青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「紳士~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

紫~ 細~ ~細い 細い~ 細かい~ 細く~ ~細君 細君~ 細工~ ~紳士
紳士~
~紹介 紹介~ 紺~ ~終 終~ ~終っ 終っ~ ~終った 終った~ 終に~

「紳士~」 4299, 45ppm, 2604位

▼ 紳士~ (962, 22.4%)

11 自分の 8 それを 6 例の, 笑いながら 5 ポケットから, 云った, 私に, 顔を 4 いった, 何か, 相変らず 3 こう云っ, さっきから, そういっ, そう言っ, たずねました, 二人を, 苦笑し, 言った

2 [57件] いって, うしろの, これだ, ざわざわ鳴る, すこし顔, そういい, そのこわれた, その場, その手, なんの, ふいと, もう六十, クックの, ノートを, マントの, 一寸意味, 一寸青年, 丁寧に, 信じない事, 僕の, 口を, 叫ぶの, 可なり落着, 名刺を, 周章て青年, 大抵フロックコート, 妙な, 容易に, 少しも, 少年を, 彼の, 彼女を, 急に, 急斜面の, 意外にも, 改めて挨拶, 柔順に, 椅子を, 洋服の, 淋しい微笑, 由良が, 私の, 自分が, 興奮し, 若い女, 苦々しげ, 落着い, 言葉を, 語りました, 軽く笑った, 道夫を, 階段を, 青年の, 青年を, 顔丈けを, 驚いたよう, 黙って

1 [761件 抜粋] あくまで房枝, あっと声, あとから, あのよう, あのよく, ある立派, あれで, あんまり見かけない, あゝし, いいながら, いいました, いかなる意味, いかにものんき者, いきなり自分, いきなり跼, いっしょに, いったい何者, いつもの, いつも愉快そう, いないもの, いよいよわけ, うなずいた, うなずきながら, おそらく十そう倍, おのれの, おもむろに指, かう言つて, かがんで, かすれた低い, かねて噂, きいた, ききました, きっと何, ぎょっとし, くわしい話, ぐるぐると, こういう中流どころ, こうした悪戯, こう言い, ここしばらく, こちらが, ことばを, この古, この名馬夕立, この暗室, この町, この間に, こんどは, さう, さっきの, さっそく酋長, じっとボートルレ, すぐに, すこし猫背, すつかり, ずぶずぶと, そういう, そうした私, そう云っ, そこでつ, そこではじめて, そこへも, そっと彼女, そのため, そのとき, そのも, そのよう, その十数枚, その原っぱ, その女, その帽子, その新聞, その母, その点, その誰, その辺, その頭, それから, それは, そんなこと, そんな事, たがいに, たしかに人形, たしかに何所, たった一人, たった今端艇, たまらなくなったらしく, だまって, ちょろの, つくづくと, つと立, とあるカフェ, とある路地, とうとう六つ, とても巧妙, どういう関係, どうかと, どうだ, どう云う, どこに, どこへ, どっしりした, ないしょ話でも, なかで, なにか考え, なにやら悲壮, なに思った, なんでも, なんなく腰繩, にっこり笑っ, にやにや笑っ, はしごを, はつは, ひそかに, ぴよこ, ふいに, ふなば, ぶるぶる顫, ほかならぬ, ほとんど厳粛, ほほえみかけました, まことに奇妙, またもやしばらく黙っ, またもやつま先, また二, また玄関, まだそこ, まだやはり法廷, むつとして, むらさき色の, もうひとり, もう一つ, もう七十幾つ, もっともよくこの, やっぱりニヤニヤ笑い, やっぱり化けもの, わたしの, オーバーを, ギクリと, ショーウィンドーの, ジャネットの, ステームで, セル地の, ソレガシといふ, ソンナ事を, ツカツカと, デッキの, トランクの, ドアの, ニヤニヤ笑い, ネネムの, ハルミさんに, ハーハー息を, パイプを, ヒラリと, ビールを, フランス語を, フリント君の, プンプンし, ホッと, ボーイを, ボーヴェー出身の, ポケットを, ポケツトを, マルコに, マルコの, 一から, 一しきり濃い, 一体何の, 一体何物, 一向心, 一向辟易, 一寸云, 一寸云い澱んだ, 一寸弁髪, 一寸手を, 一年前より, 一度も, 一息つい, 一番奥まで, 一葉の, 一見医師, 一週間前に, 三十メートルばかり, 三年前に, 上野駅の, 下へ, 下郎なりと, 不安げに, 不思議さうに小僧の, 不承無精に, 世間的には, 両腕, 中へ, 中学教育に, 中川を, 中腰の, 事の, 二三度そう, 二代目メジチの, 二足三足た, 云って, 五円を, 今は, 今まで, 今朝突然, 仰向いて, 低い折襟, 何から, 何とも答, 何の, 何も, 何処の, 何千の, 余り念入り, 依然として黒い, 促しました, 俄然大口, 僕には, 優然, 先刻の, 光枝の, 全く会社, 其の爲, 其母上に, 再びペン, 別にその, 前かがみに, 勝ち誇って, 医師だった, 医者を, 十分に, 千人風呂の, 卓子の, 南側の, 厳粛な, 又も, 又云いました, 又娘, 可哀, 右の, 吃驚し, 吃驚した, 名を, 向方側を, 呼吸が, 命じた紅茶, 唯々として, 問わず語りに, 喜ばしそう, 器械を, 四十ばかりに, 声た, 声を, 売子娘に, 外套と, 多いが, 多くの, 多分一週間前, 多分別, 大いに笑っ, 大きく頷い, 大の, 大へん, 大分に, 大声に, 大層憤っ, 大急ぎで, 大森を, 大眞面目, 太いやさしい声, 太く短, 奥さんから, 女は, 好人物の, 姑く, 委任状を, 婦の, 子供たちを, 客を, 室内に, 家中の, 宿場へ, 寺の, 射られたよう, 小さくうなずき, 小さな仏像, 小僧の, 小泉信雄君の, 少しどぎまぎ, 少し羞, 居住いを, 居睡って, 左の, 左右に, 左手を, 巻煙草の, 帽を, 平気の, 年にも, 年長者だけに, 幼年生に, 庭に, 廊下の, 弟を, 当時朝鮮銀行秘書課長兼人事課長現, 彼等の, 待って, 御誕生, 微笑し, 微笑を, 微笑一つ見せず, 心臓を, 快活な, 忽ち口, 思はず後, 思わず微笑, 急き込んだ, 恐縮し, 息子を, 悠然として, 悲しげ, 意外な, 慇懃に, 慌てて, 我面色の, 手ずから瓦斯ストーブ, 手前の, 手首白い, 捨台辞を, 掌に, 擬ふ, 支配人に, 教へ, 教授の, 斜に, 旗男の, 早速流し, 早速運転手, 明石で, 易々として, 暫くし, 暫く考へ, 曾て, 最初車室には, 未だ見識ら, 本気で, 本間さんの, 村松検事であった, 杖を, 林の, 果然鴨下ドクトル, 某省の, 桃色の, 椅子から, 業を, 構わず続けた, 構内を, 横から, 次の, 此二者を, 歯を, 殊の, 比類の, 気が, 気味が悪くなつた, 気附い, 池の, 泣きだしそう, 泣き出しそう, 注意ぶ, 洋装し, 流暢なる, 涸裂れた, 深い肘掛椅子, 渋々ながら, 渋々又, 溢るる, 滅相な, 灯を, 烈しい力, 煙草に, 煙草を, 物をも, 特別席の, 独りで, 独立の, 玄関の, 珈琲を, 由良を, 申し出た, 申し分の, 町かどを, 町の, 疲れた顔, 病気見舞の, 登山家でも, 白い髭, 皆女房の, 盗むよう, 目的あっ, 直ぐ來, 直ぐ来, 直ちに毒, 相替らず, 眉を, 真新しい白い手帛, 真面目な, 眼の, 眼を, 知らなかった, 確かに, 磯貝満彦と, 私たちを, 私と, 私を, 穀物の, 穏やかに, 空腹を, 突然何, 窓ぎわへ, 立ちあがりました, 立ち去った, 竹の, 笑うかと, 笑わないで, 笑を, 紳士でも, 紳士婚礼や, 結婚し, 絵はがきを, 罪人の, 美禰子の, 老婆や, 耐え難くなっ, 肥った煙管, 背の, 腕力を, 腰掛の, 膝の, 自分も, 自動車の, 自用, 自衛の, 船長も, 良家の, 若い乞食, 苦笑いと, 莞爾と, 莞爾として, 葉巻を, 蒼空が, 蟇口から, 血色の, 袋探偵の, 製造業の, 西洋料理屋へ, 覗き込む, 観客を, 言うまでもなく彼, 言つた, 訊ねました, 訪問し, 誰あろう, 誰が, 赤沢貞雄と, 走りだしました, 身体を, 車を, 軽い驚き, 軽く目, 返答した, 返辞を, 道夫に, 重心を, 銀座街角の, 銀貨を, 長い二等車, 閑に, 附元から, 隠しへ, 露八の, 鞄と, 音楽の, 顏を, 顔から, 顔色を, 飛び下りて, 食堂へ, 食物一つありませんでした, 首を, 馬車で, 驚きの, 骸骨の, 高柳君の, 鳩時計の, 黒いマント, 黒犬が, 鼻の, 鼻を

