青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「腹~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

脳~ 腑~ ~腕 腕~ ~腰 腰~ ~腰かけ 腰かけ~ 腸~ ~腹
腹~
腹の中~ ~膝 膝~ ~膳 膳~ 臆病~ 臣~ ~自ら 自ら~ 自体~

「腹~」 13464, 145ppm, 727位

▼ 腹~ (4207, 31.2%)

366 立てて 113 たてて 109 かかえて 87 抱えて 85 立て 79 立てた 59 切って 55 抱へて 38 立てたの, 立てたり 32 立てるの 31 立って 24 きめて 23 見せて 21 きめた 19 たてた, 切るの 18 こしらえて, 立てたよう, 立てると 16 して, 上に, 減らして, 立てました 15 すえて, 出して, 据えて, 立てたが 14 切つた 13 割いて, 合せて, 立てること 12 かかへて, 切った, 立てたこと, 立てる 11 切る, 抱えた, 抱へ, 立てながら, 裂いて 10 こしら, すかして, ゆすって 9 へらして, 切るか, 切ると, 割って, 合わせて, 拵へ, 立てずに, 立てても 8 お立て, こわして, 切ろうと, 横に, 立てた事, 立てましたが, 立てるよう 7 おさえて, たてたの, 切れと, 定めて, 撫でて

6 [20件] かえして, さいて, たてたり, たてるの, 切っても, 切らねば, 抑えて, 抱えるよう, 痛めて, 空かして, 空に, 突き出して, 立っては, 立てたところ, 立てては, 立てないこと, 立てないで, 立てなかった, 立てるな, 返して

5 [19件] さすって, 光らせて, 切つ, 切らせて, 切らなければ, 切るという, 切るより, 押えて, 押へて, 拵えて, 拵へて, 据ゑ兼ねた, 満たして, 痛めた子, 立っちゃ, 立てたもの, 立ててるん, 立てない, 立てるよりも

4 [36件] おさへて, お立ちの, かかえた, こすってから, たて, たてなかった, たてました, つき出して, つけて, 上へ, 下に, 切らうと, 切るには, 切るにも, 切るまで, 切ろう, 前に, 剖い, 押へ, 据ゑ兼ね, 探られるの, 決めて, 空かせて, 突いた, 立てたと, 立てた樣子, 立てちゃ, 立ててるよう, 立てながらも, 立てまして, 立てるなよ, 立てるわけ, 立てる事, 立てる張合, 見て, 蹴った

3 [65件] あけて, あわせて, いためて, お立てなすった, こは, たてながら, たてること, たてると, みたして, ゆすぶって, 一杯に, 両手で, 仰向けて, 切ったが, 切ったこと, 切ったという, 切ったの, 切つても, 切らせようと, 切りに, 切るよ, 切る覚悟, 切れ, 切れば, 割つて, 十文字に, 押して, 持って, 揉んで, 撫で, 撫でた, 撫でながら, 痛めぬ子, 破って, 立つて, 立つと, 立てずには, 立てたから, 立てたという, 立てたので, 立てたやう, 立てたらしかった, 立てたん, 立てた人, 立てた様子, 立てた顔, 立ててるの, 立てないよう, 立てない事, 立てようと, 立てるところ, 立てるに, 立てるほど, 立てるん, 立てる人, 立てる元気, 立てる気, 裂かれて, 見た, 見られるの, 読んで, 蹴って, 蹴つた, 蹴ると, 蹴破って

2 [185件] あた, いたくした, えぐられて, かえしながら, かかえながら, きいて, きめたの, くぐって, こしらえること, こすって, こづかれた, こやして, こわしてね, こわすかも, さかれて, さかれ肝臓, さぐられるよう, した忠太, した河童, した男, すえたよう, すかせて, たち割って, たてその, たてたか, たてたが, たてたもの, たててるよう, たてないで, たてましたが, たてるところ, たてるどころか, たてるもの, たてれば, ついて, つん出して, なでて, ひと蹴り蹴った, ひらめかせて, ひるが, ふくらす, ふくらまして, ぶく, ぺこぺこに, むき出して, めがけて, もたす積り, やって, やぶって, やられた, グッと, ダブダブに, ペコペコに, 一文字に, 下して, 充分に, 冷して, 冷やしたの, 凹ましたり, 凹まして, 出た時, 切ったと, 切ったとか, 切つたのが, 切つたのは, 切つたら, 切つて死ん, 切つて死んだ, 切らされるよ, 切らなくちゃ, 切らなくても, 切りかけて, 切りました, 切り開けて, 切るそれ, 切るまでと, 切るまでも, 切るよう, 切るん, 切れっ, 割き胎児, 叩いて, 召さなければ, 思出し, 悪くした, 打たれた, 打って, 抱えながら, 抱えるほどの, 抱えんばかりに, 抱へる, 押さえて, 押しつけて, 据えたよう, 据え兼ねて, 探って, 探つて, 探られて, 探られては, 掻き切って, 掻ッ切っ, 揺って, 撫でたり, 撫でまわして, 撫でる, 擦って, 擦つたり, 断ち割って, 枕に, 極めた, 極めて, 気に, 水面に, 波打たして, 減らした事, 温めず, 満たす事, 病んでるからと, 痛めた実, 眺めて, 知つた, 突いて, 突きだしたかうすると, 突出し, 突刺された五郎兵衛, 立ちぬ, 立ったの, 立ったり, 立つか, 立つこと, 立つもの, 立てさせたもの, 立てさせて, 立てしもの, 立てたか, 立てたに, 立てたらしい, 立てた時, 立ててでも, 立ててるやう, 立てない修業, 立てねえで, 立てます, 立てますが, 立てますよ, 立てません, 立てら, 立てるかと, 立てるかも, 立てるから, 立てるだろう, 立てるでは, 立てるどころか, 立てるなんか, 立てるべきか, 立てるほどの, 立てるもの, 立てるやう, 立てるよ, 立てるわけぢ, 立てる余裕, 立てる場合, 立てる理由, 立てる程自分, 立てる者, 立てれば, 立て乍ら, 立て本, 締めて, 聞いて, 肥やすの, 膨ませ, 膨らして, 膨らませて, 裂く, 見せながら, 見れば, 解剖し, 走るついで, 蹴つて, 載つけた, 造ること, 飜した, 養って, 鼓し

1 [1558件 抜粋] あけた, あてて, あわせかれ一流, いためた十市, いためない, いんと, うちあけて, うねらせ硝子窓, えぐられてるとも, えぐりほんの, おさ, おたて, おとすよう, かえしたよう, かかえたまま, かかえるよう, かききり血, かこって, かためた, かんから, きつく締めあげ, きめたが, きめたもの, きめたらそれ, きめてから, きめました, きめると, きめ全, きめ目, きらせた将軍家, きらせるばかり, きれいに, くぐる時, くっきりと, ぐるりと, こしらえお, こしらえてから, こしらえないこと, こしらえねば, こしらえ弁当, こちらに, こらえ手, こわした者, こわしました, こわす, こわすな, さいた傷, さかれ肝, さぐって, さぐられた経験, さぐられる式, さぐりに, さすった, さすりけり, さらけ出して, したの, した細君, しばらく貸し, しぼると, しゃぶって, じっと睥, すえた, すえたもの, すえての, すえろよ, すかし喉, すばしこく潜りぬけ, すらんばかりに, すれば, すゑて, ずぶずぶと, その棒, たてあうとしても, たてさて, たてたけれど, たてたて, たてたやう, たてたりは, たてた様子, たててた時, たてないけれども, たてなど, たてるという, たてるなら読むほう, たてるわがまま, たてる余地, たてる気力, たて始めた, たて苦々し, たて贖罪, だして, つきだし, つき出した, つき出し太い, つけながら, つらぬかれて, でも逆さ, とんとん叩く, ながめ最後, なさること, なめなめ手, ならしてるなぞ, ひきずつて, ひやしたの, ぴったり芝生, ふくらしつめ, ふくらすと共に, ふくらませて, ふむこと, へこましたり, へらしローソク, へらすだけが, ぽかり, まる出し, みせて, みたした, みたす, むか, めざして, もって, もてあつかって, やられた男, ゆすりながら, よくととのえる, よじらせる, よらせるよう, わざ, ゑぐつて見る, ゑぐられて血を, シッカと, チラリと, ドサンドサンと, ペコ, 一廻りまわった, 三文字に, 上方女に, 下すこと, 下すよう, 中心に, 乾して, 二三十切っ, 五つや, 仰向ける, 何から, 作って, 作ろうという, 借りて, 傷めて, 充しも, 充たすに, 光つて出た, 冷やしたせい, 出いた鮒, 出したまま, 出してる遊廓地帶, 出しなされは, 切ったか, 切ったので, 切ったり, 切った時分, 切った話, 切つたつ, 切つて亡くなりました, 切つて濟むことで, 切て, 切らされ母一人娘一人, 切らして, 切らず治郎左衛門, 切らせよとの, 切らせるより, 切らないで, 切らなかつたら何, 切らにゃ, 切らんと, 切りさ, 切りたくは, 切りますはいお, 切り了, 切り半月目, 切り損ねて, 切り裂いて, 切り開ける事, 切るぜ, 切るつて言ふん, 切るというは, 切るなどとは, 切るなり, 切るべきか, 切るほどの, 切るよりも, 切る事, 切る友達甲斐, 切る心算, 切る男, 切れとい, 切れの, 切れ叔父, 切ろうという, 切んなすったかい, 切開した, 刳いて, 刺されたと, 刺した, 剖かね, 剥きだしに, 割いたり, 割かれた女, 割きて, 割き胃, 割くこと, 割つたところ, 割ると, 劈くが, 動かした, 医せよと, 反して, 叩きながら, 召されたで, 召すなどと, 合せわが, 咬まれ肩, 土に, 圧えて, 圧して, 地上に, 壊して, 壊すなんて, 大きくお, 天に, 太らせること, 存分に, 定めると, 寓した, 小気味よく蹴り捨て, 少し切開, 川の, 左手で, 巻きしめ氷, 床に, 引きあけて, 引込め眠い, 強く押え, 当て這い延びて, 後の, 思いながら, 恁う, 感じた, 截ち割ったら知れるだろうぐらいに, 截ち胎児, 打ちしに, 抉って, 抑えつつも, 抑へた, 抜く背, 抱えそれ, 抱えたなり, 抱えた事, 抱えつつ, 抱えるという, 抱える浜田, 抱て, 押えた小, 押さえつけて, 押しつけ紙切, 押へど, 拘へて, 拵えとかにゃ, 拵える, 拵へてから, 持たせて, 持った番人, 指さいて, 指して, 按じて, 据えた, 据えてる所, 据えはじめた, 据え兼ねあり合う鍬, 据え兼ね自暴自棄, 据ゑて次の, 探ぐられるのもいやだったし, 探られること, 探られるよう, 探るという, 掩わんばかり, 掻き廻す, 掻っ切ったその, 掻ッ切り江漢も, 描いて, 揣摩せられ, 揺ったが, 揺り動かしながら, 搜られない, 摺って, 撫でたきり, 撫でま, 撫で廻わすと, 撲るの, 擦りながら, 斬って, 映して, 有して, 板囲いに, 極めてからの, 横たえて, 欄干に, 此方へ, 汚れた床板, 決めたからの, 決めた次第, 決め出陣, 波うたせて, 洗う, 洗わせながら, 浮かせて, 減して, 減らさせないから, 減らすこと, 減らせば, 温めた, 満した, 満たしそして, 満たしたらすこし, 満たすため, 満たせの, 潜つた時ぢや, 炙つて, 父に, 物入れに, 畳へ, 病まぬと, 痛さうに, 痛めずに, 痛めたこと, 痛めた勇太郎樣, 痛めた子供, 痛めた椙, 痛めないかぎり, 痛めるしね, 癒せりと, 白い灰, 看透かされたと, 着けて, 知て, 砂の, 破かれるの, 破つて突き, 確かめて, 空かしながら, 空かせば, 突いたか, 突いた人間, 突きさ, 突きぬかれて, 突き出しドツカ, 突き立てられた, 突く突っ込んだ瞬間, 突刺されるという, 立たせまいと, 立たせると, 立たないもの, 立ちお上人様, 立ちますわ, 立ち割り胎内, 立ち御上人様, 立ったもの, 立つその, 立つても, 立つも, 立つん, 立つ気, 立てあうに, 立ていや, 立てきっと, 立てさうに, 立てさせた一般社会, 立てさせないで, 立てさせられて, 立てさせるつもり, 立てさせるほどの, 立てすぐ, 立てそ, 立てそのまま, 立てたそれ, 立てたとき, 立てたまま, 立てたらしい金三, 立てたらしく頑固, 立てたら立てたほう, 立てたろう, 立てたミウーソフさん, 立てた叫び, 立てた後, 立てた揚句, 立てた様, 立てた法然, 立てた獣, 立てた連中, 立てちゃった, 立ててちゃ, 立ててや, 立てでも, 立てないという, 立てないばかり, 立てない平次, 立てなければ, 立てなすって, 立てぬ, 立てはじめた, 立てまい, 立てました小使娘, 立てますからね, 立ても, 立てやすく, 立てられても, 立てられるの, 立てるおそろしい, 立てるし, 立てるでも, 立てるとは, 立てるには, 立てるより, 立てる値打ち, 立てる奴, 立てる張りあい, 立てる性分, 立てる暇, 立てる程, 立てる腹立つという, 立てる道理, 立てんで, 立てスッ, 立て一生懸命, 立て予て, 立て仏頂, 立て先生, 立て即座, 立て土蔵, 立て彼, 立て掛かれば, 立て梟, 立て此家, 立て疲れて, 立て義憤, 立て道端, 糺して, 締めつけ手綱, 締めて見まもっ, 縫われて, 羨んだの, 聞かされる無理, 肥すが, 肥す程, 肥やすこと, 肥らし勘定, 脹らして, 膨らかしや, 膨らまして, 苦しそう, 落着けたなり, 袖の下で, 裂いたとたん, 裂かる, 裂かれた者, 裂き氷塊, 裂き肉, 裏返せば, 見すかして, 見せたまま, 見せつ, 見せられて, 見せ浪, 見やぶられは, 見られるは, 見るには, 見抜いた本屋, 見送って, 見透かされんで, 覘え, 触手で, 読み合って, 調べながら, 赤く染め, 蹴られて, 蹴り上げた, 蹴り鬣, 蹴ッ, 蹴破るぞ, 返すが, 逆撫でする, 運ばせて, 鋭利な, 閃めかし, 開いて, 陽に, 露出した, 頬に, 食い破られるか, 骨まで, 黒き背

