青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「至~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~自由 自由~ ~自覚 自覚~ ~自身 自身~ 自転車~ 臭~ ~臭い 臭い~
至~
~至っ 至っ~ ~至った ~至り 至り~ ~至る 至る~ 至極~ ~致し 致し~

「至~」 2673, 29ppm, 4060位

▼ 至つて~ (698, 26.1%)

15 始めて 1411 ゐる 7 はその 5 は全く, は更に, ゐた 4 は実に, は殆, は猶, ゐたの, ゐない

3 [14件] しまつ, はどう, は何, は其の, は實, は彼, は既に, は未だ, は毫も, は誰, ゐなかつた, 少ない, 居る, 平穩

2 [37件] から後, がらん, はさらに, はそれ, はそんな, はまた, はまるで, はもはや, は之, は今, は仰天, は到底, は即ち, は呉, は夫, は学校, は徒ら, は御, は愈, は或は, は抑, は日本, は昔, は最も, は涙さ, は甚だ, は知る, は私, は餘, もなほ, も猶, ゐるの, 卑しい方, 小さいもの, 少ないの, 漸く結末, 無技巧

1 [500件] あたら天才, あの上何ん, あらゆる機構, ありきたりの, いよいよ動かすべからざる, いよいよ確信, うたて, おとなしい質, お弱い, お睦まじい, お鳥, かねてお, かねて避難, からあちら, からは頻りに, から僕, から四五箇月, から愈, から私, から義雄, このま, この三時代, この唐律, この問題, この回想録, こんな思ひ, しなくては, その, その傾向, その全集, その御, その必ずしも, その文化, その文字, その方便, その方法, その極致, その消息, その真実, その真情, つく, はあきれ, はあの, はいささか, はいづれ, はいまだ, はお人好し, はお話, はこの, はさうで, はさして, はさすが, はしきたり, はじめて, はじめてそれ, はじめて自ら, はじめて震災, はそこ, はそれら, はた, はちよ, はひと頃, はほとんどまったく, はますます, はまず, はまつたく, はみんな, はもう, はもし, はや, はやや, はよし, はわが, はわたくし, はわれら, はゐない, はコナン, はルンペン, は一, は一人, は一段, は一言, は三宅氏, は上古, は世態人情, は中, は丸, は丹經, は乃ち鉄瓶, は予, は二月, は京水, は人, は人心, は今に, は今日, は仮令, は何れ, は何教, は何萬年前, は余, は余り, は余りに, は余輩明治文学, は余輩甚これ, は作らない, は作者, は例へば, は個人, は偶詩, は先づほかでは, は光線, は公平, は其今日, は其名前さ, は其味もと至, は其性質上, は出発, は分, は初, は初め, は初めて, は刻苦勉勵, は前, は前章, は劇的感動, は劇評家, は勿論, は匂ひで, は北陸道, は南岳の, は厘錢, は同一, は同氏, は君, は君主政體, は唐辛, は唖然, は唯, は單, は四十種以上, は国権, は壽, は多く, は多言, は大, は大明遠征, は天来, は夫子自身, は奨励, は如何, は子供一般, は學び得る, は學者僧侶, は宮地讃美, は容易, は寄席商売, は實用, は寧ろ, は小破片さ, は尚, は川, は左傳學者, は己, は幕府末造, は弁巧, は弛む, は彌, は当時善書, は彼等, は後, は必, は必ずや, は必何, は思案, は急, は恰, は意味深長, は意気, は我々老生, は我能, は或, は抱腹絶倒, は拙劣, は支那, は教團, は断じて, は断然, は方言そのもの, は旅客, は日本詩人中彼, は日本読書家, は早くから, は明らか, は是, は時代, は時節柄, は晨星寥々たる, は晴天白日, は暗示, は曩, は書名, は最近それ, は月譜, は有数, は東京, は東京横浜, は欺瞞的, は此際, は殆ど全く, は殆原文, は殊, は殘酷, は永く, は永井先生, は泉先生, は流石, は浅間, は漫, は漸く, は然, は焼い, は物品, は物理生理心理, は特に, は犢鼻褌, は玄宗皇帝, は珍, は甚だしい, は甲乙兩説共, は病, は白石, は白色, は白菜菱角藕子嫩筍等, は皮肉, は直入, は看る, は眞, は真に, は石, は確か, は社会的環境, は私たち, は科学者, は稍, は稚い, は笑止, は粋, は純乎, は紛々擾, は終始, は絞, は經書, は織物, は聊か, は自ら, は自ら保証, は自分, は色彩, は莫逆, は街區, は西洋人並, は見た, は言, は言語同断, は許すべからざる, は詩賦, は誠に, は読者, は論議, は諸家, は路次, は近頃殊に, は通俗文学, は遺憾, は金殿, は錢形平次, は鏡, は門衛, は開祖, は閥族, は阿彌陀, は霄壌, は靈媒女, は面上, は頼もしく, は願, は馬子以上, は駕籠賃, は驚か, は驚かざる, は驚き, は黙し, は鼻持ち, ひどいところ, ますます甚しき, また泣き言, まづい, までも今, みづから道, も, もいつか, もう既に金, もこれ, も一, も上海梨園, も乾陵, も亦, も儒者, も其跡, も想像, も所謂, も所謂民俗記憶, も日本船, も時として, も此三官, も無理, も茶山, も註家, も雍畤, や, ようやく其宗教性, よろしくない, ゐたので, ゐないといふ, ゐないまで, ゐない限り結局ボロ, ゐます, ゐるから, ゐるが, ゐるので, ゐるもの, ゐる証拠, をられる, ドスンと, 不要心, 両軍相引き, 乏しいの, 低い二階, 低い所, 低く又, 低く顔容, 俄然として, 俄然作者, 元代, 元氣, 全く征, 全く気が付かず, 全く烟, 全く體裁, 其の毒, 其の藝術, 再びもく, 出して, 初めて, 初めて一石, 初めて地水火風空, 初めて好い, 初めて學問, 初めて止む, 初めて生, 初めて眞相, 初めて讀めた, 初めて農事, 去り我, 又左傳, 又恐ろしく, 又此問題, 又變化, 又飛蝶, 古いもの, 古來, 古臭いので, 同時に東帝西帝, 唯表面, 喋らぬ生れつき, 堂々たると, 多い, 多力宗, 多少の, 好んで, 始めて処置, 始めて本多子爵, 始めて河内, 尊いこと, 小さい, 小さいしも, 小さい方, 小さなどこ, 小さな帽子, 少い, 少いの, 少い程, 少かつ, 少く割に, 少く勿論, 少く第, 少さ, 少なかつた, 尚朝鮮, 尽く, 居らぬと, 居らぬやう, 居ります, 居りますが, 居るので, 居る我日本, 居る所, 居る政府, 屡, 崩れて, 帰り講説, 平假名, 平氣, 平穩借金とり, 幾らか西洋, 弱く頭痛, 当然之, 御愛嬌, 微々たるもの, 快く通し, 忽ち又, 忽ち晴れた, 悪くそれでも, 愈, 愈著く, 或は議題, 振り返つて, 早い方, 早く既に, 早し始, 明かならん, 晴れた, 更にまた, 最も優れた, 最も粗略, 有りふれた皮肉, 未だ尽きなかつた, 極まつた, 次第に余, 止んだ, 死ぬこと, 浅いといふ, 淋しく八五郎, 淋しく店中, 深く悔いた, 漸く, 漸く一種, 漸く之, 漸く火事, 漸く王朝, 漸く読書, 無自覺, 猶熄, 猶紅灯緑酒, 甚だ当然でなく, 生じた道教, 疎い方, 益々その, 益々此, 短く淡々たる, 短氣強暴, 碎けた人柄, 窮まるもの, 立つて, 第二, 粗雜, 細くこんな, 絶えて, 緩く俗, 美しいので, 聊か, 聊かその, 至らざること, 至ること, 著しい適例, 蓋し三たび用, 薄く自己, 薄く首, 行けども, 見るが, 見ると, 見るに, 見れば, 許された, 貴い白馬, 足れりと, 迸り出るの, 遂に凝る, 遂に宏大, 遂に漢室, 遂に震駭, 還すこと, 長い古風, 開けぬ所, 面はゆいどころか, 頗る顕著, 顕れたので, 顧みず瀉, 驚く

