青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「眼鏡~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

眺め~ ~眺めた ~眺める 眺める~ ~眼 眼~ ~眼つき ~眼前 眼前~ ~眼鏡
眼鏡~
~着 着~ ~着い 着い~ ~着いた 着いた~ ~着く 着く~ ~着け 着け~

「眼鏡~」 2610, 25ppm, 4661位

▼ 眼鏡~ (1202, 46.1%)

212 かけて 44 掛けて 27 外して 25 はずして 13 かけた男 12 かけた 10 持って 8 かけた顔, とって, 出して 7 取って, 外した 6 かけると, 光らせて, 取り出して, 覗いて 5 かけたり, かけた背, かけました, はずした, 買って, 鼻の

4 [11件] かけた一人, かけた人, かけた女, かけ直して, こは, のぞいて, 懸けて, 拭いて, 眼に, 買ふ, 透して

3 [15件] かけたその, かけたまま, かけた色, かけた醫者, かけた青年, かけながら, かけ直しながら, きらっと, もって, 光らせながら, 忘れて, 掛けた男, 掛けないだけの, 目に, 直して

2 [54件] かけずに, かけその, かけたおじさん, かけたおとなしい, かけた学生, かけた小柄, かけた皆, かけた紙芝居, かけた老人, かけた若い, かけた雌蛙, かけては, かけないで, かける, かけるの, かけ直すと, かけ髪, こわしたこと, たたんで, とつて, はずし, はずしたの, はずしながら, ふきながら, ズリ上げ, 三つとも, 使って, 借りて, 光らして, 光らせた, 取り出すと, 取出しました, 受取ると, 向けて, 外したの, 外したり, 外すと, 御取り, 手に, 拭いながら, 拭きながら, 拭きはじめる, 持つて, 掛けたあの, 掛けたの, 掛けた妹, 掛けてるの, 眼の, 自分の, 見て, 覗く真似, 額の, 額へ, 額部へ

