青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「神尾~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~祖先 祖先~ ~祖母 祖母~ 祖父~ 祝~ ~神 神~ 神さま~ 神妙~
神尾~
神戸~ ~神様 神様~ 神田~ 神社~ 神秘~ ~神経 神経~ 神聖~ 神話~

「神尾~」 1709, 17ppm, 6704位

▼ 神尾主膳~ (625, 36.6%)

11 はその 9 はこの 8 の面, は 7 の邸, もまた 6 が, がこの, はこう, はそれ 5 でありました, の屋敷, の眼 4 のこと, のため, の一行, の手

3 [12件] が急, であります, とお, の咽喉元, の声, の姿, の家, の耳, はお, はこのごろ, はどう, は竜

2 [37件] から貰った, がその, がそれ, が戻っ, が早く, が書道, では, という人, のこの, の一派, の下屋敷, の人柄, の口, の名, の居間, の新, の許, の酒乱, の頭, の首, はここ, はじっと, はどこ, はまた, はもう, は例, は刀, は同じ, は土蔵, は徳川家康, は机竜, は駒井能登守, もいない, も百姓, をし, をなんと, をはじめ

1 [410件] からこう, からの使, から仕掛け, がいつ, がお, がおもしろい, がここ, がそぞろ心, がどうしても, がどの, がまた, がやけに, がカラカラ, がニヤリニヤリ, がハタ, がブルブル, が一応, が三度目, が住み, が何, が何故, が保護, が冷笑, が同じ, が善, が嘲笑い, が地上, が寝込ん, が小吉, が差料, が心魂, が怒っ, が怖, が恨み, が感じた, が招きました, が振向きました, が故意, が日脚, が朝, が本通り, が机竜, が来, が柄, が極力, が槍, が殿様芸, が水戸, が痛, が百姓, が眼, が硯, が突き破っ, が続けざま, が聞きました, が胸, が自分, が自覚, が舌, が苦々し, が荒々しく, が西郷, が言葉, が負, が躑躅ヶ崎, が進ん, が酒, が酒乱, が鐚, が閑居, が頭ごなし, が頭巾, が駕籠, だが, だけで, だけは残っ, だ鐚, であったこと, であった折助, であって, でありと, である, であるならば, でここ, でござる, でござる今日, でさえが, です, でその, でなければ, で一人, とあの, というの, という奴, といえ, としてもその, とそうして, との間, とは違っ, とやらのお, と共にこの, と同格, と名乗りたくない, と喧嘩, と土肥庄次郎, と机竜, と覚しき, と認め, と酒, についてはお, にとっては子供, にとっては金, にとっては駒井能登守, にとって運, にとりつき, にはそれ, にはひしと, にはバス, には三つ, には多少, には特に, には酒乱, にもあんなに, にもまた, にも本当, にも誰, に可愛がられ, に向っ, に報告, に対面, に尋ねた, に引合わせた, に思い切っ, に於, に柳屋, に武者振り, に殺される, に紛れ, に紹介, に脅迫, に違い, に金廻り, に附, に頼る, の, のいわゆる, のところ, ののろ, のみが