青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「芳~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

芋~ 芝~ ~芝居 芝居~ 芝生~ 芥川~ 芭蕉~ ~花 花~ 花嫁~
芳~
~芸 芸~ 芸妓~ ~芸者 芸者~ ~芸術 芸術~ ~芸術家 ~芽 芽~

「芳~」 1391, 15ppm, 7458位

▼ 芳~ (204, 14.7%)

2 おれの, 十八の, 夜の, 忽ちにし, 火を, 自分の

1 [192件] あいまいな, あの體, ある日, いきなり足, いなかった, いろいろな, おくれて, おずおずと, おどろいて, お妙, お松を, お祖母さんと, きつと, ぎよつとした, ぎよつとして母を, ぐづぐづになつた帶を, こう云う, こう答え, こっちの, この染吉, こんな職業, ささやいた, しいヴェール, しい線香, しかし何, しかし相, しく暖か, しばらくさ, しめたと, しよんぼりと, じっとうなだれ, すぐお, すぐ茶の間, そこらを, そっと眼, そっと酒井, そつと, そのいずれ, そのか, そのまま畳, その時, それでも, ただうなだれ, ただ一人, たまらなくな, ちょっとお, つくづくと, つと目, どうした, なほ幼, なんとはなし, にべも, のんきそうに, ひたと酒井, ふと平常着, まあ, またいち, また今更, まだ然し, まだ著, みずみずした, みんなが, めずらしく感情, もう起きあがっ, もともと不自然, もと高輪の, ものを, わざと笑い, カツとして, ハツと, 一々紙片, 一人で, 一度は, 七輪を, 万次郎と, 三百に, 上が, 世間の, 中村座の, 乳を, 二人に, 二人の, 二十四万次郎は, 亦彼, 今から, 今と, 今まで, 今までの, 伏目に, 会社の, 何の, 何度も, 何心なく, 例によって, 例の, 傍に, 元来口下手, 入口の, 内から, 出て, 勇み立つて, 千円の, 危く昏倒せん, 又いつの間にか, 友珍し, 君に, 問いつめた, 喜んで, 四五年以前には, 困ったよう, 土べたに, 土間に, 大きな声, 太宗寺の, 夭死敏は, 女学院に, 実際腹, 家の, 寂しさうに笑つて, 寧ろ勇太郎, 少し間, 幼いものの, 式服も, 引入れられたよう, 心着い, 思はず息, 思わずゾッ, 急いで, 急に, 恍惚した, 恍惚たらず, 恐しい恐しい, 悪い事, 愈気後れ, 感覺の, 慌しく銀, 我知らず, 我知らずほ, 戦わずに, 手, 捨てた, 放り出された毛蟲, 時々顔, 最初の, 札幌に, 村人が, 東京の, 歸らう, 殺されたかも, 沖といふ, 河田の, 泣き声も, 注意し, 注意した, 浅井夫婦と, 涙を, 無事でした, 無事に, 熱誠を以て, 狂氣の, 珍しい食べ物, 甘える時, 男と, 相当長時間, 矢立の, 立って, 約束どおりもらっ, 紋着の, 胸の, 胸を, 腰から, 腹を, 膽を, 自分が, 自分に, 自然兩親から, 苛つて圖に, 茫然として, 茶碗を, 莨を, 袖口から, 襖の, 見い見い蒲団, 言つた, 赤い帯揚, 足を, 身を, 長火鉢に, 雜誌を, 額を, 體を, 齒を

▼ 芳~ (179, 12.9%)

