青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「終~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

細く~ ~細君 細君~ 細工~ ~紳士 紳士~ ~紹介 紹介~ 紺~ ~終
終~
~終っ 終っ~ ~終った 終った~ 終に~ ~終り 終り~ ~終る 終る~ 終日~

「終~」 3274, 34ppm, 3455位

▼ 終には~ (321, 9.8%)

3 私の, 私は 2 どうなる, 何事をも, 兵乱を, 咽喉の, 幾十幾百幾千の, 皆土中に, 私も, 自分の

1 [299件] あの, あの蓮華寺, ある恐怖, いかなるはなはだしい, いつもこんな, いやに, お志保, お栄, お瀧, お節が, お雪, きっとこういう, きっと負ける, ここで, この一箇, この夢, この家, すっかり昔, そこに, そのに, その握飯, その為敏捷, その産物, その袴, その額, それが, それを, そんな細い, だんだん分る, とうてい区別, どうにもこうにも, どっと寝ました, なくして, ひとすぢ, また大, もう腹, よく泣い, わざと両方, ヒューマニチーの, 一二分何も, 一体何, 一文の, 一段高く, 一直線と, 七兵衞さんの, 万人から, 三十五年とか, 三吉が, 三日に, 上の, 丑松も, 世の中を, 世話する, 両方で, 中止せね, 中途で, 久能も, 五十五円にまで, 亡ぶるもの, 亡国の, 人に, 人よりも, 仕方なく, 仰臥に, 何うし, 何か, 何にも, 僧侶に, 先方の, 其も, 其儘眠つてし, 其処に, 出資者よりも, 分らないところ, 別れる機会, 労働者の, 半分眠り, 単衣, 却って相手, 友達は, 取返しが, 口を, 召使の, 可哀そうに, 呂律も, 呆れ返つて, 命も, 唱わぬ心, 商を, 善惡の, 喧嘩かとも, 喧嘩に, 困難な, 国などという, 国全体が, 国際信義をも, 堪えられなくなって, 場合により, 増長し, 外界の, 多吉も, 大きな鰐, 大坂の, 失敗に, 奈何な, 如何なる惨禍, 如何なる馬鹿げた, 如何に, 如是男女美醜の, 妻が, 娘の, 娼婦として, 子供を, 孔雀と, 字を, 安く土地, 実際と, 実験室全体が, 客は, 宥めるよう, 家養の, 容れられなくなるの, 寝室へまで, 対手が, 将来革命といふ, 尊敬され, 小さな声, 尽きて, 岩が, 岸本は, 左から, 建章宮の, 弓箭に, 弟も, 彼と, 彼の, 彼は, 彼女の, 彼女は, 往生寺の, 御不興, 御召物まで, 御自分, 御自身, 忍び泣に, 思い切たと, 恐怖と, 悲しさ, 意を, 愛ちやんは, 慣れて, 慾の, 憤り手, 我身を, 手きびしく, 打抛る, 投売り, 挙動にまで, 振う戈, 採る気, 採る氣, 探し疲れて, 教会の, 教場へ, 文学その, 斬つた死骸, 旅其事に, 旦那様も, 昔為山君から, 月給取っ, 朗々と, 本当に観, 村の, 東京附近の, 樂土に, 櫃の, 此世彼世を, 此土へ, 此絶島の, 歯を, 死んで, 殆ど不可能, 殆ん, 母の, 毎日朝から, 毎日衝突を, 比較的健全平正, 民友社の, 気の毒に, 永劫に, 没落する, 泣いて, 洋杖で, 洋燈を, 浅間しく思う, 涙が, 涙を, 湯にまでな, 澁ッ面し, 炊事場に, 炭焼長者も, 烈しく叩く, 烏有先生が, 無能無才に, 照子に対する, 父は, 物と, 狭小の, 玩具にも, 現金と, 甚く, 甲高な, 疲れて, 癇癪を, 白隠, 皆さんが, 盗賊だって, 眼病と, 矢張り, 破敗, 磯山の, 社会改良家と, 社會改良家と, 私が, 私をも, 素通りする, 細い尾, 絶対の, 絹手, 縁づく時, 羞しがる, 義理の, 耐り兼ねた, 肝心の, 胃に, 腕組を, 腰までも, 自らの, 自信も, 自分で, 自分でも, 自分も, 自分等の, 自棄に, 船暈を, 苟し, 若い男, 草ばかりに, 萎る, 虫の, 蜂の, 蝋燭の, 血嘔を, 西洋へ迄, 見わけ, 親に, 親の, 観念した, 覺悟を, 解ます, 記録が, 試し草臥れ, 誠の, 読者の, 談話も, 謀叛人扱いされ, 谷に, 財布が, 賭けるもの, 赤い着物, 路とも, 路易金一つ, 身の, 身代が, 身動きする, 追出され恥, 逢う人, 過去の, 遠く且つ, 遠く細く消え, 遠慮を, 郡視学も, 酒歌軍歌日本帝国万々歳, 重なって, 野も, 銀さんも, 銀之助も, 門末数十人京に, 間抜けに, 防臭剤を, 雪が, 電信や, 面倒に, 頭の, 食時毎に, 食物なく, 駆け出したくなるの, 駝鳥に, 鼻面に

▼ 終つて~ (265, 8.1%)

33 ゐる 19 しまつ 11 ゐるの 7 ゐた 4 もまだ, ゐます, ゐること 2 しまつて, はゐない, はゐなかつた, ほつとして, も未だ, ゐたの, ゐなかつた, 居ります

1 [167件] あたふたと, あり正, あるが, いづれも, いよいよ明日, おうち, お隱, から, からあの, からいつた, からかう, からかなり, からこの, からその, からそれとなく, からで, からどこ, からにでもした, からは案外, からまた, からも女中, からも相, からゆく, からわづか, から三人, から上掛け, から二人, から今, から今度, から何処, から冬, から十時, から博士, から宿, から富之助, から席, から後, から愈, から未だ, から母親, から汽車, から火, から父母, から猶, から立ち上がり布, から美奈子, から遠く日本, から避暑地生活, から食堂, から骨, から鹽崎とみ子さん, この家, この稿, この艶麗憂愁, これからお客さん, これから雑具, さて人々, すばやく魚雷, その場, その外的, その妻楊子, その年寄, その本質, その絵, その翌月, それから復び碁, ただその, ついで來, ね, はつきり, は最早, ほつと, ぼつぼつ夜, またひと, またコオヒイ, またプーチヤチン提督, もあんぐり, もいい, もこの, もしばらく, も大, も尚, も松村, も歌, も美人, も返事, やしない, ゐたが, ゐたに, ゐたので, ゐたら今日, ゐない, ゐないからと, ゐないちよ, ゐないところ, ゐないの, ゐなかつたの, ゐなければ, ゐました, ゐるお腹, ゐるかも, ゐるが, ゐるそして, ゐるでないか, ゐるので, ゐるやう, ゐる事, ゐる個所, ゐる是, ゐる最大原因, をり, をりました, をる, 互に悄気, 何気なく窓, 全國中繼, 其の日, 再び甲板, 出て, 初めて夜, 別れる時, 又車, 又鏡, 堅く口, 堅く唇, 堪らない佳い, 始めて, 寂しく夭死, 寝に, 少しも, 居た, 居たの, 居たり, 居りました, 居る, 居るから, 居るの, 居るもの, 居るやう, 居る語, 已にあたり, 帰らうと, 帰らうとして, 帰り始めたの, 思ひ, 愈死, 戻つて, 新ローマン主義, 更に神, 漸く吻, 照れ臭さうに髷節, 熟した瓜, 猶其前, 生きた蛙, 疲れて, 立つて, 約一ヶ月間, 老大尉, 自から, 苦しげに, 見ると, 辛い思ひ, 過ぎ去つた, 還り上つておいで, 間もなく見物, 頷きなるほど, 黙つて

