青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「自由~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~自己 自己~ ~自慢 自慢~ 自我~ ~自殺 自殺~ ~自然 自然~ ~自由
自由~
~自覚 自覚~ ~自身 自身~ 自転車~ 臭~ ~臭い 臭い~ 至~ ~至っ

「自由~」 14672, 159ppm, 672位

▼ 自由~ (3489, 23.8%)

117 して 55 なって 25 すること 22 なること 19 させて, なった 16 なつた, なると 15 なつて, なる 13 なったの, ならなかった 12 自分の 11 ならない, ならないの 10 されて, 処分し得る 9 なりました, なるもの, 使って 8 しようと, ならないもの, なるの, なれば, 出入りの, 動いて 7 するため, なります, なるよう, 身を, 駆使する 6 した, するの, なる金, やって, 口が, 歩くこと, 物を, 空を, 話が

5 [17件] さして, したの, なったこと, なったと, なりません, なるという, まかせて, 任せて, 出入を, 呼吸する, 大空を, 大胆に, 嬉々として, 快活に, 振舞って, 考えること, 見ること

4 [21件] するが, するという, するには, なったので, ならないから, ならないこと, ならない事, なる女, 任せる, 使用する, 出來, 出入する, 出入りし, 出入りする, 動くよう, 勝手に, 好きな, 就いては, 暮して, 歩いて, 私の

3 [50件] お使, する, すると, する事, できる, できるよう, なだらかに, なるか, なるから, なると共に, なるん, なる事, なる時, なれ, のびのびと, よつて, 人を, 伸びて, 使えるよう, 働くこと, 出入し, 出入りが, 出入りできる, 出来ます, 制御する, 動かして, 動かすこと, 向って, 外へ, 外を, 往来する, 成長し, 手足を, 扱ふ, 拘束なく, 書いて, 活動する, 発揮する, 私は, 空中を, 簡単に, 翔けて, 考え自由, 行けるの, 行動する, 表現出来る, 解放された, 解放する, 飛んで, 駆使し

2 [229件] あやつること, おなりに, お作りに, お使い下さいまし, お引き取り下さい, こしらえられるよう, この労働力, この堂, これを, させた, された, される, した上, してなんて, しても, してやる, しなければ, しようとして, し己, するであろう, するところ, するは, するよう, するわけ, する権利, する男, せい, せよと, そこに, そのこと, それを, できること, どこの, どこへでも, なさること, なし得る優越, なし得る者, なったため, なったという, なったもの, なったよう, なったん, なった時, ならないし, ならないので, ならないのに, ならないほど, ならない場合, ならない病人, ならなかつた, ならなくなって, ならなければ, ならぬか, ならぬところ, ならねば, なりたい, なりたいの, なるので, なるわけ, なる世話, なる芸妓, なる見込, なる資産, なれないと, なれるよう, なろうと, のばして, のびたり, まかせるが, やつて, よぢ, より正確, コントロールする, 之れ, 交通する, 人の, 仕事が, 仕事を, 他ならない, 他ならぬ, 他の, 任されて, 任すべきもの, 任せず毎日, 任せた, 任せませう, 伸して, 伸び伸びと, 伸縮し, 何の, 使いこなして, 使うこと, 使つ, 使わせて, 使役し, 使用し, 借りること, 働かして, 働くが, 入ること, 入れるよう, 具體化した, 出して, 出しに, 出て, 出入できる, 出入りされる, 出入りを, 出来て, 出来るもの, 出来るよう, 出歩いて, 利用する, 勉強が, 動かなかった, 動くこと, 動くやう, 勝手な, 又自然, 及ぼす諸, 同教室, 向ふ, 吹き抜けられるよう, 呼吸し, 呼吸を, 喋べり続けた, 囃子の, 回読され, 土地を, 基づきて, 変えること, 外出し, 外出のを, 夫人に, 奔放に, 存分の, 完全に, 対立する, 干渉し得る, 彼を, 往来が, 往来し, 往来した, 御見物, 思いの, 思うまま, 息が, 想像し, 愉快に, 意見を, 手に, 手を, 扱うこと, 持つて, 振舞うの, 振舞える, 振舞つ, 接近し, 操縦する, 放して, 放任し, 散歩が, 散歩し, 散歩する, 料理し, 於いて, 書きそれ, 書きのばすため, 書く事, 書けるよう, 楽んで, 歌へる, 歌を, 歩きまわること, 歩けるよう, 気ままに, 水の, 水を, 生活し, 生活を, 生長させる, 用いられるよう, 画くこと, 発表し得る, 相手を, 空中に, 肢体を, 腕を, 自分と, 華やかに, 見させて, 見て, 見物する, 解放されなけれ, 許されて, 話し進んだ, 話の, 話を, 読まれるという, 読んで, 談笑し, 談話を, 豊富に, 足を, 跳ねられやせんの, 身動きも, 車を, 転じ単調, 通れる, 通行を, 進行も, 遊ばせて, 遊び廻る, 遊ぶの, 運命を, 過ぎない, 選ばせて, 選ぶこと, 選択する, 選擇決定した, 選擇決定する, 酒を, 開いて, 閲覧し, 雅語を, 頭の, 顔を, 飛び廻って, 駆けま

1 [2149件 抜粋] あおって, あこがれたフランス国民, あった, あの子, あらず, ありのままな, ある場面, いいよう, いじりまわしたかったの, いつでも, いろんな芝居, うごきました, おさせ申すこと, おなりなさい, およぎまわって, お使いなさい, お敷きなさい, お茶あがっ, お話する, かえて, かけだすこと, かつえて, からだの, くぐり込むこと, ここに, こなすだけの, この気持, これへ, さしたらどう, さしはさまれて, させたらどう, させなかったからな, させまた, させること, させ過ぎても, された出版, されねえ積, されるやう, され広い, しかも時代, したいため, したが, した姉, した驚くべき解放, してやるから, しないまでも, しゃべったり, しようとしても, し女, し自由, すっくと立ち上がっ, すめるいい, するつもり, するやう, するんぢ, する修業, する新, する資力, せしむ何とか, せられる様, そういう美し, そして最も, その以後, その勤労, その日, その職務, その雑誌向き, ぞくするの, たな, ちょうどフィルム, つかえる紙, つかへる時間といつて, つくられたもの, できた, できない人達, できなくて, できる作者, とりつけられる今日, とんで, どこへも, どちらへでも, ながめんが, なさるよう, なしうる境界, なし来たった, なったうれし, なったそう, なったとき久慈, なったら僕, なった二人, なった十三年目, なった手, なった自分, なっとります, ならず, ならないある, ならないという, ならないん, ならない体, ならない気, ならない行為, ならなかったもの, ならなくな, ならぬから, ならぬ方, ならねえ, ならんので, なりおったか, なりたいと, なりたい気持, なりだした, なりませんと, なり一寸, なり大工, なり林町, なり解放, なり過ぎるため, なるお金, なるくらいの, なるため, なるといふ, なるなどという, なるに, なるまで, なるよ, なる吾, なる時間, なる気, なる美しい, なれない民衆, なれる, なれるもの, なろうという, ねむらせねむって, のびやかに, はいりこんで, はしりまわること, はねまわり自由, ばらばらおかれ, ひらりひらり衝突, ふるまいし作家, ふるまえるの, ぼうえき, まかせるという, まぎれて, まわらない, もう少し大胆, ものに, やりこなして, やれるん, よい勝負, よつて現在, より完全, グイ, ドライヴ, ペラペラと, 一句を, 上れますね, 与えられない自分自身, 世の中へ, 並木道に, 二三日遊ん, 交換せしめる, 交際って, 人が, 他者の, 任ずべき, 任せぬ, 任せるの, 任せ其天然, 会合し, 伸びさせる社会, 伸びるの, 伸張し, 住めるつてわけ, 何でも, 作られるの, 作品の, 使いかく, 使いこなせるよう, 使うよう, 使えるの, 使える時間, 使つて居る, 使ひこ, 使われるよう, 使用してる, 依って, 信じたいため, 個人としての, 働いた時代, 働かせず鞍脇, 働かぬ, 働き得ると, 働らか, 充たすこと, 入らすこと, 入れる, 入山伐木を, 其精神を, 内部まで, 冷静な, 処理し, 出す時, 出られるの, 出入, 出入し得る, 出入も, 出入り出来る, 出来たなら雪, 出来ないなどと, 出来るか, 出来高の, 出這入りすること, 切って, 切磋琢磨する, 判断する, 利くから, 利用したい, 制限し, 創造すべきである, 勉強させる, 勉強出来ず, 動いては, 動かし得る人物, 動かせない病気, 動かないと, 動かぬと, 動きまわれるという, 動き回ってるの, 動くの, 動く足, 動けない窮屈, 動けるので, 占領し, 参考の, 反抗せよ, 取り外されて, 取り扱って, 取れるよう, 口を, 可撓, 各劇場, 向き直るわけ, 吸うこと, 吹き込む嵐, 呑吐する, 呼吸が, 咲いたの, 商賣する, 囀る鳥, 国語自身の, 地位を, 執筆せしめた, 基づく可能性, 塔の, 変えるか, 変形され, 外出が, 夜遊びを, 大まかな, 大膽, 夫, 奔放な, 委した, 委ぬ, 婦女の, 学生時代を, 完美に, 密接に, 対話が, 就かしめぬ, 居られる, 展望する, 巣が, 己で, 帰して, 帰着させる, 幸栄を, 幾日も, 店を, 延焼する, 弁証され, 引き取って, 形を, 彼に, 往き来が, 得られるという, 御入り, 徳川時代元禄から, 応じられ何事, 思想感情を, 恋を, 恵まれすぎて, 意志の, 成さる, 成らなかった, 成長する, 戦闘する, 所信を, 手の, 手足の, 扱える人たち, 批判した, 抜くこと, 抱擁を, 拔い, 拡げて, 振って, 振れるかしらと, 振舞つてを, 捌いて, 採られること, 探検を, 掴むこと, 描かれては, 撃てる, 擇ぶ, 操縦できない, 攻撃さしたなら, 放り出して, 放恣な, 散らばってる小鳥, 敵と, 料理した, 新聞や, 於ては, 旅行できる, 旧版に, 時代の, 暗室へ, 曲折が, 書きこめるという, 書き綴り, 書けるやう, 最も低廉, 有意義に, 望みの, 束縛を, 柔らかい光沢, 棲ませた, 楽しく歩い, 楽しげ, 楽に, 横臥する, 歌へ, 歩かれないくらい, 歩き廻るやう, 歩けるの, 歩み得, 死す, 母の, 気侭に, 求められること, 決めて, 泊りに, 泳いで, 泳ぐこと, 活きて, 活きるであろう, 活動し, 活動出来ざる, 活躍できる, 流れること, 流出し, 浮んだもの, 海が, 消費する, 湾の, 漕ぎその, 濶歩しうる, 為し得る所, 焦点に, 牢内に, 物象を, 現われて, 現代語を, 生きて, 生ひ立たせなかった, 生活したい, 生長した, 用い得る間, 用ゐられた, 画家の, 発動させる, 発揮せしめる, 発見し, 登って, 白状し, 目を, 真摯な, 眼が, 研究し, 社会関係を, 科目を, 移動する, 空想し, 突進したい, 立つ限り, 第二, 箸を, 純潔でありたい, 繁殖し, 美しい生きもの, 羽搏き, 考へて, 聴くこと, 育ったもの, 胸いっぱいに, 脱衣場へ, 自信と, 自分自身を, 自己宣伝も, 舞台的生命を, 芝生に, 處分する, 行い得ると, 行きあたる, 行つたら, 行わしめもって, 行使する, 行動の, 表明する, 表示した, 見えた, 見せながら, 見られるの, 覗きも, 解かれてしも, 解き放たれて, 解釈し, 計算し, 許されたもの, 診察も, 試みられる恰好, 話し合う場合, 話すこと, 話せるよう, 語れたならば, 誤りなく, 読み得られる, 読むを, 読める事, 誰もが, 調節する, 豊かに, 買い込むそれで, 買えるところ, 資料の, 起したの, 越えられぬ身, 跳躍し, 身に, 転換し, 輸入され, 述べる事, 退社する, 這い廻る愛情, 通さしたの, 通るし, 通信を, 造りかえる位, 連続的に, 進呈する, 進退せし, 遊ばせない代り, 遊びだしたので, 遊ぶという, 遊んで, 運べるの, 過ぎて, 過ごすこと, 達する欠くべからざる姉妹, 遠慮なくしかも, 選ばれた見事, 選び連, 選んで, 邪魔されず, 重心を, 金を, 門内の, 開けられる滝山, 防火本位の, 雄飛すべき, 雑誌や, 青年諸君に, 音信の, 願います, 飛び廻る, 飛び立つこと, 飛ぶ鳥, 飛翔しよう, 飛行機と, 食うには, 食べられるよう, 食事を, 飲めない彼ら, 養分を, 馳駆し, 驅使鹽梅し

▼ 自由~ (1463, 10.0%)

27 失って 19 もって 18 得て 15 持って 14 与えて 12 主張し, 奪って, 束縛する, 求めて 11 奪われて 10 尊重する, 束縛し 8 有して 7 主張する, 拘束する, 許されて 6 意味する, 束縛され, 欠いて 5 享有する, 尊重し, 持たない, 望んで, 獲得する, 確保し, 許して

4 [18件] うしなって, もつて, われらに, 享受し, 享楽し, 奪ひ, 得た, 得ること, 得るの, 我等に, 抑制する, 抑圧し, 有す, 求める, 獲得した, 缺い, 要求する, 認めて

3 [24件] うばわれて, して, もとめて, 与えよ, 与へ, 主張した, 利用し, 制限する, 失うこと, 失った, 奪はれ, 奪はれた, 妨げんと, 守らなければ, 得たの, 愛好する, 有しない, 有たぬ, 欲し, 縛られて, 許すこと, 許すと, 認めること, 説いて

2 [104件] うばはれ, かち得る, すべての, とりかへ, とりもどした, なみする虐政, ば神が, モットーと, 与えら, 与えられて, 与えること, 与へて, 他の, 使用する, 保って, 信じて, 利用しよう, 制限し, 剥奪し, 反抗と, 叫んで, 吾, 吾等に, 唱うるに, 唱道し, 善く使用, 失いまた, 失う, 失うという, 失ったところ, 失ったの, 失ったよう, 失った人, 失つた, 失つたぎり, 失つてゐる, 奪いかえして, 奪うこと, 奪うという, 奪うの, 奪ふ, 奪ふと, 奪われたもの, 奪われるの, 如何に, 妨げること, 守って, 完全に, 少しも, 得いかに, 得ざれば, 得たと, 得たりと, 得た時, 得ようと, 得るため, 得んが, 得んこと, 得んと, 恢復し, 愛した, 愛して, 愛する即ち, 感じさせるよりも, 感じて, 感ずること, 拒否する, 拘束し, 持つて, 擅に, 放り出そうと, 文化上の, 有せず, 有ち, 束縛された, 束縛される, 楽しむがい, 欠いた頭, 欲すと, 欲するもの, 正しく使用, 殺す点, 求めた, 求めぬもの, 求めんが, 求め用語, 減少せしめる, 無視し, 犠牲に, 眺めること, 確保しない, 確保する, 私が, 私は, 約束された, 與へ, 與へて, 著しく奪われた, 要求します, 許すも, 許可し, 説いたの, 購って, 追求する

1 [857件 抜粋] あこがれる新た, あたえると, ありがたく味わった, いかに使いこなす, うしなった小坂部, うばう目的, うばったの, うばふ, うばわれたから, うばわれたも, うばわれまた, うばわれ勝手, うる時, うる権利, おいて, おびやかす用紙割当庁法案, おびやかそうと, お許し下さいませ, かきお, ここに, この老人, ころす, さえ失うに, さえ妻, しばられて, しばるの, せばめられだんだん, そうして協団, そのもたらす, その標幟, その現実性, たくましゅうし外, たたかいとるため, たのしむこと, たのしめる独立人, ちっとも束縛, とりかえしたいと, とりもどしはじめて, とり戻した, とり返すの, なくして, なくする, のばし得て, はたに, はるかに, ふみにじって, ふりまわして, まもり健全な, まもり戦争挑発, まもろうという, めぐるもの, もたない, もたなかった宮本百合子, もった上, もっと狭い, もつという, もつに, もつ文学的表象, もとめるたたかい, ゆるされて, よこせ, ろくに与えず, わたくしは, われ等に, ソクバクされ, テーマとして, 一たび神に, 上げるよ, 与う, 与うべけれ, 与えそして, 与えたの, 与えたるもの, 与えないで, 与えながら, 与えようと, 与えよしからざれば, 与えられたもの, 与えられること, 与えるかと, 与えると, 与えると共に, 与えるよう, 与える意味, 与へたの, 与へようと, 与へられさ, 与へられたとき, 主と, 主張し得る, 主張す, 主義と, 事実上有っ, 云いその, 享ける, 享受する, 享得する, 享有し, 享有すべき, 享樂し, 享樂する, 人間的理想としての, 他にも, 伸展防衛する, 伸張する, 何の, 作者が, 使つて牢獄から, 促進する, 保ちその, 保とうと, 保留し, 保証され, 保護すべき, 保護せらるべき, 個人的意識の, 僕は, 充分に, 全うする, 八卦で, 公言し, 公許さる, 出発と, 制裁し得る, 制限しよう, 制限せなけれ, 前提に, 剥奪した, 剥奪する, 力強く望ん, 単に文化, 原則と, 取もどして, 取りあげやたら, 取り戻すこと, 取り計らって, 口に, 合法的に, 否定しなけれ, 吹消さう, 味って, 味わいながら, 味わって, 唱えて, 問題に, 喪って, 囘復しなく, 国家主権の, 圧迫する, 増して, 多くし, 多様な, 大體宋代, 天に, 失いたくなかった, 失いまして, 失い捕えられたという, 失い病気, 失い藤堂, 失うか, 失うた其手先, 失うた時自棄, 失うに, 失うまで, 失う恐れ, 失おうと, 失ったぎり又, 失ったと, 失ったわし, 失った広岡, 失った彼ら, 失った糸子, 失っては, 失つたら, 失つては, 失つて來た, 失つて残つてゐる, 失つて遂に, 失はずこの, 失ひた, 失ひて, 失ひドッ, 失ふもの, 失へる, 失わせて, 失わない事, 奪い人間檻, 奪い取った点, 奪い喜び, 奪い文学, 奪うだろうという, 奪うとき, 奪うべく縛り上げた捕縄, 奪った, 奪つて, 奪はね, 奪わねば, 奪われた, 奪われたかの, 奪われたと, 奪われたよう, 奪われた世にも, 奪われた彼等, 奪われなかったの, 奪われなくては, 奪われねば, 奪われる, 奪われ無抵抗裡, 奪われ社会科学, 奪われ逃げ出そうにも, 女子に, 好むもの, 好んで, 妨ぐるものなり, 妨げざるの, 妨げて, 妨げては, 妨げられたが, 妨げるの, 妨圧する, 子供の, 守りファシズム, 守ること, 守るという, 守ろうと, 実践の, 実際には, 実際的, 害すること, 富や, 対岸を, 尊ぶが, 尊ぶギルド, 尊ぶ共和国, 尊ぶ者, 尊重しない, 尊重します, 尊重すべき, 導き入れて, 少しずつ, 尚び, 希望する, 建設しよう, 強要された, 強要する, 彼らから, 彼らは, 彼女に, 征服し, 得ざるもの, 得しむる唯一, 得せしめざるがため, 得せしめたる, 得その, 得たいと, 得たしかし, 得ただちょう, 得たはず, 得たるもの, 得たる心地, 得たイギリス, 得たイワノウィッチ, 得た刹那, 得た完全, 得た幸い, 得た結果不自由, 得ないの, 得なかったので, 得なかった時, 得ました, 得やがて, 得られること, 得るの意味, 得るやう, 得る戦ひとは, 得る時, 得んため, 得信仰者, 得難い, 必要なり, 恢復する, 想定しなけれ, 愉しむ足並み, 意欲する, 愛し内容, 愛し徳義, 愛するとともに, 愛する公正, 愛する彼, 愛する念, 愛でに, 愛求しその, 感じた, 感じ始め元気, 感得する, 慕う要求, 慕はずには, 憶い出させる, 成立させる如き, 我に, 我物として, 所有してる, 打消すという, 承認しか, 抑へ, 抛ったかに, 択ぶに, 拘束され, 拘束しない, 持たざる人, 持たずその, 持たない私, 持たなかったから, 持たぬロシヤ人, 持ちその, 持ち始めたの, 持ったが, 持つてるやう, 持て居ます, 指称す, 挙げたの, 捨てたり, 捨てる給料, 握るの, 撰び得たと, 擁護する, 支配し得る, 支配する, 救われた者, 断圧し, 新聞社自身によって, 旨と, 最大限に, 有するのみ, 有するもの, 有する所, 有する道路, 有せしめられん事, 有せなんだか, 有っては, 有つてゐる, 有つべきである, 束縛され始めた, 束縛したくなかった, 果す上, 校風と, 極力押えつけはじめた, 極端まで, 楽しんだり, 樂しまなく, 標榜する, 欠いたり, 欠いた痕, 欠き東西, 欠くよう, 欠く時, 欠けば, 欲した, 欲する, 欲するから, 欲するに, 欲する処, 欲する心, 欲せざる, 欲求する, 段々と, 殺すは, 求むそもこの, 求むるの, 求むるは, 求むる本能性, 求めざる者, 求めたとも, 求めた女, 求めました, 求めようとして, 求めるため, 求めるの, 求めるポーズ, 求め情緒, 求め新, 涜した, 満喫した, 濫用する, 熱愛し, 特権である, 犯すもの, 狭め真理, 獲得し, 獲得しよう, 獲得せん, 現実的な, 理性の, 理由として, 理解し, 甘受し, 生ずるが, 生れて, 産み出す, 男子に, 略奪され, 異動させる, 盗まれた後, 看板と, 真に尊重, 眺めて, 知つてし, 知らざりし事, 知らずいや, 知らず且つ, 知らず経験上, 知らないの, 破壊し去るだらう, 確保され, 礙げあわれ, 礙げられた, 祝福した, 禁ずるん, 私たちに, 称揚する, 空想し, 立つ信教, 精神の, 経験と, 絶対に, 綜合開顕した, 縛って, 縛らないで, 縛りあう何, 縛りあふ何, 羨まない訣, 羨やみ, 自分が, 自在に, 茲に, 衛ろうと, 表現し, 要するに意識, 要求した, 見いださんと, 見出した, 見失って, 見捨てなければ, 解さぬもの, 言い張る時, 許さざりし, 許さざるを, 許さない程, 許さるるの, 許されたが, 許されたとき, 許され自由, 許したとて, 許したに, 許しはじめた, 許すべきであろう, 許すもの, 許す法律, 証明したい, 証明できない, 詩人に, 認めきこの, 認めず自由, 認めないという, 認めない限り, 認められる, 認めるといふ, 認容され, 説きて, 説くダンテ, 論じたること, 論じて, 論ずる, 護るため, 護るに, 豊かに, 買いたいは, 買はんとて, 賭して, 贏ち得た, 躊躇なく, 軍人勅諭によって, 返しては, 通す事, 通過する, 達し脩徳開智, 達せずし, 選ぶから, 選ぼうと, 選んだ一人, 重んじ過ぎて, 重んずる歐米人, 長い間, 闘つた反逆者だ, 頂点と, 願いたもう, 顧みないと, 驚歎し, 高く叫び続け, 高める意味

