青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「芭蕉~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~色彩 色彩~ ~艶 艶~ 芋~ 芝~ ~芝居 芝居~ 芝生~ 芥川~
芭蕉~
~花 花~ 花嫁~ 芳~ ~芸 芸~ 芸妓~ ~芸者 芸者~ ~芸術

「芭蕉~」 1622, 18ppm, 6508位

▼ 芭蕉~ (636, 39.2%)

15 葉の 11 句は 10 句を, 葉を 6 句に, 句の 5 句も, 葉が 4 下に, 俳句は, 俳諧に, 俳諧の, 俳諧は, 句が, 奥の

3 [17件] この句, やうな, ような, 一生は, 中の, 俳句と, 句と, 句碑も, 名を, 弟子に, 弟子の, 心に, 書いたもの, 葉で, 葉に, 行動を, 説に

2 [53件] いう, いと高, これを, ように, 二句の, 付け合を, 佳句, 俳句が, 俳句を, 俳諧が, 俳諧を, 像を, 前で, 叙事形容に, 句, 句だ, 句で, 句では, 句には, 句碑あり, 句碑の, 句許六の, 名句, 大きな影, 天才を, 奧の, 好んで, 姿が, 實を, 専有に, 広葉は, 弟子には, 心が, 心の, 心を, 心像を, 思想は, 文學の, 有名な, 簡単を, 芸術の, 芸術は, 葉か, 葉かげに, 葉から, 蔭に, 藝術の, 見識は, 言葉, 言葉の, 説なりとて, 門人多し, 門弟は