▼ 紳士~ (705, 16.4%)

11 あった 10 立って 7 入って 6 はいって, 出て, 来て, 腰を 4 たずねて, ふらりと, 彼の, 私の, 集古館へ 3 ありました, あります, ある, いた, いった, やつて, 坐って, 降りて

2 [37件] あつた, あらわれました, すわって, その犬, ついて, つかつかと, とても潔, ゆっくりと, 上って, 乗り出した, 何か, 何かの, 何者である, 倒れて, 六人さちよの, 冗談半分に, 叫んだ, 叫んで, 始めて口, 帽子を, 慇懃に, 持って, 枝に, 此の, 歩いて, 現れた, 現れて, 私を, 突然岡田, 突込んだ, 立ち上って, 自動車から, 言った, 身を, 銀色の, 頭を, 顔を

1 [535件 抜粋] あがって, あそこを, あたり憚らない, あちらにも, あっちへ, あって, あなたの, あの早業, あやしいあれ, あらわれこちら, あらわれて, ありこれ, あると, あるの, あるばかり, ある停留場, いいました, いかがわしい動作, いかに平気, いきなり立ち上っ, いきなり躍りあがっ, いたの, いつた, いつのまにか黄金, いて, いやしくも学士, いよいよ以, いらっしゃればこそ, いるぜ, いるでしょう, いるの, うちへ, うなぎ屋の, うまやの, おこったよう, おっしゃる, おとずれて, おりて, お好き, お孃さん, お目にかかりたいと, お眼, お面, かうして, かくも, かけて, かの女たち, きっと反対党, くすくすと, こういい, こういうこと, こういった, ここの, こしかけて, こちらへ, こちらを, このうち, このよう, この宿, この方, この町, これほど, こんな境遇, こんな所, さし出したの, さっぱり来なくなりました, さながら酔後, ざらに, しずかに, すすみ出た, すっかりイギリス, すつかり, ずいぶんある, ずっと以前, ずっと入っ, そういえ, そういった時, そこに, そこの, そのお, その人間的教養, その体面, その十日程前, その台, その女, その小路, その指環, その新聞社, その日, その時, その母, その白絹, その真中, そんな物, たおれた青年, たくさんできました, たずねた, たちまちうすぎたない, たつた一人, たづね, だんだん好き, ちかごろ頻繁, つまり宗皇帝, てつだって, でて, どうしてこの, どうしてそんなに坊主ども, どこからか, どつ, どんなに身, どんな見る, どんな顔, なにを, なんだ, にこにこ笑顔, にやにやし, ぬっと立ち, ぬっと這入っ, のっそりと, のって, はきだすよう, ひとり, ひどくいい機嫌, ひらりと, ふいに, ふと私, ぶらりと立っ, まさか房枝, まだ挙, まっさおに, まるでお話, みんなを, もう一人, やっぱりあと, やるよう, ゆったりと, よほどいそがしい, ゐたが, ゐないもの, アフリカへ, イギリスでは, インバネスの, エチケットの, カルルに, ジロリと, スックと, ステッキで, ステッキを, セーヌ河の, チャンと, ネネムの, バスから, バスの, バルザックの, バーグレーヴ夫人の, パイプを, パナンショーの, ビールの, ピストルで, フリント君の, ホテルへ, ポケットに, マリイの, レデー・メードの, ロビーの, 一つの, 一人, 一人で, 一人の, 一人ゆっくり, 一人入, 一人夕刊を, 一人居たです, 一人徳市の, 一人歩廊を, 一人泊っ, 一人筮竹を, 一人降り, 一人静かに, 一公職の, 一匹の, 一夜どまりの, 一日電話を, 一本買った, 一罎を, 三人ひょっこり, 三人みな警察分署づめの, 三人も, 上から, 下で, 下の, 不幸に, 両手を, 主義の, 乗って, 乗りこんで, 乗り込む, 乗り込んで, 乗船なさいました, 乗込む, 事務員へ, 二三人あつ, 二三人宛交じ, 二三人宛交じっ, 二三歩行く, 二人いました, 二人かなり高声に, 二人これは, 二人でした, 二十面相その, 云いました, 云った, 五百円も, 人前を, 今の, 今二インチも, 今夜に, 今日は, 今玄関, 他ならぬ, 令嬢を, 住んで, 何だか自分, 何の, 何故に, 何者にか, 例の, 侍僕あい, 促した, 俛き, 信仰の, 停車場まで, 先へ, 入つて, 入れ代り, 入道雲の, 共に談, 出しぬけに, 出迎えて, 切符切りを, 前科者だ, 勇一君の, 勧めましたが, 千人風呂に, 半助, 卒然話しかけた, 卓子に, 去ってから, 参向した, 反対しました, 叔父様の, 受けたよう, 口を, 叫びました, 叫ぶ, 可愛げ, 右手を, 同じく血, 名高い小説家, 向うから, 呼鈴を, 和服の, 四五人も, 因って, 在郷軍人に, 堤防を, 夏子と, 夕刊を, 外国から, 外套も, 多いかと, 多いの, 多い常連, 大きな四角い, 大きな花束, 大きな黒い, 大塔の, 大声で, 大束の, 太いステッキ, 太平楽を, 失っては, 女の子を, 女を, 好んで, 妾の, 威儀堂々として, 威勢よく, 婦人に対する, 子供の, 子犬を, 室内へ, 宮中へ, 富岡先生の, 寝ぼけたよう, 寢ぼけた, 小さなテーブル, 小さな紙片, 小卓, 小帆船, 小手を, 小面憎く感じ出した, 少しく酩酊, 居り一方, 居ること, 居るで, 居合わせて, 山荘に, 帆船で, 帳を, 幕を, 平土間の, 平太だ, 年若, 幾組と, 広間へ, 庇髪の, 店の, 店先に, 座を, 廻れ右, 彼に, 彼女を, 得意らしく言った, 御乗り, 微笑し, 徳育体育美育の, 心配そうに, 応用し, 急いで, 怪盗二十面相の, 怪訝そうな, 恐々と, 恭しく一礼, 慇懃な, 慌てて, 手を, 打寄りダンシング, 折り目の, 折鞄を, 拘留所には, 控えて, 数人その, 数人煙草を, 数名仲間同志で, 敷島を, 文字通りに, 日本に, 日本開闢以來の, 旦那への, 昔日の, 是非あなた方, 時計の, 時雨に, 智恵子の, 暗闇から, 曲者だった, 曲馬場の, 書いて, 書類を, 有つた, 本間さんと, 杖を, 来た時, 来る, 枕もとへ, 栗鼠の, 桜を, 横たわって, 歩み入った, 歩み出して, 死ぬとき, 死ぬの, 死んだ猫, 気取つた身, 水筒と, 泊り合せて, 海外へ, 海岸で, 清水昌一と, 無紋の, 熱心に, 片手に, 片言まじり, 特に風采, 猟に, 玄関の, 玉座に, 王様である, 現われた, 現われました, 甘酸っぱい体臭, 甲板の, 異常な, 病人の, 病気そのもので, 白い手術服, 白の, 白昼数人の, 皆の, 直截に, 相手を, 真一を, 真正面に, 真犯人と, 真白い大入道, 真面目で言った, 眼に, 眼を, 着席し, 着用した, 矢代に, 短かくやぎ, 神経衰弱に, 私だ, 稍反身に, 穀物の, 立ちあがった, 立ちきわめて, 立ちどまったの, 立ちどまって, 立ちはだかって, 立ち塞がつた, 立つて, 立上った, 答うる, 答えた, 答えて, 答へ, 粗っぽく, 紅に, 紳士として, 紹介状を, 結婚申込に, 絽羽織の, 綱曳で, 美人睡, 群集の, 考えて, 考える, 職人体の, 肩に, 胸中を, 脇窓から, 腰かけて, 膝を, 自分は, 自分を, 自己の, 舌を, 英人と, 茶を, 衝突すれ, 見かけに, 見物に, 見物席の, 覚束ない, 言いました, 言ったの, 言ったので, 訪れた, 話しだしたが, 説明する, 警官に, 警察官に, 豌豆色の, 質問する, 赤井の, 走り出した汽車, 足を, 近づいて, 近よって, 述べた, 這入って, 部屋を, 酌女を, 重ねて, 野球見物の, 銀の, 銃を, 鎌倉で, 長い風呂敷包み, 間違ったこと, 降りたの, 集まって, 電車の, 青年の, 静かに, 靴音高く, 順吉を, 頭で, 頭部顔面を, 飛び出して, 馬車から, 駅の, 高利を, 鶏の, 鷹揚に, 麦酒の, 黒革の

