青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「舌~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~與 與~ ~興 興~ ~興味 興味~ ~興奮 興奮~ 興行~ ~舌
舌~
舎~ ~舞 舞~ ~舞台 舞台~ ~舟 舟~ 航海~ ~船 船~

「舌~」 4942, 53ppm, 2180位

▼ 舌~ (1746, 35.3%)

170 出して 62 巻いて 48 捲いて 47 出した 40 まいて 38 吐いて 33 鳴らして 29 噛んで 23 出したり 21 巻いた 16 ペロリと 15 鳴らした 14 出すの 12 ぺろりと, 捲きました, 鳴した, 鳴らしながら 11 まいた 10 だして 9 だらりと, 出す 8 して, 動かして 7 出しました, 噛み切って, 巻いたの, 巻きて, 巻きながら 6 もって, ダラリと, 出しながら, 卷きました, 捲くばかり, 鳴して 5 かみ切って, だした, 出すと, 卷いて, 捲いたの

4 [14件] ふるって, ぺろぺろと, まきました, 出すよう, 卷くの, 噛み切つて, 巻かざるを, 弄し, 拔かれ, 持って, 捲いた, 捲きながら, 捲きはじめて, 鳴らしました

3 [24件] うごかして, お出し, だしたり, ぶらさげて, べろべろ出し, べろべろ吐い, もつれさせて, 入れて, 出したなり, 出したよう, 刺す, 卷いた, 吐きながら, 噛みきつて, 噛み切つたの, 巻かせて, 巻く, 打つた, 抜いて, 抜かれて, 拔かれる, 振って, 縺らせ, 見て

2 [88件] かんだ, きゆ, さへ, したり, ちょろつかせ, つけて, ならして, ひきむしつて, ふるわせて, べらり, べろりとだし, べろりと出し, まいたの, むしり取つて, やいて, やって, ペロペロと, ペロリペロリと, 上げて, 丸めて, 使つて信吾は, 出し, 出したが, 出してから, 出しては, 出し乍ら, 出すこと, 出すん, 出す真似, 出せ, 切って, 切られたすずめ, 切られ火鍋, 刺して, 刺すやう, 刺戟する, 卷いてを, 吐いた, 吐いたまま, 吐いたり, 吐いてる野郎, 吐きて, 吐き軽石, 吐くよう, 咬み切って, 喜ばした, 噛みきって, 噛みきられて, 噛みそう, 噛み切っても, 噛んだの, 噛んだり, 封ぜられたかの, 巻いたが, 巻いたこと, 巻きました, 巻くよう, 弄すること, 打って, 打つ, 打つたり, 打つて, 抜かれた小雀, 抜かれるやら, 拔かれた, 持つて, 振るつて, 捲いたが, 捲かずに, 捲かずには, 捲かせるほどの, 捲きましたが, 捲くよう, 湿す間, 濡し, 焼いて, 焼くよう, 燒き, 積み込んで, 縮めた天狗, 見せて, 覗かせて, 銀の, 鳴したの, 鳴すので, 鳴らし, 鳴らすの, 鼓し

1 [687件 抜粋] あえが, あげて, あらして, いいわけに, いっぱいに, うごかされな, うごかし士気, うごかすの, うごかすまい, うちよ, お巻きなすった, お買い, かまない様, かみそう, かみふつ, かみ切ったなぞ, かみ切ったり, かみ切った野郎, かみ切ろうと, かむやら, かむよう, かんだり, きられたあ, こきて, こきますとき, さしそれ, さし入れ,頭, さし出したまま, さし出して, した, したい, したい事, したの, した事, すっかり荒らし, すてお前, する, そっと出しました, その儘書物, そよがせて, たたいて, たたくこと, ださせたり, だしたまま, だしながら, だらり出し, ちょいと, ちょん切っ, ちらちらと, ちらちら覗かしてる, ちろちろと, つかい出す, つかった, つかんだ, つき出したこと, つらせて, とおして, とられて, なめづり, ならした, ならしますと, ぬいちゃ, ぬかれると, のぞかせながら, はがそうと, はくの, はさまれて, ひそめて, ひつ込めた, ぴちゃぴちゃ鳴らす, ぴりぴりさせ, ふるいかけたが, ふるいこの, ふるい彼ら, ふるって悪罵, ふるはして, ふるはし身, ふるわせた, へらへらと, べろと, べろべろと, べろりと出した, べろんと, ぺろぺろさせ, ぺろぺろさせる, ぺろりぺろりだし, ぺろんと出し, まいたが, まいたけれども, まいた今, まかずに, まかせた, まき, まきマドロス氏, まき剣, まき決して, まくと, まくばかり, まく位, まどわすポタージュ, まるめせいいっぱい, めらめらと, もたないこと, もつれかしながら, もつれさせながら, もつクロッカー, もてあそんで, もどかしげ, やきつつ, やけどした, やり出した, よくする, よろこばして, わななかしたと, チロチロと, ヒラヒラ出入り, ビフテキに, ブラシで, ヘラヘラさせ, ペラ, ペロ, ペロペロペロ, 一時間半位よく, 一枚に, 上あごに, 上舐, 下から, 下げて, 休めなかった, 休めながら, 使うの, 使ったの, 使つたのは, 其, 写して, 冷しながら, 冷やしたる毒蛇, 出させたり, 出させて, 出させながら, 出さなくつたつて, 出されるとは, 出されるの, 出され向う, 出しかけたの, 出しこの, 出しそう, 出しそして, 出しそれで, 出したい心持, 出したかと, 出したから, 出したばかりの, 出したまま, 出したやう, 出したチョビ安, 出した五六間先, 出した形, 出した恰好, 出した絵, 出しつつ, 出してさ, 出しても, 出してるみたい, 出してるよう, 出しな, 出しぽん, 出します, 出し出し交って, 出し前, 出し尻尾, 出し彼, 出し得ぬ, 出し怒った眼付, 出し手, 出し掛けたやう, 出し格子戸, 出し横手, 出し眼, 出し腰, 出し進軍, 出し顔, 出し首, 出すあなた, 出すつもり, 出すとか, 出すもの, 出すわけ, 出す土人, 出す樣, 出す癖, 出せば, 出そうという, 出そうはず, 切られた, 切られて, 切りました, 制すること, 刺しは, 刺すに, 刺す不思議, 刺す力, 剥出し, 剪られた, 動かさずに, 動かします, 動かすこと十余反, 動かすな, 動かそうと, 卷いたの, 卷いた樣子, 卷かしめたるのみ, 卷かせましたが, 卷きましたが, 卷きます, 卷き乍ら, 卷くほど, 収めて, 口の, 口より, 吊らせた, 吐いていう, 吐いてるじゃ, 吐かせたる, 吐きたるを, 吐きだして, 吐きながらも, 吐きに, 吐きました, 吐き声, 吐き手, 吐き目, 吐くという, 吐くやも, 吐く者眼, 吐けり, 吐たり, 吸おうと, 吸って, 吸わせましたわ, 呵して, 咬い切っ, 咽喉を, 商賣, 喉吭より, 喜ばせて, 喰って, 喰切って, 噛ませようと, 噛まない様, 噛まれたので, 噛みきったという, 噛みきつて金, 噛みきりそう, 噛みきるでせうか, 噛みきるの, 噛みたいほど, 噛みたくなるばかり, 噛みぶつぶつ, 噛みよったな, 噛みオテレビジヨン, 噛み切つたと, 噛み切つたんで, 噛み切り, 噛み切り冷, 噛み切り血嘔吐, 噛み切るからね, 噛み切るという, 噛み切るの, 噛み又は, 噛み衣服, 噛む, 噛むとか, 噛むのぢ, 噛めば, 噛もうとさえ, 噛んだ, 噛んだな, 噛んだに, 噛んだよう, 噛んでも, 嚥込み嚥込み眼を, 圧する重み, 垂らして, 垂らす, 垂れウオーウオー, 垂れ振るう, 塩で, 変に, 完全に, 少し出し, 巻いたから, 巻いたでありまするが, 巻いたふう, 巻いたも, 巻いたよ, 巻いたらしいの, 巻いたりなど, 巻いた体, 巻いても, 巻かされたの, 巻かした時, 巻かしめたるのみ, 巻かずに, 巻かせ, 巻かせた, 巻かせたあの, 巻かせること, 巻かせるほどの, 巻かせる類, 巻かないもの, 巻かなかった白人, 巻きしが, 巻きその, 巻きたいほどにも, 巻きましたなか, 巻きましたよ, 巻き呂布, 巻き喉, 巻き怖気, 巻くだらうが, 巻くであらう, 巻くと共に, 巻くのみ, 巻くばかり, 延ばして, 弄するこの, 引きしめ眼, 引き拔, 引っぱりこんで, 引出す次に, 引込めて, 強くし, 当てたり, 当てて, 当てると, 怪しむやう, 愼しめ, 憂い給うか, 打ち落し, 打ち鳴らしたる夕餉, 打ち鳴らしながら, 打つたが, 打つた者, 抜かれたよう, 抜かれた者, 抜かれては, 抜かれるの, 抜かれるまで, 抜きます, 抜き王, 抜く小説, 拔きます, 持たない與吉, 持たない醜い, 持ちたいもの, 持ち合わせて, 持ってないか, 持つたこの, 持つほどの, 振ったらしい, 振ひました, 振るい出した, 振わ, 捌きながら, 捲いたくらい, 捲いたこと, 捲いたとやら, 捲いたに, 捲いたので, 捲いたよう, 捲いた位, 捲いた折, 捲いちまう, 捲いての, 捲かされたもん, 捲かしたもの, 捲かした松下童子, 捲かして, 捲かしめた先方, 捲かせ, 捲かせたらしい, 捲かせて, 捲かせられました, 捲かせ貴様, 捲かないでは, 捲かないという, 捲かないわけ, 捲かれた, 捲かれたそう, 捲きすなわち, 捲きそして, 捲きながらも, 捲き上げる発音, 捲き上げ定, 捲く, 捲くが, 捲くそう, 捲くだろう, 捲くであろう, 捲くほどの, 捲く外, 捲けども, 掉った, 掉って, 掴み出したり, 揮って, 揮つて民黨聯合軍が, 撮んだり, 改めて長々と, 断間なく吐く, 有し嘲罵, 有する作者, 望むの, 根元から, 検べ, 楽しませて, 楽しませる, 横に, 欺罔する, 止めて, 歯で, 気高しと, 泣き声出し, 洗ふ, 洗ふために, 活溌に, 滑らして, 滑らせて, 滑り出るやう, 濡らす嬰兒, 火傷した, 無慘, 焦爛, 焼いた, 焼いたり, 焼き胸, 焼くさ, 焼くね, 焼くやう, 燒くそ, 爛らし, 片よって, 現しヨダレ, 甜めずり, 用い手, 留めて, 病んで, 眺めて, 矢として, 短かくして, 硬ばらせた, 突き出して, 突出し, 結び終に, 絞るやう, 絶たれし弟姫, 緊めて, 縛し, 縮めた, 縺らし, 縺れさせて, 自由自在に, 舐めずりまわして, 苦くし, 落して, 見せた, 見たり, 見つけ出しでも, 見ては, 見ると, 訪う, 護るは, 買って, 買っても, 赤で, 越えて, 近づけるの, 逃げゆくにが, 逃れて, 通る茶, 遣うと, 重たげ, 鍋の, 長くたらした, 長く吐い, 集めたところ, 震は, 順々に, 頬張ると, 風車の, 食い切っても, 驚かせて, 鳴しました, 鳴らしたが, 鳴らしたの, 鳴らしつ, 鳴らします, 鳴らし鼻, 默せしめし

