青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「興行~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~致します 臺~ ~與 與~ ~興 興~ ~興味 興味~ ~興奮 興奮~
興行~
~舌 舌~ 舎~ ~舞 舞~ ~舞台 舞台~ ~舟 舟~ 航海~

「興行~」 1529, 17ppm, 6871位

▼ 興行~ (166, 10.9%)

15 して 7 つづけて 5 続けて 3 やって 2 した時, しても, しようと, すること, するよう, つづけること, はじめた, 中止する, 始めて

1 [118件] いいよう, お名残り, お止め, かこつけて, こころみるよう, こころみ中幕, さし止められるから, した, したの, したので, したらあと, しなければ, しなれて, しばらく継続, しまったら黒川, するという, する当て, すれば, そっくり西洋, そねんで, つづけそれ, つづけた, つづけるよりは, つづけ時には, のぞき四時, のぞく, はじめ歌舞伎東劇明治座の, ほとんど入, もくろんで, やった, やらかさうぢ, やるから, やること, やるつもり, やる分, イジメて, 一世一代として, 一体どうして打つ, 一日延し, 三升会一派の, 不許可, 中止し, 五本松の, 企てた, 休まず平日, 休み二月, 休む, 休止す, 停止させず, 催しかけて, 催しその, 催したの, 催し市川家, 催し松井松葉氏, 催すこと, 催すと, 催すという, 催せり, 切上げて, 初めるまでの, 初めるよう, 取締る, 名残りに, 営んだ時, 始めたん, 差止めて, 平気で, 思いださせる, 思ひ付いたの, 手伝って, 打たなければ, 打ちきり三十日, 打ち合せ三時ごろ小屋, 打ち留め, 打上げると, 打切として, 打揚げる, 批判する, 控へて, 明治座で, 標榜し, 欠損なし, 河原崎座へ, 無事に, 無意義だ, 無条件で, 知らない人, 終って, 終へる, 終ると, 終わったところ, 続け得るという, 續けて, 自分一人で, 若宮で, 行うそう, 行うという, 行は, 行ひ, 見たがって, 見て, 見物に, 観る, 許されて, 許し侯自ら, 許すの, 許可する, 評して, 試みると, 質入れし, 避けて, 閉場て, 開場した, 開始した, 開演する, 預かる支配人, 頼まれ, 髪梳き

▼ 興行~ (149, 9.7%)

3 蓋を 2 はじめから, 中幕で, 許可, 隣国へ

1 [138件] あがりを, あった時, あひだ, あるの, うちには, うち昼の, おりに, お免許, ことで, ことは, それも, ために, ためにと, ため乗り込んだ, ため実隆を, だしものは, ときおなじ, ときどこかの, とき序幕の, とき房枝が, ひまを, ふたを, ほうから, ものを, ような, レコードなり, 一つと, 一芝居を, 上がり金を, 上がり銭を, 上にまで, 上にも, 上演目録に, 中幕に, 中日である, 中日の, 中途で, 主體, 事で, 二度目の, 二番目に, 二番目を, 仕舞まで, 件に, 価値の, 借金が, 免許状や, 入場料は, 入場料を, 初日に, 前の, 前後から, 勧進元からは, 勧進元が, 千秋楽を, 収入それから, 収入思う, 口上は, 口上言ひ, 噂がまはりまはつて, 噂であった, 回数が, 場所で, 場所をも, 大入と, 存在を, 客が, 寄席廻りと, 小芝居, 広告を, 度数の, 度数も, 後歸朝すべし, 成績のみから, 成績は, 成績も, 手で, 手法に, 折に, 折の, 折は, 折病に, 方も, 方法も, 旗上げに, 旗揚げを, 日は, 時で, 時であった, 時メフィストフェレスを, 時間も, 最中だ, 最中でした, 最後的な, 東京力士緑川小, 楽屋で, 歌舞伎座では, 殆ど毎夜を, 準備が, 瀬ぶみ, 為めブラツク・フラヤス寺院の, 理由ばかり, 相談, 相談を, 相談中に, 看板を, 秘策を, 種類は, 稽古と, 稽古を, 稽古等にて, 空気を, 立場から, 立看板が, 端緒が, 第一夜, 節弾左衛門手下の, 終った様子, 終りごろには, 給料五万円は, 肆だ, 腕よりも, 膳立てに, 舞台に, 見本である, 記録を, 許可を, 評判に, 話を, 資金を, 連中が, 邪魔に, 都度に, 重なる役割, 間だけ, 際イブセンは, 雑役に, 風説を