▼ 紳士~ (631, 14.7%)

17 顔を 9 顔は 7 ために, ように, 前に 6 ような 5 姿は, 方へ 4 ことを, やうに, 家に, 方は, 胸に, 顔が

3 [14件] いうこと, ほうが, ほうは, 一人が, 右の, 方が, 方で, 方に, 方を, 服装を, 膝に, 言葉は, 面を, 頭に

2 [38件] あとを, くせに, ことだ, ところへ, 仮面を, 体面に, 典型を, 右手を, 名に, 域に, 声が, 多数は, 姿が, 姿に, 姿を, 存在を, 家の, 家は, 心を, 態度を, 様な, 歌声が, 水車の, 紺の, 群れが, 胸の, 胸や, 腕を, 行方が, 表情は, 軽く着けたる, 邸宅に, 部屋は, 隣へ, 顔つきを, 顔と, 顔の, 風采を

1 [426件] あざやかな, あとから, あとについて, いったとおり, いる書斎, うしろから, うつろな, お客の, お揃い, お行儀, かつらを, かみの, からだは, がんじ, こころもちは, ことだった, ことで, ことな, ことは, ことばに, ことよりも, ごとくある社会, ごとくいかに, しっかりした, しんぱい, すがた, すすめかたが, すみかな, すること, する程度以上, その後の, その諧ぎゃく, そばから, そんなこと, たしなみでありその, たって, ためにも, つつしみを, つもりです, つもりな, なかに, はなづら, ふうを, ほうで, ほうへ, ほうも, ほうを, ほかは, まはり, まわりを, やうだ, やるべきこと, やるべき方針, ようだった, ようです, りっぱな, インバネスの, スサノオノミコトという, スタンダードな, セル地の, タシナミに, ネルチンスキイを, ペンギン, 一人で, 一人である, 一人は, 一小, 一番好んだ, 一般の, 一行が, 一行も, 一資格と, 上顎竇蓄膿症の, 下僕が, 不平たる, 不機嫌, 両手を, 並んで, 中に, 主張に, 乗合わす, 乗車券を, 亀鑑立派立派すこし, 事, 事を, 二人づれ, 二十面相君だ, 云うところ, 云うの, 交際は, 人が, 人の, 人相は, 仕事だ, 令嬢で, 令嬢である, 令孃である, 休んだ折, 体面を, 体面上すまじき, 何よりの, 作法に, 使用に, 信条で, 傍で, 傍に, 傍内側へ, 優しい容子, 兄の, 共楽団, 典型とも, 内の, 写真が, 写真だけ, 出ずるに, 別莊, 利益と, 前まで, 力に, 勧誘も, 印象は, 取交して, 口から, 右手には, 名は, 名をも, 名前です, 名前を, 名誉に, 咽喉の, 問いに, 型に, 報道を, 声だ, 声である, 外妾と, 外道だ, 大きな邸宅, 夫人が, 失望と, 奥さまの, 奥さんさ, 奥方に, 奥様でこでこ, 好意で, 妄に, 妻君達も, 妾にな, 妾宅には, 姓であった, 姿である, 威風凛々たる, 娘と, 子それが, 子供と, 子弟志願によりて, 学生らしい, 家へ, 家庭で, 家族が, 富を, 小さき孫, 小さなドンヨリ, 居室らしく, 左の, 左側に, 左胸に, 席へ, 帯の, 帽を, 幌型自動車は, 床の間は, 座敷に, 強い声, 影に, 役を, 役割だ, 後から, 後に, 後を, 従者である, 従者と, 御聟さん, 微笑し, 心でした, 心の, 心は, 心掛は, 心理と, 心配そうな, 思召し, 性質と, 怪物の, 恋の, 恐ろしい顔, 恥ずべきこと, 息づかいは, 息子に対して, 惡い, 愛を, 感想録, 態度から, 態度が, 態度で, 態度に, 態度には, 態度よりも, 慰楽の, 憎き面, 懸命を, 戀の, 成され方, 所へ, 扉が, 手から, 手で, 手の, 手本として, 手際に, 才能でしょう, 押し込んで, 拝まれたるは, 指の, 指は, 指先に, 指差した, 振舞を, 握に, 教養と, 散歩者の, 文學もしくは, 新宅に, 新築家屋の, 方々と, 方々も, 方から, 方からは, 方でございます, 方です, 方の, 旅行の, 春の, 暮しを, 書斎とは, 書斎に, 最も遅刻, 最優良種, 服装挙動会話趣味この, 望みで, 来訪を, 格式を, 椅子の, 様子が, 様子は, 様子を, 樣な, 横ッ面を, 横坐りに, 横顔が, 機知を, 欲望だ, 正に, 歩いて, 死を, 死体は, 死体を, 死状その他の, 気取りを, 気味悪い視線, 気持ちも, 泊って, 注意を, 洋服へ, 洋行という, 消えた入り口, 濡れたハンカチ, 熱した額, 燕尾服の, 燭は, 猿の, 理想は, 生命を, 生活が, 生活を, 生白い顔, 用を, 留守宅に, 番頭は, 痩せ細った手, 発散する, 発言を, 白百合の, 白髪の, 目尻も, 真の, 真向いの, 真実の, 眼を, 着て, 知らない或, 礼儀である, 礼儀を, 礼服姿よりも, 社交場, 社交場として, 秘書役だった, 立って, 立交っ, 立交つて居ない, 立派な, 立食会に, 笑い罷, 約束を, 紋服姿で, 素性である, 細君が, 綱領として, 綺麗な, 縁台が, 群では, 肩を, 肩越しに, 背に, 背中に, 背後から, 背部深く, 胴衣の, 胴間声それに, 胸へ, 胸を, 胸中を, 脣の, 脱捨てし駒下駄, 腕は, 腹心で, 膝へ, 臘虎襟の, 自用, 舌には, 舌を, 草田氏が, 荒ミタマあるいは, 著作に対して, 行方なら分ります, 親しくする, 言うとおり, 言としては, 言を, 言葉が, 言葉だけ, 言葉に, 計画は, 記憶だけは, 許を, 詞は, 話が, 話である, 話に, 誉を, 説を, 談話には, 豪いには, 豪興われこれを以て, 貴夫人, 資格という, 資格として, 資格に, 資格の, 贅沢生活を, 赤ら顔に, 趣の, 足は, 足跡と, 足跡は, 距離は, 身の上に, 身体は, 身分に, 身躾を, 逃亡で, 通る時間, 連れらしい, 遊覧輻湊する, 運命を, 道守ります, 遺書に, 邸宅の, 郁さんに, 部屋に, 部類に, 酒酌み, 金貨と, 金鎖, 開閉の, 間では, 随伴と, 隠れ家を, 面に, 面前で, 面目にかけて, 靴が, 靴音が, 頬髯の, 頭が, 頭の, 顏が, 顏を, 顔それから, 顔でした, 顔に, 顔には, 顔にも, 顔も, 顔付は, 顔色は, 願足れり, 風儀久しく, 風采が, 饒舌が, 首へ, 體面だけは, 高尚な, 麦酒会社の, 黒檀の, 鼻の, 鼻眼鏡が

