青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「船~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

舌~ 舎~ ~舞 舞~ ~舞台 舞台~ ~舟 舟~ 航海~ ~船
船~
船長~ 船頭~ 艇~ 艘~ 艦~ 良~ ~良い 良い~ ~良人 良人~

「船~」 19768, 214ppm, 467位

▼ 船~ (4249, 21.5%)

162 中で 134 中に 73 中の 52 中へ 49 上に 39 ように 36 上から 33 中から 31 中には 28 なかで, 中では 27 中を 24 中は 23 上で 22 ような 20 上の, 方へ 16 方を 15 やうに, 舳に 14 中での 13 形を 12 中でも 11 底に, 甲板の 10 なかに, ほば, 上では, 姿は 9 上には, 名は, 外へ, 底へ, 汽笛の, 甲板に

8 [11件] あとを, 上でも, 上へ, 中が, 姿が, 影は, 方は, 汽笛が, 灯が, 甲板で, 者が

7 ことを, ほうへ, 上は, 位置を, 名を, 影を, 方が, 窓から

6 [18件] かたへに, ことは, なかへ, へさき, まわりを, 上を, 人は, 人も, 動揺は, 動揺を, 周囲を, 姿を, 帆は, 底が, 底には, 方で, 甲板から, 船長の

5 [20件] うえに, なかから, なかでも, 出るところ, 出るまで, 動揺に, 帆の, 底, 形が, 影が, 影も, 方向を, 沈むの, 着くの, 胴の間に, 舳が, 舳を, 船長に, 船頭の, 艫に

4 [42件] うちで, ことが, そば, そばに, そばへ, なかでは, ほうで, 下に, 人が, 人たちは, 位置が, 傍に, 傍を, 内へ, 出て, 出るの, 動揺の, 名が, 名前を, 外に, 底から, 底の, 形に, 形の, 形は, 様子を, 模型を, 横腹に, 準備を, 燈が, 甲板には, 男は, 者は, 舳と, 船頭が, 船首に, 行方を, 速力が, 連中が, 運命は, 都合で, 間を

3 [71件] ことである, ことや, ために, ところへ, なかの, ほうに, ほかに, まわりに, ものは, ハッチの, ボーイに, マストに, 上, 上での, 下を, 両側に, 中, 中にて, 乗組員が, 信號が, 修理に, 修繕は, 側へ, 出る前, 出る日, 出入りを, 切符を, 前途に, 力を, 動揺につれて, 動搖を, 奥の, 客の, 客は, 屋根に, 帆が, 帆ば, 後を, 揺れは, 料理番, 料理番は, 方から, 方に, 旗の, 時間を, 模型が, 檣の, 水夫と, 甲板を, 留さんが, 眞似, 破片が, 胴の間へ, 舳には, 舳の, 舵は, 舷を, 船員は, 船長と, 船長は, 船頭, 船頭で, 艫の, 跡なき, 近くに, 連中は, 進行に, 進行を, 進路を, 都合が, 音が

2 [246件] あし, あし空をも, あとに, あるところ, あるの, ある方, うえから, うしろに, うちでは, うちでも, うちに, うちの, お医者, お客を, お席, お旗箱, ことかね, ことで, ことなど, したくを, しぶきも, すがた, そばを, つく所, ところで, なかは, なかを, へりに, ほうは, ほうを, まわりで, みち背後の, ものが, やつらは, ようだ, ようで, ようであった, よるて, エハガキを, サロンに, タラップを, デッキに, ベッドに, ボーイが, マストが, マストの, マストや, 一つであった, 一つに, 一室に, 一艘ぐらい, 三人の, 上が, 上だった, 下の, 中からは, 中である, 中ででも, 中でと, 中にも, 中へは, 中まで, 乗組の, 乗組は, 乗組員たちは, 乗組員である, 乗組員は, 乗組員を, 人々は, 人たちが, 人たちも, 人の, 代りに, 仲間の, 休養と, 会社, 伝馬で, 伝馬に, 來る, 便が, 便を, 信号みた, 信號, 修繕には, 入る日, 入港を, 出入を, 出発の, 前から, 前には, 動いて, 動揺が, 動揺も, 勘定などを, 右舷に, 名も, 名前だ, 周囲には, 周囲は, 士官の, 外には, 大きさ, 大海に, 如きは, 如し, 姿や, 尖った右の, 屋形造, 帆も, 帆柱の, 帆柱は, 帆檣に, 底では, 底へでも, 底舷に, 影だ, 影に, 往来も, 往来を, 後から, 後部に, 心持で, 恐ろしや, 持主の, 揺れ方, 操縦の, 数は, 数も, 料理番の, 新造卸し, 方には, 方の, 方も, 旅は, 旅も, 旅を, 旗を, 日の, 時は, 曲, 最後の, 来るの, 東洋的な, 梯子を, 棹を, 構造と, 模型だの, 模様を, 横に, 横へ, 横腹へ, 横腹竹竿なぞが, 機関長の, 檣を, 櫓の, 欄干に, 水夫たちは, 水夫を, 水平を, 水脈ひく, 波の, 港に, 準備が, 漁師が, 漣に, 灯の, 灯は, 灯や, 灯を, 灯火を, 煙突からは, 燈は, 犠牲に, 生活は, 用意が, 用意を, 甲板では, 甲板は, 甲板上で, 甲板上に, 男を, 画を, 発着所まで, 白塗の, 目を, 着いて, 着く度, 破片に, 竜骨の, 纔かに, 者に, 胴の, 腹の, 腹を, 航路が, 舳は, 舳先に, 舳先の, 舳先よ, 舵の, 舵を, 船人さわぐ, 船体は, 船員の, 船底に, 船腹に, 船長も, 船頭に, 船頭夫婦が, 船頭衆が, 艫から, 艫には, 苫の, 荷物を, 荷物検査は, 蔭を, 衆, 行くにつれ, 行手を, 親船が, 話は, 話を, 走って, 走る事, 軋む音, 近くまで, 通るの, 連中と, 進むに, 進むに従って, 進行につれて, 運動は, 道を, 道具が, 針路が, 針路を, 鋭い音, 長さ, 陰に, 陸に, 階段を, 食事を, 食堂で, 食堂を, 飯を, 騷ぎを

1 [2022件 抜粋] あいだに, あかを, あつた, あらゆる部分, いくつかが, いらない疎開先, うえには, うちこそ, うれしい気持, おだやかな, おやじと, お客も, かけらと, かすかに, かたはらに, かわら, くるところ, こちらへ, ことです, ことに, ことも, こと甲板の, こわれた杉材, ごとく激つ早瀬, さまと, しめったデッキ, すでに南氷洋, すれちがいに, その波, そば戰よそに, それより, ただ中に, ため仕合せです, ついた山, つくまで, でるの, ところ天気悪しき, ともづなを遼港に, と念, どこにおいて, どれもへ, なかと, なかより, はいったの, はいれないまでに, はるかうしろを, ひとつだった, ふたしか, ぶんざいで私たちの, へ此郷, ほうの, ほか頼むべき, ぼんやりした, まはり, まん中に, みよしから, もやいを, やや近く, ゆく先, ゆれに, ようです, インド猿に, エハガキの, オキテです, カピタンが, キャビンへ, コックである, サルーンかな, スクリュウの, タラップに, デッキで, トモ, ナースが, バンドだ, ホマチと, ボーイらしい, ボーイ長が, マストらしい, ヨーイングに関する, 一ぱい寄る, 一切が, 一商人が, 一番発は, 一艘二艘物は, 一隊が, 一隻や, 三種を, 三角路と, 上がるとき, 上だけという, 上ね, 上より, 上トロイア族の, 上乗りから, 上空を, 上陸が, 下級船員たちが, 世界が, 中からも, 中であった, 中でです, 中などにおいて, 中へも, 中央に, 中彼の, 中程からか, 主が, 乗り心地を, 乗員中の, 乗客は, 乗組員に, 乗組員達が, 乾魚の, 事にか, 事件は, 事務長に, 二重底に, 交わるの, 交通と, 人々には, 人たちと, 人たちの, 人声の, 人達が, 仁公は, 仕事着では, 仕業である, 仲間だ, 会社の, 位地を, 住居を, 何物にか, 使命は, 便で, 便乗を, 便宜を, 信號は, 修理を, 修繕や, 借手の, 側の, 傾きを, 先が, 入る時, 入江も, 入港する, 全形が, 八五郎ぬ, 内外は, 内部の, 冬の, 処置という, 出たあと, 出るあたり, 出る日取り, 出る港, 出入りが, 出口に, 出帆に際して, 出帆ま, 出懸け, 出現によって, 出發を, 出迎えを, 切符も, 別の, 利用が, 前へ, 前後に, 前端に, 副船長, 加比丹, 動いた説明, 動きに, 動くに, 動揺で, 動搖では, 勝利は, 匂いを, 医者に, 危険を, 双眼鏡, 古伝等に, 右舷から, 吃水線を, 名, 名や, 名前も, 名誉と, 向かふの, 命名進水式金比羅様恵比須様の, 問屋の, 噺ばかり, 図などに, 図面な, 型や, 基地と, 場合に, 士官が, 外で, 外まで, 外皮は, 多人数でなく, 大きな割り, 大や, 大半が, 大将という, 大掃除, 太さ, 奥に, 女神さまの, 奴隷が, 如くに, 姿であっ, 姿の, 子孫, 安全なる, 安定を, 宝物は, 客人の, 寄らぬ事, 寝息の, 将武藤早馬, 小旗, 尻に, 居所を, 屋根摺る, 岩五郎から, 巣へ, 左右を, 巨体は, 帆と, 帆布と, 帆柱に, 帝座を, 常に往来, 年も, 底で, 底を, 建造であった, 廻漕を, 引上げで, 弛ゆみ, 形でも, 形似寄り候え, 影さえ, 影なんぞは, 役人を, 往復頻繁に, 待遇が, 後ろに, 御用意, 心やりに, 心臓の, 性質上南の, 息子に, 惡魔が, 慰まで, 房室は, 所置のみに, 手下と, 持ちぬしという, 持主が, 持来たした, 挨拶という, 据付作業を, 探りを, 推進輪の, 揺れば, 揺れ動くの, 操縦が, 支度が, 散髪屋へ, 数ほど, 料理人として, 料理部屋の, 方であります, 方向に, 旅に, 旗である, 早さ, 明石の, 時刻が, 時刻を, 暑さ, 最終に, 本宮村まで, 材木量を, 来り泊, 来往によって, 東方に, 板片やら, 柁を, 格子窓に, 梯子に, 構造ご存知では, 構造を, 模型から, 模様から, 樣子を, 横っ腹に, 横舷へ, 機械も, 機関を, 機関室だって, 機関長とか, 檣が, 櫂に, 次には, 歌赤い, 正體, 歩みを, 残骸が, 水夫たちが, 水夫でした, 水夫漁夫運転士までが, 水脈の, 汽笛で, 汽笛怒声に, 沈んだ海面, 沈下する, 沖買いが, 油が, 泛いてる, 洗濯係にでも, 流されたもの, 浪に, 浮袋だけは, 海象号だって, 渡来より, 準備と, 漁火に, 漕げる奴, 激しく襲った, 火夫を, 灯ぐらゐでは橋の, 灯も, 災難は, 焼けた余波, 煙に, 煙を, 燈を, 燈火を, 爆破防止に, 片帆に, 物語でした, 特質に, 現在の, 生存者たちは, 用事よ, 用意も, 甲板である, 男どもは, 番人だけを, 病室の, 発明これなり, 発着所の, 白帆も, 白魚より, 目じるし, 目的を, 相客たちと, 真下に, 真黒な, 着いた河岸, 着く前, 知識や, 砲を, 破れた帆, 破片から, 破片や, 碇と, 碇泊中同棲する, 神, 秘密, 秘密を, 積載量から, 立って, 竜骨を, 競走が, 笛出づとて鳴ら, 篝で, 紋章が, 組織等については, 絵の, 絵馬, 綺麗な, 繋泊する, 美しい煙突, 者で, 者も, 者等は, 胴なかに, 胴も, 胴体と, 胴腹を, 腑甲斐な, 腹へ, 舟夫が, 航海力に, 航路で, 航路学の, 舳先から, 舳先を, 舷側から, 舷側へ, 船ど, 船出の, 船員で, 船員などは, 船室には, 船尾張出部の, 船底を, 船玉様さ, 船長だ, 船長を, 船頭さんの, 船頭を, 船首にあたり, 船首像の, 艦長であった, 花車な, 苦労人思案の, 荷あげ, 荷底へ, 荷積も, 蒸気船を, 行き交ひも, 行くところ, 行く処, 行手に, 行方は, 衝角の, 裸侍は, 襲撃に, 見える間, 見張所, 規格版が, 角燈の, 註文ゆえ特別念入りの, 詮議です, 話も, 論が, 警報は, 貫禄が, 賑いにも, 赤いサイド, 走つて, 走る事矢, 起重機その, 足場から, 軟らかいベッド, 近づいた事, 通いの, 通るたび, 通る部分, 通過する, 速力鈍し, 造りを, 連中を, 進むと, 進行が, 進行は, 進路に, 遊びには, 運上に, 運命を, 運転士で, 過ぎる跡, 道路にも, 酔ひが, 重大性を, 野趣何だか, 釜前の, 鉄環で, 鋭き汽笛, 錨索の, 長さ七百六十フィート, 長平が, 間五間ばかり, 防衛に, 陰で, 随員わずか, 集まつた, 難破した, 震動に, 青森を, 響, 頭だ, 頭領との, 顔, 風呂が, 風體を, 食事も, 食堂より, 餘地で, 騒ぎです, 高さ, 麻繩で, 鼠が

▼ 船~ (2275, 11.5%)

7 静かに 6 南の, 木の葉の 5 どこの, 岸に, 艫の

4 [14件] すぐに, その日, どこから, もうずんずん沈みます, 一つも, 岸を, 帆を, 帰って, 沈みますし, 沖に, 海の, 潮の, 錨を, 非常に

3 [35件] かすかに, どこへ, ない, ないか, 一方に, 一隻も, 中, 中流に, 二つに, 例の, 元の, 全速力で, 出て, 動いて, 南へ, 夜の, 少しも, 島の, 日本の, 早くも, 昨日の, 沖へ, 波に, 港に, 港を, 潮に, 無事に, 珊瑚礁の, 竜骨の, 自分の, 舳を, 赤道を, 走って, 進んで, 駸々と

2 [108件] あっても, いい加減, いずれも, いつでも, ここで, この島, この恐ろしい, この港, しずかに, すこし揺れ, すすみがたい, すらすらと, するすると, するする岸壁, その中, その夜, それに, だん, とんとつきあたりぬ, どうした, どこに, どこを, どれも, ない筈, なかった, ひどく揺れ, ます, まだ出ない, まだ見えない, まったく水, まるで兎, もう出, もう沖, もどって, ゆるやかに, ゆるゆると, イギリスの, スピードを, 一瞬の, 三年に, 不思議な, 今度は, 停まって, 停止した, 入って, 八月の, 其のま, 其蔭に, 出た, 出でつ, 出船か, 前後に, 前檣, 助かるまい, 動き出した, 北へ, 印度洋の, 向河岸, 大きいし, 天下の, 安南, 完全に, 屋形或は, 岸の, 川の, 川を, 左舷に, 彼南港に, 思ひも, 急に, 急を, 既に二つ, 来て, 止った, 殆ん, 段々と, 水の上を, 波を, 流人たちの, 海上を, 海底に, 滑るよう, 滞りなく, 白い波, 白波を, 皆岸に, 直ぐに, 矢の, 矢を, 私の, 背に, 胸の, 舳が, 船に, 船の, 転覆する, 速力を, 進む, 運河に, 遠く御幣, 障子を, 難破し, 霧に, 静かな, 顫え, 風の, 驀地に, 高い波

1 [1864件 抜粋] あえて日和, あしたの, あちこちに, あと一ト走りで, あの晩夏, あらい海, ありませぬから, ある小さな, いい眺め, いかほども, いち早く逃げ, いったん動き出したら, いつか小名木川の, いつしか向う, いつのまにか船渠, いつ沖合, いづれも, いまごろどこ, いままるで, いま渦巻の, いやだ, いよいよ波止場, うごきだした, おとなりの, おろか橋の, かかる犠牲, かた足のりかけたる, かなり大きゅう, からからと, きょうシヤトルに, くるりと, ぐらつく, ぐると, こうして江戸, こちらへ, こないの, この何とも, この時脚, この箱根丸, これから一直線, こんなに早く, さかだちに, さと, しきりと, しだいに沖, しばらく速く, じつに日本, すぐエンジン, すぐ河岸近く, すすみ緑, すっかり唐風, すでにすでに入江, すでに出帆, すべてで, すべな, するする岸, ずん, ずんずん駛, そこを, そのあいだ, そのトン數, その埠頭, その旅, その渦巻, その輪, その間を, それからどん, それまで, た, たしかに計算, ただひっそり, たちまち天空, たった四艘, だめでした, だんだんはやく, だんだん大きく, だんだん近づい, だんだん遠ざかっ, ちゃんころでも, ついても, ついに来なかった, とうていはいる, とっくに出, とどめむ, とまりたり, どういう船, どうにもご, どこじゃ, どしんと, どのくらいの, どんどと, どんな船, ないと, なくなったぼくら, なくなる首, なるべく葦, のこらず水寨, のりあげへ, のろのろのぼっ, はたと絶え, ひた駛, ひと目で, ひどく揺れる, ぴたぴた水音を, ふたたび波, ぶつかり合い浅瀬, ほとんど浪, ますます傾い, まずわかった, また岸, また絶えず, まだか, まだついそこ, まだ出さう, まだ着きませんです, まったく姿, まっ黒い, まもなくこの, みだれみだれて, みなよろめき, みな虚空に, みんな漁船である, めったに見る, もうエンヂン, もう一個, もう三日欠航, もう出帆, もう四日, もう広い広い, もう洲崎沖, もう神戸, もう近い, もっぱら寺領輸送, もと給水船, もはや日本, やがて乗りたて, やけくそに, やはりミシミシ, やむを得ずまた立ち直っ, ゆらり, ゆるく岩壁, ゆれても, ゆれ傾いて, ようやく水路, よく揺れるだ, よんどころなさそう, わが身を, アメリカの, オダルで, カタパルトを, キット沈む, ギイギイと, グルリと, ケントの, シンガポールに, セドリック号とともに, タンジョンパガールの, ティッピングも, ドコまでも, ドンドン近寄っ, ノールウェイの, ビスケイを, プリマスを, マゼラン海峡に, モウ十四海里も, リスボンに, 一々布, 一の, 一マイルほど, 一体何石積みか, 一家に, 一支も, 一晩お, 一緒ぢや, 一足おさきにするする, 一隻しか, 丁度隅田川, 三好党の, 三河屋の, 上がりませぬ, 上手を, 下流へ, 両の, 中流へ, 乗組もろとも, 事もなげに, 二丈に, 二十四隻ありまし, 二時間足らずで, 二艘どちらも, 互いに遠く, 五日前の, 亡骸の, 人ぐるみ然, 今いかなる, 今なら, 今やこの, 今や既に彼ら, 今何処に, 今夜か, 今室戸岬, 今水, 仕事を, 佃を, 何かに, 何にも, 何式で, 何時もの, 何物の, 例に, 依然として日本, 俊寛の, 停つたま, 停泊しよう, 傾き魏, 儲からねえからよ, 先っき, 入りやしねえだよ, 全く前, 全く我等海員, 八丁艪に, 八木沢小下田宇久須という, 六時迄, 其の島, 再びトンド, 凉み, 出し遅れた, 出せねえ, 出るだろう, 出帆し, 出羽國秋田から, 切りそいだ, 初鰹を, 刻々馬来半島, 加賀の, 動かさなかつたこと, 動き出して, 動くとも, 動揺し突き進んだ, 勿論帆船, 北海道沿岸回りの, 十一万ドルで, 十万ドルで, 十数そう前夜から, 午前の, 午後五時前に, 半跳, 南亞弗利加の, 南方二十余キロの, 南阿, 危ないよう, 去年の, 古く朽ち, 右へ, 各, 名を, 向きを, 吸い付けられるよう, 命の, 嘉兵衞の, 四十分で, 団長セキストン伯爵の, 土手に, 坂の, 変な, 外国へ, 外部からの, 多く其發明, 夜に, 大きくて, 大きさ八百トン, 大きな丘, 大丈夫だ, 大川へ, 大洋の, 大角大, 大阪中ノ島の, 太平洋を, 失ひて, 好きだ, 姉川の, 嫌いです, 存在も, 定つた航路, 客が, 宿屋よりも, 小さいけれども, 小さくて, 小さくゑがきつ, 小波の, 少し左舷, 居なかつた, 屠殺場行きの, 岩角に, 岸上に, 川下から, 左右の, 帆う, 帆揚げ, 帰りには, 常に第, 平戸へ, 平野の, 幾百千艘ある, 幾艘も, 底の, 弁天島へ, 当ったぜ, 影も, 後に, 徐々に湾内, 徐行する, 必ず一度, 忽ちゴースタン, 忽ち神田川, 思ったより, 急ぎ進路, 急進直江津に, 悍馬の, 悪鬼に, 意識し, 我軍艦に, 戦わずして, 打上げられました, 拙者が, 揚子江の, 揺れる人, 支那の, 数こそ, 數こそ, 新田堤に, 既にその, 日々三十件以上の, 日本人の, 早や, 明日にでも, 昨日香港を, 時にその, 暖潮に, 暗礁へ, 暹羅の, 會見の, 未だかつて浪路, 来ずに, 松島湾の, 柳原の, 桟橋へ, 棧橋を, 横たおし, 横浜へ, 橋の, 櫓を, 次第に葡萄牙南端, 次第に鯨, 止まった, 止められた, 正確に, 此時砲戰もどかし, 死刑台だ, 残らず出払, 毎日手ぶらで, 水に, 水先案内の, 水穴を, 水雷驅逐艦か, 永く留っ, 江を, 決して暗礁, 沈みも, 沈めないだろうと, 沈んで, 沈没致し, 河心へ, 泊つ, 波止場を, 洋灯を, 浅井の, 浩, 浮ばずなりぬかな, 浮力を, 海岸を, 海峽で, 海賊の, 渦なりに, 港, 港内に, 湖水から, 満身に, 滑って, 漂い出して, 漕ぎ返る仕度, 漸く港, 潯陽江, 激浪の, 為めに, 無事テルセイラの, 無言の, 煙を, 父さんの, 特殊で, 現れない, 用意した, 異域に, 痙攣し, 白と, 皆岸へ, 盗んだに, 目的地に, 相変らず揺れる, 真二つ, 真鍮の, 着かなかったといった, 瞬間も, 石の, 石碑の, 碇泊しよう, 神崎の, 私たちから, 秒一秒と, 種子島の, 空つ, 竜動に, 竺洋の, 米を, 粋士佳人を, 紅海の, 紳士の, 絶えずもがき, 緑の, 縁起の, 纜を, 美保神社の, 翌朝佐渡ヶ島の, 背後へ, 航海に, 航路を, 舵を, 舷灯の, 船と, 船足を, 船頭が, 芝居の, 荊州へ, 荷物専用に, 葛西汽船からも, 藩の, 行けども, 表面上は, 西の, 覆えらん, 見えず今更, 見えないし, 見えませんよ, 見なかったか, 見るみる金華山沖, 見る見る左, 見棄てられたの, 謙信の, 豪州の, 赤い筋, 走る口, 躍る銀鱗, 軽く波, 辷って, 近づいて, 追手に, 追風の, 逆戻りを, 通らないか, 速力の, 進むこと, 遂に神戸港内, 運河の, 遙か, 遠く河心, 遽に, 金華山から, 銀の, 鏡の, 長い間比良岳, 長さ十メートル, 門司に, 開拓使の, 闇に, 防波堤を, 陸とも, 隅田川を, 難儀を, 雨風の, 霧の, 青空に, 顛覆し, 飛ぶぞ, 飲水食料等を, 駒井甚三郎殿の, 高い浪, 鯨を, 鷹揚に, 黄色い帆, 黒煙團

