青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「色彩~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

良い~ ~良人 良人~ ~良心 良心~ ~色 色~ ~色々 色々~ ~色彩
色彩~
~艶 艶~ 芋~ 芝~ ~芝居 芝居~ 芝生~ 芥川~ 芭蕉~ ~花

「色彩~」 2441, 26ppm, 4410位

▼ 色彩~ (586, 24.0%)

7 美しさ 6 中に, 濃厚な, 鮮明な 5 ある夢, 美は, 美を 4 変化を, 調和に 3 ゆたかな, 世界を, 組合せに, 美が

2 [52件] あった夢, とり合せ, ないこと, ない女, ものが, スペクトルが, 上から, 上では, 上に, 世界が, 世界も, 中では, 乱雑を, 使ひ, 具合が, 効果を, 印象は, 喰み合い, 塊り, 変化に, 大理石を, 強いもの, 強い印象派, 強烈な, 性質と, 感じは, 感じも, 感じを, 感覚と, 感覚を, 新しさ, 歓楽に, 渦に, 濃い奇怪, 異った, 盛観に, 着物が, 種々の, 花が, 花壇の, 衣服を, 表現を, 複雑に, 規範を, 記憶さえ, 調和も, 調和を, 調子が, 配合を, 錯綜が, 音楽, 音楽を

1 [422件] あざやかな, あった店, あらゆる関係, ある, あるところ, あるもの, ある一面, ある場所, ある微笑, ある感情, ある禁戒, ある絵画, ある美服, ある衣, いかにも棚, うちに, うつり変り, おかげで, かえらじ, かげに, きれいな, きわめて貧弱, ぐあいに眼を, ことを, すぐれて, せいだ, それでいて太陽, そんな動き, ただ効果, ために, つよい労働, つよい手法, つよい芝居絵, つよい表現, とどめを, とぼしい忠相, とりあわせや, とりどりを, ない下宿屋, ない冷, ない夢, ない簡素, なかで, はげしい笛, ままに, まま保存され, ものだ, もので, ものであった, ものでした, ものとは, ものらしい, ものを, やうに, やや柔げ, ゆたかさで, ゆたかさと, ゆゑに, ような, ように, シムフ, スペクトル化や, タイルを, バックに, バラック街, パラソルを, ペンキ塗の, モンタージュは, リアリティを, リズムである, ロー費を, ヴアリユルを, 一つに, 一つもが, 一刷毛であり, 一掃に, 一点から, 一見青年的, 上からも, 上で, 上でか, 上にで, 上には, 上にも, 上の, 下から, 不鮮明, 世界からは, 世界では, 並列の, 中で, 中にのみ, 中心に, 主調である, 乏しい時, 乏しい生活, 乏しきに, 乏しさ, 乱調な, 交響楽と, 人ばかりが, 付加は, 似たばかり, 何れかで, 何処にか, 作曲的な, 光が, 光をも, 光輝ある, 入ったもの, 入って, 入り乱れたその, 入り乱れた宙, 六枚組のを, 凹凸が, 分布の, 分布的な, 分類的である, 別は, 刺激が, 前に, 力を, 加筆は, 効果をば, 動き重なり, 勝利に, 卍を, 単純な, 単調を, 原料は, 原素性, 原素的, 反映を, 古代エジプトふうの, 古画の, 合して, 同一色, 名を, 否定と, 周縁が, 商品を, 喜びと, 單純な, 国と, 圏外に, 基調かとも, 基調な, 塗抹は, 境目では, 増加であっ, 変った世界, 変化が, 変化によって, 変化により, 変化の, 変化強弱その, 変転は, 