▼ 至つた~ (152, 5.7%)

10 ことは 6 ことを, ものと 5 もので 4 ものである 3 と云, のであつ

2 [14件] か, かは多く, からである, がこれ, こと, ことも, といふ, といふこと, といふの, ところの, とする, とすれ, と假定, ならば

1 [87件] かといふ, かといふこと, かといふ歴史, かとも疑はれる, かと申す, かと考へる, かの理由, かの筋みち, かは大, かまた, からあれ, からには双手, からのこと, から少しく, かを察知, かを考へ, かを訊ねた, かを詳しく, がしかし, がやや, が之, が凡そ神異, が小野川, が思へ, が新た, が此等, が民国二年, が猶より, が近代劇, が閻圃, けれども, ことそれが, ことである, ことに, こと勿論, その帝國主義, その道程, といふ事情, といふ心理状態, といふ理由, とか或は, ところは, となれ, とは云, とも考へられる, と心得, と見える, と見る, と言, などといふの, なら日本, には相, に就い, に過ぎない, のぢ, ので, のでその, のでそれで, のでわたくし, ので今, ので切支丹, ので漢, のみならず, は全く, ばかりか所謂我々, ほどである, までの, もの, ものが, ものに, ものの名, やうに, らしい, らしいから, らしいの, んだ, 主體, 新佛教, 更に大きな, 最も有力, 満洲大豆, 程の或, 程まで朝野, 程彼, 読むさ, 迄の径路, 迄の徑路

▼ 至つたの~ (129, 4.8%)

48 である 5 であらう, です 3 だ, ださうである, であるが, では 2 だが, であります, であるから, は多分, は恐く, は爭

1 [47件] かと私, かも知れない, が多い, だから, ださうだが, だらうか, だ僕, であるとの, である序, はいづれ, はさき, はそれ, はともかく, はなんと, はアリストテレス, はフィヒテ, はマホメット教徒, は一, は一六一四年, は偶以, は元, は全く, は勢已, は同じく, は唐代, は固, は大化改新, は大師, は天正, は当時, は当然, は後, は明以後, は正弘, は此, は瀕死, は災害防止上遺憾, は素人, は致し方, は蘭軒, は賀すべきです, は近時西洋, も即ち, も奇, も怪しむ, も此等公羊學派, を見

▼ 至ては~ (106, 4.0%)

7 是れ

2 [19件] 世間何人も, 侯は, 公私の, 其の人品, 十中八九までは, 古今亦, 唯だ, 實に, 強て, 彼れ, 恐くは, 政府の, 政治問題として, 曾て, 未だ遽, 殆ど純然, 然ら, 燃ゆるが如き, 遠く彼

1 [61件] かかる無名間接, その御, ほとんど人為, 一般の, 上士の, 上等の, 中央当局者仮令, 乃ち漠然として, 人これに, 健に, 元來優劣, 先づ広漠無量の, 其の改進党, 其の改進黨, 凡て自由に, 動も, 即ち一, 各国の, 君が, 國内の, 在野党代議士, 在野黨代議士の, 士族は, 天台を, 如何でございます, 如何なる事, 如何にも氣, 学堂実に, 學堂實に, 官馬は, 左樣な, 微粒子の, 悉くそうです, 情ない話, 意識上明かに, 或は水火, 手業の, 折角呉れよう, 日本政府無し, 昨日の, 是よりも, 最早極度, 未だ昔日, 本來無報酬, 本来無, 毫末も, 決してそれどころ, 決して爾, 皆同一に, 真闇, 知らざる如く, 祖父を, 稀に, 絶大の, 豈に, 逃去て, 進化抔いふ, 醫術醫藥の, 非常に, 麥作も, MS君の

▼ 至~ (82, 3.1%)

3 始めて 2 其の任免, 多し, 彼等は, 終に公然提携, 終に表, 華族の

1 [67件] いまだ一こと, かえりみて, これを, その政府, なお存, ひろく水心, まよふ, 上古には, 不毛の, 之を, 仲の, 休す, 兩爲メと, 公卿風を, 其意志を, 冷なり, 利口だ, 勤王家も, 又藤原谷, 口軽な, 地図の, 多く幽, 大老井伊掃部頭は, 実際の, 客の, 小なる, 少い, 少ないから, 尠し, 尽るなり, 山尽く, 平板単調である, 彼れ, 懷疑論は, 我党の, 我藩知に, 撫院を, 明晰に, 未だ郡吏, 果して斃, 楽である, 正しいので, 浅し, 海浜に, 淡泊な, 濶く, 無造作な, 狡猾く, 猶存, 痛しきは, 私が, 私の, 稀で, 窮まり英雄衆, 立派なる, 簡短である, 考へて, 若宮八幡の, 莫逆に, 落ち去るが, 親しみ呼ぶには, 谷中村の, 貝原益軒は, 近が, 近くなりまし, 雅語漸く, 静かな