1 [570件 抜粋] あざけつて, あずけ時計, いぢ, おかけに, かえすよう, かえます, かがやかせて, かけ, かけいつも, かけいま, かけいわゆる, かけお, かけおまけ, かけかえると, かけさせずには, かけさせたら如何, かけさせた話, かけさせてから, かけさせ技巧たっぷり, かけし体, かけし頃, かけそして, かけたいかにも, かけたお, かけたお祖母さん, かけたそこ, かけたひどい, かけたま, かけたままくら, かけたまま学校, かけたまま愛人, かけたもの, かけたよう, かけたりなんか, かけたりは, かけたイナセ, かけたスパイ, かけたチャンベルレーン, かけたハイカラ, かけた三十歳がらみ, かけた三好, かけた上原, かけた下宿人, かけた中年, かけた主人, かけた二十七, かけた元気, かけた内地人, かけた半白, かけた同じ, かけた品, かけた四十恰好, かけた土, かけた大きな, かけた女伝道師, かけた女子大学生, かけた女教師, かけた好人物, かけた始終, かけた客, かけた宮田, かけた弱, かけた悪, かけた方, かけた時, かけた材木屋, かけた案内人, かけた権内, かけた汚穢屋, かけた洋服, かけた濃, かけた父, かけた玄人, かけた男ぶり, かけた男性, かけた痩せっぽち, かけた癇, かけた白ズボン, かけた白髪, かけた皺, かけた皺だらけ, かけた目, かけた看護婦, かけた社長, かけた竜一, かけた細面, かけた老爺, かけた肥った顔, かけた肥満漢, かけた脊, かけた若, かけた英語, かけた荒田老, かけた血色, かけた見すぼらしい青年, かけた赤い, かけた運転手, かけた青瓢箪, かけた魚, かけた黒服, かけた黒河内総監, かけた鼻, かけても, かけてるお祖父さん, かけないので, かけない理由, かけなおしビロード, かけなおす, かけなかった, かけなければ, かけますと, かけることさ, かけるという, かけるとか, かけるにも, かけるよう, かける事, かければ, かけマスク, かけ冗談みたい, かけ医者, かけ太い, かけ好んで, かけ山猫みたい, かけ時に, かけ時計, かけ楽曲, かけ氣味, かけ洋服姿, かけ深い, かけ理智的, かけ直し, かけ直し何, かけ真紅, かけ眼, かけ紳士風, かけ編笠, かけ美しい, かけ羽織, かけ肉, かけ色, かけ裏, かけ褐色, かけ視線, かけ誰, かけ重い, かけ長い, かけ顔, かけ顔色, かけ髭, かけ黒い, かって, きらきらさせ, きらつと, この頃, こわさないよう, こわした場合, こわして, さえ御, さげて, さしあげること, して, しコルセット, すぐに, すべり落ちそう, ずりあげて, ずり上げて, せり上げた, そうきっと掛け, その時, その船, たくさん持っ, たずねて, たよりに, だして, ちょっとグラ, ちょっと鼻, ちよこんと, つくろいその, つけた逞しい, つけて, つめたくその, とおして, とったま, とった私, とった顔, とばし肩, とらなかった, とらなかったこと, とられたこと, とりいつも, とりかえること, とりながら, とり上げて, とり出ししかめ面しながら, とり出して, とり出すと, とり女中, とるの, どんどん買いこみたい, どんなにめづらし, なくした, のせて, のぞいた, のぞきますと, のぞくと, はずしおもむろに, はずしました, はずしハンケチ, はずし両, はずし中腰, はずし口髭, はずし帽子, はずし指先, はずし歩きながら, はずし謄写刷, はずすこと, はずすと, はずせば, はめた友達, はめた蝸牛, はめて, ひろって, ひッ, ふき直して, ふくため, またかけ, またはずしました, まだかけない, みっしりと, みんな取られ, もぎとられた老人, やられました, よって, わったっ, わったね, わったので, ガクンと, キラリと, ケースごと落したら, ズリ上げました, チカチカさせ, ハンケチで, 