青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「艇~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

舞~ ~舞台 舞台~ ~舟 舟~ 航海~ ~船 船~ 船長~ 船頭~
艇~
艘~ 艦~ 良~ ~良い 良い~ ~良人 良人~ ~良心 良心~ ~色

「艇~」 3287, 36ppm, 3291位

▼ 艇~ (655, 19.9%)

23 中に 8 中には 7 方へ 6 中で, 中へ, 中を 5 うえに, 外へ, 針路を 4 そばへ, ところへ, 中では, 中は, 乗組員は, 外に, 背中に

3 [11件] そばに, ために, へさき, ま下, 中から, 中の, 外廓の, 姿を, 方が, 生命, 舳に

2 [44件] うしろに, ことに, つないで, まわりに, まわりを, ように, ペリスコープは, 下を, 乗組員たちは, 乗組員に, 人たちは, 修理が, 修理の, 修理は, 内部が, 内部を, 冒険, 出入口の, 外が, 外は, 外を, 夜間信號, 姿は, 尾部から, 尾部へ, 底に, 底を, 影が, 後部に, 扉を, 故障は, 横腹に, 窓から, 竣成する, 背中の, 胴に, 胴の, 荒浪を, 行動に, 行動は, 行方を, 設計者は, 進路が, 針路は

1 [435件] あいだは, あとに, あとを, ある処, いたましい最後, うえで, うけた損失, うごかし方, うしろから, おかげで, おくまで, かげ船艙, かたむきは, かべにとりつけられ, ことが, ことさえ, こととは, ことな, ことなんか, ことについては, ことばかり, ことを, しっぽの, すぐうしろ, すばらしい性能, ぜんたいは, そとには, そばまで, ためうしろに, ところまで, どこが, どの艇にも, なかの, なかは, なかへ, なかを, ひびきに, ほうが, ほうへ, ほかには, ほか何も, まっただ中, まるい口, まるい頭部, まわりには, まわりの, みなが, ものすごいう, もよう, やうな, やうに, ようだ, エンジンが, エンジンの, エンジンは, エンジンを, キカイが, キカイを, スパートを, スピードと, スピードは, タイムの, テッド博士の, テレビジョンの, パイプの, ヘッドライトだった, ヘッドライトに, ロケット推進力を, 一つを, 一司令所に, 一室に, 一番大きい, 一種である, 一種には, 一部が, 一部である, 一騎打は, 上に, 上の, 上蓋を, 上部の, 上部艇首の, 下で, 下は, 下側から, 下方で, 下約, 不時着の, 中, 中だ, 中での, 中まで, 中心あたりに, 中部倉庫の, 丸窓を, 主だった, 主は, 主体, 主要部は, 乗員三百九十名の, 乗客の, 乗組員が, 乗組員たちを, 乗組員だった, 乗組員である, 乗組員に対して, 乗組員の, 乗組員三十名よりも, 事まで, 事も, 事其大成功の, 事孤島生活中の, 二つの, 二重に, 付近で, 任務を, 位置が, 位置は, 位置へ, 使命遂行上彼らは, 使用を, 修理には, 側壁の, 光の, 入口には, 入口を, 全体の, 全員は, 全航, 全身は, 全部が, 全部を, 全長の, 全體, 内に, 内部と, 内部に, 内部の, 内部は, 内部各室の, 再び海面, 再建造, 冒険旅行の, 冷い, 出るの, 出入り口に, 出入り口の, 出入口に, 出火は, 出発, 出発が, 出発は, 出発一時間まえ, 出発地点という, 出発準備が, 出航が, 切符を, 前に, 前の, 前方と, 前方に, 前方において, 前方十七呎以上に, 前端に, 力が, 勇士たちは, 動力の, 十人だ, 十八隻を, 半ばを, 半分ぐらいを, 危険は, 口蓋を, 司令室であった, 各要部, 合図を, 名に, 名は, 名前が, 名前は, 周囲に, 噴気孔を, 噴進も, 四方は, 基地を, 場合には, 壯麗なる, 変事を, 外から, 外側が, 外側に, 外側は, 外壁などは, 外廓に, 大破損, 大編隊, 大部隊, 奮戦の, 如くちょっとした, 姿が, 安危に, 安否である, 客は, 宴会は, 寿命は, 將に, 尾部だった, 尾部に, 尾部における, 尾部の, 展望台の, 工事の, 工作に, 左舷の, 巨体は, 巨体を, 差し出す綱, 帆かと, 帆を, 幹部との, 底は, 底へ, 建造が, 建造の, 建造は, 彗星一号艇と, 形に, 形は, 形體と, 影も, 後方に, 後方を, 後端に, 後部で, 後部は, 後部へ, 御出張, 微粒子解剖整形装置の, 惰力で, 應援ぞ, 應援に, 成功と, 成敗を, 戦闘任務や, 所在を, 扉と, 扱い方, 技師に, 持って, 指揮を, 接近を, 損害は, 操縦は, 操縦室の, 操縦室へ, 操縦席が, 操縦席と, 操縦席に, 故障が, 数は, 新月号で, 方で, 方には, 方を, 方角で, 映像は, 最後, 最後を, 望月大尉たちにたいして, 望遠鏡に, 木材や, 本隊に, 根拠地を, 桟橋まで, 椿事の, 構造に, 構造について, 構造については, 構造を, 様に, 様子を, 横っぱらに, 横腹からは, 横腹には, 機先を, 機械についての, 機関室の, 機関部その他に, 機関部員たちは, 機関銃の, 櫂は, 正面も, 残骸と, 水煙を, 活動の, 漂流者たちの, 漕ぎ下るの, 火星兵には, 火災と, 無慚, 無電装置は, 無電通信機が, 爆発した, 爆発を, 爆破の, 生命とも, 生命の, 用意が, 甲板には, 癖を, 発明された, 発明者であり, 目が, 目の, 真似などを, 眼から, 着陸場として, 知って, 砲手の, 破れ目から, 破片によって, 神變不思議の, 科学に対し, 秘密とは, 秘密を, 穴を, 突入する, 突撃戦に, 突進, 窓という, 竣工する, 竣成した, 竣成と共に, 竣成の, 竣成後製造に, 第三号, 経験ある, 総員が, 編隊群は, 縱覽を, 總ての, 繋いで, 繋留され, 繋索は, 群, 群が, 群も, 群れを, 翼の, 背中から, 背中が, 背中を, 背後に, 胴から, 胴を, 胴中が, 胴中に, 胴中へ, 胴体から, 胴体の, 腹の, 腹部が, 腹門を, 致命傷であった, 航続力は, 航跡を, 航路を, 舳には, 舳を, 舷側を, 船腹には, 船體には, 艇尾に, 艇長の, 艇長は, 艇長ゲーナー少佐が, 艇長ゲーナー少佐は, 艇頭に, 英商船撃沈は, 荷が, 萬歳とを, 落下傘では, 落下速度が, 血の, 製造には, 襲ふところと, 要所に, 見えざる襲撃, 觀外塔には, 設計も, 設計を, 評判櫻木大佐の, 試運轉式の, 話です, 話とは, 警戒を, 赤い三角帆, 距離は, 輪の, 近くに, 追跡を, 通りすぎるうしろ, 速力が, 速力に, 速力には, 速力は, 速度は, 速度を, 連中が, 進行に, 進行も, 進路は, 運命が, 運轉式も, 遭難現場の, 邊には, 針路が, 鉄の, 長い背中, 長さ百三十呎六吋, 間にあって, 闇に, 隅の, 隊長テッド博士の, 雄姿が, 電波通信が, 電波通信は, 電波通信力を, 面々は, 音が, 頂部の, 頭は, 食堂, 首を, 首尾よく