▼ 至れる~ (81, 3.0%)

4 を見 2 ことを, は何ぞ, や, を知らざるなり, 也, 所以なり

1 [65件] か, が如き, が故に, が此時代さ, が為, こと蓋し, その勝躅遺蹤, なり, にて経史, に彼, のみ來歳, の状, は, は余, は勢, は卿, は妾ら, は果たして, は適, は頗る, は館, は驚くべき, は驚くべし, もた, ものあり, ものいわゆる, ものか, ものである, ものと, ものなれ, ものを, もの蓋し, もまた, も有れ, われらを, をいふ, をまるで, をや, を指せり, を看破, を知ら, を知らざる, を見たる, 中に, 事あり, 人の, 其所以亦偏に, 地點を, 帝国現下の, 当時の, 径路, 後龍吐水を, 心的過程を, 愁嘆は, 所以ならずん, 時こ, 最初の, 由來を以て, 等彼らが, 精神が, 者は, 處なれ, 訓誡の, 鎌倉幕府の, 顛末を

▼ 至~ (44, 1.6%)

7 である 6 の事 4 であらう 2 な事

1 [25件] かもしれない, だと, でありましよう, であると, である場合, で有り, とす, とすべし, と云, と認めたる, なばかり, なること, なるを, な位, な方法, な欲望, にする, に候, のこと, のやう, の役, の思慮考量, の理, の言, らしい

▼ 至~ (25, 0.9%)

5 境に 4 中北の 2 外と

1 [14件] ように, 中で, 中の, 天癸から, 席と, 心が, 方から, 焦慮を, 版図と, 眸に, 眼の, 瞳をと, 者でない, 諸君などが

▼ 至~ (24, 0.9%)

3 という 2 として人々, の季節

1 [17件] が生ずる, であると, であろう, というの, というわけ, といわれ, とされ, とし, として特筆, となる, とは言えません, の変, の節, の膳, はある, を想う, 存す

▼ 至~ (22, 0.8%)

5 御座候 2

1 [15件] お湯を, さうし, 不堪就ては, 候えども, 分類する, 堪えず候敬具, 堪えない, 堪えませんさりながら, 堪えんくらいの, 堪えんでは, 堪へんでは, 存候, 心懸, 有之, 關する

▼ 至~ (20, 0.7%)

2 二十年の, 庚子の

1 [16件] の人, の末年, 丙戌の, 二十年, 十一年, 十一年執政脱, 十七年の, 十六年, 十年, 十年に, 十年より, 四年年十七に, 實録, 年間の, 猴児の, 至公至明の

▼ 至~ (20, 0.7%)

2 を招き

1 [18件] にし, のインスピレイション, の入, の宿れる, の美, の降る, は如何なる, は彼等朴直, は時代, は極致, は直ちに, は自ら, は自由, も亦, を享, を嚮, を歴史, を駐

▼ 至つて粗末~ (19, 0.7%)

3 なもの 2 ですが, な六疊

1 [12件] です, で取亂, で押入, で黒, な布團, な方, な木綿物, な樣子, な簡單, な調度, な身なり乍ら, な部屋

▼ 至~ (18, 0.7%)

2 七年, 十三年の

1 [14件] 丁丑の, 七年以後も, 三年, 三年汝寧より, 中人熊氏妄混体裁恣換書名遂使後学不, 二十一年, 二十年に, 二年を以て, 十五, 十五年, 十六年, 十四年, 年間の, 辨僞録

▼ 至~ (17, 0.6%)

2 の間

1 [15件] と称す, なり何ぞ, なるを以て, に對, の同姓婚, の存する, の容隱, の老, の者, の間柄, は證人, も今日, を失つた春登, 及最契之, 問う勿

▼ 至~ (16, 0.6%)

4 のもの 3 至大の 1 であると, のライフ, の事, の位保, の大, の罪悪也, の責任, 至大なる, 至尊の

▼ 至~ (15, 0.6%)

1 [15件] この, この登攀, 五泉家にと, 冷やかな, 四阿を, 大分長い, 宮廷の, 彼女のに, 思ひ構, 水仙花云云の, 神に, 自分の, 良い男, 薪炭を, 豈惜む可

▼ 至~ (14, 0.5%)

1 [14件] たれ, と誇る, なるも, なるペーリュウス, なる數, なる若き, のほ, のもの, のヘクトール我, の徒, の敵, の譽得, の身, ほとんど天地

▼ 至つて簡單~ (13, 0.5%)

1 [13件] であります, でした, です, ですが, で人間, で明るく, な仕掛, な手紙, な正直, な生活, にきりあげ, に分りました, に埒

▼ 至~ (12, 0.4%)

2 の境 1 である, ならん, の先駆者, の天国, の季節, はいかばかり, はこの, は成る, を享, を守つて

▼ 至~ (12, 0.4%)

2 の権威 1 すなわち絶対美, ならん, なる恋愛, なる者, に達した, のこころ, の愛, の水, の詩形, を悟らずし

▼ 至~ (11, 0.4%)

1 [11件] まで日, 亦宜, 恐アル時, 皆開テ傍ニ, 迄, 迄一日, 迄古代, 迄國政ヲ把リテ志, 迄息, 迄意外, 迄認候処

▼ 至~ (9, 0.3%)

4 たかと 1 たといへよう, てい, てます, てみる, てよく

▼ 至つて始~ (9, 0.3%)

1 て, てこれ, て出でた, て医, て去つた, て命, て問, て相, て関藤

▼ 至~ (9, 0.3%)

1 た, て, ては文三腹, ては最も, てひょうきん, てガラリ, てフト今, て厳格, て沍

▼ 至急報~ (9, 0.3%)

2 の電話 1 が来た, ですよ, でやった, で五円三十銭, で打つ, にし, を片手

▼ 至~ (9, 0.3%)

2 なる謙譲 1 なその, なる味, なる恋愛賛美, なる憧憬, なる芸術, な感激, の藝術

▼ 至つて質素~ (8, 0.3%)

2 なもの 1 で若い, な六疊, な家屋, な調度, な身振り, にひどい

▼ 至~ (8, 0.3%)

2 である, ならずと 1 といつ, とする, なるまどろみ, な生活

▼ 至~ (8, 0.3%)

1 のわが, のわれ, の一端, の受胎, の子供, の間, を以て自ら, を知り

▼ 至~ (7, 0.3%)

1 云うので, 云う所, 呼ばれる青年, 存候, 申すもの, 貧乏な, 麻子とは

▼ 至~ (7, 0.3%)