▼ 終~ (234, 7.1%)

5 には私 4 になつ, には何 3 に, のところ

2 [21件] にこれ, にその, になる, には, にはふら, には僕, には土藏, には妙, には少し, には屹度メソ, には息, には涙, には精神作用, には金魚, に彼, に斯, に私, の五日間, の奴, の文句, の言葉

1 [173件] から復, ごろの, そう, にあなた, にあの, にいたしませう, にお, にお腹, にすむべき, にたゆみ, にでも, になすつたら, になつたの, になつて, になつて來, にならない, にはあんな, にはい, にはこの, にはさ, にはさすが, にはそれ, にはそれら, にはそんな, にはた, にはだ, にはひどい, にはわたし, にはアメリカ, にはトリ, にはワザ, にはワツ, には一家, には一變, には両手, には両脚, には中, には人殺し, には他人目, には俥屋, には光子さん, には全く, には兩手, には円陣, には刺身, には割る, には厭世的, には口, には吾, には味, には喧嘩, には嗚咽, には土蔵, には地, には堕落呼はり, には墮落呼はり, には壺, には多く, には天井, には嫉妬さ, には家来, には山崎, には左手, には弟, には強請る, には彼, には彼等, には忠兵衛, には悲劇, には斯, には新聞, には春浪君, には有名, には松根, には檢擧, には母, には気狂, には江戸, には涎, には深井, には滝, には焦れつたく, には物, には独り, には猫, には痺れ, には皆, には相手, には眼頭, には知らず, には素直, には罵り, には肉, には背後, には胡坐, には自分, には莊園, には誰一人月代, には象, には赤, には足どり, には身, には銀座, には頭腦, には額, には首筋, には馬, にびんた, にへな, にやりきれなく, にわたし, にグツ, にグリツプ, に七枚, に五千円, に人々, に何, に何ん, に何人, に僕, に其処, に十五, に口, に合し, に名, に失敬, に女郎, に小谷, に左, に店, に彼女, に彼等一同, に微笑, に書い, に最後, に村長, に泣い, に泣き伏し, に流行性感冒, に猶, に生家, に皆, に祖父, に神経衰弱, に筆, に繭, に翌日延, に自分, に舊彦根方, に著者, に虚無, に行路病者, に見舞, に道子, に重役, に銅, に閑寂, に閣議, に露見, に食事, のあたり, のバス, の三, の方, は何, やつた, をした, 今迄, 公雅は, 百顆の, 細い蝋燭, 給へ, 際に

▼ 終~ (218, 6.7%)

7 になった 6 の方 5 になっ, にはその 4 だ, だから, には 3 になる, にはそれ, には自分 2 そうな, だった, だと, にし, には何, には悲しく, には甘く, には腹立, に笑い出した

1 [156件] うとうとと, かい, が尖っ, さえすれ, そうであった, それで奥羽, だぞ, だという, だよ, だナ, ての, であった, であって, である, であるなら人生, という法, とここ, にいちいち, にしましょう, にしよう, にどう, にどんなに, になったなら, になっちゃった, にならなかった, になり, になるべき, にはおそろしく, にはお袋, にはさすが, にはただ, にはどう, にはどこ, にはひどい, にはほとほと, にはむっと, にはもう, にはやはり, にはチベット, には一人, には一日分, には一本, には一面, には不愉快, には二十分, には人畜, には僕, には先生, には先頭, には円陣, には利助, には博士, には厭, には口, には命, には多, には大声, には子供, には客観描写, には寧ろ, には床, には彼等, には懺悔, には手足, には支えきれず, には斯, には東京, には柳橋, には極, には残忍, には殺し, には毒, には気象, には気鬱症, には水掛論, には泣かした, には泣き出し, には洲崎, には海軍, には海軍そのもの, には熱中, には田舎者, には疲れ, には相手, には眼, には着, には私達, には空, には笑っ, には笠原, には腰, には船員たち, には見かね, には親族会議, には訪問, には身体, には遂に, には銃眼, には雛妓, には風呂敷包み, には飯, にむしゃくしゃ, にもう一度, にもこの, にやりきれなく, によそよそしい, にアーメン, にロース物, に人々, に仲間同志, に利得, に勝った, に女, に幽霊, に形態転換, に来, に櫨木, に死んじまう, に気, に泣いた, に浮かれ出し, に独言, に磯野, に突っ伏し, に笑った, に細君, に罪, に胸, に芸者, に頬骨, に香物, のところ, の一文句, の一行, の仕事, の処, の扉, の文句, の日本橋, の湯, の紺色, の部屋, の頂き, はキッパリ, は芸者, は身, へお前, よ, をとっ, 万一他人, 度い, 政元, 涙も, 湯に, 迄バラバラ, 迄読ん

▼ 終つた~ (174, 5.3%)

7 ことを 5 やうな 4 ところから, と見え 3 ことは, のであつ, ものである, ものと, わけで

2 [13件] かも知れない, がその, ことに, であらう, といふこと, とき, ところだ, ところだつた, ところに, と思ふ, ばかりで, やうだ, らしい

1 [113件] かと思ふ, かもしれない, かも知れません, からい, からさて, からだ, からツ, から論, があの, がまだ, がよく, がコンクリ, がレザノフ一個, が何しろ, が其後, が当時, が故, が爲め, が秦, が筒鳥, が築地小劇場, が興世王, が誰, けれどもどうにも, ことが, ことそれ丈であります, ことです, ことや, この役所, し椀, せつない安堵, つもりであります, つもりである, というふう, という感じ, といつ, といふ, といふこ, といふ報告, といふ感, といふ気, といふ知らせ, ときで, ときに, とき僕は, とき女が, とき彼の, とき感じた, とき手元の, とき河上徹太郎が, とき突然, とき菅原といふ, ところで, ところである, ところでした, ところへ, ところを, としてもこの, としても兎, とすれ, とは云, とも語つて, とキッパリ, と云, と同時に, と思ひます, と申す, と私, と自嘲, と葉書, と見れ, ならば, のちに, のであ, のであと二時間, のでせう, ので事, ので天子, ので彼, ので彼等, ので愛ちやん, ので既に, ので最早, はずの, ばかりのその, ばかりの人間, ばかりの喫殻, ばかりの四人, ばかりの時, ばかりらしく, ほどな, もう考へる, ものから, もので, ものにも, ものも, ものを, やうに, よ, らしいいよ, らしいな, らしいよ, らしい水島, んだ, んです, 但しこれ, 小せん, 時でも, 然かも奈々子, 途端ベルが, 遠い昔, 長かつ, 頃などに

