青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「着~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~眺める 眺める~ ~眼 眼~ ~眼つき ~眼前 眼前~ ~眼鏡 眼鏡~ ~着
着~
~着い 着い~ ~着いた 着いた~ ~着く 着く~ ~着け 着け~ ~着た 着た~

「着~」 12926, 124ppm, 854位

▼ 着~ (7419, 57.4%)

288 いた 174 いる 123 いるの 73 いたが 72 ゐた 61 いて 60 いたの 59 いました 52 いるもの 41 いるが 39 ゐる 37 出て 28 いるよう, ゐるの 26 います 25 いる物, 居る 24 立って 23 いた着物 22 いると, 居た 21 いる着物 20 いるので 19 いたもの, いること, いるん 17 居るの 16 いたから, いない, いる衣裳 15 いても, いる服, その上 14 いましたが, 袴を 13 いたという, いるという, いるところ, いる男, いれば 12 いたと, いるから, ゐる着物, 桂の 11 いたよう, 歩いて 10 いたので, いる者, ゐて, 帽子を, 手に, 頭を 9 いる人, いる女, ゐたの, 私の, 髪を

8 [14件] いたか, いたこと, いた衣服, おいでに, おりました, しまうと, ゐても, ゐると, ゐるもの, 働いて, 坐って, 大小を, 居りますが, 胸に

7 [14件] いたし, いた洋服, いなかった, いるこの, いるし, ゐたが, ゐました, ゐるが, ゐるので, 寝て, 来て, 胸の, 靴を, 頭には

6 [16件] いるその, ゐるやう, ゐるん, 出ること, 刀を, 右の, 外へ, 居りました, 居ると, 居るもの, 帯を, 杖を, 自分の, 草鞋を, 行つた, 金の

5 [25件] いた服, いた物, いるものの, いるわけ, これも, みて, ゐます, ゐる男, 下さい, 同じ色, 学校へ, 居ります, 居る着物, 手拭を, 椅子に, 歩いた, 眼鏡を, 紺の, 腰に, 腰には, 見たり, 見ると, 雪の, 頭は, 頭巾を

4 [62件] いたって, いたり, いた羽織, いなければ, いますが, いません, いらっしゃい, いらっしゃるの, いるか, いるけれども, いるのに, いる人間, いる羽織, いる衣服, おりますが, きて, みた, みたり, みると, ゐたから, ゐたので, ゐたもの, ゐた衣服, ゐるから, ゐること, ゐるし, ステッキを, 一緒に, 三味線を, 來た, 例の, 出るの, 出る着物, 家に, 家を, 居たと, 居たもの, 居た着物, 居るから, 平気で, 得意に, 星めぐり, 来た, 歩くと, 歩る, 派手な, 窓の, 立つて, 素足に, 脚と, 行くこと, 行って, 裾を, 見せて, 見て, 赤い帽子, 長靴を, 電燈の, 青年の, 馬に, 髪は, 鼠色の

3 [143件] いたけれど, いたでしょう, いたとか, いたん, いた外套, いた女, いた時, いた時代, いた衣, いって, いないが, いないで, いないので, いなくては, いましたか, いましたから, いましたよ, いますね, いらっしゃるよう, いらつし, いるけれど, いるじゃ, いるため, いるつもり, いるとは, いるひと, いるシャツ, いる時, いる洋服, いる筈, いる蓑, いる間, おいで, おまけに, おりましたが, きれいに, ください, くれば, ごらん, しまって, しまふと, すまして, そこに, その胸, その襟, はいって, まっすぐに, みたいと, ゆくの, わらじを, ゐたか, ゐたこと, ゐたと, ゐるさ, ゐるのに, キチンと, スリッパを, ゾロゾロと, 一刀を, 下駄を, 並んで, 交際し, 何か, 例に, 先に, 出かけた, 出たが, 出たもの, 出るもの, 出る服, 参りました, 右手に, 外出する, 天に, 奉公, 姿を, 威張って, 学校の, 寝たる姿, 居たの, 居た赤い, 居ながら, 居られる, 居るし, 巴里の, 帯の, 座敷へ, 庭の, 弱い者, 急ぎ足に, 手には, 手拭で, 旅に, 朝の, 机の, 来たの, 東京の, 横たわって, 歩き廻って, 海老茶色の, 熊の, 畳の, 白い巾, 白い帽子, 白の, 白粉を, 白足袋を, 笠を, 紫の, 細身の, 緋の, 胸を, 脇差を, 腰を, 自転車に, 茶の, 茶色の, 草履を, 行くの, 行くもの, 見れば, 訪ねて, 足には, 足の, 近所の, 遣らうかと, 鉄の, 銀の, 雨の, 革の, 頭の, 頭も, 顔には, 顔の, 顔は, 顔を, 首に, 髪も, 髯を, 鳥打を, 黒の, 鼻の, 鼻眼鏡を

2 [443件] あやをなせる, いくの, いたお, いたかと, いたかは, いたそう, いたその, いたそれ, いたとて, いたにも, いたほう, いたよ, いたワイシャツ, いた上着, いた人, いた冬外套, いた古い, いた品, いた白ワイシャツ, いた紋付, いた蒲団, いた衣類, いた袷, いった, いつの間にか私, いつもの, いては, いないの, いなかったので, いながら, いねえ子ども, いましたけれど, いまして, いら, いらっしゃるので, いられるもの, いるあの, いるお, いるくせ, いるでしょう, いるに, いるセル, いる上, いる下, いる丹前, いる事, いる半, いる単, いる印半纏, いる商人体, いる外套, いる大島, いる姿, いる小さい, いる布子, いる彼女, いる所, いる朱丹, いる派手, いる浴衣, いる白地, いる素子, いる背広, いる腕, いる訳, いる鎧, いる黒い, うれしそう, え物, おりましたから, おりますの, おりまた, お出, お出でよ, お日さま, お美代, くんろ, さまざまな, しまつて, すっかり支度, すわって, そのりっぱ, そのテーブル, その物静か, その裾, それに, それは, それを, だいいち足, だから軽部, だれの, だん袋の, つば広の, でんしん, とんで, どこかへ, どこへ, のろのろと, ふるえて, ぼろぼろの, ますがな, ますね, まだ夏帽子, まっ黒な, みせて, みたくて, みたこと, みましたの, みんなの, やって, やって来た, やつて, やろうと, やわらかな, ゆく, ゆく着物, らっしゃいよ, わざと島田, ゐたもん, ゐたやう, ゐたり, ゐた外套, ゐた着物, ゐた紺絣, ゐた袷, ゐない, ゐないので, ゐなかつた, ゐなかつたといふ, ゐるか, ゐるかといふ, ゐるせゐか, ゐるため, ゐるところ, ゐる上着, ゐる人, ゐる物, ゐる白衣, ゐる紺絣, ゐる羽織, ゐる自分, ゐる青い, ゐれば, んの, ガラガラと, グル, ゲートルを, ゴムの, サーベルを, シルクハットを, ソフトを, タンゴを, チンと, ニコニコし, ネクタイを, ネズミ色の, ノロノロと, ハープを, バラの, パナマを, ブロンドの, ヘルメット帽を, ベッドの, ボヘミアンネクタイを, ミレーの, メリヤスの, ヴェランダに, 一寸した, 一服喫す, 一生懸命に, 三尺を, 上品な, 上着の, 下には, 下は, 下駄は, 両刀を, 二人とも, 仕事を, 仕舞へ, 伊達を, 傘に, 入って, 入口の, 兵児帯を, 其上に, 冬の, 出かけたの, 出かけて, 出かけるの, 出た, 出たま, 出たユカタ, 出ました, 出る, 出るなんて, 出勤した, 出掛けて, 前掛, 勿体らしくどんぐりども, 十九二十歳が, 博多の, 去年の, 司令部の, 向ふ, 唯一人其家に, 坊主頭に, 変な, 夏は, 外を, 外套を, 大きな黒い, 女の, 女を, 妙な, 姉の, 子供を, 學校へ, 宮に, 寒さ, 寒そう, 寝る布団, 寝る蒲団, 寢た, 小倉の, 小脇に, 小脇差を, 居たさ, 居たん, 居っても, 居て, 居りましたが, 居るお, 居るが, 居るこれ, 居るよう, 居る人, 居る人間, 居る外套, 居る方, 居る法衣, 居る物, 居る職服, 居れば, 山へ, 山高帽を, 左の, 帰って, 帰るよう, 帶を, 帽を, 幅の, 店へ, 廊下へ, 廊下を, 彼の, 往った, 往来で, 往来を, 待つほどに, 戻って, 房, 扇子を, 手拭か, 手織の, 手袋を, 払子を, 折目正しく, 敵の, 新しい麻裏, 日の丸の, 日よけの, 昔風に, 暑が, 暮せる, 月の, 木の, 机に, 杉の, 来い, 来たこと, 来たとも, 来たな, 来たん, 来た一重外套, 来た物, 来ても, 来ました, 来る, 来るの, 来るよう, 来ればよ, 柄袋の, 桟橋に, 極, 楽屋へ, 楽屋入りを, 楽譜を, 正面の, 此方を, 歩くこと, 歩くの, 歩く様, 死んで, 毛皮の, 水仙の, 江戸の, 洋傘を, 濃紫の, 火鉢の, 煙草を, 父の, 片手を, 片足で, 玄関に, 男の, 病女兒達は, 白い布, 白い足袋, 白き薄, 白銀の, 百列にも, 直立し, 相変らず, 真暗な, 真赤な, 眼鼻立ちの, 着物を, 私は, 穴の, 突っかけ, 突然坂井, 窓を, 立つてを, 章魚の, 端然として, 笠に, 籠を, 紅いメレンス, 紐を, 素足の, 紫繻子の, 結びを, 絹の, 緑いろ, 縁に, 縄の, 縄を, 縮緬の, 繩の, 罌粟玉絞り, 羅紗の, 羽織の, 羽織も, 羽織を, 老人は, 耄碌頭巾を, 肩に, 肩を, 背が, 背を, 背中を, 胡坐を, 胸から, 胸には, 脚絆に, 腕に, 腕を, 腕組みを, 腰かけて, 腰は, 膝に, 膝の, 自害する, 自轉車, 至極そ, 色の, 茜木綿の, 茶色な, 蒸される様, 蓑を, 薄色の, 薄鼠色, 蛇の目傘を, 行くと, 行く服, 行く自分, 行く衣服, 行ぐ衣服すか, 行け, 行こうか, 行った, 行ッた, 行列の, 行列を, 袈裟を, 補綴の, 襟の, 襟を, 見たいと, 赤い帯, 赤革の, 起きて, 足に, 跣足で, 遊びに, 過した事, 道具裏の, 郷土に, 野に, 野原や, 金や, 銃を, 錦の, 鍔の, 長い袂, 長く伸びた, 雑嚢を, 雪を, 震えながら, 青竹を, 非常に, 面紗を, 鞄持っ, 頂戴, 頬冠り, 頭から, 頭髪を, 顔に, 顔も, 飛んで, 首の, 高座へ, 鳥打ち帽を, 鳥銃を, 麻の, 黄金の, 黒い大きな, 黒い帯, 黒い帽子, 黒メリンスの, 黒塗りの, 黒繻子の