▼ 船~ (2155, 10.9%)

41 出して 17 漕いで 15 見て 10 仕立てて 9 こいで, 岸へ, 待って, 浮べて 8 つけて, めがけて, 寄せて, 繋いで 7 出すこと, 持って, 進めて 6 出した, 出せ, 出て, 見た

5 [12件] おりて, だして, 停めて, 岸に, 沈めて, 用意し, 目がけて, 見送って, 返して, 造ること, 降りて, 降りると

4 [18件] すてて, つないで, 下りて, 使って, 出しました, 動かして, 廻して, 待つ間, 持つて, 泛べ, 眺めて, 着けて, 見つけて, 見に, 見ること, 追いて, 追って, 離れて

3 [36件] うかべて, つけろ, どうする, まわして, みて, もって, よせて, 借りて, 先頭に, 入れて, 出す, 出すよう, 利用し, 占領し, 想像し, 打ちて, 捨てて, 撃沈する, 流して, 浮かべて, 海に, 漕いだ, 漕ぐ, 焼いて, 眺めたり, 繋け, 繋って, 自分の, 自由に, 見れば, 降りた, 陸の, 雇うて, 雇ひ, 離れた, 預かって

2 [131件] おして, おろして, こしらえて, さがして, したてて, したてる費用, すすめて, そろえて, つくって, つくつて, とどめて, とめて, ながめて, ぶち壊して, みつけて, めぐりて, もつて, もやって, やって, やとって, ゆすぶって, 一艘横づけ, 下して, 下りる, 下ろされ徒歩, 作るの, 停めろ, 傾けて, 出したが, 出すと, 出すには, 出すの, 出すを, 出す時, 出で, 卸して, 取りに, 売ること, 奪って, 家と, 家として, 寄せること, 寄せるの, 導かん, 少し廻します, 建造する, 廻せ, 引揚げる, 彫ったり, 待つて, 得るの, 押し出して, 指して, 掻きわけて, 描いて, 撃って, 操らせて, 改造し, 曳動す, 棄てて, 横づけ, 止めて, 此方へ, 水に, 池に, 沖へ, 泛べて, 渚へ, 滑らせて, 漕ぎ出した, 漕ぐの, 漕げと, 焼いたは, 焼く, 焼くこと, 焼くという, 焼くよう, 燒き, 狙って, 用いて, 留めて, 発見した, 發し, 目あてに, 着けた, 着け宿, 知りて, 知るもの, 繋ぎ涼しく, 脱け, 脱すること, 脱れる, 行る, 襲って, 見すて, 見たい, 見たとき, 見た時, 見ました, 見ると, 見ろ, 見上げて, 見棄てて, 見物に, 見送つて, 訪問した, 調べろ, 貰って, 走らして, 走らせた, 踏み傾けて, 迎えて, 返しに, 返せ, 返そうと, 追いかけて, 追うて, 追うよう, 追っかけて, 追ふ, 途中で, 造る, 進めること, 運用する, 遙に, 避けようため, 除いた外, 頻りと, 飛ばして, 駆って, 鶴吉の

1 [1457件 抜粋] あかれは, あだに, あつめ兵糧, あやつった彼, あらして, いずれの, いそがせて, いたわって, いづれば, うごかすだけ, おかへ, おしだすの, おどかして, おりた, おりた記憶, おりないブルさん, おりるわけ, お作らせ, お廻し, お攻め, かうして, かかる境遇, かすめる, かみくだいてたに, くるくる, ぐるっと取り巻く, こがせて, こぎよせて, こぐこと, ここから, ここの, こしらえあげた, こしらえ計画, この洞窟, こわして, ごらんに, さして飛, さへ, しつらえて, しらべて, じぶん, すすめさらに, すっかり傭船, すに, そこで焼き捨て, そっちの, その岸, それに, たいして好まない, たくさん置き放し, たずねて, たのまずば, たよって, だしたがらない, ついに押し包ん, つくったか, つくらねば, つくる材料, つけいずれ, つけたの, つけました, つけるとこ, つけ店, つないだ大, つなぎとめて, つらねて, といたよう, とこ, とばして, とめました, とめ五分ごと, とり巻いて, どっさり仕立てまし, なくした, なんとか都合, ねらうの, のこらず風浪, はさんで, はなれなければ, ば家と, ひきつ, ひけ, ひとつ延ばされた, べつに, まかせて, まつらめ, みた, みな焼き捨てろ, みんなで, めぐり塩, もちあげたん, もまれながら, やった部下, やといました, やらずば, やりました, やれ, ゆすぶるの, よく覚え, よごすだ黒い, よせられしばらく, よそおいして, わが本国, ウインチから, シュメーより, デッキの, フランスで, ペンチャイとか, リシャンスキー島の, 一々調べる, 一そうおしたてさせ, 一つ具へて, 一ぱい持っ, 一応は, 一日千秋の, 一艘か, 一艘仕立て, 一艘幕府に, 一郭として, 三隻に, 上ったので, 上流下流に, 下りたの, 下りたん, 下りなくては, 下りるわよ, 下り安松, 下れば, 中心に, 主が, 乗りまわしたり, 乗り上げるにゃ, 乗り入れ水, 乗り捨てて, 乗り越えて, 乗出そうと, 乘り出す, 乘越した, 二万トンに, 二艘もっ, 五大力という, 亡し, 人生と, 仕立てさせ万事, 仕立てられ今し方, 仕立て西, 仕置渡止場まででも, 伴に, 何か, 作っちゃ, 作り, 作ること, 作ろうとして, 侵掠した, 修する時, 修理に, 借りあつめ今, 借りたらどう, 借入れて, 停めざるべからずと, 停めんと, 傭うて, 傾けさせて, 傾けんで, 入れるため, 入れるよう, 兩國河岸に, 兼ねた形, 凌いで, 処分しなけれ, 出さうなどといふ, 出させるん, 出されたといふ, 出したかも, 出した例, 出した漁師, 出しては, 出しますが, 出し林蔵, 出すぞ, 出すほど, 出す七斤, 出す刻限, 出す積り, 出せと, 出た, 出た七名, 出ると, 函館に, 別な, 助けた褒美, 動かさないこと, 動かすこと, 動かす機関, 動員し, 包む霧, 北へと, 占めし後, 去って, 去る瞬間, 取り入たり, 取り押さえるなり, 取戻したん, 台場兵たちは, 同じうし, 吐き出した逆賊門, 君たちの, 呉へ, 呼びとめて, 呼ぶため, 呼ぶ人, 呼んで, 喧嘩場と, 囲んで, 国籍不明の, 坐礁る, 城として, 塗替へん, 売つて, 夜中に, 大切に, 大西洋に, 失つた窮状を, 夾ましむ, 奪いこれ, 奪うこと, 奪ふ, 姑娘船と, 守ること, 守る者, 安らかに, 家の, 寄せた老人, 寄せぬと, 寄せると, 寄せ難く, 射程距離まで, 少し沖, 岩と, 岸から, 川まで, 左廻りに, 差廻し, 帆村の, 幾ら待っ, 廻わして, 弄ぶ小児, 引き摺って, 引っ返したが, 引上げる, 引率し, 形容たり, 彼方へ, 待ちかねて, 待った, 待つ, 待つてる外國人, 待つ人, 待つ河原, 得た面持, 思い出したという, 急がせ石切河岸, 恐れて, 憂ひて, 戻した, 手に, 手離し, 打ち割つたもの, 扱う技術, 批評的に, 択んで, 押しやったの, 押し流しますから, 押すこと, 押せば, 拉し来って, 持たなければ, 持ってるの, 指さした, 指すの, 捜索した, 捨てるほか途, 掃除しました, 控え廻せ, 揉み放り上げうねり, 提供する, 揺すぶつた, 揺り上げたり, 撃つばかり, 操りつ, 操作し, 支立てよう, 改造した, 救うという, 教えて, 敵の, 普通の, 曲げて, 最後に, 望遠した, 朦朧と, 杭に, 桟橋まで, 検査する, 横取りし, 止めた, 止めろっ, 水で, 汀に, 江岸に, 沈めさせたの, 沈めた位置, 沈めようと, 沈められ砲台, 沖に, 河の, 油断なく, 泊めると, 注文し, 洗って, 活躍させた, 流すこと, 浜に, 浮かべたの, 浮かべ久しく, 浮ばせて, 浮べよう, 浮べ湖上, 海へ, 海岸へ, 海獣だ, 渡せと, 湾外へ, 滑らせました, 漂泊させる, 漕いだもの, 漕いでを, 漕ぎよせて, 漕ぎ出して, 漕ぎ戻させて, 漕ぎ来る者, 漕ぐとこそ, 漕ぐ眞, 漕ごうと, 漕戻した, 焚き其勇將, 無理に, 焼いてから, 焼かないだけの, 焼きまた, 焼き沈め乗員三百余人, 焼けりもし, 照した, 燒かんと, 爆發させ, 片端から, 狙つた者は, 猛烈に, 王弟, 生活の, 用いるの, 甲板上の, 発見したら, 的に, 盗むこと, 監視し, 真珠島へ, 眺めながら, 眺める島人等, 着けたこと, 着けました, 着けると, 着ける場所, 着け海津, 知りてを, 破られた其の, 礁湖に, 移した, 移動させ, 空中へ, 突上げた, 立たせ今朝, 立退くところ, 綱で, 繋いだあたり, 繋いだ黒い, 繋ぐべき渚, 纜つて私は, 置きて, 胡桃の, 腰に, 自分等の, 舟子の, 船長に, 英の, 著けさし, 虱潰しに, 衝き却, 裏返す努力, 襲い河, 襲ひ, 襲撃し, 覆えしあまり, 覆して, 覆へ, 見いだしてから, 見かけ次第それ, 見すてなければ, 見せられて, 見たという, 見たまわば, 見つけたら信号, 見つけるため, 見つめること, 見てる間少年, 見のがして, 見よういや手わけ, 見るが, 見るに, 見る見るうち, 見付けまして, 見失わぬよう, 見張ってるの, 見給わば, 見送った後, 見送る女たち, 言付けるから, 訪れたかの, 訪れ相手, 認めし由, 誘引き, 調べて, 調べ拔く, 謝絶せりと, 負けも, 買い占めて, 買うよう話, 買っとけば, 貸したが, 賑わしたの, 贈って, 走らす事, 走らせるかね, 走らせる海, 踏みつけるよう, 車に, 軽々と白鳥, 辟易させ, 辷らせた, 迎える気色, 迎へにも, 近寄せると, 返すわけ, 追いかけ二発, 追い越して, 追って来ない, 追わずには, 追払って, 退いて, 送ったもの, 送りて, 送り来たり, 送るから, 逃げ出したもの, 逆に, 通ずべく業平町, 通ずるに, 通わせたり, 造った時, 造らせ武具糧草, 造りあげるまでに, 造りたいじゃ, 造り以, 造り航海者, 造るよう, 造る興味, 進ませて, 進むるに, 進めよ, 進めよと, 進めれば, 過ぎると, 配して, 鉄筋に, 間違えたの, 降りたの, 降りなければ, 降りも, 降り埠頭, 降ろすウインチ, 雇い呉越同舟, 雇った人間, 雇は, 離れたけれども, 離れ去ること, 青衣の, 領海内に, 顛覆から, 飛出し地獄, 高低の

▼ 船~ (2131, 10.8%)

15 ある, 出て 10 沈んで 8 港に 7 入って, 出ると, 碇泊し 6 岸を, 着くと, 難破し 5 あって, はいって, 急に, 来て, 橋の, 通って

4 [19件] あります, ついて, つくと, つないで, 來る, 出ること, 出るの, 動いて, 岸に, 待って, 来た, 横づけ, 氷山に, 沈みましてね, 沈没し, 波の, 浮かんで, 港へ, 通る

3 [37件] あった, あつた, ありました, いくつも, それを, なかった, はいる, シヤトルに, 出た, 出來, 動き出した, 印度洋を, 大阪に, 岸へ, 帰って, 揺れた, 来るの, 沖に, 沖へ, 波に, 波を, 流れて, 浮いて, 浮んで, 港を, 着いた, 着いて, 繋いで, 見えた, 見える, 近づいて, 近づく時, 通ると, 進むにつれて, 遅れたん, 静かに, 黒い煙

2 [135件] あったが, あっても, あると, あるという, あるので, あるわけ, あるん, ある板, あれば, お伽噺の, かかって, ここを, この港, すぐ眼, そこった, そこに, どこかの, どこで, どこに, どこへ, はいつて來, はいると, ひっくりかえって, まだ動い, まぢかに, もやって, ゆるやかに, アメリカ大陸に, グルグルと, 一塊の, 三々五々と, 下に, 二艘も, 二隻も, 今微塵, 何か, 停泊し, 傾いた, 傾いて, 出えるうー, 出た後, 出ない, 出ないと, 出ました, 出る, 出るという, 出るので, 出るやう, 出帆し, 動かない, 動きだした, 動き出した時, 動き出して, 動き出すと, 向う岸に, 吹きつけられて, 外海に, 多い, 大きい宿屋みたい, 太平洋に, 始めて, 姿を, 岸壁に, 川の, 左右に, 帆を, 幾艘と, 幾艘も, 徳行から, 愈, 持上り, 救助を, 日本の, 暗礁に, 暴風に, 月の, 来た時, 棧橋を, 横ざまに, 横を, 此方へ, 気に, 水に, 氷に, 沈む, 沈もうと, 沖で, 沖を, 沖合へ, 沢山は, 河を, 泊ると, 浮上る, 海の, 海へ, 淵の, 港の, 港へは, 燈台に, 狭いので, 珍しいもん, 現はれる, 着いたと, 着いたの, 着いてから, 着て, 私を, 篠咲に, 繋留され, 纜を, 自分を, 自由に, 航海の, 舫って, 舳を, 著いて, 行く, 見えると, 走って, 跳び上る度, 輻輳する, 近づくにつれて, 近寄って, 通った, 進むに従って, 進めば, 進水した, 遠くから, 遠くへ, 遠ざかって, 錨を, 陸に, 難破した, 頻りにのぼる, 頻りに動い

1 [1557件 抜粋] あきも, あちこちに, あった筈, あの異常振動, あらわれた, ありましたので, ありますまい, あり之, あるからと, あるだけ, あるとしても, ある一定, ある夜秘密, ある筈, いいという, いきなり眼, いつたり, いまちぬ, いま太平洋を, いやしない, いよいよ汽笛, いります, いわばガラスびん, うるさく音, おそろしい潮流, おぼろに, かえりついた時, かけつけて, かなり楽, かりするところ, かりする思, きたの, くいと, くつがえるの, くると, くるよ, ぐらぐらと, ぐるぐるまわされる, けわしい浪, ここかしこに, ここまで, ことことと, このさびしい, この地方, この島, この桟橋, これでございます, ころがり出さないよう, こわれて, ごちや, しかも元気, しずむと, しだいしだいに, じっとし, すぐ通る, すこし揺れだした, すっかり空っぽ, ずしーん, そのお茶の水, その中, その時, そろそろ漕ぎ上っ, たがいに, たくさん沈没し, たくさん集まっ, たった今三万六千ばい, だんだん大きく, だんだん磯, ちゃんと波止場, つ, ついたこと, ついてるん, つぎの, つくのさ, つけられたと, できあがって, できると, でないの, とうとうネープルス, とおった, とおりかかったらその, とまって, どしいん, どんと揺れ, どんな方向, ないと, ないはず, なかなか進まなかった, なくなるよ, ぬっと現れ, はいったと, はいる前, はなれポーレット, ひっぱり上げられるだけ, ひどく揺れます, ぶつかって, またそれら, またわれら, また速力, まだ動かない, まっこう, みんなかけ飛ぶ, むかし椎茸を, もうその, もし自由, もっと北の方, もどって, やってくる, やって来たの, やっと覗かれます, やられた日, ゆく, ゆっくりと, ゆるやかな, ゆれれば, よろめいた, わが船, われも, アメリカの, イギリス海岸に, エミリアンに, カテガット海峡に, ガスに, キリキリした, コロンボを, シヤトルの, スエズに, ゾイリアの, ツイ竹屋の, ドッポンドッポン白い, ノサバッた, パール・エンド・ハーミーズの, ピタリと, ブクブク沈ん, ポートセードに, ヨーロッパに, 一さう, 一そうつない, 一つずつ, 一つ二つ見え, 一つ見える, 一二艘ずつ, 一揺れ揺れる, 一日遅れた, 一番先へ, 一艘ある, 一艘ついた, 一艘やって来, 一艘横づけ, 一艘沈ん, 一艘浮かん, 一艘見えた, 一艘静かな, 一週間目に, 一隻人が, 一隻繋い, 丁度ワラタ号, 三たびも, 三崎の, 三河の, 三角港を, 上って, 上海へ, 下を, 下田の, 不幸にも, 世界に, 並んで, 中宮の, 乗りかけて, 九州豐後水道の, 二三艘帰っ, 二十九艘一時に, 二艘あった, 二艘この, 二艘大分, 二艘海外へ, 二隻近づい, 五月蠅く, 亜丁港に, 今では, 今までに, 今左舷向こう, 伊豆の, 低く浮かべり, 何かの, 何時の間にか帆綱, 何艘も, 來た, 保田に, 停ってから, 偶然にも, 傾くこと, 働くから, 先ず船首, 入つたもの, 入りますと, 入るの, 全檣, 六ぱいあればロンドンの, 内海で, 再び棧橋, 出されたの, 出たねえ, 出たり, 出てからまで, 出ないため, 出ねえって, 出ますから, 出るかと, 出るそう, 出るとの, 出るまでの, 出る岸, 出る由, 出帆する, 出張って, 出来たならば, 出来上がりつづいて, 函館に, 別製だ, 前後左右から, 加太に, 動かせます, 動かなかった, 動かなくなりや, 動き出してから, 動き出すには, 動く動く, 動員された, 北の, 半円を, 南方に, 危いと, 厳島へ, 参って, 取り外して, 古ぼけた青塗, 同じく洞穴, 向かふ岸, 吸寄せられた, 呼戻されたの, 唯の, 四五隻も, 四艘あった, 国々の, 地球の, 埠頭へ, 壊れれば, 夕方スエズに, 夜に, 大きいので, 大きくゆらり, 大きな帆, 大坂, 大好きだ, 大嫌ひで, 大洋に, 大砲の, 大龍巻にでも, 太郎左衛門船, 好きで, 嫌いで, 存在しなけれ, 安治川口を, 宝鐸と, 客を, 寄港しない, 小松島の, 小蒸汽, 少しも, 尾道と, 居るから, 岩礁の, 岸について, 岸近くへ, 島を, 川波の, 左右へ, 帆柱を, 帰りに, 平気だ, 幾十艘と, 広い航跡, 廃るという, 引きずり卸されるやう, 弦月丸を, 当家の, 彼南港に, 往った, 待つと, 後を, 心細く揺れ, 忙しく出入, 急速に, 恐らく水, 悠然として, 懐かしいの, 或は動き, 房州から, 抜けつ潜りつ荒しまわる, 持つて, 描かれ左側, 揺れたせい, 揺れて, 揺れるよう, 播州沖を, 救援に, 数分間置き, 数隻出迎えに, 新しくはいりこん, 日向へ, 日本人に, 明後日は, 春雨に, 時時思ひ出した, 暴れ狂ふ, 更に南下, 月に, 朝昼晩の, 木更津へ, 本國, 本船右舷後方の, 来たが, 来たの, 来た丈, 来ぬよう, 来るか, 来るだろう, 東インドに, 松の, 桑港へ, 桟橋へ, 検疫所に, 横から, 横浜に, 横浜を, 檣や, 次郎兵衛と, 止まった, 此の, 殆船体も, 殺到した, 毎月通っ, 水の, 水平線を, 水蒸気の, 永島へ, 沈まうが, 沈みそれ, 沈むぞ, 沈むとは, 沈もうとも, 沈んだ時, 沈没した, 沈没するらしい, 沖の島に, 沢山出ました, 河の, 泊つてゐ, 波止場に, 洲に, 流れは, 浚渫船の, 浪を, 浮き風, 海上に, 海岸から, 海峡に, 海賊と, 涯木を, 渠門の, 渦巻の, 湊泊する, 満帆, 滑り出すと, 滝太郎を, 漏斗の, 漕ぎ寄せ, 潰れりゃおんなじ, 激しく揺れ出し, 瀬戸内海風ノ子島の, 炎の, 無いので, 無人の, 無数には, 焼津の, 爆発すれ, 独艇では, 現はれた, 現れたこと, 現出し, 生れ出た, 町に, 病みつきで, 発見した, 白い水, 百艘や, 皇后の, 目に, 眞先き, 眼前を, 着いたはず, 着いた俺, 着きますと, 着く, 着くまでの, 着く処, 着く立たっしゃらぬか, 知らぬ他国, 碇泊しました, 磯を, 神戸を, 程よい波濤, 積み切りでもはや, 空を, 立った日, 築地で, 素晴らしく船脚, 縦陣を, 繋船され, 群が, 臆病らしく固まり, 航海中安全進航の, 舳先に, 船に, 花川戸へ, 英濠間を, 著いても, 著く時, 藝子末社を, 虫食の, 行きあう四半刻, 行ったり, 行方不明に, 裏返る拍子, 襲ったの, 西海岸を, 覆らうが, 見えたと, 見えだしてから, 見えないこと, 見えなくなると, 見えましてよ, 見えるが, 見つけて, 見物し, 許されて, 諸君の, 走るとき, 走る県道, 足りないから, 転覆し, 輻輳し, 迂曲り, 近づくこと, 近付いたので, 退帆, 途中から, 這入った時, 這入りますかと, 通ふ, 通りかかった, 通ります, 通り合わせ, 通るって, 通るほどの, 通わなくなる, 造れるもん, 進み始めて, 進む様, 進行を, 遠くの, 遠のいて, 適当の, 那覇の, 重くなる, 金華山沖に, 銚子へ, 長島の, 長崎の, 門司を, 阿波の, 陸前の, 隅田川の, 雁木を, 雛型ど, 難破いたす, 難船し, 霧ん, 青い海, 順々に, 頻繁だ, 飛ぶよう, 飯田河岸の, 飾磨へ, 高く低くゆられとおした, 鯨の, 鳴らして, 黒海の