1 一念其境, 夢易驚, 曉於可然, 欲練甲治兵申父兄之, 猶不能忘, 猶想荒川雨, 迢逓去

▼ 至~ (7, 0.3%)

2 所から 1 の要素, 所, 所に, 所には, 至高の

▼ 至~ (7, 0.3%)

1 と云う, と妄愛, に叶, の死去, は河野, は言語筆舌, をぼんやり

▼ 至つて平凡~ (6, 0.2%)

1 ですが, な, なこと, な唯, な少々, な正直

▼ 至~ (6, 0.2%)

1 という名, とに登っ, とススケ峰, の頂上, はそれ, を踰

▼ 至剛の者~ (6, 0.2%)

2 を侮りし 1 と誇ら, は誰, を君, を省かん

▼ 至~ (5, 0.2%)

1 垂水に, 少しも, 肉づいた, 蚊遣り, 言つた

▼ 至つて作者~ (5, 0.2%)

4 は再び 1 の手腕

▼ 至つて彼~ (5, 0.2%)

1 が最も, の自己分析, は堕落, は果然, や人

▼ 至つて自然~ (5, 0.2%)

1 であらう, で何, と何處, な選び方, に廢

▼ 至~ (5, 0.2%)

1 亦腐朽シ, 大ナルモノアリ, 尚存スト凡詩詠ニ言フ所, 尚未, 新理

▼ 至~ (5, 0.2%)

1 にはならなかつた, よをやく, 再ビ花サク本邦ニ来ルモノ一年両度花サク唐山, 唯, 漸ク以テ日耳曼地方ニ至リシハ

▼ 至~ (5, 0.2%)

1 か能, となす, の境地, は畢竟, を得る

▼ 至~ (5, 0.2%)

1 の世, の世界, の余光, の極, を以て至亂

▼ 至~ (4, 0.1%)

1 からどうか, と思う, と思ふ, ね

▼ 至つた事~ (4, 0.1%)

1 は何, を喜ん, を指し, を遺憾

▼ 至つた由來~ (4, 0.1%)

1 の物語, は漢書藝文志, を一寸, を知る

▼ 至つてわたくし~ (4, 0.1%)

1 の以, の筆, は再び, は既に

▼ 至つて大成~ (4, 0.1%)

2 した 1 ししかも, して

▼ 至つて霽~ (4, 0.1%)

21 れた, れたり

▼ 至ても~ (4, 0.1%)

2 切に論ずれ 1 僕は, 全く同

▼ 至まで~ (4, 0.1%)

1 一矚の, 先刻見た, 凡そ愛情, 朱く

▼ 至~ (4, 0.1%)

1 である, と謂うべし, の誠心, は必ずや

▼ 至~ (4, 0.1%)

1 の国土, の地位, の天地, 最楽

▼ 至~ (4, 0.1%)

1 がもつ, でもある, として誇示, と尊重

▼ 至~ (4, 0.1%)

1 とは彼, な札, にし, の遊楽天下

▼ 至~ (4, 0.1%)

1 なり, の極点, の間に, 至妙の

▼ 至~ (4, 0.1%)

1 あるを, に対する妙念, の跳ね, を仆

▼ 至~ (4, 0.1%)

2 奴國雖皆倭種而不屬女王 1 奴國, 奴國雖皆倭種而不屬女王自

▼ 至~ (4, 0.1%)

1 の巻, を気, を認め, を談

▼ 至~ (4, 0.1%)

1 たる事, の存する, を感ぜし, 至誠なる

▼ 至~ (4, 0.1%)

1 とすべて, なもの, のもの, の詩篇

▼ 至~ (4, 0.1%)

1 でもどう, で暮し, による矢, は要するに

▼ 至~ (4, 0.1%)

1 たること, に就き, も隨分種類, 到乾

▼ 至~ (3, 0.1%)

1 て繁殖, 廻向, 発願し

▼ 至~ (3, 0.1%)

1 ところだんだん, ところふしだらの, もの甚だ

▼ 至つた動機~ (3, 0.1%)

1 と云, の一つ, はその

▼ 至つた後~ (3, 0.1%)

1 である, の子, も彼等

▼ 至つた時~ (3, 0.1%)

1 には僕, に此任命, 未だ彼

▼ 至つて人~ (3, 0.1%)

1 や, を頼み得た, 愈

▼ 至つて地味~ (3, 0.1%)

1 である, でその, で贅澤

▼ 至つて尠~ (3, 0.1%)

1 いといふ, からず, なかつた

▼ 至つて幕府~ (3, 0.1%)

1 が躋寿館, に仕, の太平

▼ 至つて気~ (3, 0.1%)

1 のおけない, のやさしい, の小さな

▼ 至つて無口~ (3, 0.1%)

1 で, でした, な上

▼ 至つて稀~ (3, 0.1%)

1 であるが, です, で言

▼ 至つて穩~ (3, 0.1%)

1 かでなん, かで五十前後, やか

▼ 至つて纔~ (3, 0.1%)

1 に来航, に至り, に裁可

▼ 至つて靜~ (3, 0.1%)

1 かです, かなところ, な氣持

▼ 至~ (3, 0.1%)

1 ては何分, ては時勢, はば進上可致候

▼ 至~ (3, 0.1%)

3 存候

▼ 至~ (3, 0.1%)

2 の関係 1 に行なわれ

▼ 至~ (3, 0.1%)

1 に哀れさ, の人, の人となり

▼ 至~ (3, 0.1%)

1 なり, の徳化, の道

▼ 至~ (3, 0.1%)

1 な糸, に赴く, のこと

▼ 至つた原因~ (2, 0.1%)

1 がやはり, は何

▼ 至つた次第~ (2, 0.1%)

1 であります, 今更如何

▼ 至つた譯~ (2, 0.1%)

1 で殊に, は世間

▼ 至つてそれ~ (2, 0.1%)

1 を崩し, を認めた

▼ 至つて一つ~ (2, 0.1%)

1 の曲折, は詩人

▼ 至つて之~ (2, 0.1%)

1 を斷, を知

▼ 至つて京水~ (2, 0.1%)

1 の七男, は料らず

▼ 至つて人格~ (2, 0.1%)

1 が完成, も亦

▼ 至つて口~ (2, 0.1%)

2 少なな

▼ 至つて口数~ (2, 0.1%)

1 が尠, の寡

▼ 至つて帝~ (2, 0.1%)

1 は雍, 耕し給

▼ 至つて常識的~ (2, 0.1%)

1 なこと, な絵

▼ 至つて平坦~ (2, 0.1%)

1 でした, な態度

▼ 至つて復~ (2, 0.1%)

