青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「自分~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~膳 膳~ 臆病~ 臣~ ~自ら 自ら~ 自体~ ~自信 自信~ ~自分
自分~
~自分たち ~自分自身 ~自動車 自動車~ 自宅~ ~自己 自己~ ~自慢 自慢~ 自我~

「自分~」 152880, 1652ppm, 47位

▼ 自分~ (68605, 44.9%)

559 家の 478 心を 420 顔を 405 部屋に 403 部屋へ 386 心の 380 家へ 367 前に 338 家に 328 ために 327 手で 313 ことを 312 心に 307 姿を 241 ものに 229 身に, 身を 215 手を 211 手に 208 室に 204 胸に 199 名を 196 方から 190 ような, 頭の 183 心が 182 好きな 180 生活を 179 うちに 178 部屋の 177 頭を 169 力で 164 方が 153 身の 139 生活の 134 仕事を 132 身体を 131 中に, 姿が 129 方へ 127 考えを 125 体を 124 家を 123 胸の 121 持って 112 眼の 111 胸を 107 事を 105 方を 104 口から, 室へ, 意見を 103 運命を 101 眼を 99 子供の 98 上に 97 力を, 国の, 部屋で 94 仕事の 92 命を 89 心は 88 ことは, 耳を 87 そばに, 方に 86 ところへ, 頭に 85 生命を 84 体の, 顔の 82 知って 81 感情を 80 仕事に, 気持を 79 家で 78 傍に, 名前を, 影を 77 子供を 75 ものと, 方で, 机の, 罪を 74 周囲に, 立場を 73 首を 72 心持を, 膝の, 身が 71 眼で 70 家が 69 意志を, 生活に, 過去を, 顔に 68 からだを 67 眼に 66 部屋を, 顔が 65 したこと 64 席に, 身体の 62 ように, 体が, 存在を, 物に 61 言葉を 60 娘の, 目の 59 手の, 言葉に, 身体が 58 して, 子の, 耳に 57 ことの, 娘を, 魂を 56 力の, 室の 55 内に, 口を, 身体に, 過去の, 道を, 頬を, 頭が 54 やうな, 前を, 家から 53 ものだ, 一生を, 妻に 52 肩を, 足を, 魂の 51 方の, 書いたもの 50 うちの, 席へ 49 ものを, 今の, 前へ, 姿に, 生活が, 目を 48 周囲を, 生涯を, 足の 47 居間に, 態度を 46 子を, 意志で, 手から, 生きて, 額を 45 力では, 腕を 44 声に, 生涯の, 言葉の, 鼻を 43 側に 42 すがた, 住んで, 肩に, 鼻の 41 ことが, 作品を, 力に, 声が, 腕に 40 ためにも, まわりに, 妻を, 持つて, 生命の, 身の上を, 顏を 39 一生の, 前の, 周囲の, 目で, 部屋から 38 ほうから, 居間へ 37 ものとして, 弱さ, 肉体の, 裡に 36 影が, 思想を, 感情の, 気持が, 現在の 34 ところに, もので, 家と, 手が, 母の, 立って, 腹を, 話を 33 体に, 作品の, 声を, 室で, 本当の, 膝を, 運命の, 都合の 32 中の, 名が, 妻の, 弱点を, 心も, 眼が, 自由に, 言葉が 31 からだ, ほうが, 仕事が, 前で, 口に, 家は, 思うよう, 意志の, 指を, 気の 30 うしろに, した事, 子供が, 子供に, 座敷へ, 思って, 息子の, 気に, 為に, 着物を 29 からだの, ことで, ほうへ, 位置を, 地位を, 病気を, 目が, 着て, 秘密を 28 なかに, 子に, 幸福を, 思う通り, 肉体を, 頭で

27 [11件] ことに, ことばかり, 力が, 感情に, 態度が, 死を, 生涯に, 考えて, 腕の, 行動を, 頬に

26 [12件] ほうに, 世界を, 妻と, 姿は, 心で, 心持の, 書斎に, 歩いて, 父の, 生命が, 生活は, 職業を

25 [15件] 命が, 命の, 女房を, 娘が, 屋敷へ, 影に, 思想の, 掌を, 気持に, 生を, 背中に, 胸へ, 身の上に, 金を, 魂が

24 [12件] からだに, まわりを, もって, ものである, 事は, 喉を, 存在が, 寝室へ, 店の, 恋を, 所有に, 才能を

23 [17件] ほかに, 不幸を, 事の, 事ばかり, 代りに, 右の, 唇を, 姿の, 心持が, 机に, 村の, 目的を, 罪の, 考へを, 背後に, 血を, 言うこと

22 [15件] ほうを, 人生を, 左の, 思うこと, 方は, 椅子に, 横に, 病気の, 目に, 経験を, 絵を, 美しさ, 見て, 計画を, 部屋には

21 [26件] あとを, 勝手な, 国を, 夫を, 女房に, 好みに, 寝床へ, 屋敷の, 後に, 心から, 心と, 最後の, 注意を, 父が, 父を, 生れた家, 義務を, 耳の, 腰に, 芸術の, 行為を, 言葉で, 説を, 責任を, 醜さ, 顔は

20 [19件] そばへ, ためには, ものでない, 口の, 名刺を, 妻が, 子が, 帰りを, 後を, 心には, 意志に, 愛を, 気が, 精神の, 足で, 身體を, 運命が, 面を, 髪を

19 [17件] 乗って, 仕事は, 傍を, 国へ, 外に, 家だ, 家では, 寝て, 小屋へ, 小説を, 席を, 年を, 心臓の, 腕時計を, 足に, 身辺に, 運命に

18 [32件] お部屋, ことだ, ことも, やつて, 内部に, 国に, 大切な, 夫の, 姓名を, 娘に, 宅へ, 寝台の, 思うまま, 恋の, 所へ, 母を, 母親の, 決心を, 理想を, 眼には, 知つてゐる, 立場が, 経験から, 考えに, 背に, 腕で, 血の, 財産を, 身の上の, 身も, 金で, 頭は

17 [28件] すること, する事, 傍へ, 勝手に, 名の, 名前が, 夫が, 女の, 女房の, 妹の, 家庭の, 専門の, 尻を, 席から, 心持は, 息子が, 未来を, 生活と, 肉体が, 胸から, 腑甲斐な, 荷物を, 足が, 足もとに, 身は, 間に, 隣に, 額に

16 [40件] いうこと, ことしか, 世界が, 作を, 内の, 刀を, 分を, 勝手で, 口へ, 名誉を, 土地を, 境遇を, 大事な, 好奇心を, 家族の, 寝床に, 希望を, 店へ, 弟の, 性質を, 息子を, 愛して, 所に, 手柄に, 故郷の, 本を, 本心を, 気を, 気持ちを, 番が, 研究を, 立場の, 考えが, 職業に, 自由を, 行為の, 見るところ, 話に, 非を, 頸を

15 [41件] うちへ, これまでの, すべての, もの, ものの, やったこと, 主張を, 体も, 信念を, 写真を, 声の, 女房が, 孤独を, 室には, 家まで, 寝室に, 将来の, 心にも, 心持ちを, 心持に, 思想が, 感情が, 態度に, 懐に, 旅の, 書くもの, 母が, 気持の, 潔白を, 生きかた, 生の, 眼前に, 考へて, 職業の, 胸が, 興味を, 良心を, 芸術を, 言ったこと, 言ふ, 首に

14 [37件] ところで, ポケットに, 下駄を, 事で, 仕事も, 任務を, 作品が, 信じて, 健康の, 勉強を, 妹を, 娘と, 室から, 家には, 小説の, 後ろに, 恥を, 意に, 意志が, 愚を, 手もとに, 手許に, 机を, 椅子を, 物だ, 物を, 畑の, 番に, 着物の, 素性を, 考えと, 耳が, 肩の, 胸は, 腹の, 膝に, 首が

13 [58件] ための, ほんとうの, やうに, やって, 一身を, 下宿の, 両手を, 中から, 云ふ, 位置に, 住居を, 作品に, 前には, 名も, 坐って, 境遇に, 境遇の, 夢を, 女を, 姉の, 宅の, 家にも, 家も, 宿へ, 寝床を, 帽子を, 庭の, 思いを, 性格の, 恋人の, 愛する者, 手へ, 手紙を, 時計を, 最初の, 村へ, 歌を, 求めて, 為めに, 父と, 物と, 犯した罪, 生活や, 病気が, 目的に, 真の, 空想を, 考を, 背中を, 腹に, 苦しみを, 記憶の, 部屋が, 隣りに, 靴の, 顔へ, 馬を, 髪の毛を

12 [65件] うちで, ことだけを, そばを, ところの, 一身に, 下に, 下宿へ, 中にも, 云うこと, 今までの, 価値を, 優越を, 全部を, 前掛, 友達の, 口で, 声で, 夫に, 室を, 宿に, 年齢を, 心臓を, 恋人を, 情熱を, 想像の, 意志では, 愚かさを, 愛するもの, 手には, 手中に, 才能に, 書斎へ, 村に, 村を, 権利を, 欠点を, 死の, 気持も, 無力を, 生命も, 目には, 神経を, 立つて, 精神を, 考えで, 考えは, 能力を, 脚を, 膝へ, 良心の, 芸を, 苦しさ, 行為が, 視線を, 記憶に, 詩の, 責任だ, 足下に, 身体で, 身体は, 身分を, 運命は, 頭から, 顏に, 顔と

11 [71件] いのちを, たましい, ほうで, まえに, 一生が, 一生は, 事に, 亭主の, 今日の, 体から, 体で, 体は, 個性を, 内部の, 利益に, 利益の, 努力の, 勤めて, 名前の, 周圍に, 味方に, 命は, 唯一の, 子供は, 学校の, 家庭を, 寝床の, 将来を, 小屋の, 希望は, 床の, 床を, 店で, 後から, 恋が, 悪口を, 想像を, 意思を, 愛が, 愛の, 感覚を, 手一つで, 指に, 文学の, 文章を, 最愛の, 椅子の, 様子を, 気もちを, 無智, 生命に, 留守の, 皮膚の, 真実の, 眼と, 結婚の, 罪が, 考えも, 肉体に, 腰を, 若さ, 袂を, 親の, 話の, 責任の, 身体も, 身體の, 近くに, 過失を, 郷里の, 髪の

10 [99件] あとに, からだが, すきな, ふところに, ほんとの, ものは, 一存で, 下宿に, 両眼, 人生の, 代に, 側へ, 兄の, 処へ, 卑しさ, 受持の, 名前も, 周囲には, 噂を, 夢の, 失敗を, 如きは, 姿と, 子は, 存在の, 家でも, 家という, 家や, 寝台に, 寝室の, 小屋に, 小部屋, 居間で, 属して, 帯を, 幸福の, 床に, 思い通りに, 恋愛を, 悩みを, 想像し, 意の, 意識を, 感じを, 感情は, 態度の, 手は, 手柄を, 手足を, 掌に, 損に, 操を, 方からは, 書いて, 有に, 未来に, 未来の, 村から, 柄に, 母親が, 父親の, 状態を, 生れた土地, 生涯が, 皿の, 研究の, 神経が, 精神に, 経験で, 考えの, 耳には, 職務を, 肉親の, 肩へ, 背を, 背後を, 胸には, 脚の, 腰の, 舌を, 船の, 良心に, 荷物の, 行為に, 袖を, 財布を, 責任に, 身の上が, 身代りに, 身近に, 通って, 過去に, 邸へ, 金の, 関係し, 関係を, 靴を, 顔から, 首筋を

9 [109件] あたま, いるところ, いる所, うちにも, ことばかりに, すぐ前, すべてを, せいで, そばには, ふところへ, まはり, もとに, ベッドの, 不安な, 不明を, 乳房を, 事が, 人格を, 今まで, 仕事と, 仕事や, 信ずるところ, 健康が, 全生涯, 前途を, 功を, 努力が, 唇に, 商売の, 問題として, 地位の, 場合に, 場合は, 場所に, 外套を, 天分を, 威厳を, 子だ, 子供と, 実際の, 家族を, 居間の, 屋敷に, 弟が, 影法師を, 役を, 役目を, 得に, 思つてゐる, 性に, 性格に, 息が, 想像した, 意志は, 愛する女, 感じて, 懐へ, 掌の, 昔の, 書斎の, 本来の, 欲望を, 母親を, 爲に, 生活という, 生涯は, 番の, 眼は, 着物に, 知らないこと, 知らぬ間, 知る限り, 知識を, 立場から, 細君の, 経歴を, 結婚を, 義務と, 耳にも, 肩越しに, 胸にも, 脳髄の, 良人の, 芸術に, 若い時, 若かった, 行動が, 見たこと, 責任は, 趣味を, 足もとを, 足音を, 身内の, 身體が, 邸に, 部屋と, 青春を, 面目を, 領分に, 頭と, 頭には, 頭脳の, 額の, 顎を, 顏の, 首の, 馬に, 魂に, 鼻に

8 [158件] あとから, うしろを, こと, ことと, こととして, ことについて, すぐそば, すべきこと, どこかに, へやへ, みじめな, ものが, ポケットの, 一家の, 一家を, 一生に, 上を, 下駄の, 不注意を, 不運を, 事だ, 事業に, 二人の, 云いたいこと, 人格の, 人生に, 仕事に対する, 代わりに, 仲間の, 位置が, 住所を, 体験を, 作家としての, 作物を, 使命を, 信念に, 側から, 側を, 傍らに, 兄が, 先祖の, 利益を, 努力で, 努力を, 勇気を, 勉強の, 原稿を, 名で, 名に, 名前に, 命に, 品位を, 喜びを, 国が, 国で, 國の, 場合には, 夢に, 大好きな, 女房と, 好むところ, 好意を, 妻は, 姿も, 嫁に, 子と, 子として, 子供でも, 宅に, 家来に, 専門に, 少年時代を, 師匠の, 席の, 平生の, 幼時の, 店に, 座に, 弱味を, 心だ, 心臓が, 心臓に, 志を, 思うとおり, 思うところ, 思ふ通り, 思想は, 性を, 恋に, 息を, 意見が, 意見に, 意見も, 感情と, 感想を, 態度は, 手と, 才能の, 抱いて, 持物を, 日々の, 時間が, 書斎を, 服を, 正しさ, 此の, 気持は, 涙を, 淋しさ, 満足の, 無罪を, 父から, 片腕を, 物で, 物の, 犯行を, 生活から, 男の, 留守に, 番を, 目は, 眼にも, 矛盾を, 神経の, 立場に, 第二, 精神は, 素姓を, 細君が, 経験した, 罪に, 罪は, 美を, 職分を, 肉を, 肌の, 背中の, 胸一つに, 胸中に, 膳の, 船室に, 良人を, 草履を, 要求を, 記憶を, 趣味に, 足は, 足許に, 足許を, 身體に, 道が, 部屋へは, 部屋まで, 音楽を, 顔も, 食物を, 體の, 體を

7 [174件] あさましさ, いったこと, いまの, お名前, かぶって, ことだけ, ことばを, これまで, したいと, ためでは, ためと, ほかには, むす子, やること, ベッドに, 一つの, 下宿を, 不安を, 不幸な, 中で, 事と, 二階へ, 云ったこと, 亭主を, 仕事, 仲間が, 位置の, 体と, 使って, 信仰を, 内へ, 内心を, 判断の, 判断を, 前途の, 力だけ, 力量を, 務めを, 友人の, 名は, 名前と, 周囲が, 唇の, 問題と, 問題を, 喉に, 国から, 国は, 土地に, 場合を, 墓を, 声は, 夢想の, 天才を, 夫と, 姿や, 娘は, 嫌いな, 子供たちの, 子供らの, 学問の, 家, 家とは, 家へでも, 家へも, 寺の, 寺へ, 寿命を, 小指を, 少年の, 居場所を, 居所を, 巣へ, 帯の, 床へ, 弱い心, 形を, 影の, 後ろの, 思ひ通り, 思ふやう, 性質に, 悲しみを, 情婦の, 愛は, 愛情を, 懐中へ, 成功に, 手許へ, 手首を, 故郷へ, 敵を, 文化を, 文学に, 方には, 方向を, 書斎で, 服装を, 望んで, 本名を, 本心の, 楽しみの, 権力を, 正体を, 死後の, 母は, 気質に, 氣に, 汗の, 満足する, 為た, 爲めに, 父に, 父は, 物でない, 理想と, 理想に, 理想の, 生んだ子, 生んだ子供, 生命は, 生存を, 生活で, 画を, 畑に, 畑を, 目的は, 眼から, 神の, 空想に, 立場は, 精神と, 経験に, 羽織を, 考えでは, 考へ方, 耳朶を, 職務に, 肉體を, 肌に, 肖像を, 背中へ, 能力の, 腕が, 腕へ, 腹の中を, 臆病を, 船室へ, 良人が, 芸術が, 苦痛を, 荷物は, 行くべき道, 行動に, 衣服を, 表情を, 言ってること, 計画が, 財産の, 責任が, 踏んで, 身にも, 身内に, 迂濶さ, 連れて, 進んで, 重みで, 階級の, 隣の, 面前で, 頬が, 馬の, 體が, 鼻が

6 [227件] いって, いのちの, いること, うえに, お友達, お膳, ここに, こころの, ことから, ことな, これからの, したいこと, してること, ためを, では, ところでは, となりに, なかの, ふところを, もつて, もとの, ものには, ようで, わきに, アパートに, アパートへ, ハンケチを, 一身の, 上にも, 上へ, 不注意から, 不甲斐なさ, 世界に, 世界の, 中へ, 乳を, 事務室に, 人生が, 仕事について, 他に, 仲間を, 位置は, 住居の, 体験から, 作物の, 傍で, 傷を, 入って, 出来るだけの, 刀で, 分だけ, 判断に, 創作に, 力と, 印象に, 句を, 右に, 味方の, 味方を, 問に, 問題に, 喉笛を, 器量を, 土地の, 場所から, 境遇が, 墓穴を, 女としての, 好みで, 好みの, 好みを, 妹が, 妹と, 妻も, 子か, 子供たちを, 子供らしい, 子供等の, 実の, 家庭で, 専門と, 専門以外の, 尊敬し, 尊敬する, 少年時代の, 屋敷を, 巣の, 巣を, 希望が, 希望と, 帰るの, 幸運を, 座へ, 庭に, 庭を, 弟子に, 弟子を, 心だけ, 心持も, 心理を, 思った通り, 思想や, 性格を, 息子に, 悪いこと, 悪事を, 悲しみの, 想像に, 意を, 意見は, 愚かさに, 愛する人, 愛情の, 感じたこと, 感情や, 我儘を, 手では, 手によって, 手紙の, 手許から, 才能が, 扱帶で, 拳で, 持ちもの, 指の, 掌で, 推理が, 故郷に, 敵に, 文章の, 方からも, 方も, 暮しの, 望みは, 本心と, 本當, 枕元に, 枕許に, 欲するまま, 歩調を, 死は, 気分を, 気持ちに, 決意を, 沽券に, 火傷の, 無能を, 父や, 父母の, 父親が, 物語を, 犯罪を, 独立を, 生命と, 生命力を, 生活には, 産んだ子, 用に, 用を, 田畑を, 画は, 病気に, 病氣を, 皮膚を, 目と, 目的の, 真実を, 矛盾に, 箸を, 精神が, 細君に, 縄張りを, 罪だ, 職業と, 肌を, 背の, 背後から, 背後へ, 胸中を, 脚に, 脣を, 脳を, 腑に, 腰から, 腹の中に, 腹へ, 腿を, 船へ, 船を, 芸の, 茶碗を, 行く道, 袂の, 見たところ, 見識を, 言を, 計画の, 計畫, 記憶が, 許へ, 詩を, 語に, 説に, 貞操を, 貧弱な, 質問の, 足と, 跡を, 身の上も, 身よりも, 身体から, 身体と, 躯を, 車の, 運を, 部下の, 部屋として, 都合で, 酒を, 間には, 青春の, 順番を, 頬へ, 頭も, 顏が, 首へ, 魂は

5 [399件] うしろから, うしろの, うちを, おうち, おかれて, お金で, からだで, こうと, ことじゃ, しようと, せいの, そばで, そばの, たった一人, ためだ, だらしな, ところには, なかで, なすこと, へやに, ほおを, ほかにも, まだ知らぬ, まわりの, みすぼらしさ, むすめ, ものだった, ものでなく, ものも, やつた, ゆく先, わずかな, アリバイを, パンを, 上衣の, 不在中, 不幸の, 不心得から, 不思議な, 世話を, 両手に, 両手の, 両腕, 主人の, 主張が, 主義を, 乳で, 予想が, 予想し, 予期し, 事も, 事業の, 二つの, 云う事, 亭主が, 人生は, 人間としての, 仕事だ, 仕事という, 仕事として, 仕業に, 位置から, 位置と, 住まって, 住居に, 住居へ, 体へ, 作が, 作ったもの, 信仰の, 健康を, 傍から, 働きで, 兄と, 兄は, 兄を, 兄弟の, 児を, 全人格, 全身を, 内にも, 内心に, 内心の, 内部を, 出た村方, 出て, 判断で, 利益と, 剃刀を, 前途に, 力以上の, 勇気と, 勝利を, 勝手だ, 卑劣な, 卑怯を, 友が, 友に, 口が, 同胞の, 名と, 名まえ, 名儀, 名前で, 名声を, 名義で, 味方と, 呼吸の, 命と, 命も, 咽喉に, 咽喉を, 哲学を, 商売に, 商売を, 問題が, 嘘を, 地位が, 地位に, 地位や, 場所を, 声と, 声とは, 外套の, 大切に, 失策を, 女に, 女房は, 如きも, 妻や, 妾に, 姓を, 娘たちの, 娘も, 娘や, 子でも, 子とも, 子も, 子供だ, 宅から, 宅で, 安心を, 実力を, 実家の, 室と, 室は, 家として, 家へは, 容貌に, 容貌の, 容貌を, 宿の, 寂しさ, 寝姿, 寺に, 将来に, 小供, 小説に, 居る所, 居室に, 居間と, 巣に, 左右に, 平凡な, 年の, 幼少の, 幼稚な, 店を, 座敷に, 弟を, 弟子の, 弱點, 強さ, 心づいた鈍, 心である, 心では, 心という, 心に対して, 思う所, 思ったこと, 思ったとおり, 思想と, 思想に, 思想感情を, 性格から, 性質の, 恋愛の, 悪かった, 悲惨な, 情婦を, 惨めな, 想念を, 意力の, 意気地な, 意見, 意見の, 意識の, 愚かしさ, 愚かな, 感じてること, 感傷に, 懐の, 懐を, 懐中に, 成長を, 我を, 所属する, 所有と, 所有の, 手のひらを, 手も, 手元に, 手紙が, 技倆に, 拵へ, 持ち物を, 持場に, 持場を, 持物に, 描いて, 故郷では, 敵と, 文章に, 既成の, 日常の, 時計に, 時間に, 書齋に, 最大の, 服装に, 望みを, 本意でない, 本質を, 札を, 村で, 杯に, 杯を, 枕を, 機嫌を, 欲すること, 死んだあと, 死んだ後, 死期の, 殻を, 母だ, 毛を, 気弱さを, 気持ちの, 気持と, 氣持が, 泊って, 満足を, 演じて, 為ること, 爪を, 父である, 物として, 現在が, 生みの, 生れた国, 生んだ娘, 生存の, 生家の, 生活とは, 生活も, 用事を, 田の, 男を, 町の, 画の, 留守中に, 疑いを, 疑惑を, 病気は, 皿に, 目前に, 真価を, 真意を, 眼底に, 着物が, 着物や, 知った人, 知識は, 短所を, 研究に, 神経に, 秘蔵の, 穴へ, 空想で, 穿いて, 窓の, 窮状を, 立場として, 立場も, 筆を, 粗忽を, 絵の, 罪悪を, 義務だ, 老いを, 考が, 考へ, 考へが, 考への, 者に, 耳で, 耳へ, 聲の, 職務の, 肉体と, 股を, 肩から, 能力に, 脇差で, 脚で, 腕く, 腕と, 膝頭を, 自信を, 自動車を, 自由には, 舌で, 良人に, 良心が, 芸が, 草鞋を, 荷を, 血と, 血に, 血液が, 行いを, 行く手に, 行先を, 行動の, 行動は, 行手を, 袂から, 袖に, 襟を, 見解を, 親を, 親愛な, 親戚の, 親旅人, 言つた, 計画は, 話が, 誤解を, 説明を, 論理を, 財布の, 貧しさ, 責任である, 責任では, 買って, 質問を, 趣味で, 足袋の, 路を, 身から, 身には, 身の上話を, 身体や, 身辺の, 身近かに, 身體で, 返事が, 進むべき道, 運命と, 運命に対する, 邸を, 部下を, 郷里を, 醜態を, 長所を, 関係が, 難儀を, 霊魂が, 非力を, 面の, 面倒を, 領地に, 領地の, 領域を, 頬っ, 頬の, 頭では, 頭へ, 頭上に, 頭上の, 頸に, 顔いろ, 顔つきが, 顔色が, 食慾を, 髯を, 魂と, 鼓膜に, 鼻先に

4 [619件 抜粋] ありのままの, いない留守, いふこと, いる場所, うけて, うしろで, お嫁, お道化, お金が, かいた絵, かけて, ことながら, ことなどは, ことなんか, ことよりも, この手, この研究, この頃, これまでに, したい事, した仕事, すぐ傍, すぐ眼, せいだ, その心持, その時, それまでの, ためでなく, ためにばかり, ためばかり, だと, つとめを, ひそかな, ふところから, ふところの, ふとん, ぼんやりした, まえの, まだ曾, まわりには, ものであり, ものという, ものとしては, よく知っ, よく知つて, ウチへ, コップに, コップを, デスクの, プライドを, ベストを, 一切を, 一命を, 一寸した, 一時の, 一生も, 一生を通じて, 上には, 上着を, 上衣を, 不始末, 不機嫌, 不覚を, 両の, 両手で, 両親の, 主人に, 主人を, 主張する, 主観の, 二番目の, 云い分, 云う通り, 云った事, 亭主に, 人形を, 人格に, 人生から, 今いる, 介抱を, 仕事で, 仕事である, 仕業だ, 以前の, 仮面を, 伜の, 伯父の, 住居として, 体内に, 体験に, 作つた, 作品で, 作物が, 信仰する, 信仰に, 借りて, 借金の, 健康に, 働いて, 優越感を, 元の, 光を, 全力を, 全財産, 全身が, 兩手を, 内から, 内部から, 出る幕, 出世の, 出来ること, 刀の, 分と, 分の, 判断力を, 別荘の, 利害に, 前では, 前において, 剣を, 勉強は, 動いて, 勝手の, 勝手ばかり, 半生を, 卓に, 友だちを, 友達と, 友達に, 双肩に, 受け持ちの, 口からは, 口は, 名誉の, 周りに, 周りを, 周囲で, 味方だ, 味方である, 呼吸が, 呼吸で, 哀れな, 品格を, 唇から, 商品の, 問題の, 問題は, 喜びと, 喜びや, 国と, 場合では, 場合の, 場所へ, 境涯を, 声も, 変化を, 夢想を, 天分に, 失策に, 奇妙な, 好きで, 好みから, 妻だ, 妻子を, 姓名の, 姪の, 娘である, 婿に, 子で, 子である, 子でない, 子ながら, 子供である, 子供にも, 子供も, 字を, 存在に, 存在について, 孤独の, 室まで, 害に, 家だけ, 家であった, 家ながら, 家までは, 家より, 家庭に, 家族が, 家来の, 家系の, 容子を, 容態を, 専門が, 小さな胸, 小さな部屋, 小屋を, 居る家, 居場所に, 工場に, 工場の, 師と, 席で, 帰って, 常識の, 年齢の, 幸福が, 幸福と, 幸福な, 幸福も, 幼年時代の, 幼年時代を, 座右に, 座敷の, 影と, 役割を, 役目が, 待って, 徳を, 心, 心へ, 心もちを, 心境を, 心得の, 心持, 心持ちが, 怒りを, 思いどおりに, 思いの, 思い通に, 思う壺, 思う様, 思ったよう, 思つ, 思つた, 怠慢を, 性格が, 性質として, 恋は, 恐怖を, 息の, 悲しみや, 情を, 想像では, 想像と, 意匠を, 意志から, 意志によって, 意識は, 愛人を, 感じに, 懷に, 我儘から, 所から, 所得と, 所有する, 所有物を, 手のひらの, 手もとへ, 手や, 手足の, 技倆の, 技術を, 拳を, 指が, 指で, 指先に, 掌中に, 描こうと, 握って, 損だ, 故郷は, 故郷を, 教へて, 敵が, 敵である, 敵の, 文体を, 文化に, 文学を, 文学的な, 方にも, 星を, 時間と, 智慧に, 書いた物, 書類を, 最善を, 有つて, 望みが, 望むところ, 未熟な, 本の, 本心に, 本質の, 机や, 柄にも, 様子が, 歌に, 歌には, 歌曲の, 歎き, 歯で, 歴史を, 死が, 死と, 死ぬこと, 死骸を, 殻の, 母に, 民族の, 気持では, 氣持を, 決心に, 洋傘を, 浮気を, 涙で, 涙に, 滑稽な, 激情を, 為すべきこと, 為すべき事, 無学を, 熱情に, 熱情の, 爪の, 爲すべき, 父に対して, 父親を, 犯罪の, 状態が, 現在に, 現在を, 現実の, 現実を, 甘さ, 生まれた家, 生まれた村, 生れた村, 生れて, 生活にも, 生活に対する, 生涯という, 生涯も, 用事が, 町を, 畑へ, 異常な, 疲れを, 病が, 病を, 病室に, 病気と, 病気について, 病苦を, 発明した, 発見に, 白い手, 皮膚に, 皿へ, 皿を, 目から, 目下の, 目前で, 目的が, 直覚を, 相手を, 真情を, 真面目な, 眼前で, 知ったこと, 知らないうち, 知らぬこと, 研究室で, 破滅を, 祖先の, 神経は, 秘密が, 空想の, 笛を, 米を, 素姓が, 細君を, 組の, 経て, 経験と, 絵が, 置かれて, 義務に, 考えから, 考で, 考では, 考に, 耳元に, 職責を, 肉体で, 股の, 背負って, 胴から, 胴を, 胸や, 脇差を, 脈を, 脳裏に, 脳裡に, 脳髄が, 腑甲斐ない, 腰かけて, 腸を, 臍を, 船に, 花の, 芸に, 芸術は, 苦悩を, 英語の, 落ち度に, 落度を, 蔵書を, 血が, 行くべき先, 行為に対して, 行為に対する, 行為は, 衣裳を, 衣食の, 衷に, 袂に, 裸身を, 製作を, 襦袢の, 要求に, 見込みを, 視線が, 親友の, 観察を, 言うところ, 言おうと, 言ふこ, 記憶から, 訪れを, 話は, 誕生日の, 読んで, 貌を, 貧乏を, 責任として, 赤ん坊の, 趣味から, 趣味の, 足もとの, 足もとへ, 足許へ, 身の上は, 身をも, 身一つを, 身上を, 躯が, 躯の, 車に, 迂濶, 迂闊さに, 這入って, 運命も, 道に, 道具を, 邸内に, 部下に, 部屋にも, 部屋へと, 醜を, 重さ, 重大な, 金でも, 隠れて, 霊の, 霊魂の, 霊魂を, 面が, 面に, 面白いと, 音楽が, 頤を, 頭脳が, 頸の, 顏は, 顏も, 顔や, 願が, 食事を, 飯を, 館の, 館へ, 首筋に, 馬車に, 馬鹿を, 駕籠に, 骨の, 麾下に, 鼻から, 鼻先を

3 [1099件 抜粋] あこがれを, いいたいこと, いう事, いつもの, いままでの, うかつさを, おかみさん, おでこを, お嫁さん, お心, お腹の, お顔, かたきを, からだも, きて, ことである, こととも, ことなぞは, ことばに, ことより, このごろの, ささやかな, すぐ下, すぐ横, ずるさ, その日, そばから, それは, たねを, どこから, はいて, ほうの, ほうも, まだ知らない, ものみたいに, やりかた, よしと, を持っ, コップにも, シャツを, デスクに, ドン, ノートを, ポケットから, ポーズを, 一個の, 一料簡で, 一生涯を, 一部を, 下着の, 不仕合わせ, 不埒を, 不幸と, 不得手な, 不注意で, 不行跡を, 不運の, 世界は, 両親を, 主人が, 主義に, 主観的な, 二の腕に, 二階に, 云って, 五体の, 人の, 人生に対して, 人間らしさ, 仇敵である, 今夜の, 仕事から, 仕事まで, 仕事部屋に, 企てて, 伜を, 位地を, 住宅の, 体力の, 体臭を, 何か, 作だ, 作つた歌を, 作品について, 使命の, 供を, 信ずる神, 信念と, 信用に, 個性の, 健康な, 側の, 傍の, 優秀な, 先へ, 先祖が, 児の, 全生活, 全部で, 内心には, 内面に, 出場が, 分として, 判斷に, 利益には, 剣で, 力だけの, 力によって, 力自分の, 力量の, 労を, 労作を, 動きを, 勢力が, 匕首を, 半身の, 印象を, 友だちに, 友人に, 叔父の, 受持を, 右足が, 同志の, 名では, 名前や, 名札を, 周囲と, 周圍の, 命までも, 品格に, 商品に, 問いに対する, 喉笛へ, 嘗めて, 國に, 地位は, 坐るところ, 堕落を, 境地を, 夢は, 大小を, 天職を, 夫である, 失敗に, 好いた女, 好みが, 好奇心が, 妹である, 妻である, 姉と, 姓の, 姪を, 姿である, 威嚴を, 娘たちを, 娘としての, 嫁の, 子から, 子供たちが, 存在は, 孫の, 安心が, 実生活の, 室が, 家だった, 家にばかり, 家出の, 家族に, 容姿を, 宿命を, 寝床で, 寝間へ, 寢床に, 専攻の, 専門外の, 小説は, 少女の, 尾を, 居る部屋, 屋敷で, 巣から, 左右前後に, 布団の, 希望や, 年と, 年齡を, 幼い姿, 幼ない, 幼時に, 座って, 座席の, 弟だ, 弱って, 弱点が, 当時の, 影法師が, 役目だ, 彼女に対する, 後へ, 後継者を, 御亭主, 心からな, 心とは, 心まで, 心や, 心情を, 心持ちに, 心持ちは, 心持と, 心臓は, 心配が, 心配を, 志と, 快楽の, 思いつきに, 思うが, 思ひの, 思ふこと, 思惑を, 思案に, 性情に, 性質が, 恋人が, 恋愛や, 恥にも, 患者の, 悲しさ, 悲しみと, 情慾の, 情緒を, 想像は, 意中を, 意図を, 意志通りに, 意見と, 意見をも, 愚かさが, 愚劣を, 愛に, 愛情が, 感情だけで, 感覚に, 態度も, 憂鬱の, 憤懣を, 懺悔を, 成長した, 或る, 所まで, 所在を, 所謂, 手先に, 手柄の, 手落ちに, 手許には, 手近に, 批評を, 抵抗の, 持ってるもの, 持物で, 指から, 挙動を, 描く絵, 故郷が, 教え子の, 教室の, 敵だ, 文章が, 新たな, 方へも, 旅情を, 旦那の, 時計と, 時間を, 智慧の, 書いたものの, 書斎と, 最も愛し, 有って, 望みの, 木剣を, 本分を, 本心が, 本音を, 机へ, 来るの, 桃色の, 様々の, 権利に, 横の, 横を, 次の, 欲するところ, 武器を, 歩いた道, 歴史に, 死んだ子供, 死後は, 母と, 毛布の, 気に入った人, 気分が, 気持から, 氣の, 永遠の, 汚ない, 決心は, 油断を, 注意は, 洒落に, 流儀として, 潔白な, 為したこと, 無二の, 無知と, 無邪気な, 父とに, 片手に, 牛を, 物も, 特殊な, 狂暴な, 独断で, 狭い知識, 率直な, 現實, 理性に, 理解の, 生い立ちを, 生きる道, 生き方の, 生ませた, 生れ故郷の, 生前に, 生命よりも, 生活といふ, 生活について, 生活感情の, 生涯には, 甥が, 畑が, 疑問に, 病の, 病氣の, 痛いところ, 皇后に, 目からも, 目的とは, 相手に, 眼では, 眼付が, 着物で, 瞳を, 瞼を, 知らない間, 知り合, 知れる限り, 知識や, 確信を, 社会的地位を, 空虚を, 竿を, 筆で, 答えを, 精神的な, 素志を, 経営し, 経験では, 結婚に対して, 絵す, 線を, 罪悪が, 罵倒が, 老齢を, 考えだけは, 考え方を, 考は, 考案で, 聲に, 職に, 職場を, 肉体は, 肚を, 胃の腑を, 背で, 背後で, 胎内に, 胸ひとつに, 脆弱な, 脚下に, 脳髄を, 腕一本で, 腕力を, 腰紐で, 腹が, 膝から, 膳を, 自叙伝を, 自然の, 自由だ, 自由の, 興味が, 舟へ, 良人である, 芝居が, 芸術家としての, 若い心, 苦心に, 草履の, 菩提寺に, 葬式を, 蔵書の, 血で, 血管の, 血肉と, 行けるところ, 行動について, 行李の, 表現を, 袖で, 袷を, 裡から, 見たの, 見たもの, 見方が, 覚悟を, 親友だ, 観るところ, 観念を, 触角を, 言う事, 言の, 言葉から, 言葉は, 評判が, 話相手に, 誕生日を, 誠意を, 調子に, 財を, 財産は, 責を, 費用で, 趣向を, 足とを, 足元へ, 身なりに, 身の上には, 身まで, 身体さえ, 身体まで, 身分に, 身許を, 身邊の, 身體には, 軽率な, 軽蔑し, 近くの, 途を, 進退を, 運は, 運勢を, 運命という, 過去において, 過失で, 道徳上の, 遺骸を, 部下と, 部屋へも, 郷里へ, 都合ばかり, 配下に, 野望を, 針箱の, 鏡の, 長男の, 間違いを, 関係の, 陣へ, 隣人を, 霊を, 非常に, 靴音を, 領内の, 頭だ, 頭や, 頭脳は, 額へ, 顔であった, 顔ばかり, 顔色の, 願望の, 風采が, 飼鳥を, 首すじへ, 馬車を, 馬鹿な, 髪は, 魅力の, 黒い影

2 [2996件 抜粋] あけすけな, いう言葉, いない後, いる前, うちだ, おっ母, お宅, お弁当, お葬式, かなしみの, きたこと, ぐるりに, ことだけで, ことでも, ことにばかり, この土地, この社会, これから先, したいとおり, するべきこと, その当時, ためという, だ, できる範囲内, ところから, とって, なしてること, はきもの, は片道, ふところには, ほかの, まともに, むかしの, ものした, ものなら, やり方で, よわさ, わきを, ゐる處, ウチで, サブリ小屋へ, テーブルへ, バンドを, ベンチに, マッチ箱に, 一つおい, 一家が, 一族乃至, 一生涯の, 上品などは, 下宿から, 不具の, 不在の, 不急の, 不滅の, 不足を, 世界観を, 両肩, 中心を, 主体を, 主観から, 乗ろうと, 了見を, 予言が, 事件の, 云おうと, 五体は, 亭主だ, 人生について, 今回の, 今踏ん, 仕事であった, 仕草を, 代理を, 任務の, 伝馬船の, 住まいを, 住居と, 体という, 体力が, 体面を, 何処が, 作品として, 作物は, 価値が, 信ずる道, 信用や, 個人の, 倍も, 偉大な, 僅かな, 儲け口を, 先生である, 全思想, 六歳に, 内気を, 内部生活に, 冤罪を, 処にも, 出来る丈, 分が, 分限を, 初恋の, 利得を, 前なる, 剣が, 創造した, 力なき, 力一つで, 努力という, 勇壮な, 動機を, 勝手を, 半生が, 卓へ, 危ういところ, 去った後, 友達である, 収入に, 口からも, 古い服, 右側の, 号の, 同業者, 名刺が, 名誉という, 吹く笛, 周圍や, 命令で, 品性を, 問に対して, 善良な, 営舎に, 器量に, 四肢は, 國を, 地歩を, 城へ, 場所で, 境遇には, 変化は, 夜の, 大きさ, 大学の, 天性が, 天職の, 失敗が, 奥底を, 女学校へ, 好き嫌ひ, 好む所, 如きもの, 妹でも, 妻とは, 妻子の, 姉を, 姙娠を, 姿で, 威勢を, 娘達の, 子という, 子丈, 子供だけは, 子供らし, 子孫が, 孤独さに, 学生の, 安静を, 実力で, 実家に, 客を, 家じゃ, 家について, 家よりは, 家来を, 容態の, 宿命的な, 寛大さを, 寝小便を, 實生活を, 専門は, 將來の, 小ささ, 小なる, 小舎の, 小遣として, 少女時代の, 居た場所, 居ツ家が, 居所も, 屋敷内に, 屬し, 工風を, 差して, 希望として, 帰りの, 平生を, 年齢から, 幼いとき, 幾人もの, 度胸を, 庭園の, 弓を, 弱みを, 影だ, 役は, 役目な, 後ろについて, 従弟の, 心でない, 心より, 心底に, 心持蒼く, 心臟に, 忍耐力が, 快楽に, 思いが, 思い通りを, 思つてゐた, 思想だけを, 思考の, 性欲が, 恋して, 恋愛が, 恐怖心に, 恨みを, 息子たちと, 恰好に, 悪い癖, 悪魔的な, 悲歎や, 情熱に, 想像が, 意図が, 意志でなかった, 意思で, 意見で, 愛した男, 愛妻の, 感じるよう, 感想とを, 感覺を, 慰めと, 憤りの, 懷へ, 戀人が, 戸口に, 所有のを, 所業を, 手でも, 手もとで, 手先が, 手廻りの, 手柄話を, 手足で, 才分を, 打算から, 技芸たる, 抵抗力を, 拳固で, 持主を, 持船を, 指紋を, 掌中の, 推測では, 提議を, 支度は, 故郷や, 教育を, 文句が, 料理を, 方だ, 旅が, 日々が, 日記帳を, 明日の, 時代と, 普通の, 暇を, 書いた芝居, 書斎が, 書見の, 最初に, 有する性質, 望む種子, 未来に関する, 本來, 本性を, 本職を, 村は, 条件を, 東京に, 枠の, 棚から, 楽しみに, 構造を, 機智に, 欲するとおり, 欲求を, 歓びを, 歩くところ, 死という, 死よりも, 残して, 母である, 母や, 毎日の, 気分には, 気持ちも, 氣が, 汚名を, 法則を, 注意の, 流儀で, 清浄な, 満足は, 激しい言葉, 為の, 無気力な, 無謀を, 煩悶を, 爲事の, 父との, 父親に, 片腕に, 物には, 特権を, 犯行の, 独白に, 獲物を, 現在も, 理想から, 生い立ちの, 生まれた国, 生れた時, 生命にまで, 生活では, 生活内容を, 生活資料を, 用が, 田に, 男が, 画室で, 留守宅に, 異様な, 疑惑が, 病弱を, 病院の, 発情を, 発言を, 盃の, 目的といふ, 相方の, 真前に, 眷族の, 眼中に, 眼前を, 睡眠を, 知つてる, 知らない物, 知らぬ部分, 知力を, 短気を, 研究室へ, 社へ, 祝福を, 祠を, 秘密な, 穴を, 空腹を, 窓にも, 立場をも, 竹刀で, 答えも, 籠を, 糞尿を, 納得の, 素人考えでは, 細い腕, 経験とは, 結婚生活の, 綽名を, 罪である, 罪悪の, 美しかった, 美貌や, 義母を, 老後の, 考えること, 考へだけを, 耕す寸土, 聖書を, 職務には, 職責は, 肌から, 育てた金魚, 背へ, 胸いっぱいに, 能力は, 脊に, 腕や, 腰へ, 腹部が, 膝小僧に, 臓腑を, 自然な, 致命的な, 舎へ, 良人と, 花嫁を, 芸術で, 苦しい心, 苦労の, 苦痛が, 莫迦らしい, 著書の, 薫育の, 虚栄心を, 血とで, 行く先が, 行動感情の, 行爲の, 表面に, 裏側に, 襟に, 見た事, 見解が, 規則で, 覚悟の, 親切さには, 親類の, 解放を, 言った言葉, 言文一致を, 計らい, 記憶は, 診察室に, 詰所の, 誇りを, 語学力の, 読み古し, 論文は, 議論が, 財布は, 貧弱を, 質に, 足へ, 足元に, 跡から, 身こそ, 身へ, 身体について, 身命を, 身近くで, 車が, 軽挙を, 近いた, 返事に, 通路と, 進歩の, 運命とが, 過を, 過失から, 道業も, 達者な, 遺産を, 部屋か, 部屋との, 郷里に, 醜い顔, 重味で, 金では, 釣竿で, 鎖を, 長男を, 関係した, 附添の, 陰に, 隣りの, 霊が, 静かな, 面目の, 音楽に, 領を, 領土の, 頭だけで, 頭髪を, 顏, 顔つきに, 顔に対する, 願いは, 風流は, 食卓の, 養女に, 首尾を, 馬車の, 駕籠の, 骨露はに, 髪が, 鬱憤を

1 [18935件 抜粋] ああし, あの物語り, あらゆる苦難, いい年, いちばんよい, いふ所多くは, いる級, うちが, おさかずき, おんなの, お師匠様, お腹が, かかり合いに, かつて識, かわいい顔, くつの, こころなんか, ことでなくなれ, この一章, この感情, この食生活, ごむ靴, した報告, しんが, すみかは, そういう位置, その実感, その重要, たくさんの, ためとも, ちょっと人, つまらぬところ, とこのを, とりとめも, どんな大きな親切, なすべき職分, ねぐらを, はしたない身なり, は死んだ, ひどい姿, ぶんだけ, まだ意識下, むなしい要求, もつた大いなる, ものへ, やせ加減, ゆくすえ, よりどり随意, ゐる社会, アカデミッシャンらしい, ウォーズウォルス詩集に対する, カラダが, グリーシュトカの, シーオリーを, タメトモに, ハイカラな, ヒステリー的傾向, ベートーヴェンで, モウケに, ロシア語の, 一子勝太郎が, 一日一日に, 一番大切だ, 一身上について, 三十弗を, 下らない当推量, 不人望, 不完全を, 不摂生の, 不自由さに, 与えた賞讚, 両側を, 中也といふ, 主人公の, 主観を, 乘つてゐる, 予備知識が, 事でした, 事務机へ, 云いたかったこと, 五臓へ, 人から, 人生も, 人間観が, 今書こう, 仕事と共に, 仕掛けた罠, 令で, 任の, 会社へ, 位の, 住んでる国, 体さへも, 体系中に, 余生を, 作中人物を, 作業台の, 使命に, 俗な, 信徒である, 修行未熟を, 値遇の, 偶像である, 働き一つで, 元氣, 先祖代々の, 入る家, 全部でない, 其学校に, 内攻的ヒステリーを, 冒険の, 凡庸な, 出会ったこと, 出生に, 分などの, 切願を, 利害關係を, 刺した加島屋, 前身つまり, 創作集の, 力一杯に, 助けには, 勇猛という, 動作では, 務めは, 勤めを, 十八頃を, 卑劣根性より, 印形も, 厭に, 友達とかと, 叔父を, 受けた苦い, 口へも, 古い研究, 召抱えて, 合い札の, 同胞たちに, 名前だけは, 吐いた煙草, 告白の, 味方として, 命までが, 品位も, 商売にとっての, 善いこと, 喜んだ様子, 嘗めた苦心, 四隅を, 国にも, 土地以外に, 地方内へ, 城楼の, 塒の, 墓穴でも, 声音を, 外出する, 夢と, 大事を, 天分でも, 夫に対しては, 失礼と, 女なら, 女房らし, 好まぬ候補者, 好奇心の, 如何にも, 妹風情の, 妻妾娘さえ, 始終行っ, 姿までが, 娘までも, 嫁振, 子であった, 子供たちとも, 子供等との, 存在に対する, 学校から, 學問を, 安手な, 宝物で, 実践上の, 宮に対する, 家への, 家庭では, 家業柄を, 宿世の, 寐間へ, 寝間に, 寫生を, 専門, 尊崇する, 小さい洋傘, 小さな汽船, 小太鼓で, 小説で, 少年時代に, 居まわりを, 居間では, 属す階級, 工合で, 差当りの, 師の, 帶へ, 平穏を, 幸福である, 幼く悲しい道化, 店と, 廊下と, 引け目の, 弟子分の, 強いこと, 形と, 影法師は, 待つて, 従事する, 得心の, 御膳の, 心がけ次第です, 心事に, 心持との, 心神や, 忍び笑いで, 忠実な, 思いつきが, 思い違いで, 思ひ付き, 思想行動經驗氣分を, 性分が, 性能を, 恋にか, 恐ろしい声, 息に, 悔いる心持, 悪口が, 悲喜を, 情熱まで, 想像力の, 意地一つだ, 意欲する, 意識的な, 愛した女, 愛刀と, 愛馬を, 感化を, 感想の, 態度へ, 憂愁とともに, 懐ろへ, 成功に対して, 戸主を, 所書きも, 所見を, 手について, 手元からは, 手柄話なら, 手足伐られる, 才能容貌魅力, 技術をも, 拇指を, 持ちの, 持つ心, 持席を, 指輪を, 掌でた, 探す人, 推量が, 揺椅子へ, 支配者である, 政策上から, 教えは, 敵する, 文学的教養を, 断定と, 新子に対する, 方向が, 既往を, 旦那様から, 易断の, 時間に対する, 暗い秘密, 書いた問題, 書く心もち, 書籍代や, 最信用, 有仰る, 望むすべて, 未来にたいする, 本妻が, 本業に, 机上から, 来た所, 枕頭に, 根深い環境, 植え場所, 榮華の, 権力や, 櫂を, 欲せぬ, 歡樂の, 此世における, 歩調に, 死ぬ一年, 死所, 殺した生, 母親達の, 気から, 気に入った絵, 気もちの, 気持ちから, 氣ぶんでは, 求めるの, 沓の, 泣き顔を, 洗面器が, 浅ましくなる, 淋しいの, 渡世を, 演り, 火傷を, 為ギリシアテキストから, 無実の, 無限の, 熱心に, 父か, 片意地な, 物でで, 特徴であり, 犯罪經歴から, 独創性を, 献身的な仕, 玩具好きから, 理想でも, 甘い商売物そつくり, 生き方である, 生れた國, 生れ故郷よりも, 生命については, 生徒を, 生活中に, 生活費, 生長が, 用ゐる, 田舎へだって, 男前と, 畑ばかりへ, 異国的情調を, 疲れて, 病気については, 痛みな, 発した質問, 發育ざかりの, 皺くちゃに, 目前の, 直ぐ後に, 相手だ, 真価より, 眼からは, 眼覺めた, 睨んで, 知らないおもしろい, 知らぬ危険, 知合を, 短歌の, 研究運命の, 社会生活が, 祖母に, 禁じて, 秘密でも, 種族とに, 空想力に対して, 窶れた顔, 立場ばかり, 笑う声, 筋肉と, 箪笥の, 精根を, 紅の, 素手な, 組で, 経験するよろこび, 絵で, 綴った二編, 縄張の, 罠に, 置く処, 美貌から, 習慣に, 考えかたが, 考えるところ, 耕作地へ, 聞きたい言葉, 職務に対して, 職業柄日本はいふに, 肉体力への, 肌身を, 肩や, 胃自分の, 背負い袋, 胸元を, 脊髓が, 腓を, 腰帯を, 膝が, 臣諸, 自我が, 至って閑そう, 舟は, 良心も, 芸によって, 苗字が, 苦しい時, 苦痛で, 草鞋など, 菩提所で, 著書大, 蓬, 藪から, 血し, 行きたいまま, 行つた, 行為, 衣紋などを, 袋へ, 裡にも, 襟首を, 見た二三, 見世物の, 見聞に, 視神経を, 親たちと, 親方の, 角帽を, 言い分が, 言伝て, 計画通りに, 許され難い, 評言を, 話で, 語り度い, 説いた法, 読者は, 謡を, 豪奢の, 財布とが, 貧窮を, 貯金額の, 貸借対照表の, 贔屓俳優は, 越度だ, 足りなさ, 跡目に, 身ぐるみ生命までを, 身の上ばなしを, 身体ぢゆう, 身勝手な, 身體より, 軽いながらも, 農場から, 迫害者の, 逃げる時間, 造った人形, 進む方向, 遊興を, 過ぎたこと, 過失死を, 道楽自分の, 選んだ墓, 邸まで, 部屋へまで, 郷里岩代国の, 酒場ぢや, 里などへ, 金だ, 鉱山における, 録音放送を, 鑑賞眼を, 長持と, 間近に, 限度を, 隊も, 隣人からも, 雪を, 青春に, 面目な, 音楽性が, 領分外だ, 頭より, 頼みに, 顔だち, 願った諦めを, 食い扶持の, 食慾に対して, 養女などとは, 首も, 馴れたしょうばい, 骨折ぶりを, 髪のみ, 魘される声, 默つて居る

▼ 自分~ (15316, 10.0%)

165 自分の 97 それを 51 彼の 37 これを 30 此の 28 今まで 27 非常に 26 何も, 何を, 彼女の, 自分で 25 何の 24 その時, 急に, 黙って 23 それに 22 ここに, この時, 母の 21 今の 1918 驚いて 17 心の 16 兄の, 斯う, 自分が, 自分を 15 それが, 人の, 子供の, 彼が, 父の 14 これまで, すぐに, 思う, 手を 13 さう, どこに, 何か, 信じて, 彼を, 気が, 答えた 12 ここで, どうかし, 他の, 少しも, 日本の, 生きて, 自分だけの

11 [11件] いつまでも, この男, そこに, それから, ただ, 一人で, 三沢の, 例の, 固より, 思つた, 立って

10 いつでも, これに, これらの, 何にも, 君の, 死んで, 死んでも, 母から, 知らない

9 [11件] この人, こんな事, そうは, それで, どこまでも, 何と, 先に, 女の, 敢て, 日本に, 母と

8 [20件] ここへ, その人, それは, そんなこと, どうなる, ひそかに, 一種の, 之を, 二人の, 云つた, 今日まで, 妻と, 始めて, 彼に, 彼女が, 彼女に, 後から, 見た, 身を, 首を

7 [29件] あの人, こう云う, このよう, この書, これまでに, それらの, ただこの, どうする, 人間の, 今この, 今では, 今でも, 今度の, 今度は, 仕方なし, 何という, 出来るだけ, 前に, 君を, 彼女を, 彼等の, 後に, 或る, 曾て, 最後に, 東京へ, 甘んじて, 眼を, 見たこと

6 [44件] あなたの, いつもの, お重, かねて, これで, そのあと, その日, その間に, どうあっ, どうした, どうしたら, どうしよう, なにを, ほんとうに, 二階の, 今から, 今は, 今迄, 仕方が, 何んな, 君に, 娘の, 当時の, 彼等を, 心に, 思った, 思ふ, 思わず, 急いで, 持って, 普通の, 最後の, 朝から, 次の, 此等の, 歩きながら, 死ぬの, 母に, 永久に, 考えて, 自分に, 親の, 酒を, 顔を

5 [70件] おせい, お兼さん, こうも, こう云っ, このこと, この問題, こんなこと, して, そこまで, そつと, そのため, そのよう, その場, その頃, だまって, どういうもの, どうすれ, どうなっ, どこか, どこへ, なにも, まだこの, もつと, 一人の, 一介の, 一緒に, 不図, 乞食の, 云った, 今も, 今日の, 今更の, 何かの, 何よりも, 信ずる, 兄に, 先生を, 其を, 出て, 叫んだ, 声を, 夢を, 太陽の, 女に, 妻に, 嫂の, 学校の, 家の, 年を, 床の, 彼らの, 思って, 感じた, 明らかに, 最初から, 机の, 東京に, 林町へ, 歩いて, 涙を, 父が, 父に, 現在の, 生れて, 知って, 考える, 腹の中で, 自由に, 茲に, 静かに

