青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「臺~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~至った ~至り 至り~ ~至る 至る~ 至極~ ~致し 致し~ ~致しました ~致します
臺~
~與 與~ ~興 興~ ~興味 興味~ ~興奮 興奮~ 興行~ ~舌

「臺~」 1967, 21ppm, 5406位

▼ 臺~ (644, 32.7%)

85 上に 20 上の 14 上で 13 前に 10 上へ 9 下に 7 上には, 上を 6 上から, 中で, 方へ 4 まはり, やうに, 自動車が, 蓋を, 蝋燭は 3 やうな, 下から, 下を, 側に, 傍に, 後に, 方からは, 方言, 足場に, 馬車が

2 [31件] あたりにも, あたりを, そばへ, ところに, 上では, 中に, 中を, 兵部省のと, 前なる, 大八車は, 子信升, 後から, 戰の, 抽斗から, 放牧地は, 方に, 方言を, 立ち處を, 自動車に, 自轉車, 若さ, 茶屋に, 荷馬車を, 設備はれ, 詩の, 詩を, 諸役人, 足場を, 車が, 隅に, 隅の

1 [349件] あたりから, あたりの, あつた, あの崖, あらば, うしろから, うしろに, お神さん, かの行列, ぐるりに, こと默示録による, しつかりしたもの, それは, ついた高坏, つくり方, とある竹藪, とが石器時代地名表, ところへ, ひどい埃, へ, へりの, まんなかに, まん中に, ものを, れいの, わきに, を初めた, ガタ馬車が, コストとを, ゴム風船屋などが, ソファ, ツェッペリンが, テーブルの, デザインが, トロッコを, プロフェッサー, ベンチへ, ポプラの, ランプを, リヤカーが, 一名物なるべし, 一端四年前に, 一軒屋に, 三等車次に, 上かなんぞの, 上が, 上にも, 上にや, 上の空氣に, 上は, 上や, 上六七間も, 上手に, 上手少しく, 上掛茶屋に, 上親み, 上部に, 下, 下へ, 下宿で, 下手へ, 下暗き, 不氣味さ, 中の, 中は, 中へ, 中央まで, 中揚幕の, 事を, 事蹟を, 五月雨に, 井戸らしく, 人たちとも, 人たちの, 人だ, 人と, 人形振りの, 人間が, 仕事は, 付いた一枚板, 位置と, 位置は, 俥が, 俥に, 傍の, 傳通院あたりから, 働き盛り, 光その, 光景に, 公園の, 兵卒の, 内山愚童君を, 別々な, 前から, 前の, 前脂肪に, 前面より, 割れたの, 十人兄弟の, 千秋樂と, 半分を, 南端平地にかけての, 友人へと, 句に, 右の, 吊臺, 同じやう, 名物也, 向ふ, 周圍に, 喞筒は, 國府臺とも, 圓い, 在る所, 外に, 外へ, 外側縁高く, 夜の, 大八車が, 大八車に, 大八車の, 大八車を, 大坪家へ, 大型機は, 大型飛行機に, 奧に, 女が, 女と, 女の, 女七分の客の, 女子大學も, 女學校を, 女房が, 女房に, 女見たいです, 如くに, 如くにも, 姿, 娘, 娘は, 學習院女子大學早, 家との, 家は, 宿で, 寢呆け野郎, 小さい家, 小さなガラス窓, 小なる, 小池堅治氏へ, 小石川雜司ヶ谷町百十九番地の, 少しもの, 屋敷町に, 屋敷町の, 屍體に, 崖が, 市へ, 帝國大, 幇間侍で, 幕を, 幕切れといふ, 底に, 引しまり力, 引出しに, 引出しへ, 引出針箱から, 強健な, 役者としては, 後ろから, 後ろの, 御屋敷, 御殿, 心に, 惡戰に, 感じが, 我畑の, 或古老, 或耶蘇教學校, 所に, 批評なりき, 押斗し, 抽出が, 抽出し, 抽出にも, 抽斗の, 招忠碑とを, 振りは, 捨石や, 掃除で, 掃除を, 揚幕の, 攻撃が, 敗後北條氏政が, 敷きつめた赤い, 文化が, 方から, 方ぢや, 方で, 方を, 方言が, 星に, 春の, 時とち, 晩翠氏を, 景色が, 智者大師の, 暮靄牛込麹町の, 月見草, 杏雲堂に, 杙から, 杙だけが, 東京盲唖學校小石川臺の, 東京音樂學校東京美術學校目白臺の, 板を, 板敷の, 林丘欝蒼として, 森影の, 椅子に, 構造は, 構造裝置ある, 樂み, 樂屋へ, 横から, 横の, 櫻を, 欄にも, 欄干に, 正面の, 正面は, 正面まで, 歸途として, 毒蟲と, 毛氈まで, 氣分に, 汚らしいタクシイ, 河北新報といふ, 河北新報社から, 油單が, 油單を, 洋燈が, 活劇も, 渡迄, 火の, 灯は, 燭臺も, 片方から, 物に, 物を, 獨り, 王者とも, 王者の, 用意を, 田舍へも, 田舍まで, 町に, 留守宅から, 發音の, 白粉つ, 百目蝋燭が, 百目蝋燭に, 眞ん中に, 眞ン中の, 眞上の, 眞下へ, 眺望は, 石だけの, 石垣を, 碑之罘の, 秋は, 窓から, 立派な, 端に, 竹藪變じ, 笊に, 粉を, 紅葉を, 縁に, 縁を, 美しくない, 考證時代は, 耶蘇教學校に, 肩をかへながら, 背景は, 脚光を, 脚燈が, 腕車二人の, 自働車, 自動車, 自動車で, 自動車は, 良快, 色事師も, 花でも, 若い者, 若盛り, 若葉は, 茶屋から, 茶屋まで, 草履に, 荷物車が, 荷車が, 荷馬車が, 藝なんて, 藝は, 處へ, 蝋燭が, 血を, 衆は, 裏の, 製作に, 裾を, 西南端は, 見えつ隱れつ, 見通しに, 許可を, 詩みたいだ, 詩見たいな, 説明から, 讀者山崎有信氏から, 貝塚へ, 賃錢が, 賣出し盛りツイ功名, 足場が, 路地平次を, 近所へ, 道具出來上つてしばゐ, 道具立あり, 道化です, 郊外七北田村の, 郵便馬車が, 鈴木町邊だ, 銀杏の, 錦野へと, 鏡が, 闇に, 陰を, 陳列場に, 陸軍士官學校陸軍中央幼年學校戸山學校陸軍砲工學校氷川臺の, 隅で, 電氣機關車です, 飛ぶは, 飛行機の, 飜譯方で, 馬橇の, 馬車に, 馬車も, 駈足, 高いところ, 高等師範學校府立第, 龜趺を