▼ 艇~ (483, 14.7%)

7 の声 6 のところ, はその, は電話 5 の命令, の方, の遺書, の顔 4 に伝え, の死 3 の最期, の触角, はこの, はそれ

2 [42件] がうなずいた, がおもわず, がその, が属し, だけあっ, だった, と酋長ロロ, にかわっ, のこえ, のこと, のそば, の写真, の号令, の手, の死体, の特別スイッチ, の目, の胸, の蜂谷学士, の言葉, の遺品, の頬, は, はいい, はいった, はいわれる, はうなずいた, はさすが, はすぐ, はなぜ, はにっこり, ははや, はまた, はやおら, はやさしく, はゆうゆう, は三郎, は卓子, は壁, は士官室, は太刀川, は心

1 [334件] あの怪物, からかたく, からその, からの命令, が, があなた, がいたします, がいった, がいなくなっ, がいなけれ, がいま, がうめく, がかたる, がかねて, がきょう, がくらがり, がこっち, がさけんだ, がその後, がつかつか, がどうして, がなぜ, がにこにこ, がのっ, がふりかえっ, がやってき, がフォン, が三郎, が乗っ, が乗組ん, が事務長, が何, が何等, が叫んだ, が壁, が外, が大海魔, が天井, が心配, が横だき, が注意, が申す, が立ち上る, が落ち, が落ちられた, が電話, が青い, が顔, がUR, こそ社会事業家, じつは怪人ガスコ氏, その無電, たいへんです, たる私, だけは艇, だったの, だと, だとばかり, だな, だテッド博士, であるサミユル, でいらっしゃいます, ですか, ではありません, ではなく, でぼく, といえ, とうちあわせた, とが, とが両方, としての報告, とはた, とは打ち解け合った, とよべ, とウルリーケ, とシュテッヘ, とジーグフリード, とミドリ, と一つ穴, と三郎, と其部下, と同じ, と名乗っ, と四人, と大差, と幕僚, と死生, と皆さん, と見, と運命, どうしておられます, なんかに用, におどりかかろう, にお目にかかりたい, にきいた, にそう, にそっと, にたいし, にたのみ, にちがい, にちょっと, について語れ, につきつけた, にねだった, にはうるさい, には固有, にむかい, にめぐりあった, にもう一度, によびかけた, にコーヒー, に万事一任, に世にも, に僕たち, に叱られる, に向け, に報告, に対し寸毫, に歎願, に申出, に目, に答えた, に話, に迫っ, に追いつい, のあの, のいう, のいった, のいびき, のうしろ, のお話, のことば, のごとく, のすぐ, のすごい, のため, のとこ, ののび, のふかい, のもっ, のもどっ, のよう, のようす, のガスコ氏, のスミス少佐, のデニー博士, のリーマン博士, の一行, の予期, の例, の信念, の兜, の前, の動機, の命令どおり, の命令一下, の地上, の報告, の大きな, の如く, の宇宙服, の安否, の屍体, の山岸中尉, の巧み, の役, の急死, の指し, の指図, の指揮, の敵, の春夫少年, の書いた, の服, の望月大尉, の横顔, の気, の油絵, の生き, の生地, の生存説, の申し出, の発作, の眼, の耳, の肉体, の肩, の自由, の親心, の警官, の責任, の身, の遺品二点, の遺骸, の部屋, の長い, の青木学士, の頭, の鼻さき, はあき樽, はあっと, はいきなり, はいったい, はいつも, はいま, はうめい, はうめく, はおそれ, はから, はかれ, はくやし, はけげん, はこういう, はさいぜん, はしっかり, はしばらく, はすでに, はそう, はそういう, はそのまま, はそれだけ, はそんな, はたちまち, はちょっと, はついに, はどうして, はどこ, はにやにや, ははじめ, ははたして, はひ, はひとり, はぶっきら, はぶるぶる, はへん, はまだ, はまっ, はようやく, はコーヒー, はコーヒー茶碗, はゴム風船, はテレビジョン装置, はマイク, はマフラー, は下, は乗員, は云った, は仕切り, は伝声管, は何, は例, は出発, は出発命令, は勇気, は十年前, は双眼鏡, は右, は君たち, は唇, は外, は大きな, は妙, は室, は席, は幕僚, は平気の, は彼, は怒っ, は或, は操縦室, は斥候, は最後, は朗, は松宮一平, は残り, は気, は気がついた, は海底城, は湯気, は生, は病気, は痛む, は目, は眼, は睡眠中, は素早く, は腕, は腕時計, は腰, は自分, は興味深, は艇, は艇内, は艇員たち, は落ち, は蓄音器, は観測台, は距離, は身, は遂に, は間, は隣室, は電灯, は電話機, もう敵, もそして, もその, も同様シュテッヘ, も外, も宇宙服, も幕僚, も平気, も承知, も教えられる, も鉄鎖, やその他, らしくして, をうごかした, をうながし, をさておき, をし, をすぐさま, をひったて, をよびだし, を先頭, を動かした, を叱りつける, を思慕, を殺し, を殺す, を起す, を迎えた, を除く, 早く麻綱

▼ 艇~ (471, 14.3%)

3 速力を, 針路を

2 [21件] いよいよ火星, がたんと, だんだんと, どこへ, どこを, ばらばらに, みさきの, もうだめ, ものすごい音, 何事も, 宇宙墓地の, 水平に, 沈下し, 流星の, 海の, 海面に, 無事なり, 矢の, 空中に, 舳を, 逆浪怒

