青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「臣~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

腰かけ~ 腸~ ~腹 腹~ 腹の中~ ~膝 膝~ ~膳 膳~ 臆病~
臣~
~自ら 自ら~ 自体~ ~自信 自信~ ~自分 自分~ ~自分たち ~自分自身 ~自動車

「臣~」 1961, 21ppm, 5426位

▼ 臣~ (328, 16.7%)

10 氏の 9 祖先です 8 名を 7 家の 5 氏人で, 祖先の 4 女の, 祖押雲根命天の, 神, 神わざと, 筋や 3 あいだに, 一人が

2 [14件] 一人は, 中で, 君に, 君を, 妹の, 孃子, 家に, 家は, 家へ, 居室へ, 手に, 諫めを, 賊子とまで, 風あり

1 [230件] あいだでも, あるおかげ, うちから, おそれるの, お祓いにも, かしこきかもよ, ことだ, ことばも, なだめに, はなはだしいもの, ひとしくいう, ひとりだった, ひとりである, ひとり四方田政孝な, ひとり藤田伝五は, ものに, ような, アレキス様を, 一人を, 一列を, 一族子, 一行は, 一部藤原に, 上席に, 不つつかが, 不一致内政の, 中から, 中に, 二名は, 人質を, 仕官の, 代に, 代表として, 余徳も, 側からは, 側に, 先鋒に, 兵をば, 内藤外記が, 力である, 力によって, 力を, 功も, 動揺は, 勤めであり, 卑鄙なる, 厚い御, 同祖, 名だたる衆, 名も, 君と, 命, 命久米の, 咳が, 善言に, 堀尾茂助を, 増田仁右衛門木村弥右衛門石川兵助の, 士気を, 声が, 外出の, 大祓ほがらほ, 太詔戸と, 奉公は, 女ヌカノワクゴの, 好物の, 妻と, 妻といふ, 妻に, 姓名など, 姿は, 子の, 孝康皇帝に, 室として, 家一軒に, 家柄と, 密使が, 察する, 寿詞で, 寿詞の, 居室との, 居室に, 居間を, 席に, 座蒲團の, 弟吾子籠此事を, 弟孔明は, 役目は, 後らしい, 後姿を, 得る地, 微衷は, 心では, 心は, 心を, 心理は, 志を, 忠勝にすら, 念を, 悲腸を, 意である, 意は, 意見を, 戯陽速を, 戲陽速を, 手から, 手を, 拠る財源, 持つて, 振舞多く, 掌る, 政事に, 教えを, 教え通りせ, 数に, 方は, 方を, 晩酌を, 暴行を, 望み, 朝臣, 板垣修理之, 枕元に, 某が, 格に, 歌だ, 殆どすべてが, 残躯を, 民あり, 永続は, 注に, 涙を, 湯山隆信という, 為事が, 無礼かならず, 無礼朝臣の, 狂悖, 畏伏や, 異論など, 病も, 盃の, 相違は, 眞似, 眼には, 礼に, 礼を, 祈念に, 祓いに, 祓詞を, 祖おしくも, 祖先タケオシヤマタリネの, 祖日子國夫玖の, 祖日子國意祁都の, 祖神と, 祖神の, 神わざに, 神主も, 福島大和守に, 私祭に, 筆を, 筋は, 答へは, 綱たる, 罪, 罪で, 罪である, 罪は, 罪を, 考えは, 考へ, 耳には, 聖職は, 職は, 職掌が, 背には, 背中へ, 胸に, 膺懲も, 行を, 袴にも, 複姓の, 観るところ, 言だ, 言ふ, 言ふかひなさを, 言を, 言虚謬なれ, 詞が, 語が, 説では, 説と, 説を, 諫を, 諫言も, 諸大将, 謀を, 負担と, 資格を, 賈, 跡を, 身が, 身分の, 軍, 軍隊は, 輩が, 連, 連等が, 連等の, 進退に, 道だろう, 道の, 道は, 遠つみ祖, 遠祖が, 遠祖天児屋命則以神祝祝之, 遺言を, 酒を, 里見隆景から, 重なる人々, 間で, 間に, 関係程に, 須田伯耆という, 頭と, 顏を, 顔ぶれや, 願なりと, 首さえ, 首を, 駑才何の, 髯が

▼ 臣~ (199, 10.1%)