11 顔を 4 方は 3 ことを, 口から

2 [12件] えく, 國の, 奴が, 姿は, 手を, 方が, 方を, 来ること, 滑稽た, 目を, 目元が, 眼の

1 [134件] いるの, うしろに, かげ口, からだを, ことには, そうした能力, そばまで, であった, ところへ, とならべ, のろまも, ひとみが, むっちりと, ウチに, カツ丼を, 一行十五人は, 上へ, 住み家, 儲けに, 兄と, 兄という, 兄との, 兄に, 兄の, 兄は, 兄も, 写真を, 前では, 劇をも, 力ひいては, 去った後, 受ける打撃, 名を, 坐って, 天窓を, 如きもしくは, 姿が, 姿であった, 姿も, 存在によって, 家には, 家の, 家へ, 家も, 家庭における, 店などを, 引っ越し先は, 弟云つてた, 心中ともかく, 性的行状を, 怨霊に, 怨霊の, 怨霊を, 想って, 愛が, 手に, 手の, 手伝いを, 手前も, 手紙を, 投身した, 指も, 文才を, 日記には, 権幕に, 死体は, 母らしい, 母親は, 気に, 沙磨之, 泊って, 漬物上手な, 父が, 父で, 父は, 父親は, 物で, 生眞面目, 画いたアブナ絵, 番だ, 番人を, 盃を, 目とが, 眼色は, 立って, 細腰を, 結い立て, 縊死で, 考えを, 耳に, 耳元に, 肩へ, 肩を, 背中を, 背後で, 腕を, 腫れた目, 膝に, 臥て, 自分に対する, 自動車も, 自殺した, 舞ぎぬの, 芝居で, 芝居を, 若やいで, 行方は, 袂が, 詮議は, 足の, 足は, 足元へ, 身辺に, 近くに, 通路を, 遺言と, 邸と, 部隊と, 酔楊妃を, 野暮つたい, 間は, 隱れ, 額は, 顏には, 顏は, 顏を, 顏色は, 顔が, 顔だけが, 顔には, 顔は, 顔へ, 體に, 體躯に

▼ 芳~ (102, 7.3%)

3 札幌へ 2 云ふ, 出て, 妙に, 菓子皿を

1 [91件] ある娘, いつ寝たの, おお暑い, お茶を, きっと来ます, ここぞ, この家, すがた, その娘, その母, だまされて, つれて, ばたばたと, ほとんど自分, ほんとうに, またえ, また茶の間, まだ女中部屋, まだ曲輪, もう食事, もと養鶏, よくそれ, ゐる筈, 一人で, 一人煉瓦塀の, 万次郎を, 下を, 世間の, 丸芳露を, 云うと, 今ここへ, 仏間から, 仕事の, 何か, 來て, 傍から, 入つて, 入つて來, 刷毛を, 十月二十八日に, 古風一首中に, 台所から, 台所の, 吃驚したらしい, 太く更, 女中だった, 妊娠した, 始めどうしても, 始末し, 嬉しそう, 密と, 小さい時, 左右から, 帝国劇場に, 帰って, 幾度も, 引っ越して, 得意の, 心付いて, 思わず肩, 急いで, 手伝って, 日本へ, 書いて, 来て, 枕元によって, 枕許に, 楯に, 次郎に, 歸つ, 母親に, 泊ってから, 泊りこむよう, 湯あがりの, 火を, 火鉢の, 無反撥, 田舎へ, 番で, 立構えで, 縁側へ, 考へて, 芭蕉を, 若い男達, 薄暗い臺所, 見せて, 言った, 話して, 郵便配達を, 重兵衛, 顔を

▼ 芳さん~ (78, 5.6%)

2 が米, と談話, を抱い

1 [72件] あの人, ありゃ猫, お取, お坐, かえ, から借りた, から手紙, が, があすこ, がソレ, が悪い, が来, が見えました, が言わない, が許婚, こうな, たとい芳さん, だ, だと, ってどこ, てばさ, という可愛い, といつた, とか云っ, とこう, とだってそう, とは姉弟分, とやらに岡惚れしん, と他, と私, と組ん, どうしたら, なぞはその, なん, なんて善い, なんて駄目, にあやまった, にお, にそんな, にばかりは奥様ッ, に二階, に夢中, に逢わせ, のお, のよう, の姉さん, の姉様, の旦那, の汚, は, はああ, はお笑い, はどう, は今日, は士官, は大工さん, は子供, は子供づれで稲毛, は本, は本当に, は馬鹿, は駈出し, までがわざわざ, もあの, もひとついかが, もほん, もまだ, もゐなかつた, も一緒, も久しく, も知っ, 分ったろう

▼ 芳~ (66, 4.7%)

