青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「經~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~絶え 絶え~ ~絶えず 絶えず~ ~絶対 絶対~ ~絶望 絶望~ ~絹 絹~
經~
經驗~ ~続い 続い~ ~続いた 続き~ ~続く 続く~ ~続け 続け~ ~維持

「經~」 2354, 24ppm, 4773位

▼ 經~ (348, 14.8%)

15 來た 7 來て 3 ゐる, 居りますから, 居るもの, 支那に

2 [13件] アンドレイエヒミチは, 今も, 今より, 南に, 完成した, 尚ほ, 居る, 廣東に, 後に, 我が國, 日本へ, 薄い氷, 首尾よく

1 [288件] あの工藤左衞門, あまり變, いと危, いよいよ深く, おりしかも, お品, きたおかげ, この夜, この法主, この行, この課題, こんな調子, さぶる, たつた一つ, だん, どうして賣られた, どれだけの, はじめて永遠, ば出發します, ば四十だ, ば罪の, ふた, やつと, わが, ゐないので, ゐますから, ゐません, ゐるから, ゐるが, ゐること, ゐるもの, アニワ港に, アメリカの, カープホーレルと, セメントで, パードヴァに, ボイムは, ヱネチアに, 一つの, 一二九五年に, 一面に, 七日か, 下されたの, 中央アジアに, 中禪寺, 久し振りに, 之は, 乘客は, 云々と, 亡ぶるも, 京城の, 京都に, 人皆, 人皆か, 人間は, 仁和寺に, 今に, 今度は, 住み來, 作つて居る, 來たらう, 來む降誕祭, 保田に, 信州に, 倒富士田越橋の, 傳來した, 光仁天皇の, 光失せ, 全歐洲, 八月三日に, 其の流, 其下卷を, 再び實在者, 出來しける, 出版した, 初めて湧く, 利根川に, 利根川を, 剥落し, 北京に, 北宋初期の, 十一月羅馬に, 十九世紀に, 十九世紀の, 十分精製した, 十日と, 南朝鮮にも, 印度まで, 取りたがる道, 古びが, 同じく昌造, 同樣, 名護に, 周防の, 和蘭人に, 唐の, 唐代にかけて, 嗜欲の, 城崎の, 多少は, 大く, 大化の, 大和大路の, 大白森一帶の, 天狗臺に, 如何なる進路, 始めてその, 始めて内面的, 姿體痩み, 宋に, 容貌も, 將來へ, 將來への, 小湊に, 局に, 居たが, 居ない, 居らない新生, 居ります又, 居るからには, 居ること, 居るの, 居るやう, 工學士から, 市内電車の, 平穩, 廟見, 弘仁七年十月十四日の, 形成する, 形成せられる, 影響を, 彼女の, 彼等は, 後山谷の, 後貴君に, 御殿場へ, 徳川氏に, 心を, 愈, 我々の, 我夢の, 我孫子まで, 或る, 戰つて來て, 所謂神なる, 所謂鎌倉時代に, 拜島驛に, 支那, 斯かる, 既に主, 日本から, 日本に, 日本文化といふ, 日本海を, 明末の, 明清時代に, 昔の, 昔存在した, 普遍的自我と, 更に生産, 朝詣での, 木賀に, 未來に, 末盧國に, 本木昌造楢林榮七郎へ, 村, 東大寺に, 東洋へ, 東海に, 松前に, 松戸に, 板橋に, 枕橋に, 桑田碧海の, 檢儀谷原といふ, 權利を, 次第に爛然, 歐人東漸後の, 歐洲各, 武宗の, 歸つて來て, 歸らむとすれば石井滿氏小, 歸る, 歸れる, 歸村す, 永井玄蕃頭に, 江戸に, 決せらるべきである, 汽車を, 河内の, 沼村の, 沼津へ, 洛陽龍門を, 津中學校を, 浙江省に, 海に, 海へ, 深く日本國, 淺草御門前の, 清和天皇の, 減少の, 渭水の, 漢に, 漸く此島, 漸やく, 澳門に, 瀧口が, 特殊な, 瑞典に, 生きて, 生れ出でし, 生れ出でたる, 町では, 畿内に, 登つ, 發展し, 發表せり, 白湯にて, 白濱に, 皇后日葉酢媛命が, 盛んに, 盡きせぬ, 眞間山へ, 矢張り原, 神武天皇の, 祟りを, 私が, 私の, 私は, 稀覯本中の, 穢れを, 節くれ立つた, 精密と, 紅海に, 終にこ, 罪を, 羅馬に, 老衰した, 職總檢校まで, 腦髓の, 腦髓へ, 膽振の, 自然の, 自由主義の, 至元, 臺灣に, 苔蒸し, 苦しい工面, 英國テームス造船所で, 蒙古, 行く, 行はれた, 行燈の, 被告等に, 西に, 西印度中米ブラジル等に, 親子が, 解悟心證の, 訪ねゆく, 諸家の, 貴きこと, 賞金授與が, 越前加賀能登迄, 足利に, 踪迹の, 辛うじて歸, 送ると, 遂にヴィタミン, 過去に, 過去へ, 道光の, 遙に, 遠く有磯海, 遠く船橋邊まで, 還り去りしが, 金剛智三藏次いで, 金屬の, 鋸山に, 長崎奉行所の, 隨分世界の, 離縁し, 靈魂再び, 馬立に, 高き音聲, 鬼涙山を, 鴻山で, 黄河と, 黒神村に

