青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「舎~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

與~ ~興 興~ ~興味 興味~ ~興奮 興奮~ 興行~ ~舌 舌~
舎~
~舞 舞~ ~舞台 舞台~ ~舟 舟~ 航海~ ~船 船~ 船長~

「舎~」 1880, 20ppm, 5663位

▼ 舎~ (516, 27.4%)

14 方へ 12 中に 11 中へ 10 前に 9 中で 7 前の 6 中には, 中を 5 中の, 前には, 前を, 外へ, 屋根の, 方で, 方の 4 なかに, やうな, ような, 中から, 前で, 前まで 3 主人が, 二階から, 外に, 屋根に, 隅に

2 [30件] うしろへ, うちに, うちには, ために, なかへ, まわりには, やうに, ように, 中では, 中は, 主人は, 入口, 入口に, 内に, 内を, 周囲を, 外には, 外の, 戸が, 戸を, 戸口に, 扉を, 時には, 横を, 者を, 蔭に, 連中が, 門を, 間に, 隅で

1 [307件] あたりは, あたりへ, あちらこちらに, あった頃, あつた, あとのみ, あるその, うしろには, うしろの, うしろ丘の, うちから, うちで, うちの, うらぶれた村, かどにす, かみさんの, きのこ屋根の, くすぶった破風, こと, ことだ, ことで, ごときもの, ごとし, すき間から, すぐ上, すぐ横, すぐ裏, すこし上, すみに, せまい板じき, ところまで, どてらに, ない村, なかからは, なかで, なかでは, なかには, なかの, なかは, ひとつへ, ひろい床, ほうへ, ほとりまで, まはり, ままであるらしかった, まわりでは, ような寝, ようにしか, わきに, わき棚の, アンペラに, トボトボと, 一つで, 一つへと, 一人娘トヨで, 一夜が, 一室に, 一年生に, 一日亭から, 一隅には, 一隅へ, 上に, 下は, 下足番とか, 不便で, 世話まで, 中にまで, 中にも, 中へは, 主人と, 主人なども, 主人なり, 主人に, 主任か, 主僧, 乗越し冷, 乾藁に, 事は, 二階からは, 二階の, 二階へ, 二階を, 井水が, 亭主は, 人々は, 人たちが, 人となり或は, 人に, 人の, 仕事も, 付近に, 代表する, 伊太利風の, 住人が, 修繕などを, 側に, 傍から, 傍の, 傍らから, 傍らに, 先生だ, 入り口から, 入り口に, 入口には, 入口の, 入口まで, 八分どおりこわれた, 兵士らは, 内で, 内では, 内は, 内儀さんだ, 内外を, 内部, 内部が, 円屋根を, 処へ, 前にも, 前は, 前身は, 匂いが, 匂いは, 古いの, 号が, 同窓で, 名称は, 向う側に, 周囲には, 命令をば, 商用の, 団体室の, 在り場, 堆肥が, 壁が, 壁鉄扉に, 外から, 外側には, 外壁に, 外見の, 夜襲, 天井にと, 奥へ, 女が, 女とは, 女ばかりが, 女を, 始であった, 娘の, 孫が, 客, 寝台の, 寮を, 将来の, 小さな屋根, 小学校で, 小森さんでしょう, 屋根が, 屋根まで, 屋根舞台右手寄りに, 屋裏に, 工場という, 底をも, 店の, 建って, 建築に, 弓矢の, 後には, 後ろから, 得意に, 悪臭から, 成りしとき, 戸じ, 戸は, 戸口から, 扉の, 指定を, 数は, 敷藁, 方から, 方が, 方でも, 方に, 方は, 方を, 方角に, 日常は, 暗い屋根, 暮しを, 期を, 村夫子も, 板の, 板壁を, 林忠七方は, 柱に, 柵の, 柵も, 森まで, 横から, 横の, 横丁へ, 横木に, 横額あり, 樹蔭の, 歌塾は, 洋燈の, 浅春, 深い乾草, 深い消息, 漢字校正係に, 炉ばた, 為に, 燈火を, 片棒を, 片隅に, 牛さへ, 物干, 独房に, 生徒が, 生活は, 生活より, 生活を, 男だった, 男達の, 町に, 番人から, 番小さな, 番頭が, 病室は, 硝子戸の, 積みか, 空気の, 空気や, 窓を, 立て札に, 笹巻の, 笹巻を, 紅い火, 続くところ, 縄を, 羽目を, 翁これを, 者で, 者どもは, 者に, 者は, 者達まで, 肥料を, 背後を, 臥具を, 舎長として, 荘厳に, 著述なら, 葺屋根に, 蓆戸に, 薄闇の, 装具置場の, 裏に, 裏二階に, 裏手には, 裏手の, 裡に, 襖の, 規律勧戒を, 親娘, 親爺が, 親爺の, 設備が, 設備の, 豚の, 豪華版から, 資材を, 質素な, 踊り子を, 軒並みさ, 輪奐の, 辺更に, 近くに, 近くの, 近傍に, 近傍には, 近所から, 近所の, 遺物も, 部屋が, 部屋の, 部屋は, 郵便局も, 酒宴は, 金網の, 鍵を, 門に, 門人であった, 閑寂三昧に, 間を, 附添などが, 附添夫が, 附近に, 附近へ, 隅から, 隅へ, 障子には, 雨, 響きが, 頂きが, 頭の, 馬丁か, 鵞鳥も

