青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「穴~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

穀物~ 穂~ 積~ ~積り 積り~ ~積ん 積ん~ 積極~ 穏~ ~穴
穴~
~空 空~ 空しく~ 空中~ ~空地 空地~ ~空想 空想~ ~空気 空気~

「穴~」 9861, 98ppm, 1123位

▼ 穴~ (2510, 25.5%)

214 中に 199 中へ 117 あくほど 83 中から 49 中を 48 中で 40 ような, 底に 32 ように 29 上に, 中の 28 あく程 27 外へ 24 なかに 23 中は 22 なかへ, 中には, 底から 20 口に 18 底へ 17 外に, 明くほど 16 あいたの, あいて 15 まわりに, 前に 14 奥から 13 入口に, 口から, 方へ 12 中へでも, 大きさ 11 上へ 10 ふちに, やうな, 上を, 底で, 明く程 9 奥に, 底を 8 ところへ, やうに, 入口の, 口が, 口へ, 底の, 所へ, 縁に 7 ふちから, ふちへ, 入口を, 口には, 奥へ, 縁を, 開くほど 6 そばに, なかから, 上には, 上の, 中では, 底は

5 [17件] あるの, そとへ, なかで, ふちを, まはり, まわりを, 一つに, 上から, 下に, 中へは, 入口で, 奥が, 奥の, 底には, 明いて, 深さ, 痕が

4 [17件] ことを, そとに, そばへ, ところに, なかでは, なかには, ふたを, ほうへ, まわりの, 中からは, 中にでも, 入口から, 入口は, 内に, 周囲に, 周囲を, 縁へ

3 [37件] あいたよう, あいた手拭, あいた気持ち, あいた足袋, あかんばかりに, あとが, あるもの, ところまで, ところを, ない天保銭, なかの, なかは, なかを, むこうが, 上で, 下へ, 下を, 中だ, 中や, 傍へ, 入り口に, 入口へ, 入口まで, 内側から, 壁に, 外の, 大きいこと, 奥で, 奥には, 奥は, 奧に, 底では, 底まで, 数を, 方が, 縁が, 開く程

2 [98件] あいたもの, あいたゴム鞠, あいた入れ歯, あいた小銭, あいた手, あいた手袋, あいた氣持ち, あいた鍋, あいてるの, あかんばかり, あくように, あけて, あたりに, あたりは, あたりを, あつた, あること, ある様, ある石, うちが, そとから, そとでは, そとの, ところから, ひとつに, ふちは, わきに, フチに, ムジナである, 一つ一つを, 一方に, 上と下地獄の, 上まで, 下から, 下には, 下の, 下は, 両側を, 中, 中が, 中ながら, 中なら, 事を, 代りに, 側へ, 傍に, 入り口から, 内の, 内部は, 内面を, 出口に, 出口の, 前で, 前を, 口で, 口元へ, 向うと, 向うには, 向こうが, 周囲の, 周囲は, 周辺が, 土を, 土窖の, 壁を, 外から, 外には, 外は, 外を, 夢を, 天井が, 天井は, 奥まで, 奥を, 如くに, 小さいの, 工合を, 形に, 所に, 明いた風船玉, 明いてるの, 明かんばかりに, 栓には, 標本を, 犬潜りから, 痕や, 稲荷の, 芒かな, 貉, 貉では, 辺を, 開いた反射鏡, 開いた銭, 開いて, 開くよう, 間に, 間口はさほどに, 闇き

1 [563件 抜粋] あいたお餅, あいたお鳥目, あいたこ, あいたでこぼこ, あいたスリ鉢, あいたセル, あいたトランク, あいたバケツ, あいたビタ銭, あいた上, あいた上衣, あいた中折, あいた仕事服, あいた個所, あいた傘, あいた天然痘, あいた寛永通宝, あいた小錢, あいた屋根, あいた床板, あいた所, あいた拾銭玉, あいた木箱, あいた机, あいた桶, あいた毛布, あいた深, あいた畳, あいた紺足袋, あいた網代笠, あいた肥桶, あいた肺, あいた自分, あいた袋, あいた襖, あいた赤い, あいた金, あいた雪の下, あいた青錢, あいた靴, あいた靴下, あいた頑丈, あいた顔, あいた風琴, あいた麦藁帽子, あいた麻布, あいてる上衣, あいてる十銭, あいてる屋根, あいてる様, あいてる街路, あかない, あくこと, あくところ, あくぱさぱさ, あくほどかの, あくほどに, あくまで相手方, あく病気だつた, あく病気で, あく程島氏の, あたりが, あったところ, あったり, あとを, あるお, あるお袋, あるその, あるほどに, あるを, あるゴム, あるブリキ板, ある事, ある二本, ある人, ある傘, ある大豆, ある奇怪, ある小さな, ある尖つた部分, ある所, ある明らか, ある柱, ある柴, ある程, ある節, ある紙製, ある茶色, ある荒削り, ある貝殼, ある近所, ある道, いいの, いずれかへ, うちに, うちの, おくに, おくの洞穴, おくへ, おくを, お螻ども, かくし戸, ことなどは, こと四十面相は, この神尾, ごとくその, ごとく額, したに, すぐ側, すぐ傍, すぐ隣, そこでキーン, そこに, そとには, そばで, そばの, たくさんあい, たくさんある, ために, だ, ちぎり鴛鴦, つまったの, でっかい人間, でる競輪場, ところで, どこかには, ない場所, ない煙突, なかからの, なかへでも, なかもぐりこむ, はしから, はじに, ふたが, ふたは, ふちで, ふちの, へりは, へんでした, ほうに, ほかに, ほかには, ほかは, ほとりであった, まえで, まわりが, まわりには, むじなと見, むじなどもが安受け合い, むじなにひとしい官兵衛孝高を, やうな目立たぬ, ようだ, わきの, ハモニカを, フチの, 一つには, 一つは, 一つを, 一つ一つに, 一方の, 一方は, 一番前に, 一番高い, 丁度そこへ, 三人が, 三島という, 上, 上との, 上も, 上部は, 下が, 下では, 下にも, 下も, 両側に, 両脇, 並んだ土竈, 中からでも, 中です, 中にて, 中にばかり, 中にも, 中へと, 中への, 中へも, 中ほどまで, 中まで, 中よりも, 中をつつ, 中棒か, 中深く, 中途, 中間には, 二三寸手前に, 井戸の, 住人に, 何処か, 信仰の, 修理作業に, 個所からも, 個所に, 側に, 側を, 傍らに, 傳説である, 僅かな, 先の, 先生が, 入り口が, 入り口で, 入り口の, 入り口へ, 入り口を, 入口が, 入口と, 入口より, 入口らしい, 入口近く来る, 内側の, 内部という, 内部には, 円枠に, 処に, 処へ, 出入口の, 出入口は, 出口で, 切りあけ, 前では, 前には, 前へ, 前まっくろ, 前まで, 動物に, 北側の, 口からは, 口にも, 口は, 口へは, 口まで, 口までは, 口もとに, 口や, 口を, 口元を, 口全く, 口見ゆる, 古墳から, 右手の, 名これに, 向うは, 向こうに, 向こうを, 吟味を, 周囲から, 周囲一尺ほどの, 周圍の, 周圍を, 四周を, 四方から, 四方に, 四邊は, 址とかいう, 坂の, 場所に, 壁には, 壁へ, 変事以来申し合せ, 外が, 外で, 外へも, 外も, 外部まで, 大きくならぬ, 大きなグウズベリイ伯爵, 大さ, 大主, 大半が, 天の川, 天井に, 天井には, 天井まで, 奥だけが, 奥底の, 奧から, 奧だ, 奧で, 如くその, 婆さんの, 媼さんとかいう, 対岸馬頭から, 小さいガリガリ, 屈曲に従って, 崩れたる中, 左右いずれかに, 市街地に, 帰り後ろ, 広きを, 底からは, 底が, 底である, 底でも, 底ながら, 底にも, 底へでも, 底も, 廻りに, 形なりに, 形にな, 影も, 役に立たない, 成りゆきを, 所は, 所まで, 手前が, 抜けあと, 押えが, 持ちぬしにも, 掃除ばかり, 掃除を, 掘りよう, 掘り手, 教訓に, 数なども, 数は, 数も, 數を, 斜面を, 方から, 方に, 方を, 方向に, 明いたの, 明いたよう, 明いたシャッポ, 明いたバルーン, 明いたボール箱, 明いた十銭白銅, 明いた屋根, 明いた眞黒, 明いた箱, 明いた腐蝕, 明いた腰かけ, 明いた蓋, 明いた金庫, 明いた銭, 明いた青銭, 明いた青錢, 明くよう, 明く程凝視, 暗い丸いふかさ, 暗きより, 板が, 板の, 棲居を, 椀を, 検分を, 様に, 様子や, 標本としては, 樣な, 樣子や, 歸り, 毛までも, 毛を, 気が, 水たまりを, 水を, 水中へ, 水責め, 洞窟内は, 浪人上がりじゃ, 深いの, 深みへ, 淺き, 清掃を, 漆壺みたいな, 片く, 片ッ方, 片側に, 片側には, 片隅に, 狐だい, 狐です, 狐な, 狢ならざる, 狢友達が, 狭い, 狭い話, 狭い連中, 狸, 狸が, 狸じゃあねえか, 狸では, 狸なら, 狸に, 狸らしい, 猿どもが, 猿共が, 獸とは, 現実と, 目には, 目的と, 目立って, 直径が, 直径は, 真上に, 真上へ, 真下に, 眼によって, 石ぐみが, 石の, 祕密を, 秘密, 秘密は, 種類や, 穿いた厚み一寸二, 穿り, 窄き, 窪みの, 端で, 端に, 笛で, 笛な, 笛なら, 紙を, 続出で, 綿を, 縁とは, 縁は, 縁へと, 縁まで, 美女, 脇で, 花見酒呆れ, 菊を, 蓋の, 蓋を, 蓋老人の, 薔薇の, 虎だ, 蚯蚓, 血に, 街路は, 裏には, 裡では, 視点を, 角へ, 説に, 貉が, 貉だ, 貉であるらしい, 貉といった, 貉とでも, 貉とは, 貉なら, 貉にて, 貉は, 貉やも, 貍である, 貍みたいな, 貝, 貝であり, 貝という, 趣し, 近所の, 途中を, 連中の, 道を, 遠い底, 遥かな, 金網ご, 鉄ごうしを, 長さ, 開いたの, 開いた奴, 開いた所, 開いた破風, 開いた蝶交, 開いた靴, 開いた領事館, 開き方, 開く程奥様, 開く程目守め, 開く程観衆, 開け方, 開ばかりに, 間から, 間なる, 間を, 附いた分厚い, 附近に, 附近には, 降口, 隅々を, 隅っこに, 隙なども, 隣の, 集合体であっ, 黒き汚れ

▼ 穴~ (1787, 18.1%)

125 あけて 122 掘って 22 明けて 21 開けて 20 掘るの 18 掘つて 12 あけた, 出て, 埋めて, 大きくし 11 塞いで 10 ほって, 覗いて 9 こしらえて 8 あけその, のぞいて, ふさいで 7 ひろげて 6 あけると, あけるの, ほりその, 掘ったり, 掘りて, 掘ること, 探して, 穿って, 穿つて 5 あけました, くぐって, さがして, 抜けて, 掘った

4 [16件] あけそこ, あけたの, あけたよう, うめて, 堀り, 拵えて, 掘りはじめました, 掘る, 明ける, 潜って, 発見した, 知って, 見て, 覗き込んだ, 通って, 開けた

3 [30件] あけたり, うがって, こしら, さげて, つくって, つついて, なして, はいだして, ふくらが, ふくらませて, みて, もとの, 作って, 出でて, 出る, 掃除し, 掘らせて, 掘りつつ, 掘りに, 掘りまして, 掘り下げて, 明けたり, 発見し, 見た, 見つけた, 見つけました, 見出した, 覗いた, 足で, 黒くし