▼ 終~ (141, 4.3%)

159 たの 7 たところ 4 た時 3 た後, ようと 2 ざるさき, たが, たとき, ない, ないで, 難き業

1 [88件] さらに高き, ざる間は, し, しとき, しむ, しむる所, しもの, し間, ずして, そしてシラー, そろそろと, たあと, たお, たかと, たと, たと云, たと思つて, たばかりなので, たばかりの, たやう, たらお, たらば, たら又, たら海軍, たら鳴らさうと, たら鼠の, たるに, たるは, たるもの, たる後ブラツデイ氏宅へ, たエルアフイ, た人形, た処, た同じ, た地方, た夫妻, た奥さん連中, た封筒, た愛護, た海軍機, た百合子, た翌日, た蜉蝣, た頃, つ, つおのれ, つと嘘, ともの, ないだらう, ないな, ないほど, ないもの, ない中, ない奴, ない現実主義者, ない親父, ない間, なかつた, なかつたと, なくなつた, なければ, なむ, ぬ思へば, ますと, むとす, ようとお, ようとして, られた, ゐたり, んと, 不恰好な, 二三の, 他の, 半章, 坐に, 大沼驛を, 新衣, 来たこと, 次の, 石油厨炉で, 第三歩, 翌日一日分の, 臺所口から, 茶ばかり, 走りて, 難いの, 風呂へ, 高等学校の

▼ 終へて~ (110, 3.4%)

3 千部目に 2 出て, 後ち, 歸つて來た

1 [101件] あが, いそいそと, いまたてかけし, おのれの, お昼までは, きたの, これから雪隱, さて初, すぐ青山會館, ふとホツ, またドア, ゐた, ゐたので, アキリュウス, ホツと, ポンと, 一二年経つた, 一切の, 下山する, 久々で, 之を, 二三の, 借りて, 僕が, 公表した, 再び学窓, 再び寒風, 再び故国, 再読み出す, 冬空高く, 凱旋の, 初めて任命, 制作台の, 制服を, 医者にな, 卓子に, 博多へ, 口腹の, 吻ツと, 地方に, 外出する, 威勢よく, 寝室へ, 居て, 帰つ, 帰つてくる, 帰つて来た, 帰るさ, 帰朝する, 座へ, 後一章を, 戻つて, 文藝春秋社へ, 明るい百日紅, 晴れ晴れしい, 机の, 村の, 来た務め人, 東京に, 東京へ, 桟橋を, 槍を, 此處に, 歸つて來て, 歸つて來房へ, 歸つて見る, 歸り, 汽車に, 沓脱へ, 灯りが, 痛く惱め, 盃もとに, 眠くなる, 眠りの, 砂の, 神聖の, 私の, 私は, 稀には, 稍しばらく, 稚兒ヶ淵, 立ち去るが, 米俵を, 縁側の, 繩ほど, 纏つた作である, 翼を, 自分の, 茶を, 落ちついて, 衣裳や, 解散すれ, 讀みかへ, 退くと, 隠退せる, 靴を, 順調に, 高知市に, 高等学校の, 黒くひ, 黙つて顔

▼ 終~ (103, 3.1%)

2 見果てぬ内心, 近づけるを

1 [99件] あらわれますが, いたる約, お夏, かくて, けりあはれ, これらの, して, つけそ, とう, なくなられて, なる, はじまり五世紀, まみえること, わからず, サモアの, 一回も, 一年間作つた詩を, 一致した, 三柱の, 不消化不健康なる, 世界を, 亡くなられた, 伸びず, 何の, 作者は, 侍しながら, 傾いてから, 入れ忘れられたもの, 其性を, 凌ぎがたし, 分け入る森蔭, 分け入る森陰, 分つ可, 別れてから, 去ること, 去ると, 叔父さんは, 合する, 天子たるべき, 天照太神即位八百萬年正月元日の, 宣告せられたら, 寤ざるもの, 尽きざらむ, 展べ, 属して, 床屋へ, 延き, 引返すこと, 当る可, 悼亡の, 愛ちやんは, 應ずる, 成り立たざること, 成るか, 成立の, 戦はずして, 攻落さるべし, 数えしに, 春鶯囀, 書いて, 書き添えて, 月は, 来ずなりぬ, 此処へ, 此家の, 求める日, 没せん, 泊り込んだ我等, 涸るる, 深山に, 添えた狂歌一首, 済ふ, 滅せざらむ, 濟ふ, 獲べからざること, 生れて, 用なき, 着く尊, 石之, 秘む能は, 老人は, 臨める時, 臨る, 至る, 行かなかつた, 行かんと, 行く所, 見たその, 諷諭の, 起らむ, 載せた字書, 辿る可, 近づいた喜び, 近づいて, 近づきました, 近づくと, 逸せし川邊かな, 附した細字, 降りたたす

▼ 終~ (78, 2.4%)

3 方に 2 呻吟か, 問には, 方には, 晴の, 目移しを, 神, 終まで

1 [61件] いぶきか, とき, ときに, とき持てりし, はためき, よるべと, 一句は, 一首はや, 三字は, 十七書は, 十字架, 句は, 圖に, 墓ならず, 墓碑, 夕は, 夜, 大祭吏民を, 始と, 字を, 客だつた, 帰万国の, 幕に, 愛欲, 我世琴に, 方の, 日に, 日における, 日にも, 日の, 日や, 日数の, 時でした, 時とも, 時に, 時のみ, 晩も, 有様は, 期に, 末まで, 母音と, 灰殻を, 祖谷山は, 祝い日として, 福に, 穴へ, 空に, 空終の, 章, 絶對に, 絶對の, 美を, 色の, 詞を, 話, 身, 追讚, 部分だ, 音の, 頃であった, 顫し

▼ 終~ (75, 2.3%)

10 のだ 6 のである 2 かも知れない, と, という事

1 [53件] かどう, からかよう, から一寸, から毒, から駄目, か分らない, か然, か途中, くらい何, けど, ことでございます, ことです, ことは, ことも, する事, そうして多数, ぞ, という辣腕家, と妻, と彼, と思わずハッ, と気分, と気持, と終, と舳, と警部, と遂に, などとは予想, の, ので, のであった, のでこの, のです, ので扮装, ので金, まで彼女, よ, ようである, ような, わけだ, 一口に, 一方巻, 事の, 事を, 位でした, 分の, 場合が, 手腕に, 筈が, 筈だ, 虞れ, 計画を, 訳だ

▼ 終つたの~ (72, 2.2%)

26 である 75 です 3 だが 2 であらう, では, は夜

1 [25件] か, かといふ情けない, かとの實感, かと野村, かなんら, が一時, が多, ださ, だという, だといふ, だらうと, であります, でありますが, ですが, ですがね, でほつとして, なら私, に, はこれ, は七日目, は三日目, は予, は二十分, は病床, やら何