2 お時, ポン, 京子の, 是れ, 盃を

1 [189件] あるまじきに, いささかその, いる, おかしいが, お安, かう言つて, かれに, ここには, これに, これ酒中の, ござりませぬ, ざぶ, その勉強, その君, その時, その贈物, その軽挙, それぞれ将軍に, それを, だいぶ醉つて, ついに許都, ついに趁, つい声, ない, ふたたび大覚寺統, またと, みずから処する有らん, みなふるえあがっ, みな呆っ, みな彼の, みな獄に, みな眼を, みな詰め, みな過去の, もって, もと布衣, もはや年, ようやくその, よけいに, わざと下野, プツと, マッチを, 一匹の, 不審し, 不思議さうな, 不才かつ, 主として天子様, 主を, 乱暴にも, 二人を, 二度目に, 京子をも, 人気ある, 今其の, 今日出家し, 僅かに, 優渥な, 先づ東の, 公家, 其の時丁, 典雅上品で, 再びこれ, 再び鍬, 冷かに, 出立の, 刑の, 到頭千代松, 動も, 匈奴の, 千代松が, 千代松と, 千代松の, 即ち主侯, 即位の, 即座に, 右の, 各礼服着用, 同じよう, 吸ひ飽きた, 周章てふためいて, 四疊半の, 地, 多く謹愼, 多く謹慎, 大きな銀側時計, 大中臣と, 大殿の, 天子様と, 天道を, 始めて, 威圧を, 嬉しさうに, 存ろうべき, 孝元, 家財を, 小ひさい, 岩の, 差し俯向きつ, 己を, 帝に, 廻り持にて, 張得天の, 御臺所, 怪しんで, 恐る其禍, 恐ろしいやう, 恐懼し, 慄然として, 憤然と, 手燭の, 手燭を, 政堂に, 文武官なども, 於松の, 既に成人, 日頃の, 明智光秀であった, 暗い土間, 書の, 朝飯にも, 條件なし, 民の, 水の, 汚れたる大, 決して安, 溢れるほどに, 燕王に, 燗冷ましの, 父の, 物靜かに, 玄徳に, 當惑の, 病室に, 皆それを, 監物の, 直ぐ盃, 直ぐ自分, 直ちに晋, 直ちに治平, 破れたる, 神殿の, 神社制度に, 秀吉の, 稍どぎまぎし, 突然お, 立場が, 答えた, 紅い紐, 細い下り目, 繰り返し, 群臣を, 考へたが, 考へて, 腰の, 臣たらざるべからず, 臣たり, 臣たるの, 臣たれ, 臣として, 自らが, 臺所の, 莫大な, 藝舟雙楫と, 袴も, 補鍋を以て, 赤い封紙, 起き直, 足利尊氏以上でない, 足音を, 躍りか, 身の, 遠き戦陣, 鄭に, 醉つた顏に, 鍬を, 陛下に, 陛下御, 除かねば, 陳宮である, 雪洞を, 青い蚊帳, 頻りに研究, 風呂の, 飽くまで馘, 首を, 馬に, 馳け, 默つて盃を, 鼻を

▼ 臣~ (131, 6.7%)

9 祖なり 2 お時, 入って, 君を, 奏する寿詞, 謹慎なる

1 [112件] あって, あつて, あらざりせば, ある, お使い, かつてこれ, この御歌, これを, ささやき渡ると, それを, たくさんある, たくさんいる, つねに苦しむ, とめた, ひそかに, ほとんどそれ, まだガラス障子, アリストクラットらしい, ネルの, 一斉に, 三十三の, 不審な, 不祥の, 事を, 事終りぬ, 云った, 云ふ, 互いに妻, 今これを, 代つて, 代理で, 代表し, 何の, 何を, 優勢を, 先帝に, 先帝より, 其の邸, 出迎えに, 叛乱を, 古事記の, 名は, 名度牒, 君に対する, 君より, 告げに, 四六文を, 固めて, 多くを, 大手を, 女名は, 女弟比賣, 女糠の, 女糠子の, 女袁杼比賣, 女都怒, 好んで, 妹口比賣, 孝行を, 家を, 専唱へる, 専属に, 川越から, 府を, 後に棄市, 息を, 憂えるので, 拜殿から, 控えて, 改めて申しあげる, 政務に, 日頃から, 早馬で, 有ったとは, 朝の, 榊の, 歌垣の, 此を, 死にざま, 江夏から, 派遣され, 漸く夏姫, 狂愚を, 生くる, 畏敬し, 畢生の, 皇嗣として, 眸を, 祖先は, 祖名は, 祖難波根子建振, 秀吉の, 種を, 立ち迎える, 網島の, 罪を, 臣らしくなく, 自分に, 西涼の, 言を, 許されるわけ, 詩と, 誠実の, 諫めた, 諫めて, 謹愼なる, 身に, 辺境に, 過去の, 量るに, 錦に, 風呂へ

▼ 臣~ (82, 4.2%)

3 託する 2 して, 過ぎません, 非ず

1 [73件] あずけかならず, いささかお, いたつて, いった, お授けください, かこまれながら, きいて, こう語っ, この頃王, ござります, しては, すすめた, せよそち, たずねて, ちがいない, とめられ結局, なつた, なるか, なれない事情, はござりますが, ひとりの, まったく冥加, ゆるした例, 下しおかれたる恩寵, 下し置かれた, 之を, 二度の, 代りまた, 仰せ付けられたし, 仰せ遣わされ御, 列した, 列したい望み, 加う, 勅し, 及ぶ, 告えらく, 告げたも, 命じて, 命じ給わば, 和歌を, 女を, 嫁する, 対ひ, 張詠という, 急を, 手勢を, 手渡した, 持たせて, 死を, 渡さうと, 見られるの, 言はれ, 語りたまわずば, 諮った, 諮ること, 諮るに, 諱みた, 賈, 賜うところ, 賜うに, 返って, 迫られて, 連れられて, 進めた, 過ぎなくなつてしまつた, 過ぎぬ身, 陛下を, 非ずや, 面罵され, 頼み王使と, 食物を, 飮食を, 默つて京子の

