青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「艦~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

舞台~ ~舟 舟~ 航海~ ~船 船~ 船長~ 船頭~ 艇~ 艘~
艦~
良~ ~良い 良い~ ~良人 良人~ ~良心 良心~ ~色 色~ ~色々

「艦~」 1546, 17ppm, 6812位

▼ 艦~ (333, 21.5%)

4 ために, 胴中に 3 やうな, ような, 中で, 姿を, 根拠地へ, 襲撃を

2 [24件] あとを, いるところ, シャッガァ号は, 上を, 中に, 今日の, 他は, 位置を, 向を, 姿に, 姿は, 廻し者だ, 意志だ, 意志を, 方で, 方に, 根拠地を, 水兵が, 砲弾の, 砲撃を, 腹から, 英姿が, 運命は, 電光

1 [259件] ○番分隊士として, あとに, ありかを, いずれかの, いた海面, うえに, うしろに, うちの, おそろしい姿, ことから, ことで, ことは, ことや, このあたり, ごとく驀進, すぐ後, すすむ方向, すばやい行動, せいであろう, それに, たくらみです, ため多少, ため大, なかで, なかに, なげおろす爆弾, なせる, ねらいは, はずだ, ひとたちも, ほうは, ほか月に, まさに呉, まわりで, もつ数々, やうに, やつなにか, ゆく手, ようです, ように, コックを, サーチライトが, シクラメンでは, タイヤの, タイヤを, マストが, マストの, ヤードに, 一つの, 一味に, 一員に, 一種として, 一部が, 一部と, 一隊が, 一隻が, 上から, 上へ, 中か, 中でも, 中の, 中ばかり, 中へ, 中を, 中止を, 主檣, 主砲は, 主脳部, 乗組員に, 乗組員は, 乘組員が, 二五〇〇〇トン減少の, 二倍もの, 五つや, 五六艘ずつは, 他の, 件です, 任務は, 位置が, 位置は, 位置も, 修理に, 修繕材料や, 停ったところ, 傍を, 全部が, 全部装甲巡洋艦六隻海防艦十隻小, 兵員室で, 内部を, 写真を, 出入口の, 出動, 出帆は, 出没する, 列と, 列を, 到着を, 前後に, 前方に, 十サンチ砲弾が, 南下に従って, 司令塔は, 司令塔を, 司令官を, 吃水部を, 名だ, 名は, 名ほど, 周囲を, 噸数比例を, 四方を, 四門の, 壁に, 士官水兵は, 夥しい建造, 天下であった, 失態です, 如きは, 姿が, 威力に, 威力も, 威力を, 左舷二十度の, 巨大な, 巨砲の, 帆づなに, 帆柱に, 幹部に, 底から, 底を, 弾が, 形は, 形状は, 影は, 往きて, 後方に, 後方を, 後部艦橋を, 御大は, 御大水上警察の, 心細さ, 心配は, 怪人たちは, 押しつぶされた扉, 指揮は, 探照灯が, 探照灯は, 接近が, 損傷としては, 搭乗員だ, 搭乗員だった, 操縦を, 攻撃事件, 攻撃目標が, 敬禮に, 数は, 敵では, 方が, 方向だ, 最も苦手, 最後, 根拠地が, 根拠地だ, 根拠地であった, 格納庫, 格納庫の, 様子が, 標識灯であった, 横の, 横腹に, 横腹目がけ, 機関兵員は, 檣なんて, 檣に, 欠点である, 正体, 武運と, 残骸は, 水中聴音器の, 水兵さんが, 水兵等と, 水夫の, 水線甲帶に, 沈むに, 活動も, 浦賀に, 滿, 潜望鏡の, 潜望鏡みたいな, 灯火が, 煙が, 獻納者であれ, 現在の, 発射管という, 目に, 看護卒も, 眼は, 眼を, 砲力が, 砲声が, 砲撃と, 秘密, 秘密を, 竜骨を, 精鋭クルツプ砲は, 給水や, 者だ, 聴音機には, 胴には, 胴中から, 胴体, 自慢を, 艦影を, 艦橋から, 艦橋の, 艦橋付近に, 艦長である, 艦長清川大尉です, 艦長清川大尉は, 蒸, 行動が, 行動であった, 行動を, 行手を, 行方, 衣笠から, 襲来に対して, 要請によりて, 見張番, 計とかいふ, 話は, 話を, 賓客では, 身であり, 身を, 軍医が, 追跡を, 通報によって, 速力は, 連中も, 進むにつれて, 進むの, 進行には, 進路は, 重鎧, 針路を, 鉄の, 間際に, 陸戦隊は, 隅から, 隊長, 須磨はと, 頭上に, 額が, 首尾に, 首尾には, 高声器, 魚雷が, 黝んだ

