青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「目~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

盛り~ ~盛ん 盛ん~ ~盡 盡~ 監獄~ 監督~ 監視~ 盤~ ~目
目~
目下~ 目前~ ~目標 目標~ ~目的 目的~ 目録~ 盲目~ 直~ ~直ぐ

「目~」 67867, 652ppm, 140位

▼ 目~ (17120, 25.2%)

292 して 290 さまして 236 つぶって 223 とったもの 220 つけて 140 かけて 116 開いて 115 さました 111 さますと 107 閉じて 101 みはって 96 あげて 88 あけて 83 光らせて 82 あいて 78 上げて 72 まるくし, 瞑って, 細くし 68 みはった 67 丸くし 66 もって 65 とじて 64 やって, 覚まして 63 さましました 61 伏せて 60 閉ぢて 59 やった, 覚して 56 見て 52 ふさいで 51 光らして 50 とめて 48 醒まして, 開けて 47 円くし 46 みはりました, 注いで 45 むいて 44 つけた, 据えて 43 つむって, 瞠って, 開いた 41 そらして 39 つけたの, ひらいて, 向けて, 覚ますと 37 やると, 見合せて 36 閉じた 35 こすりながら, 掛けて, 注いだ, 通した 34 とめた 33 すえて, つぶった, 丸くした, 瞑つて, 輝かして 32 見張って, 覚ました 31 廻して 30 こすって, まるくした, 皿の, 移した, 移して 29 まわして, 伏せた, 盗んで 28 やつた, 瞠った, 通して 27 やりながら, 落した 26 あげた, かすめて, さましたの, さます, 細めて, 落して, 醒ました 25 さました時, 覺し 24 とじた, 向けた, 見合せた, 見開いて, 開くと 23 した, つぶったまま, つぶると, 見はって 22 あげると, あてて, こらして, 大きくし, 覚した 21 ぱちくり, パチクリ, 挙げて, 見合わせて, 覚すと, 閉ぢた 20 さましたとき, ぱちくりさせ, 放して 19 パチパチさせ, 感じて, 瞠る, 見せて, 見ると, 見張った 18 あけた, まるくしました, 上げると, 怒らして, 配って, 離して 17 かがやかせて, つぶりながら, 射た, 惹いた, 瞠り

16 [12件] かがやかして, くばって, そらした, つぶりました, みはりながら, 凝らして, 剥いて, 忍んで, 掠めて, 留めて, 醒して, 醒ますと

15 さまし, 光らしながら, 持って, 見た, 転じて, 通すと, 避けて, 附けて

14 [11件] あけると, さましますと, しながら, ひらいた, 塞いで, 射たもの, 瞑つた, 見ること, 走らせた, 醒した, 閉じたまま

13 [14件] そそいで, ひいた, ひらきました, まんまる, やつて, 上げた, 付けて, 光らせた, 光らせながら, 瞑ると, 見たの, 見はった, 覺ました, 開く

12 [11件] うるませて, しばたたきながら, つぶつた, ねむって, ぱっちりと, ひいたの, 半眼に, 大きく, 蹙めて, 遮るもの, 醒すと

11 くらまして, 凝して, 引いた, 白くし, 見合わせた, 覚ましたの, 覚ました時, 輝かした, 離さずに, 離すこと

10 [24件] おとして, くれて, つけました, はなして, はなすこと, ぱちくりし, ぱちぱちし, ひらくと, ほそくし, やりました, やる, 三角に, 放さずに, 白黒させ, 移すと, 見つめた, 見ひらいて, 見張つて, 輝かしながら, 通しました, 通すこと, 遣って, 開けると, 離さなかった

9 [27件] かがやかした, かがやかしながら, さましても, さますの, しばたたいて, しょぼしょぼさせ, そむけて, つけられて, つけると, ぱちぱちさせ, 大きく見開い, 定めて, 射たの, 当てて, 惹いたの, 据えた, 止めて, 皿に, 眠って, 着けて, 瞑った, 落として, 覚ます, 覺ます, 走らせて, 配りながら, 醒ます

8 [24件] うつして, かけられて, さましてから, さらの, そらせた, つけたもの, とじたまま, とめると, みひらいて, やったが, 下に, 円くした, 張って, 持つて, 擦って, 止めた, 疑った, 見る, 見開いた, 覺まし, 輝かせて, 轉じ, 閉じると, 開きて

7 [36件] あいた, くぐって, くらますこと, くるくるさせ, こらした, ごまかすこと, さまされた, さましながら, しばた, しばたたいた, そそいだ, そばだてた, つぶつてゐる, つむつて, とめたの, ぬすんで, のがれて, はなさずに, ふいて, ふせて, まろくし, みはるばかり, むけて, クルクルさせ, 伏せながら, 大きくした, 惹く, 擦りながら, 明いて, 注ぎながら, 細うし, 見なければ, 見るの, 醒ましたの, 閉いで, 開きました

6 [63件] く, くれた, こすったり, ごまかして, さましたよう, さらにし, その方, そらすこと, そらすと, つけるの, つぶっても, つぶつてゐた, とめました, はなせば, ぱちくりと, ひいたもの, ひかれて, ひくよう, まは, みつめて, みはったの, ショボショボさせ, 付けた, 伏せたまま, 光らした, 光らせました, 入れて, 凝した, 凝らした, 剥いた, 回して, 圓くし, 圧え, 外らした, 大きく開い, 射て, 惹くもの, 拭きながら, 擧げて, 横に, 注けて, 洗って, 着けた, 瞠つた, 空に, 突いて, 細めながら, 自分の, 見あわせて, 見あわせました, 見つめて, 見合は, 見張ったの, 覺した, 覺す, 覺まして, 赤くし, 蹙める, 転ずると, 通しながら, 鋭くし, 驚かすばかり, 驚かすもの

5 [90件] あけました, あてた, いからせて, うつした, うつすと, おさましに, おとした, かがやかしました, くばりながら, くらますため, さました私, さますこと, さらした, したり, しては, すえた, ぢつと, つけたところ, つける, つぶった儘, つぶる, つぶること, つぶれば, つむる, つむると, とめられて, はなしませんでした, ぱちつかせて, ひからせて, ひかれたの, ひく, ほそめて, みひらくと, むいた, やったとき, パチパチやっ, 上に, 丸くする, 偸んで, 反らして, 向けながら, 向ける, 塞いだが, 外して, 天の, 強く射た, 怒らせて, 患って, 悪くし, 打たれて, 拭いて, 挙げると, 放すと, 注ぎました, 注ぐと, 留めた, 疑うよう, 白黒させた, 白黒し, 白黒する, 白黒に, 眩まして, 眸った, 瞋らし, 瞑じて, 瞑るよう, 瞬いて, 私に, 移しながら, 立てて, 聳てた, 落とした, 見ずに, 見れば, 見合し, 見合って, 見張つた, 覚まし, 蹙めた, 返して, 透して, 通してから, 遣つた, 醒しました, 閉じたが, 閉じぬ, 閉ぢる, 開けば, 離さないで, 離すと

4 [150件] あけたが, おおって, お洗い, かがやかせた, きょろきょろさせ, きよろ, くりくりさせ, くるくるさし, くれたが, くれながら, くれようとも, さえぎるもの, させて, さへ, さまさなければ, さましたと, さましたので, さましたばかりの, さませば, さらして, したの, したまま, しました, すること, そ, そそぎました, そむけずに, そむけた, そらしたの, そらしました, つけたり, つけたん, つけながら, つぶったり, つぶるの, とじました, とられて, ぬけて, のがれること, はなさず, はなさなかった, はなすと, ぱちくりさせる, ぱちくりした, ぱちぱちと, ひくの, ひくもの, ふさいだ, ふさがれて, ふつと, まるくする, みはり, みはると, やること, やれば, よく見る, キョロキョロさせ, ギョロギョロさせ, パチ, パチパチと, パッチリ, 丸めながら, 付けたの, 側だ, 側めて, 偸み, 光らしました, 刺激する, 合せて, 向けるよう, 喜ばせた, 圧えた, 塞いだ, 塞ぎて, 天に, 奪うばかり, 奪った, 奪われて, 射ぬきました, 引いたの, 引く, 恍惚と, 惹き易い, 感じること, 懸けて, 押さえて, 拭ひ, 拭ふ, 持てるヘーレー, 据えると, 放さなかった, 放ちて, 斜に, 明けて, 殺して, 注ぐ, 洩れて, 潰して, 煩って, 異様に, 疑つた, 疑ふばかりの, 疑ふほど, 白黒した, 盗んでは, 眸つた, 瞑る, 瞑れば, 瞑ろうと, 瞠らせる, 細くした, 細くする, 細目に, 落したまま, 落しました, 落す, 落すと, 蔽ふ, 見かわして, 見つめたまま, 見ては, 見はるばかり, 見ようと, 見合った, 見張る, 見据えて, 見開き, 覚した時, 覚す, 覚ましたが, 覚ましたとき, 解いて, 輝し, 迎えた, 送った, 通さねば, 通す, 通すの, 逸らして, 遣ると, 閉じたり, 閉じました, 閉ぢたり, 閉って, 閉開する, 開いた時, 開きぬ, 開けた, 驚かすに, 驚かすばかりの

3 [262件] あきました, あくと, あけたとき, あけたまま, あけること, いからして, いっぱいに, うばわれて, うるおした, おおった, おとしたとき, おとすと, お掛け, お突き, かがやかせました, かけた, かすめまして, ぎらぎらと, ぎろぎろさせ, ぎろぎろと, くばった, くらまされて, くらましたの, くれずに, くれたこと, くれるでも, くれるな, ぐるぐるまわし, こすった, こちらに, こらすと, これに, さけて, さまさせられたの, さまさない, さまさないうち, さまされて, さましそう, さましたところ, さましましたが, さましませんでした, さますよう, さますん, さらしながら, しなければ, しばたたきて, しよぼ, すまして, そばだてて, そらさなかつた, そらしたが, そらしながら, そらす, つけ, つけたが, つけないの, つけねば, つけられた, つけ出したという, つぶしたの, つぶるよう, つぶる様, つむったまま, つむれば, とおした, とおして, とおしながら, とめる, とらえた, のがれなかった, はなそうと, ぱちくりさせた, ひかれた, ひらけば, ふさいだまま, ふさぎました, ふさぐ人, ふせたが, またたいた, またたいて, まはす, まわす, まん, まん丸に, みつめた, みは, みはったが, みはつ, みはる, みはるよう, むいたり, むけました, めがけて, もて汝, やってから, やらずに, やられて, やりますと, やるの, りんと, ショボ, パチパチさせた, パッと, 上ぐれ, 下せば, 丸めて, 丸めました, 他に, 伏せました, 伏せると, 作って, 働かせて, 光らすと, 免れて, 円くしました, 円くする, 出して, 刮った, 剥き出して, 動かして, 半分あいた, 反らした, 合せた, 合は, 合はせ, 合わせて, 向けたが, 向けたこと, 向けないで, 向けました, 向けること, 向けるの, 圧して, 外へ, 外らしたが, 外らして, 外らすこと, 外らせた, 奪うよう, 奪って, 奪はれ, 奪ふ, 定めた, 寄せて, 射る, 射るの, 射る光, 廻さして, 廻したの, 廻すの, 引いて, 引きます, 当てた, 急に, 惹いて, 惹くこと, 惹くに, 惹くの, 感じながら, 我に, 我面に, 打つと, 投げた, 投げて, 押えて, 押へて, 持ちながら, 持てるヘーレー答, 掠めた, 掠める, 掩う, 掩はれ, 擦った, 放しては, 放つて, 放つと, 新に, 明かに, 明きて, 曇ませ, 曝して, 止めたの, 歯には, 泣きはらして, 注いだが, 注ぎつ, 注ぐに, 注ぐの, 無理に, 牽いて, 留めたり, 疑うほど, 疑ったの, 疑って, 白くした, 白黒, 盜んで, 眠った, 眠りて, 瞋らせ, 編んで, 聳たしめた, 蔽ひ, 見かわしました, 見かわすばかり, 見すえて, 見たが, 見たこと, 見たり, 見た事, 見つめながら, 見は, 見ました, 見るよう, 見交して, 見合せたり, 見合わした, 見張ったが, 見張りました, 見詰めて, 見開いたの, 見開いたまま, 見開いた時, 覚したが, 覚したの, 覚ましたと, 覚ましたよう, 覚ましました, 触れて, 赫かせ, 走らせ, 走らせる, 走らせると, 蹙めつ, 転じた, 転じたとき, 輝かしました, 輝かせた, 輝かせながら, 迎えて, 通したり, 運んで, 過ぐる, 遣った, 避けながら, 避けるため, 閉じる, 閉じ口, 閉て, 開いたり, 開いては, 開いても, 開きますと, 開けたが, 開ける, 開らくと, 離さない, 離しては, 食べ頃と, 駭せり, 驚かした, 驚かす

2 [717件 抜粋] あいたの, あいたまま, あいた時, あかくし, あぐれ, あけた時, あけても, あけなかった, あける, あげずに, あげたとき, あげては, あげながら, あたりに, あつめた, いからしキバ, いからし口, いそいで, いるよう, うか, うしろの, うたがうよう, うっとりさせ, うばうほどの, おさえて, おとめに, おどろかすほどの, おほ, お前は, お廻し, お放し, お止め, かがやかすと, かがやかせながら, かけたこと, かけるに, かの美しき, きょとんと, きよと, ぎょろ, ぎょろりと光らせ, ぎらぎら光らし, くばる, くらましたり, くらますの, くりくり動かし, くるくるうごかし, くるくると, くるりと, くれただけ, ぐるぐる動かし, こしらえて, こすり, こすりこすり起きて, こらしました, これより, さえぎって, さまさせまいと, さまさせられた, さまさなかった, さまされたよう, さまされる, さましそれ, さましたが, さましたでしょう, さましたらすぐ, さました人, さました男, さまします, さましません, さまし又, さますかも, さますまで, さます気配, さませ, したという, した大きな, した女, した若い, した顔, しのんで, しばしばさせ, しばたたいたが, しばたたいたの, しばたたき, しや, じっと据え, すいた様, すえたまま, すえる, すえると, する, するの, すゑて, そばだたせるよう, そばめた, そらさずには, そらさないで, そらしたり, そらすの, そらす事, そらせて, そらせば, ちらと, ぢツと, つけそれ, つけたこと, つけたと, つけての, つけても, つけないで, つけなかった, つけますよ, つけられたの, つけられるの, つけるという, つけるべきところ, つける人, つける何より最も, つぶったま, つぶってから, つぶらせて, つぶり, つぶりて, つぶり三十分, つぶるん, つむった, つむり耳, とおしはじめた, とじても, とじる, とめたもの, とめられたい, とろんとして, なおして, ぬぐった, ねむったまま, ねらって, のぞき合った, はなさず見て, はなさない, はなさないで, はなしました, ぱち, ぱちくりさせました, ぱちくりやっ, ぱちくりやった, ぱちぱちやっ, ぱちぱちやりました, ぱっちりあけ, ぱっちりし, ひいて, ひからして, ひかれる, ひきつけたの, ひきつけて, ひきます, ひき易い, ひらきしに, ひらきて, ふさいでは, ふさぐ, ふせた, ほかへ, まじまじと, まばたきさせて, まばたきも, まばゆうし, まわさないよう, まわした, まわすの, まんまろに, みせて, みた, みたの, みはったので, みはったまま, みはっても, みはらせるよう, みはり耳, みるよう, むきました, むき出して, むく, もちながら, もち文学, やっただけ, やった私, やらぬタチ, やり, やりましたが, よそに, わが方, カッと, ギョロリと, ギロリと, クシャクシャと, クリクリさせ, クルクルと, ジッと, パチッと, パチパチさせました, パチリと, マリユスの, 一層小さく, 一杯に, 一段視開き, 上げた時, 下げて, 両手で, 丸くしました, 他の, 付けると, 仰ぐ筈, 伏せるの, 伏せ声, 保有し, 信じること, 俯せた, 借りて, 側てて, 光らかして, 光らしたが, 免れるつもり, 全然閉ぢ, 円に, 冴えさせて, 凹まして, 出さない用心, 利用する, 刮つ, 刮つた, 前に, 剥いたの, 剥く, 割って, 動かさなかった, 半分閉じ, 半分開い, 取って, 取られるから, 合せると, 合わせると, 向けさせるだけ, 向けなかった, 向けようと, 嘗めて, 地に, 塞ぎぬ, 塞ぐ, 外した, 大きくむい, 大きく明い, 大きく開いた, 大に, 天井へ, 失って, 奪うもの, 奪はれた, 奪はれたる, 奪われるの, 宗七は, 射むとするは, 射られて, 射るもの, 射るやう, 射抜きました, 屹と, 峙て, 左右に, 庭へ, 廻しただけの, 廻した上, 廻した子供, 廻すよ, 廻すよう, 引く物, 張るクロニオーン, 彼に, 待って, 御覧に, 忍びて, 怖, 恐れて, 悉く画いた, 惹かれて, 惹かれるもの, 惹くの愚, 惹くやう, 惹くよう, 慰めた, 憚つて日が, 我慢し, 手の甲で, 打たれどこ, 打つた, 打つ幻覚, 投げながら, 抜けて, 押瞑つた儘, 招いて, 拭いた, 拵えて, 挙げた, 捉へ, 据えたまま, 据えなければ, 据ゑてゐると言つても, 掛けたと, 掛けましたから, 掛けられた召使, 掛けられて, 掩うた, 掩ふた, 擦つて, 放さず, 放さない, 放すこと, 放すな, 放そうと, 放ちました, 放つ, 斬る前, 日に, 昏ます, 晦まして, 曝らし, 楽しませること, 楽しませるもの, 欲り, 欹てた, 此方に, 殺し兼ねないぜ, 泣きはらしながら, 泣き脹らしたお, 泣き腫らして, 注がなかった, 注ぎて, 潜って, 潤ませて, 爛々と, 牽く, 現わし, 留めながら, 留めました, 留めるであらう, 畳の, 白いもの, 盗むこと, 盗むよう, 眩しかねない, 眩した, 眩ませて, 眸り, 着けるので, 瞑ぢ, 瞑つたの, 瞑つたま, 瞑つた儘, 瞑りて, 瞑るばかりに, 瞑る程, 瞠らず, 瞠りました, 瞬いた, 瞬きさせた, 私の, 私は, 移したが, 移しました, 空の, 窓に, 竹山の, 糸の, 紀久子の, 細め, 細めた, 組んで, 縛り同時に, 考へて, 脱ける, 脱れる, 落しながら, 落としますと, 著け, 蓋して, 蔽いたかった, 蔽ふて, 血走らせた牡牛, 表し垂れた紙, 覆うて, 見えるよう, 見ず松籟, 見せたこと, 見せられるの, 見せる, 見せる事, 見たか, 見たという, 見た上, 見た時, 見ないやう, 見ながら, 見ぬうち, 見はったの, 見はりながら, 見はりました, 見ひらいた, 見ひらいたまま, 見るに, 見るは, 見るもの, 見る事, 見る時, 見交わして, 見合せ, 見合せようと, 見合せること, 見合わせ, 見合わせながら, 見合わせました, 見張ります, 見張ツ, 見開きながら, 見開きました, 見開くと, 視張つて, 覗き込んだ, 覚された, 覚し, 覚ましたところ, 覚ましますと, 覚ますこと, 誤魔化した, 誤魔化して, 赤くした, 赤くむい, 赫やかせ, 起すと, 転じたが, 転じよう, 転じると, 輝や, 辿らすと, 近づけて, 追って, 送ると, 逃れて, 逃れること, 通したが, 通したの, 通した平次, 通します, 逸らした, 運んだ, 過ぎて, 遣れば, 遮ぎる物, 遮る物, 避けた, 配つてゐる, 配る, 醍し, 醒さないよう, 醒したの, 醒しゐて, 醒ますが, 鋭く射た, 閃かせながら, 閉じたの, 閉じても, 閉じながら, 閉じ耳, 閉ぢたま, 閉ぢぬ, 閉ぢました, 閉ぢ口を, 開いたとき, 開いたまま, 開いた野村, 開かせたもの, 開き, 開きまた, 開けますと, 開こうと, 附けたの, 隠されて, 集めた, 離さなかったん, 離した, 離れたので, 離れつつ, 静かに, 顔一ぱいに, 顰めて, 駭かす, 驚かさぬは, 驚かし三日, 驚かす筆勢, 驚かせること

1 [5496件 抜粋] あいたぞ, あいた身毒, あけたこと, あけた三四郎, あけるでしょうね, あげた瞬間, あげること, あそばせるの, あはせ, あわてて, いからせ拳, いっそう細め, いるの, うたがうほど, うたれは, うつしながら, うばうよう, うろ, おおいたいばかり, おおうよう, おきて, おさましなすッ, おとし自分, おどろかすばかり, お刺身, お玉さんの, お醒ましなさい, かがやかせた川本千里, かくして尚, かけた女, かけられてるやう, かけ口癖, かすめた物, かすめ契り, かのた, きょろきょろし, きろきろと, ぎろりと光らせ, くぐる要領, くばったり, くらまし心, くらませ心, くるくる動かし, くれず呂宋兵衛, くれなかったかという, くれるやう, ぐりぐりさせ, けわしくし, こすつた, こすりこすり起きた私, こすること, こぼれた一塊, これ, ごらんなさい, さくとは, させずしかも, さまさせないやう, さまさせること, さまさないの, さまされた時, さましかかってるよう, さましたじぶん, さましたらどう, さましたハーキュリーズ, さました時躰, さました頃, さましは, さましませんでしたが, さまし下宿, さまし怪しい, さまし父, さまし食事, さますぢ, さますほか, さます星, さまよわせて, さらす幾千, しきりに働かせ, したので, した可愛い, した男の子, した馬蝿, してじつと, しばたたかせたが, しばらく湖水, しよぼし, じっと背嚢, すいたよう, すぐ三四郎, すました詩集, するりと抜ける, せな円み, そそぎつつ, そなえ五十, その深, そばだてたの, そむけさせる, そむける暇, そらしたほど, そらすよう, そろえ内部, たてるとき, たのしむよう, ちょっと此方, つかって, つぎ込んで, つけすきを, つけたのよ, つけた万吉, つけた重要, つけてる者, つけなくては, つけやがった, つけられてるの, つけられ美し, つけるべきです, つけカフェー, つけ女, つけ開港後, つぶされいま, つぶったまま寝返り, つぶってでも, つぶつてても, つぶつて口に, つぶつて縛りました, つぶつて静かに, つぶりそう, つぶり大声, つぶるどころ, つぶッてら, つむりそれから, つむるもの, つり上げ頭髪, とおす職責, とじた姿, とじ神様, とめかすか, とめないが, とめわが, とる家統, なきはらして, なされた天下, ぬくと, ぬすむため, ねむらない民子, のがれるためパリー, はがしてまで, はたらかせて, はなさず希望, はなし肉眼, はばかるよう, ぱちくり泡, ぱちぱち鼻, ぱつちりと蒋生を, ひからせながら, ひかれ初めるもの, ひくく垂, ひく店, ひやそうと, ひらきますと, ぴかぴか光らせ, ふさがれました, ふさぐ前, ふせました, ぶらりと二尺, ほとんど閉じ, またたかせながら, まっ赤, まるくさせ, まわしたと, まわしながら, まわそう, みせるぞ, みないこの, みはったほど, みはらせたのみ, みはりそも何物, みはり息, みはる間, みひらけり, むいた顔, むき息苦し, むけたせつな, むけ久しく, めぐらしほか, もたないある, もった調律師, もて見たり, やったけれ共, やった途端, やりちょうど, やる時, よくさまし, よろこばす, わが詞, オドオドさせ, ギラつかせ, グリつかせ, チーンと, パチつかせた, ベアトリーチェに, 一つところに, 一層細め, 三四郎に, 上げつつ, 上げる力, 上目に, 世界の, 丸くなさる, 予感させる, 交わして, 付けたんで, 付け口, 伏せたその, 伏せるよう, 伏せ隊長, 何者かに, 使わないから, 俯せながら, 偸む恐ろし, 傷ましめるもの, 先に, 光らした個所, 光らす, 光らせる, 入れたの, 其処に, 再び彼, 凍らせて, 出すの, 別段変つた目, 刺戟した, 剥き出した, 力なく, 動かすと, 半ば閉じ, 去らずに, 反らすので, 只真黒, 合わすの, 吊るし上げて, 向けたし, 向けても, 向けられなかったの, 向け頭, 吸われるほど, 喋舌つた, 喜ばせる, 回したの, 圖くし, 垂れしめし者, 堅く瞑っ, 塞いでや, 売って, 外し出した, 外らす壁張り, 大きくあけ, 大きく大きく見張つ, 天地自然の, 奪ひ, 奪われないわけ, 娯ま, 定め耳, 射ざるか, 射た言う迄も, 射るよう, 小さくする, 少し恥ずかし, 届かせずには, 川瀬に, 平土間で, 廻しさ, 廻しなすった時, 廻すやう, 引いたもの, 引きてかの, 引くもの, 引断れよ, 強めて, 待ち構, 忍ばせて, 忍ぶよりも, 怒らしたり, 思いっきりピシリ, 恐れると, 悦ばせます, 惹いたが, 惹かんと, 惹く物, 意識しない, 感じるほどの, 慰むべき風景, 懸けさせたまうので, 或る, 打ちぬかないか, 投げかけて, 抜くお, 抜こうなぞと, 押切ッて, 拭うと, 持たなくなつ, 持つたニヒリスチツク, 挙げたが, 振顧ら, 据えました, 据え眉, 据ゑてゐる看客は, 据ゑ白い, 掠め, 探そうとしても, 掩つてゐる, 掻きながら, 揺かすかを, 擦った帰途, 支配し, 放さなかつた, 放すまいと, 放たないの, 放れた瞬間, 新しくせよ, 明けると, 晦す, 暗くした, 書いて, 有して, 末造の, 柴指という, 楽しましめた, 楽ませる, 欹れ, 止めながら, 武田の, 汚しましょう, 泣きはらそうと, 注いだなりいつか, 注ぎ出したの, 注ぐやう, 洗ったと, 流すべき島山, 深めて, 漏れる暑い, 潤ませたもの, 灌ぐとどの, 照らして, 父の, 牽くに, 生じた, 留めこれ, 留めぬであらう, 疑いながら, 疑わざるを, 癒し, 白黒さした, 盗んでも, 直して, 眠ったまま, 眩うする, 眩ますもの, 着けたが, 着けるほどの, 睡ると, 瞑じ胸, 瞑つたり, 瞑らうと, 瞑り相手, 瞑るわけ, 瞠らせられた, 瞬く間, 示して, 移したり, 突いた神, 突付い, 紊し奉, 細くひらい, 細めつつ, 終えること, 締め直しつつ, 繃帯し, 考えて, 肥やして, 胸もとへ, 致したから, 茫然と, 落すより, 蒙ったとも, 蔽ひたい事件が, 血走らせ薄い, 要求した, 覆つて, 見あわせだまって, 見かわす必要, 見せたり, 見せられたばかり, 見せるよりはと, 見たこれら, 見たら一, 見つめあって, 見ないよう, 見はった今, 見はりましたが, 見ひらきそして, 見やがった, 見るぜ, 見るのう, 見る間, 見交した所, 見合せたまま, 見合せるやう, 見合わしつ, 見合わせると, 見張つたの, 見張りて, 見張り耳, 見張る思い, 見続けて, 見開いたら安部君, 視張って, 覚えず其方, 覚さぬ内, 覚したらその, 覚した良人, 覚し受話器, 覚すじゃ, 覚まさせた, 覚まされたと, 覚ましたまでは, 覚ました時分, 覚まし寝返り, 覚ますふり, 覚まそうと, 覺された, 覺まされな, 解掛け, 許さずに, 語つてゐる, 讀んだ, 赤く泣きはらし, 走らせながら, 踏み抜いて, 転じなければ, 輝かしだしたもの, 轉らさば多くの, 近づけ中, 追うと, 逆釣らせ, 通さないもの, 通したこと, 通した書物, 通し出した, 通すだけの, 通るであろうこと, 逸すより, 逸らすこと, 遍くこの, 遣ってから, 遮ぎるものがない沃野, 遮りは, 選んだかと, 避けるやう, 配つて居りました, 配るに, 醒されでも, 醒した人, 醒し納戸一つ, 醒まさう醒まさうと, 醒ましたと, 醒まし労, 醒むる, 鋭く光らした, 閃かして, 閉じたきり, 閉じてから, 閉じ合掌, 閉じ身, 閉ぢよと, 閉つてゐられる, 閉づれば片, 開いたの, 開いてるが, 開かなかつた, 開きつつ, 開き膝, 開けずに, 開けること, 防ぐ楯, 附ける, 附ました, 隠し耳, 集めました, 離さず見張って, 離さなかつた, 離しやしませんよ, 離る, 青江の, 食った犬, 養う上, 駅長に, 驚かし医薬製煉, 驚かす數, 驚かせる程

▼ 目~ (15099, 22.2%)

276 見えて 259 ついた 130 涙を 128 つく 105 なって 101 かけます 98 見えるよう 95 あって 66 逢は 62 ついたの 61 逢って 57 して 52 つくの 51 かけましょう 49 立って 42 入った, 残って 41 浮んで 39 映った 36 つきました 35 見えないやつ 34 会って 33 涙が 32 つくと, 遭って 31 あった, つくよう, 浮ぶ 30 浮かんで, 見えぬもの, 見えるやう 29 かかれて, なると 28 あわせて, とまった, 見えるもの 27 いっぱい涙, 入る, 掛って 25 あったの, かける, つきます, 見て 24 かかって, した, 入るもの, 映って 23 あうの, かかること, 立つ, 見えないもの 22 あったこと, あてて, 付いた, 立つて, 逢うの 21 あつた, かかるの, かけよう, かけること, とめて, なる, はいった, 懸って 20 あは, つくもの, なった, はいりました, 物見せ, 逢つた 19 かけて, 浮んだ, 立った, 見える, 見るよう 18 入って

17 [12件] あつて, うかんで, かけましょうか, かけようと, 懸りたいと, 映ったの, 見えた, 逢いました, 逢った, 逢ひました, 逢ふ, 逢わせて

16 あわされて, しみて, ついて, 入つた, 入ると

15 うつった, ついたもの, つきやすい, なつた, 映る, 私は, 立つの, 見えない力

14 かけました, かけますよ, つくこと, つくやう, のこって, みえて, 出て, 合わせて, 彼は, 逢うか

13 うつる, ついたが, ついたので, つくところ, 会った, 物を, 立つよう, 見えない人間, 遭ふ, 附く

12 あいました, あうかも, かけませう, とまりました, 入るの, 描いて, 着いた, 見えるの, 逢いましたよ, 遇は

11 [15件] あうこと, あっても, ある, あわして, かけたいと, かけますから, かけようか, かけると, とまって, 懸つて, 立つほどの, 見耳, 逢ったの, 逢わされて, 遭った

10 [16件] かかる, かけた, かけたいもの, かけたの, とまったの, なつて, ものを, 合は, 懸ります, 映じた, 映つた, 浮べて, 立つもの, 触れて, 遭は, 遭わせて

9 [30件] あてた, かかると, かけたい, かけますが, かけますわ, かけるつもり, かけるの, したこと, しみる, すると, つかないよう, なるの, はいったの, 付く, 会ったの, 会わして, 入ったの, 入りました, 入れて, 帰って, 当てて, 掛りたいと, 止った, 止まった, 見ても, 觸れる, 逢う, 逢うかも, 遭ったの, 餘る

8 [42件] あうか, あったよ, うつったの, うつるもの, かかったの, かかる事, ちらついて, つくから, つくが, つくので, つくほど, ふれて, 会うか, 会ったこと, 会は, 会わされて, 入らない, 入らなかった, 出る, 合って, 始めて, 掛つた, 映じて, 映るもの, 残つてゐる, 浮かぶ, 浮ぶよう, 涙の, 着く, 立つほど, 見えない怪物, 見えぬ力, 見えます, 見えるほど, 見るもの, 角を, 触れた, 逢いながら, 逢ったこと, 遇つた, 遭うの, 遭ひ

7 [37件] あう, あうぞ, あうもの, あわされるの, かけるもの, したの, しみた, それと, つく場所, 一杯涙を, 会うの, 会わせて, 出遇, 合せて, 懸つたの, 掛けよう, 掛ること, 来て, 浮ぶの, 立たない, 立つこと, 見えない, 見えないところ, 見ること, 見るやう, 触れたの, 觸れ, 逢うぞ, 逢はせ, 逢わされた, 逢わされるか, 逢わして, 遭いました, 遭うか, 附いた, 附いて, 陥って

6 [52件] あうと, あうに, あったん, ありありと, あわされた, あわせたな, あわなければ, うかべた, おあい, かかれないと, かかれないの, かかれること, かけませうか, かけるという, つくばかり, なみだ, 一丁字も, 会う, 会うこと, 会っても, 僕は, 入れた, 座へ, 懸ったの, 掛つたこと, 掛る事, 映つて, 映るの, 止まって, 止りました, 私を, 立たぬよう, 立つた, 立つばかり, 立つ程, 見えたり, 見えぬ神, 見えぬ鬼神, 見える様, 見せて, 見たの, 見れば, 触れること, 触れるもの, 觸る, 逢うこと, 逢ったん, 逢った事, 逢つてゐる, 遭うかも, 附いたの, 陥ること

5 [78件] あいましたよ, あうよ, あわせること, あわせるの, うかぶ, かかるそう, かかる折, かかれなくて, かかれると, かかれるよう, かけに, かけましょうね, かけますと, かけるよ, かけるよう, さへ, しても, しながら, すること, たって, ついたり, つかなかったの, つけて, とまる, とまるの, とりついて, なったの, はか, ふれるもの, 会うと, 余って, 入らないの, 入れると, 切上げて, 夕食を, 家を, 当って, 懸り度, 掛けます, 映ると, 死んだ, 死んだの, 沁みついて, 留った, 留まった, 當てた, 立つから, 立つので, 至って, 見えないが, 見えぬほど, 見えぬ世界, 見えぬ大きな, 見えるところ, 見えるほどの, 見える程, 見た俤びと, 触れないよう, 觸れた, 貴人の, 這入つた, 逢ったという, 逢ったよ, 逢っても, 逢はせる, 逢わされるの, 逢わせや, 逢わせるの, 遇ったの, 遇って, 遇ふ, 遭うと, 遭ったこと, 遭ったもの, 遭わされて, 陥ったの, 陥つた, 集めて

4 [140件] あうところ, あうよう, あうん, あたる, あったと, あったもの, あっては, あひま, あふれて, あまるもの, あるもの, あわされたん, あわせたの, あわせやがった, いつまでも, いれた, うつって, うつつた, うつりました, お逢, かかっても, かからせて, かかるまでは, かかれないかも, かかれるか, かかれるかも, かかれるなんて, かけなければ, かけるから, かけん, したり, しみるよう, し耳, するの, たちて, たつの, ためて, つかない, つかないところ, つかないやう, つかぬよう, つきて, つきやすく, つくだけ, つくという, つくほどの, とまったもの, なっても, なります, なるだろう, はいったもの, はいらなかった, はなみだ, みえるやう, みえるよう, やつと, 一ぱい涙を, 人を, 付きます, 付く程, 会いながら, 会いました, 会うかも, 会うから, 会ふ, 住んで, 何か, 余ること, 余るほど, 入らぬか, 入るかぎり, 入れても, 切って, 合わして, 微笑を, 懸りに, 懸るとは, 掛けて, 掛けましょう, 掛った事, 掛ります, 掛りませんが, 掛るの, 掛れば, 描きました, 映ったので, 映ったもの, 映るは, 映るばかり, 最も影響, 會は, 會ふ, 止まったの, 残った, 殘つて居る, 気を, 江戸へ, 沁みた, 浮かぶの, 浮かべて, 浮べた, 浮べると, 留まったの, 着いたの, 着いたもの, 着くの, 笑みを, 自分の, 見えたの, 見えたん, 見えないよう, 見えない大きな, 見えぬ手, 見えぬ縄, 見えぬ魂, 見えるか, 見える形, 見える物, 見たこと, 見ゆ, 見ゆるもの, 見ゆるよう, 触るるもの, 触れるの, 訴へる, 逢いそう, 逢うから, 逢うと, 逢うところ, 逢ったか, 逢ったと, 逢ひ, 逢わされたの, 遇うか, 遇うの, 遭う, 遭ったと, 遭っても, 遭はせる, 陥つて

3 [258件] あいましてね, あいますよ, あうもん, あおうとも, あけて, あたつ, あったか, あったが, あったね, あったり, あった話, あつたの, あはせ, あひ, あふの, あらわして, あれば, あわされるか, あわされるん, あわしたの, あわすの, あわせたん, いれると, うかびました, うかんだ, うつったもの, おうて, お会い, かかっては, かからなかった, かかりたいと, かかりに, かかるたび, かかるつもり, かかれたこと, かかれないん, かかれようとは, かかれるの, かけ, かけたところ, かけましょうと, かけやしょう, かけるか, かけるまで, かけるやう, かける事, かける必要, かける訳, くっついて, この家, こめて, これを, したもの, した時, しみました, すぎない, それが, たった, たつこと, たつよう, ついたから, ついたと, ついたは, ついたはず, つかないで, つかないの, つかなかった, つかぬはず, つかぬほどの, つく人, つく所, つく様, つけば, とまったよう, とまらない, とまらないほど, とまらなかった, とまりましたか, とめた, なったが, なったという, なった時, なりました, なりますと, なるか, なるから, なるでしょう, のこった, はいった時, はいらない, はしなくも映った, ふれないよう, まざまざと, また一人, やつて, アリアリと, チラついて, 一つの, 一人の, 一度ずつ, 一度という, 亡せ, 今度は, 付かないところ, 付くやう, 会うて, 会ったって, 会ったん, 会つた, 会つてゐる, 会わされるか, 会わないよう, 会わなければ, 何が, 何と見る, 余る, 余るよう, 入ったと, 入ったので, 入らず, 入らなかったの, 入らぬ, 入らぬよう, 入ります, 入るので, 入るよう, 入るを, 入る限り, 切りあげて, 力を, 合つた, 岸本は, 幾度も, 強く映った, 当たる, 彼の, 御覽, 微かに, 慣れて, 懸ったが, 懸った事, 懸らなければ, 懸りました, 懸りませんが, 懸ること, 懸ろうとは, 手を, 掛かって, 掛けたい, 掛った, 掛り度, 掛ると, 掛れない, 描いた, 描いたの, 描かれて, 於いて, 於て, 映じたもの, 映ずるの, 映らない, 映りて, 映ります, 映るよう, 會つた, 残つて居る, 残りて, 殘つてゐる, 殘り, 沁みて, 沁みる, 泌みる, 泛ぶ, 泛べ, 浮かべました, 浮かんだ, 浮かんだの, 浮びました, 浮び來, 浮ぶと, 浮べながら, 熱い涙, 物の, 物見せん, 留ったの, 留って, 留つた, 留まつたの, 留まりしは, 留めると, 留る, 眼帯を, 着いたが, 着いて, 立ったが, 立ったの, 立つやう, 腰を, 船底に, 見えない或, 見えない手, 見えない糸, 見えない細い, 見えない透明人間, 見えない運命, 見えぬか, 見えぬ位, 見えぬ何物, 見えぬ変化, 見えぬ糸, 見えぬ繩, 見えるので, 見える世界, 見える人間, 見える限り, 見ては, 見ながら, 見られるの, 見る, 見ると, 角立てて, 触るるなし, 触れずに, 触れると, 触れ耳, 近づけて, 逢いましたので, 逢えば, 逢おうも, 逢ったが, 逢ったもの, 逢ったよう, 逢つ, 逢ふこ, 逢わされる, 逢わされるかも, 逢わせたん, 逢わせました, 逢わせるん, 逢わないうち, 遇うかも, 遇はせ, 遇ひ, 遇ふかも, 遇わされた, 遇わして, 遭うて, 遭ったよ, 遭った事, 遭つた, 遭つたのは, 遭つても, 遭わして, 遮るもの, 附くは, 陥った, 飛び込んで, 馴染んで