▼ 腹~ (2550, 18.9%)

288 立って 115 立った 98 立つて 92 減って 68 立つ 52 空いて 50 すいて 46 へって 36 立つの 29 たって 21 立ちました 19 立つた 18 立つと 16 立ったから 14 立ったが 11 へった 10 減った, 減つた 9 減っては, 痛いと, 立ったり, 立つこと, 立つやら 8 痛くて, 空いた, 立っても, 立つので, 立つよう, 立つん 7 たった, へると, 痛くなる, 空って, 立つたから, 立つぢ 6 たつて, ふくれて, 痛んで, 空いたので, 立つたり

5 [21件] あるから, あるの, できて, へる, 一杯に, 張って, 減ると, 痛いの, 痛くなっ, 痛むと, 空った, 立たなかった, 立ちましたから, 立ちます, 立ちますよ, 立ったの, 立ったので, 立つから, 立つばかり, 立つもの, 立つよ

4 [23件] いっぱいに, たつ, へったから, へっては, へっても, 一ぱいに, 出来て, 出来ると, 減ったから, 減つて, 減つてる, 減る, 減れば, 痛い, 痛くなった, 痛み出して, 痛む, 空けば, 空る, 立ちますから, 立つほど, 立つよりも, 立てば

3 [40件] すいた, すいたから, すいてるん, すき喉, へったなあ, へったので, へるし, キリキリ痛ん, ペコペコだ, 一杯で, 冷えて, 出て, 急に, 据って, 減っても, 減つ, 減つたら, 減つても, 減つて腹が, 減らないの, 痛いから, 痛え, 痛かった, 痛くな, 癒えないと, 空ききってるん, 空くの, 空っては, 空つた, 立ったと, 立ったよう, 立ったん, 立つが, 立つたが, 立つたので, 立つだけ, 立つわ, 立つ位, 膨れて, 見え透いて

2 [117件] あったから, いえないよう, くちくなっ, すいたと, すいたの, すいたよ, すいても, すいてるから, すくと, すけば, すわって, たちました, たってたまらなかっ, たって来た, たつじゃ, たつと, たつね, たつの, たつ捨て仕舞, なおると, なかった, はると, ふくれると, へったと, へったの, へったよ, へつた, へるから, へるの, へるので, へれば, わからなかつたので, わるいん, ダブダブする, ペコ, 出來, 切れるか, 北山に, 大きいから, 大きくなる, 大きく脹れ, 大きすぎ, 太くなっ, 少し豊か, 張ると, 斜めである, 減ったか, 減ったがい, 減ったよう, 減ったろう, 減つたで, 減つてゐる, 減つて一足も, 減りすぎる, 減ツたら, 痛いって, 痛いよう, 痛えと, 痛くつて, 痛くなり, 痛み出した, 痛むので, 痛んだ, 癒えないよ, 癒えなかった, 癒えぬ, 癒えねえ, 白い, 目立たぬ内, 私には, 空いたが, 空いたと, 空いたの, 空いたやう, 空いた取って, 空いてるから, 空いてるん, 空くと, 空て, 空に, 突張って, 立たない, 立たないわけ, 立たなかつた, 立たなくなった, 立たなくなって, 立たぬでも, 立ちましたが, 立ちましたので, 立ちますわ, 立ちも, 立ったとき, 立ったところ, 立ったもの, 立ったわ, 立ってね, 立つか, 立つくらい, 立つし, 立つたそして, 立つだろうが, 立つても, 立つという, 立つところ, 立つどころか, 立つね, 立つもう, 立つより, 立つよりは, 立つわけ, 立つ気, 立つ程当時彼女, 胸が, 裂けて, 裂けるよ, 見えた, 鳴ります

1 [841件 抜粋] あたたまるからと, あったの, あっちゃ, あつた, あつたらしい, あつて, ありセルロイド, あるならも, あるので, ある奴, いいぐあいにへっていた, いい加減, いえず五条, いかん, いくつも, いくらか苦しく, いせない, いせる譯, いたい, いたいみんみん蝉, いたくて, いたくなる, いたむ読書, いっぱいな, いつぱいになつたけれど, いつぱいになつて財布, いとしいいとしいと, いとしくて, おきない, おさまりました, おちついて, かうだからと, かるくなった, きまって, きまってるならそれ, きまれば, ぎらつと光つて一ぺんひる, くちいから, くちい構っ, くちくて, くちくな, くちくならない, くちく成る, ぐうぐう鳴る, ぐりぐり鳴った, げっそりと, こう取れた, こちらを, ごろごろ鳴る, さっぱりする, しきりに痛む, しくしく痛ん, しっかりし, しぶり出すラキサトール, すいたか, すいたでしょうが, すいたので, すいたやろ, すいてた, すいてる, すいてる実際こんなふうに, すかないと, すかないねえ, すきは, すき出して, すき自分, すくから, すくだろう, すくばかり, すれすれに, すわつた, せっぱ詰っ, それから足, たたないの, たたなかった, たちましたゆえ, たちゃしませんかい, たち我, たったか, たったと, たったので, たったら独楽, たってたまりませんでした, たってならねえ, たってひどく, たって居たたまれない, たって腹, たつかも, たつくらい, たつたか, たつたが, たつだろうが, たつなら此所, たつに, たつまで, たつん, たつ憎い, たまりませんよ, だんだん大きく, ちゃんと分っ, ちょうどその, できたらひと汗かこ, できると, でけえ, どかんと, どっしり落着, ないから, なかつたと, なぜ空く, なつたの, はる, ひとり手に, ひどく疲れ, ふくらんだり, ふくれたから, ふくれてから, ふくれる, ふくれるといふ, ふくれるんだい, ふさげれば, ぷかりぷかりと水に, へったでしょう, へったという, へったらキヌ子, へったら白い, へったろうと, へったん, へっちゃ, へってるの, へつたあ, へつたね, へつたよ, へつちや, へりゃ仕方, へり身体, へるぜ, へるだろうと, へるに, ぺこ, ぺたり, まえと, まだおさまらない, まだ先, みえたり, みんなに, むやみに, もたない, やけるよう, よくへっ, よく解つて, よけいに, よじれるじゃ, わくわくする, わるいと, アスフアルトの, グウグウ, グウグウ辛気に, チクチク痛みかける, ドカンと, ドブ, パンくずの, ヘリスケだ, ヘンで, ペこペこに, ムカムカし, 一ところ二ところむき出しに, 一ぱいだ, 一向空かん, 一番危險だ, 一瞬まつ黒に, 下つた, 下るばかり, 不愉快に, 不気味に, 二つに, 二人前ある, 他の, 充ちて, 光って, 内側へ, 冷えますから, 冷え切っちまうだろうッ, 凹んで, 出っぱって, 出来たから, 出来ないと, 出来れば, 分かつたもの, 分らない, 切れて, 割かれた, 割けるほど, 北山しぐれな, 十分に, 又空いた, 唯一の, 固うなるほど, 固くなり, 夕暮の, 大きい, 大きいとか, 大きくって, 大きくなっ, 大きくなった, 大きくよろしい二回, 大く, 大ぶ出, 大分張つて來, 大腸とかいう, 太いの, 太くって, 太鼓の, 妾だ, 存外手広, 定って, 定らず, 小さ過ぎる, 少しばかり, 少し痛ん, 屈曲光を, 庸之, 引締って, 弛んで, 張ったから, 張った時, 張つた云々野性は, 張らない, 張るつもり, 張るに, 張るやう, 張れば, 御減りでしょう, 徳川がたの, 忽ちいっぱい, 悪くなった, 悪るけれ, 押しても, 据わつて, 据われば, 木魚の, 柔かくぶよぶよ, 栄達への, 極まらずに, 横たわって, 段々しぼん, 段々大きく, 決らないで, 治まった, 波打って, 浪を, 消えじゅんじゅん, 淡赤茶色, 減いた, 減たろう, 減ったあの, 減ったが, 減ったこったらおびただしい, 減ったし, 減ったでしょう, 減ったと, 減ったとき, 減ったね, 減ったので, 減ったよ, 減ったらどんな, 減ったん, 減ったんでね, 減った様, 減った飯, 減っちまって, 減ってるので, 減っとりゃせんじゃろか, 減つたな, 減つたので, 減つたもう, 減つた時便所へ, 減つてお, 減つてとても, 減つてるらしい, 減つてゐ, 減つて來て, 減つて我慢にも, 減つて来, 減つて武藝の, 減つて眠れない, 減つて饑いと, 減らない一寸, 減り, 減りそして, 減りましたと, 減り身体, 減り通し, 減るぜ, 減るという, 減るの, 減るばかり, 減る位, 減ツた, 満ちたりと, 満てる, 滅つた, 滅つたから, 滿ちた, 濡れた岩肌, 無数に, 煮えくり返って, 煮えら, 煮える, 猶更, 畳の, 疼むといふことはなかつたので不, 痛いか, 痛いつて寐, 痛いです, 痛いとか, 痛うての, 痛かて, 痛くつて四度, 痛みだして, 痛み出してね, 痛み出しました, 痛むさ, 痛むとか, 痛むらしいん, 痛む場合, 痛もうが, 痛んだかと, 痛んだので, 癒えず何, 癒えたとて, 癒えな, 癒えないやう, 癒えぬといふ, 癒えねえから, 癒えました, 癒えません, 癒えまっしゃろ, 癒えること, 癒えるもの, 癒えんと, 癒えんわい, 癒る, 白いか黒いか, 白くよじれ, 白く光つて, 益々膨脹, 目立つよう, 眼に, 眼の, 福松には, 空いたか, 空いたからと, 空いただろうが, 空いたらそれ, 空いたら飯, 空いたろで早く, 空いた饂飩屋, 空いちま, 空いちゃった, 空いてると, 空いてるわけ, 空いてるン, 空かないの, 空ききってると, 空ききっとりますので, 空きましたから, 空き出したこと, 空き切って, 空くが, 空くよ, 空ったら, 空つたらう, 空つてそれで, 空つては, 空つてゐる, 空つて體が, 空り, 突き出し奥山, 立たないか, 立たないかも, 立たないそう, 立たないやう, 立たない丈, 立たなかつたら, 立たなくなります, 立たぬこと, 立たんと, 立ちさえ, 立ちそれ, 立ちて, 立ちながらも, 立ちびりびり, 立ちまさあ, 立ちましたよ, 立ちましたろう私, 立ちましたわ, 立ちますか, 立ちますと, 立ちますね, 立ちますわね, 立ちません, 立ちまた, 立ちようが, 立ち何一つ役, 立ち始めた, 立ち実に, 立ち憤り欠伸, 立ち時には, 立ち本み, 立ち眠く, 立ち身, 立ったからとは, 立ったこと, 立ったという, 立ったとて, 立ったらしいの, 立ったら心, 立ったろうが, 立った時, 立っちまいますねえ, 立っちゃ, 立っとったん, 立つうち, 立つえ, 立つかも, 立つくせ, 立つこの, 立つこれ, 立つじゃァ, 立つそんな, 立つたそれ, 立つたと, 立つたもの, 立つたやう, 立つたらうね, 立つた位, 立つた時, 立つた途端, 立つつまらない, 立つては, 立つで, 立つでしょうね, 立つでは, 立つとも, 立つな, 立つならあの, 立つなら堪忍, 立つなら寧そ, 立つなんて, 立つに, 立つのに, 立つひま, 立つまだ, 立つもん, 立つらしく殊更, 立つわい, 立つ一幕, 立つ先方, 立つ始末, 立つ必要, 立つ樣子, 立つ涙, 立つ筈, 立つ金持, 立てばとて, 立て堪らぬ, 立とうが, 立ツた, 米友に, 納まるほど, 絞られるよう, 絶叫に, 耗った, 胸一杯に, 脹つて來て, 脹れる訳, 膨れた結果, 膨れ出した, 苦しい, 蒼ざめた顔し, 裂けたという, 裂けるとともに, 見えたが, 見えたと, 見て取られて, 解りさ, 解剖される, 読めきって, 読めぬと, 重いの, 重くなる, 銅色に, 震える感じ, 非常に, 顎や, 鳴った, 鳴って, 鳴るそれ, 黒い, 黒いから

▼ 腹~ (2073, 15.4%)

222 底から 43 なかで, 立つこと 37 上に, 底に 36 底まで 32 底で 31 底からの 29 底を 27 立つの 24 底では 22 皮が 20 なかでは, ように, 皮を 17 下に, 底には 16 立つ事 13 なかに, 底の, 蟲が 12 子の, 立つほど 11 うちで 10 上へ 9 上で, 下の, 内で, 底は, 立つよう, 足しに 8 あたりに, ところに, やうに, 底が, 方は 7 ような, 下を, 子を, 底へ, 皮の 6 ところを, なかを, 下から, 子は, 工合が, 空いて, 袋から

