青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「自覚~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~自慢 自慢~ 自我~ ~自殺 自殺~ ~自然 自然~ ~自由 自由~ ~自覚
自覚~
~自身 自身~ 自転車~ 臭~ ~臭い 臭い~ 至~ ~至っ 至っ~ ~至った

「自覚~」 3005, 32ppm, 3608位

▼ 自覚~ (579, 19.3%)

109 ている 64 ていた 30 ていない 15 てゐる 14 ていなかった 9 てゐた 8 てい 5 それを, てきた, てその, てゐない, て来た 4 て, てそれ, てゆく, て居る 3 ていなけれ, ていました, て来, ながら

2 [19件] これを, そこに, ています, ているだろう, ておらず, ておれ, てはいない, てはいなかった, てはゐない, てゐ, て大, て居た, て居られた, て意識的, て来る, て自ら, て自分, 意識的に, 自分の

1 [239件] いかにこれ, いままで, この明瞭, この苦難, これが, これと, しかもそこ, しかもその, そうして逃走, そしてアン, そのため, その信念, その強味, その技術, その演技, その為, その真実, その自我, その自覚, それに, それには, つつありのまま, つつある, つつも自己, つつ味わった, つつ彼, つつ感傷性, つつ深い, つつ銀座街頭, ていたで, ていたであろう, ていないです, ていよいよ, ていよう, ていられる, ているなら, ているらしかった, ていれ, てうけとり, ておい, ておいで, ておらぬ, ておられる, ており, ておる, てかかっ, てかく, てかくす, てからは触れ, てから歓喜, てかれ, てきびしく, てくれるであろう, てこの, てこれ, てしかる, てしまっ, てすっかり, てそうして, てそして, てそっと, てその後, てのお, てのみ絶対, てのわけ, てはいないだろう, てはたらく, てはなお, てひそか, てほしい, てみたい, てもいい, てもいた, てもいない, てもすぐ, てもっと, てもらひたい, ても之, ても宜しい, ても最早, ても標榜, てよい, てゐなかつた, てゐました, てゐます, てゐるらしい, てゐれ, てをら, てファシズム, て一体, て一生懸命, て一貫, て下さい, て不思議, て之, て云った, て互いに, て健康, て内心, て創作, て動こう, て十分, て半分自覚, て各, て各自, て各自発奮, て嘘, て堂々, て塗る, て声, て外物, て夫, て好い, て安らか, て実現, て将, て小説, て居, て居つた, て居ました, て己, て幼少, て思想的, て息, て抑え, て持つ, て掛りたい, て支那人, て文筆労働貴族, て暮し, て書かれる, て最期, て来ない, て欲しい, て歴史, て死に, て犯し, て珍味, て生き, て生きる, て生活, て相当, て真人間, て立ち上らね, て総身, て羞むものがあるように, て考えられ, て自己, て良い, て苦しみ, て表現, て諦らめ, て議会, て谷, て責任, て貰, て身, とうとうやめちまいました, どこまで, ながらいつの間にか, ながらその, ながらそれでも, ながらどうしても, ながらなお, ながらもしか, ながらも健三, ながらわざと, ながら会場, ながら年齢, ながら彼女, ながら過去, はじめその, はたで, また批判, また自己, ようも, われわれの, 一定の, 且つ標榜, 之を, 仕事に対する, 他人の, 初めた, 初めているらしい, 初めてより, 初めて宗教, 別に新, 利用し得る, 制作し, 労働組合諸種の, 十月京都大学読史会大会で, 又保有, 又標榜, 反省し, 各自自己を, 同時にまた, 味える, 堂々と, 多少の, 大和民族の, 太陽の, 学校は, 学生に対して, 小異を, 小説も, 平和運動に, 強請する, 意志し, 愛人に, 抗議として, 折々語り出で, 政治が, 時には自己嫌悪, 更にそれ, 標榜する, 決して狡猾, 独立な, 生活し, 生活態度を, 用意し, 発揮する, 確保し, 私は, 職業に, 自ら大いに, 自嘲し, 自己において, 自己の, 自己認識する, 自由党と, 自責し, 苦悩し, 衒学と, 表現し得た, 覚悟しなけれ, 遅蒔きながら, 運命に, 間もなくその, 飽くまでそれ自身

▼ 自覚~ (261, 8.7%)