一つし, 一つ一つに, 一つ奢る, 一つ押売する, 一と, 一同の, 一寸ぬぐっ, 一寸取り脱し, 一寸拝借, 万田先生から, 三根夫に, 上下に, 下げて, 下しながら, 下に, 下へ, 与へる場合, 二つも, 二重に, 伸して, 作らせて, 作り上げたこと, 使用する, 借して, 借りなさい, 元の, 兄が, 光らした, 光らしつ, 光らしながら, 光らせたが, 光らせつつ, 再び取りはずした, 出した方, 反射的に, 取りあげて, 取りにじぶん, 取りはずして, 取り出しました, 取り外し冷, 取れ, 取上げ聖書, 取落す所, 取除, 叩き壞, 叩き落したという, 叩き落し口鬚, 商って, 喰べたり, 執つて, 執りあげて, 填めた, 填めたので, 壊したこと, 外した土門, 外した左, 外した進んで, 外した顔, 外しては, 外しとんきょう, 外しながら, 外し眼, 外し長髪, 外すの, 外すべきだろう, 外ずして, 外ずす, 外套の, 大びら, 大体の, 失うて, 失って, 奪った, 嫌ったため, 嫌ひ, 寄せて, 小脇に, 岩の, 差向けると, 引きよせて, 引き出して, 引っぱり出して, 引ぱずしてやったんですと, 当てがっ, 彼に, 御覧なさい, 忘れたまま活動小屋, 忘れなかつた, 思い出した, 思い出して, 恐が, 懐に, 懸けたお, 懸けた丸髷, 懸けた少佐, 懸け首, 懸け黒, 手の甲で, 手早くはずし, 投げ捨てて, 押しあげながら, 拝借, 拭いたり, 拭いふたたび, 拭かうとして, 拭ききよめても, 拭きふきま, 拭って, 拾いとり彼女, 拾い出した, 拾って, 持ちながら, 持ち書物, 指で, 挿み, 捜し出した, 捨てて, 捨てること, 掛けさすが, 掛けたこと, 掛けたところ, 掛けたま, 掛けたまま, 掛けたまま梯子段, 掛けたり, 掛けた儘, 掛けた優型, 掛けた刑事, 掛けた女, 掛けた恋愛論, 掛けた方, 掛けた眼つき, 掛けた老人, 掛けた色, 掛けた議員, 掛けた髪, 掛けだしてから, 掛けては, 掛けなさい, 掛けぬ作家, 掛けりゃ一寸, 掛ける, 掛ける必要, 掛ける練習, 掛け原稿料, 掛け独, 掛け痩身, 掛け眼, 掛け紋付羽織, 掛け給, 掛け自分, 掛け華美, 掛け行灯, 掛け飯島, 探して, 掻き上げて, 揺ぶらるる, 支えようと, 斜めに, 明日迄との, 時々きらりと, 朝倉先生の, 村井から, 正しい方向, 気に, 注文, 照準する, 片っ, 用いて, 用意し, 白く塗沫, 直させ中泉眼科, 直しながら, 直し直しそう, 真正面に, 眼瞼から, 着けて, 着もの, 硝子窓に, 磨きつつ, 神経質に, 私に, 突きあげながら, 突き上げたかと, 突き上げると, 笑殺した, 糸で, 罪人の, 置き霧, 置くと, 羽織の, 耳に, 胸もとまで, 脱した後, 脱し広い, 脱し暫く, 脱って, 落し, 落した, 落したの, 著け, 袂から, 装つてゐた, 覆つた, 見せて, 見せられて, 見せろと, 見た, 見た音絵, 見つめて, 見つめました, 見ました, 見るよう, 見上げた, 見物人へ, 覗いた, 覗き始めましたっけ, 覗くので, 観察すべく, 認めるに, 調べさせに, 貰いたい, 貰って, 買いたくても, 買いました, 買うどころ, 買う金, 買ったつもり, 買つ, 買つた, 買つてし, 買つて淺草公園で, 買つて行つた, 買つて貰へ, 買は, 貸したので, 貸して, 赤鼻の, 踏みつぶす果ては, 転じた, 輝かし輝かし, 近づけて, 金縁に, 金輪の, 長い紐, 除さず, 除されたら, 離して, 離れて, 鞘に, 頸へ, 額に, 顔に, 顔の, 飛ばさなければ, 飛ばされたり, 鼻にかけて

