青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「自身~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

自我~ ~自殺 自殺~ ~自然 自然~ ~自由 自由~ ~自覚 自覚~ ~自身
自身~
自転車~ 臭~ ~臭い 臭い~ 至~ ~至っ 至っ~ ~至った ~至り 至り~

「自身~」 25345, 274ppm, 350位

▼ 自身~ (8411, 33.2%)

102 中に 84 ために 80 口から 77 うちに 60 内に 57 ことを 48 手で 42 姿を, 心の 27 生活を, 言葉に 26 心を 25 上に, 心に 23 ためにも 22 姿が 20 生活に, 言葉を, 運命を 18 内部に, 過去の 17 存在を 16 中から, 力で, 手に, 生活の, 経験から 15 ことで, 問題として, 方が 14 中の 13 立場から 12 なかに, ものと, ものとして, 中にも, 文学の, 生命を, 生活と, 考えに 11 力を, 家の, 生活が, 胸の, 道を 10 ことは, ものである, 姿に, 心が, 為に, 立場を, 裡に 9 ための, もので, 前に, 幸福の, 心も, 精神を, 頭の

8 [16件] ことだ, ことに, ものに, 事を, 内から, 利益を, 命を, 弱さ, 性格の, 意志に, 文学を, 生命の, 美しさ, 耳を, 言葉で, 重さ

7 [17件] ことも, やうに, ように, 上にも, 体の, 作品を, 内部的な, 問題に, 影に, 心から, 心にも, 持って, 本来の, 眼で, 眼を, 肉体の, 身に

6 [26件] お名前, ものだ, 体に, 力では, 原理を, 外に, 存在の, 幸福を, 心持を, 感情の, 感情を, 指揮した, 本当の, 目で, 眼に, 筆に, 経験を, 罪である, 罪では, 罪の, 胸に, 見解を, 言葉として, 話に, 部屋に, 間の

5 [38件] うちにも, お心, からだすらが, こと, ことが, ことについては, ことの, ためには, ものは, ような, 世界を, 価値を, 内部の, 力によって, 口からも, 咽喉から, 場合を, 声に, 居間の, 心は, 意志で, 成長の, 手によって, 手を, 方から, 方で, 気の, 眼にも, 経験の, 美, 考えの, 考えを, 芸術の, 芸術を, 表現を, 説明に, 運命も, 魂の

4 [78件] ためでなく, ためでも, つもりで, ほうが, もって, ものの, ものを, 一生を, 一部である, 中で, 今の, 今日の, 仕事に, 仕方で, 体験の, 作品に, 価値と, 個性の, 側に, 内容を, 利益の, 創作を, 力と, 力に, 口に, 名前を, 名誉の, 問題と, 外には, 姿は, 威厳を, 存在に, 学問の, 家に, 心には, 必要を, 思想を, 意見を, 意識の, 愛の, 我儘を, 文化を, 方の, 方は, 書いたもの, 構造を, 歴史を, 為にも, 為めに, 現在の, 生きかた, 生命が, 生存を, 生活から, 生活は, 生涯を, 目的を, 直接の, 研究の, 祖たちが, 筆で, 精神が, 罪に, 美に, 良心の, 血を, 見識を, 言うところ, 語づかひ, 責任に, 趣味に, 足跡を, 身の, 身体を, 運命が, 運命の, 部屋へ, 重みで

3 [152件] うちから, うちにおいて, お手, ことだけは, ことだった, ことと, ことには, ことよりも, その後の, その日, ためだ, ためでは, と同じ, なかから, ほかには, ものだった, ものであっ, ものであった, ものです, やりかた, 一種の, 一部を, 不幸を, 不思議な, 世界が, 世界に, 中には, 事, 事が, 事である, 事に, 云うよう, 仕事の, 他の, 位置を, 体が, 体を, 働きの, 優越を, 内なる, 内の, 内部から, 内部にも, 内面に, 創作の, 努力に, 努力の, 口を, 命が, 命も, 問題では, 嘘を, 失敗を, 妻に, 姿だ, 姿の, 娘が, 娘の, 子供らしい, 実際の, 室へ, 家を, 小説に, 幸福への, 弁明に, 影を, 心ながらも, 心境の, 思想の, 性格が, 性格を, 恋の, 悲しみが, 意志と, 意志によって, 意志を, 意識を, 愛を, 感情は, 手では, 手の, 手跡で, 政党を, 最後の, 本性に, 本質に, 歴史から, 死の, 気持ちを, 気持に, 流れに, 消費の, 物の, 独自な, 獨立した, 生の, 生存の, 生活として, 生活にも, 発展の, 発見を, 目的の, 真実の, 眼と, 矛盾を, 社会的な, 立場が, 立場に, 立場の, 精神の, 経歴に, 経験が, 経験に, 美は, 美を, 習慣に, 考へに, 耳に, 胸を, 能力の, 脳髄を, 自我の, 自由な, 苦悩に, 行動に, 行為を, 表情が, 表現である, 要求として, 言に, 言葉である, 言葉によって, 記憶に, 課題として, 身の上に, 身を, 身体の, 過去を, 醜さ, 間に, 関するところ, 限界を, 階級の, 頭脳の, 顔に, 顔を, 食物を, 首を, 魂に, 魂を, 魂をも, 鼻の

2 [521件 抜粋] あなたの, ありあまる教養, いうこと, いう所, いろいろな, うちにだけ, うちには, うちを, おからだ, おそろしさ, お口, お裁き, ことしか, ことだけ, ことであり, ことである, ことです, ことな, ことなら, ことよりか, ことをも, この社会, これからの, これまでの, したこと, しらじらしさ, すがた, すぐ身ぢか, せつなさ, ため, ためと, ためな, ためまた, だれである, では, ふるさとを, ほうへ, ほかに, むしゃくしゃ腹, ものであり, ものでない, ものでなけれ, ものとも, イデオロギーとして, スタイルを, プロレタリア作家としての, ロマンティシズムを, 一定の, 一生に, 不恰好に, 不愉快な, 不注意から, 不覚を, 世界史的使命を, 中では, 事だ, 事の, 云う所, 人格が, 人格の, 人生の, 人間が, 人間的な, 仕事が, 仕事についての, 代わりに, 代助, 位置, 位置は, 体にも, 体温を, 体臭を, 何等かの, 作であろう, 作と, 作品の, 作品作り事と, 作文を, 価値に, 信ずる所, 信仰は, 信仰を, 信用が, 俳諧は, 個人的利害に, 健康状態から, 側から, 偶像たる, 偽らぬ本心, 働きそのものにおいて, 兄の, 内と, 内にも, 内外の, 内容に, 内容の, 内容は, 内的な, 内部を, 写真であった, 写真と, 写真を, 処世の, 出世を, 分それから, 分を, 切なさ, 判断を, 利害に, 利益に, 剣で, 剣を, 創作であり, 創造を, 力として, 効用に, 勉強の, 動きの, 動きを, 勝気が, 十分な, 半生を, 卑怯に, 印象という, 印象を, 危機として, 反映に, 口からは, 名に, 名を, 告白に, 周囲の, 味かたを, 呼吸を, 命令で, 品性を, 品格を, 哲学を, 問題だ, 問題であっ, 問題である, 問題を, 啓蒙の, 善意に, 善良さを, 嘘も, 国の, 国民の, 地位が, 地位は, 境遇から, 墓石を, 声が, 外にも, 多年の, 大事な, 大時代な, 奥を, 女としての, 女房の, 好きな, 好みと, 如きも, 姿さへ, 姿では, 姿でも, 姿な, 存在と, 存在は, 安全の, 完全な, 宗教に, 定義に, 実力が, 実感から, 家でも, 家は, 家へ, 容態を, 宿命を, 尊厳を, 小さいかと, 尺度を, 居間へ, 展開に, 属して, 工夫で, 工夫と, 希望によって, 平生の, 幸運も, 幻想的な, 強さ, 当然な, 影が, 影の, 御発起, 御發起, 心と, 心へ, 心中に, 心境に, 心境を, 心理に, 心理を, 心臓の, 必然的な, 必要から, 思ふ通り, 性の, 性情の, 性格でも, 性格との, 性格に, 性癖が, 性質から, 性質として, 性質に, 恋を, 恋愛事件に, 恐怖の, 息の, 悪に, 悪徳を, 悲しさ, 悲しみの, 悲しみを, 惱み, 意匠で, 意匠を, 意味における, 意志から, 意志が, 意志する, 意志でない, 意志では, 意志とは, 意志の, 意志は, 意気地な, 意識が, 意識に, 愚かな, 愛が, 愛と, 感動を, 感情に, 感情や, 態度に, 憂慮すべき, 或る, 所謂, 手から, 手による, 手は, 手らしく, 技術を, 指紋を, 推測を, 放縦な, 文学が, 文学に, 方がよ, 方へ, 方も, 方向に, 日々の, 日常生活に, 日記である, 明晰で, 時代の, 暗さ, 書いた, 書くもの, 未完成, 未熟さを, 未経験な, 根本的な, 根柢に, 根柢の, 構造でなけれ, 権利を, 権力と, 権威を, 歌の, 武力や, 武勲に, 死を, 死後の, 気もちが, 気分に, 気分の, 気持から, 気持ちが, 気持は, 気持も, 気持や, 気持を, 水準を, 永い間, 求めて, 汚さ, 法則を, 泣いて, 注意を, 活動に, 活動を, 活動彼自身の, 淫慾に, 淫蕩の, 温度は, 満足が, 滅亡を, 潜在的な, 為めと, 無力が, 無力を, 無智, 無能と, 無能な, 爲めの, 物語を, 独特な, 独自の, 猛気, 猛烈な, 現身の, 理性の, 理想が, 理解を, 生きる力, 生れた所, 生命に, 生死を, 生気とに, 生活では, 生活という, 生活に対して, 生活も, 生活態度に, 生活態度にも, 生活条件を, 生涯に, 生涯については, 生涯の, 用事の, 発意である, 発明に, 皮膚の, 目を, 目撃した, 目的が, 真の, 真実を, 眼から, 矛盾と, 矛盾によって, 矛盾の, 研究に, 研究を, 社会生活の, 秘密を, 稟質に, 種類において, 立ち姿を, 立場からは, 立場にも, 立場も, 立派な, 精神と, 経歴を, 経済的基礎に, 経験した, 経験と, 経験は, 統一の, 經驗に, 經驗を, 線であっ, 罪で, 罪な, 置かれて, 美において, 考えだ, 考へ方, 考を, 耳の, 聞出して, 聲に, 肉を, 肉体が, 肉体に, 肉体を, 肖像と, 肖像画の, 肖像画を, 肩から, 背後にも, 脇差を, 脳髄の, 腑甲斐な, 腕を, 臆病な, 自己革命の, 自殺せし, 自然的素質を, 自由の, 興味を, 良心が, 良心と, 良心に, 芸術が, 芸術上の, 苦しみに, 苦しみを, 苦心から, 苦悶の, 薄倖である, 藝術を, 血で, 血の, 行いでない, 行くべき道, 行動を, 行為が, 行為に, 行為の, 表現に, 衰弱を, 裡には, 裸体を, 要求に, 見解は, 規定である, 観念から, 観念が, 観念と, 觀念が, 解するところ, 言ひ, 言葉が, 記述に, 証言を, 話を, 誇りを, 語に, 語るところ, 説明を, 読書法を, 課題と, 論理を, 諸悪業, 象徴の, 貧弱な, 貧民を, 責任である, 責任では, 責任を, 趣味を, 足に, 足の, 足を, 身にも, 身の上を, 身体と, 身辺に, 身體の, 車へ, 軽蔑を, 返事が, 述懐に, 進歩を, 運動は, 運命について, 過失で, 過失の, 遽かな, 部屋を, 部門に, 金銭を, 間にも, 閲歴談と, 陰鬱な, 青春の, 面影を, 頭から, 頭が, 頭に, 頭も, 顔と, 顔の, 顔へ, 顔も, 顔色も, 風変りな, 風貌に, 馬が, 馬を, 高級な, 魂と

1 [4692件 抜粋] あいさつが, あまりに平凡, いかにも瀟洒, いふの, うちで, おかげで, お世嗣, お心慣らい, お膳立, かの女, けちな, ことか, ことについて, こと彼等の, この自然史的運動, さきほどの, して, せいだった, そうして大勢, その疑ひ, それから先, そんな風, ためであっ, ためより, つたなさ, とは同じ, なかには, に替え, はりつめた感情, ふしぎな, まじめであり, みじめな, もつ不健全性, ものいわん, やうで, やりきれなさを, わずかの, アルファベットを, インテリジェンスを, カリケチュアは, コムプレックスに対して, デリケエートな, ファッショ化期限を, ペンで, マッチを, ルポルタージュで, 一人の, 一時の, 一番はじめの, 上では, 下級幹部とをば, 不安な, 不幸に, 不明を, 不熱心, 与件である, 世界の, 中でさえ, 中心問題な, 主体的な, 主我的な, 主観的な, 乳にて, 争議委員を, 事です, 事情については, 云う処, 亡霊相手に, 人格や, 人生に対する, 人間的内在性すべての, 今日までの, 仕事は, 仕業でなく, 代表者を, 休息室から, 伴奏で, 住める一村内, 体制に, 体験で, 何事も, 作つた翻案な, 作品だ, 作家精神である, 使命が, 価値が, 便りな, 信ずるところ, 修徳を, 個人的性能やなどを, 値踏みし, 健康を, 傲慢を, 儚なさ, 兄弟なる, 光栄の, 全存在, 公達よりも, 内にこそ, 内外なる, 内生に, 内部が, 内部生活を, 内面生活に, 写真に, 処理した, 出版界も, 出馬援助が, 分析的研究である, 判断と, 別の, 利潤を, 到達し, 制約性を, 剣へ, 創作理論を, 劇を, 力には, 力量に, 努力という, 労働の, 動きかたを, 動機へ, 勤労と, 半生の, 卑屈な, 単線的統一を, 危険が, 原理が, 及びがた, 反歴史的, 収集分析から, 口によって, 古ぼけた手提鞄, 右翼的偏向への, 名であるらしい, 名訳を, 向上した, 告白として, 周圍を, 命の, 品格という, 問に, 問題は, 喜びああ, 嗜き, 嚴密な, 固有振動にも, 土民の, 地獄である, 基本的な, 場合だけを, 場所を, 境遇に, 声でない, 変化でも, 外形の, 大きな抱負, 大毒遥か, 天主に関する, 天職を, 失策を, 女を, 好みという, 好奇心を, 如く隣人, 妻子を, 姫君の, 姿にも, 威勢のみに, 媒体を通じてのみ, 子供に, 存在も, 学力と, 安全に, 官能の, 実在を, 実行過程の, 実験じゃ, 室の, 家具を, 家招く, 容色や, 寒がり, 實驗を, 将来も, 小説だって, 少年時代の, 居間で, 履歴形見分けの, 巣くって, 左右へ, 希望を, 帽子を, 年恰好が, 幸福なる, 幻滅を, 序文にも, 建てたもの, 弁護士に, 強味といふ, 形は, 影だった, 影も, 役割を, 得心できる, 御提供, 復興は, 心に対しても, 心境だけ, 心持ちは, 心気統一を, 心細い生存, 心配が, 志での, 怖ろ, 思うこと, 思惟でなく, 思想構成の, 怠慢に, 性格すら, 性行から, 性質によって, 恋人すなわち, 恐ろしい心理, 恥辱を, 悟性を, 悪業の, 悲喜をも, 情熱を, 想像で, 意より, 意味では, 意志だ, 意志による, 意義を, 意識にも, 愚に, 愛するもの, 愛読書を, 感ずる怖, 感想および, 感覚という, 態度が, 態度も, 憂鬱を, 懐紙を, 成立には, 我儘が, 所で, 所業に, 所謂浪人は, 手にかけて, 手振り声, 手許に, 才能を, 抜け毛を, 抽象的な, 持つ世界, 持つ運動, 指揮も, 採る表記法, 推量である, 損失に, 改心の, 政治能力文化能力は, 教うる, 教養の, 文化, 文壇生活五十年に, 文学理論を, 文学的教養の, 文章が, 新しい生活経験, 新情婦, 方法で, 旅行記を, 日記では, 明日の, 是非の, 晩年の, 暗い巨体, 曝露という, 書簡の, 最近の, 朝夕の, 未熟さしぶ, 本性の, 本質でも, 杉のね, 栄光と, 棋士としての, 楽しみという, 槍を, 権力を, 欠くべからざる必要, 歌として, 正しい成長, 正直な, 歩いた東京, 歴史的, 死だ, 死骸を, 母胎である, 気を, 気持ちでは, 気持にさえ, 氣分に, 永く苦しかった, 没落によってか, 法則性によ, 活動の, 流行に, 消極性を, 清く磨かれた, 満足の, 漫画までが, 為か, 無力さに対する, 無限の, 熱による, 爵禄と, 物と, 特別条件の, 特色に, 犯罪を, 独断的表現を, 狭量が, 現在にも, 現実生活に, 理想とを, 理解から, 理論を, 生きがいを, 生きる現在, 生れつきにも, 生存する, 生活さえ, 生活によって, 生活圏内へ, 生活的思意を, 生産様式そのものだ, 用に, 申し立てに, 畑地にも, 疑問に対しても, 病欝陰惨の, 病気を, 発展が, 発展法則を, 発表を, 発達は, 白い滑らかさ, 皮膚にまで, 目でも, 直つて, 相手を, 真実利得に, 眼が, 着物も, 知つた事では, 知覚の, 石器に, 砦を, 社会の, 社会的分裂を, 祖先に対する, 神経衰弱の, 私生活は, 秘めた行為, 称と, 空けたやう, 立ち場を, 立脚地が, 第三皇子, 筆蹟の, 粘り社会観, 精神胎内の, 純な, 素質か, 組織的な, 経済哲学の, 経験でも, 結婚する, 給料を, 絶対的大き, 緒言に, 縄目を, 罪と, 美しいおごそかさ, 義務に, 老いを, 考えとしては, 考え方を, 考案にな, 耶蘇教と, 肉体と, 肉體に, 肩で, 胸中に, 能率も, 脳裡でも, 腹の中で, 臆病さも, 自嘲の, 自己疎外に, 自慢で, 自然人らしい, 自由意志に, 自覚反省に, 興味つきない, 良心を, 花弁を, 芸術家の, 芸道の, 苦い経験, 苦悶を, 荒くれた, 著に, 著述は, 蔵版と, 藝術論は, 血汐を, 行くべき最善, 行方は, 行状も, 表現の, 袖などを, 裡でも, 要求が, 見えすいた狡, 見聞から, 見透しを, 親と, 観念体としての, 解説に, 言いぐさに, 言うよう, 言明によって, 言葉を以て, 言語或, 記憶と, 訴えるよう, 評価のより, 詩を, 話だ, 誇りである, 認識論的, 語るが, 誤解では, 説明からも, 課題を, 論理に, 謂わば, 豊富さも, 財産も, 貧民の, 責任のみ, 資金から, 趣味が, 足による, 足跡をも, 身と共に, 身の毛も, 身体にも, 身辺や, 軍国か, 辛苦の, 返答です, 通りの, 連絡の, 運動と, 運命までも, 過去しかたを, 過敏な, 遣ふ語, 遺志の, 部屋から, 醉ひも醒め, 重用し, 金を, 鏡を, 開花を, 関節から, 陣地が, 隙見, 霊感に, 面が, 面接した, 鞍わきに, 領土である, 頭上へ, 額や, 顔が, 願果たし, 食慾の, 養子に, 驚きを, 高き悟性, 魂であり

▼ 自身~ (3133, 12.4%)

30 自分の 24 一つの 22 それを 9 知って, 自身の 7 よく知っ, 一番よく, 初めから, 彼の, 手を 6 それに, 何である, 少しも

5 [12件] その中, 云って, 出て, 悪いの, 新しい藤原奈良, 物語って, 直接に, 筆を, 考えて, 自分で, 自分に, 進んで

4 [12件] 之を, 他の, 何か, 何かの, 堪らなく惨め, 完全に, 或る, 文学の, 目的では, 私の, 言って, 認めて

3 [34件] すでにその, すべての, そこへ, それ, どのよう, 一ばんよく, 一人の, 一種の, 何者である, 前に, 勝手に, 命を, 妙に, 彼を, 急に, 恐ろしくなった, 意識し, 持つて, 握って, 本当の, 現在の, 知つてゐる, 神の, 立って, 経験した, 誰より, 責任を, 身に, 身を, 適当な, 金を, 電話口に, 非常に, 頭の

2 [167件] あなたの, ある, あるの, あれほど, いやに, かの思想, けし飛ばされ, このこと, この事実, この問題, この家, これを, さうし, すでにこの, すること, そうだ, そこに, そのこと, そのままで, その制度, その外, その犠牲者, その犯人, その発明, それの, それ以上の, どこに, どこの, どんな姿, まじめに, また上下左右, また存在, みずからの, もって, もつて, もはやそれだけの, やって, よくお, よく心得, より実地, わからなくなって, インテリゲンツィアである, 一の, 一刻も, 不思議に, 不満を, 主役と, 主観的に, 云うよう, 人の, 人を, 人間では, 人間として, 今そこで, 今は, 他人の, 何かという, 何も, 何故に, 何等かの, 作り出して, 使われるという, 侮辱された, 俄に, 充分に, 先に, 全くの, 具えて, 内部的に, 分裂し, 割合に, 十七歳の, 参って, 口を, 口語詩の, 同時に諷刺, 吾, 告白した, 呑んだん, 問題である, 問題に, 天下に, 好んで, 如何に, 子供の, 孔子の, 存在し, 存在する, 完全なる, 家康の, 小説を, 帰って, 常に風景, 強制であり, 彼に, 彼等の, 彼自身の, 御同様, 御自身, 復讐に, 必要と, 思って, 性格的である, 恒に, 意識するしない, 感じて, 成立する, 折角そういう, 拔け, 持って, 撒いたもの, 敬服する, 日本の, 日本人である, 明らかに, 書いた五六頁許, 書いて, 書生を, 最も卑小, 最高の, 望んで, 森の, 武力を, 決して単なる, 淋しくなった, 源氏の, 率いて, 率先し, 現れた, 生きて, 生み出した性格, 生命を, 畑打つ, 疑って, 病気に, 目的である, 省みられ彼, 示して, 社会の, 私自身では, 科学を, 経験から, 縛られて, 腹立たしかった, 自らの, 自分たちの, 自分を, 自己の, 自発的に, 興味の, 蘇りまた, 行って, 認めたり, 語って, 説明し, 読者の, 論理的でない, 負うべきもの, 貧窮に, 資本主義の, 進歩的な, 過去の, 非力のせゐ, 馬鹿な, 驚いて, 魂自体の, 鳥に