▼ 臣~ (81, 4.1%)

3 あつめて, して, 集めて 2 尻目に

1 [70件] いう, お召し還し遊ばされました, かえりみて, かかえて, ここで, こんなおろかしい, してかの, つれて, にわかに用い, まだねらっ, まわりに, もって, オホクサカの, 何とかし, 使うに, 使として, 侮辱し, 冷かした, 初め日野資朝日野俊基等の, 召され酒, 召して, 呼び窃か, 咎めた史評, 喜ばせるため, 士に, 大日下の, 失って, 奉らん, 封じて, 尻目にかけて, 庇うて, 弾劾する, 忌んだの, 愛せず賊, 愛慕する, 慨き, 手放すわけ, 扶けて, 招いて, 持って, 敢て, 敵の, 殺して, 活用する, 率て, 相手に, 真の, 睥睨し, 知る者, 祖述しない, 篤く迎え, 考へて, 草廬に, 菴前に, 見まわして, 見下げた, 視ること犬馬, 親しみ小人, 観ること君, 観るには, 討たれて, 誅すること, 警し, 蹴とばしたり, 通じひそか, 過ぐ, 選ばねば, 選ぶに, 避けて, 養つて置い

▼ 臣~ (76, 3.9%)

6 なって 5 二つの 2 なるの, 千代松とは

1 [61件] いうだけで, いえば, いえる, いわれても, この事, されて, したり, して, せざること, せず父, それから, なった, なった典韋, なにか話し, ならざるを, なり了, なり嘉永三年伊豆七島, なり或は, なること, なるであろう, なるなどと, なるは, なる張儀, なる決意, にらまれて, 一部の, 世間から, 両者二説に, 主人の, 云う訳, 云われたところ, 介添え役の, 何か, 勇敢なる, 千代松と, 同樣, 呼んだこの, 塔下に, 定吉とは, 左の, 巧言令色の, 思い込んだの, 憎まる, 擦れちがい, 改め髮, 数十騎の, 明主との, 武技を, 民との, 民とは, 漢は, 為し極力, 爲し, 秘議密謀する, 称え魏, 称した, 称して, 称すること, 臣とが, 衆民を, 襄老の

▼ 臣~ (49, 2.5%)

2 ささげて

1 [47件] あった, あったの, いず内輪, いたが, いないの, いまは, いる, い蒲生氏郷, お時, ことごとくその, この席, この村, この答, その家族たち, それを, だいぶ交じっ, なにとてこれ以上, まだ男盛り, みな光秀に, もちろんいちはやく, 万感を, 事実上四君四派にも, 二の句が, 充分に, 共々ふたり, 千代松には, 千代松も, 召捕られた, 國破れ身辱られた, 声高く, 如何に, 少なくない, 心を, 忠烈の, 忠義の, 恥じ孫権, 意味広く, 昔から, 此頃では, 民衆も, 涙に, 皆怪しんだ, 舌を, 菊石の, 諫めた, 退城し, 顔を

▼ 臣~ (39, 2.0%)

8 の祖先 7 が祖 2 に若, の祖, を召し

1 [18件] が以, が焦心, が祖根, が考案, が願, として分, と倶, のいささか, の一命, の中, の固, の碧蹄, の親子三人, の願, は初めそれ, をし, をマルテ, 固より

▼ 臣として~ (35, 1.8%)

4 君を 2 帝の, 身を

1 [27件] いえたもの, このおれ, ただ自然, なすべき勤め, 不忠武士として, 丞相の, 主を, 何で心, 働いたと, 働いて, 六郎の, 内裏でも, 切歯しない, 卑屈にも, 口に, 君に, 幼君を, 御諫止, 心ならね, 忠ならず, 有名な, 求められる限界性, 父は, 獄中の, 諸事その, 責めようとは, 貴公の

▼ 臣たち~ (29, 1.5%)

2 が, の眼

1 [25件] がこう, がもし, が朝, が見まもっ, だの巣立ち, と一室, の中, の家々, の居, の祖先, の誄詞, の間, はかつて, はそれ, はど, はなん, はやがて間もなく, は先ごろ, は即座, は明治, へも精勤, も清洲, よ, をあい, を内心

▼ 臣~ (27, 1.4%)

2 あらう, 小沢一政と

1 [23件] あつた, こよい, もっとも毎日交替, 三沢伊織と, 不臣, 乱世の, 今も, 六人衆と, 剣道方を, 十六歳の, 去年の, 大坪流の, 悪逆無道の, 本草学の, 本草學の, 父勝重の, 百五十石現職は, 織田家に, 美貌と, 聞いて, 蘇飛という, 防戦の, 陳震と