4 [135件] あなたを, あの時, かうして, こ, ここを, このまま, この二つ, この作, この声, この女, この子, この点, この種, この言葉, この道, この部屋, これが, これほど, さっきから, そうで, そう思う, そこで, そのとき, その中, それと, それとなく一見, それに対して, ただ自分, どうしてもこの, どうだろう, どうな, どうにかし, どう云う, どぢ, どんなこと, なんという, ふと大尉, ぼんやりし, またお, また三沢, また自分, まだその, もうこの, もうその, もう何, もう死ん, ハッと, モスク, 一つの, 一個の, 三沢に, 不思議な, 不意に, 世の中の, 世界の, 久しぶりで, 二つの, 二頭の, 人に, 人間を, 今その, 今までの, 今机, 何かに, 何し, 何とかし, 何とも, 何んとも, 何事も, 兄と, 兄を, 先生の, 其れ, 初さんに, 別の, 前の, 力と, 友の, 変な, 大に, 如何に, 妙に, 娘を, 子供を, 孤独だ, 安心し, 完全に, 家へ, 家を, 小供, 小児の, 少くとも, 山の手の, 平岡の, 年が, 彼に対して, 彼女と, 後の, 憤と, 所謂, 故郷の, 斯うし, 暗い中, 村上海軍大尉と共に, 東京の, 植物の, 正直に, 此處に, 母を, 煙草を, 父と, 犠牲に, 現代の, 田舎の, 男の, 直ぐに, 相変らず, 真の, 確に, 結婚の, 罪を, 腰を, 自分だ, 自分だけで, 自分と, 苦しい, 衷心から, 見て, 起きて, 足を, 部屋の, 金の, 餘り, 馬鹿で, 鼻の

3 [235件] あの女, いったい何, いまこそ, いま自分の, お前を, お杉, かう云, からだを, ぎょっとした, こう答え, ここでは, ここの, この, このやう, この世界, この人たち, この家, この戦争, この手紙, この画, この詩集, この辺, この點, これと, これは, さうし, さまざまの, すぐ, すべての, そこへ, そのこと, その不安, その傍, その前, その晩, その男, その隣り, それだけの, そんな事, たまらなくなった, ちっとも気, どのよう, どれだけ, どんなところ, なぜか, なって, なんの, ひとりで, びっくりし, ふと口, ほかの, またその, また彼, まだ十分, まだ子供, みんなの, もうあの, もう駄目, もって, もとの, わずかに, ヒラメの, 一人も, 一文も, 一日も, 一枚の, 三沢と, 三沢を, 上野の, 下女の, 下宿へ, 不幸な, 事務所の, 二階へ, 京都の, 人と, 人生の, 今こそ, 今に, 今までに, 今初めて, 今正に, 今自分, 仕事が, 他人の, 何, 何う, 何とは, 何とも云, 何とも云え, 何と云, 何処までも, 例によ, 健全な, 傘を, 僅かに, 元の, 元より, 兄から, 兄が, 先へ, 先頭に, 入口の, 其那に, 写真を, 冬の, 凡ての, 出かけて, 出来る丈, 初さんの, 初めから, 前から, 力の, 勿論の, 又し, 口を, 右の, 名も, 君が, 唯一人, 單に, 嘘を, 城の, 外へ, 多くの, 天地の, 失望した, 好んで, 妻の, 娘に, 安ん, 安倍さんの, 家から, 家に, 寒さ, 寺の, 對手の, 小さい時, 屡, 左右の, 席に, 平気な, 幾度か, 座して, 庭に, 彼と, 彼らを, 彼れ, 從來の, 心を, 心臓が, 思い切って, 思ふの, 恋を, 息を, 愛すること, 愛の, 慌てて, 手に, 手紙を, 支那の, 新らしい, 旅の, 日本を, 日頃から, 昔から, 是等の, 暗黒の, 月の, 来たの, 東京を, 楽を, 母が, 気の, 氣が, 水の, 江戸時代の, 決してそんな, 涙が, 涙の, 漢の, 火鉢の, 玄関の, 生命の, 益, 目を, 相当の, 相手の, 真実を, 真面目な, 眠って, 確かに, 秋草を, 種々な, 種々の, 空を, 窓から, 立つて, 笑ひ, 素直に, 絶対に, 聞いた, 聞いて, 胸に, 胸を, 腹を, 自然に, 興味を, 芝居へ, 落ちついて, 薄命な, 蚊帳の, 西の, 覚えて, 誤って, 誰かに, 誰の, 諸君の, 近頃, 過去に, 道の, 酔って, 長い間, 長火鉢の, 長蔵さんと, 隠居し, 隣の, 非常な, 面白いと, 風呂に, 馬に, 馬鹿だ, 馬鹿な, 馴, 驚いた

2 [933件 抜粋] あとで, あの冷酷, あらしの, ありがたいこと, あわてて, いかにし, いそいで, いつに, いままで, いやだ, いよ, えも, お勤め, お母さんと, お糸, お道化, お酒, かういふこと, かの女, かの妻君, きつと, けっしてこんな, こういうところ, こうし, こう云った, ここまで, こちらに, ことさらに, この事件, この人間, この商売, この場合, この尊敬, この年, この数日来, この日, この春, この本, この田舎, これからも, これまでの, これより, こんなところ, こんな本箱, さつきの, さる娘, しまったと, すぐその後, すでにその, すまして, そう思っ, そこ, そこの, そっとこの, そのつもり, その事件, その傍ら, その声, その大きい, その子, その悲しみ, その手, その次, その永遠無窮, その父, その背後, その話, その返事, それにも, それまで, それ迄に, そんなもの, ただその, ただ一人, たちどまった花束, だれよりも, ぢつ, ついに彼女, とっさに, とつさに, どういう風, どうかする, どうしても長吉, どうで, どこかへ, どこを, どちらを, どっちの, なぜだ, なるほどと, なんにも, ひとの, ひどく感動, びつくりし, ふいと, ふとこんな, ふり返っ, ほとんど毎日, ほんとの, またこの, また何, また例, また子供, また男達, まだ, まだそれ, まだ一度, まだ何処, まだ年, まだ手紙, まだ確か, まだ青年, むしろ織田, もうあんな, もうこの世, もうじっとし, もうひとり, もう今日, もう大人, もう泣く, もどかしさ, やはり何物, よかった, れいに, われを, ケロリと, トムさんの, トルストイの, ビールを, モウ直視する, 一と, 一も, 一体どこ, 一口に, 一年中最も, 一日家に, 一生の, 一生懸命に, 一盻の, 一般の, 一途に, 三人の, 三四着の, 三沢が, 不信心者だ, 不思議に, 不意と, 不本意乍ら其授業, 世に, 中学の, 久保田君の, 事を, 二十一歳彼は, 云い難い, 互の, 亢奮し, 人が, 人生から, 人知れず得々, 人間だ, 人間中で, 今が, 今こんなに, 今何の, 今先生, 今小笠原, 今度雨の, 今日自ら進ん, 今東京, 今茲に, 仏国の, 仕事の, 他に, 他人に, 以上の, 仰向けに, 仲間に, 体の, 何うしたらい, 何といふ, 何心なく, 何故こんなに気まり, 何故に, 何日からとも, 余りの, 作家として, 俄かに, 俳句の, 倉地を, 停車場の, 傍に, 傍の, 備中松山五万石板倉周防守の, 儲けの, 兄に対して, 先刻から, 全體, 八畳の, 六冊物の, 其処の, 其時稚, 其責を, 再び猛然水, 切腹した, 別に何, 到頭心, 剣を, 勝手に, 十分に, 午後の, 却って彼女, 原稿の, 友人の, 友達の, 古いつぎだらけ, 可なり, 司令部の, 呉に, 和泉屋市兵衛を, 唯その, 問うた, 問題の, 善良な, 喜んで, 喰べ, 四方を, 囲炉裏の, 堕落し, 堤を, 夕飯を, 外国へ, 多少の, 夜が, 夢から, 夢の, 大の, 大兄に, 大阪の, 天下に, 夫人の, 女が, 女房を, 女色煩悩を, 好意を, 妙な, 妻を, 娘と, 嫂と, 嫂を, 嬉しくて, 子を, 子細あっ, 孤独である, 学者でない, 宛然大聖人の, 実際この, 実際上, 客と, 室に, 家が, 寝て, 寝台の, 寝返りを, 尊敬する, 小学校の, 小説などを, 少しでも, 少しは, 少し情けない, 少年から, 山の, 山田を, 己れ, 帝王である, 常に自分, 平然として, 平生の, 幸いに, 幼い心, 幼少い, 幼少の, 幾度も, 店の, 庭へ, 弟に, 当分帰らない, 彼らが, 彼らに, 彼女にも, 彼等が, 後年に, 得意に, 心持が, 忘れずに, 思い違いを, 思つてゐる, 思わず口, 急き込んで, 恁信じた, 悦んで, 悪くなく, 想像する, 愚物である, 愛を, 感ずる, 感情的で, 憐んだ, 懐中から, 或事, 或物, 戦車の, 扉の, 手拭を, 承知し, 持つて, 捕縄を, 放蕩し, 敵の, 敵勢の, 斯う呟いた, 斯くの, 新たに, 旅行する, 既に五年, 既に自分, 日が, 日本で, 日本へ, 日本人である, 日記に, 早くも, 昔の, 春が, 昨夕寐つかれない, 昨日の, 是非とも, 時々見廻り, 暗い所, 更に恐怖心, 最早以前, 本を, 札幌の, 杯を, 東京者である, 林町に, 果してそれ, 根本的に, 椅子を, 極めて洒, 横手の, 欺された, 正しい勇ましい道, 此公園に, 此処へ, 此日程此校長の, 此時全く, 此時立つ, 此村に, 死せる, 死ぬるの, 死んだもの, 殺されまだ, 殿下の, 母屋の, 氏が, 気づいて, 気に, 決してこの, 決して此土地, 決して自己, 決して船, 沢山の, 泣く泣く砂礫, 浅草の, 海上に, 涙流し, 満足だ, 潔白だ, 濡れて, 無意識の, 然し自ら日本一, 燐寸を, 父母の, 物蔭に, 特殊人だ, 独りで, 猛雨, 獨り, 現實, 生来の, 生活の, 用人の, 田舎で, 男に, 男達に, 異常な, 疑ひも, 病気に, 病気療養の, 癪に, 盛んに, 目で, 直接に, 看護人なにがしの, 看護婦を, 真個に, 真紀子を, 眼の, 着物を, 知らないと, 知らぬ顔で, 知事や, 碌に, 神の, 秋が, 秘かに, 空腹に, 立ちながら, 立ち上がって, 笑いながら, 箸も, 純粋に, 結婚し, 縁側に, 老師の, 考へた, 耳が, 肉体と, 胸きりの, 腹が, 腹でも, 自分から, 自分である, 自分として, 自分なりに, 自分ひとりで, 自分よりも, 自分一人の, 自己の, 自転車で, 興に, 船に, 良人と, 芸術家だ, 苦笑し, 英雄に, 茲で, 草鞋を, 落葉した, 蒼々たる, 街に, 衰へて, 衷心この, 袖を, 裏の, 見ないけれども, 親が, 観て, 言下に, 言水の, 詞を, 詩人である, 誰からも, 誰にも, 諸君と, 謹んで, 貴方を, 貴殿の, 質の, 足が, 路傍の, 躊躇した, 身体が, 近所の, 近頃えらい, 退いて, 途中で, 道に, 遠慮し, 郷里の, 重吉の, 金を, 金持ちの, 鉄道の, 鎌倉の, 長蔵さんに, 門を, 闇の, 隠しじるしを, 隠居の, 雨が, 雪より, 霧の, 静に, 鞄を, 頭の, 飯綱の, 飲まずに, 馬を, 驚かないの

1 [9748件 抜粋] К, あくまでも知らず, あながちそうとは, あの化け物, あの瞬間, あまり女, ある友, あれが, いいとしても, いきなりガミ, いくら幸, いったいいつ, いつか手を, いつのまにこんな, いつも一枚, いつも負け, いまだ一面識, いま溌剌と, いらないもの, うっかり食った, おおかたこれ, おちぶれた男, お亡くなり, お慈悲, お角さん, かう考へて, かくれて, かつて白鳥会時代, かの反対党, きっと勝つ, きわめて簡略, けっしてそうは, こういう比較的, こう云い, ここにおいて, このごろ相撲に, この三階, この体, この唄, この学校, この心持ち, この旅, この本尊, この無口, この私塾, この自然科学, この誘拐, この鋭い, この饅頭, これから修行, これなら, こんなに二人, こんな山, こんな荒んだ, さしゑ出身である, さつさと, さらに飜, しばしば日記, しみじみした, じっと寒い, すぐ二人, すっかりの, すべてを, せっせと復習, そういう風, そう覚悟, そつぽ, そのつぎ, そのまま扉, その三人, その側, その咎め, その宿命, その後しばらく, その感情, その時三公, その時知つて非常, その欠点, その盂蘭盆, その芸術家, その貧しい, その風, それだけに, それには, そんなおまじない, そんな心がけ, たえられなくなって, ただただ天, ただ使い, ただ愛する, ただ調練, たまらなくいや, ちかって, ちょうどこの, ついさつき, つくづく前, できなかったの, とうとうひとり, とうにただ, ともあれせめて, どうしてこうも, どうしても明るい, どうして文学ノート, どうに, どこかの, どの位, どんなになったろう, どんな後家, なお依然として, なぜこんなに淋しく, なにか今の, なれなかったこんな, のこりの, はたして何, ひかない, ひとり後から, ひどく華やか, ふとする, ほかで, ほんとに済まない, まじめな, まず日本, またのぼせた, また夫婦, また歸村, また黙った, まだ一向に聴い, まだ妻帯, まだ此の先, まだ苦しい, まつすぐ, まるで素人, むしろ心外, もうこれ, もう一口, もう出, もう妻子, もう招ぎ, もう確か, もちろん, もっと早く, もと山, やがて都, やはりなにか外, やはり異, ゆき子の, ようやく窓, よく土藏, よほどそれ, ろくろ首の, わざとしおしおと, わりに好き, インチキ, カンテラを, クリミヤの, シナ仏教の, タカを, テーブルを, ハイカラの, ピアノを, ベンチへ, マンを, リュックサックから, 一つ単独行動に, 一人娘である, 一分も, 一寸かるく, 一度び竹屋橋場今戸, 一日と, 一枚, 一生忘れまい, 一箇の, 一順町を, 三人息子が, 三月九日の, 上向態に, 下山した, 不安な, 不採用, 世の, 両先輩, 中学時代に, 主の, 九州佐賀の, 事務所から, 二十九年の, 二度目の, 云うに, 井上一夫で, 人として, 人生にたいして, 今こう, 今どっちかに, 今一度ヨーロツパの, 今凝, 今夜闇太郎を, 今度見た, 今日人前へ, 今死の, 今腰かけ, 今髯を, 他人みたいな, 伊沢千右衛門かたき, 伯林を, 体格で, 何だか訳, 何となく躊躇, 何れの, 何十年も, 何時か, 何気なく配膳室, 余り意外な, 使僧の, 信じます, 俳優として, 健康だ, 僅か三貫目, 元から, 充分に, 先生から, 兒供を, 全く想像, 全たく夢では, 八十磅の, 六波羅の, 其中で, 其後も, 其那片苦しい, 再びそれ, 冷たい心, 出任せに, 切腹が, 初めて見た, 利酒では, 制動室へ, 前部十二吋砲の, 勅を, 勢いとして, 北海道を, 十二位だった, 十時何分かの, 半ば春を, 卒然として, 単身渋江氏の, 却つて何を, 又ああ, 又權力, 反対に, 口に, 叫びたいの, 司馬懿仲達の, 同感する, 向側の, 周圍の, 和歌子にも, 唯だ坐, 商売物の, 嘆息する, 四五年以来数へる, 困惑する, 土曜日も, 坂の, 堅実な, 売国奴と, 夙くから, 夜も, 大きな歓楽, 大事に, 大変幼稚な, 大志によって, 大金持ちに, 天野氏の, 奇人とは, 女と, 女衒を, 妻あり, 始終留守, 婦徳を, 嬉しさ, 存在してる, 学者と, 安岡君の, 実はこの, 実際甚, 家庭を, 寄進物の, 寢ながら, 寫眞と, 將來に, 小っぽ, 小梅署に, 少々歪ん, 少し息苦しく, 少なからず, 就職など, 屡教育, 岡田夫婦と, 川長で, 市が, 帰り際に, 常に此職員室, 平常どんなに反感, 年ようやく, 幸福者な, 幾度この, 店頭で, 廊下の, 弟の, 当の責任者, 当然殉死, 彼奴等の, 後で指弾, 徒歩にて, 御存じない, 心から君, 必ずしも海, 忘れられて, 怒りつんと, 思い知るよう, 思はず口, 思ひ切つて, 思わず独語, 急遽荊州, 恋着せず, 悔いて, 悲哀を, 愈々解らない, 愛して, 感能の, 憎しみによって, 成功すべき, 戦争を, 手傷を, 手酌で, 折角養, 拳闘の, 捕虜の, 擴大され, 故郷から, 教科書をも, 数歩跳び退いた, 文科大学生だ, 新しいソヴェト型, 新撰組を, 旅費も, 日ごろ迷っ, 日本婦人の, 早くから父, 明日から, 昔に, 昨夜印畫に, 昼寝は, 時として彼等, 智慧者だろう, 暢気な, 更に驚いた, 最も計り, 最適任者, 服部氏の, 木偶の坊の, 未だ空, 本当に, 本物だ, 杖を, 松の, 果してどれ, 根の, 森林の, 樂隱居で, 次第に激しく, 正しく朗らか, 此不思議な, 此巨人の, 此觀照の, 歩き, 死ぬだけの, 殆ど一種の, 段々にそれ, 母君に, 毎日苦い, 民族と, 気楽そうに, 永生きするだろう, 決してそこ, 決して悪い, 決して顔, 河東解良, 泣きながら, 泳いで, 浅草観音へ, 海岸から, 淋しく苦る, 深く考へた, 温かい心, 滯留三日に, 激して, 点頭し, 無数の, 無限の, 燈火すくなき, 爺さんの, 特殊部落救済とか, 独り欺かれた, 猟犬を, 獨身生活を, 現に食客, 理論的には, 生きる, 生命ある, 用事でも, 男子の, 畫を, 病人と, 発作性の, 百プロセント死ぬ, 益其感を, 直ぐに悟つた, 直膚, 真に純良, 眠つてゐる, 矢つ, 知らぬ存ぜぬで通せば, 破滅するだろう, 神に, 福島に, 稍安心し, 空想を, 窓を, 立つ前, 笑われても, 箸にも, 精神病院の, 素知らぬ振り, 結婚できた, 絵の, 綿貫みたいな, 繰返した, 美しい容貌, 義血侠血に, 老年の, 耳を, 肉体が, 胎児の, 腰から, 自信と, 自分流に, 自然界の, 舌打し, 色分説に, 芸者の, 苦い兄, 茫々たる, 菅野といふ, 蔭ひなた, 蘇生って, 蝶ちゃん一個の, 行き始めたの, 袋小路の, 西国の, 見るの, 覚えず恍惚, 観世なにがしと, 言明し, 評判の, 語って, 誰人とも, 谷が, 貧乏だ, 買い物を, 赤シャツの, 趣味が, 身寄も, 轢き殺されて, 近藤進が, 追い続けて, 通人でも, 遅れたこと, 道草かしら, 遠野郷に, 酒場で, 重ねて, 金沢華やかなりし, 鍛冶場の, 長椅子から, 閑静な, 陰陽町が, 隠袋, 雪明りで, 電車を, 面も, 韮を, 顏中笑つてゐる, 風流の, 食わずに, 飽くまでもかの, 首肯いた, 駈けて, 高みに, 魅惑に, 黒い水の上

▼ 自分~ (12691, 8.3%)

70 それを 58 何を 51 先に 48 生きて 38 自分の 37 何か 31 ここに, 手を 28 持って 27 それに 26 どこに, 自分を 24 今まで 23 死んで 22 見て 21 悪かった 20 自分に 19 子供の 18 彼の 17 立って 15 出て 14 いやに 13 そこに, その中, 彼女を, 知って, 非常に 12 何の, 前に, 勝手に, 悪いと, 犯人だ 11 して, 如何に, 此の 10 これまで, さきに, 厭に, 急に, 愛して, 母に, 犠牲に, 生れて, 自由に 9 ここへ, 一人の, 口を, 死んでも, 考えて, 馬鹿に

8 [16件] ここで, これまでに, そのよう, やって, 人に, 女に, 思って, 悪いの, 所有する, 来て, 生活の, 目を, 眠って, 自分で, 責任を, 身を

7 [30件] この土地, そこへ, もって, 一人で, 一緒に, 人の, 今の, 今迄, 他の, 何にも, 使って, 命を, 女である, 始めて, 子供を, 家を, 帰って, 彼に, 彼女の, 悪いこと, 斯う, 正しいと, 死ぬか, 求めて, 生きるため, 病気の, 発見した, 行って, 進んで, 青年の

6 [31件] このよう, この女, そんなこと, ひそかに, 一つの, 世話を, 主に, 人を, 人間の, 今日まで, 仕事を, 住んで, 何よりも, 先き, 家の, 小説を, 少しでも, 少しも, 彼らの, 彼女に, 心の, 書いて, 最初に, 歩いて, 殺して, 父の, 物を, 直接に, 眼を, 背負って, 通って

5 [53件] あのよう, あの人, あること, こうやっ, この世に, この家, これを, したの, するの, そこで, そのため, その話, どうかし, どこへ, どんなこと, ひとりで, よいと, よくない, わるかった, 乗って, 二人の, 云って, 今ここに, 今何を, 入って, 其処に, 坐って, 天皇に, 嫌に, 彼を, 想像し, 手に, 手にかけて, 持つて, 日本人である, 書いたもの, 東京に, 死んだあと, 殺したの, 母の, 気が, 気を, 着て, 社会の, 筆を, 結婚する, 聞いて, 自分である, 自分と, 訪ねて, 足を, 骨を, 黙って

4 [87件] あの光る, いること, ここの, ここまで, この人, これだけの, さうし, その人, その時計, その男, それと, それらの, どうなる, どのくらい, ほんとうに, みじめに, ピストルを, 一生の, 下手人だ, 世話に, 中心に, 今この, 他人を, 代って, 代助, 偶然に, 働いて, 先へ, 先生に, 先生の, 全力を, 出かけて, 分らなくなって, 前から, 取って, 同じよう, 呼ばれたの, 変な, 多くの, 夜の, 好きな, 妙に, 実際に, 小さいから, 年を, 引受けて, 彼女たちの, 彼等に, 心を, 心私かに, 悔いられた, 悪いという, 悪事を, 情けなかった, 惨めに, 感じて, 或る, 斃れる, 新に, 日本の, 普通の, 最初から, 最後の, 来たの, 権力を, 正直に, 死ぬの, 死ねば, 殺したと, 泣いて, 満足する, 男に, 病気を, 相手に, 神の, 立派な, 経験した, 結婚を, 自分でない, 船に, 良人の, 責められて, 買って, 身に, 金を, 鏡の, 顔を

3 [197件] いつまでも, おかれて, お高, こうと, こう云った, こう思ったら, このこと, このまま, この世で, この世界, この頃, これからしよう, これほど, これらの, こんなところ, こんな場, さう云, しっかりと, しゃべって, そうである, その場, その家, その役, たった一人, たって, つけたの, つれて, どういうこと, どういふ, どうなるだろう, どうにも, どこで, どのよう, どの位, どんなところ, どんな気持, ほんた, ほんとうの, まだ生き, みじめな, やったの, わかって, わるいの, ベルリンへ, ホントに, 一番よく, 一番先に, 一番高い, 一種の, 不幸に, 不思議な, 世を, 世界で, 世間に, 二階へ, 云った, 云ふ, 京都に, 人から, 人生の, 今どう, 今は, 今何の, 今立っ, 他人に, 代りに, 似て, 何かに, 何かの, 何かを, 何も, 何処に, 何故に, 作家として, 侮辱された, 健康で, 側に, 兄の, 先ずまっさきにその, 全裸体, 凡ての, 出れば, 千鶴子の, 厭な, 受けて, 叱られて, 向うを, 呱々の, 咳を, 国家の, 外出し, 夢を, 夫を, 女だ, 好きに, 如来である, 妻に, 姿を, 嫁に, 存在してる, 安心し, 完全に, 実地を, 寝て, 寫眞を, 少年の, 居なくな, 属して, 幸福である, 幸福に, 床の, 役目の, 怖くなった, 思い切って, 恋して, 恋を, 悪い事, 悲しかった, 惡い, 意識し, 愛されて, 感じたよう, 手づか, 抑, 抱いて, 掴んで, 握って, 携帯の, 斯んな, 旅に, 日本を, 明日死ぬ, 曾て, 有頂天に, 望んで, 本当の, 本気で, 東京を, 正当に, 死ぬと, 死ぬなんて, 死んでから, 殆ん, 残して, 殺される, 水を, 汚れて, 江戸へ, 無意識に, 無理に, 父から, 特別に, 犠牲と, 犯人である, 現在の, 生まれて, 生れた時, 生れてから, 病気な, 病院に, 確かに, 社会的に, 私の, 穢多である, 第一, 答えた, 結婚した, 罪に, 罪人に, 肥って, 自分から, 自分より, 興味を, 若かった, 茲に, 行けば, 褒められたよう, 見ると, 親から, 話そうと, 誤って, 読んで, 誰かに, 負けて, 責任を以て, 身代りに, 連れて, 過去の, 金に, 間違って, 面白いと, 頭を, 食事を, 飲んで, 餓鬼大将に, 首を, 驚いたの

2 [771件 抜粋] あっては, あの女, あの時, あまりにお人好し, ある, あるよりも, いかにも気に入る, いては, いなくなったの, いなければ, いまひどい, いま東京から, いら, いるばかりに, うしろから, うつけた, おかしかった, お久美さん, お君, お杉, かうと, かう云, かの女, からかわれて, こうし, こう云う, こっちへ, この中, この作, この場, この山, この書物, この男, これだけ, これへ, これまでの, こんな図法螺, こんな女, さすがに, させて, した事, しっかりし, しみじみあ, しようと, すでに腸, ずいぶんあくせく無理, そういう年, そう思っ, そのなか, その主人公, その任, その局, その店, その時, その病気, その身, そりの, それについて, それの, それよりも, たいせつに, たかって, たつたひとり, たつた今, ちょっとでも, ついて, どうし, どうしてこの, どう云う, どこから, どれだけ, どれほど, どんなにみえる, どんな事, どんな目, なって, なにか, なんの, ぬかずくこと, はじめて彼女, ばからしくなっ, ひとに, ひどい目, ほめられたの, まごついて, まだあの, まだ読んだ, みそさざいにでも, むき出しに, むす子, もし失脚, もっと早く, やったこと, やったよう, やつと, やると, よく知っ, わからない, わからなかった, わるいと, わるくない, アン, イヤに, ダラクする, ドアを, パリに, ヒステリーに, フランソアを, モスク, モ少し, 一人ぼっちで, 一人前に, 一切の, 一家の, 一度も, 一日二十四時間千四百四十分の内最も, 一条家に, 一生に, 一直線に, 三千代に対してこそ, 三千代の, 三四年の, 三沢の, 下手人である, 下素, 不具である, 不具に, 不幸だ, 不幸にも, 世界の, 世間から, 主で, 主人に, 主人の, 久しい間, 二つに, 二人だけの, 二十五にも, 二度も, 云おうと, 云ひ, 云ふと, 人殺しを, 人間である, 人間として, 今ここで, 今こそ, 今では, 今どこに, 今も, 今云, 今吹き出し, 今善事, 今日その, 今日までに, 今自分, 介添と, 仏蘭西の, 他人から, 他人の, 代わりに, 代表する, 以前に, 仮設した, 休んで, 佃に, 位に, 何ぜ, 何だか今, 何だか心細く, 何だか恥しく, 何やらぶつぶつ, 何人にも, 余りに奇, 作ったもの, 作品に, 作家である, 使うの, 來た, 保管し, 信じて, 信吾と, 偉くなった, 健康である, 傷けられた, 傷つけた蛇, 僕の, 優越な, 兄から, 充分に, 先刻から, 免職に, 入ると, 全責任, 八十で, 其内最も, 冷たく見える, 初めて言文一致, 前の, 助かるため, 助けて, 労働者の, 動いて, 動物の, 勝つと, 勝手な, 医者に, 十ぐらい, 十二歳の, 千鶴子に, 卑怯な, 博士の, 厄介に, 参つてし, 取る歳費, 受取って, 口に, 可なり, 可哀想に, 名を, 君を, 命令し, 命綱とも, 哀れに, 哲学を, 問うと, 喋って, 喬之, 嗤はれ, 嗽に, 国を, 土の, 声明した, 変って, 外国に, 外国へ, 夜に, 夢の, 大切な, 大学へ, 大學, 大阪から, 天地か, 太田二郎である, 夫人に, 女を, 好いと, 好きで, 好んで, 妙な, 姉に, 嫌われて, 子供である, 存在した, 孤独である, 学校で, 実の, 宮に, 家に, 将に, 對手の, 小さくなる, 小娘として, 少しの, 少しは, 尼に, 居ると, 希望し, 帝位に, 席を, 帰ると, 帰るまでは, 平家物語か, 平岡の, 平生の, 幸いに, 幸福な, 幼少の, 座って, 庭に, 廊下を, 廢嫡される, 引取って, 引受けるから, 弟を, 彼から, 征服し, 得意に, 心底から, 忘れて, 怎し, 怪しまれて, 恁う, 恥しくて, 恥ずかしくって, 恩を, 悠々たる, 悪いん, 悪魔に, 悲しいの, 惚れて, 想いを, 愚かであった, 愛するもの, 感ずること, 感情的に, 慈悲を, 懐中し, 或非常, 戦争に, 所有の, 手紙を, 手足を, 承知し, 抱車に, 持あるいた, 持たなければ, 振り向いた時, 捕まって, 捕縛される, 捨て, 掃除に, 握つて, 損を, 故郷に, 教育に, 斃れ, 文壇に, 文学に, 文学の, 斬られたよう, 斬られること, 斯ん, 新たに, 旅中に, 日々この, 日本へ, 昔あの, 昔の, 時々善から, 時代に, 書いたの, 書かねば, 最も心, 最後に, 最高の, 朝鮮に, 木村の, 末造の, 本心から, 本氣, 本物の, 杜生から, 来るの, 案内し, 案内に, 椅子に, 楽しんだところ, 樺の木の, 欲しいと, 歌や, 此処に, 此処へ, 此決心を, 此稀有なる, 武者修行の, 歩きながら, 歸る, 死ぬとき, 死ぬよう, 死ぬる時, 死ぬる覚悟, 死んだという, 死んだら, 残酷な, 殺されそう, 殺されるか, 殺されるとは, 母と, 母親に, 気に, 気恥しくない, 水に, 沢山の, 泣きながら, 海の, 淋しくて, 漫然と見, 潤んだ灯, 無断で, 無理だ, 煙草を, 熱心に, 特に注意, 現代の, 現代的である, 生きながら, 生きる, 生きるという, 生命を, 生活し, 生涯それに, 用の, 田舎で, 男と, 男鹿に, 畑に, 畢生の, 疑われて, 病んで, 病人を, 病気である, 病気に, 盃を, 盗人に, 真つ, 真の, 真実籠めし言葉を, 眼の, 知らず識ら, 研究し, 研究した, 破滅する, 磯五の, 穿いて, 突然問, 立派に, 経験し, 絶対の, 羊の, 美しいと, 胸に, 脊負っ, 腰を, 腹を, 腹立たしくなっ, 自分でも, 自身の, 自首し, 若いから, 若くて, 苦しんで, 荘田から, 荷を, 落ち込んで, 蔭で, 血の, 行かないため, 行くこと, 行くより, 行つて呉れ, 被って, 裸足であった, 見えて, 見える, 見ても, 見られて, 見知らない町, 親と, 観察し, 言ふ, 証人として, 詩を, 誰よりも, 調べて, 負うから, 負けるの, 責を, 買いたいと, 踏んで, 軽蔑してる, 農民である, 造りたい気, 遅かった, 過去において, 道を, 遠からず, 邪魔で, 邪魔に, 酔って, 醜いという, 采配を, 鋭敏な, 長い間, 隠密である, 雨中を, 青木の, 非常な, 非難され, 革命でも, 風邪を, 飛び出した後, 飛び出してからの, 食べたり, 首に, 首席である, 馬鹿である, 馬鹿な, 鶴彌, 黙つて

1 [8455件 抜粋] ああいう, あつかった, あの乞食, あの父親, あまりに無我夢中, あらかじめ腹, あるべきだけ, あれほどまでに, あんな女, いい子, いかにも小, いかに老耄, いけない者, いた堂, いつかは, いつもそこ, いて, いなかったらあの, いまこの, いま冐險を, いま誰の, いらいらし, いれば, うたれ感傷, うれしかつ, おくれた, おぶっては, お国, お暇, お菓子に, かえって大人げ, かけて, かなり風采, かわゆくも, きょうの, けなされて, こうしていっしょ, こうすべきだ, こしらえた短波, このフレンチ, この今, この地位, この年, この江, この航海, この附近, これから署, これに, こんなに冴子, こんな人間, こんな盗賊, さういふ詩, さもだらし, しきりに興味, しつこくくりかえし, しやば, すけて, すでにその, すらすら調子, そういうこと, そうしたよう, そう思わない, そのとき, その事, その内容, その夜三円, その心配, その本, その相手, その葉, その道の, それじゃ, それより, そんな切ない, そんな雜記, たしなめられて, たった二週間前, たまにそうだ, だんだん気狂, ちょっと滑稽, つかつて, つくるものぢ, つめたよう, とうとうジャンボー, とても可愛がられ, どういう歩み, どうしてそれ, どう消費, どれか, どんなに努力, どんなに羽振り, どんな宅, どんな音, なさけなくなつ, なにか落とした, なんでも, のみつぶして, はじめて浮べ得た, はばんで, ひとあばれし, ひどく急がなけれ, ぴんからきりまで悪い, ふと知った, ほめられるよりも, まさに行くべき, また保護室, まだお, まだ半分, まだ眠られない, まったく俳句, まるで機械, みずからに, もうけて, もう大人, もしこれ以上人, もし現実世界, もつと, もらうはず, やっても, やや身体, やるはず, よからうといつて, よそに, わからない君, わるいという, アメリカから, オオケストラ・ボックスの, ガタクリ動い, コゼットの, ジョイスの, ゼーロンを, ドシンと, ハンケチを, ピタリと, ブロンズに, ミイラに, ヤミヨセに, ロマンティストであり, 一も, 一人者であった, 一寸よみたく, 一手勝ちすれ, 一杯飲みほし, 一生懸命に, 一番多く, 一番音楽通だ, 一通りの, 三人より, 上, 下を, 不幸の, 不機嫌に, 不親切だった, 世界中の, 中学の, 丹波先生へ, 主人役にな, 久しく探し求め, 乱暴な, 事情聴取の, 二年前に, 云い度, 五つの, 亡霊と, 人形にでも, 人間世界の, 今しがた女に, 今みたいに, 今坐つ, 今度得た, 今更に, 今行っ, 仕えて, 付切りで, 以前盛に, 会ったという, 佃に対して, 何だか彼女, 何ひとつ聴い, 何故こんな, 何處を, 作え, 作中人物の, 例の, 保有し得る, 倉地から, 偉人らしい, 傷つけられる要素, 僧侶でなかったなら, 兄と, 先づ肉, 先棒に, 入つて, 全然満足, 公爵夫人だ, 兵隊である, 其那に, 再び床, 冷静さを, 出して, 出不精の, 出迎い時間, 切る処, 初めて手, 別格嫁な, 刺した筈, 剣法で, 加奈江の, 勉強も, 勝てば, 十三歳の, 十年ばかり, 半端な, 単に職長, 却って昔, 去れば, 反って, 取るか, 受ける打擲, 口について, 召捕りに, 可笑しくそして, 合わそうと, 同時に異, 向き合つて一, 呑む番, 呼んだ巨人, 咲かせた花, 問を, 嘗て妻, 嚇しつけたからこそ, 困らない程度内, 圧倒を, 坐りたい処, 堪能するでしょう, 変装した, 多少此方面, 大きくしよう, 大兄の, 大将である, 大罪でも, 天才でない, 失業した, 女だったら, 女房に対する, 好きでも, 如何にもばか, 姉妹として, 婦人だ, 嬉しかつ, 字学が, 学者として, 安心する, 実は彼等, 実験の, 家康に, 富貴であり, 寝入ったよう, 対象に, 小さいころそれ, 小太郎に, 少々うしろめたい, 少なくとも表面的, 居ては, 居眠りを, 山路を, 左大臣を, 師匠から, 帰る時, 平気で, 年齢の, 幼魚の, 底なしの, 建てた家, 引き取っても, 引添う, 弱くなった, 弾いては, 彫刻を, 彼との, 彼等の, 後に, 従うて, 御着, 心から信用, 心配で, 忘れること, 怖ろ, 思つてゐた, 怠けてでも, 恋した, 恥かしく思つた, 恨めしい気, 悪いからよ, 悪人だ, 悪魔の, 情けなく思った, 惡夢から, 愚かにも, 愛する者たち, 感傷に, 憎いだけ, 成り立つよう, 戦争を, 所有し, 手引きし, 打ちたい, 投げて, 抱き取って, 拡充させた, 挂冠する, 捕るの, 掌中の, 探偵され, 推稱する, 摺り落ちた柱, 放けたの, 救った自殺者, 教えるの, 敵に, 文盲撲滅協会の, 新しいつもり, 旅人の, 日本に, 早い時, 昔おどかされた, 昨夜此れ, 時にお, 暖衣飽食する, 書いた事柄, 書画会を, 最も悲痛, 最初語ろうと思つた事がらを, 望む土地, 木部の, 本当にクリスチャン, 本誌六巻五号に, 来たといふ, 枕に, 枯草色の, 根性曲りに, 棲息する, 極めて平静, 槙三を, 橋本屋の, 歌って, 正宗の, 此の世から, 此那にも, 死ななければ, 死ぬ以上, 死んだらその, 死病に, 段々若い, 殺されるよりも, 殺しといて, 毎夜宴席で, 氏の, 気安くし, 求めるもの, 決めさせたと, 泊って, 泥棒だ, 洗濯ものの, 浜名湖の, 消したくせ, 清らかだ, 満足した, 演ずること, 濡鼠の, 無くしたの, 無態, 無謀な, 煩悶し, 父と, 物事を, 特攻隊員だった, 犯人, 独立する, 獨りで考へ, 現に目, 現在尋ね, 生きてるか, 生き続けるため, 生れたといふ, 生存を, 用心ぶ, 男であったなら, 画家であったなら, 疎開し, 疲勞と, 病身の, 発狂した, 百姓婆さんで, 盗られた時, 監視人の, 直面し, 真に愛読, 眠りかけたの, 着けて, 矢面に, 知らない間, 石見守に, 社会に, 神田三河町の, 秘密を, 空に, 突然窓ぎわ, 立つという, 競輪同様に, 第一歩を, 粉みじんに, 納屋の, 紫の, 結んで, 絵草紙の, 総都督, 縛られ度, 置くべきと, 美術倶樂部で, 老衰の, 考へ又, 聞き間違えたもの, 肝胆を, 胃潰瘍に, 脱ぎ捨てたまま, 自ら使者と, 自分へ, 自涜, 興奮し, 船宿に, 芝居の, 若いとき, 若菜を, 苦労してる, 草花に, 落ちつく気, 藤尾を, 蜂須賀村で, 行きがかりに, 行けなくなったから, 表だって, 褒められたこと, 見たい, 見っとも, 見ま, 見張, 見附かつた, 観たいだけ, 解剖された, 言ったり, 記代子に, 評価し, 話したくない人間, 語学の, 読んだ書物, 調弄気味に, 謡曲を, 豚を, 負ふ, 責任者として, 買うと, 賣つた本, 起きて, 跟い, 身の毛を, 軽く扱われた, 迂濶, 近藤家から, 追い立てた獲物, 逃げだすだろうと, 逗留し, 逢って, 遊山にでも, 過去二三年の, 遣られた手口, 遺品といった, 配達夫から, 重大と, 金持ちである, 銃剣で, 長い間心, 門野君に, 間男した, 降りて, 随分卑しい, 離した合鍵, 露であった, 面白く感じ, 頑張って, 頼られるほど, 飛び出したあの, 食った, 食卓へ, 養子である, 馬子を, 駕籠屋に, 高師直の, 魅まれた, 鷓鴣に

▼ 自分~ (9236, 6.0%)

111 見て 84 愛して 49 待って 39 知って 38 感じた 37 して 33 見出した 31 見つめて 30 犠牲に 26 呼んで, 慰めて 25 見た 24 思って, 見出して 22 忘れて, 持って 21 信じて, 自分で 20 助けて 17 相手に, 訪ねて 16 省みて, 見ると, 迎えて, 顧みて 15 どうする, 待つて, 感じて, 支えて, 理解し, 連れて 14 中心に, 導いて, 発見した, 自分の 13 捨てて, 救って, 見出したの, 見詰めて 12 可愛がって, 嘲って, 抑えて, 発見し, 発見する, 迎えに 11 弁護する, 意識した, 慕って, 置いて, 離れて, 馬鹿に 10 反省し, 呼ぶ声, 考えて, 育てて, 責めて, 軽蔑する

9 [15件] 不幸に, 凝視し, 励まして, 彼は, 待ち受けて, 忘れること, 恨んで, 捨て, 支配し, 支配する, 欺いて, 眺めて, 裏切って, 見いだした, 軽蔑し

8 [13件] そこに, より善く, 卑下し, 思い出した, 恥じた, 意識し, 抑えること, 抱いて, 睨んで, 苦しめて, 見下して, 覚えて, 責めた

7 [14件] おいて, すてて, つれて, よりよく, 乗せて, 包んで, 叱って, 思うと, 感じる, 措いて, 救ふ, 目がけて, 納得させる, 見ること

6 [27件] ここへ, はげまして, 不快に, 動かして, 卑くし, 可愛が, 呼んだ, 大事に, 待受けて, 思い出して, 惨めに, 想像する, 批判し, 投げ出して, 振り返って, 殺して, 殺すよう, 殺そうと, 疑って, 置き去りに, 自由に, 見るの, 見上げて, 見出すの, 見送って, 非常に, 非難する

5 [51件] かわいがって, ごまかして, さらけ出して, たしなめて, だまして, とがめた, みじめに, みつめて, よく知っ, 中心として, 今の, 伸子は, 侮辱した, 保護する, 信頼し, 偽って, 出し抜いて, 制して, 制しながら, 励ました, 取り囲んで, 呼んだの, 哀れに, 守って, 尋ねて, 幸福だ, 忘れたよう, 恋して, 恥じて, 愚弄する, 感じるの, 慰めた, 戒めて, 招いて, 捕えて, 棄てて, 殺しに, 比較し, 比較した, 生かして, 突き放して, 罵つた, 考へると, 苦しめた, 見る眼, 見守って, 解放する, 認めて, 語ること, 責めるよう, 顧みた

4 [88件] あわれんで, いたわって, かばって, さして, さへ, しばって, どうしよう, まもって, 一睨した, 不思議に, 主人公に, 主張する, 信用し, 制御し, 刺戟し, 励ましながら, 励ますよう, 卑下した, 取りもどして, 可笑しくする, 叱つた, 呼ぶの, 嘲るよう, 嘲笑し, 失って, 嫌って, 守ること, 完全に, 幸福な, 忘れた, 思ふと, 怨んで, 想像し, 想像した, 意識する, 愛しては, 愛撫し, 感じると, 慰めるの, 扶けて, 指さして, 捜して, 捧げて, 描いて, 支える力, 支持し, 救うこと, 救うため, 救つ, 欺こうと, 満足させる, 無視し, 甘やかして, 生んで, 疑った, 監視し, 省みると, 省る, 眞價以上に, 睨みつけて, 知った, 知つてゐる, 笑うよう, 考へて, 自覚し, 苦しめるの, 表現する, 襲って, 見た時, 見つけた, 見る, 見るや, 見る事, 見上げた, 見失って, 見送つて, 親切に, 観察し, 許して, 試して, 誘惑した, 説得する, 説明する, 読んで, 護って, 静かに, 鞭打った, 驚かして

3 [153件] あはれむ, おくこと, おさえて, からかいに, からかって, きらって, ここに, ここまで, このよう, これほど, しっかりと, すてても, それらの, ちやんと, つけ狙って, とおして, とらえて, どうしていい, どう思っ, なだめた, なだめる様, のせて, ほんとうに, まともに, みとめて, よんで, 一人の, 一緒に, 上から, 下に, 不安に, 主張し, 人の, 仕合せな, 伸ばして, 何か, 侮辱しよう, 偽ること, 冷笑し, 出して, 前に, 助けに, 励ますやう, 励まそうと, 動かしたの, 卑下する, 取って, 叱った, 叱りつけて, 呼ぶ, 呼ぶよう, 嘲けつ, 嘲けるよう, 回顧し, 壓し, 大切に, 失つてゐた, 奪ったもの, 安全に, 完成する, 崇拝し, 幸福に, 庇って, 弁解し, 引っ張って, 強く意識, 彼女の, 待ちあぐんで, 忘れようと, 恥か, 感じつづけて, 感じながら, 感じ始めた, 慰めること, 憂鬱に, 憎んで, 成長させ, 抑へ, 投出して, 持ち上げて, 指して, 振り捨てて, 捉えて, 捕えた, 探して, 探しに, 救おうと, 教育する, 新鮮に, 案内し, 検査し, 欺し, 死んだもの, 死地に, 殺すか, 殺す気, 決定する, 注目し, 父と, 狂人だ, 疑うよう, 発見しました, 監視する, 知つた, 知るもの, 祝福し, 私は, 立てて, 粉微塵に, 粗末に, 罵った, 考えた, 自分から, 苦しめたり, 苦しめること, 落ちつけて, 裏切るよう, 見せて, 見たの, 見つけて, 見つめた, 見ながら, 見る自分, 見出すこと, 見出すと, 見知って, 覗いて, 解して, 語って, 誤解し, 警戒し, 護るため, 責めました, 責める, 買いかぶって, 軽蔑した, 迎ひ, 追いつめて, 追い掛けて, 追つて, 送って, 透しての, 通して, 避けて, 邪魔に, 醜くする, 開放する, 隠して, 鞭打って, 養って, 驚かせたの, 高めて, 高めようと

2 [596件 抜粋] あさましいと, あざけって, あざむいて, あやしながら, あわれむとも, いう, いたはつ, いぢめ, いつわること, いやに, おさえた, おさえつけて, おさえること, おちつけながら, おぶって, お責めなさる, かえりみて, かえり見て, きらつて, けなして, こうも, ここの, この世から, この九死, こめて, こめての, これほど迄, こんなにまで, こんな風, ごまかしました, ごまかすため, さがしに, ささげて, さし措いて, さらけだし追求, しつけて, しみじみと, しようと, じっと見つめてる, すっかり無くし, すてたにも, すること, そのよう, その中心, その時, それと, たいせつに, たずねて, ためして, たよ, だまさうと, つ, つかまえて, つかまえに, つき放したところ, つつんだ, つまらぬ者, とっさに, とりかこんで, とりこに, とりまく空気みたい, とりもどした, どう処置, どう考え, どこへ, どやしつけながら, ながめて, なぐさめて, なぐさめるため, なだめて, なだめる樣, のぞいて, はなはだぎごち, はるかに, ばかだ, ばかに, ひいて, ひそかに, ふいと, ふりか, ふり返っ, まかせた, またなき, まもるため, みた, むしろ祝福, もって, もてあまして, やさしく慰め, よくし, よく考え, りっぱな, ダラクさせ, メチャクチャに, モスク, モデルと, モデルに, 一度は, 一流の, 三千代から, 不人情の, 不幸な, 世界の, 世間に, 世間の, 中に, 中央に, 主張しなけれ, 京都の, 人生の, 人間として, 今まで, 他人と, 他人の, 付け狙って, 仮装し, 伴って, 伸ばすこと, 伸ばす工夫, 何と, 何とかしなけれ, 作って, 侮って, 侮蔑する, 侮辱し, 侮辱する, 促した, 保護し, 個性として, 偉く見せる, 偶然の, 偽っては, 偽つて, 傷ける, 傷つけた敵, 優しく庇っ, 兄ちゃんと, 先生, 先生と, 凍えさせるよう, 処理できない, 出そうと, 出来るだけ, 刎ね, 利用し, 利用する, 制えよう, 制した, 制すること, 制御する, 刺した積り, 前へ, 力強く支配, 加えて, 助ける手段, 努めて, 劬って, 励ます鞭, 包む暗い, 十幾年の, 半睡, 厭ふ, 反省する, 取りまいて, 取り失って, 可哀そうだ, 可哀想に, 叱っても, 叱るやう, 叱咤する, 吹くの, 吹聴する, 呪いました, 呪った, 呼びかける自分, 呼び寄せたに, 呼び止めた, 呼び止めるとは, 呼ぶのに, 呼ぶもの, 唯一の, 唯一人の, 商量し, 喜ばせる事, 嘘の, 嘲つた, 嘲つて, 嘲りながら, 嘲るやう, 嘲笑ふかも, 囚え, 圧迫し, 地獄に, 堕落させる, 売りに, 大きくする, 失ったの, 失わずに, 女と, 好いて, 好きな, 妻に, 守るという, 守るもの, 守ろうと, 安めない, 害して, 害そうと, 害めた, 寧ろ奇体, 尊敬し, 小さく感じ, 小蔭へ, 岡田の, 差しおいて, 巴里へ, 引き止めて, 引き裂くよう, 引き離して, 引留めて, 引離したの, 弟の, 強くその, 強ひ, 彼に, 彼の, 彼女たちから, 彼女に, 待ちうけて, 待ち受けてる思い出, 律して, 後悔する, 忘れたやう, 忘れは, 忘れるの, 快きもの, 怖ろ, 思う, 急に, 怪むほど, 恋してる, 恋の, 恐れて, 恥ぢて, 恨みまた, 息子の, 悔い自分, 悩まして, 悪くする, 悪魔とも, 悲劇の, 想い出すと, 意識したなら, 愛するよりも, 感じその, 感じたから, 感じたが, 感じたの, 感じるという, 感動させた, 慕うて, 慚愧すべき, 慰むると, 慰めながら, 憎悪し, 憐み, 憐れむよう, 憐れんだ, 戀し, 所有する, 扇いで, 手捕り, 手離し, 打つて, 批評し, 批評する, 抑えようと, 投げ出すこと, 抱きしめて, 押えること, 押しすすめて, 招かぬの, 招く, 招待し, 持ち上げようと, 持てあました, 持てあまして, 指さした, 指し, 挟んだ, 振り返つて, 振返って, 捕えに, 捕へに, 捕縛し, 捨てた子, 捨てた父親, 掏ろうと, 措いては, 援けに, 撃たせたの, 撃ったの, 擁護する, 支へる, 救う事, 救ひ出し, 散歩に, 敵と, 敵視する, 新しく教育, 映して, 時代の, 最も不幸, 最も無責任, 有頂天に, 朽ちさせて, 束縛し, 束縛してる, 束縛する, 極力同行, 楽しませて, 欺きそして, 欺き人, 欺す, 正当化する, 死なして, 残念に, 殺した下手人, 殺すかも, 殺すこと, 殺すため, 殺すもの, 殺すやう, 比べて, 江戸一番の, 注がうとして, 浅ましいと, 消して, 深く反省, 清浄に, 溝の, 滿足させ, 無くして, 無理に, 照す, 熱心に, 父の, 父母の, 牢獄へ, 狂人視し, 狙って, 狙ふ, 甘やかすな, 生れた時, 生んだの, 生埋めに, 疎んじて, 疑います, 疑うこと, 疑つて, 疲らして, 病人と, 発育させ, 益, 益々強め, 目し, 省みました, 眺め, 眼中に, 知つて居る, 知らずに, 知る, 知ること, 私の, 突いて, 窘逐する, 立派に, 笑いながら, 笑つてゐる, 笑ひ, 紹介し, 縛って, 縛つて居る, 縛るやう, 縛る繩, 繞る, 置くこと, 罵って, 罵りながら, 育てようと, 肴に, 背負って, 脅迫する, 自分が, 自分に, 自嘲せられる, 自覚する, 苦しめたの, 苦しめる, 茶に, 落ちつけた, 虜に, 裏切ったもの, 裏切つて, 裸に, 褒めて, 見いだしたの, 見いだして, 見いだしました, 見たが, 見たろう, 見つけること, 見つめながら, 見つめる生活, 見てに, 見なして, 見に, 見ま, 見ようと, 見るので, 見れば, 見下した, 見下すの, 見乍ら, 見付けたらと, 見出さねば, 見出したこと, 見出したよう, 見出した時, 見出しました, 見出すその, 見出すよう, 見出だした, 見失うまでの, 見捨てて, 見直して, 見詰めつ, 親の, 観て, 解放し, 解釈し, 許しがたい, 詩人だ, 認めた, 誘い出そうと, 誘って, 説き伏せて, 説き落すため, 識って, 譴める, 護るもの, 豹一は, 貫いて, 責めること, 責めるの, 貴方よりも, 賢くする, 賭けて, 軽ん, 軽蔑せね, 輕く, 辱か, 辱しめる, 迫害する, 追い抜こうと, 追って, 追ひ, 追求し, 追窮し, 追駈け, 退社させる, 運んで, 避ける様, 鍛えて, 鍛へ, 鍛練し, 鏡の, 開いて, 除外し, 陷れ, 隔て, 隠さなければ, 雇って, 離れると, 鞭ち, 鞭つ, 鞭打ちながら, 鞭撻し, 鞭撻する, 頼って, 顧みると, 顧る, 馬鹿だ, 馴らそうと, 駄目だ, 駆って, 驚かした, 驚かしたの, 高く持, 鼓舞し