▼ 舌~ (570, 11.5%)

45 先で 33 上に 20 根を 19 ように 16 上で 14 先を 11 ような, 上へ, 先に 9 先が, 根の 8 さきで, 先から 7 やうな, 根が 5 上を, 先き 4 やうに, 先へ, 根は, 根も 3 さきを, 上が, 先の, 動きを, 尖を, 尖端で, 尖端に, 根まで

2 [24件] うえに, さきから, さきに, なかに, まわらないよう, もつれたよう, もつれを, 上では, 上の, 両脇, 乾かぬうち, 先きで, 動きも, 寄せ物に, 尖に, 尖端を, 根から, 根に, 正月を, 焼けるよう, 端が, 端に, 色が, 色である

1 [244件] あとの, あるうち, あるじは, ある振り鐘, うえばかり, うごき放題, お喋り坊主が, かちゃり, かわりに, こわばり女, ごとき焔, ごとくひらめく, ごとく互に, さき, さきが, さきは, さきへ, だらけたよう, ちぢんで, ついた目, つけ根の, とけるやう, とろけそう, とろけるよう, ない人間, ない片, なにかするどき, なめらかな, ねばりどろん, ほうに, まなか, まわらない子供, まわらない男, まわらない私, まわらぬ苦労, まわること, もつれて, もつれるよう, もつれ手, もとに, もんです, よく廻らぬ, ガラツ八も, サンドウィッチに, シチュウ, シチュウである, シチュウと, スベリが, ハヤシライスだ, フルカセー, フルカセーです, 三つで, 上から, 上には, 上にも, 下まで, 下面の, 世界, 世界です, 両方に, 中には, 中ほどを, 乾いたので, 乾いた声, 乾かしたの, 乾くに, 今日に, 付け根に, 代表と, 会合などは, 使い方歯の, 使ひ, 偏執の, 傷は, 働きが, 働きに, 先きでほじくっ, 先でも, 先と, 先とか, 先には, 先にまで, 先まで, 先端に, 出来が, 利かない口, 力では, 力を, 動きが, 動きです, 動き具合と, 動き放題に, 動くを, 句は, 右だ, 合った形, 君さいなみ, 味ひもあつ, 味ふなり, 味覚などという, 回らぬひとりごと, 回らぬわめき声, 垂れて, 塩づけ, 塩漬羊肉の, 声に, 多い米国人, 大氾濫, 奥に, 女細面の, 好きな, 如くべろ, 如く南側, 如く絡み合った双者, 字が, 寄せ物は, 尖から, 尖が, 尖で丸めて, 尖で嘗めと, 尖で音, 尖端には, 廻らないという, 廻らない彼女, 廻りも, 廻り具合が, 引釣り, 当りは, 形に, 形によって, 後部を, 御馳走も, 微妙な, 快楽のみを, 性質が, 感じが, 感覚が, 感覚には, 感触を, 戦ぎ, 戦ぎという, 戦術, 持ち主は, 持ち主を, 持主, 持主でした, 持主は, 援を, 摩れ合う音, 教養も, 料理は, 暴行に対して, 曲る程, 根で, 根元に, 汁味を, 汚い若衆, 流暢な, 滑動の, 澄汁と, 無い死霊, 焼けそう, 燥く, 爛れるまで, 爛れを, 王, 理想である, 用を, 田夫野老を, 田舎言葉を, 由來で, 痛くなる, 痛みが, 痛みも, 痺れたよう, 発達は, 盛観に, 知らない味, 知識を, 硬ばった, 穴の, 立ち騰る, 粘, 細胞へ, 経験によって, 絡む語調, 縺れたよう, 縺れに, 縺れること脈, 縺れるよう, 縺れる工合, 縺れ塩梅, 職業に, 肉色瞬間に, 肥えた人, 肥えて, 自由が, 臭気が, 舞うあの, 色さえ, 色までかへて, 花が, 花に, 芸術である, 苔が, 苦業, 荒れて, 見えるの, 見えるよう, 見える程, 見せつこ, 触覚を, 記憶を, 試合である, 調子に, 講義に, 讐を, 赤い事, 赤う飜, 足りないたんか, 辛辣さは, 辛辣さ定吉の, 途中を, 運動を, 運転が, 邪魔でも, 鋭き切, 長いこと, 長いので, 長い事, 長い人, 長い小僧, 長さ, 間に, 限りでは, 限り弁じ立て, 雀も, 面白さ, 鞘を, 音が, 音に, 音も, 風味に, 鳴物入りの