多いそして, 多いもの, 多い古い国, 多い当時, 多い遠景, 夢は, 夢を, 大洪水, 失は, 女たちが, 好みも, 妙と, 妙技を, 妙言ふべからず, 子供らし, 対比であろう, 対照の, 対照以外に, 専門家なる, 尖影, 島へ, 嵌硝子, 工合いもなく, 工合で, 差は, 平面的変化色彩の, 庭画面の, 建物である, 弱い処, 強い作家, 強い文学上, 強い服装, 強い様子, 強い泥絵, 強い町, 強い装飾, 律動を, 御用団体に, 微妙な, 徹底的な, 思い出が, 性質は, 悪さ, 悪どさ, 想像力に, 感じ単純な, 感覚が, 感覚などは, 感覚乃至, 感覚働い, 或る, 批評を, 把握と, 持ち味である, 捉え難, 掴へ, 揺曳とでも, 新台, 方から, 方が, 方がずつと, 方で, 方向が, 明るい包装紙, 明るい配合, 明るく印象的, 明滅と, 時代の, 晴着姿と, 暗い冬景色, 最下層, 服装だ, 村邑の, 東方産の, 根底に, 根調と, 案出された, 極めて乏しい, 極めて単純, 模様が, 樣な, 横溢が, 欠けて, 段階といふ, 水, 氾濫, 氾濫も, 沁み入るばかりに, 沈着は, 波動が, 洪水だった, 洪水の, 活きたエハガキ, 海で, 淡い物, 混沌美で, 混濁を, 混雑つた様な, 混雜つた樣な, 溢れたおとなしい, 溢れたざわめき, 激しさ, 激情性を, 濃いあくどい物, 濃いもの, 濃いロマンティシズム, 濃い体温, 濃い作品, 濃い店, 濃い敷物, 濃い淡い草花, 濃い熱帯, 濃い熱度, 濃い看板, 濃い筆, 濃い筆致, 濃い絵, 濃い者, 濃い自我, 濃い血だらけ, 濃い表情, 濃い調和, 濃い象徴劇, 濃い雰囲気, 濃さ, 濃厚さを, 濃度に, 濃度を, 濃淡中に, 濃淡空気の, 濃艶, 点から, 点からも, 烈しい人間, 無い常陸, 無い恋, 無限の, 燃えるよう, 燃える美し, 爆発に, 特色を, 特調と, 独創的な, 現れないという, 理窟が, 生々しい古典性, 用意が, 由来漢事始に, 異る, 病気にか, 発現が, 盛んであった, 眩惑を, 着いた絵葉書, 知識に, 砂を, 祕密の, 神経だけを, 秘密が, 種別は, 空気を, 純粋さを, 結塊だ, 絢爛に, 絢爛を, 絢爛発明力と, 絹類を, 綜合的妙味であっ, 綜合美に, 縮緬で, 美しいこと, 美しい密画, 美しい橋, 美しい目, 美しい飾り, 美といふ, 美とを, 美に, 美や, 美よりも, 美デザインの, 美事さも, 美其連嶺の, 美観を, 自由という, 花やかさも, 花を, 落ちつきは, 薄い場合, 薄い極めて, 虹が, 蝋紙が, 裏づけと, 複雑なる, 褪せた幽霊, 見るべきもの, 見事な, 観察を, 観念に, 観念上の, 解釈や, 触発性の, 記述が, 調和が, 調和は, 調和や, 調子の, 諧和豊麗を, 諧調が, 諧調で, 諧調は, 諧調を, 變化が, 變化は, 豊かさは, 豊富な, 豊富な活きた, 豊麗な, 豐富な, 貝殻や, 質が, 趣味が, 趣味や, 足りないの, 跳梁とで, 輝きは, 輪の, 遊びが, 運動から, 違いが, 配列が, 配列を, 配列的な, 配合で, 配合など, 配合について, 配合は, 配合些細な, 配調は, 重ねの, 重んぜられないの, 錯合では, 錯綜した, 閃きと, 間の, 間を, 陰に, 陽炎とでも, 雄渾とは, 雑群を, 雨の, 雰囲気に, 音楽で, 音楽の, 音楽は, 風景画を, 飽和に, 饗応に, 驚くばかり, 魅力を, 鮮かな, 鮮な, 鮮やかさに, 鮮やかな, 黒と

