青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「興味~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~致し 致し~ ~致しました ~致します 臺~ ~與 與~ ~興 興~ ~興味
興味~
~興奮 興奮~ 興行~ ~舌 舌~ 舎~ ~舞 舞~ ~舞台 舞台~

「興味~」 8433, 91ppm, 1217位

▼ 興味~ (3499, 41.5%)

262 もって 232 持って 102 感じて 72 持つて 71 もつて 46 覚えて 36 有って 32 失って, 感じた 20 覚えた 19 持つよう 18 そ, もつよう, 持った, 有つ 14 感じたの, 抱いて, 示して 13 ひいた 12 そそられて, 持ったの, 持つもの 11 もった, 持つ, 持つの, 覚える 10 お持ち, 持たれて 9 もつの, 持ちまして, 覚えるの 8 いだいて, つないで, ひかれて, ひくの, 惹いたの, 持つこと, 覚えなかった, 覺える 7 そそること, もたなかった, 感じたこと, 感ずる, 持たなかった, 有して 6 そそった, そそるもの, 失つた, 惹いた, 感じました, 持たないの, 持つた, 有た, 覚えたの

5 [16件] ひかれた, ひく, もたれて, もつ, もつもの, 刺戟する, 惹かれた, 惹かれるの, 惹くに, 惹くもの, 感じない, 感じながら, 感じるの, 持ち出した, 持つ人, 覺え

4 [33件] おぼえて, おもち, ひいたの, ひくもの, もつ人, 以って, 唆る, 失った, 失つてゐた, 失ひかけて, 寄せて, 惹いて, 惹かれて, 感じ, 感じたので, 感じたもの, 感じないの, 感ずるの, 感ずるもの, 持たないで, 持ち出して, 持ったこと, 持ったので, 持ったり, 持つという, 持つに, 持つやう, 持つ人々, 持つ者, 繋ぐこと, 見出して, 覚えたので, 覺えた

3 [62件] そそって, ひいたもの, ひくこと, もたれたの, もちその, もちました, もち出し, もったという, もったの, もったり, もつこと, もつやう, もつ者, もてば, わかした, 与えること, 与へて, 中心に, 刺激される, 刺激した, 唆られた, 喚起し, 喚起する, 失いかけて, 失ったの, 引いた, 引かれた, 引くこと, 惹かない, 惹かないよう, 惹かれる様子, 惹くこと, 惹くよう, 感じはじめた, 感じはじめて, 感ずること, 感ずるよう, 持たずには, 持たせた, 持たないと, 持たないよう, 持たない私, 持たなかつた, 持たぬ, 持ちはじめたの, 持ちました, 持ちまた, 持ち出したの, 持ち私, 持ち過ぎて, 持ったよう, 持ったらしい, 持った人, 持つたり, 有するの, 示した, 與へ, 見出した, 覚えない, 覚えること, 覚えるもの, 起して

2 [149件] おぼえた, おぼえたの, お感じ, お持, お覚え, さへ, そそるよう, とらえて, なくして, ひいて, ひかなかった, ひかれたの, ひきつけて, ひくところ, もたせたの, もたないこと, もたないの, もたなかったが, もちしかも, もちそうして, もちだして, もちなにか, もちはじめた, もち研究, もっても, もつといふ, もつなんて, もつもたぬは, もつん, もつ様, わかして, 与えた, 与へ, 催さしむる, 催した, 催して, 刺戟した, 刺激する, 削いだと, 動かされた, 動かされる, 動かすの, 向けて, 呼び起して, 呼ぶもの, 唆って, 喚起した, 喪失し, 増した, 増して, 外に, 引かれて, 引く, 引くという, 引くの, 引くよう, 彌が, 忘れて, 惹いたこと, 惹いたらしい, 惹かれたの, 惹かれるもの, 惹かれる樣子, 惹くの, 感じこれ, 感じさせた, 感じさせる, 感じたらしかった, 感じた場合, 感じなかった, 感じなかったの, 感じる, 感じるよう, 感じ出した, 感ずるでも, 感ずると, 感ずる人, 感ずる戀愛小説, 感ぜぬ, 懐いて, 抱いた, 抱くよう, 抱く人, 持たせる最大, 持たない, 持たないこと, 持たない彼, 持たない方面, 持たない筈, 持たなかったが, 持たなかったので, 持たなくなった, 持ちあの, 持ちこの, 持ち出すと, 持ち初め, 持ち始めたの, 持ち始めましたの, 持ったか, 持ったならば, 持っても, 持つか, 持つたといふ, 持つた人, 持つと, 持つん, 持つ事, 持つ方, 持つ男, 持つ読者, 持てないという, 持てないほう, 持てば, 持とうと, 有するが, 有たれ, 有ち, 有つた, 有つてる, 有つてゐる, 有つて居る, 有つよう, 有てなかつた, 本職に, 標準として, 殺がれた, 沸かして, 深めて, 私に, 見出さなかった, 見出すこと, 覚えたこと, 覚えたもの, 覚えた様, 覚えだした, 覚えます, 覚えると, 覚えるよ, 覚えるらしかった, 覚える様, 覚え始めたかも, 覚え強い, 覚へて, 解すること, 読者に, 起こして, 追ふ, 集めて, 集中し