1 [5302件 抜粋] ≪モンチゴモ・ヤストレビヌィ・コゴッチ≫と, あざけってるだれ, あざむくことがなかつたせゐだと, あなどり出して, あはれむほかなかつた, あやなしきって, ある程度にまで, あわれみ自分, いかにも卑怯, いざと, いたわりたい気持, いったいどうなさいます, いつわり今, いぶかるよう, いろいろな, うちまかし, うらむか, おうとみ, おさえるの, おどかして, おびやかすよう, お助け, お綱, かくすこと, がさつな, きらうこと, くわえて, こうして置く, こども扱ひ, この右近, この首, こんなに困らせる, こんな目, さいなむこと, さげすみでも, ささえ自分, さそいこんだの, さも相手, さらりと, しきりに隠そう, しみじみ感じました, じっと見, すかし慰めるの, すっかり診察, ずいぶんみにくい, そう思いたく, そっと引っぱりあげ, その大, その杭, その輝かし, それほどの, そんなばか, たたきのめす災難, たのむこと, だまさないで, ちょっと尻目, つきとばして, つけ狙った以上, つねに自分, とがめるよう, とらえること, とりもどすこと, どうかする, どうにも, どこへか, どんなふう, なぐさめたが, なさけない自分, ならず者あつかい, にらみすえて, ねずみの, はきだすの, はげますわざ, はっきりと, はめるため, ひいた汽車, ひけらかそうと, ひどく悲しみ, ふざけさせて, ふり落す為め, へり下るもの, ぼんやりの, まず, まだ結婚, まもろうと, みじめと, みるあの, むごたらしく突き放す, めまぐるしい雑踏, もっと責任的, もて余します, やりこめるほど, よくしよう, よく言わせる, よぶので, りんごの, わずらわしては, エラがる, コントロールし, タツノの, ニートな, ブブノワさん肖像に, 一タッチ一タッチ向うに, 一層情けなく, 一段偉い, 三文の, 不図, 不正直者と, 世に出し, 中心と, 主君として, 乳母やの, 些も, 人心持に, 今にきつ, 仏と, 他に, 仰ぎ見て, 伯父に, 低く小さい者, 何とか落つかせ, 余り苦しめたくなくなった, 佯って, 供の, 促したてるよう, 保とうと, 信じるだろうよ, 信ずる, 信仰なさい, 修道院へ, 偉く見せよう, 偽善者と, 傷つけた者, 僕は, 兄妹に, 全きもの, 共通に, 再び夢, 冷笑う, 凝らして, 出したこと, 出迎えて, 切る氣, 判断しよう, 利己主義者だ, 制しは, 制限する, 創って, 加減し, 助け出して, 労わって, 動かし高める力, 動した, 包んだ, 半狂乱状態, 卑劣に, 危くする, 去って, 反省しはじめた, 取り乱さなかつた, 取り戻したそして, 取囲んで, 取静めること, 可哀相に, 台なし, 叱り, 叱り自分, 叱付ける様, 吉川の, 名指しで, 含めた他, 呑氣な, 呪う大坂, 呼びかける同郷, 呼び出しには, 呼ぶか, 呼ぶ直, 命の, 唄って, 善くし, 喜んだ, 嘆きに, 嘲ける此, 嘲笑いを, 嘲笑つて見た, 回復した, 困惑させ, 国防精神教育する, 地から, 培ふ, 士に, 売る店, 外へでも, 大きくさ, 大衆として, 失くし, 失わない粘り気, 奮激させ, 好男子だ, 姉さんそっくり, 嫌い始めたため, 子供だ, 孤独なり, 守り通して, 安らかならしめるであらう, 完成できる, 客観し哀れむ, 害ふ, 密かに, 審かれる, 尊信し, 導いたもの, 小ロシヤ人, 尾行し, 山の, 巧く, 常に作り上げる, 広告する, 廃嫡し, 引きさいて, 引き取りに, 引き離す, 引停め, 弱々しくまた, 強くし, 強制できる, 役だたせん, 彼等に, 待ちつけること, 待ってる人, 待つ間の手, 後悔した, 心に, 忌み厭う人間, 忘れたうれしい, 忘れるといふ, 忠信狐に, 怖え, 思い出したこと, 思うかも, 思つた感傷の, 思ひ出しながら, 思わないでは, 怪しむこと, 恃むやうにあなたを, 恐れさせては, 恥じては, 恥じ鉛, 恨めしくお, 悩ましてる病苦, 悩ませるなら悩ませるでそれ, 悪人だ, 悲慘な, 想像しない, 意識しない, 愛さないならば, 愛し続けて, 愛する事, 愛重する, 感じつるつる, 感じ同時に, 慎みたい不正, 慣らして, 慰めるため, 慰め得るであろうか, 憎む心, 憐む材料に, 憐愍し, 懐柔しよう, 戒めるとともに, 手紙の, 打ち捨てて, 打った話, 托しさえ, 技巧し, 抑えながら, 抑圧し, 投げだすの, 投げ出すよう, 抛り出して, 抱き留めた, 押えなかった, 押しつめて, 押し流す流れ, 担ぐやう, 拝し, 持ち出して, 持てあますどう, 振りきるよう, 挾んで, 捧げた時, 捨てる前, 掘り下げること, 推しては, 掻き乱し悩まして, 揺り動かした千鶴子, 撲った人足, 擽るやう, 支へて, 攻め囲むよう, 放棄する, 救い出さねば, 救うもの, 救つたのだ, 教えたこと, 数え入れるほどの, 文藝春秋で, 新しく意識, 明るく照らし, 暖かい天幕, 曝露し, 最も愛し, 木石と, 本當, 東山夫人とも, 棄て, 検出し, 権利づける, 欺かない意志, 欺しかけ, 止まらせまいとして, 此処まで, 歯痒く思った, 死刑台に, 殺しかねない相手, 殺した智恵子, 殺すべきだという, 母は, 気の毒に, 汚れたもの, 沼から, 泥棒と, 活かすかを, 浚つて行かう, 淋しくさせた, 清めたい, 源助町の, 溺らすの, 滿足させる, 灼く生活, 無残に, 焼き殺したって, 煽動し, 片輪もの, 犧牲に, 狙撃せん, 現した, 理解しない, 甘やかすの, 生かすもの, 生きながら, 生んだという, 生贄に, 男だ, 疑いつつ, 疑ひながら, 病人あつかい, 痛わるの, 発揮する, 百難の, 目すに, 直ちに本艇, 省みたそして, 省み自分, 真人間あつかい, 眺めやがて, 眼前に, 瞞着かさない, 知つ, 知らないと, 知りたいため, 知る者, 砥石にかけて, 磊, 示す前, 神経衰弱に, 究めること, 突き伏せて, 突ッ放す, 窺って, 立て通したいばかりに, 笑うの, 築き上げた彼, 納得させよう, 組織する, 絶えず見まもっ, 縛つて泥棒に, 罪人とも, 置きゴーリキイ, 置こうと, 罵った言葉, 罵ること, 羞じ, 考えない訳, 考えるほどの, 耻ぢ恐れ, 肯定し, 育て来て, 脅かす, 腹だたしく厭い, 自分は, 自由だ, 芝居へ, 苦々しいと, 苦しめては, 苦しめるもの, 苦しめ悩まし, 茶化して, 落付け衷心からの, 蔑むよう, 虐めつけ何事, 虚空へ, 表わせないこと, 裁いて, 裏切った丹頂, 裏切る日, 襲うに, 西洋人の, 見いだす事, 見せしめとして, 見たい, 見たら何, 見つけたもの, 見つめてる何, 見なかった, 見るかも, 見るやう, 見上げた目つき, 見出さないで, 見出すだろう, 見出だそうと, 見守ってること, 見廻したが, 見直した, 見舞いかけて, 見附けて, 視人生, 覺えて, 言いようも, 訝りながら, 許してさえ, 証拠立てたくらい, 詛うよう, 認めさせようと, 認めぬ, 誘い込むよう, 誘惑する, 誠実であった, 誤魔化して, 説明し, 調弄つてゐる, 諫めに, 譬えて, 護る事, 豹変なされ, 責めたいせつな, 責めないよう, 責めるやう, 責め立てるの, 貶し切り人, 賞めて, 起すこと, 踏みとめた, 軽く笑い, 辯解し飾らう, 迎えようと, 迎へるだらう, 追いかけるの, 追い払う者, 追う声, 追ツ, 送りが, 連れ出して, 運の, 遠くから, 遮りえないという, 部屋に, 醜いもの, 金剛寺坂から, 鍛えられるほどの, 長々と, 開放し, 附託した, 除けば, 陥穽の, 隠居させた, 離れたこと, 離れる, 非凡な, 鞭うつべきだ, 鞭打つて, 頼み切って, 顧みるよりも, 飽きさせないの, 養つ, 馬車に, 駆りたてるの, 驅りたてるべく, 高きに, 鬼とは

▼ 自分~ (8226, 5.4%)

512 自分の 366 自分を 145 自分に 77 自分が 63 それを 50 持って 36 やって 33 勝手に 30 働いて 26 考えて 24 書いて 23 気が 22 行って 21 持つて 19 手を 17 知って, 茶を, 首を 15 立って 14 出かけて, 思って, 買って 13 出て 12 いって, 何か, 何を 11 作って, 勝手な, 工夫し, 責任を 10 あつた, もって, やつた, やつて, 云って, 自由に 9 するの, それに, どうする, 想像し, 言って, 読んで, 金を, 飯を 8 いうの, きめて, さへ, 気の, 見て, 進んで, 運転し, 髪を

7 [13件] する, すること, やる, 判断し, 取って, 家を, 歩いて, 気を, 火を, 研究し, 考へて, 言うの, 鍵を

6 [17件] それが, それと, そんなこと, よく知っ, 取りに, 引受けて, 扉を, 拵えて, 気がついて, 気に, 発見し, 私の, 考えること, 背負って, 芝居を, 酒を, 食って

5 [38件] これを, ちやんと, とって, どうにも出来ない, ものを, 先に, 動いて, 好きな, 始末し, 始末する, 忘れて, 意識し, 手紙を, 拵へ, 料理を, 来て, 椅子を, 殺して, 水を, 玄関へ, 玄関まで, 生きて, 着て, 私を, 罪を, 考えなければ, 考へ, 自分へ, 薬を, 話を, 買いに, 身を, 運んで, 鍬を, 頭を, 頸を, 食べて, 驚いて

4 [48件] するから, ためして, ほんとうに, やったこと, やったの, やること, やると, やろうと, 丸窓を, 仕事を, 以て, 体の, 作ったの, 作ったもの, 儲けて, 出して, 卑下し, 取つて, 喉を, 始末を, 実験し, 徳利を, 感じて, 戸を, 描いて, 書いたもの, 毒を, 気づかずに, 満足する, 物を, 理解する, 男を, 直接に, 知らずに, 稼いで, 筆を, 米を, 腹を, 見たこと, 話して, 認めて, 読む, 連れて, 雨戸を, 靴を, 飛んで, 食うこと, 餌を

3 [120件] あなたと, いう通り, いやに, お書き, お茶を, かってに, ここへ, こしらえて, これが, これと, しなくては, すると, そうと, そんな事, どうしよう, なさいます, やります, やるの, やるん, やれと, よく考え, よんで, わかって, わかりません, 不思議に, 世話を, 人を, 信じて, 働き自分, 働くこと, 写して, 出かけた, 出來, 出掛けて, 出来ること, 口上を, 台所に, 台所へ, 否定する, 嗅いで, 外へ, 天下を, 実際に, 小説を, 少しも, 工夫した, 希望し, 帰って, 床を, 廻つてゐる, 彼の, 御覧に, 御金, 御飯を, 思い込んで, 息を, 感じながら, 感心し, 手探りに, 描いた, 料理する, 星図を, 書た, 本を, 染めて, 栓を, 検べて, 歌を, 正しいと, 死んだの, 死んで, 決着を, 泣いて, 洗濯を, 炊事を, 燗を, 犬の, 生活を, 用意する, 病気を, 発明する, 目を, 相手を, 眺めて, 眼を, 知らないで, 破って, 窓の, 立ち上って, 立つて, 答へ, 経験した, 絵を, 縊れて, 考案した, 耕して, 聞きながら, 育てて, 自動車を, 船を, 苦しんで, 行きます, 見ても, 言い出して, 説明する, 調べて, 起って, 足を, 返事を, 選んで, 部屋の, 酌を, 開けて, 降りて, 階段を, 非常に, 食物を, 馬を, 骨を, 鼻を

2 [444件] あたしに, あの連中, あらうかと, いい出したこと, いうと, いつて, いらいらし, いろいろな, うち消す, えらんで, おかしくなっ, おかしくなった, おきめなさい, おさえること, おつ, おやり, おわかり, お出し, お染め, お母さんに, お移し, お金を, かいて, かけて, かの女, ここまでと, こちらに, この人, この小説, こぼして, これは, ごまかして, さいて, さげて, さわって, しないで, しないと, すべてを, するが, する以外, する方, そいつを, そうし, そう云った, そう思っ, そう言っ, そこに, そのこと, その仕掛, その先棒, その子, その真相, その罪, その通り, ちゃんと承知, ちよつと, つかって, つくつて, つけて, できること, できるだけの, でも, とりに, どうにでも, どうにもできない, どこへ, なさい, なさって, なにが, なにを, はい, はっきりと, はっきり自分, まいります, まごついて, みとめて, やった, やって来て, やや満足, やらなければ, やりました, やりますと, やるよ, やるよう, よくそれ, よく心得, よく承知, イヤな, コーヒーを, ドアを, ドライヴ, パンを, ピアノを, メスを, モヒを, ヰオリンを, 一つずつ, 一つの, 上ろうと, 上手に, 不安に, 不思議がる, 不愉快な, 世帯を, 丹念に, 乗り出すこと, 乳を, 事を, 事業を, 云うよう, 人に, 今度は, 介錯を, 仕度を, 仕込んだ子, 住むつもり, 何とかし, 何時か, 作った小さな, 作るか, 作ること, 借りて, 僕に, 儲けた金, 元の, 先づ感動した, 先生の, 光って, 光らないやつ, 光るやつ, 入れたの, 入口の, 写生した, 出向いて, 出来るだけの, 出迎, 刀を, 分らなかつた, 刈って, 判断する, 制しながらも, 刺繍し, 剃って, 剥がして, 助けて, 努力し, 勉強し, 勉強する, 勉強を, 勘定を, 厳しく判断, 取り出すと, 取次ぎするため, 取次に, 受ける, 叱りながら, 合点の, 名づけて, 名を, 名告, 向ひ, 吹いて, 呆れて, 呼びに, 呼んで, 命を, 商売を, 善く承知, 器械を, 坐って, 外套を, 大きな声, 天井裏を, 失敗を, 奥さんを, 女を, 始末した, 学校を, 学費を, 守って, 実行し, 室の, 家出を, 宿料を, 密旨を, 寝具を, 小石を, 工夫を, 巻き始めた, 市場へ, 常に人, 平岡君に, 平気で, 幸福な, 店に, 店を, 庭の, 庭へ, 建てること, 弁当を, 引き受けて, 弾いて, 弾きながら, 彫ったもの, 彼に, 彼を, 往って, 御自分, 徳利の, 心に, 心を, 思いついたの, 思う, 思ふ, 思索し, 恐ろしいとは, 恥しくない, 悟って, 想像した, 意識しない, 意識する, 感動し, 感心した, 慰めること, 或る, 戸締りを, 所有する, 手に, 手工業を, 払って, 批評が, 承知し, 抉って, 抑えること, 抜いて, 抱いて, 抱えて, 拓いた土地, 拔齒する, 拭いて, 拭くから, 拵えなければ, 拵えるの, 拵へて, 持ちましたが, 持ち直す事, 持ち運んで, 指して, 指図し, 指図を, 採って, 採集した, 探しに, 支度を, 整理し, 整理する, 敷いて, 文を, 文學を, 文案を, 文章を, 新たに, 新聞を, 日本の, 早く身, 時を, 書いたこと, 書いたの, 書いた手紙, 書かないの, 書く, 書くこと, 書くと, 服を, 望んで, 木の, 来るが, 東京へ, 棄てに, 植物図譜を, 次郎の, 死ぬか, 死ぬと, 死ぬの, 死ねないと, 死場所を, 気づかないうち, 求めて, 沓脱へ, 注射を, 注文し, 消費し, 深く味, 混ぜて, 満足の, 漕いだこと, 漕いで, 漕ぎましたか, 無我の, 無理に, 焼いて, 煮炊きを, 理屈を, 理解し, 琵琶を, 生命を, 町へ, 疑って, 病気に, 発明した, 発見した, 發明する, 白状し, 皮を, 相手に, 真面目だ, 着物の, 着物を, 知らないの, 知らない人, 知らない間, 短刀の, 石灯籠を, 確めた, 確めて, 穴を, 窓を, 立った, 笑って, 答えた, 箸を, 約束し, 納得の, 紙の, 経験し, 締りを, 縫って, 縫ひあげた, 縫物を, 考えたこと, 考えないで, 考えなさい, 考えるだけの, 考えるだろう, 考えるよう, 考え出したもの, 聞かせて, 肯定し, 脈を, 自分たちの, 臼を, 興味を, 興奮し, 芝を, 苦しむこと, 苦労し, 苦笑した, 茶や, 茶椀を, 荷物を, 菓子を, 蒔いた種, 蒲団を, 蓋を, 行くこと, 行くの, 行こうと, 行李を, 表の, 装填し, 襖を, 襟を, 見たという, 見たの, 見た事, 見るの, 見付けて, 見出して, 見物する, 見識を, 覚えて, 解剖し, 解決する, 言ったこと, 言ったの, 言ひ, 言ふ, 計画し, 証拠を, 試して, 話す事, 認めようとは, 説明を, 調査し, 謡って, 警戒を, 譴めて, 讀んで, 買つて來た, 走って, 起きて, 起き上って, 踏みつけて, 身に, 身の, 身体を, 車を, 軽蔑した, 送って, 途を, 速記する, 造って, 連句の, 道を, 遣つて, 適当な, 都合し, 釣った鮎, 銚子を, 門を, 開いて, 障子に, 障子を, 電話を, 静かに, 革を, 鞍を, 頼んで, 願って, 願書を, 顧みて, 風呂の, 飛び出す必要, 飛び込んだの, 飜訳し, 食べるより, 飯も, 飲んだの, 飲んで, 首筋を, 驚いた, 骨折って, 麻油の, 黒い影

1 [4559件 抜粋] ああし, あだ名を, あの男, あらかじめ脅迫状, あン, いいよう, いえと, いただきに, いつも自分, いやらしいやつ, いろいろ書類, うっとりと, うんと拵, おさえつけた, おっしゃったん, おどろいてるみたい, おもいながらも, お会い, お勝手を, お拾いなさい, お礼を, お読み, か, かくして, かたく信じ, からからと, ききざけしてから, きめなければ, くつろいで, くると, ここという, こしらえようと, このごろめっきり, この俺, この手紙, この革鞄, これ身上を, こんな所, ご飯を, さがさねば, さすれば, さらにそれ, してやった, しゃべった, しろと, すぐ語り出した, すばらしいこと, すら思いがけぬ, するという, する者, せりふの, そういう深淵, そうおっしゃる, そう合点, そう承知, そこを, そのほこら, その交際, その大, その後を, その方向, その毛布, その皮, その足どり, それほどの, そんな風, たたき潰すほどに, たよりといふ, ちゃんと口止め, ちよツと, つくせる奉仕, つくつたもの, つくるもの, つづけて, てれて, とてもとれない, どうしていい, どうにか工面, どの点, どんどん御馳走, なぐさめて, なにか, なろうと, ぬかないの, はしゃいで, はつひ, ひっくりかえって, ひらいて, ふたを, ほりや, まかなって, また體, みじめだ, もうけたん, もさうと, もちやんと, やかんに, やったら困るなあ, やつたら, やらなくては, やりなさるだよ, やる気が, ゆくとき, よくわからない, よく腰, よしと, わかぎみを, わからないほど, わかるけれども, わざわざお, ゑぐり取つてる, ウヰスキーの, ガラス絵を, クレーンを, コップを, サモヴァルに, スコップを, ヂャリージへ, ドキま, ハンスに, ピアノの, ブーンと, メロンを, ロマ人だ, 一つだけ, 一人前の, 一向それ, 一度お目にかかりたい, 一生懸命に, 一銭も, 丈広く, 上げない, 下ろして, 不感症かしらと, 世帶を, 久しぶりに, 乳の, 事実と, 二階へ, 云う人間, 云つた如く, 五六本を, 人生の, 今何を, 仕なく, 仕出来した, 他人ばかり, 仰ゃられてしまいましたので, 伴れ, 何かしら仕事を, 何とかやっ, 何らの, 余所事を, 作った手毬, 作っては, 作つて自分で, 作り出した話, 作るの, 作家の, 使うよりは, 來て, 信じる事, 俳句に対する, 値を, 傷口を, 働きだすの, 儲溜めた, 先例を, 入れたん, 兩脈と, 其人を, 写したの, 冷笑しはじめました, 処理すべし, 出したり, 出たい時, 出掛ける, 出来るやう, 分って, 分らぬ酒馬鹿, 切張を, 判らなくなって, 制え, 剃刀を, 割り切って, 創作を, 加減し, 勉強します, 動かせないとき, 動けないからね, 医者にかけて, 半分物を, 印刷工場も, 厭に, 取ってから, 取りはずした掛時計, 取るの, 受け取つて, 口走るので, 可愛そう, 叱り飛ばした, 各地の, 名乗ったん, 吐き出して, 吸って, 告白する, 味はれる, 和吟の, 唸るん, 喋らなければ, 嗅ぐよう, 噴水の, 困るほど, 地券を, 塗つてやらう, 売りひろめて, 外套の, 大それた, 大人の, 大演説, 太鼓を, 女中部屋の, 妥協する, 姑の, 子供を, 学校生活を, 定めたもの, 実験しなけれ, 宿屋を, 射殺する, 小使を, 小説書きを, 少し気恥しく, 屋根の, 工夫させろ, 巻く, 常侍官候所, 幽霊を, 店頭に, 建てた裏, 弁ぜねば, 引き受けました, 引受けるから, 張りかえた, 弾きたい欲望, 形を, 往かずに, 從來有, 御覽, 心丈夫に, 応援歌を, 思いきりいう, 思い当ること, 思ったこと, 思つてゐました, 思ひ立つて, 急ごしらえの, 恐ろしかった, 恥ぢた, 惜しいとも, 意地の, 感じた, 慰むより, 憑く, 我慢すれ, 戸棚から, 手まめに, 手本を, 手綱を, 打ち残り, 打壊して, 批判する, 投げこんで, 抜いただけは, 押すの, 招いた事, 拵えたの, 拵らへ, 持ちあるく場合, 持つ覺悟, 指や, 挿絵も, 捜せば, 掃除を, 探して, 推定する, 描いた呉羽, 握りしめながら, 摩擦を, 撰ぶレコード, 支持する, 救われて, 敷物など, 斬った一角, 斯の, 新聞に, 日影より, 明るい気持, 時々注射, 暮らしを, 書いたらしい本, 書いた筋, 書きこんで, 書き直した, 書くよりは, 書て, 月謝を, 木くずを, 本当の, 来たくて, 来るだろうって, 林に, 染粉を, 格子の, 椅子に, 楽が, 模様を, 欲しいだけの, 正しいといふ, 歩いた, 歩く方, 死に急ぎ, 死ぬ覚悟, 殺したと, 毀したもの, 気がついた時, 気づかぬ嫉妬, 気違いだ, 永貞と, 決心が, 油絵の, 法被を, 注ぐ, 洋盃を, 洗ふ, 浄瑠璃の, 消費する, 清少納言と, 滑らせながら, 演奏者である, 激し, 点てた一碗, 然様語った, 煮炊きまで, 片付ける奴, 物尺を, 犯罪を, 独立できる, 玄関に, 珈琲を, 生きてる気持, 生んだ子, 用心する, 申しながら, 申立てさせる, 画きながら, 畳んだ, 病を, 発狂する, 白刃を, 盗みでも, 目覚めず朝寝, 直接他人に, 看病する, 眺め暮したい, 着るやう, 知ってるつもり, 知らしてるよう, 知らないもの, 知らぬま, 石を, 研究したい, 確かめるやう, 神に, 称して, 稼ぎ出して, 穴掘っ, 突飛ばすごとく大, 立ち若, 竹筒に, 笑えました, 答えて, 築地座を, 純粋の, 組み上げた間違い, 結いますが, 給仕する, 經驗した, 締めるからと, 縊った, 縛るほどの, 縫ったものの, 繍を, 繰り返し繰り返しして, 羂に, 考えたり, 考える, 考えるわけ, 考え自分, 耕した土, 聞くか, 育つて, 背負いきって, 背負込ん, 脈が, 腹あ, 自ら墓穴を, 自分にばかり, 自動車飛ばす, 致しまして, 良いと, 花の, 若松屋へ, 苦しむよう, 茶など, 萩の, 葬儀の, 藁火を, 蟹を, 行かなくても, 行くとは, 行ったらいい, 行つて見た, 衣嚢を, 裁いて, 補給しない, 見える, 見た訳, 見つけ出す眼, 見出したから, 見廻りますが, 見知らぬ人, 見計らつて, 覚って, 解いたこと, 触るよう, 言い慰めた, 言っては, 言つて居ります, 訊いたこと, 設計を, 診療を, 詩を, 話しだした, 誇張し, 語った, 説明の, 読み返すこと, 読んだの, 調べたわけ, 調査した, 警察の, 豪傑がる, 責任が, 買えないに, 買ふから, 買込んだり, 質問を, 赤ネクタイを, 起き上ろうと, 足袋を, 踏みならした細道, 軒の, 辷って, 追ん, 退治る, 透かして, 這入んのに, 造つてゐる, 逢いたい時, 運びませう, 道さんの, 遣ります, 遭遇した, 選んだの, 郵便にまで, 酔つて行く, 金庫の, 鉄板を, 錦旗を, 長い線香, 開く事, 間切らした, 陥し穽, 隠れたり, 雑巾がけを, 雨を, 青年と, 鞭を, 額を, 飛ばして, 食う, 食ふも, 食べる気, 飮むのは, 飲んでから, 餌が, 駈け出して, 高き位, 鰹節を

▼ 自分~ (5398, 3.5%)

96 向って 45 都合の 37 とつて 29 関係の 26 言って 23 向つて 21 對し 19 取って 18 取つて 17 云って, 何の, 取っては, 好意を, 對する 16 云った 15 尋ねて, 気がついた 14 何か, 問うて 13 向かって 11 しても, 似て, 注がれて, 言い聞かせた, 言い聞かせて, 言った, 迫って

10 [11件] して, なって, わかって, 向けて, 子供が, 害を, 必要な, 教えて, 有利な, 気づいて, 言いきかせて

9 ある, あること, 代って, 腹が, 返って

8 いって, それを, 就いて, 言いきかせた

7 [12件] あると, むかって, 不利な, 何も, 何を, 向けられて, 戻って, 欠けて, 気が, 気づいた, 満足し, 縁の

6 [13件] あるの, ないこと, よく似た, 与えて, 声を, 愛想を, 疑いが, 箔を, 腹を, 訊いて, 話しかけて, 話して, 近づいて

5 [29件] あるか, それが, なんの, ふさは, むかつて, ものを, 云つた, 出来ること, 取っても, 同情し, 嘘を, 嫌疑が, 帰って, 愛想が, 手を, 気がついて, 気を, 求めて, 注意を, 涙を, 満足を, 結婚を, 見せて, 言い聴かせて, 言ひ, 言ひ聞かせ, 言ひ聞かせる, 誓った, 返った

4 [45件] いうよう, いった, かかわりの, さへ, それだけの, つきまとって, できないこと, できること, ないと, よく似, 代わって, 任せて, 何が, 入れて, 出来るだけの, 分って, 力が, 加へ, 反感を, 弱味が, 感じて, 持って, 教へ, 気がつくと, 気の, 注いで, 浴せかけた, 渡した, 無関係な, 生きて, 種々の, 納得の, 罪が, 自分で, 興味を, 親しみを, 言い聞かせるよう, 言つた, 説得した, 責任が, 責任の, 返ると, 適当した, 顧みて, 驚いた

3 [103件] あるという, あるとは, あるよう, い, いろいろな, うしろ暗い, かかって, かくして, きいた, すべてを, そそがれて, ちがいない, ついて, ないもの, なったと, まかせて, めぐりあうこと, めぐりあって, 一つも, 不利益な, 与えた, 乗り移って, 乘り, 云いながら, 云わせると, 仕事を, 出來, 力を, 反抗する, 同情する, 同情を, 呟いた, 問うた, 問を, 囁いた, 子の, 尋ねた, 少しも, 尽して, 引きくらべて, 後を, 恋して, 恥を, 悪いこと, 惚れて, 愛情を, 愛想の, 投げて, 接吻した, 接近する, 損の, 最も手近, 最も近い, 残って, 比して, 比べると, 比較し, 気がつく, 注意し, 注意した, 無断で, 甘えて, 発見し, 直接の, 答へて, 納得させる, 聞いて, 自信が, 自信を, 興味の, 落度が, 覚えが, 覚えの, 親しいもの, 親切に, 言いきかせながら, 言つて見た, 許した, 許すこと, 説明し, 課した義務, 課して, 質問した, 身を, 較べて, 近いもの, 返ったよう, 返つた, 送つて, 違いない, 遠慮し, 適した仕事, 適した読書法, 都合よく, 金の, 関係ある, 関係も, 限って, 隠して, 隠れて, 集まって, 頼んで, 黙って

2 [373件] あきれて, あった, あったの, あって, あの人, あるかの, あるから, あるもの, ある事, いいきかせて, いい聞かせ, いい聞かせた, いい聴かせ, いたずらを, いったか, いつて, いつまで, うつって, おぼえの, お辞儀を, お道化, かう云, かえった, かけて, くらべて, こう云った, ここへ, この事, こんなこと, さう云, させたの, させようと, さんを, しがみついて, したよう, してからが, するの, そういうもの, そう云う, そのよう, その責任, その資格, それほどの, たずねた, たずねて, たつた一人親切, だつて, つかめて, つけば, つける, できるだけ, できる限り, どれだけの, ないという, ないとも, なかった, なつた, なつて, ひきくらべて, ひきつけて, ひどく肖, びっくりした, ふさわしいと, ふさわしいもの, ほか分らない, まかして, むかっても, めぐりあうと, よくわからない, よく解った, わからせて, ピッタリした, 一番よく, 一種の, 一言やさしい, 万事を, 不利に, 不利益で, 不安を, 不愉快な, 不相応な, 与えたもの, 与えられたこと, 与えられたこの, 与えられて, 与へて, 並んで, 中るの, 亀井戸への, 云いきかして, 云いきかすよう, 云いきかせた, 云い聞かせた, 云ひきかせ, 仕事が, 付いて, 会いたがって, 会うため, 会えば, 伸子は, 似たところ, 似たもの, 何かの, 何とも, 何等の, 余計な, 依るの, 侮辱を, 信用が, 信頼し, 倦き, 優しい母, 優しくし, 免じて, 入用な, 冷淡な, 出来ないこと, 分疏, 判って, 利害関係の, 利益の, 利益を, 助力を, 勇気を, 勝手な, 危害を, 危険の, 即して, 厚意を, 参って, 及ぶもの, 及ぼす影響, 反い, 反対する, 反射し, 取っての, 叫んだ, 合ふも, 向けられたの, 向けられるの, 向った, 向っての, 向っても, 向つて言, 向ッ, 呆れた, 呆れました, 呉れる手紙, 呟いたの, 味方を, 呼びかけた, 呼びかけて, 問い自分, 喰ってか, 固有な, 女の, 好感を, 妙な, 婚を, 嫁いで, 子が, 子供の, 子供を, 学生を, 安心を, 宗教の, 宛てた可, 宛てて, 宿って, 密接な, 対してでも, 対立する, 小説を, 少しでも, 少しの, 尽くして, 属するもの, 帰った, 干渉し, 弁解し, 引くら, 引受けて, 征服され, 得したこと, 得意を, 御譲り, 復讐を, 心からの, 応接する, 念を, 思い知らそうと, 思えた, 思ひ込ませようと, 恁話した, 恋を, 恥じて, 惚れたの, 愛の, 感心する, 感涙し, 感謝し, 憑い, 懸けられた質問, 戻ること, 手の, 手紙を, 抱かれる事, 拒まなかったであろう, 拒まなかつたで, 招待され, 持ち出さんとして, 挨拶を, 接近し, 提供され, 教えた, 教えたの, 教えるの, 方鼎を, 於ては, 於ても, 既婚者の, 明晰に, 最も性, 最も興味, 最因縁, 有利に, 有益な, 本当の, 来て, 来るの, 果して, 楯を, 機嫌の, 欠陥あるいう, 此の, 歸つた, 歸る, 死ね, 比べて, 気が付いて, 気づくの, 気づくよう, 気付いた, 気持が, 氣が, 洩らすそれ, 浮んで, 渡された, 渡された面, 為れた, 無理に, 焦れて, 片付けるよ, 特有なる, 特殊の, 獣の, 生を, 用が, 用の, 留まらないで, 疑ひの, 疑問を, 疚しいところ, 痛快に, 痴川の, 目も, 目を, 直接関係の, 真紀子の, 眼を, 着纒, 知らして, 知られて, 確信の, 示して, 礼を, 祟って, 秋波を, 秘して, 突出した, 立脚すべき, 答えて, 答へ, 答礼されなかった, 紹介しよう, 絶望し, 縁故の, 縁談を, 縁遠いもの, 繰返して, 罪を, 義理を, 考えて, 聞いた, 聞く, 肯定した, 自分が, 自尊心が, 自殺を, 致命傷の, 與へ, 興味が, 落ちかかって, 襲ひか, 見えて, 見せた, 見せる, 見るの, 親しい人, 親しかった, 親しみの, 親切を, 言いきかせるもの, 言いました, 言い聞かして, 言い聞かせは, 言い訳を, 言つてきかせる, 言ひきか, 言ひきかせた, 言ひ聞かせた, 訊ねて, 訣別する, 許されて, 許しては, 訴えて, 話した, 話したが, 話し掛けた, 話し掛けること, 話すもの, 話を, 認められた, 誓って, 語って, 説得する, 課せられた役目, 調戯って, 譲って, 貸して, 資本を, 起って, 軽蔑を, 近い運命, 近づけては, 近よって, 返りました, 返事も, 返事を, 迷って, 送って, 通じること, 逢ひた, 連れの, 適しさうな, 適したもの, 適した服, 適した本, 適して, 金を, 関り, 關係が, 關係なき, 關係の, 降りかかって, 集る, 集中され, 非常に, 面倒でない, 鞭うつ, 飛びかかって, 飽き飽きする, 驚いて

1 [3106件 抜粋] あいそを, あたえられたお, あったから, あつまるよう, あてがわれたその, あてつけられたもの, あてられてる一つ, あまり関係, あるじゃ, ある使命, あんな仕事, いいきかせうる自由, いい寄って, いうて, いくら元気, いちばん苦手な, いっても, いひきかせて, いやどうか, うけいれて, うなだれて, おかれても, おそひ掛らうと, おどろかない少年少女, お恥じ, お説教めいた事, かえった時, かえって来, かかずらう感情, かかる運命, かくいひき, かけられた濃厚, かじりついて, からまる義理, きかせた, きまるだろうという, くれたの, くれよう, けんかを, こう叮嚀, こしらえては, この任務, この恋, こまこました, これ丈の, こんな様子, こんな骨折り, ささげられた楽譜, さすがに, さまでの, した, しつかりと, しばりつけようとは, しろ礼子, すすめられた肺病, せめて未来, そういう性癖, そう云っ, そして人, その人, その妙諦, その科人, それ程性, そんな大きな声量, そんな飛躍, たずねました, ただ形式的, たまわりたいと, ちっとも天真, ついた持役, つきまとふに, つく者, つながりを, つよいの, できないの, です, とっついた鬱ぎの, とりつがれお, どうもわからない, どれほど解つて, ないの, なお命, なげかけるだろう, なったろう又, なにかの, なびかぬと, なり切って, なれるだろうか, のこされた最後, のみありと, はっきりさせ, はっきりとは, はむかって, ひけ目, ひどく物足りなかった, ふさわしいか, ふりかかる苦しみ, ほろほろと, まくし, また苦しまね, まったくできない, まともに, むいて, めぐりあうため, もう出世, もし才能, もって, もとめて, やっと睡眠, やりきれなくな, ゆだねられて, よくいっ, よく判らない, よく解つて, わかっただけの, わからないことば, わからなくなって, わかる, わきおこった新しい, ギョッと, ナイフや, マッチした, 一ばん懐しまれる, 一任し, 一応の, 一番縁故の, 一軍を, 不信の, 不利益を, 不審に, 不承不承うなずいた, 不自然な, 与えた世間, 与えられあるいは, 与えられたもの, 与えられた涙, 与えるの, 与へた任務, 与へるが, 乏しく燃え上る, 二の句も, 云いきかせる余裕, 云い聞かせる, 云うべきだ, 云つてきかせた, 云ひ, 云ひ聴かせ, 人の, 人生観と, 仕えて, 仕立てて, 代つて, 代る大将, 任せること, 会いに, 会話を, 伝わりまた, 似た人, 似つかわしいよう, 似合う髪, 佃を, 何かを, 何一つ残っ, 何等かの, 使えるよう, 依頼されない, 促した, 信念として, 倚り添う, 備えたる点, 僅かの, 元々あった, 充分具え, 光り出した, 入れられて, 全然解らなかった, 公言した, 兼常博士を, 冷たくなる, 出そう, 出来るだけ, 出来る間, 分けて, 分るの, 判らないもの, 利害の, 割当てられた所, 加えられた侮辱, 加へた批評である, 助けられて, 勇猛心の, 医師たらん, 協力し, 即した解釈, 及ぼしたゴッホ, 反対すれ, 反駁した, 取りて, 取附いて, 口実を, 可笑しいほどの, 合って, 同情した, 名前つけてる, 向かっては, 向けたよう, 向けられた火夫, 向けられる小僧, 向けるよう, 向つてそれ, 向つて印度, 君は, 呆れても, 告げた功, 味の, 呼びつづけられながら, 命ずる様, 咎めるやう, 唾したい, 問うこと, 問屋の, 喧嘩を, 囁いたりなど, 因縁深い, 固定し, 執して, 報告した, 多くの, 夢中な, 大事よりは, 大臣経歴を, 奨めるもの, 好い結果, 妻あわし, 娶らせようと, 媚びる花やか, 嫌疑を, 守護霊などと, 宛てられたもの, 実子が, 家老たちからの, 寄り添つて, 寛大に, 尋ねた時, 小言を, 尽す親切, 属してるその, 己惚れて, 帰るその, 幸福という, 廻り合せると, 弁疏しなく, 引き付けようと, 引き較べて, 強いて, 強ひた, 当てて, 形式を, 彼を, 後指さし, 従わないもの, 復った, 心づいたその, 心牽かれ, 必要の, 忠告的に, 快適な, 思い出させて, 思はせるやう, 急がしい人, 恋い憧れて, 恥じないよう, 恥辱を, 悪感情, 惚れたん, 惨めさを, 意識される, 愛せられること, 感じたこと, 感じられましょう, 感じ気, 愧しい, 慾が, 憐れみを, 懺悔で, 我等に, 戻りました, 手渡しし, 才の, 払うの, 承服すれ, 投げ与えた一, 抱かれて, 押しつけられた従者, 拒絶する, 持てない力, 挑むよう, 振り向ける所作, 捧げて, 授けて, 探偵が, 提供し, 損が, 擬しジュリアン, 救いを, 教えるため, 教へながら, 敵う, 新しい人生, 於て, 明言できなかった, 暗い病気, 書画骨董を, 最も多く, 最善を, 朝の, 期待しよう, 来た, 果してあんな, 楽才の, 標準は, 止めること, 死別した, 殘し, 気がついたから, 気がつき自分, 気づいたり, 気むずかしい要求, 気付き然し, 気枯れ, 氣羞かしくそんな, 決心した, 泣きよるよう, 注意したらしい, 洗礼を, 浄化の, 浴室に, 深いもの, 深い興味, 深甚の, 渡された遺書, 湧き上って, 滑稽だの, 漸く返されよう, 無意味な, 無理解, 無限の, 父の, 特別上等の, 独立的な, 獻した, 理解できない, 甘える爲め, 生れて, 生活能力が, 申し訳を, 留任を, 疑が, 疲れつちま, 痛みと, 白状した, 監視の, 直接な, 相手と, 相談事が, 真に成功, 着せられた濡衣, 知らず知らず加える比重, 知ろうと, 確実である, 神を, 秘密事を, 突き当りそう, 窓を, 立ち歸, 立戻る, 笑顔を, 粘土打ちの, 納得しえられる, 細々と, 結婚なんか, 絶えずもつ, 綴りたる筋書, 繋つて其上過, 群がりよって, 耐えがたいと, 聞えるのに, 聞せる為め, 肖せたといふ, 背かずに, 背負わせて, 腹立たしくなった, 自から, 自尊心などという, 與へられ, 若しそんな, 苦しいもの, 苦笑した, 落ちるもの, 蛾を, 袂別し, 見いだして, 見え親たち, 見せるため, 見られては, 見出すこと, 見誤られたため, 親くし, 親しい芸術家, 親の, 親近な, 解しかねるところ, 解らないもの, 触れること, 言いかけるよう, 言いきかせたがる, 言いきかせるの, 言い続ける, 言い聞かせながら, 言い聞かせる気持, 言い聴かせた, 言うよう, 言つた斯うし, 言はせる, 言伝てでも, 訊く, 託するもの, 許された小天地, 許したらあらゆる, 許せません, 証明する, 話さない筈, 話しかけた言葉, 話しかけられた場合, 話したのち, 誂向きの, 認めるの, 語った人, 語る機会, 誡告し, 読める名字, 課した文学, 課せられた宿命, 諷するの, 譲ろうという, 負わされただけの, 責め逆らって, 貰つた蝙蝠を, 買つた赤い, 贈ったもの, 起こさせて, 起らなかったろうという, 超越し, 軽い後悔, 辛く当っ, 迎えに, 近い時代, 近くくるむ, 近く探り寄っ, 近づこうと, 近接し, 返つたとき, 返るため, 迫つてゐよう, 迫るか, 追手がか, 逆らって, 逢いに, 運を, 道を, 適した範囲, 適せぬ, 選んで, 還った感じ, 還るの, 都合が, 酒を, 量見, 閊える, 関係した, 關した, 附けられた三千人, 降した相当, 限られた習癖, 集って, 集中する, 青春と, 靡き寄る見込, 面會する, 響いた, 頭と, 頼むよりか, 顔という, 飛びかかりそう, 食わせないという, 飽が, 餘計な, 馴れ甘える青年, 駭き恐れ, 魅力は

▼ 自分~ (4508, 2.9%)

47 一緒に 31 それを 28 それに 14 いっしょに 13 同じよう, 死んで 12 何か, 知って 11 またその, 子供の, 自分の, 身を 9 これで, そこに, その一人, 腹を, 行って 7 人も, 今は, 妻も, 彼の, 腰を 6 あとから, やって, 一度は, 他人も, 口を, 安心し, 手伝って, 死のうと

5 [17件] ここに, ここへ, これに, そう思う, その気, それと, それは, またこの, 一しょに, 一個の, 亦た, 他の, 年を, 心の, 気が, 笑いながら, 黙って

4 [29件] さう, そこへ, その仲間, その場, その時, それで, それらの, そんなこと, やがては, よく知っ, 亦その, 今まで, 好きな, 急に, 手を, 昔の, 死なねば, 死ぬ氣, 泣いて, 涙ぐんで, 涙を, 然う, 父の, 生きて, 相当の, 着物を, 笑って, 続いて, 見て

3 [54件] あの時, いって, いつまでも, この世に, この年, しんから, そこの, そこを, そつと, そのよう, その中, その人, その通り, だんだん顔, どうかし, また同じ, やつて, 一つの, 一種の, 上から, 乗って, 今に, 今日の, 仕方なし, 元の, 先生の, 口に, 同じこと, 困って, 外に, 大に, 女の, 帯を, 帰って, 後から, 心を, 思い切って, 持って, 昔は, 此の, 死にます, 泥の, 火鉢の, 父が, 眼を, 立ち上って, 立って, 聲を, 茶を, 荷物を, 覚悟し, 進んで, 非常に, 食べて

2 [254件] あとを, あなたの, あの方, あの様, いずれは, いたわけ, いつか一度は, いつまで, いやだ, お前に, こ, ここで, このまま半年, このよう, この女, この男, これほど, これを, こんなよう, さう思つて, そういうこと, そうだ, そうであった, そう思った, そう考え, そこから, そのあと, そのそば, そのつもり, そのとおり, そのひとり, その側, その席, その後を, その渦中, その隣り, それへ, そんな歩き, たしかに, だんだんに, ちょうどその, つづいて, つまりは, とけこんで, どうかあんな, なぜ早く, なにか探偵物語, なろうと, はいって, ひとの, ひとも, ほしいと, ほっとした, ほつと, またそこ, またそれ, また九鬼, また他, また何, また大人, また彼女, まだ朝, やっぱりこの, やはり担がれる, よく承知, よく知つて, よろこんだ, セルを, チョークで, チヨークで, フランスに, ペンを, 一つに, 一つやっ, 一つを, 一人の, 一処にな, 一度この, 一応は, 一所に, 一時は, 一本つまん, 一碗の, 世間も, 乳牛に, 云つて見た, 交じって, 人に, 人を, 人前を, 人間であり, 人間の, 今朝から, 仕事を, 仕度を, 仲間に, 位置を, 何かの, 何とか自分, 何とも, 何んだ, 信じて, 側から, 全力を, 其教員の, 其行進列中の, 写して, 凡てを, 出かけて, 出て, 出来るだけ, 初めての, 剣を, 力を, 加わって, 勉強した, 医者の, 十字を, 参加し, 又ほか, 同意した, 同感であった, 同感である, 同時に大番組, 命が, 咽喉を, 喫み, 地獄へ, 坐った, 変に, 外へ, 大きな声, 大夫の, 大川氏に, 大工に, 大胆な, 失踪から, 奥へ, 好きだ, 好きに, 好んで, 好奇心に, 安心したい, 完全に, 宙を, 実は白状, 家に, 寝床へ, 少しは, 左の, 幾干, 庭へ, 彼方の, 後を, 後戻りを, 心に, 心得て, 志村も, 思った, 恥か, 悪い, 悪かった, 感じて, 懐手で, 我知らず微笑せざる, 手に, 承知し, 斷念めて, 書いて, 曾て, 最早四十, 棒の, 横浜の, 此処の, 歩まねば, 死なうと, 死ななければ, 死ぬこと, 死ぬ気, 死のうという, 母に, 母家へ, 気を, 永年の, 汝の, 泣きながら, 涙が, 激し, 火だ, 火を, 無暗に, 煙草を, 熱い涙, 父も, 生き人, 男の, 男達と共に, 疲れて, 痴川を, 目を, 眠る, 着物の, 知つてゐた, 知らずに, 知らないので, 知らぬが, 知らぬ間, 確に, 立ち上がった, 立ち上つた, 立ち上りながら, 立った, 立ったまま, 笑い出しながら, 笑った, 笠を, 粟畑の, 結婚に対しては, 聞いて, 膝を, 興味を以て, 花の, 若い心, 苦しんで, 苦に, 英雄たらん, 荷を, 行く, 街角を, 裸に, 褌一つの, 許して, 豆を, 負けずに, 負傷し, 負傷した, 責任を, 跣足で, 返電を, 退院した, 遣って, 酒に, 酔つてゐる, 酔つて来た, 門から, 階下に, 隣室へ, 隨分と, 青年と, 頭を, 飛んで, 飲んだ, 高慢税は, 黙つて

1 [3295件 抜粋] ああした妻, あきらめて, あちらの, あのアルマン, あの子, あの瓢, あまり好かない, あわただしく支度, あんな五六十尋, いくらかの, いずれ纏まった, いっそう狼狽, いつか其程に, いつか指の, いつか髪が, いつのまにかし, いつ死ぬか, いまもとの, いよいよ一人前, いろいろ商売, うつら, おかしくなっ, おなじ枕, おやぢ, お勝手の, お母さんに, お駒, かつて, かつて砂層, かねてから, きっと不, くぬぎ, けっして好い, こうだ, こちらが, このまないが, この二日, この叔父, この大業, この服, この煩, この老いさら, この魚雷型潜水艇内, これから何処, これまでに, こんなに円く, こんな難, さうい, さきに, さびしくうら悲しい氣持, しずかに, しぬほど, しばらく京都, しらず世の中, すぐその後, すぐ座敷, すするよう, する, ずっと以前, そういう一本気, そうした生活, そうなる, そう狭く, そこで生命, そっと知っ, そのこと, そのままピタリと, その一員, その会員, その列, その夢想, その必然, その時分, その横, その秘密, その老, その薬, その連中, その馬鹿, それだけ損する, それには, それ以上は, そろそろ帰ろう, たくさんの, たばこ入れを, だまって, だんだん顏, ちょこなんとお, ついて, つい引込まれ, つい近ごろ, つとに全然同意, とうとうこの, とこに, ともに千鶴子, ともに糧, どうか船乗り, どうせ地上, どこかに, どんなにうれしい, ないてる, なさけない, なにが, なんとかし, のび上るやう, はさんだ, はや鼻, ひとつその, ひとりの, ひどく空腹, ふと足, ほんとうの, まがうかた, まず足, またいる, またつくづく, またオットー, また一字一句, また亡びる, また先生, また同席, また堀木, また家族たち, また幸福, また思い立った, また數日, また母親, また牢, また知らん振り, また若い, また食い尽され, まだその, まだ春, まっしぐらに, みずからこの, めそめそ泣き出し, もうあの, もう一人前, もう山伏, もっともだ, もと芸者, やがて五十, やはりお松, やはり千鶴子, やはり茶屋, やること, よいほどに, よく通れ, よろこんだり, わざとカンバンすぎ, カトリックに, ゴクゴクと, シヤツの, チヤンと, ノアに, パティ同様七十二歳までは, フンドシ一ツに, ホメロスや, マントを, 一々ま, 一つこんな, 一つ口に, 一二度見かけた, 一口ぐっと, 一寸天井, 一度帰村, 一指を, 一服の, 一本加わっ, 一枚の, 一目みたく, 一行に, 一閑地を, 三四年前に, 上に, 下界へ, 不愉快だ, 与えられる, 世間の, 中村先生と, 久しく会わない, 乗う, 乗り移った, 乳母の, 事実を, 二三日中に, 二十里ばかり, 五人の, 亦いつ, 亦下等, 亦同じ, 亦御, 亦殺人, 亦笑, 人から, 人夫も, 仁王が, 今にやはりこの, 今度は, 今日まで, 今頃若し, 仕方なく, 以前に, 休み爺さん, 位牌を, 何かさ, 何だか酷く, 何とか片, 何んな, 何時も此, 使う, 係り合いだから, 信ぜずには, 倒れたの, 傍の, 働いて, 兄弟だ, 先程は, 入水した, 全く驚い, 八橋を, 共にへなへなと, 共に坐っ, 共に泣い, 共稼ぎする, 其仲間だ, 其点で, 兼て, 円座へ, 再び腰, 処刑台に, 出たくなっちゃった, 出立しよう, 切腹した, 判然と, 制御できる, 割り肉, 加へ, 勉強が, 勧進帳を, 十三人組の, 十日ウインに, 千鶴子と, 半分泣き, 危いところだった, 原稿生活に, 又拷問, 双親, 口惜しくなっ, 可なり, 右の, 同じく胸, 同じ暗黒世界, 同列に, 同様な, 向い合いに, 吸いしんみり, 呑み私, 命を, 喜びを, 四つん這いに, 困るから, 国を, 坐って, 埋めて, 堕落する, 売って, 夕方から, 多少の, 夜番にも, 大きな人間, 大人に, 大勢と, 大島郡へ, 大蛇に, 夫の, 女である, 好い加減に, 妙義へ, 始めから, 嫌である, 子が, 子供であった, 学校まで, 守り周囲, 安心を, 実は大, 実際驚かされた, 家族も, 寝て, 寝支度, 寸説を, 小さな庭, 小脇差を, 少からず, 少し出過ぎた, 尺八が, 山へ, 巻きこまれる気持, 席を, 常に壁間, 年数だけは, 幽霊に, 幾組も, 座について, 引きずり込まれて, 強制的に, 役者として, 彼らの, 彼等と, 後ろ鉢巻を, 御相伴, 微笑を, 心持が, 必ず捉えられ, 忘れお座なり文句, 忽ちお, 思い私共, 思はず釣り込まれて, 急いで, 恥なき, 悠然と立ち上っ, 悲しくなっ, 愉快だった, 意気込んで, 愛する, 感染し, 慰められたいよう, 懸念しない, 戒めて, 手伝いに, 手間を, 折よく, 拵えて, 掘って, 撃たれて, 放心し, 敢て, 文学を以て, 新しい主婦, 旅僧を, 既に經驗, 日頃の, 早く病気, 明日からは, 是非同じ, 時々様子, 時折西瓜を, 暮して, 書かぬ, 會は, 未来の, 本当は女, 来て, 東洋に, 柏木の, 桜と, 楽々と, 楽しみながら, 横にな, 機関長として, 歌ひ続け, 歩いて, 歴史の, 死なして, 死に相, 死ぬとまで, 死ねるもの, 死んだらこの, 死馬の骨を, 殺された幾人, 母が, 母親同様の, 民衆の, 気弱く, 永い間, 江戸ッ子だ, 沖の, 法性寺の, 泣きたくなったらしく, 流される気, 浮気性な, 涙せきあえぬ, 渋好みに, 満足した, 滅びる自分, 火に, 無分別に, 無駄と, 熱が, 父を, 特別心懸け, 犯すであろうと, 狸汁と, 環境を, 生き返ったよう, 甲の, 申し訳なく思っ, 男持に, 畳の, 疾走し, 発砲した, 皇祖の, 監督や, 直ぐ自害, 眞に, 真淵訓, 眠ろうと, 矢張り世間一流の, 知らず知らずその, 知らなかったの, 知りあいであり, 社會人間周圍に, 稍癇癪を, 窮屈らしい, 立ち止まつて, 童の, 笑いひとも, 笑ったが, 笑を, 箸を, 紙鳶の, 結婚し, 綱を, 縁側に, 美緒の, 老いた, 老師富田先生を, 聞きたいもの, 肩あげ, 能く, 腹の中で, 自分たちも, 自害した, 自然そんな, 興味あり, 船の, 色んなもの, 若いと, 苦しいだろう, 苦しみ子, 茂庭どのの, 草鞋とべん, 莞爾と, 葉巻へ, 虚無僧の, 血ぬられ, 行くの, 行つて見たい, 裏庭へ, 要心に, 見たという, 見返して, 親しんだの, 角力を, 言つた, 話して, 語つた, 読み人, 諸仆, 負けたいや, 貧乏の, 買食い程度の, 賭場へ, 走るという, 越すが, 跣足の, 身に, 車掌台に, 近ごろに, 迷惑する, 退廷した, 通るし, 進み周囲, 道場でも, 部屋の, 酔ひたいが, 重吉の, 針の, 鈴木様の, 鎚を, 長虫を, 限りない, 随い, 難きを, 非職と, 靴に, 領民の, 顏を, 飛んだ手柄, 食ひ, 食わせられたり, 飲む, 馬の背に, 騎馬と, 驚くほど, 高い峠, 魂の, 麻川氏の, 黙あって

▼ 自分たち~ (3385, 2.2%)

110 の生活 30 の運命 29 の手 24 のため 22 のもの 21 の間 19 のこと, の仲間, の力, の家, の部屋 15 の方, の眼 12 のよう, の人生, の幸福 11 の前, の立場 10 の中, の仕事, の身の上 9 の国, の室, の生命, の生涯, の若い, の頭 8 と同じ, の上, の周囲, の姿, の心, の愛

7 [11件] に都合, の不幸, の努力, の境遇, の意志, の時代, の生き, の責任, の身, の青春, はこれ

6 [16件] だけで, と一緒, の, のほう, の住ん, の命, の声, の子供, の家庭, の文学, の歴史, の社会, の経験, の考え, の階級, はその

5 [23件] がその, がまだ, が今, でやっ, のお, のところ, の住む, の口, の名前, の意見, の感情, の文化, の日常, の暮し, の村, の権利, の現実, の祖先, の肉体, の船, の言葉, の過去, は何

4 [34件] がいる, がこの, が人間, が手, というもの, のあと, のいる, のし, のそば, のまわり, の世代, の列, の労働, の味方, の希望, の恋, の成長, の敵, の新しい, の未来, の毎日, の生, の町, の目的, の秘密, の結婚, の興味, の行く, の身分, の顔, はこの, はそれ, は今, は自分たち

3 [64件] が, がどんな, が不幸, が火, が生活, に向っ, のうしろ, のこの, のその, のなか, のほか, のもっ, の一座, の一生, の一行, の不注意, の予期, の人間らしい, の仲, の利益, の問題, の家族, の小さな, の少年時代, の座敷, の性, の手柄, の才能, の持っ, の教室, の方針, の日々, の机, の権力, の父, の生存, の目, の社会主義社会, の結婚生活, の罪, の置かれ, の義務, の耳, の自由, の血, の計画, の談話室, の身体, の運動, の遠い, の都合, の領分, の頭脳, は, はもう, はやがて, は決して, は責任, ばかりで, ばかりでなく, もまた, も食べる, を新, を見守っ

