青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「結~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~経っ 経っ~ ~経つ 経つ~ 経営~ 経済~ ~経過 経過~ ~経験 経験~
結~
結び~ ~結ん 結ん~ ~結合 結合~ ~結婚 結婚~ 結局~ 結晶~ ~結果

「結~」 1230, 13ppm, 8635位

▼ 結~ (82, 6.7%)

4 のところ, をつける 3 がつい, した, というところ, をつけよう 2 させて, して, しました, を待つ

1 [54件] ある退場, があまりに, がついた, がつかず, がつかない, がつき, がつく, がまだそのまま, が付かぬなら, くると, させたの, させても, したの, したよう, してから, してや, しません, するか, するところ, するに, する処, する様, そこで双六, である, ですが, ということ, というもの, という底, として横光氏, になった, になりますなら, に好奇心, に滿, に自暴自棄, のつかない, のところ土曜, の付かぬ, の力, の場所, の話, の頂点, はこれ, はつかない, は初め, まで出, をつけ, をつけさせないで, をつけなさい, をつけれ, をみせる, をみた, を得る, を申す, を見

▼ 結つて~ (76, 6.2%)

8 ゐた 5 ゐたが 4 ゐる 3 ゐて, 居た 2 あつた, おやり, と變てこ, やつて, 行くと

1 [43件] あげたり, あの人, あります, あると, ある事, ある馬塞垣, さつ, しまつて, たので, と変てこ, はならぬ, ませう, もら, もらふの, ゐたお, ゐない, ゐないで, ゐましたね, ゐること, ゐるの, ゐるので, ゐる上, ゐる事, ゐる処, ゐる女中, ゐる日, をりました, 呉れ, 大きい眼, 小さい赤い人形, 居たから, 居たり, 居た老, 居ります, 居る髷, 弱々しく両, 来た間, 白い兩腕, 立働いて, 行くの, 見たかつたの, 見たが, 青い空

▼ 結~ (71, 5.8%)

3 つけに, て見ぐるしから, 方に, 立ての, 綿の 2 たての, に行つて, 方を, 目も, 目を, 立の, 繞らしたる

1 [42件] あつた, その髷, て, てがら, て灰汁, て肉色縮緬, て顔, ながら半分, になつた, に出掛け, に吹きさらされ, に寄つた, に来た, に来る, はしない, ぶりの, を一度, 乍ら鏡の, 做し, 其時に, 割にキチンと, 変へては, 外の, 度なつたんです, 方の, 方は, 様も, 添へてぞ, 渋い滝縞, 畢つて一寸店を, 着物や, 竹束を, 簪さして, 綿が, 繞らし, 草履で, 著け, 襷がけで, 錦の, 顔には, 首の, 黒繻子の

▼ 結~ (59, 4.8%)

27 して 4 するの, するは 2 したる, したるは, し遂に, に原

1 [16件] がズット, しあるいは, しいよいよ, したミシン会社, したミシン會社, した大, し戦陣, する, する僧侶排撃, せる社会, せる結果, せる衆合躰, という, なさるです, なされたの, は引き放し

▼ 結~ (58, 4.7%)

3 を解, を解い, を解いた 2 がすらり, をみし, を胸, を解く

1 [41件] が耳, が腰, が颯と, ちょうど緋鹿子, でなお, で西行法師, に差す, に気, に觸, の間, の附, は横, は赤坂奴, へ手, もおかしな, も玉章, より低い, をしゃくっ, をそのまま, をだらし, をつくる, をとくと, をひこひこ, をぶらりと, をアレキサンダー, を丁と, を圧, を堅く, を小さく, を左, を引, を後手, を拵, を拵え, を掴ん, を直し, を突, を突っつき, を締め直し, を長く, 高う根

▼ 結~ (40, 3.3%)

4 つけて, 鎌も 3 てあつた 2 たやう, た徳利, た繩, 附けて

1 [21件] お落ち, た, たが, たの, た丁髷親爺, た包, た大きな, た小さな, た廣縁, た白い, た綱, た脇差, た農家, た黒元結, つけた奴, ば悲し, ようか, 單衣を, 直し又, 行って, 香まで

▼ 結~ (37, 3.0%)

