青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「真面目~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

真実~ 真暗~ 真珠~ ~真理 真理~ 真白~ 真相~ ~真赤 真赤~ ~真面目
真面目~
真黒~ 眠~ ~眠っ 眠っ~ ~眠り 眠り~ ~眠る 眠る~ ~眸 眸~

「真面目~」 4466, 43ppm, 2689位

▼ 真面目~ (1801, 40.3%)

119 なって 41 考えて 30 なった 28 なつて 23 云った 22 聞いて 16 働いて 15 答えた 13 なり 12 して 11 やって, 相手に 9 言った 8 勉強する, 考へて 7 なると, なれば, 言って 6 いった, なつた, なりました, 受けて, 熱心に, 真剣に, 研究し, 首を 5 こんな事, なったと, なるの, 云って, 信じて, 勉強し, 対手に, 真面目に, 聴いて, 話を

4 [11件] うなずいた, それを, そんなこと, なりたいと, 云う, 何かを, 口を, 書いて, 耳を, 自分を, 見て

3 [14件] そんな事, なります, なれ, なれるほど, 仕事を, 僕の, 厳粛に, 生きて, 答える, 緊張し, 考えた, 考えるよう, 自分の, 解釈し

2 [92件] うなずいて, お聞き, きいて, この問題, これを, こんなこと, こんな質問, する了見, そう言った, なったという, なったり, なった気持, なりまして, なる, なるな, なろう, なッ, ものを, やつて, やりまっ, 云ってるん, 云つた, 人生を, 仕事の, 伝えられて, 何処が, 働いても, 働きながら, 勉強した, 勉強も, 取って, 取らなかった, 口に, 坐って, 声を, 女学論など, 宗教を, 尋ねた, 弁解した, 引き受けて, 彼の, 彼は, 心配し, 思って, 感心した, 成つて, 成ッて, 拝聴し, 政治を, 日本の, 書いたの, 木, 此の, 此二三日口も, 沈潜し, 物を, 生きなければ, 申し上げて, 研究され, 研究する, 私に, 私の, 私は, 稼いで, 答えたが, 答えました, 答へ, 約束を, 考えたこと, 考えたり, 考えた事, 考えては, 考えても, 考えなければ, 聞きな, 自分たちの, 芝居を, 行動し, 見えたり, 言ってるの, 言ってるん, 話して, 説明し, 買いに, 質問した, 返って, 返事を, 道を, 遣って, 随喜し, 顔を, 魔法を

