青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「芥川~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

色々~ ~色彩 色彩~ ~艶 艶~ 芋~ 芝~ ~芝居 芝居~ 芝生~
芥川~
芭蕉~ ~花 花~ 花嫁~ 芳~ ~芸 芸~ 芸妓~ ~芸者 芸者~

「芥川~」 1739, 19ppm, 6101位

▼ 芥川~ (372, 21.4%)

11 家の 7 家に, 死を 5 死後に 4 ことを, ところで, 話を 3 ところに, ところの, 家で, 書いたもの, 自殺の, 自決を, 話は

2 [33件] ことで, ことである, すぐれた生活, ところから, やうに, ように, 伯母さんの, 伯母に, 口では, 場合の, 墓の, 姉, 家は, 家へ, 實家は, 弟の, 性格から, 想像も, 愛讀者だ, 書斎から, 書斎で, 枕もとに, 死は, 死後家ダニを, 母の, 氣持を, 河童の, 甥の, 自殺で, 言ふ, 話だ, 遺書に, 遺書の

1 [243件] ああいつ, あのなに, いたづら, いふあかりの, いふところ, いふ賢い, かうい, かぶつ, からだは, こころの, こと, ことが, ことと, ことも, さうい, そのとき, その告白, その考, そばに, それよりも, ために, ためにも, ところが, ところでは, ところには, なかに, ながい睫, なんだ, はうが, はうは, はうはつる助, はうを, ものが, ものは, ものを, もよせ, やうな, やりさうな, を聞いたら, キリスト, スクキテクレアクタカワの, スーツ, ユウモアを, レジスタンスである, 一盃一盃は, 一郡を, 二字の, 二氏の, 二階の, 仕事で, 伊豆箱根説を, 伯母の, 伯母は, 住所を, 何萬かの, 作品が, 作品についての, 作品は, 使に, 入船町少年時代の, 全貌は, 全集といふ, 全集に, 出生に, 劇藥についての, 原稿は, 原稿を, 友達が, 口で, 口吻である, 句が, 句に, 句は, 句碑, 句碑の, 名刺が, 坐つて, 場合に, 場合は, 場合より, 墓を, 墓石の, 大正八年九月十日の, 天壽を, 夫人に, 奇才を, 奧さんを, 女に, 好みや, 姉の, 姉は, 姉葛卷の, 姿が, 姿と, 家さ, 家には, 家内である, 家族達の, 家跡といふ, 宿で, 寓居に, 實家を, 實家新原家の, 寫眞が, 寫眞や, 寫眞を, 小さな遺稿, 小學, 小説の, 居どころを, 年譜は, 影燈籠も, 彼女自身過去に, 心中を, 心境は, 志賀跪拜は, 性格といふ, 性格を, 悲しさ, 愛讀者といふ, 愛讀者は, 手を, 手紙を, 扱いかたに, 援助をも, 散文は, 文名に, 文学に, 断り方, 方は, 日記, 書といふ, 書斎には, 書斎へ, 書齋で, 書齋には, 書齋の, 木のぼりの, 未發表, 本の, 来訪を, 枕邊に, 案内で, 棺の, 歌僕に, 死, 死と, 死について, 死ぬ前, 死の, 死んだとき恒藤, 死んだ當時, 死後いくばく, 死後の, 死後は, 死後三十年間芥川家の, 死後三年目であった, 死後下島空谷は, 死後二三囘會つては, 死後今日に, 死後神樂坂の, 死後紺飛白の, 死後芥川の, 死顏そのものは, 死顏の, 死顏を, 残した芸術, 母は, 母親は, 気に入らぬこと, 氣の, 氣弱い, 河童か, 河童も, 河童碧梧桐の, 涙を, 淋しさ, 漁樵問答に, 物に, 生前と, 生母は, 甥で, 用いた探照燈, 留守は, 畫いた, 病氣の, 癇を, 相手は, 真意は, 神経には, 第一囘, 筆蹟を, 紹介で, 聲で, 腦味噌は, 腦神經は, 自殺を, 自決が, 芸術を, 苦悩が, 苦惱は, 親戚を, 言ひひらき, 言ふところに, 言葉と, 言葉には, 言葉を, 記憶ち, 話それだけで, 話で, 話である, 話では, 話も, 話術では, 話術の, 話術は, 説に, 讀者は, 趣味などに, 足掻きを, 身に, 身を, 身體報告は, 返書が, 連中が, 遺書を, 遺稿を, 遺言が, 遺言に, 門を, 電報は, 面目にかけても, 頭の, 顏つきを, 顏は, 顏を, 風貌は, 風貌を, 風貌骨格は, 養母については, 養父が, 體は, 黒の