1 [383件] あとに, あとを, いは, いわゆる, いわゆる寂び, いわれた通り, えらさ, かげで, かげには, ことかきました, ことが, ことについて, この手向け, この辞世, こんな句, ごときこの, ごときは, ごとく消極的, ごとく記実的, さすら, さすらいにも, さびしおり, そんな句, はどう, は活殺自由, ひろ葉に, まはり, もとに, ものと, ものは, やうであり, やはり萩, イデアした, イデヤした, イメージの, パートには, ポエジイにも, 一代中でも, 一生涯の, 七部集なる, 七部集の, 三様の, 上に, 下の, 下を, 不易の, 世の, 世故人情に, 世界に, 中から, 中庭を, 主な, 主義宣布以前に, 主観が, 主観は, 乱れて, 云ったし, 人と, 人格を, 人格的圧力の, 付け合の, 伝記は, 伝記も, 伴を, 住した, 作品と, 作品の, 作品は, 作物が, 作物に, 作物には, 佳き一句, 使つた俗語の, 俗語を, 俳句である, 俳句においては, 俳句には, 俳句にも, 俳句に関しては, 俳句中で, 俳諧も, 俳風も, 個人力は, 偉さ, 側に, 偶像を, 傳記の, 傷心も, 像に, 元禄に, 元禄におけるが, 全集を, 出た所以, 出づるあらんかあらゆる, 出色であった, 分らない日本人, 力で, 功を, 口の, 口真似を, 古池の, 句から, 句であったろう, 句という, 句なぞが, 句などは, 句にも, 句中枚挙に, 句塚の, 句塚までが, 句塚も, 句意は, 句碑で, 句碑に, 句碑二つ明治天皇聖績碑, 句集が, 句集を, 名が, 名匠であった, 名句は, 名句を, 向う側で, 吟の, 吟は, 呼吸の, 呼吸は, 哲学, 哲学は, 唇を, 喉の, 嘘つきな, 域に, 場合に, 場合において, 場合も, 塁を, 墓と, 墓を, 夢は, 大きな葉, 大力量, 大半の, 大手柄である, 大道に, 奴乾物屋の, 如き好個, 如く剽輕, 如く記実的なる, 如し, 妙趣を, 姿は, 姿や, 姿を, 字を, 存在を, 完璧の, 宗教あり, 実に林檎, 実や, 寂は, 寂びしさともちがっている, 寂びは, 寂びを, 實や, 将に, 尊敬に, 居を, 巻葉かな, 巻葉むらがる, 市振に, 師匠であります, 常識的な, 幻のみ, 幾株かと, 広葉が, 床の, 床を, 度たび俳諧さへ, 庭を, 庵を, 弟子と, 弟子としては, 弟子達によ, 影は, 徒この, 心, 心境こそ, 心境は, 心霊の, 思想なんて, 思想も, 性慾を, 性質も, 悲哀は, 情熱を, 情調の, 惟然に, 愛読書の, 感覚も, 態度は, 慘苦を, 戀を, 戦ぎも, 所謂, 抒情性を, 散文には, 散文を, 数奇を, 文學が, 断末魔も, 方が, 旅も, 旅よりも, 旅姿を, 旅行癖も, 日常生活の, 時代に, 時代の, 時代も, 最後の, 月夜かな, 木の, 本然的な, 本物を, 村里びとの, 来たとき, 枕もとへ, 林は, 根本精神にまで, 根本義を, 梢に, 森に, 植わった泉水, 業績を, 歌ってること, 正統などとは, 正統を, 死骸を, 比較は, 気の, 洒落堂の, 流れを, 海彼岸の, 漢語にも, 為事の, 爾か, 物品は, 生地である, 生活の, 生涯とは, 生涯に, 當時に, 病床を, 発句に, 直弟子達や, 直感的な, 直系を, 眼に, 眼にも, 矛盾を, 研究, 研究なんか, 研究は, 碑が, 碑などで, 示寂前一日に, 秋風の, 空想は, 立派な, 筆は, 筆を, 精女と, 精神に, 精神を, 精神道に, 糸の, 糸を, 紀行は, 紀行文を, 絶吟を, 綱が, 緑の, 罪でも, 肖像に, 背を, 胸にも, 脇, 臨終を, 臨終前に, 自ら感じたる, 自由自在には, 興味を, 舊跡簔蟲庵へは, 花, 花の, 芸術が, 芸術として, 芸術に, 芸術境に対する, 芸術家としての, 芸術的感覚は, 芸術的精神を, 草鞋, 葉ずれを, 葉であった, 葉と, 葉は, 葉も, 葉影の, 葉日ざし, 葉煎じた, 葉色秋風を, 蒙つた海彼岸, 蔭で, 蔭へ, 藝術が, 藝術は, 虚構の, 虚構は, 行く旅, 行脚の, 行脚を, 衣鉢, 衣鉢は, 衣鉢を, 見えるところ, 観念する, 観照は, 言葉に, 言葉も, 言葉を, 記念碑で, 診療に, 詠んだもの, 詩の, 詩や, 詩情する, 詩眼に, 話中に, 語彙は, 説いた不易, 調和した, 諸作, 貞享四年の, 軒を, 辞世, 辞世と, 辻が, 辻と, 辻という, 辻に, 近代的趣味, 追求の, 逸話を, 道で, 道という, 道の, 郷愁が, 長所を, 門弟だ, 門弟達に, 閑古鳥は, 間で, 間へも, 関与した, 附句の, 陰の, 集を, 霜よけを, 青いひろ葉, 青年期を, 面目は, 音楽が, 頃の, 頭に, 顔に, 顔を, 風流という, 風流より, 風流を, 風韻に, 馬の, 骨巖の

▼ 芭蕉~ (192, 11.8%)

3 俳句の, 大石田から

2 [14件] この句, それほど臭気, それを, もう翁, 一定の, 俳句は, 妻を, 実に敵手, 少しも, 感情的に, 無比無類の, 記実的ならず, 連句において, 風雅の