▼ 色彩~ (484, 19.8%)

23 帯びて 12 もって 9 持って 5 して 4 放って 3 もつて, 加えて, 失って, 帯びる, 施すこと, 添へる, 濃厚に, 眺めて, 見せた

2 [26件] した生物ども, ばかへ, ほどこされて, 与えて, 与へられたと, 使つても, 出すん, 加える, 加へ, 帯びたもの, 帶びて居る, 強烈に, 持たない事実, 放てる生涯, 施さんとして, 施して, 有するもの, 有って, 添えるため, 点じて, 熟視され, 現わす, 異にし, 示して, 見て, 視むるもの

1 [352件] あたえ建設, あたりに, いやが, うばわれて, おのが, おびて, さへ, さまざま誇る, したの, した像, した建築, した風船, そえたの, そのままに, その裏側, た, たのしんで, つけその, つけたもの, つけて, つけること, つけるの, つけ出した, つけ足して, ぬきに, ぬき去った女, はっきりと, はなやかならしめ, ひよい, まざまざと, まぜた反物, またなく美しい, まとった婦人達, もたなかつた, もち家々, もったシーショアパラソル, もった光帯, もった山, もった随筆, もつ, もつた山, もつと, もつよう, もつ戯曲, やや失った, わが画幀, カンヴァスの, ゴチャゴチャに, ゴチヤゴチヤに, モンタージュ的な, 一つの, 一と, 一層濃厚, 一応は, 不思議に, 与えたの, 与えられる, 与える事, 与え全体, 与へ, 与へて, 与へる, 与へるかも, 与へるもの, 両手に, 並べて, 交えない線描, 交ぜ奇矯, 今か, 今日の, 他と, 代る代る自分達, 伴って, 伴つて來る, 伴わぬもの, 何う, 作って, 作品に, 使って, 使ふ, 保って, 先に, 入れて, 具えた, 具し, 写生し, 刻んで, 剥がれ有らゆる外殻, 加えた, 加えたに, 加えたよう, 加えた物語, 加えた表紙, 加えられたもの, 加えるという, 加え出したと, 加へる, 包んだ純白, 十分に, 午後の, 単純に, 取り去ったあと, 取込んだ訓, 叙する, 同じくし, 含んだ新鮮さ, 呈して, 味わいこれ, 喜ぶ, 土台と, 塗って, 塗つてゐた, 増したよう, 増して, 墨色と, 変えた裾模様, 変えて, 変化あらしめ, 多分に, 多様には, 天空に, 失いかけて, 失うの, 失ひ始めた頃, 奪ったの, 奪って, 奪つて, 好むこと, 好むもの, 好む我々, 好んだの, 実質的内容から, 対時せしめる, 対照せし, 少年の, 帯びしめて, 帯びその, 帯びたやはり, 帯びた一種, 帯びた作品, 帯びた唯一, 帯びた怪談, 帯びた想像, 帯びた斑点, 帯びた秀才, 帯びた第, 帯びては, 帯びても, 帯びないこと, 帯びながらも, 帯びるという, 帯びるに, 帯びるよう, 帯びる更年期, 帯び凡そ千年間, 帯び出した, 帯び思想的, 帯び諷刺もの, 帶びあたかも惡性の, 帶びたリアリズムが, 帶びた所が, 帶びた政治が, 帶びた民主黨もしくは, 帶びた鼻面は, 帶びている, 帶びてゐるのが彼には, 帶びて來た, 帶びて現れた, 帶びて眞言密教と, 帶び人情の, 帶ぶる, 弄ぶ時, 張り渡してる, 強くし, 強く帯び, 強く照りかえす, 強く表, 強めて, 強めるの, 形容し得たる, 思わしめる, 思出さね, 息づいて, 悦樂する, 想像する, 意味する, 愛して, 愛し候, 感じて, 感ずる俗人, 憶ひ出した, 払拭し, 抄略するだらう, 抹殺し, 抹殺せ, 持たない, 持ち人, 持ったこと, 持った夢, 持った波, 持つた未練気, 持つた草花, 持つた連載小説, 持つて, 持つもの, 持つよう, 持つ什器, 指す場合, 排斥し, 掛け連ねた店, 改めて感じ直す, 放ったかと, 放つもの, 放散させ, 敬遠する, 施こし, 施された王, 施されるの, 施したの, 施したもの, 施した支那流, 施すという, 施すの, 施すもの, 施す必要, 施す者, 施そうと, 明に, 有し武力, 有するかを, 有するそれら, 有する劇, 有た, 有たぬ, 有たぬで, 有つ, 有つて彼女の, 村に, 染め出して, 楽しむの, 残したが, 殺して, 氾濫, 注意し, 流して, 浮べた, 消し落し, 深めて, 添えて, 添えるの, 添えるもの, 添え温かみ, 添え限り, 添ふるあり, 添ゆる, 添ゆるが, 添加しよう, 溢らせ, 溢れさせた女子選手, 濃くし, 濃くした, 濃厚には, 点ずるか, 点ずる必要, 煙らせたもの憂い, 燈下に, 爲し, 物の数とも, 獲得した, 獲得する, 玻瑠釉の, 現わし, 瓦屋根で, 生じ得るかの, 生むとき, 用いたらば, 用い悠々, 用ゐ, 画家は, 異にした, 異にする, 発揮せん, 発明する, 發揮せしめ, 盛り上げて, 盛ろうと, 眺めながら, 眺める, 眺め取る時, 眼で, 着けたこと, 着けて, 知らなかつたの, 示し, 紙に, 経験した, 統一し, 綜合する, 維持しうる, 織って, 耀かそうと, 背後の, 背景に, 脚色の, 自分の, 自由に, 與ふる, 色濃く帯びる, 薄めて, 薄らげて, 藉り, 表面に, 装ったもの, 複雜に, 要求する, 見せたの, 見せた蟲, 見せつ, 見せて, 見せる, 見せる季節, 見つけ出したり, 見ないと, 見るに, 見るの, 見る気, 見下す寝室, 見出すでしょう, 誇って, 認める事, 調え合って, 調和させ, 豊に, 豊富に, 躍らしながら, 輝かす, 輪入, 連想する, 選ぶでも, 避けて, 重ね燃えて, 鈍らさなかつたこと, 鑑別辨識し得る, 附けるため, 限定する, 除いて, 除けば, 離れて, 非常に, 駆使し, 駆使する, 鮮明に

▼ 色彩~ (260, 10.7%)

6 ある 3 あった, 妙に, 濃厚である

2 [19件] あって, あつた, ほしい, 全く時間, 匂が, 固有し, 強くな, 強烈すぎる, 時の, 書物に, 濃い, 濃厚と, 畸形な, 眼に, 複雑で, 見えた, 見られる, 豊富で, 非常に