▼ 舎~ (215, 11.4%)

6 帰って 4 入って, 着いて 3 出て

2 [11件] いて, 住んで, 入れて, 指定された, 残して, 泊って, 着いた, 繋いで, 置きて, 著いて, 訪ねて

1 [176件] あった祠, あって, あつめて, ありて, あること, いた, いたるまで, いた女, いた時, いた老人, うすい配給毛布, かういふの, かかるまで, かがんで, かけて, かたまって, かつぎ込まれて, して, すむこと, すんで, たしかに泊, たどりついた, たびたび出かけ, ちょっと類例, つないで, とまって, なって, のこしひとり, はいった, はじめて明るい, ひきあげたの, ぶつかった川面, まだ寝, もぐり込み白樺, もどって, ゆきました, ゐては, ゐなくなつ, 一と, 一夜ねむり, 一族郎党と, 仕へ, 休み口碑伝説, 休んで, 似た不思議, 似た大浪, 似て, 似てる, 住む者, 住んだ渇き, 住んだ者, 住んどるの, 佳名を, 使用し, 候ふべきで, 入った兎, 入つた, 入られたの, 入りて, 入り入口, 入る, 入るの, 入る前, 入門し, 入門した, 出はいりする為め, 出掛けたの, 参ずる傍ら, 問合せても, 地下足袋を, 変わって, 夏陽さし, 大きな波, 大きな音, 婢や, 安ん, 宿して, 宿って, 宿を, 寄寓した, 富岡が, 寝て, 寝起し, 寝転んで, 就いて, 居らない, 居るの, 居る大変, 山で, 帰して, 帰った, 帰つたのは, 帰つて見た, 帰り校長, 帰ると, 帰る方向, 帰る途上, 座って, 復, 慣れると, 戻って, 戻ると, 扶桑本社と, 投げ出したとか, 投げ込んで, 持って, 捕われ転じて, 於て, 旋条銃を, 昨夜わざ, 来り見れば, 来るの, 棲んで, 泊められたの, 泊り込んで, 泊るといふ, 火を, 猛犬の, 生まれたごとく, 留まつて, 留めて, 監禁された, 真夜中過ぎの, 着いた時, 着いた私, 着きました, 着く, 着くと, 着手し, 私を, 移つたと, 移つたといふ, 移る, 移ること, 立ちよって, 納められた, 結構な, 置くこと, 而已光明が, 脂粉の, 著き其夜, 行くこと, 行って, 見る鉛筆, 見物に, 言った, 訪うた, 訪ねるだいぶ, 訪れたり, 訪れて, 謹慎し, 貢いだり, 賜死らしむ, 起臥し, 跳りこんだ, 辿りつくと, 辿り着き和尚, 逗留し, 這入りますと, 這入るの, 通ずる狭い, 連れこんで, 連れを, 遊びに, 運び入れられ夜, 野宿を, 錠を, 閉じ籠め硫黄, 陸あげされた, 集って, 集っては, 靴を, 頭を, 餌われあるいは, 館する, 駕を

