青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「色~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

艘~ 艦~ 良~ ~良い 良い~ ~良人 良人~ ~良心 良心~ ~色
色~
~色々 色々~ ~色彩 色彩~ ~艶 艶~ 芋~ 芝~ ~芝居 芝居~

「色~」 28992, 313ppm, 309位

▼ 色~ (7559, 26.1%)

62 薔薇の 49 淺黒い 41 美しさ 37 中に 33 白さ 28 白い女 27 小白い 26 着物を 23 花が 22 顔を 20 花を, 雲が, 雲の 19 空に 18 水が 17 白いの 16 光が, 光の 15 ような, 光を, 黒い男 14 白い顔, 白い髪 13 ように, 白い男, 空の 12 白い眼, 空を, 頬を, 黒いの 11 服を, 白い人, 皮膚を, 衣を 10 ものが, 上に, 軍服を, 黒さ 9 ズボンを, リボンを, 布を, 水を, 海の, 海を, 煙を, 空が, 袴を, 髪を 8 小判が, 毛, 液体を, 羽織を, 肌を, 顔に, 髪の, 黒い背

7 [15件] あるもの, ものも, 地に, 壁に, 外套を, 洋傘を, 深さ, 無地の, 白い上品, 白い娘, 白い鼻筋, 眼を, 絹の, 黒い, 黒い眼

6 [30件] ために, ものを, もや, やうに, ソフトを, ネクタイを, 下に, 女は, 恋のと, 春の, 月の, 服に, 毛糸の, 波に, 液体が, 男が, 白い, 白い品, 白い細面, 白い背, 白い面長, 糸で, 縮緬の, 虹の, 衣裳を, 襦袢の, 頭巾を, 髪と, 髪の毛を, 黒い女

5 [45件] くっきりと, くっきり白い, ばらの, ジャケツを, 世界に, 唇の, 塊り, 外套に, 外套の, 大理石の, 帆を, 影を, 悪い顔, 手巾で, 斑点が, 日の, 月が, 朝の, 様に, 水の, 波の, 洋服を, 浅黒い眼, 灯が, 煙が, 白い眉, 白い立派, 真白な, 真黒な, 着物の, 紙に, 繻子の, 翼を, 股引を, 花の, 花は, 蒼黒い, 調子が, 軽快な, 霞の, 靄が, 鮮かな, 鮮やかな, 黒い娘, 黒い顔

4 [58件] が匂, ない顔, なかに, ものだけが, コートを, 中で, 仮髪, 光線を, 垂幕を, 変化を, 女の, 山が, 巨大な, 帯の, 帽子を, 斑点を, 歯を, 派手な, 浅黒い小肥り, 浅黒い男, 浅黒い顔, 海と, 液体の, 白いこと, 白いところ, 白い少年, 白い彼, 白い頬, 直衣の, 着物から, 禁令が, 秋の, 細長を, 絹を, 罎を, 美は, 羽織の, 背広に, 背広を, 芽を, 茎の, 葉の, 葉を, 蜘蛛の, 衣の, 表紙を, 被布を, 褪せた唇, 調和が, 調和を, 配合を, 陽が, 霧に, 髪は, 黒いこと, 黒い大柄, 黒い目, 黒い骨太

3 [168件] あざやかな, あせて, あるの, うつくしさ, ことです, ことを, さめたるを, すが, すぐれて, ついたの, ついたもの, ついて, ほの, もので, ものは, やうな, ようにも, よろしさ, エプロンを, カーテンが, カーテンを, ガウンを, スーツを, ドス黒い, ハンケチを, パラソルを, ブラウスを, 下襲, 世界である, 傘を, 光に, 光りの, 光沢を, 光線が, 入日子, 前に, 動きを, 単衣, 厚織物の, 土が, 地へ, 壁の, 変って, 変るの, 変化は, 夢の, 天鵞絨の, 太陽が, 太陽の, 奇妙な, 娘が, 娘に, 娘は, 小判は, 小蛇, 小袿, 層雲の, 布が, 布で, 建物が, 建物の, 房, 手が, 手紙が, 抜けるほど, 支那錦の, 方が, 方は, 日光が, 暖簾の, 曙の, 木の葉の, 毛を, 水に, 沙岩で, 波が, 浅黒い, 浅黒い女, 浅黒い眉, 浅黒い鼻筋, 海が, 海に, 滴が, 濃厚な, 火が, 火を, 燕尾服を, 猫の, 瓦で, 生ッ, 白い丸ぽちゃ, 白い人品, 白い児, 白い大柄, 白い好い男, 白い子, 白い小, 白い小柄, 白い少し, 白い目, 白い美しい子, 白い肉, 白い肌, 白い華奢, 白い青年, 白い顏, 白い髮, 白い髯, 白い鼻, 白くなる, 皮膚に, 皮膚の, 皮膚や, 目を, 目玉を, 眼鏡を, 着物に, 砂を, 空と, 空には, 空は, 糸が, 紙が, 紙を, 絽の, 綾の, 緒の, 緞子の, 縁を, 羽を, 肌に, 肌は, 蒼い娘, 蒼さ, 蒼白さ, 蜜柑が, 衣服を, 袍の, 袴の, 袿を, 裳を, 褪めたよう, 褪めた赤い, 諸わけ, 赤いの, 赤さ, 赭黒い, 逞ましい, 酒を, 雲か, 雲に, 霞が, 霧の, 顔の, 顔は, 髪, 髪に, 髪の毛が, 魚が, 鮮かさは, 麻の, 黄沃土ホルムの, 黒いそして, 黒いところ, 黒い人, 黒い無骨, 黒い美少年, 黒い逞

2 [520件 抜粋] あかきが, あくまでも白い, あさ黒い鼻, あせた半被, い, いと鮮, いの, うすもの, うちから, おぼつかな, お星さま, お月様, か, かなしみを, くつきりと, くれな, くろい男, ことごと, ことで, こまやかな, さだめは, さむけ, さめた柿色, さめた水干, さめた赤い, さめた赤毛布, さやけさ, しなやかな, ちりめんに, ついた湯, ついた眼鏡, つかない痰, つぼみが, ところに, ないの, ない唇, ない焔, ない目, ひかりを, へなへなした, ま, またこがね色, まっ黒な, ままに, まッ, もあれ, ものでした, ものに, もの淡, やさしさ, やや褪せた, よさ, アトリエの, インクは, インクばかり, オーバーを, カーテンの, カーペットの, グラスを, サンドウィッチが, サンドウィッチを, シャツの, シヤツを, ジャケツが, スカートの, ズボンに, ソワレを, ターバンを, ドレスを, ニュアンスが, パラソルが, ビロードに, ビロードの, フワフワした, ブラインドを, プラトークで, プラトークの, ベタベタにじん, ペンキ塗の, マントを, メリンスの, リボンで, リボンと, リボンに, リーフ魚や, ルバーシカを, レタアペイパアと, レンズの, レース糸で, ワンピースを, 上着を, 上衣を, 下着が, 世界, 世界で, 世界は, 丘陵の, 中から, 丸顔の, 事を, 二つの, 交る, 人と, 仕事服を, 付いた深い, 付くまで, 令嬢が, 令嬢の, 使用を, 価値を, 信濃金梅や, 光であった, 光度を, 兵児帯を, 兵隊を, 円屋根の, 冴えを, 出来ねえ奴, 切が, 判然せざる, 労働服を, 包み物を, 半股引, 反映を, 取り合わせを, 可憐な, 合歓の, 合羽を, 喪服を, 四角な, 土の, 壁と, 変った畳, 変つた, 変るまで, 変る牡丹, 変化が, 変化と, 夕日が, 夕暗, 外套が, 夜会服を, 大空に, 天蓋を, 太い腕, 女, 女が, 女では, 女と, 如何にも, 姿を, 実が, 実を, 富士が, 将校と, 小さい木, 小さい花, 小さな数々, 小判でも, 小袖を, 小鳥が, 小黒い, 少女の, 岩が, 岩の, 布, 布引に, 帽は, 帽子や, 帽章を, 幕が, 幾何学, 底から, 廓然, 建物で, 強い色, 影の, 微粒子が, 恋のという, 悪いの, 悪い顔色, 惡い, 意味を, 感じが, 感じは, 慾が, 慾は, 房を, 手つきの, 手拭で, 手紙を, 手袋を, 扱帯だの, 扱帯を, 捲毛, 推移それが, 支那服を, 旗が, 旗を, 日光茶いろ, 明るい方, 明るさ, 暗さ, 暗夜を, 曇つてゐる, 月は, 月光九月の, 服の, 服は, 朝陽を, 朝霧が, 栗の, 栞の, 框はめ, 桝の, 楯矛を, 様な, 機織り, 欅の, 武者羽織が, 武者羽織は, 母衣武者が, 毛で, 毛布もて, 毛氈を, 毛皮の, 毛糸と, 毛絲の, 毛織の, 水と, 水の上を, 水面が, 汗袗を, 法衣を, 泥の, 洋服が, 洋服に, 洋装が, 活動写真を, 流れを, 浄瑠璃と, 浅黒いがっしり, 浅黒いの, 浅黒い大柄, 浅黒い気, 浅黒い痩, 浅黒い眉毛, 浅黒い眸, 浅黒い筋骨, 浅黒い舌足らず, 浅黒い貧相, 浅黒い髪の毛, 浅黒い鼻, 浮かび給, 浮かんで, 浮んだの, 浴衣の, 海か, 涙が, 液が, 液を, 涼しいしぶき, 涼しさ, 淺黒さも, 漁師の, 濃いの, 濃い葉巻, 濃い青空, 濃くなる, 濃さ, 火山礫に, 烈しい花, 無限の, 無類の, 照りに, 熔岩が, 燈火の, 物の, 物を, 狩衣に, 獄衣を, 獣と, 生菓子に, 異った, 異る, 白いいかにも, 白いが, 白いつ, 白いふっくり, 白いもの, 白いやさ男, 白いよう, 白い丈, 白い丸顔, 白い人形, 白い割, 白い夫人, 白い女の子, 白い好男子, 白い婦, 白い少女, 白い年, 白い手, 白い柔和, 白い武士, 白い歯, 白い痩形, 白い目鼻立, 白い目鼻立ち, 白い細お, 白い美, 白い美男, 白い脂肪質, 白い頸, 白い顔立ち, 白え, 白かった, 白く美しい姉, 白そう, 皮に, 皮の, 皮膚が, 皮膚と, 皮膚も, 皮膚大きい, 目で, 直垂を, 真っ黒な, 真紅な, 真蒼, 着いた夢, 着いて, 着物, 瞳は, 瞳を, 破風呂敷を, 硝子の, 硝子板が, 空から, 粉で, 糞を, 糸の, 糸を, 紅を, 紙と, 細い線, 細長に, 絹で, 絹糸を, 綺麗な, 緑なる, 繻子に, 羅は, 羅を, 羅紗の, 美くしい, 美しいこと, 美しいの, 美しい唇, 翅を, 耳の, 肌美しい, 肩が, 胸の, 腿めた, 膚を, 色の, 色硝子の, 艶が, 芝生が, 花と, 花弁が, 花弁は, 花穂を, 茎は, 茫洋乎たる, 草わかばの, 落葉の, 著物, 蒼いの, 蒼いフリイデリイケ, 蒼い痩男, 蒼白い喜助, 蒼白い男, 蒼白い痩形, 蒼白い細面, 薄茶, 蝶々どもが, 血が, 血は, 血液が, 衣裳が, 表紙の, 袖紫陽花紫の, 袷に, 袿の, 裾を, 褄を, 複雑な, 褪せたの, 褪せた制服, 褪せた囚衣, 褪せた天井, 褪せた暖簾, 褪せた野良仕事用, 褪めたのれん, 褪めた半, 褪めた徽章, 褪めた紫紺, 褪めた背広, 襖が, 襲を, 見えける, 詰襟の, 調和も, 調和や, 調子は, 調子も, 調子を, 諧調は, 赤いといふ, 赤い花, 赤裳の, 跡が, 軍服が, 軍服の, 軍服は, 輝きです, 透明な, 違いと, 違いを, 部分が, 配合から, 配合が, 醂麝液が, 野の, 野菜は, 鈴の, 陽を, 階調を, 雨戸の, 雪空が, 雲と, 雲とを, 雲霧である, 電燈が, 震動を, 靄で, 靄に, 青いひとり, 青い眼鏡, 青白い細面, 青空を, 音楽的調和によりて, 頭髪を, 顏は, 顔が, 顔で, 風景が, 食物が, 飾紐を, 首筋が, 首輪を, 高い枝付燭臺, 髪が, 髪の毛に, 髮を, 鮮な, 鰭ふるひ, 鳥が, 鳥の, 麻を, 黒, 黒いお, 黒いなり, 黒いひと, 黒い不良少年, 黒い事, 黒い人相, 黒い侍, 黒い奴, 黒い子, 黒い将軍, 黒い小男, 黒い少し, 黒い彼, 黒い時分, 黒い有る, 黒い痩せた, 黒い瘠せぎす, 黒い眇, 黒い眉, 黒い船長, 黒い足, 黒い頑丈, 黒い頬, 黒い頭, 黒い飯, 黒い骸骨みたい, 黒くなる

1 [4381件 抜粋] あいだに, あさ黒い引緊, あさ黒い美丈夫, あせた壁, あせた緞子, あった彼, あらはれ, ある方, いい形, いなずま, うすい風, うす葛, うつる白雲, えにし, おんばこ薊を, お白粉, かがよい, かすれたところ, かみを, が有る, きらめきあれ, くるくると, こいマント, ことまで, ごとくす, さめたしおらしい, さめたレインコオト, さめた毛氈, さめた細い黄いろい, さめた黒い太い, しごと服, じくに黄, すさびた水, そばには, たまし, ちがって, ついたアート紙, ついた意匠, ついた空気, ついた部分, つく位, つゆに, ところが, と桃色の, どろどろの, ない世界, ない透明, なくなったくちびる, にこげ, ぬけないの, はげたモロッコ皮, はねを, ひとであろう, ふかふかと, ふろ野ば, ぼやけた手, まだ生々しい, ままである, まん丸い, めざましい花, もっとも見事, ものや, やうにも, やや小さい, よいこと, ようでござんした, よごれに, わるい平手, を出した, インキでは, エヴニングの, オール, カーネーション, ガラスのの, クロス, コムソモールカの, サティンだった, シャンパンエナメルの, ジャケツは, スタンドの, スモーキングヂャケットに, ズボンという, セメント壁に, ソフトレーンコートと, タッチなどを, チマが, ニーナは, バラの, パンツを, フアコートは, フロックで, ベルベットの, ポプラの, モオニング, リボンの, ルパシュカ, ワイシャツさえ, 一ツも, 一襲なりとも, 三角蜘蛛, 上等の, 下着の, 不透明な, 丘陵を, 中折を, 乗馬洋袴を, 事から, 二疋の, 交錯は, 今めかしい, 仮綴の, 住居であった, 作業服の, 偏重は, 先驅, 光や, 光弾と, 入道雲が, 具合が, 円柱の, 冬足に, 凝ったスーツ, 出た頬, 刀柄に, 切り竹は, 刺繍を, 力に, 動かざる者, 勝った更紗ボイル, 化物の, 半合羽, 半襟や, 印象が, 厚織物を, 反映か, 取持, 古し芝生, 古金が, 台紙へ, 同じ物, 吾妻コオトの, 品川の, 問題や, 因を, 国防服めいた, 土煙に, 地顔が, 塗って, 壁, 壮烈な, 変ったあたり, 変った機, 変った黒羽二重, 変つた面白い小さい, 変りを, 変わった顔, 変化に, 夕映えが, 外に, 多くの, 大きいふしぎ, 大きな朝陽, 大きな紋形, 大き旗鳴き, 大振り袖, 大花瓶, 天を, 太い紐, 女を, 好きな, 如く美しく, 娘の, 子持の, 宏壮な, 実の, 家畜が, 實が, 封筒を, 小さい姿, 小さなブドウ, 小っ, 小旗, 小粒模様の, 少し淺, 尾を, 山の上で, 岩は, 岸から, 差くらいは, 巾が, 布一重である, 帯あげ, 帷子赤前垂, 幅広の, 平野が, 底に, 引きしまった頬, 彩を, 後肢とを, 心持で, 恋, 悪いやせ衰えた, 悲しい鞭, 意味における, 感覚が, 慶長大判が, 手でした, 手絡が, 扱帶と, 抜け出るやう, 指も, 提灯が, 教育などは, 數は, 料理で, 新式の, 斷崖面を, 旗の, 日光の, 昆虫の, 星空の, 時代性, 暖かい太陽, 曠野の, 月を, 服と, 朝霞, 木の葉で, 木造家屋の, 本質である, 村田の, 板で, 染め分けに, 桁を, 梅雨空に, 椅子の, 標本は, 樹の, 歌の, 残ろう筈万, 毛の, 毛織で, 気味悪さ, 水干の, 水面を, 汚れたズボン, 沢が, 波を, 洋服で, 派出な, 浅ぐろい三十がらみ, 浅黒いがっちり, 浅黒いどちら, 浅黒い三十二三, 浅黒い口, 浅黒い好男子, 浅黒い後妻, 浅黒い無, 浅黒い筋肉, 浅黒い薄, 浅黒い髭, 海だ, 海水帽で, 涙へ, 淡い汚染, 深みは, 淺黒い小汚い, 渋さ, 湯から, 滝大, 滴を, 漿果若干である, 澱粉を, 濃い事, 濃い濃い紅梅, 濃い重っ, 濃き真中, 濃く鮮, 濕りたる, 火焔地獄, 点と, 無いの, 無地である, 煉瓦の, 燈明が, 燧石が, 物凄くなりける, 猫が, 珊瑚の, 球帽は, 甍や, 生っ白い小, 生新しいバラック風, 生白い見る, 男に, 異つた小鳥たち, 痛々しい光弾, 白いいい女, 白いくせ, 白いぞろりと, 白いとりすました, 白いふつくりした, 白いもう, 白い三十, 白い令嬢, 白い優しい目, 白い十八, 白い可愛い顔, 白い夫, 白い婦人, 白い小作り, 白い弁信, 白い指, 白い毛, 白い玉子形, 白い相手, 白い粉, 白い美しい悧溌, 白い肌理, 白い若殿風, 白い賢い子供, 白い顋, 白い齒, 白さ加減, 白鳥と, 皮膚へ, 皮膚骨張つた身體何んと, 目立つ乗馬ズボン, 真っ白な, 真白さ, 眼に, 着いた蝋, 知覚にしか, 石垣, 研究を, 碁盤縞の, 秋陽を, 稍, 種類わずか, 空さえ, 空気, 競進會をと, 範囲を, 粒々が, 糸文字に, 紅梅を, 紐に, 紙で, 素焼きでした, 細い絹紐, 細長蝶, 絨毯を, 絹あんどん, 絹布に, 綯いまぜ手綱, 緑から, 線を, 縮れ毛の, 羅紗です, 美しい娘, 美しい犬, 美しきを, 羽根が, 羽織結城博多の, 耳が, 肉体の, 股引の, 肩衣つけた, 背景に, 腕を, 腰巻などを, 膜嚢は, 舶載地の, 色糸で, 花ざかりの, 花弁の, 花迎春花の, 若葉が, 茶色中ほどは, 菊の, 落着きが, 葦その, 蒼い小男, 蒼い脊, 蒼ざめたと云っ, 蒼白いそして, 蒼白い痩せぎす, 蒼白は, 薄いが, 薄い絹, 薄掻卷, 薄靄, 藁の, 虫で, 蝗の, 衣し, 衣装の, 表紙に, 袈裟香の, 袙に, 袷で, 裏は, 裳裾を, 褪せかけた手札形, 褪せたインバネス, 褪せた姿, 褪せた洋服, 褪せた繻子, 褪せた黒木綿, 褪めたまま, 褪めた大, 褪めた毛氈, 褪めた絨緞, 褪めて, 襯衣だけで, 見えるの, 見方は, 言葉で, 誘惑, 調子だ, 講釈を, 變化日に, 賤民に, 赤くあら, 赭い, 跡形だに, 軍帽を, 軟かい素燒, 輸送機では, 透き通った, 逞しい三十男, 連想の, 道服を, 違うの, 遠くし, 部分だ, 配合すっかり, 酒に, 釉の, 重ねの, 金属が, 釣り合いが, 鉛が, 錘を, 鏡板の, 長い爪, 長襦袢に, 間接光線の, 附いた空気, 陳述が, 障子冷たい, 雨雲が, 雲にの, 電燈カバーに, 靄と, 青い大学者, 青い小柄, 青き眼, 青年が, 青白い痩せた, 青黒い全身, 面で, 靴は, 領巻が, 頭は, 頸動脈は, 顏の, 風の, 颯と桃色, 飾を, 馬を, 高壁, 髪涼やかに, 鬚が, 魚を, 鮮麗なる, 鳥や, 鶏を, 黄昏に, 黒いいがぐり天窓, 黒いひけ目, 黒いチョット, 黒い二番目, 黒い児, 黒い厳めし, 黒い土地, 黒い女教師, 黒い小女, 黒い愛嬌, 黒い材木, 黒い理髮師, 黒い皮膚, 黒い眼鼻立, 黒い肥, 黒い蒼ざめた背, 黒い逞しさ, 黒い馬面, 黒き大, 黒ずんだかし, 黒木綿の

▼ 色~ (5118, 17.7%)

470 して 177 変えて 103 失って 102 見せて 62 なして 60 かえて 57 見て 54 帯びて 51 変えた 46 浮べて, 現わし 42 失った 34 呈して 26 浮かべて, 顔に 25 変へて, 見ると, 變へて 24 たたえて 23 見せた 19 うかべて, 泛べて, 面に 18 作し, 湛えて 17 示した 16 浮べた, 見せたが 15 つけて, 示して 14 浮かべながら, 浮べながら 13 出して, 変えました, 変へ, 正して 12 あらわして, した雲 11 したの, もって, 増して 10 みせて, 変えたの, 湛へて, 眺めて, 見せながら, 見た 9 した, 持って, 映して, 目に, 眺めた 8 見ること, 見れば, 變へ

7 [15件] うかべた, うつして, かえた, したもの, ながめて, なした, 作した, 作す, 動かして, 変じて, 濃くし, 現わす, 直して, 見つめて, 見詰めて

6 [16件] あらは, ありありと, した大きな, した水, もつて, 変えながら, 変へながら, 失つた, 染めて, 浮かべた, 湛へ, 現した, 現して, 異にし, 眺めながら, 見ても

5 [22件] あらわした, うしなって, おびて, した唇, した小, した小さな, した酒, した魚, みせた, 使って, 保つて, 変えたが, 変じた, 帯びた, 泛べた, 漂わして, 漂わせて, 白くする, 私は, 表は, 見せる, 見ながら

4 [31件] うかべ, ごらんなさい, した厚い, した太い, した海, した美しい, した蛙, する, そのままに, その顔, たたへ, まざまざと, 交へ, 出すの, 失ったの, 失ひました, 失へる, 御好み, 救ふ, 泛べ, 浮べたが, 深めて, 添えて, 現は, 眉に, 表わして, 見ただけでも, 見るの, 重ねて, 隠して, 隠すこと

3 [58件] うかがって, うかべながら, うしなった, かえました, かくすこと, したその, した動物, した山, した空, た, なくして, ぬって, みなぎらして, アリアリと, 乱して, 保って, 出すよう, 加えて, 加へて, 反映し, 含んで, 呈する, 和げて, 塗ること, 変えたこと, 変える, 失くし, 失った唇, 失った顔, 好む, 宿して, 御覧なさい, 忘れて, 思い出させた, 持つて, 放って, 施し以, 残して, 沈めて, 泛べたが, 浮かべ, 漲らした, 漲らせて, 濃くした, 濃くする, 眼に, 示したが, 示しながら, 見せたり, 見せないで, 見せなかった, 見せはじめた, 見せました, 見つめながら, 變へる, 輝かして, 重ねたる白, 露はに

2 [237件] あげて, あなどるの, あらわし, あらわしたの, ある者, うかが, うかべたまま, うかべると, おかえなすった, おびた, かえなかった, かえるの, かくそうとも, かすかに, きめる要素, さして, しそして, したところ, したセルロイド, したトツパアス, した人間, した仮面, した冬, した国技館, した大きい, した太陽, した小さい, した小鳥, した斑点, した明けがた, した海面, した液体, した潮, した白樺, した皮膚, した紙, した緑, した腹, した花, した薔薇, した蛇, した逞しい, した頬, した顔, した飯, した髪, した髪の毛, した鳶, しばらく眺め, しめして, じっと眺め, じっと見, そなえて, その眼, それに, たが, たたえた, たたえながら, ちら, つかうので, つかって, つけてから, つける, なごませて, なしたが, なしたの, なす者, なせり, にじませて, のぞかせて, ひろげて, みせながら, みた, みて, めづると云ふ, やわらげて, 一寸顔に, 一息に, 一面に, 主に, 作って, 入れて, 写して, 凝め, 出した, 出すため, 出す具合一つ, 出そうと, 分けて, 別つ, 動かした, 動かしながら, 反射し, 吸いこんで, 吹いて, 呈するの, 和げる重き, 土の, 塗ったり, 増した, 壮に, 売って, 売る女, 変え, 変えずに, 変えたまま, 変えたもの, 変えたり, 変えた時, 変えてまで, 変えるから, 変えると, 変え息, 変じたの, 失いました, 失い遁げ, 失ったその, 失ったという, 失つた良秀の, 失つて喘ぐ, 失なっ, 失ひつ, 失ひて, 失へり, 奪って, 好て, 好むが, 好んで, 差したやう, 帯びたの, 帯びた円い, 帯びた硝子, 帯びると共に, 帯びるの, 帶びて, 彩って, 思い出した, 思い出す, 悪くした, 悪くしました, 愛して, 感じた, 成して, 支配する, 易える, 映ずる虹, 暗くした, 有って, 染めたの, 染める, 殘し, 泛かべて, 注意し, 流して, 浮ばせて, 浮ばせました, 浮べました, 浮べる, 浮べると, 浮べるの, 浴びながら, 淡青きヒヤシンス, 深くし, 湛えた眼, 満面に, 漁する, 漂は, 漲らせた, 無くして, 現すの, 用いて, 用ゐ, 留めて, 異にした, 眉の, 眉宇に, 真蒼, 真青に, 眺める, 眺めると, 眼の, 着けて, 瞳に, 知って, 知つてゐる, 示さなかった, 示さぬ, 示し, 秋の, 競ふやう, 籠めて, 緑に, 考えると, 自分の, 與へて, 舞姫の, 蒼くし, 蒼くした, 表して, 見き, 見せ, 見せただけで, 見せたと, 見せたの, 見せないの, 見せるという, 見たこと, 見ただけ, 見たとき, 見たの, 見ては, 見に, 見ますと, 見る, 見るに, 見るもの, 見る日, 観るべし, 観形, 誇って, 認めて, 識別し得た, 變ずるに, 貪るを, 赤くし, 赤くした, 透して, 遠くから, 陰らせた, 集めて, 雪青と, 青くし, 額の, 顕して, 餌に, 鮮明に, 黒いとか