▼ 經つて~ (284, 12.1%)

14 からでした 8 からのこと, しまつ 6 からで, からの事 4 から, ゐた, 居るのに 3

2 [17件] からです, からガラツ八, から歸つて來, もお, もお前, もこの, も一緒, も何, も埒, も容易, も歸つて來, も歸ら, ゐる, 居ること, 居るので, 愈, 行きます

1 [193件] あつしと, ある日, お利代, お濱さん, お舟, お蝶, かの女, からあけ, からある, からその, からだ, からだつた, からつく, からでせう, からでなけれ, からとうとう, からのツそり, からひよつこり現れ, からまた, からむつ, から一言, から上役, から下男, から伜, から何處, から來, から八五郎, から出た, から又, から喜太郎, から四つ, から始ま, から娘, から形見, から彼, から彼女, から心持顏, から恐らく, から悠々, から成吉思汗, から故人, から書いた, から有島さん, から本, から漸く, から火, から無論, から爲五郎, から物音, から生んだ, から町, から白井樣, から相手, から神佛混淆, から私, から蒲團, から見, から説明, から送つ, から銀座裏, から隱居所, から離屋, から雨, から馭者, その會, その荒蕪地, とんと輕, どうやら落着き, に, の返事, はじめて學校, はなん, はゐない, はゐません, は居ません, また有, また相, まだお, もお上, もきり, もそんな, もひつそり, もみだれず, ももう一度, ももどらない, もわかりつこ, も一人立ち, も一定, も七寸, も下り, も二分, も五日經つて, も他, も何ん, も八五郎, も出, も十日經つて, も却, も同, も品, も四日經つて, も夜, も大物, も女, も娘, も嫁, も子, も學生, も實踐, も尚, も床, も忘れられなかつた, も戻, も折, も支那人, も星, も此身長, も殆, も治らなかつた, も浮ぶ, も爆發, も獨, も生命, も町内, も白い, も目鼻, も硬い, も私, も綻びず, も胎兒, も腕, も自分, も自己, も若く, も蓼白, も誰, も變, も財産, も貧乏, も賣れ, も還し, も關係, や, ゐたから, ゐない, ゐないで, ゐないので, ゐないのに, ゐない時分, ゐるうち, ゐるから, ゐるが, ゐること, ゐるな, ゐるので, ゐるのに, をります, 入代り, 全然色, 其の歌, 出したお寺, 出て, 初めて暴露, 利き始めたん, 又喧嘩, 大きな音, 居ない, 居ないので, 居ない樣子, 居なかつたので, 居らぬ, 居りました, 居り昨夜, 居る, 居るが, 居ると, 居るん, 御米, 愈々地獄變, 暗くな, 書いた本, 淋しく歸つて, 漸く元, 漸く引上げ, 漸く我, 漸く江戸, 直助, 行く, 行くの, 行く樣子, 見なきや, 起き出して, 返して

▼ 經~ (196, 8.3%)

