青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「繪~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

縁談~ ~縄 縄~ 縞~ 縦~ 縫~ 總~ 繁昌~ 織田~ 繩~
繪~
~繰り返し 繰り返し~ ~繰返し 繰返し~ ~續 續~ ~罪 罪~ 罪人~ 罪悪~

「繪~」 1632, 17ppm, 6743位

▼ 繪~ (234, 14.3%)

17 やうに 13 やうな 11 具を 8 お時 6 具で 4 ことを, 上に, 具の, 前に 3 をぢさん

2 [11件] やうだ, 上端に, 中で, 中に, 前を, 動機に, 常の, 敷寫し, 竹も, 阿彌陀佛には, 額が

1 [138件] あること, あるの, あるペーヂ, ある室, かいて, かけぬもの, こと, ことに, ことの, ことは, ごとく一晝夜, そこにも, たすけが, ついたレッテル, ついた呉服屋, ついた雜誌, なかで, なかに, なかの, ほとりを, まへ, やうだつた, やうである, やうでした, やうには, よいの, ようです, ような, よさ, ツラが, モチイフに, 一枚刷に, 一部を, 丁寧な, 上部に, 下に, 下の, 世界が, 世界には, 世界は, 中には, 中へも, 主が, 主色である, 人物に, 人物の, 先生にも, 入つて, 具と, 具にて, 具を以て, 具入れと, 具皿に, 具皿を, 出來て, 出來は, 前から, 博物館が, 又兵衞, 口繪が, 古調に, 善人の, 土瓶, 地味な, 地獄は, 場合は, 壁に, 夕日に, 大家が, 大額が, 女は, 女王や, 如く三伏, 如く小, 娘姿の, 寫しであります, 寫眞版が, 山水か, 左富士を, 底に, 廣告が, 式の, 心得の, 或る, 或エツセンシヤル, 所有者と, 方で, 方は, 書いたの, 板畫に, 模樣が, 樣な, 泥棒と, 浮模樣を, 澤山ついてる, 猪口が, 發達と, 眼の, 穴を, 竹を, 筆の, 篝火に, 線により, 置かれて, 美女に, 美女の, 肖像と, 色が, 艷冶の, 芒に, 茶碗に, 藤娘が, 藤娘を, 藪柑子を, 裏へ, 西洋風景畫あり, 西郷隆盛と, 見かた, 詐術を, 趣題を, 遊女の, 道具なんぞと, 道具に, 道具や, 遺りもの, 邪道に, 配置が, 野馬が, 間を, 限を, 雜誌で, 雜誌を, 面に, 額は, 額を, 風情が, 骨格である, 高雅な

▼ 繪~ (191, 11.7%)