▼ 舌~ (363, 7.3%)

13 もつれて 6 硬ばっ 5 こわばって, だらりと 4 上顎に, 縺れて 3 うねうねと, べろべろと, ぺろりと, ペロリと, 自由に, 長すぎる

2 [21件] あっても, あつた, あり胃腑, こわばった, とけました, ほぐれて, ほどけて, ダラリと, 出して, 出る, 動かないの, 吊って, 廻って, 廻らないよう, 廻らねえや, 段々弛ん, 無いかと, 短か, 硬ばり, 美味うは, 荒れて

1 [266件] あいて, ある, あるとか, あるの, あれて, いくぶん長く, いくらいくら, いけなくなった, いふこと, いらいらし, おさ, おのずから縺れる, かくも, かゆいでしょう, かわく眉, これも, さけよぞ, さぞ醜く, ざらざらし, ざらついたの, して, しびれて, すむと, そこに, その中, その内側, それを, そんなわる, たちまち縮ん, ためらった, ちっとも渇いてない, ちょいちょい出る, ちよろちよろする, ついいわせ, つり上っ, つるんだ, つれるよう, とけて, どちらかと, なおその, なぐれて, なみだに, なめらからしく, のぞいて, のどへ, はみ出て, ひきつれ胸, ひっかかるよう, ひっこんだ, ひらめき見えた, ひりついたソプラノ, ひッ, ぴりぴりし, ぴりぴりと, べろ, べろべろで, ぺらぺらと, ぺろぺろ僕, まきこむ, また動き出した, まだ網膜, まわらないね, まわらねえや, まわらんネ, まわりだしさえ, めらめら火, めろと, もう硬, もつれあらぬ強迫観念, もつれがち, もつれた, もつれたり, もつれました, もつれる, もつれるの, もつれるので, もつれるほどの, もつれるよう, もつれる風, もつれ声, もつれ手, やむの, やわらかなる, よくうごく, よくまわらぬらしい, よく動かない, よく回らない, よく廻らない, よれるよう, わたしを, カラカラに, ガチャガチャいう, ザラザラとして, ピリピリした, ピリピリする, メラメラとして, ロココ的曲線とは, 一円二十銭レモンゼリーが, 一抹の, 三つに, 三枚も, 上顎へ, 不覚に, 乾いて, 乾ききって, 乾く, 乾くッ, 伸び伸びては, 何の, 何時も頭, 働かなかった, 其に, 円い, 再び動き出した, 再び動き始めた, 出せないので, 出そう, 出たの, 出て, 出来眼, 切れたん, 利かなくな, 剛ばったように, 剛張っ, 動いて, 動かないよう, 動かなかった, 動かなかったと, 動かなくなって, 動きます, 動くし, 動く気遣い, 半分口の, 口に, 口の, 右の, 吊つて言葉, 吊りあがった, 吊れて, 同時に言語, 味を, 喜ぶよう, 噛みきられて, 回らないかの, 回らなかった, 回らなかつたよ, 回らなくな, 回りません, 回りやがる, 回り出してから, 垂れて, 塩っぱかった, 実にきれい, 少ししつこく, 少しはみ出し, 少し縺れ, 屍体に, 干く樣子, 庄亮の, 廻つた, 廻らないため, 廻らないの, 廻らなくつて云, 廻らなくなって, 廻らなくなつ, 廻らなくなる身体, 廻りかねてるよう, 廻るもん, 引釣つて暫らくは, 強ばって, 待ちかねると, 待ち構えて, 微かに, 徹頭徹尾承認, 思ふま, 恐ろしくふくれあがっ, 悪いの, 手に, 拝借出来ますまい, 断間なく, 暮れたばかりの, 有るとか, 柔らかく生, 極めて長い, 極微量, 欲しがる, 段々縺れ, 段々見えなくなる, 済むか, 済むと, 滑に, 火が, 火の, 無制限, 焼きつけられて, 焼け出して, 爛れて, 犬の, 狼狽の, 畝って, 異様に, 痙れ, 痛いん, 痛くなる, 痺れて, 痺れるよるべ, 目にも, 真白に, 短いの, 硬っ, 硬って, 硬ば, 硬ばつたの, 硬ばつたやう, 硬張つたやう, 私の, 空に, 素干, 縮みますね, 縺れる, 縺れるという, 縺れるよう, 續く, 脂に, 腐って, 腐っても, 自由を, 舞い狂って, 舞台と, 色彩を, 茅屋根を, 荒れたり, 荒れるくら, 落ちさうに, 薪の, 見えた, 見えだした, 赤い, 身体中の, 軽くなっ, 輝きだした, 這って, 連続的に, 過ぎた, 過ぎたこと, 重々しくぱさつい, 重かった, 重くこわばった, 重くって, 鍬に, 鐘に, 長いぞ, 長え, 長過て, 長過る, 閃いて, 閃きました, 閃き出した目代邸, 降るやう, 降るよう, 頬に, 顎に, 飛出した, 馴れたせい, 黒くなるでせう, 黒死館の

▼ 舌~ (219, 4.4%)

3 まかせて

2 [17件] いらいらする, きえて, のせた, のせて, もつれるから, 乗って, 力を, 呑まれるか, 唾液を, 昵んで, 油を, 火傷を, 耳を, 聽き入りました, 覺え, 載せると, 鞭打って