1 [207件] あせて, あの距離, あふれて, あまり濃厚, ありそれ, あります, あり思想的生活, あり構図, あるだけ, あるといふ, あるの, ある例えば, ある汽笛, ある筈, ある訳, ある赤地, いくらか, いっぺんに眼, いつまでも, いまや驚く, うす紫いろ, うるわしい許, おおう, おのおの速度, お延, かういふ時, からみついて, かわって, きれい過ぎ, さながら絵, じみな, すぐ眼, すべてこれと, ずっと淡く, その結合, だんだん濃厚, だんだん華やか, ついて, どういうふう, どんな意味, ない, ないという, ないの, なくて, なく単に, なんとも, はっきり分れ, はっきり見える, はつきりと, ひらめくの, ぼんやりし, まずいので, また異なっ, もっとはっきりし, もとの, よくて, より色濃い, クッキリと, 一層それ, 一見幼稚さうに, 不鮮明です, 中古の, 乏しかつ, 乏しくなっ, 五色の, 似て, 何とも云, 何んで, 余り異様, 使ってないこと, 全くへっ, 全く薄れる, 全歌壇, 全然欠け, 処々に, 出て, 出ない, 出るで, 出来上ったん, 分裂し, 剥げて, 加わった, 動くの, 勝って, 十八間の, 十分残っ, 単調で, 単調であり, 又惡感, 反映する, 古い, 君の, 圧迫的に, 多くて, 大好きで, 大方の, 奇抜に, 好い, 実にあざやか, 實に, 少く其処, 展開されてる, 巴渦を, 強い, 強いこと, 強いと, 強くなる, 強くまた, 強く紺青, 強すぎるで, 強烈である, 彼を, 彼等の, 徐ろに, 感取された, 持ち得る気品, 持久戦争的な, 採り入れられて, 揺れ動いたかと, 施されその, 施されるの, 施して, 日に, 日中の, 期待に, 格子さきに, 梢から, 棚の, 極めて微細, 極度に, 榮えて, 横溢し, 次第に力, 江戸に, 流れた, 浮かぶ昔, 浮動し, 淡く衰え, 添えられたよう, 添えられて, 湿った空気, 滲んで, 漸次濃厚, 潜んで, 濃いこと, 濃いよう, 濃い様, 濃くなつ, 濃くなる, 濃く忘れよう, 濃く眼, 濃厚に, 濃厚鮮明である, 点ぜられ出したの, 無いという, 特色である, 玄妙な, 王朝の, 異っ, 異ふところ, 目に, 盲人が, 眼を, 睡眠不足な, 私には, 種々に, 突然そこ, 精しい觀察, 色褪せて, 花粉の, 若芽の, 著しくたとい, 著しくなっ, 著しくなった, 著しく感ぜられる, 薄い, 薄く寧ろ, 薄れたり, 虚無の, 行き亙って, 製作当時の, 複雑に, 西の, 見いだされるの, 見られなくなりしまひ, 見事で, 観客の, 触覚でなかったら, 触覚な, 言い知らず胸, 認められるだらうか, 豊富すぎる, 足りない, 逃げよう逃げようと, 集って, 雨にでも, 面白いでしょう, 頗る貧しい, 頭で, 飽和し, 鮮かで, 鮮やかで, 鮮やかな, 鮮烈で, 鰊に, 黒の, 黒への

▼ 色彩~ (156, 6.4%)

7 富んで

2 [11件] 不十分な, 包まれて, 包囲され, 對する, 就て, 感激したる, 敏くなり, 於て, 染められて, 目を, 迷は

1 [127件] あふれて, あるを, かれは, すれば, そういう統一, その目, たとえて, ちょっと反感, ついて, つつまれた生活, つつまれて, つながるところ, とむ人間哀詩, とむ理由, なって, なつた, なるけれども, なる必要, ぬりかえられるもの, ふさわしいもの, またそれ, みてるもの, みとれ頭, もっと留意, よりて, 不足を, 乏しいもの, 乏しい北国, 乏しかった, 乏しくなるだろう, 乏しく變化, 乏しく貧乏, 亢奮し, 人が, 似たる児, 似た溌剌性, 似て, 依つて区別, 傾かうとして, 充される, 分れて, 分割し, 到着し, 包まれた肉体, 反映した, 問題が, 塗られた銀座通, 塗りあげて, 塗りかえあらゆる, 塗りたくられて, 塗りつぶされては, 塗り上げられた, 変化し, 変化を, 夢中に, 女らしい心, 始めて南海, 富み搗, 富むもの, 富む点, 富む繪畫的文章, 富んだもの, 富んだ姿, 富んだ文學者, 富んだ生活, 富んだ絵画的, 富んだ衣裳, 富んだ過去, 就いて, 席を, 彩られて, 心と, 思ひがけ, 成り余りに, 我は, 戯むれ, 掩はれ, 揺れて, 敏感で, 敏感な, 新味あり, 於いて, 於いても, 於けるトオン, 於ける美, 於ては, 於ても, 映えて, 時代性が, 最も敏感, 染められた人々, 染め分けられたモザイック, 染られて, 染上げられた, 模様づけ, 欺かれなかつた, 気を, 注意を, 浮かせて, 消されて, 混じ合って, 溢れたもの, 燃え立たせ得る術, 特に最初, 狂乱し, 生命を, 異なる所, 眩惑され, 眺め入った, 粉飾された, 紛るる, 興味を, 良心的な, 見えた, 見えるという, 見惚れた, 誘惑せられ, 調子は, 輝いて, 輝き出した, 輝き声, 重点が, 閃めい, 隣りして, 音響に, 麻痺しつくした, 黒レースを

▼ 色彩~ (127, 5.2%)

