青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「続き~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

絶対~ ~絶望 絶望~ ~絹 絹~ 經~ 經驗~ ~続い 続い~ ~続いた
続き~
~続く 続く~ ~続け 続け~ ~維持 維持~ 維新~ ~綱 綱~ ~網

「続き~」 1246, 13ppm, 8528位

▼ 続き~ (245, 19.7%)

6 ように 3 やうに, 山が

2 [17件] お話を, ために, つながりを, 別棟に, 南に, 夢を, 大広告, 大明神, 尾根が, 崖の, 広間に, 部屋が, 部屋と, 部屋は, 部屋を, 頁岩が, 頃主人は

1 [199件] あやふさが, あらしの, ある医者, いのちにも, うちにも, おはなれ, おやじから, この頃, これが, しない場合, その一室, その邸宅, ためお, ため叔母の, ため物に, ない他人, なつかしい冬, はずは, ままシンシン, ものである, ものであるまい, ものと, ものには, やうで, やうな, やうにも, ような, をお, ジガ蜂の, セツの, トロ凪ぎであった, ブルジョア小路だ, ヴェランダの, 一つで, 一岩峰が, 万太夫座に, 上で, 上仙太郎自身の, 上句食に, 下から, 不運な, 両側の, 中に, 中村座, 中腹に, 事実で, 事実であった, 仕事を, 休みを, 休日に, 作業衣を, 便所へ, 儀式の, 儀礼らしく, 八畳間で, 六畳に, 内蔵で, 冬は, 出たらめ話, 出来るよう, 古い錦絵, 呪術だ, 呪詞的叙事詩で, 呪詞的叙事詩であった, 咳の, 土蔵に, 地である, 塵一片浮ばぬ, 増水しかも, 増水の, 夢が, 夢と, 大きな祭, 大きな竈, 大作さえ, 大学裏で, 大広間であっ, 大芝居, 大長根, 奥まった座敷, 如く思っては, 家が, 寝室へ, 寺の, 小山には, 小説みた, 小説を, 尾根から, 尾根である, 山であろう, 山科街道, 岩である, 岩山を, 平らな, 平地で, 幾間かに, 広い室, 影絵に, 後を, 思考状態かと, 悪夢の, 戯れの, 揚句は, 文句か, 新築貸家が, 日の, 更に, 本文に, 村である, 村の, 松の, 松原の, 林を, 柵の, 桜木町に, 様に, 横丁に, 横町の, 此行の, 武者絵に, 汀の, 油画を, 泥が, 浜通りだった, 海浜では, 温泉場に, 漁師村は, 濡縁に, 為めか, 為めに, 熱海の, 現象な, 男に, 町を, 画を, 畑には, 畑を, 留りに, 病理現象の, 登り坂へ, 白雲は, 砂漠旅行者の, 研究室へ, 端に, 第二条, 筆を, 範疇を, 組唄の, 絵か, 絵が, 絵と, 絵に, 絵を, 美代吉庄三郎の, 聯絡を, 肥後五箇荘などには, 芝生の, 苦悶の, 茶畑を, 荒地の, 菜っ葉服が, 菜っ葉服を, 虚に, 血筋である, 行事である, 行事です, 行動だ, 袋村の, 裏の, 規定に, 試験が, 話が, 谷底の, 豪奢な, 質屋, 載ったはず, 連山の, 連嶺が, 遭難は, 邸ごとに, 部屋の, 部屋へ, 錦絵には, 錦絵を, 長屋が, 長屋の, 長物語, 間から, 間の, 陸地なりし, 隠居所に, 隣の, 隣パール, 隣室へ, 離れの, 離屋には, 雨に, 青田が, 風俗であった

▼ 続き~ (210, 16.9%)

7 見て 4 待った 3 はじめました, 待つよう

2 [15件] くは, して, やって, やりだした, 促した, 始めた, 書いて, 書きます, 浮べて, 自分が, 話した, 読む, 読んで, 講じます, 辿つて