▼ 舎~ (162, 8.6%)

5 建てて 4 作って, 出て 3 指して, 訪ねた 2 たてて, つつんで, 出た, 出たの, 出てから, 置いて, 訪ねて

1 [129件] あずかり牛飼頭, うちこわし水車, お作りに, かけたの, かたっぱしから, ぐるぐる巡つ, こしらえて, ことごとく調べました, こめて, こわした話, して, しめる時, つくった時代, つくって, つくつたが, つくるのに, つつみかけた, つらねて, とって, ぬけ出すと, のぞきみる, みみづくの家, 一つ建てた, 一変し, 一巡し, 三軒写生した, 与えられ一方, 作りそれ, 作り仏像, 作り唯一人, 借りて, 借り受ける努力, 入れて, 写生した, 出で, 出でて, 出ながら, 出る, 出ると, 出る時, 受持って, 営み子弟, 地震の, 家らしい, 将ち来り, 尋ねしも, 尋ねました, 山の, 建て, 建てた時榛の木, 建てること, 建て一藩, 建て十方僧, 廻って, 引きあげて, 引張り出して, 引払って, 引揚げたら, 引揚げろ, 張って, 張つてゐる, 彼処に, 得られたの, 思い出した, 思ひ出して, 急ごしらえの, 択んで, 拵えて, 持って, 持つ大使館, 指定する, 挙げて, 挟むが, 捐てられし, 探しに, 掩護物に, 提供し, 改造せる, 敲くと, 新設し, 望む, 東西から, 根拠地に, 検査し, 欲せない, 毎晩空に, 洞の, 灰燼と, 点綴した, 焼かんと, 焼き官物, 焼く白日これ, 福山に, 私が, 立ったすぐ, 築きて, 組立てて, 締め切って, 置いたそう, 襲う野犬, 襲おうと, 見たいな, 見たもの, 見つけること, 見て, 見に, 見ろ, 見出すこと, 訪うたの, 訪うた記事, 訪ねに, 訪ねました, 訪われたの, 起す並びに, 辞した, 退いて, 逃げ出して, 造りこの, 造り畠, 連ね美しく強い, 過ぎると, 遠巻きに, 閉づると, 閉めて, 閉めると, 開け放った, 雨ざらしの, 雪が, 飛び出して

▼ 舎~ (125, 6.6%)

8 帰って 4 行って 2 入って, 帰った, 戻つた, 来た, 訪ねて, 這入ッ, 遊びに

1 [99件] いっては, うかがって, かくれた, その外国人, つないで, つめ切りで, ふいに, みちびいた, もどって, やって, やって来たって, やって来ました, 一同を, 一緒に, 下りて, 乗りつけた時, 乗り込もう, 乗り込んで, 乗込んだ時, 二十銭の, 使ひ走, 僕は, 入ると, 出かけて, 出る, 出掛けて, 出掛けよう, 別れるの, 十五歳の, 参って, 取りついたが, 同儕, 向って, 姿を, 寄ること, 寄ろうそれから, 尋ねて, 導いた, 山林局の, 帰りまして, 帰ること, 帰れ気取られぬよう, 平林が, 戻った光, 戻って, 戻り机, 戻ると, 持って, 指して, 敵方の, 来た小舎, 来ても, 楽士として, 泊る費用, 火を, 無事に, 着いた, 着いたの, 着いたら大将みたい, 着いたら山, 着いた時, 移つた時の, 移つて, 移つてからの, 移ること, 移る前日, 立ち寄りありのまま, 立寄りそれから, 自由に, 草の, 行かないとき, 行きますけれど, 行き家, 行くか, 行くべく機関庫, 行く途中, 越して, 辿り着いた老, 迎えまず, 退って, 退るが, 送りこんだ連中, 逃れると, 這い込んで, 這ひ込む, 這入つて, 這入らない程度, 這入る, 通ふ, 連れて, 運び入れて, 遠ざかって, 部将から, 都合十一人の, 集まるん, 電話を, 韃靼人を, 飛びつくの, 駈け出すの

