青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「良人~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

船~ 船長~ 船頭~ 艇~ 艘~ 艦~ 良~ ~良い 良い~ ~良人
良人~
~良心 良心~ ~色 色~ ~色々 色々~ ~色彩 色彩~ ~艶 艶~

「良人~」 4353, 47ppm, 2486位

▼ 良人~ (1364, 31.3%)

23 顔を 14 ために 10 手に 6 ことを, そばへ, もとへ, 姿が, 心を, 方は 5 前に, 姿を, 家へ, 愛を, 方へ, 耳に, 胸に, 言葉を, 顔が 4 ためには, ように, 帰りを, 心に, 心の, 方が, 方で, 方に, 気を, 許へ

3 [29件] ある身, いいつけ, ところへ, もとに, 前へ, 友達の, 名を, 外に, 家に, 弾正は, 愛に, 手を, 持てぬ事, 方には, 方を, 歌に, 留守に, 留守を, 眼を, 肩に, 背を, 腕を, 自殺を, 言葉に, 言葉は, 許に, 遊ばす事, 面を, 顔の

2 [83件] うしろへ, ことばが, この言葉, そばに, そんな癖, つらく當, ところに, ほうが, ほうへ, も遊ぶ, 万吉の, 不名誉に, 世話を, 世間の, 了簡は, 側に, 側へ, 傍へ, 傍を, 出世を, 友人で, 口に, 声に, 声を, 天皇たる, 妹を, 姓は, 姿に, 姿は, 孟獲, 容子に, 居間に, 居間の, 強い意志, 役を, 後に, 後を, 忠興の, 悪い癖, 情事を, 意志を, 意見に, 愛が, 愛と, 手が, 手前が, 手紙が, 文章に, 方から, 方の, 方も, 机の, 様子が, 横顔を, 機嫌を, 死ぬこと, 死後, 母に, 気もちを, 気分を, 注意を, 浮気を, 為に, 為めに, 生死も, 画家も, 留守の, 相良寛十郎と, 穿き古し, 肩を, 自白, 親友であり, 許しを, 話が, 話に, 起るの, 辷つた格好, 青木は, 面目を, 頭の, 頼春を, 顔と, 願いも

1 [943件 抜粋] あそびが, あとから, あなた様に, あらわれるの, ありよう, あること, あるわたくし, ある程度までの, いうこと, いないとき, いない一家, いのちは, いるとき, いる部屋, うしろ姿を, おそば, おもかげ, お嫌い, お胸, かたわらに, が正, こころざしを, こころを, ことじゃがな, ことである, ことは, ことばに, ことばを, こと子供たちの, この持ち前, こわい髪, したこと, そうした仕方, その声, その方面, そばから, それは, そんな道化, ためぞと, ための, ため子供の, ため良人の, つらく当る, ないはず, なさること, に聞いてた, ひととは, ふたたび帰る, ほかに, ほか何ものも, まわりは, もとには, ものと, ものを, よいところ, よりもさらに, わきの, アウネスト・ブラドンは, アパートの, アンリイは, キスは, コートの, ジュッド医師には, ジュッド氏は, ヘンリイが, ベラ, マリに, リュイスが, ロジャー氏と, 一人である, 一族の, 万吉が, 下で, 不在に, 不在中, 不幸である, 世に, 世話は, 世間並な, 両親や, 主人である, 乗る船, 事などを, 事以外は, 事業と, 云ふ, 亡きあと, 人も, 仇を, 仇申訳相立たず, 介抱を, 仕事すべて日常の, 仕事に対する, 仕事の, 仕事感じ, 仕打ちでない, 仕業を, 令息も, 任国へ, 任地へ, 伴侶として, 位牌また, 住む岸, 体として, 体中の, 何事も, 使いを, 係りでは, 俊基は, 保養の, 俤が, 倉吉と, 側室の, 傍に, 僅かな, 働きを, 元成が, 元祐, 兄たちとも, 兄といふ, 兄君からは, 兄弟同様の, 兇死に, 兜を, 兵士さんと, 其人も, 内助に, 内部を, 円転滑脱な, 冷酷を, 処置を, 出るまえに, 出先に, 出発した, 前でも, 前身や, 剥き眼, 劉表へ, 力を, 動静については, 勝頼へ, 十内に, 半分の, 危急を, 原稿は, 原稿を, 及川の, 友へ, 友人では, 友人を, 友達などに対する, 叔母御, 受けた結果, 口調には, 古い半面, 同僚の, 名です, 名は, 名や, 向くほう, 呆ん, 味覚は, 味覚談義が, 命だ, 咽喉の, 唐突な, 啓三が, 喉に, 喪も, 嘉右衛門が, 地盤という, 埋葬を, 堀が, 堂助は, 場席を, 墓を, 声が, 声とを, 声なり, 外出の, 夢さえ, 大事について, 大伴侯爵をも, 大炊が, 大酒, 大難を, 奴隷では, 好人物さや, 妻たる者を, 妻である, 妻として, 姉妹が, 姓に, 姦淫を, 姿にも, 姿勢が, 嫡男と, 子供が, 子供という, 孝心は, 孫策を, 安否を, 実の, 宮の, 家には, 家へは, 容体では, 容体の, 容子を, 寝床を, 専攻である, 尊敬に, 小切手帳は, 小山も, 小皿へ, 居ない昼間, 居る所, 居間で, 山岸との, 岩矢天狗です, 岳神も, 左側に, 巻き添えを, 帝を, 帰らぬ旅立ち, 帰りし以来, 帰るまでを, 帰宅に, 帰朝まで, 帰還を, 常蔵に, 年と, 幸治の, 広い机, 廻りにより, 弟と, 弥右衛門は, 形体は, 影が, 影は, 影紙障, 後ろに, 後姿を, 御同意, 御眼, 復り, 心づくしの, 心には, 心持が, 心持とは, 心持の, 心理は, 心配は, 忠告も, 忠興は, 思うこと, 急を, 性癖に, 性質は, 性質を, 怪我を, 恥辱に, 悩みは, 情愛が, 意を, 意志など, 意気地なし, 愛の, 愛は, 愛情の, 態度が, 懐中時計が, 戦歿後しばらく, 戻った形跡, 扇折り, 手には, 手の, 手の甲へ, 手紙には, 手紙を, 技師が, 拙者の, 拳銃で, 掌の, 放蕩で, 政治関係で, 敗北と, 教忠卿は, 文章は, 方にこそ, 方打ちながめ, 旅に, 旅行中過ちを, 日常を, 日置大炊は, 早坂が, 晴れの, 書いた作物, 書信にも, 書斎に, 書斎へ, 曾我部兵庫は, 服部治郎左衛門元成も, 朝暮の, 本心だったろう, 本能か, 東京より, 枕辺へ, 果報を, 梅軒の, 椅子の, 様子を, 権だ, 権利や, 権力の, 横の, 横須賀より, 歓びを, 正司には, 正彦は, 正成は, 正成良人の, 歸つて來る, 死の, 死んだ知らせ, 死因に, 死後の, 死後も, 死後自分が, 死後長く, 母と, 母の, 気の, 気もちが, 気性を, 沈むほど, 治郎左衛門元成だった, 泡鳴氏が, 注意が, 洋服を, 活動力を, 浦人が, 浮氣とか, 消息を, 涙を以ての, 深厚なる, 渡辺小左衛門は, 満足感は, 濱島に, 為母と, 無遠慮な, 煮えきらない容子, 父とを, 父幽斎細川藤孝の, 父親と, 狂暴な, 狩衣から, 琢磨氏とが, 生々として, 生前から, 生活とは, 生活に対する, 生活態度にも, 申しますには, 男性らし, 画家に, 留守ひとりで, 留守護る, 疑いを, 病と, 病床へ, 病弱二児の, 病気は, 痩せ細った若い, 監督だ, 目の, 相良さんお前さんの, 相良寛十郎さんに, 相良寛十郎であった, 相良寛十郎にも, 看病を, 県令であった, 眼つきか, 眼には, 眼付の, 着が, 知識を, 磯五さんに, 社会的権利の, 秀吉が, 私を, 私以外には, 立て籠る城, 立場を, 立身出世を, 素志を, 素行に, 経済的不幸や, 絵の, 罪を, 義務を, 義経に対する, 翳に, 老母は, 老父を, 耳にでもは, 耳もとへ, 職業を, 肉親は, 肌着に, 肘を, 背中で, 背後の, 胴を, 胸の, 胸も, 腕に, 腕の, 腕時計の, 膝に, 膝へと, 膳を, 舞台姿に, 船が, 良識に, 若い日, 若い肉体, 苦い顔つき, 英語が, 荷物を, 葬儀を, 蔭で, 藤吉郎であった, 行先は, 行動と, 行方不明が, 行為の, 行状を, 衰弱は, 袖の, 補佐が, 親への, 親友を, 言葉が, 言葉や, 記憶力と, 許をも, 話から, 話です, 語られない不如意, 読経も, 貞操の, 貞操をも, 貞潔を, 資格によって, 赴任先で, 足と, 跫音を, 身まわりばかりに, 身を, 身辺に, 身辺の, 軍は, 辰馬の, 追想など, 通るの, 通有性といった, 遠祖も, 選択権を, 遺骨を, 部屋へ, 郷里に, 醜い死際, 重吉は, 重病を, 長い留守, 長政と, 長政を, 隣に, 雉六は, 雨露次が, 霊が, 非行を, 面会も, 頑固な, 頭脳の, 頼春のみか, 頼春は, 顏にもか, 顔いろ, 顔から, 顔に, 顔へ, 顔色の, 風評など, 食通ぶりが, 養家伊賀の, 首級を, 骨を, 髪の毛た