1 [2442件 抜粋] ああし, あたかもそういう, あの家, あまりにも, あまり惨め, あること, あわれ, いう如く国事, いかに平然といかに詳細, いくど, いっしょに, いったよう, いつこれを, いつもそうした, いても, いまから, いわばすでに功, えりに, おののいたの, お互いに, お前から, お引っ立てなさった, お若返り, かかつて, かけて, かの女, きめて, こいつは, ここでは, ことさらに, このよう, この事業, この呪い, この文章, この眼, この精神, この詩, この通俗観念, これから入ろう, これによ, こんなこと, さうである, さけぶ折, しきり, しっかりし, しばしば欠乏, すかんぴんの, すこし腹立, すでによく知りぬい, すでに充分完全, すでに多く, すでに決して一定, すでに足跡, する, そういうハメ, そうし, そうである, そうでなかった, そう取り扱われね, そう言う, そないいい, そのイデオロギー性, その事件, その作中, その口上, その吾輩, その変態性慾, その室, その当時, その技芸, その權利, その法螺貝, その目撃者, その空気, その網, その身代り, その階段, それから, それだけ呑ん, それほど有名, それらの, そんな事, そんな真似, たとえば, だれよりも, ついこの, つくるもの, つねに六人, とが人で, どういうよう, どうしてこんな, どうなる, どこを, どれほど品性, どんな陥穽, なしたの, なんだか死, ぬすっと, はたして真実, ひっかかって, ひどくこの, ひどく興ざめた, ふりまく香い, ぼくに, まさかに迷信, まず自身, まただれ, また凡て, また新しい, まだほんの, まだ氷上座, まっしぐらに, まるっきり, みえ張らない男, みずから計っ, めいめいに, もう今, もう生命, もたないから, もと摂, やがては, やはりこの, やめろやめろと, よくご存じ, よばれた先, わからないん, わが手, わしの, アカデミックに, ウルトラ革新的勢力を, ギャングで, コペルニクス的転回として, スイッチを, チャンと, トラックに, ハッと, パリから, フリーダは, ヘンリー・ジーキルに, マルクス主義に対する, モデルに, ロゴスを, 一人だけ, 一体解釈の, 一向それ, 一時間も, 一番涜された, 一般にだれ, 上層階級の, 下手人かも, 不安に, 不足であろう, 与え自分自身, 世界観や, 中国人と, 主任に, 乏しいの, 事実として, 二十年の, 二条の, 云つてゐる, 亦人, 人形でなかつた, 人生を, 今ある, 今までに, 今夜いままでの, 今朝は, 他人や, 以前から, 仲間と, 会下山に, 体得された, 何かと指図, 何となくハッと, 何もかも, 何処から, 何故必然的, 何者であった, 作られた名刺, 併し, 例外なし, 侮辱される, 信頼し, 倉庫から, 偉くなっ, 偽善者である, 僕の, 元来往, 充実し, 先刻心得, 克明に, 全く欧州離れ, 全体として, 全部を, 六波羅大番の, 其に, 其処に, 内容の, 再び国家, 冷酷であった, 出向いて, 分かるやう, 刈らねば, 別であり, 制定する, 創生した, 劣ると, 動かさせて, 化物探険隊の, 卑近な, 印章などは, 却って俗物, 原罪な, 又まだ, 反則を, 取る必要, 叙事詩だ, 古人の, 可なり, 各, 同様に, 名誉な, 否定しよう, 告白する, 和人の, 問題な, 善と, 嘔気を, 噺し, 困りぬいたかお, 国憲に, 圧倒され, 執筆し, 壁から, 変に, 夢から, 大きいお, 大きな寒天, 大して研究図書館, 大人から, 大塔, 大気汚染の, 大衆的, 天然の, 失戦の, 女に, 女流作家である, 妖怪で, 始終そういう, 嫌われて, 孔明に, 宇宙の, 宗教の, 実はもっと, 実は非合理的, 実見し, 実際の, 客観的に, 家の, 寂しくなる, 實業を, 射たところ, 小屋敷の, 尼を, 山に, 嶮悪に, 巴里の, 常にそれ, 常識に, 平面化される, 幾度か, 延命した, 弁証法的であるなら, 弟子を, 弾いたピアノ, 形は, 彼らに対して, 彼疑問の, 待合へ, 後日言った, 御仏, 御自分, 徹底的に, 必ずしもさう, 必然に, 快馬一鞭, 思つた程, 怪人に, 恋愛を, 恥ずかしく過ごした, 悟らないの, 悲しみの, 惨めに, 意見を, 愛して, 感動した, 慢心し, 懺悔し, 我々国民に, 戦争する, 戸惑いしちまう, 打つて, 批難でも, 技術家として, 折々感じ, 持ち来りたるもの, 指摘する, 捏造した, 探偵を, 提灯を, 操作し, 攻め下って, 教えて, 教育統制を, 敵地ふかく, 文学的に, 新しい国家的統制組織, 新聞記者に対して, 既に, 既に其角, 既に無意味, 既に西洋的メトーデ, 日常使ってる, 日本文を, 明後日は, 春子様に, 普遍的である, 書いた, 書かれたの, 替玉の, 最も原型的, 最も重大, 會社員としての, 望みさ, 未だ秀子, 本来無, 来年の, 果してあれ, 株式会社資本の, 極めて心, 極度に, 横たわるべき床, 次の, 歓迎攻めに, 武部氏は, 歴史的な, 死に, 死一等を, 段々変っ, 毛利側の, 気が, 気質的にも, 汚れた色町, 決して中立的, 決して自分, 河岸に, 波の, 津田に対しての, 浅ましくなった, 消えて, 滅亡する, 点前し, 無名で, 無意識に, 焦熱地獄に, 熱中し, 爆破すべき, 牛若の, 物質という, 特徴づける, 犬な, 犯人として, 独創的である, 率直に, 現代の, 現在立会った, 理窟の, 甚だうるさい, 生み出したもの, 生活に, 生涯苦しまなけれ, 田中と, 畑から, 疚しかつ, 痛切に, 発展する, 白くて, 百も, 盤面もろとも, 目的でも, 直接目に, 相当の, 看経の, 真面目に, 矛盾でなけれ, 矢表に, 知識階級であれ, 確信し, 社会にとって, 社会的論理という, 祕密でも, 神憑りに, 私を, 秋山の, 種に, 究竟の, 窓を, 立派な, 笑って, 築き上げた文化意識, 精神病院を, 純技術的契機, 紳士なんて, 経験しなけれ, 結局完全な, 絶対反対を, 総大将, 置き残されて, 群集の, 老後人, 考えるさき, 考へたほどの, 聞くばかり, 胸い, 腐葉土に, 腹立しかった, 臣下の, 自ら名告らぬ, 自伝的小説を, 自分にとって, 自分達で, 自己妄想的に, 自己紹介, 自演した, 自然探究に対する, 自然科学の, 自覚し, 自身だけ, 興味であっ, 良人の, 芸術家としての, 苦労も, 荒ッぽく, 葬つたもの, 虚偽に, 行かれるべきだと, 行なう検閲, 衛るべき, 被害者の, 襲撃される, 見せびらかさないまでも, 見る見る廃墟, 覘われた, 観念的と, 解決すべきであっ, 言うには, 許すと, 証明の, 話すところ, 認識論を, 語るの, 説明するであろう, 誰でも, 論じる必要, 講師だ, 議会に, 買ひ, 贔屓の, 身の上話を, 軍法を, 輔佐した, 農民の, 近代思想史の, 述べて, 逆に, 逢着した, 運んだ, 道具や, 遠い処, 遠心的に, 邪魔に, 醜いせい, 采配を, 鉱毒問題に, 長くその, 降伏を, 随分厭, 隱した, 電話に, 非常識だ, 頷くため, 類似的には, 飛びおりた訳, 食えなくて, 餓えつつ, 馬鹿げても, 驚いた, 高僧であれ, 鳩舎を

▼ 自身~ (1735, 6.8%)

51 形成する 36 限定する 16 して 15 形成し行く, 発見した 13 表現する 12 見出した 9 否定する, 見出したの 8 否定し 7 発見し, 知れ, 見出すの 6 彼は, 発見する, 維持する, 見出して 5 呉一郎と, 感じた, 考えて, 見た, 証明する, 越えたもの 4 さへ, 世に示した, 代表し, 咎めるやう, 慰めて, 批評する, 目的と, 示して

3 [25件] 主人公と, 保護する, 冷靜に, 卑しくする, 味って, 失って, 形成し, 想像し, 意味する, 意識し, 愛して, 感じて, 救いたまえ, 決定する, 洗練し, 目的として, 相手に, 省みて, 知ること, 私に, 自分の, 見いだした, 言い現, 軽蔑し, 非常に

2 [104件] あさましくする, あざけった, あらわして, おいて, そこへ, どうする, なおあ, なぐさめて, なつかしく心, ばかに, また他方, もつと, り立て呼, モデルと, 不幸に, 不愉快に, 主人公に, 主体化する, 亡ぼすとも, 亡失し, 他の, 伝奇の, 何一つ書き残し, 例に, 冷笑しない, 冷静に, 凜, 励まして, 動かす力, 原因として, 叱って, 叱りながら, 君の, 否定の, 味つてゐる, 咎めて, 嘲笑し, 大切に, 守るため, 守る為, 完全に, 容易に, 対象化する, 幸福に, 強大に, 彼女の, 律せられますこと, 惨めに, 感ずること, 憎むよりも, 憎んだ, 成長させ, 持てあまして, 指して, 指すの, 措いて, 救い出す方法, 明に, 欺いて, 殺して, 永久に, 流すの, 満足させる, 漸次私, 潔く投げだし, 犠牲として, 理解する, 発見しなけれ, 知って, 破壊する, 祝福する, 種に, 立派に, 納得させ, 置いて, 置くこと, 考えると, 考察する, 腐敗させる, 自覚し, 苦しめること, 處理する, 表現し, 表現した, 見て, 見ること, 見るよう, 見出すこと, 見出すばかり, 解放し, 試みること, 詩人に, 認めた, 語つては, 語るもの, 責めさいなんだ, 責めて, 軽んずるの, 軽蔑する, 軽蔑せず, 辱しめ, 頼みに, 顧みて, 養うこと

1 [1161件 抜粋] あざむいて, あてはめて, あまりにまざ, あまりに愛し, あらわしたの, あわれむよう, いかなる刑, いざその, いじめないで, いためつけること, いぢめ, いともかる, うたうたの, おいた知性, おく以外, お前の, お悲しみ, お疑い, かいて, かれはかれの, かわいがらないで, こう打ちのめし, ここへ, この私, ごまかして, ごまかす副次結婚, さえ別, ささげるとき, さすの, さもさ, しっかりと, しんみりその, すえようとばかり, そういうもの, そこに, そのまま新しい, その分析, その後で, その自分, その裡, それほど安価, たたきつけて, たよりに, だますため, つっ立たせること, である, とがめて, とりもどした私, どういうもの, どう導き出せる, ないが, なだめた, のぞいて, はじめ彼等の, はつきりと, ひろげて, ふがいなく恥ずかしく思った, ほろぼして, ますます非, まるで大事, むしろ父, もう一段, もぎ取るよう, もって, もてあつかって, もてあますの, やさしくいたわっ, ゆだねること, よくし, よく知っ, より善く, わが階級, アマチュアを以て, イヤな, キチガイでない, クリストの, スプリングボードとして, デカルトの, バカな, ブルジョア的技術として, モデルとして, 一々証明, 一匹の, 一歩高い, 一緒に, 上位に, 不憫な, 与えて, 世界に, 中心としてさえ, 主張しよう, 主題として, 予想する, 云い表わさねば, 云い表わす概念, 亡ぼさねば, 亡ぼそうと, 享受し, 人に, 人間的な, 今問題に, 他に, 伐つた, 低くし, 何かの, 何処へ, 何物かに, 余の, 佯る, 価値づけ, 侮ると, 侮辱し, 保証する, 信じて, 信じること, 信ずるの, 信頼するなら, 修道院の, 偉大な, 偶像に, 傷けてさえ, 傷つけるよう, 働かせる原動力, 充分完全, 先ず一切, 全的に, 兵火の, 其堤に, 具体化せね, 再教育, 冷たくさした, 出して, 切り離して, 刺して, 創りたいため, 助けよ, 勇気付ける, 動かすまでの, 勘定に, 区別する, 十数倍した, 半分以上その, 卑屈に, 単なるストア派, 危くした, 危険に, 却ってトテモ幸福, 参考画家と, 反省し, 反省せね, 取り戻したかに, 取り扱うもの, 取り返したらしく右手, 取失わないよう, 可笑しく思, 叱つた, 叱りつけたけれども, 叱ろうと, 名ざす, 向わしめねば, 含むもの, 含め私, 呉一郎とは, 呪った悲しんだそして, 咎めるよう, 咬んだまま, 問題と, 單に, 嗤はずには, 嘲けるよう, 嘲つてる様, 嘲りたいよう, 嘲るよう, 嘲蔑する言葉, 囘顧し, 土台として, 基として, 報道現象乃至, 変らせて, 大きな湖, 天人に, 太陽の, 奈辺の, 女から, 如何する, 妻の, 媒介すべき, 孤独な, 宇野の, 守りさえ, 守ること, 守れ愚, 安堵せしめない, 実に楽しん, 実践的に, 実験台上へ, 害した, 富ますのみ, 尊ぶこと, 導くか, 小バカ, 居酒屋の, 巨人の, 常世國だ, 幾らか近寄せよう, 引きとめ世間, 引き立てるため, 当事者の, 彼の, 彼女が, 心から祝福, 忘られよう, 忘れてるの, 怖れる, 思い浮べた, 思うこと, 思う純情, 思ふたび, 急き立て励ますこと, 怪しみも, 恋人として, 恐れて, 恐れる, 恕すやう, 恥じたこと, 恥じねば, 恥じ同時に, 恥ずるの, 恥ぢずには, 恥づるの, 恥辱から, 恨み事物, 悪い男, 悲しんで, 悼んで, 想定し, 意識させる, 愛したの, 愛する以上, 感じたり, 感じると, 感動させる, 感覺の, 慚愧し, 慰めるため, 慰めるやう, 慰める言葉, 憐みたい気もちも, 憩わすこと, 憫む結果にも, 憫笑したい, 成長させる, 戒めて, 或圏境, 批判する, 投げこみすっかり, 投げ出したの, 投げ捨てなければ, 披露しない, 抹殺し, 押し出して, 抽象する, 持ち崩さなければ, 持ち迷って, 持てあました私, 指さして, 指折の, 振り返つて, 捕える時, 捲き立てて, 探偵しよう, 掴まへては, 描き出して, 描くの, 撃ったの, 支えて, 支えること, 支え二人, 支点として, 支配階級として, 改造する, 救い出しそういう, 救うと, 救うもの, 救う道, 救おうとして, 救ったの, 救つた, 教育しなけれ, 整えること, 整理し始めなけれ, 新しく生れかわら, 明かに, 映すと, 春寒く, 暗示された, 曝らし, 有機的に, 本位に, 果實として, 検討し, 標榜する, 模し, 欣べ, 欺いては, 欺くこと, 歎い, 止めて, 此世から, 歴史の, 残して, 殺したくさえ, 殺すだらう, 殺す様, 母親に, 民主主義作家として, 水族館の, 汚しては, 河竹に, 泥の, 洗い清めろ, 活かし発展, 消して, 淋しくなした, 深思させる, 清らかに, 源泉と, 滅ぼすこと, 演出し, 点に, 無力化せしめ, 無縁な, 無視する, 焼くもの, 煽動し, 爆破してやろう, 物語る声, 猶更気, 現わさ, 理智的に, 理解し, 理解出來なかつた, 理解出来よう, 甘やかしては, 生かします, 生かすという, 生かす事, 男に, 疑うよう, 疑ふに, 発展させ, 発表し, 発見したら, 白日に, 監視する, 相手の, 省みよ自分, 省る, 瞶め得らる, 知つてゐる, 知らないの, 知りつくさなければ, 知る, 知るという, 知覚する, 研くこと, 破る因, 破滅し, 磨こうという, 示したアインシュタイン, 社会科学的に, 神の, 科学の, 移行させる, 究明し, 立たしめた保守, 笑うもの, 笑わずには, 箇人的に, 粉砕した, 納得させる, 紹介した, 組織し, 統制する, 繋ぎとめるもの, 置いたの, 置きます, 罵った, 羞じ, 考えた時, 耕す所以, 聞き人, 育てたい為, 自分たちは, 自分自身に, 自己の, 自覚する, 自証する, 至当に, 艤装し, 芸で, 苛立ちました, 苦しめるため, 落ちつかせるため, 虚しくし, 衛る, 表現しなけれ, 衰滅せしめるであろう, 裏切った自分, 裸島へ, 見いだした所, 見せて, 見たの, 見た時, 見つめました, 見るの, 見る世間, 見る自覚的直観, 見出さぬ日, 見出したこと, 見出したもの, 見出し又, 見出し落, 見出すため, 見失うまでに, 見失って, 見守って, 見守りつけた彼自身, 見直しそして, 見詰めて, 見限つてるだけ, 規定した, 観た, 観る眼, 解剖しない, 解放しなけれ, 解放する, 訓練しなけれ, 評価する, 試してるだけの, 認めるよう, 語って, 語らうと, 語ること, 語るの, 語る目算, 説き伏せるよう, 説得する, 説服しよう, 諦め切って, 譬えたいの, 護る心, 責めさいなみ鍛えたいとは, 責めた事, 責めまた, 貴く感ずる, 貴方にとって, 賞美する, 質せ, 超越し得たなら, 越え行かなければ, 越え行くと, 転覆させる, 軽く扱っ, 軽蔑したい, 輕蔑し, 辱か, 辱じしめる, 近代的に, 迸しる, 追いこんだ, 追い抜こうとして, 逃れ出して, 通人として, 連れ出して, 過信する, 遠慮した, 邪推する, 配列させ, 鉱物に, 鍛え洗われたもの, 間柄としての, 限りない, 陥れる身の毛, 集中させ, 離縁せよ, 非難する, 鞭って, 鞭撻し, 頭痛の, 顧て, 顧みた, 飛び廻らせたかった, 飛躍しない, 食うたつき, 飢えさせて, 養ひ, 馬鹿に, 馴らそうと, 高所から

▼ 自身~ (1693, 6.7%)

17 自分の 16 それを 8 それに 6 またその 5 それは, またそれ, 亦若々しい, 何だか好奇心, 彼の, 心の, 知らなかった, 言って 4 さう, そのこと, その一人, 人の, 幾度か, 思はぬ意地, 知って, 自分が, 認めて

3 [21件] いって, これを, その中, それらを, そんなこと, ついには, 一種の, 云って, 亦この, 亦自然, 今の, 多少の, 好んで, 子供の, 急に, 気が, 痩せて, 知らずに, 精励し, 酔って, 馬を

2 [91件] あの人, おそらくそれ, おのれの, このごろの, このよう, この事, これが, そう思っ, そう思った, そこに, その, そのため, そのつもり, その問題, その大量中, その程度, その精神, それが, それと, それについて, それには, それらの, それ程までの, どこか, なんの, ひそかに, ふとボンヤリ, ほとんど知らぬ, まじめに, また, またそう, また自分自身, また馬, よく承知, よく知っ, 一つの, 一緒に, 不思議な, 中産階級の, 亦周章てふためい, 亦嘘, 亦押, 亦此, 亦民衆, 亦然, 人から, 以前浦島に, 何故に, 供え物である, 信じ人, 全く日本人, 半分知らで, 周囲の, 和泉式部の, 変って, 大人の, 奇怪な, 妻の, 常に其, 影の, 忘れて, 恐れるに, 愉快そうに, 意識しなかつた, 戯曲を, 書いて, 最初は, 東京に, 格別に, 此先どう, 母も, 気がついて, 気づかないで, 気づかなかった, 泣いて, 無名な, 真似る興趣, 知らない, 知らぬ間, 神と, 緊張し, 考えて, 自分で, 自分と, 自分は, 苦しんだもの, 言った, 貞操の, 赤い肩巻, 重傷を, 馬首を

1 [1325件 抜粋] ああいう, あとに, あの刹那, あの泥棒, あまりに疲れ過ぎ, あまり感心, あまり雷, ありました, あんまり疲れ, いきなりホーム, いざと, いっさい夢中であった, いつかその, いつか微笑した, いつと, いつの間に脱がされた, いつ殺られるか, いまでは, いよいよ城, うまく話せない, おかしく思った, おばあさんとの, かう云, かつて同じ, かなり問題, きっと幸福, くずおれて, こうして温泉場, こう事, ここの, このうち, このこと, この一点, この二三日, この内容, この問題, この国, この女, この機械, この瞬間, この行動, この言い回し, この論證, これはた, こんなこと, こんな意味, さういふもの, さうであるが, さう思つて, さきの, しだいに過敏, しばしば見, じっとそこ, すくわれて, すぐ馬上, すっかり乾燥, ずいぶん危険, そうし, そうだ, そうです, そう云っ, そう思いだした, そう思う, そこで最後, そのまき, その下女, その二段, その傍, その制裁, その名前, その喜び, その委員, その実物, その当時痛切, その成生, その明察, その服装, その業火, その男, その縺れ, その蔭, その重大, それくらい, それ以来まだ, そんな氣, そんな風, たいていは, たしか在世中, ただでは, たった四間, だんだんに, ちょうど入院患者, ついに頂上付近, つい心, つま戸の, であった, とっくに諦めきっ, どうし, どうと, どうもし, どの程度, ないのに, なくただ, のちには, はっきりと, はっきり覚え, はなはだ頼り, ひどく憂鬱, ふかく自身, ふりかなを, ほっとした, ほとんど読んだ, ほんの行きずり, まずい物, またがれる赤兎馬, またすでに, またはなはだ, またみずから, またカフヱーみたい, また前, また取り残された, また塔, また多く, また定期, また山水, また幼稚, また支那, また早く, また泣い, また知らない, また自分, まだ十分, まだ徹底的, まだ風呂, まるで夜叉, むす子, むろんそれ, もうどの, もう思うまい, もう満期, もしも私, もはやなかっ, やがて或, やがて間もなく後詰, やっと落ち付いた, やっぱり俘囚, やはりだいぶ暇, やはり社会生活, やりきれないやう, よい妻, ようやく開かれ, よくもこんなに書き続けた, よく理解, よけいキュークツ, わけを, わたくしを, アストージェンカへ, カツレツを, コオヒイを, サッと馬, チチコフが, ネエケの, パテントによって, ピッタリと, ポケットの, モオパスサンにな, ヨロヨロとして, ヴィール夫人に, 一ペンに, 一二度通った, 一個の, 一寸恥しく, 一層強く, 一度に, 一手お, 一時その, 一足とび, 一頭の, 不幸に, 不思議そうに, 不景気で, 不美人では, 世の中の, 世人同様ただ, 並み並みの, 中間階級も, 乱軍の, 事務局の, 二十四時間働きつづけ, 二銭の, 云われて, 亦あの, 亦そんな, 亦一つ, 亦主観, 亦其成功, 亦君, 亦心ひそか, 亦時々, 亦此點, 亦発展, 亦示し, 亦精, 亦自己, 人に, 人生の, 人間も, 今そこまでは, 今はじめて, 今少し, 今更想い起し, 仏さまに, 仙台時代の, 仲間と, 企てたよう, 体験した, 何かしらそれらの, 何だか判らない, 何だか悪夢, 何となく眩しい, 何を, 何時か, 余り丈夫, 佻, 信じたいとばかり, 信ずること, 健三には, 傲慢に, 僕を, 元の, 充分に, 先方の, 全軍, 共に蟹江城, 内々瀬越の, 几帳面に, 出る意, 刀には, 初めてこちら, 初めの, 別段隠す, 刻々と, 前生の, 力ある, 加わったよう, 動いて, 勢いよく突ン, 十八貫の, 十分わかつ, 十分知っ, 半ばは, 半ば夢心地だった, 危い, 危険だ, 又自ら, 反省し, 口惜しいの, 史上の, 同じ意味, 同じ満足, 同月六日大坂を, 名俳優, 名言だ, 含めて, 呉青秀の, 呪われて, 咽喉に, 嗣二の, 囚われそう, 固く禁酒, 城門の, 塵だらけだ, 多分この, 多少当惑, 夜なかに, 大きな声, 大厨, 大変苦し, 太刀の, 失望し, 好きらしい, 如何ともし, 妖怪変化あつかいされず, 妻に対する, 始めてな, 姑には, 子の, 完全には, 実は余り, 宮を, 寂しい来し方, 寝ては, 實行する, 尊敬し, 少からず, 少しは, 少し疲れ, 少年日吉と, 山の, 工場農村に, 左近倉平に, 常におちつかない, 常に自分, 平生よく, 幸子以下の, 幼いころ, 幾分は, 弔辞の, 引っこみ思案の, 強かった, 役に立たないなんて, 彼地で, 彼自身に対しては, 後に, 後へ, 徒歩と, 得意と, 徹頭徹尾われわれ, 心に, 心付かなかった, 心身混沌たる, 必ずやこの, 忙中の, 快活さを, 思いがけない譴責, 思い直すの, 思って, 思ひ及ばぬ危險, 思わなかったろう, 急速度, 恋人の, 恐らく何らかの, 恥しながら, 息の, 悪いので, 愉快気なり, 意識する, 懇望しち, 或は其一人, 戦争協力に対する, 手に, 打ち負かされて, 承知し, 折々, 抱えたち, 持って, 捕ったと, 探検隊を, 擦ったり, 政府当局も, 教わろうとは, 敢なく屍, 数年前に, 数箇所の, 文藝の, 斯んな, 新聞紙上で, 既に其前, 日中は, 日本の, 明公, 昨年まで, 時々この, 時々近く, 時代の, 更に又, 書きながら, 最も露骨, 最惡, 服装に, 朝夕に, 本問題, 本格探偵小説が, 来た, 東国侍の, 柳生の, 案外な, 極めて迷惑, 構成されたる, 機を, 欄干に, 此の間うちより, 死という, 殆ど喋舌らなかっ, 残飯の, 母をば, 気がつかぬよう, 気の, 気分を, 永い一生, 江戸の, 決して民衆, 決死の, 沢家に, 流行ること, 涎を, 深い安心, 混濁の, 満身に, 激情を, 焔の, 無口な, 無茶苦茶に, 煙草を, 父は, 特殊な, 犬猫同然ならん, 理性によって, 琴を, 産地へ, 疲れて, 病気の, 登山しよう, 百丈の, 盤河橋を, 直に肯定, 相当に, 相變ら, 真贋を, 着が, 知つ, 知らず識ら, 知らないで, 知らないはず, 知らなかつた, 知らぬ力, 知るまじけれど, 砲弾の, 破産し, 社殿の, 神経衰弱の, 私たちの, 私の, 私も, 立派な, 笑った, 第一, 精勵し, 紐育には, 経験した, 結局共倒れに, 絶えず何, 縦横無碍に, 美しく清くあらね, 翁に対して, 老耄の, 考へますけれど, 肉体的に, 肱枕を, 自ら顧み, 自分を, 自害し, 自覚し, 舌を, 艶なる, 芸術的に, 若かつたの, 苦しみ庸三も, 苦痛と, 茂太郎に, 蒙古, 蔵人頭として, 薄気味悪いのに, 蘭が, 行商に, 被害地の, 見たよう, 見逃さなかった, 親しく母親, 解せぬらしい面持, 言つてゐる, 言葉を, 誇らしく考え, 語らなかったし, 誤解を, 諸臣, 豫期しなかつた, 買手である, 身の上話など, 身動きが, 迎えに, 近道を, 過程に, 邸, 都々逸の, 醉が, 重荷の, 関与し, 阿二羅, 随分さう思ふ, 集団的には, 青蛙堂主人と, 靴を, 頭を, 飛んだ心得違い, 馘に, 馬場姓を, 騎馬立ちと, 驚くほどの, 骨が

▼ 自身~ (1576, 6.2%)

38 於て 34 向って 32 しても 13 對し 11 就いて 10 あるの, 於ても 9 向かって, 固有な 8 さへ, して, とつて, 何の, 於ては 7 それを, 取っては, 取つて 6 なって, 於いて, 興味を 5 云って, 向けられて, 就いての, 就て, 気がついた, 気がついて, 特有な, 返って