5 [11件] あたりを, そこから, なかは, 上を, 内では, 底までも, 痛みも, 空いた時, 立つもの, 立つやう, 黒い人間

4 [19件] あたりまでしか, たしに, なかから, なかの, タシに, 下で, 下へ, 子も, 底より, 方へ, 毛を, 減つた, 田虫を, 痛いの, 痛みは, 皮をよ, 立ったこと, 立って, 足しにも

3 [26件] あたりで, うちでは, お松とて, すいて, たつこと, ところで, ふくる, まわりに, 上では, 上の, 前で, 大きさ, 奥の, 子が, 子供が, 減ったの, 減って, 減るの, 痛みに, 立つお, 立つとき, 薄身, 蟲を, 足しには, 運動を, 頑癬を

2 [90件] あたりから, いえるよう, しっかりした, すいた少年, できた人間, どん底から, どん底まで, なかには, なかへ, ひとを, ふくれた人, ふくれた様子, ふくれて, ふくれるもの, へって, へんから, へんに, やうな, わからないお, 上から, 上には, 上まで, 下には, 下部を, 両側に, 何処かに, 児を, 具合が, 具合は, 具象変形に, 内親王であった, 大かい人, 大きいところ, 太り肉太鼓を, 奥から, 子と, 底, 底でも, 底までは, 底初めは, 性を, 方から, 方が, 方の, 気味で, 波だちに, 減ったこと, 減ったとき, 減った時, 減った男, 減つてゐるらしい, 減ること, 減るたび, 源太は, 痛みが, 痛みを, 痛むの, 痛むもの, 癒ゆる, 白い小さな, 皮に, 皮は, 真ん中に, 空いた子供, 空った, 空る, 立った事, 立つことしきり, 立つところ, 立つ仕打ち, 立つ奴, 立つ程, 立てやう, 立て方, 締りが, 脇差を, 膨れると, 良い男, 茶店に, 蠅を, 裂けるほど, 裏を, 赤い毒蛇, 足に, 足には, 辺が, 辺に, 辺を, 郎女, 音を

1 [736件 抜粋] あたりが, あたりは, あの人たち, あぶらぼてりで宵, ある女, ある奴, ある遊興, いいわけは, いたみを, いたむまね, うちだけ, うちの, おかげだ, おさまらない調子, おもたい魚, お点前は, かみなりも, かるくなる, かんなひ, きらいなく, きれいな, くちいという, くちい連中, ぐあいがおかしくなった, ぐあいがわるいとどうも, こたえた人, ことばかり, ごとき毒々し, さくるは, さけめから, さけめへ, しまりが, しめくくりが, しん底からの, すいたの, すいた時, すいた狼, すいた野原, すいてる方, すいてる者, すくもの, すく樣, すわったこと, すわった人, すわった旅人, すわつた男, すわらぬ人物, そこで, そこより, そこを, その累々, たたねえよう, たったエセックス, たって, たつとき, たつほど, たつ偶然, たてようが, ために, ちがう次女, つき出た婆ア, できた人物, ところから, ところが二つ, ところだけ, ところは, ところへ, とびでるほどに, どこかへ, どん底で, どん底に, どん底を, ないひどく人, ないもの, なかが, なかでかう, なかとが, なかまで, なか焼ける, なんでございます, はうは, はるもの, は今, ひどくいたい, ひろさ, ふくらみたるも, ふくらんだ発育不全, ふくらんで, ふくれた大きな, ふくれた小さい, ふくれた蛙, へったの, へったものの, へりすぎた玉太郎, へる, へること, へるぶん, へる日, へる時, へんまで, ほうかな, ほうは, ほうへ, ほとんど全部, まるで白竜, まわりが, めっきり大きく, も加え, やうで, やや谷, ようである, ようでした, よくない, よくねえ, わからない妙, わからぬ者, んだり, イレズミも, タシマエが, ドンぞ, ドン底へ, ハンモックも, 一つ位切れと, 一部を, 丈夫な, 三節目へ, 上, 下まで, 下や, 下脚の, 中央に, 中将は, 乳に, 五の, 五臓の, 人なれ, 人に, 仕業である, 令嬢が, 何処かへ, 何處か, 修行も, 健康を, 側の, 傷口へ, 兄であった, 兄妹達三人と共に, 光が, 児に, 児に対する, 八つ当りに, 八段歩の, 具合を, 内に, 内を, 内側に, 内部の, 内部は, 冷く, 処が, 出来た上, 出来た人, 出来た人間, 出来た若僧役人達, 出来事については, 切り方, 前に, 前へ, 前方に, 創口を, 力の, 加減も, 勝景を, 卵子が, 卵粒も, 合った空気, 君として, 呼吸が, 呼吸で, 嚢中に, 四男であった, 地形に, 境目とにも, 外の, 大きいこと, 大きいもの, 大きい女, 大きい方, 大きい狸, 大きい者, 大きなクラス, 大きなタラス, 大隊長, 太いの, 太い人間, 太くなりはじめた, 太った脚, 太つた男, 太らない馳走, 夫妻は, 奥で, 奥には, 奥まで, 奥底の, 奥底へ, 奥座へ, 女の子でも, 始末まで, 始末を, 娘で, 娘に, 子だって, 子であった, 子では, 子に, 子について, 子までの, 子ん, 宮は, 宮様が, 家の, 容積にも, 寢かしやうはねえ, 尊良親王も, 屈托を, 屈曲を, 工合は, 左半分全部を, 幸次郎は, 幻が, 底だった, 底でかく, 底に迄も, 底までのみ, 底も, 底迄, 底迄も, 弱さ, 張つた子供ふたりは, 強い人, 弾力が, 得意を以て, 御兄妹, 怖しい, 急きに, 恰好も, 患部は, 悪いもの, 悪い婦人, 悪い男らしい, 悲哀そこに, 惡い, 感じと, 感謝を, 所が, 所で, 持主だ, 持主は, 据え方, 据わったよう, 捻りやうに, 探りあいを, 探り合いでも, 数ヶ所から, 方で, 方に, 方ばかりに, 方まで, 方までは, 暗翳だ, 最中に, 朱い, 桂首相も, 極まらない下, 構造と, 模様めがけ, 次男を, 毛から, 毛穴に, 汗の, 汚いの, 決裂である, 波と, 洞穴にこそかの, 渋りだすたび, 減ったと, 減ったよう, 減った事, 減った小, 減った旅芸人, 減った物食い, 減った狼同然, 減った連中, 減った顔, 減つた一人こそ, 減つた乞食坊主で, 減つた序に, 減つた時の, 減つた狗が, 減つた獣の, 減つた話だ, 減つた身には, 減つてる, 減り方, 減るという, 減る仕事, 減る仕掛け, 満ちい連中, 満ちた恰好, 滿ちた, 漸く膨れ出し, 無い奴等め, 焦げ, 爲に, 爺も, 理想でなく, 生殖線に, 田虫とを, 甲から, 甲は, 甲を, 男らしさ, 畑は, 異った, 疵も, 疼いの, 病めないもの, 病めないよう, 病めるあらゆる, 病気が, 痛い思い, 痛い者, 痛くなる, 痛そう, 痛まん散財, 痛みて, 痛み位ゐ, 痛むとき, 癒えるまで, 癒える迄, 白い形, 白い魚, 白い鰻, 白っこい, 白子を, 皮へ, 皮まで, 皮肉しか, 皮肌一枚で, 盛り上がりの, 眞の, 眞中の, 真っ赤な, 真ン中に, 真中に, 知れねえ人間, 破れるほど, 神經と, 秘を, 空いたとき腹, 空いた事, 空いた人間, 空いた嫌, 空いた悲し, 空いた訳, 空いた顔, 空かない連中, 空かねェ, 空く時期, 空しい事, 空ツぽ, 空地に, 突き出た諾威人, 窪みに, 立たないほど, 立たないやう, 立たない禁呪, 立たねえもの, 立たねえやつ, 立ちやう, 立ったありのまま, 立ったらしい目つき, 立った力, 立った私, 立つうち, 立つことだらけ, 立つこと一, 立つた時, 立つて, 立つべき質, 立つほどの, 立つものぢ, 立つやつ, 立つわけ, 立つ二つ三つ, 立つ人, 立つ件, 立つ元旦, 立つ女, 立つ所, 立つ時分, 立つ泣きたいやう, 立つ男, 立つ癪, 立つ秋雨, 立つ程厭, 立つ者, 立つ訳, 立つ返事, 立つ鼠, 立てようで, 立て榮え, 立事言て, 笞刑吏だって, 筋が, 筋肉を, 粒子も, 細さ, 紳士や, 網の, 綺麗なせゐだ, 繁司は, 織元其他へ, 美惡も, 羽毛が, 耗った, 肉が, 肉に, 胤まで, 胴を, 脂を, 脹れた女, 腹ごなしです, 膨ま, 膨るる, 膨れかえったの, 膨れたの, 膨れた形, 膨れるの, 膨れるよう, 色を, 芯にまで, 芸である, 草原には, 處から, 虻を, 表皮は, 表面と, 表面へ, 裂けた小豆, 裂けた蛙, 裏が, 裏に, 裡で, 見えすいて, 調子を, 豊かな, 貯金箱の, 貴族が, 赤いアカゲラ, 赤い大きな, 赤さ, 赤さんに, 辺りが, 辺りに, 辺りを, 透いたの, 運動は, 道樂と, 違ツた, 郎女次に, 部分とを, 重さ, 重苦しいの, 金之丞様を, 金筋が, 鈍痛だけは, 長家の, 閃めき, 院の, 隅の, 隅へ, 震幅と, 青縞, 面白い人達, 頼通の, 飢えを, 餘り, 饑った, 鬱憤ばらし, 鰭は, 鳴り音に, 鳴るが, 麟板は, 黄いろな, 黒い人達, 黒い嘲笑, 黒い悪魔, 黒い母親, 黒主は

▼ 腹~ (923, 6.9%)

16 力を 8 入れて, 力が 7 すえかねて, 据えかねて 6 なって, まいて 5 えび蔓の, たまって, 子を, 毛の, 穴を 4 入って, 出來, 水が

3 [17件] あること, あるので, いれて, しみて, 出来た子, 力の, 子が, 当てて, 手を, 据えかねる, 水の, 波を, 溜めて, 片子を, 置いて, 覚えた, 風穴を

2 [57件] あてて, ある, あるうち, あるから, ある事, ある真直, おさめて, かかりある, ぐっと拍車, こたえた, こたえて, こたえるよう, した, すえかねること, ついて, ぬひと, ます御子, 一杯固く, 一物あっ, 一物ある, 一物も, 住むこと三七日, 兎と, 入つて, 入れてか, 出来て, 刀を, 匕首を, 十分の, 卵を, 吸盤の, 女の子が, 宿って, 宿らなん, 小石川は, 居るとき, 当る所, 持って, 持つて, 据えかねたよう, 据えかねるの, 据ゑ兼ね, 毒の, 溜って, 生れた者, 生れて, 病気が, 盛って, 眼を, 穴が, 突立て, 袋を, 覺えた, 隱れた, 鞭を, 響いた, 響いて

