青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「膳~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

腰~ ~腰かけ 腰かけ~ 腸~ ~腹 腹~ 腹の中~ ~膝 膝~ ~膳
膳~
臆病~ 臣~ ~自ら 自ら~ 自体~ ~自信 自信~ ~自分 自分~ ~自分たち

「膳~」 4121, 45ppm, 2606位

▼ 膳~ (978, 23.7%)

90 上に 46 前に 45 上の 24 上を 20 上には 15 上へ 11 前へ 8 手に 7 上は 6 ために, 傍に, 支度を 5 飯を

4 [11件] うえに, うしろに, ものを, 一眼に, 上で, 上にも, 側へ, 前で, 向うに, 隅へ, 顔が

3 [18件] あとを, ことだ, すがた, そばに, わきに, 上から, 声が, 姿を, 左手が, 御飯の, 手へ, 手を, 手紙を, 端に, 縁に, 長身が, 間に, 顔を

2 [56件] うえには, うしろから, お下り, お菜の, からだ, たけの, ところへ, ほうが, ほうへ, まえに, もとへ, ようすに, オミキか, 一行を, 一隅に, 上が, 上にて, 上にの, 下へ, 乾雲を, 仕度を, 代りに, 側に, 出て, 前の, 前を, 剣に, 声, 声だ, 声に, 大伴部を, 左手の, 左隅の, 手が, 手には, 手もとを, 掘立小屋, 支度が, 濡れ燕が, 片手に, 片眼, 物を, 用意が, 眼に, 箸を, 罵声が, 耳には, 耳へ, 背後に, 胸中は, 脇に, 腕前は, 船の, 頬に, 頬の, 首級は

1 [479件] あたま, あたまに, いること, うえが, うしろへ, うめきが海底の, おかげだ, おちこんだとき, おちた地中, おもわくどおり, お肴, お膳ぢ, かかえこんで, かながしらの, からだは, ぐるりに, こころが, こしらえ方, こと, ことで, ことばかり, ことばに, ことばまで, ことばを, ことを, ごとき達人, さし向, したくを, しゃがれ声, すみに, そば, たたっ斬ったの, どこにも, どら声が, にらみは, ねらいどころ, はげか, はげかかりて, ひだり手の, ふきんを, ふところ帳, ほうこそ, ほうで, ほうを, まうし, まえには, まえを, まえ諸事かんそ, まねを, まぶたの, まへに, まわりに, むねは, もって, もとから, もとに, ものが, ものと, ものは, やつが, やつさっそく, やつは, やつまだウロウロ, ようすが, ようすを, ような, ように, わきで, わらいは, をへずった, カッコウを, クキと, ネットリした, 一味が, 一団が, 一方に, 一眼が, 一眼は, 一眼萩乃と, 一部に, 一隅には, 万難千苦の, 三本めの, 上, 上げ下ろしを, 上でも, 上において, 上ほど, 上よりも, 上一酌の, 上復一物なし, 下から, 下が, 下に, 下には, 下の, 世を, 世話を, 並んだ末, 並んだ隣, 中から, 中には, 主君乾坤二刀の, 乾雲そうそう, 乾雲丸であろう, 乾雲丸とを, 乾雲丸一気に, 乾雲埋没を, 乾雲栄三郎の, 事に, 五感を, 仇敵諏訪栄三郎を, 仕出を, 仕度すつ, 仕度に, 仕度の, 仕末, 代りで, 代りと, 仲が, 低いの, 体あたり無造作に, 体が, 体勢は, 体裁はや, 側には, 傍には, 傍へ, 傍まで, 傍らに, 働きを, 全身から, 全身を, 冷飯に, 出たばかり, 出ない先, 出るの, 出入りを, 出来損いと, 刀は, 刀を, 刀争いなぞ, 刃に, 前から, 前でしょう, 前額を, 剣が, 剣も, 剣技に, 剣筋を, 剣自由ならず, 助剣, 助太刀じゃ, 卓に, 危難に, 去った方, 友情, 口に, 口の, 口を, 右側の, 右向側に, 右横から, 右腕へ, 名が, 向うで, 向うへ, 向こう側の, 向ふ, 君を, 吸物からは, 味方, 呼吸も, 命を, 咽喉が, 嗄れ声, 四肢は, 声では, 声に従って, 声は, 声らしい, 外に, 外へ, 夢は, 大事であっ, 大伴部, 大喝に, 大部屋へ, 女物の, 如し, 妖刃濡れ燕も, 姿が, 姿だった, 姿とが, 姿は, 姿も, 娘, 娘とか, 娘なる, 嫡子であっ, 字だ, 孫徹男に, 実の, 家で, 家の, 密命に, 密命を, 寒雀二羽を, 寝姿, 小姓であった, 小屋から, 小屋に, 小屋の, 小屋へ, 小皿を, 居どころを, 居所を, 居間には, 峰打ちに, 左眼に, 左膳たる, 差しつ押えつまことに, 希望の, 帰還について, 広さ, 引かれた頃, 引出から, 形で, 形は, 形相を, 役目は, 後を, 後仕, 後我女房を, 後片, 御料理なぞ, 御飯を, 御馳走も, 微笑, 心に, 心もちは, 心を, 心中その, 心中はなはだ, 怒号に, 思い出を, 思い女弥生の, 性に, 怪しいふるまい, 恋ごころを, 恋は, 恐ろしさ, 息の根を, 意を, 態度に, 慕う弥生, 懐中へ, 所在を, 手から, 手は, 手もとに, 手紙が, 手紙の, 扮装を, 技能は, 捨てぜりふ, 据ゑられぬうちから學校へ, 掘立て小屋に, 控え家である, 揶揄を, 支度で, 支度も, 教え方, 教授を, 数から, 数の子を, 文によって, 料理だ, 料理で, 料理の, 料理を, 方から, 方には, 方へ, 方を, 日か, 日も, 早蕨に, 時あ, 書を, 書面を, 期待を, 来るにも, 横, 横に, 横には, 横顔に, 正直な, 殿様, 殿様そんな, 殿様なんかが, 気もちは, 気を, 気合いが, 水貝や, 決心が, 注意を, 深胴, 準備は, 漆の, 濁声には, 濡れ燕に, 濡れ燕も, 濡れ燕を, 焦慮は, 片づけを, 片付も, 片手から, 片手を, 片腕から, 片袖, 物が, 物は, 狂刃が, 独眼の, 独眼みるみる, 独眼を, 狼藉を, 獅子にも, 理想の, 用を, 用命を, 用意なども, 用意を, 申し立てだ, 番を, 異名を, 痩せ脛, 白い布片, 盃にも, 盃を, 看護じゃ, 真似も, 真只中に, 眼ったら, 眼には, 瞳に, 矢場へ, 礼も, 秘使を, 端には, 笑い声が, 笞の, 筆を, 筆跡, 筋斗が, 答は, 縁にと, 縁の, 縁へ, 罪科本所法恩寺橋まえ, 耳に, 耳にすら, 耳にまで, 肋骨の, 肘を, 肚です, 肩が, 肩の, 肩を, 肩車を, 胆心を, 背に, 背後には, 胴へ, 胴を, 胸に, 胸には, 胸は, 胸も, 胸を, 胸中など, 胸部を, 脇腹へ, 脇腹めがけ, 脚に, 腕前を, 腰を, 腰間を, 腹が, 膚にさえ, 膝の, 臣, 臣が, 臣の, 臣斎藤直彦も, 舌打ちが, 舟が, 船では, 船中へ, 芽が, 苦りきるの, 苦悩は, 苦笑とともに, 落ちた穴, 落胆その, 蒲鉾小屋へ, 蒼い顔, 蒼顔はや, 血を, 血相は, 街頭募金姿を, 裾と, 裾に, 見こみに, 角で, 角を, 言い分を, 言葉, 言葉の, 言葉は, 計略で, 話に, 諸士, 講義を, 資に, 走って, 足が, 足の, 足もとに, 足を, 跡片づけ, 身に, 身には, 身の上と, 身体が, 軍勢と, 軽傷以下十指に, 返事一つで, 通い茶の, 運ばれるの, 運命は, 道に, 酒に, 酔耳に, 長剣に, 長身タッタッと, 間それに, 隅に, 隅の, 隠して, 隻眼に, 隻腕に, 隻腕一文字に, 隻腕乾雲土砂を, 離室に, 離室を, 青眼は, 頬は, 頬肉が, 頭上に, 頸へ, 額部に, 顔は, 顔へ, 顔面筋肉が, 類に, 類にも, 風体である, 風態に, 食品の, 食物を, 首へ, 首を, 首をよけて, 首級だ, 首級であった, 首級と, 驚きは