4 持つて 3 あげて, 上げて, 譯した 2 千部寫さう, 唱へ, 姫が, 寫しはじめたの, 讀んで

1 [173件] あげお, あげた外, あげてを, あの位刺激, いらいらさせるし, いらだたせずには, いらだたせるあの, いらだてて, からみつける, きいて, くたびれさせきつて, くばり營營切切, さらつてゐる, しつかりさせようと, すつかり和めて, すつかり尖らせて, たづね, つ, つかつて, なやますも, まつたく動かした, やつて, よみ朝暮, よんで, ピンと, マヒさせ, 一つに, 一心に唱, 七志の, 世間に, 了つた, 人に, 介して, 休めさせた, 何かに, 作つた時, 使つた, 使つたと, 使つたノンセンスを, 使は, 供養しましませ, 信じ奉ずるため, 借りに, 傷めて, 働かせて, 僞經だ, 全然載せ, 全部讀んだ, 再び譯, 凝らして, 出版する, 刺戟した, 刺戟する, 刺激する, 動かしそして, 勞する, 口早に, 壓迫します, 多量に, 好まれたとの, 守つ, 寫して, 尋ね當, 小突く, 尖がらして, 尖らして, 尖らせて, 尖らせ程度次第, 序す故に, 張りて, 張るは, 強く刺戟, 彼も, 往來し, 徒らに, 循らざる, 心熱的に, 惱した, 惱ま, 惱まし, 惱ました, 惱まして, 惱ませなく, 惱ませました, 成した, 成すと, 抑へる, 投げいだせ, 持つた典型的, 指すので, 授け靈書中篇, 探らうと, 摩擦せられ, 攪亂する, 日本に, 昂らせたお, 昂らせながら, 明るくし, 更に復新手, 書いて, 有しない, 汚したこと, 洗はれる, 消磨し, 漢譯した, 焚いた舊蹟, 無視する, 焦立たせて, 焦立てます, 玩具に, 異樣, 疲勞させた, 病む必要, 痛ましめて迄も, 痛めて, 痛める程, 石の, 祭る義経堂, 積み火, 空色の, 立て讀みに, 納める, 細かに, 細くし, 繪具に, 習ひ, 考へると, 聞きまた, 聽かせ, 脅かしたか, 脅かす, 脅かすもの, 脅やかす, 自身に, 苛立たせた樣子, 苛立たせる原因, 苛立たせ無理, 荒された者, 行く者, 見そ, 見たといふ, 見ても, 見ること, 見ると, 解釋する, 誦して, 誦し乍ら, 誦し敬, 誦するに, 誦んで, 説いたそれで, 説いて, 識らず, 讀ませて, 讀ませる者, 讀み奉り候, 讀み終りて, 讀む, 讀むの, 讀めば, 讀んだから, 讀んだの, 起して, 載せて, 追ひ, 通覽せ, 釋する, 針ほどにも, 鋭敏にと, 錯亂せられ, 鎭めて, 鎭める, 飜し

▼ 經~ (191, 8.1%)

8 中に 4 名を, 文が 2 中にも, 千部寫經を, 太さ, 文は, 文字や, 本とを, 過敏を, 高ぶつ, 黄金文字

1 [157件] いら, うしろゆく, うちに, お話を, す速, ために, つよいかの, つよい婦人, どの末端, ない思想生活, なかの, にぶさ, はじまつ, やうに, ランプが, 一つで, 一番下の, 一番中心を, 一端に, 中には, 中心に, 中心を, 中感傷品を, 中語録相ひ, 二人が, 二人こそ, 人は, 仕事に, 仙佛教中の, 作用かは, 信者で, 假空的暗示でなく, 傷害, 働きと, 働らきが地上を, 全文を, 兵粮丸楠氏の, 出版が, 出版を, 刺戟を, 前から, 助けによ, 原版が, 各章, 喘ぎともい, 噫秋の, 四聲指歸から, 四聲指歸の, 圖あり, 大雅, 女性の, 如きは, 如き天才的戰術家, 如き詳細, 如し天台の, 姿を, 字で, 學習である, 學習に, 家司で, 島と, 島を, 島人柱の, 弱き人には, 強い女, 微々たるまで, 微動にも, 微妙な, 所詮なり, 折本は, 拓本も, 持主だ, 持主で, 持主では, 持主マルテには, 文句を, 文氣が, 方が, 方で, 旗を, 末の, 本で, 本の, 本は, 校合を, 次第は, 歌から, 歌の, 此の世に, 歴史には, 爲に, 爲めに, 片端でも, 版木が, 異常な, 疲れと共に, 疲勞に, 疾患から, 發展をも, 目とな, 目録が, 眞つ, 眞似, 睡眠を, 符を, 素讀から, 絲, 經典中海に, 經字を, 翻譯を, 聲が, 聲は, 聲聞の, 聲鈴の, 胡譯から, 腰越状といふ, 興奮し切つ, 苛だった, 苛立つ事, 著述から, 虚飾に, 行きとどいて, 行者なり, 衰弱が, 衰弱を, 角々しきは, 解釋と, 言である, 訓詁である, 記する, 記事の, 註には, 詩が, 話を, 説く所, 諸聖典, 講義を, 講義畠山健氏の, 講釋だけで, 變調の, 起つた時, 足の, 辭書と, 過敏もしくは, 遲鈍とで, 鈍い田舍者, 鈍い男, 鈍さ, 鋭きに, 鋭くな, 鋭ど, 鋭敏な, 錯亂は, 障害を, 題目をとな, 類に, 顫動が

▼ 經~ (161, 6.8%)

81 ないうち 5 ない内 3 のは 2 ある日, ないの, ないのに, ないほどの, のちに, のである, やさらば, 位の

1 [56件] かと思ふ, かも判らぬ, がそれ, ことで, ことであります, ことは, この物語, その八月, といふこと, といふの, とても到底全く二階三階, ないかも, ないつて言, ないに, ないので, ないやう, ないん, ない兄貴, ない時分, ない赤ん坊, ない長篠, なんとなく拔目, ねば沸, のが, のちの, ので, ので齋戒沐浴, のと, ものである, 上で, 今の, 今日に, 今日尚, 今日彼が, 埋葬所何百年の, 大師の, 帝國憲法の, 常藏が, 後, 後ち, 後でなけれ, 後に, 後の, 故で, 日附で, 時に, 書き方で, 樹木が, 猫だ, 祖先として, 結果一首も, 老樹で, 者の, 英國の, 蟇の, 頃である