▼ 興行~ (102, 6.7%)

5 の手 4 のお 3 の方 2 である, としての手腕, に, に出来, の出, の腕, の親方, は承知, も大きい

1 [72件] お角, か何, があなた, がい, がこの, が何と, が寄り合っ, が来た, が経営, が美麗, じゃない, だから, だけにかなり, だそう, であった, であって, でいくらでも, でバクチ打, といっしょ, とか一座, とが争名, としてのお, とそれ, となる, とは異, とを兼業, と呼ばれ, などではできない, なども認識, につかまっ, に使, に先, に対してただ, に芸人, に賣つた, に追いかけられ, のため, のはなれ, のふところ, のパリパリ, の一人, の仏頂面, の俗悪, の元締, の味, の大御所, の小屋, の樣, の無理, の策略, の頭, はすぐ, はそれ, はよ, は人込み, は傍, は呆気, は柵, は案外, は虎, は須磨子, は鬚, ばかりが悪い, もおどろい, もそれ相当, も一方, も莫大, も観客, や俳優, をそれほど, を信頼, を塗りつぶす

▼ 興行~ (91, 6.0%)

2 歌舞伎座の, 関係し

1 [87件] あわただしく追い立てられ, いずれも, かかる小手調べ, かさねて, きた, きたの, ごそり, さわるので, するならば, その作, つきまして, つごうの, でかけた, でかけたいよう, でかけたこと, できる丈間, なった時, なって, なる, なると, なんでケチ, またか, もう一つ, やはり円朝物, 一万人以上の, 三日か, 上演された, 上演した, 乗り込みまでも, 二つとも, 伴はれた, 使われたこと, 供せり, 先代小団次が, 入りよう, 共鳴し, 出かけまして, 出かけるらしい噂, 出して, 出たこと, 出勤し, 出勤する, 初めてイブセン, 又もや円朝物, 反対で, 呼んで, 困った, 坪内逍遥博士の, 堪へる, 多大の, 大当りを, 左団次家橘らの, 差支えないまでに, 当って, 必ず間に合う, 忠臣蔵が, 新劇系統の, 於いて, 来た, 来たの, 来た間違い, 来て, 来る, 森鴎外博士の, 極つて, 檀那場を, 欠勤, 決まった入場料, 用ひた, 私が, 私と, 移られたこと, 興味を, 菊五郎が, 行ったこと, 行った時, 行って, 見込みが, 誘って, 赴き同所八幡, 這入つた客, 這入らうと, 通用する, 過ぎない, 過ぎなかった, 過ぎなかったの, 駒井の

▼ 興行~ (77, 5.0%)

2 大当りに, 失敗に, 成績が

1 [71件] あまり好, ある興行師, お休みかね, お前が, これが, さんざんの, したこと, その悪弊, たしかズウデルマン, できない今晩, ない, なかなかに, ます, セヰルラの, 一ヶ月三十七回も, 一年わずか, 一度この, 一番目, 一種の, 一般接客業と, 三月二十日から, 不幸に, 不況だ, 中って, 二日隔き, 二月二十八日から, 五日間, 今夜が, 今後差支えなし, 以前の, 休んで, 俳優個人個人の, 僕久しぶりで, 先ず五, 六月かぎりで, 冷房の, 十一月で, 厳禁され, 名古屋から, 団菊両, 団菊左顔あわせ, 外れるだろうと, 大体, 大入りを, 大入り大当たりであった, 大入り満員の, 大好評, 大当りを, 大成功, 女流から, 密かに, 尻っ, 年に, 序幕が, 廉ある, 当然東京, 意外にも, 打てぬので, 日のべ, 昨年の, 歌舞伎座の, 無難に, 現在の, 當分休みの, 蓋を, 街頭切符売り, 見ようと, 許されぬと, 評判悪い, 連日の, 非常の

▼ 興行~ (73, 4.8%)

14 ていた 8 ている 3 てゐた, てゐる 2 て全市, て廻る, て歩く

1 [39件] たり, たりし, たりした, たりする, たり近在, てあと, てい, ていないらしい, ているらしゅうございます, ておいで, ており, ておりました, てくる, てこれから, てさえいた, てまわっ, て人気, て人氣, て小伝次, て居た, て巡っ, て東京中, て歩いた, て毎晩, て田舎役者, て百姓ども, て酒手, 丑之助英太郎権三郎団子三田八などが, 中村座は, 再び北米, 十月に, 喜知六の, 四月に, 廻り其年十月後桑港に, 来遊中の, 自ら彼らの, 西鶴などは, 身を, 連日の