1 [3647件 抜粋] あおむけに, あちらへ, あの草叢, あらわれた, いいの, いかめしく構えた, いくらか舊式, いず足袋, いたお召, いたくすんだ, いたそして, いたところ, いたもう, いたらキャッチャー, いたゴリラ, いたタキシイド, いたレザァコオト, いた二郎, いた刑務所, いた女シャツ, いた年増女, いた手古舞, いた母, いた牡牛, いた盲縞, いた笠, いた胴抜き, いた裏毛附, いた髪の毛, いちばんチャブ台の, いっぱしの, いつも通り, いないです, いない僕, いなかったと, いなかった毛布, いなさる, いましたからねえ, いますこと, いやがったやつ, いらした赤, いらっしゃった襦袢, いらっしゃると, いられないん, いられるの, いるおばさん, いるじゃあ, いるだろう, いるとしか, いるのよ, いるみいちゃん, いるよ, いるらしい女, いるカパ, いるビロード, いる一隊, いる二人, いる処, いる合着, いる外套みたい, いる始末, いる小林少年, いる恰好, いる机竜, いる正太君, いる法被, いる獣, いる白い, いる私, いる絢爛, いる肩, いる草色, いる衣物, いる赤, いる鎧甲, いる革羽織, うた, うまいもの, えもん, おかっぱ, おった, おばあさんの, おられないし, おりました私, おりアグラフェーナ・イワーノヴナ, おるの, お入りなさい, お召が, お小遣, お訪ねした, お髯, かたまって, かよった, きたので, きどつた, きりりと角, くずれかかった煉瓦, くると, くれ給, こげ茶, こってり顔, この朝, これまた, ござる, ごろごろする, さしこみの, さて電燈, しかも霏, しまういつ大森, しまへば, しりはしょりし, すなわちみすぼらしい, ずっと大宮さん, そうし, そしてしんせつそう, そのうえに, その不自由そう, その多弁家, その胡麻塩, それでは裾, それに大, ただつっ立っ, たっぷりと, だん, ちょうだい早く, つっ伏して, でした, ともかく公園, どた靴を, なさったこと, なんでも, ねる布団一枚, はいつて, はね毛, ひどくめかしこん, ふっさ, へんな, ぼうしには, まいります, また天, まっかな帯, まるい輪, みたいのよ, みなくつちや, みるわ, もう一返御駄仏, もどって, やすむが, やっぱり同じ, やるの, ゆかしや, ゆくかが, ゆく紺, よくそこ, よもすがら念佛, わざとその, われわれの, ゐたねずみ色, ゐた作業服, ゐた方, ゐた目, ゐた自分, ゐないぢ, ゐなかつたの, ゐようが, ゐるかと, ゐるだけ, ゐるとか, ゐるニキタ, ゐる夫人, ゐる有, ゐる病人, ゐる絆纏, ゐる街, ゐる風, ウイスキーを, カフェーで, ガタガタふるえ, コケおどし, ゴロ, シヨールを, スーツ, タイ釣りを, テニス靴を, ナイロンの, バキュームを, ヒラリと, フラネルなんぞ, ブラシユで, ベンチに, ボロ靴, マチへ, メリンスの, リュムゥルの, 一々言立て, 一文ずつ, 一番よく, 七円五十銭の, 三人ばかり, 上着は, 下さるよう, 下婢を, 下駄ば, 両脇, 中身一尺七八寸ぐらいの, 主人の, 乱酔放吟し, 二人来た, 二階へ, 井伏さんの, 人力車を, 人間に, 今一度知り, 他人の, 休んで, 住んで, 何だか正体, 何時も, 供に, 俺の, 働きながら, 先の, 入るべき品, 八時過ぎ出立する, 兵庫鎖の, 再び薪, 凭り掛かっ, 出たまま, 出た着物, 出ようという, 出るやつ, 出る羽織, 出掛けました, 出立する, 剃刀で, 前触れも, 助かりました, 勲章下げ, 匹田の, 千草の, 半幅の, 却つて主人の, 厨房の, 収まるなんて, 古い昔, 古びた中折, 右手から, 合着を, 同じよう, 同じ縞物, 吾が女房, 商品見本を, 四つ辻の, 国司の, 埃で, 壁に, 外は, 大きい行李, 大きな眼庇, 大きな鎖付, 大勢の, 大神宮に, 大黒さまの, 太い籐, 奥の, 女優さんどころか, 妻の, 威張り散らしたもの, 嬉しがっ, 学問する, 學校の, 客座に, 家へ, 寒くない, 寝た寝間着, 寝る寝巻, 寝転んで, 小さいフェルト帽, 小さな髷, 小生の, 少々いや味, 就中包帯だらけの, 居たで, 居たり, 居た彼無地, 居た黒服, 居つた是, 居ました, 居られる人間, 居るけれども, 居るとは, 居るチベット服, 居る奴, 居る有様, 居る白, 居る衣服, 屡, 山路を, 左手には, 市女笠に, 帯も, 帰るのに, 帽子は, 年に, 広つば, 座談会の, 廻転盤と, 弟は, 彼女は, 往来へ, 徒歩を, 御前に, 御飯を, 応接間には, 急いで, 悲しげ, 感じの, 戻れる子等, 手刷り台の, 手籠を, 手風琴を, 折角やりかけた, 押し廻つて, 揚板の, 故郷へ, 敷蒲団も, 新入りの, 日に, 日本人に, 春風吹きます, 時刻たがえずやってきた, 暗い路地, 曲者に, 最前の, 朝食の, 木綿の, 朴歯の, 来たばかりの, 来た地質, 来た黒い, 来ましたから, 来るや, 来る必要, 東西に, 枕頭に, 栗毛の, 棺の, 楽屋で, 横柄に, 次郎さんは, 此方向きに, 歩かなくちゃ, 歩きまわるところ, 歩く位, 歩けるよう, 殆ん, 毎日事務を, 毛糸の, 水にも, 水道の, 汗で, 河内通ひ, 法然頭を, 洗い髪の, 浅緑の, 海へは, 涼しく安らか, 湯呑で, 潜って, 濡れた髪, 炉ばた, 無帽で, 熊野街道を, 片膝, 狩屋三郎に, 玉を, 現われて, 瓢然, 由兵衛奴の, 町に, 病死者などの, 痩せた白い, 登校する, 白い大きな, 白い脚絆, 白くまた, 白博多を, 白粉つ, 白髪頭に, 盛り返した, 目白を, 真紅な, 知らせの, 石の, 破れたくつ, 祝賀会に, 私たちの, 空想で, 竈の, 立つ三人, 竹の子笠を, 簡単な, 紅い唇, 紋附とは, 素足にて, 紫陽花の, 紺に, 絵の, 緋縮緬の, 罐詰を, 群羊の, 老妻, 肉欲的な, 肩まで, 背嚢を, 脚どり, 腰簔を, 自ら雑司ヶ谷まで, 至極そそくさと, 舳へ, 色は, 若柳の, 茶を, 草と, 華美な, 葛布の, 蕃書調所に, 藁草履は, 藪医者然, 血色の, 行かなかったが, 行かれるまでに, 行きはったい, 行くで畳み直してるす, 行く時, 行く訳, 行こうかと, 行ったらいたずらに, 行つたらう, 街を, 袖を, 袴着の, 裏玄関まで, 襟巻の, 見せた, 見たいわ, 見たらさぞ, 見ようと, 見る影, 見馴れない侍, 読書を, 警察い連れ, 貧血に, 貴婦人みたいに, 赤い中歯, 赤い襦袢, 赤毛布を, 足袋こそ, 踊り而, 躍りながら, 身形も, 迎えに, 逃げ掛けて, 通りか, 通人とか, 部屋の, 野宿を, 金庫の, 金鍍金の, 鉄色縮緬の, 銀座の, 鏡に, 長い煙管, 長くな, 長巻, 門に, 陽気に, 雑俳に, 雰囲気を, 青いズボン, 青白い手, 靴ずれの, 音も, 頬の, 頭髪から, 額に, 颯爽として, 飛出したといふ, 食後, 首すこし, 馬車の, 骨身を, 高慢ちきな, 髪の毛なんかは, 鮎を, 鹿爪らしい, 黒いてかてか, 黒い洋袴, 黒ずきんを, 黒長靴と

▼ 着~ (822, 6.4%)

45 ままで 4312 ままの, ような, 上に 9 上へ 8 裾を 6 上から, 下に, 羽織を 5 式を, 男が 4 やうな, 下から, 儘で, 姿で, 式が, 式の, 由, 男は

3 [14件] ままだ, ように, 下り列車, 仕立に, 女や, 姿は, 支度も, 時間を, 洋服を, 背中を, 袖で, 袖を, 袷はら, 襟を

2 [39件] まま, ままであった, ままにて, ままのも, みきの, シャツを, ポケットに, ワンピースに, 中の, 儘にな, 列車で, 城が, 城と, 城に, 城は, 姿を, 当日は, 意なりける, 時間が, 晩方頃で, 服を, 柱に, 法然頭は, 相ある, 砂を, 私の, 私は, 羽織で, 膝に, 衣服が, 衣裳の, 裾の, 買物が, 身着の, 軍服の, 軍服を, 遊女が, 銘仙の, 類が

1 [501件 抜粋] あいたの, あとが, あのす, あの後, ある室, うえから, うすい上衣, うちに, えりを, おはぐろ, お仕立, お城, お爺さんが, お神さん, お神酒がまはる, お袂, ことああ, ことは, ことを, この小袖, さまが, さわやかな, すがた, すこぶる上等, ずんどに, そでで, その雪女, たのもしきかな, ちゃんちゃんを, つかないうち, つくろひなど, ところで, ところである, ところまで, ところやがて, ところ土曜まで, とセル, どことなく淋し, なかに, はずが, はずだ, はんてんから, ばあやが, ふっくらした, ふところに, ほかに, まましかも, まますわっ, ままその, ままでございます, ままでも, ままな, ままふと, まままず, まままだ, ままむさ苦しゅう, まま上等の, まま中庭の, まま仏間の, まま倚りかかっ, まま出, まま台所とも, まま夢中で駆け, まま宅を, まま家を, まま寝ころん, まま寝台の, まま山谷の, まま御門の, まま打, まま掛釘から, まま横に, まま町へ, まま私の, まま突立つてゐる, まま立つ, まま縁に, まま茶を, まま蟇口だけ, まま袴も, まま赤い, まま跳ね下りた, まま辻俥などに, まま酒の, まま長火鉢の, まま門を, まま風呂敷包み一つを, まま飛込んだ, まま食堂に, まま髪も, まま魚の, まんまで, まんまの, まんま屋根から, むざんに汚れた, ものにて, ものは, も翌日, やつは, アヤが, オヴアーコートを, ジャケツであった, スナップを, ズボンの, ズボンを, タキシードを, タゴール老人と, ダンダラ染めシネコダックの, デザインから, ニュウカアに, ハンチャが, フダンも, ホイツペットだ, ボロ許, ポケットから, ポケットの, ポケツから, マネキンを, マンは, モーニングを, ルパシュカだけ, ルパシュカを, 一つも, 一人の, 一張羅へ, 一枚もと慾と, 一隊は, 三枚しか, 上は, 上より, 上り列車で, 上り列車に, 上り列車を, 上半身を, 上着を, 上衣または, 上衣や, 下で, 下の, 下着を, 不便が, 中で, 中に, 中年の, 中爺さんが, 丹前それには, 丹前を, 主人が, 事でございます, 二階へ, 人が, 人たちばかり, 人は, 人間が, 仏法を, 仕事が, 仕事である, 仕方と, 仕立て直しだった, 仕立を, 仕立物などを, 仕立直しだの, 付かぬもの, 代價, 使いの, 供の, 儘に, 儘の, 儘みた, 儘よく, 儘先づ四町四方も, 儘宅を, 儘掛釘から, 儘門を, 兄が, 先生は, 全体を, 八丈の, 内の, 内海さんは, 内海さん一馬さん三宅さん丹後さん矢代さん以上五人の, 処にも, 前が, 前に, 前を, 前褄, 割拠主義に, 力を, 労働者が, 労働者だ, 勝を, 半纏も, 半農, 厚い上衣, 古いフロックコート, 古い黒, 可否に, 可否の, 可否如何に, 和服姿である, 品質や, 商隊が, 問題である, 單羽織を, 土居さん第, 土居画伯第, 垢臭い, 城から, 城へ, 城も, 城を, 城主小寺政職は, 城内から, 報を, 報告を, 場所は, 壁が, 壮佼を, 外に, 外套を, 大名に, 大島と, 女が, 女たちや, 女の, 女の子たちも, 女装は, 女達が, 如きにも, 如きは, 妓たちが, 姉妹と, 姫君への, 姿が, 姿でしか, 姿と, 娘たちに, 娘や, 子供らに, 子供等と, 子供達が, 孔雀の, 安楽な, 家老たる, 家老職に, 家臣黒田官兵衛主命によって, 宿へ, 密偵に, 寸を, 小城と, 小寺も, 小寺一族が, 小寺家から, 小寺政職も, 小袖めさせ, 小袖帶など, 少女の, 尺を, 尻を, 尻枯っ, 尻端折に, 山の, 巻, 布で, 布子と, 帯つきを, 帯と, 帯を, 帯紐を, 帯締めで, 座談会あり, 廂髪で, 式, 式から, 式などを, 式は, 式場などよりも, 式日の, 形も, 役を, 役人方より, 往来, 御座りませぬ, 御新造が, 心配あり, 急行で, 悪い戸, 情人, 感じにも, 懐に, 懲役人を, 或る, 所員が, 扉を, 手ッ首を, 扮装で, 技師らしい, 挙式の, 振袖を, 揃いに, 放下, 故を, 敵地深く, 料理とが, 新しい木綿着物, 方が, 方を, 日が, 日を, 日御, 旨を, 時と, 時間どころか, 晩私は, 服で, 服の, 木綿着物の, 木綿袷に, 本城を, 朱と, 条の, 果して好手, 染めが, 次ぎの, 欣八刑事風受けの, 武士, 母と, 水に, 水浴着が, 水玉模様を, 汽車で, 汽車へ, 洋服と, 洋服のみと, 派手な, 浅いひだ, 浴衣に, 浴衣の, 浴衣を, 海水着を, 淡色の, 深さ, 準備です, 潜水着が, 濡れたの, 父親が, 生活に, 田舎おやじであった, 男で, 男はつつと, 男や, 皮を, 相手は, 真黒い顔, 眼を, 着ながし, 着流しで, 着流しと, 着流しに, 着物に, 着物を, 短くなった, 石段に, 砌には, 祝を, 神等を, 私, 私であった, 秩父縞の, 童女が, 筈である, 筒袖に, 箪笥を, 糸を, 糸織り, 紅絹裏を, 紋付が, 紋付きを, 紋附や, 細かな, 紺サアジだつた, 統一は, 絽の, 綺羅を, 綿入さえ, 編み賃四百円は, 繕ひ, 罪いかよう, 罪を, 美しいの, 美しい娘さん, 美女たちが, 群衆も, 羽織に, 羽織の, 翁格子の, 翁格子のを, 翌日, 老人の, 老人は, 老女が, 者が, 肌に, 肩の, 肱で, 胃に, 背を, 背広の, 背広は, 背広や, 背広服を, 背後の, 胸かけを, 胸に, 胸の, 胸もとからは, 胸を, 胸倉を, 胸元を, 腰に, 腰の, 腰結い, 膝を, 至るところ, 舟は, 良書や, 花模様の, 芸者が, 若いもの, 若い女たち, 若い男, 若者が, 若衆蛛手に, 茶っぽい, 茶色の, 荒い御召, 蘭菊は, 衣紋緩やかに, 袋を, 袖そのまま, 袖の, 袴の, 袴よりも, 袿姿で, 裂を, 裏には, 裾が, 裾で, 裾でも, 裾に, 裾にも, 裾直しに, 裾長く, 褄を, 襞を, 襟の, 見込が, 角に, 註文を, 話は, 警官とともに, 豊かな, 豐かな, 質受が, 足を, 跡が, 身き, 身体が, 軍服との, 軽い暖かさ, 近状から, 選び方を, 遺骨を, 醜行に, 銀鼠色の, 銘仙さえ, 銘仙に, 銘仙や, 長い中国服, 長襦袢が, 闇に, 附合い, 階子段へ, 隙を, 雛妓の, 電車が, 電車で, 面白さ, 頂点まで, 願書を, 類まで, 類有り, 飛行便で, 鮎と, 鮎とは, 鮎は, 鴎の, 麻うす, 黄八丈を, 黒いの

▼ 着~ (468, 3.6%)