1 [1465件 抜粋] あおった, あなた方は, いだいたが, いだくよう, うけついで, うごかされるの, うごかすに, うばわれて, おさ, おぼえたので, おぼえだした, おぼえるよう, おぼえ非常, かきたてられたが, かの女, くみつくしたの, こめて, さがしもとめる外, さまさせるの, すっかり失っ, そういうテーマ, そそったので, そそった風, そそられたこと, そそられたらしいの, そそられます, そそられるやう, そそります, そそり立てるだけの, そそるん, そそる御返事, そそッ, それ等を, たどる思, つながせて, つなぎ得なくなって, つなぐ, つなぐ以外, つのらせる, とりもどして, なげ棄てた, ひいたから, ひいたので, ひいた世界, ひかずこのごろ, ひかなん, ひかれたためし, ひかれたらしく彼, ひかれたら彼, ひかれます, ひかれること, ひかれるらしかった, ひかれ今三分の二, ひかれ自然, ひきつけた時代, ひきは, ひき起こさしめる, ひくため, ひくとは, ひくよう, ひく可能, ひく特別, ふくんで, むさぼりたかったの, もう少し節約, もたさせられた御, もたずまた, もたせて, もたせるやう, もたないから, もたないでも, もたないよう, もたない他人, もたない顔つき, もたなかった負けたところ, もたなかつた酬, もたぬあなた, もたぬ兄, もたれこういう, もたれたらしいが, もたれるだけの, もたれ地震研究所, もちかけて, もちすぎる彼, もちそのまま, もちたがる私たち, もちだした因縁, もちながら, もちはじめたの, もちます, もちやっきと, もち人, もち余技, もち始めた, もち従っ, もち得ないん, もち得る機会, もち時には, もち登山, もち職工, もち返事, もったから, もったとは, もったらしくひたい, もった人々, もった自分, もってる, もってるの, もってるわけ, もっぱらと, もつたから, もつたとね, もつたらしい, もつてらつし, もつであろうと, もつところ, もつならそれ, もつほんとう, もつ事柄, もつ人種, もつ必要, もつ程度, もつ素振り, もてずに, もよおした風, よせた, よびおこすの, よび起すもの, わかせて, われわれに, ロシアと, 一点に, 与えたある, 与えたよう, 与えないかも, 与えました, 与えるが, 与えるもの, 与える記録, 与へること, 与へる事, 与へる訳, 中断し, 予想させられた, 今度は, 伴は, 保たせる処, 傍聴者に, 催させ道義, 催しえたの, 催した様子, 充たして, 共通に, 刺戟される, 刺激し, 加えた, 加え最初, 動かされて, 動かしかつ, 動かしました, 十分重大視せしめる, 取って, 受け入れるの, 向け今更, 含んでるもの, 吸収され, 味わうこと, 呼びさ, 呼び起こす場合, 呼び起させるもの, 呼び起しては, 呼んだ, 唆った, 唆つて, 啓発する, 喚び起されるが, 喪う人間, 圍繞する, 増進し得ない, 大きく支配, 失いただただ, 失い得なかった限り, 失い鏡花, 失えば, 失ったが, 失ったもの, 失ったわけ, 失つ, 失つてしまつ, 失つて器械の, 失はれたやう, 失ひ出して, 失わずう, 失わないばかりか, 奪い去る, 奪われて, 宇治の, 寄せたり, 寄せる一観客層, 小説に, 帯びるもの, 引いたもの, 引かなかったの, 引かれたが, 引かれたらしかった, 引かれる, 引かれるよう, 引きのばしたの, 引き付けること, 引くかも, 引くゆえん, 強くひく, 強調する, 彼等に, 御持ち, 惹いたかという, 惹いたもの, 惹いた問題, 惹かされるの, 惹かないし, 惹かない場合, 惹かなかったよう, 惹かぬ位, 惹かれたヴイユウ・コロンビエ座, 惹かれた者, 惹かれますの, 惹かれ首脳者ピトエフ, 惹きつけた, 惹き尋常小説読者以外, 惹き得る通俗喜劇, 惹くかも, 惹くという, 惹くやう, 惹く何もの, 惹く問題, 惹く樣, 惹く真に, 惹く部分, 惹起する, 感じおのずから, 感じさせまた, 感じさせるが, 感じそこ, 感じたが, 感じただけ, 感じたね, 感じたものの, 感じたらしい面白, 感じたらしく入口, 感じたりは, 感じた物, 感じた結果, 感じだしてから, 感じては, 感じてるわけ, 感じないたち, 感じないのに, 感じないらしいんで, 感じない事物, 感じなかった色々, 感じなければ, 感じます, 感じようと, 感じること, 感じるので, 感じるん, 感じる部分, 感じ之, 感じ出しそれから, 感じ十年前, 感じ始めたの, 感じ得る者, 感じ爾来, 感じ騙される風習, 感ずべき事, 感ずるから, 感ずる一例, 感ずる天才娘, 感ずる次第, 感ぜさせるかと, 感ぜしむ, 感ぜずには, 感ぜず平明, 感ぜぬらしく見える男, 感得せしめる, 懐に, 打ち出して, 抱いたからばかり, 抱かせなかった, 抱かぬ筈, 抱く, 押えられずお祖母さん, 持たうと, 持たざるを, 持たずしきりに, 持たせました, 持たせるため, 持たせる点, 持たないから, 持たないたち, 持たないところ, 持たないらしく近寄って, 持たない人間, 持たない引留められるの, 持たなかったと, 持たなかつたの, 持たなくな, 持たなくなる, 持たなくなる傾き, 持たぬの, 持たぬ私, 持たれそれ, 持たれたらしい, 持たれなくなった, 持たれる, 持たれると, 持た無い, 持ちえない我儘, 持ちさりとて, 持ちそう, 持ちたくも, 持ちとことん, 持ちは, 持ちはじめて, 持ちます, 持ち之, 持ち侍女, 持ち出したこと, 持ち出したハリス氏, 持ち始めそれ, 持ち始めた樣子, 持ち始め女子大卒業後, 持ち孕み女, 持ち得たという, 持ち得なかったの, 持ち得るところ, 持ち得る前提, 持ち日本, 持ち暫く, 持ち生涯, 持ち続けて, 持ち親切, 持ち通弁, 持ち難事件, 持ったが, 持ったらしい口調, 持ったらしく小形, 持ったん, 持った同じ, 持った様子, 持った為, 持った超, 持ってからは, 持ってない事, 持ってるの, 持ってる僕, 持つかと, 持つけれども, 持つたこと, 持つたやう, 持つた初期, 持つた彼, 持つた者, 持つだらうとも, 持つてること, 持つであらう, 持つなどは, 持つので, 持つべく余りに, 持つらしかった, 持つ人たち, 持つ兵馬, 持つ少数, 持つ年頃, 持つ性質, 持つ新, 持つ本能, 持つ非常, 持てないに, 持てなかったの, 持てばと, 捉えたもの, 捕えた, 捨て切れなかったこと, 新しくした, 早くから持っ, 最も大きく, 有ししたがって, 有し将来それ, 有し年々渡台, 有するに, 有する人々, 有する拉甸人種間, 有する画家, 有せず, 有たせる, 有たれる, 有ち得る, 有ったもの, 有つてそれとは, 有つて居りまし, 有つて讀ん, 有ッてる, 棄てよと, 欠いた女たち, 此の, 殺がれる, 求めて, 求める願望, 注いで, 淡くした, 深め興味, 添えたもの, 減ずること, 減損する, 湧かさせようと, 湧かして, 湧かすに, 湧かせて, 湧き起し船首, 満足させなけれ, 満足せしめよう, 点じた, 煽った最大, 煽るの, 牽いて, 牽かなかった, 牽かれるよう, 牽くよう, 現わし, 生じたもの, 目に, 知りそれら, 示さず, 示さない, 示したこと, 示したという, 示した作家, 示すの, 私が, 私も, 移して, 続け又は, 織出して, 置くの, 著しく惹いた, 蘇らせる機会, 裏づけるに, 見せた, 見出したかと, 見出し度が, 見出すが, 見出せないの, 覚えさせます, 覚えしむる処尠, 覚えず何物, 覚えたしかし, 覚えたといふ, 覚えたらしい, 覚えたらしく日に日に, 覚えたらしく見えた, 覚えたん, 覚えた如くであったが, 覚えつつ, 覚えてること, 覚えてるらしいふう, 覚えないで, 覚えぬ様子, 覚えましたが, 覚えもしも, 覚えるだけ, 覚えるほどの, 覚える方, 覚え出した彼, 覚え当日, 覚え新聞, 覚え目当, 覚たので, 覚ゆる, 証拠立て, 誘はれるので, 誘われた, 誘われます, 説き伝中, 貪って, 起こさせないでも, 起こさなかったが, 起させその, 起させるであろう, 起したこと, 起したらしい, 起し自ら身心共, 越えて, 釣つて置い, 除いて, 集めた, 集中した, 非常にも, 顔に, 鼓するの

▼ 興味~ (1263, 15.0%)

138 ある 47 あった 40 あります 35 あるの, 深い 24 なかった 22 深かった 18 あつた, あると 17 ない 16 あって 12 おあり 11 ないの, なさそう 10 出て 9 あるかも, あるから, あるん, 無い 8 あるが, 湧いて 7 あるもの, ないから, ないよう, 持てない 6 あるので, あるばかり, 深かつ 5 あったの, あること, あるであろう, あるよう, なくなって, ふかい, もてない 4 ありそう, ありました, あろう, ないと, ないので, ないやう, ないらしい, ないわけ, なさ, 深いの

3 [19件] ありませんか, あるか, あるだろうと, あるという, ないこと, ないし, ないのみ, ないらしく, なかつた, なくなったので, なくは, なければ, もてないの, 持てた, 無いので, 無いん, 生じて, 薄い, 起つて

2 [61件] あったが, あったと, あったらしい, あつて, ありさうに, ありますが, ありますね, ありません, ありまた, あり且つ, あり又, あり実在, あるし, あるだけ, あるだろう, あるな, あるね, あるのみ, あるやう, あるらしい, あるんで, いろいろと, つながれて, ないかも, ないといった, ないといふ, ないん, なかったら, なくて, なくなりますね, なくなり路傍, なくも, なささ, ひかれたの, もてますか, もてるもの, わいて, 乗らない様, 人を, 加わって, 動いて, 向かないの, 失せて, 如何に, 持てないの, 持てないわけ, 持てなくなって, 持てるの, 油然と, 深いであろう, 深いもの, 深かろう, 深くまた, 湧くの, 無いと, 私には, 私の, 起こらなかった, 起らない, 集中し, 非常に

