青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「縫~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

練習~ ~縁 縁~ ~縁側 縁側~ 縁談~ ~縄 縄~ 縞~ 縦~
縫~
總~ 繁昌~ 織田~ 繩~ 繪~ ~繰り返し 繰り返し~ ~繰返し 繰返し~ ~續

「縫~」 1472, 15ppm, 7357位

▼ 縫~ (133, 9.0%)

3 うつくしい眉 2 お町, さすがに, ないな, 胸の

1 [122件] あたりを, あなた様を, あまり物事, あわて, いい心持, いま幸福であった, いよ, うしろより, うす化粧, うと, うなづきて, おかしくなっ, お察し, かれを, きりょうこそ美く, このとき十五歳, この伯父, この年, この幸福, ずっと只頑固, せ, せし友, せないでは, そのま, その張り出し, その袂, それが, それでも思ひき, そんなこと, た, ただいっぱいな, つとめて, とうとう顔, なんと挨拶, ねば, はっきりと, ひそかに, ひとりで, ほっとした, まし, まだ二十歳, もう口惜し, やがて下駄, ゆっくりと, トウトトと, 一生懸命の, 三十一歳の, 上框の, 世界中の, 主人彦太郎の, 二十歳, 二十歳お, 享和二年に, 何と, 俯向いてる, 出窓の, 半ば独言, 可哀想に, 大事を, 大嫌ひで, 奥の, 娘の, 子婦を, 孤兒で, 寝ぐせの, 小さい時分, 小首を, 少しも, 屋根裏を, 後ろ手にな, 怨む筋, 悦んで, 悲歎の, 文政七年七月朔に, 早くからその, 昌太郎の, 東京暮しを, 柱の, 止める, 武家の, 死骸の, 気を, 氣の, 沁, 泣き伏した, 泣く泣く嘉平, 涙が, 漸く涙, 潤いの, 灯の, 現在目の, 生れた家, 眼で, 箪笥に, 縞物の, 胸苦しいよう, 自らおのが, 自分の, 自害した, 自害に, 芳原の, 茶の間に, 莞爾し, 葛籠の, 薄々喜三郎, 裾を, 褪めた潮染, 見たまま, 見事に, 話が, 越前守が, 躍起と, 迎いを, 重蔵の, 門を, 頭痛が, 額さきに, 顏を, 養父昌左衞門と, 養父昌左衞門の, 驚いて, 默つてうなづきました

▼ 縫つて~ (106, 7.2%)

5 ゐる 4 歩いて 3 ゐた, ゐるの, 見たいと 2 下すつてるの, 居らつし, 行くと, 行く道, 黒ずんだ上

1 [78件] あげますわ, あげませう, あげませうね, あげよう, あげるから, あげると, あつた, あの始末, あの青い, ありちつとも, あるくやう, いただけないで, うね, お呉れ, お呉れよ, かの百姓馬子, くれた, くれたらしい縞, くれたん, くれた浴衣, このまま, さしあげましたの, その何れ, その物音, はせま, やるだらう, るところ, るの, ゐたの, ゐたのに, ゐたもの, ゐた樣子, ゐた為立物師, ゐます, ゐること, ゐるだけ, ゐるので, ゐる事, ゐる沢山, ゐる銀色, をります, をる, バラバラと, 上げよう, 上ると, 下さいと, 入ると, 出る日, 呉れた, 呉れた雑巾, 呉れないなら裸, 居りましたが, 居ります, 居るうち, 居るだらう, 居れば, 建てられて, 暮して, 歩いたり, 歩き出すと, 歩く八月, 歩く給仕, 流れました, 着せたもの, 置いたが, 置いて, 行く, 行くの, 行くわれわれ, 見て, 諸大名, 贈つた, 走つて, 近づいて, 遣るとかと, 響いて, 飛んで, 駈け出して

▼ 縫~ (102, 6.9%)

