青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「艶~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

良人~ ~良心 良心~ ~色 色~ ~色々 色々~ ~色彩 色彩~ ~艶
艶~
芋~ 芝~ ~芝居 芝居~ 芝生~ 芥川~ 芭蕉~ ~花 花~ 花嫁~

「艶~」 3745, 40ppm, 2870位

▼ 艶~ (478, 12.8%)

75 ある声, ない顔, 部屋に 4 ことで, ために, 部屋の, 顔を

3 [11件] こめかみに, ない髪, ような, 出て, 口から, 手を, 母お, 身に, 身を, 身柄を, 顔が

2 [41件] あるの, ある右, ある眼, ある美, ある頭髪, ある顔, うえに, おじさんと, すがた, その後の, ところへ, ない声, ない頬, ない顔色, ほうが, よい葉, 一顧を, 人相ばかり, 前に, 可い, 声が, 声は, 姿が, 姿に, 姿は, 姿を, 影を, 後ばかり, 心中は, 悪い唇, 方へ, 見て, 親達の, 身の, 逆上が, 部屋へ, 部屋まで, 面白がる, 頬に, 顔と, 顔に

1 [325件] あまり好く, ありかを, あるしかも, あるもの, あるを, ある作り声, ある作阿弥, ある前歯, ある吾妻袍衣, ある大きな, ある峯子, ある引潮, ある彼女, ある房, ある所, ある毛色, ある洋服, ある浅黒い, ある清し, ある滑らか, ある灰色, ある爪, ある皮膚, ある眸, ある石, ある細面, ある絹, ある美しい, ある葉, ある薄手, ある薗八, ある藍, ある護謨布, ある部屋, ある顔色肩, いいこと, いいの, いいマダマ, いい大きな, いい小さな, いい明るい, いい朴, いい桜色, いい白い額, いい皮, いい皮膚, いい磁器, いい肉体, いい金髪, いい長い髪の毛, いい頬, いい顏, いい顔色, いい鮎, いどころなんぞ, いどころも, いどころを, うえを, うしろ姿に, おじさんである, おもかげ態度, お妾さまとい, お腹さまとして, かかわりあいから, こころが, こころに, ことだった, ことでございます, ことばかり, ことばは, こと男の, こめかみへ, こんに, さしがねに, しん中も, すが, そばへも, ためとは, ためにも, ため天地も, ため専ら, ため礼こそ, つぶやきが, でて, ところに, ないくすんだ, ないぼやけた, ないむくんだ, ないゴミゴミ, ない両足, ない卵白色, ない小さい顔, ない手, ない火, ない白っぽい眉毛, ない皮膚, ない真白さ, ない眼差, ない聲, ない色, ない落書だらけ, ない蒼ざめた頬, ない貧相, ない金髪, ない髮, ない黄ばんだ, ない黄色くむくんだ, なみだと, はなしによって, ほうから, ほうであった, またとない取組, もとに, ものであっ, もの腰に, もらい受け, よいこと, よいその, よいの, よい人, よい後頭部, よい愛嬌, よい愛嬌笑い, よい盛高, よい肉, よい髪, ように, よかった, よくない, よくない曇った, よさ, よしあし沙汰なり, よろこびはござりませぬ, わるいむくんだ, わるい指頭, わるい顔, アラを, スゴ腕に, パチッと, 一生の, 一生を, 上がりが, 下に, 代りに, 代償, 代償に, 住いは, 儀は, 優美な, 光る菅笠, 内実の, 出た板張り, 出た舁き棒, 出ないという, 出世とともに, 去ったのち, 受けは, 口に, 口は, 口を, 可愛がる, 右の, 名, 名は, 吐息だった, 唄うの, 噂が, 噂も, 増長と, 増長は, 声に, 夜気の, 夢八と, 夢八とっさに, 夢八もちろん, 夢八声を, 失せた襤褸, 女, 女同士, 女房ぶりは, 好いラテン系, 好い天鵝絨, 好い顔, 始末を, 嬉しさ, 字の, 字を, 家が, 家に, 居ぬ間, 居場所, 居場所が, 居場所を, 居所を, 帯に, 幻ばかり, 度を, 座って, 座蒲団が, 弟の, 彩色はいふに, 影に, 後を, 心変りを, 心搆へ, 忘れられない若々しい, 思い出とともに, 恋も, 悪いその, 悪い子, 悪い痩せた, 悪い皮膚, 悪い腺病質, 悪い蒼, 悪い顔, 態は, 懸値, 所作とも, 手練手管で, 打撃は, 指図に, 文字が, 新宅躰裁よく調ひたる, 方に, 曲事は, 服飾と, 望みは, 本心であったらしく, 本心であろう, 桜の, 様子を, 樣子を, 横顔が, 機嫌とりとり, 歌謡が, 死後も, 死骸は, 死體の, 母あれは, 母が, 母の, 流れて, 浮薄いかで, 涙が, 涼しさ, 深い懊悩, 無いくすぶった, 無い束髪, 熱声を, 狂気ぶりへ, 生前の, 生前は, 生地を, 男の, 男栄三郎が, 留守を, 疑念は, 病気中わたしは, 目立たない寂びた美し, 真意を, 眼の, 神鴉が, 端の, 素性が, 素生彼は, 美しい肌, 美しさ, 美を, 美をすら, 美人小夜衣を, 美音は, 肉体を, 肉體を, 肩が, 肩を, 背へ, 胸の, 腹の, 良い肌, 良い腕首, 芸を, 芸者す, 茄子だ, 落付きは, 行方も, 褪せただ, 褪せた白い, 襟髪を, 親娘, 言葉に, 言葉は, 訴えを, 話で, 話に, 調子, 起居を, 趣きを, 足の, 身がらを, 身の上と, 身代りに, 身元については, 身売り金とを, 身売り金を, 身膚であった, 軽くうなづく, 遺した三人娘, 遺財, 部屋な, 部屋にな, 闇に, 音とが, 頭へ, 顎に, 顏が, 顏ばかり, 顔だ, 顔ばかり, 顔へ, 養ひ, 駕籠を, 鮮やかである, 黒船は, 黒鹿毛と, 鼻を

▼ 艶~ (282, 7.5%)