47 着て 14 きて 13 つけて 10 して 6 脱いで 4 もって, 一着に, 持って 3 ぬいで, 着けて, 買って, 輸する事

2 [25件] した人間, そこへ, つけようと, つけ組合の, つとのみ, またか, 一枚の, 借りて, 出して, 取つた, 投げて, 曲げ込んでも, 着せた, 着た女, 着た少女, 着た方, 着た細君, 着た若い, 着た頤鬚, 羽織って, 脱ぐ, 被た, 買つた, 贏ち得, 音の

1 [304件] あわれに, いいかげんに, いただいたので, いつくつろぎ着, お出しなさい, お待ちうけ申すでございましょう, お拵, かえて, かち得た, かなぐりすてて, かなぐり捨てた, かぶせて, きせて, きた, きたまんまトントン, きたトオサン, きた乞食, きた女, きた照次, きた現実, きた私, きた素子, きた職人, きた自分, きた若い, きた野沢, ことごとく着切っ, ごわごわさせ, さげて, した, してからは, しめて, する, する者, そっくり着た, そっと手繰り寄せ, そのままかかる, そのまま着, そろへて, ださせ合羽, だして, だらしなくつけた, だらしなく引っかけ, つかんで, つけさせないでは, つけそこ, つけた, つけたば, つけたん, つけた夫人横, つけた年, つけた素英, つけた背中, つけた若い, つけた馬上, つけてる製本女工ら, つけなかった, つけなさいよ, つけぬわけ, つけよ, つけよう, つけようとして, つけると, つけるという, つけるには, つける事, つける以外, つける時, つければ, つけ林助, とっくに見つけ, とって, とりあげると, とりに, なでまわしたり, ぬぎすてると, ぬぎ外して, ぬぎ捨てて, ぬぎ柔道場, はがすとき胆汁, はると, ばたばたと, ひっかけた, ひっかけた朝倉夫人, ひっかけて, ひっかけると, ひつかけ, ふだん着に, ほかならぬ, まとい窃盗品, まとうて, まとった, まとったまま, まとった数百, みせるまでは, みた当時, みんな取っ, わるいと, エポニーヌへ, キチンと, タヲルできゆ, ヒラつかせ, 一から, 一年中着た, 一枚ずつ, 一枚も, 一枚一枚脱い, 一枚盗みました, 上手に, 下したの, 下に, 下ニ, 予想してない, 五十米も, 代えて, 作らせた, 借して, 借り出し棕櫚, 僕が, 入れたのみ, 出すと, 剥いで, 十点と, 占める優良馬, 取つた事, 取りだして, 取り出して, 取ッ, 受取って, 同うせり, 咎めるよう, 報告した, 売っても, 外出の, 寝巻の, 寝着, 対の, 小ざっぱりした, 小ざっぱりと, 小包郵便を以て, 少し広く, 差出し河口初太郎, 平常の, 引き掛けたまま, 引っかけて, 引っかけ手早, 引っかけ襟, 引っ掛けて, 引っ掛けながら, 引つ掛けながら, 引捉え, 彼から, 待って, 待つて, 待つ木村, 得るの, 急ぐため, 恥かしい, 手に, 投げ掛け投げ掛け妖精, 抜き襟ぎみ, 抱いて, 押えた孔雀, 持たされたコン吉, 持たない私, 持ったまま, 持つて, 持参いたしまし, 捨てて, 捨てること, 掛けたま, 掛けたまま, 掛け床, 探して, 揃へる, 揺り起す, 攻めるだろう, 放下せよ, 未練惜し, 東北地方や, 水の, 洗いました, 洗ふ, 洗濯させ, 渋い好み, 濡らしカチャッ, 焔の, 焼き切って, 用いしむるまでにして, 用意する, 申すと, 畳んだり, 白衣に, 着こみ彼, 着こんで飛び跳ねる世津子, 着しかも, 着ずなに, 着せハンカチ, 着せ頭, 着た, 着たこども, 着たどちら, 着たま, 着たん, 着たウェイトレス, 着たチュダコフ, 着たツヤ, 着たロンドン病院, 着た二人, 着た人々, 着た令嬢, 着た助手, 着た十五六, 着た十人, 着た召使, 着た後姿, 着た産婆, 着た男, 着た男女生徒, 着た目, 着た給仕, 着た職工, 着た若い男らしく, 着た軽快, 着た風景, 着ます, 着もう, 着る始末, 着る者, 着両脚, 着右手, 着更, 着替える間, 着流したまま, 着用に, 着紺, 着給, 着草鞋, 知らせる使者, 秘かに, 穿いて, 穿きそうして, 窮屈さうに脱ぎ, 窮屈そうに, 紀久子が, 綾羅錦繍に, 縫う, 縫って, 纏った女, 羽織った髭, 羽織り山繭, 羽織り窓, 肩に, 背負つて逃げは, 背負揚扱帯帯留から, 脱がずに, 脱ぎながら, 脱ぎ小, 脱ぎ捨てた, 脱ぎ捨てスポーツシャツ一枚, 脱ぎ更, 脱ぎ棄てた時, 脱ぐつもり, 脱ぐと, 自身に, 血の, 行ない大臣, 衣紋竹に, 被いで, 被ったまま, 被て, 被ッ, 裏が, 褒めそやした, 襷で, 見せようと, 見たり, 見るの, 見る目, 見上げた, 覚える, 試みて, 調べながら, 譲らざるを, 貰って, 蹴つた, 身に, 身体に, 輸させたく, 輸さなけれ, 輸する必要, 逆さに, 遊ばさん方, 重ねなお, 釘に, 開けたの, 附け流行, 雇主より, 離散し, 頭から, 頼まれたん, 顔に, 風呂敷へ, 驚き怪しんで

▼ 着~ (320, 2.5%)

10 なって 8 着かえて 7 して, 及んで 6 着換 5 着換えて 4 着更 3 つつんで, なった

2 [25件] およんで, きかえて, けり, なつた, ならないの, なります, なる, なること, なるの, なるもの, 剣道用の, 半長靴, 及びました, 及んだ, 手を通して, 日本に, 着換えた, 着替えた, 羽二重や, 袴の, 袴を, 足ご, 銘仙の, 黒繻子の, 黒襦子の

1 [217件] あした六時に, いこうと, いつもの, およびクローム製, および微笑, および頭, およんだやう, およんだコン吉, およんだ飴色セルロイド, おるの, おろして, お召し, お召の, かえすこし, かえる時間, かかって, きかえ, きかえると, くつろいだ, くつろいだ伸子, くつろいで, くつろぐの, くるまって, くるまってね, けり然るに, けれ, これを, したもの, したり, じぶん, するつもり, ちょッ切帯身なりは, つ, つくりはじめるかなと, つつまれて, つつまれまだ, なくて, なしありて, なすってること, なったお, なったと, なったとき, なったの, なった御, なった方, なった時, なった頃, なつたら, ならずしまって, ならぬの, なられましょう, なりさうな, なりたいと, なりましたか, なりますお, なりますなら不幸, なり其の, なり名, なると, なるよう, なる可能性, なれますどうぞ, なれませんでした, はいったという, また凭れ懸かる, めりん, もんぺを, ゃよすぎるわい, よく似合つた雄大, わざわざ着換える, センバを, ヒフを, ミハイルアウエリヤヌイチは, ミハイルアウエリヤヌヰチは, リアリスティックに, レースの, 一室新しく, 下じめの, 不自由を, 二万五千ほど, 人魚の, 今歳, 仕立て, 仕立てる紺木綿, 伊達巻といった, 使って, 决勝點に, 出て, 包まれすらり, 包んで, 半礼装, 卸したと, 及びどう, 及び彼女, 及び検査, 及んだ乾分, 及んだ五十二三, 及んだ人相, 及んだ礼服, 古い三尺, 合羽姿の, 土塀を, 大きく髑髏, 好奇心を, 家の, 小倉の, 小倉袴を, 屋敷の, 巻脚絆に, 帯は, 帯を, 帯長襦袢といった, 幅細の, 弁護士で, 引詰めた, 心頭に, 成ったと, 手を, 手拭で, 批評を, 拝借致します, 換へて, 日傘を, 早駕籠, 替えて, 本質的に, 来たの, 桃色の, 極っ, 歌川家へ, 江戸へ, 泥まみれな, 泥草鞋の, 海水帽を, 涼しさ, 滿足し, 焦茶絞り, 生れ代ったよう, 用いて, 甲斐, 白いはかま, 白襟の, 百五十ルーブルだって, 相成其段屆出, 相違ない, 着かえさせた, 着かえさも, 着かえたオーリャ, 着かえてから, 着かえる, 着かえ直した彼, 着かえ髪, 着かへて, 着かへながら, 着て, 着ようと, 着換えてから, 着換えはじめたので, 着換えようとして, 着換えると, 着換えるの, 着換えパァティ・ドレス, 着替えて, 着替えながら, 着替えると, 着替え弁当の, 着替え爪, 着替へて, 着替へてからに, 着替へぬよれよれ, 着終って, 社長なり, 移らせました, 稽古靴を, 立ち去ること, 箪笥の, 簡易化した, 簡易化する, 素足で, 紫の, 紺木綿の, 緋を, 総ラシャ, 総督府の, 緑の, 縫い直しなど, 繩を, 翁格子の, 胴だけ, 胴と, 脚袢を, 脱ぎかえております間, 腕を, 自ら實驗體得せし, 自暴自棄の, 藁草履を, 行かないこと, 衣が, 袴という, 贅沢です, 贅澤です, 赤い帯, 赤い襷, 身を, 這入つて, 遊ばしても, 道具を, 遭遇した, 銀の, 靴は, 飾られた自分, 馬乗り袴で, 高下駄という, 黒塗日の丸胴を, 黒帯姿審判の, 黒袴を, 鼠地の

▼ 着~ (268, 2.1%)

22 へた 7 へてゐた, をし 6 へさせ 5 へさせた 4 へし, への着物, へると, へをし, へをした 3 へるん, へる場所, をする

2 [12件] して, の中, の間, へず, へたりした, へて赤い, へなさいまし, へまでし, へよ, へるの, へをする, ると

1 [168件] がある, が一, が二三枚, が済む, さしてお, させて, させる褥, したやう, た所, だので, だの足袋, てゆっくり, てるの, てる時, て奥, て寝台, て来る, て誠太郎, でもある, とその他, とを持つ, と二十冊, と子供, ながら, なさい, には相違, に懸つた, のうち, のため, のシャツ, の単, の単物二, の帷子一枚, の時間, の爲, の着物, の綻, の衣, の衣服二三枚, の衣類, の袷, の鈴, は持っ, ふるなり, へ, へあわて, へがあり, へが一, へが濟, へが間, へさして, へさせました, へさせられ, へさせる, へたく, へたせゐ, へたのも, へたらう, へたわけ, へて, へてお, へてきた, へてさて, へてしまふ, へてと謂つて, へて三田四國町, へて了つた, へて今勝平, へて來, へて來よう, へて共に, へて再び, へて出, へて出よう, へて別, へて地図, へて外, へて女, へて居る, へて手提, へて改, へて日和山公園, へて時藏, へて机, へて来た, へて来ない, へて正面壇上, へて此方, へて母家, へて淡紅色, へて現れ, へて直ぐ, へて私たち, へて茶, へて薄, へて行かなくつ, へて麻雀, へない, へながら口, へながら女中, へなく, へなけれ, へなんかし, へにし, へにとりか, へになつて, へにならない, へに出, へに懸つた, へに戻つ, へに熱心, へに立寄る, への中, への和服, への袷, への襤褸, への途中, へはじめた, へばかり急がしい, へました, へます, へもし, へもしなく, へも出, へやう, へよう, へられ, へられる, へる, へるが, へること, へるに, へるので, へるやら, へる人, へる時, へる様子, へる間, へる隙, へれば, へをさせなかつた, へをさせる, へをしてる, へん, へカバン, へ再び, へ厚手, へ始めた, へ折烏帽子, へ松葉杖, へ欄, へ田原, へ端, へ糸, へ羽織, へ英国風, も無くし, るらしかった, る為, る為め, る靴, をした, をと思つて, をはじめた, を捧げ, を済ます, を畳もう, 遊ばせ定

▼ 着~ (201, 1.6%)

50 えを 13 えの 7 えも 4 えが 3 えて, えや, える, ついて 2 えたり, えに, えは, どうも怪しい, 丸められたまま, 脱ぎ捨てて, 雨で

1 [101件] あったと, あまりにも, ある, ある者, いったい何で拵え, いつのまにかそれ, いるので, うすら寒そう, えいたして, えさせられます, えしてから, えするらしく二階, えたの, えだ, えだろう, えてまいる, えといえ, えと髪, えにも, えもって, えも相, えようと, えるとき, え一枚, え一通り, え入れ, え牛舎, え笠, え腹拵え, え頭, かぶせて, こうやっ, こぼれ半分, しどけなく脱ぎ捨て, しなやかに, すっかり駄目, すっと無くなっ, だらしなく, だらしなく掛かり, ついた, つかず, つかない, つきそう, つくこと, はげちょろけの, ぴったりと, へまで, へるとさつさ, へるひま, べったりと, ぺたんこになって逆立ちを, まだそのままの, まだ今, オピタル・ド・ラ・ペエに, クチャクチャに, ハッピイ・コートとやら, 一人右側の, 一人床几は, 一時すぎ, 一枚ふ, 一枚も, 並べられ其, 人間の, 付かぬならば, 光つてゐ, 八時月曜の, 其処に, 出て, 十時半, 又眼, 同じで, 君等といふ, 四〇八とな, 夜具の, 大人の, 如何に, 小走りに, 干されて, 役に立ち又, 放り出されたり, 晩う, 板戸に, 残されて, 水蓮の, 沢山干され, 浮き出した, 無い, 無いもん, 焼けこけも, 生れるまでに, 生真面目です, 白く柔かい肢体, 白木の, 群って, 脱ぎすてて, 船から, 衣紋竹に, 追, 這入って, 飛んで, 駿府の

▼ 着~ (176, 1.4%)