▼ 艦~ (211, 13.6%)

2 この前, どこの, どこへ, なにを, みなほうほう, われわれの, 即刻帰隊する, 艦体を

1 [195件] あかつきの, あまり間近, ありったけの, あわてて, いずれも, いつの間にか南緯四十度, いつも商船隊, いないか, いまどこの, お前を, かたく下りた, かれ等, ここ十日間くらいの, こっちへ, この驚き, これまでに, さっそく少年, さつきから, しきりに水深, しきりに沈下, すごい爆雷, すでにウニデス潮流, すでに波間, そいつらを, そのころ, その南下, その間, その間近, それに, たしかに, たちまち右舷九度, たぶんソ連, だてや, だんだん高度, ついて, ついに港, ともかく後の, どっちみち沈没, どの辺, どんなおそるべき仕掛, ない, なお安全, なかなかいい, なんという, にわかに高度, はるか離れた, ひとり可, ふわりと, べつに後, また猛烈, まっ先に進み, まるでそれ, まるで大病人, まるで疲, みるみる海上, むちゃくちゃに, めずらしく故障, もうしずしず, もう砲撃, もう間もなく海底突堤, もっと速度, やがてケレンコたち, やがて暴風圏, ゆるがずその, ようやくすこし動いた, よく見る, わがその背後, わが松島, わが潜水艦, わしの, ウラル丸を, エンジンの, ギリギリと, グッと, グルリと, グングン近づい, ドイツ人に, フランス海軍の, ボルク号を, 一たいこれから, 一令の, 一向に集っ, 三十呎五十呎も, 三百八十五隻だ, 上甲板の, 世界の, 世界第, 予定の, 人間の, 今その, 今や全速力, 今や汽缶, 今や第, 今日は, 今鯨の, 何だ, 停止しなかった, 僚艦に, 先刻から, 全速, 全速力を, 再び正常, 列を, 割合に, 北の方に, 北を, 名も, 多分相模灘, 大きな円, 大分動揺し, 大胆不敵にも, 大震動, 太青, 奮戦し, 奮戦また, 存在し, 小笠原の, 少し搖れ始めたらしい, 少年の, 居睡り, 巧みなる, 幾度か, 急を, 急逮, 急遽左回頭, 悠々と, 押し合いへ, 損傷した, 斯んな, 旋回し, 既に布哇パール湾, 日本潜水艦に, 旭日の, 明後晩コロンボに, 昨曉アデン海口, 更に第, 最も重き, 最新式の, 本日を以て, 本隊と, 本隊に, 松前を, 桜山と, 横だ, 次第に沖, 欧州訪問の, 残れる定, 殿艦である, 殿艦の, 水平に, 水平線上に, 氷上に, 沈んで, 沈んでも, 沈没し去った, 海の, 海底に, 溺没せん, 潜望鏡だけを, 潜水, 狼が, 現在米国領ハワイの, 盛んに, 直ちに沈没, 直ちに潜航作業, 直ちに遭難機, 直進する, 相変らず, 真正面より, 破砕の, 米を, 翌年の, 翼を, 翼をが, 自分の, 艦体が, 艦首の, 若鷹丸探険隊員, 荒れた海, 行くの, 見るの, 観光客に, 警戒海面の, 近付いて, 追, 逃げだしたの, 進力を, 遂に歴史的, 都合三十個の, 針路を, 附近の, 震い舷, 頗る困難, 風雨は, 飛行島の

▼ 艦~ (154, 10.0%)