19 もって 12 持って 3 いだいて, もつこと, 得たの, 持つて, 有って

2 [11件] もつて, 与えて, 互に持ち得る, 去る訳, 呼びさ, 回復した, 失って, 持ちこの, 持つ事, 有して, 欠いて

1 [193件] あたえ爾後, あつめて, あやまって, うながして, うながし深めるため, うながすため, おこして, お銀様, かの女自身, しさえ, そのよう, たかめ自発性, ちゃんと思っ, つよめられて, とりもどし民主主義的, はっきり持っ, はつきりもちはじめ世の中を, へとへとに, まだもっ, もたざるを, もたない, もたないうち, もたなければ, もちそれ, もちはじめたこと, もちもの, もち始める, もち得ない, もった人, もった労働者, もつた人間, もつてでも, もつと, もつやう, もつ我, もてと, よびさますこと, ハッキリと, 一切の, 一層高められる, 一揮直抒の, 与えられたの, 与えられる, 与えるため, 与える一方, 与える事, 与へようと, 与へるべき筈, 主張し出した, 享楽する, 人間性の, 今更どう取り消しよう, 他に, 伴うこと, 伴うであろうか, 伴ったクリティシズム, 伴って, 伴わないどう, 伴わぬもの, 促し専ら, 促し氏神, 促し鼓舞, 促すため, 俟って, 公表せられ, 内からという, 内容づける, 加え, 加えて, 加えられたとして, 反省吟味し, 叫ばれ内省, 各国の, 呼び醒ました, 呼び醒ますには, 唆りあげ, 唆り起こし, 喚びさ, 喚び起す, 喪った各, 基礎と, 外に, 失った指先, 失っては, 失はなかつた, 失ふまいとして, 失わなかった, 妨げて, 実現しなけれ, 尊ばれ敬重, 岸田君は, 差しおいて, 幾重にも刺戟, 引きずり歩かないと, 強からしめ, 強くし, 強くする, 強ひ, 当然持つ, 彼に対して, 彼等に, 待って, 待つよう, 得た, 得たか, 得て, 得ました事, 得ること, 得るの, 得る時, 得更に, 心ねたく, 必要と, 忘れて, 意味し, 意味する, 感じ人, 打ち割って, 抱いて, 拒んでは, 持たされたの, 持たずプロレタリア, 持たない, 持たないわけ, 持たない方, 持たない者, 持ちその, 持ちそれ, 持ちつづけて, 持ちながら, 持ちはじめたこと, 持ちはじめる, 持ち出した頃, 持ち得たの, 持ち意識, 持った, 持っても, 持ってるもの, 持つた人々, 持つという, 持つよう, 持つ上, 持て小さな, 持とうと, 振りかざして, 放棄した, 既にもつ, 有し始めつつ, 有し自ら, 有する者, 有せず, 望むの, 期待する, 欠いた先輩婦人たち, 止めて, 死者に, 求めて, 深くした, 深めて, 獲得する, 現わし, 現実の, 産む所以, 発した徒, 発し世に, 発する事, 発する徒, 目覚めさせた, 直に歓喜, 知ること, 示したもの, 社会主義社会の, 立証するであろう, 等しくわが, 自分に, 自身の, 要求する, 見せて, 見た, 証明する, 説いた, 起さしたり, 起して, 起すの, 超越した, 超越する, 逆用し, 通って, 通路と, 醒まそうと, 離れて, 高めて, 高め得れば

▼ 自覚~ (234, 7.8%)

9 あった 5 ある, あれば, ないの 4 なければ, 欠けて 3 あつた, ないので, なかった, 出て, 如何に 2 あって, あるの, ないのに, なくては, 彼の, 確立せられず, 足りないため

1 [173件] あったか, あったから, あったくらい, あったとは, あったに, あったの, あつたら, あつて, あります, ありません, あり希望, あり無駄, あるか, あるから, あるからこそ, あるため, あるだけ, あるつもり, あると, あるので, あるばかり, あるらしくあの, あるわけ, ある何, いかに従来, いかに現在, いやで, おくらされて, おこる時機, きっちりしない, この名称, この哲学, この絶対弁証法, こめられて, させる業, して, すでに実行, その頂点, その頃, たかまり, たかまれば, たりないから, ちゃんとあった, つよいから, できかかって, できない, とどまって, とりも, どうしても今一度, どうしても退かない, ないから, ないため, ないだけで, ないよう, ないん, なかったら, なくそれ, なくて, なく時折, なく部下, なにか誇らしい, ぼんやり働ら, また逆, まだ足りない, めばえた, もてないところ, ギャップとして, ソヴェト同盟の, ハッキリし, ヨーロッパ戦争後世界経済界の, 一番進ん, 一般の, 三月二十五六日前後, 三願転入の, 与へた, 乏しかった, 人生の, 伴うの, 伴って, 俄かに, 働いて, 充分あった, 出来初めて, 加わって, 勃興しない, 動揺せず, 募りつつ, 十分に, 単なる自己意識, 取りも, 取れなかった, 取れなかつた, 叫ばれて, 各人の, 君を, 否定せられる, 喪われて, 大いに高まっ, 大きいと, 大切な, 始まって, 完全に, 少い, 己に, 強くなった, 彼を, 御互に, 必要だ, 忽然とし, 急に, 愉快でない, 持ち続けられねば, 明らかに, 明確の, 曖昧な, 最もきびしく, 極めて感覚的, 樹てられる, 機縁に, 次の, 次第に立派, 欧米思想界における, 歴史の, 流れて, 深いところ, 湧き上るの, 澎湃として, 無いの, 無沙汰を, 無産階級文学運動を, 燃えて, 生じたの, 生まれて, 疑われるという, 皆を, 盛り上, 目ざめたので, 真理の, 眼覚めた, 確立されなけれ, 私の, 窈窕として, 米友の, 絶えず彼, 緊張した, 自分の, 自然に, 芽生え古い, 萌え初めて, 著しく日常生活, 見られては, 起った, 起つて, 起らずには, 起らないの, 起ると, 起る不愉快, 足りずとかく, 足りないから, 足りないと, 足りないの, 足りないやう, 足りなかったと, 退かないので, 逆に, 遂に金, 遅かつ, 非常にかの, 頭脳の, 顕著と, 高まって, 高まるに従って, 鮮明でないらしく見えた

▼ 自覚する~ (193, 6.4%)

