青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「織田~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~縁側 縁側~ 縁談~ ~縄 縄~ 縞~ 縦~ 縫~ 總~ 繁昌~
織田~
繩~ 繪~ ~繰り返し 繰り返し~ ~繰返し 繰返し~ ~續 續~ ~罪 罪~

「織田~」 1320, 14ppm, 8126位

▼ 織田~ (282, 21.4%)

5 のため, の御 4 の使者 3 に仕え, に随身, のうち, の方

2 [18件] のお, のごとき, のほう, のもの, の出城, の士, の家中, の家臣, の宿将, の将来, の援軍, の木下藤吉郎, の直, の者, の臣, の興亡, はその, へ随身

1 [220件] あって, からつい, からの一切, からはいかなる, からは妾腹, から注文, がこの, がしきり, が一万, が信秀, が危うい, が天下, が第, が美濃入り, だ, であったらどうして, でなくて, では計画的, では重要, でも余りよくも, でも昨年夏, でも認め, で同朋衆, としては和解, としては採るべきでない, とのあいだ, との婚姻, との盟契, とは, とは切っ, とは同盟, とは多年, とは姻戚, とむすぶ, と和協, と御, と徳川家, と提携, と朝倉家, と結ぶ, と美濃, ならべつ, において自分以上, における元老的地位, にそむき, にだけでも尠, につく, にとってはここ, にとってはめでたい, にとっては画期的, にとっても経済上, にとって一憂, にとって今, にとって背すじ, には一艘, にむすびつけた, にも属, にも決して, にも質子, に一万, に五千挺, に人質, に仕えた, に使いする, に借, に加担, に勝色, に反旗, に味方, に大敗, に対して顕し, に来る, に異, に盟, に託され, に託せ, に通じ, のあと, のおん息女, のき, のきびしい, のさむ, のそれ, のむこ, の一家老, の一家臣, の一方, の一藩, の一門, の上将, の下, の下風, の不敗必勝, の中, の中心, の丹羽五郎左衛門, の二万五千, の人数, の今日, の作戦, の侍八百人余り, の側, の兵馬, の内情, の内憂, の内状, の内輪, の前途, の功臣林佐渡どの, の勃興, の勃興ぶり, の勢力, の古参, の名, の四隣, の士隊長, の外戚, の大将, の大老, の嫡子信忠, の定紋, の客分, の家来, の宿将たち, の宿将相, の宿老中, の富力, の将士, の工匠部, の廻し者, の弓道槍術, の弱勢, の役人衆, の微, の忠臣森三左衛門, の急, の恩顧, の情勢, の懸, の抱負, の擒人, の政策, の施政, の旗幟, の末輩, の柱石, の比, の水軍, の水軍九鬼どの, の生, の用人松原郡太夫, の甲冑, の発祥地, の相続, の禄, の立場, の羽柴, の脆弱, の臣木下, の臣矢部善七郎, の虚, の血, の血すじ, の血液, の血脈, の被官, の誓紙, の諸, の財力, の財政, の足軽組, の跡始末, の軍門, の軽輩, の重臣, の重臣中, の領, の領土, の領地, の驍将, の高貴, の麾下, はまだまだ, は他国, は北境, は君臣とも, は国換え, は宗家, は父信秀, へかえし, へつつぬけで, へぶれいなし, へまた, へも態, へも明らか, へわたし, へわたせ, へ加担, へ売られ, へ嫁いだ, へ寄せ, へ就いた, へ弓, へ御, へ復帰, へ漆, へ輿入, も徳川家, や斯波家, をし, を去った, を守ろう, を恨む, を悩ませた, を秀吉, を見損なっ, を討っ, を離れる, を頼っ, 興って

▼ 織田~ (142, 10.8%)