1 [457件] あったかも, あったけれども, あったし, あったとは, あったね, あったのに, あったらポツポツ, あったら昨日, あったん, あっての, あつまるの, あらうとは, あり, ありかつ, ありこの, ありさ, ありそして, ありため, ありは, ありましたから, ありますからね, ありますそして, ありますよ, ありませんが, ありローマ, あり元気, あり大正, あり子供, あり崇高, あり或, あり文学的, あり有益, あり深山幽谷, あり直接必要, あり私, あり議会, あり過ぎて, あるかと, あるけれど, あるけれども, あるそう, あるだらうと, あるだろうが, あるだろうし, あるでしょう, あるでは, あるでも, あるといった, あるといふ, あるとか, あるところ, あると共に, あるなら読んで, あるにも, あるよりも, あるらしい仕事, あるらしかつ, あるらしくインターン, あるらしく料理, あるらしく私, あるらしく話, あるわ, あるわけ, あるプレイ, ある上, ある故, ある歴史, ある点, ある生物, ある発見, ある程, ある話, ある面白い, あれば, あろうと, あろうはず, あんまりつよい, いかにも清浄, いよいよ異常, おありです, おありな, おかれたの, おこつて, おわかり, かなり広く, かの女, ここで, ここに, この人, この方面, こみ上げて, これを, ございます, ございますね, さっきから, さめたと, さめること, さらに乗っ, しばしば取り入れられる, すくない, すでに三分の一, そそられた, それでもなほ一方, それに, だいぶ発酵, だんだん研ぎ澄まされ, ついに白雲, つきない, つながって, つながれる, つながれること, できる場合, ないか, ないくらい, ないせい, ないであろう, ないでも, ないといふだけ, ないとか, ないとしても, ないとは, ないな, ないね, ないもの, ないらしかった, ないらしく見え, ないわ, ない従つて, ない様子, ない生徒, ない超人, なかったです, なかつたつて, なかつたの, なく, なくそして, なくその, なくとも, なくな, なくなったの, なくなつた, なくなりと, なくなり病人, なくなると, なくなるよう, なくほとんど, なく三十年配, なく受刑者, なく帝大, なく座, なく従って, なく朝霞, のりません, ひかれその, ひかれるとき, ひきつけられないよう, ふかいだろう, ふかいの, ふかい点, ふかく筆致, ふたたび眼, へつた, ますます無くなり, また春, まるで無い, まるで違, むくむくと, もたれまた, もたれる, もてさ, もてた, もてたところ, もてないこと, もてないとか, もてないどんな, もてないやう, もてないよう, もてないん, もてなかった, もてまいと, もてましたか, もてませんか, もてるやう, もてれば, もて自分, やはり消えない, やや衰えかける, よほど薄く, わかって, わかないの, わくの, スカンポという, ズンズン付い, ゼロに, ヘンリイ八世の, 一個の, 一層動い, 一座を, 一段と増し, 一段と鋭, 一般に, 一般にそれ, 一般公衆の, 不断に, 両親への, 中途で, 主として働ら, 主題では, 乗って, 乗らず大阪, 乗らないで困って, 乗らない位, 乗らなかったが, 乗りません, 乗ると, 人間的な, 今は, 今日にも, 他の, 他へ, 他人の, 伝わって, 伯爵の, 伴えばこそ, 伴ふ, 何物かに, 余りに強く, 余程そがれる, 倍加する, 偶然に, 傾いた, 傾いて, 傾き, 働かなくなったよう, 僕に, 充たされて, 充実してる, 全く去った, 全然なくなっちまわない, 全然跡, 再び熱沸, 再び見物人, 冷め生活上, 冷却した, 出たので, 出來, 加つてくる, 加はつて, 加わらないはず, 加速度を, 動いた, 動いた樣子, 動きだして, 動きつつ, 動き出して, 動くならば, 動くの, 動くもの, 勝って, 単に趣味, 却って甚だ低い, 去って, 古今集の, 向かないこと, 向けられること, 含まれて, 呼び起される, 増して, 増大し, 外に, 多い, 多いかも, 多いと, 多いに, 多いので, 多いもの, 多いよう, 多かった, 多からう, 多くない, 多分に, 多数詠まれ, 失われダル, 存すること, 寄せられるまま, 尊いの, 小山内君の, 少かつ, 少しづゝ顔, 少ない, 少ないの, 少なからず, 尽きせぬから, 尽きない, 局部的に, 弛んで, 強くなった, 強く人心, 弾まないままみち子, 弾んだ, 彼の, 彼を, 彼女にも, 待って, 後に迄も, 御座います, 忽ち索然, 惹かれ人間, 感じられるであろう, 感ぜられた, 感ぜられるの, 慈悲心を, 戀愛問題を, 戻つて來, 折々緩み, 押え切れぬほど, 持たれます, 持てずそのまま, 持てずただ, 持てず寄宿舎, 持てたが, 持てないあたり, 持てないほど, 持てないもの, 持てない寂しい, 持てなかったから, 持てなかったに, 持てなかったもの, 持てなくな, 持てなくなった, 持てなくなったという, 持てる, 持てるでしょう, 持てるという, 持てるはず, 振り向けられたと, 新しく起これ, 新たに, 既く, 日に, 旧作の, 旺盛な, 有らう, 有りません, 次第に薄れ, 次第に音楽, 殆ん, 段々裏切られ, 活字として, 浅かった, 涌いたので, 涌かずに, 涸渇しよう, 深いから, 深いだろう, 深いと, 深いん, 深い場合, 深くかつ, 深くて, 深くなっ, 深く一種, 深く同氏, 深く無限, 深まるもの, 深刻な, 減って, 減退した, 湧いた, 湧いたから, 湧かず師匠, 湧かないの, 湧かなかった, 湧き上って, 湧き上る, 湧き出て, 湧くそして, 湧くだらうと, 湧くと共に, 湧くに, 湧くもの, 湧くらしい, 漸く起りかけ, 無いか, 無いこと, 無いでも, 無いといふ, 無いの, 無かったなら, 無かつ, 無くつて丁度毛脛, 無くな, 無くなって, 無く卒業出來, 無さ, 無さそう, 片よっ, 特色である, 猛然と復活, 現れて, 理論には, 甚しく, 甚だしく職業的, 甚だ多い, 甚だ強い, 生じます, 生じる, 生ぜずむしろ, 生ぜず放任, 発生する, 益, 盡きなかつた, 眞に, 知らず知らずお雪ちゃん, 示されたかという, 社会事情にも, 祖父に対する, 私に, 私ら夫妻の, 私を, 第四階級, 絶無でない, 続きませんので, 続くもの, 繋がって, 繋がれるの, 自分の, 荒涼たる原子野, 薄いから, 薄いと, 衰えるとともに, 見る見る醒めて, 解らない, 触れたとしても, 起こって, 起こらなかったばかり, 起って, 起らず沈むばかり, 起らないの, 起らなかったの, 起り精神, 起るもの, 起ろうもの, 踊りの, 躍然, 身体中から, 進むという, 集まって, 集まる, 集まること, 集注する, 非常な, 頭を, 高じて, 高唱され, 高潮する, 高調され

▼ 興味~ (848, 10.1%)

46 あること 33 あるもの 26 あるの 23 ある問題 21 ないこと 18 深いもの 14 ために 13 中心と 11 中心が 10 ある点, 対象と 9 ある事実, もち方, 深いこと 8 ある事, 中心に 7 ある話, 中心は 6 あるよう, ある仕事, 中心を, 多いもの 5 ある人, ないもの 4 ある方, 外に, 持ち方

3 [22件] ありそう, あるところ, ある事件, ある所, ある物語, ある研究, ないやう, ない人, ない私, なさ, なさそう, もち方が, 問題では, 多いこと, 大部分, 対象が, 対象に, 方が, 深い問題, 源泉である, 焦点が, 眼を

2 [40件] あったこと, あるお, ある事柄, ある事物, ある品, ある場面, ある現象, ある疑問, ある言葉, ある話題, ないよう, ないらしい, ない事, ない人間, ない問題, ない訣, ない顔, ほかに, ように, 上から, 上に, 下に, 不足による, 中心だった, 中心である, 乏しいもの, 全部を, 多い仕事, 対象であり, 対象とは, 最初の, 深いの, 深い探偵物語, 深い方法, 為に, 無い事, 焦点と, 種を, 重心を, 重点を