1 [163件] あらわすため, いろいろに, お借り申そう, お父さんは, お知らせいたします, かき始めた, かくさ, くわしく見た, こういうふう, ここで, この春, させて, させようとして, さっきよりも, した方, しはじめた, しましょうネ, しゃべって, しゃべりこくっ, しや, する, すること, そのまま旅先, つけはじめた根気, ひとつやっ, まだ茫然, まだ見つづけ, もう一度聞きたい, もう少しいわせ, もう少し話しましょう, もっと見たかった, やめなかった, やられては, やりたくて, やりましょう, やり出したの, やるとして, よんだ, サーッと, プライス博士に, 一八五〇年三月に, 三人は, 三十枚かいた, 云うよう, 云わなかった, 五六枚書いた, 今日は, 今朝し, 仕上げられる迄に, 伺いましょう, 低く歌った, 催促した, 光子さん達にも, 其儘に, 内地で, 写しに, 分入る, 切り出した, 切るため, 初めていた, 利用し, 口ずさむ, 口吟み, 吠え始めうち, 唱いながら, 喋舌らう, 四五枚も, 塗りに, 夢みて, 大声に, 始めました, 始めるの, 始め出した, 小田は, 少し持てあまし, 建てに, 引く, 弾き出した, 彼は, 待ちかねた, 待ち構えました, 待った後, 待って, 忘れて, 悦んで, 感じた, 持ち出しも, 揃へよう, 撮る, 映写し, 書かざならねえんだ, 書かなければ, 書くこと, 書くため, 書くひつよう, 書く余裕, 書けと, 書こうと, 朗らかに, 歌つた, 歌わないの, 歩行く, 決めたい気, 沢山裏表, 演じ兼ねない状態, 演った, 申し上げて, 申し上げますと, 申すが, 申上げます, 発表する, 発表せられない, 睡るって, 笑つた, 終えて, 終りまで, 翌十年同誌, 考えて, 考えはじめると, 考え始める, 考へました, 考へるので, 聞いて, 聞かして, 聞く身構え, 聴かずには, 聴こうじゃ, 自分自身に, 行う, 表示する, 見せろと, 見ませう, 見ること, 見ると, 言はう, 話さう今度, 話して, 話しはじめた, 話しますよ, 話し出す, 話し出すの, 話す, 話すと, 認めなければ, 誘い出して, 語ろうとして, 読みかけて, 読みながら, 読みはじめた, 読み出した, 読み始めた, 読む事, 読む前, 読もうと, 読んだ, 読んだり, 講義しました, 辿って, 辿ろうと, 鞭で, 食べた, 饒舌った, 験る

▼ 続き~ (124, 10.0%)

13 なって 9 続いた 5 して 4 見えて 3 一つ事を 2 つづいて, なつて, 行はれた

1 [84件] いたしますと, いわく, いわゆる五ヶ所唱門, おかしいなあ, かかる, すぐ焼け野原, そのかみ皇祖の, その方, その時, その神陵, とりかかる, なす時, なった一室, なった所, なるので, なる話, もどり元気, よく乾い, シヤトルは, ノッペラボーに, 並んで, 今日一日の, 以前崇めた, 住う, 住んで, 何処までも, 何百町歩の, 八畳敷き, 出るささやか, 半島へは, 取りかからうかな, 吸込まれて, 呼び戻された, 土蔵の, 在るの, 大臣は, 寮まがいの, 後の, 心臓形の, 愛して, 折曲っ, 据えられて, 政治的行動の, 敷かれた棕梠, 斉しい, 気を, 水の, 洋風家具を, 洪願寺の, 海が, 源氏は, 生白く見える, 畝り, 相違なかっ, 私の, 移ること, 等質である, 続いたら今に, 続いた一般人心, 続いた婦人, 続いた時, 続いた親しい, 続いて, 続くこと, 置きな, 考へると, 耽り給, 聯想せられた, 腰窓が, 薫は, 行われ言葉, 見て, 覗くと, 読み入, 論じて, 賑かな, 迷った, 連絡し, 過ぎぬ, 長く敷い, 離森と, 離森という, 雪がまん丸く, 高く蜿蜒