▼ 舎~ (112, 6.0%)

14 ある 7 あった 5 あって 3 一棟 2 あつた, できて, 建って, 置いて, 見えた

1 [73件] あったが, あったと, あったり, ありここ, ありました, あり左手, あり食料, あるから, あるここ, あると, あるの, あるばかり, ある事, ある小舎, ある岩石, いくつか, かくれて, ぐらぐらと, しらべられた, すこしずつ, それから, どれ程の, なくて, ひどく低く小さく見える, ほとんどセラ大寺, わからない, 一軒ある, 三カ寺所北寮が, 三棟あつ, 並び大きな, 二戸ある, 二軒も, 二軒立っ, 付きものに, 何だか広く, 何軒か, 出来あがった, 出来て, 十近く並ん, 四ツ五ツ固まっ, 多く壊れた, 嫁の, 少しある, 幾つも, 幾棟も, 幾棟其処らには, 建つて, 建てられたの, 建てられたり, 建設された, 恋しくなりました, 数十里にわたって, 残つてゐる, 気に, 気に入った, 沢山あっ, 沢山立っ, 流れの, 点在し, 燃えきって, 爆発した, 現はれた, 留守の, 白い雪, 眺められた, 私達を, 空屋で, 置かれて, 見えるので, 見つかりました, 軒を, 近ごろ出来, 面白かったら

▼ 舎~ (71, 3.8%)

3 大官大寺に 2 雪の

1 [66件] あるに, この上流組, しけましてねえ, しばらく森閑, すぐそこ, その権利, それから, なくシェラ山岳会考案, めりめりと, もうそこ, もと足利義昭の, サクラ号から, トラックを, ドームの, 一時繭買の, 丞相府の, 以前の, 僕が, 全く霧, 内部も, 出て, 出来あが, 利根の, 単に大きな, 各四室, 大急ぎで, 実にロシア民家, 寂しい山, 富士などの, 山の, 山の上に, 山岡氏の, 市指定と, 幾つも, 御城下, 忙しい, 怪我人を, 惜しみなく, 批評に, 攻撃を, 本年初め市指定と, 村の, 東京到る, 東西に, 果してどんな, 標高約, 漢医方の, 然し人里, 牧場のむ, 狂人病棟の, 病人の, 石を, 秀吉の, 空っぽである, 空にな, 空家と, 立山の, 立派で, 紹介状だに, 義塾に, 脊が, 謂うところ, 辛うじて雨露, 野中に, 雀ばかりの, 非常に

▼ 舎~ (65, 3.5%)

2 安らかに

1 [63件] あうこと, あらう, おそくなる, この歌, その遠音, はや将士, また或, もてなした, やつて, わびしく迎えた, キャンキャンけたたましく, タバコは, ヴァイオリンを, 一人ぽつねんと, 下手の, 二軒とも, 二間四方の, 亡友曾我部一紅追悼登山の, 人々が, 今夜は, 休ませて, 休めと, 僧侶らの, 別れた弾正忠定, 別れて, 型の, 外国映画に, 大町から, 学んだ人, 定遠, 寝と, 寝起きを, 彼女に, 待って, 待つという, 御酒が, 暗殺された, 書いた私, 最中という, 朝食を, 朝飯を, 此の, 汁と, 泊って, 泊まりますから, 深更まで, 煩ったこと, 独りで, 独り仕事を, 生活し, 生活する, 私は, 落ち合いクリスチナ, 落合った折, 道化が, 達雄夫婦は, 酒を, 酷く煩った, 門口に, 首を, 鳴らして, 鳴り机, 鶏が