13 描いて 7 見て 3 かいて, 見に

2 [12件] 借りて, 寺に, 描いたもの, 描くこと, 描くの, 描く事, 描く人, 見せて, 見せるから, 見ても, 見ると, 見るやう

1 [141件] あつち, いたく愛し, いつか先生の, おかきに, お描き, お目, かいたポスター, かいた事, かいた小さな, かいた藥臭いち, かきて, かき初めた其動機, かくかと, かくと, かくの, かくもの, かくやう, かく樣, かく爲め, かく道具, ご覽, じつと, つくつて, つけて, ながめつ, ながめ廻し, のこした昔, また一層, みた, やるため, よく憶え, よこせもつて, よせて, わたしが, ソツと, 一緒に, 三つ, 下に, 今でもは, 仕上げた代り, 作るもの, 先日拜見しました, 入れて, 其處に, 出した鑵詰, 前に, 前の, 剥ぎ取つて, 吊り下げた繪雙紙屋, 單なる, 好む可, 始めること, 展いた, 幻の, 床の間に, 彼の, 御覽, 心に, 想ひ出した, 愛し出したのに, 手に, 手の甲に, 手本に, 抱いて, 拜借した, 持つて, 挂けて, 指して, 掛けしその, 掛けて, 掲げ, 描いた, 描いただけ, 描いたの, 描いたので, 描いたり, 描いた大, 描いてらつし, 描いてる何處, 描きたい, 描きたいと, 描きまたは, 描きダイアナ, 描き上げると, 描き始めた時, 描き文章, 描くお婆さん, 描くと, 描くとき, 描くので, 描く義太夫, 描けと, 揮毫された, 教へて, 旅人の, 是が, 書いたの, 書いた紙, 書かうとも, 書きながら, 木版などに, 案外安, 模倣し, 欲しいと, 求めて, 消すやう, 添へれ, 渡して, 無心に, 理解する, 發見した, 看板に, 眺め乍ら, 知つてる, 研究する, 習はう, 自分の, 見せつけられる樣, 見せられちや, 見ただけで, 見たとき, 見たり, 見ま, 見ようと, 見ようよ, 見られる方々, 見ること, 見る度, 見れば, 覗いて, 覗きに, 觀察した, 評したる文, 誇つた, 認めたと, 誰が, 讀みとらうとして, 買入れて, 賣る店, 集めて, 離れて

▼ 繪~ (102, 6.3%)

7 描いたやう 2 ある佛, して, なるもの, 出て, 味ひ, 對する, 見入つてゐる

1 [81件] あらじか, あるもの, あるやう, ある天女, ある沙翁, ある通り, かいた雨龍, さう, さへ, したつて心得, したらと, しても, そつくりな, そへ, それを, なつて, ならないもの, なりさ, なりますと, なり易い, なる生々, まが, よれば, 一種の, 似たる笑, 似た形, 似た景色, 依つて, 依る教授, 出來, 囚はれ, 夢中に, 寫された, 寫して, 就いて, 強烈な, 心を, 惹きつけられて, 成るに, 成るべき土地柄, 或藝術的價値, 接してから, 描いた女房衆, 描いた彦徳, 描いた徳川家康, 描いた怪物, 描いた螢, 描いた貧乏神, 描いた遊女, 描いた野がけ, 描かせる世話, 描かれた景色, 描きたいと, 描き得る物, 描き得る語, 描くため, 映るから, 暮れた一日, 樂んで, 樣, 次いでは, 畫い, 畫かれた, 目を, 眼を, 織込んで, 致しましても, 興味を, 被せた, 見るごとき均衡, 見るやう, 見る城, 見る樣, 見入つてゐた, 見入つてゐたら, 變っちまった, 近づいて, 進化した, 違ひあるまい, 適する位置, 黒縮緬の

▼ 繪~ (75, 4.6%)

2 など, にし, の如き, の方, を見る

1 [65件] が主として, が傳, が時代, であつ, で以, といふもの, といへ, としての佳, としては佛畫, とにはならない, と一樣, と女, と彫刻, と拮抗, と藝術, と音樂, にあら, にはその, には筆觸, にも比, に徴, に接する, に據, に於ける, に現, に趣味, に關, の中, の妙, の拘束, の持つ, の標準, の研究, の素質, の要素, の鑑賞, の開闢期, はこれ, はどんな, はポスタア, は一派學者, は實物, は當時, は誇張, ばかりを集めた, やら一帖餘, や彫刻, や筆蹟, や詩, よりも前, より音樂, をみる, を以てする, を作る, を好む, を學ぶ, を展開, を描く, を文字, を極端, を知り, を第, を見, を買, を點綴

▼ 繪~ (74, 4.5%)

