青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「脛~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

能~ ~能力 能力~ 能登~ 脇~ 脇差~ 脈~ ~脚 脚~ 脚本~
脛~
脱~ ~脱い 脱い~ 脳~ 腑~ ~腕 腕~ ~腰 腰~ ~腰かけ

「脛~」 1076, 12ppm, 9390位

▼ 脛~ (331, 30.8%)

9 出して 6 打つ 4 伝わって, 見て 3 かじって, 見せて

2 [19件] あらわに, だして, ちらつかせながら, なぐった, みせて, もって, 丸出しに, 叩いて, 叩く音, 噛って, 引いて, 払われて, 投げ入れて, 持って, 指で, 洗って, 現わし, 蹴った, 齧り四角

1 [264件] あおいで, あらは, あらわした仏蘭西風, あらわし襷, うちつけど, うつた痛い, おけるところ, お見舞ひする, かかえて, かじらせて, かじりつつ, かじりながら, かじりゐたり, かじるお前さん, かじる方, かっきと, かっさらって, かっ払って, かっ裂いて, くっつけて, ぐりぐりぶっ, こすりあひ, さしさす居ぐる, さらに大きく, したたかひつ, した虫, しめつけて, しめつつ, すりむいだ, すりむいだり, すりむいては, するすると, その上, たたいた, たたかれた, だきながら, ちらりと覗かせる, つくづく見, つッ, づかりと, なぐられ, なぐられたよう, なでて, なめて, のぞかせあっつと, のぞかせて, のぞきこんだ, はだけて, ひきずって, ひたして, ひるがえして, びゅッと, ふんばり僅か, ぶつけて, ぶらさげて, ぶら下げてる, ぶッぱらうぞ, へし折るくらいに, ほんの浅く, ぼりぼりかいた, ぼりぼり掻きだした, まくって, まるだし, みたこと, むきだした九つ, むき出して, むき出しに, めぐりて, もじもじ, もちあつかっ, もてあつかうよう, もり, イヤッて, カチャカチャ鳴らし, カッ払っ, ゲンコで, ズボン下から, チラチラと, バタバタ動かし, ビシャビシャ叩い, ピシャピシャたたきながら, ピタリピタリと, ヘシ折ろう, 一寸あら, 一撃される, 一撫でし, 一種超然たる, 上げやう, 上げようという, 両手で, 乱して, 二本棒の, 伝ひ, 使いこなすこと, 倒すよう, 傷つけ危巌, 傷つけ危巖, 八の, 冷やして, 出したがって, 出した中学生, 出した二人, 出した男, 出してを, 出し半, 切つ返した, 切られた, 切られたから, 切られるもの, 切るよう, 刎上げ, 剥き出して, 力一杯踏, 包んで, 半分ほど, 卯の花に, 取って, 叩いた, 叩き折ろうと, 叩くおば, 台なし, 叱咤し, 右手の, 合せて, 咬って, 啣えて, 噛じ, 噛ってる, 噛つてゐる, 噛り, 囓って, 囓られ, 埋めて, 埋め鼻, 外に, 太く臀, 奪はれし, 寒肌に, 左右へ, 巻いた痛々しい, 平気で, 幾分寒, 引こうと, 思ひださせた, 慌てて, 手で, 打たんと, 打ちつけただろう, 打ち折って, 打った, 打った疵, 打って, 打つやう, 打ッ, 払い人, 払うもの, 払われた, 投げ出して, 折ったなり, 折っぺしょった人, 折り曲げて, 折ろうと, 抱いて, 抱きしめ自分, 押したくって, 押上げて, 持ち去らる, 振りて, 捕えた, 捕へた, 掬われるよう, 掻つ, 掻払って, 掻払われて, 摺剥く, 撫ぜて, 撫でつつ, 撫でて, 撫でる湿った薇, 擦つて, 擦りむき或, 擦り剥いたんで, 断たれたか, 晒で, 月光に, 枕に, 沒す, 没して, 没し往来, 没する万山, 没する泥濘, 没する深, 洗われながら, 流す, 浪に, 浸しながら, 渋い顔, 火鉢に, 猛に, 現して, 疵つけた, 痛々しそう, 痛めた, 発見し, 真赤に, 祭ったの, 私の, 空に, 突き出し月, 突っ張ったまま, 突張つて髯旦の, 突支棒に, 窃と, 窺は, 立てて, 端折って, 竹刀で, 絞り鹿革, 背後から, 草履の, 薙いだ, 薙いで, 虻が, 裸に, 裾に, 襲つた, 見けむ, 見た刹那, 見ること, 赤色の, 足業で, 跳ねとばした, 踏み交わし首, 踏んで, 踏張って, 蹴つた, 蹴つたので, 蹴とばした, 追い廻して, 這いのぼる, 這い上って, 運ぶこと, 達引け, 鉈で, 鎧い武者草鞋, 隠したが, 隠せり, 雑草の, 露わしてる, 露わし高島田は, 露わにし, 露わにした, 静かに, 顧みず最上, 風に, 飛ばして, 飛ばす, 飜し, 食ひ荒し, 騒々しくほめたてた, 骨とも, 鷲掴みに, 齧って, 齧つて