6 姿に 5 ところが, のが, 姿の, 姿を, 美しさ, 趣の 4 姿が, 感じの, 趣を, 面に, 顔を 3 女の, 姿は, 感じが, 花は

2 [14件] ところの, のへ, のを, ような, 唄の, 姿で, 容姿の, 情趣を, 所が, 気の, 気分を, 肉体を, 顔が, 魔力に

1 [186件] あで姿は, うちにも, おめかしに, きらびやかさが, この人, しかし冷たい, ところで, ところは, ところも, ところを, においに, においを, の, のでございます, のと, のは, のも, ふうを, べつな, ものだ, ものだろう, ものであった, ものである, ものに, ものにまで, ものを, もの悲しい, ように, わびしさ, マダムとも, 一美丈夫小野塚伊織が, 上品さに, 下町女らしい, 世界へ, 主題が, 二十六七の, 人である, 人であろう, 元禄情味を, 光を, 分子が, 品の, 境地に, 声が, 声で, 夕方に, 夕月夜であった, 夜に, 夜明けに, 夢を, 女それが, 女と, 女に, 女らしいところ, 女をば, 妖怪味を, 妖怪趣味という, 姉も, 姿では, 姿また, 姿も, 姿態が, 姿態に, 姿態を, 娘が, 媚態を, 嬌めかし, 宮様姿を, 容姿が, 容姿で, 容姿を, 寝巻す, 寝間着姿の, 小都市, 工女が, 帯や, 年増女であった, 建築工事に, 御様子, 怒りの, 恋人を, 恋愛の, 恰好の, 情景だった, 感じに, 感じを, 所などは, 所の, 所も, 扮装の, 拵え, 振り袖姿を, 描写を, 方らしい, 景色とも, 有様に, 朝に, 東宮時代の, 模様を, 櫛巻お, 歌も, 死力の, 死顔が, 母の, 気が, 気持ちに, 江戸情緒, 浮名を, 浴衣が, 淡紅の, 深夜に, 満紅林檎, 源氏の, 狩衣高級品の, 田楽女の, 男好きの, 町娘の, 町娘や, 疵跡に, 癆咳の, 白蛇の, 目の, 眼は, 眼附を, 瞳透き徹った, 砧に, 秋蘭の, 空からは, 立ち姿を, 笑いだった, 笑い声を, 筆の, 紫いろの, 絵であります, 絵を, 緋寒桜爆竹の, 縹緻それから, 美しい女, 美しい空気, 美は, 美人です, 美女に, 美貌で, 肉体でも, 肉体の, 肉体美で, 肉声と, 脂粉と, 色っぽさ, 色に, 色香が, 花弁を, 若い大夫, 表情が, 装束を, 言葉を, 貴女として, 趣が, 趣である, 趣な, 趣に, 趣は, 蹴出しで, 重くるしいはでやか, 長目な, 陰影が, 陶酔を, 雪の, 音も, 響きは, 頬を, 額髪の, 顔から, 顔だ, 顔つきで, 顔であった, 顔では, 風流男と, 風采の, 風采を, 香りを, 高雅な, 魅力を, 鮮麗な, 黄金と, 黒いつや

▼ 艶~ (247, 6.6%)

10 失って 7 増して 4 つれて, 帯びて 3 もって, 出して, 含んで, 手に, 見せて, 見て

2 [13件] して, 呼出して, 持って, 持つて, 放って, 殺したの, 浮べて, 消したやう, 消して, 消しながら, 湛えて, 競うを, 見せたかと

1 [178件] あきらめて, あまりにも, いずく, いそがせて, うかせながら, うしない変, うしなった, うしろに, おさえつけた栄三郎, おびた眼付, お捨てなされ, かどわかしたため, かばうよう, きわめたなびき方, きわ立たせて, くどいて, こ, こうした原因, さへ, さらう便宜, さらって, さらつて山の, した空氣, してるのに, し眼, すえて, たたえて, だしたの, だした島田, つけたり, つけようと, つれ出した以上, なし見るからに, ぬり雲, のぞきこんで, のぞきながら, はじめ一同は, はじめ家主喜左衛門や, はっきりたてた, ひっかついで, ふくむ黒髪, ふくんで, ます, みがいて, みせて, みせる長, みてとったの, みとめたが, もった子, もった柱, もった頬, もつた一本, もつた女房, もつて, もらって, よくする, よそおって, わたしは, 一そう美しく, 一層凄, 一枚絵に, 一枚繪に, 伊兵衛に, 光りを, 入れるよう, 凌いでを, 出させる, 出すか, 出すこと, 出すの, 出す或, 出す装置, 制して, 刻んで, 又預け, 取って, 取つて, 含んだ小麦色, 呼びに, 囮り, 増した烏帽子岩, 増す, 増すよう, 変えたの, 大嫌いで, 大嫌ひで, 失い大地, 失うこと, 失った寂し, 失った彼, 失った褪せたいろ, 失った顔全体, 失はしめ腕, 失ひやがて, 失わず銭湯, 失わない彼, 奥に, 奥様と, 始め因業家主の, 嬉しがらす, 射たの, 射るよう, 尾けて, 帯った, 帯つた清し, 帯びた大黒揚羽蝶, 帯びた銀茶色, 幽閉し, 庇ったので, 引きたてるよう, 引き入れて, 得て, 御覧に, 忘れ得るであろうか, 思いきって, 思う念, 想像する, 愛し土石, 慕うこころ, 懇望され, 投げかけて, 抱きすくめて, 拙者に, 持ちかけて, 持った, 持った素ば, 持った紫色, 持った黄色い, 持つた素ば, 持つほど, 探し出す助力, 撫でた, 放して, 放つて, 救うこと, 有った品, 有って, 本所へ, 栄三郎から, 極めたもの, 極めた装おいだ, 極めて, 極めました, 残して, 消したよう, 消したり, 消した水調子, 深川の, 湛へて, 源十郎に, 生涯の, 甦生らすから, 申し受けること, 省みずに, 競いまことに, 競い美, 競うて, 競った, 競ったの, 競ったり, 籠めて, 被せたので, 襲い丹下左膳, 見おろして, 見すてず押しこめられた鬼, 見た, 見つめた弥生, 見なおした伊兵衛, 見やった, 見回しそして, 解して, 諏訪栄三郎に, 逃がし左膳, 逃亡させた, 連れ出す手伝い, 金色の, 鈴川だろう, 須磨子が

▼ 艶~ (229, 6.1%)

7 あって 4 出て 3 あった, ざぶり湯を, なくなって

2 [11件] どうした, なかった, 光って, 急に, 死んで, 綱から, 綱を, 褪せて, 見えて, 門口へ, 風呂には

1 [187件] あたりの, あつた, あつたり, あつて, あふれて, ありその, あり体, あり気品, あり滑かさ, あり種子, ある, あるかね, あるから, あるの, あるもの, ある夜殿様, いい, いた, いつの間にか掻き消され, いまにも, いよいよ身, いること, いると, ういて, うずくまった, おまえに, お待ちと, かすかに, こう懸命, さすがわたし, それとなく窓, ちかごろで, つづける, どうして蝶子, どこか, ない, ないから, ないね, ないので, なおもひれ伏し, なくその, なくって, なくて, なくなりぐったり, なくなり陰欝, なくなり髯, なく何時, なく左, なく深い隈, なく眼瞼, なく蒼, なく蒼ざめた頬, なく見た目, ぬけ腕, はっと眼, ひきだされる, ひとり気を, ふたたび浮き世, ふらふらと, ふん, ほっと息, まして丈夫そう, まず待っ, まつ川, よい, よいの, よかった, よくて, よくな, よく痩せ, わたしの, わるく額, ウロウロ戻, キョトンと, ペラペラ喋舌, 一口でも, 世を, 今度一枚絵に, 今度一枚繪にな, 今日は, 伊兵衛を, 低く垂れた, 住んで, 何を, 來る, 俺の, 光り肌理細か, 全くなく, 出てる代り, 出るだよ, 出ると, 切に請, 刷毛で, 加わったよう, 十八年間も, 参って, 叫ぶよう, 名高くなる, 咽ぶよう, 増して, 夜さむ, 夢八と, 夢八とか, 夢八に, 失せて, 好く中肉中丈, 好みの, 妙に, 姿を, 威張らふと, 娘の, 家を, 左右から, 帰って, 底光りに, 引き出されること, 待ちくたびれて, 待って, 必死に, 忘れること, 怒りと, 恐ろしさ, 息を, 悪いから, 悪くなり, 悪く頬, 手に, 手拭を, 映す, 映ったの, 来る日, 枯れるよう, 栄三郎の, 欲と, 死んだと, 歿く, 殺されたさ, 気がついて, 水茶屋姿の, 泪を, 泰軒と, 派手な, 浮かび出し腹, 消えて, 添って, 添は, 渡つた高綱, 源十郎の, 滲み出た脂肪, 無いこと, 無くなり咽喉仏, 無く切れ, 無く馬琴, 甦って, 男に, 病気で, 着いて, 着き人々, 突如いきおいこん, 笑えば, 答えるの, 答へる, 籠って, 綱の, 美しかった, 羽織に, 自然の, 若々しかった, 若い女, 落ちたあたり, 袂に, 袖を, 褪せなかった, 襖越しに, 見えた, 見るから, 言いかけるが, 身を, 身重の, 近江屋を, 逃げたこと, 遂に死, 間ちがいない, 隅に, 隠れて, 青白く冴え, 風呂に