▼ 紳士~ (216, 5.0%)

5 淑女 4 一緒に, 並んで 3 その老母, 淑女に

2 [13件] その半分, それより, なら三日, 一しょに, 一人の, 云うの, 同じやう, 淑女とが, 瑠璃子とは, 私の, 自分を, 踊り歩い, 運転手らしい

1 [171件] あめりかの, いい今, いうべき服装, いうより, いっしょだった, いっしょな, いっしょに, いっても, いはれる仲間, いふ, いふと, おしゃべりを, おなじよう, お孃さん, お近付, しちゃあ, し又は, すんでの, その夫人, その愛, その細君, その紳士, その給仕, その老, その部下, それにもう, であること, なった, なって, なつた, なつて, なにかささやきあい, なりて, なりカウス, なり了せん, なり敗, なること, ばったり出会った, もてはやされしも, やいはむ麒麟, やらんいふ人々, ハドルスキーの, マリイとは, 一しよ, 三人で, 中学校の, 主人が, 二人きりで, 二少年の, 云うもの, 云う奴, 云う感じ, 云って, 云われる人, 交際の, 今一人の, 今一人は, 仲よくやっ, 件の, 会談する, 何か, 何事をか, 出会って, 別れた日, 別荘の, 化けて, 博士が, 取引する, 口を, 同じくチベット服, 同じよう, 同様彼女に, 名づけられるもの, 向ひ, 呼ばるべき, 呼ばれるもの, 呼ばれるよう, 呼ぶの, 喧嘩を, 大学の, 夫人らしい, 妾とは, 婦人と, 学生服の, 室を, 寂しい玄関, 対坐し, 尊称し, 少女が, 崇めは, 工夫頭とが, 左に, 己との, 帽子とが, 彼の, 従者らしい, 思いしは, 思いの外なる, 思い且つ, 思って, 思ひこんで, 怪我人を, 愛子ちゃんと, 成り貴婦人, 打ち合わせを, 挨拶を, 支那人が, 斜めに, 日傘を, 日本武士と, 昆布と, 書類とを, 根岸氏の, 極端な, 殺人計画, 泊まるもの, 洋装の, 海軍武官や, 淑女と, 独身者が, 生理学教室における, 盃を, 目を, 相対せしめ, 知れた, 称するある, 称する俗輩, 称する連中, 空色の, 紳士が, 組みて, 組んだ腕, 結婚し, 結婚した, 給仕との, 絶えず滑らか, 美人とは, 翻す, 老僧, 考えて, 肩を, 背の, 腕を, 芸妓との, 芸妓とを, 若い女, 若い淑女, 若い芸妓, 袴を, 見て, 言へば, 言わるる父, 言われ王侯, 話して, 話でも, 認めら, 談話を, 豹変しよう, 貴夫人, 貴婦人と, 逢って, 逢ってからは, 連れ立った淑女達, 連れ立って, 遊人風の, 雖も, 題せり, 顔を, 馬の, 馭者との, 馴れ馴れしく廊下

▼ 紳士~ (158, 3.7%)

7 して 6 なって 2 なつた, なりすまして, なり世界, なれるの, 化けて, 向かって, 向って, 声を, 訊いて

1 [127件] あつて, あの, あの様, あるなどとは, あるの, あるまじきを, あゝ迄, いった言葉, いままでの, お目, このお話, さ, しても, すすめられない, せよこの世, たずねた, たのまれたん, では, なったら南京豆, なってからも, なりきって, なりすましたの, なりました, なりました間もなく, なり且つ, なるお代先生, なること, なるの, なれねえの, はねが, ばけかわって, ふさわしい態度, ほかならぬこと, よく似た, よく見る, よりて, ゴルフを, ハース氏が, 事情を, 云った, 仕立てて, 他ならぬ, 伴われて, 似て, 似過ぎるほど, 何の, 作り上げた, 其名を, 冷笑せられつ, 出くわしたの, 出っくわして, 出会ったら現, 出遇った, 別れてからも, 勧めると, 化けた賊, 化けるの, 取り巻かれて, 向かつて, 向つて, 向つて輕井澤, 告げその, 呼びかけました, 呼びかけられた, 呼び止められた, 問はれ, 変りました, 変装し, 変装する, 奪取された, 好意を, 尋ねた, 尋ねた處, 尋ねて, 当てたの, 恋愛の, 愛嬌を, 手伝って, 抱きつくところ, 挨拶を, 接近し, 敬意を, 数えら, 有るまじき, 案内され, 此奇怪談は, 気づいたが, 渡して, 無数の, 盛り場の, 目を, 眼が, 私は, 科学の, 立ち帰って, 立ち帰ろうとして, 笑ひ, 紹介された, 紹介される, 聞く私, 自分が, 行き会った, 行き當, 西洋料理を, 見えた, 見えたこと, 見えるの, 見せながら, 親しくお目にかかっ, 言った, 訪問された, 話し掛けました, 謎めいた, 貰った杖, 軽く肩, 逢おうとて, 逢ったの, 逢ってからは, 逢つた, 逢つてからは, 違いない, 阿片を, 限って, 限られて, 隷属すべからざる, 面を, 麻酔剤か

▼ 紳士~ (157, 3.7%)

4 連れて 3 知って, 見ると 2 伴って, 指さして, 指した, 案内し, 求む, 目蒐けて, 見た, 見つめました, 見て

1 [129件] あつかいました, あんたは, おしのけようと, きらいだった, この山小屋, ごらんなさい, さながら獣, して, たずねなさい, たずねに, ちょっとかい, ちょっと振り返っ, つかまえること, つれこみました, つれて, ともなって, にらみつけた, のせた二人引き, まさかそれ, もう一度見直した, もって, もっともおそれ, やりこめた嬉し, よそおいステッキ, ジイドだ, ビックリし, ヘキエキさして, ムッシウ・コンシャルドラマと, 一刻も, 三四人知つてゐます, 中心に, 乗せた一台, 乗せて, 二階の, 今まで, 任じて, 伴へる, 伴れ, 何とかし, 何より尊重, 作りし潜勢力, 侮辱した, 其のまま, 出迎えた, 制止した, 前葡萄牙マヌエル陛下, 又車室, 取巻いて, 呼んで, 嗤ふ, 地面に, 塔の, 尾行しはじめた, 弁護する, 引きつれながら, 引きとめようと, 引張って, 彼の, 待ったかい, 待遇す, 得意に, 応接室に, 思ひ惱みつ, 想定し, 押し出そうと, 押退け, 振り返って, 振向いた, 捉えて, 排斥する, 探して, 描くこと, 散々飜弄した, 早稲田の, 早稻田, 時々北国, 標榜する, 正木博士に, 残したまま, 殺すつもり, 殺そうと, 気取りがちな, 求む当方住込, 王様と, 理想と, 疑う外, 発見する, 相手に, 睨み殺し呉れむず, 睨め付けたが, 社長は, 私達へ, 紹介した, 胆汗過多に, 脅迫した, 襲った, 見あげて, 見いだしたという, 見うしないそう, 見かけた, 見かける, 見ただらう, 見ただろう, 見つめても, 見ない訳, 見れば, 見上げたの, 見上げ紳士, 見向く, 見考えまた, 見詰めはじめた, 見返り見送った, 訪ねました, 訪問しました, 豕の, 起こしました, 軽蔑し, 迎えた, 追跡しろ, 通訳に, 連想し, 遇するの, 遇する途, 遇ふこ, 選び出し後足二本, 集めた或, 顧みた美しい, 飜弄す, 魔法使だ