3 軍門へ 2 もとに, ヒロポンは, 一族である, 厚遇を, 大軍が, 手に, 援軍が, 統制に, 軍勢が

1 [121件] うしろを, うちでも, うつけ息子殿に, こころも, この徹底, さむらい, さむらい達, まわし者の, ッ, 一家中で, 一族では, 一番陣酒井右近の, 一翼と, 三万は, 中軍へ, 人材中でも, 代官の, 低い平ら, 何人かの, 侍では, 側面を, 傷負い, 充分に, 兵を, 勇将と, 動静を, 勢より, 勢力に, 包囲が, 卯月と, 反逆で, 可能性の, 味方か, 境を, 大兵は, 大軍と, 大軍へ, 奇襲ぞ, 好みがは, 妻が, 実力を, 家中, 家中でも, 家中の, 家中も, 家庭を, 家来か, 家臣として, 宿将で, 宿将どもが, 宿将第, 宿老と, 富強や, 将士で, 将士に, 尾州勢が, 幕下に従い, 後方を, 後詰に, 御家中, 悲劇も, 懸念は, 手なみ多寡は, 手の, 手廻しを, 抑えとして, 掃討軍の, 援軍とて, 援軍は, 救援軍が, 本陣では, 来襲に, 柱と, 武士か, 気勢を, 水軍何ほどの, 江北攻めは, 満州話を, 滝川槍隊の, 狙ひ, 玉砕であり, 現状じゃ, 目的では, 相続者として, 相続者を以て, 砦を, 群臣が, 者よな, 聯合軍に対して, 腕白どの, 臣も, 臣木下藤吉郎なる, 衆か, 衆は, 衒気を, 衰亡は, 要求を, 論理の, 起つあり西海, 足もとから, 足溜りが, 跡を, 軍が, 軍勢は, 軍門に, 連合軍三万八千は, 遠征軍を, 遺臣中に, 鉄砲に, 長臣柴田修理亮勝家, 間者は, 陣中でも, 陣中に, 陣営に, 陣営へ, 領内では, 領地の, 領有も, 領邑は, 驍将が, 麾下さえ

▼ 織田信長~ (124, 9.4%)

3 がある, が本能寺 2 が今川, でも風流, の使者, の家来, の重臣瀧川一益

1 [108件] から柴田, があの, がこの, がわが, が九分通り, が今川義元, が仏教, が先づ京都, が入京, が天下, が天主教, が将軍, が尾張, が徳川家康, が桶狭間, が武田勝頼, が比叡山, が生れた, が禁裡, が聟入, が茶筌首, でありまして, でございます, という人, という存在, としてこの, ともあろう, と天正, などは呉清源的, なども其一人, なるを, なる者以外, にし, にしろ, にとっての最大, にとっても最も, によつて, に仕えた, に会っ, に似, に委嘱, に擁立, に殺された, に滅ぼされた, に背いた, に討たれ, に随身, のころ, のまえ, のよう, の仲人, の伊勢攻略, の俗名, の兵威, の出現, の前, の命, の命令, の子, の家臣, の寄手, の居城, の居城清洲, の建立, の意志, の手, の料理人, の新しい, の旗下, の昔, の時, の時代, の桶狭間, の気風, の清洲, の管理, の紋, の臣, はすでに, はその, は兵法, は反逆者光秀, は唯, は土地, は天正七, は妙義也, は将軍義昭, は当時, は父信秀, は稲葉一鉄, は経済上, は足利義輝, へ反, までが寺, もいけない, もこの, も大勝, も本能寺一夜, や唐姫, や平, や木曽義仲, や秀吉, や豐太閤, より前, を忠臣, を攻めん, を見, 偉い武将

▼ 織田~ (101, 7.7%)

4 の兵 3 の西下 2 の中, の優勢, の手, の旗

1 [86件] がいる, が中国, が伊丹城, が侵入, が攻囲中, が襲, として行うた, とのあいだ, と三, と方向, と比較, と聞け, などは半日, につつまれ, には何, には前途多く, には徳川家, にも投じかね, にも見抜かれ, によって武田そのもの, に加勢, に叛, に合力, に合體, に当りきれない, に投降, に援軍, に約し, のうえ, のお蔭, のため, のみじめ, の一名, の二番, の作戦, の侍大将, の先鋒一番隊, の全部, の兵質, の双璧, の大, の大兵, の将校中, の後ろ, の戦力, の戦況, の損害, の攻進, の最前線基地, の本営, の本部, の柴田勝家, の柵, の焔, の猛烈, の総崩れ, の船手方, の行動, の輜重部隊, はこれ, はそこ, はやっと, は七曲り口, は信頼, は初めて, は堺, は布告, は朝廷, は秋, は聯絡, は観た, は連日, へ心, へ諜, もあわてた, もこれ, もまた, も惨敗, も敵, をし, をのぞく, を包括, を幾刻, を攻撃, を誘い入れる, を迎え