▼ 自由~ (1335, 9.1%)

21 身に 14 生活を 13 んだ 11 のだ 10 のである, 行動を 9 空気を 8 のびのびと 7 立場で 6 のです, ものに, ものは, 世界に, 体に, 気持で, 空気の, 立場に, 精神を 5 ものである, ものと, 人である, 咄し, 天地に, 快活な, 活動を, 生活が, 自分の 4 もので, 境地に, 天地を, 時間が, 野行き山行きは

3 [27件] ことは, ことを, ところが, ので, ものを, ように, んです, 世界を, 人は, 働きが, 動きを, 天地へ, 平等な, 形式の, 心の, 態度で, 態度を, 批判を, 時間の, 晴々と, 研究を, 空に, 自意識の, 表象の, 解放された, 身と, 選択が

2 [100件] お身体, からだに, のは, ものが, ものだ, ようで, シムフオニーの, ファンタジーの, 世界へ, 事を, 交際を, 人間だ, 人間に, 人間性の, 会話を, 余地を, 余裕ある, 働きは, 処が, 処に, 創造の, 力が, 動きが, 呼吸を, 国に, 境涯に, 境遇に, 天地が, 奇蹟を, 女の, 女性を, 姿に, 存在即ち, 学校へ, 屈撓性を, 広さ, 御家庭, 心持で, 意志で, 意志を, 意見を, 操作と, 放牧を, 教育を, 方の, 方向へ, 旅を, 日を, 時代の, 時間と, 時間を, 朗かな, 本姿, 気が, 気分が, 気持ちに, 気持ちを, 気持に, 気楽な, 活動が, 流れを, 溌溂と, 片手を, 物なれた, 生活に, 生活の, 生活への, 発展が, 発展の, 発展を, 知力の, 研究が, 社会を, 空へ, 空気が, 空気は, 立場から, 立場を, 筈だ, 精神が, 精神と, 精神の, 美が, 考え方を, 者が, 自己の, 自意識, 行動の, 行動は, 表現を, 言論を, 足どりで, 距離から, 途を, 遊戯心を, 運動を, 都会人士の, 開放せられた, 魂が, 魂を

1 [832件 抜粋] いい心, うえに, おもしろい旅, お気持ち, お酒, かけ引き, かなりの, からだで, くせに, こころもちで, こころを, こだわりの, こと古今その, この人, この村, この観念的情緒的浮動性, そうして均勢, そしてまたどこ, そして心, そして看守, その意味, だけに生活, ところと, ところに, とんぼと, なつかしさ, の, のでこういう, のでオウム, ので都合, のなら, のよって, ひろい天地, ほどの隙, もっと確乎, ものさね, ものであった, ものです, ものとして, もの肆意的なる, もんよ, ゆききは, よりひろや, わけだ, んじゃ, イデエの, ガラ式な, ギリシア市民の, スクリーンの, テーマを, フアンテジイにも, フランス語と, ポーズを, マルクス主義的文芸評論家の, ラジオの, リズムの, 一人っきりの, 一個人に, 一思想家文学者の, 一本立ちの, 一篇の, 下町の, 不思議な, 世に, 世界, 世界な, 世界的な, 世論が, 主人に, 事が, 事項を, 交錯, 交際であった, 交際の, 人, 人々の, 人が, 人格は, 人間, 人間という, 人間としての, 人間らしさ, 人間を, 人間性それが, 人間的文化へと, 人類の, 仏蘭西語を, 伸, 伸展を, 位干物に, 体だ, 体にでも, 作品だった, 作家の, 作意が, 使い方を, 使用生産用具土地の, 便宜が, 信仰を, 信条を, 信條を, 個人の, 偉大な, 健全な, 像が, 全自我, 公明さを, 共産的規約に, 内生命の, 冒険的な, 処理に, 出入りを, 出入口が, 分裂, 利用の, 利用は, 創作的文芸でなくなっ, 創造で, 創造を, 力を, 勉強が, 動作で, 動詞状形容詞として, 原始生活の, 友人間へ, 取調べや, 右手は, 右手を, 君主であっ, 呑気な, 呼吸が, 哲学精神と, 商品交換過程に, 商業政策制度の, 善良その, 四肢に, 団欒の, 国である, 国においては, 国を, 国際的な, 土地は, 圧制者と, 地が, 地味な, 均整であり, 場合と, 境涯では, 境涯は, 大学へ, 大空も, 大胆な, 天地で, 天地において, 天地は, 天才と, 天皇論, 奔放な, 女であった, 女を, 女主人, 如何にも生き生きと, 姿をも, 姿体を, 子供たちには, 存在と, 孤独を, 学問的研究の, 学者に, 学者の, 学術的見地から, 宇宙を, 宇宙的精神が, 安楽は, 完き, 完全な, 宣伝も, 家庭の, 富裕な, 寛濶な, 対象である, 寿詞に, 小鳥の, 屈折が, 展開という, 山嶽の, 左手だつた, 幸福を, 広い生涯, 広い道, 座談会めいた, 弦の, 形とで, 形式でしたい, 形式を, 心からそれ, 心で, 心とに, 心を, 心情を, 心持ちであった, 心持に, 志向と, 怜悧な, 思いの, 思想に, 思想表現では, 思索やら, 性格であっ, 恋愛から, 恋愛生活が, 恰好で, 情熱が, 情調を, 想像の, 想像力と, 想像力の, 想像力普遍性で, 意匠で, 意味に, 意志, 意志にたいする, 意志に対する, 意志乃至, 意欲を, 愛が, 愛を, 感じが, 感じそれは, 感じを, 感想を, 感想発表に, 感興が, 感覚的な, 態度いかにも, 態度の, 戀愛觀を, 成長という, 戸外へ, 手法を, 手腕によって, 批判は, 批評らしい, 技法によって, 拍子の, 拘泥の, 振舞は, 放心に, 教会を, 教育の, 文学的精神の, 文学者の, 文筆の, 新たな, 新教徒, 新時代, 新聞が, 新鮮な, 方向に, 方法が, 方角を, 方針で, 方面を, 日々を, 日本は, 日本人は, 明るい心持ち, 明るい感じ, 明るい空気, 明晰な, 時には, 時代であるなら, 時間だった, 時間と金を, 時間に, 時間も, 時間自由な, 晴れやかな, 暮しを, 暮らし方は, 最も正確, 月日を, 有様でした, 服装の, 朝が, 期間も, 本能は, 条件を, 条約を, 森林の, 楽しい会話, 楽しい私, 構想力の, 樂しみだつた, 模様で, 権利が, 横暴な, 機械だ, 歓びの, 正しいりっぱ, 正義美を, 民衆には, 気分だった, 気持が, 気持ちです, 気持にな, 気持を, 波を, 活動の, 派手な, 浪漫的舞台に, 海は, 涅槃海に, 淋しい好い心持, 清々と, 温厚な, 点で, 無作法を, 無禮講, 無関係な, 爼の, 物忌みといふ, 物言ひもする, 物質的条件に, 状態に, 独立な, 独者で, 現実にさえ, 理想と, 理想の, 瑞, 甘さ, 生々と, 生き方と, 生き生きと, 生命, 生成として, 生活とか, 生活とを, 生活をのみ, 男でない, 男との, 町の, 疾走の, 瘋癲病院の, 発展とかいう, 発育を, 発表が, 発表機関を, 発達が, 発達に, 発達を, 發想法が, 發達が, 盛んな, 看板借りであり, 真人間の, 真実に, 真摯な, 眼界が, 知力に, 知恵と, 知識人であった, 研究所へでも, 社会に, 社会へ, 神祕な, 祭祀も, 秩序の, 空にかけって, 空気と, 空気という, 立ち場に, 立派な, 競争に, 競争も, 筆致も, 筆致を, 精神それが, 精神に, 紀行文や, 純潔な, 素朴な, 組合という, 経験を, 結合を, 結合状態という, 綜合作用が, 美は, 美術を, 翻訳権が, 翼に, 老練な, 考えとか, 考え方で, 考え方自由な, 考察には, 者には, 者を, 職業の, 背広姿に, 自分いとおしむべき, 自国語を, 自然な, 自然の, 自由律, 自身の, 舒びやかな氣が, 航路が, 良心の, 花, 芸術家, 芸術的美術的な, 若々しい生活, 華やかさと, 蒼穹の, 蕩児を, 行き方の, 行動である, 行動に, 行動半径を, 表出を, 表情も, 表現に, 表現や, 表現力を, 表現或は, 表現法の, 表象を, 規模による, 親密な, 観客席を, 観念連合を, 観賞に, 解放に, 解釈によ, 言ひ表し, 言文一致に, 言葉と, 言葉を, 言論活動は, 記事らしい, 評論を, 詩形として, 話などを, 話私も, 認識を, 責任若しくは, 貿易商としてよりも, 質問を, 贈物を, 路を, 躍動の, 身だ, 身だったら, 身でも, 身を, 身体だ, 身体でした, 身体を, 身分に, 身空に, 輝ある, 輝かしい幸福, 速度で, 連歌師には, 進歩的な, 遊戯をしか, 運動が, 運動と, 運動概念を, 適用は, 選択で, 選択を, 野, 野の, 鉄の, 長い粗雑, 開拓が, 間に, 階級の, 集會, 雰囲気を, 青空の, 静かな恵まれた, 鞭に, 音楽とを, 音楽家らの, 音響の, 頭脳と, 頭脳によって, 頸を, 飛躍を, 飜訳も, 駆使である, 駆使によって, 骨休めを, 魂である, 魂も, 鳥との

▼ 自由~ (1099, 7.5%)

44 身に 30 身と 29 ために 13 天地に 9 ための, 天地へ 6 世界を, 中に, 体に, 天地を 5 境地に 4 からだに, 代りに, 内に, 意志を, 概念を, 空気を, 精神は, 精神を, 身である

3 [23件] ことを, ないところ, 余地を, 名に, 境に, 天地で, 思想を, 意志の, 意識の, 抑圧では, 概念は, 為に, 為めに, 獲得が, 理を, 生活が, 生活を, 空気の, 精神, 行動を, 観念が, 観念は, 身だ

2 [80件] うちに, きかない手, きく車で, ためには, ない日本, なかに, 一種, 一般的な, 下に, 不自由さを, 世界から, 世界が, 世界であり, 世界の, 世界へ, 人, 利かない人間, 化身の, 叫びを, 名において, 名の, 名を, 味, 哥薩克だ, 哲学, 問題は, 国たり, 国だ, 国土, 地歩を, 域に, 境地を, 天地では, 天地は, 女神の, 実現によって, 必要は, 怖しさ, 思想は, 意志に, 意志を以て, 意義を, 愛に, 手に, 抑圧が, 抑圧に, 拘束な, 政治を, 時間に, 本能の, 概念へ, 権利の, 権利を, 歌, 正反対物, 為めの, 特色は, 獲得である, 獲得の, 獲得を, 発散を, 確立と, 確立といふ, 確立の, 空気に, 空氣を, 範囲を, 精神が, 精神の, 精華, 花園である, 行動が, 観念と, 観念の, 諸概念, 身で, 身であった, 運動を, 重荷, 野に

1 [671件 抜粋] ありかた, ありがたさ, あるところ, ある今日, ある位置, ある夜, ある社会, いいである, おかげで, お小納戸頭取, きかない杉田二等水兵, きかない退屈さ, きかぬ手, きくこと, きくところ, きく二三人が, きく時, きく此方様の, きく細い, きく若い, ことだ, ことだった, ことでなけれ, ことをしか, この簡朴, ごときならびに, ごときは, ごとき信仰自由, しからしむるところであろうから, すべてを, せきを, ただの, ためそして, ためなら, つもりで, ないもの, ない不幸, ない境遇, ない所, ない政党, なかつた神奴, なかで, なんたるや, はたして何物, ほかに, ま, もって, もつ一つ, もので, ゆえを, アイアリ, システムレッセ・フェールレッセ・パッセの, プロシャ的変容から, メロディーを, ルールが, 一つの, 一切が, 一部分である, 三十分間を, 三色旗の, 上に, 上にも, 不可侵性とともに, 世では, 世に, 世にて, 世界すなわち, 世界では, 世界と, 世界に, 世界への, 世界哀しい, 両党代議士中, 両派は, 中でこそ, 中には, 中又, 主体としては, 主張は, 主張を, 主義あり, 亜米利加, 人その, 人で, 人である, 人とは, 人を, 人民と, 人民を, 人間だ, 今日でも, 今日に, 代理概念な, 体で, 体と, 何たるかを, 何一つとして, 何物たるを, 作戦で, 使い方を, 使徒たる, 価値や, 価値を, 保証パンと, 保護者として, 信念を, 働きが, 儀申上不都合千萬に, 光である, 光は, 全一の, 全部である, 兩派は, 兩黨代議士中より, 公式的な, 公達の, 内容が, 内容だ, 内容を, 出来る身, 分限を, 利かないこと, 利かない男, 利かぬ体, 利き過ぎる境遇, 利く片手, 利く者, 利益は, 制度と, 制度の, 制約と, 制限は, 制限を, 力の, 危険なる, 原則と, 反旗を, 叫びでは, 叫びに, 可能の, 名で, 名目によって, 味方である, 味方に, 呼吸, 哲学が, 哲学と, 哲学の, 唱道者も, 問題が, 問題だ, 問題などとは, 問題に, 問題も, 喜びという, 囘復と, 国, 国へ, 国アメリカ黒人に対する, 国ソビエット・ロシヤを, 国土である, 国安心の, 国新らしい, 國の, 國フランスの, 土地, 圧迫軍事力強化に, 地から, 地に, 基定, 基礎の, 場が, 境地が, 境地です, 境地は, 境涯を, 境界を, 壓力が, 声である, 声に, 大半は, 大義を, 天地, 天地だ, 天地でありました, 天地である, 天地という, 天地の, 天地らしい, 天性を, 天空に, 太陽が, 契約である, 女神, 女神が, 女神像を, 如きは, 如く説き太古, 妙境に, 始まるところ, 姿が, 子だ, 子自由な, 存する, 学園で, 学園である, 学園として, 学府早稲田大学が, 学生と, 完成あるいは, 定義として, 定義を, 実現だ, 実現とを, 実現には, 寵児也, 対立物に, 封鎖が, 尊重規律ある, 導入の, 導入之こそ, 展開が, 帆を, 帝国と, 度が, 廢絶, 廢絶な, 弁護者民権の, 形而上学的可能が, 往来を, 微笑の, 心が, 心とは, 思想あれ, 思想である, 思想と, 思想の, 思索に, 怪船に, 息を, 恵みを, 悦楽を, 惘然自失した, 意味も, 意味を, 意志と, 意志といふ, 意志も, 意思によって, 意思によりて, 意義如何, 意識そのものは, 意識と, 意識は, 意識を, 愛, 愛を, 感じを, 感情と, 感覚も, 態度で, 戦ひで, 手も, 才能を, 抑制すなわち, 抑圧, 抑圧としては, 抑圧を, 拘束として, 拡大こそ, 拡大として, 持主であったでしょう, 振る舞いが, 探究であり, 放擲をさえ, 政治家であり, 政治的実現よりも, 故にか, 敗亡なり, 教化に, 文字を, 斜めに, 新境域, 新時代, 方が, 方である, 旗を, 旗名残の, 旗幟を, 日には, 旧形, 時代が, 時代に, 時期に, 時間を, 景品を, 曲訳により, 有つ, 有無などは, 朋友を, 木が, 本なり, 本を, 本尊にまで, 本義を, 本能なり, 本能に, 本能を, 本能及威力の, 束縛などは, 束縛者は, 条件が, 根拠は, 根拠を, 極度なり, 楽土, 概念から, 概念と, 標本, 権を, 権をも, 権義を, 權ある, 欠けた尊, 欠乏とが, 欠如という, 欠如によって, 欲望から, 歌だった, 歌や, 歌を, 歓びに, 正しい認識, 歴史を, 死を, 母が, 母の, 民たらし, 気と, 気を, 気分を, 活動敏速の, 海その, 海へ, 涼しさ, 涼風が, 淵源と, 灯は, 炎とが, 無き強制, 燈, 爲に, 特許を, 率先者なれ, 王なり, 王国, 王国とかを, 王國, 理, 理平等の, 理性が, 理性を, 理會に, 理法即ち, 生みし, 生活つてどこに, 生活では, 用途において, 男一匹と, 画家として, 発展的過程の, 発揮だ, 発達を, 白道に, 目的は, 真の, 眼で, 矛盾の, 矛盾を, 破滅である, 破片を, 破産, 確立とかいう, 社会だった, 社会主義的統制を, 社会的制限として, 社會の, 祖先高知市の, 神様が, 程度が, 積極性に対する, 空想の, 空想を, 空気, 空気さえ, 空気である, 空気という, 空氣が, 空氣に, 空高く, 立場から, 立場に, 筈であり, 範囲においてのみ, 範囲も, 範圍が, 範疇を, 篝火の, 精気を, 精神そういう, 精神で, 精神によって, 精神も, 精神を以て, 約束とやらを, 結合なり, 統制である, 絶對性を, 美しさ, 美に対して, 習慣を, 翼が, 耽美者慾望者希求者と, 職業に, 背後には, 自覚が, 舊形を, 舞台へ, 芸術として, 蘇生を, 蜿り, 血は, 行動に, 行動も, 行為と, 裁定に, 裁断を, 要求との, 見解から, 規定から, 観念だった, 観念には, 観念へも, 観念や, 観念を, 観念的な, 解釈いかんから, 言葉が, 認めら, 語を, 誤解濫用, 誤解濫用を, 説の, 説は, 説を, 論盛に, 議論が, 豊富さ, 足りぬもの, 身たらしめた, 身たるべし, 身であったなら, 身では, 身として, 身なら, 身なるべく, 身の, 輝き, 退潮は, 通義は, 選択に, 選択よりは, 選擇に, 郷里に, 都会だ, 重みに, 野民の, 鐘, 鐘と, 門である, 闘士よ, 限界が, 限界の, 限界は, 雲遠くに, 青さ, 面が, 面を, 音律によって, 音楽を, 領土の, 領域である, 領域と, 類が, 風が, 風に, 體とな, 魅力であった, 魔の, 黄金時代であった