16 ことが 9 ように 7 ことによって 6 ことは 5 ことを, としない 4 ことである, と同時に 3 ことによ, ということ, のだった

2 [16件] ことなく, ことに, ことの, ことも, ために, とせざる, と否, には, に至った, のが, のである, ばかりで, ものでなけれ, ような, 余裕も, 可能性を

1 [96件] ある青年, いとま, かという問題, からです, がゆえに, がゆゑ, ことこれが, ことこれに, ことすらも, ことだ, ことで, ことな, ことなし, ことには, こと決して, この自分, ためには, ための, だけが死, だけで, だけの余裕, という論, とおり従来の, ときである, とき百尺竿頭に, ところにも, ところを, とその, と共に自分, と実験, と師, と彼, と満寿子さん, にあり, にいたった, につけ, には日本, には深い, に及ばなかつた, に相違, に至るなら, に頗る, のだろう, ので, のであっ, のであります, のは, のを, ほどに昂奮, ほどの知識, ほど作用, ほど猶, ものである, ものの, ものは, よしも, よりも大きい, よりも遙, より先, わけである, われわれが, 事の, 事は, 人々では, 人と, 僥倖を, 力の, 多くの, 女に, 強さ, 強みも, 心持が, 必要が, 必要さえ, 必要も, 意味である, 故に, 文学主義的錯覚である, 時が, 時代が, 時期に, 機会は, 歴史的な, 満足だけ, 特殊な, 私の, 程度であった, 老人は, 能力が, 能力を, 自分の, 自己の, 誇りも, 資格は, 迄は仮令, 限り社会的に

▼ 自覚~ (178, 5.9%)

13 上に 6 下に 4 上で, 立場から, 立場に 3 ために, ないところ, もとに, 意味は 2 中に, 代りに, 弁証法なる, 時代と, 発展に対して, 立場において

1 [123件] あかつきの, あらはれ, ありよう, ある労働者たち, ある勤労者, ある少数, ある方法, おくれなの, ことだ, ことで, ことである, ちがいである, ないうち, ないその, ないもの, ない島民, ない状態, なかつたの, なかでは, なんのと, ぬけがたい, もてる範囲, やうな, ゆえに, ような, ように, よくない, よすがと, よろこび, よろこびを, 一つの, 一助にも, 上では, 上にのみ, 上より, 不足が, 不足といふ, 世界を, 主と, 乏しいの, 事実が, 事実は, 事実も, 全然ない, 内に, 内化知識の, 内容は, 内容も, 初期に, 刺戟を, 力, 勃興を, 原理では, 名に, 味を, 哲学である, 哲学は, 問題と, 問題は, 喜びである, 執拗さが, 境地は, 外に, 大小に, 大意力, 媒介, 学で, 底に, 度において, 弁証法, 弁証法である, 弁証法としてしか, 弁証法とは, 弁証法に, 弁証法は, 弁証法を, 強度が, 当然のみ, 徴候を, 徹底的な, 心持には, 必要を, 意をば, 成熟と共に, 抑圧に, 方便としてか, 時代所謂個人主義自由主義の, 時代所謂帝国主義の, 最も高潮, 本来の, 本質が, 根柢たる, 模様でした, 機能を, 欠乏という, 段階から, 洗礼を, 現れである, 生じなかった時代, 男女に, 相違による, 眼を, 確立に, 磐上に, 社会的土台という, 程度により, 立場即ち, 立場自覚的分析の, 精神を, 絶決算としての, 線を, 著しい進歩, 行われざる社会, 裡に, 誇りを, 謂であろう, 足りなかったこと, 途を, 間に, 顔色を, 高まったこと, 高まったため, 高まりつつ

▼ 自覚した~ (141, 4.7%)

5 のである, のは 3 からである, ことは, 時には 2 ところに, としたら, ものと, 上で, 形で, 近代的女性に

1 [110件] お綱, かこの, かのよう, からだ, からで, からであった, からにもよろう, からの結果, から履歴書, ことか, ことが, ことには, この頃, だけで, ということ, というの, ときああ, ときその, ときには, ときの, とき更に, とき芸術の, ところから, ところで, と云う, と同時に, と言, ね, のが, のだ, のだった, のちでも, のでどうか, のでふと, のと, のにも, のに実際, のを, までな, ものが, ものでなく, ものは, ように, わけで, わけである, プロレタリア芸術家が, 一種の, 主人は, 事が, 五六日が, 人, 人々だけの, 人々は, 人には, 以上の, 伝道者に, 僕の, 僕は, 初めから, 劇場事業が, 努力で, 労働者にとって, 労働者の, 反都会精神, 受験生ほどの, 名状し, 吾輩は, 多数の, 女性は, 女新, 婦人労働者は, 彼は, 彼らが, 後熟練を, 思想的な, 息づかいと, 感情で, 文芸評論の, 方針を, 日本女が, 時に, 時の, 時はじめて, 時代だ, 時代に, 時兄や, 時私どもは, 時私は, 暁には, 様子で, 機会を, 歴史的実在の, 為である, 生活へ, 男女間の, 病人が, 真の, 瞬間を, 立場を, 紳士の, 組織労働者が, 苦しみが, 覚えが, 観念の, 認識という, 貴い一人, 進歩的な, 釈尊においては, 釈尊仏と, 鋭い正直さ

▼ 自覚~ (105, 3.5%)