8 へて 2 う結, せたやう, せられたと, なかつた

1 [21件] いた垣根, いて, えて置いた, さないで, され紫地, してる様子, してる樣子, する床屋, せたらましかはと, せたり, ないけれども, ひて, へたん, へられた猿, へる, へるんで, れるの, 佐々木党の, 大産業, 手下を, 極めて短命

▼ 結~ (24, 2.0%)

3 ている 2 ていた, てゐる

1 [17件] て, てい, てゐた, て互に, て今, て同じ, て完全具足, て專務さん, て往來, て悶, て病, て観察, て觀察, て詩, 欝結し, 詩を以て, 難いもの

▼ 結~ (22, 1.8%)

2 鈴手の, 鈴釧の

1 [18件] あたりに, その先生, ためには, まま走っ, ネキタイ, 国に, 完成する, 實を, 幕の内は, 役目を, 思想である, 手段が, 文字を, 旗を, 神に, 紋を, 紋幕が, 紋幕の

▼ 結つた~ (18, 1.5%)

3 の今朝 2 ことの, 小さな新

1 [11件] が元結, ので天晴大人, ばかりの丸髷, ばかりの島田, ほつそりした娘, やうな, 一見場末, 小さなませた, 白い十六七, 細つ, 若い女

▼ 結~ (18, 1.5%)

2 斷ち, 潤らす

1 [14件] きたす, した, して, 作つて白人驅逐を, 固くし, 圖り, 引解い, 心から受けいれた, 燒く, 第一, 號乎し, 解くなり, 越えよ精神, 釈きて

▼ 結~ (16, 1.3%)

1 [16件] ことが, のでがら, のには, ばかりでなく, やうに, や嶋田髷これ, を見れ, 上に, 下紐, 事が, 今宵ばかりの, 子も, 手拭の, 手綱ゆたゆ, 職人が, 間が

▼ 結へて~ (13, 1.1%)

1 [13件] ある, あツ, おき次, くれ, しまつ, ゐた, 單衣を, 外から, 放しさうに, 桐油合羽を, 桜の, 片手に, 綿の

▼ 結立て~ (13, 1.1%)

2 の品

1 [11件] で餘計, と見える, の丸髷頭, の大円髷, の島田, の島田髷, の御, の頭, の頭髪, の髪, 低島田

▼ 結~ (12, 1.0%)

3 して 1 した, したあと, したと, したもの, した旨, した長蔵さん, しませぬけれども, のうのう致し, の時

▼ 結~ (11, 0.9%)

1 [11件] であつ, なお手, なお話し, なこと, なり, なるお, な処, な御, な旦那, の上, 過ぎた身の上

▼ 結~ (10, 0.8%)

2 して 1 むすんで, ゆく癖, 淡紫, 為たる, 相成新規, 置きたるなれ, 羽二重の, 自分の

▼ 結~ (10, 0.8%)

2 したぎり少し, したため 1 し趺坐, する連中, といっ, の人, の形, を組みはじめました

▼ 結する~ (9, 0.7%)

1 ためである, に当たり, に際し種々, は全く, 事によ, 傾向が, 力は, 或る, 聯盟する

▼ 結~ (9, 0.7%)

1 などを食った, に飛びつく, は焚火, をうま, をこしらえ, を喰い, を喰べた, を見たら, を造っ

▼ 結ひつけ~ (8, 0.7%)

2 なんぞより是 1 その手拭, てあつ, て張る, なんぞよりこれ, 終りけれ, 鞍を

▼ 結した~ (7, 0.6%)

2 皮殻に 1 不對等條, 天体が, 岩塊を, 行動が, 頭が

▼ 結~ (7, 0.6%)

2 てくれた 1 たり意氣, たり赤い, たり雛妓, てやり, てるお

▼ 結つた女~ (7, 0.6%)

1 か, があらい, が一人熱心, が茶, である, の後姿, を眺め

▼ 結つて貰~ (7, 0.6%)

1 つたり, はう, ひに, ひました, ふの, ふ最中, へば埒

▼ 結付け~ (7, 0.6%)

1 てあっ, て女人, て海, て考え, て而, でお, で置げ

▼ 結~ (7, 0.6%)

1 が左, が斯, はお, 余るところ, 男の, 私が, 美事な

▼ 結~ (7, 0.6%)