19 えて 13 えを 7 えた 6 えたり 5 へた 3 えさせ, えながら, えると, へさせ

2 [11件] えさせた, えさせる, えに, えの, えまい, えましょう, へず, へない, へのワイシヤツ, へると, をする

1 [92件] えさえも, えさせられて, えさせるだろう, えすぐ, えず洋燈, えたので, えたアリス, えた予審判事, えた今, えた仏蘭西風, えた瑛子, えていらッ, えてから, えてるのに, えて下り, えて出, えて出た, えて司令部, えて岸本, えて投げだす, えて挨拶, えて早く, えて根岸, えて絹縮, えて行ったろ, えて足早, えないかね, えなど, えなどに, えましょうね, えも, えやら, えるか, えるため, えるところ, えるや, え二つ, え二階, え冷えた, え太刀, え家, え幅, え広き, え甲板, え誰, え部屋, がある, ないの, のほか, の単, の姿, の手, の浴衣, へか寢, へが二通づゝいるんでございますよ, へさせた, へさせられた, へさせる, へて, へてしまひたい, へても二度, へても二度寢, へて伯爵夫人, へて博士, へて居つた, へて居る, へて時計, へて机, へて番頭風, へて直に, へて縁側, へて見た, へて門, へて雨戸, へながらさ, へに行, へや, へやう, へるの, へるやら, へるより, へをし, へんとて, へ前後, へ袷羽織, もする, る直ぐ, をお, をし, をしかけた, を出し, を用意

▼ 着換え~ (140, 1.1%)

23 をし 10 をする 4 を持っ 3 の衣類, をした 2 にかかった, に行った, の袷, をすまし, をすます

1 [87件] がある, がすんだ, が一, が二, が二百円, が吊しかけ, が御座いません, が済ん, が終った, したとき, しますから, するの, だよ, てお, て出た, て紅茶, とが残っ, とを入れた, と下着一, と敷布, と良人, などし, などと依田, などをそっと, などを風呂敷, など沢山着, にはいっ, に去った, に帰った, に押入, に気, に皈, に立, に立った, に紋付, に行く, に起っ, に隣室, のすんだ, の場所, の手つだい, の手伝い, の最中, の洗濯, の着物, の着物ありったけ, の羅衣, の羽織, の襤褸, は更に, は此処, までし, もし, もしない, もせず, もそこそこ, も手伝っ, やしめ, やなんかしました, やら何やらどっさり, や下着類, や学用品, をいたしたい, をさせ, をさせる, をしだした, をしましょう, をすました, をすませる, をつめ, をもっ, を二三枚, を入れ, を入れた, を出せ, を始め, を始めた, を始める, を彼, を手つだっ, を手伝った, を済ました, を用意, を詰めた, を風呂敷包み, 何でも, 貸して

▼ 着~ (122, 0.9%)

8 ている 4 て, ていた, てゐる 3 てしまった 2 てい, 一人の, 多量の

1 [93件] あるいは獣面, これを, その上, その門, たりの号外, たり伊賀亮, たり紫, つつもその, てから少なくとも, てころ, てしまいました, てどっしり, てのそ, てむろん, てめかしてる, ても身, てやしないでしょう, てルバーシカ, て候, て働いた, て十時過ぎ, て喜色満面, て困る, て妙齢, て学校, て寒気, て寝, て居た, て居っ, て居り, て居ります, て川北氏, て打死, て押し出した, て本気, て澄ましこん, て羽織, て自他, て自家, て船頭, て薄茶色, て藍地糸錦, て行き, て過し, て金, て開き, て隔日, て飄然, て高座, とっさに, どこか, まず中村氏, みな髪を, ソフトを, 一本短い, 三味線を, 仙台平の, 伊賀袴を, 刺繍の, 力士に, 垢膩染たる, 外様の, 安心する, 寂寞として, 年頭の, 座す其形勢い, 意気揚々と, 政府に, 朱鞘の, 油でない, 泥靴を, 清潔なる, 父に, 白木の, 白革の, 白馬紅纓の, 相格闘, 真紅の, 短かいの, 純然たる, 綿入の, 緑色で, 者の, 者を, 脱刀, 自分の, 茯苓突きの, 金覆輪の, 長髪長髯これのみ, 顔の, 騎馬数百人も, 黒地の, 鼠小紋の

▼ 着たり~ (108, 0.8%)

16 して 3 した大人, 脱いだり 2 あるとき, したが, するの, 何か, 肌着の, 菜葉服を

1 [74件] ける兜, ける然るに, したルンペン, しながら, しまへ, しゆ, し衣服, すること, するたび, するだけの, する事, する子, する手早, する様子, する気, する身分, する風俗, その他いろいろ, なに不足の, ぬいだり, シガーを, トゥルニュール, ネクタイを, ワイシャツ一つで, 一人は, 一片の, 七つ道具を, 五六度も, 住んだり, 何う, 便利な, 兜を, 半ズボン, 半分裸だっ, 又若し, 天下の, 太刀を, 嵌めたり, 已に其夜, 帽子を, 座敷へ, 徳太郎君は, 敷いたり, 是より, 朝夕の, 木の, 毛布に, 水で, 洋服を, 爵位を, 特に春団治, 犬の, 男の, 畳んだり, 着せたり, 祝着の, 紋付を, 縮緬の, 羽織を, 自転車に, 色々な, 色々盛装し, 草鞋を, 袴を, 角帯を, 身づく, 酸素か, 金時計を, 青柳に, 靴を, 靴穿い, 顔には, 香水の, 黒いマント

▼ 着~ (87, 0.7%)

2 これも

1 [85件] あるだろう, いまつくろっ, この頃, これくらい, これと, これを, しない, しないので, しぼるほど, すっかり晩, するが, そこから, その実, その歳, その襟, だぶだぶだつた, だへ, つかない誰, つけて, とうとうかえって来なかった, ますます葉子, まるでわたし, みっともないどころか, もう着くずされ, ややつかれ, よそぎよりも, わたくしに, 七月の, 世帯を, 九時四十五分, 二着っきり靴は, 今の, 借す, 借りられますよ, 働きの, 働き着, 全部自分もちで, 内緒の, 冬は, 出しませんけれども, 初めから, 勤務の, 午前まさに, 午後五時五分か, 午後六時四十一分の予定, 夜の, 大分汗やけが, 始めから, 小倉が, 差引きでゼロ, 幼時に, 広瀬少佐の, 延ばしたもの, 急に, 成女と, 持って, 新形の, 是非晝過なら, 有難く頂戴, 朝九時幾分かの, 木綿筒袖たるべし, 東山道軍の, 気を, 水の, 水中の, 汗が, 無しに, 看板に, 着たが, 着ても, 私の, 第一義的の, 細つ, 羅漢将軍四着は, 肩を, 腕組し, 自分の, 荒い淋しい田舎, 薄黒く, 覚えて, 走れそう, 邸内から, 雪中農夫の, 高等である, 髯将軍三着は

▼ 着もの~ (84, 0.6%)

3 の裾, を着た, 脱ぎ場 2 の前, はこの, をき, をきかへよう, を子供, を着

1 [63件] から紫, がい, がぬい, がほしい, で左, で紺足袋, で羽織, と取り, と取りかえた, などに頓着, などの見方, など竹竿, にざんぶりと, には黒繻子, に前垂掛, に紺, に血, に青い, のこと, のなか, のままベッド, の上, の下, の代り, の憲兵, の紐, の胡坐, の色, の衣紋, の間, は夜, は持っ, は紬, もお, もかって, も帯, も脱ぐ, も買わない, やそれ, や刺繍, や洋服, をきた, を俄, を始末, を少し, を手, を畳ん, を着か, を着かえた, を着かへた, を着かへたら, を着ず, を着せ, を着せた, を脱い, を脱ぐ, を讃め, 一枚に, 一葛籠お, 着たざま, 縫ひゐたる, 美しきは, 黒繻子の

▼ 着~ (77, 0.6%)

5 の場合 4 の現象, の研究 3 の形, を起す 2 が起きる, が起る, となる, の問題, は起きない

1 [48件] がどれ, がのび, がほんの, が全然, が出来る, が大分生長, が生じ, が生長, が起きた, が起きるだろう, が起った, というの, というよう, という現象, という習慣, という言葉, といっ, とされ, とたたかった, とても同じ, ならば, についていろいろ, については実験, についても太い, に対してずいぶん, に悩まされる, の加わった, の危險, の型, の外, の実体, の恐ろし, の発生, の研究所, の科学, の秘密, の起きる, の起り, の起る, はあまり, はほとんど, はますます, は起き, を, をはっきり, を起させ, を起させる, 或は樹氷

▼ 着~ (73, 0.6%)

3 あつた 2 挽いてる樟

1 [68件] あぐらを, あした, あつたらしい, あの竹藪, いた, いつもりゅうッ, お銚子, かつ数多く, きのうも, きらびやかな, これまで, すぐに, すっぽりと, たすきや, でも, どろどろに, どんなに固く, まだうす寒, みじかいズボン, もう水, やってきた, やって来て, やっぱり髪, よろしいの, ヒョコヒョコと, 一つは, 下は, 働かせたろうが, 働くだけ, 出かけた喜太郎, 出たらしい, 到頭準決勝戦, 可成自慢, 味噌汁を, 固めしかも, 姿の, 居る, 巻莨色と, 座敷天ぷらの, 悠々と, 手に, 散歩も, 春も, 昼間買っ, 晩方から, 暮して, 暮らして, 朝酒を, 楓の, 武装し, 残りは, 水際の, 白襟緋の, 着膨れて, 石は, 秋の, 突っ立った, 結城紬だ, 結構だ, 羽織など, 袴を, 褄を, 訪れる気, 踊った, 踵の, 間に合わして, 間に合わせ夏, 飛出した

▼ 着~ (66, 0.5%)

3 ある

1 [63件] いうを, いえば, いっても, いふ, いわざるべからず, して, し明治三十二年間牒, し明治三十六年一月十六日臨時県会, すればよほどの, せり, そっくりの, その着更, なすという, なった孫君, なって, なるの, ふだん着とが, ふだん着との, ぶら下ってるこりゃ, よく調和, よれよれの, スピイカーが, モンペを, 一分の差が, 下着を, 云った姿, 云ふ, 代えながら, 全く同じ, 初期の, 前を, 受けて, 古いズボン, 同じ性能, 外出用と, 小綺麗な, 思ひしに, 懐剣とを, 水の, 決めたから, 浮薄と, 特殊な, 相なった, 真鍮製の, 着かえた上, 着換えさせ, 着更, 着替える, 知らせて, 私は, 競泳し, 翌る, 股引とが, 脚絆股引それから, 自分が, 薄色背広の, 袴の, 袴着とが, 送風ポンプが, 靴が, 靴をか, 頑丈な, 顔を

▼ 着たる~ (59, 0.5%)

2 はあらず, 一個の, 人の, 武者三人網代に, 老将官

1 [49件] がかく, が御召縮緬, が門前, とはいとど, にも類すべく, はこの, は誰, ま, ものなんどおさなき, もの艪を, より世, ヱスタの, 一個七八歳の, 一老人若し, 二十五歳の, 人は, 人よりは, 侍は, 僮僕あまた, 十七八の, 四十の, 坊ちやん, 大難の, 姿など, 姿は, 姿を, 婦人あり, 小兒, 小者を, 影は, 御姫様床の間, 忍姿を, 春かな, 父母なりき, 猿廻し御幣を, 田原が, 男一僕を, 男頻りに, 童あり, 紳士制服着けたる, 美しき貴婦人, 翁と, 者の, 若者あり, 衣紋竹すでに, 身の, 遊女同じく, 阿修羅の, 面は

▼ 着~ (56, 0.4%)

2 もって, 半襟も

1 [52件] あります, あるもの, あれば, し着せたの, すっかり皺だらけ, すまいから, する人間, せずに, ちゃんと揃っ, ちらほら通る, つけずに, つけて, ない, ないん, なかった, なく却って, ぬいで, ぬがずよく, ぬれる, へつたくれも, やらなけりゃならずそれからまた, ドレスを, ハカマも, 一枚お里は, 何となくちぐはぐ, 何も, 余所ゆきも, 出さなければ, 前刻, 古城で, 同じい米沢紬, 呼応し, 崩れて, 拵らえる, 持って, 持ってないし, 染められたの, 洗いすすがれて, 無い, 無いから, 皆包ん, 着かへず横, 着せれば, 着ないで, 紋付で, 紋無しの, 絽が, 見慣れるうち, 買えないで, 遺らざりけるよと, 頬かぶりに, 饑じい空腹も

▼ 着ながら~ (41, 0.3%)

2 ニコニコと, 云った, 逆に

1 [35件] こちらへ, この頃, さもえら, すぐに, そう言い, でさ, なお蒲柳, ひょっくり現われ, もしこれ, アメリカ風の, キチンと, 三人全部に, 伊兵衛は, 其處を, 吉川訓導は, 呟いて, 品格よき, 嘲るやう, 大道せまし, 尋ねた, 広い部屋, 扇子を, 更紗の, 書類の, 歌舞伎を, 此方を, 水く, 流石に, 独りで, 考えました, 表の, 見て, 足で, 顎を, 食べ残した冷いもの

▼ 着~ (38, 0.3%)

2 に白

1 [36件] がすっかり, が出来た, だが, だったか, できりりと, で品, とか髪かたち, と云い, と化粧, にし, にて堀川, にて引据ゑられし処あざやか, になりました, にも肩衣, に意気, に赤い, に赤地, のうま, のおの, のま, のやり直し, の下, は, はあの, は盲目縞, は能衣裳, は自分, は茶, や尺八, をし, をした, を換, を着, を終っ, を良く, 括袴

▼ 着ても~ (37, 0.3%)

2 着なくても

1 [35件] い, いい, いいでしょう, いい様, いませんでした, すらりと, そのため, そんなに不釣合い, どうもこの, よいと, 似合う, 似合は, 何とも思わぬ, 可笑しくない, 同じもの, 和服を, 夜の, 届ない, 批評する, 日本人では, 暖かくなくなった, 最早や, 歩けませんよ, 気が, 用が, 着ても, 着れないほど, 能う似合, 能くお, 脛を, 船頭が, 褪せないと, 謙遜する, 身に, 駄目だ