2 あれば, やって来るの, 来た

1 [148件] あった, あばれて, あらはれて, ある, あると, あるという, いっしょに, いつだ, いないの, うかびしずしず, うろうろし, うろついて, ぎいぎい響る, ここに, この島, この辺, これも, しかも二隻, しっきり, すっかり飛行島, ずらり, ぜひ欲しい, そういうもの, その半ば, その臨検中, それと, それに, ちゃんと配置, ついて, つかった囮, ときどき日本内地, とんで, どこで, どこに, どんな攻撃武器, なぜお前, なぜ丁坊, にわかにぶくぶくと, ひそかに, ひどく傾い, ものすごくも, やってきた, やってきたの, やって来た, ギイギイと, ドイツで, ハワイの, マイカ大, 一せき波を, 一隻こっちへ, 一隻斜めに, 一隻沖を, 三つの, 三四十度ぐらいに, 三隻いる, 三隻はやく, 三隻一列の, 並んで, 乗りつけたの, 二十インチの, 二艘か, 二隻, 二隻並ん, 五隻も, 人類未知の, 今レンズ, 仕掛けたあの, 休んで, 俄かに, 傾しい, 入江の, 入港する, 八艘潜水艦が, 再び浦賀, 出没する, 出発の, 動き出したら太平洋, 南下し, 南方の, 同じよう, 和島丸を, 四隊も, 四隻も, 城塞までの, 壊された証拠, 外海へ, 多いなどと, 太平洋へ, 官軍の, 左から, 廻送され, 彈丸の, 後へ, 忍びよって, 怖いの, 怖しかった, 我々に, 或る, 打って, 打つかって, 撃沈した, 数十日間を, 敵艦を, 既に豐後水道, 木の葉の, 本船を, 来たぞ, 来て, 横須賀軍港を, 機関を, 毒ガス弾を, 氷上に, 沈むの, 沈む時, 沈んだの, 浦賀に, 浮いて, 海の, 海底要塞に, 火星国で, 烈しく傾斜, 父島母島兄島青島と, 猟犬の, 着いたという, 知らないうち, 積んで, 空を, 舳の, 舳を, 英国で, 薩摩に, 蟹工船の, 襲撃し, 襲撃した, 護衛し, 近付いて, 通りかかるだろう, 通過中, 進んで, 遠征し, 針路を, 隠れて, 電の, 風雨の, 飛行島に, 高速試験でも, 鹿児島に, 鼻を

▼ 艦~ (109, 7.1%)

3 趁うて 2 ぶん捕っ

1 [104件] あおいで, あとへ, うごかすには, うごけないよう, くりだしたまえ, こしらえたという, このまま, これから一年間, こわすの, こんなひどい, さぐりあてたの, しきりに観察, すること, その中, つかって, つくれば, にらんで, はなれ舳, ひきいて, ひどく恐れ, ぶっ払ったで, みつけて, もって, もっと鉄水母, もつて, やすやすと, やっつけたって, やっつけようとして, やっつけるか, 一戦にけ, 一隻お, 一隻でも, 中心に, 何故早く, 作った話, 作つたこと, 全滅せしめた, 出動させました, 出動させる, 利用する, 去る事, 去る事三海里餘, 参観に, 君から, 呼べ, 呼んだら皆, 呼んで, 回らせり, 失って, 奇襲隊として, 建造した, 引渡さば, 形造っ, 従えその, 思いも, 恐れて, 恨んでも, 捕虜とともに, 提供し, 断行すべきである, 横浜の, 河口から, 泛めて, 浮べたる露国最後, 海面から, 渡して, 測れ, 潮流から, 焚いた, 率いて, 発見する, 発見せり, 百隻作っ, 相手国には, 眺め戦闘機, 眺め戰鬪機, 眺め陸上, 瞬時の, 粉韲すべき, 製し清輝, 見た英艦, 見て, 見わけるコンタン, 見付けて, 見張って, 見物し, 訪ねようと, 買うこと, 買う先ず, 買入, 購わしむべ, 追い払わせつつ, 追うのみに, 退ったが, 退去し, 逆襲し, 造り, 進めて, 遠く印度洋大西洋上, 遣わして, 震わして, 震動し, 飾って, 魔物よりも

▼ 艦~ (97, 6.3%)