▼ 船~ (2123, 10.7%)

209 乗って 37 乗せて 34 のって 24 乗つて, 乗て 23 乘り 17 積んで 16 乗った 14 乘る 13 乗り込んで 11 して 10 乗れば, 身を 9 乗るの, 載せて 8 乗せられて, 乗る, 乘じ, 帰って 7 のせて, 乗ったの, 乗ると 6 つんで, 乗りこんで, 乗りて, 乗ること, 乗ろうと, 乘せ, 残って, 醉は 5 乗ってから, 乗つた, 乗る時, 乗込んで, 便乗し, 向って, 酔って

4 [12件] いた, お乗り, お乘, のる, 乗りました, 乗り合わせて, 乗る事, 乘つた, 入れて, 弱い人, 来てから, 移して

3 [36件] いたの, くらべて, ちがいない, のりこみました, のりこんで, のりました, 上って, 上る, 乗じて, 乗ったもの, 乗ったり, 乗った時, 乗らなけ, 乗りこんだ, 乗りそして, 乗るまでの, 乗る者, 乗ッ, 乗替え, 乘り込ん, 似て, 便乗する, 便乘した, 入って, 向つて, 弱い私, 戻って, 故障が, 横切られて, 残して, 移った, 積み込んで, 積んだらどこ, 艤裝し, 衝突し, 近よる

2 [95件] あうと, いたよう, いて, いるとき, しました, そいて, なって, なると, ねて, のこって, のりこんだ, のりて, ゐて, 一刻も, 三人が, 不審が, 乗ったから, 乗ったという, 乗ったよう, 乗った最初, 乗ってからも, 乗っても, 乗つたの, 乗つた人, 乗つて松山, 乗らなければ, 乗りうつった, 乗りこむの, 乗りさえ, 乗り新大橋, 乗り込みました, 乗り込みましたが, 乗り込むの, 乗り込む前, 乗り込んだ, 乗るという, 乗るとき, 乗るところ, 乗るまで, 乗る前, 乗る直前, 乗ろうとして, 乗込む, 乗込むと, 乗込んでから, 乘つたのは, 乘つて居る, 乘りし, 乘り移り, 乘るべき, 人が, 分乗し, 分乘, 召されて, 向かって, 向けて, 居るでも, 弱いん, 弱い妻, 戻ると, 投じて, 支障が, 救はれ, 来て, 残つてゐた, 比べて, 泳ぎついて, 潜んで, 灯が, 留まること, 着いて, 積まれて, 積んだアら, 立って, 立寄って, 行って, 貸して, 載せまつりて, 載せられて, 近づいて, 近づくと, 近よら, 追われて, 連れ戻された時, 連絡する, 違いない, 酔うの, 酔ったよう, 酔わぬなり, 門司の, 限る, 頼んで, 飛び乗つた, 飛んだ鯉, 馴れて

1 [1181件 抜粋] あが, あがるやいなや, あの男, あふれた, あるから, ある時, いかがは, いたこと, いたという, いたよ, いたるまで, いたんだ, いた倩娘, いっぱいつん, いっぱい積みこん, いない, いりゃあひとりでにわかるよ, いるすべて, いる二人, いる僕たち, いる私たち五人, いれて, おいつき舷, おすわりに, おほひ, およわい, おれば, かくまった, きまって, こぎかえる, さきだつこと二日, さも, しそう, しても, しれるからね, すつかり乗せて, する覚悟, そういうこと, それが, たくさんわたしは, たとえて, たどりつき船頭たち, だまされたと, ちが, つかう, つないで, つみこみ京, つみじぶん, つむなら房州, つり上げられる, てこ, ですか, とどまった, とどまっては, とどめられて, とらえられて, どんな人, ながれ込みました, なった玉井組, なにかあった, なりたいって, なり神, なるまえは, ぬいで, のこつてる金銀, のせたの, のせられた村, のったの, のり, のりいのちびろいをしたわけですが, のりこみ多度津, のりこんだもの, のりづめ, のり二人, のり合わせて, のり荒波, のること, のるだけの, のるん, のる迄, のれるかと, のれんと, はらんで, ひきあげた, ひきとって, ひとの, ふみとどまって, まじつて, また乗っ, むかって, もう部屋, もぐり込みニューヨーク, もつて, やって来そして, やはり乗っ, やられたん, ゆっくりと, よいました, よしんば短い, よらなければ, わかち載せ, わずかに, ゐる人々, アユミの, コレラの, ノルウェー人の, マストを, 一人も, 一夜が, 一杯の, 一発弾丸を, 三人の, 上つて來ては, 上らずなんて, 上るという, 上ろうと, 久兵衞旦那の, 乗せうち, 乗せられそうして, 乗せられたの, 乗せられると, 乗せる為, 乗せ川, 乗っかって, 乗ったが, 乗ったこの, 乗ったつもり, 乗ったとき, 乗ったまでは, 乗ったらこんな, 乗ったら嘔吐, 乗ったら明後日あたり, 乗った人, 乗った兵馬, 乗った心持ち, 乗った様, 乗った者, 乗ってると, 乗ってる人, 乗ってネ, 乗っとる者, 乗つたといふだけ, 乗つたやう, 乗つた娘, 乗つた時, 乗つてマルセーユ, 乗つて小一時間位, 乗つて帰つて行, 乗つて海, 乗つて湖, 乗つて釣, 乗らしむ, 乗らないで, 乗らなくちゃ, 乗らん, 乗らんと, 乗りうつっ, 乗りおくれては, 乗りかけしなり日, 乗りこみまして, 乗りこみ解任, 乗りこむ, 乗りこむ時, 乗りこんだ夜, 乗りそれから, 乗りたるなり, 乗りつづけて, 乗りましたが, 乗ります, 乗りわし, 乗り出し日本, 乗り別れ大河, 乗り合せ残らず, 乗り室戸岬, 乗り得られた費用, 乗り換えるため, 乗り正式, 乗り海上, 乗り独逸, 乗り移って, 乗り移り神奈川以東, 乗り組んだ, 乗り続けて, 乗り見れば, 乗り込まんとして, 乗り込みて, 乗り込むと, 乗り込む遽しい, 乗り込めるならば, 乗り込んだの, 乗り込んだ時そこ, 乗り込んでからは, 乗り難, 乗り鬼界ヶ島, 乗るかも, 乗るため, 乗るだろう, 乗るとか, 乗るまでは, 乗るンぢ, 乗る人たち, 乗る所, 乗る気, 乗る約束, 乗れました, 乗れりこの, 乗ろうとは, 乗ツ, 乗移ると, 乗組んで, 乗船し, 乗船し得た, 乗込むこと, 乗込むの, 乗込むん, 乗込んだの, 乘せる, 乘ってからも, 乘つたのを, 乘つたら行ける, 乘つた者に, 乘つてからは, 乘つてゐた, 乘つて之から, 乘つて今しも, 乘つて兩國の, 乘つて南へ, 乘つて海岸の, 乘つて船醉する, 乘つて追, 乘つて靜岡から, 乘らうとい, 乘らない, 乘らむとする時に, 乘りたい, 乘り始めし, 乘り込ま, 乘組まんがため國の, 乘込んで, 二人ずつ, 二時間近くゆられた, 人々は, 仕掛けを, 仕立て昔, 代わってでも, 似たりき, 似合わず絢爛眼, 何の, 使いを, 使用する, 供奉し, 便乗せむこ, 便乘いたした, 停らなければ, 備えるほどの, 入った由, 入れ, 入れ同月十八日竹島, 入ろうと, 兵三十人ずつ, 出あひましたので, 出て, 出会ったよう, 刈った柴, 別条が, 前記の, 助けて, 助け上げられました, 勞れ, 医者をも, 危険を, 又陸, 取りすがつて海水, 取付けて, 号ける, 同乗し, 名づけて, 向かつてからの, 君も, 命中る, 嚴然たる, 在れば, 坐して, 垂れたの, 声こそ, 売りに, 多少の, 夥しき材料, 大またぎ, 大波の, 奪い去られてから, 女を, 妹乗る, 妾ともども, 姿を, 寄せつけじと, 寄りは, 射込むよう, 小便を, 居たの, 居ても, 居なかつた, 居る気, 居残りおのおの, 居残るよう, 屋形船という, 帆あ, 帰った, 帰て, 帰るまえに, 年配の, 引きあげられ海底, 引きずり込みやがて, 引き上げられると, 弱い, 弱いそう, 弱いので, 張って, 張る帆, 強い人, 強い海, 強くなく, 当たる波, 当る日, 往って, 御同行申度, 御馳走と, 徹宵し, 応ふ, 悪い名, 慣れて, 憑い, 戻つたが, 戻られるはず, 戻る, 手ぬかりが, 打ち乗って, 打ち乗り虹, 打乗り, 押し込まれて, 拾われて, 持ち込んで, 据付けて, 掛けた白帆, 揺られつつ, 揺られ汽車, 搖られた, 搭ぜ, 據つてゐる, 擬らへて, 故障でも, 救い上げられる前後, 救われその, 救われて, 救助された, 料理番を, 於て, 明あかと, 暈って, 曳航され, 木村も, 来ぬ仮り, 来る月, 楫なき, 歌びと秋津三池より, 止めて, 武蔵様は, 歸らしむ, 死骸を, 残った人, 残ってた, 残るか, 残る者, 毎朝報じ, 比べると, 水を, 決めたと, 波浪が, 流して, 海軍の, 渡した渡し子, 湛えては, 満ちた, 溢る, 火が, 無くては, 燃えうつりまたたく間, 爽な, 猛火を, 由って, 留れり, 疲れたとき, 目下皆様と共に, 相違ない, 着ける使者, 石炭の, 私も, 移し入れら, 移って, 移りますとき, 種も, 積で, 積みかえつよく, 積みこんだ荷物, 積み出だせし, 積み込まれたので, 積み込み次第, 積み込むと, 積み込んだり, 積むつもり, 積む形, 積換へ, 積載せる, 積込んだもの, 突当らうとして, 立たしむ, 立つて, 端然と坐っ, 約六, 結びつけたり, 置かれて, 置忘れた, 老いの, 聴くの, 自信が, 舷と, 船頭左太夫以下楫取, 若王子の, 荷を, 落ちた花火玉, 薪水飲料石炭等欠乏の, 行きました, 行くと, 行つて留守, 衝突すべし, 見えて, 見とれて, 見入ったこれ, 訊き合わせるため, 詰込れ, 誘ったという, 護送兵の, 買われて, 賭博に, 赦免の, 跳び込んだ, 蹤い, 載せ毎年五隻, 迎え得たこと, 近づいては, 近づかんと, 近づき小さく赤い, 近寄って, 迫り操船余地, 追いかけられて, 追いつけると, 追ひつける, 追越されん, 送って, 送り軽少, 逃げこまなければ, 逃る, 這ひ上がらう, 進行力の, 遇いました, 運ばれて, 達者の, 遲れ, 避けしこと, 還りまた, 酔い子供, 酔うその, 酔ったから, 酔ったの, 酔った結果, 酔ふ, 酔わざる呪術, 酔わないと, 酔わぬマジナイ, 醉つてし, 重詰の, 釣り夏, 銃撃され, 間に, 間に合った, 附いて, 限られて, 陣す, 陸は, 雇はれ, 雨と, 飛び乗った, 飛び込みたるマルタ, 飛び込んだ八五郎, 飛乘りました, 馬に, 馴れませんので, 驅け, 魚や, 麦稈の

▼ 船~ (765, 3.9%)

9 あつた 7 帰って 4 アメリカへ, 一緒に, 人を, 帰つて来た, 日本へ 3 お帰り, さ, さへ, 帰ること, 持って, 東京へ, 河を, 渡って, 運んで

2 [23件] いちばん大切な, おいでに, その船, むかえに, もって, 一夜を, 一緒だった, 下って, 仕事を, 出て, 外国へ, 大連へ, 大阪へ, 婢の, 客を, 島原か, 揚子江を, 東京に, 淀川を, 渡るの, 行つた, 逢ひ, 阿波へ

1 [656件 抜粋] あちらへ, あつたなら, あなたが, あなた様の, あの人, あの辺, あの連中, あらう, あらうが, い, いうと, いっしょに, いつたん横濱, いつでも, いら, おいででは, おくったげる, おくり迎えを, おまえが, おもしろくも, おやじと, お世話に, お出かけなさる, お医者, お帰りなさる, お渡り, お糸さん, お絹, か, かえるでしょう, かえるはず, きっと帰っ, くるん, ここへ, このベッド, この二三日, この港, ごぜえます, さう, ざぶ, しかたがねえと, すぐアメリカ, すべての, すらこの, せう, ぜひに, そうして金目, その実, その船頭, その貨物, それからは, それには, たぐって, たびたび渡らなく, ちょッとで, つる, てんで実在, とてつもない男, とても遥か彼方, ともかくも, どうしても都合, どちらへ, なお二三日, なぜあの, ならば, のがれようと, はこび船, はじめて理想的, はじめて見る, はる, ひとりの, ひとり蟹田, まいりまして, また大熊部隊長, また方々, まつすぐ, もどって, やってくるよう, やって来て, やられたらしいの, やり刈取るの, ゆき子より, ゆっくり八景, よ, わしらドイツ人を, わりに話, アコ長と, アメリカ廻りで, エルサレムより, サヨリの, スイスへ, ストライキなんかや, セーヌ河を, トケラウスへ, ドイツ人ばかりじゃ, ニューヨーク港へ, バア・テンを, ヒダへ, フランスを, ブラジルの, ポール, ヨッパから, レヴェーヨンを, ヴォルガ河を, 一, 一パイだ, 一儲したい, 一台大に, 一日, 一杯や, 一杯小僧の, 一番牧の, 一緒だ, 一緒の, 七時間ほどで, 七里の, 三べ, 三本の, 三河の, 三津浜まで, 三浦環が, 上海から, 上海などへ, 上総へ, 下せば, 下ったこと, 下った時, 下るなど, 下るべく通州, 下関へ, 中海を, 乗りきること, 乗りまわして, 乗り出したの, 乱して, 二年前までは, 二度と航海, 二番目の, 五人の, 五六分間も, 五穀の, 交通を, 京都まで, 今にも買, 今度は, 今度ガダルカナル辺へ, 今某國軍艦, 仏印から, 仏印へ, 仕方が, 会ったとき以来月日, 位山へ, 住吉へ, 作った絹, 使うロープ, 使う草履, 使ふ, 使われて, 來た, 來る, 侠気の, 倫敦から, 働き老, 働く人, 僕も, 先に, 先刻遙か, 先生が, 入らうといふ, 兩國へ, 八人乗りの, 八百八島を, 兵士に, 兵庫に, 兵庫の, 出かけた, 出かけたらだまつて殿さま, 出かける事, 出たの, 出帆する, 出掛けたが, 出掛けて, 出発亥の, 出發, 函館に, 別れた和田呂宋兵衛, 加持祈祷を, 北海丸が, 千鶴子と, 半年以上も, 南洋から, 厳島へ, 参れ, 召さなかった新しい, 吉左右を, 吉賀の, 同志九人を, 名護屋へ, 吹く竹法螺, 吾妻橋まで, 呑んだ酒, 噸數六千四百, 四日市へ, 図書館通いを, 埋まって, 塩竈へ, 声が, 大丈夫という, 大唐, 大坂の, 大川の, 大津へ, 大海を, 大西洋上の, 大里へ, 大阪まで, 天平や, 太平洋に, 太平洋の, 太平洋を, 始まったよ, 始めて, 威張つて, 安治川口に, 室町の, 密談など, 寝て, 寮へ, 射た友だち, 小さな合名組織, 小浜に, 小糸の, 屋久島通ひとし, 山崎から, 山海関に, 島々を, 川崎の, 川崎まで, 巡るか, 帰ったので, 帰った邦人, 帰っても, 帰られるの, 帰りたいし, 帰り一組, 帰るかも, 帰るつもり, 帰るの, 帰るよう, 帰ろうと, 帰国した, 帰国の, 広島へ, 廻して, 廿六人の, 引きずられて, 引廻し, 引返す手, 彼の, 彼方此方捜し, 往くとき, 待って, 御一緒, 御城下, 心細い気, 思ったよう, 恋人と, 悩む人, 戦うの, 戦地に, 戻って, 房州の, 房総へ, 折を, 持つて, 捕るの, 捜しに, 揚り升, 揚子江対岸に, 支那人を, 救は, 教つた安, 散々踊らされ, 敵国に, 旅行した, 旅行も, 日本を, 日本人の, 日本海岸に, 旭一三六二四部隊の, 明日の, 暴風雨に, 最後訣別の, 朝夕に, 本宮村へ, 本部島から, 来たん, 来た人たち, 来た仲間, 来た我々, 来た縁故, 来て, 来ましたから, 来るさ, 来るの, 来る人, 来る時, 松前へ, 松島の, 松崎まで, 業平橋まで, 横斷する, 横浜に, 止むを, 正気が, 此の, 此處から, 武器も, 武蔵どのは, 歸らう, 歸る, 死ぬよりか, 死んだっても, 殺されて, 殿様の, 毎日の, 気分が, 水から, 水を, 水神へ, 水神まで, 水路を, 江戸までの, 江戸崎という, 沈まない船, 河から, 河は, 沼津へ, 沿岸を, 泊り旅籠, 泰造多, 洲崎を, 流して, 浜御所へ, 海へ, 海上三十七日も, 海外の, 海防に, 清水の, 清水港へ, 渡して, 渡った, 渡ったの, 渡ったらどんなに, 渡つて来, 渡つて水門から, 渡らせて, 渡り再び, 渡るよう, 渡るん, 満洲, 漂着する, 潜入, 潮来から, 火夫を, 無人国土を, 焼津へ, 父の, 片島へ, 現地の, 琵琶を, 用いるもの, 用いる小, 田植えを, 由良の, 甲板の, 発つまでは, 直ぐに, 相当あります, 着いたと, 着く珍, 着く藤次, 知らない船, 知りあつ, 神奈川に, 神戸迄, 神田川を, 私の, 私は, 秋山さんは, 窃盗を, 立った親方, 竜飛まで, 笑ひ, 簡単な, 米国ポーランドペルウシヤムの, 紀州方面へ, 納涼の, 美保, 聞いたところ, 自分達の, 自殺し, 航海したい, 船中も, 艪を, 花見の, 若旦那の, 苦樂を, 荷物と, 行かれること, 行きました, 行きましたよ, 行くそれみたい, 行くと, 行くといった, 行くならば, 行くほう, 行くやう, 行く趣, 行って, 行つて受取る, 行つて島を, 西洋人に, 見たこと, 見たとき, 見る方, 観音参詣に, 訪ねて, 詳細に, 認めると, 讃岐へ, 貢物を, 赤格子ぜ, 赤穂へ, 走り出すと, 越そ, 軍艦奉行木村摂津守を, 辨當で, 近づいて, 追いかけ取りしらべたところ, 追い返されて, 送って, 送られた, 送られた肥後米, 送りとどけられたとき, 送り帰されて, 送るの, 逃げたん, 逃げ出し品川沖, 逃れた当日, 逃出し, 這入って, 通すに, 通った, 通りかかった人, 通り次に, 通り過ぎたこと, 通る者, 進みそこで, 運ばれたもの, 運ぶの, 運ぶ無量, 運んだかも, 運河を, 達者な, 遙かの, 遠い国, 遠出を, 遠征し, 遠洋向き客貨物船だった, 遡って, 遡り行くとき, 那処を, 醉ひまし, 釣や, 釣りに, 釣るの, 鍛え上げた三上, 長崎を, 長櫃の, 門司へ, 防波堤へ, 離れること, 面會した, 鞆, 鞍が, 顔馴染に, 願っても, 食ったフランス料理, 飯も, 飲もうと, 香港に, 馴染みに, 駆逐艦に, 駒井の, 駿河につき, 高知へ, 鰯網を, 鳴らす寄港, 黒磯へ