▼ 続き~ (80, 6.4%)

5 あつた

1 [75件] あしたも, あの町, いつ廃刊, がばがば崩れる, けっして新しい, こうさんざん手間どらせ, ここ随一の, この質屋, ござりまし, すつかり春めいた, せまい宿場, その向う, その日, ちょうどお, ちょうど大, つい寝坊, でも, どうやら小さん, どんなに乾いた, なおさまざま, ね, まいっても, まず結構, カラカラに, コンクリートの, ヘトヘトに, 一方は, 下れそう, 下宿の, 下手は, 中皇命, 五銭くらい, 五銭位, 何か, 何の, 八畳には, 冬の, 前方が, 右は, 吹き込まれたが, 土が, 地面に, 奥が, 娘が, 安治川筋には, 容易に, 少しぐらい, 少しも, 尚お, 山の, 幼児の, 店は, 心が, 忍んで, 快かりし, 悄気て, 所どころに, 明石の, 昔の, 水嵩の, 熱けた砂を, 牛馬も, 獣を, 第一, 糯米の, 苦しんだ東北, 蓮根が, 裏木戸まで, 足場が, 近頃めつ, 通る時, 遮断される, 邪気なく, 降雨降雪という, 非常なる

▼ 続き~ (49, 3.9%)

3 あるの 2 ある, あるが, わかるの

1 [40件] あるに, あるん, すぐに, どうしても, なくなりそれ, はっきりつながっ, ふと現, まだある, まだ切れず, まばらに, 一冊ある, 三冊ある, 仄白く, 出たとばかり, 出来ねえから, 出版された, 分らない, 判らない, 判らぬそれ, 判明せぬ, 割り竹に, 大畝, 奥の, 崖を, 次第も, 無い時, 略して, 白くチラチラ, 突如と, 第二流, 糸に, 聞きたかったからさ, 肝心じゃ, 見えなくなって, 話したいと, 読めるの, 述べたくなるね, 連なりその, 遥かの, 鼓動してる

▼ 続き~ (28, 2.2%)

2 いや寒く

1 [26件] たちまち同家, まさに雨, やや充備, 一団また, 七日の, 三回礼拝の, 世界に, 云ひ, 住いきれず, 入り来れるの, 其間時に, 出ずるゆえ, 出でたり, 女房も, 家内は, 対ふ, 尽くる, 従来農村に, 急ぎ登場, 打込む丁々, 文化を, 曲折蛇行する, 染の, 此時太祖の, 蒼髯白沙に, 起こるもの

▼ 続き~ (21, 1.7%)

2 どうした

1 [19件] かうである, すまいあんまり, ただ恐ろしい, できそう, ないの, また明日, また明晩, まだなかなか長く, まだ中, わけても, 一呎程の, 僕でなく, 出なかったの, 境い, 成王の, 暫らく待っ, 来月に, 玄関で, 細々ながら

▼ 続きそう~ (20, 1.6%)

2 だ, です

1 [16件] して, だぜ, だという, だテ, である, でいて, でございますかな, でした, な底抜け, な日の丸, な気, にない, に時, もありません, もない, もなかっ

▼ 続きその~ (18, 1.4%)

2 また水

1 [16件] うちに, ために, また後ろ, また生垣, 一枚から, 中で, 向うに, 左右と, 広大なる, 底に, 政治は, 果には, 激しい時, 結果として, 茎や, 起伏の

▼ 続き~ (15, 1.2%)

2 が, と思っ

1 [11件] からやがて, から明日, がさて, が小便, けれども裏手, ぜ, といっ, とは速断, と思はれぬ, ものです, もんで

▼ 続きもの~ (10, 0.8%)

