青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「直~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~目 目~ 目下~ 目前~ ~目標 目標~ ~目的 目的~ 目録~ 盲目~
直~
~直ぐ 直ぐ~ ~直し 直し~ ~直ちに 直ちに~ ~直に 直に~ ~直接 直接~

「直~」 2347, 23ppm, 5104位

▼ 直~ (275, 11.7%)

3 声が, 安うて, 祖先の, 胸に

2 [17件] ごときは, 主人は, 事を, 先輩としては, 前で, 命で, 太刀打ちを, 子の, 御眼通り, 息子です, 機嫌を, 祖先です, 祝言へ, 若旦那と, 若旦那の, 親たちにも, 開け放しの

1 [229件] いいつけ, うしろへ, おもしろからう, ことを, この二つ, この女, ごとき眼, さしずである, そばへ, ために, ところだ, ところへ, ふでに, ふところ深い, ほうへ, もの等, やかたが, やからとは, ゆくえは, ように, クダリは, 一家中も, 一札は, 一条で, 一群の, 一言には, 一門滅亡の, 一門眷族は, 上には, 不人望たる, 不注意を, 両君が, 主人高氏は, 乳母として, 事だ, 事について, 事は, 京水たる, 人望家でも, 仕業です, 作品に, 作品を, 兄の, 兵隊が, 処へ, 処罰は, 凱旋軍は, 分は, 力を, 区別さえ, 厳命が, 取りしずめなど, 取調を, 史, 史等が, 史等の, 名は, 名を, 君子であっ, 呼ぶ声, 四世の, 四時間を, 四点時鐘ごろ, 四男が, 四疊半の, 土岐多治見の, 城である, 執事令を, 報告および, 報告に, 報告は, 報告を, 塀の, 士が, 声を, 夜の, 大きい眼, 天ぷらを, 太刀打ちいたし, 太刀打ちいたす, 太刀打ちは, 夫人は, 失脚は, 失脚を, 失言で, 女黒姫という, 奸策とが, 好色癖に, 如きは, 如き婆娑羅, 妹な, 妹の, 姿は, 娘から, 娘で, 娘も, 娘刑部姫の, 婆娑羅道誉の, 婦女掠奪に, 嫁入, 学を, 定は, 宮, 家は, 家へも, 家出という, 家出も, 家来の, 家来達は, 宿は, 小説を, 居館を, 屋敷は, 屋敷へ, 師と, 店のみ, 廃せられた後, 弟の, 弟大之, 弟子に, 弟高, 影が, 御召縮は, 心理の, 怒りも, 性の, 性質が, 恋の, 恋は, 恋を, 息女が, 態度を, 憤怒それから, 憤怒は, 憤怒を, 所業は, 手から, 手を, 手勢は, 指図によって, 掴み得ないスピリット, 放火によって, 救いがた, 敵が, 断じて取らざる, 方から, 方が, 暴悪を, 暴慢不遜すえも, 曲事と, 本営を, 本陣も, 条には, 条を, 某そういう, 校註韓詩外伝題言とに, 機嫌が, 死骸を, 歿後同門中に, 気立は, 気色は, 沙汰とは, 涙の, 為に, 父愚庵師潜渓の, 玄關を, 生んだ次男, 生家で, 甥である, 用人大久保要に, 目に, 眼は, 破倫, 祖また, 祖先それから, 祖阿知の, 節操を, 線を, 縦横な, 罪科を, 罷免屏居, 罷免理由を, 義, 肉親師泰などという, 肌や, 胸中にも, 胸倉を, 腕は, 自然な, 舟の, 良い時, 若きは, 葬ひ, 行為たる, 要求の, 言を, 言葉から, 言葉で, 話は, 説明に, 諸君が, 讒誣中傷に, 質が, 身代りに, 身変りの, 軋轢ほど, 軍勢が, 軍勢も, 軍旗が, 迂回作戦と, 近所な, 逢は, 邸を, 邸宅と, 部下だろう, 部下を, 部屋に, 部屋にでも, 部屋へ, 鉄砲洲十間町の, 門に, 門下からは, 顔にも, 顔の, 顔は, 館の, 馬は, 馬丁だ, 駒どれも

▼ 直~ (265, 11.3%)