▼ 膳~ (796, 19.3%)

63 運んで 30 持って 23 前に 20 持つて 16 並べて 14 出して 12 下げて 8 さげて, 据えて 7 下げに, 引いて 5 押しや, 捧げて, 控えて 4 すえて, 片附け 3 はこんで, 台所へ, 控えた, 置いて, 見ると, 運ばせて, 運ぶの, 運んだ

2 [42件] さげに, とりまいて, めがけて, もって, 下げた, 下げたり, 下げてから, 並べて食う, 仮りの, 供えて, 共にした, 出した物, 出すの, 前へ, 台所から, 囲みました, 引かせて, 引かせると, 引き寄せて, 引寄せ, 彼の, 押しやると, 拭いて, 拵えて, 持ち出して, 持出で, 据えた, 据える, 構えて, 片づけて, 片付けて, 用意する, 自分の, 見て, 視め, 調えて, 蹴返した, 退げ, 運び出して, 運ぶ時, 隅へ, 離れると

1 [457件] あおいで, あらしたチビ公, いっそう不, いつまでも, いやしくする, うけ取って, うやうやしく置い, おしのけ思はず一膝二膝前, おすすめし, おそうと, お夏さん, お洗い, お置きいたします, かえりみ, かこみながら, かこみました, かこむ兄, かこもうね, かこんで, かたづけた, かたづけて, かついで, くいとめて, くいとめようと, くばり酒, こしらえて, こしらえる場合, こしらえ薬味, こちらへ, こつちへ, これも, さげさ, さげさせようと, さげたの, さしあげまする, さし左膳, さへ, しつらえるつもり, して, しまいかけたから, しまうと, すえあなた, すえ並べて, すえ仕事, すえ裂いた松茸, すぐ洗つて拭巾, すすめた, すすめたお, すすめなかった, そこに, そこへ, その儘蹴, その妻, その男, その邸内, そばに, たおすこと, つかまえて, つきとばす, つきやつ, つくって, つけ狙うと, つつきまわしながら, つとめた, ととのえさまざま, ととのえた, ととのえ旗幡林立, とりに, とり巻いて, どなりつけました, なめて, ならべた貞之進, ならべて, にらんで, のこして, のぞき小, はこばせ半蔵, はこびます, はこぶ下女, はさんで, はじめ一同が, はじめ何人あぶれ者が, はじめ月輪組も, はじめ月輪組を, はなれて, ひいて, ひきよせ蓋, ひきよせ銚子, ひくと, ひっくり返した, ひっぱり出しぼそぼそ, ふけと, ふたつつ, ぼんやり眺め, まえに, また傍, みつめて, もう一度出させ, もつて, わが物, わざわざみんな, わずらわさなくとも, チョビ安は, ハネ飛ばす, ベッドの, 一々伊勢丹, 一つ一つ私達の, 一つ危な, 一つ拵へ, 一生懸命研究し, 三日据ゑられるといふ川柳の, 上れ, 下げさして, 下げさせた, 下げさせた上, 下げさせるところ, 下げた下女, 下げまして, 下げる内, 下げ次, 下げ身体, 下さい, 下に, 両手に, 並べさせお, 並べた, 並べて坐る, 並べながら, 中に, 中央に, 中心に, 丸めるなり, 二つそこへ, 二三枚蹴, 二人で, 二人前据え, 二列に, 他所に, 仮想し, 伴い去ったまま今どこ, 作り酒, 使い他, 供えたらあと, 供え夕, 信濃へ, 傍へ, 傍らに, 共にし, 兵馬の, 出さないか, 出さなかった, 出されたの, 出し, 出しかけた, 出しそろえて, 出した, 出したはじめ, 出したらよかろ, 出したり, 出し置きちかが, 出すさ, 出すといふ, 出すとき, 出すに, 出す三十分, 出す習慣, 出せと, 出せ椀, 出だす, 削って, 助けだして, 助けに, 助ける銃声, 助け出しそして, 助け出しに, 動かすの, 勝手元へ, 勤む, 包んだ, 包んで, 取りあげて, 取りおろすの, 取りに, 取りまく一同, 取り上げもう, 取り巻いて, 取上て, 取巻いて, 取片づけに, 受け取って, 叩いた, 台所迄, 吉平の, 向うへ, 呑んで, 呪って, 味方に, 呼ばわって, 四つ並べ, 囲みながら, 囲んで, 大きなぶち, 大将として, 奉るの, 始めと, 寄せて, 尊敬させ, 尻眼に, 山三郎の, 差し上げて, 差し上げましょうか, 差し上げる運び, 差入れて, 帳場に, 平気で, 平氣, 庇って, 廊下に, 廊下へ, 廻し好き, 引いた後, 引いた跡, 引かうと, 引かしてから, 引きあげるため, 引きて, 引きながら, 引きに, 引きよせて, 引き出しに, 引くとき, 引っくり返された, 引っくり返したり, 引寄せ布団に, 引寄せ手盛で, 引掻き廻すので, 引終る, 彼女は, 待ちこがれて, 待ちながら, 待ち伏せるつもり, 待ち伏せ乾坤一擲, 得て, 御推挙, 思いうかべながら, 急がした, 悟らぬ, 慕い世, 憚って, 戸棚に, 戸棚の, 房に, 手前へ, 打つという, 押しかえす, 押しこんで, 押しやって, 押しやります, 押出して, 押片づけ, 押遣つたのである, 拵えたもの, 拵へて, 拵へる, 持たせ立, 持ちだし母, 持ちひとり, 持ち上げそう, 持ち出さして, 持ったなり, 持つても, 持て来るの, 持て老人, 持來たり, 持來り, 持出した, 持出し二人分, 持来たりて, 持運んで, 指された, 挟んで, 振りむかせた, 捨てて, 据えたので, 据えるだけの, 据えると, 据える前, 据れ, 据ゑてそこで, 据ゑてチャンと, 据ゑて傍に, 据ゑて小量な, 据ゑて淋しい, 据ゑて罎の, 据ゑて置い, 据ゑて行つたのである, 据ゑる, 据ゑると緊張し切つた, 据ゑる迄には, 掌へ, 探し出せ, 控えたなり, 控えたまま楊枝, 撒かれても, 支度し, 放り出し膳, 救い出しそれ, 救い出して, 救い出すか, 救うべく, 斬るでも, 斬るまえに, 早く, 更めさせ, 最後に, 枕元に, 椅子の, 止めて, 殘し, 江戸お, 洗いに, 洗い拵えたて, 洗つて居た, 流し見た彼女, 流元, 源十郎は, 激動せしめた, 爐邊へ, 父上と, 片つけ, 片づけさせた, 片づけさせて, 片づけてな, 片づけに, 片付けたが, 片付けはじめた, 片付けはじめると, 片付け馬, 片寄せた, 片寄せて, 片附, 物色し, 狙うよう, 生んだ北国野放し, 用意し, 用意した, 目がけて, 目八分に, 直して, 相当に, 相手の, 真似て, 眺めた, 眺めながら, 眼八分に, 私の, 穢さず因って, 穿いたま, 穿いて, 突きやって, 窓側の, 竝べ, 粗食に, 総大将, 縁側近くに, 置いたまま, 置き, 置きざりに, 置きつつ, 置き傾けつくしたと, 置き帰りしな, 置き炉端, 置き老, 置く場所, 置く音, 置つ, 肩に, 膝の, 膳棚に, 自分で, 荒した, 落したり, 行儀よく, 袖で, 襲いその, 見あげ, 見あげた, 見あげたお, 見あげて, 見かけて, 見た, 見たとき, 見つめて, 見ながら, 見るが, 見廻して, 見返す, 討つといふ, 誂へ, 調えに, 貪ぼる人, 貳に, 買つて來て, 賑わすほどの, 賑わせたの, 越えて, 距てて, 踏みつけたから, 踏み砕いて, 蹴上げると, 蹴飛ばしたから, 蹴飛ばす仕末, 載せた炬燵, 載せて, 迎えて, 迎えに, 追うこと, 追ってお, 追って捕方, 退けて, 送りて, 送り自分, 運ばせながら, 運ばせること, 運ばれたの, 運びはじめた, 運び來, 運び出した, 運び飯櫃, 運ぶお, 運ぶこと, 運ぶにも, 運ぶやら, 運ぶ前, 運ぶ女中, 運ぶ忙, 運ぼうかと, 運んだらしい, 運んだり, 部屋の, 長火鉢の, 隅ッこへ, 階子段の, 離れた, 離れて, 離れに, 露八は, 順序正しく, 頭に, 顧みて, 飛び下りて, 食おう我, 食は, 食べたまで, 食べたり, 飯鉢の, 飾るちり鍋