▼ 眼鏡~ (520, 19.9%)

23 奥から 20 奥で 13 奥の 11 下に 9 下から, 中から, 奥に 8 ような 7 下の, 底から, 青年は 6 上から, 玉が, 玉を 5 中で, 中の, 底の, 玉の, 男の, 男は, 秘密を 4 下で, 度を, 曇りを, 議員は 3 おじさんは, ない顔, ツルが, 上に, 中に, 内から, 前に, 旦那, 破片を, 顔を

2 [17件] うしろで, かげに, ことが, こわれたの, つるに, ねじが, ふちは, ケースを, 中より, 代りに, 位置を, 先を, 有名な, 男, 男が, 花田は, 高さ

1 [264件] あとが, あとを, うしろより, おくでふたつ, おじさんだ, おじさんとか, かかった顔, からだ, ぐあいをなおしながら, ことだけは, ことでした, ことまでを, ことも, ことを, こと仲よしに, ごとくなる者, すぐ傍, せいも, そとから, そばを, つるの, つるを, とれたすごい, ない目, ない眉毛, ない眼瞼, なかの, なかへは, にせ貴族, にやけた男, ねじでありました, はしの, ふちから, ふちと, ふちなぞが, ふちについても, ふちの, ふちを, ほかには, ままに, ままの, やうな, やうに, ように, よさ, わくと, エロチツクな, ガラスにあたる, ゴミの, サックを, ツルに, ブイを, ホニホロや, ホワイトシャツの, レンズが, ローラが, 一つ位は, 一件から, 一件を, 一方の, 一端は, 一端を, 上には, 上にまで, 上の, 上より, 下には, 下よりは, 下を, 不気味な, 世界な, 中には, 中年紳士が, 主は, 事著作家組合会合, 交換は, 仕掛けで, 仕掛によって, 仕掛は, 仕掛を, 他には, 使用に, 使用を, 例でも, 価貴き, 像について, 優等生の, 先が, 先へは, 先生が, 光りだった, 光を, 具合を, 円筒を, 処方を, 凸レンズが, 力ですつかり治し, 力に, 力を, 効果を, 半かけ, 印象が, 叔父さん, 口から, 名は, 向うの, 四肢を, 外国婦人に, 外国婦人は, 外相オウステン・チャンバレンの, 大きな玉, 夫人と, 失くなったのに, 奥が, 奥を, 奧から, 奧で, 奧に, 奧の, 女の子は, 女形らしい, 奴と, 姿を, 婦人が, 官吏さんであり, 小さい破片, 小男が, 小男しか, 小男は, 工合が, 巨大な, 巨躯をば, 常が, 常は, 底に, 度が, 度に, 弱味が, 形ち, 影と, 影に, 影を, 待遠かっ, 後に, 後ろから, 怪しい人物, 怪奇な, 懸具合, 掛け方, 掛小屋が, 支への, 故障を, 断髪の, 方を, 方向を, 旦那ちょい, 曇りたる故, 曇を, 枠が, 枠を, 枠縁の, 柄を, 構造を, 様子から, 横べりから, 欲しい, 気持が, 気持は, 海老茶帽子の, 焦点に, 片紐, 玉, 玉で, 玉であった, 玉と, 玉に, 玉は, 玉や, 珠の, 球を, 球代を, 男こそ, 男だった, 男と, 男を, 男今また, 男虱を, 画である, 目を, 看板や, 真中に, 真中より, 眼を, 着用が, 破片が, 硝子に, 硝子は, 秘密が, 秘密をすら, 種紙が, 穴に, 紐が, 紳士が, 紳士どなる, 紳士林檎柿など, 経験によって, 絹紐で, 縁から, 縁が, 縁に, 縁を, 置き場に, 美しい男, 美学者が, 老人が, 老婆が, 老婆や, 背景の, 膺懲とか, 花であった, 花田, 花田か, 花田と, 花田も, 若者だ, 落し主の, 蔓を, 蔭から, 装置が, 装置を, 裏から, 裏で, 裏に, 裏には, 視度, 視野に, 覗口は, 言葉を, 議員が, 貫禄として, 輝きを, 逞しい男, 遊戯を, 道具を, 違は, 遠景に, 金縁へ, 銀行員が, 鏡を, 陰で, 隅が, 隙間から, 隠居は, 青い色, 青年が, 青頭巾の, 面を, 鞘やらを, 顔が, 顔と, 顔見る, 類まで, 風采頗る, 黒江氏が

▼ 眼鏡~ (117, 4.5%)

3 曇って 2 きらりと, こわれて, その色白, ないので, なくて, なくては, 光った, 気に, 邪魔に

1 [96件] あって, あぶなくはずれ, ありました, あります, ありません, あるから, あると, ある為, かかって, かけられて, かけられますよう, かすかに, こはれ, こわされたの, こんなこわれ, すぐに, すぐ傍, その上, たちまち曇る, ちか, ちょっと邪魔, でて, とりどりに, とれただけ, とんで, どうかする, ないと, なくちゃ, なくても, なくなったせい, にぶく光つて, のぞいた, のって, ふいても, みんな遮っ, もちおもりし, やはりトム, よくうつり, カンテラに, キラツと, キラリと, ギラギラと, ロシア娘に, 一つ望遠鏡が, 一夜に, 不調和に, 二つなけれ, 亡き人の, 似合いません, 光ってる辺, 光る華奢, 冷笑する, 出た, 出来て, 出来上ると, 厭だ, 厭な, 反撃する, 合は, 合わなくなると, 場内の, 壊れ帽子, 大層役に立ちました, 好んで, 子供を, 寂しいこと, 役に, 忽ち笑顔, 掛かって, 晃つく, 曇った, 曇つた, 望遠鏡の, 板の, 殖えて, 毀れた時, 濡板と, 無いと, 無いので, 無くちゃ, 無ければ, 石の, 祟るよう, 置いて, 興味深く訊き返, 若者に, 落ちて, 遠くの, 酔いつぶれる時, 鋼鉄の, 間に合わなかったこと, 附物に, 頭目の, 飛びました, 飛んだん, 鼻の