2 すこしも, 皆褪めたる如く, 薄れるらしい

1 [121件] ああいう, あくまで純粋, いは, いまは, いよいよ華やか, かえって男気, かつて湖龍斎, かなり強い, ここに, この人, この部屋, ごちゃごちゃし, すべて淡い, ずっと褪せなかった, そのディム, その人生, その使用, その動物, その奥, その意味, その色彩, それらの, そんなに別嬪, たしかに驚くべき, つきものの, で, とても見る, どうか, どこにも, ないと, ない筈, なくも, なにひとつない, なんとなくこせ, なんとなくこせこせ, はっきりし, はでである, はなはだよろしい, まさしく, まだきわめて単調, もう次第に薄らぎ, もつと, やはり英国式, ガチャガチャした, ガチヤガチヤした, 一層強まり, 一層濃く, 中仙道を, 人の, 余分の, 倫理的でありました, 全く埋, 同時に彼, 問題に, 多くは, 多く光り, 多様でも, 多種に, 多種多様である, 夜と, 太陽の, 如何に精緻, 実に美しい, 小説以外には, 帯びて, 帶びてゐても云はば, 常に絵画, 強いが, 当時の, 必然的に, 恐らく白光, 悪いが, 感心できる, 房, 時々刻々に, 暗やみから, 札幌附近の, 柔かに, 次第に其量, 次第に濃く, 欧洲人の, 歌麿が, 歌麿のみ, 死んで, 殊に彼, 気品そのものの, 水彩だ, 決して偶然, 注意深く避けられ, 派手な, 浮世絵中最も, 湯の, 濃厚であっ, 独仏混淆だ, 甚だ絢爛, 生身の, 画面を, 畢竟幽, 相当に, 眼に, 眼の, 確に, 私に, 私には, 経済学者を, 総じて良く, 美しいと, 美麗に, 美麗を, 群集の, 至仏山下の, 薄く之, 褪せその, 褪せて, 見られない, 輝きを, 透明に, 遂に余, 雨の, 面の, 黒木の

▼ 色彩~ (123, 5.0%)

2 動きと, 形に, 形似, 音響を

1 [115件] あの目つき, いい自分の, いえば, いかにも余念, いひ描線, いひ自分の, ごった返して, さまざまな, そして秘密, そして附近, その画風, その間に, その雰囲気, その靜, それが, であった, なりますでしょう, ひどく相殺, ほのかな, まつたく想像, メロディアスな, 三味線とに, 事務所と, 云うの, 云うのほか, 云うもの, 云っては, 云ひ, 享楽的な, 人の, 休息が, 体温とを, 傾向とで, 傾向を, 光沢は, 光線と, 其の簡單, 典雅の, 冷静なる, 創意に, 動作との, 同じく私, 同じ手段, 嗅ぎ馴れない薫, 図案の, 図案は, 圖案, 外観の, 大まかさを, 嬌声と, 子供っぽい, 密度と, 年代だけで, 形が, 形との, 形体との, 形式と, 形態とを, 形状とは, 形象ともて, 影ばかり, 心持とを, 懐つかしい, 手法が, 描法とが, 散文で, 文学的な, 時につれ, 時代との, 暗い陰影, 柄の, 歎息とを, 比較したら判るだらう, 気もちとを, 混同し, 照明とで, 熱情湧きほとばしる, 燃上る, 甘味とを, 申し強い, 称するもの, 稱へらる, 笑声が, 第三, 筆触と, 筆触によって, 系統を, 線との, 線の, 繁華とを, 肌地の, 自然と, 芳香は, 行動との, 複雑な, 言つてもよ, 認められないどころか, 調子と, 調度品で, 變化とに, 輪郭と, 運動と, 陰翳は, 面の, 音楽と, 音楽とが, 音楽との, 音響とが, 音響とに, 音響との, 香が, 香料との, 香気とが, 香気を, 香氣とが

▼ 色彩~ (57, 2.3%)

3 描かれて 2 あつた, 輝いて

1 [50件] あらうこの, あらわして, あらわすこと, これだけは, ごてごて装飾, ごまかしたよう, すらも私たち, それで, できた花環, はたくよう, まるで蛇, もつて, 五ヵ年計画が, 以て, 再検討, 冬の, 反射が, 塗られて, 塗りたてそれに, 壁に, 少女と, 彼女らは, 往来の, 息づいてる事, 悲しいこと, 描いたの, 描き出されて, 描き出される, 更に自然, 染めあげられて, 此の, 淡墨, 淫逸な, 温かく輝い, 生々と, 男も, 画いて, 白い城, 盛んに, 着物を, 織られた着物, 見た, 観察した, 蹂躙され, 辛くも塗り, 造り上げられて, 食慾を, 飾られたしばらく, 飾られた翼, 飾りたてるもの

▼ 色彩~ (55, 2.3%)

2 之に, 夢の, 施して

1 [49件] あり大した, あり物体, うつくしい自然, そこには, だんだん色濃く, ちゃんと整っ, ともに噴きのぼっ, ない姿, ない店, ない自己, なき作品, なくな, なく従って, なく斷言的, なく日当り, なく笠井さん, なければ, またいちじるしく, また強い, また春章, また背, ポンペイの, 何にも, 光も, 写真で, 剥落し, 向って, 変って, 快く一種, 感じない, 模様も, 混じって, 濃くな, 濃厚で, 無い恰, 目立たない, 筆觸も, 美しい五ヵ年計画, 舊式の, 良い意味, 落ちついて, 雑って, 非常に, 面の, 音曲も, 音楽も, 鮮明に, 麗わ, 黒色と

