青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「船頭~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~舞 舞~ ~舞台 舞台~ ~舟 舟~ 航海~ ~船 船~ 船長~
船頭~
艇~ 艘~ 艦~ 良~ ~良い 良い~ ~良人 良人~ ~良心 良心~

「船頭~」 1695, 18ppm, 6257位

▼ 船頭~ (345, 20.4%)

10 直助 6 一人が 5 三吉は 4 手から, 手に 3 声が, 声に, 声は, 方に, 顔を

2 [21件] ような, ように, 一人は, 三吉に, 中で, 女房が, 子で, 左太夫が, 態度等に, 文次と, 新七, 方を, 松吉さん, 棹の, 武助さんは, 爲五郎が, 睡りこけて, 老夫, 話が, 金助と, 顔は

1 [259件] うしろの, うしろ姿を, うたう出雲節, うちの, おかしな顔, おかみさん, おやかた, お玉に, お玉は, かいの, くせに, ことだ, ささやき, ささやき声が, しゃがれた声, すすめるまま, せぬこと, だぶだぶした, なかに, の, ほうで, ほうは, ぼやきわめける, ゐること, スロモぶりに, 一人に, 一人も, 一人や, 一人位海の, 一家族が, 一寸した, 一突きで, 一顰一笑も, 三吉が, 三吉でした, 三吉と, 三吉まで, 上さんが, 下ば, 下りて, 中には, 乱れ髪, 二人が, 代りに, 仮色, 伜六番目は, 佐助に, 体を, 倉なあ, 傍に, 傳三さんの, 傳三と, 傳三に, 傳三は, 傳三を, 傳六といふ, 儀右衛門が, 八は, 処から, 分際として, 削つた青い, 力量と, 助けを, 助蔵, 助蔵とは, 助蔵どんは, 勝手な, 千八という, 千八に, 千吉だった, 千吉の, 千太が, 千太は, 半纒, 印絆纏, 友吉, 友吉なか, 友吉は, 取次を, 口から, 口は, 古手が, 叫びで, 叫びと, 吉でも, 吉という, 名を, 呼び声に, 呼ぶ聲, 唄聲は, 唖だった, 喜三次, 喜三次が, 喜代松は, 喜太郎という, 声, 声で, 夕飯照らす, 大きな声, 太郎兵衛が, 太郎兵衞が, 女を, 女房の, 女房やら, 女房を, 奴らが, 妻とも, 妻の, 姿さえ, 姿も, 姿を, 娘です, 娘な, 娘なら, 子から, 子ださうで, 宮吉が, 宮吉の, 家に, 家へ, 容貌が, 小僧に, 小娘が, 左太夫は, 左太夫も, 巧みな, 帰って, 幅の, 年寄なぞという, 張達が, 当然な, 形が, 影が, 影も, 怒号の, 息子らしく, 悪口で, 手などに, 手を, 手前も, 才覚で, 持つた棹, 指すが, 指図による, 指図に従い, 掌に, 掌の, 提案は, 操る儘, 教へる, 散らし髪, 数は, 文七といふ, 文次が, 本名です, 来て, 来ようが, 案内で, 棹を, 様子も, 権七どのに, 権六が, 權七の, 歌は, 歌ふ, 歌や, 歌スイスの, 浪五郎と, 浪五郎といふ, 浪五郎は, 清次を, 源吉と, 源吉について, 漕ぐに, 無実は, 無實, 爲五郎と, 爲五郎は, 爲五郎も, 爲五郎を, 爲五郎救ひあげられた, 爺さんに, 爺さん夫婦が, 狡いの, 狼狽ぶりと, 申し立てを, 皇子は, 眼からは, 眼の, 着る極彩色, 着る物, 祝儀も, 竹造が, 竹造と, 笑い声を, 答えるまでも, 答えを, 粗相か, 老練な, 耳に, 耳へ, 聲ヒヤアと, 背に, 背へ, 背中を, 胸からは, 腰にも, 腹で, 舟が, 舟漕ぐ, 船尾の, 苦みを, 茂作爺は, 菜も, 蓑と, 衣物かと, 裝を, 親なども, 言い分が, 言い分を, 言うこと, 言つた, 言葉から, 言葉を, 許に, 許まで, 証拠だ, 試み, 話では, 話を, 話声そんな, 説明に, 読経を, 警告という, 足もとに, 身許を, 輩ひとたび, 逞しい裸体, 重兵衛爺さん, 金八であった, 金八の, 金八を, 金助の, 金助を, 鈴を, 鉄公などに, 長八という, 長平だけは, 間には, 頬には, 頭を, 顔が, 餌にも, 饒舌を, 骨休めを, 高声, 黒い立像, 黒い頭, 黒人君相手与し