6 乗って 3 乗組んで, 向って

1 [85件] あたるもの, あっては, あらで超重, うまくひろいあげられるであろう, お目にかかるの, かなわないと, くらべると, さらわれたん, すくいあげられたきょうだい, そもいかなる, ついにめぐりあえない, なると, なんと惨い, ひびが, まけぬ快, みつかると, エルネスト・ルナンという, 上れり然, 乗じ海外, 乗せられ南海, 乗ってや, 乗りくみ戦死, 乗り組んで, 乗れないん, 乗ろうと, 乗込みたき旨要請, 乗込んだか, 乘移らんず, 使う潜望鏡, 便乘した, 出動を, 出掛けて, 別れを, 勝てるよう, 向かって, 向ひ, 周囲を, 命中する見る, 塔じ, 守られながら, 宛名を, 帰って, 復讐の, 悉く撃沈, 投ずそれ, 投ぜんと, 接近し, 援護された, 搭じ, 撃沈された, 攫われた者, 攻められた, 最接し, 残留せしめ, 気を, 沈められるか, 注ぎぬ, 潜望鏡を, 無電は, 発見された, 直撃を, 知らせて, 移して, 移乗し, 積んで, 穴が, 穴を, 筒ぬけ, 舵器を, 苦しめられた英国大艦隊, 見つかったら今度, 見つかる, 見つけられるおそれあるので, 護送され, 護送された, 近くなる, 近づいた, 近づくの策, 追つ, 逃げもどり淮河, 連絡し, 達し其乘員, 集まった幕軍, 電光を, 鳴り渡ると

▼ 艦~ (38, 2.5%)

2 運命を

1 [36件] いいますが, いい水雷火船, いえども, いえば, おぼしき艦艇, する高雄, そのほか, なりましたろうこの, はなばなしい戦闘, まちがえたり, よばれる世界一, わがミルキ国, アフリカ兵二百五十名を, ラーヴエンナ號事件の, 一隻の, 三隻の, 全く同様, 十五隻の, 取組む番, 同じ形, 呼び十数隻, 呼んだ, 商船との, 広東から, 戦ったり, 戦争し, 戦闘を, 敵の, 本隊の, 正太とを, 狼岩を, 称すべきもの, 結んで, 英国の, 飛行機の, 飛行機を

▼ 艦~ (33, 2.1%)

2 から艦尾

1 [31件] からひどい, から左右, から縹渺, が左, と艦尾, にうごめく, にかがやく, にどっと, には水兵, に斜め, のところ, のほう, の方, の甲板, の砲台, はひどく, はググッ, は大きく, は高く, へ急ぐ, へ歩き, をはげしく, を向け, を向けかえ, を天, を擡げ, を曲げました, を水面, を波上, を突込, を魔

▼ 艦~ (27, 1.7%)

2 の半分

1 [25件] があの, がしきりに, が壊れかかった, が明, が海面, が真中, が陸地, に平行, の外, の外側, の外部, はがくり, はピカピカ, は前, は舳, をいちいち, をうきあげ, をぐらぐら, をしずか, を厚い, を操りました, を水面下, を製作, を軋ませ, 即ち

▼ 艦~ (20, 1.3%)

2 すこしも動きません, ハンザの

1 [16件] いらいらし, これに, その乗組員, だまって, つぎつぎに, まだこの, わが皇國, 一斉に, 七ノットか, 五六隻いた, 共に惨害, 成層圏を, 沈没した, 無事に, 砲も, 遂にここ

▼ 艦~ (20, 1.3%)

1 [20件] からロケット, から滝, から艦首, できらり, なる濱島武文, に沸く, に番, に行き, に青灯, の巨砲, の方, の旗, の軍艦旗, は白く, へひき, へ走りかけた, へ走る, を一目, を曳かれ, 並びに前

▼ 艦から~ (16, 1.0%)

1 [16件] うって, しきりに信号, どっと鬨の声, 下りて, 夕刻すぐ, 対岸に, 持って, 発したもの, 至急帰還せよ, 融通を, 閃めく探, 降って, 陸に, 離れた艦上機, 魚雷の, 魚雷を

▼ 艦~ (12, 0.8%)

1 [12件] がまっしぐら, が二つ三つ, が見え, はぐんぐん, はとたんに, はどんどん, はみるみる, は刻々, は映写幕一杯, をじっと, を望見, を逸し

▼ 艦~ (11, 0.7%)

2 と思っ, ッ 1 からなあ, か分らない, か巡洋艦, がもつ, ぜ, と言った, ね

▼ 艦~ (10, 0.6%)

1 このホノルヽ, とりかこまれて, むかえうとうという, 書面に, 東京湾へ, 死んだそう, 海軍省の, 渡るの, 潮流二つも, 約八十隻

▼ 艦~ (10, 0.6%)

2 から海底 1 がいつ, にある, に出, に通り抜けた, に陣取っ, より浮び, をかみ破った, を潜航

▼ 艦では~ (9, 0.6%)

1 あったが, そのしらせ, ない, ないか, なかった, なく陸岸, もう皆, 午后に, 半舷上陸が

▼ 艦には~ (9, 0.6%)