▼ 芥川~ (229, 13.2%)

13 僕に 4 鵠沼で 3 それを, 言つてゐた 2 さう, そのとき, その根, その質問, 僕が, 夫人が, 話が

1 [192件] あくまで歴史小説, あくる晩, あとで, あのよう, あの芥川, あの読本, いつも, いつもとち, いつも遺書, いづれ麻素子さん, いろいろの, うしろの, お線香, かつては, きざです, きまつて, この, この伯母, この實弟, この日僕, この本, これで, さうい, ずるずるに, そのこと, その僅か一年, その受胎告知, その場, その家, その小説, その改造社, その日, その母, その間の, そんなときあらわ, たちまち能辯, つるやに, つる助, でつちあげたでたらめ, ともかく舞台, どこぞの, どたんば, どちらかと, なにか僕, ひどい神經衰弱, ほんのり上氣, ぼんやり応接室, またなにか, また仰のけ, また實家, また金田精一, まだ死ぬ, よく谷崎, カフェを, サンドウィッチ僕は, スパァニッシュ・フライをの, フライと, モラルと, 一寸東京, 一寸死ねる, 一度述懷, 一輪の, 一農民の, 丁度きた, 七年越しの, 七日に, 三月渡支八月田端に, 下から, 下島空谷, 不均斉, 中央公論にも, 中野といふ, 也ちやんを, 二十四日に, 二十圓の, 二度ばかり, 二度目のを, 二枚で, 人一倍用心, 今度は, 伊四號に, 伯母さんの, 何年ぶりの, 依然として片山さん, 僅かその, 僕と, 僕の, 僕は, 僕を, 兄弟との, 八洲さんの, 六月の, 兵學校と, 冷たくな, 前に, 助からぬ芥川, 十五年の, 南部の, 原稿用紙を, 君頼む, 呶鳴る, 堪らなかったと, 夕方急に, 大型の, 大正十五年四月十五日の, 大正十年三月支那に, 大阪で, 太宰よりも, 夫人を, 奧さんに, 女中の, 女占師の, 宇野が, 宇野を, 宇野浩二の, 家の, 寢床の, 小さい聲, 小説に, 小説家として, 帝國ホテルは, 年寄の, 座席に, 座長が, 廣津和郎に, 引き戻さうと, 彼に, 彼の, 後から, 復た, 志賀に, 急に, 恒藤君と, 所詮助からぬ, 掌を, 支那旅行から, 既に死體, 日本の, 旭日的な, 昔僕が, 星が, 昭和二年の, 時には, 時代の, 晩年に, 書いて, 書けないと, 最後まで, 東日に, 正門の, 歩みを, 歸り, 死なうと, 死ぬとき二度, 死ぬもの, 死んで, 母親が, 汽車に, 泉鏡花が, 泣きだしさうな悲しい, 燃して, 猿股の, 玄關からも, 田端から, 畫帖に, 當時, 白衣といふ, 着て, 笑つて聞かせてた, 精力絶倫で, 羽織も, 自分の, 自殺した, 自殺を, 自決の, 自決を, 芥川の, 芥川を, 藤澤の, 表題を, 言つてた, 誰れ, 谷崎の, 退院し, 長男であり, 降りて, 電氣を, 頭を, 顏を, 鵠沼でも, 鵠沼の, 龍之介でなく

▼ 芥川龍之介~ (194, 11.2%)

9 の自殺 53 が, と来た, の文学, の死, の甥, は僕, を論ずる 2 がその, が自殺, に面識, の作品, の場合, の家, の書斎, の話, の遺書モメ, はさ