▼ 良人~ (442, 10.2%)

6 死んで 5 あるの, 帰って 3 それを, 九州の, 自分を

2 [27件] あると, いろいろと, 云ふと, 亡くなってから, 他に, 何を, 刃物を, 外国から, 家に, 市街の, 戦死し, 手を, 机の, 正直だ, 死んでから, 病気に, 短刀を, 箔の, 自分の, 藝者狂ひなさらう, 見て, 言つて十時頃に, 話して, 責任を, 途中で, 遠洋航海から, 面白が

1 [363件] あったかって, あったの, あっても, あつた, あの通り, あまりにまじめ, あまりに胸高, ありましょうか, ありますから, ありますが, あり年, あり過て当り, あるかと, あるならと, あるん, あんまり正直, いいし, いいったって, いいねと, いい若, いうこと, いかに欣, いくらおしえ, いつまでも, いないと, いまにも, いまはからず, いよいよ御, いよいよ戸, いよいよ来着, いらっしゃる方, いる, いるが, いる子供, いる生活, いわゆる立身, うれしいの, おいでに, おできに, お仕置に, お宅, かく曰つた, からかってから, こういった, この子, この梅干, これまで, こんな不見識, こんな男, さっきから, しきりに頭痛, すぐうしろ, すでに病床, そういうの, そのよう, その事, その子供, そんなに新子, そんなふうにほし, そんな女, そんな点, たずねる, ただ恥ずかしい, たとえおし, どうして居るだらう, どこに, どこにも, どこへ, どんなに惚れ惚れ, ない, ないこと, なにも, ならないと, ふた月, ほかに, ほしい良人, めずらしく今夜, やってきて, やって来た, やつて, よく配偶, わずか張り, わたくしを, ゐるが, イヤに, シントーイスムで, ダンス場や, トランクや, 一心を, 一時性の, 一緒の, 丁度その, 万能に, 三十余年前に, 上位から, 不在で, 不実で, 不自由な, 不賛成で, 与次, 世にある, 世の常の, 中川さんへ, 乗った稲葉丸, 乗り他, 事の, 二人ある, 二人いる, 二度目のを, 云う, 云つた, 云ひました, 云ふ, 云ふも, 亡くなった時, 亡くなられてから, 亡くなり自分一人, 京都へ, 人が, 今に, 仏蘭西語で, 仕官する, 他の, 会社に, 何う, 何といおう, 何ん, 何処か, 何等の, 作らせた物, 作家である, 兇器を, 先日貴君の, 入って, 入らうと, 冗談に, 冗談事に, 冷静な, 凧を, 出かけて, 出して, 出て, 出勤した, 出征し殺された, 出征の, 出来れば, 分らなかったのよ, 利益を, 前へ, 勝ち誇った妻, 勤人だ, 単に養女, 原因の, 取引上の, 可哀そうだ, 名誉を, 君公から, 呼び返す声, 呼んで, 命じると, 哀である, 嘗て遊んだ, 國家の, 國電の, 在廷し, 坐るも, 埋められた時, 声を, 外交官という, 外国勤めに, 夜遊びを, 大変でございます, 大変な, 大変よろこん, 天に, 失業つづき, 奥様の, 女房の, 好まないので, 好物だった, 如何なる仕事, 妻に, 妻の, 妻を, 姉の, 姿を, 字を, 安藤を, 室内へ, 家の, 家計を, 小さい佛壇, 小川村に, 小煩い時, 少しでも, 少年の, 居ないの, 屈従させ得た, 山へ, 左右から, 左様いう, 市長に, 帰えっ, 帰ったらお, 帰ってから, 帰りましたから, 帰りましたらば, 帰りませんから, 帰朝しまし, 常にも, 常磐座で, 庭へ, 庭園の, 延ばして, 強制する, 彼女を, 心ざし, 心を, 心得て, 心根に, 心根にくく, 快りき, 快活な, 怒って, 怪我人を, 恥じて, 息も, 悦ぶでしょう, 悪い酒癖, 悪鬼羅刹と, 惜しまれる腕, 想われて, 愈, 意地を, 意気地なし, 憎まれて, 戦に, 所為のを, 所爲のを, 折から, 折れて, 持って, 指図し, 振向いた時, 摂政太子の, 支那名を, 政界に, 新しい結婚, 新子を, 旅から, 日常の, 日華事変の, 日課の, 旧知の, 昨日子爵家に, 時々挫がれそう, 暇と, 来て, 来ること, 来合せて, 案じるので, 欧洲へ, 歐洲へ, 死ぬか, 死ぬと, 死んだ, 死んだか, 死んだため, 死んだとしても, 死んだ後, 死んでからも, 歿した, 残って, 毎々御, 気の毒で, 気の毒でならない, 洋行しました, 洗いざらい持っ, 洲股の, 流刑に, 海を, 清子を, 漁る海, 無力であれ, 無能の, 父の, 物見遊山は, 物足りない以上, 甘いとか, 生きて, 田舎へ, 甲板から, 画家である, 留守な, 留守なら, 病める妻, 直接に, 相續, 知りあいだった, 知りま, 知恵を, 祭に, 私との, 私を, 稀に, 突然死んだ, 立って, 立つ腹, 立て替えて, 笑いだして, 笑いましたので, 笑った時, 米国の, 素直であれ, 経済学者の, 縁故を, 罪に, 羊の, 美しく若く華やか, 翌日高利貸の, 肺病で, 腹を, 自分たち妻子へ, 自由に, 舷から, 芸者狂ひなさらう, 若いおり, 苦い顔, 菅家なれ, 藤原氏なれ, 蟹の, 見かねて, 見付けて, 見栄と, 見立てて, 親友の, 言葉に, 討死の, 許して, 誰にも, 責任感から, 貴嬢, 辞書などを, 迎えに, 逗子の, 這入って, 達者で, 選んだ, 酒浸し, 鎌倉表へ, 開くと, 陸軍の, 雨戸を, 非常に, 鞄を, 頭を, 食べて, 食卓で, 食物に, 驚くべき性格, 骨を, 高利貸に, 鼻の