▼ 船頭~ (305, 18.0%)

5 棹を 4 船を 3 また舟, 帆を, 櫓を, 舟を, 顔を

2 [15件] あまりの, いうまでも, こう言っ, どうした, やはり二人, ろを, 大きい声, 水棹を, 艫で, 艫に, 苦も, 許宣を, 軋と, 通り矢, 驚いたよう

1 [251件] あすこには, いいました, いきり立って, いたるところ, いっそ戻そう, いつでも, いつもの, いまいましげ, いやがって, いるけれども, おまえか, かう言つて心配, かかる夜, かじを, かれのうしろの, がらつと, きいた, くわえ煙管, けいれん的に, こ, こちらに, この妙, この間からの, これが, これにも, これまでにも, さういふ風, しかたなし, しちゃいられねえ, すげ笠, すなお, すばらしく大きいから, そつけなくいつ, そのあいだじゅう, その名, その姿勢不自然, その櫃, それきり黙っ, それを, ただにやにや, どうしました, どう答えた, どこに, なかなか初め, のけ反るばかりに, はにかんだやう, はらはらし, ひとりともに, また強い, また煙管, また答えた, また船, みんなおどろい, もう一ぺん乗合, もう櫓柄, やっと船底, やっぱりお, やむなく配縄, ゆっくりゆっくり漕い, ゆっくり棹, ゆるゆると, よく都会人, よして, わざと勢いよく数右衛門, わたくしたちを, ジャブジャブ水, ストーヴの, フオスカリだの, マッチを, 一人で, 一向平気, 一旦握った, 三人いんだ, 不承, 乗合一同に, 事もなげに, 二セント出せ, 二言とも, 今まで, 今朝の, 佃煮で, 何か, 何でも, 何処へ, 何方にも, 余の, 余憤堪え難き, 例の, 倍級の, 全くそれ, 六人半日半夜で, 其の場, 出し拔, 前と, 力を, 千太という, 又びっくり, 口惜しそう, 叱るよう, 右の, 合図を, 吉さんと, 同じ掬網, 名画を, 吾妻屋の, 器械的に, 団体を, 団扇掛に, 城ヶ島なら, 塩の, 大きな図体, 大阪府の, 太い指, 太く之, 客の, 客よりも, 客人が, 容器の, 小さなから, 小ツル, 少しも, 尼の, 居ましねえよ, 山三郎が, 山岡大夫で, 帰るの, 帳場と, 帽子を, 平気である, 年紀六十ばかり, 強盗を, 待って, 待つて, 後で話した, 得物と, 心得て, 必ずそういう, 急病人, 悄然として, 悠然として, 意気頗る, 感動し, 慌て, 慣れた漁夫十人, 憎々しさうに, 懼れ, 手を, 手先で, 手垢に, 敵わ, 断って, 斷崖の, 早く船, 時々一里, 曲金へ, 曳網を, 未だ到, 村の, 桶を, 横ふりむき, 橋杭に, 櫂で, 櫂を, 次第に醒覚, 歌を, 毛の, 気まずい顔, 水棹で, 水神が, 河原の, 河岸に, 波打際の, 泳ぎを, 海賊銀太といふ, 消えて, 清次という, 渡し賃を, 漁夫を, 漸く飛びかゝつて彼, 澄ました顔, 無情に, 無理でした, 爺さんだ, 片目, 狼狽しだした, 猿臂を, 玉網片手に, 甲板に, 畏る, 皆が, 盗人じゃと, 目腐れの, 真っ裸に, 眼を, 眼脂を, 矢張容易に, 石で, 空船の, 突然特有, 竿を, 笑いながら, 答えた, 続けた, 綱を, 翌朝眼を, 翼で, 聲を, 股引の, 肩へ, 背中を, 胡坐を, 胡座を, 胸で, 腕の, 腰に, 臂を, 自分達が, 至極冷淡, 舟の, 舫って, 舳に, 舳へ, 船底に, 船底へ, 艀の, 良寛さんの, 色々恐ろしい, 若い逞しい人達, 蒼くなっ, 薄笑つて相手にも, 親を, 言を, 軋, 遁を, 金に, 金を, 鉄の, 鉢卷を, 間抜け面で, 闇い, 頑張て, 頗る相撲好き, 領主でも, 頬冠り, 頻りに荷物, 額を, 首を, 馴れて, 馴染でございます, 魚を, 黙って