1 [663件 抜粋] あいてる暗い, あたったらしいの, あったこと, あった兄さん, あった時, あてました, あて空, ありましたの, ありましょうよ, あるけれども, あるだけ, あるの, あるもの, あるよう, ある一案, ある二箇所, ある傷跡, ある子供, ある彼, ある御, ある鷲, あれど, あろうが, いいしお菜, いたいほどに, いたうち, いたり, いった, いる時分, いれた木, うす紅, うちつける波, うんとかじり附く, おさまったもの, おさまって, おさまりかねて, おのが, お母, お美しい, かき込んで, かくして, かくれるよう, かたまって, きたこと, きめて, くいついて, くくりつけて, くっついて, くつつい, ぐんと力, こすり付ける, こたえたであろうが, こたえないね, こたえながら, こたえました, こたえるさまざま, こたえるもの, こたへた, この原始, この実, こらえても, ごつんと, さしたる一楔木, さす夕日, させて, しがみついた, しっかりした, しっかりと, して, してからが, しみこむよう, しみた, しみるもの, すえかねたから, すえかねた三河武士, すえかねた仕打ち, すえかねるの, すえかねるよう, すわって, すゑかね, すゑ兼ねた, そうて, たくらみでも, たちて, たまったこと, たまりて, たまるが, たまるまでの, たまる水, ためこんで, たもつを, つきたてた, つきたてやう, つまずいたん, つめこんだ, つめこんで, つめて, つもる不満, できたはらわたの, できたもん, できるいい, とおらなかった, とどくほどの, とび乘, とりすがって, ないこと, ない付け焼き刃, なったところ, なったら旅, なつて, なりたいため, なりやがったもの, のし上って, のせた, はじきながら, ひかへて, ひびくよう, ひらひらひら, びりっ, ぶら下がって, ぶら下がつて, へばりついて, まうけられた第, まきつけそして, まきつけて, またがって, まだ卵, まはり, むやみに, もったの, もって, やどるの, よくない, わだかまりが, ゐたとき, アルコールが, キャタビラ, グッと, シガミつい, ナイフを, ビラが, プスリと, ボテの, ムチを, メスを, 一ノ, 一ヶ所匕首か, 一向の, 一大湖の, 一杯に, 一杯卵を, 一片の, 一物あった, 一物という, 一物の, 一疋の, 一線の, 三壬なし, 不吉な, 不意の, 中らぬ様, 中りて, 乗つて, 乗りて, 乗り上っ, 乳房を, 二ツずつ, 二子一女が, 人間の, 仮小屋, 伊達政宗という, 伏せる, 何か, 何の, 何等の, 依るわけ, 傍に, 充たして, 充ちた, 充分の, 光の, 入った, 入ったの, 入った理屈, 入っての, 入らぬ, 入りて, 入り真, 入るが, 入れたといふ, 入れたやう, 入れたゆえ, 入れないこと, 入れないので, 入れます, 冷たきが, 凝滞仕り, 出る, 出来たの, 出来たる鐵, 出来た子供, 出来た父, 出来ました鐵, 出来る子供, 刃物を, 分って, 初子が, 利を, 刺しこまれて, 刺し込んで, 前方に, 副線, 力もつきたる, 化し過ぎ思はぬ悲惨, 卷き付いて, 及んで, 双玉の, 収めてから, 取縋つて, 受けて, 各御子, 向かって, 向くので, 向って, 吸い付かれ身体中, 呼んで, 哄笑した, 喰いついて, 噛いかかっ, 団子と, 固い固まり, 圧し潰されるよ, 在る, 在るあの, 在るだけの, 地平の, 埋められた, 堪えが, 塗り背, 塵芥が, 墨を, 嫡子大吉が, 子さえ, 子の, 字が, 宿した子, 宿して, 宿せる, 宿ったタネ, 宿った児, 宿った胎児, 宿つた, 宿れる児, 寓つた神子が, 小さい傷, 小ぢんまりと, 小草, 居ります頃, 巣を, 巫女の, 巻きたる者一つ, 巻きつけたり, 巻きつけ猟銃, 巻き込まれて, 巻き附けて, 底が, 廻って, 張らないから, 強い力, 弾を, 弾丸を, 当てた, 当て低い, 後に, 御名を, 応えが, 応えて, 応えないで, 快感を, 念つてゐる, 思いつつ, 思えば, 思って, 思ひつ, 怪しき雲, 惡い, 意見もっ, 感じながら, 感ずる, 成らしやらぬ, 戸締の, 戸締りの, 承知し, 抱えながら, 押しあて, 拍車を, 拠る所, 持ちます, 持った後, 据えかねあの, 据えかねたという, 据えかねながら, 据えかねるという, 据えかねるもの, 据えて, 据え兼ねたと, 据って, 据ゑかねた, 据ゑかねたが要するに, 据ゑかねて座を, 据ゑ兼ねた, 据兼ね, 擬した, 擬して, 支つて顏を, 支度の, 支度を, 散漫な, 斜めに, 日輪が, 昼寝し, 暗き鬼, 有る事, 朝焼けの, 本領安堵を, 杖を, 来たと, 次に出来ました, 正太が, 此様な, 段々鼠色, 母の, 毛が, 水引が, 汚水や, 決めたらそりゃ, 沁みる沁みる, 沁み入ったに, 沁み渡るアルコール, 沁み透って, 沁み透らせ港, 沁むが, 沁んだ, 波が, 波打たせるやう, 波打つ笑, 浪を, 浮きいでて, 浸みた, 涙ある, 満ちた咀嚼物, 満ち腹雷, 溜った悪, 溜つて居る, 溜まらない飲食物, 溜る物, 滲み込んで, 滴つてつく, 潜って, 潜り込む, 潜んで, 火の玉が, 炭焼の, 無いん, 無かった, 焼酎を, 燈火が, 片子でも, 物が, 物を, 現は, 瓦斯が, 生ませた伊太夫, 生まれたお, 生まれたといふ, 生まれた嫡子, 生まれた自分, 生まれながら, 生れし春宮, 生れたこれ, 生れた女, 生殖腺が, 畳み込んで, 當つて流水と, 疵を, 瘤が, 白根葵の, 白雲が, 皇子が, 皺を, 相違ない, 真紫, 着くほど, 石を, 砂が, 確乎たる, 磨きすました, 磨らしむ, 穀物や, 積つた, 突きたてた, 突き刺し断末魔, 突き当る, 突き立って, 突き立てて, 突き立ててから, 突き立てようと, 突き込んだトラカル, 突き通した, 突っ立てたの, 突つ立て, 突立てる, 突込んで, 窟あり, 立って, 立てて, 答えの, 答えべき或, 粋筋が, 糧らしい, 紋が, 納まらないよう, 続いて, 続くところ, 綱政政言輝録の, 縞が, 縦に, 繋いで, 羊を, 羽あり, 羽織の, 聞いて, 聞くと, 聳ゆる, 聴け, 育てずに, 胚ツた, 脚の, 脾なく, 腹の, 腹を, 臍あり, 臍と, 臍という, 至っては, 至らず, 至る, 茂ってる森, 草を, 落ちるよう, 葬られたま, 蓆を, 薄き煙, 虫でも, 見えた, 見えて, 見せかけホテル, 見るから, 覚えの, 詰めて, 詰め物を, 詰め込むの, 貯めて, 赤い舌, 赤い點, 足りるだけの, 足を, 蹴込む, 轉ずる, 迫って, 這い込んで, 這入つて來, 酒が, 重きを, 金ぐさり, 針で, 釣った大きな, 鈍い音, 銃剣の, 銃弾を, 開く強力, 隠した, 隠れて, 雲解の, 青草を, 静かに, 非常に, 顔を, 飛び入って, 食いつく源五郎虫, 飲んで, 餘計で, 饑をも, 鰭で, 鰭の, 鰻飯, 鱗が, 鳳山亭と, 鴨は, 黒繻子の

▼ 腹~ (427, 3.2%)

13 空いて 6 減って 5 減るし, 立たないの 4 たてども, 代へ 3 いっぱいに, へって, 代えられぬ, 波を, 立たない, 立たん

2 [18件] かえられないでしょうだから, かえられません, すいて, すく, だぶりとして, ふくれて, 借りもの, 北山しぐれ, 十分立たれ, 大きな一つ, 大丈夫らしい, 換えられぬ, 水素瓦斯を, 空って, 立たないが, 立たなかった, 立ちしが, 立つが

1 [336件] あかく透きとおり, あったの, あったらしいん, あるらしい, あを, いっぱいだ, いつも血, うんと下腹, おそろしく空い, おれたちには, かうして, かえられず困窮, かえられず素性, かえられない, かえられなかったの, かえられぬから, かえられぬと, かえられぬところ, かえられぬの, かえられぬので, かえられん, かえられんと, かえられんな, きまって, きめた, きめて, きれいに, くちくなった, くちくなら, くちくなりません, くちく成らぬ, くろく澱ん, こしらえて, この点, さけて, さすがに, さまざま, すいとらん, すかない, すかなくとも, すかぬ今, すく寒し, そう決め, そこだけ, その当時, その瞬間, それだった, それを, たいてい貴方がた, たったが, たった今切った, だぶだぶと, だん, だんだん空い, ちょうど一ぱい, つかへる御, できたの, できて, でっぷりし, どうある, どうか分らぬ, どうして下さる, どうじゃ, どうだ, どうな, どの水死人, ない慎吾, なか, なかった, なかつたこと, なかなか癒えない, なぜこうしつこい, はりきれそう, ひどく減っ, ふくれずかつ, ふくれぬ, ふくれやしません, ぶきみ, ぶくぶくと, ぶってりふくれ, へらないの, へり勝ち, へる, へるし, へるしで夜, へる冷え, ぺこぺこだ, ぺこぺこに, ぺこペこにな, ほとんどなかっ, まだきまらなかった, まだ今, まだ決して尊氏一辺倒, みにくくかわいらし, みんな背中へ, むしゃくしゃする, むしゃくしゃです, もうさつき, もう噛, もう誰, やっぱり見えた, やわらかいが, ようやく彼, よく見る, わかった, わからぬが, コンゲニ, チュイレリーの, ナイフの, ペコ, メチャメチャに, 一つだ, 一つでない, 一つな, 一分と, 一層黒く, 一杯であった, 一生涯立った, 下側の, 不思議な, 両方に, 仕事や, 代えられずと, 代えられず一万円, 代えられず新吉, 代えられない, 代えられぬから, 代えられぬと, 代えられぬとは, 代えられぬ切な, 代えられぬ情な, 代えられぬ注射, 代えられませぬ, 代えられません, 伊達巻で, 借り物, 借物だ, 僕が, 充分に, 充分減っ, 凹んで, 出來, 出来た, 出来たり, 分けずとも, 分ってるん, 切らんでも, 切りとうございませぬ, 切れる, 前の, 割かれて, 力を, 十人夫人の, 四月で, 固まってないの, 変えられぬ, 夕方に, 大きくなり, 大きな呼吸, 大名を, 始めから, 存在する, 宮方な, 山梔の, 岩に, 巨万の, 干されたよう, 干して, 幽かに, 広々と, 庄助らにだって, 底の, 引込んで, 張らない, 張らないぞ, 張らないといふ, 彼の, 彼のみが, 得意で, 恰で, 指で, 揉める, 換えられずつい, 換えられないから, 換えられないと, 換えられないペコペコ, 換えられない気持ち, 換えられぬ此方, 換えられねえんで, 換えられねえ詰りの, 換えられませんや, 換えられんさかい, 擂木, 日に, 日に日に大きく, 明らかに, 暗いが, 替えられずと, 替えられぬ今, 替えられぬ場合, 替えれぬから, 替へられないから, 最も急峻, 桃色, 横に, 死に対しても, 残らず胃袋, 毒を, 水で, 水でも, 水ぶくれ, 汲めた, 決してそんな, 決って, 決めて, 決らず又, 沈んで, 浪打つごとくなり, 淡島姓を, 減ったと, 減ってない, 減っても, 減つた, 減らないか, 減らねえの, 減りきつて, 減りのど, 減るし目的, 減るほとんど, 減るん, 減る仕方, 減る寒, 減る眼, 満くならない, 無知無定見の, 無論あった, 無闇に, 煮え返った, 状態依然, 猛鳥の, 獣を, 琉金の, 瓢箪に, 甘い蜜, 生焼, 痛うならぬ, 痛みましたが, 癒えた, 癒えないらしかつ, 白痴の, 益々空く, 目立たぬ程, 相変わらず動い, 知るの, 石を, 破れて, 磨いた鏡面, 私が, 空いたらしかった, 空かないが, 空かないと, 空き始めた, 空くし, 空つても, 空つてゐ, 空らない, 空る, 空ッポ公平無私だ, 立たず, 立たないで, 立たぬ, 立たぬといふ, 立たぬ礼い, 立たねえ, 立たねえが, 立ちは, 立ちました, 立ちません, 立ちませんが, 立ちませんがね, 立ちや, 立った, 立ったが, 立つても, 立つ苦しく, 立てては, 立てない, 立てないけれど, 立てなかったのに, 立てまい, 立てまいちよ, 立てませんから, 立てられぬと, 立てられません, 立てるが, 立てん方, 紙撚, 終いには, 綺麗かも, 綺麗な, 緑色それに, 肉色で, 肥えたり, 胃袋の, 脂ぎって, 脹満の, 膨れて, 膨れ上り肩, 臍の, 與吉が, 茱萸藪だった, 茱萸藪だつた, 茶こぼし, 落ち付き, 蔵めて, 薄荷酒の, 裂けて, 裂け腸, 言うまでもなく姉, 許せない, 誰のよりも, 豆腐に, 赤を, 違えど, 遠慮なく空い, 遮二無二突張つて是, 酒で, 野球の, 雪花石膏の, 顔の, 颯と血, 飢えたりと, 餓ゑて來る, 鱗七八行また, 黒いな, 黒く

▼ 腹~ (369, 2.7%)

8 空いて, 立たない, 立って 6 減って 5 立つ, 立つが 4 立たないで, 立たなかった, 立ちましょうが, 立とうが 3 減った, 立たずか, 立たないの, 立たなかったが, 立たなかつた, 立ちませんでした, 立った, 立つだろうが, 立てない

2 [26件] あったらしい, あって, あつて, ある, すいて, たつまい, だんだん減りはじめる, できると, 空き加減だ, 立たうけれど, 立たないが, 立たねえ精, 立ちません, 立ちませんが, 立ちやせん, 立つこと, 立つし, 立つでしょうが, 立つべ, 立つわね, 立てずそして, 立てずに, 立てないよう, 立てば, 立てられねえ, 背も