1 [1046件 抜粋] あたしの, あなたの, あらたまるの, いいきかせるの, いうと, いったこと, いつもより, いろいろと, うけさせる気, うなずき, うなずきました, うなずく, おやり, おれを, お成, お気に, お答えする, お聴き下さるでしょう, お話しし, お話したい, かいたの, かういふこと, かう尋ねた, かう言つて, かえるか, かかる熱狂, かしこまった, かつ烈しかっ, からだを, かんがえて, きく, きっぱりと, くだけた人物, こう云っ, こう答えました, こう言う, こっくり首肯いた, この一句, この少女, これに, こんな返事, ご返辞, さうし, さう云はず, させるか, さほどの, しかしどこ, した, しなかった, すすめた, すると, する気, そういう世の中, そうでしょう, そう云った, そう思っ, そう答えた, そう考えます, そして正面, そして鋭敏, その作歌, その手, その業績, その理由, その詞, それでいて途方, だが少し, ついて行く, つくって, つけ稍, つとめおとなしい, とつちやいや, とらさずに, とらなかった, とりあげて, とりあげる熱意, とりかねた, とる奴, どうしてそんな, なすもの, なったかね, なったため, なったので, なったよう, なったん, なった後, なった銑太郎, なってね, なつちやつた, なつてこの, なつて話, ならざるを, ならないで, ならなくっても, ならなければ, ならんでも, なりすぎても, なりたるのみ, なりだしたいくぶん, なりは, なり好奇的, なり浮いた気持, なり近く, なるからさ, なるでしょうが, なるならば, なるん, なれなかった, なれなくなるわ, なれやしねえじゃ, なれるだろうと, なれ得たと, なんか聞き, はあこれ, はなして, ふれとりあつかって, また明白, みるだけの, むくれて, もしまた, やったらよかろ, やっとらんと, やらないん, やり慎重, やるつもり, やるべきです, やる気にさえ, やれなくな, わざと澄ました, わたしども, ガブリエルは, ナオミを, ペコペコ頭, 一つの, 一心に, 三味の, 不安そうに, 不思議と, 世評に, 両親の, 並べられて, 主張した, 之を, 事の, 事務を, 二の足を, 云いつけるので, 云い訳する光厳, 云うと, 云ったもの, 云ってるのに, 云つて入らし, 交際つて少し, 人の, 人生から, 人生の, 今日恋愛と, 仕事に, 伸びて, 何か, 何事にも, 依頼の, 信じられて, 信者と, 俯向きながら, 俺と, 働かせること, 働きなさいと, 働くこと, 働く気, 働こうとは, 其様ことを, 冬次郎は, 処理し得る, 出て, 出られて, 分ったです, 別れた東洋, 制するほどの, 力に, 勉強し続け, 動かす題目, 勤まらず先年辞職, 勤めたからに, 勤務する, 化粧い, 半ば戯れ, 厳かに, 反対した, 反駁せよ, 取らないの, 取られたら実際, 取られること, 取りあげないよう, 取りあげられること, 取りすぎた, 取り上げなかったこと, 取り上げられ一歌舞伎俳優, 取り出して, 取り合えない気, 取り合っても, 取り扱われては, 取ると, 取る者, 取引し, 取扱つたといふ, 取次いで, 受けるほど, 受け入れるべきもの, 受け取って, 受け取られた, 受け取るわけ, 受取る気, 叫びました, 同一視し, 名のった, 向き直つた, 否定した, 呟くので, 哲学の, 唱道された, 問いかけたり, 問題に, 国政上の, 坐り直すと, 声に, 売るすなわち, 失望した, 奉公を, 女大学論など, 好く聞い, 妻と, 媒妁を, 孔子の, 学校へ, 学者として, 宗三郎は, 実行する, 家を, 密告する, 対手されず, 対質しよう, 尋ねかけた, 尋ねられたこと, 尽したかと, 差出した時, 帰する, 帰つた, 幕府に, 幽霊談を, 引きしめたならば, 引緊つてゐた, 彼女は, 彼女自身への, 往復しなけれ, 従て, 心を, 心細くなっ, 心配しだし, 心配し出した, 応対出来ない, 忠告する, 怒るつもり, 思いかえしたくらい, 思いすすめると, 思い立つ勇気, 思う, 思えますね, 思っては, 思はれるやう, 思ふ, 思ふしかし, 思われるよう, 怯えたり, 恋と, 悦の, 悲しんで, 想いを, 愛して, 愛し合って, 感心し, 感情を, 慨歎し, 憂慮うらしく, 成りて, 成長を, 戦争に, 戦争挑発に, 所謂挨拶の, 打ち沈んで, 扱って, 扱われて, 抗弁しなけれ, 拵えて, 挨拶させられます, 探検された, 描いて, 提出する, 支那画を, 改まって, 政党の, 教師の, 敬虔な, 文学へ, 斯んな, 於て, 日本と, 晴やかに, 暮して, 書いた文句, 書かれて, 有するなら長州家老, 本気に, 根本的に, 構へ, 機関車を, 止まって, 正確に, 歴史の, 氏の, 気づかわしげに, 求めようと, 決心し, 沈思させる, 泣いたり, 注視せず, 淋しそう, 深く理解, 演じて, 演説の, 無愛想に, 熟考する, 牧師と, 猫を, 現実的に, 理解しなけれ, 生きた特に, 生きようと, 生活を, 用いては, 畑仕事を, 疑問に, 病気と, 相手には, 相手は, 相談を, 省察する, 真理を, 知人と, 砂ほこりの, 研究を, 研究所の, 礼に対して, 社会の, 神の, 禁酒演説なんぞを, 私を, 科学上の, 稼業を, 突かれた驚き, 立ち帰, 立ち返ったものの, 立つ者, 笑話化する, 筆を, 答えたつもり, 答えなければ, 答える気, 精密な, 素直に, 紹介される, 結婚望んでる, 編み棒の, 置いた石, 老成した, 考えさせるもの, 考えたの, 考えた人たち, 考えてるらしかった, 考えながら, 考えぬいて, 考えます, 考えられなかった, 考えられるの, 考えるでしょう, 考えるの, 考える今日, 考える時, 考える習慣, 考えれば, 考え発展, 考え込んで, 考え選挙, 考へ, 考へたところ, 考へだすと, 考へなければ, 考へられた, 考へられるん, 考へるべきでないかも, 考へる価値, 考へ直したい, 考察されなけれ, 考察し直し, 考慮される, 而かも, 聞いたら満, 聞いちゃあ, 聞いてるよ, 聞かないから, 聞きすぎて, 聞き入っては, 聞く, 聞くべきこと, 聞く積り, 聞けよ, 聴いたらば, 聴きいる様, 肇は, 育つか, 自説を, 舞台に, 芳子の, 芸術的な, 苦しみ多く, 苦り切つた顔, 苦心する, 落ち着いて, 落着いた, 蝶吉は, 表わしたもの, 表面は, 褒められたので, 見える, 見える所, 見え浮華, 見つめ合った, 見ひらいて, 見守り膝, 見直さなければ, 覚悟し, 解し言葉通り, 言いなすったこと, 言い出しました, 言うの, 言おうと, 言ってること, 言ひ続けた, 計画されるべき, 訊いて, 訊くの, 討論された, 試みてさえ, 話しこんだ, 話したいこと, 話し合わず母, 話す老人, 語られ候, 語り合いながら, 語り合ったこと, 語り合つた, 説いて, 読み得ないの, 読んだの, 読んでるもの, 調整され得べき, 論ぜられたの, 論評など, 論議する, 論議せられ, 講究されなけれ, 講義を, 謹聴し, 議論を, 貴下が, 質問する, 踊って, 踊り直そう, 輝いた目, 農業に, 返ると, 返辞する, 追及した, 通つて来た, 運ばせた, 道理で, 遣つた, 金の, 長つたらしく, 集めて, 青野の, 面を, 頭を, 頼み事が, 頼んだ, 養蚕稽古も, 首肯いた, 驚かせる程, 鬱ぎ出すと, 黙って