▼ 自由主義~ (774, 5.3%)

13 なるもの 8 の精神 7 の哲学, の時代 6 の一つ 5 だという, ではなく, なの, に立つ, の動き 4 から統制主義, が自由主義, ではない, の, の立場, は云う

3 [12件] と呼ぶ, のこと, の内, の哲学体系, の意識, の運動, はその, は一定, は自由主義, をもっ, を地盤, を意味

2 [58件] がその, が主, が唯物論, が良い, だ, だが, である, ではある, という, となった, との間, とはあまり, とは取り, とファシズム, と同じ, と呼ばれ, と呼んだ, と民主主義, ならば, に基く, に対す, のため, のもの, のよう, の人間, の功績, の名, の否定, の契機, の形態, の悲劇面, の排撃, の方, の最後, の歴史, の直接, の論者, の転落, の進歩性, の部面, はだから, はもはや, は之, は何, は夫, は專制主義, は思想, は或, は日本主義, もまた, や民主主義, をその, を代表, を唱道, を根拠, を標榜, 乃至文学主義, 乃至自由主義哲学

1 [532件 抜粋] えの, から一種, から区別, から堂々, から始め, から或いは, から来た, から来る, から蒸溜, が, がこうした, がこの, がすべて, がどう, がない, がインテリゲンチャ, が一体, が一切, が云う, が今や, が今日, が今日成立, が何, が元来, が大きな, が如何, が宗教的意識, が宜しく, が専ら, が尚, が左翼的社会勢力, が復興, が悪い, が控え, が政治, が文化的自由主義, が文学, が日本, が旺盛, が昨今転落, が根, が標榜, が権威, が殆, が気勢, が流行, が独自, が理想主義, が発達, が社会, が社会的現実勢力, が立憲的議会制度, が終っ, が自由主義哲学, が観念論, が超, が転落, が近代日本, が韻文, こそこの, こそリベラリズム, こそ従来, こそ現在, こそ進歩的, さえも退潮, さえ実は, しかない, そして同様, たる所以, だった, だと, だろう, であった時代, であり, でありそれ, であること, であるため, であるという, であるとしても, でしかない, です, ですよ, でないの, でない限り政治上, でなくては, でなくなり一躍, では日本, でもなく, でも保守主義, でも持っ, で一, で以, で大学, で形式上, で後者, で様式, で止まらし, で科学的社会主義, で表面, ということ, というの, というべき, という一つ, という偽装, という哲学体系, という哲学的理論, という奴, という少く, という常識的用語, という意識, という新しい, という独自, という紛らわしい, という経済的, という自由主義, という言葉, といつた, といふもの, といわざるべから, とかいう大間違, とかいふやう, とかが純粋, とか左翼, とか平和主義, とが対立, とが必然的, としての一定, としての一般性, としての社会主義, としての立場, としては捉え得ない, としては貫徹, としてもここ, として捉えられ, として独自, として現われ, として発生, とだろう, とでも呼ぶべき, となつ, とに対立, との主張, との各々, との同様, との味方, との妥協, との美, との若干, とはこの, とは云わ, とは何, とは何等, とは時間的, とは本質的, とは殆, とは決して, とは異, とほぼ, とも呼ばれるべき, とを様々, とデモクラシー, と一口, と云, と云う, と云え, と何, と内容主義, と名乗っ, と呼ばない, と呼ばれる, と呼ぼう, と女性化主義, と枢軸, と深く, と直ちに, と相, と社会的, と素朴主義, と統制主義, と考える, と輸贏, と集権主義者, などというもの, などを喋舌, などプロレタリア階級, なるもの一般, なる一種, なる思想原則, なん, なんてそんな, にあこがれ, にうってつけ, におのずから, にし, についてはその, にとってはその, になり, になる, には右, には朗かさ, には欺, には自由主義独特, にまで, にまで居直る, にまで植えかえる, によって体系, による文化運動, によれ, に不満, に他, に保守的自由主義, に傾向, に劣る, に基い, に変質, に対しては非常, に対して社会的リアリティー, に対する又, に対する批判, に対する抑制, に対する挑戦, に対する進歩的, に対立, に對, に帰着, に引き退った, に支配, に最も, に最後, に止つた, に比べ, に潤飾, に特有, に相違, に立たね, に立っ, に立て籠った, に立て籠ろう, に精神, に責任, に関する諸, に限られ, のあらゆる, のいまだ, のからくり, のごく, のはたして, のまね, のインテリ層, のコース, のファシズム批判, のリアリズム, の一側面, の一派, の一種, の一部分, の一部面, の世, の世界, の中, の中間インテリ的階級性, の人々, の仏英, の仏蘭西政府, の代表的, の仮面, の伸張, の体系, の何より, の信条, の側, の傾向, の優勢, の全盛, の内容, の出発, の制限, の原則, の反対者, の反映, の台頭, の味方, の唯一, の唱導, の問題, の圧制家, の埒内, の埒外, の多少, の大勢, の実, の実質, の建前, の弊, の弊害, の弱点, の思想, の思想原則, の思潮, の意味, の意味そのもの, の意義, の成立, の戦術, の所産, の打倒, の批判, の政府, の敗亡, の文化, の方向, の方針, の有, の本質, の根拠, の極度, の標語, の機能, の次, の正当, の民族, の氾濫, の活きた, の清算, の牙城, の特性, の率先者, の王者, の生き, の用語, の発生地, の目ざましい, の看板, の矛盾, の社会勢力, の第, の紳士, の終焉, の絶叫, の罪過, の美, の自由主義, の萌芽, の血脈, の行き, の解釈哲学, の評論家, の詩人, の諸, の起これる, の足場, の軌道, はすでに, はそう, はそれ独特, はそれ自身, はそれ自身一個, はたたかわなけれ, はぷすぷす矢, はまだ, はもっと, はやがて, はカント, はブルジョアジー, はマルクシズム, はマルクス主義, は一体, は一向, は一時的, は一見, は世間, は中, は人類, は今, は今日, は何と, は併, は個人, は個人主義, は倫理主義, は可及, は同時に, は哲学組織, は唱導, は多く, は大体, は宗教意識, は実質, は専制主義, は少く, は往々, は恐らく, は政治上, は文化的, は文化統制, は文芸愛好者, は日に日に, は明治以来, は最も, は殆, は決して, は決め, は消極的, は無意識的, は珍しく, は現今殆, は現在, は真に, は社会主義, は社会改良主義, は経済的自由, は自然法, は著しく, は行動方針, は要するに, は評判, は認めん, は資本制胎動期, は転落, は進ん, は道徳的自由主義, は階級社会, は食物, ばかりでなく, への関心, へ向っ, もおのずから, もこれ, もしくは個人主義文学, もその, も却って, も又, も同じく, も政治的自由主義, も文化的道徳的, も決して, やは西洋近代思潮, やデモクラシイ, や政党政治, や政治的自由主義, や文化主義, や浪漫主義, よりも一歩, よりも唯物論, よりも更に, らしい論理上, をし, をすてる, をば却って, をば自由主義者, をもつ, を主張, を体系, を信奉, を利し, を及ぼし, を取る, を対立, を徹底的, を打倒す, を抑制, を採る, を揚棄, を攻撃, を政治上, を教えたる, を文字, を文学的範疇, を是認, を最も, を森中, を欲求, を照, を理想主義, を産み, を用い, を社会的立脚点, を範型, を罵り, を自由主義全体, を評し, を認容, を説い, を説明, を読者, を論ず, を論理学的, を講述, を非難, を飛び越し, 乃至その, 乃至デモクラシー, 乃至ヒューマニズム, 乃至左翼, 即ちブルジョア, 即ち理想主義, 即ち自由, 又この, 故にである, 臭いもの

▼ 自由~ (413, 2.8%)

12 ある 8 許されて 6 あると 5 与えられて 4 きかなかった, ない, 利くよう 3 あった, あり冬, あるという, あるの, きかない, きかなくなって

2 [33件] あって, あり正しき, あるよう, ある限り, きいた, きいて, きかなくな, きくよう, それを, ないから, ないという, ないの, なかった, なくては, なければ, 亨一に, 利いて, 利かないの, 利かなくな, 利かぬ, 利かぬの, 利くこと, 利くやう, 利くん, 失はれて, 奪われて, 守れない, 得られるかも, 経済領域で, 許された時, 認められて, 運命を, 過ぎる

1 [286件] あったならむしろ, あったらしい, あつた, あつて, ありは, あります, ありません, あり主観的, あり仕事, あり幸福, あり後者, あり従って, あるか, あるかを, あること, あるだろうか, あるだろうかと, あるとき, あると共に, あるな, あるので, あるばかり, あるやう, ある弥之助, ある民主主義, あれば, あろうか, いきいきと, いつもよりは, いるの, かくも, きかず全く, きかず出戻り, きかないから, きかないで, きかないの, きかないので, きかないほど, きかないんでなあ, きかなくなったから, きかなくなりました, きかなくなる, きかなくなるの, きかぬ, ききません, ききませんから, きくだけ, きくだけに, きくやう, きくわけ, きけば, きりつまる, こういう本質, ここで, ここでは, このよう, この世に, この動き, この時以来ドイツ古典観念論, この際消極的, さまたげられるという, そのため, その内容, その自由, それ自身だけとして, たえずせり, できず蓋, できねば, できるゆえん, となえられても, とりもどされた, とれない時, どれだけ, どんなに歪み, ないこと, ない以上, ない個性, ない時, なかつたこと, なくて, なくなって, なく夢, なく思想, なく本当に, なく見識, なにものかの, ほしい, ほしかった, または抗議, まったく閉鎖, めざして, もち出され, もてないの, やってきたの, ゆるされるはず, よくなかった, よけい持てる, より以上, より高い, わたしに, アメリカには, ロックによって, 不足し, 与えて, 与えられたとしても, 与えられた故に, 与えられなければ, 与へられそれ以来, 与へられて, 並存し, 之だ, 今あ, 今夜は, 代用品, 伸び享楽, 何より大切, 侵害された, 保たれ責任, 保守と, 保証され, 偉大と, 僕らに, 全く利い, 全く破れる, 再び生れる, 出來, 利いた, 利いたなら居士, 利かず寝たまま, 利かないお, 利かないから, 利かないと, 利かないので, 利かないもの, 利かなかったの, 利かなかつた, 利かなくなって, 利かなくなりか, 利かなくなるん, 利かねえので, 利かんでは, 利き黒い, 利くか, 利くけどな, 利くため, 利くと, 利くといふ, 利くところ, 利くらしく片手, 利く奴, 利く様, 利く男, 利く身, 制限せられ, 効くの, 味え, 味われ, 命令された, 唱道せられた, 問題であり, 問題に, 喰い入って, 固定し, 多少とも, 失なわれた, 失われた, 失われたため, 妨げられて, 妨げられないの, 始った, 始まる所, 婦人にも, 存在し得る, 宇宙の, 守れないよう, 実は容易, 実現される, 実現する, 実際に, 封鎖され, 導き出される, 少いが, 少しづつ附與, 少しも, 常に圧制, 彼には, 彼らに, 彼等に, 得たい, 得られず人間, 得られて, 得られないの, 得られないよう, 得られなかった, 得られましょうか, 得られるであろう, 得られるよう, 得られ思ふま, 徹つた, 徹底し, 必然の, 必要であり, 必要である, 恋しく思われる, 恢復し, 悪いという, 意志の, 慕は, 或程度, 技法的にも, 拘束された, 政治的に, 教会の, 文学の, 新聞の, 日本に, 日本には, 日本の, 最高度, 望まるる気, 束縛され, 束縛された, 来たから, 案外抑制, 欠けては, 欠けるから, 欲しいの, 欲しいもの, 欲しいん, 歩む, 残されて, 氏の, 民主的発言にたいしても, 満ちて, 無いと, 狭められ国家, 現われ主体, 生ずるの, 生れた, 用ひられ, 異って, 発して, 発見される, 百年の, 盛に, 目ざめそうした, 瞬間に, 確保さるる, 社会に, 社会生活の, 終り新代, 縛られること, 羨ましかつ, 羨ましく妬ましく思われ, 而も, 脅かされてるという, 膨脹し, 自然の, 般若の, 被征服者, 見つかるだろうと, 設定された, 許された今日, 許された現在, 許されてから, 許されても, 許されてを, 許されないといふ, 許されない現代, 許されなかつた封建時代, 許されなくなります, 許されるか, 許されること, 許可された, 認められたという, 認められまた, 認められようと, 資本的経済人としての, 赦されて, 足りないため, 身に, 身自らそこなわん, 遠い祖先, 開放した, 阻止され, 隠れて

▼ 自由~ (349, 2.4%)

5 云ふ 4 平等と, 平等との, 平等とを, 解放とを, 誠なる 3 云っても, 思想の, 文化の, 独立と, 独立とを

2 [29件] いう, いうけれども, いうものの, その内容, なりこの, なり未だ, なる, 不自由とを, 云う意味, 云えば, 云ふも, 人間の, 今日の, 充分な, 光栄の, 同じもの, 平和の, 平等とは, 幸福は, 待遇を, 情実を, 気まま勝手を, 水の, 独立の, 真の, 統制との, 考えられる, 良心の, 責任とが

1 [251件] いうよりも, いうをもって, いえば, いくら民法, いっしょに, いった, いっても, いつても, いつてる, いふので, いふよりは, いわなければ, おっしゃいますと, しよう旅川周馬様, し尺寸, その自由, それに, それを, である, なった, なって, なつて, なりし時, なりそして, なりたれば, なりて, なり呂律, なり得ない奴隷ども, なること, なるであろう埋没, なるに, なるもの, なる時, のより, ぼくの, まちが, みずからの, わがままとの, わがままとを, イノチぐらいの, パンとは, 世の, 主権とを, 乱雑とは, 事業いつも, 云うもの, 云う事, 云つても, 云はず人類の, 交換の, 人は, 人情との, 人格の, 人間価値とに関する, 人間性との, 人間的自由, 人類の, 他方地主, 体の, 併せて, 信仰の, 信仰を, 信教の, 個人同志の, 個人的自由の, 偉大なる, 健全な, 健康とは, 公同, 共に過ぎ去つ, 出版の, 利便とを, 創造と, 創造とを, 力それが, 力と, 力猫の, 労働と, 勝手とを, 同音柿渋は, 名づけるかと, 向上とを, 呼びベーラク書, 呼び進歩, 呼んで, 品位を, 善政とに, 国家的独立との, 国際的な, 基づくところ相, 基本的人権の, 声量の, 多くの, 奉仕との, 女性そのものの, 奴隷の, 存在に, 安固, 実際的, 専制を, 尊貴とに, 尊貴を, 少しの, 希望が, 希望とは, 平和について, 平和は, 平和を, 平等, 平等とが, 平等の, 平等は, 平行し, 幸福とに, 幸福とは, 幸福とを, 幸福の, 幸福を, 幻の, 幻想の, 建設が, 建設の, 後者において, 必然との, 快活とを, 快活の, 思いますが, 思われたこと, 恋愛とが, 情緒とを, 愉快とを, 愛とに, 愛とを, 愛に, 愛への, 感情とを, 擅制との, 放佚とが, 放恣とは, 放恣をは, 放縦, 放縦を, 政治上の, 政治自由すなわち, 教会を, 文化とは, 文化を, 文学の, 新時代, 日本の, 明るみを, 普遍的な, 束縛, 束縛という, 束縛君子豹変という, 束縛存在と, 楽しい気まま, 楽しさ, 楽しみを, 権利が, 権利とが, 権利を, 権力とが, 機会とを, 歓喜に, 正義を, 死の, 民主主義の, 民主化を, 民権の, 民法が, 民衆との, 気ままとが, 法則の, 法悦, 法悦とを, 活動と, 活動との, 活動の, 淋しさ, 深秘, 清朗の, 無知とが, 熱信と, 熱情と, 物質とを, 狂気と, 独立という, 独立な, 独立に関する, 独立擁護および, 獨立とを, 玄味を, 理念, 生命と, 生命とを, 生活とを, 男性としての, 省略と, 看做して, 知恵とは, 研究の, 社会の, 社会的実在性とを, 祖先崇拝の, 神聖とが, 神聖とを, 称し報道, 空想と, 精力とを, 精神的完成とに, 純真な, 統制, 縁を, 美と, 美の, 義務と, 考えて, 考えられるもの, 聡明とを, 職業の, 能力とを, 自我の, 自治政府, 自由主義, 自由主義と, 自由人は, 自發, 芸術の, 若き思想, 表裏し, 解放との, 解放の, 解放を, 言う, 訳され政治上, 誘ふやう, 誠実との, 読もうと, 誰にも, 謂い諸法己, 財産と, 責任が, 責任とは, 責任の, 赦しとが, 進歩という, 進歩とが, 進歩との, 離して, 魅力の

▼ 自由~ (349, 2.4%)

8 ない 6 許されて 4 云うまでも, 併し, 自律的には 3 ある, 他の

2 [16件] ないと, なかった, 与えられて, 利かない, 利かないサ, 失われて, 山巓の, 彼の, 死せず, 死せずと, 消極的な, 混乱であっ, 物においての, 私に, 節度の, 自己の