▼ 眼鏡~ (108, 4.1%)

3 かけて 2 彼の, 掛けて

1 [101件] あまり類が, ありますかい, ありませんか, ある, あわてて, いつもただ, いや, いろいろの, おさまったよう, お化け, かけない方, くもって, ここで, その特殊, その頃, その黒い, それを, そんな皮肉, とても重い, どうぢ, どこへ, どなたの, ない, なぜ光る, ひらめ学校の, みんなで, むろん郵便配達手君, もう二三年, もう落, ゆらゆらと, よくある, よくかかっ, るるとして, わるいから, キミの, 一体どうして食っ, 一寸の, 不必要, 今朝に, 何の, 何んとも, 余計ものな, 使はれなかつた, 全くへん, 写真で, 出来て, 同じよう, 唾の, 天を, 失して, 妖婦の, 始めて支那服, 屠られて, 幾百里も, 店じゅうの, 店の, 度が, 忘れずに, 急に, 戸を, 掛けなかった, 掛ても, 文字通りガンカクシな, 方向を, 日本人でなく, 時代の, 曇って, 曇らねえな, 曇らねえ確か, 最早掛け, 死体の, 殊に女, 消え失せて, 渡した, 片岡夫人の, 物象を, 異常な, 皮肉に, 目ざまし時計の, 真正面を, 眼鏡茶碗は, 知らずこの, 私が, 笑って, 紫外線除けかね, 胸の, 脱兎の, 自首する, 蝦夷錦の, 西洋にも, 誰かに, 豆菊から, 起きない, 近視眼さえ, 金に, 鉄縁の, 雨の, 靴で, 食いかけの, 高慢たれや, 鼻に

▼ 眼鏡~ (83, 3.2%)

3 かけ是非, して 2 ひどい猫背, ほほゑまし, 鼻を

1 [71件] うつる向うの, かえどこ, かけるちふと, かなうに, かなったもの, かなって, かなつた初代組長の, くつつける, さえぎられて, しろ口髭, すぎないと, そつと, ちょっとにらまれ, とりついて, はめて, ぴったり顔, ガラスを, ジャンパーを, スレスレに, 三鞭の, 代用し, 任さんのみと, 光った, 叶ったの, 叶って, 叶つて店の, 叶つて赤の, 叶ふ, 吸いつけられて, 夢中で飛びかかった, 太い髭, 就いて, 幼な, 当って, 怯えて, 息を, 手を, 投げつけると, 擬しても, 映つた, 映るかという, 映る景色, 止りし者, 気がつくと, 水がか, 注意を, 火の, 火星の, 照りかえす, 片手を, 狂ひ, 眼を, 睨まれて, 睨み殺された, 瞼の, 穴を, 糸を, 英字新聞を, 葉巻の, 袂別すべき, 話しかけた, 負けた面, 過ぎずして, 遮られて, 間違えたとか, 間違ひ, 面を, 顕れる六華, 風呂敷包みだ, 鬚だらけの, ****************――それは

▼ 眼鏡越し~ (78, 3.0%)

5 にじろりと 3 にじっと, に私 2 にジロリ, に光らせ, に彼女, に相手, に見る

1 [57件] にお, にじろじろ, にすわり, にそろそろ, にちら, にちらりと, にぢろ, にのんびり, にギロリ, にクリストフ, にジット文三, にマリユス, に一座, に三藏, に上目, に乃公, に二人, に人, に伍一, に何, に例, に傷ましげ, に僕, に光る, に友達, に四ツ本, に夫人, に娘, に尾沢, に年, に座敷, に廣介, に彼, に愛くるしい, に我々, に昂奮, に是方, に栄蔵, に由三, に目, に省作, に眺め, に眺めた, に眼, に睨み, に空, に空間, に笑いかける, に笑う, に綱手, に見つける, に豚, に透かした, に驚い, に鶴子, の上目, の近眼