▼ 膳~ (494, 12.0%)

24 向って 11 ついた 10 向つて 8 向いながら, 向かって 7 向った 6 ついて, 向った時, 向ふ, 就いた 5 むかった, むかって, 向ひ 4 向かった, 向っても, 対って

3 [12件] して, つく, つけた, むかうと, 上す, 上る, 向うと, 向つた, 向ッ, 着いた時, 着いて, 載せて

2 [29件] ござりまする, しても, ついた時, つくの, つく気, のせた, むかったが, 一二本の, 上った, 上る季節, 並べた料理, 並べて, 出して, 向います, 向うの, 向う時, 向おうと, 向ったが, 向っては, 向は, 坐つたが, 対う, 持ち出された酒, 着いた, 箸を, 置いた, 載って, 酒を, 銚子を

1 [281件] あった小, いつも上つた, うつった, うまい漬物, おさえられて, お吸物椀, かぶせて, かわるの, きまって添えられた, この上, この時, この笑い, したがって, その塩焼, その晩一家ぢゆう, それを, ちょっと手, ついたかを, ついたが, ついたため永遠, ついたと, ついた妹娘, ついた父, ついた鹽鰤, ついてからも, ついてるの, つかせ親しみ, つかなくっちゃ, つかれず待ちわびて, つきそれからまた, つきながら, つきました, つきますと, つき何れ, つき酒, つくのみ, つくん, つく前, つけ, つけたの, つけて, つけ膳, つこうと, つづいて, つながる自分, ともかくおもて向ききょう, なさいました, なすりつけたり, なって, なまの, ならんで, のせたもの, のせて, のせられた粘土, のせ割合, のせ血ぐさい修羅ばなし, のった肴, のった食物, のって, のぼす, のぼせて, のぼせるといふ, のぼる頃, はっきり聞こえる, ふせて, むかいながら, むかう気, むかつて, むかひながら, むかひ冬菜, むかへば, もどり猪口, よれば, ウヰスキーか, ビールを, 一個ずつの, 一泡ふかせ, 一献を, 一銚子添えさせる, 三人鼎坐し, 上し, 上すに, 上す国で, 上せし小鉢, 上せるの, 上ったもの, 上つた玉子は, 上らすこと, 上らない時, 上り汁, 上ること, 上るの, 上る数々, 上る果して, 上れば, 与えた, 与して, 両手が, 並んで, 乗せて, 乗せます, 乗っけられませぬ, 乗つて, 乾雲丸を, 人の, 付けたの, 付ける風, 伏せる, 似て, 何もかも知りつくした, 供えること, 供えるため, 供えると, 供し, 入る, 出される, 出す最も, 出たもの, 出るし, 出会いたし, 利あらず, 劣らぬよう, 助力し, 取り入って, 口取りと, 口取を, 右手が, 向い, 向いあったとき, 向いつつ, 向いて, 向いは, 向い福神漬, 向い鶏, 向うという, 向うよう, 向う常, 向う時分, 向う頃, 向かいあたたか, 向かいながら, 向かう, 向かうと, 向かうの, 向かう張合, 向かえば, 向かったとき, 向かった事, 向かった時, 向かわせ飯, 向きなおった高大之進, 向ったところ, 向ったもの, 向った日, 向った時下女, 向った父, 向った電燈, 向つたのである, 向つたま, 向つたやうで, 向つた時に, 向つた時私は, 向つた時素戔嗚は, 向ひました, 向ひましたら, 向ふようになつ, 向へ, 向へば, 向わずに, 向わなかった, 向わなければ, 向わぬさき, 向われるそう, 味噌か, 呼びかけた, 坐ったが, 坐って, 坐らせられた, 坐りたるを, 坐り常, 坐るまでの, 報いる機会, 塩焼の, 塵が, 大いなる鰕上り, 大きい二合徳利, 対おうとし, 対して, 対つたが, 対ふと, 對つても, 對ふ, 小鰯, 就いた夫, 就くこと, 就くなぞ, 山の, 川魚の, 差し向い, 徳利の, 恋を, 恭しく袴つき, 悪寒を, 意中の, 慣れた母, 戴せ, 手を, 手帛を, 押されて, 押し並んで, 挨拶し, 捨てながら, 散らひ来る粉雪, 映る小, 来て, 欺され, 残された一切れ, 気づいて, 気を, 沢庵四きれ, 添えた三宝, 添える, 渡したが, 激突する, 火事の, 生鮭, 白いもの, 盃を, 目を, 相当した, 相違ない, 着いただけ, 着いたの, 着いたり, 着く, 着くとき, 着くの, 破流別動, 礼を, 私達は, 積みかさねて, 端唄の, 米を, 組し, 置いてこそ, 置く, 置くと, 肩を, 胡桃と, 臨もうと, 至っては, 荒く投げ付け, 菓子盛り紅葉寺, 菜根を, 蝿除を, 蟹を, 見さだめて, 見つくろって, 見当の, 話しかけたか, 誘ふと, 贅を, 贈り, 足りない程度, 身も, 載せようとして, 載せられた, 載せられた肴, 載せ是, 返しても, 連れられて, 配らせました, 配置し, 酒が, 酒肴を, 錫の, 長短の, 雛の, 非ず, 鯛を, 鼻を