4 [13件] あつた, 何か, 内在的な, 向っても, 向つて, 外ならない, 相違ない, 矛盾する, 私は, 腹が, 訊いて, 贖は, 近いもの

3 [21件] あること, いわせると, さへも, してからが, では, とれば, もつて, ハッキリと, 価値を, 取って, 向けて, 向ってでも, 問うて, 外ならぬ, 存在する, 對する, 感じて, 気がつくと, 満足し, 言って, 還るの

2 [76件] あっては, おかれましては, したって, だつて, ついて, とりても, どこか, どっちの, なったの, なる, なること, なるでせう, ひきくらべて, むかって, めぐりあう, よれば, 一定の, 代って, 似て, 依繋, 価値が, 内在する, 内面的に, 出頭し, 初めから, 判然と, 反省し, 向ってさえ, 向つて云, 嘘を, 固定された, 基いて, 変化が, 子供を, 対して, 就いても, 就ては, 属して, 帰って, 幸福を, 彼の, 必要な, 忝し, 恋愛の, 感じた, 感ずるであろう, 持って, 次の, 正当な, 気付いて, 氣が, 求めるの, 注がれて, 直接に, 矛盾が, 立って, 罪が, 腹を, 自分の, 舌を, 見えたこと, 見切りを, 言いきかした, 言い聞かせた, 言つた, 許されたる夢, 話しかけるよう, 責任が, 遊ばして, 違ひなかつた, 還って, 還り自己自身, 開けさせて, 関係した, 関係の, 非ずして

1 [1024件 抜粋] あえて安心, あたえられて, あったかも, あって, あはれみ, ありそれ自身, あると, あるよりも, ある意義, いいきかせた, いいきかせるため, いっそう近く, いて, いふやう, いろいろ御, いろんなこと, いわせるならそれ, うち任した, うまくひつ, おぼえた, お克ち, お出では, お見え, かう質問, かえり僕, かかわる夢, かくすこと, きいて, こう云っ, この事件, こびた自分, これと, こんなふう, さずかって, しごく満足, しつくりしたこと, しろあなたひとり, しろ内, しろ面白さうな, すでにどことなくエキゾティック, すでに一人分, すべきこと, すれば, そういう経験, そういっ, そう云いきかせる, そう思い知らせよう, そう響け, そこまでの, そつくり, その事件, その家, その意志, それだけの, そんな記憶, ぞくするの, たいすると, たしかめられないというか, たよるところ, だが, つき戻されると, てれて, できるならば, とりて, とりまことに, どう影響, どれほど, どんなより, なか, ならなければ, なりエリス, なり切らないと, なり切れないもの, なるべく迷惑, のしかかるそういう, のみこませること, はか, はちよつと, はっきりと, はなはだ趣味, はね返って, ひそかに, びっくりする, ふざけかかります, ふれて, ほかならないと, ぼくたちの, まけない期待, また興味, まだ誰, まとい他, めぐりあうの, めぐりあったとも, めぐりあって, もって, ものを, ゆるした瞬間, よくよく衷心, よく覺知, よると, わからなかった, わかりかけたよう, ギョッとして, ソレを, ハッキリし, ボロ布, 一つの, 一任し, 一杯毒味し, 上部と, 下駄を, 不可抗な, 不幸の, 不満だった, 不眞面目, 与えて, 与える事, 与へるやう, 世人から, 主として向っ, 乳母と, 予に, 云いきかした, 云った, 云ふ, 亢奮なし, 京都を, 仇を, 今度は, 仏教神道, 他ならない, 他ならぬ, 付いて, 仮面を, 任せながら, 休暇を, 伺うはず, 似る外, 何かしらある, 何かの, 何回と, 何物をも, 作ったもの, 作られて, 作れるだけの, 佯って, 供給する, 依っては, 依て, 価値の, 係り社会, 信ぜしめたいと, 俳句らしい, 倫理的秩序を, 備わった美貌, 備われる智慧, 傷ましい感じ, 先生自身の, 入つて, 全く愛想, 全部責任を, 具えた力, 具へて, 具わって, 写生し, 冠らせる, 出会うの, 出掛けて, 分からない事, 分りも, 切実な, 判を, 判然し, 別説も, 創作すべく, 力を, 加えられた男, 加える時, 動きや, 勝手な, 匡正する, 半ばは, 危險を, 即して, 原稿を, 又その, 反作用する, 反逆しなけれ, 取っても, 受けるよう, 口惜しいの, 召捕りに, 各々と, 各種の, 合致しない, 同情の, 向いて, 向かっても, 向けられるの, 向っては, 向はせ, 向わせそして, 吸收し, 命けて, 命名の, 唖の, 問いかけよう, 問ひ糺し, 喚びかけないでは, 喰い入った処, 囘答を, 固有である, 在るの, 地頭を, 執筆した, 堪らない幻滅, 変ること, 多少の, 多數, 大きい問題, 大変勇気の, 奥様や, 始まつたこと, 媚びて, 嫌悪を, 存在の, 安らうこと, 安心の, 完結し, 宛てた手紙, 実在し, 実行する, 実験さえ, 家主の, 富士司を, 寺を, 対してとも, 対抗すべく, 尊敬の, 小さくまた, 少しも, 就いては, 属するもの, 属する変動, 川中まで, 差支えが, 希望を, 帰したの, 帰り得ないで, 帰着する, 幾分の, 弁解し, 引き較べて, 張りが, 強い幸福, 当てはめて, 影響する, 彼らを, 得も, 微笑みか, 心を, 必要と, 応用し, 忠実であり得る, 忠実であれ, 怒つて, 怖れ, 思いこまそう, 思いを, 思い出されたもの, 思い出す, 思はれる過去, 思わせたり, 恍惚と, 恥じなさい, 悖るから, 悟られないよう, 悪い意味, 想到しよう, 愕い, 愛想が, 感じるの, 懲罰を, 我ながら, 戻って, 手を, 手掛りの, 投げ付けられたの, 抵抗し, 招くべき害悪, 振つて, 提げて, 支払ったくらい, 政を, 故意と, 救ひ, 教えなければ, 敢行し, 敬意を, 文学的だ, 新しい意味, 斷り, 於きましても, 於けるストライキ, 於ける国粋的, 於ける批判, 於ける組織性, 於てしか, 於ての, 既にある, 早く気, 易学の, 書いて, 書棚の, 最もふさわしい, 最も親しい, 最善を, 朗読し, 期待し, 本を, 本質的に, 来るはず, 果たしてその, 検討し, 標準を, 横たわらねば, 次第に深く, 止まつて, 止まる限り個人的, 此遊仙窟に, 毒を, 比べても, 気が, 気が付いた, 気づいて, 気に入ったもの, 気付かないで, 気休めを, 水先案内し, 求めずし, 求めたの, 沈潜し, 注がれる羨望, 活動力を, 消滅する, 淵源する, 満足しきっ, 源次郎の, 澄江は, 無責任な, 焦心し, 煮焚きを, 父を, 物足りないの, 独占しなかった, 独立な, 独立性の, 独自の, 玄関まで, 珈琲なぞを, 現在は, 理解され, 甘えたら決して, 生きようと, 生活が, 申訳が, 疑ふ折, 病的な, 痛感し, 白状した, 盗人とも, 目を, 直接何等の, 直接支那へ, 直角な, 相応に, 眩暈をさえ, 知った満足, 知られぬ意志, 破産を, 確め認める, 確認し, 禁じる, 究明する, 突き刺すより, 立ちか, 立ち帰ること, 立ち返つた, 立腹する, 笑いかけて, 第三者の, 答えさせるの, 箸を, 精神病者の, 納得させたい, 納得し, 経営し, 経験の, 続いて, 編み出させて, 繰り拡げて, 罪は, 美しい事物, 考えても, 考える気力, 考ふべき, 聞いて, 聞かせるかの, 能力であります, 脅迫状が, 脳髄ソレ自身の, 自分が, 自分は, 自律性を, 自然に, 自足飽満の, 與へたで, 色と, 芸術である, 苦しむ自分, 茶を, 菓子鉢を, 落ちかかつて, 著しくアカデミック, 行うこと, 表情を, 裁かれさえ, 裁かれるかを, 見ること, 見聞した, 親しく感ずる, 親しみある生活環境, 解から, 解って, 解釈として, 言いきかすの, 言い聞かせたの, 言うかの, 言った, 言つてきかせる, 言はせる, 言ひきかせる, 言ふ, 訊いたの, 許したひま, 許す人間, 許可を, 証明されるであろう, 証明する, 話しかけ半ば口, 認めたもの, 認容せられる, 誓いました, 誓言を, 語りつづけて, 課したの, 課す気組み, 課せられて, 談じ込んだとしても, 謙抑し, 負わして, 責任を, 貴方の, 買って, 贖わさねば, 足りる以外, 身を, 軽蔑と, 辯解を, 近い人, 近い精神的産物, 返った, 返報を, 迫りつ, 迫り来るもの, 述べる所, 逐一納得, 通路を, 進み望んで, 運動せね, 過失が, 適わしい恥, 適用すべき, 遺伝し, 還りその, 都合の, 重い責任, 金を, 鋭く刺戟, 閉じ籠, 関係ある, 関係し, 關係の, 限りなく, 集団的観念の, 電話口へ, 鞭つ, 顧慮する, 馬車に, 魔が

▼ 自身~ (1571, 6.2%)

18 それを 15 自分の 11 何も 9 少しも 6 それに 5 他の

4 [12件] そこから, そこに, それについて, どうな, のり越し, 一度も, 何か, 勿論の, 意識しない, 生きて, 私の, 非常に

3 [13件] この, これを, さう, そのこと, そんなこと, なんの, 何である, 何の, 徒歩で, 意識し, 懺悔録の, 手を, 東京に

2 [75件] この文中, これらの, しかし存在, しかし思惟, そのよう, その傷, その形式, その本物, それが, それらの, ちつとも, つきり, どうかと, どうし, どうしてもニヒリズム, どうだ, どうなる, どこに, どのよう, ひとりで, もしかかる, もとより私, パーネル氏と, 一向それ, 三月一日参内し, 之を, 事実だ, 事彼に関する, 云う迄も, 人に, 今でも, 何に, 何等の, 元の, 入閣を, 其半生に, 別である, 刺し殺す径路, 勿論渠, 原書からの, 夫を, 実に珍, 岡田の, 己の, 平民らしくなく, 平気な, 忘れて, 思って, 恐れるに, 悪いこと, 悪疾をも, 手も, 支那語の, 早くも, 棟梁株では, 欺かれない, 歩いた, 永久に, 法の, 淀君を, 無意識に, 現存の, 知りよう, 知る由, 稲荷の, 考えて, 考へて, 自分が, 自分で, 自分では, 至極真面目, 藪医術に, 表象ならぬ, 貧乏で, 静かに

1 [1270件 抜粋] あきらめきれず底冷え, あとに, あまりこの, あまり立寄らない, ある婦人, いうまでも, いかなる他, いつか屹度この, いつもと, いつも言う, いません, いろいろな, いわゆる殿様, うつつだった, おくへ, おそらく幸福, お困りな, お手車, かたく目, かならずしも時代, かれの, きっと弟, こ, こういう書き方, ここより, こごえて, このこと, この一軒家, この句, この数年来, この時, この話, この過程, これからさき生き, これっ, これの, これも, さうい, さしづめ一國, しかし, しかし芸術, しっかり発音, すぐそれ, すっかり神経焦燥, すやすやと, そういうこと, そういう不埒者, そういう欺瞞, そうと, そう感じ, そとから, そのまま点頭いた, その上, その何れ, その友だちヴェーゲラー, その夕, その役, その方法, その無茶, その眩惑, その筋向い, その罪, その表紙, それから, それだけ, それで, それによ, それほどな, それほど新, それまで, それ相応の, そんなもの, そんな気持, た, ただのんびり, ただ恥ずかしく, たとえ無意味, ついに一句, つきり意識, であるから, とうとう永久, とうに陶窯, とても筆紙, どういう御, どういう本, どうして, どうしてもその, どうします, どうで, どうなった, どう思, どう思ってる, どこにも, どちらを, どんなもの, どんな手段, どんな苦痛, なおびっくり, なお幽, なぐりとばされたよう, なんとか再び例, なんにも気, はっきりし, はるかその, ひそかな, ひっくり返って, ふたたび民蔵, べつの, ほねつ, まぎれも, ますます神, また一つ, まだついそれ, まだ何処, まだ劇芸術, まだ根柢, まだ知らない, まだ顔, まるで勘定, まるで狂気, むしろこの, むろんの, もうそんな, もう世の中, もう枯れ, もう無感覚, もう見る, もう頭, もちろんお, もちろん少しも, もちろん非難, もとより他人, もとより手, もはや地上, やがてこの, やっぱり寝, やはり冷, やらずに, よく読ん, わが主, アイルランドの, イギリス政府の, エリザベートが, キミ子さんと, サンノゼの, ジャーナリズムに, ダテや, デクノボーだ, ハムレットでない, ヒラリと, ベニイ個人の, ポーランド人であり, マンドレークの, ワシントンで, 一とかど, 一体どうだ, 一体どう云う, 一向に差支えない, 一向感じ, 一度しか, 一応技術, 一枚の, 一歩の, 一生懸命に, 七十一歳で, 万事を, 三反歩の, 三日後くれ, 下の, 不定な, 不良少年では, 与へられた仕事, 世話好きだ, 両人提供の, 中軍に, 中風の, 主観的に, 予の, 二万五千を, 二十歳すぎから, 云ひきかせる, 五六日静養の, 五十嵐の, 五百余騎の, 人格を, 人間の, 今その, 今の, 今何処へ, 今回の, 今皆佚し, 以前と, 任意の, 伝心月叟と, 何とよまれたであろう, 何と召される, 何にも, 何をも, 何処までも, 何物かで, 何處までも, 余りゾッとせぬ, 作物の, 依然として科学, 信じて, 信心を, 倉の, 偉い哲人, 健康だ, 僅かに, 僕らに, 元來何事, 元来が, 元来生死の, 光って, 児玉秀雄伯の, 全く何, 全く恆久的, 八幡船と, 八百歳に, 其様な, 内容的, 冷静に, 出ない, 初めて知られ得る, 別に特別, 別個の, 制服の, 前柱, 副使に, 割りに, 創造される, 努めて, 動揺を, 勿論そう云う, 勿論老, 北, 卒中発作以来すこし, 単に才気, 危險少なき, 却って之, 原作以上に, 反東洋的, 口が, 古い連中, 只一人紅矢の, 台本を, 各部屋, 同一であるべき, 名誉心の, 和琴を, 唱歌手としての, 善玉であり, 四千ないし, 国家財政学上の, 壇ノ浦で, 変換によって, 多く窮迫, 多少の, 夢の, 大した負傷, 大して食べられない, 大会社, 大審院の, 大机, 天から, 太刀を, 夫に, 奥の, 女学校へ, 委員長としての, 子供たちの, 安らかに, 宗教なき, 宝玉の, 実はこの, 実際僕, 宵の, 家庭の, 寝て, 寝殿で, 寮の, 寸暇も, 将平以下, 小さい船, 小林に対しては, 少し濃厚, 尚なるべし及ぶまじき, 山羊髯を, 工人では, 巨大な, 希望し, 常に必然, 常に身辺多事, 平気らしかった, 幻滅と, 廻国に, 弁証法の, 弱くっても, 弱体である, 当然な, 彼について, 彼より, 彼女の, 彼等に, 待望の, 後には, 後宮制度という, 徐州の, 徳義上の, 必ずしもシステマティック, 必竟どう, 思いも, 思ったよりも, 思想でない, 性質として, 恐らくその, 恐ろしく冷静, 惚れた女, 愉快の, 慈善団体の, 慢性の, 我国の, 或る, 所謂歴史自身の, 所長さんと, 手勢を, 捨石に, 揚々として, 政治として, 故郷に, 数百万の, 文学は, 斗満に, 新劇関係者として, 旗本を, 既に四十五歳, 日に, 旧世界, 早, 明日に, 昨日あたりから, 時政や, 暁風に, 曖昧な, 書いたこと, 最も情ない, 最初から, 有志から, 期せずし, 本来の, 村の, 東作が, 根本的には, 椅子でない, 楽しみに, 構わない着, 機変妙勝の, 次郎を, 止めども, 正に, 此等の, 歴史的に, 死なずに, 殆どその, 殆ど手紙と, 殿下の, 毒を, 民衆芸術そのもの, 気づいてないかも, 気イ進ん, 水を, 永興二年, 決して, 決してそうで, 決してそんな, 決して一枝毫末, 決して叙述方法, 決して堕落, 決して眩し, 決して見えない, 決して金, 洛中に, 涙が, 淡白に, 満足し, 演出家として, 濡れ鼠に, 無力で, 無口である, 無機物であり, 無知である, 無論知らなかつた, 無論電気, 物思いに, 物理現象である, 犬と, 狗奴國に, 獣身を, 珍しや, 理由を, 生れた赤ん坊, 生前わずか, 由来記などに, 画家であった, 當時もと, 疲れて, 発狂する, 白骨へ, 直ぐそれ, 直接肉を, 真宗の, 眠って, 知つてゐない, 知らないが, 知らなかつたが, 知りません, 知覚し得る, 磐城岩代から, 神で, 神秘とも, 私という, 私によ, 私自身の, 科学的な, 稻荷の, 空間, 笛に, 第一, 簡単な, 粗野な, 糸巻きと, 素早く海, 結婚後四年目に, 絶対に, 義雄の, 老将軍, 聞き手の, 肚の, 背広の, 腰の, 自らの, 自分に, 自分達の, 自然科学に, 自覚しない, 自軍だけ, 舅, 舊い, 芝へは, 芸州神領表へ, 若い男女, 苦労を, 莨銭に, 萬承知し, 虚である, 行えば, 西洋人よりも, 見たと, 覚えて, 観音さまが, 訊問に, 記録簿の, 語らなかった, 論理的に, 論證する, 貧乏である, 資本主義的な, 超歴史的, 足が, 蹴上, 輸血を, 近習の, 迷わざるを, 連れて, 遊戲を, 道の, 遠い船路, 選挙費用として, 部分主義と, 都合よく, 重役に, 野上の, 金儲けより, 銀行で, 関羽に, 閣僚に, 随分無理, 離れて, 電子か, 音楽家でも, 須世理姫と共に, 顏に, 顔を, 食らわず紀州, 飽くまでも用事, 馬乗りに, 騒いでも, 麻の, 黒い髪

▼ 自身~ (908, 3.6%)

24 あつた 15 それを 7 持って 6 さへ, 考えて 4 出て, 訪ねて

3 [19件] お出かけに, お指図, お話を, これへ, やって, 何か, 受取りに, 君の, 宇治へ, 手を, 持つて, 来て, 私の, 自分の, 自分を, 自身の, 自身を, 行って, 逢って

2 [36件] あつたの, いって, うむそれなら, こみ上げて, さへも, そのよう, はっきり意識, もって, 人から, 何度も, 出かけて, 判断し, 台所へ, 各病室, 引き受けて, 感じて, 掛けたいと, 接吻し, 書いたもの, 検べて, 気が, 満足する, 煮炊, 現地を, 直接に, 研究し, 祈祷を, 立って, 立つ積り, 答礼に, 組織を, 腹を, 自分自身の, 被仰つた, 読むという, 運轉し

1 [713件 抜粋] あがきの, あきれながらも, あつて, あの潜水服, あらせられるが, あらためて, あれるやう, いかにも花, いろいろと, うっとりする, おあけ下さい, おいでくだされ, おかかえ, おののいた, おぼつかなくなっ, おれたち人間は, お出し, お城, お届けくだ, お慰め, お擦り, お書き, お死, お気の, お決め, お眼, お約束, お葬い, お見え, お見舞い, お話しに, お調べ中, お造り, お逢い, かういふ自白, かつぎなされ童子, かつて清算, かりにこれ, か盗み出した, こうした事実談, こうと, こう答える, こしらえたの, この事, この役所, この申しわけ, これに, ご自身, さういふ自分, しゃべって, しょうこだてたよう, すぐ城門, すぐ近く大通り, すでに政治的, すらあ, すらあの, すらが事, すらが苦笑, すらそれ, すらもそれ, すら女中, すら心, すら悪い, すら戦ぎ, すら手, すら時折, すら自国, すら自身, すら誰, すら身, すると, ずかずかと, せめて婉曲, そういう評価, そうしたい, そうした小説, そうした物, そう言う, そこを, その, そのかくし, その場面, その待合, その現場, その第一線, その約束, その裏手, その金, それと, それへ, それらの, たえず価値, たしかめに, だんだんそれ, ちとこの, つくる法律, つねに再び新た, でも, とんぼを, どうしてそんなに自分, どうにか身, どうにもならない, どうにも抑えられぬ, どこへでも, どやしつけられるん, なすったわけ, なすつた物語ぢ, はいりましたんで, はっきりたしかめる, はっきり見たい, ひとつの, ふしぎな, ほんものと, ぼくの, まいって, まいること, またお, もう一人, もう来る, やすやすと, やってこなければ, やつた, やぶいて, やや満足, やり了, やり遂げようと, やる段, やれそう, よくわかっ, よく知っ, よく考え, わからぬほど, わざわざお, わざわざ持っ, わざわざ行かれぬで, われわれの, アガーフィヤ・イワーノヴナへ, ザポロージェ人の, タイプライターで, チャント診断し, ノーフォーク警察の, ハンカチの, バクダッドの, ポストへ, ライオン狩りの, 一つ探偵小説を, 一個の, 一同を, 一大事の, 一種の, 万八へ, 上げた, 下りて, 不思議に, 中へ, 丹波へ, 主観的に, 二人を, 云ったひとこと, 云つてらした, 云ふ, 人生の, 今から, 今の, 仕出かしたこと, 仕末, 他からの, 仮名消息こまごま, 仰言って, 会おう, 会得した, 伺えないこと, 伺えませんの, 何かを, 何が, 何にも, 作って, 作つて御覧もつ, 作ると, 作る卑怯, 保とうと, 信じて, 俳諧の, 倉皇と, 僕の, 元へ, 充分愛する, 光を, 入る程, 公表した, 六条邸へ, 具体化し, 処決の, 処理し, 出かけられないまでも, 出した手紙, 出して, 出懸けると, 出来るかの, 出迎え, 出迎えて, 出馬し, 出馬する, 刃を, 刈り取るべきであらう, 判らないほど, 判断する, 別にどうと, 勉強し, 勘定を, 勝手に, 十三絃の, 十分な, 去年の, 参上つかまつる, 取りに, 受けと, 口から, 名乗って, 名乗を, 吹いて, 吹聴する, 味いた, 味気なく思ひ, 命を, 営門まで, 因とも, 堪能する, 墨を, 夕霧は, 外国へ, 夜どおしの, 大蔵省に, 大軍を, 女王たちの, 妙な, 始末を, 姫君を, 娘を, 完全な, 室へ, 寝床を, 寝衣, 寿福寺へ, 封印した, 尊氏を, 小さな手さげ金庫, 少し先, 山科の, 工事を, 工夫し, 希望してる, 床の間に, 弁えて, 弁明されるだろう, 引受け片時, 彼に, 彼女の, 御出張, 御判断, 御存じない, 御工夫, 御撰み, 御文, 御自分, 御覽, 御迎えに, 応接に, 快くお, 思はないで, 恥じない月日, 恨み痩せに, 想像に, 意識し, 感じた事, 感心する, 或る, 或恐ろしい, 戻った, 手紙を, 手綱を, 打つたか, 打鮑, 投函するらしい, 折敷を, 抹殺する, 持つの, 持てあまさねば, 持参せよ, 指図を, 探しあてるまで, 探して, 接待し, 描いて, 握つたこと, 救いに, 文章に, 料理を, 新しい文化尺度, 新しい道, 新らしい, 新代の, 既に美し, 日吉の, 早く門口, 早急に, 明後日午前十時に, 明細に, 是非とも改めなけれ, 書いた, 書いたこの, 書いたごとく巧み, 書いたので, 書いた三字文, 書く, 書くがと, 最も驚いた, 朗々と, 望んで, 朱筆を, 来いと, 来られぬとき, 来ロザリー, 柑子を, 根掘, 格子を, 梳いて, 検めて, 極まるまでと, 様子を, 歌を, 正しいにか, 歩くより, 歯がゆく思っ, 歴史的に, 民主化し, 気がついて, 気違いじみた, 水を, 水口へ, 江東へ, 決めたという, 法の, 洗って, 清算したい, 清算する, 渦中を, 湧き上らせた雲, 満足し, 演奏の, 潰れるもの, 火掻棒に, 点すの, 熊襲を, 物を, 犯人の, 独特の, 独立な, 玄関へ, 玄関まで, 琴, 生活の, 生産的に, 用意する, 申しました, 申し上げたいと, 畠イジリを, 畳みつけて, 疾う, 病的な, 癒さなければ, 発した訊問, 発して, 監視する, 直接の, 相模屋へ, 眼を, 督励し, 知って, 知つてゐる, 知らない間, 研究する, 確めて, 確める, 私が, 私は, 私を, 秘密の, 稽古を, 立上って, 立合うなどという, 第一, 筆を, 箱を, 精図も, 糞土を, 糺したいこと, 紅絹の, 紙を, 紛らわして, 素人の, 結んだ草庵, 縄を, 縫ったり, 縫子の, 美を, 考えたい, 考えること, 考へた名, 考へると, 考案した, 而も, 肥前へ, 肯定するなら, 育って, 能登守を, 臥床を, 自己に, 自決しよう, 自然に, 興味の, 舞いか, 花山院の, 茨を, 葛飾時代から, 行きたいの, 行きづまるところまで, 行ふ, 行脚探索した, 装置の, 裏の, 襲せた, 見えましたか, 見える, 見た, 見たもの, 見ても, 見なおして, 見届けての, 見届けるか, 見舞いに, 解いて, 解決しなけれ, 解決出来そう, 解消せしめなけれ, 言った, 言ってるとおり, 言つ, 言われましょう, 訊きたいと, 訪問あそばされた, 訪問した, 詮議に, 話に, 詳しく調べ始めた, 説明を, 読まねば, 読んで, 読経に, 調べて, 調査した, 諦らめきれない, 警察事務を, 譯した, 豪語し, 負いきるべき御仁, 質問し, 贈り物を, 起さなくては, 蹴って, 身を, 輻射する, 辻堂の, 返しに, 返事を, 返事書きたき, 追つておいで, 送って, 逢おうと, 運び出す, 道場へ, 金を, 針金ねじ曲げ, 鍛った, 鍾乳洞の, 開けて, 阿英, 附いて, 随い, 隱した, 電文を, 電灯を, 電話口に, 静に, 面会し, 面白がって, 頷くの, 食べる物, 飽和し, 齎したもの