1 [285件] あくまで尊重, あくまで政治的自由, あなたの, あまりに静か, あまり前面, あり得ない筈, あるまい, ある点, ある限界, あろう, いくら欲しく, いつさい, いわば食う, うばわれて, うばわれるに, おびやかされこれから, かたっぱしから, きかないの, きかなくな, けっして侵す, けっして奪われ, けっして社会, こうした権力, ここに, このとき, このブルジョア, この政治的自由, この段階, これより, これを, ございません, さしあたり主観的, さしあたり懐疑, さしあたり懷疑, しだいに拡張, すぐさま幻滅, すでに利用, そこには, その, そのかげ, そのまま肯定, そのデモクラシー, その云わ, その以前, その子供, その影, その自由, それによって, それ自身の, ただの, だから又第, つまる処, とかく我儘, とても望めなかった, とらはれ, どうか, どうしてこの, どこに, どこまで, どんなもの, ないから, ないが, ないこと, ないそりゃ, ないで, ないといった, ないの, ないもの, なお残り, なかつた, なくなりは, なく所詮, なく自ら掴得, なければ, なによりも, なんの, ひとたびこの, ひと口に, ほとんど皆無, ほほえむの, またこの, また各, また永久, まだあの, まだ許され, まもられなければ, むしろその, もたぬ, もって, もっと実質的, もとより登校, わがままや, わずかな, ソクラテス以後の, ダ・ヴィンチや, ブルジョア民主主義的, ブルジョア社会にとっての, 一つしか, 一切の, 一種の, 一部の, 万人の, 与えたが, 与えられた, 与へられた処, 与へられて, 世界の, 乱交に, 事実上存在しない, 享受しなかった, 人格の, 人間としての, 人間よりは, 人間天賦の, 人間学的, 人間悟性の, 今やズット, 今一層, 他人の, 伸び上り, 何と異様, 何に, 保たれ一座, 保留され, 保証し, 個人主義と, 個性に, 充分に, 先刻お話した, 全くつかない, 全くの, 処で, 出来ない, 利かずどうせ, 利かず徒ら, 利かず目, 利かないので, 利かなかった, 到る処, 制限され, 十分に, 単なる損益問題, 単に一般的, 単に個人人格, 却ってこの, 原則として, 原罪と, 又政治的自由, 叫び合つた, 叶ふまじ, 否定され, 土佐の, 地獄の, 型であり, 堕落であります, 外的環境からの, 多く無, 多分これ, 大であった, 失ったが, 失われすべて, 失われ執筆者, 失われ学内, 奪われる実に, 好きだった, 如何に, 始まる, 子どもの, 存しない, 存在しない, 学生各個の, 完全に, 実にひろく大きく, 実体的な, 実現出来ない, 実際には, 少しも, 尽く余, 常にどこ, 常に天国, 常に正しい, 当時の, 彼にとって, 後者の, 得たが, 得られない, 得られないと, 必ずしも予想, 必ずや更に自由, 必ず地獄, 必然関係の, 忠作が, 思も, 恋愛よりも, 意欲が, 憲法によって, 憲法または, 我らの, 或る, 批判の, 抑えられて, 持ちません, 政治上の, 政治的で, 政治的自由から, 政治的自由の, 文化の, 文化的自由であり, 新聞記者大衆には, 方程式に, 日本では, 時間や, 普通人の, 智識の, 更に比較, 更に高度, 最も有利, 有たぬ, 朗かさの, 本当の, 本来神学的自由だった, 植民の, 機械の, 欲しないだらう, 死活問題を, 殆ど奪, 殆ん, 決してそのまま政治, 決してわれ, 決して無制限, 漸く拡張, 激しく脅かされはじめ, 炭坑労働者には, 無条件には, 無論一般, 牢乎として, 特に民衆, 狂暴な, 現実の, 用紙不足という, 男子の, 皆意志に, 相互主義の, 相成らん, 眞に, 社会に, 社会全体の, 社会生活の, 神に対する, 私から, 私には, 種々なる, 精神状態の, 素より文化的自由, 結局良心の, 結構である, 絶対に, 總て, 羨しい, 考えられないであろう, 育つ技術, 自分でも, 自分の, 自由じゃ, 自由に, 良心の, 茲で, 行政に, 要するに程度, 見る, 解かれて, 許さない, 許されないので, 許されませんね, 許される筈, 認められて, 認められない, 認めるけれどもね, 認めるも, 誰にでも, 誰にも, 責任である, 資本家の, 革命者らが, 風流である

▼ 自由~ (325, 2.2%)

12 に對 9 のリズム, の原理 5 は決して 4 が, の創作, はその 3 と称する, に於, の, のため, の價値, の本領, の表現, の詩人, は, は詩

2 [22件] がもし, が詩, である, にし, にはこの, にリズム, に関する一切, のやう, の唯一, の多く, の如く, の拍節, の本体, の特色, の解説, の詩壇, の詩學, は何等, は實, は散文, を分析, を肯定

1 [204件] からはかうした, からも聽, がある, がいつ, がいつも, がその, がない, が之, が散文的, が旋律本位, が根本的, が特種, が生れる, が眞, が自由詩, が致命的, が舊詩壇, が苦悶, が解らない, が言語, が辞書, が音律美, が韻文, こそは最も, そしてその後, たる所以, たる為, だけが本当, だけが詩, だという, であり何, でない, でなくそれ自ら定形詩, でもすべて詩, でも定, でも有り得ない, で燃, と, となった, との特異, とはどこ, とは何ぞ, とは何等, とも思つて, と定律詩, と相, と称する如き, と言い得る, などというもの, など作らない, なの, にあ, にいつしか, にない, になりはじめ, にはそれ, にはより, には何等, には定, には形體上, には律格, には触れない, によって氾濫, によって満足, によって表現, によつて, に到達, に始まっ, に始まった, に定形律, に於ける, に比し, に行き, に行く, に親しまう, に関する詩形上, に関する論文, に関する議論, のこと, のみである, のみに限られ, のよう, のリズム觀, の三十年間, の中, の低劣, の何れ, の何物, の作曲, の價値そのもの, の先駆, の具體的本質, の別名, の創造, の動機, の名, の哲学, の哲學, の哲學そのもの, の困難, の境地, の大, の大家, の失敗, の如き, の必須, の所謂, の批判, の揺藍学校, の本質, の根本哲學, の根本問題, の根本的, の標語, の殆ど全部, の殆ど多く, の求める, の洪水, の発生, の缺, の自由, の自由詩, の詩形論, の詩語, の起元, の趣味, の運動, の長所, の開祖, の障碍, の音律美, の類, の高唱, はかかる, はこの, はさ, はそれ, はそれと, はそれ自ら一種, はない, は不健康, は不規則, は何となく, は全然, は全般, は勿論, は却つて, は定, は実に, は尚, は必, は必ずしも, は明らか, は本質的, は正しく, は然しながら, は發想, は真に, は確か, は自由詩, は舊來, は藝術的未成品, は表現, は軟体動物, は近, は音樂家, は音樂的, は韻律, は韻文, は高, へ走つた, ほど古く遠い, ほど愚劣, も共に, も定, や散文詩, や無韻詩, を, をさ, をさし, をつくる, をも定, を不自然, を以て安易, を以て過去, を低落, を作っ, を作る, を取る, を好まない, を廃棄, を律そう, を徹底, を悦ばず, を批評, を散文, を曲弁, を書かせました, を甚だ, を目, を眺め, を見よ, を論議, を讀む

▼ 自由~ (273, 1.9%)

13 と提携 7 に於ける 4 に入り, をし, を惑亂, を操縱

3 [11件] との提携, にし, の多, の實權, の實際的首領, の爲, の要求, の首領, は其の, は彼, も亦

2 [18件] が之, が彼, が閣下, と進退, に依, に入る, に對, の冀望, の内, の内容, の爲め, の純, の腐敗, は唯, は如何なる, は決して, を指導, を盲從

1 [168件] が一二, が二三策士, が今日, が伊藤内閣, が再び, が到底, が勢, が多く, が大, が常に, が提携, が政權分配, が星亨氏, が果して既に斯く, が生れた, が自ら主義政見, が自ら合同, が鐵道國有法案, すらも亦, たる可, であ, であつ, でも保守黨, といへ, とが益々, との共, との調和, との連鎖, との關係, との關係實際, とは更に, と伊藤内閣, と休戚, と全く, と其歸着, と分離, と合併, と意氣相, と深く, と閣下, と飽くまで, にても未だ, にも亦, にも反, に倦まれたる, に入, に入らずし, に入りたる, に割讓, に反, に合同, に在, に在り, に存すれ, に屬, に援助, に擁立, に於, に於ける如く, に有する, に渉ら, に總理, に續, に誓, の中堅, の中心, の代表者, の健全, の全盛時代, の再興, の分裂, の初志, の前途, の勢力, の原形, の反感, の反抗, の名, の壯士, の大, の如き, の始末, の專制君主, の強迫, の感情, の提携, の援助, の擁立, の政權分配論, の暗愚, の最も, の根本的刷新, の權力均分論, の死活問題, の毫も, の激昴, の無能力, の熱心, の爲さん, の現, の現状, の竊, の策士, の組織, の綱領中, の總務委員, の背後, の行動, の言動, の謀主, の變名, の豫期, の遠見, の黨勢, の黨師, の黨略, の黨議, はブルジヨア, は一二, は一方, は之, は亦, は今や, は伯, は依然として, は先づ彼, は公然, は勢, は反旗, は少し, は尾大, は屡々, は最早, は板垣伯, は果して, は次第に, は此, は殆ど, は殆ど腐敗, は漸く, は當時局面展開, は益々, は立憲政友會, は閣下, も閣下, よりいへ, よりも改進黨, より擧げたる, より閣員, を主力, を代表, を去る, を好まざる, を左右, を待つ, を我物顏, を擧げ, を改宗, を政府黨, を最大要素, を欺く, を無視, を牽制, を率, を組織, を脱退, を迎, を閣下

▼ 自由~ (246, 1.7%)

31 はない 19 あつた 5 はなく 4 あつて, はなかつた 3 のんびりし, はある, はなかっ, 私は

2 [12件] ござります, しかなく, せうだが, そしてもつ, それ丈天才的だ, はあろう, はなくなっ, は有り得ない, 伸, 朗らかで, 気楽な, 自分の

1 [147件] あたしたちが, あらう, いいからね, いかに手足, いきいきと, いたいよ, いつも彼, お前の, かっぱつであった, かなり年, こだわりの, さえあったら, さえあれ, しかなかっ, すこぶる爽快, せう, そうしてあれ, そして権威, その以外, それを, だれをも, ちょっと面白く, どこからが, なんでも, はありませんでした, はあり得ない, はあり得なかった, はなくなる, はなはだ愉快, は御座いません, ほんとうの, まともなつき, もあらう, もっと明るい, もない, もなかっ, もなく, よいの, よろしゅうございます, メロディアスな, 一日明るい, 上手かった, 人間的で, 何が, 偉くなった, 健康であっ, 僕たちは, 児童は, 切り畑焼き畑等の, 別にどの, 勇敢な, 勤勉であり, 危険な, 可憐な, 史実よりも, 同時に土蔵, 大そう, 失職した, 奔放であり得る, 奔放な, 孤独な, 安心で, 宜い, 宜いのです, 寛容であっ, 寛闊に, 将軍家と, 平安で, 平民的な, 平等の, 幸福であった, 幸福という, 広大で, 当人は, 後腐れが, 心から落ちつける, 心情が, 必らずしも, 必然な, 快活だった, 快活だつた, 快活で, 快活であった, 怜悧で, 感じの, 憲法は, 批判的な, 放縦な, 新智識, 新聞が, 明るくて, 明るく浪漫的, 晴々と, 最も居心地, 有為な, 本官の, 本望に, 柔軟で, 楽しいだろう, 樂, 欲しいと, 活溌だった, 浮れる, 清らかで, 漢語の, 無果, 無邪気で, 無頼な, 独立で, 独自で, 生々と, 甲の, 男らしいその, 男女混浴の, 真実に, 矢張りあの, 社會問題に, 稚く愛らしかつ, 種々な, 笑いも, 純粋な, 素直で, 結構さ, 美しいもの, 而も, 自主的であり, 自律的で, 自然で, 自然の, 自然人で, 自発的な, 至極工合, 芸術を, 見様に, 親睦で, 誠実であっ, 誰も, 豊かな, 貴女の, 身がるに, 身軽であるだろう, 軽快な, 輕快な, 通婚も, 邑落に, 闘いの, 高潔な

▼ 自由なる~ (165, 1.1%)

8 ものは 3 活動を

2 [18件] ことを, ものが, ものなり, ものの, ものも, 人間は, 意志の, 我を, 所作とを以て, 書生の, 深き思想, 生活を, 立場に, 精神, 精神生活とは, 芸術の, 表現を, 運動を

1 [118件] かな, かな露西亞, がために, が故に, ことは, こと鐘の, と然, に似, ので, ものあり, ものと, ものなし, ものなれ, ものに, ものを以て, もの生命的なる, ゆゑなり, をしる, を得ざる, を得べき, を愛で, フランス人中の, 世界平和確立の, 人, 人こそ, 人格の, 人生を, 使用を, 個性の, 働きの, 公民偉大なる, 共同への, 判断でも, 創作が, 創造に, 創造の, 取捨判別を, 周期律, 国土の, 変更に, 外国貿易の, 大学の, 大學, 大氣, 婦人の, 婦人愛人母等の, 室内の, 家の, 實現に, 市場率に, 平原は, 快活なる, 思惟は, 思惟へ, 思想の, 思想家であり, 思索の, 恋を, 意志である, 意志によって, 意思で, 意識機關を, 意譯法は, 感動に, 手首の, 批評を, 文学的活動を, 時代に, 未来を, 本能を, 根源的なる, 歓楽とが, 民族の, 決意や, 法王の, 活動に, 活動の, 熱情と, 独立の, 生活自体が, 男女, 発動に, 発動の, 発動を, 発達, 発達を, 研究を, 社交場として, 社会の, 種々の, 空気の, 精気の, 精神が, 精神生活は, 精神生活を, 結合を, 者の, 者は, 自然に, 自然の, 芸術的表現の, 言葉に, 言葉は, 言葉を, 訳語を, 詩人の, 語自由なる, 進歩発達を, 運作あり, 運動, 遍歴者の, 闇と, 霊で, 飛躍である, 駆使が, 高橋健三を, 魂に, 魂一人太陽の

▼ 自由主義者~ (153, 1.0%)

3 の進歩性

2 [16件] だ, だったわけ, っての, であった, であり又, というの, としてのジード, となり, のこと, の一人, の大, の心事, は, は個人, は自分, は超党派的

1 [118件] から例えば, が一般, が何, が反, が如何, が屡, が往々, が所謂, が文化, が超党派的, が進歩的, だったん, だつたの, だとは, だよ, であったこと, でありそして, でありまた, であり度, であり愛国者, であり文化主義者, であること, であるしかし, である処, である教授, でお, でも保守主義者, で古典派, というもの, という風, として, としてのみきこえ, として睨まれ, とディレッタント, とマルクシスト, と呼ばれた, と目, と自由主義反対者, なり, にぞくし, につまり, にとってはこの, にとっては個人, にとって同じく, になる, にも一理, によっては行くべき, による, によれ, に二種類, に云わせる, に固有, に就い, に於, に聞い, に近い, に過ぎない, のレッテル, の主観的, の作風, の個人主義, の倫理, の内, の動き, の名, の哲学, の多く, の如何, の意識, の方針, の物, の特徴, の範囲, の系統, の自由主義的, の自由観念, の評論家, の誠実, の資格, の道徳, の道徳意識, はここ, はそういう, はその, はどれ, はまじっ, はピン, は他, は併, は例えばこうして, は個人主義者, は反, は必要, は政治, は最も, は権力, は民主主義者, は甚, は私, は経済上, は経済面, は自由主義, は行為, は貴族的, ほど御し, ほど日本ファッショ化, も事, や共産黨, や文芸家, や転向理論家, よ, らしいところ, を喜ばしめ, を排し, を日本主義的右翼反動思想, を経, 乃至自由主義的哲学者, 及び波蘭人

▼ 自由という~ (148, 1.0%)

22 ものは 9 ことは, ことを, ものが 6 のは, ものの 5 ものを, ような 4 ことの, ものも, 精神を 3 ことで, 言葉の 2 わけです, ドイツ観念論の, 観念が, 観念は, 言葉は

1 [49件] けちな, こと, ことが, ことだ, ことだった, ことである, ことと, ことに, ことについて, ことには, のかしら, のが, ものである, ものな, ものに, ように, イデーと共に, 一般的に, 云わば, 処に, 力強い標榜語, 化物が, 名は, 名ばかりの, 問題は, 問題を, 基調は, 太陽を, 存在状態乃至, 寛大な, 平馬の, 意味が, 意味だ, 意味を, 感情から, 明白簡単なる, 星を, 気持を, 現制度, 目的の, 目的を, 立場, 考えかた, 観念を, 言葉と, 訳字を, 道あり, 道徳的倫理的情緒や, 面より

▼ 自由~ (138, 0.9%)

4 をもっ 3 がある, を持っ 2 から生れ出づる凡て, があった, があつ, とを描いた, と奔放さ, にある, を不当

1 [114件] いかばかりでしょう, ういふ, からだんだん, から世相, から他, から来る, が, があっ, があの, がない, がむしろ, が出る, が十分, が単なる, が得られ, が感じられ, が感じられた, が感じられる, が憧憬, が欠け, が欠けた, が欲しい, が民藝, が沈澱, が蘇った, が見られる, が豹一, が面白かっ, このパリ人, その豊饒さ, である, であろうとは, で今, で声高, で外套, ということ, とが私, とちがっ, とともに感じ, とは彼, とをもつ, と享楽, と力, と奔放, と強み, と愉快さ, と意図, と柔軟さ, と言い, と身軽さ, と道義的背景, にあるらしい, にかかっ, にこそ茶道, にし, については昔, には取りつく, に乱れ合っ, に係わる, に心憎, に想い及んだ, に支配, に於, に眩惑, に等しい, に違, に頭, に驚く, の上, の有難, の点, の範囲, の美し, はいかなる, はこの, はほんの, は人事的条件, は以前, は好い, は湖, は私, は能面, は謂わ, へ実は, もわれわれ, も与へられない, をほめた, をわれわれ, を与へられ, を以て演奏, を信じ得ない, を助ける, を味, を喜んだ, を失い, を失わせ, を失わない, を心から, を意味, を感じた, を感じる, を持たせた, を持った, を持つ, を持つであろう, を極度, を欠い, を求める, を生, を看, を私, を若者, を越え得た, を身

▼ 自由意志~ (133, 0.9%)

4 と宿命 3 の問題, をもっ 2 でやる, で自分, と云う, に任せる, に従うべき, の正しく, を信じ, を信ずれ, を尊重, を持つ

1 [103件] から出, から選抜, がある, がそこ, が束縛, が欠け, が殺され, が秋毫, だかが, だって新聞, だと, でおまえ, できめさせたい, でここ, でございます, でどこ, でやった, でやってきた, で一年間再婚, で今日, で君, で学校, で決まる, で発現, で私, で行動, というもの, とかベルグソン, とか一層, とが与えられ, とに言, とに言い換える, ともいうべき, とを持っ, とを正しく, とを神, と犯し, と称する, と額, などと大声シッタ, なら芸者, なるもの, なんてもの, にある, にまかし, にまかす, にまかせ, にまかせられ, にもとづい, によってそう, によって何, によって己, によって悪用, によって治させる, により必, により必ずしも, により選び, によるもの, による方法, に一任, に任, に任され, に任すべき, に任せ, に反し, に基く, に帰着, の, のない, のなかっ, のまま, の下, の働き得る, の存在, の物理的機巧, の省察, の真髄, の第, の結果, の考え, の自律, の關係, は幼帝, は無い, までも制せられ, をそなえた, をみとめられた, をもつ, を以て善かれ, を以て環境, を備えた, を強調, を愛する, を押え, を曲げさせた, を機械論, を欠い, を獻ぐる事, を疑い, を疑ひ, を神, を肯定, を許す

