青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「臆病~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~腰かけ 腰かけ~ 腸~ ~腹 腹~ 腹の中~ ~膝 膝~ ~膳 膳~
臆病~
臣~ ~自ら 自ら~ 自体~ ~自信 自信~ ~自分 自分~ ~自分たち ~自分自身

「臆病~」 1448, 16ppm, 7202位

▼ 臆病~ (448, 30.9%)

8 私は 7 んだ, んです 5 くせに, 彼は, 癖に 4 のか, 奴だ, 心は, 私の 3 のだ, のね, のも, ものだ, 彼の, 方が, 狐の, 男だった, 私が

2 [31件] ことは, のです, のとに, のは, のを, ばかりに飛んだ, ものは, わけな, 人間が, 人間だ, 人間の, 低いそして, 卑怯な, 商人だ, 心が, 心の, 心を, 性質が, 性質を, 態度など, 武家が, 気の, 犬が, 犬の, 眼が, 私には, 老人が, 自尊心と, 自尊心とでも, 自尊心を, 莫迦者の

1 [306件] あたしは, あっしでも, あまりどっちにも, あまりに倦怠, いやな, うちの, おじさまな, お安, お方でございます, からであり, くらい内気, ぐらい用心深く, こと, ことで, ことなど, ことばかり, ことを, せいだろう, そして翔べない, たぐいの, ために, ため死遅れ, という, ところが, ところな, ところの, ところ生活の, の, のさ, のだらう, のであらう, のであろう, のでしょう, のでそういう, ので森林, ので鉄砲, のとよく, のには, のに憤慨, のに馬鹿, のらくら息子, ばかりで, ばっかりにこんな, ひとって, ほうだ, ほどで, ほどの令, ほどはにかむ, ほど卑屈, ほど大人しい, ほど気, ほど細心, ぼんやりした, ものであろう, ものです, ものな, ものには, ものを, もんだ, ようすで, ようだ, ようだった, ようで, ような, ように, わけで, わしには, わたくしには, わたしは, んで死骸, ウジウジした, ガタガタ慶吉の, フェリックスが, 一瞥を, 三吉は, 三谷を, 上に, 上眼を, 世間馴れない, 丹造は, 主翁, 二人を, 五位は, 亭主とは, 亭主も, 人, 人々に, 人が, 人たちは, 人に, 人の, 人も, 人や, 人を, 人達だろう, 人間であった, 人間な, 人間なら, 人間に, 人間にも, 他の, 伸子が, 位で, 作家は, 俗衆は, 僕の, 僕等に, 先生の, 冷たい目, 処へ, 動物です, 医者が, 千代之, 卑屈な, 口を, 呂宋兵衛が, 哨兵が, 国民である, 大人に, 大学生山名国太郎に, 大将の, 女だ, 女だろう, 女連は, 奴は, 奴も, 奴らです, 奴らは, 奴等だ, 好人物が, 妓です, 妥協と, 妥協卑劣な, 娘と, 娘な, 娘の, 子が, 子供が, 子供であった, 子供に, 子供の, 安全を, 安城郷太郎が, 小僧はやにはに, 小娘です, 小娘に, 小学生の, 小心な, 小胆と共に, 小鳥たちも, 小鳥の, 少女等を, 少年たる, 少年としては, 少年は, 己を, 常ちゃんが, 常ちゃんでした, 幽霊の, 強情から, 影が, 彼が, 彼も, 彼らは, 彼を, 彼女には, 御氣嫌買, 心から, 心に, 心もちが, 心持で, 心臓に, 怒りを, 性でございます, 性分だ, 性質だ, 性質で, 性質も, 怯やかされ, 悟浄よ, 悪魔的な, 愚かな, 感じが, 態度で, 手つきで, 持ち前は, 挨拶を, 振舞を, 探偵の, 方だ, 方ね, 早くも, 昆虫など, 有徳の, 本能からと, 村長が, 柳水宗匠が, 格好と, 桔梗様で, 欠点が, 武士が, 気もちを, 気持と, 気持に, 気持は, 気質から, 氣懸である, 水鳥の, 注意深いこまどり, 消極的な, 無気力を, 父が, 物腰で, 状態から, 猪熊の, 獣物が, 獸物の, 生まれつきは, 田舎ものの, 男で, 男では, 男でも, 男と, 男に, 男の, 男の子らしく, 男は, 畫學生は, 白人の, 百姓の, 盛綱で, 眼つきを, 眼で, 眼の, 眼付で, 眼付に, 眼付を, 眼差しを, 眼色を, 眼附を, 神経を, 私に, 空想勝ちな, 窮屈な, 素人絵かきを, 素人繪かきを, 老人らしく, 者でしたら, 者らは, 者らも, 胸が, 脳髄の, 腦髓の, 腰が, 自分では, 自分の, 自分を, 自制, 自尊心, 至純な, 與茂吉に, 船長なんかは, 色を, 芋掘りだ, 花だけに, 芸術家らしい, 若い医者, 若い醫者, 若しくは現す, 苦労, 苦勞, 藤沢は, 街路を, 表情と, 要求に, 見物人は, 観念が, 言い方を, 誤解を, 調子で, 貞節な, 質な, 身分の, 身振りを, 連中が, 遅鈍さで, 道義心も, 都督, 里人は, 金切り声を, 金助には, 間接の, 青年であっ, 静也は, 風を, 風邪を, 馬鹿先生は, 駕籠屋の, 驚きと, 驚愕で, 驢馬を, 魂, 鶴見は, 鷺の, 點が, 鼠の