▼ 自身にも~ (426, 1.7%)

11 わからなかった 9 分らなかった 4 それが, よく分らなかった, わからなかつた, 私の 3 はっきりしなかった, よくわかっ, わかって, 不思議な, 分らない, 自分の

2 [26件] あった, おかしくて, その時, その理由, それは, どうにも, はっきりしない, はっきりと, ふしぎな, よくわからない, よく分からない, よく分らず, よく分らないらしかった, 一度も, 出家めいた, 分っては, 分らなかったが, 厭に, 始めて, 寧ろ或は, 意外な, 感じられた, 明瞭な, 見当が, 解らぬ, 説明の

1 [320件] ありありと, あります, ある, あるいは誰, あるの, あるので, いい父, いい聞かした, いたずらに, いろいろの, おそらく分らないだろう, おもしろいが, お心, こう云う, この原因, この經驗, こんな質問, こんな風, さつ, さとられるよう, すぐに, すでにいろいろ, すまないよう, すむまいという, するの, そのよう, その動機, その悲しい, その憐れさ, その暖, その配下, それから, それと, それを, だが, ついには, とたんに不安, とらわれない自由, どうしてソン, どうしよう, ない, なぜいけないかは, なぜそうさせ, なぜだ, なぜと, なにか関, なんとも説明, はっきりし, はっきりした, はっきりした見透し, はっきりしやせん, はっきりとは, はっきりわかっ, はっきりわかった, はっきりわからない, はっきりわからなかった, はっきり分らなかった, はつきりわかつた, はねかえって, ふかくめでられた, ふしぎであった, ほんたう, またその, また別れた, まだそれ, まだはっきりわかっ, まだわからなかつたらしい, まだロマンチック, まだロマンチツク, まだ分らなかった, まだ訳, もう一度私, もっとこの, もはや起てない, よくわからなかった, よくわかりません, よく人, よく分った, よく分らなかつた, よく判らない, よく判らなかった, よく解つて, よく解ります, わかったらしかった, わかつて, わからない, わからないの, わからないん, わからない一種, わからない叫び声, わからなかったの, わからなかつたこと, わからぬこと, わかります, わかりませぬもっともっと, わかりませんでした, ナゼだ, ハッキリしません, バカらしい, バルザックの, ミスラ君にも, 一向見当, 一層現実, 三十七まで, 不思議で, 不満だった, 不満足を, 世間の, 之を, 九五の, 了解出来なかった, 予断出来ない, 予測の, 云って, 人には, 人口の, 今は, 今心痛に, 他にも, 他人にも, 他人へ, 伏せて, 何か, 何が, 何だかはっきり分らない, 何となく不, 何んの, 保証出来ない, 信じられなかった, 俳優の, 偶然か, 働きかけて, 僕にも, 僕の, 僕等の, 充分色気, 全くわけ, 全く同じ, 全く思ひ, 其の後, 具體的に, 内々その, 再三負傷, 冗談に, 凡ゆる, 凶事が, 出家は, 分かって, 分からない, 分からなかったの, 分って, 分らないが, 分らない不思議, 分らなかったの, 分らなかったらしい, 分らなかったろう, 分らなかつた, 分らぬ悔恨, 分るまい, 判らない, 判らないらしいこと, 判らない位, 判らなかった, 判らなかったが, 判別が, 判断し, 判斷が, 判明せず, 判然しない, 判然り, 別段御, 加担しない, 勝って, 勿論分りよう, 占領する, 反抗し, 収拾の, 口惜しくて, 可笑しくて, 向けられて, 向けられる夫, 向けられ行動, 向って, 嘗てそれ, 器にも, 多くは, 多少は, 大変世話に, 奥さんにも, 好ましいこと, 婦人にも, 嫌気が, 実際二人, 実際自分, 宿楓橋と, 實に, 尋ね歩きし, 少し腹, 少なからざる, 屋敷中の, 巡歴という, 工匠の, 強く絡, 当時十八歳の, 後ろめたいもの, 得体の, 復讐し, 心付かなかったであろう, 思いも, 思い当るところ, 恐らく分っ, 恥ずかしいと, 息子にも, 悲しい事, 想像が, 意外だった, 意外だつた, 意欲し, 意識し過ぎる, 愛を, 手を, 手落ちあった, 押し隠し考え, 政治に, 明らかに, 明言する, 書いた動機, 書けない立派, 本当に思いがけなかっ, 本来の, 本當, 極めて重要, 楽しんで, 欲しい物, 残った所員たち, 毎日人間の, 毒は, 気が, 気づいて, 気付れず, 氣づかせまい, 水上戦には, 深く憂いて, 混沌茫漠として, 満足感は, 潔いこと, 潜んで, 無理に, 無関心, 然う, 珍らしい, 理解出来ない, 甘かった, 甚助の, 異教徒即ち, 疑われるよう, 疑問だった, 痛切に, 発現した, 直属の, 相合傘の, 真喜に, 着ごころが, 知れぬ, 祕密で, 秘密であった, 筆を, 答えても, 紙屑の, 経験の, 經驗が, 繋累が, 繪畫を, 考へられない, 聞いてる皆さん, 聞かせてるの, 聞かれたくないやう, 聞かれたくないよう, 肯定の, 腹が, 自信が, 興味を, 荷はせ, 見えないよう, 見物を, 見當, 覚えの, 親類一統へも, 解って, 解らないくらいの, 解らないの, 解らない私, 解らなかった, 解らなかつた, 解らぬの, 解らぬ一種言, 解決出来ない, 解釈の, 言い聴かせて, 言って, 言へ, 訳の, 評価され, 説明し, 説明出来ない, 読み書きと, 誰だ, 責任なし, 身分ある, 追, 退院を, 遺憾ながら, 釋く, 長い詩篇, 関係を, 面白かった, 頼りない, 顧みて, 首席で, 驕慢な

▼ 自身から~ (218, 0.9%)

16 出て 8 して 5 進んで 3 いえば, 云えば, 聞いて

2 [16件] そのかみの, それを, です, なの, 云って, 出発し, 分離せられ, 割りだして, 動き行く, 動くもの, 理解する, 聞いた, 自然に, 論理を, 遊離し, 離れて

1 [148件] いうと, いつか聞いた, いふたやう, いふと, いろいろと, おほ, お出ましに, お救い, かまたは, くるこの, さえ一種, したもの, しゃべること, すれば, そのやう, その力, その意味, それとも両親, それとも兩親, それらしい, であった, でさえ, のがれた, まっ先に袁紹, みると, みれば, もらったもの, 一つの, 一応離れ得る, 与へられた問題, 云うと, 享けられる, 人生を, 今度は, 仕向けて, 他へ, 他人に, 伝えた, 何かの, 便りを, 先に, 光が, 入札の, 内部的に, 円光の, 出す舞い姫, 出たお金, 出たもの, 出るもの, 出る火, 出向いて, 出来て, 切り離すため, 割り出して, 力を, 動く現実, 口へ, 叩頭する, 名乗って, 名乗る, 味方に, 命令を, 問わず語りを, 地位を, 常に虐げられ虐げられし, 彼女を, 得たもの, 必然に, 悲嘆や, 抜け出して, 推し量って, 救って, 数奇な, 早くなる, 来たもの, 来る, 来るとは, 来るの, 来る処, 来る客観性, 極めて用心, 横へ, 機を, 正当に, 毎日出掛け, 消費者に, 父兄乃至, 物思いを, 獨善主義, 生れようか, 申して, 申しますると, 申し出たほど, 疑うよう, 病氣に, 発するもの, 発せられて, 発生した, 發せられ, 直接に, 直接意見を, 直接教えを, 真っ先に, 眼を, 私を, 粗野に, 聞いたこと, 聞かされた第三者, 聞くより, 聴いて, 聴くとき, 脱け, 脱出せざる, 自分の, 自分自身へ, 自己解釈する, 舅姑の, 舞って, 芸妓に, 衣子夫人に, 見いだすこと, 見た一元描寫, 見て, 見ての, 見ると, 見れば, 見離されて, 解放され, 言い出したこと, 計っても, 討って, 起ると, 起るもの, 身を, 軽蔑される, 迎えた客, 返事を, 迸り出るそれら, 逃げること, 遠ざかるだけ, 遠ざかるに, 遠距, 阿諛的に, 隔離し, 頂きます, 飛び出した, 駒を, 高取の

▼ 自身~ (218, 0.9%)

6 いえども 5 なること, 同じよう 4 雖も 3 他の, 同様に, 彼の, 自分の, 関係の 2 する小説, てこの, 一つの, 他からの, 私たちの, 鑑賞家との, 關係の

1 [169件] あの殺人事件, あまり直接, いえど, いたしましては, いふよりも, おなじだった, おぼしい伸子, きては, くらべて, このスポーツマンシップ, さへも, すれば, そう三方, そしてほか, そっくりの, その人, その心理的, その政策, その方針, その環境, その直属軍, その腹心, その自分, その芸術, その論理的機能自身, たいして変わらない, たえず対語, ちょうど同じ, とてもよく似た, なられる時, なる, なるという, なるの, なんの, ふたりで, ほとんど関係, むかしの, われわれの, フィラデルフィア管弦団の, フョードル様の, マルグヴェンより, 一つである, 一つな, 一体ど, 一分一厘も, 一致する, 三人鼎坐し, 争った, 云えば, 云っても, 人々の, 人生に, 他から, 何かしら, 傍に, 全人生, 全身の, 共通な, 其他あらゆる, 其配置が, 劇的な, 印象の, 印象追跡とに, 古今集の, 可なり, 合体し, 同じくらい, 同じく他人, 同じく唯一, 同じく純潔, 同じく陰鬱, 同じほど, 同じもの, 同じ場所, 同じ直衣姿, 同じ能力, 同じ階級, 同一であり, 同様です, 同様運に, 同樣, 同類の, 吾, 周囲とが, 周囲との, 周囲とを, 外に, 外界とを, 外界の, 如何に深い, 妻とを, 姪との, 定まっては, 定まつて, 家族と, 密接な, 寸分顔形の, 対手との, 対立する, 対立せしめられ, 専門的な, 差し向かいに, 帆村深山理学士白丘ダリアとを, 平次の, 彼らの, 彼れ, 後へ, 御自身, 思わされて, 想像する, 意識の, 意識自身とは, 愛する人々, 感じて, 技術とで, 折衝を, 抱え主とで, 放蕩無残な, 斯く批評, 新聞社当局とが, 旧勢力, 星田と, 普通人との, 木隠, 未来について, 次郎との, 正確に, 水の, 河北に, 烈しい胃病, 無理矢理きめ, 環境に, 皇族のみ, 直吉を, 相談し合っ, 矛盾する, 笠支配人とが, 等しくしかも, 細君の, 胸の, 自然科学とから, 舜とを, 著者の, 蓄音機との, 虚僞との, 血の, 見なされる職分, 見なし奉った宮廷, 見なし奉つた宮廷, 見做, 言い触れさせ命, 言ひ, 認められて, 語り合う思い, 諸君が, 貴方と, 距離を, 連絡し, 遊ぶこと, 間断なく, 関係が, 関係を, 闇とを, 闘うよう, 雖ども予知せざる, 離れたもの, 静止自身との, 面を, 顏囘との

▼ 自身では~ (196, 0.8%)

27 なくて 16 ない 10 なかった 5 ないの 3 あるまいか, ないか 2 あるまい, なく単なる, 俯仰天地に, 全くその, 少しも, 非常に

1 [120件] あまり器械いじり, あまり気づかない, ありません, あるけれども, あるまいかとすら, ある確信, いつも知名, さよう, するの, せっせと書き続け, そういうこと, その後二三日ち, その発明, それで自分, それには, それを, それ相応な, そんなつもり, たいしたこと, できないこと, どうする, どうでいらっしゃいます, どうにも, ないから, ないが, ないこと, ないだろうか, ないと, ないという, ないまた, ないわけ, ない併, ない却って, なかったであろう, なかったろうかと, なかつたらうかと, なく, なくして, なくその, なくなって, なく同時に, なく寧ろ, なく当初, なく所内, なしに, なれなかったけれども, ひどく天才, まじめ一方な, まだ何一つ成功, まだ憑かれた, まだ科学方法, まるで知らない, もうあんたはん, もっとも厳格, わからない, ドウ思っ, 一つ一つと, 一ぱし化けお, 一向危険, 一応当然な, 不可能である, 与り知らない或, 中宮が, 人民戦線自身の, 仏教という, 何とも返辞, 何も, 何ら時代, 何一つ楽しみ, 何物でも, 使用せずし, 別に自慢, 動も, 右へも, 同じ事柄, 名状の, 大したこと, 大真面目, 妙に, 娘の, 少しは, 年齢を, 彼の, 御命数, 忘れること, 怒った調子, 思召した, 恭一さんに, 成功は, 朗讀が, 横に, 樺太から, 欠けたるもの, 欲張って, 正しい啓蒙, 此の, 母の, 気がつかないの, 気がつかなかったけれど, 気づき得ないの, 気の, 永久に, 決して通俗的, 無力な, 独立し得る, 田舎は, 畜生谷の, 皆相当に, 相当に, 相当重症, 知らなかったが, 確実に, 私の, 自分の, 自由人と, 自由行動の, 表現する, 誰に, 誰にも, 論理的で

▼ 自身には~ (193, 0.8%)

9 何の 3 それが, 勿論あらゆる, 少しも 2 そうやっ, 仕合せか, 何も, 気が, 生憎良心, 見えるもの

1 [163件] あまりにも, いくぶんか, いまだかつて砂糖, いまだ一度, いやであり, けっして悪しく, この変化, この点, この現実, この芸, そういう経験, そうした苦しい, そのこと, そのよう, その仮説, その内容, その正反対, その資力, それを, そんなきどり, そんなり, そんな事, そんな勇気, そんな心配, そんな覚え, ちょっと珍, つきりと, つきり解つて, どうする, どうでも, どこの, ないの, なかった, なかなか忘れられない, なくても, なぜ書かれぬ, なれないで, なんとも痛み, なんの, はなはだ平凡, ほとんど何, やめること, よくわかつ, よく分つた, よく解つて, ソンナ患者を, ハッキリわからない, ピッタリした, ペダンテックな, マイナスに, 一つの, 一度も, 丁度適當, 不本意, 人の, 今日が, 他人の, 何と, 何とも云えず, 何らかの意義, 何んとも, 何等の, 偶然では, 元来別に, 全く無意味, 全く自然, 全然責任, 分からないの, 分らない, 分らないけれど, 分らなかつた, 判らない, 判らないけれども, 別に, 勿論彼, 右も, 嘗て左, 固より, 土に, 堕落した, 大いに好意, 大して気, 大体歓喜に, 失恋の, 女としての, 如何とも, 如何な, 如何やう, 存外容易, 安易で, 寛大だ, 対者に, 封じられて, 専門に, 少しの, 差當り, 常に一つ, 常に否定, 平凡でも, 彼女の, 後ろ暗い, 御所の, 御立派, 必要であろう, 思いがけないこと, 思われて, 感じられた, 手足を, 技芸の, 捨てられない絆, 方向も, 旅を, 旅客の, 日課七万遍の, 明瞭至極で, 明確に, 暗いこと, 暗い死, 未だ一度, 次郎が, 気に, 永遠のみ, 決して過去, 深い考, 深刻な, 無内容, 独立自, 理論的に, 用は, 病氣で, 痛切な, 知られて, 知れないで, 確実に, 私も, 紐と, 考えられぬくらいの, 自分でなけれ, 自覚し, 芸州へ, 薬を, 血を, 褒め過ぎとは, 見えない, 見られない集団法則, 見当の, 見逃しの, 解しかねる, 解らなかつた, 言つてゐる, 認め難い, 誰も, 責任が, 責任の, 赤の, 関わりない, 関係なく, 限度が, 非常な, 非常に, 非議すべき, 風聞としてさえ, 高い位置

▼ 自身でも~ (178, 0.7%)

6 それを 3 ない 2 ある, おいでに, 何も, 兄妹の, 承知し, 知って, 知つて居まい, 自分が, 自分の

1 [151件] あつた, あとで, あること, いうと, いざ新しく, おそらく人, おもしろいとも, お認め, きまずく恥ずかしく思っ, ここから, この世の, これとは, これは, これを, さうなければ, さっきそんな, すでに世にない, そういっ, そうと, そう感じ, そう生れ, それに, そんな気, どうにも, どうにも支配, ないそう, なくおばさん, なく器, なければ, なんだかよくは, はっきり是認, はっきり説明, ふかく以前, ほんとうの, また, またやった, まだはっきりしてる, まったくわからない, みんなが, めったに口, もうこの, よくこんなに集めた, よくわかっ, よくわからない, よく分っ, よく説明, よけいな, 一つ二つ手を, 一口云わない, 一寸喫驚した, 不思議だ, 不愉快です, 二条の, 人に, 人知れずそれ, 今日有っ, 他人の, 何かの, 何が, 何となく空虚, 何を, 何んだ, 何度も, 供述を, 健気な, 僕を, 入らしったり, 出かけて, 分らなくなって, 判つてゐた, 前田氏が, 口癖の, 吟味し, 図を, 地主自身でも, 夙くに, 多少の, 娘に, 実は少々, 少數, 左右し得ぬ, 常識としては, 平常は, 式が, 彼の, 御許容, 微音, 心を, 念じ入って, 思いがけなかった, 恥ずかしい気, 惚, 意外だった, 意外な, 意識しない, 憤りや, 或いは僕, 振仮名を, 明日は, 様子には, 歌を, 歌境が, 歯痒く思ふ, 気が, 気づかずに, 気づかないうち, 気づかない間, 気づき始めた, 気にいって, 気にいらないの, 気の, 気を, 氣まりの, 流石に, 燃えない炉火, 特に念, 疼痛に対しては, 眼中に, 知らないだろう, 知らなかった, 笑いたくなりは, 考えて, 考え考え云うかの, 聯想に, 自から, 自ら欲する, 自ら癩に, 自分を, 船板を, 行きたいと, 見るたび, 見るの, 見分けがたい, 見当が, 親の, 解らないまま, 試みて, 認めうるの, 説明しかねた, 説明に, 調べる価値, 識別できぬ, 釣に, 陸なら, 集め人, 青年たちと, 非常に, 頷けます, 驚いた, 驚いて, 驚く程

▼ 自身によって~ (115, 0.5%)

8 あり自己自身, 理解せられる 3 ありそれ自身, あるもの, ある実在, 動き行く, 存在する, 自己自身を 2 ある実体

1 [79件] あるいはその, ある真, いったん固く, かきまわされこわされ読者, きびしく監視, その文筆的労作, である, でなければ, では, 云わば, 云われて, 企てられるもの, 何事も, 作られかつ, 作られたもの, 作られること, 作り出された現代, 働くもの, 充分意識的に, 克服される, 判断する, 別な, 利害や, 動くもの, 動員された, 単なる普遍的関係, 却って各, 却って正に現在, 変化を, 定められた, 実質的に, 容易に, 対象の, 屡々取り扱われた, 平気に, 必然に, 支払われるであろうから, 文学的にしか, 明かであること, 明かであるであろう, 明かなもの, 書かれたいかにも, 書かれた今, 書き伝えら, 構像せられた, 決って, 決定される, 決定する, 独立せる, 理解する, 生かされて, 生まれ得たとは, 用いられた立場, 真なる, 知られ読者, 知識を, 私に, 統制され, 考えられて, 考えられる処, 考えられ得るという, 考案され, 考案された, 自己を, 自己否定は, 自発的に, 行われたから, 裁かれること, 規定しよう, 計画や, 認められたわけ, 認定された, 述べられて, 邪魔で, 開かれた, 限定する, 随筆化された, 類型化され, 馘首され

▼ 自身としては~ (98, 0.4%)

2 形の, 明かに

1 [94件] あまり勢力, いろいろの, おそらく一国, きおい立ち勢一杯, くだらないもの, この問題, さう, さして危, しごと, せっかく北陸探題, そうである, その信念, その白兵戦, その経験, それ以上はるかに, そんなに辛く, そんな表現, たくらんだつもり, たとい将来, ちよつと, とるに, まことに同情, まだ決してあきらめ, もっとちがった, ブルジョアジーの, リアリズムの, 与えられて, 中園という, 主観的な, 人口増加にとり, 今は, 他愛も, 何ら重要さ, 何を, 何一つのこし, 侍が, 共同に, 勢一ぱいの, 十分信じ得る, 可なり, 地上における, 大した価値, 大してちがい, 奇妙に, 学びとろうと, 完全な, 寧ろ逆, 将来は, 小説を, 少しも, 常に例外, 彼が, 必ずしも国民精神総動員的, 悪である, 持って, 新しい金属, 方円の, 日本の, 本当にそれ, 本望で, 格別の, 極めて生産的, 正に一個, 正当でありうる, 武器を, 残念で, 毛頭そんな, 毫も殺人, 気持に, 決してふざけ, 物ごとが, 現代的通用性を, 理解されるべき, 生活は, 相互の, 穀粒から, 穏当な, 空前絶後の, 精一杯の, 絶対的でない, 罪悪及び, 胸の, 自分の, 自由結婚の, 自覚せられず, 良い着想, 蘇州銀行と, 言葉ほど, 返上したくなる, 送られたこと, 道徳的と, 青年の, 題材の, 類概念である

▼ 自身その~ (89, 0.4%)

2 ような, 場に, 思想が, 武器の, 気で

1 [79件] お言葉, きっかけに, ことに, ことを, じゃらされるおくら, ために, ための, なわじりを, カーテンを, ハンド, 不健康なる, 不幸の, 不用意を, 世界の, 中の, 中世的な, 中軍に, 人の, 企業家サボタージュと, 低下を, 作品で, 例の, 価値を, 値段なら, 先に, 全体の, 兵を, 兵団や, 写真を, 反動でも, 取捨に, 唯一の, 問題に対する, 固有の, 国の, 地に, 場へ, 墓穴を, 声を, 失敗を, 宿屋に, 宿弊を, 工場に, 幻想者と, 序文の, 役に, 怖ろ, 感じが, 手当を, 指揮に, 時の, 時知っ, 暴力に, 本を, 焼き直しを, 理想に, 生活と, 用語例にのみ, 男を, 目的その, 真実を, 研究を, 箱の, 罪なき, 罪を, 腕さえ, 苦しさ, 苦しみの, 苦痛を, 行動に, 製作, 要求を, 言葉に, 言葉の, 誘因を, 豚共の, 責任を, 邸宅に, 除幕式に

▼ 自身に対する~ (77, 0.3%)

3 一種の, 苛立たしさ 2 心理的興味の, 怒だった, 我我の, 私の, 需要を

1 [61件] あらゆる異性, あらゆる階級, おくれがち, のと, また世の中, また二人, また富子, みじめさやを, もので, ものとも, ソンネットの, 不信だ, 不快とを, 不満足から, 事で, 仕事である, 何かの, 信念を, 偽りを, 出資社員であっ, 厳しい批判, 反感では, 反抗であった, 反抗心が, 反逆の, 呪わしい気分, 哲学的反省も, 好感が, 嫌悪の, 客観も, 尊敬と, 彼の, 待遇である, 悔恨が, 情けなさ, 情無, 懐疑, 懐疑の, 批評と, 政治家乃至, 方法論主義と, 暗い懐疑, 望みでした, 深い同情, 測量柱が, 満足と, 漠然とした, 激しい真剣, 統制は, 腹癒せであった, 腹立たしさ, 自信に, 虚勢である, 観念は, 言いわけ, 言いわけ以上, 註文な, 責任を, 軽い腹立ちまぎれ, 関係に, 関係或いは

▼ 自身として~ (75, 0.3%)

4 表象される 2 一つの, 批判されね, 生きたいだけ, 見られるならば

1 [63件] あまり高く, いつも具体的, かなり美しい, すばらしいもの, そのどちら, それ自身において, つねに単純, では却って, どんなこと, どんなに立派, まず横たわる, みても, ユークリッド乃至, 一種の, 与へ, 人口を, 人間力の, 他の, 創作についての, 即ち他, 又自分, 取扱わるべきで, 善きもの, 喜びと, 存在する, 強固でない, 強烈で, 性格づける, 恥入りまする, 意味を, 愛し心, 感じて, 或る, 排撃せらるべき, 既に確乎, 最近確立され, 歌ったもの, 毅然たる拠り, 比較する, 決して孤立, 演劇の, 独立し, 独立した, 現代に, 現実の, 生命がけ, 直接に, 相当の, 社会に対して, 笹村を, 絶対性を, 絶對的に, 考えないという, 表現する, 見て, 見れば, 観られた場合, 観察し, 觀られた, 計り知る, 重大な, 限定された, 雑誌編集という

▼ 自身をも~ (67, 0.3%)

