青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「示した~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~確か 確か~ ~確信 確信~ ~確実 確実~ 磯~ ~示し 示し~ ~示した
示した~
~示す 示す~ ~礼 礼~ ~社 社~ ~社会 社会~ 社長~ 祈り~

「示した~」 1222, 12ppm, 9008位

▼ 示したもの~ (197, 16.1%)

43 である 10 では 7 であった 5 だと, であります, であるが 3 でありますが, であろう, と解せられる, はある

2 [14件] がある, がその, がそれ自体, だから, であつ, であること, です, ですから, でなければ, と思われる, と言, はない, は大きな, は長

1 [82件] かまたは, か定か, が, があった, がいろいろ, がすなわち, がつまり, が国土, だ, だが, だった, だらうと, であ, であって, であり, であり客観的, であると共に, でこの, でこれ, でしたから, でその, でそれ, でない限り, でも, で同, で多く, で学者, で富士山, で常に, で当然, で感心, で政治家的, ということ, というべきである, といっ, ときい, とされた, として, としてこの, として評判, とは本質的, とは正反対, と云, と云っ, と云つて, と十二分, と思, と比較, と考えられる, と見, と見るべきな, と解し, と言う, と言える, と言わね, にこれ, にちがい, に井口喜源治氏, に相違, に過ぎぬ, に過ぎません, は一つ, は其著述, は典型的, は却って, は唯, は奈世, は工藝自体, は当時, は曾, は滅多, は畢竟, は社会主義, は起訴留保, ばかりだった, も少かろ, よりもさらに, を今日, を見る, を語っ, 又李延壽, 或は無意識

▼ 示した~ (167, 13.7%)

42 である 7 であった 65 だった 4 であります, では, は, はこの 3 であるから

2 [11件] だと, だろう, であったが, でありました, であるが, でした, でしたが, と同じ, はそれ, はなぜ, は町裏

1 [66件] かも知れない, かも知れなかつた, がこの, がその, が五十三首, が今日, が俄, が北村透谷, が彼, が新, が本, が米友, が蝋山教授, じゃ, だから, だが, であろう, です, でないこと, と同時, にとどまる, にはびつくり, に対してコルシカ, に対してフロレンス自身, に対し立体, はなん, はやっぱり, はよほど, はわたくし, はジンバリスト, はスパイ, はフシギ, は一八九二年, は前夜, は勅使下向, は合客たち, は大原問答, は大阪毎日新聞社, は実に, は宮, は延徳三年, は後期王朝中葉, は我々, は畸形, は疑ひ, は白和栲, は皆此点, は科学, は貿易復活, は釈迦, は鈴木繁男君, もあの, もある, もこの, も亦, も入道, も単に, も小池伊勢, も彼, も教部省, も時, も無意識, も親子二人, を大月玄蕃, を直ちに, を見た

▼ 示したこと~ (71, 5.8%)

5 はない 4 がない, のない, もない 3 がある, はありません 2 はなかっ, は事実, は日本ファッショ化過程, もあつ

1 [40件] があった, がその, がまず, が多少, が知られる, が訣, が誤り, だ, である, であるから, であろう, なぞが三吉, などもあった, になります, になる, によって満堂, に依つ, はありませんでした, はいう, はなかつた, はなく, はねえ, はひとたび, はよろこばしく, は一度, は上, は今後, は他, は周知, は嘗て, は婦人作家, は忘れた, は直接, は示した, は農夫階級, もあった, もなけれ, も怪しい, も注目, を私

▼ 示した~ (65, 5.3%)

4 よい 2 そのまま無愛想, その時, 私は

1 [55件] この變, しかし権右街門, すぐ, そのげっそり, その他の, その皮肉, その途端, その門, それが, それも, つた, つてゐる, もう尻尾, やがてその, やがて法水, やっと口, ストリーターは, ニコニコ笑い, フェミストクリュスが, 一方支那, 五代将軍綱吉に, 併し, 其の本, 原の, 味方は, 女王に, 始めて人, 年から, 彼女自身は, 後には, 心は, 急に, 恐らく演劇, 扉の, 打木田は, 昔の, 最後に, 正しいもの, 狭い土地, 画は, 監視附き, 相変らず, 相手の, 相手は, 矢部は, 私とても, 米軍事法廷は, 義元西上の, 老人には, 臆せず, 舌の, 警察へ, 途端に, 関翁が, 陪席の