3 超越によって 2 どうしても彼, 伸長し, 生れない, 自己の

1 [94件] あったが, あつて, あらゆる作用, ありながら, ありませんでした, あろうもの, いつの間にか其頭, いわゆる末法思想, このよう, この計画, しなかったが, その実, それが, それだけで, それほど吹聴, たしかにあった, たしかにある, ただ無, だから田辺哲学, とくに消え, どうする, どうも女, どこに, どんな絶望, ない, ないと, ないの, なおさら彼, なおなかっ, なかったであろう, なくただ, ほとんどなかっ, また彼, やはり曙覧, ソヴェト市民に, デカルトの, モスクワ生活の, 一つの, 丈夫な, 世にも残酷, 五郎には, 人格の, 何となく私, 何も, 何処までも, 全く眠っ, 其の重, 勢彼の, 十倍の, 単に意識, 同時にあんな, 大変その, 完全に, 工藝を, 幾度も, 弥陀の, 当局の, 当然覚, 往生浄土の, 後鳥羽院においてと, 必然的に, 思想家自身の, 恋愛以上である, 成り立つ, 我は, 押えきれない, 持った覚え, 新しく見開かれた, 未来の, 永久に, 求めざるを, 消されて, 無用だ, 無論なかっ, 現代において, 生理の, 男性の, 益, 目覚めつつ, 神的な, 私たちを, 私の, 罪の, 自分を, 自己が, 自覚によって, 葉子に, 製作より, 親鸞において, 辛いこと, 近来とんと, 遂に文学的機能, 遠き昔, 非常に

▼ 自覚~ (96, 3.2%)

9 立って 4 於ける直観 2 信念を, 到達する

1 [79件] あったこの, あったの, ある, うちしおれて, おかれた, おさえられて, こ, そって, たつと, ついでゆがめられた, なって, ふるえが, もとづいて, もとづく場合, よびかけて, よみがえる時, よる, 伴なう, 伴なった, 伴われないもの, 依ってしか, 便利な, 充たされて, 入れる児, 内省し, 到達し, 到達した, 動かされないわけ, 即して, 原因し, 吾がうつつ, 在るの, 基いて, 基かざる感激, 基づいて, 基づく, 多くの, 妥当な, 導いて, 導かせようと, 尻ごみし, 属するの, 帰する, 帰着する, 彼の, 徹したであろうか, 徹した人々, 悩むよう, 据ゑたのであつた, 支えられて, 於て, 於てのみ, 於ては, 期待する, 根ざして, 求められた, 沈んで, 生きて, 立ちかえって, 立ち得る素質, 立ち至ると, 立っていう, 立つこと, 立つところ, 立つの, 立戻っ, 立脚し, 苦しむよう, 苦しめられながら, 苦しんで, 行くため, 裏づけられて, 裏づけられ人格, 訴えかけて, 達しない虚無主義者, 達しなかった, 達し法華経, 達せず又は, 齎すため

▼ 自覚され~ (95, 3.2%)

20 ている 11 て来た 8 ていない 7 ていた 6 ていなかった 3 てき, て来

1 [37件] しかも文学, そこに, その地位, たりし, つつあった, つつある, てい, ていたら, ているだろう, ているであろう, ておいで, てからは物性, てきた, てくる, てはいない, てはいなかったらしい, てみる, てもいるだろう, てもおそらく, て同時に, て居ります, て来ない, て来る, て東海, ながらその, なんとなく変テコ, 強調される, 心の, 把握され, 易いと, 来世で, 目が, 目的の, 確立され, 行為さるべきであろう, 豊富に, 難い危険

▼ 自覚~ (84, 2.8%)

2 努力とさえ, 努力とを

1 [80件] いい内省, いって, そこを, そのこと, その発露, その行動, それが, それに, それに対する, なつて, もう一つ, わが声, 不安悔恨と, 並立しうる, 云うの, 云う文字, 云ふも, 人間として, 何物にも, 健全な, 力強き芸術, 努力だけで, 努力とが, 努力なり, 努力によ, 労働運動の, 反省とは, 同時に徹底的, 同時代, 国家の, 国家的自覚の, 国家観を, 国際連帯の, 大信念, 大胆な, 奮起とを, 存在意義の, 安堵の, 宿命とを, 密接に, 弁証法とは, 心がけと, 情熱とを, 意志とを以て, 感謝と, 文化的自由との, 文学などから, 標榜とを, 歓喜とを, 正しき努力, 民族的理想と, 浄土教の, 無意識を, 熱意にか, 熱意を, 特別の, 発奮を, 矜恃とを, 確信が, 社会の, 社会主義建設が, 称して, 考えるの, 胸で, 自主が, 自信と, 自信とを, 自信を, 自由とは, 良心の, 覚他, 覚他の, 観察と, 解放に, 言ひ, 言ふ, 警戒その, 責任の, 階級の, 静観とを以て

▼ 自覚~ (81, 2.7%)

4 であるという 3 なもの, にそれ, に意識的 2 であるの, な生き方, にする, になる

1 [60件] あるいはむしろ, であり不安定, であるが, であること, でなかつた如く今更め, でなければ, では, などということ, なわれ, な人, な仂, な伝統, な何物, な努力, な夢中遊行, な意識, な憂鬱, な故障, な新しい, な方法, な眼, な知識生活, な研究, な筋肉感覚, な苦痛, な輝かしい, な農業, にこの, にこれ, にされた, にした, にしろ, にすく, にとかいうの, になっ, になつ, にならなけれ, にはう, には思想的, には海, には無為, には確か, にもっぱら, にリード, に一貫, に世間, に体系化, に健康, に媒介, に展開, に強調, に想定, に扱われ, に方法的, に生き, に知る, に科学的, に自然, に行なった, に遂行