2 の所 1 するもの, だ, のお, のつかない, の如く

▼ 結せり~ (6, 0.5%)

2 官吏と, 軍人と, 銀行家も

▼ 結はう~ (6, 0.5%)

2 としてその 1 としてゐる, と何囘, と何回, よりは惡

▼ 結ひたる~ (6, 0.5%)

1 もあり, 中に, 井戸ひとつ銀杏の, 人を, 四十ばかりの, 琉球人の

▼ 結へる~ (6, 0.5%)

1 ための, と手, のは, 古襷, 縄葛は, 髮を

▼ 結~ (6, 0.5%)

1 さえ叩いときゃ, て居る, の下, の縄, をとんと, を丁と

▼ 結改場~ (6, 0.5%)

1 が白粉, などといふもの, はなか, はなかなか, は裕福, を御存じ

▼ 結燈臺~ (6, 0.5%)

2 の灯 1 が倒れた, が既に, の火, を取卷い

▼ 結~ (6, 0.5%)

1 で緋鹿子, の一筋, の円髷涼しげ, の島田, の髷, を掻乱

▼ 結~ (6, 0.5%)

1 が破られたなら, としてその, として今や最も, となつ, はできない, を稀薄

▼ 結~ (5, 0.4%)

1 一致との, 云ふ, 名づく, 思われます, 著とに

▼ 結ひ上げ~ (5, 0.4%)

1 て一束, て後れ毛一, て朝, て模樣, 候ひし

▼ 結~ (5, 0.4%)

2 し來, し来る 1 したの

▼ 結~ (5, 0.4%)

1 したから, した男根図, して, するといふ, とにて恰も

▼ 結~ (4, 0.3%)

1 あり転句, 可能である, 可能に, 絶えず擴大

▼ 結つたの~ (4, 0.3%)

1 が唐銅, である, であるが, も交つて

▼ 結~ (4, 0.3%)

2 十九世紀の 1 たすけ合いまた, 解けざりし疑問

▼ 結ばり~ (4, 0.3%)

1 がありません, ついて, て功徳, は是

▼ 結ひか~ (4, 0.3%)

3 へさせ 1 ただつて

▼ 結ひ上げた~ (4, 0.3%)

1 千代松の, 島田の, 風情は, 黒髪の

▼ 結~ (4, 0.3%)

1 するまでには, であり翌, であるといふ, も少く

▼ 結~ (4, 0.3%)

2 入庵 1 し入, の金

▼ 結~ (4, 0.3%)

1 が彼女達, だ, とかかん, をする

▼ 結直し~ (4, 0.3%)

1 ておられる, て見せよう, て長火鉢, ながら卓

▼ 結~ (4, 0.3%)

1 から流通大自在, したる個物, して, を取り

▼ 結つた女中~ (3, 0.2%)

2 が一人 1 が來

▼ 結つた髪~ (3, 0.2%)

1 なんぞ, はよい, を眉

▼ 結つて朋輩~ (3, 0.2%)

3 と共に遊び

▼ 結つて貰つたの私~ (3, 0.2%)

3 は厭

▼ 結~ (3, 0.2%)

1 やらなかった髪, 居る髪の毛, 新しい半纏

▼ 結として~ (3, 0.2%)

2 その一コマ 1 まづ地域的

▼ 結はせ~ (3, 0.2%)

1 てうちかけ, てゐた, て眞間

▼ 結はせる~ (3, 0.2%)

1 んです, 人も, 髮を

▼ 結はへ~ (3, 0.2%)

1 つけて, 附けさ, 附けまして

▼ 結ひける病みたる~ (3, 0.2%)

3 人は

▼ 結ひこめぬ~ (3, 0.2%)

2 前髮 1 前髪の毛

▼ 結ひつけられ~ (3, 0.2%)

2 てゐる 1 てそれ

▼ 結ひぬ~ (3, 0.2%)

2 その株ごと 1 とも

▼ 結ひ替へ~ (3, 0.2%)

1 て居た, て居る, て書斎

▼ 結ひ直し~ (3, 0.2%)

1 たり音楽, て居た, やや躊

▼ 結~ (3, 0.2%)

1 がった, がるから, はりまして

▼ 結~ (3, 0.2%)

2 んです 1 と翌年

▼ 結~ (3, 0.2%)

