 未熟ながらも, 本物じゃ, 根気仕事という, 模倣し, 殆ど他に, 殆ど傑作が, 気合いもの, 永久に, 決して忘れやしません, 深い底, 滑稽を, 熱心だった, 生れるかも, 田楽で, 申すまでも, 種切れであった, 素より鍛錬, 素より香聞, 細かくなく, 細かくねえ, 終った, 練習回数の, 習う人, 習わずに, 職人の, 能より, 臭みも, 舞踊も, 芸でも, 芸として, 若いという, 菊五郎の, 蚊取線香と, 表面如何に, 見られなくなつ, 見るたびごと, 見世物ぢや, 覚えさせられたに, 誰から, 進歩が, 道なり, 達者で, 達者である, 違う, 鈍帳芝居の, 錺屋の, 鞏県の, 風流系統の, 飲食と, 餓鬼だ, 鴈治郎の

▼ 芸~ (151, 6.5%)

5 なって 4 見とれて 3 して, 達して

2 [11件] なつて, 堪能なる, 心を, 惚れて, 慢心し, 於て, 生きる以外, 習熟した, 身が, 通じて, 通じ国文学

1 [114件] うたれるの, うちこんだ生々し, うちこんで, おけると, お手ずから, お打ち込み, お鼻, かかるん, かかろうと, かつて味わった, したって, すぎません, たずさわり批判的, たずさわる者, ただうっとり, ちがいない, とらわれて, とりか, とりかかったところ, とりかかつた, とりかかる, とりかかるよう, とりかかろうと, どこまで, なったもの, なったわけ, なってや, なつた, ならねえ, なりそう, なりて, なり庭, なんの, はげめ名, ひとしお身, まるめて, よい遺伝, よらず芸, アッと, 一分のすきも, 伴って, 似て, 依って, 化された巧み, 及ぶもの, 取って, 取りかかつた, 取りかかります, 取り掛からせまする, 合わなくても, 型や, 堪ふる若少, 多いとい, 夢中に, 失敗し, 就いての, 就いても, 就ては, 巧拙の, 微笑を, 志して, 忠に, 惚れるんぢ, 感心した, 慢じ, 手が, 持つ人, 捧げ殉ずるという, 捧げ殉ずるといふ, 携わり風雅, 敗れたの, 未来が, 油の, 演じたところ, 熱して, 熱心だ, 生きて, 生きなかったかとは, 生きるお, 相応し, 神技を, 秀づる人は, 秀でた名妓, 移ったの, 精通し, 自分の, 興行価値の, 色々な, 色気が, 芸当を, 落着い, 行きづまり一夜, 見いりました, 見惚れて, 触れた為, 身を, 退屈し始め, 通じ蹴鞠, 連接し, 遊ぶ, 遊ぶという, 遊ぶ心得, 達しおられて, 達した能士, 達しとりわけ, 達しるという, 達し給うた後鳥羽上皇, 違いない, 酔い術, 陶酔し, 隠れた感, 非ざれ, 類するもの, 魅入られた心境

▼ 芸~ (77, 3.3%)

4 なくや 2 ないから, ないくせ, なく味, 容色も

1 [65件] あった, あの手, あるが, ある筈, いくらか下地, いらないと, この呑気, すぐれたもの, すこぶる古風, すなお, するか, ない, ないので, ないゆき子, ない怠る, ない科白, ない話ぢ, なくなって, なくひそか, なく昔, なく権門, なく欲, なく自尊心, なく赤井, なにも, ねえ事, はるかに, まるで前, もとよりあえて譲らぬ, よし, 一層荒ん, 一流とは, 上達しないだらう, 世の中の, 今は, 他の, 位も, 出て, 出抜けて, 出来ないくせ, 出来ません, 出来れば, 可い, 困ること, 多かった, 多少勝れ, 多少差, 容貌も, 思想も, 技巧的で, 数多くする, 旨いわい, 暮らし向きも, 機智も, 水に, 派手な, 無くて, 熟練し, 生活も, 神妙でございます, 立派な, 身体も, 通用し, 道楽も, 顔も

▼ 芸~ (59, 2.5%)