▼ 終へる~ (45, 1.4%)

3 と私 2 とは, と彼

1 [38件] ことに, ごとに, と, とあかく, といふ芸当, といふ速筆, とお, とすぐ, となるべく, とわざと, とアパート, と一番信心, と乗馬, と俄, と共に, と折りた, と散歩, と机, と繁夫, と胸, と花, と葦簾張り, と車, と間もなく, と隔日勤務, と青年はちよ, と魚, にあ, のか, のを, まで, までにそれでも, までには大概彼女, まで日本側委員, まで競, んだ, んです, 頃から

▼ 終~ (45, 1.4%)

4 告げた 3 告げたの 2 つげて, 告げたり, 告げて

1 [32件] よくしなかった, よくしなかつた, 事こまかに, 全うした, 全うすべき, 全うする, 全うせし, 全くしなかつた, 全くせざる, 告ぐるなり, 告ぐる時, 告げたが, 告げよ, 告げるかと, 告げるより, 告げる事, 告げる大, 告げ今, 告げ今や, 告げ損じて, 完うし, 得ずして, 独語の, 知らず潮吹, 知らせると, 知らせる頃, 示すその, 示す謎, 翹望んで, 言ふ, 言へる, 遂げられたの

▼ 終いま~ (44, 1.3%)

2 で自分

1 [42件] でいる, でいわさず, でうんと, でお, でしんみり, ですべてこれカン, でただ, でつき纏う, でやった, でよく, でアク, でコンドル, で一向, で一度, で一言, で丁度, で云った, で吹きおえる, で嬲りおった, で少し, で忍従, で悪い, で憎ん, で残された, で漏さず云っ, で神妙, で窺っ, で聞き, で聞く, で聴い, で聴く, で見, で言っ, で言つてしまつて, で言わさず, で読まない, で読み通したい, で静粛, で非常識, で顔, で魔, で黙っ

▼ 終まで~ (44, 1.3%)

1 [44件] いやで, いろんなこと, この両個, して, つねに障礙, とにかく一通り, もう來月, スッカリ分る, 一々ていねい, 五時間ほどの, 俯いて, 僧伽の, 同じよう, 圧迫され, 大きいもの, 孜々として, 家庭的に, 居たり, 待つも, 文字通りには, 来た時, 棹を, 殆正しい, 残って, 無限の, 爪折笠は, 突き得ないから, 経験し, 耐え忍ぶもの, 耐へ, 草むらの, 虚心坦懐に, 行く, 見事にずつと, 見通すこと, 言う能わず急いで, 言は, 話を, 読み通した, 読んで, 読んでしまつた, 貫ぬかし, 間違つ, 面倒を

▼ 終戰後~ (34, 1.0%)

1 [34件] あの世相, から今日, すぐ共産黨, そういう事, その戰歿者, であらう, では初めて, にかけて宅, にはちらちら, にはひところ貞操, に仙臺, に新築, のひと頃さ, の世間, の叔父, の日本, の現在, の社會心理, の競馬再開, の翌々年, はじめての, はじめてユデアヅキ, はじめて私, はどう, は殆, は科學者, ひどくふえた, もだつた, もまだ, わずか半年あまり, 尚ひどく, 或る, 既に半年, 既に1年2個月

▼ 終~ (30, 0.9%)

13 てしまふ 2 ている, てしまひ, てしまひました, てみる 1 たらしい首, たらしくそれから, たり攝取沒收, たり種々, ていた, てくれたら, てしまうた, てしまへ, て下さい

▼ 終~ (28, 0.9%)

3 人の 2 ぬが

1 [23件] う, うと, この上殊, すべて, つたが, つたので, つて居る, つて東京へ, ないもの, なかつたか, ぬを, ねば, もう眼, らん手爾葉の, るが, 奇を以て, 悦に, 暗憺, 無い, 知に, 笑わぬもの, 背戸川に, 若葉の

▼ 終~ (27, 0.8%)

6 と同時に 4 となつ 2 になつ, の次ぎ

1 [13件] から一カ月, そしてあの, であつ, で歸, と共にシベリヤ, になっ, になつたの, になり, になる, のラジオ, の四年目, の日, まぎわ

▼ 終つた時~ (25, 0.8%)

1 [25件] であらう, ですから, にその, にはもうすつかり, には喜んだ, には満場只, には潰れた, には花束, には非常, にも校, に素直, のやう, の彼, はこの, はもう, は九時, は既に, は深く, ふと同君, 其の身體精神, 到頭來, 始めて自分, 怒濤, 突然デブさん, 長い深い沈黙

▼ 終~ (22, 0.7%)

2 で電車

1 [20件] からゆけ, から乘つて赤坂, から歩く, から終點, であるから, でもあり, で降り, といつ, について上下, にて下り, に來, に着いた, に降り立つ, のガード, の二子, の佐原驛, の直ぐ, まで三里, まで來, を

▼ 終いに~ (21, 0.6%)

1 [21件] おゆう, こう云っ, そう云っ, そう云った, そこを, それを, なろう, ほんの一滴二滴醤油, また子供, 一緒に, 俺は, 俺を, 口を, 司令官が, 庸三も, 彼女は, 手で, 母親は, 葉子は, 誰も, 野仆死で

▼ 終~ (21, 0.6%)

4 のは 2 のである

1 [15件] が如く, ことが, だけの可, に至る, のです, ので今, の極, まで, まで眺めました, やうな, 心算だ, 故にその, 氣味が, 聞くならくフェニィクス, 訳には

▼ 終せた~ (20, 0.6%)

1 [20件] かそれ, ことに, としたら, と信ずる, のであります, のです, のを, ばかりで, ものか, ものだ, ような, わけで, 上で, 事の, 時が, 時の, 死は, 気に, 私の, 試が

▼ 終ひま~ (19, 0.6%)

3 で聞い

1 [16件] であの, でこの, でする, で一人, で出かけよう, で弓, で彗星, で濟ん, で稍六ツヶ, で観, で読まなき, で読みたい, で読んだ, で讀手, で間違, で黙劇

▼ 終つた後~ (18, 0.5%)

2 のこと

1 [16件] できれい, での入浴後, では, で傑作, で浴衣がけ, で私, に嚴然, に直会, に膝, のホツト, の町, の社会, は勿論, までもまだ, も同じ, も復総評

▼ 終へてから~ (15, 0.5%)

1 [15件] あわただしく病室, 今日まで, 何か, 天文台へ, 始めて犯罪者, 家兄が, 數日經つたら, 春三郎は, 火鉢を, 発表する, 私は, 翁媼も, 行ふ, 間もなく神戸, 駿介は

▼ 終~ (15, 0.5%)

3 に賛成 2 がある 1 があつ, して, とのうち, と和親条約, と新しい, に, に近づいた, の図, の美, をきたした

▼ 終~ (11, 0.3%)

2 ある 1 エミリアンの, 入声である, 始に, 差迫って, 悪く終, 意外に, 有り漸く, 有る以上, 来て

▼ 終うの~ (9, 0.3%)