▼ 臺~ (341, 17.3%)

14 して 10 腰を 9 立つて 6 出て 4 なつて, 身を 3 乘る, 居る私, 至る道程, 載せて

2 [14件] ゐたん, 上して, 上りぬ, 上る, 住む仙臺人, 向ひ, 對し, 於て, 活動し, 登つたといふ, 腰かけて, 至る行程, 載せるまでの, 近い席

1 [254件] あがると, あらは, あらはれたの, ありきこ, ありて, ある, ある第, いくばくの, いたり, いたる, いちに, いつぱい蒲圃, いまして, おびき寄せて, これを, ころがる, した, した江戸, しては, しても, してを, しなければ, しも, しよんぼりと, すりつけるやう, する事, すれば, すゑたといふ事, せり上げたいほどの, そぐは, その綺麗, た, ついた肱, とざしたり, なりさ, なると, のせて, のせ哀歌, ゐすく, ゐたさ, ゐた六七人, プールの, ヘクト, ポツリポツリと, 三つ指を, 三錢五錢の, 上げられるところぢ, 上げるくら, 上つた, 上つて東の, 上ぼせた, 上り一茶店, 上るごと, 上ると, 上る身, 上る野郎, 上れり, 並ばうぢ, 乘せ, 乘つ, 乘つて居る, 乘り, 乘ります, 乘りや宜, 二階の, 人血を, 休んで, 住はる, 住むこと, 住むべく上野驛, 住んで, 作られつ, 使つたマラガアル地方の, 俊寛を, 傷寒を, 全く別, 八方から, 其手綱, 凭せ掛けながら, 凭れたま, 凭掛つたと, 出されるを, 出づべきこゝろもなし, 出ては, 出ても, 出で, 出でたりと, 出ましたが, 出ること, 出るとき, 出る前, 出入し, 出會, 分けたか, 參與する, 取つた新作, 取つて, 向いて, 向つたが, 向つて, 向顱卷, 咲き纏, 唯一人の, 喇叭を, 嘯く, 困つて一寸其邊, 在勤する, 坐して, 坐るたび, 埋めたこと, 始めて, 學生を, 安宅を, 定住し, 家を, 家運を, 寄せかけたの, 小僧が, 居たん, 居た金さん, 居つた梅國, 居る娘, 居る頃, 居を, 山を, 巧みな, 帝國女子大學建築地と, 廊下の, 戻つた, 戻り久し振り, 手入れする, 打つけ, 投げしもの, 押し出せさ, 据つた, 据ゑられたんだからと謂ツて, 据ゑられた少女の, 据ゑられた屍體に, 据ゑられて所謂學術研究の, 掬んだもの, 故障が, 於いて, 於いては, 於ける日本人, 於ける生活, 棒立ちに, 檢屍の, 歸つて片平町小學校に, 歸つて行きました, 歸り, 注ぎて, 活動した, 活躍する, 渡つて菊屋に, 滯在中御, 演ぜられた者, 濺いだら, 濺ぐこともある, 照らされて, 照らして, 現れて, 町, 疵あり, 疵が, 登つ, 登つて見ました, 登りどう, 發展し, 白み, 百匁蝋燭が, 神迷する, 移りつつ, 移轉した, 穴が, 穴を, 突伏し, 窓に, 立たうと, 立ちし時, 立ちて, 立ち給, 立つから, 立つが, 立つと, 立つといふ, 立つに, 立つまで, 立つやう, 立つ女, 立つ能役者, 立つ蝋燭, 立て大作爲, 立ツて, 築かれたる文化的生, 簡單な, 納め島五六郎自身, 