▼ 舎から~ (50, 2.7%)

4 出て 3 小舎へ 2 二つばかり, 姿を

1 [39件] いちいち運ぶ, お茶を, かんがりと, これまで, すこし離れる, ちょっと沙汰, わずか離れた, 一頭の, 三つばかり, 三成社に, 三頭の, 二三町も, 他の, 便所から, 出た白い, 半里, 南方に, 吊り橋を, 外に, 山門すべても, 帰りがけに, 幽霊の, 弓矢を, 引き出されて, 持つて, 新たに, 槍ヶ岳までは, 武器を, 火災が, 病室見舞に, 脱け, 臨時附添に, 臨時附添夫が, 自分の, 註文した, 送られて, 雛児を, 離れた, 駆けて

▼ 舎には~ (26, 1.4%)

2 いって

1 [24件] あやめゆりすみれ, いる規則, かじる一本, たちまち火, サーツバシと, 一室一名づつの, 一泊十円の, 人が, 人知れず数名, 前日水揚した, 小さな炉, 小さな穴, 屹度酒が, 戸口以外にも, 松栗檜柿などといふ, 欅の, 満足に, 火が, 燈火が, 病勢が, 老婆が, 蓮華谷の, 郊外の, 酒瓶が

▼ 舎~ (23, 1.2%)

2 言ふ

1 [21件] いうから, いうべきもの, いえば, いって, なった, 健康舎とに, 刑期に, 名づけて, 呼び作業, 呼ぶその, 呼ぶ葬具屋, 命けたのも, 奇麗な, 官舎が, 思って, 感じたの, 捩つた, 病院建築の, 舎の, 言って, 重病室最後は

▼ 舎~ (22, 1.2%)

1 [22件] あり, ありそれ, ある, いっぱいで, だん, なかなか立派, ろとも, 一個の, 其の川向, 出来て, 四つ五つあるです, 大分見えます, 大工さんの, 市指定に, 庭園も, 早晩トキオイに, 法衣に, 流れも, 点々と, 聯合軍の, 要る, 近々に

▼ 舎~ (14, 0.7%)

1 [14件] か何, がずっと, に住ん, のある, の一劃, の先生, の子供たち, の羽目, へ呼ばれ, へ案内, や住家, らしいもの, をお, をヴヰラ

▼ 舎まで~ (13, 0.7%)

1 [13件] とんで, わざわざ答案, 全く雪, 其日四時三分の汽車で, 千余の, 引き返した次第, 持参いたしました, 揃つてゐる, 来た飛騨, 来て, 私達は, 行くこと, 行って

▼ 舎~ (11, 0.6%)

3 の鎮守 1 から出, にあった, に在せし, の人, の北, の市中, の耆闍崛山中, の迦蘭陀竹園

▼ 舎里好~ (11, 0.6%)

1 [11件] がいきなり, がお, である, でせいぜい, では, とかいう狂歌, と名乗る, と遊佐銀二郎, に伴われ, のもと, の家

▼ 舎という~ (10, 0.5%)

1 のが, ような, 印刷所が, 家が, 寺子屋が, 小舎を, 意味, 時計工場の, 者青州城に, 菓子屋の

▼ 舎~ (10, 0.5%)

1 でも撰ぶ, で時計, にお迎え, には警備司令部, に多く, に徙, のもの, のゴザ, の獰猛組, は中央

▼ 舎にも~ (9, 0.5%)

1 いくつかが, ちらちらと, 引いて, 憩わず直ちに, 物置小舎にも, 用が, 草が, 菊造りに, 食料にも

▼ 舎~ (9, 0.5%)

1 ことに, ごとに, といい, ところだ, にし, よく知る, 家を, 時幾百万かの, 頃に

▼ 舎がけ~ (8, 0.4%)