2 だった 1 がこの, が一番, が世の常, が常, と正反対, はその, もうるさい

▼ 終つたあと~ (9, 0.3%)

1 で, である, でしか飲まない, で決してそれほど, には今, に来, の深い, の雫, ふとした座談

▼ 終~ (9, 0.3%)

1 その稈遂, ゐるが, 三大部に, 仕舞た, 公舒, 学校を, 忙ぎ還り, 永き別, 雑談し

▼ 終れる~ (9, 0.3%)

1 おめ, にあらず, は子, 後には, 時かれ, 時は, 時ダンテは, 時始祖アダムの, 時果物を

▼ 終~ (9, 0.3%)

2 依然たり 1 に隔てる, 一なり, 一定の, 依然たる, 易らず, 死の, 鮮新なり

▼ 終~ (9, 0.3%)

1 からそれ, からの事, から内政会議, であつ, になっ, になる, のクロヴァチア, はざっと, までは関東

▼ 終つたら~ (8, 0.2%)

1 ほんとにゆ, 惜しいとか, 是に, 来給, 海へ, 直ぐに, 第二, 軍

▼ 終ひだ~ (8, 0.2%)

21 ぞ, とはつ, と云, と思, と思つて, わい

▼ 終ふる~ (8, 0.2%)

1 は午後八時, までそれ, までの安, までゆめ, まで受, まで学問, まで言, をえん

▼ 終汽車~ (8, 0.2%)

1 ではありますまい, で刎, で帰国, で東京, にて下男, にはまだ, に乗り込み, らしいと

▼ 終つた頃~ (7, 0.2%)

1 から睡, である, なので, にさして, にはもう, に三人, 突然前庭

▼ 終つて彼~ (7, 0.2%)

1 はそ, はジャンパア, は口, は寝た, は小萩, は戸口, は靜

▼ 終おう~ (6, 0.2%)

1 し又, じゃない, ということ, というの, という企, という計画

▼ 終おうと~ (6, 0.2%)

1 した, して, しました, する, 思うた, 思って

▼ 終つて後~ (6, 0.2%)

1 さてあまりに, では, にこそと心, に症状, に自分, 再び艇外

▼ 終である~ (6, 0.2%)

2 とするなれ 1 と云, と云う, のである, 今あり

▼ 終はる~ (6, 0.2%)

2 のであつ 1 と卓子, と東京, と直ぐ, 場合が

▼ 終~ (6, 0.2%)

1 というの, として一方, に就い, に際して岩野泡鳴, の時期, を決定

▼ 終から~ (5, 0.2%)

1 九州にまで, 十九世紀にかけての, 南宋の, 夏の, 西南は

▼ 終つた事~ (5, 0.2%)

1 がある, になる, は其の, は後鳥羽院, を考へ

▼ 終つて私~ (5, 0.2%)

1 が流し元, が目, に背, は幸, は烈しく

▼ 終~ (5, 0.2%)

1 すること, なし置くべし, なった, 心願の, 載せて

▼ 終へば~ (5, 0.2%)

1 他の, 少しも, 案外平, 氣も, 生命力が

▼ 終~ (5, 0.2%)

1 て, ていた, てから, てさて, て試験

▼ 終刊号~ (5, 0.2%)

1 から原稿, が出る, として行いたいらしかった, に発表, に際して本誌

▼ 終~ (5, 0.2%)

1 とすべきで, となし, となす, において吾輩, までのテーマ

▼ 終戰直後~ (5, 0.2%)

1 だつた, の世相, の農村風聞, はこの, はこれ

▼ 終いました~ (4, 0.1%)

1 がやがてホッ, が帯, しどうもよく, よ

▼ 終います~ (4, 0.1%)

1 からね, と今度, ので, のでね

▼ 終せる~ (4, 0.1%)

1 またし, もので, 事は, 手際を

▼ 終つた彼~ (4, 0.1%)

1 が宮, といへ, はまだ, は一段と

▼ 終つた私~ (4, 0.1%)

1 が, は断られ, は死ぬ, をポスト

▼ 終なる~ (4, 0.1%)

1 奈良朝の, 室町末期の, 死あり, 魂の

▼ 終へた~ (4, 0.1%)

1 からである, がやがて, に女達, 疲れた足取り

▼ 終~ (4, 0.1%)

1 なく何, なく況して, 想ひ得ぬ, 知らず丈

▼ 終~ (4, 0.1%)

1 に終つた最初, より以上, を以て終らない, を以て終るべき

▼ 終六言~ (4, 0.1%)

2 を, を三三調

▼ 終南山~ (4, 0.1%)

1 にひそん, の奥, の梓樹, の隠居

▼ 終~ (4, 0.1%)

1 まったく顔, 泣かれるの, 聞かせたの, 阿嬌

▼ 終~ (4, 0.1%)

2 もうけないで 1 とを授かつ, も受けず

▼ 終~ (4, 0.1%)

1 切斷せし, 日として, 此の, 蟹の

▼ 終いで~ (3, 0.1%)

1 ちょッと, つまり八人が, 年を

▼ 終いです~ (3, 0.1%)

1 からねとても, から幅, その内

▼ 終いな~ (3, 0.1%)

2 のである 1

▼ 終いまし~ (3, 0.1%)

1 てな結局あなた方, てね, て昨日

▼ 終うし~ (3, 0.1%)

1 支倉の, 沈子が, 自分も

▼ 終うる~ (3, 0.1%)

1 の覚悟, まで飽き, を得た

▼ 終おせた~ (3, 0.1%)

1 ことは, としてもその間, 場合さえ

▼ 終~ (3, 0.1%)

1 あんまり風, となったなら, となつた

▼ 終つたお~ (3, 0.1%)

1 光は, 嘉代は, 祝ひに

▼ 終つた自分~ (3, 0.1%)

2 は決して 1 は此數日來

▼ 終つて了~ (3, 0.1%)

21 ふの

▼ 終つて仕舞~ (3, 0.1%)

2 ふの 1 へば全然もう

▼ 終つて心~ (3, 0.1%)

1 で叫んだ, に一種, も油壺

▼ 終はり~ (3, 0.1%)

1 に語らん, 七月は, 毎朝八時から

▼ 終ひで~ (3, 0.1%)

2 はない 1 せう

▼ 終ひなん~ (3, 0.1%)

1 だ, だから, だぜ

▼ 終ふと~ (3, 0.1%)

1 いふの, 云ふこ, 讀めば

▼ 終~ (3, 0.1%)

2 して 1 蓋し善

▼ 終~ (3, 0.1%)

1 移, 至, 起実

▼ 終来る~ (3, 0.1%)

3 古刀自

▼ 終~ (3, 0.1%)

2 の感じ 1 あの神秘的

▼ 終うで~ (2, 0.1%)

2 はない

▼ 終うと~ (2, 0.1%)

2 ころだった

▼ 終うに~ (2, 0.1%)

1 きまって, 足りると

▼ 終おうか~ (2, 0.1%)

1 との気, と迷っ

▼ 終~ (2, 0.1%)