2 [788件 抜粋] あいながら, あいます, あいやしたよ, あうという, あうばかり, あう事, あざやかな, あたる日, あったかを, あったそう, あったな, あったよう, あった人, あった時, あってるの, あてました, あてるの, あふから, あまること, あり, あわされたこと, あわされたの, あわされました, あわされる, あわせた, あわせたあの, あわせた奴, あわせようという, あわせるん, いた, いたりて, いつぱい涙, いれたの, うかべて, うかべるよう, うったえて, うつらぬはず, うつると, うつる女, うまく見えなけれ, おかけ, おちるかも, お合わせ, お父, お蝶, お遭い, かえってきた, かかったとき, かかった時, かからずに, かからぬよう, かからば, かかりたがって, かかります, かかりません, かかるところ, かかるなんて, かかるまで, かかるわけ, かかる日, かかれたの, かかれたのに, かかれないかと, かかれないこと, かかれないまま, かかれないよう, かかれまして, かかれますわ, かかれませんと, かかれようと, かかれるで, かかれるや, かかれるやら, かけずに, かけたいほど, かけたらその, かけた筈, かけた通り, かけないほう, かけねば, かけましたが, かけますかな, かけますぜ, かけようかな, かけようじゃ, かけられないの, かけられるよう, かけるが, かけるとき, かけるほどの, かけるわけ, かける奴, かける方, かける物, かければ, かけ得る時, かわって, くるの, こ, し, しないと, しみるほど, しむ涙, すぎないもの, するところ, するやう, その男, それを, た, たのむ寒き, たまって, ちらついた, ぢつと, ついたろう, ついた物, つかざるを, つかないとは, つかない様, つかなくて, つきだした, つきましたの, つき出したの, つくか, つくその, つくであろう, つく庭, つく点, つく物, つく私, つく程, つく處, つく虞, つけると, とまらないの, とまらなければ, とまりません, とまるよう, とめたの, とめました, なったり, なりますか, なりますが, なるが, なるという, なる時, のこる, はいったよう, はじめてさう, はじめて彼, はっきりと, ふれること, ふれるの, ふれ耳, ほろりと, また空襲警報, みえないところ, みえぬ大きな, みたとき, わずかに, エプロンを, チラつくの, ハッキリと, ヤッツケられ, 一丁字なき, 一丁字の, 一度廻っ, 一種の, 一羽来る, 上から, 上った, 丸屋の, 主人の, 亡くなって, 付いたの, 付いたは, 付きやすい, 付くと, 付くほどの, 会うかを, 会うた, 会うん, 会う事, 会ったが, 会ったと, 会った事, 会っちゃあ, 会っては, 会つても, 会つて来た, 会わされたの, 会わされる, 会わされるの, 会わせたの, 会わせるから, 何の, 何も, 余ると, 余るひろげ方, 例の, 俺の, 僅かな, 光るもの, 入ったとき, 入つたの, 入らないよう, 入らなかったよう, 入らぬと, 入るが, 入るでも, 入るには, 入る物, 入れたところ, 入れたの, 再び美食, 冬に, 出勤した, 出會, 切ったの, 勇ましく鉄橋, 又目, 合うの, 合ったの, 合わされて, 合わせるの, 同室の, 在るが, 坐つて, 変って, 夕飯を, 多少の, 天下が, 好しと, 妙に, 妻は, 姫を, 姿を, 娘の, 宿へ, 宿りたいな, 尼提の, 届いた, 左門は, 幻の, 張の, 当るの, 彼女は, 御櫃, 微笑が, 快くは, 怒りを, 急に, 息子が, 感じるの, 懸けました, 懸けます, 懸ってから, 懸っても, 懸りお, 懸りたいが, 懸りたいので, 懸りたしと, 懸りましたあなた, 懸るさ, 懸るの, 懸れるの, 戻って, 戻つた, 押付けられて, 持って, 掛かつ, 掛からうとは, 掛かること, 掛けた, 掛けたあれ, 掛けないから, 掛けなければ, 掛けまする, 掛けようと, 掛ける, 掛つてお話を, 掛らない, 掛りたう御座いますが, 掛りとうございます, 掛りに, 掛りましょう, 掛りますから, 掛る方, 掛れるの, 支那の, 敵意が, 新しい白丁, 映じたまま, 映じる, 映ずるもの, 映ずるを, 映った時, 映らず永, 映りました, 映る巴里, 映れば, 暑を, 曇りが, 最も生き生きと, 會つても, 會つてゐる, 村の, 来た, 止ったの, 止つた, 止まるもの, 止めて, 歴々と, 死んで, 死亡する, 残つて居た, 残るの, 殘る, 母は, 水を, 沁みるほど, 沢山の, 泛べて, 泪を, 浮かべた, 浮びます, 浮ぶので, 消えて, 涙, 湛へて, 溢れた好意, 潤いが, 炬燵を, 照る月, 父を, 物が, 狂いの, 猛烈の, 珍しく映つた, 現はれた, 産を, 留まったから, 留まったもの, 留まつた, 留まる, 留まるもの, 留めて, 番頭の, 病気に, 痛いほど, 登った谷, 白いもの, 目的の, 相手の, 真実が, 着いたので, 着かない服装, 着くこと, 着くよう, 神の, 私初めて, 移るさ, 立たないやう, 立ちて, 立ちに, 立つが, 立つし, 立つほどは, 立つ処, 立つ山, 立つ様, 立つ樣, 立つ雄大, 立到った, 紅し桃, 紅白粉まで, 編んで, 自分は, 落ちた, 見えず, 見えだして, 見えないと, 見えないの, 見えないほどずつ, 見えない事, 見えない位, 見えない将来, 見えない恐怖, 見えない物, 見えない生活, 見えない程, 見えない者, 見えない長距離, 見えぬあやかし, 見えぬところ, 見えぬ不思議, 見えぬ人間, 見えぬ何, 見えぬ土台, 見えぬ怪物, 見えぬ所, 見えぬ敵, 見えぬ鍵盤, 見えぬ霊魂, 見えぬ風, 見えやしないと, 見えるかぎり, 見えること, 見えるその後姿, 見える事物, 見える景色, 見える縁側, 見える自然界, 見え出して, 見え耳に, 見せるやう, 見つめて, 見に, 見ねばこそ, 見ゆること, 見ゆるに, 見られるよう, 見るだけでも, 見る或, 角立てた, 触れさせて, 触れたもの, 触れないとも, 触れるか, 触れれば, 触れ心, 觸れず, 訴えて, 起きて, 起きれば, 近くうつれ, 返事を, 送られながら, 這入って, 這入つたの, 逢いなすったね, 逢いましたが, 逢いました皆, 逢います, 逢いますよ, 逢うもの, 逢うわけ, 逢う筈, 逢おうと, 逢ったぜ, 逢った方, 逢つたお, 逢はう, 逢はずに, 逢ふから, 逢ふんです, 逢わされたかと, 逢わされるぞ, 逢わした奴, 逢わすぞ, 逢わせた, 逢わせましょう, 逢わなければ, 逸疾く, 遇うこと, 遇ったこと, 遇つた習慣といふ, 遇て, 遭うこと, 遭うた, 遭うところ, 遭され, 遭ったか, 遭った者, 遭ってから, 遭つたれ, 遭つてる, 遭はんならん, 遭わされたと, 遭わされました, 遭わされるの, 遭わすか, 遭わせや, 遭わせること, 遭わせるよう, 遭われたの, 遭遇した, 重吉が, 阿弥陀仏とも, 阿彌陀佛とも, 附くの, 附くので, 雨が, 雨の, 青葉山ほととぎす初, 風が, 飛びついて, 餘りました, 髣髴と, 黒く木末, 黥を

1 [6342件 抜粋] あいこの世, あいますまでは, あうぜ, あうは, あおうと, あっしたちの, あったなどと, あった我々, あってから, あてたまま, あの無月, あふなんて, あまねく内外, あまる時, あらわれたの, あるといふ, ある甚三郎, あわされたので, あわされること, あわしなすった, あわす話, あわせた人, あわせましたが, あわせるとか, あわないならフランス, あわれや, いたと, いっぱい媚, いやらしい蛇, うかべました, うつった声, うつり耳, うつる天, えがいて, おかかり, おとしいれられた漁場, お供えに, お念仏, お逢いなさる, お遭いなされました, かかったので, かからない, かからなくっても, かからぬ中, かかりたいん, かかり候由, かかるさ, かかる今日, かかる玉鬘, かかれた十二月初旬, かかれなくつて, かかれました, かかれませんの, かかれるもはや, かかれる豫定, かけたあれつきり, かけたい方々, かけたくないと, かけたらば, かけた太夫花魁共, かけないよう, かけましたらその, かけますか, かけまするわ, かけよう此方, かけられるだらうと, かけるばかり, かける態度, かにかくに, きっと結う, くっきりと, こっそりと, この醜い, さあるべき, さやかなる, された, しその, した咄嗟, しないの, しみじみと, しみ入るほどの, じっと僕, すなわち一八二〇年, するので, する時, そう見せ, その塊, その燃, そんなに美しく, たちいたるでしょう, たとえば山崎長, たもとを, ちらつき家, ついただけでも, ついた一つ, ついた文句, ついた筈, つかないが, つかない物, つかぬくらいの, つきし, つきますね, つき均平, つくあそこ, つくし通りがかり, つくほどと, つく不景気, つく天麗, つく役, つく秋, つく路傍, つけられ作家そのもの, とうとうこの, とび込んだの, とまった昔, とまらなかったに, とまりそう, とまり万葉, とまれば, とめ耳, どんな文句, なったら諸君, ならねば, なりは, なり居り矢張り妻, なるその, なる評判, にせものと, のこる鮮やか, はいったので, はいらないよう, はいりませんでした, はっきりめいめい, ひしがれて, びゅッと, ふと映じた, ふれたわが国, ふれなかったらしい, ふれるやう, ぶつかったとたん, また与平, また電報, みえないたくさん, みえぬ心, みえ心, めざす都, もてば, やあねえだ, やっと帰っ, ようやくめざす, よく見憶え, わかる看板, アラビヤと, カングリ警部は, ゴミが, チラチラと, ビリビリと, マインツに, 一つを, 一味徒黨, 一度する, 一度眞水, 一枚重ねる, 丁字なき, 三千円の, 上海へ, 両国の, 主治医は, 二人の, 五百メートルの, 人心地が, 付かずに, 付く頭髪, 会いなすったね, 会い自分, 会うに, 会しも, 会ったもん, 会ってるエルンスト, 会ひ足りない, 会わされた晩, 会わされるさむらい, 会わしやあ, 会わせやが, 会わなくては, 佐伯が, 何等の, 余るすすき野原, 余る寄せ手, 作太郎は, 値いする, 偶然或, 光った, 入ったほど, 入つた玉屋, 入らない建物, 入らんか, 入りましたかね, 入るか, 入るものみんな, 入る時間, 入れたあの, 入れなければ, 入ろうと, 再びトラファルガア広場, 冬子一人を, 出かけると, 出会ったこと, 出掛けよう, 出遇ったこと, 切り上げ真直, 初めて女房, 到りても, 勝ちし一點, 十六七かと, 印象し, 受けたので, 可笑, 合うよ, 合すよ, 合ひます, 合わされるか, 合わせないため, 合図足音を, 吸いついて, 喜びの, 団十郎が, 堅くて, 多大な, 大月の, 夫人の, 女子が, 娼婦以下の, 完全な, 家出を, 寄る皺, 射込んで, 就いても, 山の, 工場や, 帰りたうとう, 幼児に, 弁慶橋の, 張りの, 当つて, 当の巽九八郎, 形体を, 往診から, 微妙な, 応召した, 思い浮かべては, 息も, 意味を, 慣れた処, 懸からないよう, 懸けた臆病, 懸けること, 懸ったよ, 懸つたら恁様, 懸らねば, 懸りたり, 懸りましたねと, 懸りますこれ, 懸りませんね, 懸り眼前, 懸るは, 懸れるでしょう, 成る頃, 手向, 抜いた刀, 指を, 掘り出した處, 掛からないよう, 掛かりました, 掛かれやう, 掛けたら可, 掛けますと, 掛けるん, 掛った上, 掛つては, 掛らないつもり, 掛りたいし, 掛りましてネ, 掛り一通り願, 掛るかと, 掛れて, 掛んと, 描いた絵, 播州明石に, 教師は, 断乎たる, 於ては, 日本へ, 明らかな, 映じたその, 映じた天子, 映じるもの, 映ずる特色, 映った行為, 映らなかったほど, 映るお, 映る勝重, 映る蒼い, 時計を, 書いて, 會つた結果ヤケクソにな, 會ひたくなけれ, 未決監の, 来たその, 来るなどといふ, 染みるよう, 桑名の, 楽屋入り寝不足が, 止った諸行無常, 止まつた少年, 止まり絵, 止るが, 武江深川に, 死んでしまつた, 残るしかも, 毎日毎日会わせられる, 永寿庵という, 沁むばかり, 注いて, 流れ落ちた, 浮かぶと, 浮き上って, 浮ぶは, 浮んだので, 消えない, 涙ッて, 港に, 漲水, 灯を, 煙草を, 父に, 物見せんと, 猟師に, 珍らしい, 現われること, 用あり, 画いた, 留まった火入, 留まりましたかな, 留り其次第, 異様に, 痛いくらい, 発掘し, 盲腸を, 真味, 着いたん, 着くと, 睹耳に, 砂糖一斤即ち, 祟りを, 稼ぎ場, 立たず一挙両得, 立たない愼しみ, 立たぬだけ, 立ちの, 立ち極めて, 立った林, 立つなど, 立つ大柄模様, 立つ程垢, 立つ言葉, 笑いかけた, 篠井春子は, 終られました, 緑屋と, 罰せられるの, 美保子は, 聞える銃声, 能見へ, 至っては, 舞台稽古, 芳子から, 落ちずとも, 蒸気船を, 血潮で, 表われ, 見えざる光明, 見えずしかも, 見えたかは, 見えた小遣錢, 見えてるの, 見えないし, 見えないまっ黒, 見えない中心, 見えない境, 見えない心, 見えない指, 見えない法案, 見えない程度, 見えない見知らぬ, 見えない魂, 見えなくなる, 見えぬこわい, 見えぬペダル, 見えぬ先住者, 見えぬ夜, 見えぬ山, 見えぬ微塵, 見えぬ早, 見えぬ波, 見えぬ空, 見えぬ苦労, 見えぬ金剛縄, 見えぬ鞭, 見えますよう, 見えるわけ, 見える力量, 見える心地, 見える状態, 見える証拠, 見え昼は, 見せつけて, 見たよう, 見た瞬間, 見てからの, 見ぬ室内, 見ゆる程ブル, 見られ手, 見るより, 見る如く印象的, 見下ろし, 見出して, 見舞ひ, 親しみを, 触らば, 触れざら, 触れたまま一緒, 触れた限り目, 触れぬ方, 触れるロシア, 触れ為, 言つて胡散臭い, 読まれたの, 負けないくらい, 赤い花一輪, 起つた, 輝いた時, 近づいて, 追われて, 這入った五頭, 通りが, 逢いましたの, 逢い妾, 逢うたって, 逢うとは, 逢う様, 逢ったとか, 逢ったんだい, 逢っちまったん, 逢つたのだ, 逢つた後で, 逢つて居なさる, 逢ふかわからん, 逢ふ気づかひ, 逢わされた事, 逢わされること, 逢わしやしないから, 逢わせた上, 逢わせようと, 逢わせるもの, 逢わねば, 遇いその, 遇うとは, 遇ったとか, 遇つたつ, 遇ふから何でも, 遇わしや, 達する線, 遭いましたなあ, 遭うくらい, 遭うなあ, 遭おうとも, 遭ったところ, 遭った権太郎, 遭つた時あの, 遭ものかな, 遭わされようと, 遭わしてるとこ, 遭わせられた事, 遭わなけりゃならん, 選ばれた, 金が, 長兄の, 閨の, 附くと, 陥ったと, 陥るだろうという, 障る, 雨宮紅庵が, 青山二郎の, 頬を, 飛入らう, 餘り, 駅に, 高輪海岸の

▼ 目~ (9744, 14.4%)

1614 前に 325 前の 293 前で 144 前を 137 前へ 122 中に 109 前には 86 ように 76 まえに 71 前が 67 色を 62 さめるよう 41 先に 40 上に 38 上の 33 男は 32 色が 30 中には, 朝に 28 晩に 27 中を 25 まえの, 覚めるよう, 高さ 24 ような 22 中へ 21 男の 20 さきに 19 底に 18 中から, 中が 17 前は 15 ことであった, ところに, なかに, 前なる 14 とどくかぎり, やうに, 不自由な, 朝でした, 縁を 13 夕方に, 夜に, 届く限り, 煙草を, 見えない人 12 アテーネー, 夜の, 終りに, 酒を 11 まわるよう, 午後に, 晩は, 朝の 10 うちに, ことだった, ふちを, 先の, 光は, 橋の, 色も

9 [13件] くらむよう, ことで, ことでした, ことを, さめて, と, ふちに, 夜は, 方が, 朝, 縁が, 色は, 醒めるよう

8 [14件] さめるやう, つけどころが, ところで, ふちの, まえで, まわりに, 中で, 前いっぱいに, 前から, 前では, 前において, 様に, 色の, 覚めて

7 [19件] あいて, ことである, まへに, まへの, 上まで, 上を, 光を, 右端の, 廻るほど, 悪い人, 悪い客衆, 朝であった, 水を, 男が, 腕を, 茶を, 覺める, 間に, 黒いうち

6 [24件] あるところ, ことだ, すみに, ぱっちりした, ふちが, やうな, 上へ, 仇に, 前まで, 子供が, 左端は, 底には, 朝が, 朝である, 橋を, 毒だ, 涙を, 秋に, 終りには, 色まで, 色変え, 遣場, 銅八と, 銚子を

5 [31件] うちには, うちにも, さめるほど, そばへ, ところへ, なかを, まわるほど, ものを, 中にも, 中の, 低れ, 光が, 前, 夜が, 奥に, 屆か, 徳利を, 手紙を, 授業が, 方へ, 晩, 晩には, 晩の, 朝いつも, 朝には, 朝早く, 朝朱雀大路を, 末に, 男, 色で, 色に

4 [77件] くりくりした, こと, ことです, さきの, さきへ, さめたとき, さめたよう, したに, すが, せいか, ために, ところだけ, ところは, ところを, とどかないところ, ないもの, まえへ, まはり, まはる, よく見えない, 上が, 事で, 今日まで, 先が, 先き, 先へ, 公演が, 切れの, 前にて, 前にも, 及ぶ限り, 回るよう, 夏が, 夏の, 夕方の, 夜であった, 夜には, 夜中に, 大きさ, 女が, 女の, 女房を, 子供を, 家を, 届かぬほどに, 廻る程, 所まで, 日が, 春が, 晩であった, 晩である, 最後の, 朝です, 武士が, 毒に, 注射を, 浜の, 淀屋の, 満願の, 猫が, 球を, 男に, 男も, 男を, 矢を, 端に, 竹の, 答の, 縁の, 美しさ, 色や, 花嫁が, 茶碗を, 銅八が, 銅八の, 銚子が, 間から

3 [99件] あるもの, ある者, いろの, いろを, うちで, きれいな, ことでございました, さめたの, さめた時, すみで, つけどころだ, つけどころは, ところが, とどくところ, ないところ, ないの, なかで, なかには, ほうは, まえには, まえを, まわりが, まわりも, ウイスキイを, ビールを, マッチを, 上には, 上や, 人に, 今の, 今日に, 保養に, 保養を, 先を, 光の, 冬に, 前な, 化けものが, 午後には, 午後の, 午過, 及ぶかぎり, 同じよう, 名を, 夕方, 夕方から, 夕方でした, 外に, 夜である, 奴は, 如きもの, 家の, 家へ, 寄るところ, 小判を, 届かないところ, 年で, 弾を, 徳利の, 惡い, 所に, 手紙が, 方も, 日は, 春に, 春の, 時に, 晩だった, 暮れ方に, 朝突然, 様な, 犠牲者の, 男であった, 瞳を, 瞼の, 石の, 窓に, 紙に, 終わりの, 縁に, 縁は, 色かえ, 色だった, 色にも, 茶室に, 表情が, 見える人, 覚めた時, 角を, 誕生日の, 赤いの, 辻の, 邊に, 醒めるやう, 間を, 隅で, 隙間から, 頭から, 駅で

2 [377件] あいだに, あいてないこと, あの家, あひだ, あらい網, あるの, ある夜, ある奴, ある言葉, うちの, うちを, うるんだ露, おいしゃさま, おくから, お銚子, かぎりの, ぎょろりとした, くらんだ番人, くり玉が, くり玉の, くり玉を, くるりと, こまかい麻, さえないで, さきだ, さめしとき, さめしもの, さめそう, さめたやう, さめる時, さめる様, したの, しょぼしょぼと, せいかと, せいで, せいであろう, たばこを, つけどころと, つけどころに, ところから, ところには, とどかない作品, とどく限り, ないこと, ないこの, ない生首, ない男, ない親, なかへ, はつきりした, はやい君ちゃん, ひとつに, ふちは, へんを, ほかの, まえが, まへ, まへには, まへは, まわりそう, まわりの, やり場が, ようで, ようです, よく利く, アテーネー其時答へて, アルバイトを, ウィスキーを, ウイスキーを, ウチの, コップを, ズボンを, ソヴェトの, バラック都市よりも, パンを, ビールに, フチを, 一つしか, 三十一の, 三番目, 上にまで, 上屋敷に, 下手人だ, 中は, 中まで, 乾児が, 了り, 事件で, 二つある, 二階の, 人の, 人は, 人物の, 人物は, 仇の, 今夜は, 今日なお, 今日までに, 保養には, 俵も, 傷を, 働きは, 働きを, 先で, 先には, 先三寸の, 光, 光である, 光も, 光らないでいらるべき, 光りが, 光る口, 入母屋の, 兵士の, 内が, 処を, 凹んだ事務長, 凹んだ謹直家, 出た金, 出た骰子, 出る時, 前でも, 前にかけて, 前にまで, 勘平の, 勝でした, 勝負かと, 十三日に, 午すぎに, 午の, 午後であった, 午後電車に, 半ば露を, 右側の, 右端, 右端は, 合計が, 同じ形, 向うの, 周を, 周囲に, 周囲には, 周囲の, 味は, 商品で, 垢を, 基礎訓練に, 塵を, 声で, 夏に, 夏は, 夏休みに, 夕ぐれだった, 夕忠太に, 夕方であった, 夕方である, 夕方には, 夕方帰っ, 夕方私が, 夕暮れに, 外れた大, 夜と, 夜時刻は, 夜更けの, 夜汽車で, 夜突然, 大きい, 大きい鼻, 大きな鼻, 天気の, 奥から, 女, 女か, 奴が, 如し, 妻, 妻が, 妻である, 妻に, 妻威能は, 妾の, 孔耳の, 学生の, 室に, 家, 小さい, 屆く, 届くかぎり, 届くところ, 届く処, 屋根の, 山あ, 工合が, 左から, 左側の, 左端に, 左端の, 幕が, 幕を, 干支を, 年が, 年の, 幻想が, 底から, 廊下を, 廻るほどの, 廻るやう, 廻るよう, 当日である, 御飯を, 徳利から, 徳利が, 徳利に, 性が, 息子の, 患者收容に, 悪い若い前座, 悲しさ, 愛人の, 愛敬あふれ, 或る, 或夜, 所が, 所為と, 授業の, 握飯を, 教師の, 新月お, 方の, 日, 日で, 日の, 日も, 日暮に, 日曜に, 日盛に, 昏んだ, 昔の, 春修業の, 春又, 昼に, 時の, 時は, 晝過ぎでした, 晝頃, 晩から, 晩で, 晩でございます, 晩でした, 晩七日月が, 晩平次の, 晩私は, 朝だった, 朝とうとう, 朝また, 朝八五郎が, 朝学校へ, 朝少女は, 朝私は, 朝船は, 朝調室に, 木でした, 本の, 東川も, 柔和な, 柳の, 椅子に, 槍が, 橋へ, 正月に, 歴史の, 母の, 毒なれ, 治療を, 浜へ, 涼しい息子, 涼しい眉, 煙草に, 物を, 犠牲者に, 獲物を, 瓦斯燈の, 痛を, 白紙の, 百姓が, 皮を, 盆に, 盲ひた, 真夜中から, 真夜中に, 眩むよう, 眼の, 眼は, 睫毛と, 矢が, 石を, 碗を, 碧いの, 神に, 私が, 秋である, 秋には, 空は, 窓だった, 窓の, 窓掛が, 細い河童, 細かな, 終りの, 網膜の, 縁など, 縁も, 羅漢寺の, 者が, 者は, 舞台は, 花に, 若い柏, 落ちくぼんだ, 藥と, 行くところ, 街路を, 表情を, 被害者金之助の, 被除數, 裏づけが, 見えて, 見えないところ, 見えない博士, 見えない娘, 見えない者, 見えぬ母, 視力を, 視線は, 覚めた部屋, 覚めるやう, 親分, 親分の, 覺めて, 角の, 角力を, 計算を, 証言, 試験が, 誕生日に, 請願を, 負けで, 赤ん坊が, 軒燈の, 辰の, 邪魔に, 部屋で, 部屋に, 酒, 醒めたの, 醒めた後, 醒めて, 金子を, 針を, 鉄物問屋平野屋の, 銀色の, 銅八だ, 銅八でした, 鋭いの, 鋭い男, 鐘の, 間隔が, 隅に, 隈取りや, 雄麗さ, 雪を, 青い老人, 顔を, 飯を, 鹿が, 鹿は, 黒い中

1 [3728件 抜粋] あいた神尾殿, あとを, あらい竹垣, あるその, ある原稿用紙, ある秋, ある鼻, いたみを, いろ変えながら, うすき月毛, うるほひ, おそろしさ, おぼえに, お嬢さま, お書物納戸, お軽, かぎりを, が取りすまし, きく働き, きょろりとした, ぎよろりとした, くぼみが, くらみそう, くらむ漢, くらんで, ぐあいが悪い, ことだつた, こと故, こまかいノコギリ, ころの, ごはんを, さきから, さしず, さめたらん, さめるほどの, したへ, すさまじきに, するもの, せいな, そばだつ一行, ただれたおばあさん, たよりに, ついた羽織, つく樣子, つけどころ眼の, つけ所は, つぶれる思ひで, でき上がりの, ところがズーッ, とどかないとおく, とどくかぎり市ヶ谷, とどく限り人, と口汚く, ないほど, ない三斎はじめ, ない作戦, ない地勢, ない心, ない日暮し, ない薬, なかが, なみだ, はじめあたりを, はにかんだ顔, は水色, ひしやくを, ひらかれて, ふちと, ふち紅かりき, ほかほかした, まっ赤, まま女は, まわる様, もとの, やうで, ゆるんだ扇子, ようにさえ, りんと, をそれ, アテーネーま, アテーネー立てる, アルバイトの, カフェ, キラリと, クリクリした, シチウを, ジープへ, チェリイを, トゲが, ハリイエー, パンデポーソンと, ブロックには, マチネーて, ラウンドで, ヴィーンから, 一九三〇年を, 一大老猿であった, 一本だけが, 丁度嫁さんを, 万治二年三月八日に, 三十七八度ぐらい, 三木家の, 上にも, 上京には, 不景氣, 中までも, 中程に, 丸い額, 乗組だった, 九月十四日後の, 予感が, 事なりき, 事實も, 二十八日の, 五幕で, 五百羅漢寺と, 人より, 人間は, 今年の, 今日ぎっしり, 今日ソヴェト文壇の, 今月今日大正十年七月十四日午後三時に, 仕事は, 付け處は, 仲間には, 伴ふ如くなりき, 体操の, 価値尺度財として, 保養と, 俺の, 側について, 優しきその, 充血し, 先七八間の, 光で, 光りを, 光る嫗, 光鋭く, 入院の, 八軒長屋に, 具合が, 再会の, 冠木門の, 冴は, 出た時, 出を, 出獄, 分が, 切れた男, 利いて, 利こうさうな, 前だ, 前でやにはに, 前にだに, 前パッ, 前汝等, 力と, 加減でしたろう, 動きを, 勘平は, 北にあたる, 十三郎という, 十勝行によって, 午さがり, 午前の, 午後から, 午後三時過ぎ, 午後内藤さんの, 午後彼是三時頃でしたらう, 半は, 南側で, 及ばぬ処, 及ぶかぎり碧, 受賞は, 古畫, 合わんこと, 名残を, 向けどころは, 命名式の, 唐人, 問題を, 四数字の, 圓朝三十歳の, 地に, 城砦へ, 場合には, 変るよう, 夏旧, 夕刻でした, 夕方だつた, 夕方一フィート半くらい, 夕方女君は, 夕方虹猫は, 夕暮の, 夕食の, 多い肥料, 夜だった, 夜中の, 夜又, 夜息を, 夜松波博士の, 夜野良の, 大きいこと, 大きい利口, 大きい痩せた, 大きく張つた, 大きな女の子, 大きな痩身, 大さ, 大太鼓, 大正二年三月に, 大般若, 天平十八年に, 太陽を, 奥を, 女の子が, 奴等よ, 如く人間, 妻と, 妻沢の, 姙娠中再び, 姿勢で, 孔も, 宇都宮三浦屋裏手の, 実在した, 室でございます, 家だけが, 寄る所, 實録の, 対面であった, 對象で, 小さい鼻, 小屋へ, 小舞台, 少しぎょろりとした, 届いた写実主義的戯曲, 届かない隈, 届きかねる遠い, 届く限り両側, 屯には, 岨の, 川ぎし, 巴里祭の, 帰郷で, 平右衛門, 床は, 底手の, 廻しようを, 廻集に, 弾が, 役目を, 征矢, 後脚を, 復興最中である, 忘れざる宮, 怪しげなる, 恋人の, 恥辱を, 悪いこと, 悪い事, 悪るい人, 意味である, 愛嬌あふれ, 慣れるまでは, 成せる, 戦な, 戸を, 扉の, 手綱を, 抽出を, 指揮官と, 授業中次郎が, 探検で, 故園, 教科書が, 数学に, 數字は, 新しい庭, 方により, 日だった, 日家を, 日曜日の, 日記を, 早さ, 明け方安部が, 明治二十四年に, 春, 春の祭の, 春掘り起し, 昭和九年三月十七日に, 昼の, 昼間興行の, 昼食後の, 晝下がりでした, 晩あたりに, 晩さすが, 晩も, 晩大変好い, 晩歓楽が, 晩船は, 暁を, 暗に我, 曙の, 最大の, 朝こんな, 朝てるは, 朝まで, 朝エキモスは, 朝ミンナの, 朝伊丹屋の, 朝同郷人の, 朝崖の, 朝徐州を, 朝暇を, 朝石子刑事は, 朝赤坂の, 朝食後余は, 木乃伊を, 末二年と, 本蔵, 東京である, 枕に, 染つた, 格子戸作りの, 棗である, 検査の, 楽屋に, 横丁から, 橋で, 次の, 正しい白砂, 正午頃見おろす, 正餐の, 死人が, 毒, 毒迷いの, 水戸屋という, 決算について, 沾んだ, 注射が, 流行服の, 海に, 涙の, 深夜であった, 清浄と, 湖水に, 演奏会だった, 潰れる憂慮, 火曜日の, 為にも, 焼芋屋, 煮え沸, 爛れた口, 牡丹の, 特徴などを, 犧牲者の, 狂乱的な, 狼狽え合いと, 王女が, 甘くおもたく, 生き血までは, 甲子の, 男に対して, 畝を, 疎いを, 疼痛は, 痛い様, 登りきったところ, 白洲は, 盗み描きが, 目立つ蒼, 盻たる, 真昼であった, 眩むばかりの, 眩んだ人間, 着物との, 瞼が, 石室に, 破れた金網, 祓への, 神様に, 秋が, 秦伊美吉石竹の, 稽古を, 穴では, 窓から, 窪んだ処, 立った清潔, 端緒の, 等高線森林を, 箭を, 粗いシャツ一枚, 約束は, 純真性を, 細いところ, 細い肥った, 細かい絵簾, 細工ものを, 終りです, 終るところ, 結婚記念日である, 綿に, 編笠に, 緻密なる, 繰り返しの, 美しくすんだ, 翌年三月ごろに, 老人の, 肋六枚目へ, 能く, 腕の, 自句, 航海ブリック型補助機関附き, 色である, 色鴉青い, 花嫁で, 茗荷谷の, 荒いかご, 荒い碁盤縞, 荒い考えかた, 荒籠に, 落窪んだ, 蒔つけ地積拡大予定計画などを, 藤野屋杢左衞門と, 螺旋の, 行き屆, 行事を, 表情は, 裏が, 裡凜として, 要求を, 見えないみみず, 見えない奴, 見えない按摩, 見えなくなった王子, 見えぬ御, 見えぬ莫迦者, 見える人同様, 見ゆるもの, 見物は, 視る力, 覚めきれない孫三郎, 覚めた様, 覚めない時代, 覚める女, 観るところ, 角刈の, 言葉は, 記念会が, 訳註を, 誕生に, 読み合せつく, 議長には, 賽で, 赤い髯, 足で, 身が, 軍と, 輩が, 辺りの, 返った例, 透間へ, 遂行に対する, 道具飾りが, 郎女, 部屋へ, 醒むるほど美しく, 醒めた瞬間, 醒める様, 野草の, 金掘り, 釣った尖った真, 鉛色に, 鋭いせい, 鋭い水, 鋭い船長, 鋭さを, 長火鉢の, 開いたもの, 開きかけた新しい, 開幕を, 間高い, 附近で, 険しい五十彼是, 階段が, 隧道へ, 難点は, 電報を, 露台に, 青い西洋人形, 音を, 額に, 風十日目の, 食物を, 馬を, 骨と, 高えお, 鳥でも, 黄昏一書が, 黒ダイが

▼ 目~ (4511, 6.6%)

102 さめて 77 さめた 73 くらんで, さめると 63 覚めて 45 覚めた 41 覚めると 40 眩んで 37 光って 23 さめました 22 ない, 冴えて 21 覺めた 19 さめたよう, さめる 17 さめたの 16 さめたとき, ついて, 醒めて 15 なれて 14 くらみそう, くれて 13 さえて, 光った, 覚めたの, 醒めると 12 ある, さめた時, 覚めたよう, 醒めた 11 あいて, くらむよう, どうかし, まわって, 見えるよう, 覺める 10 かすんで, じっとこちら, 見えないの 9 こちらを, さめてから, 急に, 自分の, 見えなくなって, 覺めて, 開いて 8 さめるよう, つぶれて, なかった, まわりそう, まわる, 光る, 眩むほど, 覚める

7 [17件] あいた, あった, あると, くらくらする, さめても, それを, ないの, まわるよう, わるくて, パッチリ, 一つしか, 痛い, 肥えて, 見えぬ, 覚めたとき, 闇に, 高い

6 [20件] あって, あるん, きらりと, さめるの, しらの, しらを, とまった, ねに, のぞいて, 出て, 出ると, 御不自由, 悪いから, 物を, 眩んだ, 見えて, 見えない, 覚めたが, 覚めた時, 醒めた時

5 [19件] あつた, くらくらと, くらんだ, さめたと, さめるほど, しらに, すわって, やられましたよ, わるくなっ, リンの, 何か, 利いて, 屆か, 廻りそう, 廻るよう, 眩むよう, 窪んで, 覚めるよう, 高いや

4 [40件] あつて, ありそう, ありました, あるか, あるの, くらむ, さめたが, さめたん, ついた, とびだすほど, とまりました, どうかした, なれるに, なれるまでは, ねで, ねどおり, まっかに, まわるほど, やみの, らんらんと, 一斉に, 不自由で, 不自由な, 出るという, 多いから, 暗んで, 涙に, 潰れて, 行った, 見えなくなった, 見て, 覚めてから, 覚めました, 覺めたら, 覺めてから, 醒めたよう, 醒めても, 醒める, 馴れて, 高かった

3 [86件] あうと, あたりを, ありません, あるという, あるもの, くら, くらくらし, くらみ頭, くらむの, くらむほど, さめたので, さめない, さめないから, さめないの, さめます, さめるだろう, さめれば, しらが, すむと, そのほう, その方, ちらちらし, ちらついて, つくと, つんで, ないという, ないな, なかつた, にらんで, はっきりし, まんまる, やみに, よかった, キラキラ光っ, ギョロッと, ギラギラと, パチパチと, 下に, 二つある, 付いて, 光ったかと, 光つた, 冴へて, 出た, 出る, 回って, 大きくて, 妙に, 射つ, 廻る, 怒りに, 悪いの, 悪いん, 憂ひを, 据って, 昏んで, 暮れて, 来た, 来て, 止まりました, 無ければ, 異様に, 疲れて, 私を, 空に, 立って, 笑って, 終わると, 自分を, 血走って, 見えないと, 見えないのに, 見えないん, 見えなかった, 見えなくな, 見えぬから, 見える, 見えるの, 覚めたから, 覚めたと, 覚めない, 醒めてから, 醒めました, 開くと, 高いと, 高け

2 [242件] あくと, あったの, あったり, あっても, あります, ありますね, ありますよ, あるから, あるので, あるはず, あるよう, あるわけ, あればこそ, あろうとは, いたくなる, いちの面に, いつ私を, おおわれて, おさめに, お前か, かがやいて, ぎらぎらと, ぎらりと, くらみました, くらむかも, くらむやう, くらむ気, くらんだため, くらんだの, くらんでしまつた, くれたの, ぐらぐらし, ぐるぐるまい, さえるばかり, さめ, さめたか, さめたかい, さめたという, さめたところ, さめたな, さめたらもう, さめてからも, さめないで, さめないやう, さめなかった, さめますよ, さめません, さめるまで, しきりなく, しらは, すらりと, すわった, そのドア, その姿, それで, ちらちらする, つぶれること, つぶれると, とどいて, とまって, とろんこ, どんよりし, ないから, なくあらかじめ, なくて, なささ, なれると, なれるにつれて, ねえん, ねが, のぞきました, はいって, はつきりと, ぱっちりし, ひかって, ぼうと, また月光, まつ赤, まはり, まわるかも, まわる誰, みんなの, やかましいから, よくて, よく見えません, キラキラと, キラッと, ギラリと, クラクラッとして, グッと, ジロリと, ダメなら, テーブルの, ドアの, ピカ, ランランと, 一つに, 一本松の, 一様に, 三ぼんだ, 三角に, 上に, 下から, 並んで, 二つくる, 二つつい, 作品の, 働いて, 充血し, 入つて, 八五郎の, 冴え冴え, 出そう, 出ても, 出るん, 利かないネ, 利くと, 動いたり, 動く, 半眼に, 吊った, 向いて, 喜ぶ, 変だ, 変に, 大きくなっ, 女の, 幕面へ, 平岡に, 廻ったん, 廻って, 廻りさ, 廻るほど, 廻る程, 彼の, 彼を, 彼女を, 怒りの, 恨みを, 悪いのに, 悪かった, 悪くない, 悪くなっ, 惡るいから, 据り, 据わって, 放せない, 早いの, 明いて, 暗くなる, 曇って, 止まった, 止まったよう, 止まると, 気に, 沈むとき, 潤む, 潤んで, 澄んで, 濡れて, 無くっても, 熱くなっ, 物に, 生きて, 生き生きと, 画いて, 留まって, 痒くなる, 痛くなっ, 痛くなる, 皮膚の, 目に, 眩いて, 眩みさ, 眩むと, 眩む様, 眩む樣, 眩る, 眩んだの, 着くと, 私に, 私の, 空中に, 細くて, 終ると, 耳が, 自分に, 荒くて, 薄いの, 血ばしって, 血走つて, 見えないから, 見えないこと, 見えないわ, 見えない上, 見えなかったので, 見えなくても, 見えなくなっても, 見えなくなるから, 見えます, 見えません, 見えると, 見える夜話, 見えんから, 見るの, 覗いて, 覚めたという, 覚めたやう, 覚めたん, 覚めた様, 覚めるたび, 覚めるの, 覚めるほど, 覚めるや, 覚める様, 言葉に, 許に, 許より, 諄々と, 近いので, 醒めたか, 釘から, 鋭く光った, 鋭く光りました, 鋭く涼しいの, 開いたよう, 開く, 開けて, 開けない, 霞む, 青く光っ, 顔の, 飛び出して, 飛んで, 食い殺された, 食べ頃です, 馬鹿に, 高いから, 高いの, 高くて, 黒い髪, 0だ

1 [2167件 抜粋] あいたの, あいたらどこ, あかないの, あかなくなって, あくので, あちらから, あったと, あったらおそらく, あまりに大きい, あらあ, ありは, ありますし, ありや, あるが, あるだろう, あるらしい, ある口, あろうと, いいし, いかにも奇怪, いっせいにその, いったとき, いつの間にか見, いつも新しい, いやに重い, うかんで, うす暗がり, うるさくとりわけ, うるむ様, おに, おを, お悪, かすむの, かゆきとき, きかなくなるの, きくの, きました, きらりさえ渡る, ぎょろりと光ッたけ, ぎろぎろと, くっついたよう, くばられる, くらくらした, くらまア, くらみは, くらみやがった, くらみ又, くらみ相, くらむで, くらむほどの, くらんだか, くらんだけれども, くらんだ批評, くりくりと, くるの, くれましたので, ぐるぐるめぐれ, ここから, こちらへ, この女, こまかい, これを, こんなにもやさしい, ございませんため, さうなつて, さえた千世子, さえ種々, さっきから, さめかけたらまだ, さめさえ, さめそれ, さめたばかりの, さめたら, さめたらすこし, さめたらベッド, さめたら寒気, さめたら誰, さめた女, さめた気, さめちまったの, さめないよう, さめね, さめましたらきっと, さめりゃ, さめるからな, さめるという, さめるほどに, さめるようだつた, さめる早々, さめ来り, さめ空腹, しきりに圓朝, じきにまた, じっとその, じっと明智, じろりと此方, すぐその後, すでに葛藤, すんだらこんど, そういう繁栄, そこに, そのまま真相, その像, その時, そばだてられた風, それから現, そろそろ終る, たかいよ, たもとの, だんだんうしろ, だんだん見えなくなる, ちかちかし過ぎる, ちがわなければ, ちょッと, ちらりと, ついたとき, つかぬやう, つかんかい, つくの, つぶれた, つぶれたら坊ちや, つぶれてでも, つりあがって, できました, とかく世間, とつぜん輝い, とどかない作品, とどく, とびだすよう, とまった時, とまり自分, とろとろ開かなくなっ, どうしてもわすれられなかった, どこか, どろんとして, どんな珠玉, ないこと, ないとしても, ないもん, ないん, ない鼻, なく, なくなって, なく上方, なく利己的, なさ, なまめかしく見えた, なんの, にらんだん, ねどおり何者, のぞいては, はげしい論争, はっきりと, はなれて, はや潤んでる, ぱちぱちと, ぱツちりし, ひかれる, ひとりでにさめる, ひどく邪魔, ひらかれるところ, びっくりする, ぴかりと光った, ふえるにつれ, ふたつやみの, ふとひざ, ふらついて, ぶっつかりますと, ほそくなっ, ぼうっとかすん, ぽろりぽろりと, ますます美しく, またとびだす, また暖炉, まだなおっ, まちがわないこと, まひそうな, まわった, まわったの, まわらないだろうか, まわります, まわるだろうと, みえないので, みえるん, めり込みは, やがて再三再, やさしくただし, やって来たの, やや血走っ, ゆれながら, よくきかない, よく出た, よく見えない, よほどリアリスティック, わかる, わるいと, わるいよう, アッシェンバッハの, キョロ, ギョロギョロと, クラクラし, グラグラする, シリンガの, チラと, テエブルの, ニヤニヤ笑っ, ピカリと, フフから, マクマクし, 一たびその, 一つであります, 一ばん笑ふ, 一分間見, 一時に, 一点の, 一種抜群の, 一足動いた, 三つも, 三晩目に, 上ずって, 上場された, 不快に, 不自由だ, 二つあっ, 二つなら, 二つ光るだろう, 二回半で, 五時に, 人波を, 今日も, 付くと, 低いな, 何も, 信吉に, 僅かに, 先を, 光ったん, 光つてゐます, 光りゃ地獄, 入鹿, 内に, 再び太平, 凄じ, 出すぎて, 出た時, 出ねえらしいが, 出ようとは, 出るの, 出会った, 出逢った, 切れて, 利かないにもほどが, 利くという, 前とうしろ, 動きました, 千切れ雲の, 即ち雪線, 只一つ, 右隅の, 吊って, 同時にキラリキラリと, 向うの, 吹いて, 回ったので, 回つて危く大王の, 土曜に, 堅くなる, 外の, 多いし, 大きい, 大きく, 大きく円くて, 大きな星, 大変赤く, 太刀川を, 奥へ, 好奇に, 姉と, 始終先方, 実にこまかく, 密で, 寸時も, 少くなる, 少しでも, 少しズレ, 少し笑った, 屆いた, 屆くもの, 届かないもの, 届かんという, 届きませんから, 届くね, 屋根の, 嶮しく光り, 希望に, 幽に, 底光りを, 廻うと, 廻と, 廻ります, 廻るやう, 弱いから, 彼女に, 心に, 快うなっ, 怖く写っ, 思ひがけ, 恍り, 恐ろしくて, 悟空を, 悪いと, 悪いばかり, 悪くお, 悪くなる, 惡い, 意外な, 慣れるに, 憎々しく笑っ, 成就した, 手から, 拒絶する, 据わりからだ, 放されないもの, 放たれた, 敏捷に, 既往の, 早くさめ, 明かぬとは, 昏まう, 星の, 時々入, 晦むようであった, 暈したよう, 暗やみに, 曲つてしまつたのである, 有し得るすべて, 机に, 枕に, 桔梗屋喜兵衛ここでは, 欲しさ, 止まった時, 正太の, 死人の, 段々親しみ, 毛彫りの, 氣にか, 泣き腫れて, 流行って, 浮かびました, 淡褐色, 渋く頭, 滑つて, 潰れる, 濡髪を, 灰色に, 無いの, 無きに, 無数に, 熱くなります, 燐の, 狂いがちだ, 現われる, 生きた日常, 留まつた, 疲れるほど, 痛いよう, 癒えた, 白く光る, 皆そこに, 目ばかり, 直ちに背中, 眛れ, 真赤に, 眩み, 眩みました途端, 眩む, 眩ら, 眩んじまって, 眩んだやう, 眩んでから, 眼覚め, 着きます或, 矢の, 確と, 秀ちゃんの, 穴の, 空間を, 窪んだそれ, 笑みを, 粗らく, 素早くかれ, 細いという, 細かくな, 終ったあと, 絶えず光っ, 繊細い, 美しかったり, 考へられ生産, 肯いた嬉し, 腫ぼったく, 自分から, 芥一本も, 荒く脆いが, 落ち窪んで, 薄いと, 薄い小石, 薄明るい, 血走ったところ, 行きとどいて, 行ったとき, 衰へ, 複雑な, 見えたの, 見えたり, 見えないかなんて, 見えないでも, 見えないらしかった, 見えなかったの, 見えなくなったうえ, 見えなくなったって, 見えなくなったので, 見えなくなり耳, 見えなくなるまで, 見えますか, 見えるから, 見えるらしく立, 見えんくせ, 見たから, 見られます, 見張って, 覗く, 覚めせえ, 覚めたしまつた, 覚めたので, 覚めたもん, 覚めたらまだ, 覚めた後, 覚めた目, 覚めつつも, 覚めなかったの, 覚めました面目, 覚めようと, 覚めるとたん, 覚めるまでは, 覚め仕度, 覺めました, 言って, 詩の, 警官たちに, 貸切りのせゐで, 赤い紙, 赤味走っ, 躍如と, 輝きその, 近づくと, 逆釣り, 通って, 運転手の, 違うくらい, 遠くの, 酔漢の, 醒めそれから, 醒めたとき自分, 醒めたらいつ, 醒めたら発熱, 醒めないという, 醒めるの, 醒めるやうぢゃな, 醒めれば, 重喜を, 金色で, 釣り合いを, 鋭い光, 鋭くちらっと, 鋭く髭, 長島君を, 開いた, 開かぬとまでに, 開き掛けて, 開けないほど, 開けられますかな, 阿二羅教発祥, 附き開き掛けた叔父, 隅ッこで, 險しくなる, 離せないといった, 離せなくなった, 雲を, 霞んだ, 青く読まれた, 顏の, 颯と遮った, 飛び出すほどの, 首を, 馴れると, 高いこと, 高いもの, 高かったです, 魚八で, 黄色に