2 [96件] あけずに, あけただけ, あけたもの, あけた長い, あけながら, あけようと, あけら, あけられて, あけるから, あけること, あけるん, あけ麻縄, うめるの, かっぽじ, さらけ出して, しらべて, つくった, とおして, どうする, ぬけたごかい, はいあがって, ふくらまして, ふくらませました, ふさいだ, ほじくって, ほじくつて, ほつたの, ほつて, みつめて, 一つうめる, 一つ見つけた, 中へ, 二つあけた, 二つふさぐ, 二つまで, 作ったり, 出たばかりの, 出入りする, 利用し, 吹いて, 四角に, 埋めた, 埋めようと, 埋めること, 埋めるため, 埋める事, 埋める答, 埋め出した, 埋め鍬, 堀る, 塞ぐより, 填めて, 大きくした, 大きくしました, 大きくする, 形作る板, 戸に, 捜して, 掘つてるの, 掘らせた, 掘らなければ, 掘りかえして, 掘りそれ, 掘り返して, 掘るよう, 掘ろうと, 探し出すこと, 掩う, 明けた, 明けたの, 気に, 深く掘っ, 生じて, 眺めて, 睨んで, 私から, 穿けて, 穿ち八つ手, 穿ったり, 穿つも, 穿る, 見つけただけ, 見に, 見る恐怖, 覗きました, 覗きます, 覗くの, 覗くよう, 覗けなんて, 逆に, 這い出して, 連結し, 開けたの, 開けた跡, 開け始めた, 降るに

1 [915件 抜粋] あけ, あけそれ, あけたそう, あけたため, あけたであろう, あけたところ, あけたら後で, あけた全身, あけた形跡, あけた彼, あけた猪首, あけた白, あけた黒い, あけだんだん, あけてから, あけてからでも, あけては, あけとけば, あけないに, あけぬの, あけはじめた, あけましたので, あけますと, あけようとか, あけられた, あけられたので, あけられたよ, あけられるであろうか, あける, あけるが, あけるしゃく, あけるそこで, あけるため, あけるだけしか, あけるだらう, あけるばかりか, あけるもの, あけるよう, あける作業, あける場合, あける春, あける組, あける軟体動物, あける音, あけ二, あけ其処, あけ合い札, あけ天井, あけ尻, あけ度, あけ種, あけ糸, あけ胸甲騎兵ら, あけ足, あけ銃弾, あてて, あてなければ, あとで, あらは, あんこの, いくつも, いたるところ, いで, いろいろな, うがちそのうえ, うがち偶然多数, うがったため, うがつたり, うがつて, うがつべし, うずめて, うめないので, えぐられた心地, おさへたまま, おさへて, おッぴろげて, かがるだけの, かくした, かくして, かこんで, かっぽじれ, きり開いた, くぐった, くぐりぬけて, くじりて, くりひろげるか, くり抜いた顔じゅう繃帯, こさえて, こしらえたもの, こじるため, こじ開けるよう, この日, この穴, さがしに, さがし出せば, さぐって, したへ, しとめたか, しめて姿, しらべはじめました, じいっと睨ん, すこし仰向け, せばめて, そこらに, そのままに, たたかせて, だらだらと, つくつて, つくりつつ, つくりて, つくり蟹, つくるだけは, つくろいながら, つくろつて, つつきあけようと, つまんで, つんと上, でて, とおし室内, とどめた箇所, なす, なめたため, にらみつけて, ぬける事, ねらって, ねらつて, のぞいたな, のぞいたの, のぞきこみながら, のぞきました, のぞき込んでると, のぞくよう, のぼって, のぼりきるまでに, のぼると, はいくぐっ, はいだしましたが, はいると, はじめ踏荒した, ぱっと大きく, ひらいたもの, ひらきまわり, ひろげそこ, ひろげた跡, ふくらました, ふくらませてを, ふさいだため, ふさぎ左, ふさぎ空, ふさぐから, ふさぐやうにせにや駄目な, ふさぐ栓, ふさぐ漆喰, ふたし, ぶち抜くの, ほじくる, ほじりながら, ほつてるん, ほらすこちら, ほらなければ, ほりつづけた, ほり死がい, ほり返すと, ほれと, まっ黒に, めがけて, もう一度調べ, もち野蛮人, やぶる事, ゆび指した, よく埋め, わっし, カチカチいわせ, ガサガサと, ガチャガチャいわせ, ノーヅツと, ペロリと, 一つ一つつつい, 一つ刳り, 一つ隱す, 一に, 一匹は, 一層ひろげ, 一日掛りで, 三つだけ, 三つ四つつくりました, 三つ開けた, 上げて, 上へ, 下ったの, 中将に, 乱打した, 二つあけ, 二つ掘った, 五メートルほど, 仰向, 伝つて己の, 作りおけば, 作り合って, 作ると, 作るに, 借りて, 元気そうに, 充たすべき新, 内側から, 再び埋めた, 出ずれば, 出たらしい家守, 出で, 出でしを, 出ない虎, 出ました意気込, 出ようや, 出るく, 出るころ, 出ると, 出るまで, 出る日, 出る蛇, 出来るだけ, 切開すれ, 刎飛ん, 刻んで, 十五六メートルはい, 向けながら, 嗅ぎまわる獣, 四十面相の, 土で, 地べたで, 埋めさせようとして, 埋めず油, 埋めた冷やか, 埋めとく, 埋めるか, 埋めるだけの, 埋めるん, 埋めんと, 埋め栄二, 埋め黒石, 堰を, 塞いだ, 塞いだの, 塞いだり, 塞がれたよう, 塞ぎその, 塞ぎ水, 塞ぐと, 塞ぐ云云, 塞ぐ時, 填す, 填めに, 填めんと, 填るため, 夢中に, 天じ, 天日に, 守って, 宮内の, 封じた, 尽くす能わず, 崩したに, 広げながら, 弄くりまわし, 当てる名人, 彼が, 怖れ, 思い出すの, 思わせるよう, 怪人丸木の, 悉く揉み, 憶い出せぬで判る, 抜ける時, 抜け出したらしいの, 抜け出で, 抜け出でて, 押へて, 拭いたこと, 拵えたこと, 拵える娘師, 持つ, 持つ横木, 指さしました, 指します, 捜し出しな, 捜し火吹竹, 捜る, 捜出す, 掘ったの, 掘ったばかり, 掘ったわけ, 掘った処, 掘っては, 掘っても, 掘つた, 掘つてるところ, 掘つて棺, 掘つて蟲, 掘て, 掘らされたが, 掘らずに, 掘らせたの, 掘らせる代り, 掘らせ堀, 掘らなくっちゃ, 掘られて, 掘りあげた, 掘りおこして, 掘りかけて, 掘りここ, 掘りさげて, 掘りその, 掘りだしたの, 掘りながら, 掘りはじめたとき, 掘りました, 掘ります, 掘り上, 掘り何物, 掘り出した, 掘り初めたが, 掘り大きな, 掘り始めましたが, 掘り当てたよう, 掘り毒薬, 掘り熊, 掘り真実, 掘り箱, 掘り紙, 掘り終わると, 掘り續, 掘り街路, 掘り野花, 掘り骨, 掘るから, 掘るだけ, 掘るとは, 掘るには, 掘るよ, 掘る場合, 掘る奴, 掘る手, 掘る蛇, 掘る鑿, 掘れと, 掘ろうじゃ, 掘起こして, 探したりは, 探し出す余裕, 探し求めるよう, 探って, 探検する, 掻きはじめた, 掻つ, 揺り広げやっと, 擴げる, 改めに, 故意に, 敲いて, 斜めに, 明けこれ, 明けそれ, 明けた技術, 明けた様, 明けた野郎, 明けは, 明けられたの, 明けられちゃ, 明けられても, 明けられる方, 明けるです, 明けるの, 明けるほどの, 明け得るのみ, 明け時には, 明け棕櫚繩, 明など, 構へて, 殘し, 求むると, 注意し, 洗い清めて, 洩れるそれ, 深く掘らず, 漸く明けた, 潜つたと, 潜つて木彫の, 潜り得る事, 潜る煙草, 点出した, 煙灯の, 爪の, 狙いだすので, 狙うの, 狙えば, 留むるのみで逞しい, 番し, 発見けたので, 皆に, 皆んな塞いだ, 目つけた, 眞つ, 真直に, 知つて居た, 示す者, 私の, 空けられたら味噌, 穿けたいとは, 穿ける, 穿たせ夫婦, 穿ちかけて, 穿ちたちまち, 穿ちながら, 穿ちセーパー, 穿ち自由, 穿つが, 穿つこと, 穿つてまで, 穿つ道具, 穿とうとしても, 突破し, 紹介する, 縱の, 繕うに, 耳に, 脳裏に, 脹らませて, 自分で, 自然が, 自由に, 芥川が, 見しが, 見たか, 見たと, 見たとき, 見つけたの, 見つけだすと, 見つけても, 見つけると, 見つけ悪い, 見つめたまま, 見上げたが, 見付けたチャラピタ, 見出すの, 見破った自慢, 見附けて, 覗いたつて, 覗かせて, 覗きながら, 覗き込むと, 覗き込んで, 覗くと, 覗く拍子, 観世縒で, 訪ひ, 詰めた土, 調べること, 論ずる者, 走りもどった, 軽く啄, 辿つて來, 近づけた, 這いあがること, 這い上りながら, 這い出た, 這つてゐた, 通う冷風, 通った糸, 通るとき, 通る方, 造りて, 邪魔に, 鐫る, 開いた神様, 開くよう, 開くボタン, 開けたこと, 開けたといふ, 開けたよう, 開けたり, 開けてね, 開けてまでも, 開けようと, 開けられて, 開けるかを, 開ける徒, 開ける時, 開ける為, 開け下, 開け大きな, 開け雨, 間に, 隔つる, 障子に, 隠したり, 隠すため, 霧と, 飛びこして, 飛び出そうと, 飛出そうと, 食べそう

▼ 穴~ (1381, 14.0%)

242 あいて 45 開いて 44 ある 39 あって 35 明いて 24 あいた 21 あった 16 あきました 13 あるの 12 あれば, 掘られて 11 あけて, あります 10 あると, 掘って 9 開いた 8 あく 7 あいたよう, あつた, あつて, 口を, 幾つも 6 あいたり, ポッカリと, 明いた 5 あいたの, ありました, できて, ひらいて, 空いて 4 あったら入りたいよう, ありその, あるので, あるん, いくつも, つづいて, 二つ開い, 残って, 穿たれて

3 [15件] あいたでは, あいたやう, あいてるの, あったの, あったら入りたいほど, ありまして, あるに, あるよう, できた, できたの, 二つある, 出来て, 掘れた, 見えて, 見えました

2 [71件] あいちゃった, あきさうに, あきますよ, あくこと, あくぞ, あくと, あくの, あくほど, あくん, あけば, あちこちに, あったよう, あるから, あること, あるじゃ, あるという, あるとは, あるなんて, あるはず, あるもの, あるわけ, あろうとは, ございます, すぽ, つまって, できました, ところどころに, どの辺, ない, ないの, ひくひくと, ぽかぽかと, ぽっかりと, また一つ, キン, ムズムズし, 一つあい, 一つある, 一つ出, 一つ開い, 一層暗く, 一番恰好な, 不用に, 二つ, 二つあい, 二つつき銀いろ, 八箇所も, 処々に, 出来た, 出来る, 切って, 四ツも, 地獄の, 塞る, 大きくなっ, 幾つある, 掘りかけて, 明くだろう自分, 明けて, 残りました, 深いので, 深くなる, 用意され, 穿いた, 穿いて, 縦に, 通って, 開き一人, 黒, 黒くぽかんと, 3である