1 てゐる, て後

▼ 終せず~ (2, 0.1%)

1 に引込む, 真紅ゐ

▼ 終せなけれ~ (2, 0.1%)

2 ばならない

▼ 終せれ~ (2, 0.1%)

1 ば一級, ば殊勲

▼ 終つたらう~ (2, 0.1%)

1 か, とも考へられる

▼ 終つた人~ (2, 0.1%)

1 であるが, などは文學者

▼ 終つた所~ (2, 0.1%)

1 で厠, へジヤツク

▼ 終つた時分~ (2, 0.1%)

1 になつて, にへ何で

▼ 終つてしまつたの~ (2, 0.1%)

2 である

▼ 終つてしまつて~ (2, 0.1%)

1 もい, もそれから

▼ 終つて一息~ (2, 0.1%)

1 ついた, ついて

▼ 終つて二階~ (2, 0.1%)

1 から降り, へ驅

▼ 終つて京都~ (2, 0.1%)

2 に帰

▼ 終つて仕舞つたの~ (2, 0.1%)

1 である, はそれ

▼ 終つて外~ (2, 0.1%)

1 へ出たら, へ出る

▼ 終つて安住~ (2, 0.1%)

1 の一地点, の地

▼ 終つて官兵衛~ (2, 0.1%)

2 をジロリ

▼ 終つて巡査~ (2, 0.1%)

2 は間もなく

▼ 終つて彼女~ (2, 0.1%)

1 が少し, はほんとう

▼ 終として~ (2, 0.1%)

1 人々思ひ思ひ, 居る

▼ 終としても~ (2, 0.1%)

2 同じこと

▼ 終とを~ (2, 0.1%)

1 並べて, 含んで

▼ 終において~ (2, 0.1%)

1 広重が, 既に知られなくなっ

▼ 終にゃ~ (2, 0.1%)

1 き様, ア桂庵婆に

▼ 終ひか~ (2, 0.1%)

1 とばかり思つて, 戯談ぢや

▼ 終ひです~ (2, 0.1%)

1 けれども然し, よ

▼ 終ひました~ (2, 0.1%)

1 が十惡, よ爺

▼ 終ふか~ (2, 0.1%)

1 と思ふ, 又は私

▼ 終ふも~ (2, 0.1%)

2 のである

▼ 終へた者~ (2, 0.1%)

1 は諸星氏, もあつ

▼ 終までには~ (2, 0.1%)

2 片づきまして

▼ 終まひ~ (2, 0.1%)

1 には小さな, に雄

▼ 終より~ (2, 0.1%)

1 第二行, 終へ

▼ 終~ (2, 0.1%)

1 た, た美人

▼ 終~ (2, 0.1%)

2 る古

▼ 終僧團~ (2, 0.1%)

1 の集會, 全體

▼ 終~ (2, 0.1%)

1 の悲劇, は今年

▼ 終~ (2, 0.1%)

1 今自臨川, 眠るあたわず

▼ 終~ (2, 0.1%)

1 の失望, の恨み

▼ 終~ (2, 0.1%)

1 ちかくに, を聴け

▼ 終戰以後~ (2, 0.1%)

1 の一般, の激しい

▼ 終時不随者~ (2, 0.1%)

1 という, といふの

▼ 終気扱~ (2, 0.1%)

2 ひを

▼ 終氣扱~ (2, 0.1%)

2 ひを

▼ 終滅男子~ (2, 0.1%)

1 には仕事, に対しては奴隷

▼ 終~ (2, 0.1%)

1 に近く, まで御覧

▼ 終~ (2, 0.1%)

1 を書ける, を読む

▼ 終~ (2, 0.1%)

1 と呼ぶ, の訛り

▼ 終~ (2, 0.1%)

1 までを確実, までを確實

▼ 終~ (2, 0.1%)

1 が近い, へと

▼1* [591件]