▼ 眼鏡~ (66, 2.5%)

3 のぞいて 2 あつた, のぞきました, みると, 見て, 覗いて

1 [53件] あたりを, あなたが, ぎらり, これと, そうしてまだ, たどって, みるなんて, もう一度全体, ものものしく身, ウマク行け, ロイド縁だ, 世界を, 人撰に, 倍率も, 僕を, 全く見込み, 八九名の, 南洋の, 叩き合いを, 叩き合ひ, 声を, 大分西洋が, 天井を, 好く見, 底さぐり, 授業中先生が, 普仏戦争の, 景色などを, 格子の, 汚い髯, 波の, 湖水の, 物を, 盲ひた, 眺め, 私へ, 糸の, 胡麻塩髯を, 能面を, 蔽われて, 見ずに, 見たといふ, 見たら何, 見るよう, 見る景色, 見れば, 覗き, 隠して, 顔が, 顔を, 顳, 養子には, 鼻柱を

▼ 眼鏡~ (50, 1.9%)

2 たいへんな, 亡き老婆, 聴音器の

1 [44件] あの立派, いい口髭, いい眞新, いむ, その破片, その織物, その話, であるが, カンテラを, コンパクトを, マスクで, マスクを, ラッコの, 上唇の, 上等の, 云うむしろ, 写真機を, 取り換, 心配気な, 怒鳴って, 支那服が, 洋服に対して, 眼眸とを, 科学で, 紫檀の, 自分で, 葉巻とが, 薄黒い, 見知らぬ人, 言うこと, 言う黒ずくめ, 違い棚に, 重なりあって, 鉤針を, 鎖売り, 長髪の, 離す事, 頬髯とで, 髭とを, 髯とを, 髯の, 黒いつけ髭, 黒いマスク, 鼻まで

▼ 眼鏡~ (44, 1.7%)

2 何も

1 [42件] あるでは, いつか外し, お光さん, かけずに, かけず歯, かけて, かなぐり捨てて, すこし度胸, すっかり曇っ, そうやろ, その中, それっきりその, それを, ただ一つきり, つけて, とられた, とられて, とんで, ふっ飛ばした雪達摩みたい, ふるえながら, みんな変装用の, ゆれたの, 共にその, 厭味に, 大分以前に, 室から, 寸法どおりに, 小ジワ, 帰って, 帳面も, 度が, 探し出して, 新調し, 樫井も, 殆ど用が, 無ければ, 詰る様, 野暮な, 金縁ステッキの, 霧で, 鞄も, 髯も

▼ 眼鏡~ (42, 1.6%)

2 の受取証, の隠居, へ寄り

1 [36件] から十五錢, があっ, がいった, が磨りました, が間違, が間違えた, でいろいろ, で光線, と金物屋, にて聞き込み, に命じ, のいった, の主人, の妻君, の子息, の店先, の方, の時計, の看板, の職人, の話, の通り, の鏡, の飾窓, はいいました, はさながら, は船, へいかれました, へ寄る, へ行っ, へ誂, へ駈けこん, まで来た, も手品師, を湯島, を訪れ

▼ 眼鏡~ (16, 0.6%)

10 しに 1 しにじろじろ, しにちら, しにヂロリ, しにニヤニヤ, しに小田, しの視線に

▼ 眼鏡~ (13, 0.5%)

1 [13件] アルパカの, コンパクトを, リボンの, 何かの, 外套によって, 手帳などを, 樫井たちは, 眉の, 金鎖を, 鎖を, 頤鬚それに, 風船売り, 髭は

▼ 眼鏡から~ (11, 0.4%)

1 [11件] あの女, して, のぞける範囲, はみ出した顔, 反射する, 始めて眼, 淡島堂の, 眼を, 聯想しなけれ, 離れました, 顔を

▼ 眼鏡をは~ (11, 0.4%)

2 づし 1 づしかけたほどである, づした, づした上で, づした彼の, づして目が, づして興奮し出した, づして蘿月は, づして見せ, づして頂戴ね

▼ 眼鏡なし~ (9, 0.3%)