▼ 真面目~ (1627, 36.4%)

211 顔を 55 顔で 31 顔に 23 調子で 17 んだ 12 のか 10 ことを, 調子に 9 声で, 表情を, 顔つきに 8 もので, んです, 話を 7 事を, 口調で, 表情で, 顔付で 6 のである, 態度で, 様子で, 話だ, 顔し, 顔つきで, 顔付に 5 人は, 口調に, 問題を, 態度に, 態度を, 表情に, 話が

4 [13件] ところが, のだ, のは, のを, ものに, 人が, 人だ, 人間に, 仕事を, 声を, 挨拶を, 顔つきを, 顔にな

3 [21件] お顔, ことで, ところと, ところも, ものが, ものだった, ものも, 人々が, 人々は, 低い声, 内容の, 努力の, 心の, 心を, 様子を, 男だ, 研究者が, 話に, 読者は, 重臣たちは, 風で

2 [96件] お延, お方だ, お方で, かほし, ことが, ことや, しんみりと, ところの, ところを, のが, のです, ので何時も, むっとした, ものだ, ようでも, ような, 一つの, 事な, 事は, 事も, 人々から, 人々の, 人だった, 人です, 人なら, 人の, 人間が, 人間は, 仕事は, 作家は, 処が, 処置は, 初心な, 劇の, 努力を, 反省が, 句調で, 唯一の, 問題では, 問題と, 声に, 女だ, 女の, 希望も, 心持で, 思想を, 意味が, 意味で, 意味での, 意味に, 方な, 時の, 時は, 書物などを, 正直な, 気分に, 注意を, 生活に, 生活を, 男で, 男な, 男は, 目を, 眉と, 真剣な, 眼つきで, 私の, 答を, 精神の, 美しさ, 考察に, 芸術家として, 若い女性, 行路から, 親密な, 話の, 話は, 話よ, 話題が, 調子を, 議論を, 質問に, 趣向の, 返事を, 途を, 連中が, 重大な, 青年が, 青年の, 面持ちで, 響を, 顔が, 顔とを, 顔の, 顔付を, 顔附で