1 [234件] あった, あったであろう, あったんで, ありまた, い, いと青く, おすき, おたて, お臍, かえって重く, かなり空い, きめて, きれいに, くちくなった, こしらえた, こしらえる, こっちが, さだまり喪, すいた, すいたが, すいたやう, すかず喉, すかなくなって, すきごろ和田金の, ずんぐりし, たたないで, たたないよ, たたなかった, たって, たって来た, たつかしらね, たつし, たつだろうが, たつだろう無理, たつべし母, たてずかえって, たてずのんき, たてなければ, たてられなかった, たとう, だんだん空い, ちょうど北山, できた, できたので, どうか, どうやらその, ない, ない連中, なかつたが, なくずんぐり, なくた, ぬっと露出, ねじきれた, のっぺらぼうで, はらないで, ふくれないパン, ふといなわ, へった, へって, へらない人たち, へらなかったのでね, へろうのに, また白し, まっ四角, もう気, よくない, 一人前の, 一先癒えた, 丁度北山, 下して, 何も, 充ちた上, 充分に, 出來, 切らずに, 切らせずに, 切らせん, 切りどころ, 切れずに, 切れないとは, 切れまい, 古い細工, 同じだったろう, 多少空い, 大分目に, 太く肝, 定った, 幾分か, 底が, 張って, 張つたし, 張らない, 張らないし, 当然観破しうる, 後足も, 御立ち, 思ったほど, 急に, 懐も, 手も, 手足も, 探られなきゃならねえ, 日も, 明日は, 未だ減らない, 業も, 歯も, 治り毎日ポーター先生, 泣くさ, 減ったし, 減つ, 減つた, 減つたらう, 減らざるべしと, 減らない, 減らないし, 減りはじめた, 減り加減, 減り頃, 減るら, 減るわけぢ, 減れば, 溢れます, 甘くなる, 産ませるなんざ僭上, 癒えようし, 相当ふくらん, 砂まみれにな, 確だ, 空いた, 空いたから, 空いたが, 空いた一杯, 空いた喉, 空きませんが, 空き加減の, 空く, 空って, 空つてゐた, 立う, 立たうが, 立たう立たうけれど, 立たずに, 立たず午前九時半頃, 立たないし, 立たないと, 立たないのに, 立たないほど, 立たないよ, 立たないタチ, 立たない今日, 立たない仕儀, 立たない道理, 立たなかった今日, 立たなくなりました, 立たねえ, 立たねえな, 立ちし武男, 立ちどんな, 立ちました, 立ちましょうけれども, 立ちます, 立ちますよ, 立ちませんよ, 立ちまっ, 立ちまつ, 立ちよ, 立ち情なく, 立ったが, 立ったし, 立った恥, 立つけれど, 立つた, 立つたが, 立つた恥しい, 立つだろう, 立つだろうと, 立つて, 立つはず, 立つまい, 立つまい我慢, 立つ腹, 立てしませなん, 立てず, 立てずいよ, 立てずまた, 立てず不平, 立てず候ひき, 立てず少し, 立てず神妙, 立てた, 立てたい思ひも, 立てて, 立てないから, 立てないで, 立てないです, 立てないでは, 立てないの, 立てなかった, 立てなかったが, 立てなかったの, 立てなかつた, 立てなかツ, 立てなくなった, 立てなければ, 立てねば, 立てましたが, 立てます, 立てますよ, 立てません, 立てやすい, 立てようによる, 立てられない, 立てられなかった, 立てるし, 立てるな, 立てるまい, 立てんと, 立て難く, 立とうじゃ, 立とうじゃあ, 立ました, 肩も, 胃も, 胸も, 脹つて居ない, 著しく膨, 蝋小屋で, 見抜けないで, 読めたし, 赤まだ, 身の, 透いて, 隙きし事なれ

▼ 腹から~ (213, 1.6%)

4 状袋が 3 下は, 出たの, 出て, 生れたの, 胸と

2 [16件] こみ上げて, 出た, 出ても, 声を, 尻尾へ, 手紙の, 生まれた, 産れた, 知って, 破れた状袋, 笑い出した, 胎児を, 胸へと, 腰と, 苺なんぞを, 血が

1 [162件] あばら骨の, いうよう, いっしょに, いっても, うまれたやう, うれしいと, おかしく快, おろした, くずれかかって, この世には, こみあげて, して, しぼりだすよう, そういう要求, そう思っ, そっと玻璃窓内, その理窟, ただお一方の, ぢや, つんと出てる, では, でる日露戦争, なにか黒い, はずして, ばらばらと, ふき出した, ぽとりと地, まっすぐに, もえあがった, わき腹にかけて, ゾーッとして, 一団の, 上だけを, 上の, 上は, 乗って, 二人の, 二頭の, 仔豚が, 何んだ, 出したら一大談話会, 出して, 出すとか, 出たうそ, 出たこと, 出たという, 出たとも, 出たよう, 出たヤシ, 出た事, 出た双生児, 出た声, 出た妹, 出た小言, 出た総領, 出た腹水, 出た自分, 出た蕎麦, 出た蕎麦切, 出で, 出られたお方, 出るもの, 出る樣, 出る牛乳, 出る音声, 割かっしゃる, 割かれた女, 叮嚀に, 善人で, 嗅ぎつけたかの, 外に, 夥しい血潮, 大笑, 安心し, 小指の, 小魚, 尻にかけ, 尻の, 帝国主義戦争には, 平次に, 引外した, 微かに, 微苦笑を, 心の, 忘れられないと, 感じるよう, 感謝し, 憂わしげ, 我の, 手のひらにかけて, 数多の, 斑, 時々ひ, 汝の, 浅草の, 浴びせかけて, 清水を, 湧いて, 滴るはず, 火の, 爆笑を, 生まれず父王子, 生まれたの, 生まれたもの, 生まれた姉妹, 生まれた子息, 生まれた父, 生れたもの, 生れた人間, 生れた八犬士, 生れた姉弟, 生れた娘, 生れた怪物, 産まれたとは, 産まれたの, 着物を, 知らなければ, 突出し, 笑いを, 笑うこと, 笑う素朴, 笑った, 笑は, 糞が, 絞るよう, 股に, 背中に, 背中の, 胸にかけて, 胸は, 胸へ, 胸もとに, 胸もとへと, 胸頸顎口鼻と, 脂肪が, 腰の, 腰へ, 腸の, 腹へ, 自分も, 自然に, 芸人じゃ, 血では, 裾の, 言った, 赤ん坊が, 足と, 足迄, 跡取りの, 転がり出たの, 辷り落, 辷り落ちた, 這い出したが, 這ひ出, 進歩的な, 道が, 野良声を, 開く方, 離れました, 離れようと, 頭の, 顔と

▼ 腹~ (209, 1.6%)

14 かけて 4 風穴を 3 入れて 2 入って, 刀を, 溜まって, 突き立てて, 詰めて, 詰めます

1 [176件] いれさせまいという, おさまるの, おとすか, お見舞い, かけての, かけては, かんかんと, ぐっと拍車, こたえて, こちらの, この短刀, しみるね, すらりと, ずぶり, ずぶりと刺した, そして一本一本, その切ッ先, その頭, たたみ込んだ, ただわけ, つき立てようと, つめる, のしかかり朝, のむ, はいる, はまるやう, ひらひらと, ぶち込まれるかも, ぶつかって, ぼくらの, むずと乗, もぐりこんで, もたれる外, よくもさう, ウイを, ウンと, ガンと, グッと, ズブリと, ピストルの, ピタリと, プツリ, ヘソを, 一撃を, 一鞭くれ, 一鞭すれ, 一鞭を, 両手を, 中堂を, 乗る者ア, 五六十両の, 仰向けに, 入ってから, 入ってからという, 入るから, 入ると, 入る如く書, 入れず鹿児島, 入れねえと, 入れると, 入れるの, 入れる迄は, 凡そどれ丈, 出来たは, 出来て, 刺しこむため, 力を, 叩きつけた, 叩きつけると, 右手で, 吸い込まれて, 喰い込んで, 器械を, 塗られた紺, 塗り下げ襟耳, 夢うつつで, 大きな口, 大砲の, 孕した, 宿したる鐵, 宿した胤, 小刀を, 己の, 巻いて, 巻きつけようと, 巻き冬, 帰れないよう, 干しちや, 底が, 底を, 庖丁が, 庖丁を, 廻って, 廻つた液体を, 引いて, 引摺上げた, 当てた, 当てて, 手を, 打ちこんだ, 投げつけた, 投げ返すこと, 抜けるの, 抱つい, 抱込めそう, 拍車を, 掛けて, 揺った, 斜めに, 槍を, 横がいに, 毒で, 水を, 汽車の, 活を, 消えて, 深く息, 深く斬りかけ, 深く斬り込みました, 溢れ出す位, 滲みわたる鼓, 潜り込む, 火の, 無理に, 當て, 癌の, 穴を, 空気を, 突きぬけて, 突き刺さった, 突き当って, 突き立てた, 突き立てたの, 突き立てた一刹那, 突き立てようと, 突き立てると, 突き立てる隙, 突っ込もうと, 突っ込んで, 突撃した, 突立てよう, 窮屈に, 笛太鼓の, 組み付いた, 腹から, 色々の, 落して, 行く余裕, 行った, 視線を, 触られて, 言外に, 詰めるもの, 詰め第, 話の, 踵を, 軽い鞭, 送り込むという, 這ひ込ませた, 這入っちまったから, 這入るや, 通は, 通わして, 鈎先を通して, 鉛だまを, 鋭い痛み, 鍬や, 附着い, 雁の, 集めて, 響いたろう, 響いて, 響ける, 頭を, 風が, 鳴らして

▼ 腹~ (152, 1.1%)

3 あつた 2 いるもの, ぐいぐいと, 吠えてや, 思って, 鬼火が

1 [139件] あご髯を, いきを, いけなければ, いたが, いたらどう, いっぺえで, いて, いはれる事, いまいましが, いますさ, いるそう, いると, いるところ, うなずく, うなる様, えび蔓の, おった, おもつ, おれも, お角, こすって, ことし四つに, この彫り, この雲助め, さ, すりつぶしながら, する忠臣, ずいと立つ, そのほう, それの, そんな関係, ちかって, ついそう言っ, とうとう八年, どっしりと, どっと崩れ, どなり込んで, なる, ぱらぱらと, もつて, もどって, もの云うごとくで, やったか, ゐたらしいが, ゐるのに, クルクルとびこん, グッと, ゴシゴシと, ツイ, 二三軒回った, 云った, 人に, 何思ってる, 働き者で, 元来た, 出て, 出納器の, 動す, 十二時ごろどこかへ, 受けた, 口を, 呑込ん, 喧嘩しちまつ, 囃を, 固まった石灰質, 土を, 塊の, 奉公人も, 女にも, 女房と, 女長兵衛と, 妾を, 少し大きい, 居ようが, 引け前に, 強引に, 弾くと, 彈く, 後から, 後村上天皇よりは, 微笑を, 忌々しくて, 思いなしか, 思うこと, 思うばかり, 悩んで, 抑えた, 抑えて, 押す肩, 押返して, 抽斎の, 拭った, 指を, 挟んで, 掻いて, 揉み消して, 撫でて, 擦って, 暫く揉む, 来た, 棄て白, 横面を, 歯噛みを, 歸つ, 江戸八百万石三百諸侯旗本八万騎の, 漕げ≫, 為氏, 瓦を, 町子は, 番手桶に, 疑へ, 白く干割れた, 睨み合っては, 睨み合つては, 石鹸つこうた, 種々に, 考えた, 聞いて, 肯いた, 薬王寺前, 行くから, 見た竜, 見て, 言うの, 話が, 語る義太夫, 豪胆だった, 軽く撫で, 辺を, 通した係長自身, 酒ばかし, 重いそして, 金持にな, 金魚を, 長い路, 飛び出すなんて, 馬鹿に, 鳥居前を, 鳴った

▼ 腹~ (146, 1.1%)

15 しさ 14 しかった 13 しそう 9 まぎれに 2 しい心持, しかったが, しくな, しくなって, しくなる, しくなるまで, しく思って, になつた話, 易い男

1 [77件] か知りやせん, が何おのれ, くは, く思へり, さしさ, しいくら, しいとで叱るよう, しいの, しいよう, しい三世相, しい事, しい変, しい忌々しい, しかつた, しくさ, しくさえ, しくさせた, しくそれから, しくて, しくなつ, しくなりて, しくは, しくも, しくもあったが, しくもあり気の毒, しくも思った, しく四方八方何所, しく引窓, しく思ったが, しく思はれるときさ, しく思わないの, しく想い出, しく感ぜられた強い, しく感ぜられる場合, しく目, しく耻, しく聴きながら, しく見返えられた, しく足駄, しやと, し我, し気, だし, だしくな, だしくもあれど, だしさ, だ飯島, であ, でお, でし, では御座いましょう, では恐れいる, でもした, なされましたの, に捲き込まれた, のま, の余, の処, の時, の気色, の餘, は尤も, は木片, まぎれかかる, まぎれでは, まぎれ斯, もかれこれ, もなさらない, も罪, をつい, をなだめ, をも申, を宥める, 一層強く, 怒時, 憤ること, 致さる

▼ 腹~ (105, 0.8%)

11 の丼 3 のかくし, のドンブリ, の底, をかけ, をし, を巻 2 の上, の下, の隠し, をあてた, をした, を着

1 [64件] からもそもそ, から五十銭銀貨一枚, から五十錢銀貨一枚, から紙切れ, から財布, から鬣, しやんとして, だけをヅタツ, だとか, ででもいる, で半纏, で寒, という扮装, と云う, と広, と真白い, に半纏, に印半纏, に唐桟, に小さな, に左, に捻込ん, に涎掛, に紺, に脚絆, に赤い, のせい, のどんぶり, のなか, のま, のよう, の中, の奥, の左, の支度, の皺, の色, の間, の隠, の黒, は双子, は立ち, は頷いた, ばかりが美くしい, へ仕舞, へ斜, へ附く, も雨, や武内樣, や股引, や頭巾, を, をかけさす, をかけた, をしてる, を借り, を出た, を引, を押えた, を掛け, を探っ, を揮, を着た, 着せいこれ

▼ 腹~ (96, 0.7%)

28 ひにな 19 ひに 15 になっ 5 になった 3 になつて 2 に成る, ひ, ひの, ふやう

1 [18件] つたま, になつて疊, になる, に倒れました, に寝, に成つて仕舞, に身, は弥生, ひて, ひながら, ひ伏つて, ひ闇, ふと同じく人, ふ事, ふ大, ふ大海膽, ふ状, へる二人

▼ 腹でも~ (86, 0.6%)