▼ 臣~ (25, 1.3%)

2 である, の祖先

1 [21件] が代表, が別に, が宮廷, との間, と斎部氏, に委ねた, に属し, に繼, のは其, の唱, の天神寿詞, の庶流, の正室, の神, の職分, の金, はその後戦争, は代々神祇祭祀, は天種子命, は排仏, を立て

▼ 臣~ (19, 1.0%)

2 としての宮廷神女, の奉仕, の役

1 [13件] から出た, が, が屡, と汎称, に替つた, のよう, の伝承, の口, の如き, の様, の起原, やその, や其保護者

▼ 臣~ (18, 0.9%)

2 をし

1 [16件] が, がある, が参っ, とて決して, と共に狩猟, のうかがい知る, の使命, の力, の悪しき, の粉骨, はいずれ, はまだ, は一言, は彼, へお, もひそか

▼ 臣たる~ (16, 0.8%)

3 の道

1 [13件] ことは, ことまちがいない, それが, に恥じず, のみでなく, もの心あらざるべからず, をまぬかれぬ, を失わざりし, 司城貞子を, 椎根津彦と, 能は, 襟度を, 陽虎という

▼ 臣~ (16, 0.8%)

1 [16件] といふこと, とかの文字, と心得, なるもの, において織田父子, にそむくだろう, のほう, のまこと, の大綱, の実, の実践, の實踐者, の真, の真心, もとどこう, よりは自分

▼ 臣である~ (14, 0.7%)

1 [14件] から関白家, が家康若年, が此, が蘭軒, が骨, こと朝鮮の, しかもみな後醍醐, という高い, とかその, とを問わず, と考へ, に相違, のみならず, 彼らは

▼ 臣では~ (11, 0.6%)

2 ない 1 あったが, ありません, ありまた, ないか, ないが, ないぞ, ないなどという, ない譜代, 石田三成と

▼ 臣~ (11, 0.6%)

2 をとっ, を取っ 1 などとそんな, をもっ, を取り, を取る, を執り, を彼, を訓

▼ 臣~ (10, 0.5%)

1 でまた, でも他, にでもいえ, に申し, のほか, はきびしく, はさらに, はどこ, は臣賀, は遠く

▼ 臣から~ (9, 0.5%)

1 こういう令, して, する上奏, 一益の, 主人を, 事情を, 出て, 聞いて, 見れば

▼ 臣~ (8, 0.4%)

1 いうて, 一族も, 公卿などは, 商人たち鞠の, 忠良の, 智識が, 近習の, 連が

▼ 臣寿詞~ (8, 0.4%)

2 にもある, を見 1 とは寿詞, による, の, は即位式

▼ 臣~ (7, 0.4%)

1 である, なり, に与ふべし, のよう, の制度, の如き, の関係

▼ 臣~ (7, 0.4%)

2 の礼 1 でもあった, としての朝権, に臨まれた, の中, は水

▼ 臣祝詞~ (7, 0.4%)

1 が出来た, とは違ふし, と斎部祝詞, にも中, に於い, の中, の間

▼ 臣でも~ (6, 0.3%)

1 あったら小気味, ありかれの, ない, ない幸村, ない野武士, 裏面で

▼ 臣といふ~ (6, 0.3%)

2 のは, 名を 1 のには, 御言詔持が

▼ 臣また~ (6, 0.3%)

1 その妹口比, 好んで, 徐州の, 歌ひ, 漸く相, 雨の

▼ 臣天神寿詞~ (6, 0.3%)

2 は飲食 1 と天子祓, と天子祓え, には天, も古い

▼ 臣~ (5, 0.3%)

1 がまた, つたのである, と, のが, よ

▼ 臣という~ (5, 0.3%)

1 ところから, のであろう, ものでない, ものの, 者を

▼ 臣なども~ (5, 0.3%)

4 飛鳥の 1 飛鳥宮で

▼ 臣なる~ (5, 0.3%)

2 行動に 1 がゆえに, 吉田定房に, 漁師丹吾兵衛を

▼ 臣には~ (5, 0.3%)

1 かつてそれぞれ恩賞, こんなこと, それが, 唐花という, 直江山城守の

▼ 臣~ (5, 0.3%)

1 でももっとも, にあっ, には歴然たる, の最高, の直

▼ 臣~ (5, 0.3%)

1 が廬, の亡き後, は三軍, もうす, もはや知命

▼ 臣~ (5, 0.3%)

1 だけを大事, の長く, は此祝詞, へばかり唱, を行

▼ 臣~ (5, 0.3%)

1 たらざるべからず, たらずでは, たらずと, たり, 為らず

▼ 臣自身此山~ (5, 0.3%)

5 へ汲み

▼ 臣あり~ (4, 0.2%)

1 て平和, ということば, とでも言う, またその

▼ 臣たり~ (4, 0.2%)

1 とも海内静謐, と云う, 一代の, 父は

▼ 臣であり~ (4, 0.2%)