▼ 膳~ (342, 8.3%)

4 一眼を 3 左手で, 手の, 源十郎の 2 お藤, そう言っ, それも, チョビ安に, 乾雲に, 僕が, 弥生の, 思わず声, 苦笑し, 萩乃を

1 [309件] あくまでも自分, あしたすっかり, あたりを, あっけに, あったに, あとでも, あのとおり, あの仮り, あの高大之進, ありあけ行燈, いか, いささかかって, いささか持て, いっこうききいれない, いつからか, いつのまにか眠りかけ, いつも心配そう, いつ抜いた, うなり出して, おッ, お側に, お浦, お茶づけ, かう三つ, がらに, ぎょっと顔色, くるりと, ぐっと顎, こうして昼, こうして毎夜, こうして縁側, こう三つ, こう突っかかる, こけ猿, ここまで, こっそりと, このつぎどこ, この土用, この時, この若造, これからすぐ旅, これは, さすがは, さっきから, さもさ, しずかに, しなだれかかるよう, しばらくじっと見おろし, しゃがんで, しんから, じっと弥生, すばやく懐中, そう思う, そこに, そこらの, そこを, そのかたわら, そのままお, その一眼, その剃刀, その夜眼, その寮, その左剣, その柳生, その気色, その精進, その薪, それに, それには, そんなふう, ただ一直線, たちさって, たちまち与吉, たった一つ, ちらりと見, ついと身, できる, どうしてもこの, どうしました, どうします, どこやら, どっかとあぐら, なぜか, なれない左手, にっこりした, にらんで, はじめてわれ, はずかしがる, ひしゃげたよう, ひそかに, ひだりの, ひだり手に, ひとこと, ふたたびニヤリと, ふだんと, ふところを, ふと真顔, ぶらりと立ちどまった, べつに失望, ほしと, またし, まだかく, まったく信じ, まるでしなだれかかる, みるみる顔, もうまわり兼ねる, もうもと, もうゾクゾクする, もう一団, もう下げ, もう与吉, もう喚く, もう喧嘩, もう四, もう差し上げました, やっとヒョロヒョロ, やに, やにわにお, ゆっくりと, よくこうした, よく寝言, よく深夜, よろめいたり, オシヤマンベにおいて, ギックリ, ギョッと, スッカリ感心し, ニッコリ顔, ニヤッと, ニヤニヤ笑っ, ヌラリと, ノッシリと, パッ, ヒョロリと, プッ, ホーッと, 一つしか, 一二寸左手に, 一心にそれ, 一気にぬれ, 一気に栄三郎方, 一直線に, 三日に, 三日前の, 不意に, 世上へ, 中腰の, 主人の, 主君大膳亮を, 云った, 今それを, 今どっちかと, 今口の, 仰天した, 伊賀の, 何か, 何は, 何事かと, 例に, 倦じ, 備後守申さる, 先に, 全身の, 出ない, 別に, 別人の, 前から, 剣を, 動発自在の, 勝ち誇った眼, 即座に, 取分け晴れやか, 口の, 口を, 右腕は, 同じこと, 同郷同, 呆れさせられたが, 咽喉に, 喚きの, 噛んで, 四客分くばられ, 四角で, 土地の, 土間の, 地だ, 垣を, 壺とやらの, 壺の, 壺へ, 壺を, 夜ごとの, 大声に, 大得意, 妙だ, 学校の, 実際百日旱, 家の, 寝られなかった, 小走りの, 崖の, 嵯峨の, 左剣を, 左膳俺は, 師の, 師匠の, 平気に, 弓の, 当時の, 彼の, 得意らしく, 忠実に, 思いだしたよう, 思案に, 悲鳴に, 愈々勝, 懶げ, 成功後の, 戦いまた, 戸口を, 手を, 手早く壺, 手足が, 日夜ひそかに, 日常茶飯事の, 時々考えこむ, 最初は, 朝み, 朝夕夢の, 木石, 柄もとまで, 栄三郎を, 横町へ, 正しく自己, 毎日ごろっと, 気がつかないよう, 気に, 水面を, 江戸駿河台鈴木町に, 河原の, 深夜の, 源三郎へ, 源三郎を, 源十郎に, 濡れ燕の, 無意識に, 無言, 無言ニヤニヤ, 煙草盆を, 片手に, 片目である, 片附い, 猛然と勇気, 理由なんか, 甘い女, 生返事だ, 用心深く室内, 畳に, 百姓太郎右衞門とな, 目録の, 相手に, 真剣よりも, 真赤な, 眼の, 知らん顔し, 種類多く, 窮地に, 立ち去るに, 竪坑の, 細いすね, 絶叫した, 考え込んだ, 肩を, 背に, 腰を, 自分の, 至極淋しい, 舌なめずりを, 草履の, 萩乃と, 落ちて, 血が, 見えない眼, 見向きも, 見恍, 試合の, 誰と, 謀反を, 警察の, 豐なる, 赤い御飯, 跳びかかった, 軍之, 軽くうなずい, 遊女買を, 運ばれた, 道了塚まで, 重いあ, 重い大刀, 野太い声, 長居は, 闇を, 闇黒に, 隻眼を, 青竹二た, 静かに, 鞘ぐるみ師の, 首を, 黒地に

▼ 膳~ (324, 7.9%)

15 出て 9 出た 8 運ばれた 4 出る, 来て 3 あって, 出ると

2 [13件] いくつも, お藤, くる, ずらりと並ん, ひかれて, 下げられて, 出まして, 思いを, 据えて, 生きて, 運ばれて, 運ばれる, 運び出されるの

