青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「芝~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

良心~ ~色 色~ ~色々 色々~ ~色彩 色彩~ ~艶 艶~ 芋~
芝~
~芝居 芝居~ 芝生~ 芥川~ 芭蕉~ ~花 花~ 花嫁~ 芳~ ~芸

「芝~」 1420, 15ppm, 7328位

▼ 芝~ (549, 38.7%)

34 上に 11 方へ 8 三田の, 上を 7 新銭座, 方に 4 うえに, 上の, 上へ, 増上寺の, 山内の, 方角へ, 親類へ 3 お屋敷, 上で, 愛宕下の, 方の, 片門前, 田町で, 野原に, 高輪に

2 [42件] おじいさんの, ような, 一瞥, 三田から, 三田四国町の, 上には, 丘に, 中から, 中に, 中の, 刈生に, 土手である, 増上寺が, 増上寺を, 宇田川を, 安さんの, 小山に, 山内で, 山内に, 山内へ, 山内を, 庭に, 愛宕下で, 愛宕山の, 愛宕山へ, 斎藤氏邸に, 方で, 方には, 方を, 方面へ, 方面東は, 枯れた砂土手, 桜川根津の, 源助町の, 田町に, 白金三光町に, 紅葉館で, 芽の, 間に, 霊廟は, 露月町に, 高輪の