1 [374件] あったの, あった本, あって, ありさ, ありよう, あるいかにも, あるお客, あるからだ, あるそして, あるため, あるはず, あるもの十篇, あるアイヌ模様, あるエピソード, あるテエマ, ある人たち, ある人格, ある人物, ある人間, ある企画, ある会見, ある伝説集, ある作品, ある先生, ある処, ある出来ごと, ある出来事, ある勝負事, ある古い, ある地震学上, ある報告, ある場合, ある場所, ある学科, ある小説以外, ある山, ある必然事, ある探査, ある文化風景, ある文字, ある文学上, ある新しい, ある時代, ある暗示, ある本, ある殺人, ある氏名, ある活, ある特色, ある玩具, ある珍奇, ある理論, ある男, ある男女関係, ある目, ある相談, ある示唆, ある競争, ある筆跡, ある経験, ある結果, ある考えかた, ある者, ある自然, ある船客, ある若干, ある茶店, ある観もの, ある観物, ある解釈, ある訓練, ある記事, ある記録収集, ある話しと, ある説, ある読み物, ある資料, ある遊び場, ある運動, ある部分, ある題目, ある點, いろが, うすいもの, おあり, こと, しらけて, ためであろう, ため目を通して, つきない恐しい世界, つづく限り, つなぎ方, ないその, ないと, ないの, ない一空さま, ない世間話, ない人格, ない何, ない内容, ない印度哲学, ない平次, ない性質, ない所, ない方, ない煙り, ない犬, ない生活, ない知識, ない筈, ない細君, ない自分, ない親類, ない詮索, ない語学的天才, ない読者, ない譯, ない返歌, ない部分, ない鎖された, ない顏色, ない顔つき, なかった, なかつたこと, なくなって, ふかいこと, ふかいの, ふかい二つ, ふかい人間, ふかい点, ふかい知りたい, ふかい西洋史, ほうが, もちかたである, もち方に, もち方を, もてず簡単, もてないやう, もてない人間, もてない億劫さ, もてない顔付, もてる芝居, もの, もので, ものな, ようにも, よせかたな, わいて, わかぬらしいこの, クライマックスは, ポイントは, 一つだ, 一つであった, 一つである, 一つは, 一致理解し得るよろこび, 一貫性という, 一部は, 上からも, 上において, 上の, 上へ, 下で, 中心, 中心であった, 中心でした, 中心です, 中心では, 中心でも, 中心の, 中心従っ, 中心点と, 中断を, 中点が, 主役として, 乏しい仕事, 乏しい意味, 乏しい方法, 乗らないやう, 乗らないよう, 乗らない話題, 二字で, 代りに, 代弁人であった, 体系が, 余地も, 僅少を, 全部であり, 典型的な, 凡てでは, 加る, 加わる画, 勃然として, 動いて, 動かぬらしい穏やか, 動き方此興味が, 半ばを, 印象が, 向くこと, 向くまま, 向けられた情熱, 否定その, 問題じゃ, 問題であり, 喪失を, 圖に, 埒外で, 変化を, 外には, 多いの, 多いよう, 多い刺戟, 多い労働者, 多い問題, 多い所, 多い批評, 多い時, 多い経済史, 多い道筋, 多い都, 大半が, 失せた答え, 如何に, 存する祭場, 対照は, 対象では, 対象には, 対象は, 対象を, 対象物である, 尋常でない, 對照と, 少い部門, 少ないこと, 少ないもの, 少ない家々, 底の, 度を, 強い人, 形で, 後には, 忘れ難い, 念に, 念の, 想像に, 惹かれる御, 成長によって, 持たれぬこと, 持てるもの, 持てるやう, 持てる女, 持てる文士, 持てる時, 持方が, 持続が, 新鮮だ, 方向を, 旺盛と, 智識によって, 有つたこと, 有つて, 有るの, 有力な, 期待も, 本体が, 枯れること, 核心は, 根拠が, 根本に, 極濃厚, 気ぶりさえも, 水脈を, 泉だろう, 泉であった, 泌み出し, 津津たるもの, 派生的な, 深いコレクション, 深い一人, 深い一断片, 深い不思議, 深い主要, 深い事, 深い事柄, 深い事象, 深い代表的人物, 深い会合, 深い傳説, 深い傾向, 深い動物, 深い博物館, 深い参考品, 深い哲理, 深い天然物, 深い彼等, 深い星, 深い映画, 深い時期, 深い暗示, 深い有益, 深い歩橋, 深い比喩, 深い海盤車娘, 深い現象, 深い相違, 深い研究課題, 深い竹, 深い筋, 深い経験, 深い統計表, 深い蒐集, 深い話題, 深い誘惑物, 深い質問, 深い静か, 深かつ, 深浅とを, 湧いて, 湧くまで, 源に, 潜みも, 濃厚な, 灯が, 点から, 点は, 為のみに, 為ばかりに, 無いもの, 無かった, 焦点を, 爛熟する, 爲めに, 異状である, 的である, 眼は, 眼を以て, 眼目である, 示しかただ, 禁じ難い, 立ち遅れと, 範囲から, 純粋さから, 続くもの, 網の, 置き所, 薄いこと, 薄いの, 薄いもの, 薄い事, 薄い題目, 薄くな, 薄らいで, 観点から, 角度から, 角度が, 角度は, 豊かだ, 赴くところ, 起しようも, 起らぬ筈, 起ろうはず, 趣く, 追及に, 遠眼鏡を, 重点である, 鈍つて了うてゐる, 集中を, 非常に, 面積が, 馴致せらるる, 高まること, 高揚は, 高潮を, 鱗を

▼ 興味ある~ (604, 7.2%)

20 ことは 13 ことである 12 問題である 9 問題が 8 事実を 7 ことに, 問題を 6 ことだ, もので, 一つの 5 ことであろう, ものが, ものである, ものと, ものに, 問題だ 4 ことだった, ことと, ものは, 事実が, 事実である, 点は

3 [14件] ことであった, ことです, ことを, のは, ものであっ, ものであった, ものとして, 事なり, 事は, 歴史の, 現象と, 発見を, 話を, 部分は

2 [36件] ことで, ことには, ところです, のみならず, ものだ, ものな, ものの, ものを, ヒントを, 事が, 事を, 事柄である, 会話を, 佳語, 問題で, 問題です, 問題と, 問題の, 問題は, 問題も, 将来の, 對話の, 次の, 活物である, 点だ, 点です, 物語でも, 現象だ, 現象を, 研究の, 研究を, 観察を, 話が, 話題に, 話題は, 題目と

1 [342件] あらわれです, いろいろの, お手紙, が故に, くだりが, ことかも, ことが, ことだろう, ことであり, ことでございましょう, ことでしょう, ことでなかった, ことでなけれ, こととして, ことな, ことね, この問題, しかも有力, そして不思議, その戦場, たとえが, ところだ, ところである, ところと, ところは, と思っ, のを, は勿論, は宇宙, ひは, ふうを, ものだけを, ものであり, ものであろう, ものでない, ものとは, ものの如く, もの之が, ように, を覚ゆ, エピソオドが, エピソードと, チロリウム製造法は, テーマでしょう, ルポルタージュ, レヴェズの, ロマンスに, ワラツシエツクの, 一事實を, 一人の, 一例は, 一個の, 一典型を, 一夜を, 一家言は, 一文であった, 一文に, 一條の, 一節であろう, 一長篇と, 一頁である, 世界から, 世界に, 事である, 事でも, 事と, 事なれ, 事件が, 事件だった, 事件の, 事例で, 事実であろう, 事実でなけれ, 事実の, 事実は, 事実も, 事實である, 事柄であり, 事柄の, 事柄を, 事物に, 事物の, 事物を, 二人の, 五年間の, 人文科学が, 人文科学の, 人物と, 人物に, 人種だ, 人種は, 仕事であります, 仕事である, 仕事と, 仮説についても, 仮説を, 会心の, 会話に, 伝記を, 伝記作者の, 伝説や, 何かが, 作品です, 作品について, 作品を, 作家の, 作曲家チェロと, 個人を, 光景だった, 光景に, 共通點と, 典型の, 写生を, 処は, 制作なり, 劇的一場景が, 勉強に, 動機は, 反応を, 取扱いに, 口碑は, 句として, 句を, 史料である, 同国の, 名前でも, 品を, 品物が, 哲学を, 問題であっ, 問題であった, 問題であり, 問題であります, 問題でした, 問題では, 問題でも, 問題について, 問題に関しては, 問題何ぞ, 四種の, 回想録を, 地位を, 地点に, 堆積を, 報告を, 場面として, 場面な, 変人だ, 変化を, 多様性が, 大事実, 大人気を, 契点だ, 女性たちです, 婦人たちの, 存在に, 存在は, 学科たるを, 学科の, 学課で, 実例である, 実例として, 実例に, 実験を, 容相では, 対照が, 対照と, 対照を, 対象では, 對話は, 小さな貝, 小品によって, 小説の, 展開を, 差違を, 市場が, 形で, 形式は, 影響を, 御説, 心理だ, 心理実験, 心理的現象は, 性格を, 情景は, 意見に, 意見を, 感想を, 所な, 手本として, 批判が, 挿話が, 挿話も, 教訓である, 数時間を, 文である, 文化年表を, 文献が, 料理に, 新例, 新発見, 新称呼, 新聞三面記事中どんな, 新説を, 方法かも, 方法は, 方面の, 日常であった, 日常生活の, 時代で, 時代であります, 時代である, 時期に, 時期を, 暗示が, 有益なる, 未登攀, 本が, 本を, 材料を, 林泉太郎博士の, 様式の, 標本を, 武器を, 歴史的アントラクトの, 民主社会の, 民族の, 民間説話と, 気持で, 注目を, 演奏であった, 点だろう, 点である, 物理学上ならびに, 物理学的統計学的研究を, 物語に, 特質的な, 玩具として, 現実です, 現象が, 現象である, 現象です, 現象として, 理由の, 生活が, 産業の, 疑問である, 疑問について, 病名を, 病症を, 発見が, 発見に, 発見は, 発言を, 発達の, 發展を, 的だ, 眺望が, 矛盾の, 知的存在であり, 知識であり, 研究では, 研究問題では, 研究点は, 研究課題である, 研究題材を, 研究題目を, 社会的な, 秋の, 種々の, 空想を, 穿鑿だ, 素材律動と, 経験の, 結果が, 統計図が, 考えを, 考え問題たとえば, 能力を, 自分の, 自己訓練であります, 若さ, 著しい対象, 著しき例証, 著作において, 蒐集で, 見ものな, 見地では, 見聞について, 観察材料として, 観測を, 観点だろう, 角度から, 解説を, 言葉を, 計画について, 討伐を, 討論が, 記事の, 記事を, 記述が, 記述を, 記録で, 訪問を, 註釈を, 証拠を, 評言を, 話である, 話の, 話も, 話題だ, 話題である, 話題でしょう, 話題を, 説話を, 課目と, 課題です, 調査を, 談話を, 論文の, 論文を, 諸事情, 象形文字が, 資料と, 質問は, 赤軍の, 追想と, 逸話は, 遊びの, 部分の, 関係な, 関心を, 陰影を, 面白い事実, 題材として, 題材の, 題目である, 題目であるだろう, 風景は, 風説に, 魅力が, 點景人物として

▼ 興味~ (417, 4.9%)