5 描いて 2 あつた, あつて, ぬれる男, 出て, 好きな, 書いて

1 [57件] あの本, あります, あり其の, ある, あるくら, あるやう, いまは, おかけに, おのづか, かいて, こびりついて, ずらりと懸っ, どんなに變つて, どんなもの, はいり何, はつきりと, はつきり見えだす, もう少し人, チョウクで, 一枚入, 一番好きか, 三日月の, 上手で, 似付, 低く尋ねかけた, 入つて, 出來, 出來上つて, 單なる, 嘗て私, 四つまで, 大部を, 好きで, 弱いの, 惜しいの, 描けること, 描けるといふ, 最も發達, 染めて, 殆ど馬の, 浮んだ, 無數, 物語を, 現はれる, 益々發達, 私に, 續, 著者の, 薩張り下手だ, 藝術も, 見え出した, 見たかつた, 評判に, 載つて, 輕く, 非常に, 頓狂な

▼ 繪圖面~ (72, 4.4%)

3 を僞物, を手, を持つ, を隱 2 を引い

1 [58件] かも知れない, があつ, がございません, がたつた, がどんなに, がなく, が三枚, が供, が手, が紛失, だから, だけ取, だと, ではない, とは似, と一緒, と變つて, には棟梁柏木藤兵衞, に印, に印し, に描いてない, に氣, の中, の入, の番, の紛失, の行方, の隱, はあつ, は九枚出來, は二人, は何, は右之助, は戻つた, は棟梁, は返らぬ, までも手, まで其方, まで取られ, も大抵, を取つ, を取らせた, を取りおろし, を取る, を受取, を引かせ, を拜見出來, を掏, を描き, を換, を搜, を携, を盜, を置き, を藤兵衞, を貸し, を賣, を龍

▼ 繪~ (61, 3.7%)

2 彌陀佛の, 繪思ひ

1 [57件] あるひ, いつ頃, かかりたり, かれ等, こぞツ, すべて明治十七年に, その大きい, その時分, それで, ただ一とき, どうしたい, どこから, みな水彩で, もう, もうそれ, ゼロだ, 一人の, 一日々, 一枚, 今でも, 今日まで, 來年もう, 信用しない, 價値が, 優れた支那風, 入つて, 到底自然, 前に, 前代の, 前景に, 大急ぎで, 寫しもの, 彼れ, 恐れるやう, 息込ん, 愉快である, 手を, 旨いぢ, 明代の, 椿岳氏から, 武家の, 氣味惡く, 消えて, 清國の, 特殊の, 現に大阪, 現在南洋において, 當時の, 白いホテル, 眞に, 紺の, 美しい娘, 自分で, 話にも, 資朝卿の, 遙かに, 震へて

▼ 繪解き~ (58, 3.6%)

12 をし 10 をせがむ 8 をせがみました 4 をせがみます 2 をしてやらう

1 [22件] か, が聞きた, にも及びませんでした, にも及ぶまい, に及ばず, の奇拔さ, の緒口, は, はそれほど, は何ん, は奇拔, は少し, は簡單, は誰, をしてやらなけれ, をしてやる, をしました, をすませ, をせがみ, を平次, を迫ります, 的な

▼ 繪~ (45, 2.8%)

2 のやう, を讀ん

1 [41件] がひろげられ, が一册, が出る, だ, とお, としては最も, と猥ら, などある, などを印刷, ならでは, には時々, にも浦島, に炬燵, の中, の御, の海, の物語, の畫伯, の種類, の繪, の雜誌, の鬼ヶ島, は, はそれゆゑ, はない, も見た, や霜やけ, をなげ飛ばす, をひろ子, をめくる, を呉れ, を商, を大切, を源吉, を見せる, を見た, を讀み, を買つて, を閉ぢ, を開け, 太閤記

▼ 繪~ (44, 2.7%)

2 の屆, を塗り進めた

1 [40件] うす青く, か煤, で, でカンバス, で出せる, で描いた, で汚らしい拙い, で記入, で赤, として用, とテレビン油, にか, にし, のみが殆どデツサン, のワニス, の事, の光, の匂ひで, の原料, の數, の汚れ, の配色, の鳩笛, は草汁, も樂器, も發, をこぼした, をつかひたい, をつける, をひろげ, をチユーブ, を入れたる, を塗つて, を塗りつけ, を捏返, を畫面, を盛ん, を買, を那, を點