8 物を 4 が家々, ながら 3 合は 2 がたきを, ぐるみの, て, をした, 合はせ, 方も, 松竹梅の, 物の, 綴くつた, 袖の下を

1 [63件] ぐるみが, ぐるみを, それに, つつしばしば, つつ姑, てあれ, て刺繍, て垂れ, て堅め, て常磐祠下, ながらそれから, ながら港, ながら縦横, ながら花, に寄り, に来た, のちりめん, の地下足袋, の衣物, の道しるべさ, はシヤツ, また弓矢, もや, をし, をする, を内職, 上げにか, 上つたセルを, 上つてない, 乍ら, 乍らフラつい, 付け又は, 付け姓名を, 兄は, 入れの, 取りされた, 取りでも, 御鞍, 掛小屋の, 換へ, 方ぢや, 方の, 方を, 歩るき, 物にか, 物や, 物捨て, 田圃を, 白樺カラ松くるみ, 目に, 目の, 目も, 糸を, 紋の, 綴くつて, 縫ひ, 谿を, 込みの, 遠く遠く, 部屋の, 闇の, 面, 食を

▼ 縫~ (93, 6.3%)

3 手を, 部屋に 2 入ッ, 切れた浴衣一枚, 政策手段は, 目に, 耳に

1 [77件] ある名古屋帯, ある振袖, ある紫紺, ある袋, うちの, お芳, すがた, その袖, ために, ための, ところから, まだ知らない, むりのないところの具体的な, もので, やうな, セットの, 上に, 丹精らしく, 体, 半衿, 口から, 命を, 場合は, 声は, 天衣, 天衣を, 姉の, 姿は, 家, 容態の, 帯を, 形を, 後の, 心根を, 必要が, 感情生活が, 手で, 手跡に, 振袖に, 振袖や, 服を, 服紗袋に, 梅を, 正月から, 死が, 死んで, 洗いものを, 涙のや, 父親庄平の, 狙ひだつたのだ, 知つて居る, 答弁で, 策に, 糸が, 紋を, 細工を, 給仕で, 義兄の, 耳を, 肩掛を, 腹部の, 苦衷や, 薄紅梅, 術トテモ人間業とは, 裲襠でも, 解決手段の, 話に, 話は, 部屋にな, 部屋の, 部屋を, 開いた囚人服, 頬を, 頭の, 顏は, 顔は, 黒繻子の

▼ 縫~ (67, 4.6%)

17 やうに 4 わざは 2 のが, 様に

1 [42件] ことと, それさへ, ぢや, にふさ, に似, のであつ, のに寸, のは, ほどにしぐれる, やうな, オムニブスの, ミシンが, ミシンの, 世と, 二ツの, 人は, 人も, 代りに, 傍に, 女の, 小径の, 小波の, 小道の, 影も, 彼の, 手練だ, 時この, 松の, 比丘尼哉, 波の, 猪之が, 畫の, 白い糸, 白妙の, 空は, 糸が, 糸の, 自動車に対する, 螺旋状の, 襦袢の, 路の, 針すらも

▼ 縫さん~ (57, 3.9%)

5 て人 3 の方 2 の所

1 [47件] かそれ, が人, が今, が持つ, が斯, が脊髄病, との結婚, とは仲, とは兄妹, とやらに訊い, とを伴, と一緒, と弟, と謂っ, についての報知, に会った, の外, の姿, の嫁いた, の影, の手, の柔, の歌, の死, の母親, の耳, の話, の部屋, は, はあれ, はちょっと, はどっち, はなん, はまた, は年歯, は御, は格別, は次の間, は白い, は縛られ, は自分, は近頃, よくお, を呼びましょう, を後ろ手, を殺した, を離れ

▼ 縫~ (48, 3.3%)

4 はその 2 にさして, に言っ, の前

1 [38件] が半蔵, が礼, が美濃路, が自分, だ, である, という連れ, とも同道, と二人, なの, にこの, にたずねた, について寺町, にも見せた, のあと, のよう, の帰路, の待ち受け, の訪問, の話, の述懐, は, はなお, は三条, は久兵衛, は今度, は何, は先師篤胤, は号, は幕府, は目, まで一緒, もまだ, もよく, も言っ, も馬籠, をあわせ, 自身の

▼ 縫~ (40, 2.7%)