▼ 臆病~ (123, 8.5%)

20 なって 5 して, なつて 4 なった 3 する, なる, なるもの 2 させた, された女, そんなこと, なり何, なり過ぎて, なること, 最も内心

1 [66件] かげに, かじかんだ彼, かつ卑怯, させる, した, したの, したので, しても, しりごみし, すぎるもの, すること, せよ, できた目鼻, なったの, なったん, なっちゃ, なつた, ならざるを, ならずに, なりましてね, なり大抵, なり完全, なり怯, なり恐々, なり猟師, なり粗野, なり落ちつき, なるっていう, なるトレイニング, またたきます, まるで義理, 一噛り, 一本の, 付き合うよう, 回避しよう, 大胆に, 寧ろ馬鹿馬鹿しい, 導き断行, 小膽, 後込みし, 慚愧心が, 成ったお, 成っては, 戸を, 打たれて, 折々見合っ, 根ざして, 歩いて, 死ぬこと, 生れついた雀, 相成って, 神経質で, 笑った, 笑って, 老人の, 肩の, 見え出したの, 見せかけて, 見せまして, 躊躇ひ, 近いほど, 逃げ廻わり, 逡巡を, 過ぎて, 飲み慣れ始めるにつけ, 飽くまで気

▼ 臆病~ (111, 7.7%)

5 はない 2 あつた, あつて, いながら, くるくるし, それに非常, はなかっ, 保守的な, 内気な

1 [90件] あつた幕府, あつた私, いけません, いじけきって, きまりを, さえある, さへ, その上慾, とても自殺, どちらかと, なさすぎる為, なまくらで, なまけものだ, なまけものの, はあった, はありませんでした, はある, はとても, はないでしょう, はなかつた, はなから, はなかろう, はにかみやの, は無い, ひがみ根性が, びくびくし, みじめである, もない, ケチ臭, ズルく, チロチロした, ピアニストには, 一寸の, 不決断, 人が, 人間にも, 仏の, 仕方が, 休んで, 体面に, 何一つ出来ない, 内気で, 利己的に, 卑屈らしい, 友人らに, 取越苦労な, 口と, 只の, 夜に, 夜道は, 大胆な, 好事な, 好人物な, 引窓が, 弱気で, 恥づかしいと, 慾が, 昭和二十年の, 柔和すぎる, 気が, 気の, 気の毒な, 決して不養生, 滅多に, 物怯ぢする, 物馴れない, 狡猾な, 猫が, 神經質な, 窮屈で, 糊の, 素早く動く, 耻ずかしい, 腺病質な, 艶麗な, 芝居に, 著作の, 血を, 誰も, 財布の, 近所が, 遁げただ, 遂に, 醜き事, 間が, 間に合わない内地, 障子を, 非力な, 非情な, 風が

▼ 臆病~ (66, 4.6%)

652 からそんな, からである, からなあ, からね, ということ, なア

1 [43件] から, からいかん, からじゃない, からのう, からよ, から叶わねえ, から尻ッ尾, から岐阜提灯, から念, から恐怖, から本当, から決闘, から相手, が自宅, けれども図太く, し妹, そんなら, つただけに, つた日にや, つた馬琴は, つて世の中は, というの, というわけ, といふ, とか何ん, とさえ思っ, とみえる, とも卑怯, と哂, と思い, と見え, と解, と言っ, なあ, なあいけません, なあおじさん, なあ坊ちやん, ね久助さん, よ, よ少し, わがまま, ナ其, 弱虫だ

▼ 臆病~ (52, 3.6%)