4 声を

2 [11件] あわてて, うなずいた, 二た, 二三日前から, 尊氏の, 忘れて, 急に, 本営を, 煮えくり返るよう, 立って, 自分の

1 [239件] あざけるよう, あざ笑いながら, あたま, あ死人, いうまでも, いつの間にか寝道具, いつまでも, いまどこからか, いま何と, いま単, いわずにゃ, うなずきました, うなづきました, うめいた, うめくよう, おとなしいよう, お湯は, かさねて, かなわぬ恋, かれも, きのうここへ, こう云ってる, ここで, ここの, ことし十三で, この人妻, この稽古場, こまかく準備, これも, これを, さびしく笑った, しきりに泣い, すぐその, すぐ旗本, すばやく来, ずっと高氏, そこから, そこらに, そのとき, その二十名, その名, その大きい, その太刀, その後新野に, その水軍, その者, その閉門中, それぎり自分の, それで, それに, それへ, それらの, それを, たった一ぺん, たびたび尊氏, たれよりも, つづけて, つねづね目, つぶやいた, てれかくし, とうとう泣き出し, どうした, どこかの, なんとなく薄, はっきり自分, ひそかに, ひどく驚愕, ひれ伏したまま, ふるえる声, また出る, また呶, また唸った, また失望, まだ帰らない, みずみずと, むしろ曲の, もうそれ, もう一度その, もう正体, やがて小声, やはり自分, やはり舌打ち, やぶれて, やや近い, やや違う, わが子ばかりか, わが子を, わっと, わなわなと, 一夕佐女牛の, 一条今出川に, 一部の, 七厘の, 不敵な, 両手で, 主人高氏の, 主君の, 乱軍の, 云った, 京水の, 亭主を, 仁蔵の, 付た, 何しろ群, 何らそうした, 侍従の, 俗に, 倒れて, 側に, 先に, 全く余, 其の夜, 其の節, 再度の, 冷たい死骸, 列が, 到頭死ぬ, 到頭泣き出し, 取ッ, 口輪の, 叱るし, 唾吐く, 嘯いた, 執事, 場面の, 塩冶判官高貞の, 大きい眼, 大きく笑った, 大金持, 天龍寺落慶の, 夫より, 女房連が, 子供の, 定刻六波羅北殿の, 家庭の, 容れず師泰, 宿場端れ, 宿許へ, 寄って, 寝衣, 専門家の, 小声で, 少しく形, 巧みに, 帰って, 常に何, 平作に, 幾ならずし, 弘化四年より, 弟の, 強硬に, 当座の, 彼女から, 待ち佗びしげに, 後家だった, 御前に, 心配し, 必ずや姉, 必ず医, 忙が, 怒ったよう, 思い切ったよ, 思い切って, 思った, 怨むよう, 恋を, 息を, 悪びれも, 悲しそう, 意外とし, 愛嬌の, 感づいて, 憤怒の, 憫れみ, 手習いの, 持って, 文句を, 早口に, 更に紋七, 来て, 果して何一つ燃える, 横合いから, 機嫌を, 止した方, 正月三日から, 歯の, 母に, 気が, 決してそれ以上, 河内へ, 濡れ光った, 父の, 生きて, 申しますまい, 相手を, 眼を, 矢張り自分の, 知らないという, 知らなくなったが, 突如罷免, 笑いかけた, 笑いにごして, 笑って, 罵った, 膝を, 自己の, 興がるよう, 色気を, 若くて, 若年寄で, 蒼ざめた顔を, 藤夜叉の, 見のがして, 見通して, 言い終ると, 評判など, 足利家の, 跳り上がる, 身に, 辛抱づよく彼の, 追わなかった, 途中で, 進言し, 過去の, 道誉の, 遠くから, 鈴木茂正の, 鍵を, 長巻, 雨の, 非常に, 顔を, 首を, 馬と共に, 驚いて, 骨も, 高氏の, 鮒侍などと, 黙って

▼ 直~ (195, 8.3%)

12 して 4 歩いて 3 向けて, 村役場に, 行って 2 むかって, 向いて, 引摺られる, 聞いて, 行きます, 行けば, 言ったこと, 言って

1 [154件] あらねば, あらわして, いこう, いって, かしこまって, これまで, さういふ役割, さう念, さう思ひましたが, したまま, した事, してさえも, しても, し見ずて, し足, するよう, せず夜行時, そこへ, なって, のばされて, ひとすぢ, もうせッ, 一すじつづい, 一二丁行っ, 三者会談を, 上り始めた, 下ろして, 下山口へ, 両手で, 云った, 京都へ, 人を, 仁王門の, 伝えて, 伸ばして, 伸びて, 信じて, 傾斜を, 光秀の, 入って, 共白髮, 出行る, 分らな蜀黍, 前を, 前進する, 勤めて, 受け取っては, 受け取られるもの, 吉原町へ, 向いたまま, 向けあわせて, 向った儘, 向って, 吹き下ろして, 吹つ返す, 告げた, 告げるところ, 土に, 地へ, 垂れて, 外宮内宮の, 大書院, 好意を, 導いて, 山と, 嶽麓へ, 巡査派出所の, 廊下を, 引き伸ばされて, 引けて, 御目通り, 御覽, 志賀山越えの, 忘れて, 成長し, 扇を, 放したいん, 教えられるもの, 昇る船, 明くから, 明けて, 暇を, 書きました, 望まれる事, 村中へ, 来たの, 来て, 来る, 来るん, 歩いたの, 歩く, 歩みを, 死し雌, 氷らんと, 法住寺殿を, 流紋, 片付けますです, 申して, 申しましょう私, 申し上可, 申上たし, 発して, 発音した, 白く昇った, 眠る, 着いて, 示すもの, 私たちは, 私の, 立ちて, 立ち並んで, 立ち鋭, 立ったもの, 立てて, 第一番, 続かんこと, 群衆の, 考えること, 考えるので, 聞き惚れて, 背後へ, 胴を, 自己紹介, 落ちて, 行かず此ゆ巨勢路, 行きなさい, 行きやす, 行くの, 行く早く, 表わされ無理, 見て, 見ること, 親公, 言ってるの, 言を, 言訳され, 訊いたところ, 話したところ, 読者の, 貫いた廣, 貫いて, 赤さんの, 近所だった, 途中で, 通じて, 逢った, 進むが, 降りて, 離縁と, 雨樋を, 顔を, 飛出して, 食って, 駈け下りる