3 手もとに, 袂を

1 [34件] いつもの, お勝手へ, して, そのよう, それを, どうした, はいって, まいりまして, ものさしを, 世話を, 中の間に, 乗って, 二十一歳である, 今更潮, 伯母の, 住んで, 十三四歳で, 同時にビリビリと, 尋ねると, 店先へ, 待ち構, 後片づけ, 思わず注意, 死んだと, 死んだの, 死んだんで, 泣いてばかり, 見えないのに, 許の, 謂えば, 運んで, 長男昌太郎を, 附添い, 養家から

▼ 縫殿介~ (37, 2.5%)

4 と伊織 2 は気

1 [31件] がいる, がそれ, がふと, が疲れた, が答えた, という若党, とともに丹後国田辺城, とは異, とは耳, と申しまする, なる若党, はいそい, はうなずく, はわれ, は一目, は先ほど, は力, は奥, は早口, は眼, は縁, は胸, は舟, は門, ぼつぼつお, もうかと, もはっと, も彼方, も急ぎ, も的確, をふり

▼ 縫~ (31, 2.1%)

2 して, 呼んで

1 [27件] したの, したり, した半襟, するから, すると, なしいずれ, 事と, 勞はり乍ら死骸に, 呼びました, 善くし, 喪ってから, 捌くかな, 撃つ積り, 擴げながら, 楽むと, 殺して, 殺すわけ, 物蔭に, 狙つた猪之, 終つて, 縛つたのより, 縛つてあ, 置いて, 自分の, 身に, 配したもの, 隣長屋の

▼ 縫~ (29, 2.0%)

7 三左衞門は 2 いって, お萬

1 [18件] つれ添う将来, 一緒に, 三左衛門とに, 三左衛門との, 乳のみ, 先妻の, 反対で, 反對, 同じ年, 同年であったらしい, 姑息とを, 小姑, 昌造は, 申します, 福々しい主人, 脇縫が, 違つて豊滿な, 顏を

▼ 縫~ (27, 1.8%)

3 したもの 2 した黒縮緬, 隈取紙を

1 [20件] いつも気の毒さ, したじゅばん, して, なっても, めあわせて, やるせないあこがれ, ゆすがせる, わたした, 世話を, 先だつて, 向っても, 問ひかけました, 声を, 恐ろしい疑ひ, 會釋し, 泣いて, 湯に, 無恥な, 相当の, 見せて

▼ 縫~ (25, 1.7%)

3 笑くぼ

1 [22件] ある程度までは, いつまで, おいて, そこに, そっとうしろ, とうとう亡くなっ, また永久, また決して, よい新妻, ようの, よくこの, 三左衛門も, 共に病まね, 初めは, 力を, 包みきれない嬉し, 思案に, 惡くね, 意見した, 来て, 育って, 負けて

▼ 縫様屋敷~ (18, 1.2%)

2 の物語り

1 [16件] だ, に悪い, のあの, の前, の因果, の真相, の話, へさぐり, へな, へやって来た, へ取り, へ忍び込んだ, へ行く, へ行っ, へ飛び込んだ, もさる

▼ 縫~ (16, 1.1%)

3 をし

1 [13件] がし, に感心, のある, のし, の他, の施し, の最後, の框, も何, をした, を着た, 模様の, 物を

▼ 縫はれ~ (14, 1.0%)

1 [14件] そのま, たりし, て, てしまふ, てゐた, てゐません, て五年, て大, て大きい, て岩石, て死に, て死ん, て蟲, 獸の

▼ 縫~ (12, 0.8%)

3 てくれる 2 たりし 1 たりおむつ, たりした, たりとんがり, たりジャケツ, たり仕事, たり又は, たり綴り合せ

▼ 縫~ (10, 0.7%)

1 いったもの, が, が奇麗, という美人, にもいつか, の屋敷跡, の死, は最後, は直に, も間もなく

▼ 縫ぐるみ~ (9, 0.6%)

1 の中, の儘, の狐, の玩具, の虎斑, の覗き穴, を崩す, を着, を通してそれら

▼ 縫ひとり~ (9, 0.6%)

4 をする 3 のやう 1 へあらゆる, をし

▼ 縫ふて~ (9, 0.6%)

1 やらはつたの, 其響凄し, 尤らしい, 忙しく明滅, 悲しく打ち, 現実よりも, 紅い, 緩くたなびき, 貰ふたらえ

▼ 縫~ (9, 0.6%)

