青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「舞~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

興~ ~興味 興味~ ~興奮 興奮~ 興行~ ~舌 舌~ 舎~ ~舞
舞~
~舞台 舞台~ ~舟 舟~ 航海~ ~船 船~ 船長~ 船頭~ 艇~

「舞~」 2749, 30ppm, 3948位

▼ 舞~ (432, 15.7%)

52 の上 12 に立つ 8 に出, を見 7 へ出 5 にし, の方, の足場 4 にゐた, の前, の隅 3 で使, に上る, に活動, に近い, の女, の正面

2 [18件] だ, であつ, で見る, に上し, に上りぬ, に出る, に居た, の上手, の下, の人, の掃除, の構造, の藝, へ出る, も客席, を何とも, を歴史, を眺め

1 [264件] お傳, から世界的舞臺, から客, から客席, から疲れ, から追, から退い, から飛降りた, から飛降りる, か舞臺裏, がある, がハネルの, が今日, が付い, が完全, が廻つて來, が掛け, が未開, が非常, して, そのま, たるべき太平洋方面, であ, であるの, である小國, でおなじみ, でお客樣, できたえた, でさ, でしか見た, でした, でしたから, です, ですが, ですべて, でする, でその, でなら, ではなく, では強く, では手踊り, では鼻, でやらされる, で人, で例, で口上, で大, で安, で師匠, で本, で演じられ, で演ぜ, で皆んな, で着る, で自分, で芝居, で見つ, で親方, で遠く, といふもの, とからなる, とし, として世, と客席, と看做される, と緊, と見た, と見物, と觀棚, と認め, などでは易々, などを見めぐる, なり, なるを, にあら, にあらはれた, にいつ, にか, にかけ上り判官樣, にこれ, にする, にせり上げたい, にてむかし羅馬, にて卒倒, にて歌はん, になつて, にねばつ, にはその, には一曲ごと, には二人, には十位, には後見人, には櫻, には燕尾服, には畫紙, には誰, にまで上り, にも出せない, にも別條, にポツリポツリ, に上つて東, に上れり, に使つたマラガアル地方, に俊寛, に出される, に出でたり, に出入, に取, に取つ, に唯一人, に始め, に安宅, に投げし, に押し出せ, に於, に注ぎ, に活躍, に演ぜられた, に現れ, に發展, に神迷, に移り, に穴, に立たう, に立ち, に立ちし, に立て, に繪畫, に耐, に落ちた, に蝋燭, に見, に見た, に見る, に觀客全部, に身, に近き, に追, に遷, に降りる, に面, に飛び, のうしろ, のぐるり, のひどい, のまん中, のデザイン, の上の空氣, の上六七間, の上部, の下手, の不, の事, の人形振り, の人間, の位置, の光景, の兵卒, の前面, の千秋樂, の同じ, の奧, の小, の幕, の幕切れ, の役者, の後ろ, の感じ, の批評, の振り, の敷きつめた, の板, の板敷, の樂屋, の横, の歸途, の氣分, の活劇, の眞ん中, の眞上, の縁, の美しく, の背景, の脚光, の脚燈, の色事師, の許可, の説明, の道具出來上つて, の道具立, の道化, の駈, はある, はあれ, はさながら, はその, はその間, はたちまち, はよせない, はワキ, は妹背山, は東京, は直ぐ, は誰, は通詞職, は道化, へ, へと使命, へと誘ひ込む, へ上つた頃, へ上り度, へ代理, へ出た, へ出られなく, へ出られる, へ幅廣, へ持出せやしません, へ樂屋, へ滑り出た, へ白粉, へ行つて, へ踏み出し, へ轉げ, へ顎, へ飛出した, めきて, もなく, も滑る, も生活, より主, より退場, をおり, をこ, をその, をとつ, をどう, をはじめ, を下り, を作つ, を作つた, を其處, を夢み, を拵, を掃い, を提供, を斜め, を昔, を知らない, を置いた, を自然, を補理, を見ない, を見る, を見物, を覗く, を設け, を賑, を踏む, を踏ん, を車上, を開展し, を靜, 近くまで, 馴れた人

▼ 舞~ (256, 9.3%)

10 上つた 9 をし 7 狂ふ 5 ぶりを, を舞 4 のぼつ, を舞うた 3 の影響, や踊り, をする, を舞つて, 上つ, 上つてゐる, 下つた, 下つて, 舞ひ

2 [19件] が行, その鬼ども, たちさわぐ, たりし, つつ, て, ながら, に舞, ぶりが, をごらん, をした, を一さし舞, を眺め, 上つた彼女は, 出で, 深むなり, 狂つて居る, 立ちは, 鳥歌ふ

1 [147件] から多く, がある, がすむ, が猿楽, こそあそべ, こちらに, そしてめぐり, そして静か, それが, たりとても, つつ闌, てあり, てぞ過, てむ, て日本一, て罷, て舞, て見せたる, て降れ, ながらお, ながらふ, ながらまるで, ながら下り, ながら仮面, ながら味方, ながら大学前, ながら彼, ながら惡友共, ながら手元, ながら森, ながら母, ながら沈ん, ながら石畳, などをする, なむ, にき, に狼藉振り, のを, の上, の催し, の名手, の宣命, の後, の所望, の時, の様, の話, は天子様, は滑稽, は能, ぶり, ぶりで, ぶりなる, ぶりの, ぶりは, や念仏, や身ぶり, をさせなき, をさせなきや, をさめ, をはじめて, をはじめる, をやらされた, をやらされる, を南島流, を夢見, を極めて, を模倣, を生む, を納め, を見あげ, を見た, ツて, 上つたほこりは, 上つた飛行機を, 上つてゐた, 上つて往く, 上つて往つた, 上つて晴れ渡つた春の, 上つて棒に, 上つて森の, 上つて物見を, 上つて行く, 上り, 上り兜を, 上り飛び行く, 上んだ, 下り, 下座は, 亂れ, 了り, 人としての, 人の, 來し, 來つて諸君の, 來る, 傘端の, 出でたる, 地上に, 孔雀鳴く, 山姥も, 彼が, 急ノ, 悪火, 我を, 或は詠じ, 戯る, 戻りの, 扇ひらめき, 斷られし, 方, 昇つてやがて, 時至つて偃し, 朗かに, 歌ひ, 歩行い, 漂つてゐる, 漂ひ, 狂つてやがて, 狂つてゐ, 狂つてゐる, 狂ひ, 狂ひつる, 神楽を, 納む春鶯囀, 給ひし, 給ふと, 續けて, 翻つて低く, 膝の, 舞つて来, 舞はせ, 舞ふ, 舞ふてゐ, 艇は, 落ちながら, 藪ぎはの, 蝶躍る, 詩人は, 足の, 込むのださうで, 闇裏の, 障子がた, 雲雀が, 飮み, 鳶は, 黄牛の