▼ 船頭~ (234, 13.8%)

4 漕いで 3 あって, 櫂を

2 [16件] いて, なれ, 一人一丈余りの, 下手人でない, 二人で, 云う, 云った, 何か, 出て, 助太刀に, 崖の, 殺したの, 水を, 猪牙舟を, 船頭だ, 見つけてね

1 [192件] あぶないと, ある, あるかい, いう通り, いつもこんな, いない, いないの, いますから, いるから, いるであろう, うっかり喋っ, うまく隠し, お角, かんて, ここまで, こんな泣虫, しゃべらない限り, すぐ万兩息子, そこへ, そっちの, その女房, そばから, それを, ちょうど岸, ひろい上げること, ぷかりぷかりとのどかになた豆ギセルから, ほうい, まず船底, また, またも何, また餌, みつけまして, もう年, もう用意, よいしよ, よく遊び, オヤと, ゴム底タビの, ヌツと, ポツリと, ロケーションを, 一人で, 一人の, 一人らしく, 一人船を, 一人艫の, 一杯やる, 三人足拍子を, 上って, 上座に, 不承不承に, 中, 之を, 乗つて, 乘り込ん, 二三人櫓と, 二人の, 二人總計, 云ったので, 云ひました, 五六人せつせ, 付いて, 仰山な, 仲裁し, 何者にか, 保証し, 俥を, 入れたかん, 其等の, 出ますよと, 務まるもの, 南方より, 参りますと, 取鎮めかたがた, 口の, 口へ, 口を, 叫ぶの, 叫んだ, 可哀そうだ, 各, 呆気に, 四五人飲ん, 土左衛門を, 声を, 大夫を, 大聲, 奇事を, 女に, 威張ったこと, 客人に, 容器に, 寒がっ, 将棋を, 島田髷を, 川の, 幕や, 平太の, 待つて, 御城主, 御客, 徳島藩の, 必要だ, 怒号と共に, 思いきった顔色, 急に, 態と自分, 慌て, 手練で, 招いて, 持つ櫂, 挨拶を, 旅客が, 木彫の, 本所側の, 来て, 板刀麺が, 梶座に, 棹を, 櫓を, 櫓柄に, 水夫を, 汽船を, 泡を, 波打ちぎわで, 漁船を, 火の, 火事は, 火縄を, 犬に, 用意し, 男の, 直ちに解釈, 真先に, 眼でも, 知らせて, 禿頭を, 私の, 稍久しく, 立ちはだかって, 立って, 立上っ, 竿を, 素直に, 綱を, 腕に, 自分の, 舟の, 舟を, 舳の, 船の, 船を, 船歌を, 艫に, 芸妓を, 蓑を, 薄い蒲団, 藝妓を, 行李を, 被るやう, 被る編笠, 裸で, 裸蝋燭を, 見て, 見付けて, 解ったか, 言いました, 言うこと, 言って, 言つた, 言ふ, 訊き返した, 説明する, 足利方に, 軒さきの, 辨當を, 返事も, 遠州灘で, 酒を, 酔っぱらいながら, 釣ったよう, 釣らせて, 鉢卷を, 銅鑼声を, 長く待っ, 降りて, 頭を, 顔を, 飛んだ面白い, 魚の, 麁相で, 黙って

▼ 船頭~ (113, 6.7%)