▼ 自由である~ (120, 0.8%)

7 ことを 5 ことが 3 ことの, ということ, ので

2 [11件] から, からとして放任, がその, がともかく, が感覚, ことそして, ことは, ためには, といっ, と思う, に反し

1 [77件] あいだは, か, かが之, かという, かということ, からかえって, からだ, からとて無造作, からともすれ, から貰つた方, かを知っ, か不自由, か否, か物質, がこれ, がそれ, が一度, が一旦, が不見識, が卑しく, が夫, が少なくとも, が文芸, が日本画そのもの, が昔, が然し, が自由, けれどもどこ, ことそれが, ことをも, こと從つて如何にも, こと自分の, しおれ, そうなったら, だけに洗煉, と, というよう, という自由, といはれ, としても数以外, として許し, とするなら, とすれ, とともにまた, とはかぎらない, と共にぬき, と共に聡明, と同時に, と思います, と思え, と思った, と感じ, と感ずる, と考えた, と考えられる, と聞い, と言った, と連呼, にせよ, のは, のも, ように, よりも鎖, 事が, 事を, 事実によって, 人を, 人権の, 他は, 如何なること, 時に, 時には, 私は, 自我主張である, 自由である, 間は, 限りは

▼ 自由~ (114, 0.8%)

7 ということ, よ 3 という, というの, といっ 2 からと言っ, からね, がね併, が天皇, と考え, わ, 元気だ

1 [77件] か, から, からである, からです, からとりしまれない, からぬかり, からねえどうかあしからず, からみんな, から何, から始終, から小児, から氏, から涼, から瀬, から蔓, か知れない, が, がしかし, がすると, がね, がねこの, が併, が僕, が凡て, が実用的, が少し, が旦那持ち, が概念, が罷めさせる, が自分, が香奠, けど私, けれどいやしくも, こ, しいろいろ, しだ, し運動, そしてプレーシュール街, つたかう, つたのよ, と, とあんた達, といふ, といふ考, とお, とか個人, とか浮世, とか自由, とすれ, とたとえば, ともいえる, と云っ, と云った, と信じる, と却って, と思い, と思います, と思う, と思っ, と真に, と見, と言っ, と雲, ね, のって, のと, のという, の言わん, べ, もの, ものどこへでも, ララララと, 先様は, 大きいもの, 手前の, 本府の, 舗石は

▼ 自由競争~ (101, 0.7%)

8 の制度, の機構 4 の原理 3 によって支配 2 の名

1 [76件] から独占, があつ, が最も, が有利, が盛ん, こそ第, さえ一寸, できょう, で取る, とか生活上, とが絶えず, とこの, として現われる, との経済政策理論, と両立, と完, における価格, における価格決定, における天才製造, における極大利用, についてなした, についての私, についての考察, によって不平等不公平, によって生ずる, による損失, に一任, に対する映画営業, に従わしめよう, に打ちすてられ, に曝される, の不, の事実, の仮設的, の余地, の原則, の厳しい, の名代, の場合, の大, の対策, の性質, の支配, の最高発展段階, の根本観念, の正, の波, の盛ん, の純粋, の結果, の行われる, の解析的定義, の運命, はその, はまさしく, は乃ち伯, は妨害, は組合違反, は自由競争, も戦術, をする, をほか, を一つ, を与うる, を与ふる, を亢進, を仮定, を奨励, を強いられる, を拡張, を最も, を条件, を禁じ, を絶えず, を認め, を語る

▼ 自由劇場~ (92, 0.6%)

9 の運動 2 が, によつて, に於, の上場脚本, の創始者, の功績, の没落後, の話

1 [67件] から生れ, が大きく, が存立, が小山内さん, で, であり攻撃, でその, では小山内氏, でもモスコウ芸術座, でやつ, といふ晴やか, とその, と云, と文芸協会, と生死, に上演, に対抗, に持ち込んだ, の, のよう, の一回, の上演目録, の上演目録中, の公演, の再興, の創始者アントワアヌ, の創立者, の創立者アンドレ, の名, の如く, の存在, の延長, の捲き起した, の旗, の比, の演劇, の監督, の第, の試演, の闘士ジャン・ジュリヤン, の首脳アントワアヌ, はこれら, はその他, はまたもや, はゴンクウル, は一, は勿論, は実際, は当然, は畢竟, は経済的窮乏, は試演劇団, も儲かる, も存在, も第, をはじめ, をやった, を始める, を有, を繞, 再進出, 第一回, 第一回公演, 第二, 第二回公演, 第五回公演, 第六回公演

▼ 自由~ (76, 0.5%)

4 ない 3 ある, あれば 2 まだ大きな

1 [64件] あって, あります, ありますが, あり人, あるよう, き, きかない, きかぬお, きかぬ引かれ者, ききません, きくし, すてて, そくばくを, その実現, ちがう, ないと, ないの, ない吾, なく労働, なければ, ひどく不安, もたない, もたない婦人たち, もたなければ, もって, ゆるされなかった, イノチも, 亦た, 享有すべき, 今は, 保有され, 出来た, 利いたかも, 利くし, 利くよう, 喫茶店で, 失われたとき, 守られドイツ, 家も, 封じられ思い, 少くとも, 少しばかり, 平等も, 必ずしも中心, 必要でない, 思想の, 思想も, 我々に, 持って, 持つて, 政治的行動の, 明記され, 有しませんし, 権利も, 甚だしく欠く, 男らしからぬ, 発見される, 皆この, 考えられない, 聞くじゃねえか, 自由の, 蟄居の, 許されるだろう, 財産に対する

▼ 自由とは~ (74, 0.5%)

2 そこから, 何かという, 我我の, 独立に

1 [66件] いわぬ, かならずしも前進, ここに, それ自身ひろく, ただ自由貿易, どう関係, どこに, また再び, まだ私たち, わがまま以上に, ヘーゲルに, 一個人として, 主として之, 二律からの, 人格の, 今の, 他ならぬ, 他人の, 伝統に, 伴うもの, 何, 何か, 何ぞや, 何だ, 何ものを, 個人的自由と, 全く無関係, 内面的に, 創造の, 単にこれら, 国憲上の, 大なる, 奴隷使用の, 実はドイツ民族, 客観の, 寧ろ精神, 少しく性質, 差別上の, 平等上の, 強制と, 思考では, 意欲が, 批判の, 最大の, 本質的に, 果して消費生活, 根本的に, 決して悪徳, 為すこと, 無関係であり得る, 特別な, 独立し, 社交上の, 第一原因, 純粋経験の, 結局意志そのものの, 自律の, 自然法則に従って, 良心が, 行き当りばったりに, 表面の, 言っても, 認めない, 責任が, 近来わが, 関係が

▼ 自由論派~ (73, 0.5%)

3 はこの, または改進論派 2 とはなはだ, とやや, と帝政論派, に反対, はその, よりきたる

1 [55件] が, が権利上, とその, とともに主権在民, との差違, とははなはだ, と改進論派, と異なる, と異同, と相, と相反, と著しく, と言う, と言わん, と遠, にあり, において代議政体, にし, に至り, に譲らざる, のこれ, のご, の世, の助勢, の嚆矢, の思想, の急激, の急激的変革, の本色, の本領, の深奥, の父, の理想主義, の立言法, の薄遇, の起これる, はいわく, はかの, はこれ, はすなわち, はただ, は何故, は味方, は国権, は急激民権派, は抽象的自由, は泰西, は無上政治, は猶予, は第, は自由論派, または進歩論派, より継承, を破壊論派, を近し

▼ 自由には~ (67, 0.5%)

9 ならない 4 なりません 3 なって 2 ならなかつた, 成らないの

1 [47件] いって, いまわります, おりられない, させぬ, できない, できないの, できない有様, ならない処, ならなかった, ならなかつたので, ならぬ体, なりませんので, なり得ないその, なるまいし, なるわけ, なれないの, また人文自由, 二種の, 任せぬ, 似て, 使えなかった, 出られぬ籠, 出来かねる, 出来かねるところ, 動かせなくなって, 参りません, 反するの, 成んねえだ, 振舞えない, 書けなかったもの, 正義とか, 歩けません, 歯が, 現し得ないこの世, 相成りませぬ, 相成りませぬと, 羽を, 行かないもん, 行われなかった, 見られなかった, 買えぬが, 身動きも, 逢えなくなる, 酒も, 限度あり, 食えなかったが, 駆けられさ

▼ 自由であり~ (64, 0.4%)

2 そして意志

1 [62件] いざと, おんみの行為の, かえって永続, かつ貴金属類, げに見える, このやう, このよう, しかもなお, そうな, そして既知, そして貨幣, その人格, その輸送, それなのに何故, どうでも, どこの, どこへでも, また吾人, また最も, まだ歩み続け, 万象の, 人類的である, 信仰と, 公平な, 出世も, 初めて働き, 創意な, 創造の, 力に, 可憐であり, 司令官の, 各人が, 君は, 問題は, 喜びである, 平家其他の, 平等に, 幸福で, 幸福であり, 弁論は, 快活であり, 意味が, 愛慾が, 普通である, 普通なら, 最も自発的, 権力や, 正しい恋愛, 民主日本の, 独立である, 相手を, 義貞と共に, 自主であっただろう, 自分という, 自分の, 自然である, 複雑であった, 議会という, 超時間的性格, 進歩は, 雑誌社に, 飲食は

▼ 自由~ (56, 0.4%)

2 であり永遠, である, です, ではない, を意味

1 [46件] が結婚生活, たらんが, たること, たれと, であ, であったの, でありうる, でありません, では有り得ない, でもある, で結構, というわけ, といはれる, といわれる, としての人間, として討議, として鋳出す, となってる, と云う, と共存, ならば, にしなけれ, にとり嫌悪, になれる, にはビタミン, には医者, に対して五人, に対し三対一, のこと, のもの, の一夫多妻, の体面, の前, の哀れみじめ, の境地, の大きな, の宿命, の文化生活, の権利, は常に, は慣習, は絶えた, は自己, よ, を基本, を訪

▼ 自由行動~ (55, 0.4%)

5 をとる 4 をとっ 2 を取っ

1 [44件] がゆるされた, が妨げられ, が罪, じゃない, だってさ晴れたら歩くだろう, である, という生得, とし, と平行, と意志, にあらわれた, にしよう, のとれる, の権利, の範囲, の能力, は許されない, も出来る, をすこしも, をとらせぬ, をとります, をとるであろう, をとれ, をながめ, をみとめ, をも執りかねまじき, をゆるした, をわざと, を取, を取つ, を取らない, を取り, を取りました, を執りはじめる, を執る, を執ろう, を外見上自発的, を採つた, を採り出し, を未だ, を許され, を許す, を防止, を黙認

▼ 自由思想~ (52, 0.4%)

3 の内容 2 じゃない, だ, です, ではない, でも何, の本家本元, はまるで, を謳歌

1 [33件] がありまし, がはなやか, が世界的, が充ち, だと, っての, というの, というもの, という一つ, との真理, と一致, と良心, に傾倒, に目, の持主, の發達, の糧, の絶滅者, の自由, は, はさ, は各, は日本, は江戸時代, は確か, は空気, もはじめ, も断じて, をでも持っ, をもつ, を容れる, を背景, を説いた

▼ 自由とを~ (51, 0.3%)

2 主張する, 欠く処

1 [47件] ともに失っ, みずから誇っ, もたらさんが, もったりっぱ, もって, もつて, 主張しよう, 享有せしめね, 人民一般が, 保ち互に, 保障し, 傷つけられて, 切要します, 利用し, 区別する, 又從つて時間性, 取って, 唇歯の, 国民に, 失った以上, 妨げられました, 尊ばずには, 尊重する, 崇拝した, 得るの, 得る方, 心ゆくまで, 意識した, 愛する気風, 愛す人々, 成就する, 持ち来たしその, 有し独創力, 束縛せられ, 残す, 求むる叫び, 求めて, 求めるよう, 混同させ, 破壊する, 確保し, 維持する, 考察し, 自己の, 行動の, 選ぼう, 願わないこと

▼ 自由~ (51, 0.3%)

2 価値や

1 [49件] 人格は, 人間の, 人間性これは, 人間性という, 人間性を, 人間的自由や, 人類の, 他人を, 個性の, 力感が, 十六世紀末以来の, 又神的自由, 唯物論性こそ, 国際的な, 土地の, 市民の, 平和が, 平等やの, 幸福や, 必然さについて, 恋愛の, 放縱, 政治上の, 政治的進歩と, 文化的進歩という, 文化的進歩に, 権利をも, 民主主義や, 法の, 特権が, 独立を, 理性乃至, 理想や, 理想を, 生命は, 生活権を, 生活範囲の, 発表の, 祖国を, 自己犠牲の, 自然を, 色んな幸福, 若さ, 蓋然の, 行動を, 言論の, 豊饒さを, 道徳を, 道徳的人格に

▼ 自由主義的~ (47, 0.3%)

2 であること, な, なもの, な思想, 乃至反

1 [37件] かつ無神論的方向, だと, だとか, だよ, であるの, である処, である点, でそれ, で律義, で現状維持的, とかいうの, となり, なこと, な反語, な同, な問題, な大衆観念, な妄想, な存在, な学生, な市民, な情感的青春性, な態度, な或は, な指導, な擬態, な物, な考, な考へ方, な芸術家, な諸, な集り, に科学的解決, に行動, 乃至社会民主主義的, 乃至進歩的, 又進歩的

▼ 自由民権~ (46, 0.3%)

5 の思想 4 の説 2 が叫ばれ, の大義, の論, を主張

1 [29件] か何, が唱えられた, であった, といい, というとき, という事, といえ, と聞い, のあらわれ, の主義, の云われた, の信条, の創見者, の叫ばれた, の唱道, の大衆運動, の時代, の演説流行, の犠牲, の萠芽, の論客, の論陣, の議論, も主として単に, を唱, を唱え, を拡張, を欽定憲法, を説き

▼ 自由結婚~ (43, 0.3%)

2 と云, をした

1 [39件] かである, から来た, が屡々, が適し, だ, だったので, だと, でもなし, で嫌, で旧弊, という言葉, といふ, といふの, とおなじ, とかいう問題, となり, との得失, と信じ, なら自由結婚, にし, に於, に近い, の味方, の支持者, の相棒, の長所, は好い, は弱者, へ, よりも見合結婚, をお許し, をさせたく, をし, をしよう, をする, を御, を許さなかった, ナ, 出来るよう

▼ 自由貿易~ (40, 0.3%)

3 と云

1 [37件] が決して, が行, が許された, が開始, で強力, とか政治上, と田口卯吉氏, と自由競争, なるもの, にたいする無, になるであらう, によってこそ最も, に傾き, の主義, の二項目, の元祖, の利益, の制度, の功徳, の原則, の大, の意, の欠如, の論, の起り, の開始, はあつ, はおそらく, は吾, よりも植民地, をゆるしたで, を主張, を唱うる, を意味, を規定, を許さない, を許され

▼ 自由主義哲学~ (38, 0.3%)

2 と唯物論

1 [36件] から政治的, が今日, が出, が如何, たる所以, だけの母胎, だという, であり後者, でなかったこと, では役立たない, というもの, と云っ, と呼ばれ, なるもの, によって国史, に基い, に就い, に属する, に立脚, の代表物, の体系, の場合, の寛大, の所産, の方法上, の最も, の未, の言論機構, は一見, は今日, は経済的, は結局文化的自由主義, も例, らしい結論, を科学的理論体系, を齎らさ

▼ 自由平等~ (38, 0.3%)

4 の説 2 の原則, の思想, の理想, の社会

1 [26件] がこの, と重ね, に対する恨めしい, に對, の原義, の国, の新天新地, の楽地也, の樂天地, の法律, の独立主権的国民, の理, の理想社會, の由来, の精神, の話, の関係, の高い, は人間社会, をうたった, をもっ, をよろこぶ, を主張, を称えた, を精神, を認め

▼ 自由でない~ (37, 0.3%)

2 ことも

1 [35件] からとかく, からな, から主として, がその, ことが, ことに, ことは, ことを, この牢獄, し自由, そうだ, ということ, というワケ, とくり返し, と心得, と思った, なにか素晴らしい, のです, のと, のは, のを, の心, ようです, ように, ラザレフは, 一本足の, 伸子には, 伸子は, 毎日の, 水, 父親が, 窮屈な, 若い伸子, 苦しい生活, 身の上で

▼ 自由奔放~ (37, 0.3%)

2 な夫人

1 [35件] が絶対的, でなつかしい, で小事, となつ, なふう, なる世界, なる大木, な一挙一動, な出来, な即興的諧謔, な原点, な夢, な大, な姿, な彼女, な意識, な時代, な武者ぶり, な気質, な物, な生き方, な進路, な魂, にも見えました, にペン, に変り得る, に生き, に生きたい, に自分, に造る, に飛躍, の気持, の詩人, はやれない, 思ひの

▼ 自由~ (37, 0.3%)

1 [37件] あり, からもまた, からも又, があっ, で描い, とはそれぞれ制約, とは今, と人間生活, と光線, と分析力, と各種前衛分子, と新しい, と洗, にある, に在る, に富ん, に添, に置かれ, のため, のもたらす, の可能, は必要, は見る, をも許容, を叫ん, を多分, を失, を失われ, を奪, を引き出す, を意味, を有し, を模倣, を決して, を自分, を見失っ, を言います

▼ 自由思想家~ (33, 0.2%)

2 だと, ならいま, になる, の嘆き, の大

1 [23件] があっ, がある, たる人々, でありあらゆる, である, であること, であると, である所以, で無神論者, というタイプ, という人たち, として理想主義的, と虚偽, などもその, の一人, の列, の弱点, の理想的仮設人物, の見逃さない, はこの, もしくはそれ, をもっ, を出だし

▼ 自由~ (29, 0.2%)

8 と提携 2 なし, の分子, の扶植, の為め, の爲め

1 [11件] とは同じ, と帝政派, と為す, と爲す, の代表者, の新聞, の空想的, の諸, の首領, はむしろ, を

▼ 自由です~ (26, 0.2%)

42 とも夫, ものいつ

1 [18件] からね何, からね相, から今夜, から毎年, が, がおそらく, がこの, が一人, が二度目, が大体, けれどもこんな, し, し暇, そうして悉く, とも, もの, わ, 然し

▼ 自由との~ (26, 0.2%)

3 ために 2 為めに

1 [21件] あいだの, ない後代, 世界が, 中に, 交換という, 余地は, 保障を, 信用を, 別あり, 名における, 味方である, 境を, 心に, 発生地である, 結合さえ, 考察から, 調和, 量を, 間に, 関係が, 関係などを

▼ 自由~ (24, 0.2%)

2 は極めて, は決して, より割り出した, を唱, を迎合, を鼓吹

1 [12件] が教育, が盛, だけは片言, とは殆ど, に反対, の一点張り, の一點張り, の段階, は仏国革命時代, は佛國革命時代, よりは寧ろ, を訳された

▼ 自由でなけれ~ (23, 0.2%)

8 ばならぬ 7 ばならない 3 ばならん 1 ばいかず, ばいけない, ばすまない, ばならず, ば意志

▼ 自由とか~ (23, 0.2%)