あらんことを, 終あり光あり, 終あれば古, 終いかけていた, 終いがまずかった, 終いがウィンパーそれで段, 終いが突出て尖っ, 終いたアあ, 終いたいと思う, 終いだブルジョア道は, 終いでげしょうか, 終いとなり年, 終いなんだろうか, 終いなんですの, 終いにゃあんな乞食, 終いに別れられなくなりますから, 終いものの枝豆, 終いやがったんでさあ, 終い寝ぼけている, 終うせたな爺, 終うたら此所へ, 終うた人間がこの世, 終うた気が付い, 終うた頭つきがいた, 終うだろうと思われる, 終うて御座るけんどなあ老, 終うて立ち上りいきなり衣物, 終うであろう恐ろしさ, 終うに違いない, 終うんだから, 終おうと何度自殺を計った, 終おうと巧らんでいる, 終おうと氏郷は意, 終おうと決心したの, 終おせて無事, 終おせるもので, 終には大いに, 終すべきにあらざる, 終するよう論ずる, 終すれば最, 終せたるは今, 終せなかったように, 終せぬ時は, 終せぬ見て驚く, 終せようとあらかじめ, 終せられたといふ感嘆, 終せんとして雲, 終そうとし, 終それを気, 終家人に, 終や, 終ついてい, 終つたやうだつた, 終つたやうにしか思ふ, 終つたようだな, 終つたる今一個人の, 終つたれば或は, 終つたビールの空壜, 終つたプーリは新聞, 終つたボナパルトは, 終つた一九一九年の初め, 終つた一日を一人床, 終つた一行は上石橋子, 終つた一雨ざつと来る, 終つた不思議な因縁, 終つた中幕の開かう, 終つた主が心静か, 終つた人々で更に, 終つた人達もあつ, 終つた今の玉川, 終つた今日ではこの, 終つた作として私, 終つた例もある, 終つた俺のでる, 終つた僕は何もの, 終つた凱旋的な好, 終つた刀の水, 終つた分が代, 終つた君の御, 終つた國もある, 終つた堀内氏は, 終つた大佐は武村兵曹, 終つた女はやがて, 終つた妹のいたまし, 終つた家人は片隅, 終つた小僧が僕, 終つた年でしたから, 終つた幸徳の両, 終つた形である, 終つた彼等の墓場, 終つた後僕は新潮座談会, 終つた後半生はこれから, 終つた後和解は新しい, 終つた後堀木克三氏の啓発, 終つた後妙に目, 終つた後彼を葬る, 終つた後彼女のまつ先, 終つた後素戔嗚は急, 終つた手紙を膝, 終つた指は洗, 終つた挙句一時大患に罹り, 終つた散薬を薬包紙, 終つた敵味方の三つ, 終つた日の夕方, 終つた時おれの生涯, 終つた時それが余りに, 終つた時ちよつと休憩, 終つた時ドアがあい, 終つた時世の運命, 終つた時初瀬は, 終つた時刻を見, 終つた時孤独な異国人, 終つた時彼は思ひ出した, 終つた時我々にはもう, 終つた時櫻木海軍大佐は靜, 終つた時水島はさうした, 終つた時渠は女, 終つた時独り腹のなか, 終つた時私の眼, 終つた時青年は, 終つた最初の體裁, 終つた李徴の聲, 終つた模型飛行機の尾翼, 終つた樣である, 終つた段になる, 終つた段階に到つた, 終つた浦上ドクトルと私, 終つた淀野隆三の活動, 終つた滋野君の若, 終つた爲に覺悟, 終つた爺さん婆さんの群, 終つた牧場の牧柵, 終つた物ごとに言, 終つた物語はただ, 終つた男が熱心, 終つた畝を跨い, 終つた直後でその, 終つた相原夫人がいつも, 終つた短銃へ丹念, 終つた祝ひとして收容者全部, 終つた程度で早く, 終つた節にきらびやか, 終つた紙の上, 終つた細君のその, 終つた結果その後上演を断念, 終つた翌年の春, 終つた翌日である, 終つた老婆たちはそんな, 終つた者がある, 終つた肉身の父, 終つた藁屋根の下, 終つた處だつた, 終つた觀がある, 終つた訳だ, 終つた譯である, 終つた返事を封筒, 終つた里子が階下, 終つた頃サインブツクが彼, 終つた頃呉夫人と劉夫人, 終つた頃大佐は例, 終つた頃奥は部屋一杯, 終つた頃幸ひ雨間, 終つた頃悪戯者らしく家中, 終つた頃文吾の小, 終つた頃私達の隣, 終つた頃細君は今, 終つた頃隣県の岡山市, 終つた頃順一の姿, 終つた食器はここ, 終つた髪をだらり, 終つた麥殼を左側, 終つていま横須賀に帰, 終つてお茶をガブガブ, 終つてこれも寒空, 終つてそこへ鬼頭, 終つてちよつと見, 終つてのち作品の中, 終つてのち光の下, 終つてのち和蘭人の書込み, 終つてのち宿所へ戻つ, 終つてのち彼の励まし, 終つてやうやく変態的一例, 終つてやけ酒に酔ひ, 終つてやつぱりきよとんとして居られました, 終つてわはわ, 終つてわたしはまた, 終つてウウセキバラヒ打たない前, 終つてシビレを切らし, 終つてタオルをブラ, 終つてヂェラルドは彼女, 終つてノルゲ号はローマ, 終つてパリに帰つた時, 終つてホツと溜息, 終つてボタンをはめ, 終つて一〇が楽屋, 終つて一二年は馬鈴薯, 終つて一先づ彼は返される, 終つて一句の偈, 終つて一年目の東京, 終つて一歩退いた, 終つて一行はまた, 終つて一足先にさつ, 終つて三人を導い, 終つて三吉が自分, 終つて下へ置く, 終つて下町の湯屋, 終つて中休みのてい, 終つて主よ我魂, 終つて主人の話, 終つて了つたのだつた, 終つて二十二歳の彼, 終つて二時間目の数学, 終つて井出康子は妙, 終つて京野等志はその, 終つて人無き部屋, 終つて今夜は俥屋, 終つて今鼻腔の処, 終つて仏の名, 終つて令兄なる大佐, 終つて伯爵は起ち, 終つて佐藤さんは夜汽車, 終つて何にかしら腑, 終つて何んにも仕事, 終つて何時までも底止, 終つて偈になる, 終つて傍へおく, 終つて儀礼的な拍手, 終つて兒玉は一呼吸, 終つて入場しだした, 終つて入浴や夕飯, 終つて全てが滅茶, 終つて助役は茶碗, 終つて十日たつても, 終つて千恵はまた, 終つて午後は雨, 終つて印刷にとりかからう, 終つて參りました, 終つて叔父に言, 終つて叢中から慟哭, 終つて吐息を吐きました, 終つて吾人の智識, 終つて吾等は五六歩, 終つて周次が暑い暑い, 終つて呼吸のとまる, 終つて喫煙室に這入る, 終つて噴井戸に面した, 終つて在留の邦人有志, 終つて夕食を食, 終つて夕飯を済す, 終つて夜食をもとめ, 終つて大井広介を訪ね, 終つて大佐は决心, 終つて大分時日が經過, 終つて大声一番者共いざ出陣, 終つて大神宮から帝国ホテル, 終つて夫れに, 終つて奧の室, 終つて娘に渡し, 終つて嫣然と立つ, 終つて宮中に帰り, 終つて対局者をかこん, 終つて対座すれば, 終つて将に青年期, 終つて小束をぬい, 終つて少年が默つて點頭, 終つて巻髭が黄色, 終つて帰つて来た, 終つて帰りがけの娘たち, 終つて帰省すると, 終つて平凡な腰弁, 終つて幾分の水氣, 終つて康子は指, 終つて弘雄はもう, 終つて弟妹親戚にも分たぬ, 終つて彼是する中, 終つて彼等は聲, 終つて後丹濃は, 終つて後堺兄の曰く, 終つて後夫人は愛兒, 終つて後私の方, 終つて従業員を路頭, 終つて御用濟となつ, 終つて復始まるところ, 終つて急足に食堂, 終つて折よく立つ, 終つて拍手の声, 終つて拳銃を空, 終つて排泄機に附, 終つて控へ室, 終つて撥ををさめ, 終つて教場から出, 終つて日本へ帰る, 終つて旦那様のお, 