▼ 織田~ (60, 4.5%)

2 の作戦, の使者

1 [56件] ではなお, では一方, では大, でも柴田, との合戦, にてもさすが, にとっては尠, にはない, には二心, に一異彩, に内通, に加担, に味方, に断たれ, に根づよい, に異, に誼, のさぐり, のさむ, のしんがり, の一群, の与党, の二番, の仕方, の何, の侍, の傷, の先鋒, の前線, の勇将荒木村重, の執心者, の士, の大軍, の将, の将星, の形勢, の旗色, の武士, の武者, の滝川左近, の総, の負傷者たち, の軍使, の部将, の部隊, の銃器, の雑兵, の首帳, はひきずられた, は御, へ味方, へ属した, へ引き入れた, へ軍使, を寝返り打った, を殲滅

▼ 織田~ (34, 2.6%)

2 が攻め入っ

1 [32件] あまた討, が主, が取り合っ, が幾人, が意地, が早い, その威, だッ, とて北伊勢, と戦つた功, には戦意, に紛れ込み, に追い詰められ, の三千人, の側面, の働き振り, の先鋒, の兵馬, の力, の手, の方, の至難, の麾下, はつい, はまだ, は一度, は三千そこそこ, は終夜, へ突貫, も後方, も準備, をいちどに

▼ 織田殿~ (32, 2.4%)

2 に随身

1 [30件] から仰せつかった, から安価, がお, が六条, が明知光秀, こそ次, では, にこそこの, には血具足, に会い申したい, に御意得, に身, の仕方, の侍, の勢い, の名, の年来, の御内, の直, の身内, の軍, の軍令, の軍勢, の陣所, は二度目, へ伝え, へ復帰, を主人, を天下, を恨もう

▼ 織田徳川~ (29, 2.2%)

2 のため, の一族, の両, の聯合軍, の連合軍

1 [19件] が甲府攻め, で乙, というもの, と決戦, など隙, の二軍, の全, の前進, の同盟, の戦陣, の槍組, の死傷, の諸, の軍, の軍勢, は一体, を迎えるべきでしょう, 両将軍, 両軍

▼ 織田~ (25, 1.9%)

2 がこの

1 [23件] あること, と会, と加藤兄上, にとってはそれだけに, にとっては単なる, に及べり, に反感, に差し出し, に逢, のよう, の一族, の勇敢さ, の圧力, の宿将柴田勝家, の後継者, の御, の所領, の水軍, の興亡, の軍, を凌ぐ, を完全, 程の人

▼ 織田どの~ (24, 1.8%)

3 の援軍 2 の御, の軍勢

1 [17件] からのお, にほろぼされる, に抗, に拝謁, のお, の一将, の味方, の敵たる, の由来美人系, の直覧, の眼識, の遠征軍, はかしわばら, へ降, を呪う, を敵, 躓きが

▼ 織田信雄~ (22, 1.7%)

2 が信長, と単独和

1 [18件] がもとめられ, が巧み, が当った, である, と会見, と結ん, と蒲生氏郷, なんかが策動, に稟議, の兵, の存在, の尾張, の心事, の陣所, は小田原陣, は東海道, や女, 同信包

▼ 織田~ (20, 1.5%)

1 [20件] かっ血した, このところ, そのほか, その幕下, その後財産を, アンチテエゼだ, ヒロポンの, 一向に軽薄, 何時の間にか三千挺, 加害者と, 坂田八段の, 客席の, 年来の, 志賀直哉の, 悲しい男, 日本の, 田舎侍で, 美濃と, 陪臣の, 257

▼ 織田~ (17, 1.3%)