1 [2119件 抜粋] あかず眺めて, あくまで面, あせさせると, あらためて, あらわしおそろし, あらわしなかなか, あらわし顔, あんまり褪せさせず, いつでも, いよいよ濃く, うかがいたり, うかべたが, うかめ, うしな, うしなったの, うつろは, おのずから見せた, おんで, お浮かべ, かえたこと, かえての, かえぬ, かえ初めて, かえ見えない位, かくすに, かけた感じ, かれの, くるしげ, こして, こぼして, ごらんあそばせ, さしはずかし, さました涙, さッ, したお雪ちゃん, したこと, しただけ, したひと, したやはり, したグローブ, したターレル銀貨, したヴイジヨン, した下着, した丸い, した乳母, した五重の塔, した入道雲, した千代紙, した地, した夜空, した女持, した小家, した峽間, した床, した徽章, した手燭, した斑點, した春, した朝, した格子, した歯痒い, した汝, した深い, した満天, した無, した熱鉄, した甘い, した男女, した百ルーブル札, した石竹, した竹, した紅, した脂, した苦力, した落花, した蓮, した蘆, した蜜柑, した誇らか, した透明, した雪原, した頸先, した黒ずんだ小さい, しづめて, してるわねえ, しまた, しりっぱ, し見なむ, すぐ心, する奴, そのまま色とりどり, その眉宇, それらの, たしかめると, たたへながら, たて信秀, ちがえバラバラ, ちらつかせながら, つぎつぎに, つけた品, つけた手製, つけた祭壇用, つけつつ, つけよ, つけるの, つけろ, つけ記憶, つめたく肉, とつて, とりもどしはじめて, とり戻すよう, どろんと, ながめ同じ, なさずに, なしていう, なし世, なし神代, なせりき, なつかしんだ, ぬたくる必要, ぬるの, のぞかせそれ, はつきり示し, ひさいで, ひさげり, ひらめかせた, ふくみひどく, ふくんで, ほかに, ぼかして, ぼんやり浮き, まして居る, ますます鮮, また変え, まぶしそう, みせずまた, みせた武族, みせましたが, みせ女たち, みては, みなぎらせ誠実そのもの, めでて, もったアグネス, もつその, もて富貴, やどすと, ゆかしきもの, よくよく眺める, よび戻したでは, ゑがいた畫が, ゴチャゴチャと, ドンヨリと, モザイクの, 一つ取りかえ, 一層清々, 一歩遠, 七つに, 不快そうに, 中心に, 争ひ, 交ぜたま, 今ごろに, 代表させました, 仰ぎ見し惑, 伺い見るべきである, 何処かに, 作せし, 併べて, 使うと, 使用し, 保つもの, 傍の, 光りに, 其のま, 冴えさせて, 出さうと, 出した敷物, 出すこと, 出せるか, 別ち經部は, 前触する, 加えた, 加へたに, 動かさない, 動かし浪子, 勝った南地, 包むの悲しみ, 却つて透き通る, 反映させ, 取りもどして, 口に, 可なり, 同じ色, 含み現, 含んだ景色, 吸収され, 呈しその, 呈しながら, 呈し皮膚, 呈すとは, 呈すると, 呈せる, 和げたと, 和らげ其口調, 善く出, 喪った, 四瓜子と, 基調と, 塗らぬ軽い, 塗り陰影, 増したはるか, 増し暴風雨, 墨の, 売るの一匹婦, 売る女風情, 変えさえ, 変えたくらい, 変えた双葉, 変えた鐚, 変えないで, 変えましたが, 変えるか, 変えるという, 変えるほどに, 変える玉虫, 変え固唾, 変え憤りに, 変え物, 変じたが, 変じながら, 変ず赤き, 変ふと, 変へてまで, 変化させる, 夜に, 大青宝色, 失いかけて, 失いながら, 失い同じ, 失い彼ら衣冠, 失い玉座, 失い背中, 失い赤銅色, 失うから, 失うと, 失える, 失ったもの, 失った内務外務, 失った悲し, 失った羅宇屋, 失った面持, 失つてし, 失つてゐた, 失つて戦慄する, 失つて言ふ, 失ひ, 失ひをの, 失ふ, 失ふを, 失われた, 奪うばかり, 好まない忠通, 好みません, 好むさ, 好むも, 好める夫, 嫌つて君この, 射出し, 少し加え, 岩根の, 帯びあたり前, 帯びた上, 帯びた林相, 帯びた眼, 帯びては, 帯びながら, 帯びるであろう, 帯び出して, 帯び始め遂に, 帯び狂犬, 帯ぶ, 帶びたり, 帶びてゐた, 帶びて來る, 帶び伊豆の, 帶び頬に, 底に, 引きしめた口, 彩る, 得た勝家, 復活さし, 忖度し, 思いうかべます, 思はせるもの, 思ふと, 急が, 悪くなさらない, 愉しむようなこともある, 愛た, 感じさせられます, 憶ひ起し, 戦がせて, 打つ雨, 投げる, 択んで, 拡げて, 持たせて, 持った武士, 持つ影, 推し隠して, 描き形, 摺出せし, 改めずに, 救う為, 新鮮に, 明らかに, 易えた, 映し出して, 晒して, 曇らせ, 更に痛ましく, 最も重んずる, 望むを, 机の, 染め, 染めた幾億万葉, 染めた調子, 染めぬなりけり, 染め出して, 染め抜いた日の丸, 梟の, 楽しむかの, 樹によ, 欲し, 止めたまま, 死絵の, 比べよ, 氾濫さし, 沈ませながら, 泛べた村の, 洗いて, 浅緑とや, 浮かせ冬, 浮かべた理学博士, 浮かべるので, 浮かべ目, 浮べさせたり, 浮べた男女達, 浮べほとんど, 浮べ厭, 浮べ眼, 浮游させ, 消す所以, 淡く分け, 深くしました, 添うるに, 添える者, 添へて, 湛えたのに, 湛えつつ, 湛え唇, 溶かしたの, 滲ませて, 漁ろうと, 漂わすところ, 漲ぎらしたる果, 潜めて, 濃く塗つて, 点じた, 為して, 煌めかせて, 爲した, 現し群臣, 現すかと, 現はし, 生ず, 用いず模様, 用い達者, 用ゐる, 異にする, 発揮せし, 白, 百坪余り刈り取っ, 盛返して, 直しぬ, 看よ, 眺めたり, 眺めるよう, 着けこれ, 着けるばかり, 着て, 知つてゐた, 知るに, 研究します, 確保する, 示さないので, 示しじっと, 示した時, 示す, 神々しい物, 稍和げて, 窺うと, 立てて, 競い咲き, 競った夥多, 竹藪の, 紅くし, 経験する, 絶えず見た, 織りまぜた婦人服, 美しと, 聞きながら, 背に, 脱して, 花やかに, 落して, 蒼うし, 蔑ろには, 薄い玉虫色, 薄紅系統に, 衒らふ, 表わし, 表わす今, 表面へ, 装おうと, 褪せかけようと, 見おぼえて, 見せず佐久間氏, 見せたかと, 見せたならば, 見せた冬服, 見せつんと, 見せないよう, 見せほか, 見せませぬ, 見せるのみ, 見せる気, 見せ窓, 見その, 見たという, 見たり, 見た途端, 見つめました, 見て取ること, 見ば, 見ます, 見るが, 見るべき也, 見る見る白く, 見ろ東京, 見上げて, 見守った, 見葉, 見違えたと, 視音, 覚られまいと, 記憶する, 認めたと, 認識する, 読み合うと, 読むよう, 誰が, 讀みとったらしかった, 讀んで, 變え, 變た, 變へも, 豪奢な, 貪るよう, 走らせて, 踊るの, 輝かすと, 辰弥は, 透かせた, 通り越して, 連想する, 遙に, 選っては, 避けて, 配合し, 醜く更, 重ねた小, 重んぜよという, 鏡は, 附ける草, 陰らせて, 隠しきれずに, 隠し立ても, 隠そうと, 隱した, 露は, 露骨な, 青くする, 青銭で, 顔いっぱいにじませ, 顕わして, 顯は, 飾る, 黄ばませて, 黒くしよう

▼ 色~ (3750, 12.9%)

66 変って 35 あった 33 見えた 32 白くて 26 浮んで, 白い 24 浮んだ 22 ありありと 20 浮かんで, 見える 19 ある, 出て 18 見えて, 黒くて 17 動いた 16 なかった, 現われた, 現われて 15 動いて 14 あらわれて, 濃くなっ 13 黒い 12 ついて, 漂って, 現れて, 眼に 11 あって, うかんで 10 アリ, 妙に, 浮かんだ 9 あらわれた, ただよって, 残って, 白くって 8 あせて, あります, かわって, 変った, 悪い, 流れて, 浮びます, 目に, 褪せて, 黒いから 7 あると, 彼の, 白, 白くなっ, 真蒼, 褪めて, 見えたが, 黒いので 6 あつた, アリアリと, 一面に, 変りました, 悪いよう, 漲って, 現われました, 白いの, 違って

5 [30件] あらわれました, あるの, さめて, ちがって, ない, 上って, 冴えて, 急に, 抜けるほど, 抜けるよう, 沈んで, 流れた, 浮びました, 淺黒く, 漂うて, 濃い, 濃かった, 白いから, 白いと, 白いとか, 白かった, 白くなる, 美しい, 見えました, 變る, 輝いて, 透いて, 非常に, 顔に, 黒くなった

4 [37件] ありました, うかんだ, さして来た, だんだんと, みなぎって, よくない, 上った, 俄かに, 変つ, 変ると, 変わって, 差して, 彼女の, 悪いが, 明かに, 映って, 溢れて, 濃いの, 現はれ, 現れた, 白くなった, 着いて, 紫色に, 蒼くて, 走った, 違う, 違うの, 閃めいた, 青ざめて, 静かに, 面に, 鮮か, 黄色に, 黒いん, 黒くなっ, 黒くなる, 黒ずんで

3 [56件] あり, あるか, あるが, お悪い, かって, からりと, だんだんに, だんだん濃く, ちらと, ひろがった, ほの, まざまざと, まじって, よくありません, 一時に, 土の, 塗って, 変ったり, 変るほど, 好きな, 悪いと, 段々濃く, 浅黒くて, 浮かんだの, 浮ぶの, 消えた, 消えて, 満ちて, 漲った, 漲ります, 漲るの, 澄んで, 濃くな, 無かつ, 白いだけ, 白いので, 白すぎる, 私の, 著るしく, 薄れて, 見えたの, 見えるの, 見えるよう, 赤いから, 違ふ, 雨に, 雪の, 青かった, 青くなっ, 頬に, 顔を, 鮮やかに, 黒いと, 黒いの, 黒かった, 黒くば

2 [227件] ありません, あるだけ, いかにも可, いかにも品, いかにも悲しく, いずれも, いつもより, いま銀色に, うかがわれた, うすくなり, うっすらと, お高, かがやいて, くろくなった, ここら一円, こぼれて, さした, さして, さっと変った, さめるもの, すきだ, そこに, その時, それぞれに, たいへん白く, ただよいその, だん, だんだん変っ, ちがう, ちがうの, ちがうよう, ちらちらと, つくの, とけてるよう, どうだ, どこにも, どれも, ないから, なかつた, ぬけるよう, のぼった, のぼって, のぼりました, はなやかに, ひどく剥げ, ひらめいた, へんに, ほんのりと, まつくろで, みえた, みえて, みなぎった, みるみる濃く, みを, もどって, よい, よく出, サツと, スーと, ハッキリと, 一層深く, 一日一日と, 二人の, 些とも, 人の, 仄に, 今日は, 何だか可, 僅ばかりしか, 光つてゐる, 冷く, 出る, 剥げて, 動きます, 動くの, 半ば外から, 去来した, 又代, 名状の, 地にも, 塗られて, 変ったと, 変ったの, 変つてゐる, 変ります, 変るくらい, 変わった, 変わるから, 失せて, 女の, 存在する, 少しも, 少し変りました, 少し赤味, 幾通りも, 引き立たない, 微かに, 忽ち代, 悪いの, 悪いよ, 悪い様, 悪くて, 惡く, 愁うる, 掠めた, 新しい, 映して, 映つて, 昨日硯を, 普通の, 有った, 染まって, 染まると, 桃紅な, 橙色に, 次第に力, 次第に退, 殆ん, 殊に鮮, 残つてゐる, 水に, 水の, 泛ん, 泛んだ, 泛んで, 注して, 流行する, 浮いて, 浮かびあがった, 浮かびました, 浮かぶ, 浮かぶの, 浮び出した, 消えなかった, 淡い, 淡くなる, 深く刻まれ, 湧いて, 漂った, 漲つた, 潜んで, 濃くなった, 濃くなり, 濃くなる, 濃く漂っ, 火の, 灰の, 熱を, 現われたの, 生白くて, 白いだろう, 白いん, 白うございます, 白うて, 白かつ, 白くそれ, 白くなり, 白く漆, 白く眉, 白く血色, 白く頬, 白ければ, 白みを, 白過ぎる, 皆黒い, 目を, 真っ黒で, 真青だ, 真青に, 真黒に, 眼を, 瞳の, 紫に, 羨ましい位, 自分の, 自然に, 自由に, 色として, 華やかに, 落ちて, 蒼くなった, 蒼くなる, 蒼く眼, 蒼ざめ胸が, 蒼白い, 蒼白さ, 蒼黒く, 薄くなる, 蝋の, 血の, 表われ, 見えます, 見る見るうち, 變だ, 變つた, 變つて來た, 變つて居る, 赤い, 赤いの, 赤いん, 赤かった, 赤くて, 赤黒くて, 走ったが, 違います, 違うよう, 違うん, 閃いて, 附いて, 際立って, 際立つて, 雨の, 雲の, 額に, 顔よりも, 黄昏の, 黒いたつ, 黒いって, 黒いといふ, 黒いばつ, 黒かつ, 黒くきめ, 黒くって, 黒くなり, 黒く精悍, 黒褐色に, 鼻に

1 [2005件 抜粋] あがれば, あさ黒くて, あせたり, あたいの, あでやかな, あまりに甚だしい, あらはれて, あらわれ同時に, ありましょうあられか, あり往々, あり紙面, あるあ, あるでは, あるとともに, あるばかり, あるわけ, あろうとは, いいと, いかにも偽り, いかにも白い, いかに我, いたって白く, いっそう濃く, いつも優勢, いやな, いよいよ濃く, うかびしかし, うすいよう, うすも, うすれて, うつくしう, うつり風, うッ, おのずと僕たち, かかって, かけて, かたまりついた, かなり濃く, かわるとともに, きつめ, きれいで, きわだって, くもって, こいの, こちらへ, この刺戟, こぼれ出して, こんな羅府, さしその, さしてそれ, さして矢筈, さす, さす様子, さっと変わりました, さつとかかる, さめた, さめること, しだいに淡く, してるや, しろく眼, すくない, すけて, すこし気に入らぬ, すこぶる血, すっかり褪せ, ずっと白い, そこにも, そのまま染まった, その役割り, その美しい, その顔, それでいくぶん, たいへんきれい, たきの, ただの, たちまち変った, たまらなかった, だんだんよごれ, だんだん黄, ちがうので, ちと派手気味, ちらちら波, ついた, つくから, つくもの, つけられるが, てりかえし今, ところどころによつ, とても青, どうの, どぎつく神秘的, どのなに色, どんよりし, ないので, ない目禮, なかなかいい, なくなった, なく仕え, なければ, なに事かを, なんであった, ぬたくッ, はいって, はじめて三四郎, はつきりと, はりの, ひとりでに淡紅色, ひどく蒼ざめて, ひろがりつつ, ふと走った, ほてり返って, ほんとうに, ぼくの, まじる, またひどく, また怪しく, まだ明るい, まったくかわった, まるで死人, まるで變つて, みである, みなの, みるみる変り, みんなここに, むっとする, もう不吉, もっと強く, もとの, やっと消えた, やや赤味, よいか, ようやく見られ, よくなっ, よく出来, わかりません, わが眼, わずかに, わるかった, カ氏の, サッと刷, サッと流れました, セルカークの, チラリと, ピカピカ光っ, リリスの, 一々違っ, 一つとして, 一パイに, 一変した, 一寸高城, 一層彦太郎, 一度に, 一番よい, 一瞬ものすごく, 一種むづ痒い, 三味線の, 上つて來た, 下の, 不思議ぢやあない, 並は, 乾物屋の, 二色三色入り乱れ, 交る, 仄かに, 今までのとは, 今日の, 付いて, 以前よりも, 似て, 低迷し, 何となく引き立たぬ, 何ともいえない, 依然としてなでる, 催して, 先づ家中の, 光と, 光を, 入り交, 八重に, 其間を, 円周から, 冴えたか, 冴え眼, 冷たそう, 凝って, 出したければ, 出ない酒, 出ますか, 出来ないのに, 分って, 分る筈, 別であっ, 刻込まれ, 動いたが, 動きかけたのに, 動くよう, 医院の, 単弁の, 却って細かく, 反動的に, 取り分け陰っ, 吉良の, 同時に閃いた, 呼吸を, 唯でねえ, 四月はじめの, 圧しつけられたよう, 塗られたもの, 壁や, 変ったけれども, 変ったよ, 変ってるわ, 変つて危くなつた, 変りそう, 変りますくらい, 変り必死, 変る, 変るん, 変わり, 変わるの, 変化する, 夕気づく, 多くなり, 夜の, 大へん, 大変悪い, 大好きである, 失せたらしい, 女房の, 好うございます, 好くって, 如何にも美しく, 嫌ひだつた, 実によく似合う, 実に美しい, 宿つた, 寒く変る, 対立しなけれ, 尊ばれ織物, 少しく旅, 少し変っ, 少し紅, 少し黒ずん, 山の, 差しすぐ, 平次の, 幽かに, 幾分澱ん, 広い川一面, 庄谷の, 強く印象, 彼に, 往っ, 微に, 心目に, 忙しく動き出し, 怪しいよう, 恐らしい, 悪いし, 悪いとも, 悪い事, 悪くってよ, 悪くなります, 悪く目, 惡いが過ぎる, 憎々しかった, 或る, 拡がって, 捺すよう, 掠めて, 描き出されるの, 教師を, 文芸作品によって, 日に, 日の出から, 早い夏, 明らさまに, 明白と, 映った, 晴れた日, 暗い床脇, 暮れ残って, 曖昧だ, 替るの, 最初ほど, 朗らかでない, 本当だ, 染み付いたの, 梅雨に, 様々だ, 次第にありありと, 次第に灰白色, 次第に褪せ, 歴々と, 残った, 段々すっきりしなくなっ, 段を, 氣持惡く, 汚いし, 沈鬱に, 泛ぶ, 泣くとも, 活き活きと, 流れる, 浅い小流, 浅黒いとか, 浅黒くきりっと, 浅黒く端正, 浮かび口元, 浮かんでるその, 浮き出したよう, 浮びますが, 浮び出て, 浮んでも, 消えかかって, 消えると, 消え愛一郎, 淡く有る, 深くなっ, 深められる, 淺い, 渡米した, 湛えられるよう, 満ちた, 溢れるの, 滅法仇, 滴るよう, 漂うとは, 漂ひ, 漲つて, 漲り渡るのみ, 潛むでゐるが眼には, 澄みかへ, 濁りを, 濃い蔭, 濃くこの, 濃くみなぎっ, 濃く美しくな, 濃厚だ, 濡色に, 灰が, 無いやう, 焼きの, 煤けて, 燃える, 燦いた, 牝牡相恋の, 特別に, 珊瑚の, 現はれた, 現わせ, 現われもはや, 瓜二つだ, 生じるよう, 生暖かい靄, 生白け, 画面全体を, 疊一ぱいに, 癪に, 白いか黒いか, 白いだけで, 白いね, 白い上, 白い西洋人, 白くいつも, 白くつて, 白くなるし, 白くみ, 白く乳房, 白く印刷, 白く妙, 白く濃い眉, 白く眼, 白く端麗, 白く美しくて, 白く蒼味, 白く近所, 白く鼻筋, 白っぽくなっ, 白布の, 百色眼鏡の, 目だった, 目鼻だ, 眉宇の, 真つ, 真白で, 真黒で, 眼の, 神々しく作者, 穏か, 空間上何処かに, 窺われぬでも, 笑み割れそう, 紅くって, 純粋で, 紫で, 絵の, 綺麗で, 緑色に, 美しいと, 美しかった, 美しくて, 美しく変っ, 美しく瑞々しければ, 義貞の, 臨んで, 色彩の, 若いといふ, 茶色と, 萌して, 落ちると, 著しく赤くなる, 蒼いなあ, 蒼ざめては居らん, 蒼白いに, 蒼白に, 薄いの, 薄くこまかく刻ん, 薄く残っ, 薄ぼんやり, 薄桃色, 薔薇色に, 蚯蚓でも, 血を, 表われた, 褪せた, 褪せてから, 褪め掛かる, 見え, 見えたこと, 見えた感じ, 見えないの, 見えぬでは, 見えまするでご, 見えるとい, 見える構内, 見え初めた, 見られたの, 見る見る柔, 見れて, 覗きかけ弾くと, 詰まって, 讀めます, 變つて感じられる, 豊かで, 赤いこと, 赤くなりました, 赤ければ, 赤である, 赤や, 赤黒くって, 走って, 踊りにつれて, 輝いた, 辛うじて見分けられる, 透き通って, 透明る, 違います土地, 違うだけ, 違ふからさ, 遠目に, 醒めましたが, 重なるから, 鉄漿を, 鋭かつ, 閃いた, 陳腐なり, 隠されなかった, 雜つて或, 露骨に, 青くって, 青く映っ, 青白くまつ毛, 青黒く沈ん, 面白かつ, 顏一面の, 顕れました, 風雨に, 颯と流れた, 颯と蒼ざめた時, 香い濃く, 鮮かに目に, 鳶色に, 黄ばんだ白, 黄色くなっ, 黄麦の, 黒いさかいと, 黒いとか, 黒いね, 黒い方, 黒か, 黒くさび, 黒くなりかけたら, 黒くツ, 黒く小柄, 黒く皮膚, 黒く陰影, 黒だった, 黒みが, 黝んで

▼ 色~ (2351, 8.1%)

99 なって 47 輝いて 29 光って 24 して 22 なった 19 変って 18 染まって 15 染めて 14 なつた, 見えた 13 なる 12 包まれて, 燃えて 11 なつて 10 変った 9 出て, 見えて, 見える 8 咲いて, 塗って, 染って, 染められて 7 かがやいて, なりました, なるまで, 冴えて, 塗られて, 変わって 6 晴れて, 輝いた

5 [11件] いためて, そまって, 似て, 光つてゐる, 出に, 染まつて, 染められた, 溺れて, 目を, 變る, 輝きながら

4 かわって, なったり, 光を, 出して, 出で, 古びて, 焦けて, 煙って, 眼を, 蔽われて

3 [27件] かすんで, しても, なりに, ぼかされて, 光った, 光つた, 塗りつぶされて, 変色し, 変色した, 夜が, 彩られて, 映えて, 晴れ渡って, 暮れて, 染まった, 沈んで, 活きる, 澄んで, 澱んで, 濁って, 濁つて, 燃え立って, 現わし, 空に, 赤味を, 近い, 非ず

2 [123件] あらず, ありありと, おぼめいて, かわりました, きようきようとして, こげて, こまごまと, させて, すんだ水, そまり, なっても, なられた, なりかけて, なりし上, なりそれ, なりて, なりましたが, なります, なるて, なるの, なるもの, ふと彼, ほの, ほのめいて, ぼかした模様, まぎれて, まどろんで, みちて, よどんだ小さな, よらで光, わが身を, セピアを, パッと, 一度騒立つた物, 一度騷立つた物, 不似合, 何の, 充血した, 光る, 冴えた空, 冴え返って, 出づれど, 出でけり, 出でて, 匂ふ, 包まれた, 包まれる, 可愛らしい山, 吸ひ取られた, 在りと, 執し過ぎて, 塗つてあつ, 塗られては, 塗りつぶされた, 塗りつぶされた泣いても, 塗り上げると, 変つた, 変りトタン, 変るの, 外なら, 寄せつ返しつ波打つて, 寒くにじめる, 射し青, 帯びたる毒虫, 形はれ, 心を, 於ける是, 日の, 春の, 晩秋の, 暈か, 曇りて, 未練が, 松竹梅を, 枯れて, 染まり窓, 染まる, 染まるので, 染めなして, 染んだので, 流れて, 浮んで, 浮出して, 満ちて, 滲んで, 澄み渡る秋, 澄んだ空, 焦げて, 焦れて, 焼くの, 照らされて, 照らして, 照り輝いて, 獅子の, 現はれ, 現わ, 現わさ, 異ならず, 白みながら, 色づいて, 落ちて, 藻の, 血が, 褪めると, 覆われて, 見えること, 見えるの, 見ゆるばかり, 見惚れて, 読みとられる, 賞でに, 輝かせて, 輝く恐ろしい, 近いと, 迷うて, 透きと, 通じて, 重なり合って, 重なり合つて, 非らず, 風化した, 飾られる場所, 黒くにじめる