4 世之 1 わが子の, 三左衛門にも, 三左衛門の, 三左衛門を, 子どもの

▼ 縫~ (9, 0.6%)

3 助秀正 1 介と, 助が, 助は, 助互に, 助工藤次郎左衛門二階堂信濃ノ, 助殿

▼ 縫する~ (8, 0.5%)

2 に急, 卑怯な 1 かもし, ということ, ところに, ばかりでなく

▼ 縫という~ (8, 0.5%)

1 ものは, 仕立物を, 十九に, 名か, 名じゃ, 女を, 娘は, 嬢様を

▼ 縫ひつ~ (8, 0.5%)

3 ぶしの 1 くること煩, けられて, け片端, ぶし, ぶしだつた

▼ 縫ちゃん~ (7, 0.5%)

1 いる, お縫ちゃん, がすっかり, はどこ, は今日, よくきい, 行かない

▼ 縫との~ (7, 0.5%)

1 あいだにも, ふたりを, 婚礼を, 結婚にも, 結婚の, 結婚を, 間に

▼ 縫ひかけ~ (7, 0.5%)

1 てある, てから今日, てゐます, のローブ, の五布蒲團, の着物, を序で

▼ 縫ひし~ (7, 0.5%)

2 黒沓 1 か, を貫一, 冬衣は, 羽織打ち掛け着せ, 蒸衾

▼ 縫へる~ (7, 0.5%)

1 このみち, の, までは行つて, やうに, 仙女の, 嚢は, 白銀の

▼ 縫殿助~ (7, 0.5%)

1 が先, であった, なかじま, の家来, の手代, を筆頭, を誅し

▼ 縫には~ (6, 0.4%)

1 こういう家庭, すぐ去っ, 分らない節々, 坂口の, 自分が, 食事の

▼ 縫ひかへせ~ (6, 0.4%)

6 縫ひかへせ

▼ 縫ひつけ~ (6, 0.4%)

1 てしまつて, てゐた, てゐる, て二帆三帆, て居りまし, て有

▼ 縫工場~ (6, 0.4%)

2 の方 1 が建った, が建つた, にいた, にゐた

▼ 縫どの~ (5, 0.3%)

1 が良人, にこの, にたいしても, の姿, へも余り

▼ 縫ひめ~ (5, 0.3%)

1 などをちゃんと, に頭, に頭さし, を赤い, 縫ひめ

▼ 縫~ (5, 0.3%)

3 向けて 1 ないん, ば小さき

▼ 縫もの~ (5, 0.3%)

2 などする 1 もとにかく, をし, をする

▼ 縫付け~ (5, 0.3%)

1 ある, て人, て有りまし, て置く, て金

▼ 縫あげ~ (4, 0.3%)

3 をかし 1 可愛らしき人品

▼ 縫~ (4, 0.3%)

1 ていました, て大, 妾に, 衣服を

▼ 縫つけ~ (4, 0.3%)

2 てあった 1 てある, てそれから

▼ 縫ひもの~ (4, 0.3%)

3 をし 1 をやつ

▼ 縫ひ初める~ (4, 0.3%)

4 と二日

▼ 縫ひ直し~ (4, 0.3%)

1 てくれ, て仕立てた, の袂, を一枚

▼ 縫ひ縫う~ (4, 0.3%)

4 てはほどきした

▼ 縫ふこ~ (4, 0.3%)

1 とにした, とは出来, と恰も, ゑが

▼ 縫ふすべ~ (4, 0.3%)

4 を知らなかつた

▼ 縫ふも~ (4, 0.3%)

4 のとも

▼ 縫助さん~ (4, 0.3%)

1 の届けもの, の話, よく君, 出て

▼ 縫工兵~ (4, 0.3%)

1 というの, などである, にでもなれ, には向かない

▼ 縫込ん~ (4, 0.3%)

1 でありました, でい, でくれ, で置く

▼ 縫ぐるみ人形~ (3, 0.2%)

1 の写真, の系統的蒐集, は

▼ 縫した~ (3, 0.2%)