▼ 船~ (516, 2.6%)

19 では 11 の人 7 にあり, の人々 6 の客, の者 5 にある, の誰 4 に, の生活 3 で, で一番, にも森, の事, の灯

2 [23件] から神戸, でこの, で二人, で削っ, で彼, で松木弘安, にあっ, にいる, に於, に来, に残っ, に訪問, のこと, の余興, の千鶴子, の大, の奇談, の憤懣, の様子, の男女, の警戒, の音樂會, の食事

1 [381件] お屋形, かそけき燈, からも相当, から上がっ, から声, から川水, から投げ, から携え, から法螺貝, から親しかっ, がみる, が一斉, が皆, ことごとく氷, このあたり, さして殺到, さして逃れん, それから広島, てんで僕, てんで相手, であった, であなた, でおくる, できまっ, でした振舞, でその, でただ, でと何段, でなり, でのこと, でのごたごた, でのティパーティ, での千鶴子, での私, での自分, での親し, での食事, でもいろいろ馳走, でもこの, でもこれ, でも入浴, でも幾度久慈, でも死人, でも沖, でも猫, でも直義, でも相当, でるす, でイギリス人, でボンベイ地方, で一緒, で下手, で云うとるらしい, で今, で全く, で前田君, で千鶴子, で又, で叫び声, で咯血, で團扇, で変った, で夜, で大いに, で如何, で妙, で孔明, で寝ねが, で彼自身, で手当, で手渡し, で拓殖会社, で暮す, で書い, で木片, で死ぬ, で殖え, で殺され, で皆, で盗まれた, で眠い, で眼前, で知りあった, で知己, で私, で稿, で船医, で船室, で船房, で見た, で見渡した, で親切, で試みた, で詩, で誰, で起こった, で起った, で酒, で雀躍, で頭, で顔見知り, で飲み尽し, で鯨, で鼠, にあげた, にいた, にいなかった, におい, においては甘い, において嚇怒, において彼ら, において非常, における葉子, におられ, におられる, にこっそり, にこんな, にさし込み, にそういう, にそなえ, にちょっと, にてさ, にては各週日曜, にては毎週木曜, にても種々, にて一夕, にて乗客, にて実視, にて已に, にて消火, にて然, にて礼拝式, にて運動会, にて除夕, になじみ, にのこし, にのりこみ, にはなに, にはまだ, にはインド人, には一人坊主, には人, には他, には文部省, には新式, には物好き, には生きた, には田山白雲, にひたすら, にものせし, にも同じ, にわが, にゐる, に一人, に一泊, に一町村, に事, に亜米利加, に人, に伊, に伝えられた, に伴っ, に倒れ, に停泊, に入る, に同伴, に唯一個, に囲い, に女, に安置, に宣伝, に寝転ぶ, に対坐, に小田原提灯, に巻き起こらなかったであろう, に布, に廣, に招き, に振撒い, に振舞っ, に新年拝賀式, に於い, に日々眼, に旧教, に明し, に杖, に柿, に横, に横はり, に残し, に残った, に残る, に殘, に波, に浴泳場, に漂いだした, に特に, に盛ん, に目, に祭っ, に立つ, に立て籠り, に置かれた, に而乗組之内, に而嘔吐且泄瀉等相煩候而者, に脈, に自給自足, に至る, に話した, に誰か人, に豪州, に転寝, に這い込んだ, に遊泳場, に閉じ籠る, に隠れ, に雑居, に飛び込んだ, のいつも, のおとな, のお客様, のすべて, のその, のとき, のどこ, のみんな, のよう, のアカイア軍, のクリスマス, の一切万事, の一切万事実, の一奇観, の一興, の三島, の不, の主治医岡村氏, の乗客, の事情, の人いきれ, の人気, の佳宝, の侍, の侍たち, の信頼, の倦怠, の全員, の兵, の兵七, の内閣, の出来事, の勇士たち, の即席料理, の友, の友だち, の各員上下, の唄声, の唯一, の場, の場合, の夕餉, の外人, の夷輩, の如何, の容子, の年中行事, の徒然, の心, の心理, の思い出, の恋愛, の愉快さ, の意気, の愛嬌者, の手下ども, の散, の時, の様, の模様, の武士, の武士ども一度, の水, の洋服事件, の混雑, の無線電信室, の無聊, の狼狽, の田山白雲, の疲労, の皆, の眼, の社交, の積累, の空気, の窮屈さ, の筆, の統制, の者共, の船酒盛り, の若い, の英人等, の英王戴冠式, の蓄え水, の號鐘, の要らぬ, の見もの, の規定, の設備, の評, の評判, の話, の詳しい, の談話夫, の警視総監, の輩, の輿論, の連中, の閑散無事, の闇, の陽気, の雑音, の電動力, の風かげ, の食, の食卓, の食味, の馴れそめ, の騒動, はがらん, はもう, は一等, は兼, は勿論, は夏服, は大騒ぎ, は楽しかっ, は混乱, は港, は真, は興, は英人, は鼎, ひたすら御, へ乗り入り, へ単独, へ取って返し, へ取納める, へ引き取りおり, へ来, へ来訪, へ真水, へ跳, へ躍りこみ, へ躍りこん, へ退い, へ飛び乗った, まで諸氏, も住居, や甲板, より, よりハワイ島, より市街, を布, を往来, を捜しました, を探し, を物色, を硫黄, を笑わした, を総出, を這いまわり, を隈, 主立った者, 何一つ悪臭, 別に一詩, 持ち渡し, 暑さ, 残らずぐつすりと, 残らず揺り倒されて, 無新聞寒尽不知年, 留りて, 見渡すが

▼ 船~ (442, 2.2%)

16 乗って 11 帰って 6 帰ると 5 上って, 乗せて, 乗った, 乗り込んで, 行って 4 来て, 積んで 3 つれて, 乗ろうと, 往った, 移って, 逃げ込んで

2 [20件] お乗り, のせて, まゐ出る, やった, 乗り込むこと, 乗ること, 乘る, 來る, 帰ってから, 戻って, 戻ると, 泳ぎつく, 移した, 移して, 移った, 移ると, 身を, 近づいて, 飛び込んで, 飛んだ

1 [321件] あがって, あがるまでは, いこう, おいて, おいで, おとずれた時, おのせ申す, およぎついて, お乗りなさい, お乗んなせ, お寝なされ, お引, お旗箱, お移り下さい, お移り下さいまし, お贈り物, お越しくださいまし, お越しなす, かえりたくないん, かえる, かけつけると, こんどは, ずらかるん, せきたてると, だれが, ちょっと行っ, ぢづと切な, ついて, つたえろ, つみこみました, とび移った, なぞあて, なだれこんだ一とき, のこして, のぼって, のりたれバ, のりまして, はいあがりぶつぶつ, はいって, はいってしも, ぶっつけたという, やって, やってきた, やってきて, やってきましたよ, やつて, ゆき着いた, よく訪ね, わたりまわったこと, ペンキを, ロープを, ンリー一世の, 一しょに, 一ときの, 一人で, 一人千鶴子を, 一発だけ, 一緒に, 上がり切ると, 上げられた時, 上ると, 下さるん, 下し, 世話を, 乗せないやう, 乗せまして, 乗せられた時, 乗せると, 乗せる様子, 乗せ本郷春木町, 乗ったか, 乗っただ伴, 乗ったらその, 乗ったん, 乗った人, 乗った気, 乗っちまえば, 乗らうと, 乗りうつっ, 乗りうつる, 乗りかえて, 乗りこみ甲板, 乗りこむこと, 乗りました, 乗りましたの, 乗りますお客, 乗りよんな, 乗りわかれた, 乗り澄ました, 乗り移ります虫, 乗り込まうとして, 乗り込まねば, 乗り込みいよいよ, 乗り込むと, 乗り込むの, 乗り込む二三日前, 乗り込む青年, 乗り込もうとして, 乗るが, 乗ると, 乗るの, 乗るひと, 乗るまで, 乗る奴, 乗る客, 乗れあ又, 乗れたならどんなに, 乗れたら君, 乗れる日, 乗掛け火, 乗替暮時箱館湊, 乗組の, 乗組んで, 乗組出帆之, 乗船に, 乗込, 乗込み外国同伴相頼み, 乗込む科, 乗込もうと, 乘つた, 乘つたその, 乘つた相です, 乘つても, 乘つて歸る, 乘らう, 乘移つたのが, 乱れ入って, 事件が, 人が, 伴れ, 伴れ込む, 何かの, 便乗させ, 便乗し, 便乗を, 信号する, 倒れると, 入り込んで, 入るもの, 入れお, 入れると, 入院する, 其の旨警報, 出かけ, 助けて, 助け上げるん, 印刷機だけ, 去って, 取って返すや, 合乗を, 合図を, 向かった, 向けた舳, 向けて, 向け大砲二, 呶鳴り交わし, 報告に, 女房つれ, 姿を, 客が, 宮を, 寄せて, 帰して, 帰った, 帰ったり, 帰った万三郎, 帰った潤ちゃん, 帰つてから, 帰つて寝た, 帰らなければ, 帰りたかった少し, 帰りました, 帰りましょう, 帰るゆえ, 帰るよりは, 帰る刻限, 帰れるかね, 帰ろうと, 帰ろうとして, 幕府の, 引きあげて, 引きあげようと, 引き上げられました, 引き揚げると, 引っかけて, 引っぱろうと, 引つ張り込む, 引上げて, 彫像を, 往って, 御托與, 御遣し, 急に, 戻るとしても, 手が, 手を, 打つて, 打飛ん, 投げたの, 抜け乗り, 押しかけて, 担ぎ上げて, 持ち帰った, 持ち歸, 持ち込んだん, 持って, 据え付けるん, 探険隊を, 接近し, 提げて, 搦んで, 搬んだ, 攫って, 断りなし, 早く放り込ん, 昼食を, 来いと, 来たとき, 来ても, 来ねえかね, 来ること, 来るすぐ, 来る無帽, 松明を, 板を, 梨売重助と, 検疫が, 歸つた御, 歸つた萬三郎が, 歸つて參りました, 歸る, 残して, 残すこと, 泊りに, 泳ぎつい, 泳ぎ戻った, 漂いついて, 漕ぎつけては, 漕ぎ寄せろ, 無事に, 発火無線旗などによって, 皿洗いとして, 示す合図, 移される最中, 移すため, 移り飛行機, 積みこむまでに, 積み込む次第, 積み込む米俵, 積み込んじまったから, 積むわけ, 積めと, 積込んで, 突返される, 継いで, 置いて, 聯絡する, 聲を, 自分の, 花火の, 莫大な, 菓子や, 落ちて, 蟹はか, 行きあの, 行くと, 行けと, 行こう, 行ったが, 行っちまった, 行っても, 行つ, 行つたと, 行つて一と, 見え給はず夫人の, 角鹿町の, 誘ひ込んで, 責任を, 起重機で, 跳ねこんだ, 跳びこみ一家一族数十人, 跳び移って, 辨當を, 近づくこと, 近寄るべき手段これ, 迫って, 追い上げる, 追い乗せられた, 追い返え, 送って, 送りつけて, 逃げあがった, 逃込み, 這ひ上がる, 這入りました, 這入るの, 這入れば, 通いそこ, 通います, 進み入り候, 運ばれて, 運んで, 避難し, 避難なすった, 鉄槌を, 電信を, 頼んで, 飛びついて, 飛び乗りウイリイ, 飛沫を, 飛込まなかったろうと, 飛込みましたと, 飛込みましたというは, 飛込むだが, 飛込んだの, 食べに, 食事に, 馳け, 駆け込み奴等, 駆け込むの, 魁御座候は

▼ 船から~ (392, 2.0%)

8 陸へ 7 船へ 6 上って 4 下りて, 出て, 卸して, 荷物を, 降りて 3 おろして, 上がって, 上ると, 上陸した, 河岸へ, 海に, 海へ

2 [16件] おりて, ぞろぞろと, 七八間離れた, 上陸する, 上陸って, 川へ, 持って, 桟橋へ, 横浜に, 茶を, 見て, 見物たちは, 買ひもとめた, 返電が, 降りようと, 離れて

1 [298件] あが, あがって, あがるとき, あがる時, あげた酒樽, あげて, あの船, おあがり, おおり, おりずに, おりたばかりの, おりた大, おりた漁師, おりた相, おりること, おりるという, おりるもの一人, おろしては, おろすぐらいの, お上がり, お着きなさいまし, きたんだ, きつかけ, きみが, こっちへ, このこと, この花, こぼれて, すぐ引き上げろ, すこしは, そのあ, その柱, たくさんの, だろう, ちっとも見えない, でなくちゃ, でよの, とって, とび降り砂原, なん, にげ出した相, にげ宣伝文, にじみ出る油, ぬけた証拠, はいって, はやり出したもの, ひきおろさせて, ひらりと, びゅんと一本の, ふりあおぐと, もう一度ウエスト号, もって, もらって, タヌが, トヨウケ姫の, ボートを, ラジオの, 一せいに, 一二メートル離れる, 一時間おきに, 一番先き, 一足おくれ, 三米程, 三菱の, 上が, 上がったの, 上がられました, 上がると, 上がる客, 上がる時, 上げて, 上げられた郵便局行, 上げられて, 上ったごとく飄然, 上つた, 上つたんです, 上つても, 上つてよく, 上つて坂道を, 上つて暗い, 上つて言つた, 上らなかつた, 上りお, 上る見込み, 下した方, 下して, 下りたいの, 下りたところ, 下りた三人, 下りぶらぶら, 下ろされた軽, 下ろされて, 下を, 二三人櫂で, 二三段隔たった, 五六間隔った, 人が, 仙太郎も, 仲間の, 伊三郎の, 何が, 使者が, 依頼された, 倫敦行の, 八軒屋に, 六哩だ, 兵を, 凱歌を, 出かけるの, 出すべきじゃ, 出たの, 出た与吉はずッ, 出た與吉, 出るとき, 出るの, 出るのに, 動かなかった, 動けないため, 去った後, 去って, 受ける丈, 呼ばわる声, 呼び上げて, 喚んでるやう, 城へ, 大きな声, 大勢わらわらと, 大船の, 大野, 奔流の, 姫君を, 姿を, 密輸入した, 射て, 小さな棧橋, 届いた大根, 山中の, 岸へ, 川の, 幾百の, 引いた光, 当隊, 急いで, 戻って, 手あたりしだいに, 打ち上げられた荷物, 打って, 打出す彈丸, 投げた綱, 投げ出されたお, 投身した, 抛り出して, 抱きおろしたの, 担ぎおろされて, 指して, 挙げたまま, 掃い出して, 揚げた荷物, 揺り落したこと, 撃てば, 放して, 放りだされたん, 放りだした赤, 救いを, 救い上げた一人, 救助を, 救護しない, 数百人の, 日本本土へ, 日沒を, 時計帳簿インクパンなどを, 景気の, 曳綱を, 望んだとき, 望遠鏡で, 来た連中, 松兵衛という, 桟橋に, 梯子が, 梯子を, 橋の, 次々と, 歩みを, 汽車で, 汽車に, 汽車への, 沖へ, 河中に, 油を, 法螺貝の, 波止場へ, 流布された, 海を, 海中へ, 消えて, 渡された桟橋, 漕ぎ帰って, 漕舟を, 潜水夫が, 無断上陸を, 無線電信で, 焼きつく, 猿ぐつわを, 玉を, 生帰っ, 町へ, 発した, 発せられた信号, 発砲され, 百メートルぐらいの, 百ヤードと, 皆な転がり出, 相呼応, 真白い煙, 真黒な, 眺めて, 眼を, 突き落されたこと, 突き落されたの, 突き落した, 突っ返されます, 立って, 競って, 籠に, 米俵の, 絲を, 繰り下げられて, 聞えて, 聞えるウィンチ, 脱船, 船に, 船の, 船唄が, 艪の, 英の, 落されたお, 落ちたの, 落ちた時, 落ちるか, 落ち最後, 落っこっても, 蛇皮線だ, 見えたその, 見える海岸, 見えんくらい, 見た気仙沼町, 見た金北山, 見られた, 見物に, 詞が, 誰も, 赤誠を, 起こった, 起ちあがる銀子, 起る声援, 超短波, 跳ね出されたもの, 跳びこんだところ, 車に, 軍隊を, 辷り落ちて, 追出したの, 送った岩, 逃げ出せるとでも, 這い上ると, 通信が, 遁が, 運ばれて, 運び出す荷, 遠い土地, 遠くなっ, 遥か南西, 部落の, 銃や, 鎔岩の, 長崎沖で, 長者の, 阿娜, 降りたった波止場, 降りたらもう, 降りた客, 降りた田舎娘, 降りるか, 降りると, 降りるひと, 陸に, 陸を, 階段へ, 隔離し, 隣村の, 離れないよう, 離れ地球, 青い油, 飛び出しそして, 飛び込んでから, 飛行機が, 飛降りると, 黒姫を

▼ 船~ (326, 1.6%)

9 一緒に 7 運命を 6 船との, 見えて 4 いえば, いっしょに, 船の 3 なって, 一所に, 波止場との, 船とが, 船とは, 見て

2 [23件] いって, いっても, うち合いを, お船, さへ, すれちがった, すれば, ならんで, 一しょに, 三十七名の, 並行し, 人とを, 信じて, 同様に, 大砲の, 岸とで, 橋と, 檣と, 見ると, 陣營を, 陸との, 陸とを, 離れて

1 [222件] あのまま, あるが, いいただ, いいふらして, いいます, いい君, いい胡蝶軍, いう, いうが, いうと, いうよりは, いえますか, いえ先陣, いふ, いふを, いへば, いやがる, いろ, いわれて, おなじはや, かんどり船, くわんけい, この港附近, この男, してでも, すぐ知れた, する, すれすれに, すれ違った, そう違わぬ, その満載, その船, その護衛艦隊, それから千代田型, それの, だね, つりを, どちらが, なし, なすも, なつて, なにか, なりけり, なり僕, なるの, ばけて, みせかけて, むる遠方人の, めし枕は, アイルランドの, シベリアを, スレスレに, ナンキン船の, 一しよ, 一直線上を, 乗組員は, 云うから, 云うほど, 云うもの, 云う船, 云った, 云つた, 云ひました, 云ふ, 云へば, 交易した, 交易致さ, 交渉を, 交際を, 人が, 人とで, 人との, 人とは, 人に, 人を, 人命を, 人間の, 仲よくなっ, 伊勢の, 会する, 僞つて毛皮と, 入る船, 八人の, 兵力を, 其の不幸, 円ッこい, 円ツこい, 出くわしたまでには, 出會, 力を, 化し終わった, 同じぐらいの, 同じやう, 同じ人数, 同じ位い, 同じ式, 同じ方向, 同じ船, 同様な, 同然じゃ, 名づけられ水面, 名付けて, 呼ばれて, 呼ばれる大きな, 呼應し, 和船とを, 問い給え, 喜んで, 埠頭の, 女と, 女との, 女子船とを, 子供を, 安之助の, 家を, 密貿易を, 小さい帆, 小さな踊っ, 岩とで, 岩との, 岸とに, 岸との, 岸の, 川ばかり, 巽小, 平次の, 幸山船長に, 幽霊船, 彼らとの, 後方の, 怪人, 改められて, 新式の, 暑さ, 月も, 本船を, 橋とを, 歩廊との, 殆ん, 波止場を, 注意を, 海の, 海鳥とを, 渚の, 満載され, 漁具との, 灯台との, 無電の, 独木船とは, 申しますの, 申す如き心地, 男が, 百余の, 皮の, 知らる船長, 突当り私, 競争し, 競爭し, 競走する, 紀州の, 綱を, 縁が, 美女と, 自分とが, 航海の, 航空機は, 船これから, 船とに, 船とはへ, 船とを, 船は, 船中の, 船人人は, 船員とは, 船子とに, 船長に, 船頭とに, 苫とが, 蛮地ばかりの, 行き違, 行くありあけ, 衝突し, 衝突した, 製造場とを, 見せかけた客船, 見せかけて, 見たら容赦, 見ないわけ, 見受候, 解しても, 言います通り, 言うこと, 言うだとよ, 言うの, 言うべき形, 言つても, 諦めました, 車にばかり, 車を, 輿, 通信し, 違うよう, 遠ざかってさえ, 郵便の, 酒を, 釧路丸の, 銀の, 關係する, 防寨とに, 陸から, 陸と, 陸とには, 陸の, 陸上との, 雲ばかりを, 風呂, 飛び渡りて, 飛行機は, 駕籠で, 魚との, 鹿児島へ, 黒船とは

▼ 船~ (318, 1.6%)