▼ 良人~ (438, 10.1%)

7 なって 6 して, 向って 4 死なれて 3 なる人, なろうと, 代って, 向ひ, 對し, 未練は, 言った, 訊いた, 話して

2 [14件] なるひと, わかれて, 不平を, 云はれた, 作られた其喜び, 内密で, 復讐する, 死別した, 然る, 覗かれては, 言つて居た, 訊きました, 逢ひたいと, 限って

1 [360件] ああ云う, あたる者, あてて, あわせる顔, いいつかったこと, いまさら逢, いやな, いろいろと, いわれて, うそを, うちあけた, うち明けた, うつそうと, おかえんなさい, お別れ, お助けられ, お持ち, かくして, かしずくこと, かしずく事, かわって, きいて, きらわれて, きらわれ子供一人, こう云われる, ことごとく与え, この後光, これを, ささげましたものの, させたいと, させて, しがみつきながら, しがみつきましたが, したが, したこんな, したてる若い, したと, したもの, したよりは, しても, しました, しようと, しようとは, すてられた女房, すてられて, する, すること, すると, そう云われ, そっくりだった, たすけ引かれて, たぶらかされたと, たよって, つかまって, つきまとうこと, つづいて, つれそう家事的, つれそって, つれられて, とがめられて, とられて, とりての, なったの, なっては, なりうるでしょうが, なりたいん, なりたければ, なりました, なり得たの, なり終る惧, なり誰, なること, なる奉行, なる日, なる男, なれるの, はげまされて, はやく時子, ひかれて, ひどい目, ぶつかって, ほめられた, みせる奥様, みとられながら, もつ女, ものを, よく仕え, よく似た, よく肖, わかれ三度目, わたしが, コーヒを, サービスする, レオナルド・ダ・ヴィンチとの, 一日一合の, 一生涯迷惑を, 一臣下の, 与えられて, 丸田を, 予言した, 事情を, 云いました, 云った, 云つた, 云つて居た, 云ひ附けられました, 云われ命ぜられるの, 人工心臓の, 仕えて, 付いて, 代った, 仰しやつ, 仰向けながら, 会うこと, 会うて, 会う事, 会っても, 伝えて, 伴れられ, 何か, 何と, 侍いた, 侍く, 侍り, 供えつとめて, 信頼を, 先立たるるより, 先立たれた叔母, 先立たれて, 先立れ, 全生活, 冊けよ, 再会し, 別れた, 別れただけ, 別れたり, 別れて, 別れ不治, 別れ居りし妻, 別れ生涯住所, 助力も, 勘づかれたり, 勧めましたけれども, 勧められて, 叱られたの, 叱られるやら, 叱られるん, 同情も, 向い何, 向かって, 向っても, 向つて調和的, 呟いた, 味方する, 唇を, 問うた, 喰って, 囁いた, 声かけた, 変な, 変るとしても, 変わるかは, 外で, 大事な, 奉つて, 女房の, 妻子の, 嫁した, 宛てて, 寄生し, 寝つかれて, 対い, 尋られる, 導かれて, 尽くせ, 左翼女優の, 幻滅を, 引合わせ翌日, 強請りました, 彷徨され, 彼は, 後顧の, 従えだの, 従って, 従属もしくは, 復讐し, 忘れて, 思い出させた後, 恐る恐る頼ん, 恥じぬ若人, 愉快な, 愛され子, 愛され母, 愛情を, 愛想を, 感じる憎悪, 戒められたり, 戻った, 手渡した, 打ら明けた, 打明けて, 打明けるべきであった, 扶けられ, 承認される, 拠って, 持たせた, 持ちし思い, 持ったと, 持って, 持つべき第, 持つ美貌, 持ては, 持てば, 持とうとは, 挨拶した, 捨てられたの, 捨てられた状態, 接して, 接吻させ, 揺り起されました, 撲りつけられた腹立ちまぎれに, 支配され, 断言した, 書かうとして, 會ふ, 棄てられ水車小屋, 構わず私, 欲するもの, 欺かれやがて, 此の, 死なれたという, 死なれた婦人, 死なれてから, 死なれても, 死なれ子, 死なれ生れて, 死にわかれましてから, 死に別れたあと, 死に別れただけで, 死に別れて, 死に別れ子, 死に訣れ胎児, 死別し, 死別れ, 殉じる覚悟, 残されて, 比して, 江連加賀守と, 没頭する, 法律上の, 注意した, 浴せかけた, 添うは, 済まないの, 済まないやう, 済みません何処, 渡しわたくし, 満足する, 満足を, 牧瀬の, 猟に, 獅噛みつい, 甘えたよう, 甘えるよう, 申したの, 相談する, 相違ない, 着せるの, 着替えさせ, 知られじ知らさじと, 知れただけでも, 知れると, 碁を, 示しつつ, 神秘めいた, 禍いを, 窮屈な, 笑いかけそれから, 笑われて, 笑われましたが, 紹介し, 絞殺された, 絵を, 絶対に, 絶縁状を, 縁あっ, 縋りて, 羽織を, 腕を, 自分も, 良人に, 苦労かけず, 苦情を, 薬を, 薬買う, 蛍雪が, 行きづまるのが女, 見える, 見せました, 見せるの, 見捨てられては, 解って, 言わせた方, 言わせると, 訊いて, 訊ねた, 討たれて, 訓練され, 訣れてから, 詑びた, 詫びきれない心地, 話しかけた, 話しも, 誘はれて, 語って, 説明した, 貞節を, 負けて, 負ぶさる頃, 買って, 賛成を, 贈るので, 赴こうと, 起こされたの, 身を, 近づけた, 追いすがって, 追附い, 逝かれてからという, 逢いたいという, 逢うの, 逢った時, 逢った話, 逢って, 逢わせて, 連れもどされて, 連れられて, 連れ添って, 連添ふ, 遅れぬもの, 選ぶの, 選んだ眼, 選んで, 邪魔物扱いに, 金を, 鉛筆で, 長年仕え, 附いて, 随い, 離れて, 非ずして, 非常なる, 非行あれ, 面会した, 頼んで, 顔が, 顔向けが, 願いて, 願ふて, 食って

▼ 良人~ (421, 9.7%)