1 小袖町風に, 忠相も, 窮策は

▼ 縫つた~ (3, 0.2%)

1 か, この歌謠うた, 御手玉

▼ 縫つたの~ (3, 0.2%)

1 であつ, も中頃, よ

▼ 縫つたもの~ (3, 0.2%)

1 には一針づつ情愛, に限る, を着る

▼ 縫つぶし~ (3, 0.2%)

1 の洒落れた, の紙入, の紙入れ

▼ 縫~ (3, 0.2%)

1 やるから, 熱油を, 矢の

▼ 縫とてもまだ~ (3, 0.2%)

3 年わかなる

▼ 縫とり~ (3, 0.2%)

1 があった, をする, をとり上げる

▼ 縫なれ~ (3, 0.2%)

3 ば何と

▼ 縫ひ上げた~ (3, 0.2%)

2 ところの 1 綿入を

▼ 縫ふと~ (3, 0.2%)

1 か何, は切れ, は切れし

▼ 縫~ (3, 0.2%)

1 がしかも, のよう, をしらべ

▼ 縫わし~ (3, 0.2%)

1 にやっ, にやった, にやりましょう

▼ 縫~ (3, 0.2%)

1 のよう, の形, 或いは五輪

▼ 縫~ (3, 0.2%)

1 というの, の様々, まで置いた

▼ 縫工員~ (3, 0.2%)

2 のベルガー夫人 1 のベルガア夫人

▼ 縫~ (3, 0.2%)

1 なども較, など万事粗略, に細か

▼ 縫殺し~ (3, 0.2%)

2 の下手人 1 に夢中

▼ 縫~ (3, 0.2%)

1 が三条, が四条, より涙

▼ 縫込んだ~ (3, 0.2%)

2 揚が 1 のを

▼ 縫しよう~ (2, 0.1%)

2 とする

▼ 縫つた時~ (2, 0.1%)

1 のこと, は俗

▼ 縫つてやつ~ (2, 0.1%)

1 たり私, と私

▼ 縫つて小走り~ (2, 0.1%)

2 に姿

▼ 縫つて袋~ (2, 0.1%)

2 にすれ

▼ 縫つて貰~ (2, 0.1%)

1 つたおほ傷, はうと

▼ 縫つて貰つて~ (2, 0.1%)

1 も身, ゐるとか

▼ 縫つて静か~ (2, 0.1%)

2 に静か

▼ 縫でない~ (2, 0.1%)

2 ことは

▼ 縫といふ~ (2, 0.1%)

1 十九に, 娘は

▼ 縫とを~ (2, 0.1%)

2 勉めて

▼ 縫どん~ (2, 0.1%)

1 がまいりました, を連れ

▼ 縫にも~ (2, 0.1%)

1 すまないと, 知れたり

▼ 縫はせる~ (2, 0.1%)

1 やら香木, んだ

▼ 縫はれた~ (2, 0.1%)

1 だけで無事, 殆ど鉛直

▼ 縫ひかけた~ (2, 0.1%)

1 洗ひ, 自分の

▼ 縫ひたりし~ (2, 0.1%)

2 エリスは

▼ 縫ひつけた~ (2, 0.1%)

1 のだらう, 痕なんか

▼ 縫ひも~ (2, 0.1%)

1 せぬこれ, の

▼ 縫ひ上げ~ (2, 0.1%)

1 たりし, て壓

▼ 縫ひ取つた~ (2, 0.1%)

2 ものを

▼ 縫ひ合せ~ (2, 0.1%)

1 てつくつた, てと考へ

▼ 縫ふて呉れ~ (2, 0.1%)

2 と言

▼ 縫一人~ (2, 0.1%)

2 あの大

▼ 縫出した~ (2, 0.1%)

2 立派な

▼ 縫助さん君~ (2, 0.1%)

1 は平田門人, もその

▼ 縫取つ~ (2, 0.1%)

2 てゐる

▼ 縫~ (2, 0.1%)

1 だの楠こま, と添臥しの

▼ 縫~ (2, 0.1%)

1 などの面, はすべて侯健

▼ 縫掛け~ (2, 0.1%)

1 のそれ, の袷

▼ 縫模樣~ (2, 0.1%)