5 向って, 聞いて 4 頼んで 3 なって

2 [11件] なつた, はなしかけたので, 一言二言別れの, 向い, 命じて, 掴まった二の腕, 漕がれて, 相違ねえ, 立って, 見覚えが, 酒手を

1 [74件] いくら頼ん, いろいろの, おぶはれて, お金を, こんな質問, したら定めし, して, その話, たくさんの, ただして, だまされて, つづく十二人, ぶつかって, まかせず自ら乗船, むかって, 一体音の, 云いつけた, 任して, 何か, 催促する, 分けて, 化けて, 十両ずつの, 半好意, 危い, 取って, 取っては, 合せて, 向かって, 向て, 命じました, 命令を, 声かけた, 多分な, 大川を, 奥州津軽の, 対って, 導かれて, 小さな船, 尼と, 引上げられ, 引上げられた, 引揚げ, 手つだわせて, 探させ死骸, 操つられる, 敬意を, 楫を, 武者ぶりついた, 気つけの, 注意された, 渡賃を, 澤山お金を, 片っぱしから, 猪牙舟を, 相当の, 聞くと, 至るまでが, 船を, 艪を, 襟髮を, 見出されて, 言われて, 言伝てを, 返した, 返事を, 逢うこと, 逢つて見ました, 違いない, 邂逅した, 金を, 限って, 頼みゃあしめえ, 飲まれるの

▼ 船頭~ (69, 4.1%)

4 して 2 斬って

1 [63件] かり集め松明, し, しめ殺して, し私, たしなめる樣, たのんで, つかまへた平次, のせて, ふたりほど, もたぬかぎり, もっと多数, もっぱら覘, 一人仲間に, 一人雇う, 一週間買いあげ, 上に, 中に, 二人は, 五匹も, 使って, 使ふて, 入れて, 切つては, 初め舟子舵取, 卸すと, 叱咤し, 呼びかくるさまなど画の, 呼びとめて, 呼びました, 呼ぶ声, 呼んだ, 呼んで, 団栗眼を, 字に, 帰した後, 急がせて, 手伝つてゐた, 扱う, 択んで, 捉まえ, 捕まへる外, 探し求めたが, 揃えて, 斬りころして, 暗いところ, 止めて, 歸し, 照す, 相手に, 睨んだ眼, 知って, 突っつく, 致して, 船から, 見る, 詠んだの, 賺して, 走らせて, 起すも, 退けながら, 連れて, 雇い家来, 頼んで

▼ 船頭~ (61, 3.6%)

2 働いて, 遠くから, 驚いて

1 [55件] いず人夫, いて, いれば, おらず時, おらぬの, ぎょっとした, ぎょろりと美少年, この世でない, この若者, こんな客, しきりにその, それを, ちょっと身, なしに, ほかの, また一様, また臆病, やはりその, よくその, わっと, 一人, 一生懸命に, 事態の, 二人ばかり, 僕も, 同類かい, 哄と, 太鼓野郎も, 夫人の, 姿見の, 尚生き, 待ちあぐんで, 心得て, 心配だ, 意解け, 是れ, 最早や, 極めて質朴, 深く怪しみ, 漁師も, 無論そんな, 珍しく座談会, 白雲画伯が, 知って, 考えて, 腕の, 興を, 船も, 船乗りなりゃ, 色を, 蓑笠を, 行先を, 首を, 驚いた, 驚きながら

▼ 船頭さん~ (53, 3.1%)

2 すみませんが, は大きな

1 [49件] あの白い, いったいどうなる, おしたくは, か, がこりやこん, がとォめ, がね大船, が恐縮, が白雲, が笑う, この舟, しっかりたのむ, だよと, である, であるところ, との間, と僕, なの, によって漕ぎつけられた, に伴, に病院, に話しかけられ, に賞め, に限らず, に限らない, のお, のため, のなげた, の云う, の助手みたい, の心意気, の馴染女, はお前さん, はこれ, は年老, は棹, は櫓, は私, は答えた, は船長, は若い, は頓智, もいい, もう出し, もう少し先, もしもし, を食っ, 急いで, 戻して

▼ 船頭~ (40, 2.4%)

2 いっしょに, 二人で, 同じ方角

1 [34件] いうと, いっても, いわれどんな, そして盲法師, その女房, その弟, ただ二人だけ, なつて, ひとりの, 二十余人の, 二番頭の, 云つてゐた, 僕は, 共謀に, 力を, 囁いて, 明るい声, 汽船への, 渾名するだ, 漁夫一同は, 皆握, 相談し, 相顧み, 自分と, 舟子が, 船とを, 花魁と, 親しいよう, 親仁は, 言って, 話して, 身許不明の, 釣の, 面を