繪畫を, 耐へ, 脱ぐ中, 腰掛けて, 至り河上, 至る總里數, 至る行路, 至る距離, 至る里程, 至る陸行一月, 舞扇を, 良人に, 若干の, 落ちたん, 薄べりなどを, 蝋燭を, 行くの, 行く途中, 裸かの, 見た時, 見ながら, 見るだけの, 親子四人を, 觀客全部を, 象つたといふ, 赤い小, 跟い, 身の, 載せた佐太郎, 載せられて, 載せるの, 載つかるの, 載つた洗面盥, 近い一番前, 近い瓜畑, 近き處, 近く立つた, 近づいて, 追ひあげ, 這ひ, 通じて, 連なる, 遊んで, 遷れり, 還つて, 金メツキの, 開かれた英文學會, 降りると, 隣の, 隱し, 集めて, 面した窓際, 面せる, 頃をは, 頸を, 飛び上り人々, 飛んで, 點し

▼ 臺~ (189, 9.6%)

6 見て 4 持つて 3 下りて, 離れて 2 おりて, さながらの, 何とも謂, 倒して, 右に, 擔いで, 歴史にと, 眺めて

1 [157件] あがる時, おしのけ前, おり立ちて, かりて, がた, このうち, こは, して, そつと, その時, つなぎ合せた, とつて, どうし, なしたる處, なすから, ならべて, はじめ芝の, ひろげて, ぶち毀し, まはつ, みるが, みるやう, めぐらし人間, めぐる縁, ゆする物音, よく見, 下ろして, 並べよ, 二つならべ, 二つ置き並べ, 二三尺離れ, 五畿内の, 人數ほど, 作つた, 作つたらもう, 作つて, 作らずして, 作りその, 作り小さい, 作る, 倒した美しい, 備ふべし, 其處に, 出し傍, 出し番手桶, 出す積り, 出立後全く, 削るの, 前に, 占めた二人, 占領する, 卸して, 去りそれから, 取りに, 取るには, 取上げられた怨み, 取圍ん, 取拂, 叩きながら, 向うに, 吟味する, 四五寸埋め, 圍んで, 地上に, 夢みて, 失つ, 寄送した, 左に, 左の, 庇つて帳場の, 座敷へ, 引きし赤, 引寄せ, 引摺り, 打つけ, 拵へて, 拵へる, 持ち出して, 持つたま, 持上げて, 持上げ羽織, 持出させ九月十三夜, 持出したり, 持出して, 指さした, 指ヶ谷かけ, 指示しつ, 振つて, 振仰いだ, 据ゑさせ松の, 据ゑただけのほんの, 据ゑて支度を, 据ゑて髯の, 据ゑる時に, 据ゑ天眼鏡を, 据ゑ女遊びを, 掃いたり, 掘りかへ, 掘り起されそこ, 掠めて, 提供し, 擔いだ, 擔ぎ込んだ, 斜めに, 昔に, 机が, 横に, 横倒しに, 氣味惡げに, 水が, 片づける, 片づけるの, 病室の, 目標として, 直させたり, 知らない私, 立つの, 築き上げ, 築き白皙, 築くと, 繞ツて, 置いた八疊, 置き供物, 肥後の, 自然の, 補理ひ, 製作せね, 見た時, 見つめた, 見ないうち, 見ながら, 見るに, 見物する, 見詰, 覗くこと, 親覩せな, 設けパトロクロス, 設け管絃鼓箏, 認めた一基, 賑は, 賣る暗い, 踏む貫祿ぢ, 踏んで, 車に, 車上に, 載せて, 透かして, 造え, 開展したりき, 降して, 降りて, 降りると, 陷落せしめた, 隔てて, 離れずラヂオ, 靜かに, 顧みて