▼ 繪葉書~ (40, 2.5%)

2 が一枚, が來, を書いた, を買, を買つて來

1 [30件] ありの, がまだ, が私, しか殘つて, でどれ, とを盃, なども作られ, などを取りよせ, などを取りよせた, などを賣る, なんかが出, に對, に簡單, ね姉ちやん, の上, の殘つたの, はもう, は三人, やら腦丸, より大きな, を出し, を取寄せ, を想つて, を眺め, を見せた, を買つて, を賣りつけられた, を賣る, を送る, 無くつて

▼ 繪~ (29, 1.8%)

2 敏樹を

1 [27件] いつたやう, いふ, いふと, ごく似, するつもり, つながつて, なつて, なり音樂, 一しよ, 下繪, 主人に, 云ふ, 偶然にも, 双方兼ね, 呼んで, 四つに, 姫だるま人形とを, 引き合は, 彫刻とを, 文は, 混んがらかり合, 繪の, 詩との, 認められるもの, 違つて元, 違つて輕妙洒脱其上幾分ユーモラスな, 非常に

▼ 繪~ (24, 1.5%)

5 あつた 2 埋まつて

1 [17件] あつて, さへ, それは, なにかぼんやり彼, 一人の, 二頁大に, 描いたやう, 描いた方, 是は, 書いた暦, 紫の, 縹緻の, 見せないと, 見たべよ, 見る天神樣, 鐵道馬車の, 雨の

▼ 繪~ (21, 1.3%)

2 あつた, なければ

1 [17件] あつて, あるが, きつと, このましいが, さうだつ, その他日本畫の, その時代, まがりの, サイン代りの, 他の, 同じで, 掛つて居ました, 描いたの, 描く雜俳, 文太郎が, 添へて, 餘り

▼ 繪~ (19, 1.2%)

2 の行き, は人物

1 [15件] がそれ, が墨, たると, でございます, とは違つて, と申す, には總, に致せ, の名, の家, の書いた, の筆, の號, の金, はあがりぬ

▼ 繪~ (17, 1.0%)

6 をし 2 をせがみました 1 がし, が聞きたい, が聽, は面白から, をしませう, をせがみます, をせがむ, をせがんだ, を聽

▼ 繪姿~ (16, 1.0%)

2 の頸筋

1 [14件] が塗つた壁, が浮んだ, だよ, にその, にはうんざり, には六十一, に見惚れ, に造れる, のやう, はかう, はきつともう, をくつきり, を燒, を見

▼ 繪~ (15, 0.9%)

1 [15件] また今, グラビア編集者にも, 上繪や, 寫眞版で, 少し趣, 屏風の, 彫刻や, 本式に, 水彩や, 演劇や, 素裸の, 草艸紙の, 詩などを, 釉藥の, 鍔や

▼ 繪看板~ (15, 0.9%)

2 の前

1 [13件] がお, が何枚, で見た, なぞを見, に描かれた, に見とれ, のうしろ, の框, は芝居小屋, を振返つ, を掲げ, を見, を見上げ

▼ 繪ハガキ~ (14, 0.9%)

1 [14件] から取つた, があつ, がマルクス, さながらで, でしたよ, でもよこし, でも買ひま, に貼られた, のやう, へ書い, を一度, を有難う, を見せ, 送つて頂戴

▼ 繪~ (13, 0.8%)

3 の墓 1 がさう, と言, に對, の事蹟, の常用, の生, の研究者, の葬られた, の遠流, は高遠お預け

▼ 繪端書~ (13, 0.8%)

2 を寄越した

1 [11件] が來, に, は着いた, ばかりを買, へ二三行, や寫眞, を別, を插ん, を見せ, を買ふた, を銅版

▼ 繪~ (13, 0.8%)