1 [423件] あいかわらず全速力, あと二三分の, あれな, あんな方向, いい人, いずれも, いったいどうした, いったいどこ, いつでも, いつのまにか機械, いつもの, いまここに, いまその, いまにも, いまやすっかり怪雲, いまやすべて, いまや地球, いま向きを, いま暗黒の, うごかなくなりました, うごきが, うしろに, うしろへ, うす赤い光りで包まれ, うつくしく銀色, うろうろし, おいおいと, おそろしい暴風雨, おちたいきおいで一たん, お尻, かえって久野, かぞえられないほど, かならず急い, かなりの, かなりものすごい, かねてお話, くさりから, ぐらっと傾いた, ぐらっと前に, ここで, ここに, こっちの, ことわりなし, こなみじん, このとき通風筒, この後, この時, この衝突, これからずいぶん長い, これからどうなる, これからどんどん沈ん, これで, これまで, これまでの, これより, こわれたらしいね, こわれて, ごうんごうんとものすごい, さかんに, さきほど暴風雨中, さっそく逃げる, しずかに, しずみます, じつに二百日, すぐさま動きだした, すぐさま艇内, すぐそば, すぐに, すぐ目, すこし取込ん, すこし西, すこぶる安定, すっかり出来あがっ, すでにあの, すばらしいね, すーっと, ずんずんと, そいつらを, そういう宇宙塵, そこを, そのあいだ, そのとき穴だらけ, そのねばねば, そのまましずか, そのままじっとうごかない, そのままずぶずぶ, その中, その宇宙塵, その後も, その数三, その時, その漕手ら, その間に, その黒雲, たいへん高く, たくみな, たくみに, たしかに地球派遣軍, ただいま大, たちまちコオス, たちまち月明, たちまち黄いろい, たった二日, たった今, だいぶやられた, だんだんあと, だんだん地球, だんだん宇宙, だんだん舞下り, だんだん高度, ちっとも後退り, ついに問題, ついに決心, ついに潜水洞, ついに火星, ついに蟻田博士, ついに衝突, ついに運転不能, できるだけ, でこぼこし, とつぜん長く, どうしても離れなかった, どうしましたです, どうも滑り出し, どしーん, どのへん, どの方向, どんどんすすん, どんどんと, どんどんロケット, どんどん宇宙, どんどん左, どんどん高度, どんなこと, どんな航路, ないけれども, なおもまっ, なおも続いた, なかなかスピード, なにかの, なるべく編隊, なんといっ, にげるかと, はげしく震動, はげしく鳴り響き, はやくも, ぱっと燃えだし, ひさしぶりに, ひどくかたむい, びくとも, ぴったりと, ふたたび貴, ふるえあがった, ほとんど同じ, ほとんど垂直, まじって, またにげ, またもや空中, また矢, まだどこ, まだみつからない, まだ台, まっくら, まったく前進力, まるで石ころ, ま正面, みにくくうちくだかれ, みるみるうち, むざんにも火星の, もういまごろ, もうさっそく木の葉, もうたすかる, もうれつ, もう全く彼, もう動かなくなりました, もう噴射瓦斯, もう大丈夫, もう手, もう海面, ものすごい塵塊, ものすごい落下速度, もはや恐れる, やっつけられるの, やっと七百七十八人, やっと停止, やっと波浪, やっと火星, やっぱり火星, ゆき, ゆさゆさと, ゆだ, ゆっくりおちつい, ゆるやかに, ゆれただけで, われわれを, ガン星から, グンと, ゲルマニア型として, ジャガイモみたいな, スピードの, スピードも, スーッと, トラックの, ハヤブサ丸から, ルナビゥムを, ロケットとも, ロープを, 一つも, 一メートルも, 一メートル以上も, 一ヵ所として, 一九〇六年の, 一個の, 一緒に, 三角暗礁の, 三角暗礁を, 上昇し, 下ろされた, 並んだ, 並んで, 中央の, 丸いうえ, 丸木艇を, 予備隊として, 二つの, 二度と水, 二度も, 二組の, 二隻で, 些も, 人事不省の, 今ずるずる, 今では, 今やぐんぐん飛行速度, 今や我が, 今や此秘密, 今地球, 今日世界萬國の, 今海の, 今漸く, 今穏, 以前の, 任務を, 何だかいつもより, 何者かの, 停った, 僅か十日間, 全世界, 全艇, 全速力で, 六号艇と, 出発した, 刻々と, 刻一刻ぎりぎり, 前と, 前へも, 前方に, 前部から, 勇敢にも, 動かない, 動きだしました, 十数名しか, 危険な, 即時に, 反転し, 台の, 吸い込まれるよう, 唐人の, 噴進する, 固定席が, 地下プラットホームへ, 地球へ, 地球を, 垂直に, 場所が, 墜落する, 外から, 大よう, 大作業, 大砲の, 奮戦を, 女王シャーロット島を, 好まざる力, 妙なう, 宇宙艇群の, 安全な, 富士山の, 小さくなっ, 山を, 嵐の, 左の, 左上を, 幾度か, 彗星号という, 彼らの, 彼を, 彼女の, 征く, 必死に, 忽然波底に, 急に, 急落下, 怪音を, 恰も勇士, 我々を, 我に, 或る, 戦艦レオナルド・ダ・ヴィンチの, 推進器がから, 揺れるし, 故障を, 敵艦の, 早や, 昇降口の, 星の, 時速五十キロだ, 暴風雨圏から, 最新型の, 最新鋭, 月の, 月世界へ, 月面に対して, 有力な, 本艦を, 束に, 果してこの, 横様に, 横転, 次第にその, 次第に安定, 正にその, 正面衝突か, 此時徐かに艇頭を, 殆ど垂直, 気密室で, 気密室に, 気持よく, 水の, 水を, 水中を, 水雷艇だ, 沙漠の, 河合が, 波に, 波威に, 波間に, 海上に, 海上を, 海中ふかく, 海底を, 海底競走です, 海水の, 海面と, 海面下わずか, 渚を, 滑走で, 漕ぎやめた, 潜水夫たちの, 焔の, 無事か, 無事だ, 無数の, 爆発しません, 現はれ, 生きて, 疲れて, 発足点の, 白みゆく薄闇, 百三十キロの, 目下火星へ, 着星した, 着陸にあたって, 矢庭に, 破壊するでしょう, 神戸から, 空中分解する, 空中分解の, 空気の, 突然ユラユラと, 突然烈しい, 笑いの, 約束の, 総員を, 胴中から, 自分の, 自然爆発した, 自由が, 船台を, 艇底に, 艇長の, 荒天の, 見えないか, 設計上根本的な, 誤って, 警察船と, 貴艇団, 輪に, 農科の, 追い抜かれたかも, 速度を, 進水を, 遂に海中, 遂に火星, 遂に竣工, 遅いけれど, 遊覧用の, 運わるく, 遙かの, 遮蔽網で, 重くなりすぎ, 重力の, 長時間にわたる, 陸上の, 隊列から, 隔離し, 静かに, 音たかく, 飛行機とも, 飛行機に, 飾り物だった, 魚形艇と, 黄いろい煙, 黒い目玉