1 [795件 抜粋] あなた妾の, いいドクター, いくつもの, おとなしい国語専門, お前の, お嬢さんである, お嬢さんらしく, お方, お経, お華客, お話が, お話してる, お話を, からかい気分を, きっぱりした, こころよい黒い瞳, ことしか, ことも, こわさ, ごく真面目, さうし, そうして実際, だけそれだけ, だけに津田, だけに腹, つもりで, ときの, ところ話相手の, なりを, ね, のだった, ので, のでした, のでつい, ので三人, ので私, のに, のに気, のに釣込まれ, の臆病, ひとの, ひとみを, ふうで, むっつり屋, ものから, ものである, ものです, もので御座いましょう, ものと, ものなら, ものなり, ものばかりが, もの私立は, もんや, やさしい微, やつは, ゆったりした, ような巫山戯た, よそよそしい顔, んだろう, アメリカの, インテリ自覚者が, ステップを, タイピストだった, ニュースな, ヒューメンな, モメントが, ユーモリストであり, 一人前の, 一展開の, 一層気づか, 一流の, 一点だ, 一部の, 不安を, 不思議な, 世界の, 両親の, 中国文学研究者によって, 争闘を, 事で, 事件が, 事件を, 事実として, 事業と, 事物から, 人々や, 人々を, 人たちの, 人だって, 人である, 人と, 人とが, 人に, 人について, 人格を, 人格者としての, 人物が, 人物であった, 人物でなかった, 人生観は, 人達に, 人間だ, 人間な, 人間などが, 人間殊に, 人間的な, 仁保博士などは, 仕事が, 仕事である, 仕事に, 仕事ぶりという, 他の, 伊丹屋の, 会社員だった, 作で, 作品が, 作品よりも, 作家たちの, 作家である, 作用も, 作者の, 依頼では, 俗気たっぷりの, 信仰的登山が, 信者で, 修業によって, 修養とに, 俳優志願者の, 働きも, 兄に, 内輪の, 出会, 分子だ, 制作と, 劇と, 劇といふ, 劇文学者才能ある, 努力が, 努力も, 労作の, 勉学という, 勉強を, 動機から, 務めに, 勤め振りと, 勤労生活者は, 勤労者は, 勤労者誠実な, 勤勉な, 卓れた, 原因であれ, 厳めしい, 友情から, 収穫は, 叔母の, 口から, 口を, 口吻で, 口調であった, 口髭が, 名前を, 告白者とは, 商人は, 商売は, 商買ぢや, 問題が, 問題である, 問題として, 問題に, 問題の, 嘆きである, 嘘を, 四角な, 土人であった, 地味な, 堅い書風, 堅苦しい会合, 場所に, 大事業, 大商人, 大胆さで, 夫に, 失望を, 女だらう, 女です, 女と, 女に, 女出鱈目な, 女性に, 女性は, 好感を, 姿で, 娘たちも, 娘だった, 婦人の, 婦人作家は, 嫁に, 子女は, 字を, 学生だった, 学者だ, 学者専門家および, 宗教信者です, 宗教心の, 実用向きの, 家主は, 家庭に, 家業に, 対手に, 小心な, 小説は, 展覧会な, 常識に, 常識的な, 年占いの, 年輩の, 弟, 強い調子, 役は, 心ある, 心で, 心にも, 心も, 心持と, 心配と, 心配を, 忠告であった, 快活な, 思い立ちを, 性質である, 性質を, 恋も, 恋を, 恋愛を, 恋愛小説を, 悲痛な, 意味の, 意味を, 意図でもないし, 意見が, 愛に, 感じとは, 感じを, 感動に, 感激と, 感謝と, 態を, 態度と, 態度態度と, 憂愁を, 憂欝な, 懺悔を, 戦争と, 所を, 所作な, 手堅い人, 打合せを, 批評に, 批評家の, 技術者たちは, 指導者が, 挨拶殊勝な, 探求が, 政事家が, 教授法の, 教訓に, 教訓又は, 文化的要求を, 文学らしい, 文学を, 文学的努力に, 文学者が, 文学者評論家は, 方だつたさうです, 方で, 方角へ, 日本人の, 日本精神を, 昔の, 時には, 暮らし方を, 書物である, 最も率直, 朗らかな, 期待の, 期待を, 本当な, 校長先生さへ, 椿岳で, 業に, 楽曲の, 様で, 様子に, 横顔が, 武士に, 歴史研究への, 殆ど腹, 気分の, 気持ちで, 気持で, 気持も, 気持を, 汚らわしいもの, 決心した, 沈思に, 津田の, 活動に対する, 活動は, 活動的の, 深い本, 溜息を, 漢であった, 点が, 点だけを, 無表情の, 無髯, 熱心な, 熱情や, 熱意に, 狂言には, 献身ぬきに, 現実を, 理解を, 生徒たちの, 生徒に, 生活から, 生活である, 生涯を, 用語として, 用談の, 田園の, 男でも, 男女が, 白い泡, 目つきに, 目で, 相談が, 相談だ, 相談に, 相談も, 相違を, 省察を, 真実の, 眼つきに, 眼付きに, 眼付に, 眼差しで, 眼差しを, 眼色で, 着実な, 矢代の, 知慧への, 研究だった, 研究であり, 研究です, 研究団体からの, 研究心の, 研究心は, 社会的訓練と, 社会的関心は, 社員を, 私は, 科を, 秘密が, 稼ぎの, 穏かな, 算盤を, 精神で, 細君は, 紳士の, 経文や, 経験に, 緊張した, 羨望の, 義務的な, 考えかたでは, 考えから, 考えを, 考の, 考察で, 考慮やら, 考深い, 者には, 者も, 而し, 職人が, 職人で, 職業なり, 職業婦人や, 腕組を, 自覚を, 興味を, 色合を, 色男気取りの, 花客, 芸術です, 芸術家としての, 若い一人, 若い女, 若林博士や, 若者は, 苦学生であった, 荘園の, 葉子に, 著者であれ, 虚偽な, 行き方を, 行書である, 行為の, 表情が, 表情であった, 製作者たちは, 要求は, 見物者に, 見解を, 親しさ, 親切と, 観察を, 解決は, 言葉が, 言葉で, 言調で, 計画を, 計画的の, 記事の, 訳である, 証拠です, 試みと, 詩人で, 話ありふれた, 話おれたちに, 話がさ, 話し相手に, 話でです, 話にも, 話も, 話今度は, 話呑気な, 話題も, 語調と, 読書に, 読者自身が, 課題と, 調べの, 調子である, 調子と, 調子の, 談判の, 談話も, 論理だろう, 諸モメント, 講義の, 議論では, 議論の, 讃むべ, 貌を, 貴婦人に, 賛意を, 質問で, 質問であった, 車を, 返書も, 返答が, 追想の, 連中も, 運動から, 道で, 道徳的反省であっ, 部類の, 郷士飯塚薪左衛門として, 重々しい様子, 重々しい言葉, 量見, 関心が, 関心は, 陰鬱な, 雅致の, 青年たちは, 青年だった, 青年で, 青年は, 青年らしい, 面もちで, 音楽や, 音楽を, 頭で, 顔, 顔つきだ, 顔つきであった, 顔つきは, 顔は, 顔付きで, 顔強い, 顔附を, 風が, 食物にたいする, 食物を, 魂を, 鹿爪らしい