5 の奴 4 の芸妓 2 かそれとも, の小, の浜田屋, の芸者, の藝者

1 [47件] から手伝い, から柳橋, でしたの, でもお, で半玉, で奴, といい, とも新橋, と蔵前, には抱え車, に居る, に芸者屋, に金八, の, のう, のおその, のかね, のごちゃごちゃ, のりっぱ, の刀屋, の前, の名妓奴, の姐さん, の姐さんとこ, の家, の方, の春, の米八, の米八、後, の良い, の芸妓米八, の芸者屋, の藝者上がり, の踊り子, の通り, の陰間, の鰻屋, はずっとそのまま, は近い, へ出, へ役, へ彼, へ現われた, へ賣られ, へ賣られた, へ還っ, まで出

▼ 芳~ (51, 3.7%)

3 何か 2 世話を, 似た子供, 向かって, 呉れるの

1 [40件] あった時, いろいろな, かかせましたが, くれたり, さんざん不平, しては, しなだれかかるよう, するも, なるん, もらった靴, わかるとも, ビールを, 代って, 任か, 勿論未練, 取られて, 向って, 問ひ進みました, 尋ねて, 對する, 屬する, 当ろうと, 後れて, 恋を, 惹かれて, 愛して, 手伝わせて, 手紙を, 文太郎を, 斬りつけた, 次ぐ, 歌留多の, 注いで, 生ませた文太郎, 見送られて, 言いに, 説かれると, 鋤焼の, 階下から, 飯を

▼ 芳~ (46, 3.3%)

2 囲い出した後, 脅かして, 見た, 連れて

1 [38件] ここへ, ごらんなさい, して, せき立てて, そこに, ふり向いて, 三つ巴にな, 他に, 全国に, 吃驚させ, 吉原から, 呶鳴りつけた, 呼んで, 咬むべく向って, 囲い出さない前, 帶びてゐる何も, 弔ふ, 強くつかん, 忘る, 憎んで, 時々尻目, 正木さんに, 殺そうとして, 母親は, 益し, 真中に, 知って, 私から, 自宅へ, 自己の, 見つけた, 見て, 見に, 見る, 誘い出して, 調べると, 起して, 迎えなければ

▼ 芳~ (42, 3.0%)

2 いっしょに, 云つて稼ぐ, 親類の

1 [36件] いって, お種, お絹, お金ちゃんとは, お金ちゃんの, そこで, そのこと, その連れ, どういう関係, ならんで, なりましたり, ふたりで, 一所にな, 万次郎が, 万次郎を, 下女の, 二人つ切り, 云うもの, 云う医者, 云う独身者, 俊三とを, 太助との, 小露, 彼女と, 心中を, 次男の, 源吉の, 申しました, 申しまして, 申します, 申すその, 約束した, 號し, 變つた, 逢ふ, 関係し

▼ 芳ちゃん~ (40, 2.9%)

2 がたずね, は小さい, も仕事

1 [34件] がその, がとても, がまんざら, が好き, が旅, が真面目, が笑った, が落籍される, が降りる, さ, だから, とお, とは正反対, と出かける, と歩き, ならへえッ, にしたら, にそう, に出, の想い, の旦那様, はそう, はその, はなぜ, は仕合せ, は壇, は屹度, は皆, は色白, まだその, も可哀そう, よりかもいい, を呼ん, 何だかお嬢さん

▼ 芳~ (33, 2.4%)

2 が子供達

1 [31件] がだらり, がな, がまた, がノソ, が云ふん, が働い, が其処, が可, が松原, が相, が翌日海辺, だつて人間, と二人, と云, に悪い, の啖呵, の姿, の年, の母親, の顔, はいくら, はお, は一体もう, は二三歩後, は力まかせ, は首, もとんだ, をい, をなぐりつけました, を暫く, を連れ

▼ 芳~ (27, 1.9%)

2 少からず

1 [25件] いいので, うすうす覚っ, これで, そのあと, それに, べつな, やること, 会いたがって, 何事かと, 俊三も, 出て, 初めは, 友達も, 台所に, 外へは, 大巻には, 存外眞面目, 存外真面目, 手帳矢立を, 矢張り俺達と, 私も, 蒼くなっ, 逃がさねえよう, 逃げるに, 連れの

▼ 芳~ (26, 1.9%)

2 だった, の綿絵, は依然として, は決して

1 [18件] が一枚絵, が描い, が描いた, といっしょ, となり, と決まっ, に及ん, に養子, の二人, の声, の春画, の春色三十六会席その他, の錦絵両国八景, はあまり, はまさに, は正に, もいっ, をし