5 含めて 2 忘れて, 第三者の

1 [58件] いやに, こめて, その物, その非難, それから僕, つき離して, ほしいとは, 亦知っ, 代表し, 修養しなけれ, 傷け, 入れて, 全くつき放し, 冷やかに, 冷靜に, 包む広い, 又他人, 取り扱わなければ, 同様に, 否定し, 含ませて, 含め考えさせそれ, 含んで, 吹きまくる旅人, 哀感の, 嘲笑する, 圧倒し, 害すること, 容赦しなかった, 少しも, 影の, 彼の, 忘れはてた, 愛させようと, 慰めずには, 救うため, 救おうと, 欲せぬ, 殺す結果, 比較的手軽く, 滅亡せしめる, 焼かずン, 犠牲に, 犧牲に, 疊の, 登場させ, 相手をも, 知らず識ら, 私をも, 自然自体の, 苦しめるやう, 苦しめる間違つた態度, 裁いて, 負って, 赦すこと, 遂に真に救い得ないで, 顧ず, 驚かした程

▼ 自身である~ (65, 0.3%)

7 ことを 3 かのよう, ことは, ところの, ような 2 かのやう, から, ということ, と同時に, 事を

1 [36件] かそれとも, かのごとく, かもしれない, かも知れない, からそれ, からには, が, が月給二十円也, ことが, ことそして, ことその, ことに, こと徒らに, そうです, それゆへ, ための, といふこと, とかメリメ, としなけれ, とともにまた, とは思う, と主張, と公言, によって当然, ので, ので気の毒, のに, ばかりで, やうな, 主人公が, 之れ, 又論理, 彼に, 戸の, 筈が, 進化律は

▼ 自身にとって~ (56, 0.2%)

1 [56件] いかがわしい関係, およそ単純, この話, こまったよう, これは, これほど, こんな異様, その害悪, その直截さ, それが, それぞれ真面目な, それは, とんでもない, どうで, どのくらい, どのよう, どれだけ, どれほど, ぴったりした, ほんとにくやしく切ない, もはや充分, インテリ問題の, 一つの, 一層世界, 下らないこと, 不意うちだった, 何よりも, 克服し, 具体的な, 勇敢に, 単に外部的, 可なり悲観的, 存在と, 必要な, 或る, 批評が, 明晰判明な, 曖昧にしか, 最も幸福, 最も自然, 最大の, 極めて重大, 殆ん, 疎外的である, 第一義的には, 終局的な, 繰り返し繰り返し問題, 自信の, 至極重大, 見れば, 言わないでも, 迷惑な, 重要な, 野球部が, 非常に, 馴れないもの

▼ 自身よりも~ (56, 0.2%)

2 ソヴェートよりも

1 [54件] いっそう判明, いっそう親愛, いっそう過激, かえってしっかりした, かえって自分, こうした音楽映画, さらに大きな, さらに強い, ずっと危険, その間の, たまり兼ねたもの, なおいっそう, なおよく, ほかの, まさろうと, むしろ他, もっとローマ的, もっと早く, もつと, よく知っ, よく見抜い, より有能, ソヴィエットよりも, デンマルクノルウェイスウェデンの, 一層判明, 作者の, 偉大な, 健康でした, 君を, 大きいもの, 大きい平均密度, 大事に, 子供を, 実物に, 府市会議員の, 当の慶太郎, 彼女の, 徴兵延期を, 悲しい思, 支配人が, 文七の, 日月星辰の, 更に僕, 灸を, 真理を, 結構な, 背の, 賢いこと, 遥かに, 郷土研究家島袋君が, 重んじようと, 金の, 長屋の, 青江だった

▼ 自身~ (55, 0.2%)

19 のだ 12 のである 2 のかも, のであった, のであります, のです, んです

1 [14件] のか, のが, のじゃ, ので, のでありました, のであろう, のでございます, ので上官, ので進ん, のにここ, のは, んだ, んでございました, んの

▼ 自身にとっては~ (55, 0.2%)

2 すぐ様そう, それは

1 [51件] かなしいひやっこい気持, この哲学, この頃, すでに単なる, そうな, たいへんいい, ただ一つ, どうでも, どちらも, むしろ顧みられぬ, もっとも具合, 一時期を, 一種の, 下手な, 些細な, 他人である, 偶然である, 全く思い, 出来るだけ, 卑小に, 問題は, 地獄の, 外部から, 大した迷惑, 夫が, 学問の, 実に非常, 実はどう, 実は歴史的原理, 必ずしも物好き, 恥辱であり, 悲しむべきこと, 感謝しなけれ, 本書の, 本気で, 極めて自然, 死刑は, 決して夢, 決して笑い事, 決して親切, 没落する, 火事と, 無くては, 無自覚な, 無駄な, 特別な, 確実な, 私の, 絶対な, 興味の, 非常に

▼ 自身において~ (50, 0.2%)

2 もって, 基礎附けられ, 形相的に, 許すこと

1 [42件] ある存在, ご決定, それだけの, なんらか, もつて, 一つの, 一種の, 他を, 其を, 具象化され, 卑怯である, 吾人の, 国法の, 存在し, 存在する, 安心を, 完了し, 完了した, 完結した, 必ずしも不可能, 愉快である, 愉快な, 明晰に, 時勢の, 最高度, 深く生きよう, 満たされうると, 独立に, 矛盾であります, 積極的に, 経験しなかった, 絶対的自由即ち, 考えられるかぎり, 自ら発奮興起し, 自証しよう, 製造業及び, 見出した, 観られそれ, 觀られ, 解脱せる, 道徳的存在である, 限定され

▼ 自身に対して~ (50, 0.2%)

2 最善の, 汝と

1 [46件] いよいよ第三者的, いろいろの, けっして否定, さえそう, さへ, しつかりした信頼, すまないと, そして句作, それからお, です, なす一連, なす販売, またかの, 丈けは, 不当だ, 云った, 全身全霊を, 厚意を, 反抗しなけれ, 口惜しかった, 名状し, 問わなくては, 国民は, 心を, 思想的に, 恥かしくない, 恥じるの, 根性悪く, 正直である, 気むずかしげ, 特別な, 疑いを, 神の, 穏当でない, 笑い物と, 約束を, 絶えず自分, 腹が, 自分の, 苛酷でないなら, 言訳が, 課して, 責を, 責任を, 酷く憎悪, 間接な

▼ 自身すら~ (47, 0.2%)

4 いとほし 2 心が

1 [41件] いとおしんで, うつかり疑ひ, その渦中, それが, それのみが, どうする, どうな, びっくりした, まだはっきりと, まるで気, むずかしくあった, 兵事と, 内心驚目したであろう, 再びこの, 医者として, 古物語の, 妙に, 彼と, 往々に, 心づかずに, 思いも, 思ひがけ, 思ひも, 早くから不純, 暇を, 此の, 気が, 気づかずに, 気付かぬところ, 漸く其拍子, 独立な, 疑は, 知らない心, 知らない間, 自分が, 自分に, 苦笑を, 装飾品を, 豚の, 遠慮を, 驚嘆する

▼ 自身さえ~ (43, 0.2%)

1 [43件] あきらめなければ, ある夜, この二つ, この洪水, そう問われ, そう考え, そのこと, それが, ほとんど忘れ, まだ普通選挙制, みずから気づかず, もはや故国, やって, やはり他人, わしが, 不思議な, 不思議に, 予想しなかった, 他の, 何う, 何か, 信用し, 充分に, 全く見当, 南へ, 意識出来なかった, 我が手術, 戯作として, 早待った, 昼夜を, 気がつかず折, 潔白なら, 知らずに, 知らない, 知ること, 笑い出すおかし, 結局観想の, 自身を, 興覚める, 舌を, 行路病者だ, 関係した, 頼りに

▼ 自身について~ (39, 0.2%)

3 いへば 2 いえば, 云うならば, 云えば, 私は

1 [28件] その秘訣, はっきりと, ゐる一切, 一言も, 云ってるの, 云へば, 信じること, 割合客観的でない, 反復熟読せられ, 悲しむより, 次の, 深く考えた, 無関心な, 物体的な, 物體的な, 発見し, 眺め得る最深, 考えさせたの, 考えて, 考へて, 考へる, 自分の, 言えば, 語り出した, 語るの, 語る趣味, 語れば, 部屋という

▼ 自身それ~ (37, 0.1%)

2 に就い, をはっきり

1 [33件] がた, が立証, が非常, に乗っ, に動いた, に気がつい, に気がつかない, に近づい, に近づく, に追いつきかね, に酔う, に錠, の基本的, は人間, は無理, まで細かく, をちやん, をふりかざし, をもっ, を云ふん, を作り, を信じ, を判断, を増加, を幇助, を心得, を感ずる, を歌っ, を気, を知っ, を自覚, を裏切っ, を認め

▼ 自身たち~ (35, 0.1%)

5 も田 4 のふ 3 の教

1 [23件] が教, であること, で検察隊, についての祈り, のふがいな, の仲間, の作った, の出, の命, の室, の悲しみ, の教える, の文学, の文学的要素, の明日, の歴史的未熟さ, の生活, の社会的条件, の身, の領内, は夜ふけ, へも魔, 食う米

▼ 自身にさえ~ (33, 0.1%)

1 [33件] その腹, はっきりとは, はっきり肯定, ほんとの, よくわからない, わかりませんでした, 今でも, 分からなかった, 分らないかも, 同じ人間, 奥歯に, 子供の, 己は, 広い大きな, 彼は, 彼女の, 心細い有様, 思えない節, 恐怖を, 想像の, 意味不明の, 愚かな, 明らかだ, 明瞭に, 気取られないよう, 甘や, 突拍子なかっ, 立ち合っては, 聞えない, 自分が, 見向きもされなくなって, 計られん, 隠そうと

▼ 自身にとっても~ (32, 0.1%)

1 [32件] うそは, けげんであろう, この女, すでに早く, そしてもちろん, その直感, それは, むしろ悲惨, われわれにとっても, 人々にとっても, 何という, 何となし, 前途への, 十分新らしかるべき, 存在する, 弱い一点, 思い出の, 思い掛けなかった, 悲しい結果, 憧憬煩悶反抗懐疑信仰いろ, 数百もしくは, 日が, 最も血肉的, 有害である, 気まずいこと, 決して不快, 聖なる山, 自信ある, 言葉の, 身を, 迷惑な, 驚くべき大

▼ 自身への~ (31, 0.1%)

1 [31件] えぐい眼, きびしさ, アラームであった, モットウです, 一種の, 云いわけ, 低くつぶやく, 刑罰の, 反撥をさえ, 口実の, 同情心が, 哀歌を, 土産に, 強要された還, 思いやりという, 意地で, 意地であった, 敗亡です, 未来は, 甘えが, 申分け, 精神的な, 約束を, 苦言では, 規則である, 貞操を, 責任は, 過去を, 闘いも, 隔りの, 高潮した

▼ 自身~ (31, 0.1%)

4 自身の

1 [27件] その他おもに, その他の, または同様, プロレタリア自身では, ルイザの, 両親に, 他人の, 凡ての, 又は多少, 友人の, 周囲の, 多くの, 大地が, 妻を, 子供の, 家族の, 家族を, 家族達は, 悪魔や, 敵人種の, 父母弟妹の, 社会を, 科学的精神は, 詩人自身でさえが, 話の, 身近い, 長谷川が

▼ 自身一つ~ (30, 0.1%)

2 のイデオロギー, の最後, の模倣

1 [24件] の世界, の企業, の価格, の創作, の原理, の哲学, の哲学的態度, の実践, の客観, の巨大, の性格, の技藝, の歴史的限界, の独自, の生物, の直観, の矛盾, の社会的事件, の空想, の統制, の美徳, の虚偽, の誹諧, の超越的

▼ 自身~ (29, 0.1%)

2 ということ

1 [27件] かどう, からである, がなお, つたで, つたと共に, つたのである, つたらしい, つてそんな, つて見ない, つて言へる, つて驚くだらう, といい, というの, という点, といったところ, とさえ云わね, とすれ, とでも云う, とみる, と信じ込ん, と思い始めた, と昂然, と知る, と言, と言っ, と言つて, んだ

▼ 自身この~ (28, 0.1%)

5 おれを

1 [23件] おれに, ような, よさ, 企てに, 半可通な, 名を, 国の, 場に, 大乱やら, 大自然, 役を, 数日の, 方面へ, 時代を, 決議を, 演出を, 点の, 町で, 碑を, 科学的精神に, 耳で, 辺は, 邸まで

▼ 自身とは~ (28, 0.1%)

3 異った

1 [25件] それとは, やっとの, われわれ個々の, 一体どんな, 云うまでも, 何の, 全く関係, 全体何んな, 別では, 境遇の, 容貌に, 握手した, 特に直観, 独立に, 異る, 縁の, 縁遠いもの, 考えられぬもの, 能く, 言えその, 言へ, 詩に, 質量ともに, 非常な, 飽きるくら

▼ 自身でさえ~ (27, 0.1%)

1 [27件] あり得るの, あるいは, こう早く, こんなに不愉快, その理由, そんなに細かく, どうしてこうも, ほんとうの, よくこんなに飲ん, 予気し, 今では, 今僕の, 少し可笑しい, 幸福に, 彼以上に, 御像, 心臓が, 時には, 槍を, 段々消え, 無頓着, 疑わなかった, 自分の, 自身が, 身内に, 遊星を, 驚くよう

▼ 自身としても~ (27, 0.1%)

1 [27件] この瞬間, すこぶる勤勉, そんな貯金, まだ助手, まだ結論, もし君, やましい罪人, 不幸に, 企業家に対して, 先ずこ, 先づこ, 内心では, 名探偵, 君の, 大した智恵, 妻の, 当然考えなけれ, 御多分には, 恥ずかしいこと, 日本に, 未醒号を, 終結しない, 絶えず夢, 色々と, 詩人に, 遠く東海の, 非常に

▼ 自身~ (25, 0.1%)

3 いって

1 [22件] あてた手紙, いいわけ, きかせる独り言, こんなよう, さえも, むかって, 云うよう, 云つてやりたい, 反れるの, 向かって, 向って, 巣くう生半可, 感じられて, 戒めて, 断乎命じるごとく, 正當, 結びつけるという, 考慮の, 言い聞かせるよう, 言つてゐる, 謀反する, 近づかしめるもの

▼ 自身~ (24, 0.1%)

3 へそれ 2 へ稀

1 [19件] へこの, へはかない, へもその, へも独逸的, へも認めた, へやはり, へ一つ, へ先生, へ取復す, へ大抵, へ學校, へ思ひ遣り, へ悉く, へ此二つ, へ気付かぬ, へ無事, へ知らない, へ苦しい, へ身

▼ 自身との~ (24, 0.1%)

2 間に, 関係を

1 [20件] あいだの, あつれき, うちに, けじめは, けじめを, より高き, 一致を, 何かの, 心掛次第で, 怨恨が, 渾一の, 画境を, 精神的類似に関する, 血が, 誓いは, 連関の, 関係, 関係が, 関係そこに, 隔たりを

▼ 自身に関する~ (24, 0.1%)

2 かぎりこの, ことであった, 種々の

1 [18件] ことが, ことだ, ことについては, ことには, ことは, ものであり, ものである, 一切の, 事を, 事以外の, 事実より, 新聞の, 時つまり, 満足な, 部分だけを, 限り問題とは, 限り生活の, 限り過つ

▼ 自身~ (23, 0.1%)

3 背負に 2 遊びが

1 [18件] うごきある, ことばの, たずねするであろう, はなしなされ, 一人の, 上品ぶつた, 仕組みに, 会いに, 友だちなんかも, 宗さんには, 思いには, 持ち合せ, 書きに, 氣附き, 経の, 編みに, 見つけに, 踏みこみなされいでも

▼ 自身であった~ (23, 0.1%)

4 のだ 2 のである, 処の

1 [15件] かも知れない, から, からその, からで, がいつも, が今, ことは, ことも, ことを, ということ, とか, とは, のかも, のであろう, ようだ

▼ 自身によ~ (22, 0.1%)

3 つて存在する 2 つて作られた

1 [17件] つてある, つてしか, つてでは, つてはつきり, つて作られる, つて再生する, つて明かである, つて明かであるであらう, つて明かな, つて構像せられた, つて物語られ, つて生まれ得た, つて目醒まされた, つて眞なる, つて知られ, つて試みられなけれ, つて語られる

▼ 自身による~ (22, 0.1%)

1 [22件] その統制, のでなく, ジャーナリズム的検討は, 光の, 制約は, 取捨に, 憲政擁護運動を, 文化の, 文化的統制そのものまでが, 文化的統制力にまで, 文化統制の, 生活表現としての, 社会主義建設の, 科学的研究法乃至, 組織として, 組織の, 組織性を, 統制と, 統制は, 自由で, 自覚と, 邦訳も

▼ 自身自分~ (22, 0.1%)

2 の肉体

1 [20件] のうけとり, の全, の女, の宗旨, の小遣, の幕営, の心, の文体, の書く, の流謫, の考へ, の職業, の胸, の言う, の言葉, の資格以上, の迂闊さ, も半面, を信用, を花

▼ 自身だけ~ (21, 0.1%)

5 では 2

1 [14件] だった, だったの, だろう, で, であった, であったかも, でその, でひそか, で地上的, で客観的, で部分, なの, らしい, 照し

▼ 自身までが~ (21, 0.1%)

1 [21件] うっかりその, うつかり, きょとんと, その一部, その気, それを, たまらなくなり, なった気, ぼんやり二重に, ぼんやり二重にな, 一定不変な, 一種の, 写さるる狂的, 冷淡な, 妙に, 引っぱり出された, 情なくなる, 憎くて, 手伝つて目の, 本当の, 笑顔に

▼ 自身~ (20, 0.1%)

2 あるいは蚊帳越し, さもなく

1 [16件] あるいはその, ういつて, さう, それともあの, それとも又絵巻物, でなければこの, またはその, もしくはその, ような, 今は, 呉一郎か, 女たちか, 少なくもその, 自分の, 若しくは椿子, 藤房か

▼ 自身にと~ (20, 0.1%)

9 つても 7 つては 1 つてすら, つて最初の, つて親子の, 止むる妻

▼ 自身~ (20, 0.1%)

1 [20件] かそこ, かたつた, かもっと, か何, か神秘的, か詭弁, のこと, のたのしい, の理由, の目的, の経験, もはっきり, も考え, も聴い, をそんなに, を云おう, を云っ, を喋っ, を喋つて, を考え

▼ 自身すでに~ (19, 0.1%)

1 [19件] あんな虚偽, いわゆる女らしく, そうした戦い, その経験, 一つの, 一個の, 五瀬命という, 哲学を, 形而上学的なる, 恋愛以上の, 斥けら, 時の, 歴史的な, 母の, 浄められた, 神の, 自然主義へ, 表現的な, 道徳的

▼ 自身また~ (19, 0.1%)

2 彼らに

1 [17件] その仲間たち, その後この, その由来, その説, ひとつの, 他より, 少くとも, 思想の, 技術的に, 朝鮮関係を以て, 木乃伊と, 気の, 石に, 神さまの, 立って, 街亭の, 非歴史的

▼ 自身としての~ (18, 0.1%)

1 [18件] ママへの, 一つの, 人口であり, 価値によ, 問題文学の, 回顧や, 均衡の, 存在を, 実体性を, 心持を, 概念であるなら, 波瀾は, 発想では, 真面目な, 穀物の, 答えを, 芸術的境地を, 食物である

▼ 自身これ~ (17, 0.1%)

1 [17件] が染上げ, に対して闘い, に当るべきである, へお, へ迎え, まであまり, までに通つて來, までよりもずっと, も気力, を喰う, を扱う, を捕らえ, を率い, を目撃, を調べた, を赤大根, 迄そういう

▼ 自身にすら~ (17, 0.1%)

5 忘れられて

1 [12件] はっきりと, 他の, 何でここ, 判りません, 反感を, 思い付かない, 氣づかれず, 物すごいほど, 眺め得られないだろうこと, 細かく解剖, 聞かせたいやう, 複雑な

▼ 自身まで~ (17, 0.1%)

2 獣の, 疲れ果て泣き出しそう, 肩身が

1 [11件] いやに, かなり意識的, すっかり見失っ, とりかえしの, 何か, 出向いて, 同一な, 数えて, 敵に, 法縛り, 鎗を

▼ 自身だけの~ (16, 0.1%)

1 [16件] ことで, ことを, ものと, エイ智以外には, 一ぱいの, 事が, 力と, 始末を, 娯しみに, 家の, 忍苦では, 手飼に, 特別な, 考へで, 解答を, 謙遜に

▼ 自身独立~ (16, 0.1%)

2 したもの, の一義

1 [12件] した評価, して, しては, な他, な商品, な根源的, な進路, にシナリオ, に出来る, の主義, の根源性, の活動

▼ 自身すらも~ (15, 0.1%)

2 沈黙

1 [13件] こう急激, この時分, すぐその, なかつた, まだはっきりとは, 年経, 恥ずかしくなっ, 残念に, 決して神学的ドグマ, 淫蕩の, 無事に, 研究室に, 自ら拍子を

▼ 自身だって~ (15, 0.1%)

1 [15件] いま日本の, かなりさびしい, それだけの, それに, たいしてまとも, できないん, できませんわ, アルハラの, 心細いに, 忘れちゃ, 時々ひやりとする, 熱量が, 知って, 神経痙攣に, 経験が

▼ 自身より~ (15, 0.1%)

2 ほかに, 外に

1 [11件] あの男, しては, ほかには, 一足早く, 他には, 先き, 先に, 十歳ばかりも, 外には, 意識的である, 見れば

▼ 自身であっ~ (13, 0.1%)

2 てもわたくし, て如何なる 1 ていま, てその, てよい, て世間一般, て人間像, て作者, て東京, て現象, て非

▼ 自身でなけれ~ (13, 0.1%)

3 ばならない 2 ばならぬ, ば判らぬ 1 ばならないだろう, ばなりません, ばなん, ばポンビキ, ば不完全, ば左右

▼ 自身よく~ (13, 0.1%)

3 知って 1 おわかり, それを, わかって, グイードの, 御承知, 心得て, 承知し, 自覚し, 自覺, 豪語する

▼ 自身以外~ (13, 0.1%)

4 のもの 2 の者 1 にはない, に理由, の何者, の撰者, の殊に, の要素体系, へさまで

▼ 自身~ (13, 0.1%)

2 は今

1 [11件] にとっては謂わ, に対して大きな, の床几, の心, の柴門, の病源, の立場, の縛め, を信ずる, を引い, を成敗

▼ 自身~ (13, 0.1%)

3 を下し 2 を下す 1 さぐって, にさげ, に入れました, をくだし, をくだす, をとっ, を下さない, を高く

▼ 自身~ (13, 0.1%)

5 をとばし 2 をすすめ 1 の口輪, を先, を曳い, を棄て, を躍らせ, を降り

▼ 自身からも~ (12, 0.0%)

1 [12件] そう仕向ける, とどめがたい, 一二度手紙を, 世の中からも, 対って, 強要され, 知られずに, 聞いて, 起きろという, 遠くに, 馬を, 骨肉の

▼ 自身に対しても~ (12, 0.0%)

1 [12件] この監視, すまないでは, そこまでの, そのこと, ひとに対しても, 亦厳重, 何となく憚, 卒直な, 深いケンオ, 済まないやう, 済まないよう, 照れ臭いの

▼ 自身一人~ (12, 0.0%)

1 [12件] が強い, が責められる, だけが普通, で全く, で宮, で思っ, で撮っ, の妻, の未知, の熱心, の画家, の紳士

▼ 自身~ (12, 0.0%)

5 に立っ 1 にたっ, に歩きだし, に立ち, に越え, に述べた, に退屈, に馬

▼ 自身にたいして~ (11, 0.0%)

1 [11件] あまりに厳格, いちまつの, きびしく区別, ふくしゅうしよう, 奮激し, 峻厳だった, 彼らは, 率直であり, 腹を, 苦々しい落胆, 語ってるの

▼ 自身はと~ (11, 0.0%)

4 云えば 2 に角, 云へば, 言えば 1 問われれば

▼ 自身少し~ (11, 0.0%)

1 [11件] でも長く, もそう, も危な, も形式論理, も排斥, も気, も異論, も考え, も自由, も誤り, 寝呆け

▼ 自身~ (11, 0.0%)

2 告げを 1 一家の, 主人を, 出ニ, 出馬あっ, 執心の, 拾いで御, 挨拶にも, 接待の, 進発と

▼ 自身既に~ (11, 0.0%)

1 [11件] そのよう, なま, 一般化され, 充分悲劇的でございます, 十何代とか, 好個の, 形而上學的なる, 擬古的で, 暗示した, 罪悪なれ, 自活しなけれ

▼ 自身だった~ (10, 0.0%)

2 のです 1 がそれ, ことを, じゃない, としても俺, のか, のかも, のだろう, のである

▼ 自身とが~ (10, 0.0%)

2 同じ意見 1 まったく切っ, 一つの, 再び一部分, 再び区別, 切れて, 担って, 私の, 調和の

▼ 自身においては~ (10, 0.0%)

1 これは, つとにその, よくこの, 上に, 何ら痛痒, 内心不服であった, 彼此の間毫も, 眞實に, 自らが, 自分が

▼ 自身ばかり~ (10, 0.0%)

2 だ, では 1 であった, でなくその, でなくまた, でなく家族, でなく日本人全体, でなく鉱毒関係

▼ 自身出馬~ (10, 0.0%)

6 して 1 する, せずしかも, なん, を決意

▼ 自身からは~ (9, 0.0%)