1 [1457件 抜粋] あからんで, あけて, あなたの, あらがうよう, あらは, あらわれて, あらわれる, ありで師弟, ある, いい味, いでて, いぶされて, いろどられた, うえて, うかべる橘, うれた野苺, おなり, おのずから相違, およそ味, かえらなかったと, かがやき出した羽根, かくされて, かすかな, かわると, きらめきながら, くくれた頤, くもつたヴェランダ, くるまれた老, けむって, このルバーシカ, こんがり焼け, さきぬ, さながら宝石, したしまぬ目, してあつ, しなびて, しろもし, すきとおったパイプ, すこしずつ, すゝめる, その壁, その嶺, そびえて, そまった並木越し, そめて, そめ薔薇, たぐえたり, ただるる, たとえて, ちかかった, ちやんと, つき人, つつまれた二番艦明石, つつまれながら, とけ込んで, ともって, どんよりと, なされ殺害者, なぞらふ花ごろ, なったと, なったらみんなへそ, なったビロード, なった中身, なった制服, なった手, なった水, なった砂, なった荒, なっちゃった, ならなくたって, なりかけの, なりして, なりながら, なりましたの, なりやがて, なり房, なり新しい, なり楽しみ, なり眼, なり近々と, なること, なるだろうと, なるとしての, なるほど, なる葉, におって, にぶく抑圧, ぬって, ぬられた小舟, のさばって, はかに, はてなく見えた, ひかって, ひきしめ怒り, ひとしおの, ひろがる, ふけるもの, ふさわしい配合, ふとつて, ふわりと, ほのめくある, ほふ, ぼうッと, ぼかした月, ぼやけて, まがいそう, またたいて, まだ険悪, みとれてるの, みなさむ, むくんで, もださずそれ, もどりそう, や, やさしみ, ゆらめく, よく感じ, よく輝い, よると, エナメルする, グリーン縞の, テラテラと, パッパッパッと, ボッと, ポーッとに, 一とつ, 一杯の, 上がりましたよ, 不安が, 乏しく北国, 二人の, 人々は, 今ひと, 代つて自然的地方色, 似たれば, 似た色, 住し, 体側には, 何時も, 依って, 偏し, 優った場合, 充たされ空, 光さしそふ, 光った禿頭, 光つてる, 光つてゐた, 光つて居ります, 光つて湛へて, 光らせたその, 光りだすの, 光り今, 光り輝いた, 光り近き, 光る小さい小さい, 光る水の上, 光る皿, 光る石, 光沢を, 内に, 冴えかえった蘆湖, 冴えわたり若い, 冷く, 凋んで, 出さなかった, 出したら写せるかと, 出すよう, 出た直衣, 出づる不満, 出でたり, 出ぬ, 出ました, 出ると, 出る筈, 分けて, 別れて, 刷かれ, 動くかさえ, 匂ひけり, 包まれるの, 包み隠しやがて, 包んで, 化した場合, 化粧した, 印刷され, 即した空, 反対する, 反映し, 古びた安, 合わせて, 含まれて, 吸いつけられて, 吸収され, 和げられねば, 咲きたる由書, 咲くから, 咲る, 唐草模様の, 四辺を, 固まりかけてを, 在るの, 埋めた, 堅くあせ, 塗ったパッカード, 塗った大小いろいろ, 塗った犬小屋, 塗った魚類, 塗つた方の, 塗らう, 塗られしもの, 塗られたから, 塗られた小さな, 塗られた積木, 塗られ屋根, 塗りあげ弱い, 塗りたくられた, 塗りつぶして, 塗り潰すと, 塗り立てた電車, 塗料を, 変えて, 変ずと, 変つ, 変て, 変りは, 変り穂先ごと, 変る頃, 変わりあちら, 夕は, 夕燒けし, 大別され, 始めて一日, 寄せて, 富士と, 射し込み鏡, 小さく凝った, 少し紅味, 就いての, 山査子の, 干からびた妙, 引かえて, 彩って, 彩られたタブロー, 彩色された, 彼は, 征服され, 復りつ後をも, 徹するの, 忍び足そろ, 恥を, 惹かれて, 感心した, 懸想した, 成ったの, 成りぬあゝ, 戻った, 打たれたやう, 打続きその, 持ちゃ心から, 掻き消されて, 描き出して, 撥袋とも, 斑点つけられた, 日焦けし, 明けそめた, 明るくて, 明るく蔽う, 映えた足柄連山, 映す水, 映ゆる園生, 春を, 晒された世界, 晴れ渡つた空, 暗褐色, 暮れかかっ, 曇って, 曇つた眼肌理こまかな, 曇つて来た, 曇り思わず, 朧, 染った眼界, 染つてくる, 染つてゐます, 染まったあまのり, 染まつたと, 染まりながら, 染まると, 染まるもの, 染み, 染む, 染めかへ, 染めたいろんな, 染めたほど, 染めたカーテン, 染めた浪人, 染めた薔薇色, 染めつけられて, 染められことに, 染められた気品, 染められた霧, 染められる神秘, 染めるの, 染めるんだい, 染め上げて, 染め做, 染め初春, 染め足, 染り薄化粧, 染上げられて, 染分られる, 槍突き合わす, 歪んで, 殺氣, 気がついたかい, 気味悪く染め出され, 氷の, 沁みこの, 沈みかわり爛れた処, 泡だつ呼吸, 波打つは, 洋燈の, 流れ込んだ, 浮べての, 海岸を, 淀んだ川, 淡く霞む, 深く濃く湖, 清快, 満たず, 満ちた昨夜, 満ち満ちた, 溶け込むやう, 溺れた婦人, 溺れるの, 溺れ酒, 漬かったやつ, 漲って, 澄みかえる冬, 澄み渡った空, 澄渡った空, 濁ったの, 濁つた月, 濃くうすく蔭, 濡れた乳, 濡れと, 灯点っ, 点滅し, 焦け, 焦げた皮膚, 焼き上って, 焼けた顔, 煙つてゐ, 煙りそ, 煙を, 照つてるの, 照り映える, 照るだけ, 煮たもの, 熟れかけるころ, 燃えぬ, 燃える氷罅, 燃え盛る原城, 燦つき出した, 燦爛と, 燻ぶりたる, 爛れて, 狂い恋, 現さぬ質, 現はさ, 現れ出づ, 現われた感情, 町が, 痛ましく白ん, 白で, 白壁を, 盛り上つた, 目だたぬ雜木, 相違が, 眠って, 眼が, 瞳を, 磨くの, 移るまでには, 立ちこめた雨, 立つて, 紅に, 紙風船のだ, 紛れて, 細くとも, 絡み付くよう, 統一させる, 綾なす山水, 縁取った, 縫いつけた洒落者, 美くしい, 耽り艶書, 聳えて, 背きて, 腿めた, 自由に, 色を, 艶めい, 苔まで, 茂つてゐた, 草模樣を, 華やがし醸し出す艶冶, 萩は, 蒼ざめてくれるわ, 薄く燃え, 薄紅, 藍の, 血の, 表れるので, 表わさず折々そっと, 褪めて, 見えある, 見えたと, 見えるは, 見える人, 見える火, 見えドロ柳, 見ずて, 見せて, 見たこと, 見とれるの, 見ゆる憂愁, 見られるため, 見入つてゐました, 見返しが, 親しみを, 言うばかり, 誘った, 誘惑でも, 變つ, 變つて居りました, 象どったもの, 負うて, 赤いので, 赤く染まり, 赤味の, 赭いと, 趁る, 躁いでいた, 転んだ狂言, 輝いたりなど, 輝かして, 輝きはじめた, 輝き出した, 輝き出すと, 輝き腕, 輝くきれい, 輝く夕陽, 輝く星, 輝く美しい, 輝く雲, 近いもの, 近く頭髪は, 返った, 迷いまして, 迷ひし, 迷ふ, 迸らした, 透き返させその, 透けて, 透徹し, 透通ったもの, 通るよう, 過ぎない, 道が, 遠しとして, 配してさえ, 醉ふ, 重なりあって, 鈍って, 鋭く輝い, 閃きます, 閉されて, 降り埋む, 陽に, 隈取られ, 雜閙する, 霞んだ地平, 霧散し, 青く浅いところ, 非常に, 頭を, 顔を, 顕わ, 飛び越すごとき所, 飢る, 飾られて, 飾り成したる禮裝, 髪際の, 魅惑された, 黄いろい, 黄がかった, 黄葉し, 黒く焼けただれた, 黒と, 黝んで

▼ 色~ (1707, 5.9%)

12 黒いが 7 少しも, 褪せて 6 ありません, 非常に 5 ない, 土の, 少し黒い, 白いが, 白い方 4 前よりも, 彼の, 浅黒いが, 黒かった

3 [24件] いやに, いよいよ深く, うつりに, この時, これが, ただの, どうだ, なかった, 変った, 妙に, 容易に, 火の, 白いし, 白いと, 白かった, 白く髪, 私の, 空に, 緑がかった, 蒼白くなる, 赤に, 雪の, 黒い, 黒くなりました

2 [116件] あせに, あり声, あり聲, いつでも, いよいよ怪しく, この世の, さえて, さすがに, して, すべての, たちまち変じ, だんだんに, ちっとも見えなかった, どうかする, どこにも, どんなに巧み, どんな色, なんだかどす黝, なんという, ほかの, ほんとうに, また別, また格別, まだ芽, まだ貴女, まるで日輪, もう尋ねる, もみぢに, わからないが, セレナーデを, 一面に, 上品だ, 不断の, 以前より, 仲, 何が, 何ともい, 何な, 何れも, 何処にも, 全く滴る, 出て, 判然覚え, 別に他, 刹那に, 動いた, 即ち是, 唐棣に, 固より, 変りません, 失せて, 奥の, 日に, 日本に, 最後に, 朱の, 極めてくらし, 様々ある, 様々である, 樣, 橋を, 気味の, 水の, 消えた, 消えて, 淡い, 深かった, 淺黒い, 澄んで, 灰の, 無い, 白く眼, 白し, 白で, 真蒼, 真青に, 秋に, 第一, 米の, 紫が, 紫である, 緑が, 美しい, 花と, 蒼ざめ広い白い, 蒼みし, 蒼黒く, 薄きこがね色, 薄ら蒼く, 薄花桜, 藍の, 蝋の, 血の, 血の気が, 褪せたが, 褪めて, 見えないの, 見えぬ, 見える, 見せなかった, 見事な, 論なく黒き, 赤では, 赤味がかった, 赤味を, 金の, 青うございました, 青ざめて, 面に, 飽迄白く, 饐えた腐つた, 驚くほど, 黄なる, 黄味を, 黒い方, 黒けれど

1 [1324件 抜粋] あお空, あさ, あざやかな, あせては, あせゆけど, あったが, あまりあてに, あまり濃く, あまり黒く, ありませんが, ありませんでしたが, あるいは白く, あれが, あんまりに, いかにも明るい, いささかも, いっそう濃く, いつのまにか乱れた, いつまでも, いつもよりも, いつ見, いまも, いよいよ白く, いよいよ蒼ざめて, いろいろある, うすく赤味, うす赤かった, うた, うつろは, うららか, おおう所, おのずから出, お天道さま, お白い, かくれぬほどに, かなり濁, くすみ手, くすんで, くろ髪, こう云う, このよう, この大, この活劇, こぼれかかった艶, これは, こんなもの, さしもの, さぞや見事, さまざまな, さめました模様, さらに鮮かさ, しだいに濃い, しばしば単色, じっさい九州色, すき透る, すこぶるあざやか, すっかりあせ, すっかり褪せ, すばらしい, すべて淡い, そうした感じ, そのすわり, その先, その後見た, その次, その美し, その面, それぞれ違いました, そんな心根, たいてい黒, たしかだ, ただならぬ異状, ただ単に, ただ灰色, たちまちに, だん, だんだん冷たく, だんだん遠く, ちっとも出, ちと天保調, ちょうど美しい, ちょっと柔か, ついに色, つとその, つや気が, とくに変色, とても盜め, とても美しかっ, とみに解け, どうしてもあれ, どうでもね, どこかで, どの山, どんどん催し, どんよりと, ないのに, なかつた, なくとにかく, なく顔, なけれども, にごって, ぬけるほど, はつきりした, ひと色であっ, ふしぎな, ほんた, ますますさえ, ますます明るく, ますます青く, また極めて, まだまだら, まだ夜, まだ蒼ざめていた, まだ褪せず埋め, まっくろで, まったく鮮紅, まばらに, まるでなかっ, まるで草, みな紫根で, みんなとれ, みんな吸いこん, むづかしい, もううすれ切っ, もう止めぬ, もっと濃く深く, もとより衣紋つき, もはやそれ, やがて怒り, やはり同じ, ややうこん, やや緑, やや蒼白い, やや褪せた, よく出, よけいに, わが邦, エナメルを, カルピスに, キツネ色で, コップの, スペインと, トンと, ブルブルと, ボーイの, ヰスラアでは, 一つを, 一体に, 一層の, 一層私, 一方を, 一点も, 一際白, 上等の, 世界の, 両性とも, 主人の, 互にぼかしあった, 人の, 今は, 今暁京都に, 以前と, 何うし, 何だか重苦しい, 何と, 何とも落魄, 何と碧, 何人も, 余り白い, 例の, 便宜な, 俯向い, 傾きかけた日, 兀げたが, 光の, 光沢が, 全く物質, 共に画板, 其のまま往, 内地より, 写真では, 冴え行きぬ, 凌霄花の, 出せないよう, 出ねえよ, 出来ぬもの, 別れても, 劇動の, 勿論座辺, 匂へど, 千態萬状なる, 即ち空, 却て, 古代紫, 合歓の, 同じよう, 君の, 喪服の, 四方一帯に, 土壤の, 土色を, 地を, 報酬の, 塗炭の, 変えたれども, 変って, 変らざりけり, 変りません月, 変色し, 外国人が, 多様で, 夜目にも, 夥た, 大吉たちを, 大気で, 天下に, 太古に, 奇麗なり, 奥の院から, 女郎花の, 婦人の, 季節の, 実にいや, 実は自分, 容易でなかつた, 小白く, 少々浅黒い, 少しお, 少し劣る, 少し悪い, 少し灰色, 少し赤みがかっ, 尚ほ勝つ, 山よりも, 席上に, 常によく全, 常に色, 平家という, 平静であった, 幾度変った, 引立たなかった, 弱かつ, 形を, 彼女の, 心からの, 必ずしも白色, 快く笑い, 怒る響, 思わず呼吸, 急に, 恋文を, 悉く概念, 悪くは, 惨として, 我邦などの, 戸外の, 打沈んで, 持つて, 斬って, 新月でも, 新緑と, 日の, 日本には, 日本婦人の, 日毎に, 早や, 明るく薄れ行き, 昼間は, 普通の, 普通黒である, 暗緑, 曇つても, 更になし, 最早冬季, 朝鮮から, 木の葉の, 本藍, 朽し, 東京などよりも, 柔らかき腕, 柱と, 桃色を, 桐の, 極楽と, 次第に黒ずん, 此の世の, 死も, 殆ど現実の, 殊にやや濁, 残らぬが, 段々青く, 水, 水色が, 沈み眉, 沈鬱であった, 浅黒いけれど, 浅黒く人並, 浅黒く生々, 浜風に, 海波に, 消えさうに, 消え耳, 消滅する, 淡いが, 淡い紫, 淡く黄, 淡紅紫で, 深かつ, 深く急, 深く碧, 清楚に, 温度電力等と, 湧く血潮, 漂つてゐた, 漆黒である, 漸く変じ, 激色ながら, 濁つて, 濃い萌黄, 濃かながら, 濃くて, 濃く繁く光, 瀬戸物の, 灰いろ, 無くまた, 無論ありましょ, 無論純白, 煙草の, 照りますわ, 熱を, 燐火と, 燻んだ赤黄色, 物に, 物憂そう, 特に青く, 王妃の, 現われては, 甚だ複雑, 生れつき浅黒い, 生白かったり, 男の, 異つた種種, 疾く収まっ, 病んだ獣, 病毒の, 発育の, 白い, 白いよ, 白い然し, 白うございます, 白が, 白くっても, 白くも, 白く口, 白く身, 白し眼, 白つ, 白地が, 白紅淡紅で, 白藤の, 皆曇りたる, 目の, 眉間へ, 真っ黒に, 真珠を, 真紅だったです, 真紅では, 真黒です, 眼を, 硝子窓を, 確かで, 私が, 秋晴れの, 移り變り, 稍和ぎかけた, 空から, 突嗟に, 米と, 糸を, 紅を, 紅味勝ちな, 純白で, 紫か, 紫を, 紫褐色を, 絵画的な, 緑色に, 美くしい, 美しいが, 美しくその, 翡翠が, 耀くばかりに, 膚薄な, 自己の, 船の, 花子の, 若し晴天, 茶がかった, 茶褐色を, 菫の, 蒼い, 蒼く暗く押寄せ, 蒼く高さ五尺余, 蒼ざめていました, 蒼ざめ眼は, 蒼味を, 蒼白くなっ, 蒼白に, 蒼空と, 蒼黒く貧しい, 薄く地, 薄らいで, 薄模様に, 薄鼠, 藍で, 藍気鼠黒の, 藍色に, 蜷局を, 血走り脣, 衰ふと, 裳に, 褪せる, 褪めたが, 見えずやむなく, 見えないよう, 見えぬ何所, 見えませんけれど, 見えるか, 見せなかったが, 見られないが, 見るみるかれの, 見るも, 見る見る白く, 見届けるすべ, 許さぬぞよと, 読みにくい, 賭者を, 赤いとも, 赤くちょうど, 赤く紫色, 赤ツ茶け, 赤過ぎる, 赤銅色に, 赤黒く大きさ, 赭土色で, 躍り易い, 近頃流行, 透通る程, 通へ, 遂に独立, 都人を, 醜い岱赭色, 野に, 金州の, 釣り合わず蒼白い, 鉛の, 鉛色である, 銅であった, 錆色でした, 闇の, 限りなく, 隠せなかつた, 隱されなかつた, 雲なき, 青々と, 青い巻き葉, 青く磯, 青ざめても, 青ざめはてゝその, 青であり, 青白くなっ, 青黒いし, 青黒くその, 静寂な, 面にも, 顏に, 顔を, 颯と薄墨, 飽まで, 馬鹿に, 鮮かに, 鸚鵡盃の, 黄と, 黄濁し, 黄色っぽく, 黄金に, 黒いがね, 黒いし, 黒いまでに, 黒から, 黒くふ, 黒く日, 黒く骨ぐみ, 黒く鼻, 黒だ, 黒と, 黒の, 黒光りを, 黒色栗色鳶色カハラケ色等種々, 黝かった

▼ 色~ (1225, 4.2%)

34 香も 30 ありません 17 形も 12 なく 9 ない 8 なければ 6 なかった, 姿も, 恋も 5 何も, 光も, 水の, 美しい, 褪せて, 身に, 鮮かに 4 慾も, 模様も, 消え去つた, 空の, 見せずに, 見せなかった, 音も

3 [14件] ないの, なくその, なし, よくない, 例の, 匂いも, 変って, 急に, 柄も, 目に, 見せて, 青ざめて, 鮮麗に, 黒く見られぬ

2 [77件] ありませんが, いやに, かたちも, かわって, こんな完全, さすがに, すべてみな旅らしい, すべて褪せ, それからあの, ちがって, ちらつかせカステラ, どす赤い, なかつたの, なくこんな, なくじいっと, なくニッコリ, なく云い返した, なく声, なく夜, なく家光, なく平次, なく微笑, なく打, なく斯, なく男, なく答えた, なく自分, なく静か, なつかしき, においも, はっきりと, まじれり, ようの, 一切喪服を, 一種特別な, 俄かに, 光沢も, 匂ひも味も, 匂も, 味も, 変えて, 変り口角, 変り大きな, 変わって, 定め年号, 少しは, 帯の, 日に, 木理も, 浮んで, 消えて, 濡, 無い, 無き庭, 無く変りはてた, 無し, 白いほどに, 相当に, 真夏に, 眼に, 私の, 稍濃く, 艶に, 艶も, 草木の, 葉の, 見えた, 見えて, 見ないで, 違い形も, 陽に, 雲の, 青く澄み, 鳥の, 黒いし, 黒かった, 黒くて

1 [838件 抜粋] あかるくこ, あざやかである, あざやかな, あざやかよ, あせずに, あせた今, あせないで, あまり見られない, あらずお, あらわさなかった, ありつや, ありましょうが, あり時代, あるには, あるのに, あろうに, いいと, いかなる匂い, いくらか褪せ, いちように, いつか友だちの, いつか消え, いよいよ美しく, うごかさない半兵衛重治, うっすらと, うつろふ, おどん, おのづとうつろふを, かえず静か, くれないの, けたるる, ここばかりは, このよう, この音, こぼれか, こんなに眼, ございますけれど, さびしいこと, さめて, さめはて肉臭, した, して, すごい道, すっかり剥げ, すべてが, ずっと鮮, そういえ, そこに, そこら中の, その人, その時分, その樹木, その立姿, それどころか明日, それを, そんな色, たしかに紺, ただならず, ただ好事家, だいぶ暗く, だんだん明るく, ちがい広, つつまずあわてふためいたり, とりどりである, どす黒く陰気, ないお, ないと, ないという, ないので, ない受, ない口, ない感じ, ない老母, ない訣, なか, なかつた, なき浦, なくうなずい, なくかう話し始める, なくかすか, なくこう, なくすぐ, なくそこ, なくそれ, なくただ, なくちゃぶ台, なくなって, なくふるえあがっ, なくまた, なくやせ, なくわが家, なくツツウ, なくヅカヅカ, なく丈夫, なく乾き盡, なく二人, なく信頼, なく剣, なく割り, なく勇める, なく博士, なく受, なく夕陽, なく嫣然, なく寧ろ, なく小屋, なく差, なく常に, なく平然, なく形, なく心もち含み声, なく憎しみ, なく描い, なく携えた, なく最後, なく椅子, なく横蔵, なく洒落た, なく物, なく現われ, なく生前, なく真名古, なく眼, なく籠手, なく西久保上屋敷, なく見詰め, なく言つて, なく訊いた, なく詳しく彼, なく諫め, なく進み出ます, なく靜, なく音, なく香, なしに, なぞ, なまぐさいほど, なんの, にぶいおぼろ夜, ねずが, のぼって, はっきり四, ひとき, ひどく冴えぬ, ふかく濁っ, ほとんど消え失せ, まさらん, まじえない赤旗, また毛, また私, また色そのもの, まだはっきりと, まだ新しかっ, まだ浅く, みえないの, みんなちがっ, もうそろ, もう実際に, もう見分ける, もう黄, やはりそうだ, やや褪せ, ゆあみしたる, ゆるがごとし一, よいそこで, ようで, ようない, ようやく蒼白, よくまた, よく模様, よほど褪めた, より白く, わからずそれ, わすれざれ, わるくなった, わるくは, スタンドの, ボケた, 一時に, 一段と冴渡つて, 一際鮮麗, 不快で, 乏しくもの, 人の, 仄に, 今までに, 何だか艶, 何となく映えない, 何んと, 余裕綽々として, 佳くにおい, 傍の, 光が, 全く青い, 共に黒い, 其黒き, 冴えなかった, 冷い, 几帳も, 凶い, 出て, 分かず日, 分らぬしめッ, 分らぬほど, 分子の, 判然映らない, 刺激を, 剣の, 動かさず, 動かさずあえて, 動かさなかつた, 動かしやしない, 動きは, 勝れない, 匂ひも感じる, 区別が, 十年は, 収めなかった, 古く東西, 可し, 同じだつたらう, 同じつぶし彫り, 同じの双生児, 同じ桔梗, 和解の, 四邊の, 場所に, 墨で, 変えないで, 変ったよう, 変はらじ, 変はらぬ, 変らず味, 変らなかった, 変りたるべし, 変りつら, 変りませんの, 変り唇, 変り少し, 変るべく後向き, 変わらあ, 変わり諸所, 変わるほどに, 変わる気, 多くは, 大ぶ, 大へん, 失われて, 好ましい大きな, 好みも, 姿態も, 嫌悪の, 存在し, 季節に, 定かならぬ, 定かに, 宝篋印塔の, 尋常ならず, 小鳥の, 少し剥げ, 少し浅黒い, 少し赤味, 少し青い, 少し鼠色, 尾花の, 山の, 常に異なった, 干いて, 年古り, 幾度か, 弛みどこ, 当惑の, 影も, 彼れ, 後ろに, 御ち, 徽號も, 心の, 思はる, 恥ずかし恋心, 悪い, 悪いよう, 悪くなっ, 悪くなり, 悪くなるし, 悲しくなっ, 愛らしいもの, 憤りの, 或は異様, 或る, 揺れながら, 新しい, 新たに, 日あたりて, 日に日に薄く, 日の, 日光を, 早や, 時による, 普通な, 暗くなった, 暗く黒ずん, 更えず, 最早九月, 有つた真桑瓜, 朗らかな, 枯れはてて, 柔かくことに, 柔かな, 次第に冴え, 次第に變, 次第に青, 次第に黒み, 此世の, 歯なみも, 殆ん, 沈みけむ, 沈んで, 泡も, 活, 流しの, 浅黒く眼鼻立ち, 浴後の, 浸む, 消え去った, 淡く塩分, 淡く紊, 深々と, 深くかつ, 深み, 淺黒く, 湿って, 潤みだしたらしい不, 澄みに, 澱んで, 濃い, 濃くうすく青味, 濃くなっ, 濃くなります, 濃く成っ, 濃く赫, 灯れて, 灰色を, 無く, 無くほとんど, 無く香, 物すごく大地, 物狂わしく, 物音も, 狼狽も, 甘そう, 生きいきとして, 用ひられ, 異っ, 白, 白いのみか, 白い一寸, 白い方, 白かつ, 白くあれ, 白くきりやう, 白くなっ, 白くまことに, 白くまた, 白く子柄, 白く美味, 白く艶, 白く軽い風味, 白く鞣革, 白く髪, 白けて, 白と, 白とは, 皆用の, 皆花, 相当漂, 眞新らしい, 真っ暗に, 眠たさ, 眼には, 眼鼻立も, 知るなり, 石の, 砂煙り, 示して, 私は, 穏でない, 空気が, 空気も, 童女の, 糸を, 紅く新鮮, 紅寒き, 綺麗な, 線も, 織り方, 美しいの, 美しかった, 美しく果て, 美しく遊びかた, 美事だ, 羽も, 肉の, 脚の, 自分の, 舌から, 良かった, 色に, 艶, 芝生も, 花の, 若干修正され, 草の, 草も, 荒海を, 落ちつきました, 落付いた, 蒼からず, 蒼くも, 蒼ざめお, 蒼ざめていた, 薄く曇っ, 薄れて, 薄暗く野末, 藪椿の, 蛇の, 衰えただ風, 袴の, 装身の, 褐の, 褪せたが, 褪せただ, 褪せボロボロ, 褪せ絲, 褪せ荒野, 褪せ風, 褪めては, 見えず青白い, 見えつつ, 見えないくら, 見えないほど, 見えないインク, 見えない程, 見えない花屋, 見えなかったが, 見えるだらう, 見え分かぬ朝まだき, 見せずさも, 見せずたちまち, 見せず平, 見せず昼間, 見せず続いて, 見せない位, 見せは, 見せ無, 見たはず, 見た筈, 見て, 見わけられるの, 見事です, 調子も, 識別力の, 變つて行つた, 變る, 質も, 赤味など, 身體の, 近頃研いだ, 過去に, 遙かに, 野々宮に, 金色と, 鋼鉄の, 陰欝として, 陽を, 霜や, 青い虫, 青かった, 青く目, 青ざめ立って, 青白い何ん, 非我の, 顏付も, 顕れて, 風の音も, 風雨に, 香いもあり, 香ばしそう, 鮮か, 鮮やかである, 黄ばんで, 黄色であった, 黒くなっ, 黒くなります, 黒くやつれ, 黒く御, 黒く眼鼻立, 黒でなく, 黒緑の, 黒髪も