苦り切っ, のよう, の一味, の一言, の三つ, の上, の仮面, の伝馬町, の体勢, の別邸, の前, の取組み, の同列, の同類, の在所, の如き, の左, の得意, の御, の微行姿, の心身, の愛妾, の挙動, の方, の書道, の槍, の残忍, の残忍さ加減, の残忍性, の母, の江戸, の焼け跡, の片腕, の癇癪, の目頭, の眼中, の矢表, の筆, の結婚問題, の膝, の血, の行く先, の袖, の計, の身, の返事, の邸内, の野性, の陥穽, の隠れ, の面目, の額, はああ, はあたり, はあの, はある, はあれ, はいい, はおれ, はお預け, はきっと, はこうして, はさしおいた, はさすが, はさながら, はしきりに, はせっかく, はそういう, はそのまま, はその後, はそれでも, はたしか, はちょっと, はつっつきたくなる, はとうとう, はとにもかく, はなお, はなぜ, はなにげなく, はなんだか, はなんとなく, はひそか, はふたたび, はふらふら, はぽかんと, はまたも, はまだ, はむらむら, はもと三千石, はもはや, はやがて, はやっと, はやや暫く, はよく, はよほど, はよろよろ, はブルブル, はムッ, は一同, は一座, は一旦むらむら, は一諾, は三つ, は三ツ目錐, は上野, は不安, は不興満々, は乗物, は九尺柄, は二三, は二度目, は今, は今更, は今朝, は他, は仰向け, は件, は何, は何とも, は何者, は先程, は入木道, は再び, は冷笑, は出陣, は前後, は勝ち誇った, は呆れ, は囈言, は坊主, は堪り兼ね, は場所柄, は境, は子供たち, は安達, は寝, は差し, は弁信, は心持, は忘れ, は怒, は思い切っ, は思う, は悪, は悪人, は慌て, は投げ捨てた, は折助, は押え, は敷居, は早く, は暫らく, は朝寝, は根岸, は椅子, は業, は槍, は正銘, は歯, は母屋, は江戸, は濡れみづく, は火, は無茶苦茶, は焼けた, は燈下, は片手, は物, は畳, は病床, は病気保養, は痛快, は百姓, は相, は相当, は眉間, は神尾主膳, は福村, は秘蔵, は程遠から, は立ち上りました, は筆, は結局, は絶叫, は縁板, は縮緬, は能登守, は脇差, は脇息, は膝, は自分, は興味, は興奮, は舌打ち, は苦し, は苦笑い, は荒々しく, は落着, は著作, は血管, は読み去り読み来る, は読ん, は起き上っ, は車井戸, は追われ, は逃さじ, は透かさず, は過ぎ行く, は遠く, は酒, は鐚, は青地錦, は風呂敷, は飽かず, は馴染, は高笑い, は鬼, へこの, へそして, への紹介状, への縁談, へ紹介, ほどのもの, ほどの乱暴者, もいなくなった, もこんな, もその後, もそれ, もとより別段, も一議, も先刻承知, も取っ, も廃り, も得意, も忌々し, も暫く, も槍, も甲府, も祖先以来, も聞い, も身, や福村一派, をそそのかし, をたよっ, を一応, を不快, を初め, を取っ, を尋ねる, を提灯, を本邸, を殺し, を煙, を睨みました, を笑止, を絞め殺し, を背中, を見ました, を見る, を討っ, を送り込ん, 実はその