2 の類

1 [11件] がいくつ, で其の, に混つて, の前, の古い, の句, の畫工, をあげ, を眺め, を知つて, を見せた

▼ 繪具箱~ (12, 0.7%)

1 [12件] だの, だの鉛筆, と編物, へスケッチ板, をあけた, をのせる, をぶら下げ, を柵, を汽車, を片づける, を片付け, を片付ける

▼ 繪~ (12, 0.7%)

1 [12件] もそこ, をい, をとつ, をとらせ, をとり, をとりまし, を取る, を噛ん, を投げ, を投げ捨てた, を走らせた, を隱

▼ 繪にも~ (11, 0.7%)

1 [11件] かういふ色, された小町娘, どの繪, 取られて, 同じ四つ目垣, 唄にも, 描くだらうからと, 畫い, 肩から, 見るが, 負けないだらうといふ

▼ 繪はがき~ (11, 0.7%)

1 [11件] から彼女, が來, つきし朝南, のやう, の一つ, の現, の裏, の裏みたい, はシベリア經由, や煙草, をやらなかつた

▼ 繪描き~ (11, 0.7%)

1 [11件] さんが, として有名, なんてえ, になり, に描かせ, に胡麻摺俳諧師, のやう, の代筆代作, の手, は江戸中, 貧乏御家人と

▼ 繪には~ (10, 0.6%)

2 どうしても出 1 ないが, ならないそして, よく描かれる, ロダンの, 仰向けに, 候はずや, 全く無, 土瓶が

▼ 繪かき~ (9, 0.6%)

1 になどかまつ, になれ, にも俳優, に過ぎません, のこと, の一人, の此頃, やぐらといふ, を途方

▼ 繪でも~ (8, 0.5%)

2 見るやう 1 やらうかしら, 思ひか, 描く人達, 見せるよう, 見て, 賣れ行き

▼ 繪卷物~ (8, 0.5%)

2 のやう 1 かなア, の一部, の如し, の形, の風俗畫, を見た

▼ 繪畫的~ (8, 0.5%)

1 であるよりも, なすばらしい美し, な美, な美し, には優婉典雅, に組み立, の美, 美しさ

▼ 繪~ (8, 0.5%)

1 と云, と倶, なり, に非, の範圍, の語, は故意, は音響

▼ 繪~ (7, 0.4%)

2 といふ 1 といつ, と上繪付, をし, をする, を下

▼ 繪~ (7, 0.4%)

2 新聞の 1 の小, 太平記, 小説を, 新聞そこの, 雜誌

▼ 繪~ (7, 0.4%)

1 だ, といふふう, の中, は昭和三年, もあり, を見, を順々

▼ 繪~ (7, 0.4%)

1 で見る, をとほし, を入れ, を出申し, を引いた, を揃, を都合三枚

▼ 繪~ (6, 0.4%)

21 きが生活に, なにかで, 何かの, 何かを

▼ 繪にな~ (6, 0.4%)

1 つて居た, つて展けられ, つて繪草紙屋の, つて賣出された, つて賣出される, ツて

▼ 繪から~ (5, 0.3%)

1 受けた暗示, 拔け, 拔けだした, 拔出した, 考案し

▼ 繪といふ~ (5, 0.3%)

1 ことが, 名は, 唇齒の, 感じが, 重大な

▼ 繪として~ (5, 0.3%)

1 あらは, 世間の, 明治初年に, 用ゐられた, 見る時

▼ 繪~ (5, 0.3%)

2 ので 1 のだ, のである, んでせう

▼ 繪模樣~ (5, 0.3%)

1 となる, に, のある, は, を造り出し

▼ 繪にでも~ (4, 0.2%)

2 ありさ 1 したらと, 見えるの

▼ 繪~ (4, 0.2%)

2 はその, は如何にも

▼ 繪畫彫刻~ (4, 0.2%)

1 だけが裝飾, であれ演劇, にもみな此傾向, の裸體

▼ 繪~ (4, 0.2%)