1 不正であった, 忠臣であり, 民であった, 累代の

▼ 臣にも~ (4, 0.2%)

1 一々勝利, 会って, 元康にも, 朝廷から

▼ 臣を以て~ (4, 0.2%)

3 君と 1 臣たり

▼ 臣一流れ~ (4, 0.2%)

4 で最

▼ 臣~ (4, 0.2%)

1 など云, の大, の為, を貴族

▼ 臣~ (4, 0.2%)

2 せしめよ 1 であること, は武人

▼ 臣~ (3, 0.2%)

1 わからないが, 伏見の, 玄徳の

▼ 臣その~ (3, 0.2%)

1 予且の, 妹の, 源中納言を

▼ 臣たら~ (3, 0.2%)

1 ざらんかと, ざるは, んが

▼ 臣であった~ (3, 0.2%)

1 が養子郷介, とか思い, と思っ

▼ 臣でなく~ (3, 0.2%)

1 いわば烏合, 三好秀次の, 牢人の

▼ 臣としての~ (3, 0.2%)

1 役目が, 意味許りでなく, 聖職の

▼ 臣としては~ (3, 0.2%)

1 先君の, 君を, 己れ

▼ 臣とは~ (3, 0.2%)

1 ちがいつい, 根本において, 樊口の

▼ 臣とも~ (3, 0.2%)

1 いう者, いえる筋目, 人とも

▼ 臣~ (3, 0.2%)

1 のだ, 奴だ, 賊軍輩め国家を

▼ 臣なり~ (3, 0.2%)

1 君寵淺から, 日本狭し, 豈に

▼ 臣なれ~ (3, 0.2%)

1 ども実, ばこそです, ば他

▼ 臣及び~ (3, 0.2%)

1 一部分は, 天下の, 諸旱岐

▼ 臣~ (3, 0.2%)

1 に事, をみる, を択ぶ

▼ 臣太詔詞~ (3, 0.2%)

1 の外, を唱, を言

▼ 臣~ (3, 0.2%)

2 あり 1 ありなるほど

▼ 臣~ (3, 0.2%)

1 するの一時, せざるべからずといふ, をだ

▼ 臣沮授~ (3, 0.2%)

1 なども同じ, は主君袁紹, は獄

▼ 臣田中正造誠~ (3, 0.2%)

2 恐誠惶頓首 1 恐誠惶

▼ 臣鎌子~ (3, 0.2%)

1 およびその他五人, と共謀, の子孫

▼ 臣願わくは~ (3, 0.2%)

1 少をもって, 燕に, 託する所有らん

▼ 臣この~ (2, 0.1%)

1 御歌を, 漁師の

▼ 臣これ~ (2, 0.1%)

1 が夢, に当らん

▼ 臣さえ~ (2, 0.1%)

1 信長の, 得れば

▼ 臣さき~ (2, 0.1%)

1 に密命, に隴西

▼ 臣すべて~ (2, 0.1%)

1 が不安, が昼

▼ 臣その他~ (2, 0.1%)

1 のみこ, の上達部

▼ 臣ぞと~ (2, 0.1%)

2 それま

▼ 臣たらん~ (2, 0.1%)

1 とし, とする

▼ 臣だった~ (2, 0.1%)

1 とかいう様, の松永久秀

▼ 臣です~ (2, 0.1%)

1 から呉, が

▼ 臣とが~ (2, 0.1%)

1 啀みあい, 居室から

▼ 臣とともに~ (2, 0.1%)

1 彼の, 漢中王の

▼ 臣ども~ (2, 0.1%)

1 は憂えども力, を退治

▼ 臣に対して~ (2, 0.1%)

1 侮辱も, 戒心を

▼ 臣のみ~ (2, 0.1%)

1 太子に, 開封し給うべし

▼ 臣~ (2, 0.1%)

1 云い捨てるや, 告げわたした

▼ 臣みな~ (2, 0.1%)

1 共に涙, 誅せられあげく

▼ 臣~ (2, 0.1%)

1 希ウトコロ唯, 黙止スルコト能ワザル所ナリ

▼ 臣三文字紋弥~ (2, 0.1%)

1 でした, はあまり

▼ 臣主義~ (2, 0.1%)

1 の一端, を大成

▼ 臣乱世~ (2, 0.1%)

1 の奸雄, の姦雄

▼ 臣信長~ (2, 0.1%)

1 に密勅, へ従一位太政大臣

▼ 臣僚庶民~ (2, 0.1%)

1 の輩, の間

▼ 臣~ (2, 0.1%)

1 鹿深く, 鹿独り上宮の

▼ 臣~ (2, 0.1%)

1 に加えられ, の中

▼ 臣初鹿野伝右衛門~ (2, 0.1%)

1 であるか, です

▼ 臣~ (2, 0.1%)

2 に謀

▼ 臣~ (2, 0.1%)

1 と大久米命, の合図

▼ 臣壽詞~ (2, 0.1%)

2 にもある

▼ 臣孔明~ (2, 0.1%)