▼ 自覚しない~ (78, 2.6%)

2 うちに, ということ, ところに

1 [72件] からだ, がため, が故に, ことから, ことを, でいる, でいろいろ, でそう, でそうして, ではなかっ, ではゐられなく, でほんとう, で作家, で全体, で同じ, で弾丸, で求めた, で無心, で真, で自然, で行動, で過ぎ去る, で過っ, ところ, とすれ, ながらとにかく, のだった, のに彼, のを, ばかりかかえって, ばかりかそれ, ばかりに客観的, ほどで, ほどに八橋, までも突きつめれ, まま刻々, まま営業してる, ものだ, ものは, ような, ように, わけには, 人に, 以上日本人の, 僕には, 利己主義と, 利己心だった, 前に, 半面では, 哀れな, 場合が, 客観主義は, 将来の, 年齢の, 悪くど, 指導者たちを, 数百万の, 時の, 潜在的無政府状態に対して, 状態である, 独立の, 男の, 礼子の, 筈は, 精神力の, 者が, 自然の, 若者は, 訳に, 部分には, 間に, 限り自然科学は

▼ 自覚される~ (42, 1.4%)

4 ような 2 ことによって, ということ, に至った, のである, 場合が

1 [28件] かあるいは, ことの, という, とは限らない, と共に基礎, ので, のであった, のでこれ, のは, ものである, ものを, ようである, ように, より深い, 三分の魂を, 処にまで, 工人は, 年だ, 心持に, 摩擦である, 時に, 最後の, 欲望として, 疲れと, 病も, 筈の, 虚偽と, 訳で御座います

▼ 自覚~ (38, 1.3%)

2 なかった, なしに

1 [34件] ありそういう, ありません, あるので, うながされて, されて, しなかったし, しなければ, それから後, ない, ないくらい, ないこと, ない者, ない高見, なくぼんやり窓外, なく教えられる, なく相手, なく釣り出された, なければ, なし唯, なにも, 亦発生, 伴わざる流動的, 出来て, 定見も, 持たず心, 持って, 有しなかった, 有り得ない, 来た, 標榜も, 煩悩も, 矢代には, 芽ぐまないうち, 著しく高まった

▼ 自覚から~ (30, 1.0%)

2 でなければ

1 [28件] いくらやんちゃ, かく改めた, して, どう抜け出し, 一層母, 云えば, 先づ隣組の, 出たもの, 出て, 出発せね, 受ける影響, 各人が, 安易に, 対象認識の, 思い止まって, 感じる羞恥, 来るところ, 林町の, 楽しく出発, 氏は, 法律の, 生まれて, 生れた嫉妬, 生れた思いがけない, 生れて, 私は, 自分が, 行動する

▼ 自覚という~ (29, 1.0%)

4 ものは, 言葉を 3 のは 2 ものに, ような, 言葉は

1 [12件] ことが, こととは, ことの, ことは, ことばは, のでしょう, のも, のを, ものが, 如きもの, 言葉も, 追究で

▼ 自覚しなけれ~ (27, 0.9%)

13 ばならない 3 ばならぬ, ばなりません 1 ばならず, ばならなかつた, ばなりますまい, ば世間, ば何, ば嘘, ば文学, ば駄目

▼ 自覚ある~ (24, 0.8%)

2 すべての

1 [22件] ものは, インテリゲンツィアにとっての, ソヴェトの, プロレタリアート婦人は, プロレタリアート農民の, 人格者と, 作者なら, 全プロレタリアート, 労働者の, 労働者は, 労働者三月八日の, 労働者部隊の, 女性が, 婦人労働者などは, 市民労働者は, 平和な, 性格の, 日本人は, 民衆によって, 男らしくも, 者の, 規則を

▼ 自覚せざる~ (24, 0.8%)

3 を得ない 2 を得ないであろう, を得なくなった

1 [17件] のみならず, の自信, も食物, をえない, を得なかった, を得なくなっ, を得なくなるだろう, を得ぬ, を得ませんでした, 不幸が, 以上は, 利己主義に, 可から, 可らず, 学徒である, 所いは, 点に

▼ 自覚せず~ (23, 0.8%)

3 にはいられなかった 2 その悲劇, 自分達は

1 [16件] その自覚, つまり私, にすむ, にはおられなかった, にはゐられなかつた, に孤立, に過し, またそれ, 今頃は, 他の, 何だか一流, 品位の, 意図を, 極めて冷静, 璽光様を, 習性の

▼ 自覚された~ (19, 0.6%)

3 のは 2 鋭い正直さ

1 [14件] ということ, のだ, 人間存在である, 人間性の, 仏陀が, 刹那既に, 妥協こそ, 形にまで, 形態一切を, 悪意は, 正直さという, 現実性は, 理論的体系である, 美感という

▼ 自覚によって~ (16, 0.5%)

1 [16件] すべての, である, 一九三〇年には, 主体は, 初めて公然と, 反抗的に, 基礎附けられね, 批評される, 描いて, 支那学の, 構成した, 正しく指導抑制, 真に主体, 知られるの, 育つもの, 裏づけられただけの

▼ 自覚~ (14, 0.5%)