3 では 1 でも歩ける, でも買っ, でも買つて貰, でやって, で縫われた, の老眼

▼ 眼鏡~ (9, 0.3%)

2 に時々, の狐疑 1 にじろりと, に主人, に学生, に爪先, に道也先生

▼ 眼鏡でも~ (8, 0.3%)

1 おかけに, お顔, かけて, して, 懸けたよう, 掛けない限り, 欲しそう, 鉄物は

▼ 眼鏡かけ~ (7, 0.3%)

1 ている, てやる, て小柄, て車窓, て陽, て革, ながら暇

▼ 眼鏡~ (7, 0.3%)

2 とは知らず 1 から自分, がややすこしく, つたから, とかつけ髭, とだいぶ

▼ 眼鏡なんか~ (6, 0.2%)

1 かけては, 作ったの, 掛けて, 掛けんからね, 留置場で, 阿呆でも

▼ 眼鏡を通して~ (6, 0.2%)

2 お前ばかり 1 すべての, 世界を, 見るが, 見るよう

▼ 眼鏡~ (6, 0.2%)

1 がまた, でさ, でロイド眼鏡二つ慥, に寄り, のシヨウヰンドウ, も古く

▼ 眼鏡かけた~ (5, 0.2%)

2 書生が 1 ブロンド, 中年増若い, 色の

▼ 眼鏡であった~ (5, 0.2%)

1 が私, と人々, のだ, ような, 為友人達は

▼ 眼鏡には~ (5, 0.2%)

1 カアキ色の, 一向気づかなかった, 土人の, 支那服で, 露が

▼ 眼鏡まで~ (5, 0.2%)

1 かけて, かければ, 拾って, 掛けて, 求めたが

▼ 眼鏡などを~ (4, 0.2%)

1 かけた青柳, かけ一見, かけ顎鬚, 使って

▼ 眼鏡拭き~ (4, 0.2%)

2 をる 1 を取り, を持っ

▼ 眼鏡です~ (3, 0.1%)

21 今の

▼ 眼鏡という~ (3, 0.1%)

1 ことは, 心配の, 髪に

▼ 眼鏡とを~ (3, 0.1%)

1 持って, 持つて, 眺めて

▼ 眼鏡~ (3, 0.1%)

1 のです, ので生徒, んだ

▼ 眼鏡など~ (3, 0.1%)

1 かけた雌蛙, ボール箱に, 光らせて

▼ 眼鏡サック~ (3, 0.1%)

1 で最近, は確, をシーツ

▼ 眼鏡~ (3, 0.1%)

1 で毎, の土間, はいづれ

▼ 眼鏡違い~ (3, 0.1%)

1 さ, と言っ, をした

▼ 眼鏡~ (2, 0.1%)

1 つやを, 振袖の

▼ 眼鏡かけたら~ (2, 0.1%)

1 この傷, 安心し

▼ 眼鏡~ (2, 0.1%)

1 へつ, へ懸けれ

▼ 眼鏡さえ~ (2, 0.1%)

1 かけて, もぎとられそう

▼ 眼鏡~ (2, 0.1%)

1 ている, てお

▼ 眼鏡それ~ (2, 0.1%)

1 に描き, に残し

▼ 眼鏡だけ~ (2, 0.1%)

1 である, ときどき青く

▼ 眼鏡だけは~ (2, 0.1%)

1 今尚, 私の

▼ 眼鏡ちがい~ (2, 0.1%)

1 だった, でなかったらどうぞ

▼ 眼鏡でしょう~ (2, 0.1%)

1 か, ねえ

▼ 眼鏡とが~ (2, 0.1%)

1 三年前に, 真先に

▼ 眼鏡との~ (2, 0.1%)

1 中に, 交換だ

▼ 眼鏡なんて~ (2, 0.1%)

2 しゃら

▼ 眼鏡にでも~ (2, 0.1%)

1 向うよう, 掛け方

▼ 眼鏡ばかり~ (2, 0.1%)