▼ 船頭たち~ (27, 1.6%)

1 [27件] から親方, がなぜ, が三, が帰っ, が方言, が桟橋, が道具, が集まっ, にもそう, に患者, の一人, の中, の掛け声, はどこ, はマルコ, は口, は櫂, は海水, は無論, は莨, は魚, への見せしめ, もまた, もみな聲, も口, も漁, を載せ

▼ 船頭~ (20, 1.2%)

2 が助け, のなか, は押し合い

1 [14件] お楫, から長崎, か何ん, が唄いつ, が大晦日, が見つけまし, が言っ, とてさみしく, に逢つて, に預け, のよう, の胸, の言う, も

▼ 船頭~ (19, 1.1%)

1 [19件] せうか, せっかくの, その日, ね, わし乗る, 七兵衛と, 五斗俵を, 免状の, 十日ほど, 唐の, 喜七という, 喜代松と, 大島町の, 奉公人同様に, 帆を, 平兵衛巳之助清蔵初, 幾度も, 背丈が, 荷足の

▼ 船頭ども~ (19, 1.1%)

2

1 [17件] からしばしば, が同腹, にも手伝っ, に対してもかつて, のほか, の怒り, の申します, はこ, は出船, は又, は夕方, は早々, は駈けまわっ, も後, も見のがす, を使っ, を厚く

▼ 船頭~ (19, 1.1%)

1 [19件] い船, 人足や, 他の, 仲仕や, 客を, 小林屋の, 川魚を, 待ち合せて, 柳橋の, 橇曳や, 漁夫は, 漁師たちが, 漁師や, 粉挽を, 紙屑買いや, 藝子だ, 財副や, 車引や, 馬方と

▼ 船頭小屋~ (19, 1.1%)

2 の中

1 [17件] からかっぱらっ, から掠奪, から渡し場, から飛び出し, があり, で見た, には四五人, には火, にみちびかれ, のあたり, のうしろ, の傍, の後ろ, は薄, へ入った, へ泊った, へ闖入

▼ 船頭~ (17, 1.0%)

3 の間

1 [14件] から, が困つ, の懸, の掛聲, の顔, はいつどこ, はこれ, はすこしも, は力一杯, は胆, は舟, は長い, もかう, を警察

▼ 船頭親子~ (11, 0.6%)

1 [11件] が水中, であろうと, と一緒, には幸い, に見つかっ, のドン, はあべこべ, は無残, は舟, は落ち込んだ, も怪我

▼ 船頭~ (10, 0.6%)

2 から気味が悪い 1 から船, そうか, つたつてね, つた父親が, な, のという, のを, 船頭は

▼ 船頭には~ (10, 0.6%)

1 なまりと, よく釣れ, よけいわからなくなりました, 一国の, 昔の, 潮来節を, 珍しくない, 皆な懲り, 老いたるが, 脅迫的な

▼ 船頭~ (9, 0.5%)

1 が, がこう, だけであしらい兼ね, とは相手, のよう, もみな, もよろし, も俄, も黙っ

▼ 船頭から~ (7, 0.4%)

1 あそこまで, お君, 借りうけて, 受取ったので, 大金を以て, 舟を, 藤四郎扱いを

▼ 船頭仲間~ (7, 0.4%)

2 の持余 1 である, で訊い, には一種, の恥じ, の河童

▼ 船頭~ (5, 0.3%)

2 わいや 1 何かの, 百姓の, 粉挽を

▼ 船頭らしい~ (5, 0.3%)

1 ものを, 男が, 男角鷹眼の, 若者たちが, 若者に

▼ 船頭である~ (4, 0.2%)

1 が武士, こと土左舟で, 倉なあこ, 老漁夫

▼ 船頭として~ (4, 0.2%)

1 一応この, 京浜地方まで, 南洋に, 始終使っ

▼ 船頭~ (4, 0.2%)

1 たずねて, 声を, 突いて, 聲を

▼ 船頭~ (4, 0.2%)