▼ 色~ (731, 2.5%)

9 形の 6 形と, 形とを, 色との 5 音との 4 いって, なって, 同じよう, 同じ色, 形が, 形を, 慾との, 慾の

3 [17件] いいまた, いい形, いえば, いったらない, しも, する所, なった, なるの, 一つに, 云う色, 光が, 光と, 形との, 形に, 慾と, 線との, 調子の

2 [54件] あまりちがわない, いいそれ, いいます, いへば, おなじよう, するの, するもの, その中, なり藤紫, まじって, よく調和, 一寸野道, 云い形, 光との, 匂いの, 匂いを, 匂と, 匂ひとで, 同じ茶色, 味とを, 味を, 声と, 女の, 慾, 慾で, 慾とで, 拡り, 朝晩目に, 比較せ, 水の, 白と, 相反対, 相映じ, 答へ, 紅の, 緑の, 線と, 線の, 色と, 色とが, 蒼白い色, 見えたらば, 見れば, 調和する, 調子と, 調子を, 金だ, 雲の, 音と, 音とが, 音とを, 香と, 香の, 黒の

1 [508件 抜粋] あたりの, あの色, いいいま流行, いいすっかり, いい土, いい好み, いい弾力, いい格好, いい碧眼, いい空, いうか, いうが, いうよりは, いうよりも, いおうか, いくじな, いったら灰, いったら茄子, いってな, いっても, いつたやう, いはれたの, いひこの, いひ形, いひ艷, いふが, いふこと, いまの, いわず色, いわれる樺色, うつり合って, かかわりなく, かけきや, かたちに, かっこうを, かれへの, きて, くちなし色と, この建物, この色, この音, これも, さして心, した時代, し北方子, すなる可, すべし, するが, すると, するベーン, せり, そうして裾, そして青い, その偉大さ, その夜, その底, その晒した, その朦朧, その温雅, その灯かげ, その色, その葡萄色, その衣, その配合, その間に, それで, それを, ちがって, つめたい鋭い眼, つやが, つやとは, つよい息, つり合って, てない父, てなかった, てなくなにもの, であった, であったが, であったろう, である, とりどり様々の, どう関係, どことも, どっしりと, なく出, なく眺, なし他方, なし時として, なす, なすが, なすなど, なったかと, ならず夜, なりおもむろに, なりせわしなく, なりました, なりヘザア, なり全部, なり其色, なり四方, なり庵室, なり影法師, なり白衣, なり真紅, なり蜘蛛, なり赤, なり雷鳴, なる, なると, なるなとは, なるので, なる初め, なる四種, なる寝返り, においが, においで, においを, にこにこした, によつて, ぬるま湯の, のけぢめ, はでな, ぱちぱちいう, ぱっと廣, ひとつにな, ひやりっと, ひらめく羽根, まぎれたと, まさか寄っ, まじり緑, また石垣, まだ褪め切らない, まるで違っ, みえたの, みえて, みせて, みどりのなの, むくむくした, むさぼるよう, やつぱりいつもはじめてのやうに女は, やはり同じ, やわらかく膏ぎった, ゆうべお, よき柄, よく似, よく似合っ, よばれ掩護色, わずかに, わだかまりの, エナメル黒の, カーキー色の, キメと, スッテン童子の, デザインの, トオンとの, 一と, 一様に, 三色旗の, 不思議な, 二升だきの, 云いほれぼれ, 云いショボショボ, 云い刃物, 云い大, 云い如何にも真に, 云い少し, 云い得るまでに, 云うもの, 云ったら, 云って, 云へば, 云われる墨染, 云われる種類, 云わんより, 亜硫酸の, 交って, 人と, 人との, 仄かに, 伸子が, 似たところ, 何かを, 側に, 光だ, 光で, 光とが, 光とは, 光の, 光りしか, 光りだけの, 光を, 全身に, 其前の, 其色合とが, 冷かな, 冷さ, 冷さとを, 冷たさ, 冷めがた, 別れた寂し, 効果的に, 動きとが, 動きとを, 動きは, 動と, 匂いと, 匂いとが, 匂いに, 匂い光, 匂ひ, 匂ひと, 匂ひとが, 匂を, 化しみすぼらし, 化つてゐる, 区別する, 反対の, 受と, 同じぐらゐに, 同じで, 同じでしょう, 同じやう, 同じ唐紙, 同じ美し, 同時に當惑, 同時に藤八拳, 同様なる, 名づけるべきか, 名附けられ, 呼ばんよりは, 呼んだ人, 和し, 品の, 唇の, 問は, 喚声とを, 型を, 壁の, 声で, 変じた, 変った火事, 変らない程度, 変り沈んだ日, 変わって, 大きさ, 大差ありません, 大空の, 妙に, 姿だ, 姿とを, 姿に, 姿の, 姿を, 子供の, 容積が, 寸分たがわぬ, 対照澄んだ, 小さな二つ, 少しも, 少し冷笑, 山の, 岩の, 帯の, 常緑樹と, 幅と, 幅を, 延長との, 延長とは, 延長の, 強い音調, 形で, 形である, 形とから, 形とで, 形とに, 形態とが, 彩あり, 影, 影とに, 影との, 影を, 彼女の, 思つたは, 怯えた様子, 恋と, 恋の, 恐らく云つた, 恰好とを, 悲哀の, 意気とを, 感じを, 感触が, 慾さ, 慾そんな, 慾です, 慾とこう, 慾とに, 成って, 成つて然, 手触りの, 手足や, 抽象名詞の, 放縦な, 故國, 文字を, 斑紋の, 映え合って, 映り合うため, 映り合ひ, 映るなり, 暗褐色の, 書いたの, 木理の, 朱鷺色との, 杜鵑の, 来たら, 来たら肺病やみみたい, 来て, 染吉の, 桃の, 模様とさえ, 模様とは, 模様に, 模様を, 欲とに, 欲の, 武家の, 殆ど違わない, 残月の, 比べなぞ, 比較される, 毛の, 毛虫の, 毛髪の, 油絵具の, 泛んで, 流れて, 海の, 消えかかった星, 淋しい自身, 淡い色, 淫志を, 清い水, 清涼に, 温度とを, 溶けて, 灰色と, 灰色との, 無数の, 無色との, 照りあつ, 燈火の, 物とを, 物体が, 瑠璃色の, 生臭の, 申し上げて, 申すでは, 疾の, 白い生々しい柔, 白い色, 白とで, 白の, 白のだ, 白墨の, 白粉の, 白色との, 百姓服が, 真新しいさらし, 真珠色の, 眩る, 眼と, 確かな, 称うのみあるいは, 称しても, 称するの, 称するもの, 称する土色, 空の, 空気の, 空色とに, 空間とは, 競は, 等しい小さな, 答へたり, 粉とから, 紅色で, 紙質とが, 紛う位, 紛らわしく発見, 紫色との, 紫色に, 紺色の, 絵具の, 絹糸の, 緋色の, 緑に, 線とから, 線とに, 線とに対する, 線とを, 練り合わされずに, 群青とを, 翡翠と, 考えた青色, 聲とを以て, 肩掛の, 至って紛らわしき, 色とは, 色とを, 色を, 艶と, 艶とを, 艶を, 艶光と, 若々しい声, 若木のねん, 苦さ, 草が, 葦の, 蒼澄んだ, 薄いタイシャ, 薔薇花と, 融けあって, 衣服の, 襦袢の, 見えない作品, 見えるの, 見せて, 見つつ, 見分け難い, 見比べるみたい, 角度との, 角度を, 触感との, 言いまた, 言い形, 言い待ちな, 言つたら, 言ひ, 言わざるを, 認めかつ, 調和が, 調子で, 赤い屋根, 赤の, 赤十字を, 踏んだよ, 輝いて, 輝き深山, 輪郭とを, 辞令とは, 近いうち, 速度とは, 違って, 適合する, 酒で, 重みとが, 重みを, 金ちゃアんと, 金二つに, 鉄石の, 鉄製の, 銀と, 銀杏の, 銀色の, 陰との, 陽気な, 雄大な, 露の, 青の, 青黄の, 音, 音が, 音とは, 音とをも, 音の, 響である, 頭とで, 頭のう, 額の, 顔とが, 風の, 香いで, 香いを, 香が, 香とを, 香とを以て, 香に, 香りとは, 香を, 香気との, 驚ろく, 髪の毛とが, 鹿子と, 黄の, 黄色と, 黒い光った, 黒天鵞絨色の, 黒子の

▼ 色~ (448, 1.5%)

12 あつた 5 その姥 4 せう, 彩られて 3 塗られて, 描かれて, 飾り付を

2 [23件] さ, その中, それが, ぬられそして, 一様に, 云えば, 人の, 包まれて, 十文字が, 唇だけが, 地は, 塗った建物, 夜の, 山も, 描いて, 春の, 構成し, 無暗に, 現われて, 眼は, 読み取ろうと, 輝いて, 隈取られた

1 [368件] あつて, あらうかも, あらうと, いうと, いかにも下等, いくらでも, いちめんに, いっぱいに, いる重吉, いろどった美しい, いろどって, うなずいて, おおわれる, かいた方, かかって, かすんだよう, きたえたこの, きれいな, ぐるりぐるり床屋, こちらへ, こちらを, こと足りると, この人, この森, この煙突, この種, これが, これは, これを, ござりました, ごまかそうと, さながらやつ, さながら武者市, さへ, さへも, さまざまな, しかも白く, しまいには, すきとおるよう, すぐ覚られた, すこしも, すこぶる優雅, すこぶる美しい, せめさいなんだ, そうして花弁, そう云い捨て, その内, その忠告, その色, その花, その音楽, その頃パリー, それからその, それと, それを, それを以て, それ丈けを, た, たそがれには, ただこころもち錆, つつまれ斑ら牛, つやが, でもその, とぐろを, とろとろと, どう示す, どこまで, どぶ, どれだけ, どんな形, どんよりと, ながめました, ね, ねメランコリック, ね目, ぱっと頭, ぼんやりと, みかどへ, みると, もって, もっての, もとは, やがて彈奏, やっぱり日本人, やはり見た, やや久しく, ゆらゆら揺れ, よどんだよう, わかった, われ, アルコール度も, オンドリの, カウ, クラブの, シャリシャリし, チラッと, テーブルの, ドローンワークした, ベトツと, ベン, ポツポツと, メルバの, 一ヵ所壊れ, 一方を, 一時は, 一杯に, 一樣に, 一段一だ, 一面に, 七日を, 万策の, 三つとも, 下に, 下の, 下垂し細花集り着き, 世界が, 並外れて, 丸繰, 九つに, 二十五枚滅多に, 二十度ほど, 二十日立ったら帰っ, 云えない, 云って, 互に何, 人種の, 仕上げた, 他では, 以つて一面の, 以前より, 伸子を, 何事かを, 光って, 光る, 光るよう, 兵馬を, 再びファウスト, 凍って, 判じ匂, 判った, 判断する, 刺繍された, 割に幅, 勢州街道の, 匂いと, 區別する, 卑怯だった, 取って, 取廻しの, 古い物語, 同じ模様, 告げた, 咎めると, 唇が, 噴水の, 四隅に, 埋まって, 塔の, 塗った柵, 塗られた建物, 塗りつぶされた, 塗りつぶされたよう, 塗り上げること, 塗り潰されて, 塗り立てた大きな, 塗り隠せると, 塗るといふ, 境が, 大きな腹, 大抵推量, 太古の, 家来たちを, 小さい体, 少しも, 居る, 岸に, 崖や, 幅広く扇形, 広い画面, 店を, 彩った小さな, 彩色した, 忙が, 悟るより, 感じること, 慎作を, 手足は, 手足も, 手首を, 持ち切って, 捺して, 描かれたもの, 描かれたポスター, 描かれた輪, 描かれ水, 描き上げた直接描法, 描き現, 摺り出した掛圖, 撮影し, 文字が, 斜に, 昌作の, 普通には, 暖かい南国, 更に見直した, 有つたの, 杉子は, 染められたので, 染められて, 染められる, 染められ晩年, 染や, 梢に, 椀の, 検事を, 楮の, 模様の, 模様は, 模様化された, 横筋を, 横顏の, 橄欖樹の, 次の, 歩く足, 殆ん, 殺そうという, 毒々しい罪, 毛の, 決して一律, 決せられて, 浮彫の, 浮雲が, 消化し, 満たされて, 満ちて, 濃厚な, 瀟洒たるいで, 無地の, 無邪氣, 燃えて, 片方は, 牛肉の, 牡丹と, 牡丹の, 物思いなどは, 猪と, 現はし, 現わ, 生きて, 生れ乍らの, 甲は, 畑の, 疣, 疲れた眼, 白人の, 白地に, 皆から, 盤河から, 目が, 目に, 直に其の, 直径は, 相当に, 真っ黒に, 真の, 眼に, 眼も, 矢代の, 知れた, 石の, 硝子で, 示さうと, 祭の, 稼げる色気, 空も, 立って, 粘稠, 素子が, 絞り手拭, 絵を, 繊維が, 織り出したテーブル掛, 纏まる壮佼等, 美しく光っ, 美しく塗装, 義理にも, 考えこんで, 耳の, 肉太の, 肝臓と, 肩から, 肩を, 胸は, 腹が, 膝の, 自分を, 自由に, 自身の, 花の, 花弁は, 草の, 草履の, 落ち窪んだ, 葉と, 著る, 薄い毛, 蚯蚓腫れが, 蜂谷を, 行灯の, 表す絵, 表現しつくされる, 装飾された, 西の, 覆うて, 見て, 見る先生, 覗込ん, 註文通りの, 詰寄せ, 話した, 認めて, 誘うの, 象嵌に, 赤熊とも, 身の丈八丈面色同等長短また, 身体の, 車外へ, 軟派たるは, 輝いたの, 輝きました, 輝き始めた, 農業と, 迎えた, 追求する, 追求に, 逆立ちを, 遠くまで, 部屋の, 都和井の, 重々しく照り返し, 重弁の, 金儲けを, 鈍く暗く光る, 鉢だ, 銀色の, 長官を, 閑かなようでも, 隈ど, 障子に, 雲端ばかり, 露店の, 青白ん, 静かに, 音は, 頬を, 食慾を, 飾られて, 首の, 驢耳の, 高い頬骨, 高く塞がっ, 髪は, 鬼や, 鮮明に, 鳥類もしくは, 黄いろいの, 點綴し, 黴が

▼ 色~ (230, 0.8%)

8 形を 6 形は 5 光や 4 形には, 形の, 柄を

2 [13件] 光の, 典雅な, 匂ひ, 太陽についての, 形が, 柄が, 模様を, 目の, 線が, 線の, 臙脂の, 花の, 髪の毛の

1 [173件] あせたる, あるわが, うつろう, かたちを, かなる, かな村村の, これ等の, こんな形, ざわめく叢, その水, その空, その葉, でこぼこした, なんかは, ひすい色, ふくらんだ褐色, まが, または樺, よく潤う, オレンジ色のなど, シトロン色や, 二十色の, 井戸の, 人間らしい綺麗さ, 仏手柑色など, 何かの, 光りをもって, 光を, 凹んだ眼, 動きで, 匂いは, 匂いや, 匂や, 卵黄色に, 又はレセダ, 又は日用品, 又赤い, 味や, 四色を, 地の, 壁の, 声や, 夕陽の, 天井の, 好奇らしい, 姿を, 家の, 対比現象で, 小堤下の, 屍斑を, 山の, 帯の, 幻が, 庭石の, 形で, 形と, 形とに, 形とりどりの, 形や, 形耳で, 影や, 往来の, 性質やを, 恰好として, 情調の, 愛嬌を, 感じの, 戀も, 手術服や, 手觸の, 技法が, 新緑の, 方處が, 服装なども, 朝夕の, 朱色や, 朱鷺色や, 材質の, 柄も, 栗色や, 模様などから, 模様に, 模様まで, 橙いろ, 欧風の, 比叡の, 毛色の, 毛髪の, 毛髪や, 水晶色の, 水紅色の, 沓までも, 波の, 浮ぶらめ, 添ふ, 灰色に, 焼け跡一面に, 燭力の, 特長を, 犬の, 癖を, 白っぽい, 真剣な, 眼の, 空の, 空や, 空地に, 紫色や, 細つ, 細分された, 紺色に, 組み立ての, 綺麗な, 緑の, 線で, 線では, 線に, 線によって, 線やによって, 縞柄について, 縞柄の, 翡翠色の, 聲と, 肉付きは, 臭いを, 艶や, 草木の, 薄いモーヴ, 袖の, 襟足や, 見えたり, 調子が, 調子を, 赤い彩, 路に, 身振りで, 近い水, 遠景の, 金粉を, 金色の, 鏡が, 長いしなやか, 陣羽織も, 陰影を, 陰陽の, 青い空, 青い色, 青く砕くる, 青空の, 音, 音が, 音に関する, 音や, 音を, 音響の, 響その, 顔の, 顔色が, 風の音まで, 風俗を, 香りや, 香りよりかも, 馨りを, 騒音が, 髪の, 髪の毛が, 髪の毛色の, 髪や, 鱗の, 鳥の, 麦の, 黄金色に, 黒眼の

▼ 色~ (127, 0.4%)

6 の悪い 3 のいい, のよい, もよく 2 がなく, がよく, が悪く, のわるい, は塗物, もない, もなし, を失っ, を見せた

1 [94件] うるわしく匂う, からし, が, があふれ, がある, がいい, がいつの間にか, がどこ, がなくなり, がまして, がわるく, が全く, が出, が妙, が娘, が悪い, が美しかっ, が見え, が間ちがい, が青白く, そういうもの, だった, っぽいその, つけて, であった, であつ, でもつけよう, で燃え立つ, で立, で躾, といい, とで明瞭, とともにその, とに富んだ, と一つ一つ, と云, と漆黒, と釣合つて, なぞを奥床しく, にさえ矢代, に修飾, に変化, に潤い, に見え, のあまり, のない, のない小さい, のよかっ, のよく, の彩色はいふ, の目立たない寂びた, の美しい, の肉體, の良い, の褪せ, の顔, は, はいい, はもう, は呼吸器, は年増盛り, は無い, は眼, までが變, までに憤懣, もそれ, もぼっと, もめだっ, もよ, もよい, もよかっ, も失せ, も形, も悪い, も悪く, も考えられた, やかな唇, やキビキビ, や白い, をし, をした, をしてる, をつけよう, をなし, をもつた, を増し, を失った, を想像, を持っ, を省みず, を見, を見せ, を見た, 勝れず円髷

▼ 色~ (108, 0.4%)

17 ぽくて 16 ぽさ 6 ぽいところ 4 ぽいもの, ぽくも 3 ぽい, ぽいの 2 ぽい中, ぽい女, ぽい娘, ぽい年増, ぽい後家, ぽくは

1 [43件] ぽいから, ぽいが, ぽいこと, ぽいし, ぽいぜ, ぽいと, ぽいので, ぽいほど, ぽいん, ぽいんで, ぽい勸進帳, ぽい唐紙, ぽい大, ぽい奴, ぽい所, ぽい所作, ぽい方, ぽい樣子, ぽい淺草, ぽい目禮, ぽい空氣, ぽい結び文, ぽい線, ぽい話ぢ, ぽい談話, ぽい豊滿, ぽい音, ぽくあくどい, ぽくいふなら, ぽくさ, ぽくだらし, ぽくなき, ぽくならう, ぽくなる, ぽくなんか, ぽく品, ぽく夏, ぽく持つ, ぽく氣, ぽく眼, ぽく絡み付いた, ぽく艶, ぽす

▼ 色にも~ (108, 0.4%)

2 あらず緋桃, 何の, 出で, 半分嘲笑が, 形にも, 活計にも, 言葉にも

1 [94件] あたたかさ, いでよわが, うつりそう, おぼれない, かかわらず自信, ことばにも, この天地, この疑念, すでに払い, すでに春, せよ廣, その隊, そぶりにも, そんなこと, たぐうよう, なって, ぼかしなど, まざまざと, みせずすまして, 一種の, 中間の, 京が, 倦いた, 充分讀み取られます, 冷たい秋, 出さじと, 出さず, 出さずに, 出さずひたが, 出さず僕, 出さず岩堰水, 出さず生真面目, 出さず相手, 出さないで, 出さないので, 千色にも, 口にも, 唆か, 型にも, 姿にも, 寒さ, 強い所, 恋にも, 悲しみが, 文樣にも, 春が, 月の, 木の, 枝ぶりにも, 染まって, 染まりやすけれ, 段階的に, 気付かなかった, 気付かなかつた, 水, 溺れない, 濃淡を, 無気味な, 現わ, 知られぬ, 神妙な, 私は, 秋の, 秘め切れず, 稍, 種々ある, 筋肉の, 紛ふ, 絶ゆる, 縁の, 美感を, 聊も, 至る所, 苦労の, 表情にも, 見えたが, 見せすでは, 見せず, 見せずあくまで, 見せずに, 見せず他日, 見せず怪, 見せず腹立しげ, 見せず貞淑, 見せて, 身体の, 遠眼だ, 霜がれに, 音にも, 顔にも, 顔の, 顕はれる, 首を, 鳥の

▼ 色~ (77, 0.3%)

53 と思った, ね 2 といい, と思っ, ねえ, もなし, よ, 眉が

1 [54件] からだ, からつい, からと急, からみどり, から仕方, から困る, から少々, から陰気, か金, がどこ, がまだ, けれどうつくしい, こと, この事実, この顔, これが, これは, そうです, それが, つた, つたに, というの, という子供, といつた, といふ, といへ, とかいろいろ, とか云っ, とか五色, としてあります, ととうとう, と云, と云っ, と信じられ, と傍, と富岡, と思う, と思はれ, と申します, と笑ひつ, なという, などと云います, な血, ね子供, のという, のに潮, のは, もの, わ, ナニ夫婦サ, 七ツは, 何となく心, 爾し, 色に

▼ 色~ (76, 0.3%)

7 のない 5 のある 3 がある, がな 2 があつ, がない, がなく, といふもの, の方, は無い

1 [46件] があります, があるらしい, があれ, がきびしく, がこぼれる, がなさ過ぎます, が加はり, が無, たつぷりで, だけ, だけは一人前, だの, つたら無, づいた, づいたと, づいたり, づいて, です, でせう, と慾, どころかほん, なく二階, なく貪り, なんかありません, に乏しい, に交つて, のな, のほか, の殘つて, は, もある, もない, もなう, もなく, も何, も聊か, も艶氣, をぞつと, をみせない, をもたせ, を全身, を持つ, を撒き散らす, を添, を發散, を眼元

▼ 色には~ (74, 0.3%)

3 及ばない 2 あらず訝しく, 出なかつたが, 強き意味, 見えなかった

1 [63件] あまり幸福, いかなる素人, え大空, お出し, かくして大手, して, どういう対手, なまじ連れ, ならないし, なれし袖, ままに, みせないが, ろばろと, わからなかった, タワイも, 七色ある, 人の, 何色が, 依存しない, 出さず, 出さずさまざま, 出たが, 出づれ, 出ぬが, 別な, 動きを, 又色, 叶わぬ, 地の, 嬉しかった, 宗助の, 少しも, 底に, 御覧の, 愁ひ, 感服した, 折々緑青毒, 描けませんでした, 早くも, 更にいださずし, 染まらなかった上, 横眼遣い一トつせず, 死の, 汚れが, 決心が, 無頓着な, 照りも, 目なし, 直せぬ声, 相違なかっ, 眼の, 色の, 苦熱が, 見せず, 見せずいかにも, 見せず怪しまれぬ程度, 見せず立ち停まって, 迷う験し候, 進取な, 道に, 長く見とれた, 間違ひ, 頓着しない

▼ 色まで~ (73, 0.3%)

7 変って 5 変えて

1 [61件] あらわれて, いつもより, いと赤く, お伽噺の, この頃, すっかり老人, すツ, だんだん白く, なくしたまま中林先生, なくして, なくな, なくなったよう, なにもかも赤, ねめまわして, めっきり丈夫そう, サッと褪せ, 佇んで, 判る筈, 土色に, 変えたが, 変えてるの, 変えないで, 変えるから, 変じ, 変ったヒステリー, 変ってるかも, 変へやが, 変りかけて, 変りました, 変るの, 変わって, 変化って, 夜目に, 失くし, 妙に, 実物そのまま, 少し変った, 帯びて, 心得てるん, 感じさせる明眸, 明るい, 歴然と映っ, 永久に, 沁みて, 活, 灰色に, 無くなった, 生々と, 白い達坊, 白くした, 真蒼, 華やぎ立ちその, 見て, 變化し, 透きとおって, 違う, 鈍いよう, 霜風に, 青く変っ, 鮮かに, 黄色くなっ

▼ 色硝子~ (72, 0.2%)

10 のランタアン 4 の窓 3 をはめた 2 で鯛, の一輪挿, の光, の光線, を透かし

1 [45件] が交互, が前, が天国, が嵌め, だろうと, でこしらえた, で縞, と鏡, などをはめた, に微か, に映る, に曇っ, の, のこわれ, のはまつた, のはまつた角, の器物, の大戸, の小片, の断片, の斷片, の棒, の横手, の欠けら, の灰皿, の玉, の眼鏡, の破片, の紫, の色, の荘麗, の装飾電燈, の軒燈, の輝く, の障子, の雨戸, の震え, は漆喰塗り, は金, や広い, を嵌めた, を嵌め込んだ, を張った, を透かした, 暮れて

▼ 色ある~ (70, 0.2%)

4 糸の 2 までに蚊帳, を見, 新造どころか, 月の, 花の, 花は, 衣の, 衣を, 言葉節約し

1 [48件] が如き, こと画中の, にあらず, のが, のです, はあらじ, はこれ童貞, はどう, はなく, ひは, ものには, ものは, も妨げず, も納言式部, も色, やうなれ, やり方が, を絵, を見ず, んだ, 不安を, 二品の, 半, 問題を, 夕べの, 小袖ひと重ねと, 巾にて, 廂屋を, 日かげと, 日の, 明りの, 明るみが, 残懐は, 毛糸の, 水は, 浪に, 物は, 硝子, 空を, 紙あ, 美衣を, 花に, 落葉が, 衣は, 表情が, 豹を, 陽炎の, 雲が

▼ 色から~ (70, 0.2%)