▼ 臺~ (77, 3.9%)

8 出て 3 出ると 2 來た

1 [64件] お出迎, かけての, かけては, ゴム製の, 一寸立寄られた, 一小, 一瞥, 上つた頃は, 上つて行く, 上らうと, 上り度いと, 上るやう, 上る思ひだね, 代理として, 來て, 來てからも, 來り, 入れた握り飯, 出た, 出ても, 出られなくては, 出られること, 出ること, 出發, 到る途中, 參りまし, 向つた, 夏の, 家々の, 寢そべつて, 幅廣き, 幾度も, 廻れる筈, 御出, 忍び込むには, 急ぎました, 持出せやしません, 樂屋へと, 歸つたら, 歸りたくない, 渡した爼板, 滑り出たの, 白粉を, 立ち大皿, 立つた, 精, 腰を, 芝居見物に, 落ちて, 蚊脛を, 蝋燭を, 行くには, 行つた, 行つたといふ, 行つてお, 行つて先生に, 行つて見ました, 踏み出してを, 轉げ上がる, 逆戻りなどは, 通じた扉, 顎を, 飛出したん, 駈け込んで

▼ 臺~ (75, 3.8%)

2 見えて, 鼻の

1 [71件] あつて, あぶねえ, あります, あるから, あること, あるでせう, あると, あれば, がたつかねえでよう, しつら, ちやうど, めい込ん, ガタピシする, ハネルのと, 一つある, 一つしか, 一つつい, 一つ火鉢が, 一つ目に, 一列にな, 一面に, 下から, 並んで, 二つ置かれ, 二つ銘々の, 人雪崩と, 今日の, 付いて, 來た, 先か, 入ると, 六つ七つ備へ, 出て, 十六百目蝋燭を, 原に, 原驛外, 取付けて, 四つ平次の, 四基二つは, 完全でない, 寺の, 平次を, 建てられて, 廻つて來た, 据わつて, 掛けて, 日よけの, 明神下の, 昨年の, 最も安く, 未開の, 油單を, 淋しく取, 淋しく病院, 玄關前に, 畫室に, 白くほ, 突き出し嚴重, 築かれた, 緩んで, 置かれ一方, 腐つて, 行きて, 表の, 誰の, 豫定の, 遙かに, 障子の, 非常に, 飛ぶところ, 飾つてあつ

▼ 臺~ (72, 3.7%)

6 あつた 3 使ふ 2 見るの

1 [61件] あつて, おなじみの, お客樣へ, きたえた語尾, さへ, すべてを, すること, その疏通, ならどんな, めぐり合, やらされるの, シギの, 一間四方ほどの, 三丁目の, 井戸は, 人に, 例の, 口上を, 合圖を, 同時代, 向ひ, 土佐の, 大の, 天文を, 妹が, 安來節, 富坂町の, 師匠は, 張つてゐる, 待つて, 後見について, 念を, 摺れ違, 暫らく話し, 書いた, 本雨, 汁粉屋へ, 洋服を, 演じられすこし, 演ぜら, 爲直し, 生れた, 生れました, 皆んなを, 着る赤い, 睨みを, 聞いても, 聽い, 自分の, 芝居が, 蛙が, 見つ, 見染めても, 親方に, 訊くと, 話して, 遊ばせて, 遠くから, 頓死これは, 食ふ, 飾つた俗に