▼ 目~ (2172, 3.2%)

8 そこに 6 血走って 5 さめて, ない, 光って, 彼の, 急に, 此時姫を

4 [21件] ありません, いつもの, うるんで, ぢつと, どうした, 一斉に, 七目の, 妙に, 山々の, 怒りに, 愈々大きく, 期せずし, 涙で, 澄んで, 爛々と, 異様に, 盲ひ, 相変らず, 空を, 藍光の, 見て

3 [22件] あなたの, あるか, かがやいて, かすんで, そのとき, それを, つぶって, もと一行, 依然として葉子, 光つた, 冴えて, 御新造が, 恐ろしい催促, 星の, 昼よりも, 朝から, 直ぐに, 私の, 細きを, 肥えて, 見えなくても, 輝いた

2 [135件] あきらかに, あまりの, いみじくも光り輝き, いよ, うっとりと, お吉, かがやいた, かがやきました, かれら, きゅうに, ぎらりと, この時, ございません, さう, しぜん, しら立て, すきとおるよう, すぐに, そこの, その声, その方, その男, それが, た, ただ大きい, とびだすほど, どこに, どんよりし, ないけれども, ないと, なかった, なんだ, なんの, はるかに, ぱっちりと, ぱっちりとして, ぱッちりと, ぼんやりと, もう一度半, もう何, もつと, よろこびに, わたしの, オタツに, オタツの, ガラスの, ギラギラと, ダイヤモンドだ, 一刻半, 一度に, 一点に, 上を, 両方とも, 九月十二日に, 九段目と, 五目の, 人の, 今, 今も, 何う, 何です, 何に, 何時でも, 例の, 光った, 兎に, 動いて, 動く, 勝三局目は, 喜びに, 夜汽車の, 大きく開い, 嬉しさ, 寧ろ新奇, 小三郎さんで, 年に, 彼を, 彼女は, 御座いません, 心の, 恐怖の, 悲しそう, 憎しみに, 我を, 明かに, 明るい二つ, 晝よりも, 普通の, 最後の, 果して何, 横に, 正面を, 死なずに, 注意し, 涙ぐんだまま, 涙に, 淡く月光, 火の, 烱, 無理に, 熱心に, 物凄くも, 異様な, 疲れて, 皆何物をか, 皿の, 盲の, 直視したる, 眤と, 知らない人, 窪み灰色, 節穴だ, 節穴みたいな, 自分の, 血走った, 見えるの, 見開きながら, 誰にも, 誰も, 豆粒ばかりに, 負けました, 赤く血走っ, 過ぎて, 鈍くかがやき, 鑑定家の, 降りみ降らずみ, 院の, 雨, 雪曇り, 電光の, 非常に, 顔の, 食いこむよう, 駒形の, 驚異の

1 [1708件 抜粋] ああいう, あかなかった, あそこに, あちらの, あなたが, あまりにも, あり, あるだろう, あるまい, ある目的, あれで, いい知れぬ, いかにも聡明, いくたびもいくたびもこの木村検事, いち早くその, いっぱいな, いつでも, いつのまにかもと, いつも七月下旬, いつも前方, いつも神サマ, いよいよかれ, いよいよ三十万円, いんけんで, うるさくかすん, おそろしくぎらぎら光っ, おちくぼんで, おどろくほど, お時, お蔵前, かういふ點, かぎりなき, かすみ耳, かってに, からすの目, きかねえや, きっとまた, きみの, きらめき口元, ぎらり冷たく, くぼみ四人, くらくらと, くらみ息, くらむ肝, くれねえ, こう入れた, ことごとくはいっ, この世に, この娼妓志願者, この顔, これまでに, これを, ごまかす事, さういふ点, さかんに, さめても, さるを, しきりにうごい, したいといふ, しにも, じき, じっと地面, すいつけられぼく, すぐ右手, すこぶる大きく, すでに力, すでに罪, すべて比良目の, するどく三津子, せぬものぢ, そうたずね, そのうすぐらい, その儘, その噂, その感覚, その時赫, その点, その脂, その間も, それぐらゐのことはチャンと, それに, そッと, たえずあたり, たえず白い, たしかに本郷警察, たしか小林少年, ただ天涯, たちまち二十間, たぶん今日, だませないぞ, ちっとも猟夫, ちょうど重い, つきやぶられて, つぶったまま, つりあがり胸, とうとう大きな, ときおり芸道, とじて, とび出て, とまりました, とろんとして, どうされた, どうだ, どこかへ, どこを, どなたの, どんよりと, ないからなあ, ないながら, ない新聞社, なおりっこの, なかなかに, なく混雑, なぜそんなに黥, なにも, なめらかな, なんでも, ねらいも, はじめ死ん, はや湿っ, ひかる玉に, ひとところを, ひとりでに閉じる, ひやりとし, ひらけど, ふかい, ふさがって, ふとジャンロー袋町, ほとんどい, ぼんやりし, ぽかんとし, まさに奇矯変態, ますます疑り, まず極端, またウトウト, また揺れ, また第, まだえい方, まだなかなか冴え, まだ正常, まだ見えた, まっすぐ前, まっ黒な, まばたきも, まるで人, まわるし, みえず, みんなその, むさぼるよう, もうさっき, もう乾, もう閉じ, もっけも, もの珍しげ, やさしいりっぱ, やっと三角帽, やつぱりガーゼに, やはり四部, やや注意, ゆとりの, よくその, よく晴れ, よひ, りご, わが全, アダ名の, エナコの, オタツにも, ガラスか, キラキラと, ギッシリ大入りで, クワッと, ゴムまりの, ショウペンハウエルの, ジョウの, セルの, ダイヤの, ヌラリクラリと, ハッキリと, ハルトマン分ち, ブロンドの, マチネーだ, モーゼ, ユヱで, レンズに, 一々の, 一つ一つ針を, 一人前に, 一塊の, 一層赫, 一度も, 一杯の, 一物も, 一緒に, 丁度日の, 三つあった, 三人が, 三日後だ, 三白眼で, 上下の, 下りること, 不安と, 両側を, 主として自然, 事務長への, 二つ歯は, 互いに自由行動, 人を, 今しも, 今までよりも, 今數秒の, 他人に, 伏せて, 体操の, 何じゃ, 何よりも, 何食わぬ, 余り感じ, 倭文子の, 傍で, 先づこれ, 光鈍りたりき, 全で, 全色盲, 公平で, 内庭の, 円く開き, 再び茶, 冷かに, 冷ややかで, 凶暴に, 出ないが, 初めて気, 別な, 到底一日, 前と, 前の, 加藤子爵夫人に, 勝利の, 十一二歩前の, 午後二時ごろで, 半分ばかり, 却って視力, 又前, 取りも, 口ほどに, 吉田さんだ, 同情を, 向ひ, 呪われて, 和宮様の, 喜びの, 嘔か, 四方に, 固く眠っ, 地上の, 坂の, 堅固に, 壜の, 夕方すぎに, 多かった, 多分今日, 夜に, 大きい, 大きくひろがった, 大きくツ, 大きく見開かれた, 大きな鞄店, 大したもの, 大工の, 大空を, 天井への, 天皇に, 奥様も, 女の, 好ましそう, 如何と, 始終人, 子供の, 守り神の, 宙に, 実に鋭い, 実は公平, 宵の, 対岸の, 尋常に, 小さくなった, 小左衛門と, 小石を, 少しも, 少し涙, 屆いた, 届かずとも, 屡桃割, 山出しらしい, 左に, 巴旦杏の, 帳簿にも, 常に労働者農民, 平気な, 庵主の, 廻った, 弱くなる, 強し, 彼女の, 後にな, 御徒町の, 微笑みて, 心中に, 快晴で, 怜悧そうに, 怪しく輝いた, 怪物の, 恐いのね, 恐ろしいもの, 恐怖と, 悒鬱な, 情慾の, 愈大きく, 感激の, 憎むよう, 我が母, 或はそれ, 扉を, 折らなかったもの, 掻乱されぬ, 支那の, 救い手の, 断えず男, 既に消しガラス, 日光の, 早くも, 明いて, 昏んだ, 昔に, 星よりも, 昼間慰問に, 晩飯を, 暗でも, 暮れて, 曇りやしない, 最近三十年間の, 朗らかに, 木村や, 本の, 来客三十人で, 東北へ, 極めてのろのろと, 樽からは, 次第にかがやい, 欲に, 正直そうな, 此時計と, 殆ど無くなっ, 殖えて, 殺気立って, 気ちがいの, 水晶玉の, 永遠に, 汝を, 油断ない, 泣きながら, 泪, 活字や, 流れこむ血, 浅草だけ, 浪子の, 海部や, 涙を, 混乱した, 清らかな, 渋谷博士の, 滿足には, 潤んで, 濃いまつ毛, 火焔を, 炎を, 焔の, 無意味に, 煉瓦の, 熱海に, 燃えたち相, 爛々として, 片時も, 物を, 狂った様, 玄関から, 生々として, 男と, 異しく光り, 疑惑に, 白っぽく濁っ, 百錬の, 皆解釋した, 盞を, 直ぐ分りました, 相かわらず, 相手の, 看て, 真ん, 眠られないふた, 眩む風, 眼内を, 瞑らぬ, 瞬間に, 矢張塔の, 石の, 砂ぼこりで, 神の, 私に, 稍, 空しく沙上, 空洞の, 竹本連中出語にて, 笑つてゐる, 第二回, 算術でした, 節穴同然で, 紛うかた, 細からず, 細く鋭くぶ厚い唇, 細君の, 絶えず笑っ, 經戒, 縁側に, 美しい目, 義眼な, 耳は, 肋膜で, 能くもの, 膃肭臍の, 自分自身を, 臼井の, 艶では, 若し殘缺, 英知に, 落ちくぼんで, 落ち窪み額, 落窪ん, 薄の, 蚊帳を通して, 蟇蛙に, 血ばしりふるえる手, 血走り息, 血走るの, 西住軍人の, 見えないながら, 見えなくなった, 見えぬながら, 見えるん, 見せぬ, 見ひらいて, 見まい見まいと, 見据, 覚さなかった, 解釋し, 計器の, 誰よりも, 負けたよう, 赤い炎, 赤き汝, 赤くツ, 赤坂奴の, 跪いて, 軟い, 輝いて, 輝き渡り, 辛うじてかすり, 逝けるレフ・トルストイ, 違ふ, 遠く大空, 選挙違反だけしか, 酒乱の, 醒めたが, 野獣を, 金持だ, 鉛の, 鋭くなつ, 鋭く輝, 鎌倉の, 閉じた, 閉じぬ, 閉ぢは, 開いては, 附けん, 隠居を, 集つた, 離れず況して, 雨が, 霞んで, 青いガラス, 青い豆電球, 青磁の, 鞄に, 飛び放れて, 驚と, 骨である, 黄色であった, 黒くふち, 默つて私に

▼ 目~ (2109, 3.1%)

91 見て 24 あつた 22 私を, 見れば 20 見ると 12 こちらを 11 それを, みて, 追って 10 じっとこちら, 彼を, 見た 9 物を, 私の 8 あたりを, せう 7 合図を, 熟と, 知らせた, 見ては, 見耳 6 ジロリと, 探して, 眺めて, 知らせて, 笑って, 自分の, 見たの, 見たもの, 見つめて 5 ごらんに, それと, ながめて, ジッと, 屹と, 挨拶を, 相手を, 見たん, 見るの

4 [18件] あいずを, あつて, にらみつけました, もって, ものを, わたくしの, 人を, 前の, 睨んで, 笑った, 笑ひ, 自分を, 葉子を, 見ても, 見ながら, 見られると, 追いながら, 追った

3 [34件] これを, じっと私, じっと見つめ, そこに, にらみつけて, ふたりを, みると, みれば, わかる, わたしを, キョロキョロと, 主人を, 待って, 感が, 挨拶し, 捜して, 探しても, 放心した, 日本の, 眺めながら, 知らせながら, 空を, 笑いながら, 見たこと, 見たり, 見たわけ, 見ること, 見上げた, 見張って, 見手, 見詰めて, 追うと, 追つて, 部屋の

2 [116件] いいから, いって, いつまでも, うなずいて, かれを, これは, さがした, さがして, さした, じっとその, じっと見, じっと見る, じっと見詰め, じろじろと, それが, たどって, ちゃんと見, ぢかに, ぢつと, とう, ながめられたり, にらんだ, にらんで, ほかの, ぼんやりと, みた, みること, わかった, ギラリと, サト子を, チャンと, 下を, 下界を, 二人を, 人間どもを, 仕掛けの, 会釈を, 何か, 何が, 信二を, 停って, 僕を, 全ての, 内心大掘出し, 凝っと, 凝と, 凝視めて, 出て, 分ります, 分る, 又東京, 吉野を, 同意を, 壁隣り, 姉を, 密と, 平次を, 幸一君を, 彼と, 彼の, 彼女は, 徒然草を, 御覧じまし, 所望した, 指した, 指して, 挨拶した, 探ると, 撓めて, 明智を, 止めた, 死人を, 殺されました, 番場町の, 皇帝を, 相手の, 眺めた, 眺めれば, 睨みつけた, 知らせ, 碁盤を, 窓の, 笑ふ, 耳に, 自然を, 蘭堂を, 見える輪飾り, 見たし, 見たと, 見たところ, 見ないで, 見なくちゃ, 見ねば, 見まわして, 見られて, 見るかわり, 見るまでは, 見るよう, 見上げて, 見張られて, 見張ること, 見直すこと, 解ります, 言った, 話を, 跛足で, 辺りを, 迎えて, 追うた時, 追うて, 追うよう, 追ひ, 陽氣が, 額ご, 顔を, 麹町六丁目へ

1 [1281件 抜粋] あいさつしてる, あからさまに, あちこちを, あのよく, あの都, あらを, あッしの仕業, いいひと目, いうの, いそいそと, いっぱいに, いまだに見まもっ, うしろの, うす暗い中, うなずきました, うなずくばかり, おじいさんを, おばあちゃん, おろして, お初を, お十夜, お島, お珊, お腹が, お蝶, お話を, お靜, かの女, がしょう自身にも, きくと, きらきら光る, くい止めて, ぐるっと運動場じゅう, ここで, ことの, この境内, この奇談クラブ, この日, この街道, こんな會話, ごらんある, さがしつつ, さぐって, さぐりあてる, さしずを, さしまねいて, さもせつな, しかもダアビイ競馬, しげしげと僕, じいっと王子, じっさいに, じっとちょう, じっとへ, じっとマドレーヌ氏, じっと一つ所, じっと叔父, じっと新しく, じっと注意深く, じっと相手, じっと空間, じっと見た, じっと見まもっ, じっと霧, じつと, じろじろタヌ, じろりと男, じろりと見, じろりと遣るだろう, すくって, すらつい, せつ子を, そうだ, そこら中を, そのいりこんだ, そのほう, その価値, その妙, その後の, その次, その神, その銭, そらの, それは, そんなとき, たく凱歌, たしかに見た, ただの, ためて, ちゃんと睨ん, ちょっとぼく, ちらりと帆村, ぢと, つくつた真赤, ていねいに, どうやら行き着いた, どことも, なあおら, ながい刀, ながめること, ながめ四十面相, なでたり, なめるやう, なんだかそ, にっこり笑い, にらまれ黄色い, にらみつけたの, にらみつけようという, にらみます, にらんだ傍示杭, のぞきながら, はなかっ, ひとにらみした, ふと葭戸, ぼくたちを, ぼんやり見つめ, まじまじと, またたきも, まだ出勤, まねいた, みあげました, みたり, みつめたまま, みないでも, みますと, みるの, みんなを, めえる, もう一遍, やっとの, やっと火, やみの, ゆったり眺めた, よく見れ, よまれること, わかりました, わかる女, わが子に, わずかずつしか, わたしの, ゐて, アンを, インガが, ウルフを, ガリヴァの, ギロッと, サト子の, シカと, ジロリジロリと, ダネックが, チラリチラリと, テストし, ドレゴを, ハツキリ視る, マリユスが, ヨハンネスを, リゴレツトに, 一つ, 一はけさっと, 一九二八年ゴーリキイが, 一切を, 一字延び, 一尺三寸余三百匁前後六年目で, 一度は, 一挙手一投足に, 一桁下っ, 一番目が, 一目御覧に, 万吉を, 三度目の, 上原さんに, 世界の, 中廊下, 久しぶりに, 二人が, 二尺三寸余一貫四百匁二十年目で, 二階と, 互に讓, 五味を, 人々が, 人生を, 人見を, 今年も, 今日帰る, 代表させた, 佃を, 何と見, 何人前出来ます, 促して, 働いて, 僕の, 兄を, 入ったばかり, 其処には, 兼て, 再び二つ, 凄く凄くと, 出来上ったが, 分るほど, 分る獄卒, 初めて気がついた, 判った, 判って, 判るやう, 別れを, 前途を, 力なく, 医師や, 十分でした, 又の名を, 友吉の, 受け乍ら, 古藤を, 台湾を, 叱つて, 叱ると, 合圖を, 同伴の, 君の, 周囲を, 和尚の, 唸つた, 囁いた, 四五日前が, 四方を, 囲まれて, 土用も, 外の, 多少い, 大きく羽目, 大佐を, 大入道に, 天を, 天井を, 夫を, 女がたを, 女中を, 好物に, 姦通は, 嬉し相, 子供が, 安並が, 宙を, 室を, 寂しそう, 将軍の, 小僧さんたちに, 小太郎を, 小林君を, 小泉君を, 展覧会を, 岡を, 川上を, 左近を, 差して, 師匠を, 帰る, 平山を, 幼少の, 床屋を, 引き離されてから, 強く圧した, 弾いた, 彼が, 彼女を, 待合の, 御覧じくださいませ, 微かに, 微笑みあったが, 応え目, 怒ったよう, 怪人を, 恋には, 悲しそう, 我々としては, 手近な, 抑えた, 拝むもの, 指圖する, 振返って, 捜ねた, 探し廻る, 掴みかかろうと, 撫て, 救いを, 教科書の, 敵味方に, 新十郎はじめ一同, 旅の, 日本人だ, 日本文学の, 昨夜湯たんぽを, 曠野を, 有るべき筈, 朝鮮人と, 本を, 村川の, 来た倉地, 柱時計を, 校長は, 検査する, 横に, 横肥り, 欄干を, 歌舞伎座へ, 正成の, 此から, 歴史といふ, 母親の, 毛布を, 永の, 治子が, 泡立って, 泥棒だ, 注視する, 浅黒くて, 海を, 測つた, 測量した, 演奏家の, 漸く一尺二寸二百匁前後, 濁って, 火の手に, 無事な, 父を, 父近江を, 物象を, 玉太郎たちを, 珍しそう, 現実の, 生れ乍らの, 男が, 留め教頭, 発展の, 発見を, 白雪に, 益満を, 直ぐお松, 相談した, 省三を, 真暗な, 眠って, 眺める雛妓, 睨まれては, 睨みつけられたよう, 睨むな, 瞶めた, 瞻続け, 知らした, 知らせるから, 知らせ身, 知れる, 石灰俵を, 確実に, 示したのに, 社会を, 私たちは, 私は, 突然おそいかかっ, 立とうと, 笑いかけると, 笑ったの, 答へ, 籠を, 紋の, 終って, 続けさま, 縄を, 義雄を, 考へながら, 聞いたり, 肯いて, 膽を, 自分は, 船の, 芥川は, 若い艶, 苦労する, 薪十郎鈍感で, 虚空の, 蝶吉は, 行燈の, 襖際から, 見うる限り, 見えねえもの, 見えるはず, 見かえって, 見すくめた, 見その, 見たかったの, 見たくないので, 見たせい, 見たても, 見たとも, 見たは, 見たぼやけた山茶花, 見たらわかるだろうよ, 見た事, 見た二人, 見た土人, 見た小, 見た戦災地, 見た現実, 見た西欧諸国, 見つめ, 見つめました, 見つめられると, 見つめるより, 見てる明ちゃん, 見ないかい, 見なかったこと, 見なければ, 見ますより, 見やった, 見やられると, 見られた, 見られたため, 見られたり, 見られなかった雪国, 見られようか, 見られる, 見られること, 見られる事, 見られ働けば, 見るせい, 見るだけで, 見るとも, 見るやう手, 見る事, 見る偉大, 見る方, 見る物, 見る私さ, 見上げた折柄, 見上げると, 見出されなければ, 見分けるの, 見合って, 見守りつつ, 見尽される家, 見張つて, 見御息所, 見渡せるやう, 見盡, 見直した, 見破られた, 見計らってるらしかった, 見較べたばかりの, 見返して, 見送りながら, 見遠く, 覗込ん, 観る芝居, 観察も, 觀察し, 解るじゃ, 解釈すべからざる, 計った, 記録係を, 評判し, 話しかけて, 認め得るほどの, 語って, 読みにくい, 読むと, 読んで, 諦めて, 貴婦人の, 赤くもえる, 跟け, 迎えた客, 迎えました, 追いかけて, 追い廻されて, 追うたのみ, 追う様子, 追跡し, 逃げて, 透して, 逢った恋人, 連の, 遠い処, 遠慮勝ちながら, 部下に, 野村を, 鈴木女, 鑑定し, 長崎へ, 陳列室を, 隅爐が, 集まって, 雪之, 電燈の, 青泥窪へ, 頭を, 頷く, 額で, 館内は, 駅へは, 鳥を, 麾ねいた

▼ 目には~ (1694, 2.5%)

37 涙が 17 見えないが 12 いって 11 それが 6 いると, 涙を, 見えないけれども 5 いる, 併し, 見えない, 見えないの, 見えるらしいので

4 [15件] いるの, いるもの, ひつた, 不安の, 何とも知れぬ, 何の, 少しも, 目を, 私が, 私は, 自分の, 見えないけれど, 見えないで, 見えねど, 見れども

3 [14件] いつた, これまでに, そつと, それも, 何か, 兄と, 帰って, 彼の, 彼は, 東京の, 此の, 見えなかったの, 見えなくても, 見えぬが

2 [89件] あなた方は, ありありと, いっぱいの, いっぱい涙, いつも私達, いるので, うつった, うんざりし, お町, きっと帰る, これまで, これらの, すべてが, すべての, そっと出し, その木かげ, その純白, つかない, つかないが, ひる, みえないながら, もう柱, もう涙, もう縁側, ガラス管の, ジャン・ヴァルジャンは, バイカル湖が, 一つも, 一種の, 一箇の, 三人の, 三十七八位にしか, 二た, 人に, 人間は, 何う, 何も, 何を, 先生の, 先生は, 半蔵は, 周囲の, 嘔いた, 女の, 女を, 女王は, 如何に, 妙に, 安眠が, 定まらないが, 家を, 平岡の, 平次の, 彼れ, 微かなかがやき, 必ず大, 忘れる事, 感謝の, 我れ, 日本の, 早くも, 春の, 最珍, 最珍しけれ, 東遊記に, 此樣の, 氣弱の, 江戸に, 父の, 狂気の, 珍らし, 綺麗に, 肩口を, 自分は, 薄氷を, 血膸玉嘴と, 見えて, 見えないという, 見えなかった, 見えぬに, 見えぬよう, 見えません, 見えるが, 見も, 親分の, 遠方に, 金を, 非常な, 駕籠で

1 [1294件 抜粋] あいたくあるまい, あさましくも, あたかもすべて, あの図書館, あは, あまり嵩, あわさない, あわせまい, あわなかったよ, いかにも巻く, いかにも綺麗, いきなり座敷, いじらしいくらい, いったり, いつしか涙, いつまでも, いつも涙, いと聖, いまはじめて, いるだけ, いる樹木, いわば一つ, うつりませんでした, うるさくて, おかみさん, おのずから涙, おれも, お増, かえって不思議, かからなん, かかりたるぞ, かかりません, かかるが, かかろうも, かならず死ん, きっとくる, きっと平熱, けっして二度と出会う気づかい, こういういろいろ, ここを, このあたり, このよう, この二人, この外, この様, この生物, この間の, こぼれない程度, これを, さういふ, さしも深山, さながら剣, さわやかな, しばらくの, すでに清洲, ずいぶん愚か, そうした表象, そこに, そこらの, その人たち, その場合, その干物みたい, その文字, その生れた, その羞恥らい, その顔, それほどで, それを, そんなもの, たうとう, ただもぐもぐ, ただ情愛, ただ驚かれる, ちと弱, ちらりと見えた, つかぬよう, つく, つけども, とうとう外出, とかく不純だらけ, とても可愛らしく, とまらなかっただろう, どううつりました, どうしても偉く, どうしても大, どうもニコデムス, どう映るであろう, どこかの, どの教室, どんなもの, なかなか興味, なにかぞっとする, なにものの, なるべく都合, なんという, なんとなく悲しく, はいらないらしい, はいらん方, はっきり見え, はるか沖合いに, ひとりでによろこび, ひりさうな小さい, ふつと, ふと炬火數十束一度, べつにたいへんらしい, ほとんど見当たらない, ぼっと白っぽい, まざまざと, また前, また幽, また金, まだまだフランス人, まだ分るまい, まだ怒り, まだ見ぬ, まぶしい程, まるで別, みえないけれど, みなありがたい, みんな虫に, もう, もうお, もうたんまりと, もうベッド, もう世界, もう力, もう印税, もう土佐, もう如何, もう彼, もう扶禄, もう獲物, もう盛大, もう私たち, もう落合宿, もう見舞, もう阿古屋, ものあわれ, もの珍しく見ゆる, もはや江戸城, もんどりを, やはりきわめてお, やはりなに, ようやく成人, よく遭う, りっぱな, わが語らずし, アイロニイの, ガラスを, グロであり, サン・ベルナルディノの, スヾカケ屋根電柱電線その, セザンヌの, ッた, ヒロ子さんの, ブンゼン燈の, ボイルドに, マニラを, モー使っ, 一しほで, 一つ其の, 一一唐の, 一七六五年と, 一列の, 一吹き, 一文も, 一昨夜の, 一杯涙を, 一種不思議な, 万象が, 三千円ほどの, 下り松か, 不吉な, 不斷, 世に, 世間に, 中学を, 之を, 九時から, 事の, 二三分通りは, 二十五両一歩の, 五六十兩の, 交渉中の, 京都七条口から, 人の, 人生の, 人間より, 今なんにも, 今年ばかりの, 以前とは, 以前男の, 休んでるよう, 会わしゃあせんで, 低く堕ち, 何です, 何と映じたであらう, 何もかも輪郭, 何事も, 作物盗人と, 倉地の, 傷口が, 先ず柱, 光が, 入らざりしと, 入らないで, 入らなかったし, 入りませんでした, 入院の, 全く怪しく, 六十四面の, 共存共栄と, 其引き綱が, 出て, 列臣の, 利口でなく, 勘当の, 北京へ, 医療器具か, 千にや, 卑怯呼ばわりを, 博覧会の, 危なっかしくて, 原子爆弾から, 又一段, 又改めて, 双児としか, 古い一見現代, 可愛く見え, 右肺切除の, 合わされましたよ, 同じ様, 君まことに, 咽喉ばかり, 善良な, 喜の, 嘸や厚顏, 四つ四番目のには, 四本の, 土地の, 垂簾を, 変に, 多少なりとも高, 大したもの, 大所の, 天も, 太陽の, 夫人の, 奇瑞の, 女らしい涙, 妙な, 始終極端, 娘の, 学生の, 完成し, 実にバカバカしく, 実に目まぐるしい, 実弾が, 実際妙, 客間の, 寂しい自分, 寺へ, 小屋の, 小親, 少々いや, 屍にな, 山から, 工業総, 已に大人, 布を, 師匠の, 帰ると, 幕府以上の, 平生見馴れない, 幼い孤児, 広い大きな, 床を, 弱い子, 当世婦女の, 彼らの, 御一泊一円, 御役御免, 心丈夫で, 必ずお, 必ず持っ, 忌可き, 忙しい暮, 怜悧な, 思わず涙, 思われるよう, 怪しき光, 恋愛の, 恐れ入つたよ, 恐怖で, 恒川警部の, 悉く夜明, 惨らしく, 愛情が, 感じない光りが, 感謝と, 憎々しく映った, 懸らないが, 我々の, 房子の, 手にも, 持遁を, 掛かれまいと, 掛るが, 掛れないと, 教科書以外の, 新しいひらめき, 新風だ, 既に老人, 日本地震學會を, 明るすぎ, 明白に, 映ぜしめても, 映ったの, 映らないやう, 映り始めて, 普通は, 暗い影, 暗に分った, 曙の, 最早俳優総数二百人以上, 最早起き, 木の, 木村を, 札で, 村名主が, 束髪の, 松子さんは, 柔かな, 桟敷に, 様々な, 櫟の, 欽吾の, 止まらなかつたよ, 正面の, 此ペエテルブルクの, 歸された, 死んでしまつたと, 殊に心持, 母艇ギンネコ号の, 気が, 気弱の, 気違いとしか, 汐干, 決してうつらぬ, 沼の, 津田英學塾同窓會で, 流石の, 涙あふれぬ, 涙の, 涙唇には, 涙縋る, 涼しかった, 深いくぼみ, 測り知れない例, 満足した, 激しいはやてが, 火の, 灼熱の, 無限の, 熱い涙, 爾来ただ, 物を, 物珍しかった, 特別な, 狂気じみ, 珍らしい, 琵琶湖だの, 生きて, 生徒は, 田地も, 男の, 留まらぬさき, 異なって, 異様な嘶き, 疎けれ, 病気で, 痛かった, 白い顔, 白痴に, 百兩にな, 百種を, 益, 直に揚足, 真実相は, 真珠の, 眼を, 知らない顔, 破裂し, 神も, 私と, 秋川家に, 穴の, 窃盗殺害すべての, 立派に, 第一回目冒頭, 策略とか, 約半分, 細い月, 絶対に, 緑色の, 罰を, 美しいと, 美しとも, 羨しき, 義雄が, 老婆を, 聖なるもの, 職業の, 背景が, 膾の, 自分達二人は, 自身の, 花ちゃんの, 芸術も, 若い血, 荒々しく見え, 葉子の, 薄気味の, 行く手に, 製造業者及び, 見え, 見えずそれ, 見えないから, 見えないその, 見えないでも, 見えないよう, 見えない品物, 見えない着物, 見えない薔薇, 見えない透明, 見えなかったが, 見えなかったミミ族, 見えなくなるでしょう, 見えぬので, 見えぬ世界, 見えぬ所, 見えぬ者, 見えませんが, 見えるけれども, 見えんで, 見ないで, 見なれない木, 見られない何者, 見ること, 視せねど, 親しい山, 触れない, 觸れぬ, 詩人クリストよりも, 誠忠の, 誰も, 諸行無常の, 貴婦人らしく見えましょう, 赤い光, 赤ガラスの, 足りないのよ, 近づいて, 返せる, 退屈し, 通じない意志, 逢つてゐません, 逢わされなかったけれど, 遂に全くうんざりした, 違って, 適当の, 遭わなかった, 遺憾ながら, 郵便が, 酒人を, 醜く思索家, 金三百九十円をという, 鋭く映る, 鐵砲蟲に, 間違ひもなく, 陸地の, 雨あがり, 電灯が, 青春時代の, 静かな, 面前り見る, 韋駄天の, 頸の, 顕著な, 飛脚を, 飲食店の, 餘り, 香蔵は, 驚く事, 高さ十三間, 高田馬場の, 鳥としか, 麹町の, 黒い瞳, 黒無地に, 黙つて

▼ 目~ (1600, 2.4%)

85 鼻も 36 口も 26 くれずに 24 くらむよう 21 くれないで 14 さめるよう 13 くれなかった, 耳も 10 くらむばかり 9 あやに, 心も 7 くれず, くれない, 寝ずに, 眩むよう, 遥に 6 くらむばかりの, くらむほど, はるかな, ふらずに, 当てられない, 覚めるよう 5 はるかに, 當てられぬ, 眉も, 綾なる

4 [16件] あけて, あてられない, あや, あれば, くらみ耳, くらむほどの, くれなかつた, さめるばかり, じの, すまに, 気の毒な, 當られぬ, 立派な, 見えず耳, 見ずに, 遙かに

3 [24件] あてられないよう, あてられぬ惨状, くれずお, くれずもう, くれないの, ちがって, ない, ないの, やらずに, りを, 同じでした, 呉れないで, 彼の, 恐ろしきほど, 愁らし, 憎ければ, 憐れな, 気の毒でした, 氣の, 眩むばかり, 眩れ, 絢な, 綾な, 見えないくせ

2 [92件] あてに, あてられたもの, あてられないもの, あてられないやう, あてられない有様, あてられなかった, あてられぬそして, あてられません, ある, くぼんで, くらむかと, くらむばかりに, くらんで, くるひ, くれずじっと, くれずた, くれずただ, くれずひたすら, くれずハンスト, くれず進んだり, くれたこと, くれないふう, くれぬ, くれません, くれませんでした, くれる者, さめるやう, すまの, それに, どの目, なかった, なく口, なければ, なしに, はなさずに, まばゆいばかりに, やっぱり丈, やはり自信, やらぬ換, よく見えない, ハラ, 一位の, 亦鬼, 光って, 八年目も, 共に四桁, 凄まじい限り, 凍みぬ霜, 判らぬほど, 同じこと, 呉れずに, 哀れでした, 四日目も, 屆く, 届かぬ海, 届くはず, 届けば, 崩れて, 引かぬ, 当てられない始末, 当てられません, 彩な, 懸けないで, 放さず, 放さないで, 放たない, 敏く, 暗んで, 歯も, 潤んで, 當てられない, 當てられません, 病ましかも, 痛む程, 眩く許, 眩み心, 眩むほど, 眩む程, 眩む許, 眩んで, 空に, 見えず声, 見えなくなって, 見えねえくせ, 覚めるばかり, 輝も, 遙に, 遥々と, 醒めるばかり, 醒めるやう, 開けて, 黒い日本式

1 [929件 抜粋] あかれず月, あけずに, あけないで, あけなかった, あけられない程, あけられぬ雨, あざやかです, あつて, あてられずと, あてられないあさましい, あてられないからね, あてられないこと, あてられない乱脈, あてられない惨敗, あてられない状態, あてられない程, あてられない逆立ち芸当, あてられない重くるしい, あてられぬ, あてられぬの, あてられぬほどの, あてられぬ悲慘, あてられぬ斑点, あてられぬ災難, あてられやしない, あてられんこと, あはれなり, あやにや, ありさ, あり口, あるぞ, あるには, あるほど, ある大きな, ある魚, いじらしいほど, いじらしかった, いたはし, いたむほど, いつかこ, うじの, うつらうつら鏡, おいたわしい, おそろしいと, おとよ, お見え, かがやきに, かがやき声, かけいたわっても, かけず名, かけなかった輩, かさうと, かなりあった, かまわないほど, かわく, きの, くらみあやうく, くらみ心, くらむばかりのところからまさにとび降りよう, くらむほどに, くらむ光弾, くらむ数十メートル, くらむ木組み, くらむ火酒, くらむ美女, くらむ鉄骨, くらめく様, くらもうじゃ, くるめき心, くるめくよう, くるめく心地, くれずいきなり, くれずさ, くれずすぐ, くれずずんずん, くれずその, くれずだまつて外, くれずばらりと, くれずまた, くれずカステイラ, くれずスッ, くれずテーブル, くれずパッ, くれずヨウジ, くれず一, くれず一直線, くれず下, くれず乱軍, くれず交番, くれず伴, くれず光一, くれず内容, くれず判事, くれず土門, くれず大, くれず実, くれず室内, くれず彼方, くれず挨拶ぬき, くれず新, くれず東両国, くれず楠公碑, くれず父, くれず玄関, くれず立ち去って, くれず立去つたの, くれず落ちつき, くれず襦袢一つ, くれず言葉, くれず踵, くれず辞譲, くれず重い, くれず金庫, くれず頻に, くれず駅前, くれたくなかったの, くれないし, くれないよう, くれない物蔭, くれなかったこと, くれなかったでしょう, くれなかったという, くれなくな, くれぬ風, くれねえでおかしな, くれは, くれませんそれ, くれようと, くれる様子, くれ魂, この辺, こまかに, さうであるに, ささぬ暗室, ささぬ酒場, さまさせずに, さむき業刀, さむる, さめた, さめようと, さめるほど, さらにその, したが, じのうへ, じ申しあげうれしくうれしく, じ相, すぎた, すでに脾腹, すべて親切気に, そうである, そのつもり, その惨酷, その窖, それて, それを, たしかで, つかわずに, つぶった儘, つぶれろぞ, つぶれ耳, つむらぬ人, とじて, とどかない所, とどかぬ至近距離, とまらなければ, とめ申さざりし新聞, どうかし, どことなく活気, ないで, ないほど, なかろうでは, なき口, なく爐格子, なく続い, なく青塚, なんとなく頼もしゅう, ねえがな, はっきり見えない, はなさずようすを, はなさない, はなたず燃えさかる家, はばからず必ず, ばらばらに, ふえたの, ふた親に, ふらずとうとう, ふらずチンジャラジャラ, ふらず息, ふらず押し通して, ふらず池, ふらず直線, ふらず突っついて, ふらぬ今, ふらんといふ, ふれない時, ほ, また, また同様, また大勢, また爰, また若き, また足, まだ残っ, まは, まばゆいばかりの, まばゆい貴金属, まぶしいくら, まんまるです, みずに, みな偽っ, みな息を, むかし若い, むごく, もどつて, やった人, やはりたてつづけ, やらない, ゆかしかるべし, ようよう判然, よくこれ, よく見えなくなりました, よく訣, よし, わかぬ真, わからぬほど, わたしは, チラチラしかし, パッカリ, 一しよ, 一と, 一致する, 三目も, 世の中を, 二万円と, 二度とマチガイ, 二目も, 五六日で, 亦同じ, 京都, 人形が, 仏は, 伏せて, 何となく彼, 信雄卿の, 傷わ, 充血し, 光らなければ, 光り光らば, 免れたし, 入り益々, 六回目も, 内臟, 冴えて, 冷ややかに, 凜として, 出来ぬうち, 分らぬ暗黒, 切れ長で, 初めて影法師, 利かないし, 助からない, 動かさずもちろん, 動かなかったよ, 十マイルその, 印度人の, 危い, 厭は, 又足らざる, 及ばず汽車, 及ばぬであろう, 口ほどに, 可憐さに, 可笑しいほどに, 合いません, 合わせないよう, 同じ人, 同僚の, 同様でございました, 向くもの, 向けずに, 向けられないほど, 向けられない惨状, 呉れずさっき, 呉れず人中, 呉れず何處, 呉れず自分, 呉れず頭, 呉れなかった, 呉清源は, 哀れであります, 哀れの, 四回目も, 四週間目も, 堪えとけば, 増へ, 変り時間, 夜鳥ぐらい, 大きく開い, 失敗し, 奪われて, 婉に, 安物じゃ, 寒く水, 寝なかったと, 寝られなかつたん, 射さず黴, 尋常じゃ, 尋常ならず, 少しは, 尽きかけて, 届かないよう, 山の, 底を, 引きつけられるの, 弛み唇も, 当てられず戦い歇, 当てられず魂, 当てられないありさ, 当てられないこと, 当てられないほど, 当てられない光景, 当てられない化けの皮, 当てられない狼藉, 当てられない話, 当てられない醜態, 当てられなかったよ, 当てられぬありさ, 当てられぬところ, 当てられぬほどの, 当てられぬ乱脈, 当てられぬ惨状, 当てられぬ懸命, 当てられぬ有様, 当てられぬ残虐, 当てられぬ泥濘, 当てられぬ激しい, 当てられねえや, 当てられやしない, 当られぬ程, 彩に, 後であった, 心地悪し, 忍びない, 思ふままならず, 恋しかも, 恐いの, 恐ろしいくらい, 恥ずかしいぞよ, 悪く耳, 愉快で, 感じて, 憎悪を, 手も, 拿破里なる, 挙げずに, 振り払って, 据って, 掛けず蒲田, 放さずながめて, 放さず早瀬, 放さず見張って, 放たず, 文に, 斉しく仰い, 明いて, 昼過ぎの, 時々霞む, 暗くなっ, 暗闇の, 曲折も, 最も家柄, 朝早くから, 木下君と, 札止めの, 染みに, 楽な, 構わず抱き合いました, 止めなかった, 此時だけは, 歯痒いの, 毎日来て, 気の毒と, 気も, 法師は, 消えて, 涙で, 涼しく桔梗, 滅茶, 澄んで, 点頭きて, 無残であった, 煩いので, 爽やかな, 片一方引き吊っ, 玉章で, 珍しく曇っ, 留めないで, 疎く成ります, 疎に, 疲れ込んで, 痛々しかった, 痛いの, 痛わし, 白晢の, 盲目な, 真っ黒に, 眩いほど, 眩ふ, 眩みさ, 眩み見当違い, 眩むやう, 眩む金色燦然, 眩る, 眩んだよう, 眩暈むような明るい, 知れない闇, 磨硝子で, 空しくまさに, 笑止千万で, 筆も, 終ろうと, 綺麗な, 綾に, 美しく鼻, 翼も, 育つて, 自分の, 自分ひとりに, 苦しければ, 落ち窪んで, 藐に, 血走った, 血走つた, 血走り伸びた髪, 見えず, 見えずたつた一つ, 見えず空, 見えないの, 見えない大, 見えない陰惨, 見えなくなりましたが, 見えなくなり憤激, 見えぬもの, 見えぬよう, 見えんや, 見ず麓, 見せて, 見ない, 見ないと, 見ない二, 見なかった貴重, 見ぬ頑丈, 見ること, 見合わせようと, 見向けず呪詛, 見開いては, 覚むべし, 覚むる浅緑の, 覚める心地, 覚める程鮮, 覚束ない, 覺むる淺緑の, 覺めなかつた, 解かれるから, 触れず, 觸らない, 詰めて, 負けいい, 辛抱します, 近ごろは, 通さず葛巻, 通さない雑木林, 過ぎたが, 過ぎ三日目, 遠藤女史の, 遣らずなりける間, 遣るならし, 遥かに, 醒むるばかり鮮か, 醒むるような藤納戸色の, 醒めるよう, 針の, 鋭くぴかりと, 閉じて, 開きませぬ, 開けない, 開けられない, 隠れるほど, 離たず, 難戦の, 雨その, 霞んで, 静かに, 顔全体が, 顧慮しなかつた, 馴れて, 驚くほど, 高いお方, 髪の毛も, 鮮かな