1 が手, に万恨

▼ 臣家たち~ (2, 0.1%)

1 だけが撰集, の克明

▼ 臣~ (2, 0.1%)

1 と為り, を助くべからず

▼ 臣~ (2, 0.1%)

1 においては優る, を傾け

▼ 臣数名~ (2, 0.1%)

1 が錠口, と共に小舟

▼ 臣木下藤吉郎~ (2, 0.1%)

1 というもの, なる者

▼ 臣武藤清左衛門~ (2, 0.1%)

1 でござる, と大心院

▼ 臣無く~ (2, 0.1%)

2 内に

▼ 臣~ (2, 0.1%)

1 のやり方, の臣

▼ 臣~ (2, 0.1%)

1 孝孺を, 熊罷

▼ 臣神主~ (2, 0.1%)

2 の手

▼ 臣~ (2, 0.1%)

1 の臨御, 五倫といふ

▼ 臣義貞~ (2, 0.1%)

1 が上野, であり朝家

▼ 臣~ (2, 0.1%)

1 にある, の位

▼ 臣誠惶誠~ (2, 0.1%)

1 恐死罪死罪, 恐稽首頓首

▼ 臣~ (2, 0.1%)

1 に敢えて, 一時を

▼ 臣賀爺~ (2, 0.1%)

1 への大, 急いで

▼ 臣道実践~ (2, 0.1%)

1 といふこと, とかいふこと

▼ 臣~ (2, 0.1%)

1 も他, 悉く賛同

▼ 臣~ (2, 0.1%)

2 を惜

▼ 臣~ (2, 0.1%)

2 を惜

▼ 臣間人連老~ (2, 0.1%)

1 という名, のこと

▼ 臣~ (2, 0.1%)

1 藝那の, 那の

▼ 臣陳宮~ (2, 0.1%)

1 は, も口

▼ 臣雀部~ (2, 0.1%)

1 の臣, の造

▼1* [422件]