▼ 臺~ (64, 3.3%)

2 何處に

1 [62件] あまり見かけられない, ある一面, あれから, さながら嚴肅, さまで, その儘土間, その定住, その間に, それにも, たちまち長崎, なほ異説多し, まだ乾き切, よせないわけ, ガタガタに, ハネ飛ばされ, パンクした, ワキの, 中世紀, 二臺あつ, 亡くなつたお母さんの, 何うにか, 何處かへ, 信濃の, 凉み, 出かけたらう, 別に新しい, 南は, 同じく銅鐵製, 四つ足へ, 地上ざつと三間あまり上は, 坊主にな, 天井を, 妹背山の, 家臺の, 少し堆く, 屋臺の, 平次と共に, 平次を, 思ひの, 恰も巨船, 惡冷く, 愈, 慥で, 日本の, 曲りまことに, 東京に, 汝等を, 江戸川を, 混沌として, 特にい, 界隈第, 直ぐです, 神の, 科學的批評の, 築かれたりと, 誰に, 買つて來てから, 通詞職としても, 道化の, 邪魔に, 鎌倉と, 露西亞の

▼ 臺~ (48, 2.4%)

2 なつた

1 [46件] ある, いつもホック, いひ即ち, いふべけれ, いふ所より, くっついて, しき, しこれ, しや, そのうしろ, なく續, なく置い, なく自動車, なつて, なり十二月, なり性慾機關, なる, 一つに, 云ふ, 人が, 埃を, 多量に, 妹の, 客席を, 屋根と, 手當り, 提灯の, 支柱とを, 松島との, 氣象臺との, 沖に, 派手な, 相接せ, 看做される, 緊しく, 藁打槌と, 衣桁と, 見たつる, 見物とは, 觀棚との, 言ふ, 認めてを, 近く東西相對峙し, 靜岡と, 馬一匹とを, 鼻緒を

▼ 臺から~ (43, 2.2%)

3 落ちて 2 出て, 物干

1 [36件] お内儀, かうで, さらは, つづけて, 上りかけたが, 世界的舞臺へと, 中山を, 先き, 同じ梯子, 始めて出, 客を, 客席樂屋風呂場と, 庭を, 新たに, 早く北海道, 明神樣の, 流しの, 瀧を, 疲れて, 直しに, 眞下に, 續く, 自分で, 落ちたこと, 西すれ, 見たの, 見渡すと, 觀望する, 返事の, 追ひ, 退いて, 降りたん, 降りると, 降りる曲りくねつた阪, 飛降りたつもり, 飛降りると

▼ 臺~ (39, 2.0%)

2 何臺も, 客席も

1 [35件] あれば, その側, つながれて, ない一片, ない停車場, なく隱花植物, ヴアンデの, 何も, 備は, 取卷いた, 四臺も, 富士も, 幾臺も, 引繰り返つ, 待つて, 手焙も, 押せば, 滑るなり, 生活も, 碎け, 空いた車, 綺麗な, 置いて, 製作出來なかっ, 見たい, 誰が, 車が, 載せて, 追ひ, 通らない, 運び出され大勢, 過ぎて, 電車を, 駢んで, 鳴らして

▼ 臺には~ (25, 1.3%)

1 [25件] その噂, まだ明治前, もう灯, トランクを, 一曲ごとに, 二人の, 仙臺の, 十位も, 及ばんと, 外國人も, 子育地藏あり, 後見人が, 新渡戸博士も, 早くから印度人, 櫻の, 燕尾服を, 生きた豚, 畫紙を, 素顏で, 胡瓜もみと, 袴羽織を, 解剖される, 誰と, 誰も, 赤十字社の

▼ 臺なし~ (17, 0.9%)

3 になつ 2 だ, な半天, にされ, にし 1 だつた, だ泥棒, にした, になっちまっ, になつた, 身體が

▼ 臺どころ~ (15, 0.8%)

4 の方

1 [11件] から來, であと, では, と茶の間, のがらくた道具, の手, の手傳, の角, は下女, へ行き, をやつ

▼ 臺~ (12, 0.6%)

1 [12件] こち, つて來て, といふ話, ストツプの, ランプや, 五百臺と, 化粧道具が, 手匣の, 死體を, 百臺は, 箪笥が, 草鞋作りの

▼ 臺より~ (12, 0.6%)