4 それを, 私の, 自分の 3 あつた, 一昨日より, 彼女の

2 [17件] ないと, 云ひました, 今宵も, 何の, 何処に, 例の, 外の, 妻を, 小格子, 彼女に, 我を, 戦死し, 梅毒であり, 私が, 私に, 足の, 電話口で

1 [366件] ありがたい, ありながら, あるが, あんなだし, あんな人, いくらか猫背, いつしか一人, いませず, いやしくも大, いよいよこの, うなづきて, お二人, お怪我, お高, かう云つて, かえるもの, かくも, かなり派手, きっとうち, きびしい修行, ことし四十二, このこと, このごろ妙な, この時, この若妻, ごく自然, ごりごりした, さっきから, さほ, さも可笑し, しきりと, しきりに馬, じっと私, すべてを, そういっ, そうであった, そう気難しゅう, そのうち, その一部始終, その妻, その時, その相談, その資格, そりゃ正直, それが, それで, それどころか小豆坂, それ故, そんな怪物, そんな毀誉褒貶, たうとう, たえず家, ただ子供, たとえご, たまたまきのう, たよりなく, ちょっと手, ちょっと私, とにかく今日, ともかくも, どうした, どうしない, どうするでありませう, どうせもう離れ, どんな人, ない, なお直垂, ひとつの, ひどく顫, ひろい背中, ひろ子たち仲間の, びッくりし, ふたりだけに, ほんとうに, まず男の子, また妻室, また良人, まだシベリア, まだ帰らない, まだ来, まだ生き, まだ若う, まるで生れ変った, みんな外からの, むしろ好意, もうタマーラ・イワノヴナ, もう充分, もう初老, もう眠っ, もと私の, やがて十五日め, やさしい人, やっぱり甘く, やっぱり良人, よく, よくこう冷やかした, よくよく選ばぬ, よく失敗, よく手紙, より健啖, ろくな手柄, わたくしが, わたしが, わらわを, コロンビア大学に, ダラシなくなり, フリイデマン氏にも, ルソンです, 一たん私を, 一二度遊びに, 一寸私, 丁寧に, 三高の, 不愉快な, 不機嫌に, 両国の, 予め用意, 二回戦で, 二階で, 云いました, 云った, 云つた, 云つてました, 云つてピガルの, 云つてピガル廣場から, 云つて居た, 云ひぬ, 互の, 人の, 今に, 今夜桐沢さんの, 今黄海, 何を, 何時も云つて, 依然として, 健康で, 僕な, 元は, 其傍に, 其処へ, 其博覧会の, 其等の, 其處へ, 内に, 冷静に, 出たが, 函館後は, 初島の, 前から, 前面に, 化粧も, 区役所の, 医者を, 半信半疑の, 南条竹之助様と, 叫び声を, 吃って, 吉岡さんの, 呉王の, 和やかな, 唐の, 唐代の, 喜んで, 四五日前から, 四十も, 土よりも, 執事の, 夕餉の, 外に, 夜更け, 大へん, 大事に, 天妻は, 女中に, 妙に, 妻に, 妻に対して, 妻の, 嫌ひなのよ, 学識卓絶経綸雄大侠骨稜々の, 宇都宮から, 定めて, 室内に, 家へ, 家庭の, 家庭外の, 寝も, 寝癖の, 寺院の, 小さい洋間, 小出様の, 小康を, 小舞, 少くなかった, 帰って, 平素牛肉などは, 年を, 幸福で, 座に, 座敷へ, 弁当箱を, 弁駁します, 引っ込み思案で, 張出しの, 強情よ, 彼女を, 後に, 後を, 後顧の, 得意な, 御存じの, 微笑し, 心の, 心を, 思はなかつたであらうか, 思慮深く, 怪しからん人物, 恐しい, 悦びいさみ, 意に, 意中の, 意味を, 或は叱つ, 或る, 戦場に, 戦陣に, 戸が, 戻つて, 手真似で, 手紙を, 打笑い, 持たぬと, 持ちきれない, 持ちませんよ, 放蕩を, 故郷に, 教育家です, 斯う, 新聞を, 方針が, 旅へ, 既に外出, 日本に, 日本領事館に, 早く支那酒, 早く起き, 昂奮し, 昨日来た, 昼間の, 書斎の, 朝から, 朝の, 朝はやく, 李茂という, 柄杓を, 梯子を, 極めて惜しい, 次の間で, 次第に立身, 正直に, 此地の, 此若い, 死ぬ前, 死んで, 殺され子, 毎夜此処に, 毎日嬉し, 気の毒そうに, 気短で, 水に, 永久に, 汝よりも, 泥棒にまで, 洋行を, 浴室で, 深く衾, 清子の, 温厚しい, 溺死し, 滅多に, 漢詩を, 潔い遠慮, 無心の, 無理である, 煙草をのみに, 物色した, 猟を, 珍らしい, 生来の, 用事が, 留守で, 病いの, 病気に, 病院長わたしは, 皆醜い, 益, 盛んに, 直ぐ此処, 相かわらず笑い, 相当腕, 眉を, 眼を, 矢張り元の, 社へ, 禁裡様方の, 福井市に, 私と, 私よりも, 秋雄であった, 窓から, 笑いながら, 笑って, 終るもの, 結婚後始め, 結核が, 綺麗な, 縁あれ, 縁側に, 美くしい, 美事家を, 老禰宜, 聞いたか, 聞きました, 肝を, 自分が, 自分を, 自分丈を, 自殺を, 興味を, 良人で, 良人である, 良人でございましょう, 良人として, 良人とて, 良人妻は, 英国士官でした, 落魄れてこそ, 蝋燭を, 言って, 訊ね出した, 評して, 語つた, 誰かと, 誰とでも, 誰よりも, 越えること, 軍醫中尉で, 近衛家に, 逞ましい, 遠征を, 酒と, 酒一ついただきません, 酒場へ, 鈴木厚という, 長羅, 門の, 静かに, 頼母様の, 額と, 顔を, 食を, 食通として, 高貴な, 鶏の, 黙つて, 黙つて物

▼ 良人~ (391, 9.0%)

8 愛して, 見た 4 もって, 失った妻, 待って, 持つ身 3 ば持ませぬ, 持つたので, 誹るは

2 [16件] なくしてから, 不足に, 呼んだ, 命の, 失なひ, 思う心, 愛すること, 愛慕し, 扶けて, 持って, 捨てて, 敵に, 理解し, 自分の, 訪ねて, 追慕し