1 [139件] かと覚, がさう, がもし, がよく, がガス栓, がガス管, がボオドレエル, が夏目漱石, が小杉さん, が居た, が急, が映つ, が昭和二年七月, が横尾龍, が歩いた, が漱石, が王朝, が理性, が生き, が生命, が登場, が知的懐疑, が自分, が論戦中, が足もと, が馬琴, この人, であったと, でも, という二人, という作家, とでも思つて, となし, となつ, との交友, とまるきり, ともちがう, とも乘つた事, と寢, と対蹠, と書, と菊池寛, などいづれ, などが住ん, などどの, などのよう, などは刻苦精勵型, などを知る, に, にしろ, についての座談会, にどう, になつ, になり, にはじめて, には宿, によつて河童, に向っ, に発見, に色目, に著作権侵害, に見せたら, のうつる, のもの, のやはり, の三十六歳, の三氏, の如き, の妻, の子, の小説集, の年忌, の悲劇, の手相, の敗北, の散文, の文章, の旧友, の書い, の歴史, の死後, の死後一年, の澄江堂, の秋, の精神, の芸術, の葬式, の諸, の諸氏, の負けずぎらい, の跡繼, の連中, の錯乱, はお, はかう, はこの, はさすが, はその, はそれら, はスタイル, はドストエフスキイ, はブルジョア文学, は一代, は他, は佐藤春夫, は信じ, は女占師, は彼等, は才人, は教養, は文学的風趣, は書い, は本もの, は死, は知らなかつた, は私, は純一, は聰明, は自殺, は芸術上, は驚嘆, ほど誠実, みづから, もう好い加減, もその, も俳句, も講演, も頗る, や久米正雄, や谷崎潤一郎, を出し, を少し, を忘れ, を憎んだ, を死なせた, を見よ, を訪ね, を軽蔑, 追悼號

▼ 芥川~ (171, 9.8%)

7 僕に 3 書いて, 死ぬと, 芥川の, 言つてゐた, 読んで

2 [12件] あまりの, 伯母と, 僕の, 彼を, 死にたいと, 死んで, 死んでから, 生きて, 留別の, 突き放されたもの, 自決の, 鵠沼に

1 [125件] いかに気, いつたいこんな, きくと, きて, この姉, こぼして, さう言, さう言つて, しばしば僕, しばらく年寄達, すうつと, その原稿, だしぬけに, ときどき洩した, どういふ, どれだけ, なにかに, なにか句, なにか聞えぬ, なんの, のんだ藥, ひどく褒めた, まだ死ぬ, みて, もしそれ, ゆめ子, よくない, わざとこぼし, ゐて, アナトール好きでした, クソ蠅, ミゼラブルな, 一日僕を, 一時東京に, 下島には, 下島空谷馬鹿親爺と, 中西屋の, 二十九歳の, 何か, 何かの, 作家で, 使ひ, 保證人にな, 健在の, 僕には, 僕を, 勝手口からは, 十二時までは, 口で, 口を, 單に, 女であるなら, 女人の, 家の, 家人に, 寄添つて歩き, 山吹棕櫚の, 左翼の, 帝國ホテルに, 彼女に, 彼自身の, 心血を, 恒藤の, 悲しかった, 意識し, 手紙に, 抱いて, 支那に, 新聞の, 日曜日には, 書いた年譜, 書殘し, 書齋には, 朝下宿に, 来訪した, 東京に, 機關學校の, 止りと, 死して, 死にたが, 死ぬため, 死ぬまで, 死ぬ數日前, 死ぬ話, 死んだとき, 死んだ七月二十四日, 死んだ時, 死んでからの, 河童が, 泊つてゐる, 淋病を, 渡して, 無言で, 生前に, 生前新潮社に, 田端から, 田端に, 畫も, 當日示し, 確に, 神経衰弱に, 私の, 笑つて僕に, 筆を, 義絶を, 臆面も, 自分の, 自殺の, 自殺を, 自殺小穴, 自決する, 芥川家に, 蒔清から, 薄暗いホーム, 西歐の, 訪ねて, 返事に, 返答に, 配慮し, 闇中問答を, 首縊りの, 驅け, 麻素子さんと, 麻素子さんに, 默つてゐる

▼ 芥川さん~ (120, 6.9%)

4 の本 3 の, も私 2 が, のやう, の手帖, の書庫, の死, の處女出版, はどう, はストリンドベルク

1 [94件] から貰, がいとしい, がこの, がすこし, が支那梅毒, が數, が生涯, が當時, が私, が詠じ, が輕井澤, だ, でしたか, と何何さん, と君, と室生さん, などは其, などは若木, などは話上手, などより破綻, に, にたのまれました, にとつてさ, にはふい, には先, にも海, に始め, に對, に會, に激賞, に聞こえる, に話し, のお, のお伴, ののんだ, のは憎らしい, のもつとも, のもの, の五葉, の仕事, の何, の呼吸, の始め, の姿, の家, の小説, の小説本, の或, の手, の書翰, の最も, の歩いた, の死なれた, の死んだ, の死體, の求め, の現, の絶筆, の美術論, の行つた, の言葉, の輕蔑, の面目, の頼み, は, はああ, はあなた, はごく, はさう, はその, はなん, はわたし, は一枚, は何処, は何年, は僕, は制服, は大学, は最後, は胴震い, は部屋, は風流人, は默, もさういふ, もその, もまた, もやはり, や齋藤茂吉氏, よりも痩せ, をかなり, を田端, を身近, 互に恐ろしく, 又評判