▼ 真面目~ (212, 4.7%)

5 あつた, はある 3 いった, 質問した 2 いうの, いるの, 云うてな, 云って, 口に, 大抵は, 滑稽な, 聴いて, 自分に対して, 語って

1 [176件] あつたの, あんな嘘, あんまり曲, いいけれども, いいました, いけないね, いってから, いなければ, いる, いるので, いる夜, うその, おとなしいから, おとなしいし, おとなしかった, お清, くだらないこと, この誓言めいた事, これに, こんなこと, こんな計画, さ, さあ, さう思, さえあるなら, さえい, さながら親, しかも明るい, しっかりしてる, すっかり熊, そう指摘, そこには, そしてよほどの, そして淳朴, その中, その問答, その時々, それこそ, それでいてどこ, それでなか, それを, たいへん学問, つねに厳格, という, どこからが, どこまでが, はなささう, は話せない, まどろこしう, むしろ沈ん, やって, ゆつくり, よく勤めた, よばれに, わたしにも, ゐるが, ケレンが, ナオミさんを, ユーモアが, ユーモアに, 一本気で, 一本気な, 一生懸命だった, 一生懸命に, 世俗的な, 云つたのです, 云ふ, 伊太利の, 低い調子, 何より好い, 促が, 倹約だった, 優しい, 先生の, 再演する, 冒頭し, 分別臭い顔, 勉強家で, 勤勉で, 半分は, 厳粛な, 向上的な, 善意ある, 喜劇的で, 好いと, 子供の, 孝経を, 孤独で, 学者の, 小心を, 少しは, 常識に, 忠実であっ, 忠実です, 快活な, 思い込んでや, 思ったん, 急進的な, 愚痴を, 憐れな, 斯様な, 旅人の, 最も貧しい, 未来と, 案外面白い, 槐の, 模写した, 正直な, 殆ど悲し, 気の, 気持が, 沈ち着い, 沈着の, 沈鬱で, 清潔な, 無口で, 無邪気だった, 無邪気で, 熱心だ, 熱心で, 熱心な, 熱心に, 熱烈で, 狂人みたいな, 率直な, 現実もしくは, 用心深くにっこり, 男に, 男の, 目に, 相手は, 真剣です, 真剣なる, 神経質で, 秩序立っ, 答へ, 精励な, 純潔な, 純熱で, 結婚しょういう, 続けた, 綿密に, 綿貫と, 美しい表情, 考へて, 考へれば, 而も, 聞いては, 聞く, 聞くこと, 脂粉の, 自分と, 自分は, 自然であった, 興覚め, 芸術的の, 芸術的良心が, 落着い, 言った, 言って, 言つた, 註解を, 詫びに, 話して, 語り出した, 誠実であったなら, 誠忠で, 誰にも, 談してる, 辛酸な, 迷亭君の, 通って, 酒飲みで, 青木堂へ, 面白いところ, 頭を

▼ 真面目~ (112, 2.5%)

3 である 2 から来る, がある, がアリ, と云っ

1 [101件] うであり自分, うな, おとなしさ, からというべきだった, から奪っ, から自分, が, があっ, がうかがわれ, がこもっ, がない, がなかっ, がなくなっ, がまだ, がみの, が何, が加わっ, が可笑しかっ, が好き, が少し, が日本, が烙, が疑, が足りない, が透っ, が駄夫, ことにその, さえもっと, だ, だと, で, であるのみ, であろう, ではなく, で今日, で自分, で見ない, で覗いた, ということ, という低, といふは愚か, とは必ずしも常に, と丁重さ, と同じ, と情熱, と文学, と新, と沈黙, と浅薄さ, と熱心, と私立, と荘厳ささえ, と鄭重さ, などはことに, なん, になっ, になった, に人々, に対して, に惚れ込んだ, に感動, に感心, に打たれ, に於い, の如何, の程度, の足りない, は, はいい, は一度, は同じ, は圧し殺され, は真, は絶大, は認めるべきであろう, ばかりになった, へ発見, もしだいに, もなかっ, も部分的, や人生, や清潔さ, をこめ, をそういう, をそなえ, をもっ, をもった, を以つて云, を啓発, を持っ, を欠い, を歩み寄らせた, を疑っ, を眉目, を窺, を装わなけれ, を見せ, を見て取つた, を見る, を買っ, 見たいなもの

▼ 真面目~ (64, 1.4%)