▼ 紳士~ (99, 2.3%)

20 あつた 2 胸が

1 [77件] あつたなら, あらう, いつも優長, いらっしゃいますから, いらつし, いらッ, かつポーランド, この不思議, さえない, すこし痩せた, そして無精, その傍, その声音, その妙, その澄んだ, その講義, その躾, その顔, つい一ヶ月前, な日当千円, はんぶん白く, ひどく飛び出た, もしゃもしゃした, やはり高円寺, アクセントの, ペダルを, メグの, 一人が, 一人は, 一目で, 世間に, 丸く刈り込んだ, 事実を, 人柄としては, 人格者で, 仕事は, 伍廷芳とは, 僧侶に, 公使館にも, 厳父の, 周囲を, 地主, 大黒様と, 夫人の, 如何なる動作, 室の, 小脇に, 弁舌が, 彼の, 彼も, 我々の, 有る其の, 有名なる, 松屋か, 極楽主義を, 死んで, 治安判事だ, 流暢な, 演奏技術の, 濃い眉, 眉と, 知られて, 私達が, 筋向いの, 終ったならば, 背は, 色白で, 英語を, 薄い半白, 血色の, 表面では, 象皮病か, 近藤様と, 韓国時代には, 額の, 駐日公使ハリー・パークス, 高価な

▼ 紳士~ (98, 2.3%)

4 ある 3 淑女も 2 三羽の, 往き貴婦人, 瑠璃子の, 自分自身の

1 [83件] あたふたと, あった, あり, ありましたが, ありましょうが, ありまた, あるが, あれば, いた, います, いる, うつくしい令嬢たち, かろくはねあがる, このバス, この時, これには, さすがに, そこで, その二世, その例, その気, それと, つい動かされ, ないです, はればれと, またに, また鉄砲, みんな默念として, やっぱり役に立たない, やっぱり社員, よくは, カレイライスを, セエラを, ソフオクレスの, パリーで, 一息に, 一緒に, 丁度自殺と, 並んで, 之だけは, 二三人紛れ込ん, 云つた, 令嬢も, 会釈し, 位置を, 何となく立派, 其理想する, 出る, 叔女も, 右へ, 命ぜられて, 囚人も, 多く来会, 女は, 妙な, 学者も, 孫を, 左側へ, 役人も, 怪物に, 意外な, 打ちながら, 最早争う, 有ろう情人, 朝夕に, 来た, 正月用に, 此粋様を, 歸つてゆき, 沈んだ, 泣いた, 混つて居る, 湯河も, 登場する, 直接応待の, 立ち上つて, 結構には, 色の, 若い人たち, 見えます, 頭の, 馴れ合いか, 高利などを

▼ 紳士淑女~ (87, 2.0%)

4 である 3 の前 2 に向っ

1 [78件] からは却つて笑, がいくつ, がずらりと, がなに一つ非の打ち所, が使っ, が彼女, が無条件, が短時間, が老若, が舞踊, が華やか, たるもの, であった, であつ, でもある, で一ぱい, で会場, という事, として口, として恥かしく, となる, とは男女学生, と沙翁, と秀才, と高価, などが一番, にいち, には外套預り所, には義務, に交つて, のうち, のすべき, のすべて, のたむろ, のため, のとまる, のむれ, の一愛読書, の一生, の仲間, の仲間入り, の列席, の別離百態, の夜会, の姿, の対話, の揉みぬかれた, の方々, の演説, の礼装, の群, の裡面, の辛抱強い, の集り, の顔, の飛び込み, はいう, はこの, はこれ, はフォウク, は百姓, は雜鬧, もへん, も刑務所, も秀才, やかと思う, や健全, よりシオパン, よ試み, らしいの, らしいデリカシイ, をあやつっ, を前, を喜ばす, を客, を恐れさせ, を愕, を集め

▼ 紳士たち~ (86, 2.0%)

4 の世間 2 に見せ, の私語, や貴婦人たち

1 [76件] かも知れん, がこの, がちやほや, がひとしきり, がめいめい眼鏡, がドッ, が一團, が入, が呼ばれ, が声, が奇抜, が席, が彼, が御, が押し寄せ, が招, が沢山さまよう, が百マイル, が花, この最上等, さえただ, そのほか, である, というべきであった, としゃべっ, と同じく, と艶麗, にくらべ, にとっては大き, にも軽い, のうち, のその, の一人, の世界, の中, の偶, の太い, の好意, の從者, の現実常識, の聞き役, の表情, の訪問, の身分, の長い, の間, はうなずき, はすぐ, はすっかり, はもう, はバーグレーヴ夫人, はフェアファックス夫人, はモンセーニュール, は一方, は博士, は大声, は夫人, は失礼, は彼女, は彼等, は微笑, は恐らく, は感心, は感激, は燭台, は皆, は紐, は自分, ばかりであっ, も半, も彼女, も注目, よ私, をおどかした, を反抗的, を物珍し

▼ 紳士~ (59, 1.4%)

2 なもの, な兵隊, な態度, な高尚

1 [51件] だね, であるが, であるとしても, であるやう, ですから, ですら, でない, でないという, でないので, でない上, でも, と呼び得る, と考えた, なこと, なところ, なの, なものやわらか, なる酒, なん, な上品, な兄, な反省, な嗜み, な学生親睦会, な御仁, な挨拶, な旅, な暴行, な服装, な条約, な業務, な物ごし, な男, な社会主義者, な腕力, な若林博士, な謙譲, な賊, に, にした, にもっと, に争った, に歩い, に礼, に考え, に胸襟, に調べ, に飾られる, の悪態, の態度, の許可

▼ 紳士~ (57, 1.3%)

2 へいく, へいっ

1 [53件] からまた, から帰っ, でいろいろ, でごらん, でだれ, でね, でのあの, ではあの, でも我慢, で客室つき, で手, で満足, で行われ, にある, にいた, にいったら, にお, になくなっ, に泊まろう, のおかみ, のお客, のご, のところ, の下僕たち, の亭主自身, の全体, の前, の向い, の地位, の外, の平和, の彼, の敷居, の火事, の職, の酒場, へいかなかった, へいかね, へいき, へいきます, へいくべきだった, へいこう, へいった, へかよった, へつれ, へもどっ, へ入っ, へ押しかけ, よりもむしろ, をじっと, を出なけれ, を立ち去っ, を離れる

▼ 紳士~ (53, 1.2%)

3 と思っ 2 からきっと, つたと

1 [46件] から, からあなた, からこの, からさ, からさすが, からつて, からな, からね, から世, から小便, から車掌, か分らない, か知らない, が, がやつら, が特に, が音次, けれども何だか, したいへん, しマーシャ, し杉本画伯, し職業範囲外, ってお前たち, つた二時近くまで, つた別れる, と, というなら, とか, として立派, とまでおもう, と云う, と太鼓判, と思いこん, と思ふ, と考え, と自惚れ, と言っ, な, なと見直した, などと気取, ね, もの, もの豚が, もん, よ蒐集家, わ