▼ 神尾~ (310, 18.1%)

8 殿様に, 殿様の 6 殿様は 5 殿様, 邸の 4 家へ, 殿様を 3 屋敷の, 屋敷へ, 殿様が, 殿様へ, 殿様も, 邸に, 邸を, 門前を

2 [25件] ように, 一行が, 三つの, 先代の, 先祖が, 前に, 前の, 声, 姿を, 家は, 家風を, 屋敷から, 屋敷で, 屋敷を, 手から, 手を, 方で, 殿様あなた様は, 殿様だ, 眼には, 祖先の, 言うこと, 邸へ, 頭の, 額の

1 [196件] いい稽古相手, ことだ, ことです, このていた, この鬱陶しい, その悪い, そんな気分, ために, ためには, ところへ, とりすました言葉, はわざと, ほうは, やりそう, やり方が, やり方の, ような, 一言一句にも, 三ツ眼が, 上流としては, 下屋敷から, 下屋敷で, 世にも口惜し, 乱暴を, 仕事に, 件は, 何者である, 余憤は, 先殿様, 前へ, 前半に, 力で, 勤め口としては, 友達でも, 友達甲斐ある, 口吻には, 古屋敷に, 台所の, 名のりを, 名を, 呼んだ声, 圧迫が, 堪忍袋が, 声でありました, 声高く, 大将を, 好奇心を, 字に, 家が, 家だけに, 家では, 家と, 家に, 家には, 家を, 家来が, 家来ばかり, 家柄は, 居間へ, 屋敷では, 屋敷に, 屋敷は, 屋敷も, 屋敷内では, 廻し者だろう, 当主という, 後ろ姿に, 御前, 御前が, 御前の, 心を, 心理状態を, 心頭が, 怒号は, 怒号も, 怒鳴りも, 怖るべき, 急を, 性格を, 悪癖は, 惨忍, 意気込みは, 愛妾でありました, 憎んで, 手に, 手紙, 招いた多く, 拳に, 指図に, 挙動が, 挙動には, 挙動を, 敵では, 方へ, 暴力を, 暴虐の, 本は, 本邸と, 本邸とは, 来ること, 槍の, 槍は, 槍を, 槍先が, 槍先とても, 槍先は, 権幕の, 歩きぶりに, 残忍と, 残忍性に, 残忍性は, 残忍性を, 殿様お, 殿様そんな, 殿様だって, 殿様つい, 殿様でございました, 殿様では, 殿様という, 殿様とは, 殿様とも, 殿様などは, 殿様なる, 殿様にも, 殿様や, 殿様よりも, 殿様憎い, 殿様落ちつい, 殿様誓っ, 殿様近い, 殿様逃げました, 殿様金助でございます, 毒手から, 毒計を, 気色が, 気色の, 江戸入りが, 火鉢の, 無作法を, 無駄骨折り, 焼け跡を, 痩腕が, 痩腕で, 癖がと, 癖であります, 眼で, 知人に, 神経に, 立場は, 笑い方, 細君が, 網に, 縁談の, 者が, 胸が, 腕に, 腹の, 腹の中で, 草履取, 著作といった, 蔵書が, 蔵書は, 蔵書印が, 血が, 行方は, 行方を, 言いぶり, 言い分に, 言い分の, 言い分も, 言葉までが, 許へ, 足許も, 身で, 身に, 身にとって, 身の上にも, 転がったの, 邸内へ, 酔いに, 醜骸, 長女が, 長女は, 門内から, 間近く進ん, 面を, 面上へ, 面付の, 頭では, 頭は, 頭へ, 頼みを, 額から, 駕籠を, 駕籠先を, 駕籠近く

▼ 神尾~ (166, 9.7%)

6 自分の 5 それを 2 人を, 変な, 槍を, 生れながら

1 [147件] あれを, あんたの, いつも身, いやみな, いよいよあせり, いよいよ不機嫌, いよいよ得意, いよいよ激昂, いよいよ珍しく, お銀様, こういった, ここが, このの, この女, この食堂, これから持運ばれよう, さまで問題, さも痛快, さらさらと, しっかりと, じれ出しました, そちらに, それ以上は, そんな人, たしかにこの, たしかにその, だまって, ちょうど傍, ついに三たび, ついに綿, ついに金剛力, ともかくに, どうしても想像, なにげなく, なるほど見かけ, ひとりうなずい, ひとりで, また右見左, また特別, むっくりと, むらむらと, やはり苦々しい, やみくもに, わざとらしく高笑い, ガスマスクの, クラクラと, ホッと, 一層の, 一応断念, 一石伸ばす, 三ツ眼で, 両の, 二三度頷きました, 二様の, 人に, 人待ち顔に, 今あらたまった, 今それを, 今の, 以前の, 何か, 兵馬なる, 再び激昂, 力を, 力持の, 劫を, 勝手を, 占めたとばかり, 喜んで, 嘲笑し, 多少心憎い, 多少自分, 夜の, 大奴, 天下を, 寝ながら, 対話に, 小人じゃ, 少し耳, 左から, 左ギッチョであった, 平野老人の, 広い墓地, 引籠って, 強いて癇癪, 当惑し, 悸として, 憎そう, 憤りを, 戦死した, 扱い易い, 投げ出したよう, 日ごろつとめて鏡, 書斎へ, 横目で, 死にタカ子, 死んだ, 江戸の, 江戸へも, 決して外出, 無理に, 焦立って, 燃え立つよう, 物凄い顔, 由緒ある, 病床で, 病気に, 白々しく, 白い眼, 盃を, 直ちに爪先, 知らずお, 確かに, 神妙に, 神尾として, 神尾としての, 筆に, 米友の, 絶望し, 繰返して, 羨ましくも, 翌二十年二月, 腹の, 自分ながら, 自分にとって, 自分を, 苦いもの, 苦笑いし, 苦笑いを, 苦笑を, 複雑な, 覚王院礼讃は, 言いました, 註を, 誘惑を, 誰も, 謎の, 貧乏だ, 走りました, 軽薄な, 辛抱し, 透さずこう, 達筆な, 隠亡風情の, 面白がって, 驚き慌てる, 鼻で