9 人も 5 ある 3 あった, あれば, なかった, 見えない

2 [11件] ありました, この船, ないし, ろともに, 今は, 何も, 動いた, 動かず波, 少なからず, 帆を, 船頭も

1 [270件] あっちゃから, あつた, あの通り, あやしいん, ありません, ありゃしません, あり朦朧, あるはず, あるまいから, あるもの, あるらしく機関, あんな状態, あんまり儲からない, いいもん, いださでいたづら, いつまで, いない隅田川, いません漁夫, いまだかつてこの, いろうし, おなじ天候, お迎えに, かえりは, かならずこの, ここには, ことし中には, このサイゴン港, この夜, この町, この辺, これには, こんな壊れ, さうである, さして沖, すでに末期, せかれりや, そういう筏, そうだ, そう混まない, そこへ, その中, その時代, その海岸, たまには, だせんの, だんだん波, ついて, でるが, どうやら呑気, どこかへ, どの船, ない, ないのに, ない水, ない驢馬, なかつた, なかなか難儀, なく, なく天気予報, なく島, なく煙波, なく船, なければ, なし, なにも, なんだかひと癖, なんとなく安全, なんとなく活気づい, なんの, ねえの, ひっそりと, びいどろにして金魚じゃ, またその, また動揺, まま見える, みえなかった, みな間違っ, みんないっぱいだ, みんな思い出せるで, みんな集まろう, むかしの, めったにやってこない, やがて再開, やとえなけりゃ水夫, やはり南, やはり稲妻形, よい, よいし, より来ぬ, わたしを, オシマイだろう, グルグル廻っ, ヒアがる, ブチ壊せ, 一いろ, 一杯の, 一艘または, 一艘見え, 一隻も, 三十石なら, 下る船, 下流へ, 中に, 予定の, 二十五日守山から, 二十糎砲四門を, 五六日は, 五六艘あり, 五六艘は, 京船も, 人の, 人間の, 今では, 仏蘭西の, 來ず, 借受申候, 充分良い, 其停泊港に, 其日から, 内部からの, 出なければ, 出まして, 出ると, 出るの, 出動し, 出払って, 出来たれば, 出港船も, 前よりは, 前晩, 動かないだろうし, 動揺するなり, 勿論揚子江口, 去ね, 可成り, 同じ割合ぐらゐには, 同様是が, 同然それも, 同行した, 呑み去るであろう, 周囲の, 外國から, 多いし, 多く繋っ, 大きいし, 大変嫌がられました, 好まんの, 姿を, 子守唄程に, 完全に, 宝も, 寄せ難し, 寄って, 寄ること, 対岸の, 小舟も, 居ない, 居なかつたやう, 山なる, 岩も, 岸も, 岸を, 島も, 帆が, 帆も, 帰せないし, 帰ったあと, 年に, 幾つと, 庄三郎も, 延びちゃったの, 当時の, 彼にとっては, 彼等には, 御召し, 惜しくは, 我が身もな, 手の, 持ち出店, 散り散りに, 斯くや, 新型で, 旅籠屋と, 日本皇帝への, 早く走る, 早晩入港を, 明後日の, 昨日の, 最後に, 未だ醒めず, 櫓拍子の, 歌えるこの, 此処に, 此處に, 武器も, 毎日便宜が, 汽車に, 沈むかと, 沖に, 泛ば, 波なけん, 流れ込んだ, 浦粕泊りの, 浮ぶ泉水, 浮んで, 海も, 渋くはなやか, 港も, 漕ぎつけた島, 潰れなかったら文句, 無断島前の, 狹霧も, 琵琶湖の, 白けて, 白鷺も, 皆んな沈ん, 真二つ, 真黒に, 眼に, 私に, 穉いものも, 積みこんで, 竿も, 笛も, 筏も, 経験しなかった, 絶え間なし, 網も, 繋綱って, 自分の, 船, 船大工も, 艀も, 芦雪も, 蒼茫たる, 蘆の, 行くえ, 西国船も, 覆らむずばかりなりし, 覆るほどの, 見あたらないので, 見えなかったが, 見えぬ事, 見えねば, 見えようといふ, 見えようほどに, 見ゆる此庵, 見識が, 言語も, 足を, 近々出来上る, 近くで, 近付いて, 追われる船, 退屈を, 通りますわ, 通るえと, 過ぎぬれば, 金剛石砲台の, 長崎の, 間にあわなかった, 阿波の, 陣地も, 陸に, 陽気な, 静かに, 高級船員も, 魔ものが, 鳥も, 黄色だ

▼ 船には~ (174, 0.9%)

2 羅針盤が, 船頭も

1 [170件] あたりませんでした, あらで流れ船, いって, いッ, おとなと, おれたち二人きりだ, おれと, お医者, お困り, お困りです, お菊, かめや, きっと腰蓑, ことごとく檣頭, これを, さっき月輪の, ずいぶん武芸者, その後細川家の, その船, それらしい, たくさんいる, たくさんの, たしかに二十三人, たしか一人, たつた二人きり, ちょっとした座敷造り, ともは, ない, ないよ, なかなか優れ, なんにも名, ねらわれて, ほんの水夫, まだ乗った, まだ時間, まるっきり自信, むかしから, もう居ない, わしが, アマゾンの, サルベージ会社の, デツクが, フリントの, プウル・舞踏場, ホルトガル人および, ポルトガル人が, ラツールと, 一つの, 一人だけ, 一人だって, 一人の, 一本の, 一等と, 一門海賊に, 七人の, 三月の, 乗ったこと, 乗って, 乗らないで, 乗り込めないので, 乗れる番号, 乘られなかつた, 乘り込んだ, 乘れない, 九人の, 二つの, 二三十人の, 二人の, 二人以上ある, 互いに剣, 五六人の, 人が, 人ッ子ひとり, 人影が, 人間の, 会社で, 何の, 何十頭の, 係合でも, 倩娘が, 僕等の, 兵たいたちが, 出なかつたぢ, 初盆の, 北ドイツ連邦の, 医者は, 南蠻物の, 反応が, 各二本, 名が, 嘗ての, 売って, 大きな箱, 大したご馳走, 大勢の, 女は, 婦人帽子商とか, 孫乾も, 守神として, 宗教を, 家が, 小さな白い, 少なくとも二十人, 少年の, 居ねえ筈, 屋根が, 布で, 常夏の, 平尾男爵や, 弥生, 強い方, 必ず鶏, 必らず祟り, 懲り懲りした, 旅客が, 日附の, 最も弱く, 望みなし, 栄三郎, 楫取, 楫棹も, 檻を, 死霊が, 沈められる捕虜, 泊つる港あり, 海図も, 灯が, 無数の, 珍しい活発, 用意が, 當番水夫あり, 白幟山岸組の, 積むまい, 竹に, 竹村君も, 篝火の, 籐の, 紅こくよき, 網代の, 緊急命令が, 船員が, 船灯の, 蒸気機関の, 薪水食料を, 見覚えが, 誰も, 赤幟が, 載せられないあれ, 輕荷積入不, 通辞が, 違ない, 違ひない, 酒甕や, 酒肴を, 鉄砲などを, 銑太郎と, 錆びないやう, 長い綱, 長い間田舎家, 長く居られまい, 関宿河役人という, 限らず一般, 飛んでも, 食料や, 食物が, 食糧も, 香港から, 馬千疋が, 馴れて, 鴨艇長が

▼ 船~ (121, 0.6%)

86 と思った 5 船だ 3 ということ, といふ, と言う 2 からね, けど, ぞ, つたと, な, ね, ねえ

1 [79件] あ, お, かということ, からねえ, からねと笑, からサルーン, から乗せ, から人間, から仕方, から保険会社, から全く, から思い切り, から残る, から海, から無理, から特別, から耐, から船足, から車, かを語る, か云っ, か判然, か国籍, か知らない, か虱, があの, がこの, がな, がもう, がわたしたち, が英商船, けれどごろ, し岸, ぜ, それア, ぞい, つた芸者の, という, といううわさ, というよう, という報告, という駒井, といつた, とした, とて借りる, とでもいう, とは言い条, とも世, と分り, と叔父, と呟く, と夢中, と思いました, と思います, と思う, と思っ, と教, と机, と知った, と見たら, と観察, どこへ, なとは思っ, なと思, な鰹, のが, のを, また台所, もし私等, よよく, わいし, んだ, 一番出潮に, 不思議な, 俺は, 大切と, 最後まで, 殊に侍, 蒸気船を

▼ 船~ (111, 0.6%)

3 汽車で 2 ヒラムの, 加藤清正の, 汽車に, 筏を, 車で, 車に

1 [96件] あなたこなた, あまり長く, いづこの, ぐらから, ぐらにいた師直賢俊ほか幕僚の, ぐらの内を, その他の, それから渦, とかねえ, とまらん, どニ, べか舟, ぽっぽ蒸汽が, また幕府, また浅瀬, ゆく先, よってしょうが, よって出る, アーい, スペイン船などの, ヂヤンクや, トッドを, ボートが, ボートは, ワク船を, 不便な, 仏国船や, 仲買人が, 兵糧や, 冷酷な, 大砲や, 小田原船が, 小舟は, 島々や, 帆前船が, 引揚船で, 慕ひ, 揚げて, 旅客は, 棒受け, 棟割長屋なぞから, 橋や, 檣の, 歐羅巴の, 水夫などの, 水夫を, 水雷艇ぐらいは, 氷山は, 汽車の, 汽車や, 河岸から, 瀬戸物の, 独逸船が, 生物で, 畚や, 白い船, 白ペンキの, 白帆のか, 皮革船である, 立ちか, 等々で, 筏が, 筏は, 筏ばかり, 篝の, 米の, 納戸方の, 聖靈船, 船客を, 艫の, 芥船や, 花火散る, 英国船や, 荷足船が, 薩摩海岸に, 藍玉船が, 蘆の, 街路樹の, 西班牙船から, 諸港, 警備艦の, 警兵の, 赤や, 車の, 車を, 軍船に, 運送船が, 道頓堀を, 釣舟も, 鋼船の, 関釜連絡船も, 電信機なぞの, 馬車で, 鰈の, 鴎は, 黒い船

▼ 船では~ (98, 0.5%)

4 ないか, なかった 2 あるが, ないの, やはり立派, 牡蠣料理以外に

1 [82件] ありませんか, あり得なくなって, あるまいか, いくらでも, おなじ海, おれは, ごくあたりまえ, すぐに, ずいぶん面白く, それを, たるんで, だれも, とっくに済んだ, とてもおし, どうした, どうも仕様, ない, ないかしらん, ないかと, ないから, ないが, なかったろうか, なくて, なくどれ, なくなんだか, なくロシヤ, なく漁船, なく相当, ふだん取りあつかっ, また遭難, まだ行先, みんなが, みんなそちの, もうガランガラン, もう舵, よくあるこった, アースが, ブルジョアは, 一等機關士の, 一遍も, 三味線幾挺かの, 三百フィートという, 二十三四人だ, 今まで, 何か, 俄に, 千五百人の, 名の, 呪罵, 命を, 困るので, 女子衆が, 寝るどころ, 小笠原島の, 帰りの, 怪人ポーニンが, 朝の, 檣や, 毎日三度の, 水は, 水夫たちが, 決してこんな, 港, 漁師たちは, 第一級, 至急に, 舞踏会が, 船将にて, 荷物の, 華中鉄道の, 行かれまい, 見るもの, 詰まらない目, 誰ひとり手に, 通い索を, 遭遇しなかった, 遭難者が, 長さ二百八十二フィート三千トン, 間に合わない, 雇い止め, 高級な, 龍睡

▼ 船~ (73, 0.4%)

4 の勢 2 の同心, の森啓之助, は

1 [63件] お船手, からの注進, から囲まれ, から藩, か何, がこれ, がみえ, が十人余り兵糧船, が怪しい, が敵, が期し, が湖上, が船列, が追いかけ, だの水軍, というは藩, とわたくし, と城内, と早川番所, にちがい, には松本吉右衞門, に積み, に虐められる, のうごき, の人々, の侍大将, の先鋒, の加勢, の固め, の指揮者, の方, の旗のぼり, の水夫, の水軍, の準備, の総勢, の編成, の藩士, の衆, の見廻り, の軍勢, の軽, はない, は一人, は久しく, は坐し, は早, は海上, へ帰参, もかく, もすべて各自, もそれぞれ活溌, も怖, も数人, をそろえ, をつらね, を潜ませ, を督, を糾合, を統, を編成, 之モノ共爲習練, 御小人

▼ 船でも~ (70, 0.4%)

2 あるの, ない, 呼んで, 見つけようもの, 陸でも

1 [60件] あったの, ありそう, あると, こいつぐらい, こんな男, その方向, そばに, たまらない, ないだろう人殺し, ないの, なけあ日本, なんでも, みな首を, やって来たかな, やっぱり乗っ, やつて, やはり, やはり一緒, やはり米その他菜, わが潜水艇, ストライクの, 一ど, 一ヶ月ぐらい, 一個の, 予定より, 今では, 仕立てようという, 何でも, 出して, 出す者, 出て, 出るよう, 午飯を, 吃水を, 多少に, 定期船と, 岡でも, 巌でも, 左樣だ, 引き寄せるよう, 新しかった, 来ない昼, 気がついて, 沈めるって, 沈んだん, 港の, 百トンあれ, 皆お参り, 皆漕ぎ, 着きゃしめえし, 經驗した, 舷, 船は, 船頭が, 荷物を, 車でも, 追いかける鯨, 長い間互, 間違いなく沈める, 飾磨の

▼ 船~ (61, 0.3%)

4 の心 3 のこと 2 になっ, をし

1 [50件] がこんな, がもつ, が指してる, が日本, が街道, こそ一八五一年, して, じゃなかった, だ, だった, だったほんとに, だったん, だったフリント, でした, ですからね, で薬, というもの, としてあの, とならん, と月夜, なら一本脚, にならない, になりたかつた, に知られ, に言った, のけいこ, のシンドバッドさま, の体, の声, の手, の暮し, の服, の清, の生活, の皆さん, の言葉, の陽気, の顔, はとうとう, は船魂神社, やコペンハーゲン, や海軍軍人, らしいよく, らしい件, らしい大きな, らしい振舞, をだ, をみんな, をやっ, を油断

▼ 船まで~ (59, 0.3%)

3 帰って, 見送って, 送って 2 漕いで

1 [48件] お前を, お見送り, その島, たいへんな, つけて, もって, 云々, 什器食料を, 促し立てました, 出迎, 出迎えに, 別れを, 動かして, 取られて, 塩野の, 小船で, 届かないの, 帰ること, 引き去られん勢, 引っぱりあげたが, 御避難, 扶けられ, 押して, 持込んだこと, 推測した, 来て, 来られたの, 止めて, 歩きながら, 歩みたり, 汽車で, 泳ぎ附け舷, 流して, 渡して, 用意し, 矢代は, 聞こえて, 行かなきやなんねえが, 行くと, 行て, 見送られる, 見送りに, 見送るに, 見送ろうという, 迎へに, 送つて, 送られて, 送り届けて

▼ 船より~ (54, 0.3%)

3 外に 2 出だしつ

1 [49件] おくれずに, おりる, その価, まず帆, まだ, 一と, 上がり御, 上の, 上りまして, 上陸し, 上陸する, 下れる, 人の, 先に, 先には, 出でて, 危険の, 叫喚の, 四分の一だけ, 小蝶, 帰るろ, 後れて, 御とも, 戰場に, 投げられラ・カットリーカ, 攘はれ, 数十倍も, 敵の, 敵軍を, 橋が, 波の, 物する, 白く, 移民約, 聲あげ, 背を, 船に, 製造法が, 豐宇氣毘賣の, 軍を, 追い来れば, 追ひ, 遠ざかりトロイア城, 銅鑼の, 長崎へ, 関に, 離れ遠ざかり立つもの, 飛びおれる, 齎らし

▼ 船~ (45, 0.2%)

8 んだ 6 のです 5 のだ 4 んです 2 のさ, ので

1 [18件] かまには, かりせば, の, のか, のかなあ, のじゃ, のでした, のでしょう, のですっかり, のでまさか, ので一ぱいといつても, ので明智, ので熱狂, ので甲板, ので驚いた, のよ, ものです, んだろう

▼ 船~ (40, 0.2%)

2 の姿

1 [38件] いそいで, が, がいた, がそう, がそれ, が云っ, が拾い上げた, が柳川源達, だったが, であった, であったが, というの, とを乗せ, と同じ, などの迫害, に導かれ, の一人, の三十五, の中, の子, の方, の猛る, の腮, はすなわち, はその, はまた, は横, は確か, は風, へ話しかけた, までが一杯機嫌, も河中, も流行病, をつれ, を二人, を指揮, を捕え, を連れ

▼ 船~ (40, 0.2%)

5 をしない 3 の原因 2 ひを, を感じ, を感じた

1 [26件] から一先づ解放, したうべり, して, しても, しないのに, すること, するもの, せずに, であること, のお, のこと, のとくに, の淡路, の藥, は精神, は船, ひ, ひに, をし, をする, をひどく, を催し, を催すらしい, を感じない, を誘發, を起させる

▼ 船という~ (38, 0.2%)

6 ものは 4 のは 3 のが, ものに 2 ものが

1 [20件] ことに, ことは, ところから, のであった, のを, ものも, ものを, やつで, 一言で, 人が, 人に, 半分は, 原稿を, 名を, 大学生幇間が, 河, 船の, 船は, 船へ, 船を

▼ 船~ (37, 0.2%)

14 し様 13 たに 2 たから 1 しの, たでば, たでやった, たでやるが, たにも, たの, たを, た越しに

▼ 船べり~ (37, 0.2%)

1 [37件] からは百足虫, から手, から撒いた, から水面, から波, から湖水, ちかく立った, でぴよんぴよん踊つて, で煙管, で足拍子, につかまつた, にとりつい, にもたれ, に凭れ, に地団駄, に立った, に腰かけた, に重なり合っ, に頬杖, に黒漆, のもと, の上, の手欄, の荷物, は泡だらけ, へかけ押し, へ出, へ寄っ, へ手, をうちくだいた, をうつ, をさまよう, を寄せ, を洗う, を舐め, を踊っ, を雲

▼ 船~ (37, 0.2%)

2 の中, をしい, を粉砕

1 [31件] が水島灘, が翌晩, が順風, とが近づく, とのあいだ, と湖岸, と船列, には五, の尖端, の水軍, の端, の舟, の船脚, は, はあざける, はどの, はふたたび, は一糸, は一致, は右, は呂虔, は横形, は海中, は深く, も布いたろう, をさしまねき, をみだし, を布かせ, を整え, を横ぎりつゝ, を立て直し

▼ 船~ (37, 0.2%)

8 の若い 5 のお

1 [24件] からたえず, で見た, にのぼっ, にはほとんど, には二十張, に上っ, に懸け並べた, に立っ, に立つ, のうえ, のおかみさん, の一間, の上, の幕, の櫓, の欄, の男, の鐘, は五彩, は濃厚, や艫, をつつむ, を砕き, を馳

▼ 船会社~ (35, 0.2%)

4 の社長 2 の重役

1 [29件] から頼まれた, があっ, が一つ, が競争, が莫大, が運航, で新造, で資産, と東京, と船会社, にゃ勝, に保険金, のエンジさんたち, の処置, の名簿, の御, の捜索船, の方, の船長, の貯油倉庫, の電信技師, は父親, への広い荒, へ行, へ行く, へ行った, へ行つて, へ駈けつけた, や船長

▼ 船酔い~ (33, 0.2%)

3 の薬 2 に苦しみ

1 [28件] がする, が出たら, さえ治れ, した時, して, でもあり, でもと書い, で引, ということ, と餓え, などにも良い, などは一人, なんかしない, にからん, に似, に罹った, のあり, のとき, のよう, の妙薬, の気配, は平気, ばかりで, も知らず, をいよいよ, を口実, を知らぬ, 人当りいろいろ

▼ 船にも~ (32, 0.2%)

1 [32件] あちこち飛火が, ある設備, たれて, のれないし, みんなりっぱなほ, みんな鈎を, チラチラ火, 一艘に, 三角の, 上には, 丸に, 乗らなければ, 乗る人, 乘ります, 伯仲する, 似たる我日本, 何にか, 小さな屋根, 岸にも, 思ふこと, 恁う, 感歎すべし, 構わず乗り込むこと, 歳は, 汽車にも, 灯が, 眩暈する, 等しい, 能く, 襤褸が, 載せられないし, 陸を

▼ 船~ (31, 0.2%)

2

1 [29件] ありがと, いたくめ, からのたより, から澄太君, から私, が同誌, が山口行, が訪れ, せちみす, だしぬけに, とは殆, と交渉, と会談, なる人浪, にはありすぎる, に切符, に旅立つ, のいはく, のよい, の奥様, の歯, の病者もとよりこちご, の話, の辛く, は落ちつい, へのあてつけ, を訪, を送りだし, を通して知つて

▼ 船~ (30, 0.2%)

1 [30件] え, お知り, さもなければ帆船, ずである, そうでない, そは, どうかを, わからない, 何かで, 何ぞの, 出港船か, 商賣, 夕炊ぎする, 夫は, 夫レハ広が, 岩か, 島か, 或は他, 掠奪した, 旗も, 海賊船か, 知らないか, 知らないが, 若しもあの, 蘆の, 見え分かぬ, 鈍く汽笛, 長崎まで, 雁か, 高台か

▼ 船にて~ (30, 0.2%)

1 [30件] のぼりしに, アフリカの, ペルリの, 一艘は, 七八里ばかりの, 上海に, 上陸す, 乗還るべし, 今年正月二日に, 和泉の, 宮津へ, 山に, 帰られたくだり, 帰郷の, 御供仕, 志摩へか, 我等の, 旅順へ, 江戸表より, 海峡を, 湖の, 熊本へ, 直航せんには, 罷越候, 見れば, 輸送し, 遊客は, 運ばしめ塚, 都にかへ, 釣ること

▼ 船との~ (26, 0.1%)

4 間に 3 間には 2 交易を, 間を

1 [15件] あいだに, 事塙保己一から, 事業が, 交渉地を, 信仰に, 境目に, 多いの, 死物狂ひ, 縁を, 行衞などが, 距離を, 間にも, 間は, 関係も, 首尾には

▼ 船~ (26, 0.1%)

2 する人, を感じ

1 [22件] が人, だなと, でひどく, で余程, など先, に悩まされ, に悩ん, に臥したる, のよう, の元, の感じ, の氣味, の音, はたまらない, は土, も出ず, より気もち, を感ずる, を感ぜし, を発し, を覚え居りし, を逃れ

▼ 船とは~ (24, 0.1%)

2 いうものの

1 [22件] いえこの, いえ蒸汽, おもしろい仰せ, かなり速く, こいつは, ちかごろめずらしい, ちがい候, ちがうよう, ちがうん, どんな船だい, わかれられないよう, 云えいまだ必ずしも, 反対の, 受け取れなかった, 同一の, 殆ど同, 衝突する, 見る見る薄い, 違つて大, 還らぬとも, 鎖の, 麻殻の

▼ 船~ (24, 0.1%)