1 [158件] あの一句, あまり多く作つて, あまり好かない, ある時期禅, いかんと, いつも文芸的, いまだ俳諧特有, えらかつ, おのづか, かう云, かう云つて, かう答, きれぎれ, こう記し, このイデヤ, この時, この松島, この柘植, この真理, この道, これに対して, これを, これを以て, さつき, さらにそれ, しばらく住んだ, すでに上, その, その俳諧, その荒海, その計画, その記者, た, たしかに蕪村, たったかな, ともかくも, どういう境遇, なかっけ, ふぐを, ほとんど雲水, まこと, まず主人公, また言つて, みだりに作らない, もう一ぺん万葉, もう破れた, もと宗因, やつぱり偉大な, やはり他, やはり楽々と, よく持つ, バナナ類の, 一に, 一口に, 一巻の, 一物と, 一笠の, 一面理智の, 万葉から, 上の, 主観的の, 事實を, 二十三歳の, 二百余年前にも, 五十一で, 五十一歳で, 京と, 京とも, 人生派の, 人間である, 人間禽獣は, 今まで, 何を, 俗語のみ, 俳書を, 俳諧を, 優れたる指導者, 元禄時代の, 全く無為, 六人ある, 勇気が, 北枝との, 十七文字の, 又一面, 句作以外にも, 同時代, 四十八九歳の, 夙に伊藤坦庵, 大事の, 大成されなかった, 女の, 好んで, 如何と, 妄に, 子弟を, 宗因に, 定食で, 実って, 寛文延宝天和貞享を, 小舎の, 少なくも無意識, 少数向きの, 庭を, 彼の, 彼等の, 心境の, 必ず不満, 必ず行脚, 憂鬱で, 指揮者である, 振り向きて, 救世主として, 斯の, 新古今集, 旅の, 明らかに, 時代の, 時鳥の, 月光を, 未曾有の, 未来の, 本來, 死んで, 殊の, 決して, 海彼岸の, 消極的に, 爾か, 生まれたとき, 白露と, 相変わらずニコニコし, 真の, 真宗で, 瞑想に, 瞑想的で, 空間の, 純日本人, 終に自然, 義仲を, 自ら俳諧の, 自ら古池以後いづれ, 自白し, 芭蕉良寛は, 茶漬を, 蕉風を, 蕪村と, 蛙なる, 言って, 言詮を, 許六の, 詩語たり, 誰でも, 趣味としての, 身に, 近代の, 連句に, 頓悟した, 頭陀袋に

▼ 芭蕉~ (118, 7.3%)

3 それに, 新に 2 いろ, この特異, 俳句において, 創造の, 古池の, 奥羽行脚の, 客観的叙述を, 弟子の, 連句に

1 [94件] あつた, あり苔, あるきり, あるもん, あわれ深く, いかなる程度, いかにし, いかに物寂しい, いちばん早く, いって, うき世, えらいに, きわめておぼろ, こういう風, しかく詠みし, したためたの, ずたずたに, その晩年, つひに, ともすると陰気, どうして江戸, ほめたこと, ヴァイオリン野坡が, 三十一歳より, 五十一歳ぐらゐで此の世を, 伊良胡に, 伊賀の, 伸拡がっ, 何本も, 使って, 再三の, 冬らしい, 凡兆の, 別れるに, 去來, 古池に, 四十歳に, 大井川の, 大和めぐり, 大石田, 奈良の, 奥の, 好まなかったと, 完成者でも, 密生し, 居る, 己の, 常に, 幻住庵を, 引きあい, 弟子を, 弟子達に, 弟子達の, 彼の, 感想の, 才氣に, 教えたの, 日本では, 明月の, 昼顔の, 最後の, 極めておぼろ, 此句を, 此地に, 死ぬ半月, 死んでから, 涙の, 現われ歌麿, 発句を, 相槌を, 破れてから, 答えたの, 続けて, 臨終の, 自ら喜んだ, 芸術の, 芸術へ, 芽を, 苔むす泉, 若君の, 蕪村に, 虚構を, 蛙の, 蛙を以て, 西湖の, 解る, 説いたと, 軒を, 送るそれ, 連句, 門下に, 閑寂趣味に, 雪近い, 非常に

▼ 芭蕉~ (65, 4.0%)