2 [204件] がこれ, がどう, がやっ, が不思議, が先生, が困っ, が始め, が学校, が完全, が当今村人たち, が想像, が持っ, が日常, が日本, が無言, が猥雑, が現実, が腰, が賄賂, が食べる, だけで話, でその, ではない, で作っ, で発見, で自分たち, で選んだ, といっしょ, とその, とは全く, とは違う, と同様, にある, にした, にはこの, にはその, には歯, にも覚え, に何, に具合, に取っ, に思う, に注意, に鄭重, に関係, のあいだ, のうち, のお母さん, のからだ, のこころ, のした, のすぐ, のつくった, のとった, のやった, のわずか, のソヴェト, の一人, の不安, の不満, の不義, の不運, の世界, の世界以外, の乗っ, の乗物, の事件, の二度, の人間性, の今, の代, の代表者, の任務, の位置, の住居, の体, の信用, の健康, の側, の働き, の党, の内, の判断, の労力, の勉強, の勢力, の危険, の同, の同情, の善意, の土地, の型, の場合, の外, の夫婦, の存在, の安全, の客, の寝室, の寝床, の尊敬, の属し, の巣, の工場, の席, の後ろ, の心持, の思想, の恋愛, の悲しみ, の懐, の批評, の損, の政治, の敬礼, の旅, の明日, の時間, の暮しかた, の暮らし, の本, の来た, の欲望, の歩い, の民主的, の民族, の気まぐれ, の気持, の没落, の洞中, の活動, の瀉, の無力, の物語, の特権, の特色, の現在, の生きる, の生れ, の番, の知らない, の知識, の立っ, の笑い声, の級, の胸, の舟, の芝居, の芸術理論, の荷物, の血液, の行為, の衣裳, の表現, の要求, の観念, の話, の趣味, の足元, の遊び, の遊戯, の運, の道徳心, の郷里, の醜い, の金, の関係, の降りる, の陣営, の順番, の頭上, の願い, の食物, の首, はあと, はある, はいい, はいつ, はここ, はたしかに, はどう, はどうしても, はやはり, は他人, は善良, は如何, は彼, は皆, は穴, は貧乏, は近所, もこんな, もどうせ, もやはり, も一緒, も足, を, をかわいがっ, をとりかこむ, を主張, を呼ん, を支配, を結びつけてる, を置き去り

1 [1810件 抜粋] お貞さん, からは異, から恥辱, から遠ざか, があずかる, があるいは, がいくら, がかつて, がこうして, がすでに, がそういう, がそんな, がたのしん, がつくった, がどういう, がはいっ, がまた再び, がもつ, がよく, がエテカッテ, がニューギニア, がモスクワ, が一手, が不如意, が世界, が主人, が五十六十, が何かしら, が何者, が修業, が党, が其の, が占領, が去った, が同種, が喜んでる, が地獄, が外国人, が夫婦, が好み, が家, が工業博覧会, が引受けね, が当面, が必死, が悪い, が押しこめられ, が搾っ, が救われ, が数えられる, が普通, が本当に, が来た, が楽屋口, が決して, が満足, が無事, が父母, が生れるまえ, が留任運動, が眠ってる, が私生児, が稽古, が立会っ, が経営, が考える, が自信, が若かっ, が行動, が観よう, が読む, が貴族, が転向, が遊戯, が開け放し, が非, が飲ん, ぐらいえらい, さえも目ざましい, だけがもっ, だけだ, だけでぐんぐん, だけでシベリア経由, だけで坂本, だけで新劇, だけで秘密, だけで食堂, だけには単なる, だけのグループ, だけの大っぴら, だけの故郷, だけは出入口, だけ休ん, だけ田舎, だと, でいい加減, でこそつくり出し, ですぐ, でなんとか, ではなく, でもじつは, でも氣, でやれ, で下駄, で何かしら日記, で作りたい, で刈りとる, で刻々, で引きうける, で新しい, で煽りだした, で築きあげる, で考えだした, で車, で骨, とが結合, としての生活感情, として利用, との問題, とはちがっ, とはまつたく, とまったく, と全然, と同形, と子供ら, と混, と社会, と違ってる, ならこう, にいたる, にかけた, にその, にちつ, にとってさえもそれ, にとっては好意, にとって不利益, になし能わざる, にはちっとも, には不思議, には困った, には決して, には解しきれない, にまったく, にもまだ, にも子供, にも暗, に一応, に不人情, に云われた, に信じられない, に分配, に反対, に子供, に強いられ, に必要, に授かった, に本質的, に比し, に生気, に確保, に縁, に要求, に訪ねられた, に起させた, のあ, のあり, のうけた, のお八つ, のきいた, のこんな, のすでに, のせい, のそれぞれ, のたべた, のつまり, のとりまえ, のはぐれた, のふところ, のほとんど, のまんなか, のもくろんだ, のやう, のよい, のわがまま, のエネルギー, のバクー行, のブルジュア根性, の一家, の不動, の不首尾, の主義, の乱行, の事務所, の交友, の人, の人間的存在, の代弁者, の住宅街, の作, の便宜, の偏頗, の働く, の先, の先見, の入学, の内輪, の処置, の出来る, の分捕, の創造物, の力量, の勇気, の包み, の卓子, の参政権, の反問, の古巣, の右手, の同僚, の向こう, の周圍, の営み, の団結, の困苦, の国旗, の土壌, の地盤争い, の塒, の墨絵, の夜食, の大将, の天幕, の奉行, の好き, の始末, の婚約指環, の子供みたい, の安住楽業, の実際, の宿, の富, の寝酒, の専門専門, の小間使い, の居ります, の屋根, の山城, の師, の年, の幼年, の庭, の引き上げられた, の待っ, の御面相, の心痛, の思い, の急所, の恋愛本能, の息子, の悲惨, の惚れた, の意中, の意趣遺恨, の懐中, の戦争協力責任, の所領, の手法, の抜い, の持ち家, の指導下, の描いた, の擁護, の政治体系, の故郷, の文化上, の文学運動, の新しき, の方言, の日常生活, の昨夜, の書いた, の月給, の木剣姿, の札, の棲ん, の様子, の欲しい, の歩み, の死地, の気づかない, の気晴し, の水色ヤカン, の求め, の池, の浮揚, の滅亡, の激しく, の無為, の熱狂, の犯行, の獲, の現在目前, の環境, の生命問題, の生活態度, の用, の番所, の病気, の目標, の真心, の着物, の社会成員, の科, の穢い, の立て, の純朴, の組織, の結婚問題, の置かれた, の耻, の職掌, の肩, の胴巻, の脚本, の臥薪嘗胆, の興奮, の芸, の苦しみ, の落ち度, の薫陶, の行くべき, の行動, の表現手段, の見, の覚え, の親切, の観察, の託児所, の認めない, の語学, の貧し, の買った, の起した, の足もと, の身状, の軒下, の追われた, の通っ, の進む, の遭遇, の重々し, の銃, の鑑定通り, の陣地, の階級作家, の隠居金, の難儀, の靴, の頁, の頬, の飛空機, の食事, の食糧, の駕籠, の髭, はあっち, はいっさい, はいま結婚前, はこう, はしかられる, はずいぶん, はそれっきり, はただちに, はどういう, はどの, ははたと, はますます, はインメルタアル, はホテル暮し, はロオレンス先生, は一単位, は一緒, は丹波先生, は予定どおり, は今ごろジンギスカン, は先刻夕餉, は再び, は別に, は勝手, は右, は喜び, は国事, は土間, は多く, は天地, は安全地帯, は小関, は幸福, は当流, は手当り次第, は最も, は棺, は歴史, は沼津, は爰, は町, は礼儀, は精霊, は腹, は蜘蛛, は要するに, は近い, は遠方, は難船, ばかりおいしい, ばかりであっ, へいい, へ敢, へ計った, までが能登守, もああ, もいっしょ, もお前, もこの, もそう, もそんな, もどうにか, もよく, も一しょ, も人, も共に, も出かける, も司馬家, も婦人作家, も広い, も手, も新緑, も母, も無論, も痺れ, も組合, も興, も覚えず, も銘々燐寸, も食事, よりつらい, よりも丈, よりも先住者, より上級者, より先廻り, より後, をあてはめかね, をおく, をかこむ, をこめ, をさげすんでる, をそこ, をただ, をつれ, をどう, をのし上げた, をますます, をむき出し, をやしなっ, をテーブル, を一つ, を信頼, を分け隔ててる, を助ける, を友だち, を取囲んだ, を呼び止めた, を売っ, を失望, を守る, を幸福, を強力, を恨ん, を感じます, を招く, を救う, を暴徒, を決して, を牽きつける, を生捕り, を示す, を結集, を考えた, を葬る, を襲撃, を見つめ, を見直した, を負かし, を迎えるであろう, を追い慕っ, を運び, を除く, 働いて, 悲しき男女, 若い働い

▼ 自分自身~ (2698, 1.8%)

41 のこと 36 の姿 32 のため 24 に向っ 22 の心 21 の中 19 のうち 17 の生活 16 を発見 13 の運命, を見出した 12 の考え 11 のもの, の事, の眼 9 の上, の問題, の意志 8 なの, に向かっ, の言葉 7 が自分, の, の体

6 [11件] がその, でそれ, に對, の内, の力, の存在, の感情, の手, の過去, の魂, を彼

5 [12件] であること, でその, に云っ, に腹, に言, の内部, の影, の立場, の肉体, の胸, を咎める, を見出す

4 [22件] がまた, が堪らなく, が少し, で, で自分, に, にめぐりあう, に就い, に満足, の一部, の作品, の家, の生命, の目, の表現, もその, も亦, をさ, を感じた, を理解, を見出し, を軽蔑

3 [49件] が, が全く, が恐ろしく, が惨め, だと, である, で何, といふもの, と同じ, と自分, にそう, に向, に対する一種, に気がつい, に気がついた, に納得, に言っ, に訊い, の世界, の仕事, の体験, の原理, の名前, の寝床, の思想, の悲しみ, の方, の為め, の発見, の精神, の考, の話, の身の上, の身体, の過失, も, もまた, を, をその, を不幸, を冷靜, を否定, を守る, を感じ, を自分, を見た, を辱, を顧み, を養う

2 [176件] から出, から離れ, がいとおしく, がいや, がこの, がそんな, がどこ, がもつ, が不安, が今そこ, が何, が割合, が天下, が妙, が復讐, が淋しく, が滑稽, が省みられ, が腹立たしかっ, が身, が適当, が醜く, が頼り, が馬鹿げ, だった, であった, であったの, であるかの, であると, でこみ上げ, では全く, でもよく, でやっ, で感じ, で煮, で組織, で考え, で腹, で自分自身, で読む, とその, と外界, にある, にさ, には何, には少し, にめぐりあった, にも向けられ, にも聞かれたくない, による組織, に何, に嘘, に対し, に対して, に対して最善, に対する, に対するまた, に就, に感ずるであろう, に気がつく, に気付い, に私, に自分, に舌, に見切り, に言いきかした, に言つて, に話しかける, に還っ, に関すること, のおそろし, のその, のそれ, のなか, の位置, の保護, の信仰, の個性, の偽らぬ, の内容, の創造, の努力, の卑怯, の危険, の反映, の口, の命, の善良さ, の墓石, の子供, の恐ろしい, の意見, の書いた, の本来, の根柢, の比重, の気持, の溢れる, の物語, の現在, の生存, の生涯, の目的, の研究, の経験, の耳朶, の肉体的, の自我, の自由, の良心, の苦しみ, の苦心, の苦悶, の行動, の行為, の裡, の見識, の観念, の言った, の言語, の読書法, の調子, の足跡, の身, の道, の部屋, の顔, の鼻, はどうしても, または自分, までも退屈, もそこ, もをつた, も妻, をあざけった, をあまりに, をいじめ, をどう, をもつ, をも含め, をも忘れ, をも第三者, をよく, をキチガイ, を凜, を呉一郎, を味, を味つて, を咎め, を嘲笑, を幸福, を恥じた, を愛し, を感ずる, を投げ出した, を流す, を演出, を潔く, を甘やかす, を生かす, を發見, を相手, を省み, を破壊, を立派, を納得, を自覚, を苦しめる, を見, を試みる, を詩人, を語る, を責めさいなんだ, を輕蔑, を限り, を鞭

1 [1614件 抜粋] からさえも逃れたかった, からも世の中, から光, から毎日, から自分, から解放, から逃げる, があった, があれ, がいつのまにか, がおちこん, がさながら, がすかんぴん, がつくる, がどっか, がなさけなく怨めしかっ, がもうすこし, がやはり, がわからなかったであろう, がジプシイ, が一体, が一時間後, が世界観, が令状, が佗びしく頼り, が先, が分かる, が刺戟, が卑小, が呉青秀, が圧倒, が夢, が嫌われ, が彼, が忌々しかっ, が悪口, が愛せられる, が截, が挟まれ, が早く, が死, が波, が淋しい, が理, が疚し, が相手, が真暗, が穢らわしかっ, が精神科学, が老人, が自殺, が茫然, が襲, が軽率, が迷, が随分, が馬鹿馬鹿しく, が驚愕, この時代, さえも軽蔑, さえ頼り, すらもなかつた, そして為す, その暴力, だけだ, だけになされる, だけの一ぱい, だけを愛する, であがき, であるといふ, でおれたち人間, でこしらえた, でさえもその, ですら, でどうしてそんなに, でどやしつけられる, でのほう, ではなれなかった, では此, でもおもしろい, でもはっきり, でも或いは, でも気にいらない, でも考え考え云う, でも驚い, でよく, でノーフォーク警察, で主観的, で仕出かした, で作り出した, で勉強, で呑みほした, で弁え, で意識, で持っ, で描い, で是非とも, で気, で湧き上らせた, で生存, で用意, で着物, で素人, で考へた, で舞, で見える, で読まね, で負いきるべき, というもの, としてはその, とだけつきあっ, とにいかにも, と一つ, と他, と劇的, と寸分顔形, と未来, にいいきかせた, にいろんな, にお前, にかくす, にこびた, にさえ奥歯, にさえ彼, にしか関心, にすら反感, にたいしてあまりに, にたいして奮激, にたいして率直, にたいして語ってる, にたいする甘い, にたちかえる, にだけ語っ, についてもさらに, について自分, にとっての問題, にとって最大, にどう, にのぞんだ, にはそういう, にはなれない, には非常, にまかせ, にむかつ, にもいい, にもその, にもつ, にもわからなかった, にも云っ, にも内々, にも判然, にも嫌気, にも押し隠し, にも無理, にも聞かせてる, にも身分, によって決定, によつて存在, による自由, に不満, に云, に亡霊相手, に備われる, に公平, に力, に半ば, に合点, に向けられ, に呟く, に報いられる, に大変勇気, に対していよいよ, に対してさえお, に対してしつかりした, に対してのみだった, に対してはより, に対してもその, に対しても何となく, に対して云った, に対して心, に対して根性, に対して約束, に対して自分, に対しより, に対するよりもむしろよけい, に対する不快, に対する信念, に対する懐疑, に対する激しい, に対する虚勢, に対抗, に幸福, に当てはめる, に怒ってる, に恍惚, に愛想, に我, に救い, に文学的, に於ける, に次第に, に止まり, に比べ, に気が付いた, に澄江, に理解, に目ざめる, に確信, に程よい, に立ち返り, に経験, に考え, に自分自身, に言いきかす, に言い聞かせた, に訊いた, に証明, に詳細, に課せられ, に返報, に逐一, に還り, に関する限り, のあせり, のいまし, のくるくる, のした, のせゐに, のつもり, のひだる, のもっと, のよう, のインチキ性, のプラス, の一生, の不完全, の主我的, の亜麻, の亭主, の人生観, の会得, の体験そのもの, の侘しい, の修行, の個人的性能, の優越, の全貌, の具体性, の内部生活, の出世, の利害, の劇, の勝利, の卑劣さ, の単線的統一, の原因, の名誉, の周囲, の味方, の哀れ, の哲学, の噪ぐ心, の土地, の型, の変化, の多年, の天皇, の好み, の妻, の媒体, の安心, の家具, の容色, の小さな, の工場, の帽子, の弁護, の強, の心中, の心痛, の心騒ぎ, の思い, の思考, の悟り, の悪徳, の悲痛, の愉快, の感触, の成長, の手柄, の批評, の掌中, の支, の教育, の方法, の映像, の時間, の最善, の机, の棲家, の止む, の死ん, の母, の気持ち, の決心, の消費, の為仕事, の焦燥, の片足, の理想, の生き方, の用, の疲れ以外, の病苦, の皿, の直接, の社会生活, の神經質, の秘密, の筆, の精神状態, の経歴, の給料, の美, の肉眼, の肩, の背後, の腹, の自, の舞台監督, の苦し, の葬式, の虫, の行くべき, の要求, の覚悟, の話題, の財力, の貧困, の身上, の迷いがち, の過剰, の間, の雑貨, の鞭, の頭脳, の食器, の食物, の髪, はと言え, はもう, は元, は勝利, は恐ろしく, は春の目覺め, は獨身, は肘掛椅子, は跡片付, へあてた, への一種, への口実, への高潮, または政府, までが妙, までも一, まで敵, もそう, もどう, もほか, も一寸, も世の中, も凍っ, も十分知つて, も同様, も妖怪変化, も幾度, も悦ばしい, も文藝, も楽しく, も永い, も神経衰弱, も老耄, も関係, や周囲, や家族, や社会, よく自覚, よりももつ, よりも真理, をあてはめ, をいま, をかれはかれ, をこそ憾むべきで, をさえ救う, をしか語らなかつた, をすら創作, をそこ, をつっ立たせる, をとがめた, をはげました, をばか, をまるで, をもいや, をもつき離し, をもて余し, をも又, をも哀感, をも害する, をも影, をも慰めず, をも相手, をも赦す, をやっと, をわき, をスプリングボード, を一歩, を三人称, を与え, を云わ, を他人, を何処, を作り出した, を価値, を信ずる, を内々心, を刺し, を勘定, を却って, を取り扱う, を取違えやしない, を叱り, を嘲ける, を囘顧, を失, を嫌悪, を守り通した, を実際, を小, を巨人, を心棒, を忘れはて, を思う存分, を恐れ, を恥じる, を恥ぢず, を恨んだ, を愛する, を慰めよう, を憫, を戒めなけれ, を抹殺, を持ち崩す, を持てあました, を振い立たせる, を捨て去る, を描写, を支える, を救い出し, を救う, を時折, を棚, を欺かず, を正当, を母親, を泥, を淋しく, を無理, を現す, を省みよ, を知つて, を知る, を築き上げ, を考え, を脱, を苛立ちました, を落ちつかせる, を裏切る, を見出さぬ, を見守っ, を見物, を観る, を訓練, を認めた, を説服, を諦め切っ, を責め, を賞賛, を追いやっ, を造り上げ, を錬, を陥れる, を非常, を鞭撻, を飛び廻らせたかった, 全く常識, 及び自分, 或る, 楽しいこと, 溺れんとして, 行きついて

▼ 自分でも~ (2083, 1.4%)

29 不思議な 26 それを 19 何を 18 知って 16 わからなかった, 知らずに 14 分らなかった, 気が 13 わからない 12 思って 11 自分が, 驚くほど 9 意外な, 訳の 8 それが, よくは, 自分の 7 それは, よく知っ, 不思議に, 分らずに, 気の, 認めて 6 どうする, びっくりする, わかって, 分らない, 変に, 感じて, 気がつかずに, 気づかないうち 5 おかしいと, そう思っ, はっきりと, わけの, 何の, 分らないよう, 気に, 知らないで, 知らなかった

4 [19件] そう信じ, はっきりしない, びつくりする, よくわかっ, わからないが, わけが, 何か, 何が, 分りません, 呆れて, 忘れて, 意識しない, 感心する, 承知し, 泣いて, 知らない, 知らぬ間, 見当が, 覚えて

3 [43件] これは, そう思います, その気, それと, それに, どうにも, ない, びっくりし, びっくりした, よくわからない, わからないで, わからないの, わからなかったが, 不思議だ, 予期しない, 云って, 信じて, 分らないの, 分らなかつた, 判らないの, 判らなくな, 可笑しかった, 呆れるほど, 喫驚した, 妙な, 思いがけないよう, 思つてゐる, 悲しい, 感じた, 書いて, 気がついて, 気づかないで, 氣が, 満足する, 知らないの, 知らない間, 考えて, 自分を, 言って, 訳が, 諦めて, 驚いて, 驚くほどの

2 [125件] い, いって, いつでも, おかしくなっ, おやと, きちんと坐り直し, さう, して, すこしばかり, そうと, そう思い, そのこと, その声, その意見, その欠点, その理由, ぞっとする, どうしてだ, どうしよう, ないもの, ない先例, なぜだ, なにを, はっきりとは, はっきりわからない, はっきり分った, はっきり判った, ひどくぶ, まごついてるよう, やって, よくそれ, よくわかりません, よく分らない, よく判らない, よく理解, よく知らない, よく考え, わからないん, わかりません, イヤに, 一種の, 不思議の, 不敵な, 今日は, 他人でも, 他人の, 任じて, 何う, 何にも, 何やらこっそり書い, 作って, 分らないと, 分らないん, 分らなかったが, 分らなくなったから, 判った, 判らない, 判らなかったが, 判らなかつた, 判らなくなって, 口を, 可笑しいくらい, 可笑しいと, 可笑しいほど, 可笑しいやう, 呆れるばかり, 喫驚する, 困るほど, 変だ, 変な, 多少の, 夢の, 好きな, 妙に, 嫌気が, 少しオカ, 屡, 年を, 心の, 心附かず, 忘れたい人, 思いがけなかった, 思い出せないよう, 思つた, 思つてゐた, 思ひ出したやう, 恥かしい, 悪い癖, 意味が, 意識せず, 愕く, 感ずる, 捕捉に, 旅の, 案外な, 此咄嗟の, 残念に, 気がつかず川, 気が付かずに, 気を, 気付かずに, 気付かないうち, 珍らしい, 疑って, 知つてゐた, 知つてゐる, 知らず識ら, 知らないうち, 知らないま, 知らなかったが, 笑いながら, 笑い出した, 笑って, 笑ひ, 納得出来ず, 羽が, 苦労人やと, 苦笑し, 責任を, 身に, 面喰った, 食った, 飲みながら, 驚いた, 驚くの

1 [1252件 抜粋] あきれて, あざむけないよう, あたしは, あまりいい, あまりに古語, あらぬ事, あるよう, いい加減な, いうほど, いくらか考え付いた, いくら考え, いっさい夢中で, いとしく惜しくも, いやいや引立てられる, いやな, いろいろと, いろいろ短冊, うたったり, うまくいえない, うまそう, うれしく特に, えらくな, おかしいのよ, おかしい程, おかしくなった, おどろいて, おや, おわびしたい, お気が, かわいそうで, きっと特別お話, ぐいぐい飲ん, けっしてよい, ここに, こだわらずだんだん, このさき一語, この前, この気持ち, この答え, この辺, この頃, こぼして, これぢや, これには, これまで, こんなにひどく, こんな事, さすがに, さみしい時, さんざん苦心, しっかり気, しばしばそうした, しばしば首席, しゃべるに, すぐれた娘, すこし妙, すっかり後悔, するくらい, する事, そういう意見, そうは, そう偉い, そう名乗っ, そう思う, そう感じ, そう旨い, そう言っ, そのうつろ, そのエゴイズム, その微笑, その恰好, その才能, その文, その柄, その気もち, その織り交ぜられた, その自分, その際, その頑迷さ, それっきりその, それ無, そんなに粗雑, そんな気, たいへん気に入った, たしかにそうだ, たびたび後悔, たまるまいと, ちかごろほとんど口癖, ちゃんと知っ, ちょっと納得, ついその, つくづく年, でたらめを, とっくに知っ, とても困る, どういう心持, どうかと, どうした, どうしてい, どうしてこうよく走れる, どうしてこんな, どうだ, どうな, どうやらそういう, どこを, ないと, ない気, なぜやろ, なにかわからぬ, なりたいとは, なんだかわけ, はがゆい位, はっきりつかむ, はっきりわけ, はっきり掴み兼ね, はっとする, はつきりさせなけれ, はつきりわからない, はつきり判ります, はね起きて, ばかげたこと, ひとつ考え, ひどくゆかい, びっくりしてる, ふいと, ふしぎで, ほかの, ほとんどわからない, ほんとにいけない, ほんとに怒れ, まずいと, また声かぎり, まだはつきり処理, まだ知らない, まつたく予期, もう一度何, もう命, もう心配, もう時機, もて余して, やって来ましたわ, やはりその, やむを得ざること, やらなければ, よくあきない, よくそう思います, よくわかった, よくわからぬ, よく何, よく分かりません, よく分らなかつた, よく分る, よく判らなかつた, よく判る, よく承知, よく知つて, よく考へ, よく解らなかった, わからずどんどん, わからず幻滅, わからないながら, わからないもの, わからない暗黒世界, わからなかつた, わからねえが, わかりませんいつか, わかるほど, わかんなくなつちやつた, ウカウカと, ウソの, ガラスの, クサる, ゾッとする, テテポッポカカポッポと, ハッキリ分らない, ハッキリ言えん, ビックリした, ピュローン風の, ホラが, 一口たべた, 一度は, 一枚繪の, 万, 下手な, 不可解に, 不思議そうに, 不思議でならなかつた, 不愉快だ, 世の中の, 中途半端な, 乗つて, 予期しなかった, 云うて, 云つた, 亡者亡者と, 人でも, 人足の, 今頃来る, 仕末, 仰言ったわ, 何うにも, 何だかわからない, 何だか変, 何だか用, 何とも, 何と云つて, 何十枚と, 何故そんな, 余りはしたなく, 作られます, 信じられないの, 信じ他人, 僕の, 充分わかっ, 入学出来る, 全く思いがけなかっ, 八方手を, 其の時, 内心それを, 再婚する, 出来るだけ, 分からずに, 分からないほど, 分からなかった, 分ってる, 分らず家, 分らないから, 分らないその, 分らないわ, 分らない事, 分らない心理, 分らない自分, 分らなかった上, 分らなくなった, 分らねえどう, 分りました, 分りませんよ, 分るほど, 初めて判る, 判らないうち, 判らないよう, 判らない一杯さ, 判るほど, 判断の, 判然ん, 制しきれない足どり, 制御する, 前途の, 力んで, 包紙を, 十分感じ, 原因が, 厭惡すべき, 及ばないと, 古い, 可笑, 可笑しが, 吃驚りした, 合理な, 名状出来ない, 呆れた, 呆れとったところ, 呆れるほか, 周囲でも, 命ぜられるまま, 啜って, 喜んで, 喰つたら, 困った, 困ってる人, 困るの, 変で, 夢中で, 大いに気, 大人に, 大層勉強し, 奔走し, 女学生の, 始終心, 娘の, 嬉しいよう, 実はやめられるなら, 実際の, 寝台から, 實在, 少々悲観, 少しおおげさ, 少しは, 少し可笑しく, 少し描い, 少し驚い, 帯の, 常々云う, 幾年か, 店を, 強いて, 弾いたり, 彼を, 後でどうしても思い出せなかった, 後悔した, 得心の, 復讐したい, 心得て, 忌々しく思えた, 忘れられたら忘れて, 怖ろ, 思いがけないほど, 思いがけない熱い涙, 思いがけなく彼女, 思いがけなく私, 思いがけぬ触感, 思います, 思い出したよう, 思い直して, 思い設けぬよう, 思い遣られるよ, 思うよう, 思う様, 思っては, 思ひます, 思ふところ, 思われます, 怪しんだ, 恐れて, 恐ろしい気, 恥かしくて, 恥ずかしい気, 悪いと, 悲い, 情けないと, 想像される, 意外に, 意識し, 愛してると, 愛想の, 感じるくらいに, 感心し, 戒めて, 所領豊後国で, 手助けを, 手紙に, 把持し, 持って, 持てあまして, 持て余すほど, 掌を, 採否の, 支配する, 放言し, 敵を, 文芸時評の, 新しく工夫, 新羅王, 旅へ, 早くよくなろう, 明らかに, 是非その, 時々その, 時々可, 普請場の, 更に分らない, 書くそして, 會社の, 未だ夕飯前, 本にで, 本当の, 本陣や, 椅子や, 樺太以來殊に, 正しいこと, 此の, 武蔵坊弁慶の, 歯がゆいほどに, 死んじま, 気がついた, 気がつかないで, 気がつくと, 気がつくよう, 気づかない内, 気づかなかった巨大, 気に入つて, 気付かないよう, 気付きながら, 気安めだ, 気障, 氣付かず, 決心が, 泥んこと, 浮世を, 深く信じ, 満足しない, 溜息を, 演奏者と, 濁つたやう, 無気味で, 焼肉の, 狐に, 理由の, 甚く残惜し, 生きて, 異様な, 疑ひを, 癒る, 白いと, 相当図々しい, 相当満足すべき, 着物を, 知つた, 知らずこの, 知らず知らずに, 知らないらしく彼, 知らない悲愴, 知らなかったし, 知らねえって, 知りません何, 知り拔, 知るまい, 研究し, 確信は, 神經さへ, 私たちと, 稍出来の, 空を, 立ち上がると, 笑いを, 笹木の, 精力を, 経験を, 絵を, 美しいと, 考えが, 考えては, 考えること, 考へるとぞ, 聊か淋しい, 聖降誕祭だって, 聲を, 背負って, 腰掛けた, 自信を, 自身の, 舞台に, 芸術家に, 苦しみ他, 苦しんで, 茫然と, 行けるの, 西南戦争に, 見えないし, 見ずには, 見ないよう, 見人, 見送りの, 覚えません, 覚悟し, 観測を, 解らないよう, 解らなかったが, 解らぬよう, 解りません, 言ったとおり, 言ってるじゃ, 言つておいでぢや, 言つてゐられる如く, 計らぬもの, 話して, 認めないやう, 認めまた, 認識出来ない, 説明の, 謙遜だろう, 豪語し, 負った深, 買つてゐる, 身を, 身体に, 近来とみに, 過去の, 醜いと, 野暮臭くって, 鍬を, 長い桜, 阿呆の, 随分賄賂, 雑誌を, 面白くって, 靴下を, 頭から, 飛ばうとして, 食いお袋様, 飲むの, 飲んだ, 首肯き他, 馬鹿な, 駅の, 驚かされること, 驚きます, 驚くほどに, 驚く程よく, 高く買う

▼ 自分~ (1792, 1.2%)

89 同じよう 46 一緒に 33 自分の 18 云うもの, 同じやう 16 いっしょに 15 同様に 13 並んで 12 云ふも 11 一しょに 10 今の 8 三千代との, 同じ人間, 彼女との, 話を 6 一しよ, 千鶴子との, 同じこと, 同年輩の, 比較し, 顔を 5 おなじ風, ひととの, 二人で, 同じ年頃, 妻と, 関係の

4 [14件] いうものの, おなじよう, そっくりの, 一所に, 三千代の, 他人とを, 仲の, 前後し, 反対の, 同じ年ごろ, 同じ様, 彼との, 父との, 離れて

3 [43件] お久美さん, この男, その周囲, その家族, よく似た, 三人で, 二人きりに, 云ふ, 他の, 何の, 共にある, 別れて, 千鶴子の, 同じくらい, 同じくらいの, 同じもの, 同じ世界, 同じ位, 同じ心, 同じ道, 同じ高, 同姓の, 同様である, 同等の, 周囲との, 女との, 女の, 妹の, 彼とは, 彼の, 手を, 母との, 現在の, 相対し, 節子との, 素子との, 自分との, 自分に, 自分を, 言ふも, 踊って, 雖も, 青年との

2 [112件] あの人, おんなじよう, お敏, お糸, お豊, お鳥, きめて, したこと, すると, すれば, どこが, なんの, なんらの, まったく同じ, ソックリの, 三人が, 三千代は, 三千代を, 二人ぎりの, 亨一との, 今日の, 佃との, 何等の, 光子さんとの, 全く同じ, 共通な, 其男と, 別れるの, 利害の, 同い年で, 同い年の, 同じい, 同じく大きい, 同じで, 同じであろう, 同じ一人, 同じ不快, 同じ人, 同じ仲間, 同じ傾向, 同じ夢, 同じ宿, 同じ思想, 同じ批評家, 同じ方向, 同じ服装, 同じ気持, 同じ血, 同じ路, 同じ身分, 同じ運命, 同じ食卓, 同一の, 同列に, 同名の, 同棲し, 同樣, 同種の, 同級の, 向い合って, 向かい合って, 四人で, 夫との, 夫の, 夫人との, 女房を, 女教師とは, 妙な, 妻の, 妻は, 妻子の, 娘の, 嫂の, 家との, 対等の, 少年とは, 平岡の, 床を, 志村は, 打伴, 新子との, 武蔵との, 死んだ浩一, 比較する, 気が, 津田との, 無関係な, 瑠璃子とが, 生活を, 異った, 異なった考え, 相手との, 真紀子の, 石本俊吉とは, 石本君とは, 秀吉との, 等しく奈々子, 結婚し, 結婚する, 結婚すれ, 肩を, 苦悩のみ, 藻外と, 蜂谷との, 血を, 要吉の, 言うもの, 話が, 長平との, 長蔵さんは, 非常に, 鹿との

1 [1004件 抜粋] ああなった以上, あの床屋, あべこべの, あまり交渉の, あまり年齢, あんどんだけ, いっしょにいるどっさりの者, いっても, いふ者について, いること, おかく, おなじ二等車, おなじ内地, おなじ状態, おやぢさん, おれの, お兼, お前との, お母さんの, お浦, お米, お蘭, お里の, お雪ちゃんとの, かけ離れた自分, きょうの, きりはなして, くらべるやつら, この二人, この庭, この料理女, この美しい, この苦労, この連中, これらの, ごっちゃには, さうさ, した事, した過失, して, すっかり同じ, すべての, すれちが, すれちがった橇, せねば, そして人性, そして厳格, そっくりな, その人, その商品, その対象, その漫画, その画面, その自分, その間には, それからシゲ子, それから家族, それを, そんなに違う, だいぶ似た, つきあいたいという, てこの, どういう関係, どちらかを, どっちが, どんなに変っ, ならんで, なり独力, はかの, ひきくらべて, ひととに, ひと足違いで, ぴたりと, ほかの, ほとんど同じ, まき子に対する, まだちよ, まつたく関係, みじんの, もう一人, もう眠りかけ, わかれなければ, わたしとだけの, アリスとの, クリストフとの, コックだけ, シュパッツ夫人の, トウルノンは, ナヂェージダ・フェドセーヴナとの, ノッチンガムの, ハステラーとの, ピッタリと, モスク, ヨク似た, リザ, 一つに, 一体なる, 一列に, 一枚の, 一氣相連なつ, 一番近く並ん, 一致し, 一般民衆に, 七人の, 三つ違である, 三人だけ, 三人だけの, 三人の, 三人一緒に, 三平の, 不和である, 世間が, 世間を, 並んだ趙, 主君との, 久松との, 二人ぎりなので五つの, 二人だけででも, 二人の, 于禁とは, 云うものの, 云う性根, 五つも, 五郎の, 交渉の, 交際の, 京子を, 人とを, 人は, 仇同然な, 今黒塗, 仕事との, 他とを, 他人と, 他物との, 仙子さんとの, 仲がよ, 仲悪の, 仲間を, 会うと, 会わなくなったの, 伯魚とを, 似つかわしくない, 似ない子, 似寄った者, 何かの, 侍従とを, 保との, 信長の, 倅英太郎以下の, 元素を, 兄とは, 先生との, 光子との, 入れちがいに, 入鹿, 全く交渉, 全く没交渉, 全く異, 全く縁故, 全然違った, 八橋と, 六十年後の, 共に葬る, 共通の, 共鳴若しくは, 兵庫介の, 凡ての, 分ちがたい, 切り離された他人, 初さんが, 別な, 別れてからの, 別物なら, 利仁との, 前記の, 助手の, 勉との, 勘兵衞と, 千代子を, 升屋とは, 参右衛門と, 双生児の, 反対に, 叔母との, 口を, 各地區の, 合一致し得た, 同じくこの, 同じくしかも, 同じくらいに, 同じく不幸, 同じく北軽井沢, 同じく小説, 同じく明治, 同じく朗らか, 同じく漢詩, 同じく自然, 同じぐらいに, 同じぐらゐの, 同じでない, 同じに, 同じま, 同じ三家, 同じ事, 同じ位自動車, 同じ別人, 同じ医者, 同じ名前, 同じ地方, 同じ境遇, 同じ宗旨, 同じ小学校, 同じ常連仲間, 同じ年ぐらゐの地, 同じ店, 同じ弱点, 同じ心地, 同じ悲しみ, 同じ感情, 同じ態度, 同じ新, 同じ方角, 同じ明王, 同じ木綿, 同じ村瀬, 同じ枝, 同じ樣, 同じ欠陥, 同じ比重, 同じ氣持, 同じ水難者, 同じ流星, 同じ漢室, 同じ父, 同じ環境, 同じ異類, 同じ病気, 同じ社, 同じ秘密, 同じ程度, 同じ級, 同じ継子, 同じ職, 同じ蚊帳, 同じ覚悟, 同じ訝し, 同じ間隔, 同じ高氏, 同一な, 同化せぬ, 同好同志の, 同居し, 同年であり, 同年同月同日に, 同年齡で, 同性な, 同性質, 同意見, 同憂の, 同格の, 同様な, 同様欄干から, 同程度, 同窓の, 同等にまで, 同胞との, 同腹な, 同輩の, 同郷の, 同額を, 同類とは, 后方との, 向き合った彼, 向合つて, 君等との, 周囲とに, 周囲を, 和歌子さんとは, 和解できなく, 噴火し, 団体の, 坪井氏とは, 堀木, 堅い約束, 塞いで, 変って, 外界とを, 大して年, 大差の, 大次郎と, 天地が, 夫婦に, 奥畑との, 女中二人に, 女房子ぐらゐを細々, 妻とが, 妻とを, 姉との, 姉の, 娘とは, 嫂とを, 嬢様の, 子供と, 子供とは, 子供の, 宇乃とが, 宇宙とが, 室生犀星等が, 家族が, 家族とを, 家来との, 寄って, 富子と, 寸分違わない, 対ひ, 対手との, 対立する, 対象とが, 小供, 小歌とが, 小池との, 小滝とを, 少し離れた, 山の, 岡田とは, 差向いで, 年の, 幾との, 弦之, 彼と, 彼なっ, 彼は, 彼らとを, 彼女とにとっては, 彼女の, 後に, 従姉とに, 徳川どのとが, 心の, 思って, 思つた, 思ふだけ, 思想傾向を, 性的交渉を, 息子とだけ, 愛する者たち, 懸け離れて, 成政とは, 成瀬とは, 戰ふべき, 手に, 打ち解けた長, 指井とは, 摺れ違って, 擦れ違いざま, 敏子との, 数日暮し, 旅へ, 明とで, 暮したいという, 書記の, 朝子とを, 本質的に, 東山との, 林町との, 桑十に, 梅原とを, 権叔父とが, 次郎との, 正反対な, 武蔵様の, 歩くの, 殆ん, 比較に, 気狂ばかりを, 沙金とが, 深い宿縁, 深井とを, 添寢を, 濃い血液, 照ちやんとの, 父の, 父親の, 犬と, 玄内の, 玉藻との, 現世とを, 現在との, 生れつきの, 生活する, 田口の, 男だけの, 異うこと, 異つた国, 異なった地金, 異姓である, 疎隔させ, 白状し, 皆とを, 直接に, 相向い, 相手とを, 真紀子が, 眼と, 知って, 知るであろうあの, 社会との, 社会科学との, 祖先を, 秀吉とは, 秀英の, 私の, 秋子との, 竹童の, 等しいもの, 等しく肉體, 精とは, 糞度胸を, 細君との, 紳士淑女たちとの, 結びついて, 結びつけて, 結婚しろ, 絶交する, 縁起のよ, 縁遠いもの, 縫子丈で, 義助は, 考えが, 腐爛目を, 腹が, 自分が, 自分へ, 良人と, 花前との, 芸とが, 若い葉子, 葛岡は, 藤夜叉とを, 藤尾との, 虱と, 蝙蝠傘とを, 行き逢うに, 行動を, 衝突し, 裂き棄てたよう, 親しいもの, 親しい二三, 親しい間柄, 親との, 親密の, 觀測所との, 言う人間, 言ひ交した, 記代子の, 話さないだろうと, 話そうと, 語る時間, 調和してる, 讀者との, 貫太が, 距離の, 輝子との, 追われて, 逢って, 連れ立って, 連絡の, 進んで, 遊ぶじゃま, 遊んだかという, 過去とを, 道綱の, 違い不快, 違ったところ, 違った自分, 違つてゐる, 違つて父は, 違ふ, 遺ったただ一人, 都合四人で, 里子の, 野々宮を, 金吾さんだ, 金吾さんの, 長蔵さんが, 間違えて, 関係が, 関係する, 闘いはじめる苦しい, 闘ってるん, 關係なし, 隣の, 雖ども實は, 離れること, 青柳との, 顏を, 馬とが, 魚だけ, 黄忠などを

▼ 自分から~ (1533, 1.0%)

139 進んで 36 先に 20 身を 18 離れて 13 好んで 11 すすんで 9 見ると, 足を 8 自分を 7 口を, 自分の 6 出て, 手を 5 さきに, 先き, 望んで, 求めて 4 して, すゝんで, それを, 去って, 名乗って, 捨てて, 笑って, 見れば, 言い出して

3 [18件] すすめて, はなして, 云えば, 何か, 先へ, 出かけて, 口実を, 死のうと, 死を, 私に, 言うの, 話を, 買って, 近づいて, 逃げようと, 遠慮し, 離して, 頭を

2 [76件] いえば, いった, きめて, こういう, すぐに, そこへ, そのこと, その使者, 三四年前の, 下の, 云うの, 云つた, 云はせる, 但馬の, 先刻の, 出たの, 出向いて, 切り離して, 名を, 名乗りを, 呼んで, 命を, 圭太の, 声を, 夫に, 好きこのんで, 好き好んで, 姿を, 娘の, 子供の, 席を, 彼の, 志願し, 思い立って, 暇を, 本を, 来て, 梅子の, 死ぬという, 気が, 気を, 求めたこと, 河へ, 泊って, 注意を, 火を, 独立し, 発言する, 積極的に, 立って, 聞かれる事, 茶を, 見て, 視線を, 親が, 言い出した, 言った, 言って, 言ひ出し, 話し出した, 誘惑し, 起こったこと, 起ったこと, 逃げて, 遠くに, 遠く離れ, 遠ざけて, 金の, 離すまいとして, 離そうと, 離れぬとして, 頬かむりを, 頼んで, 飛びこんで, 飛び出して, 駈込んで

1 [982件 抜粋] あきらめた, あせつて, あの女, あの華やか, いいだして, いい出さん, いい出しながら, いい遺し, いそいそと, いって, いつか眠らされ, いらつし, うちこんで, うばわれる楽しみ, おかしそう, おすすめする, おんでる, おッ饒舌, お先に切り込んだ, お打明けしよう, お藤, お願いする, かくしたとは, かけて, かつて宮, かの女, きっかけが, きりだした, くせ者という, けんかを, こうとは, ここへ, ことさらに, この中, この城, この手, この気心, この綽名, これに, さう云, さっさと出, さつさと, さまざまな, しかえしたん, しゃべり出した, すこしはなし, すすめるべきであったかと, すすんでは, すてた故郷, すり寄って, するの, そういっ, そうしよう, そこに, そのいかがわしい, そのなか, その時, その泉, その青葉, それに, そんなふうに相談, そんな売込む, ただ一つ, たづね, たのんだもの, ちょっと編笠, ついて, つきはなしたよう, つき離して, とどまって, ともすると逃げ, どうしても一人, どんどん離れさす, にげ出して, ぬけだして, ぬけ去って, のがれようと, はしゃいで, はなしがたい, はるかに, はんぶんはんぶんといふ, ひとに, ぴったりくっつい, ほだされおぼれて, ますますよい, まず腹, まったく面倒, みて, みれば, むずかしげ, もう一度行かう, もち出し, やって来た, やめる先生, ゆこうと, よく頼ん, より以上, わざわざ苦痛, わしの, わなに, オリヴィエを, カンドーされた, キリストは, ジリジリと, ヒルダを, プロレタリア文学の, マイクに, ルキーンに対する, 一定の, 一度でも, 一番近い, 三味線を, 下宿を, 不意に, 世間の, 両手を, 中宮に, 乗りだして, 乘出しました, 二人の, 二歩と, 云い出した題目, 云うと, 云って, 云ひ出す, 云へば, 亜米利加へ, 人前に, 今川焼の, 仕た仕事, 他に, 他人の, 仰せつけに, 伺いに, 佐吉に, 何かと弁解, 何一つ意志表示, 余り遠く, 作って, 俺は, 停学の, 側へ, 働きかけた始めて, 働きかけては, 働きかければ, 僕の, 入って, 入口の, 兵馬は, 再びもと, 処女も, 出した手紙, 出たもの, 出た事, 出た蝶, 出た陰謀, 出る剣気, 出向いた, 出頭し, 切られようという, 切腹した, 剥げおちて, 力が, 加入を, 動かないで, 動き出す気, 動く, 動く火, 勝手に, 勧めた縁談, 十歩ほど, 千嘉治氏へ, 卑下し, 卒先し, 去ったかと, 友達と, 取りのけるという, 口に, 叫んだが, 合理化すべきで, 名のって, 名乗ったそう, 名乗るが, 名乗ろうとは, 名告, 否定しなけれ, 吹聴し, 告白しなす, 呑気の, 和服に, 四五間離れた, 固執する, 国際ペンクラブを, 地上に, 坐り直して, 塾長室には, 壞し, 外して, 夢中に, 大人らしく感ぜられぬ, 大徳寺へ, 大蹴つまずき, 失はれて, 失われ自分, 奪う人, 女に, 女生徒に, 妻を, 嫁ぎたく想って, 嫌ひだなんて, 子供たちの, 子供を, 孤独のからの, 学生の, 安全そうな, 宣れ, 家を, 容認し, 寄託された, 寝衣, 対談を, 尋ねて, 小林小林から, 少しは, 少し言い過ぎた, 屈しなかった人, 届けを, 岩の上へ, 帰って, 帳消しに, 店に, 庭下駄を, 引いて, 引っか, 引つ懸かつ, 引込むでも, 強く言ひだ, 弾けて, 彼等の, 後ろに, 得る救, 御奉公, 御披露, 御言ひ, 御返事する, 心持よ, 忘れて, 念を, 思い得るならば, 思立って, 恐怖した, 恥ぢて, 恭一の, 悪い事, 惚れたと, 愛して, 懇, 戦争を, 手伝いに, 手塩に, 手斧を, 打ち明る, 打解けて, 承認した, 投げ出して, 折れない限り, 抜け出ること, 押されトントン, 押して, 押しやること, 拔け, 拡大し, 持ち上りかけた大, 指して, 振り払おうとでも, 捕まえられに, 捕縄を, 捨てられたという, 推して, 攻勢を, 放射される, 敵の, 斬ろうと, 断って, 旗行列の, 明らかに, 景気づけた, 書かなくっても, 書く意義, 最悪の, 望むよう, 望んだの, 朝廷に, 机を, 杯を, 棄てまいと, 模倣の, 横に, 次郎に, 正気を, 此家へ, 歩み寄って, 死ぬと, 死ぬ気, 死んで, 残酷な, 殿軍を, 毒を, 氈を, 水に, 決めて, 泣いて, 洩す, 浅間しく思う, 海に, 涙っぽい, 渠の, 溢らす, 演奏料の, 火鉢が, 無断で, 無理やり新郎, 熱くなった, 爆笑する, 片を, 獣医に, 玄徳へ, 率直に, 甚だしく悔いつ, 生まれた一親王, 生れ変った様, 生命を, 産み出された芸術, 田村ゆり子と, 申しこん, 申し出たい程, 申し渡すの, 画布を, 病気に, 癪に, 白ネルの, 皮膚感覚の, 相当の, 真っ先に, 眼の, 石鹸や, 破った, 秀子に, 私たちに, 私を, 称えたこと, 突然離れた, 窒息する, 立ち上った, 立候補する, 笑いだして, 約束を, 結婚問題として, 絶え入るよう, 繰返してる彼女, 罠へ, 美しゅう信じ, 考へると, 胸元を, 脱いだの, 脱出しなけれ, 脱皮し, 脳の, 腕の, 腹を, 臆病者と, 自分たちは, 自分に, 臭わす事, 興に, 興味を, 色けがなく, 花柳界へ, 茶盆を, 荷物へ, 落伍し, 葬ろうと, 薬代を, 蛇吉に, 行ったはず, 行つて簡単に, 表白し, 裸に, 見える面, 見て取られたこと, 見立てて, 親しく罹災者, 観ると, 解きほどかれて, 解釈し, 言いだして, 言います事, 言い出したん, 言い出すこと, 言おうと, 言つては, 言ひ出さう, 言ひ出したこつ, 言われたの, 言出した, 言過ぎた, 訊いた, 訪ねて, 証明した, 話さない, 話しかけたこと, 話した, 話し出されるという, 話し出そうとは, 話すの, 話の, 誇張する, 誓って, 誘ふやう, 語りだしたの, 誰にでも, 諦めたそんな, 諸国の, 貧乏神を, 責任を, 賑やかに, 起き上る事, 起って, 距てられ, 蹴ころ, 身分を, 車の, 軽薄だ, 迎いに, 近づくわけ, 迫らせて, 退いて, 退學, 退轉, 送った少年雑誌, 逃げ出し自分, 逃げ出そうと, 這い込んで, 進で, 進むで, 進んだ, 遅れたの, 遊離した, 過去へ, 遠い世界, 遠くなった, 遠ざかったの, 遠ざかる原因, 遠ざかろうとしても, 遠退こう, 遣って, 選び愛し, 選んだ堕落, 部厚, 配慮する, 酵母を, 銅貨を, 鍬を, 鎮詞を, 門を, 降りて, 降参を, 陶酔し, 陽気に, 階段を, 隠さうと, 離さないで, 離すこと, 離れがたい, 離れること, 離れるなど, 離れる人, 離れ去った此, 離反した, 電話を, 霊魂を, 非常に, 面白くなっ, 鞘当てを, 頭と, 頼むところ, 頼めば, 頼んだの, 題を, 願いさえ, 願って, 風呂も, 飛びこむよう, 飛んだよう, 飛出せば, 馬産地の, 駈けつけて, 騒いで, 驚く時, 魔法に

▼ 自分~ (1473, 1.0%)

43 の生活 14 の方 13 の手, の部屋 11 のこと, の仲間 10 の力 8 の家 7 のもの 6 の上, の周囲, の姿, の心, はその 5 と同じ, のやう, の子供, の幸福, の所有, の眼, の間

4 [11件] であること, の, のため, の乗っ, の仕事, の傍, の後, の恋, の感情, の話, は自分達

3 [24件] が出, が自分達, のいる, のうち, の中, の事, の会話, の住む, の住居, の前, の努力, の小屋, の希望, の新しい, の為, の立場, の経験, の結婚, の見, の身の上, の運動, の運命, はこの, は何

2 [93件] が, がいかにも, がそう, がそれ, が如何に, が正直, が死ん, が皆, が金, にし, にでき, には何, に取っ, に関係, のし, のそれ, のやった, のよう, の一家, の一番大切, の下宿, の下駄, の不注意, の住家, の体, の側, の働き, の全, の出, の利益, の名, の味方, の問題, の国, の場所, の学校, の実力, の室, の小さな, の居る, の居所, の巣, の工場, の席, の御馳走, の心持, の悪い, の意志, の愛情, の感じ, の才能, の持っ, の政治, の本, の村, の汽車, の活動, の為め, の生命, の知った, の知らない, の祖先, の考, の考え, の職場, の良心, の若い, の若かっ, の荷物, の行く, の言葉, の足音, の身, の車, の食卓, はそれ, はどうして, はほんとう, は人間, は今, は僅か, は出た, は新しい, は決して, は知, は非常, もその, も水, も頻りに, より少し, をもと, を中門, を助ける

1 [976件 抜粋] から一時別居, から失われ, から遠のき, がいかな, がいじめ, がおかれた, がこうした, がこの, がそちら, がつい, がどんなに, がなつ, がのけ者, がまたもや, がもっ, がより, がビカデリイ附近, がミヽヅク, が一つ, が一日, が一番, が下っ, が世界, が主, が久しぶり, が云う, が今, が住んだ, が何だか, が何様, が傍, が優者, が先, が先頭, が出来る, が切符, が助け, が半殺し, が反対, が取込ん, が合議, が団欒, が困つ, が地主, が大臣, が始め, が実生活, が尊敬, が居なくなる, が嵐, が御, が惨め, が手, が手出し, が救, が早, が有っ, が本国, が東京駅, が楽, が此那, が永久, が浮世絵, が澤山, が独り立ち, が相互, が眺め, が祖国, が立たなけれ, が立つた, が背中, が自動車, が苦, が苦労, が討伐, が遠く, が降り, が雜木, が預っ, が食べ, が飲んだ, こそこの, こそ男, こそ進歩的, さえ動じず, さえ苦しい, だけが兵隊, だけだ, だけで, だけでもっ, だけに留保, だけの口, だけの身, だけは子, だけは小高い, だけは無事, だけ助かる, だけ話, だって折, つかわれたよう, であるやう, でした戦争, でなくな, ではない, でもっ, でソヴェト, で再び, で判断, で喰, で気, で直す, で自分達, で見物, で食べ, とで分担, との差, とは樣子, とをへだて, と一緒, と入れ, と同, と違う, と類, にこびりつい, につけた, にとっては罪悪, にとって思う, にとつて余り, にはあまりに, にはなれた, には一向, には何等, には変, には打明けられない, には眞, にまずまず, にもかうかう, にヤング氏, に云い知れぬ, に便宜, に加えられた, に勝味, に味方, に子供, に対してサーヴィス, に就い, に恩, に投げつけられた, に比べる, に満足, に相談, に肖せ, に苦しかろ, に責任, に近い, に都合, に露骨, のあいだ, のある, のうしろ, のことば警察, のした, のすべて, のちっぽけ, のとんま, のなじみ, のはらった, のまだ, のみならず, のゆく, のウラ, のシミッタレ, のボロ, のポーズ, の一生, の三機, の下働き, の不利益, の不幸, の不調和, の世界的, の世間, の主人, の主旨, の二人きり, の二番目, の交会作用, の今乗つて, の仕合せ, の位地, の住ん, の何代, の使う, の便利, の個人的衝動, の値うち, の僅か, の先輩, の先頭, の共産的霊能, の内心, の冬着, の出立, の別離, の前身, の劇場, の勝手, の卑俗性, の取った, の口腹, の合議, の周圍, の命, の喜, の喰, の四畳半, の国語, の地位, の塹壕, の塹壕内, の境遇, の墓墳, の天国, の失われた, の奥様, の姉, の委員, の存在, の学生新聞, の家世, の家庭生活, の宿, の寄辺, の寝, の寝間, の専売, の將來, の小舟, の居間, の工場音楽隊, の左様, の師, の常識, の幼馴染, の弁当, の影, の後園, の心もとな, の心細い, の思い付き, の思想, の恋愛, の悲劇, の愉快, の愚弄, の愛する, の成長, の手落ち, の拵えた, の持つた, の指導者, の掌中, の教会, の文化, の日常, の明日, の時節, の書く, の有様, の未來, の本堂, の村中どこ, の栄華, の楽しみ, の楽隊, の様子, の次, の此時, の歩い, の歴史, の死んだ, の死活問題, の母子情, の民族, の永い, の求める, の淋しい, の無, の無学, の特性, の猟場, の現実的過誤, の生れない, の生死, の生活感情, の生涯, の生長, の画境, の番, の皿, の盛っ, の目的, の真, の真心, の眼の, の睦まじ, の研究劇場, の社会, の祝福, の立つ, の箱, の経, の統一, の罪, の署名, の老い先, の耳, の職分, の職業組合, の肉體, の背中, の胸, の航海, の色彩, の艶麗, の苦しみごと, の草場, の落ちぶれ, の蔭芝居, の虚榮, の蛙, の表現, の視野, の観たい, の計画, の記憶, の誇り, の誠意, の謀, の負傷, の貧乏世帯, の買つた羽, の足痕, の身体, の身辺, の軍隊, の近づけない, の連れ立つ, の過ごし, の過失, の部落, の野心, の鑑定, の陰謀, の集団的, の青春, の頭, の顎, の顔一杯楽書, の飛ん, の食事, の食糧, の餓え, の騙され, は, はある, はおかしく, はかなり, はこはれかけた, はしばらく, はそこ, はそんな, はついに, はまだ, はやつ, はよそ者, はシベリア, はムツ, は一層, は世間, は二階, は仕切り, は何だか, は何時, は何食, は優れた, は先づ知らず, は兎, は其奇遇, は初めて, は半ば, は南都東大寺建立, は危険, は嚴肅, は均しく, は大体, は失敬, は姿, は宿, は巴里, は幾つ, は怖, は或, は教育, は新人, は明るい, は昨夜, は是非共翌日, は来ない, は次, は正しい, は死なぬ, は母, は湯涌, は犬, は生活, は皆, は着物一組, は社会, は空襲時代, は絶世, は職業的, は自動車, は芝, は若い, は衣類, は親子, は近江さん, は逃げ, は進ん, は達磨, は野, は長い, は関西, は雛, は食べる, ばかりが偉, ばかりでない, までが武者, もあれ, もどうにか, もやっと, もレスタウラン, も一生懸命, も乗りました, も何時, も安心, も復活, も改まった, も文学研究会, も椅子, も母, も白梅屋敷, も眼, も苦しまなけれ, も降り, やのやう, よりは確か, よりも何, より一刻半, より外, より幼い, より良い, をあらわし, をお, をさして, をとりまき, をネグレクト, を代表, を信用, を包む, を区別, を喰う, を夫, を如水館, を守る, を富岡, を庇つて, を待っ, を想い, を招く, を救い, を東西, を死ぬ, を気づかない, を珍, を生ん, を相手, を窮境, を船乘場, を苦しめる, を見つけ, を討っ, を認めた, を誘拐, を路傍, を透し, を離れ, を驚ろか, 若き同胞