3 する後世 2 して, 名の

1 [52件] いい一流, いうか, いえども, いえば, いって, いっては, いっても, いろいろの, いわれる場合, なって, なつて, なづけ既に, ならざるを, ならば, カタギの, 一所くた, 一脈共通の, 云うもの, 云うん, 人とが, 人とに, 人気だけが, 今一つ後の, 北から, 古典性との, 同じく当人, 品位とで, 姿とを, 媚を, 学との, 実生活金持の, 対蹠し, 彼女の, 思われたが, 意気張りで, 戦って, 所作を, 所謂場違ひ, 早技あざやかに, 民族との, 申すは, 称して, 義理との, 考へては, 考へられる様, 見えそれ, 見たので, 言ふも, 評判よし, 調和し, 釣り合うべきさらに, 音楽は

▼ 芸~ (52, 2.2%)

3 あつた, 身を

1 [46件] あつたの, あつた所, いけない, いけなきゃ容色, おだてられて, きたえた教養, こと足りた, これには, こんな服装, そしてまた, その一部, だして, どうやら今日, ねという批評, ね奥さん芸, はござりませなん, はなしかの, ひっぱって, デモ倉流盛んな, 一家を, 一層貧弱, 世界史最大の, 何ものを, 取る称号, 口を, 売った柳橋, 大雅堂なども, 客を, 左大臣だけが, 当人だけが, 我々が, 来いと, 次は, 歌の, 真の, 私たちを, 立つ人, 立つ気, 立とうなんて, 笛の, 芸を, 苦労する, 見せようという, 覚束なく, 長蔵さんは, 音楽の

▼ 芸~ (31, 1.3%)

2 とか聞い

1 [29件] からしまいに, からといっ, からな, から自分, から芸, から覚, が, が女軽業師, が彼, けれど壺, し民族, し結局, つた猿楽は, で腐らせる, という, という人, といった人, とおれ, とし, とて圓太, と世にもはっきり, と思う, なと彼, ね, よ, わ, わよ, アさ, 併し

▼ 芸ごと~ (29, 1.3%)

2 が好き, と弓, にはその, の世界

1 [21件] たとえば他, でも同様, で勤まる, で誰, というもの, とそれから, と言う, にかけても彼女, にた, に凝っ, に比し, のうえ, の奥, の話, はみんな, は身, も本当に, も貴女, をやっ, を看板, を習う

▼ 芸~ (29, 1.3%)

2 の屋敷, の方

1 [25件] がある, とに預ける, と連合, にわたる間, の事, の医者, の味方, の城下, の広島, の書物, の毛利, の浅野, の福島正則, の船, の高田郡, へ一歩, へ帰る, へ流され, へ渡り, へ行き着い, へ行く, へ護送, まで進まれた, より四国, を去った

▼ 芸では~ (28, 1.2%)

6 ない 3 ないが 2 ないと, なかった, なくして

1 [13件] ありません, ありませんか, あり父祖代々, あるが, ないな, ない力持専門, ない計画, なかろうと, なくこれ, なく仇, なく力, なく虫, 世間に

▼ 芸~ (27, 1.2%)

32 を語った

1 [22件] か知らぬ, が面白い, が馬鹿, で打ち続ける, で染, などにし, などよく, の中心, の披露, はジゴマ, は一つ, は忠臣蔵, は阿古屋, は黒田騒動, もとり替へ, も取りかえる, も姉たち, をいろいろ, を代え, を刷り出した, を私, を面白

▼ 芸娼院~ (23, 1.0%)

2 てやつ, というの, と申した, の人別, の面

1 [13件] てえんで, という名, という名前, のこと, のやから, の方, の本意, の設立, の鐚, は絵かき, へ入れろ, へ推薦, を代表

▼ 芸という~ (18, 0.8%)

7 ものは 2 ものについて, ものを 1 ものが, ものに, ものの, もの舞台の, 字に, 言葉が, 魔法的な

▼ 芸には~ (17, 0.7%)

1 [17件] ならん, ひどくじまん, もっと情熱, よくこの, 似気, 偉くても, 安心が, 工夫と, 心酔し, 憧れずに, 柔らかい腕, 江戸の, 独特の, 相違ない, 解すべからざる秘密, 達者な代り, 違いない

▼ 芸~ (16, 0.7%)

2 の妹, の第

1 [12件] があつ, がある, である, とは誰, と称した, の子, の子女, の弟妹, の後, の末子, の末弟, は安政元年

▼ 芸なし~ (15, 0.6%)