1 [182件] あふれた, あふれる, うごかされて, おいしくて, おまかせ下さい, かなり参っ, からんだ, くる薬味, こう僕, さすがに, さわる, ざら, ざらつくやう, しても, しみるとき, しみる時, その冷, その時, つかえる与吉, なじむ, なったかと, ならされて, なりやが, ねばりをもって, のこれる初恋, のせたとき, のせる, のせる汁粉, のぼって, のらないほどの, ひやりとし, ふくませよ, まどわされて, まろば, もっさりし, もつれて, わからないこと, ザラザラが, 乗せられるほど曹操, 仕掛けて, 任じて, 伝わって, 佳味く, 全身の, 冷たい生, 刺したり, 刺激が, 区別が, 及ばざら, 及ばざりき女房, 及ばず三宅君地団駄ふん, 合うかも, 合は, 同じくまろ, 吟味を, 味わい身, 唾が, 喋るので, 噛みついて, 固まる, 地獄だの, 変わった, 失われて, 好味たる, 孰れ, 富んだ古代, 引っかかるん, 引っ掛りました, 微細なる, 忘れて, 応えるの, 快味, 思わすよう, 恵まれて, 感服し, 感覚を, 或は筆, 捲くし, 掠れて, 於て, 来る, 染むかと, 残った, 残って, 残つて子は, 残りながら, 残る後口, 残る甘い, 気持よい, 沁み込ませながら, 沁む美し, 油が, 浮かせて, 浸みた, 浸みた味, 淡いいがら味, 清爽を, 湧くを, 溶かしつ, 溶かしつつ, 溶ける様, 溶け込むよう, 滲みる, 漂って, 激発される, 焚きつけられて, 焼けつく火酒, 煙草の, 熱かった, 熱を, 父君をも, 牙の, 狂いは, 甘からずです, 甘く感じた, 甘味を, 男をの, 病気が, 知り城街全体, 磁石の, 神あり, 移し次に, 粘り付いた葉巻, 粘液あり, 絡ませた, 絡むので, 絡る, 絡んで, 翻弄され, 耽つたもの, 腫物が, 自信を, 舐めさせて, 舐め残されたかと, 苦いばかり, 苦いよう, 苦い味, 苦い顔つき, 苦味甘味を, 菓子ねだる, 蘇りきたる, 衣を, 覚えの, 覚えるの, 触る, 触れた, 触れたはげちょろけ, 触れば, 触わる, 觸れ, 觸れよう, 觸れる, 記憶され, 詭弁の, 認識し, 語り耽つた, 譫言の, 變化の, 負担を, 足りて, 跡が, 躍動する, 載せて, 載せては, 載せる, 載せるの, 辛い, 運ぶこと, 違ない, 適した食料, 酷くこそつぱく, 酸っぱいこと, 重い苦渋, 長え, 非ず, 鞭打ち鞭打ち, 顔じゅうに, 顔を, 風を, 魅せられて, 魅惑的な, 鮎を

▼ 舌~ (201, 4.1%)

4 味う 3 なめて, ぺろぺろと, 唇を 2 いいながら, いつた, さわって, ペロリと, 上唇を, 何か, 嘗めて, 大将の, 頬を

1 [170件] あつた, あらう, あらわすこと, いう人, いつて, いつても, うたったころ, おおれ, お呼びに, お金を, かの紅い, かゆを, このよう, ころがし骨, さわると, しめしたが, しゃべり更に, しる味, すっかり嘗め, そういっ, その乳首, そばの, それを, だまして, つっぱりながら, でも, どなるよう, なめた, なめたり, なめながら, なめるが, なめるの, なめるよう, はずして, ぱんぱんと名のった, ぴちゃぴちゃやり, べらべら口, べろべろ嘗めまわし, ぺろぺろなめ, ぺろぺろなめはじめた, ぽんぽんと, まくし立てて, まるめて, むにゃむにゃ言った, もって, ものを, やっと言いました, わめき立て却つて反抗的, キャラコさんの, シュッと, デレリと, ベラントと, ペロペロと, ペロリ, ポンポンポンと, 一人は, 一杯の, 上下の, 世間を, 乳を, 乾いた唇, 云えば, 五助が, 俊に, 入れ歯を, 切符売場の, 前歯を, 口の, 口説き落した, 叩かず外側, 叫びあと, 叫びながら, 叫んで, 吸ひこむ, 吸ひとつて悪い, 味い分けられなくなった, 味って, 味は, 味ふ, 味わいたまえ, 味わいながら, 味わい唾液, 味われる, 味われ手で, 味を, 咄, 唇の, 嘆願する, 嘗つて見, 嘗めた, 嘗められて, 嘗める親仁, 嘗め回す, 嘗め廻した, 嘗め廻すこと, 大きな音, 大方の, 宣明し, 崩されて, 巻つけ, 平凡な, 弁る, 慇懃な, 應じた, 押しあげなども, 捏ねて, 捕えようとして, 早口に, 昔どこかで, 時々作品, 未来の, 柿を, 桶の, 楽しそう, 正しく美味, 歩くだけの, 殆ど意味を, 残すところ, 浮気っぽく, 浮氣つ, 淫らが, 潰れる, 濕さう, 濡し, 濡らして, 濡らしながら, 父の, 物さへ, 物を, 甜める, 甜め取っては, 甞めて, 甞め眦を, 甲高く答える, 皮肉さへ, 穴を, 管を, 綴られた江戸, 自分が, 自分の, 舐めたり, 舐めて, 舐めま, 舐めるの, 舐めるよう, 舐め廻すよう, 舐め舐め云った, 舐め返した, 舐り乍ら色々, 補って, 西瓜喰ふ, 言うの, 言った, 言つた, 言辭は, 語るの, 講釈し, 辛うじてこれ, 道理らしい, 障子の, 顏を, 顔を, 飛びかかるよう, 食を, 食事を, 飮む酒は, 騒ぎ立てたの, 鼻の, 鼻を, 齒ぎれのよい肌合を

▼ 舌~ (193, 3.9%)

38 をした 34 をし 25 して 13 しながら, を一つ 8 をしました 7 をする 6 した 3 するの 2 が高野幸代, したが, したり, する, なげつけて, はすれ, をします, を一つ殘, 鳴らし

1 [28件] が自分, さえし, し, したので, しては, してらあ, しました, し乍ら小僧, し又, すると, するよう, なぞ恐しく鳴り渡る, なんかし, の音續, の高慢さ, ばかりし, やら噴飯, をしたくなった, をせず, をもらした, を二度許, を頬冠, を鳴らし, 振返って, 生意氣, 鳴らした, 鳴らして, 鳴らしながら

▼ 舌~ (179, 3.6%)

4 なか, ほどけて

2 [14件] はあよろしい, もつて, 使わねえよ, 天才的に, 心の, 思ひの, 悪魔の, 時世をの, 毒を, 荒れて, 辛辣でした, 辛辣に, 釘付けられた, 非常に

1 [143件] あゆを, あんがい敏感, あんなこと, いちいち書き止める, いつでも, いつはり, いろんな実験, ここで, ここでも, この時朦朧, この黒い, これである, こんな舌, さう, さらに, ざらざらに, しばしの, すこし短い, そう言っ, そのとき, その手, それっきり動かなかった, それでもまだ, とうていない, ときどき相手, ときに, ない, なかなかに, ぬけませんでしたはては, ぬる, ひきつって, ふるえました, ます, まだ塩, まるまりて, もたないの, もつれて, もつれまた, もつれ殆ど, やはりもつれ, よく動きます, わかると, わざわざ呼ん, コンニャクであった, チベットの, フランス人の, ボローニアの, 一と, 一丈, 一度たたいた, 一度に, 一部分噛み切られ, 上顋に, 上顎の, 不滋養物, 世上に, 久しくも, 人それぞれ一枚ずつしか, 人体の, 何でも, 余り稚, 偶然に, 儀式通りに, 凍って, 動かなかった, 半ば噬み, 半煮え, 地上に, 大きくない, 大地を, 天上の, 如何いふ風, 妙に, 実に長い, 小さいので, 小剣, 少しほどけ, 少しも, 少し解け, 干き上って, 廻らない, 廻らなくなって, 当時の, 必ずしも弁信法師, 忌むべき飮食物, 急に, 恐ろしく辛辣, 政雄の, 斯うし, 日頃にも, 暗き大地, 本当の, 杜撰である, 柔らかで, 次第に冷靜, 次第に圓滑, 次第に辛辣, 正直な, 永遠に, 深刻に, 滑かに, 滑に, 滑らかに, 火なりと, 焔の, 熱病の, 爛れる筆, 爛れる迄も, 猶機械的, 盛んに, 眞つ, 知らん顔で, 硬ばった, 私の, 穿ち入る, 童味を, 結ぼれ私, 絶倫だ, 続いて, 緘ぼれたりき, 縛られる筆, 縺れて, 自分でも, 藤十郎の, 蛤の, 裂けわかれし舌, 要らぬ事, 見る見る床板, 見る間, 記述の, 赤いよ, 躍り跳ねた, 軽く三好さん, 遠慮も, 都会の, 酸性の, 長くなり, 陋小なる, 際限なく, 雄弁でした, 音も, 顎に, 鹹味に