▼ 自分には~ (1417, 0.9%)

19 それが 17 何の 15 わからない 10 分らない 9 自分の 8 彼の, 思われる 7 何も, 非常に 6 縁の 5 人間の 4 それを, よくわからない, 何にも, 出来ない, 少しも, 解らない

3 [13件] そんなこと, できない, ない, ないと, よく解らない, 何か, 分らないが, 子供が, 心当りが, 欠けて, 疑わしい, 許嫁が, 関係の

2 [77件] あざむき合って, あるの, あるのに, この二つ, これを, さう, その人たち, その実, できないと, どうでも, なんの, まだよくわからない, みんな眼新しい, よく分らなかった, よく判らない, わかる, 一つの, 一人の, 一層雨, 一種の, 三歳の, 不思議な, 仕事の, 他の, 何だか, 何よりの, 何らの, 何んの, 優しく清浄, 其理由が, 出來, 分からない, 分つて, 分らなかった, 判る, 判然たる, 到底安眠, 固より, 基督論の, 声も, 多くの, 大変な, 大層見苦しく, 女の, 好都合だ, 子が, 彼を, 彼女に, 心の, 思はれなかつた, 思はれるので, 思われた, 思われたの, 思われるの, 息切れが, 手の, 毫も難, 珍らしい, 用は, 甲斐が, 男の子が, 畫が, 真似も, 粗末な, 絶対に, 胸を, 自分を, 興味の, 苦しかった, 苦しさ, 行くの, 覚えの, 親代々の, 解らないが, 解らなかった, 託したの, 記憶が

1 [1089件 抜粋] あえて何ん, あたかも彼女, あの, あまりおもしろく, あまり楽しめない, あまり耳慣れない, あまり関係, あらゆる点, ありません, ある事柄, あれより, いいこと, いかなる知人, いかにも愉快, いくら説明, いちばん涼しい, いっそ気楽, いったい何, いつこうに, いつもかなり, いまだにそれ, いやな, いろ, いろんなご, うちが, うまいの, うんざりせず, お師匠さま, お茶も, かういふ家庭, かえって嬌態, かっこうの, かなり明らか, きっとため, きわめて僅か, こ, こうしたこと, このよう, このセンネット・ガール, この事実, この二青年, この家, この方, この機合, この漢熟語, この発行総数, この舊, この雲, これだけの, これほどの, これも, これ以上に, これ以上出来ない, こんなによい, さすがに, さっぱりその, さっぱり呑みこめなかった, さまでた, さる不正, じつはそんな, すぐ解つた, すこぶる結構, すべてが, せっかくこんな, そういう言葉, そうやっ, その, そのなか, その他の, その光景, その勇気, その影響, その所在, その白痴, その研究, その親和, その雪解け, それだけ, それと, それは, それほどでなかった, それらの, それ等も, そんなもの, そんな気持, そんな自由, そんな記憶, そんな資格, ただ向, ただ背中, たとい白銅一箇, たとへ, たまらず愉快, ちっとも分らない, ちっとも見えない, ちと贅沢, つい思いやり, つきかねるよう, つきり納得, できないこと, とうから知れ, とうてい出来ない, とてもこうして, とても及び, とても省さん, とんと分らぬ, どうしてだ, どうしても人気, どうしても夢, どうしても実行, どうしても正面, どうしても見える, どうする, どうにも, どうもあまりおもしろく, どうもロス, どうも躁狂, どう考え, どこか, どこで, どんなつもり, どん底の, ないこと, ないもの, ない精気, なかなかわからない, なくても, なにか欠け, なれない冷血的, なんという, なんとなく快い, はっきり分る, はなはだたのもしい, はなはだ疑わしい, ひと目で, ひどく苦痛, ふさわしくない, へんな, ほとんど予想外, ほとんど望み, ほんた, ほんとうの, ほんとの, また特別, まだすべて, まだそれ以上, まだはっきりわからない, まだはつきり, まだわからぬ, まだ判明, まだ夫婦, まだ愛, まだ経験, まだ金, まったく耳新しい, まるでラビリンス, まるで気が付かなかった, まるで用, まるで興味, まるで関係, みんな目新しい, むしろはなはだ必要, むつかしいが, もうこの, もうその, もう悲, もう遠い, もはや壮快, ゆるせない潔癖, よい血液, よくわかりません, よく分からない, よく分らない, よく分りません, よく解らず, よめない西洋數字, りっぱな, わかって, わからないが, わからないと, わからないので, わからない不思議, わからなかつた, わからぬが, わからぬ何, わかりかねる, わかろうはず, わざとらしく人間, アメリカの, サイクラメンという, フランス人の, メッタに, 一万円とか, 一向に一大事, 一圓が, 一寸なぜあれ, 一層親愛, 一文の, 一種変に, 丁度この, 三日も, 下らないもの, 不似合い, 不可能と, 不幸な, 不明な, 不用な, 不適当, 世の, 両方共大袈裟に, 並の, 乱を, 了解の, 了解出来ぬ, 二度まで, 云いよう, 云わなかった, 人の, 今それを, 今どう, 今もっ, 今一滴の, 今日女性が, 仕方が, 他人の, 仮令一瞬, 伯父に, 何うし, 何だか完全, 何だか迷信, 何だか面白, 何とて嵌つた, 何とも告げず, 何もかもよくわかっ, 何ん, 何人か, 何物にも, 何等必要, 余りに分りすぎ, 便りを, 偶然なぶつかり, 僅に, 元はと, 元来文章の, 兄弟も, 全く与えられなかった, 全く耳新, 全然分らない, 其が, 其背後に, 内緒で, 凡ゆる, 出来そう, 出来ないの, 出来なかったとも, 出来ぬから, 分かって, 分らないで, 分らないという, 分らなければ, 分らぬもの, 切々と, 初めての, 判らないという, 判り過る程, 判断できない, 判然しなかった, 別に珍しい, 別の, 到底及ばない, 到底無駄, 前世から, 力が, 勢の, 医学上の, 十分わかっ, 単なる利己, 危険が, 厚意を, 古代の, 右に, 同じ水, 同胞の, 哲学や, 唯少しく意外, 団体生活という, 国に, 堅パンと, 墓へは, 変った顔, 多少あった, 夢子の, 大事である, 大分大き, 大損失, 天才の, 天罰を, 女から, 女優を, 好都合であった, 始めから, 子どもが, 孔子について, 実につらい, 実に心, 実に楽しみ, 実際的才能, 対手に, 尊いところ, 小坂部という, 小説は, 少々畑違い, 少しの, 少し強, 少し腑, 尚二人, 尽く未知, 属さず思念, 帰って, 帰れと, 幸福も, 広き世間, 当初この, 彼女の, 後悔が, 御両親, 微笑を, 忘られず, 快適でない, 思えない, 思ひも, 思われない, 思われるが, 思策も, 怪しむべき交友, 恐ろしかつ, 恐ろしく長い, 悲しく辛く彼女, 想像にも, 愉快そうに, 意味が, 意識せず, 愛されずには, 感が, 感じられて, 感ぜられる, 戀を, 我儘を, 或る, 戰爭を, 所謂文章が, 手近かな, 承服し, 拘りなく, 持って, 振り向いて, 故国が, 敵わ, 文學的才能が, 新しい見解, 既に死骸, 日頃の, 明治二十七年に, 時計の, 智惠子に, 更に其, 更に珍, 最も純正, 最早何, 最早孫, 朗らかには, 望むべくも, 未だ眞正, 本当に何, 東京の, 案外子, 極めて明白, 歌を, 此第二の, 武蔵の, 死ぬ気, 死んで, 殆ん, 母が, 毎晩組合の, 民生の, 気がつかない, 気が付かぬでも, 決してそうは, 沈潜度が, 浅すぎ, 深く気, 満足な, 滑稽に, 為すこと, 無いで, 無学でも, 無関係である, 爪の, 父も, 片山さんが, 特別これらの, 独逸語の, 玄徳という, 珍しかった, 理解する, 甚だ氣, 生別死別の, 男子が, 疑ひは, 百万の, 目的が, 直接見えない, 眼だけの, 眼を, 矛盾が, 矢張り苦しく, 知らぬ事, 確かでない, 社会主義は, 祖母に, 神秘的に, 禍いの, 秘密で, 立派な, 算術が, 純粋芸術の, 素直に, 結婚という, 絶対な, 縁なき, 縁遠いと, 縁遠いよう, 罪悪である, 羨やましく響かない, 老師の, 考えられるが, 考へる女, 聞えた, 聴こえて, 胸が, 能く解らない, 腑に, 自分に対する, 自殺の, 至ってつまらなく, 興味が, 芝居は, 芸は, 若し, 苦痛であった, 茶の湯冥加は, 荷が, 藤次郎を, 行き届かない気の毒, 裾模様でも, 西洋も, 見えたの, 見えにくい, 見えるやう, 見た夢, 見ること, 見當, 解つてる, 解らぬが, 言うこと, 言われない事, 訪問の, 許してない筈, 詩は, 説明し, 誰人の, 讀めないの, 財産と, 貧しさ, 貴重品の, 起こらない, 足手纏いの, 辛くばかりは, 近頃フラグメンタル, 過ぎた女房, 過去った, 違いない, 遠慮が, 適用し, 都合の, 金が, 長くて, 間違った形式, 関係が, 關係の, 隠居が, 霹靂に, 非常な, 面白いこと, 面白かつ, 響いた, 願いの, 餅や, 驚かれる心持

▼ 自分では~ (856, 0.6%)

14 思って 13 なかった 11 ない, ないか 9 気が 8 ないと 7 知らずに 6 それを, 何も 5 そんなこと, ないこと, なくて, 信じて, 少しも 4 どうする, 何の

3 [14件] そう信じ, それに, ちつとも, どうにも, ないという, 何にも, 意識し, 手を, 気づかないで, 気づかなかったが, 私の, 考えて, 自分の, 解らない

2 [56件] ありません, あるが, これが, さう, すこし詩, その壺, それが, それと, ちやんと, どうにも裁き, ないかと, ないの, ないよう, なくなって, なく何, はっきりと, まだ時々この, まっすぐに, もう内, よく分っ, ベニがねと, 一度も, 三十二と, 云って, 何か, 十分合理的な, 可なり, 唄の, 奈何し, 学校へ, 思つてゐた, 意識しない, 感じて, 手の, 指も, 本当に自分, 極めて完全, 気がつかずに, 気がつかないが, 気がつかないながら, 気がつかなくても, 気に, 気の, 気も, 気付かずに, 氣が, 氣づかない, 相当の, 真剣な, 真実, 知って, 知りませんが, 自分に, 見ること, 解釈し, 黙って

1 [584件 抜粋] あたり構わず, あの作, あの焼き, ありたくないと, ありますが, ある, あるという, あるまいかと, ある呉服屋, いいつもり, いいながら, いうが, いくらか, いくらしっかりし, いそがしいと, いっさい戦争の, いっしょうけんめい目, いって, いつももうやめよう, いつも地獄, いつ悪く, いらぬ腕立て, いるだけよりも, いれないから, いろいろと, うっかり暮し, うつかりし, うまそう, おもしろくて, お変わり, お姉ちゃん, お断りが, お気が, お淋しい, かいもく自覚, かうな, かたく自分, かつて一度, かなり不健全, きたないきたないと, くずれた暮し, こう考えた, この部屋, これで, これほどの, これも, こんな状態, こんな立派, さぐり入れられて, さしたること, さすがに, さほど世間, さもたいそうらしく, しかし行けない, したこと, しっかりし, して, すこしも氣, ずいぶん努力, ずいぶん手ひどい, そういう信念, そうと, そうとも, そうも, そう圧倒的, そう思い, そう思わない, そう悪い, そう感じなく, その好転, その悪口, その方角, その日, その来, その氏, その自信, それぞれの, それで, それとは, それには, それほどと, そんなに若い, そんなに長らくとも, そんなもの, そんな風, たいして力, たいへん愛情, ただ眼, ただ頼み, たった一つ, たべません, ちっとも倦, ついぞ覚え, つきり, つきり意識, つきり知つて, つけられぬよう, つまらなさうに, とても, とんと不満, どういう愛情, どうしても云, どうしても十分, どうしても巧み, どうしても死なれない, どうも出来ぬ, どうも計らい兼ねます, どこで, どこまでも, どんどん歩い, ないいろいろ, ないくらいに, ないそう, ないだろうか, ないでしょう, ないといふ, ないとも, ない単に, ない同役右門, ない母, ない父, ない積り, ない美緒, なかったろうか, なかつた, なかつたの, なかなかしゃべろう, なかなか一人前, なくなったよう, なくなるよう, なく今, なさらなかつたが, なに一つやらなかった, なに一つ密事も, なるだけ, なんとし, なんにも考え出せない, なんの, のんきに, はっきりそれ, はつきり解らない, ひとか, ひとりで, ひどくお, ひどく不満足, ひどく醜悪, ほとんどはっきりと, ほとんど何, ほんの一グルデン, まだそう思わないらしい, まだそれほどとは, まだまだいい足りない, まだ遁亡, まったく意図, まるで気づかない, まるで氣, むずかしい, むろんわかっ, もうすっかり酔い, もうそれほどで, もうとうに, もうどんな, もう一度すっかり特権, もう一廉, もう何もかも話した, もう侍, もう信心, もっともおいしい, もつと, ようことわりの, よくわからん, よく判らぬ, よく知っ, よく考えてる, よく覚え, らを, わからなかった, わからなくても, わからぬ恐, わかりま, わが名, インテリの, キットそんな, コンチャと, ゴルリッツァを, ダメだ, ハッキリ記憶, ハツキリし, ブロークンだ, ベトヴェンの, 一か, 一切夢中で, 一寸も, 一廉おとなの, 一所懸命モデルの, 一撃必殺の, 一方が, 一生懸命に, 一生涯鏡と, 一番気に入った, 一言も, 不合理, 不満足でもね, 久しぶりに, 事実そのまま, 事実だ, 二十三だ, 云々と, 云ひ出さない, 五十歳だ, 人一倍世の中, 人生の, 今一つ上の, 今思い出す, 仕度た, 仕無いでアゴ指図, 他が, 他事を, 何だか切りつけた, 何でも, 何となく自分, 何とも, 何とも判定, 何ひとつ考えよう, 何れも, 何を, 何んにも, 何一つ出来ない, 何事も, 何程か, 余り戦争なんて, 使用しない, 信長所持の, 健全な, 健康を, 先祖に, 全くある, 全く描けず, 全然絵, 共産主義的に, 其と, 写したつもり, 冬も, 処理が, 出せる筈, 出られなかったが, 出世を, 出来したつもり, 分らないが, 分らないと, 刈らない, 判らないよう, 別に, 剥いたぐるぐる, 力いっぱいに, 力が, 動かないのに, 勤めて, 医師に, 十分に, 十分わかっ, 十分耐えた, 十分落着い, 卑しみ, 南画と, 口を, 古い形式, 古い洋服, 可笑しかった, 可笑しくつて, 右手を, 呪われて, 哲学科出身と, 唯の, 唱わなかったが, 器量鼻に, 回復する, 国文学者と, 多分知らない, 夜半まで, 夜半迄, 夢にも, 夢にも洩らした, 大した仕事, 大した惡氣, 大して好ん, 大して自由, 大丈夫と, 大人に, 大層上手, 大眞面目, 失敗を, 女の, 女優や, 好きに, 如何にも, 媚びるよう, 嫉妬の, 学校なんか, 完全な, 定めまして, 実際の, 容易に, 寫實主義の, 小声の, 居るけれ共, 巣を, 巴里人の, 常にかう, 常に太陽, 幸だ, 度々酔ってる, 度忘れし, 弱い体, 弱さ, 強いつもり, 強ひ, 当局に対して, 往かれないの, 心に, 心得て, 心持よい, 心身ともに, 心附かなかつた, 必ずしもそう観念, 思つてゐます, 思つてゐる, 思ひました, 思ひませんの, 思ふの, 思想を, 悉く乞食, 悲壮の, 想像し, 想像も, 意に, 意志の, 愛嬌と, 憶えて, 憶へて, 成るべく呑気, 成功と, 手勝手が, 手紙が, 打解けてるツモリ, 拭かずに, 探さずに, 控目に, 描くこと, 支配人と, 放埓, 政友会だった, 日本人に, 是まで, 時々肩, 書くこと, 最後まで, 最後までの, 有るの, 未だ, 未完成, 本気の, 東京へ, 業平な, 横も, 欲得を, 止めたいと, 歩かれないので, 歩けない, 死にたくない人, 殆ど漬物許りで, 殺しません, 毛頭ソンナ気, 気がつかなかったが, 気づいて, 気づかなかった, 気づかなくても, 気に入って, 気付かずそんな, 気持の, 気違いに, 決してよむ, 決して夫, 決して嫌, 決して死なない, 泣いたり, 泥棒を, 注意し, 泳げも, 海へ, 淋しく感じ, 滅亡へと, 滅多に, 滿足した, 漠然とした, 無いよう, 熱いという, 熱心に, 物に, 特にそれ, 狡猾に, 独身主義だ, 玲瓏な, 理由を, 生きること, 生まれてから, 男の, 疑いながら, 疑問の, 目録だ, 直接読ん, 省みて, 真逆, 真面目に, 眺めてさえ, 着物を, 知らなかった, 知らねえちゆうだ, 碧い, 確かに, 確信し, 磊落の, 神聖と, 私は, 秘密を, 穀物の, 箸を, 簡単に, 終始一貫, 終生動き得ない, 絶えず工夫, 絶対に, 老いたりという, 考えません, 考へて, 聞かなかつたん, 肺尖加答児だ, 能動的に, 腕に, 腹が, 自分で, 自分にとっての, 自分を, 自國, 色の, 若いつもり, 血色や, 行かぬ, 行きませぬ, 表立って, 要領を, 見えないけれども, 見たこと, 見て, 見ては, 見にくい腕, 見当を, 覚えず奥, 覚えて, 解らないが, 解らないもの, 解りませんが, 解決した, 言つてゐる, 説明し, 説明しきれなかった, 読むこと, 読めないけれど, 諸君に, 貧乏や, 資料を, 走らす事, 跣足乞食と, 軍曹だった, 遣らぬ皆, 適任者を, 適当と, 酒は, 酔わぬつもり, 醜いに, 長い間よけい, 閑散な, 間に合わなくなったから, 随分長く, 青江に, 非常な, 頤を, 頼もしいと, 食べないみんな人々, 食べようとも, 飲まないが, 飽くまでも一書生, 飽くまで落ち付い, 飽く迄落ち付い, 馬鹿馬鹿しくない, 駄目だ, 駕籠から, 骨と, 高く止っ, 鼻に

▼ 自分一人~ (806, 0.5%)

35 では 17 のため 13 の胸 10 の力 8 になる, のもの, の手 7 のこと, の考え 6 の世界 5 で勝手, になっ 4 がこの, だと, で, である, でやる, で背負っ, の途 3 だ, だけで, でやった, にある, になった, の心, の生活, の責任

2 [54件] いつも片隅, がこんな, がその, が磧, しかいない, して, その場, だ自分一人, であらかた, であれこれ, でいる, でうまい, でさえ, でその, でどう, でやっ, でやらなく, で一つ, で何, で出, で暮し, で来, で毎日, で父, で生き, で考, で自分, で行く, で講義, で飲ん, というもの, と思っ, なの, になつ, に向けられ, のもん, のよう, の事, の声, の天地, の幸福, の影, の快楽, の思い, の楽, の楽しみ, の為, の秘密, の自由, の部屋, は確然, よりも相棒, を友達, を持てあまし

1 [517件 抜粋] いい子, いけないのみ, いるきり, かと思っ, かも知れない, か野郎同士, がいじめられなけれ, がいつも, がうまい, がこんなに, がどんなに, がのがれ, がみんな, がエライ, がグーグー, が不愉快, が乗っ, が人格, が仏陀, が仲間外れ, が住ん, が何事, が其の, が其処, が助かりたい, が取り残された, が取残される, が夜通し船, が好, が子持ち, が寝られない, が幸運, が強盗, が彼ら, が手数, が承知, が曠野, が歯, が涼しい, が演説, が漸く, が犠牲, が狙われる, が独身, が玩具, が百姓, が知っ, が社会的, が脱した, が舟, が色男, が苦勞, が荒涼, が行け, が見物, が貧乏, が迂闊, が逃げ, が野良, が頼り, が食, が馬鹿, くらい何, ぐらいどうか, ぐらいどうにか, ぐらい何, こうして病人, こうして蚊, この暗い寂しい, さえ好けりゃ, さえ好けれ, しか居ない, その仲間, その槌, だけがい, だけがさうな, だけがそう, だけが公正, だけが名古屋, だけが小池, だけが悲しい, だけが感じた, だけが残っ, だけが波打際, だけが知ってる, だけが苦しんでる, だけしか居ない, だけだ, だけであった, だけであったであろう, だけであるらしい, だけでお金, だけでなく, だけでもそうした, だけでも始末, だけでも老人, だけで使いたく, だけで全, だけで思っ, だけで澤山, だけで生活, だけなら, だけのこと, だけの事, だけの個人展覧会, だけの力, だけの勝手, だけの所決, だけの東京弁, だけの考, だけの考え, だけの身, だけは南玉, だけよかっ, だけを演じてる, だけを見せる, だけ不自由, だけ外国, だけ庄司, だけ後, だけ村, だけ皆, だけ知ってた, だけ神尾, だけ若い, だけ行く, だけ起し, だけ銀座, だったらあれ, だつた彼, だ幸い, だ獲物, ちょっと島田, であった, であったら到底, であること, であると, であるとは, であるので, である問題, でお, でお礼, でか, でかえって, できめ, でくよくよ, でこそ, でこの, でこんな, でしその, でして, でせしめたい, でせっせと, でそれ, でたのしん, でつい, でで, でどこ, でどんな, でないと, でなかったこと, でなかったと, でなさりたい仕事, でばかり食べ, でひい, でも, でもがこの, でも乗つ, でも名乗, でも箱根, でやっつける, でやり, でやれ, でやろう, でアレキサンドリスキー, でオツ, でキレイ, でダイヤモンド, でベラベラ, でボックス, で三人, で之, で乗っ, で云い渡す, で仕事, で以, で住まう, で何とか, で何もかも, で信一, で働い, で全力, で兼ねました, で内職, で出来る, で刃物, で切り廻し, で創作, で力, で十二時過ぎ, で半身, で危なっかしい, で取る, で受ける, で口, で合点, で名, で呑み込ん, で呑込, で味わう, で唄っ, で商売, で問う, で善三郎, で喋りつづける, で喋り立て, で喰う, で喰えない, で坐る, で基督教主義, で堪へ凌い, で夜伽, で夢, で大声, で天下, で女, で妬まし, で子供, で家中, で寝室, で審判者, で帰る, で平気, で引き受け, で引受け, で彼, で彼女, で志願囚, で思ってる, で感じました, で懐い, で或はまた, で所有, で手, で折角, で持っ, で採ろう, で掻き込む, で支, で支配, で新しい, で日本国, で暮らし, で校番室, で極, で死ぬ, で死んだ, で気まずい, で気持, で沈黙, で泳ぐ, で涙, で演じられない, で為さりたい, で片付ける, で牢屋, で牧, で生活, で生長, で用, で発つ, で立ちきる, で筆, で練習, で縁, で羞かしく, で考えこん, で考え込ん, で考へごと, で育て, で背負ひで, で胸, で胸算用, で芝居, で苦しん, で英語, で荷, で荷物, で葉子, で蛇体, で行き, で行け, で行動, で表現, で裏口, で見, で見上げ, で見廻りました, で解する, で解決, で解釈, で言っ, で計画, で負う, で買い切った, で賭け, で赤く, で迎え, で述べ, で離れて, で電車, で静か, で面白, で頭, で食う, で食べ, で食べる, で食事, で飲み乾し, で馬, で黙っ, としてはこれ以外, とそして, となる, なこと, なので, ならとうに, ならどんな, ならまだしも, なら車, にかけられ, にこんな, にしがみつかせ, にだけ, にて飽食, にとじこもった, にとって絶対確実, になつて, になりたかった, に任せられなけれ, に任せられる, に取っ, に国, に報いられ, に尽く, に懸っ, に毛頭, に生きなけれ, に眼, に秘め, に限った, に集め, の, のいこ, のうち, のおり, のかなし, のせい, のそれ, のとき, のわがまま, のカ, の不幸, の世の中, の中, の体, の体験, の何物, の判断, の利害, の利益, の勝手, の口, の口過ぎ, の名前, の味, の呵責, の問題, の問題ぢ, の夕方, の夢想, の天分, の好み, の妙, の始末, の学校, の安, の寂し, の専有物, の平和, の幻想, の店, の弁護, の形, の心底, の心臓, の心覚え, の悲しい, の所有, の手柄, の持つてる, の握つ, の損, の断定, の暮し, の死, の気, の気持, の気持ち, の氣まぐれ, の沈思, の泥芝居, の海, の渡世, の然し, の爲, の特有, の犠牲位, の独断, の現, の生死, の用, の窪み, の立身出世, の糊口, の繰, の腹, の興, の興味, の解決, の足りない, の路, の身の上, の身体, の迷惑, の遊び, の過去, の阪井ぢ, の食事, の食料, はなれた, は友情以上, は天晴れ, は急, は手, は折角, は決して, は没落, は編輯室, は草, への関心, まつさき, や女, や自分, らしく見せかけて, わざと取り残される, をもてなす, を一度, を守る, を持て余し, を排斥, を敵, を残し, を殺さう, を殺し, を殺す, を清し, を特別, を自分, を部屋, を除い, を非常, を鞭撻, を頼り, を食べさせ, を養う, デ考エルノガ楽シミデモアッタ, フワフワする, 上って, 偉い者, 出かけた, 出かけたら, 出かけたら今日, 勤めて, 取り残されたよう, 取り残されて, 好きこのんで, 好ければ, 小さなふくろ, 思ひ合せる事, 或る, 捨てられて, 易きに, 残ってるという, 浮び上るの, 立って, 苦く味わっ, 逃げようたって, 離れて, 面白そう

▼ 自分にも~ (797, 0.5%)

9 わからない 7 分らなかった 6 わからなかった, 分らない, 覚えが 5 よく判らない, 他人にも, 分って, 責任が 4 それが, はっきりとは, ひとにも, よくは, わかつて, 人にも, 分からなかった, 分らないの 3 わからなかったが, わからなかつた, わからぬが, わかりません, 何が, 分りません, 意外な, 相当の, 罪が

2 [44件] あんなに親しい, いつかそんな, これだけは, それと, それを, どういう訳, なんの, はっきりし, はっきり分らなかった, よく分らない, わかった, わかるの, わけの, ハッキリと, ボンヤリした, 一つの, 三千代にも, 何と云, 何を, 兄が, 出來, 分からないの, 分らないが, 分らなかつた, 分らぬ, 分りませんが, 判って, 判りません, 多少の, 大半の, 思ひも, 感じられた, 明白に, 明瞭解らぬ, 満足の, 確かな, 聞える, 腹が, 解って, 解らぬが, 解らぬ一種, 解るん, 訳の, 贈つて貰つた時

1 [596件 抜粋] あ, ああいう, ああした, あちらで, あったの, あった少年, あつた, あてはまること, あまり愉快, あまり覚え, あやふやな, ある, あるかの, あるだろうか, あるやう, あるん, ある亀次郎, ある血, あんな気持, いい生活, いかにも苦しい, いくらか, いちいち首肯, いっこう覚え, いやな, いろいろと, うそを, およそどの, およそながら, お分り, お鈴, かうかうと, かうした境遇, かかわりの, かたき討ち, かつてあんな, かつてこんな, きっとあの, けじめの, こうした感情, このこ, このよう, この女景清, これなら分る, こんど作る, こんなにはやく, こんなやさしい, こんなよう, こんな外套, こんな姉, こんな時代, こんな顏, さして懸隔, しばらく生やし, しまいには, そういう心, そういう資質, そうした装身具, そうトボン, そう思い, そう言い聴かせる, そのよう, その元気, その悪い, その惨憺さ, その意味, その時, その殉教者的, その理屈, その種, その突然, そむいて, それに, それほど気, そんなの, そんな欠点, たのしみです, ちっとも判らない, ちっとも名案, ちゃんと分る, ちょっと書け, できる, できるの, どうかその, どうした, どうする, どの見当, なほ美しい, のぞむところ, はっきりと, はっきり分かっ, はっきり分らない, はっきり感じられた, はっきり知る, はっきり見当, はつきりしない, はつきりと, はつきりわからない, はなはだ危, ひとりで, ぴったりこない, ふと思ひ, ますます贅沢, また他人, また子供たち, また願う, まだなにかできるなら, まだよくわからない, まだ気づかず, まだ確か, まるで分らなかった, まるで特徴, めんだう, もっともだ, もっともと, もはや苦痛, やがて来る, やれそう, よくする, よくそんな, よくわかっ, よくわかった, よくわかつた, よくわからなかった, よくわかりません, よくわかる, よく分っ, よく分つ, よく分らぬ, よく分る, よく判っ, よく判りません, よく判りませんでした, よく腑, よく解つて, よく解らない, よく説明, よびかけ女性, わかったほどの, わからないし, わからないでしょう, わからないもの, わからないやう, わからないよう, わからない不思議, わからない何, わからない笑い, わからない自分, わからなかったの, わからぬ, わからんそれ, わかりある, わかりました, わかりませんでした, わかる, わかる氣, わかる理由, わが心, グツと, ハツキリと, ハープを, マリにも, ヨク分った, ヨコシマな, 一つ入用であるべき, 一半の, 一向わかりません, 一子を, 一寸用事, 一層解釈, 一生涯つきまとつ, 一番よか, 一筆書かし, 一緒に, 一読を, 不可解な, 不思議な, 不愉快です, 乗移るの, 二つと, 云いきかせて, 云い聞かせるよう, 五人あります, 五分の寛ぎ, 人々にも, 他からも, 他巳吉, 伝染し, 似ず, 似合わないトンチンカン, 似気, 何か, 何かに, 何かの, 何とはなし, 何とも不審, 何とも訳, 何の, 何ら確信, 何分の, 作用し, 保証する, 信じて, 信じられぬほど, 信ずること, 傳る, 優しい人, 兄の, 全く思い設けなかった, 共に荷わし, 共通の, 内在する, 出来も, 出来ると, 分からない, 分からないよう, 分からなかったが, 分かるよう, 分つて, 分らずに, 分らないから, 分らないので, 分らないん, 分らない事件, 分らない何, 分らない妙, 分らない疑い, 分らなかったの, 分らなくな, 分らなくなって, 分らなくなりました, 分らなく成る, 分らぬくらい, 分らぬの, 分らぬ様, 分らぬ永い, 分らぬ深部, 分らん, 分りは, 分りますが, 分るよう, 判らずやっと, 判らないから, 判らないジョージ, 判らなくなって, 判らぬやう, 判らぬ心理状態, 判らん, 判切呑み込めた, 判断が, 判断の, 判然しない, 判然しません, 加えられた屈辱, 劣らない程, 助け舟の, 反って, 取れば, 口に, 召使の, 可笑しいか, 同じききめ, 同じそれ, 同感な, 向けて, 向けられたもの, 吸いつけ私, 告, 周囲にも, 味方し, 呼び出しが, 問いさらに, 固く思う, 在るその, 変な, 多少は, 多少儲けさせ, 多少気味が悪い, 多少責任, 大分それが, 大分それを, 好く呑み込め, 好く解っ, 娘が, 定まった一室, 実は久しく, 実感出来る, 実行した, 実行出来兼ねる, 寂しそう, 対象にも, 小学校の, 少しずつ, 少し応えた, 少し物, 屈強な, 市中を, 弘にも, 弟子が, 弱いところ, 当然守り神, 当然番, 当然関係, 彼女と, 往々感心, 得体の, 微にのみ, 徴用が, 心が, 心づかざるべし, 心当りが, 心得違, 心得違いは, 忘れられて, 応へる, 応援演説を, 思いがけないよう, 思いがけない位, 思いがけなかった, 思いがけぬよう, 思い人, 思えたが, 思ひがけ, 思ひ出, 思ひ家人, 思われる, 恋は, 恐ろしく映った, 愛情が, 愛想を, 感じて, 感じられました, 感じられる精神状態, 感ぜられた, 感ぜられました, 感染し, 或る, 戯談が, 戻り道, 扈従を, 手鹽皿へ, 批評なんぞ, 押し隠すよう, 捉えられない自我, 掴めないが, 支へ, 料理の, 早くより, 明かであらう前, 明らかに, 明瞭とは, 明瞭覺が, 是れ, 時々そんな, 晏起は, 曖昧だ, 曖昧であった, 望みが, 本能が, 来たの, 来るやう, 様々工風し, 此の, 此王立醸造場の, 残されて, 残して, 母が, 気がつかないよう, 気の, 気の毒の, 気乗りが, 水っぽくって, 沢山の, 流れて, 済むよう, 満足が, 満足し, 漢文は, 炎天に, 無論その, 照れて, 父は, 物足りなかった, 理性を, 甚だ多く, 用心を, 當てれ, 疑いの, 発奮の, 真似が, 着けたり, 着られさ, 着物を, 知って, 確かには, 確とは, 確実には, 示そうと, 祝賀の, 第三節, 篤と考へ, 納得される, 素子にも, 終りが, 経験の, 絵馬の, 締めさ, 罪人の, 美沢と, 考へが, 耳立って, 聞えませんくらい, 聞かれる程, 聞き取れないと, 聞こえなかった, 肯定され, 背後姿が, 能く, 脆い一面, 脊負って, 自分が, 自分を, 自然頼に, 自由の, 興味を, 落度が, 落度は, 蒔いたり, 薄志弱行の, 衆生苦に, 見ず知らずの, 見せたい, 見せて, 見られまいと, 見わけられて, 見当が, 見当の, 見当は, 見當, 覚悟が, 親な, 解つてゐる, 解らない, 解らないそう, 解らないん, 解らない自分, 解らなかった, 解らなかったけれども, 解らなかつた, 解らなくなるだけの, 解らぬこの, 解る, 言い聞かせながら, 言い聞かせる積り, 言い聞かせ一郎, 言い聴かせた, 言葉が, 言葉の, 記憶の, 訣の, 許して, 訳が, 詠める, 誤解が, 説明の, 説明出来ない, 説諭が, 變り, 豊かさという, 負惜, 責任ある, 責任の, 買えるよう, 賛成の, 赦しがたい, 起こって, 起こつて, 辻という, 近く来た, 近ごろの, 迫って, 通じるもの, 連関する, 道理と, 都合が, 酌を, 重い責任, 重苦しく思い当る, 非常に, 面白いの, 面白かった, 面白そう, 頼もしい家臣, 飮んだ, 飲ましたらと, 飲ませて, 飲んだ, 餘り, 驚いて, 驚いてを

▼ 自分ながら~ (742, 0.5%)

22 自分の 8 不思議な, 感心する, 気が 7 不思議で, 感心した 6 不思議に 5 どうする, 愛想が 4 おかしくなった, 何の, 呆れて, 妙な, 自分を, 驚くほど 3 わけの, 何が, 厭に, 可笑しい程, 呆れるほど, 変な, 譯の, 驚いた

2 [45件] あんまり性質, おかしいほど, おかしくなっ, このごろは, それが, たよりない, どうした, どうしよう, びっくりし, わからない, ウンザリする, ハツと, 不思議と, 予想外の, 今から, 何うし, 何か, 何という, 判らない, 呆れる, 因果な, 好い心持, 少しも, 思いも, 恥かしい, 意外に, 意気地なく, 意気地の, 愛想の, 愛想を, 感心し, 業が, 気味悪いほどに, 滑稽に, 甚だ覚束, 疑われて, 癪に, 直ぐ可, 落着いた, 覚束ない, 辟易した, 顔色の, 餘り, 驚いたり, 驚かざるを

1 [528件 抜粋] あきれて, あきれるくらい, あきれる状態, あさましい事, あさましかった, あちらこちらから, あの頃, あぶない, あぶなっかしいと, あまりに乱暴, あまりに狭量, あまり筋, あまり馬鹿, あやまちの, あんまり強く, いい心持, いかにも他愛, いかにも巧妙, いくぶん感傷的, いくらか, いまいましくこの, いまいましく思った, いまの, いやな, いらだたないわけ, うとましい身, うまい事, うれしくえらく, うれしくて, おかしいくらい, おかしい程, おかしくて, おかしくなったらしく, おかしく感じました, おかしく聞こえる, おかしさ, おそれたの, おそろしいよう, おもしろいと, おやと, おれは, お座なりの, かくまで, かなり慌しい, きれいに, けっして強い, けぶそう, この即興的辞令, この名案, この奇異, この少年, この時, これだ, これには, さう, さつ, しつこさ, しどろもどろな, しらずしらず湊, じつにいや, すこし迷った, すっかり気に入ったらしく, すばらしいと, そう思います, そう思う, そう思っ, そう感じた, そう拙い, そのしらじらし, そのシカメツ面, その事, その以前, その刹那, その動揺, その大声, その大胆さ, その心持, その文, その甘ったる, その腑甲斐, その言葉, その酔狂, その點, そらおそろしくなっ, それに, それを, たしかに解らない, ただただ難, たとえ三日, たよりの, ちょっと面白かっ, つくづく不憫, つくづく持ち扱い, つまらない事, てれ臭そうに, とっさに, どうかし, どうしてこんな, どうも困った, どこへ, どこを, どっちとも, どんな返事, なかなかりっぱ, なぜそんなに腹, なにを, なんでこんな, なんでそんなに悲しい, はっきり判らなかった, はっとした, はつきり解る, はや全くお, ばかばかしい, ばかばかしく思える, ひどく意氣込ん, ひどく癪, ひや, びっくりする, ふに, ぶざま, へんだ, ほとほとあきれた, ほとほとこれ, ほとほと愛想, ぼんやりし, まずいと, まずいもの, まだ理想, まづい, まるでもう人, みっともないと, むつかしい顔, もうわからない, もどかしい程, よくもこれ, よくやれた, よくよくわかります, よくよく俗, よく出来た, よく分る, よく書け, よく解らない, よく言った, よく飲む, よろこばずに, よろこばれない, わからないん, わからない一種, わからない心持, わからない敵愾心, わかりません, わかるよう, わしにも, カンヴァスの, チェッと, ハラ, モノスゴクて, 一寸ほほえましい, 一寸ヒヤリ, 一時はげつ, 上出来だ, 下らぬこと, 不可解だった, 不安に, 不審に, 不快に, 不思議がっ, 不思議そうに, 不思議だ, 不思議だった, 不思議です, 不思議の, 不気味で, 不気味な, 不気味を, 不満と, 不自然気に, 不覚にもか, 事珍しい, 云ふ, 今日に, 任じて, 伸びた背丈, 何だか情ない, 何んな, 何故そう嘘, 余りに突然で, 余りに莫迦気, 信じられない事, 信じられぬこと, 全く地獄, 其心持を, 冷汗を, 冷静を, 凡そそんな, 出鱈目ばかり, 分らずに, 分らない, 分らないん, 分らなかったので, 初めの, 初初しい作品, 判断が, 別な, 力負けが, 加速度に, 動とも, 勢力を, 半分は, 危ない夜道, 危なくて, 危ぶまれるよう, 危ッかしく感じられ, 危險に, 厭だ, 又已む, 口が, 口惜いのよ, 古くさくな, 可怕, 可愛らしい, 可笑しかった, 可笑しくなつた, 可笑しくなります, 可笑しく思はない, 可笑しく感ぜられます, 同じ心, 同情に, 吐き捨てて, 呆れか, 呆れた, 呆れるほどに, 呆れるむろん, 呆れるよ, 呆れ返って, 呆れ返るくらい, 呆気に, 呼吸が, 唖然と, 困つて仕舞, 図々しさ, 堅実を, 壮躯と, 声が, 変って, 変てこで, 多少驚かれ, 夢の, 夢中でございました, 大きな肉体, 大胆でございました, 大食に, 奇妙と, 女を, 好々爺らしく感じる, 好く出られた, 如何ともし, 如何にも不公平, 妙に, 妙案明知が, 始末に, 始末を, 嫌に, 嫌味な, 嫌気の, 嬉しくて, 完成を, 実に意外, 小恥しい, 小気味の, 少々ひどい, 少々不思議, 少々気, 少し下品, 少し今, 少し可笑しい, 少し妙, 少し狂, 少し狂つて, 巧い, 幹部の, 幾分か, 度胸が, 弱い音, 強く感じ出し, 後ろめたいもの, 得体の, 得意と, 得意に, 微温的で, 心もとない気, 心を, 心付いて, 心外なり, 心細い, 忘れて, 快味, 怖い, 怖くなった, 怖ろ, 思いがけない程, 思い出すたび, 思い分たずうろ, 思い設けぬ手柄, 思うね, 思った, 思ってるの, 思つてゐる, 思はずフツ, 思ふやう, 思わぬ昂奮, 思われなかった, 思案に, 怪しく思った, 怪しんで, 恐しくッ, 恐ろしいくらい, 恐ろしい事, 恐ろしい運命, 恐ろしくて, 恐ろしくも, 恐怖を, 恥しいほど, 悒鬱だ, 悔います, 悲しいと, 悲しかった, 悲惨に, 情ない愛想, 情なくな, 惘れて, 惨めだった, 愉快で, 意に, 意外で, 意外であった, 意外な, 意外なる, 愕く, 愚の, 愚劣に, 愛憎の, 感じた, 感づかれた, 感心だ, 感歎する, 感興が, 慎みを, 憫み, 我が力, 我も, 手が, 才が, 抑えきれないほどに, 抑えて, 抑制できません, 拙な, 持って, 掛念し, 支那の, 支離滅裂で, 数えきれないほどの, 文法書の, 新聞雑誌を, 旨い處, 明かに, 昨日の, 朧気に, 末恐ろしいなるほど, 本名を, 本当にわるい, 果報のほどに, 枯れて, 案外な, 案外に, 極めて奇怪, 楽しく謡い, 歯がゆくなっ, 歯の, 歯痒い, 歯痒いと, 歯痒いよう, 殆ん, 気の毒でも, 気の毒千万なり, 気むづかしいのに驚い, 気安めな, 気強く思った, 気恥かしくなる, 気恥ずかしい, 気持ちが, 気落ちが, 江戸つ, 泰然自若たる, 浅ましく思はず, 浅ましく思わず, 浅間しくなっ, 深く信ずる, 満更, 滑稽な, 烏耶無耶にな, 無理だ, 物足らぬ, 物足りない点, 理性を, 生きなくては, 生命の, 田舎者臭い, 申し分は, 疎まれせめて, 疑うよう, 疑わしい分子, 痛切に, 皮肉な, 盗み物, 相当承認し, 眉を, 眼晴が, 知らないでも, 硬くなっ, 私は, 笑って, 笑止に, 筆の, 素晴らしくて, 羞しい, 考えて, 職業的な, 胃袋の, 胡麻の, 胸を, 胸一ぱいに, 能く, 腑甲斐の, 腕の, 腹も, 自分とも, 自分には, 興ざめて, 若い時, 若返って, 苦笑しない, 莫迦莫迦しい, 落着き過ぎる, 葉子の, 薄のろい, 表現する, 見すぼらしかつ, 見られないもの, 見るに, 解せないの, 解らないよう, 解らない気持, 解り兼ねた, 言いわけ, 訳が, 訳も, 誇って, 誇りたい心持, 読書力は, 謎の, 賞讃に, 走りすぎたと, 躍り立つよう, 転身一路の, 返り見られた, 返辞が, 選択に, 邪魔です, 酒くさい, 酷くテレ, 醜く, 鏡に, 閉口です, 阿呆な訊ねようだ, 随分臆面, 霜夜に, 面の, 面白いと, 面白い程, 頓狂な, 頼もしい皮膚, 顔が, 飛んでも, 馬鹿, 馬鹿な, 馬鹿ばかし, 馬鹿らしくなった, 驚いたよう, 驚いてを, 驚かされるほど, 驚かない心, 驚かれるので, 驚く, 驚くばかり, 驚くばかりの, 驚くほどに, 驚く位, 驚ろい, 鮮やかな

▼ 自分~ (680, 0.4%)

8 の生活 7 の中, の手 6 と同じ, のよう 5 の階級 4 のため, の仲間, の恃む知識

3 [11件] の仕事, の子供, の方, の考え, の船, の言葉, の面目, の頭, の魂, はこの, はそれ

2 [44件] がその, が物, が犯人, が訪ね, と並ん, と同じく, と異なった, のうしろ, のその, のほう, のもの, の上, の主人, の主君, の口, の味方, の命, の子孫, の家, の意見, の持つ, の時代, の無聊, の生存, の眼, の神, の胸, の藩, の行く, の身, の迂, の近く, の運動場, の運命, の間, の青春, の音楽, はあの, はどう, はもう, は汗, をあと回し, を侮辱, を見

1 [508件 抜粋] から子供, から見る, がいま直面, がいよ, がかつて, がここ, がこの, がこわく, がそう, がそういう, がそれ, がどこ, がみやびやかなお心, がやっ, がよい, がようよう, がわざわざ, がわずか, がカヤ, がゴーリキイ, が三人, が不覚, が二十幾年前, が人家, が今, が何, が借り, が偉人, が入るべき, が冷遇, が出, が勝った, が南京, が名, が名づけ, が奪取, が尋ね, が少年時代, が幕府, が平気, が引きとり, が強いられ, が強力, が恋, が戻る, が新しい, が旅行, が殺した, が注意深く, が流行, が目撃, が知っ, が知らず, が社会, が秀吉, が立ち遅れた, が立て, が聞い, が誤っ, が貴重, が起き上がろう, が足, が連れ, が銀山平, が食べ, が飯場, ごときは, ごときはあ, ごとき朝寝坊, ごとき蛮民, だけが握って, だけで, だけできゃ, だけと思い, だけは昔, だってちっとも, であったろうか, でまきおこした, で何, で作った, で再, で試し, といっしょ, としていえ, としてはせめて, としては男鹿, との生活, とははるか, とは生涯なん, とは違っ, とカケ, と博士, と同等, と大体, と等しい, と肩, と話, にある, にとっても一つ, になされた, にはまだ, には余興, には入場, には兵庫, には気が付かぬ, には現世, には解らぬ, にもわからない, にも分らない, にも加, にも悪戯, にも意識, にも自信, に不利, に与えられた, に口, に好き勝手, に対する叱責, に忿然, に悲しい, に時, に独特, に相応, に見張り番, に許される, に責, に適当, に酬いられる, のあげた, のあげる, のいう, のいる, のうえ, のお, のかつて, のからだ, のこと, のささやき, のすぐ, のすべて, のせっかく, のそば, のそんな, のほか, のまんなか, のみが他, のみ助け, のみ鹿児島, のゐる, のバス, の一生, の上役, の下, の下男, の不幸, の不明, の中学時代, の主客, の主義, の乗っ, の乗った, の代, の代表, の企画, の位置, の低, の住まい, の住ん, の作品, の作者, の保身, の信念, の傅, の働き, の優越感, の先祖, の共有財産, の内, の内心, の内部, の刀, の切, の利害, の利益, の到着驛, の前, の前生, の力, の努力, の労力, の労苦, の南郡, の厚かましい, の友だち, の友達, の取らぬ, の古い, の同輩, の名, の哲學的立場, の哲學的駄辯, の善政ぶり, の国, の城, の場合, の境遇, の声, の大工, の太子, の妻, の妻子, の姿, の子供たち, の子供時代, の学生時代, の守る, の守護, の安, の安全, の実行生活, の客, の家路, の小さな, の小学時代, の小屋, の工場, の希望, の席, の平常軽蔑, の幸福, の幼い, の幼時, の弟, の強味, の当夜, の得, の思っ, の思想, の恋, の恨み, の息子, の情婦, の惨, の意, の意志, の愛, の懶惰, の才能, の持ち来, の指導者, の捨てられた, の掌, の探し, の接触, の收益條件, の政権, の故国, の敗北, の教室, の文化, の族, の既得, の暮し, の書く, の有, の望み, の未熟, の末期, の来た, の東郷さん, の棟梁, の楽し, の権利, の橇, の欠点, の歓喜, の歯, の歴史, の死に場所, の死出, の死所, の母たち, の水, の江戸滞在, の洞窟, の演出慾, の潰走, の無, の物, の特質, の献策, の玩弄物, の現在, の現実, の生きた, の生れた, の生命, の生涯, の田, の畑, の発した, の発明, の盟主, の目, の目的, の盲動, の眉, の真, の眺め, の着席, の着物, の知った, の知合, の知識, の研究, の社會的ユートピア, の祖先, の祖国, の禍福, の私謀, の移っ, の積極的, の立つ瀬, の筆, の結びつき, の纏っ, の耳, の聴き知る, の肉体, の肌, の肩, の腕, の自由, の芸術, の若い, の苦心, の草葺き小屋, の虚栄, の行く手, の行列, の行為, の行装, の裏長屋, の要求, の解しえない, の解放, の説, の販売, の責任, の貴族, の足もと, の身なり, の身体, の身分相応, の這入っ, の進行, の進路, の過誤, の部下, の部落, の郷里, の都, の関, の防衛者, の陰謀, の隣, の電車, の食糧, の饒舌, の首, の髪の毛, の鮮血, は, はあるいは, はこういう, はこうして, はここ, はこんな, はすっかり, はそろそろ, はそんな, はそッ, はただ, はひたすら, はまたも, は下士官教育, は世の中, は世界人, は主君, は事, は五万分の一足尾図幅, は今, は別れる, は善良, は営業上他, は地図, は夢見, は大小, は安穏, は宵越し, は寛げない, は左膳, は左雲県, は帰っ, は常に, は彼真木和泉, は念じ, は慰められたであろう, は持っ, は振返っ, は推測, は政所直属, は敗戦国, は日本, は日本人, は時として, は暗く, は暴徒, は東洋人, は正規, は殆, は殆ど全く, は沛国, は法王, は無実, は無理難題, は特別, は生きる, は突然, は茶, は草, は行っ, は衛生下士官, は親しく, は誰, は足利若御料, は迷う, は遮二無二, は野見宿禰, は開いた, は飢え, ばかりで, への嘲笑, へ胸, ほどのんき, ほど幸福, までが本気, もあなた, もあの, もあんな, もすべて, もそう, もそこら, もまた, もやがて, もやっ, も一度, も久光, も宣平門, も昔, も生き, も皆, も肥桶, も花屋敷, も薩摩, も衛生兵, よりも一層, よりも一段, よりも優れ, よりも遥, より優等, をあえて, をお, をかつて, をし, をまで侮蔑, を一平民, を何がなし, を先発, を助ける, を叔父さん叔母さん, を合わせ, を呼ぶ, を商賈, を安楽, を怪し, を戦敗国民, を指し, を捏土細工, を放っ, を殺す, を結びつける, を衛, を見つけた, を蹴落とそう, を軽侮, を迎え, を追越し, を連れ, を階級人

▼ 自分~ (629, 0.4%)

11 の家, の生活 8 の力, の手, の方 5 の口, はそれ 4 のため, の前, の心, の運命 3 が, のやう, の子供, の新, の時代, の村, の間

2 [42件] が前, が立てる, としての立場, と同じ, に都合, のこと, のよう, の一族, の一生, の中, の仲間, の作品, の周囲, の國, の土地, の宿, の思う, の思ふ, の持つ, の新しい, の本当, の気分, の汗, の生, の目, の知識, の考, の考え, の青年時代, の食卓, はこの, はまた, はシテエ・フワルギエエル, はルウヴル宮, は何, は歩い, は自分等, は芸術, は電車, よりはずっと, を待受け, を見つけた