▼ 芥川~ (99, 5.7%)

63 はその 2 に聞いた, の人生觀, の作品, の芸術

1 [82件] から書留郵便, があらゆる, がある, がこれからどう, がそれ, がスウイフト, が云う, が何, が数篇, が正宗氏, である, と, と同, などとは違, においてさ, にも其, にも尋ね, に宛てた, に対する私, に對, に聞け, に読まれる, に適いた, のいう, のいた, のいわく, のみで, の人, の創作, の厭世主義, の同意, の如き, の対照, の心, の性格中, の恥, の惡戲, の意識的藝術活動, の所蔵, の手, の文學, の明智, の智, の来た, の武器, の現在, の芭蕉観, の評, の輕蔑, の近況, はお客, はかう, はその後者, はそれ, はどこ, はわたくし, は不承不精, は仏蘭西, は何心, は俳句, は元禄人, は前, は当惑さうに手, は最も, は東京, は氏, は清閑, は私, は稀, は窓硝子越し, は素直, は自ら, は自己, は芥川氏, は雀, は香以, も閉口, やその他, を正宗氏, を理解, を背後, 又室生犀星

▼ 芥川~ (88, 5.1%)

3 招ばれ, 自決の 2 とつて, なにかいふ, 一日でも, 會つた, 芥川の, 頼まれて

1 [70件] あつて, いふべきであらうと, いやでも, くらべれば, この林檎, さう言, しては, しても, その日, その雜誌, といつて人傳てに, とりあげられて, とりあげられるの, なほ芥川の, みせて, もっとも接近, よろしく言, 一番世俗的な, 人世に対する, 伴はれ, 伴れられ, 何も, 僕の, 僕は, 全然おびえてたらしい, 別れて, 原稿の, 反問された, 困惑し, 堤の, 奧さんに, 宇野の, 宛てて, 對する, 對つてさ, 山に, 師事し, 平松麻素子さんを, 引合ひ, 感心し, 持つて, 挨拶をかへ, 敵意を, 書いて, 會つておきたい, 會つてゐた, 會つて義ちやんの, 母親が, 永見と, 渡したモルヒネ, 禮を, 紙に, 紹介され, 紹介し, 絲を, 聞いたこと, 自殺の, 褒められた短編, 見せたもの, 言つたそれは, 言ひ, 話したら芥川, 話して, 話すと, 近く日本に, 迷惑を, 遁がれ閑居せし, 關する, 隠れて, 顔を

▼ 芥川~ (58, 3.3%)

3 の家ダニ 2 では芥川, といふもの, に入る, のこと, の二階, の人, の人達, を代表

1 [39件] からとりつづけ, から持出し, から芥川, から讓, が受取る, が暗い, が芥川, が載つ, である, にあ, にうまれた, について確め, にのりこん, には養父, に寄宿, に留まつ, に養子, のもの, の印税, の塀, の女中, の娘フク, の恥, の正面, の版權, の物, の者, の親戚, の風貌骨格性格, ははた, はパパ, は暗く, は高台, へやってくる, へ入籍, へ泊り, を呪った, を編輯室, を訪ねる

▼ 芥川~ (54, 3.1%)

2 いつしよ, 久米と, 僕との, 僕とは, 彼の, 會つてゐる, 私と

1 [40件] いつた間柄, お隣り, どんなに相反, なにかある, ひとわたり, むすんで, 一緒に, 二人にな, 二人の, 云う人, 交際し始めた, 僕が, 僕とで, 僕の, 僕ばかり, 僕も, 同時くらゐだつたらう, 同様に, 堀君との, 宇野が, 宇野との, 岩波とは, 微笑をかは, 改造社との, 會つたのは, 横尾龍之, 歩いて, 残って, 火野とを, 牛込を, 直面する, 知合ひ, 自分とは, 芥川夫人僕の, 親しかつ, 親しくした, 話を, 鉛筆で, 雑誌記者の, 麻素子さんとから

▼ 芥川~ (41, 2.4%)