▼ 艶~ (214, 5.7%)

2 しき花の, すぐに, また綺麗, わたしを, 塗物の, 必死と, 朝から, 栄三郎の, 気が, 肩を

1 [194件] あえいだ, あたりを, あとを, ありませんがね, あるめ, あんな派手, いいサエ, いささかあきれ, いっそここ, いつも不興気, いない, いまあけ, いまふかが, うなずきました, うなづきました, うれしゅうございます, おちょぼ口に, おのが, お役宅, お藤, きょうは, ここに, ここらが, この大事, この日ごろ, こみあげて, こらへ, こんな風態, さっきから, さらわれたの, しきりにハラハラし, しばらく黙っ, じっと動かない, じゃまに, すっかり栄三郎, すでにいつもの, そこへ, そっと身, その光, その坤竜, その物音, その足, それよりも, それを, たしか自分, たしなめるよう, ただすぐ, だだを, ちょいと, ちょっと口, とうとう泣き出し, どうした, どうじゃ, どこで, どこにも, どんなわけ, ない, ない如何にも, なおも近江屋一件, なんとか口実, なんとすすめ, はいと, はじめは, ふき出したが, ふとこの, ほつれた髪, ますます首肩, まだかって, まともに, まるで春, もう一度膳, もう哭きくずれん, もう泣かん, もう皮膚, もと柳橋で, よウ, わからないながらに, わが一身, オオオオウッ, ガバッと, ギョ, クンクンという, ジロリと, ッ, ニコヤカに, ハッと, 一つです, 一座中から, 三年間ほどの, 上気した, 上眼づかい, 世上稀に, 争で, 今も, 何ごころなく振り返っ, 何を, 何喰わぬ, 内実は, 再び寄席, 到頭泣き出し, 午後の, 半ばうっとり, 危なく栄三郎, 友人に, 同人を, 名に, 呼吸器か, 唄う, 坤竜の, 声も, 多く座敷, 夜更けの, 夢にも, 大岡様の, 失せぬが, 始終ここ, 巫山の, 年増盛りの, 幾つに, 幾太郎を, 当り矢の, 彼の, 彼を, 後を, 得たりと, 微笑を, 心得て, 思った, 恐れようとも, 情けなさそう, 愛し取った, 手を, 接穂が, 旅芸者に, 早くも, 最後の, 本所の, 来ないだろうと, 栄さまを, 横た, 歌って, 死ぬ間際, 死んでも, 毎日決まっ, 気の, 水茶屋を, 泣きじゃくりながら, 海老の, 涙の, 潔癖症の, 濡れたよう, 無いが, 無事でい, 無言の, 生前一度, 田原町の, 白い頤, 眼に, 眼を, 知らないが, 突如いい, 窓から, 立ちつくして, 立ちどまった, 精神を, 結句よき, 綱の, 緋牡丹色で, 羽織の, 老人ぎらいな負けん気を, 耳にも, 腕いや, 自分の, 蒼白く笑った, 薄着の, 行燈の, 言い憎, 言った, 言って, 言ひ, 誰かに, 誰彼の, 赤ん坊ほどに, 足を, 足手まとい, 身震いに, 軽く争った, 近江屋の, 追い詰められた兎, 追ひ詰められた, 金蒔絵の, 露地の, 顔を, 飛び上がったが

▼ 艶~ (210, 5.6%)

5 かだ 4 かさは, かさを 3 かさ, かさが

2 [12件] かさで, かだった, かなお, かなところの, かなる, かな円髷で, かな女の, かな瞳が, かな笑顔で, かな紺が, かな黒髪を, かに黒く

1 [167件] おまえの, かさこれは, かさそれらが, かさであろう, かさでした, かさとが, かさとは, かさの, かさ戀は, かさ頬の, かであった, かであったらしく, かである, かでおわそう, かでそして, かでない, かで何だか, かで顔, かという, かな, かなあの, かなうちに, かなおくれ毛を, かなおとめと, かなおも, かなこの, かなしし, かなその, かなだけに, かななよなよ, かなのと, かなものでした, かな上臈の, かな二匹の, かな処女の, かな処女を, かな吾妻下駄, かな唇だった, かな唇を, かな四肢閉じ, かな堅い, かな塗弓長巻刀などの, かな声が, かな声である, かな声を, かな夜桜と, かな女着物が, かな姿には, かな姿今までの, かな媚笑を, かな小さな, かな巾幗と, かな幌に, かな影が, かな御新造が, かな愛嬌に, かな曲線に, かな曲線を, かな朱が, かな朱である, かな桃割に, かな様子で, かな歯で, かな水泡が, かな濡髪に, かな煙霞の, かな瑠璃色を, かな男女一対の, かな白い, かな白拍子の, かな皮を, かな眸が, かな眼に, かな眼を, かな瞳, かな笑みを, かな笑顔を, かな紅い, かな絵日傘が, かな絹糸が, かな緑の, かな緑葉の, かな美男の, かな聲が, かな若, かな葉を, かな蓮華草は, かな血色の, かな褥の, かな襟の, かな見た, かな赤星ジュリア, かな銀狐の, かな雑作は, かな雪之, かな頬かうした, かな頬こうした, かな頬などを, かな頬を, かな顏に, かな顔には, かな顔色を, かな高島田で, かな髪の, かな髪の毛の, かな髪の毛を, かな髪を, かな髷に, かな鬘下地の, かな鬢を, かな黄色い, かな黒髪に, かにさし, かにそっと, かになっ, かにふきこんだ, かにふりかえっ, かにほほ笑む, かにも, かにもっと, かにもみぢを, かに且つ, かに中腰に, かに二三段片, かに兀げた前頭からは, かに光ってる, かに光らせ, かに光を, かに動き出す, かに包まれた, かに受ける, かに垂れ, かに塗られ, かに大きな, かに峨冠紅に, かに微笑って, かに感ずる, かに房や, かに湿っ, かに灯かげに, かに照りかがやいた, かに照り出し, かに笑った, かに笑つた, かに綺麗な, かに縞絽の, かに美しかっ, かに芬と, かに莞爾する, かに見えた, かに見える, かに赤く, かに邪しまな, かに邪な, かに降り注ぎ, かに靡い, かに響く, かに鮎の, かに黒い, また強, まわりの, キビキビした賣, 潤いに, 白い齒, 筋肉の, 芽の, 顔の

▼ 艶~ (175, 4.7%)