1 た故, 張るといふ

▼ 至つて忘~ (2, 0.1%)

1 るること能はず, るる能はず

▼ 至つて手輕~ (2, 0.1%)

1 に考へました, に開けられます

▼ 至つて流行~ (2, 0.1%)

1 の人, を極めた

▼ 至つて無人~ (2, 0.1%)

1 で召使ひと稱, のやう

▼ 至つて目録~ (2, 0.1%)

1 の學, は又

▼ 至つて目録學~ (2, 0.1%)

1 に始め, はますます

▼ 至つて私~ (2, 0.1%)

1 は自分, も新興ギャング

▼ 至つて簡単~ (2, 0.1%)

1 である, に片づけ

▼ 至つて自ら~ (2, 0.1%)

1 合して, 嘲る者

▼ 至つて足音~ (2, 0.1%)

2 に驚い

▼ 至つて軟らか~ (2, 0.1%)

1 で脆い, な球體

▼ 至つて近代的色彩~ (2, 0.1%)

2 を与へられた

▼ 至つて非常~ (2, 0.1%)

1 に發展, の損失

▼ 至である~ (2, 0.1%)

1 がともかく一応, が葛西善蔵

▼ 至~ (2, 0.1%)

1 伴つて垂水の, 波だたせたの

▼ 至~ (2, 0.1%)

1 てひろ, て小

▼ 至テハ~ (2, 0.1%)

1 直チニ肩, 真ニ辟易

▼ 至~ (2, 0.1%)

2 彌國百里

▼ 至~ (2, 0.1%)

1 の皇沢, をもっ

▼ 至仏岳~ (2, 0.1%)

1 とを有する, を主峰

▼ 至倭循海岸水行歴韓國乍南乍東~ (2, 0.1%)

1 到其北岸狗邪韓國, 到其北岸狗邪韓國七千餘里

▼ 至公至誠~ (2, 0.1%)

2 を以て時局

▼ 至~ (2, 0.1%)

2 大痊

▼ 至~ (2, 0.1%)

1 の王, の艦隊

▼ 至~ (2, 0.1%)

1 にも疏通, の鐘

▼ 至~ (2, 0.1%)

2 は射る

▼ 至對馬國其大官曰卑狗~ (2, 0.1%)

2 副曰卑奴母離

▼ 至幸至福~ (2, 0.1%)

1 の境, の境涯

▼ 至~ (2, 0.1%)

1 なり, 都東至暘谷西至三危

▼ 至~ (2, 0.1%)

1 と貧乏, 故詳

▼ 至投馬國水行二十日官曰彌~ (2, 0.1%)

2 彌副

▼ 至日所~ (2, 0.1%)

1 入爲大, 入爲太

▼ 至末盧國有四千餘戸濱山海~ (2, 0.1%)

2 居草木茂盛

▼ 至短期間~ (2, 0.1%)

1 でバタバタ, に解決

▼ 至~ (2, 0.1%)

1 の感情, 之秤

▼ 至老死~ (2, 0.1%)

2 不相往来

▼ 至聖所~ (2, 0.1%)

1 あり至聖所, には祭司

▼ 至~ (2, 0.1%)

1 江戸, 江戸訪余僑居携一盆卉視之

▼ 至~ (2, 0.1%)

1 のむす, を以て自分

▼ 至親容隱~ (2, 0.1%)

1 の條文, の法

▼ 至~ (2, 0.1%)

1 のもの, の蝮

▼ 至重なる~ (2, 0.1%)

1 上流士人の, 問題である

▼ 至~ (2, 0.1%)

1 が城, とおおせられ

▼ 至~ (2, 0.1%)

1 にあらず, の人

▼ 至順年間~ (2, 0.1%)

1 にわたし, の事

▼ 至~ (2, 0.1%)

1 なりとす, のそこ

▼ 至高き~ (2, 0.1%)

1 球, 球の

▼1* [703件]