2 天才とかいう, 幸福とか

1 [19件] そういう基本的, そんなもの, 人間性とかいう, 哲學で, 国威の, 変化は, 家庭における, 平等とか, 或は獲得, 放任とかいう, 文化的進歩とかいう, 民権とかを, 男女平等とか, 自然とかいう, 自由なき, 解放とか, 進歩とか, 道徳とかいう, 開放とかいう

▼ 自由として~ (23, 0.2%)

2 では

1 [21件] それを, 之に, 倫理的実体と, 具体化される, 具体化し, 即ち無, 即ち習俗, 受け容れられずに, 展開される, 批判の, 救い上げられる, 機能し始める, 正に文化的自由, 現われること, 現われる代り, 理解しよう, 理解すれ, 示されて, 私から, 自覚される, 近世的自由の

▼ 自由恋愛~ (22, 0.1%)

2 を貫き通した

1 [20件] から自由結婚, がどんなに, が作品, が婦人, が美しき, でもあるいは, というもの, と離婚, などというもう, に敬意, のこと, の一例, の悲劇的顛末, の自由, の講義, の道, の風潮, は不良少女, は社会主義者, を大杉自身

▼ 自由~ (21, 0.1%)

1 [21件] 与フル歟, 以テ放火ノ, 伸張シテ其ノ, 保持シテ些ノ, 保護シ得ル國家ハ同時ニ國民ノ, 凡テニ通セル原則トシテ國家ノ, 制限シ得ルハ論ナシ, 制限スベシ, 對鮮策ノ, 平等ナル國民間ニ脱線セシメテ相犯サザル各自ノ, 建設スル價値ナキ者ナリ, 拘束シテ憲法, 拘束スル現代, 拘束セラレタル賃銀契約ヲナシツツアリ, 拘束セントスルナリ, 求メ幸福ヲ, 無視又, 缺クニ至ッタ, 蹂躙スルコトモ等シク政治ノ, 蹂躙スルノミナラズ國有, 鳴號スル如キ信仰ハ

▼ 自由独立~ (21, 0.1%)

1 [21件] というよう, とかいう普通教育, と申すべきなり, と言う, のこと, のため, の健全雄偉, の地位, の径路, の思想, の権利, の気風, の生存, の生活, の組織, の趣旨, の身, は大切, を共有, を妨ぐべからず, を求める

▼ 自由であっ~ (19, 0.1%)

1 [19件] たり又, て, てこの, てしかも, てただ, てもふるさと, てもやはり, ても多少, ても縦, てよい, て先, て創造, て大抵, て従って, て必ずしも, て我々, て正徳五年, て社会, て自由

▼ 自由への~ (19, 0.1%)

1 [19件] もがきから, パスポートである, 可能性が, 憧れとを, 未熟な, 欲情, 欲望をすら, 求めである, 求めを, 渇望を, 第一歩な, 芽ばえも, 転化の, 道, 道が, 道を, 鋭い憧憬, 闘いな, 飛翔の

▼ 自由勝手~ (19, 0.1%)

1 [19件] たるべきこと, だ, でさあ, なお座敷づとめをしとる, な個人, な嬉戯, な戦ひを, にうろうろ, にしよう, にはねまわっ, に全, に採っ, に採る, に日本, に書く, に無量無辺, に獲得, に駆けまわる, を面倒

▼ 自由~ (19, 0.1%)

3 の詩

1 [16件] で行った, としてのリズム, としての調子, な文学, に於, の口語詩, の形式, の意義, の文学, の有無, の歌, の自由, は日本語, は最近詩派, を唱, 即ち歌人

▼ 自由であった~ (18, 0.1%)

1 [18件] から, からです, から姓, が, が勤番者, が改正案, けれども一方, ことに, とすれ, と云う, と謂, にし, に反し, に相違, ものは, 事を, 古代ギリシア文化の, 少女の

▼ 自由労働者~ (18, 0.1%)

1 [18件] が赤旗, だった, であらう, で職場, とか本職, として働い, と呼ばれ, なので, になつ, のこと, の名, の団結権, の徒, の生活, の組合, はこの, や上方地方, を大勢

▼ 自由意思~ (17, 0.1%)

2 にし, に存す, をもっ

1 [11件] がある, で以, で売ってる, に基づく, のあるべき, のない, の志向, の説, もない, を否定, を唯一

▼ 自由に対する~ (16, 0.1%)

1 [16件] 人事的条件の, 信仰と, 制限の, 制限除去, 努力次第で, 呪咀, 命がけの, 国家的な, 審査員の, 慾望とは, 慾望は, 慾望ばかり, 権利, 権利を, 絶望が, 認識が

▼ 自由~ (16, 0.1%)

1 [16件] であったが, でなかった事, では承知, といつた, と同じ, になっ, のよう, の映画, はこれ, は現代絵画, やまた, をかかせ, を受け持つ, を掌, を描く, 持ちて

▼ 自由から~ (15, 0.1%)

2 統制え

1 [13件] またオドラデク, 冷却に, 専制への, 独立にも, 生まれるであろう, 発する, 統制に, 統制への, 脱けださう, 自由主義という, 自由主義の, 護ること, 風流俳諧の

▼ 自由でも~ (15, 0.1%)

3 ない

1 [12件] あり可, あり独立, あり自然, あるので, それを, ないこと, ないと, なければ, 仕事の, 少しも, 愛を, 飲まないの

▼ 自由といふ~ (15, 0.1%)

3 ものは 2 奴を 1 ことを, とき尚, のは, もの, ものが, ものの, ものも, 奴は, 思想は, 語が

▼ 自由なり~ (15, 0.1%)

2 平等なり

1 [13件] これ神以外の, されどあきるる, しかしてかの, というで, と思う, と誤, と謂, われには, 人に, 新しき物, 有限は, 義務です, 行末めで

▼ 自由主義者達~ (15, 0.1%)

1 [15件] が日本主義的啓蒙運動, が最近, である, に可, のひそか, の反動性, の多く, の存在, の日本主義的啓蒙運動, の間, はこういう, は人間, は想定, は決して, は考える

▼ 自由廃業~ (15, 0.1%)

3 の運動

1 [12件] があった, した芸妓, でげす, といふ言葉, とのこと, には賛成, の一手専売, の女, の実質的, をお, をさせ, を援助

▼ 自由じゃ~ (14, 0.1%)

5 ないか 2 ありませんか, ないん 1 ない, ないでしょう, ないな, なく引きずるよう, 目か

▼ 自由とが~ (14, 0.1%)

2 失われて

1 [12件] ある, あるわけ, ここで, 全く制限, 同列に, 宇宙人生の, 完全でない, 必要である, 戻って, 暗く冷たい厚い牢獄, 縫い目縫い目に, 見られたの

▼ 自由にも~ (14, 0.1%)

1 [14件] なって, ならなかつた, ならねエ, なり兼ねるらしい, なれず進退, なれるし, 一つの, 別れを, 成らないこと, 成らないもの, 拘らず否, 拘らず彼, 無限の, 限度が

▼ 自由市民~ (14, 0.1%)

2 の数

1 [12件] が労役奴隷, が少し, たらしめるに, であること, として国家, となる, と住居, の安定, の生活, の自由そのもの, の間, は一般

▼ 自由時間~ (14, 0.1%)

1 [14件] がむだ, が終わったら, だった, なの, なり, にはいねむりをしていても, にも休めない, のある, のとき, はいくらでも, を一時間半, を楽しみ, を毎晩毎晩二, を無駄

▼ 自由だった~ (13, 0.1%)

1 [13件] あの時代, がのこる, というあの, とは思わん, と云わね, と思われ, にしろ, にちがい, のでいつも, のでごく, のでしょう, ので他, んでしょう

▼ 自由をも~ (13, 0.1%)

2 意味した

1 [11件] 不徹底なり, 侵害せられ, 奪うよう, 建設をも, 徳義をも, 捨ておのれ, 有せないもの, 許さぬ取締り, 許し与えなかった, 認めて, 認めなければ

▼ 自由~ (13, 0.1%)

1 [13件] 人權ハ生産的活動ノ, 侵害者ヲ, 國民タル人權ヲ, 字ハ我儘放, 字義ハ初編巻之, 存スル所即, 恢復, 意味ニ於テ思想ノ, 為メニ戦フト云ヒ我ニ自由ヲ, 爲ニ少, 物質的基本ヲ, 解釋ハ自由ヲ, 誤解セル解釋ヨリ來ル思想ノ

▼ 自由主義思想~ (13, 0.1%)

1 [13件] が一つ, が勢力, が高揚, だったの, とかいう名目, にぞくする, にはあり, に基く, のメカニズム, の観念内容, は決して, は自由主義, は高等教育

▼ 自由解放~ (13, 0.1%)

1 [13件] であろう, という声, とは何, と虚栄奨励, の叫び, の態度, の真, の運動, は正面, や虚栄, を叫ぶ, を行うた, を要求

▼ 自由主義時代~ (12, 0.1%)

1 [12件] がすぎ, ならば, には歴史, に於, に行き過ぎた, の童話, の資本主義, はいい, は経済, までわが国, より更に, を持たず

▼ 自由放任~ (12, 0.1%)

2 を主張 1 がある, が必要, だが, で勢い, ないし個人主義, の資本主義経済, はすなわち, は断じて, は決して, を宗旨

▼ 自由気まま~ (12, 0.1%)

1 [12件] だった, なフーガ, な姿, な年齢, な数日, な生活, な軽快さ, にさせる, に旅, に歩い, に過し, を好ん

▼ 自由職業~ (12, 0.1%)

3 に従事 1 にあらざる, にとつて, に入っ, のもの, の競争者, の自由, の自由等, は乙種事業, をもっ

▼ 自由教育~ (11, 0.1%)

1 [11件] がよい, である, と批評, のごとき, のため, の名, の学校, をいう, を善から, を施す, を試みる

▼ 自由~ (11, 0.1%)

2 と奴隷 1 が解放, が餓死, たらしむる上, であった部曲, となれり, のもの, の地位, の方, の身分

▼ 自由気儘~ (10, 0.1%)

1 だから, な境遇, な日, な生活, な研究, な行動, にグングン, に私, に跳梁, も固

▼ 自由競爭~ (10, 0.1%)

1 であつ, にまかす, に對, の世, の優勝, の運命, は乃ち伯, を原則, を尚, を語る

▼ 自由さえ~ (9, 0.1%)

1 こうして与えられれ, みとめられました, もって, デカダニズムを, 今は, 奪って, 得て, 得ること, 持って

▼ 自由でなく~ (9, 0.1%)

2 てはならぬ 1 それを, てはならない, て朝夕, 危険を, 気も, 規定の, 離屋に

▼ 自由なれ~ (9, 0.1%)

1 ども人間, ども公然, ども春風秋水, ども靈, ど其以外, ばその, ばなる, ばわれ, ば思う

▼ 自由にと~ (9, 0.1%)

1 びまはりそして, びまはりました, 云つた風で, 仰しゃるのもありました, 彼は, 掟を, 申しあげたいん, 言い得るならば, 言われても

▼ 自由によって~ (9, 0.1%)

2 発達する 1 今の, 保護されなけれ, 否定され, 実現される, 彼等の, 息を, 理解しよう

▼ 自由~ (9, 0.1%)

1 すなわち欧米九ヵ国, だという, だとかいう, である, と称し, に向う, の慣習, や蘚苔, をアフリカ

▼ 自由契約~ (9, 0.1%)

2 の形式 1 として習慣上, なんてこと, によるもの, の世, を一方, ヲ原則トス, 又はペテン契約

▼ 自由民権運動~ (9, 0.1%)

1 が天下, が抑圧, に参加, の最, の盛ん, の革命化, の騒ぎ, は急速, を禁圧

▼ 自由社会~ (9, 0.1%)

1 における自然, にする, にはストライキ, に於ける, の例, の必然的, の生れる, への道程, を追求

▼ 自由黨員~ (9, 0.1%)

1 たりし, に向, の中, の入閣, の心, は尚, も亦, を内閣, を閣員

▼ 自由すなわち~ (8, 0.1%)

2 個人が 1 リベルテー・インジヴィジュエルとぞ, 俗に, 平等一般に, 自我の, 金が, 鍛練に

▼ 自由ならず~ (8, 0.1%)

1 ただ前, といえ, ともよし, 其の儘船, 商売も, 所謂ヨボヨボ状態に, 足の, 道場の

▼ 自由党員~ (8, 0.1%)

1 であり私, と船遊び, なりしが, に向, の心, を何, を内閣, を閣員

▼ 自由手腕~ (8, 0.1%)

2 に任, に委任, を拘束, を揮

▼ 自由民権論~ (8, 0.1%)

1 が勃興, が盛, といふやう, に対して多少, に対して闘わなけれ, の大宗師, も日本, を終始

▼ 自由芸術~ (8, 0.1%)

1 から区別, ではない, としての学問, とそして, と不自由芸術, と考えられなけれ, の一つ, の名実

▼ 自由そのもの~ (7, 0.0%)

1 であるから, となり, とのため, にある, の観念的, は根本的, までも之

▼ 自由であるなら~ (7, 0.0%)

1 ば, ばそれ, ば万物みな自己, ば他国, ば我国, ば疑い, 当然この小さな

▼ 自由なら~ (7, 0.0%)

1 ざらし, しむる, ばその, ばそんな, ば他, ば朝鮮海峡, んと

▼ 自由ならざる~ (7, 0.0%)

2 ものなり 1 こと海に, ところに, ものあり, 何物も, 如何し

▼ 自由に対して~ (7, 0.0%)

2 支払われたの 1 合目的的な, 如何なる意味, 得た勝利, 感謝の, 罪の

▼ 自由概念~ (7, 0.0%)

1 だと, の一時的, の故郷, はフランス政治的自由, はルネサンス, は決してそう, を云い表わし

▼ 自由民権時代~ (7, 0.0%)

1 このかた窒息, に封建的, に岸田俊子その他, の女流, の婦人, の政治運動, の末期

▼ 自由精神~ (7, 0.0%)

1 があっ, の人, の人々, を尊び, を有してる, を闘つて, を高揚

▼ 自由討究~ (7, 0.0%)

1 と自由批判, に對, の一端, の風, を始め, を始めし, を試みる

▼ 自由詩論~ (7, 0.0%)

1 に関するもの, の一冊, の中, は僕, は諸方, も遂に, を発表

▼ 自由都市~ (7, 0.0%)

1 として発達, ともいうべき, の人々, の市民, はそれぞれ, は築かれ, らしいこの

▼ 自由ならしめ~ (6, 0.0%)

1 たり, たるに, て貰, やうといふ, んと, 平等ならしめ

▼ 自由にまで~ (6, 0.0%)

1 即ち個人, 変質し, 或いは寧ろ, 押し進められて, 蒸溜され, 踏み込んでも

▼ 自由主義排撃~ (6, 0.0%)

2 なるこの, なるものの 1 なる広田内閣, の声明

▼ 自由出版協会~ (6, 0.0%)

1 が組織, に参加, のメムバー, は次第に, も積極的, を組織

▼ 自由制度~ (6, 0.0%)

2 の設立 1 の反対者, の妨害, の至理, を主張

▼ 自由大学~ (6, 0.0%)

1 の会員, は第, や公民講座, や市民大学, を世話, を開いた

▼ 自由學園~ (6, 0.0%)

1 から寫眞其他, に送つた, に通つて, の寫眞, の新しい, の羽仁もと子女史

▼ 自由平等博愛~ (6, 0.0%)

1 という三つ, の三, の旨義, の社会, を標語, を知っ

▼ 自由~ (6, 0.0%)

2 だけで, です 1 であり夢想郷, を剥奪

▼ 自由民權論~ (6, 0.0%)

1 といふやう, の大宗師, の急先鋒板垣退助, を承け, を演説, を終始

▼ 自由活動~ (6, 0.0%)

2 を助長 1 および獨立, の余地, を容易, を専ら

▼ 自由裁量~ (6, 0.0%)

2 に一任 1 にまかせられた, によってわれわれ人民, に委ねる, の権限

▼ 自由詩形~ (6, 0.0%)

2 が紹介, を説けり 1 とした, もまた

▼ 自由進歩~ (6, 0.0%)

2 の分裂, 両党 1 の両派, の兩派

▼ 自由電子~ (6, 0.0%)

1 が今, となり, の位置, の存在, の空間的位置, の群

▼ 自由こそ~ (5, 0.0%)

1 その精神, アウフクレールングの, 一切の, 与えられて, 疑うべからざる良心

▼ 自由さえも~ (5, 0.0%)

1 なきもの, ねこそぎ抑圧, 与えられて, 地を, 身に

▼ 自由だろう~ (5, 0.0%)

1 か, けど, さ, と考える, 我儘が

▼ 自由~ (5, 0.0%)

5 やない

▼ 自由とに~ (5, 0.0%)

1 よりて, 囚われは, 憧れて, 生きねば, 行くけれども

▼ 自由作文~ (5, 0.0%)

2 でクラス 1 がうま, がうまかっ, にしたら

▼ 自由~ (5, 0.0%)

1 である, で四分三八秒四, とある, へ出場, を泳い

▼ 自由~ (5, 0.0%)

2 である 1 が開拓, は五色七彩, をこそ指す

▼ 自由~ (5, 0.0%)

1 がこの, によって辛くも, の生れ, はない, は全く

▼ 自由法曹団~ (5, 0.0%)

2 の弁護人 1 の人々, の弁護人たち, を相手

▼ 自由研究~ (5, 0.0%)

1 といふもの, と政府, と芸術, になつた, の精神

▼ 自由~ (5, 0.0%)

2 の講演会 1 の青年達, は残った, を見捨て

▼ 自由航路~ (5, 0.0%)

2 をとっ 1 が開ける, てなん, というの

▼ 自由言論~ (5, 0.0%)

5 の自由

▼ 自由販売~ (5, 0.0%)

1 でいくらでも, として日本, となる, のお, の酒類

▼ 自由選択~ (5, 0.0%)

1 が出来, によっても与えられない, によるということ, の権利, の脚本朗読

▼ 自由離婚~ (5, 0.0%)

2 の自由 1 だけが来る, によつて実現, は不

▼ 自由黨總務委員~ (5, 0.0%)

1 が伊藤侯, が同意, の意見書中, の陳辯亦此, を以て重

▼ 自由かも~ (4, 0.0%)

1 しれないが, 知れないが, 知れんが, 知れん勿論

▼ 自由そして~ (4, 0.0%)

1 他方には, 探しえた時, 良心の, 離婚の

▼ 自由だけは~ (4, 0.0%)

1 存続させね, 得て, 残されて, 許して

▼ 自由であり得る~ (4, 0.0%)

1 し文化上, といおう, ところに, 条件は

▼ 自由であるべき~ (4, 0.0%)

1 はずである, ものと, 文化が, 油絵を

▼ 自由であれ~ (4, 0.0%)

1 ばある, ばこれ, ばそれだけ, ば母

▼ 自由であろう~ (4, 0.0%)

1 がいま私たち, とする, と思う, と異

▼ 自由でなかった~ (4, 0.0%)

1 のでその, ので彼ら, のは, 家郷の

▼ 自由なき~ (4, 0.0%)

1 の服従, 日本に, 日本の, 服従とか

▼ 自由にたいする~ (4, 0.0%)

1 信念人類にたいする, 倦怠などと, 憧れを, 熱狂的な

▼ 自由について~ (4, 0.0%)

1 なお一つ, もっとも進歩, 何らリアル, 考えたい

▼ 自由にて~ (4, 0.0%)

1 あれど, その時, 其時に, 稀代の

▼ 自由ほど~ (4, 0.0%)

1 もてあつかいに, もてあつかひに, 愉快な, 耐えがたいもの

▼ 自由~ (4, 0.0%)