2 が立ち並び, をし 1 があっ, である, で辛くも, の見世物

▼ 舎では~ (8, 0.4%)

1 かけひの, ないか, まだ行なわれ, 今の, 処女会などが, 暮らせなくなった, 荷車に, 迷惑顔であった

▼ 舎那仏~ (8, 0.4%)

1 と千手観音, に対しては実, に礼賽, の修飾, の金銅像一躯, を建立, を拝, を造るべし

▼ 舎~ (7, 0.4%)

1 てい, てからは相, てくれ, てくれた, てくん, てカルカッタ, て下さいまし

▼ 舎である~ (6, 0.3%)

1 からその, この小舎, のにまだ, 六年の, 柳淀の, 箱を

▼ 舎~ (6, 0.3%)

1 その上空, 倉庫を, 周囲を, 掘返された草土, 神官の, 駅亭の

▼ 舎衛国~ (6, 0.3%)

2 にあり 1 に一日縦横四十里, に比丘, の婆羅門師質, の波斯匿王

▼ 舎衛城~ (6, 0.3%)

1 であるとか, にあっ, に在す, に在り, の中, は人口

▼ 舎~ (5, 0.3%)

1 あ紅, が便利, が小舎, といふ, な

▼ 舎錦之助~ (5, 0.3%)

1 と偽名, にお, のこと, の手前, を持ち出し

▼ 舎でも~ (4, 0.2%)

1 何でも, 出来るだけ, 帝の, 解らない

▼ 舎とは~ (4, 0.2%)

1 だいぶおもむき, 不釣合い, 区別を, 言うものの

▼ 舎へも~ (4, 0.2%)

1 子供を, 寄ると, 寄る積り, 顔を

▼ 舎~ (4, 0.2%)

1 が破壊, のてっぺん, や人手間, 悉く破る

▼ 舎生活~ (4, 0.2%)

1 する森彦, とこの, をする, を始め

▼ 舎~ (4, 0.2%)

1 が附録恥庵詩文草, にも見え, に蘭軒, の刻本

▼ 舎遺稿~ (4, 0.2%)

1 にも見え, に七絶一首, に拠る, を参酌

▼ 舎門下~ (4, 0.2%)

1 としての貴族的, の二才媛, の富貴, の才媛たち

▼ 舎~ (3, 0.2%)

1 てその, て余, 碧梧桐が

▼ 舎した~ (3, 0.2%)

1 ことを, と云, 二年の

▼ 舎~ (3, 0.2%)

1 ことを, に決っ, ようなら

▼ 舎とも~ (3, 0.2%)

1 いう可, 呼ばれる主人, 屋外に

▼ 舎について~ (3, 0.2%)

2 宿りました 1 左の

▼ 舎みたい~ (3, 0.2%)

1 だった, な宿泊所, な物

▼ 舎~ (3, 0.2%)

2 の諸君 1 と変り

▼ 舎住居~ (3, 0.2%)

1 の境遇, をした, をしよう

▼ 舎~ (3, 0.2%)

1 丘, 丘なかなか, 丘の

▼ 舎同然~ (3, 0.2%)

1 の並ん, の家, の浦和

▼ 舎~ (3, 0.2%)

1 であるに, には被害, の並ん

▼ 舎~ (3, 0.2%)

1 でこれ, で新, 仮建築期

▼ 舎~ (3, 0.2%)

1 が帰省, が潰れた, に親

▼ 舎する~ (2, 0.1%)

1 と茶話会席上, ソレ給費が

▼ 舎その~ (2, 0.1%)

1 中央に, 急勾配

▼ 舎だった~ (2, 0.1%)

1 が真暗, というの

▼ 舎つたの~ (2, 0.1%)

1 であらう, である

▼ 舎つて~ (2, 0.1%)

1 ゐたこと, ゐたらしい

▼ 舎であった~ (2, 0.1%)

1 かの売店, ところが

▼ 舎であろう~ (2, 0.1%)