▼ 舌~ (121, 2.4%)

7 のは 65 のが 4 のであった 2 ことは, ことを, だけ喋舌, なよ, のであつ, のを, 八五郎の, 天才を以て, 者も

1 [81件] かと云います, からいけません, からこっち, からで, がいい, が実技, ことが, ことで, ことにまで, ことの, ことも, この私, さ, し書く, ために, という事, といふ, ときの, ときは, とき僕は, とすぐ, とすたすた, と一寸, と同, と重味, と面白い, な二人, な笛, には, のだ, のだった, ので, のである, のであろう, のでしょう, ので勉強家, ので尚更, ので折角, ので芝居, のに耳, のに骨, のも, ほどのこと, もの, ものか, ものは, やうに, んだ, 事が, 事だ, 事に, 事においては, 事の, 人は, 人物のみが, 人物を, 元気が, 喋舌らない, 声が, 声と, 大学生の, 女じゃ, 女だ, 女であった, 對手も, 折が, 杢若の, 男では, 私を, 程に, 程熱は, 種が, 老婦が, 者が, 興味も, 舞台上の, 通り書け, 電報の, 風変りな, 馬面の, 鸚鵡と

▼ 舌うち~ (102, 2.1%)

23 をし 21 して 12 した 8 をした 7 しながら, を鳴らし 3 をしました, をする 2 すると

1 [16件] したいところ, したいやう, したい氣持, したとき, したね, したり, する男, する音, とともに欣七郎, などをし, の, をいたしました, をしたらしい, を一つ, 鳴らした上, 鳴らして

▼ 舌って~ (91, 1.8%)

13 いた 8 いるの 7 いる 4 いると 2 いた男, いて, いるよう, 来たが

1 [51件] いたおかげ, いたが, いたの, いては, いても, いましょうよ, いるが, いるでは, いるので, いるらしい, いるラシイヌ, いる丑松, いる叔父, いる男, いる藤兵衛, いる間, いる間中, おいて, くれるので, げらげら笑っ, しまいました, しまいましたぜ, しまう, しまうが, しまうこと, しまうところ, それから先, やまなかった, 丸めて, 喋舌って, 喋舌り, 噪ゃいでいるうちにゴトンゴトンと, 学校の, 室を, 居る二人, 帰りましたが, 帰るのでね, 廻るので, 手酌で, 揚足を, 時々一人高笑い, 来たの, 来た宗, 来た時, 気も, 済みません, 行きます, 行け, 行った, 訴える彦兵衛, 遊んで

▼ 舌~ (83, 1.7%)

4 をし 3 声が, 續けて 2 が手, になった, をする, をつづけ, を許し, 初めた, 合つてゐた

1 [59件] からかい, がすぐ, が出, が糸, が終える, この景地, どんな動作, ながらも考えた, ながら夜, ながら客, ながら山荘, ながら慌て, ながら憎, ながら次々, ながら歩い, ながら歩く, ながら現われ, ながら近付い, ながら額, な癖, になっ, になり, に過ぎ, の勘兵衛, の女, の子等, の小鳥, の老人, はこれ, はじめた, はじめたら, まくし, をした, をしはじめさうである, をし過ぎ, を交せ, を描き得る, を新, を止めた, を聞き, を聞こう, を遮っ, 例へばそんな, 出しや, 合つてゐる, 合ひ, 坊主めが, 大声で, 大日坊へ, 方に, 方を, 時々, 漆濃く, 甲斐の, 疲ぶれ, 競走を, 笑つ, 腐らん, 貝十郎が

▼ 舌~ (62, 1.3%)

2 よくは

1 [60件] あやしくもつれ, かうと, くたびれて, こかれつ, すさんで, ちらちらとしても, つれの, つれようと, つれる, とどかないところ, とろける思い, なほその, なんとなく出端, ほこりで, まだよくは, まだ蒼白く, まはる, もう廻らぬ, もつれず手足, もつれるほど, やや釣る, 乾いたか, 乾くよう, 全く馬鹿, 出さずくすぶり返って, 出して, 動かないと, 又小さな, 取れますし, 唇も, 噛まずに, 回らないし, 回らないよう, 変ったん, 大分もつれ, 存外滑らか, 少し廻りかねる, 廻ら無え, 引かぬに, 心も, 態度も, 操ること, 渇いて, 満足に, 滑かに, 滑らかに, 無いのに, 猶さわやか, 甚ださだか, 皆歓ばしい, 眼も, 眼瞼も, 硬ばり, 碌々廻りません, 胃の腑も, 腕に, 自由に, 買って, 赤うひらめく, 鼻も

▼ 舌つて~ (53, 1.1%)

8 ゐた 4 ゐる, ゐるの 2 ゐたが, ゐたの, 呉れとを

1 [31件] お出, はならない, もいい, もらひたかつたから, も到底, も好い, も後で, も面白から, やらう友達, ゐたら好い, ゐたん, ゐて, ゐないと, ゐるうち, ゐるかといふ, ゐるかの, ゐると, ゐるところ, ゐるやう, ゐるらしい露西亜人, ゐるん, ゐるんぢ, ゐる事, ゐる人, ゐる半ば頃, ゐる間, ゐる限り, 居る, 来ると, 歩いたもの, 見たい

▼ 舌~ (42, 0.8%)

8 せて 3 なかった 2 うと, ないで, ないでも, ない事

1 [23件] うか, うとして, ずには, せた, せてから, せなければ, せねえで, せようと, せられるから, せること, ないこと, ないつもり, ないに, ないの, ないや, ないん, ない人, なかつた, なかつたくら, なくても, ぬの, ぬ出来ごと, ねばよ

▼ 舌~ (39, 0.8%)

2 動作の, 舌の, 鶏の

1 [33件] いう, いひ又, いふ, いふとも, お凸額, もつれ合う異形, トチメンボーの, ピストルの, 七面鳥の, 両唇, 二寸ばかりの, 分業が, 同じよう, 呼ぶ小, 喉が, 変へられ, 御相談, 心を, 気魄を, 潜水機の, 甘言で, 筆の, 胃の腑の, 舌とを, 言へば, 訳しあるは, 豚の, 頭を, 顋と, 顔の, 馬の, 鬚を, 鼻と

▼ 舌でも~ (31, 0.6%)