▼ 艇~ (240, 7.3%)

3 こわれて, 海の 2 かくれて, 全速力で, 地上へ, 怪力線を, 持って, 火星に, 無事に, 異変に

1 [218件] あった, あったの, あの岩, あらわれるかも, あらわれ呉, ある, あるじゃ, あると, いつでも, いまどんな, いまふわり, いよ, うごきだしたの, うつって, おいて, おかしいって, かげも, きたと, きたん, きみわるくふるえた, ぎっしり横木, くっきりと, くると, げんごろう, こっちへ, このまえ, この洞穴, こわされては, こわれたら, こんどの, こんど地球に, しばらく進む, じりじり抜き出した, すこしずつ, すこしばかりの, それに, それを, そんなにうまく, たいへん気に入っ, ただよって, だいぶん大きく, ちょうど正面, でた始末, ときどき左右, とつぜん消え, とびあがると, とびだしたとき, とまって, どかんと, どこからとも, どこの, どんなに狂暴, どんなに相手, どんな方向, なくては, のって, はいり込むの, はしから, はなつ怪力線, ばらばらに, ぱっと黄色い, ぴかぴかやっ, ぽかぽかこわれ, まぶしいほど, みるみる水面, もうすぐまぢか, もし故障, やがて火星, やってきた, やって来なければ, やって来ますよ, やっとはいれる, ゆうゆうと, ゆれた, よく出だした, りっぱな, エフ十四号飛行場を, ガスを, ガス砲弾を, グラグラと, テッキリあの, テッド博士の, トランシツトを, ハッチの, ハヤブサ丸の, マニラに, ルゾン号に, 一向計算どおり進行, 一度逆浪怒濤を, 三隻したがっ, 三隻ばかり, 不充分で, 乗組員を, 予定の, 二機翼を, 二艘三艘一隊に, 五台とも, 今にもばらばら, 今一大事である, 他日其船渠を, 何度の, 何隻も, 修理できる, 光の, 全滅し, 出して, 出たので, 出て, 出ますから, 出るに, 出來上つた上, 出動した, 出発した, 出発する, 動きだしたぞ, 十八艘うなり, 十隻出発する, 危険の, 又イギリス, 各室の, 合衆国の, 同じくこの, 向こうに, 和船を, 噴進を, 地上を, 地表から, 墜落し, 大西洋上に, 奇怪なる, 安定を, 完成し, 完成した, 実に小奇麗, 尠かった, 帆を, 帝國軍艦旗を, 平衡点に, 待って, 待合は, 待機させ, 思ったより, 急に, 手に, 抜けるそう, 揃った, 故障を, 敵艦を, 日本帝國の, 月の, 月世界探険に, 未だ船渠, 本船を, 東洋汽船会社に, 林立し, 林立する, 横附け, 橋を, 機關の, 気密に, 水を, 水上滑走を, 沈むまでに, 沈んで, 沈没する, 浮きあがって, 海岸に, 海底に, 消えうせたという, 消えたへん, 火災を, 無事で, 煙と, 煙に, 爆発し, 爆発した, 特別に, 狙いには, 現れた, 画面いっぱいに, 着陸した, 砲弾の, 破れて, 破損し, 破裂し, 碇泊し, 私の, 積んで, 穴の, 空中分解を, 絶えず行っ, 繋いで, 航行を, 舷梯を, 船影を, 要する十二種, 見えなくなって, 貯えて, 走りだしたでは, 走る, 越中島を, 車の, 追って, 通りかかって, 遂に彼等, 道の, 隅田川に, 離水した, 離水する, 雲に, 震動を, 靜かに, 非常な, 飛んで, 飛出せば, 飛行機に, 高空から, 黒い液体

▼ 艇~ (240, 7.3%)

7 操縦し 5 もって 4 手に 3 はなれて, 出て 2 うばって, おろしましたが, すっかり包ん, つけろ, でて, はなれた, 包んで, 目前に

1 [202件] あっちへ, あやつって, うごかそう, うつし出す, おいかけて, おいかければ, おどろしく揺りはじめたの, おりて, おりると, かくすほど, からかって, けいかいし, ここから, こしらえて, こしらえても, こっちへ, こなごなに, このまま, このパイプ, この火星, これさいわいと, こわして, さしずして, しっかり直さなけれ, すくうこと, すくう道, すっかり暗黒空間, そこへ, そっくり取られ, そっくり手, そのまま小さく, そろえるにも, たくさん借りる, たくさん地球へ, たのんだつもり, だしたので, だすと, つくられたん, つけさせ先着, つけて, つけるべき潜水洞, つけ夕方, つったくさり, つったまま, つつんだ, つつんで, つんだトラック, つんで, でた, とばして, とばせたまま行方不明, とび出して, なおも見, ぬすみだすの, ぬすむ話, のせたトラック, はやいところ, ば潜行艇と, ひきさく音, ひっさげただ, ふたたび沈下, ぶちこわしは, ぶつけて, ほれぼれと, ぽんと, まっ先にやっつける, みつけて, めざして, もう見つけ, もつて, もとめよ, やいて, やっつけちゃうん, やや右, よんで, われわれの, アドリアチックの, トラックの, ノーマ号の, バスの, ポオンと, レンズの, 一番最後に, 一隻, 三檣の, 三角暗礁の, 上昇させ, 下りたいと, 下ろす乗組員, 不思議そうに, 並べて, 並べて休んだ, 乗りつけたの, 人間に, 今月下旬迄に, 作り得る組織, 使って, 保護する, 借りられるとの, 借りるとき, 傷つけられて, 充分備, 全部空に, 再び操縦, 再び沈降, 出して, 出たりは, 出で, 出ると, 出横, 出発した, 出発する, 分捕って, 前進させる, 前進に, 動かして, 半分ばかり, 卵を, 去ること, 叩きつけて, 向けたらたちまち, 呼ばんと, 命じましょうか, 墜落させた, 外から, 始めとして, 宇宙の, 安全に, 富豪の, 小型の, 岸に, 巧みに, 幾台も, 建造しなけれ, 引きずる意味, 引き揚げた日本海軍, 強襲した, 怖れた, 抜くこと, 抱くよう, 押しもどして, 捕虜に, 捨て自動車, 撃墜し, 操縦したい, 救い出そうとして, 曳いて, 月に, 有って, 水の, 水面下十米の, 沈めること, 浮かべ半日, 渡船と, 漕いで, 無電で, 爆破させた, 爆破される, 用意し, 発明し, 發明した, 皆引上げそうな, 着けますかね, 着けるの, 積んで, 積載し, 突くまでに, 緩降下, 繋留塔に, 製造する, 襲撃し, 見あげ照空灯, 見た, 見やって, 見ると, 見守った, 覗って, 観る, 設計した, 認めて, 護りつづけて, 走らせろ, 起重機で, 追いかけて, 追いかける, 追う, 追うのに, 追っかけて, 追って, 追って大空艇, 追って進撃, 追っぱらうため, 進め入江, 運んで, 遠くの, 野次るので, 鎖で, 降ろして, 陸に, 陸地に, 陸地へ, 駆って