さよどのまで, 至かと被考候, 至ざりしは何たる, 至せざる時節いまだ, 至のである, 至だせしは男神, 至つたさまをも記し, 至つたようである, 至つたらうと想像, 至つたわれわれの, 至つたルネ・バンジャマンは徹頭徹尾, 至つた一つの原因, 至つた一大事件の出来した, 至つた主要なる原因, 至つた事情は要するに, 至つた今日日本の密教, 至つた仏蘭西戯曲の本質的価値, 至つた以後のこと, 至つた位でございますから, 至つた何百年かの過程, 至つた來歴を簡單, 至つた元である, 至つた十一月四日より溯る, 至つた友作氏の行動, 至つた基礎は十分其間, 至つた場合を言, 至つた墓碣はその, 至つた始めは金剛智三藏, 至つた始末で富子, 至つた己が長, 至つた幸福人であつ, 至つた幼時の特殊, 至つた後邦人の思想, 至つた必然性を實感, 至つた所以を力強く, 至つた折から焦眉, 至つた抽象的過程を空想, 至つた時わたくしは的矢, 至つた時代からは皇室, 至つた時何か心, 至つた時佛教者の標的, 至つた時分オヤ自分は今, 至つた時泉下の人, 至つた時父は道夫, 至つた木下の心持, 至つた根柢には一種国民, 至つた気持は其処, 至つた沿革を考へ, 至つた清川即当蒔, 至つた瀕死の大病, 至つた点にある, 至つた爲め各説相衝突, 至つた現象でありその, 至つた理由は其唇, 至つた用意の深, 至つた相州さまをなぜ, 至つた筋道を考, 至つた答の十位, 至つた経路をさまざま, 至つた者は終に, 至つた自分の此, 至つた過程を見逃す, 至つた點にある, 至つてお人好しの農夫, 至つてお前には始め, 至つてお玉が池, 至つてここに卒然天地, 至つてこと新しく勝利, 至つてさへ妓館屋牆, 至つてすべての學問, 至つてそこにはじめて, 至つてそれらの著述, 至つてていねいに世話, 至つてなほその傾向, 至つてなほ幾多の問題, 至つてなほ販売せりといふ, 至つてのんきな心がま, 至つてふさはしい, 至つてまばらなもの, 至つてみこともつた事, 至つてみせしめに不思議, 至つてやうやくアカデミイ, 至つてらくであつ, 至つてわけの解らない, 至つてアイヌと不和, 至つてケチくさい不出來, 至つてシローテも亦, 至つてツキアヒの良い, 至つてナイーヴな仏蘭西語, 至つてノルウェイは初めて, 至つてハデに好き, 至つてフアアスは立派, 至つて一国の使臣, 至つて一般的なもの, 至つて一行は汽車, 至つて一變した, 至つて一長歎して, 至つて万事休すである, 至つて丈夫でしたが, 至つて三月二十二日を得る, 至つて上代風といふわが国独得, 至つて上調子なあやふや, 至つて下品で平次, 至つて下腹にあけた, 至つて下賤の生れ, 至つて不作法で亭主, 至つて不完全で町人, 至つて不思議な評判, 至つて不景気な豆畠, 至つて世変に遭つて其所在, 至つて世子は江戸, 至つて両脚全く廃, 至つて丹波国矢田郡に分れ住んだ, 至つて丹波宿禰の姓, 至つて乃ち突如と, 至つて乱が起つ, 至つて了見の小さい, 至つて予は忘却, 至つて五郎兵衞と改めた, 至つて人名とも見えない, 至つて人名索引を附せられむこ, 至つて人生の大, 至つて人眞に敬愛, 至つて人通りの少い, 至つて今日も名高い, 至つて仏教思想の影響, 至つて仕舞ふので, 至つて何の感慨, 至つて俄かに出, 至つて倶に母, 至つて偃して, 至つて健啖家で何, 至つて備はつた, 至つて僅かなもの, 至つて僕は彼, 至つて優越者の中, 至つて先生と改め呼んだ, 至つて全員残らずころんでしまつた, 至つて八十三歳の寿, 至つて六つの輝く, 至つて其二が至らなかつた, 至つて其代りに絹, 至つて其極点に達し, 至つて其自然と己, 至つて其訂正を求める, 至つて内氣ですから, 至つて再興し寛永年間, 至つて冷淡なもの, 至つて分れる, 至つて分り易い題目, 至つて刊行せられた, 至つて別を告げた, 至つて刻成せられた, 至つて前の三人, 至つて功を竣, 至つて勢ひ堕落, 至つて医者も全く, 至つて卒に食, 至つて南北十里東西三四里山が川, 至つて南部氏と本城夫人, 至つて印象的ですが, 至つて却つて著しく増加, 至つて原始的な手段, 至つて又新に生, 至つて可なり鮮やか, 至つて名古屋の特徴, 至つて向う見ずで殿樣, 至つて吾人は眼, 至つて周囲の人達, 至つて和田四郎左衙門尉義直さまが討死, 至つて善を盡, 至つて善人は必ず, 至つて四庫全書總目提要となつ, 至つて四男三木八が生れた, 至つて図案化態度に換, 至つて土を除く, 至つて地球の表面, 至つて地震の恐ろし, 至つて型破りの角材, 至つて墓場の鴉, 至つて変化はし, 至つて外交の問題, 至つて外国詩の様式, 至つて大に弛み, 至つて大まかな女, 至つて大目附指物帳鉄砲改に転じた, 至つて大膳大夫広元さまはころげる, 至つて天下の主, 至つて太過なる, 至つて太陽の熱, 至つて如何に且つ, 至つて妙雅にし, 至つて威衰へ家, 至つて孔子様も吾が, 至つて宇津と称した, 至つて安定すと, 至つて完成せる遺品, 至つて完結する長篇, 至つて容易に台, 至つて寿詞を奏する, 至つて将軍家慶の時代, 至つて将門が国香, 至つて小倅の霊前, 至つて小児らしき感情問題, 至つて小山内薫は土方与志, 至つて小心で清簾, 至つて小柄小造, 至つて小胆で大いに, 至つて少女であるため, 至つて尚之を沿用, 至つて山陽の, 至つて岩原郷立山に地, 至つて工妙の極, 至つて巧利的な懸念, 至つて已むが好い, 至つて平城帝が退, 至つて平民社は遂に, 至つて平民精神が又, 至つて平靜な足取り, 至つて年齡から受ける, 至つて幼稚なもの, 至つて幾度も點頭, 至つて弱氣な子, 至つて当り前である, 至つて徙つた, 至つて復一転折して, 至つて復意の如くなる, 至つて微力その効, 至つて微少でありまた, 至つて徳川氏の譜第大名, 至つて忠実でありながら, 至つて忠實で障子, 至つて怠慢なこと, 至つて悲劇が起る, 至つて意外にも言語的障碍, 至つて愚鈍にし, 