1 [338件] あきんどから, あたりから, あたりに, あの三縁山, あの山泉男爵さん, あれは, いい分, うえには, おうち, おじいさんが, おじいさんたちの, おじいちゃんの, おじさんが, おなじ稼業, お上屋敷, お出入り屋敷, かれふが, この逆, ごみだの, その病院, なぞへ, はえ方も, はづれ, ひと面会, へりか, ほうから, ほうへ, もそれぞれ, もとの, やうな, んは, スロウプに, ユニテリアン教会で, 一つで, 一帯は, 一部を, 一部分, 三光から, 三光町あたりに, 三光町から, 三島屋へ, 三田で, 三田に, 三田四国町という, 三田小山町に, 三田邸を, 三縁亭に, 三門など, 上, 上から, 上が, 上だ, 上一杯に, 上屋敷へ, 上手を, 下の, 丘で, 両替屋の, 両替屋へ, 両署, 中を, 中部にかけて, 中雑木の, 主人が, 久保町こういう, 久保町の, 二軍を, 二部隊が, 五郎未, 人入れの, 人突き騷ぎは, 今村さんの, 仲門前に, 伊皿子まで, 伊皿子を, 何, 使命は, 儘にて, 先に, 入舟町だ, 入舟町に, 公園あたりにも, 公園と, 公園に, 公園地, 兵と, 写真師で, 効を, 勧工場より, 区裁判さ, 区裁判所へ, 協調会館で, 周囲を, 商家も, 四国町へ, 四国町まで, 土手に, 土橋とかいふ, 地に, 増上寺あたりから, 増上寺から, 増上寺それから, 増上寺で, 増上寺へ, 増上寺まで, 増上寺上野の, 増上寺内に, 増上寺前花岳院てと, 外れか, 多い原山, 夜露に, 大巻先生の, 大火を, 大鐘は, 大門通りの, 太, 如く車蓋, 字は, 宇田川町へ, 宇田川町界隈の, 安福軒です, 実家に, 実家の, 家へ, 家へも, 家まで, 家人は, 家来も, 寮だけ, 寮へ, 寺島, 寺門の, 将監橋の, 小さな丘, 小山や, 小山を, 居館の, 居館は, 居館を, 山内だ, 山内などで, 巴町附近辺まで, 帰りを, 平地が, 平地で, 平地です, 平庭, 広やかな, 広場に, 庭も, 庭園と, 庭覚え, 従兵等が, 従兵等は, 御霊屋の, 心は, 性格に対する, 恵智十という, 愛宕で, 愛宕などの, 愛宕下町に, 愛宕下辺で, 愛宕台と, 愛宕山なぞ, 愛宕平河天神などを, 愛宕様じゃ, 愛宕神社浅草の, 慈惠病院の, 我善坊から, 或る, 才を, 攻玉舎の, 文を, 斎藤氏邸は, 料理店鈴木の, 新宅は, 新網, 新網下谷の, 方から, 方さえ, 方にあたって, 方へとは, 日影町の, 昔を, 晩翠軒へ, 末期というの, 本店采女町の, 杜よ, 松原で, 松原の, 松本町に, 松本町を, 枯れたの, 柴井町近江屋という, 柴井町近江屋といふ, 根が, 根もとが, 根や, 根を, 桜川町付近が, 植って, 様にも, 正則中学校の, 母の, 毳を, 江川の, 泉市だの, 法事へ, 浜から, 浜松町, 浦にも, 浪花家へ, 海, 海さ見, 海なら, 海や, 涌泉堂という, 清正公の, 満月, 源助町で, 源助町とかの, 源助町に, 源助町へ, 火事は, 火事を, 炭屋さんだ, 烏森に, 烏森校から, 片山前に, 片門町など, 琴平亭四谷の, 琴平町に, 琴平神社と, 田村邸において, 田町の, 田町処も, 田町薪屋の, 田町軍學劍術の, 畔に, 畠の, 異常な, 白金でも, 白金に, 石竜子, 神明, 神明さまの, 神明で, 神明に, 神明の, 神明前神田護持院の, 神明様の, 神明樣の, 神明湯嶋天神市谷八幡牛込赤城明神小石川牛天神の, 神明裏と, 私物まで, 稽古で, 穂が, 空家に, 端から, 築山が, 紅葉館と, 紅葉館へ, 網場まで, 縁に, 美しい飛行場, 老夫人, 老夫人逝去, 聖坂に, 聖心女学院へ, 舞台で, 舞台の, 色が, 花園橋の, 花岳院へ, 若芽が, 葉の, 葉を, 蒲団屋の, 薩摩ツ原の, 薩摩原の, 血清注射に, 西の, 西久保まで, 親戚で, 親戚の, 角の, 計った, 諸品, 質店の, 赤羽川を, 赤羽橋で, 身内も, 軍は, 軍を, 辺りへ, 辻で, 通りか, 通りを, 道場の, 道場へ, 遠い知合, 遠くに, 邸宅を, 郎党が, 野で, 金地院に, 金杉という, 金杉方面にも, 金杉方面のは, 金杉本, 金杉橋の, 金森さまという, 金森さまの, 金森様の, 針葉の, 鐘は, 長屋では, 間の, 隊を, 離れ方, 霊廟には, 霊廟に対して, 霊廟へ, 霜を, 露月町で, 露月町の, 青々と, 青松寺で, 青松寺の, 青松寺へ, 鞆絵小学校に, 馬越さまへ, 高いところ, 高台に, 高台の, 魚籃坂における, 黄いろく見える, 黄味がかった

▼ 芝~ (68, 4.8%)

2 ゆうべの, 使いとして, 刈るという, 起して, 踏んで

1 [58件] おそれて, お植え, くっつけたまま, ふみつけに, むしり取って, マンネンタケに, 一度武力, 使いに, 処分し, 出づる螢, 出て, 刈ったり, 刈って, 刈りためたを, 刈り始めるの, 刈るには, 刈るの, 刈る事, 刈る鋏, 前に, 劃った, 土とともに, 始め各区に, 庭に, 張った, 後ろから, 掃いたよう, 採り丹, 採る方術, 推薦した, 撫でるソヨ風, 材料に, 植うる, 植えただけ, 植えたばかりの, 植えた斜面, 植えて, 植えられて, 植えるの, 植え棕梠, 植ゑた斜面から, 盛って, 監禁し, 眺めた, 眺めたり, 積んで, 置いて, 背に, 苅りはじめる, 苅り妻, 苅るとき, 見て, 見ました, 説いて, 踏まへて, 踏みたいと, 迎えあらためた, 逃げ出すくらい

▼ 芝~ (58, 4.1%)