▼ 舞~ (246, 8.9%)

13 して 5 舞う, 舞って 4 舞った, 舞ふ 3 舞うて, 舞うの, 見て

2 [13件] いかにせ, するの, する程, なして, まった, まふ, りた, 習って, 舞うという, 舞ふて, 舞ふて居る, 舞わせたり, 見さ

1 [180件] あしらいつつ, うけて, うながしましたが, おすすめ遊ばしませ, お目, この老母, させられた, さめ, した, したあと, したが, したり, してるや, しながら, しなければ, すかせ給, するとかいう, するので, する事, する手ぶり足ぶり, する様, そちのみが, だれも, つくり上げたの, なさいますの, なさるよう, なすとある, ならって, はじめた眼, はじめる, ば舞に, ひとつお, まい今様, まい出しました, まうという, まうの, まうらしくほがらかなうたい, まう所, まわせ梅若, やって, やつて, やめし十二, やめて, やめ彼, やる田代, よくする, よそながら見たい, ツレの, 一さしお, 一分科と, 中心と, 今一層, 伝承し, 伴なつて, 伴ふ, 伴ふも, 作って, 供する, 修めし女, 催しました折, 兼ねて, 初演, 助ける小道具, 勤め終ったが, 吹いて, 呼びものに, 喜ぶもの, 夏祓へにとり, 多くとり込ん, 夢見て, 奏したこと, 奏した者, 奏して, 奏するばかり, 奨励した, 始めた処, 始めて, 客舎に, 専に, 形式的にだけ, 御らん, 忘る, 急の, 所望し, 所望した, 所望する, 打ち創て, 披露し, 披露した, 拝見いたす, 拝見し, 持つて, 振向き, 描いて, 教えようという, 棄て, 棄てつ, 極めて早, 歌って, 止め手, 海わたり, 演じたこと, 演じたの, 演じたもの, 演じぬくも, 演じはじめた, 演ずる, 演ずるため, 演ずるつもり, 演ずるに, 演せり, 演ぜしめたるゆえん, 演芸種目の, 無視する, 男舞に, 眺めて, 知らざること, 神々しく舞, 稽古し始めました, 童舞に, 織りまぜて, 習いけるに, 習った時分, 習わせられて, 習わせるという, 能の, 舞いだした, 舞いて, 舞いました, 舞います, 舞い出した時, 舞い踊り, 舞うたの, 舞うため, 舞うばかり, 舞うよう, 舞う人, 舞う女, 舞おうと, 舞ったあの, 舞ったからとて, 舞ったこと, 舞ったり, 舞った例, 舞つ, 舞つてゐる, 舞つて見せ, 舞ひし, 舞わされた沙汰, 舞わすと, 舞わせた, 舞わせたが, 舞わせまたは, 舞わせるよう, 舞わんと, 行ふ, 見せて, 見せようと, 見せろという, 見たこと, 見たり, 見た事, 見ながら, 見ようぢ, 見るもの, 見出でたという, 見惚れさせる一つ, 見敦盛, 見謡, 視ながら, 観た, 観て, 論ずれば, 讃えたの, 踊りぬく, 踊る妖艶さ, 軽らかに, 辞むこと, 釣り出すべき舞台気分, 面白く見た

▼ 舞~ (236, 8.6%)

4 哀れさよ 3 上手な, 手が, 手を

2 [16件] なかを, 一手を, 小扇, 師の, 庭に, 手の, 手は, 手振, 方が, 曲を, 構えに, 歎美者と, 稽古を, 群に, 詞なども, 足どり教へよと

1 [191件] あとながら, あの形, あや, うち武家に, お酌, きッかけ, ことこ, ごときは, さなか見あげる, じょうずも, すがた, する前, ところの, ないもの, はでな, ひと列, ほうのも, まねし, やうな, ようだ, ような, テムポに, リズムと, 一つと, 一と, 一世一代である, 一手謡の, 一節だけを, 一節であり, 一節を, 一節共々, 上手で, 上手であった, 上手と, 上手なれ, 上手また, 上手を, 世界を, 中で, 中に, 中にも, 中世の, 乙姫様の, 乱れも, 事を, 事詩女の, 二段おろし, 人々が, 人楽の, 人物や, 仕手, 仮面を, 伝統を, 似セ舞, 児の, 全体を, 分派である, 列あかあか, 初段の, 動作を, 半ばに, 叙事詩を, 合間あいまに, 名手として, 名残りで, 図で, 図を, 地の, 垂れ伴奏の, 型も, 型節文句等には, 場に, 場へ, 夜宴は, 大江幸若, 太夫も, 女舞から, 姿から, 姿美しく, 子を, 定型の, 家元に, 巧妙さに, 師は, 師匠から, 師匠は, 幸若, 廣間と, 引く手さす, 形式は, 形態を, 役の, 役を, 後ながら, 御用意, 扇と, 扇の, 手だれの, 手と, 手という, 手ぶりが, 手ぶりの, 手ぶり哥の, 手も, 手振りを, 手謡の, 按摩は, 振りや, 振事魂が, 掛け小屋へ, 敵手は, 早さ, 昔から, 時ぞ, 時に, 時期が, 曲にも, 曲も, 曲節を, 最盛ん, 本, 本などを, 本の, 本や, 本流は, 様式を, 歌, 歌を, 流である, 流と, 烏帽子の, 猩々である, 百姓共を, 相手は, 相手よ, 真似が, 真似な, 眩暈, 礼終っ, 稽古などは, 稽古などを, 稽古に, 稽古も, 笛, 笛や, 笛を, 笛囃子が, 精神的革命を, 納めと, 終るの, 組ごとに, 線を, 群の, 羽の, 者達に, 舞ひ得, 舞人の, 舞台に, 花櫛おもく, 花笠一蓋を, 芸的主観の, 若太夫, 行列は, 表現方法までも, 袖, 袖の, 袖も, 訓読である, 記念品とが, 評など, 詞に, 詞も, 詞を, 詠歌と, 謡に, 謡にも, 謡声より, 起ったの, 起原を, 足ぶみ, 連中が, 遲速に, 郷亦, 重要な, 鈴と, 銀扇が, 関係上なく, 難き祭礼, 静なし, 馳走でも, 高館を