▼ 目にも~ (868, 1.3%)

12 とまらぬ速 11 涙が 8 耳にも 7 とまらぬ早 6 それが, 見えて 5 心にも 4 それは, 明らかな, 見よ, 鼻にも

3 [21件] それと, ついた, とまらない速, とまらぬはや, とまらぬよう, なみだ, 口にも, 同じよう, 彼の, 明らかに, 止まらぬよう, 止まらぬ早業, 止まらぬ速, 立つまじと, 立派に, 見えず耳, 見えた, 見えない, 見て, 触れた, 顔にも

2 [51件] あうの, あって, あわなければ, かかれず, これを, そうと, そう見えた, ついたの, つかず音, つきやすく, つくの, とまらず, とまらないほどの, とまらないよう, とまらない早, とまらぬ早わざ, はっきりそうと, ふれずに, わかって, わかるよう, 二つか, 会って, 何か, 何を, 其れ, 分って, 判るほど, 十七八にしか, 受苦の, 同じ事, 同じ願, 大狸, 彼女の, 明らかだつた, 明らかである, 映らなかった, 止まらずに, 止まらぬ早, 段々心細く, 気の毒な, 涙の, 留るほどに, 立たないが, 立派な, 自業自得で, 見えません, 見えるけれど, 見すぼらしいなりを, 見ず耳, 遭わずに, 面影は

1 [632件 抜粋] あい職責上, あえるし, あきらかな, あざやかな, あそばしたこと, あたま, あばずれ女としか, あまりいい, あまりに明白, あまるだろう, あわされなかった, あわされましたが, あわずすぐ, あわないで, あわなくては, いかにも手際, いくたび, いじらしかった, いつまでも, いつもはっきり見え, いままでと, うらやましく見える, おあい, おおいがたく, おかしかった, おれよりは, お米, お逢いなされた, かかったし, かからないよう, かからなかったが, かからぬ引っ込んだ所, かからんが, かかりますが, かかりませぬ, かかりまた, かかれぬの, かかれぬ傷, かかれぬ身, かかれまいと, かけたやと, かけて, かなしみの, きちんと継, きわ立って, くれず, くれず編笠, くれる気風, この一国, この娘, この屋敷, これは, さう, さし迫って, さすがに, しがない旅芸人, しくじりは, したしまれたの, しみつくはず, すぐに, すぐは, すべての, するに, せっぷんしました, そういう命令, そうして出来あがった, そこには, その危険, その満足ぶり, その男, その矛盾, それだけ強烈, それほどの, たくさんに, たたないさまざま, たたないところ, ただごとでは, ただ育った, ついたらしい, ついて, ついにわかものたち, つい注意, つかずまた, つかないところ, つかないよう, つかない人柄, つかぬささやか, つかぬよう, つかねえ, つきそう, つきまとって, つき易い, つく, つくからね, つくくら, つくくらいに, つくほど, つくもの, つけるが, ところの, とてもよ, とまらずはや, とまらず直線, とまらず谷, とまらないという, とまらないほど, とまらない早わざ, とまらない物, とまらなかったであろうし, とまらぬくらい, とまらぬす, とまらぬほど, とまらぬ変化, とまらぬ姿, とまらぬ敏捷さ, とまらぬ早業, とまらぬ素早, とまらぬ舞, とまらぬ速度, とまらぬ針, とまらんといった, ともに大人しい, どこに, どの中, なつた, なにかとびこんだ, なにより, ならなかつたらうに, なるが, なるので, のみせんと, はいらないよう, はいらない仲間, はいらなかったはず, はいらなかったらしい, はいりますので, はっきりした, はっきりそれ, はっきりと, はっきり映っ, はっきり過去, ひどく憔悴, ふれさせたくないの, ふれないで, ふれないフワフワ, ふれない先, ほほえ, ほんとうの, まがうかた, まぎれも, まず絶望, まだはっきり残っ, まだ新しい, まばゆいもの, みられず, もうなれ, もったいなく思われた, もっと悪い, もどらなかった, ものすごいばかりの, やがて彼女, ゆうべの, よくつく, よくわかった, よく判りました, わかった, わかるくらい, わかるの, わかる繁昌, オタツの, キャラ侯の, キラリ露, チョイチョイお, ハイカラに, ハッキリした, ペインの, リアリズムに, 一度あった, 一時に, 一番くだらな, 一見し, 七八円の, 三坪の, 上に, 下らなく平凡, 下手人の, 不思議に, 二人斉しく, 亡書は, 今思いだし, 仕合せだ, 付かないよう, 付易し, 会いたいと, 会いましたが, 会うたの, 会うのよ, 会った筈, 会っては, 会わず殊に, 会わないん, 会わなかったが, 会わなかったの, 似た彼, 似て, 余ったの, 余り見, 俗人の, 倒れた犬, 先づ床しい, 先づ明かで, 入った, 入ったが, 入つて, 入らず貴, 入らなかった, 入らなかったの, 入りません, 入るべきか, 入れずに, 入れず疾風, 入れず突っ返したほどな, 入れないらしかった, 入れなかった, 全貌を, 六花の, 其を, 出の, 分かりすぎるほど, 分った, 分らせずには, 分らない, 分りましたが, 勿体ない程, 博士号は, 卜しうる, 危いまで, 口元にも, 可傷, 可哀そうな, 可笑しい程, 合わせず揚句, 同じ場合, 同じ治療法, 君が, 咄嵯に, 哀れであった, 唇にも, 商売に, 大人しい人, 大略は, 太宰の, 女の, 好ましい純白, 孟子の, 安ッ, 実直な, 宮将軍幕下の, 容易く感じ得ら, 容易に, 寂しい姿, 寐静った, 少し低, 届かない暗い深い, 帰省する, 幽かに, 度々會, 庭や, 弟子の, 張りが, 当る, 微妙に, 快くうつ, 思えなかった, 思ひうかべられるで, 思われる気楽そう, 性質の, 怪しさ, 恥ぢず記しつけお, 悪いとしか, 悪いもの, 悪い目, 愉しさうな事, 愛相の, 憎らしく見え, 懸りませんでねえどうも, 拙とみゆらん, 挽回が, 掛らず江戸, 掛る時, 數あるまじき, 新しく映った, 新婿, 新進の, 旦那と, 明かである, 明かなの, 明かに, 明らかな啜り泣き, 明白であり, 映じたの, 映じて, 映った, 映って, 映らなかった年, 映る凜, 是のみは, 昵みのない, 暫くは, 村山は, 来て, 枯樹に, 柳と, 楽しかった, 欠点を, 歌舞伎座の, 止まらず躍り上がる, 止まらぬすば, 止まらぬの, 止まらぬほど, 止まらぬほどの, 止まらぬ手練, 止まらぬ早技, 止まらぬ無双廻わし, 止まらぬ迅さ, 止まらぬ速度, 止まるよう, 止めて, 止らずに, 止らないノミ, 止らぬくらい, 止らぬ位, 止らぬ而, 止りません, 正しくうつっ, 正しく留った, 民主的と, 氣の, 決して入り, 注意を, 浮ぶばかり, 浮ぶやう, 浮んで, 無実らしかった, 無論見事, 熱情が, 片輪者, 物質以外の, 犯人は, 狂人と, 珍らしく, 申分の, 留まらずひら, 留まらず垣, 留まらないうち, 留まらなかった, 留まらなかつた, 留まらぬが, 留まらぬやう, 留まらぬ快, 留まること, 留めずに, 留めない, 留らなかったが, 留らぬ廻転, 留らぬ速, 畜犬票と, 異様に, 疑いの, 疑ひなく大伴集, 痛々しいほど, 痛い顏, 痛ましい, 皆目行方, 目立つと, 目立つの, 直に感ぜられた, 着くが, 着くので, 着く湯島, 睫毛にも, 知れければ, 短かに, 確かに, 私は, 窮し, 窺は, 立たないから, 立たないのに, 立つよう, 立つ一構, 笑止の, 第一, 綺麗であった, 繪の, 美しく並べられ, 羨ましいほど, 羨ましいほどの, 羨ましそう, 能らう, 自から出遇ツ, 自分だけが, 良い人, 若い綺麗, 落とすこと, 蚤一匹隠れ, 蚤一匹隱れ, 行方を, 見あまる敵軍, 見えざる程, 見えずわ, 見えず崩れて, 見えず説き明かすこと, 見えたの, 見えないくら, 見えないすばや, 見えないのに, 見えないもの, 見えないよう, 見えないカドリール, 見えないコールタール, 見えない怪物, 見えない早, 見えない絵, 見えない虫, 見えない速, 見えなかった, 見えに, 見えぬほどに, 見えぬ目, 見えぬ細かい小さい, 見えぬ薄い細かい, 見えぬ露, 見えました, 見えませんでした, 見えるので, 見えるよう, 見える勝敗, 見える夏, 見える復興, 見え心, 見て取られた, 見ないで, 見ぬはず, 見ぬ炭焼, 見ゆる程, 見られるが, 見事と, 見分か, 見覚えが, 見違, 見違えるわけ, 視めら, 覚つかない, 触れたくは, 触れないで, 触れなかったこと, 触れなば, 触れる, 言にも, 訣らなくならう, 許すべし, 許すべしあはれ, 諒解を, 賞牌候補と, 迫るよう, 逢うの, 逢うまいもの, 逢ったが, 逢ったであろうな, 逢は, 逢ひたくない, 逢わされて, 逢わず瓔珞, 逢わなかったが, 遇ったの, 遭えば, 遭った, 遭ったが, 遭ったけれど, 遭わす事, 遭わず実に, 遭わせる気, 遽かに, 酔えなかった, 醉へ, 鋭い光, 附くの, 附くよう, 随分慣れ, 隠れるの, 非道いと, 頬にも, 風采が, 颯爽として, 餘る, 高田が, 魂にも, 鮮かな, 齊しく

▼ 目から~ (789, 1.2%)

77 見れば 52 鼻へ 47 見ると 21 涙が 17 見て 11 涙を, 見ても 5 みると, 火が, 迸る 4 なみだ, みれば, 火を, 熱い涙, 鼻に 3 して, 下の, 中を, 見ては, 隠して

2 [37件] あふれて, かくして, こぼれて, これを, だ, とめどなく涙, のぞいて, はなして, ひとみを, ぽろりと, みて, 一貫目も, 二人の, 今迄, 吹く潮, 四行目に, 大粒の, 大雨が, 宵の, 忿怒の, 手負の, 油の, 洩れて, 流れた, 消えた, 消えない, 涙の, 湧いて, 火の, 狸囃子が, 目へ, 真珠の, 見たらば, 見たら今, 銀簪も, 隠れて, 隣りの

1 [429件] あたま, あつい涙, いくらかの, いけないよ, いつも秋川家, うごめくもの, うす陽, うつくしくすき, うつくしくすきとおっ, うまくのがれ, おっぽ, かえって全くインテリゲンチア的, かくされた, かくした, かくしたと, かばおうと, かれら, きえずに, くやし涙が, くやし涙を, くらまして, くるりと, くる文字, けっして見落され, ことり, この姿, この東京, こぼすよう, こぼれ出, ころがりでました, ころりと, さうめん, さえぎって, さえぎられて, さしこんで, ざあ, しかも熱い, すくわれたこと, すぐ傍, すこしでも, すっかり玉山, ずらりと順に横, そうして乳房, そう見えた, そのおく, その姿, その風采, それに, だんだん明るく, ちかちかと, ちらちら皮, である, でなくとも, でる水, とめどない涙, とれないで, にじみでる涙, のがれて, のがれるよう, のぞき出したかと, はずむ輝き, はずれ落ち, はてしなく, はなした途端プーン, はなすと, はみ出たボロ, はらはらと, はるか向うに, ひろく懸賞金付き, ふきだすところ, ぶよぶよの, へんな, ほとばしらせて, ほの, ほろりと, ぽつりぽつりと, ぽろぽろと, ぽろぽろ涙, まづ衰, みても, もういけなかつた, もう老人, もれぬよう, もんどり打つ, やつと, ようやくに, わが目, キラと, キラキラと, グラスを, シャツと, タラタラと, ダラダラと, チョク, チラと, ナポレオンを, パッと, ブリュヌゾーは, ボロ, ポタポタと, ポロポロと, ポロポロ頬, ミミズを, 一, 一しづく, 一メートル程度の, 一寸五分ぐらゐのところへ押立て, 一層黒い, 一滴の, 一種鋭い, 一貫目以上に, 三ヤードの, 三日位が, 三日目に, 三段へ, 上が, 上は, 上を, 上程も, 下は, 下へ, 不可思議な, 中, 中入前に, 二つ程, 二三十間先には, 二年半を, 二貫目そこ, 二貫目以上も, 互い互いの, 互に憎み合っ, 五枚目まで, 五段六段目ぐらいまで, 人の, 人事不省凡そ一週間ばかりは, 仇, 仙吉の, 以上を, 休んだ事, 何から, 作者は, 俺は, 先に, 入ること, 入る文, 入れ目を, 其の売った, 其の小, 内を, 内側へ, 凄く大きな, 出ずに, 出た涙, 出ること, 出るの, 出る光線, 出る電気, 切断し, 判断し, 劔ガ峯の, 動物性の, 包んで, 半面へ, 去って, 去らないの, 去らない源氏, 又無, 取ること, 取れないのに, 取れませんでした, 受ける感じ, 口へ, 口もとへ, 口惜し涙, 喰み出した, 四日目に, 四日目にかけて, 堰を, 外れるやう, 夜気が, 大きな体, 大きな涙, 大つぶの, 大分に, 奔り出た, 女優に, 妊娠し, 始めても, 完全に, 客を, 室内の, 富士に, 将来伸子との, 小さいお, 屍体を, 山の, 山の手の, 島地の, 左様でも, 帰らねば, 平気に, 度はずれな, 庭越しに, 廢嫡問題の, 当然の, 彼の, 彼は, 彼等に, 後は, 御覧に, 微かな, 心へ, 忘れること, 思いがけなく妻, 急に, 手ぬぐいを, 手首を, 拭き消したと, 指を, 振りのけ頭, 放さないよう, 放して, 放たれて, 放れない, 教えたもの, 日焼けの, 日記を, 春の, 時々勝手, 時々焔, 時折暁近い鈍い白, 暖かいむく毛, 書始める, 朝之助の, 木戸銭を, 木戸錢を, 末子の, 来るあの, 来るもの, 松木が, 柱つたい, 校費生に, 次への, 次第に客, 正面衝突を, 殆ん, 殺人強盗放火男女の, 毎年一反歩一噸十八圓二十五町歩につき, 毎晩の, 水が, 水は, 水を, 沢へ, 沸き立って, 洩れる薄暗い, 洩れ込んだ細かい, 流れる涙, 流れ出すじれったい, 流れ出た, 流れ出た太い, 流れ出る, 流れ出る涙, 浸み込むため, 消えんとしては, 消え去ったまま, 消え失せて, 消え失せるの, 消え失せるので, 涙は, 深川へ, 温泉が, 湧くよう, 満員だ, 溢れて, 溢出そう, 滲み出たの, 滲むよう, 滾れ出た鉄瓶大, 漏れおちる垂滴, 漏れ公民, 漸く機嫌, 火で, 火も, 火焔が, 火花が, 照り出した初夏, 熱を, 燃えるよう, 父は, 玉の, 王滝口頂上へ, 生つた, 生活にも, 産卵を, 田舍風の, 発射する, 登場し, 白い毛, 白い滑, 目が, 目脂を, 直ぐ昌平橋, 眉の, 真打へ, 石上文麻呂の, 突進しよう, 立ちながら, 竹内を, 笑を, 粟一粒も, 精神に, 紙の, 縦に, 羨望の, 肺炎に, 腹へ, 腹ア下した, 自分の, 自分らだけの, 自身の, 舌の, 苦笑を, 茶舟で, 菜の, 華々しく出発, 落ちて, 落ちる涙, 薄暗い狭い階段, 虫の, 蝋燭の, 覆い隠そうと, 覆ひ隱, 見えないところ, 見たこと, 見たしみじみ, 見たとき, 見たならば, 見たらいずれ, 見たらさぞ, 見たらその, 見たらそんな, 見たらやっぱり, 見たら事, 見たら天, 見たら飯田藩, 見た二人, 見た人生, 見た場合, 見た日, 見た親類, 見た誇張, 見なさりゃあ, 見ましたならば, 見ますれば, 見られては, 見られようと, 見る, 見るとき, 見るの, 見るふたり, 見る時, 視て, 視力が, 覗いて, 覗くと, 観れば, 試されて, 読んで, 身の, 身を, 身体を, 逃げるため, 逃げ廻らすやう, 逃れる気味, 透きと, 透明な, 逸らさせようと, 逸れて, 遁れ, 遠い二階, 遠い空, 遠くに, 遠ざかって, 遠のいて, 避けて, 重湯牛乳の, 長いナイフ, 閃光を, 閉されて, 開放された, 隔離された, 隠さなければ, 隠されて, 隠れる穴, 隠蔽しよう, 隱す, 隱れ, 隱れよう, 離さない, 離して, 離すと, 離す事, 離れて, 離れなくても, 離れぬであろう, 離れると, 雨が, 電が, 露の, 青白い火花, 青銅の, 非常に, 面を, 靴先が, 顔だけ, 顔を, 顱頂骨の, 飛び降りて, 食物を, 飴色の, 餌を, 首を, 騒ぎ唄の, 驚異に, 鬢櫛が, 鱗が, 黒い稲妻, 鼠の, 鼻からと

▼ 目つき~ (764, 1.1%)

150 をし 27 をした 15 で私 14 になっ 9 をする 87 だった, でじっと, でわたし 6 でそれ, でサト子, で見 5 である, でその, になった 4 して, であった, でながめ, でながめた, で彼, で睨み, になり, を見 3 でまた, で娘, で空, になつ, の凄く, をしました

2 [33件] からすぐ, がよく, するほど, だ, でいつ, でお, でこちら, でしげしげと, でしばらく, でじろじろ, です, でみんな, でもっ, でわれわれ, で受けとめ, で周囲, で眺めた, で睨ん, で私たち, で自分, で見つめ, で見られ, で近づい, で野本氏, で青年, とその, にあらわれ, には私, の可愛, の男, の美しい, はこの, を見る

1 [371件] あまやかして, からで, からにげる, からぼく, から察, から気づいた, から父, がいつも, がいや, がおそろしい, がきつく, がきゅう, がすごかっ, がすべて, がそこ, がそれ, がそんな, がどうも, がどこ, がはたして, がやはり, がキラリ, がグット癪, が不安そう, が人物以上, が低い, が何かしら, が先ず, が取り交される, が変, が変る, が容易, が尋常, が小枝, が怪し気, が悧巧げ, が矛盾, が突如, が絶えず, が美しく, が義雄, が違っ, が鋭く, が険しく, が非常, しっかりした, その沈黙, それから安子, だけで, だと, だらう, だろう, であたり, であと, であり愛, でいう, でいった, でおさえ, でおそらくは, でおれ, でお前, でかしこここ, でかれ, でく, でぐるっと, でこのごろ, でこんもり, でしかも, でしか俺, でしきりに, でしじゅう, でじ, でじつと, でじろりと, でずうずうしく, でちゃんと, でちょっと, でちらりと, でぢ, でなかば安心, でながめ続けた, でにらみつけました, でにらめた, ではありませんでした, ではり番, では少し, でほんの, でぼんやり, でまっ, でまとまり, でもの, でやさしく, でイワン・フョードロヴィッチ, でサチ子, でシューラ, でソーンダイク, でチラリ, でナイフ, でペンベリー, でボートルレ, でマリユス, で一方, で下, で中, で二人, で云, で人々, で伝え合った, で伝さん, で伸子, で何, で凝っ, で匂い, で千世子, で危なく, で友吉, で叫びました, で吉弥, で向う, で呻いた, で命じた, で場所, で太刀川, で女, で子供たち, で家, で小林君, で小鳥, で少女, で山, で師匠, で庭, で彼女, で後, で思いがけない, で息子, で愛一郎, で我々, で戸山君, で新聞, で早口, で時々, で木戸, で柴垣, で格別, で椅子, で正面, で母さん, で母親, で海, で無心, で犬, で眺め, で眺められ, で眺める, で眼, で睨みあっ, で睨みつけ, で睨めつけ, で瞬間的, で穏やか, で竹見, で老人, で聴衆, で興奮, で船長, で葉子, で見あげ, で見た, で見やった, で見上げた, で見守っ, で見返される, で話し合っ, で諭す, で貞世, で輝く, で迎える, で透明人間, で道, で部屋, で鍋, で闇太郎, で隣人, で雜草, で雪, で頭, で顔, で魚, で黙っ, とうれし, とお, とおずおず, とそれ, とどれ, とはべつに, とは今, ともとれる, と一緒, と口もと, と口元, と心配そう, と服装, と歯並, と残忍, と目, と言葉つき, と足どり, と足もと, と身ぶり, と違った, と雷電, と顔色, などは総角, など今, など卑しい, なん, にあう, にうかがえる, におずおず, になり出した, には喜び, には変わり, には感情, には非常, にぶつかった, によって睨み据えられる, に唆, に妙, に心, に必ず, に挑発, に比べ, に毛, に気がついた, に気づかない, に注意, に消, に物, に狼狽えた, に答え, に複雑, に触れる, に身, に返つた, に還, のけわしい, のこわい, のはなやか, のもの, のやさし, のよう, の中, の五十がらみ, の亡者ども, の可愛い, の奥, の奴, の子ども, の怖, の意味, の愛らしい, の感じ, の爺さん, の美し, の色々, の若々し, の表れた, の誰, の鋭い, の険しい, は, はいくらか, はいっ, はいつも, はうれし, はおどおど, はことば, はさすが, はただならぬ, はとうてい, はなかば, はまた, はまだ, はまるで, はもひとり, はやがて, はよく, は一寸, は厳格, は大きかっ, は大将, は幸吉, は彼女, は恐ろしかっ, は悪い, は意志, は成, は日, は普通, は柔和, は機械的, は止せ, は笑つて, は荒々しく, は薄気味, は言葉, は鼬, ばかりでなく, ばかりもし, またすべて, まで浮べ, まア何, もさう, もさき, もし, もまた, もよほど, も似る, も変っ, も普通, も無邪気, も白かっ, も知らず, も鋭い, やうす, や長い, よ奥方, を, をいたしました, をお, をかえ, をこの, をしてる, をします, をし合う, をじっと, をたえず, をちら, をちらつかせ, をもっ, をも感ずる, をわたし, をマルガレート, を一方, を二つ, を勇, を娘, を強い, を形容, を彼, を思い出した, を思い出す, を思っ, を感じた, を投げ, を投げた, を投げ与え, を持っ, を暗夜, を気, を浮べ, を炉, を空, を自分, を良人, を見せ, を見せた, を鉤索, を闇, 鋭からず

▼ 目~ (637, 0.9%)

138 鼻の 13 鼻と, 鼻との 10 なると 6 耳とを 5 なった, なって, 耳との, 頭を, 鼻が 4 いっても, 云ふ, 耳と 3 いうと, 出て, 家内とは, 目を, 耳を

2 [30件] いうのに, いふと, いわず鼻, たった一つ, なったの, 一しょだったでしょう, 一所に, 七段目の, 合つた, 同じこと, 同一である, 女教師の, 左の, 日本伝統の, 水の, 沈んで, 無数の, 礑と, 私の, 空に, 第四段目, 自分の, 見られないよう, 見られない無慙, 見合せると, 見合わせると, 銀の, 頬の, 頭が, 鼻

1 [345件] あって, あひ, あまりちがわない, あらゆる相似, いいますから, いい支度, いうが, いうでは, いうでも, いえば, いっしょに, いったらまるでもう何もかも, いったらメチャ, いって, いはなくとも, いふので, いふよりは, いへば, いわず口, うぶ毛の, お口, お笑いに, お米, お面, かちあった, かちやんと, かねて度胸, かわいらしい小さな, きまって, きわ立った長い, くちびるの, くもったまなざし, さっきの, した火舎, し見えぬ目, すくむしし, すでに幾度, するもの, すれすれに, すれすれの, す故に, そのあと, その口, その嘴, その聲, それを, つづいて, づる白塔に, とがった唇, とっ捕まえて, どうして判つた, なったが, なったに, なっては, なつた, なりおったもの, なりつつ, なりて, なり十二月一日, なり釣瓶打ち, なれば, なんとなくしまり, はっきり頭, ふと見合う, ぶっつかりました, ぶっつづけに, ぶつかると, みられぬ姿, むれば, めを, め給へば, やせて, よその, ろで, わが目, わが耳, わしの, オタツが, オタツだけしか, オタツと, オタツは, カッケに, クローバーは, パッタリ出会う, ベアトリーチェとの, 一つの, 一年目に, 三列目との, 三日に, 三日目が, 三日目は, 三杯目みんな順ぐりに, 三行目の, 三角の, 上なき, 上下の, 下って, 九人目十人目の, 乾隆の, 二つ目の, 二つ目橋の, 二日目は, 二杯目二杯目と, 二郎が, 二郎の, 云いこの, 云う, 云うと, 云うの, 云う事, 云う日, 云う春, 云う時, 云っても, 云わず掴み合った, 五層の, 五本目が, 交渉中な, 会うと, 似て, 低い鼻, 体とから, 使う鏨, 修整を, 優れた技能, 八人目と, 出りゃ府中, 出会うと, 出会った, 出初めると, 出向く必要, 出逢った時, 判つた, 判断とを, 判断は, 力と, 医者と, 十二段の, 厳しい言葉, 反対に, 取換え, 口と, 口もとと, 口辺に, 合う, 合って, 同じでなかった, 同じに, 同じもの, 同じよう, 同時に足, 呼ぶに, 唇に, 嘲笑の, 四行目との, 多少月々, 太い大きな, 太閤記の, 女の, 実行の, 導きで, 小さなさ, 小林少年の, 少女の, 布とが, 度胸を, 彫刻の, 心とを, 思い込んで, 思う頃揚板, 思える岩屋, 思ひきり口惜, 思ふ, 想う段, 感じる心, 感動した, 感情では, 手が, 手つきとから, 手と, 手真似で, 手袋の, 手足その, 拝まれないやう, 指で, 文代の, 文字の, 有村の, 木精の, 次第に筋, 正しい鼻, 此の, 歯が, 歯だけが, 歯とは, 浅草を, 混ずるなり, 演って, 澄める空氣, 火の, 火を, 為し即ち, 無口さだけが, 爪だけが, 片手とを, 特徴の, 玄徳は, 琥珀色の, 申します小さい, 登場人物の, 百科事典の, 皺のよ, 目とが, 目見あわし, 目見合し, 直たりと, 眉と, 眉とが, 眉との, 真白な, 社会の, 神経とを, 窓の, 立役には, 笑み合っただけ, 第二日目, 約束した, 紅糸の, 細い小ぢんまり, 絶えずあえい, 続いたの, 続いて, 美しい歯, 耳からは, 耳で, 耳とで, 耳とに, 耳とばかりで, 耳に, 耳は, 耳へ, 胸とを, 胸を, 脳との, 腕とが, 自前びろめと一緒に, 舞台の, 舞台は, 色の, 蒼黄色く, 行足, 行足とが, 行足との, 行足を, 要請とを, 見えたの, 見か, 見せたの, 見て, 見られたもの, 見られた姿, 見られた態, 見られない, 見られないすごい, 見られないは, 見られないほど, 見られない不具者, 見られない姿, 見られない形相, 見られない物凄い, 見られない癩病患者, 見られない醜い, 見られない醜悪, 見られぬひどい, 見られぬほど, 見られぬよう, 見られぬ恐ろしい, 見られぬ有様, 見られぬ癩病やみ, 見られぬ醜い, 見られぬ黒アバタ, 見られねえ, 見られねえ位, 見られませぬ惨い, 見られる姿, 見る事, 見る勇気, 見る気, 見れないほど, 見合わせて, 見得る肉親, 視線が, 視線を, 覚しい空, 親しくなり, 観念された, 観念し, 言うて, 言うの, 言う方, 言えば, 言ったかとも, 言ったの, 言つて居ります, 言わず鼻, 言われたこの, 記したこと, 記して, 記憶し, 記憶とから, 話し出したに, 趣味との, 進むに従って, 遠く離れ, 金目と, 金色の, 鋭いと, 錯覚に, 長いたくさん, 長い髪の毛, 門外漢には, 雀の, 順序通り十二段の, 頬とには, 頬との, 頭, 頭だけは, 頭とで, 頭の, 頭蓋骨大程の, 馬鹿に, 髪と, 髪の, 鬼の, 鳩, 鶏の, 鷹揚な, 黒瀬画家の, 鼻ぐらいの, 鼻だった, 鼻どころか, 鼻なる, 鼻に, 鼻京大阪へ, 鼻程の

▼ 目~ (212, 0.3%)

107 ている 4 て見入つて 3 て和歌

2 [16件] てクラゲ, て不, て不忠不義, て之, て伊藤侯, て全く, て北支独立, て厚顔, て大隈伯, て天下, て徒ら, て時代, て東夷, て東洋, て稀代, て笑

1 [156件] てああ, てあたり, てあるいは, てきらい, てくれぬ, てすべて崩壊, てなみなみ, てはおらぬ, ては頼朝同様, てまだ, てまったく, てもっ, てよかろ, てわれ等, てゐた, てゐなかつた, てゐる, てゲラゲラ, てサイクリストたる, てセルフ, てブルジョア社会, てプロレタリア文学, てボナール, てマット狢, て一兇徒, て一時的現象, て七生, て万死, て三通り, て上, て不祥, て不良児, て乱臣賊子, て乾屎, て亂臣賊子, て人間, て他日, て以, て休養以外, て低能, て何だ, て使わない, て個性, て健全, て偶然, て兄, て先生, て全然, て六年, て写実派, て凋落, て凶徒, て出, て出処進退, て初代春団治, て副, て千態万状, て単なる, て受け, て口, て吾妻, て唯, て啓蒙, て国家, て土地人, て変質狂, て大隈, て天文学, て夷, て嫉妬, て孤立, て小島, て居た, て居玉, て工藝美, て座中, て弱, て彫刻, て後世, て心私, て或は, て政党, て政党内閣制, て政黨, て政黨内閣制, て文化, て文化自由主義者, て新, て新興日本, て日出処, て日本的, て日頃, て明, て暗合, て最も, て最大作家, て来, て棋家, て極めて, て正統, て殺人, て殺人犯, て殺戮者, て民權黨, て永久不変, て涙下り, て濫悪, て牢獄, て犯罪人, て狂気, て狂者, て生, て生れつき虐, て生意気, て生臭, て異人仙人, て異端, て疑ひ, て直ちに, て磊落, て神仙家, て神話狂, て笑う, て精厳, て精嚴, て素朴, て脣辺, て臆病者, て自党, て自由民権, て自由民權, て良久篠田, て菊五郎, て見る, て見入っ, て観兵式, て觀兵式, て詩道, て誰, て論ずる, て護国, て贅沢, て辣腕家, て迷信, て遊戯的分子, て道家, て開国家, て陋書, て預言者, て頑愚, て風来坊, て風来的, て骨董趣味, て黙っ, または予定, 候人に

▼ 目~ (195, 0.3%)

5 の細君, は, は余 4 の顔, は又 3 の背後, は之, は更に 2 に従い, の後, の様子, の言葉, の誡め, は受取る, は宛, は牢, は猶, は隙

1 [143件] が何, が余, が充分, が呼, が喋々, が姿立派, が当, が念, が撥摘み, が斯く, が毎, が猶, が猶も, が遣, です是, との間柄, とは抑, と云い, と余, と共に馬車, と此家, なり彼, に及ばざる, に向い, に向え, に念, に打て掛らん, に示す, に美しき, の今日, の名, の名前, の姿, の巧み, の差出す, の手落, の振舞, の推量, の横鎗, の此室, の考え, の耳, の腕, の行い, の評, の話, の身, の身の上, の返事, の間柄, は今, は今宵, は今朝余, は何と, は何所, は何故, は例, は倉子, は先ず, は其声, は其鍵, は判事, は別に, は厚く, は口, は唯口, は外, は多年経験, は夫, は奥, は如何, は如何なる, は妻, は威長高, は巧, は平気, は幾分, は幾軒, は当時, は徐々, は徐ろ, は心, は忽ち, は怒り, は成る, は敏く, は斯, は是, は最, は最も, は梯子段, は極めて, は横合, は此店, は此時邪魔, は気, は流石, は無, は無言, は無遠慮, は爾, は猶も, は益々, は直ちに, は真実, は眼, は簡単, は給仕, は聞く, は肩, は落胆, は警官, は追剥, は逸早く, は階段, は顔色, は馬車, は驚きたる, も之, も亦, も何やら, も余, も内心, も同じ, も大, も失望, も少し, も持, も是, も書記, も此上, も立留り, も細君, も絶望, も藻西太郎, も頓, より下, を小, を尻目, を怪, を愛し, を控え, を見る

▼ 目~ (184, 0.3%)

102 くしを 4 三日目に, 置かせて 3 五日目に, 五日目の, 四日目に 2 である, 五ツ目あたりの, 八日目に, 四日目には, 醒めし夜風

1 [55件] え, くし役を, ずらかた俤, ずらと, ずを, であった, のを, もうええ, よみかえして, わからない, 丁子か, 七合目かの, 七日目には, 三ヵ月目に, 三年目に, 三日に, 三日日ごとに, 三日目です, 三日目越しに, 三時間目かの, 三時間目の, 三月目の, 九合目あたりとしか, 二目の, 五千年目は, 五日目, 五日目が, 五日目ぐらゐに絶息したらしい, 五日目には, 何かに, 何人もっ, 八合目かの, 八日目の, 十九冊目の, 半月目ぐらいに, 四五日目位で, 四台目ごとに, 四年目に, 四日目, 四日目かに, 四日目が, 四日目ぐらいに, 四日目ごろの, 四日目の, 大正の, 少くとも, 後の, 眩んだんで, 知らないが, 知れなかった, 経った後, 置くやう, 置くよう, 顏かに, 鼻か

▼ 目~ (152, 0.2%)

13754 という 3 からな, からね, ぜ, と思った, なんていう 2 が, こと, こんな事, なあ

1 [100件] あゝこの, かに人, かに沼津, かに漸く, かの高田, からだ, からつまり七万五千ルーブル, からどんな, からまだ, からもう, からやめない, から三番草, から二十七, から五, から何, から其の, から大圏コース, から大方熊, から杉野, から顔, から驚ろか, かわかりません, かを掬つて, か何しろ, か知れない, か遠く, がうるほつ, がこの, がこれ, がその, がついで, がねそれ, がねどうも, がまだ, がもうすつかり, が半, が正しい, が私自身, が誰, しあの, しおそらくまだ, そうです, ぞい, ぞいい加減, ぞこいつ, ぞよ, てし, てる, でねどうか, ということ, というの, という凄い, といっ, といったとき, といふ, とおぼえ, とか, とかいうよう, とかいう日, とかはじめ, とか二十五年目, とか云つて, とか何とか, とか日本語, とする, との事, とはこれ, とばかり思つて, と丹念, と僕, と思いこん, と思う, と思ひます, と思ふ, と桂木, と答, と答えた, と答えられた, と答える, と言っ, なと思っ, なもう, なんてあられ, ねえ, のに既に, ひょっとしたら十日目, もの, もの珊瑚かも, よその, よよくよく, よ其の, ッ, ッた, 三日眠り通し, 何万両は, 何方へでも, 半目だ, 海の, 漢字ばかりじゃ, 般若丸の

▼ 目~ (151, 0.2%)

12 にし 8 のない 4 もない, もなく 3 もなし 2 があった, がある, も無い

1 [114件] があれ, がつかず, がつかない, がつき, がつく, がない, がなくなっ, が付いた, が出来, が無い, が附きません, ぐらいはある, じゃ, じゃねえ, だったから, だったとは, で, であった, である, でくる, でした, ではある, ではない, でもある, とし, とした, としてゐる, として斉彬公, として暮し, として靄, とすべきであっ, ともなく, とを無視, と巣口, と言問, ない不安, ない彼, なく歩い, なく癇癪, なく街, なく遠い所, なの, なら人間, なん, にいつ, にうろつい, にお寺, にこんな, にさがし, にさせる, にしきりに, にしとらん, にしなく, にしなけれ, にせいぜい, にたぎち来る, になっ, に一軒家, に下った, に作らない, に作られた, に作るなら, に別, に同じく, に夜道, に大抵, に就, に帰っ, に引返し, に御馳走, に思う, に想像, に懲らし, に探し廻りました, に支払, に書いた, に格, に此, に歩い, に燃え出す, に生き, に立て, に結核, に自分, に街, に走り, に近寄つた, に通, に里, に集る, に雨, の閨, はあった, はこれから, はない, は大概父親, は此処, は知らない, は節子, は老い, は違いませぬ, ばかりたくさん, もございません, もつかない, もなかっ, もはっきり, もほぼ, も楽しみ, を失い, を失つた当惑なぞ, を定める, を持たぬ, を見た, を附ける

▼ 目小僧~ (142, 0.2%)

9 の仮面 3 のよう, の三人

2 [13件] が, が出, が出た, と長々, になっ, に化け, のおばけ, の如き, の正体, の豆腐買, は, は後, や三つ目小僧

1 [101件] かもしれない, か傘, か大入道, か頭, がこっち, がつづら, がでた, がどぶろく, がひとり, がみんないっしょ, がウジャウジャ, がサッと, が出る, が大阪, が小林君, が顔, じゃなかった, だとか, だのがま入道, だの一つ目小僧, でした, です, ですか, というもの, という名, という怪物, とかの方, とか三つ目小僧, となり, とはこっそり, とは考えた, ともなり, と一しょ, と手, などいい, などといっ, などに化け, などはそれ, などは正に, なんぞと云, におどされ, にお茶, にされちゃった, についてはずっと, にばけ, にばけた, に傘, に幽霊, に羽根, に見させました, に言いつけました, に言いました, に言い含め, に逢う, の, のお話, のつじ, のつた, のつたい, のどたま, のはり, のばけ, のほう, の付近, の味, の変装, の大きな, の如く実感, の感じ, の按摩, の本質, の目, の眼, の茶給仕, の領域, の顔, の首, の鼻, はさっき, はさっそく, はじれった, はそれ, はびっくり, はまた, は人さ, は十二三, は息, は水, は赤い, ばかりの国, もみんな一, も出, も目, やろくろ, や南蛮渡り, や大入道, をさがしあてた, を勤めた, を滑稽, を生, を見せる

▼ 目~ (141, 0.2%)

22 をし 5 をした 4 をする 2 で, であった, であつ, の外, の海野三右衛門, の鳥居忠広, をいたしました

1 [96件] からない, から少しく, から留守居, から致し, かるかも, か御, があまり, が一千両, が何, が好い, が如何にも, が御, が来る, が鏡子, その目附, それから同心, たの, たるおん身, だ, だ悪く, である, でステパン, でビックリ, で上下, で二人, で何, で彼女, で海, で男, で私たち, で見返した, で覗き込ん, で部屋, といふ役, といへ, とかいうよう, としてここ, としてはその, として明智十兵衛光秀, として首尾, とを兼ね, と云う, と眉, と身, などの警戒, なり額, になっ, になった, になる, には野々山市十郎松田勘解由徳山五兵衞等, に似, に出身, に品, に変, に当てた, に謁, のため, の一行, の処, の地位, の士, の帳簿, の役人, の悪い, の憂鬱, の方, の木城安太郎, の涼しい, の甥, の老婆, の者, の詰所, の部, はさだめて, はしなかった, は勿論, は千両, は変, は彼, は錠, は馴染, への使者, へ酒井家, も斯く, をかねた, をつとめ, をなさった, を一組づゝ相, を勤めた, を掛員, を見る, を饗応, 即ち當時, 御小人目附ども晝夜嚴重, 御小人目附警固, 御番衆列座

▼ 目ぼしい~ (140, 0.2%)

10 物は 8 のは 5 物を 4 品物を 2 のを, 一本が, 事件が, 品は, 山は, 敵を

1 [101件] СССРの, ところにでも, ところには, のが, キリスト教の, スペイン人を, ニュースは, 事は, 事件の, 事件も, 人々は, 人が, 仕事は, 作品は, 作書いてない, 個所には, 公演を, 出来事の, 動物の, 原料は, 台所道具の, 各都市, 名木は, 品々を, 品の, 品物だけを, 品物も, 品物や, 品物例えば, 商売店を, 商家と, 地主たちの, 地所や, 城下で, 外人を, 大きい国, 大藩の, 大通を, 女を, 季節の, 学校は, 家なら, 家は, 家屋の, 家庭を, 家財は, 家財を, 家財道具は, 富豪を, 将は, 小作人組合の, 山という, 山も, 山火事の, 師匠に, 店を, 庭の, 建物に, 悪玉が, 戦国武士が, 戯曲を, 戸棚は, 所を, 持物を, 援兵でも, 支那の, 文献で, 新刊を, 木は, 松は, 樹木も, 檀徒を, 歌に, 武門との, 物だけ, 物も, 獲物は, 現象も, 着物が, 着物を, 研究を, 社を, 者は, 聞込みでもと, 臺所道具の, 若者を, 英国の, 荷物は, 衣類や, 証拠として, 証拠を, 諸将, 貨財を, 賊を, 質草あり, 道人修験者の, 道具も, 金属品を, 金目に, 雑報を, 館と

▼ 目からは~ (129, 0.2%)