1 [24件] がつい, がるし, が分らない, が夜荷役, が大きく, が彫りつけ, さえはっきり, はそのまま, はなんと, はリンゼイ, は不明, は維新当時, は見えなかった, は見当らない, は郵船会社日光丸, やトン数, らしいもの, をいわない, をトライアル, を判定, を持っ, を挙げない, を読んだ, 及び目的地

▼ 船全体~ (23, 0.1%)

2 を引

1 [21件] から乗客, がジュラルミン, が会社, が動かす, が包まれ, が危険, が太鼓, が帆柱, が殺気, が気持, が霧, に暴動, に満ち満ちた, の生命問題, の運命, はぎいぎい, をある程度, をその, を小きざみ, を引きあげる, を軋ませ

▼ 船~ (21, 0.1%)

2 が流れ, を歌う

1 [17件] が水面, が聞え, だったと, であるの, で世界, としての追分, と鹿島歌, に換え, の類, ひたひたと, も明か, を口吟む声, を彼, を歌い, を歌い出した, を聞き, 及び鹿島踊

▼ 船である~ (20, 0.1%)

4 ことを

1 [16件] かもしれない, から波, から無理やり, から航府中, が同時に, ことが, ことは, この庚午丸, とそれ, と伝えられ, と知れた, のか, のだ, 庚午丸を, 此度支那及び, 第一

▼ 船なら~ (20, 0.1%)

1 [20件] あの白衣, なぜ残らなけれ, なぜ船尾, なにし, ばかならず, ば一度, ば其船, ペイドオフの, 一人だけ, 世界人類の, 二つ三つ歩いてる, 伸縮が, 先ず諦める, 平気だらう, 旅券なし, 浜島君の, 生命がけの, 私は, 船で, 船手も

▼ 船のり~ (20, 0.1%)

2 だった, に頼ん

1 [16件] がえぐり取っ, が疑, だったその, でありましょう, であるから, であること, です, になった, になる, には珍しい, に化け, はいつのまにか, はその, はひと息, はもう, は寂しい

▼ 船~ (20, 0.1%)

1 [20件] から渡すべきだ, である, にいった, には手切金, の船戸, の顔, はかえって, はちかごろ, はもと権右衛門等, はハナシツイタ, は五十八歳, は伝三郎, は出来得る, は困らぬ, は堅い, は弁解, は思い, は答えた, は良い, を児子家

▼ 船です~ (19, 0.1%)

4 か, よ 321 から, からね, がまださすが, な二十余艘すべて, もん, よ親分

▼ 船にでも~ (18, 0.1%)

2 乘つた, 揺られて

1 [14件] なければ, のったの, のって, 乗せて, 乗せられたよう, 乗せられて, 乗ったよう, 乗って, 乗るよう, 乘つてゐる, 見付かったら面倒, 躍り込むよう, 身を, 酔いたいと

▼ 船~ (18, 0.1%)

5 りの

1 [13件] がある, せむと海界, とは云つて, の愁, の星, の歌, や岡, りか, りから, りが, りに, りには, りらしい汚い

▼ 船~ (18, 0.1%)

2 の差物, の旗

1 [14件] がねえや, が日本, が立てられ, が見えなかった, だ, として定められた, の一ツ, の船, の附いた, は, よりも目, を濫用, を見ろ, を貼り付ける

▼ 船~ (18, 0.1%)

2

1 [16件] から手紙, から来信, から珍, が来, におそひか, に呈す, のおかげ, の厚情, の奥さん, はとう, はなつかしい, への土産, へ一つ, よ水仙花さん, をおも, を訪ねる

▼ 船だった~ (16, 0.1%)

2 かもしれない, のだ

1 [12件] かな, かなだれ, かに拾われ, がまるで, ことの, ことは, と口, なあ, のかと, のである, ので新しい速い, ので通路

▼ 船について~ (16, 0.1%)

1 [16件] きたの, その艤装, みると, 全く知識, 大体次の, 工夫を, 彼が, 最高の, 来た鴎, 来る死体, 桟橋の, 知って, 試験を, 調べて, 離れねえだもの, 飛ぶ

▼ 船幽霊~ (16, 0.1%)

2 のよう

1 [14件] が襲い, だ, だの, と申し, のある, のほう, の伝説, の千倉, の漕ぐ, の知盛, の話, の説, は出ない, は大海

▼ 船からは~ (15, 0.1%)

4 なれて

1 [11件] なんの, はっきりと, まだ絃歌, ボートを, 何らの, 勇ましい歌, 小屋や, 応という, 恐竜に, 松魚を, 酒樽を

▼ 船~ (15, 0.1%)

1 [15件] ある者, てい, ていた, ている, てもらった, て一網, て九月長崎, て出る, て力, て戻っ, て所感, て本国, て治布, て相談, マルゲシサンベイッケ等を

▼ 船じゃ~ (15, 0.1%)

3 ねえか 2 ないか 1 ありません, い, おれは, ないかとしか, ないよ, なかろうこっち, ねえの, ねえん, ア無い, 散々でした

▼ 船よりも~ (15, 0.1%)

1 [15件] ずっと多く, はるかに, もっと速い, ズット大きい, 一足さきに, 七兵衛の, 二三発ほど, 半刻, 堅く生命, 恐い, 揺れぬ, 数十挺打ち放し候え, 楼よりも, 私に, 速いこと

▼ 船~ (15, 0.1%)

1 [15件] でこれから, で造った, としての木, となすべく倒す, にする, にもならず, に斧, に適する, の一部分, の切端, の得られる, の端, はいま, や丸木, を多く

▼ 船として~ (14, 0.1%)

2 立腐れの

1 [12件] これに, さしあたって, 一先ず成功, 使用され, 入港した, 其甲板には, 同國國旗, 島の, 思いも, 挙げられた, 残しもった頓数, 波間に

▼ 船~ (14, 0.1%)

2 の声, を流す 1 が霧, とも思はれる, によく, の響, は一段と, も, をうたいつれ, を歌う, を聞く, 高く引きあげた

▼ 船番所~ (14, 0.1%)

1 [14件] から人, が近い, で川支配, という, に飛び, のある, の前, の眼さ, の艀舟, の見廻り, へやってきた, へ行く, も当った, を世子

▼ 船がかり~ (13, 0.1%)

4 をし 2 して, をした 1 なされた折りに, のよかっ, をしなけれ, をする, を求める

▼ 船そのもの~ (13, 0.1%)

1 [13件] が密室, に特別, の平和, の洋式, は流れ, も動かす, も嬉し, も影, も無くなっ, をそのまま, をも一切国産, を一つ, を呪いつくさね

▼ 船つき~ (13, 0.1%)

1 [13件] して, でもござりませぬ, で買い入れた, に便利, のいい, の地点, の場所, の湊, の都合, へ尋ね, へ小舟, も船, をこの

▼ 船へは~ (13, 0.1%)

1 [13件] いるから, すこしもきこえない, どうしてもは, どんな恋女房, まだ八, やって来ませんぜ, 乗れぬ, 宗易の, 平次が, 必ずその, 日本人行くべからず, 紋付の, 誰が

▼ 船らしい~ (13, 0.1%)

4 ものが 1 がなに, が誰, な, ものの, ものを, 一艘の, 白い船, 船が, 船影にも

▼ 船からも~ (12, 0.1%)

1 [12件] そこの, 不気味な, 出せるだけの, 夢は, 小さな松明, 岸の上からも, 投出される, 支那人の, 海岸の, 続々と, 血の, 陣鉦法螺の

▼ 船~ (12, 0.1%)

3 こに, こを 1 えならぬ, このせん, こへ, こまで, これ, 動める

▼ 船だけ~ (12, 0.1%)

3 では 2 あって, である, 借りて 1 だ, 備えて, 帰って

▼ 船つき場~ (12, 0.1%)

1 [12件] から村, でありながら, でわかれ, で今, で何日, で荷物, と漁家, にむかっ, にゆき, まで小さい, や荷揚人足, をちょっと

▼ 船といふ~ (12, 0.1%)

3 のは 1 ことにな, ものは, やつは, 一言で, 名前を, 船が, 船の, 船は, 頗る原始的

▼ 船をも~ (11, 0.1%)

1 [11件] あいまして, さては仙洞御所, むなしくお返し, 一呑み, 人をも, 打ち砕いて, 日本人の, 海をも, 解放した, 造らず橋, 長崎から

▼ 船とが~ (10, 0.1%)

1 あるから, くっつくと, しっくりと, すれ違いに, 上下に, 家から, 就中閉口せざる, 最も接近, 舷, 行き合

▼ 船とを~ (10, 0.1%)

1 すっかり固く, つなぎ合わせ, ながめ, 別々に, 同じ速度, 授け給え, 操作する, 淡く残し, 照らして, 真中に

▼ 船一艘~ (10, 0.1%)

1 でマンマ, で純, とを有し, ない水, も居なくなっ, 仕立てるほどに, 漕ぐなれば, 繋いで, 造りあげるまでに, 長サ六間

▼ 船夫たち~ (10, 0.1%)

1 の努力, の気狂い, はますます, は云う, は口々, は底, は普通, は荒々しい, は諾, を取り巻き

▼ 船~ (10, 0.1%)

2 の光 1 こそ船中, との, のかげ, のみが消えな, はもはや, を取っ, を取る, 長く波面

▼ 船~ (10, 0.1%)

1 が漸く, が認められた, が輕, には何, の底, は三日目, は既に, は黒色, も認めぬ, を横

▼ 船であろう~ (9, 0.0%)

1 か, がかまえ, が大社船, が輿, ということ, とどれ, ともわが, とも船, とわが

▼ 船とも~ (9, 0.0%)

1 あとで, なんとも有難い, ろともに, わからなかったの, 喚かれずまた, 外国の, 申して, 見えなかつた, 見当が

▼ 船を以て~ (9, 0.0%)

1 世界の, 官軍方にも, 彼に, 御国許ニ, 本国に, 海洋に, 琉球入を, 米を, 船役なし

▼ 船~ (9, 0.0%)

1 が対馬尾崎浦, などに引合いた, にて候得バ, に出合, ピレックスおよび, ワスコ・デ・ガマが, 云, 泊関山夕照紅, 高柳楠之

▼ 船~ (9, 0.0%)

2 靈, 靈めが 1 靈とかよりは, 靈ならぬ, 靈の, 靈め, 靈メー

▼ 船~ (9, 0.0%)

3 てっ, の小屋 1 にし, をし, を五日

▼ 船~ (9, 0.0%)

1 かと顫, にはまったく, の光景, の幻像, の条は, の矢たけび, をする, をもっ, を展開

▼ 船梯子~ (9, 0.0%)

1 に沿う, の下, の高, はきりきり, や欄干, を上っ, を伝つて船客たち, を昇っ, を降り

▼ 船火事~ (9, 0.0%)

1 がおこっ, だけですめ, っ, と怪しい, などの起った, になった, らしい, をおこし, をはやく

▼ 船虎丸~ (9, 0.0%)

2 の甲板 1 には僕, のボーイ, の火薬庫, の船内, はどう, は運命, を一

▼ 船~ (9, 0.0%)

1 の内, をし, をつくり, を作り, を布き, を押しすすめ, を整え, を矢, を誇らしげ

▼ 船からの~ (8, 0.0%)

1 使です, 信号で, 命令一下では, 攻撃は, 荷上げを, 警報は, 足場が, SOSだ

▼ 船すでに~ (8, 0.0%)

1 オンダールスネス湾に, ケープベルデ島セントビンセン港に, セレベス海を, ハンメルフェスト港内に, ビゴ港に, リスボン湾に, リンデン湾に, 台湾海に

▼ 船と共に~ (8, 0.0%)

1 夢と, 水中に, 江戸へ, 決したとばかり, 沈めるもの数十名, 流されて, 走って, 長崎ニ廻る

▼ 船なども~ (8, 0.0%)

1 あつて, あの頃, そこらには, デンマーク製の, 一種の, 早くて, 稀に, 見ること

▼ 船なんか~ (8, 0.0%)

1 すぐにも, 一艘だって, 一隻も, 作りやしないよ, 日本へ, 相手に, 買ったって, 馬鹿

▼ 船によって~ (8, 0.0%)

1 こうして無意識, ついでに, 一自由国に, 元の, 幕府を, 最も重大, 武器を, 航海しよう

▼ 船岡山~ (8, 0.0%)

2 から南, では大, の麓 1 に投げ捨てられた, の西麓

▼ 船手組~ (8, 0.0%)

1 お組, のお, のこの, の九鬼弥助, の森様, の横丁, へ各, へ帰参

▼ 船河原町~ (8, 0.0%)

1 のお, の住所, の兵二郎, の喜三郎, の家, の朝吉, の路, へ往く

▼ 船~ (8, 0.0%)

1 と爲, なり, の用意, も浮橋, も要らない, をととのえ, を作っ, を無数

▼ 船~ (8, 0.0%)

1 で煙管, にわだかまっ, に掴, に立ちならん, に肱, に頬杖, へだらし, を横

▼ 船~ (8, 0.0%)

1 でやって来, などが一パイ, などを使いこなし, なり鉄砲軍器, にのり, にも積まれぬ, の新, の酔

▼ 船あし~ (7, 0.0%)

1 であつ, に見えた, は早い, は決して, をさぐっ, を早め, を速め

▼ 船こそ~ (7, 0.0%)

1 その人, めったに正体, 余の, 取り逃がしましたが, 尊氏が, 怪賊烏啼天駆, 数多ある

▼ 船ごと~ (7, 0.0%)

1 に, にその, にエリス・アイランド, に士卒三十人, に己, に舷, に見違える

▼ 船であった~ (7, 0.0%)

1 からちょうど, が船, ために, と藤田劒峯氏, にちがい, のだ, のを

▼ 船などの~ (7, 0.0%)

1 あらう筈, 事に, 廻漕にのみ, 影が, 数十そうが, 樣に, 舷側に

▼ 船なる~ (7, 0.0%)

1 が故に, ものに, ものは, ものを, 人の, 軍艦には, 黒奴が

▼ 船にの~ (7, 0.0%)

1 つた, つたのである, つてゆかう, つて河下の, つて立て, つて逃げ帰りました, らんと

▼ 船ばかり~ (7, 0.0%)

1 でさ, でないのに, でなく大西洋岸, でなく定, では, で滑川, 造つてゐる

▼ 船友達~ (7, 0.0%)

1 が出来た, とりわけ私, のビリー, の迷信, もそう, らしくざっくばらん, を知ってる

▼ 船~ (7, 0.0%)

1 には相, に出し, に出ずる, に投げた, に投げ出された, に蟻, の空気

▼ 船~ (7, 0.0%)

1 がそれ, が三百以上, ぞと問う, と兵力, の少い, は, をあと

▼ 船~ (7, 0.0%)

1 が垂直, に打ちつけ, に腰掛け, の取付け, もたわむ, を使用, を見

▼ 船~ (7, 0.0%)

1 があり, で今夜, の役所, へ, へいそごう, や撫養, をやぶっ

▼ 船食虫~ (7, 0.0%)

1 という虫, と一口, のこと, の方, の話, はふせげる, をふせぐ

▼ 船あり~ (6, 0.0%)

2 てその, 堤には 1 とせよ, 桃色を

▼ 船さえ~ (6, 0.0%)

1 あった, あって, あれば, ついに一艘, 用意し, 通って

▼ 船じゅう~ (6, 0.0%)

1 さがしまわっても, に聞こえ渡る, のもの, を探した, を逃げまわった, 探して

▼ 船だけは~ (6, 0.0%)

1 まるでそんな, 出来ました, 塩ッ臭く, 本来和蘭から, 海難の, 無傷だった

▼ 船だって~ (6, 0.0%)

1 うちの, かないませんわね, ことを, やはり無分別, ボロ船, 嫌な

▼ 船だろう~ (6, 0.0%)

1 かと思っ, かなあ, が低圧, といった, と答え, な

▼ 船~ (6, 0.0%)

21 やございません, やどう, や我折つたやア, や私

▼ 船などが~ (6, 0.0%)

1 あつた, それこそ, やつて, よく押し流された, 僕達の, 芋を

▼ 船待場~ (6, 0.0%)

3 のほう 1 だな, の方, へ

▼ 船~ (6, 0.0%)

2 の中 1 から出, にも黒き, に帰った, の様

▼ 船持ち~ (6, 0.0%)

1 がたくさん, が舞鶴, だという, であったという, の保護, の息子ユルゲン・ブラットシュトレエム

▼ 船~ (6, 0.0%)

1 が見えた, に包み, も信号旗, も見える, を下ろし, を掲げた

▼ 船止め~ (6, 0.0%)

1 だと, だとよ, でつかえた, となっ, の先, の葦毛潭

▼ 船饅頭~ (6, 0.0%)

1 だッ, という船頭相手, の一名, やお, をもすべて, をサンヤレ

▼ 船いっぱい~ (5, 0.0%)

1 に涼, に積みました, に積ん, に詰った, の魚

▼ 船~ (5, 0.0%)

1 はにうく, へ月, 出れば, 来ねえッ, 目がけて

▼ 船した~ (5, 0.0%)

1 か, という報知, のは, 時自分で, 部下の

▼ 船だけが~ (5, 0.0%)

2 石油くさい 1 亡霊だった, 波の, 湖上に

▼ 船だらう~ (5, 0.0%)

2 と再 1 か, が四国, ね

▼ 船づくり~ (5, 0.0%)

1 のほう, の方法, の道具一式, をし, をはじめ

▼ 船でさえ~ (5, 0.0%)

1 たれも, 可う, 暴風雨と, 航行し兼ねる, 風が

▼ 船でなけれ~ (5, 0.0%)

2 ばならぬ 1 ばならない, ば琵琶湖, ば行かれない

▼ 船での~ (5, 0.0%)

1 つき合いは, 作業を, 第二夜, 謎だった, 食事も

▼ 船としては~ (5, 0.0%)

1 いま無く, これ以上勝れた, 勿論船長, 彼女は, 老齢な

▼ 船へと~ (5, 0.0%)

2 移らせ 1 びうつるが早い, 旅客の, 行つた

▼ 船みたい~ (5, 0.0%)

3 なもの 1 だね, に身体

▼ 船~ (5, 0.0%)

1 ひに, ひを, 御身も, 汝は, 片時のちは

▼ 船中生活~ (5, 0.0%)

1 の器具類, の無聊, ほどこの世, をし, を叙

▼ 船~ (5, 0.0%)

1 には荷主, にワラワラ, の近く, を離, を離れる

▼ 船廻し~ (5, 0.0%)

2 にした 1 にて富士, に而進候, の儀

▼ 船弁慶~ (5, 0.0%)

1 では前, という名題, にもあるだろう, の知盛, を唸る

▼ 船待小屋~ (5, 0.0%)

1 ですれちがった, へ目がけ, へ連れこんだ, まではあの, まで来あわせ

▼ 船~ (5, 0.0%)

1 所持にも, 手宛の, 普請相成, 見物ニ御, 買上相成

▼ 船成金~ (5, 0.0%)

1 ができ, といへ, の一人, の声, の意味

▼ 船手の者~ (5, 0.0%)

1 が一名, に, に帆船, も突ッ, をせきたてた

▼ 船手方~ (5, 0.0%)

2 の者 1 の役目, の藩士, の黄蓋

▼ 船~ (5, 0.0%)

1 が茶, に, に扶, は手荷物, をよび

▼ 船箪笥~ (5, 0.0%)

1 と呼ばれ, の産地, は終りました, を作った, を美し

▼ 船~ (5, 0.0%)

1 がざわざわ, が群, そんなもの, もはへまい, を揮発油

▼ 船遊山~ (5, 0.0%)

1 とはこと, などし, の景物, をやっ, を思い立った

▼ 船酔ひ~ (5, 0.0%)

1 に似た, に青ざめた, のやう, をした, を起し

▼ 船かも~ (4, 0.0%)

1 しれない, しれませんよ, わからないもの, 知れない

▼ 船がは~ (4, 0.0%)

1 いつた, いつて, なれば, ひつて

▼ 船これ~ (4, 0.0%)

2 に逆行 1 に出入, わが配下

▼ 船だけに~ (4, 0.0%)

1 ちょいと, オールの, 相当美味い, 限ると

▼ 船であり~ (4, 0.0%)

1 そして驚異, その行動, ながら軽, 思想的には

▼ 船でございます~ (4, 0.0%)

1 からまあ, から私, って, ね

▼ 船でなく~ (4, 0.0%)

1 ともチョット, どこかの, ッては, 船そのものをも

▼ 船とか~ (4, 0.0%)

1 いて, すべての, 其他強暴なる, 川の

▼ 船などに~ (4, 0.0%)

1 とどまっては, 乗せられて, 乘つて浮かれ, 覺られ

▼ 船などを~ (4, 0.0%)

1 ひしひしと, 仕立てず岡釣り, 浮けて, 集めて

▼ 船なりと~ (4, 0.0%)

1 いう, ご覧ぜ, 云うに, 知りたまえ

▼ 船なれ~ (4, 0.0%)

1 ばかく, ば少し, ば海神これ, ば船中

▼ 船なんて~ (4, 0.0%)

1 ぼろいなあ, まるで見えやし, めずらしい観物, ものが

▼ 船へも~ (4, 0.0%)

1 その二, 乘らず, 米蘭両船へも, 開港した

▼ 船ほど~ (4, 0.0%)

1 いるがね, 川面を, 後な, 愉快な

▼ 船をば~ (4, 0.0%)

1 如何で, 急がせますならば, 捨てつ口, 木葉微塵に

▼ 船サンキス号~ (4, 0.0%)

1 こそワーナー博士調査団, だった, は一路問題, は俄然

▼ 船ゼムリヤ号~ (4, 0.0%)

1 のこと, の焔, の身許, は事件直前

▼ 船~ (4, 0.0%)

1 て其場引取, て在, て長州, も行詮義

▼ 船~ (4, 0.0%)

1 レーン号の, 戻ルコト, 戻レバ, 送リ

▼ 船一杯~ (4, 0.0%)

1 にうろたえ廻りました, になつた, に受け, に魚

▼ 船中一同~ (4, 0.0%)