1 [518件 抜粋] あいたが, あいたため, あいたといふ, あいたまま, あいたもん, あいたらお前, あいたらしい, あいたらもう, あいたら二万七千メートル, あいた感じ, あいちまうん, あいちゃ, あいてたもん, あいても, あいてるよう, あいてるん, あかなかった, あき, あきあつ, あきあまり, あきかかって, あきじぶん, あきそう, あきそこら中, あきその, あきそれ, あきつきだしたひさし, あきはじめたが, あきましたが, あきましたので, あきましたよ, あきます, あきますから, あきますが, あきゃしないこと, あきアッ, あきカニューレ, あき天井, あき居酒屋, あき放題, あき自分, あき蜘蛛, あき足, あき足袋, あき錯雑, あくかとばかり, あくからと, あくさかい, あくでは, あくはず, あくはめ, あくよう, あくわけ, あくわよ, あく筈, あく處, あく部分, あけっぱなし, あけつぱなしにされてゐて, あけられて, あけられること間違い, あったか, あったから, あったが, あったって, あったので, あったらはいりたい心地, あったら世話, あったら入りたい, あったら入りたいくらい, あったら地, あったら這入りとうおます, あったり, あっても, あつたら入りたい, あつちや, あの世に, あぶない, あらかた掘れた, あらわれた, あらわれました, ありそこ, ありそれ, ありましょう, ありますね, ありますよ, ありゃ, ありや, あり一本, あり人々, あり口, あり古めかしき, あり石, あり頭蓋内, あり鼠, あり鼻, あるかなどという, あるが, あるぞ, あるだけ, あるだらう灯, あるだろう, あるぢ, あるとか, あるとの, あるね, あるばかり, あるやう, あるらしい, ある中, ある併, ある暗い, ある空, ある鳥ども, いくつでも, いくつと, いっぱいあい, いっぱいに, いやに, うがたれこの, かがってなかったり, がらんどうに, きっとある, くずれて, こしらえて, この先, この塀, ございますからね, ございますよ, しずかに, しだいに狭く, しつらえて, じぶん, すうすう言う, すぐ向こう, すぐ行きどまり, すぐ開いた, すっかりふさがっ, すつかり埋められ, ずっと上, ずっと奥, せまいため, そこに, そつち, そのま, その底, その真中, その袖, たくさん開いた, だんだん上, だんだん大きく, ちがった鋏, ちゃんと同じ, つうじて, つきると, できたが, できたでは, できたらしいから, できます, できる, できるかも, できると, でたし, でない, でる限り, とおって, とんでもない, どうした, どこかに, ないほど, ないもの, なかったら, なかで, なかなか深く, なくて, なくなって, なぜお前, なにか私, ならんで, のこって, のこりミネ, はっきりと, ひとつあっ, ひょろひょろと, ひらいたの, ひらきました, ひらく, ひろがるよう, ふさがって, ほられて, ほりかけて, ぼつんと, ぽかり, ぽかんとあい, ぽっかり開い, ぽつかり, ますます大きく, まだ割合, まっすぐに, まっ暗に, まっ黒な, まるく小さくあい, まん丸である, もうあい, もう大きく, もっと大きく, やたらに, やっと埋まった, やっと片目丈, シイ, シクシクと, スッカリ開け放し, ゾックリと, ニジに, パックリ, プスリと, ベタ一面に, ボスニア湾だ, ポカポカと, ポカリと, ポッカリあい, ポッカリ明い, ポッカリ開いた, ポックリと, ポツリと, ポツンと, ムズムズする, ムズ痒く, 一つあった, 一つか, 一つだけ, 一つやっと, 一つポッコリと, 一つポツコリと, 一つ一つに, 一つ小さな同じ, 一つ明い, 一つ残りました, 一つ牀に, 一層大きく, 一層見苦しく, 一方の, 三つあっ, 三つしか, 三つばかり, 三つほど, 三つも, 三つ穿い, 三カ所に, 三本も, 三角だの, 三角形に, 上に, 下に, 下の, 不思議に, 両方から, 九つあります, 乳下に, 二つあっ, 二つあつ, 二つずつ, 二つで, 二つに, 二つ三つあいた, 二つ三つつけ, 二つ三つ出来, 二つ並ん, 二ツ開く, 二十も, 二間四面の, 五つあい, 五六尺の, 人間が, 今じっと, 今も, 仕上がり一々, 以前から, 仰山あつ, 何の, 何百か, 何者かの, 作って, 作る氷, 傷口みたいに, 僕らが, 先へ, 光つてゐる, 入りこんで, 全部当った, 六番, 冷やり, 凹込の, 出そう, 出ないと, 出れば, 出來, 出来たぢ, 出来たとき, 出来たん, 出来ちゃった, 出来ましたので, 出来るかと, 出来るでしょう, 出来ると, 出来るなんて, 出来上って, 出来上らないうち, 出来上るまで, 出来砂煙, 分ったの, 別々に, 動き出したと, 動く, 北に, 十ばかり, 十一ぐらい, 半分見える, 取残されて, 土龍の, 地上への, 埋まるの, 塞がって, 塞った, 壁に, 夕立空の, 多かった, 多数の, 大きい, 大きいから, 大きくなりました, 大きくひらいた, 大きく又, 大きく天井, 大きく心, 大きく成りました, 大きく拡がり, 大きすぎた, 奇麗に, 宛も, 実に大きい, 寒さ, 小さい, 小さいと, 小さいので, 小さくは, 小さすぎた, 少し太く, 崩れるため, 幸に, 幾つか, 当る, 当ると, 彫れた, 彼女の, 待って, 微妙に, 徹つてお, 忽然と一つ, 思いつかれたの, 急に, 悪い, 掘つてあつ, 掘られたの, 掘れたよ, 掘れて, 掘れてないて, 掘れないの, 散在し, 斜に, 斜めに, 明いたって, 明いたつて我慢, 明いたやう, 明いてるん, 明かなかったらその, 明きさ, 明きは, 明き中, 明き窓, 明き蠅男, 明き障子, 明くかと, 明くかも, 明くとしても, 明くの, 明くはず, 明くもの, 明く船, 明けば, 明けられて, 曲がりくねって, 有って, 有るから, 有る筈, 有名に, 本来何であった, 板壁の, 板張りに, 格納庫に, 棒でも, 椎の, 椽の, 横に, 正面から, 此処其処に, 残るん, 段々淺, 汚物を, 沢山あった, 沢山あつ, 洞然, 浅いため, 消えぬ限り, 消せないまま, 澤山見える, 無い, 無数に, 片方は, 物凄じ, 物凄まじく朝, 特別に, 狭くも, 現われて, 現われます, 生々しく殘つて, 痒くなつ, 発見されたら, 発見せられました, 百三十何箇所も, 百六十八尋以上の, 直接に, 相当深く, 眞つ, 真暗い, 砲弾によって, 破壊された, 私を, 空地あけず, 穿きましょう綺麗, 穿き引くに従って, 穿こう, 穿つて, 突然に, 竝んで, 竪に, 紐に, 細くでも, 続いて, 續い, 續く, 群集し, 腕に, 腰に, 腸まで, 薔薇色の, 蟒蛇の, 血の, 袋の, 見えたり, 見えます, 見えるの, 見えるので, 見え出すよ, 見つかった, 解つた日には, 詰って, 通じて, 通ってるん, 通つてゐる, 通り道に, 鑿って, 閉じたの, 開いたそして, 開いたの, 開いたり, 開いてた, 開いては, 開いてる, 開いてるな, 開いてるよう, 開かれて, 開きました, 開きッ, 開く, 開くの, 開く地下室, 隠れる位, 震えるよう, 非常に, 面會に, 額に, 顔へ, 食慾で, 高いとき, 高過ぎる, 髭に, 黒くわんぐりと口, 黒く正面, 龕の

▼ 穴から~ (870, 8.8%)

42 出て 17 首を 14 のぞいて 12 覗いて 11 外へ 10 手を 6 中を, 隣の, 顔を 5 はいだして, 下を, 外を, 水が 4 のぞくと, 中へ, 外に, 水を, 腕を, 覗くと 3 スーッと, 一人の, 入って, 入れて, 地下へ, 奈落に, 目を, 空気が, 這い出して, 部屋の

2 [58件] あの隣, せわしく煙草, そっと覗い, とかげかよ, とびだした, ぬけて, はいって, はい出して, ひきあげました, もぐり込み表, ニューッと, ヌッと, ムリに, 一匹の, 一尺ほど, 一本の, 下へ, 仄, 何か, 出して, 出た, 出たり, 出る, 出る事, 半身を, 去年の, 吹込む, 呼吸を, 地下道へ, 多の, 奔注する, 女の, 挿し込んで, 日が, 榎坂へ, 水の, 湯気が, 濛々たる, 片手を, 現われて, 穴へ, 肩を, 落ちこぼれる, 落ちる機, 血を, 見たら, 見て, 覗き込んだ, 豊かに, 身を, 這い出て, 這い込んで, 頭を, 風が, 飛び出して, 飛び込んで, 鼠の, 鼻を