▼ 艇~ (180, 5.5%)

7 の空気 3 にいる, の気圧 2 と岩壁, に入る, に入れない, に忍びこむ, に残し, に残っ, の人々, の生活, の電灯, はにわかに

1 [147件] からえんり, からは千ちゃん, からピストル, から出る, から携帯式, から敗れた, から送られる, から酒, がエンジン, が小さな, が海水, だけに特に, でお話, でたいせつ, でなおす, ではあらゆる, ではこの, ではどう, では衣物, でも申した, でピストル自殺, で一等, で会議, で同じ, で死んだ, で電気, にあらわれた, にある, にい, にいた, にいれた, において一人, において出来る, におけるいっさい, におこった, におびただしく, にかえって, にかけこんだ, にがんばり通し, にこもっ, にすべりこんだ, にそなえつけ, にたたみこん, にたどりつく, にとじこめられ, にどっと, になに, にはいる, にはこん, にはすでに, にはそういう, にはだれ, にはよろこび, には一人, には人口重力, には死者, には非常配置, にひっぱりこんだ, にやはり, に一個所, に停り, に入っ, に共産党員太平洋委員長ケレンコ, に出来る, に十五ヶ年起き伏し, に収容, に取りこむ, に吹出され, に大きな, に寝た, に寝転び, に居た, に押籠め, に時限爆弾, に歓呼, に発見, に秘密, に空気, に置く, に落, に見える, に重力, に閉じ, に防毒面, に青春, のあわただしい, のどこ, のエンジン, の喞筒, の四人, の大切, の実験室, の寝室, の尾部, の惡分子, の捜査, の方々, の正面, の毒ガス, の水防等, の血, の配電線, の電燈, の高, はしばらく, はその, は依然として, は恐怖, は気密室, は水びたし, は活発, は混乱, は生きかえった, は直ぐ, は空気, は総員, は血しぶき, へすべりこん, へはいっ, へはいった, へはこびこみ, へ入れ, へ入れる, へ手, へ拾いあげた, へ持ちこん, へ放送, へ案内, へ進んだ, をあっち, をあっちこっち, をくま, をこじあけ, をさがす, をちょっと, をとりかたづけ, をのぞい, をはいはじめた, をひ, を全部, を完全, を案内, を見た, を見まわした, を見まわっ, を観せ, 全室

▼ 艇~ (159, 4.8%)

12 乗って 9 のって 3 残って 2 あつまって, のりこんで, 乗った, 乗組んで, 乘じ, 向けて, 移りて

1 [121件] あびせかけたの, いた青年, いると, いろいろの, うちのり, おいつくまでには, おいつけますか, おそいかかった, おっかけられるまね, お仕立て, くわわって, ぐるぐると, しがみついて, しても, しばりつけて, すりつけ死んだよう, たいし全, たいし救難, たたきつけるよう, ちかづいて, ちがいなかった, ついて, つかまって, つくまでに, つみこんで, とどくと, とびのった, とびのって, とりかこまれて, とりついて, なにかかわった, なるスペイン, ねばられること, ねらいを, のったまま, のぼりつきおばけガニ, のぼりつきガラスぶた, のりうつること, のりこむ前, のりこんだの, のり地球, ひかれて, ひっぱられて, ひとり乗っ, ぶっつかりそう, ぶつかって, ぶつかるところ, ぶらさがって, またがって, やられて, よじのぼり兄, われ出入りつ, 一つも, 三人ばかり, 乗じて, 乗つて, 乗つて黄海, 乗りうつりました, 乗り冒険, 乗り湖尻, 乗り移るよう, 乗り込んで, 乗るなんて, 乗るん, 乗る事, 乗換えて, 乗換える, 乗組んだ, 乗込んだ, 乘つてゐた, 乘移らん, 乘組む, 予期以上の, 伝えた, 使う液体空気, 全速後進, 出動命令を, 制限なく, 助けあげられた, 同様不幸の, 向って, 命中し, 命令を, 外装した, 左程著るしい, 必要なる, 怪力線が, 持ち込んで, 捕まって, 搭乗以来僕を, 救助された, 於ける生活, 時限爆薬が, 最大速力を, 来たれ, 殘つて居る, 気づいて, 沈められたといふ, 満載し, 火星兵が, 無電で, 目を, 睥睨まれたる, 破損でも, 移したうえ, 移るまえに, 積んで, 穴の, 突撃せん, 缶詰みたいに, 自分が, 衝突した, 襲われるかも, 身を, 轉載し, 近い構造, 近付いて, 追いつけたの, 遣られて, 重力が, 集めた

▼ 艇から~ (50, 1.5%)

4 外へ 2 下ろして, 出て

1 [42件] あの繋留塔, あやうくなげだされよう, いろいろな, えらばれた十名, おろされ町, その時間, たち出でた, とてもめずらしい, どっちを, どのくらいの, なげだしそう, はなすこと, ばったの, ぴかぴかぴかと, ふきでる火災, カルパセア号へ, クロクロ島へと, 下りて, 下り前, 信号です, 出来るだけ, 去るに, 地球へ, 外に, 引き出したの, 応援隊を, 成る宇宙遠征隊, 手鈎で, 来た, 次の, 無線電話が, 無電が, 知らせが, 競漕を, 脱出しよう, 転がるよう, 退去し, 退避させたまえ, 通知の, 長い紐線, 長い綱, 魚形艇が