▼ 芳~ (23, 1.7%)

1 [23件] が再び, が帰っ, が苦, が通りかかっ, きさま, そりゃなん, のことば, のものいい, のやつ, の両親, の口添, の姿, の手, はこう, はほとんど, は上目使い, は十時ごろ, は席, は殺せ殺せ, は立ちかける, は老いた, を抱い, を抱いた

▼ 芳~ (17, 1.2%)

6 の茂太郎 2 というところ, の小島 1 からは順, にお前, の茂坊, の茂太郎さん, の茶屋あたり, へは帰れない, へ帰ろう

▼ 芳ちやん~ (15, 1.1%)

2 が新聞

1 [13件] から手紙, が, と二人, のよく, の様, の樣, はそんな, はめでたく, は小さい, は屹度, は眞, は軍人, は間もなく

▼ 芳ちや~ (11, 0.8%)

31 んお, んお待ちツ, ん厭, ん君島さん, ん喫驚, ん既, ん旨い, ん私

▼ 芳との~ (11, 0.8%)

1 [11件] み座敷, 仲は, 前からの, 恋を, 眼とが, 結婚式は, 言葉が, 間が, 関係が, 関係についても, 顔色を

▼ 芳~ (11, 0.8%)

1 [11件] が, が入っ, の横顔, は左手, は御, は手, は指先, は片, は礼, は胸, 退って

▼ 芳~ (10, 0.7%)

2 お玉が 1 お種, そこ開け, 俊三を, 大巻の, 大巻一家が, 帰ったの, 文太郎に, 楊小楼を

▼ 芳爺さん~ (10, 0.7%)

2 が青 1 に初めて, に払った, に限らず, に頼んだ, の住居, の家, はどう, は云った

▼ 芳~ (10, 0.7%)

1 しばしば見え, となっ, と云, に飽き, の好, の間, や黒き, を趁, を追う, 不自知

▼ 芳という~ (9, 0.6%)

1 お方の, のが, 十七に, 号を, 女に, 女は, 女絵かきの, 妾と, 若者であった

▼ 芳には~ (9, 0.6%)

1 あまり評判, これと, そんな気ぶり, なれて, まるで自分, ハキ氣が, 寧ろ得意, 物珍しかった, 自分の

▼ 芳親子~ (8, 0.6%)

2 に同情 1 に悪意, に惡意, のいる, も, を死ん, を相手

▼ 芳~ (7, 0.5%)

1 として腋の下, として裾風, と同時に, に染まっ, の激しい, を吐い, を静か

▼ 芳さま~ (6, 0.4%)

2 のこと 1 お腹だち, が御, のお, はどう

▼ 芳桂院様~ (6, 0.4%)

1 がお, が仰し, と仰せられまし, のお供, は一度, は四月

▼ 芳~ (6, 0.4%)

1 で会っ, などで先輩, にひとり, に春江, に行く, もあった

▼ 芳~ (6, 0.4%)

1 をたべだした, をちょっともち, を一つ箸, を受取った, を口, を箸

▼ 芳といふ~ (5, 0.4%)

3 のは 1 のが, 婦人が

▼ 芳ッちゃん~ (5, 0.4%)

1 いいだろう, そんなに言う, ってお, 待って, 泣くと

▼ 芳~ (5, 0.4%)

1 にイヽ話, の姿, の顔, は行き, へ詫び手紙

▼ 芳菲山人~ (5, 0.4%)

2 より来書 1 が梟, の名, の来書

▼ 芳から~ (4, 0.3%)

1 先だ, 次郎を, 母へ, 電話が

▼ 芳~ (4, 0.3%)

3 ちゃん 1 ちゃん芳

▼ 芳とが~ (4, 0.3%)

1 いっしょに, すぐその, その灯, 絡んで

▼ 芳五郎~ (4, 0.3%)

1 だった, ではなく, といふ人, は脱兎

▼ 芳~ (4, 0.3%)

1 にいじらせ, は川越, は近所, も確か

▼ 芳月軒~ (4, 0.3%)

1 で話そう, に女, に手配, に来

▼ 芳町あたり~ (4, 0.3%)

2 で嬌名, の蔭間茶屋

▼ 芳~ (4, 0.3%)