1 のある, の單衣

▼ 縫殿~ (2, 0.1%)

1 介さん, 助樣

▼ 縫殿頭定常~ (2, 0.1%)

1 で実は, の女

▼ 縫績緝~ (2, 0.1%)

1 怠べからず, 怠る可ら

▼ 縫~ (2, 0.1%)

1 も取らない, を払っ

▼ 縫附け~ (2, 0.1%)

1 たり種々, て親元

▼ 縫附飾~ (2, 0.1%)

1 のこと, のし

▼1* [258件]

あがった毛布に, 縫あげするさ, 縫ある肉色なる, 縫萬の, 縫かけの薊, 縫かのすすり泣く声, 縫から見ると, 縫けて身を, 縫こそお詫びせね, 縫お縫, 縫さん平次親分に皆んな, 縫しきれないのだ, 縫したるとはいえ, 縫じ合わされたり熨され, 縫せんとここ, 縫そちこそかなしい, 縫つたのです, 縫ちゃんこれ見て, 縫つたチヤンチヤンコだとか, 縫つた一と太刀, 縫つた寢卷きを, 縫つた式の時, 縫つた更紗縮緬の上, 縫つた服はよく, 縫つた着物の柄, 縫つた端の方, 縫つた衣物に荒繩, 縫つた袱紗は六十三年前, 縫つた財布ですから, 縫つた頭陀袋を首, 縫つてお出でになる, 縫つてそれを着せた, 縫つてわけのわからぬ, 縫つてケラケラケラと川面一パイ, 縫つてサツと曲者, 縫つてバタバタと伜, 縫つてミンミン蝉の条々, 縫つて一と廻り, 縫つて來たため, 縫つて内界の創造, 縫つて前へ貫けた, 縫つて右往左往する人, 縫つて右方左方に提灯, 縫つて壁側の花瓶, 縫つて學校へ通, 縫つて室から室, 縫つて家路を目差した, 縫つて山路へ差掛つた, 縫つて島に贈, 縫つて廻り灯籠のやう, 縫つて影のやう, 縫つて彼の後, 縫つて急ぎ足に奧, 縫つて手紙ひとつ書けねどもさ, 縫つて抗弁をつづけ, 縫つて拵へた, 縫つて指先で弧, 縫つて方々の貸, 縫つて早足に行き, 縫つて星のやう, 縫つて曲者も八五郎, 縫つて栗唐一座の小屋, 縫つて栗山へと通じ, 縫つて橋の上, 縫つて無限の面持, 縫つて父の面前, 縫つて物馴れた平次, 縫つて町の向う, 縫つて砂利道が大きな, 縫つて稲妻型に折れ, 縫つて窓に近づい, 縫つて絲に絡んだ, 縫つて自動車を駆る, 縫つて舞臺へ出る, 縫つて茶店の親父, 縫つて莖も葉, 縫つて蜩がよく, 縫つて蟲の音, 縫つて行つた, 縫つて裏へ出られ, 縫つて裏木戸へ出た, 縫つて裾が金色, 縫つて谷を降りる, 縫つて谷底へ続い, 縫つて身を立て, 縫つて雷門の方, 縫つといたげたわよ, 縫ては大路に, 縫これが, 縫でありましたか釈迦八相, 縫である其の友染, 縫ですよ, 縫といつて三つ違である, 縫とが居ない振でかつぐの, 縫とではほとんど太刀打ち, 縫ともあれお茶を, 縫とりしたる帽を, 縫など眼中に, 縫などに使います, 縫などには大量に, 縫ならば汚く, 縫にとってただ心持, 縫はさむかこの, 縫はしを, 縫はずもこ, 縫はせ玉ひぬ, 縫はりの暇, 縫はり仕事よみ書の外, 縫はれぬ牡丹しら菊, 縫はれましたよ, 縫はれ朽ちたる軒は, 縫ひあげをし, 縫ひあげた黒沓を, 縫ひあり長靴には, 縫ひある衣物なども, 縫ひかざりをした, 縫ひかへたいものを, 