2 何も 1 あの男, それだけ否定的, 一度も, 乗り出せない, 何の, 何処にも, 歌の

▼ 自身ここ~ (9, 0.0%)

1 にある, にい, の陣門, へは泊らぬ, へ足, までやって来た, まで出向い, まで取り, まで持っ

▼ 自身さえも~ (9, 0.0%)

1 なくなろうと, まるで彼女, 今死ぬ, 免職者の, 到底否定, 息を, 望んで, 第一次的意義, 軽蔑しきっ

▼ 自身じゃ~ (9, 0.0%)

4 ないか 1 ありません, ありませんか, ないの, 影響なんか, 知らねえ力

▼ 自身という~ (9, 0.0%)

2 ものを 1 のが, ものが, ものに, 世俗的な, 個人の, 分野に, 意味に

▼ 自身までも~ (9, 0.0%)

2 退屈し 1 すっかりまごつい, 一呑み, 小説の, 引き入れようと, 普通の, 舞台へ, 連日にわたって

▼ 自身よりは~ (9, 0.0%)

1 むしろ音, もっと広い, 容貌の, 後から, 怒った人, 怒つた人, 根本の, 飼い主の, 驚異を

▼ 自身~ (9, 0.0%)

1 には情, には情なかっ, には苦しかっ, に息苦し, の, のところ, のポーズ, の小説, の淪落

▼ 自身案内~ (9, 0.0%)

4 に立っ 2 した 1 に立ちかけた, をし, 役に立って

▼ 自身そう~ (8, 0.0%)

1 して, は思わないらしい, 信じて, 僕を, 思いこんで, 思いました, 決意いたし, 言って

▼ 自身とも~ (8, 0.0%)

1 おぼしき主人公, すれば, 保の, 念じ給うて, 思はれる北海道, 観じたの, 話したいと, 違った部類

▼ 自身~ (8, 0.0%)

1 いつ再発, その令兄達皆幼時, 一つの, 優越性でなけれ, 新聞界調査の, 歴史的存在である, 独立し, 良人の

▼ 自身及び~ (8, 0.0%)

1 その詩, 国家にとって, 常に同数, 彼れ, 新聞紙面自身の, 精霊の, 自分の, 評論家の

▼ 自身~ (8, 0.0%)

2 る意味 1 ひは, るもの, る個所, る文化政策, る量, 他の

▼ 自身陣頭~ (8, 0.0%)

2 に出た 1 にお立ち, にも立っ, に出, に立ち, に立つ, の指揮

▼ 自身こそ~ (7, 0.0%)

1 お化けには, そのもっとも, 作中の, 嘘や, 常に作品, 彼を, 本職である

▼ 自身だけが~ (7, 0.0%)

1 それを, へんに, よい気持ち, 愚かで, 痛切に, 空虚と, 薄々気づい

▼ 自身だけで~ (7, 0.0%)

1 何か, 何でも, 別の, 単独に, 女王たちの, 政治を, 独立な

▼ 自身だけを~ (7, 0.0%)

1 かてに, 問題に, 引き離しかつ, 愛する, 拔か, 支持すれ, 見たがるの

▼ 自身であり~ (7, 0.0%)

1 あたかもスパルタ人ら, そして常に, たまえ, イデオロギー一般は, フランス全体であり, 幼女の, 神の

▼ 自身どう~ (7, 0.0%)

1 したらいい, すること, でもい, でもいい, なるか, にもならない, 見て

▼ 自身ながらも~ (7, 0.0%)

1 あまりに善人, こうした窮屈, すごく聞こえる, 奇怪に, 正しくない, 物足らず寂しく, 顔色が

▼ 自身に対しては~ (7, 0.0%)

1 がまんの, やはり好意, より冷静, 別にいうべき, 反感は, 吐きかけまいと, 忘れて

▼ 自身ひとつ~ (7, 0.0%)

2 のイデオロギー, の虚栄, の虚榮 1 の歴史的

▼ 自身をすら~ (7, 0.0%)

2 突き放して 1 あざむいて, あざむいてをり, うす汚れた, 創作しうる, 十分に

▼ 自身~ (7, 0.0%)

1 では血書, でも覚え, は, はする, まで押入れ, 云った氏, 飲みほした液体

▼ 自身出迎え~ (7, 0.0%)

1 ていた, て一行, て中軍, て張繍, て道案内, に玄関, に表

▼ 自身~ (7, 0.0%)

2 のうち, の中 1 に塗った, に塗つた毒, のどこ

▼ 自身決して~ (7, 0.0%)

1 その裏, 不自然な, 平気で, 文章の, 正直に, 民族的立場から, 逃れては

▼ 自身矛盾~ (7, 0.0%)

2 した概念 1 してるよう, なしに, のある, を包ん, を犯し

▼ 自身知っ~ (7, 0.0%)

4 ている 1 ていない, ていられる, て居ります

▼ 自身~ (7, 0.0%)

2 であること 1 としてきこしめす, となっ, と人, なの, にまで祈願

▼ 自身からの~ (6, 0.0%)

1 所産であり, 折々の, 抽象物では, 求婚を, 知らせであった, 解放の

▼ 自身さえが~ (6, 0.0%)

1 之を, 実は論理, 日本主義にとっては, 止むを, 理解出来ない, 自発的に

▼ 自身でさえも~ (6, 0.0%)

1 その媚, 一平民と, 嘲侮の, 感謝し, 自由で, 驚くほどの

▼ 自身でない~ (6, 0.0%)

1 ことも, では誰, ような, ように, 以上どうも, 限り体験も

▼ 自身でなく~ (6, 0.0%)

2 て我々 1 てはならぬ, なつた, むしろ暗鬱, 其親近の

▼ 自身にだって~ (6, 0.0%)

1 もっと掘り下げ, よくは, 分らない, 東京みやげが, 正確な, 訳が

▼ 自身にて~ (6, 0.0%)

2 せり合われ候わば 1 お越しくだされたく, 商会に, 御鑑定, 談判に

▼ 自身にとっての~ (6, 0.0%)

1 また大衆自身, 一切の, 問題として, 真の, 矛盾物である, 致命的な

▼ 自身~ (6, 0.0%)

2 幸福ノタメデモアルト思ッテ貰イタイ 1 健康ノ, 呼吸音ダッタノデアル, 狂遇ヲ, 維持スベキモノトス

▼ 自身一個~ (6, 0.0%)

1 であること, のイデオロギー, の人間, の批評家, の水準, の立場

▼ 自身~ (6, 0.0%)

2 て来た 1 てこない, てみる, て参れ, て来られた

▼ 自身出かけ~ (6, 0.0%)

2 て行っ 1 そうです, てゆく, て酒, て陸

▼ 自身出向い~ (6, 0.0%)

2 て来られた 1 ての話, てはまいらぬ, てもこ, て救ひたい

▼ 自身意識~ (6, 0.0%)

3 して 2 せずに 1 の一種

▼ 自身明らか~ (6, 0.0%)

5 に目 1 に云っ

▼ 自身真っ先~ (6, 0.0%)

2 に立っ 1 にしぶき, に立ち, に馬, に駈け下りた

▼ 自身あの~ (5, 0.0%)

1 ように, 作品は, 夜寛永寺附近に, 婆の, 時の

▼ 自身こう~ (5, 0.0%)

2 言って 1 あること, 云う三右衛門, 唐突に

▼ 自身すぐ~ (5, 0.0%)

1 そこへ, その後から, に実行, 出て, 大玄関

▼ 自身そこ~ (5, 0.0%)

1 から超脱, に属し, へ参った, まで出迎え, を開け

▼ 自身とを~ (5, 0.0%)

1 再び見る, 対等に, 指す, 救い得るタッタ一つ, 積載し

▼ 自身にたいする~ (5, 0.0%)

1 残忍な, 満足と, 甘い憐れみ, 腹だちとに, 軽蔑の

▼ 自身にだけ~ (5, 0.0%)

1 わかる気分, プロパーな, 独特な, 言い聞かせながら, 語って

▼ 自身についての~ (5, 0.0%)

1 因果関係は, 微妙な, 皮肉世間の, 論議には, 警戒は

▼ 自身については~ (5, 0.0%)

1 いささかも, せいぜい両親, どうやら解決, 一種の, 多くを

▼ 自身についても~ (5, 0.0%)

1 さらに一そう, その日常, 云へる, 彼の, 直接関係の

▼ 自身に対し~ (5, 0.0%)

1 より少い, 仏陀に対しては, 或は汝自身, 此の, 相変らず

▼ 自身ひそか~ (5, 0.0%)

2 にその 1 に備前八幡山, に手, に清洲

▼ 自身または~ (5, 0.0%)

2 自分の 1 その没後幾ばく, 太公望呂尚, 政府を

▼ 自身もう~ (5, 0.0%)

1 いちど戸締りを, 一つの, 先へ, 病気で, 葬られて

▼ 自身をさえ~ (5, 0.0%)

1 おどろかしたこういう, びっくりさせる, 啓蒙出来ない, 持てあました, 解釈出来ない

▼ 自身をしか~ (5, 0.0%)

1 云い表わさないよう, 愛さない, 愛しは, 認めず自分, 語らなかつたもの

▼ 自身一種~ (5, 0.0%)

1 の, の公式, の栄養不良状態, の見識, 低度

▼ 自身~ (5, 0.0%)

2 を抜い 1 の深, を執っ, を扼し

▼ 自身壁代~ (5, 0.0%)

5 に寄せかけ

▼ 自身大軍~ (5, 0.0%)

3 をひきい 1 を指揮, を率い

▼ 自身~ (5, 0.0%)

5 すこと

▼ 自身此山~ (5, 0.0%)

5 へ汲み

▼ 自身~ (5, 0.0%)

2 のすむ 1 がつかない, が附い, に入

▼ 自身深く~ (5, 0.0%)

1 かえりみも, 敵中へ, 考えて, 追及する, 追求する

▼ 自身~ (5, 0.0%)

1 かに知っ, に向っ, のすゝめ, のパアトナア, の身体

▼ 自身~ (5, 0.0%)

1 に習つた覚え, の門, よりもよく, よりも知つて, よりも知り

▼ 自身および~ (4, 0.0%)

1 その周囲, 組織内の, 輔佐役たちの, 近隣の

▼ 自身かう~ (4, 0.0%)

1 いふ点では, いふ當時の, 言つてゐれ, 説明し

▼ 自身すらが~ (4, 0.0%)

1 それを, 一般事物に対しては, 全く解釈, 流

▼ 自身そんな~ (4, 0.0%)

1 ものが, 気持が, 氣持に, 視線を

▼ 自身だけは~ (4, 0.0%)

1 もうこの世, 人口調節の, 作り変えること, 偉い人

▼ 自身~ (4, 0.0%)

2 や痛快 1 つと見, やございません

▼ 自身です~ (4, 0.0%)

1 が, し, のにね, わ

▼ 自身とて~ (4, 0.0%)

1 そな, 下町から, 愛しい小, 斯くの

▼ 自身とに~ (4, 0.0%)

1 いかにも確信, ことごとく向けられた, 満ちあふれる信頼, 直接連続し

▼ 自身ながら~ (4, 0.0%)

1 おかしくなっ, どうすれ, わびしく思った, 見苦しく思召す

▼ 自身にしか~ (4, 0.0%)

1 そうである, ない始原史, 解らない私, 関心を

▼ 自身によっても~ (4, 0.0%)

1 個人的閲歴の, 日常的には, 最も屡々懐かれる, 発せられるであろうと

▼ 自身により~ (4, 0.0%)

1 プトラと, 多く作用した, 多量を, 適わしいと

▼ 自身のぶざま~ (4, 0.0%)

2 が私 1 がやり切れない, に花

▼ 自身のみ~ (4, 0.0%)

1 かたや扱いかた, だ, ならず罪三族, 秀吉の

▼ 自身~ (4, 0.0%)

1 が関係, に姫君, の責任, も馬

▼ 自身~ (4, 0.0%)

1 に重大, を大して, を理論的, を行

▼ 自身云っ~ (4, 0.0%)

3 ている 1 てしまっ

▼ 自身~ (4, 0.0%)

1 に話し, に話した, の女房, の面倒

▼ 自身全く~ (4, 0.0%)

1 ピアノに, 判っては, 常識で, 私は

▼ 自身台所~ (4, 0.0%)

1 から取っ, の仕事, へ出られ, へ出向い

▼ 自身~ (4, 0.0%)

1 なる誇を, 日本精神の, 部分材料を, 酒を

▼ 自身完全~ (4, 0.0%)

2 なもの 1 なる知識, な美

▼ 自身抽象的~ (4, 0.0%)

2 なる永遠性 1 である, なもの

▼ 自身極めて~ (4, 0.0%)

1 経験的で, 緩やかに, 通俗的, 重要な

▼ 自身~ (4, 0.0%)

1 の柄, をとっ, を取っ, を揮い

▼ 自身直接~ (4, 0.0%)

1 その科学, にもとり入れ, に利潤, に来る

▼ 自身~ (4, 0.0%)

3 を執っ 1 をとっ

▼ 自身過去~ (4, 0.0%)

1 と未来, に屬, に過失, の白業黒業

▼ 自身いう~ (3, 0.0%)

1 が如き, のであった, のである

▼ 自身いや~ (3, 0.0%)

1 しむよう, でも気づかざる, にしんみり

▼ 自身~ (3, 0.0%)

1 がたを, つかり乘氣, つかり忘れて

▼ 自身すこし~ (3, 0.0%)

1 の懸念, 憂鬱に, 紙上放浪が

▼ 自身そういう~ (3, 0.0%)

1 下層の, 変転の, 研究題目に

▼ 自身そんなに~ (3, 0.0%)

1 お金が, 簡單では, 高級な

▼ 自身たる~ (3, 0.0%)

2 ことを 1 ことが

▼ 自身だけに~ (3, 0.0%)

1 たよるよう, なされる, 任せて

▼ 自身だつ~ (3, 0.0%)

1 てあちこち浮気, ていきなり, てどうにも

▼ 自身であろう~ (3, 0.0%)

1 か, とする, とは全く

▼ 自身といふ~ (3, 0.0%)

2 ものに 1 ものを

▼ 自身と共に~ (3, 0.0%)

2 意気地ない 1 世間を

▼ 自身どれ~ (3, 0.0%)

1 がキレイ, くらいまで御, ほどうまく

▼ 自身どんな~ (3, 0.0%)

1 つもりで, 具合に, 手傷を

▼ 自身なかなか~ (3, 0.0%)

1 たくみな, 体力敏捷であっ, 骨を

▼ 自身などは~ (3, 0.0%)

1 ゲエテとか, 物の数にも, 靈魂ばかり

▼ 自身なら~ (3, 0.0%)

1 ちょいと, ちよいと, 二階の

▼ 自身ならぬ~ (3, 0.0%)

2 ものに 1 もの換言すれ

▼ 自身ならびに~ (3, 0.0%)

1 その計画, 周囲の, 汝の

▼ 自身なる~ (3, 0.0%)

1 お前の, ことも, ものは

▼ 自身においても~ (3, 0.0%)

1 そういうこと, 昨日真理と, 確実の

▼ 自身における~ (3, 0.0%)

1 このよう, 主人であった, 評判に

▼ 自身にたいしても~ (3, 0.0%)

1 また他人, みな恭, 敬意を

▼ 自身にとってさえ~ (3, 0.0%)

1 いとわしかった, 必ずしも学問全部, 突然な

▼ 自身にまで~ (3, 0.0%)

1 不満を, 腹が, 鋭鋒を

▼ 自身に対してさえ~ (3, 0.0%)

1 おせい, 利用する, 当然なる

▼ 自身はっきり~ (3, 0.0%)

2 意識し 1 とその

▼ 自身ひどく~ (3, 0.0%)

1 この作, 大袈裟で, 酔っ払って

▼ 自身へは~ (3, 0.0%)

1 作品第, 倦まざる精進, 越後屋見立ての

▼ 自身~ (3, 0.0%)

2 ッ先に 1 づ古語の

▼ 自身まったく~ (3, 0.0%)

1 ご存知, 無意識で, 私は

▼ 自身もはや~ (3, 0.0%)

1 そんなの, 以前の, 父に対して

▼ 自身わたし~ (3, 0.0%)

1 にはっきりそう, には怖, のある

▼ 自身をこそ~ (3, 0.0%)

1 意味する, 憾むべきでは, 救わなければ

▼ 自身カテリーナ・イワーノヴナ~ (3, 0.0%)

1 に気, に用, のところ

▼ 自身並びに~ (3, 0.0%)

2 私の 1 三人の

▼ 自身中国~ (3, 0.0%)

1 へ下向, へ出馬, まで御

▼ 自身乗っ~ (3, 0.0%)

1 ていた, て見たかった, て見れ

▼ 自身予想~ (3, 0.0%)

1 すること, もしなかったであろう, もしなかつた

▼ 自身人間~ (3, 0.0%)

1 というもの, の生活, の醜態

▼ 自身今日~ (3, 0.0%)

1 どんな考え, はもう, もなお

▼ 自身何等~ (3, 0.0%)

1 かの色, の償い, の経費

▼ 自身俘囚~ (3, 0.0%)

2 の種 1 であると

▼ 自身先陣~ (3, 0.0%)

1 より後陣, を承ろう, を編制

▼ 自身~ (3, 0.0%)

1 をひきい, を信濃, を引い

▼ 自身出頭~ (3, 0.0%)

1 すると, せらるべし, のこと

▼ 自身~ (3, 0.0%)

1 から感じ, にも書いた, 驅を

▼ 自身即ち~ (3, 0.0%)

1 彼は, 社会不調和の, 私が

▼ 自身参っ~ (3, 0.0%)

1 てうしろ, て廟, て防ぎ支えね

▼ 自身~ (3, 0.0%)

2 ばかりむしろ 1 と知り

▼ 自身多少~ (3, 0.0%)

1 のうしろめた, の煽動的要素, 相対的な

▼ 自身~ (3, 0.0%)

1 ながらもと飛行機, に対してもっ, の詩

▼ 自身子供~ (3, 0.0%)

1 が欲しい, に愛着, のうち

▼ 自身実際~ (3, 0.0%)

1 に直接, 生活の, 的歴史記述の

▼ 自身屡々~ (3, 0.0%)

1 事芝居に関する, 出会う事実, 経験した

▼ 自身~ (3, 0.0%)

1 に降り, へ出, へ出馬

▼ 自身思想~ (3, 0.0%)

1 というもの, の色合, を材料

▼ 自身技術~ (3, 0.0%)

1 からでなく, をもっ, 乃至技術学

▼ 自身提出~ (3, 0.0%)

1 した唯物論的, し又は, もしなかつた

▼ 自身文化~ (3, 0.0%)

1 と思想, の内容, の科学

▼ 自身明日~ (3, 0.0%)

1 の会場, はここ, は愛宕神社

▼ 自身時代~ (3, 0.0%)

1 のディフォーメイション, ばなれ, を経

▼ 自身普通~ (3, 0.0%)

1 のつまらぬ, の按摩, の葬式

▼ 自身東京~ (3, 0.0%)

1 から溢れ, の中, の繁雜

▼ 自身残念~ (3, 0.0%)

1 がって, だが, ながらその

▼ 自身気づかない~ (3, 0.0%)

1 で抜き, といふところ, ままで

▼ 自身洋服~ (3, 0.0%)

3 にめ

▼ 自身混乱~ (3, 0.0%)

1 せぬやう, せぬよう, に陷

▼ 自身~ (3, 0.0%)

1 の考え方, の自己運動, 心づくとから

▼ 自身独特~ (3, 0.0%)

1 な小説, の哲学, の歴史的使命

▼ 自身独自~ (3, 0.0%)

1 な科学, の大学講座, の歴史的発達

▼ 自身率直~ (3, 0.0%)

1 に告白, に自分, に表明

▼ 自身現在~ (3, 0.0%)

2 の諸 1 の歌風

▼ 自身甚だ~ (3, 0.0%)

1 分裂した, 愉快である, 曖昧な

▼ 自身生活~ (3, 0.0%)

1 と文学, のため, の一部

▼ 自身~ (3, 0.0%)

1 と生理的, のくせ, へむかっ

▼ 自身~ (3, 0.0%)

1 がうずく, に手, を躍らした

▼ 自身自然~ (3, 0.0%)

1 では, の宇宙時間的発達, を弁証法的

▼ 自身自覚~ (3, 0.0%)

1 されて, して, しなかった役割

▼ 自身自身~ (3, 0.0%)

1 の勇気, の課題, を裁き切らん

▼ 自身認め~ (3, 0.0%)

2 てゐる 1 ている

▼ 自身迎え~ (3, 0.0%)

1 にいっ, に出, に来

▼ 自身送っ~ (3, 0.0%)

1 たり送られ, てきた, て出た

▼ 自身~ (3, 0.0%)

1 の本国, の生活, よりも美

▼ 自身采配~ (3, 0.0%)

2 を振っ 1 を以て身

▼ 自身非常~ (3, 0.0%)

1 に早婚, に自然力, に舞

▼ 自身あそこ~ (2, 0.0%)

1 にいました, へ下っ

▼ 自身あぶない~ (2, 0.0%)

1 ぞ, のだ

▼ 自身あまり~ (2, 0.0%)

1 はっきりはいっ, 特殊な

▼ 自身ある~ (2, 0.0%)

1 のみで, 意味では

▼ 自身あれ~ (2, 0.0%)

1 ほどまでお, を保存

▼ 自身いかに~ (2, 0.0%)

1 特殊な, 雄々しく幾山河

▼ 自身いっ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 自身いつ~ (2, 0.0%)

1 になく, 返せるか

▼ 自身いま~ (2, 0.0%)

1 はじめて知つたの, 思えば

▼ 自身お気~ (2, 0.0%)

1 がつかなく, 附きに

▼ 自身かなり~ (2, 0.0%)

1 の体験, 不愉快に

▼ 自身かも~ (2, 0.0%)

1 しれません二十面相, 知れないという

▼ 自身きわめて~ (2, 0.0%)

1 具体的な, 気乗りの

▼ 自身こんな~ (2, 0.0%)

1 意味の, 風に

▼ 自身こんなに~ (2, 0.0%)

1 たくさんの, 平気で

▼ 自身ごく~ (2, 0.0%)

1 日常的な, 重大な

▼ 自身さう~ (2, 0.0%)

1 意識し, 言つたぢや

▼ 自身しばしば~ (2, 0.0%)

2 彼の

▼ 自身すずしい~ (2, 0.0%)

2 顔したい

▼ 自身そうした~ (2, 0.0%)

1 危険を, 苦しいハメ

▼ 自身そして~ (2, 0.0%)

1 その意味, 為すこと

▼ 自身そのもの~ (2, 0.0%)

1 が取る, であろう

▼ 自身それら~ (2, 0.0%)

1 のもの, の落花

▼ 自身たて物~ (2, 0.0%)

1 と近づく, の源流

▼ 自身たびたび~ (2, 0.0%)

1 描いて, 攻め口を

▼ 自身だけしか~ (2, 0.0%)

1 存在しない, 知らない驚くべき謎

▼ 自身だけに関する~ (2, 0.0%)

1 経験すなわち, 露骨な

▼ 自身つまり~ (2, 0.0%)

1 そういう特別, 彼女の

▼ 自身でき~ (2, 0.0%)

1 ております, てなにか

▼ 自身でしか~ (2, 0.0%)

1 あり得ないが, ない

▼ 自身でした~ (2, 0.0%)

1 に違い, ように

▼ 自身とても~ (2, 0.0%)

1 おちついて, 貴方を

▼ 自身どうしても~ (2, 0.0%)

1 信じられないの, 満足が

▼ 自身どの~ (2, 0.0%)

1 位この, 国よりも

▼ 自身などを~ (2, 0.0%)

1 典型的な, 叔母叔母と

▼ 自身なにか~ (2, 0.0%)

1 気に, 滑稽な

▼ 自身なり~ (2, 0.0%)

1 その保護者, 其小天地なり

▼ 自身にとってすら~ (2, 0.0%)

1 極めて意味, 眼鼻の

▼ 自身にな~ (2, 0.0%)

1 つたのである, つて古

▼ 自身にのみ~ (2, 0.0%)

1 其の罪, 向けられて

▼ 自身に対しての~ (2, 0.0%)

1 ほかは, 張気も

▼ 自身に対するよりも~ (2, 0.0%)

1 いっそう思いやり, むしろよけいあなた

▼ 自身に関して~ (2, 0.0%)

1 いえば, はか

▼ 自身に関しては~ (2, 0.0%)

1 いつも手紙, 戦争に

▼ 自身ばかりが~ (2, 0.0%)

2 いつもおれ

▼ 自身ひいた~ (2, 0.0%)

2 のが

▼ 自身ひとり~ (2, 0.0%)

1 でひどく, で出懸け

▼ 自身ほか~ (2, 0.0%)

1 のだれ, 感じられない内心

▼ 自身ほとんど~ (2, 0.0%)

2 忘れかけて

▼ 自身まず~ (2, 0.0%)

1 この晴, 匙を

▼ 自身まだ~ (2, 0.0%)

1 京都弁という, 十分戦う

▼ 自身まるで~ (2, 0.0%)

1 何か, 地上を

▼ 自身みじめ~ (2, 0.0%)

1 な思い, な気持

▼ 自身もしか~ (2, 0.0%)

1 とはきめ, と信念

▼ 自身もしくは~ (2, 0.0%)

1 その供給者, 呉一郎の

▼ 自身もっと~ (2, 0.0%)

1 若くて, 違った女

▼ 自身もつ~ (2, 0.0%)

1 とその, とシェークスピア

▼ 自身もを~ (2, 0.0%)

2 つた

▼ 自身やがて~ (2, 0.0%)