▼ 紳士~ (35, 0.8%)

5 の男 2 の趣味

1 [28件] が全, が抜け, だったかね, で他, で立派, なの, なる者, な老人, にした, に割り, に浅く, のかつ, の人, の人達, の人間, の出来立て, の声, の夏帽子, の如く, の帽子, の生活, の竹林武丸, の酔漢, の野心, の青年, は彼, または鬼面毒笑風, を見た

▼ 紳士として~ (31, 0.7%)

2 突然訪ね

1 [29件] あまり単純, はずべき, 一向に恥づ, 一般の, 人の, 口を, 名誉にかけての, 外部から, 少しも, 彼を, 待遇する, 御名誉, 扱って, 扱われないと, 文学者の, 極めて妥当, 生涯を, 申し分の, 申分の, 社交界の, 結婚適齢期の, 耻しからぬ, 誓います, 通って, 通人として, 通用し, 通用しなくなる, 逮捕せられかかった, 部屋着の

▼ 紳士~ (30, 0.7%)

2 がそれぞれ, 華美な

1 [26件] あまりに酒, お嬢さんたちと, きちんと髪, その他お茶に, よってまさか, ギャング達に, 富豪は, 替り地の, 派手に, 涼しく装うた, 淑女, 淑女お, 淑女の, 淑女ばかり, 淑女ばかりの, 淑女よ, 淑女達で, 狐憑きの, 箍骨で, 紳士国の, 美しい淑女たち, 貴婦人が, 貴婦人や, 貴婦人達が, 身体中ひだだらけで, 頭巾帽子の

▼ 紳士である~ (29, 0.7%)

2 がひどく

1 [27件] かまた, かまたは, がさ, がどういう, が安川, が惜しい, が昔, が本当は, が自分, ことである, ことは, ことまた, だけに彼女, ということ, とかあるいは, と作家仲間, と思う, と思え, と思われた, に相違, デューラン氏は, 一事に, 事も, 否さながら, 寂しい人, 私は, 聴衆は

▼ 紳士らしい~ (25, 0.6%)

3 風采を

1 [22件] かも知れない, が実際, のです, のは, 人, 人だつた, 品位からは, 好みや, 始終外, 威厳の, 常識良い, 愛想の, 挙措な, 方でした, 服装し, 服裝し, 淑女らしい, 男, 男がは, 行動を, 趣きが, 顔を

▼ 紳士~ (25, 0.6%)

2 が夜, だ, は蟻

1 [19件] がす, がたいへん, がポウカア, が君, が手, が殺到, の前, の宗教, の幾人, の忙し, の愕ろ, はかくし, は令孃達, は別, は嬉し, は引き下がった, は彼女, も真赤, や貴婦人達

▼ 紳士としての~ (16, 0.4%)

2 体面を, 待遇を

1 [12件] この上, またフランス人, プライドを, 修養にも, 対外的妥協の, 対面と, 態度を, 普通の, 自分の, 身分から, 面目を, 體面を

▼ 紳士~ (15, 0.3%)

4 のだ 2 んだ 1 の, のか, のであった, のである, のであろう, のでしょう, のです, ので行為, のよ

▼ 紳士諸君~ (15, 0.3%)

1 [15件] がサード・ディグリー, が一日三回, と申せ, どうぞ御, どうぞ自己紹介, にはその, に渡し, のため, の手, はすっぽん, はすつ, は極めて, も呆, も居られる, 御随意

▼ 紳士~ (15, 0.3%)

1 [15件] から云え, じゃない, といふもの, とにさまざま, になつて來, の一つ, の様式, の盲信, は正しく, も成立つ, や淑女道, らしいが, を尊ぶ, を心得, を聯想

▼ 紳士から~ (14, 0.3%)

1 [14件] ここに, こっちの, この話, ライターを, 二三間離れた, 別々に, 受くる, 張手を, 抜取った二つ, 日本の, 直視され, 眼を, 結婚を, 聞いた話

▼ 紳士という~ (13, 0.3%)

3 のは, ものは 2 ものに 1 ことが, ものを, 奴は, 態度を, 言葉を

▼ 紳士です~ (12, 0.3%)

31 からその, からそれ, から店員たち, がしかし, が私, そして紳士, な唯, ね, ものね

▼ 紳士~ (12, 0.3%)

21 が, が社会道徳, にさえも共通, の一人, の腹こなし, の裏面, は大変, も沢山, やフランス, 坐ったらどう

▼ 紳士~ (12, 0.3%)

1 [12件] が軍隊, として置こう, となっ, と同じ, と平民, なり, に吸収, に心, の批評家, の政策, の新聞記者等, の方

▼ 紳士とは~ (11, 0.3%)

1 [11件] すぐもどった, どんな者, 一人は, 恋仲の, 摺れ違って, 畢竟この, 痛み入る叮嚀, 見えざれば, 見えません, 誰あらう, 非常に

▼ 紳士泥坊~ (11, 0.3%)

1 [11件] がニヤリ, にそれ程, のこと, の一件, の復讐, の隠し, の頭, は万一, は五万円隠匿, は盗んだ, を逮捕

▼ 紳士~ (11, 0.3%)

1 [11件] たること, たる事も, たる友人, たる服装, たる貫禄, たる顔を, たる風采, たる鴎外, とし, としてゐ, とオテル・ド・パリ

▼ 紳士たる~ (9, 0.2%)

2 ものが, 以上は 1 に必須, もののいとも, ものは, 体面は, 徳義や

▼ 紳士だった~ (9, 0.2%)

2 のです 1 がお, がただ, が悪辣, ので何, ので尊敬, わネ, 三浦が

▼ 紳士であった~ (9, 0.2%)

1 がいきなり, がいつも, が私, が赤白ダンダラ, が騎士型, し信心, と説明, と違っ, 等々

▼ 紳士には~ (9, 0.2%)

1 あまり気, なれるかも, ひとりの, まえの, 促すよう, 容易ならぬ, 時々連れ, 目の玉という, 逢わないが

▼ 紳士にも~ (9, 0.2%)

1 あるよう, こういう怪漢, まして立派, 似ず執拗, 学生にも, 気の毒だ, 私は, 被害者が, 貴婦人にも

▼ 紳士らしく~ (9, 0.2%)

1 お前が, てそりゃ, てよ, て全く, ぽうっとし, 上品に, 勝負する, 急速に, 文学者らしく

▼ 紳士がた~ (8, 0.2%)

1 が語る, などはてんで, に至っ, の仲間, の話, の間, は年, を羨ましい

▼ 紳士探偵~ (8, 0.2%)

2 の顔 1 と評判, の評判, は神楽坂, もボケ, も落ちぶれた, 新十郎

▼ 紳士じゃ~ (7, 0.2%)

1 ないか, ないから, ないじゃ, ないの, ねえよ, 国手じゃった, 夜会の

▼ 紳士であり~ (7, 0.2%)

1 ハンサムボーイという, 大先生, 幸福な, 民間の, 淑女である, 若い令孃, 角の

▼ 紳士とも~ (7, 0.2%)

1 つかない鵺, 交際し, 手を, 片の, 知り合いらしく見えた, 紳商とも, 見えるよう

▼ 紳士~ (6, 0.1%)

1 いずれそんな, なんかでしょう, ブルジョアに, 十九世紀の, 紳士でない, 貴公子である

▼ 紳士かと~ (6, 0.1%)

1 云うと, 思うと, 思ったら, 思ったら幹子さん, 思ふと, 思われるが

▼ 紳士との~ (6, 0.1%)

2 間に 1 会話で, 対照が, 行動に, 評価する

▼ 紳士~ (6, 0.1%)

1 が余, にいちいち, に思い知らせる, の望み通り, の淑女, は中等室

▼ 紳士~ (6, 0.1%)