10 涙が 5 見えぬ姿 2 亦信吾, 今迄の, 氣ち, 熱い涙, 玉の

1 [104件] あかだらけの, あの細い, あまり大きく, いつもそれ, かくして, こつねんと世, この解析方法, さう, しぶい涙, すっきりと, そう見えた, その機智, それが, それよりも, どう見, どんな小さな生物, ぷつつりと音沙汰が, ほろほろと, ほんとうに, またほろ, まるでもう弁天様, みわけにくい, もうそれ, もう初, もう次, もはや決して夢想, ポロポロと, 不憫が, 中之島の, 二千人も, 今更の, 仕方の, 何う, 何物も, 例の, 例へ, 倉地が, 到底把握, 割りきれても, 勝手に, 十八九の, 危険に, 取り戻すこと, 君の, 回収した, 塵の, 変テコである, 夫は, 奥に, 奥の, 妙に, 嬰児に, 学校の, 室の, 小生意気で, 尾上門下を, 屋根や, 常軌を, 怪奇だ, 恐らく家族じゅう, 悲慘な, 愚かと, 有繋, 朝夕た, 木村を, 東京へ, 東京風の, 東隣の, 枯れたすすき, 染吉を, 案内も, 気ち, 気楽な, 決して人, 浅間神社奥宮の, 涙ばかりが, 淺まし, 火が, 火取虫が, 焔が, 熱いもの, 熱い大粒, 百姓らしい, 監視も, 確かに, 私たちは, 突然君自身, 筵と, 組打ちを, 絶えず涙, 美くしい, 老人の, 船の, 蔭において, 血が, 西洋の, 譲吉も, 道頓堀の, 遥かに, 金儲する, 電力を, 青くさく, 青鬼赤鬼でも, 非常に

▼ 目~ (123, 0.2%)

11 鼻や 4 すに, 口や 3 耳に, 耳は, 耳を, 鼻を 2 すの, 九段目に, 口が, 口は, 口以上に, 節穴から, 頬に, 鼻が

1 [76件] から差向けられ, かんが, くぼんだほお, すが, すで, すへ, すべての, つめたい空気, どちらかと, ひたいを, まゆげが, むっつり肉, オタツは, オッパイや, ケイコバード, 一貫五百目そこ, 上品さに, 中の, 乳首や, 六段目の, 別の, 口では, 呼吸が, 唇を, 嘴や, 好奇心の, 小さくかがやく, 岳の, 心の, 心や, 心配な, 恐ろしい目, 惑わしい曲線, 態度を, 指にとり, 木の下で, 毛布や, 海鰻や, 瀬の, 無邪気な, 物音から, 生え際の, 白い手, 白目の, 皮膚に, 眉の, 眉も, 眉や, 節穴の, 紙の, 細っそり, 綾菱形の, 耳から, 耳からは, 耳で, 耳の, 耳や, 肩つきが, 肺や, 胸を, 至るところ, 興奮した, 苦しい思い, 足の, 金物は, 頭の, 馬子に, 髪には, 髪の毛の, 髪毛や, 魂を, 鼻から, 鼻さえも, 鼻に, 鼻へ, 鼻緒なんぞ

▼ 目くばせ~ (121, 0.2%)

34 をし 30 をした 20 をする 7 をしました

1 [30件] が閃, それだけで, でもする, で五, で相手, などは長い, にお, にき, にも一向, に一室, に従った, に応じ, に限られ, のよう, の中, の仕方, の合図, もせず, をあいず, をかわし, をし合っ, をし合った, をつい, をなさいました, をなさる, を交わし, を交わした, を大次郎, を始める, を返す

▼ 目ばかり~ (117, 0.2%)

12 出して 4 では, 光らせて 3 ぱち, 赫かせた 2 ぎょろ, ぱちぱちさせ, ギラギラと, 光って

1 [83件] いたずらに, かがやいて, きょろきょろさせ, きよと, ぎよろつかせたまだ, くりくりさせ, くるくるさせ, させて, したん, だ, であろうか, でないと, でなく大, でなく実際, でなく心, どぎつい純然, ながめては, ぬすんで, ばらばらと, ぱちぱち, ぱちぱちうごかし, ぱちぱちやっ, ぱちぱちやる, まるくし, ギョロギョロさせ, グリグリさせ, パチクリ, パチクリパチクリさし, パチパチさし, パチパチさせ, パチパチし, パチパチやっ, ピカ, ピカピカさせた, ピカピカ光らせ, 働いた, 働いて, 働くその, 光らした侍, 光らした可愛, 光らした者, 光らした黒装束, 光らす愛吉, 光らせつつ, 光らせながら, 光る人影, 光る物騒, 光る色, 光る魔, 冴える, 出した, 出したその, 出したと, 出した男, 出した風体, 出し神, 出るほど, 取り集め門口, 大いなる美人, 大きくかなり, 大きく血走っ, 大きく見え, 大きく見ひらい, 大きく見開き, 大きく飛び出, 大きく黒く髪, 大きな茶色, 樹の, 火影に, 煌か, 白くギョロギョロ, 白黒させた, 窓, 緑に, 装った己, 見はって, 見ましたが, 買って, 輝かして, 鋭く光っ, 鋭く動かし, 頭巾にて, 黒いけばけばしく真赤

▼ 目~ (111, 0.2%)

10 のである 7 んです 6 んだ 4 とおれ, のだ 2 ところが, のか, のさ, のじゃ, のにもう, ものが, 声で, 夕食の, 男が, 目に

1 [60件] お太鼓の, かいに, かいの, がいに, ところなど, ところに, ところも, の, のでけさ, ので平, ので弟, のにあんまり, のにまだなかなか, のは, のを, んだらう, んだろう, んで形式的, 享楽に, 位, 何かに, 叫び声を, 咳払いが, 声が, 女に, 女性という, 差圖役に, 微笑を, 文章を, 新生活, 昼めしを, 晩の, 晩餐が, 格子その, 格子で, 格構でも, 注文しか, 犬の, 独白でもが, 生活に, 男, 發言に, 皮膚の, 直衣を, 笑顔を, 節で, 節の, 自由詩に, 虚勢を, 血煙騒ぎ, 見積りであろう, 規模の, 言ひ, 迎えを, 道具の, 鄭重さで, 預り物後生大事に, 顏です, 顔と, 高言を

▼ 目~ (104, 0.2%)

2 小柄を, 戻る, 放けるに, 落ちて

1 [96件] あてがって, あらわれたもの, いくつも, おざる, かかったとき, かかると, かけ上がりそれ, かけ鐘巻流, きら, ささ, じっと彼, その二階, たどり着いたとき, つてゐる, なにか囁き合っ, はいった証拠, ひとしづく入れ, ほうほう, ゴミが, ジューと, チラと, チリを, 一字ずつ, 丁寧に, 上がるからの, 上げて, 上つた処柱の, 上り三十四五の, 下りること, 二三人の, 信頼の, 出かけたもの, 千語万語に, 向けて, 嘴を, 囁けと, 圧して, 埃などが, 墜ちたの, 射すので, 射込むには, 差し込んだ, 帰ります, 引込むのに, 張り, 当てた, 当てて, 手を, 打ったと, 抜き打ちに, 押し当てて, 指を, 数知れず挿し込ん, 映った, 映って, 案内し, 楢や, 残りの, 沈んだこぼれ針, 注し藥を, 流れこみ鼻孔, 流れ込む, 浸みるかと, 消え込んで, 涙が, 涙さえ, 涙を, 玉子の, 登りつつ, 白, 目を, 禁し, 突き出しても, 筆が, 簪を, 粉を, 糸がと, 紙を, 耳を, 肱を, 落したから, 行かっしゃる, 行かなくなったこと, 行く渡し, 袖を, 言って, 近々と口, 返答を, 這入った, 進むこと, 釘で, 鋭く突き出し, 長い袖, 飛びこんだ, 鳴りひびい, 鹽を

▼ 目じる~ (101, 0.1%)

4 しだった, しのよう, しをつけ 3 しだ, しです, しとする, しの札 2 しで, しのつい, しの柱, しの石

1 [69件] し, しがある, しがつい, しがないの, しがはつきり, しが火の見やぐら, しが花, しだけがけい光色, しだそらそら, しだつたから, しだという, しでもござん, しというの, しとし, しとした, しとしてさがし, しとしてのもの, しとして人々, しとして早く, しとして特に, しとして立っ, しとして葉, しとして部隊, しとして降り, しとなっ, しとなった, しと思い, しにおいてあります, しのこうもり傘, しのほか, しのやう, しの十手, しの大木やう, しの岩石, しの巻き羽織, しの棒, しの槐, しの橡の木, しの滝, しの画が, しの疵, しの白い, しの行燈, しの赤ビロード, しの辻行灯, しの門, しの雑木林, しはうしろ, しは田疇, しまで至りつく, しもない, しもなくなった, しも特徴, しをく, しをたてなけれ, しをつけた, しをつけました, しをもち, しを付けよ, しを変えず, しを残し, しを汝, しを立て, しを縫, しを見おとさない, しを見つけました, しを造ろう, し其鳶色, し用途

▼ 目~ (99, 0.1%)

40 の新 3 の露地 2 と雲霧, の奥, や雲霧

1 [50件] おめ, から御, が疑い, が立ち上がっ, が連れ立っ, が顔, だ, でしょう, での伊太利珊瑚, という紺のれん, と彼, と聞いた, などにも耳打ち, にも生ける, の, のあった, の一組, の事件, の二人, の兄哥, の兄弟, の兄貴, の声, の帰り, の店, の輩, の野郎, はお, はほめ, は半, は時折, は横町, は身, は鎧, は黙っ, へ向っ, へ売り, へ持っ, へ珊瑚, へ行っ, へ買物, までびッくり, もか, もその, もまた, も声, も戸, も縁先, も茫然, を張

▼ 目では~ (92, 0.1%)

19 ない 4 ないか, なくて 2 なかった

1 [63件] あった, あって, あつた, あつて, あの少将, ありません, ありませんでした, あるが, いわゆるエタ, おやおや細螺, ございませぬか, じつと, それを, たった一分間, ちゃんと菓子売, つきりと, つまり全く, とうてい解き, どこか, ないかと, ないだろう, ないやう, ないやす, なかつたけれども, なくいきいき, なく円, なく妙, なく有, なく腹, はっきりと, ほとんど見えない, みえません, もちろん判りません, よくよく見, アンマを, ノッピキならぬ, 何を, 判じきれぬほど, 前半後半と, 史通は, 右前方十粁ほどの, 吉村と, 女中を, 実際人, 普通の, 本を, 氏族部と, 気まずいかお, 無くして, 狸角を, 臨終が, 見て, 見なかったが, 見る, 見ること, 見るに, 見渡せないあの, 語呂が, 諸戸の, 道家, 遺憾なく, 醜怪, 鑑定する

▼ 目出たい~ (90, 0.1%)

72 お話でございます, ことだ, ことと, ことは, ことを, はずの, わ, 事は, 事を, 日は

1 [63件] かも知れません, か産む, か解らない, が三月, ことが, ことであった, ことである, ことでした, ことでも, ことの, それには, といううち, という句, という真情, という評判, といっ, として置い, との話, と騒ぐ, につけ, によって今度, ので, ものだ, ものに, ものの, ものを, わけだ, クリスマスである, 事いの, 事が, 事だ, 事で, 事には, 事も, 人間とは, 今日は, 今時分あゝ, 今時分之を, 咄サ, 声でない, 婚礼に, 嬉しいこと, 宜いかえ, 席では, 性格を, 方だ, 方だろう, 日だ, 日といふ, 日の, 智馬の, 村を, 次第である, 私が, 笑名は, 聖降誕祭だ, 聖降誕祭よりも, 話が, 話だ, 説でも, 門出に, 題名が, 顔を

▼ 目かの~ (82, 0.1%)

2 お産を, キック, 大修復, 朝詣り, 觴を, 銚子を

1 [70件] お代わり, ことである, ウイスキー, グラスを, ジャム, 一銭活動を, 上映が, 上演が, 上演だ, 亭主と, 人と, 作業を, 停留所で, 傘を, 入浴, 割り箸を, 十年計画の, 午後だった, 原稿紙を, 同じ日, 喋りだしにおいては, 夕方で, 夜彼女の, 太夫が, 女と, 妻を, 始めに, 対決中であった, 岩室に, 崖の, 廂を, 彼の, 快晴だった, 指に, 昼である, 昼食後の, 晩に, 曲り角へ, 最後の, 朝を, 朝駒込の, 木曾川を, 梯子酒を, 正月も, 汗疣に, 煙草に, 煙草を, 爆発の, 発芽で, 皺が, 相變ら, 短歌の, 石を, 石室が, 競馬に, 紅葉祭を, 老妻, 肩車に, 花火が, 茶店の, 莨を, 薪を, 衣裳を, 見学を, 訪問のを, 途中である, 順番が, 顏を, 顔を, 食事を

▼ 目され~ (82, 0.1%)

29 ている 23 ていた 4 てゐる, て居る 2 て怪しまれぬ

1 [20件] しかもそれ, その正統感, その評判, てある, てい, ておる, てくる, てゐた, て世人, て当時俺たち, て来た, て社会, て福岡土手町, て評判, て追討, て遂に, 何処の, 先には, 洛陽の, 理想的人物を

▼ 目~ (82, 0.1%)

8 をかけた 6 をかけ 5 を掛け 3 を懸け 2 がのんどり, の上, の柄, をはずした, を脱し

1 [50件] がブリツキ, が落ちた, が躍る, が鼻, だ万世橋, でもかけた, で任用, で熟, で見た, で見通す, で観察, とか久能山東照宮, と玉, と耳, などかけた, などの並んだ, にのぞい, に恥じず悄げたりけり, に映つ, に覗い, の縁, の落ちる, はニムフエ, は似合, もマスク, をあつめ, をい, をかける, をさしむける, をはずし, を乗せた, を光らした, を出し, を取っ, を向け, を向ける, を外した, を寄せ, を引つ掛け, を拭い, を拭こう, を持っ, を掛けた, を掛けたる, を直し, を脱す, を覗い, を買っ, を買わせ, を載せ

▼ 目について~ (81, 0.1%)

4 来た 3 くる, ゐた, 気に 2 いて, 来て, 来る, 返せども, 静かに

1 [58件] あがる, お話を, きた, しつくり, しやう, しようがなかった, そこを, それが, それも, たずねられること, ついには, どうしても早く, どうにも長く, どうも面白く, どこから, ゐたの, ムーアに, 九州の, 仕方が, 仕方なくなりました, 何か, 四人が, 困ったこと, 堪らねえところ, 増え出したの, 大皿に, 宗教は, 居た, 居た彌, 居ります, 居る様, 従来考へられ, 忘られない, 忘れられない, 忘れられないの, 悪いと, 望郷病らしい, 来たの, 来るから, 来るが, 来るの, 欲しかった, 残って, 気に入らぬところ, 消えなかつた, 疑われる, 皆を, 目障りであった, 真っ先に, 羨ましくて, 苦しいよう, 装飾の, 見るからに, 読んで, 離れないその, 離れません, 頭から, 驚いたこと

▼ 目より~ (80, 0.1%)

6 見れば 2 これを, 太平町に, 涙を, 美脂を, 西には, 離さんと

1 [62件] あげて, ありません, おの, しぼれり, すれば, たしかな, はさこそ, また除き, まだ少し登った, もっと静か, もつと, 一旦七合, 上に, 下の, 五カ年間は, 五年目の, 低い処, 偉大なる, 入り来し蜂, 入るとは, 入來れり, 吹き捲くる, 変りやすい, 奪ふ, 實録といふ, 少なくは, 岸破, 当年の, 思が, 拂ひ, 本因坊膏汗を, 梁木を, 汝の, 注ぎいだす民, 洩る, 消ゆ, 湧き出づ, 漲り出づる喜, 潜然, 濡, 火が, 火箭を, 物屑を, 突出す頭, 細かい琵琶湖, 美しいもの, 脳貧血に, 裾も, 見たならば, 見たら恐らくは, 見て, 見ば, 視ば同じ, 谷底を, 輝きその, 頂上に, 高いところ, 高くさし, 高く前, 高く挙げ, 鼻に, 鼻へ

▼ 目~ (74, 0.1%)

3 にし 2 てがある, てが出, てが明らか, と言問, に雪

1 [61件] ありしやと, がある, が甚だ, て, てがあ, てがあつ, てが町内, てだつた, てとなる, てなら, てにさら, てにやっ, てに土地, てに家, てに抛つたんだらう, てに搜, てに歩い, てに歩いた, てに毎日, てに絞られる, てに縛り, てに行きせ, てに行きました, てに行く, てに隨分婿, ての, ての入婿, ての孝行, ての水茶屋, ての泥棒, ての深草, ての物, ての玄龍, ての茶屋, てはお, ては殆, ては金澤町, てもなし, てを失, てを失った, である, でした, で來たん, で文身, で金, にいたし, にこんな, に一層, に存外, に投つて見事狙, に搜, に旅, に結婚, に走り, に逃, に逢曳, のつかない, の仕事, の旅宿, の草鞋, は知

▼ 目醒め~ (72, 0.1%)

3 つつある, ている, て来た 2 たり, て, てゐる, て来, て来る, になる, の快, の悪い

1 [47件] がすぐ, が楽しかっ, さした, それからまた無抵抗, ていなかった, ているらしかった, てきた, てきまし, てしまふ, てみる, ても容易, てゐ, てゐなかつた, てゐるで, て世界的, て人間, て動くなる, て居なかった, て晴れやか, て来なけれ, て来ました, て泣い, て海岸, て茲, て進ん, て驚き, でご, とか, と同時に, にいる, になりました, にはなりません, には島津氏, に勝る, に呼びかけた, のなか, むつと, もしない, もすばらしい, を与えた, を感じる, を翹望, を迎へた, 半ば暗, 時が, 時の, 朝田医院を

▼ 目懸け~ (67, 0.1%)

32 て四羽, て墜落, て素, て追

1 [56件] ていよいよ, ている, てかけ出し, てこぎ付, てこの, てただ, てプツー, て一人, て一散, て乗り越そう, て二人, て今度, て例, て倒れ, て写真, て初さん, て取りかかっ, て名, て岩, て岩壁, て川, て手足, て打っ, て摩耶, て攻めよせた, て斬り込む, て曳, て棚, て沢山, て球, て短剣, て突き, て突こう, て突込み, て突進, て竪樋, て縋りつく, て落ち, て落下, て藪, て襲っ, て襲つて來, て走っ, て闇, て降り, て頽, て飛びかかっ, て飛びこんだ, て飛び出し, て飛び込まん, て飛ぶ, て駈け出し, て駈け出しました, て驀地, て驀進, て鼻

▼ 目でも~ (64, 0.1%)

5 いいから 2 耳でも, 鼻でも

1 [55件] あった, あったせい, あって, ありません, あり公卿台閣, あるまいが, いや物越し, おれに, お父さんの, こうして一つ所, この猿, して, それへ, それを, つけると, ない, なお, なかった, まわしたの, まわして, みんなおれに, めったに, 与一兵衛から, 何でも, 制詔, 十年目でも, 同じ白い, 廻したか, 御座る, 忍ぶよう, 思われません, 恰好とか, 悪くなけれ, 抜こうという, 新田, 日本に, 死ねば, 涙が, 潰れたら何, 父の, 由良助, 白い身, 瞑って, 結いたて, 葛の葉を, 見えて, 見たいん, 見たし, 見たらこっち, 見たらば, 見て, 見やうもの, 認めざるを, 負かして, 頭でも

▼ 目こぼし~ (63, 0.1%)

6 を願います 5 を頂い 3 を願 2 がある, と何, になりました, は役人方, もある, を

1 [37件] があります, があろう, さえ願えますれ, だけが偶然, でご, でそのまま, で手當, で細く長く, で駕籠, ということ, というところ, というの, といっ, にあずかった, にあずかりたく, にあずかる, になっ, になった, になつた, のいたずら, のない, のほどを, のわる, の中, の品, や不行き届き, をいい, をし, をつくっ, をといいたい, を幸, を幸い, を願いたい, を願つて, を願度, 姉さんが, 手加減を

▼ 目~ (62, 0.1%)

3 の雛鶏 2 の雛鳥

1 [57件] かと思います, からは銭湯, からスープ, からボツ, から以下, から店, から滞り出した, から筆, だそう, だったし, だな, だろうか, だろうと, でございます, です, でちょうど, でないと, でも老, でよう, で使っ, なもの, な奴等, な雄鶏, な雛鶏, な鶏, に, にて庭, になっ, にはあき, には一切, には友達, にひどい, にふと, にやつ, によそ, に全身洋食, に新しい, に矢張り, のところ, の位置, の割り, の勝, の勝負, の巌石, の或, の所, の新しい, の砂糖, の訪問, の高, の鶏, まではまあ, までより出ない, も聞かせられ, を肉挽器械, 立つてから, 高い所

▼ 目~ (62, 0.1%)

4 を閉ぢ 3 をとじ 2 が重く, の下, を開い

1 [49件] からボロ, から喰, がそっと, がとても, が垂れ, が開いた, などの脹れぼったい, にかかつ, にも少し, に傷, に小さな, に焼きつい, のあ, のあいだ, のう, のうへに薄, のしじ, のなか, のはし, の垂れ, の奥, の熱い, の男, の脹れぼったい, の裏, の重, の間, の闇, の静か, はもう, は笑う, は重く, は開いた, も合, も合わぬ, も重, より甘, をあけた, をつまんだ, をとざし, をひっくりかえし, をぴり, を伏せ, を傷つける, を剥かう, を剥き, を去らなかった, を忙しなく, を挙げた

▼ 目あたり~ (60, 0.1%)

2 からそろ, から遂に, になる, のこと, の停留場

1 [50件] から, からの物, からはもう, からはや, からベーア, から上, から下, から先, から目立っ, から自殺, から転落, から霧, がいい, がよろしい, が一番, だ, だったの, である, で午飯, で彼女, で焚火, としか想えない, と向い合っ, につく, にはいか, にもピラ, に到れ, に古い, に咲き掛けた, に崖, に明るい, に温霧谷, に潜ん, に立ってる, に行こうで, の冴えた, の端近, の辣薤畑, は恐ろしい, へ落ち, へ通, へ通う, まで上っ, まで行く, まで雪, も立ってる, よりづっと, を横断, を読ん, を辿っ

▼ 目かくし~ (60, 0.1%)

8 されて 3 の福笑 2 でもされた, とさるぐつわ, はとれた, までされ

1 [41件] がたれ, がなくなっ, がゆるく, が下り, が取りさられました, されたまま, されたよう, された蠅, されオーソリティ, され十年, され首, せいで, で顔, となる, ともつかぬ, にする, につけた, になっ, に白砂糖, のまま, のハンケチ, の下, の忍び返し, の板越し, の椎, の紙, の被い, の間, の隙, の隙間, の黒布, はいつのまにか, はぼく, もとっ, もなけれ, やその他, 取つて, 塀に, 塀の, 窓の, 鬼の

▼ 目まで~ (59, 0.1%)

2 書いた, 雪に

1 [55件] いくには, こうして同車, さげて, した, だった, つけさせた, つぶそうと, つぶれたつて云, とったの, ふやして, よじ登ったよう, わざ, エレベーターが, 一日も, 上って, 云いあてられるん, 云うん, 來た, 入つて, 入れたもの, 出て, 出る道, 塗り往き, 帰るん, 持ち上げたところ, 書きちらすだろう, 来た, 来たと, 来た時, 来る高帽, 此恐ろしき, 漕ぎつけると, 潰れまして, 濁る, 番号が, 痛めてしも, 登り其処, 登るのに, 登れば, 盛つたのが, 真ッ赤, 精確な, 結び文は, 船は, 行かれたという, 見えないよう, 見せるでは, 覚させる, 言って, 讀めさ, 通して, 附き合, 降雪あり, 馬で, 高土間桟敷も

▼ 目~ (59, 0.1%)

7 の中 3 をおろし, を背負っ 2 の目, の習慣, をかつい

1 [40件] から出し, がかくれ, が忘れられる, が生首, でも同じ, とり落したり, と梵天, と言, などは纏め, には常盤木の葉, に入れる, に彼, に押し込ん, に金紙, に長命菊つくし石竹, に駒下駄, のよう, の下, の単純, の底, の竿以外, の縁, の話, は鬼, もおなじ, も自在, をかかへ, をてんでん, を以てこれ, を以て邪視, を手みやげ, を抱え, を抱えた, を持ち, を用, を立てる, を竿, を縁側, 又は矢車, 背負って

▼ 目くばせし~ (56, 0.1%)

2 て, ていた, て博士, ながら, ながら答えた

1 [46件] たりし, たりなあに, たりひたすら, たり主として, たり前, たり舌, ていました, ておいた, てから尋ねます, てから横, てこの, てそこ, てそっと, てその, てゐる, てバックミラー, て一人, て下, て両手, て云, て云った, て前, て囚人胤長さま, て外, て奥, て庭先, て数珠つなぎ, て新聞, て注射, て縁, て聖僧, て膝, て衣紋坂, て見せ, て見せた, て起きあがろう, て鉄, て額, ながらいった, ながらおそるおそる, ながらみどり色, ながらフェ, ながら地下室, ながら彼女, ながら生島屋, ながら踊り

▼ 目覺め~ (56, 0.1%)

3 た, て來 2 てゐる, の後, るの

1 [44件] かい, しめるもの, たと, たり, た人々, た人たち, た光, た場合, た多, た支那青年, て, てきた, てその, てた, てみれ, ても黄昏, てゐ, てゐるらしい, てをり, て二つ, て動くなる, て哲學, て平次, て往い, て後, て楊枝, て耳, て身體, て辛くも, て難事件, です, ですか, になつて, になります, にやならなかつた, に惱, ぬ, はじめた女性, ると, るやう, を, を感じ, を扱つた作品, 湧きあがるもの

▼ 目賀野~ (54, 0.1%)

3 はその 2 の指図, の顔, はそう

1 [45件] がびっくり, が伸ばす, が便宜上, が出, が見つかっ, が連れ, が陳述, だと, であった, であること, であろうと, ではない, という人物, と臼井, ならば, に知らせた, のあと, の下, の信号, の命令どおり, の姪, の視線, の話, の顔色, はいい, はいった, はなんだか, はほっと, は一体, は万事, は再び, は医師, は廊下, は愕, は本, は満身朱盆, は目, は童, は臼井, は行方不明, は電話器, は鞄, を元, を証人, を説服

▼ 目~ (53, 0.1%)

2 に, に一日, に四回麗人, に行, に見舞っ, に起る

1 [41件] くらいにちゃんと, ぐらいの割, にいくら, にお, にかならず, にかわっ, にこう, にその, にそれ, にどんな, にはげしい, に三六六日, に休日, に例, に各国順番, に太神楽, に山津浪, に幾つ, に廻っ, に支払うべし, に昇給, に盗られた, に石, に私たち, に脚, に行わるる, に衣, に袖, に襦袢, に見える, に變, に貴方, に賃銀, に這入, に青春, のお, の六本, の庚申, の御馳走, の晩, の芝居行き

▼ 目さき~ (52, 0.1%)

3 にちらつく 2 が明るく, にちらちら, にちらつい, に浮んだ, のこと, の敏い, を放れた

1 [35件] から追い払った, がぼーっと, がチラチラ, が大事, だけをみ, とは目, に, にはいま, にはっきり, にはつきり, にひけらかし, にチラつく, に又, に如何にも, に残っ, に突, に隠, のいい, のききめ, のきく, のケース, の功, の変った, の小, の用件, の變, は二号病室, へ上陸, へ落ちる, やあぶな, を, をきかす, を変, を変え, を暗く

▼ 目~ (52, 0.1%)

48 の目 2 の目油断 1 の目墓地, の目見つけ

▼ 目蝋燭~ (51, 0.1%)

3 の灯 2 に左右, の灯影, を一本, を惜し, を立てつらね

1 [38件] が, がともされ, が二十本, が二本共, が地下, が掛け, が晝, が火, が燃え, が聴衆, さえ使え, でお, にも使え, の光, の半分, の太い, の数, の明り, の火, の灯かげ, の燃え, の燃え尽きる, は一本百匁以上, もはや消され, をつけ, をつけた, をともし, を二つ, を二挺, を幾つ, を持っ, を火, を点けた, を点し立てた, を買っ, を買入れる, を露出, 程の土

▼ 目~ (51, 0.1%)

7 やさん 3 をかけ, を掛け 2 のこと, をおばあさん

1 [34件] が一つ, が中, だけすこし, で一杯, で天, で海底, で私たち, とは彼, と亡き, ならば, にて名, にはずれまし, には背き, に曇り, に金指環, の下, の口, の如くなりし, の工事, は光線, やへ行っ, をあげました, をかけさせ, をかけた, をかける, をくれました, をすっかり, を下さい, を作り, を出し, を取捨て, を挾み, を掛けた, を構

▼ 目を通して~ (50, 0.1%)

2 唯, 居られたが

1 [46件] あの友人, おったよう, くださりながら, くるくると, そう見えた, それからひろ子嬢, ふところより, もし賛成, ゐた, ゐられるの, ゐると, ゐるん, ゐる自分, 以外に, 何やら黄色い, 何事も, 來る, 和声の, 居ない, 居られたもの, 得られた小さな, 更めて, 梅雨明けの, 正誤を, 民族の, 濡れた黒塀, 相手を, 統一した, 綺麗に, 置かねば, 自然と, 葉巻を, 見える壺, 見た, 見たいと, 見たが, 見たけれど, 見た日本神話観, 見て, 見る, 見ると, 見る愛子, 見る積り, 見給えどの, 誤植の, 默つて僕に

▼ 目にかけて~ (47, 0.1%)

1 [47件] あなたという, おかう, おゆるしください, おられるよう, お願い致し, きみたちの, ごらん, すみませんでした, そいつを, その上, その代り, それからこの, それを, ちょっくらだんなの肝, みい, やらなければ, やるから, わるかった, 上げようと, 二百両でなく, 以来もう, 何か, 何ともはや汗顔至極, 可愛がっ, 呼びかけたん, 夕刻かえります, 将来の, 御免下さい, 御安心, 御覧, 御許し, 御説明, 快い様, 曙覧の, 来たお金, 相濟, 置きたいの, 置くの, 置く必要, 置く牲料, 群がり集まったもの, 見たところ, 見物し, 越後勢は, 進ぜ申す, 酒宴の, 驚かし給

▼ 目だけ~ (46, 0.1%)

5 出して 2 でその, では

1 [37件] あけて, うごかして, お目にかかられますよう, かくす覆面, くりぬいた黒, さめて, だして, であった, であるが, であるやう, であろう, でそっと, でなく顔全体, で屋根, よく利く, ミスし, 上げて, 九ツのむ, 光らして, 光らせて, 出したが, 出したの, 切り離して, 動かしつつ, 半分あいた, 半分のぞかせ, 合圖を, 吊りあげて, 大きい気, 大きく見開い, 当人の, 微笑し, 楽しませようと, 甥を, 稽古が, 若い人, 開けて

▼ 目じるし~ (45, 0.1%)

12 になる 9 にし 2 になっ

1 [22件] にお, にされ, にした, にしよう, にする, になった, になりました, には, にはなりません, には常に, にビロード, に今, に参上, に外, に捜索, に掛け, に施した, に狙い, に狭い, に立ち寄ろう, に立てよ, に立てられた

▼ 目という~ (45, 0.1%)

6 のは 5 ものは 4 ものが 2 やつで

1 [28件] ことに, ことは, ことを, ところで, のだの, のを, ものによって, ものの, ものを, やつは, ような, ような呼び, ような患い, ように, わけだ, 事は, 同じ割合, 境遇ハッキリ, 年は, 年を, 応接です, 意義でござる, 感じ, 目が, 目は, 相当強い, 者だ, 風に

▼ 目ぼし~ (45, 0.1%)

10 いものは 4 をつけ 3 いものが, いもので, がついた 2 いもの, いものを

1 [18件] いところは, いと思う, いものである, いものと, いものも, いを, がご, がつい, がもう, きものを, さえつけ, の手懸り, はついた, までつけ, をつけた, をつけられ, をつけられた, をつける

▼ 目~ (43, 0.1%)

14 たきを 8 たきも 3 たきする間 2 たきしながら, たきひとつ

1 [14件] しこい三位卿, しこい女, しこい小姓たち, しッ, たきさ, たきした, たきするあいだ, たきするま, たきするやう, たきする間もなく, たきせん眼, たきだ, たきばかり, ッかり

▼ 目をと~ (43, 0.1%)

19 ぢて 6 ぢた 3 ほして 2 ぢる, むれば

1 [11件] ぎすます, ぢたま, ぢては, ぢました, ぢれ, ぢ幽かに, ぢ耳を, ぢ額に, ほした譯, ほせ, むるをうるなり

▼ 目ごと~ (42, 0.1%)

2 にその, に来

1 [38件] ぐらいに画房, にある, にかがやく, にかけはじめました, にこの, には有った, に一人, に一分, に一度, に一日, に一纏め, に世界, に仲間, に全員, に富, に打身, に持明院派, に新, に村名主, に来る, に欠, に爪, に目立っ, に繰り返され, に見, に覗きたい, に通った, に道路, に順番, に驢牛, に鮨屋, の今月今日, の例, の修, の入浴, の彼, の日光, の日光御廟

▼ 目かに~ (41, 0.1%)

2 お常親子, 私は

1 [37件] ある老年, それが, たずぬる写真, ついにこの, です娘, なって, ぼくは, わたしは, ブラリと, モサ, 今の, 伍し, 会場へ, 初めて娘, 前を, 君達の, 大臣が, 廿五歳に, 得た最初, 意外にも, 手鈎に, 挟んで, 朽ちた牡丹, 来た浜町行, 来る新しい, 横浜へ, 気がついたが, 温かい飯, 無氣味, 父の, 眼の, 私も, 絵草紙屋が, 訪ひ, 通りの, 電話を, 露命を

▼ 目まぜ~ (41, 0.1%)

5 をし, をする 3 をした

1 [28件] が飛びました, こっくり首肯き, でいざない, でお, でしかっ, でしかり, で別れ, で哀願, で囁き合っ, で早く, で誘っ, で釘勘, とそれから, と共に, と共に二階, と目, に働く, に知らせ, はあっち, をし合った, をじっと, を与えた, を送っ, を送り, を送る, 目くばせ, 袖引きうしろ指さし, 袖引きくすくす

▼ 目もと~ (38, 0.1%)

2 を集め, 何處が

1 [34件] だけは青木さん, であきらか, であだっぽく, で自分, にあらはれ, にはまだ, にほほえん, にも老い, にシットリ, に何見えざら, に愛嬌, に笑い, に笑み, に阿賀妻, の凜, の可愛らしい, の微笑, は尋常, は昏, までふと, もぽっと, や口もと, や髪, をいろめきたたせました, をうるまし, をし, をぽうっと, を伏せ, を見ない, を輝かし, を青ぐろくしかけていた, 何処が, 涼しく肌, 涼しく鼻筋

▼ 目とは~ (37, 0.1%)

2 見られない物凄

1 [35件] いえないが, いくらかちがった, およそ反対, かの頑固一点張り, こちらから, とかく皮肉, なるなりけり, なんの, まだ外国人, 体力の, 前座の, 厚く垂れ下った, 同じ数, 同じ數, 坂田が, 思われないよう, 自分の, 裁判所づき, 見なかった, 見られないありさまさ, 見られない娘, 見られない慘憺, 見られない酷, 見られない顏, 見られない顔, 見られなかったそう, 見られぬ恐ろしい, 見られぬ惨殺死体, 見られぬ慘殺死體, 見られません, 違うって, 関係の, 雲泥の差ある, 電の, 青木を

▼ 目です~ (36, 0.1%)

4 ね, よ 32 からもう, が, な

1 [19件] え, か, から, からそれでは, からたとえ, からねえ, から即ち, から警察, がいろんな, がそれ, が会員, が動作, が本, し旧, って, の, 今では, 未だ一本, 此の

▼ 目よりも~ (36, 0.1%)

4 高く差し上げ 2 より前方, 上に, 高く差上げ

1 [26件] かえってその, さとくいきいき, ずっと高い, なお厳重, まず気, もっとやさしかっ, よいもの, 二皮目の, 先に, 入りたり, 師匠の, 心は, 才子が, 敏い不思議, 真剣に, 細くおっしゃる, 耳を, 遙かに, 高くさし上げた, 高くふりあげた, 高く上げ, 高く差しあげ, 高く差し上げる, 高く差上げた, 高く振りかぶる, 高く揚げた

▼ 目~ (35, 0.1%)

2 に吹, に浸, のついた, もあかない

1 [27件] から押出す, がつき, さえろくろく, にはいろう, に入っ, に押込, に沁み, に灌ぐ浪, のある, の明いた, の間, ははっきり, は好奇, は耳, へ入る, へ水, も褐漆, も見えず, も開かない, も開かなくなった, も開かぬ, をえがきたる, をかわかし, を抑える, を立て, を覆う, 大きく肩幅

▼ 目ざま~ (34, 0.1%)

5 されて 3 せて 2 させる, された, される, せた

1 [18件] さした, させて, させるモメント, されたの, されたばかりに, されたら生活, された母性, されても, されました, されるべき明る, される現実, され不幸, され工場, され自然平等, せなかったと, せば, せます, そうと

▼ 目醒めた~ (34, 0.1%)

3 のは 2 やうに, 人は

1 [27件] かのやう, がまだ, ことだろう, その途端, と, といふ例, ときの, とき私らの, のか, のだ, のであった, ままの, もの, 人々は, 人が, 人の, 平家が, 彼は, 後である, 時に, 時は, 時初めて, 最初の, 爺さんである, 物の, 理性が, 警備の

▼ 目だけは~ (32, 0.0%)

1 [32件] いつ爆発, きれいに, するどく相手, するどく見ひらいた, ずるく光っ, ついに美禰子, なかなかその, ふさいで, ほんのちょっと, まだ立ちさりかね, まるで火, やがてかなり, やや趣, 一寸語れます, 人の, 何だか雲, 光って, 出して, 動いた, 多くの, 天才らしい閃き, 子供の, 左右の, 忙しく怪しげ, 怪人の, 火の, 無事だった, 異様に, 自分自身の, 自由に, 若いもの, 開けて

▼ 目を以て~ (32, 0.0%)

2 これを, じろじろ睨める

1 [28件] おつぎ, この見物人, した, しても, するの, わたくしの, 凝視し, 卯平と, 子細に, 批判的に, 暗を, 有字, 眺めた人, 答え血, 聞いた, 臆測を, 見なければ, 見られはては, 見られ易い, 見る, 見ると, 見る者, 見れば, 視る, 視れば, 証明を, 関東の, 飽かず眺めた私共

▼ 目~ (32, 0.0%)

2 に見え

1 [30件] かく仰ぎ上げる, かに噴火口を, かに見える, な一朶, な夢, にさし迫ってる, にせまっ, にながめた, にながめた厭うべき, になっ, に坐っ, に大きく, に大武, に姿, に微笑ん, に来た, に浮上, に白い, に目撃, に真, に秀子, に置き, に見いだした, に見下し, に観察, に迫っ, に迫つて, に進ん, の雑木, までき

▼ 目される~ (31, 0.0%)

3 に至った 2 ものに

1 [26件] あのさまざま, に至, に足る, に違い, もの, ものが, ものは, やうに, バチェラー博士の, ヴェルハーレンすらが, 三遊派の, 中堅作家の, 亀山城へ, 共産党にとって, 名士を, 大名の, 学生学者すべて警視庁で, 幕僚将校を, 春吉と, 様な, 正岡子規の, 科学技術の, 空地も, 自由劇場, 鐘鳴, 高千穂神社は

▼ 目出た~ (30, 0.0%)

5 し目 2 しで下りるだろう, し目出, 目出た

1 [19件] いやな, う存じ, かりき, がられ, が三つ, さには, し, しだ, しとある, しという筋書, しといふ筋書, しとのみ望んだ, しと挨拶, しのわけ, し目出たしか, ずくめに, そうな, の櫛田, や大

▼ 目~ (30, 0.0%)

10 の良助 2 の良助さん, の鼻介

1 [16件] かになり, があり, が多く, が居る, では暮し, となし, に生まれ付いた, の戦争, の手曳, の縄手, の良助さんばい, の面體, の類, の鼻介サマ, まで揃っ, を盲目扱い

▼ 目~ (29, 0.0%)

7 して 2 しました, をし

1 [18件] した, したお, しただけ, したの, した艶, し乍ら, し車, す, するが, するの, するもの, だけし, をおばあさん, をした, をする, をもつ, を交した, を交す

▼ 目~ (28, 0.0%)

2 かな

1 [26件] が焼けた, だからと, だよ, とを縁側, なし, など持ちまし, にし, に油揚, のにが, のよう, の一疋, の頭, も口, も売れる, を, をさかな, を並べた, を串ごと, を八幡様, を大, を持っ, を焼い, を焼く, を焼こう, を買う, を買った

▼ 目見た~ (28, 0.0%)

7 時から 4 だけで 2 時に, 瞬間に

1 [13件] し否, だけでもあの, だけで充分, ときから, ばかりで, ばかりです, ばかりに危くわし, 一本の, 時には, 時の, 時は, 男は, 瞬間あの

▼ 目賀田~ (28, 0.0%)

1 [28件] が振回つた, が突然, が言, であつ, とある, といふ老, と曲った, の声, の顔, はそれ, は不味い, は不服, は何, は危, は少し, は後, は来なかつた, は校長, は目, は眼, は穏, は立止つて端折つた裾, は色, は蝙蝠傘, は補布だらけ, は遂に, は骨ばつた手, も言

▼ 目につき~ (27, 0.0%)

3 易いの 2 易いところ, 易い遊び

1 [20件] また彼女自身, 五厘も, 候は, 出す, 初めた, 同時に今, 恥かしく思う, 新たに, 易いか, 易いから, 易いこんな, 易いやう, 易いよう, 易い中央, 易い人形, 易い場所, 易い実, 易から, 書名を, 發見され

▼ 目にて~ (27, 0.0%)

3 睨みぬ手跡 2 目を, 記者を

1 [20件] その中, た, わが恩惠, ベアトリーチェに, 上に, 來て, 大坂川口へ, 將軍に, 御目通り, 我を, 我面を, 書く大いなる, 武家の, 満ちぬ, 萬物を, 行手を, 賢一郎を, 過去現在及び, 降參, 面籠手木太刀竹刀薙刀などの

▼ 目ぬき~ (27, 0.0%)

4 のところ 3 の場所, の家並み 2 の大通り, の家竝, の方

1 [11件] がどう, という大手町通り, な市街, な町筋, な神田, のあたり, の位置, の大半, の所, の田舎, の通り

▼ 目~ (27, 0.0%)

5 らしいもの 2 らしいこと, らしくも, らしさ

1 [16件] らしいニュース, らしい主唱, らしい人, らしい何物, らしい感情, らしい景色, らしい曲馬, らしい様式, らしい珍, らしい生活, らしい論議, らしかったの, らしき花, らしく, らしく同じ, らしく着物

▼ 目~ (27, 0.0%)

2 てこれ, ても千両, ても千兩

1 [21件] かた制作意慾が, て, てお, てから番頭, てすぐ, てぞっと, てどう, てもすぐ, ても職業, て一途, て二十七歳, て仰天, て伝四郎, て区別, て女房, て封建時代, て暗い, て父, て直ぐ, て私, て行っ

▼ 目にもの~ (26, 0.0%)

19 見せて 2 見せん 1 みせて, 見する日, 見せずに, 見せられるぞ, 見せんとの

▼ 目~ (26, 0.0%)