15 ない 13 なかった 7 ないの, ないので 6 持って 5 ないこと, なければ, なさそう 4 あって, ないらしく, 何も, 必要も 3 あった, ありません, ないが, なかつたので, なく, もって, 持つて

2 [23件] あったが, ありまた, あり利益, ないかも, ないし, ないばかりか, ないもの, ないらしい, ない話, なかつた, なくなつた, ひかなかった, 伴って, 加わって, 善い意味, 感じなかつた, 持っては, 持つこと, 注意も, 深くまた, 無い話, 熱心も, 知識も

1 [271件] あったでしょうが, あったに, あったので, あったわけ, あつた, ありかつ, ありたのしめる, ありちょっと, あります, ありますまいかと, あります今度, ありませんが, ありませんでした, ありませんわ, ありゃしない, ありゆかり, あり丁度, あり利用, あり得るところ, あり想像, あり有益, あり示唆, あり自信, あり話, あり難, ある, あるが, あるし, あると, あるという, あるの, あるべきはず, あるまい, あるまいし, あるまいと, あるもの, あるん, ある所, ある珍しい, ある生涯, あろうかと, いっそう多かっ, いっそう高潮, うごいた顔, うすいわけ, うすらいだので, おあり, おこったので, お持ち, お有り, きわめて少ない, これら二人の, ございますまいから, ございません, ございませんけれど, さること, じつはかなり薄れた, そちらに, つながずた, つよくその, ないから, ないつまらないもの, ないつまらぬ, ないで, ないと, ないといった, ないところ, ないやう, ないよう, ないらし, ない一私人, ない世帯, ない事, ない事柄, ない博士, ない喜楽, ない女, ない彼, ない撮影, ない日本, ない機械的, ない自分, ない自分達, ない訳, ない過去, ない針, なかったらしい, なからう, なかろうし, なくかつて, なくじきに, なくその, なくて, なくなったので, なくなって, なくなりましたよ, なくなり恩, なくはた, なく何日振り, なく別, なく呟いた, なく書いた, なく秋茄子, なく聞き流す, なく蘭丸長定, なく風呂, なささうな, なしむしろ, なし才能, なし読ん, ふかい書簡集, まし利益, まじって, ますます強まっ, まったく失われた, もたずその, もたずに, もたなかった, もたなかった彼, もちません, もち得ない, もっては, わく, 一つの, 一時下火と, 三沢に, 与えないらしかった, 与えなかった, 与えまいから, 乏しくそう, 亦深い, 人間にたいする, 何の, 価値も, 働いて, 全く失はれた, 出て, 加は, 加わりついに, 効能も, 動かさなかった, 動かされた, 却つて進歩的時代に, 去り, 向けなくなった, 唆られ, 商人の, 増して, 多い, 多いこと, 多分に, 大きい, 大である, 失って, 失はれて, 好奇心も, 少い本, 尽きない事, 希望も, 引かれないらしい冷, 待って, 思いつきさえも, 思想的魅力も, 情熱も, 惹かなかったけれど, 惹かなくなりつつ, 愛好心も, 感じて, 感じないの, 感じないので, 感じないらしく狹, 感じなかった, 感じなかったので, 感じなかつたの, 感じなくなって, 感じること, 感じ得なかった, 感じ愛らしく, 感ずること, 感激も, 手つだ, 手つだう, 手つだって, 手伝ったの, 手伝つて会に, 才能も, 抱いて, 持たずに, 持たず又, 持たず殊に, 持たず煙草, 持たないで, 持たないらしかった, 持たない人柄, 持たない子供達, 持たぬらしくやつぱり手紙, 持たれて, 持たんと, 持ちいくらか, 持ち得ない, 持ち得ないで, 持てた, 持てないので, 持てなかつた, 持てません, 有た, 有たなかつた, 期待も, 棄てるに, 極めて具体的, 次第に増し, 残って, 気力も, 活気も, 深い, 深い仕儀, 深かった, 減りますから, 湧くわけ, 漸く動き始めた, 無いはず, 無い筈, 無からう, 無くな, 無くなった来客達, 無さそう, 生じは, 異常に, 示さずまた, 示さない, 示さなかった, 示されて, 示しませんでした, 科学的精神なら, 素ッ気も, 肯定し, 能も, 自信も, 装飾も, 裝飾も, 見せずに, 覚えずそして, 覚えずもっと, 覚えないで, 覚えなかったの, 覚えなかったので, 覚えなかつた, 覚えぬの, 覚へ, 誇をも, 識見も, 責任も, 起きるはず, 起こって, 起って, 起らずそれ, 起らず暗闇, 起らず風景, 起らせなかつた, 起らないから, 起らないの, 起らなかった, 起らぬらしい様子, 起りかねないの, 起りません, 追, 重大さも, 野心も, 関心も, 關心も, 頭脳の

▼ 興味~ (386, 4.6%)

11 ない 9 なかった 4 ありません, ないの 3 あった, ないん

2 [13件] あったが, あるが, ないが, なかつた, なくなって, なさそう, やはり名, 二の次である, 子供の, 持って, 時勢と共に, 普通の, 殆ん

1 [326件] あっても, ありませんからね, あるでしょう, あるべきはず, あるまい, ある程度まで, あれ単独, あろうか, いくぶんその, いずれに対しても, いよいよ退散, おあり, おくびにも, おそらくはこの, おそらく今日, おのずからカトリック, おのづか, おほか, お持ち, お鳥, かなりあった, かなりに, こういう概念的, ここから, ここで, このころ, この人物, ごく際どい, さう, さういふ意味, さらに強く, しだいに哲学, しだいに食う, すっかりなくなっ, すなわち泥中, そこに, そそられても, そぞろい, そのすばらしい, そのよう, その人達, その専攻, その幼稚, その根底, その歴史, その痛み, その結果, その舞台趣向, その題目自身, それから後いま, それが, それだけ減殺, そんなこと, そんなに持っ, ただ, ただそれ, ただ都会的, つきない, つきぬだろうが, つなぎ得ぬであらう, ともかくとして, どうしても薄い, どこまでも, ないかも, ないから, ないさ, ないそつちの周囲, ないですかな, ないと, ないので, ないぼくら, ないもの, ないらしい, ないわけ, ないわけぢ, ない如くその, なかつたが, なかなか衰, なくとも, なくなりますな, ひく, ほとんど全く消滅, まことに深い, ますますなくなる, ますます強く, また一段と, また元, また嫌, まづ大半, むしろこの, むしろそれ, むしろ他, むしろ感覚的, もうすっかり殺げ, もう単純, もう少し零落, もう感じなかった, もう朝貌, もたなかった, もたぬが, もち得なかった, もって, もっと低い, もて, もてない, もてなかったが, もはやない, もはや教授窃盗事件, やがて機会, やはり自然, やはり鏡, わからないかも, アルプスの, ガボリイを, ズボン釣一つに, パラドックスなりと, ミステリーと, 一切無い, 一向に動かされず, 一層加わる, 一幕毎に, 一度に, 一座の, 一時に, 一段と深から, 一種の, 一種微妙な, 一筋の, 三枚の, 三百年前の, 不可解である, 不安の, 与八を, 並々ならぬ, 中断さるる, 主としていわゆる, 主として作中, 主として割合, 主として批評, 九九パーセント失われ, 二人の, 云うまでも, 人生と, 人間の, 人間性を, 今でも, 今に, 今度も, 今日ことに, 今日に, 今日においては, 今日の, 今日まで, 他からの, 他の, 他人の, 何であらう, 何と言つて, 何處に, 余りに思想, 作者の, 依然として之, 依然として存在, 俄かに, 俄に, 催さなかったが, 傾いたの, 充分に, 全くその, 全く一, 全く不快, 全く此連續, 全く私, 全然別, 全然持たなかった, 八ヶ岳の, 具体的また, 再び湧き起った, 冒険的な, 凡てその, 初めは, 別としても, 前に, 加わった, 動作から, 勢い大仏氏, 勢尚古的退歩的たら, 勿論大切, 十分ある, 十分に, 半減され, 単なるスポーツ, 単にそれだけの, 単に甚だ平俗, 却て, 厳密に, 又程なく, 名月の, 含まれて, 執着に, 変って, 多からぬ, 多分に, 多少でも, 多少持てる, 多様と, 夢そのものの, 大してない, 大学生活を, 失せて, 失つて居た, 妻を, 存するの, 実にその, 実に主としてこの, 実に貧弱, 実は分類そのもの, 客室の, 家庭の, 寧ろ所謂文壇, 少女クララの, 尽きずある, 尽きない, 岐れる, 嵩じては, 左迄, 常に作品, 幻想では, 引かれながら, 彼の, 往々心酔, 往来で, 思いやるばかり, 急に, 恐らくやや深められた, 恐らく半分以上, 惹かれないが, 感じない, 感じなかった, 感じられないだろう, 抹すべから, 持たないの, 持たなかつたが, 持たぬが, 持つては, 持てないから, 持てないの, 敵と, 日本に, 日本ラジオの, 日本人が, 日毎に, 昂揚し, 曲りなりにも, 更に起っ, 有つて, 望めなかったが, 極めて稀薄, 次第に増す, 次第に薄れ, 此処迄, 殆ど一つ, 殆ど零と, 殊にそういう, 比較的初期, 江戸の, 決してそれ, 決してフォン・リンリンゲン氏, 油然として, 津々, 活字などとは, 活躍する, 消えて, 深い, 深いが, 減殺された, 湧くが, 無かった, 無論ない, 甚だ深く, 異なりたる姿, 目ざまされた, 直き, 研究心を, 確かに, 確に, 私に, 私を, 稀薄である, 空にも, 粗製濫造の, 索然として, 結局そこへ, 結局太鼓の, 結局通俗的な, 羅馬法に, 膨張した, 臆し, 自分より, 色彩そのものに, 花巻に, 茲に, 荒い岩礁, 蒸発し, 薄いかも, 薄つ, 薄らいでも, 表看板の, 衰えたけれども, 覚えながらも, 覚えるが, 課業に, 豊島の, 貿易である, 起って, 起らぬ, 身の上話的に, 通俗的である, 連想の, 進歩や, 重大な, 金銭には, 閑却され, 雁の, 非常に, 風の