1 た方, た髷, てくれろ

▼ 結了する~ (3, 0.2%)

1 ことが, ことであり, と幕府

▼ 結付けた~ (3, 0.2%)

1 もの, 最初の, 白い紙片

▼ 結燈台~ (3, 0.2%)

1 が倒れた, の油坏, の火

▼ 結~ (3, 0.2%)

1 がキヤベツ, を一つ拵, を見

▼ 結させる~ (2, 0.2%)

1 ことの, ためにも

▼ 結せられ~ (2, 0.2%)

2 毫も伯

▼ 結つたお~ (2, 0.2%)

1 みつも, 駒の

▼ 結つたら~ (2, 0.2%)

1 うし衣服も, 酔は

▼ 結つた娘~ (2, 0.2%)

1 がそのまま, の髮

▼ 結つた時女中~ (2, 0.2%)

2 のマリイ

▼ 結つた色~ (2, 0.2%)

2 の黒い

▼ 結つた芸者~ (2, 0.2%)

1 と其, と判断

▼ 結つた頭~ (2, 0.2%)

1 を下げ, を昂然

▼ 結つておいで~ (2, 0.2%)

1 になりました, になる

▼ 結つて了~ (2, 0.2%)

2 ふまでに

▼ 結つて帽~ (2, 0.2%)

2 の代り

▼ 結つて横~ (2, 0.2%)

2 なでの

▼ 結つて歸~ (2, 0.2%)

1 るん, る勿論

▼ 結つて着物~ (2, 0.2%)

2 を着

▼ 結つて總~ (2, 0.2%)

2 の下

▼ 結つて衣服~ (2, 0.2%)

2 は洗晒し

▼ 結つて貰つて~ (2, 0.2%)

1 から芥川, ゐる

▼ 結なし~ (2, 0.2%)

1 たる圓髷, て六分玉

▼ 結なれ~ (2, 0.2%)

1 ば五順上分結, ば五順下分結

▼ 結によるに~ (2, 0.2%)

1 せよある, せよあるいは

▼ 結ばらない~ (2, 0.2%)

1 そんなはず, のです

▼ 結ばるべき~ (2, 0.2%)

1 ものが, 縁だった

▼ 結ひあげ~ (2, 0.2%)

1 てゐた, 眉は

▼ 結ひつけた~ (2, 0.2%)

1 草履とが, 草履に

▼ 結ひます~ (2, 0.2%)

1 と, 化粧も

▼ 結ひめ~ (2, 0.2%)

1 ぐらしたる, ぐらすわけにはいくまい

▼ 結ひ廻した~ (2, 0.2%)

1 ものが, 垣根は

▼ 結ふた~ (2, 0.2%)

1 女中が, 船板の

▼ 結ふも~ (2, 0.2%)

2 朝飯を

▼ 結~ (2, 0.2%)

1 もとほし, 島田髷は

▼ 結~ (2, 0.2%)

1 デおったる, デ居

▼ 結一句~ (2, 0.2%)

1 にて上四句, の意味

▼ 結二句~ (2, 0.2%)

1 には二十九歳, は隆升軒父子

▼ 結~ (2, 0.2%)

1 があつ, する

▼ 結~ (2, 0.2%)

1 したる円髷, したる圓髷

▼ 結~ (2, 0.2%)

1 だ, です父さん

▼ 結~ (2, 0.2%)

2 の会

▼ 結~ (2, 0.2%)

1 が其儘, どうしたら

▼ 結~ (2, 0.2%)

1 が括りつけ, を取っ

▼ 結相成~ (2, 0.2%)

1 候御, 御條

▼ 結着点~ (2, 0.2%)

1 なの, は下

▼ 結納品~ (2, 0.2%)

1 が部屋, をお返し

▼ 結~ (2, 0.2%)

1 したといふ, するもの

▼ 結附ける~ (2, 0.2%)

2 には歴

▼ 結~ (2, 0.2%)

1 に由る, の妻

▼1* [289件]