1 [15件] ぞろひで, で困ること, とは言うまい, とは言われまい, なの, に自分, のおれ, の口不調法, の自分, 猿が, 猿だ, 猿で, 猿な, 猿に, 猿の

▼ 芸でも~ (14, 0.6%)

2 ないの

1 [12件] あった, するの, ない, なんでも, 仕込んで, 出来ますよ, 同じ事, 御満足, 突きこんで, 絵師なら, 負けは, 頭が

▼ 芸娼妓~ (14, 0.6%)

2 の紹介

1 [12件] でさえこれこれ, で無いから, とは全く, などの人身売買, なんぞに掛かり合った, に較べ, に違い, の如く弄ぼう, の想像, は之, もかため, より姉さん

▼ 芸づくし~ (13, 0.6%)

1 [13件] がはじまります, がはじまる, が終っ, ということ, に飽き, の姿, は廻り, をお, をやっ, をやります, をやろう, を七兵衛, を御覧

▼ 芸達者~ (13, 0.6%)

1 [13件] があった, があり, がお, であるが, で一人, と云, なこと, なの, な女形, な威風, に向っ, の中, は座頭以上

▼ 芸~ (12, 0.5%)

5 のです 3 のである 1 のであろう, の今, ものです, んだ

▼ 芸として~ (11, 0.5%)

1 [11件] お歴々様に, よりほか, 分化し, 心の, 挿んだ, 有名な, 演芸の, 眺めるの, 知られて, 綺麗事に, 通った

▼ 芸~ (10, 0.4%)

2 がルンペン性 1 から云, としては素直, に近代的ノンシャランス, の融通無礙, はおよそ, はすでに, を考へる, を退転

▼ 芸とは~ (9, 0.4%)

2 違って 1 いい難い, いへ, 何か, 比べられないだけ, 気が付きませずわざわざ, 物まね舞で, 言えないの

▼ 芸に対する~ (9, 0.4%)

1 不安を, 反省の, 執着を, 安心が, 根本の, 理会者, 良心が, 落語家らしい, 賞讃と

▼ 芸である~ (8, 0.3%)

1 からなかなか, がそれでも, が今, が西洋人, ことを, ためハツキリ何割かの, と同時に, と解する

▼ 芸にも~ (8, 0.3%)

1 それが, もどきとして, 其起りが, 皆師匠, 自家の, 逢うこと, 達して, 門外の

▼ 芸尽し~ (8, 0.3%)

2 などをする 1 があります, がいよいよ, がはじまりました, で漕ぎ廻そう, といふやう, になる

▼ 芸じゃ~ (7, 0.3%)

2 ない, 駄目だ 1 あるまいね, ごぜえ, 蛙の

▼ 芸としての~ (7, 0.3%)

1 価値又は, 写実の, 水泳の, 発達が, 知識の, 第一歩を, 鑑賞の

▼ 芸州広島~ (7, 0.3%)

4 の大 1 の御, へ流謫, も来る

▼ 芸熱心~ (7, 0.3%)

1 で又, で歌, で相当, の手合, の故に, はよい, は様々

▼ 芸~ (7, 0.3%)

1 からむしろ, でまだ, で開かれる, の一流品展観所, の屋上庭園, の階上階下, を借りる

▼ 芸~ (7, 0.3%)

1 ある家, と銭苔, の根, もまた, を以てその, を以てバシリスク, 散講台

▼ 芸~ (6, 0.3%)

1 仕事を, 作法は, 其後身なる, 劇を, 歌舞を, 殿様芸を

▼ 芸~ (6, 0.3%)

1 にひびかし, に出る, に比べ, の屍山血河, の消息, の王座

▼ 芸~ (6, 0.3%)

1 であつ, と言, になってる, の一件, もつまらず, を勤め

▼ 芸~ (6, 0.3%)

1 あるもの, から見れ, など大急ぎ, の幅, は低, を狭める

▼ 芸から~ (5, 0.2%)

1 すこしでも, 機械化, 狂気した, 自然に, 離れきつ

▼ 芸であった~ (5, 0.2%)

1 から謂われ, がしかし, しその, その興行的成功, と申します

▼ 芸といふ~ (5, 0.2%)