▼ 舞~ (113, 4.1%)

5 のである, やうに 3 のが, を見 2 かと見れ, ことに, のは, のみ, 事を, 春の, 蝶の

1 [83件] おぼろ月, がこれ, が如き, が如く, が見られた, ことを, につれてサ, にまされる, にやあらむ, に任せ, に異ならず, に苦, のだつた, はぶらいの, ほどの速度, までさ, やうな, やら唸る, や蝴蝶, を見よ, を見れ, を鶯, 中へ, 中を, 事と, 事叶はずなりしか, 人々が, 人の, 人も, 何と長閑, 八少女の, 其箔模様の, 処である, 処流れを, 場面が, 女たち黙つ, 女の子が, 孔雀の, 巫女が, 形の, 形は, 所作などが, 朧月, 木葉, 柱を, 様に, 此の, 毛屑の, 浜暑し, 燕女の, 独楽の, 獅子舞の, 白い珠, 紛々たる, 素朴な, 細かい塵, 絶代の, 綱張りの, 羅馬の, 美妙なる, 羽虫の, 翁の, 舞の, 舞姫の, 舞踊の, 舞踏の, 苦悶, 蛾の, 蝶に, 足柄山に, 農夫一人の, 遠方の, 都の, 間を, 陽炎に, 隼より, 雲雀の, 餓ゑた烏の, 髭長の, 鳥の, 鳳凰の, 鳶などまでが, 鳶の

▼ 舞~ (112, 4.1%)

74 して 3 しと 2 した事, しながら, しに, すの, ですね, で帰るさ, むともども

1 [84件] おはこの, これと, ごく静か, さない, した, したもの, しましたそう, しむべく日月, しむる, しむる風月賀宴, しめよ, しめられん, し乍ら, し動かす時, し婦女, し萬民, し諸, すも, すもの, す乱れ髪, す事さへ, す人とを, す櫂, す芸人, せし十二三, せたいやう, せたと, せば, せよと, せられしに, せる為, せ給うたとき, その種族, でそよ風, ではかなはじ, ないの, なかつたが, なかつたと, ひとつの, まだ午四剋, もう一さし, よいところ, ようやく急, よう舞わぬ, よほど能, れる筈, エトルリアの, エムピレオの, シヴァと, ベーダの, 三の, 人を, 今様と, 代表的の, 伊勢神宮で, 何の, 勿論唄, 千秋万歳に, 又宮廷, 吉原だけの, 女曲舞とも, 安息日を, 実は皆曲舞, 常は, 役者でも, 悉皆無くなるし, 拙うても, 新座の, 曲舞以来謡ふ, 最も興がられた, 本朝で, 此交叉時に, 浪を, 湊川の, 現今でも, 社寺の, 翁の, 見るに, 見事にて, 許しものな, 誰に, 謹慎な, 貧困な, 質朴に

▼ 舞つて~ (64, 2.3%)

7 ゐた, ゐる 4 ゐました 3 ゐるの, 見せて 2 ゐるかの, 来な

1 [36件] から今日, まだ烈しく, みせなくとも, もその, ゆきました, ゐたり, ゐた最中, ゐましたその, ゐること, ゐるその, ゐるだけ, ゐるだけで, ゐるで, ゐると, ゐるところ, ゐるやう, ゐる丸帯, ゐる時, ゐる石炭, ゐる窓, ゐる蜂, ゐる踊り子, ゐる鳶, ゐる鴎達, ゐれば, 居た孔雀, 居ます, 居るお歯黒蜻蛉, 居ると, 居るの, 居る瞬間, 来るの, 歩くの, 落ちる江智勝, 見せなければ, 飛んで

▼ 舞~ (53, 1.9%)

2 散りは, 示現ありける, 遙か

1 [47件] あったわたし, かかると, したて, つれて, とりて, ふさわしくない, 上がりましょう, 世の, 使った能, 依って, 先立つて, 入る, 出た人, 出て, 刺激され, 加わるよう, 印象の, 反閇, 合わせて, 国政も, 変化させ, 属するもの, 支那の, 既にあつ, 早がわりの, 杓子を, 歌をば, 溶したる, 無性矢鱈に, 異ならず, 眼の, 立つ身支度, 系統を, 縺れて, 興じ入るの, 見せて, 見とれて, 見るごとく義経, 見恍, 触れて, 跳ねても, 近づいて, 銀扇あり, 長け後者, 魂を, 鹿を, 鼓を

▼ 舞~ (40, 1.5%)

2 あつた, あつて, 終ると

1 [34件] ありあるいはまた, あるのに, いかにもゆるやか, おもしろく舞われた, お上手, かの地, して, すむと, すんで, のびやかに, まことに壓卷, もうなくなっ, 与つて, 主に, 初まるの, 変つ, 夏にも, 大変上手な, 始まった, 始まつて, 始まれば, 山の, 山姥を, 彼の, 最高潮に, 残つてゐます, 流行れば, 献ぜられる風, 王様の, 甥の, 続けられて, 良人の, 行はれ, 行はれる

▼ 舞~ (37, 1.3%)