2 しても, なし, 匹敵すべく, 匹敵する, 多かれど, 多し, 對する

1 [51件] あっては, いわしむれ, かくれて, くらべて, してからが, しろ文学的, せよ誰, その虚勢, ならうとしても, ならうとも, 伝わりそれ, 似たる草, 似た大きい, 似た葉, 創まった, 勝るとも, 十字路に, 及ばず北原白秋, 及ばない, 及ばなかつた芭蕉, 及ばぬの, 取つて, 句あり, 実が, 寄せて, 教へ, 於て, 次ぐもの, 比して, 深くひき込まれ, 灌ぐ夜半の, 疑ふの, 礼拝した, 肉迫せんと, 至るまでの, 若かない, 落ちた響, 著書の, 見とがめられて, 見るよう, 近い或, 近づき全体, 逝く春, 連翹など, 遡り蕪村, 限らず一体, 限りて, 面して, 飛躍させられ, 黄色い灯影, 黄色い秋

▼ 芭蕉~ (60, 3.7%)

3 の行脚 2 がこの, の俳諧, の如き, の臨終, は

1 [47件] が金沢, だけが立ち止まっ, といふ人, と歌麿, などのよろこび, なども句, にはすまない, に一夜, に自分, の, のつつまし, のみが二百何十年, の三吟, の今, の企図, の元禄, の到達, の古池, の句碑, の句集, の名, の名高い, の唱導, の数倍, の文芸, の旧蹟, の時代, の木曾, の物, の生涯, の石碑, の紀行, の舊庵, の蝉塚, の行脚掟, の遺訓, の鹿島日記, は教へた人, は昔, は聴覚型, は鷹, もよく, も蕪村化, や西行法師, を気取っ, を研究, を読む

▼ 芭蕉~ (53, 3.3%)

2 して, 中心と, 中心として, 尊崇する, 崇拝し, 排斥せず, 祖述し

1 [39件] あげて, その末梢的技巧方面, とめた時, オーレリアスや, 一枚ずるずる, 初めもつ, 吹き倒すほど, 味うその, 和名発勢乎波, 思い出しながら, 思ひ出しながら, 思ふこと切, 想像し, 愛し丈草, 愛讀した, 感じた, 慰めたその, 敷いて, 本尊に, 束ねて, 案内し, 植ゑとくさを, 比較した, 泊めた時, 理解し, 理解する, 理解できなかった, 知つた, 知つたといふばかり, 移したこと, 葉ごとまるで, 西鶴を, 見事に, 詠じて, 読むの, 読む芭蕉, 讀むとき, 贈つたの, 追想した

▼ 芭蕉~ (48, 3.0%)

2 初めは, 蕪村も

1 [44件] あきらめて, あらゆる天才, ある, いい句, この松島, この辺, こんな所, さうだ, さすがに, それを, ひどいこと, またそれら世捨人, またバナナ, また仏陀, また古典平家, また同じ, やはり故郷, やはり木の葉, よく漢語, シエクスピイアや, ピエール・ロチも, レオナルド・ダ・ヴインチも, 一茶も, 不機嫌理窟っぽく, 亦やはり, 亦世捨人, 亦多少は, 亦或は, 今日に, 他の, 凡兆に, 凡兆の, 凡兆も, 南国らしい, 弟子に, 旅に, 時には一定, 歩いた, 江戸を, 破らず紫苑, 自慢し, 見送る門弟, 貞徳の, 透谷氏の

▼ 芭蕉~ (33, 2.0%)

4 一茶の 2 坊主に, 梧桐も, 蕪村の, 蕪村や

1 [21件] そんな数本, カンナの, ゲーテや, トルストイやは, ハアン等が, 人麿や, 仏桑花蘭など, 其角の, 寒林枯木や, 広重の, 松が, 松にも, 棕梠をも, 棗の, 竹の, 蒲葵の, 蕪村に, 蘇鉄の, 西行の, 西行を, 西行京伝や

▼ 芭蕉~ (31, 1.9%)

3 曾良は 2 其角の

1 [26件] あの世の, いい甘, いうより, いえども, いへど, その弟子四人, その門下, その門人去来東花坊, なるべきだ, 一茶とを, 云う男, 僅か百年, 全然違った, 去来と, 同じく魂, 同じよう, 同時代, 対蹠的の, 比肩し, 甘蕉, 病んだ曽良, 素堂の, 蕪村とは, 蕪村における, 蜀山人の, 野坡の