7 に吹かれた 4 に誘われ 3 にふかれ 2 か, にふかれた, に吹かれ, に襲, に誘われた

1 [28件] あたま, が吹い, が染みこんでしまつた, が立ち出した, が船長, というの, とは何事, と哄笑一番, なんてそんな, におそわれた, にか, にかかっ, にさそわれ, にとりつかれたら, に取, に拍車, に見まわれた, に見舞われた, に誘はれ, の最も, は一ぺん, は急, は臆病風, ばかりで, や花軍, をさそい, を吹き飛ばした, を呉国

▼ 臆病~ (50, 3.5%)

4 ために 2 そばに, ためかも, ためだった, ようです, 馬吉は

1 [36件] あまりに時, あまり怖い, お手柄, せいじゃ, せいだ, ためだらう, ためだろう, ためです, ためとか, においが, やうだ, ように, 人が, 伝七の, 刺客の, 夜鶯の, 学生も, 幻を, 式部はじめ供の, 心といふ, 念を, 方です, 本性を, 根を, 標識として, 正一は, 目を, 第一人, 結果幽霊を, 罪で, 考えが, 者が, 色頬に, 虫だけ, 連中は, 雷龍を

▼ 臆病~ (48, 3.3%)

2 のため

1 [46件] うでも, からしょっちゅう, からでも言い換えれ, から来たらしい, がはかなく, がまた, が生まれた, が身, が雑居, だとは, であり若い, である, でこの, でひどく, で媚びる, で頭, と, とがいつ, とで果して, とともに異常, と七分三分, と胡魔化, なの, につけ込ん, になつ, によるもの, に反抗, に口, に囚, に打たれた, に打ち勝つ, に気付い, の確かめられる, は彼, もまったく, も充分, も口惜しかっ, も恥, をさらに, をもっ, を云, を以て女中, を含んだ, を知り, を責め, 男らしい率直さ

▼ 臆病~ (36, 2.5%)

2 いうよりは, だ

1 [32件] いうか, いうより, いつて, そういった寂しい, なって, ならぬ, なる, 一種の, 不安が, 不決断, 云うよりも, 云う自覚, 云ひたい程の, 云ふ, 五十パーセントの, 兩方の, 博士の, 善良さと, 大胆との, 平塚さんの, 思えるほど, 戦って, 痴呆とを, 知りながら, 破廉恥とが, 自分でも, 見えて, 言おうか, 言ったって, 言ったの, 言つたつ, 過度の

▼ 臆病そう~ (32, 2.2%)

2 な眼つき, な顔, に口

1 [26件] な流眄, な目, な眼, な艶, な青い, な顔色, な黒い, に, にうつ, にうろつき廻っ, にこの, にしりごみ, につけ加えた, にチラチラ, にヨタヨタ, に仲直り, に幾度, に撫で, に椅子, に片, に老人, に見える, に辺り, に震えはじめた, に顔, に首

▼ 臆病らしく~ (32, 2.2%)

2 さへ, モヂ, 二人を, 眼を

1 [24件] おどおどし, お辭儀, こう言う, そのくせ動作, その人, て肉体的, て肉體的, のろのろ這っ, チリッと, ピヨコリと, 二つ三つ續け, 兵野の, 口を, 四下を, 固唾を, 奥口を, 小膝を, 平次を, 挨拶した, 揉手を, 母親の, 自分等の, 裾を, 顏を

▼ 臆病らしい~ (30, 2.1%)

5 眼を 2 小娘から

1 [23件] ところさへ, ところも, のを, また気, 一種の, 人間で, 佐太郎も, 勢の, 姿作り笑いさえ, 忍び返しも, 態度で, 様子を, 油汗が, 目が, 目で, 目付きを, 眼や, 眼付で, 眼付を, 眼附で, 眼附を, 色を, 顏には

▼ 臆病~ (29, 2.0%)

3 笑って 2 でも叱する, 妾反対に

1 [22件] あざけったが, あざけり笑って, きらった, くさした, 別に恥ずかしい, 励ますため, 叱りつけた, 叱りながら, 呪ったこと, 嘲るよう, 恥じる気, 意味する, 治して, 現すの, 示したとき, 笑い退けて, 笑うであろう, 笑った, 笑つてゐる, 苦しんで, 証明する, 賣物

▼ 臆病もの~ (23, 1.6%)

2 か怠けもの, になる

1 [19件] があて, がこれ, だから, だと, ですから, と見え, なれば, にし, のよう, の可, の強がり, の流れ, の癖, の自分, の薬, は私たち, を崇める, 呼ばわりされる, 覚束なき

▼ 臆病~ (21, 1.5%)