2 毛利の

1 [15件] いえば, いえ清洲, しきりに申す, ちからを, 二人の, 今川との, 今川の, 力を, 噛み合わせたその, 太宰と, 徳川の, 毛利とは, 浅井家の, 結ばんなど, 遠州勢

▼ 織田~ (15, 1.1%)

1 [15件] 丹波に, 二時間おくれ, 二時間遅刻した, 二流文学といふ, 今かかっ, 可能性の, 得々と, 志賀に, 志賀直哉に, 昨日かっ血した, 暗闇の, 自分に, 長嶋から, 革の, 首

▼ 織田~ (13, 1.0%)

2 はさまれ一本立

1 [11件] しても, すすめられて, なっても, ならうが, ゆかりある, 加担は, 売らんと, 属して, 属し自然秀吉, 属すが, 頼らんかと

▼ 織田信秀~ (11, 0.8%)

1 [11件] からその, が美濃, と松平家, と隣国, にとって五千, の家中, の将, の皇室中心, の霊, は意外, や三河

▼ 織田作之助~ (9, 0.7%)

2 の一周忌 1 がヒロポン, が書いた, が死んだ, であつ, など自分, の二流文学論, はヒロポン注射

▼ 織田~ (8, 0.6%)

1 おめ, の哀し, の死, の短篇小説, はなかなか, はオレ, は死ぬ, を殺した

▼ 織田~ (7, 0.5%)

1 がそこ, が乗りこん, ではなかっ, はすぐ, は初め, もまったく, も酒井

▼ 織田~ (6, 0.5%)

2 情痴作家と 1 ないの, ない明智, 今川も, 徳川も

▼ 織田~ (6, 0.5%)

2 攻めて 1 揉み潰すこと, 救けるに, 見くらべて, 視て

▼ 織田信忠~ (6, 0.5%)

1 が西下, のいる, の軍三万, は, は上諏訪, は滝川一益

▼ 織田長益~ (6, 0.5%)

2 と滝川雄利 1 だの滝川雄利, などにいいふくめ, のふたり, はそれ

▼ 織田~ (6, 0.5%)

1 とが丘一つ河一つ, なので, のほう, の内, の脚部, の諸

▼ 織田から~ (5, 0.4%)

2 徳川へ 1 云えば, 大兵の, 学ぶべき大きな

▼ 織田~ (5, 0.4%)

1 いわば彼女, 南部が, 徳川は, 敵国の, 豊臣の

▼ 織田九郎次~ (5, 0.4%)

2 は馬 1 がずかずか, がまた, へいっ

▼ 織田信澄~ (5, 0.4%)

2 は光秀 1 は信長, へたいして, を始末

▼ 織田家中~ (5, 0.4%)

1 ではある, で出色, において朝山どの, には殿, の羽柴秀吉

▼ 織田~ (5, 0.4%)

1 お使者おいで, では, に仕え, の声, の御

▼ 織田麾下~ (5, 0.4%)

1 に藤吉郎, の一塁, の将士, の尖, へ急

▼ 織田~ (4, 0.3%)

1 にはそういう, にゆかり, の霊, は神聖

▼ 織田信長様~ (4, 0.3%)

1 という英主, のいらせられる, の家来, をおい

▼ 織田光秀~ (4, 0.3%)

1 と白河半平, に向っ, は書房, も腕時計

▼ 織田秀吉~ (4, 0.3%)

1 だろうと, という珍名, と名のり, は所属部隊

▼ 織田~ (4, 0.3%)

1 であろうと, におくるる, の傷, の眼

▼ 織田~ (4, 0.3%)

3 之助 1 之助様

▼ 織田信長公~ (3, 0.2%)

1 のお, の天下, を見ろ

▼ 織田勢力~ (3, 0.2%)

1 の分解, の赫々, を切りくずし

▼ 織田彦五郎~ (3, 0.2%)

1 と乱, は斯波義元, は織田一族中

▼ 織田正信君~ (3, 0.2%)

1 の厚意, の譯, を介し

▼ 織田武士~ (3, 0.2%)

1 なれ, のそれ, の躍る

▼ 織田源五郎長益~ (3, 0.2%)

1 だった, だの古, なること

▼ 織田遺臣~ (3, 0.2%)