至つて感覺によつて, 至つて成墾いたし, 至つて成績がよろしい, 至つて我々がさては, 至つて戦局まつたく停頓, 至つて戦死して, 至つて手がかりとなる, 至つて手狹ですし, 至つて拂出して, 至つて持久力に熱, 至つて撫然とした, 至つて支那人は世界, 至つて敏活なの, 至つて敵を見ず, 至つて數が少く, 至つて文明波及の大勢, 至つて新井白石の東雅, 至つて方に纔, 至つて日暮にお玉, 至つて日本人は乏しい, 至つて旧に復せられた, 至つて春三郎は又, 至つて時に相, 至つて時節到来して, 至つて暇を乞, 至つて暢氣に出, 至つて有名の雄, 至つて朝鮮から大, 至つて朧気である, 至つて未熟もの此後, 至つて杉本は行状, 至つて李時珍の本草綱目, 至つて東京府とか他, 至つて東京朝日新聞週刊平民新聞の二紙, 至つて東北方の神, 至つて松倉藩の目付, 至つて松本の西南栗林村, 至つて松田兵右衛門といふ物頭, 至つて枯死する, 至つて柔和で驚いたかも, 至つて柔弱者で正面, 至つて校正を大, 至つて桃山文化といふ絢爛, 至つて梁の陶弘景, 至つて森田思軒の, 至つて機げんよく富岡, 至つて正史の藝文志, 至つて正式に來航, 至つて正直なる由, 至つて此地に小さい, 至つて此奴隷經濟がなく, 至つて此婦人の事, 至つて此庚午の観察, 至つて此等の人物, 至つて此者は甚だ, 至つて武力で国, 至つて武帝の病ん, 至つて武骨もので何卒, 至つて歴史が獨立, 至つて歴史哲學の萌芽, 至つて殆ど写実の極致, 至つて殆ど語の活用, 至つて殘忍で土, 至つて殺風景に建てられ, 至つて比較見当のぐらつく, 至つて民政主義は盛, 至つて氣のやさしい, 至つて氣樂に八五郎, 至つて氣附かれた, 至つて水の性, 至つて河東節を出したる, 至つて波響が松前若狭守章広, 至つて洪水の眞最中, 至つて浄瑠璃好きで余興, 至つて渠を放逐, 至つて滝の水, 至つて滿足を感ず, 至つて滿開し三月, 至つて瀧のと, 至つて無口きりやう好みの主人五郎次郎, 至つて無器用に束ね, 至つて無害な老爺, 至つて無念に堪へられない, 至つて無精な私, 至つて無精者でね, 至つて無邪気な象, 至つて爆発せずには, 至つて物静かな蕭条, 至つて狡猾な量, 至つて猛烈なる類, 至つて玄宗は重, 至つて玄道と称した, 至つて玉石の器, 至つて現存の書, 至つて甚悪筆なり, 至つて用のない, 至つて用心の良い, 至つて用意の足りない, 至つて画壇における位置, 至つて略落着した, 至つて疎らですが, 至つて疲労から悪手, 至つて病愈え, 至つて痛悔して, 至つて発見したの, 至つて百数十年其の人, 至つて百箇日が始, 至つて益甚しくなりぬ, 至つて盛んになつ, 至つて盡きて, 至つて直な人, 至つて眞の平和, 至つて眞面目で少し, 至つて真面目に答, 至つて知識殊に數學, 至つて短気にて些細, 至つて礼節正しいの, 至つて禄十二石を給せられ, 至つて私的であつ, 至つて稍答解の端緒, 至つて稍詳叙する積, 至つて種子は神辺, 至つて穏かでさらさら, 至つて穴にも入りたく, 至つて究屈にし, 至つて空晴る, 至つて空間がそれ, 至つて窪田寛さんの所蔵, 至つて立派な果實, 至つて簡明です, 至つて簡素な佛壇, 至つて粗忽しい方, 至つて純然たる山水画, 至つて純粋な恋愛詩, 至つて細工が粗末, 至つて緩慢な男, 至つて縣會が谷中村, 至つて繁昌を極めた, 至つて繊細微妙な恋愛劇作者マリヴォオ, 至つて美術があたかも, 至つて耶蘇教文學と成つて, 至つて肥立ちよく乳, 至つて臆病な彼, 至つて自ら皇帝とも稱, 至つて自ら肉動くの感, 至つて自分は全く, 至つて自由で見様, 至つて至つて小児らしき感情問題, 至つて舊式だからなあ, 至つて色々な美学的解説, 至つて茶山は果して, 至つて華奢町人のやう, 至つて薄祐の王, 至つて藝文志も斷代史的, 至つて蘭軒は阿部家, 至つて衆語を綜, 至つて衆説を, 至つて表情に乏しい, 至つて衰へ竭, 至つて規矩を離れざる, 至つて親切で水, 至つて親孝行で毎日朝, 至つて観客の心, 至つて記憶が惡, 至つて詩八首がある, 至つて誠実でありしかも, 至つて誤謬に富める, 至つて論辯したの, 至つて諸侯の戦争, 至つて護法神は人味, 至つて谷中村を買收, 至つて貧弱になつ, 至つて質問するやう, 至つて路は成就, 至つて蹄鉄状の大, 至つて身分のかるい, 至つて身持の良い, 至つて身輕に押入, 至つて軽口の捌けた, 至つて輕かつた, 至つて轎を下る, 至つて近代は終り, 至つて近頃のもの, 至つて道楽者だつた亭主, 至つて達者な人, 至つて遲く受け應, 至つて酒に抵抗力, 至つて釈氏をし, 至つて野暮です, 至つて金放れが, 至つて鏑木さんが, 至つて開放的な建築, 至つて閑散ですが, 至つて限界が廣い, 至つて雌伏悶々の準備時代, 至つて雍に居, 至つて雪子は怒らう, 至つて霞亭の容貌, 至つて静的な女, 至つて非力な者, 至つて韓退之, 至つて頂点に達した秘められた, 至つて頑強性に富んだ, 至つて頓挫した, 至つて類音の, 至つて風彩のあがらぬ, 至つて風態からし, 至つて養玄に嫁, 至つて馬韓辰韓等は漸く, 至つて魂のこと, 至つて鮮ない, 至てぬるしといふ, 至でありますけれども事実, 至ですが我我婦人, 至といふはすでに時節, 至として又事実, 至なるに依り, 至にて弥五右衛門奴老耄したる, 至には初めてで, 至までの道程を, 至らしむれば男女, 至らん罪ではあります, 至れるならむ, 至れるならざる如しその, 至ろうも知れぬ, 至ス所二非ズ, 至ッテスナワチ極マル, 至ッテモ普通ノ藝妓ト普通, 至ッテ始メテ生キ甲斐ヲ見, 至ッテ孑遺無ケン, 至ッテ富ヲ好, 至ッテ義定ガ立ッテイテ, 至ツテハナンニモナイトイフ処ガ面白ヨ, 至ツテハ幸ニ吾常勝軍ニ従フニ依ツテ徒ニ行李, 至ツテ政道ハ紊レ起居ハ王侯ヲ模ス, 至ツテ松葉屋某ナル者魁主トナリ, 至テハ如何シテ其疑ヲ解クヲ得ルカ其疑タル死ニ至テ, 至テハ我ノ大, 