▼ 興味~ (215, 2.5%)

3 尊敬を, 期待とを, 期待を, 関心を

2 [18件] すること, する興味, なった, なって, 同情を, 大なる, 好奇心を, 愛着を, 感激を, 教訓に, 期待と, 注意とを, 知識とを, 知識を, 自信を, 親しみを, 責任とを, 関心とを

1 [167件] いうには, いうよりも, いつて, いへば, この二つ, されて, し得る俳優, するほどの, する年, その人物, その功績, それによる, それを, であった, ならなくては, なるもの, なる限り, アカデミックな, ロマンスを, 一致する, 事件に対する, 云う感情, 云ふ, 云へ, 亢奮と, 享楽を, 切実な, 別な, 刺戟とを, 刺戟を, 前後し, 努力とを, 労力との, 勇気とを, 勇気を, 半ばしんみりした, 半分は, 原義を, 反感とを, 同じもの, 同情が, 同情とに, 同情とは, 同情とを, 同感を, 名づける, 呼ぶこと, 執着を, 好奇の, 好奇心で, 好奇心とを, 好意とを, 婦人たちの, 嫉妬の, 実益が, 実益とを, 実益は, 実際問題, 宿業が, 實益が, 專門的な, 尊敬とに, 尊敬の, 希望とを, 御同情, 性質から, 恐るべく豊富, 恐怖とに, 情しみを, 情熱は, 情熱を, 情趣を, 意味とが, 意気込みは, 意義を, 愛とは, 愛とを, 愛を, 愛好とが, 感動とは, 感動とを, 感動の, 感想を, 感覚と, 慾望とを, 慾望を, 探求心とを, 教育を, 教訓とを, 文学における, 新奇さに, 昂奮とを, 昂奮を, 暗示を, 期待が, 期待とが, 期待とで, 本性の, 東洋色の, 欲望を, 殘酷の, 氣味惡さとに, 注意を, 渇望とは, 渇望とを, 満腔の, 熱が, 熱を, 熱を以て, 熱中とを, 熱心と, 熱心を, 熱意と, 熱意を, 現実の, 理解とで, 理解の, 理解を, 生存の, 生活の, 疑問は, 疑惑とを, 白眼的な, 直観的な, 相俟つて劇界, 相和, 研究の, 笑い声とで, 精神的な, 経験を, 結びついたこと, 結びついて, 結びつくとき, 結び付いて, 結合した, 結末を, 緊張とをもって, 考証の, 自信が, 自信とを, 色彩とを, 芸術的気品とを, 苦心とが, 薄い気味悪さ, 親しさ, 親しみと, 親しみとを, 観察の, 言ふかなんか, 言へば, 記憶という, 誇りとさえ, 趣味とを, 追求心を, 違ふと, 酒興に, 酷似し, 野心を, 関心と, 関心とで, 関心は, 難渋で, 霊感とを, 驚異との, 驚異の, 髷物小説を, 魅力を

▼ 興味~ (182, 2.2%)

7 駆られて 3 充ちた眼, 於て

2 [15件] かられて, して, つられて, ひかれて, 乏しいから, 促されて, 動かされながら, 基くもの, 富んで, 属すること以外, 引摺られる, 眼を, 誘われて, 釣られて, 関わる場合

1 [139件] あったに, あったの, あるか, あるため, あるので, いよいよ熱中, した, した作品, しばしば誤, すぎない, つい誘いこまれた, つながれて, つられ人間, とらわれる傾向, なって, なると, なるので, のぼせられると, はらって, ひき込まれて, ひっかかりすぎて, まず親達, みちて, やがてそこ, よびかけ何枚, テンタンで, ハマリ込ん, 一任され, 一変し, 乏しい, 乏しいという, 乏しい様子, 乏しかった, 乏しくない, 乗り出した, 乘じ, 乘じさせ, 乘せられ, 乘つて居る, 似て, 例の, 価するならば, 値するほどの, 充たされて, 充ちた題目, 充ちた顔, 共鳴を, 刺戟され, 刺激せられ, 動かされたから, 同情を, 吸い取られて, 吸い寄せられて, 唆られたらしく, 基いた処, 基き自由, 堕して, 変じて, 変って, 富めるもの, 富んだ書物, 富んだ最も, 富んだ派手, 尽きるわけ, 属して, 廣く, 引かされて, 引かれて, 引つけられて, 引摺られ, 強く支配, 彼女は, 心ひかれた, 心を, 惑は, 惹かされて, 感じなくな, 感ちがいを, 感嘆する, 懸って, 我を, 打たれました, 抵抗した, 捉えられた, 推移し, 於ける大, 更にその, 毒液を, 比べると, 気を, 沈溺する, 沒頭し, 没頭する, 浸って, 満ちたもの, 満足し, 溺れたるとき, 溺れて, 熱中し, 燃えて, 燃えながら, 牽かれて, 甚だしく引きずられる, 生きて, 眺めても, 移ったとしても, 結びついて, 繋がれつ, 耽りながら, 胸を, 襲はれた, 見て, 親達の, 觸れた, 訴えること, 訴えるもの, 誘はれたいやう, 誘はれて, 誘はれる前, 誘われながら, 踏みこみ易い, 近いある, 近い感情, 遊んで, 過ぎないん, 違いは, 違なかっ, 適せざる, 釣り込まれて, 関係する, 関係の, 陥つて, 頓着なく, 駆られた, 駆られた元気, 駆られた心, 駆られること, 駆られるので, 駈られて

▼ 興味~ (84, 1.0%)

3 あつた 2 あつて, もって, 観察する

1 [75件] いい気持, お今, お清, かがやいて, この話, する, その丸木橋, その男, その言葉, たがいに, どんな女の子, なかなかの, はちきれそう, もつて, マツクス・ミユラアが, 一座の, 一杯に, 一気に一枚二枚, 世間から, 人々の, 優れて, 其が, 出来て, 別にこてこて白粉, 勉強しなおし, 動くの, 反射映像を, 取扱ふて居る, 吉村という, 多分いく分, 守るに, 官吏軍人実業家などに, 家庭教育の, 家族の, 尋ねかけて, 尋ねて, 少しは, 引き附けなくては, 彼らの, 性格描写なぞには, 恋人を, 感じたこと, 扱って, 描くの, 数百篇の, 早速調べたらしい, 明治開化期前後の, 書かれては, 會場へ, 注視し, 満足し, 満足した, 無産者らの, 生きて, 田原は, 目を, 真実は, 線路を, 聞いて, 聞いては, 聞き初めた, 聴かうと, 聴くから, 臨んで, 自然を, 見つめて, 見て, 見られるの, 見る一つ, 観察し, 讀んだもの, 起こったそう, 逆上し, 隅から, 音楽を

▼ 興味を以て~ (78, 0.9%)

3 読んだ 2 研究し, 聞き馴れて

1 [71件] あたりの, あなたの, お関, ききました, この三浦老人, この出来事, この学位論文, この貧窮組, その変化, その工事, その話, それを, ながめて, ながめました, ハイドの, 一つ風流な, 丁稚小僧の, 之を, 今しも, 他の, 働いて, 写し出されて, 壁紙の, 多くの, 失望する, 彼は, 彼を, 待ち受けて, 従う以上, 快く当分, 感じた, 或る, 招待の, 日常の, 是, 時代風俗の, 書く手紙, 本草学の, 東道の, 格闘を, 此大發掘を, 此記文を, 潤色し, 畿内の, 眼の, 聞くでは, 聞くより, 臨んだが, 色白な, 蕗屋の, 西洋の, 見かつ, 見させる一つ, 見たこと, 見つめられて, 見はじめました, 見ること, 見るの, 見比べて, 見物し, 見物しよう, 観て, 読まれる, 読みました, 読み相当, 読むこと, 読んだの, 調べそして, 讀んだ, 踊るの, 駒井との