11 見えた 9 して 3 媚かしい 2 光って, 富み濃, 気高き貴女, 笑った, 見せて

1 [142件] ういういしさ, うしろへ, うつくしいほお, うららか, おめかしした, およばないでは, お藤, かけた業物, きれいな, くっきりと, こっそり逃げられ, これだけ, ごひいき筋, させられた多年, すすめて, その金, ぞっこんまいっ, ちらちらと, できて, とどくこと, とぼしかった, なって, なまめいた女, なまめかしく颯と, はにかむ嬌態, ふられて, みえたが, むきだされた, やさしい姿, ゆかしき夕, よそふ, 上って, 上品に, 仇めいた, 他ならない, 付き纏って, 代わって, 作って, 修飾を, 光る鱗, 光を, 冴えまさり迫らず急がず颯爽, 冴え渡って, 判然し, 別れる手切れ, 別れを, 匂へる, 厭ふか町の, 去られたのち, 告白し, 哀を, 因果を, 執心の, 変化が, 夢中に, 大きなおどろき, 妖しく媚, 婉なる, 媚びた花, 媚び諂, 媚めかしく且つ, 対したまま, 小當, 尽して, 屏風絵の, 屠蘇の, 干しあがるの, 床しい三味線, 当時の, 御簾の, 御遠慮, 心を, 思いを, 思われる姿, 悦ばれるま, 悩ましい女装, 悩ましい気色, 愛し取られるまでに, 手伝わせて, 手傳はせ, 抱き合おうと, 日光を, 星一ツ晃, 映った, 映ったか, 月の, 木目の, 柔い, 横恋慕し, 死なれた上, 水, 潤いを, 澄み切った清楚, 焚きつけたの, 燃えて, 物語ったところ, 生けるもの, 申分の, 白い歯, 白い齒, 眺めしむる黒髪, 眼くばせし, 知らせれば, 笑って, 答えたの, 粧った子, 美しい, 美しい帝, 美しい紫, 美しい肩, 美しい色, 美しかった, 美しく翻, 習って, 聞こえた, 色っぽいの, 色めく姿, 荒歯の, 莞爾した, 薄白粉, 薫香の, 蝕まれて, 見えて, 見えるだろう, 見える薫, 言はせる, 詫びして, 読む夜, 貧乏さした, 走ったか, 辞潔く, 返って, 迷ひ出し, 逢つて散々取締められ, 逢ひ, 過ぎたり, 金三の, 附き纒つて, 降伏したる, 顔を, 食指が, 驅落を

▼ 艶~ (136, 3.6%)

8 な姿 5 な女 4 であった, なの 3 なもの 2 である, な, ならん, なるもの, なる者, な顔

1 [100件] がにほう, そのいまだ, である点, でいい, ですし, で華々しく, と嬌媚, と悲痛, なある光景, なお花畑, なこと, なと云う, なるお, なるかがやきに, なるその, なるに, なる情筆, なる暮春, なる画題, なる筆, なる美貌, なる面, なる風姿, な人, な作, な作品, な光景, な光沢, な全身, な句柄, な外, な女中, な女官, な女形, な市民, な彩筆, な慎, な挿絵, な文金島田, な景色, な柔, な死, な殺人方法, な淑女たち, な王, な筆, な紅らみの, な美し, な美しい, な美女, な色彩感, な花, な華奢, な野山, に, にあらわれた, にし, にしかも, に云う, に口, に座, に微笑, に打, に然, に立たれた, に笑った, に笑つた, に莞爾, に見, に顕れた, の, のアプロヂィテー答, のセメレー, のヘレネー答, の一美人, の中, の女性ヘレネー, の妻アンテーア, の容貌, の帶, の情, の感, の文人才子, の神女其家, の神女答, の筆, の美女, の肢體, の譽, の身, の遊女八つ橋, の首筋, はしく書かれた, ははるか, は艶麗, は評判, または優美, を争はん, を争わん, 過ぎる

▼ 艶~ (94, 2.5%)

7 を送った 3 の代筆 2 だと, です, の束, を太, を昌作, を書い, を書く, を贈り

1 [68件] お読みなされた, が其の, が競売, が降り込んだ, だけに一方, だったの, だという, だよ, であった, であるから, ですが, でない, でも受取った, と同じ, と言う, などが入, などの御, なの, に返事, のある, のぬすみ, のやりとり, の一条, の伝, の分量, の場合, の文体, の文句, の殼, の注文, の競売, の記者, の起稿, は一切, は未だ, は父, は誰, は退学, ほど熱烈, も出, も千束, も参らず, も極めて, を, をあの, をお, をかいた, をつけられた, をとり, をやる, を入れ, を受けた, を吾, を手, を手渡し, を投, を拾いました, を拾うた, を書き, を朗読, を落した, を送っ, を送られ, を送り, を送る, を通ず, を遺し, を開い

▼ 艶めかしい~ (90, 2.4%)

4 女の 2 ものに, 匂いを, 墓場, 姿を, 媚態を, 笑顔が, 香氣を

1 [72件] いい香, ことは, この二人, ところの, ところも, ところを, と思はれる, と言う, のに彼, ハンドバグが, 一つの, 三弦の, 上少し, 両腕, 云はば, 京言葉で, 会話が, 六畳で, 六疊で, 匂いが, 匂いと, 匂ひ, 十人並に, 半襟と, 口説の, 合唱を, 嘔吐を, 回想などを, 場所を, 夫人の, 姿で, 姿に, 姿の, 婦人の, 嬌音が, 小道具の, 幻想に, 廓言葉と, 怪しげな, 悲鳴を, 感じな, 感じの, 手紙を, 振舞を, 文章で, 歌が, 歌舞伎姿を, 死体こそ, 江戸の, 眺めであった, 私娼の, 空気が, 笑い声と, 紅蓮の, 紋でした, 縮緬の, 美女, 美姫と, 聲, 色艶であった, 花やかな, 葛藤でも, 衣裳や, 装飾を, 西洋の, 言葉を, 誘惑である, 趣きを, 風景だった, 體臭と, 黄昏曲を, 黒い大きな

▼ 艶~ (87, 2.3%)

2 なき無骨男, なし食事, 何が, 荒い綱

1 [79件] あった, あまりに奇矯, ある, いい品, いつしかこの, いつしかそれとなく耳, いよいよ若やい, うけつけまいと, おかげさまで, これには, すでに家, それお前さんの, ないその, ないよう, ない勿論, ない濁った, ない藁すべ同然, ない雪, なかつた, なき中年, なく人, なく胡粉, ぼっと良かっ, めだって, もはや拙者, よい, よかった, よくなってる, よくなり, よく浮気性, よく言葉, よく餓え, よさそう, わるくソバカス, チヤンと, 久六の, 二軒目の, 何かしら胸に, 光も, 出た美貌, 刀も, 喜ぶだらう, 困るし, 失すべし, 失せて, 失せ物, 失せ頬, 女の, 好し山家, 小染, 工夫し, 形も, 悪いと, 悪くなり, 悪くは, 抜けたニッケル, 拔けず, 指さきに, 江戸の, 浮かびあがれなかった, 溢さず, 無くなっちゃったけれど, 生気も, 眼の, 絶えお, 罪の, 考えられた, 聞き知って, 色の, 萎れて, 見られる, 貴なる, 遂に数年前, 酷似だ, 霞を, 静に, 香りも, 香気も, 高熱に

▼ 艶~ (86, 2.3%)

3 栄三郎を 2 いえば, 一緒に, 同じ屋根, 弥生, 弥生が, 手を

1 [71件] いい形, いい根節, いう, いうに, いうより, いうよりも, いって, いひて, そうして銀之丞, そのたくましい, どういう関係, なるの, ピチピチした, ラムプの, 一つ一つ絡まり掛ける, 乾雲, 云つたら, 云ひ, 云ふ, 云わんより, 仲のよ, 來たら, 光沢が, 凄とを, 口上言ひ, 可憐さとを, 向かいあいながら, 品とが, 多少の, 奇異が, 実益とを, 富五郎の, 弥生あっけに, 弥生は, 張りとを, 弾力それを, 我との, 未熟で, 果たしてどっち, 栄三郎は, 栄三郎思いが, 正式に, 泰軒が, 泰軒の, 漆黒の, 玉六を, 申します後妻, 申すふつつか者, 申す者, 男の, 磊落に, 結婚する, 翳, 色気とが, 蒲生泰軒, 行く先に, 見せて, 見誤って, 覗いた乳首, 言うか, 言うより, 言うシタタカ女, 言ったなあ, 言われた女, 謂うなる豪商, 造酒一室に, 釣合つていかにも, 間違えて, 顏を, 顔を, 魅力の