1 [556件 抜粋] あいつが, あの通り, あふれ出す水, あふれ出る水, あらゆる西洋, いで猿, いやいやに, おかみさんの, おびただしい汗, お冬, お堂, お節の, かすかに, かわいい少年, きれいな, くぐり出た釆女, ぐいと頭, こう覗く, こっちを, この蟻, この道具, ころがりだして, ころがるよう, さしこんで, して, しのびこんで, しのんで, しゅうしゅうと, すっぽりと, ずるずると, そうツ, そこまでの, そっと外, そとの, そとへ, その扉, その詰め, その長い, それを, そろそろと, ぞろぞろ出, ただ一条, だんだんと, つぎつぎと, つぎ込みますと, つめたい風, でる煙, とある邸内, とびこんで, とびだしました, どうした, どうして床下, どくん, なにかおそろしい, なにものかが, にゅっと手, ぬいて, ぬうー, ぬきだせば, ぬけ出て, ぬっと男, ぬるぬると, のぞいたが, のぞいた時, のぞいた眼, のぞかないよう, のぞかれるの, のぞくの, のぞく薄, はいあがった, はいでて, はいり内部, はい上がる, はい出ました, はきよろきよ, はげしくふきこむ, はずした, はね出して, ひょいと人間, ひょこんと, ひよつこりと, ひらりと, ふきとばされて, ふふふと, ぶちの, ぽろん, また, また他, みどり色を, みんなは, めらめらと, もぐり込み人一人, もし, もしもし, もれるガス, やぶれ穴, ゆうべの, ゆるい煙, わずかの, イペリットが, ガスを, コソコソ這い出た, コンコンと, スウスウと, スルスルと, ズルズルと, ソロソロと, タールが, チョロチョロと, ヌツと, バタバタと, パッパッと, ファインダアを, ブリュジョンが, ヘビの, ペロペロ赤い, ヤングが, ヨカナアンの, 一つの, 一人ずつ, 一昼夜わずか, 一滴ずつ, 一筋の, 一羽の, 下に, 下着の, 世の中を, 世間の, 中の, 二つの, 二間ばかり, 五徳が, 人が, 人間が, 人間とも, 人間の, 仕事を, 仕込みの, 件の, 何んな, 何等かの, 俥に, 傾き尽した太陽, 僕の, 先に, 光が, 光は, 入つて, 入る無数, 六名の, 其方を, 其矢を, 内を, 内耳に, 内部を, 円板の, 再度プーリ, 冷たそう, 出かけたやう, 出かけ足, 出されて, 出した時, 出しながら, 出す, 出せる位, 出たあやしい, 出たところ, 出たの, 出た熊, 出ないよう, 出はいりしたわけ, 出はいりして, 出ます, 出ようじゃ, 出ようと, 出るとき, 出るもの, 出る女, 出る工夫, 出る水流, 出る爬虫類, 出る生暖かい, 出る蛇, 出入する, 初さんの, 前日穂坂が, 力いっぱいに, 助け出して, 匐いだし, 匐い込ん, 化け蝙蝠の, 匙で, 半五郎, 卓子の, 原っぱの, 取りださせたもの, 取り出したこと, 取り出したさんらん, 取り出し取り出す丈, 口へ, 古綿, 台所の, 右へ, 向うで, 向うを, 向こうの, 吹き出した, 吹き出して, 吹き出す, 吹き込む, 吹き込む風, 吹くと, 吹入る, 呑んで, 呼び出しを, 唸って, 商売を, 噴きだした, 噴き出しでも, 四五尺は, 四方に, 地上の, 地下室へ, 堤防の, 墜落し, 声を, 大きく息, 大きな提灯, 大仏の, 大仏像の, 大砲や, 天のぞく, 天井裏へ, 天覗く, 太い金属, 奈落へ, 妙な, 守宮が, 家の, 家治の, 寒い風, 寝室の, 射しこみかれの, 射し込む月光, 射す灯, 射込む, 少し恁, 少年たちは, 尖がった鼻面, 尻っ, 屋上へ, 山づたいに六浦の, 山国川の, 巌丈な, 川の, 差し覗い, 布きれを, 床の間の, 引きずりあげられた男, 引き出したが, 引き出して, 引き揚げること, 引張り出して, 引揚けて, 強い煙草, 強い視線, 強かに, 彫らしたので, 忍び込むが, 忍び込むより, 思いがけない人, 急に, 怪老人の, 息を, 成立って, 成立つて, 戸外へは, 手が, 手なんか, 投げ落す, 投げ込まれた郵便物, 投げ込んだ, 抜いて, 抜き出したカニューレ, 抜けそう, 抜けたよう, 抜けるので, 抜け出したの, 抜け出して, 抜け出すと, 抜け出せない, 抜取って, 押し出して, 押し込んで, 持去った, 指環の, 捕えられて, 掘り出した品々, 掘り出した食料, 救いあげました, 数百万の, 斜めに, 新しいネズミ色, 曳きだす様子, 月の, 松の, 松火が, 柴田欣一郎が, 栄二を, 次の, 次の間に, 正気を, 毀われ, 毛の, 氣味の, 汚い物, 江戸城の, 河童でも, 泡を, 泥棒が, 泪が, 洩した, 洩らした, 流れだす音, 流れ出しまた, 流れ出すの, 浮世を, 浮藻の, 浮藻を, 海水が, 浸, 消えたこと, 消えて, 涎が, 渡すよう, 満月の, 源五郎は, 滝の, 漏れる光線, 潜り込むと, 潜り込めば, 瀧津瀬の, 火が, 為吉は, 煙とともに, 熱湯を, 燈心が, 燗徳利が, 爺さんを, 物置部屋の, 犯人が, 狂気を, 狐どもが, 狸に, 猛烈に, 猪口や, 猫が, 現はれた, 現われた, 生きた人間, 生きて, 生血を, 発声する, 登ると, 白い切, 白い女, 白い小さい手, 白い物, 白い細い手, 白蟻が, 盆に, 直接に, 看守に, 真向いの, 眼玉だけ, 睾丸まで, 石菖の, 砕る, 私を, 穴へと, 空へと, 空を, 突き出して, 突き出す者, 窺いて, 笑声を, 糸の, 細い糸, 絶えず清水, 綿を, 美女を, 聞えるよう, 肺の, 背広の, 脱け, 脱出し, 腰を, 臓腑へ, 自由に, 舌を, 舞台を, 茶店の, 草の, 荒野の, 落ちこむ水, 落ち込んで, 蒸気が, 虫を, 蛇も, 蜥蜴は, 蟹が, 血が, 血ウミが, 血膿を, 衝き返して, 襖の, 見えぬ入口, 見えるだけの, 見える黒い, 見せて, 見た, 見た女, 見ようと, 見ると, 見るの, 見出された, 覗いたと, 覗いたの, 覗いた陰気, 覗かせた, 覗かせたという, 覗かせて, 覗きました, 覗き出した, 覗き込みながら, 覗き込ん, 覗くの, 覗くやう, 覗くよう, 覗こうと, 計らざる音律, 足を, 跳び出すと, 身の, 身投げを, 転げ落ちたん, 迸しらせた, 逃げたの, 逃げだしたと, 逃げだして, 逃げ出したの, 逃げ出すの, 逃れ出, 逆に, 這いだす冬眠, 這い上がり仕事, 這い上りかけた, 這い上ること, 這い出したらもう少し, 這ひ出し, 這ひ出す, 這入ってよ, 通う風, 遅い冬, 金米糖が, 釘を, 釣るよりも, 釣糸を, 鉄の, 長い呼吸, 長い間, 閃いて, 降る雪, 隙見し, 隣りの, 雨戸の, 青々と, 青い輝き, 青空が, 頭だけ, 頭へ, 顔だけ, 風は, 飛びだして, 飛びだし後, 飛び出すもの, 飛び出そうと, 飛出して, 飛出し黒猫, 飛出すと, 飲むなんて, 鮮血が, 麓まで, 黄金の, 黒い制服制帽, 黒い護謨, 黝んだ, 鼠が, 鼻の, 龕燈を

▼ 穴~ (758, 7.7%)

32 なって 11 入れて 10 目を, 鍵を 7 入って 5 耳を, 首を 4 なつて, 入るに, 眼を, 転げ落ちたの

3 [15件] いれて, おちて, さしこんで, さして, して, もぐって, 何か, 入りて, 口を, 落ちたの, 落ちて, 葬られて, 近づいて, 鍵が, 顔を

2 [39件] あてて, かえった, かくれて, なった, なつた, はまって, はめたまま, はめて, プンと, 似て, 住し, 住み付いて, 匿れ, 吊されて, 同じ鍵, 埋めて, 埋らる, 塗って, 小判が, 帰って, 引つ掛つて, 手を, 持って, 指を, 有之, 栓を, 棲んで, 灯が, 着いたの, 糸を, 縁を, 腰かけて, 落して, 落ちた, 落ちました, 落ち一度, 足を, 通して, 頭を

1 [539件 抜粋] あかい朝, あたるよう, あてがいそして, あてた, あてれば, あの怪塔王, あるを, いたるまで, いっぱいに, いっぱい生, いて, いるもの, いる蝦蟇, いれた, いれ土塊, うち込んで, うめて, おちるばかり, おろします, お插, かくれた, かくれた小さな, かくれた蟹, かくれる蟹, かけより外, かたまつて, からだを, きっちりはまらない, きまって, くらし牝豹が, この, この綿, この金, さされたり, さしこみそれ, さしこみなんど, さしこみました, さしこみ鍵, さしこんだまま, さしこんだカニューレ, さした, さしたから, さしたまま, さした一輪, さし込んどいて, さそいここ, さびた鉄兜, さわって, しがみついて, したるなか, すがすがしい秋, ずっと昔, そっと眼, その太い, それぞれ目を, そろ, たまつ, たまる, ちがいない, ちょっと視線, ついた, ついたその, ついと辷り込んだ, つかえて, つかえない, つかって, つきこみこれ, つけられてる昔, つっこんだ, つめゆっくり, とびこむ, なげ上げうまく, なったらまた, なったん, なった両, なった数字, なった眼, なった鼻, なってる所, なにかはいってない, なにかやっ, なにものかを, なりそれ, なりました, なると, なるとは, なるまで, にせて, のがれ互いに, のぞんで, はいった, はいったの, はいったほう, はいって, はいりこんだが, はいりたい思い, はいりました, はまったまま, はまるだけ, はまるよう, はめこまれた黄金メダル, はめこむこと, はめた, はめたせん, はめカチン, ぴったりはまる, ふれた, ぶち込めば, ほうり込んで, まある, まだ持っ, まんぞくし, むかいあった階段, むかって, もぐりこんだ, もぐりこんで, もぐり込んだ, もぐり込んだの, もぐるばかり, やどる我, やりながら, ろうそくの, わたして, ガチャリと, ゴム管を通して, ステッキを, ソーッと, ツギを, ドアの, ナプキンを, ネジクギを, ハメ込んださうでございます, ヒョイと, ピストルを, ボルトを, 一つ, 一匹の, 一夜を, 一尺から, 一旦上陸, 一輪の, 上げ下げした, 上半身を, 下りんと, 下ろされる, 不思議が, 丸めた脱脂綿, 二匹棲ん, 二本の, 二束の, 五拾両有之候上は, 人の, 人は, 人間の, 今や挿しこまれよう, 仕掛け何匹, 他の, 似たよう, 住する, 住まって, 住みついたの, 住んだと, 住んだとて, 何が, 何寸ほどの, 使われて, 倚掛て, 傷だらけに, 元結いの, 元通り板を, 光りの, 入った, 入ったそのまま, 入ったもの, 入った土民集まり土, 入った坑夫, 入った蛇, 入った黒蛇蜂, 入つて, 入つて加, 入らしむ, 入らんと, 入りいれおきたる, 入りたいくらい, 入りたいほど, 入りたる後懺悔僧, 入り人, 入り冥途, 入り少時, 入り昔唐, 入り春, 入り盜人身, 入り虫, 入り黄巣, 入る, 入るが, 入ると, 入るの, 入るま, 入るれば, 入る事, 入る仕度, 入る前, 入る坑夫, 入る蛇, 入れた, 入れたり, 入ればよ, 入れますからね, 入れられる, 入れる, 入れるの, 入れカチカチ, 入れ後足, 入れ投げだした下腹部, 入れ放したと, 其柱を, 兼備され居るち, 内から, 内部から, 再び帰参, 凧絲を通して, 出で, 出はいりする蜂, 出るの, 刺さって, 剃るの, 匍いこむ, 反響し, 口当て, 叩頭百拝の, 右手を, 合わせて, 合鍵を, 吊るされて, 吊るされるや, 同時, 向かって, 向って, 吸いこまれて, 吸いこんで, 吸い取られる前, 吸い込まれる, 吸はれる, 吹きこんだ, 呑みこまれ水, 唇を, 喜海と, 団扇を, 圓形なる, 埋まって, 埋めその, 埋めたら, 埋めます, 埋めようと, 埋められて, 埋めんと, 埋られ棺, 執心深い, 堆くその, 堕ちた, 墜ちたお, 墜ちた春日重蔵, 墜落し, 変って, 大きなダアリヤ, 大きな菊, 夫人の, 子狐たち, 宿し夏, 宿ね, 射込むといふ, 尊き広幡, 小便を, 少しばかり, 尻尾を, 居る, 居るより, 居据わつて, 左破片を, 差し込むと, 差し込んだ, 差し込んで, 差込みしま, 差込んだ, 帰つた, 帰つて行きます, 帰ろうとも, 平和を, 引きこもって, 引き入れて, 引っかかって, 引っ掻いたらしい跡, 引っ込んでれば, 当てが, 当てると, 当て聴い, 当る音, 彷彿した, 彼女の, 心を, 思い思いの, 成つて其處から, 房代の, 手紙を, 手首を, 投げこんで, 投げ入れた, 投げ込んで, 投ぜられるに, 投入れる, 抜けて, 押しこんで, 押し込み正門, 拘泥し, 挿して, 挿み, 挿入れ, 捨てた, 掛けるという, 掻き入れたらそれ, 放り込みっ放し, 星を, 最後の, 木魚から, 栗の, 棄てた, 棧を, 棲むの, 棲む事, 榊の, 榾の, 横匍う, 止めそして, 毎も, 気がつかなければ, 気の, 気を, 気付くと, 氣が, 水を, 沁み入るほどの, 没す, 河童が, 注意し, 注意した, 洩らせば, 流れこみはじめ, 流れ込むこと, 流れ込んで, 消され人夫ら, 深く指, 渦巻き込む, 潜める貴, 潜るの, 火を, 煙は, 爆薬を, 玉が, 生えた芒, 生命を, 異状の, 疊針を, 白い人さし指, 直接当る, 相寄り部落, 硝子の, 秘密を, 移り来年雪, 穿ち続いて, 穿ち續, 突き入れました, 突き込まれて, 突っかい棒, 突っ込んで, 突刺さるよう, 窪んで, 節分の, 籠つた, 糸が, 糸を通して, 紙きれを, 紙で, 紙を, 紙片を, 経棒を, 結びつけもう, 絹糸を, 綱を通して, 綿を, 罪囚一人を, 美しい女, 腕木を, 腰を, 臨す, 自ら横はるを, 自分から, 苦しんで, 落されぬ, 落し入るる, 落ちかけて, 落ちこみかかり今, 落ちたらしいかの, 落ちた過失死, 落ちる, 落ちるまでの, 落ちるも, 落ち入る, 落ち合へる, 落ち込む人, 落ち込んだ, 落ち込んで, 落っこちたよ, 落っこちたらそれ, 落込む, 落込んだ, 蓋を, 蟄らず, 蟻が, 見入って, 見惚れそのうち, 触つて, 詰まって, 詰めて, 詰め込もうと, 詰め込んだ他, 誘い寄せたの, 豆を, 財宝が, 貫いて, 費やした労働, 赤い野薔薇, 赤くゆでた, 跳び下りるの, 身を, 身体を, 転げ落ちる, 近いじゃ, 近づきました, 近づけた, 近よらなくなった, 追いこみ外界, 追い込む道具, 退き入った, 送つたもの, 逃げ込んだ, 逃げ込んだので, 這い込みながら, 這い込んで, 這ひ行く, 這入つて, 這入つて岩, 這入りかけた, 這入り切らないと, 這入る, 通し落掛, 通らない, 連れて, 運び込んで, 過ぎないの, 過ぎなくなった, 過ぎなくなつた井戸, 過ぎません, 道士の, 違ひあるまい, 違ひない, 避げ入る, 金, 銅の, 長い紐, 閉じこもって, 閉じ込めんと, 開けて, 關係なく, 降りて, 陥いって, 陥ちたり, 陥って, 陥りそのまま, 陽が, 隠して, 隠し置き申候, 隠すなり, 隠れこんで, 隠れた, 隠れて, 隠れると, 隠れる虫, 隠ろふ蟹, 隱ろふ, 集つて来た, 零余子の, 電気を, 青い印肉, 風が, 飛び込んで, 黄金は, 黄金メダルを, 黒いゴム管, 鼻を