1 [252件] あきらめて, あくびを, あの刀, あの重, ありましょう男雛の, ある, あるから, あるため, あるとか, いたればこそ, いちいち誌し, いびきを, いるからね, うなった, おさえて, おすき, おちこんだの, おれより, かこみを, かすかに, くばられる, くると, くれば, こう白い, こう考えた, この江戸, この焼け跡, この穴, この笄橋, この青山, さきに, さびしい白飯, しゃがみこみ, じきに二人, すえて, すえられ同時に, すぐに, すんだ時, すんで, そこへ, そのまだ, そのままで, その品格, その姓, その石, それに, ちょっと後ろ, つい近く, つくろって, つづけた, つづみの与吉を, できた, できて, でき次第, とっさに, とび出す, なおり和尚, ならびたしか, はこばれた, ひそんで, ひょいと立つ, ふたたびこけ, ふたたび虎乱, ぶつくさひとりごと, また馬上, まだ余燼, まだ沈潜, みえる, もういくら, もっとも左膳, もの心づいた, やがてそこ, やがて八畳, よろめいて, ガタガタと, キッと, ギョッとして, スーッと, チャンバラを, チョビ安に, ツツツツ, ナイトテーブルに, ニッと, ノッソリと, 一つだけ, 一つ一つ眼の, 一つ出, 一の, 一人ずつ, 一眼を, 三つ四つ据え, 下げられると, 並ぶとお, 並べて, 並べられた, 並べられ出すと, 並んだ, 並んだところ, 並んで, 二つという, 二つ飾り脚の, 二十人前ぐらいは, 二十人前ほど, 互いに掛引き, 人々の, 人を, 今や算, 仕止め矢, 件の, 何に, 何を, 來る, 供えられた, 倒れるどたばた, 入って, 八つそれに, 冷たい微笑, 出たが, 出てから, 出ても, 出てるの, 出ました, 出ましたああ, 出るところ, 出るまでには, 出徳利, 刀と, 刀を, 割りこもうと, 単腕, 去ったあと, 右手にも, 各人の, 各自の, 同じく歯, 吹聴した, 地獄の, 地震では, 坤竜を, 壺の, 大松の, 奇怪でした, 姿を, 寝返りを, 左腕を, 師一刀斎に, 師事し, 帯から, 幼少から, 広間の, 廊下を, 引かれたあと, 引かれて, 引かれると, 引けてからも, 弥生という, 彼の, 思って, 思わずブルルル, 悉く爐, 憤怒の, 戴けないと, 戻って, 才覚したれ, 承知し, 拵へて, 拾いあげて, 持出されるまでに, 据えられ茶碗, 据えられ菜, 据わると, 散らかって, 斬りおろす, 斬りむすんで, 旅籠らしくなかった, 昨年あけぼのの, 時間通り出, 最初に, 最後の, 未だあ, 来たからにゃ, 来ないでは, 来ました, 来ましたが, 来るね, 来る思ったより, 枕を, 栄三郎に, 栄三郎へ, 横から, 正当の, 母お, 泣く, 洗わずに, 淋しい時, 済むと, 潜伏し, 火の, 無かった, 片すみに, 片づいて, 片思いの, 独り江戸に, 独眼を, 生きうめ, 申す旨, 疾風の, 百姓を, 相模大進坊を, 眉を, 眼の, 穴の, 突然この, 立ちすくむま, 立ち帰って, 結ぶと, 置いて, 置かれた, 置かれたが, 置かれて, 置かれる, 老功, 自分で, 自嘲に, 虹の, 血の, 被害者に, 見て, 身が, 載せられて, 載つて, 近くに, 近づく駕籠, 迷わざるを, 這入って, 運ばれたとき, 運ばれたチビ公, 運ばれました, 運ばれるまでの, 運ばれ陽気, 運ばれ食事, 運び出されたが, 運び出される頃, 隠し持って, 隻腕の, 隻腕一刀の, 離室で, 音も, 音を, 顎を, 顔の, 館を

▼ 膳~ (110, 2.7%)

5 お藤 3 お浦, 一緒に 2 いえども, ウハハハハハ, 云ふも, 内儀の, 月輪の, 源三郎の, 飯鉢を

1 [85件] あんたにとって, いって, お酒, こうしていっしょ, その上, それからいつのまに, なりましてね, ふたりの, むこう側, やらいう, やらいう無法者, チョビ安, チョビ安の, チョビ安四つの, トースト麺麭と, バッタリ, ビールを, 一刀斎との, 一歩さがっ, 与吉いっそう, 与吉が, 与吉の, 並んで, 並称された, 乾雲丸とを, 乾雲丸の, 二の膳が, 二人には, 会う日, 侍に, 侍の, 別の, 同じく全くひとつ, 同じ御家人, 同居が, 名乗る隻眼, 向きあって, 吸い物椀の, 呼ばれた第, 土瓶とを, 境が, 大之進, 尋常に, 山陽のとを, 峰丹波の, 恋に, 捕吏の, 斜めに, 杯洗とを, 栄三郎が, 栄三郎は, 栄三郎を, 櫃とを, 添役宝沢茂衛門とは, 源三郎, 源三郎ここに, 源三郎こんどは, 源三郎に, 源三郎は, 源三郎へ, 源三郎沈黙の, 源三郎狐に, 源十郎こうして, 源十郎そりが, 源十郎の, 源十郎は, 申す者, 知合に, 称って, 稚児僧の, 立合うが, 答える, 聞いて, 膳の, 自分も, 茶碗を, 萩乃と, 諏訪栄三郎の, 軍之, 部屋へ, 銚子を, 銭十二文を, 飯櫃とを, 飯櫃を, 鳰鳥とで

▼ 膳~ (85, 2.1%)

4 源三郎も 2 片付かない茶の間

1 [79件] いささか手, いまは, お兄, お菜も, こころよく坤竜, この家, この柳生源三郎, ご副膳, さめるし, さる者, しばしば刀, その一人, その横手, その覆面, それと, ちょっとうるさく, どこかに, なかなか器用, なにも, みだりに発しない, めいめいが, ソッと, チョット一目, 一緒に, 下げぬ室内, 不意の, 並ばぬうち, 中段に, 亀清も, 事変の, 何も, 元成夫婦と, 出そうし, 出た, 出て, 別, 別に, 取らなかったの, 同じその隠密, 同じ方, 同じ蒔絵, 喰べた, 壺の, 大きなの, 大した御馳走, 客来一味の, 室内の, 左膳の, 引けて, 弥生には, 据えて, 据ゑていたゞきましたしこれで, 昨夜に, 来て, 来ない, 柳生源三郎も, 次第にご, 正宗の, 此室へ, 無い始末, 片隅に, 用は, 用意され, 盃洗も, 相当な, 相手の, 眠るしか, 私の, 笑いだして, 簡単に, 臙脂屋も, 臺も, 茶碗も, 謀反しました, 起って, 退げ, 運び出された, 酒器も, 馬場右衛門という

▼ 膳には~ (46, 1.1%)

2 名物の, 山家の

1 [42件] いつまで, お酒, そのドロドロ, それが, ついたん, とても一人, また改めて, 主が, 主人の, 二個の, 仕出し屋から, 何んの, 佳肴を, 冷たく成つた餅, 加はらず, 南瓜と, 右腕が, 味噌汁に, 大きな香魚, 奇怪にまで, 奥州中村の, 干した川魚, 徳利が, 料理が, 榧実勝栗小, 正直師の, 浅漬を, 眺えた, 美しい内儀, 義母の, 肉あり, 茶碗が, 薄傷, 覆いが, 調理された, 酒を, 酢味噌の, 野間眞綱君が, 鎌倉の, 長い二本, 頭つきの, 鮪の

▼ 膳~ (45, 1.1%)

4 の類 2 のよう, を洗っ, を買う

1 [35件] から夜具蒲団, が透い, で古, で客, というの, とを渡され, などが不足, などの取出された, にあたり散らす, の代り, の忽然と, の数, の箱, の調度, の貸し, は水中, ばかり貸し, もその, も一日, も布団, も布團, も皆, も調度, や皿小鉢, をあまた, をも有, を一揃い, を借り, を取り出したる, を引い, を押, を持っ, を揃えた, を画雪洞, を綺麗

▼ 膳~ (42, 1.0%)

4 御飯を 2 物を

1 [36件] あらうか, お茶づけ, お茶漬, お通さん, お酒, かつて醜い, ちがって, ひとり淋しく, 一口あがりました, 一組である, 一組という, 一銚子という, 今食事最中, 何か, 八寸を, 口を, 安もの, 我慢する, 戴くこと, 持ち出された, 済ました後, 済まして, 石母田外記と, 神酒を, 私たちは, 箸を, 茶漬を, 車座に, 酒など, 食ふ, 食る, 食事の, 飯でも, 飯を, 飽き, 鯛なども

▼ 膳~ (40, 1.0%)