2 自由よ 1 幾多の, 汝は

▼ 自由らしい~ (4, 0.0%)

1 ことは, という, ものを, 身であった

▼ 自由主義そのもの~ (4, 0.0%)

1 が, が封建性, が決して, を活かす

▼ 自由主義國家~ (4, 0.0%)

1 として立たしめ, の範疇, はどこ, は既に

▼ 自由主義諸国~ (4, 0.0%)

1 が他, なかにもそれら, にたいして侵入, には積極的

▼ 自由乃至~ (4, 0.0%)

1 宿命では, 自律とが, 自由の, 自由意志の

▼ 自由~ (4, 0.0%)

1 次第不思議之, 理, 魁, 魁磐州河野広中を

▼ 自由以外~ (4, 0.0%)

1 にもはや, に如何なる, のもの, の如何なる

▼ 自由信仰~ (4, 0.0%)

1 ありて, ありデンマーク自生, ノ自由, ノ自由ハ

▼ 自由劇場運動~ (4, 0.0%)

1 でありもう, に倣つて日本, も今日, をひと先づ打切つて

▼ 自由勞働者~ (4, 0.0%)

1 などの中, の大群, はみな草鞋, や倉庫

▼ 自由合意~ (4, 0.0%)

1 との稽古, とを発揮, によつて處理, の例

▼ 自由同盟~ (4, 0.0%)

2 の復活 1 などは殆, はまだ

▼ 自由宗教~ (4, 0.0%)

2 の牧師 1 の見解, より来る

▼ 自由~ (4, 0.0%)

1 がいまだ, が狭められ, を有っ, を示す

▼ 自由戀愛論~ (4, 0.0%)

1 を反, ノ價値ハ戀愛, ノ徹底シタル境地ナリ, ノ直

▼ 自由改進~ (4, 0.0%)

2 両党 1 の両, の兩黨相聯合

▼ 自由放浪~ (4, 0.0%)

1 に憧れる, のほか, の精神, を妨げる

▼ 自由新聞~ (4, 0.0%)

1 に筆, の方, の翻訳掛, の詞藻欄

▼ 自由~ (4, 0.0%)

1 であったこと, であっても, とされ, は木曾山

▼ 自由活版所~ (4, 0.0%)

1 でたしか, にやらせた, の岡君, や春秋社版

▼ 自由~ (4, 0.0%)

1 であります, と云, のよう, まで散歩

▼ 自由生活~ (4, 0.0%)

1 から隔離, の安全, の要求, もし

▼ 自由経済~ (4, 0.0%)

1 との撞着, と統制経済, に対する単なる, の全盛期

▼ 自由落下~ (4, 0.0%)

1 の場合, の状態, の速度, をする

▼ 自由貿易主義~ (4, 0.0%)

1 と蒸気機関, に則り, の全勝, をもっ

▼ 自由~ (4, 0.0%)

1 で玉子入り, のラ, の横, へ行き

▼ 自由輸入~ (4, 0.0%)

2 のため 1 が特定国, を許す

▼ 自由闊達~ (4, 0.0%)

1 であるが, な両性, に当時, の気質

▼ 自由ある~ (3, 0.0%)

1 がため, 習慣, 習慣と

▼ 自由および~ (3, 0.0%)

1 ヤミ物価指数を, 信仰の, 幸福を

▼ 自由からでも~ (3, 0.0%)

1 その哲学的立脚点, 政治的自由からでも, 統制からでも

▼ 自由すら~ (3, 0.0%)

2 利かぬに 1 許されて

▼ 自由それ~ (3, 0.0%)

1 に従って高く, はどう, は精神

▼ 自由だけ~ (3, 0.0%)

1 であって, で元来, で心

▼ 自由だつた~ (3, 0.0%)

1 ね, ものと, 為転倒し

▼ 自由だの~ (3, 0.0%)

1 独立だ, 社交の, 霊魂不滅だの

▼ 自由でありたい~ (3, 0.0%)

1 という気持ち, と希います, ように

▼ 自由でした~ (3, 0.0%)

1 が岩, が高声, しずっと

▼ 自由などと~ (3, 0.0%)

2 称しても 1 いうよりは

▼ 自由などという~ (3, 0.0%)

2 ものを 1 言葉も

▼ 自由などは~ (3, 0.0%)

1 まるで彼ら, 本当はどうでも, 無視し

▼ 自由に関する~ (3, 0.0%)

2 宣言 1 公約を

▼ 自由のみが~ (3, 0.0%)

2 許されて 1 人間の

▼ 自由を以て~ (3, 0.0%)

1 す, 人間生活を, 独自卓犖たる

▼ 自由不自由~ (3, 0.0%)

1 と云う, などといふこと, の問題

▼ 自由両派~ (3, 0.0%)

2 の旧 1 の孰

▼ 自由主義国家~ (3, 0.0%)

1 と全体主義国家, と鉄, や唯物論国家

▼ 自由主義的インテリゲンツィア~ (3, 0.0%)

1 が革命, の認識, は認めない

▼ 自由主義的哲学~ (3, 0.0%)

1 とでも云う, と日本主義的哲学, 乃至思想

▼ 自由主義経済~ (3, 0.0%)

2 或は資本主義経済 1 の波

▼ 自由主義自身~ (3, 0.0%)

1 に較べ, の打倒, も決して

▼ 自由主義論~ (3, 0.0%)

1 が文学, の一変形, は相当

▼ 自由主義部面~ (3, 0.0%)

1 との比較, はすでに, を甚だ

▼ 自由主義革命~ (3, 0.0%)

1 が逐次, であり日本, に属する

▼ 自由兩派~ (3, 0.0%)

2 の舊形 1 の孰

▼ 自由公債~ (3, 0.0%)

1 というの, とはアメリカ, に応じた

▼ 自由共和~ (3, 0.0%)

1 にし, の主義, の斉民的主義

▼ 自由処分~ (3, 0.0%)

1 に任せる, に委ねられた, を彼

▼ 自由劇場以後~ (3, 0.0%)

1 の習慣, の諸, の運動

▼ 自由即ち~ (3, 0.0%)

1 精神的の, 鉄格子外の, 飲食の

▼ 自由哲学~ (3, 0.0%)

1 から出発, に翻訳, の初め

▼ 自由天才流~ (3, 0.0%)

1 ですかな, なの, をからかう

▼ 自由~ (3, 0.0%)

1 という名, には自治委員会, の寮生

▼ 自由平和~ (3, 0.0%)

1 の爲め, を好む, を願

▼ 自由思想家ら~ (3, 0.0%)

1 からねらわれ, が自由, であった

▼ 自由恋愛家~ (3, 0.0%)

2 ですから 1 のやう

▼ 自由恋愛論~ (3, 0.0%)

1 をやった, をやる, を姫君

▼ 自由意思論者~ (3, 0.0%)

1 が意思, であるから, はあるいは

▼ 自由意識~ (3, 0.0%)

1 との間, にめざめ, の代弁者

▼ 自由批評~ (3, 0.0%)

2 に任 1 を禁じ

▼ 自由暢達~ (3, 0.0%)

1 と両者, な働き, を思はせる

▼ 自由正義~ (3, 0.0%)

1 と云う, などといふあらゆる, の本場

▼ 自由民権思想~ (3, 0.0%)

1 がそう, の短い, の行詰まり

▼ 自由民権論者~ (3, 0.0%)

1 が懐いた, となりし, の間

▼ 自由濶達~ (3, 0.0%)

1 な舞台表現, に意見, に演技

▼ 自由無礙~ (3, 0.0%)

1 なる進路, な想像力, に善処

▼ 自由発展~ (3, 0.0%)

1 とを妨げる, は著しく, を認むる社会

▼ 自由~ (3, 0.0%)

2 の化身 1 に似る

▼ 自由~ (3, 0.0%)

1 の園, は庵, を不自由

▼ 自由詩人~ (3, 0.0%)

2 の所謂 1 としての我々

▼ 自由~ (3, 0.0%)

1 買といふ, 買も, 買を

▼ 自由退社~ (3, 0.0%)

2 すること 1 をあえて

▼ 自由通商~ (3, 0.0%)

1 に如何なる, の人々, を行っ

▼ 自由通商主義~ (3, 0.0%)

1 がようやく, のもつ, の時代

▼ 自由~ (2, 0.0%)

1 不自由か, 強情か

▼ 自由からの~ (2, 0.0%)

1 自由を, 進歩では

▼ 自由からは~ (2, 0.0%)

2 独立な

▼ 自由こそが~ (2, 0.0%)

1 初めて文化, 第二十章

▼ 自由こそは~ (2, 0.0%)

2 創造の

▼ 自由これ~ (2, 0.0%)

1 が道徳的自由, なりと

▼ 自由じざ~ (2, 0.0%)

1 いにからだ, いに動けるのに

▼ 自由すらも~ (2, 0.0%)

1 失って, 許して

▼ 自由そう~ (2, 0.0%)

1 に廻転椅子, に羽根

▼ 自由その~ (2, 0.0%)

1 大昔からの, 文化は

▼ 自由たる~ (2, 0.0%)

1 ことのみが, の権利

▼ 自由だけが~ (2, 0.0%)

1 出来たから, 問題と

▼ 自由だけを~ (2, 0.0%)

1 指すもの, 見ても

▼ 自由だったら~ (2, 0.0%)

1 この監房, 嬉しいだろう

▼ 自由~ (2, 0.0%)

2 てどんなに

▼ 自由であったら~ (2, 0.0%)

1 劇の, 彼女らは

▼ 自由であり得た~ (2, 0.0%)

1 のだ, 芸術家などは

▼ 自由でしょう~ (2, 0.0%)

1 けれど私共, し

▼ 自由でなくっ~ (2, 0.0%)

1 ちゃ, ちゃ朗

▼ 自由というは~ (2, 0.0%)

1 かくの, 決して自分勝手

▼ 自由とかいう~ (2, 0.0%)

1 のは, 概念の

▼ 自由とかという~ (2, 0.0%)

1 ものの, 名義の

▼ 自由としての~ (2, 0.0%)

1 国家を, 社会身分を

▼ 自由とともに~ (2, 0.0%)

1 ソヴェトの, 人権の

▼ 自由とも~ (2, 0.0%)

1 いい難し, 云うべきもの

▼ 自由とを以て~ (2, 0.0%)

2 何時と

▼ 自由などが~ (2, 0.0%)

1 あった, 漂ふて居る

▼ 自由などに~ (2, 0.0%)

1 なって, 未練は

▼ 自由などの~ (2, 0.0%)

1 二元的な, 在る筈

▼ 自由ならしむる~ (2, 0.0%)

1 仕事と, 為には

▼ 自由ならしめる~ (2, 0.0%)

1 ことを, 為の

▼ 自由なるべき~ (2, 0.0%)

1 ものが, 人間本能の

▼ 自由なんて~ (2, 0.0%)

1 引つぱり, 飼い殺しと

▼ 自由な囚われない~ (2, 0.0%)

1 態度で, 探究と

▼ 自由にしか~ (2, 0.0%)

1 相当しなかった, 過ぎない

▼ 自由については~ (2, 0.0%)

1 その後船の, まだ比較的寛大

▼ 自由のみは~ (2, 0.0%)

2 私は

▼ 自由のみを~ (2, 0.0%)

1 承認し, 認めた多数

▼ 自由までも~ (2, 0.0%)

1 主張する, 許さなければ

▼ 自由より~ (2, 0.0%)

1 ほかの, もっと貴い

▼ 自由よりも~ (2, 0.0%)

1 さらに偉大, 寧ろ政治的自由

▼ 自由をこそ~ (2, 0.0%)

1 学ぶべきでは, 讃えて

▼ 自由アジア~ (2, 0.0%)

1 と西欧, の解放

▼ 自由エレクトロン~ (2, 0.0%)

1 が各, の速度

▼ 自由一切~ (2, 0.0%)

2 の暴力

▼ 自由一般~ (2, 0.0%)

1 となり, に関する形式主義的理論

▼ 自由~ (2, 0.0%)

2 党の

▼ 自由並びに~ (2, 0.0%)

2 基本的人権は

▼ 自由主義一般~ (2, 0.0%)

1 の成立, の積極性

▼ 自由主義全体~ (2, 0.0%)

1 に及ぶ, の統一運動

▼ 自由主義全般~ (2, 0.0%)

1 に対する一つ, の又は

▼ 自由主義反対~ (2, 0.0%)

1 だという, の動き

▼ 自由主義哲学者~ (2, 0.0%)

1 がこの, をそこ

▼ 自由主義国~ (2, 0.0%)

1 の我米国, の連中

▼ 自由主義政治家~ (2, 0.0%)

1 の眼, の苦闘

▼ 自由主義教授達~ (2, 0.0%)

1 に緘口令, は尽く

▼ 自由主義的文学主義~ (2, 0.0%)

1 と呼んだ, の素地

▼ 自由主義的立場~ (2, 0.0%)

1 というもの, にあっ

▼ 自由主義者的~ (2, 0.0%)

1 な, な性癖

▼ 自由交通~ (2, 0.0%)

2 を行

▼ 自由~ (2, 0.0%)

1 國民道徳ト其ノ, 絶對的

▼ 自由住宅~ (2, 0.0%)

2 の時代

▼ 自由使用~ (2, 0.0%)

1 と聖務執行, を許し

▼ 自由~ (2, 0.0%)

1 にはこの, を動かしたであろう

▼ 自由兩黨~ (2, 0.0%)

1 の聯立内閣, の舊形

▼ 自由~ (2, 0.0%)

1 になる, を以て掃蕩

▼ 自由劇場創立~ (2, 0.0%)

1 の年, の時代

▼ 自由劇場回想録~ (2, 0.0%)

1 を読まれる, を読んだ

▼ 自由労働者たち~ (2, 0.0%)

1 がよそ, が一日二百円

▼ 自由勤め~ (2, 0.0%)

1 として老人, の身分

▼ 自由~ (2, 0.0%)

1 が本格化, が行なわれれ

▼ 自由又は~ (2, 0.0%)

1 ロマン的自由に, 宿命である

▼ 自由変更~ (2, 0.0%)

1 が可能, を可能

▼ 自由外出~ (2, 0.0%)

1 が許可, ということ

▼ 自由契約関係~ (2, 0.0%)

1 とあり, と雖

▼ 自由女神~ (2, 0.0%)

1 の像, の握り拳

▼ 自由~ (2, 0.0%)

2 の結婚

▼ 自由学問~ (2, 0.0%)

1 と言論, の自由

▼ 自由~ (2, 0.0%)

1 に遊び, の上

▼ 自由~ (2, 0.0%)

1 の即時返還, の独立

▼ 自由市場~ (2, 0.0%)

1 の煙草, の煙草販売業者

▼ 自由平等人情~ (2, 0.0%)

1 の普及, を他方

▼ 自由幸福~ (2, 0.0%)

1 が与えられる, を完

▼ 自由律童謠~ (2, 0.0%)

1 とでもいはう, を今更

▼ 自由心胸~ (2, 0.0%)

2 を有すれ

▼ 自由意志説~ (2, 0.0%)

1 は, や神秘観

▼ 自由意思論~ (2, 0.0%)

1 との対立, とは反

▼ 自由戀愛~ (2, 0.0%)

1 を説く, ノ自由ガ他

▼ 自由~ (2, 0.0%)

1 ひは, 住南天竺弘法利人或

▼ 自由撰択~ (2, 0.0%)

1 であり恋愛, によつて

▼ 自由改進帝政~ (2, 0.0%)

1 この三論派, の三派

▼ 自由政体~ (2, 0.0%)

1 なりゆえに, を人民

▼ 自由教会~ (2, 0.0%)

2 の独立

▼ 自由映画人連盟~ (2, 0.0%)

1 の人たち, の目的

▼ 自由時代~ (2, 0.0%)

1 にさらに, になつ

▼ 自由~ (2, 0.0%)

1 と称する, は高尚

▼ 自由民権闘争~ (2, 0.0%)

1 に無縁, のほう

▼ 自由民權~ (2, 0.0%)

1 の創見者, の論

▼ 自由~ (2, 0.0%)

1 なの, に見え

▼ 自由法運動~ (2, 0.0%)

1 の最も, は今

▼ 自由派たる~ (2, 0.0%)

2 を得むや

▼ 自由派大臣~ (2, 0.0%)

2 は彼

▼ 自由~ (2, 0.0%)

1 拘束なら, 物従

▼ 自由獲得~ (2, 0.0%)

1 の問題, の歴史

▼ 自由発意~ (2, 0.0%)

2 と自由合意

▼ 自由研究家~ (2, 0.0%)

1 として静か, によって組織

▼ 自由美術~ (2, 0.0%)

1 などの画家, の品位

▼ 自由自主~ (2, 0.0%)

1 の境界, の理

▼ 自由自分~ (2, 0.0%)

1 のひろがり, の幸福

▼ 自由自然~ (2, 0.0%)

1 なる固有, の姿態

▼ 自由自由~ (2, 0.0%)

2 つて

▼ 自由良心~ (2, 0.0%)

1 と身体, の自由

▼ 自由英作文~ (2, 0.0%)

1 といふ, といふの

▼ 自由行為~ (2, 0.0%)

1 になつ, を手段

▼ 自由行為者~ (2, 0.0%)

1 としての人間, としては登場

▼ 自由観念~ (2, 0.0%)

1 の内, や国家観念

▼ 自由~ (2, 0.0%)

1 である, であるため

▼ 自由詩以後我等~ (2, 0.0%)

1 のリズム, の新しき

▼ 自由詩社~ (2, 0.0%)

1 のパンフレツト, の元老

▼ 自由詩運動~ (2, 0.0%)

1 があつ, の側

▼ 自由貿易策~ (2, 0.0%)

1 は英国, は英國

▼ 自由貿易論~ (2, 0.0%)

1 なりし也, を主張

▼ 自由通商的資本主義~ (2, 0.0%)

1 が立ちあがり, が統制企画的組織主義

▼ 自由運動~ (2, 0.0%)

1 に属する, を許す

▼ 自由過激論者~ (2, 0.0%)

1 が書いた, の著述

▼ 自由集会~ (2, 0.0%)

1 に臨む, の自由

▼ 自由風流~ (2, 0.0%)

1 であるらしい, の境

▼ 自由食事~ (2, 0.0%)

1 の半分, を求むる

▼ 自由黨中~ (2, 0.0%)

1 にも閣下, の土佐分子

▼ 自由黨全體~ (2, 0.0%)

1 の意思, の欺かれたる

▼ 自由黨多數~ (2, 0.0%)

2 の冀望

▼ 自由黨領袖星亨氏~ (2, 0.0%)

1 あるが, との間

▼1* [669件]