▼ 艇~ (47, 1.4%)

2 の顔, や乗客たち

1 [43件] がいる, がどやどや, がもう, が三重戸, が出入, が四五人, が執務, が密航者, が座席, が後, が立っ, が首, とこんど, との間, におさえつけられ, に命令, のため, のひとり, の一人, の一団, の命令, の手, の方, の眼, の誰, の身の上, の隊長, はそれ, はものすごい, は争つて死, は全く, は別れ去る, は叱りつける, は喜び, は応えなかった, は拳, は気がつい, は貴様, ばかりで, や乗客, をつれ, を向こう, を見はっ

▼ 艇~ (46, 1.4%)

2 いって, 自分の, 運命を

1 [40件] あまり近く, いいましたね, いうと, いっしょに, いっても, いわないで, おなじかたち, おなじ深, おなじ運命, この三台, その船, それから博士, たたかうこと, どんな関係, よばないの, よんで, 一しょに, 一刻も, 一緒に, 一騎打を, 下界の, 二号艇とに, 二号艇とは, 人とを, 同じ高, 呼ぶのみを以ては, 命名する, 宇宙艇とが, 山岸艇とは, 思ったギンネコ号, 敵の, 相會, 第三号艇, 艇との, 蟻田艇の, 街と, 衝突させる, 言うと, 言うやつ, 連絡が

▼ 艇~ (34, 1.0%)

2 にとび出した, へとび出し

1 [30件] が真暗, にさそいだし, にもれはじめた, にゆき, に出, に出でた, に待機中, に排, に放りだされた, に目, のこと, の大, の形勢, の様子, は漠々, へくぐりぬけた, へするどい, へとびだし, へとびだした, へとびだそう, へぬっと, へはいだした, へ出, へ出た, へ放出, へ目, へ脱出, へ追放, へ飛びだした, をひ

▼ 艇には~ (30, 0.9%)

1 [30件] あますところ魚雷, いつの間にか火星兵団, いる品もの, うでの, お産日の, かなわなかった, ぎっしり人, このよう, その設備, そんなにたくさん, まだいろいろ用事, ズックが, マストが, 二つの, 佐伯船長が, 大宇宙遠征隊, 山岸中尉と, 引力を, 料金を, 望月大尉と, 未だ多少の, 櫂が, 無電装置が, 現在二十五組の, 百人よりも, 背中の, 試運轉式の, 誰も, 隕石を, 面倒な

▼ 艇~ (29, 0.9%)

1 [29件] いそいで, かえりつきたいもの, かえると, かえるの, かけもどって, そのこと, たどりついて, つたえた, とどく, とどけられないうち, とびうつった, のりこんだ古谷局長, もどっては, 乗りうつれ, 向けて, 報告する, 寄せて, 帰って, 引揚げ, 急いで, 戻して, 戻つて寺ヶ崎, 来て, 殺到した, 派遣する, 漕ぎよせろ, 跳び込もうとして, 近づいて, 追って

▼ 艇~ (29, 0.9%)

1 [29件] あった, ある, あるかも, このとおり, この小型ボート, この編隊, ちゃんと収め, つながれた, なかなか調子, ふしぎな, またぜんぶ破壊, ろとも, ユラユラ動揺, 亦た, 今は, 今日から, 其活動力を, 出来た上, 前には, 帰らなかつた, 抹香鯨も, 機関や, 海上に, 漕ぎ上って, 潜航し, 繋いでない, 誰れ, 豫定通りに, 逃さず追って

▼ 艇~ (23, 0.7%)

2 すって

1 [21件] あつた, おっかけた博士, とびだして, ひらかれた, アメリカの, 乗り出すの, 地球から, 宇宙の, 戦隊の, 東京湾へ, 横浜まで, 橙色に, 海底を, 深海の, 潜水服を, 潜航し, 登つて行く, 箱根町の, 行っても, 西インデア州の, 隅田川を

▼ 艇長室~ (21, 0.6%)

2 の前, へはいった

1 [17件] から逃げだし, があるらしく, だから, では幹部, と彼, にい, にはダン艇長一人, に於, のなか, の仕事, の声, の床, の扉, はきれい, へいった, へ戻った, を出

▼ 艇員たち~ (17, 0.5%)

1 [17件] がつきしたがった, がはっと, がひそか, が声, が忙しく, はおどろくべき, はそれ, はそれぞれ神, は一たい何, は俄, は場所, は急, は数十分間, は誰, もいつの間に, もそれぞれ自分, をつれ

▼ 艇では~ (14, 0.4%)

2 ない

1 [12件] そのテレビ電波, その日珍, とつぜんの, ないか, なく墺太利, もう地球, ケレンコ司令官と, 地球へ, 大議論, 怪力線を, 沈黙し, 高価なる

▼ 艇~ (13, 0.4%)

2 に飛込んだ

1 [11件] からは日出雄少年, で酸素, には一個, には端艇, に乘移つたの, に打ち込む, に死, に赴いた, の一同, の鋲, を見廻し

▼ 艇~ (13, 0.4%)

1 [13件] が近づい, ではテッド隊長, にふりかかる, のうえ, のなか, の主力, の乗組員, の航空長, はひそか, はロケット隊, は一体, を動かし, を放っ

▼ 艇~ (11, 0.3%)

51 からお前, が深く, ということ, な, なあ, 大砲の

▼ 艇夫長~ (11, 0.3%)

2 の松下梅造 1 お早う, のご, の向こう, の鼻, はそう, はようやく, は何だか, は缶, は顔

▼ 艇~ (10, 0.3%)

1 その乗組員, エムデンの, 二号艇の, 僚艇に, 兵船は, 巡邏船が, 巡邏船を, 水上飛行機も, 遊覧ボートを, 魚形水雷の

▼ 艇との~ (9, 0.3%)

2 間には 1 たたかいが, たたかいは, 死にものぐるいの, 海底戦争です, 甲板にて, 通信さわぎ, 通信は

▼ 艇~ (9, 0.3%)

1 がすぐ, が煙草, で鳥原彦吉, には似あわぬ, の一人, の行方不明, の風間三郎, の鳥原青年, は立ち上る

▼ 艇夫たち~ (9, 0.3%)

1 が卓, が大, が話, とそれから, はぞろぞろ, はにんまり, は口々, は宇宙服, は顔

▼ 艇~ (9, 0.3%)