1 に碇泊, へ入港, へ急行, を出帆

▼ 繪~ (4, 0.2%)

2 な構想 1 な色彩そつくり, の精巧

▼ 繪馬堂~ (4, 0.2%)

1 があります, の先, の額, を見る

▼ 繪~ (3, 0.2%)

2 の人 1 來てない

▼ 繪~ (3, 0.2%)

1 だつた周文, の狩野家, を預かる

▼ 繪草紙~ (3, 0.2%)

1 か何ん, を母, 賣る店

▼ 繪~ (3, 0.2%)

1 とか鳥羽僧正, に見えたる, に鎌倉時代

▼ 繪雙紙~ (3, 0.2%)

1 が出る, だけは私, をもつ

▼ 繪~ (2, 0.1%)

1 ういつた, へ描い

▼ 繪そのもの~ (2, 0.1%)

1 はいかにも, を見

▼ 繪だけを~ (2, 0.1%)

1 持ち去つて, 持つて

▼ 繪だの~ (2, 0.1%)

1 芝居だ, 陶器だ

▼ 繪である~ (2, 0.1%)

1 ことに, と空間的

▼ 繪とか~ (2, 0.1%)

1 いろんな有名, 狩野派の

▼ 繪との~ (2, 0.1%)

1 つなぎが, 境界を

▼ 繪などで~ (2, 0.1%)

1 見ただけ, 見るべき造り

▼ 繪などに~ (2, 0.1%)

1 三文の, 見るべき造り

▼ 繪などを~ (2, 0.1%)

1 思ひ出しました, 見て

▼ 繪について~ (2, 0.1%)

1 批評めいた, 語りながら

▼ 繪にのみ~ (2, 0.1%)

1 見た廣重, 見て

▼ 繪まで~ (2, 0.1%)

1 ある賑やか, 入つて

▼ 繪みたい~ (2, 0.1%)

1 だわ, な意欲

▼ 繪具板~ (2, 0.1%)

1 の傍, や鉛筆

▼ 繪即ち~ (2, 0.1%)

2 書き文樣

▼ 繪團扇~ (2, 0.1%)

1 でぱさぱさ, の仲立

▼ 繪~ (2, 0.1%)

2 の意趣

▼ 繪師仲間~ (2, 0.1%)

1 か或は又, では山師

▼ 繪~ (2, 0.1%)

1 がある, のある

▼ 繪思ひ~ (2, 0.1%)

2 ごとは

▼ 繪比羅~ (2, 0.1%)

1 に頬, を見

▼ 繪畫家~ (2, 0.1%)

1 の描く, も喜ぶ

▼ 繪畫館~ (2, 0.1%)

1 の壁畫, 同彫刻館

▼ 繪端書屋~ (2, 0.1%)

1 の女の子, まで買

▼ 繪~ (2, 0.1%)

1 から拔, や色紙

▼ 繪聲的語原~ (2, 0.1%)

2 の問題

▼ 繪聲語~ (2, 0.1%)

1 と爲す所, は甚だ

▼ 繪艸紙~ (2, 0.1%)

1 がかなり, の古ぼけし

▼ 繪草紙屋~ (2, 0.1%)

1 の四十島田, の店頭

▼ 繪雙紙屋~ (2, 0.1%)

1 の前, の店さき

▼ 繪高麗~ (2, 0.1%)

1 に就, は形

▼ 繪高麗風~ (2, 0.1%)

1 のもの, の磁州系統

▼1* [149件]