▼ 脛~ (144, 13.4%)

5 あたりを 4 半ばまで 3 あたりまで 2 あたりへ, ような, 出たの, 毛が, 白きを, 長さ四尺一寸, 骨が, 高さ

1 [116件] あたりだの, あたりで, あたりに, あたりにも, あたりまでしか, あたりまでを, あたりスクスク, あとには, あらわな, ありとも, いつもよりも, かくれる方, ききそう, こぼるる, しなやかな, つくり, つづくかぎり, ところを, びしょびしょ雨, ふくれの, ほうが, ほうは, ままで, まん中どころにも, やうな, やうに, スープで, 一所へ, 一所を, 上から, 上に, 二三カ所を, 作用の, 傷である, 傷を, 内側も, 出て, 出る袴, 剃刀の, 前へ, 動詞化である, 包ましい見得, 半ばぐらいまで, 半ばに, 半ば下まで, 半分どころの, 向く方, 太さ, 女の, 弱味で, 強そう, 形が, 影も, 所作なぞも, 投げ出されたとき, 新しいの, 方までも, 柔毛に, 正面の, 毛だらけ図体は, 毛へ, 毛を, 泥の, 泥を, 溢み出る, 疾き, 痛みに, 痛手が, 白いところ, 白い黒い髪, 白さ, 第二世, 節くれ立つた, 細いこと, 線颯々と, 翼なども, 聯想が, 肉が, 肉で, 肉ばかり, 肉を, 肌は, 脹んだ, 色の, 色も, 蚊を, 裏の, 裏を, 裏側を, 見えて, 見るからに, 赤い水鳥, 起端を, 遺, 部分だけを, 金泥が, 釣合よく, 長いアフリカ種, 長い女の子, 長い學生, 長い防水ゴム靴, 間からは, 間に, 間を, 限り宙を, 隠れるあたり, 露わに, 露出し, 青年時代に, 面影が, 骨から, 骨などが, 骨の, 骨を, 骨付肉が, 黒い飛脚男

▼ 脛~ (126, 11.7%)

12 傷持つ 4 疵もつ 3 あげて, 傷を, 疵持つ 2 からまって, 掛けて, 流れた一筋, 疵で, 疵持ちゃ, 薔薇色の, 黒いゲートル

1 [87件] あたった, あたったもの, あまる雪, あらわれて, かけ足, かじりついて, かぶりついた源吉, かみついて, からませ走るにつれて, からみついた, からみついて, からみつく長い, からみ付く, きず, きずもつ身, こつんと, ごつんと, さわって, しがみついて, ずらし上げて, のこつて, はばきを, ぴっちりつい, ぶらさ, まつわって, ものを, スカートが, ベタついて, 傷の, 傷もつなんと, 傷もつ加十, 傷もつ地方議員, 傷もつ彼女, 傷もつ連中, 傷有つ, 出た青筋, 印せられた痣, 及び膝, 塗って, 大火傷, 密着させる, 小さい鉄, 己が, 引いて, 引纒ひ, 当る細道, 得意の, 悪場に, 手に, 拍子を, 持つ疵, 木履を, 槍一本かつぎ出し, 残って, 毛が, 毛無く, 気腫あり, 消ゆる, 淺葱縮緬を, 生え初めた毛, 生疵, 疔を, 疵じゃ, 疵持つかれ, 矢を, 穿いて, 立った小柄, 紅い血, 紅い襦袢, 結ひぬ, 絡む, 絡わる長襦袢の, 絡んで, 緋が, 纏った緋, 聴覚を, 脚絆素足に, 腰きりの, 膏薬を, 草履ば, 草鞋穿で, 薄地の, 袷の, 見まわれて, 負って, 赤い布, 踏んで

▼ 脛~ (56, 5.2%)