▼ 經~ (88, 3.7%)

5 興奮し 2 ある, 過敏に

1 [79件] あらゆる交通機關, あると, あるといふ, あるはよ, ある一つ, この低い, この頃非常, ざわざわし, すぐに, すつかり, そこへ, それを, たかぶつ, つよい女, どうして一つ, ひどく昂ぶつ, よわつて, チヤンチヤラ可笑しく, ドシ, ピリ, 一卷その, 一時胡語から, 一番尊い, 事男女の, 今日諸君の, 働くの, 兄の, 先生に, 八方に, 再び非常, 冴えて, 出版され, 却つて抱朴子を, 同一に, 始まつた, 始まつたらしく, 始まりました, 弛んでしまつた, 強いもん, 恥かしい, 感じられる, 掻き亂, 昂つていろんな, 昂ぶつて, 昂奮つて居る, 是丈取れました, 更にカツ, 有りその, 極度に, 極度の, 民間の, 渡來する, 激しくそして, 濟むと後ろの, 濟んだ, 濟んで, 然云, 獨りで, 疲れてるから, 研ぎすました西洋剃刀, 神僊詭秘の, 繪具のみが, 聽え, 自分を, 舞臺の, 荒れて, 血の, 衰弱してる, 見える女, 覺める, 讀めるといつた類ひで, 起きると, 足から, 過敏で, 道を, 針の, 鋭くな, 鋭く行き, 鼓を

▼ 經~ (69, 2.9%)

7 うちに 6 か經, てしまひました 4 て行く, のを 2 に從つて

1 [40件] うち二人共なくなり, か鬱, が一向, が何ん, ごとに, たらしく最早, たり斑點, ちやゐねえだらう, ちやゐません, ちや居ません, ていた, てゆく, とどや, ともである, と共に此事業, にした, につれ, につれて曉方, につれて正しい, につれて氣, につれて雀, につれ冷たい, に伴, に從, に從つて輸入超過, に早い, の, のが, のです, のと, のにその, のに東京, のは, のばかり, のも, ばかりでした, 中に, 中には, 内に, 間に

▼ 經~ (65, 2.8%)

2 次第にひ弱

1 [63件] あらはにな, あるけれども, ある悲しみ, いかなる平和, そこから, そこらを, ちが, どこまでも, ひどく尖, ます, むぐらもちのやうにだんだん深く, ジョンを, 一時に, 一歩でも, 不良少年と, 乃ち是れ, 于吉仙人の, 今日でこそ, 他の, 佛經的に, 全部頌文より, 八方に, 冴え感情, 出版された, 勿論書經, 印度佛教の, 單刀直入的に, 四角い册子, 大師に, 官版で, 容易に, 專ら自意識の, 少し繊細, 恐怖から, 悉く焚け, 我國に, 支那歴代を通じて, 日月と, 更に之, 梵語から, 棕梠の, 此時に, 江戸では, 漸く濟ん, 火器に, 理窟も, 甚だ多く, 皆古, 瞬間あらゆる, 神が, 私達の, 種々の, 色々だ, 血だらけな, 足から, 遠からぬ, 鎮まらなかつた, 間違つてはを, 隨分澤山あ, 非常に, 非業の, 餘り張りつめ, 馬の

▼ 經~ (65, 2.8%)

5 に從つて 4 儘に 3 にした, に從 2 が宜, ことを, に隨, 時は

1 [42件] ことによ, こと五百年に, こと永い, こと纔に, ぜ, といろ, とともに無く, と共に隔り, と宋, と張る, と解き, と言, と起り勝ち, につれて次第にぴたり, につれて益々, に從つて日本, に從つて石, に從つて藝術家小光, に於, に隨つて, に隨つて本文, に順, のが, の必要, ほど本, ま, ままに, も史家, も太鼓, よりもこの, をろ, 事で, 夜毎, 大樹鬱蒼と, 庄屋の, 所幾十里今日過くる, 月を, 毎に, 者も, 譯である, 間には, 間は

▼ 經つた~ (59, 2.5%)

5 ある日 4 或日 3 頃でした 2 かと思ふ, か經, ことで, でせう, やうに

1 [37件] ある夜, ある晩, ある晴れた, ある朝, かそれとも, から, かわからねえ, かわざと, か二人, か何處, か半, か忘れた, か私, か解らない, か記憶, がまだ, が兇賊, が地方, が宗三郎, が當, が豪傑連何, が長篇, けれどやつぱり彼女, ことだ, といふだけの事, といふの, とて到底, と云, と見え, ので可哀想, ばかりで, ものだ, もので, やうな, らしい, 或る, 或る晴れた