▼ 神尾~ (143, 8.4%)

5 思いました 2 いいますと, ここへ, 手に, 甘酸っぱい面, 生きて, 立ちどまって, 考えました, 自分を

1 [122件] あざ笑うよう, あしらい, あの縁組み, あわてて, あんまり我物顔, いう, いま並べた, いよいよくすぐったい, いらいらし, うすら, うなずきました, うわごと, うんざりしました, うんざりせざる, おこれない, かえって乗, かりそめ, こうと, こうむつかり出し, ここでも, この大, この女, しばし眼, する, そこまで, その傍, その夜, はじめてやや溜飲, ひとたび駒井能登守, ふんぞり返って, またあざ笑いました, またさげすむ, やや自覚, ザマを, ニタリと, ハタと, 一応不覚, 一旦は, 一議に, 三つの, 二三の, 今日この, 今日までの, 今日人を, 何ともいえない, 何物を, 兜を, 全く別, 再三言葉, 冷笑しました, 冷笑悪罵と, 凧を, 出かけたの, 出征の, 分類を, 力を, 動かないから, 勝ち誇ったよう, 勝の, 危うく聞き留め, 取って, 口で, 呆れました, 声, 嫁を, 屋敷あたりまで, 差しても, 引っぱり廻して, 心肝に, 怒りつ焦れつするの, 思いつきました, 思って, 悠々として, 悪口を, 意地悪く, 意外に, 感心し, 憫笑を, 手を, 抜からぬ顔, 持って, 来ない, 果して机竜, 案を, 楊子を, 殺られる, 永久に, 甚しく, 男谷の, 看板書きにも, 眼を, 知らず識ら, 福兄を, 移り住んで, 突っかけ, 突然巻, 突込んだ, 笑い出し, 笑って, 第二発, 納得した, 耳に, 聞いて, 能登守の, 自分の, 苦しむの, 苦笑しました, 荒っぽく一石, 行方を, 袋を, 見て, 読み進む, 踏みとどまると, 軽蔑の, 通行する, 進んで, 酒乱に, 重ねて, 隠匿わ, 頭から, 首を, 驚き呆れたの

▼ 神尾~ (98, 5.7%)

97 之助 1 之助さま

▼ 神尾~ (41, 2.4%)

1 [41件] ああし, あながちそれ, いい心持, うっかり唇, こうなけれ, ここで, このごろは, この本, この歳, すでに老い, そうそう若い, その物音, それに, それを, ちょっと面負け, とがめ立て, どのくらい, まじめに, またその後, また自分, やくざだけに, 両倒れ, 久しぶりで, 充分に, 出征までは, 呆れて, 妙に, 子供たちから, 少し驚い, 底の, 御機嫌が, 感じたが, 手が, 気紛れに, 深く気, 無雑作, 相当に, 神尾です, 苦笑せざる, 落ちかかる刃, 身に

▼ 神尾~ (34, 2.0%)