2 の小説 1 がいつのまにか, で右, のある, の後段, の映画, の読める, を書く, を頼まれてる

▼ 続き~ (9, 0.7%)

2 思って 1 お話が, なり兄, なると, 異つて, 見て, 見るべき, 言う気

▼ 続きでは~ (8, 0.6%)

2 あつた, ない 1 あったの, 中, 伊勢木を, 米が

▼ 続きとして~ (8, 0.6%)

1 これから自分, 事実だけを, 夫婦喧嘩の, 必要である, 感想が, 書くつもり, 空を, 経験し

▼ 続きそれ~ (7, 0.6%)

1 が三度, が切れた, が少し, が水の上, が私, に伴っ, を読ん

▼ 続きでも~ (7, 0.6%)

2 なんでも 1 あるの, あるよう, 学生を, 知れてるじゃ, 見て

▼ 続き~ (7, 0.6%)

1 あるし, あるよう, いと拙く, 交つて居, 何も, 拙く, 見とう御座いました

▼ 続きである~ (6, 0.5%)

1 かは訣ら, が五日滞在, が岩, といふ, とは推察, と私

▼ 続き~ (6, 0.5%)

1 のが, のである, のです, ので余計, ので馬左也氏, 契機を

▼ 続き工合~ (6, 0.5%)

1 がすこし, がよく, も面白から, や不明, を探る, を識別

▼ 続きには~ (5, 0.4%)

1 あるン, 猿や, 白梅の, 私自身の, 行かない

▼ 続き~ (5, 0.4%)

1 なども大分, には外国, のよう, も多かっ, も自然

▼ 続き~ (4, 0.3%)

1 わたしが, 或は活動写真, 然ら, 覚えて

▼ 続きから~ (4, 0.3%)

1 かう言, ちょっと武蔵野, 私たちを, 陰影の

▼ 続きそこ~ (4, 0.3%)

1 にぎっしり, の板敷, を直ぐ, を通りぬける

▼ 続きであった~ (4, 0.3%)

1 かも知れない, がもう, が画工, し六条院

▼ 続きながら~ (4, 0.3%)

1 とにかくこと, 一足ごとに, 加うる, 呉越と

▼ 続きまた~ (4, 0.3%)

1 その記念, その隣り, 一首全体に, 幸いが

▼ 続き具合~ (4, 0.3%)

1 がよく, で創作家, などを話す, のおかしい

▼ 続きしかも~ (3, 0.2%)

1 その三たびめ, 如何なる苦痛, 邪魔に

▼ 続きそして~ (3, 0.2%)

1 堤の, 幻想は, 栄えた

▼ 続きその間~ (3, 0.2%)

1 に樅, に見事, はどんな

▼ 続きそれから~ (3, 0.2%)

2 バァッと 1 弥撒謝恩の

▼ 続きです~ (3, 0.2%)

2 が雨戸 1

▼ 続きどんな~ (3, 0.2%)

2 ふうに 1 ところへ

▼ 続きにて~ (3, 0.2%)

1 不安な, 橋野という, 遠からず

▼ 続き~ (3, 0.2%)

1 そのままに, 移って, 耳を

▼ 続き一方~ (3, 0.2%)

1 の端, は丘陵, は錆び黒ずんだ

▼ 続き今日~ (3, 0.2%)

1 こそ果たそう, に及ん, もまた

▼ 続き~ (3, 0.2%)

1 ひにな, ひの, ひを

▼ 続き~ (3, 0.2%)

1 と片山氏, は二階, は日本

▼ 続きあるいは~ (2, 0.2%)

2 断え

▼ 続きかと~ (2, 0.2%)

2 思って

▼ 続きがら~ (2, 0.2%)

1 のよう, はどう

▼ 続きこそは~ (2, 0.2%)

2 東の

▼ 続きこの~ (2, 0.2%)

1 一座の, 上流へ

▼ 続き~ (2, 0.2%)

1 うだ, うで

▼ 続きさうに時~ (2, 0.2%)