▼ 艶なる~ (70, 1.9%)

3 に語 2 乙女の, 女優の, 方に, 時も

1 [59件] うらみを, かなや, ことあわれなる, こと舞妓も, さまを, だけ中指, なかに, に, に迷う, ものだ, ものです, ものの, もの紫花紅草朱唇緑眉いずれが, や, わが国の, を掴み, を見給え, ヴィーナスである, 人の, 人界の, 其手をと, 君と, 境地に, 声との, 夏, 夜の, 女が, 女優が, 女性, 女性の, 姿, 姿が, 姿は, 嫦娥の, 小紋を, 御寺ご, 戀も, 月下の, 清楚を, 爽かな, 片袖, 牡丹十数株が, 画に, 目の, 章句に, 美人と, 者が, 者なり, 者は, 肉体美を, 花賣, 褄が, 詞を, 詞藻の, 趣を, 雰囲気を, 面に, 頸に, 魔魅誘惑の

▼ 艶さん~ (51, 1.4%)

2 じゃア, に二度, に可哀想, の姿, は字, も心

1 [39件] おとなしく離室, がこの, が一生, が死ん, が苦労, が落ち, この金, ての, て人, でなくて, と爭, と申します, どうしましょう, にお目にかかりたくっ, にこの, にはいろいろ, には隨分, のいどころ, の死骸, の行方, の話, は, はいま, はしあわせ, はそれ, は上方, は本所, は白痴, は見識, もどうも, をあきらめるであろう, をこっち, をさらい出す, をたずねまわる, をつけ廻し, を埋もらせる, を捜し出させ, を自, を見

▼ 艶ちゃん~ (51, 1.4%)

32 ったら, との思い出, の身の上

1 [42件] いつもこけ, お艶ちゃん, が一段新内, が大内, だったら, だっていい, だって根負け, てば, て三味線, て小母さん, であること, という人, という百合, との別れ, どうした, なにかよほど心配, になっ, にもソッ, にも会えない, に私, に肩, に逢いたい, に逢えない, のこと, のほう, の上, の仄, の入用, の奴, の幻, の悪口, の目と, の要る, は, はあんな, はいつ, は山, は昨夜きり, は知らないだろう, ばかりは人, を三河屋, を裏切っ

▼ 艶かしい~ (45, 1.2%)

3 女の 2 女が, 衣の

1 [38件] ことを, ところの, とも形容, もので, 事実を, 囁きを, 塑像の, 姿で, 娘が, 娘の, 影が, 往来が, 忍び笑いを, 恋の, 意味において, 感じを, 懐中鏡な, 春の, 朧月夜の, 水干衣立烏帽子という, 片頬, 空想を, 立膝ながらに, 笑いを, 笑い声が, 笑を, 紅桃と, 細い小路, 緋の, 肩を, 色彩と, 花柳情緒などは, 若妻姿, 装いを, 足音が, 首抜き浴衣の, 駒下駄の, 鼠鳴きが

▼ 艶~ (33, 0.9%)

2 あつた, 色ッぽい

1 [29件] きれいであった, はない, まことに怪しから, わたしとしましては, ビクターに, 上品な, 仇めい, 今度は, 余りに美し, 優美である, 夜中の, 幽玄哀艶な, 愛嬌が, 村人たちは, 水水し, 無器用だ, 燃え立つばかりに, 立優らせ, 素雅な, 脹らんで, 腹が, 若々しくお, 若々しくて, 西の, 貴人らしく, 賀を, 赤や, 躾けの, 高貴な

▼ 艶めかし~ (33, 0.9%)

7 さを 4 さが, さは 3 さ, さです, さと, さに 2 さで 1 かつた, さの, そうに, て書こう

▼ 艶っぽい~ (32, 0.9%)

3 ような

1 [29件] お話が, くせに, ことなんか, ことにかけては, ことも, こと天下無類の, その柏屋, ところであります, ところを, どころかいかにも, ものとは, ソプラノが, 人情噺で, 唄であれ, 問題に, 噺も, 場面とは, 声を, 娘に, 小説を, 拵え声で, 歌を, 気は, 涼味が, 空気は, 花やかな, 芸者や, 言葉を, 話も

▼ 艶~ (32, 0.9%)

4 な微笑 3 を増す 2 に描き出し

1 [23件] だ, であ, でしばしば, で無垢, とのみを取りいれた, なもの, なる妻, な人, な夢心地, な彫琢, な童女, な肌, にも似た, に取乱した, のアレクサンドロス其時答, の女性答, の文学, はある, も嘘, を尚, を想像, を感得, を極めた

▼ 艶~ (29, 0.8%)

4 しい声, しい顔 3 しかった

1 [18件] あでやか, しい, しい十八九, しい灯, しい王, しき寝, しき影を, しき香具購ふさま, だからよ, だの, でござるの, なりし鳩尾一斤, なるに, なるまで, なるを, なる円き, なる旧, なる月

▼ 艶~ (27, 0.7%)

2 のアレクサンドロス

1 [25件] かなす, たる風貌, であるこんな, なきを, な媚, な媚笑, な彼, な微, な描写, な桃色, な美女, な舞台, な電気, の, のアレキサンドロス, のアレクサンドロス愕然, のパリス, の気分, の筆, の色子, ははじめてまことに, や嬌態, を増す, を衒, を見せよう

▼ 艶めかしく~ (25, 0.7%)

2 も, 動きます, 眺めました

1 [19件] いいながら, いうと, お職女郎, そして痛々しく, て此人, も清らか, も美しい, も見えた, も赤い, パッと, 垂れて, 愛くるしいところ, 聞えました, 見えますが, 見える, 見えるの, 見せます, 見上げます, 響きます

▼ 艶めいた~ (24, 0.6%)

2 女の

1 [22件] ものが, ものの匂い, 京の, 仕草だった, 女は, 姿で, 悩みが, 情景に, 昼の, 曲線と, 梅花香の, 気分とを, 灯影を, 白粉の, 目つきを, 眼で, 若い女性達, 華かさは, 行燈の, 雑踏の, 静けさを, 香を

▼ 艶~ (19, 0.5%)

2 の多い

1 [17件] かも知れん, があった, が一時, に富める, に富んだ, に神経衰弱, のある, のため, の日, の点, も亦, や幸運, をからかう, を得た, を祝した, を評し, 多い哉侯爵

▼ 艶かしく~ (18, 0.5%)

2 見える

1 [16件] さえある, さえ見えた, ってどこ, もあれ, も痛ましい, も見える, も黒ずん, 仰ぎ見つ, 吹かれて, 更けて, 照らして, 笑った顔, 縋りつかれたからとて, 見上げます, 覗かるる, 話された述懐

▼ 艶という~ (18, 0.5%)

4 女は 3 ものが

1 [11件] のと, ものさえ, んだ, 可憐な, 女が, 女である, 女の, 女を, 東都の, 若い男, 趣が

▼ 艶かし~ (17, 0.5%)