2 云うもの

1 [35件] いうても, いうを, いえば, いふ, おなじもの, なって, なつて, 剣の, 合流し, 名づけられたので, 地蔵舞を, 尊き大いなる, 小唄か, 小唄です, 小謡な, 小謡を, 成って, 支那から, 書くの, 楽と, 歌ごえ, 歌とともに, 歌とに, 獅子舞との, 異なって, 結びついて, 義貞の, 薙刀の, 言うた上, 言うの, 言は, 言はれ, 言ふ, 謡と, 踊りの

▼ 舞~ (34, 1.2%)

2 あった, 仕る

1 [30件] あざやかに, あのさす, あり鎮魂, お上手, かくべつ上手, きっと面白い, この口ぶり, しまいました, すみ鼓, よいが, グングンと, 人の, 内に, 前述の, 勝手たるべし, 反閇, 同一で, 囃子も, 姿も, 曲舞と, 曲舞の, 有名だった, 洛中に, 狂言も, 知りません, 神服女舞も, 終らぬうち, 終りに, 見てこそ, 見るの

▼ 舞~ (30, 1.1%)

2 である, の数, の自ら諷誦, の舞, の長

1 [20件] が四人, が青, しばしば食指, であつ, として舞, と思はるる, なる処女, の挙動自身, の沓, の着け, の花笠, の装身具, はあらわれ, は宮廷, は武官, は殿, は饗宴, も入れ代っ, も見物, や楽人

▼ 舞~ (29, 1.1%)

2 を催す

1 [27件] あり又, する, としての舞蹈, となすべき, と共に, に就い, に止まらず, に行っ, のお, の機会, の練習, の類, は一, は世界, は寧ろ, は悲劇, は断じて, は概ね, ほど劇, やと一致, を眺め, を続け, を要する, を見る, を覗き, 即ち各, 或はチヨボ

▼ 舞~ (22, 0.8%)

2 て立ち

1 [20件] せっかく建てたる, その後の, つつある, つつ草, ては再び, て二階, て働き, て刷新, て居る, て彼, て後, て活発, て誇った, て道, て馬場, ときの, ながら, ながら又, ながら掻き切った, 猾民令を

▼ 舞ひ込ん~ (22, 0.8%)

10 で來 3 で来た, で来る 2 でくる 1 で, できた, でゐた, で来

▼ 舞ひ戻つ~ (16, 0.6%)

3 て来る 2 てきた

1 [11件] たり風, てのち, て亞庭灣内, て以前, て居る, て来なけれ, て来れ, て縞, て芝居見物, て荒し, て裸

▼ 舞わし~ (15, 0.5%)

1 [15件] から遂に, が後, が成立, だとか, であるとして, とか猿舞わし, として非常, とは限らない, などとなった, などの徒, のみでなく, の事, の如く, は西の宮, もおりますれ

▼ 舞上っ~ (15, 0.5%)

1 [15件] て, ていた, てしまった, てそれ, てたちまち, てゆく, てロンドン, て太陽, て来る, て火星, て真鍮, て行く, て行っ, て踊る, て飛ん

▼ 舞~ (14, 0.5%)

4 ている 2 たりし 1 たり, たりする, たりなどした, たり刈上げ, たり植付け, てゆく, てる迦陵頻伽と, て行く

▼ 舞~ (14, 0.5%)

41 ど雪, ない, ば人美し, りこなた, れ陵, 歌への, 紅裙, 舞へ, 舞を, 飛ぶの

▼ 舞ひあがる~ (13, 0.5%)

1 [13件] し, そのあと, とな真赤, とはたはた, と同時に, のです, のも, 一羽の, 埃の, 夕空の, 犬, 自然現象の, 舞臺の

▼ 舞上る~ (13, 0.5%)

1 [13件] がとても, が見える, ことが, とその, などと云う, のです, ほどのどんな, を卑し, キンギン国側の, 往來を, 時緋牡丹の, 水煙も, 砂埃に

▼ 舞殿~ (13, 0.5%)

1 [13件] があり, では, で太鼓, にあがり, にて山田, にゆか, に立った, に舞, の始まる, の幕, の東側, ゐならぶ子ら, を装飾

▼ 舞ひも~ (12, 0.4%)

6 どつて 1 せむ, どつてこんど, どつて來, どりて, 繰返すたび, 舞うたの

▼ 舞~ (11, 0.4%)

2 あつた 1 上方の, 出ました, 劇的舞踊と, 名を, 唄は, 手伝って, 段々村, 気を, 鍛えた身

▼ 舞ひ戻~ (10, 0.4%)

2 つて來た, つて来た 1 つたのである, つても, つてゐた, つて御府内を, つて息子と, つて行つ

▼ 舞~ (10, 0.4%)

1 劇に, 唄が, 唄に, 唄には, 小鼓を, 踊りが, 音曲の, 音楽の, 鼓は, 鼓を

▼ 舞する~ (9, 0.3%)

1 さまが, に足る, のである, ほど忙しく, ように, 光を, 容子は, 手が, 様な

▼ 舞など~ (9, 0.3%)

1 いう手踊り, したまう状, するか, によつて, 役者にも, 求められご, 稀, 舞えるの, 舞わせる寸法

▼ 舞ひ込んだ~ (9, 0.3%)

4 のは 1 から夢心地, のです, のも, もんぢやらう, 日が

▼ 舞ひあがり~ (8, 0.3%)

1 くるしくて, その華麗さ, もとの, 爪先に, 舞ひく, 途中一回転の, 遠くの, 長蛇の

▼ 舞ひし~ (8, 0.3%)

1 が心樂, ことなし, てあやし, やむかし, 女に, 女を, 所に, 身は

▼ 舞ひ戻り~ (8, 0.3%)

2 一六三五年から, 三味線堀に 1 めまぐるしく廻転, 七条の, 伊勢屋の, 鳥銃を

▼ 舞ひ降り~ (8, 0.3%)

1 てしまひました, て來, て斬首人, て来, て来る, マルダイヴ群島の, 大地の, 軽く地上

▼ 舞太夫~ (8, 0.3%)