▼ 穴~ (353, 3.6%)

11 入って 8 手を 5 入れて, 指を, 眼を 4 落ちて 3 向って, 目を, 近づいて

2 [22件] そつと, とびこんで, はいって, もぐりこんで, 入るつもり, 入れるの, 戻って, 押し込んで, 掴込まれる, 時間ぎめの, 栓を, 楊枝の, 消えて, 突つ込ん, 竹箸でも, 綿を, 自分の, 落すの, 身を, 逃げこんで, 降りて, 順々と

1 [262件] あつい桐油紙, あてがって, あの竈, あれなる, おちたと, おちるところ, おとしこむたア, おとした, おとした松ぼっくり, おりた, かけこんで, かにの, ぎっしりつめました, ころがし込む遊技, ころがりこむわけ, ころがりこんだ, さしこみ苦, さらにふたたび火, さらに手, じかに云う, すてるしか, すべり込むよう, そういった, そっと蹴込, それを, たまって, ちやんと, つけっぱなしで, とびこむ, とびこむの, とびこむん, とびこんだの, どうして平兵衛, ながれこむ, なげすて, はいった, はいったかと, はいった土, はいりこんで, はいります, はいるの, はいるまえに, はいれ, はき寄せて, はまった時, はまって, はまりこむの, はみ出た小, はめようと, ひそめて, ひっきりなしに湯気, ひつこん, ふたりは, ぶち落し, まよいこんで, まわりの, むぐり込ん, めりこんで, もう一本, もぐったかと, もぐって, もぐり度い, もぐり込んだの, もぐり込んで, もどすの, もどれないの, やおらしめり, やって, ゴムを, ソッと, タマを, 一本一本の, 下ろした, 二三本づつ指でも, 二本の, 仰向, 仰向けに, 体を, 何か, 供えると, 侵入し, 入ったの, 入つて行, 入りたいほど, 入り兼ねて, 入ること, 入るの, 入るほど, 入れた, 入れたもの, 入れたり, 入れようと, 入ろうじゃ, 入ろうと, 入ろうとも, 共々落込, 凸レンズを, 出た, 出ると, 同類の, 向けようと, 周章てふためいて, 喚きかからせまだ, 嗅ぎ煙草を, 土を, 埋めこんで, 埋めても, 埋めるという, 填った儘, 外から, 女の, 妻から, 寄つてどうせ, 導くにて, 嵌め込むところ, 嵌込みながら, 左膳が, 差し入れた, 差し向けた, 差し込めば, 差し込んだ儘, 帰ったころ, 帰りたくなるん, 帰ろうと, 引かうと, 引きずりこまれた, 引き摺って, 引っ込んじまうから, 引摺っ, 引込むもの, 当てた片, 慣れた小, 戻ること, 手拭を, 打ちこんだ, 投げこんだ, 投げ落として, 投げ込むよう, 抜けて, 抜け出るよう, 押し込んだ, 押し込んだが, 押込んだ, 拳銃を, 持ち込むよう, 持って, 指さして, 指で, 指先を, 捨てろ, 掻き込み畢, 握飯を, 放しに, 放すん, 日本人が, 杭を, 棄てに, 正木博士の, 歸つて行く, 水が, 沈むが, 注意深くはめ, 流れこんで, 流れて, 流れ込んで, 消える, 深入, 溜って, 滴し込む, 潜って, 潜り入った, 潜り込もうと, 潜り込んだと, 潜れない手, 潜れば, 片眼, 狭った, 着き残り, 移るの, 穴ご, 突き通して, 突っ込んだの, 突っ込んで, 突つ込んだ, 糸を, 納めて, 紙を, 紙幣が, 細い管, 耳を, 脚を, 落しこみ日本語, 落すこと, 落ちこむほか, 落ちこんだの, 落ちこんだのね, 落ちこんでから, 落ちたとき, 落ちたら彼様, 落ちたりとも, 落ちた思, 落ちた男, 落ち込ませて, 落ち込むと, 落ち込んだ日本人, 落つこ, 落とした時, 落として, 落ッこち, 葬られること, 蜂が, 行くに, 行くほう, 行け, 行こうでは, 行って, 覗きこむ, 親指と, 詰めて, 詰込みその, 足の, 蹴込て, 転がし落して, 転げて, 転げ落ちたの, 返したと, 追いつめられどこ, 追いやったのち, 追いやられた, 逃げこみました, 逃げる状, 逃げ帰って, 逃げ込んだの, 逃げ隠れて, 逆さに, 這い込んだ, 這入って, 這入らなければ, 這入ると, 通し自分, 進むこと, 運んで, 部下を, 金を, 金三万円を, 閉じ込めて, 隠して, 隠れたでしゅわ, 隠れるが, 雑作も, 飛びこんだので, 飛びこんだ三人, 飛びこんで, 飛びつくこと, 飛び込んだ, 飛び込んだのに, 首を, 香水を, 馬の脚を, 駆け寄る, 骨を, 鼻環を

▼ 穴~ (344, 3.5%)

3 どこへ, ない, 次第に大きく

2 [23件] すぐに, どこまでも, どこらに, ないか, なかった, ねえが, 三十二ホールだ, 三尺四方ばかり, 今でも, 少し高, 山の, 掘れないよ, 横に, 脱けられない, 見いだされなかった, 見つかりません, 解いたが, 長崎屋の, 頭の, 飼犬や, 1である, 4か, 8以内の

1 [289件] あいて, あきませんよ, あきゃしないよ, あたかも漏斗, あつた, あの池, ありますよ, ある, あるところ, いったいなん, いは, いままでと, いわゆる虫, うねうねと, おくが, おとなが, おのが, かさかさ肌, かなりに, かなり大きかっ, かなり深く, からだを, かれが, きっと三方子川, ここから, このあいだ, この積み上げた, これだ, これを, こんなきゅう, こんなに新しい, しだいに狭く, しばらくし, しばらく出入, すかすかと, すぐふさがれ, すぐ白銅, すぐ閉じられ, すっかり塞い, すなわち女山式, ずいぶん大きい, ずっとせまく, ずっと地中, ずっと昔, せまいの, せまくて, ぜんぶふさいだ, ぜんぶ溶接で, そのあき, そのま, そのままに, その下方, その先端, その手, その辺, それっきり確かめ, それほど深かっ, たぶんあの古, だんだんと, だんだん大きく, だんだん広く, ちょうど人間, どうする, どうだ, どうなる, どこか, どこじゃ, どこに, どこにも, どんどん掘りさげられ, ないぞの, ないと, ないな, ないの, ないよう, ない爾, なし貴女様, なにした, ひとみです, ひと一人がか, ひんやりと, ふかさ二メートル, ふくらんで, ふさがれる, ふだんは, べつにひつよう, ほとんどまっすぐだ, ぼくらの, ぼんやりと, また深く, また音, まだすっかり埋めつくされ, まだ小さかっ, まっすぐには, むかし攻め入っ, むこうの, もういっぱい, もうひどくせまく, もう主君鉄三郎様, もう主君鐵三郎樣, もう殆ど蜂, もちろん人間, もっと他, もとの, やっとおとな, やっと自分, やはり岩, よく出歯亀心理, よく繕いました, よしな, わかった, ジガ蜂の, ドアを, ドウダ, ボヘミアに, ポッカリ地上, 一つでは, 一升桝ぐらいの, 一尺ほど, 一時水が, 一月程, 丁寧に, 丁度千兩箱の, 上の, 下方の, 両方に, 中の, 事実において, 二つあっ, 二つばかり, 五尺あまりも, 人一人が, 今にも見えなくなり, 今日に, 仏像の, 以前から, 体長八分ぐらゐの彼等の, 何か, 何だかお, 何だらう, 何んか, 何んだ, 余程深く, 傷口である, 僅かに, 元どおり, 元の, 先の, 先日まで, 入口で, 全地球, 六十余年前の, 冬も, 前に, 加十の, 十二年に, 卑しいと, 卑しいわ, 叩いて, 向うに, 唯真, 土器を, 地獄に, 垂直で, 型の, 埋まったに, 埋めないまま, 埋められ地面, 埋木で, 塞いで, 塞がうと, 塞ごうと, 外へ, 大きい, 大きかった, 大きくなっ, 大きく先端, 大きく開い, 大仏の, 大概当りが, 天井高く, 天然に, 女たちを, 完全に, 宝庫とは, 小さいが, 小さな蜂, 小石交り, 少しずつ, 少しちいさ, 少しのぼり, 少しも, 少し大きい, 幅約, 広がって, 広さはさ, 庭内の, 形式主義であり, 彼処らしい, 心持よく, 必ずこの, 忽ちに拡大, 忽ち擴げ, 急勾配, 恐ろしく高い, 意外に, 手が, 抜けられないわよ, 拵えたが, 掘つて, 掘られて, 数えられないほど, 斜めに, 旧の, 明きません, 明くが, 昨日の, 暫くの, 曲りが, 最う余, 有るけれど, 杉箸で, 李参平の, 極めて低く狭い, 模様の, 横が, 欠け石でが, 次第に拡がっ, 次第に深く, 此の, 段々深く, 気味悪く三人, 水で, 海面を, 深いが, 深く暗くその, 深さ万丈, 深さ百六十八尋以上, 深まらなかつた, 漸く広く, 無いか, 無いの, 無事でした, 燒けた樣な, 犬が, 狭くて, 狹く, 獣類の, 玉簾を, 略, 目の, 直に青い, 直径二フィート位しか, 直徑一分, 真田の, 石壁の, 砲彈の, 福岡県の, 空だった, 空つ, 空虚じゃ, 細いもの, 腐った屍体, 花を, 蓋が, 行きどまりの, 行止りに, 西金剛の, 見つかった, 見るま, 解って, 解つて居る, 解らないだから, 誰によっても, 貴殿も, 賊を, 通例きわめて, 部屋と, 鉄格子で, 銅か, 長さ, 開いて, 間口七尺五寸に, 間違ひもなく, 隣りの, 雨ふら, 雪の, 高く西, 魂の

▼ 穴だらけ~ (96, 1.0%)

6 になっ 3 の障子

2 [12件] だ, だから, で果して, なの, にされ, にし, になつ, の卓, の大きな, の杉葉, の蚊屋, よ

1 [63件] だし, だったって, だと, だろう, である, です, でたいへん, でどんなに, でよそ, で到底, で坐った, で干潟, で書き足らぬ, で満足, で炉, という, なこと, なだけに, なので, なもの, な中, な事, な生活, な醜態, な黒い, にされた, にした, にしてやった, になった, になっちまいやしないだろう, になっとる, になつて納屋, になる, のあぶない, のあめ, のもの, のガタ普請, のゴム長, のナプキン, のリノリウム, の上衣, の古, の古い, の土地, の地下足袋, の外套, の帽子, の幕, の掛け物, の暗い, の柱, の水, の焼, の甲板, の硝子張り, の膝, の袷, の醜い, の野心家, の障子紙, の風呂敷, の魂, の黒靴下