▼ 着つけ~ (36, 0.3%)

3 をし 2 を自分

1 [31件] から身, がおんなじ, がすむ, がどうしても, がはっきり, が古, が細, だが, だし, である, でいた, でその, でもし, で来, で湯島, で現れ, で現われる, で舞台, にかかります, にしかあらわれなかった, にそんなに, に紫帽子, に落とし, の人, は桃, は濃い, もいい, もよく, も終わる, をお, を終つて

▼ 着ては~ (32, 0.2%)

3 いるが 2 いなかったが

1 [27件] いけません, いたものの, いないという, いなかった, いなかったの, いらっしゃらなかったでしょう, いられない, ならぬ必ず, ならぬ髪, ひつて, ふざけ散らして, むばきをはき生蕃の, もう一歩, ゐたけれども, ゐなかつた, ゐなかつたの, ゐられません, ゴロゴロと, 何んだ, 出られない, 出られませんよ, 到底戦さ, 居られませんお, 居りますが, 居るが, 歩けないほどの, 脱ぎ捨てる

▼ 着した~ (30, 0.2%)

1 [30件] おりは, かという点, ために, とあっ, ということ, のであつ, のである, ばかりで, ものとしか, ものを, ようでした, 事も, 亜米利加の, 侍の, 儘発見せられた, 地上からの, 姿で, 威風堂々たる, 峰丹波が, 心の, 心は, 心よりも, 時に, 時尋ね, 武士手に, 浪人らしい, 白髪の, 翌日には, 者は, 身體は

▼ 着のみ~ (28, 0.2%)

27 着の 1 着ま

▼ 着~ (28, 0.2%)

2 をし

1 [26件] から下駄, がぞんざい, が如何にも, が少し, だの髪, てえもの, では外套, でも分る, にどこ, にもやや, のぞんざい, の下手くそ, はあまり, はこういう, までそっくり, や馬, をおしえる, をおそわっ, をした, をする, をだれ, をよく, を教, を教え, を習ふか, 歩き方

▼ 着姿~ (27, 0.2%)

1 [27件] が見え, でいる, でゐた, でロダン, で卓子, で左, で新聞, で本, で肉切り庖丁, で通り, と変る, ながらいつも, に着替へ, のかみさん, のまま, の大きな, の小娘, の未亡人, の男女, の老人, の肌, の芸妓, の被告たち, の親達, の農夫, を見られた, を見られる

▼ 着~ (26, 0.2%)

3 えに

1 [23件] えくださいませ, えなさいまし, えなされ, えなされた, えよ, えん, え髪, ざつた従僕に, ざつた紳士や, ざつて, ざつてゐた, ざつて兄や, つたに, ない, ない部屋, なんだ, なんだろう, へたしぼり, へた着物も, ほとんど燕作, 旅衣かの, 知らないが, 裸體かにな

▼ 着する~ (25, 0.2%)

4 こと

1 [21件] か誰, こと高から, ところは, にしろ, に何処, に片山夫婦谷利太郎, のが, のみにし, は想像, もさはりなるべし, や直ちに, を厭い, を感じたりき, 処を, 土偶には, 外ない, 様に, 自分は, 迄にはまだ, 頃には, 類平人よりは

▼ 着ながし~ (23, 0.2%)

2 であぐら, であった, に無腰, のまま, 片肌脱ぎ裾取り

1 [13件] だった, でいかにも, でやはり, で刀, で歩い, で草履, で麻裏, に脇差, のままあぐら, のまま刀, の丸腰, 一枚もう, 胸には

▼ 着かへ~ (19, 0.1%)

4 させて 3 なさいましと 2 はじめた 1 させながら, させ重い, さてもう一度, し少女, なさいと, はじめる, はつたら, ませう, 寝床の, 愛子が

▼ 着~ (19, 0.1%)

2 の上, の当時君, の日

1 [13件] が十月一日, されるの, した, したころ, した弟, すること, せられる, との時日, のあいさつ, の使い, の挨拶, の日取り, の由

▼ 着~ (18, 0.1%)

2 のである

1 [16件] せり則ち, どこか, のであります, のに父, ほしながら, ものが, もので, ものに, ものを, んだ, 人物として, 勤勉は, 勧業を, 思想と, 有馬君だ, 気風を

▼ 着として~ (16, 0.1%)

1 [16件] かの少女, まあ十ポンド, 三田翁は, 大津の, 少しさっぱりした, 朝身に, 横光氏は, 生きながら, 申分ありません, 着て, 着ては, 笹木光吉の, 身に, 逃亡ち, 銘仙の, 閲覧願と

▼ 着~ (15, 0.1%)

3 からとて針

1 [12件] かそんな, から好く, が小, けれど荒い, けれど黄八丈, すごいぞ, ぞと彼, つたと, つた事が, な, のを, よ錢形

▼ 着~ (15, 0.1%)

1 [15件] はだし足袋を, カールの, グロオブで, グローブで, シャツなどを, ボロボロの, マスクメス鉄血と, 傘を, 帯などにも, 笄などを, 肱の, 袴を, 裕福らしい, 襁褓の, 襦袢や

▼ 着附け~ (15, 0.1%)

1 [15件] がいかにも, がこの, で例, で相撲, といい, にはわたしたち怖気, の自信, の色合, はこう, は大変, も入浴, をさせ, をし, をつけ, を氣

▼ 着という~ (14, 0.1%)

2 ところだ

1 [12件] ことに, ところらしい, のは, のも, ものである, ものを, やつは, ような, 事を, 多計代, 底までを, 言葉に

▼ 着には~ (14, 0.1%)

2 どうした

1 [12件] いって, いつも年, お光, それと, だし足袋戦争にでも, 持って, 握り太, 海底の, 相当金を, 違い無い, 金一〇〇〇ソヴリンを, 非常な

▼ 着~ (13, 0.1%)

1 [13件] から約, が夙に, でオーラ, になっ, に帰った, に立つ, の方, の端, へ持っ, へ這入る, もなく, を持った, を見降ろす

▼ 着ふるし~ (12, 0.1%)

2 た衣服, の裕衣 1 たるハゲ, た学生服, た服, た洋服, では, の浴衣, の着物, の綿入

▼ 着~ (12, 0.1%)

2 へさせた 1 へさせ, へてベッド, へて出, へて高野さん, へながら然, へなく, へをし, へをした, へソッ, をすゝむる情

▼ 着~ (12, 0.1%)

2 のうち 1 いたしそろ, と小寺政職, になられました, に聞え出した, の占領, の晩, の興亡, の頃, を二度, 早々なにかよほどな

▼ 着では~ (11, 0.1%)

2 あるが 1 ありません, あるし, だしの, なく大島, なく小綺麗, なく常, ますます冷える, 女教師と, 荷も

▼ 着~ (11, 0.1%)

2 袴だけ 1 た紙鳶, もどって, 向って, 帰った, 引っ返して, 手を, 手拭を, 押しかけた一団, 駆けて

▼ 着~ (11, 0.1%)

1 [11件] から肩, には同じ, には同じく, には大きな, には綸巾, には色さまざま, には金色, に塵, に竹, に黄金, の上

▼ 着から~ (10, 0.1%)

1 ず教師, その人, ないの, ネマキネマキから, 出た両足, 午前零時三十四分着まで, 帰陣しない, 思いついて, 発散する, 総てを

▼ 着~ (10, 0.1%)

2 だが 1 でうごく, ではなく, でネット, で出, で弾機細工, で肩, とも黒羽二重, の好み

▼ 着~ (10, 0.1%)

1 か功利, さうなこと, さうな男, さうな立派, な事, な地味, な改革意見, な日本人, な男, に政治

▼ 着~ (10, 0.1%)

2 になる 1 として源氏, なぞは兎, にでき, に柳, に決められた, のもの, までも気, よりもじ

▼ 着しか~ (9, 0.1%)

2 持つて 1 なかった, 仕方が, 持たずつまり, 無い, 無いん, 無い脊広, 着て

▼ 着にも~ (9, 0.1%)

1 いろいろあります, これ一枚で, ならぬもの, なるし, 不自由は, 四季の, 当る場合, 用いて, 高座着にも

▼ 着一枚~ (9, 0.1%)

1 で, でしかも, でもっとも, で蟄居, に濃, の半, の吉田, の素裸, の背中

▼ 着代え~ (9, 0.1%)

2 をし 1 てき, と大, のシャツ, の衣類, もありゃしない, をしよう, を持っ

▼ 着~ (9, 0.1%)

1 あぶりに, には睡蓮, に団扇, に永, に白羽扇, に磨ぎ澄ました, に管鎗, に薬草, も足

▼ 着換えさせ~ (9, 0.1%)

2 てやる 1 たりなどし, たり身分罪名人相, ていただきます, てこの, てやっ, てやった, 履を

▼ 着~ (9, 0.1%)

2 がない 1 が一体, が無い, で難, に至る, のつん曲がった, は紊, を見る

▼ 着~ (9, 0.1%)

1 しここ, した, し続いて, す, せるまでの, という, と共にすぐ, になれ, の汽笛

▼ 着かえ~ (8, 0.1%)

1 たりし, ています, てしまっ, てなさった, てゆく, て出掛けた, て現れた, ながらそれ

▼ 着そう~ (8, 0.1%)

1 なインバネス, な勢い, な大柄, な洋服, な派手, な石摺り, な羽織, な隠居頭

▼ 着その~ (8, 0.1%)

2 上に 1 ポケットに, 上から, 下へ, 匕首を, 袂で, 馬を

▼ 着~ (8, 0.1%)

2 を締め 1 は路考結, をしめた, をしめ直し, を一つ結び, を締め締め, を路考結

▼ 着換える~ (8, 0.1%)

1 ごとに, のが, のも, まで自分, も面倒, やら私, ように, 拍子に

▼ 着ある~ (7, 0.1%)

1 だけであった, にはある, のだ, ものは, やいなやそち, 者は, 退場を

▼ 着~ (7, 0.1%)

2 とある 1 がたで, がたと, ぢや, と聞えた, 常樂院伊賀亮等

▼ 着でも~ (7, 0.1%)

2 身に 1 いいから, こしらえて, するよう, 品質の, 縫つて居るだらう

▼ 着なし~ (7, 0.1%)

2 顔を 1 た大, 銅金造りの, 鎧も, 長槍, 風呂敷包みを

▼ 着なれない~ (7, 0.1%)

2 洋服なんか 1 ぎごちな, せいか, とみえ, 和服の, 王様の

▼ 着まで~ (7, 0.1%)

1 ないと, ナニガシかの, 一里余の, 出て, 合計九本の, 行って, 配当の

▼ 着~ (7, 0.1%)

4 されて 1 された四枚, された柔, され擦り切れて

▼ 着帽子~ (7, 0.1%)

1 が八十七個, とステッキ, もかぶらず, も被らず, をかぶり, を持つ, を胡座

▼ 着~ (7, 0.1%)

1 ただちにロシア国博士マッチセン, ただちに三井物産会社支店長間島氏, に至っ, 早々の, 直ちに自分, 直に前記, 間もなくガゴ

▼ 着茣蓙~ (7, 0.1%)

1 のやう, の端, を多く, を敷いた, を纏い, を羽織っ, を羽織り

▼ 着~ (7, 0.1%)

1 ながら憔悴, の式, の武士, をつけた, をはい, をはき, を穿いた

▼ 着かた~ (6, 0.0%)

2 をし 1 や全, や髪, を覺, 見たかて

▼ 着きたる~ (6, 0.0%)

2 制服を 1 ものは, 山の, 物を, 職工幾組とも

▼ 着させ~ (6, 0.0%)

1 ていけ, てもよから, てゆかう, て世の中, 人間として, 体を

▼ 着すれ~ (6, 0.0%)

1 ばこの, ばただ, ば他方, ば火星, ば熱湯, ば轟然

▼ 着てね~ (6, 0.0%)

3 祖母さんが 1 あの古い, さてと, それが

▼ 着てや~ (6, 0.0%)

2 がるん 1 がって, がるぜ, ぐらの, しない

▼ 着てを~ (6, 0.0%)

2 りました, りますから 1 らんでも, りなさるが

▼ 着である~ (6, 0.0%)

2 がもう 1 があたかも, ことが, せいか, との點

▼ 着~ (6, 0.0%)

1 あるよう, すると, するまで, とか, と同時に, 早々今夜

▼ 着~ (6, 0.0%)

1 の衣類, はなし, へをする, もなくなっ, を出し, 置其罪を

▼ 着次第~ (6, 0.0%)

1 さっそく来, どうぞ御, まとめたお, 直ぐ來, 直ぐ印刷上, 至急面会

▼ 着~ (6, 0.0%)

1 ですらり, ではあまり, で駒下駄, と来, に白縮緬の, の男一人手拭

▼ 着白い~ (6, 0.0%)

2 緒の 1 カラーの, 前掛, 帯を, 馬に

▼ 着股引~ (6, 0.0%)

2 を穿いた 1 の代わり, をはいた, を穿き, ヲ穿チシ事

▼ 着~ (6, 0.0%)

1 と手足, の道具だて, は毛皮, を白布, を穢し, を蒲葵

▼ 着~ (6, 0.0%)

1 のあと, はこれ, も緋, も鞍, を三馬身, を飛ばせ

▼ 着~ (5, 0.0%)

2 うな 1 されて, っしゃるよ, へあらぬ

▼ 着だの~ (5, 0.0%)

2 いろんなもの 1 なにかの, タオルだの, 海水帽だ

▼ 着つつ~ (5, 0.0%)

1 ある, ある最中, なれしとい, なれしといふ, なれし菖蒲重

▼ 着などは~ (5, 0.0%)

2 手に 1 式服の, 知って, 蚊帳の

▼ 着らしい~ (5, 0.0%)

1 ドレスに, 浅黄色の, 紬の, 軽袗ば, 酒の

▼ 着一つ~ (5, 0.0%)

2 になった 1 で川, で遊ん, で飛び込ん

▼ 着~ (5, 0.0%)