3 が強く

1 [11件] があり過ぎ, がある, が増し, が張り切れ, が強くっ, と云う, と名づける, なるもの, の強, はまあ, を向上

▼ 自覚させる~ (13, 0.4%)

2 ために

1 [11件] あの雄勁, ことと, ことに, ことは, と共に緊要, にはどう, に到った, のである, メカニズムは, 場合は, 日です

▼ 自覚されない~ (13, 0.4%)

1 [13件] と云っ, にし, にも拘らず, のが, 例えば自分, 奥底に, 底流で, 微妙な, 本然主義の, 点で, 無意識的虚偽虚偽として, 無邪気さそういう, 自然性夫への

▼ 自覚~ (13, 0.4%)

2 あつた, 日本の 1 ぎくしゃくし, むすばれて, よい心持ち, チャンドラは, 叫びました, 改良され, 死んで, 無熱に, 見なかったの

▼ 自覚において~ (11, 0.4%)

1 [11件] ペルソナ, 主体的に, 再生の, 単に権力, 同朋の, 多かれ少かれ主知主義, 女性は, 現われるの, 祭時に, 諷刺の, 超越的な

▼ 自覚症状~ (10, 0.3%)

2 はない 1 から正造自身, がそれほど, としてはもう, に達する, の所在, は全く, を表白, を言

▼ 自覚さえ~ (9, 0.3%)

1 されたこと, しないで, しないところ, すれば, ない, ないよう, なかった, もされて, 忘れて

▼ 自覚し得ない~ (9, 0.3%)

1 がやはり, と同時に, ような, 場合の, 彼女は, 点である, 猫を, 程身, 自身の

▼ 自覚せる~ (9, 0.3%)

1 ものの, 人である, 人間です, 人間の, 実践を, 彼の, 戦闘的少数者の, 欲求に, 結果に

▼ 自覚しなかった~ (8, 0.3%)

1 ということ, というの, に相違, のでしょう, 作家との, 役割を, 淋しさ, 諸点を

▼ 自覚すれ~ (8, 0.3%)

3 ばする 1 どもその他, ばこそ回顧, ばその, ばまた, ば醜悪

▼ 自覚とは~ (8, 0.3%)

1 あくまでも感情的, これを, どんなもの, 別の, 単にわれ, 普遍智の, 現実の, 過去に

▼ 自覚~ (8, 0.3%)

1 がない, が出現, が常住其意, だという, である彼, と申します, の変改, をば出す

▼ 自覚したる~ (7, 0.2%)

1 ことならん, ときには, ときより, ものは, 天才が, 結果のみ, 者は

▼ 自覚しよう~ (7, 0.2%)

4 とする 1 としない, と企てる, と欲する

▼ 自覚せられ~ (7, 0.2%)

1 その自覚, ている, てはいなかった, てゐる, て来た, て行く, 額に

▼ 自覚では~ (7, 0.2%)

1 あつたらう, ありません, ない, ないか, ないの, なさ相, ほんとうの

▼ 自覚反省~ (7, 0.2%)

1 したならば, して, し世, すべき領域, するの資, に待っ, の資

▼ 自覚させ~ (6, 0.2%)

1 たり暴露, ている, ているらしかった, てくれた, てもらう, て死なせよう

▼ 自覚し得る~ (6, 0.2%)

1 ということ, に到る, ものこそ, もので, ように, 特有性を

▼ 自覚せしめ~ (6, 0.2%)

1 その高等, たり, て下剋上, て出来る, て局外, 社会に

▼ 自覚である~ (6, 0.2%)

1 ということ, といっ, と信じます, と思う, 哲学の, 故にそこ

▼ 自覚なく~ (6, 0.2%)

1 して, しては, 単なる帝国主義, 命ぜら, 行なわれたと, 迷い入っ

▼ 自覚なし~ (6, 0.2%)

1 にはいかなる, にもできる, に生き, に行, に行われ, に行われた

▼ 自覚~ (6, 0.2%)

1 ある意味, それと, それを, 何かに, 家庭という, 理性や

▼ 自覚的分析~ (6, 0.2%)

2 でなければ 1 である, と考える, の方法, の立場

▼ 自覚されず~ (5, 0.2%)

1 しかし自然発生的, しかもどこ, にいる, 人間を, 吏道という

▼ 自覚されなけれ~ (5, 0.2%)

4 ばならない 1 ば不健全

▼ 自覚せし~ (5, 0.2%)

1 のが, むるには師範学校最終学年の, むるの, むるより, めんと

▼ 自覚であり~ (5, 0.2%)

1 そしてその, 内省である, 哲学の, 罪の, 誇りであった

▼ 自覚として~ (5, 0.2%)

1 十分社会的に, 婦人たちは, 自分も, 自我として, 順次に

▼ 自覚には~ (5, 0.2%)

1 それ自体に, まだ, 相違なかっ, 違いない, 鎌倉幕府の

▼ 自覚的存在~ (5, 0.2%)

1 が考えられる, である, として人間, を実存, を論じる

▼ 自覚自重~ (5, 0.2%)

3 して 1 するところ, の必要

▼ 自覚されね~ (4, 0.1%)

2 ばならぬ 1 ばならず, ばならない

▼ 自覚しはじめた~ (4, 0.1%)

2 とき 1 ことの, 時期は

▼ 自覚し得なかった~ (4, 0.1%)

1 からである, という点, のだ, 現実にも

▼ 自覚せね~ (4, 0.1%)