1 [318件] ある突然, あんな女, いかにし, いっしょに, いつも改めてそう見直した, えらびよい, お持ち, お捨て, かき抱いて, こうも, ころし父, して, すて, せめた, そういう風, そんなにも, たずねて, たぶらかした覚え, だましたの, つかまえて, つかまへて, とび越して, どういう態度, どう思う, なくし子, なだめて, にくむよう, のこして, のっぴきならぬ, ののしった, のろうそもそも, はじめその, はじめとして, はじめ一族の, はじめ三浦一族の, はじめ多くの, ば裏切らせる, またその, まるであきらめ, まるめて, みては, もつ妻, もつ妻たち, もつ年齢, もつ若い, やさしくにらんだ, よく満足, オオミタカラと, キッと, パリに, ホバクされた, 不幸に, 世に出したい, 中に, 主に, 予想する, 争い主婦, 亡くした妻, 亡くした若, 亡くしてから, 他人の, 促して, 信じて, 信じ切り良人, 信頼する, 兄とも, 兄を, 先立たせた未亡人, 全く無視, 全財産, 再び世の中, 凌圧し, 出迎えるという, 刺され第, 刺し殺したり, 助けるため, 励まし世帯, 包むよう, 十重二十重に, 取っちめて, 叱, 呪おうと, 呶鳴った, 呼びて, 呼び起こした, 呼ぶの, 呼ぶ彼女, 咎めて, 喜ばせたの, 喪うという, 喪った人, 大事に, 天下一大きゅう, 夫人は, 失った, 失ったと, 失ったという, 失った上, 失った中年, 失った女, 失った女性たち, 失った老婆一人, 失つた年の, 失なひたる, 失ひその後, 失われた, 失望させ, 奪われたその, 奪われた妻たち, 奪われて, 奪われる, 妻を, 威嚇し, 婿に, 嫌いぬいて, 嫌に, 嫌ひぬい, 嬉しく思った, 守って, 定めずして, 宮の, 害するという, 寝所へ, 崇拜し, 師として, 弁護し, 弁護する, 引とめ, 引廻し気味に, 彼女は, 待ちがてに, 待ち侘びて, 待つて, 待つ四年, 待受けて, 得たという, 御覧なさい, 心持の, 忘れるく, 怒らしたり, 思い出した, 思い子, 思い直させた彼女, 思う一図意, 恋い恋いて, 恨み深い, 想像し, 愛しその, 愛した者, 愛するし, 慕って, 慰めようか, 慰めるつもり, 懐ふ, 懷ふ, 戦に, 戦争で, 手離した, 打ったという, 扱い馴れた, 択ぶの, 択ぶの能力, 択んだら十人, 抱いた, 抱きかかえた, 招ぶ, 持たうと, 持たせ姫君, 持ちたいその, 持ちたいと, 持ちたいとか, 持ちて, 持ちながら, 持ちませんと, 持ちロンドン, 持ち何人, 持ったこと, 持ったという, 持った経験, 持つ, 持つこと, 持つたこと, 持つたつて, 持つより, 持つ妻, 捉え夫婦的, 捨て地位, 探しに, 探し出そうとして, 揶揄した, 撃たれた彼女, 改めて二階, 攻めほろぼされ息子, 放蕩に, 救いに, 敬愛する, 朋友の, 棄てて, 欠く心持, 此の, 死なす妻, 死なせて, 残して, 殺さしたもの, 殺された労働者, 殺したの, 殺せし妻, 殺せし貞婦, 毒殺する, 求める今日, 求める欲望, 求める激しい, 流眄に, 浜に, 深く愛し, 深く深く愛し, 渡欧させ, 滅ぼした敵将, 無念そうに, 無慈悲な, 無言の, 煩わせるの, 父と, 犬死させたく, 狙撃しよう, 獄中で, 疑いました, 疑うあたわざりき, 疑がったり, 疑ぐる位, 疑って, 看ながら, 眺めながら, 確信し, 窘しめ, 立てるところ, 第三者に対して, 紹介した, 綾なして, 縛つてえら, 置いて, 罰して, 罰しよう, 罵詈し, 背に, 自分から, 自分を, 苦しめて, 裏切った夫人たち, 裏切るやう, 見た妻, 見た時, 見つけなければ, 見て, 見ても, 見ること, 見ると, 見上げた, 見上げて, 見子, 見守った, 見棄てた, 見舞う妻, 見送らねば, 見送り夕方, 見送るべく外, 見附けて, 視た, 討ち倒し, 詰った, 誘う気, 誘惑する, 誤解し, 誰と, 謙遜し, 護って, 護りながら, 責めるよう, 足で, 足の, 路傍に, 踏付けて, 軽く見, 軽く見る, 軽蔑し, 軽蔑したく, 辟易させるです, 迎えた, 迎えながら, 迎える心から, 迎へて, 返して, 返せ, 追って, 送りその, 送り出して, 送り出しながら, 送り出すのに, 送り同胞, 送ると, 送出した, 進め同じ, 選ばれた, 選び当て, 選ぶなら侍, 選ぶには, 選択する, 部屋へ, 釘店の, 離縁し, 頼んだ配慮, 顧みて, 顧る, 養うだけの, 養って, 養つてゐた, 首根つこで, 驚かすほどには

▼ 良人~ (266, 6.1%)

9 一緒に 5 なって, 並んで 4 別れて, 妻との 3 いふでは, いふに, 妻とは, 私とは, 自分との

2 [18件] いっしょに, し父親, なる人, 一しょに, 二人で, 別れた女, 別れるため, 妻とが, 妻の, 姑に, 子供との, 定めて, 新子との, 相談を, 私の, 自分が, 自分は, 莫斯科の

1 [188件] あの方, いつ頃結婚, おしどりに, おしもを, ここで, この頃, したい気, した以上, した女性, して, しばらくぶり, しました貴女, しやがて, すこしも変り, するのに, する人, そして自分, その友人, その手頸, そりが, なった人, なった富貴, なっては, なり友人, なり妻, なり父, なり親, なること, なるべき主, なるべき人, なるべき人物, なるべき卑狗, なるべき布施屋, なる事, なる人物, なる君, なる男, なる筈, なる身, なる青年, なろうかと, ばったり会った, ふたりきりに, まるで立場, ゆるした覚え, よその, わかれた母, わかれて, ケンカを, ゴルフに, ズンズン押され, 一つに, 一所に, 不和に, 両親が, 並んだ椅子, 久しぶりの, 二人が, 二人の, 二人力を, 二言三言ことばを, 云うの, 交されて, 仮定した, 仲よう生涯を, 会った時, 低声, 何くれと, 侍かれた, 侍く, 儂は, 児との, 冊くべき, 別れたり, 別れるわけ, 別居する, 別居生活を, 加藤梅原の, 叔父との, 召使とに, 同じくらい, 同じく二十三四歳, 同じく色, 同じよう, 同じ京都, 同じ会社, 同じ名, 同化し, 同棲し, 同様彼女も, 同罪だ, 同衾する, 同郷の, 呼ばれる値打, 呼ばれん日, 呼びて, 呼ぶに, 呼べば, 呼んだの, 呼んだ者, 噂を, 多く語らず, 夫人とを, 夫婦子供揃っ, 奉仕い, 契られた玄徳, 妻と, 妻という, 妻に, 姿を, 娘とが, 子を, 子供たちそれに, 子供とが, 子供とで, 子供とを, 子供の, 子爵とに, 対いしが, 居る時, 岡本を, 巴里の, 引離されて, 思い月日, 思うであろうな, 思えばこそ, 思って, 思ふ心, 恵里ちゃん, 恵里ちゃんは, 情夫の, 愛の, 我れ, 我子とに, 文通し, 新子と, 新子とを, 新子の, 新左, 新橋駅から, 既に生れ, 日々仕事の, 末娘とを, 死に, 死に別れて, 母とに, 母の, 活動でも, 添寝し, 燕は, 父と, 父親愛人兄弟たちを, 独楽の, 理屈から, 生きわかれに, 直ぐ駈けつけた, 相談し, 相談の, 真反対, 私とが, 私との, 私は, 約束し, 結ばれて, 結婚しました, 結婚すれ, 自分とは, 自己の, 自身との, 舅姑とに, 良人の, 若い息子, 血を, 裂かれて, 覚しき女, 話を, 講演を, 財産を, 逢った位, 連れだって, 選ばれた甚三郎, 里方の, 長谷部さんなどに, 間違えるなどという, 隣人愛に, 離れて, 離婚した, 顔を