2 だつた 1 が非常, であるから, などと類, の扶持, の爲事, 或は舞

▼ 舞~ (8, 0.3%)

1 が山, と我等, に山, の心, の歩く, は, はわが, は笛

▼ 舞~ (8, 0.3%)

1 が主, の名家巨匠, の場, の娯しみ, の繪, の面, は今日なほ形, を極彩色

▼ 舞でも~ (7, 0.3%)

1 あつた, あり幸若舞, まい今様, よし鼓師, 舞うよう, 舞って, 見たい

▼ 舞ひくる~ (7, 0.3%)

3 落葉 2 もみゆかすむ, 舞ひくる

▼ 舞上った~ (7, 0.3%)

1 と思う, のかと, ので, ので火柱, ほかの, ように, 時に

▼ 舞~ (7, 0.3%)

1 かな, のごとまろ, の姿, をき, を投げかけ, を着けた, を絡うた

▼ 舞謡囃子~ (7, 0.3%)

1 がどんな, に定型的, の三, の演出, の舞台効果, は如何, は手法

▼ 舞から~ (6, 0.2%)

1 出たので, 出た芸謡, 幸若が, 江戸の, 独立した, 自ら遮断しよう

▼ 舞ごろ~ (6, 0.2%)

1 も, もうしろ, も五, も祇園, も篋, も近づく

▼ 舞はせ~ (6, 0.2%)

2 て人 1 てくれる, てもそれでも, てゐる, て送る

▼ 舞ひおり~ (6, 0.2%)

1 てうつくしき, てゐる, て來, て夥しい, て来ました, 壯嚴の

▼ 舞ひ上る~ (6, 0.2%)

2 さまも 1 お前たち三羽の, のであつ, のを, 焼跡の

▼ 舞ふか~ (6, 0.2%)

2 と見る 1 と思, なた, ね, の凱旋

▼ 舞ふも~ (6, 0.2%)

1 のです, のな, のなら, のののしる, ほんに埃だらけ, 雲の上

▼ 舞へば~ (6, 0.2%)

2 咽喉ゑごくして春も 1 山の端の, 情に, 松四五本の, 風木葉を

▼ 舞下り~ (6, 0.2%)

2 て来た 1 て, て來, て来, て車

▼ 舞姿~ (6, 0.2%)

1 と夜桜, に勝則, に異国人, をめで, を染め出した, を背

▼ 舞という~ (5, 0.2%)

2 ものが 1 のが, のを, ものを

▼ 舞には~ (5, 0.2%)

1 武張つたものが, 玉の, 舞姫の, 顏を, 首を

▼ 舞ひこん~ (5, 0.2%)

3 できた 1 だりした, でくる

▼ 舞ひめぐり~ (5, 0.2%)

1 かくして次第に, さらでも朦朧, 舞ひおり, 足に, 静かな

▼ 舞ふこ~ (5, 0.2%)

1 と, とだけな, とも忘れ, と昔, と能はず

▼ 舞ふと~ (5, 0.2%)

1 いふの, かや, は区別, 思へや, 飛ンだ

▼ 舞~ (5, 0.2%)

1 に過ぎない, のうち, の為, を以てし, ヲ以テセバ恰モ晶盤ニ水

▼ 舞臺上~ (5, 0.2%)

1 に創作, に於, の人物, の効果, の對話

▼ 舞臺面~ (5, 0.2%)

1 の意匠, はいかにも, をも彩る, を思ひ出し, を持つ

▼ 舞である~ (4, 0.1%)

1 から念仏踊り, とは一見, のを, 八

▼ 舞では~ (4, 0.1%)

1 ある, ないかという, もどきと, 室町に

▼ 舞とも~ (4, 0.1%)

1 女幸若とも, 楽とも, 見られなかつたの, 謂はれ

▼ 舞はし~ (4, 0.1%)

1 の事, の人形, の百太夫, は此

▼ 舞ひあが~ (4, 0.1%)

1 つたのを, つてゐた, つて封蝋の, つて雪の

▼ 舞ひあがつ~ (4, 0.1%)

1 ていつた, てどこ, てひと, て二人

▼ 舞ひたつ~ (4, 0.1%)

1 てしまはない, やうに, 懶惰は, 疾風歓喜空を

▼ 舞ひと美食~ (4, 0.1%)

4 と酒

▼ 舞ひめぐる~ (4, 0.1%)

1 こと, さまを, 舞踏の, 諸靈

▼ 舞ひ戻つた~ (4, 0.1%)

1 が伊庭, 人間で御座います, 次第だ, 蒲原氏が

▼ 舞ひ戻る~ (4, 0.1%)

1 ことによ, そして彼女, やうに, 気に

▼ 舞へる~ (4, 0.1%)

1 ものかと, ゆふ, 思の, 扇の

▼ 舞をも~ (4, 0.1%)

2 なしえつべき少女 1 合せしを, 監督した

▼ 舞~ (4, 0.1%)

3 つた 1 つて

▼ 舞下る~ (4, 0.1%)

1 危惧の, 浪の, 雪片が, 雲に

▼ 舞~ (4, 0.1%)

2 を断念 1 と即, と滑稽

▼ 舞臺一パイ~ (4, 0.1%)

1 に動く, に匂, に玉, に竝

▼ 舞臺裏~ (4, 0.1%)

1 から天井, の小さい, の樂屋, を應急

▼ 舞臺顏~ (4, 0.1%)

1 がどうしても, も造れず, よりも清潔, を拵

▼ 舞~ (4, 0.1%)

1 なんぞというの, の味噌汁, の煮つけた, は小山

▼ 舞~ (4, 0.1%)

2 と四分板, を切っ

▼ 舞蹈会~ (4, 0.1%)

1 で近づき, と云う, に出た, の時此奴

▼ 舞蹈場~ (4, 0.1%)

1 である, に入り, は可也, へ遊び

▼ 舞~ (3, 0.1%)

1 囃子を, 正殿鎌倉に, 謡か

▼ 舞した~ (3, 0.1%)