▼ 直~ (133, 5.7%)

8 直き 3 じきに, そこだ, 歸る, 近い処 2 ことその, じきの, それが, に学校, に拵, に柔, に死なれた, を挙げ

1 [97件] お会, お出やす, お見, こと矢の, この安東村, この町, この近所, これを, そこじゃ, そこだって, そこに, そこの, その停車場, その向う手, その夕顔, その恋人, その関係者, と, と分る, と解決, に何で, に出来ます, に分る, に分るで有りましょう, に動悸, に寝ます, に帰っ, に帰つて, に帰る, に弟, に彼女, に涙, に溶けます, に皮, に直る, に腐る, に腐敗, に蚊, に行かれます, に身支度, に運送, ぶくぶくと, また号外, また持ち出し, をば賞め, を挙げよ, イヤに, 一間先き, 傍で, 傍の, 其の突當, 其の裏, 其処だ, 其処でござん, 其處で, 前まで, 又揃えた, 又猫, 取引に, 向こうの, 実行とが, 山県さんの, 廊下であったら, 引ツ込んでしまつた, 往って, 後から, 後でございます, 御近所, 時計は, 次に移っ, 正面の, 此の先の, 歸つて來る, 歸られます, 歸るだらう, 町内の, 病気を, 癒ります, 癒る, 直きの, 直き会っ, 矢張り同じ, 背の, 腹ア立つ, 苦しくなくなる, 裏の, 親子で, 赭い, 身体が, 近い細川, 近処, 近所だ, 近所には, 隣に, 顏, 顏を, 鼻の

▼ 直~ (121, 5.2%)

6 云った 2 祖なり

1 [113件] あえて買っ, あたって, あって, ある, いうところ, いうには, いおうと, いまは, うなずいた, かぶって, きれい好きで, ぎりぎりの, こう抑えた, この小説, これに, して, そう言った, そのあと, その才覚, つきつけて, とっさに, なだめ役, なんにも聞かない, ひざまずいて, ほかに, ようなだめ, シチョウユーソツなんて, 一存で, 一存に, 一生に, 一生の, 一郎に対してだけ, 上府の, 不用意に, 世帯を, 主人勘十郎の, 二人で, 亡くなってからの, 今の, 休んで, 会った, 佐女牛を, 何かで, 例の, 先ず心配, 冠る, 出征する, 出来た, 加は, 北九州の, 十一月号の, 即京水, 去って, 取柄だ, 呼びかける, 呼びとめ, 四月以来同棲し, 地方武士の, 塩谷の, 大きな古狸, 天皇を, 女名は, 好きであった, 妻として, 姿を, 安い, 安いたつ, 安くなり, 安くなる, 家出の, 尊氏から, 師匠さんに, 席を, 張って, 強情に, 当時東国第, 心ばかりな, 怨みを, 怪しい手紙, 愛光堂の, 感情の, 折に, 書いたこと, 本心は, 案内なし, 棠軒の, 極って, 死んだの, 気に, 無事に, 生れた, 生長の, 用意させ, 甲斐の, 申しあげたごとく三河在国, 申しますには, 疑はれた時, 疑われた時, 病むとでも, 祖名は, 福島橋で, 答えるま, 腹を, 船の, 蔭の, 見えなかつたか, 軽く肩, 迎へられた, 途中から, 這入ったり, 遮った, 酒の, 降参の

▼ 直~ (115, 4.9%)

4 一緒に 2 おつぎ, お安, するには, 区劃に, 申すもの

1 [101件] あるならもはや, あれば, いうので, いうよりも, いえば, いっしょかい, いった, いったが, お宅, お底, お浜, ここへ, これは, した, する穢貊, すれば, せん世, たたかって, なし察以, なす思惟, なって, なり小山, むかしの, もう尾, わかるの, 上り込ゆゑ女房お, 下男の, 世帯を, 並んだの, 九郎助が, 二人で, 二人の, 云う子爵, 云う武士, 云う蘭学書生, 云う近隣, 云に, 云ふ, 京水とが, 仕事に, 入り居間, 入るを, 入來り, 出ますよ, 出るから, 出るや, 出立汝等女を, 判官の, 匕首を, 半四郎の, 同い年の, 名古屋へ, 向合った, 呼ばれた年, 増長さる, 壁の, 姪京水とは, 威丈高に, 娘との, 娘の, 寄つた膝が, 寄て, 小田切秀雄の, 屏風を, 師泰との, 師泰も, 席を, 平右衛門と, 彼に, 後ろの, 忘れて, 曲を, 本蔵, 来られべしと, 梅幸の, 深切とに, 無事に, 無遠慮の, 申しまするが, 申す狒々, 私に, 立ち出で, 立上り左仲を, 立寄て, 立派に, 細川和氏の, 自分の, 良吉で, 良吉の, 若返つて二人, 草津とが, 薬礼を, 藪蔭に, 行くの, 行つて了ひたいの, 起きて, 足搦掛け, 身を, 這入ば, 風呂へ, 飛込で