2 まじって, 住んで

1 [54件] あって, あてて, ある家, いた時, いて, いまや倒れる, いる女, うつりたれば, くらべると, そつと, なつて, なりたや, ぬか, ノンノコセイセイ, 一むら淋し, 一万の, 一軒小石川に, 上から, 上手な, 下宿を, 世帯を, 五品ある, 代って, 会って, 住って, 使いに, 及ばない, 反感を, 向いました, 向ひました, 在る細君, 大火事, 居た頃, 居る人, 捉り, 於いて, 日光だけの, 明るい陽, 晴る, 櫨子燃えたつ, 生れた, 生れた尾崎紅葉, 移った, 移つたのは, 精兵五千を, 置こうが, 腰たんぽぽ黄, 腰を, 覆はれた明るい, 覆はれて, 諸国諸, 赤い蒲団, 造営した, 長い影

▼ 芝~ (53, 3.7%)

2 地に

1 [51件] いろいろ苦情, いろいろ諫め, かまわず語りつづけて, きょうの, こう云い切る, つぶさに戦況, どこだ, ますます延び, またそこ, また竹柴村, まだ萌え, もと高麗人で, ら, わがもの, 三田の, 使いとして, 倉皇と, 別荘を, 剥げ落ちそこ, 告げた, 哀しかれども, 喜んで, 天寶十載, 小野蘭山は, 年来公務, 延びれば, 感激し, 才文武を, 敵せない, 旧家で, 昂然と, 曹操の, 枯れたれやす, 枯れなければ, 武蔵の, 武蔵国造の, 気持ちよく生長, 沼地の, 湿っぽい夜, 篤くもてなされ, 至極粗末, 見晴らしの, 語りだした, 諫めて, 近親では, 返還を, 郡司, 酒食を, 錦糸堀で, 霜に, 鬱憤やる

▼ 芝~ (41, 2.9%)

8 の上

1 [33件] あの石, から隔て, が見えた, で蝶, とで画面, になだれ, になつ, には木, に下り, に在り, に立っ, に飲まず喰わず, のごく, のぬれた, のまん中, のよう, の中, の崖, の広い, の沢, の草, は森, は相対, へひざまずく, へ廻っ, へ王子, を掘り返した, を掘返し, を見まわし, を観戦地, を通らなけれ, を開い, 美しい樹影

▼ 芝~ (24, 1.7%)

1 [24件] だいぶ色づい, はげて, ひとつまみほど, ぼんやり敷い, 一面に, 五本生え, 人に, 再三の, 南蛮の, 同行した, 少しの, 或る, 描いて, 最早枯れ, 枯れて, 植えて, 火事だ, 生え垣根, 生へ, 興世や, 警戒し出した, 質問した, 長く生え, 青々として

▼ 芝~ (24, 1.7%)

2 麻布の

1 [22件] いうと, いえば, うすみどり, し芝みね, そこの, なつて, なり赤坂辺, よべり, 仲裁者の, 会見した, 唱えるもの, 将門が, 心を, 文化とは, 新任の, 杉菜と, 浅草では, 神田の, 糸薄が, 遠く離れ, 飛石と, 麻布へ

▼ 芝~ (23, 1.6%)

2 おろして, 仕入れに, 帰つて来, 腰を, 行きました

1 [13件] 使に, 入って, 出て, 厳達し, 取りおろしました, 対し何らかの, 来て, 歸る, 氷雨の, 自分は, 行きましょう, 行く, 走り帰るの

▼ 芝~ (17, 1.2%)

3 火あぶり 2 生れて

1 [12件] あれこれと, 一寸した, 七宝寺と, 古道具屋を, 名題の, 捜し出し十手, 掩はれ, 毛氈を, 生れねえの, 編みます, 編んだ, 開業し

▼ 芝から~ (12, 0.8%)

2 神田まで 1 では, 一ツ橋まで, 上野に, 上野まで, 下谷本郷から, 勝ち軍の, 小石川の, 通つて居た, 金杉へ, 麻布方面では

▼ 芝~ (12, 0.8%)