▼ 穴~ (73, 0.7%)

4 なって 2 いえば, なった, 二度目に, 穴とを, 穴の

1 [59件] いいましても, いうだけ, いって, いふべきである, いふをも, いふ所が, されて, その穴, それを通して, ねじ曲りへ, ぴったり合わせ, よぶ名, わからないよう, ゐない穴, ジガ蜂とに, ディール川の, ルートを, 一つに, 云うところ, 云うの, 云って, 出た穴, 反対の, 口とが, 口とに, 同じであったら, 同じであるらしい, 同じやう, 同じよう, 同じ様, 同様かつて, 同種だ, 名づくべし, 名づけ順次, 呼びしに, 唇の, 外側からの, 彼の, 心に, 思われる有望, 扉の, 投げ出された一本, 棺とを, 潜戸の, 申せば, 称し関門状, 穴から, 腸と, 見誤った, 言い伝えられて, 言い何だか, 言っても, 言つた, 言つた感じが, 言へ, 言われて, 訳すの, 足へ, 蹴殺された幾匹

▼ 穴~ (68, 0.7%)

8 の中 3 にある 2 も見せ

1 [55件] かどこ, が並び, が出来, が掘っ, だから, だが, だつたもの, であり穴, である天井, となしたる, と称し, など, ならば, なんか殘つて, におとしいれられる, にでもほうり込まれ, になっ, にはいっ, には煙硝, にも見当, に巣食っ, に手, に格子, に案内, に設け, に追いこめられ, に這入る, に隠匿, のなか, のよう, の前, の最初, の秘密, の金, の間, は丁度池, は空, は空っぽ, へ八五郎, へ蜘蛛, へ這入る, みたよう, めいて, も見た, をのぞい, をほりぬき, を上がっ, を出た, を出よう, を夫, を掘っ, を掘る, を見物, を設け, を開き

▼ 穴~ (65, 0.7%)

5 なかった 2 あるわけ, ない, なんにもありません

1 [54件] あいて, あけない, あったもの, あって, あらば, ありません, あり祠, あるし, あるの, ある様, いい工合, くぐれる人物, ないので, なくフイゴ, なにも, はっきりと, ひどく小さい, ふさがれて, まっ黒に, ホックも, 人がたに, 何も, 元の, 出來, 口の, 口も, 同前な, 四角で, 大分肉が, 安ん, 定めぬ野良狐, 屋根の, 恋しく思い出され, 手も, 掘らず壁, 改めてやる, 数えつびょう, 明いた, 昔の, 有るぜ, 柵の, 深くは, 無かつ, 燻ぶつ, 疵も, 空虚であった, 穿けよと, 葺き防ごう, 見えないくらい, 見え頑丈, 見当らぬので, 變だ, 鉄錆と, 開かずに

▼ 穴~ (62, 0.6%)

2 あつた, あつて, この天井裏, その穴, 三重の, 手がかりが, 物音を

1 [48件] いっぱいでした, かれは, こちらが, こつこつ鉱塊, これを, せう, そこに, そんなところ, とらえたラマ一頭, なんどか, のぞくのみ, もちぬ, よいの, ブスブス血と, マッチの, 一度熊, 全部吐いた, 八方に, 半つかみほどの, 可燃物と, 右も, 吐息を, 咳する, 地中の, 地中を, 夏も, 天文を, 専門猟師が, 彼の, 彼は, 手を, 打ち合せて, 撓める様子, 文無しに, 死んだもの, 気色の, 深さ, 物を, 解脱の, 身は, 轟きまわるかと, 通じて, 釣った大, 陽気な, 階級を, 青い泡, 頭は, 鳴くの

▼ 穴でも~ (54, 0.5%)

5 あいて 4 あるの 3 あれば 2 ないか, 掘って

1 [38件] あいたに, あいたよう, あけて, あったし, あったの, あったらはいりたい気, あったらはいりたかった, あったらはいりてえお, あったらほん, あったら入りたいという, あったら入りたいよう, あつたら這入りたかつた, あつたら飛びこん, あらば, あります, あるらしく下, この刳, さがすよう, はいれば, ふさぎに, コジ明けられた, 一寸の, 上りなら, 二人あるいは, 出来たン, 取つたやう, 吹き人, 喉仏でも, 嘗めかねないほど, 埋める仕事, 掘ろうと, 木の, 洗って, 空きそう, 穿けるかの, 見つけて, 開いたの, 開いて

▼ 穴には~ (54, 0.5%)

8 いって 2 レンズが, 人間らしいもの, 女が

1 [40件] いつた, いると, い込むよう, きっと悪い, この通り小石, しのぶが, すっかり古い, なるの, ひらうと, ほそびき, また泥, もう怪人, よく悪い, 上から, 不潔なたまり, 中から, 五拾両の, 亜鉛化軟膏に, 右の, 名を, 墜ちなかった, 夜寒の, 好んで, 婀娜に, 左の, 強靭な, 悪い物, 戦災証明書や, 押込ま, 接近する, 木片が, 歯も, 海の, 瀬戸物の, 灯は, 瓶や, 生けるもの, 石灰が, 空気が, 色も

▼ 穴より~ (38, 0.4%)

2 両人く, 覗ひけり

1 [34件] いでんと, うか, うかがい巡査, うかがい見れば, かの無残, さし覗く, ついえ至堅, ほかには, もっと小さな, もっと船首, 入らんと, 入れさ, 出ると, 噴き出だし火石, 地中に, 或は皺, 撒きおきしパン, 毒蛇出, 注ぎ込みて, 漏るという, 濳り, 狐の, 現る, 立顕る, 臓腑を, 衝き返し, 走り抜けんと, 銕炮の, 頭を, 風呂場を, 飛び来たり, 首を, 鮫鞘の, 黒潮騎士大

▼ 穴~ (37, 0.4%)

2 ふし瘤だらけでは, 到るところ, 肛門までも, 裂けめに, 裂けめの

1 [27件] こわれた戸棚, その老, ゆきひ, ヤマネズミの, 二穴では, 刀創の, 口の, 口腔から, 古い動物, 墓下に, 大きな穴, 小道の, 戸の, 檻に, 死体の, 水たまりや, 沼地のうへを, 洗い張り物を, 白樺や, 眼ざし, 石器へ, 管の, 舟止めの, 轍を, 隙間が, 隙間を, 障子の

▼ 穴まで~ (34, 0.3%)

2 あいて, あけて, そんな工合, 見通して, 調べて

1 [24件] あげつらって, さし込んで, すっかり知ってるだろう, つき抜けて, つづいて, まねて, 三尺あまり穴の, 下り女王, 往って, 拵へて, 掘りつなげば, 改めてやる, 改めるに, 来て, 来ると, 毎日尋ね歩い, 無事に, 穿って, 見ましたよ, 解放した, 逃亡か, 運んで, 黒くし, 黒く煤け

▼ 穴~ (33, 0.3%)

7 この中 5 こに 4 こが 2 こにな, このやう, こへ

1 [11件] こかも, こから上, こから車, こだらけだ, こだらけの, このある飯, このいちばん, このなか, このよう, この水たまり, こを

▼ 穴掘り~ (33, 0.3%)

2 をし, 大工の, 道具を

1 [27件] その上, に奉仕, に行った, に限っ, の仕事, の労働, の大, の脳天, ばかりし, ばかりやらされ, もいる, もこちら, もし, もそれ等, もやろう, もようやく, も居る, をいそいだ, をする, をやっ, を夕方, を選んだ, 機械が, 機械だ, 機械で, 機械も, 男は

▼ 穴~ (30, 0.3%)

2 からな, し計算, よ

1 [24件] あ, からその, からとてのぞく, から子供達, か知れねえ, が, が月野博士, そうだ, それ位の, ぞ, つたのでございました, つて, つて話だ, ということ, としてもそれ, と云われ, と恐ろしく, ね, よと云つて, よ父上, ッ, 井戸かと, 当てに, 當に

▼ 穴にも~ (28, 0.3%)

3 入りたい心地 2 ありません, 入りたき心地

1 [21件] ある如く周圍, かからなかった, こまかく鉄棒, その形, はいこめるよう, はいりたくなって, はいれまい, 似つ, 光を, 入りたいばかり, 入りたいやう, 入りたい様, 入りたく身, 入る, 入れおくさて, 同じ番号, 少し溜つて, 必ず熊, 水が, 水月にも, 綿を

▼ 穴~ (26, 0.3%)

7 の山 3 坐兵主神社

1 [16件] が三輪山, といふ, といふ神社, といふ處, と兵主, の兵主神社, の山びと, の山人, の村, の神, の神人, の隣, は三輪, を山人, を育ん, 若しくは弓月嵩

▼ 穴にでも~ (23, 0.2%)

3 入りたいよう 2 はいりたかった

1 [18件] あてはまるという, はいりたい, はいりたいと, はいりたいよう, はいりたい位, はいりたい気, はいりたくなりは, 入つて, 入らなきや, 入りたくなるん, 入りとうございます私, 入り度, 入るやう, 溢れて, 潜って, 潜つ, 這りたかつた, 陥るよう

▼ 穴あり~ (22, 0.2%)

4 鳥には 2 て地火, 人の

1 [14件] てこの, てこれ, てそれ, て大き, といふ延久, 人入る, 其上槌の, 時に, 田螺には, 空とぶ, 空の, 緒の, 老い果てた, 鳥に

▼ 穴へでも~ (22, 0.2%)

3 入り度 2 落ちたよう

1 [17件] お連れなすっ, はいって, はいりたいほど, はいりたくなるくらい, もぐり込むん, 入りたいが, 入りたいほど, 入りたいよう, 入りたい心持, 入りたい気, 入りたかったよ, 入りたそう, 入るん, 姿を, 這入りたい, 這入りたくなる, 隠せるとの

▼ 穴では~ (21, 0.2%)

2 なかった

1 [19件] あったが, あつた, ありません, ありませんか, いけない, いったいどんな, ないかしらと, ないかと, ないどの, ないの, ないはず, ないよう, ない星, なくて, 回収が, 無くて, 虎めが, 蛇口の, 重い雨戸

▼ 穴ボコ~ (21, 0.2%)

5 の中

1 [16件] から長崎, が完成, で縛, に隠れ, の大半, の行列, へにげこまず, へはいらない, へボール, へ埋められ, へ盲滅法, へ誰, へ飛びこん, へ飛び降りる, まで崩れ, もあらかた

▼ 穴からは~ (20, 0.2%)

1 [20件] きょろきょろ二つ, とてもおとな, とてもにげだせない, どうどうと, ぷう, もくもくと赤土, 丈夫な生きた, 何か, 冷かな, 尋常に, 彼の, 未だ潜り入る, 滝の, 煙草の, 燈光も, 見えなくなった, 這い出すつもり, 部屋の, 雪の, 黄いろい煙

▼ 穴です~ (18, 0.2%)

6531 かね, から大きな, が, けれどそれでも

▼ 穴を通して~ (18, 0.2%)

1 [18件] お玉を, その端, ほんの少し, タアラリタアラリ, フチへ, 不意に, 中に, 使われる, 唾を, 外を, 廊下側に, 捉えたこと, 新しい世界, 死体の, 盃の, 自分の, 行なわれる種々, 馬は

▼ 穴釣り~ (17, 0.2%)

2 の鰻屋, をし, をする

1 [11件] が出来る, で公魚, に私, の公魚, の面白, はどう, は不, は出来ぬ, は命がけ, をした, 出来ずその

▼ 穴あら~ (16, 0.2%)

4 ばはいりたい 2 ば入りたい, ば入りたくなる 1 ばとばかりに身, ばはいり, ば入らん, ば入り, ば穴, ば這入らなけれ, ば這入りた, ば頭

▼ 穴~ (16, 0.2%)