3 ような, 態度を以て, 顔を 2 声で, 顔で

1 [51件] あらわるる, いかんは, いとど重々しい, お方らしい, ことだろう, ご貴殿, ために, ようでした, ようです, オースチン老師にも, 上に, 中にも, 争は, 事です, 事実は, 人物に, 人真面目の, 人間が, 人間よ, 口調で, 味を, 女性だった, 学究だ, 御口調, 意味を, 星学家で, 涙の, 混合慇懃無礼などが, 滑稽が, 用件らしく, 町人でも, 花は, 芸風, 表情に, 要求だった, 見へ, 言を, 計画であった, 話だ, 語なりき, 調子が, 調子で, 調子に, 越中めが, 霊魂であった, 響きが, 顔からは, 顔が, 顔に, 顔付きで, 骨頂とでも

▼ 真面目~ (61, 1.4%)

93 のう 2 から, と信じ

1 [45件] かあなた, かどう, かふざけてる, からいいっ, からである, からです, から怒る, から聞く, から面白い, かわからない, か冗談, か分りません, か真面目, か私自身判断, か自分, か解りゃしない, がね君, が目的, けれどもなかなか, し本当, つて言へば, と, ということ, とか緊張, とは云, ともほとんど, とも不, とも分らない, と主人, と叱られた, と思う様, と思ふ, なあ夫婦, なア, ものだ, ものです, もんだ, よさ, よという, よ抱きつい, よ真面目, わ, わという, ツた, 何もかも持っ

▼ 真面目~ (58, 1.3%)

3 申せば 2 発揮し, 発揮する, 知らしめん

1 [49件] あらわすかの, いっそう真面目, くみとること, この四文字, この辺, そこに, とどめて, もつて, 世界環視の, 丸出しに, 了解すべし, 伝うる熱情, 伝へ得るもの, 作って, 保存する, 写したるもの, 出すの, 呈露し, 外国語に, 失うて, 守本尊に, 徹底した, 教える匂い, 標榜し, 求めすぎると, 現す, 現わす, 発揮させられるだろう, 発揮するであらう, 発見する, 発露せり, 百パーセントに, 窺って, 維持し, 維持するあたわざる, 表白する, 装って, 装つてゐる, 見せずに, 見せて, 見出すこと, 言えば, 話してるつもり, 認識し, 誤ま, 通り越して, 開現する, 開発する, 顕揚する

▼ 真面目なる~ (36, 0.8%)

1 [36件] か, ことを, こと明白なり, そして調子, にかかわらず, もの, ものと, を愛す, 人々を, 人の, 信徒と, 信者です, 努力が, 動機に, 声である, 女たちの, 女にても, 季節燈下書に, 学徒以外の, 学生等が, 宗教家, 所を, 方式であった, 極めて沈着, 江戸時代の, 沈痛なる, 活発発地の, 狂あり, 生涯を, 研究は, 科学的研究の, 美術を, 者と, 表情, 解決を, 遊戯である

▼ 真面目とも~ (28, 0.6%)

4 不真面目 3 つかずに, 片の 2 付かぬ態度, 常談とも

1 [14件] いうべきなれども, つかず変, つかず笑い, つかず美和子, つかないよう, つかない内, つかない微笑, つかぬいや, なくそんな, ひやかしとも, 冗談とも, 戯れとも, 見えるひどく, 見える卑屈さ

▼ 真面目~ (26, 0.6%)

2 云うこと, 察せられるの

1 [22件] いうよりも, いわれて, きめて, する筈, ちがいます, なしこれ, はね君, もっともらし, 云うならば, 云うの, 云うよりも, 云われること, 半分まじりな, 呼ばれる美徳, 呼びたい, 怜悧とを, 感ずるところ, 熱心とを以て, 笑ひ, 親切とに, 言ひ, 違つてゐる

▼ 真面目~ (23, 0.5%)

2 そこに

1 [21件] あった, ここに, そういう池, その背景, どんなもの, ない, むしろ忠誠一図, 何である, 保守党なる, 勉強を, 単に動機, 嘘だ, 少時問はず凡人の, 斯うし, 枯れかかり核心, 正史よりも, 武力を, 決戦戦争であるべきです, 漢詩人であっ, 笑や, 結構くよくよ

▼ 真面目である~ (20, 0.4%)

2 ということ

1 [18件] からもっとよく, から深い, から鍋, かを作品, か何, が云われる, ことかたい, ことが, ことよ, ことをも, だけに聞い, というなら, と言, のに, やうだつ, ようだった, 場合と, 限り其は

▼ 真面目~ (19, 0.4%)

3 をし 2 をした

1 [14件] だった, でむっつり, でむつつり, で着, になっ, になり, になりました, に云, に答えた, のホテル, の運転手, をもっ, を心配相, を見

▼ 真面目~ (16, 0.4%)

1 [16件] あとに, ありどてら, あると, あるやう, くっついて, なければ, ほはと, スタートし, 奕, 日常茶飯事に対しては, 最もよく発揮, 浮き上がって, 溢るる, 示されて, 足りないで, 躍如として