▼ 興行~ (72, 4.7%)

4 や飲食店 2 があった, があり, に多く, の多い, の小屋掛け, の掛け小屋, はせん, は停止, を見

1 [50件] がありました, がすべて夏休み, がどんな, が來, が公然, が出, が出来あがった, が無代, が皆, さえ陣取っ, たりし, だと, ですごい, ですよ, でその, で都会, としての損益, として単なる, となっ, と云, などを見, になっ, に出入り, に吸, に変死人, に手, のこと, のエロテイシズム, の一つ, の一番上出來やつたん, の一番上出来やつたん, の中, の悲劇, の色旗, の貿易商, の集中, は, はすべて休業, は入費, は午後, は必ず, は既に, は河原, もあれ, も人, も絶対, や露店, を経営, を莫迦, を見る

▼ 興行~ (70, 4.6%)

2 はブランコ乗り, は断食芸人

1 [66件] から中止, から観客, から詩劇, がいう, がいる, がやってき, が伝えた, が出, が打ち合せ, が承知, が自ら壇上, が自ら草, が自由, が賛成, との合作, と別れ, と意見, と著作者, なの, なん, にささやいた, にとってはブランコ乗り, になつ, にはうまく, に教わった, のお, のところ, のほか, のやり, のやり口, の協会, の大学生雨谷, の岡村, の座元, の懐, の批評的, の損益計算, の為め, の生活, の話, の雨谷君, の雨谷狐馬, は, はすぐ, はすぐさま, はそれ, はためらい, はもう一度, はよっぽど, は一つ, は人, は四十日間, は大, は彼女, は損, は泣き寝入り, は目前, は窓ぎわ, は興行主, は親方, は言った, は飛び上がり, を誘い, を集める, 乃至劇場主, 又は作者自ら舞台全体

▼ 興行~ (68, 4.4%)

2 の方

1 [66件] からの使者, から今度除名, がなけれ, がゐなけれ, が所有, が某, が知っ, さえあれ, たる自称天下無双, でもありません, としての賢明, としてはまことに, としては時期, としては高い, として先づ先づ成功, となつ, と常習的観客, と成つて, と演出家, なの, にある, にし, にも幾つ, に向, に対しては刑法, に斡旋, に背, に魅力, のほう, の全部, の動, の区別, の問題, の営利主義, の手, の手中, の瀬踏み, の理想, の紳士的宣言, の罪, の義務, の職業組合, の見, の責任, は, はいろいろ, はきつ, はたとい, はなんとも, はよんどころなし, は以後, は公平, は劇場, は実に, は本然, は決して, もかういふ, も上演料さ, も俳優, も批評家, も決して, を勇気づける, を苦しめる, 乃至俳優, 及び俳優, 或は演出家

▼ 興行~ (48, 3.1%)

2 あった, あったの, 成功した

1 [42件] あつた, あると, あるなどの, あるよう, あるらしい, いよいよ初日, おわると, お仕舞, かかって, しばしば催さる, すめば, すること, できないであろう, よほど風変わり, 一代の, 中絶し, 二十五日です, 出来るならば, 割れるよう, 大の, 大事衣裳箱やら, 如何に, 始つてゐ, 当ったので, 当って, 当時の, 思わしくなかった, 掛って, 来る日曜日, 歌舞伎座に, 済んだの, 済んでから, 濟んでから, 理想的である, 眼新しい, 突然何, 終え夜, 終ねる, 蓋を, 行はれ, 行はれる, 起って

▼ 興行~ (30, 2.0%)

2 名題は, 昼の

1 [26件] あつた, お客様が, かれは, それを, 一人の, 來た, 俄かに, 働いて, 原作の, 吉之助の, 回つて行つて倒れた, 地方を, 外題は, 大阪から, 打切りという, 折々見物, 時間の, 東京見物の, 某々の, 梅の, 綺麗な, 行つた時一日暇を, 通し狂言が, 金を, 開けさせろさも, 開けるやう努力

▼ 興行した~ (27, 1.8%)

3 ことが, 事が 2 という新富座, 時の

1 [17件] いわゆる天下, かと云う, が縁日, ことから, ことも, って見物, といふの, と云う, と記され, のだ, ものかとも, 俳諧が, 土地の, 念仏踊りも, 時で, 時も, 際座頭の