▼ 直~ (101, 4.3%)

2 レアリストである, 人は, 心で, 心を, 街道の

1 [91件] お方お, さうし, さつ, しっかりした, のにそれ今, のを, ものが, ものである, ものでした, やり方は, る言挙は, われわれの, んでしょう, 一徹過激な, 事実は, 人で, 人と, 人物である, 人間が, 体躯と, 先生に, 友情を, 口の, 國道の, 地方の, 天性を, 女が, 女だった, 女の, 好人物らしい, 姿を, 子を, 學者肌だ, 小心翼々たる, 尾根が, 廣い, 心からなお, 思慕に対して, 性格だった, 性質の, 惜別の, 感情が, 感情の, 感想を, 態度の, 態度を, 我儘は, 戸崎夫人の, 抒情歌も, 文字はしの, 文字ゆがみ文字とぞ, 斜面の, 新助, 方だ, 方は, 明らさまな, 椰樹と, 民衆的用語を, 気持との, 父としては, 父は, 物言いの, 生な, 男だ, 男の, 發展に, 直な, 眉は, 祈祷, 秀吉も, 竹のみ, 答を, 素朴な, 羽とを, 羽の, 良心に, 芸術家肌の, 表現からでも, 表現の, 視線に, 言葉が, 詠歎調の, 警告を, 通りは, 道学先生と, 陳述を, 雨脚が, 青年であった, 面白い話, 驚きの, 鼻豊かな

▼ 直さん~ (74, 3.2%)

54 に会っ 2 の家, の面倒, はあの, は一緒, は良い, や子供たち

1 [53件] かえ, が, がい, がそう, がため, がイエス, が一番, が加十, が可哀想, が笑い出した, が見えました, が詫び, たらまあ, だけには疑い, だけには疑ひ, だけは下手人, です, というの, としてひたすら, とする, とのぶちゃん, と云っ, と言つて, などこの, などの傍, にか, に取られた, に大当り, に引き受け, のほう, の反応, の弟, の意味詳, の番人, の臨終, の言葉, は, はすぐ, はどう, は半, は唖ン, は外, は小説勉強, は昨夜こ, は時々フラフラ, は氣狂, は見えなかった, もはじめさん, も死んだ, も貴族, や叔母さん, を訪ね, を迎え

▼ 直~ (73, 3.1%)

2 して, 伴れ, 呼んで, 見た

1 [65件] あのよう, いふに, うけもつこと, おつかわしあっ, きびしく叱った, さす, そっと運び出し, つれて, とりまいて, なだめて, やり公庁, よんで, 三国から, 二郎が, 云うこと, 付けて, 付け出して, 信郷が, 先鋒に, 出すに, 召し寄せて, 叱ったの, 叱って, 呪うた, 呼びどう, 命ず, 大将に, 大藏の, 好むそれだけ, 好んで, 始めて藏, 将と, 左の, 布政司参議と, 師泰は, 彰すが, 得たり, 愛するもの, 憎むの, 描いて, 救うと, 救ふと, 敬すの, 斜に, 案内し, 殺す真似事, 氣違ひ, 狂ひ, 生かす術, 疑ぐっている, 直と, 直義は, 督し, 知るに, 示せりしかるに, 自分の, 行為の, 褒め良吉, 見て, 調べた, 論ずるよりも, 論ぜんと, 越ゆる, 重用し, 騙して

▼ 直~ (66, 2.8%)

6 だ, を殺した 4 はお前, は御家人

2 [19件] が刀, が殺された, が目隠し, が目隱, とは仲, と幇間, に鬼, はそれ, はフト左孝, は如才, は殺され, は浮び切れない, は背中合せ, は腹, は自分, は身, は鬼, や左孝, を怨む

1 が盲鬼, が鬼, とは他人, とは他人ぢ, に当て, に當, に関係, に關係

▼ 直~ (49, 2.1%)

1 [49件] いいかみさん, いたか, いろいろの, おなじころ, おれに, お力も, お直, かねて, この点, さるもの, そうなる, そちを, そんなこと, ついにあぐね, つぶやいた, とびあがりそう, なぜ早く, のぞかれたので, ひとくちに, また主家, また泥酔, また自身, 今は, 冷泉家や, 切にそれ, 呶々と, 地だ, 夜は, 妓の, 少し鎮まる, 師泰も, 彼には, 憂慮し, 我に, 承知の, 昨夜息を, 案外らしい, 決してこの, 無論に, 紅い短尺, 結局たしかに, 聞かされて, 腹を, 舷を, 芳江も, 苦笑した, 足もとに, 高いの, 黙って

▼ 直なる~ (34, 1.4%)

2 もの心の, 心を, 情熱的の, 感情よりも

1 [26件] こと更に, を行き尽さざる, 丸木を, 同氏は, 岩壁は, 性質眉目の, 態度を, 態度を以て, 日本人民の, 樣に, 橋の, 牛王の, 物はかり, 神, 科学的なる, 線を, 繊き, 者は, 船の, 花の, 荒焼をぞ, 角の, 身の上も, 道に, 道を, 願を