1 書き送らなくなって, 矛盾に

▼ 自身やはり~ (2, 0.0%)

1 その言葉, 何とも

▼ 自身わざわざ~ (2, 0.0%)

1 見に, 門の

▼ 自身わずか~ (2, 0.0%)

1 の部下, 二十騎ほどを

▼ 自身われわれ~ (2, 0.0%)

1 の生活自身, を裏切ろう

▼ 自身をか~ (2, 0.0%)

1 へりみて, へりみると

▼ 自身をのみ~ (2, 0.0%)

1 取り巻いて, 表現しよう

▼ 自身アノニム~ (2, 0.0%)

2

▼ 自身ピアノ~ (2, 0.0%)

1 を受持ち, を弾いた

▼ 自身フィクショナル~ (2, 0.0%)

2 なもの

▼ 自身ホント~ (2, 0.0%)

2 に経験

▼ 自身一万~ (2, 0.0%)

1 の兵, の精兵

▼ 自身一度~ (2, 0.0%)

1 しか捕虜, だつて

▼ 自身不思議~ (2, 0.0%)

1 であった, に思ふ

▼ 自身中軍~ (2, 0.0%)

1 から埠頭, を引い

▼ 自身二階~ (2, 0.0%)

1 で時々, に上った

▼ 自身人生~ (2, 0.0%)

1 の花鳥風月, を深く

▼ 自身人間的感性的活動~ (2, 0.0%)

2 であるが

▼ 自身今後~ (2, 0.0%)

1 どうして食つて, どう身

▼ 自身~ (2, 0.0%)

1 の多く, の貨物

▼ 自身以上~ (2, 0.0%)

1 によく, に彼

▼ 自身企図~ (2, 0.0%)

2 に近く会得

▼ 自身伴奏~ (2, 0.0%)

1 したレコード, を弾き

▼ 自身価値~ (2, 0.0%)

1 の尺度, を生じる

▼ 自身信じ~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐた

▼ 自身僅か~ (2, 0.0%)

1 に十五ボブ, 五年後に

▼ 自身充分~ (2, 0.0%)

1 に見, の富

▼ 自身公言~ (2, 0.0%)

1 したごとくまさに, した如く正に

▼ 自身~ (2, 0.0%)

1 ではひどく, と別

▼ 自身其処~ (2, 0.0%)

1 にあり, まで解釈

▼ 自身出品~ (2, 0.0%)

2 しないまでよ

▼ 自身出征~ (2, 0.0%)

1 すること, の途

▼ 自身初め~ (2, 0.0%)

1 からそういう, から日本主義的

▼ 自身制する~ (2, 0.0%)

2 ことが

▼ 自身勝手~ (2, 0.0%)

1 にし, に附けた

▼ 自身勿体ない~ (2, 0.0%)

1 お出迎え, と思わぬ

▼ 自身却って~ (2, 0.0%)

1 盗みを, 若さ

▼ 自身参上~ (2, 0.0%)

1 いたさざるを, いたして

▼ 自身取り~ (2, 0.0%)

1 によこせ, も直さず

▼ 自身同時に~ (2, 0.0%)

1 実在であり, 神である

▼ 自身~ (2, 0.0%)

2 と家

▼ 自身~ (2, 0.0%)

1 の境, へ使い

▼ 自身告白~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 自身四十九年間~ (2, 0.0%)

2 の一切

▼ 自身固有~ (2, 0.0%)

1 の位置, の権利

▼ 自身~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 自身多く~ (2, 0.0%)

1 の事例, を知っとる

▼ 自身多大~ (2, 0.0%)

1 なる苦心, の危惧

▼ 自身~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ 自身大いに~ (2, 0.0%)

1 進歩的な, 高潔みたいに

▼ 自身天下~ (2, 0.0%)

1 に臨もう, を望む

▼ 自身始め~ (2, 0.0%)

2 っから

▼ 自身~ (2, 0.0%)

1 でないらしく嬉し, な思い

▼ 自身~ (2, 0.0%)

1 が無く, の義信

▼ 自身孤独~ (2, 0.0%)

1 と放浪, な知的焦躁

▼ 自身実は~ (2, 0.0%)

1 まだ自分, シュクであり

▼ 自身実行~ (2, 0.0%)

1 して, を目指し

▼ 自身実験~ (2, 0.0%)

1 すること自身, としての意義

▼ 自身~ (2, 0.0%)

1 から数歩, は焼かれ

▼ 自身宿酔~ (2, 0.0%)

2 とか夜逃げ以上

▼ 自身~ (2, 0.0%)

1 侍と共に, 兵衛に

▼ 自身屠殺~ (2, 0.0%)

2 を業

▼ 自身~ (2, 0.0%)

1 へ登る, までお迎え

▼ 自身幾何学~ (2, 0.0%)

2 の初歩

▼ 自身度々~ (2, 0.0%)

1 聞いた名称, 鳥を

▼ 自身弁解~ (2, 0.0%)

1 の余地, の労

▼ 自身~ (2, 0.0%)

2 寺へ

▼ 自身彼等~ (2, 0.0%)

1 の家庭, の密会

▼ 自身御覧~ (2, 0.0%)

2 の通

▼ 自身微行~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 自身思い~ (2, 0.0%)

1 その内容, も設けず掻き立てられた

▼ 自身恐らく~ (2, 0.0%)

1 後にな, 最大の

▼ 自身恐ろしい~ (2, 0.0%)

2 罪の

▼ 自身悪い~ (2, 0.0%)

1 ことである, ものと

▼ 自身意識的~ (2, 0.0%)

2 である処

▼ 自身感性的存在~ (2, 0.0%)

2 でなければ

▼ 自身憤らず~ (2, 0.0%)

1 にはいられなかった, にはゐられなかつた

▼ 自身~ (2, 0.0%)

1 は旃陀羅, を忘れ

▼ 自身技術的~ (2, 0.0%)

1 であり固有, で操作的

▼ 自身指揮~ (2, 0.0%)

1 して, にあたっ

▼ 自身携え~ (2, 0.0%)

1 て来た, て行っ

▼ 自身救援~ (2, 0.0%)

1 におもむいた, に赴いた

▼ 自身~ (2, 0.0%)

1 らしい運命, 英蘭で

▼ 自身新しい~ (2, 0.0%)

1 ことを, 服を

▼ 自身方法~ (2, 0.0%)

1 のこと, を意味

▼ 自身日本~ (2, 0.0%)

1 の天皇, の新聞

▼ 自身智略~ (2, 0.0%)

2 にまかせ

▼ 自身書き~ (2, 0.0%)

1 ながら事実, ながら胸

▼ 自身望ん~ (2, 0.0%)

1 でやまなかった, でゐた

▼ 自身本当~ (2, 0.0%)

1 だと, の君自身

▼ 自身果し~ (2, 0.0%)

1 て機械的, て私

▼ 自身柳生流~ (2, 0.0%)

2 の使い手

▼ 自身~ (2, 0.0%)

1 には崩壞, のよう

▼ 自身次に~ (2, 0.0%)

2 は女房

▼ 自身歩い~ (2, 0.0%)

1 て漸く, て片町

▼ 自身~ (2, 0.0%)

1 を呼ぶ, を覚悟

▼ 自身死ぬ~ (2, 0.0%)

1 とは思っ, ほど嫌っ

▼ 自身気がつい~ (2, 0.0%)

1 ていない, ているだろう

▼ 自身泥棒~ (2, 0.0%)

1 を働きたく, を働きたくなっ

▼ 自身浅井~ (2, 0.0%)

1 にあてがっ, の知合い

▼ 自身混亂~ (2, 0.0%)

2 せぬやう

▼ 自身清洲~ (2, 0.0%)

2 まで馬

▼ 自身溜飲~ (2, 0.0%)

2 はさがらぬ

▼ 自身漸く~ (2, 0.0%)

1 へたばり出したやう, 握り得たと

▼ 自身烈しい~ (2, 0.0%)

2 性欲を

▼ 自身猥セツ~ (2, 0.0%)

2 なこと

▼ 自身玄関~ (2, 0.0%)

1 へ出, まで出迎え

▼ 自身率先~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 自身~ (2, 0.0%)

1 に涙, を外らし

▼ 自身督戦~ (2, 0.0%)

1 に向った, に当っ

▼ 自身知らない~ (2, 0.0%)

1 こととて, んです

▼ 自身知り~ (2, 0.0%)

1 すぎてゐるにきまつてゐる, ながらその

▼ 自身社會的歴史的~ (2, 0.0%)

2 に規定

▼ 自身祖母~ (2, 0.0%)

1 について云った, に対して冷淡

▼ 自身秀吉~ (2, 0.0%)

1 の馬, は上紙

▼ 自身積極的~ (2, 0.0%)

1 なもの, に情慾

▼ 自身立派~ (2, 0.0%)

1 な入門書, に探偵小説評論

▼ 自身競馬~ (2, 0.0%)

2 は好き

▼ 自身~ (2, 0.0%)

1 ひに, ふにも

▼ 自身~ (2, 0.0%)

1 が立派, をも顛堕

▼ 自身精神病院~ (2, 0.0%)

1 から出, で気違い

▼ 自身経営~ (2, 0.0%)

1 して, になる

▼ 自身経験~ (2, 0.0%)

1 した, し又

▼ 自身統率~ (2, 0.0%)

1 して, をやぶった

▼ 自身絶望~ (2, 0.0%)

1 から希望, するよう

▼ 自身耕作~ (2, 0.0%)

1 せざる限り, に従事

▼ 自身~ (2, 0.0%)

1 と衣裳, を喰わず

▼ 自身肉食妻帯~ (2, 0.0%)

1 が出来なかった, を体験

▼ 自身~ (2, 0.0%)

2 を痛めた

▼ 自身~ (2, 0.0%)

1 國, 覺し

▼ 自身自ら~ (2, 0.0%)

1 せめて窺, の根拠

▼ 自身自力~ (2, 0.0%)

1 の研究, の研究扨

▼ 自身自動車~ (2, 0.0%)

2 を運転

▼ 自身至って~ (2, 0.0%)

1 おそいテンポ, 気の

▼ 自身興奮~ (2, 0.0%)

2 のため

▼ 自身若しくは~ (2, 0.0%)

2 女中を

▼ 自身虚偽~ (2, 0.0%)

1 にぞくする, の論理

▼ 自身虚無~ (2, 0.0%)

1 に帰し得る, に歸

▼ 自身表現的~ (2, 0.0%)

1 である, なもの

▼ 自身裏書~ (2, 0.0%)

1 して, をされた

▼ 自身~ (2, 0.0%)

1 てまいりましょう, て疑わぬ

▼ 自身親しく~ (2, 0.0%)

1 会議の, 侮辱を

▼ 自身~ (2, 0.0%)

1 はれたやう, ふこと

▼ 自身誤っ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 自身説明~ (2, 0.0%)

1 し得ない直接態, 出来ぬもの

▼ 自身調査~ (2, 0.0%)

1 もしない, を重ね

▼ 自身警察~ (2, 0.0%)

1 とは別に, に出頭

▼ 自身責任~ (2, 0.0%)

2 を取っ

▼ 自身~ (2, 0.0%)

1 にしみ, を離れない

▼ 自身~ (2, 0.0%)

1 へのる, をもって出迎え

▼ 自身~ (2, 0.0%)

1 にある, の御

▼ 自身農村自身~ (2, 0.0%)

2 の悪

▼ 自身進化主義~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ 自身運転~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 自身遠く~ (2, 0.0%)

1 旅立って, 途中まで

▼ 自身~ (2, 0.0%)

1 をすすめ, を断ち

▼ 自身飛躍~ (2, 0.0%)

1 しつつ, のあつ

▼ 自身食べ~ (2, 0.0%)

1 たり食べなかっ, て食べた

▼ 自身~ (2, 0.0%)

1 りに, り打ち込んで

▼ 自身~ (2, 0.0%)

1 をとばし, を返し

▼1* [1461件]