2 から此方, がきつてあつ, を開け

1 [15件] からなんか, から小僧, から手, から渡さなかった, から腕, から見た, から覗く, があく, が開い, に似た, のところ, の下, の外, を締めよう, を開けた

▼ 臆病なる~ (20, 1.4%)

2 心は

1 [18件] が故, はさほど, ゆえ僕自身の, ゆえ怜悧なり, 主人の, 予の, 余も, 僕に, 外國人は, 大将である, 彼等の, 慈悲心ある, 我々は, 武士あり, 群衆である, 者は, 船長等の, 裁判官が

▼ 臆病馬吉~ (17, 1.2%)

2 の侠名, の長屋, はヘタヘタ, は尺八 1 が討った, が討つた, じゃありません, という男, という綽名, といふ男, といふ綽名, の芸当, の藝當

▼ 臆病~ (14, 1.0%)

2 させたこと, 支配し 1 ある, その考え, ひどく癪, 先に, 却ってかれ, 感染ります, 最後に, 次から, 眼を, 露顕し

▼ 臆病~ (13, 0.9%)

1 [13件] がいよいよ, が邪魔, にある, に襲, は, は影, をあばいた, をおびやかし, をむりやり, を押えつけ, を棄てなけれ, を起した, を養成

▼ 臆病から~ (12, 0.8%)

1 [12件] いうの, こんな拵えもの, して, それに, だった, だと, なり, のばしのばしして, 災いを, 解釋し, 起った錯覚, 起つたこと

▼ 臆病だった~ (12, 0.8%)

3 のだ 2 日にゃ 1 あたしは, そのくせ, ので, ので蔵, ばかりに心, ぼくは, 馬琴は

▼ 臆病~ (12, 0.8%)

2 人に 1 うつると, この頃, もっともっと大きく, もつともつと大きく, 今の, 前もって彼, 文明人のみの, 有名だった, 病気の, 虚偽の

▼ 臆病さうな~ (8, 0.6%)

1 中年者常吉は, 僞裝を, 兄を, 妙に, 息子を, 眼を, 顏を, 顔つきを

▼ 臆病であった~ (8, 0.6%)

1 おかげで, から独り, ために, だけです, と言われる, のだ, 僕は, 藤十郎は

▼ 臆病である~ (8, 0.6%)

1 からこそでき得る, から個人, ことは, ため虚心坦懐な, とも思わない, のです, 本性は, 自分は

▼ 臆病でも~ (8, 0.6%)

1 あり古典, ある, あるし, いいです, ございませぬ, その位, ないつて, 大の

▼ 臆病~ (8, 0.6%)

1 がつい, がとっつき, が付いた, が付いてる, が顯, にとりつかれた, の手下ども, の犠牲

▼ 臆病~ (7, 0.5%)

1 な予感, な声, な声色, な目つき, にこう, に伏目, に口

▼ 臆病にも~ (7, 0.5%)

1 いろ, かかはらず落着, ならあ, 似ず一生懸命, 縮んで, 見えた, 財布を

▼ 臆病~ (6, 0.4%)

4 やない 1 やありやしない, やねえ

▼ 臆病であり~ (6, 0.4%)

2 そして彼等自身 1 お前はた, 世の, 乍ら自己の, 幼さ

▼ 臆病です~ (6, 0.4%)

2 からとても 1 から床下, から私, ですから雷, よ

▼ 臆病でない~ (5, 0.3%)

1 ことは, だけは御用, とかそんな, 人間が, 者が

▼ 臆病とか~ (5, 0.3%)

1 いったよう, 不注意が, 度胸が, 弱虫だ, 臆病でない

▼ 臆病じゃ~ (4, 0.3%)

1 ありませんわ, ないのよ, ねえ, 実際仕方

▼ 臆病であっ~ (4, 0.3%)

2 てはならない 1 てもただちに, て伝

▼ 臆病なり~ (4, 0.3%)

1 というごとき, といひき, 云々, 我心は

▼ 臆病~ (3, 0.2%)

1 あるいは用心深く, ら致い, 蛇か

▼ 臆病すぎた~ (3, 0.2%)

21 ようだ

▼ 臆病とは~ (3, 0.2%)

1 余り情けない, 彼が, 限らない却って早くから

▼ 臆病~ (3, 0.2%)

1 あったが, 流れ出て, 知るべしである

▼ 臆病~ (3, 0.2%)

1 さかい心臓, 習慣の, 迷信は

▼ 臆病を以て~ (3, 0.2%)

2 自任したくなる 1 見れば

▼ 臆病かぜ~ (2, 0.1%)

1 に吹かれ, に襲われ召された

▼ 臆病がる~ (2, 0.1%)