3 をし 2 をする

1 [21件] が認め, でありましたから, では, という訳, と朱書, などもし, に任官, に見させ, の違わなかった, の違われたる, は, はい, は此, は違, は違いません, まで頼まれるし, も屹度, をした, 仕候, 真按司, 真角嘉和良

▼ 目からも~ (25, 0.0%)

2 涙が

1 [23件] くれぐれよろしく申しました, それらの, ぶよ, ぶよぶよした, もれるくらいの, よろこびの, わけも, ホロリ, 一筋の, 予期し, 余りふわふわし, 垣を, 毛穴からも, 滝の, 穴の, 脅さる, 脅される, 英雄的に, 見ゆる櫓, 豊富に, 距てられた, 途方に, 餌取

▼ 目だった~ (25, 0.0%)

2 のである

1 [23件] かとにかく, かと思う, かなおいら, かにただ, かに半年, かの時, かもしれない, かも知れぬ, かわが, か六つ目, がある, そうです, そうよ, と思います, と思う, のだ, のでいっそう, のです, よ, タカムラは, 変化が, 日にゃ, 白い泡

▼ 目である~ (25, 0.0%)

1 [25件] かは百足虫, から大抵, か判らなくなっ, か十五日目, か十日目, が, がこれ, がその, がゆえ, が近く, こと肩の, だけ, という感じ, といふこと, とかどの, に相違, のだ, のにまだ, のみならず, ものを, 一言も, 事も, 悲しい影, 或る, 早くる

▼ 目にかけ~ (25, 0.0%)

9 まする

1 [16件] お恥ずかしゅう, ばや, まあす, まさ, まさあ, まするゆえ, ようじゃござんせんか, 候, 候傍若無人の, 度い, 度いようでございました, 恐縮し, 様という, 申そうぞ, 申候, 置候木圭より

▼ 目~ (25, 0.0%)

6 のほう 4 の方角 3 の上, の袂 2 の方 1 から, があっ, となるであろう, の畔, の辺り, の間, を向こう

▼ 目~ (24, 0.0%)

2 をまわっ

1 [22件] があり, がことし, がめぐらし, が出来上がった, が拵え, が月, が結い廻され, だった, をめぐらした, を乗りこえ, を乗りこし, を乗り越し, を作った, を半分, を向う, を境, を拵える, を結っ, を繞, を越える, を跨ぎ越し, を通り越し

▼ 目当の~ (24, 0.0%)

2 つかない空々漠々, 人物は, 家に, 家は, 敵は

1 [14件] なく見廻した, ようであった, 労働者でございます, 土地へ, 場所を, 殺人犯だ, 求婚の, 洋食屋で, 湯島が, 男の, 進退に対して, 邪魔に, 金の, 鮮やかな

▼ 目~ (24, 0.0%)

6 れり 4 った 2 っている

1 [12件] っていた, っているらしい, りたり, りて, りては, り候, り居, るであろう, るとき, るのみ, れるならん, れる貫一

▼ 目~ (24, 0.0%)

6 の通り 2 の処, の商店, の場所, の焼跡 1 であるいわば, という場所, と山の手, な映画館, の大通り, の市街, の所, の町, の辻, の通

▼ 目がねを~ (23, 0.0%)

4 かけて

1 [19件] かけせびろの, かけたいなか, かけたどうして, かけたバラ色, かけた人, かけた会長, かけた和服, かけた白, かけた白い, かける, かけるん, かけベレー帽, かけ早苗さん, かけ黒, はずした, まずこうかけ, 掛けて, 片に, 貸した

▼ 目された~ (23, 0.0%)

4 のである

1 [19件] この自, ところで, ところの, のが, ので, ものと, 一群だ, 不幸な, 人さえ, 人で, 佐藤鉄太郎中将の, 作家思想家を, 山田盛太郎, 平田門人らも, 持田若佐塚田峰三郎が, 程の, 美濃との, 部分を, 頼三樹三郎

▼ 目なざし~ (23, 0.0%)

2 や嘆き, をし

1 [19件] だけであった, にその, には常にいと, に我面, に汝, の恐ろしい, は人, は何, は廉, は我, は遠き, もて我, をうっとり, を向けさせる, を尻目, を見, を見き, 涼しかりき, 燃ゆる如くなれ

▼ 目にな~ (23, 0.0%)

2 つてから, つてし, つてゐた

1 [17件] つたのである, つたのは, つた意味あり, つてた, つては, つてやつと, つてゐました, つてセンイチは, つて修吉の, つて先生は, つて十の, つて太政官は, つて御, つて思ひ, つて点呼に, つて見, ア其の

▼ 目~ (23, 0.0%)

2 しいもの, しの, ましかつ

1 [17件] されし其後, しい事實, しい成功, しい變動, しくも又, しくやつ, し時計, だと, ましい, ましいもの, ましい勞苦, ましき檀溪, ましたばかりの, ませた, むれば, るに, れば

▼ 目~ (23, 0.0%)

12 しを 3 しに 2 しが, しの, をした 1 しされたやう, の手拭

▼ 目つけ~ (22, 0.0%)

2 出そう

1 [20件] がああ, たりする, たりまた, て, ている, ておい, てくれた, てござる, てな, ては鎌, てやつ, てやりたい, て山, て来ただ, て残らず, て羨し, になれましょう, になれません, 主水, 出されるだろう

▼ 目まひ~ (22, 0.0%)

4 を感じた 2 がし, がする, がするらしい, を感じ 1 がした, がしました, がします, するほど, だけだ, の感じ, の気味, もしなけれ, をさ, を覚えさせた

▼ 目がね~ (21, 0.0%)

2 越しに

1 [19件] がみすぼらしく, でひと, で一時, で大分注意, で山田奉行, どおり囲われ, なしに, 万華鏡眼に, 取っちゃっても, 同じ着物, 忙は, 忙わ, 毛皮の, 汚れたどんな, 濃い口ひげ, 白い大きな, 違はず女の子が, 髪も, 黄金目な

▼ 目ぐらいに~ (21, 0.0%)

2 一回ずつ

1 [19件] あの人, そのさつま芋, だしぬけに, なっても, なると, ダンダン世の中が, 五十万円使い果した, 切って, 尾崎君が, 帰って, 新女御, 来つづけて, 案内を, 気を, 決定的に, 祖父が, 立派な, 自宅へ, 近眼でも

▼ 目~ (21, 0.0%)

1 [21件] あけると, ういふ, うして, か立つ, その時, はにあり, へ, へあ, へなかつた, へ光らなき, へ切, へ見る, へ覚めれ, へ這入れ, へ開い, るるも, るる傾有, るる學者, るる狭山九郎太氏, を一そう, 会わせおったな

▼ 目~ (21, 0.0%)

1 [21件] から命じられた, がそう, でそんな, で一緒, で現存, で私, というの, という大任, という特異, といふ通詞, として働い, などに訴状, に対して再度, に対する強訴, の侍, の戸井市左衛門, の退場, は奪, へいった, や老中, を通じて笹

▼ 目~ (21, 0.0%)

4 をし 2 をした

1 [15件] して, であっち, でお, でその, で出, で応答, で深山, で言った, と微笑, に愛嬌, のこわ, は少し, は思想生活, は青空, を醜く

▼ 目醒しい~ (21, 0.0%)

2 発展を

1 [19件] ことが, ことだらう, ので余, デッドボールと, 努力家だ, 労働を, 収入という, 大活動, 学生等の, 昇進振りである, 木炭画が, 活劇が, 活躍談を, 物音は, 突風に, 転化を, 進境を, 遊興よりも, 風景の

▼ 目さえ~ (20, 0.0%)

2 立って

1 [18件] あればな, いくらか見えるなら, おぼろ必死に, くらむばかり, さめて, 光らなきゃ六千両, 切塞いだ, 動かさない彼女, 厳格に, 当てかねる, 御不自由, 見えたらという, 見えなくなった二十四歳, 見えなくなって, 見えれば, 見なければ, 輝かして, 通さないじゃ

▼ 目その~ (20, 0.0%)

2 人は

1 [18件] 上に, 上何万プと, 光沢の, 口が, 声に, 守きびしき, 屍体は, 幾千株なる, 悪魔の, 日イいかな, 次あ, 特質的で, 白い髪, 目には, 羽に, 翼を, 舌をか, 額その

▼ 目~ (20, 0.0%)

5 からない 2 かちのおかあさん, つり, つりと 1 かちのよう, かって喧嘩, からなかっ, かるよ, つりも, つり目っ, ぱりこでとっくみ合っ, ぱりこになるのね, 早小僧

▼ 目~ (20, 0.0%)

1 [20件] アイテ私ヲ, アキマシタガ不意ニ思イガケナイ位大, サマサナイノ, サマシタノ, サマシタラオ母ッチャヲユリオコシテミテクレイツソノママ死ンデルカ分ラナイカラト云ッタ, サマシテミルトホトケサマノ前, サマシマシタ, サマストオ母ッチャハアーアーモウ長クナイヨト云ウノ, サマストブルブルフルエナガラ何ンダカオッカナクテオ母ッチャトコエモ出セズニソート手ダケヲノバシテヤッテユスルノ, ツブッテソレカラムネナンテ何ンデモナイト云ッテ君チャンノ, 中央, 圓クシテ何度モジロ, 塞グハ少, 奪ヒ嬋娟觀ル可キ者, 挙ゲテ彼ノ, 据エルトコロ, 瞑リ, 見セテクレヨウト思ッテ居ルト, 開イテ見, 開クト要之助ガ悪鬼ノヨウナ相ヲ

▼ 目出たく~ (20, 0.0%)

2 三三九度が, 妓楼へ

1 [16件] うまくいけ, もない, 今囘卒業, 夫婦に, 婚儀は, 存じ候, 学校へ, 家屋一棟の, 御帰宅, 悪虫, 日頃は, 死去仕, 無事に, 親の, 覺へ, 閉会に

▼ 目早く~ (20, 0.0%)

4 それを

1 [16件] えりわけて, そこの, ぼくを, みとめて, チラリと, 万吉が, 先生のぶじ, 縁側に, 群衆を, 見つけ, 見つけたさ, 見つけたそう, 見つけて, 見付け, 見付けた竹丸, 認めて

▼ 目~ (20, 0.0%)

2 けて投げつけた

1 [18件] けて堂々, けて大切, けて小銃, けて打ちおろした, けて打ち降ろされた, けて投げ出した, けて投げ返した, けて押し寄せ, けて撃つ, けて斬っ, けて朝鮮, けて突貫, けて走っ, けて跳び, けて跳び出し, けて飛, けて飛ん, けて駈出し

▼ 目醒める~ (20, 0.0%)

2 ことによって, 機會を

1 [16件] ことの, ということ, と動き出し, と思う, と扉, と直ぐに, と頭, ばかり碧紺, までには人間, やうな, やうに, ようです, ような, ように, 程の, 鴎の

▼ 目あき~ (19, 0.0%)

1 [19件] じゃ按摩, だろうと, であって, でも成し得ぬ, というもの, に馬鹿, のあん, のよう, の世界, の座役たち, の演芸人, は不自由, ばかりで, もい, もおのおの, もめくら, を無限, 千人なれ, 按摩の

▼ 目ぐらいの~ (19, 0.0%)

1 [19件] お天気, ことで, ときだ, ところへ, やつは, 侍の, 停車場であった, 処を, 出来ごとだった, 勝でした, 勝負で, 唱歌の, 時から, 時に, 時代で, 深夜の, 訪問です, 話じゃ, 頃であった

▼ 目とか~ (19, 0.0%)

2 区別を

1 [17件] または何, 一年目とかに, 一貫目とかいう, 世間では, 二十年目とかに, 二年目とか, 二月目とかに, 八人目とかの, 六年目とかで, 十三年目と, 四つ目とかに, 四日目に, 川魚なら, 物資の, 覆水盆に, 象嵌とか, 鱈とかいう

▼ 目なし~ (19, 0.0%)

2 どち, 達磨の

1 [15件] かたま, だ, と思い, の由, の鋼鉄, 壁に, 子鬼, 小路と, 小路へ, 無二無三身代の, 魚みたいに, 魚同様な, 鯛, 鳥だった, 鳥でした

▼ 目にと~ (19, 0.0%)

12 まつた 2 氣を 1 まつたの, まつたはたご屋, まつたもの, 日夜怨ん, 気を

▼ 目一つ~ (19, 0.0%)

4 の神 2 にあらゆる

1 [13件] か汝, しないで, ずつ永く, ずつ漸, であったところ, ない自分, の人, の口, の山の神, の怪しき, は口, 抉られては, 見せようじゃあ

▼ 目差し~ (19, 0.0%)

3 をし

1 [16件] がじっと, だった, である, でぞろぞろ, で一同, で千世子, で声, で島田, は乱される, をかんじ, をした, をその, をむけ, を君, を投げ, を無気味

▼ 目~ (19, 0.0%)

1 [19件] から, からし, から光子, から極めて, から私, が最も, である, には一兵, には部隊全体, に午前中余, に漸く, に至っ, のわずか, の夜中, の日曜日, はこんな, は座敷, ひどく膨れ, までは年々

▼ 目くばせする~ (18, 0.0%)

2 とふたり, と苦い

1 [14件] うちに, と, とうち連れ, とかれ, とそれ, とやがて, とガラッ, とガラツ八, と丹羽昌仙, と事務長, と塔, と武士たち, ので供, のを

▼ 目ごろ~ (18, 0.0%)

2 からますます, の雨

1 [14件] から, から意識的, から消化器障害, から足, にはす, にはすっかり, には暇乞い, には自分, に沙汰, に鶴子たち, の午後, の夕方, もっとも盛ん, よし

▼ 目~ (18, 0.0%)

2 ろが

1 [16件] ゃわからねえのがあたりめえですが今, ろき, ろぎも, ろぎもしないですたすたと捏ね, ろぎもしない憧れ, ろぎもせずにこう言う, ろぎもせずに悠々, ろぎもせずに窕子は, ろぎもせず徘徊する, ろぎもせず必死の, ろぎもせず男の, ろぎ出でぬ, ろぐな, ろの, ろを, ろ籠

▼ 目千両~ (18, 0.0%)

9 のお 2 だと, と言われた 1 が夜逃げ, というの, とのこと, と言われ, に口説かれた

▼ 目見る~ (18, 0.0%)

2 だけのこと, ともう

1 [14件] ことを, さえ, と, とお, とお礼, とから何かしら, と其の, なりさっと, なり顔を, やい, や腰, よりいなご, 暇な, 物を

▼ 目~ (18, 0.0%)

3 で合圖 2 で押, に物

1 [11件] でガラツ八, で制し, で夫, で留める, で知らし, で誘つて, にて知らせける, に溢れる, の指圖, の普通, を嶮

▼ 目きき~ (17, 0.0%)

1 [17件] からおべんちゃら, がいらっしゃいます, が願いたい, されたそれ, であった, でしたよ, で伊豆, などにはざっぱく, の修業, はすこし, ひと目に, もたしか, をした, をする, を元手, を稽古, を願いたい

▼ 目だけが~ (17, 0.0%)

1 [17件] あらわれて, かしこそうに, それを, ぱっちりと, ますます然え, まるでヘビ, ウサギの, ギラギラ光っ, ギロリと, 光って, 変に, 殘つて書籍名は, 生きて, 相手を, 見えて, 顔とは, 黒い石

▼ 目だけを~ (17, 0.0%)

1 [17件] ぐりぐりさせ, だして, ぱちくる彼だった, パチパチさせ, 光らして, 光らせて, 出したその, 出して, 出し愛用, 利用し, 同じスクリーンいっぱい, 掃いて, 暗がりの, 残して, 白く光らし, 赤, 赤く焼ける

▼ 目といふ~ (17, 0.0%)

2 のは, ものも, 矢釜敷お爺さんに

1 [11件] ところか, のに, もの, もので, ものによ, ものは, 手合だ, 日に, 皮肉な, 相當, 老鷄

▼ 目マル~ (17, 0.0%)

4 のマル公 2 の奴

1 [11件] がこれ, がそれ, が起きた, とは俺, と奴等, のしみつたれ, の怒り, の薄, の馬鹿野郎, は寝, は居ねえ

▼ 目附き~ (17, 0.0%)

4 をし

1 [13件] その体, で女, にした, になり, にはかの, には好奇心以外, の人, をした, をどうも, を殘, を笛村, を詞, 意地惡さうな

▼ 目附役~ (17, 0.0%)

1 [17件] でありますが, で何とか, として番頭, になっ, になった, にもなり, に命じ, に選んだ, の三木松兵衛, の君, の岸本君, の次, の順序, は, を兼ねる, を買っ, 迄訴

▼ 目かで~ (16, 0.0%)

2 破産し

1 [14件] そんなにあたたかい, やっと若様, 一番下へ, 再び皆, 冷たい水, 寮の, 平次は, 彼は, 思わず笑い出しました, 書くこと, 行く序, 銭形の, 錢形の, 開かれたそれ

▼ 目くら~ (16, 0.0%)

3 がし 2 ゐには

1 [11件] が琴, だから, と挌闘中, になっ, に縄, のため, めきほとんど, めくばかりの, めく心地, も目あき, ゐの

▼ 目であった~ (16, 0.0%)

1 [16件] かしらぬ, かの夕方, から今日, か赤井さん, があの, がブーゴン婆さん, けれども近頃, こと心中は, そうで, そうな, のである, ので自然話, のと, のは, 私を, 証拠であり

▼ 目とも~ (16, 0.0%)

2 見えなくなって

1 [14件] いうべき処, なふあ, に文史類, に通じ, 会わなかった母親, 似て, 存ずればこそ, 映った, 見えた, 見えたでありましょう, 見えなかったよう, 見ざるかなし, 見ないで, 見られない事

▼ 目にばかり~ (16, 0.0%)

3 逢って

1 [13件] あわすん, おあい, おあひなさ, お居間, なつて, 合わされました, 打つかる, 會うて, 気を, 氣を, 逢わされてる, 逢わせるの, 遭うの

▼ 目もて~ (16, 0.0%)

2 久しく見

1 [14件] そと, そを, 人の, 叱られて, 夫人の, 我らは, 我を, 方圓種々の, 示しそれ, 示して, 耳もて, 見るとき, 見上ぐる如くなる, 視なさるる母

▼ 目左端~ (16, 0.0%)

2 が7, と九段目左端, は共に, は7, は7以上, は9, も1 1 の除数, の除數

▼ 目眩しい~ (16, 0.0%)

3 ような 2 くらいであった

1 [11件] ほどに変つて行, ように, 回転を, 影像を, 戦国時代に, 日が, 日光に, 流れを, 町から, 街で, 都に

▼ 目醒し~ (16, 0.0%)

2 時計の

1 [14件] が私, が鳴った, さでは, さを, さ朗らかさ烈し, てやらう, で起きた, の煙草, は引越し祝, 時計, 時計と, 時計漆器の, 気に, 腕時計

▼ 目~ (16, 0.0%)

9 の殿様 2 の屋敷 1 といえ, のお, の炎, は今日, を急所

▼ 目かけ~ (15, 0.0%)

2 を持つ

1 [13件] か, か地獄, だとか, ぢや, ては是, て下されいる, などに夢中, にでもな, になんか, のやう, の口, 口だ, 狂ひ

▼ 目っけ~ (15, 0.0%)

2 ものだ

1 [13件] た, たという, たら三度袖, たんです, なければ, ましたよ, もの, ものじゃ, ものでございます, ものです, ものに, もんだ, ようぜ

▼ 目にか~ (15, 0.0%)

4 かつた 2 ぶつた 1 あるいはまだ, かかりたいと, かつたと, かつていろんな, かつてお, くる, くるはず, ど立てた, 入れば

▼ 目にかけても~ (15, 0.0%)

2 いいの

1 [13件] いいが, いいがね, いいわ, おわかり, しようの, よろしいの, よろしうございませう, よろしゅうございます, 宜しい, 宜ろ, 御喜び, 決して御, 迚も

▼ 目にでも~ (15, 0.0%)

1 [15件] あうが, あわなきゃいい, おあい, なったよう, ふれたらば, 入っては, 合はせる, 合わされて, 触れちゃあ, 逢ったもの, 逢わせて, 逢わせるつもり, 遭せ, 遭ったの, 遭っては

▼ 目はし~ (15, 0.0%)

1 [15件] がきい, がよく, が利くらしい, だけを働かし, のきいた, のきく, のきく人, の利, の利いた, の利かなかつた, の利かぬ, の利く, の敏く, の鋭い, をきかし

▼ 目~ (15, 0.0%)

3 でいる

1 [12件] だ, だの, であ, であたじけなく, でるの, でゐた, なら, には万, の裏, を, を禁止, 見るならば

▼ 目賀田さん~ (15, 0.0%)

1 [15件] がそれぢ, すぐ御飯, ちょっとと, でも, と云う, と云っ, と向う, と矢沢さん, なんか盃, は何うし, は御苦労, は私, は若い, は随分, は飲酒家

▼ 目あり~ (14, 0.0%)

1 [14件] かかるもの, すこぶる奇態, その作る, て前, て無形, て能, という古来, のくち, 口広く, 唐に, 心ある, 油断の, 煎餅, 聽くに耳あるごとく

▼ 目にゃ~ (14, 0.0%)

1 [14件] あちゃんと, かかりません, この大川, そう書い, ぶら下がれない大金, 会うめえ, 会わせん, 何と, 合わないよ, 如夜叉な, 目が, 言いつけた, 速ぐ悪たれ口, 遭ったこと

▼ 目をば~ (14, 0.0%)

2 つぶれる, 閉ぢる 1 いとど細う, くまどり, しばしやり, まは, 一つ持ち静かに, 優る鏡, 唯白く, 空く, 第一, 落して

▼ 目をも~ (14, 0.0%)

1 [14件] お胸, その求むるところにむけたり, のがれんと, はばかり朝夕, 同様に, 引くでしょう, 心をも, 愛をも, 放さずに, 満足させ, 眉をも, 胸をも, 過ぎ海拔三千五百尺あたり, 閉じて

▼ 目~ (14, 0.0%)

2 に遇う

1 [12件] しや, つけたの, に光子さん, に遇うた, に遇わされん, に遇わしとい, に遭, に遭いはったいう, の十月二十八日, の晩, の朝, 覚して

▼ 目以上~ (14, 0.0%)

2 に降雪

1 [12件] が夏, が東京, ずつ殖える, には, に約, の何物, の富士, の角力, は削りたる如き, は無疵, もある, を食べ頃

▼ 目千兩~ (14, 0.0%)

8 のお 3 と言 1 が夜逃げ, といふの, に口説かれた

▼ 目~ (14, 0.0%)

3 ぬやう

1 [11件] しいもの, せないよう, だし, ない渋いつくり, ない澁, なかつた, のやう, ます, をし, を聞いた, ツンデ

▼ 目見当~ (14, 0.0%)

5 がつかない 2 がつかなかった, のつかない 1 がつかず, がつかなかつた, が付かなかった, が付かなかつた, つかず

▼ 目ある~ (13, 0.0%)

1 [13件] か, か掛け, ごと恐れ, と同時に, なしを, ものは, を如何, んだ, ヘーレー畏怖に, 月の, 獄より, 者, 者ほかのみたりを

▼ 目にさえ~ (13, 0.0%)

1 [13件] お困り, これでは, すがすがしい健やか, それが, とまらなければ, 入らなかった, 明かなもの, 本当に生き, 留るよう, 見えねば, 迫らずには, 逢ったの, 遇わせようと

▼ 目入道~ (13, 0.0%)

1 [13件] が出ました, が屍, だこれ, つたら, というの, どろどろどろ, に化けた, の正体, の神尾主膳, は見, みたやう, もぬい, や見越し入道

▼ 目~ (13, 0.0%)

2 に, 微比 1 が, の, のお, は, も, を, をさまし, を丸く, を見

▼ 目眩く~ (13, 0.0%)

4 光りに, 如く三尊 1 その立派, ばかりに明るい, ばかりに降り, ような, 輝やい

▼ 目~ (13, 0.0%)

1 [13件] が二十八, が十二, が小説, し身, には思い出, に見せ, はこの, ははっきり, は四五日前, は絶美, は貫一さん, は遊説, も元気

▼ 目触り~ (13, 0.0%)

3 だと 2 になる, 御恩 1 となる, な唐変木つて, にし, にならぬ, に成ります, のもの

▼ 目こそ~ (12, 0.0%)

1 [12件] あまりよく見えませんでした, さむれ, つぶって, ひらけ, 本当の, 盲ひぬれ, 移らね, 表情の, 見えね, 見ね耳, 輝いた, 闇けれど

▼ 目さめ~ (12, 0.0%)

2 ては 1 ていた, ている, てきたらしく, てみれ, て居, て枕辺, て泣, て萬, て見れ, むとしつつある

▼ 目つけた~ (12, 0.0%)

2 のである, のは 1 いくらに, お客様, からにはこっち, そうだ, って訳さ, というもの, ねえ君尾様, 彼れ

▼ 目との~ (12, 0.0%)

2 間に, 間の 1 あいだから, ごく自然, 特殊な, 異様な, 空間知覚の, 空間知覚性の, 表情には, 間を

▼ 目どおり~ (12, 0.0%)

1 [12件] あそばされましてねん, いたしました娘, いたすもの, ねがいたいと, はならん, は許されない, を, をした, をねがいました, を楽しみ, を許された, 願わしゅう伺候

▼ 目にこそ~ (12, 0.0%)

3 見えね 2 見えないが 1 浮べ, 浮べふるさと, 見えぬ神, 見えね準備, 見ざれ今, 見ゆれ, 逢いに

▼ 目よりは~ (12, 0.0%)

2 いかに汚, そ 1 この大山巌, そぞろに, 三回目が, 二回目が, 恐ろしき光, 涙すずろに, 漣, 稲妻出づと

▼ 目企み~ (12, 0.0%)

2 がある 1 からし, がない, つつある, の下, の裏, はそう, はゆるされなかった, は見事, をすっかり, を抱く

▼ 目~ (12, 0.0%)

1 [12件] が出来ますでございましょう, に出よ, の上御願, の儀願上, はする, は仕らねえ, を許され, を許されず, を願い, 仰付, 叶わぬ遠慮さ, 御庭掃除

▼ 目醒ましい~ (12, 0.0%)

2 水煙を, 発達が 1 上手である, 働きは, 大都會, 活躍を, 発展を, 社会主義建設と, 秋の, 藝術を

▼ 目じゃ~ (11, 0.0%)

3 ないか 1 ありませんか, ないが, ないよ, ない親父, なかったよ, ねえか, 望みに, 見えっこないと

▼ 目であり~ (11, 0.0%)

1 [11件] この口もと, さらにある, ながら, またある, また晩年, 印象派の, 検閲の, 第五局目, 絶えず最, 耳であり, 頭です

▼ 目ぶた~ (11, 0.0%)

1 [11件] からあ, がおもたく, と下目ぶた, ににじむ, の内, は軽く, や頬, をふさい, を薄, を開い, 重くまだ

▼ 目~ (11, 0.0%)

2 に置い 1 には女子, には神聖, に只, に彼ら, に置かなかつたら, に輓近西洋, の一部分たる, の抽斎, の様子

▼ 目深く~ (11, 0.0%)

1 [11件] うしろは, かぶった編笠, かぶって, かぶつ, かぶると, かぶれるに, 冠って, 冠る, 引下げ外套の, 欣七郎が, 被った背

▼ 目羅博士~ (11, 0.0%)

1 [11件] があの, がヒョイ, が常用, が怪しい, その人, のこの, の企らん, の動静, の殺人, は彼自身, は死んだ

▼ 目いろ~ (10, 0.0%)

4 を変え 1 が変る, になりました, をかえた, をした, をひとりひとり, を変える

▼ 目~ (10, 0.0%)

1 もてに, 互に熟字, 会いしたからには, 余野の, 別れを, 寿は, 旅の, 砂糖も, 紋の, 鳥も

▼ 目ぐらいから~ (10, 0.0%)

1 ぐっと体, つかみはじめて, ほんの少し, やいやい帰れ, 中心が, 客は, 新しい型, 漸く意識, 進んで, 顔が

▼ 目づかい~ (10, 0.0%)

2 をし 1 がつい, でクレヴァス, と云い, に男, に窺っ, のみに得知らぬ, をする, を見る

▼ 目とを~ (10, 0.0%)

2 無料入浴デーに, 見合わせた 1 合せて, 合わせないよう, 見あわせた, 見ました, 見合せて, 讀み合

▼ 目にまで~ (10, 0.0%)

1 あいました, あわされた, 共に遭っ, 其の光, 十七八の, 燃えて, 逢は, 遭は, 陥って, 露呈に

▼ 目ばかりが~ (10, 0.0%)

1 きらきらと, ぎろりと薄気味わるく, ギロギロ光っ, 光った動物, 奇妙に, 希代に, 晃, 空中に, 紫色に, 血走って

▼ 目付け~ (10, 0.0%)

2 てみせる 1 ていよう, ている, ております, てくださる, てくれず, てもやらず, て討ち果たさず, て貰う

▼ 目付ける~ (10, 0.0%)

2 ことが 1 か自然, ことだ, ことは, ように, んです, 事が, 種本に, 訳に

▼ 目瞬き~ (10, 0.0%)

2 をし, をしない 1 が止ん, するより, はぴつたりととまり, もしない, もしなかった, もせず

▼ 目~ (10, 0.0%)

2 のよう 1 がはめ, で象眼, というよう, とて菊形, のやう, のカフスボタン, のブローチ, の奢り

▼ 目醒時計~ (10, 0.0%)

1 が人, になつ, の代り, の刻む, の気, は何時, を四時, を持つ, を見た, を鳥共

▼ 目きき違い~ (9, 0.0%)

1 がおりおりございます, じゃと申す, だったとでも, でご, で意外, のあまりに, も大きな, も目きき違い, をした

▼ 目くらみ~ (9, 0.0%)

2 耳ふさがれ 1 て何物, て堪ふる, て急, て淑女, ものも, 天の, 遁れ

▼ 目だけで~ (9, 0.0%)

1 そんなこと, のぞくと, ぶつかって, 何か, 尊氏を, 物を, 瞬きし, 見あげて, 見合ふこ

▼ 目っかち~ (9, 0.0%)

2 のやう 1 でсовхоз, でかつ, で竹の子笠, になった, の雇い, やら兎口, 四っかち

▼ 目として~ (9, 0.0%)

1 それから, たいへん役立つ, 優遇し, 宵の, 描いて, 爲る, 現在が, 空しく閑人, 見張って

▼ 目など~ (9, 0.0%)

1 あの頃, おも, どうでも, はっきりあけ, 一分ぐらい, 一寸ばかり, 側に, 十分に, 見むはすべなし

▼ 目ばかりの~ (9, 0.0%)

2 時計これは 1 ような, 勝利を, 大きなの, 大きな絵蝋燭, 窓際に, 顔では, 麓は

▼ 目ばり~ (9, 0.0%)

1 がし, がとれたら, の凄, の紺紙, よりもぴったり, をし, をした, を入れた, を施し

▼ 目~ (9, 0.0%)

1 ぐらしくっ, ぐるいであり, ぐるたく, ぐろしくかれ等の, ぐろしくこせつかない, 狂わしい発達, 苦しいまでの, 苦しい程, 苦しく出没

▼ 目まぐろ~ (9, 0.0%)

2 しく回転 1 しい, しい衝突, しい電線, しくて, しく湯呑所, しく谷, しさ

▼ 目までは~ (9, 0.0%)

1 とり上げた松風, 何事も, 定座, 常願寺川等に, 彼女について, 未た, 絵の, 苦しいほどの, 道の

▼ 目~ (9, 0.0%)

4 かちの 2 けもの 1 かちで, かッ, けて来なすった

▼ 目ツキ~ (9, 0.0%)

1 が変, でピストル, で口走る, で狂六, にも特に, に狂六, は凄味, は殺人的, も人相

▼ 目小路~ (9, 0.0%)

1 からやや, さあ早速, です, という一郭, の一郭, の屋根上, の方, をやっと, を上手

▼ 目~ (9, 0.0%)

1 がもの, が頻, であること, というところ, などの合唱, の淋しく, の細身, の若, や淋しい

▼ 目~ (9, 0.0%)

1 で力, で陶器, と思われる, にたなびく, に下れ, に住ん, に於, までもあった, をカッ

▼ 目近く~ (9, 0.0%)

2 見せて 1 に見た, まで即ち, もあろう, 窓の, 聳え出した, 見調べること, 違います

▼ 目~ (9, 0.0%)

1 が二匹静か, だと, で泳いでれ, のくせ, のよう, は, よ, を四五匹, 子鯉

▼ 目~ (8, 0.0%)

2 して, 懸けて 1 まわしたつうの, 立つよう, 覚せや, 釣り上げて

▼ 目ぐらいには~ (8, 0.0%)

1 はや両方, ぼーっとしちゃう, もう私, 宿を, 心までが, 散歩の, 私を, 部屋を

▼ 目それ~ (8, 0.0%)

2 は妹 1 から五日目, のみ待たされた, は星, は美しい, までの運命, まで無傷

▼ 目だって~ (8, 0.0%)

1 ふえ手足, 一人も, 娯楽雑誌にまで, 来た, 来たという, 異様だった, 考えて, 見えないほどに

▼ 目だま~ (8, 0.0%)

2 のよう 1 の光, はわすれず, をきょとん, をぺろり, をもっ, を炭火

▼ 目とかに~ (8, 0.0%)

1 それが, なると, バクハツ瞬間を, 一度と, 一週間の, 在る神経, 夫が, 押しかけるの

▼ 目などは~ (8, 0.0%)

1 ないほう, なかなかもつ, 全然無かっ, 噛みつくやう, 噛みつくよう, 殊さら注意せね, 私は, 美しかった

▼ 目なり~ (8, 0.0%)

2 しが, 柏も 1 とお目にかからね, 互に瞰, 十日過て, 行路三日歸り

▼ 目やす~ (8, 0.0%)

1 から荷風, から観察, がつかな, が現代, が自身, として話す, はそれ, は溌剌

▼ 目~ (8, 0.0%)

2 みに 1 くの, み, みだつた, みである, みを, むから此

▼ 目出たう~ (8, 0.0%)

3 を他人 1 と祝う, と言, 大変云ひおくれ, 針工場さん, 院長閣下が

▼ 目口鼻~ (8, 0.0%)

2 へ飛込んだ 1 つけたよう, など大路小路, など頭, を彩色, を描いた, を覆むせ返り咳き入っ

▼ 目守り~ (8, 0.0%)

1 その事, たりけり心, てありし, て云, になっ, 居たり, 斷頭臺は, 詞を

▼ 目弱王~ (8, 0.0%)

1 が天皇, とおっしゃる, に向かっ, は, はそこ, は下, は私, をかくまっ

▼ 目~ (8, 0.0%)

2 を見ん 1 がその, が三十三歳, が窓, はこれ, は三十, を葬り

▼ 目~ (8, 0.0%)

3 縞の 1 らも, 千人の, 縞が, 縞を, 蛇に

▼ 目眩しく~ (8, 0.0%)

1 て生き, とうとうと, フラッシュする, 散つて, 浮きつ沈みつして, 甘美な, 見せた, 雑踏し

▼ 目~ (8, 0.0%)

2 ですか 1 あり茗荷, たよう, でしたか, に祝別, のいろいろ, むれば

▼ 目くばり~ (7, 0.0%)

1 から透明, がいる, でいった, は始まりました, をし, を見はっ, 白壁に

▼ 目くらいに~ (7, 0.0%)

1 お帰り, お金を, して, なります, もうはや菊川マサ子, やっと思い出し, 送りかえして

▼ 目この~ (7, 0.0%)

1 光に, 場の, 時刻までに, 期待は, 罪障の, 花を, 談話を

▼ 目これ~ (7, 0.0%)

2 を見 1 に堪ふる, は小さい, より力, をもて足れり, を尽く

▼ 目さるべき~ (7, 0.0%)

1 ものであり, ものは, もの何にも, 人間について, 悠長な, 民衆が, 理由が

▼ 目した~ (7, 0.0%)

1 ことだ, だけだった, とした, に見ゆる, まま聴いた, 十四郎の, 理由を

▼ 目じるしに~ (7, 0.0%)

1 いろいろ風, 優しい尊い気高い端厳微妙, 大地へ, 池の, 繁れる, 蛮夷の, 道らしい

▼ 目っけて~ (7, 0.0%)

1 きたとは, くると, くれまいか, まいりました, 新助, 来ました, 根ぐるみ新聞に

▼ 目つからない~ (7, 0.0%)

1 とは箆棒, と云う, なんてどう, のでございましょう, のよ, はずだ, 筈は

▼ 目なく~ (7, 0.0%)

1 その宿所, てしきたり, 並んだ店舗, 仏は, 午時に, 耳ない, 能音曲の

▼ 目にあたる~ (7, 0.0%)

1 一八四八年の, 九月の, 初春である, 寒食の, 岩穴から, 欄干に, 部分からは

▼ 目にや~ (7, 0.0%)

1 はらかき庭, はらかな, アね, ッと, 私と, 逢はね, 逢はれねえ

▼ 目ばかりを~ (7, 0.0%)

1 しばたたいて, 出して, 出し懸想文, 宙に, 忘れまいと, 見せて, 見た

▼ 目ほどの~ (7, 0.0%)

1 ヒレ肉の, 処に, 所の, 疑いだ, 真珠を, 銀を, 雄鶏を

▼ 目今日~ (7, 0.0%)

4 か昨日 1 からかぞえ, から三, より二回

▼ 目企ん~ (7, 0.0%)

5 でいる 1 でいた, でいない

▼ 目出たき~ (7, 0.0%)

2 春に 1 商売なり, 御代かな, 由消息有之, 相好の, 重要人物なれ

▼ 目嗅ぐ~ (7, 0.0%)

31 鼻ご, 鼻だ, 鼻だった, 鼻を

▼ 目~ (7, 0.0%)

2 るべし 1 に叩きつけ, に叩き付けられ, の中, もくわせる, 黒く煽つ

▼ 目~ (7, 0.0%)

2 の紋幕 1 とやらである, の幕の内, の旗, の紋, は佐々木党

▼ 目~ (7, 0.0%)

2 へ抜ける, までさけた 1 に訴える, の迷い, を立てた

▼ 目金越~ (7, 0.0%)

2 の睫 1 に看護婦等, に血走った, に見, に覗き込む, に親仁

▼ 目陶器師~ (7, 0.0%)

2 であった 1 だ, とは俺, と卜伝, と名, と邂逅

▼ 目~ (7, 0.0%)

2 の目 1 なと, のよう, の干した, の腮, や蝶々魚

▼ 目あかし~ (6, 0.0%)

1 がそれ, なぞ配下一統, などの警吏, の中, の文吉, よりはちっと

▼ 目くされ~ (6, 0.0%)

2 金じゃ 1 の坊主, の皺だらけ, 金で, 金を

▼ 目くらまし~ (6, 0.0%)

1 かそれとも, でもそう, にちがい, のいっさい, の秘密, の種

▼ 目くら縞~ (6, 0.0%)

4 の筒袖 1 の前, の懐ろ

▼ 目さまし~ (6, 0.0%)

2 時計 1 て, て猶, て直ぐ, 時計の

▼ 目さめた~ (6, 0.0%)

1 というよう, といふやう, 一人が, 意識に, 時モリイシャは, 朝なぞは

▼ 目つかっ~ (6, 0.0%)

2 てしまった 1 てしまいます, ては一大事, ては大変, て牢屋

▼ 目つま~ (6, 0.0%)

2 にか 1 づいた, に掛る, の可愛, を忍び

▼ 目であっ~ (6, 0.0%)

1 てそこ, てその, てもそこ, て三桁, て両面, て別に

▼ 目なき~ (6, 0.0%)

2 にあらね 1 ことに, ま, 者に, 耳なき

▼ 目にぞ~ (6, 0.0%)

4 七里の 1 ッとして, 見ゆ

▼ 目のみ~ (6, 0.0%)

1 ならず同じ, ならず彼, 二回返し, 光り狂人以上, 光れる, 鋭く輝き

▼ 目ばかりに~ (6, 0.0%)

2 なって 1 暮れッきりで, 浪立ちさわぎ, 違ひなかつた, 集まったよう

▼ 目ぶち~ (6, 0.0%)

2 のあたり 1 がふっくり, が腫れぼ, へ颯と, を黒く

▼ 目アキ~ (6, 0.0%)

1 がドジ, とちがっ, に突き当られ, の口, の心, の気附

▼ 目ジルシ~ (6, 0.0%)

1 がある, が何, でもあり, の石, は忘れない, もある

▼ 目ッ吉~ (6, 0.0%)

1 と二人, と眼, はひ, は含み笑い, 仮に象, 痩せて

▼ 目~ (6, 0.0%)

1 上ニ生ジタル毛ナリ, 子算, 後妻ナリ, 時ハ丹那トンネルヲ通リ抜ケテモマダ用ガ済マナイ, 窓ニ星印アリ, 誕生日ヲ

▼ 目十指~ (6, 0.0%)

1 が吉良, たれでも, であるらしい, で北条一族, を出, 見ちがえるわけ

▼ 目即ち~ (6, 0.0%)

1 メ, 三月二十八日の, 之から, 彼にと, 愛が, 英一斤です

▼ 目合し~ (6, 0.0%)

2 て其父 1 て, てその, て相, て還り入り

▼ 目守め~ (6, 0.0%)

21 ていた, て一心不乱, て不審顔, ながら莞爾

▼ 目平次~ (6, 0.0%)

2 が新しい 1 と八五郎, には顏見知り, の顏, の顔

▼ 目~ (6, 0.0%)

3 の鉄瓶 2 に井筒形 1 が好くっ

▼ 目~ (6, 0.0%)

1 が優しい, で微笑, で笑っ, にえがい, を寄せ, を深く

▼ 目置い~ (6, 0.0%)

2 て, て碁 1 ていた, ている

▼ 目覚まされ~ (6, 0.0%)

2 てゆく 1 かたと, てから後, て行きました, 同じよろこび

▼ 目~ (6, 0.0%)

3 した 2 して 1 の興

▼ 目迎え~ (6, 0.0%)

2 てこれ 1 て而, て莞爾, て見送る, 目送って

▼ 目~ (6, 0.0%)

1 ならかく, にしたら, のある, を手, を計っ, を計り

▼ 目~ (6, 0.0%)

1 してやろう, で, でいいつけた, に叶った, をもっ, を四方庵様

▼ 目馴れた~ (6, 0.0%)

4 人たちは 1 のだ, 葦毛の

▼ 目うつり~ (5, 0.0%)

2 のする 1 がし, がする, のよき

▼ 目かどを~ (5, 0.0%)

2 たてて, 立てて 1 たてながら

▼ 目かは~ (5, 0.0%)

2 甚六郎の 1 仙臺に, 知らないけれど, 知れませんが

▼ 目かも~ (5, 0.0%)

1 しれない, しれないが, コンドルの, 知れない, 知れませんが

▼ 目がねの~ (5, 0.0%)

1 ところから, 下から, 中の, 通りです, 違わなかったの

▼ 目くばせで~ (5, 0.0%)

1 ひとりの, 一旦伊達, 二人の, 呂宋兵衛と, 私へ

▼ 目ぐらい~ (5, 0.0%)

2 です 1 ごとに, だったろう, で菱山

▼ 目さむ~ (5, 0.0%)