1 えがく, が, の, の少から

▼ 芳~ (3, 0.2%)

21

▼ 芳~ (3, 0.2%)

2 あつた 1 十人の

▼ 芳にも~ (3, 0.2%)

1 今晩は, 向かい陶器, 意思は

▼ 芳~ (3, 0.2%)

1 で宴会, といふ支那料理, にし

▼ 芳夫婦~ (3, 0.2%)

1 から祝っ, に話した, も玉

▼ 芳~ (3, 0.2%)

1 にあずかりたい, 之外, 共にふかく

▼ 芳桜書院~ (3, 0.2%)

1 と云, と曰, の芳桜

▼ 芳桜軒~ (3, 0.2%)

1 と曰つたの, 第二女, 自安信恬居士

▼ 芳~ (3, 0.2%)

1 から奥羽, のそば, へ立ち寄り

▼ 芳~ (3, 0.2%)

1 をつつん, を天, を弔っ

▼ 芳~ (2, 0.1%)

1 あすこに, 姉の

▼ 芳さん世の中~ (2, 0.1%)

1 というもの, は何

▼ 芳さん環~ (2, 0.1%)

1 がじふて, がなくなっ

▼ 芳さん芳さん~ (2, 0.1%)

1 てばさ, の姉様

▼ 芳だけを~ (2, 0.1%)

1 それに, 残しみんな人力車

▼ 芳とは~ (2, 0.1%)

1 いい夫婦, ほとんど朝

▼ 芳どの~ (2, 0.1%)

1 は父親, を蹴った

▼ 芳に対する~ (2, 0.1%)

1 信頼は, 思慕は

▼ 芳ひとり~ (2, 0.1%)

1 が寝床, ではどう

▼ 芳~ (2, 0.1%)

1 えさん, えの

▼ 芳わし~ (2, 0.1%)

1 い息, い香

▼ 芳兵衛~ (2, 0.1%)

1 と云う, に転じ

▼ 芳~ (2, 0.1%)

2 は麗卿

▼ 芳岡伯爵~ (2, 0.1%)

2 の長男

▼ 芳林寺~ (2, 0.1%)

1 へゆく, へ行っ

▼ 芳桜軒妾腹~ (2, 0.1%)

1 之女, 之男也

▼ 芳梅画伯~ (2, 0.1%)

2 に依頼

▼ 芳町時代~ (2, 0.1%)

1 から関係, の奴

▼ 芳町辺~ (2, 0.1%)

1 で妙, の芸妓

▼ 芳自身~ (2, 0.1%)

1 にとっても, には一度

▼ 芳~ (2, 0.1%)

1 と云う, もて飾った

▼ 芳茶屋~ (2, 0.1%)

1 の娘, へ飛込んだ

▼ 芳草類~ (2, 0.1%)

1 なる薫草, の薫草零陵香

▼ 芳蘭亭~ (2, 0.1%)

1 ての, へ支那食

▼ 芳譚雑誌~ (2, 0.1%)

1 がありました, の合本

▼ 芳~ (2, 0.1%)

1 の書室, はまるで

▼ 芳~ (2, 0.1%)

1 で痛飲, に招待

▼ 芳~ (2, 0.1%)

1 は有信, を正

▼1* [184件]