2 の中

1 [14件] から三階, か兎, で栗材, などがある, におり, に押し, に隱, のある, のいぶき, のやう, の前, の底, を拵, を葡萄酒

▼ 穴~ (14, 0.1%)

2 の中

1 [12件] がたった, がぶつぶつ, がまた, の形, の順序, は一枚, は皆一枚, を一枚, を三枚, を撒いた, を燻, を貫き

▼ 穴あき~ (13, 0.1%)

4 銭を 2 錢の 1 て着る, 共は, 帽子を, 銭が, 銭よ, 銭一枚だって, 錢ばかり

▼ 穴さえ~ (12, 0.1%)

2 ないの 1 あきました, ありません, あれば, わかれば, 合わせて, 無いのに, 白髑髏の, 見れば, 開き洪水, 開けば

▼ 穴二つ~ (12, 0.1%)

1 [12件] あの猛禽, いい気味, さ, だ, ということ, というわけ, とか云う, とはこの, とはよく, と云う, なん, の諺通り

▼ 穴~ (11, 0.1%)

2 がりを 1 がりが, これが, それは, なんかに, 何か, 溝か, 蘆の, 隅っこに, 飾り物かと

▼ 穴なんか~ (11, 0.1%)

2 なかった 1 あいて, あけて, あけないで, あけないよ, もうはるか, 一つだって, 拵える泥棒, 無い筈, 覗いたって

▼ 穴狙い~ (11, 0.1%)

2 の専門家 1 がモグリ, が多い, にかぎる, には三万円, に転向, の人種, の方, の確率, をやる

▼ 穴~ (11, 0.1%)

5 の宮 3 の命 2 の御子 1 の御子軍

▼ 穴~ (11, 0.1%)

2 におりたち 1 という道, といふ道, の中, の入口, の雑人, を往来, を歩い, を磔負, を過ぎ

▼ 穴である~ (10, 0.1%)

3 ことが 2 ことは 1 が我々, ことも, と言えよう, 併し, 赤い点

▼ 穴へは~ (10, 0.1%)

1 いるよう, いるん, まつて, 入りませんか, 入るまい, 多少金, 戻れないこと, 紙を, 色紙一枚に, 這入りゃしねえ

▼ 穴みたい~ (10, 0.1%)

3 なもの 1 だ, なところ, な小, な書齋, な洞穴, に壁, に見すえ

▼ 穴八幡~ (10, 0.1%)

1 からここ, からすぐ, か水, だの諏訪, にいた, のほう, のガッシリ, の坂, の境内, の近所

▼ 穴~ (10, 0.1%)

1 になっ, に成っ, の, の形, の扮装, へと致命的, ハルシュカ一人だった, 人夫, 工事を, 機械が

▼ 穴つるし~ (9, 0.1%)

1 がその, で四日目, というの, という珍妙, という発明, といふ刑, といふ殺し, 山本は, 水責めなんでも

▼ 穴という~ (9, 0.1%)

2 のが, のは 1 ほうが, 岩屋が, 構造を, 穴から, 穴は

▼ 穴~ (9, 0.1%)

1 で三十三年間大蛇, に居た, に曲り, に猟, に紛れ入りし, に結べる, に蚕卵紙, の物, の虫

▼ 穴~ (9, 0.1%)

1 が出来なかった, と云った, にし, になつて, によほどの手間, に余程, をしなけりゃならん, をしよう, をする

▼ 穴馬谷~ (9, 0.1%)

1 という村, と称すべき, に落ち込ん, に落着, の名, へおっこち, へ二人, へ落ち込ん, へ落ち込んだ

▼ 穴からも~ (7, 0.1%)

1 またひょいと, めったに煙, もやもやと, 流れ出るかと, 皓々たる, 真赤な, 覗いて

▼ 穴っ子~ (7, 0.1%)

3 の中 1 こそ彼等, の空巣, へトヤ, へ到着

▼ 穴とは~ (7, 0.1%)

2 どうも同一 1 あまりに殺風景, すぐ分る, よくよく運, 違いなんとなく, 違つてその

▼ 穴とを~ (7, 0.1%)

1 ふたりの, 合わせその, 指した者, 知って, 築石, 見比べてを, 見至る所

▼ 穴~ (7, 0.1%)

2 のです 1 のであつ, ので立っ, んだ, んでごぜ, んです

▼ 穴へと~ (7, 0.1%)

1 ズーと, 入りました, 手伝って, 這いこむの, 這い進んで, 通じて, 降って

▼ 穴らしい~ (7, 0.1%)

2 ものが 1 ものさえ, ものの, ものは, んだ, 小窓

▼ 穴をも~ (7, 0.1%)

2 舊の 1 こそぐった, のぞいて, 漆喰で, 見出した之, 通らむず糸

▼ 穴一つ~ (7, 0.1%)

1 あかず何, じゃねえ, だってぼく, でも間違, 明かず, 明かないばかりか, 見附ける訳

▼ 穴~ (7, 0.1%)

1 から出, がある, が幾つ, でもない, へでた, へ顔, を作り

▼ 穴吊し~ (7, 0.1%)

2 の発明 1 だ, であるが, という方法, といふ刑, の発明以来

▼ 穴~ (7, 0.1%)

2 の姥, の里 1 に早苗, の乳母, 煮の

▼ 穴穂王~ (7, 0.1%)

2 のほう 1 のご, の手, はお, は囲み, は軽

▼ 穴~ (7, 0.1%)

2 をし 1 して, と定め, に耐, の熊, の爺め

▼ 穴~ (6, 0.1%)

1 もり, もりくろ, もりして, もりの, もりを, もり隱ら

▼ 穴とも~ (6, 0.1%)

1 云うべき水口, 云ひつべき, 思えるの, 思へない, 思へるの, 見えた

▼ 穴へも~ (6, 0.1%)

1 はいり度, 入たき, 入たき樣子, 入りたいほど, 入りたかりし一昼夜, 春風とともに

▼ 穴住居~ (6, 0.1%)

2 して 1 には耐えなくなり, の先住民, はしない, をし

▼ 穴~ (6, 0.1%)

1 に稲荷, へつい, へでも行つてゆ, へ恵方, へ潮干狩, へ遊び

▼ 穴穂部皇子~ (6, 0.1%)

21 と手, はひそか, は怒っ, や宅部皇子

▼ 穴~ (5, 0.1%)

1 がし, のみ金銀珠玉, へあきました, へあけれ, 入つた熊みたい

▼ 穴だけ~ (5, 0.1%)

1 だ, であったり, でこれ, でなく方々, のぞかせて

▼ 穴などを~ (5, 0.1%)

1 あけるの, しらべて, ひいふう, 思はせるの, 探して

▼ 穴~ (5, 0.1%)

2 処に 1 なってるん, 中で, 中へ

▼ 穴~ (5, 0.1%)

1 出ル, 掘テ, 穿チ該穴ニ線条, 見ツケテ, 見テ驚ク穴トイフハ小キ穴卜思ヒシニガランドナリ心持

▼ 穴~ (5, 0.1%)

1 だの, だの蜘蛛太, などという一連, などに馬, に送られ

▼ 穴~ (5, 0.1%)

1 だ, に凝っ, の繁昌, へ供, よりはいっそう

▼ 穴籠り~ (5, 0.1%)

2 をし 1 と云え, などもし, の生活

▼ 穴~ (5, 0.1%)

3 の豐浦 1 の語, より向

▼ 穴ある~ (4, 0.0%)

1 ど, は是, を指した, 所の

▼ 穴だけが~ (4, 0.0%)

1 その左右, ポツンと, 悪魔の, 竪に

▼ 穴だった~ (4, 0.0%)

1 からそこ, から私, のです, のでその

▼ 穴にまで~ (4, 0.0%)

1 毛が, 追いつめられた形態, 追い落された形態, 這いこんで

▼ 穴ばかり~ (4, 0.0%)

1 でなくドア, でなく昔, 探して, 残して

▼ 穴までが~ (4, 0.0%)

2 ピタリと, 肌寒くなる

▼ 穴ん中~ (4, 0.0%)

1 から出る, にあの, にゃいないや, に住ん

▼ 穴~ (4, 0.0%)

1 のばら銭, の系統, やわいわい, をし

▼ 穴住まい~ (4, 0.0%)

1 して, をし, をする, をなす

▼ 穴切明神~ (4, 0.0%)

1 であるという, のあたり, の森, を後ろ

▼ 穴師山~ (4, 0.0%)

1 から来なく, では穴師部, の山人, の神人

▼ 穴探し~ (4, 0.0%)

1 の筆法, や相手, をした, をする

▼ 穴穂部~ (4, 0.0%)

1 にくらべ, はそれ, を入れなかった, を天皇

▼ 穴穂部皇女~ (4, 0.0%)

2 に作り 1 の, の御名

▼ 穴~ (4, 0.0%)

1 だけである, の出来ぬ, の松原湖駅, をやってる

▼ 穴~ (4, 0.0%)

2 り大工 1 りで引っ, りで引使

▼ 穴~ (3, 0.0%)

1 きたるが, 埋めに, 掘つて

▼ 穴いっぱい~ (3, 0.0%)

1 に敷く, に響いた, の水

▼ 穴うめ~ (3, 0.0%)

1 て呉れ, に使った, をした

▼ 穴からでも~ (3, 0.0%)

1 来るよう, 覗いてや, 逃げたの

▼ 穴からの~ (3, 0.0%)

1 操作で, 明りが, 脱出

▼ 穴じゃ~ (3, 0.0%)

1 ない, ないか, ねえか

▼ 穴その~ (3, 0.0%)

2 下に 1 裏は

▼ 穴だけは~ (3, 0.0%)

1 あなたが, ちょっと埋め, 自分で

▼ 穴だって~ (3, 0.0%)

1 明かない, 解ったもの, 音ちゃんは

▼ 穴といふ~ (3, 0.0%)

2 のが 1 穴に

▼ 穴なれ~ (3, 0.0%)

1 ばなり, ばはやく, ば再び

▼ 穴はれたる如く~ (3, 0.0%)

3 もう止め

▼ 穴を通じて~ (3, 0.0%)

1 映写せね, 流出する, 隣室から

▼ 穴ウメ~ (3, 0.0%)

2 に要する 1 には与えず

▼ 穴勝無理~ (3, 0.0%)

1 でない当世人士, ならぬこと, な見方

▼ 穴~ (3, 0.0%)

2 をした 1 をし

▼ 穴小屋~ (3, 0.0%)

1 に住, の樣, をほじくりかえし

▼ 穴山方~ (3, 0.0%)

1 にあり, の薙刀, の郎党

▼ 穴弘法~ (3, 0.0%)

1 というの, とか云っ, の岩山

▼ 穴打ち~ (3, 0.0%)

1 といふ頗る, をやつ, をやらう

▼ 穴掘っ~ (3, 0.0%)

1 てモシモシミダス王, て住み, て入る

▼ 穴掘り役~ (3, 0.0%)

1 に当, に行, は寺男

▼ 穴明き~ (3, 0.0%)

1 の所在, 白銅なら持っ, 銭と

▼ 穴本部~ (3, 0.0%)

3 の別

▼ 穴~ (3, 0.0%)

1 で意外, に凝つ, の内部

▼ 穴~ (3, 0.0%)

1 に指出たる, に煙, より拔出

▼ 穴あらば~ (2, 0.0%)

1 はひり, はひりたい

▼ 穴あれ~ (2, 0.0%)

1 ども人, ばはいりたき

▼ 穴かと~ (2, 0.0%)

1 おもいましたが, 云いししれ者

▼ 穴からに~ (2, 0.0%)

1 ゅっとのぞいたというつるはある, ょろりと鎌首を

▼ 穴からよ~ (2, 0.0%)

2 ろばひ出

▼ 穴こまん~ (2, 0.0%)

2 円け

▼ 穴ごと~ (2, 0.0%)

2 に千人二千人

▼ 穴~ (2, 0.0%)

1 て見たる, 瀦水し

▼ 穴しか~ (2, 0.0%)