4 ばならぬ

▼ 自覚とか~ (4, 0.1%)

1 何とか錯覚, 唱えて, 多少の, 讃歌という

▼ 自覚とを~ (4, 0.1%)

1 もって, 併せもつた俳優, 再造, 目的と

▼ 自覚と共に~ (4, 0.1%)

2 眠を 1 国語の, 岡本の

▼ 自覚における~ (4, 0.1%)

3 直観と 1 唯一の

▼ 自覚によ~ (4, 0.1%)

1 つて国の, つて思想性まで, つて新しく尊い, つて現代の

▼ 自覚への~ (4, 0.1%)

1 努力が, 召集であった, 用心である, 道も

▼ 自覚をも~ (4, 0.1%)

1 いだいて, ほとんど不可能, 与え人間, 抑えること

▼ 自覚を以て~ (4, 0.1%)

1 した奴, 女子が, 美的生活に, 自ら憎悪し

▼ 自覚及び~ (4, 0.1%)

1 一方に, 二重人格に関する, 努力と, 自我の

▼ 自覚的自己~ (4, 0.1%)

1 の原理, の自己存在形式, はデカルト, は履歴

▼ 自覚自覚的分析~ (4, 0.1%)

2 でなければ 1 である, と考える

▼ 自覚こそ~ (3, 0.1%)

1 むっと図太い, 大衆の, 明治維新の

▼ 自覚させられ~ (3, 0.1%)

1 てシミジミ, て不幸, 其に

▼ 自覚されざる~ (3, 0.1%)

1 を得なくなる, 偽善, 歴史的運動に

▼ 自覚されたる~ (3, 0.1%)

1 又は直接, 歴史的運動に, 自己の

▼ 自覚してる~ (3, 0.1%)

1 んじゃ, 彼が, 間は

▼ 自覚し得た~ (3, 0.1%)

1 のである, 咄嗟の, 時の

▼ 自覚せしめる~ (3, 0.1%)

2 力と 1 ための

▼ 自覚せぬ~ (3, 0.1%)

1 美に, 芸術家である, 芸術家に

▼ 自覚だけ~ (3, 0.1%)

1 あった, でからだ, 明らかで

▼ 自覚とかの~ (3, 0.1%)

2 内に 1 意味を

▼ 自覚としての~ (3, 0.1%)

1 文芸理論を, 芸術理論は, 行動主義なる

▼ 自覚とともに~ (3, 0.1%)

1 わかった, 文学全体の, 正義感や

▼ 自覚~ (3, 0.1%)

1 のである, のでしょう, 自尊心

▼ 自覚なき~ (3, 0.1%)

1 がご, がごとくです, 心の

▼ 自覚など~ (3, 0.1%)

1 あり得ない, あろうはず, 少しも

▼ 自覚にまで~ (3, 0.1%)

1 到達出来ない, 眼ざめさせていただいた大, 齎されたの

▼ 自覚による~ (3, 0.1%)

1 もの, 意力からだけ, 抽象的世界理念の

▼ 自覚~ (3, 0.1%)

2 の事実 1 の矛盾

▼ 自覚~ (3, 0.1%)

2 や自由 1 を最も

▼ 自覚させた~ (2, 0.1%)

1 のである, のは

▼ 自覚させよう~ (2, 0.1%)

1 とする, とは努めなかった

▼ 自覚させられた~ (2, 0.1%)

1 のである, ような

▼ 自覚されはじめた~ (2, 0.1%)

1 年であった, 限界感の

▼ 自覚しか~ (2, 0.1%)

1 ないのに, なかった

▼ 自覚したら~ (2, 0.1%)

1 おしまいだ, どうだろう

▼ 自覚しなく~ (2, 0.1%)

1 てはなりません, ても学

▼ 自覚しはじめ~ (2, 0.1%)

1 ていた, ている

▼ 自覚し出す~ (2, 0.1%)

1 事さえ, 事さへ

▼ 自覚し始めた~ (2, 0.1%)

1 という事情, のであった

▼ 自覚すべき~ (2, 0.1%)

1 だしその, 時機では

▼ 自覚するなら~ (2, 0.1%)

1 ば子供, ば形式的

▼ 自覚せしめよう~ (2, 0.1%)

1 とする, と思います

▼ 自覚せずし~ (2, 0.1%)

1 て真実, て言説

▼ 自覚せよ~ (2, 0.1%)

1 との警示, 自制せよ

▼ 自覚せん~ (2, 0.1%)

1 とする, 事は

▼ 自覚~ (2, 0.1%)

1 ということ, と博士

▼ 自覚でしか~ (2, 0.1%)

2 ない

▼ 自覚としては~ (2, 0.1%)

1 旋回的な, 物々交換という

▼ 自覚とも~ (2, 0.1%)

1 つかない認識, 見ら

▼ 自覚においては~ (2, 0.1%)

1 存在が, 知るもの

▼ 自覚にも~ (2, 0.1%)

1 かかわりない, 現象にも

▼ 自覚により~ (2, 0.1%)

1 つよく立った, 国家は

▼ 自覚ゆえ~ (2, 0.1%)

1 に一切, に弱い

▼ 自覚をもって~ (2, 0.1%)

1 敬愛する, 集合した

▼ 自覚~ (2, 0.1%)

1 与エル, 与ユル

▼ 自覚乃至~ (2, 0.1%)