2 もう何ミリ前, 膝の, 裾から, 見えた

1 [48件] いきなりナースチャ, くっきりと, そこから, ちらと, ちらりと見えた, にゅっと突き立っ, ぴく, ふらりと, まだぴたぴたと夜更け, むき出しである, むず痒い, よく見える, よれる裳, チラチラした, チラチラ見え, ヴァイオリンの, 一本, 一本塀の, 二本少し, 二本立った, 五六カ所股が, 人の, 入乱れ屈竟, 出たたア, 出らあな, 出る, 出切ったら藁草履, 妙に, 洩れ脛, 浅ましくも, 淺まし, 無残にも, 現われた, 生えるので, 白く横町, 白く滑, 真紅に, 砂の, 織機の, 股まで, 腫れて, 苦惱に, 見える, 見えると, 遠慮も, 階段の, 階段を, 露出した

▼ 脛~ (48, 4.5%)

7 あらわに 5 あらはに 2 よく灼け, 露に

1 [32件] あちこちに, その半ば, その湯, めげずツト美津, 一縮み, 出してる所, 出ずる, 出づるがまゝに隱, 徒士の, 怪我する, 懐も, 水に, 生白くて, 白や, 立ちかねて, 立てないで, 腕も, 腰も, 血潮に, 見え山鳥, 足も, 透いて, 鉛筆の, 露はに, 露はの, 露わによろよろ, 露わに友染の, 露わに和尚と, 露わに投りだされた, 露出に, 顕わに, 黒く菱

▼ 脛~ (33, 3.1%)

2 ゴムの

1 [31件] おさまらない, かく輕, こんなに細く, その二片, その緊張, たわけき心, なお雪, ぬかるみに, ふしくれだった膝, まるだし, スープに, ミリミリ破る, 冷烈の, 太い毛糸, 比較的めずらしい, 毛だらけで, 珊瑚を, 白いズボン下, 肉が, 脛と, 腱あらはに, 膝から, 臀部が, 蘆の, 蘆間に, 血を, 赤くかじかん, 鍼でも, 霜を, 非常に, 馬鹿に

▼ 脛~ (29, 2.7%)

2 で身, をつけ

1 [25件] だ, だけで, で保護, というやつ, などはもちろん, などもつけ, など鎧具足, に小, は寝る, まで添え, も信州の, も別々, やらが, をあてた, をしめ, をピチン, を取っ, を右, を外しおっ, を着け, を草霧, 沓などとを, 胴腹巻などの, 鞠沓までも, 黒の

▼ 脛~ (22, 2.0%)

1 [22件] いるのよ, うんと踏, お先駆け, くくった義経袴, その侍女, ぼんのくぼ, 切って, 味噌こし, 固め一歩一歩, 押せば, 掻きまわされた水, 気まかせ, 痩て, 立ち上ると, 肌を, 胡坐を, 落ちると, 踏散らす, 蹴たてるやう, 通って, 飛ぶが, 飛ぶこと

▼ 脛~ (22, 2.0%)

9 堅きアカイア 3 の善き 2 堅きアカイオイ 1 つくるアカイア, つくるアカイオイ, の, のすぐれたる, のアカイア, の堅き, を, を造る

▼ 脛~ (20, 1.9%)

2 思ふと

1 [18件] いうと, いって, いひながら, いわず一面, かつ緋, きびしく攻めつける, やせた膝, 二本の, 毛の, 白い素足, 皿の, 股は, 膝と, 膝小僧を, 舎人生活と, 赤い裳, 踏み脱いだ下駄, 鮮やかに

▼ 脛から~ (17, 1.6%)

1 [17件] すーっと, なま, 下は, 取りましたので, 曲げて, 目ざとく目付け, 籠手まで, 股から, 股まで, 背へ, 胸と, 腰にかけての, 腰まで, 膝膝から, 血が, 足にも, 踵を

▼ 脛~ (17, 1.6%)

2 かけて

1 [15件] からんだの, この唾, ひやりととまっ, 具足を, 力穴を, 向って, 喰らひつく, 巻きつけて, 必死に, 捲き付けたが, 搦ましょう, 粘り着いた為め, 蟹が, 集る蚊, 靴の

▼ 脛ひい~ (16, 1.5%)

3 ていた, ている 1 て, てその, てわれら, て伏せ, て待ち, て待ち伏せ, て待っ, て待つ, て戦機, て来た

▼ 脛まで~ (15, 1.4%)

5 あげた 1 ある寝間着, くさった水苔, ひたして, もぐるなか, 入って, 張つて居ました, 来た, 水が, 水に, 潜るところ

▼ 脛には~ (11, 1.0%)

2 泥が 1 それが, はやくも, 全くふくらみ, 出刄庖丁, 幾所か, 熊襲の, 白脚絆手にも, 脚絆が, 血汐が

▼ 脛~ (10, 0.9%)

1 女の, 股に, 脇明きの, 腕を, 腿は, 膝などを, 膝を, 足頸が, 跖などを, 長髄彦

▼ 脛にも~ (5, 0.5%)