▼ 良人~ (111, 2.5%)

3 子も, 私も, 自分も 2 なければ, 子供も, 良人なら

1 [96件] あすこは, あなたの, ある, あろうし, いるし, お屋敷, お目にかかりましたが, この世の, この座, こよい, これより, ございません, そのニンシン, その瞬間, それに, それは, ただの, とうとう愛想, どうした, どんなに歓ぶ, ひどく気, またいつ戦, またそれ, まだ二十六, やがて武人, よくし, 一しょに, 二人の, 二十六歳という, 今ごろは, 何かの, 作家である, 其の方, 其れ, 切支丹である, 勧めて, 十分に, 半登り, 同なじ, 同然である, 外へ, 姉の, 娘も, 学校出であった, 実は何, 家庭も, 家臣の, 小村氏を, 小荷駄衆の, 少々困った, 居よう, 帰って, 建築家で, 役所で, 御娘, 御覧ぜよ, 御覽, 心細くなりました, 思わず笑ったこと, 恋しく思われ, 恐い顔, 息抜きを, 戻りましょうが, 手を, 手伝って, 新らしい, 早く亡くします, 最後の, 此点に, 歩いて, 河に, 父も, 爺やも, 独言の, 申して, 病気上りの, 癩病の, 発見し, 眠さ, 知って, 知つ, 知合いも, 私に, 笑い出して, 腹を, 自分に, 良人だ, 草葉の, 草鞋の, 要らない, 親戚の, 言って, 詫びた, 財産も, 陸軍に, 非常な

▼ 良人~ (55, 1.3%)

4 息子を 3 子供の 2 兄弟を, 子供が, 小供, 戻らん更けたる月

1 [40件] あると, その両親, ふたりと, わが子は, わが家の, わけて, 中には, 主馬之進, 佐藤さんと共に, 兄を, 兄弟たちに, 娘などに, 子供たちとともに, 子供たちとは, 子供たちを, 子供と, 子供を, 子供達の, 子等に対して, 学校へ, 小さい娘, 岡本と, 岡本の, 恋人が, 恋人として, 息子に, 息子や, 父や, 父を, 父兄たちの, 父兄弟を, 父親は, 男の子等は, 男連には, 私どもの, 自分たちの, 自分を, 親が, 親戚に対する, 親戚縁者が

▼ 良人として~ (48, 1.1%)

2 妻の

1 [46件] ある場合, いえば, いな一人, これから肉体上, その死, どの点, アーサから, 主人として, 体を, 何人も, 口に, 城内で, 多勢の, 大姫君, 妻としての, 妻に, 妻は, 妻へ, 婿入り, 嫉妬した, 孟獲, 家庭への, 居られるので, 待つか, 愛するの, 持って, 最も悪い, 死人の, 求めさせて, 決して不足, 決して仇, 父としての, 父親として, 現われたコルベット卿, 生涯仕えなけれ, 社會人として, 納った, 良人を, 荏原屋敷の, 識って, 賞めた考へ, 足らぬ所, 遇した, 選んだカール, 頼もしくは, 飽き足らぬ

▼ 良人である~ (47, 1.1%)

2 というよう, 人も

1 [43件] からとそう, から良人, が熱情的, ことそして, ことを, その城主, ということ, と云う, と同時に, と名乗っ, と証言, と越前自身, のは, ばかりかいま, ひとから, ように, トルストイは, プトナムが, ワインガルトナーの, 人は, 伜も, 作家は, 勉の, 同志の, 和一郎の, 場合, 奥村博史氏との, 宮本顕治が, 弟の, 彼に, 明治大正の, 映画監督者は, 源氏が, 源氏の, 男が, 男と, 男の, 男を, 画家の, 自分に, 自分を, 重吉より, 騎士に

▼ 良人から~ (39, 0.9%)

2 手紙が

1 [37件] いわれて, おそらくは小遣い, お庄, さんざん悪評, その肉体, ちっともリアリスティック, まったく離れず, もらって, れんに, シノブと, 与えられる毎月一定, 与えられる金, 交, 伺って, 受けようという, 善ばれた, 妻への, 愛撫を, 懇, 手紙を, 打明けられない限り, 把握され, 投げ与えられた松千代, 拵えて, 捨てられて, 月々与えられる, 渡された金, 独立する, 知らず知らず享, 聞いて, 聞きましたの, 見る時, 親しげ, 託送し, 離れて, 離別し, 電報を

▼ 良人との~ (35, 0.8%)

5 間に

1 [30件] ことで, ことを, なかを, むずかしいいきさつ, 仲も, 会話を, 再会, 再会の, 初対面の, 堪えがたい生活, 境遇が, 心持生活の, 愛を, 愛情の, 抱擁さへ, 死別という, 生活その, 生活で, 生活でも, 相談の, 約束も, 組と, 結婚の, 結婚前後の, 結婚生活は, 衝突も, 間が, 間の子を, 関係が, 関係は

▼ 良人には~ (31, 0.7%)

2 心の

1 [29件] お任せなさるまい, かつて妻, こんな役, せめてもの, そのこと, どうしてあんな, わがままと, 一寸退屈, 一言も, 三成とは, 出て, 大学の, 妻の, 嫁か, 幕内の, 御任せなさるまい, 拙者が, 持つまいと, 持つまじきもの, 早く別れ, 早く死に訣れ, 気を, 現世の, 病気だ, 答えず子供, 素知らぬ顔, 絶対に, 行かれ一方, 酒を

▼ 良人という~ (23, 0.5%)

6 のは 5 ものは

1 [12件] のが, のも, ものが, ものも, ものを, 人は, 御関係, 滑稽な, 狭い選択圏, 評判が, 詞を, 順にだれ

▼ 良人としての~ (23, 0.5%)

1 [23件] マークの, 一見平凡, 価値が, 励ましを, 彼が, 愛は, 感情による, 新らた, 松本氏の, 気働きが, 生活を, 男とは, 相良寛十郎は, 真実仕事と, 美沢を, 義務だ, 自分を, 責務だ, 資格で, 軽蔑をも, 重吉を, 関係に, 魅力とでも

▼ 良人にも~ (21, 0.5%)

1 [21件] そんな目, どこか, みせて, わかって, 一と, 代えられない献身, 会えるそうした, 全然なかつた, 勧められて, 告げて, 子にも, 子供にも, 居所を, 愛人にも, 或印象, 手を, 自分の, 言わず一人, 話せば, 話を, 逢えるであろう

▼ 良人~ (20, 0.5%)

1 [20件] いった, そっとうながした, 云った, 勤めぞと, 口応えは, 喰わせ這う子, 対して, 我から, 抱きついた, 持たせて, 曠や, 書き送った, 気を, 灰の, 申して, 着せかさねた, 笑顏ひとつ心を, 訊ねた, 迫った, 静は

▼ 良人~ (19, 0.4%)

2

1 [17件] からなあ, から嫌, から良人, けれどもこの, ということ, といふ, とおまえ, とも書い, と心, と思う, と思っ, と聞い, なんて云つて, のでございました, ものを, わ, 幸に