2 竜は

1 [38件] いう, しらせるなり, じかに教え, たかったり, ついたものの, のせること, のみ一日, ぶつかって, チョビ安は, 一本付け, 並べた, 並べて, 乘せ, 人づてに, 向いぬ, 向かい, 向かって, 向った, 向つ, 四合罎と, 坤竜丸は, 対して, 差し向, 戻して, 戻って, 托け, 斬りこむ, 橋渡しを, 毒を, 注進する, 白い布, 盃が, 眼を, 置いた, 置くかと, 置た, 近づきながら, 魚の

▼ 膳~ (37, 0.9%)

8 をし 3 をする 2 をした

1 [24件] がし, が出来, が出来る, が整い, が整う, が違う, じゃない, するから, であろう甘, などをする, にしたがっ, になつ, の出来, の準備, はできた, は伯爵夫人, もすっかり, も心靈又, も理化學者, をいたし, をさせ, をみれ, を手伝つて, を知

▼ 膳~ (24, 0.6%)

2 椀を, 絹物らしい, 銚子などが

1 [18件] お皿, まな板を, 小鉢や, 徳利も, 椀には, 椀の, 残り客, 毎日毎日家から, 盆の, 箱などを, 茶わんや, 茶碗を, 起久子姉さんが, 銚子を, 食器なども, 飯びつを, 飯櫃が, 飯櫃を

▼ 膳から~ (21, 0.5%)

2 乾雲を, 奪って

1 [17件] いいつかって, もう帆たて貝, サシミ焼魚煮, 乾雲丸を, 八膳も, 剣渦の, 反りかえり, 杯を, 栄三郎へ, 猪口を, 眼を, 空想を, 突如急使, 考えて, 自分に, 若芽薑だけは, 食べものを

▼ 膳という~ (21, 0.5%)

1 [21件] あつらえむき, お人, お方は, ような, 人間の, 化け物ざむらいに, 奴は, 奴五郎蔵殿へ, 妖怪が, 得体の, 御浪人, 怖ろ, 浪人が, 漢学者, 無法者が, 無法者の, 無法者まで, 色の, 若輩です, 隻眼で, 隻眼片腕の

▼ 膳~ (18, 0.4%)

11 しらえ 3 しらへを 1 しに, しらへ, しらへが, しらへなど

▼ 膳にも~ (15, 0.4%)

1 [15件] しよう酒, ついて, つけて, ほぼ推察, また酒, よくわかっ, チョビ安にも, 上った, 向おうと, 手が, 杯の, 河豚が, 移って, 筋子だの, 蟹が

▼ 膳について~ (14, 0.3%)

2 ほんの一

1 [12件] ゐたの, ビールを, 何本も, 光ちやんと, 居りましたし, 来た, 焼ものの, 神妙に, 箸を, 見ると, 食べて, 飯を

▼ 膳めし屋~ (12, 0.3%)

1 [12件] から突然, で酒, というの, なの, に這入った, の前, の玉葱汁, の軒, の飯, へ額, へ飛びこんだ, をついに

▼ 膳~ (11, 0.3%)

3 を勤めた 2 を勤め 1 といえ, なんて武士, の下, の働い, の苦心談, へお

▼ 膳さま~ (10, 0.2%)

1 があっし, がおっしゃる, こうして生き, でなくちゃ, とは同じ, には青山, のはなれ, のめ, の激しい, は姐

▼ 膳~ (10, 0.2%)

2 のお 1 おおせられます, からお, が憎らしい, ご外出, と花村様, にお, は, を政木大全様

▼ 膳~ (10, 0.2%)

1 がお, ぐらいは売る, でも, と北枕, に一杯酒, の準備, の用意, の看板, へでも入った, を引き受けた

▼ 膳~ (9, 0.2%)

31 かこてこて, てする, と知る, なッ, ねと笑い, もの

▼ 膳~ (7, 0.2%)

1 ぬしは, 浦を, 浦三人ながら, 相手つかまつる, 藤を, 藤チョビ安の, 藤姐御

▼ 膳とともに~ (7, 0.2%)

1 あなたの, 一夜を, 住んで, 戸棚の, 皆庭へ, 離庵に, 駕籠を

▼ 膳との~ (7, 0.2%)

1 あいだの, 勝負については, 境遇が, 居場所を, 生活に, 蔭に, 謀計を

▼ 膳拵え~ (7, 0.2%)

3 をし 1 が出来る, だけをし, などを自分, のできる

▼ 膳~ (7, 0.2%)

1 だの鎧びつだの, とをかかえ, などを製し, などを送り届け, を一つ, を背負っ, を背負つて

▼ 膳とは~ (6, 0.1%)

2 喰べ, 食へ 1 イヤハヤおどろいた, 髪川の

▼ 膳とを~ (6, 0.1%)

2 戸板に 1 その上がりはな, 仕止めろ, 呼吸も, 運んで

▼ 膳~ (6, 0.1%)

1 の姿, の顔, はどう, は御前, は道了塚, をさがす

▼ 膳~ (6, 0.1%)

1 に模様, は黒, を取り下ろす, を始末, を運, を運ぶ

▼ 膳~ (5, 0.1%)

1 え人, え化け物, え隻眼隻腕, エ乞食の, エ化け物侍も

▼ 膳でも~ (5, 0.1%)

1 あげられないやう, ほどこすすべ, 御飯に, 空を, 飛び出して

▼ 膳どの~ (5, 0.1%)

1 か小森, と拙者, も云々, も本懐, を殿下

▼ 膳まで~ (5, 0.1%)

1 据えて, 轉げる, 運んで, 遠からぬ, 飛んで

▼ 膳めし~ (5, 0.1%)

1 さえ食べる, に舌打ち, の前, の看板, やに一食

▼ 膳濡れ燕~ (5, 0.1%)

1 のとぶ, をいだいた, をかまえる, をさげた, を大上段

▼ 膳では~ (4, 0.1%)

1 ないか, ないが, なかった, なく魔刀乾雲

▼ 膳といふ~ (4, 0.1%)

1 のは, 假設人物を, 心搆へも, 飯館が

▼ 膳など~ (4, 0.1%)

1 まだ片づける, もちろんの, 無慮七, 運ぶの

▼ 膳にとっては~ (4, 0.1%)

1 その善鬼, まるで世話女房, 剣の, 幸運だった

▼ 膳より~ (4, 0.1%)

1 この小僧, たった今事情, 乾雲丸を, 先に

▼ 膳乾雲丸~ (4, 0.1%)

1 は火事装束, を引きつけ, を引っさげ, を横たえ

▼ 膳~ (4, 0.1%)

1 ぐらいの御膳, で我慢, 弧を, 食べましたそれから

▼ 膳~ (4, 0.1%)

1 に筆, に鞘, をひらいた, をへの字

▼ 膳~ (3, 0.1%)

1 それとも栄三郎, ッこん, 何かで

▼ 膳ずつ~ (3, 0.1%)

1 ケンヤクし, 少なく食べ, 貸して

▼ 膳その~ (3, 0.1%)

1 ころは, 人に, 文を

▼ 膳それ~ (3, 0.1%)

1 が近ごろ, こそおっとり, は再び

▼ 膳だけ~ (3, 0.1%)

1 では, 別に, 置いて

▼ 膳だの~ (3, 0.1%)

1 化け物めが, 枕だ, 鉄漿の

▼ 膳とかいう~ (3, 0.1%)

1 侍の, 奴で, 隻眼隻腕の

▼ 膳とが~ (3, 0.1%)