2 括りの 1 いて, じゅばんどれも, にカアキ色

▼ 着伊賀袴~ (5, 0.0%)

3 を穿いた 2 を穿き

▼ 着同じ~ (5, 0.0%)

1 ような, ハンドバッグや, 丸絎の, 服と, 羅紗の

▼ 着早々~ (5, 0.0%)

1 の理窟, 一風呂浴びる, 中村気象台長からの, 行李を, 計画が

▼ 着通し~ (5, 0.0%)

1 てゐた, であつ, でゐる, に着, の袷

▼ 着~ (5, 0.0%)

3 をはい 1 を光らし, を履い

▼ 着頭巾~ (5, 0.0%)

1 をかぶり, をま, を冠, を目深, を被っ

▼ 着この~ (4, 0.0%)

1 かた, かたの, 三泊の, 日だけ

▼ 着すべき~ (4, 0.0%)

1 時間を, 様子も, 者有り, 鬼怒川の

▼ 着そして~ (4, 0.0%)

1 その上, 朝と, 潜水兜に, 頭の

▼ 着だけ~ (4, 0.0%)

1 でなくその後, 吊って, 残った時, 袷に

▼ 着だけは~ (4, 0.0%)

1 値が, 和一が, 欠いて, 脱いで

▼ 着てから~ (4, 0.0%)

1 すっと立ち, ホテルの, 帯を, 間もなくお

▼ 着などを~ (4, 0.0%)

2 取り出して 1 お作, 着て

▼ 着なれぬ~ (4, 0.0%)

1 喪服の, 硬直な, 絹の, 衣を

▼ 着なんか~ (4, 0.0%)

2 着て 1 きて, 引っかけては

▼ 着やう~ (4, 0.0%)

1 の股引, やく富山館, やく青衣子居, よ

▼ 着大小~ (4, 0.0%)

1 も皆, を差し, を差した, を落し差し

▼ 着~ (4, 0.0%)

1 したも, のあと, のその, 随行の

▼ 着性プランクトン~ (4, 0.0%)

1 が浮かび上がった, であったかも, の大群, の浮かび上がり

▼ 着換えた~ (4, 0.0%)

1 のかも, やつが, ウールの, 風俗で

▼ 着~ (4, 0.0%)

1 からおもむろに, なの, は下, を花托

▼ 着直ちに~ (4, 0.0%)

1 一個試みた, 出発する, 汽車にて, 鍛冶橋監獄に

▼ 着~ (4, 0.0%)

1 をかぶった, をふかく, を冠, を持ち

▼ 着~ (4, 0.0%)

1 一日ここから, 一日大河原を, 一日高瀬川を, 七日自動車を

▼ 着~ (4, 0.0%)

1 に採集瓶, は裂け, をそびやかし, を怒し

▼ 着~ (4, 0.0%)

1 から二本, に緑, に魚籠, のまわり

▼ 着~ (4, 0.0%)

1 に浮き彫り, は撥髪, を蓬, を風

▼ 着かで~ (3, 0.0%)

1 ゐたり, 再び語り続け, 彼の

▼ 着かへながら~ (3, 0.0%)

1 きいた, その赤い, 何時もの

▼ 着かへを~ (3, 0.0%)

1 すませました, する間中, はると

▼ 着これ~ (3, 0.0%)

1 に股引, は乗, を脱ぐ

▼ 着したる~ (3, 0.0%)

1 佐佐木夫人に対するや, 旅の, 馬上の

▼ 着そのうえ~ (3, 0.0%)

1 から酸素, に派手, に薄茶色

▼ 着それ~ (3, 0.0%)

1 から三百人, に大人, へ紅梅色

▼ 着てと~ (3, 0.0%)

1 ぼとぼと歩い, ぼとぼと歩く, 御作さんは

▼ 着ての~ (3, 0.0%)

2 旅人だ 1 そつと

▼ 着にて~ (3, 0.0%)

1 しかもまた一張羅, 伊豆守上使に, 御伺ひいたす

▼ 着にでも~ (3, 0.0%)

1 する積り, 着るより, 近づいて

▼ 着また~ (3, 0.0%)

1 一時間ばかり, 二時間あまり行乞しぐれ, 床を

▼ 着もっ~ (3, 0.0%)

1 ている, てきた, てきました

▼ 着よう~ (3, 0.0%)

1 にいたる, に戸惑いした, の腰

▼ 着~ (3, 0.0%)

1 寝テイタ, 甘イモノハ食イ次第ニシテ, 見タカッタノダロウ

▼ 着一人~ (3, 0.0%)

1 ずつ簾, の子供, は白い

▼ 着一城~ (3, 0.0%)

1 のともがら, の者, の衆

▼ 着~ (3, 0.0%)

1 横に, 股の, 腕を

▼ 着京以来~ (3, 0.0%)

2 御世話 1 聞き噛

▼ 着京後~ (3, 0.0%)

1 すぐ二条烏丸, の様子, 間もなく根岸

▼ 着~ (3, 0.0%)

1 によってどんより, によりてそれ, によりて色

▼ 着~ (3, 0.0%)

2 を食わん 1 食わぬ顔

▼ 着同じく~ (3, 0.0%)

1 アストラカン皮の, 厚く綿, 黄色い手袋

▼ 着同様~ (3, 0.0%)

2 転がって 1 な着物

▼ 着~ (3, 0.0%)

1 へた, へも間, やら何

▼ 着大きな~ (3, 0.0%)

1 ステッキを, 木靴を, 檜笠を

▼ 着實さ~ (3, 0.0%)

1 うで, うで羊羹色, を持つ

▼ 着布団~ (3, 0.0%)

1 の上, の襟, を腮

▼ 着~ (3, 0.0%)

1 と共にわれら, の時われら, は十二日

▼ 着~ (3, 0.0%)

1 がい, でも出来, の変

▼ 着振り~ (3, 0.0%)

1 から上の空, でも何, 歩きつきに

▼ 着換えよう~ (3, 0.0%)

1 かしら, とし, と思っ

▼ 着放下着~ (3, 0.0%)

1 と私, の外, 貪心

▼ 着氷条件~ (3, 0.0%)

3 にある

▼ 着氷防止~ (3, 0.0%)

1 とか雪中飛行, の研究, または除去

▼ 着短い~ (3, 0.0%)

2 山羊髯を 1 刀を

▼ 着~ (3, 0.0%)

1 のもんぺ, の帯, の白木

▼ 着~ (3, 0.0%)

1 ひぬ, へ, へ着給

▼ 着~ (3, 0.0%)

2 は露 1 を寛げ

▼ 着~ (3, 0.0%)

1 しようなどという, の心配, は頗る

▼ 着菩薩~ (3, 0.0%)

1 の仏法, の論部, を非常

▼ 着赤い~ (3, 0.0%)

1 ネオンを, 帶を, 緞子の

▼ 着~ (3, 0.0%)

1 を着, を脱い, 居るゆゑ

▼ 着長い~ (3, 0.0%)

1 和蘭風の, 間を, 靴を

▼ 着黄金~ (3, 0.0%)

1 の太刀, の帯, の沓

▼ 着いつも~ (2, 0.0%)

1 のやう, 角帯を

▼ 着~ (2, 0.0%)

1 浦の, 酒やら

▼ 着かえる~ (2, 0.0%)

1 とこの, 世話も

▼ 着かつ~ (2, 0.0%)

1 た上, た時

▼ 着かへに~ (2, 0.0%)

1 なりませと, 寝室へは

▼ 着からは~ (2, 0.0%)

1 すぐ隣り, ハッキリと

▼ 着きし~ (2, 0.0%)

1 が家人, は稀

▼ 着くずれた~ (2, 0.0%)

1 背広服を, 銘仙の

▼ 着けし~ (2, 0.0%)

1 だけにても其効果, との一条

▼ 着ごころ~ (2, 0.0%)

1 がいい, 甚だ変

▼ 着さうな~ (2, 0.0%)

1 もので, 半纒

▼ 着さえ~ (2, 0.0%)

1 すれば, だして

▼ 着しかも~ (2, 0.0%)

1 すうっと, 跣で

▼ 着しよう~ (2, 0.0%)

1 がありません, として

▼ 着すぐ~ (2, 0.0%)

1 折嶺居を, 支度し

▼ 着すべし~ (2, 0.0%)

1 とも思い出せず, と友次郎

▼ 着すら~ (2, 0.0%)

1 手に, 男親が

▼ 着そこで~ (2, 0.0%)

1 双六の, 父に

▼ 着そめし日~ (2, 0.0%)

2 のはじめ

▼ 着ただちに~ (2, 0.0%)

1 島々へ, 表面へ

▼ 着たて~ (2, 0.0%)

1 からからだ, に僕

▼ 着だけに~ (2, 0.0%)

2 なって

▼ 着ちゃ~ (2, 0.0%)

1 アおかしい, 背戸へ

▼ 着ちゃあ~ (2, 0.0%)

1 いねえ, いられめ

▼ 着ちや~ (2, 0.0%)

1 どう, 行かれませんの

▼ 着~ (2, 0.0%)

1 や, やない

▼ 着であるぼった~ (2, 0.0%)

2 とか赤ん坊

▼ 着です~ (2, 0.0%)

1 からここ, がその

▼ 着でない~ (2, 0.0%)

1 のを, ものを

▼ 着といふ~ (2, 0.0%)

1 式を, 風采の

▼ 着としては~ (2, 0.0%)

1 一番手を, 実に具合

▼ 着との~ (2, 0.0%)

1 区分が, 電報あり

▼ 着とは~ (2, 0.0%)

1 すこし袂, ちがう感情

▼ 着ながした~ (2, 0.0%)

1 一人の, 博多の

▼ 着ながらも~ (2, 0.0%)

1 その膚, 貴女らしい

▼ 着など~ (2, 0.0%)

1 下に, 出来まして

▼ 着のぼった~ (2, 0.0%)

2 姿で

▼ 着~ (2, 0.0%)

1 えも, 着たなり

▼ 着ひとつ~ (2, 0.0%)

1 で來ちやつたん, で大丸さん

▼ 着~ (2, 0.0%)

1 て参りました, やも

▼ 着もう~ (2, 0.0%)

2 一人は

▼ 着やら~ (2, 0.0%)

1 山手線の, 湯上りの

▼ 着よほど~ (2, 0.0%)

1 大きい靴, 遠路からでも

▼ 着より~ (2, 0.0%)

1 嫂と, 茶屋

▼ 着よりも~ (2, 0.0%)

1 尚好い, 高額な

▼ 着オーバー~ (2, 0.0%)

1 をまとった, を纏い

▼ 着ズボン~ (2, 0.0%)

1 をはい, を着け

▼ 着ハイヤ~ (2, 0.0%)

1 で富士大宮, で湯ヶ島落合楼

▼ 着ボロボロ~ (2, 0.0%)

2 の股引

▼ 着一本歯~ (2, 0.0%)

1 の木履, の鉄下駄

▼ 着三時~ (2, 0.0%)

1 の三輛目, まで行乞

▼ 着三着~ (2, 0.0%)

1 と受け, までない

▼ 着三角点~ (2, 0.0%)

1 にて万歳三唱, にて万歳三唱せり

▼ 着~ (2, 0.0%)

2 には黒羽二重

▼ 着両手~ (2, 0.0%)

1 に如露, を膝

▼ 着九日~ (2, 0.0%)

1 づけ, には尼ヶ崎

▼ 着二人~ (2, 0.0%)

1 ずつ鎖, とも長い

▼ 着~ (2, 0.0%)

1 てよりは当家, ひしに

▼ 着其處~ (2, 0.0%)

1 に鹿島明神, まで新城

▼ 着具合~ (2, 0.0%)

1 がよくっ, の良い

▼ 着~ (2, 0.0%)

1 もなし, る積り

▼ 着~ (2, 0.0%)

1 には黒い, の蔵蟄

▼ 着~ (2, 0.0%)

1 の布, を京子

▼ 着~ (2, 0.0%)

1 帳, 帳を

▼ 着~ (2, 0.0%)

1 に帯, に言わせる

▼ 着化粧~ (2, 0.0%)

1 すらしない, をし

▼ 着右手~ (2, 0.0%)

1 には絵筆, に刀

▼ 着~ (2, 0.0%)

1 十一時五十八分第, 十九日に

▼ 着外套~ (2, 0.0%)

1 を心得, を肩

▼ 着~ (2, 0.0%)

1 槍を, 部分は

▼ 着大きい~ (2, 0.0%)

1 背を, 鳥打帽を

▼ 着太刀~ (2, 0.0%)

2 を佩き

▼ 着好い~ (2, 0.0%)

1 と旦那, 食物を

▼ 着始め~ (2, 0.0%)

1 の時, は旧

▼ 着~ (2, 0.0%)

2 衣日不知毛又

▼ 着~ (2, 0.0%)

1 桜の, 造りな

▼ 着小さい~ (2, 0.0%)

1 外套を, 奴傘を

▼ 着小柄~ (2, 0.0%)

1 で弱気, で顔

▼ 着崩れ~ (2, 0.0%)

1 ていない, てゐ

▼ 着市役所~ (2, 0.0%)

2 の門

▼ 着忠義~ (2, 0.0%)

2 の心そのもの

▼ 着~ (2, 0.0%)

2 のプランクトン

▼ 着慎ましく~ (2, 0.0%)

2 暮して

▼ 着戎衣服頭戴烏帽子右方~ (2, 0.0%)

2 執弓矢

▼ 着~ (2, 0.0%)

2 よく電車

▼ 着~ (2, 0.0%)

1 へた, へるから

▼ 着振袖~ (2, 0.0%)

1 が颯と, という田舎

▼ 着換えさせられた~ (2, 0.0%)

1 のを, まま手持無沙汰だ

▼ 着換えない~ (2, 0.0%)

1 でいらっしゃい, んじゃ

▼ 着換えなさい~ (2, 0.0%)

1 よ, 何う

▼ 着換一枚~ (2, 0.0%)

1 だけ持ち出した, 持つて

▼ 着~ (2, 0.0%)

1 へず, へたりし

▼ 着~ (2, 0.0%)