3 して 2 中心として, 憤らせて, 討って

1 [25件] あやなしながら, かつぎまわったところで仕方, こうして再び, そそのかしに, よく知っ, よく知らず, よろこばせました, 何かの, 助けるため, 呼び起した時, 和らかに, 当座の, 待って, 怪しむため, 抑えたり, 煽ぎ立てました, 煽て骨, 知らない, 肩にかけて, 見知って, 見立てたの, 見立てて, 見込んで, 誘惑に, 迎えたが

▼ 神尾~ (27, 1.6%)

1 [27件] あっては, こういうこと, こう言われ, この本, しても, ぶっつかり神尾, ぶつかって, 取られた手, 召使われた, 向って, 寵愛された, 幾分割引を, 引けを, 恋人が, 捧げて, 斬られるならば, 斬られるの, 示し人混み, 縋りました, 聞かなくても, 言うだけの, 言われて, 近づきの, 連れられて, 酒を, 関係し, 飛びかかろうという

▼ 神尾殿~ (24, 1.4%)

1 [24件] あの通り, お危, からお話し, がこの, が来, が読み上げたなら, とは御, に会っ, に引合せ, に連れ, に鑑定, のお, の仰せ, の御, の許, はおらぬ, はどう, は一人, は苦労人, は茶屋, は躑躅ヶ崎, や御, よく穂先, を見逃さぬ

▼ 神尾~ (20, 1.2%)

4 のお

1 [16件] がこちら, が御, では, というの, という旗本, とは前, にも御, の, のこと, のところ, のよう, の御, は幸内, は決して, も昔, も甲府

▼ 神尾~ (19, 1.1%)

2 は代々

1 [17件] との縁談, と藤原家, にとって釣合わぬ, に奉公, の信用, の内状, の噂, の奥様, の折助, の本邸, の様子, の者共, は主人, は全く, へは雑多, へ御, を辞した

▼ 神尾~ (16, 0.9%)

2 いえども, タカ子の

1 [12件] お絹, なって, タカ子に, タカ子は, 両家の, 分部とは, 最も親しい, 腹を, 藤原家との, 鐚とを, 門前で, 駒井との

▼ 神尾主膳様~ (13, 0.8%)

5 のお 1 からその, がお迎え, が近い, と書い, のこと, の御, よ, 御寵愛

▼ 神尾主膳殿~ (12, 0.7%)

1 [12件] があすこ, であるが, というお方, と知っ, に会いたい, の許, は何, は躑躅ヶ崎, へ, まで罷り越したく, 御壮健, 珍しいこと

▼ 神尾~ (7, 0.4%)

2 も疲労, 居眠って 1 にお, の御, の振舞い

▼ 神尾では~ (6, 0.4%)

1 ありません, あるまいと, かくも, ないが, ないはず, ない内密内密

▼ 神尾としては~ (6, 0.4%)

1 お安い, この女, 今と, 今日は, 全く異例, 誰ひとり

▼ 神尾~ (6, 0.4%)

3 勝の 2 勝に 1 勝みずからが

▼ 神尾とても~ (5, 0.3%)

1 これが, そのくらいの, その責め, 看板書きに, 酒乱の

▼ 神尾から~ (4, 0.2%)

1 こう言われ, 出した者, 心づけを, 揶揄され

▼ 神尾という~ (4, 0.2%)

2 ものが 1 三千石の, 旗本の

▼ 神尾主膳ら~ (4, 0.2%)

1 が能登守, の心持, の隠れ家, はいっかな

▼ 神尾夫人~ (4, 0.2%)

1 がふと, の疎開先, は元々, は再会

▼ 神尾として~ (3, 0.2%)

1 今日まで, 曲りなりにも, 西郷如き

▼ 神尾には~ (3, 0.2%)

1 それが, 不満です, 何の

▼ 神尾主膳あたり~ (3, 0.2%)

1 とは全く, には打っ, の手

▼ 神尾備前守~ (3, 0.2%)