▼ 興行~ (24, 1.6%)

1 [24件] であると, であるらしくそこら, でこの, でも何, なり, に出火, に家橘, に彦根, に急, に法界坊, に贈られた, のサーカス, の三カ月間, の東京相撲, の正本, の江戸, の雲右衞門, はあの, は別, は見物人, より市川左団次, を通して五千人, 始めて, 或る

▼ 興行~ (24, 1.6%)

2 を引退

1 [22件] から引退, が専ら, で未だ, とは無縁, と劇場, と思ったら, にこの, には知合, に一種, に居り, に記録, の事情, の伝手, の大御所, の玄人筋, の覇者, の顔役, へ乗出そう, を席巻, を席捲, を渡りあるく, を驚倒

▼ 興行する~ (23, 1.5%)

3 ことに 2 のも

1 [18件] ことが, ことの, ことまかりならぬ, こと拿破里の, それ目録だ, ために, という有様, なんという, に際し一座, のが, のに木村, ものある, ゆえその, フランクフルトまで, 事が, 人形芝居の, 歴史も, 者に対し

▼ 興行には~ (22, 1.4%)

1 [22件] かなり松竹大谷君, まためっきり, まったく不馴れ, われらの, アンの, 久しぶりで, 五世菊五郎が, 団十郎も, 団菊の, 寄席の, 小野川進ん, 市川九蔵が, 常磐津を, 必ず往かん, 必ず行っ, 思わしい役, 扇雀一座の, 有力なる, 添えものの, 紫紅君の, 菊五郎が, 蒲田から

▼ 興行~ (20, 1.3%)

2 いうので, 云ふ, 決まって

1 [14件] あわせこれ, いうと, いっても, するの, 劇場主轟九蔵氏の, 同時で, 呉服橋劇場独特の, 旅の, 申すの, 脚本作者の, 謂つた形を, 違うん, 違って, 長たらしい名前

▼ 興行~ (19, 1.2%)

1 [19件] あつた, おやめ, とどこおりなく, また相当, みな小殿への, めでたく終り, 余り気乗, 余り流行する, 先づ大, 十日あまりで, 千秋楽に, 大入りの, 引きうけ一座, 当ったという, 成功だった, 混つてゐ, 立ち行かなくなるでせうから, 都では, 首尾よう大入りつづきであった

▼ 興行成績~ (18, 1.2%)

2 をあげる

1 [16件] がいつも, にも直接間接, に関しては何ら, の向上, はあまり, はそれ, はよく, は今, は日清戦争当時, は頗る, もあまり, も常に, も頗る, をある程度, を挙げ, 思わしからず

▼ 興行~ (17, 1.1%)

3 の再開

1 [14件] があっ, ではカイゼル髭, としての機能, として直ちに, になっ, の前, の無償提供, の看板, は当局, は棒, へ出かけ, へ往, へ行く, を見物

▼ 興行~ (12, 0.8%)

1 [12件] から頼まれ, がやって来よう, です, と地場, の男, の発案, の目, の親方, はそこら, は興行元, は轟, も成るべく

▼ 興行から~ (10, 0.7%)

2 帰って 1 十五代目羽左衛門を, 市川荒次郎と, 愛国切符といふ, 文字だけは, 新富座の, 本式の, 演伎座と, 行方不明に

▼ 興行ごと~ (10, 0.7%)

1 にその, に世間, に事実相違有無, に切符, に同じ, に大役, に好評, に苦情, に評判, に運営委員会

▼ 興行価値~ (10, 0.7%)

1 がある, が乏しい, のない, はありません, は大いに, をもつ, を上げよう, を主, を示した, を高める

▼ 興行者側~ (10, 0.7%)

1 が本腰, では当惑, としては折角, に対し相当, に於, の人達, の反省, の犠牲以外, はなんと, も困り抜い

▼ 興行政策~ (9, 0.6%)

1 からいへ, として舞台監督, に依る, に掣肘, のため, の上, も明, をこれ, をとった

▼ 興行~ (9, 0.6%)

1 な料金, には大丈夫, にやられ, によから, に何, に又は, に如何なる, に断然, の仕事

▼ 興行では~ (8, 0.5%)

1 ありかたがた日本左衛門, あるが, ないかという, なかった, なかつた, やれない劇, 借りて, 必ず江戸

▼ 興行~ (7, 0.5%)