▼ 示したので~ (37, 3.0%)

3 あらう 2 彼は, 明治初年早く

1 [30件] あつた, いよいよ赫々, おもわず溜飲, この後, こんな他愛, やっと患者, わたしは, イヨイヨ尊敬を, ジョルジュは, ソーンダイクが, 僕は, 博士も, 呂布は, 地上より, 天皇は, 女たちは, 実用の, 岡本は, 左近が, 師直は, 彼らの, 播磨守は, 政宗も, 男は, 直接行動で, 相手の, 結局出掛けない, 良人として, 見ると, 警察は

▼ 示した~ (34, 2.8%)

3 すれば 2 ある, 云ふ

1 [27件] いう, いうか, いうから, いうに, いって, いわれる, したらきっと, する, すると, 云う事, 云う文書, 云って, 伝えられて, 伝え聞いたオルガンチノ, 出づ, 受け取られた危険, 同じであっ, 同じやう, 同じよう, 同じ性質, 同様の, 思うと, 思われる, 思われる所, 見られる, 言っても, 言ふ

▼ 示したよう~ (29, 2.4%)

2 なもの, な結晶

1 [25件] であった, であったと, な乱暴, な人間生活, な幅, な廻転性, な形, な恰好, な洗面用, な直径〇・三粍, な経路, な美徳, な表情, な表面, な転向, に, に人間, に全然, に思われた, に柱, に私, に第, に細かい, に自分, に表面

▼ 示した~ (17, 1.4%)

3 過ぎない 2 過ぎぬ

1 [12件] しても, しろ何らかの, すぎない, すぎぬ, ちがいない, ほかならぬ, 拘らずその, 拘らず文太郎, 止つた, 相違ありません, 過ぎないから, 過ぎぬが

▼ 示したところ~ (16, 1.3%)

1 [16件] が当っ, その地図, であって, である, でこれ, で却って, にある, によって明らか, に従って行こう, の人形, の憐愍, の養子, をみる, を発見, を見れ, 甘寧

▼ 示したから~ (15, 1.2%)

5 である 2 であろうと 1 お兄上, ここでは, して, だ, であった, であらうと, であろう, 濟詮は

▼ 示したという~ (11, 0.9%)

3 ことである 1 ことは, のだ, のも, はからざる事実, ものです, ものの, 意味での, 点に

▼ 示した態度~ (11, 0.9%)

2 や言葉 1 で一郎, につけ込ん, には横面, の実に, はあまりに, はこうしたあらゆる, はどう, は一般, は私

▼ 示したつもり~ (9, 0.7%)

2 だった, である 1 で, であ, であろう, なの, 急拵

▼ 示した~ (9, 0.7%)

1 がある, たしかその, でありこの, である, には屈強, には黙っ, の事, の子供, は必ず

▼ 示したやう~ (7, 0.6%)

1 であつ, な多才ぶり, な幼稚, な転向, になつ, に思, に繊細

▼ 示した作品~ (7, 0.6%)

2 であった 1 が現れる, であったが, でした, ではなく, はそれだけに

▼ 示したあの~ (6, 0.5%)

1 一帯あれで, 力づよい物語の, 強大な, 愛想の, 日本一太郎の, 聡明な

▼ 示した~ (6, 0.5%)

1 があつ, がなく, であった, になる, は少から, もあった

▼ 示した~ (6, 0.5%)

2 である 1 であろうが, ではある, はプラトン, を私

▼ 示した通り~ (6, 0.5%)

1 あのレコード, ある一つ, このよう, です, な得意さ, 決して唯一

▼ 示したその~ (5, 0.4%)

1 前進的な, 子供は, 期限は, 様子は, 額の

▼ 示しただけ~ (5, 0.4%)

1 だろう, であった, であるが, では, で歩調

▼ 示した場合~ (5, 0.4%)

2 があろう 1 がある, には何らかの, の様

▼ 示した~ (4, 0.3%)

1 又は空間, 或はどんな, 殆どそれ, 知れません

▼ 示したこの~ (4, 0.3%)

1 たびの, 一色が, 自我の, 通りが

▼ 示しただけで~ (4, 0.3%)

1 もう顧みず, 一寸立ち止る, 帰国した, 総辞職

▼ 示した~ (4, 0.3%)

4 あらう

▼ 示したとき~ (4, 0.3%)