2 と考え

▼ 舎です~ (2, 0.1%)

1 から, 母さんと

▼ 舎での~ (2, 0.1%)

1 やき肉, 生活は

▼ 舎として~ (2, 0.1%)

1 宛が, 縁の

▼ 舎などへ~ (2, 0.1%)

1 先生ほどの, 遊びに

▼ 舎なんか~ (2, 0.1%)

1 ねえさ, 作るため

▼ 舎へと~ (2, 0.1%)

1 導いた, 案内した

▼ 舎より~ (2, 0.1%)

1 番頭小僧ども乗り込み来り, 藁屋へ

▼ 舎らしい~ (2, 0.1%)

1 一つの, 家について

▼ 舎八十ヶ所~ (2, 0.1%)

2 が一片

▼ 舎~ (2, 0.1%)

1 がつけられ, としてつけられ

▼ 舎城耆闍崛山~ (2, 0.1%)

2 に仏

▼ 舎~ (2, 0.1%)

1 という存在そのもの, の歌会

▼ 舎宝塔~ (2, 0.1%)

1 が建っ, 高塔

▼ 舎~ (2, 0.1%)

1 庭, 庭に

▼ 舎~ (2, 0.1%)

1 の恰好, の珈琲店

▼ 舎~ (2, 0.1%)

1 尋芳, 尋芳之句乃剪数茎奉贈

▼ 舎桃林~ (2, 0.1%)

1 って, の名

▼ 舎祖筵~ (2, 0.1%)

1 の五日, の月

▼ 舎羅除風~ (2, 0.1%)

1 と作者, に草庵

▼ 舎~ (2, 0.1%)

2 の三行

▼ 舎~ (2, 0.1%)

1 として性質, となった

▼ 舎馬風~ (2, 0.1%)

1 あり珍人橘, もこの

▼1* [212件]