▼ 良人たる~ (17, 0.4%)

1 [17件] あなたは, お奉行, この私, ものは, わたくしの, オセロの, 中ノ, 人さえ, 人である, 人の, 人は, 以上は, 工学士某氏の, 父の, 私にとっては, 資格の, 資格は

▼ 良人と共に~ (17, 0.4%)

1 [17件] いく度か, 交, 京都へ, 仕事を, 其れ, 坐したるも, 女の, 家へ, 山向うの, 幾度か, 感化事業に, 生きなければ, 社交に, 籠城の, 自分の, 藤井寺の, 辛くも辿っ

▼ 良人への~ (17, 0.4%)

1 [17件] または妻, 不貞この, 同情苦慮が, 情愛それから, 愛で, 愛という, 愛情, 愛慕や, 愛新たな, 愛着をも, 手紙の, 手紙を, 気がねに, 無理は, 疑惑と, 目つぶしに, 自分の

▼ 良人では~ (16, 0.4%)

2 なかった

1 [14件] あったが, お父さんの, ございません, ない, ないか, ないから, ないと, ないの, ない赤, なく自分, 帰って, 年始状位まだ, 歸れ, 無いが

▼ 良人とは~ (15, 0.3%)

2 逢ふ

1 [13件] かねて誓っ, それに, どのよう, まるであべこべ, 何んじゃ, 刎頸の, 別に一人, 同年である, 国で, 娘妻に対して, 行き方, 道契の, 関係の

▼ 良人に対する~ (15, 0.3%)

1 [15件] 一筋の, 乱暴な, 友情も, 執着も, 妻の, 復讐の, 復讐は, 心理に, 態度が, 深い敬慕, 真心の, 知と, 親切に, 貞操を, 馬鹿馬鹿しいといった

▼ 良人~ (13, 0.3%)

1 [13件] あつた, あらせられるあなた様, お話し申すだろう, その良人, ジョセフィーヌには, 同名異人とも, 商売の, 実はこういう, 庭の, 当地方, 得られない刺戟, 恋人の, 海軍士官の

▼ 良人たち~ (12, 0.3%)

1 [12件] がはっきり, がまた, です, についてもその, に全く, に対する直接, の妻, の開化, はみな市, は妻, は良人, は運ばれた

▼ 良人であり~ (12, 0.3%)

3 父親である 2 細君であり 1 妻であり, 家庭の, 尊敬すべき, 父であり, 父である, 父親であり, 父親でも

▼ 良人に対して~ (12, 0.3%)

1 [12件] いわば, それに, どのよう, もどかしく水臭いもの, 不平や, 出来るだけ, 困るって, 持ち得る極限, 申し訳ない, 盗みの, 親身や, 辞句或は

▼ 良人でも~ (11, 0.3%)

1 [11件] ああし, あった, あるし, ある兄, ない, ないの, なくなったらお, 困るの, 心配し, 考えてる事, 貴女の

▼ 良人であった~ (10, 0.2%)

1 がもう, その剣客, とかその他, のである, のです, 一面を, 人と, 人は, 勉が, 大使は

▼ 良人とともに~ (8, 0.2%)

1 ベルリンに, 働いた女性, 外国住いした, 挨拶に, 来て, 毎日風流を, 特等席を, 眉を

▼ 良人~ (7, 0.2%)

1 のかと, のだ, のだろう, のである, のでございます, のです, のを

▼ 良人なら~ (7, 0.2%)

1 おいらにゃ, そのひとつ, ばかかる, ば必ず, 結構です, 面憎きの, 面憎きのっそり

▼ 良人より~ (7, 0.2%)

1 いい絵, はるかに, ほかは, 勝って, 少し老けた, 年長で, 年長の

▼ 良人らしい~ (7, 0.2%)

1 こんな気, 中年の, 墨西哥人と, 愛は, 深い思いやり, 立派な, 親しみを

▼ 良人以外~ (7, 0.2%)

2 の男 1 に, にも一つ, に精神的, に許さない, の男性

▼ 良人たるべき~ (6, 0.1%)

2 責任を 1 人として, 第一, 覚悟の, 資格が

▼ 良人とも~ (6, 0.1%)

1 まるで縁, 別れに, 思う市, 正式に, 死に, 語り合いたい心

▼ 良人なる~ (6, 0.1%)

2 人物を 1 人から, 人物が, 日本人が, 老紳士大

▼ 良人です~ (5, 0.1%)

1 からきょうジュッドさん, から私, ね, もの, 軍服の

▼ 良人とか~ (5, 0.1%)

1 云う言葉, 今の, 妻君の, 戀人とか, 親戚の

▼ 良人とが~ (5, 0.1%)

1 一緒に, 半分ずつ, 朝子を, 相談し, 評して

▼ 良人ある~ (4, 0.1%)

2 身は 1 女が, 身に

▼ 良人だった~ (4, 0.1%)

1 から伸子, のか, のである, 人に

▼ 良人だって~ (4, 0.1%)

1 うっちゃって, 兄さんに, 思い切って, 着やしないし

▼ 良人としては~ (4, 0.1%)

1 あらゆる男, もっと何, 不向きだ, 充分立て

▼ 良人に対しても~ (4, 0.1%)

1 別段後ろ, 唯一の, 嫁について, 彼女は

▼ 良人よりも~ (4, 0.1%)

1 お代の, 一年余り遅れ, 大切な, 比べものに

▼ 良人カール~ (4, 0.1%)

1 とその, とともに朝, の月賦診療所, の良心

▼ 良人周三~ (4, 0.1%)

1 と法律上離婚, の入院費, の手, を引つ

▼ 良人殺し~ (4, 0.1%)

1 の, の松女, の罪人, の面

▼ 良人~ (3, 0.1%)

1 え, 子供を, 息子の

▼ 良人でございます~ (3, 0.1%)

1 からこの, というほか, よ

▼ 良人でない~ (3, 0.1%)

1 ため喪服は, と分った, と女房たち

▼ 良人としても~ (3, 0.1%)

1 二人の, 明瞭に, 確かな

▼ 良人にとっては~ (3, 0.1%)

1 前の, 決して幸福, 重大な

▼ 良人によって~ (3, 0.1%)

1 そういう風, 保たれた地位, 又同じ

▼ 良人ぶり~ (3, 0.1%)

1 が伸子, が苦しい, をお

▼ 良人らしく~ (3, 0.1%)

1 一泊した, 横へ, 物質的の

▼ 良人一人~ (3, 0.1%)

1 の妻, を後生大事, を養っ

▼ 良人及び~ (3, 0.1%)

1 子供の, 子女の, 舅姑の

▼ 良人大次郎~ (3, 0.1%)

2 とばかり思い込ん 1 は家出

▼ 良人~ (3, 0.1%)

1 にも他言, は妻, を子供

▼ 良人からは~ (2, 0.0%)

2 なれた

▼ 良人さえ~ (2, 0.0%)

1 りっぱであれ, 寡い

▼ 良人しか~ (2, 0.0%)

1 ないもの, みて

▼ 良人その~ (2, 0.0%)

1 息子からさえ, 息子に

▼ 良人たり~ (2, 0.0%)

1 恩人たる, 父たる

▼ 良人つまり~ (2, 0.0%)

1 女優の, 田舎の

▼ 良人であっ~ (2, 0.0%)

1 ても女, て乱暴もの

▼ 良人でなかった~ (2, 0.0%)