あり西郷侯の, 結いまわしのかたき, 結いやがったろう可哀想に, 結うたうしろとんぼ, 結うた婦の嬰坊, 結から見る時, 結てくれい, 結させて白禍, 結させたのである, 結させられてしまった, 結されている, 結してたものが, 結しようと云う, 結し置き空気抜け, 結すべきかさらず, 結せる惑病迷疾も, 結美くしい, 結たくがたて糸, 結たての円髷, 結だけ書き足すよう, 結つたお嬢さんなどがモスリン, 結つたテルヨが緋縮緬, 結つたモデルの娘, 結つた一尺に二尺くら, 結つた七十以上と見える, 結つた三十になつ, 結つた両の手, 結つた中型のお, 結つた丸顏の十七八, 結つた丸顔の十七八, 結つた二十前後の美人, 結つた五九郎の喜劇役者, 結つた人がゐる, 結つた人物とか非常, 結つた令嬢と長らく, 結つた内氣なおとなしい, 結つた円顔の色, 結つた十七八の女, 結つた奧さんと娘, 結つた婦が, 結つた存分に質素, 結つた小田原在の爺さん, 結つた年増の女, 結つた欄干に背, 結つた死骸の頭, 結つた油氣のない, 結つた男が来, 結つた町子の黒襦子, 結つた真紅な装束, 結つた私はかくれる, 結つた種種な形, 結つた美貌の新, 結つた許の銀杏, 結つた赤鬼ですよ, 結つた隣の細君, 結つた霜げた女中が雜炊, 結つた非凡の無頓着さ, 結つた面皰の痕, 結つた騎士達の優に, 結つた高島田の巓, 結つた髪黒の紋附, 結つた髷も衣服, 結つた黒髪は夫人, 結つてあなたや, 結つてれば, 結つてセルロイドでつく, 結つてメレンスと繻子, 結つてロシヤ毛糸で編んだ, 結つて中央の小松, 結つて了つて油手を拭く, 結つて側へも寄り付けやしません, 結つて古風な丸打, 結つて子供を連れ, 結つて巧みに髪, 結つて幅広の鼠, 結つて幅廣の鼠, 結つて意氣な袷, 結つて月代は伸び放題, 結つて浴衣地のアッパッパ, 結つて淺黄の角, 結つて物を言, 結つて矢張り赤い手絡, 結つて私はこの, 結つて筒袖を着た, 結つて糸房の附いた, 結つて総の下, 結つて羽織を着流した, 結つて舊の如く, 結つて花車ななよ, 結つて薄化粧をし, 結つて豚のよう, 結つて錠が卸し, 結では黄葉夕陽村舎の, 結でもいやさ, 結とてすでに中国, 結とやらであるが, 結などいう此家, 結にて己と, 結ねられている, 結はず土に曳き, 結はねツちやツた, 結ばった感じを自分, 結ばらなくなりましょう, 結ばらぬのでその, 結ばり合つつその, 結ばり工合がサッパリ, 結ばり得るかによって仕事, 結ばる事が, 結ひあげた女が, 結ひあげるときに, 結ひあふ事を, 結ひかけてゐた, 結ひかつぐ弟の, 結ひし真砂路一線に, 結ひつけない人に, 結ひつけ射止めたり, 結ひなさいとあれ, 結ひまして京縮緬, 結ひ上げたる髪を, 結ひ下げて平, 結ひ合うたのである, 結ひ垂らしあなゆゆし, 結ひ居り竹と, 結ひ廻してからにする, 結ひ振り顏の, 結ひ振りなり着物の, 結ひ替へたい, 結ひ直したかつたのに午後, 結ひ直すために, 結ひ着けてそれで, 結ひ通してゐる, 結びあはうとする激しい傾向, 結びあはねば誕生すること, 結びあふこと生命の汝等, 結びあへでいそぎ都を立ちいでぬ, 結びこぶのようにくッついて, 結びこぶを拵らえて, 結びたるまゝ畳の破れ, 結びたるまゝ疊の破れ, 結びたるをももて来ぬれば, 結びだつたことなどが咄嗟の間, 結びっこぶがブラ下がって, 結びっこぶのように丸まって, 結びっ玉のあたり, 結びついてゐるのであつて五行の思想, 結びつかりがそんなにしみじみと濡れた愛, 