7 さを 3 さが 1 からで, さそこはかとなく, さだ, さなど, さは, さよりは, さ踊りで

▼ 艶しい~ (17, 0.5%)

2 表現は, 限りである

1 [13件] 仕草が, 声で, 声を, 家が, 影は, 性慾的である, 恋文を, 様子に, 眼を, 膝を, 色彩は, 身の, 長襦袢の

▼ 艶~ (16, 0.4%)

2 を謳われ, を謳われた

1 [12件] が東京市中, が騒がれた, とは如何, のある, は隠れなかった, をうたわれた, を洛陽, を立てられ, を諷われ, を轟かした, を馳せた, を鳴らした

▼ 艶~ (15, 0.4%)

1 [15件] したたる, です, という柄, におのずから, には横眼遣い一ト, に懸, に溺れ, に遠く, はありません, は天下, は死, を増し, を御覧, を憶, を自分

▼ 艶ある~ (14, 0.4%)

2 髪の毛の

1 [12件] その横町, に似, よう月の, 小節の, 彼の, 濃い臙脂, 物に, 脛は, 葉を, 陶器について, 青柳の, 髮を

▼ 艶消し~ (14, 0.4%)

1 [14件] だが, だろう, であった, でございますからねえ, となっ, となった, にし, にしとくだ, の珠玉, の硝子, の紙, の色, の頂上, の黄金色

▼ 艶~ (14, 0.4%)

5 と笑っ 2 たる微笑 1 たる睨み, たる立姿, とした, として微笑み, とわらう, と笑った, と笑つて

▼ 艶~ (13, 0.3%)

2 が二面

1 [11件] があるなら語っ, であつ, である, でしょう, と見過ごし, と見過し, の一つ, を売り, を女, を提供, を満載

▼ 艶~ (12, 0.3%)

1 [12件] があっ, があつ, が溢れ, が目立っ, である, です, には言葉, はない, へ滴る, もすべて, を包んだ, を持った

▼ 艶歌師~ (12, 0.3%)

2 が立っ 1 あがり声色屋, がうたっ, がヴァイオリン, のヴァイオリン, の四角い, の弾く, の暗に, の芳太郎, や香具師, を聞い

▼ 艶~ (11, 0.3%)

2 ぽい声 1 ぽい事, ぽい場所, ぽい女, ぽい手, ぽい柔らか, ぽい派手, ぽい笑い方, ぽい話, ぽさ

▼ 艶なお~ (11, 0.3%)

1 [11件] つくりして, もてに, 住居である, 姿にも, 姿は, 局が, 歯ぐろ染め, 綱の, 顔であった, 顔では, 顔を

▼ 艶~ (11, 0.3%)

2 が, その御 1 がお, でございます, に申します, のした, の方, の言葉, はこれ

▼ 艶~ (11, 0.3%)

4 のない 2 のある, もなくなっ 1 がなく, もなき, を含んだ

▼ 艶~ (11, 0.3%)

2 は一般 1 かうした音楽, がある, で済んだ, などもひどく, にすぎない, の前, は一応, も多い, を伝えられた

▼ 艶いた~ (10, 0.3%)

3 女の 2 白粉の 1 一条の, 眼を, 舟は, 返辞が, 闇の

▼ 艶~ (10, 0.3%)

3 ける靈魂 2 かしかった 1 いたいろ, いたすだれ, かしげなる春夜, が奉公人, けるお

▼ 艶かな~ (9, 0.2%)

2 色の 1 ものが, 卓子台の, 瞳を, 笑顔を, 色若衆一人は, 鬢を, 黒髪を

▼ 艶から~ (9, 0.2%)

2 金太郎へ 1 して, そのふかい, 出て, 匂いから, 彼女が, 矢代は, 言っても

▼ 艶どの~ (9, 0.2%)

1 あんたは, お艶どの, か, さようなら, とお, の男, も大方須磨, を憎み恨ん, 何か

▼ 艶栄三郎~ (9, 0.2%)

1 がいれ, がキッパリ, である, と弥生, のむつまじい, の暮し, の身の上, の隠れ家, を離間

▼ 艶かに~ (8, 0.2%)

1 あるもの, 堆い鬢, 姿白く, 板敷白き, 笑い, 笑うばかり, 見えた, 酔った顔

▼ 艶っぽく~ (8, 0.2%)

1 てよい, て油, なってる, もなれ, 押し止めて, 池上の, 洩れて, 見えました

▼ 艶めき~ (8, 0.2%)

1 がほのめかされ, が坐っ, が漂う, その傍ら, て, て思ひ, との魅惑, 態度が

▼ 艶~ (8, 0.2%)

1 あるもの, ある影, と思っ, なるもの, に比較, の話, は彼女, を伝うる

▼ 艶~ (8, 0.2%)

1 がはいっ, だとか, というやつ, のよう, ばかり書く, をそれぞれ, をやりとり, を贈っ

▼ 艶では~ (7, 0.2%)

2 あるが 1 ございません, ない, ないか, なく江戸, なし

▼ 艶には~ (7, 0.2%)

1 かびくさい囚われ, これも, ないしょで, なおこれ, 一生懸命だった, 今松, 相違ない

▼ 艶めい~ (7, 0.2%)

1 てさえ見えた, てみせる, てゐる, て凉, て来た, て見えた, て見える

▼ 艶めく~ (7, 0.2%)

2 情熱に 1 という, 女, 文字は, 紅の, 肉づき

▼ 艶~ (7, 0.2%)

2 ぽい話 1 ぽい声, ぽい女, ぽい節廻し, ぽく露, 待てッ

▼ 艶~ (7, 0.2%)

21 のこと, のほう, はお前, をあずけ, を手活

▼ 艶~ (6, 0.2%)

1 むけた, 七百両やる, 向いて, 吹矢を, 忠相は, 見せて

▼ 艶~ (6, 0.2%)

1 に化け裁縫絶巧, に心動, の姿, の成れの果て, の訴え, は形

▼ 艶~ (6, 0.2%)

1 が夜, が祟, をこそお, を持つ, を訪い, を賞翫

▼ 艶~ (6, 0.2%)

1 の渋い, の金, ガラスの, 玉の, 電燈の, 電球の

▼ 艶~ (6, 0.2%)

2 しい表現 1 しい性慾的, した庇髪, した手足, と光沢

▼ 艶といふ~ (5, 0.1%)

1 のは, んだ, 二十四五の, 女は, 若い男

▼ 艶との~ (5, 0.1%)

1 仲が, 岐れ, 思いでの, 恋愛事件から, 間の

▼ 艶とも~ (5, 0.1%)

1 いうべきもの, 何とも, 何とも形容, 別れて, 同郷の

▼ 艶~ (5, 0.1%)

1 ぽい事實, ぽい女, ぽい婦人, ぽい宛名, ぽい聲

▼ 艶~ (5, 0.1%)

1 の影響, の類, は遂に, より学び来った, を作る

▼ 艶~ (5, 0.1%)

1 が改, に見惚れ, は娼婦, を争いし, を窺わん

▼ 艶~ (5, 0.1%)

1 とを以て良家, とを其の, にうつつ, を聞き, ヲ聞カンコト

▼ 艶~ (4, 0.1%)

21 ささへも, といはんよりは

▼ 艶しく~ (4, 0.1%)

1 いかにも深け渡った, また愛くるしく, 女性らしく成る, 情を

▼ 艶だった~ (4, 0.1%)

1 がかれ, という噂, のでより, 綾子さんが

▼ 艶とは~ (4, 0.1%)