4 出して 2 噛んで

1 [25件] かんだか, 出したかつた, 出したさうな, 出したらかみ切って, 出したらしい気, 出すかの, 切つた, 喰ひ切つ, 噛まなきゃア我慢, 噛みきって, 噛み切ったの, 噛み切って, 噛め, 噛め後, 噛んだよう, 噛切った, 尾でも, 御風味, 打つて, 抜かれるが, 抜け, 私の, 野獣でも, 食い切ったらどう, 鼻でも

▼ 舌切雀~ (30, 0.6%)

62 で, にせよ, のかすか, の主人公, の物語, を書い

1 [12件] お宿, だ, の, のおもい, のお伽草子類, のお爺さん, のはなし, のやう, の噺, の悪党爺, の話, の遊戯

▼ 舌った~ (23, 0.5%)

1 [23件] かと思う, かはすっかり, が, がそれ, が弁舌, せいで, という風, とみえる, な, のさ, のだろう, の何, の喋舌ら, るいか, るい口の, るい口を, るい声が, るい声を, るい聲を, るい言葉かも, るい言葉つき優美な, わ代り, ナ

▼ 舌には~ (22, 0.4%)

2 毒の, 苦が

1 [18件] おそろしくニガ, ずいぶんでたらめ, ちと頂けません, なかなか教育, まずく感覚, まだ苔, 何となく毒, 侘しきを, 半分融けかかった, 天地に, 尋常の, 手頃な, 斑, 欺かれぬぞ, 毒と, 締りが, 蜜の, 話しの

▼ 舌~ (18, 0.4%)

1 [18件] べったり髪, ペンの, 乾魚などが, 仕無よ, 何か, 口で, 口を, 口腔は, 口腔を, 口蓋や, 喉や, 尾は, 歯に, 油で, 粘膜を, 腕は, 茸や, 頬が

▼ 舌三寸~ (17, 0.3%)

2 で芝居

1 [15件] が絶対金科玉条, だただ, でおめおめ, でこの, で事もなげ, で人情情景, で売る, で夜, で天下, で成上者, で老若, という自分, に欺, の上, をもって主君

▼ 舌~ (16, 0.3%)

2 たりする, てしまふ

1 [12件] たりした, たりはしない, たりふざけ, たりまつたく出たら, たり笑, たり薄, ていた, てくれた, てしまひ, てしまひました, 不足で, 足らずの

▼ 舌~ (14, 0.3%)

1 [14件] くっついて, のせて, ジャリジャリと, 中らないよう, 力を, 吸いこんだ, 当らないほど, 残る気持, 流しこむと, 流すには, 流れ出すの, 絡みつくもの, 触るか, 載せたこと

▼ 舌から~ (13, 0.3%)

2 出て

1 [11件] にじみ出た血, もれる臭気, 免れるの自由, 吹聴に, 吹聽に, 喉へ, 生み出された文章, 生れた俺, 皮膚から, 食道へと, 鼻に

▼ 舌~ (12, 0.2%)

3 たり笑っ 2 ちゃア 1 たって言う, たりする, たり歌っ, たんか, ちゃァ, ちゃイカン, ちゃイケナイ

▼ 舌つた~ (12, 0.2%)

2 ことを 1 か, からとてそれ, か日記, といふの, など, ならば, ばかりに私, やうな, んだらう, 事です

▼ 舌~ (11, 0.2%)

2 つたと, と思った 1 つて取りつける, というの, といふ, と云つて, と聞い, と言ったら, もん

▼ 舌り出した~ (10, 0.2%)

2 のである 1 からであった, が久しく, が云う, が妻君とりら子, の, のか, ので驚いた, ものである

▼ 舌をも~ (10, 0.2%)

5 つらせながら 1 つらせた, つらせて, 何うにか, 巻かせて, 楽しませて

▼ 舌たらず~ (9, 0.2%)

2 のギコウ 1 な発音, な調子, にかかれ, にし, のもの, の口, みたいに

▼ 舌~ (8, 0.2%)

2 を打つ, 打ちつ 1 して, を打ち, を打つた, を食べた

▼ 舌~ (7, 0.1%)

1 いる連中, ゐるの, 仕舞うテ無学, 仕舞た, 居るうち, 聞かしたが, 誠に剛

▼ 舌を以て~ (7, 0.1%)

1 して, それを, 一世を, 呟いた, 尽しがたい, 西天の, 説く

▼ 舌嘗め~ (7, 0.1%)

6 ずりを 1 ずりなどを

▼ 舌平目~ (7, 0.1%)

1 にクラブハウス, のピラフ, の小さな, の感じ, の洋酒, の皿焼, は塩焼

▼ 舌とを~ (6, 0.1%)

2 横撫で 1 つなぎあ, ぴちゃぴちゃいわせた, むきだして, 絶えずゆるやか

▼ 舌にも~ (6, 0.1%)

1 かかりそう, 好い味, 眼にも, 眼瞼にも, 近ごろは, 適うよう

▼ 舌らし~ (6, 0.1%)

2 ておい 1 て, て於い, て聞い, て貰ひたい

▼ 舌りつ~ (6, 0.1%)

2 づけた 1 づけて, づけました, づけるこの, づけるの

▼ 舌り続け~ (6, 0.1%)

1 さへ, ている, てゐた, てゐる, ながらも首, 松村が

▼ 舌つたの~ (5, 0.1%)

31 だらうと, である

▼ 舌まで~ (5, 0.1%)

1 もつれたやう, 其朝に, 出して, 見せて, 黒い

▼ 舌みたい~ (5, 0.1%)

1 なざらざら, な口唇, な腕, な長い黒い, やと

▼ 舌より~ (5, 0.1%)

2 うけし動搖 1 人の, 柔らかい食物, 湧かす者

▼ 舌り続ける~ (5, 0.1%)

1 から非常, ことが, のであつ, のです, ので名高い

▼ 舌~ (5, 0.1%)

4 吐紅蓮 1 はようやく

▼ 舌舐めずり~ (5, 0.1%)

2 をし, をする 1 を見る

▼ 舌さき~ (4, 0.1%)

1 で立ち廻っ, におどらせられ, に焼き殺され, の一撃

▼ 舌では~ (4, 0.1%)

1 ない, ないに, 一朝一夕に, 無いかと

▼ 舌~ (4, 0.1%)

2 んだ 1 のだ, のです

▼ 舌べろ~ (4, 0.1%)

2 をちらちら 1 を釘ぬき, を釘抜

▼ 舌り出す~ (4, 0.1%)

1 と井戸端, と猿, のであつ, ので大助

▼ 舌り合っ~ (4, 0.1%)

3 ていた 1 ている

▼ 舌~ (4, 0.1%)

1 口腔デベロ, 噛ム日, 噛ンデシマウ, 着ケテモイヽ

▼ 舌~ (4, 0.1%)

1 におどらされ, に竜泉, に載せた, に運べ

▼ 舌~ (4, 0.1%)

2 たる任務 1 に及んだ, の事跡

▼ 舌切り~ (4, 0.1%)

4 すずめ

▼ 舌噛み切っ~ (4, 0.1%)

2 て死ん 1 て妾, て死ぬ

▼ 舌~ (4, 0.1%)

1 が花開くだらう, ですね, のよう, やその

▼ 舌~ (4, 0.1%)

1 の, の五官, の五種, の五識

▼ 舌だけ~ (3, 0.1%)

1 でそれで, 七面鳥は, 出して

▼ 舌だけは~ (3, 0.1%)