4 ものは 1 ものも

▼ 芸との~ (5, 0.2%)

1 両人に, 両方を, 持主を, 連鎖が, 雰囲気を

▼ 芸について~ (5, 0.2%)

1 でございますが, 念ずる, 意見する, 私は, 語り十二時すぎ

▼ 芸によって~ (5, 0.2%)

1 この窓, 光る美し, 生きたもの, 美しく見える, 観客の

▼ 芸もねえ~ (5, 0.2%)

1 えら遅くなっ, 威かして, 村方の, 殺生する, 譫けた事を

▼ 芸~ (5, 0.2%)

1 がなけれ, と風格, にヘトヘト, の気合い, や持ち味

▼ 芸~ (5, 0.2%)

1 だから, だけにそういう, であるだけに, には年, の身分

▼ 芸~ (5, 0.2%)

1 があった, においては我ら工業日本, に比較, に達し, を一途

▼ 芸~ (5, 0.2%)

1 その心持, といふ子役, はいきなり, は両目, は主従

▼ 芸そのもの~ (4, 0.2%)

1 が萎縮, の独り, を尊重, を磨く

▼ 芸です~ (4, 0.2%)

21 か, わ

▼ 芸でない~ (4, 0.2%)

1 というの, と云, 技術を, 技術奥さん芸でない

▼ 芸などは~ (4, 0.2%)

1 いかが, いかに大きな, 中央ヨーロッパに, 初めから

▼ 芸に関する~ (4, 0.2%)

2 限りでは 1 問題としても, 著述の

▼ 芸ばかり~ (4, 0.2%)

1 では, で勤め, で芸妓, 達者でも

▼ 芸よりも~ (4, 0.2%)

1 ユニックです, 土間桟敷の, 豪宕な, 顔の

▼ 芸~ (4, 0.2%)

1 とつけました, は, はある, はそれら

▼ 芸妓殺~ (4, 0.2%)

1 ですよ, と云, と唄, を以て満都

▼ 芸州吉田~ (4, 0.2%)

1 の兵, の毛利, の毛利輝元, を領し

▼ 芸~ (4, 0.2%)

1 に合, に拍車, を展開, を闘わす

▼ 芸~ (4, 0.2%)

1 とまで讃えられた, と云う, と賛, を競争

▼ 芸ある~ (3, 0.1%)

1 方の, 方は, 者は

▼ 芸じゃあ~ (3, 0.1%)

1 あるめ, ねえから, ねえぜ

▼ 芸であっ~ (3, 0.1%)

1 てこれ, て剣道, て名人

▼ 芸でなけれ~ (3, 0.1%)

1 ばならない, ばならぬ, ば面白く

▼ 芸とも~ (3, 0.1%)

1 いへる, もどきとも, 言ふべき

▼ 芸のね~ (3, 0.1%)

2 え話 1 え時世

▼ 芸より~ (3, 0.1%)

1 お辞儀を, 他に, 顔でござん

▼ 芸一方~ (3, 0.1%)

1 でやってきた, で客, の言葉つき

▼ 芸~ (3, 0.1%)

1 し舞踊, せられた翁, には種々

▼ 芸~ (3, 0.1%)

1 がにじみ出る, と技, に酔い

▼ 芸州口~ (3, 0.1%)

1 から広島, にもありました, の井伊榊原

▼ 芸州浪人~ (3, 0.1%)

2 の茨右近 1 と名乗っ

▼ 芸州藩~ (3, 0.1%)

1 の一儒者, の総督, の諸

▼ 芸~ (3, 0.1%)

3 芸喜

▼ 芸~ (3, 0.1%)

1 の儒官, の文籍, の片田舎

▼ 芸~ (3, 0.1%)

1 がまた, をやり出した, を掲げ

▼ 芸~ (3, 0.1%)

2 能の 1 能も

▼ 芸~ (3, 0.1%)

1 ではなかつた, などの長篇, の形式

▼ 芸~ (3, 0.1%)

1 との応酬, の兄弟, も亦

▼ 芸さえ~ (2, 0.1%)

1 未熟もの, 演って

▼ 芸しか~ (2, 0.1%)

1 できないとは, 持たぬ其方

▼ 芸たる~ (2, 0.1%)

1 女形を, 神楽歌という

▼ 芸だけ~ (2, 0.1%)