縫ひきしむ針, 縫ひける衣を, 縫ひこまれてある, 縫ひこめられた人間の, 縫ひこんで女房, 縫ひこんで馬を, 縫ひしたものか, 縫ひすることや, 縫ひたるもあり, 縫ひつけかけたがその, 縫ひつけとかなければならない, 縫ひとれる鷲, 縫ひとつた覆ひを, 縫ひとめた, 縫ひとらせて朋輩, 縫ひなされた, 縫ひふさぎてこの, 縫ひほどきにまで氣, 縫ひませうなどと母, 縫ひゆかば, 縫ひゆけばなみ, 縫ひゐたるお静, 縫ひ並べた女の, 縫ひ付けてあつ, 縫ひ付けられてゐた, 縫ひ付けられしものなるべし, 縫ひ出す気配が, 縫ひ取つて帯に, 縫ひ取つてあつた, 縫ひ取り又は繪, 縫ひ合せたたすきそんな, 縫ひ掛けてある, 縫ひ歩き最終の, 縫ひ流した蘆手絵風の, 縫ひ畳んだ綿入を, 縫ひ直さうと小説, 縫ひ直した事が, 縫ひ直しではあらう, 縫ひ直せるものなら, 縫ひ置くのであつ, 縫ひ行きて遂に, 縫ひ行く烏の, 縫ひ転がりながら時々, 縫ひ込まなければ広, 縫ひ込んでるぢや, 縫ひ返して子供, 縫ひ通し岩石の, 縫ひ附けてそれ, 縫ひ附けた白羽二重の, 縫ふけはひ, 縫ふたも一興, 縫ふたりするついで, 縫ふてくれと言, 縫ふてゆく一羽の, 縫ふてゐはしまい, 縫ふてゐる小路を, 縫ふて上げまするそれは, 縫ふて刻むやうな, 縫ふて引き寄せる波が, 縫ふて進んで居た, 縫ふべき計, 縫ふべく出していた, 縫ふんですよ, 縫へばお芋, 縫らしい縫目を, 縫わっしゃれ声, 縫イヲシテソレカラ又春久サント落チ合ッテ, 縫ッタガ医者ガフルエテイルカラオレガ刀ヲ抜イテ, 縫ッテ仕舞ウタカラ様子ヲ聞イタラ, 縫一貫性をもった, 縫丈夫になっ, 縫三十一歳の時, 縫仕事をし, 縫付けたもので, 縫付袋ですばらしい, 縫て一時, 縫以上のもの, 縫が間違ひだ, 縫もの着用外三人, 縫墨絵で, 縫入れの壁掛二枚, 縫刺しの胴着, 縫助さんわたしもそこ, 縫勘当されて, 縫勘當されて, 縫を着, 縫包みにし, 縫は否, 縫十三四歳のとき, 縫十八歳旗本の娘, 縫取で出来ている, 縫の上, 縫合わせていた, 縫合わせると風, 縫の家, 縫天上の錦衣, 縫婦人被髮屈, 縫州城の東十里, 縫工女がそんな, 縫工女たちが戯れ, 縫工班糧秣廠諜報機関楽手寮など数え, 縫工研師塗師革裁ち柄, 縫工飾師などが手入れ仕事, 縫張りの事, 縫に打つ, 縫のそれ, 縫揉手をし, 縫を依頼, 縫暗躍がまぬがれ, 縫様以来お縫様憂鬱, 縫様憂鬱になった, 縫此間の火事, 縫殿介ひとり召連れて, 縫殿介様で, 縫殿助小河織部久野四兵衞小河專太夫畝町には井上監物, 縫殿頭の事也, 縫殿頭山井庸仙老が典薬頭, 縫留められたやうに, 縫着はけものじゃ, 縫着紋で少し, 縫立ての胴巻き, 縫端的に再現, 縫はあと, 縫に過ぎない, 縫の一部, 縫著亀背上の文字, 縫蔵安立讃太郎遠山勇之助, 縫の振袖, 縫の衣服, 縫裂スル処ヲ視, 縫さては万亭応賀, 縫足してあった, 縫込むやうに, 縫であった, 縫金銀摺箔一切着せ申間, 縫開けから手, 縫附けた紺法被が, 縫附けたる檸檬の, 縫に心留むるにあらでは, 縫亦無冠, 縫飾りのある