あてによこした, 舎ありて馬, 舎て復, 舎いっぱいに拡がっ, 舎およびバンガーの, 舎アルシーヴの, 舎かざるがごとし, 舎かで対決, 舎かにジャヴェルが, 舎からはもう一里余, 舎からも諸門, 舎がと云いかけるの, 舎ごとに分配, 舎か, 舎しか考えられなかったのよ, 舎しなければならない, 舎しなさいつてば, 舎しますわ今夜, 舎しませうよ, 舎すなわち一時的別居の, 舎われその, 舎せざること能は, 舎せずにいたら, 舎そっくりの感じ, 舎それがふたり, 舎そろそろ枕に, 舎だけがかがり火人影ただ, 舎だの直樹の, 舎だろうと云う, 舎っていうんだ, 舎つた山陽の事, 舎つた後の事, 舎つた日に至つて, 舎つた此夜妓を畏れ, 舎んや, 舎てたもう, 舎てて義を, 舎てらるれば則, 舎ででも演ん, 舎といふ文字が, 舎とかいふ処へ, 舎とが一つ歩道の, 舎としての廬屋を, 舎とて私立なれ, 舎とに大別され, 舎との間の, 舎んだろう, 舎などいつ見かけ, 舎などでは朝から, 舎などとはずんときれい, 舎などには義足趣味繃帯趣味などといふ, 舎などは最も代表的, 舎なにがしといふ者, 舎なり去りし四月, 舎なりしため服毒用の, 舎なるべく其戸に, 舎なんぞで入口を, 舎において福沢諭吉を, 舎については今にもっと詳しい, 舎にまで梯子が, 舎によってはコットの, 舎によりかかって, 舎に関する面白い点, 舎のよこまで, 舎はさ程離れ, 舎ばかりでは, 舎ばかりの隣組が, 舎へかへつて, 舎へでもほうりこんで, 舎へはお俊, 舎ほどもある枯萱, 舎までが散在し, 舎まではスキーなれ, 舎てえ, 舎めかして建てられ, 舎めがけていいかげん, 舎やらそれぞれの, 舎よりは二里の, 舎よりもまだ酷い, 舎せるの, 舎ば母, 舎れるみきき, 舎入レテアル筈ノコリーガドウシタ間違イカ飛ビ出シテ来テ, 舎方ヘ, 舎詢ヘバ豊陽館ナリトイフ, 舎一九の書いた, 舎一棟人の住む, 舎一流の戯墨, 舎三九といっ, 舎三年罹疾不起, 舎下げをうけつけぬ, 舎下げ願を書い, 舎余無, 舎丹後はよく, 舎との小さな, 舎乗越のウイスキー, 舎二百戸に坊さん, 舎五千尺の帳場, 舎人知制誥を経, 舎仕り相果て候, 舎付近居住新助長女坂上ツル, 舎以下の召仕用, 舎以外では糞便, 舎伽羅呪だと, 舎住まいを始めた, 舎働きの男, 舎先生の書きすて, 舎兎鶏からさては, 舎其他を担保, 舎見張所, 舎内外の掃除, 舎内生に転じ, 舎円香夢楼緑及び春亭九華, 舎写興と題する, 舎にビスケット, 舎という今, 舎去来となつ, 舎をゆずっ, 舎商家民屋マデ空袋ノ底ヲサグルガ如ク, 舎善く盗を, 舎堂塔も平安朝建築, 舎堂塔すべての伽藍, 舎堆肥舎衝舎農具舎その急, 舎で焼く, 舎外生から舎内生, 舎梁の, 舎大人は狭い, 舎婆提の一居士, 舎守備隊も苦戦, 舎宗匠及び市助, 舎のよう, 舎も, 舎密学に通じ, 舎の句, 舎居らず池のべ, 舎は円丘, 舎島田屋という, 舎島誠君に多大, 舎が谷工場, 舎布施屋の長男, 舎康楽高畠藍泉というよう, 舎廻廊輪蔵水屋厩御共所, 舎或は店が, 舎披露の費用, 舎をし, 舎掛けして泊まっ, 舎掛芝居の太鼓, 舎支目清くし, 舎早々ばア様, 舎はまだ, 舎期仮舎期仮建築期, 舎の飜刻, 舎本陣鍵屋の前, 舎朽廃に及ぶ, 舎の, 舎枕木を並べた, 舎柴門茅屋茂園清流入其室則窓明軒爽, 舎森田思軒の人々, 舎楼門のすべて, 舎橋梁道路などのいわゆる, 舎の日, 舎殿楼閣の沢山, 舎洞門にうちかけられ, 舎浜子の住居, 舎を出航, 舎港轟轟遥向太平洋, 舎潰えて昌盈, 舎たる裡, 舎牀頭の小, 舎犬別村鶏前川鯉各々先生, 舎生たちが仰天, 舎生一同が東寮, 舎生中でも当時大蔵大臣, 舎のよう, 舎番兼下男の為木音也, 舎懸けて, 舎社長どのいかが, 舎竿の長い, 舎の号, 舎等これと同一, 舎管茶山の塾, 舎聖教皆相続, 舎自江戸, 舎芝土を置いた, 舎芦寿賀なの, 舎芦船といった加藤某, 舎芦雪またなみなみ, 舎衛国王波斯匿と摩利夫人, 舎衛城中に大, 舎衛城内を托鉢, 舎衛女一人の漂着, 舎衝舎農具舎その急, 舎だが, 舎親王寮議政廟の宏大, 舎解散の辞, 舎詩後編である, 舎遺稿丁卯の詩題, 舎遺稿等に累, 舎那仏烏瑟高く顕れ, 舎那仏鋳造や法華滅罪寺, 舎那像や左脇士薬師如来, 舎郎来云賢侯之賜, 舎好宗匠, 舎錦之助さまとおっしゃっ, 舎長夫婦を実, 舎が始, 舎離落の間, 舎霊閣を業火, 舎静岡屋で足利, 舎の軽妙洒脱, 舎とし, 舎鶏小舎の番