11 切らなければ 5 切って 3 切らなきや, 痛いの 2 いたいの, こしらえて, 切りてえ, 切ろうという, 痛いんぢ, 立てたやう, 立てて

1 [50件] あった, あつた, いて, きらなきや, こしらえながら, たて, なくただ, ひどく痛い, また青柳學士, やられたらいっぺんに, 下さないが, 下痢した, 何でも, 冷やして, 切つた, 切つて多勢の, 切つて居るだらう, 切つて死ぬ, 切つて申譯を, 切らずば, 切らなきゃなりません, 切らなきゃア済むめえぜ, 切らねばと, 切りそう, 切り開けて, 切る, 切るかと, 切るが, 切れ, 切ろうか, 召さなけりゃなりません, 当てられたよう, 拵へながら, 捜って, 揉むの, 断ち割って, 痛いかの, 痛かつ, 痛み出したかね, 痛むの, 痛んだり, 空いたならその, 立てたよう, 立てなきゃア, 聞いたらば, 聞たら, 腹膜炎の, 言ひたく成る, 読むよう, 蹴破つて

▼ 腹には~ (71, 0.5%)

3 いって, 何にも, 臍が 2 合点ぬ, 我を, 持たぬ真実, 確然と, 黒雷居り

1 [52件] あらざるべし, いると, い上がるよう, お臍, かくしボタン, こういう安心, こたえないという, こたえなかった, その治療, ちっとばかり, できた, どうかし, どうせほん, ひれば, ふくんで, べつな, ゆうゆうと, ツェルトを, プディングを, 何も, 俗に, 十数条の, 四人の, 壁虎が, 夜来の, 大きい蛇, 大シャンツェ, 大事の, 小砂, 山辺, 愛宕天満権現八幡などの, 懷爐などを, 所々に, 手足そろった, 揚羽蝶と, 新しい晒, 旨かった, 明かに, 涙劍は, 溜るまい, 溜るまいよ, 無条件で, 矢張り光子を, 砂が, 縦に, 苦労も, 草の, 詰め込みながら, 贅肉が, 酒その, 銀縁眼鏡でも, 黒い雷

▼ 腹~ (61, 0.5%)

14 這ひ 8 ばいに, 這いに 4 這って 3 中じゃ 2 ばひ, 中で, 中へ, 這に

1 [16件] とこに, なかで, なかに軽蔑, ばいから, ばいの, ばって, 中あと, 中い入れちまつ, 中じゃあ, 中では, 中は, 中まで, 匍いに, 這いで, 這ふ, 逼ひ

▼ 腹いつ~ (58, 0.4%)

8 ぱい飲んだ 6 ぱい 5 ぱい飲ん 4 ぱい食べ 3 ぱいの 2 ぱい心いつ, ぱい飲む

1 [28件] ぱいいたゞいたもう, ぱいうまい, ぱいお正月の, ぱいしこたま, ぱいためて来ない, ぱいになつた感慨無量で, ぱいに二度も, ぱいのこし, ぱいのすずしさ, ぱいの声で, ぱいも腹ぺこ, ぱいよばれて戻, ぱい喰ふ, ぱい喰べたからと, ぱい御馳走にな, ぱい水を, ぱい水飲ん, ぱい白飯を, ぱい詰めこん, ぱい詰めこんだら, ぱい詰め込んだ, ぱい頂戴した, ぱい食つて二フラン七十五サンチームで, ぱい食ふ, ぱい食べた, ぱい食べたい, ぱい飲みたい, ぱい麦飯を

▼ 腹工合~ (58, 0.4%)

8 が悪い 5 がよく 4 がよろしく 3 を悪く 2 が悪く, のせい

1 [34件] かちょっと, があやしく, がいけなく, がまとも, がわるい, が変, が妙, が悪, が至極, でなければ, でも悪い, と懷中, に最も, のさっぱり, のよろしく, の悪い, はいっぱい, はどう, はどうも, はよく, は依然, は悪, ひどくわるかった, もよく, もわるい, も悪い, よろし, わるし, をよろしく, を損じた, を撫で, を整える, を気遣っ, 甚だ変也

▼ 腹~ (56, 0.4%)

2 背との, 腹で, 腹とを, 褐色の

1 [48件] いえば, いって, いひ度胸, いへば, えび蔓の, すべるよう, だんだん水, どう裏表, なく顔, なって, よく刈り込まれた, ブランデーやけの, 一緒で, 乳と, 云うもの, 云はず一面に, 云わず腰, 人の, 光沢の, 変つてゐた, 尻を, 尻尾を, 尾に, 屋らお, 摩擦し, 毛の, 水気の, 申すの, 紅の, 紙とが, 翼の, 胸は, 脚と, 腰との, 腰に, 腹とで, 腹との, 膝との, 臀とが, 見えます, 言われるピカピカ, 訳し地竜, 足へ, 酔っぱらった体, 金髪が, 面とを, 頭ばかり, 頸を

▼ 腹では~ (52, 0.4%)

3 ない 2 涙を

1 [47件] あの鍋, あまり好かない, ありますが, あるまい, いつの間にか, かうして, くそでも, くつくつわらひ, けっしてなかっ, こう思っ, そんなおろか, そんな反感, そんな間違, どうしても休養, どんなにか, ないか, ないかとも, なかった, まいっても, フン文章が, 一寸妬けた, 不意に, 九分九厘まで, 今度の, 仮令お前, 伸子が, 余り野村, 到底コナセマセン, 割りきッ, 北条家を, 吹針の, 問題に, 思って, 愛して, 本当に拠りない, 焦, 煮えか, 画を, 疑ぐっていらっしゃる, 眞面目に, 真面目に, 胃液腸液を, 胎児が, 能文の, 自分の, 色男の, 芳太郎が

▼ 腹まで~ (41, 0.3%)

2 冷えて, 水に

1 [37件] き次に, しみる, ついた, ひろがり荒熊, 一文字に, 一杯に, 下ろして, 伝りさうに冷たく, 傳りさうに冷たく, 入り狼, 出して, 切らなくたつて, 切りかけました, 割いたん, 噛まうと, 四ヶ所正面から, 差し込んで, 広がって, 往きはるか, 抱え上げた, 探られますわね, 探りますと, 掻切らう, 服従は, 来ると, 毛だらけだった, 沁み転げて, 浸いた, 無惨に, 玉蜀黍は, 現わし, 羽根を, 腐りきっては, 見える程, 通れとばかり, 達し葛, 食はれ

▼ 腹~ (35, 0.3%)

6 立って 3 立っちゃ 2 出てるもの

1 [24件] 下した, 切ったッ, 切った後, 切って, 切るとか, 切るの, 切る処, 切る気, 抱えて, 減らして, 立たしたの, 立ちゃア, 立っただい, 立ったの, 立つか, 立つが, 立つちやア, 立つて, 立つもん, 立つッ, 立てねえでも, 立とうけれども, 縛られたから, 蹴たら婆ア

▼ 腹~ (34, 0.3%)

3 んだ 2 のか, のである, のでしょう, のです, んです, 怒りが

1 [19件] ことを, ところが, ところです, ところは, のでした, はつきりした, んざ減った, んだろう, 万太郎に, 人物で, 人物である, 仁です, 寛仁長者でした, 林も, 氏としては, 漁業家と, 玄徳である, 筑前どのの, 良い人

▼ 腹具合~ (30, 0.2%)

4 が惡 3 が悪く 2 よろしからず, を悪く

1 [19件] がいけない, が悪くっ, が面白く, しっかりと, なれば, にある, に相談, のい, はいい, はよく, は兎, まで悪く, もう大丈夫, も北山, を惡, 少しい, 思はしからず, 悪いから, 悪く食慾

▼ 腹~ (27, 0.2%)

2 な, 減却す, 股に

1 [21件] 傷めむと, 大きなきす, 尻っ, 平地が, 手足の, 狐憑きの, 股が, 背が, 胸に, 胸の, 脇腹には, 脚が, 腰を, 腿の, 足にかけて, 足の, 足一杯に, 足先で, 足先にかけて, 頭から, 頭の

▼ 腹からの~ (26, 0.2%)

3 町人の

1 [23件] あぶれ者も, ように, ルンペンらしく, 乞食でなく, 士族と, 声で, 声である, 工夫でねえで, 悪人では, 悪僧でも, 悪党では, 惡黨で, 惡黨では, 敵対では, 毛利方な, 江戸の, 町人で御座い, 町人らしい, 笑いを, 笑と, 者と, 車挽じゃ, 非人では

▼ 腹~ (25, 0.2%)

2

1 [23件] あ, おかしな腹, から勇ましく, から好き, か背, か開けた, しもう, ぜそら, そうは, ぞ, という, とかいっ, と自分, な, のに, のを, よ, 人生に, 土手っ腹だ, 実際最近, 尻尾だ, 気が, 狸の

▼ 腹這っ~ (25, 0.2%)

5 ていた 4 ている

1 [16件] たり, て, ているらしい, てそんな, てなぞ行けなかった, てやっと, て例, て居た, て己, て手, て母, て畳, て行き, て袖, て隠れ, て顔丈

▼ 腹にも~ (24, 0.2%)

2 ないこと, なきこと, 葬られずに

1 [18件] たまらない無駄話, たまるどぶろく, たれる, たれるから, もたれないから, ゆったりと, 一物万太郎の, 二重の, 同時に強い, 無いこと, 物を, 皇子の, 着物の, 着物のは, 短い足, 肝にも, 肩にも, 載った

▼ 腹立紛れ~ (24, 0.2%)

2 に乱暴, に小僧, に打った

1 [18件] じゃ無, に, にこんな, にした, にその, に人, に何, に寺, に懐, に敲きつける, に文次, に汝, に箒, に美代吉, に贋物, に鰻, の傷害殺人, の殆ど無意識

▼ 腹一ぱい~ (22, 0.2%)

2 に物

1 [20件] いただいて, くって, でたとい, で鰻, という, なので, にふきあげる, に朝, に頂戴, に食, に飲む, の不満, の呼吸, の声, 召しあがること, 喰わんでいつ, 食うよりも, 食ってから, 食べさすには, 食べて

▼ 腹~ (20, 0.1%)

2 空いて

1 [18件] すえて, へつた, へつて, へるよ, 下す, 干して, 空かして, 空くし, 突いちゃあ, 立っちゃ, 立って, 立ってるもん, 立てねえよう, 立てめえ, 立てやが, 立てるこたあな, 蹴破って, 蹴破つて

▼ 腹~ (20, 0.1%)

2 をクルクル

1 [18件] が解け, したる軍兵二人, だけは自分, と自分, にあつ, には何時も, に匕首, に呑んだ, に突, に隱, の下, の奧, の話, は卷いたつ, を探る, を搜つて匕首, を着こんだ, を覗かせた

▼ 腹ちがい~ (19, 0.1%)

3 の兄, の弟

1 [13件] ですか, にし, のお, のこの, のご, のむす, の一子, の二十八, の兄妹, の兄弟たち, の子三人, の年上, 父の

▼ 腹ばかり~ (17, 0.1%)

4 立てて 2 出た

1 [11件] だ, ぶくぶく脹らん, 垂れそう, 太鼓の, 立ちますよ, 立って, 立つて, 立てずに, 立てないで, 膨れて, 虚かせる

▼ 腹より~ (16, 0.1%)

2 生れて

1 [14件] 人間は, 出でたる犬, 出でたる犬豕, 吐く寂, 小県, 押し出したよう, 活る, 生まる, 生まれたと, 生まれ出でたる, 続きけり, 背に, 腰へ, 腰を

▼ 腹がへ~ (15, 0.1%)

4 つてゐる 2 つた, つてた, つても 1 つたにや, つて, つて夕暮れで, つて来た, つて無

▼ 腹~ (15, 0.1%)

1 [15件] がやっと, がやつ, と自分, にかね, にこの, にせっかく, に一つ, に先方, に商会, に書いた, に滅茶, に罪, やさんず, をし, をわたし

▼ 腹立ち~ (15, 0.1%)

1 [15件] がけし飛ん, がこみあげ, が甦った, だったの, のかたまり, をする, をついむらむら, をなぜ, を当時, を感じ, を押し拡げた, を此, を澄子, を煽る, を直す

▼ 腹ん中~ (14, 0.1%)

2 にある

1 [12件] あ思う, から湧き上っ, がダメん, ですよ, にあるだろう, にしまってる, にはさっき自分, にやドブ, に天道様, の一切, の天道様, の小

▼ 腹加減~ (13, 0.1%)

1 [13件] から用, がよく, が惡, が昼, が晝, で永年, のよく, の具合, はばか, までもがガラリ, も大, よろしからず, を見る

▼ 腹~ (13, 0.1%)

2 っている, になつて 1 いせんばかりに, い棒切れ, い腹匍, い行きづまって, った, っていた, ひながら, ひに, ひにな

▼ 腹匍い~ (13, 0.1%)

5 になっ 4 になった 1 になり, になる, のまま, のまま櫺子

▼ 腹稿~ (13, 0.1%)

2 がある, の主義 1 となり, なる, はやっと, は幾十年, は既に, をこしらえ, をし, をやっと, 已に成り

▼ 腹~ (13, 0.1%)

10 ひの 2 の姉 1 の妹

▼ 腹匐い~ (11, 0.1%)

6 になっ 1 が彼, になった, になり, になる, に平伏し

▼ 腹綿~ (11, 0.1%)

2 は恚忿 1 にこたえます, にしみる, の奥底, の愚かさ, の迸り出る, の飛び出す, や鼠, を煮えくりかえさせ, を食っ

▼ 腹こなし~ (10, 0.1%)

1 だ, だと, にぞろぞろ, にちっと, にはいい, に一席, に公園, に村外れ, や貴婦人, を為る

▼ 腹だった~ (10, 0.1%)