3 訪ねて 2 みた, 僕は

1 [34件] かなしく冷やか, くもりなく, しんそこ, なにか説諭, みつめかへ, みて, 偲ぶには, 叩き起したくなつ, 孔子曰く君子に, 怖れ, 想ふからである, 想ふこ, 感じた, 捉へ, 日頃よろしく, 書いて, 死なさせた波, 河童の, 燒いた, 畫くにあ, 疑ふこと, 知つたとは, 知らない人, 穢した者, 考へてでも, 自分の, 見た, 見て, 語る氣, 貰つた, 輕蔑する, 金輪際認めず, 關西か, 頑張らせ芥川

▼ 芥川夫人~ (29, 1.7%)

1 [29件] からかう, がお, がさしいれた, が女學校時代, が廊下, との三人, と歩き, と葛卷, に渡した, に照會, に石井商店, に示し, に言, のため, の叔父, の場合, の實家, の手, の母, は, はさしいれた, は十六貫, は家, は忙しく, は芥川, は鵠沼, をみ, をみた, を昔ひとりもの

▼ 芥川龍之介氏~ (26, 1.5%)

4

1 [22件] が大阪毎日新聞, が後援, が著者, である, で受信人, とは生前, と逢った, のこと, の事, の住居, の作, の句, の小説, の支那游記, の日記, の芸術, の著書, の遺書, は, はかつて, は上海, は澄江堂

▼ 芥川~ (15, 0.9%)

2 の小説

1 [13件] が来, が沈痛, ていい, と芭蕉論, には先年雑司が谷, には読ん, のあれ, のやう, の着流し, の筋, は, は芭蕉, や葛西君

▼ 芥川~ (14, 0.8%)

3 太宰も

1 [11件] かの子も, そうだ, その間に, また間違つて, 夏目先生を, 恐るおそ, 日和に, 生きて, 記事を, 非常に, 黒い服

▼ 芥川から~ (12, 0.7%)

3 聞いて 1 スクキテクレ, 伯母がを, 出生についての, 彼の, 彼女の, 死ぬ話, 池田を, 頼まれて, 食扶持を

▼ 芥川には~ (11, 0.6%)

1 [11件] てんしんやうしん流の, なぜその, はやくから, ほのぼのと, まだ安心, まったく気の毒, やはり芥川, 一切無関係の, 女房も, 少しも, 直接関係の

▼ 芥川といふ~ (10, 0.6%)

2 ものを, 人間を 1 ああいふ, めづらしい, やうな, 人は, 名さ, 明治の

▼ 芥川竜之介~ (10, 0.6%)

1 が代表者, などと同じ, の, の場合, の多く, の小品, の小説, の微笑, も自殺, も鴎外

▼ 芥川~ (8, 0.5%)

6 之助 1 と書き, 之助氏

▼ 芥川全集~ (7, 0.4%)

2 の出版, の表紙 1 のこと, の普及版, の最初

▼ 芥川龍之介君~ (6, 0.3%)

2 が仰い 1 が内田百間君, だの久米正雄君, の河童忌, 之像

▼ 芥川~ (5, 0.3%)

3 あつた 1 あつたらう, さへ

▼ 芥川~ (5, 0.3%)

3 太宰の 1 太宰は, 太宰を

▼ 芥川では~ (4, 0.2%)

1 なかつたので, なからう, なく, なく知る人

▼ 芥川としては~ (4, 0.2%)

1 その労, やり切れない噂, 何人にも, 自殺という

▼ 芥川とは~ (4, 0.2%)

2 中學高等學校の 1 交際しなかった, 又性生活

▼ 芥川夫妻~ (4, 0.2%)

1 と三人, と比呂志君, と濱邊, を知つて

▼ 芥川龍之介さん~ (4, 0.2%)

1 が香以, の宅, の風, は香以

▼ 芥川との~ (3, 0.2%)

2 間に 1 關係は

▼ 芥川より~ (3, 0.2%)

1 はやくその, 先へは, 単純だ

▼ 芥川氏自身~ (3, 0.2%)

1 のポオトレエト, の苦しみ, を殺した

▼ 芥川竜之介君~ (3, 0.2%)

1 が自殺, と俳句, と私

▼ 芥川自身~ (3, 0.2%)

1 が言っ, この半可通, の筆

▼ 芥川龍之介論~ (3, 0.2%)

1 で, となり, を書かう

▼ 芥川みづか~ (2, 0.1%)

1 らこころの, ら彼自身の

▼ 芥川よりも~ (2, 0.1%)