1 動かして, 見て

▼ 眼鏡みたい~ (2, 0.1%)

1 なもの, にやり取り

▼ 眼鏡もろ~ (2, 0.1%)

1 とも声, とも握りしめた

▼ 眼鏡やに~ (2, 0.1%)

1 命ず, 行ったが

▼ 眼鏡をば~ (2, 0.1%)

1 好まぬなり, 脱せずして

▼ 眼鏡~ (2, 0.1%)

1 取ッテカケタガ, 彼女ノ

▼ 眼鏡~ (2, 0.1%)

1 の柄, の橋

▼1* [97件]

眼鏡いれ歯財布時計などを, 眼鏡おばあさんのお, 眼鏡なんかゆずっ, 眼鏡かけませうかしら, 眼鏡かけるなんてしゃく, 眼鏡かけんの, 眼鏡かなんかを両手に, 眼鏡がらなり夜, 眼鏡ごらんになった, 眼鏡するのは, 眼鏡すれすれに皿, 眼鏡そして被害者との, 眼鏡その下に, 眼鏡そのものに入, 眼鏡だいぶ悪いなと, 眼鏡だけがへんに, 眼鏡だけで保険を, 眼鏡だけのような, 眼鏡だってアクセサリーの, 眼鏡であってまったく, 眼鏡であるからいま, 眼鏡でだけ読める仕掛け, 眼鏡でなければ見えません, 眼鏡で御座いますわねえ, 眼鏡といった方が, 眼鏡とか何とかね, 眼鏡としては使いものに, 眼鏡とってぱしぱし, 眼鏡と共にいつでも, 眼鏡なおさせに神田, 眼鏡なぞかけて, 眼鏡などでは幾丈と, 眼鏡なら知らぬこと爺の, 眼鏡にあたってはプラットホームの, 眼鏡にも示し流行, 眼鏡によつてこの, 眼鏡のせゐか老け, 眼鏡のね黒磨でもって, 眼鏡はずして練習, 眼鏡ぴんとはねたる細身, 眼鏡ふくとても, 眼鏡目を, 眼鏡までは外せないが, 眼鏡もて見て, 眼鏡やへよって, 眼鏡より度は, 眼鏡らしいね, 眼鏡を以てせば, 眼鏡かけ, 眼鏡ガ曇ッタノデ一層工合ガ, 眼鏡ガ濡レテ来ル, 眼鏡サック靴足袋偽の足跡, 眼鏡ゼム清心丹タカヂヤスターゼ其他種種雑多の物, 眼鏡チラリという式, 眼鏡ナイフ名刺入れその他, 眼鏡けはどんな, 眼鏡下付願という手続, 眼鏡つと真正面, 眼鏡凡て黒瀬と名乗った, 眼鏡出来て来る, 眼鏡出来たがかける, 眼鏡衣に, 眼鏡又は兜の, 眼鏡取るより早く, 眼鏡古い懐中時計ネクタイピン原稿紙の, 眼鏡なりいたんだ, 眼鏡来て, 眼鏡四十一度十三分北東微北東側第七の大枝髑髏, 眼鏡売りの男, 眼鏡売場で中型, 眼鏡大きく見えるのね, 眼鏡天鵞絨の鳥打帽, 眼鏡屋さん海に近い, 眼鏡懸けたるが忙し, 眼鏡手政記刪潤不止, 眼鏡拾いに行っ, 眼鏡時計の飾り玉, 眼鏡望遠鏡そして息づまり, 眼鏡の紋, 眼鏡無しで登場, 眼鏡特徴のある, 眼鏡は波川巡査一人, 眼鏡研究に出かけ, 眼鏡磨臼をひい, 眼鏡二の, 眼鏡而瞑を駁し, 眼鏡職業音楽家に対する第, 眼鏡茶碗は茶碗, 眼鏡になぶられてる, 眼鏡でわずか, 眼鏡あの水, 眼鏡運平が邪智ふかき心, 眼鏡違ひであれは鬼, 眼鏡から動かぬ, 眼鏡ってた, 眼鏡面長な白い, 眼鏡を余り