6 して 2 解放され

1 [62件] きたもの, しだいに死体, しても, だんだん白い, できた家, どことなく年増, どこまでも, ひきはなされて, ふと春, みて, アカバナと, 一つ何物かが, 不安の, 丘陵の, 二人の, 云ふ, 他の, 何とない, 何を, 割り出した感じ, 名づけた二体, 君は, 察する, 希望を, 廓にも, 形の, 彼は, 急速に, 慾へ, 推して, 来たもん, 来るとも, 来るの, 模様から, 欲へ, 深い反抗, 澄んだ水色, 爪や, 生え際から, 甲掛脚絆の, 申しますと, 真黒の, 眼の, 私は, 紅に, 縮れ工合, 考えると, 艶から, 芸術の, 若葉の, 衣服まで, 見て, 見るのに, 見れば, 視線が, 貉沢に, 赤と, 鑛物色への, 顎髯の, 顔面の, 髪の毛文字や, 髪毛の

▼ 色白く~ (67, 0.2%)

5 して 2 なる薬, 鼻筋通り口元の

1 [58件] こぢんまり整っ, さっぱり美しく, ずんぐりだ, その伊達巻, その長, てらてらと, て練, どこか, なったよう, なよなよした, ふっくりふくれた, 世界にも, 体に, 余り瘠せ, 傾く月, 写って, 凜, 十人並以上の, 唇小さく赤い, 唇紅き, 妍き, 姿乱れたる, 婦人の, 小柄な, 尾は, 彼, 木の, 梁の, 瀟洒なりき, 目元すゞしく, 目大きく, 目鼻立ち鮮やかな, 眉目清秀で, 眉目秀麗で, 眉青く, 眼が, 眼は, 眼清しく, 紫色の, 細眼長髯胆量人に, 美男である, 耳は, 肥えて, 腹薄青く, 衣帯の, 見えた, 質は, 身奇麗に, 都なら, 雲の, 面長な, 顔の, 髪の, 鬚無しすっぱ, 黒色がちなる, 鼻筋通り口元が, 鼻筋通り山家には, 鼻筋通り眉に

▼ 色~ (65, 0.2%)

4 の悪い 3 が悪い, の好い 2 が非常, もなくなり

1 [51件] あり, がお, がそれ, がない, がまるで, がよい, がよほどよく, がわるく淋しかっ, が出, が出ません, が好く, が悪く, が放たれ, が気の毒, ぞ我心, だけでも人, でありガラス絵, といい, なぞを好く, になっ, に愛着, のあまり, のある, のいい, のよい, のわるい, の不揃い, の優れ, の回復, の影響, の悪, の生々, の頬, は油絵, は触れれ, もよく, も出, も失せ, や潤い, や物質, をし, をもっ, を失い, を持っ, を持った, を持つ, を生かせ, を眺め, を着け, を見給え, ノ映

▼ 色との~ (54, 0.2%)

3 中に 2 対照で, 火が, 美しい交錯, 複雑な

1 [43件] いづれのかなしき樣式にでも, こんな配当, リズムに, リズムの, 一大交響楽, 一致した, 両者の, 中間ぐらいの, 二筋道から, 交合による, 交錯した, 交錯その, 人中に, 光線が, 内に, 反映に, 境界によってのみ, 外に, 大柄な, 妥協の, 媾曳であった, 実に豊富, 帽章を, 微妙な, 材料それを, 正しい階調, 氈動を, 水平の, 相応せざる, 衝突が, 調和と, 調和も, 調和を, 豊富微妙な, 配合が, 配色, 関係が, 関係で, 関係である, 関係での, 関係に, 関係の, 饗宴の

▼ 色でも~ (53, 0.2%)

4 恋でも 3 出來 2 あった, なく線

1 [42件] ある, いっしょにおながめなさい, しかけろ, つての, ない, ないの, ないもの, ない持ち味, ない線, なかった, なく後, なく血, なく顔色, なんでも, また形, わかるん, わかる伏見, 何でも, 兩替屋などの, 出し得るよう, 出来たの, 分りそう, 単に陰影, 土の, 差支ない, 広がるやう, 形でも, 想像される, 意匠でも, 拝もう, 最も光度, 木の葉の, 本当の, 灰色でも, 無かつ, 眺めて, 眼を, 自由自在に, 色合いには, 見わけられるよう, 都会で, 黒くなる

▼ 色~ (52, 0.2%)

2 でかがっ, でかがった, で繍, のかすみ模様, の手綱, の手鞠

1 [40件] がかがつて, が彼ら三人, が織りこまれ, で, でかがつた, でかがり, でかがる, でさ, で一重蔓小牡丹, で不細工, で前, で巻き締めた, で幾つ, で模様, で縫った, で美しく, で英語, で軸, で雲龍, で麻の葉, で鼠, との加工品, のとりあわせ, の仕事, の刺繍, の単調, の縫, の色, は白, や時として, や針金, をもって刺繍, を以て阿蘭陀模様, を使っ, を持っ, を混ぜ合せ, を畏, を見付け, を遠慮, を颯と

▼ 色さえ~ (50, 0.2%)

3 帯びて, 浮かべて 2 見せて

1 [42件] あらわして, うごいた, お変え, しっかり分らない, それに, たるが, みえない, わかり兼ねます位, 不安な, 他の, 元の, 光って, 呈して, 埋み消したが, 変えて, 変えました, 変じて, 変らぬ面, 変るほど, 定かには, 小次郎には, 床の間の, 暖かく見え, 有るか, 橙色と, 泛べて, 消えた娘, 現われて, 目つきに, 知らぬころ, 碌に, 見えた, 見えたが, 見えるほど, 見せない, 見せようとは, 見て取ったよう, 見られないくらい, 見分けの, 見分けられた, 顔に, 鮮明に

▼ 色した~ (49, 0.2%)

1 [49件] あしの, うす紅, かわいいは, その酒, たるばかりと, のが, のを, よい加減, スウブが, 人々の, 唇の, 唇を, 坊主の, 塔の, 塵埃に, 大きな穀物畠, 大きな貝がら, 女の, 帷幕の, 幻想に, 彼の, 手足を, 日の, 時隼の, 水の, 深紅の, 渋団扇ばさばさ, 溷の, 火の, 煙のみが, 畝畝の, 皮膚に, 穀物畠の, 糞の, 素足を, 美くし, 肉附に, 色合いが, 花はつ, 茶色の, 葡萄の, 蜜柑が, 頬に, 頬や, 髭面が, 鱗光鮮やかな, 鳶が, 鷺の, 鸚鵡の

▼ 色という~ (45, 0.2%)

5 ものは, ものを 3 ものの 2 のが, 感覚としての

1 [28件] ことに, ことを, のである, のでしょう, のは, のを, ものが, やつに, ような, ように, んだ, んだい, 人間界の, 字の, 有様で, 柄には, 気が, 特種の, 色が, 色に, 色は, 色も, 観念は, 観念を, 言葉は, 訳には, 調子の, 透明な

▼ 色~ (44, 0.2%)

6 のです 5 のだ, んだ 4 のである 3 のを, んです 2 のか, のが

1 [14件] おしに, のかしら, のでこんな, のでついに, ので昼, のに黒繻珍, のね何だか, のは, のよ, もんだ, やうです, んで人間, 空の, 葉に

▼ 色こそ~ (42, 0.1%)

2 怪しくなりたれ, 褪せて, 見えね香

1 [36件] あかれ, ありますが, きたなく形, さだかなら, その哀, 似て, 可なりに, 君が, 変って, 変れ思い, 多少黒き, 悼め夕雲, 暖かい, 汐やけで, 浜風に, 熱射に, 異なれわが, 白いが, 白うは, 白くは, 着いて, 稚き日, 萬代不, 褪せたれ黒, 見えないが, 變れう, 赤いが, 通へ, 違い眸, 違って, 雨露に, 黒いが, 黒いけれども, 黒かつ, 黒くなった, 黒けれ髮

▼ 色では~ (40, 0.1%)

10 ない 5 なかった 3 あるが 2 ないか

1 [20件] あったが, ありません, ございません, その打診計, ないが, ないの, ない予, ない無邪気, なくそうした, なくふつう, なくまた, なくまるで, なく他, なく自分, なしに, もう今日, 十中八九あり得まい, 御座いません, 日本一と, 昨年頃誰かを

▼ 色とも~ (40, 0.1%)

2 云へ, 呼びかねる茶, 見傚

1 [34件] いうべき美人, いうべき美女三人, いふべき普遍, いふべき暗澹, つかないの, つかない妙, なしに, なつて, はっきり分らない, わからない数千人, 云い縁喜, 云うべき風, 人の, 分かず黄昏, 分らない感情, 名前の, 変って, 思えない, 思へない, 水とも, 片づかないもの, 白色とも, 真面目とも, 知らず, 知らぬ紫, 紫苑の, 紺青とも, 見えず雲井, 見るべきもの, 見做, 言ふ, 譬えがたき, 違って, 雪の

▼ 色とを~ (40, 0.1%)

3 もって 2 それは, 個々に

1 [33件] ごっちゃに, したカラビデエ, はつらつと, もった切れ切れ, 一つに, 保って, 備へ, 八重と, 判断し, 動かすの, 反映させ, 取り合せた繻子, 含んだもの, 失わないで, 好いて, 好んで, 強調する, 思ひ浮べる, 感じると共に, 持って, 楽むばかりで言わば, 比較する, 気味悪がらず上っ, 浮かべながら, 濃くし, 盜み, 眺めた, 繪でも, 臆面も, 見せて, 見た, 見て, 調合した

▼ 色~ (40, 0.1%)

2 の取次, の束, をつける, を四十八本

1 [32件] から選り出した, か何ん, だけが三百六十五本, だつて, だと, だろう, ですが, では無い, でまア, というの, と思う, などは一通, なら勘, なんか人, なんか呉服屋, なんか讀ん, なんぞで, にした, のうち, の使い, の使ひま, ばかり書い, も浮気, や文字花, をうまい, を使, を持込ん, を書い, を温め, を見付けられ, を貰つた因縁, を貰つて

▼ 色である~ (39, 0.1%)

1 [39件] うちに, かも知れない, から, からあまり, から君, から喬生, から大巻博士, から寂しい, から美しい, から花, がたまに, がところどころ, が前, が故に, が未, が消極, が誰, けれどもその, ことに, ことを, という, といつ, といふ意味, ところから, と思われた, どうしても熱帯, ので, のです, のみだつた, のも, はずの, ように, 事は, 大蛇崇拝の, 所の, 油繪にも, 洋館の, 浅黄色の, 色に

▼ 色なく~ (39, 0.1%)

3 して 2 影なき, 風吹け

1 [32件] さっと机, しても, そういった, そのじいさん, その場, とも結, なおとぶ, また花粉, サッと歩みよっ, 一同を, 並べ立てたこと, 人馬声なく, 全く染料, 剰さえ, 尚暫く, 年年に, 形なく, 慇懃に, 持って, 木立ちのあいだを, 決然立ちあがつた, 流に, 無花果の, 目を, 眼の, 筆を, 答えた, 老いて, 色を, 萎めるを, 見え申し, 詰め寄るの

▼ 色~ (37, 0.1%)

6 ぽさ 4 ぽい 3 ぽい女 2 ぽいな, ぽいわねえ, ぽい妹, ぽい目, ぽくて

1 [14件] ぽいところ, ぽいの, ぽいよ, ぽいん, ぽい声, ぽい女性, ぽい新造, ぽい酌, ぽい風, ぽかった, ぽくなっ, ぽくなる, ぽく睨みつけ, ぽく笑っ

▼ 色さまざま~ (35, 0.1%)

2 なネオン

1 [33件] なその間, なのぼり, なカーテン, なプラトーク, な宝石, な微細, な断面図, な桜, な鳥, に咲き誇る, のかげ, のネオン, のネコども, のリボン, の世界, の優しい, の大きな, の大理石, の家屋, の干物, の扮装, の日傘, の浮袋, の灯, の社会思想家たち, の紙かざり, の紙きれ, の花籠, の薬ビン, の袋, の計画, の遊女たち, の飾り物

▼ 色~ (33, 0.1%)

1 [33件] あの辺, あるいは両者合体, うまうま, がりの, こちゃこちゃ, とおも, なかなかな, はらずして, はりたる, はる浅茅, へぬべき当日, へぬべき當日, へぬ松, へるまでも, または黄金色, ゆるいろいろ, ゆる松風, 七色に, 下着の, 何ぞの, 傷痕くらいの, 分らなくなつ, 動いて, 又は黄金色掛, 唇の, 巨大な, 形か, 新緑の, 浅緑の, 淺緑の, 真白な, 緑で, 霧の

▼ 色~ (33, 0.1%)

8

1 [25件] てい, ていやがる, てたかだか, てひろき, てゐる, て並ん, て中休み, て佇めり, て唇, て寛, て応答, て扇子, て曇る, て杜若, て段, て浜, て瀬, て畷, て眦, て空鉢, て草, て設, て餓死, ながらやがて, 慕へ

▼ 色とは~ (33, 0.1%)

1 [33件] ありふれた金色, このこと, そこで陰気, そつくり広重だつ, その顔, そんなもの, ちがった美し, ちがって, どう云う, ほとんど似, まがい易い, やはりまぎれ, 云いよう, 今だに, 何か, 余りに貧弱, 俄に, 僕の, 全く違う, 大変よく, 如何なる程度, 影濃く, 殆ど我を, 気味わるく, 結局同一な, 聽き入っ, 著しくちがっ, 見うけ, 言葉に, 違いますね, 違って, 違つてまた, 関係が

▼ 色~ (32, 0.1%)

2 がある, だと, になり, にもあんな

1 [24件] あがり同然, かね, じゃねえ, すがた, として舞台, と見た, など, などの美少年, になった, になつ, のヒネ, の女衒, の少し, の末, の老けた, や役者衆, や湯島, や男芸者, や陰間, をこぞ, を集め, を飼つて, 見たいな, 過ぎ行くさま

▼ 色~ (32, 0.1%)

2 だ, をかかげ

1 [28件] がへんぽん, がヒラヒラ, が世界, が人, が勇壮, が活動小屋, が飜つて, その病院, とが朝風, と腕, に雨, の印刷, の大, の天気予報旗, の影, の役割り, の片々, の白, の色, の鮮やか, はいま, は日一日, を一つ, を手, を組合わせた, を翻, を翻えさ, を陣頭

▼ 色なき~ (31, 0.1%)

2 は亦, 戦慄, 闇に, 風が

1 [23件] がご, に種々, はなにゆえ, は自由党, は自由黨, ものばかり, も学び, をえなかった, 人格である, 冬山の, 唇には, 境を, 大空の, 春と, 白光こそ, 花に, 花支那人腕くらべ等何れも, 草ながき, 街は, 谿隈は, 露も, 面の, 頬の

▼ 色ばかり~ (30, 0.1%)

4 では 2 である, でございます

1 [22件] すっきりし, だ, だったそう, ぢや, つかうん, でありました, であるよう, でなくその, でなく座中, でも, で島山, で枯野, やつて, 塗りたくって, 撮ったもの, 白くって, 目に, 私は, 考えて, 見るの, 読んで, 賞めて

▼ 色とが~ (29, 0.1%)

1 [29件] あった, ある, いっしょに, かわって, けんかを, とけあって, はつきり浮ん, よく調和, 二つの, 交ったネクタイ, 何という, 全く同じ, 其の頃, 冬枯した, 古びた家, 同じ黄色, 同時に走った, 如何に, 映って, 柚木の, 混濁し, 溶け合つた果てし, 特にその, 独立に, 籠ってること, 融け合つて, 調和する, 通って, 銀之助が

▼ 色~ (28, 0.1%)

7 ひを 4 ひの 2 ざやけき落葉もみぢ葉, ひが

1 [13件] たまが, はつけきりん, ひから取り残されて, ひだ, ひだけでも, ひで幾本か, ひには, ひは, ひ幽か, ひ組み合せが, をざめ, をざめぬ, をざめまたはその泉

▼ 色~ (28, 0.1%)

3 へ定か 2 へ香さ

1 [23件] うして, へ, へあつ, へある, へつゆ, へに見えず, へほんのり, へ一段と, へ不機嫌さうに, へ加はつ, へ去年, へ変, へ帯び, へ弁, へ怪しく, へ手, へ浮べる, へ消えよう, へ甚, へ蒼ざめたり, へ蒼ざめて死, へ見せぬ, へ變

▼ 色~ (28, 0.1%)

4 を使っ 3 を使う 2 をつかい

1 [19件] か涙顔, がねをかけ, ぐらいは使った, ではなかつたらう, と秘密, などを使った, の二つ, の凄かっ, の報酬, の色, はお, をつかう, をつかっ, をつかった, を使おう, を使った, を使わない, を呉れる, を快く

▼ 色~ (28, 0.1%)

4 のため 2 と聞い, にもきく, にも何, はなほらない

1 [16件] けれど愛らし, でせっかち, で人相, で出目, で団十郎, で頑丈, で鼻, な小柄, な眼尻, に悩む, に惱, の武士, の男, の髯, や赤, 見ただけでも

▼ 色を以て~ (26, 0.1%)

2 せざれば, 何事も

1 [22件] せざるに, ちょっと身動き, 人類を, 仕へた処, 凡ての, 千古万古天に, 壮助, 外人の, 夫人を, 富貴を, 小森の, 描きしは, 染分けたる格子, 現す相違, 現わし, 現わす, 神尾一派の, 竜之, 筆談で, 聯想した, 舞台を, 賢に

▼ 色~ (26, 0.1%)

2 の咏め聲, の声, の影, の種々

1 [18件] あそぶけは, が来ます, が飛ん, であらう, とあやまられ, というの, と見れ, にもあらず, ねぐらさすや, の小鳥, の尾, の空, の美しい, の音信, はさしぐむ, ひらりと, よ, 群れて

▼ 色なる~ (25, 0.1%)

2 月かげに

1 [23件] が伊達者, ことが, に引替, ものが, ものなれ, や, をこの, を知る, 不二の, 大塊, 小篋, 感念を, 日の, 更衣, 柑子の, 水干の, 白色に, 空より, 観念を, 足利時代には, 頬に, 鳥を, 黒に

▼ 色よい~ (25, 0.1%)

8 返事を 3 返事は 2 返事である

1 [12件] 便りは, 少女, 手紙を, 枝を, 言葉を, 返事, 返事だ, 返事であった, 返事致さ, 返辞などは, 返辞には, 鳥の

▼ 色模様~ (25, 0.1%)

2 の衣裳

1 [23件] ある式服, が変った, が染まります, で染っ, となった, となる, なんざ, にかけ, にでも染まった, のうち, のゴム製エプロン, の出来ごと, の取合せ, の揃い, の絵画, の鮮明, ははっきり, は薄き, よろしくあった, をなし, をラザレフ, を捺し出し, を見せた

▼ 色あざやか~ (24, 0.1%)

2 に浮ん

1 [22件] だが, ないくつ, なヒトデ, な外, な幾群, な提灯, な簪, な絹, な縮緬, な農業機械, な金銀, には実感, にひるがえっ, に今, に古伊万里, に大きな, に思い出され, に思い浮ん, に浮立ち, に照らされ, に玉, に輝き

▼ 色として~ (22, 0.1%)

1 [22件] あるか, あるから, それを, でなく真面目, まざって, 乳白大理石と, 光として, 咲いたまま, 單に, 塊として, 忌み怖, 想像しうる, 感情にまで, 指摘した, 無い色, 画布の, 絶倫な, 自分の, 補って, 見えず世の中, 見えるやう, 認めたから

▼ 色までが~ (22, 0.1%)

1 [22件] きょうは, くつきりと, この五人それぞれ, すいて, まったく同様同形同色, サッと変った, サツと, 一刻一刻に, 何となく爽, 健康さう, 冬の, 変ったよう, 変って, 天を, 妙に, 恐ろしく情ない, 揉みくちやだ, 死んだ人, 私を, 美しく見えます, 花瓣の, 違って

▼ 色よりも~ (22, 0.1%)

4 前栽の 2 少し白く, 青い小袖

1 [14件] いつから, ただ少年, もっと青い, 姿よりも, 幾分濃い, 心と, 濃く頬, 濃く鮮やか, 甚し, 白いもの, 親しく思はれる, 赤が, 電灯の, 香

▼ 色ガラス~ (22, 0.1%)

6 の街 2 のよう

1 [14件] から流れる, で張られた, のところ, のはまった, のテーブル, のランプシェード, の種々, の窓, の色感, をはめ, を市松, を眼鏡, を見る, 暗の

▼ 色仕掛~ (22, 0.1%)

2 でも腕ッ節, で金, の間者

1 [16件] かな, であはれ, でスタア, で主人, で仕事, で婦人, で柔らかい, で欺, で落第, にさえ乗ろう, になすった, にまるめられ, のお客, のなんの, の苦肉の策, ヲ併用シテ籠絡シ土井家資産

▼ 色若衆~ (22, 0.1%)

2 のよう, の死體

1 [18件] がぬけ, が元, が憎く, であったが, であったの, であつ, で昔, といおう乎, といっ, と思しく, と掛り合, には見えない, の化物, の右馬, の死骸, の衣紋仇め, の關係, を無理

▼ 色をも~ (20, 0.1%)

2 香をも

1 [18件] 交えぬ老, 今だに, 包んで, 十分に, 彩をも, 摺出す, 更へ, 浮上らせ, 現さず徐々, 表わすこと, 見た, 見て, 読み得るよう, 読んだの, 造られたり, 露わ, 革える, 顔に

▼ 色黒く~ (20, 0.1%)

3 小男の

1 [17件] ある者, て存する, なりて, ば鴨川, 丈高く, 信玄どのも, 成りたるが, 毛禿げ, 物いふさまも, 痩せこけた無学, 目大きく, 眉薄く, 眼の, 眼円く, 眼鋭く, 骨たくましい, 骨たくましき

▼ 色です~ (19, 0.1%)

3 か, こと, ね 21 からそういう, から先生, から容易, がこの, がこれ, が中, が髮, けれども猫

▼ 色青ざめ~ (19, 0.1%)

3 呼吸絶えん

1 [16件] ている, てさも, てそれ, てわれ, て左, て思わず, て来る, て横たわる, て波間, て瞼, て顏, ぼろの, 両眼, 声震え, 荒々しい様子, 髪を

▼ 色にて~ (18, 0.1%)

2 渠は, 着たる衣

1 [14件] うっとりと, うつとり, しばらく黙せし, その内, わが目, 上眼づかい, 人の, 何故ならん, 十字架を, 反問せり, 吹く風, 問へ, 愁然として, 転た微笑

▼ 色より~ (18, 0.1%)

1 [18件] いはんも, して, すこし水色, その紅色, ほか何物でも, まだ濃い, やや薄い, より濃, 始めて, 幾倍も, 恋しい恋しい弓様, 慾に, 最も濃く黒き, 気高くは, 物凄し, 用いない縞物, 遥かに, 黒く淀ん

▼ 色あかき~ (17, 0.1%)

2 ゐもりの, 世界の, 硝子の

1 [11件] なやみ, デカメロンの, 一寸坊の, 唇に, 心の, 桃, 煉瓦の, 燈火点る, 爪くれ, 玉もてあそび, 酒を

▼ 色などは~ (17, 0.1%)

2 どこにも

1 [15件] あまり仰々しく, およそ大, どうしても忘れる, ない環境, やはり瞑想的, 一として, 双方とも, 大抵, 如何にも巧, 殆見えない, 派手でない, 美しく濃く美しく鮮やか, 見たくても, 露ほども, 青々と

▼ 色~ (17, 0.1%)

2 の沙汰

1 [15件] とはあまり, とは縁, とは關係, には絶えず, に沒頭, の外, の對照, の情緒, の沙汰ぢ, の逢引, の道, はそれ, は出, は當人同士, も諸

▼ 色氣違~ (17, 0.1%)

6 ひの 2 ひが, ひに 1 が, ひにでも, ひは, ひめまた, ひめ下らない, ひを, ひ野郎

▼ 色~ (16, 0.1%)

2 のいまだ

1 [14件] となし, となしぬ, となせし, と称せし, にし, に進歩, の発達, の紅絵, の経験, の絵本, の西洋, の調子, はなし, をし

▼ 色赤き~ (16, 0.1%)

3 世界の 2 三日月

1 [11件] いんくの, こと朱の, びいどろを匂鋭き, ものご, キユラソオの, 色赤き, 花に, 花の, 草花凋え, 訳を, 郵便函のみ

▼ 色~ (16, 0.1%)

2 かな愛宕山, かな提灯, かな落葉松 1 かな丹物, かな劇中, かに昨日, かに着飾, かに着飾っ, かに石徑, かに美しく, なる梢, な紅花, な落葉松

▼ 色あり~ (15, 0.1%)

2 て, 声も, 詞あり, 響ある 1 て現, と云, 形あり, 物の, 縞ある, 色の, 重量あり

▼ 色だった~ (15, 0.1%)

1 [15件] か, かしら, かとも思う, か分らん, が, が旻, と思った, と賞め, にちがい, ね, の, のです, ので大粒, はずの, よ

▼ 色づけ~ (15, 0.1%)

3 ていた 2 てゐる 1 てあっ, ていった, ている, てその, てもいました, て日, て書斎, て見る, らるる, をされざる

▼ 色とに~ (15, 0.1%)

1 [15件] あふれた祭り, ほひが, ほひと, ほひに, ほひの, 不足ある, 塗られた, 夜を, 最もよく調和, 染められて, 注意すれ, 私は, 調和し, 調和する, 黙って

▼ 色など~ (15, 0.1%)

1 [15件] いうもの, さまざまな, さまざまの, その中, 僕には, 変える人, 大阪辺とは, 実に感服, 嵯峨あたりの, 日本人に, 殊に, 海洋画家として, 特別鮮に, 眺めながら, 青年に

▼ 色その~ (14, 0.0%)

2 中に

1 [12件] かがやきその, さかえから, 光沢の, 声音, 引つった唇, 性質および, 態度を, 状その, 目の, 臭気の, 面だち, 面を

▼ 色だけは~ (14, 0.0%)

2 昔ながらに

1 [12件] とても一生涯, はっきり覚え, まったく周囲, 人並より, 判然分る, 大体こういう, 忘れかねるもの, 春の, 渋い目立たぬ, 灘酒みたいじゃ, 贈りぬしによって, 非常に

▼ 色だの~ (14, 0.0%)

1 [14件] そんなもの, 人種だ, 加藤清正の, 匂ひだのを, 年頃や, 恋だ, 普通市場に, 材質だ, 橋杭の, 翠色だ, 藍の, 音だ, 顔が, 黄色だの

▼ 色とか~ (14, 0.0%)

1 [14件] いろいろな, いろいろの, おりを, そういうもの, または非常, 乃至は, 云うても, 何とかいっ, 十二色とかの, 双腕, 形とかが, 活字の, 艶とかいう, 量とか

▼ 色などを~ (14, 0.0%)