▼ 色彩~ (44, 1.8%)

2 形を, 線は, 音響や

1 [38件] あんなヴォリウム, あんなヴオリウム, こみ入った細部, それが, トーンで, リズムとして, 人情が, 個々の, 光沢には, 匂いも, 匂ひ, 匂を, 図案に対しては, 姿態が, 形体は, 形態に関する, 情熱や, 情趣に, 意匠を, 感覚から, 感覚を, 技術を, 明るい声, 柄の, 模様は, 濃い描線, 濃淡によって, 物の, 現実の, 看護婦や, 空虚な, 筆触や, 色の, 電燈の, 音律や, 音階をも, 音響など, 香気を

▼ 色彩~ (34, 1.4%)

2 な, な音楽的

1 [30件] だった, であること, であるよう, でなくなって, でなく灰色, でパリ, で豊富, ということ, とか絵画的, なやつ, なクレムリン, な中心映像, な人生, な効果, な喧噪, な家, な日本的パジャマ, な生活情緒, な絵, な絵画的, な西班牙, な話題, な迅, な雰囲気, な風, には, には美しい, にもかなり, に描写, に豊富

▼ 色彩から~ (18, 0.7%)

2 何からが, 来る感じ

1 [14件] いうと, うける快, じかに来る, ほぼ其土地, 余り遠く, 光度の, 匂に, 受ける感じ, 受ける楽, 感覚的刺戟を, 推すこと, 来るいやらし, 秋の, 脱して

▼ 色彩とを~ (16, 0.7%)

1 [16件] それらが, 合せて, 展開する, 帯びつつ, 帯んで, 思起す, 持つて, 発揮し, 盛らうといふ, 結びつけて, 著しく高め, 複雑ならしめし, 見るため, 説明せり, 貪りながめながら, 酷使する

▼ 色彩に対する~ (16, 0.7%)

2 要求が

1 [14件] 感じ, 感激は, 感覚に, 感覚は, 感覚的な, 感覚的反応または, 敏感が, 独創的な, 理解が, 科学的処理の, 観念の, 訓練の, 誇大性を, 趣味の

▼ 色彩映画~ (16, 0.7%)

2 の最初

1 [14件] が今, が何, が始まる, にしよう, になった, に向っ, のシナリオ, の中世騎士陣, の問題, の技術陣, の研究者, の色彩作曲, も蹤, 或いは特に

▼ 色彩を以て~ (13, 0.5%)

2 彼の

1 [11件] しなければ, その枝, 描かれて, 日本の, 曇りたる色, 次から, 現は, 組立てて, 絵画の, 自然を, 色づけられない

▼ 色彩という~ (10, 0.4%)

2 ものを, ような 1 ことを, ものが, ものは, 作文は, 側に, 点から

▼ 色彩~ (10, 0.4%)

1 からずや, と清新味, のよろこび, の如何なる, の本質, をついに, を今後, を写し得ぬ, を十全, を耽美的

▼ 色彩~ (9, 0.4%)

2 としての牧野 1 である, ではある, としてその, としてのゴッホ, としての時代的敏感さ, と名づけられる, らしい追求

▼ 色彩~ (9, 0.4%)

1 がふたたび, が日本, とそして, の閲歴, はさ, も愛しく, をそそる, を導き入れる, を採り入れ

▼ 色彩との~ (8, 0.3%)

1 何の, 何万という, 強い刺戟, 戯れを, 活, 相違の, 自覚的な, 関係で

▼ 色彩ある~ (7, 0.3%)

1 ものの, ボロの, 恋物語に, 新しき精神的感覚, 生活の, 画面の, 靄が

▼ 色彩とは~ (7, 0.3%)

1 しつつ, 云えるけれども, 今日と, 何ぞ, 歴史には, 認められなかったの, 遠く離れ

▼ 色彩について~ (7, 0.3%)

2 実に苦しみ悩んだ 1 有する趣味, 極めて多情, 構図について, 構圖について, 繊細極まる

▼ 色彩には~ (7, 0.3%)

1 すぐれたもの, それや, なっても, はっきりした, 好んで, 富んで, 肉親的な

▼ 色彩~ (7, 0.3%)

2 への序文 1 から始め, についてあの, に関する驚嘆, のこの, を次

▼ 色彩とが~ (6, 0.2%)

1 ある, ここまで, 一つに, 成功である, 腸まで, 錯交し

▼ 色彩によって~ (6, 0.2%)

1 区分され, 女の, 感じる美, 濃厚に, 色どられ, 見分ける事

▼ 色彩~ (6, 0.2%)

1 でリアリティ, の冒険, の原, の稀薄性, の自己暗示, の陰影

▼ 色彩である~ (5, 0.2%)

2 か何 1 といふ, とすれ, と考え

▼ 色彩では~ (5, 0.2%)

1 だめか, ない, ないもう少し, なかった, なくして

▼ 色彩として~ (5, 0.2%)

2 眼を 1 そう云う, 彼の, 置いて

▼ 色彩にも~ (5, 0.2%)

1 二つに, 互に調和, 拘はらず西洋演劇, 韻律が, 驚ろかない

▼ 色彩に関する~ (5, 0.2%)