▼ 興味ふかい~ (54, 0.6%)

6 ものが 2 でしょう, のは

1 [44件] ことだ, ことで, ことである, ことは, だろう, ところだ, ところである, ところです, と思います, のだ, ものであった, ものでありました, ものに, カギに, プランの, 世相として, 二種の, 作品であった, 作品である, 作品でしょう, 国際的な, 報告感想集が, 場面に, 実際生活, 年中行事の, 教訓が, 文化摂取の, 時代の, 歴史的要素である, 点だ, 物語に, 現象である, 現象とも, 生活の, 眼付きだった, 着眼である, 矛盾に, 著述を, 言葉で, 記録映画を, 試みの, 話です, 謎が, 随筆が

▼ 興味から~ (50, 0.6%)

6 では 2 云えば

1 [42件] あるいは自分, いっても, くずれ出して, この一枚, こんな事, さよう, したよう, して, つぎつぎに, です, でなくいはば, でなく名誉心, でなく自分, でなし, どうしてもさういふ, なの, のしごとであっ, やるよう, 三人の, 出るもの, 出発する, 原理や, 取扱って, 多くの, 愉快でした, 斯う, 来る残忍, 看過し, 硝子店へ, 自分を, 蟻の, 裸の, 見て, 觀察した, 訪ねて, 詳しいこと, 起っても, 起る情趣, 身を, 逸れない間, 部分的に, 離れつつ

▼ 興味ふかく~ (44, 0.5%)

3 読んだ 2 思います, 思うの, 感じました

1 [35件] お思い, とらえるならば, なる第, まじめなおどろき, もあり, もなるだろう, 且つ本質, 且つ豊富, 初霜, 又重大, 同感いたします, 回想される, 学ぶところ, 尽くる, 得るところ, 思ったの, 思われるの, 感じた, 感じて, 感じる, 描かれて, 有益です, 注意を, 物語られて, 考えさせられる, 考えられる, 考へて, 聞いて, 聞くこと, 見たもの, 観た, 語られて, 読んだの, 読んだひと, 配置し

▼ 興味とを~ (35, 0.4%)

3 もって, 覚えた 2 与えること

1 [27件] うかがわせる表情, たがいちがい, 与えるの, 併せ持って, 催させるの, 具えしめて, 喚起した, 喚起する, 増進する, 多分に, 大に, 寄せる大きな, 感じた, 感じたの, 感じて, 感じながら, 感ずる, 感ずるよう, 抱き得るよう, 持ちそれ, 持った, 持って, 持つこと, 牽く特別, 考へたから, 覚えしむる最大, 覚えました

▼ 興味あり~ (32, 0.4%)

6 げに 3 げな 2 かつ有益, また有益, 有益なる

1 [17件] かつ教える, かつ教訓的, かつ望ましい, かつ稗益, かつ適切, げであった, このくらいの, そうに, といはずん, として賛否, また容易, また記述, 且つ重大, 有意義である, 示唆に, 至大の, 関心事であるべき

▼ 興味~ (29, 0.3%)

2 リズムの, 関心を

1 [25件] いろいろな, ジャーナリスティックな, 一時の, 仕事は, 何かを, 問題を, 噂の, 好奇心から, 好奇心を, 尊敬を, 必要から, 感情に, 憎悪が, 新古今, 期待を, 気分の, 熱を, 神秘的な, 興奮だけしか, 興奮も, 舞台そのものの, 薫香の, 誘惑を, 関心が, 関心で

▼ 興味をも~ (27, 0.3%)

2 感じて, 持って, 起こさせなかった

1 [21件] ひいた, もたない人, もって, 与えない古本, 与えぬという, 併せ有, 充分に, 失望させない, 引かないん, 忘れて, 感じなかったばかりか, 感知した, 持つてを, 損ふこ, 有つて, 混じて, 破壞, 覚えません, 起させなかった, 起したり, 集め得る傳習的

▼ 興味津々たる~ (23, 0.3%)

8 ものが 3 ものである 2 ところだ 1 ものだらう, もので, ものであるらしい, ものです, ものとは, ものな, 多彩多様さを, 所が, 的中の, 話でしょう

▼ 興味索然~ (23, 0.3%)

4 とする 3 と致し 2 たらしめること, たりだ, たるつまらぬもの, たるもの, とし 1 たらしめる, という目, とした, としてし, とはなはだ, と致候

▼ 興味本位~ (19, 0.2%)

2 の立場

1 [17件] だけで, だけで多分, でありすぎる, でこの, でその, でそれ, でなく本当に, に, にとりたがる, に又は, に報道, のきき, のメロドラマ, の一時, の小説, の談話, の通俗劇

▼ 興味でも~ (16, 0.2%)

2 ありましょうが

1 [14件] ありまた, あり好奇心, あり酩酒屋, ある, あるかも, あるやう, あるらしい様子, なかった, 何でも, 好奇心でも, 持って, 持つて, 敢へて, 覚えたかの

▼ 興味~ (15, 0.2%)

3 かいこと, かいもの 1 かいお話, かいの, かい未, かい船, かく感じた, かく見守っ, かく貴重, かく車の, かげに

▼ 興味中心~ (15, 0.2%)

1 [15件] だの芸術本位, でかいた, でやった, で動い, とでも云いたい, の低俗, の小説, の書物, の残忍性丈, の物語, の讀物, の通俗小説, の通俗的, の面白い, の髷物

▼ 興味~ (14, 0.2%)

6 さそうに 2 さ, さそうな 1 んだ, 一人の, 仕事と, 学校の

▼ 興味~ (13, 0.2%)

1 [13件] なその, な眼, な話題, にでっちあげた, にのみ眺め, にやりたくなる, に又は, に取扱われ, に庸三, に掘じくる, に構成, に知られ, に追いかけ

▼ 興味という~ (12, 0.1%)

2 点から 1 のは, ものが, ものと, ものは, ものを, ような, 一点から, 以上に, 妙な, 点のみから

▼ 興味では~ (10, 0.1%)

2 なかった 1 あった, ない, なくいわば, なくこの, なくて, なくまだ, なく実用, なく必然性

▼ 興味とは~ (10, 0.1%)

1 おのずから本質, かえって増す, パラドックス, 何かと言, 何と, 全然無関係, 別で, 永遠の, 芸術の, 関係なく

▼ 興味よりも~ (10, 0.1%)

1 お雪ちゃんの, すこしでも, ずっと深く, ヴァニティの, 一段の, 交易商業という, 人間に, 僕は, 文學味に, 高い興味

▼ 興味~ (9, 0.1%)

1 が久保田さん, つたのだ, とあっ, という, といけない, とさえ考え, と述べた, よ, よほんとに

▼ 興味つきぬ~ (9, 0.1%)

4 ものが 1 ことです, ところであり, ところです, 差別が, 点が

▼ 興味とを以て~ (9, 0.1%)

1 この試演, すぐに, 勘次の, 婦人自身の, 常にその, 拝読しました, 歓迎する, 私を, 臨みさえ

▼ 興味である~ (7, 0.1%)

1 から一々, ことを, と主張, と同時に, ようだ, ように, 特別の

▼ 興味とが~ (7, 0.1%)

1 あるわけ, ごつちや, 云は, 併行し, 兩者の, 社会的に, 精確また

▼ 興味には~ (7, 0.1%)

1 いくぶんまだはつきり, なった, ひきつけられないで, 不感症の, 乏しい, 自分でも, 遠い

▼ 興味によって~ (7, 0.1%)

3 読者を 1 はじめて娯楽, もとめられたの, 即ち, 又その

▼ 興味以上~ (7, 0.1%)

1 でさえあります, でも以外, に原始的, に深く, のもの, の感動, の関心

▼ 興味さえ~ (6, 0.1%)

1 あらば, 持って, 湧かす男, 覚えて, 覚える, 起って

▼ 興味であった~ (6, 0.1%)

1 がやはり, ことは, に相違, のにだんだん, わけだ, 時代の

▼ 興味ない~ (6, 0.1%)

1 といふ洒落, ね, のよ, ものかも, らしいね, わ

▼ 興味以外~ (6, 0.1%)

2 に何 1 にこれら, に彼等, のあらゆる, の同情

▼ 興味だけで~ (5, 0.1%)

1 動くもん, 向うから, 存在し得る, 聞いたの, 読まれその

▼ 興味として~ (5, 0.1%)

1 これを, その運座, もてあそんで, 可なり, 見物に

▼ 興味など~ (5, 0.1%)

1 およそ物の数, 少しも, 持たない, 更に, 超越し

▼ 興味をさえ~ (5, 0.1%)

1 感じ出したの, 感ずるの, 抱いて, 添えしめて, 見出すこと

▼ 興味多き~ (5, 0.1%)

1 一つの, 事実であります, 事実である, 前代生活の, 部分である

▼ 興味多く~ (5, 0.1%)