1 が喜ぶ, に向っ, に呑, の感激

▼ 船乗場~ (4, 0.0%)

1 にかけつけた, へ行かれる, までお送り, まで馬車

▼ 船入り~ (4, 0.0%)

1 のある, のはず, 立ちて, 進む音

▼ 船~ (4, 0.0%)

1 に殿軍, を去る, 越えから, 越えを

▼ 船~ (4, 0.0%)

1 でパリー, にし, の梢, へは引かれない

▼ 船~ (4, 0.0%)

1 です, とかいうこの, と船, の息子

▼ 船~ (4, 0.0%)

2 のあたり 1 と云, にし

▼ 船玉様~ (4, 0.0%)

1 さ指, のお側, の姿, も女

▼ 船~ (4, 0.0%)

2 のよう 1 に月光, の数ヤード

▼ 船鑑札~ (4, 0.0%)

1 であり黒肉, に書い, を検める, を見せい

▼ 船あと~ (3, 0.0%)

1 から上陸, に歸ら, を長く

▼ 船いつ~ (3, 0.0%)

1 だっておりる, ぱいの, まで沖

▼ 船おろし~ (3, 0.0%)

1 といふ, と船出, をした

▼ 船かと~ (3, 0.0%)

1 思ったり, 思って, 開き直つたり

▼ 船ぐるみ~ (3, 0.0%)

1 吹き流されるか, 呑んで, 巻きあげて

▼ 船じゃあ~ (3, 0.0%)

1 みんなが, わしは, 万事が

▼ 船する~ (3, 0.0%)

1 ためには, のでたった, ように

▼ 船たる~ (3, 0.0%)

1 とを問はず, と外國船たる, 武陽丸に

▼ 船であっ~ (3, 0.0%)

1 てその, てアイヌ固有, て波

▼ 船でない~ (3, 0.0%)

1 ことを, とする, ととても

▼ 船としての~ (3, 0.0%)

1 この船, 便宜という, 岡田丸が

▼ 船とでも~ (3, 0.0%)

1 いうべきあまた, 云うべきであろうか, 申しましょうか

▼ 船など~ (3, 0.0%)

1 傭うて, 寄せつけたか, 見ること

▼ 船における~ (3, 0.0%)

1 一切の, 効用は, 戦闘は

▼ 船にばかり~ (3, 0.0%)

2 目を 1 乗って

▼ 船に対して~ (3, 0.0%)

1 会社から, 怒りの, 恐しく大きく使用

▼ 船はて~ (3, 0.0%)

1 て上陸, 処陰暗き, 處陰暗き

▼ 船はと~ (3, 0.0%)

1 思って, 見れば, 言うと

▼ 船よい~ (3, 0.0%)

1 の苦悩, を感じさせる, を気

▼ 船をよ~ (3, 0.0%)

2 するに 1 する

▼ 船~ (3, 0.0%)

2 中で 1 とこぐらゐまで泳げる

▼ 船カルパセア号~ (3, 0.0%)

1 が現場, が非常, の暖

▼ 船クイーン・メリー号~ (3, 0.0%)

1 の行方, の遭難, もついに

▼ 船~ (3, 0.0%)

1 入ル, 剽掠シ海路一切通ゼズ, 寄セ端城

▼ 船一つ~ (3, 0.0%)

1 がたより, であった, を資本

▼ 船一パイ~ (3, 0.0%)

1 になったら, に盛り上る, の物

▼ 船一隻~ (3, 0.0%)

2 を発し 1 を造る

▼ 船中蘭貢~ (3, 0.0%)

1 で投身, で身, においてテレーズ

▼ 船乗たち~ (3, 0.0%)

1 に騙された, の迷信, は

▼ 船乗仲間~ (3, 0.0%)

1 にだけ適用, の不文律, の面

▼ 船乘場~ (3, 0.0%)

1 へ行かれる, までお送り, まで馬車

▼ 船以外~ (3, 0.0%)

1 に絶対, の仕事, の渡航禁止

▼ 船住居~ (3, 0.0%)

1 だぞ, を思う, を訪れた

▼ 船入る~ (3, 0.0%)

1 船, 船は, 船積荷荷揚げ

▼ 船切手~ (3, 0.0%)

1 の木札, も所持, を見

▼ 船及び~ (3, 0.0%)

1 両岸, 同漂民, 筏の

▼ 船嫌い~ (3, 0.0%)

1 とはいえ, なので, も航海

▼ 船小屋~ (3, 0.0%)

1 から漁師町, のいい, の場

▼ 船少しく~ (3, 0.0%)

1 傾動す, 揺動す, 旋動す

▼ 船~ (3, 0.0%)

1 が来た, と合戦, 始めて至り

▼ 船往来~ (3, 0.0%)

1 が止められ, は今朝, を歩い

▼ 船時代~ (3, 0.0%)

1 からの経験, にある, には経済的

▼ 船~ (3, 0.0%)

1 の日, を描き出した, 去汽声

▼ 船~ (3, 0.0%)

1 から艀, の底, を懸け

▼ 船~ (3, 0.0%)

1 に龍巻, の鳴る, へ登る

▼ 船~ (3, 0.0%)

1 から下, に倚, に夜露べつとり逃ぐる旅

▼ 船比丘尼~ (3, 0.0%)

1 などを出す, のおえ, の客

▼ 船河原橋~ (3, 0.0%)

1 と書かず, の下, の方

▼ 船流れ~ (3, 0.0%)

1 を, を下りゆけ, を下る

▼ 船渡り~ (3, 0.0%)

1 なども祓, の役所, 来り候

▼ 船~ (3, 0.0%)

1 と相, の垣, を下し

▼ 船~ (3, 0.0%)

1 なの, になり, の鎖

▼ 船特有~ (3, 0.0%)

1 のひびき, の世間話, の臭気

▼ 船~ (3, 0.0%)

1 がてら, の下, の人

▼ 船~ (3, 0.0%)

1 が伴う, という神, を御大

▼ 船行き~ (3, 0.0%)

1 である, となっ, の日

▼ 船集め~ (3, 0.0%)

1 に専念, は大, は容易

▼ 船あれ~ (2, 0.0%)

1 がキッド, なら軽い

▼ 船がも~ (2, 0.0%)

2 やつて

▼ 船こそは~ (2, 0.0%)

1 その機械, 日本の

▼ 船この~ (2, 0.0%)

1 人間の, 身体四角な

▼ 船~ (2, 0.0%)

2 しらえ

▼ 船ごと引きつけら~ (2, 0.0%)

1 る, るるよう

▼ 船さえも~ (2, 0.0%)

1 なかった, 無しに

▼ 船さして~ (2, 0.0%)

1 捨てよ血染, 雲のみを

▼ 船じる~ (2, 0.0%)

1 しの, し松飾り

▼ 船ぜんたい~ (2, 0.0%)

1 が錨, をばらばら

▼ 船その~ (2, 0.0%)

1 ほか日常の, 御懸念

▼ 船その他~ (2, 0.0%)

1 の遊船宿, の運ぱん具

▼ 船たち~ (2, 0.0%)

1 はいつのまにか, は綱

▼ 船だの~ (2, 0.0%)

1 信用状だ, 支那料理屋の

▼ 船だらけ~ (2, 0.0%)

1 で当分, で隨分灯

▼ 船つて~ (2, 0.0%)

2 いふと

▼ 船であったろう~ (2, 0.0%)

1 と思います, と考えられる

▼ 船であれ~ (2, 0.0%)

1 と競争, ば頭

▼ 船でした~ (2, 0.0%)

1 からその, っけ

▼ 船でしょう~ (2, 0.0%)

1 か見物船, それも

▼ 船といった~ (2, 0.0%)

1 加藤某は, 描写だった

▼ 船とに~ (2, 0.0%)

1 よりて, 別れ乗ったが

▼ 船なき~ (2, 0.0%)

1 を以てせ, 所に

▼ 船などと~ (2, 0.0%)

1 いうべきでは, 手前を

▼ 船なり~ (2, 0.0%)

1 しならん今, 汝の

▼ 船なんぞに~ (2, 0.0%)

1 乗りまして, 乘らぬ

▼ 船にとっては~ (2, 0.0%)

1 そこに, 適当な

▼ 船にゃ~ (2, 0.0%)

1 あ敵役, 敵薬が

▼ 船による~ (2, 0.0%)

1 文化の, 物資の

▼ 船に対する~ (2, 0.0%)

1 他の, 執着と

▼ 船のみ~ (2, 0.0%)

1 くだけて, はりも

▼ 船のれん~ (2, 0.0%)

1 じま, じ窓

▼ 船はつ~ (2, 0.0%)

2 ひに

▼ 船はね~ (2, 0.0%)

1 仙台領を, 表面は

▼ 船へでも~ (2, 0.0%)

1 乗った時, 引っ張り込まれたの

▼ 船への~ (2, 0.0%)

1 信号とのみ, 憎しみと

▼ 船へまで~ (2, 0.0%)

1 出かける娘子軍, 送りとどける

▼ 船べり近く~ (2, 0.0%)

1 の水面, 引き寄せて

▼ 船まさしく~ (2, 0.0%)

1 ハワイと, メキシコと

▼ 船また~ (2, 0.0%)

1 少しく揺動, 横動し

▼ 船までの~ (2, 0.0%)

1 帰りを, 発展は

▼ 船までは~ (2, 0.0%)

1 林の, 見送りに

▼ 船まんじゅう~ (2, 0.0%)

1 という売女たち, のお

▼ 船もしくは~ (2, 0.0%)

1 オランダ船なる, 南八丁堀の

▼ 船もろ~ (2, 0.0%)

1 とも四人, とも水煙

▼ 船やら~ (2, 0.0%)

1 あのまあ, 大船八九そうを

▼ 船ゆ港~ (2, 0.0%)

2 を望む

▼ 船よそおい~ (2, 0.0%)

1 をさせ, をさせた

▼ 船よりは~ (2, 0.0%)

1 はやく大阪, もちろん大きかっ

▼ 船らしき~ (2, 0.0%)

1 もの, ものを

▼ 船をさえ~ (2, 0.0%)

1 脅かしたという, 見れば

▼ 船キャリフォルニアン号~ (2, 0.0%)

1 の唯一, はたった

▼ 船シビリアコフ号~ (2, 0.0%)

1 の北氷洋航海中, を艤装

▼ 船ノーマ号~ (2, 0.0%)

1 のうえ, へもどっ

▼ 船ハクダカレ全員ハ傷ツキ七分~ (2, 0.0%)

2 デ沈没シタ

▼ 船ヴィクトル・カレニナ号~ (2, 0.0%)

1 が大洋, は岩壁

▼ 船~ (2, 0.0%)

1 に至る, は走

▼ 船丁等~ (2, 0.0%)

1 の周章狼狽, は宙

▼ 船世帯~ (2, 0.0%)

1 なので, の流し元

▼ 船中徒然~ (2, 0.0%)

1 のあまり, を慰めん

▼ 船乘彌三郎~ (2, 0.0%)

1 の事, は小さい

▼ 船乘組~ (2, 0.0%)

1 のアメリカ人たち, のアメリカ人男女數十名

▼ 船二十艘~ (2, 0.0%)

1 に望み, を持っ

▼ 船二艘~ (2, 0.0%)

1 まいり石火矢打ち掛け, をさし越された

▼ 船~ (2, 0.0%)

1 と曰い, や含雪斎

▼ 船休ん~ (2, 0.0%)

2 でこっち

▼ 船住い~ (2, 0.0%)

1 もなかなか, をつづけた

▼ 船住まい~ (2, 0.0%)

1 の身分, をした

▼ 船~ (2, 0.0%)

1 にお, へ帰る

▼ 船再び~ (2, 0.0%)

1 來る, 浦賀湾に

▼ 船~ (2, 0.0%)

1 にホノルル, を見つめし

▼ 船動き橋~ (2, 0.0%)

1 か, かかる処

▼ 船北海丸~ (2, 0.0%)

2 の砲手

▼ 船~ (2, 0.0%)

1 勁風捲, 汽烟起忽埋英北山

▼ 船同士~ (2, 0.0%)

1 の儀礼, の普通道徳

▼ 船喰虫~ (2, 0.0%)

1 が頻りに, にヒント

▼ 船~ (2, 0.0%)

1 と一舷窓, のかた

▼ 船図面~ (2, 0.0%)

1 をお, を取り

▼ 船~ (2, 0.0%)

1 の曲る, は薄く

▼ 船奉行~ (2, 0.0%)

1 で開國論者, と云う

▼ 船少し~ (2, 0.0%)

1 動く, 右へ

▼ 船平靖号~ (2, 0.0%)

1 の一員, の水夫

▼ 船底曳網~ (2, 0.0%)

1 の横暴取締り, の総

▼ 船~ (2, 0.0%)

1 なりしといふ, に健か

▼ 船引き歌~ (2, 0.0%)

1 のその, の其の

▼ 船~ (2, 0.0%)

1 なしに, を命ぜられた

▼ 船手勢~ (2, 0.0%)

1 は思いもうけぬ, も来

▼ 船手頭~ (2, 0.0%)

1 でございまして, の首位

▼ 船改め~ (2, 0.0%)

1 の番所, をする

▼ 船日本~ (2, 0.0%)

1 にて御用, の沖合

▼ 船~ (2, 0.0%)

1 や三隻, や浮ぶ

▼ 船暈い~ (2, 0.0%)

1 の顔, をした

▼ 船~ (2, 0.0%)

1 ががっちり, を支え

▼ 船~ (2, 0.0%)

1 か鶉, 持ち由良

▼ 船検め~ (2, 0.0%)

1 と称し, をされる

▼ 船~ (2, 0.0%)

2 の艪

▼ 船~ (2, 0.0%)

2 に榜ぐ

▼ 船泊り~ (2, 0.0%)

1 の一艘, へ向われた

▼ 船~ (2, 0.0%)

1 けて, べフチイエー

▼ 船浦賀湾~ (2, 0.0%)

1 に入る, に入れり

▼ 船海蛇丸~ (2, 0.0%)

1 の一條, は今や

▼ 船涼し~ (2, 0.0%)

1 左右に, 己が

▼ 船清見丸~ (2, 0.0%)

1 というの, へ壮

▼ 船漕ぎ~ (2, 0.0%)

1 虫が, 虫は

▼ 船爆破~ (2, 0.0%)

1 の原因, の模型実験

▼ 船~ (2, 0.0%)

1 ゐる王, ゐ郷

▼ 船~ (2, 0.0%)

1 の歌, は閨房

▼ 船病者~ (2, 0.0%)

1 を生ず, 多し

▼ 船神磯~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ 船~ (2, 0.0%)

1 が狂詠, にて送り届ける

▼ 船立て~ (2, 0.0%)

1 てうち出来, て雄島

▼ 船~ (2, 0.0%)

2 の長き

▼ 船~ (2, 0.0%)

1 一大徳丸ハ有力ナル, 二京丸に

▼ 船綱橋~ (2, 0.0%)

2 といふ

▼ 船~ (2, 0.0%)

1 も済んだ, をする

▼ 船繋ぐ~ (2, 0.0%)

1 人や, 綱の

▼ 船~ (2, 0.0%)

1 ふた手, を見つけた

▼ 船自身~ (2, 0.0%)

1 が魂, の疵

▼ 船航路~ (2, 0.0%)

1 で中国, はこの

▼ 船船中~ (2, 0.0%)

1 の一切万事, の一切万事実

▼ 船~ (2, 0.0%)

1 に八挺, の至り

▼ 船~ (2, 0.0%)

1 鷹丸に, 鷹丸へ

▼ 船~ (2, 0.0%)

1 の光景, の落米

▼ 船著場~ (2, 0.0%)

1 か, へ何人

▼ 船~ (2, 0.0%)

1 がつい, は新大橋

▼ 船~ (2, 0.0%)

1 の経験, を練り

▼ 船~ (2, 0.0%)

1 南溟上晩来暑, 斜陽影外風万頃波頭雲不

▼ 船走る~ (2, 0.0%)

2 ごと

▼ 船~ (2, 0.0%)

2 を白く

▼ 船辨慶~ (2, 0.0%)

1 がはじまつた, を御

▼ 船近く~ (2, 0.0%)

1 揺らぎつつ, 第十三

▼ 船送り~ (2, 0.0%)

1 というの, なんてえ

▼ 船造り~ (2, 0.0%)

1 しは, のため

▼ 船~ (2, 0.0%)

1 をした, を名

▼ 船~ (2, 0.0%)

2 沖に

▼ 船都合~ (2, 0.0%)

1 に而延引, はこの

▼ 船長崎~ (2, 0.0%)

1 に到着候時, に到着候節

▼ 船階子~ (2, 0.0%)

1 の上り口, を上っ

▼ 船~ (2, 0.0%)

1 を, を発見

▼ 船雙め~ (2, 0.0%)

1 て度, て船腹

▼ 船雛型~ (2, 0.0%)

1 が, を作つた

▼ 船雛型持出シ~ (2, 0.0%)

1 御覽アリ, 御馬場ニ於テ

▼ 船飾り~ (2, 0.0%)

1 して, をほどこし

▼ 船~ (2, 0.0%)

1 にうかび, にうかび来

▼ 船龕燈~ (2, 0.0%)

1 の灯り, をそで

▼1* [980件]