2 船頭は 1 船頭が, 船頭の

▼ 船頭二人~ (4, 0.2%)

1 で總勢十一人, の力, はこの, 大きなる

▼ 船頭宿~ (4, 0.2%)

1 から女たち, でお, では今ごろ, の常式どおり

▼ 船頭~ (4, 0.2%)

2 助でない, 助の

▼ 船頭でも~ (3, 0.2%)

1 われら坊主でも, 拾って, 船に

▼ 船頭にも~ (3, 0.2%)

1 そう伝え, 余分の, 持って

▼ 船頭までが~ (3, 0.2%)

1 志士の, 恍惚と, 恨まれたこと

▼ 船頭三吉~ (3, 0.2%)

1 と野幇間七平, の死骸, の腹

▼ 船頭殿~ (3, 0.2%)

1 がその, が一人, は稼ぎ時

▼ 船頭溜り~ (3, 0.2%)

1 では交替, のほう, へ入っ

▼ 船頭~ (3, 0.2%)

1 をあの, を寄せ, を貸せっ

▼ 船頭さんお前~ (2, 0.1%)

1 なんだかおかしな, は森山さん

▼ 船頭さんたち~ (2, 0.1%)

1 がそんな, を相手

▼ 船頭さん達~ (2, 0.1%)

2

▼ 船頭その~ (2, 0.1%)

1 中に, 舟を

▼ 船頭そのもの~ (2, 0.1%)

1 の手練, の手腕

▼ 船頭だけ~ (2, 0.1%)

1 では, 七輪は

▼ 船頭~ (2, 0.1%)

2

▼ 船頭です~ (2, 0.1%)

1 かい, が身持

▼ 船頭とが~ (2, 0.1%)

1 したよう, 針金を

▼ 船頭とは~ (2, 0.1%)

2 現在並びに

▼ 船頭とを~ (2, 0.1%)

1 勤めて, 雇う相談

▼ 船頭~ (2, 0.1%)

1 のです, んだ

▼ 船頭などに~ (2, 0.1%)

1 聞くと, 見られたっても

▼ 船頭などは~ (2, 0.1%)

1 やはり彼, よく戯れ

▼ 船頭ばかり~ (2, 0.1%)

1 でなく李, では

▼ 船頭~ (2, 0.1%)

1 は, もまた

▼ 船頭一人~ (2, 0.1%)

1 の手, を連れ

▼ 船頭一同~ (2, 0.1%)

1 としてはもう, は百たたき

▼ 船頭三人~ (2, 0.1%)

1 に捻じ伏せられ, に目ざむるような小姓

▼ 船頭~ (2, 0.1%)

1 次兵衛, 次兵衛自殺

▼ 船頭会議~ (2, 0.1%)

1 とはめずらしい, をひらい

▼ 船頭八人~ (2, 0.1%)

1 の八挺艪, を生

▼ 船頭四人~ (2, 0.1%)

1 がいい, 併せて

▼ 船頭夫婦~ (2, 0.1%)

1 がデッキ, が足り

▼ 船頭文次~ (2, 0.1%)

1 の手, の船

▼ 船頭權七親子~ (2, 0.1%)

1 に聽, は長年

▼ 船頭~ (2, 0.1%)

1 がどこ, が前

▼ 船頭漁師~ (2, 0.1%)

1 もおぞ, も怖

▼ 船頭~ (2, 0.1%)

2 の男

▼ 船頭馬方木樵機業場~ (2, 0.1%)

2 の女工

▼1* [162件]