1 [14件] する少年, そのま, ただ遠く, つけて, とりのぞけば, 不言の, 使って, 想っては, 時々一緒, 最小限に, 気に, 見ると, 語り聞かせた, 酷く気に入っ

▼ 色よき~ (14, 0.0%)

2 物を, 花は 1 君が, 実こそ, 實こそ, 小袖うつくしく, 小袖を, 柿なら, 縅毛を, 衣を, 返事この, 野花つみぬる

▼ 色白き~ (14, 0.0%)

1 [14件] あるは薄, ただし髪, も衣, を誇りたる, 世界の, 中に, 人の, 児の, 去勢者の, 女が, 女の, 洋人には, 男の, 背を

▼ 色縮緬~ (14, 0.0%)

2 のお, の胴巻 1 がハイ, の, の三枚襲, の上, の二枚着, の単, の古代霞, の女物, の紋着, を吹

▼ 色~ (14, 0.0%)

10 の男 1 の婦人, の方, の背, の花嫁

▼ 色だけ~ (13, 0.0%)

1 [13件] だ, だった, であった, であって, ですわ, では, で人種, で江戸, で身裝, まだ赤く美しい, 仄に, 孤独に, 見事で

▼ 色だけが~ (13, 0.0%)

1 [13件] いちじるしく白く見えた, つけられて, ふしぎと, まっかに, 二人の, 吻と, 妙に, 御覧の, 白いからと, 見える, 象よりも, 赤くて, 赤くてねえ

▼ 色であり~ (13, 0.0%)

1 [13件] そしてギラギラ, そのうえ以前, また紺青色, 周囲を, 声でなけれ, 夕暮れる, 幻色の, 形であれ, 影であろう, 模様な, 緑や, 靄であっ, 音楽である

▼ 色どられ~ (13, 0.0%)

5 ている 2 ていた 1 てゐた, てゐる, て実は, て行く, ネオンの, 椰子に

▼ 色~ (13, 0.0%)

1 [13件] がいる, だ, だいい, です, ですよ, でな, で店中, と仲よく, に熱く, に騙され, のやう, の松五郎, の腕

▼ 色鍋島~ (13, 0.0%)

2 の壺

1 [11件] に残した, の大, の皿一ツ, の神品, の絢爛艶美, の錦付, はこう, は亡びる, は煩悩, を克明, を焼く

▼ 色によって~ (12, 0.0%)

2 贈りぬしを 1 それぞれ一定の, 一定の, 二本から, 人の, 分けられて, 友江さんを, 彼が, 物を, 語るもの, 誰に

▼ 色変え~ (12, 0.0%)

2 ている 1 ていろいろ, てお, てこけ, てチヤホヤ, てバクチ, て夢中, て押す, て毎日毎晩, て註進, ながら走っ

▼ 色許男~ (12, 0.0%)

8 の命 1 という神, と云う, の大神, の神

▼ 色赤く~ (12, 0.0%)

2 おのが 1 あらは, して, なったと, なり青く, わが国の, 向ふ, 常鼠, 日当の, 猥るる, 眉は

▼ 色青く~ (12, 0.0%)

2 して, 生茂りつ 1 やせて, 一の, 一池は, 光ある, 大いに風光, 小柄で, 鉄漿つけたる, 風いと

▼ 色鮮やか~ (12, 0.0%)

1 [12件] なダリヤ, な原色, な唇, な花, な赤蜻蛉, な鯛, にゑどりたる杙, に並び, に濡れた, に牡丹, に穂先, に雑沓

▼ 色どっ~ (11, 0.0%)

2 ている 1 て, てある, ていけない, ていた, ており, てくれた, てその, て下, て居る

▼ 色なら~ (11, 0.0%)

2 ば利休鼠 1 いいがな, で, ば何, ば緑, ゆくゆくは, んや, 別の, 圖柄なら, 色を

▼ 色にな~ (11, 0.0%)

1 [11件] つた樹, つて, つてしまつてゐた, つてするりと, つて半分許り, つて早く, つて晩秋の, つて聲までが, つて連り, ツて, 出でそ山桜

▼ 色もの~ (11, 0.0%)

2 の立花家 1 の寄席, の絹マフラ, へ連出し, また講釈, 以外講釈だの, 完全な, 寄席を, 専門だった, 模様入の

▼ 色~ (11, 0.0%)

2 し得ること 1 があり, せず米, だったが, として有名, のつかない, をする, をその, を三木雄, を爲

▼ 色ざし~ (10, 0.0%)

2 は少し 1 によってなんとか, に出され, のいい, のおばあさん, を奪, を好み, を終る, 其眼もとに

▼ 色なり~ (10, 0.0%)

2 ける 1 これに, ずつと地質, つやなり, 小児アカノマンマ, 文三の, 昔より, 気分なりを, 過食は

▼ 色塗り~ (10, 0.0%)

3 に通っ 2 の仕上げ高 1 した蝶々, だってそう, の家具, の白粉入れ, をした

▼ 色揚げ~ (10, 0.0%)

2 して 1 が届いた, されたテクノクラシー的観念, され又は, しようと, は以上, は又, をした, をする

▼ 色染め~ (10, 0.0%)

31 して, たるおなじ, たる胴裏, てうつくし, て黒き, の桜, の毛織

▼ 色浅黒く~ (10, 0.0%)

1 して, ずんぐり太つて, 武者髯濃く, 爛々たる, 眉が, 眉毛の, 眼が, 眼小さく鋭く, 肥えて, 苦が

▼ 色~ (10, 0.0%)

2 えて 1 へし, へて乘, へて風の音, へぬべき, りが, りたり, りの, るに

▼ 色~ (10, 0.0%)

2 なる花葉 1 なり, なる毛虫, なる狂犬, なる醜き, にし, に濁り, に茎, を帯

▼ 色かえ~ (9, 0.0%)

21 てこの, てめくら, て一心, て唖, て左膳, て江戸じゅう, ながらききただす

▼ 色それ~ (9, 0.0%)

1 が一時, が匂, だけでも十分私, だけを食べ, にところどころ, はどうしても, は何, は白日, をば諸

▼ 色までも~ (9, 0.0%)

1 まるきり死人, まるで毎日変化, 何んと, 変って, 変へ, 川手氏と, 灰色に, 詠み込んで, 赤く染め出し

▼ 色よく~ (9, 0.0%)

1 まねく, 味い, 味ひ, 媚言巧みに, 御似合い, 招く, 派兵に, 熟して, 黄ばんだ晩稲

▼ 色テープ~ (9, 0.0%)

1 が八方, が結びつけられ, が鰺, のよう, の下, の束, の橋, の浪, を投げあうわめき

▼ 色光沢~ (9, 0.0%)

2 がことに, も殆 1 がよく, が悪い, のいい, のいい長い, の悪い

▼ 色~ (9, 0.0%)

1 ですわ, によく, に水色, に装束切摸, の散歩着, の法被, の衣裳, の襟, をみつめ

▼ 色彩られ~ (9, 0.0%)

3 てゐた 1 ていた, ている, てゐる, て其の, て曇った, て来る

▼ 色白い~ (9, 0.0%)

1 人間の, 光の, 器量の, 堅太り, 女で, 少年の, 桜が, 色の, 顔が

▼ 色~ (9, 0.0%)

1 があっ, がある, しかるべし彼, について委しく, の事, の好敵手揃ひで, の類似, は又, 種々有り

▼ 色~ (8, 0.0%)

1 のみ, のみで, のみな, のみなどと, のみにかけても, のみにて, のみの, のみを

▼ 色しか~ (8, 0.0%)

1 ござんせんよ, なかつたら自然, わからない時勢, 使ってない, 使つてない, 居ねえや, 残つてゐなかつた, 身に

▼ 色~ (8, 0.0%)

2 うごける, おもはる, 見え行く 1 なき, われの

▼ 色であっ~ (8, 0.0%)

1 てそれら, てどの, てもその, て単純, て実体, て時節因縁, て熟する, て色

▼ 色と共に~ (8, 0.0%)

1 城門の, 家の, 未だに忘れません, 果して人目, 棗の, 目も, 目もさ, 眼に

▼ 色どる~ (8, 0.0%)

2 桃色桜は 1 この森, と共に一本, ものは, ように, 唯一の, 模様の

▼ 色~ (8, 0.0%)

2 に語つて曰く 1 が初めて, とは如何なる, と見る, の棟梁, の解釋, を襲

▼ 色~ (8, 0.0%)

1 うやうやしげに, されたのに, して, するよう, すれば, に会釈, をした, を捧ぐる

▼ 色~ (8, 0.0%)

1 かあらむ, が加, のよい, はつて, をのみくらべる, を含ん, を帶びて來, を落さぬ

▼ 色~ (8, 0.0%)

2 の如く, の色 1 のご, のごとく, のごとくなり, の如くなりし

▼ 色~ (8, 0.0%)

4 の振袖 1 で一番多く, にした, の衣服, を注意

▼ 色~ (8, 0.0%)

1 ある蜥蝪, がよい, ぞ我心, に於, の好い, の惡, の東西, も失せ

▼ 色~ (8, 0.0%)

1 か, か自分, だ, だとか, にだけ割込ん, はない, はよしましょう, も盛ん

▼ 色電気~ (8, 0.0%)

2 の下 1 が路地, により焚刑, のながれた, の軒灯, をかけつらね, を当てる

▼ 色餓鬼~ (8, 0.0%)

1 が出よう, だね, てえ, というん, に生まれ, のやう, の市十郎, ばかりさあさましい

▼ 色あくまで~ (7, 0.0%)

1 冴えて, 白くし, 白く形, 白く鼻, 赤く八面六臂, 青く泉流, 黒く逞しげ

▼ 色いと~ (7, 0.0%)

2 赤きが, 鮮か 1 深く映りぬ, 白う面おだやか, 白く肉置き

▼ 色ごと~ (7, 0.0%)

1 でギャング, として, と酒, に板木, のこと, の訓練, の邪魔

▼ 色さえも~ (7, 0.0%)

1 そのままである, 月に, 汚い鼠色, 見えず売りかけられた喧嘩, 見えました, 見とめられる, 高雅さの

▼ 色じゃ~ (7, 0.0%)

1 ございませんか, で先生難有, ないですか, ないの, ないよ, なかったという, ねえか

▼ 色だけを~ (7, 0.0%)

2 塗って 1 つけて, とって, 捉えた, 自分の, 見てさえ

▼ 色づけられ~ (7, 0.0%)

2 てゐる 1 て, ていた, ている, 評価される, 調子づけられ

▼ 色でなく~ (7, 0.0%)

1 あんな薄手, いくつもの, お杉, ぴかぴか光っ, まあせいぜい鼠, 初めの, 墨汁に

▼ 色といふ~ (7, 0.0%)

1 のは, ものが, ものに対する, ものは, もの存す, やうな, 樣な

▼ 色としては~ (7, 0.0%)

1 古い心持, 富士の, 映って, 最も完全, 極めて貧しい, 申し分の, 違わないけれども

▼ 色どられた~ (7, 0.0%)

2 清算簿をか 1 トランプの, 大衆小説を, 清算簿を, 秋の, 階級意識が

▼ 色にでも~ (7, 0.0%)

1 お染め, そんな気ぶり, なるよう, よく染まる, 成ったなら私, 見える衣, 逢いに

▼ 色に対する~ (7, 0.0%)

2 感覚が 1 執着が, 当然な, 彼等の, 感覚は, 特殊な

▼ 色のみ~ (7, 0.0%)

2 づあさぎ 1 あらはる, だつた, だれ藻染, 大西洋とは, 袈裟まき絵の

▼ 色~ (7, 0.0%)

1 失スルガ如キ而已ナランヤ噫, 失ッタヨウデアルガ予ハマッタク平気ダッタ, 好ミ, 察シ其異同, 帯ビテ見, 知リ耳ニ聽テ聲ヲ, 見セタ

▼ 色~ (7, 0.0%)

1 と黒板, を上, を地, を拾っ, を支, を翳し, を重

▼ 色取り~ (7, 0.0%)

1 して, だけは綺麗, に紅生姜, は昔, やさ, を取り合せ, を第

▼ 色~ (7, 0.0%)

1 はる, はる浅茅, はる秋, はる袖, へてゆく, へて男, へて風の音

▼ 色彩り~ (7, 0.0%)

2 の挿画 1 が惨め, の綺麗, も鮮やか, をもつ, を見渡し

▼ 色様々~ (7, 0.0%)

3 の音 1 なその間, な茶, の大輪, の美しい

▼ 色無き~ (7, 0.0%)

1 がごとしこもる, を見, 世界が, 直行は, 石も, 空に, 芝生下萌えず

▼ 色~ (7, 0.0%)

1 に白い, のべール, の張られた, の服, の部屋着, やハイヤシンス, を着

▼ 色青き~ (7, 0.0%)

1 ペパミントの, 大山鈍色の, 幻燈を, 真珠の, 蝋の, 酒の, 鯨の

▼ 色黒い~ (7, 0.0%)

1 は, わね, 丸顔な, 器量の, 痩せがた, 義枝の, 背の

▼ 色かと~ (6, 0.0%)

1 まごう辻彼方, 婦に, 想像した, 見る耳許, 訊いたら私, 訊かれると

▼ 色この~ (6, 0.0%)

1 古神祠, 夜は, 時は, 肉体を以て, 臭いを, 色が

▼ 色したる~ (6, 0.0%)

1 もの, 地の, 実の, 棕櫚に, 毒艸の, 灰なり

▼ 色すら~ (6, 0.0%)

1 ある, いちどに褪せ, なべての, 濃い, 誰の, 青くは

▼ 色つき~ (6, 0.0%)

1 そめし叢, たり, でいろいろ, で或, のジェリー, のワイシャツ

▼ 色であった~ (6, 0.0%)

1 が九太, ことは, この混合物, と同時に, のでまた, 空は

▼ 色などが~ (6, 0.0%)

1 しきりに泛ん, アカデミックで, 今朝は, 目に, 素樸な, 美しいの

▼ 色について~ (6, 0.0%)

1 まるで違った, 兼ねて, 変化に, 考を, 話したいの, 話す

▼ 色ふかく~ (6, 0.0%)

1 して, 店の, 情ありけれ, 枝た, 派手ずき, 陰りたる日

▼ 色~ (6, 0.0%)

1 いった, よろめかせて, 出す右門, 暖い, 消えようと, 追って

▼ 色もに~ (6, 0.0%)

4 ほひも 1 ほひも歌, ほひも消去

▼ 色~ (6, 0.0%)

1 のつね, はた, 夢の, 灰真珠色, 老だに, 青い色

▼ 色わけ~ (6, 0.0%)

1 ができ, がなくなっ, には複雑, はやっぱり, をし, をする

▼ 色ッポサ~ (6, 0.0%)

2 の方 1 がで, が与っ, も一瞬, を相手

▼ 色一つ~ (6, 0.0%)

1 お見せ, かえず髪一本, の音, は咲い, 出来る当, 変えないで

▼ 色写真~ (6, 0.0%)

1 が絵画, などがある, にとっ, に対しただ二色, をうまく, を応用

▼ 色~ (6, 0.0%)

1 で今, なる我, まざらん男, むとにはあらねども, を知らざるべき, を知れ

▼ 色~ (6, 0.0%)

1 お絹, が何, と古風, にもと, のお, の対照

▼ 色懺悔~ (6, 0.0%)

1 など称せられる, の口絵, を, をなさいまし, を出した, 及び鴎外

▼ 色斑ら~ (6, 0.0%)

1 な上衣, な女, な帽子, な看板繪, にちやう, に並ぶ

▼ 色~ (6, 0.0%)

1 に変, に白ベルト, に革, の男, の男の子, を着ろ

▼ 色浮出し~ (6, 0.0%)

2 発声映画 1 発声映画と, 発声映画の, 発声映画撮影機の, 街頭ローマンスの

▼ 色深く~ (6, 0.0%)

1 くすぶる, 思ひし心我, 歩く足, 澄みつつ, 章条鮮やかなる, 葉桜や

▼ 色美しく~ (6, 0.0%)

1 かざられて, 入れて, 凪ぎわたりたるに刷毛にて, 凪ぎ渡った夕暮, 筆美しく, 見られる

▼ 色~ (6, 0.0%)

2 み絶えなむ, 褪めて 1 み, 黒く気味が悪い

▼ 色蒼ざめて~ (6, 0.0%)

2 降る雨 1 そうろうと, 戦くばかり, 生きた心地, 黒き髯

▼ 色見れ~ (6, 0.0%)

2 ば裏, ば青 1 ば, ば斑雪

▼ 色~ (6, 0.0%)

2 のごとく 1 のごとし, のやう, の如き, の如く

▼ 色~ (6, 0.0%)

1 にまた, に聞き, の濕, は浪, は絶えつ, を立て

▼ 色黒き~ (6, 0.0%)

1 まで濃く, 人の, 天鵞絨の, 小男に, 民族を, 眼巨なる

▼ 色がかった~ (5, 0.0%)

1 フランス独特の, 明るさ, 白であった, 肉が, 脚の

▼ 色きち~ (5, 0.0%)

2 がひ 1 がいか, がいと, がいに

▼ 色だって~ (5, 0.0%)

1 そんなに黒く, 人の, 分るだろう, 大屋敷の, 白でなく

▼ 色とともに~ (5, 0.0%)

1 ますます深まっ, 変って, 澄切った瞳, 目に, 笠も

▼ 色~ (5, 0.0%)

1 つて, られた生活, られて, られると, られ影響

▼ 色なす~ (5, 0.0%)

1 いつの, 泡を, 洋酒の, 羽に, 花瓶に

▼ 色などの~ (5, 0.0%)

1 かぶり物, 事を, 対照も, 明かるい, 濃い色

▼ 色なども~ (5, 0.0%)

1 もうめっきりと, 何所やら, 奥山では, 概して青白い, 言いようも

▼ 色において~ (5, 0.0%)

1 多少の, 様々な, 模様において, 申し分の, 社会の

▼ 色のみが~ (5, 0.0%)

2 浮ぶであろう 1 修道院に, 残ったの, 深刻に

▼ 色ほど~ (5, 0.0%)

1 しみた机, ひどく濁り, 濃くは, 美しい色, 鮮麗な

▼ 色をか~ (5, 0.0%)

1 いかに, いかに齋, へりみて, 変ぜん, 持ち出し得よう

▼ 色をかへ~ (5, 0.0%)

1 つてはやく, ない青い空, 御布施の, 見えない位, 齒を

▼ 色チョーク~ (5, 0.0%)

1 で書いた, で色んな, で鼻, の粉, の絵

▼ 色メリンス~ (5, 0.0%)

2 の布片, の襷 1 の被布

▼ 色~ (5, 0.0%)

2 の如く 1 があり, にし, は少し

▼ 色別け~ (5, 0.0%)

1 がし, はほぼ, をされ, をし, を押しつけ

▼ 色即ち~ (5, 0.0%)

3 是れ 1 緑が, 芭蕉の

▼ 色大理石~ (5, 0.0%)

1 と櫨, と櫨木, の装飾其他, を用, を自由

▼ 色少し~ (5, 0.0%)

1 ちがえり, 凄しと, 変へ, 気にいらないん, 蒼ざめて髪黒

▼ 色~ (5, 0.0%)

1 は甚だ, も赤, をとります, を塗り, を砕き居る

▼ 色~ (5, 0.0%)

4 に見る 1 のごとし

▼ 色深い~ (5, 0.0%)

1 とて笑いもの, もので, ものであった, 姫柚子が, 陣営は

▼ 色~ (5, 0.0%)

2 を用い 1 で模様, で牡丹, と金

▼ 色男らしい~ (5, 0.0%)

1 な, 名前だ, 權三郎, 気取った身振り, 風采や

▼ 色蒼く~ (5, 0.0%)

1 口の, 垢じみ, 澄みて, 瞳常ならず耀ける, 鬼気を

▼ 色薄く~ (5, 0.0%)

1 かつ緑, しなりけり, 書かれた文字, 瞼を, 縊り

▼ 色褪め~ (5, 0.0%)

1 ていた, て写っ, て時, 易い色, 段々薄く

▼ 色見え~ (5, 0.0%)

2 てうち 1 そむる頃, てをり, も来なく

▼ 色~ (5, 0.0%)

5 賣の

▼ 色電灯~ (5, 0.0%)

1 がつい, が点い, と散乱, も一緒, をつるした

▼ 色ありし~ (4, 0.0%)

2 を以て公 1 が人形, もの失ひ

▼ 色あるいは~ (4, 0.0%)

1 形そういう, 形体を, 白くあるいは, 茶または

▼ 色~ (4, 0.0%)

1 ぎろなし若葉かも, 米の, 酒の, 魚が

▼ 色かの~ (4, 0.0%)

1 影に, 真黒に, 着物の, 華やかさを

▼ 色かへて~ (4, 0.0%)

2 松風の 1 憤つて, 立てる時

▼ 色がち~ (4, 0.0%)

1 がひ, がふ, つとも, の鳶色

▼ 色けが~ (4, 0.0%)

2 あるん 1 なくな, なければ

▼ 色~ (4, 0.0%)

3 かけの 1 ろで

▼ 色~ (4, 0.0%)

2 君も 1 初夏の, 夕暮の

▼ 色すみれ~ (4, 0.0%)

1 すなわち心, のおし花, の花, やヒヤシンス

▼ 色せる~ (4, 0.0%)

1 巓と, 深紅の, 絹笠を, 絹衣

▼ 色~ (4, 0.0%)

2 早い奴 1 ちゃ無いです, 気で

▼ 色つけ玉子~ (4, 0.0%)

1 がある, を売っ, を真似, を草

▼ 色づけた~ (4, 0.0%)

1 あの永遠, のである, ぼん, まま閉ざされ

▼ 色づける~ (4, 0.0%)

1 ことだ, に有力, 演奏者の, 皮膚の

▼ 色とで~ (4, 0.0%)

1 分って, 察する, 田舎の, 紅黒く

▼ 色ながら~ (4, 0.0%)

1 しろじろと鱗, 信長の, 其の境, 鎧の

▼ 色ならしめ~ (4, 0.0%)

2 海の, 海をば

▼ 色ならず~ (4, 0.0%)

1 や酌, 君に, 無楽, 真珠の

▼ 色ならぬ~ (4, 0.0%)

2 色の 1 山の, 裏葉まで

▼ 色については~ (4, 0.0%)

1 あの雲, お話しする, 多くの, 次の

▼ 色にや~ (4, 0.0%)

3 出ると 1 愛でん置く露

▼ 色に関する~ (4, 0.0%)

1 ある種, ものや, 実験を, 講演を

▼ 色ばかりを~ (4, 0.0%)

1 思ひ浮べても, 択んで, 気使わね, 着せられたり

▼ 色または~ (4, 0.0%)

1 コントラストの, 三色摺板画と, 紅の, 青き色

▼ 色まち~ (4, 0.0%)

1 のなか, の女, の絃歌, へと恋慕流し

▼ 色までを~ (4, 0.0%)

1 きめて, 気に, 空に, 話した

▼ 色もか~ (4, 0.0%)

1 はらず完全, はらて, はらねば, はれば

▼ 色よりは~ (4, 0.0%)

2 慾の 1 稍白き, 艶が

▼ 色をさえ~ (4, 0.0%)

1 交えた, 恐るるの, 注して, 見せようと

▼ 色キチガイ~ (4, 0.0%)

1 かと思った, さね, のよう, の巣

▼ 色シャツ~ (4, 0.0%)

1 に細い, のアーシャ, の青年, の青年共産主義同盟員

▼ 色スミレ~ (4, 0.0%)

1 が咲い, だけは通常一年生植物, と呼ばれる, は除い

▼ 色ッポイ~ (4, 0.0%)

2 からで 1 てえの, のだけれども

▼ 色ッポク~ (4, 0.0%)

1 つきあって, ない, なくさせ, 仕込まなきや

▼ 色~ (4, 0.0%)

1 八糸緞ヲ, 微塵ガ犯ス, 繻子ニピンクノ花模様ノアルスリッパヲ穿イテイルガ佐々木ノ, 軍服ラシキモノヲ着セリ

▼ 色ペンキ~ (4, 0.0%)

1 で塗られた, で表現派模様, で近代様式, 又はケバケバ

▼ 色~ (4, 0.0%)

2 な事 1 な友人, な美しい

▼ 色一揆~ (4, 0.0%)

1 でいうなら, などもつまり, の傾向, はほか

▼ 色~ (4, 0.0%)

2 美しい海 1 な所, になったろう

▼ 色~ (4, 0.0%)

1 あり諸, だけが目, である, を加え

▼ 色~ (4, 0.0%)

3 應は 1 應が

▼ 色~ (4, 0.0%)

1 をし, を見せ, を附け, 写真店あり

▼ 色取られ~ (4, 0.0%)

1 ている, てゐる, て小指, て箱根

▼ 色~ (4, 0.0%)

3 にあり 1 を開い

▼ 色土気色~ (4, 0.0%)

1 で目, に変じ, に変り, に変わり

▼ 色声香味~ (4, 0.0%)

2 触の, 触法

▼ 色~ (4, 0.0%)

3 にあらわる 1 に顕

▼ 色小姓~ (4, 0.0%)

1 でさえ主, でも無き, の正, の正体

▼ 色~ (4, 0.0%)

1 で結いた, と人ずれ, の上, を用いた

▼ 色~ (4, 0.0%)

1 あ違う, せるもの, により, は変らず

▼ 色後家~ (4, 0.0%)

1 ならこの, に厭氣, の亭主, は氣

▼ 色~ (4, 0.0%)

3 の光 1 に焼け

▼ 色~ (4, 0.0%)

1 とを渡し, に半ば気, をくり拡げ, 陀理に

▼ 色~ (4, 0.0%)

1 のごとくなる, の如く, よりも赤く, を濺ぎたる侯爵

▼ 色気狂い~ (4, 0.0%)

1 が色情狂, になっ, になった, のよう

▼ 色淡き~ (4, 0.0%)

2 あるは華美 1 こと夢の, 紫の

▼ 色~ (4, 0.0%)

1 ひて, ふる蝉しぐれ, ふ霞, へば

▼ 色着い~ (4, 0.0%)

2 て来た 1 て来る, て見えた

▼ 色~ (4, 0.0%)

2 なるを 1 なる, なるが

▼ 色紅き~ (4, 0.0%)

1 小鳥の, 罌粟の, 薔薇の, 韈の

▼ 色美しい~ (4, 0.0%)

2 栗の 1 其面影は, 枯萱の

▼ 色~ (4, 0.0%)

1 したよりも, して, する必要, せられたと

▼ 色謎命~ (4, 0.0%)

1 の再婚, をめとつ, を後妻, を自分

▼ 色豊か~ (4, 0.0%)

1 だ, なお, なるもの, なモンペ二着

▼ 色赤黒く~ (4, 0.0%)