1 告白する, 意識に

▼ 自覚~ (2, 0.1%)

1 が人間, を愛する

▼ 自覚出来る~ (2, 0.1%)

1 が故に, のであつ

▼ 自覚努力~ (2, 0.1%)

1 したならば, の結果

▼ 自覚弁証法~ (2, 0.1%)

1 からは自然弁証法, を絶対的

▼ 自覚~ (2, 0.1%)

1 かも知れない, に属し

▼ 自覚的努力~ (2, 0.1%)

1 に目覚める, の余勢

▼1* [169件]

自覚あそばされて遁世, 自覚あらせられこの御, 自覚いたさなければなりません, 自覚からじゃなかった少く, 自覚からは容易に, 自覚からも信仰に, 自覚これが吾, 自覚さえが宿って, 自覚さすに重要, 自覚させず人間ば, 自覚させたかつたのが, 自覚させまいとし, 自覚させられるにはきまっ, 自覚させるよすがを求め, 自覚さるべき性質の, 自覚さるる時それは, 自覚されたらどうでしょう, 自覚されなかったりした, 自覚されるされないにかかわらず, 自覚されるべきときに, 自覚され得ないという危険, 自覚しうるだけである, 自覚しえる人間にのみ, 自覚しかけた米友は, 自覚しかしてそれより, 自覚しずにいられない, 自覚したいならば云わ, 自覚したかった責任感から, 自覚したくなかったのだ, 自覚したたかいにおいてさえも婦人, 自覚したならばそこ, 自覚したはうがい, 自覚しだしていた, 自覚しだしたのかも, 自覚しない老いぼれ蛸, 自覚しはじめるのだった, 自覚し得ざる人間愛どうしても, 自覚し得ないだろうこの心理, 自覚し得なかつたと考へられる, 自覚し得ようが得まい, 自覚し得ればそれ, 自覚し思い込んで愛し, 自覚し抜いている, 自覚し直されつつある, 自覚し直すのだ, 自覚し見定めることの, 自覚し足りない者も, 自覚し過ぎるくらい自覚, 自覚すべきだと思う, 自覚すべきであるかという消極的, 自覚すらほとんど稀薄, 自覚するしないは別, 自覚せしめたのです, 自覚せしめられている, 自覚せらば何, 自覚せられずに, 自覚せられたものである, 自覚せられなかった自己の, 自覚せられなければならぬ, 自覚せられるに至った, 自覚せんければいかん, 自覚そういうものの, 自覚そして孤独の, 自覚その解放の, 自覚だけは持って, 自覚だけを取り落す訳, 自覚やなく, 自覚つまり感情や, 自覚であったと考える, 自覚でありましてそこ, 自覚できずに行為, 自覚でしている, 自覚でなければならない, 自覚でもあるでしょう, 自覚といった事が, 自覚といふのつ, 自覚とかいふことが, 自覚とかは主観の, 自覚とから心の, 自覚とがムラムラと, 自覚とで引っ込み思案に, 自覚とにまたなければ, 自覚とにたいしてひかえめ, 自覚との間に, 自覚どころの騒ぎ, 自覚ない小市民性, 自覚なさらないんでしょう, 自覚なさりませねばなりませぬ, 自覚などと云ふ, 自覚などに関するところは, 自覚なるものが, 自覚について話し彼女, 自覚についての切なさ, 自覚にまでは達しても, 自覚によるのほかは, 自覚によるばかりだ, 自覚に対する魔軍の, 自覚に従い歴史的意識に, 自覚のみでは, 自覚のみからは何ものも, 自覚へという意味しか, 自覚まで促すこと, 自覚みたいなもの, 自覚より起こる気弱, 自覚よりも解放よりも, 自覚をすら意味する, 自覚丈明らかで何, 自覚上気がすまない, 自覚に知られた, 自覚人格個性自我の自覚, 自覚以上に何ら, 自覚以前の歌, 自覚にもまして, 自覚何処までも否定的分析, 自覚個人の権利, 自覚光ささんとし, 自覚内省の確立, 自覚出来ても決して, 自覚利他とは覚他, 自覚と後, 自覚反省批判の契機, 自覚は哲学, 自覚向上して, 自覚天才などは終, 自覚天皇親政である, 自覚奮わず世は, 自覚存在には感情, 自覚復興と西洋科学文明, 自覚思慕の自覚, 自覚性馬鹿の前, 自覚情熱に対する自主的, 自覚感情としては在り得る, 自覚時代に入りました, 自覚活動の歓喜, 自覚はこの, 自覚状態に入, 自覚生活に於ける, 自覚病状があり, 自覚と病変, 自覚発奮するの機, 自覚的一般者でありその, 自覚的体系を或いは, 自覚的原理を把握, 自覚的意志の結果, 自覚的態度を強調, 自覚的無自覚を呼び, 自覚的独立性は消され, 自覚的献身の欲求, 自覚的直観を意味, 自覚的行為に両替, 自覚的謙譲あり, 自覚的限定の場面, 自覚りさ, 自覚確信というよう, 自覚確信それを可能, 自覚社会の有機的一員, 自覚神道だと, 自覚能力を持った, 自覚自信の欠如, 自覚自愛自重がない, 自覚自責するもの, 自覚致しております, 自覚致しましたのでせめて, 自覚良心が芽生え, 自覚行為したという, 自覚誠実が不足, 自覚誠実情熱の不足, 自覚は期せ, 自覚に自然感受