1 が周囲, にも出喰わした, の中, の発起, は眼ざわりとして船長, を見る

▼ 紳士って~ (5, 0.1%)

1 ものを, 人に, 意味だ, 方々が, 者は

▼ 紳士では~ (5, 0.1%)

1 あるまい, ないか, ない腕力型, なかった, なく生まれつき決して

▼ 紳士でも~ (5, 0.1%)

1 せり売屋でも, なんとなく軽蔑, メーゾン・レオンの, 屋台店の, 必要が

▼ 紳士とが~ (5, 0.1%)

1 いたから, ぞろぞろとつい, 一緒に, 同じよう, 挟まって

▼ 紳士なら~ (5, 0.1%)

2 拙者も 1 ばお, 英語で, 誰だって

▼ 紳士姿~ (5, 0.1%)

1 でその, にどう, のままボンヤリ, は直に, を羨しく

▼ 紳士淑女たち~ (5, 0.1%)

1 が名刺, が彼, だ, とのあいだ, の所謂

▼ 紳士こそ~ (4, 0.1%)

1 ほかならぬ, 一隊の, 四馬剣尺の, 気が

▼ 紳士であっ~ (4, 0.1%)

1 たらしく思える, てさながら, て立役, て落ち着き

▼ 紳士なる~ (4, 0.1%)

1 がいずれ, ことを, ものを, 者は

▼ 紳士に対して~ (4, 0.1%)

1 お島さん, 噛んで, 殺意を, 露骨に

▼ 紳士に対する~ (4, 0.1%)

1 好感が, 態度には, 態度を, 質問によって

▼ 紳士らしくない~ (4, 0.1%)

1 ことである, と思われる, 振舞を, 方ね

▼ 紳士~ (4, 0.1%)

1 での幅利き, には上衣, のヘルプ紳士, の紳士

▼ 紳士~ (4, 0.1%)

1 に感服, に手持無沙汰, キライ, 紳商という

▼ 紳士淑女諸君~ (4, 0.1%)

1 がつづい, のうち, の前, よ天分

▼ 紳士的態度~ (4, 0.1%)

1 に義雄, の皮下, の長者, を若林博士

▼ 紳士貴婦人~ (4, 0.1%)

1 が互に, とも云う, の粧飾品, の間

▼ 紳士階級~ (4, 0.1%)

1 すなわち我々, の一般心理, の交, は女

▼ 紳士あり~ (3, 0.1%)

1 て共に, 満洲旗人, 金縁の

▼ 紳士といふ~ (3, 0.1%)

2 のは 1 印象しか

▼ 紳士とても~ (3, 0.1%)

1 一度は, 待望の, 青年以上の

▼ 紳士などが~ (3, 0.1%)

1 手足を, 数人私たちの, 落着きの

▼ 紳士などは~ (3, 0.1%)

1 どうして文明開化, 勿論人通り, 舷梯を

▼ 紳士ならびに~ (3, 0.1%)

1 ご令嬢, 淑女諸君, 貴女が

▼ 紳士ばかり~ (3, 0.1%)

1 であっても, です, で至極

▼ 紳士ぶり~ (3, 0.1%)

1 がお, である, に生き

▼ 紳士~ (3, 0.1%)

1 が一社, が椅子, の常

▼ 紳士仲間~ (3, 0.1%)

1 ではこの, では滅多, に流行つた黒

▼ 紳士~ (3, 0.1%)

1 の商人, の娘, の娘たち

▼ 紳士殿~ (3, 0.1%)

1 というテナルディエ, とし, 最も残酷

▼ 紳士~ (3, 0.1%)

1 のもの, の雨傘, ノ特選売場ハ三階ダッタガ

▼ 紳士社会~ (3, 0.1%)

1 では十円玉一個, に一種, に反抗

▼ 紳士紳商~ (3, 0.1%)

1 に面会, の下劣, の方々

▼ 紳士通人~ (3, 0.1%)

1 から耶蘇孔子釈迦, と得失, を見れ

▼ 紳士連中~ (3, 0.1%)

1 しきりに頷首, と四六時中生命, は無礼

▼ 紳士あと~ (2, 0.0%)

2 に続い

▼ 紳士かも~ (2, 0.0%)

1 知れませんね, 知れんじゃ

▼ 紳士その~ (2, 0.0%)

1 美人を, 袖を

▼ 紳士だろう~ (2, 0.0%)

1 ちゃんと電話, という事

▼ 紳士~ (2, 0.0%)

1 やありません, やない

▼ 紳士でない~ (2, 0.0%)

1 か知らぬ, とおっしゃる

▼ 紳士としては~ (2, 0.0%)

1 ヨーロッパの, 口外を

▼ 紳士とでも~ (2, 0.0%)

2 思ひ違

▼ 紳士とを~ (2, 0.0%)

1 一緒に, 除けば

▼ 紳士ども~ (2, 0.0%)

1 がホテル, の馬鹿

▼ 紳士など~ (2, 0.0%)

1 尽く銀山閣, 顔先へ

▼ 紳士なんて~ (2, 0.0%)

1 どんなもの, 言葉は

▼ 紳士については~ (2, 0.0%)

1 それ以上別段, 警察の

▼ 紳士ばかりは~ (2, 0.0%)

1 いないからね, 猟期禁制の

▼ 紳士ふう~ (2, 0.0%)

1 に言い繕う, の若い

▼ 紳士ぶっ~ (2, 0.0%)

1 ていなけれ, ている

▼ 紳士~ (2, 0.0%)

1 旅行用衣裳掛けを, 訊ねた

▼ 紳士みたい~ (2, 0.0%)

1 な人, に叮重

▼ 紳士めいた~ (2, 0.0%)

1 ズボンを, 鼻の

▼ 紳士やら~ (2, 0.0%)

1 知らず, 軍人やら

▼ 紳士~ (2, 0.0%)

1 淑女よ, 騎士よ

▼ 紳士より~ (2, 0.0%)

1 他に, 彼等の

▼ 紳士よりずつと~ (2, 0.0%)

2 ハイカラだ

▼ 紳士をも~ (2, 0.0%)

1 この名, はげしく一通り不審

▼ 紳士~ (2, 0.0%)

2 は貴

▼ 紳士一人~ (2, 0.0%)

1 は丸髷, を除い

▼ 紳士五六人酒肴~ (2, 0.0%)

1 を携え, を携えきたり

▼ 紳士人形~ (2, 0.0%)

1 につかまえられ, はあきらめた

▼ 紳士~ (2, 0.0%)

1 の一人, の一個

▼ 紳士令嬢~ (2, 0.0%)

1 などが登場人物, にし

▼ 紳士~ (2, 0.0%)

2 の男

▼ 紳士協約~ (2, 0.0%)

1 でいきましょう, を守

▼ 紳士向き~ (2, 0.0%)

1 ではない, の家

▼ 紳士~ (2, 0.0%)

1 に於, の中

▼ 紳士~ (2, 0.0%)

1 は丸髷, は庇髪

▼ 紳士学生~ (2, 0.0%)

1 あえて映画, もっぱら映画

▼ 紳士学者~ (2, 0.0%)

1 との交際, の集会

▼ 紳士安東仁雄君~ (2, 0.0%)

2 の心臓

▼ 紳士富豪~ (2, 0.0%)

1 の思想及生活, の秘密

▼ 紳士岡田道彦~ (2, 0.0%)

1 は化物みたい, は見す見す

▼ 紳士~ (2, 0.0%)

1 の死体, を装

▼ 紳士憂鬱~ (2, 0.0%)

2 なる重き態度

▼ 紳士探偵結城~ (2, 0.0%)

2 新十郎

▼ 紳士柳田~ (2, 0.0%)

1 がコツン, でした

▼ 紳士気取り~ (2, 0.0%)

1 でロシナンテ, の考え

▼ 紳士泥棒~ (2, 0.0%)

1 か, だから

▼ 紳士~ (2, 0.0%)