あとでわし, 芳い草と花, 芳おしげなどが方々, 芳お前も同類, 芳からの手紙だらう, 芳かりしもこの, 芳がはひつて, 芳名を, 芳ぐはしい匂ひを, 芳さまそれは御, 芳さま其お心, 芳さま詞の未だ, 芳さん何が陰弁慶, 芳さん何処に行った, 芳さん夫にした, 芳さん校長にされた, 芳さん歸つて, 芳さん浮世はまま, 芳さん癪が起る, 芳さん私も思わず, 芳さん許だ, 芳その右に, 芳それにお金ちゃん, 芳だけ殺しては, 芳だけが残って, 芳だったが二人, 芳ちゃんお前に逢っ, 芳つづいて梅甫, 芳つてゐるの, 芳てんをめぐる, 芳でさえいくぶんはしゃぎ, 芳でないとする, 芳ではなくて, 芳としてはただ正直, 芳とも今夜かぎりに, 芳とやらの住いは, 芳とを見くらべて, 芳どうした, 芳どのそなたは, 芳どのどこへ, 芳どの心配するな, 芳どん是をずっと, 芳犬ば, 芳なあ犬ば, 芳にや家つら, 芳に対して出来るだけ, 芳に対しては彼は, 芳のてまえにも, 芳はさッと青ざめ, 芳頤を, 芳さぞかし尻, 芳ゅう香味口中に遍う, 芳よりさきに, 芳ある甘, 芳地の, 芳とこから, 芳そんなに札幌さ行ぎたい, 芳て何だい, 芳ッちゃんどこへ行く, 芳ッちゃんばかだな, 芳ッちゃん芳ッちゃんってお, 芳ツ子の許, 芳ツ子許の店, 芳ドクトルから手紙, 芳一人かい, 芳一家で見まわらし, 芳一郎さんの示教, 芳九連の遺子黛女, 芳云翁曰学ぶ事, 芳へ招待, 芳という人物, 芳以上にその, 芳を睨め, 芳いて, 芳公お前はあつ, 芳公さへな, 芳公馬鹿とて三十五六, 芳博士と共に起草, 芳口剤で一度, 芳があった, 芳四郎という洋服屋, 芳をいただき, 芳声嘉誉の手, 芳大黒屋天忠がある, 芳夫婦っきりで三本松, 芳姉さんは商売, 芳の名, 芳園千蔭は, 芳などと一緒, 芳露の, 芳小母さんによく, 芳だら口, 芳屋樽や玉川, 芳島君が加わる, 芳州参上仕りまして, 芳が上京, 芳幾らこれにつげり, 芳幾度だや, 芳幾水野年方らの艶麗, 芳幾画伯の冥福, 芳幾芳年の如き, 芳の冷ややか, 芳苦勞でもなあ, 芳を特に, 芳まことにうれしゅう, 芳の銭, 芳の三人, 芳は何事, 芳札幌で何, 芳札披閲ソノ意ヲ得, 芳林閣の改修, 芳の事, 芳の籬外, 芳梅亭を失つて以来, 芳楠氏を通じて公使館, 芳楼早めに自分, 芳榎本武揚の二氏, 芳の跫音, 芳槿一朝の豪華, 芳次郎が帰っ, 芳死ぬあっしゃいいがあとで, 芳の答書, 芳気霜雪の道明り, 芳泰来わがため, 芳流傑閣勢ひ天, 芳病んで, 芳涯常に諸, 芳涯莞爾として諸, 芳を通っ, 芳した果実, 芳爺さまはそら耳, 芳甫さんは本, 芳町柳橋の芸者, 芳町組合の芸者家, 芳町育ちの一歩, 芳町通りを左, 芳皇嘉殷富達智の四門, 芳をならべた, 芳窃盗きんちゃっ切り, 芳として青春, 芳でありたい, 芳綱画として浮世絵師, 芳翠さんに描い, 芳翠先生が丹精, 芳翠畫塾の思ひ, 芳翠藤島武二両教授, 芳の舌ざわり, 芳は東橋, 芳芬鼻を撲ち, 芳花繽紛トシテ紅靄崖ヲ擁シ, 芳草年々緑なる春ごと, 芳草欝乎として開き, 芳草緑象王廻る処落花紅, 芳草萋時花壓谷高臺望處柳, 芳とある, 芳蓮院様と云う, 芳強き膏油, 芳之体, 芳虎あたりの横浜紅毛館洋妾, 芳虎芳年芳幾らこれにつげり, 芳はかたじ, 芳譜二九と三〇, 芳豊前に反抗事件, 芳をおがむ, 芳賞心の種, 芳身内がなん, 芳輔三女礼の親子四人, 芳輔自身の漫画, 芳進堂はその後, 芳いでやれおい, 芳を, 芳野山へ花見, 芳門下の同門, 芳院春応道円居士元禄四年辛未五月十八日, 芳隣りのあの, 芳雛吉延吉小玉小さんなどという皆, 芳与儔, 芳霞靉靆く, 芳のくり, 芳魂いまいづこ, 芳鶴田仙庵等は思切, 芳な工芸, 芳麗ニシテ愛スベク頗ル仙物ニ類ス因テ紫陽花ヲ以テ, 芳黛十有七歳とある