1 ことは, のだ, ヘルマン・バアルは

▼ 舞~ (3, 0.1%)

1 がたふり袖きせ, がた哀しく, がた声は

▼ 舞とか~ (3, 0.1%)

1 やっこ踊りとか, 土俗的な舞い, 幸若舞などは

▼ 舞との~ (3, 0.1%)

1 ように, 有名な, 関係が

▼ 舞なども~ (3, 0.1%)

1 交つてゐた, 御肴, 演じられて

▼ 舞ひく~ (3, 0.1%)

1 だり, だりし, だりて花

▼ 舞ひと~ (3, 0.1%)

1 いうて, の二つ, も觀

▼ 舞ひ落ちる~ (3, 0.1%)

1 あたりの, 光景を, 靄の

▼ 舞ふて~ (3, 0.1%)

2 地に 1 は翼

▼ 舞上つて~ (3, 0.1%)

1 しまつ, 忽ち高く眩しい, 行くの

▼ 舞上り~ (3, 0.1%)

1 たり, 数千の, 雲雀の

▼ 舞下っ~ (3, 0.1%)

1 てとうとう, て来, て片端

▼ 舞~ (3, 0.1%)

1 允, 允という, 允は

▼ 舞埃城~ (3, 0.1%)

1 と訳せり, の市外, 狭路電車縦

▼ 舞~ (3, 0.1%)

1 かな, は然ること, を見せた

▼ 舞~ (3, 0.1%)

1 の古雅, をうたう, を持つ

▼ 舞立つ~ (3, 0.1%)

1 て亂合つて, 折は, 砂煙の

▼ 舞系統~ (3, 0.1%)

1 から出た, なること, を意味

▼ 舞臺正面~ (3, 0.1%)

1 の簾, まで控, 描いた後光

▼ 舞臺裝置~ (3, 0.1%)

1 から人物, です, を見つける

▼ 舞~ (3, 0.1%)

1 にぴたり, を着ける, を穿いた

▼ 舞~ (3, 0.1%)

1 がある, となる, の声

▼ 舞あげた~ (2, 0.1%)

2 としたら

▼ 舞ぎぬ~ (2, 0.1%)

1 の袂, の袖

▼ 舞そのもの~ (2, 0.1%)

1 の価値, よりも暗示

▼ 舞~ (2, 0.1%)

1 とか言い, と言ふから

▼ 舞つた~ (2, 0.1%)

1 がよぼよぼ, と云

▼ 舞なと~ (2, 0.1%)

1 一さし舞わしゃれ, 田楽舞なと

▼ 舞などが~ (2, 0.1%)

1 其です, 出て

▼ 舞などという~ (2, 0.1%)

1 ありきたりな, のを

▼ 舞はせる~ (2, 0.1%)

1 が名, 風を

▼ 舞はむ~ (2, 0.1%)

1 と思へ, と欲する

▼ 舞はれ~ (2, 0.1%)

1 てゐた, 一万余人の

▼ 舞はん~ (2, 0.1%)

1 とする, と欲しぬ

▼ 舞ひいで~ (2, 0.1%)

1 さていと, つつ

▼ 舞ひがし~ (2, 0.1%)

1 てやつ, て引きつける

▼ 舞ひこみ~ (2, 0.1%)

2 て御

▼ 舞ひこむ~ (2, 0.1%)

1 窓口に, 譯だ

▼ 舞ひこんだら~ (2, 0.1%)

1 矢張り多少, 議員も

▼ 舞ひつ~ (2, 0.1%)

1 踊りつ煩, 飛びつして

▼ 舞ひつ歌ひつ足速~ (2, 0.1%)

2

▼ 舞ひといふ事~ (2, 0.1%)

1 で後, も見え

▼ 舞ひめ~ (2, 0.1%)

1 ぐりつゝこれを繰返し歌終り, ぐりつゝ進み

▼ 舞ひゆく~ (2, 0.1%)

2 すが

▼ 舞ひ上げ~ (2, 0.1%)

1 てし, ながら村

▼ 舞ひ上り~ (2, 0.1%)

1 はて知らず, 猿達の

▼ 舞ひ下り~ (2, 0.1%)

1 て休み, て雪

▼ 舞ひ下りた~ (2, 0.1%)

1 天人が, 天使の

▼ 舞ひ下る~ (2, 0.1%)

1 すさまじい風景, と鈍い

▼ 舞ひ乱れ~ (2, 0.1%)

1 てゐた, 翼の

▼ 舞ひ出した~ (2, 0.1%)

1 のだ, 彼女の

▼ 舞ひ去~ (2, 0.1%)

2 つてゐた

▼ 舞ひ戯れ~ (2, 0.1%)

2 てゐる

▼ 舞ひ来る~ (2, 0.1%)

1 細き葉, 蝶の

▼ 舞ひ立ち~ (2, 0.1%)

1 て, むつと

▼ 舞ひ終る~ (2, 0.1%)

1 にいたる, 一曲の

▼ 舞ひ落ち~ (2, 0.1%)

2 て来る

▼ 舞ひ込む~ (2, 0.1%)

1 のだ, 時分だ

▼ 舞ひ降りよう~ (2, 0.1%)

1 としてあ, とはしません

▼ 舞ひ離れ~ (2, 0.1%)

1 て來, て来た

▼ 舞ふお~ (2, 0.1%)

2 夏と

▼ 舞ふて居る~ (2, 0.1%)

2 のだ

▼ 舞ふよ~ (2, 0.1%)

1 と見れ, り黒川村

▼ 舞ぶり~ (2, 0.1%)

1 も綺麗, を伴

▼ 舞へども~ (2, 0.1%)

1 すべぞ, 舞へども

▼ 舞まで~ (2, 0.1%)

1 入れて, 出つくして

▼ 舞より~ (2, 0.1%)

1 心を, 演じない夫

▼ 舞よりも~ (2, 0.1%)

1 わざの, 低く見られた

▼ 舞~ (2, 0.1%)

1 た笠, ている

▼ 舞上つた~ (2, 0.1%)