3 れば 1 るばかり, る度

▼ 目じるしで~ (5, 0.0%)

2 それらの 1 はありません, まるいしん, 僕には

▼ 目ずつ~ (5, 0.0%)

1 いく山, 交代に, 体量が, 収めて, 増える

▼ 目~ (5, 0.0%)

2 かちの殿様 1 かちの勇士, かちの政宗公, かつてごらん

▼ 目つかった~ (5, 0.0%)

1 あなたの, からにはどう, からには明かさなけれ, 時だ, 際には

▼ 目つかる~ (5, 0.0%)

1 かもしれねえ, つてもんだ, もので, 心配は, 物じゃ

▼ 目つけもの~ (5, 0.0%)

1 だが, だよ, ですもと, で其, なん

▼ 目つける~ (5, 0.0%)

2 のよ 1 に役立ちます, ネよろしい, 必要は

▼ 目とが~ (5, 0.0%)

1 うすくらがり, 一緒に, 何か, 悲しくからみあっ, 空中で

▼ 目ない~ (5, 0.0%)

1 ことも, とか評価, 利用或は, 男と, 興行者が

▼ 目などを~ (5, 0.0%)

1 付ける男, 付ける男ぢ, 注いで, 見て, 見ると

▼ 目なら~ (5, 0.0%)

1 ばすなわち, オレは, 三時間目の, 上等ザラメか, 楊子江へ

▼ 目については~ (5, 0.0%)

1 ごく大きく, その子目, なれません, 不都合である, 途中敵の

▼ 目までに~ (5, 0.0%)

1 みなければ, 帰らなん, 必ず十万, 操作の, 斬りこむかう考へて

▼ 目までの~ (5, 0.0%)

1 ことでした, この人, とこへ, 書きかけの, 稽古が

▼ 目みる~ (5, 0.0%)

1 とお, と彼, と御, と豊吉, なり身ぶるい

▼ 目~ (5, 0.0%)

1 か, 懸り止宿, 懸ケ, 懸リマセンガ, 見エナイ狂気カラ転落スル

▼ 目マイ~ (5, 0.0%)

2 がし, がした 1 でも起した

▼ 目三日目~ (5, 0.0%)

2 となつて 1 にはつく, にはつくづく, ようやく落つく

▼ 目付け出す~ (5, 0.0%)

2 ことが 1 かそのうち, か不思議, ことだろう

▼ 目八五郎~ (5, 0.0%)

1 はフラリ, は思ひ, は相, は路地, もたじろぎました

▼ 目出たくない~ (5, 0.0%)

1 か, ことが, とする, のって, 暗い思い出

▼ 目四日目~ (5, 0.0%)

1 にきっと, の晩, は六ツ, は定量以下, 時としては

▼ 目~ (5, 0.0%)

1 からじっと, からつらつら, からチラ, から水明り, をぴたり

▼ 目守る~ (5, 0.0%)

1 ことあり, をみ, 日の, 處すべて新なる, 雪嶺遊ぶ

▼ 目~ (5, 0.0%)

4 の王 1 が大きく

▼ 目~ (5, 0.0%)

2 きの 1 きに, の太刀, の所

▼ 目~ (5, 0.0%)

1 堅間, 筐に, 達磨の, 魚の, 鳥では

▼ 目~ (5, 0.0%)

1 だと, のやう, をつるりだ, を光らかし, を突潰

▼ 目~ (5, 0.0%)

1 せられぬ用心, のため, の事, の故, を獲た

▼ 目~ (5, 0.0%)

1 なこの, なの, なもの, な生命, な見せつけ場所

▼ 目~ (5, 0.0%)

1 が屹, に涙, に色, に酒, の紅梅

▼ 目移し~ (5, 0.0%)

2 のふと, を九輪 1 にはなごやかな普通

▼ 目立たしい~ (5, 0.0%)

1 ものを, 努力と, 問題と, 有力な, 程充分に

▼ 目細君~ (5, 0.0%)

1 がやっと, としたら, に, のほ, は昨日

▼ 目~ (5, 0.0%)

2 である事, の瓶 1 の罎

▼ 目見え~ (5, 0.0%)

2 をゆるされ 1 に行, に行つて, を致させける

▼ 目覚ます~ (5, 0.0%)

1 ことなかれ, ことなき, ものぞ, ものらしい, 術なき

▼ 目賀田又右衛門~ (5, 0.0%)

1 なる者, には余談, の怯懦, はいつのまにか, へ勝ち戦

▼ 目~ (5, 0.0%)

5 くばかり

▼ 目通り~ (5, 0.0%)

2 から先 1 に江島屋, の元, の高

▼ 目~ (5, 0.0%)

1 すれば, ぜお, ばせ, をし合っ, をする

▼ 目配し~ (5, 0.0%)

1 て, てゐ, て倉子, て椅子, て頭

▼ 目醒しく~ (5, 0.0%)

1 その白, て刻々, 勇壮活溌なる, 台頭し, 震動し

▼ 目~ (5, 0.0%)

1 か知れません, になっ, になる, にもならない, を除く

▼ 目~ (5, 0.0%)

3 はせ 1 はせである, ばせ

▼ 目あるいは~ (4, 0.0%)

1 七人目だった, 四日目ぐらいに, 真怪, 赤絵染付その他数多

▼ 目いっぱい~ (4, 0.0%)

1 にながめ, に涙, の二十九日, 食わせまた

▼ 目いよいよ~ (4, 0.0%)

1 お天気, はげしい接戦, 待ちに, 月に

▼ 目かには~ (4, 0.0%)

1 どうしても京姫, 名題下の, 引下げを, 金箱の

▼ 目からの~ (4, 0.0%)

1 有り難い文句, 評価経験し, 話で, 飢えであった

▼ 目がと~ (4, 0.0%)

1 ぢた, ぢられた, まつた, まつた時

▼ 目がよ~ (4, 0.0%)

3 かつた 1 あれで

▼ 目~ (4, 0.0%)

2 はせ 1 ぼせ, ぼに

▼ 目くらい~ (4, 0.0%)

1 では, なのに, 忽ち減る, 記憶力の

▼ 目ころ~ (4, 0.0%)

1 からだんだん, から上, から毎日, には神梛木川

▼ 目さめる~ (4, 0.0%)

2 ような 1 までに引きたて, 日は

▼ 目さん~ (4, 0.0%)

2 はどなた 1 だからなあ, などとは凡そ

▼ 目せらるる~ (4, 0.0%)

2 に至れり 1 クロポトキンの, 人民が

▼ 目そして~ (4, 0.0%)

2 良く人間 1 処理自分の, 時には私

▼ 目~ (4, 0.0%)

2 留りに 1 暈む, 見ゆる

▼ 目たか~ (4, 0.0%)

3 の目 1 の目つて世間

▼ 目たたき~ (4, 0.0%)

2 をし 1 もしない, をした

▼ 目だけに~ (4, 0.0%)

1 どこか, 微笑に, 浮かべて, 特に感じ

▼ 目だの~ (4, 0.0%)

1 信ちやんの, 口だの, 舌の, 鼓の

▼ 目って~ (4, 0.0%)

1 あるもん, ことを, のが, 何の

▼ 目でした~ (4, 0.0%)

1 かあの, つけ, よ, 決心が

▼ 目ないし~ (4, 0.0%)

1 一貫目ばかりの, 三日目あたりが, 八日目です, 六日目を

▼ 目などに~ (4, 0.0%)

2 映る陳腐 1 多少の, 色沢や

▼ 目などの~ (4, 0.0%)

1 めっきり水, ハナショウブ園は, 手法を, 浅井に対する

▼ 目なれ~ (4, 0.0%)

2 ている 1 どもこの, ば船客みな旧知

▼ 目なんか~ (4, 0.0%)

1 ごまかせるのよ, ちっともわからない, 決してまわりません, 皿の

▼ 目にだけ~ (4, 0.0%)

1 いろいろあわし, かかりましょうどんな, そう見えた, 見て

▼ 目になど~ (4, 0.0%)

1 入れぬよう, 全くとまらない, 掛ける品, 見えない所

▼ 目によって~ (4, 0.0%)

1 泣かれた, 物の, 見る故, 見彼

▼ 目のせゐ~ (4, 0.0%)

1 か東京, か義兄, でこんなに, で幻

▼ 目まじろぎ~ (4, 0.0%)

1 もしない, もしないですた, もせず, もせで

▼ 目まぜし~ (4, 0.0%)

1 てクスクス, て小さい, て帰っ, て燗場

▼ 目まだ~ (4, 0.0%)

2 死骸も 1 姿を, 帰って

▼ 目みたい~ (4, 0.0%)

1 なもの, な小賢し, に光っ, に顔中

▼ 目もは~ (4, 0.0%)

1 いつて, ええが, ゆき, ゆし暗

▼ 目よく~ (4, 0.0%)

1 ある男, みるべからず耳, 晴れた朝, 開くれば

▼ 目~ (4, 0.0%)

1 かも, に塗らせりしか, に塩塗り, に鹽

▼ 目ダレ~ (4, 0.0%)

1 っての, でしまらない, でとても, で昨日

▼ 目一杯~ (4, 0.0%)

1 にやっ, に海, に涙, に田畑

▼ 目~ (4, 0.0%)

1 があたい, けはいつ, けは千両, けは格天井

▼ 目三日月がた~ (4, 0.0%)

2 にキューッ 1 にくちびる, の口

▼ 目乱れ~ (4, 0.0%)

1 と来, におびやかされ, になっ, 星の

▼ 目~ (4, 0.0%)

2 で病院 1 で笑, をする

▼ 目交せ~ (4, 0.0%)

2 をし 1 をした, をする

▼ 目企む~ (4, 0.0%)

1 ところは, にいたった, はずも, やつは

▼ 目~ (4, 0.0%)

2 な良秀 1 な彼等, の瞳

▼ 目~ (4, 0.0%)

2 をする 1 が届い, の土

▼ 目~ (4, 0.0%)

2 との顏つき, の方

▼ 目~ (4, 0.0%)

4 の郎女

▼ 目学問~ (4, 0.0%)

1 しねえと, といはれ, の域, をさして

▼ 目~ (4, 0.0%)

1 てえ正月, に移し, を計る, を運び上げ

▼ 目思ひ~ (4, 0.0%)

3 もかけず 1 の外

▼ 目~ (4, 0.0%)

1 て突込, て討, の蝋燭, 討て掛るを

▼ 目有る~ (4, 0.0%)

2 徒皆日沒を, 徒皆日没を

▼ 目欄外~ (4, 0.0%)

4

▼ 目眩い~ (4, 0.0%)

2 ほどに光り輝いた 1 ほど人, ような

▼ 目~ (4, 0.0%)

1 した, しつ, するすき, をし

▼ 目~ (4, 0.0%)

1 がちと, でござるわい, とは何で, に力

▼ 目~ (4, 0.0%)

3 を忍ん 1 に掛っ

▼ 目~ (4, 0.0%)

1 しがたき, した, するに, るが

▼ 目親しく~ (4, 0.0%)

1 之を, 今見たり, 見ると, 見る前

▼ 目覺むる心地~ (4, 0.0%)

4

▼ 目~ (4, 0.0%)

2 の弥平 1 もとくに, も滞在

▼ 目貫き~ (4, 0.0%)

1 のところ, の各所, の四ツ角, 通りの

▼ 目賀野千吉~ (4, 0.0%)

1 と新, はその, は彼, は或

▼ 目醒す~ (4, 0.0%)

2 ために 1 だけの力, 心配は

▼ 目醒ましき~ (4, 0.0%)

2 働きを 1 奮鬪を, 甲板を

▼ 目醒めよう~ (4, 0.0%)

2 とする 1 とし, などとはてんで

▼ 目附きで~ (4, 0.0%)

1 この頃, 暫く女, 滿を, 私の

▼ 目附け~ (4, 0.0%)

1 てくれる, は結構, 役で, 役に

▼ 目~ (4, 0.0%)

1 やボテ鬘, を付け, を売る, 売りや

▼ 目鼻口~ (4, 0.0%)

1 がバラバラ, それから頭, と切りあけた, の位置

▼ 目あった~ (3, 0.0%)

1 という, といっ, のが

▼ 目かい~ (3, 0.0%)

1 の由来談, の見えない, の見えぬ

▼ 目かぐ~ (3, 0.0%)

1 鼻うるさし, 鼻とも, 鼻様子探りの

▼ 目かた~ (3, 0.0%)

1 だけはことに, は莫迦, も

▼ 目かつら~ (3, 0.0%)

1 の効果, の道化, をつけ

▼ 目かれ~ (3, 0.0%)

2 を見ん 1 てあす

▼ 目がち~ (3, 0.0%)

1 な面, になった, に默つて

▼ 目がねは~ (3, 0.0%)

2 しばしこれ 1 折れも

▼ 目がま~ (3, 0.0%)

2 はる 1 はるほど

▼ 目くぎ~ (3, 0.0%)

1 はもう, をまださして, を湿した

▼ 目くばせした~ (3, 0.0%)

1 かと見えました, が倉地, が赤井

▼ 目くばせします~ (3, 0.0%)

1 とひとり, と刑事, と私服

▼ 目くらいには~ (3, 0.0%)

1 ようやく油, 田舎に, 誰かが

▼ 目ぐし~ (3, 0.0%)

1 という, の, をつけた

▼ 目ぐすり~ (3, 0.0%)

1 がしみ, の看板, を

▼ 目ぐらいまで~ (3, 0.0%)

2 ナガシメを 1 打ちこまれるそう

▼ 目ざる~ (3, 0.0%)

1 でよく, に入れ, をつけ

▼ 目しいた~ (3, 0.0%)

1 愛の, 眼が, 者が

▼ 目すなわち~ (3, 0.0%)

1 今年の, 六一四万五二九二斤の, 十月十五日の

▼ 目する~ (3, 0.0%)

1 かと見ゆる, に忍びず, に皮肉家

▼ 目せし~ (3, 0.0%)

1 に何事, むるの, ものを

▼ 目だけでも~ (3, 0.0%)

1 お目もじに, つづいて, 慰め合いたい願い

▼ 目だろう~ (3, 0.0%)

1 いいわ, か, 私が

▼ 目つかったら~ (3, 0.0%)

1 とんだ面白い, 妾アいつでも, 目つかった

▼ 目つかりました~ (3, 0.0%)

1 から, ので昨日お移り, ようで

▼ 目つまり~ (3, 0.0%)

1 九月十三日の, 明朝は, 昨年の

▼ 目つむれ~ (3, 0.0%)

1 ば今日, ば忽ち, ば思ひかけず

▼ 目でございます~ (3, 0.0%)

1 がねえ幸い心, がよろしゅう, もの

▼ 目でさえ~ (3, 0.0%)

1 あるかも, ハラハラする, 無論簪

▼ 目でない~ (3, 0.0%)

1 という所, と舎下げ, と食べられない

▼ 目とかで~ (3, 0.0%)

1 日の目を, 生むと, 邂逅した

▼ 目とで~ (3, 0.0%)

1 こんな会話, こんな會話, 呼吸を

▼ 目ながら~ (3, 0.0%)

2 前途の 1 きらびやかに

▼ 目などには~ (3, 0.0%)

2 宮沢賢治の 1 一度も

▼ 目なれた~ (3, 0.0%)

1 浮浪者の, 物以外に, 鳥すらも

▼ 目なれぬ~ (3, 0.0%)

1 こまかなる, 船の, 花卉咲きみだれ

▼ 目において~ (3, 0.0%)

1 すでに急激, 一般に, 居る

▼ 目における~ (3, 0.0%)

1 涙の, 舟夫の, 障害の

▼ 目にかけまして~ (3, 0.0%)

1 力と, 申しわけありません, 相すみませんでしたどうぞ

▼ 目にかどを~ (3, 0.0%)

2 立てて 1 たてて

▼ 目にしか~ (3, 0.0%)

1 ならなかったが, 創られなかったのに, 觸れず

▼ 目にだけは~ (3, 0.0%)

1 はっきりうつっ, 入れて, 闇でも

▼ 目にのみ~ (3, 0.0%)

1 月代の, 見える二, 逢うの

▼ 目によ~ (3, 0.0%)

1 つて, つて一つの, つて見る

▼ 目に対して~ (3, 0.0%)

1 三つに, 支出し, 物質上の

▼ 目のみを~ (3, 0.0%)

1 もて見るもの, 動かして, 鋭く働かしめ

▼ 目はと~ (3, 0.0%)

1 ぢたま, ぢて, ぢる

▼ 目まじろがず~ (3, 0.0%)

1 一段と目玉, 佐沼の, 口を

▼ 目また~ (3, 0.0%)

1 全牛, 振り出しに, 黒色を

▼ 目までが~ (3, 0.0%)

1 ぽっかり開い, まんまるだ, 見えて

▼ 目~ (3, 0.0%)

1 がつかぬ, は大きい, をつぶっ

▼ 目もと口もと~ (3, 0.0%)

1 には散りかけた, に見入る, 滴るばかりの

▼ 目もり~ (3, 0.0%)

1 アヌンチヤタと, 盤の, 盤を

▼ 目やら~ (3, 0.0%)

1 わからない, 辛い思い, 鼬の

▼ 目~ (3, 0.0%)

2 こ町字を 1 肥料よ

▼ 目ろうそく~ (3, 0.0%)

1 が何本, が立て廻され, が赤く

▼ 目ろみの~ (3, 0.0%)

2 恐ろしさ 1 恐しさ

▼ 目ガネ~ (3, 0.0%)

1 にかない, にかのうたて, やはり大いにたすかる

▼ 目ザル~ (3, 0.0%)

1 に並べられ, に入れ, を取っ

▼ 目タカ~ (3, 0.0%)

2 の目 1 の目敵襲

▼ 目ッぱ~ (3, 0.0%)

3 の吉五郎

▼ 目ツカチ~ (3, 0.0%)

1 と云つて貰, のこと, のところ

▼ 目~ (3, 0.0%)

1 アル, アルト云ウガ最初ニ訪ウタノハイツノコトデアッタカ殆ド, 二度便所ヘ

▼ 目一年目年始~ (3, 0.0%)

3 の状

▼ 目三発目~ (3, 0.0%)

1 とぶっつづけ, と修整, の射撃

▼ 目~ (3, 0.0%)

1 のさしよう, をさされる, を差した

▼ 目二十七条~ (3, 0.0%)

2 を撰 1 を呈し

▼ 目五日目~ (3, 0.0%)

1 となる, に酒, はドイツ機

▼ 目~ (3, 0.0%)

2 の目 1 に勝れたる

▼ 目以下~ (3, 0.0%)

1 が五人掛り, が次, は上演

▼ 目~ (3, 0.0%)

1 の模様, をさした, を見る

▼ 目勝ち~ (3, 0.0%)

1 だつた私, にその, に平穏

▼ 目十日目~ (3, 0.0%)

2 に上 1 に變

▼ 目博士~ (3, 0.0%)

1 から授かった, と来, の論文

▼ 目~ (3, 0.0%)

1 く, く汝, の化物屋敷

▼ 目大きな~ (3, 0.0%)

1 口長い, 鼻耳まで, 鼻静かな

▼ 目~ (3, 0.0%)

1 ぞう, ぞう一本足の, 憎みたやう

▼ 目小僧さん~ (3, 0.0%)

1 に, の方, は

▼ 目小僧ども~ (3, 0.0%)

1 がまっすぐ, がパッ, はみんな

▼ 目~ (3, 0.0%)

1 との僅か, と膚, は

▼ 目年始~ (3, 0.0%)

3 の状

▼ 目引き袖引き~ (3, 0.0%)

1 して, する無知, 笑って

▼ 目~ (3, 0.0%)

1 て突き, て迯行, 惡漢共に

▼ 目明良助~ (3, 0.0%)

1 の名, は反対, も感嘆

▼ 目~ (3, 0.0%)

2 がし 1 がする

▼ 目~ (3, 0.0%)

1 と兩方, の文学, 民族を

▼ 目~ (3, 0.0%)

1 たてて, をお, を立てた

▼ 目次第~ (3, 0.0%)

2 で美しい 1 もし万一主

▼ 目~ (3, 0.0%)

2 の場 1 の粗末

▼ 目殺し~ (3, 0.0%)

1 ぐらいはできるだろう, てしまった, という第

▼ 目~ (3, 0.0%)

1 というところ, との中間, と赤名山

▼ 目深い~ (3, 0.0%)

1 男を, 頭巾で, 頭巾の

▼ 目~ (3, 0.0%)

1 を吹き, を吹きだし, を吹く

▼ 目~ (3, 0.0%)

2 のグロモフ 1 の死

▼ 目~ (3, 0.0%)

1 いたか, てから其昔, ひ耳聾

▼ 目眩し~ (3, 0.0%)

1 さとで, さを, さ何たる

▼ 目眺めた~ (3, 0.0%)

1 きりそれ以上眺める, だけで, ときに

▼ 目~ (3, 0.0%)

1 とある, を打, を打ち

▼ 目~ (3, 0.0%)

1 の中, の皺, や瞳

▼ 目~ (3, 0.0%)

1 が一挺, が二挺, を一挺宛

▼ 目~ (3, 0.0%)

2 の上 1 の三

▼ 目置かせ~ (3, 0.0%)

1 て勝つ, て勝碁, て総ナメ

▼ 目美しく~ (3, 0.0%)

1 して, 掃除が, 花の

▼ 目荒寥~ (3, 0.0%)

2 たる風物 1 として枯れた

▼ 目~ (3, 0.0%)

1 が仏, の母親, をし

▼ 目覆ひ~ (3, 0.0%)

1 の直ぐ下, を取り出し, を買

▼ 目見たい~ (3, 0.0%)

1 が, といふ考, 好奇心も

▼ 目賀野たち~ (3, 0.0%)

1 が出頭, と共に目下行方不明, の自動車

▼ 目賀野氏~ (3, 0.0%)

1 が留守, の行方, はもはや

▼ 目赤い~ (3, 0.0%)

1 くちびる, くちびるから, 炎を

▼ 目赤く~ (3, 0.0%)

1 して, もえて, 尾短く

▼ 目~ (3, 0.0%)

3 なり

▼ 目辺り~ (3, 0.0%)

1 に雪, よりの帰途, より木刀

▼ 目近い~ (3, 0.0%)

2 現代へ 1 奴が

▼ 目醒まされた~ (3, 0.0%)

1 ものそれが, 清浄な, 者たちの

▼ 目醒めさせ~ (3, 0.0%)

1 ている, んと, 彼女を

▼ 目醒めない~ (3, 0.0%)

1 ながらも熾烈, 不覚を, 様子を

▼ 目金橋~ (3, 0.0%)

1 が架かっ, へ降り, へ飛

▼ 目~ (3, 0.0%)

2 と鑿 1 で挽きはじめた

▼ 目開き~ (3, 0.0%)

1 がかえって, てあれ, ての後

▼ 目附方~ (3, 0.0%)

1 の下役, の息子, へ御礼かたがた

▼ 目~ (3, 0.0%)

1 が青く, の蒼, を入れ

▼ 目~ (3, 0.0%)

1 の上, をし, をする

▼ 目青海波~ (3, 0.0%)

3 をゑがき

▼ 目~ (3, 0.0%)

1 でけしかける, で思ひ込ん, で笑っ

▼ 目駭心~ (3, 0.0%)

1 させられて, に価する, の種

▼ 目あきだ~ (2, 0.0%)

1 なとにらみ, ね

▼ 目あきらか~ (2, 0.0%)

1 になり, に底

▼ 目あたらし~ (2, 0.0%)

1 さう, さ以外に

▼ 目あたらしい~ (2, 0.0%)

1 感じを, 話を

▼ 目あたらしく~ (2, 0.0%)

1 いかにも郊外, 翩翻と

▼ 目ありたれ~ (2, 0.0%)

2 ばなり

▼ 目あるなら~ (2, 0.0%)

1 ばそれ, 玉子の

▼ 目いかなる~ (2, 0.0%)

1 喜びを, 海の

▼ 目うつりし~ (2, 0.0%)

1 て決めかねる, て買

▼ 目うるさし早く~ (2, 0.0%)

2 出て

▼ 目おかせ~ (2, 0.0%)

1 てやりだした, て安永

▼ 目おかせる~ (2, 0.0%)

1 ことが, 人が

▼ 目おく~ (2, 0.0%)

1 ことに, 筈な

▼ 目お松~ (2, 0.0%)

2 のもがき苦しむ

▼ 目かくしした~ (2, 0.0%)

1 人々の, 奴が

▼ 目かけられ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ものかも

▼ 目かけ給いし~ (2, 0.0%)

2 ところ爾

▼ 目かげ~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 目かご~ (2, 0.0%)

1 背負うた津軽女, 背負うた津輕女

▼ 目かづら~ (2, 0.0%)

1 のよう, を被

▼ 目がねも~ (2, 0.0%)

1 付けひげも, 見と

▼ 目がねや~ (2, 0.0%)

1 度の, 顕微鏡によって

▼ 目がも~ (2, 0.0%)

1 うて, や

▼ 目きれ~ (2, 0.0%)

2 目に

▼ 目くばせで封じ~ (2, 0.0%)

1 ている, て居る

▼ 目くぼみ~ (2, 0.0%)

1 の背, 頬落ちたる

▼ 目くらいの~ (2, 0.0%)

1 ことでした, ところに

▼ 目ぐらいで~ (2, 0.0%)

1 兵営から, 突きとめた

▼ 目ぐらいでは~ (2, 0.0%)

2 なかった

▼ 目ぐらいは~ (2, 0.0%)

1 成人ぶりなど, 持って

▼ 目ぐらゐに~ (2, 0.0%)

1 忽ち総理大臣, 来つ

▼ 目けて~ (2, 0.0%)

1 報時猿と, 虎媒と

▼ 目さあ~ (2, 0.0%)

1 いらっしゃい, 野郎観念しろ

▼ 目さえも~ (2, 0.0%)

1 動かさなかった, 逃れて

▼ 目さとく~ (2, 0.0%)

1 それを, 彼女を

▼ 目さへ~ (2, 0.0%)

1 ッへ, ツ

▼ 目さませ~ (2, 0.0%)

1 ばからだ, ば九時半頃

▼ 目さむる心地~ (2, 0.0%)

1 す, す楽天

▼ 目さめし~ (2, 0.0%)

2 時は

▼ 目しいたる~ (2, 0.0%)

2

▼ 目しか~ (2, 0.0%)

1 ない銭, 私には

▼ 目しるし~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 つかり腐つて, なは

▼ 目せらるべき~ (2, 0.0%)

1 もので, ものでない

▼ 目せる~ (2, 0.0%)

1 に對, 精神が

▼ 目そのもの~ (2, 0.0%)

2 で絵

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 うとうその, かの目

▼ 目たる~ (2, 0.0%)

1 自己を, 馮玉祥の

▼ 目だけの~ (2, 0.0%)

1 事は, 分量の

▼ 目ちがい~ (2, 0.0%)

1 でなかったな, と申す

▼ 目ちょうど~ (2, 0.0%)

1 地蔵盆で, 緋鹿子の

▼ 目ぢょうちんを~ (2, 0.0%)

1 光らして, 光らしながら

▼ 目つかち~ (2, 0.0%)

1 でかます, でも鼻

▼ 目つからねえ~ (2, 0.0%)

1 ばつかりだ, やうな

▼ 目つき何處~ (2, 0.0%)

2 までもおどけ

▼ 目つき顔つき~ (2, 0.0%)

1 がまた, に何もの

▼ 目つけ役~ (2, 0.0%)

1 ならそれ, にした

▼ 目であれ~ (2, 0.0%)

1 ばいい, ば第

▼ 目でございましょう~ (2, 0.0%)

1 か, か五日目

▼ 目でしか~ (2, 0.0%)

1 ない, ながめて

▼ 目でしたら諦め~ (2, 0.0%)

1 やうも, ようも

▼ 目でなく~ (2, 0.0%)

1 ては着かぬ, なんと三つ目

▼ 目での~ (2, 0.0%)

1 妄想だった, 批評もうけなけれ

▼ 目といった~ (2, 0.0%)

1 顔も, 高さ

▼ 目とかの~ (2, 0.0%)

1 情夫を, 紀念出版だ

▼ 目とから~ (2, 0.0%)

1 又は肉體, 火花を

▼ 目とともに~ (2, 0.0%)

1 思い知ったとおり, 意も

▼ 目とな~ (2, 0.0%)

2 つては

▼ 目とにかく~ (2, 0.0%)

1 忠平に, 船は

▼ 目とめられ~ (2, 0.0%)

1 て, てご

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 ほりを, ほり白き

▼ 目どう~ (2, 0.0%)

1 かしたて, でも坊主

▼ 目どころ~ (2, 0.0%)

1 である, で相

▼ 目どころか~ (2, 0.0%)

1 両に, 両方の

▼ 目なかば~ (2, 0.0%)

2 開きたり

▼ 目なぐさみ~ (2, 0.0%)

1 にと馬洗い池, にもと

▼ 目なりとも~ (2, 0.0%)

1 彼女の, 本当の

▼ 目なりに~ (2, 0.0%)

1 おかれた煙草, 置けば

▼ 目なる~ (2, 0.0%)

1 氏の, 風格を

▼ 目にあたって~ (2, 0.0%)

1 あやしい鹿, しかは

▼ 目にかけての~ (2, 0.0%)

1 ことに, 部分に

▼ 目についても~ (2, 0.0%)

1 苦しんで, 馴れては

▼ 目にては~ (2, 0.0%)

1 それと, 偽と

▼ 目になが~ (2, 0.0%)

2 むれば

▼ 目になんか~ (2, 0.0%)

1 あわせないよう, あわないけど

▼ 目になんぞ~ (2, 0.0%)

1 逢ったり, 遭わねえでお金

▼ 目にはと~ (2, 0.0%)

2 あり

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 しが教, しに引止められ

▼ 目ぬり~ (2, 0.0%)

1 が届かない, までし

▼ 目のね~ (2, 0.0%)

1 え駒, ざめにもああ

▼ 目はじまりといひ~ (2, 0.0%)

2 て幕開

▼ 目はなんて~ (2, 0.0%)

1 今朝は, 大きいの

▼ 目ひらべったい~ (2, 0.0%)

1 鼻大きな, 鼻歯が

▼ 目ふた~ (2, 0.0%)

2 ぎて傷め

▼ 目ふと~ (2, 0.0%)

1 或る, 見せられた船乗り

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 かにかぶり, かに被衣うち

▼ 目ぶしい~ (2, 0.0%)

1 やうな, 様に

▼ 目ぶり~ (2, 0.0%)

1 で思いがけない, に

▼ 目~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 目ほど~ (2, 0.0%)

1 増して, 日が

▼ 目ほどで~ (2, 0.0%)

1 死んで, 足を

▼ 目ほどには~ (2, 0.0%)

1 ゆかないもの, 楽でも

▼ 目ぼく~ (2, 0.0%)

1 がまた, は恥

▼ 目まじろき~ (2, 0.0%)

1 もしない, もせで

▼ 目までも~ (2, 0.0%)

1 むずかしい, 虚空に

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 て身, 皮目には

▼ 目みえした~ (2, 0.0%)

1 ことが, ことも

▼ 目みた~ (2, 0.0%)

1 つる人も, とき今まで

▼ 目みれ~ (2, 0.0%)

1 ば園長, ば梨入り

▼ 目もさ~ (2, 0.0%)

1 むるばかり鮮か, むるやうな此筆觸の

▼ 目もしくは~ (2, 0.0%)

1 それ以下に, 七十年前とも

▼ 目をや~ (2, 0.0%)

1 つてから, はらげ

▼ 目ガラッ~ (2, 0.0%)

1 八の, 八は

▼ 目ガラツ八~ (2, 0.0%)

2 の八五郎

▼ 目クジラ~ (2, 0.0%)

1 だて, 立てて

▼ 目ニハ~ (2, 0.0%)

1 自カラ五観, 重瞳相浮ミ

▼ 目ヤニ~ (2, 0.0%)

1 がたま, まで炭

▼ 目一斤~ (2, 0.0%)

1 だの, だの百二十目一斤

▼ 目一番後~ (2, 0.0%)

2 の手紙

▼ 目一箇~ (2, 0.0%)

2 の命

▼ 目三本目~ (2, 0.0%)

2 にうまく

▼ 目三段目~ (2, 0.0%)

1 ぐらいに立派, ぐらいまでナガシメ

▼ 目九つ~ (2, 0.0%)

2 の増上寺

▼ 目事件~ (2, 0.0%)

1 が学校内, を口

▼ 目二人~ (2, 0.0%)

1 の用心捧, の用心棒

▼ 目五分筒~ (2, 0.0%)

1 が煎, の射撃

▼ 目五段目~ (2, 0.0%)

1 と十二段, と順序通り十二段

▼ 目代り~ (2, 0.0%)

1 になっ, を仰せつかっ

▼ 目以後~ (2, 0.0%)

1 に在るなり, は毎日一座

▼ 目会わせ~ (2, 0.0%)

1 ておく, てほしい

▼ 目使い~ (2, 0.0%)

1 にも無頓着, の意味

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 の幸太郎, の心

▼ 目八分~ (2, 0.0%)

1 に捧げ, の高

▼ 目六段目~ (2, 0.0%)

1 がよく, と演

▼ 目出たくなっ~ (2, 0.0%)

1 てしまった, て夜

▼ 目出つ~ (2, 0.0%)

1 二人の, 人の

▼ 目出とう~ (2, 0.0%)

1 というの, という気

▼ 目初めて~ (2, 0.0%)

1 の大患, 色直しの

▼ 目勝った~ (2, 0.0%)

1 というその, 十目勝った

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 にいたれ, 狂亂の

▼ 目~ (2, 0.0%)

2 物性現実的な

▼ 目又は~ (2, 0.0%)

1 三つ目の, 三年目ごとには

▼ 目口耳~ (2, 0.0%)

2 の窓

▼ 目叩き~ (2, 0.0%)

1 の間, をした

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 ひ, をせさせ

▼ 目合う~ (2, 0.0%)

1 し, ように

▼ 目合図~ (2, 0.0%)

1 を投げ交わし, を配った

▼ 目~ (2, 0.0%)

2 柳原の

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 が黒髮, を見し

▼ 目四人目~ (2, 0.0%)

1 の下手人, の人間

▼ 目四行目~ (2, 0.0%)

2 はもと

▼ 目堰笠~ (2, 0.0%)

1 につつみ, の裡

▼ 目堰網~ (2, 0.0%)

1 で引っ, といっ

▼ 目大きく~ (2, 0.0%)

1 二つ春の, 頭の

▼ 目孤独~ (2, 0.0%)

2 な魂

▼ 目守っ~ (2, 0.0%)

1 ている, ているらしい

▼ 目安方~ (2, 0.0%)

1 に建部郷右衞門伴佐十郎兩人, へ差出す

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 として汗馬, に注意

▼ 目宛て~ (2, 0.0%)

1 にし, に林

▼ 目寄り~ (2, 0.0%)

1 に繋い, の斜向い

▼ 目寛永三年九月六日主上二条~ (2, 0.0%)

2 の御

▼ 目小僧様~ (2, 0.0%)

1 すなわち眼一つ, と様付け

▼ 目少し~ (2, 0.0%)

1 眼の, 釣りて

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 にし, 取なんど

▼ 目屋尺~ (2, 0.0%)

1 取なん, 取千束

▼ 目屋雲霧尺~ (2, 0.0%)

1 取などは, 取先生金右衛門

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 より約半, を鴨山

▼ 目山谷~ (2, 0.0%)

2 の春徳寺

▼ 目岡崎屋~ (2, 0.0%)

1 の親類会議, の親類會議

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 の山路, へかかった

▼ 目左右~ (2, 0.0%)

2 に突き出る

▼ 目平常~ (2, 0.0%)

2 は店

▼ 目~ (2, 0.0%)

2 にゆく

▼ 目形さん~ (2, 0.0%)

2 には別

▼ 目形君~ (2, 0.0%)

1 は教会, は教會

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 覽じる, 覽下さいます

▼ 目~ (2, 0.0%)

2 比賣

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 と心, 易うし

▼ 目恐ろしい~ (2, 0.0%)

1 口から, 歯並を

▼ 目恰度私~ (2, 0.0%)

2 と向

▼ 目惚れ~ (2, 0.0%)

1 とはこんな, と來

▼ 目惚れした~ (2, 0.0%)

1 のも, 沢モリノも

▼ 目懸ける~ (2, 0.0%)

2 のであつ

▼ 目戍つて~ (2, 0.0%)

1 ゐる, 居るらしい母親

▼ 目或は~ (2, 0.0%)

1 人の, 何年目には

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 づから, を握締めたい

▼ 目手口~ (2, 0.0%)

2 はそれぞれ

▼ 目抜通り~ (2, 0.0%)

1 は焼けおち, を歩い

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 きのみ, に麗人糸子

▼ 目掘り~ (2, 0.0%)

1 という, を試みる

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 この日記, ダレに

▼ 目最後~ (2, 0.0%)

1 の一人, の決行

▼ 目有名~ (2, 0.0%)

2 な茶人繁野友白

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 には涙, の無い

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 に焼印, へ私

▼ 目~ (2, 0.0%)

2 かをす

▼ 目橋場~ (2, 0.0%)

2 の渡し

▼ 目欲しい~ (2, 0.0%)

1 城の, 物を

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 が続く, を見れ

▼ 目正しい~ (2, 0.0%)

1 衣服を, 裃の

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 の短篇亡母, を訪

▼ 目永井~ (2, 0.0%)

2 平馬

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 に告ぐる如し, を罪

▼ 目江戸~ (2, 0.0%)

2 の初夏

▼ 目油断~ (2, 0.0%)

1 なく必死, 無く必死

▼ 目泥棒~ (2, 0.0%)

2 を見

▼ 目清く~ (2, 0.0%)

1 して, たのしげ

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 に来, の姫神

▼ 目無し~ (2, 0.0%)

2 かたま

▼ 目物持~ (2, 0.0%)

1 の隠居, の隱居

▼ 目珠ぐるみ~ (2, 0.0%)

2 片頬

▼ 目現在~ (2, 0.0%)

1 の場所, の相場

▼ 目生徒~ (2, 0.0%)

2 の希望

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 から消え, は不自由

▼ 目留められ~ (2, 0.0%)

1 てごらん, て御

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 やな, や目痛

▼ 目~ (2, 0.0%)

2 の熊吉

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 というもの, とはどういう

▼ 目目当~ (2, 0.0%)

2 のない

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 と酒, の前

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 り釣上, 逆立つて

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 を昴げ, ヲ裂ク

▼ 目眩み~ (2, 0.0%)

1 あゝされど, さう

▼ 目~ (2, 0.0%)

2 に入る

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 へり, を仰向け

▼ 目笑止~ (2, 0.0%)

2 にへの字

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 二日目いずれも, 二行目

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 に及ぼす, のもの

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 である, の意

▼ 目約束~ (2, 0.0%)

2 をした

▼ 目編笠茶屋~ (2, 0.0%)

2 を過ぎ

▼ 目羅氏~ (2, 0.0%)

1 の診察, は古い

▼ 目羅聊齋~ (2, 0.0%)

1 と記し, の経歴

▼ 目翳げ~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 目翳し~ (2, 0.0%)

2 おはす

▼ 目耀~ (2, 0.0%)

1 ひ初, ふ天

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 が落ちた, も落ち

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 金へでも, 金を

▼ 目自体~ (2, 0.0%)

2 を俗

▼ 目自分~ (2, 0.0%)

1 が六十六歳, の耳

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 がし, のする

▼ 目舞ひがし~ (2, 0.0%)

1 てやつ, て引きつける

▼ 目若し~ (2, 0.0%)

1 此一件を, 生命あら

▼ 目葬式~ (2, 0.0%)

1 は盛ん, を済ませ

▼ 目蓋一つ~ (2, 0.0%)

1 動かさず嘲笑, 動かさず嘲笑うよう

▼ 目蝋燭一本~ (2, 0.0%)

1 のゆらぎ, を立てた

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 から逃げだした, を熱く

▼ 目見えぬ~ (2, 0.0%)

1 ものは, 山路

▼ 目見し~ (2, 0.0%)

1 たちまち喚き, 児に

▼ 目見せ~ (2, 0.0%)

1 てほん気の毒, て貰

▼ 目見れ~ (2, 0.0%)

1 ばお, ば其の

▼ 目覚る~ (2, 0.0%)

1 ばかり色好き衣, 軒端に

▼ 目覚れ~ (2, 0.0%)

1 ば早, ば昨

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 の中, の二百九ページ

▼ 目買った~ (2, 0.0%)

1 し雉子羽根, とかどこ

▼ 目賀田氏~ (2, 0.0%)

1 の人物, は私

▼ 目賀田貞之進~ (2, 0.0%)

1 が愚直, という男

▼ 目賀野先生~ (2, 0.0%)

1 の紹介状, へよろしく

▼ 目賀野閣下~ (2, 0.0%)

1 から紹介, に御

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 した事, した範囲

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 と北枕, の不動

▼ 目赤目流行目~ (2, 0.0%)

2 が多い

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 の可愛, もこの

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 した, へ且つ

▼ 目近き~ (2, 0.0%)

1 雷神の, 霧の

▼ 目送り~ (2, 0.0%)

1 て文三, ながら文三

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 と舎利弗, や舎利弗

▼ 目連尊者~ (2, 0.0%)

1 がそれ, といっしょ

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 の品, ひを

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 がことに, が殊に

▼ 目遣ひ~ (2, 0.0%)

1 に気つき, の

▼ 目醒され~ (2, 0.0%)

1 てしまふ, ヒントを

▼ 目醒まさせ~ (2, 0.0%)

1 てやる, 今日では

▼ 目醒まされ~ (2, 0.0%)

1 たりと揉まれる, 文学らしい

▼ 目醒むる~ (2, 0.0%)

1 ならば, ばかりの景色

▼ 目醒めさせた~ (2, 0.0%)

1 ものが, ものであろう

▼ 目醒めさせる~ (2, 0.0%)

1 ことに, やうな

▼ 目醒めし~ (2, 0.0%)

2 時は

▼ 目醒めです~ (2, 0.0%)

2

▼ 目醒めなかつた~ (2, 0.0%)

2 私の

▼ 目金越し~ (2, 0.0%)

1 では隔て, に戸

▼ 目~ (2, 0.0%)

2 の目

▼ 目鋭い~ (2, 0.0%)

1 叔父は, 圧倒的に

▼ 目鏡さんたち~ (2, 0.0%)

1 がかわい, はおばあさん

▼ 目長い~ (2, 0.0%)

1 牙の, 眉く

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 苦しく回転, 苦しく往

▼ 目関垣~ (2, 0.0%)

1 というもの, を拵えた

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 に嘴, のうえの

▼ 目食わせ~ (2, 0.0%)

2 をした

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 てし, るれば

▼ 目馴れない~ (2, 0.0%)

1 強い色彩, 景色を

▼ 目馴れぬ~ (2, 0.0%)

1 傘の, 姿なり

▼ 目高い~ (2, 0.0%)

1 鼻にこやかな, 鼻引きしまった

▼ 目高野幸代~ (2, 0.0%)

2 はもはや

▼ 目~ (2, 0.0%)

1 しかったので, ましかった

▼1* [1539件]