1 が裏面, にいたる, は末座

▼ 神尾~ (3, 0.2%)

1 へ参る, へ立寄っ, へ送り込んだ

▼ 神尾あたり~ (2, 0.1%)

1 のあんな, はそれ

▼ 神尾うじ~ (2, 0.1%)

1 が大好き, なア

▼ 神尾さま~ (2, 0.1%)

1 おめ, お聞き

▼ 神尾じゃ~ (2, 0.1%)

1 ないから, 又六

▼ 神尾としての~ (2, 0.1%)

1 体面が, 身上であります

▼ 神尾としても~ (2, 0.1%)

1 いまお, これほどまでに

▼ 神尾にとって~ (2, 0.1%)

1 不満である, 少々耳

▼ 神尾にとっては~ (2, 0.1%)

1 よい目標, 一笑の

▼ 神尾にも~ (2, 0.1%)

1 どこか, 驚き騒ぐ

▼ 神尾~ (2, 0.1%)

1 乗り込もうという, 売り込むと

▼ 神尾へは~ (2, 0.1%)

1 その前後, 相変らず

▼ 神尾一人~ (2, 0.1%)

1 では, に言わし

▼ 神尾主膳主従~ (2, 0.1%)

1 は京都行き, は昌平橋高札場

▼ 神尾攝津守~ (2, 0.1%)

1 となつ, は御

▼ 神尾~ (2, 0.1%)

2 の子持ち

▼ 神尾自身~ (2, 0.1%)

1 が先刻, になっ

▼1* [68件]

神尾あるを知っ, 神尾がははあと感づきました, 神尾さまあなたも一つ, 神尾さまあなた様からも何とか, 神尾さま観念して, 神尾さんとそれから, 神尾さんあんたのおかげ, 神尾だけが焦れて, 神尾だけは何かの, 神尾って大きな声, 神尾でなかったのは, 神尾でなくったって誰, 神尾でなければならない, 神尾とは槎, 神尾とやら申す青侍一匹, 神尾なぞは眼中, 神尾なんぞは事実子供扱いに, 神尾について何事も, 神尾にとってもお絹, 神尾ほどアクドイことは, 神尾ほどの人だ, 神尾もどきのもある, 神尾より下でした, 神尾よりもまた若い, 神尾にとっては標本, 神尾一派の者, 神尾主従に一言, 神尾主膳そのものの感じ, 神尾主膳それを逃れ, 神尾主膳はじめ一座の者, 神尾主膳ひとりであります, 神尾主膳創口から矢, 神尾主膳天井裏の鼠, 神尾主膳殿拙者は山崎, 神尾主膳殿方へ, 神尾主膳殿珍らしいところ, 神尾主膳等の一派, 神尾主膳酔眼をみはっ, 神尾二君と予, 神尾五郎太夫どのお, 神尾十三郎殿の許, 神尾及び神尾もどきのも, 神尾司令官閣下と同列, 神尾の蔵書, 神尾君ウユルツブルヒに立つ, 神尾将軍などもおった, 神尾曰く悪いこと, 神尾曰くなにばばあが, 神尾様あたりへ売り込ん, 神尾様お前様の仕業, 神尾様三千石のお, 神尾殿悪戯をなさる, 神尾殿我々に見せたい, 神尾殿槍は貴殿, 神尾殿気を確か, 神尾殿江戸からお客, 神尾殿神尾主膳殿珍らしいところ, 神尾殿貴殿の御, 神尾殿近ごろ苦々しき噂, 神尾の者, 神尾深津高浜おれ四人で行っ, 神尾神尾って大きな, 神尾秘書土橋は四谷箪笥町土方宅, 神尾若狹守是なり然るに, 神尾薬師寺庄司三氏のみ, 神尾藤右衛門御徒目附石坂清三郎評定所同心湯場宗十郎等ガ中ヘイリテ段々八太郎ガ, 神尾へ詰めかけ, 神尾金弥があった