1 ちょっと儀式張っ, には義兄, 例えば作家中村武羅夫, 合わせれば

▼ 示したわけ~ (4, 0.3%)

1 である, でごく, です, なの

▼ 示した作家~ (4, 0.3%)

1 であった, の世界, はそれら, もある

▼ 示した~ (4, 0.3%)

1 が少ない, が筆者, はなかっ, は日本

▼ 示した彼女~ (4, 0.3%)

2 の処女 1 の眼, の貯金帳

▼ 示した~ (4, 0.3%)

1 で決して, に不完全, のもの, は花隈城

▼ 示した~ (4, 0.3%)

1 だが, にも見える, に歌, に渾沌時代

▼ 示した~ (4, 0.3%)

1 があつ, である, であろう, として有名

▼ 示したにも~ (3, 0.2%)

1 かかわらずその, かかわらず容易, 拘らず同じく

▼ 示したのに~ (3, 0.2%)

1 気が, 過ぎなかった, 過ぎなかつた

▼ 示した一つ~ (3, 0.2%)

1 の明瞭, の模範, の轉向

▼ 示した~ (3, 0.2%)

1 である, とを取る, と彼

▼ 示した如く~ (3, 0.2%)

1 に内国, に国, に永久的利潤率

▼ 示した子供~ (3, 0.2%)

2 に対する綿々 1 の眼

▼ 示した当時~ (3, 0.2%)

1 にはこの, の小, の農民文学

▼ 示した~ (3, 0.2%)

1 で特別, においてかなり, は当時

▼ 示した~ (3, 0.2%)

1 はお, は殆ど, を読んだ

▼ 示したかの~ (2, 0.2%)

1 ように, 回教文化が

▼ 示したかは~ (2, 0.2%)

1 想像の, 訣らない

▼ 示したかも~ (2, 0.2%)

1 知らぬが, 知れないが

▼ 示した~ (2, 0.2%)

1 ほかの, 同時にそれ

▼ 示したそう~ (2, 0.2%)

1 であるが, です

▼ 示したとき彼~ (2, 0.2%)

1 はすべて, はアレクサンダー

▼ 示したばかり~ (2, 0.2%)

1 であった, でなく一種嫌悪

▼ 示した~ (2, 0.2%)

1 だって, ですから

▼ 示した一例~ (2, 0.2%)

2 でありました

▼ 示した一種~ (2, 0.2%)

1 の目録, の道徳上の

▼ 示した~ (2, 0.2%)

1 で, でしかし

▼ 示した事実~ (2, 0.2%)

1 である, は確

▼ 示した僅か~ (2, 0.2%)

2 ばかりの動揺

▼ 示した~ (2, 0.2%)

1 から出た, を見る

▼ 示した古い~ (2, 0.2%)

1 社会からの, 言葉で

▼ 示した唯一~ (2, 0.2%)

1 の異様, の瞬間

▼ 示した~ (2, 0.2%)

1 あり, に関するよう

▼ 示した~ (2, 0.2%)

1 で云った, で答えた

▼ 示した好意~ (2, 0.2%)

1 は一向, は建築費

▼ 示した当代~ (2, 0.2%)

1 の巨匠たち, の金字塔

▼ 示した~ (2, 0.2%)

1 に彼自身穀物, に言った

▼ 示した徹底的~ (2, 0.2%)

2 な冷めたさ

▼ 示した性的快感~ (2, 0.2%)

2 の時間差

▼ 示した意味~ (2, 0.2%)

1 であるが, 深い事実

▼ 示した最初~ (2, 0.2%)

2 のもの

▼ 示した物語~ (2, 0.2%)

2 は未だ

▼ 示した~ (2, 0.2%)

1 の幼い, の極度

▼ 示した紙片~ (2, 0.2%)

1 もヘタクソ, を見る

▼ 示した~ (2, 0.2%)

1 であろう斯, も大分

▼ 示した若い~ (2, 0.2%)

1 ころが, 看護婦の

▼ 示した記念碑~ (2, 0.2%)

2 を建て

▼ 示した記録~ (2, 0.2%)

1 は今日, を私

▼ 示した証拠~ (2, 0.2%)

1 がなく, である

▼1* [340件]