2 して 1 ただまるまる, 頬ひ

▼ 色電燈~ (4, 0.0%)

1 が目, で照, の下, をうけ

▼ 色音香味熱~ (4, 0.0%)

2 と寒, 堅さ

▼ 色~ (4, 0.0%)

1 の二本能以外, の二欲, の二者, の慾

▼ 色あげ~ (3, 0.0%)

1 のできた, をされ, をし

▼ 色あたかも~ (3, 0.0%)

1 火の, 藤の, 雪

▼ 色うつくしく~ (3, 0.0%)

1 中肉で, 塗れる牛幾つ, 散りしきぬ出島人等

▼ 色がの~ (3, 0.0%)

3 ぼつた

▼ 色がわり~ (3, 0.0%)

1 したヘラヘラ, のランプ, の安い

▼ 色きちがい~ (3, 0.0%)

1 のお婆さん, のやくざ者, の巣

▼ 色きちげ~ (3, 0.0%)

1 えみてえな, えめ, えめっ

▼ 色~ (3, 0.0%)

1 ないのに, みんな色気で, 豊かな

▼ 色こそは~ (3, 0.0%)

1 けさてんぐぶろで, 京男に, 黒みたれ

▼ 色これ~ (3, 0.0%)

1 までの役者, をよく, を顕色

▼ 色さては~ (3, 0.0%)

1 眉根鼻付から, 花より, 薄荷菊の

▼ 色さながら~ (3, 0.0%)

3 土の

▼ 色ざんげ~ (3, 0.0%)

1 の材料, らしいこと, をやりはじめる

▼ 色すらも~ (3, 0.0%)

2 見せず要するに 1 声に

▼ 色そっくり~ (3, 0.0%)

1 だ, だよ, というべきであった

▼ 色そのもの~ (3, 0.0%)

1 には音, に無限, の研究

▼ 色だに~ (3, 0.0%)

1 さは, 見えずはては, 見えやせんと

▼ 色つかぬ~ (3, 0.0%)

2 に燈 1 柿が

▼ 色つけ~ (3, 0.0%)

2 てくれる 1 までし

▼ 色づけられた~ (3, 0.0%)

1 六月の, 多くの, 気体

▼ 色でない~ (3, 0.0%)

1 といふ考へ, のは, 山吹色黒みの

▼ 色なし~ (3, 0.0%)

3

▼ 色などと~ (3, 0.0%)

1 いえば, さまざまに, その調和

▼ 色にさえ~ (3, 0.0%)

1 ざえしていた, たとえられて, 動悸の

▼ 色にに~ (3, 0.0%)

1 おえる頬, ごつた, ほひにか

▼ 色にぶき~ (3, 0.0%)

2 毛織の 1 土蔵家の

▼ 色ばかりが~ (3, 0.0%)

1 それである, 佳いの, 其である

▼ 色ひと~ (3, 0.0%)

2 いろ 1 いろに

▼ 色まだ~ (3, 0.0%)

1 あせぬに, 深くも, 褪せぬに

▼ 色やや~ (3, 0.0%)

1 に薄れ, 浅黒く溌剌, 蒼き痩顔

▼ 色一般~ (3, 0.0%)

1 とは同格, の感覚, は消えない

▼ 色一色~ (3, 0.0%)

1 で私, に塗抹, の温室咲き

▼ 色~ (3, 0.0%)

1 に帯黄黯褐, に赤褐, 無しという

▼ 色~ (3, 0.0%)

1 てきた, のガラス, の天然色夢

▼ 色付油~ (3, 0.0%)

1 という, の中, を深い

▼ 色~ (3, 0.0%)

1 かを求め, の物音一つ, も彼

▼ 色~ (3, 0.0%)

1 の若鶴, も使つて, を帯び

▼ 色~ (3, 0.0%)

1 ならは, のハンティング, は水浅黄

▼ 色好い~ (3, 0.0%)

1 ねほんとに, ものには, 返事を

▼ 色~ (3, 0.0%)

1 を付し, を帯, を帯び

▼ 色少しく~ (3, 0.0%)

1 蒼ざめて常に, 蒼味を, 褪せたるに

▼ 色~ (3, 0.0%)

2 をばいつの間にか 1 が私

▼ 色~ (3, 0.0%)

1 の純度, の隈取り, を獲る

▼ 色或は~ (3, 0.0%)

1 つめたい透明さ, マチスや, 早くも

▼ 色~ (3, 0.0%)

1 は首尾, もありません, をです

▼ 色~ (3, 0.0%)

1 の伶人, の風, 来れば

▼ 色~ (3, 0.0%)

1 の油壺, は乱雑, を用

▼ 色~ (3, 0.0%)

1 なるに, に愛すべし, に美しく

▼ 色殊に~ (3, 0.0%)

1 白き処, 鮮かなり, 鮮かに

▼ 色~ (3, 0.0%)

3 の色

▼ 色毛色~ (3, 0.0%)

2 の変った 1 まで変っ

▼ 色気づい~ (3, 0.0%)

1 てき, てしまっ, てウズウズ

▼ 色水色~ (3, 0.0%)

1 がかった紋, の薔薇, はらはらと

▼ 色~ (3, 0.0%)

2 ふが 1 ひし如く猶

▼ 色~ (3, 0.0%)

1 に沈み, の色, べの砂州

▼ 色~ (3, 0.0%)

1 紫などの, 黄色そして, 黒なる

▼ 色~ (3, 0.0%)

1 黒く, 黒くな, 黒く肉太

▼ 色添え~ (3, 0.0%)

1 てはいる, て出します, て吹く

▼ 色~ (3, 0.0%)

3 して

▼ 色濁る~ (3, 0.0%)

1 ぐらすの戸もて, 扉は, 窓硝子外面より

▼ 色無双~ (3, 0.0%)

1 な佳人, の浅井, の麗人

▼ 色狂い~ (3, 0.0%)

2 して 1 とか何とか

▼ 色男振り~ (3, 0.0%)

1 はなどとテンゴ言ひも, は見る, やア

▼ 色~ (3, 0.0%)

1 に戻っ, の有情, 即ち物質

▼ 色界無色界~ (3, 0.0%)

1 という, に至り, の二つ

▼ 色~ (3, 0.0%)

1 で, にあくどく, に利己的

▼ 色盛り~ (3, 0.0%)

1 で風俗, の三色塔, 器量好の

▼ 色盛者必衰~ (3, 0.0%)

3 の理

▼ 色~ (3, 0.0%)

2 蒼で 1 蒼である

▼ 色種々~ (3, 0.0%)

1 に少し, 多様であろう, 思いやられる

▼ 色~ (3, 0.0%)

2 の色 1 の夕燒

▼ 色籠め~ (3, 0.0%)

2 て香 1 ていで

▼ 色絞り~ (3, 0.0%)

3 の半襟

▼ 色~ (3, 0.0%)

1 と褐, にかつ, にし

▼ 色~ (3, 0.0%)

1 の征箭, は暗, をばらばら

▼ 色~ (3, 0.0%)

1 に映じ, の形, の色香

▼ 色蒼ざめ~ (3, 0.0%)

1 きびしく歯, 且つ謙り, 動かなくなって

▼ 色~ (3, 0.0%)

1 かりけり, 黄ばみはた, 黒くまた

▼ 色~ (3, 0.0%)

1 のごとし, のにじんだ, のセピア色

▼ 色~ (3, 0.0%)

1 に裏, の類, を船

▼ 色表紙~ (3, 0.0%)

1 の本, の美しい, を付け

▼ 色褪めた~ (3, 0.0%)

1 唐縮緬の, 墓原を, 赤いもの

▼ 色~ (3, 0.0%)

2 ねの美 1 ねの品評め

▼ 色電球~ (3, 0.0%)

1 の光, の灯, をつましく

▼ 色青白く~ (3, 0.0%)

1 めっきり痩せ衰え, 常に恐ろしく, 頸長く

▼ 色~ (3, 0.0%)

2 に顕れ 1 に露

▼ 色~ (3, 0.0%)

1 いろを, い出まして, への疲労

▼ 色~ (3, 0.0%)

1 の光, の息, の音

▼ 色あくまでも~ (2, 0.0%)

1 白く眉毛, 白く鼻

▼ 色あっ~ (2, 0.0%)

1 て一つ, て地府

▼ 色あでやか~ (2, 0.0%)

1 な女, な宮廷生活

▼ 色あなた~ (2, 0.0%)

1 どう思う, を子供

▼ 色あの~ (2, 0.0%)

1 形そのものが, 髪飾りの

▼ 色あるは~ (2, 0.0%)

1 叫びぬ, 煉瓦の

▼ 色~ (2, 0.0%)

1 づるにたとへしなり, チョウチョウの

▼ 色いま~ (2, 0.0%)

1 か極まる, も忘れ

▼ 色いろんな~ (2, 0.0%)

1 形を, 美妙な

▼ 色うい~ (2, 0.0%)

1 ろと, ろを

▼ 色うすく~ (2, 0.0%)

1 金剛石山の, 顔色は

▼ 色うつり~ (2, 0.0%)

1 て天, 黄に

▼ 色かえぬ~ (2, 0.0%)

1 操の, 松の

▼ 色かとも~ (2, 0.0%)

1 眺められた, 見つつは

▼ 色かは~ (2, 0.0%)

2 りて

▼ 色からも~ (2, 0.0%)

1 水の, 黒襟かけた

▼ 色がま~ (2, 0.0%)

1 たぶきみ, はつ

▼ 色がらす~ (2, 0.0%)

1 がつくられた, を嵌めたる

▼ 色きれい~ (2, 0.0%)

2 に掃きたる

▼ 色くっきり~ (2, 0.0%)

1 と白く, と秋空

▼ 色くら~ (2, 0.0%)

1 ゐには, ゐのち

▼ 色こき~ (2, 0.0%)

1 ほどの言の葉, を君

▼ 色こと~ (2, 0.0%)

1 のほか和清, の外

▼ 色ごろ~ (2, 0.0%)

1 も, もき

▼ 色さし~ (2, 0.0%)

1 がいけません, まで変った

▼ 色さび~ (2, 0.0%)

2 て立つ

▼ 色さめはて~ (2, 0.0%)

1 て魅力, 現実感に

▼ 色さん~ (2, 0.0%)

1 いけません, 早々と

▼ 色すなわち~ (2, 0.0%)

1 変り易い, 性慾の

▼ 色する~ (2, 0.0%)

1 支那の, 透きかげに

▼ 色ずくめ~ (2, 0.0%)

1 のその, の女

▼ 色ずり~ (2, 0.0%)

1 になっ, に出ぬ

▼ 色そして~ (2, 0.0%)

1 唇を, 私は

▼ 色それから~ (2, 0.0%)

1 血の, 西瓜の

▼ 色だけでも~ (2, 0.0%)

1 直と, 鮮かな

▼ 色だつた~ (2, 0.0%)

1 がネクタイ, ことである

▼ 色ちがい~ (2, 0.0%)

1 のところ, のもの

▼ 色~ (2, 0.0%)

1 や, やニュアンス

▼ 色っていう~ (2, 0.0%)

1 のかな, んだ

▼ 色づくし~ (2, 0.0%)

2 の美

▼ 色であります~ (2, 0.0%)

1 が普通, それで描くべき

▼ 色でがな~ (2, 0.0%)

2 あらう

▼ 色でしか~ (2, 0.0%)

2 なかった

▼ 色でした~ (2, 0.0%)

1 けれどそれでも, な

▼ 色とては~ (2, 0.0%)

1 何一つなく, 少しも

▼ 色とでも~ (2, 0.0%)

1 いいたいほどに, いふ白い

▼ 色どった~ (2, 0.0%)

1 ものである, 大きな模型

▼ 色どられたる~ (2, 0.0%)

1 地上に, 影像において

▼ 色なか~ (2, 0.0%)

2 りけり

▼ 色なぞは~ (2, 0.0%)

1 つやつやと, まだ艶

▼ 色なぞを~ (2, 0.0%)

1 聞覚えて, 見た時

▼ 色などで~ (2, 0.0%)

1 そして地質, 個性を

▼ 色などという~ (2, 0.0%)

1 ものを, 面倒な

▼ 色などに~ (2, 0.0%)

1 朝子は, 話を

▼ 色なりし~ (2, 0.0%)

1 よ, 唇や

▼ 色なりと~ (2, 0.0%)

1 いって, いふ

▼ 色なれ~ (2, 0.0%)

2

▼ 色なんか~ (2, 0.0%)

1 ちっとも白い, 白くつたつ

▼ 色にと~ (2, 0.0%)

1 思うと, 霜枯れんに

▼ 色により~ (2, 0.0%)

1 四とおりの, 当時五ルーブル紙幣を

▼ 色に対して~ (2, 0.0%)

1 佇むと, 打向う

▼ 色~ (2, 0.0%)

2 びしみどり石蝕む

▼ 色のく~ (2, 0.0%)

1 ッきりした, ッきりと

▼ 色のな~ (2, 0.0%)

1 まつ白い, ま白い

▼ 色のみを~ (2, 0.0%)

2 識別した

▼ 色ばなし~ (2, 0.0%)

1 も乙, を冷かしとい

▼ 色ばん~ (2, 0.0%)

2 で鈍い

▼ 色への~ (2, 0.0%)

1 推移は, 繰り返しな

▼ 色ほのぼの~ (2, 0.0%)

2 たるを

▼ 色~ (2, 0.0%)

1 だらな, んぢゆう

▼ 色また~ (2, 0.0%)

1 一際襲, 一際襲い来れり

▼ 色まばゆき~ (2, 0.0%)

1 パイプを, 何物かを

▼ 色みえ~ (2, 0.0%)

2

▼ 色みれ~ (2, 0.0%)

2

▼ 色~ (2, 0.0%)

1 たほど, は濃淡

▼ 色もかは~ (2, 0.0%)

1 らで, りて

▼ 色もの凄き~ (2, 0.0%)

2 羊群も

▼ 色やら~ (2, 0.0%)

1 形やらを, 骨が

▼ 色ゆかしく~ (2, 0.0%)

2 茂れるところ

▼ 色ゆるされ~ (2, 0.0%)

2 の事榮

▼ 色よき若~ (2, 0.0%)

2 立も

▼ 色らしい~ (2, 0.0%)

1 細長を, 色も

▼ 色わかき~ (2, 0.0%)

1 夜の, 追憶の

▼ 色をぞ~ (2, 0.0%)

1 示す, 頼む單帶

▼ 色をといふ~ (2, 0.0%)

1 狙ひである, 語は

▼ 色をば~ (2, 0.0%)

1 そのままの, 増しませう

▼ 色インク~ (2, 0.0%)

1 でびっしり, をつかっ

▼ 色ガキ~ (2, 0.0%)

1 ったら有りゃしねえや, にオタツ

▼ 色~ (2, 0.0%)

1 ぽい女, ぽく胸

▼ 色ハヒビヤクシン~ (2, 0.0%)

2 の傾斜面

▼ 色メガネ~ (2, 0.0%)

1 の大, は用いた

▼ 色ランプ~ (2, 0.0%)

1 がともされ, はとうに

▼ 色レイン・コート~ (2, 0.0%)

1 の連中, を幾枚

▼ 色ロンドン~ (2, 0.0%)

2 ももう

▼ 色上げ~ (2, 0.0%)

1 をする, を良く

▼ 色~ (2, 0.0%)

2 語似

▼ 色乾板~ (2, 0.0%)

1 とフィルター, やフィルター

▼ 色付き~ (2, 0.0%)

1 にけり, の木片

▼ 色以外~ (2, 0.0%)

1 の何もの, の色

▼ 色使~ (2, 0.0%)

1 と行, の退場

▼ 色~ (2, 0.0%)

2 の美しい

▼ 色修業~ (2, 0.0%)

1 でもした, に奉公

▼ 色光趣き~ (2, 0.0%)

2 を如何

▼ 色~ (2, 0.0%)

1 に染め, の翅

▼ 色其の~ (2, 0.0%)

1 ま, 他と

▼ 色凄き~ (2, 0.0%)

1 まで蒼白く美しき, 迄に美

▼ 色出入~ (2, 0.0%)

1 となる, はこ

▼ 色~ (2, 0.0%)

1 けど, もすれ

▼ 色匂い~ (2, 0.0%)

1 が何と, 音味意味までが

▼ 色匂さま~ (2, 0.0%)

2 わかず

▼ 色~ (2, 0.0%)

1 空の, 空空即色

▼ 色即色~ (2, 0.0%)

1 だこの, だそれ

▼ 色及び~ (2, 0.0%)

2 香及び

▼ 色取った~ (2, 0.0%)

1 紙が, 紙を

▼ 色~ (2, 0.0%)

1 がある, が小判

▼ 色咲耶媛~ (2, 0.0%)

1 と申す, にわざわざ

▼ 色~ (2, 0.0%)

2 深き入日

▼ 色坊主~ (2, 0.0%)

1 でも托鉢, ばかりが多い

▼ 色境内~ (2, 0.0%)

2 の手洗水

▼ 色増す~ (2, 0.0%)

1 姿ぞ, 美しさ

▼ 色変ぜず~ (2, 0.0%)

1 竜首を, 龍首を

▼ 色変ってる~ (2, 0.0%)

2 のぁ何

▼ 色外套~ (2, 0.0%)

2 の連中

▼ 色~ (2, 0.0%)

2 れ斧

▼ 色好む~ (2, 0.0%)

1 寡婦しばしば, 男の

▼ 色孔雀王其上~ (2, 0.0%)

2 有白色蓮花

▼ 色~ (2, 0.0%)

1 だな, としての地位

▼ 色~ (2, 0.0%)

1 の景色, の池

▼ 色師自慢~ (2, 0.0%)

2 から思いついた

▼ 色~ (2, 0.0%)

1 の色, 奢

▼ 色彩っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 色彩る~ (2, 0.0%)

1 のであった, 軽羅だ

▼ 色~ (2, 0.0%)

1 ならず, ならず肅然

▼ 色忽然と~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 色恰好~ (2, 0.0%)

1 その書斎, をした

▼ 色~ (2, 0.0%)

1 ばざる, ばず

▼ 色~ (2, 0.0%)

2 すべし

▼ 色提灯~ (2, 0.0%)

1 の灯かげ, を吊し

▼ 色揚げする~ (2, 0.0%)

1 には持っ, には百パーセント

▼ 色摺及墨摺~ (2, 0.0%)

1 の二種, 両種

▼ 色摺板画~ (2, 0.0%)

1 と呼び, は寛保三

▼ 色星多願~ (2, 0.0%)

2 の玉女三神

▼ 色朦朧~ (2, 0.0%)

1 たりし, と俤

▼ 色~ (2, 0.0%)

1 の弓, の象嵌細工

▼ 色~ (2, 0.0%)

1 でしょう, は見られぬ

▼ 色染紙~ (2, 0.0%)

1 と型染紙, も作つ

▼ 色様様~ (2, 0.0%)

1 の人, の推察

▼ 色模樣~ (2, 0.0%)

1 なんざ, の大

▼ 色次第に~ (2, 0.0%)

1 あらたまり水颯々, 金色に

▼ 色殿~ (2, 0.0%)

1 この方, ちょっとこっち

▼ 色~ (2, 0.0%)

1 の色, の音

▼ 色沈み~ (2, 0.0%)

1 たり, て池子

▼ 色沙汰~ (2, 0.0%)

1 か, ばかりは致しませぬ

▼ 色~ (2, 0.0%)

1 のない, の旋律

▼ 色~ (2, 0.0%)

1 のごとし, の剥げた

▼ 色浅黒い~ (2, 0.0%)

1 男である, 鈍重そうな

▼ 色浅黒き~ (2, 0.0%)

1 人なりき, 男なり

▼ 色淡い~ (2, 0.0%)

1 凝灰岩の, 色の

▼ 色清げ~ (2, 0.0%)

2 なる人

▼ 色清和~ (2, 0.0%)

2 の日

▼ 色滴る~ (2, 0.0%)

2 ばかり

▼ 色漸く~ (2, 0.0%)

1 去りて, 洽くよべ

▼ 色濃い~ (2, 0.0%)

1 緑枝も, 雪の

▼ 色濃厚~ (2, 0.0%)

1 な狐, な色

▼ 色無く~ (2, 0.0%)

1 人に, 柱に

▼ 色燦爛~ (2, 0.0%)

2 たる数十万

▼ 色~ (2, 0.0%)

1 と全く, を細説

▼ 色玻璃~ (2, 0.0%)

1 だの玉石, にまつ

▼ 色留薬~ (2, 0.0%)

1 と春, や油絵の具

▼ 色~ (2, 0.0%)

1 った溶液, なれる三

▼ 色~ (2, 0.0%)

1 も青, 絞り咲き

▼ 色白くうつくしき~ (2, 0.0%)

2 人いつかわが

▼ 色白くぽ~ (2, 0.0%)

2 つちやりして

▼ 色~ (2, 0.0%)

1 と交, を撒いた

▼ 色~ (2, 0.0%)

1 はない, ひ声

▼ 色糠味噌壺~ (2, 0.0%)

2 も無

▼ 色紋絽~ (2, 0.0%)

2 の長襦袢

▼ 色~ (2, 0.0%)

1 の華麗, を帯

▼ 色~ (2, 0.0%)

1 に至っ, に進み

▼ 色~ (2, 0.0%)

1 は無, を織る

▼ 色緞子~ (2, 0.0%)

1 の中, の几帳

▼ 色~ (2, 0.0%)

1 で鐵道馬車, もの

▼ 色美しき~ (2, 0.0%)

1 大根積上げた, 鳥の

▼ 色葉字類抄~ (2, 0.0%)

1 には転, に中

▼ 色蒼ざめてワナワナ~ (2, 0.0%)

1 とふるえ, と顫

▼ 色蒼白~ (2, 0.0%)

1 の度, みて

▼ 色~ (2, 0.0%)

1 の如く, を紿

▼ 色蝋燭~ (2, 0.0%)

1 のよう, の燭台

▼ 色~ (2, 0.0%)

1 の敷, の袷

▼ 色褐色~ (2, 0.0%)

1 と幾度, の薔薇

▼ 色見本~ (2, 0.0%)

1 かとでも云, は言わば

▼ 色~ (2, 0.0%)

2 てどか

▼ 色~ (2, 0.0%)

1 の世界, 香響の

▼ 色語らずし~ (2, 0.0%)

2 て愁

▼ 色赤し~ (2, 0.0%)

1 と, 云々と

▼ 色~ (2, 0.0%)

1 きなり, き男

▼ 色足袋~ (2, 0.0%)

1 は葉子がくふう, を爪立て

▼ 色透き~ (2, 0.0%)

2 て見ゆる

▼ 色連中~ (2, 0.0%)

1 が棒, と同じ

▼ 色~ (2, 0.0%)

1 を有し, を見せ

▼ 色~ (2, 0.0%)

2 の均衡

▼ 色金巾~ (2, 0.0%)

2 の羽織

▼ 色~ (2, 0.0%)

1 に形, をし

▼ 色附い~ (2, 0.0%)

1 ている, て品

▼ 色~ (2, 0.0%)

1 がある, をつくした

▼ 色階和音~ (2, 0.0%)

2 でありユウモア

▼ 色~ (2, 0.0%)

1 を帶びて, 冷めて

▼ 色青ざめた~ (2, 0.0%)

1 母の, 農民の

▼ 色音味苦痛~ (2, 0.0%)

2 及びこれ

▼ 色~ (2, 0.0%)

1 があら, をあなた

▼ 色颯と~ (2, 0.0%)

1 燃えヤオ, 頬を

▼ 色~ (2, 0.0%)

2 わしく

▼ 色黒から~ (2, 0.0%)

1 ず口元, ず淡

▼ 色黒み~ (2, 0.0%)

1 たれども, のある

▼ 色~ (2, 0.0%)

2 みて

▼ 色鼠色~ (2, 0.0%)

1 などを着せられる, にし

▼1* [1138件]