2 にちがい, のでしょう 1 っけ, のかも, のが, のだ, のであろう, のです

▼ 腹との~ (10, 0.1%)

2 間に, 間の 1 あるもの, ちがい腹, 中は, 業比べ, 真赤な, 関係の

▼ 腹とを~ (10, 0.1%)

1 さも恨めし, プルンプルンと, 二分しない, 二重に, 傷けられた, 御覧なさい, 抱えて, 繋ぐ白い, 落して, 青山内科第

▼ 腹なんか~ (10, 0.1%)

2 立てて 1 いくら減つたつてそんな, どうでも, 出来なくても, 切つ, 切りつけて, 減らないよ, 痛くない, 立てちまって

▼ 腹ペコ~ (10, 0.1%)

2 なん 1 じゃ, で, でもあした, で演ず, なので, のお客さん, の状態, の絶頂

▼ 腹~ (10, 0.1%)

8 の男 1 でつぶやいた, の化け物

▼ 腹~ (9, 0.1%)

3 たが 2 たの 1 た, たから, たはなし, たを

▼ 腹一パイ~ (9, 0.1%)

1 になる, に吸い込ん, に新しい, に血, の不平, ガツガツと, 食いいやに, 食ってるに, 飲め

▼ 腹立しげ~ (9, 0.1%)

31 にかう, についと, に叫んだ, に呟い, に睨む, に舌鼓

▼ 腹~ (8, 0.1%)

1 そうか, 五腹さ, 妻女の子か, 水子蛭子を, 股の, 腸か, 腹はな, 頂辺かに

▼ 腹かけ~ (8, 0.1%)

3 から何 2 だけし 1 の丼, 一つ黒鉢巻の, 股引きに

▼ 腹とは~ (8, 0.1%)

1 どこから, みえたり, 主に, 主死すれ, 信一の, 文字通り算盤づく, 蛙にとっては, 違ふ

▼ 腹~ (8, 0.1%)

3 ひにな 2 ひに 1 ひながら, ッかり立て, 手当り次第に

▼ 腹~ (8, 0.1%)

5 這いに 1 ばひ, 這いで, 這いと腹ン

▼ 腹だけは~ (7, 0.1%)

2 何つも 1 おかしそう, どこかに, 十分減る, 可笑しさうに, 立てないで

▼ 腹など~ (7, 0.1%)

1 あまりに開化, いふ子ども, 切らせとうない, 妙に, 痒くて, 痛くなり, 立たなくなりました

▼ 腹ふく~ (7, 0.1%)

51 るる, るるのよ

▼ 腹~ (7, 0.1%)

4 から胸 1 からあばら骨, から腰, から足

▼ 腹いたい~ (6, 0.0%)

1 ことです, ことを, 仰せ言じゃの, 沙汰, 臆病者の, 骨頂だ

▼ 腹~ (6, 0.0%)

1 へ一杯, へ拵, へ減れ, へ立てた, へ綺麗, 立った

▼ 腹する~ (6, 0.0%)

1 かに苦心經營, のです, もまた, わけは, を見, 程度に

▼ 腹であった~ (6, 0.0%)

1 か, かと人々, から敵, がこの, が中将, のだ

▼ 腹なら~ (6, 0.0%)

1 こちらも, すぐ纏, まず当今, 無論どの, 空っぽです, 頼源から

▼ 腹なる~ (6, 0.0%)

1 ものが, 多くの, 尼の, 村落の, 為の, 酒店の

▼ 腹までも~ (6, 0.0%)

2 潮に 1 切ろうと, 噛まうと, 川の, 空いたの

▼ 腹八分目~ (6, 0.0%)

1 とまではいかない, にし, に吸いたる, に息, を守つた事, 食べる樣

▼ 腹切る~ (6, 0.0%)

1 か斬り死に, すべも, ところだった, ほどなら, 所存, 隙が

▼ 腹~ (6, 0.0%)

1 なく, なく十分, なく申, なく答えぬ, なく返事, の

▼ 腹~ (6, 0.0%)

1 なくいへ, なくお話, なく打, なく申候, なく笑, のない

▼ 腹鳴り~ (6, 0.0%)

1 がした, が気, するが, の始末, を片手, を聞い

▼ 腹からは~ (5, 0.0%)

1 やっぱり一日分, よく蛇, 小さな玉, 氷上, 血が

▼ 腹さえ~ (5, 0.0%)

1 いささか痛む, さぐられる不愉快さ, ふくらせて, 持って, 減れば

▼ 腹じゃ~ (5, 0.0%)

1 そうな, ないか, アない, 奈良井川の, 毛の

▼ 腹だけ~ (5, 0.0%)

1 先に, 或は耳, 水に, 脹れ上った骸骨, 降りには

▼ 腹~ (5, 0.0%)

4 がひ 1 がひと

▼ 腹などに~ (5, 0.0%)

4 一群 1 一群一群咲い

▼ 腹はか~ (5, 0.0%)

3 へられぬ 2 へられない

▼ 腹まき~ (5, 0.0%)

1 の上, の中, はやはり, をひき出し, を編んだ

▼ 腹わた~ (5, 0.0%)

2 も食 1 になっとる, へしみら, も

▼ 腹をよ~ (5, 0.0%)

2 ぢつた 1 ぢつて笑ひだした, ぢらせ, ぢ登つて行く

▼ 腹イセ~ (5, 0.0%)

1 に一番大切, に村, に舞踏会, もあっ, をする

▼ 腹ン中~ (5, 0.0%)

1 であ, に五六十両, は煮え繰り返る, は鴛鷲, へへいっちまった

▼ 腹一つ~ (5, 0.0%)

2 切って 1 にある, にきまる, 切れば

▼ 腹~ (5, 0.0%)

1 にある, に卵, に衝き入らす, や尾裏, を潜っ

▼ 腹~ (5, 0.0%)

2 いながら 1 ったまま, って青年紳士, ひにな

▼ 腹構え~ (5, 0.0%)

2 をし 1 がそれ程, さえお, は

▼ 腹~ (5, 0.0%)

2 を見せ 1 であった, に頬ズリ, を見せた

▼ 腹這つて~ (5, 0.0%)

2 ゐた 1 ゐる磯馴, 泳ぐ真似, 覗く噴火口

▼ 腹~ (4, 0.0%)

1 ッぱい喰おう, ッぱい溜っ, ッぱい食わせ, ツぱいに

▼ 腹いた~ (4, 0.0%)

1 がよ, でも起こされ, でも起し, に感謝

▼ 腹いたく~ (4, 0.0%)

1 こそ, もあり, 思いながら, 思って

▼ 腹~ (4, 0.0%)

1 しらへ, しらへは, しらへを, もり大蛇

▼ 腹だけが~ (4, 0.0%)

1 これ以上は, ぽかり, 大きくふくれ, 砂を

▼ 腹である~ (4, 0.0%)

1 がサルトル, と言, のかも, もしあの

▼ 腹とで~ (4, 0.0%)

1 はげしい息, 味って, 行はれ, 黙々たる彼女

▼ 腹にかけて~ (4, 0.0%)

1 一本の, 手のひら二つぶんの, 砂まみれに, 砲車に

▼ 腹にな~ (4, 0.0%)

1 つて, つて二階の, つて倒, つて居た

▼ 腹へって~ (4, 0.0%)

2 腹へって 1 お前負う, 這い出で食

▼ 腹へは~ (4, 0.0%)

1 ひる, 命中しなかつた, 懐炉を, 新聞紙を

▼ 腹ンばい~ (4, 0.0%)

3 になっ 1 にし

▼ 腹~ (4, 0.0%)

2 の高 1 は切っ, 捕って

▼ 腹~ (4, 0.0%)

1 に収めた, に炎症, の血管, も丈夫

▼ 腹摺山~ (4, 0.0%)

1 がある, が大きく, に外, は黒岳

▼ 腹痛み~ (4, 0.0%)

2 など仕ら 1 にバアテンダア, ばかりでなく

▼ 腹稿主義~ (4, 0.0%)

4 を奉ずる

▼ 腹這った~ (4, 0.0%)

1 ま, ままじっと, ままで, まま手紙の

▼ 腹飲ん~ (4, 0.0%)

2 だり食 1 でもう, で食っ

▼ 腹あり~ (3, 0.0%)

1 てよし, て九蔵, て親

▼ 腹つめこんだ~ (3, 0.0%)

1 ことだ, ものだ, 後の

▼ 腹であり~ (3, 0.0%)

1 さう, 次男劉, 駿州大納言は

▼ 腹などが~ (3, 0.0%)

1 出来られては, 出来るか, 切れるもの

▼ 腹もち~ (3, 0.0%)

1 が何となく, のわる, はい

▼ 腹よりも~ (3, 0.0%)

1 もっとふくらんだ, 壮いといい, 胸が

▼ 腹らしい~ (3, 0.0%)

1 が僕, のです, ものが

▼ 腹をかへ~ (3, 0.0%)

3 して

▼ 腹~ (3, 0.0%)

1 が空い, の空く, 痛くなる

▼ 腹以上~ (3, 0.0%)

1 は赤色, を厚い, を現

▼ 腹十文字~ (3, 0.0%)

1 にきり, に掻っ切った, に掻ッ

▼ 腹~ (3, 0.0%)

1 の帯, はせ, をよく

▼ 腹塞げ~ (3, 0.0%)

1 に買う, に食べる, の食事

▼ 腹太鼓~ (3, 0.0%)

2 を叩い 1 を敲き

▼ 腹~ (3, 0.0%)

1 お, がまた, をあと

▼ 腹~ (3, 0.0%)

1 に呑んだ, も自分, を緊め

▼ 腹~ (3, 0.0%)

1 からふるいおこし, のしく, をいたぶられた

▼ 腹~ (3, 0.0%)

1 へ大きく, 一つに, 竹刀の

▼ 腹~ (3, 0.0%)

2 へをし 1 へは

▼ 腹掛股引~ (3, 0.0%)

1 で勢, の職人, も一人

▼ 腹掻ッ~ (3, 0.0%)

2 切って 1 さばくの

▼ 腹~ (3, 0.0%)

1 に就, に相違, の名

▼ 腹減らし~ (3, 0.0%)

1 て待つ, なまね, の餓鬼ども

▼ 腹異い~ (3, 0.0%)

2 の弟 1 の姉妹

▼ 腹~ (3, 0.0%)

1 をうち, をうっ, を打つ

▼ 腹~ (3, 0.0%)

3

▼ 腹這う~ (3, 0.0%)

1 と彼女, ように, 哀愁

▼ 腹~ (3, 0.0%)

1 との間, には凹処, の方

▼ 腹いたみ~ (2, 0.0%)

1 で句境, は冷酒

▼ 腹かき切っ~ (2, 0.0%)

1 てもうしわけ, てもこの

▼ 腹からか~ (2, 0.0%)

2 坊は

▼ 腹からを~ (2, 0.0%)

2 養ふも

▼ 腹ごたえ~ (2, 0.0%)

2 の有る

▼ 腹さんざん~ (2, 0.0%)

1 慰み物に, 詰めこもうでは

▼ 腹~ (2, 0.0%)

1 て背丈, て飽かず眺めつくした

▼ 腹しめす~ (2, 0.0%)

2 まで浸りたる

▼ 腹しも~ (2, 0.0%)

1 てるちうた, てるん

▼ 腹たて~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ 腹だけに~ (2, 0.0%)

1 力を, 納めて

▼ 腹だの~ (2, 0.0%)

1 痩せた肩, 脚だの

▼ 腹だろう~ (2, 0.0%)

1 が, がさり

▼ 腹~ (2, 0.0%)

1 からのお, からの乞食

▼ 腹でした~ (2, 0.0%)

1 から二人, 仕事な

▼ 腹です~ (2, 0.0%)

1 か, かい

▼ 腹とが~ (2, 0.0%)

1 あるだろうか, 大きく首

▼ 腹とも~ (2, 0.0%)

1 思はれるの, 思わず塵芥溜

▼ 腹などは~ (2, 0.0%)

1 立たんから, 遠くから

▼ 腹などを~ (2, 0.0%)

1 切らせては, 突き飛ばすんぢ

▼ 腹なり~ (2, 0.0%)

2 如何にも美事

▼ 腹なりが~ (2, 0.0%)

1 悪くなる, 治まらぬとは

▼ 腹な破り~ (2, 0.0%)

2 そ大

▼ 腹にまで~ (2, 0.0%)

1 こたへるやう, とどいて

▼ 腹へも~ (2, 0.0%)

1 かけるよう, 槍を

▼ 腹まだ~ (2, 0.0%)

1 いかん, 治まらねば

▼ 腹らしく~ (2, 0.0%)

1 太平楽を, 默つて送つ

▼ 腹をも~ (2, 0.0%)

1 柔げれ, 過ぎる漆黒

▼ 腹ア空~ (2, 0.0%)

1 ったろう何, れば

▼ 腹ッぷくれなんぞ何~ (2, 0.0%)

1 だという, だといふ

▼ 腹~ (2, 0.0%)

1 中ヲ隅カラ隅マ, 痛カ時ニ飲ムトデス

▼ 腹一文字~ (2, 0.0%)

1 に切っ, に掻切

▼ 腹全体~ (2, 0.0%)

2 を塗りつぶし

▼ 腹切った~ (2, 0.0%)

1 か, な

▼ 腹切らせ~ (2, 0.0%)

1 て首, 白柄組を

▼ 腹卷か~ (2, 0.0%)

1 ら百兩の, ら鍋錢を

▼ 腹呑ん~ (2, 0.0%)