1 いえないが, この女性, それ等の, 激しい恋

▼ 艶なりや~ (4, 0.1%)

2 われらの, 五月たちける

▼ 艶への~ (4, 0.1%)

1 前祝いと, 妄念を, 心を, 面当てだ

▼ 艶めかしき~ (4, 0.1%)

1 媚態を, 形而上學, 没落である, 生命を

▼ 艶出し~ (4, 0.1%)

1 するを, をかける, をし, を施し

▼ 艶~ (4, 0.1%)

1 に契, のため, の事, の裸身

▼ 艶布巾~ (4, 0.1%)

1 のかけ, をかけ, をかけられ, をかける

▼ 艶無比~ (4, 0.1%)

1 な一個, な三日月形, な恋物語, な額

▼ 艶麗活溌奇警~ (4, 0.1%)

2 なるもの, なる者

▼ 艶いや~ (3, 0.1%)

1 お高, 今は, 冷徹で

▼ 艶~ (3, 0.1%)

1 からであらう, とわたし, な

▼ 艶だち~ (3, 0.1%)

1 たり, てしなゆる, にけり

▼ 艶である~ (3, 0.1%)

1 かといふ事実, ことは, 女ひとりの

▼ 艶でも~ (3, 0.1%)

1 ありまた, つけようという, ない

▼ 艶とかいふ~ (3, 0.1%)

1 ことを, 女に, 字を

▼ 艶とを~ (3, 0.1%)

2 失って 1 殊更に

▼ 艶なりと~ (3, 0.1%)

1 たちまち鼠色, 思ふ心, 竹添先生の

▼ 艶にとっては~ (3, 0.1%)

1 会わぬ日, 義理の, 高殿玉楼に

▼ 艶にも~ (3, 0.1%)

1 うつくしきかなと, 哀れにも, 昇華し去り

▼ 艶めいた笑い~ (3, 0.1%)

3 方を

▼ 艶物語~ (3, 0.1%)

1 が起り, の筋書, を語る

▼ 艶~ (3, 0.1%)

1 が囂しかっ, と云う, をおそれ

▼ 艶~ (3, 0.1%)

1 せしめ得べきもの, だの, 喝采を

▼ 艶~ (3, 0.1%)

1 の女神ヴェヌス, の顧問, の魔風隈

▼ 艶麗さ~ (3, 0.1%)

1 とをひとつ, には能い勝たいで, に押

▼ 艶麗無比~ (3, 0.1%)

1 な御, な機知, な金聖皇后

▼ 艶~ (3, 0.1%)

1 な眸, の穏しき雄牛うなじ垂, の穩しき雄牛うなじ垂

▼ 艶かさ~ (2, 0.1%)

1 それに, 南向に

▼ 艶~ (2, 0.1%)

1 と媚び, はまり

▼ 艶きわまりない~ (2, 0.1%)

1 その姿, 面を

▼ 艶した~ (2, 0.1%)

1 庇髪の, 手足が

▼ 艶~ (2, 0.1%)

1 がたと, がたは

▼ 艶そういう~ (2, 0.1%)

1 ものを, わけで

▼ 艶だって~ (2, 0.1%)

1 いるし, こんな事

▼ 艶だつ~ (2, 0.1%)

1 弱ごころ, 草生なか

▼ 艶ちゃん三河屋~ (2, 0.1%)

2 へゆく

▼ 艶つけ~ (2, 0.1%)

1 て書い, であろうと

▼ 艶であった~ (2, 0.1%)

1 がともすれば, 顔は

▼ 艶とともに~ (2, 0.1%)

1 その急, 一夜を

▼ 艶ない~ (2, 0.1%)

1 ろを, 灰白色の

▼ 艶に対する~ (2, 0.1%)

1 新しい憐憫, 未来永劫の

▼ 艶ふかき~ (2, 0.1%)

2 から瓶

▼ 艶ほしさ~ (2, 0.1%)

2 の一念

▼ 艶めかしくさ~ (2, 0.1%)

1 へある, へ見える

▼ 艶ゆえ~ (2, 0.1%)

1 に実家, に断ちきった

▼ 艶光りし~ (2, 0.1%)

1 て血糸, て見えた

▼ 艶出液~ (2, 0.1%)

1 には無色, のにおい

▼ 艶原稿~ (2, 0.1%)

2 の続

▼ 艶~ (2, 0.1%)

1 を持たせ, を添えられた

▼ 艶~ (2, 0.1%)

1 じゃない, のよう

▼ 艶~ (2, 0.1%)

1 と申, の本性

▼ 艶~ (2, 0.1%)

1 しさ, にし

▼ 艶容人魚~ (2, 0.1%)

2 の如き

▼ 艶~ (2, 0.1%)

1 すらが人気, を

▼ 艶~ (2, 0.1%)

1 に恍惚たる, を詠った

▼ 艶書合せ~ (2, 0.1%)

1 と称する, などが以前

▼ 艶極まる~ (2, 0.1%)

2 魅力が

▼ 艶殺し~ (2, 0.1%)

1 のあった, 大正初年の

▼ 艶比類~ (2, 0.1%)

2 なき風情

▼ 艶~ (2, 0.1%)

1 のない, もない

▼ 艶泰軒~ (2, 0.1%)

1 に守られ, のうしろ

▼ 艶無類~ (2, 0.1%)

2 の美

▼ 艶~ (2, 0.1%)

2 を書い

▼ 艶素香~ (2, 0.1%)

2 の美

▼ 艶美秀づるレスボス~ (2, 0.1%)

2

▼ 艶~ (2, 0.1%)

1 して, だけのもの

▼ 艶~ (2, 0.1%)

1 だった, には凄

▼1* [326件]