▼ 直かに~ (32, 1.4%)

2 申されたの

1 [30件] あそこに, いったことば, うけて, こぼしたに, てりかえす天井, ぶつかって, 三角形の, 会えるわけ, 伺うては, 取りました, 尻を, 引かれた線, 当たって, 感じたん, 打つかって, 来た藩士, 湧いて, 生え出して, 素足に, 置く, 聞くべきだと, 見るよりも, 訊こう, 訊ねた, 話すつもり, 迫って, 送ります, 逢うか, 遊ぶこと, 雲に

▼ 直って~ (30, 1.3%)

2 こっちを, 顔を

1 [26件] お品, こっちへ, つかつかと, のっそりのっそり何だか不躾, まるで鉱山局, ツンと, 丁寧に, 不思議そうに, 云った, 出た, 抜いた花簪, 早く手綱, 栗野博士の, 気を, 皺だらけの, 真面目な, 眺めさした事, 膝に, 苛, 衝と, 話に, 関門を, 闘うに, 階を, 電燈の, 黒塀越に

▼ 直~ (28, 1.2%)

2 民衆と

1 [26件] あらう, いちずな, いて, これは, のびやかな, よいご, よいでしょう, よろし, 一日で, 二三年の, 二朱ぐらいか, 売るの, 小左衛門の, 弱い方, 怙を, 朋輩であった, 気が, 淡白な, 無理が, 爽かで, 物価も, 目は, 街道を, 親しみの, 誠實な, 高かつ

▼ 直~ (27, 1.2%)

2 別れた後

1 [25件] お出下さる, お千代, お雪, この頃, さう, その呼出し, その者, つまらない事, とうて, に通る, はい其短銃, 仕かへ, 参り申候処, 古きを, 察しました, 差出し申すべくまた, 広い並木, 御帰国待, 思い出して, 治りたり, 煮かけては, 物見高い見物人, 疑うから, 謹んで記録, 飛び込む勇気

▼ 直にも~ (23, 1.0%)

1 [23件] つまらない事, 云ひ, 出掛けようという, 切って, 切腹しなけれ, 吹き出して, 命を, 帯の, 引き返さねば, 御心, 打果, 斬捲らん勢, 樣子を, 此処を, 殺されそう, 火が, 焚かざりしそ, 立出でん, 縄目は, 見えるはず, 覚悟は, 親方様の, 飛んで

▼ 直という~ (19, 0.8%)

2 女は

1 [17件] のも, ものが, ものを, 厭な, 名を, 執事ほど, 奉公人が, 奴も, 娘が, 年寄が, 当時の, 無道人, 男だ, 者が, 者の, 訳にも, 駄々っ子に

▼ 直師泰~ (18, 0.8%)

2 の兄弟

1 [16件] がみえる, にたいする反感, のふたり, の一命, の余党検挙, の兵, の引渡し, の死, の軍, は兵庫, は高野山, までが陣頭, もこの, もさすが, も馬, を二大将

▼ 直~ (18, 0.8%)

9 の祭り 4 の神 2 の歌 1 が暮れる, だから, は祝詞

▼ 直には~ (16, 0.7%)

1 [16件] いって, なるまいが, まだまだいろんな, 不可能の, 与えない, 乗り遷らず, 伸べないで, 償ひ, 參れね, 取りかかれないので, 対面を, 猿轡を, 藤太郎という, 行けない大きな, 見當, 限らないじゃ

▼ 直から~ (13, 0.6%)

1 [13件] こう尊氏, ざりしは, しむもの, ず羽整, そのむね, だと, ん, 七代目で, 出す執事令, 料理を, 旅費を, 民主主義文学運動における, 訊き出せるの

▼ 直~ (13, 0.6%)

1 [13件] いっしょに, から, からお, からだ, から年寄, から荘重, から金, つた毛髮も, というの, とのん氣, と思ひます, と言っ, わ

▼ 直~ (13, 0.6%)

1 [13件] が奇怪, その人, であると, との結婚前, との結婚後, と一緒, については人形, のよう, の家柄, の急死, の死, の殺害犯人, はりっぱ

▼ 直~ (13, 0.6%)

1 [13件] が表, とが追撃, の七千人, の声, の弟, の方, はさんざん, へ, も同様, や強硬, や斯波, をはじめ, を供頭

▼ 直~ (11, 0.5%)

1 [11件] が十一月号, が菊池武光, が赴任, に後任, のもう, の一田福次, の文章, は, は印刷工場, は鴨河, よりも東京市外大久保

▼ 直です~ (10, 0.4%)

2 から 1 が勤める, し, と答え, ね, よお母さん, わ, イタリーのです, 二時四十五分です

▼ 直~ (10, 0.4%)

1 お目, 仁木義勝らの, 俺も, 儀式の, 子供たちの, 稲井瀬, 良吉や, 道誉と, 金沢武蔵守の, 関東いらい

▼ 直さま~ (9, 0.4%)

3 追出して 1 あわてて, か, ぬからぬ顏, のお, は急, を

▼ 直~ (9, 0.4%)