2 えて

▼ 着暑い~ (2, 0.0%)

1 のに黒足袋, 時には

▼ 着替へ~ (2, 0.0%)

1 てそれから, て一人二人

▼ 着~ (2, 0.0%)

2 をつい

▼ 着次第に~ (2, 0.0%)

1 中津屋敷で, 出府し

▼ 着~ (2, 0.0%)

1 となさざるべからず, なりと信ず

▼ 着深草形~ (2, 0.0%)

2 の団扇

▼ 着濃い~ (2, 0.0%)

1 人参色の, 袴を

▼ 着焼印~ (2, 0.0%)

2 を押し

▼ 着物売り~ (2, 0.0%)

2 に来る

▼ 着~ (2, 0.0%)

1 いて, へ枕

▼ 着~ (2, 0.0%)

1 のする, はした

▼ 着~ (2, 0.0%)

1 の前, まで来る

▼ 着~ (2, 0.0%)

1 てい, て入っ

▼ 着~ (2, 0.0%)

1 うて, ふてゐる譯

▼ 着羽織~ (2, 0.0%)

1 ちと丈, に袴

▼ 着~ (2, 0.0%)

1 であること, である某

▼ 着~ (2, 0.0%)

1 には脚絆, をむき出し

▼ 着~ (2, 0.0%)

1 には重, の下

▼ 着~ (2, 0.0%)

1 から安心, するわけ

▼ 着~ (2, 0.0%)

1 の抜けた, を付け

▼ 着薙刀~ (2, 0.0%)

1 を小脇, を抱い込んだ

▼ 着~ (2, 0.0%)

1 せるところ, り裳

▼ 着~ (2, 0.0%)

1 から太い, まで曳き

▼ 着赤革~ (2, 0.0%)

2 の靴

▼ 着~ (2, 0.0%)

1 には何, に白足袋

▼ 着逃げ~ (2, 0.0%)

1 をし, 喰い逃げ

▼ 着過ごすなら働き~ (2, 0.0%)

2 にくい

▼ 着重り~ (2, 0.0%)

2 のする

▼ 着~ (2, 0.0%)

2 の直衣

▼ 着~ (2, 0.0%)

1 に対した, 鎗を

▼ 着長靴~ (2, 0.0%)

1 をはき, を履いた

▼ 着~ (2, 0.0%)

1 が降る, はあがり

▼ 着~ (2, 0.0%)

2 を持ち

▼ 着~ (2, 0.0%)

1 にまいた, に司教

▼ 着馴れぬ~ (2, 0.0%)

1 半纏被, 絹物の

▼ 着~ (2, 0.0%)

1 といふの, の政

▼ 着駅前~ (2, 0.0%)

1 で理髪, の青木ホテル

▼ 着駐在所~ (2, 0.0%)

2 に届け

▼ 着高槻~ (2, 0.0%)

1 が来, の迎

▼ 着鳥打帽~ (2, 0.0%)

1 をかぶつ, を冠

▼ 着~ (2, 0.0%)

1 の厚い, の腰衣

▼ 着黒い~ (2, 0.0%)

1 マントを, 眼鏡を

▼1* [903件]