1 のあらかた, のはず, も円く

▼ 織田でも~ (2, 0.2%)

1 よほどな, 武田勢に

▼ 織田との~ (2, 0.2%)

1 合戦で, 離反を

▼ 織田に対する~ (2, 0.2%)

2 記憶は

▼ 織田はん~ (2, 0.2%)

1 また夫婦善哉書き, よう来とく

▼ 織田~ (2, 0.2%)

1 款を, 随身を

▼ 織田一族~ (2, 0.2%)

1 だが, の者

▼ 織田一門~ (2, 0.2%)

1 の信雄公, の繁栄

▼ 織田上総介信長~ (2, 0.2%)

1 であったとは, にてござる

▼ 織田中将信忠~ (2, 0.2%)

1 の兵, の岐阜城

▼ 織田作ゆかり~ (2, 0.2%)

2 のコンドル

▼ 織田信孝~ (2, 0.2%)

1 が自刃, の賊臣桑田彦右衛門

▼ 織田信雄三河駿河遠江~ (2, 0.2%)

2 は家康

▼ 織田備後守信秀~ (2, 0.2%)

1 が彼, の弟

▼ 織田全軍~ (2, 0.2%)

1 のいただく, を挙げる

▼ 織田~ (2, 0.2%)

1 だが, も家康公

▼ 織田勘解由~ (2, 0.2%)

1 とつづい, も名古屋因幡守

▼ 織田博士~ (2, 0.2%)

1 から借受けた, も笑つて

▼ 織田右大臣~ (2, 0.2%)

1 の血脈, よく大業

▼ 織田夫人~ (2, 0.2%)

1 がきたら, が二時間

▼ 織田徳川勢~ (2, 0.2%)

1 に対して正々堂々, の追撃急

▼ 織田徳川方~ (2, 0.2%)

1 では丹羽勘助氏次等, の陣容

▼ 織田有縁~ (2, 0.2%)

1 の諸侯, の近親

▼ 織田本家~ (2, 0.2%)

1 の者, はいま

▼ 織田浅井~ (2, 0.2%)

2 の御

▼ 織田~ (2, 0.2%)

1 である, の一掃

▼ 織田被官~ (2, 0.2%)

1 の足軽, はたいてい

▼ 織田~ (2, 0.2%)

2 将の

▼ 織田随一~ (2, 0.2%)

1 といっ, の出頭人

▼1* [179件]