またユウネーオス, 船あがりの夏川君, 船あそびの兵隊さん, 船あらん時の, 船あるいは青船原とも, 船いかだにのり, 船いくつ夏はさやか, 船いずれへ逃げ行き, 船いそがれて見返り, 船いださず皆人, 船いま漕ぎか, 船いや數殖えぬ, 船いや数殖えぬ, 船いよいよ下れば, 船いろは丸と鞆, 船うろうろと漕ぎまわる, 船漕いで, 船えとろふ, 船成の, 船おくらした船着き場の, 船おくれて, 船おそき僧の, 船およそ十七艘は, 船かえる船何度と, 船かたづけてほっと, 船かということが, 船かねそれとも一蓮託生, 船かへりきぬ, 船かや阿波で, 船かよひけり, 船からかへしました, 船からよ白い手, 船かりなど鞆, 船がかり中は別して, 船ががッき, 船がずつと湾の, 船がちゃあんと, 船がではいりします, 船がにもつを, 船がるしあ, 船くらいじゃアね, 船くる海の, 船ぐらいは識別出来る, 船ぐるみどこかへ引きずりこみ, 船ぐるみ孤島へ運び去られ, 船ぐれえ辛棒, 船乗せて, 船こぎのほう, 船こぐものも, 船ここに至り, 船こっちは溯っ, 船ことにオランダの, 船これから夜櫻見物に, 船これらにしばしば, 船さきに, 船さしよせよわすれ草, 船さただ一艘で目, 船さては太平洋航路を, 船さながら幸の, 船さまざまな甘い, 船さ船だとも, 船じゃと渡場でも, 船じゅうどこででも, 船すずしくゆれて, 船すらも求めがたい, 船すれば一天片雲, 船せい二清恵澄太等等等春風いつもしゆう, 船せるに日光丸船長, 船そこからワーッ, 船そこ梯子から上, 船そして私の, 船そしてまた電車で, 船その他アメリカ漂民に對, 船その他漂民の取扱, 船その他軍器よろしきもの, 船その後何んと致した, 船それが今, 船それから飛行機と, 船ぞと問えば, 船あ思わなかった, 船たいてい水夫共何故, 船ただちに進航に, 船だけで知らぬ外国, 船だけでもよほどの数に, 船だけにしかみること, 船だけには荒板の, 船だけを吹き送って, 船だったらこまると思っ, 船だったらしいと言われ, 船だつたことは, 船だつたら五日目には, 船だ思ったよりいい, 船だ沈んだらかえって得する, 船だ突き留めねえことにゃ, 船ついそのさき, 船つかまつり候, 船つくり場の, 船つまりただ私の, 船づくしのエハガキ, 船づたいに桟橋に飛びあがった, 船づみを致しまし, 船であったら船を, 船でありまして払下手続, 船でいらっしゃるだろうと思います, 船でこそ話も, 船でござれば官員, 船でござんすね, 船でござんして, 船でしたらそれに, 船でつの字崎, 船ででもどちらへか, 船でなかったのか, 船でなけりや富山, 船でもが浸水し始めたら, 船で無けねばならぬ, 船で無ければやれない, 船といへるに, 船といふとか聞きぬ, 船とかいう船に, 船とかいふ様な, 船とかがおびただしくあの, 船とかの奇怪なる, 船とどめ島つ, 船とによつて外国の, 船とはへさきを, 船とばかりきょう尋ね, 船とばかりにホッと, 船とばかりは限らない, 船とめて, 船とやらこれも, 船とやらへ行って, 船とり止めの高札, 船めを, 船どこへ行きます, 船どころの騒ぎ, 船どまり場だと, 船なしといへ, 船なぞの小さなもの, 船なぞはどこかへ, 船なぞも駒井氏の, 船なぞをながめて, 船などから見ると, 船などで海上には, 船などというものは, 船などといふ大小の, 船などどつかへすつこんでしまひ, 船などなかりし世, 船などにも時間の, 船などは要しないの, 船なやますは我が, 船ならたとひ, 船なんかが誤って, 船なんぞは進もうとも, 船なんぞへ乗れたもの, 船なんというもの, 船にあたってもかまわずに, 船においてのいい行水, 船においては乗客が, 船にかへるん, 船にこそ監督将校必要なるべけれ, 船にだって遊び半分では, 船についての御注意特別, 船についても理解できない, 船につき探らんそこ, 船にては三味線を, 船にても必要ある, 船にとびうつつてゐました, 船にとっても無上の, 船になつて闇の, 船になんぞだれが, 船にばっかり乗りたがるん, 船にまでおなじ飾り, 船によこづけに, 船によっての前例の, 船によっては飲料水や, 船により四国遍路を, 船に関しては彼は, 船のうへかな, 船のうへでにはかにへ, 船のうへの月, 船のさはり多き, 船のにもつは, 船のみは如何とも, 船のりたあいえない, 船のりたちも陸, 船のりとは相身互い, 船のりと船のりとは相身互い, 船のりらしくもないだろう, 船のり共の耳, 船のり風には陸, 船はいちやうに三本マスト, 船はいふ船は, 船はがさりと, 船はてしときその, 船はどどどと, 船はな二千石船だ, 船はの丁と自然, 船はぶ気味なの, 船はへむかふ, 船はんきりに乘, 船ばかりが入って, 船ばかりへ日が, 船ばかりを避けさせて, 船ばっかりだろう, 船ひきのぼる, 船ひきあげのサルベージ会社, 船ひとつ歌のせて, 船びとはふしぎな航海の歌, 船ふとぶとと汽笛, 船へというお使い, 船へとのぼつて, 船へなんか行きたくないと, 船ほとんど交戦態勢を, 船ほどのひどい目, 船ほどもあろうと, 船ぼんぼりの仄か, 船まかせの気分, 船または川蒸汽の, 船まぢかく寄せつけやにはに, 船までが引かれる程, 船までもがみんな睡つた, 船てえな, 船みたような, 船みな一齊に從, 船むしろに坐っ, 船がなま, 船めこんどは只, 船め手間をかけやがる, 船もうこの穢れた, 船もしそこに, 船もってその, 船ももやひぬ, 船もやあれおき, 船もろともに呑ん, 船やかた草花など思い思い, 船やどりをする, 船やは発明の, 船やる水一里蓮の, 船やを説いて, 船ゆく恐怖, 船ゆけば一筋, 船ようやくプリマス港に, 船よせがたしと, 船よそほひや, 船よるべ浪路, 船らし無灯, 船らしくない空気の, 船らしく見えてきた, 船わたり来て, 船わたりきて世の中さわ, 船をかへして, 船アカイア勢の禦げ, 船アクロン号の墜落, 船アクロン号サンタバルバラ号はそれ, 船アクロン號の墜落, 船アメリカ船オロシヤ船などがそれ, 船アーク号は大, 船イギリスの綿船, 船インドに着し, 船エラスムス号が難破状態, 船エーボン号に搭乗, 船オロシヤ船などがそれ, 船カナリア群島中の主島ラパルマ港, 船カラオ茶少シ持出シテ来マシタ, 船入ッテクルコトトナッテ, 船ガス電気の発動機, 船クイン・ドウメルに或は, 船クラン・マッキンタイア号は退屈, 船ケエプ・タウンとダアバン両市, 船シャジキリー号を売却, 船ジイロング号機関長メエスン一等運転士オウエン処女航海に乗った, 船ジェネラル・シャーマン号の被害, 船スクーナー型の帆船, 船スクーナー型百七トンの的矢丸, 船セルベン号がチリー, 船ソレが日本, 船タイタニック号こそはそれ自身, 船てえもの, 船デッキの手すり, 船デンマーク船ロシヤ船ブレーメン船等があ, 船トロムセー港に入る, 船トロンヘイム港に入る, 船ニテ可被渡也, 船ニテ向島ヘ渡候事, 船ニ両人共ニのり込ミ長崎ニ九日ニ来り十日ニ鹿児島ニ, 船ニ御上リ余モ亦隨フ, 船ニ而小弟の危難, 船遍路ハ其折再, 船出来ず水夫ら, 船ハスグニ抜錨シテ港外へ出, 船ハバナをたつ, 船ハリソン号を浅瀬, 船ハ三月十五日より四月朔, 船ハ夕方のしお, 船ハ是ハおらざりしよし, 船ハ本藩已ニコレヲ模製ス他ノ諸, 船ハ沈没仕候間, 船バルベ氏が日本話, 船ビリボイと呼ばれ, 船フランス船へ御, 船ブレーメン船等があ, 船プロイセン號に乘つて, 船ベンガジ丸がいまモザンビイク, 船ペルー港カヤオに入, 船ホテルトーキー常設館オフィスレストラン冬期競馬場少女歌劇場それらの場所, 船ポーハタン号にのっ, 船メリー号のボーイ, 船メンサレエ号というの, 船メーコン号ラオコン号の側面, 船モナ号に搭, 船モリソン号江戸に入らん, 船モンテビデオ港に着岸, 船モンパパ号の形, 船モーレタニア号に関する概略, 船モ必ズココニテ酒壺ニ吉備酒ヲ満, 船ラベント号と衝突, 船レマン号だった, 船ロシヤ船ブレーメン船等があ, 船ヶ原は荷鞍山東方, 船の特等室, 船一そうがもと, 船一つ距て, 船一ぱい魚を取りました, 船一夜辞舎港轟轟遥向太平洋, 船一年至裸國黒齒國使驛所傳極於此矣, 船一条甚因循のよし, 船一船には篝火, 船一艘ここもと田野浦沖, 船一艘ものかげに隠れ, 船一艘上筋より乗り, 船一艘古物を買い込ん, 船一艘那覇へ来着, 船一艘鳥一羽何一つ彼, 船七村の上荷船, 船三十三艘蘭船三艘である, 船三百九十一マイルを航, 船三百余艘なり, 船三艘である, 船三隻をやっつけた, 船上りくる橋立の, 船上り船の往き交, 船の関ニ参候時節, 船下り船上りくる橋立, 船下ろしの最初, 船下田近傍に至り, 船出帆, 船与力が乗り込ん, 船並びて其, 船中の間では目的, 船中みな気を揃え, 船中ものがたりもありし, 船中ゲロゲロの慘状, 船中コロムボと新嘉坡, 船中ダンスの会, 船中ニ於テ御加療中, 船中一の美人, 船中一個の蒲団付き, 船中一時に寂然, 船中一番勇敢に溌剌, 船中七十餘度の難, 船中三人死し他, 船中以来の挨拶, 船中会計役へ相, 船中傘をさす, 船中八時三十分の銅鑼は通常朝食, 船中印度洋で眺めた, 船中同士はさのみ驚かない, 船中唯一の外国人, 船中図書室の中, 船中太平洋の水屑, 船中寂として声, 船中富士迎へ筑波, 船中所詠の五言絶句, 船中数十日のその間, 船中料理の粋, 船中最初は毎日一物, 船中朝の食事, 船中欠乏品を売る, 船中歸り去れ, 船中殘り衆, 船中消火の演習, 船中滞留幾週間にわたる旅舎, 船中無事大阪に着た, 船中無聊のあまり, 船中生活誘惑に勝てない, 船中用心をせよ, 船中病用相勤候儀難相成者勿論又, 船中盛況を現す, 船中眩暈嘔逆に而難儀, 船中秣に事欠き, 船中粛然として声, 船中船から陸, 船中見取圖は九枚, 船中酒が廻つてす, 船中隈なく探す, 船中風景が続く, 船中餅つきをなす, 船中黒奴はゴア, 船中鼎の沸く, 船久しく著か, 船久久遅命, 船之便に而, 船乗せむと, 船乗らハ聞に, 船乗人が暴風, 船乗冥利に尽きる, 船乗片手間の独学, 船乗物語や, 船乗衣類箱と同じ, 船乗調子の船乗物語, 船乗頭よりも同様交易筋, 船乘さんに聞い, 船乘たちであつ, 船乘人にはか, 船乘岩吉久吉音吉同じく肥後, 船乘業桂屋太郎兵衞と云, 船乘高田屋嘉兵衞が國後, 船九隻の船長その他, 船二十を従え, 船二十余艘とをしばらく, 船二十分もぼくら, 船二十挺の自動銃, 船二十隻もすっかり, 船二大尉だった, 船二百余艘が魚住, 船二隻を借受け, 船五六艘も登り候う, 船五十列小船はその, 船五百余艘で島, 船五艘に百五十騎, 船五隻に兵船十隻, 船奪はる, 船人々のいた, 船人人は叫び, 船人足の姿, 船仏山号に移り, 船候, 船仕立てで芝, 船付きの宿屋, 船付け置き候, 船付場へ廻し, 船付桟橋より強盗忍び入り候もの, 船以下数千艘をみな意気地, 船以前にはまるで, 船仲間のオブライエン, 船伏見の過, 船会社支店へ殺到, 船伝馬荷足田舟などという大小, 船伝馬荷足田船などといふ大小, 船何度となく, 船何時渡來致すべきやも難, 船何石ぐらいかあたり, 船作るべき木材を, 船れば, 船供船などの数十そう, 船価五十万ドルを十二万五千ドル, 船信仰と云う, 船信號は何時の間にか, 船借入し上ハ, 船借入且手銃千廷取入申候て早, 船停止の沙汰, 船など充分, 船働かない人これ, 船兄こぎかへる, 船兄樹明兄そのほか同人諸兄姉, 船入江につど, 船體の, 船全部が検査, 船兩國の橋番所, 船八十一艘を獻, 船八十船の明石, 船八十艘に積ん, 船八幡丸もこの, 船六艘と云々, 船に沈没, 船共參申候は, 船のもの, 船其島に會合, 船其艫をつかむ, 船内科医船外科医船そのほか日常, 船冷蔵装置などのおかげ, 船処々に来り, 船処女航海を済まし, 船にうかび, 船出るところ, 船出入の要, 船函館ば出たとよ, 船切手あれを落さぬ, 船列くまなく見わたし, 船列中の本船, 船初めて来たり, 船初鰹を祝っ, 船利徳丸へ乗組, 船到来後は衆客輻輳, 船を審, 船前五間許の処, 船前六尺ばかりにてがばと, 船前方の海面, 船は数百そう, 船助かりし後にては, 船の中, 船動きことに日曜, 船動くに非, 船北緯四度半に達す, 船匠兵アイグナウ・ロトラァはその, 船医師まで記され, 船医長の処方, 船反帆, 船十八艘のお, 船十名ばかりを載せ, 船十字丸三千二百噸の機関長, 船十数隻に兵, 船卍丸もきょう安治川, 船南方に向かい, 船南東に向かい, 船南葛飾郡葛西村の船頭音吉, 船南部沖へ七艘相, 船印諸州の港, 船危ク乃チかつど岬ニ, 船危険につき港務課, 船宝船が, 船即ち西洋から, 船卸しをやっ, 船又は長崎之, 船止の, 船口形の怪奇, 船より襲, 船司船造がよく, 船各々長鳶口長熊手打鈎, 船合戦で呉軍, 船吉原通いの猪牙船, 船同志の間, 船名表中に, 船向うからはガラツ八, 船君例の病起り, 船君夫妻の厚情, 船君夫婦は幸福, 船君来訪君は変らない, 船に天津奇護言, 船和寇何がいかん, 船唄駅路には馬子, 船唄驛路には馬子, 船商人としての僕, 船商売をする, 船四ツ手網をひろげ, 船四五艘を数えた, 船四季の里等, 船四散し親房, 船四時だもん, 船四艘交易のため渡来, 船四艘長崎表へオロシャ船四艘交易, 船回りし時われらまた, 船国王の書翰, 船土船猪牙船なぞの小さな, 船地中海の三角帆船, 船坐るかと, 船堀尻を南, 船塩椎神の造りし, 船塲商人の戀, 船夕船に成っ, 船夕顔と云船, 船外科医船そのほか日常, 船多き海も, 船多けれど水, 船サ順動丸, 船大いに揺らぐ, 船大きいのは, 船大将を江戸, 船大成丸を最後, 船の八十毘良迦, 船天神丸に同乗, 船太平洋汽船会社のアメリカ号, 船夫らが船体, 船夫一人では, 船夫以上には毒, 船夫達が何人, 船夫頭をし, 船夫風情にも合点, 船奉行向井将監支配御船手津田半左衛門, 船が, 船姿の美し, 船ひの, 船子どもにい, 船宇宙艇のスピード, 船守るされど敵軍逐, 船実に珍しくおだやか, 船室戸丸はその, 船家畜の類, 船寄る島に, 船富家の惨劇, 船寺拝登俊和尚と握手, 船小松丸を撃沈, 船小溝を飛ぶ, 船小舟まであるいは, 船小船浦の真船, 船小間物船裁縫船洗濯船見世物船蒸気風呂船内科医船外科医船そのほか日常, 船の幕, 船局各課の高等官, 船局総裁の位置, 船屋敷で堂上公卿たち, 船屋根船に炬燵, 船であっただけに, 船工事場付の通譯, 船工場につとめ, 船より來, 船差し出し相尋ね, 船巻村の郷士, 船とで拵えた, 船帆柱にもたれる, 船帆船小舟などを汽車, 船師一代のうち, 船并公物多沈没, 船幽界に入ら, 船幽霊等あれども, 船庚午丸はオダル, 船も設え, 船延ばすがどう, 船延期せしため, 船引きあげのしごとが, 船引上げの魂胆, 船も殆, 船往来差留之儀品川宿, 船待つてくれ, 船待てり乗るべきかいかに, 船待て助けてくれ, 船待乳山の雪見船, 船待合所に憐れ, 船後光の正式, 船後船舳艫相啣み船舷相, 船徐行す, 船御国ニ来るよ, 船御殿の名, 船御覧の催し, 船微塵に碎け, 船忽ち戦時の, 船思いきって斬り下げよう, 船悪疫を積んだ, 船は船成金, 船成金勝田氏は国民党, 船に信號, 船戦馬上の騎兵戦, 船房のとびら, 船房仕込みの西洋味, 船所々へ渡来, 船を引き上げた, 船手の者どもだった, 船手共へ習練, 船手印もゆるされ, 船手奉行の手, 船手屋敷から暴風報ら, 船手形だけですんだ, 船手形入国御免切手二つを手, 船手役人でなけりゃア, 船手数人下には水主, 船手方九鬼家の家臣, 船手組取次の早状, 船手組屋敷の横, 船打ち払い等これあり, 船打拂の改正令, 船扱いだおいおい, 船持共右之段相心得, 船持越候石炭積請可相成, 船持輩この怪物, 船挙りさも, 船捕手のかざす, 船掛け時計農作機械度量衡地図海図その他当時の日本, 船探検へ出発, 船探険を志願, 船揺れて瓶花, 船擧りさもら, 船支度して, 船支配所でもそれ, 船支配角倉与一の別邸, 船改番所の関所, 船政學堂江南製造學堂南北洋水師學堂など西洋, 船数万艘糧数百万を焚く, 船数百艘日本国の周囲, 船数艘に部下, 船というの, 船料理の浮ん, 船料理人の手, 船料理船青物船小間物船裁縫船洗濯船見世物船蒸気風呂船内科医船外科医船そのほか日常, 船斯くて海路, 船生活の, 船旅だつたか知らない, 船旅だつたらうと思へた, 船とそれから, 船日表を出した, 船昨夕蟹田村御逗留, 船昨夜月かげに歌, 船来る船, 船普請役所が見え, 船暈ざましの, 船暫らくと, 船のあ, 船曳杢右衛門丞安積八弥太など膝, 船曳杢右衛門井戸亀右衛門木南加賀右衛門などとよぶ, 船會社の持船, 船望むべし大海を, 船木曜島南湾路入濠洲, 船材木船泥船などをひしひし, 船来らず全島の, 船来るを待つ, 船来着の砌, 船去西来, 船松前に来り, 船松町の間, 船松町佃島の間, 船板子たたけりあきらめられず, 船だとか, 船干さずして, 船株式会社の倉庫, 船へ縛りつけよう, 船桟橋を離れる, 船棄てて, 船検分などおえ, 船もがも, 船にむらがり, 船極印を調べる, 船を奏させた, 船楽浪丸の一等船室, 船を称する, 船模型がどんな, 船模型羅針盤と航海図, 船次ぎの茶屋, 船次第に沖に, 船欲入山影落闌干雲嶂晩来霽, 船欲沈長風, 船歌うたひて, 船此儘左様ならと, 船此地を発し, 船此洲に膠, 船の塩鰤競り, 船毎年長崎に到っ, 船より借り, 船におろ, 船水死人はどんな, 船水鳥などの形, 船を下っ, 船沈みたる一條也, 船の中流, 船河内同じく富士河内, 船沿岸を点綴, 船泥船などをひしひし, 船洗濯船見世物船蒸気風呂船内科医船外科医船そのほか日常, 船洞爺丸がその, 船流して源之助, 船浦戸に入り, 船浦賀に至り, 船に漕ぎくれ, 船浮き世の船, 船浮標の間, 船に浮ん, 船海外から支那, 船海峡に入り, 船海運界の一大進歩, 船涼みはその, 船深川の木場, 船という船宿, 船清涼を覚ゆ, 船清涼半輪の明月, 船渡せをと喚ば, 船渡らず大石流れ, 船渡来以後の諸, 船渡来神奈川沖に碇泊, 船に巻かるる, 船になっ, 船溜りが膨らんだ, 船漂着の記録, 船漕ぐ葦の, 船漕げる土人多く, 船は滅, 船火車を乗り代え, 船名丸から, 船無事に呉, 船を洗い去り, 船燃え沈めばまた, 船かむ, 船の船, 船牀横臥人皆病海鵝揚然去, 船を越え, 船片道は陸, 船物語とちつ, 船状態の儘, 船獨樂の如く廻る, 船玄海を渡り, 船玉さんが, 船玉江橋まで来る, 船わる, 船琴ノ緒丸の一等運転士, 船琴ノ緒丸帆柱で頭上, 船琴平丸賊難に遭った, 船琵琶抱く人, 船田ノ入道などは職掌柄, 船田船が浮い, 船甲板を徘徊, 船町竹原屋六右衛門の家, 船留松の根, 船番士でその, 船疾くこげ日, 船にかかる, 船の継続的波浪, 船になり, 船発明以来ゆえのこと, 船発明以来諸方の交易, 船発明以来遠方かけはなれたる御国, 船発着所からこう, 船白い帆の, 船百八十隻がたがい, 船盜人の一, 船横より, 船用い候ゆえ, 船相来たり相, 船眩いに苦しむ, 船着けましき難波碕, 船かい竿, 船砕くるごとき響きとともに, 船神奈川沖へ乗り入れ候, 船に沸きたたせた, 船祭りをする, 船禅定とて船, 船の席, 船程にちょこんと横, 船また水先案内料, 船種々の形, 船稼業だけあっ, 船空いてい, 船空シク月明ヲ載, 船突っ切ったものの可哀そう, 船立ちのしたく, 船竜田丸内の会話, 船競漕がある, 船があ, 船等舞台の空幕, 船だった, 船紅帆船の影, 船紅毛人のいう, 船納涼の転寝, 船紡織機械ピストンの鋳造機, 船給油船が臆病, 船のなか, 船縁りをた, 船の外套, 船縦動を継続, 船繋場には和船, 船繕いをさせた, 船置場もいっしょ, 船にし, 船老いたりたしかに, 船かも真夜中, 船而已にては無, 船胡蝶軍名こそ様々, 船から腰, 船致すべき旨文政八年中渡し置き, 船致すべく候, 船をなしたる, 船舟べりにつかまり, 船航海の時, 船舫而句驪無道圖欲見呑, 船舳艫相啣み船舷相, 船舷側廣き前, 船舷相摩するばかり, 船舸来て輻湊, 船は一面泡沫, 船船舶など多く, 船の木材, 船色塗の伊達, 船芦雪は歌曲とも, 船若し近寄らば, 船茶屋へ寄っ, 船菓子を売る, 船落花生を満載, 船葛西東湾の両, 船蒸気風呂船内科医船外科医船そのほか日常, 船薪水食糧石炭欠乏の品, 船薪水食糧石炭缺乏の品, 船の火, 船蝋燭を点した, 船蝦夷に到り, 船に出, 船行方なくなりて後, 船は旗, 船袖港丸を試運転, 船遊今九時御帰藩被遊候に, 船裁縫船洗濯船見世物船蒸気風呂船内科医船外科医船そのほか日常, 船装いをする, 船を磨き, 船製作の實際, 船製造場ニ過タル, 船ひヂュウス, 船覆没して, 船見えて霧, 船見れば戦ひ, 船見世物船蒸気風呂船内科医船外科医船そのほか日常, 船見物をゆるし, 船親方でした, 船觀音崎に入る, 船註文の事, 船豆州下田近傍に来, 船という村, 船負けであったかも, 船貨公物並に水夫旅人手廻, 船貳艘を見, 船入及商法, 船貿易を主張, 船ふ河面, 船でもなけれ, 船赤い船が, 船赤船が麻里布, 船走らず胸に, 船の華々し, 船車家屋というよう, 船軽く傾き月, 船砲の, 船見送つて, 船退帆の, 船逆らふ船, 船ふらし, 船がよく, 船造り衆を集め, 船造るべき大木を, 船造るべく巧妙に, 船造奉行を仰せつかっ, 船造船界の革命, 船進路を乱し, 船遅らすとなる, 船遅らせるより仕方, 船遅れて日本, 船遊覧をかね, 船が進展, 船遭難者の救助, 船部屋からあらわれた, 船て相, 船配りなどについてさっそく, 船酒盛りの近習ら, 船酔い患者の一人, 船酔い気味の者, 船酔ひがちに食事, 船醉拔きの至極安全, 船醉海に, 船醉現象を誘致, 船の話, 船金川に来る, 船ばかりし, 船釣りをし, 船鉄砲弾薬の類, 船銀之丞とお, 船鋼船の底, 船と戸棚, 船関山関の手配り, 船関鳴門の渦潮, 船防波堤安房の山皆, 船を呼び, 船障子を細目, 船隠しの崎, 船集りてきぬ, 船雑誌アコウ等にたまたま, 船離れトロイアアカイア二軍勢, 船青物船小間物船裁縫船洗濯船見世物船蒸気風呂船内科医船外科医船そのほか日常, 船静かなり, 船預かりという役名, 船頬冠りの, 船に何, 船風車をのせた, 船飛沫がか, 船り, 船饅頭連が泊り船, 船の金具, 船香港丸が百二十五名, 船馴れた一隊を, 船體半ば出來上つた海底戰鬪艇, 船高田屋嘉兵衛を擒, 船高麗丸の後甲板, 船魂神社を祀り, 船魯船の來航, 船鱗族富めるわ, 船鶏林丸に食糧, 船黒き船尾の, 船黒ずんで流れない, 船黒霧四合同済者皆