2 嫁入りさせました, 連れ込むまで 1 いう, やぼな, 医者の, 無断離京の, 耳打ちし

▼ 直との~ (7, 0.3%)

1 あいだを, 交渉が, 妥協にも, 芝居であった, 衝突も, 軋轢は, 関係は

▼ 直~ (6, 0.3%)

1 と立上り樣吾助, 其處だ, 切ない痛苦, 岩を, 常童, 行ぐんでなかったら都会さ稼ぎに

▼ 直~ (6, 0.3%)

2 の祖先 1 があった, が祖, が祖大久米, を将

▼ 直つて~ (5, 0.2%)

1 お品, じつと, ゐた四十, 元二, 眺めさ

▼ 直として~ (5, 0.2%)

2 市街に 1 すゑは, 利根川の, 前橋の

▼ 直とは~ (5, 0.2%)

1 すぐ政所, それほど世, まるで違ってる, 何かに, 声を

▼ 直~ (5, 0.2%)

1 が一々, であつ, にもあつ, は一種段取り, は老来

▼ 直~ (4, 0.2%)

2 直ぐに 1 から, たま

▼ 直つたら~ (4, 0.2%)

1 お酒, それは, どうする, 嫁入りの

▼ 直である~ (4, 0.2%)

1 のでよく, ものの, ゆえ直は, 五分とは

▼ 直~ (4, 0.2%)

1 がおい, がさて, にまかせられい, に教えられた

▼ 直~ (4, 0.2%)

1 が技師, が根本, が駈けつけ, はう

▼ 直~ (4, 0.2%)

1 に従い, の努力, の御代, も一度

▼ 直~ (4, 0.2%)

1 には解らなかった, もいた, 及二人わらは, 権兵衛とも

▼ 直~ (4, 0.2%)

1 の二名, の遺臣たち, はその, や上杉重能

▼ 直~ (4, 0.2%)

2 をやる 1 に及びし, の取次等

▼ 直さま橋~ (3, 0.1%)

3 の袂

▼ 直じゃ~ (3, 0.1%)

1 ありませんか, なかった, ねえが

▼ 直つたれ~ (3, 0.1%)

3 ば怕

▼ 直では~ (3, 0.1%)

2 ないか 1 おそれ多い

▼ 直といふ~ (3, 0.1%)

1 のが, 人が, 官職に

▼ 直なら~ (3, 0.1%)

1 いいだろう, 夫まで, 特に自分

▼ 直二郎~ (3, 0.1%)

1 という人, との立合い, と議論

▼ 直使~ (3, 0.1%)

2 でも寄こし 1 を立

▼ 直常に~ (3, 0.1%)

1 付きそわれて, 申しつけると, 追われて

▼ 直~ (3, 0.1%)

1 という若者, とのみ, の一行十五人

▼ 直行く~ (3, 0.1%)

2 旨を 1 野の

▼ 直~ (3, 0.1%)

1 せんと, に向かっ, をなす等

▼ 直おす~ (2, 0.1%)

1 ために, ための

▼ 直~ (2, 0.1%)

1 お節かと, 自分たちの

▼ 直かの~ (2, 0.1%)

2 兄が

▼ 直き帰っ~ (2, 0.1%)

1 て来, て来る

▼ 直する~ (2, 0.1%)

1 ことで, ものに

▼ 直たち~ (2, 0.1%)

1 は内職物, も水

▼ 直だった~ (2, 0.1%)

1 か, のに夫人

▼ 直だって~ (2, 0.1%)

1 一月や, 云ったんで

▼ 直ちゃん~ (2, 0.1%)

1 どうも誠に暫く, の家

▼ 直つて頭~ (2, 0.1%)

2 だけ捻つ

▼ 直~ (2, 0.1%)

1 チャント番を, モソツト悧巧らしい

▼ 直であり~ (2, 0.1%)

1 しかも判官, 且つ効果的

▼ 直でした~ (2, 0.1%)

2 御亡くなり

▼ 直でなけれ~ (2, 0.1%)

2 ばならない

▼ 直としては~ (2, 0.1%)

1 到底できない, 立場も

▼ 直とも~ (2, 0.1%)

1 いわず矢玉, 夜直とも

▼ 直と共に~ (2, 0.1%)

1 尊氏は, 自身中国へ

▼ 直なく~ (2, 0.1%)

1 何の, 女性の

▼ 直なり~ (2, 0.1%)

1 先生は, 梧桐の

▼ 直なんて~ (2, 0.1%)

1 のは, 態度を

▼ 直にて~ (2, 0.1%)

1 その位, 我に

▼ 直への~ (2, 0.1%)

2 道中は

▼ 直らしい~ (2, 0.1%)

1 男です, 額を

▼ 直~ (2, 0.1%)

2 がいう

▼ 直今日~ (2, 0.1%)

1 は荷, までずいぶん

▼ 直~ (2, 0.1%)

1 にある, に置い

▼ 直八郎~ (2, 0.1%)

1 は藤八お節, を呼出され

▼ 直写した~ (2, 0.1%)

1 ままである, もので

▼ 直刺す~ (2, 0.1%)

1 國, 國夕日の

▼ 直~ (2, 0.1%)