船頭あやしとみる, 船頭いくら遣ろう, 船頭いったい何を, 船頭いや船長ふ, 船頭乳の, 船頭かがわかるよう, 船頭がはづしてしまつて潮が, 船頭ぐらいは斬れましょう, 船頭こそ判じ定, 船頭こんな時の, 船頭さんわしはこの, 船頭さん其処に行, 船頭さん大丈夫かいなんだか, 船頭さん室蘭にいい, 船頭さん明日はどう, 船頭さん模様変えだよ, 船頭さん橋杭に打, 船頭さん渡場で一番川幅, 船頭さん船を矢切, 船頭さん金椎さんまでがどんな, 船頭ていた, 船頭すらもまだそれ, 船頭それから甚八ぬ, 船頭たち驚破白山, 船頭だけは幸いに, 船頭だちは行きすぎる, 船頭だの大工の, 船頭早く出せ, 船頭つづらについて阿波, 船頭でさえ文句が, 船頭でしょうか, 船頭でないと船, 船頭ではない二人, 船頭というものの, 船頭といふのは, 船頭としてもかなりの, 船頭とても本来が, 船頭とても極く確か, 船頭とともに船底の, 船頭とに要する金, 船頭との微妙な, 船頭とも二十人宝暦午の, 船頭どこへか附け, 船頭どんなものだい, 船頭なぞというものは, 船頭などが今なお, 船頭なら宜い, 船頭ならびに爾余の, 船頭なりが私の, 船頭なりとも乗れとなら乗る気, 船頭なんか要るもの, 船頭なんて云う者, 船頭なんどに助太刀, 船頭にさえ頼めば, 船頭にまでふかく恐れられ, 船頭のみ失火なき, 船頭はじめ眉をひそめ, 船頭はなみだを, 船頭はへさきに, 船頭はも一度芝浦, 船頭はんその船, 船頭はん何処やあ, 船頭ばかりは仕事の, 船頭ばなしに近い, 船頭まじりにこの, 船頭まだ他に, 船頭かんて, 船頭めらくらい酔っ, 船頭もろとももろに, 船頭よく申した, 船頭らしき肩幅闊く逞し, 船頭一世一代の漕納, 船頭一人助手一人といった数, 船頭一人都合五人飛乗りまして, 船頭一家の話, 船頭三人ギーと棟梁, 船頭三体ともに船, 船頭三題噺ですね, 船頭上がりのやくざ者, 船頭乗ってやる, 船頭二三が歯噛み, 船頭二人瓦を船, 船頭任せで釣場, 船頭は無事, 船頭をたじろぐ, 船頭余り気を, 船頭儀右衛門以下十二人の乗組み, 船頭其他のしたたか者, 船頭化けたやうな, 船頭又は石油の, 船頭同士が声, 船頭同志はがたがた, 船頭の腹立, 船頭の追分, 船頭もない, 船頭堅く留めて, 船頭を一段と, 船頭多くして, 船頭大いに驚きこれ, 船頭大波に逢う, 船頭で書い, 船頭宗助に卷き上げられた, 船頭へ着けろ, 船頭左太夫以下楫取水夫十二人, 船頭已に玉網を, 船頭市兵衛その他七名の者, 船頭平山常陳の船, 船頭弁当箱の空, 船頭は吾, 船頭待ち居て, 船頭御苦労じゃ御苦労, 船頭恐れている, 船頭懐かしい二人の, 船頭持ちの飯櫃, 船頭旅館の主人, 船頭栄右衛門水夫八五郎総右衛門, 船頭梶原太郎左衞門と云, 船頭の者, 船頭権六の船, 船頭權七の伜, 船頭歌遠く聞える, 船頭歌遥かに聞える, 船頭のせい, 船頭水夫も昂奮, 船頭水夫共が目, 船頭水手楫取の, 船頭沈んで惡魔印, 船頭浜中屋の裏, 船頭清次であった, 船頭をかし, 船頭父子に追いつめられ, 船頭物売りのほか, 船頭から脱, 船頭直ちに他の, 船頭直に櫓を, 船頭相手の売笑婦, 船頭知っとるよって構う, 船頭にさ, 船頭絞りの水襦袢, 船頭職人遊び人ですが, 船頭舟久によるの, 船頭のもやい, 船頭船子をお客, 船頭船方の類, 船頭英太郎がうしろ, 船頭英太郎父子が漁舟, 船頭て愕, 船頭親仁水手舵手らが, 船頭と誰, 船頭百歳の, 船頭返事をする, 船頭は皆しりごみ, 船頭連中に問う, 船頭部屋に泊り込ん, 船頭重吉の太平洋漂流記, 船頭金兵衛二番水先頭与之助帆係下一番猪三八同上一番清蔵楫取弥之助, 船頭長平水夫源右衛門長六甚兵衛四人の乗組み, 船頭のよう, 船頭音吉といえる, 船頭頼む廻わして, 船頭風情の身, 船頭馬士だお前