織田がたへ拠る, 織田こうずけの守どの, 織田これら敵方の勇士, 織田家中には, 織田ごときが, 織田さまの仲間部屋, 織田いの, 織田だの南部が, 織田墜した, 織田であると長老, 織田では疾く, 織田という敵だった, 織田といふ人が, 織田とは非常に, 織田とも云ったん, 織田などの実力や, 織田などへ随身する, 織田にては野村合戦と, 織田一家のさる, 織田一族中の宗家, 織田一点張りと知れきっ, 織田一磨氏は, 織田一統の貴族, 織田一藩で知る, 織田一鉱山局長肥塚龍また理科大学教授理学博士小藤文次郎, 織田一麿や川瀬巴水, 織田七兵衛どのを討ちとった, 織田三七信孝柴田前田明智細川丹羽そのほか, 織田三万の兵, 織田三代の家風, 織田三河の松平, 織田三郎信長に近づき, 織田上総介信長様です, 織田下野守信清様に仕え, 織田与三郎がいた, 織田与市海東郡津島の服部小平太, 織田中将信忠情ヲ叙ベテ, 織田九郎次長谷川与次, 織田九郎次関十郎数千の兵, 織田今川などの強国, 織田代表の四将, 織田伊勢守のよう, 織田伊賀守深田城主織田左衛門尉等と通じ, 織田するもの, 織田何者ぞ三万, 織田作一周忌の夜, 織田作之助君なども明確, 織田作之助平野謙私つ, 織田作之助舟橋聖一その他の作家, 織田作之助舟橋聖一北原武夫坂口安吾その他の人々, 織田作之助舟橋聖一田村泰次郎井上友一郎その他のいわゆる, 織田作未亡人のこと, 織田の死顔, 織田信安等の叛乱, 織田信広や岩倉城主織田信安等, 織田信徳の諸氏, 織田信忠川尻与兵衛毛利河内守水野監物滝川左近などの岐阜, 織田信恒が会ひたい, 織田信恒子爵来り明日満州, 織田信澄らの味方, 織田信澄滝川一益丹羽五郎左衛門などの諸, 織田信澄麾下の新参, 織田信照や佐久間甚九郎正勝, 織田信行はかつて, 織田信邦の家老, 織田信長サンのお, 織田信長勃興の地, 織田信長幕下でも一城, 織田信長時代からのこの, 織田信長殿よりほか, 織田るるか, 織田のうち, 織田備後守の跡目, 織田光秀白河半平の三羽ガラス, 織田光秀編輯長の白河半平, 織田全体を挙げ, 織田公豊臣公近来の諸, 織田兵部の邸, 織田剣神社の神官, 織田勘解由左衛門に下った, 織田勝つか毛利, 織田勢三万をここ, 織田南部いずれも中学生, 織田右大臣樣に安田作兵衞, 織田右府信長の直書, 織田右府公浅井朝倉退治の時神祖, 織田右府様より御, 織田右馬助人の賄, 織田君君に一つ, 織田君安易であ, 織田之助, 織田大隅守信広が見えた, 織田大隅守同苗半左衛門, 織田姫稲荷の所, 織田家そのものの業, 織田家イタリヤが徳川家, 織田家二代にわたって四十年一日, 織田家以上に敵方, 織田家方と通謀, 織田家百年のため, 織田家豊臣家と代々, 織田家遺臣中の大, 織田対朝倉浅井の争い, 織田対毛利の衝突, 織田尾張守信長と刻, 織田山口などの突撃, 織田左衛門尉等と通じ, 織田幕下だが, 織田幕将のひとり柴田権六勝家, 織田彦七を死なせ, 織田彦五郎信友がその, 織田彦四郎松田兵部大夫などが引き続き, 織田得能らのごとき, 織田徳子さんの顏, 織田徳川矛盾に及ぶ, 織田徳川聯合軍との公式, 織田徳川軍は姉川, 織田徳川連合軍の乱入, 織田支持を力説, 織田斎藤などにし, 織田方全体のやぶれとな, 織田於直の持ち来れる, 織田於菊の持ち来れる, 織田明智の両, 織田有楽の工夫, 織田有楽古田織部光悦小堀遠州, 織田本軍が荒木村重, 織田松平のほか, 織田松平聯携の盟約, 織田武田などの侵略, 織田武者の群れ, 織田殿以来牢人の子, 織田氏らはしばしば, 織田氏族葉の一将校, 織田氏訳の, 織田氏足利義昭公を退け, 織田氏達子の亡くなつた, 織田滝川の二人, 織田父子も二代, 織田玄蕃にまもらせ, 織田王国の縮図, 織田の鷲津, 織田の三人, 織田一では, 織田を練っ, 織田織田としきりに, 織田美濃守信邦様と申せ, 織田萬博士および船山曄智君, 織田萬君安達峯一郎君等あるいはまた東京府下代言人有志者百余名等, 織田には敢, 織田譜代のなか, 織田豊臣徳川の諸氏, 織田豊臣徳川なぞの武門, 織田豊臣徳川三氏を経, 織田豊臣氏が五十年, 織田豐臣徳川と相, 織田越中守信照と生駒八右衛門, 織田足利から遠く, 織田軍中の人物, 織田軍全体に破竹, 織田軍数万とひとり, 織田近親者の半分, 織田がいろいろ, 織田遺族の信孝, 織田遺業の勢力圏, 織田遺臣一統へさ, 織田遺臣聯合軍といふもの, 織田遺臣軍であろうと, 織田重臣といえ, 織田金左衛門が名馬, 織田長益丹羽氏次木曾義昌などの合流軍, 織田長益滝川雄利のふたり, 織田陣十三段の備え立て, 織田随身の決意, 織田領下の各, 織田領内の攪乱, 織田風情に大事, 織田駿河の今川, 織田鷹洲などは頭