2 飯櫃取おろし 1 うめきて, 上信越界の, 主體, 出づる光, 命令的に, 地に, 大塚臺へ, 少し下, 落されて, 退場するであらう

▼ 臺では~ (11, 0.6%)

1 [11件] こんな時, ないか, なく, 多く自炊, 強く誇張, 役者の, 手踊りだつた, 藝者が, 野村と, 間に, 鼻の

▼ 臺として~ (10, 0.5%)

1 ゐる相川, アイノも, 世に, 何だか分らない, 作つた所の, 其上に, 宗教史を, 居る印度, 御話し申したい, 自然をも

▼ 臺まで~ (7, 0.4%)

2 何程で 1 ですね, 四五十間も, 材料を, 蓋とつちや見られねえ, 駈け付け

▼ 臺地方~ (7, 0.4%)

1 でも珍, には昔, に限らず, の古い, の民謠, の農家, を旅行

▼ 臺~ (6, 0.3%)

1 から, から此, から眞ん中, といふ, とか壺, ね

▼ 臺先生~ (6, 0.3%)

1 が仰, が或, の宿, はこれから, はその, は無論

▼ 臺無し~ (6, 0.3%)

1 だ, だぜ, にされた, にした, にしよう, にする

▼ 臺でも~ (5, 0.3%)

1 あつた, かねは, 二臺でも, 見掛けなかつたさ, 電車を

▼ 臺です~ (4, 0.2%)

21 が不, が池

▼ 臺までの~ (4, 0.2%)

1 三等切符を, 切符を, 耕作が, 舟賃とを

▼ 臺やら~ (4, 0.2%)

1 八疊の, 機械やらを, 種々な, 衣裳箪笥まで

▼ 臺この~ (3, 0.2%)

1 家の, 線の, 若い紳士

▼ 臺だけ~ (3, 0.2%)

1 みて, 内輪は, 淺ましい

▼ 臺といふ~ (3, 0.2%)

1 のも, ものは, 方が

▼ 臺との~ (3, 0.2%)

1 區別の, 接界を, 氣候風俗習慣の

▼ 臺なる~ (3, 0.2%)

1 とうたへる, を見し, 其家に

▼ 臺にて~ (3, 0.2%)

1 むかし羅馬の, 卒倒しつ, 歌はんは

▼ 臺にな~ (3, 0.2%)

1 つてその, つて居ります, つて眼を

▼ 臺にも~ (3, 0.2%)

1 出せないので, 別條は, 船宿の

▼ 臺への~ (3, 0.2%)

2 路なれ 1 旅を

▼ 臺もの~ (3, 0.2%)

2 馬橇が 1 俥が

▼ 臺方言~ (3, 0.2%)

1 で母, を一つ, を憶えた

▼ 臺~ (2, 0.1%)

1 舞臺裏から, 香爐か

▼ 臺からの~ (2, 0.1%)

1 歸途沼田の, 車を

▼ 臺その~ (2, 0.1%)

1 ほかの, ま

▼ 臺だの~ (2, 0.1%)

1 小さなナイト・テエブル, 針箱だ

▼ 臺である~ (2, 0.1%)

1 のか, 小國においては

▼ 臺とか~ (2, 0.1%)

1 それとも三百留, 長崎とか

▼ 臺とを~ (2, 0.1%)

1 出して, 要すと

▼ 臺など~ (2, 0.1%)

1 人間の, 畫に

▼ 臺などは~ (2, 0.1%)

1 其連合の, 直ぐ民衆

▼ 臺なら~ (2, 0.1%)

1 でける, 汁粉屋といふ

▼ 臺にまで~ (2, 0.1%)

1 上りて, 小さい輪飾り

▼ 臺へと~ (2, 0.1%)

1 使命の, 誘ひ込むの

▼ 臺までも~ (2, 0.1%)

1 そこに, 搖が

▼ 臺ラムプ~ (2, 0.1%)

1 の光, を持つ

▼ 臺ランプ~ (2, 0.1%)

1 の下, の光

▼ 臺化粧~ (2, 0.1%)

1 のまま, を洗

▼ 臺無しぢ~ (2, 0.1%)

2 やない

▼ 臺監督~ (2, 0.1%)

1 の云, もなかつたらしく

▼ 臺衣裳~ (2, 0.1%)

1 を片付け, を着た

▼ 臺言葉~ (2, 0.1%)

1 で話される, を一つ二

▼ 臺讀み~ (2, 0.1%)