示したあげくイスパニヤを侮辱, 示したあとはもはや, 示したある敏捷な, 示したいくつかの作品, 示したうれしさと, 示したうわてな親密さ, 示したかと思うその, 示したかということも, 示したかなりの恐怖, 示したかに見えた, 示したからでもありフラマン人独特, 示したからといって, 示したからとてそれは, 示したくらいであるから, 示したけれどそれは, 示したこの大いなる神を, 示したすなわち戦場の, 示したそしてやがてこんど, 示したただ一つの, 示したただ一人の国学者鈴木重胤, 示したためしはない, 示したため彼等の最後, 示しただけが主人の, 示したってそんなもの, 示したついでモーズレー君が, 示したつまりそれほどの, 示したといふことは, 示したとき声の写真, 示したところが其書は, 示したところ以外のむしろ, 示したところ帝のお, 示したところ用捨の事, 示したとのことだった, 示したとは言ひ, 示したなどというのは, 示したのちさて錠前, 示したのち靴をいじっ, 示したのみのことです, 示したいいが, 示したはずであるが, 示したひとだし, 示したびら風のもの, 示したほどであったが, 示したほどの惡意は, 示したほなのである, 示したえり, 示したまでである, 示したまま二度とパイプ, 示したものぢや, 示したものの一つに, 示したうだつた, 示したやはり数行の, 示したより以上の, 示したわざと冷淡そうに, 示したアインシュタインのナチ, 示したキッピイの店, 示したクレーマー出版の, 示したコロンタイ時代からはるか, 示したサムはいかにも, 示したシューマンの境地, 示したナポレオンの風貌, 示したニュアンスにとみ, 示したボンヤリした不安, 示したリアリスムの力づよい歴史的, 示した一人だった, 示した一場面である, 示した一定のまとまり, 示した一幅の大, 示した一片の意気, 示した上品で優雅, 示した上客らしく装って, 示した上日本へ帰る, 示した上此の書信, 示した上箱の前後左右, 示した不健全性こそが結びつき得た, 示した不誠実の態度, 示した丸薬の成分, 示した丸藥の成分, 示した久保田山本菊池久米なる一群, 示した予言的お題目を思いだしたであろう, 示した事件によって悉く, 示した二つとも方向, 示した人々であった, 示した人たちであった, 示した人工霜の装置, 示した人形長さ六尺, 示した人物かも知れない, 示した人豪は一日, 示した人道風な愛, 示した人間がひとり宙, 示したの小さな, 示した以上うかと甘言, 示したへは罪人, 示した作品的要素は戯曲, 示した作家的傾倒の根源, 示した侮蔑憎悪の感情, 示した値段にもさほど, 示した倫敦の図, 示したもある, 示したになつ, 示した優しさは, 示したにはそうした, 示した全く意想外の, 示した六氣である, 示した其手帳には某, 示した冷淡な態度, 示した冷静沈着のおかげ, 示した凄まじくも美しい, 示した凶兆はわたし, 示した刀剣の智識, 示した判断は子供, 示したの方, 示したをほめた, 示した功績は大きい, 示した加納子爵のごとき, 示した労芸の内部, 示した十箇条から成りたっ, 示した印籠を受け取っ, 示したたまの, 示した厚化粧と過度, 示した原稿と同じ, 示した去年のメーデー, 示したの沈着, 示した友情の最も, 示した革命的陰謀から, 示した古代民謡が意義, 示したで当時, 示した和歌集たるの観, 示した唯一人の国学者鈴木重胤, 示した四世小さんもそれ, 示した四年癸巳より見れ, 示した困惑の表情, 示した図面による, 示した地図の添状, 示したであること, 示した堂々たる威風, 示した壮烈な行為, 示した壯烈な行爲, 示した声明をうけとっ, 示したに日本, 示した迫害と, 示した大きくて窪ん, 示した大きな銀時計は, 示した大切な実験, 示した大型な衝立, 示した天晴れな根性骨, 示した女らしい語気の, 示した女優マリイ・ドルヴァルは俳優, 示した好みの再現, 示した好奇心も思いあわされた, 示した好都合の場合, 示した始末にをへない, 示した姿と役割, 示した威嚇的法文と見る, 示したが不思議, 示した婦人が姉上, 示した婦人作家たちの大, 示したを呈する, 示した嫣然たる笑み, 示した嬌態や叫び声, 示した実例だけから見, 示した実力はビレラ, 示した実証的方法がテーヌ, 