結びつきにはいうにいえぬむずかしいことがあるので頭がこんがらかっ, 結びつきによつてやはり一種, 結びつくやうになつて著しく社会, 結びつくろふ戯もまた, 結びつけてござりますゆえこの通り持参, 結びつけられたおみくじがようやく迫った, 結びつけられたもくせいの下の鶏, 結びていはゆる活歴史劇を興す, 結びでもわかるほどのものであつたのには驚いた, 結びというかひっとき結びという, 結びとゞめたる誰か感無しと此歌, 結びになつてゐるがあの瓶, 結びになつてゐるのは面白いぢ, 結びみてえなものも書えてある, 結びもあへず明くれば, 結びやうであつたか番頭の言葉, 結びやるとて居屈みしに, 結ふだらうか, 結ぶり違候とて引付, 結へながら駈けて, 結へに黒元結を, 結べりと, 結ぽうと毎日毎夜埒, 結で居る, 結むだリボンを前, 結むだ一の字, 結めさへ叩い, 結りつけて鼻, 結り上げ赫ぐろい酒やけの, 結れし憂思を, 結れぬる氷を, 結シ邑里相望ミ舟ヲ門前, 結て姿, 結テ其党ノ議定シタル偽法, 結或ハ貿易, 結ビテ彼等ノ土地, 結ビテ獨立ヲ企劃シテ勞苦止マザリシト雖モ, 結大サ豆, 結ブソノ誘惑ニ抗シカネルヨウナ気ガスル, 結ブトモ思ハズ思フヤウニ四威儀ニ住ス可シ動作何レカ三昧ニ非ザラン, 結ブニ黄金ヲ須フ, 結ブ其皮赤クシテ火ノ如シ, 結ブ線ヲドコカデ, 結ベル果實ナル如ク濁人タル, 結以テ終ニ天皇大, 結ンダ仲デアルガ身ハ不肖ニシテ時マタ利アラズイタズラニ君ノ義胆, 結三十四番左の, 結両方腕捲を, 結主働輪の上, 結了せしむる最後の, 結了せられたであろう多くの, 結交うからもうこ, 結交したまひき, 結くるによ, 結付いて今日, 結付く可能性ある, 結付けられてまだ, 結付けると一寸, 結付草履というまるで, 結のできなかった, 結を製, 結とし居る, 結写文飾ヲ加ル者ニ勝リ, 結列車である, 結を行っ, 結を頼み, 結喉露唇なんという, 結国内を固め, 結壇爲帝灌頂賜號智藏國師時方士羅思遠者以術得幸有旨令與不空驗優劣, 結の原因, 結実っている, 結實期に於, 結實歸結事實へと眼, 結左巴に筋違い, 結帯上厠頻数, 結帶分兩邊と云, 結常代爾至海若神, 結庵三度目の名月, 結庵來臥老杉傍, 結庵地としての土地, 結庵報告書ともいうべき, 結して, 結廬十余間はみな間数, 結廻してその, 結廻らしその中, 結廻らした菜飯茶屋の, 結鮮花香裡不, 結がある, 結托せられ不測の, 結托ニ似タル者ナカリシハ開戰原因, 結托者たちの残虐性, 結托鞏固にし, 結が書付, 結振りから推察, 結搆人にて終りやせん, 結は結糾, 結是等は皆必要缺ぐ可, 結で終る, 結杳然と云う, 結極のべつ貧乏の, 結が其儘, 結で三乳, 結渡したのが, 結ができ, 結片手にはさむ, 結牧本島牧長州牧など沢山, 結せらる学問所番, 結番祗候せしむと云々, 結で斯う曲ッ, 結白米一駄白小袖一送り給び畢ん, 結目板戸の端, 結目袂の端, 結目許り疊, 結直したが老爺, 結着いて雲, 結着しようがありません, 結の訛, 結は私, 結綵六十余車扮戯女舞数十百輩満城奔波如湧, 結の辯, 結繩乾枯びた薔薇などを口實, 結繩敬佛法於百濟求得佛經始有文字, 結義社仮与, 結脈一つに珠數一聯, 結著したのも, 結が白襟, 結解十郎兵衛種村伝左衛門という二人, 結訓練と直接行動, 結な試み, 結象理想を立て, 結象的に向, 結象的理想派の審美學, 結象美の詩, 結跏趺座して, 結跏跌坐の, 結込めし契は, 結附けて行く, 結附けた二字を, 結沈亜硫酸瓦斯の, 結しはじめるが, 結香花山中に多き, 結髮室と變つて先生, 結髮汝に何