1 ちがいない, ふしぎにも, もう檣, ボートが, 一万元内火艇十元短, 三万元駆逐艦には, 乗れないの, 十人の, 必要な

▼ 艦~ (8, 0.5%)

1 伊国軍艦の, 巡洋艦の, 汽船を, 潜水夫までが, 病院船給油船が, 軍用飛行機などを, 飛行機の, 駆逐艦が

▼ 艦からは~ (7, 0.5%)

1 もうかなり離れました, ボートが, 三艘汽艇が, 小さいボート, 応答が, 爆雷が, 艦長と

▼ 艦した~ (7, 0.5%)

2 のである, ものだろう 1 ことを, とすれ, のだろう

▼ 艦でも~ (7, 0.5%)

1 くるの, この恐ろしい, なんの, まったく不意うち, ローズ号だ, 最大速力の, 物体でも

▼ 艦~ (7, 0.5%)

2 の一同 1 には一人, に仮り, に加藤子爵夫人, の水兵, 第一

▼ 艦明石~ (7, 0.5%)

2 の艦長室 1 にとって記録, の艦内, は怪事件, は早朝, は飛行島

▼ 艦砲射撃~ (7, 0.5%)

1 が耳, が行, にも絶対不変, に遇, に遇い, の弾巣, は軽く

▼ 艦~ (6, 0.4%)

3 から海中 1 から, から濛々, に暗夜

▼ 艦~ (5, 0.3%)

2 巡洋艦か 1 さもなければ五百機以上, 水雷巡洋艦の, 甲級巡洋艦の

▼ 艦である~ (5, 0.3%)

1 かどう, か解らない, ところの, のにあと, 警備潜水艦隊にも

▼ 艦という~ (5, 0.3%)

3 のは 1 のであろう, ものは

▼ 艦との~ (5, 0.3%)

1 正面衝突, 距離二万メートルの, 連絡を, 間に, 関係が

▼ 艦二隻~ (5, 0.3%)

1 と第, はしばらく, を撃沈, 在港, 現ル

▼ 艦~ (5, 0.3%)

1 は飛騨, をすかし, をたしかめたかった, を読む, を金剛

▼ 艦~ (5, 0.3%)

2 に破裂 1 の海, へ抜け出る, へ飛ばされ

▼ 艦技術~ (5, 0.3%)

1 が少く, と云え, の優秀性, は世界, を誇る

▼ 艦松風~ (5, 0.3%)

1 の臨検隊員, はまもなく, はノーマ号, は一せき, は怪船

▼ 艦~ (4, 0.3%)

1 向って, 帰るべきか, 引き揚げなければ, 立ち帰ろうと

▼ 艦より~ (4, 0.3%)

1 信号が, 少し速力, 端艇を, 落ちると

▼ 艦シャッガァ号~ (4, 0.3%)

1 というの, に乗り組ん, のみは条約, の航海記録

▼ 艦ホ型十三号~ (4, 0.3%)

1 の艦内, の艦橋, はどう, は一路飛行島

▼ 艦一隻~ (4, 0.3%)

1 が独艦三隻, だけです, と大統領, を建造

▼ 艦~ (4, 0.3%)

1 からはるか後方, から千メートル手前, の彼, を斜め

▼ 艦委員~ (4, 0.3%)

1 の誰か, も共に, よく見, を非常呼集

▼ 艦清風~ (4, 0.3%)

1 であった, の艦橋, はいま, は速力

▼ 艦~ (4, 0.3%)

1 した, の若い, の鏤, を裝

▼ 艦こそ~ (3, 0.2%)

1 じつに世界中どこ, オーガン大佐, 只の

▼ 艦たち~ (3, 0.2%)

1 はいや, はま, はまわり

▼ 艦とは~ (3, 0.2%)

1 可笑しいな, 整, 知らず丁坊

▼ 艦にて~ (3, 0.2%)

1 伊香保に, 是ハ近日又, 遠洋航海の

▼ 艦によって~ (3, 0.2%)

1 この北極, 二重三重に, 舵機を

▼ 艦らしい~ (3, 0.2%)

1 いさぎよい最期, がいい, 形を

▼ 艦クロクロ島~ (3, 0.2%)

1 のこと, の偉力, は新

▼ 艦三隻~ (3, 0.2%)