1 が一般観客, が人気, ではどうしても, にも自ら適切, やそれら, を大, を確立

▼ 興行資本~ (7, 0.5%)

2 の手 1 からまつたく, から独立, というもの, と関係, の大きい

▼ 興行~ (6, 0.4%)

1 が反対, そうだ, それを, な, な芝居, 新作ばかり

▼ 興行会社~ (6, 0.4%)

1 であつ, である, である松竹, の名, の専属, 又は公共団体

▼ 興行にも~ (5, 0.3%)

1 出す, 出演した, 創作歌劇を, 軒を, 鏡山を

▼ 興行もの~ (5, 0.3%)

1 ありて, に関与, の状態視察, を見聞, ベラボーな

▼ 興行より~ (5, 0.3%)

1 出勤, 定席九分を, 市村家橘改名し, 新富座に, 本年に

▼ 興行~ (5, 0.3%)

1 では, との好, に残した, の思ひつき, の政策

▼ 興行時間~ (5, 0.3%)

1 が長い, の延長, は八時間, を八時間, を最大限四時間

▼ 興行者協会~ (5, 0.3%)

1 なるもの, の機能, はその, は云う, は多聞

▼ 興行~ (5, 0.3%)

1 が出来, で西洋風, には久しく, には常盤座, は幸

▼ 興行された~ (4, 0.3%)

1 という事実, と記憶, 劇場の, 時に

▼ 興行という~ (4, 0.3%)

1 のである, ものにとって, ものは, 意味合の

▼ 興行といふ~ (4, 0.3%)

1 かなり精神的, ところの, のが, 奴で

▼ 興行とは~ (4, 0.3%)

1 予め興行日数, 前述の, 抑も, 正にかく

▼ 興行~ (4, 0.3%)

1 の手, の桎梏, の銀平, 之印

▼ 興行され~ (3, 0.2%)

1 お奥, ていた, 二日つづき

▼ 興行せられる~ (3, 0.2%)

1 からは分からず, のが, 場合と

▼ 興行である~ (3, 0.2%)

1 とともに廣, ので十五, 場合は

▼ 興行として~ (3, 0.2%)

1 演じられるの, 脚本募集を, 開場

▼ 興行としては~ (3, 0.2%)

2 三六年度で 1 理想的な

▼ 興行ぶり~ (3, 0.2%)

1 であった, は従来, を見せよう

▼ 興行中止~ (3, 0.2%)

1 となった, を命ぜられた, 仕候

▼ 興行~ (3, 0.2%)

1 が来, でありその, は彼女

▼ 興行~ (3, 0.2%)

1 にしよう, へ旅立つ, を今

▼ 興行大入り~ (3, 0.2%)

1 であった, によって動かされた, を続け

▼ 興行日数~ (3, 0.2%)

1 のある, を予定, を限定

▼ 興行資本家~ (3, 0.2%)

1 がウン, が小さな, によって提供

▼ 興行される~ (2, 0.1%)

1 ように, んだ

▼ 興行しよう~ (2, 0.1%)

1 という物凄い, と計画

▼ 興行~ (2, 0.1%)

1 という, といふ

▼ 興行せられた~ (2, 0.1%)

1 時には, 番の

▼ 興行であっ~ (2, 0.1%)

1 て世間一般, て普通

▼ 興行であった~ (2, 0.1%)

1 と思う, のだ

▼ 興行でなく~ (2, 0.1%)

1 てはならない, 演劇改良会の

▼ 興行でも~ (2, 0.1%)

1 はじまったよう, 大勢の

▼ 興行としての~ (2, 0.1%)

1 成功不, 相撲が

▼ 興行なる~ (2, 0.1%)

1 ものの, 企業に

▼ 興行において~ (2, 0.1%)

1 団十郎自身が, 敗れたので

▼ 興行~ (2, 0.1%)

1 の片山, 長長田島太郎氏

▼ 興行~ (2, 0.1%)

1 からで, きへ

▼ 興行~ (2, 0.1%)

1 の辺, は無数

▼ 興行~ (2, 0.1%)

1 が巨万, とを兼ねた

▼ 興行差止~ (2, 0.1%)

1 なんかになったら, を喰う

▼ 興行方面~ (2, 0.1%)

1 となる, の有為転変

▼ 興行~ (2, 0.1%)

1 は著者一代限り, を興行者

▼ 興行者自身~ (2, 0.1%)