1 あって, 考えれば

▼ 芸だけで~ (2, 0.1%)

1 後世へ, 成りたつて

▼ 芸だけは~ (2, 0.1%)

1 仕上げたこと, 永久に

▼ 芸だった~ (2, 0.1%)

1 と言わなけれ, のだ

▼ 芸だって~ (2, 0.1%)

1 満足に, 演る

▼ 芸だの~ (2, 0.1%)

1 胡弓だの, 術だの

▼ 芸であり~ (2, 0.1%)

1 取材から, 彼女の

▼ 芸でございます~ (2, 0.1%)

1 が今晩の, もの

▼ 芸なら~ (2, 0.1%)

1 なんでも, 好いが

▼ 芸なり~ (2, 0.1%)

1 つまり絵画, 容色なり

▼ 芸なる~ (2, 0.1%)

1 に拘らず, ものくらゐ

▼ 芸なんか~ (2, 0.1%)

1 どうでも, 軽蔑し

▼ 芸なんて~ (2, 0.1%)

1 いや, 見ても

▼ 芸において~ (2, 0.1%)

1 勝ち興行, 彼等の

▼ 芸にかけては~ (2, 0.1%)

1 恐しく傲岸, 神に

▼ 芸への~ (2, 0.1%)

1 愛好を, 真剣さに

▼ 芸一つ~ (2, 0.1%)

2 でやっ

▼ 芸一通り~ (2, 0.1%)

1 さえなかなか, は出来た

▼ 芸以外~ (2, 0.1%)

1 に好き, の何物

▼ 芸~ (2, 0.1%)

1 たる所以, の芸娼

▼ 芸娼妓紹介~ (2, 0.1%)

1 の仕事, の家

▼ 芸娼妓酌婦~ (2, 0.1%)

1 に致, は幾百人

▼ 芸尽くし~ (2, 0.1%)

1 をやった, を遣り出した

▼ 芸州神領表~ (2, 0.1%)

1 というの, へ討出

▼ 芸~ (2, 0.1%)

1 となり, につき廻った

▼ 芸~ (2, 0.1%)

1 と云う, などは余

▼ 芸~ (2, 0.1%)

1 があるなら, によってその

▼ 芸本来~ (2, 0.1%)

1 の三昧境, の姿

▼ 芸自慢~ (2, 0.1%)

1 の人達, の方

▼ 芸芸術~ (2, 0.1%)

1 というもの, といふもの

▼ 芸雑職~ (2, 0.1%)

1 に従事, に生計

▼ 芸館借入れ~ (2, 0.1%)

1 の不調, は不調

▼1* [209件]