▼ 真面目そう~ (16, 0.4%)

2 な顔

1 [14件] ないい, なレムブラント, な娘, な寡黙, な当り前, な書生体, な目つき, な調子, な青年, に, にちょい, に働い, に応えた, に私

▼ 真面目だった~ (14, 0.3%)

2 のです

1 [12件] かということ, から吸わなかった, ことは, せいか, といいたい, というわけ, のかな, のさ, のは, んだろう, んでございます, 様です

▼ 真面目には~ (13, 0.3%)

1 [13件] とって, とらなかった, なれなかつたので, 取り扱って, 受け取らなかつたが, 意識し得ない, 相手に, 考えて, 考えてなかった, 考えないの, 聞いて, 聞かれない話, 読んで

▼ 真面目さうな~ (12, 0.3%)

5 顔を 2 顔に 1 俺の, 男ぢや, 私を, 表情で, 顔で

▼ 真面目すぎる~ (12, 0.3%)

2 やうな 1 あまりつきつめ, くらいの平凡, と云う, と思われる, のが, ほどな, ほど几帳面, もんだ, 次郎さん温情の, 言葉と

▼ 真面目らしい~ (11, 0.2%)

1 [11件] がその, ことを, しよう, ので僕, ので努め, むっとした, 人だった, 態度を, 用談を, 茶目や, 責任感などは

▼ 真面目であれ~ (9, 0.2%)

7 ばある 1 と云, と云われる

▼ 真面目腐っ~ (9, 0.2%)

2 て講釈 1 て, ている, て云っ, て手放し, て研究, て立ち上った, て貴方

▼ 真面目じゃ~ (8, 0.2%)

1 ありませんか, ない, ないか, ないね, ないわね, ないん, なくて, よ

▼ 真面目でない~ (8, 0.2%)

1 こという, ことである, ところが, ところに, ところも, と信じ, やうです, ような

▼ 真面目であった~ (7, 0.2%)

1 が自分, にし, のだ, のである, のと, のは, 男女の

▼ 真面目です~ (7, 0.2%)

21 か, から, からなあ, ね, よご覧

▼ 真面目という~ (7, 0.2%)

1 ことが, ことも, のか, ものだ, 一点張りで, 疑念を, 訳で

▼ 真面目一方~ (7, 0.2%)

2 の男 1 であった人, で彼, の国, の温良, の若者

▼ 真面目であり~ (6, 0.1%)

1 ながら口先, ながら滑稽, 厳粛であり, 常住不断に, 熱烈であっ, 真剣であれ

▼ 真面目でも~ (6, 0.1%)

1 あるし, ないの, なく臆病, 戯談でも, 此方で, 突飛でも

▼ 真面目くさく~ (5, 0.1%)

1 たてるだけでも, なって, も見せ, 云ったその, 云つた其面が

▼ 真面目すぎ~ (5, 0.1%)

1 て, ておりおり, てそれゆえ空想力, て他, て気苦労

▼ 真面目なら~ (5, 0.1%)

1 ざるを, ばこう, 一層何, 忠告した, 貴族の

▼ 真面目らしく~ (5, 0.1%)

2 人を 1 おとなしく振舞っ, もある, 時によれ

▼ 真面目臭っ~ (5, 0.1%)

1 て云った, て何ん, て忠告, て文学, て読み上げる

▼ 真面目~ (4, 0.1%)

1 いったい, 不真面目, 分らなくなって, 判らぬ様

▼ 真面目とを~ (4, 0.1%)

1 保持しなけれ, 常に手放さなかった, 正面から, 現して

▼ 真面目ならざる~ (4, 0.1%)

2 宗教家とは 1 宗教家, 宗教家なり

▼ 真面目くさい~ (3, 0.1%)

1 徳川家康に, 様子で, 道化姿を

▼ 真面目さうに~ (3, 0.1%)

1 きつと, ばかし追求, 書いて

▼ 真面目とか~ (3, 0.1%)

1 いうが, 云うの, 熱心とか

▼ 真面目なり~ (3, 0.1%)

1 とも戯, 亭主に, 余は

▼ 真面目~ (3, 0.1%)

2 熱誠ほど 1 なア

▼ 真面目~ (3, 0.1%)

1 であれば, なる表情, な歌舞伎

▼ 真面目~ (3, 0.1%)

1 つた顔附で, つて書いた, ツて

▼ 真面目かと~ (2, 0.0%)

1 思ふと, 思へば

▼ 真面目かは~ (2, 0.0%)

2 分らないが

▼ 真面目かも~ (2, 0.0%)

1 知れないし, 知れぬ

▼ 真面目くさ~ (2, 0.0%)

1 つた反対には, ッた

▼ 真面目じゃあ~ (2, 0.0%)

1 ないこと, 困るわね

▼ 真面目だけ~ (2, 0.0%)