示した家祖たちの餘徳, 示した寐台に移り, 示した寐臺に移り, 示した寒暖計を映出した, 示したに暑苦しい, 示した将士は列挙, 示した小四郎らの態度, 示した小説を読ん, 示したのよう, 示した岡本綺堂のやう, 示した左千夫等の用例, 示した幇間のゐた, 示した平手将棋の定跡, 示した幾つかの逸事, 示した幾何学的表現に立ち帰る, 示した広い沢へ, 示したを過ぎた, 示したの隅, 示したはコンパス, 示した影響の政治的性質, 示したの天才的手腕, 示した彼自身さへそれ, 示した後今井獣医が何, 示した後今井獸醫が何, 示した後匿し置きさて, 示した後四本の指, 示した微笑であったかも, 示した徳田秋声のこの, 示した心地がし, 示した心境は或は, 示した忍從には理解, 示した思想にはことごとく, 示した悲壮な態度, 示した情愛のやさし, 示したは虚偽, 示した愛情と尊敬, 示した感傷劇の涙, 示した感情の変化, 示した成金が現れ, 示した戯曲家は少く, 示した戯曲家ブウエリエはやはり, 示した所以はロシア政府, 示した所森主水, 示したとか彼女, 示した手紙をくれた, 示したを追い, 示した支持について話し, 示した政治的才幹の故に, 示した故智に倣い, 示した数字にある, 示したといっ, 示した文字である, 示した文箱をちょっと, 示した陣容であり, 示した新聞の社会面, 示した新進の舞台装飾家, 示した方向は女, 示した方程式によって, 示した方針に從, 示した日本の婦人, 示した日本人が何人, 示した明治のブルジョア官僚, 示した時代はあつ, 示した時母たるドイツ, 示した時茂助がそれ, 示したにはお前, 示した曖昧にし, 示したを聽, 示した曲線である, 示した更に彼は, 示した書面の中, 示した最も輝かしい旗, 示した最後の藝能, 示した最高レベルに較べ, 示した木村翁が自分, 示した木庄左衞門と, 示したの文字, 示した東宝の文化映画, 示した根拠によって極めてわずか, 示した根據によつて, 示したは私, 示した椅子に腰, 示した様子は甚だ, 示した標本のいくつ, 示した標杙が仄, 示した模範である, 示したは, 示した此現象の示す, 示した比類なき友情, 示した気概ある女性, 示した気高い亀鑑は, 示した気魄と機知, 示した氷川の流れ, 示した沖合はただ, 示したの綱要, 示した泰然たる堅忍さ, 示した消長には日露戦争以後, 示した演技と自分, 示した熱心とその, 示したからの手紙, 示した特質を帽子, 示した独特の皮肉, 示した猜疑警戒というもの, 示した班超で彼, 示した現実はもっと, 示した理想的な, 示した生きかたの萌芽, 示したである, 示したをぢツ, 示した真実についてどこ, 示した短篇小説だが, 示した社会発展の方向, 示した社会科学者たちの業績, 示した社会秩序に対する反動, 示したに祈る, 示した神社の写真, 示した秘密の地図, 示したな手腕, 示した耽念, 示した程度の人間観察, 示したである, 示したはその, 示した粗略な態度, 示した系譜なるもの, 示した細君はようやく, 示した結果によれ, 示した統計を見, 示した美術文学の世界, 示した聯想診断の記録, 示したを丸太, 示した自身の努力, 示した芸術家であったと, 示したの美, 示した草案と大差, 示した著名な文句, 示した葡萄畑の多い, 示したに過ぎない, 示したがあり, 示した處其時に懷良親王, 示した衰兆の一歩, 示した要点の覚書, 示した見栄のこの, 示した親切さを思う, 示した親子の大, 示した言葉であります, 示したの一つ, 示した詩情を把握, 示した誓約書の内容, 示した読本の頁, 示した論文が, 示した謙虚の美風, 示した迄の作で, 示した迫害や侮蔑, 示した逆上的なフルマイ, 示した透明さをうしなっ, 示した通りすっ裸にされ, 示した通り曖昧であること, 示した通り構成的概念はさし当り概念, 示した造酒だ, 示した運命は抵抗, 示したを逞, 示した遺風であろうと, 示した部分において供給曲線, 示した関心はまことに, 示した雋鋭錐の如き, 示した霊地の由, 示した青江の変化, 示した静平さに不安, 示した人間的な, 示した項式です, 示したいろを, 示した顔つきでその, 示した顔見世狂言は, 示した驚愕の念, 示した驚異はその, 示したさに, 示した高い頬骨精神的苦悶の