1 で亥刻半, で無精煙草

▼ 腹大科度美~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 腹~ (2, 0.0%)

1 というの, の開巻

▼ 腹~ (2, 0.0%)

1 が悪く, を悪く

▼ 腹~ (2, 0.0%)

1 しには, せとして

▼ 腹慰せ~ (2, 0.0%)

1 が漸, に薄志

▼ 腹手足~ (2, 0.0%)

1 の区別, の病気

▼ 腹打つ~ (2, 0.0%)

1 事の, 音すら

▼ 腹~ (2, 0.0%)

1 がいい, が出来る

▼ 腹掛一つ~ (2, 0.0%)

1 であんな, の下

▼ 腹掛手拭~ (2, 0.0%)

1 の外, を腰

▼ 腹掻き切~ (2, 0.0%)

1 つてぞ, つて出

▼ 腹掻き切っ~ (2, 0.0%)

1 て左兵衛, て死んだ

▼ 腹柱高欄垂木桝肘木貫~ (2, 0.0%)

2 やら角木

▼ 腹~ (2, 0.0%)

1 で大した, のお

▼ 腹次第~ (2, 0.0%)

1 ということ, といふこと

▼ 腹~ (2, 0.0%)

1 つたら此處, つちや

▼ 腹減ったら~ (2, 0.0%)

2 弁当先に

▼ 腹減つて斃死~ (2, 0.0%)

2 るだあ

▼ 腹~ (2, 0.0%)

1 ひのせゐか, りの

▼ 腹痛む~ (2, 0.0%)

1 こと大方, 事稀なりしか

▼ 腹突出~ (2, 0.0%)

1 した大山伏が, して

▼ 腹立声~ (2, 0.0%)

1 に, を銘々

▼ 腹~ (2, 0.0%)

1 が人間, ヲモ犯スモノノ如シ

▼ 腹~ (2, 0.0%)

2 の猿

▼ 腹~ (2, 0.0%)

1 とのぼっ, はみな人

▼ 腹~ (2, 0.0%)

1 るるなど, 切れる程酒肥り

▼ 腹~ (2, 0.0%)

1 の文章, を破っ

▼ 腹~ (2, 0.0%)

1 はたいした, を持つ

▼ 腹~ (2, 0.0%)

1 を焼く, を逆さ

▼ 腹~ (2, 0.0%)

2 ひに

▼ 腹~ (2, 0.0%)

2 をのん

▼ 腹~ (2, 0.0%)

1 はせるぞ, ひゆられ

▼ 腹食う~ (2, 0.0%)

1 て寝, 夢を

▼ 腹食っ~ (2, 0.0%)

1 て帰宅, て覚め

▼ 腹食べられる~ (2, 0.0%)

1 という, わ

▼ 腹~ (2, 0.0%)

1 を食っ, を食べ

▼ 腹~ (2, 0.0%)

1 の鉄男子, の黒主

▼1* [366件]

あたためぬ日とては, 腹あたりまでしかない, 腹あつためるにや, 腹あんばいも至っ, 腹いたいいいぐさを, 腹いたかろう, 腹いたきおもひするに, 腹いたむる折々日本橋通一丁目, 腹いっぺえたべさせておやりなせえよ, 腹うち抱へられ, 腹痛いこと, 腹おなじ胤の, 腹かかえて神田, 腹かっさばいたうえで, 腹かっ裂いて死ぬ, 腹かっ裂く隙も, 腹からこそひとりでに出る, 腹かわき切ってひりひり, 腹がくつくなること, 腹がたぶりと乗出す, 腹がわりの兄さん, 腹がをさまつた, 腹きめてました, 腹きり持って, 腹くいたい方でし, 腹くしたつ位酒, 腹くだしはし, 腹くだりで入院なぞ, 腹くらいの高さ, 腹ぐあいがとてもわるく, 腹ぐあいがよくない食べすぎ飲みすぎのたゝり, 腹ぐあいがわるくなにか重い, 腹ぐあいの悪い時, 腹ぐあいも依然五月雨紀行, 腹ぐらいでなんで, 腹ぐらいの小さいサンティーム, 腹ぐらいは満たされたもの, 腹ぐれえ何でもねえ, 腹こき使つた上句体が, 腹こしらへにと, 腹この前より, 腹さんざ荒すこと, 腹さ藏つて置くから, 腹しかして京畿は, 腹したフラマン人, 腹しだいだよ, 腹じたくをまず, 腹じゃあないから, 腹すこし痛み出でしを, 腹すすってせいぜい, 腹そうに髪, 腹その鮮しい, 腹そのものが全く, 腹それを食べる, 腹それから手肱肩と, 腹それどころでは, 腹ぞんぶん食った, 腹たたしくつて, 腹ただほのぼのと, 腹たちて鎌倉なぞ, 腹たち我ま, 腹たち紛れに観察, 腹たてだしたのだ, 腹たてるところは, 腹たべさすのだつた, 腹たべたので持っ, 腹だして死んじまっ, 腹ちかふからちかうらふ, 腹やねェ, 腹つき出して堪忍, 腹つぎは尻, 腹つくばひて, 腹つめこみ一同を, 腹つめこむといふ, 腹でしたろうからなんとか, 腹でしょうがなく, 腹でのし掛った, 腹というわずかな, 腹として国生みを, 腹とについてマアク・トエンの, 腹ともいはず顔ともい, 腹どころじゃない, 腹どころか両腹痛いとこ, 腹なおこりッぽい, 腹なし縞も, 腹なぞ痛くは, 腹などもすっかり引っ込み, 腹なら帰ってくれねえ, 腹なら話しはわかる, 腹なりしが夫人, 腹なりを悪くした, 腹なれば国富, 腹なんぞまるでへえ, 腹なんぞに二三発お見舞まうしたら, 腹なんぞは分らない, 腹において上面に, 腹にくくしつけた金, 腹にて二人の, 腹にでも宿って, 腹にとまつても, 腹にへえって, 腹にまでも伝わって, 腹にわかに痛み出して, 腹のうへにも押しあひて, 腹のぞきゐる頬に, 腹のみがその源, 腹の迄まで流れ込む, 腹はって座へ, 腹はとやら申しましてねえ, 腹はなこれだ, 腹はへつてゐない, 腹ばかりが脹れるん, 腹ひとつで今, 腹ひとつ胤の姉妹, 腹ふくらし病気ばかり, 腹ふくらませて待ち, 腹ふくれぬ事よと, 腹ふさぎに近所, 腹ふさげに松露, 腹ふたつながらに完璧, 腹へけえしち, 腹へらして足, 腹てになった, 腹ぽんと張り切る, 腹まぎれに乾分, 腹までさツさ, 腹までにしつかりと, 腹までへッて, 腹まア誰か, 腹りや, 腹みたいにふくれる, 腹やつたんで, 腹よく拵へよと, 腹よけに一杯やっ, 腹よごれ鼻も, 腹らしく見えましたがお, 腹らしく黙って送っ, 腹をでも立ててるかの, 腹アお立ちなさるな, 腹アすかっしゃったろうと, 腹ア大くなって, 腹ア敲き破って, 腹ア立ちやア, 腹ア立てやア, 腹ア緊縛ってせつない, 腹ガ減ッテルノヨオ爺チャン早ク食堂, 腹ゴナシとついで, 腹ナレバ国富ミテ兵強ク百姓空腹ナラバ国貧ニシテ兵弱シツトメザル可ケンヤ, 腹少シ長クシテ, 腹ペコペコだ, 腹ワタを出し, 腹曝スハ甚ダ傲ニ失シテ君子, 腹ヲ立テキノウノシマツヲ宮川ヲダマシテ聞キオリ小吉ハイラヌ世話ヲ焼, 腹ヲ立テ葉山孫三郎トイウ手代ト相談ヲシテオレヲ地面カラ, 腹ン這になっ, 腹一ぱいなれど今となつて, 腹一ぱい喰べれ, 腹一ぱい父親の命令, 腹一ぱい酸素を吸いたい, 腹一パイ喰べられぬ, 腹一切の神, 腹一帯を軽く, 腹一帶を輕, 腹一抔借尽して, 腹一鞭当てねば, 腹七たび過ぐれ, 腹三分マンマ食わせること, 腹下腹部脚といふもの, 腹世の中をハスッカイ, 腹腕から, 腹二羽は胴, 腹でもない, 腹以上岩壁が赭, 腹以下は樹林, 腹伏せになつて帰つた, 腹の凹凸, 腹便々として牛, 腹に減りたる, 腹の白い, 腹八分にたべる, 腹八分の功徳は飽食, 腹具合スッとせず, 腹具合以上の感じ以外, 腹具合大に好し, 腹円きセロ弾きが, 腹冷かされてさあ御, 腹准后のお, 腹切らす奴よ, 腹切らねばなりませぬ, 腹割いて果てた, 腹割かれて死しいた, 腹加減健康状態時と場合, 腹匐ひで頬つぺたをぢかに畳, 腹と中腹区, 腹区中腹区下腹区乳腺区胸骨区前頸区, 腹分水を, 腹卷ぢやね, 腹卷一つぢやない, 腹召されんとて, 腹召すほどの善い, 腹吃うて去った, 腹合帯にて幅九寸内外, 腹合帯一片なりや否や, 腹合心なしの, 腹呑むが宜, 腹呑めるし古い, 腹呼吸に拠つて歌つて, 腹べてくれた, 腹への様, 腹から八十尺, 腹堪え難くなり給いけれ, 腹の変化, 腹なる瓜, 腹大きな青綬章そういう, 腹大きに脹れ色, 腹子杜仲などの同じく, 腹少し元気が, 腹工合いがよろしく, 腹帶又下の腹部, 腹く溢れいで, 腹の威勢, 腹心太岳悪五郎, 腹心臓という具合, 腹応えを感じさせた, 腹忠忱の情, 腹悪き僧毎にかの, 腹慰せであるかの如く, 腹世の, 腹抉り拔い, 腹持たざれば, 腹振り立てて堅庭, 腹据わりが窺える, 腹掛丼がよく, 腹掛唐桟の単, 腹掛新らしきわかき, 腹掛法被に, 腹掛溝から引, 腹掛白線の制帽, 腹掛着にか, 腹掛紺股引下ろし立て, 腹掛股引彩ある七福神, 腹掛脚絆に草鞋, 腹掛脚絆草鞋ばき, 腹掛草履植木屋のこし, 腹掛袢纏の客, 腹掛買つて, 腹掛頸筋に喰, 腹ぐられてるのも忌々しい, 腹探られて気色, 腹探りをやりだした, 腹っさばき御, 腹掻き切つて見事, 腹掻っ切って果てた, 腹掻ッ切り殿の後顧, 腹掻切って死のう, 腹掻切りて死, 腹掻裂えて小豆飯掻出, 腹支度をする, 腹之, 腹散々私の欠点, 腹が勝利, 腹かかって, 腹りの, 腹木曽川の岸, 腹い膸, 腹槍手すでに血, 腹樹木の鬱葱, 腹毛胸毛はもの, 腹の日, 腹気味に抗弁, 腹かけ飯, 腹清浄なもの, 腹減らかいて, 腹減らないんで, 腹つれば, 腹濃きみどりいろ, 腹なんかの事, 腹ある手, 腹片側が流れ, 腹牛肉と松茸, 腹張ル心持アリ, 腹痛く思うのに, 腹痛みひるの部ます, 腹痛み出で鬱ぎ, 腹痛み出ることも, 腹癒してそうして, 腹癒セニセメテ他人ニ冒険サセテソレヲ見, 腹白く尾短し, 腹にありのまま, 腹目ざしながら投げつけた, 腹直しには味噌気, 腹真紅怒眼, 腹磨り奔り, 腹る事, 腹突きいだしたる男の, 腹立こと多して, 腹立たすつもりか, 腹立たそとしててんし, 腹立てはち, 腹立タシイ重量ヲ負, 腹立タシソウニ拂イ退ケル, 腹立泣に泣きし, 腹立紛に飛びだし, 腹立紛れぢや無, 腹が乏しい, 腹籠りで蒼臭い, 腹籠蝮が据置, 腹ずとも, 腹肋皆白し霊銑後, 腹から臑, 腹股踵などについ, 腹背中背中腰と移っ, 腹胴体から分かれ, 腹胴胸肘がゆったり, 腹胸肩とみるみる, 腹胸首背中全身はれあがつて, 腹には鈴, 腹を腐らした, 腹の露呈, 腹はつり, 腹腸鳥の臓腑様, 腹膨れの幼児, 腹膨れらしく見える処からの, 腹と身体, 腹の福島大和守, 腹青く人, 腹として重宝, 腹になる, 腹に似る, 腹行すと羅什, 腹裡一物なしそして, 腹詰め込むのだ, 腹詰め込んだ筈だ, 腹し甚しき, 腹な唇, 腹赤背の山鱗ども, 腹足動物の中, 腹踊りの折り返し句, 腹蹴れと尾, 腹の肉, 腹位まくっ, 腹這ってると思った, 腹這つて昨日の新聞, 腹這つて足を舳, 腹這つて顔が土, 腹逼いになっ, 腹逼つてねらひを, 腹違ひだと云, 腹都合三段の静寂, 腹を開い, 腹雲両手着物のやつ, 腹雲二階の廊下, 腹鳴る知るべ, 腹などには太古以来, 腹頬張って得脱させやった, 腹食つて女買をした, 腹食べてをりまする, 腹食べるがよい, 腹食べ酔って, 腹食われてたまる, 腹はたまらず嘶き, 腹すべりなどという, 腹円い大きな, 腹は雪ぶり, 腹黄衣で鼠, 腹黒い南京玉を