あちらで訊ね, 着あとは登り一里, 着あの空気の, 着あまり面白くない, 着あらせられ暫時御, 着あらゆる絹物や, 着ありはしない, 着ありがたう存じました, 着あるいは毛の, 着あゝ宜い, 着いくらか落付いた, 着いざ処刑と, 着いまは死体, 着いやに取済ました顔付, 着いんぎんな態度, 着おっておれ, 着おなかが一杯, 着かえさせて戴きます, 着かえさせるようにとか, 着かえた大柄な, 着かえたらば警報, 着かえなさいよ, 着かえなさらなければいけません, 着かえますかな, 着かさをかぶっ, 着かざっていろいろ, 着かしって産所, 着かたく締めた帯, 着かったり靴, 着かっこうの良い, 着かってはまた羽音, 着かつらをかぶった, 着かでやさらに気, 着かにやあかんぜ, 着かへたりなんぞして, 着かへてまゐります, 着かゆさすれ, 着からも見て, 着かり合いであるようで, 着かると大目玉, 着かんも識, 着かんむりをかぶってカードを切りぬいた, 着がはいつてる, 着がへを持つて, 着きけん知らず, 着きのごろか何, 着きりの夜会服, 着くさうだからと, 着くずしている, 着くると云う, 着くるんだ花の, 着ぐらい拵えるの, 着ぐるみすっかり剥ぎ, 着けど馬に, 着けれど草鞋の, 着ば撰鉱, 着こしらえてやれぬ, 着こそ不安なれ, 着こだわるなこだわる, 着なしなど, 着さえもパリパリと, 着させたのである, 着させるように, 着さっせえ姿, 着さて戻って, 着さも業, 着ざまはどう, 着しける故師父, 着ししゅうをした, 着したがる愛しみを, 着してる大きな童女, 着しなやかな黒髪, 着しも不審なり, 着しょうかと, 着し憑かれずにはいられない, 着し来りて始めて, 着すべくは紅き, 着すべての朝鮮人, 着ずして汐風, 着ずつ用意すべし, 着ずつを分配し, 着ずれのし, 着せり同二時床, 着そうして二人ながら, 着そこに休み, 着そしてまた放下着, 着そっと家を, 着そのうえにおたがい, 着それから店へ, 着そろへてゐる, 着ただ肩から, 着たりと持て囃すを, 着たれとは, 着だけしかない, 着だけでもまとめたいと, 着だけという方が, 着だけになつて盲の, 着だけを申し上げます, 着だったりお召, 着だって満足に, 着っきり靴はなく, 着った真中に, 着っていうんだ, 着つくせないほどの撩乱, 着つくらせていただきます, 着つばめ発車迄間, 着つぶしたのや, 着つややかな黒髪, 着つるやへ清, 着つれてとある, 着づめにして居ると, 着づゝ二匹に下さる, 着てかつぎを, 着てかへつて来ました, 着てこそは居ないが, 着てさ見っとも, 着てさね身なりが, 着てでもみたん, 着てなぞ行かれるもの, 着てなんか居る, 着てはばかりに往く用意, 着てばかりいらしたから, 着であった事を, 着でさえ冷たかった, 着でしたね, 着でなく縞かめくら縞の, 着でなくではならない, 着でばかり生活し, 着とおすならば物, 着とか二着とかいう, 着とかいうことで, 着とが一緒に, 着ときどき霧晴れ, 着とったもんち, 着とでお里へ, 着とでも言いますか, 着とも大番狂わせ, 着とるわけで, 着と共に一着し, 着なされたの, 着なされました御草鞋, 着なしたる青年が, 着なすった紋附の, 着なぞで縫ひかへたい, 着などが雑然とぬぎすて, 着などというものは, 着なども女の子の, 着ならこの境界, 着ならした上着は, 着ならびに生涯三十人扶持を, 着なり下すった, 着なるものと, 着なれてくる, 着なれた振袖から, 着にくいかという, 着にくくはないでしょう, 着にぞべらとして, 着にても御湯浴, 着にと言って, 着にやならんこと, 着により敵は, 着ぬすまれている, 着のこらずちゃんと私室, 着のみとすること, 着はかまハ着る間, 着はけものじゃ, 着はじめ手まわりの品々, 着ばかりで勝, 着へちまなりの図, 着ほこりっぽいズボン, 着ほそ繩を, 着ぼんのくぼの, 着まず郵便局で, 着または一足の, 着みたいなもの, 着もの守袋巾着もありましょう, 着もの紬か何, 着ゆうべは髪, 着ゆえ紬ぐらいではあります, 着よいか着, 着よれよれの平, 着りよう, 着をとつくに, 着をも作ったの, 着なって, 着アツテ京都鎌倉ノ両, 着アンリ四世式の帽子, 着イギリスふうの貴族, 着イタノヨ, 着イタヾケデ転ンデ大, 着イタ時柔イ指ノ先, 着イテ子供ニ会エルノデ佐々木ニハ都合ガイヽノダガコチラハ颯子ガ何ト云ウカ聞イテ見ル必要ガアル, 着インク壜をぶら下げ, 着カシメコレヲ剥キテ其形ヲ取, 着カシメコレヲ剥ギテ其形ヲ取, 着キタルトキ童僕戯レニ抛ツテ天王寺堂前, 着キッドの赤靴, 着キ頬ヲ擦, 着クトコロヲ以テソノ骨ヲ埋, 着クマデニ度々ヨロケテ倒レソウニナル, 着ク今回発検ノ一ニシテ珍草ト賞スベキ者ナリ, 着ク時分マデハ決シテ誰ニモシャベッチャイケナイッテ仰ッシャラレマシタンデ, 着ケソレデモ足リナイデマスカラーデ睫ヲ長, 着ケタルモアリ又漢家, 着ケテ出テ来タノデアルカソレトモ僕ノ見, 着ケフォールス・アイラッシュデ附ケ睫ヲ着, 着ケルマデノ間ソノ二十分乃至一時間中ニアソコノ一室デイカナル, 着ケル趣味ヲイツカラ彼女ハ覚エタノデアルカ, 着ゴム長をふんばっ, 着シャツは胸, 着シャベルとつるはし, 着シャンと帯, 着シ支持桿ニ穴ヲ穿チ, 着シ腰小旗ヲ横ニ, 着ステーションでゴリキー, 着セシムル事ニ注意センヨリハ當ニ幼時ヨリ學術ヲ勉勵セシメ, 着セテクレテ予ヲ寝室, 着セテ寝室ヘ運ンダ, 着セラレルノガ嫌イデアッタガ寝間着ニハイツモ甘ッタルイ, 着セラレ御宿村司嘉慶泊リ御前足ニ国, 着セルリイと蕪菁, 着ソフトをひらひら, 着ソフト帽をかぶっ, 着ソレヲ見, 着タンクと呼ばれ, 着タ叔父サンガフトコロニ石ヲ一杯イレテ, 着タ経助ガ, 着チョコレート色のズボン, 着チロールからドイツ, 着テイタノデハ現ワレナイ, 着テイルガナゼソンナ奢リオルト, 着テイルガブラウスガ派手ナノトフランス製ラシイ模造宝石ノ五聯, 着テイルノヲシバシバ見カケタ, 着テオリ升トイッタラソノ外ニモ聞イタコトノ有ルハ此頃ハモッパラ吉原ハイリヲスル由世間ニテハオノシガ年頃ニハミンナヤメル時分ニ不届, 着テクレロトイウカラソノ通リニシテヤッタラ兵庫ハ装束ヲ着, 着テノコトデハアルガ実ニ異常, 着テ居タ段々参詣モ, 着テ支那製ラシイ牡丹ノ刺繍, 着テ膝ノトコロマデノトレアドルパンツヲ穿イテイルノガ素晴ラシクスッキリト意気ニ見エタ, 着テ行ッタ故疑, 着テ諸所ノケンカ, 着テ門マデオ迎エニ出ルソレカラ座敷ヘ出, 着ト同時ニパナマ経由ボンベイ行メンダリアス号ニ移シ御帰国, 着ナガラ足ダケハ足袋ヲ穿イテイナカッタ, 着ナガラ鉢巻ヲシテ片肌ヌギデ座敷ヘ来, 着ヌ唐物ソノ外ノ結構, 着ネクタイもしめ, 着ハンチングをかぶった, 着フェルトの長靴, 着フランスの士官, 着フロックコートを作りました, 着プラトークをかぶっ, 着ポケットに写生帳, 着ワイシャツを着た, 着一わたり歩いて, 着一先づ松吉旅館へ落ちつく, 着一切をもつ, 着一切だめ出来合も間に合わず, 着一時出発長次郎頭一時半長次郎出合二時三十五分着三時五十分出発, 着一時半急行券は払戻し, 着一時間余待つの, 着一本の団扇, 着一枚これがその, 着一隊が通っ, 着七日すでに入朝, 着三円前後で五円, 着三十枚ばかりの, 着三尺を前, 着三時絵葉書焼印スタンプ等を押し, 着三藤旅館ての, 着上陸諸友, 着下しの本, 着下し冷かにクリスト, 着下り列車から, 着世楽無有慧心, 着両脚や身体, 着並んでいた, 着には威勢, 着中国の女, 着中国服一着預金帳二冊ハンカチーフにパン, 着中折帽で深く, 着中風の気味, 着丸っこい眼と, 着丸顔で髪, 着趣承り急き, 着乍ら私は過ぎし, 着乗馬用の, 着にすました, 着九十五時間日数百幾日とにかく始め, 着九時半出発常願寺川を遡り, 着九時四十分出発十時四十分藤橋十一時五十分着昼食, 着事白虎隊の説明, 着事能はず待ね, 着あゐ, 着二マイル走って, 着二時半途中大槍小屋, 着二時頃三角点にて万歳三唱, 着二枚袷藍気鼠の半襟, 着二週間余り滞在す, 着五本手縞の半, 着亡霊の衣裳, 着京以来彼は夜, 着京前に工作, 着京都にあらせられた, 着人民泣かせを, 着仄かに灯された, 着今日より越路出勤, 着今日神奈川へ被, 着今面小手を取たる, 着候依, 着仙台平の袴, 着代えとりにきた, 着代え靴まではきかえ, 着以後も眞, 着以来の経験, 着伊代がすすめる, 着伊岐須の健, 着会社に黙, 着似たような, 着のほどを, 着何んなとこ, 着何心なく来かかる, 着余分に服, 着作り声をし, 着使いふるした, 着り今, 着の囃子, 着候由相聞得候有来候神社嶽, 着借して頂きとう存じます, 着したるが, 着の方, 着僧侶の姿, 着で避難, 着元気に仕事, 着や子供, 着先馬喰町の宿屋, 着兎の毛で縁, 着はわざと, 着入浴してから, 着城の, 着兩人の首, 着八時三十五分出発熊岩十時十五分長次郎頭十一時二十分着十一時四十分出発, 着八景亭へ, 着六時半なか川旅館へ宿, 着六時過ぎ宿へ泊る, 着共色ノ繻子ニピンクノ花模様ノアルスリッパヲ穿イテイルガ, 着兵庫グサリの丸鞘, 着其上ござ, 着其人を尋ねける, 着其者どもを助け, 着兼帯のよう, 着円タクで家, 着冒険和尚字は春浪なり, 着写真をうつす, 着冠者袴という身なり, 着冬着ありたけ, 着無きを, 着処々色の褪めた, 着の糸, 着出して見せた, 着出したげとくなはれ, 着出來り申, 着出迎へ津田, 着を差し, 着分生産されること, 着分用意して, 着だ, 着して, 着初式とかいうの, 着制帽をかぶり, 着前夜から揃え, 着加減を両, 着助けてやらん, 着労働服庇帽剛い毛, 着十一時四十分の伊東行に乗車, 着十一時四十分出発剱岳頂上午後零時三十三分着一時出発, 着十徳の胸, 着十文字の鎗提, 着十時の電車, 着午後三時の急行列車, 着半島ホテルに入る, 着を結ん, 着即ちふだん着しか, 着即家在人者, 着即後の私, 着雨だ, 着友染の前垂, 着がある, 着古いのでよけれ, 着古るしの芝簑, 着相成奉拝賀候, 着可愛い銀杏返しに, 着同所に半年餘, 着周代の粟, 着咽喉に無残, 着唐桟柄の袷羽織, 着唐猊の鎧, 着べたい, 着四分一拵えの大小, 着四時三十分か, 着四時十八分發の汽車, 着四時半京都に着いた, 着四時半伊豆山相模屋へ落着, 着四本の肢, 着団扇を手, 着い羽根, 着地下道をのぼつ, 着坐するとその, 着城四日目に, 着場二三箇所に寄つて三津, 着場所の一つ, 着によごれた, 着変えようとする, 着変えると思いき, 着変装を施し, 着は八端, 着夏帽夏化粧である, 着夏期用取りそろ, 着も燈火管制, 着夜食堂へ出る, 着大人のよう, 着大刀の反り, 着大司教のよう, 着大小取りはき, 着大文字屋へ, 着大阪に着, 着天鵞絨羽織に紫, 着太い帶に, 着太刀脇息を寄せ, 着太助の造つた草履, 着より信州, 着奇怪な有様, 着は桃色, 着女中も仕立下し, 着女房子供をかかえ, 着如何にも見, 着な長, 着姫路の異端, 着姿眉の鮮, 着子供の助手, 着孤独な散歩者, 着調えて, 着室内靴をはいた, 着へ帰り, 着家来も新しい, 着容姿もうるわしい, 着宿の白革鼻緒, 着寒暖計五十六度曇天温に過, 着實なりと稱, 着實周到な處世家, 着専務支配人樋口以下揃って, 着尊氏によばれる, 着小姓に団扇, 着小柳繻子を千鳥, 着少し休む, 着尻切れ草履をはい, 着居りしを見出し, 着居間へはいっ, 着山袴を穿いた, 着すると, 着崩した處を, 着崩れた着物の, 着に楯, 着す, 着布團を下, 着の事, 着の広い, 着干せば嘲る, 着べったい, 着は廿四五歳, 着幾重の箱, 着したわけ, 着座員大ぜいと, 着におり, 着延対寺別館て宿, 着れたる, 着彈距離を測る, 着の悪い, 着がかかつて, 着せねば, 着待合室で夜, 着後哲学館出身者大宮孝潤氏をその, 着後間もない, 着従業員の正帽, 着御用提灯をさげた, 着忍び足をし, 着急行で暁葉子, 着急行列車がいまプラットホーム, 着恐る恐る大勢の, 着恰好な宿, 着悪いが家, 着悪うございましょうが, 着悪ければ又, 着惜しみをし, 着意地の悪, 着意外に出, 着慣れてゐた, 着慣れない筒袖が, 着慣れぬ紋付袴の, 着を持っ, 着成天閣旅館へこれ, 着或は二着かを, 着戸隠は知りません, 着を垂らし, 着手帳紙入は懐中, 着手荷物や笠, 着手足は垢, 着打撲のあと, 着抱壺君としんみり, 着拵えようと考え, 着持って居らね, 着持つてゐる, 着持物等に至る, 着に素敵, 着掛つてゐる博士, 着換えさしてあげる, 着換えさせたそうです, 着換えさせようとする, 着換えさせる間にも, 着換えてる間に, 着換えてるらしい物音が, 着換えどころの騒ぎ, 着換えなさいましな, 着換えなさるんだ, 着換えぬうちで, 着換えまして髪, 着換えればいい, 着換え丈でも相当, 着換え位なくっちゃ, 着換え初めた, 着換え靴をはい, 着換え類は素子, 着換さしたり洋服, 着換エテ来タノヨオ爺チャンモ気ヲオ付ケニナラナイト風邪ヲ引クワヨ, 着換一二枚ずつの外, 着換場を拵え, 着換室らしく四五人, 着換所といった風, 着をする, 着放しにし, 着放下着放下着と私, 着放下着身心ほがら, 着るしめく茶, 着文ビルへ急ぐ, 着料理もする, 着断食をし, 着新しい白の, 着新装しました, 着方訪問の仕方等, 着方釦のはめ, 着於本人とみ, 着施主檀家のふところ, 着旒冕をつけ, 着日劇の地下理髪, 着日帰りの遠足, 着旨く行ったか, 着明月に向かっ, 着したの, 着昼食を食し, 着さに, 着暴威をふるう, 着更になつて, 着更黒羽二重の衣類, 着替させ一時も, 着未亡人の帽子, 着は読み終る, 着本営を勝立寺, 着本読み一と通り, 着東宝支社の連中出迎, 着東宝文芸ビルへ, 着を首, 着も布団, 着柔かそうな, 着柿形兜を猪首, 着株槌の劒, 着根から切断された, 着格子縞の鳥打帽, 着案外寒からず, 着楽屋が知らない, 着榊原遠江守百姓愁訴願ひ奉つる, 着えの, 着様々な姿態, 着横兵庫に結った, 着した, 着次第下記へ御, 着欲しきこの夕, 着此有樣を見る, 着此體を見, 着死生の外, 着残りしかない, 着殿下には清水屋, 着の靴下, 着の湧く, 着水牛の角, 着氷防除の研究, 着氷風洞が必要, 着沢山の花, 着などのにほひ, 着法眼袴を穿たり, 着泥草履を履い, 着洋装の悦子, 着洋食を喰っ, 着洒落者とみえ, 着流してゆ, 着浮織の帯, 着海岸づたいに歩く, 着海水帽を被っ, 着緑の, 着清ヘルメットのやう, 着温泉は非常, 着湯あがりの一杯, 着湯の島館へこ, 着漆塗りの舞踏靴, 着澄して立直った, 着澄ましてゐる, 着灘酒と地酒, 着火打袋を腰, 着火焔鍋尻の兜, 着灯燈つけ舷燈携えなど, 着を被っ, 着灰色のズボン, 着烏帽子を被っ, 着無事だった, 着無反の大小, 着無精髯を剃り落とし, 着焦茶の織, 着焦茶色の天鵞絨帽, 着も窶然, 着をとらない, 着の気配, 着の面前, 着やの造つて, 着爺さんゲートル巻き下駄ばき, 着片手に買物籠, 着片足にだけ庭下駄, 着牛皮の長靴, 着を云う, 着物ごしにも温い, 着の毛皮, 着玉虫色のくちびる, 着王冠を冠, 着珈琲色の薄い, 着を弾, 着瓔珞も着け, 着瓢箪を叩い, 着男たちに騒がれ, 着異帽をかぶり, 着疲れさした, 着疲れさせた服装のも, 着がついてる, 着登山名簿へ記入, 着のターバン, 着白えりで盛裝, 着白博多の性, 着白地銀襴の陣羽織, 着白布を以て頭, 着白木の台, 着白縞の袴, 着白脚絆のわらじ, 着白鉢巻を頭, 着百合の花, 着な取り合わせ方, 着はレーンコート, 着盛んに身振り, 着盛冠花鬚一きわ装って, 着目下は松山藩松平隠岐守, 着チニ皇后エリザベス病院御, 着直に女魚男魚掘のけたる, 着相州無銘の長脇差, 着県知事へ報告, 着真っ先に進ん, 着真田紐でしばった, 着真黒のズボン下, 着奇警に, 着を縫, 着破帽をいた, 着あり名刺, 着福川を見下ろす, 着は, 着秦皮のステッキ, 着稼穡のこと, 着穿いて草鞋, 着立てのわたし, 着がない, 着端折を高く, 着の上, 着籐表ての駒下駄, 着籠手さえつけた, 着が今一歩, 着糟毛の駿馬, 着十二時名古屋内燃機の, 着紅がちの更紗, 着で少し, 着を十字, 着素足のまま壇, 着の靴足袋, 着紫苑色の厚織物, 着細帯を腰, 着細心を要する, 着細腰青面の弱冠, 着細身の太刀, 着紺地の母衣, 着終つた里子が階下, 着結び慣れない三尺, 着結構な金蒔絵, 着ってるばかりに, 着の手甲脚絆, 着綸巾をいただき, 着緋紗綾に黒繻子, 着緋縮緬の長襦袢, 着緋衣をうえ, 着縞木綿の前, 着縫止のはせ返りし, 着けてゐる, 着置傳吉を罪, 着置其處を立退き, 着羊脂の珠, 着美しい画像数面を, 着美刀を横たえ, 着美味をたべ, 着羽根の団扇, 着羽織儀式一通りは旅店, 着耳輪かみそりせっけん, 着肉色の股引, 着肩掛け毛糸の靴下, 着背中へ白く, 着が短く, 着脂肪臭く裾切れ, 着脇差を一腰, 着脚絆をつけ, 着腰衣を着けた, 着腹巻をしめ, 着膝ぎりしかないズボンをはい, 着笑道, 着自分の部屋, 着自動車で伊豆山, 着舞扇はさめる, 着船場言葉の代り, 着茅場町の自宅, 着にて緩, 着草鞋をはき, 着草鞋虫を穿き, 着華奢な靴, 着萌黄の袴, 着蒲団を用, 着蒲郡観光ホテルへ, 着蓬来閣ホテルといふ恐ろしき, 着を染めた, 着および大根, 着赤色の, 着薄化粧までし, 着の花, 着藤蔓で編んだ, 着虎御前の大, 着虎膚天鵞絨の羽織, 着蝋燭に火, 着螻子居の客, 着行乞三時間三時帰庵行乞相はよかつ, 着を捲りあげ, 着袴足袋跣で居た, 着ひて, 着裝つた女は裾, 着になっ, 着襟巻をした, 着襤褸の満艦飾, 着襦袢も帯, 着覆面をし, 着見せる本と, 着見たようです, 着見事な鞍, 着角頭巾を右, 着註文すると, 着のため, 着護謨靴を穿い, 着貧乏徳利を枕, 着心を, 着貴族風な長髪, 着買うつもりに, 着買えるからである, 着赤井を乗せ, 着赭顔に大きな, 着起すことで, 着越前上意なりと申渡さる, 着足拵えも厳重, 着足首まで水, 着跣足に駒下駄, 着身心ほがら, 着身着儘で避難, 着身辺を整理, 着したとき, 着車中武者小路を読む, 着車時刻まではまだまだ, 着車時間は迫り, 着軍艦見え飛行機, 着になり, 着辨慶縞の前, 着込帯刀で多く, 着込羽織その他を註文, 着込野袴で白木綿, 着く走る, 着迎いの人数, 着途中女学生の一隊多数下山, 着途中潮見坂というところ, 着した小袖, 着通されたことを, 着通し今もって, 着通すのであった, 着連歌の戻り, 着連銭葦毛虎月毛四つ白足や白額, 着進らせられよと, 着道中差を一本, 着道中差しを差し, 着道具を飾り, 着選んで身, 着なさりませぬ, 着部屋の用意, 着郵便局へ駆けつけ, 着をし, 着の名, 着重い鉛底の, 着野袴をはいた, 着金革の帯, 着の兜, 着を持っ, 着銹びたかみそり一挺あちこち折りこんだ讃美歌, 着につながれた, 着鏡台へ対, 着長太刀をはい, 着長目の大小, 着長靴下を穿い, 着長靴水を透さない, 着せる同志, 着防空演習で昼, 着附だんまりの場, 着附仕草などの参考, 着附屋の手, 着附工合腰から膝, 着附緋の袴, 着附萬端姫樣といはれる, 着附金時計をさげ, 着陳列して, 着が生れた, 着雨風にも曝されず, 着の割合, 着雪子はいつも, 着電車で局, 着青い股引を, 着青年団の出迎, 着青毛の駿馬, 着青白い額を, 着青錦の戦襖, 着非常にお, 着靴者慙謝とある, 着も佳い, 着やタイム, 着預金帳二冊ハンカチーフにパン, 着っぺた, 着頭髪をながく, 着れたるあり, 着も秋めく, 着風采は貧しい, 着食器を手, 着食堂へ来, 着飮食を採り, 着たる訳, 着飾つて多くの従者, 着飾つて存分に化粧, 着餝らせ上野淺草隅田, 着馬五十円を付したる, 着馬車でハト場, 着馴らすために, 着馴れた振袖から, 着馴れないものを, 着で夜, 着駒下駄をはい, 着駿足の少年, 着骨だらけの痩せた, 着足駄を, 着高槻迎へで帰宅, 着高野山へお, 着もすぐ, 着鬱金の頭巾, 着鮫鞘の大, 着のごとき, 着の羽根, 着鳩鼠色の紐, 着鹿子をかけた, 着鹿皮の半, 着麩屋町の炭屋旅館, 着麹町三丁目なる長, 着の長, 着黄牛に車, 着黐棹甚太郎が船, 着黒天鵝絨の飾りマント, 着黒天鵞絨のアマゾン風, 着黒紙の仮面, 着黒繻子の丸帯, 着黒頭巾を冠, 着鼈甲のロイド眼鏡, 着の頭陀, 着鼠小紋の半, 着鼠色の麻, 着鼻髭のある