あに汝ごとき, 臣いま千思百慮して, 臣いよよ忿り, 臣おもえらく干戈, 臣おん身も漢, 臣からはまったく他国者扱い, 臣ここにあり, 臣こそがなすべきであったが, 臣さようの者, 臣さんかいなあの人, 臣しばし声も, 臣すぐつて此城に, 臣すなはち, 臣ぜひにと自分, 臣それから信長, 臣たちのも此意味, 臣たち楯の如く, 臣たらざるものなく, 臣たらざるべからずというの, 臣たらしめよ忠臣たらし, 臣たらずというべし, 臣たらずでは困ります, 臣たる分を忘れ, 臣たる者が素知らぬ, 臣たろうとした, 臣だけをつれて, 臣ちふ名を, 臣であってのち山内氏, 臣でございますと申しあげた, 臣でないものは, 臣とお時とは, 臣とか子とかいふ, 臣とて一藩中の, 臣とでも申すべき人物, 臣との関係であった, 臣どもみなこれ凡眼の愚夫, 臣ども信長が成敗, 臣なきに臣, 臣ならばそんな, 臣なりと雖も, 臣なりとて何者かに, 臣なりとの堅い信念, 臣にたいして平然とこういう, 臣にとって煩わしい心遣い, 臣によするに, 臣に対してはあまり主従, 臣に対しても面白くない, 臣に対する加役, 臣ねがわくは陛下これに, 臣のてまえ文帝, 臣のみがなしとげた一大事実, 臣はかりそめにも蜀帝国, 臣はかるに呉, 臣ばかりでなく孔明, 臣ひそかに恐る, 臣ひとひざ下がっ, 臣ひとり空拳を張つて強敵, 臣ふかく思いますに, 臣まことにお二方, 臣まで二派に, 臣までが裏切りを, 臣までも罷めさせられること, 臣まわりの旗本, 臣みずから一軍をひきい, 臣みたいな卑下, 臣みな彼の面, 臣もって臣, 臣もと布衣, 臣よりは優れて, 臣らしくなく父が, 臣ら一同の待つ, 臣ら一同かくの如くおねがい, 臣ら先鋒としてこれ, 臣ら夜天文を観る, 臣ら長途を急ぎ参っ, 臣をば則ち, 臣をも日向以来の, 臣イワンは弾丸, 臣ガ明ノヨク及ブトコロニ非ザル也, 臣ガ狂愚ヲ憐レミテ, 臣クチコを遣し, 臣ジェレミー・ベンサム謹んで, 臣タケ彦の妹, 臣タラザルベカラズ親ハ親タラズトイヘドモ, 臣タラタラと居, 臣タリマタ民ヲ泰ンズルヲ以テ徳トシ任トスル武門, 臣恐ル, 臣ホレーショーはもとより, 臣ホレーショー一代の失態, 臣ポローニヤスのみならず, 臣モッテ臣タラザルベカラズ親ハ親タラズトイヘドモ, 臣モト布衣躬ラ南陽ニ耕シ苟モ生命ヲ乱世ニ, 臣斬ラント, 臣一同この瓦師, 臣一家の権威, 臣一族だけを考へる, 臣一言でも斉彬公, 臣七人あれば, 臣三人ほど加え, 臣を易, 臣不幸にし, 臣不幸元より多病, 臣不忠と唱え, 臣不才にし, 臣不軌を謀る, 臣中彼ありと, 臣中村春次と森下道, 臣中知といえる, 臣水を, 臣久しくその折, 臣明, 臣然れ, 臣二人で, 臣五人あれば, 臣五名をよん, 臣五百原の君, 臣井上大九郎, 臣と諺, 臣亡考濟實忿寇讐壅塞天路控弦百萬義聲感激方欲大擧, 臣人民は皆王, 臣のこと, 臣付人の衆, 臣以上なもの, 臣伊勢の飯高, 臣伍子胥の諫言, 臣伏して祖訓, 臣に録, 臣伝中の一人, 臣伯爵自ら編纂した, 臣佐久間玄蕃允盛政であった, 臣佐和良の臣, 臣佐橋甚五郎という武芸, 臣侯景の爲, 臣にある, 臣のご, 臣僧行化して, 臣兄弟共泉豊洲門人なり, 臣先生の愛女琴女, 臣行も, 臣からその, 臣其許は織田方, 臣に懈, 臣冶工に聞けり, 臣前波新八郎ッ, 臣剣名最も高し, 臣加藤宅馬と松平舎人, 臣うこと, 臣を奮い, 臣北畠親房の死, 臣十名ほどが待ち, 臣単騎闕下に至らん, 臣中臣, 臣原隼人貞胤と互に, 臣願わくは陛下益, 臣口子を遣し, 臣右大臣中臣金連蘇我果安臣巨勢人臣紀大人臣等, 臣司馬趙厳の, 臣意見を, 臣が書, 臣君子鄭長者楚子道家言等九百九十三篇が擧げ, 臣命勅を奉じ, 臣四天王但馬守の妻, 臣国法を破り, 臣坂本の臣等, 臣堀七郎兵衛なる者, 臣堀主水の一類, 臣塩田氏の女, 臣塩田陸奥守惟賢で八島, 臣壹比韋の臣, 臣夏侯淵は主, 臣外臣が控え, 臣夙に武臣の, 臣夙夜祗み懼, 臣多く山沢を, 臣多紀の臣, 臣に慟, 臣大久保七郎右衛門忠世どのに御, 臣大久保氏の支流, 臣大坂の臣, 臣大宅の臣, 臣大樹が斬りおわる, 臣大王の為, 臣大祓詞これは斎部祝詞, 臣大老土井利勝や酒井忠勝, 臣大野木土佐や三田村右衛門, 臣つ金木, 臣天命を知る, 臣太監周恕徐王府賓輔史彬と楊応能, 臣奏議の編纂, 臣となつ, 臣は以寧, 臣孫権と書い, 臣安倍貞任を誅し, 臣安萬侶に詔, 臣安萬侶誠惶誠恐頓首頓首, 臣官位はちがっ, 臣定行などが門, 臣宝出でてこれ, 臣宮部善性坊といえ, 臣を罷る, 臣家体とはちがう, 臣家相門を拝すべからず, 臣家訪問の事實, 臣寺僧に問う, 臣治田の, 臣小山田信茂の岩殿山, 