1 [452件] から見る, があの, がある, がいはれ, がこう, がここ, がこの, がこれ, がそこ, がその間, がそれ, がたとえ, がついた, がとった, がどれ, がサモア, が一旦, が一瞥, が世の中, が中学校, が主, が付い, が住ん, が僅か, が唐松尾, が商売がら何, が変, が學ん, が少, が当初予想, が悲惨, が想像, が手, が指揮者, が新しく, が東沢, が浩, が淺薄, が生計, が知つて, が石塔尾根, が稍, が細君, が職業, が自分等, が若かっ, が菊太, が見まい, が覚え, が説法, が談判, が贋物, が軍人, こそ松風村雨, ごとき取るに, だけで, だけの接触, だけの特殊部落, だけ残った, でさ, でやっ, で働い, で別に, で押し出さう, で拵, で映画, で育て, で詩, というよう, として決して, との距離, との間, とはあまりに, とはずっと, とは交渉, とは何, とは永久, とをそんなに, と一緒, と共に歡, と同船, と小樽, と空気, と違った, などよりも物, にあてがわれた, にとっても辛, には分からない, には彼女, には新, には歯痒, にも分らぬ, にも加, にも食, に代っ, に反抗, に取っ, に取つ, に家, に対して僭越, に対する一種, に対する上, に對, に教, に無, に確か, に祟る, に絶好, に良き, に黒衣, のいま, のいま登りつ, のいる, のうたう, のうち, のく, のこころ, のごく, のさわい, のすぐ, のどこ, のなした, のほか, のまわり, のみが一日, のみならず, のやった, のゐる, のクラス, のコース, のスケエテイング, の一團, の一派, の一行, の上, の上つて來, の不正事実, の中学時代, の中心, の丹精, の乘, の代, の休んだ, の住む, の住居, の作, の作刀, の使つて, の使命, の俸給, の側, の優越, の内地, の内幕, の再生, の努力, の務め, の占めた, の危険, の友人間, の友達, の受けた, の命, の善用, の嘆き, の国, の國家, の場所, の外, の夜, の大切, の好き, の好み, の好む, の姿, の媚, の存在, の学生時代, の安楽, の家庭, の家族, の将来, の小さい, の小さな, の少年, の居, の居た, の山の上, の巣, の帰る, の帰国, の平生目, の年, の年頃, の幸福, の店, の引越し, の役に立つ, の心持, の心持ち, の思うつぼ, の性情, の恋, の恰好, の意志, の意気地, の意見, の所, の所謂先哲, の手引, の技術, の持ち, の支配権, の施した, の旅, の晝餐, の暦法, の暮し, の書籍, の最う, の望む, の本, の様, の権力, の母, の氏, の氣持, の永久的, の泊つて, の流派, の浅ましい, の消極的平和主義, の為, の状態, の理想, の町, の真, の眼, の知らぬ, の研究, の祖先達, の秘密, の程度, の立つた, の立て, の立場, の筋向い, の精神, の細腕, の罪, の罪悪, の置かれ, の習慣, の考へ, の考へる, の耳, の聯想, の職業, の職業意識, の背後峯, の胸, の著作生活, の虚, の行く, の行動, の行手, の行爲, の衣物, の見, の話, の誇, の豚肉, の責任, の趣味, の足り, の足許, の踏ん, の身, の身がわり, の身体, の身分相応, の身體, の辨當, の近く, の近代人, の通った, の進み得る, の過, の道, の遥か, の遺憾, の郷里, の都合, の門地, の関係, の防衞者, の陰翳, の階級, の隣, の集まる, の離縁, の靴, の靴音, の順番, の預つ, の風評, の食, の馬, の髮, は, はああ, はあれ, はいつの間にか, はいよいよ, はさっぱり, はすっかり, はそういう, はその, はつまり, はどう, はひとりびとりだ, はむしろ何故, はもうこ, はもともと, はよほど, は世帯, は世界一, は予定通り, は二階, は五月下旬, は今夜秩父, は今朝, は他人, は代々, は便宜, は修養, は優秀, は元, は全く, は其の, は其処, は其處, は其體, は再び, は出世, は切り出した, は初めて, は別に, は前のめり, は十一時, は合力, は唯, は四, は国境山脈, は国師岳, は多く, は夢にも, は天子, は始め, は年, は当日, は御, は感心, は旅, は日暮れ方宿, は最後, は木, は未だ, は機織, は此山, は此沢, は気が付かなかった, は無言, は發見, は知らぬ, は禁令, は絶えず, は罪, は聞いた, は自立, は草深い, は蔭, は虫, は行きつく, は行く, は豪雨, は進ん, は道楽, は選ばれたる, は選ん, は長い, は陸路小アジア, は離屋, は電報, は順に, は鼻唄, ばかりの教祖, ばかりの鍵, ばかりは何, ばかり其様, へ少し, まで一緒, もあと, もいささか, もいつ, もいつも, もぬくい, も一所, も借り, も咽, も幼時, も息, も文學者, も斯樣, も早晩なに, も早晩刑, も村, も生活, も病, も老境, も與, も驚い, よりはずつと鞏固, よりはだいぶ, より一年前, より先, より大分, より早く, をこめ, をも護らなけれ, を何がなし, を信ずる, を入れ, を実に, を寫し, を廊下, を延ばし, を引ずり, を待つ, を快く, を悲しませ, を持, を新しく, を猫, を異, を見, を見る, を認めよ, を追越し, を驚かした, を髯女郎, 全軍

▼ 自分より~ (425, 0.3%)

18 先に 8 はるかに 6 上の, 年下の 5 年上の 4 ほかに, ほかの, 強い者, 遥かに 3 一歩先に, 先へ, 劣った者, 外に, 年の, 弱いもの, 立派な, 背の, 貧乏な

2 [29件] さきに, ましな, 一つ年下の, 一級でも, 一足先に, 三つも, 三歳の, 上位に, 不幸な, 世間の, 二倍も, 偉大な, 優れて, 前に, 前には, 多くの, 少し小柄, 強いと, 強いもの, 彼の, 彼を, 教養の, 知徳の, 社会の, 若い人, 若くて, 遙かに, 遥に, 高いもの

1 [281件] あの人, いい着物, いえば, いっそう不幸, いっそう教養, お前の, この事件, これを, さらに小さな, すぐれた教育, すぐれて, すり抜けること, ずっと上脊丈, ずっと低級, ずっと前, ずっと年, ずっと年長, ずっと若い, そとの, その心がけ, その点, ないもの, なおいっそう, なほ三つも, はるか年下の, ひとつ年下だ, ひとの, ひもじそう, まさった神, もっともっとそれ等, もっともっと学問, もっともっと皺だらけ, もっと予期, もっと年上, もっと若い, よく知ってる, よっぽど不正直, よっぽど偉かっ, よほど剛健, よほど立ちまさった, よほど身分違い, より小さき, より若き, エラかった, コレットの, ホンの, 一だ, 一つ上だ, 一つ年上の, 一と, 一人置い, 一層強く, 一年早く, 一枚上手の, 一段若い, 一目も, 一米出, 一足先へ, 一階級上の, 七つ下の, 七つ歳下の, 七年後に, 丈夫だ, 三つしか, 三つ四つ年下らしく見える, 三四っ, 上であっ, 上役の, 上手だ, 上手で, 上手と, 上手な, 上手の, 下に, 下の, 下位の, 下手だ, 下級の, 不仕合わせ, 世帯染みて, 二つばかり, 二つも, 二つ年上である, 二つ年上の, 二三層倍餓じ, 二三年前に, 二三間先に, 二五年も, 二寸ばかり, 二寸ほど, 二枚位強い, 二歳の, 五つも, 五六貫目も, 人に, 他には, 他の, 以上の, 以上深い, 以下の, 以前には, 位の, 低いの, 低くとんだ, 何代か, 余裕の, 倍も, 偉いと, 偉く強くどんな, 偉大には, 優って, 優れた力, 優れた服装, 優れた者, 先まわりし, 六つも, 六つ七つ若い, 六つ年上の, 六つ年長者で, 出來, 切り詰めた暮し向, 切離し観客, 前から, 前の, 力の, 劣ったもの, 劣った牧師, 劣って, 劣ると, 勝る何事, 勝れたと, 十倍も, 十層倍行き届いた, 十歳も, 千年あまりも, 卑しいもの, 又一層気, 反れないため, 可愛い美しいもの, 向うが, 和尚さんの, 四円も, 四圓も, 四歳年長又は, 困って, 外には, 外の, 多くいでたち, 多く愛される, 多く苦しんでる, 多く飯, 大きい強い物, 大きい箒, 大きく成長, 大きなもの, 大きなガッシリ, 大きな動物, 大きな意識, 大きな於福, 大きな犬, 女房が, 威権の, 孤独な, 学問し, 学問も, 学識の, 學問も, 実世界, 小さい幼稚園, 小さい物, 小さい隣, 少さいの, 少しずつ, 少しでも, 少し小さい, 少し後れ, 年が, 年を, 年下で, 年下でも, 年下位の, 年増の, 年少の, 年少者の, 年若, 年長者であっ, 幸福に, 幾代か, 幾倍かの, 幾倍も, 幾倍立派な, 幾倍頭を, 幾歳の, 弟子の, 弱い動物, 弱い卑屈, 弱い奴, 弱い年, 弱い男, 弱い者, 弱小な, 強いの, 強い女, 強い武芸者, 強くこしらえた, 強くて, 強そう, 後輩だ, 後輩の, 意気地の, 成績の, 才気が, 教養が, 新米の, 早い奴, 早くあばた面, 早く口, 早く知った, 書物に, 正直な, 武装の, 段違いに, 気の, 無學, 物識りに, 猫の, 生活力も, 目上の, 目下の, 眼下に, 着実でない, 神経質な, 私の, 立ち勝った兄, 精, 綺麗で, 美しいと, 美しいやう, 美しい女, 美しかったり, 老いたる父母, 老耄れた, 色は, 若いひとたち, 若い羅門塔十郎, 若い者共, 若輩の, 落ち付いて, 親切な, 詩的な, 豪いもの自分, 豪い人, 貧しいひもじい人民, 貧しい隣国, 貧苦の, 貫, 身丈の, 身分の, 身分階級の, 進んで, 達者に, 遙に, 遠け, 遠ざけて, 遥か世馴れ, 適任であろう, 金持ちで, 金持と, 長い生命, 隔てられたる隙虚, 隔てられて, 静枝の, 非力の, 首だけ, 馬の, 高いところ, 高いの, 高いよう, 高い人間, 高い所, 高くなろう

▼ 自分ひとり~ (401, 0.3%)

10 のもの 8 の胸 6 の力 5 の身 3 いい子, だけで, でこの, でそう, で勝手, の世界, の幸福, の考え

2 [20件] がそこ, が正義的, が駈けぬけ, だけがのけもの, でやる, で平らげ, で怪談, で死んだ, で着, で調べ, のこと, のため, の心, の手, の明確, の生活, の空想, の頭, を制御, を生かす

1 [308件] い, うで, お蒲団, かえったら角, かと思い, がかって, がここ, がこの, がこの世, がその, がとりのこされ, がはた, がもたついた, がクヨクヨ, が人質, が今日, が休ん, が何, が偉く, が勝手, が取り残されたら, が地獄, が富豪, が少々, が得, が毎晩, が特に, が特別, が玩味, が留守番, が背負った, が自分, が茫々, が食わなかったなら, が高速度的, ぐらい食っ, ぐんぐん先, こっそりと, この村, しかない, だけがながめつくす, だけが心得, だけが美味い, だけが見捨てられた, だけだ, だけであった, だけでそれ, だけなら, だけのもの, だけをいたわっ, だけ其の, だけ勉強, だけ呑気, だけ完全, だけ実家, だけ此, だけ置き去り, だった, だつたらてつきり, だという, で, であ, であった, であったら思わず, であり手紙, であるかの, であるから, であるため, であるの, であんだけの, であゝ, でいたい, でいられる, でうまい, できめ, でくすくす, でくふう, でくよくよ, でこそこそ, でこなし, でさう, でさえ隠れる, でしたよう, でしなければ, でしました, ですなわち, ですよ, でたべる, でぢ, でて, でどう, でなかった, でなくその, でなくては, での心, ではさすが, ではつまらない, ではと思ふ, ではない, ではなかっ, では一流, では何だか, では工合, では幅, では感じない, では手, では持ち切れず, では棲みかねる, では決し兼ね, では讀まない, では飯, でふっと, でほりあつめる, でもそれ, でもの, でもよい, でも先, でも食べ, でやった, でわるびれた, でゐられる, でゐる, でヒェッヘッヘッ, で万事, で上, で事, で仕事, で他, で伊賀屋, で何だか, で出かけ, で出かけた, で出る, で出歩き, で切符, で利益, で口上, で呼ん, で国, で外敵, で夜, で夜釣り, で好い, で実行, で居る, で山, で左, で帰っ, で帰った, で帰つて, で帰る, で弁天, で忙し, で応待, で思い立つ, で悲しん, で慌てた, で或, で拾い集めた, で散歩, で暮らしたい, で書い, で校庭, で極貧, で死ねなけれ, で江戸, で決行, で涙橋, で満足, で生き, で生きる, で生んだ, で生活, で真実そう, で着られる, で神田和泉町, で私, で秘密, で笑っ, で筵, で縁談, で罪, で考えた, で自動車, で行く, で行つて來よう, で見届け, で解い, で計らう, で起きた, で越後, で踏み込む, で身軽, で逃がし, で逃げこむ, で遊ん, で道, で金吾, で静か, で頭, で食う, で飲み飽きた, というわけ, としてはつましく, ならどう, ならば, ならまた, なら無理, にたよっ, にとってそう, にとってなおざり, になった, になる, に向かっ, に得, に止める, に注がれ, のつじつま, のべつ幕, のみが此世, のよう, の中, の云う, の切符, の助かった, の口, の命, の咏嘆, の問答, の夢, の始末, の威勢, の専有, の幸, の思い出, の思い立ちである, の意志, の感動, の感想, の懊悩, の所有, の手落ち, の料簡, の時, の時間, の暮し, の栄華, の正義感, の気, の気分, の演技, の物, の生活苦, の眼, の知恵, の経験, の肚, の肩, の腕, の芝居, の落ち込ん, の言, の部屋, の金, の隠退生活, の驚き, はあれ, はどの, は剣, は極めて, は汚れ, は田山白雲, は覺悟, ほめられたいん, めざす方, よがり, をここ, をなげだし, を余計者, を別物, を愧ぢ顔, を慰め, を支え, を標準, を殘, を置い, を追い廻し, 入つて, 全く変っ, 取り残された, 古い愛人, 喋りまくつて一人相撲, 大いに努力, 大きな動物, 好い子, 帰って, 引き返して, 必ず奇妙, 授けられた充実, 生きられないし, 生き残ったところ, 知って, 知ってるよう, 起き出して, 逃げては, 逃げるの, 食べて, 駈け戻って

▼ 自分だけ~ (367, 0.2%)

40 では 12 だと 5 だ, 勝手に 4 である 3 だという, 一人で, 先に, 良い子, 起きて

2 [21件] い, さきに, であった, であると, なの, よければ, 一人高く, 先き, 出て, 助かつて, 助かろうと, 嘗めても, 外へ, 安全だ, 家へ, 得を, 活き殘つた男, 生き残って, 生き残ること, 立派な, 離れて

1 [244件] あちらへ, あとに, あるいは自分, いい作品, いい子, いい心持ち, いい気持, いい顔, いつもおじや, うまい事, ここを, こっそりドア, こっそり楽しむ, この捕物陣, さっさと何処, さっさと出, さっさと御飯, せつせ, そっと中, そつと, その弟, それで, そんな事, だったのに, だろう, ついて, で, であったら誰, であろうくらい, でそう, でだいぶ, でどうか, でないこと, でないという, でないの, でない結婚, でなくて, でなく人, でなく兄, でなく夫, でなく村, でほか, で共産主義者, で同胞, で囲炉裏, で妙子, で当人, で現在, で野暮, とび抜けたもの, どうする, どこかへ, ならこの, ならそれでも, なら他人, ぬけて, のがれて, のこして, ひとりで, ひとり二度と故郷, ひとり遠い, ひどく頼もしくなつ, ほかない, みたいな, もうけて, ゆつくり, よい目, よくても, らしいよう, わきの, コツソリし, サッと体, ストリヒニンに, ニヤニヤ笑っ, パッサージ, ポーズし, モスク, ロンドンへ, 一人が, 一人とりのこされた, 一人もう一度, 一人取り残された, 一人默つて待つ, 一段と長生き, 一足先に, 三年の, 三度の, 不幸と, 不思議に, 不自由な思ひ, 世界一の, 中島の, 乗るつもり, 二人を, 二百円余計, 二階に, 人に, 人間の, 人間らしい顔, 今迄, 仕事を, 低い空, 偉いと, 僕を, 儲けたがるもの, 先へ, 六畳へ, 其の装置, 其場に, 利巧者の, 利益を, 助かったつもり, 助かったので, 助からうといふ, 助かりました, 助かろうという, 助けて, 勉強の, 動きが, 友達と, 取り残されて, 取ろうと, 取残されたという, 取殘, 呉下の, 喰って, 変質的に, 大阪へ, 天國の, 好い子, 姉の, 姓が, 守る生活, 安閑とは, 家の, 寝さ, 寝台を, 小夜子サンの, 少しでも, 左ウチワという, 布団を, 帰つ, 帰る考, 帰宅する, 幸福に, 座敷を, 引返して, 徒歩で, 心得て, 悪るい事, 愉しめ, 感じた事, 慢心し, 慰みの, 捨てられたよう, 損を, 敵打の, 新京, 早くから寝, 星野温泉に, 昼寝し, 杭州の, 東京に, 東京へ, 東京暮しを, 楽しめば, 楽を, 止まること, 正直に, 残ったから, 残って, 殺されないで, 母の, 気絶なんか, 永久に, 泊り場所を, 泳いで, 浮かれ機嫌, 浮き上つて助かる, 清潔に, 満足なら, 溜飲を, 滝本の, 無暗に, 生きて, 生き残った男, 田代は, 白々しく十時頃, 眠って, 眼が, 着物の, 知って, 知ってる秘密, 硝子張の, 空間の, 立てるの, 立派に, 約束を, 素早く飛び下りよう, 絶対に, 聖女の, 脱けだす, 腰が, 腰巻を, 自分で, 自殺した, 自由な, 良い気持, 色男だ, 苦労し, 藤原威夫の, 行ったら汽車, 行って, 裏口の, 複雑な, 許されてると, 訳の, 謙遜し, 身を, 逃げるとは, 逃れて, 逆上しなかった, 途中下車し, 這入って, 違ふ, 部屋を, 醉は, 里芋の, 長い受け答, 陰気な, 陰氣な, 陳列室へ, 隙を, 霊魂を, 静な, 頑張って, 飛び降りるつもり, 食べるお金, 飲んで, 飼わぬと, 餅を, 馬に, 高い窓際, 高く抜いた

▼ 自分という~ (355, 0.2%)

91 ものを 64 ものが 42 ものの 21 ものは 17 ものに 5 人間は, 者を 4 人間が 3 ものも, 一人の, 一個の, 人間の, 存在を, 者が, 者の 2 もの, ものに対して, ものに対する, ような, 人間を, 感じは

1 [73件] ことも, この女, この重苦しい, ところまで, とりこめられた一つ, のだ, のは, ほかに, ものから, ものさえ, ものだ, ものとが, ものとを, ものについては, ものまで, ものや, ものをも, もの又, もの次に, やつの, 一しか, 一点を通じて, 下手人さえ, 不器用で, 五十年しか, 人間との, 人間にすら, 人間にとっては, 人間には, 人間までが, 人間も, 個人に, 個人の, 全存在, 厄介ものを, 友達が, 可愛い小舟, 土台が, 大きな姉, 女が, 女に, 女の, 女は, 女性の, 奴の, 奴は, 妻の, 始末の, 姿を, 存在が, 存在について, 実体の, 実物, 対象に, 巨幹から, 形に, 意識から, 意識が, 感情から, 持ち主が, 日本人の, 正体が, 正体を, 現在揺れ, 生存は, 生母の, 者は, 船の, 話相手を, 負担への, 雪達磨が, 順に, 馬鹿者が

▼ 自分との~ (342, 0.2%)

55 間に 18 間には 16 関係を 13 間の 4 あいだには, 間は, 関係が

3 [11件] あいだに, ことに, ために, 三人が, 仲を, 生活の, 結婚に, 結婚を, 間を, 関係に, 関係の

2 [16件] ことは, つながりは, つながりを, 上に, 交情が, 恋の, 相違を, 秘密を, 行末, 距離の, 距離を, 運命を, 間が, 間にのみ, 間柄は, 食べる物

1 [163件] あいだの, あらゆる現実的, いきさつは, いきさつを, いっさいの, いるいくつ, おつきあ, ことが, ことで, この先, これほど, そのよう, そばに, つながりが, どっちを, わけめが, わずか人間一代, ツナガリに, バランスを, 一件が, 一切の, 一度分を, 三人の, 事の, 事情は, 二人きりで, 二人の, 交わりとは, 交渉に, 交渉については, 交渉は, 交遊は, 交際は, 交際も, 人格的共通点の, 人間的な, 今までの, 以後の, 仲に, 仲も, 位置が, 低い切れ切れ, 共同の, 前に, 勘定に, 区別が, 受けた侮辱, 古い関係, 合作である, 同棲の, 同棲者でなかった, 名義で, 告白の, 啀み, 四人だつた, 因縁でも, 地位と, 境さえも, 境遇の, 外に, 奇しき因縁, 宿命的な, 宿縁また, 宿縁を, 対照だけが, 対照は, 対話の, 対面を, 居間の, 差は, 差異の, 席の, 年来にわたる, 年齢の, 幼時の, 心が, 心の, 性格には, 恋は, 恋を, 机の, 村境に, 楽しい過去, 機縁を, 歴史のより, 比較が, 比較と, 比較の, 気持を, 無事息災を, 無様な, 特殊関係の, 猪口に, 生活が, 生活を, 由縁を, 相対的な, 相違は, 相違點, 真の, 矛盾が, 秘や, 秘密が, 第三者から, 精神的連絡と, 約を, 約九尺, 約束が, 約束に, 絆が, 経過の, 結合の, 結合を, 結婚の, 結婚以前には, 結婚生活の, 縁が, 縁により, 縁は, 縁談が, 縁談の, 考え方は, 腑甲斐な, 艶事に, 若い血汐, 裡に, 角度を, 距てが, 距離が, 身に, 身の上に, 連絡を, 運命が, 過去の, 部屋の, 間おばあさんと, 間そして, 間どっちを, 間へ, 間柄の, 間柄を, 関係から, 関係その間に, 関係だけは, 関係と, 関係など, 関係などを, 関係は, 関係も, 関係以外に, 関係子供と, 関係磯五とおせい, 関係自分たちを, 闘いに, 關係から, 關係に, 關係も, 關係を, 附合い, 隔てが, 隔離を, 隠れ家を, 類似や

▼ 自分だけの~ (286, 0.2%)

8 ことを 4 ものが, 世界を, 力で, 生活を, 考えに 3 事を, 仕事に, 力では, 考えで

2 [24件] うちに, お願書, ことしか, ことに, ために, ものでない, ものに, 世界だ, 人生な, 仕事を, 勝手の, 好きな, 心持を, 気持を, 特別な, 独自の, 秘密に, 興味を, 荷物を, 責任だ, 速記法を, 道を, 部屋を, 頭では

1 [198件] ある経験, いい話, お祝いの, お考え, お金を, こと, ことだったら, ことで, ことであっ, ことでなく, こととして, しるし付けを, そういう一刻, たのしい生活, ためと, ためなら, ためまして, つらさ, とくを, どてら姿に, ひが, ほんとうの, もので, ものとして, ように, モノサシで, 一存で, 不運で, 世の中の, 世界が, 世界で, 世間の, 中に, 乗つた汽車は, 予感な, 事しか, 事で, 事は, 人な, 仕事では, 住居に, 体とは, 価値を, 信ずるところ, 信心なら, 價値を, 内心の, 内職を, 分を, 利害や, 利益とか, 力だった, 功名手柄に, 名誉心が, 命名で, 問題では, 問題として, 土産で, 場合について, 場所自分だけの, 夢に, 夢を, 女王の, 始末も, 宗教に, 客間に, 家庭を, 宿命は, 尊大を, 希望を, 幸福は, 幸福を, 幻想を, 心で, 心に, 心にしか, 心の, 心やりとして, 心願の, 思いに, 思いやるもの, 思考によつ, 怪し気な, 悔悟や, 悟りを, 情婦だ, 情婦と, 情愛が, 想いに, 意力だけで, 意見を, 意識で, 意識の, 感じか, 感じかも, 感情に, 感情の, 感情を, 感情自分だけの, 感想に, 感想を, 所有でなくなった, 所罰なら, 手を, 手勢を, 手柄に, 持てる能力, 推定だ, 推測で, 文学と, 文学的解釈を, 料簡で, 料簡を, 日常には, 日課表が, 時間という, 普通の, 智識では, 暮しの, 書斎は, 月がけ貯金を, 栖所を, 歴と, 気で, 気に, 気持から, 気持では, 気持と, 気持は, 注意力を, 活力で, 流儀で, 為立物を, 片すみに, 片隅に, 物思いに, 特別の, 獨よがり, 玉川学園という, 現実を, 現象である, 理由の, 理窟を, 生きかた, 生活が, 生活では, 生活としても, 生活費は, 生涯を, 用に, 眞實を, 神様を, 秘密の, 立場が, 立身の, 笑みを, 籍を, 糊口にも, 納得を, 経験から, 縄張り内を, 罪を, 考えだ, 考えでは, 考えを, 者で, 胸に, 胸の, 胸中に, 能書つきで, 荷を, 血路を, 裡に, 褥を, 見込を, 解答は, 解釈に, 詩を, 話を, 論理を, 趣好で, 身じんまく, 身を, 迂闊で, 運験の, 道についても, 道にのみ, 部屋という, 部屋といふ, 都合勝手という, 錯覚では, 鑑定で, 間違った推察, 闇を, 領地を, 食料は, 食残りの, 飮料に

▼ 自分~ (217, 0.1%)

5 云った, 向って, 言ひ 3 いって, むかって, 対して 2 いう, かかって, 傾くこと, 向いて, 向かって, 向っていう, 怒るよう, 言い聴かせるよう, 話して, 課せられた使命

1 [173件] あいそを, あつまる視線, いいきかせる, いいつけたもの, いいながら, いい聞かせ, いい聞かせた, いうとも, いった, うなずいた, おっしゃること, お告げに, お心, かかる御諚, かたむいて, からかって, こう取り繕っ, ことさら好意, このよう, さう言, さけぶたくさん, したよう, せまったこと, そういった又八, そそがれたと, そそがれて, つぶやいて, つぶやく, とびかかって, のし掛って, ぶつかって, みせに, みつぐこと, 一心に, 下すった, 二つの, 云いきかせて, 云いきかせ諦めさせようと, 云うよう, 云って, 仰せ聞けられたい, 任せて, 何んの, 來さうな, 來る, 入つて來, 兵を, 再生の, 冷たく云い放った, 凱歌を, 割りあてられて, 加担を, 反目し, 口を, 叫んで, 叱ったり, 同情が, 向けて, 向けること, 向け直して, 否定した, 呼ぶ者, 問ひかける, 嗤った, 嘘を, 嘲って, 噛みついて, 奢つた, 好意を, 好意的な, 妙な疑ひがか, 嫁がせて, 嫁ぐ意志, 宛てたもの, 宛てた手紙, 宛てた遺書, 宛てて, 宣言し, 密告し, 対しての, 届けて, 廻って, 引きつけようと, 引つけ, 弾力を, 当てつけて, 心が, 忠実に, 思ひこませて, 恋を, 情けを, 意思を, 意見し, 慇懃に, 憑き物の, 戻って, 戻つて, 打つ日, 投げた試金石, 旅行の, 有利に, 期して, 来た良人, 来ると, 来るより, 求めに, 渡し放し, 渡す中条流, 源氏は, 無言の, 独楽を, 當たる, 疑いの, 疑いを, 疑ひが, 疑ひの, 疑惑の, 病いを, 直接申し出る, 相談し, 着いて, 秤の, 移植し, 移譲するであろう, 突きつけて, 答へ, 箔を, 縋って, 罵りながら, 義雄の, 聲を, 肚が, 色よい, 苦笑いし, 苫を, 茶を, 落ちて, 見せた笑顏, 親の, 言ったあの, 言ったことばどおり, 言った機, 言って, 訊ねて, 誠意を, 説き聞かせるやう, 説き聞かせるよう, 譲って, 責めそそぐ悲涙, 貰った裸馬, 貸すぐらいな, 賛を, 質問し, 贈った人, 贈った艶書, 跳びかかって, 転げ込んで, 轉げ込む, 轉げ込ん, 近づいて, 近づこうと, 返つたやう, 迫って, 迫る死, 逼つて來る, 運んで, 酌ぎしきり, 集まって, 集まる吉岡門下, 面当なら, 頷いて, 飛びかかって, 馴

▼ 自分にとって~ (207, 0.1%)

3 一つの, 大切な, 必要な 2 あれほど, かけがえの, この上, どうで, 不都合な, 何だろう, 何よりの, 始めてである, 芸術は, 都合の

1 [178件] あなたは, あの作, あの神曲, あの赧, いいところ, いちばんやりがいあり, いちばん適切な, いちばん都合が, かくこと, かなりに, きわめてたい, きわめてよろこばしい, きわめて好意的, きわめて新しい, このこと, この世の中, この女, この枯れた, これほど, これまた, これまでと, こんなに皆, こんな妙, こんな香り, すでに, そののち, その他に, その後長い, その歳月, その母体, ただお, つまらないもの, つまらない無意義, つまり未来, とても興味, どうであろう, どうも樗牛, どのよう, どんなたい, なんでも, はたしてのっぴき, ひとつの, まだ十分強固, まったくの, やさしくなつかしい存在, よい試煉, ギリシアや, セシルは, 一生大切な, 一番つかみ, 一番好都合の, 一番宙で, 一番記憶すべき, 一番難しい, 不利な, 不利を, 不可抗な, 不可抗力な, 不得策, 不思議でならぬ, 世界じゅうに, 主義の, 二つの, 些も, 人生の, 今さらなん, 今夜の, 今度彼を, 仕事が, 何も, 何より大切, 余りいい, 余り誇りと, 信頼すべき, 先生の, 光である, 其の恋, 利益か, 到底不可能, 創作は, 労に, 危急である, 危険な, 又他, 古典である, 命令すべき, 唯一の, 唯一度しか, 圧迫的な, 地獄か, 地獄の, 場違いである, 大いに関心, 大きな勉強, 大きな名誉, 大なる, 大変な, 女性の, 存在する, 存在の, 実に適切, 実際変, 尊いなどと, 幸福な, 幽かな, 彼では, 彼女は, 心強い, 忘られない, 忘れがたい, 思い切れ無い真佐子, 恐ろしいその, 恩倖これに, 恩義の, 悪い行, 悲惨な, 意味が, 故郷は, 敵か, 最もおもしろい, 最もりっぱ, 最も仕合せ, 最も熱情, 最も美しい, 最も苦痛, 最も重大, 最初の, 最大な, 最大の, 最後の, 有利な, 有利にのみ, 此の, 死に価する罪, 決して不当, 決して行きずり, 波多野氏の, 深い教訓, 深すぎました, 滅びたもの, 漠然たるもの, 無, 無駄な, 父にも, 生涯関係の, 益である, 真個に, 真実な, 知られざるある者, 第一, 納得させ, 美的だ, 聖の, 自分という, 自分の, 自然な, 致命的な, 苦痛だった, 苦痛な, 英男の, 蚯蚓の, 血でも, 衣食住に, 親しい大切, 親しみの, 親しみを, 親愛な, 途方も, 都合が, 重大な, 長すぎる, 関係は, 附けても, 難解で, 難解な, 非常に, 高価な, 鮮明でない

▼ 自分とは~ (204, 0.1%)

10 関係の 7 縁の 4 まるで異 3 似ても, 全く無関係 2 なんの, べつな, 何の, 何物だ, 別な, 別派である, 反対な, 毎日吸ふ, 無縁だ, 身分が

1 [157件] あまりにかけ離れた, いかなる人間, いくらも, いっしょに, いろいろな, いわずに, お互に, お目, かけ距, かけ離れた事, こんな話, しっくり合わない, しなかった, そう年, ちがったもの, ちがった境遇, とうてい両立, どういう関係, どう見た, どこが, どんな宿命, ひとつ腹から, ひとまず完全, ほとんど地, ほとんど無関係, まず別人, まだ何一つ話, まだ四十歳そこそこ, まったく両極, まったく路傍, まったく違った, まったく関係, まつたくち, まつたく性格, まるきり違った, まるで傾向, まるで反対, まるで異なった, まるで関係, もう切り放す, もう違う, わずかに, チーズを, 一夜だけの, 一廻り下の, 一緒に, 一面識も, 両極な, 二三回も, 互に往来, 五年暮した, 人間の, 何だか別人, 何だらう, 何と, 何らの, 何んだ, 何処か, 何時まで, 何者か, 余りに懸け隔たっ, 僅かに, 兄弟である, 全く別, 全く利害, 全く同等, 全く方法, 全く没交渉, 全く目, 全く赤, 全るで, 八つ違ひだつた, 別にまた, 別に恨も, 別個の, 別物だろう, 到頭二人っきり, 前から, 十二三年の, 半町ほどの, 厩橋あたりの, 友人で, 友人以上の, 反対の, 反対側の, 合致しない, 同じやう, 同じよう, 同宗, 同窓の, 同郷の, 夢の, 大変懸け, 天分も, 天地も, 孤児同様に, 少々訳, 師弟の, 幼少からの, 後から, 從兄妹の, 志を, 思えないほど, 思はれない, 思ひ切つて跣足, 思へなくな, 思わず振向き, 思わなかった, 思わなかったの, 思われなかったが, 思われなかったの, 性の, 性根の, 性格の, 手ぶらで, 打って, 提げて, 明らかに, 普通一片の, 更にいろ, 檜山と, 正反対に, 正反対の, 殊に深い, 永遠に, 没交渉な, 浅いながら, 浅からぬ, 無関係な, 熱い唇, 特に親しかっ, 独立し, 異なる道, 登山の, 皮膚の, 相知る, 縁遠い言葉, 肉体も, 肌の, 親子ほども, 話も, 赤の, 通り一遍挨拶を, 道が, 違う人間, 違う自分, 違つた気強い, 違つて心を, 違ふ, 遠く隔ツ, 遠縁の, 遥か隔たった, 部落が, 關係が, 離したところ, 離れ離れに, 電車で

▼ 自分に対する~ (199, 0.1%)

5 一種の 4 母の 3 愛情を, 皮肉な, 自分の

2 [17件] いろいろな, 信頼を, 友之助の, 好意から, 好意を, 悔恨から, 悪評を, 愛情が, 愛誠意に, 態度も, 求婚の, 烈しい憎悪, 真剣な, 縁談を, 罵詈の, 義理な, 言訳の

1 [147件] ありがたい忠言, ある種, おどろきと, お久美さん, お秀, この上, そうした信頼, その位置, その当時, その心理, その時々, どんな感情, なつかしさ, ので, のと, ひそかな, ひところの, ものかと, 一応の, 不当な, 不満な, 不満を, 乾児達の, 仕打ちの, 何という, 侮蔑が, 侮蔑に, 保子の, 信任が, 信用を, 信頼とを, 借りは, 偏愛が, 僧籍剥脱の, 先刻の, 全職工, 公平な, 勝利の, 反感が, 反感の, 反抗と, 反省を, 反逆では, 口の, 同情が, 同情の, 周子の, 国民の, 報復の, 場合だけは, 場合自分に対して, 声援に, 大衆の, 夫を, 好感を, 嫂の, 宮の, 家中の, 対象の, 尊敬と, 尊氏の, 左膳の, 微塵の, 心づかいを, 心持とを, 心持は, 心持を, 応対の, 思わくであった, 恋の, 恰好な, 悪口に, 悪評も, 情が, 情熱が, 意義は, 愛が, 愛を, 愛情から, 愛情とが, 愛情は, 感恩の, 感情は, 態度の, 態度や, 憎悪の, 憎悪や, 戦闘だ, 批評の, 抵抗力が, 敵では, 斉彬の, 新聞雑誌記者の, 明日の, 時だけの, 最も大, 木村の, 未亡人の, 束縛としてしか, 根拠の, 欲目から, 正直さ見栄の, 気やすめ, 気持ちに, 気持を, 注意の, 活きた眼, 深い憐憫, 無心な, 無慈悲を, 熱い厚意, 特別な, 献身か, 申訳であっ, 痛烈な, 皮肉の, 相手の, 矜誇に, 研究心と, 私的の, 積りに, 約束を, 紋作の, 素振, 絶え間の, 義務すら, 義務であり, 考えも, 自信の, 苛酷を, 葉子の, 複雑な, 襲撃の, 親切と, 言葉の, 訓戒と, 評価は, 誇りが, 諷刺だ, 謀を, 警告か, 遺言と, 陥穽が, 離間中傷も, 非難だ, 非難を, 顧慮だけ

▼ 自分だけが~ (186, 0.1%)

3 知つてゐる

2 [11件] いい子, それから, それを, 何か, 余計な, 別物に, 唯一の, 宿を, 悪いの, 腕車の, 興奮した

1 [161件] いい児, いちばん可愛がられ, いっぱし世の中, いつまでも, いつも虹, いまにも, うまい汁, おやつ, お前達と, くどくからか, この世に, この女, この男, この部屋, こんなにし, すぐに, そうな, そこから, そっちへ, そのだだっ広い, その責任, ただ一人, だんだん彼女, とくに恵まれた, とくを, どうあっ, どうしてこうも, どこかに, どちらにも, なぜ乳母, ひとり女の, ひどく恵まれた, ほかならぬこの, またこの, もう半分心臓, もう見, もとの, よく思われ, よく知っ, チョイチョイ出しゃばっ, ハネ返され, ブルジョアに, 一人坊っちだ, 世の中の, 世界です, 中心だ, 乗って, 人と, 人生の, 人知れずに, 人間の, 今まで, 仮装せず, 何かを, 例えば文学報国会, 例に, 偉いもの, 偉い頂上, 全く経験, 別な, 別の, 前奏し, 動くの, 勝手に, 厳めしく, 取り残されて, 号令を, 吸い込むこと, 味わうべきもの, 命ぜられたツモリ, 和服で, 問題である, 国家有用の, 外面で, 多くの, 天才と, 妾腹の, 姑息な, 委細を, 存在する, 安眠する, 実家の, 客に, 小六, 尻尾を, 居残るだろうという, 山から, 山入りを, 帰って, 平和の, 幸福に, 弁護に, 強情に, 彼に, 後に, 後に残つてわたくし一人, 愛されたいから, 感じて, 慰め手だろう, 拔けて, 持つて, 損を, 早く出, 正しいと, 正しいの, 歩いて, 歸京したい, 死んで, 残って, 残りあと, 残る必要, 殘つてゐる, 汚くよごれ, 汚ない, 深いところ, 深い孤独, 淺川團七郎を, 源氏を, 潔癖が, 無用に, 熱烈な, 爽快がっ, 特別チャチな, 特別生命の, 独りで, 生き残った女, 真向から, 真実らしく死ん, 知って, 知らないの, 結構な, 絶頂に, 置き残されたよう, 羅刹か, 美男子で, 羽根を, 聞き流しに, 能率的に, 船を, 苦労を, 虐められて, 行い得られて, 行って, 裸に, 見る世界, 認めない態度, 誰にも, 謀叛する, 貧乏に, 進んだからと, 遠慮深く, 除け者に, 除外され, 雇いなの, 雨と, 面白がる, 面白く人, 頼みと, 食ふ, 食事の, 魔に

▼ 自分としては~ (174, 0.1%)

2 あの銀笛, なんの, 戦乱には, 非常に

1 [166件] あくまでもこの, あくまでも今度, あたりま, あまりに苦しい, あまり多き, あまり快く, あまり殊勝, あらゆる機会, あれで, あんなところ, いつまでも, うれしいかぎり, お君さん, お寺へ, かたく心, かなり満足, かなり物足りなかっ, かなり長い, からっきし信念, こういうテーマ, こうして武, ここに, このごろの, このまま船, この五年, この場合, この失敗, この当座, この方言, この最後, これまで, これより, これ以上は, これ以上自然な, ごぶさたの, さし当りどこへという, さぞ愉快, さっぱりした, しばらくも, すこぶる大切, すんだよう, せめてもの, ぜひこの, ぜひとも尋ね出し, そのいずれ, その能才風, そんな願い, ただ自分, ただ見聞, だからはじめ, だんだんにこれ, ちっとも心, つまらないとは, できるだけ忠実, ですその, どういう処置, どうしても巴里祭, どうする, どうもさう, どうも生, どこまでも, どちらが, どの点, なおさらそうなく, なんらの, はばかられる行くだけ, べつに熱帯, めったにない, もう何, もう妻, もう少し長い, わざわざ古戦場見物, コンナ不思議な, テムペラメントに, 一生懸命だ, 三人斃した, 下劣な, 不用意の, 中流階級の, 九月に, 今の, 今日まで, 以後に, 何う, 何か, 何と, 何とか考え, 何も, 何れ何處かで, 何処までも, 全力的な, 兵馬や, 再びかの, 出来得べくんば, 別段敷居, 労働階級の, 却て, 只かるく, 同じ心持, 堪えられる様, 堪へ難い, 多少案外, 天の, 失望する, 学者として, 実直に, 実際手際, 寧ろ訳者, 小さくさわいだ, 少しでも, 少し横風, 少なくもひと, 已むを, 常に一貫, 幾分の, 彼等に, 心にも, 心持の, 心残りは, 必死に, 忍ばれないこと, 念仏によって, 性別からも, 恥ずかしいこと, 情において, 愛情の, 或る, 敵を, 日々わが身の, 早く手紙, 早過ぎる, 最初は, 東洋画における, 欲が, 欲しない, 殆ん, 決して君, 淋しいけれども, 特に申す, 甚だ残念, 甚だ迷惑, 生きて, 相当な, 真に受け, 社会時評や, 精神を, 組与, 考えられも, 職務に対して, 腰を, 自分の, 良縁だ, 葉子の, 蒋介石政権の, 蔭ながら, 虫の, 見るに, 親の, 言い残したこと, 記念したい, 許したの, 許す可, 買ったこと, 足下等の, 過去の, 頗る大切

▼ 自分に対して~ (173, 0.1%)

5 好意を 4 持って 3 一種の, 気の毒に 2 なんの, 何か, 何の, 侮辱を, 性急である, 気の毒な, 特別に, 発せられたの

1 [142件] あしげに, あんな乱暴, いいのみ, いい批評家, いかなる結果, いだいて, いやらしい言葉, おろおろし, きわめて忠実, こじれから, こんななれなれしい, こんな処置, さへ, される親切, した約束, すでに罪, すべての, そういう女, そこを, その人々, それ以上の, そんな無責任, つらい点, では, とって, どれだけの, どんな役, どんな気持, どんな考, どんな考え, どんな関係, にこにこし, はたしてどれ, べつだん深い, もって, もつ不, やきもち, よそよそしい暗い苦痛, よそよそしい自分, 下らない悪口, 不正直な, 世話に, 丸くなっ, 云い切れない, 今まで, 仕組まれた謀計, 以前とは, 休まずに, 何が, 何といふ, 何となく負け目, 何にも, 何等かの, 信用の, 傲慢である, 優しくし, 充分なる, 充分の, 冷やかに, 厳重冷酷であった, 去年会うた, 反き去っ, 向けられるべきなのに, 和らかに, 咎めの, 唾を, 善用するだろう, 営利的なつまらぬ, 嘘ばかり, 執念を, 変った気, 好き嫌いを, 好意が, 姉ぶつた, 嫌いきまり, 子供らしい, 害を, 常に衣食, 幻滅と, 彼は, 後事を, 必死の, 忌々しくなっ, 忠実な, 怒らないこと, 怒りを, 急に, 恋の, 恋慕の, 恥ずかしい, 恩に, 悪意を, 憎悪さえも, 憫然な, 抱かれて, 抵抗し, 挑発的の, 日頃から, 明治と, 明瞭に, 景気を, 更に新しく, 残虐極まりない, 毒々しい恋慕, 気がねを, 気持ちを, 注がれて, 注意を, 深刻の, 満足する, 無性におそろしくわざとさり気, 無慈悲な, 無礼だ, 無関心, 特別好意を, 狡く立ち回っ, 現わさ, 現在では, 甚しく, 用心深く遠い所, 白を, 皮肉な, 相応の, 空蝉の, 突発的である, 繕うため, 腹を, 自分を, 自分自身で, 苦々しさ, 莫大な, 言った事, 言葉は, 訴えるよう, 軽い嫉妬, 途方も, 閉されて, 限りない, 隔意が, 非難する, 面目が, 面目なくなります

▼ 自分だけは~ (171, 0.1%)

2 いつまでも, 前世の, 本気に, 東京に, 相変らず, 知って, 醜い不具者

1 [157件] あとに, あの大きな木, あれで, いい顔, いかがわしい女, いったいどうなる, えらいつもり, えらくなった, おそらく栲衾, おもしろそう, お茶漬, かうして, けっしてしかく割切れ, けっして驚かされまい, このまま, この世の, これから横川, これでも, こんなところ, こんな少女, こんな悲しみ, ご事情, さぞ良い, さっさと浮気, すこぶる達観, その係り合い, それで, それについて, そんなこと, そんなで, たえず見舞う, ただこの, たった一人, どうしてもざしきぼっこでない, どこまでも, なかなか得意, なれて, なんとか救, はっきりし, ひとまず城内, べつな, ぽかんと道, もう些ツ, もう何もかもきまっ, わかったよう, キショクが, 一人ぼっちだ, 万物の, 不安なく, 二階の, 人を, 人間でない, 今夜同伴の, 他の, 他人の, 何事も, 例の, 其の關所役人, 切れそう, 別種な, 前進する, 助かったが, 助かつ, 助かりたいとは, 助る, 取つて返し, 同意が, 呑気に, 喰わなくても, 外へも, 多少はやりかけた, 夜中に, 大丈夫に, 大学の, 好いと, 好い児, 姉と, 安川に, 安楽の, 実際に, 少し顔, 川村一人を, 工面の, 帰ろうと, 平気で, 徐かに馬を, 得意の, 御身分, 心からかも, 思ったの, 思って, 意地でも, 憐れみと, 手も, 拘泥せず, 捉まえ, 提灯を, 斯う, 日本人でない, 最後まで, 期して, 本当に何等, 本所相生町の, 正式な, 歸らう, 死なないと, 死なない必ず, 母に対しては, 永年よろしく, 決して呉青秀, 決めて, 深く信じる, 源氏の, 特にパン, 玉の, 現われずに, 生き残ろうと, 生まれた家, 甲冑を, 申分ない, 異った, 病人だ, 盥に, 砂の, 穏やかである, 立つ積り, 筍を, 粗末な, 縁に, 羽織袴に, 自分で, 自分の, 自惚, 自然の, 至極天下泰平, 良い心持そう, 苦しげ, 蚊帳を, 見窄, 説明し尽し得, 誰が, 貞世を, 賢く人, 賢こく, 赤いつもり, 赤ん坊に, 軍律も, 通人だ, 道楽者の, 遷幸の, 遺書も, 酒が, 陰気な, 頼みに, 風儀が, 食わんで, 飽食しよう

▼ 自分よりも~ (169, 0.1%)

4 先に, 遙かに 3 上の, 年の, 年上の, 年下の, 生徒に, 身分の 2 ひと足さきに, もつと, 一層優れ, 上手な, 多く雨, 小さい犬, 幸福な, 遥かに, 青年の, 高い地位

1 [123件] あとに, いっそうはっきりと, お堂, かえって好評, これら四人の, しっかりしてる, ずっと低級, ずっと大きなその, ずっと鋭かっ, ずツ, ちょっと腕, ちょッと, つと不仕合せ, つと甚, はるかに, ひはの, ひもじい子, ふがいなく思え, また源三郎様, みなさきに, もっとはかない, もっとひどい, もっとよい, もっと幼い, もっと新しい, よくエルンスト, より多く, よろこんで, オーロラの, 一層寂しい, 一層有力, 七八つ年上の, 丈の, 三倍も, 上手に対して, 下位の, 下手だ, 不幸な, 二つの, 二つも, 二つ年上の, 五つ年上である, 五六間さきに, 他の, 他人を, 以前に, 低いもの, 低い地位, 余計に, 修業を, 倍以上の, 偉い画, 先へ, 先輩たる, 具眼の, 十ほど, 可愛想, 器量よし, 多くの, 多く恥ずかしさ, 大きい者, 子供に, 寧ろかの, 寺の, 小さな犬, 少しは, 少し年, 少し遅れ, 年う, 年が, 年した, 年上だ, 年上である, 年下で, 年若き, 年長の, 弱いこと, 強い無法者, 彼女は, 後輩だ, 悧巧な, 新しい俳優, 旨いから, 早く来, 更にキッティ, 更に新しい, 最初に, 有力な, 楽に, 歳下の, 母が, 深く尊重, 深く悩んだ, 深井を, 源三郎よりも, 無関心, 父の, 物識りである, 福原が, 私の, 笑うやつら, 経験に, 背の, 腕力の, 自分の, 芸者衆の, 若い処女, 若い友達, 若い父親, 若い美しい女, 若い頃, 若く盛り, 菊池の, 落着い, 貴い人種, 賢くて, 逞しい骨格, 遠くまで, 銀子に, 鋭く自分, 長い生命, 高いもの, 高貴で

▼ 自分~ (159, 0.1%)

11 と思った 8 ということ 3 つたと, といふ, と思い, と思う, と思っ 2 からそれ, からである, が朝, つて, という事, と云う, と思ってる, と思ふ, 自分の

1 [107件] かと疑った, からその, からといふ, からとて例外, からやつぱり毎日, からパンパン, から又, から後悔, から註文, かわからない, か他人, が, がこの, が今, が佐々どの, が小説, けれども今度, し何, し将来, ぞという気配, ちとはか, ちの勝手ぎめでどしどし, ちの家へ, ちの若い, ちの顔を, つたから, つたのか, つたのだ, つてお爺さんに, つてさうな, つてさつきあんなに, つてさつき彼は, つてはしたない, つてもう, つて他と, つて出, つて富岡と, つて強ひ, つて此頃は, つて男に, つて病氣の, つて社会の, つて腦力に, つて臭く, つて話し, つて飜譯を, というの, というふう, という心持, という気, という生意気, という自信, といっ, といふほこり, といふやう, といふ感じ, といわん, とおもっ, ときめこん, とし, とて, とてまだ, とはちょっと, とはとうてい, とは思っ, とは思へない, とは思へなかつた, とは思われない, とほんと, ともほとんど, とも思っ, と久慈, と伸子, と信じてる, と名, と平気, と強く, と彼, と思, と思いこん, と思いつくであろう, と思います, と感じた, と白状, と矢代, と答えた, と考え, と観念, と言, と言う, と言っ, と言った, と認定, と重々承知, なと思った, なと気が付い, なと深い, などとは, なんとか安心, のに, のにそれ, のにつまらぬ, のに対する, のに歌, よ, 利己的と, 捨吉だ

▼ 自分以外~ (145, 0.1%)

27 のもの 9 の者 7 の女 6 の人間, の誰 4 の男 3 にない, のある 2 の, のこと, のだれ, の事, の人, の他, の何もの, の存在

1 [64件] な者, にあまり, にあらう, にあろう, にかれ, にこんな, にどんな, にはあるまい, にはいない, にはお, にはない, にははいつ, には數人, には興味, には誰, に世界, に他, に何, に妙, に権威, に物, に癩患者, に私, に秋川一家, に自分, に起こり, のあらゆる, のところ, のもう, のものごと, のもの一切, のもの自分以上, の一切, の世の中, の世界, の世間, の事情, の人々, の人たち, の他人, の何人, の全, の力, の助太刀, の同じ, の姿, の客, の幾多, の意志, の或, の政党, の数億, の本当に, の無機物, の物質界自身, の状態, の男性, の自分, の軍人, の連れ子, の關係者, はみんな偽物, はみんな戦犯, への無

▼ 自分である~ (130, 0.1%)

22 ことを 4 ことは, やうな, ような 3 と云 2 かのよう, がその, ことが, ことに, ということ, という信念, と云う, と彼, と思う, 事を

1 [73件] かと, からいよいよ, からこれ, からその, から前川氏, かを彼, か之, か今, か他人, か確か, か解らなく, があまりに, がこれ, が一人, が故郷, が根岸, こと, ことだけが, ことだけは, ことの, ことも, このあやまち, こんなに愛し, そして自分, ためには, と, といふこと, とお, とすれ, との強い, とはっきり, とはどうしても, とは思っ, とは氣, ともお, とも思召, と他人, と宮, と思い, と思い上がっ, と思っ, と思った, と悲しん, と意識, と残念, と源氏, と熱い, と秀吉, と考えた, と考え出したら, と考へ出したら, と自白, と言え, などと証言, にし, のかと, のに試験, のに試驗, のを, ものにしか, ように, を感ずる, 不思議な, 事に, 事業の, 以上は, 何の, 信仰生活を, 姉君の, 権利を, 機因も, 限り自分の, 限り高貴な

▼ 自分にとっては~ (121, 0.1%)

2 一つの, 一種の

1 [117件] あの流言, あまり愉快, あらゆる忘れ, いわゆるソビエト映画, かういふ時, かなりに, かまわないこと, この地上, この川, これは, これらの, じつに重要, せめて三百名, そうであっ, そうである, そぐわないよう, そのまま受けとり, その第, それが, それこそ, それは, そんなに苦しい, ただあの, たった一人, たっぷり時間, つらい任務, どのよう, ばかげた行ないであった, まったくなん, むしろ非常, むずかしいこと, もっとも密接, やはり何, よろしくない, わかりきって, オルガ自身つまり, カケガエの, マーブルの, 一つ欠けた, 一大事だ, 一筋の, 七年と, 三十余年前の, 不本意, 事実そうだ, 伯母に, 何よりも, 何を, 何処よりも, 何物にも, 先生が, 光明だ, 全くあまりにも, 全く苦手, 兵馬は, 危うきを, 古仏, 周到な, 呼吸し, 命の, 問題に, 大いなる希望, 大事な, 大恩人, 実にこの, 実に重大, 実現され, 寧ろ迷惑, 強く内, 彼女が, 忘れ難い, 恩人に, 意義ある, 憂いところ, 憂悶の, 掛けが, 救世主とも, 文学は, 暫く手, 最も内容, 未知の, 来るべき, 死ぬよう, 求信過程の, 沙金が, 消滅し, 深い心, 無意味な, 珍らしい, 生きるという, 生じるもの, 生命の, 當然でも, 目前の, 直接身辺の, 真に真に思い, 確固たる確信, 祖父の, 科学の, 継子です, 聖書も, 臨終の, 自分が, 苦悩と, 要求である, 親切であった, 親愛なる, 解しえざる最大, 責任が, 貴重である, 辛い, 迷惑でも, 運命である, 重くるしく, 重なる苦楽, 面白かろう, 頗る興味

▼ 自分一個~ (121, 0.1%)

5 のため 4 の意見 3 の立場 2 のこと, のもの, の力, の心, の生命, の私見, の経験, の考え, の興味

1 [91件] がめざされ挑まれ, が侮辱, だけになっ, で切り, で處分, で負う, で飽慾, というもの, としてはこの, としてはまずまず, としては犯罪, として別に, として強い, と宿敵尊氏, と美代子さん, にうけ継い, にだけ向けられた, に對, に關, の, のおぼつかない, のさまざま, のみの救, のバラック, の上, の不安, の事, の人生観, の便宜, の偏つた主観, の内部, の判断, の利害, の利益, の努力, の名言, の嗜好, の器用, の天地, の姿, の存在, の安心, の実力, の実力評価, の希望, の幸不幸, の弱, の快楽, の思ひつめた, の性慾, の悟り, の愉快, の意志, の意志次第, の感慨, の感激, の慾心, の手, の推薦理由, の新, の本心, の楽しみ, の死, の気力, の求婚, の滿足, の為而已, の爲め, の独立行動, の理性, の理想, の生活, の申込み, の病院, の空想, の精神修養, の経験範囲, の腕力, の苦しみ, の見解, の観察, の貞操, の赤誠, の趣味, の身, の道, の都合, の都合本位, の量見, の限定以外, を自分一個

▼ 自分として~ (108, 0.1%)

2 それを, 一定の, 自分の

1 [102件] ああまで, ありがたい一つ, ありがたく思われない, あんまり面白く, いやな, うけが, かけ替え, くわしいのね, こんな気持, して, しんから, ぜひやっ, その批評, それは, それほどはっきりした, そんなもの, そんな科白, ただ一つ, できるだけ賑やか, では, とびつく気, どの位, なんでも, のより, はかの, もって, やって, わかって, ジットリする, 一年十二回分の, 一番棋力の, 一番正しい, 主力を, 事の, 二重に, 云いたいと, 今具体的, 今夜の, 何か, 何と, 何にも, 何を, 何処まで, 全然気が付かなかった, 切っても, 勉強も, 取るべき途, 問題が, 困ること, 多くの, 大なる, 弁信をのみ, 彼らの, 心に, 心苦しい, 忍びない, 想像の, 感じて, 感動した, 或忘, 承認せざる, 持って, 採るべき道, 接すること, 握って, 改まって, 是非これ, 書かずに, 書くべきもの, 最も高度, 最初の, 期待しない, 気の, 決して自信, 油断の, 活かせば, 満足できる, 現れた主張, 甚だ困る, 甚だ残念, 生き甲斐の, 生活し, 異を, 着眼した, 突込める, 突飛だ, 第一, 納得できる, 納得出来る, 経済能力も, 考えかたの, 考え直したこと, 能うかぎり, 腹ごたえの, 自分を, 苦しい気もち, 表裏反覆なき, 解決した, 言責を, 進まないので, 頼もしい女性, 鬼とも

▼ 自分への~ (108, 0.1%)