1 あゝ其, と見る

▼ 舞上れる~ (2, 0.1%)

1 を望見, 飛空機を

▼ 舞下った~ (2, 0.1%)

1 と思った, ような

▼ 舞人甲~ (2, 0.1%)

2 に鼠

▼ 舞~ (2, 0.1%)

2 を演じた

▼ 舞~ (2, 0.1%)

2 の人

▼ 舞~ (2, 0.1%)

1 から出, にか

▼ 舞~ (2, 0.1%)

1 は牧草, または舞埃城

▼ 舞~ (2, 0.1%)

1 に出, に宛てられた

▼ 舞~ (2, 0.1%)

1 の形, はその

▼ 舞拍子~ (2, 0.1%)

1 の一歩一歩, をトントン

▼ 舞振り~ (2, 0.1%)

1 に眼, を見せた

▼ 舞立っ~ (2, 0.1%)

1 たり, て乱

▼ 舞~ (2, 0.1%)

1 となれる, の如く

▼ 舞~ (2, 0.1%)

1 なり然, に似

▼ 舞臺化粧~ (2, 0.1%)

1 のまま, を洗

▼ 舞臺姿~ (2, 0.1%)

1 に添, の肉襦袢一つ

▼ 舞臺監督~ (2, 0.1%)

1 の云, もなかつたらしく

▼ 舞臺藝術~ (2, 0.1%)

1 がこの, のこと

▼ 舞臺衣裳~ (2, 0.1%)

1 を片付け, を着た

▼ 舞臺開き~ (2, 0.1%)

1 に東京, も見

▼ 舞落ちる~ (2, 0.1%)

1 のであった, 淡雪も

▼ 舞~ (2, 0.1%)

1 など教えられつ, の手拍子

▼ 舞蹈服~ (2, 0.1%)

1 はいくら, を着た

▼ 舞~ (2, 0.1%)

1 で参ります, で来た

▼ 舞騰躍し~ (2, 0.1%)

1 て自由党, て自由黨

▼1* [337件]