1 なくまつ, 出ない競輪場

▼ 穴だけの~ (2, 0.0%)

1 ところに, ものだった

▼ 穴だの~ (2, 0.0%)

1 さかのぼると, 街の

▼ 穴だらけ襖~ (2, 0.0%)

2 や板戸

▼ 穴~ (2, 0.0%)

1 やありません, やなく

▼ 穴であっ~ (2, 0.0%)

1 てその, てもその

▼ 穴でない~ (2, 0.0%)

1 ものに, 処は

▼ 穴とか~ (2, 0.0%)

1 森の, 歯の

▼ 穴とが~ (2, 0.0%)

2 白い紙張り

▼ 穴との~ (2, 0.0%)

1 二つが, 間を

▼ 穴なし~ (2, 0.0%)

1 の煙突, の闇

▼ 穴など~ (2, 0.0%)

1 ないこと, ないの

▼ 穴などという~ (2, 0.0%)

1 呼称が, 語は

▼ 穴などの~ (2, 0.0%)

1 低地を, 名は

▼ 穴などは~ (2, 0.0%)

1 ない, 開いて

▼ 穴なども~ (2, 0.0%)

1 作るらしい, 可笑しくなかった

▼ 穴なりに~ (2, 0.0%)

1 拵えた詰め, 拵へて

▼ 穴なんぞ~ (2, 0.0%)

1 掘ってられやしない, 掘れるかよ

▼ 穴にな~ (2, 0.0%)

1 つて居り, つて電流や

▼ 穴のみを~ (2, 0.0%)

1 うがち生命, 知り其の

▼ 穴ばかりが~ (2, 0.0%)

1 ポカリと, 露子さんの

▼ 穴ばかりに~ (2, 0.0%)

1 なった, 気を

▼ 穴ほり道具~ (2, 0.0%)

1 をなるべく, を三人

▼ 穴めがけ~ (2, 0.0%)

1 て突入, て艇

▼ 穴~ (2, 0.0%)

1 北風の, 斜に

▼ 穴よりの~ (2, 0.0%)

1 光ぐらいしか, 譬

▼ 穴よりも~ (2, 0.0%)

1 ましな, 三尺下を

▼ 穴をと~ (2, 0.0%)

1 ほらせるよりも, ほりぬけて

▼ 穴一パイ~ (2, 0.0%)

2 の霹靂

▼ 穴一夜~ (2, 0.0%)

1 の憩, の憩い

▼ 穴一游亭~ (2, 0.0%)

1 あり, に負

▼ 穴北戴斗~ (2, 0.0%)

2 極爲空桐

▼ 穴~ (2, 0.0%)

1 に至る, は国造本紀

▼ 穴塞ぎ~ (2, 0.0%)

2 の金

▼ 穴~ (2, 0.0%)

1 にひびい, の中

▼ 穴師神人~ (2, 0.0%)

1 などが其, の漂遊宣教

▼ 穴式家屋~ (2, 0.0%)

1 は到底, を以て蝦夷

▼ 穴~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 穴~ (2, 0.0%)

1 の転, をした

▼ 穴~ (2, 0.0%)

1 しだと, しとも

▼ 穴~ (2, 0.0%)

1 が直吉, に立ち迷っ

▼ 穴~ (2, 0.0%)

1 の悪神, は又

▼ 穴~ (2, 0.0%)

1 の郷, 庄同じく

▼ 穴~ (2, 0.0%)

1 である, にペルー人

▼ 穴程の~ (2, 0.0%)

1 孔が, 知恵を

▼ 穴~ (2, 0.0%)

1 という趣向, はふたつ

▼ 穴迫谷~ (2, 0.0%)

1 に添う, の大きな

▼ 穴部屋~ (2, 0.0%)

1 の中, へ戻っ

▼ 穴~ (2, 0.0%)

1 といふところ, は高

▼ 穴~ (2, 0.0%)

2 の穴

▼1* [275件]

あって穿っ, 穴あらば入りもしたい, 穴あるごとく雨の, 穴いつぱいにうよ, 穴突ん, 穴うたかたのあ, 穴かがってはい, 穴かがり靴下の, 穴かけなわ, 穴かなんかだね, 穴かのように, 穴かも知れない, 穴からすら呼吸が, 穴からという喩も, 穴からまで出た, 穴からやにょきにょきと, 穴がくづれた時に外, 穴がぞーっと, 穴がよこに, 穴くらゐあいたかも, 穴くらい幾らでも, 穴くらいの破れ目が, 穴ぐらずまいなんか一日だってがまん, 穴ぐらのかくしぶたをひらきその暗やみ, 穴ぐらのようすがおぼろげにわかっ, 穴ぐらのようなまっくらな中へはいっ, 穴ぐり調べたが, 穴こもるたはれ狐か, 穴さがしとくる, 穴さ煙管が五本, 穴しかも夕陽に, 穴じゃあない, 穴そこからはいっ, 穴そのうち命取りの, 穴そのままの大き, 穴そのものが回転, 穴その道一ならず猟人一道, 穴たることが, 穴だけで呼吸し, 穴だけでも隱せ, 穴だけになったが, 穴だに焼き尽くせば, 穴だらけ夜になる, 穴だらけ火鉢はあ, 穴だらけ隙だらけです, 穴だらけ隙間だらけで我家, 穴だらけ電車の軌道, 穴だろうといっ, 穴って抱えの, 穴子まで, 穴つくろいをし, 穴てんてんの青き, 穴であったろうがかなり, 穴であり墓穴である, 穴でありましょうがその, 穴でございますのね, 穴でしたがふたり, 穴ですつて親分, 穴でなかったろうしたとえ, 穴でなく殺人的気魄を, 穴といった跡に, 穴といふほどの大きな穴ぢ, 穴とうとしやお, 穴として知られた四つ, 穴とでもいうべきうらぶれた日日, 穴とに周流いたり, 穴とばかりは申すまい, 穴とやらが見付からないの, 穴とやらへ埋めて, 穴なぞをひいふう, 穴などからは寒い風, 穴などがあつた, 穴などへ顔を, 穴なにもかも, 穴ならまだまだ存分, 穴なんて一つも, 穴にかけ込むゝゝゝゝ, 穴にかへつてゐた, 穴にて開て, 穴にでもはひりたい, 穴にばかり引っ込んで, 穴にや巣食ふら, 穴によつて地球の, 穴によってかろうじてそれ, 穴にをくつて, 穴に当たる風の音だろう, 穴のでつかい人間, 穴のばあさま, 穴のむかいが, 穴はどつちを, 穴はもあれども, 穴ばかりという例題を, 穴ばかりといふ例題を, 穴ばかりの眼で, 穴ふさぎに利用, 穴ふさぎではだめ, 穴ふせぎとめずは高堤や, 穴ふとうする, 穴へでもはひるやう, 穴へとはいって, 穴ぎ用の, 穴ほしや, 穴ほどな余地, 穴ほどに縮まったよう, 穴まだ早いが, 穴まではずいぶんはるか, 穴までも沁み渡るほど, 穴までをうつさせ耳鼻, 穴みなビューッと鳴っ, 穴むすびむすびて九月哉, 穴めいて膚, 穴もろとも吹きとばされ, 穴ゆさばしる水, 穴よりは大分大きく, 穴らしい窪みをみつけ, 穴らしくそこから, 穴をぞ穿ちける, 穴をでもあけるつもり, 穴をはひいでもしや, 穴アキの一文銭, 穴アキ銭とよぶ, 穴ゴモリのよう, 穴ッぱいりかえ和泉屋, 穴トイフハ小キ穴卜思ヒシニガランドナリ心持悪クナリテ泣ク, 穴トヲ穿ッテアルアノ形式アレハイカニモ平凡デ俗ッポクッテ, 穴ト手向ケノ水ヲ供エル穴トヲ穿ッテアルアノ形式, 穴中ヘオイテキマシタカラ, 穴ボコだらけのところ, 穴ルパンの死体発見, 穴レースが少い, 穴ン中で寝, 穴一つあけ殘して, 穴一レースだけ本命通り, 穴一杯に塞ぐ, 穴一遊亭に聞いた, 穴一銭と称し, 穴一銭占豆握りヤットコドッコイ, 穴一面に浅く, 穴で呼吸, 穴獲熊親, 穴中蒲原郡大形村海老ガ獺南浦原郡中の島村海老島中頸城郡八千浦村夷浜, 穴二つ幽かなりと, 穴二ツも三ツ, 穴二ツ揃ふてゐるからは, 穴二百余ヶ所に及ん, 穴互いに相助くる, 穴五つあり, 穴以外各所に列石, 穴以来一同の心, 穴何だ煙突だ, 穴にしらみ, 穴入りを致します, 穴全体がそのまま, 穴八幡下に在, 穴八幡附近もすぐ, 穴兵糧件の貯蓄, 穴其外是迄遣はれし, 穴悪いもの, 穴勝不可となさず, 穴勝其他を排斥, 穴勝恥かしがって人, 穴勝現在佛國で支那學, 穴勝耻かしがつて, 穴卜思ヒシニガランドナリ心持悪クナリテ泣ク, 穴四角い穴何だ, 穴国穴済穴海和武尊悪神を殺戮, 穴を埋め, 穴地下に充満, 穴地蔵とか穴弘法, 穴埋めさ味噌汁吸っ, 穴といっ, 穴の, 穴堀等をやる, 穴堀鑿だ, 穴填めしばし袂, 穴の割れ目等, 穴多き狹き, 穴多く岩燕出入し, 穴家屋の搆造, 穴専門に狙う, 穴屋敷の中, 穴山彦に変っ, 穴山野にてこ, 穴島といへり, 穴川口の戦い, 穴師部所伝の詞章, 穴から重い, 穴へ主人, 穴弘法山の泉, 穴をこし, 穴彦保許根禿鷹などへかたく, 穴彼女は, 穴悉く蜘蛛に, 穴持つて逃げたら, 穴捜しとなりゃ, 穴掘り仕事それも縁, 穴掘り作業の兵隊生活, 穴数万キロの発電所, 穴明けてはと, 穴暗い一点四カ月間の, 穴有り出所は, 穴頽齢, 穴板戸の節穴, 穴から白沢, 穴機関銃隠蔽地物その他小丘, 穴次第に擴がり吐く, 穴を用, 穴を踏ん, 穴のしたたる, 穴は景行紀二十七年十二月, 穴海和武尊悪神を殺戮, 穴済穴海和武尊悪神を殺戮, 穴溶岩を覗い, 穴熊毛綱の手品, 穴狙い屋の少い, 穴をする, 穴狩って恐い, 穴狸穴狐穴穴さがしと, 穴生活に逆行, 穴田村方面には佐々, 穴番今日は御苦労, 穴発見のいちばん大切, 穴目くそ歯くそフケ, 穴知り生, 穴はいくらでも, 穴穂天皇を従父, 穴穂宮へお, 穴穂王方からどんな, 穴穂皇子は皇太子, 穴穂矢といっ, 穴穂部間人の母后崩, 穴穂部間人皇女とある, 穴穗箭といふ, 穴さがしと, 穴穿りいゆき, 穴のよう, 穴のやう, 穴の諸君, 穴等いずれもむかし, 穴籠りしてゐるらしい, 穴籠りする思い, 穴口, 穴ともいう, 穴蜂の巣を取つ, 穴蜘蛛のよう, 穴のうすく, 穴見たような, 穴見たいな処, 穴覗くと狭い, 穴観測に過ぎない, 穴に, 穴調べも遣り, 穴この感情, 穴賢いものじゃ, 穴賢人に語る, 穴より一本, 穴路地で二階, 穴近くの長岡, 穴逸見斧吉小野有香横田兵馬の諸君, 穴りて, 穴の西北竈門山, 穴金具はこれ, 穴釣三次と云っ, 穴銭みたいなハゲ, 穴銭沖本だなどとは, 穴門ヶ島ともまたの名, 穴門国にとどまった, 穴開け縄を通して, 穴隈鉱蔵葉巻をくゆらし, 穴を鑽, 穴隠しに立て, 穴のよう, 穴馬頭鎮等の前線, 穴と云, 穴の穴