4 口実に 2 愛を

1 [102件] いいわけにも, いいわけも, おどろきとともに, ごまかしか, はっきりと, マイナスを, 不信を, 云いなだめの, 人心を, 人気と, 仕向けが, 侮蔑を, 便りは, 信任が, 信頼を, 切りこみ自分を, 切実の, 切腹申し渡し, 割当を, 反射は, 反感を, 反撃に, 反撥として, 口実では, 叱咤とも, 叱責であった, 同情である, 同情の, 嘲弄である, 報いだ, 声望に, 失望と, 好意を, 宛名を, 家庭での, 寵は, 寵幸も, 対決を, 希望も, 年齢的な, 弁解な, 当てつけらしいので, 待遇では, 心を, 怒りとに, 思いがけなさ, 思いやりが, 思いやりでは, 思いやりの, 思慕だ, 怨みでしか, 怨恨の, 恋から, 恥に, 悔恨と, 意地も, 愛だ, 愛情の, 愛惜を, 態度も, 憐憫とを, 戀は, 批判こそ, 批評を, 抵抗みたいな, 敵意を, 正直さに, 残酷めいた, 気兼ねから, 気安めの, 沙汰の, 消滅の, 激励自分への, 特別なおくり, 申し訳である, 疑いを, 疑問が, 痛烈な, 皮肉と, 目が, 矜持を, 示威の, 祝典と, 納得が, 罵りだった, 興味の, 蔭口が, 見せかけだけ, 言い訳だけにでも, 警言を, 責任が, 賞賛と, 質問であった, 質問と, 通路を, 遠慮と, 遺族手当の, 郵便物を, 電話だ, 非難が, 鞭撻自分への, 高時の

▼ 自分ばかり~ (90, 0.1%)

16 では 2 いい子, でなく他, 何の, 地獄から, 見て

1 [64件] い, いい気, お金を, かお八重の, さしておれ, さっぱりし, しや, その油御用, だ, だと, であ, である, でない, でないこと, でないたくさん, でないの, でない事, でなくほか, でなくまわり, でなく多数, でなく手先, でなく母, でなく父, でなく現に, でなく誰, でも, で感心, のを, ひとり目を, 不幸に, 乳母に, 仙人に, 先へ, 先立つて, 凝視し, 喋って, 喰って, 報酬を, 女だ, 好むまま, 愛すと, 懐手し, 旧に, 朝早くから, 栄耀してる, 栄耀栄華を, 榮耀榮華を, 檀那顔を, 気の, 演藝會や, 甘い, 甘い汁, 甘い甘いと, 直つた, 知れないと, 織女を, 美事な, 良くった, 落付い, 責めるの, 退くこと, 食べないで, 飲まないで, 飾りも

▼ 自分だけで~ (86, 0.1%)

2 信じて, 取り残されて, 用を, 自分を

1 [78件] あの場所, おほ, きめて, このこと, この広大, さう片づけたつもり, どんなに立派, ならどんな, はやって, ぱつぱと使つてちつ, ひきうけたい, みたしお, やってのけようとの, やるもの, モスク, 一口やる, 不幸な, 事実と, 今日にでも, 作って, 使って, 使用し, 俺は, 偶然の, 先生を, 分かつて, 別に和解, 勝手に, 取らうという, 可い, 合点し, 周子に, 喰べ, 大坂, 娯しむ, 嫌って, 安心し, 寝て, 専有する, 己惚れて, 年始に, 幸福だ, 御馳走を, 心頭を, 思った, 思って, 意識し, 愕い, 愛さうと, 感じるとき, 成せたと, 或研究, 所有しよう, 手出しを, 持って, 極めたって, 楽しんで, 決める, 沢山, 浪費し, 海までの, 済むの, 満足し, 生きようと, 眺められるからこそ, 笑って, 繰り返して, 考えてるの, 聞いて, 自分の, 落付く, 行くと, 見て, 観て, 負い切れなく持って, 起居の, 除けられる厄, 食いリヤカー

▼ 自分といふ~ (77, 0.1%)

15 ものを 7 ものが 6 ものの 5 人間は 4 もの, ものも 3 ものに 2 ものと, ものは, 一個の, 女が, 存在が, 小なる

1 [21件] ことに, ものである, もの又, もの自分の, 一の, 一生物の, 一箇の, 人格は, 人間が, 人間にと, 人間には, 人間の, 伴れ, 個人の, 内部生命の, 奴は, 子供が, 家内が, 物に, 話相手を, 風で

▼ 自分こそ~ (76, 0.0%)

2 そんなよい, 選ばれたる唯一人

1 [72件] あの新聞評論, あの百姓, あの頃, あわれまるべき位置, あんまりケチ, お遊さん, かえってあわて, こういう希望, この光栄, この町, こんなにし, すこし始末, そのお祈り, その樫, その磯五, それだ, それに, ちつと, どうした, ほんとの, まるで猿, もの, よい笑われ, ジャックである, 一人前だ, 一番先に, 世界の, 事件現場に, 人を, 他よりも, 何と見解, 余りである, 全てを, 北陸の, 南陽の, 台所の, 図々しいのに, 国主の, 失った例, 妖怪の, 嫌味は, 嫡男である, 安ツ, 当然太子, 後世に, 恥じなければ, 恭ちゃんを, 或る, 最もあの, 最も奇怪, 最期を, 歌は, 此の, 洛陽の, 済まないと, 物事を, 物騒だ, 白雲そのものの, 知らない癖, 社会に, 秘密を, 稍とり乱れた, 絶えずお, 胸の, 藩家の, 親類じゅうの, 近頃神経過敏症, 過去を, 適任だ, 面白が, 願うても, 馬鹿な呟き

▼ 自分をも~ (73, 0.0%)

3 併せて 2 よく育て, 他人をも, 八つ裂きに, 含めて

1 [62件] あの方, ある時代, おろそかには, けっして取り除かなかった, ここへ, こめた女, こめて, こめるさまざま, さげすんだ, その一部, その中, また余りに, また有名, みずから知識者として, クリストフの, ペテンに, 不幸に, 不快に, 不貞な, 世間をも, 事物をも, 亦幸福, 他をも, 他方に, 俺をも, 創造した, 同じ眼, 同時にとりもどし, 含む一つ, 含めた人間全体, 嘲笑って, 国民全体の, 嫌ったであろうなど, 師と, 彼女をも, 心持の, 息づまらせる環境, 悩ませるより, 成長させ, 捨てて, 救おうと, 斬る, 極力軽蔑, 殺しまた, 殺そうと, 焼亡する, 直ちにとらえた, 相手をも, 眺めたこと, 知つてほしくおも, 祝福し, 私との, 置きたい, 育てあげること, 苛立せる, 見る目, 見詰めて, 辱めるには, 鍜錬し, 長いあいだ心, 非常な, 顧みて

▼ 自分~ (69, 0.0%)

12 自分の 5 他人の 2 周囲の, 家庭の

1 [48件] ああやっ, おせい, おまへ達, お艶, この若者, その家族, ひとに, ひとの, また家族, また既に, 互の, 人の, 今までの, 今迄の, 他人を, 仲間の, 何か, 兄弟たちの, 八五郎も, 友子や, 叔父との, 塩煎餅に, 妻に, 妻君の, 子供たちの, 学校に, 家族などの, 家族の, 家族達の, 尼の, 帆村が, 弟たちが, 文太郎を, 新次, 月江様が, 父の, 相手に, 矢代や, 知人どもが, 福に, 自分たちの, 自分達の, 若いお, 蝶子の, 金吾と, 針の, 露骨な, 魂たちなどの

▼ 自分などは~ (65, 0.0%)

2 恐らく青年, 罪の

1 [61件] いつの間にか必要, いつ死ん, いても, いわゆる国立公園, こう取り扱わるべきである, このほつ, そっと引き移っ, その言葉, それが, ちょっと側, つまらぬ惡文, とても子規, どうでも, どう贔眉目, ほんとうに, まず狸, まだこの, まだそれ, まだまだこの, まだ幼少, まだ微々たる, まだ所詮, もうその, もとよりこの, やっとこれからと, 一ヵ月近く留置場に, 一生話さえ, 下手な, 仕合わせであった, 以前ある, 僧房の, 先ず後, 光源氏の, 冬中は, 単なる完形保存, 只生き, 回想する, 大切な, 大坂城中でも, 子供の, 往来で, 必ずしもさう, 必ずしもそうとばかりは, 思うべきでないと, 挟んだ餅, 推定し, 既に久しく, 明日という, 昔風である, 是を, 来なくても, 淺草といふ, 特に東国, 特に深い, 画については, 確かに, 自分免許の, 街頭に, 解して, 講義を, 顧みられないであろうと

▼ 自分とを~ (61, 0.0%)

2 同じよう, 比べて, 運び去るべき将来, 隔てて

1 [53件] お増, その中, その者本来, つないで, もう一度二人, 一つに, 一体に, 一個一個の, 並べて, 伸子は, 分つべき問題, 刻む苦痛, 区別してる, 区別する, 區別しよう, 區別せ, 取違, 同じやう, 同じ型, 同じ程度, 好過ぎる, 対照し, 対立さして, 対等に, 小川町の, 引きくらべ相手, 彼は, 御対手, 思いくらべた, 思い起させた, 思ひ出すと, 想像する, 感じた, 慰めて, 指ざした, 挙げたこと, 接近せしめた, 欺かねば, 比較し, 比較したくなる, 水と, 混同し, 真暗やみ, 等位に, 結び附けて, 繋ぐ交通, 訟えた, 距てる, 迷惑させた, 運命が, 遠くに, 階級的に, 隔ててるすべて

▼ 自分からは~ (59, 0.0%)

2 ほとんど口, 一言も, 何も, 何一つ言, 要求しない

1 [49件] あんまり語りませんでした, おかみさんに, それ以上に, どう出, どちらにも, なれたはじめ, なれて, なんにも言い出さなかった, なんにも話しかけられない, ばあやは, ひとことも, ほとんど語らず, めったに話しかけなかった, イタリア人と, 一人の, 一遍も, 三度も, 下げられないと, 主張せず, 主張せず出しゃばらず, 云いにくい, 別個の, 動かなかつたの, 取り去ること, 口さえ, 口を, 問わなかった, 宗教問題の, 寿女へ, 差控え, 希望しない, 幾十年の, 急がすの, 手に, 手紙にも, 打って, 殆ん, 求めないでも, 決してその, 決して同じ, 熟んだ柿, 督促し, 私に, 縁付けぬと, 言い出さぬ, 言うまい知らぬふう, 言ひ出し, 遠く去った, 離婚も

▼ 自分独り~ (58, 0.0%)

2 でこの, の黒く

1 [54件] がこづき廻され, が手持無沙汰, が持っ, が楽しむ, が生き, が男, が目, が蓮華, だけが仏, だけで古典思慕, であったこと, でありましたから, ですね, では, ではそれ, ではなく, では力, では口上手, でやる, で二階, で住める, で偉, で内密, で友達, で巴里, で渡る, で満足, で立っ, で葬式, で豪く, で邪魔, なら善く, になっ, になる, に生きよう, の, の勉強以外, の思い, の愛慾, の時, の時間, の胸, の自分, よければ, わかったよう, 取り残されたと, 死んで, 生きて, 生き残って, 留まらん事, 自惚, 読まぬと, 起きて, 黙って

▼ 自分じゃ~ (57, 0.0%)

2 ない, 分らないが

1 [53件] あると, あんな事, いえない男, けっしてそう思っ, この俺様, すぐにも, そう吸いたい, それほど可, たいへんに, ちゃんとし, ちょっと見分, つい此の間, ないか, ないかと, ないという, ないよう, ない訳, なかなか気ばれない, なんにも, まだ治らない, まるで夢中, もうお, もう如何, やめたくないのよ, よく分らない, よく寝た, ア, 一端親を, 不器用だ, 不幸だ, 仏だ, 何んとも, 出入りしない, 出来も, 出来やしないわ, 分限紳士の, 勉強した, 十年も, 向うで, 夢が, 好いつもり, 平気で, 年中今にも, 極楽の, 気がついて, 泣きたいよ, 生命も, 産みたがらなくったって, 稚い時分, 立派な, 要領が, 見たこと, 踊れませんよ

▼ 自分までが~ (57, 0.0%)

2 おのずと心強い, 一緒に, 幸福に

1 [51件] いっしょに, いつか周馬を, いつのまにかふわりふわりとん, この世の, この珍, さびしいやう, そんな渦, つりこまれそう, とし子自身が, なぜ受け入れる, なんだかいたわしくっ, はなはだしく英雄的, ほろりと, 一種の, 乱れた, 事件に, 五六人の, 今に, 何かさ, 何ものかを, 何やら落着, 分別臭く今, 力瘤を, 十年まえ, 危なく思はれる, 厭わしく醜くて, 可哀そうに, 土竜馬と, 安く見られる, 引入れられては, 心の, 拾い物を, 斉彬の, 書物の, 来れない所, 東宮の, 氣違ひじみた, 浅薄な, 激しく興奮, 熱病に, 物件と共に, 狂気じみた, 相撲を, 罪を, 若やぐ気, 責められて, 賊に, 醉っ, 飛んだ係り, 餓鬼の, 馬鹿に

▼ 自分よりは~ (56, 0.0%)

2 えらいの, 一つ年上の, 一歳か

1 [50件] いろんなこと, きつとも, この赤毛布, さほど年, ずっと上, ずっと前, ずっと年下, ずっと思慮分別, はるかに, もっと大きな, よほど細心, 一つ二つ年上の, 一層上, 一段下に, 七つ八つ若い, 上手な, 上背も, 二つ三つ若い, 仇討の, 優れた者, 先に, 劣つた人の, 十も, 単純な, 可哀そうな, 向うにとって, 夫の, 対手の, 年上の, 幸福である, 幼稚な, 後輩では, 成績も, 教師に, 数等劣つた男で, 数等立ち, 母御似だ, 疾くに, 目から, 絶えず周囲, 老人の, 脊が, 腕に, 藤原の, 豊富な, 遙に, 遥に, 適当な, 鈍いよう, 高い相手

▼ 自分だって~ (55, 0.0%)

2 それは

1 [53件] いやがって, いやよ, お道化, このあ, しかられること, その人, その境, たかが, つかうとき, できないくせ, ふとこわい, またいつ, もし何処, よりよく生きたい, 一度は, 一時間後に, 一月とも, 一緒に, 七日も, 不良少女の, 世間なみの, 世間並の, 仕方が, 伍長が, 会社の, 何時その, 僅かばかりの, 出来るという, 却ってよかっ, 君に, 城と, 夢を, 大きい顔, 大概気が, 安閑と, 恋人に, 按摩, 時代の, 母様が, 気分が, 気楽な, 泣いたくせ, 演説する, 生きる組, 相当偏窟の, 真夏に, 若し今, 行くなと, 言って, 記代子と, 読んだ事, 車の, 逢いたくも

▼ 自分ほど~ (53, 0.0%)

5 不幸な 2 不運な, 幸福な, 腕白者は, 苦勞した, 面白いもの

1 [38件] あわれなもの, えらいもの, この女, では, な精進, ひたむきに, よい声, 不仕合せな, 不仕合せの, 不倖, 不運で, 人望の, 修養の, 偉い者, 光秀の, 喜びを, 坑夫に, 子供に, 幸せな, 強烈な, 忠実な, 恵まれない不遇, 悧巧な, 悲運な, 我身を, 才の, 有益な, 果報者は, 棄てたいもの, 理窟に, 立派な, 苦勞し, 親切で, 詰らない人間, 賢いもの, 賢い者, 進んで, 音楽の

▼ 自分さえ~ (52, 0.0%)

3 よければ 2 しっかりし, もっと年, よければいいん, 黙って

1 [41件] いつわ, いなければ, がっちりしてれ, この七年目, その気, その難, たべられれば, ちゃんとし, ついて, ついに一度, なかったら, なければ, やる気に, よろしければ, ドシドシ強く, パンが, 乱れなければ, 今まで, 充分に, 先へ, 其処へ, 出れば, 切符を, 利益を, 勉強に, 南町奉行所に, 喰えないやつら, 寺を, 打ちとければ, 承知し, 承知なれ, 新しい家庭, 日に, 旨ければ, 構わなければ, 正しければ, 死ぬつもり, 用心し, 知らない頭部, 辛抱すれ, 高時

▼ 自分まで~ (52, 0.0%)

2 妙に

1 [50件] うれしそう, この世に, この年寄, その仕返し, その悪事, その組織, たよりない, つりこまれて, なんだかみじめ, もと云はれる, もと云われる, ヒステリーの, ポロポロと, 一緒に, 三代も, 不当に, 伝染し, 何時の間にか涙ぐん, 分析し始め, 同類と, 名誉餓鬼だった, 因果物に, 夢中に, 実に辛かっ, 小説の, 工合わる, 巻き添えに, 幸福なり, 引きくるめて, 引き上げるより, 悲しいよう, 文化の, 朝飯を, 泣き出した, 燃え耀きの, 物狂おしくなる, 病気に, 目が, 笑うの, 芸術家らしい, 莫迦に, 要求し, 誘惑する, 調べるの, 転んで, 過労な, 顎を, 顔を, 馬鹿に, 高めるべき動的イニシエーション

▼ 自分自分~ (51, 0.0%)

2 のこと, の仕事, の奥深く, の心

1 [43件] だけで落, で今後, で変え, で発見, にかかずらい, に感じ, のため, のほんとう, の一生, の主観, の予期, の体験, の力, の功名, の司曹, の問題, の器量, の在所, の好き, の子, の実生活, の家, の尺度, の幸福, の影法師, の想像, の意識, の方法, の方途, の毛髪, の猥ら, の生活, の田, の疑惑, の発明, の祖たち, の荷物, の踏み込み, の部屋, の部隊, へ向かっ, をここ, を信じ

▼ 自分について~ (50, 0.0%)

3 語ること 2 どんな印象, 調べて

1 [43件] あまりに都合, おぬいさん, こっちへ, さっぱり訳, そのよう, だった, ついに一言, また他, まるで事件, もう少し考えたかった, もって, やはりその, ゐる伊留満, 一つの, 一つ思った, 云うの, 云える, 何か, 來た, 居て, 常にいわれ, 彼女を, 思うとき, 感じはじめたぼんやり, 感じる実感, 掘り下げないこと, 書いて, 書くの, 来いという, 来て, 来るの, 来れば, 歩いて, 清らかな, 発見し, 私の, 考えめぐらすの, 考えるよりも, 考へ, 臆病である, 色んなこと, 虫の, 酒場や

▼ 自分以上~ (49, 0.0%)

4 の力 3 のもの 2 に見せかけよう, のこと

1 [38件] か以下, なもの, な何, に, にそれ, にはなれない, に強い, に恐ろしい, に愛し, に次郎, に歓ん, に母, に激しい, に熱い, に美しい, に自分, に艱苦, に苦しみ, の上席, の人間, の仕事, の位階, の何物, の出来栄え, の器, の境界, の奇蹟, の強敵, の法力, の無法者, の知識, の空想, の老成, の苦境, の行為, の高い, やつて, を装う

▼ 自分としての~ (48, 0.0%)

3 生活の 2 生活や, 生活を

1 [41件] いろ, こころの, このごろの, すべてに, はっきりした, やり方が, わきまえを, 一家一室が, 何よりも, 借金が, 儲け場所だ, 内面の, 判断, 判断を, 割当ての, 動機が, 動機は, 同感を, 好みに, 巣を, 幸福や, 心持が, 性格を, 標準が, 歩みを, 特別な, 生きかた, 生活という, 生活に, 着眼の, 確定的な, 空想を, 立場が, 表現を, 財産を, 趣味だ, 趣味の, 連続した, 部屋も, 階級の, 面目が

▼ 自分にと~ (47, 0.0%)

32 つては 5 つても 1 つてかけがえの, つての, つて不可疑, つて享楽が, つて哀憐に, つて売つては, つて生命の, つて興味ある, 争った者, 定められた道

▼ 自分とが~ (45, 0.0%)

2 知り合って

1 [43件] いつまでも, からみあいもつれあって, この二階, こんな吹き降り, つねに無関係, ばらばらに, ひと月代わりに, 一つに, 一心同体に, 一方は, 一番滑稽を, 一緒に, 一致する, 与力朝岡の, 今賓客, 代る代るに, 似て, 偶然に, 内務省警保局図書課へ, 別ものである, 半分ずつ, 同一人, 同時に嘲弄, 向きあって, 因縁の, 変に, 夫妻である, 如何に, 対等に, 幸いに, 愛し合って, 日傘を, 昔翌日の, 暗い寒い一間, 本当に人間らしい, 男女の, 皆な, 直接に, 相往復, 結婚すべき, 話して, 違ったたち, 離ればなれに

▼ 自分だけを~ (44, 0.0%)

2 頼りに

1 [42件] たよりに, ときたま笑っ, のけ者に, ふいと, 一生愛し, 三吉は, 不幸な, 中心として, 保護し, 信用し, 切りは, 呈出し, 妙に, 守ってる愛情, 対象と, 幸福と, 幸福に, 庇おうと, 当てに, 得心させ, 思い描いて, 恃むといふことは如何にも, 意地わるく, 意識し, 愛する, 感じて, 救うエゴイズム, 救う力, 斬るの, 検査し, 権力なり, 殺したの, 清くせん, 特別に, 犠牲に, 瞶めて, 考えるべきでは, 自分の, 見つめなければ, 頭に, 頼みに, 養ふ力もない

▼ 自分としても~ (43, 0.0%)

1 [43件] きっとその, こんなうれしい, ずいぶん忙しく, そういう形, どうもぴったり来る, どのくらい, どんなに幸福, また彼, まだ三百両, まだ自分, ジッと, 内田さん同様に, 叶えて, 大いに意識的, 太閤殿下に, 女に, 如上の, 実は不愉快, 容易な, 容易に, 少しよくなった, 強い自信, 心持よく, 急いで, 恐らくは四十, 恥かしくない, 恥も, 拙劣な, 損失であり, 断じて捧げぬ, 暗に勝利, 歌道の, 此際直, 殊に一家, 気が, 気分の, 満足です, 甚だ迷惑, 相当苦労を, 苦しんで, 語り伝えて, 語り伝へて, 過去を

▼ 自分などの~ (43, 0.0%)

2 ような, 知って, 素人を

1 [37件] この一種, まだ青, やうに, ように, 今試みよう, 信仰では, 俳諧の, 力には, 及ばぬ天禀, 及ぶところ, 口を, 官能が, 寄りつける御身, 専門の, 小さい頃, 少年の, 幼い頃, 恋愛観を, 想像する, 手に, 手の, 接觸も, 旅を, 書くよう, 毎日の, 生まれた国, 生まれ故郷では, 知らないこと, 経験は, 考へは, 蛇足を, 行って, 見たところ, 趣味に, 近よる, 重視し, 驚いて

▼ 自分~ (42, 0.0%)

10 のだ 6 のである 5 のであろう 4 のだろう 2 のか, のだらう, のです

1 [11件] のかと, のかも, のでありました, ので体裁, ので何ん, ので失望, のに, のに之, のに初めて, んだ, んです

▼ 自分でない~ (39, 0.0%)

5 ような 2 他人が

1 [32件] かと源氏, ことが, ことに, しまた, ぞと見せる, といふこと, とすると, と言い張った, などと強情, にはきまっ, のに武士, のは, べつな, ほどふらふら, もう一人, ものが, ものの, やうな, ようだ, ように, 一人の, 事を, 人の, 他の, 別の, 対立物に, 様に, 男に, 美しい女性, 者が, 者の, 自分の

▼ 自分自ら~ (39, 0.0%)

2 が剋殺, の中, を神

1 [33件] がたつた, すること, である, なり自分, において私ども, にささやく, に問う, に対しても謹慎中, に対する批判, に就い, の, のこの, の判断, の制限, の力, の手, の本質, の裁き, の道, も内心, も平凡, も生きよう, を, を市長, を批評, を探偵, を瞞着, を知る, を罰する, を罰せなけれ, を試み, 自覺, 飲んで

▼ 自分からも~ (36, 0.0%)

1 [36件] いちど御, その男, そんなこと, べつに詳細, まだ自白, やめないでしょう, よきよう, よく頼ん, ガラツ八を, 主君に, 云いたくない, 仍て, 他人からも, 作って, 勿論誘う, 口を, 同化し, 問いたいと, 弁解したかった, 思い立ったこと, 愛すること, 提灯を, 教えて, 昨日ずいぶん, 欺かれてる精神, 歩み寄った, 歩を, 満腔の, 申しますが, 罪を, 自分の, 言ひません, 語り二人, 説明した, 近づかうと, 離れ難い

▼ 自分一身~ (36, 0.0%)

4 の利害 2 のこと

1 [30件] が遁, で如何, というもの, と自分, にしか通用, に引受け, に担う, に関しては敬虔, に関する不, に関係, のため, の事, の処置, の利害損得, の問題ぢ, の安逸, の快楽, の損得, の生存, の童貞, の義務, の興味打算, の見解, の調和, の趣味, の過ち, の静安, は鉄石, を賭し, を顧みます

▼ 自分たち二人~ (34, 0.0%)

2 のほか, の女, の男, の結婚

1 [26件] がいっしょ, がはじめて, がもっ, がパルヴィン博士, が時間, が沙漠, だけにはわかっ, でそれ, とまだほとんど, には骨折り, の命, の外, の心中, の心理, の歴史, の状態, の言葉, の身の上, の間, はほとんど, は今, は婚約, は教会, は決して, も実は, を見守っ

▼ 自分なら~ (34, 0.0%)

2 ああは, ば

1 [30件] あるいはこんな, あれほど, あんなヘマ, おいそれとその, おそらく道具, その財産, それを, そんなこと, そんな場合, てきぱきと, で誰, という彼我, と云いたい, なぜ坑夫, なるべく平岡, ば往く, ば決然, ば発狂, ば駈けつけ, むしろ新, むしろ死, もう二目, 可成平岡, 恐らくそのまま家, 憚らず, 湖水まで, 肺患者として, 自分という, 苦学でも, 躊躇する

▼ 自分だけに~ (33, 0.0%)

2 都合の

1 [31件] おもしろいと, かくされて, なって, なる方, ばち, まかせるよう, みせたがらない多く, わかる溜息, 仕方が, 分って, 分れば, 向って, 変更の, 女が, 止めずゴールデン, 湧きあ, 満足し, 特有な, 絶えず注目, 聞えるもの, 聞かされて, 解る趣, 許された悲しい, 許された特権, 誓って, 質問が, 逢いに, 限って, 集注される, 頼らなければ, 頼るより

▼ 自分でさえ~ (32, 0.0%)

1 [32件] あの下屋敷, かなり我儘, このひねくれた, こんなに困っ, そう感じる, その証拠, ためらうよう, どこか, もう他人, わからないきっかけ, 何たる宿命, 何の, 呆れた, 思いがけずに, 思われるよう, 恥かしい, 恥ずかしく思われる, 悪いと, 愕く, 憎まれて, 手ざわりの, 桟敷で, 気がつかないくらい, 疑われるほど平静, 知る事, 確り掴めない, 笑うかも, 聞かずに, 苦しいいや, 迷惑に, 隔世の, 驚くばかり

▼ 自分~ (32, 0.0%)

2 には安否位

1 [30件] がこつ, がその, が多く, が彼女, が氏輝, が白鷺, けの事, け帰っ, け帰つて, け殘つた, け汽車, け逃げ出し, では父, で信じ, で持つ, になつ, になれない, にはスッカリ, のため, のもの, の布団, の思い, の持前, の置物, はス, は嬉しい, は正しい, は病身, を二等, を考へるべきで

▼ 自分~ (28, 0.0%)

1 [28件] でそれだけ, なかき方, にさらし, にする, にずうずうしく, にそういう, にまげ, にわかった, に利用, に情理, に愛し, に独学, に画面, に考へ, に考案, に聞き誤つ, に覚え, に解釈, に領会, のカテゴリー, のボンヤリ, の型, の愛情, の気分, の泣き, の観念, の解釈, の限定

▼ 自分ばかりが~ (27, 0.0%)

1 [27件] その肉体, そんなにのろのろと, そんな気, つつましくし, 三等船客でなけれ, 主婦に, 出來, 博識がる, 取りたて, 叱られること, 呆気に, 多勢の, 好い気, 恐れて, 悔ま, 打つたもの, 救われて, 汚く老込ん, 淋しいやう, 熱愛し, 物々しく抜いた, 腹の, 良い児, 虱たかりでない, 見ること, 逃げ帰ること, 遊んで

▼ 自分ながらも~ (26, 0.0%)

2 少しくその

1 [24件] おかしく言い当てた, この顔, これほど, こんなに接近, その口火, だれである, また女, 一人離れ, 一種の, 予期せぬ, 今夜は, 以前の, 何だか自分, 冷酷であった, 安心する, 心を, 悪い心, 日頃周囲の, 明らかに, 笑止と, 笑止に, 結構な, 見紛うほど, 誰何したい

▼ 自分のみ~ (26, 0.0%)

2 でなく天下, では, ならず他

1 [20件] いつまで, た夢, た病人, だれた髪, ぢめさが, であること, でなく家族, でなく朱実, でひそか, ならずどれほど, ならず多く, ならず諸, 助かって, 得々として, 潔よいという, 登天す, 真ッ先, 行うの, 賞められ, 身を

▼ 自分にだけ~ (24, 0.0%)

1 [24件] あって, きこえる声, こんなに別, して, する行為, そうッ, それを, なぜあんな, わかって, スポットライトを, 云って, 信じられて, 分って, 向って, 天下御免と, 懸念が, 打明けて, 教えて, 真面目な, 聞えるやう, 薬飲まし, 親しみを, 金二百円の, 関心を

▼ 自分と共に~ (23, 0.0%)

2 立つて

1 [21件] お鳥, ここへ, 一つに, 一枚の, 並んで, 出発した, 出發した, 寝こんだやつ, 引き上げて, 早く歸, 景色が, 朽ち果てさせて, 森へ, 生きつ, 生死を, 眞理に, 神の, 立ちかける寧子, 自分の, 討死しよう, 過して

▼ 自分なども~ (23, 0.0%)

1 [23件] かなり気, その一人, ゴッホの, 一度学校, 事自分の, 五十年来書物から, 今までは, 壁紙やじうたんの, 女ながら, 常識づけられ, 思って, 想像し, 春永く, 時々だいじな, 時勢から, 時折は, 最初には, 村の, 終始間違, 義父らしく, 自画像を, 至つて年齡から, 非常識に

▼ 自分に対しては~ (22, 0.0%)

2 世に, 可なり, 限りない

1 [16件] いつもまじめ, これで, ただ最大, ちやんと, 一向冷淡, 何処までも, 再生の, 厳格で, 口の, 大変辛抱の, 学生達が, 彼等が, 心から感謝, 悪事を, 最も正直, 此事実が

▼ 自分~ (21, 0.0%)

5 自分が 2 子分か

1 [14件] おそろしく深刻, これが, さっき乗っ, どうか, ほかの, 分らないと, 區別出來なく, 千鶴子の, 小野田かに, 少年か, 息子達が, 敵か, 自分の, 重三

▼ 自分~ (20, 0.0%)

2 へもうら悲しい

1 [18件] へしつかりし, へその, へなんとか, へのんき, へよけれ, へ一寸, へ久保田君, へ嘲る, へ好けれ, へ居なけれ, へ彼, へ心, へ我慢, へ捨てられなき, へ歡樂, へ良けれ, へ近頃, へ默つて

▼ 自分~ (20, 0.0%)

5 やない

1 [15件] やさうでも, やさうは, やそつ, やど, やなかつた, やア, や一つ, や一刻, や一番, や什, や何, や医学校, や生き, や表, や買

▼ 自分~ (20, 0.0%)

1 [20件] でじつは, で実は, というひとかた, に丸善, に腹案, の, のため, のベントウ代り, のムスビ, の九谷, の仮, の小さい, の廻転椅子, の撓, の椅子, の檜木笠, の注射器, の茶碗, の防毒面, らしい白い

▼ 自分この~ (19, 0.0%)

3 ような

1 [16件] ひとに対する, 三人しか, 事には, 心持云えず, 戻りかた, 晩余りいい, 書留を, 自分が, 自分にも, 鐘を, 頃いかに, 頃いろいろ, 頃うれしい, 頃カルタが, 頃二人で, 頃成熟を

▼ 自分すら~ (19, 0.0%)

4 おれが 3 忘れきつた

1 [12件] おれだ, その染着, どうする, わすれて, 他人の, 偽り通し, 忘れきった彼, 忘れきつ, 思いも, 感ずるほど, 気づかぬよう, 自分の

▼ 自分本位~ (19, 0.0%)

3 の生活

1 [16件] である, ですから, で生き, なもの, にしか考へられぬ, にする, に物, に讀む, に都合, の, のおしゃべり, の人間, の動機, の感情, の考え, の考へ

▼ 自分達二人~ (19, 0.0%)

2 の間, を睨み付けた

1 [15件] が何, が愧, が透明, だけの夜, で過ごし, になつ, の生活, の結婚, の身の上, は何と, は徒歩, は許婚, を同じ, を結びつける, を見出す

▼ 自分などが~ (18, 0.0%)

1 [18件] この家, この小僧, さういふ連中, だらしなく書い, とても脚下, 住まい両, 何か, 偉そう, 太刀打ちできる, 子供に対して, 時々彼, 死ぬとき, 素人くさい, 聲を, 言うまでもなく当局者, 讃辭を, 貧弱な, 餘り

▼ 自分たち自身~ (17, 0.0%)

2 のこと

1 [15件] とに満ちあふれる, に対するよりもいっそう, のせい, の今, の命, の工夫力, の感情, の手まね身ぶり, の生活, の陰鬱, も反抗, を再認, を悼ん, を歎, を過り

▼ 自分などには~ (17, 0.0%)

1 [17件] あの男位, とても推察, まだ一向に見つからない, むずかしいおそらく, よく分らぬ, わからないが, 一生かかっ, 一番都合の, 信じられない気, 届かない人間, 思ひも, 感じられる, 打明けて, 若干の, 見た記憶, 解らない底, 量り知られぬ

▼ 自分一代~ (17, 0.0%)

2 のもの

1 [15件] であと, では, で探し出せない, で片付く, で終る, にかなり, にはこの, に増やした, に費つて, のうち, の華典, はこれぞ, は乱麻, は云, は成功

▼ 自分その~ (16, 0.0%)

3 物の 2 物にな

1 [11件] ためばかり, 光景が, 心に, 点は, 物と, 物を, 者とは, 者の, 者を, 趣味なし, 首によってのみ

▼ 自分たち夫婦~ (16, 0.0%)

1 [16件] がそういう, が一週間, で使っ, とが二人, と上, に慊, に眼, のその頃, の子, の居所, の旅費, の物質的生活, の生した, の生活, の生活態度, は別

▼ 自分だけには~ (16, 0.0%)

2 氣がよ

1 [14件] ちゃんと赤毛布, わからないため, ドイツ軍の, 容易に, 恥でない, 意味が, 気が, 気がよ, 現在ある, 直截に, 絶対に, 見えて, 限らないであろう, 限らない事

▼ 自分でし~ (16, 0.0%)

2 ている, て見た

1 [12件] て, てあげる, ていた, てお, ておい, てくれる, てやっと, てゐる, て下さる, て人, て来た, て置き

▼ 自分でなく~ (16, 0.0%)

2 て他人

1 [14件] てかえって, てはその, てはと望むらしい, ては出来ない, ては朝, て何人, て妹, て正木署長, もあった, やかましい頑固, 女性としての, 深々と, 自分の, 菱川重信という

▼ 自分とに~ (16, 0.0%)

4 繋る深い

1 [12件] あてて, たとえて, ふさは, 与えた, 与えられた愉悦, 宛てた二通, 幾分業を, 決定され, 渾名が, 潔く訣別, 繋つてゐる, 距離が

▼ 自分など~ (16, 0.0%)

1 [16件] あの壊れ, あの頃, いくじの, そのよろこび, ほぼ看護人, 一二度試み, 下手と, 今までの, 住めさ, 到底及ばない, 到底見, 斯ん, 机上で, 稲ちゃんなど, 覚えてから, 頼りに

▼ 自分に対しても~ (16, 0.0%)

1 [16件] あなたに対しても, あまり潔癖, どんな感情, またこの, リークから, 二度と此, 他人に対しても, 優しい, 全く別, 前ほどは, 友人に対しても, 審べが, 必要な, 憐み, 新子に対しても, 礼儀を

▼ 自分らしい~ (16, 0.0%)

2 自分を

1 [14件] と気, のを, ものが, 個性ある, 句境を, 咳払ひでも, 彫刻が, 感性を, 楼閣を, 生活に, 落ちつき場所と, 表情や, 表情を, 道を

▼ 自分等二人~ (16, 0.0%)

2 のもの, の間

1 [12件] だ, だけになつ, と落合う, に於, の手, の日常費, の本当, の涙, は全然, は陰気, ほどと彼女, を容れる

▼ 自分であった~ (15, 0.0%)

3 ことを

1 [12件] がとそんな, ことは, とこの, とはかなまれ, と返す返す, なと思う, にもかかわらず, のである, ので天窓, ような, 事を, 秘密を

▼ 自分にたいする~ (15, 0.0%)

2 クリストフの

1 [13件] なんらの, サディスティックな, ジャックリーヌの, 一種の, 同情を, 国香父子の, 大塔, 家中の, 師とは, 彼女の, 恥と, 愛撫の, 攻撃を

▼ 自分でなけれ~ (14, 0.0%)

2 ばならない, ばならぬ 1 ばああ, ばならなかった, ばなりませぬ, ばなるまい, ば佐伯氏, ば分らない, ば書けない, ば満足, ば現今, ば誰

▼ 自分とともに~ (14, 0.0%)

1 [14件] いるもの, お喋舌, なすべきこと, 他人をも, 助かったもの, 御父, 来るもの, 歓んで, 歩いて, 死ぬかも, 滅びようとも, 苦しみを, 造られたるもの, 闇を

▼ 自分とも~ (14, 0.0%)

1 [14件] あるもの, こうなっ, たたかいながら, なく名, 再び会わない, 十人分ほどの, 思い違え, 思えぬ昨日, 思はれない, 思われないよう, 知らずに, 知らないで, 親類交い, 違って

▼ 自分なりに~ (14, 0.0%)

1 [14件] いかにも自分, こうと, その手紙, まとまって, リアリスト中條から, 其, 判るよう, 慎重な, 打込むこと, 描いて, 書物と, 理解し, 発揮し, 解釈し

▼ 自分にさえ~ (14, 0.0%)

1 [14件] それと, できる事, 予言の, 全く思いがけない, 分らぬ万吉, 分る, 尚執念深く, 忘れ去られて, 悲しい思い出, 抑えたい気, 損の, 気の毒である, 知られずに, 隠そうと

▼ 自分にとっても~ (14, 0.0%)

1 [14件] あかの, このうえ, これは, そうだ, はっきりし, また学問, 力強い事, 好都合です, 恥かしくラエーフスキイにも, 曖昧な, 甚だ空疎, 真土山の, 頼もしい御, 魂は

▼ 自分に関する~ (14, 0.0%)

2 ことだ, ことを, 他人の 1 かぎりは, ことで, ことは, すべてを, デマは, 千鶴子の, 賑かな, 限りたいてい

▼ 自分ばかりを~ (14, 0.0%)

2 たよりに

1 [12件] おたかく考え, たのむ慢心, 仇敵の, 凝視めて, 取巻いて, 叱ること, 好い子, 守ろうと, 愛して, 考えて, 見張って, 見張つて

▼ 自分一人きり~ (14, 0.0%)

2 で生きよう

1 [12件] だったらしいが, だという, であるかの, でないこと, で一晩泊まり, で十五, としか, なのに, になっ, になった, の所, の苦痛

▼ 自分~ (14, 0.0%)

2 りの

1 [12件] が噛みしめ, で噛み殺し, りそう, りで, りでは, りで何, りで平らげた, りで自, りのみが, りは, り取殘, り歸

▼ 自分達夫婦~ (14, 0.0%)

2 の分身

1 [12件] から割り出し, が別々, が金銭, と同棲, に旅行, のさっぱり, のやう, の仲, の子供, の間柄, は最初, も昭和三年

▼ 自分からの~ (13, 0.0%)

1 [13件] ヴィヴィッドで, 働きかけの, 執着が, 子として, 成長として, 書簡を, 申込みによって, 脱出から, 解決の, 配慮として, 隠語の, 離反者を, 類推ででも

▼ 自分だった~ (13, 0.0%)

2 のかと, のにそれ 1 からである, がしかし, がチロル, けれど門番, と名, と思った, と思われる, のだろう, のである

▼ 自分とても~ (13, 0.0%)

1 [13件] この命, どれも, ほかに, 似たり, 別れたくないの, 同様である, 或いは屋敷, 本気に, 楊奉の, 沖天の, 腕に, 自分の, 認めて

▼ 自分ばかりは~ (13, 0.0%)

2 足許の

1 [11件] こういう暗い, こうできない, この村, これからこの, どうして独りぼっち, まだこうし, よからう, 唯独り心, 相変らず, 覚えられないの, 黙つて食事

▼ 自分みずから~ (13, 0.0%)

1 [13件] おさめて, が期待, その境地, その心境, で芸術, のもの, の内, をめぐる, を一枚, を充実, 実に敏感, 発するデマゴギー, 知ること

▼ 自分乍ら~ (13, 0.0%)

1 [13件] この掛け合, こんなこと, さもしい戒め, ぞっとした, ませた口調, も相当, よく喋る, 可笑しくて, 思ひも, 恐ろしくなり, 毒々しいと, 痛々しかった, 驚かれた

▼ 自分とで~ (12, 0.0%)

2 あつた, 構成すべき 1 しゃべる勇気, めいめいの, もって, 内密に, 宅の, 家庭を, 神田連雀町の, 経験する

▼ 自分ども~ (12, 0.0%)

2 の力 1 で一存, に仏まつり, のみの力, の仲間, の住ん, の明日, の生活, の貧し, の運命, は自分ども

▼ 自分なりの~ (12, 0.0%)

1 [12件] おしゃれは, 一貫した, 動機は, 形で, 心持よ, 感想や, 正義だ, 理解で, 生活を, 考えを, 見解は, 解釋を

▼ 自分をば~ (12, 0.0%)

3 公儀の 2 非常に 1 凝然と, 勝手に, 取着く島, 慰め劬り, 神々しい感情, 自分で, 見出し得ないで

▼ 自分免許~ (12, 0.0%)

2 の画法 1 で万物, に愛國者, の, のこの, の保証, の兄, の政治家, の木彫, の芸, を作つて

▼ 自分~ (12, 0.0%)

2 の手紙, の遺書 1 でこんな, ではない, ではなく, に手紙, に来, のこの, のその, のもの

▼ 自分だけでも~ (11, 0.0%)

1 [11件] この人, こぼしたい涙, ない, 助かったのにさ, 噂の, 屋久島へ, 早くここ, 永久に, 知らぬ顔を, 積極的に, 結婚し

▼ 自分であっ~ (11, 0.0%)

1 [11件] てしかも, てはならない, てほか, てみろ, ても一度, ても他人, てシト, て他, て彼, て自分, て見れ

▼ 自分なぞは~ (11, 0.0%)

1 [11件] いわゆる茶の湯者流, それから, それも, まだ勵精, 一体どうなる, 一旦大作, 余り行けない, 当時を, 所謂茶の湯者流の, 気質の, 首を

▼ 自分ばかりの~ (11, 0.0%)

1 [11件] ことでなく, ように, 功名にしか, 場ン場に, 子に, 感じて, 手では, 歸京を, 荷が, 落度という, 願いでは

▼ 自分ら二人~ (11, 0.0%)

1 [11件] にいろんな, のその後, の男女, の疲れた, の耳, の身の上, の身体, の道中, の間, は親友, をわらう

▼ 自分如き~ (11, 0.0%)

2 匹夫が 1 には無い, に会っ, に相, ものにも, ものはと, も文芸家, も青春期, 凡人は, 者の

▼ 自分および~ (10, 0.0%)

4 自分の 1 他人が, 他人にたいする, 他人の, 会社にとって, 家族の, 自分と

▼ 自分じゃあ~ (10, 0.0%)

2 気が 1 あの虫, あれで, そうひどい, その爪さき, ないの, 何ともない, 思って, 気楽に

▼ 自分だけしか~ (10, 0.0%)

1 あるまいと, いない時, いなかった, 入って, 書けません, 知らないある, 知らない入れ違って, 知らない天地, 知らない或, 知らない素子

▼ 自分であり~ (10, 0.0%)

1 ながらさて, ながら事実, ながら猟師, ながら自分, ながら苦しん, 後見の, 早急の, 機械的法則の, 老人は, 責任は

▼ 自分にたいして~ (10, 0.0%)

2 無関心 1 どういう考え, なされてるの, 他の, 扉を, 投げて, 礼儀を, 積って, 親切な

▼ 自分一箇~ (10, 0.0%)

2 の手加減 1 だけの衣食, でただ, についてわたし, のあ, の利害, の所感, の生活, も人間らしゅう

▼ 自分個人~ (10, 0.0%)

1 で保証人, としての焦慮, としては山数, としてもまだ, のため, のみにては完全, の借金, の意志, の物, の生活

▼ 自分~ (10, 0.0%)

1 では仮葺き, におらぬ, に有利, の寺, へ保留, へ引取, へ御, へ知らせ, へ飛ん, より長い

▼ 自分でもを~ (9, 0.0%)

2 かしかつ 1 かしい, かしいほどども, かしいらしいの, かしい位, かしくつてキユウキユウ笑ひ泣きし, かしくな, かしく思ひ

▼ 自分なんか~ (9, 0.0%)

1 こんなお話, こんなこと, どうでも, どうなっ, 何だい, 描いたん, 本当にある, 決して人, 責任は

▼ 自分にばかり~ (9, 0.0%)

1 それが, なつきたがるこの, 夢中に, 引きつけて, 意地の, 示されるもの, 解って, 調子を, 集めるかを

▼ 自分に対し~ (9, 0.0%)

1 てか, てきびしくある, 別に悪意, 勲章でも, 恋慕した, 深い愛情, 皮肉な, 社会に対し, 若い女性

▼ 自分のみが~ (9, 0.0%)

1 優等なる, 出先で, 味わう恵み, 孤児な, 怖た, 悪いこと, 決して空々しく, 王族たり, 知る希望

▼ 自分一己~ (9, 0.0%)

3 の利益 1 としては地震, の世界, の事, の嗜好, の理窟, の遊蕩費

▼ 自分持ち~ (9, 0.0%)

1 だったの, でやりきれない, で定木, で通える, とのこと, にし, の宅地, の箱丁, の莨盆

▼ 自分~ (8, 0.0%)

3 ひとりの 1 かみさん太郎だけ, ひとりだけの, 使いに, 心得違いの, 雪に

▼ 自分こそは~ (8, 0.0%)

1 何物をも, 勝つ気, 呉の, 清十郎である, 独自の, 現実に, 真先に, 貴女の

▼ 自分そのもの~ (8, 0.0%)

1 が咽喉, のひろく, の吸血鬼, の霊, は捨てきれない, まで撃滅, を不思議, を忘れよう

▼ 自分であろう~ (8, 0.0%)

21 かと思っ, かと思った, か筒井, とまず, と思う, 生死も

▼ 自分でした~ (8, 0.0%)

2 か人, ように 1 じゃない, のかも, 事ながら, 通りを

▼ 自分にまで~ (8, 0.0%)

1 そういう暗示, 及んで, 取り憑, 妙な, 弁解が, 死に別れたあと, 痛みと, 返って

▼ 自分のみを~ (8, 0.0%)

1 愛すべき人, 掻きむしる, 標準として, 清白の, 見ずして, 観ずる時, 選び, 高しと

▼ 自分へも~ (8, 0.0%)

1 俵一八郎と, 娶らせようと, 寄稿を, 注がれる, 罵って, 言いきかせた, 誓った, 返って

▼ 自分までも~ (8, 0.0%)

1 あなたの, ここを, 一つの, 一緒に, 上官の, 不幸に, 今日では, 元の

▼ 自分みたい~ (8, 0.0%)

1 なこと, なもん夫, なん, な屑, な正直者, な気, な質素, に自分自身

▼ 自分中心~ (8, 0.0%)

1 だという, でなく私, といい, にかたまった, に受け, に感じ, に見る, の成功

▼ 自分~ (8, 0.0%)

2 のよう 1 の功名, の話, は源家, は花山院家, よりも月二十二円, 在番

▼ 自分同様~ (8, 0.0%)

1 その社, な人格完成, な立派, に勝手気儘, に続けた, の奉公人, の気もち, の装束

▼ 自分~ (8, 0.0%)

1 人間を, 倹約な, 兎角人, 可哀そうな, 幸福な, 知つて居る, 立派な, 良心の

▼ 自分~ (8, 0.0%)

4 からの 1 からを, から慎, から押し, から町

▼ 自分たち女~ (7, 0.0%)

2 というもの 1 が実に, にとっても住み, の生活, の過去, や子供

▼ 自分だつ~ (7, 0.0%)

1 たり, てあんた方, てできる, てもう, てもしも, て大して, て始終

▼ 自分なり~ (7, 0.0%)

1 あるいは自分, お嬢さま, と落, ひとなりの, 人なりの, 相手なりの, 自分の

▼ 自分において~ (7, 0.0%)

1 いささかの, それを, 引き受けるから, 発見する, 發見する, 默つて聲を, 黙って

▼ 自分にて~ (7, 0.0%)

1 事務を, 子供を, 手軽に, 狙撃抔致候を, 聊か身, 自分の, 謹み候

▼ 自分にとっての~ (7, 0.0%)

2 一つの 1 名誉である, 存在の, 必然に, 恐ろしい真実, 親しい者

▼ 自分によって~ (7, 0.0%)

1 あのよう, どんなに扱われ, 切り捨てられたる自分, 持ったと, 持ったの, 飛行変現の, 食って

▼ 自分はと~ (7, 0.0%)

2 云うと 1 いうと, いえば, にもかく, 彼は, 葉子は

▼ 自分~ (7, 0.0%)

1 アンナ音ヲ, 勝手ニコレハコウイウワケナノカイヤソウデハナクテコウナノカトサマザマナ場合ヲ, 御覧ニナラナクッテモイヽンデスカ, 恋ノ, 施シテイルノデアル, 自分, 自分ニ云イ聞カセタガオカシナコトニソウ思イナガラ彼女ノ

▼ 自分何だか~ (7, 0.0%)

1 フキゲンに, 不機嫌, 幸福な, 待って, 極りわるく, 肩が, 落付かず

▼ 自分~ (7, 0.0%)

1 にのこり, に坐っ, に居, に居る, は御, へかえる, をもっ

▼ 自分~ (7, 0.0%)

1 がつめたく, づから, であんな, に北浜, に思います, に手, に拵え

▼ 自分独特~ (7, 0.0%)

1 の, のく, の世界, の型, の生き方, の言葉, の釣り

▼ 自分相応~ (7, 0.0%)

1 にこれ, の小さな, の希望, の抱負, の相手, の芸, の観察

▼ 自分等夫婦~ (7, 0.0%)

1 だけで遣る, でやつ, には欠け, の一生, は全く, は杜鵑亭, も何時の間にか

▼ 自分たち人間~ (6, 0.0%)

1 がこの世, としての意識, のはかな, の中, の子供, をどう

▼ 自分だち~ (6, 0.0%)

1 が先, が詩, は何, 二人の, 家族が, 家族に

▼ 自分でなさる~ (6, 0.0%)

1 がいい, が当り前, のが, のだ, んです, 気は

▼ 自分とて~ (6, 0.0%)

1 こんなところ, ただ少し, またいかに, 今日明日死ぬ, 家族の, 決して人後

▼ 自分にだって~ (6, 0.0%)

1 うつって, して, それは, はっきり何, 一々分る, 恋する男

▼ 自分のち~ (6, 0.0%)

1 からで, からで立ち停らう, からに對, からの意識, からの限度, つちや

▼ 自分のね~ (6, 0.0%)

1 うちが, うちだ, うちという, うちよりも, うちを, まきを

▼ 自分ばかりじゃ~ (6, 0.0%)

1 あるまいと, ないからと, ないその, ないな, ない自分, 無い時勢

▼ 自分よく~ (6, 0.0%)

1 お父様, よく覚悟, 中盤惡手から, 之を, 歯が, 眠れず

▼ 自分~ (6, 0.0%)

2 刺戟シヨウトスル 1 亡ボス者ハ自分也天ニ非, 制御デキナクナッテイル, 幼童ダト思イ母ヲ, 視ルコノ瞬間ハ

▼ 自分一存~ (6, 0.0%)

1 で事, で為した, で返事, のカラクリ, の計, の降伏

▼ 自分~ (6, 0.0%)

1 が今時分, にたった, の心, の手一つ, の遊び場, も春

▼ 自分及び~ (6, 0.0%)

5 自分の 1 他の

▼ 自分流儀~ (6, 0.0%)

1 じゃ化膿, で覚え, な潔癖, にいろいろ, の直覚, の解釈

▼ 自分自体~ (6, 0.0%)

1 から生ぜられた, であるよう, で敗れ, のもの, はそう, ほど直接

▼ 自分あと~ (5, 0.0%)

1 からゆく, から眠っ, から行く, より, より出かけ

▼ 自分かと~ (5, 0.0%)

1 思うほど, 思った, 考えて, 自分の, 自分を

▼ 自分これ~ (5, 0.0%)

1 がテクニック, はまことに, は二つ, は面白く, を見

▼ 自分しか~ (5, 0.0%)

1 ないという, なくその, 感じられずに, 書けないこと, 知らなかったよう

▼ 自分そっくり~ (5, 0.0%)

1 な生, の人造人間, の娘, の芸, の顔

▼ 自分それ~ (5, 0.0%)

2 を感じ 1 をどう, をよん, を見

▼ 自分たち一同~ (5, 0.0%)

1 に哀願, に思わず, の私情, を失笑, を見渡し

▼ 自分であれ~ (5, 0.0%)

1 これと, ば世の中, ば厭気, ば恋しく, ば自由

▼ 自分でしたい~ (5, 0.0%)

1 からであった, ことつてなかなか, と思う, と思つて, の

▼ 自分でしなけれ~ (5, 0.0%)

2 ばならない, ばならぬ 1 ばならなかった

▼ 自分にだけは~ (5, 0.0%)

1 それが, まるで別, 出来るの, 徹して, 構は

▼ 自分に対しての~ (5, 0.0%)

1 屈辱という, 愛を, 感情も, 憤懣で, 羞恥と

▼ 自分ほどの~ (5, 0.0%)

2 者が 1 仕合わせ者は, 嘘つきが, 者に

▼ 自分よりか~ (5, 0.0%)

2 歳も 1 この阿, 四五歩先を, 大津や

▼ 自分ら夫婦~ (5, 0.0%)

1 にとって東, の間, の間柄, は早晩商売, は隠居

▼ 自分を通して~ (5, 0.0%)

1 全人間, 暗に畫, 武田家に, 生きたから, 細川家の

▼ 自分一手~ (5, 0.0%)

1 でこの, でやる, で冷苞, で足りる, の世話

▼ 自分今日~ (5, 0.0%)

1 の新聞, は夜, もや, 何だか少しヒス, 又殆ど一日臥床

▼ 自分以下~ (5, 0.0%)

1 に見, のお, のもの, の人, の仕事

▼ 自分名義~ (5, 0.0%)

1 にする, に変更, のささやか, の登録, の財産

▼ 自分自身心~ (5, 0.0%)

2 の中 1 に塗った, に塗つた毒, のうち

▼ 自分達丈~ (5, 0.0%)

2 を苦しめる 1 が歩い, で占領, は疑

▼ 自分いや~ (4, 0.0%)

1 だったが, であった, な心持, ほんとうの

▼ 自分かってな~ (4, 0.0%)

1 おばあさんでした, んだ, 気持ちに, 研究に

▼ 自分かて~ (4, 0.0%)

1 一緒に, 何で, 何も, 光子さんと

▼ 自分かも~ (4, 0.0%)