あるものは, 舞いつおどりつ, 舞えっ益満, 舞ぎぬほさぬ雨の日, 舞ぐらいが少々目さき, 舞ぐらいにしか今は, 舞さくら踊などが印象, 舞されれば何, 舞しか残って, 舞してるのは, 舞し退いたという, 舞じゃ槍舞じゃ, 舞すべき也, 舞せいといわれれ, 舞そんな無邪気な, 舞だけでは, 舞だに終ったなれば, 舞つたのでせう, 舞つた兵士が敵前, 舞つた時大夫の役, 舞つた狂将の幽魂, 舞つちまつたよ, 舞つてなか子の眼, 舞つて亂る, 舞つて何か清々, 舞つて來ました, 舞つて日が此上, 舞つて晴天に雪, 舞つて池の上, 舞つて海に散る, 舞つて甲板の上, 舞つて舞ひながら, 舞つて行つた, 舞つて都におとどまり, 舞しまふ, 舞であったと思っ, 舞であり百姓舞であった, 舞でありまして私, 舞であろうと見, 舞といへるは, 舞とかいうものやら, 舞とかいふやうな, 舞とかに舞と, 舞とがいかなるもの, 舞として其の金子, 舞としての部分を, 舞とをおぼろに, 舞ながらも面づかい, 舞なぞからあの, 舞なぞは願い下げじゃ, 舞などにも行はれ, 舞などに対する穏かな, 舞などの影響から, 舞などは武家の, 舞などを踊りだした, 舞にもおもしろみ, 舞に対しては踊りである, 舞に対する曲舞の, 舞のぼる蛟龍の, 舞はにや影も, 舞はれし女子は, 舞はんことを請願, 舞ばかりのも, 舞ばかりを幾組も, 舞ひあがつたものと, 舞ひあがらしめよ, 舞ひあがらなければ井中, 舞ひあげて柵, 舞ひあげられてしまふ, 舞ひありく人の, 舞ひあるくたびに, 舞ひおりた時花婿は, 舞ひおりるばかりです, 舞ひかつ歌は, 舞ひから出て居る, 舞ひくだる翼のけ, 舞ひこむのだつた, 舞ひこまないかな咄, 舞ひさがり舞, 舞ひさうなあの, 舞ひさして, 舞ひしたものな, 舞ひすましたる男の, 舞ひそめない時分で, 舞ひぞ入り来る, 舞ひたちあがるすがたかな, 舞ひたてるところに, 舞ひたりけるにしんむしやう, 舞ひたるすげ笠の, 舞ひだつたから氣, 舞ひつづけることが, 舞ひつれば勧賞, 舞ひつ片去りに, 舞ひつ謠ひつ藝づくしをし, 舞ひで天子様の禊ぎ, 舞ひと同一である, 舞ひと言へば幸若舞, 舞ひのぼり舞ひめぐり, 舞ひのぼる雲雀の, 舞ひはじめたり, 舞ひまうたのはそれ, 舞ひませうか, 舞ひめぐりしつかと押, 舞ひめぐれかし, 舞ひもどり一つ橋家の, 舞ひもどる氣が, 舞ひも行はれる, 舞ひも頗象徴的のもの, 舞ひゐたる諸靈ダンテ, 舞ひ上りたる八珠, 舞ひ下りるが中, 舞ひ仕へまつらふ, 舞ひ出て夢見る如き, 舞ひ出でて, 舞ひ和らげおどけぶりを, 舞ひ好く歌ふ, 舞ひ廻り猫や, 舞ひ得て妙, 舞ひ戻らうかなだが, 舞ひ揚がることが, 舞ひ揚つたと見る, 舞ひ揚り舞ひ降り, 舞ひ揚ることが, 舞ひ揺らぐ無数の, 舞ひ散つてゐた, 舞ひ散つて再び, 舞ひ散る無数の, 舞ひ来りて又, 舞ひ極まればわが, 舞ひ歩きたいほど軽い, 舞ひ歩くものなどの, 舞ひ沈みながらゐた, 舞ひ現れて雨あがる, 舞ひ疲れては黄塵, 舞ひ移る蜂の, 舞ひ立ちおどろかしたもの, 舞ひ立ちしかどなほ, 舞ひ立つて夜もすがら, 舞ひ立つた鶴の, 舞ひ納め一首を, 舞ひ終りひよいと, 舞ひ落ちた秘密な, 舞ひ落ちようとする, 舞ひ行くは, 舞ひ走り風の, 舞ひ起つ雲を, 舞ひ躍る鰻並びに, 舞ひ込みさう, 舞ひ込めて襲, 舞ひ進むときその, 舞ひ遊んでゐた, 舞ひ降つて來た, 舞ひ降つて, 舞ひ降りたかと思ふ, 舞ひ降りるばかりでした, 舞ひ飛んでゐる, 舞ひ騰り黒ずんだ天井の, 舞ふいらご, 舞ふからの名, 舞ふが如き美音は, 舞ふさまは, 舞ふさまいかにと芝居, 舞ふその姿, 舞ふた経験を, 舞ふてゆくへを問, 舞ふてゐて人, 舞ふて見せむ, 舞ふでしよう, 舞ふといつた, 舞ふべくもあらぬ, 舞ふよ髑髏めづらしや, 舞ふ如く蝋燭の, 舞ふ行く春の, 舞へといへば, 舞へとて春の, 舞へどその身, 舞へれども, 舞まいは越前幸若, 舞またいわゆる七道, 舞までは破の, 舞まわされて走らず, 舞みだれの蝶々髷, 舞もはや終りし頃, 舞やら楽やら, 舞やらで楽しんで, 舞り上がって下, 舞り廻る裸形の, 舞が如く, 舞わしその他の遊芸者, 舞わし前で見, 舞わし手品軽業というよう, 舞わる事山羊児に異ならず, 舞を以て仕事を, 舞ハシ孤舟の, 舞爲サザルハ論ナシ, 舞一くさりあり, 舞上げ舞下る, 舞上げられてはこれ, 舞上らせながら喚いた, 舞上らせることだ, 舞上り舞下りて, 舞上ろうとする, 舞つたやう, 舞下つて來た, 舞下つて水にびつしより浸染ん, 舞下りる弾丸を, 舞下り千メートルぐらいの高度, 舞下り小男の頭, 舞下ろうと致しました, 舞不出来にて見る, 舞乱れたりする, 舞了つて濱主の奏し奉つた, 舞人がてん手に執つた, 舞人まひけれどもさせる, 舞人二人づつからみ合ひ候, 舞人自ら其主たる神, 舞人達はあたかも, 舞人鼓手もみな, 舞以前におきかえた, 舞以外にもとりわけ, 舞以後ある大, 舞以来謡ふ方, 舞を教え, 舞伎的要素の過剰, 舞俗情の了解, 舞出して漁師町, 舞刀隊西北よりは夏侯淵, 舞切りというよう, 舞及び幸若, 舞合表へ逃げだしました, 舞囃子の音, 舞囃子装束道具その他何によらず出来る, 舞四十人これも武人, 舞埃城市は狭い, 舞埃城市外の道, 舞埃市の郊外, 舞城市があかつき, 舞である, 舞より来たる, 舞太夫すべて幸若に関した, 舞太夫女を曲舞太夫, 舞女装束唐衣唐裳菩薩装束などの言葉, 舞の身, 舞と呼ばれる, 舞小鼓何んでも, 舞尽しと言, 舞と言, 舞山巓上去巓一尺余, 舞師笛師などとある, 舞に下りぬ, 舞延びて貫一, 舞も出, 舞役者の若衆, 舞の大ノリ地, 舞覽記と, 舞忽然として, 舞の婆娑婀娜, 舞手たちよ, 舞手踊振所作, 舞揚つて人々は黄色い, 舞揚つて騒しく鳴いて, 舞揚ろうとしてやがて, 舞擂粉木踊だ, 舞数十百輩満城奔波如湧, 舞数番舞わせて, 舞文牽強附會で出, 舞方ダンテ時代において特に, 舞果てると鼻, 舞樂伎樂の古, 舞樂殿の附近, 舞樂面がまだ, 舞殿楽房などを綜合, 舞殿神餐殿御饌殿, 舞海底牢獄の一部, 舞演劇美術のすべて, 舞猿楽師といったよう, 舞獅子の条, 舞獅子之人率本地祠丁平日被役於人, 舞用具の一種, 舞が百五十匁, 舞畢演戯一折然後啓霊, 舞立ったような, 舞立てて心地, 舞童女二人に楽人三名, 舞のもの, 舞納めて一礼, 舞終り樂收まりしにも, 舞る鼓, 舞ミ簾ヲ, 舞者たるは其の, 舞のごとく, 舞臺がまはつて, 舞臺人の世界, 舞臺人物時代といつた, 舞臺代表等である第, 舞臺使命の上, 舞臺寫眞や女優, 舞臺愛嬌がある, 舞臺文學である謠曲, 舞臺横手のやう, 舞臺白粉もろくに, 舞臺監督者及び小, 舞臺着の振袖, 舞臺稽古をし, 舞臺衣しようをソックリ, 舞臺裏さ來て見る, 舞臺裝置大道具小道具にも贅, 舞臺裝飾や採光, 舞臺開を兼ね, 舞の枝折戸, 舞良戸の戸袋, 舞茸毒ありとても, 舞茸玉茸の類, 舞葡萄とかいう木, 舞にあり, 舞衣うしろ手見よと, 舞衣三勝半七酒屋の段, 舞衣五人紅の草履, 舞衣姿のまま酌, 舞袖事たき十九歳, 舞謡囃子等の全部, 舞豊後節役者の真似事, 舞起つて北東, 舞あり手, 舞路会に, 舞躍してこない, 舞へ抛り出された, 舞の台本, 舞で目貫穴, 舞長唄常盤津歌沢狂言テニス氷辷り等, 舞降りて僕, 舞の人, 舞雀躍した, 舞靜めたそれ, 舞の災, 舞馬四百を左右, 舞など師匠