1 考えられるもの, 聴く人, 記して, 語り出, 連続講義する

▼ 興味だけは~ (4, 0.0%)

1 伸びるまま, 感じて, 持てるに, 残して

▼ 興味つき~ (4, 0.0%)

1 ない胎内, ない角度, ない課題, ない錯綜

▼ 興味であっ~ (4, 0.0%)

1 てその, て法華寺, て転用, て金銭

▼ 興味とか~ (4, 0.0%)

1 いたずら気しか, 心理解剖とか, 機智の, 趣味とかいふ

▼ 興味をすら~ (4, 0.0%)

1 もって, 回復した, 失いかけた, 覚えるの

▼ 興味中心的~ (4, 0.0%)

1 でありあくまで, であり多少, な娯楽本意, に長々

▼ 興味半分~ (4, 0.0%)

1 だけで見, にワラワラ, に其の, に眺め

▼ 興味あるべき~ (3, 0.0%)

1 この世界ニュース, ものだ, 事がらを

▼ 興味からだけ~ (3, 0.0%)

1 では, でもと, 論じられては

▼ 興味すら~ (3, 0.0%)

1 すでに失っ, もって, やがてそこ

▼ 興味そのもの~ (3, 0.0%)

1 が益, のみにて何ら, もある

▼ 興味だけ~ (3, 0.0%)

1 で左膳, 所有し, 追求する

▼ 興味とから~ (3, 0.0%)

1 これ迄, 問題に, 芸術的感銘を

▼ 興味とで~ (3, 0.0%)

1 二重に, 年若い, 格別厭

▼ 興味との~ (3, 0.0%)

1 ために, 稀薄な, 調和を

▼ 興味なき~ (3, 0.0%)

1 ことも, を以て一大臣, 事は

▼ 興味なく~ (3, 0.0%)

1 てた, 他に, 歩いて

▼ 興味ふかかっ~ (3, 0.0%)

3

▼ 興味より~ (3, 0.0%)

1 むしろしゃべる, もっと成長, 含んで

▼ 興味よりは~ (3, 0.0%)

1 むしろ敵意, メリー号が, 意気に

▼ 興味深い~ (3, 0.0%)

2 問題を 1 分析と

▼ 興味深く~ (3, 0.0%)

1 もこの, よみましたその, 感じるの

▼ 興味関心~ (3, 0.0%)

1 が熾烈, の冷淡, は文学

▼ 興味あります~ (2, 0.0%)

1 か, ね北京

▼ 興味からの~ (2, 0.0%)

1 世界漫遊かと, 動作に

▼ 興味これ~ (2, 0.0%)

1 が戯曲, は屡々

▼ 興味しか~ (2, 0.0%)

1 なく国民, もちえないという

▼ 興味づけ~ (2, 0.0%)

1 てそれ, て書い

▼ 興味であり~ (2, 0.0%)

1 勇気であり, 後者は

▼ 興味でない~ (2, 0.0%)

1 かと思います, ことで

▼ 興味といつて~ (2, 0.0%)

1 は失禮, もややもすれば

▼ 興味と共に~ (2, 0.0%)

1 何かの, 苦しみまた

▼ 興味どころ~ (2, 0.0%)

2 では

▼ 興味どころか~ (2, 0.0%)

1 ただこうして時, 単に辛い

▼ 興味なげ~ (2, 0.0%)

1 で, にいっ

▼ 興味なぞは~ (2, 0.0%)

1 心の, 感じても

▼ 興味などは~ (2, 0.0%)

1 ちつとも, 推古仏には

▼ 興味などを~ (2, 0.0%)

1 持ちたがらないの, 持つよう

▼ 興味にしか~ (2, 0.0%)

1 愬へ, 集中されない

▼ 興味ばかり~ (2, 0.0%)

1 でなくその, では

▼ 興味または~ (2, 0.0%)

1 利益を, 張合いとも

▼ 興味もっ~ (2, 0.0%)

1 ていらっしゃる, て居りました

▼ 興味をしか~ (2, 0.0%)

1 クリストフには, 現代人に

▼ 興味をば~ (2, 0.0%)

1 やや分類的, 足利時代の

▼ 興味~ (2, 0.0%)

1 でそう, の浅い

▼ 興味価値~ (2, 0.0%)

1 があった, のある

▼ 興味多い~ (2, 0.0%)

1 ことだ, ことである

▼ 興味有る~ (2, 0.0%)

1 ことに, 問題に

▼ 興味深々~ (2, 0.0%)

1 たるもの, たる研究資料

▼ 興味溢れた~ (2, 0.0%)

2 ものな

▼ 興味~ (2, 0.0%)

1 之ものに, 理想無

▼1* [158件]

興味あってしかも, 興味あるでしょうし女, 興味あるらしい微笑で, 興味ある如く思はるれども古, 興味あれば集まり興味, 興味いわゆる巻を, 興味同情かで, 興味かといへば, 興味かも知れませんが, 興味からいはゆる, 興味からのみ読書し得る, 興味からは遠ざかって, 興味からばかりテーマに, 興味からも最もしばしば問題, 興味かを以てその飜訳, 興味がにはかに, 興味がのつても, 興味がることは, 興味ないもの, 興味くなさそうに, 興味こそ普遍的な, 興味この二つの, 興味この単なる技巧の, 興味ごく単純な, 興味ございませんわ, 興味へ感ずれ, 興味さえも示さなかった, 興味さく然目, 興味さらに起らず, 興味そうに時には, 興味その先に, 興味それが探偵小説, 興味それからもう一つ, 興味それによつて作家, 興味ためにあらゆる, 興味だけからそのグルウプ, 興味だけが讀者を, 興味だけしか動いて, 興味だけでもまだ私, 興味だけの事で, 興味だけを露骨に, 興味だつたらうか, 興味って言うと, 興味つきざるヒューマニズムの, 興味つきない時期をも, 興味つまり外国劇としての, 興味づよく纏ひ付いて, 興味であるならば心から, 興味であるらしいのです, 興味ですか, 興味でなければなりません, 興味といふものが, 興味とかいうものが, 興味とに思わず興奮, 興味とに従って内外の, 興味とみにさめはて, 興味とも一面で, 興味なかったのよ, 興味なしでもなかつた, 興味などから離れた意味, 興味などと云うところ, 興味などといふものは, 興味などとは全く別, 興味なら無論あります, 興味なりがむしろ妖怪, 興味なんかないですわ, 興味にまで高めたこと, 興味によつて心を, 興味によってのほかに, 興味によるのであろう, 興味ねらひの文字, 興味のみで科学的研究を, 興味のみによっては成立しない, 興味のみのもの興味即ち, 興味はまるでなかつたつて云つ, 興味ばかりを生命よりも, 興味ひかれるでしょうそういうとき, 興味ふかげに眺め, 興味ふこうございますそして歴史, 興味ぶかさうに聴く, 興味ひき戻そうと, 興味へと漸時に, 興味への引こもりを, 興味また他に, 興味までも失ひ, 興味みたような, 興味めいたものであっ, 興味もちますから, 興味もってるんだ, 興味をこそ持てこれ, 興味をと言つた, 興味を以ては突いて, 興味シキシマを一本づゝ彼女達, 興味惹カレテ枕サガシヲ承知, 興味一つは自分, 興味一方で書かれた, 興味三方一両損の論理, 興味上保留すること, 興味中心主義でなく寧ろ, 興味中心娯楽中心なぞと一口, 興味中心娯楽的即ち事件, 興味中心文芸を掲載, 興味中心的物語をこのむ, 興味主義で遣る, 興味乃至幻想を, 興味付ケタル者トシ從來ノ直, 興味って画いた, 興味は惹く, 興味作家の主観, 興味作者の眼, 興味動きてどうやら, 興味即ち事件の, 興味去れば散ずる, 興味問題として取りあげ, 興味増進するに従い, 興味かつた, 興味少きにあらず, 興味少くて華やか, 興味少し俳諧の, 興味少なく候へ, 興味ぬもの, 興味尽きない活動性の, 興味強いて言えば, 興味から同じ, 興味忽索然たり, 興味とを共に, 興味意味だけです, 興味感動による観察, 興味感情思想等を標準, 興味持ってなさった, 興味そうに, 興味描きを試みまし, 興味更に加はる, 興味有らしむるに, 興味期待にひきつけた, 興味本位享楽本位から来た, 興味楽しいやうな, 興味津津たるものが, 興味浅からず, 興味深甚です, 興味湧くが如く, 興味無きことで, 興味現在の否定, 興味百倍して, 興味的中心があった, 興味的刺激がなけれ, 興味目新らしさ, 興味等々の混, 興味索然たるを覚ゆ, 興味自身を作興, 興味興奮とだけで出来上っ, 興味芸術的意識が俄, 興味読者が笑, 興味豊かな一文, 興味趣味などに沿う, 興味追求のああ, 興味注する処, 興味雰囲気に対する興味