1 しれない, しれないの, 知れない, 知れないと

▼ 自分がち~ (4, 0.0%)

2 やんと 1 つとも, つぽ

▼ 自分~ (4, 0.0%)

2 しんに 1 しんを, やあ其爪さき

▼ 自分たち一家~ (4, 0.0%)

1 が世話, が汗水, に急, の者

▼ 自分たち兄弟~ (4, 0.0%)

1 が初陣, にも血, はやはり, を生んだ

▼ 自分だけじゃ~ (4, 0.0%)

1 ないか, ないと, なく召集, ア防ぎとめられない

▼ 自分だけと~ (4, 0.0%)

1 なる, 一層エゴイスティック, 思って, 思や

▼ 自分だけにしか~ (4, 0.0%)

1 ないという, 判らない複雑, 当たらないそれら, 意味の

▼ 自分だったら~ (4, 0.0%)

1 こんな躾, すぐとん, ダルで, 若かった

▼ 自分だろう~ (4, 0.0%)

1 かよくも, とおかしく, と思った, と敬太郎

▼ 自分でばかり~ (4, 0.0%)

1 いい気, では, 決めて, 物を

▼ 自分で無い~ (4, 0.0%)

1 との言葉, と主張, に呆れた, 別の

▼ 自分とか~ (4, 0.0%)

2 自己とか 1 うして, 誰とか

▼ 自分とだけ~ (4, 0.0%)

1 だと, つきあう, では, 関係が

▼ 自分などに~ (4, 0.0%)

1 こんな同情, まっ先, 見せたこと, 連名で

▼ 自分などよりは~ (4, 0.0%)

1 えらいの, ずっとずっと経験, はるかに, 文学の

▼ 自分なる~ (4, 0.0%)

2 ものを 1 物が, 物を

▼ 自分なんかには~ (4, 0.0%)

1 ほとんど想像, 何を, 大任過ぎる, 目も

▼ 自分なんかは~ (4, 0.0%)

1 いわゆる文壇的, まるで苦労, 何処へ, 安全だ

▼ 自分にか~ (4, 0.0%)

1 へりたかつた, へる, へると, へれ自分

▼ 自分にかへ~ (4, 0.0%)

1 つた, つた時彼の, つてあても, つてとにかく

▼ 自分にしか~ (4, 0.0%)

1 なれなかったの, 書けぬささやか, 通用しない, 関心が

▼ 自分にすら~ (4, 0.0%)

1 あまりあり, すべてが, 厭わしく思えた, 物すごいほど

▼ 自分についても~ (4, 0.0%)

1 また他人, 何とか云っ, 考えられると, 語った

▼ 自分にのみ~ (4, 0.0%)

1 あてはめて, ついて, 心を, 特別な

▼ 自分により~ (4, 0.0%)

1 そつて, 掛かって, 添って, 高い任務

▼ 自分のせゐ~ (4, 0.0%)

1 で嫁, で家族, にし, のやう

▼ 自分ので~ (4, 0.0%)

1 あらうと, 一梃は, 彼女の, 馬車だけ

▼ 自分のな~ (4, 0.0%)

2 さりたいと, ま身

▼ 自分のに~ (4, 0.0%)

2 よく似た 1 なみなみと注いだ, 仕立直し

▼ 自分のみは~ (4, 0.0%)

1 刀鍛冶を, 感じて, 話好きなれ, 黄色な

▼ 自分のよ~ (4, 0.0%)

3 りか 1 こへ

▼ 自分はぞ~ (4, 0.0%)

1 うつとして, つとし, つとした, ーっと

▼ 自分へは~ (4, 0.0%)

1 同情が, 手紙で, 疑ひは, 祖母さんから

▼ 自分まだ~ (4, 0.0%)

1 一つも, 十一二でも, 疲れぬけない, 自分の

▼ 自分もち~ (4, 0.0%)

1 てをる, でも来る, で分, やうど

▼ 自分らしく~ (4, 0.0%)

1 かた寄らぬ, て気まま, もない, 旅人らしく

▼ 自分らしくない~ (4, 0.0%)

1 ことに, しかし自分, とセエラ, 事だ

▼ 自分ら親子~ (4, 0.0%)

1 のうえ, のつながり, の寂しい, の願い

▼ 自分をか~ (4, 0.0%)

1 ばつて, へりみて, へりみる, へり見て

▼ 自分をさえ~ (4, 0.0%)

1 嘲笑って, 圧迫する, 感じながら, 見出す

▼ 自分一つ~ (4, 0.0%)

2 の身 1 の力, の興味

▼ 自分一個人~ (4, 0.0%)

1 だけで, の十年間, の問題, の考

▼ 自分~ (4, 0.0%)

1 に坐り, の主張, の文化活動, の方

▼ 自分全体~ (4, 0.0%)

1 がぐらつと, が他人, を包み隠し, を委せ

▼ 自分所有~ (4, 0.0%)

1 の品々, の家屋妻子, の田, の行灯

▼ 自分故に~ (4, 0.0%)

1 台なし, 惹起される, 愛しい女, 発狂した

▼ 自分~ (4, 0.0%)

1 かけ, に向い, の上, の前

▼ 自分~ (4, 0.0%)

1 がなさらなけりゃ, でお, に悪い, の足

▼ 自分等家族五人~ (4, 0.0%)

2 が饑, が饑ゑず

▼ 自分~ (4, 0.0%)

1 の雛児, りい, りの, り解つた風

▼ 自分達自身~ (4, 0.0%)

1 のインテリジェンス, の慘めさ, の手, を変らせ

▼ 自分あて~ (3, 0.0%)

3 の手紙

▼ 自分いろいろ~ (3, 0.0%)

1 に年号, の名詞, 感じた

▼ 自分かつて~ (3, 0.0%)

1 だと, なこと, な行動

▼ 自分がも~ (3, 0.0%)

1 ともって, やに, 一度立ち去っ

▼ 自分くらいの~ (3, 0.0%)

1 人々が, 男の子が, 男の子は

▼ 自分ぐらいの~ (3, 0.0%)

1 子供の, 年配に, 者に

▼ 自分こと~ (3, 0.0%)

1 は但馬守, は覚悟, は黄祖

▼ 自分ごとき~ (3, 0.0%)

1 が幸福, の素人, は曹司

▼ 自分すなわち~ (3, 0.0%)

1 上野介義央な, 戸倉老人は, 赤毛布である

▼ 自分たち一族~ (3, 0.0%)

1 にし, の勲功, の敵

▼ 自分たち以外~ (3, 0.0%)

1 の人々, の生活態度, の者

▼ 自分たち仲間~ (3, 0.0%)

1 が産卵, で歎, の就職

▼ 自分たち女性~ (3, 0.0%)

1 が歴史, のもの, の声

▼ 自分たち学生~ (3, 0.0%)

1 に負わされた, のそういう, の手

▼ 自分たち母娘~ (3, 0.0%)

1 だけだらう, の愛, はこの

▼ 自分たち親子~ (3, 0.0%)

1 だけで食う, に彼, を毒殺

▼ 自分つまり~ (3, 0.0%)

1 このヴェリチャーニノフ, シュワルツァーの, 阿難

▼ 自分でします~ (3, 0.0%)

1 から, からどうか, から私

▼ 自分でなくっ~ (3, 0.0%)

1 ちゃ御前さん, ても貴下, てよかっ

▼ 自分でなくなっ~ (3, 0.0%)

1 てしまっ, て夢, て色々

▼ 自分での~ (3, 0.0%)

1 このこと台所, んで, 一心さと

▼ 自分とじ~ (3, 0.0%)

2 ぶんの 1 ぶんに

▼ 自分ながらに~ (3, 0.0%)

1 ひどいと, 大変喜ん, 言ひ

▼ 自分なぞ~ (3, 0.0%)

1 する仕事, とても比べ物, 忙しかつ

▼ 自分などから~ (3, 0.0%)

3 見ると

▼ 自分などより~ (3, 0.0%)

1 層一層痛切, 表面の, 遙に

▼ 自分なんかの~ (3, 0.0%)

1 力では, 存在は, 生活では

▼ 自分にかけて~ (3, 0.0%)

1 出馬した, 居る未知数, 見たもの

▼ 自分によ~ (3, 0.0%)

2 つて持つた 1 つて書き綴られ

▼ 自分のう~ (3, 0.0%)

2 でを 1 でで

▼ 自分のく~ (3, 0.0%)

1 びすじをピチャリと, びのあたりを手で, びを

▼ 自分のだけ~ (3, 0.0%)

1 のべて, 一枚切り取, 取って

▼ 自分のや~ (3, 0.0%)

1 しきから, しきへ, 私たち姉妹のを

▼ 自分はも~ (3, 0.0%)

1 ウわが, ウ客座敷で, 少しの

▼ 自分ばかりで~ (3, 0.0%)

1 あらう, 行くの, 見廻りを

▼ 自分ばかりに~ (3, 0.0%)

1 没頭の, 身体の, 限った事

▼ 自分ひとつ~ (3, 0.0%)

1 に集まっ, の胸, の身

▼ 自分みづか~ (3, 0.0%)

3 らの

▼ 自分もう~ (3, 0.0%)

1 へした, 一週間も, 起きたい

▼ 自分もが~ (3, 0.0%)

1 刻々と, 半分涵った, 自分の

▼ 自分ら三人~ (3, 0.0%)

1 が義軍, は何, は明十五日

▼ 自分ら外国人~ (3, 0.0%)

1 が旧い, に対してもつねに, を待っ

▼ 自分~ (3, 0.0%)

1 前ヘ, 幸福ヲ, 最モ

▼ 自分一人室~ (3, 0.0%)

2 の中央 1 の中

▼ 自分一家~ (3, 0.0%)

1 について自分, の恥, の趣味

▼ 自分一寸~ (3, 0.0%)

1 可笑しい, 悲しがったら, 描くもの

▼ 自分一流~ (3, 0.0%)

1 の工夫, の数, の的確

▼ 自分~ (3, 0.0%)

1 のバース, へ下り, まで一緒

▼ 自分並びに~ (3, 0.0%)

2 五十幾人の 1 かの女

▼ 自分仕事~ (3, 0.0%)

1 がある, だんだんはっきりし始める, について考える

▼ 自分~ (3, 0.0%)

1 であろうと, なもの, の金持

▼ 自分~ (3, 0.0%)

1 樣に, 樣の, 樣勇を

▼ 自分~ (3, 0.0%)

1 だった, な顔, になる

▼ 自分実に~ (3, 0.0%)

1 うまいと, そういう実際, 悲しき憤り

▼ 自分少し~ (3, 0.0%)

1 ナーバスな, 何か, 風邪ぎみだ

▼ 自分~ (3, 0.0%)

1 からもこの, のうしろ, はこれ

▼ 自分独自~ (3, 0.0%)

1 の判断, の心境, の表象

▼ 自分相当~ (3, 0.0%)

1 の力, の工夫, の懊悩

▼ 自分程の~ (3, 0.0%)

2 偉い人間 1 者は

▼ 自分自身それ~ (3, 0.0%)

1 に錠, を増加, を裏切っ

▼ 自分自身混乱~ (3, 0.0%)

1 せぬやう, せぬよう, に陷

▼ 自分~ (3, 0.0%)

1 はげまされよろこばしい, 息が, 苦しくなる

▼ 自分達三人~ (3, 0.0%)

2 は馬車 1 の気持

▼ 自分達母子~ (3, 0.0%)

1 が予て, と全く, の境遇

▼ 自分達父娘~ (3, 0.0%)

2 もある 1 への義理

▼ 自分達親子~ (3, 0.0%)

1 で官舎, の一手, を不快視

▼ 自分あの~ (2, 0.0%)

1 病院の, 老女梅野の

▼ 自分いい~ (2, 0.0%)

1 心持, 心持に

▼ 自分かえって~ (2, 0.0%)

2 仕事

▼ 自分かって~ (2, 0.0%)

1 であっては, に動かす

▼ 自分からが~ (2, 0.0%)

1 すでに大した, 其気で

▼ 自分からでも~ (2, 0.0%)

1 なお何物, また他

▼ 自分がは~ (2, 0.0%)

1 ひつた, ひつて

▼ 自分きり~ (2, 0.0%)

1 の, の世帶

▼ 自分くら~ (2, 0.0%)

1 ゐの, ゐ商売

▼ 自分くらい~ (2, 0.0%)

1 えらい者, 仕合せ者は

▼ 自分さえも~ (2, 0.0%)

1 自分に, 謎である

▼ 自分さま~ (2, 0.0%)

1 って云う, のお

▼ 自分そういう~ (2, 0.0%)

1 ところが, 自分を

▼ 自分そのまま~ (2, 0.0%)

1 下駄を, 居ネムリ

▼ 自分ただ一人~ (2, 0.0%)

1 でなさっ, と意識

▼ 自分たちお互い~ (2, 0.0%)

1 の心, は心

▼ 自分たちの~ (2, 0.0%)

1 とは違った, と寸分違

▼ 自分たちふたり~ (2, 0.0%)

1 が空手, へ呼びかけ

▼ 自分たちめいめい~ (2, 0.0%)

1 の一生, の運命

▼ 自分たち一行~ (2, 0.0%)

1 が社殿, は火星生物

▼ 自分たち三人~ (2, 0.0%)

2 はその

▼ 自分たち父娘~ (2, 0.0%)

1 の苫, への義理

▼ 自分だけかは~ (2, 0.0%)

2 知らぬが

▼ 自分だけへの~ (2, 0.0%)

1 親しみと, 集中と

▼ 自分だらう~ (2, 0.0%)

1 かと暗い, と考へ出した

▼ 自分であったら~ (2, 0.0%)

1 こう云う, 肺炎か

▼ 自分でかき~ (2, 0.0%)

1 かき涙が, 廻したの

▼ 自分でかく~ (2, 0.0%)

1 本, 決心し

▼ 自分でさえも~ (2, 0.0%)

1 わからなかった時, 人がましく思う

▼ 自分でしか~ (2, 0.0%)

1 きめられず読んで, なかった

▼ 自分です~ (2, 0.0%)

1 かしす, 自分に

▼ 自分でと~ (2, 0.0%)

1 つて一つづつ二人に, ッとと

▼ 自分でなかった~ (2, 0.0%)

1 かも知れない, ので安心

▼ 自分でなかつた~ (2, 0.0%)

1 ことを, 事を

▼ 自分でなくなる~ (2, 0.0%)

1 と思います, のよ

▼ 自分とでは~ (2, 0.0%)

1 あまりにも, 見るもの

▼ 自分ながらを~ (2, 0.0%)

1 かしかつ, かしくなつた

▼ 自分なぞには~ (2, 0.0%)

1 企て及ばないという, 及びも

▼ 自分なぞも~ (2, 0.0%)

1 資産家で, 資産家でさえ

▼ 自分などという~ (2, 0.0%)

1 何の, 風な

▼ 自分などとは~ (2, 0.0%)

1 桁違ひ, 比べられぬ都

▼ 自分などにも~ (2, 0.0%)

1 そんな心持, 彼処此処が

▼ 自分などよりも~ (2, 0.0%)

1 もっと記憶, よほど若々し

▼ 自分などを~ (2, 0.0%)

1 いるる余地, 叱ったこと

▼ 自分ならぬ~ (2, 0.0%)

1 者に, 自分の

▼ 自分なりが~ (2, 0.0%)

1 学校を, 死んで

▼ 自分なんかが~ (2, 0.0%)

1 居たって, 行こうとでも

▼ 自分なんぞ~ (2, 0.0%)

2 では

▼ 自分なんぞが~ (2, 0.0%)

1 口出しを, 監督し

▼ 自分なんぞの~ (2, 0.0%)

1 思い設けないよう, 想像以上に

▼ 自分なんぞは~ (2, 0.0%)

1 のろまの, 何も

▼ 自分なんぞより~ (2, 0.0%)

1 三つも, 有力な

▼ 自分にたいしても~ (2, 0.0%)

1 そういう悪戯, 母にたいしても

▼ 自分についての~ (2, 0.0%)

1 実験, 説明に

▼ 自分にという~ (2, 0.0%)

1 期待は, 神経に

▼ 自分にとも~ (2, 0.0%)

2 解らぬ一種

▼ 自分にな~ (2, 0.0%)

1 つてゐた, つて今の

▼ 自分にゃ~ (2, 0.0%)

1 大変形式ばった所の, 解りませんが

▼ 自分に対すると~ (2, 0.0%)

1 同じよう, 甚だ気の毒

▼ 自分のうでの~ (2, 0.0%)

1 あるところ, 位置を

▼ 自分のだけが~ (2, 0.0%)

1 やっとなん, モルトンである

▼ 自分のだけに~ (2, 0.0%)

1 した, 手を

▼ 自分のて~ (2, 0.0%)

2 がらで

▼ 自分のの~ (2, 0.0%)

2 蓋を

▼ 自分のみか~ (2, 0.0%)

1 城中七百の, 此の

▼ 自分はじめ~ (2, 0.0%)

2 恐らく貴

▼ 自分はちよ~ (2, 0.0%)

1 つとした, つとの

▼ 自分はつ~ (2, 0.0%)

1 ひぞそんな, ひぞ行つて

▼ 自分はは~ (2, 0.0%)

1 いる時, きちが

▼ 自分ばかりか~ (2, 0.0%)

1 一家一族が, 日本じゅうの

▼ 自分ひとりきり~ (2, 0.0%)

1 になりたい, の自由

▼ 自分ひとり落伍~ (2, 0.0%)

1 した淋し, して

▼ 自分まあ~ (2, 0.0%)

1 一遍部屋を, 自分は

▼ 自分までを~ (2, 0.0%)

1 玄関へ, 騙して

▼ 自分もさ~ (2, 0.0%)

2 うして

▼ 自分もし~ (2, 0.0%)

1 さうなこと, 又子供

▼ 自分もつれ~ (2, 0.0%)

1 て右, て左

▼ 自分もの~ (2, 0.0%)

1 であろうが, を売った

▼ 自分もろ~ (2, 0.0%)

1 とも日本, とも殺し

▼ 自分ゆえ~ (2, 0.0%)

1 こんなこと, であると

▼ 自分ゆゑ~ (2, 0.0%)

1 に死ん, 死んだの

▼ 自分ら以外~ (2, 0.0%)

1 の他人, の者

▼ 自分ら兄妹~ (2, 0.0%)

1 でなくては, には共通

▼ 自分ら同志~ (2, 0.0%)

2 で相談

▼ 自分ら子供~ (2, 0.0%)

1 のころ, の時分

▼ 自分をは~ (2, 0.0%)

1 うりだしたやう, ッきりと

▼ 自分をを~ (2, 0.0%)

1 かしい女心, かしがりながら

▼ 自分を以て~ (2, 0.0%)

1 例と, 対後醍醐朝廷への

▼ 自分デハ~ (2, 0.0%)

2 若イ二人

▼ 自分フジ~ (2, 0.0%)

2 へ行っ

▼ 自分一人ぎり~ (2, 0.0%)

2 の旅

▼ 自分一人そこ~ (2, 0.0%)

1 からぬけ, に住み

▼ 自分一人ぢ~ (2, 0.0%)

1 や出來, や出来ん

▼ 自分一人ホテル~ (2, 0.0%)

2 の図書室

▼ 自分一人世の中~ (2, 0.0%)

2 に取り残され

▼ 自分一人中~ (2, 0.0%)

1 にはいり, に入り

▼ 自分一人夜更~ (2, 0.0%)

1 まで残, まで殘

▼ 自分一人寝室~ (2, 0.0%)

1 に入, に入っ

▼ 自分一人感動~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 自分一人森~ (2, 0.0%)

1 の中, の外

▼ 自分一生涯~ (2, 0.0%)

2 の唯一度

▼ 自分一緒~ (2, 0.0%)

1 にクスタリヌイ, に出

▼ 自分一身上~ (2, 0.0%)

2 の都合

▼ 自分丈けが此世~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 自分~ (2, 0.0%)

1 に他, 全人類

▼ 自分事務所~ (2, 0.0%)

1 からその, に行った

▼ 自分今度~ (2, 0.0%)

1 の彼, は始め

▼ 自分~ (2, 0.0%)

1 にゆく, に居る

▼ 自分~ (2, 0.0%)

1 は先朝, も

▼ 自分~ (2, 0.0%)

1 に立っ, へ起き

▼ 自分~ (2, 0.0%)

1 仕事し, 那須へ

▼ 自分同志~ (2, 0.0%)

2 が良い

▼ 自分土地~ (2, 0.0%)

1 では決して, の商売女

▼ 自分夫婦~ (2, 0.0%)

1 が今に, は腹

▼ 自分~ (2, 0.0%)

1 である自分, という定期便

▼ 自分~ (2, 0.0%)

2 がりの

▼ 自分~ (2, 0.0%)

1 というもの, を欲しい

▼ 自分~ (2, 0.0%)

1 といっ, の外僅か

▼ 自分寂しい~ (2, 0.0%)

1 とき, 旅立ちだ

▼ 自分専用~ (2, 0.0%)

1 のもの, の楯

▼ 自分~ (2, 0.0%)

1 に思え, を打たれた

▼ 自分~ (2, 0.0%)

1 いて, きを

▼ 自分所持~ (2, 0.0%)

1 の一切経一蔵, の舎利

▼ 自分~ (2, 0.0%)

1 こんなこと, に苦しん

▼ 自分日本~ (2, 0.0%)

1 へかえったら, へかえる

▼ 自分昨日~ (2, 0.0%)

1 の自分, より引つづき

▼ 自分~ (2, 0.0%)

1 やへ, をよん

▼ 自分本当に~ (2, 0.0%)

1 一人行く, 李王世子に

▼ 自分本来~ (2, 0.0%)

1 の内容, の精神

▼ 自分林町~ (2, 0.0%)

1 のおよばれ, へ廻る

▼ 自分極め~ (2, 0.0%)

1 かも知らない, で危険率

▼ 自分殊に~ (2, 0.0%)

2 出立前

▼ 自分~ (2, 0.0%)

1 がのらない, になっ

▼ 自分~ (2, 0.0%)

1 も死したれ, を呼び

▼ 自分特有~ (2, 0.0%)

1 の動機, の勘弁

▼ 自分用の~ (2, 0.0%)

1 を持っ, を盗み取つ

▼ 自分程には~ (2, 0.0%)

1 感じなかったろうと, 感じなかつたらうと

▼ 自分笑う~ (2, 0.0%)

1 も自分, 自分を

▼ 自分等同志~ (2, 0.0%)

1 で相談, にのみ物理學

▼ 自分等自身~ (2, 0.0%)

1 としてはそんなに, の國民

▼ 自分自我~ (2, 0.0%)

1 からだけは逃げられん, と云う

▼ 自分自身さ~ (2, 0.0%)

1 へも独逸的, へ先生

▼ 自分自身ひとつ~ (2, 0.0%)

1 の虚栄, の虚榮

▼ 自分自身地~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 自分自身提出~ (2, 0.0%)

1 した唯物論的, し又は

▼ 自分自身気~ (2, 0.0%)

2 のすむ

▼ 自分自身混亂~ (2, 0.0%)

2 せぬやう

▼ 自分自身興奮~ (2, 0.0%)

2 のため

▼ 自分自身農村自身~ (2, 0.0%)

2 の悪

▼ 自分興味~ (2, 0.0%)

1 を感じ, を持った

▼ 自分親しく~ (2, 0.0%)

1 施主に, 校正の

▼ 自分~ (2, 0.0%)

1 は生活的, をかく

▼ 自分賄い~ (2, 0.0%)

1 の共同台所, の小さな

▼ 自分迄も~ (2, 0.0%)

1 だまされるもの, 思う

▼ 自分達そこ~ (2, 0.0%)

1 まで迎え, を出

▼ 自分達一家~ (2, 0.0%)

1 の宿命, を引っ掴ん

▼ 自分達兄弟~ (2, 0.0%)

2 を愛し

▼ 自分達同士~ (2, 0.0%)

1 でロスアンゼルス, の組

▼ 自分達姉妹~ (2, 0.0%)

2 が食事

▼ 自分達立派~ (2, 0.0%)

2 な男子二人

▼ 自分部屋~ (2, 0.0%)

1 で明日, へ戻っ

▼ 自分~ (2, 0.0%)

1 があったら, を払っ

▼ 自分非常~ (2, 0.0%)

1 にフンガイ, に心

▼ 自分面白い~ (2, 0.0%)

2 と思った

▼ 自分~ (2, 0.0%)

1 に取り入れよう, の者

▼1* [1067件]

自分ВОКСへ行っ, 自分МХАТにあきたらぬ, 自分ああいう情痴気分, 自分あきらめられぬというの, 自分あたりがといふ面持, 自分あっさりすぎると, 自分あっちに, 自分あっちこっち見て, 自分あっと云う, 自分あなたを恨ん, 自分あるべき自分深い深い, 自分あんなことで, 自分いうたら何ぼ, 自分いかなるメーデーである, 自分いそいでハンドバック, 自分いちぞん, 自分いつかレーニン・インスチチュートの上, 自分いつもの机, 自分いとおしむべき健康な, 自分いふもんが, 自分いろいろ可恐い気, 自分うまくつき合って, 自分うるさくなりむっと, 自分お仕着せの男, 自分お出かけなさるに, 自分かかり合の, 自分かがもっと大切, 自分かくされてゐた, 自分かってのものです, 自分かて分ってます, 自分からといふ風な, 自分かをしきりに考え出そう, 自分がいさえすれ, 自分がかりに俳句的要素, 自分がかりそめにも津田, 自分がずつと遠くに, 自分がっかりしこんなに, 自分がと言ふつも, 自分がなどと重なる遺恨, 自分がの主張から, 自分がものしりだって, 自分がよつぽ, 自分がよけて通った一つ, 自分がよはいために, 自分がをかしくて, 自分きのうかず子がかえって, 自分ぎめの考え, 自分ぎめをしていたに過ぎないの, 自分くらいと思って, 自分ぐずぐずしてから, 自分ぐらい模範的な, 自分ぐらいが一人斬られ, 自分ぐるみ書斎を街頭, 自分こういう日に, 自分こうしてここに, 自分ここにすめる, 自分こそはという自信と, 自分こちらで仕事, 自分こと貴殿の顔, 自分こんな心持の, 自分ッこにでも, 自分ごく闇夜乗馬の, 自分ごときですら将軍家, 自分ごとみんなまるめて, 自分さい宜けりゃ, 自分さい注意してたらええ, 自分さきに起きる, 自分さし物などとも言, 自分さもなければ暗い焔, 自分しかも永久に, 自分したことで, 自分じしんがだれ, 自分じゃァ若宮君ち, 自分すきを見, 自分すっかり感動した, 自分せめてその一つ, 自分とで待っ, 自分そう感じること, 自分そこの展覧会, 自分そしてケダモノに, 自分そしてしかも天真を, 自分その大きな輪踊りの, 自分その間にキャベジ, 自分それから抜けだすため, 自分それなのにああいう, 自分そろそろ列の, 自分そんなものを, 自分ただひとりであと, 自分たちきょうだいの身の上, 自分たちきりのこころもち, 自分たちさへ面白けれ, 自分たちみずから実地の調査, 自分たちみずから農商務省に出頭, 自分たちみんなで悪い, 自分たちインテリゲンツィアをふくむ, 自分たちトロ族の大敗, 自分たち一派の主張, 自分たち一門の退却, 自分たち一類のため, 自分たち三年級の生徒たち, 自分たち二人分の勘定, 自分たち五六人は機械体操場, 自分たち人民としての自信, 自分たち人種の優越, 自分たち以上のもの, 自分たち仲間一同が逮捕, 自分たち作家一人一人の文学業績, 自分たち信者以外の全て, 自分たち個々の弱, 自分たち兄弟親類縁者のため, 自分たち全体をも殴る, 自分たち全部の生活, 自分たち八人だけだ, 自分たち六波羅の主, 自分たち同国人にのみしか与えられない, 自分たち同志だけで, 自分たち同様田植の人々, 自分たち同類の鳥, 自分たち四五人の中, 自分たち四人づれの日本人以外, 自分たち四人兄弟のうち, 自分たち夫妻の習慣, 自分たち女事務員勤人の生活, 自分たち女二人の生活, 自分たち女性自身の描き, 自分たち妻と子, 自分たち妻子へ姿, 自分たち姉妹がやはり, 自分たち姉妹三人がみんな, 自分たち姉弟が味, 自分たち家族に対しては暴君, 自分たち家族以外の者, 自分たち師弟を狂人呼ばわり, 自分たち平生科学の研究, 自分たち年寄との毎日毎晩, 自分たち放免組が土地, 自分たち文学者が理性, 自分たち日常の現実, 自分たち未亡人といわれる, 自分たち本来の生活, 自分たち母子が時, 自分たち洋学派の学生, 自分たち父子の姿, 自分たち独特の考え方, 自分たち王族の天下, 自分たち生徒に華盛頓, 自分たち男だけでやつ, 自分たち石田のうち, 自分たち祖先の人間愚, 自分たち祖先伝来の土地, 自分たち種族の数, 自分たち自らさえも山, 自分たち若人輩の秘か, 自分たち落語家が高座, 自分たち親のない, 自分たち転向被告はますます, 自分たち門弟は皆師匠, 自分たち階級におとなしく, 自分たち青梅の仲間, 自分たち飯塚家にわけても, 自分たらしめ得ているであろう, 自分たる者に恥, 自分だけかへらうかと, 自分だけかも知れないが, 自分だけといふわけには, 自分だけとして愛されること, 自分だけとしての感情で, 自分だけとしては眉の, 自分だけなりとつまらぬ事, 自分だけなりとも頼っては, 自分だけにとってはこれほど, 自分だけに関するものである, 自分だけやないか, 自分だっても猫を, 自分だつたので自分, 自分だつたらどうするだらう, 自分だに信念と, 自分だの赤毛布だの, 自分ちっとも上らず, 自分ついてゆき, 自分ついて行って見なさりゃ, 自分つまり補祭の番, 自分つよく打たれた, 自分下らないん, 自分でありたいと思う, 自分でありませんがいや, 自分であるごとく全く同じ, 自分であるべき主人公を, 自分であるらしいと玉鬘, 自分であろう捨てるのに, 自分であろう起こしていっしょ, 自分でいらっしゃるわけには, 自分できてくれた, 自分でけふは, 自分でこそわからないが, 自分でさえがこうして早く, 自分でしたくなつたら, 自分でしつかり考へて書いた, 自分でしょうばいが, 自分でじぶんの, 自分でたくにきまっ, 自分でだけそんな鉄道, 自分でなかったならたれがこの, 自分でなくなったような, 自分でなく思わせなければならない, 自分でなりたがつた, 自分でのみ作って, 自分ではちゃあんと, 自分ではといふやうな, 自分でばかし口開けつ, 自分でもさうして, 自分でもずつとさだ子に, 自分でもて遊んで, 自分でもどつちが, 自分でものみ正夫にも, 自分でももいちど見たい, 自分でやといい, 自分で御座ると言つた風, 自分というもの以外の, 自分とおせいとの關係, 自分とかいうのは, 自分とかの女との, 自分とかをおいては, 自分とこで掴まえた, 自分としか考えて, 自分とだけしかいない, 自分とだけで対坐し, 自分とって今度, 自分とてもまだ飄々たる, 自分とてもやはりその一人, 自分とでも思ったらしくひょんな, 自分とどつちが, 自分とについて伸子が, 自分とについてのきわめて広い, 自分とによつて代表され, 自分とはずつと年齡も, 自分とばかり通い合う奇異, 自分とびた公以外の, 自分とび起き女中を, 自分とめられてサンドウィッチ, 自分ともどもに武蔵, 自分ともに不快, 自分とり囲んで, 自分とわづか三年, 自分どうもちっと変だ, 自分どっか乾いた落葉, 自分ども存じ寄りの儀, 自分なしには生き, 自分なせし業とは, 自分なぞが先に, 自分なぞにも不断仏教の, 自分なぞに対しても存外丁寧, 自分なぞはと云ふこ, 自分なぞまでシンパに, 自分なぞを覚えて, 自分などさえ吉岡門に, 自分などであつた, 自分などと比べものには, 自分などといふものが, 自分などに対しては慎しみ深く, 自分などに対しても自然丁寧な, 自分なみに相手, 自分ならでは出来ない, 自分ならびに自分の, 自分ならもつと佳い, 自分なら頼んだ人が, 自分なりにはつきり, 自分なんかに愛だの, 自分なんかはと測定した, 自分なんぞからははるかに, 自分なんぞよりももっとどうかした, 自分なんだか他人なんだか, 自分なんてとても監獄, 自分においては勿論千代乃, 自分においてもそれは, 自分にさえはッきり分る, 自分にたいしてのものである, 自分にたいしては母であっ, 自分にだけでももっと正確, 自分にだけばちのあ, 自分についてしか考えて, 自分についてばかりでなく妻, 自分についてよりも彼について, 自分につけ加へる, 自分にても此度は, 自分にでも当ったかの, 自分にとってだけは主観の, 自分にとり厳密には, 自分にはと二人の, 自分にはのみ込めないが, 自分にははぢめから, 自分にばかりはガミガミガミガミ我, 自分にもかぶつて, 自分にもわざとこすりつけてゆくようなところがあったが, 自分に対してさえ然様いう, 自分に対してだけは妙に, 自分に対するというのが, 自分に対するとはまるで違つた男, 自分に対するよりもさらに甚だしい, 自分てしまい, 自分のうへに加へ, 自分のかも知れないと, 自分のけんでくるくる, 自分のこたあじぶんで, 自分のせゐででもある, 自分のだのと物毎に, 自分のてのひら, 自分のでもない物, 自分のと聞いて, 自分のばかりでない母, 自分のばかりか他人の, 自分のぶざまな恰好, 自分のべにをつける, 自分のみている夢, 自分のみなりの襟を, 自分のみに完成し, 自分のみの築き上げた象牙, 自分のれつきと, 自分のろくでもない, 自分はいッたい, 自分はうツとりとして, 自分はかない制限された, 自分はかまはず荒療治をし, 自分はがむしやに, 自分はきのどくな, 自分はくすぼった処で, 自分はけふも幸福, 自分はしかあらんこと, 自分はじめて下で, 自分はじめみんなが衛生的, 自分はじめ細川家の屏風, 自分はずう, 自分はずつと内に, 自分はちようど高壓電流の通, 自分はどさっとアテシコ, 自分はなつて居る, 自分はなみだで, 自分はねんばりづよく押しかえした, 自分はのこのこと物置, 自分はぶつきら棒に聞いた, 自分売るんぢ, 自分ばかしよくつて他, 自分ばかしを主人公に, 自分ばかりと思の, 自分ばかりやないそれ, 自分ばつかり好い, 自分ばり楽するごと, 自分ひとりぎりになると急に四辺, 自分ひとりそこから去る, 自分ひとりのけ者となり, 自分ひとりりこうぶってわざとなかまはずれになっていると, 自分ひとりアイスランドへ帰っ, 自分ひとりパリにのこされる, 自分ひとりフンドシ一つで水中, 自分ひとり京阪四条駅から大津, 自分ひとり作家づらを, 自分ひとり例の浮気, 自分ひとり八景めぐりなんぞは, 自分ひとり別になる, 自分ひとり居のこる, 自分ひとり巧いこと, 自分ひとり後に残され, 自分ひとり心得顔して, 自分ひとり所有の立派, 自分ひとり新橋から歸つて來, 自分ひとり日本へ帰る, 自分ひとり歩きを致しまする, 自分ひとり洋服のまま天国, 自分ひとり溺死したかと, 自分ひとり焼酎をのん, 自分ひとり煎餅蒲団に包まつ, 自分ひとり美の世界, 自分ひとり腹を立っ, 自分ひとり草履の爪先, 自分ひとり誕生したの, 自分ひとり雨の中, 自分ひとり音立てずこの, 自分ひとり食はせて, 自分ひどいホームシックで, 自分ひねくれたわれ, 自分ひる間すみ子さん一人っきりに, 自分びっくりした, 自分へか女へか, 自分へだけの好意と, 自分へではないハイドン, 自分へでも言ひ, 自分へと向つて, 自分へともつかずつぶやくやう, 自分へのみはすさまじく思われ, 自分へよりもむしろ大, 自分ほどには不評でない, 自分まあ少しはものの足し, 自分まけ十一時すぎかえる, 自分まだそれだけの内容, 自分までがけだもの, 自分みじめな自分, 自分みずからそれを楽, 自分みずから万事を見, 自分みずから手を下さぬ, 自分みずから祭を行わない, 自分みずから臣職の位, 自分みずから自覚しはじめ, 自分むき出しになれる, 自分めがけて押しよせ, 自分めがねの工合, 自分もうけた事が, 自分もうす笑いを, 自分もかの女を, 自分もしくはその身, 自分もちつとは取, 自分もつひ苦しく, 自分もと勇んだ気持, 自分もね海軍で, 自分もろともに送り込む, 自分やら死んだ院長, 自分ゆきたし, 自分或る, 自分よがりなわがまま, 自分よりかずつと若い伍長, 自分よりずつと數段下等な, 自分よりはずつと背が, 自分よりもかへつて他人の, 自分よりもずつと弱い相手, 自分よりわ一角多く, 自分らしさで, 自分らしい生きる道も, 自分らしく歩くことによってのみ, 自分らそれぞれの不心得, 自分らどうしの別れ, 自分らフランス人はむしろ, 自分ら一二のもの, 自分ら三名の力, 自分ら中間勤労者をも含む, 自分ら人民のため, 自分ら仲間の勢力, 自分ら大工の下, 自分ら夫婦のに決められた, 自分ら姉妹は現世, 自分ら弟子仲間で心配, 自分ら母娘ふたりの行く末, 自分ら独特の劇, 自分ら臣下としては一日, 自分ら自身さえ充分, 自分ら限りの太平, 自分ら青年の義務, 自分ら飲宴すると, 自分をかばふ氣持, 自分をからかつてゐる, 自分をしか見出せなかった, 自分をぞつと, 自分をね日本をね, 自分をのみ殺した湖, 自分をまであさましく思っ, 自分をめぐって改めてブルンスウィック, 自分を通じて先祖を, 自分アサカに居た, 自分アジェアーロをかぶっ, 自分アドレスが分らずこまる, 自分アルコールをさがし, 自分オリガさんとワフタンゴフ, 自分今モ割下水, 自分ガ先ニシャワーヲ浴ビタト見エテ, 自分ガ受ケ取ッテ, 自分ガ珍シクモカヨウニ旺盛ナ状態, 自分ガ腕白盛リノ駄々ッ子ニ返ッテ止メドモナク泣キ喚キ出シ, 自分ガ関係シタ霊魂第十号モ, 自分キタと三越, 自分キモノ縫った, 自分クラマールもよい, 自分クリストフは何, 自分ケイコのかえり, 自分コムナールでカビヤ, 自分サモロブナがこの, 自分シュワルツァーとしてはフリッツ氏, 自分スエ子の内, 自分スエ子うちでグチャズ, 自分ステーションからОстоженка, 自分ゼーマンがこの, 自分ダケサッサト食事ヲ済マシテ部屋ニ引キ, 自分ダケ囲イノ中ヘ這入, 自分ダケ浴室ヘ引ッ, 自分デハ意識シテイナイノカモ知レナイガ自分デハ若イ二人, 自分デモ公然ト云ッテイルシ, 自分トイウモノニツイテ思イヲメグラス人ハ少ナイヨウデス, 自分トクに, 自分トランプで恋愛判断, 自分ト妻トノ関係ニツイテハアマリ詳細ナ, 自分ニアリングの教育, 自分ニハ実力ガナイ代リニ美女ヲ美男ニ嗾ケテ, 自分ニモ不思議ナクライ旺盛ナ慾望ニ, 自分ニ云イ聞カセタガオカシナコトニソウ思イナガラ彼女ノ足ヲシャブルコトハ一, 自分ニ何ノ因縁モナクナッテシマッタ土地ニ, 自分刻々ニ命, 自分ハンモンなり, 自分ハ下半身ヲ受ケ持ッタ, 自分ハ健康ヲ回復シタラ, 自分ハ夜ダケ生キテイル動物妻ト抱擁スル以外ニハ能ノナイ動物, 自分ハ廊下ヘ出, 自分ハ残ラズ行路ヲ申聞ケタ, 自分ハ母と知定院, 自分パッサージへ, 自分パンを入れた, 自分ヒステリーを起した, 自分フユカイになった, 自分プレハーノフを引く, 自分ベルリンやロンドン, 自分ペルラシェイズの前, 自分マルセーユにゆかぬ, 自分マンハイムが彼, 自分ミズカラモ認メテイルニ違イナイトソウ思ッテ世間ガ安心シテイルトコロガ附ケ目デアル, 自分ムシャクシャして, 自分メルキオルとの肖像, 自分レーニングラードの生活, 自分一つ室にギューギュー, 自分一ヶの存在, 自分一人きりそれが不可能, 自分一人ぎりだと解ると, 自分一人ぎりで心配した時, 自分一人くらゐどう, 自分一人その他は悉く, 自分一人っきりである, 自分一人なにができよう, 自分一人のだと, 自分一人アメリカ向けに白旗, 自分一人ポッツリと頭, 自分一人一人の安寧, 自分一人丈抜けて, 自分一人下へ降りた, 自分一人不動さんの見舞, 自分一人九時のでかえる, 自分一人二階に居た, 自分一人先生にゆく, 自分一人其他は悉く, 自分一人勝手のわがまま, 自分一人単前に打, 自分一人占めにする, 自分一人国立銀行へ行った, 自分一人圓かな良縁, 自分一人多くの人, 自分一人娘の家, 自分一人家に残っ, 自分一人帰りはせぬ, 自分一人得意そうにいい, 自分一人手の明, 自分一人手ぶらで帰る, 自分一人手帖をゴチャゴチャ, 自分一人承知して, 自分一人招待される苦し, 自分一人旅に出る, 自分一人日本の寵児, 自分一人昇級するの, 自分一人東京に出つ, 自分一人植木を弄っ, 自分一人極楽世界へ転居, 自分一人残つてゐると, 自分一人気持ちをさっぱり, 自分一人決めにする, 自分一人涙無しに行く, 自分一人石段を小鳥, 自分一人祖母の味方, 自分一人繻珍のズボン, 自分一人置きざりにされた, 自分一人膜のこちら, 自分一人誰にも頭, 自分一人迷霧の中, 自分一人馬鹿を見た, 自分一代限りとして子供, 自分一個限りの絶対秘密, 自分一名のほか, 自分一度も戸外, 自分一方の流儀, 自分一族の寄進, 自分一旦室まで, 自分一昨々日林町から帰っ, 自分一杯のブドー酒, 自分一種の悲しみ, 自分一身の上におこった, 自分一遍家を見, 自分一門のみでなく, 自分一騎だけはとやにわに, 自分丈けがい, 自分丈けが非常に偉く, 自分丈けしか男, 自分丈ケ存分ノコトヲナスベシトノ趣意ナリ英語ニ之ヲ, 自分三人半づれにて那須に来る, 自分三宅さんの仕事, 自分上京の折, 自分不意に自分, 自分不案内の事, 自分不機嫌だ, 自分不満だった, 自分並私人的周囲に強い, 自分並藤田子同所, 自分主人でもない, 自分主張して, 自分久しぶりであの, 自分乍らずぼらになつ, 自分乍らアサマシヤと思った, 自分乍ら問の平凡さ, 自分乍ら思いもよらない, 自分乍ら感覚が無く, 自分乍ら氣が付いた, 自分乍ら賛成できないもの, 自分乍ら陶醉しきつてゐる樣子, 自分乍ら鼻持ちのならぬ, 自分乍ら齒痒い心持, 自分乗車せざりし電車, 自分九時前におきる, 自分也天ニ非ズ, 自分事件として疑われ, 自分事御家内医官東安同補, 自分二十分も待たされ, 自分五月にゆけ, 自分亡きのちの, 自分亡妻の子, 自分これを, 自分の生活, 自分介抱するよって, 自分仕立やへ行っ, 自分他方には自分, 自分以上大切に思っ, 自分以下一族ぐるみお館, 自分以前の真, 自分以外唯一の大人, 自分へ迎え, 自分会うつもりで, 自分位しあは, 自分位不運な者, 自分佐々の両親, 自分体ギンとなる, 自分か不思議, 自分何とフシギな, 自分何処いも出られへん, 自分何故かひどく疲労, 自分何故こんなにロシアへなんか, 自分の手相, 自分で牛込, 自分停車場まで歩いた, 自分偶然にもせよ, 自分元気になれぬ, 自分先づ座に直, 自分全然そのつもり, 自分兩國を乘, 自分八時半にかえって, 自分六時頃までつき合っ, 自分六樹園石川雅望がこの, 自分については志賀さん, 自分其ものであるといふ, 自分て御, 自分内心大悄気, 自分凡ての者, 自分出獄まで御, 自分別に苦にも, 自分創作の個所, 自分勉強したい, 自分動けば主, 自分勿論そうなり然し, 自分化けるでなく人を, 自分十二時ごろまでかかった, 自分十時頃から二階, 自分午後より俥橇, 自分卓子でВОКС, 自分単独の力, 自分印象のつづき, 自分原稿の手入れ, 自分去勢されたが, 自分及徳同家へ舅入行, 自分台処で, 自分同情がもてる, 自分同様ひそかに天下, 自分同様一生の独身, 自分同様悩みと苦熱, 自分同様締りのない, 自分同然の貧しい, 自分同道相達す, 自分名宛の封筒, 自分向ける顔なし, 自分吸いつけられる心を, 自分唯一人と意識, 自分嘱まれのさる, 自分四時の茶, 自分四谷事務所へゆき, 自分固有の権威, 自分国府津へ来る, 自分国男がいつかモンパルナス, 自分國許の事, 自分基ちゃん歩いて, 自分塩原へドライブ, 自分墓所に槇, 自分夕方散歩した, 自分夕飯をたべ始め, 自分に村, 自分外国ゆきの話, 自分外套さがしに, 自分多勢の白衣, 自分を日, 自分よろこびを, 自分大きい一つの, 自分大きな苺の, 自分大して泊りたくも, 自分大事ということ, 自分大使館へ行っ, 自分大分よろしい, 自分大将の一座, 自分大師以上の人間, 自分大河平一郎はクリスト, 自分天狗の増上慢, 自分天禀の福力, 自分女中室へ行っ, 自分好きでは, 自分は御, 自分を迎, 自分妾狂しながら, 自分嬉しさ不安交, 自分子供は子供ら, 自分子供たち孫たちといちはやく, 自分宇野のもみ上げ, 自分宛僕宛秋川駿三宛のさつき, 自分宛書留速達の分厚い, 自分実地に出あい, 自分て居た, 自分寝床の上, 自分寧ろ恐怖する, 自分專用の楯, 自分提灯の, 自分小さい虫けら見たい, 自分小学を出た, 自分小林さん上遠からの, 自分屈せず腹を, 自分あり, 自分帰陣の途中, 自分平気だったが, 自分を取りまし, 自分年二十三にし, 自分年貢の米, 自分幸福にさした, 自分幼少の事歴, 自分幼年中は駿河, 自分にいる, 自分廿拾金計持居申候, 自分引き取りて食べ試みる, 自分弥太郎一人を英雄, 自分弱くてもい, 自分当り矢のお, 自分役人生活の内情, 自分彼女を抱き, 自分彼等をつれ, 自分微笑した, 自分心痛を覚えた, 自分心配の余り腹, 自分忘れて居た, 自分快かった, 自分思いついた一つロシア印象で, 自分思わずふき出した, 自分恵まれている, 自分悲しいのだ, 自分悲しくなった, 自分悲しく悲しく実にリアル, 自分悲しみを感じた, 自分意外のこと, 自分感じることが, 自分感想を書く, 自分憎悪する自分, 自分憤りを感じた, 自分にしか云う, 自分或は自分たちの, 自分戦ひの深, 自分手ずから子供たちの, 自分手伝いつつフト, 自分手摺りから下, 自分指しながら相対, 自分振袖を着た, 自分捨てられたら姉ちゃんも, 自分散歩だけし, 自分りであろうと, 自分料理で斯, 自分新しく発展し, 自分方角を間違え, 自分日露協会へ廻り, 自分早熟で小学, 自分昇さんに聞いた, 自分昌作に関係, 自分昨夜夜中に目ざめ, 自分書きもの, 自分書くために, 自分早く目, 自分期待しなかった, 自分未来この三位一体, 自分本当は少し気に, 自分本意で骨, 自分本気で云っ, 自分本部の組織部員, 自分来ることに, 自分林町夕方行ったら母, 自分柚湯のなか, 自分桜木さんのところ, 自分の仕事, 自分次第にこの男, 自分欺いてたことにも, 自分欺き合うて, 自分欺くためや, 自分正直に失望, 自分武州は青梅宿, 自分歩いてポスト, 自分歩道に立っ, 自分なば, 自分段々段々その死ん, 自分母他の小さい, 自分母入口に立っ, 自分気の毒と思った, 自分気儘には戸一枚, 自分気分がわるい, 自分水臭い女だ, 自分永年の観察, 自分汲み来れる水を, 自分決めに決め, 自分沈んだ気分で, 自分泊り他に, 自分津山忠琢右に付金三百疋づつ頂戴, 自分流義に, 自分が出た, 自分深い深い世界に, 自分温泉は修善寺, 自分湯ヶ島から少し, 自分の個所, 自分片手で顔, 自分の縁台, 自分の仔, 自分独りぼっちになっ, 自分独り何処か他, 自分独り孤独を楽しむ, 自分独り孤立するよう, 自分独り意志薄弱と極められ, 自分独り楽をし, 自分独り決めに恰も, 自分独り精一杯愛されなくっちゃ, 自分独り自分の身, 自分独り道のない, 自分独学の推義, 自分独得の方法, 自分猪苗代湖へ行った, 自分獨得の哲學論, 自分獨特の力, 自分率先して, 自分玉子かけた, 自分珍しく一人で, 自分現在の俸給, 自分理想と未来, 自分生命の浪費, 自分生活現象としての人間関係, 自分生理的の原因, 自分用意の粟, 自分田地の段取り, 自分病院から出, 自分のよう, 自分白身の主人, 自分大よろこび, 自分皆何とちがうでしょう, 自分皮膚が凋み, 自分監督の下, 自分がねなし, 自分目蒐けて投げ返した, 自分眠つてゐた自分, 自分眠れぬ条件は, 自分っかちだしきのう, 自分眼鏡なしでやっ, 自分着物さえも借着, 自分知ってゆく, 自分知つてやはる, 自分知識階級の自分, 自分石本野上氏に永い, 自分磨かれてゐない, 自分祖母上と林町, 自分は静, 自分笑って理由, 自分等レーニン博物館を見た, 自分等一同あなたを見たい, 自分等丈で使う, 自分等二人きりで風通し, 自分等二人ぎりで当分, 自分等二人連れのゆるい, 自分等人類の未来, 自分等兄弟が引取り, 自分等各々の献物, 自分等同人は和名倉, 自分等夫妻の感謝, 自分等審査した時, 自分等漁師を狂瀾, 自分等父子は最早, 自分等皆の生活, 自分等芸術の神, 自分等葡萄棚の涼台, 自分等貧乏人の爲め, 自分等部落の者, 自分等黒沢墨山と云う, 自分絶望を負けん気, 自分編物をし, 自分翌日一人俥で来る, 自分考えではなるべく, 自分考えますのにわれら, 自分にその, 自分聞いている, 自分胸臆のもの, 自分腹立たしい気に, 自分自らフィロゾフィーレンする人, 自分自ら一団の雰囲気, 自分自ら号令を発し, 自分自ら尊者に手, 自分自ら植つけた病根, 自分自ら納得できない気分, 自分自ら自分を無視, 自分自ら血を取り, 自分自ら迷つて水に落ち, 自分自ら馬鹿になつ, 自分自分勝手の胸三寸, 自分自己をまた, 自分自由時間なり, 自分自身こだまして, 自分自身すつかり乘氣, 自分自身ぢつと見, 自分自身のと同じ, 自分自身ほか感じられない内心, 自分自身みたいに思った, 自分自身ようようよろめきよろめき歩きながらも, 自分自身カッコウがつかない, 自分自身カテリーナ・イワーノヴナに用, 自分自身ファシズム支持を声明, 自分自身一個の立場, 自分自身不思議であった, 自分自身以外にはない, 自分自身何を云っ, 自分自身充分の富, 自分自身出版業者として又, 自分自身哲学的な根柢, 自分自身嫌な思い, 自分自身快楽に耽り, 自分自身想像力や示唆力, 自分自身戀しく思つて, 自分自身成熟する自由, 自分自身手を下さない, 自分自身拘束された身動き, 自分自身新らしい運命, 自分自身方向を定める, 自分自身有産者であるの, 自分自身東京の繁雜, 自分自身満足するよう, 自分自身独特の哲学, 自分自身独自な科学, 自分自身現実離れして, 自分自身生活と文学, 自分自身空間の性格, 自分自身笑ひに, 自分自身結婚する考え, 自分自身自分の迂闊さ, 自分自身茶さじで三杯, 自分自身血刀を揮っ, 自分自身誇りを感じた, 自分自身貧乏な癖, 自分自身赤ん坊をぼろ, 自分自身迷惑した場合, 自分芝居の印象, 自分芸術の話, 自分若年でこそあります, 自分苦難なСССР, 自分英語で劬, 自分をのみ, 自分荷もつかたづけを, 自分落目なら自棄, 自分蚊帖の外, 自分行かれるのは, 自分に向った, 自分から手, 自分親元へ働, 自分親切が足りぬ, 自分親子をも胸, 自分計りぢや無い, 自分計り報酬をされぬ, 自分訳すズク麿さん歎文的日本語に, 自分詞書を写し, 自分試して実否, 自分諸共に仕事, 自分護国寺の方, 自分貨物船かと思っ, 自分と云う, 自分賛成せず, 自分てられたる個人, 自分づから直接, 自分身勝手のため, 自分辛く顔を, 自分迄を誘惑する, 自分に行く, 自分迎えに行っ, 自分送りに行った, 自分達お互いがよく, 自分達これで一役, 自分達して努力, 自分達すべての仲間, 自分達ちの工場と考え, 自分達のだと, 自分達はしふとしふと, 自分達インテリはどっち, 自分達ニキーチナさんを愛し, 自分達三月にフランス, 自分達二親の生活, 自分達人民が置かれた, 自分達人種の伝統, 自分達人間だと, 自分達以外の者, 自分達兵卒のやらされ, 自分達労働者の力, 自分達同志の間, 自分達四人が一度, 自分達女の手, 自分達女性が愛, 自分達子供の責任, 自分達安心したし, 自分達家族はどうして, 自分達工場の婦人デー, 自分達所有の畑物, 自分達本郷座のわりびき, 自分達母娘は流石, 自分達猫このまず, 自分達百姓がどれほど, 自分達知識人の助け, 自分達種族に他, 自分達自らを男性化, 自分達芸術座のマーラヤ・スチェナー, 自分達藤沢から湯河原, 自分達親子三人の関係, 自分達親心の所有者達, 自分達許りの, 自分達買いものに出た, 自分達長崎以来の一味徒党, 自分郊外に住ん, 自分郡山まで送っ, 自分都合で早合点, 自分野上さんのこと, 自分野性味もなく, 自分量見でやった, 自分金曜日に椅子, 自分釣棹をねだっ, 自分鉄瓶蓋をもちあげる, 自分銀角に電話, 自分銘々の腹, 自分鋭くそういう自分自身, 自分鋭くさういふ自分自身, 自分長襦袢の裏, 自分間もなく起きレモン湯, 自分間三ヵ月位行くよう, 自分間違っている, 自分関さん楠生さんと那須, 自分関さん浮気の出来ぬ, 自分限りの修辞, 自分雑誌の切りぬき, 自分をおかし, 自分電気ナベを見, 自分面白く感じた, 自分靴下しらべ, 自分の手袋すき, 自分頭まきどめ, 自分頻りに国男の, 自分がかたく, 自分を洗っ, 自分養女に致し, 自分を苅らせ, 自分鰻屋の出前持, 自分黄金狂時代をブル