1 ことは, はずだ

▼ 良人とに~ (2, 0.0%)

1 伴はれ, 呪縛せられたごとく

▼ 良人なき~ (2, 0.0%)

1 後の, 者は

▼ 良人などは~ (2, 0.0%)

1 三度の, 見自分

▼ 良人なんぞは~ (2, 0.0%)

1 まあ西洋, 年始廻りが

▼ 良人について~ (2, 0.0%)

1 愛知県の, 登子は

▼ 良人については~ (2, 0.0%)

1 いつも自分, 一言も

▼ 良人にとって~ (2, 0.0%)

1 学生時代に, 永遠の

▼ 良人にとっての~ (2, 0.0%)

1 一番の, 至福と

▼ 良人ばかりが~ (2, 0.0%)

1 只良人, 天地に

▼ 良人へという~ (2, 0.0%)

1 一般的な, 宛名は

▼ 良人へも~ (2, 0.0%)

1 召使にも, 委細を

▼ 良人また~ (2, 0.0%)

1 わたくしの, 息子に

▼ 良人をは~ (2, 0.0%)

2 づかしむるやうなれど

▼ 良人~ (2, 0.0%)

1 此処に, 此處に

▼ 良人以上~ (2, 0.0%)

1 にサミイ, のもの

▼ 良人即ち~ (2, 0.0%)

1 佐佐木茂索, 唯一人の

▼ 良人子供~ (2, 0.0%)

1 のため, をつれ

▼ 良人正成~ (2, 0.0%)

1 の満身, を胸

▼ 良人~ (2, 0.0%)

1 として苦労, の男性

▼ 良人高氏~ (2, 0.0%)

1 が謀反, の反逆

▼1* [188件]

良人ありて新婦, 良人かもしれぬが, 良人からの撤回要求問題の, 良人からも自由に, 良人がさあきれるよ, 良人がね巴里でね, 良人ぐらゐあつたつていゝや俺は口説く, 良人この春この, 良人これに頼む, 良人さんには腕車, 良人すら自分に対して, 良人すらもその悪漢, 良人そうそうお前さんには, 良人その他幼い洋服姿, 良人それらの妻, 良人たち殆ど次々に, 良人たらしめるので, 良人たる者がこれ, 良人だけが物具捨て, 良人だつたり煙たい, 良人だろうかあんな, 良人ちゃと行っ, 良人やありません, 良人す, 良人でいらっしゃる方です, 良人でしかないと, 良人とかが主体では, 良人とかを失い実, 良人としかいないの, 良人とだけは一緒に, 良人とて牡丹刷毛は, 良人とばかり倉地を, 良人とやらお前には, 良人とやらは武士か, 良人とを待ち合せた時, 良人どうなさいますえ, 良人なしに子供, 良人なつかしき良人この, 良人などというものは, 良人などもノズドゥリョフは, 良人などを対手と, 良人ならざるに腹立ち, 良人なら知らぬこと両親にだって, 良人なりと訪ねさせて, 良人なんか気の毒な, 良人なんて煮ても, 良人にがつちり附添つて, 良人にたいしては使おうなどとは, 良人にたいしても舅にたいしても, 良人にたいする愛も, 良人にとっても自分にとっても, 良人にとりましては大事な, 良人になッて, 良人にばかし懷く, 良人にまで死別し, 良人に対してすら望んで, 良人に従い支那に, 良人はぐッと, 良人はじつとわたし, 良人へは浅ましいもの, 良人へばかりでは, 良人ほど可愛いか, 良人まず粛びたる声にて, 良人または子供達に, 良人までを道具に, 良人みたいですが, 良人よき鼓舞者, 良人わが親どもわが, 良人わが子のもがれた, 良人われは薄命, 良人をば小僧同然に, 良人をもあまり無視, 良人をわづらはさ, 良人アウネスト・ブラドンの, 良人アガメムノンと良人, 良人アルバート親王並びに一般, 良人カレーニンの書斎, 良人シューマンのため, 良人ジノーヴィー・ボリースィチもこの, 良人ジュッド氏の新聞広告, 良人チャアルス・オリヴァ・ジェイムスに渡し, 良人ピカ一氏もつきあっ, 良人ヘンリイ・ウイリアムズの手, 良人マアこんなに遅く, 良人マア幾歳になるだ, 良人三宅雪嶺とその, 良人三須春洋の幻, 良人久米正雄ならずとも, 良人久野將監を迎, 良人二口三くち食べたかと, 良人五年の中風症, 良人仙吉とは文学, 良人以上乗り気になっ, 良人伯爵はたった, 良人候補者あるいは良人, 良人祐の, 良人元成もついに, 良人兄弟友人とこれ, 良人八十吉と二ツ, 良人加藤さん私の三人, 良人労農派の総帥山川均氏, 良人により君, 良人医師の三雪, 良人十内のす, 良人十日に岡山, 良人栄さんの, 良人又は父親として, 良人右門殿は自分, 良人同士の社会的地位, 良人哭しつつ, 良人之助, 良人坂本とも氏はさも, 良人大次の背, 良人奥村博さんが上海, 良人子供たちには出来る, 良人子供二人姉妹たち皆一緒, 良人獲も, 良人孫翊はこ, 良人に置きたる, 良人宇佐美通太郎と共に馬車, 良人宮崎龍介氏はそれ, 良人寛先生は全く, 良人射殺事件はあたかも, 良人將監殿が江戸, 良人岡野金右衛門もその, 良人岸井友信であった, 良人川波大尉を射殺, 良人常陸介維茂の許, 良人弓之進は見兼ね, 良人弟妹と皆, 良人弥右衛門様が戦, 良人家族の, 良人忠直卿の事, 良人思いな声, 良人恋しと弾く, 良人息子さては兄弟たち, 良人我子これや何者, 良人或は妻を, 良人戯画家坂本は元来, 良人扱いにし, 良人操縱なぞ夢, 良人苦労は, 良人教育をされなけれ, 良人新協劇団演出家小野宮吉数年来の腎臓結核, 良人日置大炊は猟師, 良人月田全作である, 良人服部治郎左衛門はほか, 良人服部治郎左衛門元成を武者溜り, 良人悪しかれと, 良人札木合の前, 良人松山勘三の友人瀬良三石, 良人楊彪の為, 良人の罪人, 良人没後再嫁し娘, 良人河井を見出させた, 良人治郎左衛門元成の養家先, 良人沼南と同伴, 良人清作また四代目喜兵衛, 良人は人, 良人父兄の品行, 良人父親として切ない, 良人玄徳は蜀, 良人甚だ歩が, 良人甚三郎へも云おう, 良人硫酸をぶっかける, 良人神沢という人嗜眠性脳炎, 良人細川忠興の父, 良人自身が経験, 良人良人の兄, 良人若い父親としての, 良人茂手木文次他の一人, 良人菊池三郎頼隆になりすまし, 良人藤原維茂の家, 良人裕八郎はどこ, 良人読本という一部, 良人に拘らず, 良人諸君はみんなヒステリイ, 良人貞氏はもう, 良人贔屓な気持, 良人通太郎であった, 良人に対して妻同志, 良人金子氏の肝煎, 良人鉄幹との生活, 良人長兄などと云う, 良人之進様, 良人青銅の, 良人頼春の兄土岐左近, 良人高貞を亡き