▼ 經~ (56, 2.4%)

2 けり, 對し, 見えて

1 [50件] ける, こたへて, さわって, さわる壓迫感, しちらした痰, するどい有毒, ひたぶるだ, まいらせ給, 入れる, 出て, 列した, 助力した, 受けてからと, 同時に復活, 因らずして, 在る倭, 對する, 就いて, 彌性, 從つて奧州の, 從ひ, 徴證が, 惜福の, 感じて, 感ぜられる家庭, 明記され, 時代といふ, 暗間, 書いある字, 有機的な, 此類の, 異常が, 當り, 直接に, 祟つて何うし, 筆を, 節性といふ, 結び目を, 耳を, 衝動を, 見えたる芥子, 見ゆるやう, 觸れ, 讀み耽れば, 負けて, 載せて, 載せるに, 障つた, 障り惱, 障る氣遣

▼ 經つと~ (55, 2.3%)

2 お雪

1 [53件] お咲, お富さん, こんどは, ちやうど八十に, ひどく苦しみ出し, また別に, もとの, オルガンの, ガラツ八は, ニユーヨークの, モウ私は, 丑之助が, 之を, 事件は, 今度は, 元の, 八五郎は, 其の月, 出來, 又姉よう, 同じ影法師, 平次は, 彼は, 後藤君は, 戻つて來, 打つて, 揚々と, 放火癖の, 本當, 林の, 此事が, 歸つて行つた, 死にますから, 死人の, 殘り, 水槽の, 混亂の, 甲子といふ, 甲子の, 百姓達は, 直線が, 相生町の, 眩い光, 眼を, 私は, 立會の, 細身の, 緑門は, 繪解が, 陸稻刈れんだ, 鬼の, 麥煎餅を, 黄いろい小粒

▼ 經たぬ~ (42, 1.8%)

22 うちに 4 中に 2 うちから, のにもう, 内に 1 うちで, に, に社内, に這, のに, を木群, を楓, 赤兒が, 間に, 頃の

▼ 經~ (28, 1.2%)

4 云ふ 3 云ふも

1 [21件] あたま, エネルギとの, 一致し, 何者とも, 同じ形, 名く, 名て, 唱へ, 大聲, 後世の, 書いたもの, 禹貢とが, 禹貢との, 考へこれ, 肉體とを, 腹の, 關係が, 靜との, 頼朝とは, 題し雜誌宗教界, 齊しく

▼ 經てば~ (24, 1.0%)

2 大人に, 愈りませう

1 [20件] みんな消え, 一と, 可いわ, 女中達が, 小學校, 己の, 御城, 慣れて, 昔の, 此家に, 河が, 矢之助は, 矢張りいたむ, 磨滅も, 繼嗣問題で, 自然に, 自然また, 長崎から, 附け髷, 麥に

▼ 經たる~ (17, 0.7%)

1 [17件] がひとりベルナルドオ, ま, ものに, もの通計七首である, や, やを汝の, を審, トルストイの, 上は, 具象との, 商人でなけれ, 後, 後には, 後の, 後或は, 後被告の, 樟樹の

▼ 經つたら~ (17, 0.7%)

2 會は

1 [15件] ばもう, 人々が, 今度は, 何も, 來る, 元通りに, 先刻の, 千二百兩の, 叔父の, 恐らく私, 改めて平次, 滿洲に, 行つて何か, 親類の, 飮む

▼ 經~ (17, 0.7%)

1 [17件] カツポレばかり, 中庸の, 佛説大, 佛説拔除罪障呪王經などは, 佛説稱讃如來功徳神呪經や, 光明眞言などは, 其の他, 北斗經などを, 尊勝陀羅尼經や, 感覺が, 易緯が, 曼珠室利菩薩呪藏一字呪王經や, 疲勞も, 精液を, 肉の, 蒸汽船や, 讀むべき

▼ 經~ (16, 0.7%)

2 大和一國の

1 [14件] すつかり疲れ果て, また平氏討滅, 亦若々しく, 亦道教, 四部に, 妙に, 嫌ひだし, 律も, 感情も, 早く朝鮮, 滅茶, 相當, 落着く, 身體も

▼ 經過敏~ (16, 0.7%)

2 になつ

1 [14件] だこれ, で人, と思はるる, なる種々, なる顧慮, なれども, な態度, な畫家マカルト, になつて, に消極的, に瞬いてる, の理由, の詩人, はあづからない

▼ 經~ (13, 0.6%)

1 [13件] 二年經つ, 五年と, 五年經つた, 五日經つた, 十日經ち, 夕飯を, 年を, 心長け, 恰も千鳥, 或日途中, 毎日, 江戸の, 驚ろい

▼ 經ない~ (11, 0.5%)