2 と共に倦まず

▼ 続きであっ~ (2, 0.2%)

1 て海, て資本主義文化

▼ 続きであり~ (2, 0.2%)

1 ながら区別, 又一続き

▼ 続きであろう~ (2, 0.2%)

1 ところの, と断定

▼ 続きという~ (2, 0.2%)

1 のは, わけで

▼ 続きにも~ (2, 0.2%)

1 ある, 残るやう

▼ 続き~ (2, 0.2%)

1 へんわ, へン

▼ 続きまだ~ (2, 0.2%)

1 巴里に, 数多くの

▼ 続き~ (2, 0.2%)

2 つながりを

▼ 続きやがて~ (2, 0.2%)

1 法廷内の, 盛んに

▼ 続きやがてずいぶん~ (2, 0.2%)

2 ときが

▼ 続き其上~ (2, 0.2%)

1 に平, に樺

▼ 続き~ (2, 0.2%)

1 の方角, は木辻部落

▼ 続き~ (2, 0.2%)

1 になる, の稼業

▼ 続き~ (2, 0.2%)

1 の頂上, を越え

▼ 続き~ (2, 0.2%)

1 は吾妻山, は広瀬

▼ 続き常に~ (2, 0.2%)

1 人間は, 順環小数の

▼ 続き~ (2, 0.2%)

1 には岸本, の方

▼ 続き永遠~ (2, 0.2%)

2 につながる

▼ 続き~ (2, 0.2%)

1 である, でその

▼ 続き西~ (2, 0.2%)

1 は大津, は尨大

▼1* [234件]