自由あの無駄なき, 自由ありと, 自由あるいはいっそううまく, 自由あるべく小生また, 自由自由から, 自由かってにこの, 自由かってな生活が, 自由かによって左右され得る, 自由かはちょっと考えもの, 自由こうやって, 自由さえがどうで, 自由さえをも文化的自由に, 自由さ人間性の尊重, 自由さ底を割った, 自由さ弾力に富む, 自由さ溌剌さは魂, 自由さ等によってどうも, 自由さ豊富さが横溢, 自由さ豊饒さに酔っ, 自由さ転置による律動, 自由さ適当さこれが仏教, 自由ゆ義者の, 自由しか許されない, 自由ゃいけないのかしらん, 自由じざいにかけまわっ, 自由すぎて育てられた, 自由すぎるほどのんき, 自由すでに立ちて, 自由そういうものが, 自由その他にたいする反撥, 自由その他身体の内外とも, 自由それから又, 自由そんなものには, 自由たるべしというの, 自由だけでもどんなにか, 自由だって云うん, 自由つて訳にはゆかない, 自由つまり方法によって, 自由てえのは, 自由であったならそして自分, 自由であらうまたさ, 自由でありうる人だけが, 自由でありすぎて却って, 自由でありすぎるのが, 自由でありましょうか, 自由でありますけれども趣味, 自由であり書きあらわすそのこと, 自由であるごとく神を, 自由であるらしく種々と, 自由である如く神を, 自由である如く思うている, 自由でいらした頃に, 自由でいらっしゃるんです, 自由でいられるのだ, 自由でなかったら彼女らは, 自由でなかつた彼は, 自由でなくなって禽獣, 自由でなくなりますもの, 自由でなく坐て用, 自由でなけりゃならんのだ, 自由でやりいいわ, 自由でやろうと思う, 自由で偽らぬ判断が, 自由とかは復員帰還者として, 自由ときてらア, 自由とさえ与えて, 自由としてさえ意識される, 自由としても羽織なり, 自由とだけをわたしたちに, 自由とによって想像された, 自由とによるものであり, 自由とやお, 自由とをしか知らないん, 自由と共に言語の, 自由なあきないが出来る, 自由なあけっぱなしの, 自由なあるビルヂィングの, 自由なおちついた氣持が, 自由ながら貴境, 自由なければ, 自由なしに終日, 自由なし得ることを, 自由なぞあるもの, 自由なぞはありゃしないでしょう, 自由なたたかいと野党的, 自由などではなくて, 自由ななびき方と, 自由ならざりしなり, 自由ならざれ心に, 自由ならしむべき方途に, 自由ならしめようということ, 自由ならずいくたびか, 自由ならずさがしだすのも, 自由ならぬ重傷である, 自由ならびに責任の, 自由ならんことを, 自由なりき知慧ある, 自由なりける天は, 自由なりしものなり, 自由なるべく漢語俗語を, 自由なるべしといえ, 自由なんか与えられては, 自由なんぞ望めそう, 自由な併せて聡明, 自由な借米法が, 自由な嬲り者にでも, 自由な暮し方を, 自由な活きた眼が, 自由な流れるやうな, 自由な走り方を, 自由において尋常なる, 自由における矛盾の, 自由にかけ上れます, 自由にかの坑道を, 自由についてのコンプレックスは, 自由にでもするかと, 自由にゃあ出来ねえ, 自由によってこそ自己を, 自由によってのみ得られるもの, 自由による決断を, 自由に対してさえ夫は, 自由に対するに公同, 自由のきかねばお, 自由のなま噛, 自由自分だけ, 自由ばかりが哲学の, 自由結び付いたと, 自由へではなくて, 自由また一夜や, 自由または自在という, 自由まで奪ふ, 自由までを奪われて, 自由もしくは国家的自由とは, 自由もっとも文才華やかなるべき, 自由よと叫びながら, 自由よばはりは, 自由うぜ, 自由らしくズルリズルリと, 自由らしく見える女の, 自由わがままのできる, 自由わしの利益, 自由をさえ縛りつけるよう, 自由をまで奪われねば, 自由をもってはいない, 自由ガ特權ニ非ル如ク, 自由コンフェランスっての, 自由サイ量の余地, 自由トハ一身ノ好, 自由トハ何宗ニテモ人々ノ信仰スル所, 自由トハ則チ差別ノ義ナリ, 自由ト我儘トハ動モスレバ其義ヲ誤, 自由ナラシメンガ爲メニ夫ノ濫用セントスル戀愛, 自由ナリト云フ低能者ノ昏迷ナリ, 自由ナリト認ムル能ハザルコトハ戀愛ナルガ故ニ自由ナリト認ムル能ハザルト, 自由ナリト認ムル能ハザルト同ジキ意味ト程度ニ於テ, 自由ナル故八月上州厩橋城主北条安芸守, 自由ナルト共ニ表現ノ苦心尋常ニアラズ, 自由ナル人權ニ基キテ家庭的勞働ヲナシ, 自由ナル活動又ハ享樂ハ, 自由ニシテ自ラ守ルハ, 自由ニセント死ヲ以テ誓ヒシコトナリ, 自由ニテ三郎殿ヘ加勢, 自由ニ動カシテ種々ナ姿態, 自由ニ同情ヲ持ツコトヲ知ラズ, 自由ハ自由ノ侵害者, 自由ハ自由戀愛説ノ註ニ説明シタル所, 自由ヤレ火事ヤレ地震といふ時に早速, 自由リベラルクラブよ, 自由万歳だ, 自由羇の, 自由不幸なる幸福, 自由且つ大胆な, 自由世界に浮い, 自由主体もフィヒテ, 自由主張であった, 自由主義はとに角今日, 自由主義ガ各其, 自由主義フランスはドイツ, 自由主義人道主義的インテリゲンチアの諷刺, 自由主義体系を解説これ, 自由主義体系家の殆, 自由主義体系的自由主義又この, 自由主義個人主義ないし, 自由主義功利主義唯物主義の打破等精神総動員, 自由主義反対者との相剋, 自由主義問題乃至之, 自由主義国フランスの怠慢, 自由主義国家観から福祉国家観, 自由主義左翼の同伴者作家, 自由主義思想全般の忠実, 自由主義意識の一つ, 自由主義憲法学説禁止の声, 自由主義我に於, 自由主義打倒の線, 自由主義批判を反, 自由主義政党の勢力, 自由主義政治の大勢, 自由主義教育のため, 自由主義教育者の復帰, 自由主義文学者の動き, 自由主義新聞の意識, 自由主義活動に直接, 自由主義派の経済学者, 自由主義独特の独立, 自由主義画家がいかに, 自由主義的デモクラシーまでを入れ, 自由主義的デモクラシー的社会評論はすでに, 自由主義的パンフレット戦術は美濃部問題, 自由主義的ブルジョア社会常識に照, 自由主義的作風とは断定, 自由主義的個人主義的思想と本質的, 自由主義的傾向へ転落, 自由主義的勢力なるもの, 自由主義的哲学者が日本主義, 自由主義的国家の与り知った, 自由主義的国家理論は国家, 自由主義的基調によって成さるる, 自由主義的外国文学の影響, 自由主義的形態を取った, 自由主義的徹底開国論が宣伝, 自由主義的心情に手, 自由主義的思想にはあり, 自由主義的意識の所有者, 自由主義的態度を以て軍事評論, 自由主義的憲法解釈に於, 自由主義的扮装をもっ, 自由主義的折衷論の見本, 自由主義的政党を実際, 自由主義的数学と云っ, 自由主義的文化意識が, 自由主義的文化運動はその, 自由主義的文学のメカニズム, 自由主義的日本の建設, 自由主義的時局にも拘らず, 自由主義的気分として現われ, 自由主義的水準を打ち, 自由主義的特色は一部分, 自由主義的社会哲学否社会哲学的自由主義, 自由主義的秩序が可能, 自由主義的精神を代表, 自由主義的素人道楽までが久しい, 自由主義的自然主義的印象主義的文学のなまぬるい, 自由主義的色彩にも拘はらず, 自由主義的色調に多少, 自由主義的見解や政治上, 自由主義的観念をしか抱い, 自由主義的評論に他, 自由主義的論理に立つ, 自由主義的開国論は構成完備, 自由主義等々の流れ, 自由主義等皆然りである, 自由主義精神の砦, 自由主義系の新聞, 自由主義者たちと交渉, 自由主義者たるだけで, 自由主義者みたいなもの, 自由主義者ッてところ, 自由主義者ブロックとかを持出す, 自由主義者ユダヤ人の大量検挙, 自由主義者平和主義者であること, 自由主義者理想主義者としてどう, 自由主義者的態度云わゆる良き, 自由主義者的論理の人間学的, 自由主義連合体を作ろう, 自由主義運動が次第に, 自由主観の自覚, 自由交際だの男, 自由享楽思想の普及, 自由人となりどんなこと, 自由人一人について奴隷数人, 自由人倶楽部で小半日, 自由人北川氏に更に, 自由人夫かなん, 自由人材に対して職業, 自由人格の尊厳, 自由人権平等などは憎悪, 自由人民の爭, 自由人派などがいた, 自由人独立人として何者, 自由人的性格に変貌, 自由人自由社会対誤れる文明, 自由人間の築きあげる, 自由企業を今, 自由企業等はその, 自由企業者が用役, 自由い与えられるべきだと, 自由体操を行う, 自由の領土, 自由作文児童の芸術心, 自由使用圖書館などに於ける, 自由信教を超越, 自由信書検閲制廃止こまかいこと, 自由俳人の胸, 自由俳句のなか, 自由個人商人の意, 自由共和主義を用い, 自由共和論の余毒, 自由其の他という, 自由其他さまざまの事柄, 自由円通を備え, 自由判断を捨てよう, 自由別言すれば, 自由利かず其のま, 自由創意を最高度, 自由創造的となり, 自由劇場主事の地位, 自由劇場以来日本の新劇運動, 自由劇場式戯曲である, 自由劇場式職業俳優団の示威的定期興行, 自由劇場式自然主義劇の跋扈, 自由劇場時代に受けた, 自由劇場没落の翌年, 自由劇場没落後の仏蘭西戯曲界, 自由劇場生え抜きの作家, 自由劇場関係の作家, 自由劇塲出勤の頃, 自由劇塲試演を観る, 自由労働制度と雖, 自由労働者上りの男, 自由労働者下士官居候舅末つ子, 自由労働者等となんら, 自由労働者組合東京製糖労働組合の組合長, 自由動作で拳固, 自由勞働に出かけ, 自由化す概念, 自由協和論の余毒, 自由博愛平等を標語, 自由印刷出版の自由, 自由に行く, 自由参政の自由, 自由それから, 自由反抗の感情, 自由にし, 自由可動性あり, 自由可憐さ衆愚性その夢, 自由一通ほかに, 自由名誉生命などまでをも奪われる, 自由向上の積極的方面, 自由呼吸の自由, 自由と称した, 自由哥薩克のあ, 自由商人が出, 自由商業の自由, 自由問題の時期, 自由営業に妨害, 自由営業体の一部分, 自由営業自由契約の世, 自由回覧のサービス, 自由図書館を建てる, 自由国家においても不断, 自由国家的自由には反する, 自由国家間では相互, 自由国聯盟の枝隊, 自由圖書館を建てる, 自由圧迫の根本的, 自由坐臥の自由, 自由型短距離につ, 自由型競泳にクロール, 自由売買其他を許した, 自由売買等が許され, 自由多く太鼓が, 自由憲章にも, 自由大学講師として宮本, 自由天才流書道教授とペン, 自由から統一, 自由契約トセル所以ハ國民ノ自由, 自由契約ニ成ルト云ヒシ當時ノ幼稚, 自由契約労働へ転向, 自由奔放大胆率直な内容, 自由女神像の宗教的価値, 自由好きな民衆, 自由婦人の解放, 自由学び働き良心に従って, 自由安適な生活, 自由宗教的牧師でお父さん, 自由若くは, 自由寄付並びに米国伝道会社, 自由返りの, 自由射手は銀, 自由尊重主義に向った, 自由小曲と, 自由展開に放任, 自由巧妙なるに, 自由市民同盟人権擁護同盟その他の平和的組織, 自由帝国両党間, 自由帝国及中立の大, 自由帝國兩黨間の嫉妬軋轢, 自由帝國及中立の大, 自由帝政の二論, 自由平和社会を実現, 自由平和階級侵略というよう, 自由平安を保護, 自由平明少しも, 自由平等人類愛の一大思想, 自由平等友愛の焔, 自由平等友愛万人のため, 自由平等友愛進歩を以て記号, 自由平等平和なる瑞西, 自由平等革新の空気, 自由廃業社会党の行, 自由廢業を願, 自由建設の道行き, 自由律俳句はやさしく, 自由律俳諧の無味蕪雑, 自由従って公休日は, 自由得意である, 自由必然など人類, 自由思想家軍のあと, 自由思想崇拝者の小生, 自由思想派が銅像, 自由思想的な歩き方, 自由思想窃盗人間の法律, 自由思考の自由, 自由怪力無双なもの, 自由恋愛主義だという, 自由恋愛説が官学, 自由恬淡であるべきよう, 自由想像の産出物, 自由意志ニヨル自由契約ニ成ルト云ヒシ當時ノ幼稚, 自由意志欲情を抑, 自由意志的存在と見られる, 自由意志論的なもの, 自由意意でなくちゃあ, 自由感想の天下, 自由憲法議会の召集, 自由懇話会新協友の会日本文芸家協会日本著作家組合日本出版協会新日本医師連盟, 自由戀愛主義だしね伸一郎氏, 自由戀愛主義者なり, 自由戀愛個人の自由, 自由戀愛説ノ註ニ説明シタル所, 自由或いは悪をさえ, 自由戦争について, 自由所有主あれば, 自由所領とされ, 自由批判との眼, 自由抑圧の事実, 自由抽象的な正義, 自由改進兩黨をし, 自由改進等いわゆる民党, 自由攻め岩民主攻めの岩, 自由埓な, 自由政府の下, 自由政教の分離, 自由政治からの自由, 自由教育云々に就, 自由教育刑罰貧窮組合財産生産分配すべて人類の群れ, 自由文化權利等に關, 自由文芸批評の禁止, 自由料理屋と呼んだ, 自由新報記者ヘンリイ・フリント君は社会部長マックレガア, 自由新聞はめちやくちやに, 自由日記で尖, 自由日記老い果てし身の暇, 自由だなんて, 自由映画人集団との関係, 自由映画人集団加入の御, 自由映画人集団発起人の某氏, 自由時代兄博士の横槍, 自由書籍を捜索, 自由本然の仮借, 自由であろうと, 自由検討を許さない, 自由業まともなこと, 自由権利は存在, 自由權利を總, 自由正直の風俗, 自由正義寛大をその, 自由殺人ノ自由モ自由ナリト結論セシムルモノナリ, 自由母性のよろこび, 自由母権の到来, 自由民ロシア人の怠惰, 自由民主のため大, 自由民主主義下の現代道義, 自由民楽時代の土俗, 自由民権主張すべからず政府, 自由民権式な形態, 自由民権手段を撰ばず, 自由民権時代男女平等論の時代, 自由民権的傾向というもの, 自由民権議論もよく, 自由民權論者からも愛國者, 自由気まま舞台の垢, 自由気球にでも乗る, 自由ま, 自由を悦ぶ, 自由法否なり, 自由法思想は再び, 自由法曹団外の鍛冶, 自由法曹団弁護人がつい, 自由法曹団日本民主主義文化連盟日ソ文化連絡協会日本移動映画連盟日本新聞協会日本放送協会農山漁村文化協会婦人民主クラブ自由懇話会新協友の会日本文芸家協会日本著作家組合日本出版協会新日本医師連盟, 自由法的の考え方, 自由活溌な政治, 自由流動とそれ, 自由濶達ふだん思っても, 自由無碍ないかにも, 自由無碍天放の, 自由をたのしみ, 自由熟練の妙, 自由燈新聞社の校正, 自由独創の個性, 自由独尊の境地, 自由独立女も男, 自由独立精神であったか, 自由狼藉世界なり, 自由獨立なる自主的存在, 自由理性の自由, 自由理想主義をいらだたせられ, 自由理想主義者などすべて希望, 自由理論のこの, 自由生命すべてそれらはもう, 自由生殺与奪もわが, 自由産業の方, 自由男女平等の財産権, 自由画みたいなもの, 自由画家になっ, 自由画自由作文児童の芸術心, 自由という事, 自由癇癪の起りし, 自由発動に任せ, 自由発言にします, 自由発言家なり是, 自由發想を主張, 自由發言家なり是, 自由でなければ, 自由的保守の精神, 自由的競争および貴, 自由的論旨を猶予, 自由のデモクラシー, 自由真理の探求, 自由の自由, 自由社会内にもストライキ, 自由社会対誤れる文明, 自由神学派となり, 自由祭祀によつて, 自由というの, 自由移住の自由, 自由空想の自由, 自由競争それ自体のみを研究, 自由競争下の労働者, 自由競争主義等およそ英国正統経済学派, 自由競争充実緊張した実務時間, 自由競争制度の犠牲, 自由競争場裏になげ出す, 自由競争契約の方法, 自由競争時代の文化機関, 自由競争機会均等の美名, 自由競争激化の結果, 自由競争的な入学試験, 自由競争禁断の社会, 自由競争自身から来る, 自由競爭聯合などいふ, 自由二平等第, 自由の説, 自由等々がそこ, 自由等人間の文化生活, 自由精神的な情熱, 自由経営になっ, 自由経済反対を, 自由結婚恋愛三昧の破綻, 自由結婚者を迫害, 自由結婚誰かと駈, 自由統一的立憲制度の成育, 自由統制の三つ, 自由絶妙剣と申し, 自由經濟ノ自由戀愛, 自由經營とか官公營, 自由美学に満足, 自由とはいつの日, 自由耕作がなされてる, 自由聴講の自由, 自由職業的につかっ, 自由職業者のほう, 自由儘に, 自由自主性を示し得た, 自由自体に古い, 自由自在融通無礙に働きたい, 自由自我の内, 自由自治の生活, 自由自由人は常に, 自由自発的な組織, 自由自身の行き, 自由艦隊の生き残り, 自由荘重な落ちつき, 自由華やかな時代, 自由落下中の鼠, 自由落下物体は虚空, 自由藝術が吾, 自由蝶番になった, 自由行きつけない希望足る, 自由行動蜂の巣を突いた, 自由裁断が許され, 自由製作を激励, 自由なんか信じる, 自由観覧に任せ, 自由解放主義も虚栄, 自由討論の意思, 自由許されカソリック教の, 自由詩それ自体の部門, 自由詩以前に於, 自由詩以外のいかなる, 自由詩以後我我の韻律, 自由詩以来でたらめの意味, 自由詩古典主義と自由主義, 自由詩型が, 自由詩型主義者として, 自由詩散文詩が自由, 自由詩時代の乾いた, 自由詩講演に赴き, 自由が用いられ, 自由語学塾というよう, 自由への理論的根拠, 自由調で述べる, 自由談論によること, 自由論派大同論派また国民論派, 自由論者であつ, 自由講話をした, 自由豊美なる生長, 自由豪放な青春, 自由財産などを守る, 自由販賣ともな, 自由貿易下のオランダ, 自由貿易内地雑居の実, 自由貿易条約はその, 自由貿易論者として顕, 自由貿易開始の先鞭, 自由購入による支出一, 自由を伸す, 自由は自由, 自由軌道を採用, 自由輸送に対する困難, 自由通商主義制に移る, 自由通商的個人主義では盛りきれない, 自由通行に委せられ, 自由通路だった, 自由連合論との二派, 自由進歩両派以外別に一政党, 自由進歩兩派以外別に一政黨, 自由進歩兩黨の合同, 自由進退地になっ, 自由遊民である, 自由過ぎた選択が, 自由過ぎる結論を, 自由道徳および儒教主義, 自由道徳義理人情をば, 自由適確な心持ち, 自由部落の中, 自由都市国家フィレンツェの人民, 自由都市鎌倉の地, 自由閲覧に委し, 自由陶酔をはじめる, 自由随意的の運動, 自由の範囲, 自由ふや, 自由食欲を許さない, 自由體長篇は古事記, 自由黨たるを見る, 自由黨一致の同意, 自由黨中復た一人, 自由黨亦必ずしも達識遠見, 自由黨以外の人物, 自由黨内閣が彼, 自由黨再興の風説, 自由黨員たるを見る, 自由黨對末松男の關係, 自由黨最も多, 自由黨等を組織, 自由黨統率の任, 自由黨總理たる勢力, 自由黨領袖等と屡々