2 の某 1 で二本榎, にあった, に向いたる, のさる大きな, の住人, の果, の知己, の食道楽会, 及び品川, 明船町

▼ 芝~ (12, 0.8%)

1 [12件] があり, でできてる, に力足, のよう, の上, の日だまり, の義, の背地, は男達, を取り除ける, を置いた, を路

▼ 芝~ (12, 0.8%)

2 の父 1 が上っ, が加役, が持主, と共に他, などの古, の人形, の手代長吉, の楓, は後, を評し

▼ 芝~ (10, 0.7%)

2 の小宴, の日向最寄り 1 である, のこと, の冬, の向う, の広, や松

▼ 芝~ (9, 0.6%)

1 やって来た, 何処からか, 刈れない事, 杉菜と, 渋っては, 燒けず, 牟邪志乃国造, 畑も, 趙雲に

▼ 芝兼さん~ (9, 0.6%)

1 といふ人, には叶, のお客, のつけ込み, の他, は攻める, は自分, は迚, を詰まし

▼ 芝田村町~ (9, 0.6%)

2 からこの 1 に残っ, のビル, の上屋敷, の妙, の角, の路上, の青木

▼ 芝白金~ (9, 0.6%)

2 の家 1 から目黒行人坂, から赤坂, だったの, の支倉喜平, の方, の瑞聖寺, の聖心女学院

▼ 芝まで~ (8, 0.6%)

1 やって, 帰れると, 来る道, 行こうという, 行ったこと, 行った時, 駈けつけて, 駈け廻つたんで

▼ 芝三田~ (8, 0.6%)

3 の四国町 1 に一二年, に借入れた, の松方正義, の第, の義哉

▼ 芝~ (8, 0.6%)

2 の屋敷, へ向いた 1 で海, の革財布, へかけ, を通り越す

▼ 芝田町~ (8, 0.6%)

1 に間違い, の佐野, の大工, の辺, の辻番, の鋳掛屋庄五郎, へ差し掛る, までの間

▼ 芝増上寺~ (7, 0.5%)

1 にて遺, のエハガキ, の寺領, の庫裏, の末寺飯倉赤羽橋, の本堂, の楼門

▼ 芝~ (7, 0.5%)

1 では, に引, に所用, のさる, の人達, の女医者, の極めて

▼ 芝土手~ (6, 0.4%)

2 と上 1 と清冽, へかかる, へと横切っ, へ向っ

▼ 芝~ (6, 0.4%)

1 が四谷, が退い, であらう, 丸の, 丸は, 丸福蔵団子などの

▼ 芝源助町~ (6, 0.4%)

2 の神保造酒 1 の下総屋, の無形一刀流, の無形一刀流道場, をさして

▼ 芝神明~ (6, 0.4%)

1 のほとり, のセムシ喜左衛門, の境内, の太, の生姜市, の近所

▼ 芝神明前~ (6, 0.4%)

2 のとある 1 から出火, の和泉屋, の地本問屋和泉屋市兵衛, 迄いった

▼ 芝には~ (5, 0.4%)

1 かげろう鳥の, それが, そんな所, 五色の, 応戦の

▼ 芝~ (5, 0.4%)

1 水の, 空の, 荒れた梅, 雪解の, 青山の

▼ 芝~ (5, 0.4%)

1 が偶然, が出, の青き, や落ちたる, を剥き

▼ 芝芸雀~ (5, 0.4%)

1 その心持, といふ子役, はいきなり, は両目, は主従

▼ 芝~ (4, 0.3%)

1 ともかく飛脚屋, どこかに, 品川へ, 麻布へ

▼ 芝という~ (4, 0.3%)

1 ところと, ものは, 人物だ, 者が

▼ 芝刈り~ (4, 0.3%)

1 がやっと, に行った, の作業, を願おう

▼ 芝宇田川町~ (4, 0.3%)

1 にいた, に生れ, まで十軒あまり, を経

▼ 芝明舟町~ (4, 0.3%)

1 で娘さん, の方, の裏長屋, の路次

▼ 芝桜川町~ (4, 0.3%)