1 この新, 制めようが, 身慄ひし

▼ 舌っても~ (3, 0.1%)

1 いれば, それは, わるいと

▼ 舌という~ (3, 0.1%)

1 ところだ, アダ名, 検察官が

▼ 舌とか~ (3, 0.1%)

2 足の 1 いって

▼ 舌との~ (3, 0.1%)

1 あざやかな, 三つである, 巧妙な

▼ 舌ばかり~ (3, 0.1%)

1 する奴ら, でない眼, では

▼ 舌~ (3, 0.1%)

1 がどうしても, がどうにも, が味

▼ 舌られる~ (3, 0.1%)

1 と息, のが, のを

▼ 舌りかけた~ (3, 0.1%)

1 がその, がなかなか, ので私

▼ 舌りし~ (3, 0.1%)

1 てしまった, てゐる, ながら寝かしつけ

▼ 舌ります~ (3, 0.1%)

21 のでな

▼ 舌り立て~ (3, 0.1%)

1 てやる, て居た, て居る

▼ 舌り立てる~ (3, 0.1%)

1 其綾子さんの, 様に, 片手間に

▼ 舌り過ぎた~ (3, 0.1%)

1 ことに, と思った, のである

▼ 舌~ (3, 0.1%)

1 ば喋舌, ば後, ば顔

▼ 舌れない~ (3, 0.1%)

1 が二人, ことを, ぢや

▼ 舌れる~ (3, 0.1%)

1 だけ喋舌つて, もんかね, んだ

▼ 舌一枚~ (3, 0.1%)

1 でございました, で地方, で地方講演

▼ 舌不足~ (3, 0.1%)

2 が饒舌 1 と難ずる如き

▼ 舌切り雀~ (3, 0.1%)

1 でどうにも, などと同じ, も桃太郎

▼ 舌噛ん~ (3, 0.1%)

1 で死にたい, で死ん, で死んだであろう

▼ 舌学人~ (3, 0.1%)

1 が, とは, の禰衡

▼ 舌山色~ (3, 0.1%)

2 豈非 1 あに清浄身

▼ 舌~ (3, 0.1%)

1 の氷流, をなし, 小花

▼ 舌~ (3, 0.1%)

1 で舌, といふもの, にかかった

▼ 舌~ (3, 0.1%)

2 ずりを 1 ずりし

▼ 舌身意~ (3, 0.1%)

2 もなく 1 も無く

▼ 舌あり~ (2, 0.0%)

1 意あり, 賊を

▼ 舌かみ切つ~ (2, 0.0%)

2 て死んだなら

▼ 舌これ~ (2, 0.0%)

1 に伴い, に飽きし

▼ 舌~ (2, 0.0%)

1 へさせ, へ動かし惜しみつ

▼ 舌さえ~ (2, 0.0%)

1 出して, 動かせたならこう

▼ 舌さながら~ (2, 0.0%)

2

▼ 舌だけで~ (2, 0.0%)

2 味わうもの

▼ 舌ってばかり~ (2, 0.0%)

1 いないで, 来たので

▼ 舌ってる~ (2, 0.0%)

1 のは, 中に

▼ 舌つて了~ (2, 0.0%)

2 ひました

▼ 舌てる間紫檀~ (2, 0.0%)

2 の盆

▼ 舌である~ (2, 0.0%)

1 という, 場合私達は

▼ 舌とが~ (2, 0.0%)

1 ざらざらに, 紫色に

▼ 舌とに~ (2, 0.0%)

1 あらぬ目, 感心し

▼ 舌とは~ (2, 0.0%)

1 そうしよう, 動いて

▼ 舌とも~ (2, 0.0%)

1 取りかえるほど, 見えて

▼ 舌など~ (2, 0.0%)

1 出したり, 珈琲の

▼ 舌なめづり~ (2, 0.0%)

2 をした

▼ 舌なれ~ (2, 0.0%)

1 ども先, ば或いは

▼ 舌なんか~ (2, 0.0%)

1 どうでも, 鳴らしやが

▼ 舌のうへに~ (2, 0.0%)

1 すべりだす, するりと転びこむ

▼ 舌への~ (2, 0.0%)

1 刺激が, 感覚は

▼ 舌~ (2, 0.0%)

1 ること, れるよう

▼ 舌ほど~ (2, 0.0%)

1 ずるくて, 強慾な

▼ 舌~ (2, 0.0%)

1 はりで, はりも

▼ 舌また~ (2, 0.0%)

1 何ぞよく, 僧の

▼ 舌よりも~ (2, 0.0%)

2 真実を

▼ 舌られ~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐ

▼ 舌りたい~ (2, 0.0%)

1 のかと, んだ

▼ 舌りで~ (2, 0.0%)

1 ちょっと法螺, 悪戯ッ児的である

▼ 舌りや~ (2, 0.0%)

1 がるな, がるヘン人

▼ 舌り出したら~ (2, 0.0%)

1 俺ら仰天し, 随分変

▼ 舌り捲くる~ (2, 0.0%)

1 ので訊く, のを

▼ 舌り疲れ~ (2, 0.0%)

1 てさて, て泥酔

▼ 舌り続けよう~ (2, 0.0%)

1 とした, とする

▼ 舌れぬ~ (2, 0.0%)

1 ことを, 者だつた

▼ 舌~ (2, 0.0%)

1 たるくし, てい

▼ 舌ッ足らず~ (2, 0.0%)

1 の橋名, の石亭先生

▼ 舌~ (2, 0.0%)

1 ても胸, て卑し

▼ 舌~ (2, 0.0%)

1 吸ッタト思ッタ途端ニ左, 触ラナイデ唇ダケ着ケルノヨ

▼ 舌一面~ (2, 0.0%)

1 に燃え上る, に猫

▼ 舌出す~ (2, 0.0%)

1 の, 髪結の

▼ 舌切雀瘤~ (2, 0.0%)

2 取り浦島さん

▼ 舌~ (2, 0.0%)

2 られたとか

▼ 舌~ (2, 0.0%)

1 とか, とか云った

▼ 舌~ (2, 0.0%)

1 である, を最も

▼ 舌居士~ (2, 0.0%)

1 とつけ, の月詣

▼ 舌抜がれ~ (2, 0.0%)

2 だが

▼ 舌~ (2, 0.0%)

1 が, を帆

▼ 舌~ (2, 0.0%)

1 の二字, ひならば

▼ 舌甞めずり~ (2, 0.0%)

1 をし, をまでし

▼ 舌~ (2, 0.0%)

1 ばりで, 張って

▼ 舌縦横~ (2, 0.0%)

1 ですが, の野人

▼ 舌~ (2, 0.0%)

2 の声

▼ 舌~ (2, 0.0%)

1 く幾年, く転ぜず

▼ 舌舐めずりし~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 舌華魁~ (2, 0.0%)

2 の眸

▼ 舌~ (2, 0.0%)

1 ああやりきれない, の好い

▼1* [277件]