つて何程といふ, 目ああまがいも, 目あいていや, 目あかし岡っ引きのやから, 目あかし岡ッ引においたてられ, 目あかし町の夜なかすぎ, 目あきでないともそんな, 目あきとひとしく職, 目あきのあんたが用, 目あきの幸若舞などの影響, 目あきの者だけに目, 目あきの芸にもなつて, 目あきの質問も出た, 目あくたまゆらは, 目あけたまま, 目あっしは下男, 目あと七日もある, 目あのいろあの, 目あまねく見, 目あまり遅過ぎるで, 目あらゆる曙が, 目あれをじっと, 目あんな青二才に, 目いい光が, 目いかがなもの, 目いかでか忍び, 目いきいきと鼻下, 目いきなりバッサリやられるに, 目いずれも先番, 目いそがはし丘, 目いちじるく, 目いつまでも目, 目いつもほどで, 目いろいろなの, 目いろは最早や, 目い来たのか, 目うすれて西, 目うてる碁か, 目うなぎを手, 目うなぎ屋の横町, 目うるさく早く出て, 目うれしくほうと, 目えさましたら食わして, 目えしてこな, 目えみてここ, 目おおえども耳, 目おそろしい目に, 目おつけ又長崎, 目おぼえの杉, 目おぼつかなく存じますので, 目およはずいよ, 目お茶の時間, 目お蔦部屋はお蔦, 目かおにはからみつく, 目かかる鳥なら, 目かが向柳原, 目かくしされてるから, 目かくししていた, 目かくししたせに, 目かけくだされはいたす, 目かけくだされましてご, 目かけ下さるお方が, 目かけ下さるならば愛, 目かげさし振放見れば, 目かしら同じもの, 目かというより, 目かとも覚しき処, 目かどにとげが, 目かどは見えない, 目かなしい目に, 目かの子が直ぐ, 目からでもいろいろな, 目からばかりでなく此世, 目かれせねばしばし, 目かを撫で廻すと, 目ががつくりと, 目がねえというからな, 目がねえとも限らねえ, 目がねとでその, 目がねによって亀岡家へ, 目がねをはづしながらあともどりする時女が, 目がねをもってそとに, 目がらかや此間, 目がをはつて, 目ききしたとおりいま江戸で, 目ききやまがら使いの, 目きき足きき選りすぐって, 目きつと結んだ, 目きはめてさ, 目きれいにいろどった, 目ぎわには数十人の門弟, 目くいしばった長い歯, 目くじり聴き耳立て, 目くちやれお父さん, 目くばせいたしましたが気まずい, 目くばせしつピタリ座, 目くばせですか, 目くばせ遊ばしますのです, 目くばりで部屋の, 目くもって勝手, 目くらいまでである, 目くらましだよ, 目くらましだったのです, 目くら千人目あき千人, 目くら運という, 目くら鬼では遊び, 目くるくるした丸い, 目ぐせバ, 目ぐらいがほんとの, 目ぐらいずつに会って, 目ぐらいずつにどえらい大きな, 目ぐらいと昨夜自分で, 目ぐらいという一般の, 目ぐらいまでは兄弟子連の, 目ぐらいを数える頃, 目ぐらい迄で四, 目ぐらゐから爪は次第に, 目ぐらゐから空腹に堪へられなくなり, 目ぐらゐで打てるやう, 目ぐらゐで兵営から放免, 目ぐらゐで菱山もやめた, 目ぐらゐになつてやうやく彼の喋つて, 目ぐらゐに奇妙なこと, 目ぐらゐに用器画の時間, 目ぐらゐに絶息したらしい, 目ぐらゐのところを翔んでは, 目ぐらゐの御飯しか御, 目ぐらゐより嶂壁突つ立ちて, 目ぐらゐを通から少し, 目ぐるわしく迸った, 目ぐわせして虎蔵の縄, 目けはしき秋鏡, 目こすりて起き, 目こすりなますを, 目こする間に, 目こそは不倶タイテン, 目こそはと振り上げたとき, 目ことに美, 目ことに眉と, 目このごろ郵便局でかかっ, 目こぼしされたりし, 目こぼししてやる, 目こぼしだよ, 目こぼし給わりますれば島津修理, 目こぼし願えますればしあわせ, 目こぼれの悪, 目こぼれ鼻こぼれして, 目こまかく煮えて, 目こまやかで音声, 目これからさきも, 目これ以上愚図愚図して, 目ころころと肥え, 目こんど東京へ引つ越す, 目こんなに大きくない, 目ごろ海の上, 目さかだったまゆげ, 目さすがの平次, 目させて貰, 目させるぞ, 目さとい人に, 目さぬまでも社会的, 目さはりであるが, 目さますも, 目さむるばかりに咲き繚れて, 目さむるばかり鮮かな馬上, 目さむる様の心地, 目さめかけた小供, 目さめぬるより, 目さめれば源, 目さりょうが武門の意気地, 目され居るもの特に, 目ざのおうたをうたってもいい時間ね, 目ざはりでそのせつかく清められた空気, 目ざはりな節一つないと, 目ざはりになつてゐるせゐではなからうかとお傍の私たち, 目ざはりはないので朝の日光, 目ざまさない為, 目ざむるに至らんある, 目ざむるばかしの上下をつけ, 目ざむるばかりに見ゆるスエズ港, 目ざむるばかりにさきほこっているのが見える, 目ざむるばかりの高貴の服装, 目ざむるばかり鮮やかである, 目ざむるやそれよりは夜, 目ざむるような小姓がひとり, 目ざむるようににわかに窮迫から富裕, 目ざむる曙ごとに光彩陸離, 目ざむれば果敢なきが, 目ざめたるまゝの夢を見る, 目ざめてたほたほと振らす瓢, 目ざめてらいう年頃じゃで, 目ざめになつてこれからもう一度仲, 目ざめはいつもぼおっとした熱のよう, 目ざめまぎわの清澄な心, 目ざめるたびごとにあらためて羅針盤の方角, 目ざゝれたものはどうしても一度, 目ざゝれるものは白鳥である, 目しいてつまずく人, 目しきりにかぶりを, 目したであろう程な, 目しづは身体, 目しばしこれを, 目しらずも, 目しりはえ, 目じしの落ちない, 目じゃけ民政党でも, 目じらせをし, 目じらせして梯子下, 目じらせするとお, 目じるしでござるよ, 目じるしにたづねあてた風の, 目じるしにならないやうに, 目じるしにみちびかれてここ, 目じるしに寄れば遁, 目すかす事に, 目すぎるではない, 目すっかり腐って, 目すでに北千島圏内に, 目すべてぴたりと, 目すべて希望と信頼, 目すら見えて, 目すらもくらまし知性的, 目すらを欲り, 目ずしをつくる, 目ずつに労働省へ, 目そこが阿久, 目その他の物, 目その他沢山である, 目その間飲まず食わず, 目それぞれ手前の都合, 目そろはぬ, 目たい思ひを, 目たき思ひであらう, 目たちはことごとく, 目たった一と, 目たつた一と, 目たて大会のよう, 目たとえ腰ッ骨が, 目たりし三文, 目だけしか出さないけれども, 目だけじゃない, 目だこ耳だこの当たる, 目ださうだそして一人, 目だるっこく, 目だるいかもしれませぬ, 目だれとマチネー, 目だ考えてみろ, 目ちかいダンゴ石が, 目ちやうどそれ, 目やあ色, 目ぢょうちん光らして, 目ぢょうちんで見失わねえよう, 目ぢょうちんであそこのくい, 目ぢょうちんは伊豆守様がわざわざ, 目っかったのは, 目っくされの様, 目っけながら二人の, 目ついた羽目の, 目つかつてよかつた, 目つかつたらわしが, 目つかつたら忘れずに呼ん, 目つからぬかな, 目つかりそうだ, 目つかりませなんだ, 目つかりませんので, 目つかるかすると抑え, 目つかれば安土, 目つきおいらんの膝, 目つきこれは二つ, 目つきそれは透徹, 目つきぢやなく, 目つきで電燈を, 目つきやしまった頬を, 目つきわれも二十, 目つき以外に何物, 目つき何処までもおどけ, 目つき凡ならずただ者, 目つき口つきは知らぬ, 目つき口つき鮹入道にそのまま, 目つき口もとが東宮, 目つき妹の私, 目つき愛嬌がある, 目つき物ごしを見る, 目つき等を細かく, 目つき身をかがむる, 目つき身ぶりで女王, 目つき額つきの美し, 目つき顔つき肩のあり, 目つき風つきの険しく, 目つき鼻つきが大分親, 目つぎ目に感情, 目つけたいものでござる, 目つけなければならない, 目つけますとフッツリ, 目つけられては一大事, 目つけられたら大事に, 目つけられると面倒, 目つけるなら大物に, 目つけ出し捕えようと, 目つけ出したのだ, 目つけ出し隠語を探り, 目つけ出すような, 目つけ出す気づかいもありますまい, 目つけ式なもの, 目つけ討ち取って復讐, 目つてどうした, 目つて世間の口, 目つぶって歩い, 目つぶらにし, 目つぶるわが妻, 目つむりて春日, 目つむり叱られしことの, 目つむるは深, 目つめたかおを, 目つらを抓む, 目づかいでだってもし, 目づかひをし, 目づもり約半里, 目づもりして大盗らしい愍笑, 目づもりでざっと十二, 目づもりでも知れましょうが, 目づもりは二尺二三寸片手斬りに, 目づもり三尺ばかりな, 目てえのは, 目であるかういふ良い, 目であるらしい気が, 目でか一層不, 目でかう見つめられて, 目でしたろうかまた, 目でしょうか, 目でたいお前も, 目でとは言わないのよ, 目でなければならない, 目でなんか見やしないよ, 目でやッと, 目で御座いました四十を, 目とうとうその日, 目とかいう立派な, 目とかいふ伊勢屋の, 目とかくまでに相, 目ときどき雲が, 目としての生活条件だけでも, 目とちがつて, 目とっくり顔を見たい, 目とてもよく入ってる, 目とに分つて, 目とのみ見られて, 目とばかりにそろそろ心臓, 目とまれば鐵道, 目とみなさればなりません, 目とめておく, 目とめずにいられなかった, 目ともく目の, 目とんがった口を, 目どおり直径一尺以上のもの, 目どすな, 目どちらかといえ, 目なかひの, 目ながらに見守る愛子, 目ながらもこれに, 目なざしもて打ち仰ぎそのめ, 目なぞまるで君子, 目なぞと記して, 目などがありました, 目などという異常な, 目なども大きく見開い, 目なほひく, 目なほ定かならざりしかど, 目なれず綴りにくき煩瑣, 目なれるという事, 目なれ聞きなれたれば怪し, 目なんぞの柄じゃ, 目なんぞは水晶を, 目なんだか妖怪博士とでも, 目な話し振りは, 目にあたり候得バ御, 目にあたりますのじゃ, 目においてかの政論史上記臆すべき, 目においては腸を, 目にかけさえすれば, 目にかけなどしたは, 目にぎりしめる柄頭一抹の, 目にげほうと, 目にすら余りにも, 目にたいする欺瞞である, 目にだけはとまつたの, 目にばっかり会って, 目にへえらねえの, 目にもけえて, 目によるコロムビア音楽史, 目にわそれぞれ熊だの, 目に対しては取巻き連も, 目に対してもあまり好ききらい, 目に対する審美眼が, 目に当たる毎に, 目に関する参考書を, 目のくぼが青, 目のけばをか, 目のせゐだと思, 目のに火を, 目のみがそれらを, 目のみを以て満足する, 目のをもって俥で, 目はいようにかがやく, 目はうつつ飛ぶ, 目はからだが, 目はきはめてやさしく, 目はぎょろっとしていて白目の, 目はじつと電燈, 目はじぶんを非難, 目はじめて弁当を, 目はながつきかけ, 目はなみだにぬれない, 目はね若い者, 目はのし棒, 目はもうとつく, 目ばかりしか不足し, 目ばかりじゃあねえ耳も, 目ばかりでみるもの, 目ばかりは出なかった, 目ひき袖ひきかまびすしく, 目ひき袖ひきした, 目ひき袖ひき軽蔑の笑, 目ひっくりかへ, 目ひとつ違って, 目ひょいと立って, 目ひらかしむるためには啓示への, 目ひらけば又, 目ふさぎてやあらんあるいは幸助, 目ふさげば, 目ふさふさした髪の毛, 目ぶんりやう, 目へかよはせる芸, 目への努力が, 目へは決して行っ, 目ぺこです, 目ほどに窓の, 目ほどより上の, 目ほんまに腰, 目しき敵を, 目ぼしいような物, 目まえにありあり, 目まじろかずと言った, 目まじろがざる底の, 目まじろがないその任侠, 目まぜするとわたくし, 目または一合目辺で, 目またまたかれら, 目まっ赤な, 目まっかなくちびる, 目までなよたけ物語の, 目までを引受けること, 目まばゆき程なり, 目まばゆくぱつと, 目まるく口とがり, 目まわりはしない, 目みえだけにし, 目みえだね, 目みえですが同僚, 目みせたまはば, 目みだれに美しく, 目みな眩む, 目みんな順ぐりに糸, 目むくんだ顔色に, 目めしと焼売, 目もうお峰, 目もさえざえと, 目もし鎭守府司令長官も, 目もって見るべからず, 目もて振向きたる, 目ものうすす払いを, 目もはや貸切では, 目もり上るほど入っ, 目もり居たりし, 目もれり, 目やすから対手を, 目やっぱり客は, 目やとかありがた, 目やの徒歩楽隊と, 目やや狂恋の, 目ゆかせざらむや, 目ゆゑ雨に拘はらず, 目ようやく落つくと, 目ようやく少し経営にも, 目よき婦人二三人と, 目よしだ, 目よみつつ, 目よわきに, 目らしいなア, 目らしくその証拠, 目れんげめおかみさん, 目ろむ女が何事, 目わけのわからぬ, 目わたしは執筆, 目をさえぎるなにものもなくて見晴らしが, 目をすら疑つた, 目をぞあぐる, 目をもって自負し, 目をわちきは, 目を以てのみ看ては, 目を通しては呉れなかったの, 目を通じて思ひ出すまま, 目めを, 目アントニオを見, 目オーセの, 目カッ詰ったよう, 目カドを皺め, 目カラ脛ト足ノ先, 目カラ鼻ヘ抜ケルヨウデ, 目カーテンばかり, 目ガアツテ居ナケレバナラナイ筈ノ場所ニハ森林, 目ガアルタメニ自然ソウナッタノデアルガソレガ一層, 目ガクラクラットシテソレニ小サイ弟ヤ妹ナノ, 目ガケテ向ケ置キシ等今日ニシテ考フルナレバ, 目ガッとひらいた, 目ガネちがいではありますまい, 目キューッと三日月形, 目ギラギラ気違いの, 目クサレ金ですよ, 目ケネスハーランを発見, 目ゲストとして伴淳三郎, 目ザス者ニ逢フ時ハ何気ナクコレニ近寄リ, 目ザマシイ芸当力芸離レワザ妙技早ワザ, 目ザメテ肩凝ル, 目セシムレバ豈愧スベキノ甚シキニアラスヤ, 目ソノ長イ体ハ波ノウエヲクネクネト四百メートルモ彎曲シアレヨアレヨトオドロクウチ口ヨリ火ヲフキ, 目ダンテに注ぎ, 目ッ吉ここに頭髪, 目ッ吉象の肩, 目ッ張子で見, 目ツカチづれの約束, 目ツカチ目ツカチと云つて貰, 目デップリと太った, 目ニカカラヌト云ウタラナゼダト云ウカラ葉山ノ成立チヲアラマシ云ッテ帰ッタガ, 目ニカカリマセヌガコレハアナタニバカリデナクドナタニモ同ジコトデ, 目ニカヽリマセンデシタガ相変ラズオ元気デイラッシャイマスナ, 目ニツキヤスイカラ京都カラ遠クナイ所, 目ニ床ヲハナレタソレカラ今ニナントモナイカラ, 目ニ望ミ候得ども, 目ニ締メテ垂レヲ普通ヨリ長イ目ニ垂ラシテイル, 目ニ血涙ヲ流, 目ニ視テ色ヲ知リ, 目ハシの利く, 目ハツと息, 目ハ冬眠デアル, 目ピンとはねた, 目ブリキの看板, 目ボシをつけた, 目ボルドーに着い, 目マチネーといふの, 目マニラやバターン, 目マルつて呼んで, 目マル目マルと奴等, 目マル目マルつて呼んで, 目モスクワにウダールニク, 目モミヂの対局, 目ラクにし, 目ロウソクが見事, 目ワッと取りすがりました, 目一〇銭あまりのたばこ, 目一つ小僧もしくは一つ目小僧, 目一つ小僧区域からこの, 目一つ目さはにあり, 目一七九三年の夏, 目一人は幼少, 目一円だの一円二十銭, 目一四三二年に明, 目一尺七寸余六百三十匁十年目で一尺九寸余八百五十匁, 目一局に凝る, 目一幕をとうとう, 目一手みなもってその, 目一本の歯, 目一番した, 目一致して, 目一般は天皇軍対尊氏, 目一貫目の筒, 目一重の勝手もと, 目一銭五厘の相場, 目一鏨も残り, 目丁度坪内逍遙の, 目七人目と取, 目七年めの七月七日, 目七月目の腹籠, 目三つ目の, 目三つ目大入道見越入道等は狸, 目三五郎という御家人, 目三井寺焦るる胸, 目三人扶持小通詞並, 目三册目と多少, 目三十七人目に罰せられる, 目三十五年夏六月皇后磐之媛命, 目三十五銭は高く, 目三十人目三十七人目に罰せられる, 目三十分早目というよう, 目三十日に出発, 目三回目はギッシリ大入り, 目三婦の家, 目三島手等も此の内, 目三幕目四幕目さうし, 目三月の宵, 目三港貿易の開始, 目三目より本因坊膏汗, 目三行目はもと, 目三角の穴, 目三軒目とはっきり, 目の人, 目上くちびるがめくれあがった, 目上り目下り目団栗目いろいろなの, 目半面が, 目下り目団栗目いろいろなの, 目下問合はせ, 目下女のお, 目酔草, 目不為死不為而永世爾有家留物乎世間之愚人, 目不知去れ共, 目不足した, 目丑の日という日, 目世の中がすっかり, 目と負, 目主水正の独悟剣, 目主登於比母知弖都加倍之官, 目主義を採用, 目炎耀種, 目九段目の五幕, 目乞底鉢他悉體多, 目二つの耳, 目二・二六事件のあった, 目二丈にも余る, 目二十九日の午後, 目二十四番地印度人シャイロック・スパダ氏経営に依る, 目二十年目に日光東照宮, 目二幕目と続いた, 目二年目から二年半, 目二度目の清書, 目二日目と浅草, 目二月も漸く, 目二月五日の午, 目二杯目と三杯目, 目二段目三段目ぐらいまでナガシメ, 目二百目ずつ増える, 目二軒目がダメ, 目二軒目三軒目とはっきり, 目五人目七人目と取, 目五合目と進む, 目五合目あたりから先, 目五年目に洪水, 目五月目位から滞り出した, 目五段目六段目と演, 目五段目六段目九段目の五幕, 目五百目の品, 目五百羅漢の蠑螺堂, 目五色の天地, 目井津へ途中, 目交え一つしなかった, 目人ごとながら自, 目人文すべて革まったが, 目人煙を見ず, 目人間に於, 目はたしかに, 目今夜こそ遁, 目今日あたりより空席大分, 目今生の別れ, 目仕事の都合, 目付けたいものと, 目付けましたよ, 目付けられ血迷ってわし, 目付して黙, 目付のといえ, 目以上のと内院火口, 目以上七八百目から一貫目, 目以上水を入れる, 目以内ならば, 目以内位のもの, 目以降のこと, 目が昼, 目企みだがぜひ, 目企みはじめたのは, 目伏見屋の井戸, 目つて, 目会いたいといっ, 目会いたやと泣き慕う, 目会つて帰るつもり, 目会わでは心残り, 目に逢, 目伸して, 目伸子の神経, 目佐竹の富本, 目佐良井の邸, 目佐野の殿様, 目何たる技巧の, 目何万両というお金, 目の筍, 目保養にもなっ, 目保養気保養にうっとり, 目修正論のたぐい, 目に逢わせ, 目倉縞の傍, 目候ハヾ可忝候, 目候事千万, 目候相違はあるまじく, 目時かかる, 目傷心の惨状, 目僅かに十二箇条, 目儀於我等者不定之事候, 目の内儀, 目元日に半, 目兄弟が敵討, 目先刻お仕舞, 目入れて水, 目入道みたいな男, 目入道大入道の酌, 目入道懐手の袖, 目入道河童天狗等のポピュラー, 目入道狐狸猫も鼬, 目入道裸の小児, 目全体が霞ん, 目八分の所をじっと, 目八目でその, 目八跡此筥乎開而見手歯如本来家者将有, 目六八桂で変つて, 目六十年目に屹度來, 目六年目でもう, 目六日目には家庭, 目六月の或, 目六段目九段目の五幕, 目六百の目, 目にも程, 目共に奧州に, 目兵馬は十六歳, 目其身共に被, 目内海殺しの状況, 目再三ならずございました, 目冒頭でかなでられた, 目は一週間目位, 目冷たい目嫌厭の, 目がけに, 目出しの祝, 目出し頭巾を冠, 目出たう御座いますとか云, 目出たかるべしと早合点, 目出たかろうと云う, 目出たくおさまった者が, 目出たくできてるんだ, 目出たく思ったそうである, 目出たく添い遂げたそうだ, 目出たく納まつたのでそれ, 目出たく纏まりかかっております, 目出たく許されて家, 目出たく踊って終に, 目出たく酔っております, 目出た過ぎるんだ, 目出とうだなんて云っ, 目出窓の格子, 目のしたい, 目と淋しく, 目列べや挾み, 目別れを惜しみたい, 目利して一土手, 目利役某で鶴洲, 目利真山に出現, 目刺みたいにブラ, 目刺魚みたいに振廻し, 目刺鰯の束, 目其の人, 目前借もあらかた, 目前後同じから, 目剣道の時間, 目割れ目を一つ一つ番号, 目をつくし, 目加納屋の二番目息子吉三郎, 目勇しき働きをなす, 目勘定十字を切る, 目勝ちましたよ, 目勝ってしまった, 目勝つてし, 目化粧したほど, 目十一月の十三日, 目十一月二十五日の夜, 目十二銭としてざつと一円, 目十五銭ミヨウガ三十ばかり二銭, 目十人目の人々, 目十八ヶ村は多く, 目十六円でわける, 目十四年八月二十二日に喀血, 目十指的な常識, 目十時あき, 目十本目は弓勢, 目十銭十四尾あつた, 目千遍目と続い, 目午後二時過ぎ東京駅前に行った, 目半ば閉ず, 目危き両岸, 目厚ぼったいまっ赤, 目参龍様は一, 目參龍樣は一, 目一度七月二十五日に, 目及ばずまたわ, 目及びて至る, 目及ぶあたはざれ, 目口手足いたるところ無数, 目口眉毛を心, 目口耳鼻皮膚の気孔, 目口鼻みな備わりて, 目口鼻四肢腹心臓という具合, 目口鼻耳をおおい隠すすき通った, 目古瀬戸赤呉須等略一通りは揃っ, 目し, 目叩く木兔あなづら, 目右端欄外に, 目各種の茶碗, 目合せむと思ふ, 目合掌し, 目同じく潜伏し, 目吟味に逢わされ, 目でも應, 目品位と伝法, 目あかくいかにも, 目嗅ぎまはつ, 目嘗て陰に, 目ねんめあたり, 目四十度二分六日目四十度五分になつて, 目四十度五分になつて, 目四十度五日目四十度二分六日目四十度五分になつて, 目四句目にうっかり, 目四句目等に及ぼす, 目四幕目さうし, 目四年目に閏月, 目四日の減食, 目四日目ごとに鮨屋, 目四段目五段目と順序通り十二段, 目四段目五段目六段目九段目の五幕, 目四百目の黒ダイ, 目四鼻孔云々の法, 目団子もしくは鬼, 目団栗目いろいろなの, 目して, 目土地不案内と目せられます, 目土褐色で草木, 目地方ブロック会議宮九州へふっとばされるらしい, 目をちよ, 目垣越しに隣家, 目堅間などに入, 目墓地をあるく, 目増えている, 目壱円三十銭だつた, 目夕カノ目面白づくで, 目夜精進されて, 目満員, 目大きさも, 目大きいまぶた甲高の, 目大不覩, 目大入道見越入道等は狸, 目大詰はソヴェト, 目天井板の真ン中, 目天平もすでに, 目天王南方毘留勒叉増長天北方毘沙門多聞天王四天にかたどる, 目十が, 目奇態で麥搗, 目奥さまもよほど, 目奮山川眺むる我も元, 目のよう, 目女中達は皆足, 目女兒は三十日目, 目如何などとてその, 目如何にも清高の, 目の美加子, 目始終笑って, 目嫌厭の目, 目学問二に耳学問, 目學問をさして, 目たまま暫らく, 目守つてゐる, 目守れば, 目安城郷太郎の一行, 目安方ハツと差出す, 目安方之を讀, 目之助, 目実行力のある, 目ます, 目家橘の腕其等, 目寂しいものである, 目寒し観魚亭, 目姿に, 目寤めになりません, 目小さな宿場町へ, 目小僧さまの領分, 目小僧フラリフラリと提灯, 目小僧物語の評, 目小屋にて休み, 目小山のよう, 目小川芋銭さんが四ツ目, 目小座敷の床柱, 目小春髪すきの場, 目少く芸境広から, 目少しく釣りて, 目尼ヶ崎の段, 目尽く眩して, 目屋ふたりのほか, 目屋敷に戻っ, 目屋村の産, 目屋秦野屋雲霧なども人間, 目屋稲吉にもそれ, 目屋酒代をくれ, 目山上の会合, 目崩し松葉蝶々あき, 目巡環説などはその, 目の扉, 目巫易巫比巫祠巫參巫環字皆作巫と言, 目差それとなんだか, 目差別無き能はず, 目市平は颯然, 目帚木の巻, 目師事乎墨吉爾還来, 目生活を, 目常に注ぎて, 目をのこし, 目干鰯一升ずつ, 目平林氏の作中, 目んど, 目度分別されるの, 目度義有之候間, 目を見る, 目庭前古井戸, 目の下, 目に紺, 目引きしまった口もと, 目引きそで引きしながら, 目引き袖ひきするの, 目引き袖引き垣根から隙, 目引き袖引き覗き見して, 目弘化三年が二千六百九十万七千六百二十五人, 目弛いのに気, 目張松は別れ, 目強く何時でも, 目当初において従来, 目彼らの笑い, 目得意げな傲慢, 目御神酒徳利の口, 目微笑弾指棒喝等人間の表現手段, 目思いもかけず, 目思いがけなく前触れも, 目の好く, 目恐ろしけれど臆, 目を帶びて, 目恥かしくしのぶ小稲, 目恥ずかしいことだ, 目恰も造化の, 目悲しきふところに, 目悲鳴をあげ, 目惚れする縹緻よし, 目え合うという, 目感ずる心そう, 目慣されて又, 目く浅田, 目慧くも僕を見付, 目憚らぬこども, 目應接に遑, 目懸けた鍋島勢も, 目懸る者あり, 目成敗の道, 目成瀬は一つ, 目我子を委, 目我等の如く明かならず, 目多或, 目に書く, 目の幕屋, 目手分けに運動, 目手軽にて, 目押し拭ひ, 目指せる家を, 目振かけて三, 目捕へん牢舎は, 目捨て耳を, 目捷裡に迫れる, 目して, 目掏摸の眼, 目掛けて切り付ける, 目掛手掛に遣れる, 目探りながら叫んだ, 目接目に寒気, 目擦る間だ, 目太という, 目教授に聞い, 目敬い吾一の, 目をかぞえ, 目敵襲にそなえ, 目かぞへ, 目之進, 目文之進だろう, 目文人のよう, 目文化十四年に記念, 目文字の上, 目文献にも記載, 目斗さし出すもを, 目早いかれは, 目昆布のごとき, 目明かず全身赤く, 目明らかになり, 目明るく前四丈を, 目明一人の世の中, 目明三人と云, 目明五六人を連れ, 目明文吉に対抗, 目明根性と言う, 目明治十年四月三日に両国中村楼, 目明良助どん, 目の愛馬, 目昔通りの弱, 目映しいほどよい, 目春潮を眺むる喜, 目昨日は私, 目昨日中陰を済ませた, 目昭和二十二年秋に九大事件, 目昼夜である, 目時としては続い, 目景清江戸春一夜千両吉原楊枝夜半の茶漬, 目暈いがしたり, 目暈ひがしたりどうも, 目暗に閉づ, 目暗黒の, 目暫らくは凝然, 目の景色, 目暮れて人, 目曇り又その, 目更に音聲も, 目曹植は哀し, 目替り目には何, 目もこえ, 目からそわそわ, 目朝赤ン坊泣かない, 目木の実と鮨屋, 目瞑也, 目未だ見ず, 目未熟な娘, 目本因坊が考え, 目杉酒屋安達原三段目, 目杉野十兵次どのの借宅, 目村人や教え子, 目来らず昨日通りの, 目東インド会社が出来る, 目東幕内力士小野川と西幕内力士, 目板戸の端, 目の立木, 目立て射部配ゑたゞけでは適, 目には大きな, 目格子になっ, 目桝田屋の井戸, 目の爪, 目棒蕪の古典, 目森下氏の作, 目様子を見, 目樣子を見て取る, 目にか逆, 目橋通に玩具店, 目櫻日和の美しい, 目の二日目, 目止まり候上はと, 目止めよかし, 目止められお耳, 目正しけば, 目歸つて來てから森口, 目残つてゐる翌日, 目殖え十日ぶつ, 目殿さてさて出し, 目殿中の喧嘩場, 目毎ニ借地料ノ評價, 目毎十五分目毎の鐘, 目毛色黒く光沢, 目を大, 目水晶ぱちくりと, 目と埃, 目汚し度き, 目江戸川氏の作, 目江海に等し, 目河原崎座で初めて, 目注いだのを, 目注せして己, 目洗い地蔵というの, 目洗ったんだ, 目洗礼を受ける, 目流し釉の, 目深き皺太き, 目深草という灯, 目清々しき緑葉の, 目つた, 目測らずも青山六道, 目測りをし, 目がある, 目溝板の外れし, 目漏れなら格別, 目とそん, 目潰れたる鶏あり, 目潰れるほどの災, 目潰吃ひし一番手, 目無し籠を後ろ手, 目無し達磨の飾っ, 目無し鳥は案外, 目とした, 目焼切込焼畑山焼末家焼等いう名, 目煌めくによりてなり, 目熱く流るる血潮, 目燃え残りの, 目のはえた, 目牽き袖引き目送っ, 目犯人らしき人物, 目狂おしいばかりの非常時歳時記, 目に出, 目とかいふ言葉, 目の妻, 目王以前も比, 目珊瑚の玉, 目現場を見た, 目理屈をこねられる, 目甚浩瀚なり, 目氣に, 目生き方の構, 目生麦で西洋人, 目用人松山常五郎は默つて, 目用器画の時間, 目甲賀氏の作, 目申分なく仇, 目という所, 目留まる賤民乾闥婆と, 目留まれば又, 目留めて問, 目留めし満枝は, 目當無之銘々, 目ましき, 目病み婆見たい, 目癒ゆべしこ, 目発声映画が封切, 目登校して, 目白いのっぺりした, 目白鳥が鳴いた, 目百回目とかまたは, 目百年目に此那, 目皺丹い唇, 目にし, 目目やにでよごれた, 目盲ヒタルママ黒イ耕地ヲ, 目盲長屋をたどり, 目相傳者少, 目相撲万力甚五郎の宅, 目相續さすべき者, 目み足曲り手斷, 目まぬ, 目真っ赤な顔, 目真打と皆, 目真髄であるのみ, 目まず心, 目眦逆立形相を改め, 目眩き朝日の, 目眩く高さだ, 目眩むばかりに吹きまくつた, 目眺める鏡眺める, 目眼鏡とって, 目夢の, 目瞑らず鶏好く, 目瞬いていた, 目瞬かずに瞭然, 目瞬ぎもしない, 目瞼一杯に映し, 目知らせでしきりに, 目知らせしたのだ, 目を以て貰, 目石ルビーサファイヤの類, 目石一つだけでも何十万円, 目石井一家の騒ぎ, 目を引き上げさせ, 目磯部邸玄関の場, 目福助の判官, 目禮さへ爲, 目禮一つせず默, 目秀子の顔, 目秀眉に其神魂, 目も終り, 目科両人は同じ, 目科其人にし, 目科君か折角, 目科君倉子へ見え隠れ, 目科君君の役目, 目科君待ち給え詳しく, 目科夫人の言いし如く, 目程にあたる今日といふ, 目程の隙も, 目に聳えた, 目突き出しの小, 目突き出し以下の取り, 目突き出た脣そして, 目突然自宅で, 目が入口, 目立ててきれい, 目立ッタソレト云ウノガソノ手袋ガ恐ラク佛蘭西製, 目立ツテ軍人諸君ガ多イノハ不思議, 目竹童の耳, 目笑うたびに, 目筒一挺宛を持たせ, 目筒三挺を買, 目筒三挺車台付木筒二挺内一挺車台付小筒三挺其外鑓旗太鼓火薬葛籠具足櫃長持等であつ, 目籠さへ立て, 目籠擁へ黄金, 目や, 目も挽臼, 目約束どおりこれから先, 目紋三郎宅の場, 目紛失いたしましたあの, 目の光, 目細く日向ぼこり, 目細し児ろは, 目細工の家, 目細毛夕日なす浦細毛, 目細網に, 目終ったのが, 目終りの数頁, 目終る頃樋口正美来訪東宝との, 目結いの定紋, 目繪高麗その他堅い手, 目置いたが歯, 目置かして打っ, 目置かせたからである, 目置きて鬪, 目続いて, 目羅漢寺千住目黒青山竜巌寺青山穏田水車神田駿河台日本橋橋上駿河町越後屋店頭浅草本願寺品川御殿山及び小石川, 目羅眼科医学博士目羅聊齋と記し, 目美人でも額美人, 目義雄の激動, 目ひに, 目耀く種種の, 目などには詳しく, 目耕肘書斎今未是翁, 目耳口などへ号令, 目耳尋常左りの, 目耳曼統一主義なるもの, 目耳終ひには, 目耳鼻を持つ, 目耳鼻舌身の五種, 目聡い方です, 目脊骨足尾皮糞皆能, 目腐り璧は, 目街道の, 目自由のきかねば, 目舞いがする, 目舞台絵巻が如実, 目航海術の伝習, 目若しくは十日以内に, 目苦いまでに並べたて, 目英語の試験, 目茶屋場で由良之助, 目茶碗のよう, 目な軽い, 目荻生さんは十三貫三百目, 目菰田源三郎の葬儀, 目菱それを目あて, 目落吉なン, 目落窪みて, 目蒲電車は事故, 目蓮尊者に比べ, 目蓮等が神通, 目蔵人塚原卜伝などの武勇伝物, 目蔵人柳生兵庫小野典膳諸岡一羽その他多くの剣客たち, 目みしに, 目蕩んだが, 目蕭散にし, 目蕭條たる文化, 目薄きに雨, 目薄くなりて, 目藏人柳生兵庫小野典膳諸岡一羽その他多くの劍客たち, 目蘭書植字判一式右四人名前にて借, 目虎首その身牛, 目虚無僧壇とよぶ, 目蝋燭芯切る高座, 目蝋燭裸火を煽らし立てた, 目の哀號, 目もその, 目行者のほう, 目行足ということ, 目行足以て清涼池, 目に竹, 目の端, 目の騎馬武士, 目製糸は八斤強, 目になる, 目見えざる蔭の, 目見ましたこの時, 目見ますと, 目見るべからず耳聞くべからず, 目見合しぬ, 目見合せて莞爾, 目見当一ツで渡っ, 目視るべからずしてしかも, 目覗いたときの, 目覚えがあつ, 目覚すような, 目覚まさせる感銘を, 目覚まされた素質な, 目覚まされなかつた少年の, 目覚悟はよい, 目属故旧の, 目覺しき改革は出, 目覺ましからざる, 目覺むるばかり使つて居た安, 目覺めさへすれ, 目覺めし母の燃, 目覺め土地をあらゆる, 目覺時計をかけ, 目覺清にす, 目訪問とチャン, 目詰むれば他, 目詰めて居る, 目詳しく言へば, 目認められまいと思う, 目誘われるままその, 目誘惑の魔, 目して, 目の子, 目誹りの声, 目謙信もまた, 目り目, 目ての約束, 目負けだった, 目買うて来た, 目を取つ, 目賀田さま茶菓を賜わる, 目賀田先生はああ, 目賀田又右衛門丹羽源十郎などの前田方, 目賀田又右衛門丹羽源十郎たちの鳥越城, 目賀田庄右衛門が一粒種, 目賀田爺さんの格好, 目賀田男爵鳩山和夫等が法律, 目賀田種太郎氏であった, 目賀田種太郎金子堅太郎なぞいう, 目賀田老人は腰, 目賀田顧問のもと, 目賀野俊道氏であった, 目賀野側との間, 目賀野自慢のもの, 目賀野邸があった, 目賭けた三二六さあ, 目赤坂から吉野村, 目赤虎河豚黄金河豚銀河豚北枕篭目河豚などが普通, 目赤黄色狗牙上に出, 目走りおわると, 目走り拔けて死せ, 目越えて漣, 目越しに竹, 目越前屋の主人治兵衞, 目足して六十目, 目足らずの腐れ馬鈴薯, 目路地の角, 目躍如としてゐ, 目軍紀のてまえ, 目輝きゐたり, 目輝く頬, 目輩孺子をし, 目輿の列, 目迎えしながら高氏, 目迎えたは馴染, 目迎えたれば衝, 目近く南アルプス連峯甲府盆地は朝靄, 目近く彼女の側, 目近づくあた, 目近郊の外祖父母, 目ひて, 目追いついて許, 目送って人知れず, 目送ったがこれ, 目送れば大, 目えて, 目透二字切となっ, 目通った鼻梁綻びる, 目通今の被服廠跡, 目通庭前で斬られた, 目通過中に川上眉山人, 目速くないから, 目連呪術師の老女, 目遅くとも七日目には, 目過しただけで, 目違いさ, 目遣してゐ, 目に下り行きぬ, 目くとも, 目りから, 目の手, 目鄭樵の藝文略, 目配した怪美人は, 目配するも知らぬ顔, 目ふと解した, 目まされ悦, 目醒された自由平等の, 目醒しき現在を, 目醒しく切り倒してゐた, 目醒まさむ, 目醒まさせることは, 目醒まされかき立てられている, 目醒まされることも, 目醒まし役でした, 目醒ましく美しくする, 目醒ましたであろうほど浄ら, 目醒ますだけであろう, 目醒ませることを, 目醒まそうとする, 目醒むばかり咲き揃っ, 目醒むると第一, 目醒むるやうな心持になつて, 目醒めうる日のみが, 目醒めかかった者に, 目醒めかけてゐた, 目醒めかけたばかりのヨーロッパ, 目醒めさせられた日本の, 目醒めたいために, 目醒めたる春枝夫人は, 目醒めた思ひでまた, 目醒めでしたかいな, 目醒めでないかいおら, 目醒めなければならない, 目醒めにござりますれば殿様, 目醒めぬものは, 目醒めよの聲, 目醒め始める或る, 目醒め驚き自己の, 目金入と編み, 目金剛童子の尾根, 目金屋の店, 目くさい口, 目のうち, 目のよろい, 目の隊, 目鋸龕燈提灯などを借り, 目錢形平次は八五郎, 目鎌田と進んだ, 目鏡橋を渡った, 目のきしり, 目鑑ずみである, 目鑑通り早乙女主水之介, 目鑑違いしたらしい, 目さ五尺二寸本, 目めき情悲, 目閉づる白塔に西日, 目閉院式の前日, 目開かん世を, 目開き申候然れ, 目開くその歌, 目関東の大震災, 目附きが嫌つてゐるらしくは, 目附きだよ何, 目附きで見たり苦々しい, 目附けだされて連れ, 目附けなければあの, 目附け出すことは, 目附その他役附老中の出馬, 目附ども晝夜嚴重に番, 目附七人お小人目附六人, 目附上下三人大工頭八人小頭二人道橋元締二人賄方手代二人同じく目付三人, 目附下目附足軽小頭に足軽, 目附中井半左衛門方, 目附中川半左衛門, 目附中川犬塚の手, 目附代ゆゑ御直參同樣, 目附六人を従え, 目附兼傅役として松寿丸, 目附兼松三郎である, 目附列座で新規お抱え, 目附同心小人の士分, 目附土屋六郎兵衞殿縁側には目安方, 目附大目附の役, 目附寺社奉行勘定奉行町奉行と来, 目附小人目附等に手附, 目附平岡唯八郎井上又八使之者志母谷金左衛門伊丹長次郎黒鍬之者四人が出張, 目附役人の知る, 目附役所に呼び出され, 目附役百石比良野助太郎妹翳として届けられた, 目附役竹中采女正に宛てた, 目附徒士頭十五番組水野采女の指図, 目附松本助之丞, 目附柱の方, 目附格に進め, 目附永井亀次郎久保田英次郎西丸小人目附平岡唯八郎井上又八使之者志母谷金左衛門伊丹長次郎黒鍬之者四人が出張, 目附申やう土屋六郎兵衞殿の申付, 目附畑十太夫と竹内数馬, 目附目明の類, 目附石坂清三郎評定所同心湯場宗十郎等ガ中ヘイリテ段々八太郎ガ, 目附立合にて留役衆吟味書, 目附竹中に宛てた, 目附等に手附, 目附答へて越前守, 目附荒木十左衛門殿お使番久永内記, 目附衆へ運動, 目附警固して, 目附足輕目附等警固なし其の, 目附近から暗く, 目附達が急行, 目附野山市十郎松田勘解由等立合にて一同呼出し先天一坊, 目附鳥巣彦四郎を添, 目附鼻附の緊, 目に備え, 目準明, 目隣家の宗左衛門, 目隱物當白菓子盜林檎受葡萄取などが, 目離さず健は, 目零しをなされ, 目が地上, 目青い草原に, 目静かに観察, 目面白づくで, 目の走り, 目音羽が負け, 目頃家宅搜さが來, 目頃晩餐後の團欒時, 目頃薬液が働きかけ, 目頼むよといっ, 目頼朝が伊豆, 目題目を並べた, 目にそよぐ, 目飛耳の徒, 目食わせしたりし, 目飽くにおよび, 目につく, 目馬子蝦夷入鹿, 目馴れし不二は, 目馴れず珍らしい, 目馴れたれ御座敷, 目馴れねばうら寂し, 目馴樹の木叢, 目驚いてるような開いた, 目高う根が, 目高一疋ほど, 目高知県主催の歓迎会, 目魂魄がその, 目とはちがう, 目の蒸した, 目立て有料演芸会開催, 目ならば, 目麻布の仙花園, 目な顔, 目黒き空濃き, 目鼻口等の神経, 目鼻口等確かに描きしごとくそなわっ, 目鼻手足のよう, 目鼻頬特に顴骨