1 が実は, の自発的

▼ 興行関係者~ (2, 0.1%)

1 が奉仕的, としては常に

▼1* [154件]

興行あるごとに, 興行あわせて四十日間, 興行て回る, 興行何か, 興行かくては面白, 興行かないかにとしてか, 興行ぎりでここを去ったが, 興行ことごとく休み市中寂々, 興行これもそういう, 興行さえしなければ, 興行さしたところで, 興行させて置く, 興行したいという願書, 興行したる可笑, 興行し廻るのだつた, 興行すべきところに, 興行むとて一座とともに, 興行せし時聞及びつ, 興行せしむ可きの由, 興行せらるる所なり, 興行せられそれでも入場料, 興行せられず時たま題, 興行せる者あり, 興行その他娯楽を目的, 興行だけの収入で, 興行だけは俳優には, 興行だって無意義に, 興行のへ, 興行であり若い男女, 興行であれば初日, 興行でなく努めて市民, 興行といった心持でござんし, 興行とかいって, 興行ともにその, 興行なかばにかけこん, 興行なしに謹慎, 興行などと幟の, 興行などを一度も, 興行なんかに出場する, 興行については特に空襲時, 興行にてノラに, 興行によつて世間へ, 興行によるものと, 興行に対する政令の, 興行に関しては其の期間, 興行に関する法規並に, 興行に際して最も同情, 興行に際しても吾人は, 興行しだの, 興行のさいちゅうでありました, 興行はじむる時大瓶一個俯向けて, 興行ほめる者には, 興行までして, 興行お寺詣り, 興行やるほかに, 興行らしい興行の, 興行わずかに三, 興行をでも見に, 興行ジャーナリズムを背景, 興行一二人の所謂, 興行に金龍館笑, 興行中のかの女, 興行中流行の感冒, 興行中銀主三与吉の家族多勢, 興行主たるリーグ当局の, 興行主任が看板代り, 興行主兼作者として奮闘, 興行二十六日間一度だつてお湯, 興行二時間半乃至三時間半, 興行人たちが驚い, 興行仕りますれば銀座柳, 興行以上の興味, 興行休まれちゃ大変, 興行会社といはゆる, 興行価値そのものも作品, 興行に鳥熊, 興行元轟の権三, 興行をもっ, 興行したが, 興行十年の星霜, 興行協会の役割, 興行協会芸能会各部会, 興行取締規則の徹底, 興行向きの地所, 興行回数が多く, 興行を組織, 興行団体の手, 興行地點を中心, 興行場主は一定期間興行場, 興行場主芸能仲介業者芸能各部門, 興行場借入等の為め困難, 興行当滅茶, 興行大当りである, 興行女優劇に時葉北三, 興行家兼政治家式の家元中心制度, 興行小屋を滅茶滅茶, 興行届けもちゃんと, 興行届認可を取消す, 興行師らから断わりきれない, 興行師ガ房総海ニテ難船シ浜ヘ打上ツタ所, 興行師仲間はすぐ, 興行師的の手腕, 興行師的素質を多分, 興行師風情のわたし, 興行度数が少ない, 興行にやります, 興行くては, 興行打たうとした, 興行打ち切り座員引揚げの, 興行承諾に対する意志, 興行振りは東京, 興行政略が再び, 興行作物のみ, 興行を懇請, 興行方法による近代化, 興行方針を取ろう, 興行だ, 興行日數は通例一回二十四五日, 興行本位金銭本位とせず, 興行止まりがたく念仏, 興行に必ず, 興行浅草へ出, 興行済むまでは厳冬, 興行物ぢやあるまい, 興行物一さいをさしひかえ, 興行物的の方, 興行じゃない, 興行に使用, 興行用語として渡来流布, 興行の話, 興行的価値について考へ始めた, 興行的成功は我輩, 興行社長の段原万平氏, 興行禁制とまで堅く, 興行禁止を声明, 興行である, 興行終り川口の, 興行終りますれば良人, 興行組合長の神保栄氏来訪, 興行者その他多数の人々, 興行者なみの投機心, 興行者俳優戯曲家演出家といふやう, 興行者兼現代稀有の邪妖劇名女優, 興行者及興行場主並にその, 興行者興行場主芸能仲介業者芸能各部門, 興行者達はこの, 興行致しますので, 興行複製となる, 興行でもまとまる, 興行の寺沢氏, 興行開始命令が出た, 興行である, 興行館鷺市劇場へ以前, 興行麻雀をやる