1 [11件] うちに, ことなら, では, で恐らく, で隱, といけません, 中に, 内に, 場所例へば, 子供には, 粗雜さ

▼ 經といふ~ (10, 0.4%)

3 ものは 2 やうな 1 のが, のは, ものを, 人が, 樣な

▼ 經なけれ~ (9, 0.4%)

2 ばならなかつた 1 ばならない, ばならぬ, ば勝手, ば此婚姻, ば海, ば自分, ば行

▼ 經ざる~ (8, 0.3%)

1 に我等, まに, ものある, ものと, 今日其事跡に, 何事でも, 大宇宙間, 所以或

▼ 經つた後~ (8, 0.3%)

2 でした, のこと 1 その時, だらうな, で二人, にはその同じ

▼ 經~ (8, 0.3%)

1 ところが, ば散り, 娘は, 容子を, 男の, 青年とな, 馬鹿である, 點では

▼ 經~ (8, 0.3%)

1 ば, ば冷え, ば疼痛, ば經, ば縁, ば芳之助, ば遂に, ば降りつづく

▼ 經帷子~ (8, 0.3%)

1 だ, で隱, と死相, の下, もまだ, も不, を着せ, 不氣味

▼ 經ちました~ (7, 0.3%)

2 か知ら 1 かしら暫らく, がお, が全, でせう, 江戸の

▼ 經てから~ (7, 0.3%)

1 丁飛脚が, 出來, 前夜の, 受取つた, 文筆生活に, 見れば, 長崎に

▼ 經~ (7, 0.3%)

2 鍛へ 1 あつた, 中にも, 以つて身づか, 握つて, 菩薩の

▼ 經でも~ (7, 0.3%)

1 あげるやう, あるまいから, 上げて, 何でも, 堪るまいぢ, 論でも, 靭帶でも

▼ 經ずし~ (6, 0.3%)

2 て直接 1 て, てその, て直ちに, て肯定

▼ 經つて私~ (6, 0.3%)

1 が伊藤君, が雨戸, は又, は家庭教師, は思ひ出し, は漸

▼ 經ても~ (6, 0.3%)

1 一時間半經ても, 中, 依然としてその, 其思想は, 彼等は, 赤城神社に

▼ 經にも~ (6, 0.3%)

1 何やら大きい, 佛に, 出で, 墨子と, 建平, 符が

▼ 經ぬる~ (6, 0.3%)

1 おほか, かも, にジエンナロ, を, 數を, 暗の

▼ 經では~ (5, 0.2%)

1 さう, なく鼓動, まだ事件, わかりませんが, 感じたの

▼ 經などの~ (5, 0.2%)

1 やうな, 例に, 功徳や, 如きもの, 時代から

▼ 經などは~ (5, 0.2%)

2 これぽ 1 云ふまで, 屬し, 豊滿含潤見る

▼ 經~ (5, 0.2%)

21 ても肖像畫, て周三, て由三

▼ 經~ (4, 0.2%)

1 とする, 無慘, 芳香疵に, 間の

▼ 經である~ (4, 0.2%)

1 かはわからない, から六經, が故に, 漢初には

▼ 經即ち~ (4, 0.2%)

1 大體佛教, 天台宗などの, 書經, 波梨所傳に

▼ 經系統~ (4, 0.2%)

1 の傷害程度, の感應作用, の諸, を犯した

▼ 經から~ (3, 0.1%)

1 來た, 氣を, 發見した

▼ 經たり~ (3, 0.1%)

2 し後 1 生々苦ならざる

▼ 經たれ~ (3, 0.1%)

1 ども未だ, ど驛前, ば監本中

▼ 經つつ~ (3, 0.1%)

1 まだ海, 王は, 飄零の

▼ 經つてガラツ八~ (3, 0.1%)

1 が繪, はいきなり, は息せき切つ

▼ 經つて八五郎~ (3, 0.1%)

1 が飛出した, はフラリ, は恐る

▼ 經つて後~ (3, 0.1%)

1 にやつ, よく, 取るの

▼ 經ての~ (3, 0.1%)

1 ふみは, 後なりき, 後も

▼ 經には~ (3, 0.1%)

1 妙象は, 少し利き過ぎる, 殆ど感じられない

▼ 經ばかり~ (3, 0.1%)

1 では, 苛, 讀んで

▼ 經べき~ (3, 0.1%)

1 者この, 途を, 道

▼ 經をも~ (3, 0.1%)

1 大切にか, 見たもの, 誦ん

▼ 經~ (3, 0.1%)

1 である, でなく愉快, な鋭さ

▼ 經ざる間~ (2, 0.1%)

1 に, に發生

▼ 經~ (2, 0.1%)

1 味噌汁の, 行ふ

▼ 經そのもの~ (2, 0.1%)

1 であるかの, のやう

▼ 經たない~ (2, 0.1%)