至テハ百幅中ニ九十九幅贋物ナリト思ヘバ過失少ナシ, 至テハ誰カ之ガ為メニ暗涙滴, 至テハ随在之, 至テフトシ雨中ニハ自ラ切テ落, 至テモ富ヲ有, 至テ世界列強ガ戰爭ヲ開始セントスルトキ悉ク自他, 至テ最高ク湖面不断ニ光ヲ発シ, 至テ正義ヲ逸ス, 至テ茎頂ニ淡紫花, 至モノ必ラズ釆帰ル山下ニテモ此草ヲウル其状苔, 至ラザル時九年一月發賣頒布ヲ禁ゼラル, 至ラシムルモノ其レ幾許有, 至ラスト云フ意味ニ非ズ, 至ラズ涕涙地ニ洒ギ遂ニ此花ヲ生, 至ラバ則チ後生ニ至テ新理, 至ランニ海陸トモニサバカリ多クノ月日, 至リシモ亦自然, 至リテ漸ク眞ニ融合統一シタル, 至リテハ実ニ, 至リテハ其事ノ故, 至リテハ古式ヲ按ジテ, 至リテハ殆ト皆無ニ近キ現状ナリ蓋シ従来本邦ニ留学スルモノ, 至リテハ殊ニ甚シキ者ニテ譬ヘバ蜈蚣ヲ半, 至リテ彼等ハ日本人ニハ非ザルモノノ如キコト判明セリ, 至リテ直右衛門ニ書テ与ヘバ, 至リテ風吹キとか天候, 至リナリト如此ニ至テハ如何シテ其疑ヲ解クヲ得ルカ其疑タル死ニ至テ, 至リ信濃上野国界ヲナシ, 至リ官復許シテ之ヲ興ス, 至リ彼我經濟上ノ關繋, 至リ御感再三ニ及ブ, 至リ心意開發セズ是唯樹ニシテ能實ヲ結ベドモ, 至リ杖ヲモッテ一死野狐ヲ挑出シ, 至リ浄吉ニ取ッテモ, 至リ牧童鞭ヲ加, 至ルコレヲ再, 至ルコレヲ再鏤スルノ勞, 至ルトコロガ空イテイルノニ二階ヘ上ルニハ及ブマイ, 至ルニ吉井幸助もまち, 至ルノ間既ニ五臓モ凍断セントシタリ, 至ルハ確定シタル理論ヲ有, 至ルマデ各其餌食, 至ルマデ一切秘密無ク交際シタル友ハ賀古鶴所君ナリコヽニ死ニ臨ンテ賀古君, 至ルマデ丁寧ニ刻ミ出サレテイ宝冠正面ニハ宝瓶ヲ現, 至ルマデ内外人ノ覧閲, 至ルマデ悉ク其由來ヲ踪跡スレバ, 至ルマデ死ヲ喜ビ斬罪, 至ルマデ連綿トシテ絶タルコト無シ, 至ルモ未タ, 至ル二里半の道標, 至ル其需用亦彼ニ, 至ル線ガ外側ヘ曲ッテイテ, 至ル者ト見エ, 至ル者ナリ其需要ハ彼ト大差ナシト雖ドモ品位彼ニ優レリ, 至ル而モ尚交戦, 至ル西の端町入江和作, 至レバ総テ剣法ヲ学ビ, 至レルコトハ支那ニ於テ二國ガ亦同, 至一六九八年間康煕帝の勅, 至一圓増しで賣れ行く, 至一支國又至竹斯國, 至初月三日止, 至処益御, 至に接するなり, 至二人力を併せ, 至于齊梁代與, 至五十呎其潜行を持續, 至あるにも, 至交趾北至幽都, 至交趾孫僕續滿之國, 至詩情の, 至仁大徳敬皇帝でこれ, 至仁至愛のわが, 至仁至慈の皇室, 至今其溺時之種々, 至今未果頃友人泉蔵来話及其事意似, 至仏笠品及武尊の三山, 至作墓戸川静子作死生ですが, 至の修行, 至候得共前度殊の外入口六ヶ敷候, 至候段闡幽の美挙, 至候而者嘔吐之上泄瀉致候持病, 至倭云々といへる國名, 至至大の, 至健至剛である, 至兌銭去, 至八道という対陣, 至公及予与先生交最深, 至公無私なるべし即ち, 至公至明の道, 至其相見莫不握手相歓四十年如一日況我故妻弟紳六受先生之子養承先生之嗣重以姻, 至内部體機榮養此心魂與此躯幹者則無一相關焉, 至に遇, 至参殿の上, 至西還, 至味容易に感じ取れる, 至するもの, 至の勢, 至國以外に, 至堀子之邸舎, 至の框木, 至外物供資之性則亦無, 至猶甚納涼海磯乃赤石浦也, 至夫妻の富士山頂, 至奥所というもの, 至の鐘, 至奧至妙の理, 至女王國萬二千餘里男子無大小, 至如何にも立派な, 至完善の要請, 至客體群が各, 至密至細に赴く, 至密道の至公, 至寇賊をも顧慮, 至履歴といふもの, 至兄弟以御干, 至平十年で韓山童, 至幸至栄なるを, 至と会見, 至形而上論上に見る, 至尤もな, 至の人格, 至忠至公の誠心, 至なり, 至をしのび, 至であると, 至の皇室, 至打有力な算家, 至搏木之地, 至於作者之意, 至於孤竹山戎穢貉拘秦夏, 至於才力之均敵, 至に近い, 至日所出爲大平西至日所入爲大, 至日所出爲太平西至日所入爲太, 至深不, 至昭帝女読二十一篇も始読, 至趨城市間梅花鳥哢一身閑那知雪後泥濘路吟杖相聯訪竹関, 至朱儒國人長三四尺自朱儒東南行船一年, 至東京是月廿七日補文部省十等出仕爾後或入, 至なるを, 至根源であること, 至梅陽之終, 至森寺にある, 至極大らかな顔, 至楽これに越す, 至楽男子の会心事, 至のお, 至正中より起る, 至正月一日必射戲飮酒其餘節略與華同好棊博, 至此迎飲于其門人油元助家先生有詩次韻賦呈, 至殆為金馬門之想云, 至殊ニ其方共ノ訴ヨリ, 至波奈大郎女が侍臣, 至波奈大郎女悲哀嘆息し畏, 至波奈姫が太子生前, 至若神, 至は為す, 至与余同僚于内班者十年矣, 至は爲す, 至犬馬皆能, 至の理法, 至玄至妙の境地, 至とすべく, 至理昧からずある, 至病人室中周視一巡以祓除不祥初生小児将渠含至獅子口中, 至白露降, 至皐陶之後兼封英六楚人滅六臧文仲謂皐陶庭堅不祀, 至である太, 至眞正一眞人とも云, 至眞至聖のもの, 至真至善至美に達した, 至祝珍重の体, 至神仁文義武俊徳成功高皇帝, 至神仁文義武俊徳成功高皇帝の諡号, 至神至眞至聖のもの, 至至祝, 至秦王國其人同於華夏, 至竟狐狸猶不, 至童女之輩喜死, 至竹斯國又東至秦王國, 至の事項, 至絶對的精神即ち絶對的主體, 至緊張こそ文化的生, 至美真摯であ, 至美至高の理想, 至の尽, 至而難題至極と申此上, 至聖なるものである, 至聖者を見ん, 至聖至善だから, 至の馬, 至花時都人看者為群, 至草艸紙の見, 至莫嫌茶味淡, 至衝突であるゆゑ, 至裸國黒齒國使驛所傳極於此矣, 至西京経七日之久, 至親間に起る, 至誠心と申候, 至朝, 至賢至正の人, 至無一, 至の物, 至帳面に, 至にあらず, 至造妙と莞爾, 至運命との対決, 至道さんの著, 至道居士と法諡, 至道無難趙州和尚の唇皮禅, 至道難なしただ, 至広甲済, 至那等はシナ, 至に会い, 至邪馬壹國女王之所都, 至邪馬臺國女王之所都, 至に久保善助, 至陪川放, 至悪道矣, 至なれば, 至険至難をしのぎ切った, 至なり, 至隋其王始制冠以錦綵爲之以金銀鏤花爲飾, 至難い芸だ, 至難事でした, 至のもの, 至に非, 至