自身あずからぬように, 自身あとではすぐ, 自身あまり結構なもの, 自身あまり興味が無い, 自身あるいは生産用役相互の, 自身ある程度辛辣な, 自身あわてて飛ん, 自身あんまり重きを, 自身あゝいふ新劇, 自身いかにもロシアの, 自身いくらかの収入, 自身いくらかそういう状態, 自身いくら皮をむく, 自身いちはやくも自己嫌悪, 自身いったいどう動くつもり, 自身いつか拙者に申し出た, 自身いつか鮫の卵, 自身いつのまにか曵きずられて, 自身いつも低下し, 自身いつもいつも高木さんから, 自身いづこへ, 自身いふてはり, 自身いまいましいことに, 自身いまだ質屋の, 自身いま上原稔がいた, 自身いやしき伯楽の, 自身いやらしくなって, 自身いる場所の, 自身いろいろ世話になった, 自身いろいろ説明を加え, 自身いろんなつまらない物, 自身いわゆる指導部の, 自身いわれてしまった, 自身うかがうことも, 自身うけついで暮し, 自身うしろめたいものが, 自身うつかり上野屋, 自身うまいものを, 自身おさしず遊ばすような, 自身おどろかざるを得まい, 自身おのれの不愉快, 自身お答え仕らんか, 自身お詫びに行きましょう, 自身お話をする, 自身お迎えにもまいるべきで, 自身お金に困っ, 自身かいている, 自身かからそれが, 自身かかわるように, 自身かくては一大事, 自身かたく信じて, 自身かと疑う者, 自身かなしくなりました, 自身かの制作と, 自身かへつて解決し, 自身からか或いはその, 自身からがすでにあらゆる, 自身からさえ批評が, 自身からさえも逃れたかった, 自身からというよりも, 自身かれと語る, 自身かろうじて瓦口関, 自身がたへきれなく, 自身がなきけなくなった, 自身くしけずられる黒髪に, 自身くるしいのやりきれない, 自身けっして死を, 自身よいの, 自身こういう人々と共に, 自身こうした文学的範疇に, 自身こだまして, 自身この上ない誇りである, 自身この世に, 自身この間偶然ペリーの本, 自身こまかい注意まで, 自身こまごまと書面, 自身これからどうする気, 自身これらの国, 自身こんどの選擧, 自身こんなにも仕合せだ, 自身返礼に, 自身さう思ひこんでゐた, 自身さえをも多少書き直す, 自身さしまねいて伴, 自身さっさと出て, 自身さっそく呉の, 自身さらに雲階を, 自身しか知らない私自身, 自身しげしげ見廻りに, 自身したためたものなる, 自身しばらくの間, 自身しまいには身, 自身しめし合わせに, 自身ゃちっともあせったつもりはねえんだがどうも, 自身じつはフランス密偵部の, 自身じゃとみないう, 自身すくなくとも今度だけは, 自身すっぽりと呑み込まれる, 自身すでにそうだと, 自身すなわち立花であった, 自身ずいぶん骨折って, 自身ずかずかと式台, 自身せっぱつまりクビククリの, 自身そこで神官村人を, 自身そっちへ向かう, 自身そっと私に, 自身そのままに生き得る, 自身その頃どうも少し気, 自身そばにい, 自身それからいうなら言うこと, 自身それぞれの意味, 自身づねてあげるのがほんまやろと考へまし, 自身たいした自説も, 自身たいていな家, 自身たち夫婦の仲, 自身たのしみ味い, 自身だけじゃないか, 自身だけとして問題に, 自身だけにとってのジャーナリズム内部に, 自身だけには思いあたること, 自身だけによって決定され得る, 自身だったでないか, 自身だったらもっと彼女, 自身だに予想せざりし, 自身だらうか, 自身だろうか, 自身だんだん痩せ窶れて, 自身ちぐはぐじゃいけません, 自身ちやんと知つて, 自身ちょっと外国文学を, 自身ついその気味, 自身ついに滅失された, 自身つかつかと広常, 自身つねに見失つて, 自身つぶさにその暴状, 自身青木が, 自身であったら彼は, 自身であったろうがここ, 自身でありあらせ様と, 自身であり聞く者も, 自身であり語るところは, 自身であるならば夫, 自身であればいい, 自身でいらっしゃるなら代理の, 自身でございますこれが, 自身でございまするから誰, 自身でさえが文壇の, 自身でしなければならない, 自身でととのへられないもの, 自身でなくさっちゃん, 自身でのほうが, 自身で無いと言い切れる, 自身とくに日本の, 自身としか思えないほど, 自身としてよりもむしろ家の子, 自身としましてはこれこそ, 自身とだけつきあって, 自身とでゴシゴシ磨き立て, 自身とともに乗せほか, 自身とに関する一寸興味, 自身とんでもない悪, 自身どういう世の中に, 自身どうしてあの女, 自身どうしようもなかっ, 自身どうも覚束ない, 自身なぜ責任を, 自身などと云う感動, 自身なども隠されやすい, 自身などよりもずつと順調な, 自身なりが進んで, 自身なりと驕り誇ッ, 自身なんかのところへ, 自身なんら新しいもの, 自身にかへること, 自身にかへつて私の, 自身にさえもわからずなんら, 自身にだけはヌキサシならぬ, 自身についてだってなにひとつ申しあげ, 自身にまでもそれが, 自身によっては自覚されない, 自身によつて私, 自身によりもいくらかは, 自身に対してのみだった, 自身に対してのみのそれである, 自身に対しましては恥しい次第に, 自身のうでの, 自身のせゐにした, 自身のてがらに, 自身のびてゆき, 自身のみに解る何等, 自身のみについていえば, 自身のみには多少の, 自身のみの言葉であっ, 自身のみを語る役割, 自身のろまなよう, 自身はたしてかかる手品, 自身はちよつと袿, 自身はつきりそれと自覚, 自身はようく御, 自身ばかばかしくなったから, 自身ばかりじゃない俺, 自身ばかりを大事に, 自身ひとの数倍, 自身ひとつロシヤ社会の現代生活, 自身ひょいと飛びのいて, 自身ひろくゆるやかな, 自身ふかい感動を, 自身ふたたび践もうなどとは, 自身ふと嫉妬を, 自身ふり返つて, 自身ぶりを釣つてしまつたの, 自身へと侵入した, 自身へという悲壮な落ち着いた, 自身へも又都會兒童, 自身べつに何宗と, 自身がらかな, 自身ほしくてならぬ, 自身ほっとしたの, 自身ほど犯罪を, 自身ぼくの愛, 自身まさかそれほどだとは, 自身ましてインテリゲンツィアの, 自身まだ単に思想に, 自身まだ夢にも思って, 自身まっ先に呂公の, 自身まつさきに蟹, 自身までの法諡は, 自身までもが恨めしくて, 自身みたいに思った, 自身みな百も承知, 自身むかえにきた, 自身もうすっかり酔って, 自身もう一度戸締りを, 自身もからだが, 自身もちろん言葉の, 自身もとよりそう, 自身もどしはつた, 自身もながらみ取り, 自身もはつきりこ, 自身やっている, 自身やや深入りを, 自身やる根気も, 自身やるべきことで, 自身ようようよろめきよろめき歩きながらも, 自身よき詩を, 自身よほど無理な, 自身よりより多く憫, 自身らしい晋といふ, 自身らどうしで明日, 自身わかっていないでしょう, 自身わが砦へ, 自身わざと迂回し, 自身わらじ穿きで, 自身われながら満足, 自身われ関せずという, 自身をかばふ氣, 自身をとや角いう, 自身をば彼が, 自身アカデミックなもの, 自身アガペーまで昇り得た, 自身イギリス貴族風の固定感覚, 自身イデオロギーの性格, 自身イデオロギー的性格を有っ, 自身エピグラム的です, 自身エーテルを以て充実, 自身オリヴィエのため, 自身カタログを発表, 自身カッコウがつかない, 自身ガ神経過敏ニナッテイタノガイケナカッタノダト云ウ点デハ二人ノ意見ガ一致スル, 自身ガ自分ヲ制御デキナクナッテイル, 自身ギラギラ悪鬼的な沈んだ, 自身クラムがあなた, 自身クリストフを訪れ, 自身クロア・ド・コルバの客たち, 自身グロテスクの晒し, 自身コンニャクを産, 自身シューマンの生命, 自身ジャヴェルの姿, 自身ジョルジュの地位, 自身スコットランドのダンディー附近, 自身ソヴェト農民は農村, 自身ゾッとした様, 自身タイピストとして働い, 自身タニグクではなく, 自身ダンネベルグ様でございました, 自身ディオニュソスを以, 自身デスルケレドモ常ニ弟子, 自身トゥールの農民, 自身トマス・リードの例, 自身ハッキリ解るほど, 自身ハムマーを取り, 自身ハ手をいためし, 自身パッチリ鞘に, 自身パニックの最中, 自身ヒタムキであれば, 自身ピエルだから, 自身ファシズム支持を声明, 自身ファッショの手先, 自身ファッショ化の有力, 自身フアウストなどを書かん, 自身フリードリヒに嫌疑, 自身ブリッジに立っ, 自身ヘンデルの父, 自身ポンチの生活, 自身モソレヲ希望シテトドマル所ヲ知ラナイ, 自身モデルの意味, 自身モナスもしくはモナド, 自身モマタ奴隷タルベクコノ世ニ生レ出デタルモノニシテ人格ト権利ヲ没却セラレテモ, 自身ラテン語その他の手寫本, 自身リヤカアで運び, 自身ルウス・ジュッドの行方捜査, 自身ロゴスとして他, 自身ロシヤ語で助け舟, 自身我輩, 自身ヴァレリイの中, 自身ヴィーンにい, 自身の発展, 自身一ばん人よりもさう, 自身一九一〇年頃にはその, 自身一切の外国貨物, 自身一切れ試食して, 自身一定の唯物論, 自身一寸気味悪くさえ, 自身一層速かに, 自身一帆の風, 自身一応も二応, 自身一手の兵, 自身一文の金, 自身一族敗兵を従え, 自身一時の富貴, 自身一流の無, 自身一番よく知っ, 自身一節ずつ読ん, 自身一行を出迎え, 自身一軒一軒年始まわりをした, 自身一部分の無産者候補者, 自身一陣をひきい, 自身一騎だけ秀吉, 自身けで, 自身三ヵ月も勉強, 自身三万余騎で駈けつけた, 自身三木城に入る, 自身べだけゴマ化, 自身上州の糸屋, 自身の間, 自身下って受けん, 自身下劣なこと, 自身下向して, 自身下知にかかった, 自身整備形なる, 自身不可能な存在, 自身不在ごとにその, 自身不完全さを示す, 自身不定なもの, 自身不幸な最後, 自身不当では, 自身不快でなければ, 自身不愉快なの, 自身不経済なやり方, 自身不自然さを意味, 自身不良だか, 自身不覚にも眼, 自身世界にまで組み立てられた, 自身世界一と自任, 自身世相を観照, 自身名を, 自身両端を結ぶ, 自身中央にある, 自身中門まで出迎え, 自身主人となっ, 自身主体の実践的, 自身主宰の雑誌発行資金, 自身乏しき才能を, 自身乗せて来た, 自身乗り出して社長邸, 自身乗馬をえらび, 自身予期もしなかった, 自身事務的な対人関係, 自身事実であって, 自身二つの矛盾, 自身二万五千余騎をひきい, 自身二刀流の達人, 自身二十万騎をひきい, 自身二十五年前に栃木刑務所, 自身二十余歳まで眼, 自身二十八歳を迎, 自身二千余騎でこの, 自身二回も雪中, 自身二年間ゐて, 自身二度もお, 自身云つた通りこの有力, 自身云つてゐる, 自身五体が満足, 自身井上粟屋勢の後, 自身些かも自覚, 自身亜米利加に渡っ, 自身亡夫の妹, 自身無政府主義者, 自身に上り, 自身京都へ乗り込ん, 自身人道主義者でクリスチャン, 自身人間的な弱点, 自身今や一つの, 自身今度は大阪, 自身他人から邪, 自身付き添ってくれた, 自身代表作と認め, 自身令嬢の兄, 自身て先見, 自身仮説的なもの, 自身伊吹の城, 自身伊豆の温泉, 自身伊賀を発し, 自身伏見菊人と向, 自身休養ノ必要ガアルニハアッタガ, 自身の清規, 自身会釈をお, 自身伸び育たなければ, 自身伸子のところ, 自身伺うべきだと考えた, 自身伺ったことな, 自身なもの, 自身低い文化しか, 自身佐伯部にし, 自身佐渡の前, 自身体力は弱く, 自身体裁屋なので, 自身体験としての雷, 自身何ぞ現実を, 自身何と母に, 自身何ものをも掘り下げ得ない浮いた, 自身何らの罪, 自身余りすらすらと, 自身余程の思想的鍛錬, 自身を遺した, 自身作物となっ, 自身使いとなっ, 自身例へば生産活動の, 自身に取り立てられ, 自身侘びしさ, 自身依然としてこの形而上学, 自身価値評価すること, 自身価値評価的なもの, 自身侮り卑下し, 自身侯爵の行動, 自身俗悪な常識的, 自身俗物的な一風俗, 自身信じかねるほどである, 自身修正を施したらしい, 自身個人としては公生活, 自身個人的にし, 自身個別的である点, 自身りて, 自身假説的なもの, 自身偶然性との弁証法的, 自身偽善者であるが, 自身傷口を洗っ, 自身働いて溜めた, 自身であって, 自身償いがたき過去, 自身元来が政治的言論, 自身元来抽象的であらざるを, 自身であった, 自身充填されたピストル, 自身充足する積極的, 自身先ず私は, 自身先づよく感じ, 自身先づ政友会に入り, 自身先づ政友會に入り, 自身先生の, 自身先覚者とも何とも, 自身先鋒たらんこと, 自身先頭に馬, 自身を脱いだ, 自身入念に糺し, 自身ク気ガ付イテイナイトコロノ或, 自身全体の失業率, 自身全土の総, 自身全然して, 自身全般的なもの, 自身公平な批評, 自身其の詩想に, 自身其人を若い, 自身其毒にあたらぬだらう, 自身具足を脱い, 自身の仏性, 自身内容とする, 自身内心ではひどく, 自身内裏の門, 自身内部にある, 自身内門まで出迎え, 自身の吹返, 自身写経の何巻, 自身冥土まで聞き, 自身かにとりなし, 自身凡夫煩悩の典型, 自身凱旋軍を出迎えた, 自身出向くことに, 自身出家の姿, 自身出張して, 自身出張万事指揮これあり候わば, 自身出撃の令, 自身出版業者として又, 自身に対, 自身分ってはいなかった, 自身分らなくなっている, 自身分散して, 自身切っても切れない, 自身切つても切れない, 自身初めて自分の, 自身判断は下しかねた, 自身に新しい, 自身利害の対立, 自身制御し得なかった彼, 自身刺客として弦, 自身刻んだお面, 自身前科者というで, 自身前線へ立っ, 自身剣光戟風のあいだ, 自身創作に悩ん, 自身創立された文芸協会, 自身劇場なぞへ顔, 自身を働, 自身力強い抗弁だつた, 自身助太刀をし, 自身勇戦をなす, 自身動悸を感じ, 自身勝ちながら坂田, 自身勝っては居り, 自身勝家の養子, 自身勿論意味を, 自身包みをぶらさげ, 自身匈奴への降服, 自身北京に出掛け, 自身北陸の鎮め, 自身医者に相談, 自身十分に意義, 自身十分の文化的光明に浴し得, 自身十悪の凡夫, 自身十手もちの目明し, 自身十数騎をつれ, 自身十文字に切つて往生, 自身千曲川の難, 自身病人である, 自身半分も信じ, 自身半年もい, 自身卑下はし, 自身卑劣の外, 自身卓子の上下, 自身南郡の城, 自身単なる擬古文に, 自身単騎同様な小勢, 自身印刷の技術, 自身い腰つき, 自身危なくならないで, 自身危急に瀕, 自身危険な自分自身, 自身即刻筑紫へ下向, 自身て狼狽, 自身却って甚だ俗物的な, 自身原理的に哲学, 自身の前, 自身参られるがよい, 自身参ろうと存ずる, 自身又は彼等の, 自身及コック兼小使の東作, 自身友人に報告, 自身反対しなければ, 自身取締りのこと, 自身取調べてみよう, 自身受けねばならなかった, 自身受け取りに参っ, 自身口輪をつかん, 自身古くさい人間のせゐ, 自身叩かれた鉦の, 自身可笑しいとお, 自身台下へささげ奉りましょう, 自身吉宗が出向くであろう, 自身同じことを, 自身名簿に枚数, 自身向う側の飛, 自身向上するか, 自身の道, 自身吟味の床, 自身吟味比較して, 自身否定し去って, 自身含蓄のある, 自身呆然として, 自身告げよったことで, 自身周瑜に向っ, 自身呪文の様, 自身味方の気, 自身呵責等かたく無用, 自身哲学上の一つ, 自身哲学的な根柢, 自身唯物弁証法の非, 自身唯物論と名づけられる, 自身商品としては売られない, 自身問題であること, 自身善人である丈, 自身喜歌劇のかて, 自身嘆いて居る, 自身嘗てその仲間, 自身嘗めた経験から, 自身嘲弄されたと, 自身かすやう, 自身四使への犒いであった, 自身四十年前に一人, 自身四国へ出馬, 自身回想しても, 自身固定を感じる, 自身の女学校, 自身国内亡命をし, 自身国境まで出迎えた, 自身国際的先覚者をもっ, 自身まで書い, 自身土塀をこえ, 自身地下に感泣候事, 自身地代であるから, 自身均平とは反り, 自身の後閣, 自身城外に出迎えた, 自身城門外まで送り, 自身より下っ, 自身場所に於ける, 自身多岐多樣, 自身多岐多様なる意味, 自身多忙をきわめ, 自身夢にも気が, 自身大きい石鹸玉である, 自身大きな組立てである, 自身大使館で夜, 自身大分薬がきい, 自身大型の乗合, 自身大変年上の面白く, 自身大工の心得, 自身大役をひきうけ, 自身大愚と愚堂, 自身大手の木戸, 自身大抵それまでに, 自身大浦博士と結婚, 自身大股に迎え, 自身大過へ運ん, 自身天地に祷り, 自身天子及び天, 自身天斑駒の皮, 自身天王寺へ駈け向った, 自身太鼓たたきになった, 自身が経験, 自身失敗するに, 自身失業の身, 自身失脚するのみか, 自身奉行して, 自身奔走して, 自身の丸, 自身女性である中島湘煙, 自身女自身の実感, 自身好きなよう, 自身如何様に弁護, 自身如是畜生の河原者, 自身に考え込ん, 自身妻子供の血液型, 自身妻恋坂へ出かけ, 自身姿を現, 自身媒妁の労, 自身嬌羞を帯びた, 自身子どもの眼, 自身子以上の人間, 自身存八を下僕, 自身存分に知りきっ, 自身孤児ではなかっ, 自身安全なのに, 自身安土へ参上, 自身安芸を発し, 自身完了的であ, 自身完結完成して, 自身宗教の本質, 自身定義され得ない単なる或, 自身宛然たる, 自身実証的な内容, 自身客それ自身が趣味, 自身客殿にみちびいた, 自身客舎へ行っ, 自身客観という言葉, 自身客體の形相, 自身宣するのでなく, 自身宣平門の楼台, 自身の口, 自身宮中に入っ, 自身宮門まで出, 自身家主であられる, 自身家庭趣味の経験, 自身をもっ, 自身寝室へ行っ, 自身に久しぶり, 自身實在者の位, 自身寧ろ進んで, 自身対立性を有っ, 自身対象それ自身の持つ, 自身対象的区別に基く, 自身をひらいた, 自身専有の芸術品, 自身として征途, 自身尊氏にはならない, 自身小さな工場主でも, 自身小作人が可哀相, 自身小桶をつかん, 自身小次郎の住居, 自身小説になつ, 自身小説家の余技, 自身小首をかしげ, 自身小鳥のよう, 自身小鼓の調べ, 自身少々まとまりよく, 自身少々うんざりして, 自身少からざる妨げ, 自身少年の生涯, 自身になっ, 自身屋上によじ登っ, 自身者ならず, 自身山上へのぼっ, 自身山幸彦として鳥獣, 自身山越えの間道, 自身工事場へ検分, 自身工場の中, 自身工夫したりと, 自身市中の見廻り, 自身市井の塵埃, 自身帝位に昇っ, 自身帰宅の第, 自身常識につらなる, 自身常識水準をば普通, 自身平家に代ろう, 自身年期を入れる, 自身幸子や本家, 自身幻影でなくって, 自身幼年から斎藤家, 自身幾度び我輩を口説き, 自身幾度自分の眼, 自身府門に馬, 自身の端, 自身が巧, 自身弁証法的なもの, 自身弁護を考へ, 自身弁護士の資格, 自身弓子に如何, 自身弓杖ついて, 自身引いて柳原義光伯, 自身引け目を感じる, 自身張昭の住ん, 自身ひて, 自身強いて拒もう, 自身当って見る, 自身に立てる, 自身役場に持参, 自身役者として其処, 自身彼女に金, 自身往来なすぞ, 自身待ちしびれたには, 自身待ちかまえて袋づつみにしましたが, 自身へ引き, 自身後ろへ廻し, 自身後園の奥, 自身後段の, 自身後者にある, 自身後醍醐の大きな, 自身徐州攻略におもむいた, 自身従来絶対主権者として己, 自身御前に罷り出で, 自身御台所さまと共に御, 自身御存じのうて, 自身を得る, 自身徳川どののその, 自身徳川万太郎の憎むべき, 自身心づいたということ, 自身心づかなかったことでした, 自身心意の熱, 自身心服と忠誠, 自身心配したぐらい, 自身必ずしも特に実験の, 自身必勝の信念, 自身必要以上に, 自身を離れ, 自身快楽に耽り, 自身快速なそれ, 自身濤を, 自身ろしい, 自身怠らずに阿弥陀仏, 自身性慾が強い, 自身恋愛のため, 自身かしい思ひを, 自身恥ずかしくなって, 自身恥ずべきことで, 自身恥辱である, 自身恭順論者でありながら, 自身息づまるやうな, 自身患者であるその, 自身悩まされたことを, 自身悪夢のよう, 自身悪徳では, 自身悪魔の如き, 自身悲しんだことかも, 自身悲苦の間, 自身想いだすのも, 自身想像力や示唆力, 自身愉快でなくて, 自身意志を持つ, 自身意義も知らなかつた, 自身愚痴になる, 自身愛情と一緒, 自身愛慾に狂乱, 自身愛用の秘薬, 自身愛読する創世記イサク, 自身感じられたのだ, 自身感ずべきはずだった, 自身みの, 自身しく思つて, 自身戌年というところ, 自身成敗するの, 自身成熟する自由, 自身成都を出, 自身我々の經驗, 自身我々末世の衆生, 自身我等の借りてる, 自身我邦における歴史, 自身或いはお家に, 自身或は後生学者の, 自身戦う必要の, 自身戦争の実体, 自身戦場に臨ん, 自身戦塵のうち, 自身戦意もない, 自身戦死した, 自身戯曲に書, 自身ぶくろから, 自身戸口をノック, 自身房吉を訪ね, 自身手勢を率い, 自身手打ちにし, 自身手相が当っ, 自身手紙を出し, 自身手綱を曳き, 自身手織の木綿物, 自身手込に打擲, 自身打ち殺した小夜の, 自身打つ人も, 自身打物取って, 自身批判され得ます, 自身批評記事に外, 自身投書と遺書, 自身担いで来, 自身拍子を打った, 自身拘束された身動き, 自身拝受に出, 自身拷問でありかて, 自身持っている, 自身持つてゐる, 自身持参して, 自身指揮のがポリドール, 自身挙人老爺を訪問, 自身挽いて一里余, 自身捕縄をたずさえ, 自身探ってみよう, 自身探偵小説にあき, 自身推賞すべき道徳, 自身描いてゐ, 自身摂津へ出陣, 自身攘夷を決行, 自身支那の地, 自身攻めつぶして, 自身攻撃されるの, 自身放浪的な境遇, 自身政治家的野心などはなく, 自身政治的な常識, 自身政治的性格を有, 自身救われたような, 自身教室で使つて, 自身教授に対して個人的, 自身教鞭を執らるる, 自身教頭や配属将校, 自身教養ある女性, 自身て否定, 自身敢えてこれを, 自身数百騎をひきい, 自身文化危機を告白, 自身文学だと, 自身文章をかく, 自身ういふ類, 自身新聞社を経営, 自身は今, 自身方丈の外, 自身方便的な云, 自身方向を定める, 自身旗馬簾などの先, 自身既成政党への再, 自身日常経験として明らか, 自身日本人として当然, 自身日本文化の偉大, 自身旱魃のさなか, 自身明治開化の風潮, 自身明確な徹底, 自身は富裕, 自身によつて, 自身時々高い所, 自身時折はその, 自身時計屋へ行, 自身をふるい, 自身を乞おう, 自身暗澹たる人生, 自身曳いて来, 自身書いて居る, 自身書いた千曲川旅情の, 自身書かれた文章の, 自身書きたまえウン僕, 自身書きものの都合, 自身書院の方, 自身曹彰にぶつかった, 自身最も低いもの, 自身最早故山の, 自身最近荒れ放題, 自身有力なアリストテレス文献学者, 自身有産者であるの, 自身朗々と謡い, 自身望楼の上, 自身期待しなかったもの, 自身朧げにしか意識, 自身木下どのの人間, 自身本丸に出迎え, 自身本来暴風雨のよう, 自身本気に出来ない, 自身本然の愛, 自身本読みする念, 自身本質自体にさ, 自身本陣を出, 自身の前, 自身のだれ, 自身をつい, 自身条約のため, 自身ていたら, 自身来たわけで, 自身来ないまでも誰, 自身来るとはあくまで, 自身の崖上, 自身東洋的な, 自身枕頭近くの水差, 自身果して知つてゐるだらう, 自身の外, 自身栄養失調で這っ, 自身根気よく通う, 自身案外で問題, 自身梯子段を降り, 自身を使, 自身検分に廻った, 自身楽しいことにも, 自身楽屋幕のうち, 自身楽田の軍勢, 自身様々な人物, 自身標山の後, 自身横浜に来, 自身の上, 自身機関銃を操っ, 自身を持っ, 自身欠点ではない, 自身欧羅巴に来, 自身欲する語と, 自身欺く事が, 自身歌舞妓者が多, 自身正常それ自体ですよ, 自身のお家伝来, 自身武装すると共に, 自身歩くことによって, 自身歩んで來, 自身歩行も不可能, 自身歳暮に出府, 自身歴史哲学の研究, 自身歴史感覚を深める, 自身歴史的な作用, 自身歴史的所産であるに, 自身歴史的社会的存在である場合, 自身死にそこなって苦し, 自身死んだように, 自身死んだらそれを, 自身死地に入らずし, 自身んど, 自身殉死小説と日記, 自身殿へ実情, 自身殿様の月代, 自身であって, 自身母親を説き, 自身毎日前山の頂, 自身毎日車に召し, 自身をお, 自身毛頭いだいてを, 自身毫もそこに, 自身民衆の為め, 自身気づかなかつたがこの, 自身気づかぬ凡愚でも, 自身気ガツカナイデイタ部分ノ彼女, 自身気付いたばかりのこと, 自身気軽に出, 自身高い誇り, 自身江岸に沿っ, 自身江戸の街, 自身池田専右衛門の首, 自身決めていない, 自身沖売ろうになり, 自身没落したという, 自身をわたっ, 自身河尻殿のお, 自身を作る, 自身法師であっても, 自身法王の位, 自身法螺吹きだけに直ぐ, 自身泣きながらお, 自身注射すること, 自身泰山のいただき, 自身洗濯屋へ持っ, 自身津幡を攻め, 自身洩らした言葉にも, 自身活きて動き, 自身活きた屈伸性を, 自身活用して, 自身流れたことは, 自身浜松へ罷り出, 自身浪漫主義の端初, 自身消し残した女, 自身消極的否定的態度であるに, 自身消耗する事, 自身消費する穀物, 自身淮南の境, 自身深い因縁と, 自身渡宋の御, 自身温められ慰められるのが, 自身湖畔の或, 自身を汲ん, 自身湯殿へおり, 自身満たされて居ます, 自身満月の自然, 自身満足するよう, 自身溺れかけたことも, 自身溺れんとして周章てふためい, 自身滅びるより仕方, 自身滅族の禍い, 自身滿足いたす次第, 自身漁家の出, 自身演技に立ち, 自身漢学を教え, 自身潜在意識的に感じ, 自身に始め, 自身に等しい, 自身無くなるもので, 自身無事であるが, 自身無意識的なもの, 自身無益であるばかり, 自身無能である, 自身無責任な生きかた, 自身無造作にやってき, 自身然るべき匿名の, 自身煎じて看護, 自身つぱし, 自身物質的な内容, 自身特に何の, 自身特殊な性格, 自身特異な詩人, 自身犯している, 自身狂いそうな, 自身狐塚附近を巡り, 自身独り歩きの出来ぬ, 自身独創の説, 自身独立孤立しては, 自身独立自力自活と覚悟, 自身狼狽歯くいしばっても, 自身狼藉者をうしろ, 自身獣猟をなされた, 自身玄徳を城門, 自身現実の中, 自身現実離れして, 自身理論のため, 自身琵琶を抱い, 自身の根本的規定, 自身生かしきれぬ純な, 自身生れつきの淫婦, 自身生涯に使いきれぬ, 自身生産の場所, 自身生産物であって, 自身産業資本家又は政治的支配者, 自身に作らせ, 自身用いている, 自身用言的感覚を持たせる, 自身の守護, 自身田舎について何, 自身申されましてわたし, 自身申して居りました, 自身男の子だから, 自身町奉行に出頭, 自身を描き始めた, 自身画壇から何, 自身画面の中, 自身番士をつとめる, 自身とせざる, 自身異なる目的を, 自身異性をみる, 自身ひもなく, 自身疑いを抱く, 自身疑わしい概念で, 自身疑念を懐いた, 自身病床の臭気, 自身病気あがりでどうにも, 自身痛切な経験, 自身発展の意欲, 自身発明の兵法, 自身発病して, 自身発見されること, 自身発言するの, 自身白門楼の長い, 自身白馬を躍らし, 自身百姓の子, 自身皇室を辱める, 自身皮剥業に従事, 自身盗賊のよう, 自身監督の下, 自身直ちに陣を, 自身直属の兵三千, 自身直観であること, 自身相当にすぐれた, 自身相当写楽づらだ, 自身にその, 自身から取っ, 自身真先に出馬, 自身真理でも虚偽, 自身眺め飽くこと, 自身着ものは紬, 自身矢倉伝内の対手, 自身つて, 自身知らずに新興労働階級, 自身知らなかった能力を, 自身知りすぎていた, 自身知能的技術を誇示, 自身知識も教養, 自身短篇小説や論文, 自身石川まで行っ, 自身石弩の弦, 自身と将, 自身確信と元気, 自身示すように, 自身示すべき人間的生き方を, 自身社会の一部分, 自身社会的な意義, 自身社会的問題と文学的問題, 自身社長に呼出され, 自身神サマにならう, 自身神道から出た, 自身禊ぎをした事の様, 自身福井藩勤皇の導き, 自身科学の仕事, 自身稲次郎の事, 自身穀物または労働, 自身積極的内容を持たない, 自身穢されたような, 自身究極的なるもの, 自身穹窿形をなし, 自身空樽同様とならね, 自身空間の性格, 自身ん出, 自身窒息させるという, 自身立ってふす, 自身立合おうという, 自身竹内式部をしらべ, 自身笠草鞋を背負わせ, 自身筆硯を取り, 自身米国近海に遊泳, 自身精神能力によって第, 自身精鋭の組下手付, 自身糺問に当らね, 自身五千の, 自身紅い櫃だけを, 自身納得しようと, 自身粹な, 自身純文学の文学的衰亡, 自身純然たる女, 自身純粋直観であるという, 自身紛れもなく, 自身素ばらしい思い付, 自身素晴らしい物語的存在の, 自身細工を施す, 自身細心の注意, 自身経済的な或いは, 自身経験ずみです, 自身結婚する考え, 自身結婚媒介所でいくらか, 自身結庵入庵, 自身結構なこと, 自身統制であり強制, 自身絶えず不安と, 自身絶対に他, 自身綺麗に取り, 自身へ出, 自身縛られて王前, 自身の意識, 自身罰則を破つ, 自身美丈夫ではあり, 自身しくな, 自身羞恥なき肉体自体, 自身老人とは思っ, 自身考えつつある, 自身考え及ぶ能力も, 自身考古学者となります, 自身耶蘇教徒ではない, 自身聞いていた, 自身聞き届け候儀も之, 自身聴取の必要, 自身職工たちに対して相当以上, 自身肉体自体の思考, 自身肖像彫刻を作る, 自身肥桶でも担い, 自身肯定して, 自身腰掛から転げ落ちた, 自身臆病です, 自身自分たちのよう, 自身自家の経済, 自身自己の心事, 自身自己批判するところ, 自身自殺幇助罪を構成, 自身自然科学的実験と理論, 自身自然科学者であるか, 自身自然科学論の社会階級性, 自身自由を意味, 自身興行に興味, 自身舞ったりした, 自身舞踊をもし, 自身のほう, 自身船山についての鈴木茂正, 自身良人と自分, 自身良友ぶつて, 自身芸者遊びをする, 自身芸術することそれ自身, 自身芸術政策的な本質, 自身芸術的に一種, 自身芸術鑑賞上一見識を持っ, 自身若々しい精根を, 自身若かったころ, 自身苦しい心を, 自身英國の手先, 自身英文のタイプ, 自身英文学のクラシック, 自身茶さじで三杯, 自身莫迦莫迦しくな, 自身菊畑へ案内, 自身落ちこんでおしまい, 自身著者の科学, 自身藤原とは書い, 自身藤吉郎という人間, 自身蛮軍の前, 自身蝉吟という俳号, 自身融けほぐれて自由, 自身にまみれた, 自身血まみれになっ, 自身血刀を揮っ, 自身血判などされる, 自身血書を撤回, 自身ふ処, 自身行かなければならない, 自身行きついて了, 自身行って関羽, 自身行末の事, 自身行状を記した, 自身もなく, 自身衣服を改めて, 自身衣食住の, 自身に立つ, 自身表象的なもの, 自身裁判所の人間, 自身裏書きでもする, 自身見えるにちがい, 自身見たので, 自身見ることの, 自身見合いにほんとう, 自身見聞したこと, 自身てあるいた, 自身視察して, 自身覚えて居るべきだ, 自身覚束なくも, 自身觀想を本質, 自身解決を持っ, 自身解釈して, 自身言っていた, 自身言ってるじゃない, 自身言明して, 自身計量の単位, 自身訊ねてみよう, 自身記憶できないほど, 自身記録されたもの, 自身訪れて所信, 自身訪問して, 自身診察に来, 自身評議会時代から階級的闘士, 自身試みたことが, 自身詫びております, 自身詰まらない思ひをし, 自身の空疎, 自身話されたことです, 自身詳しく理由づけた, 自身誇りを感じた, 自身認識不足によって生ずる, 自身認識論の内容, 自身語らずとも他人, 自身語り得る者の, 自身誤った右翼的危険を, 自身説き廻って織田方, 自身読者の一人, 自身調べてはいない, 自身調べた結果心から, 自身調合にも巧み, 自身調子を合せる, 自身調理場の水瓶, 自身調節して, 自身論理にぞくする, 自身論理的なる發展, 自身諦めておいで, 自身大名の, 自身諸所の崖, 自身謀首となった, 自身譜代の家臣, 自身警固の状, 自身警視庁へ出頭, 自身讃岐の丸亀, 自身豪奢の俗悪, 自身負けている, 自身負傷した, 自身貧乏な癖, 自身貧困である欧羅巴, 自身貧民が生活, 自身責められている, 自身貴女の眸, 自身買物に出かけました, 自身賛成で問題, 自身賤者の位置, 自身赤ん坊をぼろ, 自身赤ゲットになる, 自身走り出て, 自身起って来, 自身経験的な, 自身を運ん, 自身踊つて見せる, 自身車上からビラ, 自身車馬をつらね, 自身軍務の余暇, 自身軍勢をひきい, 自身軍容をあらためて, 自身軽々しい戦いは, 自身軽率にも一種, 自身軽蔑しつつ, 自身輝かしかつた, 自身のわき, 自身轅門まで出, 自身農業を営み得る, 自身農民作家だと, 自身近いうちに, 自身近代人としてか或は, 自身近江へ駈け向っ, 自身近藤を召し, 自身迷惑した場合, 自身迷路のよう, 自身追手となっ, 自身逍遥馬の口輪, 自身透明になる, 自身途方にくれた, 自身通俗的な文学的眼光, 自身通路性を有, 自身進まれたな, 自身進んで事, 自身進撃の令, 自身進歩だから, 自身進退せられること, 自身遊んだ好人, 自身過程的なる活動, 自身選抜きの刑事数名, 自身遺憾とし, 自身邸内の普請場, 自身郡境まで出迎え, 自身へのぼり, 自身酒肴をととのえ, 自身酒間をあるい, 自身酔後の息, 自身釈明に来た, 自身重たい體で, 自身重傷になやむ, 自身野ばなしにされた, 自身野本氏に白状, 自身など求める, 自身針葉樹林の小, 自身鉄工所の一人息子, 自身の碗, 自身錯雑を極め変転限り, 自身ち下ろしたばかりの, 自身鍛練した芸風, 自身を取っ, 自身鎌倉中の地, 自身をのぞい, 自身鏡家へ出掛け, 自身槍を, 自身長安の営府, 自身長嶋征伐に赴い, 自身長足の進歩, 自身を開い, 自身関羽張飛孫乾の輩, 自身防ぎに出た, 自身防禦の為め, 自身の中枢, 自身陣十郎から遁, 自身陣地を移す, 自身陣幕のうち, 自身陣頭指揮にあたりだした, 自身陥っている, 自身陥つた悪い状態, 自身陪席判事ウィッツナアゲルある若い, 自身へ上っ, 自身陽平関にまで迫った, 自身階級性を有, 自身集まるまいと決心, 自身集団概念だ, 自身雑誌や新聞, 自身離亭の通い戸, 自身に当らん, 自身電話をかけ, 自身電話口へ出なけれ, 自身霊媒たる前, 自身霊媒能力を発揮, 自身青年自身の手, 自身教育的な, 自身面白くなつて, 自身面罵するよう, 自身靴下の製造, 自身の津, 自身を計っ, 自身な現実, 自身在的, 自身風俗蹂躙とでも云う, 自身風船男の死骸, 自身風雲児をもっ, 自身食べるものは, 自身飲まなかったものな, 自身取では, 自身を縊, 自身駆逐機隊から爆弾, 自身駒飾りした騎上, 自身を向け, 自身驚いたのだ, 自身驚くやうな, 自身高氏を伴っ, 自身髪結の家, 自身魅力を感じない, 自身鮎子に銀座, 自身鳳輦の前, 自身鳴物や道具, 自身鸞輿に召し, 自身麝香の香い, 自身麻上下に着換え, 自身麻薬の経験, 自身黄瀬川のあたり, 自身龍江ほどそれ