1 があつ, と同人

▼ 直~ (2, 0.1%)

1 とが震災地, の研究

▼ 直寫し~ (2, 0.1%)

1 て寸毫, ようとして

▼ 直帰っ~ (2, 0.1%)

1 てくれ, て来給え

▼ 直様使~ (2, 0.1%)

1 ひを, を立てる

▼ 直様元気~ (2, 0.1%)

2 づき再び

▼ 直様此~ (2, 0.1%)

1 の場, の頃

▼ 直様長吉~ (2, 0.1%)

2 は温順

▼ 直殿~ (2, 0.1%)

2 の妹

▼ 直~ (2, 0.1%)

2 は家女

▼ 直~ (2, 0.1%)

2 の神

▼ 直温氏~ (2, 0.1%)

2 が嫂

▼ 直~ (2, 0.1%)

1 に至つて幕府, は文化六年十一月二十四日七十二歳

▼ 直生温く~ (2, 0.1%)

2 なるので

▼ 直~ (2, 0.1%)

1 で孝次郎, を禮敬

▼ 直~ (2, 0.1%)

1 が出現, はもと叡山

▼ 直~ (2, 0.1%)

1 して, を続けました

▼ 直近い~ (2, 0.1%)

1 のに吾妻コオト, のに面影

▼ 直隣り~ (2, 0.1%)

1 のアイヌ人, の家

▼ 直飛出し~ (2, 0.1%)

2 て遊ん

▼1* [325件]