続きひだけが前よりも, 続きあいの人々, 続きある人々は, 続きいずれへ渡る, 続きかといふ事が, 続きかの絵の, 続きがちであった, 続きこうした伝説と, 続きさうな気が, 続きさぞ冷淡に, 続きさぞかし顔色も, 続きさてそれからは, 続きさらにその特色, 続きすでにアルメイダや, 続きすべてが先代右団次, 続きたりともいい大河, 続きたるを行き, 続きだけが心の, 続きだったかも知れませんでした, 続きだろうこう訊いた, 続きついに四代家綱五代綱吉などの, 続きつつ縹緲として, 続きては絶え絶えし, 続きでしかないやう, 続きといふ用語例に, 続きとうとう後妻にも, 続きとが主な, 続きところどころに白い, 続きとしての進歩が, 続きとでも言ったよう, 続きとに挟まれた狭い, 続きとはなって, 続きとやらで, 続きなおその老躯, 続きなかなか五月晴れの, 続きなんかないとね, 続きにあたるある勤め人, 続きにくいし第, 続きにたいして冷淡な, 続きにと起き上, 続きになつて居, 続きによって形而上学と, 続きのどかな気分, 続きはるか遠くセイヌ河, 続きばかりのやうでした, 続きひな鶯のこころみ, 続きぼくはやがて, 続きぼんやりとし, 続きまず私が, 続きまたは三枚続きの, 続きまったくのところ徹夜仕事, 続きみなこれ漢中の軍, 続きむしろこの結婚生活, 続きもう散会という, 続きもと一町内の地, 続きやがてまたさぐるよう, 続きやや爪先上りに, 続きかるべくやと, 続きようはずがなかっ, 続きよう筈はなかっ, 続きよくその声価, 続きをと思うに, 続きをも少しし, 続きがるん, 続きエハガキもならん, 続きカッチヤ松や, 続きクラン・マッキンタイア号は静か, 続きセーヌ川の溢水, 続きッこはございません, 続きモン・トオロン行の乗合自動車, 続き一つの仕事, 続き一八五六年には水, 続き一旦低下し, 続き一枚だけはいつか, 続き一番最後は燿子, 続き一部はあと, 続き一門子孫の繁栄, 続き一面は陸, 続き上下におよそ, 続き上州の山々, 続き申候, 続き不思議なる彫刻, 続きに衣裳箪笥, 続き二人は向, 続き五月にはいっ, 続き京都は戦塵, 続き人心恟々天下騒然食える野郎, 続きの開化天皇陵, 続き今朝はこういう, 続き付近の住民, 続き仙台と秋田, 続き以前の水準, 続きの西洋紙, 続き住民たちは土産, 続き何処となく, 続き何度アンコールにおじぎ, 続き侍女が二人, 続き偃松と雪, 続きはまたまた, 続き六条院の若君, 続き内陣をすっかり, 続き処々の畦, 続き処々月になり, 続き劇場はその間殆, 続き勾配も段々, 続き半月と続き, 続き南方には烏川, 続き厳しかったので, 続き反魂香を焚い, 続き右側はひろく, 続き同音の宇治, 続き商家の軒, 続き地獄はその, 続きに従って時々, 続き塵埃は深く, 続き増加ししかも, 続き壁一重越しに全く, 続きは来ぬ, 続き多数の子供, 続きの中, 続き大奥の女中, 続き奴隷たちの控間, 続き如何なる行為らしい, 続き実に五十年の, 続きも畠, 続き寒う霧らへ, 続き山門の前, 続き岩波アカデミズムは, 続きの頂き, 続き崖下にある破, 続きのよう, 続き市中には清い, 続き市街は漸次, 続き市街地は耕地, 続き帰国の旅費, 続きと共に猛烈, 続きが庭, 続き彦一も一番後, 続き微かに未だ, 続きに寒気, 続き恰も家の, 続き桂庵に, 続き憂鬱である, 続きる日, 続き押詰って二十四日, 続き振鈴の音, 続き挿花にでもしよう, 続き数日後床を上げさせた, 続きも以前, 続きは麗, 続き旧物を敬愛, 続き旱魃が起こり, 続き時々きめたよう, 続き更にブラジルが, 続き後方の, 続き最後にグイ, 続き朝日山の右, 続きの名, 続き松埃が降り続いた, 続きが開かれ, 続きは鞠, 続き横浜程ヶ谷までも知っ, 続きの陰気, 続き次いでこの文化, 続き次第に減衰し, 続き正面の小, 続き此処では, 続き此家に関して少し, 続き此頃はとりわけ, 続き毎日長閑な日和, 続き民衆は窮乏, 続き法華経をほめる, 続き浦和に至っ, 続きを踏ん, 続き湿地が続い, 続き火打焼山に至る, 続き炎天の空熱砂, 続きから田, 続き田舎に故郷, 続き甲斐は竿, 続き町幅が糸, 続き異様った部屋, 続き病院へ伴, 続き発作が起こる, 続き白雲という峰, 続き南を, 続き石橋の終る, 続き石燈籠の辺, 続きは大地, 続き禰宜の松下千里, 続き秋洪水があつ, 続き空井戸を下, 続き立ち木一本もない, 続き立派な文化, 続きを栽, 続き三の, 続き黙す時声, 続き結句の, 続き結局独逸は, 続き軍一万は, 続き翌日入棺の時, 続き老師数馬も驚き, 続き肝腎の人影, 続きが百十近く, 続き自分もその, 続き花火の打, 続き苦しいまでになっ, 続き苦痛が苦痛, 続き薄い霞の, 続き街道を在所, 続き街頭いたる所, 続き袈裟丸山の連脈, 続き軽い玩具や, 続き遂に靄の, 続きかな翠巒, 続き遥か向うに, 続きは野, 続き長く続くほど, 続き長く幽けき, 続き關善平方へ着きました, 続き陰影の多い, 続き陽気を違え, 続き難き者と, 続き雨量多く毎日, 続き雷門前の賑わい, 続き頻々として瀑, 続き風待ち日和待ちの長かっ, 続き食慾が衰え, 続き飾物も出来る, 続き首尾よく大当り, 続き馬市は繁昌, 続きへの道, 続き高く雲に, 続きがつまつて