あり政に, 芸いかなる職業においても, 芸いつか掏摸を本業, 芸おかしゅうお眺め, 芸からの影響も, 芸くらべやけに, 芸ぐらい俺に, 芸ことごとく堪能の, 芸へ覚える, 芸させて活計, 芸やがこまる, 芸しなくたって酒, 芸しゃの名, 芸じゃねえッてのよ, 芸すぐれて万, 芸すじばかり威張り合っ, 芸その物よりも, 芸それがこれ, 芸それぞれに違った, 芸たけで, 芸たちまちそろえたの, 芸だちになってるだろう, 芸だったらしいのである, 芸だってもそうたいして違っ, 芸だつたので此脇方, 芸だろうと思っ, 芸つまりいろいろな, 芸づくし拝見と出かける, 芸ものは, 芸でありましてのわれら同志, 芸であるらしく前に, 芸でしょうな, 芸でなく先づ耳へ, 芸といったものがは, 芸とが一枚に, 芸としては新派劇決して, 芸としてはというような, 芸としてばかりでなく演芸, 芸としてもきわめて小規模, 芸とでは大した差, 芸とともに渾然として, 芸とやらが大事なら, 芸なぞは二の次に, 芸などするに, 芸などについては算盤に, 芸などもしんみり聞けた, 芸などより又梁塵秘抄, 芸などを見せて, 芸にこそよれじゃが, 芸にだけ打ちこめないところ, 芸については美学者の, 芸になつても, 芸にもなつて扇や, 芸に関してだって映画俳優が, 芸のみで満足する, 芸はいりやしねえよ私ども, 芸はへタだ, 芸ばかりか身まで, 芸ばかりがいのちの, 芸ばかりで立って, 芸ばかりの模倣という, 芸まことに上手なら, 芸みたいな顔, 芸めいて来た, 芸もとより賤, 芸術よとて, 芸よっぽどみっちりと鋳た, 芸よりは容貌で, 芸らしい芸が, 芸る能わざるにさ, 芸をも自らをも, 芸をもって旅の, 芸を以てしたいの, 芸サラリと浴衣が, 芸一ト筋に生き, 芸一切女の病, 芸一本の自由勝手, 芸一本槍で血, 芸一筋に生きられた, 芸一般に精, 芸一色で舞台, 芸一途にすがっ, 芸一通り能く出来, 芸一通恥かしからず心得た, 芸七分で見せる, 芸万般ねえ何ひとつおでき, 芸三藩が攻守同盟, 芸の作品, 芸上達なさしめ給え, 芸下方も笛, 芸人でなしに大学生, 芸人間にも江戸幇間, 芸以上には出ない, 芸仲居のこと, 芸伊佐智須区禰多摩枳波屡云々, 芸の高座, 芸会社の社長某氏, 芸会等の各, 芸体躯にみなぎる, 芸につけ優れた, 芸何事かあらん, 芸備側の土地, 芸備沿線にあった, 芸備鉄道に乗り換え, 芸優れて万, 芸全体の雰囲気, 芸兵入京し長, 芸もの, 芸勝れた者は, 芸匡廓相依完圏模, 芸十六に及んだ, 芸神事舞踊に, 芸史滝精一先生の日本絵画史, 芸向こうへすまし, 芸のうち何れ, 芸に名高き, 芸大事の宗匠, 芸大会見物二十銭の馬鹿笑, 芸大体皆ウイ, 芸奴出身の成り, 芸好きだつたか, 芸好き芝居好きの, 芸にわし, 芸娼妓矢場女等教育なき美人, 芸娼妓紹介所の閉鎖, 芸娼論を振廻す, 芸を授, 芸学び得ないことは, 芸学校の教授, 芸川口が示唆, 芸州のとは違い, 芸州三入の城主メルキオル熊谷豊, 芸州三原の祭礼, 芸州之戦に幕兵, 芸州仁方から来, 芸州半国にも足らず, 芸州吉田城へ質子, 芸州吉田山の毛利, 芸州士官の者共, 芸州広島四十二万石の浅野長勲公, 芸州広嶋の城主, 芸州様もこんど, 芸州毛利家の基礎, 芸州漫遊中に聞いた, 芸州等勤王諸藩, 芸州紀州の諸, 芸州蒸気船をかり, 芸州表に繰り出させ, 芸州越前四藩のほか, 芸州辺りにてトウビョウ, 芸年老りだから, 芸御覧に入れる, 芸珥比蘆菟弥珥比蘆菟弥珥云々, 芸性欲の殊に, 芸惜しみをさせ, 芸所作から全く, 芸とその, 芸を全身, 芸文章を教える, 芸旦那芸殿様芸大名芸などと云っ, 芸をなすべし, 芸書舍というた, 芸有名会を開く, 芸を着せ, 芸未熟なればこそ, 芸などまったく, 芸や道楽, 芸永井主人が事ハ兼而長州, 芸猿に, 芸独りの歩み, 芸的主観の洗練味, 芸的高貴さが光らない, 芸として崇め, 芸を祈らう, 芸であると, 芸立派な舞台, 芸競べせしも何となく, 芸一と, 芸にはそう, 芸美術の堕落, 芸能書きにうそ, 芸自体として一流品, 芸自身を食う, 芸舞台の芸, 芸です寝坊, 芸はすなわち, 芸藩通志には十二月朔日, 芸衛的詩趣が横溢, 芸になれ, 芸評等によつて, 芸誓願寺の曲, 芸談異の四項, 芸諸道に参究, 芸は, 芸謡中の語, 芸較べを遣った, 芸通達し中, 芸遊伎等までも秀で, 芸運長久のほどをひたすら, 芸道楽の百般, 芸という野中, 芸閣陸品三などは底, 芸雑学に通じ, 芸離レワザ妙技早ワザ, 芸青雲派の矢野, 芸題替えだ, 芸が著しく, 芸の物, 芸に憑かれ