1 なる山木兵造, に構え, の裏通, へ行く

▼ 芝~ (4, 0.3%)

1 と江戸派, のほう, の元老, の節

▼ 芝~ (4, 0.3%)

2 のよう 1 というもの, を鳴らした

▼ 芝高輪~ (4, 0.3%)

1 の極めて, の釣師太郎助流, へ移り, まで向かう

▼ 芝あたり~ (3, 0.2%)

1 に居宅, の町, の表通り

▼ 芝との~ (3, 0.2%)

1 倒影が, 紛争は, 鐘の

▼ 芝にも~ (3, 0.2%)

1 大門が, 深川にも, 神田にも

▼ 芝~ (3, 0.2%)

1 以テ名ヲ, 得ベシ, 生ジ聖王

▼ 芝伊皿子~ (3, 0.2%)

2 の荒物屋 1 の寺

▼ 芝刈り鋏~ (3, 0.2%)

1 に対する猫, を思い出した, を買っ

▼ 芝土志~ (3, 0.2%)

1 が現われる, の噂, は枯野

▼ 芝忠さん~ (3, 0.2%)

1 にお, のお, 御夫婦

▼ 芝愛宕下~ (3, 0.2%)

2 なる青松寺 1 にあり

▼ 芝新堀~ (3, 0.2%)

2 まで行き 1 の願人坊主

▼ 芝日蔭町~ (3, 0.2%)

1 に鯖, の主家江島屋治右衛門方, の江島屋

▼ 芝~ (3, 0.2%)

1 という日本人, の不動, 又

▼ 芝~ (3, 0.2%)

1 の船宿, の高砂, の高砂屋

▼ 芝~ (3, 0.2%)

1 門前に, 門前三田の, 門前本

▼ 芝田町四丁目~ (3, 0.2%)

1 の佐野家, の旗本佐野将監, まで行く

▼ 芝~ (3, 0.2%)

1 から商品, から来, で密偵

▼ 芝舞台~ (3, 0.2%)

1 が先入主, が臨時祭記, であつ

▼ 芝赤羽根~ (3, 0.2%)

1 の中根兵藏方, の勝手ヶ原, の海軍造兵廠

▼ 芝辻子~ (3, 0.2%)

1 が北方, の名, の訛り

▼ 芝からい~ (2, 0.1%)

2 らしたならお

▼ 芝くさ~ (2, 0.1%)

2 のに

▼ 芝とも~ (2, 0.1%)

1 なお抗争, 別れ部下

▼ 芝とを~ (2, 0.1%)

1 住み歴る数回, 和解せしめ

▼ 芝なぞも~ (2, 0.1%)

2 それだ

▼ 芝など~ (2, 0.1%)

1 いう硬い, どうか

▼ 芝なんかに~ (2, 0.1%)

1 いるもの, ゐるもん

▼ 芝~ (2, 0.1%)

2 金杉よ

▼ 芝三島町~ (2, 0.1%)

1 に起した, の學寮

▼ 芝三松~ (2, 0.1%)

1 の小春, の梅ヶ枝

▼ 芝三縁亭~ (2, 0.1%)

2 の會

▼ 芝~ (2, 0.1%)

1 に登っ, のつばら

▼ 芝天狗~ (2, 0.1%)

1 と河太郎, の略称

▼ 芝子丸~ (2, 0.1%)

1 の早世, の鬼一法眼

▼ 芝~ (2, 0.1%)

1 の唱門, や名所

▼ 芝~ (2, 0.1%)

1 に妻, に草木瓜

▼ 芝愛宕下町~ (2, 0.1%)

1 に住ん, は千羽鶴

▼ 芝日陰町~ (2, 0.1%)

1 にもあり, の村幸

▼ 芝曲水~ (2, 0.1%)

2 の汀

▼ 芝根村沼~ (2, 0.1%)

1 之上, 之上の産

▼ 芝~ (2, 0.1%)

1 の柱松考, も言

▼ 芝河原~ (2, 0.1%)

1 では不漁, 長つ

▼ 芝浅草~ (2, 0.1%)