1 かと思ふ, かの事

▼ 經たなけれ~ (2, 0.1%)

1 ば江戸, ば食

▼ 經だけ~ (2, 0.1%)

1 だ, である

▼ 經だけが~ (2, 0.1%)

1 段々にその, 生き生きと

▼ 經ちます~ (2, 0.1%)

1 が爺, が踊

▼ 經~ (2, 0.1%)

2 やと言

▼ 經つたの~ (2, 0.1%)

1 かおぼえ, ですから

▼ 經つた頃~ (2, 0.1%)

1 だつた, やがて亥刻

▼ 經つて平次~ (2, 0.1%)

1 は外, は顏

▼ 經つて彼~ (2, 0.1%)

1 は, は寧ろ

▼ 經つて歸つて來~ (2, 0.1%)

1 た僞首, た時

▼ 經つて父親~ (2, 0.1%)

1 の傳六, の昔

▼ 經つて誰~ (2, 0.1%)

1 も氣, れも

▼ 經つと突然~ (2, 0.1%)

1 免職な, 親父が

▼ 經として~ (2, 0.1%)

1 叙述した, 室町期の

▼ 經との~ (2, 0.1%)

1 關係について, 陰影を

▼ 經とは~ (2, 0.1%)

1 印度に, 申しませぬから

▼ 經とを~ (2, 0.1%)

1 照らし考へると, 過勞

▼ 經などと~ (2, 0.1%)

1 云ふ, 稱し

▼ 經などを~ (2, 0.1%)

1 埋めた後, 張道陵に

▼ 經~ (2, 0.1%)

1 内に, 間は

▼ 經ませぬ~ (2, 0.1%)

2 とてころ

▼ 經までが~ (2, 0.1%)

1 單調子に, 目の

▼ 經よむ~ (2, 0.1%)

2 やら斯く

▼ 經より~ (2, 0.1%)

1 一段低い, 餘程難有く

▼ 經一本~ (2, 0.1%)

2 を備

▼ 經七卷~ (2, 0.1%)

1 がある, の學習

▼ 經~ (2, 0.1%)

2 其御胎に

▼ 經及び~ (2, 0.1%)

1 その他の, 經説は

▼ 經正義~ (2, 0.1%)

1 が出, の出來

▼ 經~ (2, 0.1%)

2 は松風

▼ 經若しくは~ (2, 0.1%)

1 史の, 書經の

▼1* [254件]