終つて旦那樣のお, 終つて昂然となつ, 終つて明日はいよいよ, 終つて春が訪れる, 終つて春枝夫人は明眸一轉, 終つて昼食を食, 終つて朝廷に參つて御返事, 終つて木村名人庭を見る, 終つて本島を出, 終つて東京へ出る, 終つて東大寺に行幸, 終つて東山の方, 終つて柄杓の水, 終つて棧橋のところ, 終つて椅子に腰, 終つて横たはる, 終つて橋掛から楽屋, 終つて橋畔の電燈, 終つて此島を出, 終つて歸るので, 終つて死に就いた, 終つて殻を捨てた, 終つて殼を捨てた, 終つて波子の方, 終つて浴場をでよう, 終つて海を渡つて來, 終つて海辺へ散歩, 終つて渓間に出, 終つて渡は監房, 終つて源太郎は肩, 終つて演壇を下りる, 終つて潅漑の便利, 終つて潮が上げはじめる, 終つて父が全く, 終つて牧場の土, 終つて玄關に出た, 終つて田丸は玄関, 終つて町子たちのサアクル, 終つて癖になつ, 終つて目を伏せた, 終つて眼を見開く, 終つて着陸しようとして, 終つて秘密造船所から皈つて來, 終つて穩當な秩序, 終つて窓に連, 終つて築山の裾, 終つて結婚をなさつ, 終つて結局それだけの, 終つて結局教育のある, 終つて統制ある, 終つて線香をもう, 終つて義務を果せ, 終つて羽根楊子を元, 終つて考へさせる, 終つて膚を入れ, 終つて膳が引かれた, 終つて自分はここ, 終つて舞台次第に暗く, 終つて芸者連は帰つて, 終つて茫然佇立するもの, 終つて華やかな拍手, 終つて製作を眺める, 終つて観客がどや, 終つて解放される魂, 終つて詳密なる事, 終つて諸君と再会, 終つて賽錢を勘定, 終つて間もなく, 終つて関係や摩擦, 終つて陸に上つた時, 終つて雑誌をペラペラ, 終つて雑談して, 終つて静かにしかし, 終つて顔を上げ, 終つて飯になつ, 終つて黄興宋教仁章炳麟とわたし, 終つて黄金の四角板一枚, 終であったが彼, 終であり創造的なる, 終であれば好い, 終とが省略せらる, 終とに見えて, 終とも水流足を, 終とれて来た, 終んです, 終ないからな, 終なきもの, 終なりと言ふと, 終にあたりは冴えて, 終にあたる自分の, 終にかけて巨獣の, 終にと思つて小郡行の, 終に迄るまで, 終てぞろ, 終ねる頃樣子を, 終のみを読みて, 終はらむそれよりも, 終はるか終はらぬ時刻, 終はるのは丁度, 終真に吾, 終ひで花道のところ, 終ひとはなんと, 終ひなさいといふ, 終ひまして甚だ, 終ひやぞ, 終ふから書を讀ん, 終ふか否らずば, 終ふが如き觀を, 終ふことさ, 終ふせて向, 終ふて立上り突然, 終ふところをおもしろい, 終ふるごとくこの最後, 終ふればまた, 終へしか消ゆる, 終へた年に出たぎり, 終へた後堂々とかの, 終へた日の宵, 終へた車がどうも, 終へても彼は, 終へらる去る七月四日之, 終へれば登校, 終へんためわれ世に, 終ほすことを, 終までの間にさえ, 終までも続けて, 終止める, 終らしい午後の, 終らむとする, 終らむにはこの, 終らむ身の一世, 終ろうも知れぬ, 終わりない旅へと, 終をば何處まで, 終をも問はず, 終を以て諸臣, 終アンドレイエヒミチを訪問, 終ッタガ電話ノ切リ換エガマダデアルシ, 終ッテモ颯子ハマダ寝テイル, 終テ後世ニ益スルナシ是レ書ヲ以テ我, 終大羅馬ヲモ亡ボシタル者, 終ニ一家ノ見, 終ニ一民族タルベキ大本ヲ具體化シタル者ニシテ, 終ニ天皇大權, 終ニ婦人ニ勞働ヲ負荷セシメザル國是, 終ニ我カ民族ノ滅亡, 終ニ日露開戰ニ至ル迄國政ヲ把リテ志, 終ニ本木昌造ヘ酒, 終ニ用フベカラザルニ至ルコレヲ再, 終ニ用フベカラザルニ至ルコレヲ再鏤スルノ勞, 終ニ羅馬ヲ天火ニ亡シタル一面, 終ニ落城と承り, 終ニ袵ヲ左ニセン, 終ニ隕チテ還ラズ, 終ハムレットの狂喜, 終ヘタレバ玉匣フタミ相称ヘル験アリテ蔵ス所世ヲ経テ失サルカナ, 終小蒸気船ニ曳カシメ, 終リタルモノハ本文期限内ト雖モ之ヲ施行スルコトヲ得, 終リタル後ニ着手スル所以ハ無智ト事情不通トノ爲メニ日本内地ト同時ニ着手スルトキハ, 終リ役所ヨリ退キテモヨシト, 終リ戒嚴令ヲ撤廢スルト同時ニ三, 終リ遊ビテモヨシト親ヨリ子供, 終ルト雖ドモ後世ニ益アリ是レ書ヲ以テ家屋ト為ズシテ書, 終ルノカナト却テホットシタクライダッタダトスレバコレヲ機会ニ運試シヲシテ見テモヨクハナイカ, 終ル思ニ出デテ不思ニ, 終世世に容れられなかった, 終候之, 終乎幽也といつた, 終事院は抽斎, 終あらんや, 終になった, 終会後校舎の周囲, 終使はれて, 終使つてゐるうち, 終候上は最早, 終其先志也余亦与, 終凍るように, 終刊號に, 終助詞即ち希望, 終南日色低平湾, 終の江戸, 終告げ而し, 終つてゐた, 終善きものは, 終回満塁二死2ストライク3ボールを想像, 終堆石は弦, 終堪へがたし, 終すると, 終多き者有り, 終夜空を望ん, 終夜話をし, 終有所発揮為之註釈家刻傷寒論是也, 終宮廷に出入り, 終の時分, 終宵体温の下りきらざりし, 終宵太陽の没する, 終宵懊悩して, 終宵海穏やかにし, 終宵照殺遠, 終宵車中に臥す, 終宵風雨暗船窓, 終て近海, 終の頭, 終念彼観音力刀尋段々壊, 終我卻弔遺芳, 終戰事務局かなんかで特攻隊, 終戰以來澤山のミシン, 終戰以後本願寺をはじめ, 終戰以後近頃の盜兒, 終戰前後の戰場生活, 終戰後いつぺんに解放, 終戰後お互いの住所, 終戰後ダンスホールに入, 終戰後一時亂脈になつ, 終戰後二年しかたつ, 終戰後人中ではお喋り, 終戰後十何年かの間, 終戰後探偵小説復興の機運, 終戰後極端なる保守反動思想, 終戰後演壇に立つた, 終戰後石井柏亭が書い, 終戰後碓氷峠と室生さん, 終戰後私はみな土中, 終戰後自分の疎開, 終戰後花見る人, 終戰後鹽が買, 終戰感のよろこび, 終戰時の空氣, 終戰直前に廣島, 終戰直後妻を失い, 終戰直後風呂敷がはり, 終戰第一頁のエポツク, 終戰翌年から今日, 終戰近くの事, 終を弁ぜず, 終新しくなつて, 終を出行い, 終日引ツ込んで, 終近くなっ, 終更始す介祉, 終楽章の中, 終にて刺殺申候, 終模索して, 終の工料, 終歳氷結の憂えなく, 終歳胸痛を患うる, 終歳臥病家貲頗乏数人為結義社, 終歳雪の消えない, 終母音と直接, 終にか, 終気扱いをせね, 終流れて, 終浮べて乗, 終滅人文の死滅, 終滅人間の臨終, 終滅専横の終滅, 終滅小児に対しては暗夜, 終滅暴政の終滅, 終極無, 終無きは男子, 終無く過去も, 終無限の道程, 終韃靼奪, 終眠飽食安眠過一年, 終は人生, 終繰返してゐる, 終脅迫状みたいなもの, 終の余喘, 終にする, 終航点たるノールカップ, 終の日, 終になる, 終は平凡, 終著駅らしい様子, 終は葛飾郡, 終はれて, 終見えた祝詞座, 終見よばれてし, 終言つてをります, 終論理演習の枕話, 終するを, 終近いところで, 終近きを感じ, 終近く初版には, 終遠き者有り, 終頃羽山が猛烈, 終未覚, 終風邪を引き, 終にえぐられた, 終駒ヶ岳の白皚々, 終麟由極變而, 終點地へと運ん, 終點奧山村に到り, 終點嬬戀驛に着いた, 終點常に目, 終點迄達すること, 終點迄來て運轉手, 終點驛川合まで出