1 の公園, の楊弓店

▼ 芝浜館~ (2, 0.1%)

1 という家, の経営

▼ 芝琴平町~ (2, 0.1%)

1 に来り, の安宿

▼ 芝生めいた~ (2, 0.1%)

1 毛布で, 気分の

▼ 芝~ (2, 0.1%)

1 の上, の所々

▼ 芝~ (2, 0.1%)

1 の親戚, の間

▼ 芝~ (2, 0.1%)

1 と稱, はわれ

▼ 芝~ (2, 0.1%)

1 などで家, 長く生

▼ 芝草の根~ (2, 0.1%)

1 なん, を土

▼ 芝~ (2, 0.1%)

1 の室, の鉢

▼ 芝~ (2, 0.1%)

1 の一派, の直弟子

▼ 芝金杉~ (2, 0.1%)

1 の百間長屋, へ行く

▼ 芝霊廟~ (2, 0.1%)

2 の門前

▼1* [210件]

担いでも, 芝かに求めたいもの, 芝がやはらかいせゐか, 芝きぬに逢, 芝さの, 芝ことごとく我が身内, 芝すなわち霊芝の, 芝ぞ, 芝だけが踏みにじられたやう, 芝だの干上った古池, 芝つづき草木瓜の, 芝ではあるが, 芝といったふうに, 芝とか麻布とかいふ, 芝とが葛藤を, 芝とともに蜀へ, 芝などという魏臣は, 芝などにも一二軒宛ある, 芝ならば, 芝にたいする決意が, 芝について李時珍は, 芝にて肩輿を, 芝のやしきは, 芝しを, 芝ふみ鳴らし腰刀, 芝へは霊所を, 芝へも行き着くまいと, 芝ほど草の, 芝または上野の, 芝みたいな人間, 芝みねなどと云, 芝よりも神田だろう, 芝称アリ惟有縁, 芝原ト仙品, 芝一丁目の東側, 芝一円知らぬ者, 芝一四〇二号なり, 芝三光町に居, 芝三椽亭で清和婦人会, 芝三田蜂須賀侯爵邸の椎, 芝三田辺より来られ, 芝三角札の辻刃の光, 芝上野参詣の接伴, 芝中門前町を出, 芝二本榎なる高野山, 芝二本榎五人殺しを材, 芝二本榎細川侯の下邸, 芝今里の家, 芝今里町の神戸牧師, 芝の美宇良崎, 芝伊皿子台上の汐見坂, 芝作りの広い, 芝入舟町甚七店束巻き師源五兵衛と所名, 芝交平沢喜三二と, 芝公園のからす, 芝円山辺に家, 芝写真館の台紙, 芝刈り専用のでもう, 芝利英に逢, 芝加津といふ師匠, 芝区三田二丁目慶応義塾邸内演説館において福沢先生, 芝区三田慶応義塾邸内演説館において同, 芝区下高輪第一書房, 芝区二本榎町一ノ七八郵船会社上川丸船長工藤嘉三郎方, 芝区今入町でございますよ, 芝区内では, 芝区南佐久間町何丁目何番地住何新聞記者小川某氏其夜脳溢血症にて死亡せり, 芝区役所の前, 芝区愛宕山の上, 芝区新堀町の竹内さん, 芝区新堀町一〇の加藤, 芝区松本町十二番地の家, 芝区桜田本郷町のお, 芝へ這入る, 芝區三田の女學校, 芝區濱松町一の十五土岐方, 芝南寺の少し, 芝を散歩, 芝口もと太田屋牛肉店前の道路, 芝口二丁目の仕事場, 芝口辺の鍛冶屋, 芝樟氏, 芝同様崖が沢山, 芝品川の海, 芝品川あたりと思ふ, 芝じて, 芝四丁目鹿島明神の近く, 芝地椰子樹の下, 芝基皇子に詔, 芝の嶋, 