1 から艇尾, に三つ, に触れた, の方, はまた, をむけ, をカムチャツカ, を左, を曲げた

▼ 艇~ (8, 0.2%)

1 につけた, には舵, には色淺, に帝國軍艦旗, に飜, の大尉, へむけ, まで充分

▼ 艇長辻中佐~ (8, 0.2%)

1 がこえ, のおどろき, の寝息, はう, は三郎, は司令塔, は幕僚, は部屋

▼ 艇です~ (7, 0.2%)

31 から水雷, がはじめ, って, よ

▼ 艇アシビキ号~ (7, 0.2%)

1 からはなれ, には二百三十人, の中, の故障修理, はすぐ, は休む, は猛進

▼ 艇~ (7, 0.2%)

1 だった, と博士, にうってつけ, のそ, の中, は一体, を撃退

▼ 艇長さん~ (7, 0.2%)

1 がもどっ, が帰っ, とやら, のこと, の口, の青木学士, はよく

▼ 艇よりも~ (6, 0.2%)

1 すこし速度, ずっときびしい, 一日早く, 先に, 怪星ガンの, 街の

▼ 艇~ (6, 0.2%)

1 に見出した, はぴた, を右, を向ける, を定める, を廻らし

▼ 艇からは~ (5, 0.2%)

1 すぐさまこの, なれない, アシビキ号に, デニー博士一行と, 光る地球

▼ 艇だった~ (5, 0.2%)

2 のです 1 というの, のさ, のである

▼ 艇である~ (5, 0.2%)

1 かが察しられる, ことが, ことを, と同時に, はずだ

▼ 艇でも~ (5, 0.2%)

1 ある, じゅうぶんな, ないし, またタンク戦車, 此二個の

▼ 艇という~ (5, 0.2%)

2 のは 1 ものは, ものを, 名は

▼ 艇とは~ (5, 0.2%)

1 五十メートルの, 今や舷, 大宇宙, 射出機の, 比較する

▼ 艇と共に~ (5, 0.2%)

1 世に, 世界の, 此孤島に, 永久に, 海の

▼ 艇~ (5, 0.2%)

1 がまったく, が揺れ, に微震, に激烈, を四十五度

▼ 艇内日誌~ (5, 0.2%)

1 にはちゃんと, にはわずか, を見, を調べ, を開いた

▼ 艇~ (5, 0.2%)

2 のまん中 1 からはなれ, にやくそくする, のなか

▼ 艇~ (4, 0.1%)

2 んだ 1 のだ, んです

▼ 艇にも~ (4, 0.1%)

1 かくされて, こんなもの, すべて青龍の, 日本人が

▼ 艇めがけ~ (4, 0.1%)

1 ておそいかかった, て向かっ, て攻め, て火星

▼ 艇カモシカ号~ (4, 0.1%)

1 がまっすぐ, はいま, はすくなくとも, はついに

▼ 艇~ (4, 0.1%)

1 乗組員ニナツタダガ僕ハ御国, 云ウガ如キ何等, 行動ハ自殺ニ等シカラン, 観測ハ誤

▼ 艇全体~ (4, 0.1%)

1 がうす, がにわかに, が薄, を揺り上げる

▼ 艇長ゲーナー少佐~ (4, 0.1%)

1 が救助, にたいし, は原因不明, は沈着

▼ 艇長リーマン博士~ (4, 0.1%)

1 から命ぜられた, がよく, に面接, のほか

▼ 艇からも~ (3, 0.1%)

1 やってきた, 水面下の, 煙が

▼ 艇さえ~ (3, 0.1%)

1 奪われて, 見えないの, 規定通りに

▼ 艇とが~ (3, 0.1%)

1 一二メートルずつ, 舳艫相並ん, 衝突した

▼ 艇より~ (3, 0.1%)

1 なる仏国東洋艦隊, 上陸した, 先に

▼ 艇ギンネコ号~ (3, 0.1%)

1 であります, の探照灯, の首脳部

▼ 艇クロガネ号~ (3, 0.1%)

1 が居り, にある, へ連絡

▼ 艇サウス・クリパー号~ (3, 0.1%)

1 はおそるべき, は六つ, は湾内

▼ 艇メバル号~ (3, 0.1%)

2 に乗っ 1 へ案内

▼ 艇五台~ (3, 0.1%)

1 が飛出した, の大, は蟻田博士

▼ 艇倶楽部員~ (3, 0.1%)

1 としての面目, の一人, の移動

▼ 艇~ (3, 0.1%)

1 からはなれ, にぴったり, をつきやぶっ

▼ 艇~ (3, 0.1%)

1 にも出なかった, をせまった, を強行

▼ 艇鉄水母~ (3, 0.1%)

1 がジム水兵, であった, はロロー殿下

▼ 艇長ダン~ (3, 0.1%)

1 が彼, の声, は窓

▼ 艇長デニー博士~ (3, 0.1%)

1 であった, のよろこび, は一段と

▼ 艇あり~ (2, 0.1%)

1 や, 地底戦車あり

▼ 艇~ (2, 0.1%)

1 て来た, て貰う

▼ 艇じゃ~ (2, 0.1%)

1 ないか, ないかい

▼ 艇そろっ~ (2, 0.1%)

1 てただ今, てまい上りました

▼ 艇だけ~ (2, 0.1%)

1 でなくのこりの, でなく僚艇八隻

▼ 艇であった~ (2, 0.1%)

1 がいくばく, が火星

▼ 艇であろう~ (2, 0.1%)

2

▼ 艇とともに~ (2, 0.1%)

1 ついに怪星ガン, 運命を

▼ 艇とも~ (2, 0.1%)

1 乗員は, 散華する

▼ 艇などの~ (2, 0.1%)

1 お世話に, 何千艘は

▼ 艇なら~ (2, 0.1%)

1 瓦斯の, 英国海軍が

▼ 艇においては~ (2, 0.1%)

1 妻帯者を, 非常に

▼ 艇にて~ (2, 0.1%)

1 上陸し, 埠頭に

▼ 艇へと~ (2, 0.1%)

1 いそいだの, 乗り移って

▼ 艇へも~ (2, 0.1%)

1 どれ, どれなんて

▼ 艇よりは~ (2, 0.1%)

1 すこしあがる, すこしおくれ

▼ 艇らしい~ (2, 0.1%)

1 のが, 形の

▼ 艇ギンガ号~ (2, 0.1%)

1 の中, の乗組員

▼ 艇サウス・クリパー機~ (2, 0.1%)