1 と対峙, を撃沈, を沈めた

▼ 艦特務艦~ (3, 0.2%)

1 が三つ, が父島, などが合わせ

▼ 艦~ (3, 0.2%)

1 る, ると, るとの

▼ 艦~ (3, 0.2%)

1 に中り, に穴, に開く

▼ 艦~ (3, 0.2%)

1 の節約, の補足, を献納

▼ 艦からの~ (2, 0.1%)

1 変な, 砲撃を

▼ 艦であり~ (2, 0.1%)

1 そして船火事, 速力は

▼ 艦とか~ (2, 0.1%)

1 そういう名目, 戦艦といふ

▼ 艦として~ (2, 0.1%)

1 列内に, 用いられたが

▼ 艦としては~ (2, 0.1%)

1 すっかり出来上っ, 大鷲の

▼ 艦と共に~ (2, 0.1%)

1 全速力を以て, 辛苦を

▼ 艦~ (2, 0.1%)

1 のです, んだ

▼ 艦などは~ (2, 0.1%)

1 たちまち覆没, 大吹雪

▼ 艦なら~ (2, 0.1%)

1 もっと早く, 勢いに

▼ 艦について~ (2, 0.1%)

1 ガヤガヤ話しあった, 要領よく

▼ 艦にも~ (2, 0.1%)

1 いて, かけて

▼ 艦ウラル号~ (2, 0.1%)

1 が一体, が大西洋

▼ 艦オレンジ号~ (2, 0.1%)

1 がいきなり, がこれから

▼ 艦デュソレッキ号~ (2, 0.1%)

2 の乗組員

▼ 艦ホ十九号~ (2, 0.1%)

1 との両方, をよん

▼ 艦マール号~ (2, 0.1%)

1 の性能試験, は十二月一日

▼ 艦ローン号~ (2, 0.1%)

1 は波浪, へ乗り

▼ 艦事件~ (2, 0.1%)

1 が横浜英国領事裁判所, というもの

▼ 艦伊号一〇一~ (2, 0.1%)

1 が出航命令, はこの

▼ 艦全体~ (2, 0.1%)

1 がまる, を包ん

▼ 艦六隻~ (2, 0.1%)

1 もつづい, も現場

▼ 艦~ (2, 0.1%)

1 ならぬもの, の接待

▼ 艦太刀風~ (2, 0.1%)

1 が鹿島灘, との両方

▼ 艦~ (2, 0.1%)

1 がある, を終る

▼ 艦潜水艦特務艦~ (2, 0.1%)

1 が三つ, が父島

▼ 艦~ (2, 0.1%)

1 でビシビシ, や航空機

▼ 艦~ (2, 0.1%)

1 百五十隻の, 百五十隻ノ

▼ 艦計画~ (2, 0.1%)

1 では従来, とヤンキーガール

▼ 艦頭上~ (2, 0.1%)

1 か, にあり

▼1* [196件]