かき村のなか, 繪がかかつてゐる, 繪くらゐは, 繪ける佛畫は, 繪これが一番此場合, 繪そのま, 繪そらごとに, 繪が何ん, 繪だけ持つて, 繪だけがいまだに生き生きと, 繪だけは見たこと, 繪づくしの華やかさ, 繪であり更に音樂, 繪でありましてちょうど, 繪である活きた繪これが, 繪ででも見たの, 繪でなく彫刻でなく, 繪とが壁に, 繪ときのやう, 繪としては古畫中, 繪とも何とも, 繪ほりです, 繪などが付いて, 繪などはこの時代, 繪などもその繪, 繪なら人物も, 繪なるもの書なる, 繪にしかふさは, 繪にだけすがりついて, 繪についての關心が, 繪にてはチマーブエ覇を, 繪によつて生活しなけれ, 繪はがきだつた, 繪はがき屋の中, 繪はがき屋さへまだ, 繪ばかり描いて, 繪ばかりがおまけに, 繪がひ, 繪までやつてゐる, 繪もちよつと, 繪やずつと見たページ, 繪やら大きな世界地圖, 繪やらを眺めて, 繪よりも美しかつ, 繪ゴヤの黒い, 繪ツケ手本になる, 繪三千里の行脚, 繪三昧のよろこび, 繪や文學, 繪付けでもしよう, 繪傳抄などと比較, 繪入りの獨逸, 繪具屋に卓上畫架, 繪具屋等と生徒, 繪具瓦色の薔薇, 繪の武藏坊辨慶, 繪半切れを手遊, 繪卷物時代の如き, 繪卷物等これなるが, 繪卷物逆に開き, 繪双紙を見る, 繪反古をも書庫, 繪史さへまだ, 繪圖詠歌に考へ, 繪圖面ぢやありません, 繪圖面一切は川路, 繪圖面事件はこれ, 繪圖面其外巨細之儀, 繪圖面紛失の責, 繪土瓶は益子, 繪寫眞を探す, 繪屏風で劃つて, 繪島殿とある, 繪師ぢや, 繪師のに比べます, 繪師喜多川歌麿が古今, 繪師岡谷半嶺, 繪師根性の曲, 繪師石川流宣等の噺, 繪師良秀が自分, 繪師風情の娘, 繪掛地を見せ, 繪でも西洋人, 繪描きだつたので若い, 繪描きではなかつた, 繪文字を讀み始める, 繪書きの娘さん, 繪書籍雜誌などのこと, 繪柄ぢやねえ, 繪柄半幅には, 繪氣分横溢となつ, 繪に畫きしもの, 繪浮世繪氣分横溢となつ, 繪版畫はいま, 繪も案外, 繪物語で, 繪甲斐絹の裏, 繪画雜誌で見る如き, 繪畫その他一切の品物, 繪畫其外いろんな事, 繪畫博物館ミュンヘンの繪畫館, 繪畫展覽會を見, 繪畫彫刻等極めて貴重, 繪畫的刺戟は直ちに, 繪畫的想像もわく, 繪畫的感を與, 繪畫的描寫の一面丈, 繪畫的文章の妙, 繪畫的要素は忽ちに, 繪畫的觀相がまだ, 繪畫研究に委ねる, 繪畫等を自分, 繪畫美でなくし, 繪畫美術わけても建築, 繪畫自體のうち, 繪畫舞踏まで仕込む, 繪畫遺品を多, 繪畫鋪あれども, 繪的官能的にな, 繪程度より少い, 繪空事のやう, 繪空事ときまつて, 繪端書三枚を景物, 繪端書帖に兄, 繪筆うちふる吾指, 繪等々にし, 繪の美人, 繪聲たるを認むべきもの, 繪聲問題に關, 繪聲説は繪聲, 繪自身から發, 繪かな, 繪草子に, 繪葉がきを貰つて, 繪葉書四五十枚を取り寄せ知れる, 繪葉書屋の表, 繪葉書美人の濱勇, 繪言葉卷ものや哲理, 繪詞類は一枚, 繪豐國國貞等の役者, 繪せよ轉, 繪の如き, 繪鞆沖に一隻, 繪の中, 繪がさうである, 繪馬等を撤せしめ, 繪高麗その他堅い手, 繪高麗實は支那磁州窯, 繪高麗式の鐵砂文