1 私の, 置かれて, 釣り下がっ

▼ 膳などを~ (3, 0.1%)

1 取出して, 手当り次第に, 持って

▼ 膳ひとり~ (3, 0.1%)

1 でてれ, ではおぼつかない, を相手

▼ 膳らしい~ (3, 0.1%)

1 危険な, 恋文, 浪人者が

▼ 膳~ (3, 0.1%)

1 出シテ振舞ッテ居ルト, 四分ノ一ニ減ゼヨ, 打附ケタカラ

▼ 膳~ (3, 0.1%)

1 に並べ, の杯, の蠅

▼ 膳~ (3, 0.1%)

2 刀自が 1 刀自

▼ 膳源十郎~ (3, 0.1%)

1 が訴人, もしばし, を頭

▼ 膳片手~ (3, 0.1%)

1 に矢, に赤銅, を伸ばし

▼ 膳現代版~ (3, 0.1%)

1 なの, に太刀打ち, はどうも

▼ 膳~ (3, 0.1%)

1 されて, に従って調理, の様式

▼ 膳~ (3, 0.1%)

1 の一刀, の乾雲丸, をかがめ

▼ 膳越し~ (3, 0.1%)

1 にお, に上半身, に飛び付い

▼ 膳がら~ (2, 0.0%)

1 になく, にもなく

▼ 膳ぐらい~ (2, 0.0%)

1 いいだろう, おかゆと

▼ 膳こうして~ (2, 0.0%)

1 壺を, 手ぶらで

▼ 膳こそは~ (2, 0.0%)

2 創だらけに

▼ 膳この~ (2, 0.0%)

1 声を, 穴の

▼ 膳こんな~ (2, 0.0%)

1 さっぱりした, 安心した

▼ 膳ごとき~ (2, 0.0%)

1 に劣る, わたくし一人にて

▼ 膳しか~ (2, 0.0%)

1 代えなかった, 食べずお

▼ 膳すっかり~ (2, 0.0%)

1 化け物あつかいだ, 困惑しきっ

▼ 膳ただ~ (2, 0.0%)

1 壺を, 手軽うたまわれ

▼ 膳だけに~ (2, 0.0%)

1 かれは, その捨て

▼ 膳だけは~ (2, 0.0%)

1 それでも並べて, 俺の

▼ 膳つき~ (2, 0.0%)

1 でご, で飯

▼ 膳てえ~ (2, 0.0%)

1 者が, 者だ

▼ 膳とか~ (2, 0.0%)

1 重箱とか, 長押とかに

▼ 膳としては~ (2, 0.0%)

1 ここに, 一度お

▼ 膳~ (2, 0.0%)

2 んです

▼ 膳などが~ (2, 0.0%)

1 いた, ギッシリつまっ

▼ 膳にさえ~ (2, 0.0%)

1 まだ箸, 無類の

▼ 膳に対して~ (2, 0.0%)

1 何よりの, 合掌した

▼ 膳に対する~ (2, 0.0%)

1 その迷妄, 己が

▼ 膳ばかり~ (2, 0.0%)

1 では, 見なければ

▼ 膳への~ (2, 0.0%)

1 こころもちは, 意趣返しには

▼ 膳ほど~ (2, 0.0%)

1 刀下を, 暗い胸

▼ 膳めがけ~ (2, 0.0%)

1 てもろに, て二足三足

▼ 膳もう~ (2, 0.0%)

1 塀外へ, 濡れ燕の

▼ 膳をも~ (2, 0.0%)

1 其処に, 助け出して

▼ 膳チョビ安~ (2, 0.0%)

1 お藤, の身柄

▼ 膳五人組帳~ (2, 0.0%)

1 なるもの, は佐倉

▼ 膳~ (2, 0.0%)

1 としてはすでに, はこの

▼ 膳~ (2, 0.0%)

1 ちょうどそこ, までのこと

▼ 膳代り~ (2, 0.0%)

1 に使う, に囲まれ

▼ 膳~ (2, 0.0%)

1 ほどのこと, をしでかす

▼ 膳先生~ (2, 0.0%)

1 に身, 御来客

▼ 膳~ (2, 0.0%)

1 に開いた, の袖

▼ 膳右頬~ (2, 0.0%)

1 の刀痕, の剣創

▼ 膳土生仙~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ 膳~ (2, 0.0%)

1 などの練習, へでもお

▼ 膳椀皿~ (2, 0.0%)

1 なども用意, 古茶器

▼ 膳椀皿小鉢~ (2, 0.0%)

1 まで一, を入れる

▼ 膳殿~ (2, 0.0%)

1 の実, の甥

▼ 膳源三郎萩乃~ (2, 0.0%)

1 お藤, の三人

▼ 膳源十郎軍~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ 膳~ (2, 0.0%)

1 の御飯, をよそい

▼ 膳睦まじく~ (2, 0.0%)

2 飯を

▼ 膳萩乃~ (2, 0.0%)

1 に心, を引きずり

▼ 膳諸岡一羽その他多く~ (2, 0.0%)

1 の剣客たち, の劍客たち

▼ 膳頼む~ (2, 0.0%)

1 からもうすこし, ように

▼1* [330件]