あり一撃の, 艦いよいよ進んで, 艦および警備隊に, 艦かが五百キロ爆弾の, 艦からも答礼砲が, 艦がかぶつても, 艦ぐらいあるぞ, 艦されたご婦人, 艦しようなどというケチ, 艦じゃないか, 艦だけでなく改良党, 艦だったのである, 艦だの変な, 艦であって重, 艦であろうがなん, 艦でさえこの恐ろしい, 艦とかの画面が, 艦とで百隻あまりも, 艦とともに西に, 艦ともに参り, 艦とを望むこと, 艦どころのさわぎで, 艦なぞ造ろうと, 艦などが合わせて, 艦などといったらだめ, 艦などを捕えるよう, 艦ならずして緑, 艦なんか僕の, 艦なんぞおそれること, 艦なんてのも, 艦においては近代の, 艦につき五十発ずつ, 艦にとっては中, 艦により彼我海軍力に, 艦のり八年の経歴, 艦はてたまふ, 艦ほどもある大き, 艦また一艦と, 艦まで来た町長, 艦までが長崎に, 艦みたいなもの, 艦めがけて重い, 艦もろとも沈ん, 艦やのメカニカルな, 艦らしきものが, 艦をも浮べ得るだけの, 艦を以て迎へ, 艦インディアナとマサチュセッツ, 艦ウラル號の乘組員, 艦エクセター号の艦側, 艦シクラメン号の後, 艦スチツクス号に捕へられ, 艦スルタン号に乗っ, 艦タルコトヲ極力, 艦テイマア号が武装, 艦トン数が米国, 艦威力ヲ, 艦ハ連絡ヲ失ウコトナク, 艦ハ長州より帰り, 艦ビスマルク号に載せられ, 艦ペトロパフロスクを港外, 艦の十三号, 艦ホノルル号を退, 艦ミシシッピーが単独, 艦メデューズ号について調査, 艦レトウィーザンを撃沈, 艦イタシマス, 艦一時に破れ返らん, 艦一機を剰さず, 艦一船燃え沈めば, 艦一隻なんの造作, 艦一隻損傷ヲ受ケタリ, 艦一隻蘭艦一隻都合九隻の艦隊, 艦一隻都合九隻の艦隊, 艦七七八〇〇トンの確保, 艦三千人の士官, 艦三隻米艦一隻蘭艦一隻都合九隻の艦隊, 艦三隻装甲巡洋艦十一隻及其他若干の水雷艇並, 艦に雪合戦, 艦丙艦の弾, 艦に應, 艦だ, 艦乗りとはお, 艦乗組員一同の驚きもさ, 艦乙艦丙艦の弾, 艦二十四隻が真, 艦二機だけはそのまま, 艦二艘来著無程, 艦二隻撃沈又何隻, 艦二隻英艦一隻が独艦三隻, 艦五十隻の破壊, 艦五隻重油船三隻をやっつけた, 艦以来の目的, 艦体一転して, 艦体見え檣頭の旗影, 艦体諸物の破片, 艦何艘かを造る, 艦り退く, 艦依然単縦陣, 艦僅かに去れ, 艦入港せりと, 艦全滅抔の例, 艦全速力方向は矢張コロンボ港, 艦八隻と航空母艦加賀, 艦出帆の時, 艦函館港に向, 艦列車ありという, 艦前方の海上, 艦十五隻は, 艦十人の挺身隊, 艦十六隻だ, 艦十隻小巡洋艦八隻, 艦即ち私などが, 艦又は巡洋艦等に, 艦命令教書を書く, 艦哀れ旅順の水, 艦員一同の肩, 艦員皆怪み, 艦四隻を沈めました, 艦四隻仏艦三隻米艦一隻蘭艦一隻都合九隻の艦隊, 艦なるもの, 艦在役の軍人, 艦士官があった, 艦委員たちを案内, 艦宇治の碇泊, 艦するとも, 艦尾帝國軍艦旗の下, 艦山風に救い上げられた, 艦もなく去り, 艦建造案はたいへん, 艦引渡しの儀式, 艦をあらわし, 艦征伐のとき, 艦応接の儀, 艦濤は, 艦手筈難及由に付, 艦指して矢, 艦排水噸數二千七百ばかり二本烟筒, 艦搭載の偵察機, 艦撃退のこと, 艦政本部が非公式, 艦に於, 艦文禄征韓の役, 艦方式において別に, 艦明石乗組だ, 艦本牧に入る, 艦を刻める, 艦来り天下の, 艦来る夫れ, 艦根拠地に一旦, 艦を連ね, 艦水兵と貴君, 艦水夫ジヤクソンが今, 艦水雷艇潜水艦特務艦などが合わせ, 艦てて, 艦淡路が傾い, 艦のご, 艦炎上すれば, 艦無事いま凱旋して, 艦爆発事件はゼムリヤ号事件, 艦現実を溯る, 艦瓜哇を占領, 艦発注が多種多様, 艦目掛けて突貫, 艦相廻十四五人上陸いたし候由風聞有, 艦掛けて, 艦矢不来富川の陣, 艦砲射撃去年のこの, 艦秋津洲をのみ隈, 艦競争に妥協点, 艦競爭して, 艦等みな歸港の情, 艦籍不明か, 艦籍名簿より削除, 艦の汚名, 艦自身も最も, 艦が, 艦衣笠の司令塔, 艦要撃之于宮古, 艦豊葦原号の帆檣, 艦の旅, 艦近くにあり, 艦追撃す, 艦速度を増し, 艦造作御出来, 艦進水式の出来, 艦運動の献金欄, 艦遠征部隊をつくる, 艦長木村摂津守と云う, 艦長木村摂津守指揮官勝麟太郎をはじめ, 艦防禦のため大樹, 艦露兵西又東大陸風雲日将急, 艦に立てる, 艦首はるか向こうに爆弾, 艦體修理測量海圖の作成, 艦は新しい