芝の松, 芝増上寺山内の大, 芝大神宮の行器, 芝子以外では私, 芝は伯苗, 芝孟達楊洪あたりの人々, 芝寄りであったので, 芝将監殿橋の際, 芝居抜きで歌, 芝山行の空馬車來, 芝や内房川, 芝川内房川稲子川佐野川福士川戸栗川波木井川早川常葉川など何れ, 芝川岩淵などで一尺, 芝川江戸川今井橋の上手, 芝が答, 芝か何, 芝庚申堂前に知合, 芝張苞などは四方, 芝祖母様帝劇へ, 芝御霊屋の前, 芝愛宕下一丁目の元, 芝愛宕下一圓の若い, 芝愛宕下小石川柳町早稲田鶴巻町辺いづれも, 芝愛宕下桜川町へ越しまし, 芝愛宕下界隈の男, 芝愛宕下西洋家具店に至る, 芝愛宕山の愛宕館, 芝愛宕山亀井戸天神吉原大門口等, 芝萌えて, 芝新浜町との間, 芝が不意討ち, 芝日影町の古着屋, 芝日比谷上野の大, 芝木好子大原富枝そのほか幾人, 芝木芝草芝石芝肉芝の諸, 芝札の辻一人は牛込辺, 芝松の木などの間, 芝根村地先で烏川, 芝桜川の邸宅, 芝桜川町十八番地に移した, 芝桜田から今, 芝桜田小学校から日本中学校, 芝かかりし入, 芝残らず焼払ってお, 芝泉岳寺で赤穂四十七士, 芝浜松町に住居, 芝浜沖も東, 芝浜界隈を朗, 芝などで賭食い, 芝湯嶋市谷の三箇所, 芝烏森で俗, 芝烏森町一番地に家, 芝焦土と化せり, 芝焼いて旧居, 芝焼位しかない, 芝の標準, 芝琴平社の後, 芝生越の樹立ち, 芝田町辺まで行く, 芝由さんは云いました, 芝白金三光町日限地蔵尊の境内, 芝白金台附近でありますと, 芝白金時代かの子さんの健康, 芝石芝肉芝の諸, 芝神明前俥宿手鳥浅吉の所有, 芝神明境内柳原郡代屋敷なぞ維新前後, 芝神明宮の生姜市, 芝神明桜茶屋の場, 芝神明浅草公園奥山等の盛況, 芝神明町の商船黌, 芝神明神田明神平河天神湯島天神山王烏森稲荷築土八幡, 芝神田下谷淺草本所深川に住ん, 芝を一領携, 芝罘白菜は, 芝の芝居, 芝又は芝居能, 芝能楽堂で亡能静師, 芝興世王等が和, 芝興世王経基の三者, 芝芝園橋付近の銀茶寮, 芝が小さな, 芝茸松茸しめじ松露など小笹, 芝草芝石芝肉芝の諸, 芝葛盛さんに乞う, 芝が生え, 芝は正造, 芝藪小路等にし, 芝蘭簿の記入, 芝の門, 芝西は麹町, 芝西久保なる居宅, 芝警察へ訴えでた, 芝警察署あたりから応援, 芝警察署詰の某氏, 芝赤羽根勝手ヶ原中根兵藏方へ忍び入り, 芝赤羽橋向の閑地, 芝追放をやった, 芝の寺町, 芝金姉妹も薗八, 芝金杉四谷鮫橋神田豐嶋町の三箇所, 芝金杉橋の本, 芝が出た, 芝隆一君の誠意, 芝露月町の山城屋, 芝露月町土偶師泥斎の住まい, 芝露月町土偶師泥斎方に奉公, 芝飯倉通に来かかりぬ, 芝高輪品川築地の海手, 芝高輪桜田西向南向田町堀端の諸, 芝高輪泉岳寺の四十七士, 芝高輪白金の森影, 芝鶴勘五郎がよしや, 芝鶴吉右衛門勘五郎などという顔ぶれ, 芝鶴菊四郎工左衛門寿朝等いづれも, 芝と共に密か, 芝麓賊に降り, 芝麻布方面に連なり続く, 芝麻布界隈を鵜, 芝麻布赤坂三区内の焼, 芝麻布赤坂四谷牛込小石川本郷などの低地