1 もっとハツラツ, 文学の

▼ 芥川~ (2, 0.1%)

1 ちやん, ともに風雨樓

▼ 芥川夫人僕~ (2, 0.1%)

1 と芥川, の三人

▼ 芥川夫婦~ (2, 0.1%)

1 から受け, といつ

▼ 芥川~ (2, 0.1%)

1 が賣出され, の裝幀

▼ 芥川死後~ (2, 0.1%)

1 の整理, の普請

▼ 芥川的教養~ (2, 0.1%)

1 ということ, はむしろ

▼ 芥川菊池~ (2, 0.1%)

1 の主, の歴史物

▼ 芥川關係~ (2, 0.1%)

1 の入船町, の物

▼ 芥川龍之介全集~ (2, 0.1%)

1 の總索引, は二十卷

▼ 芥川龍之介氏終焉~ (2, 0.1%)

2 の前後

▼ 芥川龍之介的~ (2, 0.1%)

2 なもの

▼ 芥川龍之介自殺~ (2, 0.1%)

1 の報, の眞相

▼ 芥川龍之介集~ (2, 0.1%)

1 をあげなけれ, を出させ

▼1* [87件]

芥川あはれに思ひ, 芥川さんくらゐ自分自身, 芥川さん三十六歳で漱石先生, 芥川さん内田百間さん中川一政さん御夫婦, 芥川さん制服を着, 芥川すべてこれらの人々, 芥川その他の赤門出身, 芥川だけには一度も, 芥川だけは見て, 芥川でもなくすくなくとも, 芥川という作家が, 芥川とかたくさんございました, 芥川としての悲しい河童性, 芥川と共に夏目漱石の, 芥川について書いて, 芥川にはぞつとした, 芥川にも似たところ, 芥川に対する私の, 芥川はかういつて, 芥川はきはめてまじめ, 芥川はちよつと右肩, 芥川はまとまつ, 芥川はよかつた, 芥川ほど誠実無類な, 芥川みな新進作家のよう, 芥川もうつかりして, 芥川らしい表現である, 芥川らしくない話で, 芥川ヒロシ氏の友人, 芥川フクかその, 芥川三汀の二字久米, 芥川久米菊池豊島らと共に文学的, 芥川二人の亡友, 芥川佐藤春夫なども小型, 芥川全集普及版の第, 芥川太宰さん等をつけ加え, 芥川夫人オカゴといふの, 芥川家以外の女, 芥川家藏として出品, 芥川小清水高槻などの諸, 芥川小穴氏と親しみ, 芥川假名の, 芥川忌日に飛行機, 芥川我鬼久米三汀等来り共, 芥川へ歳, 芥川文宛のもの, 芥川方面へ偵察, 芥川比呂志のなか, 芥川氏あてに手紙, 芥川氏一流の魅力, 芥川氏等の場合, 芥川氏観正しく又, 芥川池谷千葉賞のよう, 芥川河郎之舍, 芥川に僕, 芥川的風格とでも云うべき, 芥川直木その他を選んだ, 芥川碧童遠藤などとの間, 芥川碧童遠藤たちの四人, 芥川竜之介宇野浩二その他数氏の作品, 芥川竜之介氏の, 芥川竜之介氏佐藤春夫氏室生犀星氏などは多く, 芥川自決をつげた, 芥川芥川に聞いた, 芥川芥川夫人との三人, 芥川警部からのもの, 芥川里見佐藤室生などといふ作者, 芥川龍之介三十六嘉村礒多三十七, 芥川龍之介久保田万太郎の両氏, 芥川龍之介傳を書く, 芥川龍之介先生に心酔, 芥川龍之介先生ハイノチ迄, 芥川龍之介劇薬自殺セルコトを知る, 芥川龍之介句集印譜付の印譜, 芥川龍之介太宰治などがそう, 芥川龍之介年譜である, 芥川龍之介徳田秋声の芸術, 芥川龍之介志賀直哉等を数える, 芥川龍之介有島武郎小林多喜二などの例, 芥川龍之介案内といつた, 芥川龍之介氏追慕展覽會が催された, 芥川龍之介菊池寛谷崎潤一郎その他の作家たち, 芥川龍之介萩原朔太郎などの名, 芥川龍之介谷崎潤一郎佐藤春夫北原白秋室生犀星等いづれも, 芥川龍之介身の作品, 芥川龍之介追慕展覽會に芥川家藏, 芥川龍之介随筆集を読ん