1 キズは, 力が, 搦みつけた, 薄い歯, 青い静脈

▼ 脛当て~ (5, 0.5%)

2 もあて 1 だけ付けた, と針箱, をくっつけ

▼ 脛押し~ (5, 0.5%)

1 と思いました, やらそれ, をし, をやらされる, 腕相撲の

▼ 脛~ (4, 0.4%)

1 ぢり, 前脚, 腕らしい, 腰の

▼ 脛かじり~ (4, 0.4%)

1 と来た, のいい, はここ, を名誉

▼ 脛ばかり~ (4, 0.4%)

1 だ, 咬って, 袖に, 見て

▼ 脛当の~ (4, 0.4%)

1 役目を, 用意のと, 紐など, 鎖を

▼ 脛~ (4, 0.4%)

3 と參 1

▼ 脛でも~ (3, 0.3%)

2 たたき折って 1 外の

▼ 脛などが~ (3, 0.3%)

1 山人の, 白くフヤ, 突つか

▼ 脛あら~ (2, 0.2%)

1 はに端折り, はに裾

▼ 脛だけが~ (2, 0.2%)

1 元手の, 天井から

▼ 脛~ (2, 0.2%)

1 ぷし, 噛り

▼ 脛とが~ (2, 0.2%)

2 ダラリと

▼ 脛との~ (2, 0.2%)

1 形によって, 間に

▼ 脛とは~ (2, 0.2%)

1 全く異, 自分ながら

▼ 脛にて~ (2, 0.2%)

1 歎ける, 蹴出すを

▼ 脛までも~ (2, 0.2%)

1 わななき顫, 埋めそう

▼ 脛一本~ (2, 0.2%)

1 のもの, の労働者

▼ 脛~ (2, 0.2%)

1 の疎ら, をながめ

▼ 脛白き~ (2, 0.2%)

1 右足を, 敷居際の

▼ 脛白く~ (2, 0.2%)

1 はっと立っ, 莞爾と

▼ 脛真白~ (2, 0.2%)

2 な腿

▼ 脛~ (2, 0.2%)

1 というの, を一

▼ 脛~ (2, 0.2%)

1 から胸, から膝

▼ 脛腿腰脊~ (2, 0.2%)

2 及び頸

▼ 脛高く~ (2, 0.2%)

1 掲げしかば, 裾を

▼1* [84件]

いや祇園での, 脛咬る, 脛かきなでなどこと, 脛がと目に, 脛くらいの潜り方, 脛ぐらいのやや我々, 脛さえも川波の, 脛すこし暑いと, 脛すらりと色, 脛とある, 脛だけの部分アラビアンナイトの, 脛だけをくるんだ赤い, 脛噛り, 脛であり脂肪づい, 脛でございまするから却って, 脛ですがやっぱり, 脛では寒い気持, 脛というものが, 脛といった方が, 脛とか踵とか, 脛とに擦過傷を, 脛とも呼ばれた, 脛どこでも脈, 脛などと呼んだもの, 脛などを叩いて, 脛なり踵なり, 脛なるものの, 脛にあたる水が, 脛にまで達した, 脛ののツぽ, 脛きの, 脛ばかりは咬って, 脛ふとく高らかに, 脛へばかり脛当を, 脛ほど傷みやすい, 脛ほどに細長きズボン, 脛めぐり堅くよろほひ, 脛やすらふ柳瑞枝, 脛よりはやや短い, 脛わが目を, 脛をば笹や, 脛をも一度ドカン, 脛カジリの大学生, 脛カヂリの大学生, 脛ガ妙ナ工合ニ縺レ合ッテ歩ケナイヨウニナル, 脛ト足ノ先, 脛ハナハダ白カリシカバ忽チニ染著ノ心, 脛にありき, 脛二斤を買っ, 脛付きで岩, 脛千鳥菊白が紺地, 脛吹き払う風も, 脛りだ, 脛りを, 脛りぢ, 脛で肌, 脛の尻, 脛子供らしいまた, 脛を食いちぎっ, 脛布藁沓の装い, 脛に膳夫, 脛惜気もなく, 脛らしたり, 脛時々ムックリと, 脛更に下りて, 脛甲まさきに纒, 脛甲汝賜ぶべきや, 脛甲爲に物凄く, 脛だから, 脛と, 脛穿を着け, 脛穿という支度である, 脛織るが, 脛の形, 脛を控, 脛まであらはれ, 脛腹胸はみな人, 脛それから臀, 脛を摘ん, 脛を着け, 脛足踵これをば朱, 脛ひ登る, 脛を打ち, 脛黒く秋づき