1 の運命, は翼

▼ 艇ヨカゼ号~ (2, 0.1%)

1 から二キロメートル, が只

▼ 艇一隻~ (2, 0.1%)

1 が月世界, だ

▼ 艇三隻~ (2, 0.1%)

1 の協力, は早速

▼ 艇二号艇~ (2, 0.1%)

1 が画面いっぱい, の出発準備

▼ 艇~ (2, 0.1%)

1 からぽいぽい, を離れる

▼ 艇内百余~ (2, 0.1%)

1 の人命, の命

▼ 艇出動~ (2, 0.1%)

1 と言っ, の号令

▼ 艇出発~ (2, 0.1%)

1 に際して十数機, のニュース

▼ 艇員ども~ (2, 0.1%)

1 は君, もこれ

▼ 艇問題~ (2, 0.1%)

1 が起きた, の如き

▼ 艇夫お前~ (2, 0.1%)

1 は何, は月

▼ 艇夫室~ (2, 0.1%)

1 には艇夫たち, へ急いだ

▼ 艇夫長松下梅造~ (2, 0.1%)

1 が西郷さん, の声

▼ 艇~ (2, 0.1%)

2 而深者曰

▼ 艇尾座~ (2, 0.1%)

1 にい, におり

▼ 艇~ (2, 0.1%)

1 に一面, に設けられたる

▼ 艇長たち~ (2, 0.1%)

1 は暴風雨相手, もこの

▼ 艇長ダン大佐~ (2, 0.1%)

1 だった, の眉

▼ 艇長テッド博士~ (2, 0.1%)

1 は数名, は非常

▼ 艇長室附~ (2, 0.1%)

2 の艇夫交替

▼ 艇首座~ (2, 0.1%)

1 に坐っ, に身

▼1* [162件]

および艇内気温異様に, 艇回天が, 艇ぐらいは跳ね散らかされて, 艇こそ確に, 艇ごと粘液でとかし, 艇さしつたりと電光石火, 艇しか積んで, 艇すぐ出発だ, 艇せんとす, 艇ぜんたいが黒い, 艇ただ一台それにたいし, 艇だけがいつも朝, 艇だって楽に, 艇だろうと考え, 艇つまり豆潜水艇と, 艇であってむしろ, 艇でありましておそらく, 艇であるらしくそれが, 艇といった方が, 艇とに乗って, 艇とまでは気がつかなかった, 艇とを敵の, 艇どうしたか, 艇など一隻も, 艇などとわる口を, 艇などというものを, 艇などはもちろんの, 艇なんかひとたまり, 艇なんかの破片や, 艇にあたって金属で, 艇についておよそ百, 艇についてもこんどの, 艇にでも乗って, 艇にとっては今や人, 艇にぶじ乗り, 艇による大渡洋, 艇のうへから声を, 艇のに會合ふべき, 艇のみでなく潜航艇, 艇のよこは, 艇はねまだ出発, 艇ばかりである, 艇ばかりが艇の, 艇への出入り口も, 艇までおいでを, 艇までが海賊どもの, 艇までには十分距離が, 艇みたような, 艇へんな, 艇やってまいった, 艇よりの夜間信號, 艇らしきものの, 艇わが漕艇と, 艇をのしあげて, 艇サンキス号と電話, 艇ノーチラスの北極探検, 艇じよん, 艇ボートを仔細, 艇ロケット第一号, 艇ロケット隊が探し, 艇三台攻撃機十五台偵察機三十台戦闘機三十台及び空中給油機六台, 艇三台給油機六台攻撃機十五台偵察機十二台戦闘機十二台合計四十八機よりなる, 艇に指揮, 艇両方とも全速力, 艇に水雷駆逐艇, 艇九台がその, 艇九隻のうち, 艇二台は引続き, 艇二隻で成層圏偵察, 艇五百隻でもって約, 艇は波, 艇の特別職工, 艇倶楽部でもシーワナカ, 艇はあと, 艇内捜査と時限爆薬, 艇内捜索が始まった, 艇内気温異様に急上昇, 艇内發動機の作用, 艇内電話のベル, 艇内電話機がある, 艇出没の警報, 艇幽韻, 艇十余艘をひきつれ, 艇右舷の第, 艇司令室のほう, 艇司令所です, 艇同時に敵の, 艇員たち全部の退避, 艇員居室等すべて一種堅強なる裝甲, 艇外展望を希望, 艇夫こんどわしが戻っ, 艇夫休息についてよろしい, 艇夫寝室を出, 艇夫少年二名が火星人, 艇夫持ち場につけ, 艇客名簿にのっ, 艇尾兩瑞に裝置, 艇廻転楕円体ノ白雲内ニ, 艇彗星一号がするどい, 艇彗星号が全, 艇は葉卷烟草形, 艇龍号, 艇戦術が伊太利海軍, 艇戦術その他彼の諸, 艇新月号が火星, 艇との符合, 艇時代にうつっ, 艇潜水艦特務艦などが合わせ, 艇照明を命じた, 艇の秘密藥品, 艇番夫婦をのぞい, 艇相手の場合, 艇に着換え, 艇砲銃水雷等ノ快, 艇が戦術, 艇を掴ん, 艇横斜, 艇自身はまるで, 艇猶繁, 艇を漕い, 艇の材木, 艇覆らんとす, 艇試運轉式の夜, 艇跳つてとても仔細かい話, 艇歌帰遠, 艇長あれが見えません, 艇長いまなにかおっしゃいました, 艇長お呼びでしたか, 艇長さんそれは可哀想, 艇長さん食料品がすこし, 艇長はじめ四人の乗組員, 艇長はじめ通信係の一同, 艇長わたしにかまわず, 艇長ガソリンがもうすっかり, 艇長ケレンコはどう, 艇長スコールだと, 艇長デニー老博士, 艇長デニー先生のところ, 艇長一人となった, 艇長三時三十分です, 艇長下艇の用意, 艇長九時になっ, 艇長今まできこえ, 艇長今度の事件, 艇長以下一同何とも申しわけ, 艇長以下二百名の将兵, 艇長公室へ入っ, 艇長大丈夫ですか, 艇長屍体の消失, 艇長服を着た, 艇長本社から無電, 艇長本隊を不, 艇長死体の消失, 艇長消失の可能性, 艇長漂流者です, 艇長生存説を猛烈, 艇長百三十呎全面雪白の電光艇, 艇長貴方はあの, 艇長酋長ロロに, 艇長電話です, 艇を破, 艇の如く