▼ 芭蕉~ (13, 0.8%)

1 [13件] があったらしい, と名づけ, なるもの, にいた, に田中子爵, の主人, の古址, の址, の夢, の物, の苔むした, へ参, を訪ねた

▼ 芭蕉には~ (12, 0.7%)

2 少しも 1 この時代, すでに伊賀, なりきれないし, 全く宗教, 全然関係, 劣つてゐなかつた, 大切な, 寧ろ当然の, 少し意地, 島流しの

▼ 芭蕉自身~ (12, 0.7%)

2 の俳諧 1 がなんらかの, が気質的, にしろ, の悲哀, の明日, の絶え間, の胸中, の言葉, の進歩, はこの

▼ 芭蕉~ (10, 0.6%)

2 を御 1 で胸, にあおられ, をありあり, をつくっ, を使っ, を手, を腹, を貸さず

▼ 芭蕉~ (9, 0.6%)

1 のよう, の寸法, の意, の露夥, は鳴る, もやう, や青桐, を貼りつけた, 裂けはじめて

▼ 芭蕉という~ (8, 0.5%)

1 一つの, 二百年前の, 人は, 人よほど, 名は, 大きな活字, 山伏だ, 芸術家が

▼ 芭蕉といふ~ (8, 0.5%)

2 人が, 人は 1 人の, 人を, 名は, 有名な

▼ 芭蕉などの~ (8, 0.5%)

2 句に 1 ように, 廉価な, 時代には, 特殊な, 精密な, 行脚や

▼ 芭蕉一派~ (8, 0.5%)

2 が常語 1 が大きな, の俳人, の俳句, の句, の大きな, の独創

▼ 芭蕉から~ (5, 0.3%)

2 来たもの 1 受けた衝動, 宗祇へ, 糸を

▼ 芭蕉その~ (5, 0.3%)

3 人の 1 人に, 人も

▼ 芭蕉にも~ (5, 0.3%)

1 ありその, こんな試錬, 似て, 奈良で, 見られること

▼ 芭蕉よりも~ (5, 0.3%)

2 客観的の 1 なお悲しく, 一足先に, 蕪村の

▼ 芭蕉以後~ (5, 0.3%)

1 のイヤ, の巨匠, の正風争い, は簡素, 言うに

▼ 芭蕉俳句~ (5, 0.3%)

1 におけるこの, のいわゆる, のポエジイ, のモチーヴ, の本質

▼ 芭蕉時代~ (5, 0.3%)

1 にあっ, に似よった, の俳諧数篇, の連句, はきりぎりす

▼ 芭蕉これ~ (4, 0.2%)

2 あれども, に対して今

▼ 芭蕉さん~ (4, 0.2%)

1 きっと自分, のはどう, はちょっと, より一寸

▼ 芭蕉たる~ (4, 0.2%)

2 ことを 1 と蕪村たる, ものは

▼ 芭蕉とは~ (4, 0.2%)

2 その葉 1 聊か異, 違った系統

▼ 芭蕉~ (4, 0.2%)

2 と称する, の俳句

▼ 芭蕉~ (4, 0.2%)

2 とはいたく 1 にいつ, の発句

▼ 芭蕉~ (4, 0.2%)

1 の中, はすべて, をやれやれ, を闘わし

▼ 芭蕉~ (3, 0.2%)

1 つて他門の, と思った, のといふ

▼ 芭蕉などが~ (3, 0.2%)

1 その目標, まず求道, 今少し

▼ 芭蕉ほどの~ (3, 0.2%)

1 名人が, 大家聖人でも, 統率的人傑を

▼ 芭蕉以来~ (3, 0.2%)

1 の伝統的, の俳句, 絶えてない革命的

▼ 芭蕉~ (3, 0.2%)

1 と称, と称え, に興

▼ 芭蕉~ (3, 0.2%)

1 のかをり, の芬, や蜜柑

▼ 芭蕉研究~ (3, 0.2%)

1 と共に今日, において芭蕉, を参照

▼ 芭蕉破れ~ (3, 0.2%)

2 て雨風 1 て盥

▼ 芭蕉~ (3, 0.2%)