1 にも及ばない, 子だった

▼ 臆病さうに~ (2, 0.1%)

1 おちかは, 吠えたて

▼ 臆病すぎる~ (2, 0.1%)

1 と言つて笑, 話であった

▼ 臆病という~ (2, 0.1%)

1 ものだろう, 因が

▼ 臆病といふ~ (2, 0.1%)

1 チャチな, 心の

▼ 臆病とに~ (2, 0.1%)

2 後髪を

▼ 臆病とばかりは~ (2, 0.1%)

1 云はれない, 言われまい

▼ 臆病とも~ (2, 0.1%)

1 叱っても, 叱つて

▼ 臆病などと~ (2, 0.1%)

1 云うこと, 云ふ

▼ 臆病なりしか~ (2, 0.1%)

1 ど家人, ばかかる

▼ 臆病~ (2, 0.1%)

1 と世間, の新九郎

▼ 臆病~ (2, 0.1%)

1 の勇み肌, の錯覚

▼ 臆病未練~ (2, 0.1%)

1 なコン吉, な悲鳴

▼ 臆病~ (2, 0.1%)

1 なそして, な予感

▼ 臆病~ (2, 0.1%)

1 が遠吠え, だ

▼ 臆病~ (2, 0.1%)

1 が一層, のある

▼ 臆病臭い~ (2, 0.1%)

2 微笑で

▼ 臆病至極~ (2, 0.1%)

2 の身なり

▼ 臆病與茂吉~ (2, 0.1%)

1 でなく番頭, と逢引

▼ 臆病過ぎ~ (2, 0.1%)

1 て直ぐ, はしない

▼ 臆病~ (2, 0.1%)

1 でその, で虻

▼ 臆病馬吉奴~ (2, 0.1%)

2 まだ尺八

▼1* [89件]

臆病あざわらうように, 臆病いっさいのもの, 臆病かが彼には, 臆病からか予感からか, 臆病からにもせよおれ, 臆病からの世間態も, 臆病がちに社, 臆病がらせてお, 臆病ぐせがついちまった, 臆病さうに上眼越しにチラチラ, 臆病さうに固唾を呑む, 臆病さうに米を炊, 臆病さ加減には少し, 臆病すなわち気の, 臆病そして私は, 臆病ぞろいよ, 臆病づかれで寢, 臆病づらを下げ, 臆病でありやすから追剥, 臆病であるべき必要が, 臆病であるらしく容易な, 臆病でございますから少し, 臆病です飲み度く, 臆病でなかったならば或は, 臆病で働くことの, 臆病で入らっしゃるよ誰, 臆病で従いて行こう, 臆病とかいふ形容詞を, 臆病とかの欠点を, 臆病とが長い間鬪つて, 臆病とで動いて, 臆病どころか随分大胆, 臆病どもの鼻, 臆病なせゐか成人, 臆病なやどかりに, 臆病なら主人を, 臆病ならざる輩も, 臆病なればこそ五尺六寸四分, 臆病な取越し苦労を, 臆病な阿母さんです, 臆病にしか振舞ふ, 臆病には自分ながら, 臆病のせゐで旦那, 臆病のみがさせる業, 臆病はにかみ焦燥後悔取越苦労等々から, 臆病ばかりでないその, 臆病ものでいかにも町, 臆病より呼び起こせるもの, 臆病らしさに, 臆病らしく吠えつづけていた, 臆病らしく固まり殿には, 臆病らしく投出すやうに, 臆病らしく瞬くのです, 臆病らしく考えていた, 臆病らしく見える人間という, 臆病用心深イ筈, 臆病ナノデアルガ今度ノ, 臆病ナル輩ニハ準ズベカラズ, 臆病一切のもの, 臆病一方な性質, 臆病人ゆえあたら戦, 臆病以上とも言える, 臆病仲間に引き入れ, 臆病千万な恐怖, 臆病卑怯な偽善者どもめ, 臆病ともいふ, 臆病小胆なたち, 臆病小賢しくて功利的, 臆病思うべしで枇杷塚と, 臆病な声, 臆病意見富士の山大名, 臆病抜群で鋭い, 臆病は親切, 臆病武士や二タ股者, 臆病沙汰というほか, 臆病無類の愚作者, 臆病に癒え, 臆病の人物, 臆病が震える, 臆病神取付いて, 臆病船長の大, 臆病がこ, 臆病に憑かれた, 臆病の解らぬ, 臆病の解らぬ, 臆病連中ばかりであった, 臆病過ぎた恋でした, 臆病過ぎるしお, 臆病馬吉ぢやありません