1 さ, にぼんやり

▼ 紳士淑女連中~ (2, 0.0%)

1 からアラユル残酷, が自分

▼ 紳士盗賊~ (2, 0.0%)

1 という尊称, も遂に

▼ 紳士~ (2, 0.0%)

1 におの, を顰め

▼ 紳士~ (2, 0.0%)

1 にも持て囃さるる, の普通

▼ 紳士~ (2, 0.0%)

1 が呆れ, になりきっ

▼1* [240件]

紳士あそこにいる, 紳士あやしい洋装を, 紳士ある淑女に, 紳士いや紳士では, 紳士近づきの, 紳士からは命令の, 紳士がぞろ, 紳士がはぢめは, 紳士きどりで構えていた, 紳士ここに名物, 紳士こそは有名な, 紳士この淑女に, 紳士さうかと思ふと, 紳士さんでムッシュウ・テイラアふうむ, 紳士すなはち, 紳士そうガミガミ云うもの, 紳士そして主人は, 紳士そり跡蒼きやせ, 紳士ろひ, 紳士たち挨拶じょうずの奥様方, 紳士たりといへども, 紳士たる者は, 紳士だけがフランスの, 紳士だってやるのに, 紳士だの貴婦人だ, 紳士だらうとに拘らず, 紳士ちょう意をも含めり, 紳士ってなあこういう, 紳士つまり肥って, 紳士であれば, 紳士でいらっしゃるのにひどく, 紳士でなきやいけません, 紳士でなけりゃだれ一人船を, 紳士でなければならない, 紳士といったような, 紳士とか僧侶とかいう, 紳士としか誰の, 紳士としても恥ずかしからぬ, 紳士とともにあたふた, 紳士どうしの借金, 紳士どなるように, 紳士なお乞食根性あり, 紳士などに見受けられるよう, 紳士などの恐ろしく嫌い, 紳士などを集めて, 紳士なみに横行, 紳士なりとまた例, 紳士なれどわれ, 紳士なんかじゃないと, 紳士についてゲルステッカーに, 紳士にて年の, 紳士にとって女の, 紳士になつてきんの, 紳士によってアダム, 紳士のでたまたまポケット, 紳士はぞッと, 紳士はどでござる, 紳士ばかりに任しては, 紳士ひとつ思い知らしてやらにゃ, 紳士ひとりが残った, 紳士ぶった無口な, 紳士また騎士として, 紳士まだ角帽抜い, 紳士まつたくこの連中, 紳士までやといいれて, 紳士めかした化猫の, 紳士めく靴の, 紳士もうひとりは, 紳士やがあった, 紳士よい所へ, 紳士よりは生れつきの, 紳士よりも慇懃に, 紳士よろしく巧みな, 紳士らしさには, 紳士らしくないやりかたです, 紳士らしくなった清三に, 紳士らしくやってのけた, 紳士らしく坐らなくっちゃ, 紳士らしく座っている, 紳士らしく装う男子に, 紳士らしく見せかけようとつとめ, 紳士をこそ辭を, 紳士を以て任じて, 紳士アダルベルトとともに田舎, 紳士グイと身, 紳士ジユウル・フレエル氏から来た, 紳士ドン・キホーテと云, 紳士ドン・キホーテ先生といひたい, 紳士ニコニコと笑い, 紳士ハアタクシアマリ好キデワアリマセン, 紳士ペンギン鳥の従弟, 紳士モレロだった, 紳士レオネルロの友人, 紳士ヴァン・ポウル氏へ一書, 紳士一千余名を招待, 紳士一貴婦にエリオット博士, 紳士三四人の相手, 紳士中産階級以上の人, 紳士丸出しだとか, 紳士予審判事は綿貫, 紳士ひながら, 紳士令夫人タイプ一方は貧弱, 紳士令嬢たちの嗜み余技, 紳士以外のもの, 紳士か早, 紳士倶楽部員と老, 紳士に角, 紳士八名にすぎませんでした, 紳士八幡さまの森, 紳士がホテル, 紳士其の袖を, 紳士再び中川に, 紳士制服着けたる武官, 紳士十五六人四五人づつ横の列, 紳士十六人中鬚髭の有無, 紳士十誡は, 紳士裸体の, 紳士協定だから, 紳士即ち旦那連の, 紳士及びその家族, 紳士呉青秀の忠志, 紳士四角い卓子の, 紳士の洋装, 紳士型後者は線, 紳士多く集まりバルレー村, 紳士大木であった, 紳士を好む, 紳士奥様は貴族出, 紳士は二十二, 紳士婚礼や葬式, 紳士学者分別のある, 紳士客人にはあるまじき, 紳士はどうして, 紳士島野氏の道伴, 紳士平たき面に, 紳士ありと, 紳士強盗はもはや, 紳士強盗予備陸軍大佐スパルミエント同下男, 紳士形気を理想, 紳士待遇でも与えよう, 紳士自身で, 紳士忽ち癪に, 紳士は彼女, 紳士怪げんのお, 紳士の金, 紳士戸塚君が実に, 紳士ひに, 紳士振りである, 紳士探偵出馬の記事, 紳士揃ひも学生の昔, 紳士教師のコップ, 紳士旦那博士に仕立て, 紳士春木氏は自分, 紳士も窓, 紳士をき, 紳士朝餐最中に頭上, 紳士木立の間, 紳士東山一雄にも挑戦, 紳士林檎柿など山, 紳士毒殺さる, 紳士気質だ, 紳士淑女気質への嘲笑, 紳士淑女群の中, 紳士淑女達のこと, 紳士淑女風の模倣, 紳士をもいわず, 紳士独り苦い顔, 紳士生活をさせられ, 紳士登山競馬テニス野球少女歌劇家族温泉等であるかも, 紳士百姓として生きる, 紳士的つてどんな事, 紳士的体面などは一銭銅貨, 紳士的口調の英語, 紳士的商売術で別に, 紳士的宣言は必ず, 紳士的将軍であったが, 紳士的復讐を意味, 紳士的微笑とともにしずか, 紳士的悪漢で一ぱい, 紳士的礼儀で自身, 紳士的礼譲も蝉, 紳士的行動だと, 紳士的言論が普く, 紳士的討論にふけっ, 紳士的道徳と米国流, 紳士的道徳観念をすてかねた, 紳士盗賊アルセーヌ・ルパンのまね, 紳士の淑女, 紳士真黒羅紗の間, 紳士金満家にも, 紳士一号である, 紳士等打寄りて撞球戲, 紳士を揚げ, 紳士粋人と称, 紳士粋人方が楽着用, 紳士紳商学士社会のあがれる, 紳士紳商學士社會のあがれる, 紳士紳商電話は客用, 紳士紳女を彼, 紳士り立ちて, 紳士老いたり野, 紳士自身自分の資格以上, 紳士若い作家雑誌記者それに, 紳士行列を作っ, 紳士見るに見兼ねた, 紳士見送りて我等, 紳士親娘の様子, 紳士親子との談話, 紳士では, 紳士諸公にこの, 紳士諸君東京の埃, 紳士諸彦ノ御, 紳士警官お酌, 紳士夫人彼方此方に, 紳士貴女をし, 紳士貴女諸君の列, 紳士貴婦人方都育ちのお方, 紳士貴族を出し, 紳士賢婦人など言う, 紳士が車夫, 紳士追剥にお, 紳士通人芸妓の徒, 紳士道唯一絶対の規約, 紳士道行を着た, 紳士部落と呼ん, 紳士郵便箱をあけ, 紳士銀髮がかるく, 紳士閥生活の狭い, 紳士閥的定則をくりかえし, 紳士閥芸術の残り物, 紳士があれ, 紳士青年商人学生取り交ぜの, 紳士面せにゃならん, 紳士の袋, 紳士養成方の第, 紳士首相の姿, 紳士高い教養と, 紳士鬼村所長はこの, 紳士鴨四郎がいった, 紳士黒い外套の