2 例を 1 新しい見方, 趣味が, 鋭敏な

▼ 色彩信号~ (5, 0.2%)

21 というの, はごく, は近距離用

▼ 色彩とか~ (4, 0.2%)

1 濃淡とかを, 社会諷刺とか, 空気とか, 蒼古な

▼ 色彩とで~ (4, 0.2%)

1 あつた, なって, 森林中の, 読者を

▼ 色彩意匠~ (4, 0.2%)

2 の精妙 1 の精巧, の重複

▼ 色彩感覚~ (4, 0.2%)

1 であらう, と結合, の教育, の鮮明

▼ 色彩濃厚~ (4, 0.2%)

1 であったが, となり, なる芸術, な幻想

▼ 色彩あり~ (3, 0.1%)

2 光沢ある 1 形相ある

▼ 色彩~ (3, 0.1%)

1 から他, ということ, と思つたの

▼ 色彩づけ~ (3, 0.1%)

1 ている, て考へ, 現在は

▼ 色彩といふ~ (3, 0.1%)

1 のは, ものを, よりケンラン

▼ 色彩~ (3, 0.1%)

1 のである, ので信実, のを

▼ 色彩などは~ (3, 0.1%)

2 全然見つからない 1 はなはだ不調和

▼ 色彩なども~ (3, 0.1%)

1 この朝, 極めてあくどく, 錦絵の

▼ 色彩なり~ (3, 0.1%)

1 古風な, 恬淡さを, 想像を

▼ 色彩によ~ (3, 0.1%)

1 つて強調するだらう, つて義眼された, つて見る

▼ 色彩に対しても~ (3, 0.1%)

1 それぞれ異なった, 不忠実, 自から面

▼ 色彩をも~ (3, 0.1%)

1 帯ば, 感ずるよう, 樣式をも

▼ 色彩強烈~ (3, 0.1%)

1 な作品, な肉体, な花

▼ 色彩~ (3, 0.1%)

1 が使う, になっ, の行き方

▼ 色彩あざやか~ (2, 0.1%)

1 に左指, に描いた

▼ 色彩あらゆる~ (2, 0.1%)

1 音楽その, 音樂その

▼ 色彩からのみ~ (2, 0.1%)

1 成って, 成つてゐる

▼ 色彩~ (2, 0.1%)

1 へなかつたなら, へ應用

▼ 色彩その~ (2, 0.1%)

1 感覚という, 簡素な

▼ 色彩だけ~ (2, 0.1%)

1 である, では

▼ 色彩だけは~ (2, 0.1%)

1 それと, 仰山な

▼ 色彩だった~ (2, 0.1%)

1 からお, が暗黒

▼ 色彩づけられ~ (2, 0.1%)

1 てあつ, てある

▼ 色彩でも~ (2, 0.1%)

1 あった, なく

▼ 色彩とから~ (2, 0.1%)

1 出来て, 呼起され

▼ 色彩としか~ (2, 0.1%)

1 思われないの, 思われなかった

▼ 色彩としての~ (2, 0.1%)

1 働きを, 理解が

▼ 色彩とに~ (2, 0.1%)

1 よりて, 交つていよいよ

▼ 色彩とによる~ (2, 0.1%)

2 異常な

▼ 色彩なき~ (2, 0.1%)

2 石も

▼ 色彩など~ (2, 0.1%)

1 ユニークであったらしい, 念頭に

▼ 色彩などが~ (2, 0.1%)

1 ちらりちらりと視野, なんとなく同

▼ 色彩などを~ (2, 0.1%)

1 批評する, 注意する

▼ 色彩についての~ (2, 0.1%)

1 アングルの, 章が

▼ 色彩のみ~ (2, 0.1%)

1 でなくとも, ならず線

▼ 色彩への~ (2, 0.1%)

1 感能が, 日常の

▼ 色彩まで~ (2, 0.1%)

2 ある

▼ 色彩やら~ (2, 0.1%)

1 戀のみ, 追憶が

▼ 色彩ゆたか~ (2, 0.1%)

1 に動的, に描写

▼ 色彩よりも~ (2, 0.1%)

1 極りなく, 色合いの

▼ 色彩をまで~ (2, 0.1%)

1 帯びるに, 暗示した

▼ 色彩~ (2, 0.1%)

2 に制作者

▼ 色彩作曲~ (2, 0.1%)

1 のみごと, の様式

▼ 色彩効果~ (2, 0.1%)

1 かということ, のため

▼ 色彩及び~ (2, 0.1%)

1 筆勢を, 顔面輪廓の

▼ 色彩多い~ (2, 0.1%)

1 装を, 諧謔曲の

▼ 色彩~ (2, 0.1%)

1 の周囲, を持ち出し

▼ 色彩濃い~ (2, 0.1%)

1 ながらやはり, ネオ

▼ 色彩甚だ~ (2, 0.1%)

1 美し樹上, 美妙ならず

▼ 色彩~ (2, 0.1%)

1 にくらべる, は楽

▼ 色彩的効果~ (2, 0.1%)

1 によつて舞台, も素敵

▼ 色彩的絵画的~ (2, 0.1%)

1 といわれる, な錦繍調

▼ 色彩~ (2, 0.1%)

1 の相, を勘定

▼ 色彩絢爛~ (2, 0.1%)