あざやかなる朝顔, 艶あれの店, 艶あわれうらわかき神, 艶てゐる, 艶いっそ人眼でも, 艶いま戻ったぞ, 艶うしろ姿に手, 艶うっかり叫び声を, 艶うるわしく匂うよう, 艶浜お, 艶お前何を言う, 艶お前好きだったよねえ, 艶かしいけだものの, 艶かしかつた, 艶かしくさへある, 艶かしく全身を屈ら, 艶かしく女はこの, 艶かしく川水に照りそい流れ, 艶かしく年ごろの娘, 艶かしく榻の周囲, 艶かしく横膝に坐り, 艶かしく緋縮緬の裾, 艶かしく自分を絵, 艶かしく蜀江錦の裲襠, 艶かな人である, 艶からも張りや, 艶きたるランプ・シエエドなどを, 艶のを, 艶くお国の, 艶こともなげに軽くいい放った, 艶この驚愕の, 艶これに対して老, 艶ごとまでかぶせられる, 艶さまと, 艶さよう三社まえ, 艶さんお前かわいそうにすこし, 艶さんお前さんなら大丈夫, 艶さんきれいになった, 艶さんこんどあっしアお客で来る, 艶さん何をそう, 艶さん私はそう, 艶しき女三人袖吹き払, 艶しき月の面影, 艶しき身の投ざま, 艶しく息づいていた, 艶しなやかな胴, 艶じゃア無い, 艶すぎて妖異, 艶すぎるって仰し, 艶それがズッ, 艶たちぬ, 艶だけだったの, 艶だけのもの, 艶だちたる幽奥, 艶ちゃんみたいな人, 艶ちゃん一人では, 艶ちゃん達者で暮らし, 艶ちやんと美智ちや, 艶気の, 艶っぽさが, 艶つまりは栄養, 艶つやとした, 艶であって大地, 艶であるべきが当然, 艶であろうとはさすが, 艶でございますよ, 艶でっぷりふとった品, 艶でなくちゃア, 艶でなければ埓, 艶といへる妾, 艶とか言ふ, 艶とかいうものも, 艶とかに逢つたの, 艶とが衝突する, 艶として震えて, 艶とてなまめかしく売, 艶とで明瞭です, 艶とに富んだ詩情, 艶とばかり交際って, 艶とやら申す者, 艶とやらへ恨みの, 艶とやらを魔神にかけて, 艶と共に彼の, 艶どのこのわしを, 艶なかおばせを, 艶なきは, 艶なくわれなく世, 艶なした, 艶なすがたは, 艶なぞを奥床しく見せる, 艶などは以前よりも, 艶ならば平打, 艶ならざる処かへ, 艶ならむか薄情なる, 艶なるあるものを, 艶なる居ずまいとなる, 艶なれば, 艶なんかバカバカしいくらい, 艶にくしといはぬ, 艶にさえ矢代は, 艶にぞつこんは, 艶についてはあなたとも, 艶にて彼は, 艶にとあらは, 艶にといふ聯想は, 艶にのみ気を, 艶にや疑はれむ, 艶によって決断に, 艶にをかしうせさせ給, 艶に対し醜いみつ, 艶に対してこみあげるの, 艶に関して彼とかの, 艶ぬれ手拭を, 艶のみ雨に, 艶はべに絵売り, 艶はほどよく扱い, 艶ばかりが闇夜を, 艶ばかりは太陽の, 艶母めく, 艶紅芙蓉とこそ, 艶きんを, 艶ぶきをかけ, 艶へは眼も, 艶までが變って, 艶までに憤懣を, 艶みずからのすがた, 艶みと壮絶みとをその, 艶めいていながら流石, 艶めかしいわだかまりが出来, 艶めかしうそうどき立ち, 艶めかしく仇っぽくさえ, 艶めかしく八五郎の頬, 艶めかしく口を開き, 艶めかしく呼止められたの, 艶めかしく居崩れて, 艶めかしく彼の目, 艶めかしく曲らしたもの, 艶めかしく枕屏風の影, 艶めかしく柚木を取持った, 艶めかしく横坐りして, 艶めかしく田丸は思はず, 艶めかしく痙攣するの, 艶めかしく風流でないこと, 艶めかし過ぎて閉口, 艶めかず技巧を, 艶めかぬほど頬, 艶めきますがそれ, 艶めき匂う自分の, 艶めくもの, 艶めけば, 艶めこれへ逃げこん, 艶よきおとよ, 艶よりぼんやりと, 艶よりはお秋, 艶よりも今は, 艶お父, 艶ら写真もお, 艶をとも白髪まで, 艶を以て消し去らるる, 艶ツ氣なしに, 艶トム公は惚れ惚れ, 艶ナルヲ求メテ糖ヲ用ユルハ可ナリ香ノ高, 艶ナ所ヲカイテイル, 艶して, 艶乗馬靴の艶, 艶事師の, 艶しもお, 艶今夜の老婆, 艶仕込みの新内, 艶の詩, 艶何がなしに同じ, 艶は信じる, 艶儀御前様へ生, 艶と影, 艶典雅等の情的, 艶冶かしく笑ったが, 艶冶さをうっとり, 艶冶無腸の若旦那, 艶出し油とか肌色白粉, 艶出し雑巾をにぎっ, 艶分無しと, 艶を乱した, 艶勝れず円髷も, 艶千代里榮里葉玉勇などの名, 艶史小説の類, 艶名一世を圧した, 艶名江東に隱, 艶名艶罪が囂しかっ, 艶名隠れもなかっ, 艶名高い方だった, 艶名高いうら若い美妓と, 艶堅固なる瑞々しき, 艶場面はついに, 艶に心, 艶声調の婉柔, 艶多くなり根相, 艶多肉な女, 艶天地を撼かす, 艶夫人に芭蕉扇, 艶女一週間思い詰しが, 艶女等が, 艶っぽい声, 艶なこと, 艶を求める, 艶姐経済上彼の腰帯, 艶容匹なく姿色, 艶容姿抜群白百合のよう, 艶容嬌態が平次, 艶容無双の半, 艶富麗の七五調, 艶寧富松にまさり, 艶染と共に, 艶屈托に曇り, 艶弥生はじめて若い女らしく, 艶のさかり, 艶忘れようの, 艶怪奇を極めた, 艶恋しやの情炎, 艶情小説を一読過, 艶愛すべしといへ, 艶所望の件, 艶拙者の心, 艶をし, 艶拭きのかかった, 艶数丁さきで駕籠, 艶文中の一句, 艶文学が奈良, 艶書バイオリン弾奏文学書閲読遊廓散歩等の悪事, 艶書一件は自作, 艶書事件が仏陀, 艶書二重封にし, 艶書大和の国, 艶書翁が得意, 艶談義を, 艶を撒きちらした, 艶栄三郎どのがたのしく, 艶栄三郎明けはなれ, 艶極めてうるわしく額, 艶様さまと奉る, 艶次郎ですなわち, 艶次郎みたいなもの, 艶歌師アルベールが結婚, 艶歌師女衒などなどこれら, 艶殿が早う, 艶のある, 艶治郎よ鏡, 艶消し瓦斯入りの一〇〇ボルト六〇ワット, 艶深く輝き出て, 艶清雅な境, 艶温雅誠実艶美貞淑の化身, 艶滴らんばかりという, 艶澄みつつ, 艶濃き髪の, 艶濃く赤と, 艶爛熟を喜ぶ, 艶として自分, 艶片足を土間, 艶物道楽の咄, 艶と云われた, 艶異妖変な事実, 艶痛切であっても, 艶痩せても枯れ, 艶確かにあれ, 艶福花吉の行衛, 艶称さるる人々も, 艶称したあの愛猫, 艶種記者不良老年壮士の頭目, 艶立つ姿は, 艶竜次郎は恍惚, 艶ならぬ人, 艶の衣, 艶結綿に結つて, 艶なり, 艶美さとをあらわし, 艶美好色の詐欺, 艶美貞淑の化身, 艶羽織を揉み, 艶色前の日七尾, 艶色桃花のごとき, 艶色滴たる夫人, 艶色無類でトロイ戦争, 艶色絶世で今出川北御門, 艶にし, 艶といふ婦人, 艶華麗な服装, 艶葉木の意, 艶蒐集も偏奇館炎上, 艶と, 艶せる姿, 艶装ふりかまって, 艶しこんで, 艶語弦歌ゆらめくあかり, 艶諸共迷惑にならぬ, 艶を誇った, 艶豊志賀の狂い死, 艶足もとの明るき, 艶足拵えも厳重, 艶を蒔いた, 艶な目, 艶透通る薄日の, 艶通されたのは, 艶逸比スベキモノナク明代工筆ノ第一人者トイフベシ, 艶はともかく, 艶量感が感じられた, 艶の中ば, 艶陽三月の天, 艶隠者である, 艶雑巾をかけ, 艶の顔, 艶の艶, 艶の比, 艶骨相までが最初柳島, 艶を乱し, 艶を封ずる, 艶の一声, 艶麗なほの明る, 艶麗優雅さは衣装, 艶麗双びなきものであったであろう, 艶麗嫻雅の和語, 艶麗憂愁を極める, 艶麗竜女のごとき, 艶麗花を欺かん, 艶麗豪華なよう, 艶麗高根撫子の可憐, 艶麗黄花石楠の高雅, 艶龍眼は龍眼