1 は吉備眞備, 魔法陣讀み

▼ 臺開き~ (2, 0.1%)

1 に東京, も見

▼1* [147件]

あつた筈, 臺傳は, 臺かがその家, 臺かの馬車が, 臺からでも何か, 臺からは機關砲を, 臺がまはつて, 臺きり通れまいと, 臺くらゐは, 臺これは私, 臺これらはみな借金取, 臺ごく仕樣, 臺ごと掘り捨てたつて, 臺て丑之助, 臺じゆくじゆく音を, 臺すべて斯の如く, 臺すらも半ばは, 臺たらば是, 臺たるべき太平洋方面では, 臺だけの荷馬車を, 臺ちかよる絃のねや, 臺や面白く, 臺つい目の, 臺つきの手ランプ, 臺つづいてやつ, 臺でしか見たこと, 臺でしたから, 臺ではじめようかと思つて, 臺とからなる舞臺, 臺とは大和朝廷の, 臺とも云ふべき, 臺どころわきの食事室, 臺どころ仕事をし, 臺どころ掛りを失ふ, 臺なぞがすつかり, 臺などが造られ手古舞, 臺などでは易々と, 臺などに割込んで, 臺などを見めぐるに, 臺なりしが幼く, 臺なれども射る, 臺にかけ上り判官樣の, 臺にけふは, 臺にごろんと寢ころ, 臺についてゐる小さい, 臺にては二度とも, 臺にねばつて, 臺によつてその, 臺ばかりが私の, 臺ふかくに物, 臺ふさがりたり, 臺へは暑い頃, 臺ほど伊津子の, 臺まばゆきばかりに立ちならび, 臺めきて三十三番札所, 臺もうこんぐらかって, 臺もとまつたらしかつ, 臺もやひ一銚子, 臺よりももつと, 臺をも黄金の, 臺クラブの中, 臺ステーションへ, 臺握の, 臺一つまで違ふし, 臺一つ香爐一つ殘したあと, 臺一夜の煙, 臺一臺元氣, 臺丁度その中, 臺三つの千兩箱, 臺三臺と埃, 臺三臺俥夫が揃つて手, 臺より焔, 臺下らない人間だ, 臺下流に鬱蒼, 臺世の常の目出度い, 臺中野臺吉春谷津五木岩名築比地是れ也, 臺九州説を發, 臺二三の女, 臺二十幾つの提灯, 臺二國に於, 臺が三人, 臺人物時代といつた, 臺代表等である第, 臺作りに活人形, 臺使命の上, 臺俥夫が揃つて手, 臺借りぎりで遺骸を, 臺僧官濫賣の金, 臺氣なく, 臺削りが九州, 臺前後して, 臺前方から押寄せる, 臺北の方から此村, 臺十五錢と言, 臺及び東京にて, 臺叡山の傳統, 臺古老の實話, 臺吉春谷津五木岩名築比地是れ也, 臺呼んで下さい, 臺四十歳臺と沖, 臺固まらず由て, 臺堀川ぢやあありませんか, 臺太宰先生も, 臺寫眞や女優, 臺利根を, 臺屋敷の傍, 臺山形地方に北上, 臺岩沼の得平, 臺巣堂洞龕館莊室齋閣樓などがある, 臺工事と只今, 臺工事これが確り, 臺引きに出し, 臺彼等を待ち受け, 臺從數百人設儀仗鳴鼓角來迎, 臺愛嬌がある, 臺放送局から頼まれ, 臺文學である謠曲, 臺新緑の眺望甚, 臺方面に飛ん, 臺時代以前に書いた, 臺會津庄内と東北, 臺桶布巾などありつ, 臺此三臺が一列, 臺江戸に持ち込み, 臺灣阿里山にもすばらしい, 臺町内は申す, 臺盛岡其盛岡に居た, 臺監督者及び小, 臺眞赤なメリンス, 臺石膏の胸像, 臺神田橋外柳原兩國へかけ, 臺稽古をし, 臺空しく送つて, 臺縁臺の月見草, 臺行きの汽車, 臺裝置から人物, 臺製造する原, 臺見たきりである, 臺訪問の啄木, 臺談判破裂して, 臺の音, 臺近くまで進ん, 臺里見氏と北條氏, 臺鈴木町の北條出雲樣, 臺の門, 臺馴れた人に, 臺YWCAにこの