1 の俳句, の句, の文學

▼ 芭蕉野分~ (3, 0.2%)

3 して

▼ 芭蕉~ (3, 0.2%)

2 の英俊多く 1 の中村史邦

▼ 芭蕉集中~ (3, 0.2%)

2 全く客観的 1 第一

▼ 芭蕉ある~ (2, 0.1%)

1 のみと考え, 寺に

▼ 芭蕉さま~ (2, 0.1%)

1 でお, のお

▼ 芭蕉~ (2, 0.1%)

1 さへも, なし鬼貫

▼ 芭蕉でも~ (2, 0.1%)

1 やっぱり一度, 皆彼処では

▼ 芭蕉とともに~ (2, 0.1%)

1 いずれも, 嵯峨の

▼ 芭蕉など~ (2, 0.1%)

1 夜明けの, 有用な

▼ 芭蕉などと~ (2, 0.1%)

1 同じく歌, 常談云い

▼ 芭蕉などは~ (2, 0.1%)

1 どちらかと, 殊に胆

▼ 芭蕉に対する~ (2, 0.1%)

1 無限の, 自分の

▼ 芭蕉ほど~ (2, 0.1%)

1 彫心鏤骨では, 真剣に

▼ 芭蕉また~ (2, 0.1%)

2 凡兆に対して

▼ 芭蕉または~ (2, 0.1%)

2 芭蕉派の

▼ 芭蕉をも~ (2, 0.1%)

1 引出して, 彼等の

▼ 芭蕉~ (2, 0.1%)

1 似タル草浜ニ生ル也茎, 似テチイサキ草也茎

▼ 芭蕉一人~ (2, 0.1%)

1 である, の存在

▼ 芭蕉七部集~ (2, 0.1%)

1 の連句, をひもとい

▼ 芭蕉以前~ (2, 0.1%)

1 かなり遠い, は華美

▼ 芭蕉其角~ (2, 0.1%)

2 の及ぶ

▼ 芭蕉去来~ (2, 0.1%)

2 はむしろ

▼ 芭蕉句碑~ (2, 0.1%)

1 もあ, もあつ

▼ 芭蕉~ (2, 0.1%)

1 白等が, 白等の

▼ 芭蕉崇拝者~ (2, 0.1%)

1 の信ずる, の芭蕉

▼ 芭蕉庵松尾桃青~ (2, 0.1%)

1 が四方, は

▼ 芭蕉死後百年~ (2, 0.1%)

1 に垂ん, に垂んとし

▼ 芭蕉~ (2, 0.1%)

1 と同じ, は松尾芭蕉氏

▼ 芭蕉~ (2, 0.1%)

1 な境地, の深

▼ 芭蕉蕪村子規~ (2, 0.1%)

1 の先輩, を経

▼ 芭蕉集中牡丹~ (2, 0.1%)

2 を詠ずる

▼ 芭蕉集中精細~ (2, 0.1%)

1 なるもの, なる者

▼ 芭蕉~ (2, 0.1%)

1 の静寂, を完成

▼1* [139件]