臣小林民部権太輔両人遠島の命, 臣小野の臣, 臣少きより軍, 臣遠弱, 臣屋臨御の風, 臣属弟子と為る, 臣山中鹿之介ら, 臣岩田忠次の妹縫, 臣岸田の臣等, 臣島木筑後です, 臣島田の臣等, 臣川邊の臣, 臣巨勢人臣紀大人臣等, 臣平尾新兵衛長治, 臣平秀吉誠惶誠恐稽首頓首, 臣既に六十六歳, 臣に累代上台, 臣庇護の事, 臣を超えた, 臣建日子が妹, 臣張均は今日, 臣張昭不遜至極ながら直言, 臣張紘はいく, 臣張蘊があらためて, 臣強く君弱し, 臣後藤氏の女いつ, 臣徐晃は, 臣從ハ大戰中ト講和會議トニ於テ彼, 臣忍海部の造, 臣志斐連条には, 臣をうく, 臣惨死の事, 臣おもえらく十年, 臣愚考いたしますに, 臣愚謂えらく今, 臣或は町人出の, 臣承はり上行ふとき, 臣拝賀のをり, 臣摩啅羅その王, 臣支倉六左衛門をし, 臣斎藤下野なる者, 臣斎藤掃部助ッ, 臣斎藤直彦も取調, 臣斎部の神主, 臣斎部以下の神職官人, 臣たる武士, 臣旦将来に宿, 臣明智十兵衛というもの, 臣星川の臣, 臣昨夜の夢, 臣智士はまた, 臣有る為し, 臣を輔, 臣朝命に忠, 臣朝川善庵と並称, 臣朝臣宅守が罪, 臣朝臣臣麻呂巨勢朝臣多益須, 臣隠龍太郎, 臣本多平八郎にちがいありませぬ, 臣朱舜水先生の客死, 臣の臣, 臣林半次郎は御苦労, 臣を遣, 臣某氏の別邸, 臣柴田修理亮勝家は上杉景勝, 臣柿本の臣, 臣栄エ主憂ウル時ハ臣辱メラル, 臣である, 臣となし, 臣樋口三郎兵衛とお, 臣樋口次郎兼光をし, 臣檄文をとばし, 臣櫻井の臣, 臣ひて, 臣歌垣に立ち, 臣正木作左衛門を暗殺, 臣死しては袁氏, 臣死スルノ日ハ内ニ余帛アリ, 臣に諫官, 臣母里太兵衛栗山善助井上九郎の三名, 臣干の, 臣氏斎部氏が朝廷, 臣氏系統の傳來, 臣水野新六, 臣池田丹後守もまじっ, 臣波美の臣, 臣泣いて諾す, 臣津野の命, 臣洲股の木下藤吉郎, 臣浦上一族が占め, 臣淡海の臣, 臣淵辺義博にお, 臣清親の記録, 臣清麻呂の宅, 臣溝口伊予が入っ, 臣無きに近し, 臣燕王に位, 臣牟耶の臣, 臣猪麻呂が自分, 臣環視のなか, 臣生江の臣, 臣田中の臣, 臣田中久兵衛が馬, 臣田間の匹夫, 臣由利八郎はすでに, 臣町野平介初名, 臣百官人等天下公民諸聞食さへと詔, 臣百年の身命, 臣的場左衛門と申す, 臣矢部善七郎であった, 臣知多の臣, 臣知己朋友すべて孤独な客心, 臣石川数正の部下, 臣石田清左衞門樣は煙たく, 臣御友別, 臣祖茂は木かげ, 臣神主自ら行ふ部分, 臣祭主正四位上神祇大副大中臣清親寿詞, 臣竹田永翁であったとやら, 臣の臣, 臣等事意及諸教法知其人有如此之藝能, 臣等五人殿下に随, 臣等伏して, 臣等帝の厳, 臣等恐悦至極に存じ奉ります, 臣等手に香炉, 臣等請ふ陛下, 臣筧白兵衛は群, 臣篠原玄蕃という剛の者, 臣粟田の臣, 臣系統の物語, 臣紅き紐著け, 臣羽柴秀吉という大将, 臣羽柴筑前守秀吉に亡ぼされ, 臣羽栗の臣, 臣は私, 臣習宜阿曾麻呂, 臣肯いて阿, 臣臣たるの道, 臣范文正公, 臣草廬を出, 臣蔡京の負, 臣蔡仲の専横, 臣藤原の遠, 臣藤麻呂に詔, 臣を燕, 臣の協力, 臣裴寂の後, 臣だけが殘, 臣諫めて王智力具足, 臣葛瑾の, 臣謙信の把, 臣謹んで俯伏, 臣議すらく仏鉢は, 臣豐國の國前, 臣賀めは御前, 臣賀老人がしつこく, 臣越騎校尉の伍俘, 臣趙雲子龍だった, 臣の話, 臣小四郎, 臣輕部の臣, 臣辱メラルと, 臣任, 臣連伴造国造の徒, 臣連伴造国造百八十部並に公民等, 臣連伴造國造村主の保てる, 臣連国造県主など勢力, 臣連宿禰朝臣などの類, 臣連是忠三の御殿, 臣連等の祖, 臣連等所属の部曲, 臣連胤蔵古写本, 臣連鎌子とはそれ, 臣道誉だからの, 臣遠藤宗信や原田宗時等, 臣像肅清高, 臣であります, 臣郭嘉の病態, 臣怒山, 臣都奴の臣, 臣酒井与四郎重忠は伊勢地方, 臣酒井忠次をいたく, 臣野村勝次郎と申し, 臣金吾にまかせ, 臣金森長近に攻められ, 臣金蘇我果安巨勢人紀大人この五人, 臣金連蘇我果安臣巨勢人臣紀大人臣等, 臣鎌足の連, 臣長浜のああなる, 臣長谷部の君, 臣間人連丹比間人宿禰間人穴太部王間人穴太部女王間人皇女などこれ, 臣関羽に手勢, 臣阿波二十五万石の足枷, 臣阿部仁右衛門も登っ, 臣陳登であった, 臣隷庶民の上, 臣隷諸神の上, 臣雖下愚忝胤先緒驅率所統歸崇天極道遙百濟, 臣雲長関羽がお迎え, 臣青木大佐死しても, 臣朕之, 臣くは, 臣の御, 臣騎馬で河岸, 臣驚き戦きて, 臣高向の臣, 臣高坂弾正が子, 臣高島左京大夫のむす, 臣こそ挫け候え, 臣鮎沢伊太夫鷹司の臣小林民部権太輔両人遠島, 臣鳥居強右衛門と申す, 臣麻呂巨勢朝臣多益須, 臣黒川大隅家, 臣黒翼非常の妖異, 臣黙然と首を