あげてもらはうおもう, 經あげたべ, 經あげるにや半日, 經あれども僧, 經いとほしと, 經かがなべて朝, 經撫で, 經こそ寧ろ過敏, 經この罪の, 經へ遲鈍, 經させて第, 經さらに經驗を, 經ざりし小抒情詩世, 經するうしろから如來樣, 經ずだしぬけに俺, 經ず返らぬ人となりぬ, 經その半島の, 經その他の著述, 經その他南朝の書籍増減, 經たず一生を, 經たであろうが, 經たなかつたのかも, 經たぬらしい落葉松の, 經たりといふに, 經たる所の澁峠, 經から知らん, 經だけでも一晩位申上げる, 經ちさへすれ, 經ちし春蘭の, 經ちましても皇室, 經ちませんので土地, 經ちや居ねえ, 經ち過ぎたよ, 經つたあとでは窕子, 經つたつて判るもの, 經つたつて一本の職人, 經つたつて埒は明かない, 經つたつて熊吉が擧, 經つたやうでした, 經つたらうか, 經つたら泣き出したんでわし, 經つた人の手, 經つた今日になつて質問, 經つた兒その間に閏, 經つた十月十七日の朝, 經つた去年の二月十七日, 經つた夕方吊臺, 經つた後惡者を語らつ, 經つた所で王, 經つた日の夕方, 經つた時分四方はす, 經つた朝加納屋を見張らせ, 經つた樹だらうが, 經つた此年の夏あたり, 經つた者との違ひだ, 經つた頃お客が寢室, 經つた頃小僧の今吉, 經つた頃淺草寺の晝, 經つた項平次は小脇, 經つつも究極は, 經つてそれとわかつ, 經つてなんでも十一月, 經つてのち同じやう, 經つてひよつくり亭主, 經つてひよぐるやうな尺八, 經つて一と雨, 經つて一件も落着, 經つて下手人の匂, 經つて不自由を感ずる, 經つて世間で忘れ, 經つて之を作られた, 經つて了ひ私, 經つて二人は暗い, 經つて二十日正月も近い, 經つて云つた, 經つて五月も漸く, 經つて今の女房, 經つて何かかこ, 經つて作物が出, 經つて來ませうね, 經つて信吾兄妹は加藤醫院, 經つて元の子, 經つて兄弟とも大分下宿, 經つて先代の旦那樣, 經つて兒玉進五の宅, 經つて入物を取り, 經つて其墓を開く, 經つて兼家がやつ, 經つて兼次は親爺, 經つて加藤は自, 經つて勘次は針立, 經つて十風と細君, 經つて千之助が生き還つ, 經つて原稿はその, 經つて喪が明け, 經つて四方屋の若, 經つて因果が, 經つて土藏の方, 經つて夫が腦溢血, 經つて女房は亡くなりました, 經つて奴がある, 經つて宗助も遂に, 經つて家内が髮結さん, 經つて寒冷な空氣, 經つて山の麓, 經つて岩井町の桃谷鬼一郎, 經つて庭石の上, 經つて志願兵で赤坂, 經つて戌刻過ぎになつて, 經つて成吉思汗の同じく, 經つて我慢が出, 經つて昌作は來, 經つて普通の人, 經つて暇乞をした, 經つて最初に豫定, 經つて會心の笑み, 經つて村落の内, 經つて此根が腐つ, 經つて母屋の廣間, 經つて氣がつく, 經つて汗も乾き, 經つて煙草か何ん, 經つて熱で蝋燭, 經つて田屋三郎兵衞が飯田町, 經つて神戸で個人展覽會, 經つて笹野新三郎は言, 經つて米の檢査, 經つて約束の場所, 經つて級長の谷以下, 經つて緊張の弛んだ, 經つて線香が燃え, 經つて腦貧血を起し, 經つて葉藏の病室, 經つて血が凝固, 經つて行つた, 經つて言ふんですもの, 經つて近代活字が全, 經つて近所に火事, 經つて返書が來, 經つて部屋へ引, 經つて障子をあけ, 經つて香之助, 經つて麥の穗, 經つとあんなになるかと, 經つとやはり眞面目な, 經つと大分伸びて, 經つと少し身體を, 經つと遂に松永は, 經つや荊棘の路, 經てからでも斯う, 經てのみ達成される, 經てはひつて, 經でありますが其古, 經ですよ, 經とか内大臣實氏などを, 經とが一致し, 經とぞいふ, 經とでも題目を, 經とに獨創の, 經とも朗詠とも, 經とより造つたと, 經なくに斧, 經なぞ稽古した, 經など英雄豪傑が, 經なむみ山べの, 經なり史なりといふ, 經なんてありやがるん, 經にでも昔の, 經にまでそは, 經によつたのである, 經ぬべき時に, 經ぬらむ, 經ぬればと云ひつ, 經ば治し, 經ねば一切物貨を, 經のきみぢかな, 經のせゐかどうも, 經のみが過敏に, 經ばかりになつてしまつて生き, 經ばかりには女人佛に, 經ふれまいふれまいと, 經べからざるものと, 經または文書に, 經まで體得し, 經までも清く新た, 經めぐつてゐたけれどよく晴れた, 經めぐりてその, 經もしくは脱神經, 經やら十八史略の, 經やらをブツブツつぶやく, 經らしい健康な, 經を通じて腦に, 經テ始メテ明カニスルヲ得ベキハ勿論ナリ, 經ナキ少女ニ育兒ヲ講義スル如キ, 經ニ其作用備ハリ歌謠ヲ能クスル者ハ, 經作用ニ由ルコトト見, 經ベキニモアラネバ本居翁, 經マライ半島を廻つて, 經ルノ今日ニ至ルモ未タ, 經レトモ菜色ナシ嗚呼蟻, 經一人は一須臾, 經一口も知らぬ, 經一字供養の功徳, 經七十三度五分から七十五度四十分, 經三傳三禮即ち詩經, 經二十五度を距, 經二十日過ぎリオンに立ち, 經證を, 經以世次以年紀其末序蔡仲之命費誓呂刑文侯, 經六十一卷にあらはれ, 經其の思想慣習が, 經冲虚眞經などと稱, 經出世したと, 經分布の細密, 經十卷とある, 經十餘國達於海岸自竹斯國以東, 經半途に手術者, 經史子集により表紙, 經君士坦丁堡に入り, 經周禮爾雅, 經垂萬世之法戒, 經天平八年法隆寺の印刷物, 經太平記何んでも, 經尸子國語等と同じ, 經帷子首には水晶, 經判官康頼法勝寺の, 經を過ぎ, 經廻る旅路の, 經愈々殖えて, 經末梢との區別, 經東晉の初, 經楚辭などの或, 經に堅い, 經流布あるべきたね, 經無く而し, 經生理學的に讀む, 經略せしにて九州, 經百部繪島殿とある, 經筋肉脈官血液及び皮膚, 經範頼にも碌, 經細胞の配布, 經終りて後維盛卿は, 經組織はそれ自身充填, 經色々な目, 經著きたり, 經見たいなお經, 經説得齊整下經便亂董董地, 經諸事の作者等, 經質さうに直し, 經辨慶を誰, 經那須與一等で綺麗, 經閉止三箇月だつて, 經頼家實朝を初め, 經飛騨より越前