芭蕉あたりの象徴句, 芭蕉髪結床の, 芭蕉へ一通り, 芭蕉さんのとは少し, 芭蕉すでにかくの, 芭蕉せんべいを焼く, 芭蕉その他が決して, 芭蕉だって名句が, 芭蕉だの赤い実, 芭蕉であったのである, 芭蕉でありまして, 芭蕉であるやうな, 芭蕉でさえも私には, 芭蕉とか良寛とかいう, 芭蕉とかいう男み, 芭蕉とても伊賀時代から, 芭蕉との比較において, 芭蕉と共に蕪村を, 芭蕉なぞに其の年, 芭蕉などでも治郎兵衛を, 芭蕉などによつて継承せられ, 芭蕉などに対する青年らしい, 芭蕉などを驚かし, 芭蕉ならずとも倶利伽羅, 芭蕉における木曾義仲の, 芭蕉について一茶について, 芭蕉にとって望ましくなく, 芭蕉になつてから, 芭蕉に対して忠実な, 芭蕉に対すると僕等にも, 芭蕉のみづから, 芭蕉のみの力という, 芭蕉はじめ去來, 芭蕉伝つたこ, 芭蕉へと受け繼, 芭蕉みずからいって, 芭蕉みたいな旅日記, 芭蕉もしくはそこから, 芭蕉もじりの発句, 芭蕉よみがへり, 芭蕉より其詞句の, 芭蕉よりは十歳以上若い, 芭蕉の句, 芭蕉イカの大きい, 芭蕉トルストイジッドみんなすぐれたジャアナリスト, 芭蕉ファンの一人, 芭蕉フェニックスが生え, 芭蕉ヶ辻から, 芭蕉一代の粉骨, 芭蕉一茶など俳人, 芭蕉一門の俳句, 芭蕉也有の碑, 芭蕉二十一歳から二十四歳頃, 芭蕉二十四歳より二十九歳頃, 芭蕉二株青い雨, 芭蕉二百五十年忌追善会を上野清水寺客殿, 芭蕉の竹縁, 芭蕉以上の仕事, 芭蕉以下の人材, 芭蕉以外の人, 芭蕉以後芭蕉に肉迫せん, 芭蕉以後蕪村一茶子規を経, 芭蕉以後言ふに, 芭蕉俳句研究第二十四回, 芭蕉俳諧の根本問題, 芭蕉俳諧研究のシリーズ, 芭蕉先生の大, 芭蕉全集を納, 芭蕉鑑賞, 芭蕉凡兆去来すべて俳句の名人, 芭蕉出でて隻句, 芭蕉出るに及び, 芭蕉初期時代の連句, 芭蕉前後を通じて俳諧道, 芭蕉卷葉に細し, 芭蕉去って後, 芭蕉去来凡兆の三重奏, 芭蕉及びその門下, 芭蕉句集を読み, 芭蕉啄木前者の例, 芭蕉団扇をゆらめかした, 芭蕉好みそんな景色, 芭蕉始め他の人々, 芭蕉師弟が夏草, 芭蕉幽玄体の一つ, 芭蕉庵旧跡と称する, 芭蕉の風流, 芭蕉や遠く宗祇, 芭蕉撰集を読む, 芭蕉に俳句界, 芭蕉新たに俳句界, 芭蕉既に此の, 芭蕉時代蕪村時代の俳句, 芭蕉晩年の俳諧, 芭蕉朽ちて穏, 芭蕉淋しい墓地, 芭蕉など詩, 芭蕉柳塚といふの, 芭蕉もたしかけあり, 芭蕉椰子樹檳榔樹菩提樹が重なり合った, 芭蕉檳榔および荊竹, 芭蕉気どりでてくてく歩いた, 芭蕉池辺明月の什, 芭蕉涼しや籐, 芭蕉煎餅を出し, 芭蕉巻く御, 芭蕉示寂して, 芭蕉へて曰く, 芭蕉紙ぐるみの一通, 芭蕉翁らの句碑, 芭蕉翁万歳というよう, 芭蕉翁故郷塚伊賀越の敵討, 芭蕉翁桃青といふ人, 芭蕉翁画像の賛, 芭蕉翁當年かの家, 芭蕉翁発句集鑑賞その気品, 芭蕉翁良寛和尚に対しては申訳, 芭蕉翁餞別という背景, 芭蕉自らこの句, 芭蕉良寛は良寛, 芭蕉蕪村などあれ, 芭蕉蕪村らの研究, 芭蕉蕪村一茶近くは漱石先生, 芭蕉西行等の古, 芭蕉西鶴蕪村のご, 芭蕉西鶴近松門左衛門などがさかん, 芭蕉がどの, 芭蕉論内外の文学論, 芭蕉起りて幽玄, 芭蕉近松西鶴時代の人, 芭蕉連句の根本解説, 芭蕉連句集の, 芭蕉遺蹟を探る, 芭蕉が火, 芭蕉野坡の合奏, 芭蕉長丈許翠陰濃映, 芭蕉門下の双, 芭蕉頭巾を被, 芭蕉などはいかが