あおざめて逃げ, 色あおざめた男女五人が, 色あかぐろくやせる, 色あかるい空しかし, 色あけぼのの春霞, 色あさぐろき方鼻高き, 色あさましう青びれ, 色あざやかレビューガールの脚, 色あしくなり候, 色あだめいたパラソルは, 色あったが小児, 色あらば黄, 色ありありと見えた, 色ありそよ吹く風にも, 色ありとて愚痴, 色ありますから, 色あれども伯母, 色あんな色が, 色あんなにも香ばしい, 色いたづらに, 色いつぞや妹と, 色いづるを人, 色いづれか人, 色いなの花, 色いや十五もつとある, 色いよいよ嶮しくなる, 色いよよ深くなり, 色すべにや, 色うす紫はかの, 色うち沈む, 色うつくしいさまざまの, 色うつくしき靄に, 色うつる樅の, 色うらの褄, 色うるしのごとく, 色おい女丈夫お前は命, 色おおむね鼠色に, 色おしろいを顔, 色おしろい眉ずみ口紅を揃え, 色おどりなどは想像, 色おのづから憂愁, 色おもしろい習性に, 色および空色の, 色お召のすらり, 色かえじと, 色かぐわしき野の, 色かすかにゆめ, 色かせぐ廓の, 色かつ滅ゆ, 色かといふことを, 色かなしく照らし出だす月一片何, 色かもしれないが, 色からだってぼくには, 色からは一種云ひ, 色からばかりでは, 色かわらずやと危ぶみし, 色かわる鯉や, 色がかはる, 色がさつと浮んだ, 色がさつぱり出て, 色がと言えば, 色がど強いし, 色がべにを注したよう, 色きめそんなもの, 色きりの調和, 色きわぎわしう見えて, 色きわめて白し, 色くちて, 色くらいに薄めて, 色くれなゐ, 色ぐらいかせいぜいで, 色ぐらいな声でしか, 色ぐらいのものであった, 色ぐらいは分らア, 色ぐらゐになつたのでも茶碗の中, 色けのない本船, 色けもあり時々, 色けを殺すと, 色は殺さるる, 色こうもまあ, 色こく刻みこませた人々, 色こそと思ったとき, 色このむ者の, 色こめたる野の, 色これらはあまり沢山, 色さしたると樺色, 色さしも優しき常, 色さみしく昼の, 色さめて見える, 色さめはてた内部外部に, 色され淡い光, 色される濃度によ, 色ざした眼元口元豊よかな, 色ざたでなくひいきにしていた芸者がある, 色ざたをきき出させようって, 色ざとを歩かれぬ, 色ざとでそなたの, 色ざめし浅葱幕しどけなく張り, 色ざめた中にある, 色ざめた紫の幕, 色ざめてしまい小細工となっ, 色ざんざらをたッぷりと掛け髱, 色ざんまいのうえ, 色しあせずば, 色しかも微妙な, 色してるのに, 色しとるな, 色しぬ窓を, 色しも清くひたす, 色しろくクリクリと, 色し見えねば, 色じゃあないなんて, 色じるし, 色すこうし凄味, 色すさまじきを母, 色すさまじく柩を, 色すでに六分の秋を, 色すべてがたまらなくよい, 色すべて生色を失, 色すみかがやき, 色すめるかげをぞ, 色ずいた, 色ずつ出るので, 色ずつとしましょうか, 色ふ夕, 色そうして古風な, 色そえて, 色そこから出, 色そのうえには南部, 色そのままに開い, 色そんな複雑な, 色たしかにそいつが, 色だけじゃ仕様がねえ, 色だけにないこと, 色だけにはほかの, 色だけの美しさ, 色だけはからだ中, 色だしに用, 色だろうな, 色ちごのため, 色ちぢみのキモ, 色ぢゃゆゑ阿呆の外, 色ったらとても悪かっ, 色ついた稲それに, 色つき毬を売っ, 色つき穂の形, 色つく唐がらし, 色つけたものを, 色つける四五百通の, 色つけ卵の数, 色つけ水であり, 色つけ経木の桃色リボン, 色つけ経木造花で飾っ, 色つづく高壁, 色つてほどぢ, 色つてものは綺麗, 色つまり日焼けした, 色つめたき常磐樹のみ, 色つよくかがやいて, 色づけられないでいよう, 色づけるたつた一つの, 色づとめの本縁談, 色であったろうか, 色でありましたが冬, 色である如く地球の, 色であればそれ, 色であろう二つ三つ四つと, 色でございますよ金, 色でさえあった, 色でしょうね幼児, 色でだけ示して, 色といへる緑, 色というか薔薇色と, 色とうたはれけむ, 色とかいふほどの美くし, 色とかが重大な, 色とかの水彩絵具の, 色とかは専念に, 色とから探り求めること, 色とくとくとよみて口寄, 色とこそ見れ, 色としても解し難き, 色とだけしかちがわず川, 色とだけの世界です, 色とてもなき襤褸, 色となつた, 色とによって植物体の, 色とに対して淡緑色, 色とばかりじゃ本読みが, 色とばかりは見えないでしょう, 色とぼしき屋所といふ, 色ともなり変って, 色とを以て類集した, 色どころじゃない, 色どころか真ッ, 色どりゃ動きが, 色ないねだから, 色なお青くわが, 色なき声さへ身, 色なぞ面白いじゃ, 色なぞが素樸な, 色なぞに眼を, 色などには最も窮, 色などに関するあらゆる知識, 色なほ紅ににほひ, 色なめらかなつや, 色ならねども, 色なりとはいはず, 色なりとも眼に, 色なりを研究する, 色なるなりと言った, 色なるほど結構な, 色なんかを見えなくした, 色なんぞ雪とも, 色なんぞも見えないし, 色なんどで葉, 色における吾, 色におけるに似たりしかど, 色にかはり甜瓜, 色にかへせり, 色にこやかで饒舌, 色にしか感じられて, 色にたいしてもつと, 色になど出して, 色ににおいて艶, 色にのみ重きを, 色にばッと, 色にばかりは見えないの, 色にまでしみて, 色によつて食事券をも, 色によっても背の, 色にをどんでる, 色に対しては緑を, 色ねびし窓帷の, 色のうわっぱり, 色のうすら明りの, 色のけむりはいゝ, 色のさえざえとした群青色な, 色のせゐでもなけれ, 色のせゐだつたことは, 色のちがつた, 色のといふことは, 色のなどいろいろ詰め合せ, 色のにこ毛に, 色のびろうどで, 色のべんがら色の, 色のほどのよさ, 色のみにしか見えなかつた世の中, 色のみの調子を, 色のや美しい黄色, 色のれんが掛け, 色はかはらじ, 色はくッきりと白く, 色はちよつとドロツプス, 色はと訊けば, 色はとこなつの花, 色はなだ小豆色, 色み行く眞木, 色ばかりかこれを, 色ばかりで画いて, 色ばかりの縞の, 色ひいてはそれが, 色ひそかに顫, 色ひと色はひと, 色ひと色味はつて, 色ふかい谷間の, 色ふかきミラノの, 色きみに, 色ほのかにて, 色ッてりと, 色まぎれなし飜り羽ばたく, 色まことに眼に, 色まさる籬の, 色ますます美は, 色まっ白にそこら, 色まつしろし潮さ, 色までかへて猛然とう, 色までの変遷と, 色まどはずや, 色まばゆい破片と, 色まろらかに想, 色みたいになる, 色みだし水に, 色みな悲しきメロディ, 色みないかにも綺麗, 色みるに心, 色むかしに染め, 色む靄もあるなり, 色めかしい心から, 色めかしくも聞え, 色めかしく柔かな背負, 色めかす腹の中慨か, 色めづる若き時, 色め今ごろいい気持ち, 色め今頃どうし, 色もう一ト押し, 色やがて八丁鼻に, 色やと言わるるを, 色やに気を, 色やらを加えねば, 色やを思い出すの, 色ゆたかな物語, 色ゆりて, 色ようように月夜, 色よしとする, 色よしやこれが, 色よと前田玄以などとも, 色よなどさは, 色よみがへれる, 色よるやそぼふる, 色らしくなりかけてきた, 色らしく見えるのが, 色づかに, 色わが夢の, 色わく露も, 色をかなさむ, 色をかへて暴れ馬を, 色をかへながら源吉が, 色をこそ示せ気遣う様子, 色をと見れば, 色をの語の, 色をはづれてゐると思つた, 色をもって如何なる程度, 色をや残すら, 色を通して役者を, 色を通じて実感できる, 色イタリアの湖, 色インキで書い, 色カランカランという賽コロ, 色ガラス窓にデワナガリー文字, 色キチガヒではない, 色キャラコを青く, 色キリリと眼, 色グラスのライト, 色コップの中, 色サンゼンたる正, 色ザラザラする掌, 色ズリを四枚, 色セメントや色ペンキ, 色チョオク画のよう, 色ッポイところもある, 色ッポイのである, 色ッポイものだ, 色ッポイト云ッタライヽノカ己ハ今マデニアンナ妖艶, 色ッポイ女だからな, 色ト調和スルヨウニマニキュアモ常ヨリ紅ク染メテイル, 色ドス黒くて, 色ナシという, 色ナリ採リ貯, 色ニシテ堅ク味甜ク美ナリ或ハ熱湯ニ, 色ニュアンスそのすべて, 色ネクタイで髪, 色ハンカチハイヒールの片, 色ハ紫デ気ハ香バシク, 色ハ黒クシテ円ク味ハ苦甘シ, 色ピンクノサッカーノガウンヲ着テ支那製ラシイ牡丹ノ刺繍, 色フェルトのカラア, 色フェルト帽きびきびした, 色フランス縮緬の襟飾, 色プラトークのひと, 色ペルソより濃き, 色マジョリカは中央, 色ラベンダアですね, 色リボンの花飾り, 色ルバーシカの男, 色レモン色の濃淡, 色レンズをかけ, 色ワキをここ, 色ンナ関係から急激, 色一体に冴えぬ, 色一定せざるなり, 色一方は慾, 色一時に発く, 色一月に入れ, 色一枚は米, 色一枚絵にさえ描かれた, 色一様でない土民兵, 色一重のぞき浅黄のぶッ裂羽織, 色一面に青し, 色でも見られた, 色にし, 色三つを重ね, 色三色という気, 色三色地鳴きも場合, 色不可愛一切猛悪ことごとく具われる, 色不同にし, 色にありし, 色乃至紅乃至, 色久しぶりで何, 色能盲, 色九分九厘に飲酒, 色五十回以上が黄色, 色ごも, 色交ぜて持つ, 色人五色の人, 色人種の等しき, 色人間の顔, 色も彼, 色今日はわけ, 色仕上がりにできふ, 色仕掛けたァ考え, 色なじみの, 色付けている, 色付ミカン水の瓶, 色付菓子だの, 色付葡萄酒の味, 色似たのは, 色但しその何色, 色平湾, 色体格の大小, 色体温運動をもっ, 色何だか自分に, 色何となく此処に, 色何やら妬ましげ, 色の切れ, 色侍オオ嫌だそんな, 色元結でくくりつける, 色光これらの要素, 色入り乱れて疾く, 色全く失せたる面, 色全体を包む, 色具合がとくに, 色写真化学の研究, 色冴えしを菜畠, 色冴えぬ室には, 色冷光相射, 色愴の, 色凄く憚も, 色出ますから皆んな, 色分明にし, 色分説に賛成, 色別けしてみる, 色別してある秩父古生層, 色別香り別油塩砂糖日頃こういうもの, 色制度の事, 色刺し方の, 色の日七尾, 色剣舞手品などの続出, 色剥げたる厚塗の, 色力勢皆師子に勝る, 色加夫単沽未士なぞと云, 色劣れど筆, 色動いて居る, 色動かし難く吾等一同, 色動作習性各同じ, 色勝ち頭は淡, 色またさま変, 色匂重みいろいろある, 色匂青みの光, 色十四五の少年, 色千紫萬紅ホンとに君, 色死の, 色卓上に運ばれた, 色厚み音調眼の動かし, 色厚氷を懸けたる如き, 色厭世の目, 色友禅の胴巻, 色取られたかけ橋である, 色取るのです, 色取揃えて椎茸, 色受想行識もまた, 色古びた緑金色, 色古りし煉瓦の, 色古浜の着物, 色を示す, 色別の, 色合せの相談中, 色合わせはありゃ, 色同じあでやかなる, 色同じくて敵御方, 色同志に行列, 色同時に現在から, 色同等長短また等し, 色吸う息のも, 色呆けてとりとめなくなった, 色和やかな日射し, 色和尚恋の遺恨, 色和尚様と申そう, 色和蘭風にし, 色咲き立ての菊, 色亭々皎, 色唯黄にて如何にも, 色善き返り言, 色善氣喜氣等は其の, 色四中碗といっ, 色四十八匁八分を更に, 色四大盤といっ, 色四点心といっ, 色図抜けて張り切った, 色国道を走る, 色地模様の襟飾り, 色地縞柄なぞはその, 色地鳴きも場合, 色垂簾で店, 色藍の, 色のよう, 色の伊達, 色墨ン中のてっぽう, 色にしろ, 色声香味触法もなく, 色変えた与惣次は, 色変えちまってその, 色変えてるのん, 色変ずる者は, 色変はりぬる秋, 色変るまで聞, 色変る折り節をも, 色変わったのは, 色変わりたり, 色変幻端倪スベキナシ故ニ霊芝, 色を樂, 色將軍梁冀が, 色大いに薫酔を, 色大変気の毒だが, 色大川の水, 色大気も殆ど塵境以外, 色大輪のカンナ, 色大釜みたいな建物, 色にみなぎる, 色天鵝絨を擦るごとき, 色失い慙汗憤, 色失せて何れ, 色失ふを見, 色夾竹桃や胡桃, 色奉公妻は妾, 色好きの浅井先生, 色好き衣恁る住居, 色好まざらむ男は, 色に妹, 色始め白く後, 色姿までがそっくり, 色子ずれがし, 色子たちが団扇, 色子上りらしくないうぶ, 色子姉崎吉弥だと, 色子姿のお, 色子比丘尼が繁昌, 色子野郎ばかりに眼, 色孤家の裡, 色学上の錯覚, 色定紋つきの羽二重, 色ヲ結ブ, 色実に落付い, 色のゑまひ, 色容愛たく世に, 色かりしより, 色寒い風に, 色寒き里木旅館は, 色寒菊の白黄, 色の屋根, 色寿老人一掛寺僧兆殿司の画ところ, 色封筒の使い方, 色尋常ならざりき, 色小屋へ十三時間, 色小布をつけた, 色小袖に外套, 色存す目刺, 色尽しでおしまい, 色岩波赤銅色の漁師, 色峰続きの松, 色巌端に蒼, 色工合が渾然, 色差しの模様染, 色已残春壮游未脱風流癖, 色市街地の色, 色布沢山の提灯等, 色師たる者の具備, 色常に燃ゆるが如く, 色常盤の緑, 色帽青及黒短衣, 色の組合わせ, 色年増のお, 色年頃なる女, 色幽かなささやき, 色幾百の座席, 色はつい, 色強弱をもっ, 色強烈な配色, 色形そのものの感覚, 色形ともによく, 色形体大きさ, 色形体音その他一切の外物, 色形味はひも, 色形調子が出来, 色形運動光なほ附け加, 色形重量ありと, 色形體大きさ, 色形體音その他一切の外物, 色彩らぬつかね髪の, 色彩りあざやかな紋, 色彩れて鵙, 色彫り化粧彫りなぞ, 色と艶, 色役者は立ち止まっ, 色の血相, 色徒らに大, 色の二法, 色心一如凡聖不二の宗教, 色心不二の見方, 色心不二物心一如の心境, 色心二法をつぐ, 色忍びがはやるっていうからねべらぼうめべっぴんのくせ, 色忽ち変りエイ, 色ろしく, 色思い深い紅, 色の動物, 色性行のやや, 色怪しきまでに青く, 色の色生, 色恐しく射竦めらるる, 色恨みの色, 色息子の菊次郎, 色悦ばざるものの如く, 色悩める風情を, 色悪くはおもわぬ, 色情なからん, 色の萬次, 色惨澹トシテ朔風雪ヲ捲, 色想観である, 色感じを作中, 色態もちがふ, 色しく濡れ漬, 色は慾, 色憔悴して, 色戀ぢやない, 色戀沙汰に出家得度, 色戀沙汰ぢやない, 色我が踏みて, 色手製のお菓子, 色を酷く, 色拉寺中一降魔杵を置く, 色持操人界絶えて, 色には貝殻, 色指環腕環の金玉, 色かつた, 色採りし敗滅と, 色掻き交ぜたらりとよ, 色描き方は, 色揚げしたる編片の, 色摺りの石版画, 色摺中には紅絵, 色摺板本を出せし, 色摺板物の名称, 色摺版画の用いられた, 色摺絵本の中, 色摺絵本中の最も, 色摺表紙に誤魔化し, 色摺錦絵出ると, 色撚って来ました, 色撫子色などの濃い, 色放心の眸, 色に変化, 色をかぞへられる, 色文字は赤, 色があり, 色きて, 色新しき紅の, 色新しく附木を, 色方面まで遡れ, 色旗その他ありとあらゆる旗, 色旗まがいの派手, 色旗空色の洋服, 色日光の燦, 色日加新今朝船入彼南港緑葉紅花冬似春, 色早春の水, 色明きに過れ, 色明く瞳子青き, 色明りは遠い, 色明るい活字すがすがしい, 色明快で場内, 色にきらめく, 色映えてゐる, 色映ゆる海邊とを, 色映り消えも, 色映交わして千本, 色昨日よりさらに, 色時々見るの, 色時代に移つて, 色の光, 色れるあるはやや, 色の光, 色曰く高利貸ぢやらう, 色書きよう焚きしめた, 色替ゆる松風通り風の, 色替りの下女, 色に輝き, 色有れど峻, 色有機的な連繋, 色木綿の打, 色未だ衰へ, 色来り渡辺の, 色東京のもの, 色松蔵は慾, 色松風の音, 色枇杷バナナの暖かい, 色果実の色, 色の姿, 色染まり黄も, 色染みしさえあじきなく, 色染めたらんよりも, 色柔らかな笑い声, 色柿紅葉芋の葉, 色桃花のごとき, 色梅暦で神田, 色極めて奇醜, 色模様名古屋音頭で市村宗助, 色模樣ぢやありません, 色樹木の姿, 色此処の水, 色残燈の灯, 色れり, 色比丘尼に比べ, 色毛布の青い, 色毛糸で編んだ, 色毛繻子の緯糸並, 色の觀方, 色気づいた道楽者と, 色気づくとは彼, 色気高い鼻筋から, 色氣ちがいになる, 色氣十分の男であるから, 色氣拔きと, 色氣狂の魚屋, 色氣違ひだつて二本差しに違, 色も含ん, 色汚れのない, 色沁み冬去, 色沁みた音声で, 色沈々として風, 色沢気抜きの世帯染, 色沢鼻で嗅ぐ, 色沮みて茫然, 色法師と謂う, 色泡だちながら燃える, 色洋服を見る, 色洋燈を身, 色洗心洞塾の門下, 色洽き頃に, 色シ蒂モ微, 色浅ぐろい二十四五歳の, 色浅黄うら, 色海岸のニース, 色海棠ニ似タリ, 色海滔々の情波, 色消え平門第, 色淋しき其笑顔に, 色淡し虎の, 色淡紅茎白色ナリ若シ人コレヲ手ニテ, 色深い美しい顔を, 色深き葉広が, 色深みつつ鶏頭, 色深淵に泳ぐ, 色混沌たる色彩, 色添う濃紅姫, 色清き世を, 色渥丹の如く, 色温泉に宿, 色湧かす大海眺めわたす, 色る, 色であるに, 色たる夫人, 色ひ觸感, 色潤ってぎらぎら, 色潤沢で威神, 色潤沢ニ歯整ヒ且強ク臓腑善ク発達スルモノ之ヲ強壮, 色ではある, 色潮すを, 色澄み切った眼の, 色澄んで伏目, 色澤口を開い, 色紅色の, 色濃き緑に, 色濃しとなります, 色濃やかな鮮やかさ, 色濃紫落ちる太陽, 色り工合, 色瀟洒な縞柄, 色灌木のスロープ, 色のごとく, 色灰色の都市, 色灰鼠焦茶た, 色烏帽子のため樣, 色シ, 色無地剣かたばみを大きく, 色無理に開いた, 色無類でトロイ戦争, 色焼きのみごと, 色焼き出しをもう, 色焼き分けは夢おろか, 色煉瓦をはめこん, 色煤びて眼は窪み, 色照りつける三時過ぎの, 色熔岩の一片, 色熟した瓜や, 色に心, 色燃えしダリヤの, 色燃えんとする, 色がまた, 色たる十字, 色燦然たる, 色ならん, 色を重ね, 色牛肉と鶏肉, 色牡丹女童が跳ぶ, 色牡丹色などのかぶり, 色狂気をさ, 色玉清の氣, 色玲瓏な空, 色玻璃色の薔薇, 色珊瑚の緒, 色らしい五瓣の, 色色滅である, 色現れつれかしこにては, 色すなわち太陽光雲の上, 色球形のスイカ, 色琺瑯製の象, 色で葺かれた, 色生々としてはっきり, 色男子の類, 色界其上の四階位, 色の草, 色異なるは顯現, 色疲れて宛然死水, 色発心は腹, 色發心は腹, 色白く優しげなる, 色白く善く人に, 色白く赤い髮の, 色白みたる髑髏と, 色白りんどうの気高い, 色白鳥の羽, 色焔と, 色皆好きである, 色の別嬪, 色皚然たるも海, 色のもの, 色皮膚の色, 色益々赤く全く, 色の娘, 色盛りあがれ旋盤速む, 色盛男欲しやで, 色盛行の世, 色を驚かす, 色目映ゆきサイダー, 色眉宇に閃めきし, 色看板が並ん, 色真白く透通るほど, 色真綿の肘掛椅子, 色真赤な蕃椒, 色ゆい大事, 色眼それは或いは, 色眼みたいなもの, 色眼瞼の中, 色着いたのが, 色着きて艶, 色着けをする, 色矢絣のお召, 色矢餅の着物, 色衣, 色硝子幾個となく, 色硝子濡るる巷, 色社會の色, 色神霊秘密の気, 色祭奠執行又は田舎江, 色をも加, 色稼業を止め, 色空気で秋, 色にきたり, 色立つと見る, 色笹色に一寸, 色箪笥の何処, 色籠りたれば暗, 色のマスコット, 色糸みなもつれ, 色糸入で前, 色系統の衣類, 色紅くかなしき苺葉かげより, 色紅しわつと, 色紅黄橙褐色青緑紺藍空色黒などまるで, 色紋付の羽織, 色紋縮緬の被布, 色やモール, 色の白き, 色紫山吹の落ち着いた, 色細い長い眼低く, 色細かい細かいしわまでも, 色細工などには気がつかず, 色寒猶, 色結構綺麗さ, 色絨壇のよう, 色絵具なしに, 色絶世で今出川北御門, 色絹天鵝絨もて飾れる, 色絹行商人交通巡査の大, 色の晴着, 色継ぎや皮革, 色綸子の被布, 色綺麗に分けた, 色緑白地にそれら, 色緑葉の香, 色と音, 色に未, 色は昔, 色縮緬統括めて云え, 色縹緲の間, 色繋テ且ツ久シ性極テ肥, 色の日傘, 色繻子の帯, 色繻珍の丸帯, 色羅漢八体を安置, 色なりと叫ぶなり, 色美きが又さる, 色羽ネの矢, 色羽根や花, 色羽織が流行, 色の穴, 色耳環の光, 色聞香味触の, 色聲香味觸法の十二, 色にながれ, 色背広の押, 色胡麻塩の濃い, 色胴衣が, 色の乘つた四肢, 色の浅葱, 色膝きりずぼん, 色艶つまりは栄養, 色艶堅固なる瑞々しき, 色艶屈托に曇り, 色艶確かにあれ, 色艶骨相までが最初柳島, 色芝木芝草芝石芝肉芝の諸, 色芝生鬱蒼と緑, 色花びらを接ぎ合わせた, 色花火を撒, 色花神などの名, 色花蓋六片の中央, 色若しくは三色の, 色若衆一人は裸体, 色若衆殺しが相, 色に糸, 色茶屋の取り払い, 色草刈籠のきりだめ, 色草木の様子, 色菓物の煮た, 色華やかなモダーン, 色がゆれる, 色葉面に白斑, 色る春, 色蒲鉾を並べ, 色蒼き男の, 色蒼ざめた虚しさ, 色蒼ざめたる首の鐵格, 色蒼ざめたれど楽しげ, 色蒼ざめたバサウリュークの姿, 色蒼ざめた切迫感が言, 色蒼ざめた変に落ちつかない, 色蒼ざめた天竺の赤脚仙, 色蒼ざめた感じであつ, 色蒼ざめた支倉の細君, 色蒼ざめた旅人たちが二輪荷車, 色蒼ざめた顔を上下, 色蒼ざめてこゝにあるを訝りて, 色蒼ざめてぶるぶる震え半ば気, 色蒼ざめて千代田城を退出, 色蒼ざめて心冷なるは, 色蒼ざめて戰くばかり, 色蒼ざめて杯を執る, 色蒼ざめて病人のよう, 色蒼ざめて襤褸外套の背筋, 色蒼ざめる心地がし, 色蒼ざめ双の目, 色蒼ざめ唇をきっと, 色蒼ざめ活気のとみに, 色蒼ざめ盃をもつ, 色蒼ざめ眼のくぼんだ, 色蒼ざめ頭を垂れ, 色蒼然たり, 色蒼白くありし昔, 色蒼白めて戦きぬ, 色蔽うべくもなく, 色蕃椒屋のある, 色薄う揺れて, 色薄きかなしみの, 色薄し黄埃散漫として, 色薄らいだ陽差しが, 色薄尾羽にあらはれ, 色の毒, 色の声, 色血痕臭気に至る, 色表情の一面, 色表現としての真実, 色ふるに, 色衰えず淫心しきりに, 色衰え味が劣っ, 色袈裟をかけ, 色裾模様の三枚, 色複雜な色, 色褪めし達摩像, 色褪めたるものまた, 色褪紅色の無地ちりめん兵古帯, 色見えたぞ, 色見えてこや名, 色見て取りたり, 色見物とその, 色親仁を視, 色言葉も恐, 色許男大神を以て斎く, 色なども数えられよう, 色讐共じゃが対手, 色のお, 色無色貪, 色を見ず, 色赤うして, 色赤ければ女, 色ける, 色赫奕たりし, 色走りつつ子ら, 色に額, 色足どりでその, 色足袋三角の下駄, 色身内のほてり, 色の行き, 色に沈み, 色やきて, 色辛口という, 色辞むべくもあらず, 色辭むべくもあらず, 色瞭り, 色迦王と仏典結集, 色透くがいと, 色の浸, 色酒財氣と連ね, 色酔えるがごとく, 色醒めてどう, 色の相, 色重き鉄のに, 色重ねの利かした, 色は夕, 色野菜を四色, 色金紗の羽織, 色金色は真似られない, 色金髪をし, 色鈍き幽鬱の, 色鉄色黒白混色等ありて, 色銅板の表面, 色になげく, 色に似, 色閉口して, 色に聞, 色附き冬は, 色附きたるはその, 色附けを手伝っ, 色附けられたものであり, 色附けられる無色の, 色附場の六棟, 色随分おもしろい世界, 色雑多な液, 色の音, 色雪白色および空色, 色雪輪なん, 色の布置匂, 色雲雀が子, 色電氣を浴びた如く, 色霜枯れの野, 色青ざめし金盞花, 色青ざめゆくを下女ども, 色青ざめる女院に, 色青ざめ疲れきり前に, 色青ざめ見る間に, 色青じろう影やせ, 色青白の茉莉花, 色青箔常色等, 色青苔の如し, 色青菜の影, 色青黒きいやしげなる, 色青黒く石の, 色青黒しという異例, 色面白い二つの, 色の性質, 色音味匂温覺, 色音影声言葉線運動という風, 色の広告, 色に出で, 色頸筋の皮膚, 色の形, 色顔色がよく, 色はる, 色顴骨稜々とした, 色風呂敷の黄色い, 色食二欲という極めて, 色まで黒く, 色飽くまで黒く濃い眉毛, 色飽く迄黒くアラビヤ人風, 色飾花をもつ, 色餓飢道畜生道を通り越した, 色餓鬼どもが我, 色香る泡沫, 色香味のある, 色香味等の表象複合, 色香音といふもの, 色馨る唇よせ, 色馨香味触法も無く, 色駒子の胸, 色骨格身長など明細, 色蒔繪いくらか, 色高い鼻精練された, 色の若, 色鬱蒼とこの, 色の手, 色魚子の羽織, 色鯖色淡黄色, 色の肌, 色宿禰が, 色青いろ, 色鹿の子のふくろ字, 色の村里, 色の色, 色黄色ニ見ユル, 色黄色緑金色の色合, 色黄褐で香気, 色黄赤にし, 色黄金色ととりどり様々, 色黎明の薄, 色黒い面白い赤坊で, 色黒うして, 色黒し挙げて, 色黒ずみて鮮, 色黒ばばさんと, 色黒み落葉を誘ふ, 色黒み骨立ち一目, 色黒ろきこと印度人, 色黒男にはならなかつた, 色黝然たらん, 色鼓草を私, 色に朽葉黒, 色の都, 色龍騎兵大尉の軍服