1 である, なお串戯

▼ 真面目づく~ (2, 0.0%)

1 って, っていった

▼ 真面目であっ~ (2, 0.0%)

1 てしかも, てはいけません

▼ 真面目でいる~ (2, 0.0%)

1 のでつまらない, 時に

▼ 真面目でした~ (2, 0.0%)

1 から私, よ

▼ 真面目でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばいけない, ばお前

▼ 真面目で申しあげる~ (2, 0.0%)

2 のです

▼ 真面目で言っ~ (2, 0.0%)

1 ている, ては困ります

▼ 真面目で語る~ (2, 0.0%)

1 に足らない, のです

▼ 真面目とは~ (2, 0.0%)

1 思はないが, 礼服の

▼ 真面目なるべき~ (2, 0.0%)

1 モメントである, 時だ

▼ 真面目な光り~ (2, 0.0%)

1 に輝く, を浴び

▼ 真面目にと~ (2, 0.0%)

1 いうより, 勤めて

▼ 真面目にとって~ (2, 0.0%)

1 いいもの, くださらないん

▼ 真面目にとっては~ (2, 0.0%)

1 いけません, くれません

▼ 真面目にとり~ (2, 0.0%)

1 あひも, 扱って

▼ 真面目~ (2, 0.0%)

1 いやよ, 真面目ね

▼ 真面目~ (2, 0.0%)

1 へったくれも, 大真面目

▼ 真面目~ (2, 0.0%)

1 る問題, る顔

▼ 真面目腐った~ (2, 0.0%)

1 顔で, 風を

▼ 真面目臭つた顔~ (2, 0.0%)

1 の小僧, をし

▼ 真面目過ぎ~ (2, 0.0%)

1 てもどう, て滑稽

▼1* [99件]

真面目あくまでも真剣しかるに, 真面目あり彼れ, 真面目これには弱った, 真面目さうにぎよろりと輝やかせ, 真面目さうにぢっと考, 真面目さうに云ひ出した, 真面目さうに人力車を見, 真面目さうに眉をひそめ, 真面目さうに眼を据ゑて稍, 真面目さ今夜こそ命, 真面目すぎた話で, 真面目そのものであった, 真面目だったでしょうあの時代, 真面目だらうか, 真面目だろうじゃありません, 真面目だ喜んでい, 真面目や見, 真面目づくると, 真面目であらんことである, 真面目であり受け入れるだけの力, 真面目であるならば人間, 真面目であるべきことまで, 真面目であるらしかつた, 真面目であるらしかったが孰方, 真面目であろうと努める, 真面目でいけないから私, 真面目でいけませんズーと, 真面目でいたいと思っ, 真面目でおどろきを含ん, 真面目でかかりゃお前なんかに, 真面目でございス捨さん, 真面目でないったってそれ, 真面目でなかったなら子供の, 真面目でなくてはならぬ, 真面目でやるのであたしたち, 真面目で云って衣兜, 真面目で倦まず撓まず働くうちに, 真面目で威張らない人の, 真面目で放っておく, 真面目で沈んでのみならず, 真面目で着くと直ぐ, 真面目で考えたんです, 真面目で通したのよ, 真面目で頼むんだ, 真面目といふことを, 真面目なある者らは, 真面目ないそいだ足どりで, 真面目なしらべるような, 真面目なもつと高級, 真面目ならしむる所以に, 真面目ならしめ今少し, 真面目ならしめたのは, 真面目なれば逃げん, 真面目なんてそんな生, 真面目な云わば悪党主義, 真面目な怒にお, 真面目な怒ったような, 真面目な思ひを云, 真面目な思ひやり深い眼, 真面目な懸合として, 真面目な歌いぶりである, 真面目な考え込んだふうに, 真面目な聴きてになりました, 真面目な話しになろう, 真面目な話しなんです, 真面目な返詞である, 真面目にて戸棚に, 真面目にもなれずいよいよ, 真面目ねえああそう, 真面目ばかりが充ち溢れて, 真面目ぶった顔付で, 真面目ぶるのが, 真面目らしき態度にて, 真面目らしく云うのを, 真面目らしく働いていました, 真面目らしく言いながら娘, 真面目をば胸の, 真面目をも忖度せずし, 真面目話デスヨ, 真面目ニ相手ニシテクレナイコンナ有様デ生, 真面目一式な文句, 真面目一本気清らかな心, 真面目一直線に行ない遂げぬ, 真面目一途で駄目, 真面目光明穏健といったよう, 真面目切ってそう, 真面目半分で語り続ける, 真面目半分吹聴したま, 真面目常に堅固という, 真面目忠実公平正直などのあらゆる, 真面目正直の成功人種, 真面目沁みてゐ, 真面目に, 真面目積極な協, 真面目臭った顔付で, 真面目臭つて言葉を続けた, 真面目至極とは覚しめさぬ, 真面目過ぎるが故に, 真面目顔言葉の流れ