噛みそう, 舌あまりの幼, 舌あらば, 舌あらゆる心の, 舌いっぱいにひろがっ, 舌いや歯で, 舌うつは海, 舌うつように草, 舌かと言って, 舌かとばかりかなたこなた, 舌からは血汐が, 舌かを螫された, 舌がくツ付き氣味であつ, 舌がはづみ一時二時三時, 舌がまはらずただ, 舌くつてゐる, 舌さあ吐いとるだ, 舌さし出され, 舌ざはりが灰汁だつた, 舌ざはりの悪いもの, 舌ざはりはいがらぽく稍飲み過ぎると, 舌ざはりまで言葉が砂, 舌ざはりも案外い, 舌ざはり今もあの, 舌ざわりとをあんまりかきまぜず口にふくむ, 舌て朝まだき裾野, 舌しだいなの, 舌するものか, 舌するどい二本の, 舌その切々たる声を, 舌そよぐの観が, 舌それらのもの, 舌だつたら世間は, 舌だのポテットミートなんぞを, 舌だらうぺら, 舌ったであろうが, 舌ったら承知しない, 舌ったらずな口調, 舌ったるくなった, 舌ったるく色あいが, 舌ってしもうた, 舌ってはならぬ, 舌つきで何, 舌つたこれだから, 舌つたつて関やしない, 舌つたるさも, 舌つたるい戀文が一通, 舌つた事や今日塔, 舌つた内儀も總領吉之助不身持, 舌つた効があつ, 舌つた後に小, 舌つてさへゐれ, 舌つてそれを奥さん, 舌つてると思つた, 舌つて人の好い, 舌つて喋舌り甲斐, 舌つて就寝前に, 舌つて心をいら立たせる, 舌つて恰で芝居, 舌つて酒に酔, 舌つ足らずで, 舌づつみうってたべているそばでおひめ, 舌づつみをうちながらゆっくりゆっくり食べはじめる, 舌づつみをうつような味だ, 舌づゝみ打つ人々, 舌てるんだい, 舌でがむしやらに, 舌でしか口に, 舌でしょう越前守の, 舌ですな, 舌でなければならない, 舌での鑑定にかけては, 舌でばかり味わうと, 舌とで女が, 舌とともに蛞蝓の, 舌ともすれば白くひきつっ, 舌なく言葉を, 舌なぞを噛み切り或は, 舌などという楕円形の, 舌などもちょっと見せ, 舌なめずって最後, 舌なめずるごとく飲みほしてこれ, 舌なめづりをして書いて, 舌なめ摺りをする, 舌なれぬ心地未だ, 舌なんかを金と, 舌なんぞもよく上等, 舌なんてあるかい, 舌について来ない, 舌にてふくらませ, 舌にとっては味である, 舌にとっても正月だ, 舌になつて郷土と, 舌にのこりて, 舌によって空気を, 舌に対してどっちも, 舌ねぶりあはれ手ぶりに, 舌ねぶる鼠なりき, 舌のせゐかしらとも言つて, 舌はかほどに器械的, 舌ペロ, 舌ひらめくやカメレオン, 舌へと現はれ, 舌へも歯へも, 舌ほそく閃, 舌ほどになって, 舌までが飛び出して, 舌までも侵して, 舌もつれ胴ふるえ, 舌もつれしながらも漸く, 舌もて右に, 舌ゆるむ時至れ, 舌よく味わうべからざる, 舌らしたものだ, 舌らずしかもちゃんちゃん, 舌られたらそれこそ, 舌らんぞ, 舌らん処じゃったが, 舌らん方がええ, 舌りあっていた, 舌りかけながら歩いた, 舌りすぎたようだ, 舌りすぎましたがまあ, 舌りするような, 舌りたがっている, 舌りたがるものです, 舌りたくはない, 舌りたければそつ, 舌りたてたので住職, 舌りたてるのです, 舌りだつたのである, 舌りだすとお, 舌りちらしたんだ, 舌りであってどうも一向, 舌りなのだ, 舌りぬいている, 舌りまくる兵馬では, 舌りまして相すみません, 舌りまわったりする, 舌りや独りごとや合点, 舌り出してみる, 舌り出したら堪らない半ばまでは, 舌り廻してやまなかった, 舌り廻り恥も, 舌り捲りますがそれ, 舌り散らしペテン師が, 舌り散らすのだ, 舌り疲れた連中が, 舌り立てられた偶に, 舌り通し舌を, 舌り過ぎて大臣, 舌り過ぎるぞ手前, 舌るなり何が, 舌れたものだ, 舌れなかつたことも, 舌れねえんだ, 舌をかろくし, 舌をなどという風では, 舌をば出した眼, 舌を通じて隠然賞罰の, 舌ズッと彼, 舌ゼンマイに似る, 舌ツヅミ何か呟いた, 舌ナメずりをした, 舌ニテ味ハヒテ味ヒヲ知リ支體ニテ覺エテ寒熱疎密軟硬方圓等ヲ知ル, 舌ベロだの, 舌ボラの妙, 舌ヲモッテ愛撫シ尽シタイトイウ長イ間心ニ秘メテイタ念願ヲ始メテ果タス, 舌ヲ使ワズニ接吻シロナンテ随分無理, 舌一ぱいに乗った, 舌一世を罵り, 舌一本の筆, 舌乾くことなく, 舌二枚ある蜥蜴, 舌擧り, 舌以上に雄弁, 舌六七寸もあり, 舌出させて, 舌出してないから大丈夫, 舌出し三番の舌, 舌出し人形のやう, 舌出し小僧をし, 舌出し薬の看板, 舌出づ身弦線のごとし, 舌出人形の赤い, 舌で斬り返す, 舌切すずめの話, 舌切らん我に, 舌切婆さんになった, 舌切情死までしよう, 舌切雀月に住む, 舌で自分, 舌をなす, 舌に説け, 舌啖呵が絶え間, 舌嘗ずりして, 舌か色眼, 舌噛ましイな, 舌卦の, 舌圧器で押え付けられた, 舌の洪水, 舌大きさ掌の, 舌娼妓末社が眼, 舌小賢しく云迯に, 舌巧者なやつども, 舌巻くところだった, 舌帽氏も恐れ入った, 舌平目コーヒーのむ, 舌平目ムニエルハムエグスにキャビネットプディング二つ, 舌平目洋酒蒸に鶏インコ, 舌廻りが悪い, 舌弁じ去り鼓し, 舌弁士のみ能, 舌引き抜きくれむと国風の, 舌恵贈の, 舌怠きまでに語, 舌の火蓋, 舌戸惑うた記憶力紛乱せる, 舌打つ音を, 舌打てば, 舌抜いて田楽, 舌押えの棒, 舌をした, 舌ちを, 舌早く御亭主, 舌次第なの, 舌へと念じ, 舌きによりて, 舌も鬼, 舌永遠に散らぬ, 舌の常に, 舌の関, 舌かに中, 舌を洗つて, 舌を飛ばす, 舌を吐く, 舌焼け胸焦げ, 舌込と, 舌して, 舌状帯下の部分, 舌状弁花をその, 舌状物を突き出し, 舌状花より成る, 舌状花弁をその, 舌甜めずりを, 舌る, 舌立て放す気色, 舌に尽されぬ, 舌り早口文句, 舌を刺される, 舌縮まってしまったた, 舌縮まつてし, 舌の根, 舌の分量, 舌舐めずりするような, 舌荒れて声, 舌く聞える, 舌蘭等の熱帯樹, 舌を探り, 舌に拍車, 舌見えつ隠れつす, 舌見ず汗垂らし, 舌赤くニヤリと, 舌赤銅の日, 舌身意色聲香味觸法の十二, 舌辛驛へ出, 舌に言っ, 舌重い無器用な, 舌重いこくの加減, 舌を一転, 舌長いことで, 舌閃いて空, 舌障りの悪い, 舌離れのあざやかさ, 舌非常に長く, 舌の通用, 舌であると