たまで, 膳ああして, 膳あいている, 膳あげて行く, 膳あたりを見まわした, 膳あの門之, 膳あらゆる生活の, 膳ありてこれ, 膳いかなる手品師の, 膳いかにこの間に, 膳いずれ近い機会, 膳いったい貴様は, 膳いつのまにやら泰軒, 膳いまはすこしく, 膳いまし奮迅の, 膳いま一度左腕に縒り, 膳いやな顔, 膳うまく海岸に, 膳おしやりあへぬほどに向島, 膳おりから横あい, 膳おろした刀を, 膳お茶づけで, 膳かえて今度, 膳かたわらにいすくむ, 膳からっぽの右, 膳からは乾雲丸を, 膳きっと左眼を, 膳ぐっと咽喉を, 膳ぐるみ押しやって, 膳こけ猿の, 膳ここに先, 膳こそ無類の, 膳こそ泥のごとき, 膳このごろでは彼, 膳これでも胸中, 膳ぐるが, 膳さえ食べて, 膳さかうだに滾し, 膳さきの二合, 膳さっき月にぬれ, 膳さっと足を, 膳さま一度つづみがおひき, 膳さらに次々と幾枚, 膳さらぬだに地獄絵の, 膳しずかにお, 膳したたか腰を, 膳しばらく忘れて, 膳じつは江戸の, 膳じゃアねえか, 膳すえ膳で飯, 膳すぐにはそれ, 膳すゆれば精進飯, 膳ずつかに分ける段, 膳ずつに極めて, 膳との大雪, 膳そこで刀痕あざやかな, 膳そのまま草むらへ, 膳それきりしか召し上らなかった, 膳そんなくだらない洒落, 膳たちまち脳裏に, 膳たちまちぽうっとふしぎな, 膳たった一つの, 膳たまわろうか, 膳たるところを, 膳だけを離座敷に, 膳だしぬけに眼, 膳だって惚れたの, 膳ちょうだい致しましょうか, 膳やない, 膳たり囲炉裏, 膳つて清潔に洗, 膳であるとなのった, 膳であろうと一向, 膳できたと知らせる, 膳とうとう焼け跡に, 膳とかいふ奴で, 膳として鳴らしたかれの, 膳とっさに一眼, 膳とも離ればなれに, 膳とやらで, 膳とやらは萩乃様を, 膳と共に動かした, 膳どうあっても, 膳どうしてこうおとなしく絹雨, 膳なおも心中ひとりごとを, 膳なぜそなた, 膳なぞ一跨ぎに, 膳などでも茄子を, 膳などという余計者まで, 膳などには眼も, 膳などの諸士, 膳などは眼中に, 膳なども見かけます, 膳なにが何やら, 膳なにかこう押しつけるよう, 膳なる怪物の, 膳なんとかして, 膳においては剣も, 膳にだけ新しいオサシミ, 膳についても絵の, 膳にはと待ち居る如し, 膳にまでついた, 膳によってお艶, 膳のうで前, 膳はかりごとにおいても, 膳はじめて声を, 膳はやく支度しろ, 膳ひさしぶりだな, 膳ひそかに心中, 膳ひとりこうして, 膳ひる三膳夕三膳ぐらい, 膳びっくりするよう, 膳ふりかぶった左腕の, 膳ゐる, 膳またふくみ笑い, 膳までがあやつり人形芝居, 膳みずからを励ます, 膳めし屋馬子の溜り, 膳め先日から猛り, 膳もうすこしで斬られる, 膳もとより凡庸の, 膳ものうそうに, 膳やがて月を, 膳やっと生き甲斐を, 膳やにわに起とうと, 膳やにわにゲラゲラ笑い出した, 膳ゆえのこと, 膳ゆかたの三人, 膳恥ずかしながら私, 膳よく弥生を, 膳よりはと云って, 膳よりもお藤, 膳の声, 膳ら今宵の策動, 膳りっぱにお腰, 膳わざわざ鈴川邸の, 膳をぞすへに, 膳をと思うに, 膳をととのへて, 膳をね富さんの, 膳からッ, 膳ガサガサ藪を分け, 膳ガチリと鍔, 膳グイと片手, 膳コツコツと竹, 膳チャンと行列, 膳と体, 膳向ウト敏子ガ始メタ, 膳ニコリともしない, 膳ニヤニヤしたもの, 膳パッと片肌, 膳ヒトたまりも, 膳振早く, 膳一つきりの眼, 膳一代の不覚, 膳一歩一歩と峰丹波, 膳一流の曲がった, 膳一生けんめいに書いた, 膳一眼を皮肉, 膳一腕に大刀, 膳三分の一位なもの, 膳不意におちた, 膳不覚といえ, 膳与力にてその, 膳与吉のさわぎたてる, 膳中会に出席, 膳乾雲を隻腕, 膳に試みしめよ, 膳二三度読みかえしました, 膳二人をかきわけ, 膳二十人前吸物椀二十人前などと記した古ぼけた, 膳二度ビックリだが負けず, 膳之助, 膳会心らしい微笑, 膳何やらしんみりと, 膳何人前などと箱書き, 膳佳肴のごとく考え, 膳は俺, 膳六その他の主人公たち, 膳に一切, 膳具酒器などない, 膳冷飯草履をゴソゴソ, 膳出しておく, 膳出しましたと云, 膳刀痕の影, 膳割り箸を開く, 膳勝ったりっ, 膳取り出だして自身, 膳古市喜左衛門山辺勇助中川蔵人大森弾正齋藤一八雨森静馬六郷六太郎榎本金八郎大河原八左衛門辻五郎秋山七左衛門警衛として付い, 膳召しあがれよ, 膳は瓦全, 膳剣技の, 膳同情のあまり, 膳からい, 膳のする, 膳夕三膳ぐらいおかゆ, 膳成祟, 膳を気, 膳大刀乾雲丸を膝近く, 膳大地に根, 膳大夫広元さま鶴岳の別当さま, 膳大手を振っ, 膳を設け, 膳女物の派手, 膳字看板を離し, 膳家具蒲団などまで此方, 膳力士小, 膳はしょりを, 膳左手に濡れ, 膳左腕に坤竜, 膳左腰に差した, 膳幼名を贈, 膳廊下へ出た, 膳引きつったよう, 膳忠也が忠也派一刀流, 膳思い出したように, 膳思わず焦立ち逆, 膳にあわて, 膳悲しい別れを, 膳を蹴ひらい, 膳戸棚にあり, 膳房雪ちらつけば, 膳手ぢかの道しば, 膳抜き身の乾雲丸, 膳を折っ, 膳振りかえりも, 膳据え膳のお, 膳据ゑつつ座, 膳支度が出来, 膳敷物巻煙草入その他徳利盃洗などとし, 膳斜め右側へまわる, 膳日々近く手もとにおい, 膳昼間のうち, 膳月輪を襲った, 膳月輪軍之助, 膳板戸を引く, 膳をひるがえし, 膳栄三郎の身, 膳栄三郎泰軒の中間, 膳栄三郎泰軒源十郎その他を抱きこん, 膳根ッからの乞食浪人, 膳棕櫚ぼうきの, 膳椀何人前と書いた, 膳椀弁当箱杯曲物など皆, 膳椀火桶手洗鉢敷瓦更紗広東縞の古, 膳椀給仕盆などが備えつけ, 膳椀茶椀湯のみお勝手用皿の大小, 膳椀食具を使い, 膳の床, 膳櫛巻お藤, 膳歯ぎしりをかん, 膳殿御申出通り, 膳の所望, 膳泣くように, 膳流れるままに, 膳源三郎を思いだし, 膳源十郎ともにけろりと, 膳源十郎仙之助, 膳源十郎間に水, 膳瀬尾庄兵衛はらやの, 膳のごとき, 膳火鉢の中, 膳無法の法, 膳焼け跡に立っ, 膳眉上げ, 膳独特のすごみ, 膳現代版帰還のこと, 膳瑶盤口舌を悦ばす, 膳申したる旨は, 膳番以下七八人の男, 膳疲れきった無言の, 膳白日下の独擅場, 膳皮肉な笑い, 膳盆重箱の如き, 膳矢立をさし, 膳をはらっ, 膳を洗う, 膳碗皿小鉢茶を入れたる, 膳はまた, 膳立てのけはい, 膳べてさて, 膳近う据, 膳箸吸物椀なぞを料理場, 膳紙縒を戻し, 膳終るとそ, 膳美肴を山, 膳考え込んでしまった, 膳をつく, 膳の君, 膳自分でもどう, 膳自慢の豪刀濡れ燕, 膳自身は早く, 膳茶碗塗箸などを取出し, 膳茶香花それに燭台, 膳蕎麦二膳と境, 膳けむり立てて, 膳覆面の底, 膳見つけしだい壺の, 膳も妻子, 膳言葉もござりませぬ, 膳貝の口にむすんだ, 膳貰いたべようとして居る, 膳を割っ, 膳足早に歩きだした, 膳を斜め, 膳之助, 膳込みで見せられた, 膳近ごろもって, 膳追いすがりにタタタ, 膳運びがスガメ, 膳遣附けるぜ, 膳邪心の迷い, 膳部屋の物, 膳重箱硯箱文箱などのたぐい, 膳鈴川源十郎一味の行状, 膳の銚子, 膳附きにし, 膳降りしきる雪に, 膳隣りの人, 膳隻腕の袖, 膳をすかし, 膳青くなって, 膳鞠躬如としてつけ, 膳顔じゅうを口, 膳風呂敷など台所, 膳食べさせてくれません, 膳食べるところを, 膳飯店に飼った, 膳馬術をもよく, 膳の中