あがるに違えねえ, 直おさずトキユタを, 直おったのであった, 直お前どうする, 直かな疊の, 直からの前ぶれも, 直かを使者として, 直きしられるやろか, 直きつき過ぎると, 直きつむりが疼, 直きでしたのその, 直きもどしてお, 直きよくなつて, 直き分ってよ, 直き分るし何処, 直き知れるよ, 直き解かるよ, 直くんば千万人, 直く斬ってこれ, 直ここは, 直こなされるにきまってる, 直この近くに, 直ごときは眼, 直にゃならない, 直さあさあ解らねえ, 直さまお供という様, 直さま後藤は彼男, 直さま手配をなし, 直さま江戸へ下るべき, 直さま顔を接する, 直さむあはれ良匠がな, 直さん丈けは下手人ぢ, 直さん飲物を間違わない, 直しか犬殺しかの, 直じゃともどうしてそんな, 直すら知らないよう, 直すらがあの目, 直そこだよ, 直そちも殿, 直そっくりでこっち, 直その次の, 直それ竹ヶ崎の南山, 直上りに, 直たりと合う, 直だけだった, 直だのそんなに輒, 直だろうと道程, 直つくれと怖し, 直つたがあまりに, 直つた三田の懷, 直つた時彼は今, 直つて丁寧に辞儀, 直つて口を開けた, 直つて平常に高座, 直つて挙手をし, 直つて爪探りに下駄, 直であってみれ, 直でないと言う, 直でなきや母親, 直でなく直義対尊氏の, 直というは吉原の, 直といったような, 直とが同じ本質, 直とって江戸, 直とを知るもの, 直どもがうるさく, 直などが決して尊氏, 直などの三千五百余, 直なども無事でいれ, 直ならずともである, 直なりし目を, 直なるべけれど兎, 直なろうま人, 直なんてものはね他人, 直な尋ね方は, 直な返辭を, 直な飾りつ氣の, 直にたいする不人気という, 直にても御面会, 直にということが, 直にとって濡れ衣である, 直にとはいわないで, 直によって象徴された, 直に対し切歯する, 直に対して何かの, 直に対してもごほうび, 直に関する典古, 直のなあちゃんは, 直のみならず釣り, 直のみが相手では, 直のやしきへ, 直はのッそり藤夜叉の, 直はんもかく, 直ぶりであったから, 直ほすことが, 直ほどの無道人, 直また近衛の, 直まんまとわしを, 直め計りおッ, 直やらつらなる諸, 直よく我に, 直より聞くが, 直よりの執事の, 直らしく見えるところから, 直れるに心, 直を以てではなぜ, 直好ンデ学, 直一字は希古, 直三野の詠んだ, 直上杉伊豆仁木兵部そのほか, 直五郎なり, 直亮らの志士たち, 直亮桑名の城主松平定永, 直仁木石堂上杉吉良などの幕将, 直仙臺藩に仕, 直に依っ, 直以下の眷属, 直以下高家一族を葬り去った, 直伊余の國, 直唯徒, 直佐々木道誉などの顔ぶれ, 直八玉井彦三などの旗本精兵, 直八野口春蔵矢島幸作さらに犬伏町, 直其弟健蔵等は曙覧, 直写している, 直出かけられるような, 直分れもしなかつた, 直切らつしやれ, 直勝博士に依, 直勝君より示されたる, 直をいたる, 直千国の作, 直卿甲原元寿従菅先生帰, 直の犯罪, 直向いて歩い, 直でやって来た, 直から始まっ, 直国氏は憤然, 直とか藤田定資, 直基次は松平忠次, 直であつ, 直があった, 直壮氏に調べ, 直大佐です, 直大口が, 直間もなく存分, 直安二流どころの刀, 直宗その他日ごろ称し, 直宗像加兵衛景定同吉太夫景, 直宗大休寺の僧妙吉, 直宝泉院勝延行者の四人, 直宮本百合子の作品, 直家の子秀家と共にその, 直家来を連れ, 直寄って来る, 直が敦盛, 直寫せるものとして, 直小僧の宇吉, 直小字松三郎竹陶と号, 直尾張の丹波, 直になっ, 直の代官, 直山代の國, 直島木健作青野稲ちゃんそれぞれがと云われ, 直直っ, 直師泰以下が武庫川堤, 直師泰多くの顔, 直帰るんです, 直常一色右馬介引田妙源らはべつ, 直常引田妙源らがまっさきに, 直常斯波高経らも北国, 直常石堂頼房上杉憲顕そのほか, 直広が横浜の, 直康氏等が来, 直徳田一穂岡田三郎尾崎一雄尾崎士郎大鹿卓和田伝上泉秀信田辺茂一楢崎勤室生犀星窪川鶴次郎福田清人浅野晃榊山潤水野成夫と申す, 直才敏而好学多病而不能継其業以其門人直卿為嗣, 直は, 直指したことが, 直指す国夕日の, 直既に一歩を, 直日二神をまつる, 直日神であ, 直朝臣などもおったらしい, 直末加藤光泰二騎を従える, 直蔵を, 直来り主人の, 直来る事が, 直松島の三軒, 直松島大増新玉, 直松島大増岡田新玉, 直桃井直常一色右馬介引田妙源らはべつ, 直様これは旧宅, 直様また下を向い, 直様ランチに引上げ, 直様交換局を呼出し, 直様仇討に出立, 直様代りの男, 直様何の用事, 直様使いを立てる, 直様其人の其際, 直様出発し得られるよう, 直様医師を呼迎, 直様口があるで, 直様古今と続け, 直様問題とならざる, 直様善光寺へ駈けつけ, 直様在来の類型, 直様夕飯をすます, 直様外出の用意, 直様女中が雨戸, 直様娘を引渡し, 直様官に売附け, 直様家を飛び出し, 直様家内のもの, 直様家来に命じ, 直様封を切っ, 直様小屋を出, 直様屋敷に此, 直様廻り舞台で繋がれた, 直様彩牋堂主人と知られた, 直様思いのうおっ, 直様思返して, 直様意義分化の順序, 直様感激する様, 直様慶応義塾病院に電話, 直様戸外に駆け出し, 直様戸表に待, 直様掃除にかかりたう, 直様日本の異名, 直様検死の手続き, 直様此方へ帰っ, 直様死体に重り, 直様段梯子を四段, 直様水を浴せられ, 直様渋谷へ家, 直様濡れはせぬ, 直様癖の手, 直様県立千葉病院に入院, 直様秋の黄昏, 直様窓の外, 直様立派な額, 直様紐を解き初めた, 直様自ら返辞した大, 直様自身番へ参りまし, 直様茶ぶ台, 直様落葉する事他, 直様蓋近き要, 直様蛙の口, 直様読掛けたこの, 直様車を頂戴, 直様返事をおしなさい, 直様釈す事, 直様閃めいて, 直様降服の意志表示, 直様院長室に通された, 直様霊廟を戴く, 直様鞄を抱え, 直は時に, 直の幕, 直の頃恋, 直此事をお, 直武田麟太郎黒島伝治窪川稲子その他の人々, 直死ぬんだ, 直殿宿直所厩屋権殿遙拝所の十八建築, 直比来恋ひの, 直氏人の中, 直決して自ら欺かざる, 直泰君はこの, 直淡河右京亮二階堂道蘊ほか十二大将が一つ陣幕, 直のヘマ振り, 直温かくなるだろう, 直湖月亀清柳光亭といった一流二流, 直湿れに湿れたる, 直無しの所, 直無し私も一ツ, 直を專, 直其惡態不, 直生れるんだろう, 直由良之助勘平の三役, 直み出で, 直直義らに打ちかこまれ, 直知るで有う先鞋, 直知れるだろうと思います, 直矩次は本多政武, 直家, 直確信義務の感, 直秀吉と同じく, 直立つ白樺の木は, 直等馳合せて, 直筑前の原田種直, 直箭さんの作つた柳田先生, 直細川和氏らの造営奉行, 直続くと思った, 直といふの, 直の側, 直潰えて, 直艇夫持ち場につけ, 直の壁書, 直というよう, 直行けば左, 直解るに違, 直の二人, 直に知られ, 直するを, 直賢俊ほか幕僚の諸, 直と云う, 直返すからつて, 直逃げたとは誰, 直菅太中, 直の路, 直達スル者ニ非ザルナリ, 直達山頂疎松参差点綴其間, 直遠江の國, 直遣るのか, 直金子諸先生同乗, 直金沢貞冬長崎四郎左千葉貞胤結城親光六角時信小山秀朝江馬越前守三浦ノ介, 直長門の紀光季, 直雄氏中村岩馬氏は先づ發, 直は上総国久留利, 直養い子の, 直驀地に駈け, 直を愚昧, 直高浅野長政諸人が関白, 直が判官, 直麿