1 なもの, の色硝子

▼ 色彩華やか~ (2, 0.1%)

1 なる交互聯關, にその

▼ 色彩豊か~ (2, 0.1%)

1 にし, に舞台

▼ 色彩輪廓~ (2, 0.1%)

2 を瞭然

▼ 色彩運動~ (2, 0.1%)

1 そんなもの, で人間

▼ 色彩雑多~ (2, 0.1%)

1 な様式, な絢爛さ

▼1* [158件]

色彩あれと思っ, 色彩いちようなもの, 色彩うすいようだ, 色彩うるわしい暈光が, 色彩うるわしく描かれて, 色彩変化を, 色彩こそ少し異なる, 色彩ことに赤は, 色彩さまざまの鞘, 色彩すべて新鮮だ, 色彩そつくりの山畑, 色彩そのものに存する, 色彩それはその, 色彩だけが浮いて, 色彩だけでも春らしい, 色彩だの密閉した, 色彩やない, 色彩って初春らしい, 色彩つたところの, 色彩つた架空の産, 色彩つて書いたもの, 色彩つまりその嗜み, 色彩つよいネオ, 色彩つよく耀ける, 色彩づよく描写され同時に, 色彩であってもそこ, 色彩であったかはっきり, 色彩であり刺激である, 色彩ですがこれ, 色彩でなくてはならない, 色彩といったような, 色彩とかの方便で, 色彩としてよりも寧ろ郷土物産, 色彩とともにふいと, 色彩となせるを, 色彩とも認められなかったの, 色彩とを以ていつもの, 色彩なく変化に, 色彩なければ, 色彩なぞは傳説を, 色彩なりが急に, 色彩なりを吸ひ取られ, 色彩において全くゼロ, 色彩においても調子においても, 色彩にかけても日が, 色彩については線法や, 色彩による視覚的美であろう, 色彩に対してゴンクウルの, 色彩に対してはあこがれの, 色彩のみが今日われわれの, 色彩のみを継ぎ合すだらう, 色彩ばかりである, 色彩ばかりが私の, 色彩持って, 色彩また甚しく, 色彩までがまざまざと, 色彩もうす紫が, 色彩やも勘定に, 色彩よき裾模様の, 色彩よりは素描の, 色彩よろし色彩の, 色彩をと思って, 色彩をのみ帶びた經驗では, 色彩フィルムの現像, 色彩リズムの不, 色彩帯ビテ, 色彩主観に入った, 色彩二重奏といふほどのもの, 色彩人声や鐘, 色彩以上のもの, 色彩何ぞ奕, 色彩を撮ろう, 色彩に鳥居清長, 色彩の廻転, 色彩再現の科学的技術, 色彩分解が綜合, 色彩を利用, 色彩剥落し畫布, 色彩といふ一種, 色彩南国的な集団精神, 色彩味雰囲気などはそれぞれ, 色彩動き習慣, 色彩変化のあらゆる, 色彩如何に, 色彩の根本法則, 色彩に對, 色彩家ギュスタアヴ・モロオはまさしく, 色彩少なく後に, 色彩形実在の真, 色彩形容みなあの時, 色彩形状の混沌たる間, 色彩形襞陰影等事物の真に, 色彩愛すべき濃淡を, 色彩感じというよう, 色彩感覚方向をはっきり, 色彩感覚特性等からその, 色彩感覚的な技法, 色彩感覺とを兼ね, 色彩所有者との結合, 色彩描写たると平面描写, 色彩故に苦労する, 色彩新しい考えは, 色彩景気のいい, 色彩をかなでさせる, 色彩構成の伝統, 色彩気分などは紹介, 色彩でもあり, 色彩漫画のやう, 色彩濃く描きつくされて, 色彩濃やかなさまざま, 色彩熱量などの点, 色彩燈台の煌, 色彩燦爛殆んど, 色彩のほえる, 色彩生活感面白いでしょう, 色彩画家のパレット, 色彩畫家のカン, 色彩畫家一二九九年ローマに死す, 色彩畫家十三世紀の末, 色彩畫派的の色彩諧調, 色彩療法は医学上, 色彩白粉けのない, 色彩的カッティングを行ない, 色彩的モンタージュの方法, 色彩的手段のより現実的, 色彩的拠点といふもの, 色彩を奪, 色彩秘密っぽい黒貂, 色彩紋様の如何, 色彩組織を變, 色彩線形光調子の集合, 色彩織り方の, 色彩置き棚や, 色彩羅馬の女神, 色彩美しいと云わなけれ, 色彩胡瓜の快活, 色彩華麗な装飾物, 色彩華麗さをその, 色彩の巣, 色彩西洋人特有の感情, 色彩調和に俟, 色彩調度が好き, 色彩論史を書いた, 色彩諧調は思ひ出した, 色彩豊富では, 色彩身体の均衡, 色彩軟かき調和を, 色彩通信は間もなく, 色彩配置とを為し遂げた, 色彩随分変って, 色彩雑沓に遭遇, 色彩はよし, 色彩音楽について読ん, 色彩音色の調整, 色彩音響又は突飛, 色彩香味あるもの, 色彩香氣の無い, 色彩高低が変化